子宮筋腫と出産


手術もしなかったのに子宮筋腫が・・・

子宮筋腫のために出産に不安を抱いている女性は少なくないでしょう。このまま妊娠した場合のことが不安な方だけではなく、すでに子供を授かっていて、このままで無事に出産できるかどうかが心配で、ほとほと困っている方もいるはずです。出産への影響は子宮筋腫の位置や大きさによって異なります。粘膜下筋腫、筋層内筋腫、奬膜下筋など、どのような種類のものであるかを、検査によって明確にすることが第一歩となります。

専門医としっかり相談しておくことが大切ですが、子宮筋腫が出産の妨げとならないことも多くありますので、あまり神経質になりすぎないことです。精神的に消耗してしまうと、母体に良くないというだけではなく、お腹の中の子供にもよくありません。1人だけの体ではありませんから、できるだけ気持ちを落ち着けて穏やかな生活を送ることが大切です。むやみに心細くなるよりも、病院の専門医や、周囲の人達の励ましを受けながら、必要な措置を取るようにしましょう。

場合によっては帝王切開をすることもありますので、そうした点についても病院と打ち合わせをしておきましょう。もっとも、帝王切開は子宮筋腫の方の出産ではなくてもありえることですので、それほど不安視することはありません。また、妊娠中の治療は、通常とは異なる面も出てきます。たとえば、出産するまでは、原則として手術は控えるのが一般的です。胎児への影響を考えると、妊娠している時には、通常と同じようにはいかないのは当然のことです。

人生の中でも大きなイベントである妊娠や出産が子宮筋腫によって台無しにされてしまったのでは、たまったものではありません。そうならないためにも、婦人科や産婦人科の名医と連携を取り、最善の策を尽くすことが大切です。多くの女性に関係がある病気ですし、患者さんもとても多いため、対策についても十分に研究されています。したがって、腕の良い名医を見つけることによって、危険を小さく抑えることができるでしょう。

驚きでした。
子宮筋腫がこんなに簡単に治るなんて