税理士 京都|ランチェスター戦略セミナー実績京都No.1/ランチェスター戦略公認インストラクター/顧客黒字率77.7%のランチェスタービジネス京都

2007年01月04日

行動しないのは悪いこと?

ランチェスター法則★儲かる仕組みづくりサポーターの谷口薫です!

 

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

人気blogランキング

 

 

毎年年初に、昨年読んだ本や、聴きに行ったセミナーなどを振り

 

返りながら今年の計画の参考にするのですが、今年は少し気になる

 

ことがあります。

 

それは、昨年読んだ本で繰り返し読んでみたいと思う本が殆どな

 

いことです。

 

そういう選択の仕方をしてしまっているのか?

 

若しくは、繰り返し読んでみたいと思えるほど、深く読めていない、

 

つまり読み方に問題があるのかもしれません。

 

 

 

「学んで思わざれば即ち罔し」という言葉があります。ご存知、

 

孔子の言葉です。本を読むだけで考えることをしないと、よけい

 

に混乱するよ。という意味ですが、まさしくこの状態にある気が

 

します。これなら読まないほうがマシかもしれません。

 

そういえば、「考えることをしない」ということでは、同じように

 

気になっていることがあります。

 

それは、ランチェスター法則をベースにした竹田ビジネスモデルに

 

関する取り組みについても同様のことが起こっているのです。

 

 

教材で勉強を重ね、社長塾やセミナーでご紹介するのですが、最近

 

時間に追われて、考えるということが少しおろそかになっている気

 

がしていました。

 

 

 

ただし、ここでいう「考える」とはただ1回考えてみるというよう

 

なものでなく、かなりしつこく、執念のように考える。というよう

 

なニュアンスであると思ってください。

 

 

 

例えば、本を読んで「知識」や「気づき」を得る。という話はよ

 

く聞きますが、知識、気づきを得て、少し考えて、でもそれだけ

 

では行動できません。

 

私もできるつもりになることは多いのですが、実際にはなかなか

 

できません。できるような気分にさせる本はたいしたものですが、

 

やっぱり、実際の行動に結びつきません。

 

 

これは、大脳生理学でも明らかになっているように、知識分野は

 

大脳皮質、行動分野は大脳辺縁系とそれぞれを司る脳が違うので

 

すから、無理ありません。「人間の行動は、理解や考えのもと、行

 

われているのではなく、内面的衝動が決める」ともいわれています。

 

余談ですが、計画的な犯行に較べて、衝動的な犯行のほうの刑が軽

 

くなるのも、人間はカッとすると何をするかわからない動物だと

 

理解されているからでしょうか?

 

 

まあ、いずれにしても、知識、考えを行動に移すことは至難の業

 

らしいのです。

 

 

よく、「行動が大事だ」「行動しなければ何も始まらない」と、行

 

動しないことを非難するような言葉を聞くことがありますが、行

 

動しないのではなく、行動できないのが普通なのでしょう。

 

とりあえず、自分はどうして行動できないのだろう?と悩んでい

 

る方は、安心してください。それが正常なようです。そんなこと

 

で落ち込んで暗くなる必要はないようです。

 

 

 

しかし、難しいからといって行動しなくてもいいわけはありませ

 

ん。要はこの知識、考えと行動をどのようにして一致させるか?が

 

問題なのですね。

 

かつて若かりし頃、音楽の勉強をしていた時期がごくわずかある

 

のですが、そのとき「理論等は学んでも、楽器を演奏するときは

 

無意識に沈殿しなさい・・・」といわれたことがあります。

 

『無意識に沈殿』させろと言われても。一朝一夕にすぐできるよ

 

うなものではありませんが、ここに、知識、考えと行動を一致さ

 

せるヒントがありそうです。

 

 

そういえば、竹田先生はよく思索をしなさいと仰っています。考

 

えるだけでなく、知識を仕入れるだけでなく、思索に耽る!

 

表現は違いますが、竹田先生も同じことを仰ているようです。

 

でも、いずれもそんなに簡単なものではないことは容易に想像

 

できますよね。

 

 

竹田ビジネスモデルである経営の8大要因。これを実行するのが

 

難しいのも、知識、考えと行動が一致しないことが原因なのです

 

ね。そして、それを可能にするには執念に近い学習と

思索の繰り

 

返しのようです。

 

竹田先生のセミナー、本、教材を数回見聞きして、理解したつも

 

りになっているけれども、実際に落とし込めない。私を含めて、

 

そんな経験のある方は、まだまだ竹田ビジネスモデルの沈殿の仕

 

方が甘いようです。

 

これは一度徹底して、学習→考えるということをやってみる必要

 

がありそうです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

人気blogランキング

 



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shikumi1/881623