山と渓谷

2017年09月03日

9月最初の日曜日、皿ガ嶺連峰自然公園にある湿原、竜神平でリフレッシュ。
持病の腰痛も影響して1年以上山歩きから遠ざかっていましたが、久しぶりに自然の中で気持ち良く過ごすことができました。
標高1145メ-トルの湿原も、近年は乾燥化が進み湿原とは名ばかり。
瀬戸内海の環境の変化は山から始まっていると思えます。

010
009005

shikokunori at 20:55コメント(0) 

2015年07月22日

連休を利用して、坊がつるの法華院温泉山荘に。
以下、ここのパンフレットの文章が秀逸でしたので紹介します。


人生に例えられる山登りは、楽と思えば楽でなく、苦と思えば苦でもない。
上りもあれば、下りもある。
晴れて見渡せる日もあれば、登山道さえも見失う日もある。
天候や体調と相談しながら道程を楽しむ。
ピ-クハントもよし、傍らに咲く花を楽しむもよし。
星空を眺めるもよし。
そんな全てを受け入れてくれる場所がくじゅうというフィ-ルドなのです。
現代社会でたまったストレスを発散し、鋭気を養い、リフレッシュして、下界に降りる。
鈍化しつつある視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚の五感を磨ぎ澄ます。
そのための一助になればと山荘を営んでいます。
山々が与えてくれる恵みに感謝し、くじゅうを満喫してください。

法華院温泉



shikokunori at 21:41コメント(0)トラックバック(0) 

2015年06月21日

原材料の仕入れ期が終了した6月は、毎年のことですが一休みできる期間でもあります。

残念ながら、業績の方も梅雨空にすっかり同化してしまって困ったことになっています。

今日は日曜日、気分転換も必要です。
何の予定もない貴重な休養日ということで、昼は自宅から車を走らせ約40分、寒風山トンネルを超えて高知県の山と渓谷の中にあるそば屋「時屋」でもりそばをいただきました。

新緑と川の流れに時を忘れる、そんな異空間でそばを食べ、帰りは山の中の「木の香温泉」で入浴。

心身ともにリフレッシュして、明日から流れを変えての業務再開です。


012
もりそば


shikokunori at 17:59コメント(0)トラックバック(0) 

2014年11月04日

繁忙期を前にしての連休を充電と休養を兼ねて京都北山の森と渓谷で過ごしました。

多くの観光客で溢れる京都の街も、貴船から北に向かう周山街道に足を踏み入れると、驚くような静寂な環境に変わります。

北山の紅葉は今がピ-ク、人が訪れることがないエリアを友人達と共有することができ、久しぶりにゆっくりと山での休日を楽しませてもらいました。

007


035


038




shikokunori at 22:28コメント(0)トラックバック(0) 

2014年07月24日

徳島すじ青のり共販協議会に招かれ、半年ぶりに徳島市を訪問しました。

青のり仕入れ期の11月下旬から1月には、毎週のように入札会が開かれます。
それ以外のシ-ズンには訪れることが極めて少なく、この盛夏の季節に滞在することも記憶に残っていません。

緊張感から解放されたこの時期に見る吉野川や眉山も少し違った景観となります。
宿泊先のホテルが眉山口にあり、この機会を利用して早朝の眉山登山を試みました。

7時過ぎに歩き始めて30分ほどで眉山頂上に到着。
前夜の酒が汗となって放出され、山頂の風は爽やかでした。

眉山





shikokunori at 22:36コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ