しみたけのスマブラ日記

主にスマブラについて書きます

このブログ最後に書いたの2年前なんですね。
早いのか遅いのかわからないw
もうスマ4も終わってしまうんですね。
スマ4が終わってしまうんで色々振り返っていこうかなと思って久々にブログ更新。



2014年の9月ごろに3DSが発売だったけど俺はまだ前身のスマブラXをやっていました。
理由は2015年1月にあるApex2015のスマブラX部門に参加するためです。
そもそも3DSは操作性であまり乗り気じゃないし、スマブラXが好きだったのでWiiU番が発売されるまでスマブラXを頑張ることにしました。

それまではSHIGとしてウメブラ、スマバトの配信と運営のお手伝いをしていました。
このころからスマブラを盛り上げるため東京と大阪を行ったり来たりしてましたね。
ちなみに大阪に行ったときは主にえつじ、自販機さん、リアル君、ぐっち君、J!にスマブラXの練習に付き合ってもらえました。
そのおかげでApex2015のスマブラX部門8位までいけたので本当に感謝ですありがとうございます。

Apex2015が終わってからは主に配信をメインに活動していて自分がスマブラやるときは基本配信したやつの動画化が終わってからでした。
そのときは日本でもっとスマブラを盛り上げるために必死でしたね。
俺がSHIG代表になったのもあって自分のネットの立ち回りや人への振る舞いはなるべく気を使ってやっていたつもりです。(完璧にできたかというと微妙ですが...)
その頑張りが少しずつ実ってきたのか配信の視聴者数が増えていき、次第に大会参加者も増えていっているのが実感できました。
とても嬉しかったですし、いつも動画ありがとうございますって言ってもらえるのもまた嬉しかったです。

2015年の中期あたりでeSportsRunnerで記事を書くようになりました。
平日はスマブラの記事を書き、土日は大会で配信とまさにほぼ毎日スマブラ漬けでした。
ただその影響もあってか自分のスマブラをやる時間がめっきり減ってなかなか大会で勝てなくなってしまったのもこの時期からです。
まあ目標はスマブラ界を盛り上げることだったのでそれはそれでいいかなって思っていたんですけど11月辺りからだんだん生活的に苦しくなってきてスマブラに集中するのが厳しくなってきました。
月に何回も遠征してたので貯金がだんだんなくなっていったんですよね。
実際2015年は日本の大会にほとんど足を運んで配信していたのでお金が無くなるスピードが速かったです。
あと、精神的にも疲れが溜まっていってこのころからスマブラがちょっとずつイヤになっていきました。
それもあってeSportsRunnerの記事も嫌々になり書いていて仕事に身が入らずの状態だったので一緒にやっていたロムさんに申し訳なかったと思っています。

それでも頑張らないとって思って無理してやっていっていたけど生活面だけはちょっと限界がきてしまいした。
そんなとき嬉しいことに3月からeSportsRunnerがSHIGのスポンサーになってくれると言ってくれて交通費を少し出してもらえるようになりました。
この時は本当にうれしかったし、その後のスマバトでは5位も取れてダブルハッピーでした。
5位取れた一番の要因は同じピカチュウ使いのけろんと一緒にスマブラやったり話し合ったり教えてもらったりでその成果を出すことができたからだと思います。本当に感謝ですありがとうございます。

ただそのハッピーも長く続かなかった。
eSportsRunnerのRMT事件をきっかけに俺のスマブラに対する気持ちが完全に切れました。
部外者からの罵声ももらいましたしスマ勢から疑いの目で見られるのが相当しんどかったです。
ただそういうのはすぐ終わったんですが俺のモチベを0にするには十分すぎました。
頑張ってきたのに罵声をもらい、職を失い、収入もなくなって酷く落ち込みました。
職を失ったのでなんとか他の職を探そうとしました。
そこであるスマブラーの紹介でとあるゲーム会社に入りましたが、残念ながらそこでの仕事が合わず3ヶ月(6月~8月)という短い期間で辞めてしまいました。
頑張ればそのうち絶対上手くいくと思っていたんですが全部空回りしてしまい、結局何一つ上手くいかなかったんですよね。

その後はもう精神的にどうかしてたと思うんですが、スマブラをやるのも見るのもなんならTwitterを見るのも嫌になってしまいこの先どうしようとずっと悩んでいました。
自分が頑張ってきたことを無にするのか、嫌なことを我慢してスマブラの活動を続けるかかなり悩みました。
その精神状態で9月のスマバトに行ったんですがとても苦しかった。
身内としゃべっているとき愚痴しか言ってないことに気づき、俺は何やってるんだろうってなり、そのときもう身を引こうと決断しました。
スマバト後、9Bさんを始め関西の方数人に自分の状況をを伝えて9BさんにSHIGの代表を代わっていただきました。

そして前回のブログになります。
ブログを載せた瞬間は悲しい気持ちと寂しい気持ちでいっぱいになり泣くのを堪えていましたが、その後のリプライでお疲れ様という言葉を見て堪えられず一人部屋で泣いていました。





というのが自分のスマ4でした。
あれからはしばらく働かずずっと家でおとなしくして精神が安定するのを待ちました。
その間ゲームはずっとスプラトゥーンをやっていましたね。
辞める前から触っていたのですが身内がやっていたので自分も触発されてガチでやるようになってはまってしまいました。
このゲームのおかげで自分の心に空いた大きな穴がふさがったので本当に神ゲーでした。
今でもやってますしチームも組んで対抗戦やわいわいリグマをやったりしてます。
たまにスプラ勢でちょっとスマブラやってた人でも俺のこと知ってる人に会ったりするんですよね。
すごく嬉しいですし光栄に思ってます!
だんだん精神が安定してきたので就活をして今では社会人です。

ウメブラFINALを見て本当にスマブラが盛り上がってるんだなって実感しました。
それは自分がやってきたことを引き継いでくれたSHIGのメンバーもそうですが、やっぱり大会の運営してる方たちがいつも盛り上げる努力をしていて本当にすごいなと感じました。
スマ4大会を運営してくれたスタッフさん本当にお疲れ様でした。
そしてSHIGのメンバーのみなさん自分がやってきたことを引き継いでくれて本当にありがとうございました。

個人的にスマ4でやり残したことはもっと身内と海外大会に行きたかったなと。
あれ修学旅行感覚で本当に楽しいんですよねw
残念なことに一緒に行けるタイミングがあまりなかったです。。。

最後にスマブラSPはやると思います。
ただゲーム性とかオンラインの状況次第ではやらないかもしれないです。。。
あともう社会人なので前みたいな活動はもう厳しいのでプレイヤーとして細々とやる予定です。
キャラはピカチュウと言わず色んなキャラ触れて自分に合ったキャラ探していきたいです。
もちろんピカチュウが最強キャラなら喜んで使います!!!!
というわけで新作でも機会があったらよろしくお願いします。

お久しぶりです。
最近顔を出さないでごめんなさい。

突然ですが本日を持ちまして自分はスマブラ活動を休養します
休養する際SHIG、スマバト、カリスマ、ウメブラのスタッフを抜けることになりました。
理由はスマブラに対するモチベーションの低下とリアルに集中したいからです。

モチベに関しては、今年春に起きたあることをきっかけに一気に下がってしまいました。ただそれも時間が解決してくれると思っていましたが、一向にモチベが上がりませんでした。
その期間に別のゲームをやったり、スマブラ大会に見学で行き、身内の応援だけにしたりと、モチベが上がりそうなことを試しましたが、結局上がることはなかったです。
またリアルも落ち着いてないので、もういっそのことリアルに集中しようという考えに至りました。

SHIG代表なんですが、9Bさんに引き継ぎをすることになりました。よろしくお願いします。
https://twitter.com/9999B

休養なのでモチベが戻ったり、リアルが落ち着いたらまたスマブラ活動を再開しようと思います。
それが1か月後だったり、もしかしたら1週間後かもしれません。その時はスマブラを一緒にやってください。
たまにオンラインに潜るかもしれません。身内とやるスマブラはいつでも楽しいので。

自分がSHIGとしてやってきて約2年、代表は1年半でした。
自分の目標である「日本のスマブラ界を盛り上げる」に少しでもお役に立てたんじゃないかなと思います。
あまり代表らしいことはやっていませんでしたが、配信などありがとうと言ってくださったのはとても嬉しかったです。

Twitterにはたまに来ると思います。

ではこれにて。

PS:スプラトゥーン楽しいですね




このblog作って大会後の更新一番遅いんじゃないか?
ごめんなさい忘れてました・・・

あんまり覚えてないので予選は順位だけ本選は簡単な感想だけで


ウメブラ23

予選2位

本選
ひゅったー リュカ ××

taranito ネス ××

ベスト96

予選調子良いと本選崩れるパターンどうにかしたい
珍しく予選で全く緊張せず出来たのに本選になったら急にガタガタになって思い通りに動けないのが結構あってどうすればいいのか
しかも予選全く緊張しない時がほとんどないから対処法が考えられず終わってしまう
悲しみ


スマバト10

予選2位

本選
ちるちる カスタムあり格闘Mii ×○×

9B ミュウツー ××

ベスト80

マジでMiiのカスタムありルール見直してくださいお願いします
本当に切実に願っています

↑このページのトップヘ