木工事・内装工事

妙高市K様邸の工事進捗状況です!

今回は木工事と内装工事です。


2階はまず床下地に「遮音シート」を敷きました。
遮音シートを貼ることにより下の階への足音などを軽減する事ができます。

その後遮音シートの上からフローリングを施工しました。

CIMG2594CIMG2588

施工後はキズが付かない様に養生をしっかり行います。そして床巾木と
天井廻縁を施工しました。


上棟から約1ヶ月半程で木工事が完了しました。



次に内装工事です。

まずボードの継ぎ目やビスなどにパテと呼ばれる下地処理材を施工し壁面が平らに
なる様やすりで下地を調整します。

DSCN0100


その後お客様が選ばれたクロスを貼りました。
クロスを貼ると内部の様子がガラッと変わりました。

仕上がりが楽しみです

断熱工事・ボード貼り

妙高市K様邸の工事進捗状況です!

今回は、快適な住宅を建てるためにとても重要な断熱工事のお話です。

K様邸では、吹付断熱工事を採用しました。
断熱材に「アクアフォーム」を使用しています。

現場で発泡させて吹き付ける断熱材を床、壁、天井面に使うことにより自己吸着力に
よって躯体との間に隙間ができにくく、長期にわたり優れた気密性と断熱性を発揮
します。

CIMG2550


それにより省エネ効果が高く、冷暖房に必要な光熱費を大幅に減少してくれます。

室内の温度環境を一定に保つことにより快適な生活を実現することが出来ます。


CIMG2514CIMG2557
   
  「 壁  ・  施工前 」          「 壁  ・  施工後 」



CIMG2516CIMG2559

  「 天井  ・  施工前 」         「 天井  ・  施工後 」


そして、その後天井・壁の下地を作り、内装建具枠が取り付けられ石膏ボードを
貼る作業になります。

CIMG2575

壁ができ、お部屋の間取りが詳しく見えるようになりますので、ぜひ次回の更新も
お楽しみに

建前を行いました!

妙高市K様邸の工事進捗状況です!

先日建前を行いました。

まず始めに土台伏せを行います。

CIMG2374

土台とは、木造建築で柱の下にあり柱から伝えられる荷重を基礎に伝える
役割を果たす横材になります。

職人さんが基礎から出ているアンカーボルトと土台を動かないように緊結します。

CIMG2375

その後大引と呼ばれる1階の床組を作り、24mmの構造用合板を張ります。

そして1階柱→2階床組→2階構造用合板敷き→2階柱→小屋組をした後、
屋根下地組を行います。

CIMG2393
           1階柱



CIMG2399
           2階床組



CIMG2425
           2階合板敷き



CIMG2427
           2階柱


CIMG2447
           小屋組

CIMG2464
           屋根下地

CIMG2480
           屋根下地


建前工事中は、事故などなく安全に作業を終える事ができました。

皆さん暑い中お疲れ様でした。

これから本格的に大工工事が進んでいきます。
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック