2012年01月10日

西条の酢のり

残念ながら、年があけても西条の黒のり生産は厳しい情勢です。

収穫最盛期のこの時期になっても、数量はあがらず、色は浅く品質的にも良い海苔がほとんど出てきません。
12日には岡山、広島、愛媛の3県合同入札会が予定され、愛媛は初入札となります。
出品数量は前年の半分程度、品質も良くないとなれば先行きが心配されます。

今年度、養殖のりは全国的に大凶作の様相です。
震災の影響で、宮城県産が大幅な減産を余儀なくされるスタ-トでした。
以降、全国生産の半分以上を占める有明海産も不作、瀬戸内海も不作となれば、需要と供給のバランスが逆転することになります。
供給過剰の時代から、今後は原料確保に苦労する時代に変わろうとしています。


さて、そんな中でも、本日初ものの生のりを生産者の方に譲っていただきました。
もちろん、今夜の食事の一品は「酢のり」です。
今年初めて食する西条産生のりの酢のものです。
例年より色は浅めではありましたが、酢のものにするとそれなりに黒くなり、大変美味しくいただきました。
何はともあれ、これが出てこないと西条の冬の味覚は始まりません。

酢のり


shikokunori at 21:15コメント(0)トラックバック(0)黒のり | グルメ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ