2014年04月

2014年04月24日

西条市禎瑞に流れる中山川。

今年も春の風物詩、中山川の天然青のり漁が始まりました。
沖合の養殖青のりの生育が遅れ、川石に付いた天然青のりの収穫にたくさんの生産者が集まりました。
天然ものは生産量も少なく、収穫は大変な重労働です。

養殖物に比べると風味は良く、プレミアムな食材として高く評価されています。

安定供給できない原料だけに、少しでも高く評価いただけるお客様に対する理解が必要です。

中山川
青のり漁2
青のり漁3


shikokunori at 20:54コメント(0)トラックバック(0)青のり 

2014年04月20日

加茂川と中山川に挟まれた西条市禎瑞地区。
名水「うちぬき」で知られる西条市の中で、最も水に恵まれたエリアです。

少雨の日曜日、漁場視察のつもりで禎瑞地区に足を運びました。
青のり生産に大きな進展は見られない中、加茂川、嘉母神社付近の水路で芝桜を発見。
中山川付近の水路で見る芝桜よりもこじんまりしていますが、一息つける景観でした。

中山川
中山川の青のり漁

加茂川
加茂川

芝桜
禎瑞の芝桜

shikokunori at 13:55コメント(0)トラックバック(0) 

2014年04月18日

今年も遅ればせながら愛媛産青のり入札会のスタ-トです。

3月下旬には生産が始まり、約2ヵ月間で100トン以上が生産されてきた愛媛県産青のりも近年不安定な生産状況となっています。

昨年も生産が大幅に遅れ大減産でしたが今年も状況は深刻です。
本来なら最盛期であるはずのこの時期に、いまだに収穫ができない漁場もあり今後の見通しも予測できない状況です。

青のり生産に限らず黒のり生産も不安定な状況でしたから、生産者の収益面でも厳しい状況になっています。

減産で価格が高騰しても、損益分岐点の数量が取れてこないことには次の展開につながりません。
一定の収益が確保できないことになれば、事業の継続も難しくなり、生産者の廃業が加速されてしまいます。

私どものような商社も、適正な利益を確保しつつ事業の継続をするために安定生産は不可欠です。

養殖とはいえども天産物である海苔生産に、この近年何らかの異変があることは間違いないと思われます。

当たり前であったことが当たり前でなくなっている状況。
なんとも難しい時代になってきました。





shikokunori at 22:05コメント(0)トラックバック(0)青のり 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ