2012年05月

2012年05月27日

001
5月25日、第13回愛媛青のり最終入札会。

今期の愛媛青のりは、スタ-トは遅れたもののその後順調に生産が続き、約118トンの生産量でした。
不作の昨年度(約68トン)に対し、とりあえずは供給責任を果たすことができた年となりました。

共販金額は前年度の2倍、約6億8千万円は過去最高の実績です。
西条地区、2ヵ月弱の生産期でこれだけの数字を出したのですから、青のり生産者にとって大きな収益を上げることができた年といえましょう。
地域経済を活性化させる意味でも、少なからず貢献できたはずです。

しかし、養殖とはいえ天産物ですから、その年の出来不出来によって大きく相場が変わります。
来期はまたどうなるか誰もわかりません。

いづれにしても、これをもちまして、11月から始まった海苔の仕入期間も終了です。
半年間の神経戦から解放されることになりました。

一息入れて、これから販売競争が始まります。




shikokunori at 09:01コメント(0)トラックバック(0)青のり 

2012年05月22日

伊予西条法人会 平成24年度 理事会、総会に出席。

複数の団体に所属しているものの、昼の会合には欠席ばかりでした。
しかし、法人会は監事2名の一人でもありますから、スケジュ-ル調整が必要な会合です。

この会も会員数が減少傾向にありますが、公益社団法人への認定をめざし、
微力ながら貢献させていただきます。

004



shikokunori at 21:39コメント(0)トラックバック(0) 

2012年05月13日

滑川渓谷

風薫る5月の休日。

皿ヶ嶺連峰県立自然公園の滑川渓谷で森林浴。
滑川渓谷には10数年ぶりの再訪です。
1時間ほどの散策でしたが、日曜の午前中にもかかわらず誰一人と出会う人はいません。

訪れる人が少ないから癒しの渓谷となるのかもしれませんが、
「えひめ森林浴88ヶ所」の看板がもったいない気がします。





shikokunori at 20:13コメント(0)トラックバック(0)山と渓谷 

2012年05月11日

青のり入札


本日の入札会で西条産青のりの総生産量は100トン突破です。
昨年は不作で過去最低の67トンの生産量でしたが、今年は平年並みの生産となりました。

高騰が続いた青のり相場ですが、5月に入り急激に品質が悪くなったことで価格もやっと落ち着いてきました。
水温の上昇とともにエビ類の混入品が多くなり、上級グレ-ド品はごく限られたものとなりました。

生産終了が近づきましたが、それでもすぐに海苔網をあげることはできません。
不良品と分かっていても、海苔を摘み取った後に網の撤去が進められます。
下物需要がどのくらいあるのかわかりませんが、それなりにしっかりした価格がつけられるはずです。

青海苔生産者にとっては莫大な収益を上げることができた年です。
地元商社としても、高値で買い付けたことで地域経済に貢献できたのなら良しとしましょう。






shikokunori at 20:51コメント(0)トラックバック(0)青のり 

2012年05月07日

連休も終了し、仕事再開。

サザエさん症候群(月曜病)におちいることも許されないくらい超多忙な1日でした。
ありがたいことです。

振り返ると、学生、会社員、事業後継者を経験した時代がありましたが、
経営者になってからサザエさん症候群になることはありません。

休日でも仕事のことが頭から離れない生活をしてますから、
身も心も休まるリフレッシュできる休日を経験したのは随分と昔になります。

したがって、ストレス解消は日常的に短時間で処理するようにしています。
残念ながら、長期間の休日など望めない立場ですから仕方ありません。

これから、うつ病などの心の病と遭遇することもあるかもしれません。
だからと言って憂えても仕方がありません。

余計な心配をするよりは、まずもって目の前の仕事を確実に進めることです。
考えてもどうにもならないことは考えないようにする、
生きていく為に自然と身につけた処方箋です。




shikokunori at 21:39コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ