きょうも雨。淡い紫がこころにぽつんとしみてサミシサに寄り添うようにあたたかく拡がっていく紫陽花ってなんかいいなあ・・・かつて子どもが大きなあやまちを犯し大切な2つのいのちが喪われた6月1日と7月1日の間の梅雨時のあさ、そんなことをおもいながら通勤しました。2012年3月の火災で全焼した佐世保市下京町の戸尾市場の跡地に複合ビルが建ったそうです。子どものころ、今は亡き祖母に手を引かれ通った思い出がぽつんと沁みてたゆたうようにあたたかく拡がっていきました。そういえば祖母は、紫が、好きだったなあ。