Profile
島野和樹

GMTRec風景

群馬生まれ、栃木育ちの
ドラマー、パーカッショニスト
HIBI☆Chazz-K
横田寛之ETHINIC MINORITYのメンバー


群馬県前橋市生まれ。
13歳からドラムを始める。
学生ビッグバンド「東京工業大学ロスガラチェロス」で本格的にドラムを学び、プロドラマー岩瀬立飛氏のローディーをしながら修行。
第34回山野ビッグバンドジャズコンテストで最優秀ソリスト賞受賞。その後東京ディズニーリゾートのエンターテイメントでプロ活動を開始。
以降ジャズ、ラテン、ロック、ポップスなど幅広いジャンルでドラマー・パーカッショニストとしてライブ、レコーディングに参加。

近年ではストリートでの活動が多く、
2009年に横田寛之ETHNIC MINORITY、2011年にはHIBI★Chazz-Kに参加。
YHEMでは2012年1月、EWEより1stアルバム「Startin'」を全国リリース、
HIBI★Chazz-Kでは二度の海外公演(米国、韓国)を含め、各地のイベントやフェスティバルに多数出演している。

演奏以外では、
新興カホンブランドbeatingのサウンドプロデュースなども務める。

共演アーティスト
浅川太平、あびる竜太、石川慎一郎、岩川奈津子、上田道世、上野山英里、大堰邦郎、沖増菜摘、カイドーユタカ、菊地まゆ子、久住祐太、駒野逸美、小向萌、進藤洋樹、澤田将弘、田ノ岡三郎、仲石裕介、中村力哉、服部恵、浜博志、府川晃一郎、細川玄、堀崎翔、三浦トオル、三枝伸太郎、山本恭平、吉澤友美 などなど多数


サポートアーティスト
泉ケンジ、Elpio、岡部磨知、北川とわ、samA & EaudeMONDo、summer soft、武内いづみ、Nanako、Michael Boustany、mina、横田良子、和多田恵 などなど多数


リンクは下~。 ↓ 
Youtube動画
小さいので、
大きく見たい人は画面を2回クリック!
Youtubeのサイトで見れます♪


「ルパン三世'80」 HIBI★Chazz-K (+佐藤達哉+服部恵+島野和樹) ETHNIC MINORITY - ALWAYS THERE @恵比寿天窓switch 2011.6.27 横田良子 - 手紙@瞑想の森 2011.1.30 beating cajon C3 session / カホンC3 セッション
livedoor プロフィール
月別アーカイブ

2013年11月21日

10ヶ月の重み

ときどきブログを書いてやろうか!

と思うと、


前の記事から10ヶ月も経っていたりする。




どうも島野です♪
ご無沙汰いたしております。

実はご無沙汰って感じがしないんだよな〜。
毎日Twitterで発信はしてるので。

Blogはライブインフォコーナーみたいになってる気があります。

1月から11月までのこの間に、


  ドラムを買ったり、

  アルバム出したり、

  レコ初やったり、

  被災地行ったり、

  リーダーバンド始めたり、

  セミナー始めたり、



いろいろやりました!

とりあえずライブインフォを更新したので、
ぜひ見てみてください♪
よろしくお願いします!

次の記事はいつになるかな〜♪

shimano_kazukicci at 13:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月30日

昭和歌謡でシーンを切り開く

最近髭を伸ばしてみてます。

どうも、島野です♪


本日1/30!遂に!

昨年レコーディングに参加してました、
広瀬倫子さんの

デビューシングル「償いの日々」が、
ユニバーサルミュージックジャパンからリリースされました♪


僕の手元にも届いております。
ひろりんさん


こちらのカップリング曲、「二人でお酒を」の方に、
アレンジでひびさん、
演奏でHIBI★Chazz-K、服部恵さん、中村力哉さん、カイドーユタカさんが参加しています!

ドンシャリ且つリバーヴィーですごいゴージャスなドラムの音になってます!
すげえ、自分の楽器じゃないみたい!


そしてレコーディングは楽器隊のみで行ったので、
歌入れには立ち会わなかったのですが、
Vocal広瀬さんの歌声がすげぇいいです。

この時代に昭和歌謡でシーンを切り開くなら、
こんな歌声しかないっ!
ていうのを見事に体現したようなすごい歌です。

みなさん、ぜひぜひ手にとって聞いて見てください♪


ではでは♪



shimano_kazukicci at 18:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月28日

ドラマーのためのコラムVol.1「音を狙ったところに出すとは」

心配事がいっぱい片付いてスッキリ中〜。
どうも、島野です♪

今日はちょいとドラマーのためのコラム的なものを書いてみたいと思います!


題して「音を狙ったところに出すとは」!



ドラムは音程楽器と違ってピッチとかないので、
演奏する上で主に扱う要素はリズムです。

つまり流れていく時間上の位置の前後関係!
ドンパンドドパンの8ビートを演奏するなら、
キックやらスネアやらハイハットが「時間的に正しい位置」に「正しい順番」で鳴っていれば、
それでいいわけ。
(他にもいろんな要素がありますが、ざっくりと)


「正しい順番」で鳴らすというのは、ドラムを見たことがある人なら誰でもすぐわかるでしょう。
要は手順足順のことで、多くの人にとってドラム練習とはこの部分のことになります。
上に挙げたようなドンパンドドパンみたいな簡単な8ビートの手順なら、
初めてドラムに座る人でも一時間の体験レッスンで叩けるようになります。

そうやってどんどん複雑な手順を覚えて、パターンとフィルと組み合わせて…
ってやっていくわけですが、
では「正しい位置で鳴らす」ってなんでしょうか?


『そりゃ〜メトロノームが出してるビートと、
 そこから割り算して導かれる8分とか16分とかの細かい音符ですよ〜』
と聞こえてきそうですが、その通りです。
それが「位置」。 ※

では、その正しい位置に音を狙って出すとはどういうことでしょう?


4分音符のメトロがなっていて、そこで4分音符でスネアを叩くとします。
メトロが「ピッ」となる瞬間にスネアを鳴らすにはどうすれば良いか。

すっごいミクロな見方をすると、


 「ピッ」の瞬間に振ったスティックがヘッドに触れ始めればいいのか。
 いや、ヘッドが触れた瞬間ではまだ音が出てないから、
 スティックがヘッドを押し込んで、ヘッドが一番へっこんでる瞬間がいいのか。
 いやいや、へっこんでる瞬間が一番音が出てるとは限らないから、
 ヘッドからスティックが離れて、ヘッドが次の振動をする瞬間なのか。
 いやいやいや、そんなミクロな話わからないから、
 マイクで波形を解析して一番触れ幅が大きい瞬間とすべきだ。



などなど、いろんな考え方がありますね♪
正しい位置に対して「正しく音が鳴っている」という状態を定義するのは、
なかなか難しいのです。

こんな中で、僕が一番正解に近いと思っている定義というのは、
 「耳で聞いてタイコが一番鳴ってる瞬間」

シンプルで当たり前のようですが、
これが結構難しいです。
というのも、意外と演奏しながら自分の音を客観視するのって難しいからです。

これはドラムに限らずあらゆる楽器についていえますが、
自分の音を録音して聞いてみると、
自分の頭の中のイメージとの違いに愕然とします。

演奏してる瞬間は自分が出してる音を耳でよく聞けてないことが多いようです。

この辺りは自分もプロになっても相変わらず。
いっつも録音を聞き返しては、思い描いていたようなサウンドになってなくて、
凹む日々なのです。


こういう傾向に加えて、手順に捕らわれたりするのもあります。
練習して難しい手順を正しく叩けるようになると、
それだけでフレーズとしては成立してるように聞こえるので、
個々の音が時間的に正しい位置でなっているかというのは、
よほど耳が良くないと捉えられなくなっていく。


しかもタイコの鳴り方というのは、
タイコの大きさ、種類、メーカー、チューニングなどによって変わってきます。
カンカンに張ったスネアとユルユルのスネアでは、
物理的に同じ振り方でスティックを当てても、
「耳で聞いてタイコがなっている瞬間」は違ってきます。
ゆるいスネアのほうが鳴りの瞬間は遅くなるでしょう。

(もっというと、カンカンとユルユルでは、
 楽器が最も良く鳴る叩き方が自体が変わってきます)


ここまで来ると勘の良い人は気づくかもしれませんが、
スネアからタムをまわしてフロアに降りていくようなフレーズを叩くと、
それぞれの楽器でスティックを当ててから楽器が鳴っている瞬間までの長さが異なるので、
ただ時間的に正確に同じ振り方でスティックを当てていっても、
タイコを降りていけば行くほど鳴る位置が時間的に遅くなっていきます!

(連打系であればフレーズの進行感が優先されるので、
 聴覚上ほとんどその違和感は感じられませんが)



ということで、狙ったところで音を出すためには、
スティックを振ってそれが当たってから、
それぞれの楽器がなる瞬間までの時間を、
耳で聞き、感覚的に把握して演奏する必要があります。

決して、機械的に振り下ろしたスティックがヘッドに触れる瞬間でもなければ、
ヘッドに触れてから0.0何秒後とかいう話でもないです。


いきなりパターンやらフィルやらにこういう視点を導入すると、
出来なさ過ぎてドラムがいやになりかねないので、
基礎練の時とか、ブレイク開けの一発とか、
そういう瞬間だけでも集中して自分が出してる音が、
正しい位置で正しく鳴っているか、聞きながら演奏して見てください♪







この記事ではメトロノーム的に決定されるビートを時間的に正しい位置として定義しましたが、
ジャンルによってはそれら時間的に正しい位置が、
音楽的に気持ちいい位置とは一致しなかったりします!
この辺りの話はぜひ捕まえて聞いてください♪




shimano_kazukicci at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月22日

メディア月間!

2013年最初のブログでございます。
本年もどうかよろしくお願いします。


どうも、島野です♪


こっそり1月のライブインフォも更新してありますので、
ぜひぜひご覧くださいね。

さてさて、些か遅くなりましたが、
今月は目立った活動が多かったのでそのことについて書いていきます。


まず一件目は、

単刀直入に言いますと、


祝・初全国ネット!





こちらの高田純次さんの出てるHonda CarsのCMにアテブリで参加しております。
通算2秒くらいしか映らないけど、
ちゃあんと私、映っております♪

もう放映は終わっちゃったと思うけど、
お正月期間中はすごい回数流れてたみたいで、
全国から「見たよ〜」の連絡をいただきました!

全国ネットってすごいなぁ。


これまでも、地方TV局さんでエスニの音源をかけていただけたりしていたので、
初テレビではなかったのですが、
また一つステップを踏むことが出来ました。

ご協力くださった方々に、心から感謝いたしております。
m(_ _)m




更にもう一件、
今月1/12日に発売されました、

Jazz Lifeさん

こちらのミュージシャンが徹底試奏というコーナーに、

私掲載されております!

RolandのV-Drums Portable TD-4KP-Sという製品の試奏記事で、
スタジオに入ってバシバシ叩かせてもらってその感想がレビューになって載ってます♪


写真



カラー見開き2ページ♪


プロフィールもたくさん載せてくださって、
圧倒的ありがたさです。
ジャズライフのKさん、ライターさん、カメラマンさん、Rolandさん
本当にありがとうございます。


こちらの製品、非常に優秀な折りたたみ・省スペース機構と、
シンプル且つツボを押さえたエレドラとしての高い性能を兼ね備えた、
すごく面白い楽器でした。

てかフツーに欲しいです。
Rolandさん、バンバン宣伝するのでください(笑)!
ダメなら買います!

くらいの楽器でした。



更に更に、JazzLife Disc Grandprix、およびMY BEST ALBUM 2012というコーナーでは、
エスニの「Startin'」が取り上げられていました!
しかも3箇所も!

これは嬉しい。
非常に嬉しい。

このブログを読まれるような方は、
ぜひぜひ皆さん、JazzLife買って見てみてください。



今月は更に1/30に、
Universal Music Japanからデビューする広瀬倫子さんというシンガーさんのシングル、
カップリングの方の曲にチャズケで参加してます!
アレンジはひびさんです。

メジャーレーベル(サポート)デビュー達成です。
ありがたや〜♪

広瀬さん、素晴らしい歌声のシンガーさんです。
ぜひぜひ発売になったらその歌と、僕らの演奏を聞いて見てください♪



いやはや、こんな感じで、
なぜかこの1月は派手目な仕事が集中しました。
こんなに露出するのはもうしばらくないと思うので、
今月いっぱいくらいはいい気分で過ごしたいと思います(笑)。


別段僕のドラムや音楽や生活はそれほど変わらない日々なのですが、
それでも、同世代のミュージシャン達に遅れること数年、
一歩ずつ頑張ってきた実感が沸かないことも無いです。

もっとも、もうそんな同世代ミュージシャンは、
もっともっと巨大な現場で仕事してたり、社長になってたり、
親御さんになってたりいろいろするわけですが、
まあ僕は僕らしく一歩一歩じりじりと追い詰めていくしかないのです。


いつもお世話になってる仲間、共演者、業界の方々、そしてお客さんたちに感謝しつつ、
明日からもがんばっていくぞー!



ではでは♪

shimano_kazukicci at 05:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年12月08日

ライブインフォ更新、その他お知らせ

熱さには強く、寒さには弱い…、
そう、そのドラミングのような男、

どうも、島野です♪


寒くてBlogの更新が滞っておりました。
うそです。

もうかれこれ8月から書いてないので、暑いころから滞ってますね。
言い訳乙!
すみません。


ちょくちょくやっておりましたが、
年末に向けてのライブインフォを更新いたしました。

ぬがーっと詰まっておりますが頑張ってやっていきますので、
ぜひぜひ皆さん足をお運びいただけたらと思います♪


オススメとしましては、
12/18(火)あびる竜太Trio
   @東京倶楽部千駄ヶ谷店
  1st 19:30
  2nd 21:30
  4,200円 (フリードリンク付き)
  あびる竜太(p)
  澤田将弘(b)
  島野和樹(ds)


新しく始まるバンドで、
ジャズ、ラテンと幅広く活躍されているピアニスト、あびる竜太さんと、
永らく一緒にやらせてもらっている素晴らしいベーシスト、澤田くんと、
トリオをやることになりました!
ラテンとかいっぱいやるんじゃないかな。

ぜひぜひ!


あと、お待たせしましたがノイズボ6の開催が決定しました!
12/19(水)
横田寛之ETHNIC MINORITY自主企画イベント
「Noise Bossa Vol.6」

   @高円寺コネクシオン
  2,000円
  フード持込可!
  横田寛之 (A.sax)
 サトウヒロ(B)
  島野和樹 (Cajon,Dr)
 VJ:大野要介(STOPMOTION.JP)


新しいお店になって、
今回はカホンセットで行けそうです!
こちらもぜひ!



それとお知らせですが、
HIBI★Chazz-Kのクリスマスアルバムが発売になっています。

「JAZZ Chazz Xmas Tree」
1.I saw Mommy Kissing Santa Claus
2.Winter Wonderland
3.Christmas Eve
4.White Christmas
5.O Tannenbaum
6.Have Yourself A Merry Little Christmas
7.Happy Xmas (War is over)
8.Little Drummer Boy

価格: ¥1,000



Tree


クリスマスアルバムと侮るなかれ。
相当クオリティの高い作品に仕上がりました。
自信作です!!

今年は今月くらいしか聞けないですから(笑)、
ぜひぜひお早めにお買い求めください。
HIBI★Chazz-Kライブ会場、またはHPのSHOPのコーナーでも買えます〜。



以上いろいろとお知らせでした♪
寒いですが、風邪などひかれないように12月乗りきっていきまっしょい!

shimano_kazukicci at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!