建前を行いました!

妙高市K様邸の工事進捗状況です!

先日建前を行いました。

まず始めに土台伏せを行います。

CIMG2374

土台とは、木造建築で柱の下にあり柱から伝えられる荷重を基礎に伝える
役割を果たす横材になります。

職人さんが基礎から出ているアンカーボルトと土台を動かないように緊結します。

CIMG2375

その後大引と呼ばれる1階の床組を作り、24mmの構造用合板を張ります。

そして1階柱→2階床組→2階構造用合板敷き→2階柱→小屋組をした後、
屋根下地組を行います。

CIMG2393
           1階柱



CIMG2399
           2階床組



CIMG2425
           2階合板敷き



CIMG2427
           2階柱


CIMG2447
           小屋組

CIMG2464
           屋根下地

CIMG2480
           屋根下地


建前工事中は、事故などなく安全に作業を終える事ができました。

皆さん暑い中お疲れ様でした。

これから本格的に大工工事が進んでいきます。

基礎工事③

妙高市K様邸の工事進捗状況です!


アンカーボルトを設置し、コンクリートの打設を行います。

CIMG2270

CIMG2273


この時にコンクリートを流し込みながらバイブレーターという道具を使い
全体に行き届く様しっかりと締めます。

そしてその後、基礎天端の遊離水がなくなり次第セルフレベリング材と
呼ばれる天端を均一な水平状態に調整するための処理剤を流し基礎の
天端を平らに仕上げます。


その後基礎内部に防湿シート、ワイヤメッシュを敷き

CIMG2357

CIMG2367


コンクリートを流し込み平らにならした後養生をし、基礎工事完了となりました。


枠を外して完成した基礎。

とてもきれいに仕上げて頂きました。

この後は大工さんにバトンタッチとなります。

この上に建物を作っていくので、もうすぐ見えなくなってしまう貴重な光景です。

基礎工事の職人さんはまさに縁の下の力持ちです。

次回は建前の様子をお話ししたいと思います

基礎工事②

妙高市K様邸の工事進捗状況です!


前回お話した捨てコンクリート打ちからの続きになります。

まず始めに基礎鉄筋の組み立てを行います。
CIMG2211

CIMG2217

ベース部分の鉄筋を組み立てた後,、立ち上がりの鉄筋組みを行います。
その後配筋などに誤りがないか住宅保証機構で検査を行います。

無事検査を合格した後、ベースコンクリートの打設を行いました。
CIMG2227

ベースコンクリートとは、建物の荷重を均等に地盤へ支持させるコンクリート造の
床のことです。

打設後、しばらくの間ベースコンクリートを養生します。

コンクリートが一定の強度にまで硬化し、品質が安定したところで立ち上がり
部分の型枠組立を行います。

CIMG2252


暑さが続き、夏バテ気味な今日この頃ですが、皆さんも熱中症にならないように
気を付けて下さいね

  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック