2010年10月

2010年10月31日

PA300013数年ぶりに博多に行く。

昨日は心配された台風14号の影響もなく、飛行機利用で松山からわずか50分で福岡到着。

福岡への飛行機利用は初めてですが、移動時間の短さは実に快適です。


PA300022当日はキャナルシティ博多内のグランド・ハイアット・福岡で「オール立命館校友大会2010 IN 福岡」が開催。
全国校友大会には初参加となります。

1,150名の参加者と聞く大会は13時からスタート。
15時過ぎからの宴会は、翌日の1時過ぎの4次会まで延々と続きました。

福岡、佐賀、鹿児島、山口の旧友と再会し、3次会からは5人での同窓会となりました。

それぞれのステージは変わっても、根っこの部分で変わらない付き合いをありがたく思いました。





shikokunori at 21:01コメント(0)トラックバック(0) 

2010年10月26日

昨日までの暑い秋から、木枯らしが吹き、いきなり冬の訪れを感じさせる一日でした。

現在台風14号が北上中でして、最悪の場合週末には四国地方に上陸しそうな様子です。
この時期になって、海苔網の張り込みを始めたばかりの生産地にとっては招かれざる客です。
8月、9月に来るべきものが来ず、今頃になって警戒しなければならないとは。地球温暖化の影響はこれからも毎年のように続いていくのでしょうか。


さて、海苔の仕入れシーズンが近づき、本日は銀行の融資担当者と打ち合わせ。

来月から約半年間の仕入期に当たり、毎年のことですが資金調達をお願いしなければなりません。
海苔の主な仕入期は晩秋から晩春にかけての約半年間。
この期間に1年間に販売する原材料の仕入資金が必要です。
主な仕入先である各漁連との取引条件は、だいたい買付後5日以内の支払いという条件です。
ほぼ現金決済で仕入れた原材料が、すぐに販売できて入金される商品は限られています。
約半年から1年以上かけて販売していくというのが実情です。
したがって、年度当初の金融機関からの仕入資金の借入を少しでも有利に進めたいという思惑があります。

金融機関の担当者も優秀な人が多いわけですからこちらの希望通りに進行するとは限りません。
運転資金として借りたお金を、約束通りの期日までに返済することが経営者の条件ですが、返済できなくて資金繰りに四苦八苦している会社も多いと聞きます。

無借金経営ができれば理想ですが、おそらく90%以上の会社は借金と縁が切れないでいるはずです。
終わりなき借金の返済は企業の宿命なのかもしれません。

借金を恐れ過ぎてもいけないが、慢性化してもいけない、経営は難しいですね。





shikokunori at 22:16コメント(0)トラックバック(0) 

2010年10月19日

営業で県内の小売店を訪問。

担当者は西条出身ということで、海苔の話があれこれと出てきました。

「以前は、新海苔の季節になると地元のテレビや新聞で、西条海苔のニュースが出ていたのだが、最近はニュースが流れなくなった気がします。西条の海苔はどうなんですか」

この担当者が気づいた通り、愛媛県の海苔の入札会は7年前から瀬戸大橋を渡り、岡山市で開催されるようになりました。
それまでは愛媛県内の最大産地である西条海苔のお膝元の西条市で入札会が開かれていました。
全国からたくさんの商社が買付に訪れ、その年最初の入札会は必ず新聞やテレビのニュースに取り上げられていました。
旅館やホテル、飲食店も商社の人達がお金を落としてくれたお陰で、少なからず経済効果もあつたはずです。
残念ながら、瀬戸内海産全体の海苔生産状況も芳しくなく、買付に来る全国商社の負担を軽くするという意味でも、岡山市で愛媛県と山口県の海苔の合同見本市を開催することになったのです。

それから7年の歳月が流れました。
ニュースに出る事もほとんどなくなった県内産の海苔の認知度は落ちる一方です。
西条が海苔の産地だということを知らない人はどんどん増え続けています。

「やっぱり海苔は有明じゃなく西条ですよね。子どもの頃、天日干しした海苔の風景を思い出します。美味しかったねえ」

この担当者の言葉をうれしく聞きながら、今やまぼろしとなった天日干しの西条海苔を食べてみたいと思いました。


shikokunori at 22:24コメント(0)トラックバック(0)黒のり 

2010年10月17日

学生時代からの友人からメールあり。

「突然ですが先月半ばに王貞治監督同様に胃を全摘。現在、津で1日6食のリハビリ中です。例の胃潰瘍治療中に癌細胞が見つかりました。結果的に5ミリ角の癌細胞だけだったので後願の憂いはありません。来月半ばからは津支局勤務です。突然でしたが元気です。」

現在某新聞社の高松支局長である友人のK氏。
前任地の高知支局長以来、四国での単身赴任生活を3年ほど続けています。
片道2時間弱の所に住んでいる関係で、学生時代からの交流が復活。
年に3回位のペースで酒を飲んだり、山を歩いたりしてきました。
酒飲みで、タバコを1日3箱も吸うヘビ―スモーカーでしたから、いつか身体を壊すのではないかと心配していました。

驚いてお見舞の電話をしましたが、元気そうな声を聞くことができ安心しました。
さすがに、タバコはやめる決心がついたようです。

彼の妻君も最初はとても心配してくれたようですが、どうやら大丈夫そうだとわかればぞんざいな態度になってきたそうです。
数年間の別居生活で、お互いに自由で気ままな生活を享受することができたのにまた一緒に住むことになる。
「亭主元気で留守が良い」といいますが、夫婦の関係は微妙ですね。

当方は、幸か不幸か妻君とは一緒に仕事をしています。
いつも手厳しいことを言ってくれることに感謝しなければいけませんか・・。


shikokunori at 21:41コメント(0)トラックバック(0) 

2010年10月15日

西条祭10月15日、西条祭り開幕です。

「祭りの為本日休業」が当たり前で、商売することが後ろ髪を引かれる思いであったのが西条祭でした。

そんな中、昨年から西条市や商工会議所のお世話により、お祭り期間の西条の飲食店情報、お土産販売等の観光案内ブ―スがJR西条駅前に設置されることになりました。お土産販売
お祭りを見に来ても、飲食店もお土産屋も休日のところが多く、「祭りに参加する人だけが楽しんでいる」という批判もありました。

本日は駅前のお土産販売ブースを訪問。
お手伝いのつもりで行ったのですが役に立つこともく、西条駅前に集まるだんじりの景観を楽しんできました。



shikokunori at 22:48コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ