群馬の山奥のギター講師がいろいろ書くブログ

ギターについていろいろ書きます。 ギター以外のこともたまに書きます。 前橋駅近くの「sola music school」で教えています。 http://m.solamusicschool.com/

ギター講師のシミズです。

前橋駅近くの「sola music school」で教えています。

http://m.solamusicschool.com/

ギター講師のシミズです。

ギターについていろいろ書いています。

ここは「目次」のページです。

あなたのお役に立てる記事が見つかれば幸いです。

a0790_001232_m



■お知らせ
【レッスン日さらに増加のお知らせ】
【レッスン日増加のお知らせ】

■ギターを弾く前の5つの準備
その1【アコギの選び方】
その2【エレキの選び方】
その3【チューニング】
その4【弦の張替え】
その5【アンプにつなぐ】

■ギターの弾き方基本編
1【ピッキング】
2【パームミュート】
3【パワーコード】
4パワーコードで弾ける曲1【スモークオンザウォーター】
5パワーコードで弾ける曲2【アメリカンイディオット】
6【ピックスクラッチ】
7パワーコードで弾ける曲3【ふわふわ時間】
8【ブラッシング】

パワーコードで弾ける曲:追加1-1【瞬間センチメンタル】
パワーコードで弾ける曲:追加1-2【瞬間センチメンタル】
パワーコードで弾ける曲:追加1-3【瞬間センチメンタル】

パワーコードで弾ける曲:追加2-1【曇天】
パワーコードで弾ける曲:追加2-2【曇天】
パワーコードで弾ける曲:追加2-3【曇天】

9:使えるコード6選第1回【コード紹介】
10:使えるコード6選第2回【C(シー)】
11:使えるコード6選第3回【Dm(ディーマイナー)】
12:使えるコード6選第4回【Em(イーマイナー)】
13:使えるコード6選第5回【F(エフ)】
14:使えるコード6選第6回【G(ジー)】
15:使えるコード6選最終回【Am(エーマイナー)】
16:コードで曲を弾いてみよう1【スタンドバイミー】
17:コードで曲を弾いてみよう2【スピッツのチェリー】
18:コードで曲を弾いてみよう3【Don't look back in anger】

19:これまでのおさらい
20:TAB譜の読み方1
21:TAB譜の読み方2
22:TAB譜の読み方3

23:ギターの3種類の【ビブラート】
24:【チョーキング(ベンディング)基礎】
25:【ハンマリングオン】
26:【プリングオフ】
27:【スライドとグリッサンド】

28:イントロを弾いてみよう1【ローリングストーンズ:サティスファクション】
29:イントロを弾いてみよう2【ビートルズ:デイトリッパー】
30:イントロを弾いてみよう3【ないものねだり】
31:イントロを弾いてみよう4【ハートブレイカー】
32:イントロを弾いてみよう5【レイラ】
33:ソロに挑戦しよう【let it be】1
34:ソロに挑戦しよう【let it be】2

■ギターの弾きかたフォーム編
1:左手の構え方1
2:左手の構え方2
3:左手の構え方3

■番外編
歴史上の名ギタリスト1【ジミ・ヘンドリクス】
最近お気に入りのバンド1【イマジンドラゴンズ】
最近お気に入りのバンド2【フランツ・フェルディナンド】
歴史上の名バンド1【ザ・ビートルズ1】
レッスンでやった曲紹介【YUIのCHE.R.RY】

気になる曲をちょっとだけ弾いてみる【ふわふわ時間ギターソロ】
機材の話【USBマイクの話】
レッスンでやった曲紹介【君とゲレンデ】
気になる曲をちょっとだけ弾いてみる【前前前世イントロ】
【ストレッチの話】

おすすめの教則本【最初の1冊】
レッスンでやる予定の曲【ピースサイン】イントロ(リードギター)
最近お気に入りのバンド3【イエス】

■音の雑学
1【雪と音】

■休憩室
ちょっと休憩:アニメの話【2016冬アニメ1】
ちょっと休憩:ドラマの話【2016冬ドラマ1】
ちょっと休憩:アニメの話【2016冬アニメ2】
ちょっと休憩:ゲームの話【パズドラ】
ちょっと休憩:腕時計の話【スカーゲン】

ちょっと休憩:アニメの話【バケモノの子】
ちょっと休憩:アニメの話【けいおん!再放送】
ちょっと休憩:ビアガーデンの話【エキータ前橋】
ちょっと休憩:塩ラーメンの話
ちょっと休憩:漫画の話【comico(コミコ)】

ちょっと休憩:筋トレの話【腹筋ローラー】
ちょっと休憩:ケーキの話
ちょっと休憩:ゲームの話【ホライゾン ゼロドーン】
ちょっと休憩:ドラマの話【リバース】
ちょっと休憩:ゲームの話【ニンテンドースイッチ】



ご質問、ご相談等ありましたらお気軽に
「sola music school」 シミズ
までお問い合わせください。

無料体験レッスンでお待ちしております^^
sola music school

ギター講師のシミズです。

お読みいただきありがとうございます。


それでは【let it be】のギターソロを1から攻略していきたいと思います。

前回の記事の続きになりますので、
基本編33:ソロに挑戦しよう【let it be】1
を読んでいない方は、まずそちらに目を通してみてください^^


「まず細かく分けて練習して、だんだん繋いで完成させる」
これを愚直に実行していくスタイルで進めていきます。


8小節の内、今回は最初の2小節。
ここを攻略していきます。

楽譜で見るとこの部分です。

let1

更にこの2小節を4つのブロックに分けました。
ブロックごとに分けて攻略していくので、楽譜を別窓で確認しながら読み進めるのをおすすめします。


さっそく1番ブロックから、弾いていきたいと思います。
一緒に弾いてみてくださいね。

※参考動画はそれぞれ2回づつ弾いています。




ここのブロックは、1番目の音(3,4弦の5フレット)を弾いた直後に、7フレットをハンマリングするところが肝です。(楽譜のHという表記がハンマリングです)

2本いっぺんに弾くところは、2本の弦を一気に刈り取るようにピッキングすると良いです。

ハンマリングを忘れてしまった方はこちら
基本編25:【ハンマリングオン】




ここはスライド(楽譜ではS)が出てきますね。
5フレットでピッキングして、押さえたまま音をとぎらせることなく、7フレットまで滑らせます。

5フレットの音符に斜線が書いてあるので、弾いた直後に滑らせる感じです。

動画では分かりやすいように、5フレットの音を少し長めに弾いていますが、慣れてきたら「弾いた瞬間スライド」を心がけ弾いてみてください^^

スライドについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。
基本編27:【スライドとグリッサンド】




このブロックはスライドに加え、チョーキングが出てきます。(楽譜のCの表記)

チョーキングに関しては、以前の記事
基本編24:【チョーキング(ベンディング)基礎】
を参照してください^^

楽譜を確認してみると、3弦7フレットでCと書いてあるので、そのとおり3弦7フレットをチョーキングします。
3弦9フレットの音と同じ音になるよう、引っ張りあげてみてください。




今回の最後のブロックになります。
UとDと書いてありますが、チョークダウンという奏法で弾きます。

チョーキングした状態でピッキング
       ↓
音をとぎれないように、しっかり弦を押さえながらチョーキング状態から戻る

といった弾き方です。動画で見てみましょう^^

たった3音ですが、初見の方は苦労するかも知れません。

チョーキングを戻すときに、とにかく音が切れないようにがんばってみてください^^




さてさて!全てのブロックが弾けたでしょうか?

「細かく分けて練習」が終わったので、全部くっつけてみましょう!

くっつけるのが大変なときは、超スローテンポから始めてみてください。


それでは今回はこの辺りで終わりたいと思います。

次回もソロの続きをやっていこうとおもいます^^




最後までお読みいただき、ありがとうございました。



無料体験レッスンをご希望の方はお気軽に
「sola music school」 シミズ
までお問い合わせください^^

sola music school





基本編33:ソロに挑戦しよう【let it be】1に戻る
目次のページへ行く

ギター講師のシミズです。

お読みいただきありがとうございます。



さてさて、今回はギターソロというものを弾いてみたいと思います。
曲中でボーカルの代わりにギターが歌う間奏の部分ですね。

前にやった5つのテクニックが必要となりますので、忘れてしまった方は、こちらも軽く読み返してみてくださいね^^

基本編23:ギターの3種類の【ビブラート】
基本編24:【チョーキング(ベンディング)基礎】
基本編25:【ハンマリングオン】
基本編26:【プリングオフ】
基本編27:【スライドとグリッサンド】


それでは、弾く曲ですが

ビートルズの「LET IT BE」という曲です!
ギターソロの基本が詰まったような曲なので、弾けるようになっちゃいましょう!



動画の1:55辺りからが今回挑戦する部分です。

8小節とちょっとの短めのソロなので、初心者のかたにちょうど良いと思います。


楽譜はこちら
let it be スコア
バンドスコアなので、ボーカル以下各楽器が並べて書いてありますが、ギターは赤で囲った部分。
ここを今回弾いていきます。

次回から各部分を拡大してみていくので、
今回は「だいたいこういうものか」と全体像を掴んでいただければ十分です。

音符がいっぱいあって耳で聴いた感じより難しそうですが心配ありません。
次回から、細かく分けて弾きかたを解説していく予定です。
といった記号も次回以降、適宜みていくことにしましょう。


それでは、楽譜どおりに弾いてみます。



だいたい30秒くらいですが、チョーキングやハンマリングなどいろいろなテクニックが詰まっています。

次回から4~5個くらいのブロックに分けて、実際に弾けるように解説していく予定です。

「まず細かく分けて練習して、だんだん繋いで完成させる」これが鍵になります!


それでは、今回はこの辺で!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。



無料体験レッスンをご希望の方はお気軽に
「sola music school」 シミズ
までお問い合わせください^^

sola music school





基本編34:ソロに挑戦しよう【let it be】2に進む
基本編32:イントロを弾いてみよう5【レイラ】に戻る
目次のページへ行く

↑このページのトップヘ