2010年05月

2010年05月31日

四国カルスト5月も今日で終了です。

昨日の日曜は友人に誘われ、四国カルストを歩く。

車で3時間、愛媛と高知の県境にまたがる石灰岩からなる日本三大カルストの一つ。

標高1,000から1,500メートルの高地にあり、抜群の展望です。
DSCF1303カルストの多くが牧場となっていてたくさんの乳牛や肉牛が放牧されています。

宮崎県で口蹄疫が蔓延する時節柄、牛の動向に関心が強まります。





shikokunori at 22:22コメント(0)トラックバック(0)山と渓谷 

2010年05月26日

しまなみ 007しまなみ海道を経由して広島に日帰り出張。

しまなみ海道ができるまでは、広島市内までフェリーを利用してましたから、移動時間は半分くらいに短縮されるようになりました。

また、ETCの通勤時間帯割引で平日でも片道2350円で今治から尾道まで行くことができます。
土、日なら片道1,000円ですから随分と割安です。

その影響で、幸か不幸か、広島に宿泊することがほとんどなくなりました。

この数年間は広島のホテルと夜の飲食店にお金を落とすことがなく、昼食どまりです。

さて、広島の味といえば、広島風お好み焼き。
年に1~2回の広島出張では、昼食はほとんどがお好み焼きです。
関西焼でなく、広島焼はこの地ならでは味わいがあります。

特段に美味いというわけでもないのですが、B級グルメの飽きのこないの味というところでしょうか。

もっとも、しまなみ街道以前の時代は、広島市民球場でカープのナイター観戦をしたり、ちょっとした小料理屋やバーで一杯やったりと広島の夜を楽しませてもらいました。

今となっては懐かしい良き時代でしたね。

shikokunori at 21:38コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月17日

別子銅山 0055月16日、日曜、五月晴。
新緑と山ツツジ咲き乱れる別子銅山を歩く。

江戸時代から昭和にかけて最盛期は1万人以上の人々がこの地で生活していた別子山。

250年続いた別子銅山には、多くの産業遺跡、学校や劇場跡が残っています。

別子銅山 025別子山登山口から歩くこと90分、標高1300メートルの峠、銅山越を過ぎると花の季節になります。

ミツバツツジ

別子銅山 032

アケボノツツジ

shikokunori at 22:54コメント(0)トラックバック(0)山と渓谷 

2010年05月13日

石鎚
中山川と石鎚山

中山川中山川青のり








風薫る5月、13日夕暮れ。

中山川の天然青のり漁は近年になく好調です。

青のり生産も、いよいよ終了が近づいてきました。
沖合いでの養殖漁場の不作を挽回することは望めませんが、
今シーズン最後となる川のり生産に期待します。

shikokunori at 21:55コメント(0)トラックバック(0)青のり 

2010年05月09日

中山川
西条市禎瑞に流れる中山川。
新緑の季節になると川辺は緑に覆われ、天然のスジ青のりが自生します。
川底の石に生育する青のりを掻き揚げて、天日干しするのですが、
沖合で収穫される養殖の青のりとは一味違った豊かな風味があります。

青のり漁1
川で取れる青のりは、沖合で量産される養殖青のりと比べると極わずかな
量しかとれません。
昔ながらの手作業で手間ひまかけて仕上げる青のり漁は、一昔前は西条
の春の風物詩のひとつでした。

豊かな自然が生み出す天然青のり漁も、やがて消えてゆくことになるので
しょうか。

青のり漁2


shikokunori at 18:12コメント(0)トラックバック(0)青のり 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ