2012年01月26日

無駄な在庫は持つな

1月もあとわずかとなりました。

今月は12月と比べ販売の方は落ち着いたものです。
売上は増えてないのに、仕入れの方だけは忙しく、本日は岡山での黒のり入札会でした。

2週間前の入札会で少し買付したことでもあり、無理はしなかったのですが、
結果は無理をしないと落札できない相場でした。

前年対比70%の生産量ですから、価格はしっかりとしています。
良い海苔をできるだけ早く手当した方が賢明な気もしますが、資金繰りを考えるとそうもいきません。

過剰な在庫は持ちたくはありません。
1年以内に販売して、適正な利益を取って現金化できるビジネスを心がける必要があります。

1年以上たっても、在庫として眠っているような仕入れは避けたいものです。

「無駄な在庫は持つな!」と言われます。

「安いから」と言って必要以上仕入れたり、また今年のように「高いから」と言って無理して買い付けをしたりするのも正しいのかどうかわかりません。

勢いのある時代は何をしてもうまくいったかもしれませんが、判断が難しくなりました。
だから、「商いはあきない」と言えるのでしょう。



shikokunori at 21:27コメント(0)トラックバック(0)黒のり | マネジメント 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ