忙しい一日 ~そして子育てサロンへ~子どもの成長とおもちゃの関わり

2014年01月29日

メディアとの付き合い方(乳幼児編)

4回連続講座の3回目は乳幼児と電子メディアの関係です。

まずは日本の子ども達の今の現状のお話
中高生の51万8000人が携帯・ネットなどとの接触を
やめた方が良いと思っていてもやめられない状態・・・
つまりは【依存傾向】になっているということでした。

小さいころから電子メディアに接触すればするほど
そうなる確率が高くなるということで、
やはり、小さいころからの心がけが「カギ」のようでした。

先週の絵本の講座でも徳永先生がおっしゃっていましたが、
お父さんお母さんが生の声で話しかける
その声を聞いて、赤ちゃんは言葉の意味や雰囲気を理解していきます。
TVから聞こえてくる音や
押せば話しかけるようにプログラムされたおもちゃなどでは
生きた言葉の習得にはならないとのことでした。

今、皆さんのお家には、いくつの電子メディアがありますか?
TVは複数台、パソコンや携帯、スマホも一人一台になりつつありますよね。
皆さんが子どものころと比較してどうでしょうか?

今の子どもたちは、こういうものがあるのが当たり前の世界に生まれてきました。
自分でメディアとの関係のバランスをとれるように
小さいころから訓練していかねばならない時代です。

そんな訓練に一番いいのが、TVを自分で消す習慣
大人が消すのではなく、自分で消せるように。だそうです。
見たい番組が終わったら、〇時になったら、
そんな約束をして、自分で消せるように・・・始めてみませんか?

乳幼児期は人として育つ時期です。
機械任せにせず、生身の対話やスキンシップで
赤ちゃんの心と体を育てたいですね。





shimeookinaki at 17:53│Comments(0)報告 | 研修

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
忙しい一日 ~そして子育てサロンへ~子どもの成長とおもちゃの関わり