子宮筋腫の変性の時期


手術もしなかったのに子宮筋腫が・・・

子宮筋腫変性を起こしやすい時期は妊娠中期以降です。この時期になると妊娠中の胎児が成長してくることによって、これまでは供給されていた血液が十分に筋腫に届かなくなることがあり、これによって酸素や栄養が不十分となって子宮筋腫の変性の原因となるのです。気持ちがナーバスになりがちな妊娠中に変性が起きるというのは間が悪いのも事実ですが、事実は事実として受け入れなければなりません。あまり思い悩みすぎても体に障りますので、神経質になりすぎないようにしましょう。

たとえ子宮筋腫が変性したとしても、ただちに出産に支障をきたすわけではありません。中には影響を及ぼす場合もありますが、それは一部の場合です。まずは対処法について専門医の説明をしっかり聞いてください。変性が悪い影響をもたらさないこともありますので、気にしすぎないことも大切です。

また、子宮筋腫の変性もいくつかの種類がありますので、すべてを一まとめにするのではなく、自分の状態がどうであるのかを専門医から確認しておくことが大切です。今後、何か問題の原因になりそうかどうかという事実を、冷静に受け止めましょう。

驚きでした。
子宮筋腫がこんなに簡単に治るなんて