2013年03月

2013年03月30日

平年よりも1週間から10日も早く桜満開です。

桜満開で、西条の青のり生産も本格的にスタ-トするかと思いましたがそうはいきません。
青のり生産に適した水温がまだまだ低く、現在まだ12~13℃の水温です。
石鎚山系の雪どけ水が加茂川、中山川からひうち灘の青のり漁場に流れこむのですが、その影響で汽水域の漁場の水温は中々上がってくれません。
青のりの生育には15℃位が適温とされていまして、まだ1週間くらいはかかりそうです。

そんな中、河原津地区と壬生川地区の1部で生産が始まったと聞き、漁場視察に。
干潮時の干潟には、潮干狩りでたくさんの人達があさりを取りに来ていました。

スタ-トが遅れる青のり生産がこれからどうなるのか、今年も悩める春となりそうです。

004007


shikokunori at 10:12コメント(0)トラックバック(0)青のり 

2013年03月24日

22日、まだまだ春が遠い能登半島に出かけてきました。

金沢からバスで2時間以上、日本海の向こうは朝鮮半島です。
この時期、観光客はまばらで自衛隊員の方が目にとまります。
聞けば航空自衛隊の基地が輪島にあり、北朝鮮にも近いと感じさせられます。

さて、これまであまり意識したことがないエリアでしたが、能登は海産物、農産物の宝庫でした。
海女さんが海に潜って、岩のり、青のり、魚貝類を獲るそうです。

今回、養殖ではなく天然の岩のり、青のりをいただきました。
生産量は極々少量、限られた時期でも獲れるかどうかわからない貴重品です。
価格は養殖品の何倍もしますが、富裕層を中心に固定客があるそうです。

食感はしっかりしていて、重みもあり天然ものらしい風格があります。
量産とは無縁で、市場に認められることもほとんどありません。

昔は当たり前のように食された海藻や海産物が、一部の人達にしか手に入らない時代となりました。

009
岩のりの板のり

004天然青のり

shikokunori at 18:24コメント(0)トラックバック(0)青のり黒のり 

2013年03月18日

近年、供給過剰等で価格の長期低迷が続く海苔産業ですが、その中で高価格が続いているのが青のりです。

マ-ケットは黒のりに比べて遥かに小さく、手を出す商社もごくごく少数です。
しかし、比較的小さな市場ではありますが、お好み焼き、焼そば等の料理には欠かせない食材です。
また、ふりかけやポテトチップス等のスナック菓子や米菓などにも使われ、食品大手メ-カ-が使うとなれば供給が追いつかなくなることも想定されます。

国内の青のり生産は、徳島県吉野川のスジ青のりと愛媛県西条のウスバ青のりに2極化されている現状です。
かつては、四万十川に代表される天然青のりがいくつもの河川で収穫されてきました。
残念なことに、天然の青のりは激減し、収穫する人も少なくなってしまいました。

そんな中で養殖青のりとして、徳島と愛媛が国内2大産地として国内生産の90%以上を占めるようになってきたわけです。
秋は徳島、春は愛媛ということで、これから愛媛の青のり生産がスタ-トします。

本日は愛媛青のり共販協議会に出席しました。

黒のりよりも高収益が期待できるとあって、生産者の意欲も高まってきています。
養殖とは言っても、天産物ですから数量や品質をコントロ-ルするのも大変です。
工業製品を造るようなわけにはいきません。

寒さにより、まだまだ青のりが生育してこないわけですが、5月の連休を過ぎるとほぼ終漁してしまいます。
わずかな期間で、どれだけ高品質の青のりが獲れてくれるのか、期待をするところです。



shikokunori at 21:31コメント(0)トラックバック(0)青のり 

2013年03月17日

同じラ-メンでも普通の店で食べるより、屋台で食べるとさらにおいしくなります。

久しぶりに博多まで出かけて、飲み会の後の締めは屋台で博多ラ-メン。
福岡在住の後輩に案内してもらった屋台のワンタン麺が格別の美味しさでした。

飲み会ではしごすることは少なくなりましたが、昔の仲間たちと酒を飲めば時がたつのを忘れてしまいます。
同じ釜の飯を食った旧友達との再会で、すっかりできあがってしまいました。

博多ラ-メン


shikokunori at 20:52コメント(0)トラックバック(0)グルメ 

2013年03月10日

うどんやラ-メンの専門店は数多くありますが、当地方に少ないのが蕎麦の専門店です。

たまには美味しいそばが食べたくなって、家族とそば屋「花園」に行ってきました。
この店の昼の営業は日曜だけで、以前は看板もかけていませんでした。
また、窯を造ってピザも提供しているという風変わりなそば屋さんです。

この職人気質のご主人が作る蕎麦とピザは絶品です。

本日は、おろしそばを賞味。
西条産のウスバ青のりがトッピングされています。

職業柄、青のりの中で仕事をしている関係で、海苔の香りに鈍感になってしまいましたが、
同席した親族に言わせると、青のりの香りが蕎麦にもあってとても美味しかったようです。

蕎麦にも青のりがいけるということでお試しください。

おろしそば


shikokunori at 16:37コメント(0)トラックバック(0)グルメ青のり 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ