社説

2010年06月25日

6月25日 読売新聞 編集手帳

 よく見聞きする「目からウロコが落ちる」という表現は新約聖書に由来する。日常語として定着したのはそう昔ではなく、戦後のことという◆「魚類や爬虫類(はちゅうるい)ではあるまいし、人間に、ましてや目に、ウロコがあってたまるものか」と、言語学者の田中克彦さんはこの表現になじめなかったらしい◆皆が使い慣れ、聞き慣れた今、ウロコを詮索(せんさく)する人はいない。聞き慣れた言葉には注意せよと、田中さんは言う。〈ことばは考えるために役立つが、人々を考えなくさせるためにも役立つ〉と(岩波現代文庫『法廷にたつ言語』)◆思考を妨げる言葉の一例はスローガンだろう。民主党が圧勝した昨年衆院選の「政権交代」は分かりやすい反面、有権者が公約の中身を一つひとつ吟味するのを邪魔したうらみもなしとしない。参院選が公示された。勇ましいスローガンは消え、「消費税」「普天間」「政治とカネ」などを争点に、与党野党が政見の中身を競う。耳をすまし、考える、本来の国政選挙らしい選挙になりそうな気配である◆日本には今、何が必要か。有権者の目から積年のウロコが落ちるような舌戦を待つ。

 聞き慣れた言葉に注意しろというのはその通りだが、では、そうした言葉を作るのは何者なのか。もちろん、古くから言い伝えられる故事成語にそれを求める必要もないけれども、少なくとも報道の範疇で聞きなれた言葉を作り出すのはマスコミである。

 「消費税」「普天間」「政治とカネ」。このうち、鳩山前政権下で作られた言葉が「普天間」と「政治とカネ」だ。
 「政治とカネ」の問題で、もっとも批判されたのは「小沢一郎の陸山会をめぐる政治資金問題」であった。
 検察が家宅捜索をし、直接の事情聴取を行った結果、不起訴となったが、マスコミは「グレー」として、小沢の潔白を報じなかった。それどころか、検察検査会の「起訴相当」の内実が「期ズレ」の問題のみであることすら明らかにせず、さも「政治とカネ」の問題は解決していないかのように報じ続けた。
 こうしてマスコミは、「小沢一郎の政治と金の問題」についての正しい説明を国民に対してまったくしない一方で、小沢には「説明責任」を上から目線で求め続けた。
 「普天間」も同様である。
 沖縄の日本返還以来の長きにわたる問題の解決のために奔走した鳩山前首相の姿を「迷走」であるとマイナスイメージを植え付け、本来であれば数年かけてじっくり取り組むべき問題に対し「アメリカ様がご機嫌を損なっているぞ!」と、早期決着を煽り立てたのは、いったい誰なのか。

 前回の参院選において、マスコミが盛んに報じたのは「消えた年金」であった。
 杜撰な行政のありように憤る国民をマスメディアが盛んに取り上げる一方で、NHKスペシャルの放送などで当時話題となっていた「ワーキングプア」の問題は争点からかき消されていた。
 また、去年の衆院選において、確かに「政権交代」という言葉が、その他の争点をかき消した事は確かである。
 そして、今回の衆院選を、マスコミは「消費税」「普天間」「政治とカネ」にとりまとめ、またその他の問題をかき消すのだろうか?
 聞きなれた言葉に、我々は注意する必要がある。



(15:38)

2010年06月15日

6月15日 朝日新聞 天声人語

 いくらかの熱を帯びて顧みる日が、各世代にある。60代半ばから上には1960(昭和35)年6月15日もその一つだろう。半世紀前のきょう、日米安保条約の改定に反対する学生デモが国会構内に突入、警官隊との衝突で22歳の東大生樺(かんば)美智子さんが死んだ▼控えめだが芯のある女性だったという。全学連の活動家として、読書と集会に明け暮れる日々。そろそろ卒論を、と話していたそうだ。死に顔はほほえんでいるようだったと、肉親の手記にある▼新条約は成り、岸首相は退いた。続く池田内閣は所得倍増を掲げ、戦後は経済の季節へと移る。『樺美智子 聖少女伝説』(文芸春秋)を著した江刺昭子氏は、日本人の意識や生活は、皇太子妃と樺さんの「二人の美智子」から変わったと見る。一人は命を捨てて重い扉を開いたと▼雨上がりの午後、彼女が眠る多磨霊園を訪れた。墓碑に刻まれた高校時代の詩「最後に」は、こう結ばれる。〈でも私は/いつまでも笑わないだろう/いつまでも笑えないだろう/それでいいのだ/ただ許されるものなら/最後に/人知れずほほえみたいものだ〉▼学生運動は全共闘などに受け継がれたが、もはや大衆を熱くすることはなかった。片や、冷戦後も極東には緊張が残り、米軍はそこにいる。沖縄が示す通り、異常も長く続けば日常にすり替わる▼あの頃、幼子までが口ずさんだ〈安保反対〉の声は弱い。日米同盟を「国際的な共有財産」とたたえたのは、ほかならぬ全共闘世代、菅首相である。樺さん、まだほほえんでおられようか。

 彼らが大学紛争を語る時、そこには「青春」という言葉が見え隠れする。
 大学の中で政治活動に燃え、正義の名の下に数々の施設を占拠し、暴力沙汰を繰り返した事が、彼らにとっては「良き思い出」なのだろう。
 樺美智子さんの死も、青春の志ゆえの必然と捉えがちだが、実際にはそんなデモをしなければ、彼女は死ぬ事はなかったのである。
 なるほど、民主主義が正しく運営されるためには、民衆が声を挙げ、政府に反発する事も必要であろう。しかし、大学紛争は多分に劇場的で、幼稚な反発であったように見える。
 また、論旨の持続性もなく、大学紛争に参加した学生の多くは、すぐさまヘルメットとゲバ棒を脱ぎ捨て、スーツを着て企業にはせ参じた。
 彼らは日米安保を批判して自尊心を得ながら、日米安保の傘の下に護られながら、経済成長を謳歌した。
 沖縄の基地は異常が日常にすり替わったのかも知れないが、当時の学生たちは、自らすり替わった日常を選択したのである。



(22:42)