2016年04月26日

2016年4月26日 島根県知事、松江市長 表敬訪問

4月26日(火)9時に松浦松江市長にシーズン終了の御挨拶とプレイオフへの抱負を述べに
島根県スポーツ地域振興推進会 宮脇会長
(株)山陰スポーツネットワーク代表取締役 尾俊也
(株)山陰スポーツネットワーク取締役 太田敦久
島根スサノオマジックHC 勝久マイケル
島根スサノオマジック キャプテン 山本エドワード の5名がお伺いいたしました。

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1461628936318


_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1461629003552_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1461629165368

尾崎
来季B2のチームの中では東西合わせて最上位でシーズンを終われたことは、地域、ブースターに存在感を示せた。

勝久HC
新体育館の雰囲気は四方をお客様(ブースター)に囲まれてテンションが上がった。

宮脇会長
最高のコンピューターの組み合わせが必ずしも最高の処理能力を持つコンピューターではないのと同じで、マイケルHCはその組み合わせ方が上手。

山本
新体育館はロッカーもキレイで気持ちよく試合ができた。

そして、最後に新体育館でプレイオフで初勝利を飾ることを約束し市役所をあとにしました。


続いて、9時40分から 溝口善兵衛 島根県知事を表敬訪問にお伺いいたしました。
_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1461631543384_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1461631551219

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1461631609073
知事様から最終戦の新聞を拡げられ、HCも山本選手も苦笑い。

尾崎
今年は過去最高の33勝から37勝になったことから、スサノオマジック史上最強のチームと言っても過言でない。

勝久HC
怪我人がいても、充分にプレイオフを突破できる力のあるチーム。

溝口知事
「とにかく、地域を元気にするスサノオマジックのプレイオフでの活躍を県民あげて応援致します。」と、
力強い激励をいただきました。
_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1461632042040

4月30日、5月1日のプレイオフ1stラウンド 島根スサノオマジック VS 大阪エヴェッサ 戦
松江市総合体育館に1人でも多くのスサノオブースター様の御来場をお待ちしてます。
そしてスサノオ戦士の後押しをよろしくお願いします。


shimane_bb at 16:10|PermalinkComments(0)clip!

2016年03月15日

2016年3月15日 安来高校部活指導

2月28日安来市民体育館で開催された、「島根VS大分愛媛」戦に運営サポートをいただきました、
安来高校バスケットボール部の部活指導に#88山本エドワード選手が伺いました。
DSC_0234
DSC_0244
男女ともに、初心者の部員が多いことから、顧問の先生より基礎となるドリブルやシュートを
指導して欲しいと依頼がありました。

まずは全員の現時点のスキルをチェック。
DSC_0249

山本選手も上着を脱いで、いよいよ指導モードへ!!
ボールを2つ使ってのドリブル練習。
DSC_0268

上体がぐらつかないように、山本選手がゆすりながらチェックしました。
DSC_0261DSC_0264

また気になる生徒には個別でしっかり指導(シュートフォームについて)。
DSC_0275
DSC_0274
その後、パスを受けてからの1ドリブルいれてのシュート、パスをもらってからのジャンプシュートなどいろいろ
指導させていただきました。

DSC_0278
男子、女子ともに部員が1桁と小さな部活でしたが、ぜひ山本選手の指導が力となり、
今後、1つでも多くの勝利を重ねることを祈念いたします。

shimane_bb at 15:06|PermalinkComments(0)clip!

2016年02月18日

2016年2月13日〜14日 もう一つのスサノオ戦士の戦い〜Jr. MAGIC 高松遠征〜


平成28年2月13日〜14日の2日間。
島根スサノオマジックVS高松ファイブアローズのTKbjリーグ公式戦が開催された高松市香川総合体育館では、未来のプロバスケットボールプレイヤーによるもう一つの熱い戦いが繰り広げられました。
島根スサノオマジックバスケットボールスクール「Jr. MAGIC 」は2日間の高松遠征でファイブアローズ・バスケットボール・アカデミー「アローズ・アカデミー」との交流戦を実施。

この2日間の遠征に向けてJr. MAGICでは全5校(橋北校・橋南校・出雲校・斐川校・米子校)のスクール生18名が参加しました。

会場入り後、早速ウォーミングアップを開始です。
DSC_0007DSC_0001

プロバスケットボール選手が試合をする憧れのコートでの試合やや緊張気味のスクール生。
コート内アップでは1列に整列して「宜しくお願いします!」
DSC_0013

アップを始める中で、徐々にスクール生の緊張もほぐれていきます。
DSC_0015DSC_0017

DSC_0021DSC_0065

DSC_0086DSC_0087

さあ、ティップオフです!
アローズ・アカデミーのスクール生の技術力の高さに終始苦しい戦いとなりましたが、Jr. MAGICチームは限られた時間の中で、日々のスクールで教わってきたことを活かし一生懸命頑張りました!
DSC_0092DSC_0099

DSC_0110DSC_0115

試合後は末松スクール統括マネージャーより両チームへアドバイス。
DSC_0168DSC_0175

1日目の交流戦を終えたJr. MAGICスクール生はなんと選手入場のエスコートキッズにも参加!
憧れの選手と手を繋ぎ、スクール生はとてもうれしそうですね^w^
DSC_0179DSC_0181

DSC_0182DSC_0186

DSC_0189DSC_0193

試合もスサノオマジックの勝利!みんなの応援が選手達に届きました!


2日目は早朝に会場入りしすぐにウォーミングアップを開始です。
DSC_0201DSC_0204

DSC_0223DSC_0233

2日目の試合がティップオフ!
昨日の反省を活かしてプレイする姿が多く見られプロ選手さながらの好プレイも続出しましたよ!
DSC_0285DSC_0271

DSC_0286DSC_0300

DSC_0311DSC_0312

試合後は2日間の総括として各スクールコーチよりアドバイスを受けます。
DSC_0332DSC_0335

今年初のJr. MAGICの遠征では技術面において課題も多く出ましたが、1人1人が「Jr. MAGICのスクール生として島根スサノオマジックを代表して試合をする」という自覚が多く見受けられました。
また、チームとして協力し合う大切さを改めて再認識することが出来た2日間となり、大変有意義な遠征となりました。
DSC_0296DSC_0155

DSC_0273DSC_0294

スクール生のみんな!2日間お疲れ様でした!
また、Jr. MAGICの遠征にご協力頂きました保護者の皆様と高松ファイブアローズの皆様には大変お世話になりました。

これからもスクールを頑張りましょう!!

Go! Go! Jr. MAGIC!
DSC_0196






shimane_bb at 10:57|PermalinkComments(0)clip!
オフィシャルウェブサイト
ブースタークラブ会員募集中!

10Kshoot_title
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Remember Shimane
リメンバーしまね
応援コーナー聴いてね!
応援メッセージ
最新コメント
お問合せ先
株式会社山陰スポーツネットワーク

〒690-0063
島根県松江市寺町200番地3
スサノオビル1F

TEL : 0852-60-1866
FAX : 0852-60-1867
QRコード
QRコード
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site