2015年07月22日

五感を磨ぎ澄ます

連休を利用して、坊がつるの法華院温泉山荘に。
以下、ここのパンフレットの文章が秀逸でしたので紹介します。


人生に例えられる山登りは、楽と思えば楽でなく、苦と思えば苦でもない。
上りもあれば、下りもある。
晴れて見渡せる日もあれば、登山道さえも見失う日もある。
天候や体調と相談しながら道程を楽しむ。
ピ-クハントもよし、傍らに咲く花を楽しむもよし。
星空を眺めるもよし。
そんな全てを受け入れてくれる場所がくじゅうというフィ-ルドなのです。
現代社会でたまったストレスを発散し、鋭気を養い、リフレッシュして、下界に降りる。
鈍化しつつある視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚の五感を磨ぎ澄ます。
そのための一助になればと山荘を営んでいます。
山々が与えてくれる恵みに感謝し、くじゅうを満喫してください。

法華院温泉



shikokunori at 21:41コメント(0)トラックバック(0)山と渓谷  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ