2012年06月10日

火山荒原

021
昨年よりも10日ほど遅れて梅雨入りです。

阿蘇山、草千里ヶ浜から見える阿蘇五岳の一角、烏帽子岳を歩くつもりで入山。
緑豊かな高原でリフレッシュするつもりでしたが、
下界は曇りでも、山に入れば視界はガスに覆われほとんど景観がありません。

阿蘇山頂の火山口まで車を走らせるも、残念ながら視界なしの状態です。

仕方なく、砂千里ヶ浜と呼ばれる阿蘇山直下の火山荒原まで進むと、
突然視界が広がり、荒涼たる砂漠と遭遇しました。

噴火による火山灰やガスの影響で植物が生育できない環境の中でも、
イタドリという雑草が生育しています。

とても美しい景観とは言えませんが、逆境の中でしぶとく生息するイタドリに心をとらえられます。





shikokunori at 21:58コメント(0)トラックバック(0)山と渓谷  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ