メモ書き

2010年07月18日

twitterのメモ

人間が見えないんだよな。それは昔からそうだったはずだけど、現代はより巧妙に見えなくなっているような気がする。私たちの多くは、家族と仕事仲間しか知らず、その他の人間は一種の「機関」に過ぎない。 2010年7月18日(日) 15時11分3秒 YoruFukurouから

人間を見るということは、相互に影響しあうという事。影響しない程度の人間関係は、例え友人関係のように見えても、それは友人という機関に過ぎない。 2010年7月18日(日) 15時18分53秒 YoruFukurouから

だが、私は他者を機関として見る事自体は批判しない。むしろ、限られた少ないコミュニティーと、多くの人的機関に囲まれた生活は、多くの人にとって、心地よいモノであるはずだ。 2010年7月18日(日) 15時31分47秒 YoruFukurouから

しかし、自分のコミュニティーに属する人間と、人的機関を差別する事は問題である。むしろ人的機関にこそ「互いの生活様式が互いに影響しない配慮」が必要なのである。 2010年7月18日(日) 15時34分49秒 YoruFukurouから

そういう意味で、人的機関とコミュニティーを形成する必然性はないが、社会を通した繋がりは意識しておかなければならない。 2010年7月18日(日) 15時36分8秒 YoruFukurouから

つまり、他人を遠ざけておく権利のためにこそ、社会保障は必要なのではないか。 2010年7月18日(日) 15時36分43秒 YoruFukurouから

社会保障とは、政府を経由した人的機関同士の繋がりである。それを破棄するならば、人は直接人と繋がらなければならない。それはとてつもなく煩雑な社会である。 2010年7月18日(日) 15時39分40秒 YoruFukurouから

生活保護などの社会保障が否定されるのであれば、生存のために他者の財産を奪う事が肯定されざるを得ないのではないか。他者からの簒奪と分配の役割を政府が果たさないのであれば、当然その役割には当事者同士が晒されるのだから。 2010年7月18日(日) 15時43分19秒 YoruFukurouから

最近覚えた言葉で、それを「自助努力」というんだけどね。 2010年7月18日(日) 15時44分16秒 YoruFukurouから



(17:41)