2012年06月

2012年06月26日

18日、25日放映のNHK「鶴瓶の家族に乾杯」の西条市編。

西条が全国にPRするのは名水「うちぬき」、西条祭り、石鎚山です。
この3大看板に加え、今回は野菜や青のりも取り上げられました。

幸運にも番組が撮影されたのは5月上旬でした。
西条の青のり漁は3月下旬に始まり、5月下旬には終了します。
2か月にも満たない青のり生産期を逃すと、番組で紹介されることはなかったはずです。

西条の青のりは日本一の生産量ですが、そんなことはほとんどの市民は知りません。
地元の人々でさえ認知度がそう高くない青のりのことを、
鶴瓶が突然やってきて、青のり養殖を営む家族とおもしろおかしく話をします。

天下のNHKがゴ-ルデンタイムに放映した反響はさすがです。

どこで調べたのか、弊社にも
生の青のりは売っているのか等の問い合わせがありました。

また、今日は番組を見たという岡山県の和菓子屋さんが、
わざわざ西条の青のり粉を仕入れにやってきました。

恐るべしテレビの力です。

いつの日か、まち自慢のひとつに西条の青のりも加えられる日が来ることを期待します。


青のり漁(西条) 016




shikokunori at 20:56コメント(0)トラックバック(0)青のり 

2012年06月21日

6月の石鎚

6月20日、台風4号が通り過ぎた後に見えた石鎚山。

曇り空が多い6月、仰ぎ見ることが少ない季節に石鎚山が見えると気分も晴れてきます。

しかし、今日も雨、明日も雨です。

shikokunori at 18:53コメント(0)トラックバック(0)山と渓谷 

2012年06月19日

台風4号、四国上陸かと思えば、どうやら東にそれて紀伊半島に向かっているようです。

梅雨空が続く毎日ですが、このところ心が晴れる日も少なくなってしまいました。
毎年のことですが、6月病とでもいうのでしょうか。
5月までの約7ヵ月間の仕入期から解放されたことで、随分と気が楽になってしまいます。

半年間マイナス成長が続いた体重も、6月からプラスに転じています。

5時を過ぎると自然に目が覚める日が多かったはずですが、
今は6時を過ぎても目が覚めない日が多くなりました。

比較的時間も取りやすいということで、本をまとめて購入すれど、
本を読む時間はあっても、頭にすっと入ってきません。

酒場に出かけても、張り詰めたものがなく、すぐに酔っぱらってしまいます。

1年というサイクルの中で、ずっと走り続けることは無理があるということです。
疲れたら休むという期間も大切です。

梅雨空がいつまでも続くことはありません。
やがて青空が広がり、熱い夏がやってきます。

四季の移り変わりに感謝し、その流れに逆らうことなく自然に過ごしていきたいものです。


shikokunori at 18:55コメント(0)トラックバック(0) 

2012年06月10日

021
昨年よりも10日ほど遅れて梅雨入りです。

阿蘇山、草千里ヶ浜から見える阿蘇五岳の一角、烏帽子岳を歩くつもりで入山。
緑豊かな高原でリフレッシュするつもりでしたが、
下界は曇りでも、山に入れば視界はガスに覆われほとんど景観がありません。

阿蘇山頂の火山口まで車を走らせるも、残念ながら視界なしの状態です。

仕方なく、砂千里ヶ浜と呼ばれる阿蘇山直下の火山荒原まで進むと、
突然視界が広がり、荒涼たる砂漠と遭遇しました。

噴火による火山灰やガスの影響で植物が生育できない環境の中でも、
イタドリという雑草が生育しています。

とても美しい景観とは言えませんが、逆境の中でしぶとく生息するイタドリに心をとらえられます。





shikokunori at 21:58コメント(0)トラックバック(0)山と渓谷 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ