税理士 京都|ランチェスター戦略セミナー実績京都No.1/ランチェスター戦略公認インストラクター/顧客黒字率77.7%のランチェスタービジネス京都

2010年09月11日

第4期 勉強会の予定


ogushi2010_b2



9月から第4期の ランチェスター勉強会がスタートしております。

第4期のラインナップは

第1、第3日曜日 6:55〜8:55  早朝勉強会

第2、第4日曜日 6:55〜8:55  早朝戦略塾

原則第3日曜日 10:00〜12:00  成功☆事例研究会

原則第1月曜日 10:00〜17:00  トップ1%の会

詳細はホームページをご覧ください。


でも残念ながら・・・・

でのコースもほぼ定員いっぱいです。

どうしても!!と強く興味をお持ちいただいた方はご連絡ください。

できるだけ、何とかさせていただきます。



セミナーの予告

第17回京都LBクラブ例会 特別講演会

顧客維持戦略のツールである「ハガキ」を効果的に使い、継続
的にお客を増やす方法について話していただきます。



さて、トップでバナーでお知らせしておりますが、

今年最後の京都LBクラブを開催いたします。

今回も特別講演会です。


講師は、ポストカード通販で1位のホワイトベース小串社長です。

たかがハガキ、されどハガキ。


すでにハガキを書いているが、もっと効果的な使い方をしたい方。

これから、お客との関係づくりにハガキを利用したいとお思いの方。

ハガキは書いているが、効果がよくわからないという方。

うちの会社にハガキはどうなんだ?とお思いの方。


百聞は一見にしかず。是非ご参加ください。


開催要領は次の通りです。


日時 22年10月7日 17:00受付開始 17:30講演開始(終了20:00)

場所 アランヴェールホテル京都 会議室 東山
    〒600-8107  京都市下京区五条通室町西東錺屋町179
    075-365-5111
    地下鉄烏丸線「五条」駅下車2番出口から徒歩5分

会費 4,000円

その他 講演会終了後、希望者で交流会を行います。(実費)


  

人気blogランキング

 

 

 

 

社長向けブログ(毎日更新中)はこちら!!

 

 

業績の98%は社長で決まる。らしい・・・

 

 

 

  
Posted by shikumi1 at 08:25Comments(1)TrackBack(0)

2010年08月07日

お知らせ

8月いっぱいで、早朝勉強会の 「経営計画の立て方」は終了します。

9月以後のスケジュールはもうすぐホームページにてお知らせする
予定です。

もう少しお待ちください。



セミナーの予告

第17回京都LBクラブ例会 特別講演会

顧客維持戦略のツールである「ハガキ」を効果的に使い、継続
的にお客を増やす方法について話していただきます。

講演内容、申込方法、会場等の詳細については近日中にお知らせ
いたします。

講 師 小串 広己氏(ポストカード通販で№1のホワイトベース社長)

日 時 平成22年10月7日(木) 17:00〜20:00

場 所 京都市内の予定

会 費 4,000円

その他 セミナー終了後懇親会予定しています。




 

人気blogランキング

 

 

 

 

社長向けブログ(毎日更新中)はこちら!!

 

 

業績の98%は社長で決まる。らしい・・・

 

 

ランチェスター弱者の戦略について、つぶやいているかもしれません。

 

http://twitter.com/LBkyoto

  
Posted by shikumi1 at 20:54Comments(0)TrackBack(0)

2010年07月04日

経営計画の立て方

murakami2010_b2


7月11日(日)から 8月いっぱいまで、早朝勉強会は 「経営計画の立
て方」をスタートします。

時間はいつもどおりに、朝の7時〜9時


経営はフルライン。

商品、営業地域、業界・客層、営業、顧客維持、組織、財務、時間

この8つについて一貫性があり、かつ整合性の取れた経営方法を
考えないと、長期的に強い会社、長期的の業績のいい会社は作れ

ません。

テーマは、経営計画の立て方ですが、経営に必要な8大要因につい
て、ひとつづつその要点を勉強します。

ゆえに 「最近ランチェスターに興味を持ち始めた」という方などにも
ご参加いただける内容です。

日曜日の朝から経営の勉強をするときっといいことが起こります。

ただし、継続した場合ですが。




セミナーのお知らせ

V字回復の事例をありのまま紹介いたします。

この不況下でもお客を増やし続ける会社があります。それも大企業
ではなく、小さな会社がです。

ランチェスター弱者の戦略を取り入れ、赤字から脱却し、V字回復
した会社がやってきたことをすべて話していただきます。



事例に学ぶ1位づくりの法則



講 師 お客が増えるプロダクション 村上 透 代表

日 時 平成22年8月5日(木) 受付 18:00 講演18:30〜

場 所 キャンパスプラザ京都 2F 第3会議室

     京都駅前。ビッグカメラの向かい側(北側)です。

会 費 4,000円

その他 セミナー終了後懇親会予定しています。

詳しくはこちら



 

人気blogランキング

 

 

 

 

社長向けブログ(毎日更新中)はこちら!!

 

 

業績の98%は社長で決まる。らしい・・・

 

 

ランチェスター弱者の戦略について、つぶやいているかもしれません。

 

http://twitter.com/LBkyoto

  

2010年05月17日

省エネ禁止

takeda2010

 

 

一昨日はCLUB95という、年生年月日が昭和4042日より

昭和4141日迄の方が集まる例会で、ランチェスターの話をさせ

ていただきました。

 

 

このような場をご提供いただき、ランチェスター経営を紹介できる

機会を得られたことに感謝しております。

 

 

一人でも多くの方が、例え部分的であってもランチェスター経営を

生かし、会社が良くなりますように。

 

 

それにしても、例会後の食事まで含めると終了12時。就寝が午前

1時すぎ。午前5時には起きて早朝勉強会へ。そしてこの日は続いて

事例研究会と、なかなかハードな1日でしたね。

 

 

でも、ハードではありましたが、充実した時間でした。

 

 

事例研究は対象事例を取材をされた お客が増えるプロダクションの

村上様にもご参加いただき、教材には掲載されていない多くの補足情

報をいただき、理解と気づきが進みました。

 

 

その事例研究会は、泉佐野市の割烹松屋さん。

 

 

バブルが崩壊、業績が悪化したとき、本当に失礼ですが、信じられな

いくらいに手を広げた、というか片端から色々なことを実行されまし

た。

 

 

高級割烹なのに、ランチや送迎バスの購入、葬儀屋の仕出し、飲み放

題、他にも色々。

 

 

居酒屋も真っ青です。

 

 

しかしよく考えると、これは社長が純粋な証拠。いいと思ったことは

すぐ行動。

 

 

そして間違いなく実行力はある!!

 

 

ひとたびランチェスター経営を知ると過去を素直に反省し、愚直に弱

者の戦略に邁進されます。

 

あれだけ広げた手を急速に絞り込み、わたりがに専門店、客層も思い

切り絞り込み、売上増加黒字転換。

 

最近は大手居酒屋も豊富な品揃えから、一点集中型の業績がいいよう

です。

 

弱者なら尚更です。

 

 

事例研究をするといつも思うのが、この社長にとって8大要因を力強

く実践するエネルギーは何なのか?

 

それを総じて熱意願望というのでしょう。

 

このことを考えると、熱意願望53%、目的・目標27%と、このふた

つだけで80%のウエイトであることの重要性を感じます。

 

戦略、戦術が効果的かどうかは、結局この80%に支えられていると

いうことなのですね。

 

そしてこのエネルギーはエコでなくていいのです。

 

どんどん燃やせ!!

 

 

 

●●● セミナーのご案内 ●●●

 

1位づくりの顧客戦略があなたの会社を強くする

 

お客の評判で地元潤・になる 竹田ランチェスター流 顧客戦略とは

 

【第1部】 1位づくりの実践報告会

1位づくりに取り組まれる3人の経営者に実践報告をしていただきます。

 

【第2部】 竹田陽一先生 講演会

◆ 講師 竹田 陽一 先生

◆ 日時 6月10日(木) 13:30〜17:30(講演会 終了後懇親会)

◆ 場所 マリアージュグランデ 京都八条口 アバンティビル8F

◆ 会費    7,000円(講演会のみの場合)

       10,000円(講演会と懇親会の両方参加の場合)

◆ 主な講演内容

    営業力の高め方 大事なお客を失わない方法 

    得意先の評判で1位になる方法 ほか

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

人気blogランキング

 

ランチェスター弱者の戦略について、つぶやいているかもしれません。

 

http://twitter.com/LBkyoto

  
Posted by shikumi1 at 08:10Comments(0)TrackBack(0)

2010年05月16日

強い地域

takeda2010

 

 

5時代の電車に乗っている人は、仕事に出かける人が多いようで、

それもブルーカラー系の人が多いように思います(憶測です)

 

 

こんなに朝早く勤勉だな・・・と思い、頭が下がります。

 

 

その電車の中で、新聞や雑誌に載っているセミナーの案内を読んでい

る私。

 

 

難しい言葉が並んでいます。

 

 

パラダイムどうたら、インダストリどうたら、ASP、SaaS など

など。

 

 

ところでこれらはお客が増えることと関係あるのか!?

 

 

よくわからんが、私のような弱者が行くようなセミナーではないよう

です。

 

 

そんなことを考えながら早朝勉強会へ

 

 

 

 

さて、今朝の早朝勉強会は「地域戦略」強い地域の作り方。

 

 

 

どこに強い地域を作るか? 重点地域を持つか? それも目標のひとつ

です。

 

 

目的目標と言われます。

 

 

強い地域を作るにもルールがあります。手順があります。

 

 

まず、自社のお客をどこに密集するか!?

 

 

これはすごく重要なテーマなのです。

 

 

特に絶対にこれをやらないといけない業種があります。

 

 

 

それは「仕入価格と売値が決まっていて、自分の意思で粗利益率を決め

ることが難しい業種」です。

 

 

 

徹底して営業地域を狭くして、移動時間を少なくして、コストを下げ、

利益性を向上させます。

 

 

「狭い範囲」に「多くのお客」

 

 

二律背反の関係にあるようですが、これを手に入れないと一生「あきま

せんわ〜」と言って過ごさないといけないかも?

 

 

 

今朝も牛乳配達の車を見ました。

 

 

この業種は、車で配達しているようではダメだと思います。

 

 

徒歩で配達できる範囲にお客を作らないと。

 

 

徒歩圏内にお客を密集させる。でも本気でやるところはあまりありま

せん。

 

 

戦略知識が不足しているのか?

 

 

それとも実行の信念が足りないのか?

 

 

 

 

社長が強い信念を持ち、戦略を明確にし、這いつくばってでも目標達成

しようとしている会社は強いですよね〜。

 

 

 

●●● セミナーのご案内 ●●●

 

1位づくりの顧客戦略があなたの会社を強くする

 

お客の評判で地元潤・になる 竹田ランチェスター流 顧客戦略とは

 

【第1部】 1位づくりの実践報告会

1位づくりに取り組まれる3人の経営者に実践報告をしていただきます。

 

【第2部】 竹田陽一先生 講演会

◆ 講師 竹田 陽一 先生

◆ 日時 6月10日(木) 13:30〜17:30(講演会 終了後懇親会)

◆ 場所 マリアージュグランデ 京都八条口 アバンティビル8F

◆ 会費    7,000円(講演会のみの場合)

       10,000円(講演会と懇親会の両方参加の場合)

◆ 主な講演内容

    営業力の高め方 大事なお客を失わない方法 

    得意先の評判で1位になる方法 ほか

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

人気blogランキング

 

ランチェスター弱者の戦略について、つぶやいているかもしれません。

 

http://twitter.com/LBkyoto

  
Posted by shikumi1 at 06:51Comments(0)TrackBack(0)

2010年05月15日

習慣にするぞ

takeda2010

 

 

業績のいい会社の社長は 朝が早く、仕事時間が長い という習慣を

持っているとよく聞きます。

 

 

何気なく使う、この「習慣」という言葉。

 

 

大辞林によると「長い間繰り返し行われていて、そうすることが決まり

のようになっている事柄。」という意味。

 

 

「ひとたび習慣を身につければ、次は習慣があなたを動かすようにな

る」とはナポレオン・ヒルの言葉です。

 

 

悪い習慣はすぐ身に付きますが、よい習慣はなかなか身に付かない、情

けない私ですがこのことはよくわかります。

 

 

決まり事として長い間繰り返し行うようになるためには、強い意志が必

要ですね。特に軌道に乗るまでは。

 

 

飛行機が離陸するときに最もパワーが必要なのとよく似ています。

 

 

ここのあたりは「熱意願望」と密接な関係があるようにも感じます。

 

 

 

 

私もうすうす「習慣は使える」と感じていたのでしょう。

 

 

ブログもまずは「内容よりも習慣化」を意識して続けるようにしていま

す。

 

 

おかげで今は毎日の習慣になっています。

 

 

しかし、弊害もあり。続けることを優先すること自体が習慣になり、内

容は乏しい・・・

 

 

習慣は量を満たすことができますが、質は別問題。

 

 

質は革新ですね。

 

 

 

 

まあ、そんな問題はあるものの、意識的に何かを習慣化することは非常

に効果的と感じます。ナポレオン・ヒルは正しい。

 

 

今もいくつかのことについて習慣化に取り組んでいますが、早く習慣化

したいのが「できる、やれるの思考法」

 

 

私の場合、ピンチにならないとスイッチが入らない所がありますのが、

ピンチのみならずマイナスの現象が生じたときには素早く やれる、で

きる思考に 入るよう意識しています。

 

 

少し馴れてきたのか、何かに着手するときは やれる できる思考で取

り組むことができつつあります。

 

 

でも、まだまだ不完全。これからです。

 

 

あまりに当たり前すぎて「だから何?」と思われる方もたくさんおられ

るかと思いますが、他人にとってはささいなことも、私にとっては成長

です。

 

 

内面の問題なので、誰にもわからないのですが「自分は変わった!!」

と自分自身驚いています。

 

 

これもランチェスター経営に出会ったおかげです。

 

 

感謝

 

 

●●● セミナーのご案内 ●●●

 

1位づくりの顧客戦略があなたの会社を強くする

 

お客の評判で地元潤・になる 竹田ランチェスター流 顧客戦略とは

 

【第1部】 1位づくりの実践報告会

1位づくりに取り組まれる3人の経営者に実践報告をしていただきます。

 

【第2部】 竹田陽一先生 講演会

◆ 講師 竹田 陽一 先生

◆ 日時 6月10日(木) 13:30〜17:30(講演会 終了後懇親会)

◆ 場所 マリアージュグランデ 京都八条口 アバンティビル8F

◆ 会費    7,000円(講演会のみの場合)

       10,000円(講演会と懇親会の両方参加の場合)

◆ 主な講演内容

    営業力の高め方 大事なお客を失わない方法 

    得意先の評判で1位になる方法 ほか

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

人気blogランキング

 

ランチェスター弱者の戦略について、つぶやいているかもしれません。

 

http://twitter.com/LBkyoto

  
Posted by shikumi1 at 08:12Comments(0)TrackBack(0)

2010年05月13日

体感しています!!

takeda2010


現在610日の竹田陽一先生講演会に向けて準備をしているとこ
ろです。


 

一人でも多くの方に参加していただき、経営にランチェスターを
取り入れ、業績を伸ばしていただきたいと願い、参加者を募るの
に一生懸命です。


 

どのセミナーもそうですが「参加していただく」ここが一番のポ
イント、重要なことですよね。


 

と言っても、決して「集客すればいい」などとは思っておりませ
ん。


 

何よりもランチェスター経営に興味をお持ちいただくことが目的
ですので、丁寧に案内し、ご出席賜りたいと願っております。


 

その上で、それなりの人数の方にお集まりいただきたいとも思っ
ています。


 

しかし主催は大変やなぁ・・

 




 

数年前、日本経済新聞の折り込みチラシで竹田陽一先生のセミナ
ー案内をしたことがあります。


 

その結果は1名の申し込み。当日キャンセル(ただし連絡なし)
結果は0ということですね。


 

このセミナー案内をしていると本当に確率戦(また出た!!)を
理解できます。


ここらで一旦感じたことをまとめたいと思います。


 

一般的にチラシは確率戦。通信訪問(郵便、FAX、TELなど)
は接近戦と大きく分けられているようですが、接近戦のなかでも
確率戦に近いもの、接近戦に近いものと、それぞれにレベルがあ
るようです。


 

郵便でチラシを送るのは折り込みよりマシですが確率戦に近いと
ころもあります。


 

ここにその人向けのコメントを入れると少し接近戦になります。


 

そして電話を入れればかなり接近戦。


 

実際に面談すれば超接近戦。やっぱりこれが一番効果的です。


 

ホームページは私の感覚では確率戦。


 

セミナー紹介のサイトにも掲載していますが、これも確率戦。


 

ブログでの紹介は少しマシだと思います。


 

メールでの案内もいいのですが同一文書で一斉配信は確率戦的。


 

チラシと同じ匂いには皆さん敏感なようです。


 

ここは効率が悪いようですが個別に案内がいいようです。


 

効率は悪くても効果性は高い。


 

結局面談できる人がたくさんいる方が効率は悪くても効果性は高
いのです。


 

そのことが頭ではわかっていましたが、実行していると体でわか
ります。この感覚が大事なのですね。


 

そうそう、今日は来客者に案内したら一発参加OK。


接近戦偉大なり!!



●●● セミナーのご案内 ●●●

 

1位づくりの顧客戦略があなたの会社を強くする

 

お客の評判で地元潤・になる 竹田ランチェスター流 顧客戦略とは

 

【第1部】 1位づくりの実践報告会

1位づくりに取り組まれる3人の経営者に実践報告をしていただきます。

 

【第2部】 竹田陽一先生 講演会

◆ 講師 竹田 陽一 先生

◆ 日時 6月10日(木) 13:30〜17:30(講演会 終了後懇親会)

◆ 場所 マリアージュグランデ 京都八条口 アバンティビル8F

◆ 会費    7,000円(講演会のみの場合)

       10,000円(講演会と懇親会の両方参加の場合)

◆ 主な講演内容

    営業力の高め方 大事なお客を失わない方法 

    得意先の評判で1位になる方法 ほか

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

人気blogランキング

 

ランチェスター弱者の戦略について、つぶやいているかもしれません。

 

http://twitter.com/LBkyoto

  
Posted by shikumi1 at 08:13Comments(0)TrackBack(0)

2010年05月12日

増客キャンペーン

竹田陽一先生セミナー

 

 

私が通勤に利用している京都市地下鉄。

 

今、増客キャンペーンをしています。

 

京都府も事業費4,100万円で利用促進のサポートをするようです。

 

「4,100万円も!!」 と思ったのですが、地下鉄の赤字は1日あたり

4,000万円。

 

「え〜、年換算すると・・・146億円!!」

 

その金額を見たとたん、4,100万円で何ができるの・・・と、数字は絶対額

と比較した額では印象が全く違うことを感じます。

 

たしか、ライブドアが2012年に売上高150億円を目指すとあったと思い

ます

 

すごく大きな金額です。しかも赤字ということは売上でないのです。損失なの

です。

 

毎年500万円使って生活したとして146億円あれば、2,920年間は生き

ていけます。80年生きるとして今後36代谷口家はお金の心配無用です。

 

 

さて、キャンペーンのポスターを見ると5万人増やすぞ!!みたいなことが

書かれていますがこれは1日分でしょうか?

 

京都市地下鉄で最も1日の乗車人数が多いのが京都駅で約52,000人

だそうです。

 

じゃあ5万人なら、どこかに1駅作ったら増えんか? なんて単純すぎます。

 

ちなみに2番目に乗車客が多いのは四条駅で約43千人。

 

そこで、登場するのが「駅ナカ」ビジネス。この四条駅で9月にオープンする

ようです。

 

客層は20〜40代の女性らしく、すでに志津屋(パン)、ラフィネ(ボディーケ

ア)成城石井(スーパー)青山フラワーマーケット(花屋)カフェ・ドゥ・メトロ−

などの出店が決まっているとのこと。

 

売上の何%が地下鉄に入ってくるのでしょうか?

 

これで赤字が減るのか?

 

いやそれよりも、そもそも「駅ナカ」は5万人増客の戦略なのか?

 

地下鉄の「経営の8大要因」が気になります。

 

頑張れ 京都市地下鉄!!

 

●●● セミナーのご案内 ●●●

 

1位づくりの顧客戦略があなたの会社を強くする

 

お客の評判で地元潤・になる 竹田ランチェスター流 顧客戦略とは

 

【第1部】 1位づくりの実践報告会

1位づくりに取り組まれる3人の経営者に実践報告をしていただきます。

 

【第2部】 竹田陽一先生 講演会

◆ 講師 竹田 陽一 先生

◆ 日時 6月10日(木) 13:30〜17:30(講演会 終了後懇親会)

◆ 場所 マリアージュグランデ 京都八条口 アバンティビル8F

◆ 会費    7,000円(講演会のみの場合)

       10,000円(講演会と懇親会の両方参加の場合)

◆ 主な講演内容

    営業力の高め方 大事なお客を失わない方法 

    得意先の評判で1位になる方法 ほか

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

人気blogランキング

 

ランチェスター弱者の戦略について、つぶやいているかもしれません。

 

http://twitter.com/LBkyoto

  
Posted by shikumi1 at 08:06Comments(0)TrackBack(0)

2010年05月11日

お店がない!?

竹田陽一先生セミナー




家電量販店で「ノジマ」というのがあるらしいです。

 

私は知りませんでした。


 

「コジマ」なら知っているのですが・・・


 

関東が中心のようなので、知らないはずです。 関西に店舗はな
いようです。


 

そこが、既存店の半分以下の面積で小型店を展開するそうです。


 

「え〜っ、社長さん法則に反してまっせ!!」とこれを聞いて
まず思ってしまいました。

 


際立った差別化戦略があるのでしょうね。

 


ホームページを見ると、オーディオ・ビジュアル・コンピュータ
主体の専門性を売るお店からスタートしているようです。


 

どんなお店ができるのか楽しみです。京都か大阪にできれば見に
行きやすいのですが。

 



 

さて、あらためて気づいたことがあります。

 


先日、自宅の近くで知人とばったり。

 


ちょっと一杯でも。という話になってお店を探したのですが、
あるのはラーメン、うどん、牛丼。そんな店しかありません。

 


自宅の近所の飲食店が大手チェーン店ばかりになっていることに
気づきました。

 


いや困りました。


 

普段は自宅近くで食事をすることなどないので、気にも止めませ
んでした。

こんな状況になっていたなんて。

 

昔は、しゃぶしゃぶ、居酒屋、お好み焼き、定食屋、寿司屋、中
華料理などもあったので、その当時のイメージを抱いていました。

 


うどんや丼などの出前を取る店もありません。

 


今やお客が接近戦を楽しむ店も無く、そうするといきおい確率戦

 

となると大手チェーン店が選択肢。

休日なし。24時間営業。駐車場有。店舗面積大かそれなり。

 


少なくとも、この地域では全部強者の条件をそろえているようで
す。

 


こりゃ弱者はかなわん。

 

 


でもお酒を飲む雰囲気ではないですよね。

 

結局、「また、あらためて・・・」とそこで解散となりました。




●●● セミナーのご案内 ●●●

 

1位づくりの顧客戦略があなたの会社を強くする

 

お客の評判で地元潤・になる 竹田ランチェスター流 顧客戦略とは

 

【第1部】 1位づくりの実践報告会

1位づくりに取り組まれる3人の経営者に実践報告をしていただきます。

 

【第2部】 竹田陽一先生 講演会

◆ 講師 竹田 陽一 先生

◆ 日時 6月10日(木) 13:30〜17:30(講演会 終了後懇親会)

◆ 場所 マリアージュグランデ 京都八条口 アバンティビル8F

◆ 会費    7,000円(講演会のみの場合)

       10,000円(講演会と懇親会の両方参加の場合)

◆ 主な講演内容

    営業力の高め方 大事なお客を失わない方法 

    得意先の評判で1位になる方法 ほか

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

人気blogランキング

 

ランチェスター弱者の戦略について、つぶやいているかもしれません。

 

http://twitter.com/LBkyoto

  
Posted by shikumi1 at 08:09Comments(0)TrackBack(0)

2010年05月10日

仕組みを作ろう!!

竹田陽一先生セミナー

 

 

 

 

今まで、別のところにリンクしていた「ブログ」をここにも掲載

させていただくことにしました。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

昨日の日曜洋画劇場は「300(スリーハンドレッド)」を見られま

したか?

 

 

紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとにペルシア帝国・クセ

ルクセス王の遣いが来て言いました。

 

 

「土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすという。」

 

 

スパルタ王はペルシアと戦う道を選びました。

 

 

スパルタといえば鍛えられた精鋭として有名ですが、その数はたった

300人。対するペルシアの軍勢は、なんと100万の大軍。

 

 

体当たりの一騎打ち戦ではスパルタ軍も“持てる力”を発揮できるの

ですが、弓で間隔戦を挑むペルシア軍は二乗作用を有効に生かします

(この数の差は二乗作用以前の問題ですが・・・)

 

 

ここはランチェスター法則通り(くどいようですが、この数の差は法

則など無意味ですが)スパルタは破れてしまいます。

 

 

しかし、戦いの場として、狭い谷間を選択し誘導しようとするなど、

弱者の戦略が垣間見れました。

 

 

スパルタ軍優勢のときは「この数でそんなことあり得ない!!」と

突っ込み、楽しみながら、ランチェスター法則の復習にもなりました。

 

 

 

さて、これも昨日目にした、ある大手飲食チェーン店の考え方です。

 

 

「肝心なのは仕組みである。人材が仕事に熟練し、上達することを期

待し、あるいは根性などでカバーするには限界がある。仕組みを根本

から見直して発想を転換できれば大きな改善の可能性がある。」

 

 

その通りと思います。

 

 

しかしそうできているか?というと・・・多いに反省する次第です。

 

 

能力の向上が必要ないということではありません。教育訓練が必要な

いということではありません。

 

 

しかし、それは仕組みを円滑に働かすべきものであるはずです。

 

 

個人の資質に頼らず、仕組みの力で前進する。

 

 

そんなつもりで経営を組み立てる必要があるかと思います。

 

 

小さな会社の経営者に必要な能力のひとつが「仕組みづくり」

 

 

ここが、中小企業の弱みと竹田先生は言われますが、小さな会社の社

長はフルライン。

 

 

仕組みづくりの知識も必要です。

 

 

 

PS

 

仕組みづくりで比較的着手しやすいのが「顧客維持戦略」です。仕組

みづくりの興味のある方は6月10日の竹田陽一先生のセミナーへ是

非ご参加下さい。

 

 

 

●●● セミナーのご案内 ●●●

 

1位づくりの顧客戦略があなたの会社を強くする

 

お客の評判で地元潤・になる 竹田ランチェスター流 顧客戦略とは

 

【第1部】 1位づくりの実践報告会

1位づくりに取り組まれる3人の経営者に実践報告をしていただきます。

 

【第2部】 竹田陽一先生 講演会

◆ 講師 竹田 陽一 先生

◆ 日時 6月10日(木) 13:30〜17:30(講演会 終了後懇親会)

◆ 場所 マリアージュグランデ 京都八条口 アバンティビル8F

◆ 会費    7,000円(講演会のみの場合)

       10,000円(講演会と懇親会の両方参加の場合)

◆ 主な講演内容

    営業力の高め方 大事なお客を失わない方法 

    得意先の評判で1位になる方法 ほか

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

人気blogランキング

 

ランチェスター弱者の戦略について、つぶやいているかもしれません。

 

http://twitter.com/LBkyoto

  
Posted by shikumi1 at 08:32Comments(0)TrackBack(0)