子宮筋腫の腹腔鏡手術


手術もしなかったのに子宮筋腫が・・・

子宮筋腫腹腔鏡手術は開腹を伴う場合に比べ、術後の回復が早いために職場復帰にかかる時間が短くて済むことや、傷跡が小さいために目立たないという利点があります。そのため、婦人科でも積極的に腹腔鏡を導入している病院が多くあります。ただし、どのような場合でも子宮筋腫の腹腔鏡手術ができるというわけではありません。

子宮筋腫の位置などによっては、開腹を必要とするケースもあります。これは個々の患者さんごとに判断しなければいけないことですし、病院の方針もあります。まずは専門医とよく話し合って、納得のいく方法を見つけるようにしましょう。腹腔鏡と開腹の場合、それぞれに予想される結果や問題点を説明してもらうことによって、十分に理解できる場合もあるでしょうし、それでも釈然としない気持ちが残ることもあるでしょう。

納得できないのであれば、セカンドオピニオンを利用することも検討しましょう。第三者の意見を聞くことによって、本当に妥当な方法について検討することができるようになります。名医がいる婦人科で腹腔鏡と回復、どちらが適しているかを尋ねれば、大いに参考になるはずです。

常に大切なことは、治療方針に納得していることです。本当はわだかまりが残っているのを押し殺していると、思うように症状が改善しない場合に決定的な亀裂となりかねません。不明点は質問し、自分の希望を伝えるようにしておきましょう。

驚きでした。
子宮筋腫がこんなに簡単に治るなんて