グルメ

2016年02月29日

先日、商用の帰りに長野に立ち寄る機会がありました。

学生時代は北アルプスに何度も足を運びましたが、かれこれ15年以上はご縁のないエリアです。
大学で同じクラスだった友人と久しぶりに再会し、酒席を共にした後、善光寺や戸隠を案内してもらいました。


さて、長野の郷土料理で一番に思いつくのはやっぱり蕎麦です。
麺類と言えば普通、ラ-メンやうどんが一般的ですが、さすが長野ですね。
街中から山の中までいたるところに蕎麦屋の看板が目につきます。

滞在中、2件の店で蕎麦をいただきましたが、その極めてストレ-トで素朴な美味しさを堪能しました。
海苔屋としては残念な気もしますが、蕎麦に海苔をきざんでトッピングするようなメニュ-がありません。
長野県産品の薬味以外は不要と思わせる、少し大袈裟ですが蕎麦に孤高と品格を感じさせるところがあります。

また、長野には蕎麦屋ばかりが過密に集中して、営業成り立つのか余計な心配をするのですが、どこも適度に商売が成立しているようで、逆に行列のできるような店もあまりなさそうな様子です。
友人に案内してもらった蕎麦屋もとても美味しいのですが、香川県のうどん屋のように並んで待っている人はいません。
店も遅くまで営業してもっと儲けようという欲もなく、必要以上には働かないという感じです。
友人に聞くと、これは「善光寺商法」と言って、全国からたくさんの観光客が集まる門前町の店ではほっておいてもお客さんがやってくる、したがって無理に頑張って働いたり、過剰なサ-ビスをしなくてもかまわないという商売の仕方だそうです。

短い旅でしたが、異空間や異文化に接することがとても刺激的で、楽しい思いをさせてもらいました。

十割そば




shikokunori at 22:03コメント(0)トラックバック(0) 

2015年07月16日

台風11号が四国に接近する中、名古屋で㈱ト-カンの食品展示会に招待いただき見学に行ってきました。

食生活の創造カンパニ-を目指すト-カンの毎年恒例の展示会、400社を超える食品メ-カ-が出展しています。

そんな中で今回目を引いたのが、「名古屋めし」
名古屋グルメといえば、味噌煮込みうどん、味噌カツ、きしめん、あんかけスパ、手羽先、名古屋コ-チン、ひつまぶし等々、「名古屋めし」と呼ぶそうですが実に多彩で個性豊かな食べ物がそろっています。

あまり意識していなかった名古屋の食文化ですが、東京、京都、大阪とは違う地方の個性を象徴する存在感があります。

味が濃くて甘辛い、正直、初めて食べた時はそれほど美味いとは思いませんでしたが年とともに受け入れられるようになりました。
たとえ全国に受け入れられる食べ物ではなくとも、その地域で愛され喜ばれるご当地グルメの代表として、我々地方に住む者のお手本でもあるように思います。


003


shikokunori at 21:24コメント(0)トラックバック(0) 

2015年06月21日

原材料の仕入れ期が終了した6月は、毎年のことですが一休みできる期間でもあります。

残念ながら、業績の方も梅雨空にすっかり同化してしまって困ったことになっています。

今日は日曜日、気分転換も必要です。
何の予定もない貴重な休養日ということで、昼は自宅から車を走らせ約40分、寒風山トンネルを超えて高知県の山と渓谷の中にあるそば屋「時屋」でもりそばをいただきました。

新緑と川の流れに時を忘れる、そんな異空間でそばを食べ、帰りは山の中の「木の香温泉」で入浴。

心身ともにリフレッシュして、明日から流れを変えての業務再開です。


012
もりそば


shikokunori at 17:59コメント(0)トラックバック(0) 

2015年02月26日

6時3分発のJR特急しおかぜ号に乗り、東京経由で熊谷に出張。

クレ-ム発生で、少し気の重くなる商用でしたが、JRに揺れれながら一人考える時間を持てたことは収穫でした。

さて、その夜は気分も新たに、銀座の居酒屋「縁」さんで吉野川産すじ青のりを使った料理をリクエスト。
日本全国の隠れた銘酒を呑みながら、料理を堪能させていただきました。

011
010


shikokunori at 22:32コメント(0)トラックバック(0) 

2015年02月01日

乾ノリ共販も前半戦が終了し、1月末現在前年度対比で約15%の高い相場となっています。

大産地である佐賀、福岡、熊本の有明産の価格が特に強く、ノリ産地の寡占化が他産地にマイナス要因にならないか心配されるところです。

さて本日、日曜日のランチはイタリアン食堂「マルブン」でパスタをいただきました。
注文した和風スパゲティは、しらすときのこをわさび醤油で味付けしたパスタにもみのりをトッピングしています。

ちょっとしたノリの風味と色彩がパスタの味を引き立ててくれます。

マルブン食堂は地元の素材を生かし、できるだけ地産地消のローカルレストランを目指しています。

お客様に支持される繁盛する店には理由があります。

異業種であっても学ぶべきところは取り入れていきたいと思います。

和風パスタ


shikokunori at 20:53コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ