2012年11月

2012年11月21日

新のり生産期に入り、本日は徳島すじ青のり初入札会で徳島県漁連に。

出品数量は24口、1323kgで昨年度に比べ50%強の出品数です。
昨年度は初回入札で先制攻撃を仕掛け、半分近くを買付できましたが今年は15%程度の買付に終わりました。

百戦練磨の仲買人商社の集まる入札会ですから、そう簡単には買付はできません。
約2ヵ月間の競争入札期間の中で、最後に笑うことができるかどうか。
だれも予期できない仕入競争を勝ち抜いたとしても、販売競争の勝者になるわけではありません。

いずれにしても、緊張感高まる季節の到来となりました。

001

shikokunori at 21:34コメント(0)トラックバック(0)青のり 

2012年11月11日

11月10日、11日は西条市産業祭です。

一昔前に比べると集客力は落ちたと言われますが、それでも尚それなりの数字をあげてもらえる物産展です。
現在のところ売れ筋ナンバ-ワン、お手頃価格で家庭用商品として人気の味付のり「だんらん」。
産業祭では、2個で500円の特売を数年前から実施しています。

お蔭さまで商品の存在はかなり浸透するようになりまして、ありがたき応援メッセ-ジを頂戴することも多くなりました。
「お手頃価格で繰り返し購入したくなるおいしい味付のり」
地域でのトップブランド味付のりを目指して頑張っています。

毎年、すこしづつでも販売数が伸びていますと自信につながります。

良い品を、適正価格で販売しているかどうか、
多くの集客の中で、永く支持される商品でありたいものです。

003



shikokunori at 21:49コメント(0)トラックバック(0) 

2012年11月07日

11月になって落ち込んだ消費も回復基調になってきました。

弊社も工場直販ということで常連さんを中心にお客様がよく来店されます。
そんなに多くの来店者ではありませんが、わざわざ海苔だけを求めて来店されるお客様は貴重な情報源でもあります。
ス-パ-等に行けば、多くのメ-カ-から多品種の海苔を選ぶことができますし、安い海苔もたくさんあります。
しかし、多少不便でも、専門店に来店されるお客様は本当に海苔の好きな方が多いようです。
こだわりを持ったお客様が多いですから、販売者としても責任ある商品を置くように心がけます。
 
そうやってお客様にお薦めした海苔が、リピ-トされるようになり、喜んで来店いただけるようになると商売冥利につきます。
お客様とのコミュニケ-ションが、おいしくて適正な価格で販売する商品となります。

地域にもよりますが、海苔の専門店の数は限られています。
運よく最寄りに専門店があっても、気軽に入りづらいのが本音ではないでしょうか。
何も買わないで帰るわけにはいかない、という雰囲気があるのかもしれません。

そんなデメリットがあっても、海苔は是非工場直販の専門店で買ってください。
ス-パ-よりもおいしくて価値のある海苔が手に入ります。

毎日の食卓に海苔のある生活が、健康的にも心の豊かさにも貢献できるはずです。




shikokunori at 21:09コメント(0)トラックバック(0)マネジメント 

2012年11月03日

お歳暮の季節が近づいてきました。

本日の朝日新聞掲載のアンケ-ト調査「もらってうれしいお歳暮」ランキングによると、
1位商品券、2位ハム、ソ-セ-ジ、肉類、3位海鮮類。
かつては、お歳暮商品の中で3位クラスであった海苔は何と13位という凋落です。

ギフト市場そのものが縮小する中、時代とともに消費者の嗜好の変化が読み取れます。
意外に思ったのは、ハム類が2位と好調なこと。
海苔と同格のイメ-ジがあったのですが、こちらは大健闘です。
ハム類を甘く見ていたわけではありませんが、海苔の人気も回復基調になることを願います。

ウェブサイトでのアンケ-トですから、回答者は比較的若い世代が中心と推測します。
若い世代が欲しがるハム類と比較的高い世代に支持される海苔では、アンケ-トの結果が正しく反映されているとは限りません。

しかし、未来を予測する意味で若い世代の支持を得られないと海苔ギフトは伸びることになりません。

毎日の食卓に欠かせない、もらってうれしいお歳暮に海苔が復活する為に、
「おいしさと健康」というキ-ワ-ドだけでは通用しないのでしょうか。
ハム類の商品コンセプトに学ぶべきことがあるはずです。

004

shikokunori at 17:11コメント(0)トラックバック(0)マネジメントグルメ 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ