2013年10月

2013年10月22日

新型海苔焼機を購入し、本日はその試運転です。

従来の海苔焼機に比べると3分の1のスペ-スで、消費電力も大幅に削減することができます。
肝心の焼品質は、永年使ってきた弊社の焼機に比べると仕上がりは良好でした。

焼加減の調整も、デジタルで操作盤のタッチパネルを使います。
従来は勘と経験によって焼加減を調整してきましたが、デジタルで数値化することで作業員の負担を軽減することができます。

もちろんスピ-ド等の作業効率も大切ですが、もっとも大きな命題は美味しい海苔に焼き上げることができるかということです。

お客様の評価は作業効率など関係ありません。
要は、その海苔が食して美味しいかどうかということ。
そのことを念頭に置いて、多種類の産地の様々な特性を持った海苔をいかに上手に焼き上げることが出来るかが問われます。

焼のり機械


shikokunori at 19:24コメント(0)トラックバック(0)黒のり 

2013年10月02日

朝夕は幾分か涼しさを感じますが、10月を過ぎても最高気温が30度を超えることが珍しくない時代です。

今日も日中の暑さ衰えしらずという中、スジ青のりの粉末加工作業です。
晩秋から春を想定した加工場ですから冷房設備はなく、この暑さはちょっと堪えます。

水温が15℃位にならないと生育しない青のりですが、海洋深層水を利用した養殖技術の開発により、1年を通して青のりを生産することができるようになりました。
生産量は微々たるものですが、青のりの安定供給という面で意義のある開発です。


スジ青のり


shikokunori at 21:23コメント(0)トラックバック(0)青のり 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ