October 26, 2010

しまみらい:事務局長 井上由香

92322c59.jpg東京・渋谷区出身。平成元年 一橋大学社会学部卒業後、和太鼓を中心とした舞台活動を行っている「鼓童」 に参加し、国内外の公演制作や広報宣伝、国際芸術祭「アース・セレブレーション」の企画運営を担当。財団法人 鼓童文化財団の設立にたずさわる。20ヶ国の訪問や佐渡にIターンした経験についてのエッセイを、朝日新聞新潟版や新潟日報佐渡版(1年半)に連載。新潟県知事との公開懇談をはじめ、講演多数。


独立後、青少年の職業観育成をめざす「しまみらい振興機構」 を、佐渡初のNPO法人として平成14年9月に立ち上げ、事務局長に就任。情報教育、環境教育、キャリア教育を軸に、小木小学校をはじめ島内各地の小中高校で毎年100時間前後の授業実施、ジャック・モイヤー博士記念 佐渡島海洋自然学校からはじまった佐渡エコツアーの振興、島内NPO活動の振興にも力を注ぐ。


時計メーカー・オメガ主催で元オリンピック水泳選手・千葉すずの水泳教室、経済産業省主催の起業家精神促進事業の 佐渡実施、教科書会社である学校図書(株)で全国出版したフォトドキュメンタリー「トキの島からこんにちは 〜いきいき佐渡の子どもたち」の取材調整なども担当した。まちづくりへの関心は古民家改築がきっかけ。


新潟大学 朱鷺・自然再生学研究センター特任教員(エコツアーコース コーディネーター)、佐渡市環境アドバイザー(環境教育)、佐渡市総合計画審議会 元・副会長、佐渡市学校教育基本計画策定委員、佐渡地区農山漁村体験推進協議会 元・副会長、新潟NPO協会 元・理事、小木小学校学校評議員。佐渡島在住。


写真提供:佐渡市立小木小学校


「地方分権時代の教育 佐渡島での試み」

テーマ:「環境の島・佐渡から発信する新しい価値観 〜循環型エコ・アイランドへ〜」

日本離島センター 季刊誌「しま」 平成22年年9月
原生林の保全と活用の経緯 特集記事  (掲載許可済 PDF1.8MB) 

インタビュー テーマ:育む(はぐくむ)



shimamirai at 15:10|Permalink役員構成