2011年03月

2011年03月28日

26,27日は次男の引越しで上洛。

西陣に住居を移し、4月からは縁あって親父の母校の後輩となります。

引越しも何とか終了し、近くにある学問の神様、菅原道真を祀る北野天満宮を参拝。

天神さんの梅苑も本日で終了ですが、まだまだ寒さの残る京都です。

境内を歩くと桜の花を発見。

出会いと別れの春、
新たなフィールドが始まります。

北天満宮桜

shikokunori at 21:01コメント(0)トラックバック(0) 

2011年03月25日

P3240004P3240003
西条市壬生川の青のり養殖漁場を視察。

例年ですとこの時期は青のり生産が始まっているはずですが、昨年度に続き、今年も生産は遅れているようです。

水温が低くて海苔が生育しない現状ですが、桜が開花する頃には生産も本格化することでしょう。

5月下旬くらいまでの2ヶ月弱の生産期。

順調に生産が続くことを期待します。

shikokunori at 12:37コメント(0)トラックバック(0)青のり 

2011年03月15日

高島屋9日から始まった伊予鉄高島屋での西条物産展も本日で終了。

11日に発生した東日本大震災により、あまりにも衝撃的な1週間となってしました。
阪神大震災を越えるのは、津波の恐ろしさと原発の脅威が加わったことで、その惨状は目を覆いたくなります。

被災地の方々にはあまりにも残酷な出来事となり、心よりお見舞申し上げます。

遠く離れた四国の高島屋でも義援金箱が設置され多くの義援金が集まっていました。

これからも観光やお祭り等が自粛されたりするでしょうし、豊かさを辛抱していく必要があります。

言葉を失う衝撃的な大惨事ではありますが、それでも明日を信じて希望をもって生きていくことができる国家であって欲しいと思います。



shikokunori at 22:39コメント(0)トラックバック(0) 

2011年03月08日

平成23年度愛媛青のり共販協議会に出席。

3月下旬から始まる青のり入札を前に、県漁連が主催する各漁業組合代表者と商社代表者との協議会です。

昨年度は106トンの生産で販売金額は過去最高の4億9900万円。
黒のり生産が低迷する中、青のり生産に対しては生産者、商社側ともに大きな期待を寄せるところです。

海苔の生産は養殖と言えども工業製品ではありませんから、気象条件や水温等の環境によって生産量や品質が変わってきます。
今年も寒さがまだまだ続いており、今月下旬に予定通り入札会ができるか今の所目途はたっていません。

温かくなって水温も上がってきますと一気に海苔が生育しますが、5月中旬位にはほぼ生産が終了してしまいます。

短い漁期の間に年間使用料を確保しなければいけませんから、入札は博打みたいなものです。
どうにか買付ができてもすぐに販売できる品は限られており、来期までに完売できるわけでもありません。
大腸菌群が検出されたとか、生菌数が高い等の理由で販売先のメーカーから返品を要求され、不良在庫を抱え込まざるを得ない商社の話を聞いたりもします。

生産者も商社も運命共同体。
どちらか一方だけが得するような関係では永続性は見込めないでしょう。

良い仕入先を持ち、良い販売先を持つこと。
双方共にプラスの関係が継続できて初めて永続性のあるビジネスとなると信じます。


shikokunori at 22:13コメント(0)トラックバック(0)青のり 

2011年03月02日

明日のひな祭りを前にして、個人のお客様が焼のりを求めて来店されました。

「スーパーで買う海苔は風味が悪くて満足できない。やっぱり専門店で買った海苔は美味しい。良い海苔を使うとお寿司の味も違います」

当店で直接海苔を購入いただけるお客様は、けっして多いとは言えません。
しかし、何でも揃う便利な量販店でなく、海苔だけを求めてわざわざ専門店に足を運んでいただけるのはありがたいことです。

違いをわかっていただけるお客様だから、信頼を裏切ってはいけません。
専門店ならではの品質を納得価格で提供しなければいけません。

でも、聖人君子ではありませんから、
「少しでも安く海苔を仕入れて、できるだけ高く売って儲けたい」
という誘惑に陥ることも度々あります。

利益に重きを置くと顧客が離れ、顧客に重きを置くと採算が取れない。
誠に商いは難しいものです。

結局は、お客様の層はその会社の経営姿勢に比例するように思います。
良い会社になれば、良い顧客が集まり、悪い会社にはそれなりの顧客しか訪れないのではないでしょうか。

要はバランスのとれた経営感覚。
顧客も喜び、会社も良くなる、ウィンウィンの関係を目標にしなければいけません。





shikokunori at 22:33コメント(0)トラックバック(0)マネジメント 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ