2010年09月

2010年09月30日

今日から、アイドルマスター2に対する拒絶反応ともいえる、ネット上の反応について、しばらく考察していこうかと思います。こればっかりは、いまのところ、自分が仕事できる場所に掲載できる類の原稿ではないので、Blogで。
 とはいえ、単純にゲームの話をするのではなく、オフィシャルとユーザーの関係性や、ファン同士の関係性を論じ、最終的にはネット上の炎上や、論評や批評の意味までを組み込んで、ゲームに留まらない文脈まで、もって行ければいいなと思っています。しばらくお付き合い下さい。

 私としてはもう少し考察を重ねるつもりでいたのですが、昼間たかしさんにコメントを寄せた記事が「「やっぱり、騒いでいるのはネットだけ!?」あまりに空虚な『アイマス2』918事件」出ており、私が考えていることの体系が、決して「生粋のファント騒いでいる人の二元論で論じているのではない」ということを、早急に提示する必要性が生じたので、前倒しで。

 今回は前置きとして、私がどのように「アイドルマスターシリーズ」に接しているかを明記しておくと、存在を始めて知ったのは2ちゃんねるで「クイズマジックアカデミー」のスレッドを見ている中で、「アイドルマスターというアイドル育成ゲームがでるらしい」という書き込みで知りました。
 それからアーケードが出回りましたが、お金もかかりそうなので、アーケードは未プレイ。
 それからしばらくして、なんだかんだで出発点はニコニコ動画でのアイドルマスター動画、いわゆる「ニコマス」からアイドルマスターシリーズとの関わりは始まっています。
 プレイしたのは、無印、L4U、PSP(ムーンのみ)、DSと、家庭用ゲーム機のシリーズには一通り触れています。ただ、いずれも「やりこんだ」というほどはプレイしていません。
 だから、アイマス知識のベースとしてはニコマスです。千早は万かつサンドが大好物で、怒らせるとPC枕木で殴られます。それは特定の旅m@sだけですか。そうですか。

 軽口はともかく、次回から集中的に「9.18事件」とも呼ばれるできごとを中心に、いろいろと論じていきたいと思います。よろしくお願いいたします。



(23:05)

2010年09月18日

また、腰が痛くなってきた……

今週のBLOGOS連載は「スマートフォン市場では何が有料であるべきか」
 食べログのアプリ騒動から、何に対して課金をするべきか、するべきではないか。を考えます。

『マガジン航』に「読者視点で電子書籍を考えてみる」を寄稿しました。

常岡さんが、無事お帰りになったので、一安心です。
 常岡さんには一宿と2、3飯ぐらいのご恩があり、またJCCastにも、これまで何度か出演していただいています。
 いずれも興味深い話が聞けるのですが、個人的に必聴なのは第5回の「chapter4日本と世界の通信業界」と、第15回の「chapter 1 ナイジェリアのIT事情」でしょうか。
 今では「ガラケー」で通じるほど、ガラパゴス携帯問題、すなわち日本の携帯が世界標準から取り残されてしまっていることは、よく知られたトピックですが、日本で語られるようになったのは、2008年の7月にiPhoneが日本で販売されて、しかも普及までしばらく経って以降ですから、かなり早い時期に、この問題を話題にしていたということになります。
 私が、フルキーボードがついた「スマートフォン」という形式の携帯電話の存在を知ったのも、たしか第5回のときだったと思います。

第5回 常岡浩介氏を迎えて
第15回 常岡浩介氏を迎えて #2
第28回 常岡さんの見たアフガニスタン(と『東のエデン』)

 あ、そうそう、最新のJCCastは「多摩ニュータウンをめぐって」です。こちらもよろしくどうぞ



(23:42)

2010年09月06日

アルバイトを「紹介してくれる人」を募集しております。
 条件としては、「池袋・新宿周辺」「週2程度で月8万円程度」「接客や営業以外」となります。
 もちろん、これらの条件に付いては応相談ということで。
 ちなみに、接客や営業以外という条件のことですが、接客については、既に7年近いコンビニバイトや、ハンバーガー店などでのバイトにより、これ以上、自分のスキル形成に繋がらないので、できれば避けたいと考えています。また、普通に自分でアルバイトを選んだ場合、安易に接客を選びがちであるというのも理由の1つです。
 もう1つの営業については、自分の性格として、営業等は無理であり、仕事にならないことは明らかと考えています。

 これをTwitterに定期的につぶやいているのですが、面白い反応がいくつか帰ってきました。
 1つが「週2で月8万円が“おいしい”バイトである」という反応。
 もう1つが「こういうバイトはどうか」という、アドバイスです。

 まず、前者について。
 週2日に付いても、月8万にしても、どちらも私の要望に過ぎず、もう少し安くてもいいかと言われれば、私としてはそれでもかまわないのです。重要なのは、連絡をとって、条件を詰めることであり、文面だけ見て「そんなおいしいバイトあるわけない」と反応されても「しらんがな」としか、言いようがありません。
 仮に、世の中にそういう仕事が「ない」とすれば、週5日、8時間働いた場合の日本の平均年収は240万円以下ということになりますが、そんなハズはないですね。

 後者について。
 どうして「紹介してくれる人を募集している」と明示しているのに、アドバイスをする人が後を断たないのでしょうか?
 なぜ私がわざわざTwitterでつぶやいているかといえば、こちらから仕事を探すのでは、自分の視野がせまく、安易に接客などを選びがちだというのが1つ。もう1つは、バイト先との対話を重要と考えるからです。
 最近は、くら寿司が新人研修で内定取り消しを強要したとされる問題などが話題になっていますが、こうした雇用主からの被雇用者への一方的な押し付けというのは、「被雇用者が雇用主に就業をお願いする」ことが中心となってしまった就職市場の歪みであると考えています。
 本来であれば、仲介者であるハローワークや、大学の就職部などが、相互の利益を調整しなければならないのですが、日本における「賃労働」の意味、単純に言えば賃労働が日本人としての自尊心を得るための必須条件であることを考えれば、そうした調整がちゃんと働かず、雇用主が強くなってしまう事も道理です。
 ですから、私は雇用の前に、雇用側から労働者に声をかけ、雇用側に一種の責任を負ってもらう必要性があると考えています。

 念のために言っておきますが、私は権利を声高に主張する労働者ではありません。
 私が、もしそんな労働者だったら、7年もコンビニでバイトをしていません。
 だからこそ、実際に働く前に、最低限の条件を主張しておきたいのです。

 というわけで、アルバイトを紹介してくれる方を募集しております。
 詳細については、いろいろと応相談です。メールはこちらまで。



(17:46)