2005年06月23日

台湾のジューススタンド

 台湾の街角に必ずあると言っても過言ではないジューススタンド。

 ジューススタンドと言っても、売っているものは大抵ジュースではありません。

 お茶とジュースを混ぜた飲み物。ミルクティーにハーブを混ぜた飲み物。牛乳にプリンやゼリーを混ぜた飲み物。台湾名物タピオカミルクティーも、こういったお店で割りと簡単に注文できます。

 店員の手さばきも見事なものです。中華鍋にいろんな調味料を手早く足して味を調えていく料理人さながら、コップにシロップやら何やらを次々に投入していき、専用のラミネーターでフィルムをコップ上部に貼り付け、密封容器としてしまいます。

  それにしても興味深いのはそのバリエーションの豊富さ。大体20〜40種の飲み物メニューを揃えています。とにかく何と何を混ぜるか、アイディア勝負な感じもしますが。

紅太陽

 こんなのに挑戦してみました。って、こんな写真じゃわからないか。。。

海尼根

 イヤー不可思議な味でした(^_^;)。
shimii at 23:24│Comments(14)TrackBack(0)台湾の飲み物 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 阿沙   2005年06月24日 00:28
こんな字を書くんですねー。でも「ソレ」は緑茶に合うのでしょうか??字面だけ見るとこぶ茶みたいですね。
2. Posted by D.D.Z.@Taipei   2005年06月24日 02:46
おおお、凄い!(ほかに思い当たる形容詞がない…)

でもコレなら、自分で海尼根買ってきて自宅で緑茶を注げば、誰でも作れ…
…いや、作れるからといって、おそらく誰も作ろうとはしない!なるほど、その辺の
盲点を巧みについた商品ですね!!!

QingZuiさんの最後の「不可思議な味でした」ってのが笑えました。もはや
品評を放棄しちゃってるし…あはは。
3. Posted by memi   2005年06月24日 19:53
はじめまして、私は今年の三月末に東京へ留学に来た高雄出身の女の子です。最近あるきっかけでこのHPを発見し、今毎日読ませていただいています。日本に来て三ヶ月になりますが、日本料理ももちろんおいしいですが、時々台湾料理も思い出してしまいます >_< もうすぐ夏休みですが、十月に大切な試験があるので、台湾へ帰られません。でも本当に私の大好きな食べ物、食べたくてたまらないので、私のかわりに食べてくださいませんか・・ 香鶏俳、東山鴨頭、タピオカミルクティー、臭豆腐・・・いろいろ・・・>_< その代わりにあたしがこっちで日本料理を食べてあげます
(@_@)なんだか変なコメントですが、よろしかったらこれからもHPを拝見させてください。よろしくお願いいたします。
4. Posted by り〜ほえ   2005年06月25日 01:34
こんばんは☆ ちゃんと仕事復帰してますよ〜(^−<)
でも、今日は、一日眠くて、さらにやる気もなくて、気持ち
ぶる〜でした・・・(:−;)どっか行きたい・・・・。
ところで。。。結局、これは何が入っているの??
「海泥根」って??
5. Posted by Qing Zui   2005年06月25日 21:37
阿沙さん
昆布茶ですか(^_^;)。。。海の根っこですから何だか海草のようなものをイメージしなくもないですが。。。まぁ美味しいものではありませんよ(キッパリ)。

D.D.Z.さん
はい。誰もまず作ろうとは思いませんね(笑)。台湾の「混ぜる」文化もここまで来たかという感があります。もうすぐネタ切れ?!
6. Posted by Qing Zui   2005年06月25日 21:43
memiさん
はじめまして!コメントありがとうございます♪

> 香鶏俳、東山鴨頭、タピオカミルクティー、臭豆腐・・・
> いろいろ・・・>_< その代わりにあたしがこっちで日本
> 料理を食べてあげます(@_@)

これ、大爆笑です(^O^)!

はい、memiさんのためにも高雄で食い倒れておきます♪

日本はどちらにお越しでしょうか?東京でしたら新大久保周辺へ行けば、台湾料理や台湾食材を扱うお店が割りと多いですよ。恋しくなったら是非お出かけください。

り〜ほえさん
「海尼根」とは、、、
カタカナで発音を書くと「ハイニーゲン」となります。
おわかりでしょうか??
7. Posted by り〜ほえ   2005年06月25日 23:28
いぢわる・・・・・(>−<)・・・・・
わからないよ〜・・・(:−;)
中国の漢字辞典で「海」で調べてみても、「海尼根」は載ってない・・・(*−*)・・・「ハイニーゲン」・・・・?
なんやろ?全然、「海」と関係ないのかな〜?栄養ドリンクみたいなもの?あ〜。。。悔しい。。。。
ってか、今、日本にいるんですね〜(^−^)
変な感じですね〜。
8. Posted by Qing Zui   2005年06月26日 15:53
り〜ほえさん
これ、中国語の辞書には載っていないと思います。

商品名ですので♪

海とは全く関係ありませ〜ん。

栄養ドリンクではありませんが、人によってはこれを飲んで活力を養う御仁もいらっしゃるようです(笑)。

「ハイニーゲン」→「ハイニーケン」

これではいかがでしょうか(~_~;)。
9. Posted by り〜ほえ   2005年06月26日 21:46
(ー\ー)・・・・・わからない・・・・・・
全然わからない・・・・・日本でもみなさんご存知のもの??
中国ツウな人しかわからないものなら、絶対ワタシ、ワカラナイ・・・・・・(:−:)ハイニーゲン・・・ハイニーケン・・
ハイネケン・・・そんな商品、聞いたような、聞いたことないような・・・・?(?−?)?
お母さんに聞きました。「ハイネケンって聞いたことある?」
「ビールやん。」・・・・・・・・あっっっっっ!!!
ハイネケンね(^−<)おか〜さん、すごい☆
やっとスッキリした(^−^)で、正解??
10. Posted by Qing Zui   2005年06月26日 22:00
り〜ほえさん
ビールを飲まれない方だとわからないかもしれませんね。おめでとうございます。正解です♪
緑茶とビールのハーモニーを是非ご家庭でもお楽しみください(って、止めておいた方がまず無難です…。あ、ちなみに砂糖も入っています(^_^;))。
11. Posted by り〜ほえ   2005年06月26日 22:34
あぁ〜(^−^)
やっとすっきり夜も眠れます☆★☆
一体どんな味なんでしょう?
好奇心旺盛なので、ぜひ、飲んでみたいです(^−<)
でも、日本で、自分では、あえてつくりたくないです・・・
次会、台湾で、機会があればっっ♪
でも、それって、そのままアルコール度数はkeepのままなんですか?
12. Posted by camecaco   2005年06月27日 00:02
うちの近くにこのチェーン店できました。
オットットが海尼根ってすごいねっていってたので、
すかさずQingZuiさんが飲んだってっていっときました。
男の人ってやっぱり挑戦好きですよね。
(ちょっと迷惑)
13. Posted by Qing Zui   2005年06月27日 00:18
り〜ほえさん
まずコップにハイネケンビールを注ぎます。瓶からそのままです。炭酸があるかどうかは関係ないようです。大分古めの使いかけのハイネケンを使用していました(笑)。そしておもむろに緑茶とシロップを。。。うーん、異常にさっぱりしたビールって感じでしょうか。美味しいものではありません。

camecacoさん
そうかもです(笑)。camecacoさんは付き合わされるんでしょうか?そうだとしたら、それは迷惑な話ですね(~_~;)。
14. Posted by COEREENON   2013年11月23日 11:52
3 あなたがたむろしているどのように多くの、アンカレッジのすべてのバーやビンゴホールの私を教えてくれ? まだプラダメッセンジャーバッグは、彼らがすべてのタバコの禁止を取得します <a href=http://photo.island.ac/tiffany1.php?product_id=48>ティファニー 1837 ネックレス</a>
難しい部分は、最初の場所でアイデアを持つプラダリストレットです <a href=http://faker.saiin.net/tiffany2.php?product_id=141>tiffany レガシー</a>
問題は、プラダやグッチのバッグを大部分のようだ、と彼女は言った <a href=http://stgy.sakura.ne.jp/tumi1.php?product_id=141>tumi アメリカ 価格</a>
リスは、最終的に楽しんでお互いを追いかけて、彼らはビジネスを植えるドングリに取り掛かる前に、何とか彼らのプラダイヤリング少し思い出の場所をインプリントされています <a href=http://kawanami.sakura.ne.jp/tumi2.php?product_id=97>tumi 26160 レビュー</a>

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
Qing Zui
 1974年 11月24日生まれ。
 1997年 大学を卒業。
       普通に就職。
 1999年 会社を退職して、
       中国で台湾系メーカー
       に就職。
       アモイに着任。
 2001年 青島に異動。
 2002年 退職して帰国。
       日本の会社に就職。
 2003年 退職。
 2004年 元の会社に再就職。
       今度は台湾の高雄に
       着任。
↓過去の日記を見るには↓  こちらから
最新コメント