2015年12月

2015年12月01日

晩秋の季節となり、今年も新のりの生産が始まりました。

まずは、徳島県吉野川産すじ青のり。
今年は前年度よりも2週間は早い初共販となりましたが、その後は順調とは程遠い生産状況です。
雨の多さか、日照不足か、原因はわかりませんが、張り込んだ青のりが成長してくれません。

現在、スジ青のりが成長してくれるのを待っている状況で、予定された共販も中止となっています。
12月中旬以降にどれくらい生産が回復してくれるか、1月半ばまでの短い漁期の中、今後の収穫が心配されます。

続きましては、日本最大の海苔産地、有明海の乾のり生産。
11月24日は佐賀県産、25日は福岡県産、27日は熊本県産と新のり初共販がスタ-トしました。
日本の海苔産業を支える大産地で、今や全国生産の6割が有明海産です。

しかし、こちらも今期は高水温と降雨が続いたことで赤芽のノリが多く収穫され、前年度に対し大きく生産がおちこんでしまいました。
減産の影響で相場も強く、今期の仕入れも昨年にも増して高い仕入値となりました。

先日、買い付けた佐賀県産の初摘み海苔が入荷しましたが、品質的には味のある口どけの良い有明らしい海苔でした。

瀬戸内海産は12月中旬以降に共販が始まります。
今年も良質のノリを仕入れて、美味しい海苔に仕上げていきたいと思います。


001


shikokunori at 21:26コメント(0)トラックバック(0)黒のり青のり 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ