しましま日記

アセスメント・コンサルテーション・教材作り@特別支援学校                      N県のとある特別支援学校に勤務する教師の しましま です。障がいのある子とかかわって思ったこと、考えたこと、作った教材など、記していきたいと思います。

行動問題にはまず機能的アセスメント

当たり前だけど当たり前じゃないこと。
先日の「WISC-Ⅳ検査結果と発達支援実践の橋渡しーつまずきの原因の理解と対応 ー」の研修会で大六先生が、行動面の問題にはまず機能的アセスメントって言っててWISCの研修会で行動分析押しで面白かったし、まったくその通りだと思う。何でもWISCやるってのはおかしい。もしそういう人がいたらよく分かってない人です。リトマス試験紙。
そこら辺は自分もずっと意識してやってきたけれど、こんなこと言われちゃいましたシリーズでいくと、もう時効だからいいかなと思いますが、いつだったか講師で呼ばれた研修会で、不適応行動がある子の事例で行動分析に基づく支援の話をしたら、「否定はしないけどこの子の認知から考えたほうがいい」って否定されたことがあったし、いつだったかの支援会議でかなり重篤な不適応行動があるケースで行動分析に基づく支援案を提案したら「でもそれ行動療法でしょ!」(何がいいたいのかな?)って一蹴されてしまったし。ほんと支援者にとって基礎基本だと思うけど行動分析嫌いな人どちらかというと専門家に多くて困りますね(笑)。文面はプンプンしてるように見えますが、まあそんなもんだと思っているので、「役に立たない理屈より目の前の子のよい変化」をモットーにやってると、理解してくれる方も増えてきたし事実と歴史が証明するのだと思ってます。

すぐできる支援の提案が大事

最近検査を使った心理教育的アセスメントに対する風当たりが強くなってきているのは気のせいではないだろう。実際は就学判断の資料作りのためだけのダメダメな使い方が多いし(それは心理教育的とは言わない)、言われても無理はないかとも思う。それに困難をかかえた子の日々を放置して、まずはしっかりアセスメントしてなんて悠長なこと言ってられないというのもその通りだ。そこら辺のところ自分は実際どうやってるのかということについて。
心理アセスメントをしてから結果に基づいて支援開始という流れは教科書的ではあるけれど、実際にはそうすることはほとんどなく、初回相談か次の相談の時に、状態像からすぐできる支援を提案し(または自分が担任だったらすぐ試し)、ふむふむうまくいくね、となったころに検査して確かめるというパターン。だから、検査の前に支援ははじまってるしうまくいき始める(それに毎回自分の見立てが試されるので検査前の見立てはどんどん当たる率は高くなる)。
じゃあ検査する必要ないんでは?と言われそうだけど、そこは検査を含む総合的なアセスメントによって多くの方の賛同の得やすさ、説得力を担保する。それからさらに支援を加速させるという使い方です。検査は道具だからそれで子どもが救われるならよい使い方をすればよし。
そこらへんのところ来年1月のK-ABCアセスメント学会の中央事例研で発表するのでよかったら聞いてください。(発表原稿書き終わったー)

標高九九

標高九九先日、大六先生の「WISC-Ⅳ検査結果と発達支援実践の橋渡しーつまずきの原因の理解と対応 ー」の研修会に行きました。その中で掛け算九九の話があったんですが、唱える九九覚えられないけど地図大好きな少年に地図っぽく数の大きさで色分けした図を見せた話が面白かったので早速作ってみました。確かに平地と山に見えますね。自分も地図が好きだったのでこういうの好きです。

お金そろばん6

お金そろばん6コインを通して各パーツを接着し完成。

より軽い。
コインの形に近い。
手間暇大幅削減(円柱作成と穴あけ作業の分、木工室にこもらずに机上クラフト作業のみ)。
コストは計算してないけど多分ちょっとだけアップ。

お金そろばん5

お金そろばん5次に軸部分を作成。
前のバージョンは円柱型コインで軸を上のほうに刺して安定させたけど、今回のコインはコインらしく平面なので1本だと傾く。なので軸は1列2本の合計12本。

お金そろばん4

お金そろばん4ひたすら切って張り付ける。
偽造じゃないぞ。

お金そろばん3

お金そろばん3次にコイン画像(Drops)を印刷してラミネート。

お金そろばん2

お金そろばん2ひたすら作る。
ビーズを紙やすりで削って平面を作ってから接着。

お金そろばん1

お金そろばん1お金そろばんを紹介するも手元になく、以前作ったものは作成に手間暇がかかりすぎ大変だったのでもう少し簡単にできないかなと。そうしたら作成依頼が。
セリアの玩具コーナーで思いついてアイロンビーズとなぜか持ってたゲーム用のコインを接着してみる。

漢字の説明用教材サンプル

説明用教材サンプル













手持ちのサンプルがなくなったので作成。
検査結果の説明、支援方法の提案の時に使います。

促音リズム


促音学習用。
コップを視線でクリックするとスタート。

Tobiiで促音三択

促音












特殊音節の学習はふつうリズムに合わせて動作化したり図形的な要素にして並べたりして声に出してと思うけど、重度の肢体不自由がある場合、動作化、音声化というわけにはいかない。Tobiiで文字入力すると「コップ」を「コプ」としてしまう。そういう場合の指導方法ってどうすればいいのだろう。たぶん児童期の視線入力による文字学習マニュアルはない、ですよね。
あまり深く考えず文字入力できるなら読み上げ機能でフィードバックして「あ、まちがえた」って修正すればよいのか。ただ、ちょっと地道で時間がかかるのでつまらなくなるかもしれない。それで変化をつけて楽しくできるようにクイズものもやってみようかと3択を作ってみました。
音声つけようかと思ったけど文字の並び次第で発音できず。「クキッー」は言えそうで言えない。

プリントの例文

PECSずいぶん久しぶりの投稿です。
つい先日残暑だーと思ったのにもう寒いですね。

今年も目まぐるしい日々です。

日々嬉しいことや興味深いこと、時には叫びたいこと等いろいろあるんですが、何しろ相談事なので昔みたいな身勝手な記事はなかなか書けないわけです。ご容赦を。

そういえば最近、こんなことがありました。
小4の子の宿題プリントを見たんですが、漢字の書き取り基本例文というのを見みて笑っちゃいました。昔からあるプリントみたいです。

・合唱した仲間は最低の出来だと泣いた。
・その自治体は何百億円もの借金がある。
・街頭に照らされた毒虫を殺した。
・昨年以来、胃が悪く、健康でない。
・人民は勇気を出して軍の建物を包囲した。
・兵士は愛する副官に別れを告げた。

うーん小4の子がこれ書くのか~
ギャグかと思いましたが調べたらネットにも出てました。

ボイスレブ

ボイスレブ音声ペンのボイスレブは価格の乱高下がある不思議な商品ですが、今は割と安いです。

BLOXELS

bloxels最近BLOXELSというゲームが家のなかだけで流行っている。
自分でキャラやゲームのステージをデザインできる系だ。
どうも縦横のマス目に惹かれてしまう。
ゲームに飽きてもこのカラフルなブロックとボードは使えるはず、と思います。

Tobii用教材2

Tobii早速授業で試してみました。
思った通りうまくいきました。
Tobii×PowerPointで思い描いた教材準備ができることが分かったのでいろいろ応用ができそうです。

Tobii用教材

tobii用Tobiiでひらがなの特殊音節の学習をすることになってるのでPowerPointでTobii用の教材を作りました。
まずは2択から。
下の文字をどちらか選ぶとブランクに文字が入って単語が完成されるものです。効果音付き。

心理学の歴史

このところ必要があって心理学の歴史の本を読でいる。
それにしてもこれがよく眠れる。
というのはさておき、自分がいまやっていることのもとになる考えかたって心理学の歴史ではつい最近できてきたのかと驚く。最近といっても昔なんだけど人類の歴史と比べると、つい最近産声をあげたような。
ワトソンの行動主義からスキナーの徹底的行動主義の流れは20世紀前半の出来事。
太田ステージの基礎理論ともなっているピアジェの認知発達理論は1960年代だし、認知心理学が爆発的に進展した認知革命だって1960~70年代。
こう考えると常に今は昔よりも知の蓄積としてはアップデートされた環境なんだと思う。
さて、学校教育はアップデートされたか。

ボ育て

ボ育てボードゲーム好きとしては気になっていた冊子を入手。
そういえばこの間、支援でお邪魔した教室でたまたま誘われてどうぶつしょうぎやって楽しかった。

信州カンファ2017-16

信州カンファ終わり正直なところ信州カンファがはじまったころの自分自身のモチベーションと比べるとその方向や維持の仕方がだいぶ変わったような気がする。以前は何か衝動ともいえるような強い何かがあったけれど、最近は、何というか、そう、そんなに得意ではない空気を読むことによって、その空気にあわせようとして自分らしさを失いかけていたとでもいったらよいか。委員長が以前、教員人生20年説みたいなこと言ってて、何のことかピンとこなかったけど、こういうことか、と思う。
しかし、誰が何といおうとやりたいことをやりたいようにやればよいのだ。とクロージングのとき思ったのでした。
というわけで2017年の信州カンファも終わりを告げました。
それではまた来年!
信州カンファ
最新コメント
信州K-ABCアセスメント研究会

信州K-ABC

カテゴリ別アーカイブ