2016年06月17日

スタッフの誕生日イベント

大田区蒲田歯科小児歯科矯正歯科歯並びスタッフの誕生日でした。
恒例の誕生日イベントを行いました。

カ−ドをプレゼントしました。
カードには、スタッフみんなのメッセ−ジがはいっています。
私は、日ごろの感謝の気持ちをカードに書きます。
感謝の言葉って、なかなかじかには言いにくいので、いい機会です。

お誕生日おめでとうございます。
いつもがんばってくれてありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

そして、記念撮影。
「はい、チーズ」
パチっ!
新しい年の抱負を言ってもらいました。
いい年になりますように、がんばりましょう。


shimada_dental at 10:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!院内活動 

2016年06月16日

保育園の健診と歯磨き教室

保育園 検診 健診 歯磨き教室保育園の健診と歯磨き教室に行ってきました。

1歳から5歳まででしたが、歯ブラシをもう少し頑張らなくては・・・という子が何人かいました。
3歳ぐらいから虫歯が少しありました。
頑張って歯ブラシをしましょう!

ということで、歯磨き教室も行いました。
きちんと話を聞いてくれるか心配でしたが・・・

スタッフが、子供たちにわかりやすいようにと、大きな歯の模型と歯ブラシを用意しました。
そして、いろいろと楽しいツールも作成しました。
そして、スタッフによる歯磨き教室は・・・・

みんな楽しく聞いてくれました。
歯磨き教室は、大成功!

きちんと聞いてくれた園児のみなさん、ありがとうございます。
そして、スタッフに感謝です。

来週は、小学校の歯磨き教室をやります!

shimada_dental at 11:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!校医の仕事 

2016年06月10日

1歳6ヶ月児健診を行いました

1歳6か月健診 検診蒲田地域庁舎に行って、1歳6ヶ月児健診を行いました。
1歳6ヶ月児では、乳歯がはえてきたばかりですので、ほとんどむし歯はありませんが、歯の間が磨けてない子が、結構いました。
聞いてみると、フロスをしてないことがわかりました。
お母さん本人もフロスを使ってないということが多かったので、歯の間は、お母さんも子供もフロスを使って下さいとお話をしました。
歯の間は、歯ブラシだけでは磨けないので、ぜひフロスを使いましょう!



shimada_dental at 14:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!院外活動 

2016年06月09日

学校の春の健診 その2

DSCF0343先週に引き続き、校医をしている小学校の健診に行ってきました。
今回は、4・5・6年生です。
全体的には、 虫歯は少なくなってきましたが、虫歯がある子供には、いくつも虫歯があります。
「歯医者さんに行こう!」と声をかけます。
4・5・6年生では、歯肉炎が多くなってきたように感じます。
やはりあと気になるのが、歯並びです。


小学校 健診 検診 歯並び 子供4年生になると、前歯4本は永久歯になりますが、はえてきた永久歯のスペースが足りないので、はえてきた永久歯は重なりあってしまう場合が多いです。
最近の子供は顎が小さいと言われますが、やはり歯がきれいに並ぶ大きさよりちょっと小さいようです。
歯が重なっていると歯ブラシがしにくく、ほとんど場合で、歯肉炎になっていまいます。
歯肉炎になっている子供には、「もっと歯ブラシがんばってね!」声をかけましたが心配です。

小学校 健診 検診 歯並び 大田区 蒲田5、6年生では、前歯で、最後にはえてきた犬歯のスペースがなく、八重歯になってしまう場合が多いです。
顎が小さく、歯がきれいに並ぶ大きさより小さいようです。
専門的には、顎とは言わず、歯がはえている歯列弓が小さいのです。

小学校の高学年では、もうほとんどが永久歯に生え変わっていますので、子供の矯正治療では遅く、大人の矯正治療になってしまいます。


2016年06月06日

伝説のカリスマ販売員 茂木久美子さんのセミナー

カリスマ販売船井総研の勉強会に参加しました。
その勉強会のゲスト講演が、伝説のカリスマ販売員 茂木久美子さんでした。
茂木さんは、山形新幹線の車内販売員で、東京・山形間往復で、53万円という驚異的な売り上げを記録して、いまだに破られず伝説となっているそうです。
その後、数多くのメディアに取り上げられ、取材や講演依頼が殺到しているそうです。

茂木さんのセミナーを聞いて、すごいなと思いました。
乗客の顔は、一回見れば、すべて覚えるそうです。
おつりは、お客さんがお札を渡すのと同時に渡す。
時間帯や客層をみて、ワゴンにのせるものを決める。
など、売るテクニックがすごいのですが、実は、気づきやくみ取る力が大切だそうです。

山形新幹線では、富士山を見ることができるところが一か所だけあるそうです。
それも雲一つない晴天の時にしか見ることができないそうです。
茂木さんは、雲一つない晴天の時は、多くのお客さんに伝えるそうです。
そして、お客さんとは、よくお話をするそうです。
ある時は、定年を迎えて退職して、故郷の山形に帰るお客さんとは、方言で話をしたそうです。
物を売るのでなく、思い出になるように、お客さんと共に笑い、時には泣くそうです。

そして、やはり素晴らしいのは、彼女の人柄です。
本当に人が好き、お客さんが好き、仕事が好き。
私も彼女のパワーをもらいました。

2016年06月02日

小学校の春の健診 その1

小学校 健診 検診 子供 歯並び校医をしている小学校の健診に行ってきました。
今回は、1・2・3年生です。
全体的には、 虫歯は少なくなってきましたが、いくつも虫歯がある子がいます。
「歯医者さんに行こう!」と声をかけます。

やはりあと気になるのが、歯並びです。


61e0f7691年生では、写真のように永久歯のはえるスペースがなく、乳歯の裏側(うしろ)から永久歯がはえてきてしまう場合が多いです。
乳歯の時はきれいな歯ならびよりも歯と歯の間が開いている方がいい状態です。
それは乳歯より大きい永久歯がはえてくるからです。
最近の子供は顎が小さいと言われますが、やはり歯がきれいに並ぶ大きさよりちょっと小さいようです。
この時期に子供の矯正治療を始めるいいきっかけになります。

子供の矯正治療開始時期については、こちらを参照してください。


4de3c8102.3年生になると、はえてきた永久歯のスペースが足りないので、はえてきた永久歯は重なりあってしまう場合が多いです。
前歯4本がもう永久歯に生え変わっている場合は、子供の矯正では遅く、永久歯になるのを待って、通常の矯正治療になってしまいます。
歯が重なっていると歯ブラシがしにくく、ほとんど場合で、歯肉炎になっていまいます。
歯肉炎になっている子供には、「もっと歯ブラシがんばってね!」声をかけましたが心配です。


小学校 検診 健診 子供 歯並び小学校の裏庭に、池があります。
そこには、たぬきが・・・・

来週は、4.5.6年生の健診です。

2016年05月28日

スタッフの歯並びの矯正治療を開始しました。

2a28dc6d-s


スタッフの歯並びの矯正治療を開始しました。
マウスピース矯正治療です。
マウスピース矯正は、いくつかの方法があります。
今回は、最近、島田歯科医院で導入したTRANSCLEARで、矯正治療することにしました。
スタッフが矯正治療のブログをアップしましたので、よければ見てください。

今、もう一人のスタッフも矯正治療中です。
こちらはデーモンシステムで、治療中です。
歯科衛生士の歯科矯正Blogで、少しずつきれいな歯並びになっていく様子がわかると思いますので、興味のある方はこちらも見てください。



2016年05月23日

歯列育形成研究会 第24回症例相談会と第27回ミニ講演会を開催しました

DSCF0330歯列育形成研究会の第24回症例相談会と第27回ミニ講演会を開催しました。





DSCF0333午前中は、歯列育形成研究会の会員の先生からの症例の相談会を行いました。
会員の先生が自分の患者さんの写真、歯の型、レントゲンなどをもってきてもらい、治療方針の相談をします。
私は歯列育形成研究会の理事を務めていますので、この相談会で、会員の先生と一緒に治療方針を検討します。
今回は、相談の症例数が、かなり多かったので、2つのテーブルに分かれて、相談を受けまました。


DSCF0331私の担当のテーブルでは、治療中の症例の相談を受けました。
症例によっては、矯正装置のデモも行いました。





DSCF0338午後からはミニ講演会です。
講師は、歯列育形成の生みの親であります島田朝晴先生(私の父ですが・・・)。
今回のテーマは、「今までの咬合誘導や矯正と、どこがちがう?歯列育形成を患者さんに伝える」。

歯並びをわるくなってから治すのが矯正治療で、始めからきれいな歯並びをつくるのが歯列育形成です。

歯列育形成では、永久歯が生えた時期では治療開始時期としては遅く、乳歯列から治療開始がいい時期になります。
治療開始時期が早いほど、きれいな歯並びになっていきます。
歯列育形成では、プレートを使って、きれいな歯並びにしていきますが、年齢が低いほどこのプレートに慣れて、よく使ってくれます。
また、永久歯に生え変わる前に、プレートで顎を広げて、永久歯のはえるスペースを確保していけば、きれいな歯並びになりますし、先手の治療となります。
すでに永久歯が重なってしまっている状態からの治療になりますと、プレートで顎を広げて重なった永久歯をきれいにする前に隣の乳歯が抜けてそこも永久歯が重なってしまうという後手の治療になってしまい、きれいな歯並びにするには、難しくなってしまう場合があります。
やはり、治療開始時期が早いほど、きれいな歯並びになっていきます。
子供の矯正治療開始時期については、こちらを参照してください。

今後も、歯列育形成研究会の相談会・講演会を続けていきます。
歯列育形成研究会の理事として、子供のきれいな歯並びを目指して、がんばっていきますので、よろしくお願いします。



2016年04月28日

田口選手 3度目の防衛成功!おめでとうございます!

ボクシング チャンピオン マウスピース世界ライトフライ級のチャンピオン田口選手のスポーツマウスガード(マウスピース)を作りました。
今回の相手は強敵。
リングサイドで、応援に行ってきました。

やりました!
田口選手が勝ちました。

島田歯科医院の特性マウスピースが役に立ったようです。
よかった!よかった!

田口選手おめでとうございます。!


shimada_dental at 15:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!院外活動 

2016年04月14日

チャンピオンのスポーツマウスガードを作りました

田口選手 ボクシング チャンピオン マウスピース世界ライトフライ級のチャンピオン田口選手のスポーツマウスガード(マウスピース)を作りました。
島田歯科医院の特性マウスピースです。

3度目の防衛戦が4月27日にあります。
田口選手がんばれ!


2016年04月01日

東京ドクターズの取材を受けました

東京ドクターズ


東京23区のお医者さん情報サイトの東京ドクターズの取材を受けました。
その記事が、ネットで、公開されました。

歯科医師になるきっかけ、子供の虫歯のないきれいな歯並びを目指していること、これからの夢・・・・とてもいい記事に仕上げてくれました。
東京ドクターズのスタッフの皆様、ありがとうございました。

記事は→こちらです。
よければ、見てください。



shimada_dental at 15:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!院外活動 

2016年03月30日

島田歯科医院前の桜情報 開花しました! 

島田歯科 桜島田歯科医院前の桜並木が開花しました。
去年より2日遅い開花です。
春がやってきました。
今日は、ぽかぽか陽気です。
週末が満開でしょうか。
楽しみです。



2016年03月11日

スタッフの誕生日ダブルイベント 

大田区蒲田小児歯科小児矯正子供歯並び恒例の誕生日イベントを行いました。
今回は、二人のスタッフが、誕生日でしたので、ダブルイベントになりました。

カ−ドのプレゼントしました。
カードには、スタッフみんなのメッセ−ジがはいっています。
私は、日ごろの感謝の気持ちをカードに書きます。
感謝の言葉って、なかなかじかには言いにくいので、いい機会です。

いつもがんばってくれてありがとうございます。感謝
これからもがんばってください。
よろしくお願いします。

shimada_dental at 10:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!院内活動 

2016年02月22日

歯列育形成研究会の第23回症例相談会と第26回ミニ講演会を開催しました

歯列育形成 子供歯並び 小児矯正 床矯正歯列育形成研究会の第23回症例相談会と第26回ミニ講演会を開催しました。

午前中は、歯列育形成研究会の会員の先生からの症例の相談会を行いました。
会員の先生が自分の患者さんの写真、歯の型、レントゲンなどをもってきてもらい、治療方針の相談をします。
私は歯列育形成研究会の理事を務めていますので、この相談会で、会員の先生と一緒に治療方針を検討します。
今回は、相談の症例数が、かなり多かったので、3つのテーブルに分かれて、相談を受けまました。

歯列育形成 子供歯並び 小児矯正 床矯正歯列育形成 子供歯並び 小児矯正 床矯正






私の担当のテーブルでは、治療中の症例の相談を受けましたが、似たような症例が多くありました。
それは、第2大臼歯(一番奥の永久歯)が、第1大臼歯の遠心に引っかかってはえてこない症例です。
私もこのような症例を多く見ます。
いわゆる第2大臼歯の親不知化です。
親不知は、はえるスペースがないことが多く、横になってしまうことが多くあります。
最近の子供は、顎が小さい傾向がありますので、親不知の前の歯である第2大臼歯が、親不知のように横にはえてきてしまうのです。

歯列育形成 子供歯並び 小児矯正 床矯正午後からはミニ講演会です。
講師は、歯列育形成の生みの親であります島田朝晴先生(私の父ですが・・・)。
今回のテーマは、「永久歯が生えてしまってからの来院した症例」。

歯列育形成では、永久歯が生えた時期では、治療開始時期としては遅いのです。
治療開始時期が早いほど、きれいな歯並びになっていきます。
乳歯列から治療開始がいい時期になります。
遅くても、はじめて永久歯に生え変わる時期(下の前歯の乳歯が永久歯に生え変わる時期)に治療開始となります。
歯列育形成では、プレートを使って、きれいな歯並びにしていきますが、年齢が低いほどこのプレートに慣れて、よく使ってくれます。
また、永久歯に生え変わる前に、プレートで顎を広げて、永久歯のはえるスペースを確保していけば、きれいな歯並びになりますし、先手の治療となります。
すでに永久歯が重なってしまっている状態からの治療になりますと、プレートで顎を広げて重なった永久歯をきれいにする前に隣の乳歯が抜けてそこも永久歯が重なってしまうという後手の治療になってしまい、きれいな歯並びにするには、難しくなってしまう場合があります。
やはり、治療開始時期が早いほど、きれいな歯並びになっていきます。
子供の矯正治療開始時期については、こちらを参照してください。

今後も、歯列育形成研究会の相談会・講演会を続けていきます。
歯列育形成研究会の理事として、子供のきれいな歯並びを目指して、がんばっていきますので、よろしくお願いします。



2016年02月13日

バレンタインデーイベント

大田区蒲田の歯医者 子供小児歯科矯正床矯正






明日は、バレンタインデー!
ということで、今日はバレンタインデーイベントを行っています。

小さなプレゼントです。
それは・・・・
お楽しみに。

shimada_dental at 10:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!院内活動 

2016年02月01日

TRNSCLEAR SYSTEM CERTIFICATE のセミナー

マウスピース矯正TRNSCLEAR SYSTEM CERTIFICATE コースのセミナーを受けました。
TRNSCLEARとは、日本の歯科会社であるジーシー社が開発したマウスピース矯正です。

マウスピース矯正とは、
透明で薄く目立たない矯正装置を使い、最新の見えにくい、痛みが少ない、歯の矯正方法です。
ブラケットやワイヤーを使った矯正治療に抵抗を感じる患者様にも受け入れやすく、食事や歯磨き時など患者様ご自身で取り外すこともできます。
このため虫歯になりにくく、常に清潔なマウスピースにより矯正治療を進めることができ金属アレルギーの患者様でも矯正治療を行える可能性が生まれます。

今まで、マウスピース矯正は、 インビザラインアクアシステムのCERTIFICATEコースを受けました。
そして、今回はTRNSCLEARをマスターしてきました。
マウスピース矯正は利点と欠点がありますし、インビザライン、アクアシステム、TRNSCLEARにも、それぞれ、利点と欠点がありますので、歯並びの状態によって、選択することになります。

マウスピース矯正講師の高橋正光先生です。
TRNSCLEAR の第一人者です。











マウスピース矯正TRNSCLEAR SYSTEM CERTIFICATE コースの終了証です。
島田歯科医院は、TRNSCLEAR SYSTEM の認定ドクターになりました。







2016年01月07日

仕事始め

大田区蒲田 島田歯科医院今日から診療しています
十分なお休みを頂きましたので、スタッフ一同、患者さんのためにがんばっていきますので、今年もよろしくお願いします。

仕事始めということで、朝から急患の方や予約の電話も鳴りっぱなしで、何かとドタバタしています。
今週は、すでに予約がいっぱいになっていますので、今週の予約は、大変とりにくい状況になっております。
来週以降の予約をお願いしているところです。
または、キャンセル待ちをしてもらっています。
すみませんが、ご了承のほど、よろしくお願いします。


shimada_dental at 12:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お知らせ 

2016年01月01日

あけましておめでとうございます

大田区 蒲田の歯医者 島田歯科あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

診療は、7日(木)からになります。
スタッフ一同がんばっていきますので、よろしくお願いします。

いい年になりますように・・・


shimada_dental at 10:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お知らせ 

2015年12月29日

皆様にはお世話になり、ありがとうございました。

島田歯科医院 蒲田の歯医者29日の午前中の診療で、今年の診療は終了しました。
今年も皆様のおかげで、無事に終わることができました。
ありがとうございました。
感謝。

午後は、大掃除です。
感謝の気持ちをこめて、みんなで、掃除をしています。

来年は、7日(水)から診療します。
よろしくお願いします。

よい年を・・・・


shimada_dental at 11:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お知らせ 

2015年12月18日

老人ホ−ムの家族会からカードをもらいました

蒲田 島田歯科月に2回、特別養護老人ホームたまがわに摂食治療に行っています。
特別養護老人ホームたまがわには、家族会があります。
その家族会から、手作りのクリスマスカードをもらいました。
ありがとうございます。
感謝。


2015年12月10日

相生小学校の秋の健診

214781f7-s校医をしている相生小学校の秋の健診に行ってきました。
1年に2回、春と秋に健診をしています。
春の健診で虫歯があった子供が歯医者に行って、しっかりなおしたかチェックします。
歯医者に行ってない人がいますね。
「歯医者さんに行こう!」と声をかけます。

あと気になるのが、歯並びです。

61e0f7691年生では、写真のように永久歯のはえるスペースがなく、乳歯の裏側(うしろ)から永久歯がはえてきてしまう場合が多いです。
乳歯の時はきれいな歯ならびよりも歯と歯の間が開いている方がいい状態です。
それは乳歯より大きい永久歯がはえてくるからです。

前回のブログの投稿では、子供の歯並びの矯正治療は、いつごろから始めるかという内容を投稿しました。
治療開始時期が早いほど、きれいな歯並びになっていきますが、6歳ぐらいの時に乳歯の裏側(うしろ)から永久歯がはえてきて、永久歯のはえるスペースが足らないとわかる場合が多く、この時期から歯列育形成(子供の矯正治療)の治療を開始することがとても多いです。

4de3c8102.3年生になると、はえてきた永久歯のスペースが足りないので、はえてきた永久歯は重なりあってしまう場合が多いです。
前歯4本がもう永久歯に生え変わっている場合は、子供の矯正では遅く、永久歯になるのを待って、通常の矯正治療になってしまいます。


shimada_dental at 17:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!校医の仕事 

2015年12月03日

子供の歯並び 矯正治療の開始時期は?

子供歯並び 小児矯正子供の歯並びの矯正治療は、いつごろから始めればいいですか?
という質問をよく聞きます。

子供の矯正治療は、いつから始めればいいかと言うと・・・

治療開始時期が早いほど、きれいな歯並びになっていきます。
乳歯列から治療開始がいい時期になります。
遅くても、はじめて永久歯に生え変わる時期(下の前歯の乳歯が永久歯に生え変わる時期)となります。
乳歯列(3歳から)、遅くても混合歯列初期(7歳までに)に治療開始することをおすすめします。
歯列育形成では、プレート(取り外しの装置)を使って、きれいな歯並びにしていきますが、永久歯に生え変わる前に、プレートで顎を広げて、永久歯のはえるスペースを確保していけば、きれいな歯並びになりますし、先手の治療となります。
すでに永久歯が重なってしまっている状態からの治療になりますと、プレートで顎を広げて重なった永久歯をきれいにする前に隣の乳歯が抜けてそこも永久歯が重なってしまうという後手の治療になってしまい、きれいな歯並びにするには、難しくなってしまう場合があります。
6歳ぐらいの時に乳歯の裏側(うしろ)から永久歯がはえてきて、永久歯のはえるスペースが足らないとわかる場合が多く、この時期から歯列育形成の治療を開始することがとても多いです。
前歯4本がすでに永久歯生え変わった時期では、歯列育形成では効果が少ない場合があり、永久歯になるのを待って、通常の矯正治療を行うこともあります。
子供の歯並びが気になる場合はなるべく早めに相談されることをおすすめします。
そして、早めに歯列育形成を始めれば、歯を抜かないで、小学校の高学年の頃にはきれいな歯並びにすることができます。

2015年11月30日

最近の流行

矯正治療 ブラケット矯正装置がカラフルになります!
矯正装置のブラケットに矯正用ワイヤ−をつける時のゴムの色を好きな色を選べます。
普通はあまりめだたないようにと透明なのを使いますが、カラ−コ−ディネイトできるようにカラフルな色を用意しました。
一色でもいいですし、このようにいろんな色も選べます。
その時の気分で、色を選んでください。

2015年11月16日

祝 相生小学校開校90周年記念

小学校小学校


小学校









校医をしている相生小学校が開校90周年になりました。
おめでとうございます。
式典は、診療がありましたので、残念ながら出席できませんでしたが、記念品をもらいました。
ありがとうございます。
90周年記念キャラクターの「ツッキー」も登場です。
かわいいですね!

25年前に、私の祖父から相生小学校の校医を引き継ぎました。、
これからも校医として、がんばっていきますので、よろしくお願いします。



shimada_dental at 11:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!校医の仕事 

2015年11月13日

就学時健診

小学校 健診 検診小学校の就学時健診を行いました。
来年の4月に入学する子供たちの健診です。
むし歯のない子といくつもむし歯のある子に分かれるように感じます。
むし歯のある子には、「歯医者さんに行きましょう。」と声をかけました。
やはり気になるのは、歯並びです。
前歯の乳歯の間がなく、永久歯の生えるスペースがない状態の子供が多くいました。



小学校 健診 検診 歯並び 子供写真のように永久歯の生えるスペースがない場合、乳歯の裏側(うしろ)から永久歯がはえてきます。
乳歯の時はきれいな歯ならびよりも歯と歯の間が開いている方がいい状態です。
それは乳歯より大きい永久歯がはえてくるからです。
「早く乳歯を抜いてください。」とよく言われますが・・・
これは、乳歯がじゃましているというより、顎が小さく永久歯のはえるスペ−スがたりないために裏側にはえてきます。
歯列育形成で、顎を少しひろげてスペ−スを確保すれば、きれいな歯並びにすることができます。

小学校 健診 検診小学校の創立90周年を記念して、生徒たちが船を作り、自分の人形を乗せています。
生徒全員の人形だそうです。
すごいですね。


shimada_dental at 10:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!校医の仕事 

2015年11月10日

ハロウィーンの後は・・・

クリスマスクりスマス






ハロウィーンの後は・・・
そうですクリスマスイベント開始!

スタッフがクリスマスの飾りつけをしてくれました。
ありがとうございます。
待合室の木にも雪が積もっています。

今年もあと2か月をきりました。
これからだんだんと寒くなりそうです。
風邪をひかないように・・・
体調には、お気をつけてください。



shimada_dental at 11:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!院内活動 

2015年11月06日

歯科医院 見学

歯科医院 見学只腰歯科医院に見学に行ってきました。
立派な歯科医院でした。





歯科医院 見学待合室は、ホテルのようです。






歯科医院 見学歯科医院 見学






天井が高く、高級感があります。
診療チェアーは、島田歯科と同じドイツのシロナ製でした。

素晴らしい歯科医院でした。
院長の只腰先生がとても前向きで、いろいろ考えているなと実感しました。
そして、スタッフがとても明るく元気でした。
今回の見学は、とても勉強になりました。
只腰歯科医院の皆様、ありがとうございました。

shimada_dental at 11:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!医院見学 

2015年10月30日

スタッフの矯正治療 第2段階にはいりました。

c81a1162-s
スタッフの歯並びの矯正治療をしていますが、第1段階のレベリング(重なった歯をきれいに並べる)が終わりました。
これからは第2段階の治療で、ゴムを使って、上の前歯をいれて、出っ歯をなおします。
最新の矯正治療デーモンシステムですので、歯の動きがとても早いです。

詳しくは、スタッフの矯正治療日記歯科衛生士の歯科矯正Blogを見てください。
少しずつきれいな歯並びになっていく様子がわかると思います。

2015年10月26日

歯列育形成研究会(子供の歯列矯正治療)の第22回症例相談会と第25回ミニ講演会を開催しました。

歯列育形成 子供の歯並び 小児矯正 床矯正 歯列育形成 子供歯並び 小児矯正 床矯正






歯列育形成研究会の第22回症例相談会と第25回ミニ講演会を開催しました。
午前中は、歯列育形成研究会の会員の先生からの症例の相談会を行いました。
会員の先生が自分の患者さんの写真、歯の型、レントゲンなどをもってきてもらい、治療方針の相談をします。
私は歯列育形成研究会の理事を務めていますので、この相談会で、会員の先生と一緒に治療方針を検討します。
この相談会は、もう22回目ということで、長く続いているなと思いながら、相談を行いました。
今回も多くの症例をだしてもらい、いろいろな意見を聞くことができて、私も勉強になりました。
ありがとうございました。

歯列育形成 小児矯正 子供歯並び 床矯正午後からはミニ講演会です。
ミニ講演も今回で、25回目となります。
講師は、歯列育形成の生みの親であります島田朝晴先生(私の父ですが・・・)。
今回は、混合歯列期前期の症例の講演でした。
混合歯列期前期というと、前歯の乳歯が永久歯に生え変わる時期ですが、実は歯列育形成では、治療開始時期としては遅いのです。
治療開始時期が早いほど、きれいな歯並びになっていきます。
乳歯列から治療開始がいい時期になります。
遅くても、はじめて永久歯に生え変わる時期(下の前歯の乳歯が永久歯に生え変わる時期)に治療開始となります。
歯列育形成では、プレートを使って、きれいな歯並びにしていきますが、年齢が低いほどこのプレートに慣れて、よく使ってくれます。
また、永久歯に生え変わる前に、プレートで顎を広げて、永久歯のはえるスペースを確保していけば、きれいな歯並びになりますし、先手の治療となります。
すでに永久歯が重なってしまっている状態からの治療になりますと、プレートで顎を広げて重なった永久歯をきれいにする前に隣の乳歯が抜けてそこも永久歯が重なってしまうという後手の治療になってしまい、きれいな歯並びにするには、難しくなってしまう場合があります。
やはり、治療開始時期が早いほど、きれいな歯並びになっていきます。
子供の矯正治療開始時期については、また機会がありましたら、投稿したいと思います。

今後も、歯列育形成研究会の相談会・講演会を続けていきます。
歯列育形成研究会の理事として、子供のきれいな歯並びを目指して、がんばっていきますので、よろしくお願いします。




2015年10月19日

「プレオルソ」こども歯ならび矯正法のアドバンスコース

プレオルソ 子供矯正歯並び小児矯正「プレオルソ」こども歯ならび矯正法のアドバンスコースのセミナーに行ってきました。

「プレオルソ」こども歯ならび矯正法では、取り外しのできるマウスピース型の矯正装置で、歯並びをなおします。
そのプレオルソには、3つのタイプがあります。

タイプ機〇匐,両絣楞案諭塀个短)の矯正治療の装置
タイプ供ヽ咬(前歯がかみあわない)の装置
タイプ掘〇匐,糧紳侑合(受け口)の矯正治療の装置

島田歯科医院では、特にタイプ靴鯑各して、子供の反対咬合の早期矯正治療に取り組んでいます。

プレオルソ 子供矯正歯並び小児矯正プレオルソ 子供矯正歯並び小児矯正











「プレオルソ」の開発者の大塚先生です。
大学の先輩でもあります。
大塚先生のセミナーは、今回で4回目の受講です。
「プレオルソ」は、セミナーを受講するたびに、より進化してよりパワーアップしています。
今回のアドバンスコースで、そのパワーアップしているところを勉強してきました。