2015年07月

2015年07月22日

連休を利用して、坊がつるの法華院温泉山荘に。
以下、ここのパンフレットの文章が秀逸でしたので紹介します。


人生に例えられる山登りは、楽と思えば楽でなく、苦と思えば苦でもない。
上りもあれば、下りもある。
晴れて見渡せる日もあれば、登山道さえも見失う日もある。
天候や体調と相談しながら道程を楽しむ。
ピ-クハントもよし、傍らに咲く花を楽しむもよし。
星空を眺めるもよし。
そんな全てを受け入れてくれる場所がくじゅうというフィ-ルドなのです。
現代社会でたまったストレスを発散し、鋭気を養い、リフレッシュして、下界に降りる。
鈍化しつつある視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚の五感を磨ぎ澄ます。
そのための一助になればと山荘を営んでいます。
山々が与えてくれる恵みに感謝し、くじゅうを満喫してください。

法華院温泉



shikokunori at 21:41コメント(0)トラックバック(0)山と渓谷 

2015年07月16日

台風11号が四国に接近する中、名古屋で㈱ト-カンの食品展示会に招待いただき見学に行ってきました。

食生活の創造カンパニ-を目指すト-カンの毎年恒例の展示会、400社を超える食品メ-カ-が出展しています。

そんな中で今回目を引いたのが、「名古屋めし」
名古屋グルメといえば、味噌煮込みうどん、味噌カツ、きしめん、あんかけスパ、手羽先、名古屋コ-チン、ひつまぶし等々、「名古屋めし」と呼ぶそうですが実に多彩で個性豊かな食べ物がそろっています。

あまり意識していなかった名古屋の食文化ですが、東京、京都、大阪とは違う地方の個性を象徴する存在感があります。

味が濃くて甘辛い、正直、初めて食べた時はそれほど美味いとは思いませんでしたが年とともに受け入れられるようになりました。
たとえ全国に受け入れられる食べ物ではなくとも、その地域で愛され喜ばれるご当地グルメの代表として、我々地方に住む者のお手本でもあるように思います。


003


shikokunori at 21:24コメント(0)トラックバック(0)グルメ 

2015年07月07日

先月、購入しました新型海苔供給機を使い、本日は焼のり加工作業です。

旧型機は30年以上前から使ってきた年代物でした。
旧型供給機では、やわらかくてもろい海苔を加工する場合、破損率が高く作業効率も悪くて、ストレスになっていました。

新しくなって、機械はピカピカ、コンパクトにもなり音も静かになりました。
しかし何といっても、製品のロスが格段に少なくなったのが最大のメリットです。
もっとも、お徳用のキズ海苔製品が少なくなってしまい、常連さんには申し訳ないことになりましましたが、勘弁して下さい。

小さな町工場では大きな設備投資ができないでいますが、身の丈に合った設備投資を続けることも目標にしなければ未来はありません。

改善しなければいけない工場や機械類の多さに頭を抱えつつ、少しづつでも前進できるよう心がけたいものです。

003




shikokunori at 21:58コメント(0)トラックバック(0)マネジメント黒のり 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ