フランス語の勉強?

juin 2013

「遺体」(石井光太)を読みました

ブログネタ
フランス語 に参加中!
tanabata130627土曜日に図書館から借りてきた本を読みました.3冊借りて1冊は
美味しんぼ 25 対決!!スパゲッティ.後の2冊は遺体―震災、津波の果てに
(石井 光太)と患者よ、がんと闘うな
(近藤 誠).今日は2冊の本を読みました.石井さんの本を読んでいろいろ思い出しました.火葬が難しくて土葬もやむを得ないと考えたことや,遺体安置所での様子など・・・.2年もの時間が経過したので落ち着いて読むことができた気がします.母が亡くなったのは宮城県でしたが,石井さんが記している釜石の状況ともそんなに変わりはないような気がしました.
近藤さんの本は,要するにがんとは老化なのだから無理して闘うことはない,むしろ副作用などが大変だ,というもので十分納得できるものでした.父はすい臓がんで亡くなりましたが,その時にこの本を読んでいれば対応が違ったかもしれないと思いました. 近藤さんの本はいのちを楽しむの映画を見て,図書館に予約したのが早速届いたんです.

まいにちフランス語をストリーミングで聞きましたが,やはり応用編は難しいです.ノートPCのデータの一部をHDDに移動しました.意外と時間がかかりました.

原発政策 「脱」か「依存」か明確に

 原発に頼らない社会を目指すのか、原発依存に回帰するのか。今度の参院選は、国民がその意思を示す大切な機会になるはずだ。

 福島の事故は、なお収束しない。その中で、政府がなし崩しに依存を強めることがあってはならない。各党・各候補は、有権者がしっかり選択できるよう、自らの原発政策を明確に示すべきだ。

 安倍晋三首相は、原発輸出の「トップセールス」にまい進し、政権の成長戦略には原発再稼働に積極的な姿勢を盛り込んだ。自民党の公約は現政権の姿勢を後追いする内容だ。原発を含むインフラ輸出を進め、原発の再稼働を巡っては、地元自治体の理解を得るよう「国が責任を持って最大限の努力」をするという。

 一方で、昨年の衆院選の公約に掲げていた「原子力に依存しなくてもよい経済・社会構造の確立」という目標は消えた。衆院選で自民に投票した有権者の中には、「依存しなくてもよい」政策の支持者もいただろう。原発依存にかじを切ったのであれば、はっきり示すべきだ。

 連立政権を組む公明党は公約に、「原発に依存しない社会・原発ゼロを目指す」と明記した。自公の政策は矛盾しないのか。国民が支持不支持を判断できるように、両党はきちんと説明する必要がある。

 一方、民主党は「2030年代に原発稼働ゼロを可能とするよう、あらゆる政策資源を投入」という衆院選の公約を変えていない。脱原発路線を堅持したことは評価できる。

 しかし、実現のための戦略や道筋が分からない。推進をうたうインフラ輸出に原発が含まれるかどうかも明らかにしない。主張に筋を通さなければ、与党に対抗して有権者の理解を得るのは難しいだろう。

 いずれにしても当面、安全を確認できた原発の再稼働はあり得るだろう。今の制度では、電力会社だけが事故の賠償責任を負う。再稼働させるのであれば、原発を推進してきた国の責任分担の是非もはっきりさせる必要がある。国の責任とは、税金による給付を意味する。賠償負担が大きく膨らんだ東京電力への支援の見直しは、その試金石といえる。

 国民負担を伴うだけに、各党は選挙戦でそれぞれの考えを示してほしい。幕引きを急ぐべき核燃料サイクルや使用済み核燃料の処分などについても考えを聞きたい。

 原発の是非は2年前の原発事故以来、国論を二分してきた難しい問題だ。しかし、それを避けて国の将来は描けない。各党・各候補は原発政策をはっきりと争点に掲げ、論議を戦わせるべきだ。

フランス語
フランス語の勉強?

久しぶりのフレンチ@西天満

ブログネタ
フランス語 に参加中!
Inoue130629今日からTour de Franceです.7月21日までです.どれくらいフランス語サイトをチェックできるかわかりませんが,関心を持ってみたいです.
2月16日に いまとむかし 井上義平@西天満でランチと記していますが,久しぶりにフレンチを楽しむためにそのお店に行ってみました.写真は和牛の煮込みです.2月はAランチで今回はただのランチ.デザートがなくてちょっと物足りない気がしましたが,そういうものでしょう.もちろん,おいしかったです.

原発と政治―未来にツケを回すのか

 あの日。地震と津波の脅威にがく然としていた私たちに追いうちをかけたのが、「福島第一原発で全電源を喪失」「原子炉の冷却不能」というニュースだった。

 爆発で原子炉建屋が吹き飛ばされる映像を目にして、背筋が凍った。

 そのことを、よもや忘れたわけではあるまい。

 安倍政権の原発政策である。

 自民党は参院選の公約で、原発の再稼働について地元の理解を得ることが「国の責任」と明記した。

 「安全性が確認された原発は動かす」が、安倍政権の基本方針だ。首相は国会閉会後の記者会見で「原子力規制委員会の基準を満たさない限り再稼働しない」と言い回しを変えたが、規制委さえクリアすれば、原発というシステムには問題ないという認識のようだ。

 折しも7月8日に、新しい規制基準が施行され、既存の原発が新基準に適合しているかどうかの審査が始まる。

 確かに、新基準はさまざまな点で改善はされている。

 旧来は規制当局が電力会社に取り込まれ、電力側が基準づくりや審査を都合よく誘導していた面があった。

 新基準は、活断層を厳しく吟味するほか、地震・津波対策やケーブルの不燃化、電源・冷却手段の多重化、中央制御室のバックアップ施設などを求める。

 今後も新たな基準を設けた場合、既存原発に例外なく適用することになったのは前進だ。過酷事故が起きることを前提に対策を求めた点も評価する。

 しかし、新しい基準への適合は「安全宣言」ではない。規制委が、「安全基準」から「規制基準」へ名称を変えたのも、そのためだ。安倍政権はそこから目をそらしている。

 なにより、福島の事故があぶり出したのは、安全対策の不備だけではない。

 たとえば、原発から出る危険なゴミの問題である。

 使用済み核燃料や廃炉で生じる高レベルの放射性廃棄物をどこにどうやって処分するか、まったく手つかずのままだ。当座の保管場所さえ確保できていないのが現状である。

 安倍政権は発足当初から、使用済み核燃料を再処理して利用する核燃料サイクル事業の継続を表明した。6月の日仏首脳会談でも、両国が協力して推進していく姿勢を強調した。

 しかし、計画の主役だった高速増殖炉は失敗続きで見通しがつかない。使用済み燃料から取り出したプルトニウムとウランを混ぜたMOX燃料を商業炉で使うプルサーマル発電に頼るしかないが、これまでに取り出したプルトニウムを消化しきるのも難しい。

 ましてや、青森県六ケ所村の再処理工場を動かせば、プルトニウムをさらに増やすことになり、核不拡散を定めた国際公約に違反する。

 こうした負の側面に目をつぶり、課題を先送りするような原発回帰は「政治の無責任」としかいいようがない。

 原発というシステム全体の見直しを怠るなかでの再稼働は、矛盾を拡大させるだけだ。

 規制委の審査も、リスクの高い原発をふるい落とす仕分け作業と位置づけるべきである。「NO」とされた原発は、政府がすみやかに廃炉措置へと導く手立てを講ずる。

 基準への適応が認められた原発も、再稼働するには「本当に必要か」という需給と経済面からの検討が欠かせない。

 事故当時に比べると、節電意識や省エネ投資が進み、少なくとも需給面では乗り切れる情勢になった。

 あとは、原発が動かないことによる電気料金の値上げがどの程度、生活や経済活動の重荷になっているかという問題だ。

 負担感は人や立場によって異なるだろう。議論には根拠のあるデータが欠かせない。

 民主党政権時代に試行したコスト等検証委員会や需給検証委員会のような枠組みをつくり、国民に公開された場で合意を形成しなければならない。

 その際、火力発電の燃料代の増加といった目先の負担や損失だけでなく、放射性廃棄物の処理費用や事故が起きた場合の賠償など中長期に生じうるコストも総合して考える必要がある。 未来世代に確実にツケが回る問題に手を打つことこそ、政治の仕事である。

原発と政治―「地元」をとらえ直そう

 原発が事故を起こせば、極めて広範囲に打撃を与える。

 この最低限の教訓さえ、まだきちんと生かされていない。

 国は福島の事故後、防災対策を準備する「重点区域」を、原発の8〜10キロ圏から30キロ圏に広げた。対象の自治体は45市町村から135市町村に増えた。

 原発を再稼働するなら、これら「地元自治体」から同意を得るのが不可欠だろう。

 実際、関係する自治体は電力会社に、再稼働時は同意を条件とする立地自治体並みの協定を結ぶよう求め始めている。

 だが、交渉は難航している。関西電力が早期の再稼働をめざす福井県の高浜原発では、30キロ圏内に入る京都府や滋賀県の自治体が関電と交渉中だが、関電は認めようとしない。

 立地自治体の側にも、被害地域を広く想定する国の方針に反発する動きがある。

 福井県は全国最多の14基の原発が集中立地し、大きな災害が起きれば原発が相次いで事故を起こす心配がある。

 ところが、県は「国の避難基準があいまい」などとして、隣接する他府県の自治体との交渉を後回しにし、避難先を県内に限る計画をつくった。

 その結果、美浜原発の過酷事故を想定した6月の避難訓練では、美浜町民は原発から遠ざかる滋賀県ではなく、県の計画に従い、大飯原発のある県内のおおい町へ逃げた。これが、住民の安全を第一に考えた対応だと言えるだろうか。

 背景には、原発事業者と立地自治体との特別な関係がある。事業者は自治体に寄付金や雇用の場を提供し、自治体は危険な原発を受け入れる。

 「地元」が広がれば、事業者にとっては再稼働のハードルが上がり、立地自治体もこれまで通りの見返りが得られる保証はない。事故の現実を目の当たりにしてもなお、双方に、そんな思惑が見え隠れする。

 こんないびつな関係を続けることは、もう許されない。

 事業者は30キロ圏内の自治体と協定を結び、監視の目を二重三重にする。自治体は広域で協力し、発言力を強める。そして万一の際の避難計画をつくる。

 もたれあいでなく、住民の安全を第一に、緊張感のある関係を築かねばならない。

 しかも、これからは新しい規制基準のもと、再稼働できない原発も出てくる。

 国策に協力してきた自治体にとっては厳しい事態ではある。原発への依存から方向転換するのは容易ではない。

 ただ、福井県も「エネルギー供給源の多角化」を掲げ、液化天然ガス(LNG)の受け入れ基地の誘致に動き出すなど、脱原発依存に向けた試みが垣間見える。

 安倍政権は、再稼働への理解に努力するのではなく、新たな自立への支援にこそ、力を入れていくべきだ。

柏崎刈羽原発:新潟知事、新基準を否定 再稼働は困難に

 新潟県の泉田裕彦知事は、29日までに毎日新聞の単独インタビューに応じ、原子力規制委員会の新規制基準は不十分で「(同県内に立地する)東京電力柏崎刈羽原発が新基準を満たしたとしても安全を確保したことにはならない」との認識を示した。立地県の知事が原発の安全性に疑問を投げかけたことで、東電が目指す早期の原発再稼働は困難な見通しとなった。

 泉田知事は新規制基準について「福島第1原発事故の検証・総括なしに、(設備面などに特化した)ハードの基準を作っても安全は確保できない。新規制基準は、残念ながら国民の信頼を得られない」と批判。規制委についても「地方自治行政のことを分かっている人間が一人も入っていない」と指摘、緊急時の住民の避難計画などに関し規制委が県の意見を聞かなかったことを問題視し、「こんなデタラメなやり方は初めて」と厳しく批判した。7月8日に施行される新規制基準についても「(原発立地自治体の)県の意見に耳を傾けずに作られた。外部に説明するつもりのない基準など評価に値しない」と切り捨てた。

 また、万が一過酷事故が起きた際、現行法では、事態の悪化を防ごうにも放射線量の高い事故現場へ作業員を出せないことを課題として指摘。「現行制度では法律違反で誰も行かせられないが、放置すればメルトダウン(炉心溶融)が起きる。そういう問題への対応も用意しないと、事故を総括したことにならない」と述べ、政府にも法的な整備を求めた。

 政府は、規制委の新基準を満たした原発は安全性が確保されたとみなし、順次再稼働させる方針を示している。しかし、実際に再稼働させるには地元自治体の了解も必要。泉田知事は、柏崎刈羽原発の再稼働の是非については「福島の事故の検証・総括が先」などと直接的な言及を避けたが、「規制委の新基準では県民の安全を確保できない」との認識を鮮明にしており、仮に規制委の基準を満たしても再稼働を認めない公算が大きい。

 東電が経営再建計画で目指す今年度の黒字化には、柏崎刈羽原発の再稼働が不可欠。再稼働が遅れれば計画は大きく揺らぎ、電気料金の再値上げも一段と現実味を帯びることになりそうだ。【大久保渉、塚本恒】

フランス語
フランス語の勉強?

九条で「いのちを楽しむ」を見ました

ブログネタ
フランス語 に参加中!
cine_nouveauなんだか体がしんどいです.あまり仕事しないですごしました.といっても愛知の出張予定を考えて,来週書類を出すことにしました.佐賀の出張のための書類も準備しました.
夕方梅田に行って名古屋までの新幹線の切符を買って,その後九条のciné nouveau Xに向かいました.いのちを楽しむ-容子とがんの2年間を見に行くためです.
映画の中で,最初容子さんは杖をついているだけでとても元気に見えました.でも徐々に元気を失っていく様子がわかりました.映画を見ていてなんだか気分が悪くなってきたような気もしました.結局容子さんは亡くなって棺桶に入れられてしまうのですが,見ていて少し辛かったです.死について考えること,をどれだけ継続的にできるかな?と思いました.タブーにしてみないようにしたい気持ちもありますが,なるべく向き合っていきたいと思います.近藤誠医師のがんは放置という考えは衝撃的でした.図書館で本を借りて読もうと思います.網野皓之医師の本も読んでみたいと思います.

まいにちフランス語応用編La vie, au rythme des événements 〜人生の新しい扉を開けるとき〜,とアンコールまいにちフランス語応用編Vivre avec simplicité 〜ドミニック流シンプルライフに学ぶ一歩先のフランス語〜を聞きました.ちょっと集中が足りなかったかな?とにかく少しづつでも勉強していこうと思います.

(座標軸)見過ごせぬ、議論なき原発回帰 論説主幹・大野博人

 経済の先行きや外交の緊張に目が向きがちだが、参議院選挙では、安倍政権の原発政策を問わないわけにはいかない。

 昨年末の総選挙の公約で自民党は「原子力に依存しなくてもよい経済・社会構造の確立をめざす」としていた。「脱」ではないが、原発を相対化する姿勢は見せていた。ところがここに来て、それさえうやむやにしつつある。

 原発の再稼働に傾斜する、核燃料サイクルという考え方にこだわる、インド、トルコ、中欧などに立て続けに原発の売り込みをかける――。

 参院選の公約からは「脱依存」が消え、かわりに再稼働に向けて地元理解を得るための「最大限の努力」を掲げる。「原発に依存する経済・社会構造」の復活を目指しているように見える。

 見過ごせないのは、依存への傾斜を真正面から問わず、なし崩しに強めつつある点だ。たとえばエネルギー白書から原発ゼロをめぐる記述が抜けた。議論もせずに依存へと回帰するのは民主的ではない。場合によっては今後3年は国政選挙がない。参院選ではっきりと国民に説明するべきだ。

 ■事故原発抱える現実

 もし仮に、日本がすべての原発をすみやかになくすと決めても、廃炉作業に手をつけることさえ容易ではない原発がある。福島第一だ。

 炉内でどうなっているか依然としてわからない燃料の冷却が続く。その冷却水の処理にも四苦八苦だ。除染も出口は見えない。避難した人々の将来の展望も開けていない。

 現場や周辺地域、行政、避難先で多くの人が今もなお苦闘している。それは今後数十年たっても完全には終わらないだろう。その間、不測の事態が発生するリスクも排除できない。

 2011年の3月11日から、日本は違う時代に入った。それ以前とは異なり、危険な事故原発を抱える国になった。もう一つ重大な事故が起きる事態に耐える余裕はないだろう。ならば規制基準を厳しくし、事故対策を整えながら、原発をなるべく早く減らしていくしかないではないか。

 それが今日の日本の身もふたもない現実だ。

 ■こっそりと逆行

 にもかかわらず、安倍政権が進める政策は、その現実から出発しているようには見えない。自民党の高市早苗政調会長の発言や原発再稼働を求める議員連盟の発足を見ればなおさらである。

 結局、この政権はエネルギー政策を福島の事故前の軌道に、ほぼそのまま戻したいようだ。できれば事故を、わたしたちの現代史の文脈の中でカッコでくくり、読み飛ばしても許される過去としたいのかもしれない。

 しかし実際は、日本の針路を決定づける歴史的な出来事のはずだ。

 福島を論じない選挙にしてはならない。

電力改革廃案 国民無視にも程がある

 参院本会議での安倍晋三首相に対する問責決議の可決で電気事業法改正案などが廃案に追い込まれた。電力業界に競争を促し、電気料金引き下げなどを目指す重要法案だ。国民無視もはなはだしい。

 来月の参院選をいかにして有利に運ぶか。与野党の駆け引きが、成立が見込まれていた電気事業法改正案や生活保護法改正案をはじめ、国民生活に直結する法案や条約などを廃案に追い込んだ。

 そもそも電事法改正案とは何か。家庭も電力会社を自由に選べるようにする「小売りの全面自由化」を二〇一六年に、電力会社の発電部門と送配電部門を分ける「発送電分離」を一八〜二〇年をめどに実現する電力システムの改革が目的だ。

 先行して小売りが自由化されている大企業向けの多くは、東京電力など既存の事業者と独立系の特定規模電気事業者(PPS)との競争によって一キロワット時当たり十一円前後に下がったが、家庭向けなどの小口は二倍の約二十三円。利益の九割を小口が占めており、公正さを著しく欠いている。

 小口も自由化されれば原価に利潤を上乗せする総括原価方式が消滅し、PPSなどとの競争で値下げが期待できるようになる。

 その道筋は、衆参ねじれでも与野党間の隔たりは大きくない。暮らしに身近な法案でありながら、なぜ参院は廃案にしたのか。国民をないがしろにした政治の駆け引きに翻弄(ほんろう)されたと言うほかない。

 さらに見据えるべきは、今なお終わりが見えない東電福島第一原発の事故だ。この事故こそが電力事業に隠された不条理を表に引き出して電力改革を促した。そこから目をそらしてはならない。

 小売り自由化に加え、発送電分離も改革の目玉だ。電力業界による現在の発電と送配電の一体経営は地域独占の土台であり、風力や太陽光などの自然エネルギー参入を阻害していることは否めない。

 分離が実現すれば電力業界の既得権益に風穴があき、自然エネルギーなどの送配電網への公平な接続を通じて多様な電源の効率的活用が期待できる。

 それは国民の多くが求める脱原発への第一歩でもある。

 しかし、首相は民主党政権が表明した三〇年代の原発稼働ゼロを「非現実的」と一蹴し、再稼働や原発輸出に前のめりだ。参院選後の秋の臨時国会に改正案を再提出する方針だが、原発評価の決定的な違いを背景に電力改革を後退させることがないよう強く求める。

フランス語
フランス語の勉強?

MOXはいりません/家賃を家計簿に書き忘れていました

ブログネタ
フランス語 に参加中!
lecon27MOX「燃料」がフランスから福井・高浜に到着したそうです.そんな危険なものいりません.抗議行動が行われたそうです.原発に使うなんてもってのほかです.
今日のバランスランチにはアルミホイルで包まれたお魚がありました.鮭のちゃんちゃん焼きです.美味しかったです.
今日ふとしたことから家計簿に家賃の支払いのことを1年以上記していなかったことに気がつきました.ダメですね.
今日のキソキソはKiさんがとてもうまい説明をしていました.さすが・・・って感じです.

Un convoi de combustible nucléaire arrive au Japon

Un convoi de combustible nucléaire MOX parti de France mi-avril est arrivé tôt jeudi matin (heure du Japon) au port près de la centrale destinataire de Takahama (ouest de l'archipel), a constaté un journaliste de l'AFP.

Il s'agit du premier arrivage au Japon de ce combustible (un mélange d'oxydes d'uranium et de plutonium) depuis la catastrophe atomique de Fukushima provoquée par le séisme et le tsunami du 11 mars 2011.
Les deux navires spécialisés Pacific Heron et Pacific Egret avaient quitté le 17 avril le port français de Cherbourg et ont emprunté sous haute protection une route dont les détails non pas été divulgués pour des raisons de sécurité.
Le convoi a voyagé comme prévu durant environ deux mois et demi pour arriver à destination jeudi vers 7 h locales (mercredi 18 h au Québec), sous un ciel nuageux, accueilli par une cinquantaine de manifestants antinucléaires, a précisé le journaliste sur place.
Il n'y avait toutefois pas de mouvements particuliers autour des bateaux dans les minutes suivant leur arrivée.
Les navires spéciaux chargés de ce transport sont exploités par la société britannique PNTL, une filiale d'International Nuclear Services, du groupe français Areva chargé du retraitement et des compagnies électriques japonaises.
Ce rapatriement était dénoncé par les associations écologistes qui jugent le transport de MOX extrêmement dangereux, de même que son stockage au Japon, pays à très forte sismicité.
Tous les réacteurs du pays ont été progressivement stoppés et les convois de MOX suspendus après le désastre de Fukushima il y a plus de deux ans. Le dernier rapatriement maritime de MOX vers le Japon remontait à 2010.
A l'heure actuelle, 48 des 50 réacteurs recensés sont toujours arrêtés et doivent être soumis à de nouveaux examens sur la base de normes plus sévères.
Le retraitement et la fabrication de ce MOX avaient été achevés à l'automne 2010 et il devait initialement être acheminé au printemps 2011, mais la date a été différée.
Le MOX est un combustible nucléaire fabriqué à partir de plutonium issu des combustibles usés et d'uranium appauvri. Avant l'accident de Fukushima, plusieurs réacteurs nippons étaient prêts à fonctionner avec du MOX.
Le convoi arrivé jeudi ne transporte qu'une partie du MOX retraité en Europe pour Kansai Electric Power (Kepco), en l'occurrence pour Takahama (les réacteurs 3 et 4 sont prévus pour tourner avec ce type de combustible).

原発と経営―実は気づいてませんか

 原発を持つ電力会社の経営陣のみなさん。今年の株主総会も「脱原発」を求める株主の声を一蹴しましたね。むしろ、「一日も早い再稼働」への執着を鮮明にされました。

 9社のうち8社が、火力発電の燃料費の増大などで赤字。7社が過去の利益を蓄えた「別途積立金」の取り崩しに追い込まれ、3社は積立金が底をつきました。ゆゆしき事態です。

 原発活用を打ち出す安倍政権のもとで、一気に「元どおり」を狙いたい。遠い将来より、まずは目先の利益、というところでしょうか。

 思えば、みなさんはずっとそうでした。地震・津波対策も、放射性廃棄物の処分も、核燃料サイクル事業の吟味も、みんな後回し。原発は「国策」なんだから、いざとなれば国が考える、いや、考えるべきだ――。

 3・11後も一向に経営姿勢が変わらないのを見るにつけ、そんな思考がしみついているのでは、と邪推したくなります。

 でも、本当は気づいているのではないですか。もう昔には戻れない。原発を抱え続けるのはしんどい、という事実にです。気づいていないとしたら、それこそ驚きです。

 東京電力の崩壊は、いざという時に政府は守ってくれないことを証明しました。みなさんがせっせと献金してきた政治家も、事故直後はだんまりを決めこみました。

 一方、事故を経て規制は格段に厳しくなりました。今後は基準が改定されるたび、すべての原発への適用が求められます。寿命間近で出力の小さい原発にまで、です。存続にこだわると費用はどんどんかさみます。

 廃棄物問題の先送りも、もはや限界です。使用済み核燃料棒の保管場所からして足りない。それゆえに原発を動かせなくなる事態が迫っています。

 しかも、安倍首相は電力システム改革を断行すると明言しています。きのうまでの国会で法案は成立しませんでしたが、方向性は変わりません。発電部門と送電部門が切り離され、競争が激しくなれば金食い虫の原発を維持するリスクはもっと大きくなるでしょう。

 釈迦(しゃか)に説法ながら、先を読み、自らを柔軟に変えてこその企業経営です。どうも、過去の経緯にがんじがらめになっている気がしてなりません。

 もう少し時間が必要でしょうか。みなさんの中から早く、真の意味での経営合理性を掲げ、「いち抜けた!」と方針転換されるところが出てくるのを期待しているのですが。

フランス語
フランス語の勉強?

仙台・愛知・広島の人にメールして仕事したような気分

ブログネタ
フランス語 に参加中!
pain130504頑張って仕事しているような気になっています.朝仙台の人に返事をして,昼前に愛知と広島の人にメールしました.愛知の人からはすぐに電話で返事があり,広島の人からもメールで返事がありました.たった3通のメールだけで仕事したような気持ちになるというのは,よくないのかもしれません.
さて関東のUeさんと東京でご飯するのがなかなかスケジュールが合いません.残念.


観光地でも関係なくストライキというのがフランスらしい気がします.でもせっかくパリのエッフェル塔を見に行ってストだったらがっかりするよね?
La Tour Eiffel fermée pour cause de grève

La CGT, majoritaire parmi les 300 employés, a déposé un préavis de grève pour réclamer, entre autres, des revalorisations salariales et de meilleures conditions de travail.
Par AFP
La Tour Eiffel est restée fermée mardi matin pour cause de grève, selon des sources syndicale et la société qui gère le fameux monument parisien. Un préavis portant sur de nombreuses revendications - salaires, conditions de travail sécurité, intéressement...- avait été déposé la semaine dernière par la CGT, majoritaire parmi les quelque 300 employés de la tour.
Dans un communiqué, ce syndicat a précisé les points principaux du conflit : ≪Dénonciation de la gestion actuelle des travaux, renforcement des moyens de sécurité, obtention de la part de la Mairie de Paris d’une garantie de renégociation du Programme contractuel d’investissement (ensemble des travaux à réaliser pendant les 10 ans de la concession et non réalisable en l’état)≫.
≪La Tour Eiffel a la particularité de dépendre de ses moyens d’ascension≫, explique la CGT. ≪En 2008, la rénovation de l’ascenseur Ouest fut décidée. Les travaux devaient durer 2 ans et coutaient 18 millions d’euros. Après 5 ans, il est toujours indisponible (un nouveau report pour 2014 a été annoncé) et le montant des travaux avoisine désormais les 40 millions d’euros≫.
≪L’absence de cet ascenseur a de lourdes conséquences sur l’entretien des autres moyens d’ascension qui doivent être à leur tour arrêtés pour des travaux de maintenance et d’entretien≫, déplore le syndicat.
Du coup, selon lui, ≪les possibilités d’accueillir le public se réduisent, les files d’attente s’allongent, les visiteurs s’impatientent, les conditions de travail se dégradent≫.
Après une séance de sept heures de négociations lundi, la grève a été votée mardi matin tôt et la tour est restée close. Elle aurait du ouvrir ses ascenseurs et ses portes à 9 heures. La haute saison ayant commencé le 15 juin, avec des horaires élargis, la ≪demoiselle de fer≫ accueille en moyenne 25 000 personnes par jour, sept jours sur sept (sept millions par an).
Le précédent mouvement social ayant touché la plus fameuse création de Gustave Eiffel remonte à décembre 2010. Il avait duré deux jours. Les négociations entre la direction et la CGT devait reprendre dans l’après-midi.
La Tour (324 mètres de haut avec ses antennes, cinq ascenseurs menant au premier étage, 1 665 marches) est gérée par une société d’économie mixte (SETE) ou la Ville de Paris est majoritaire à 60%, le reste étant détenu par Dexia, et des actionnaires privés (LVMH, Eiffage, Unibail...) Les 300 employés sont pour une grosse moitié des agents d’accueil. Les deux restaurants installés dans la Tour sont restés ouverts et accessibles.

原発やめたほうが儲かるのに・・・という気持ちです.もちろん安全の面からも原発はイヤですが.
原発再稼働に賛否 東電株主総会、安全確保と経営再建両立を
 東京電力など電力9社の株主総会が開かれた26日、各地の会場には朝から多くの株主が詰めかけた。各社が準備を進める原発再稼働について、株主からは賛否の意見が交錯した。事故処理や賠償、除染が道半ばの福島第1原発事故を巡り、安全確保と経営再建の両立を求める声も相次いだ。

■物々しい雰囲気

 東電の株主総会が開かれた国立代々木競技場第一体育館(東京・渋谷)には午前8時半ごろから株主が集まり始めた。原発反対のプラカードを掲げる市民団体がビラを配るなか、出入り口付近には警察車両が待機。警備員や東電社員が誘導に当たり、昨年と同様に物々しい雰囲気となった。

 原子力規制委員会が決めた新規制基準が来月施行されるのを受け、東電は柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働を目指す。福島第1原発事故の直前に株主になったという神奈川県の会社員男性(42)は「東電の経営再建だけでなく、電力の安定供給のためにも再稼働は避けられない」と訴えた。

 5年ほど前から株主という横浜市のアルバイト男性(42)は「過去にも東電は事故隠しをしてきた。再稼働には地元の同意が欠かせず、今以上に説明責任を果たさないと難しいのではないか」と指摘。再稼働に反対が根強い地元への配慮を求めた。

 横浜市の無職、江成文夫さん(68)も「事故が絶対に起こらないよう対策を徹底すべきだが、現状では足りていないと思う」と再稼働に慎重な姿勢。「不安が解消できないなら、再稼働見送りでさらに電気料金が上がってもやむを得ない」と話した。

■「被災賠償遅い」

 今年は実質国有化された「新生東電」として最初の総会。福島第1原発は汚染水漏れなどのトラブルがなおも続いており「株主の立場で経営を監視したい」と昨年、東電株を購入した無職男性(62)は「事故処理や被災者への賠償が遅い。東電だけの対応には限界があり、国が積極的に関与すべきだ」と主張した。

 今回の総会では、経営破綻した際の日本航空並みに企業年金を減らすなど多くの株主提案も出た。7年前から株主の会社員男性(64)は「東電の福利厚生は一般企業に比べて充実している。年金減額や不動産売却などまだまだリストラの余地はあるのでは」と一層のコスト削減を求めた。

 最近は1株500円強で推移している東電株。1株5千円の時に買ったという東京都江戸川区の無職女性(87)は「事故前は年間30万円の配当があったのに今はゼロ。年金暮らしで生活が大変だから少しでも出してほしい」とこぼしていた。


震災から2年3カ月を過ぎて悲しみも大分和らいできたような気がしていましたが,大川小の遺族の方にとってはまだまだなのかもしれません.教育委員会は是非とも誠意ある対応をしてほしいと思います.
大川小遺族との話し合い 7月中に開催へ

遺族らの批判を受けて、ようやく重い腰を上げました。
 石巻市教育委員会は、震災で児童など84人が犠牲になった、大川小学校の遺族との話し合いについて、7月に約9か月ぶりに開催する方針を示しました。
 石巻市議会環境教育委員会で、境直彦教育長は「大川小学校ご遺族との全体会合を、7月中に開催できるよう、ご遺族と調整して参ります」と報告しました。
 大川小を巡っては、2012年2月に津波の犠牲となった児童や教職員の避難行動を検証する「事故検証委員会」が発足しました。
 これを受け、市教委は「調査を受ける立場になるので、慎重な対応をせざるを得ない」として、2012年10月を最後に、遺族への説明会を開いておらず、遺族から「真摯に向き合っていない」と批判を受けていました。
 市教委では、今後、具体的な日程や内容を遺族の代表と検討することにしています。

フランス語
フランス語の勉強?

緑の検査セット/トルコライス/今日もマイマイ

ブログネタ
フランス語 に参加中!
turky_lunch病院に行って,緑の検査セット2回分をもらいました.明日から使ってみようと思います.
2012年10月28日に京阪沿線でトルコライスを食べているから約8ヶ月ぶりのトルコライスです.おいしかったです.
今日もマイマイです.200Cです.二日連続なのでちょっと頑張ったかなぁ,なんて勝手に自己満足.フランス語も頑張らねばね.French in Action Leçon 27を見ました.
On était comme cul et chemise.
私たちあんなに仲がよかったのに.

柔道連盟―執行部の刷新が不可欠

 これは居座りどころか、居直りといわれても仕方ない。

 不祥事が相次ぐ全日本柔道連盟の上村春樹会長が、続投する意向を明らかにした。

 きのうの臨時理事会で将来の辞意を口にしたが、期限は区切らなかった。「改革改善のめどが立ったら辞める」というあいまいな条件つきである。

 女子選手への暴力問題、助成金の不正受給、さらに理事によるセクハラ問題。その発覚のたびに繰り返してきた自己弁護との違いは見あたらない。

 いまの執行部体制が刷新されないままでは、改革が本当に進むとはとても信じられない。

 臨時理事会は、助成金問題の調査を委ねた第三者委員会からの最終報告を受けて開かれた。

 「受給に問題あり」とされた計6055万円を日本スポーツ振興センターに全額返し、2人の外部理事と3人の女性理事を迎えるなど、部分的な改革案が一応示された。

 また、年3回の理事会とは別に、毎月開く「常務理事会」の新設も決めた。だが、そのメンバーは、会長ら執行部を中心に11人が務めるという。まるで屋上屋を架すように映る。

 上村会長は第三者委の報告を尊重するとしていたが、実際の態度は裏腹だ。不正の認定について、「必要な修正をしてほしい」と報告書の書きかえを促す要望書を会長名などで3回出していたことがわかった。

 これを受けて、第三者委が「現場の意向を聞かずに物事を決める上層部の体質は改善していない」と指摘したことについては、「上層部だけでなく、いろいろな意見をまとめたもの」と記者会見で語り、反省の言葉もなかった。

 これまでも、暴力の事実を確認しながら、その監督を厳重注意で留任させたほか、助成金の流用も当初は調査にすら乗り出さなかった。現体制に自浄能力があるとは到底思えない。

 こうした事態を認識していながら傍観してきた理事会や評議員会の責任も重い。学閥や年功序列がはびこり、いまだに組織として正常なガバナンスが機能しているとはいえない。

 日本水泳連盟や日本バレーボール協会では相次いで40代の会長が誕生し、改革の努力をみせたのとは対照的だ。上村会長は会長職を辞めた後も理事として残る可能性まで示している。

 世間の常識からかけ離れた全柔連のモラル感覚は、日本の柔道界そのもののイメージを損ねかねない。きょう開かれる評議員会は、全柔連の抜本的な再出発の道筋を話しあうべきだ。

フランス語
フランス語の勉強?

久しぶりのマイマイ/健康診断結果

ブログネタ
フランス語 に参加中!
arbuz1都議選で自民圧勝・民主と維新壊滅がLe Mondeでも報じられていました.共産党の躍進に関してはとりあえずよかったことなのでしょうけれども,自民圧勝では・・・民主党は大いに反省してほしいです.維新の会はこのままなくなってほしいのですが.
Les conservateurs grands vainqueurs à Tokyo

Le Parti libéral-démocrate (PLD) du premier ministre conservateur japonais Shinzo Abe a remporté dimanche 23 juin une large victoire aux élections à l'assemblée municipale de Tokyo, un résultat de bon augure avant l'important scrutin sénatorial de la fin juillet. Les électeurs de la capitale ont accordé un satisfecit à la politique économique surnommée "Abenomics" conduite depuis six mois par le chef du gouvernement.
Le Parti Libéral-Démocrate (PLD, droite) a remporté 59 sièges à lui seul, et 82 avec l'aide de son allié centriste du gouvernement, le Nouveau Komeito, soit bien au-delà de la majorité (au moins 64 sièges). Tous les candidats présentés par le PLD et la formation alliée ont gagné. Après 4 ans dans l'opposition, la formation est donc redevenu le premier parti à Tokyo.
Quelque 253 candidats se disputaient 127 sièges de représentants à l'assemblée de Tokyo, une préfecture de quelque 13 millions d'habitants, dont plus de 10,5 millions inscrits sur les listes électorales. Le taux de participation a cependant été très faible, seulement 43,42 %, en baisse de plus de 11 points par rapport à celui du précédent scrutin en 2009. C'est le deuxième pire jamais enregistré.
SÉNATORIALES À L'HORIZON
Un constat amer pour Shinzo Abe qui, tout en se réjouissant de la victoire, a souligné que même si "beaucoup de gens n'en ressentent pas encore les effets sur la situation économique, la politique qu'il conduit depuis 6 mois avait reçu une certaine appréciation". Le premier ministre avait lui-même décrit ces élections locales comme une bataille "à gagner à tout prix", sachant que le résultat serait interprété comme une répétition générale avant le scrutin de renouvellement partiel du sénat le 21 juillet. Celui-ci décidera en effet de sa capacité à poursuivre sa politique durant trois ans sans rendez-vous électoral programmé.
Depuis qu'il a repris le pouvoir, le PLD a fait du redressement économique une priorité avec "trois flèches" lancées contre la déflation qui bride l'activité de façon chronique : des largesses budgétaires (malgré l'endettement colossal du pays), une politique monétaire ultra-accommodante et une stratégie de croissance accompagnée de réformes et de dérégulation.
Si dans la foulée de la victoire à Tokyo, le PLD reprenait le Sénat à l'opposition, il mettrait fin à une sorte de "cohabitation" handicapante. M. Abe, qui avait raté un premier mandat en 2006-2007 à cause de problèmes de santé et de scandales touchant ses ministres, aurait alors les coudées franches pour appliquer sa politique. Outre des dispositions économiques plus ou moins populaires, il pourrait alors s'autoriser d'autres flèches, plus politiques celles-là, notamment en vue d'une révision de la constitution pacifiste de 1947.
LE CENTRE GAUCHE ET L'EXTRÊME DROITE LAMINÉS
Le PLD avait perdu à Tokyo en 2009 avec seulement 39 sièges, avant une débâcle aux législatives suivantes qui l'avait condamné à trois années de traversée du désert, une épreuve pour un parti qui a pratiquement régné de façon ininterrompue depuis la fin de la guerre. La formation est toutefois revenue en force aux législatives anticipées de décembre dernier, après l'échec cuisant du Parti démocrate du Japon (PDJ, centre gauche) aujourd'hui laminé. Ce dernier a perdu un large pan de sa crédibilité auprès de l'électorat du fait de promesses non tenues et de querelles intestines incessantes. Sa descente aux enfers s'est confirmée dimanche. Après avoir caracolé en tête avec 54 sièges à Tokyo en 2009, il ne lui en restait plus que 43 dans l'assemblée sortante du fait de défections. Et au terme du scrutin de dimanche, il n'en aurait sauvé que 15.
Dimanche, le PLD est apparu d'autant plus comme l'unique grande formation que le Parti de la Restauration, auto-proclamé troisième voie, a été relégué au rang de figurant, malgré la présence médiatique de ses deux ténors, le nationaliste et imprévisible Shintaro Ishihara (ex-gouverneur de Tokyo) et le maire d'Osaka (ouest), Toru Hashimoto. Ce parti de la Restauration n'a récolté que 2 sièges, bien moins que le parti communiste qui, avec un total de 17, se classe troisième.
しのに行った後はミカンをいただきました.久しぶりにマイマイ.約2ヶ月ぶり.250Cです.
ちょっとのんびりしていたら,保健室から電話が.健康診断の結果で悪いところがありました.去年に引き続き貧血でした.ほかにも.とにかく明日病院に行ってみようと思います.

沖縄慰霊の日 戦争の教訓共有しよう

 本土の目に映る沖縄は、沖縄の人々が真に見てほしい姿だろうか。それとも、本土が自分の都合で描く沖縄だろうか。

 きのう「慰霊の日」を迎えた沖縄と本土との間に最近、ひときわ意識のずれが目立つ。

 たとえば普天間飛行場問題。県外移設を訴える沖縄の声に、本土はもはや聞く耳をもたぬかのようだ。参院選の公約で自民党本部は、県連の反対を押し切り、辺野古移設を明記した。

 4月に政府が催した「主権回復の日」式典をめぐっては、沖縄は米施政下に置き去りにされた「屈辱の日」と抗議した。一方、オスプレイ配備の本土分散は遅々として進んでいない。

 沖縄から見る本土への心の距離は開くばかりだ。ところが皮肉にも、人々が国家主権を語るとき、沖縄はがぜん、本土の意識の中で重い存在感を担う。

 中国共産党の機関紙が、沖縄における日本の主権は未解決とする論文を掲載すると、日本政府はただちに抗議した。中国への国民の憤りは当然だ。

 だが、「領土」「安保」の文脈では日本人の自尊心を映す国土であるのに、沖縄県民の目線に立つ「地元」の声は本土に届かない。そんな本土と沖縄を分かつ溝の原点を、わたしたちは常に熟考する必要がある。

 最大の悲劇は太平洋戦争末期の沖縄戦だった。68年前、本土防衛を前に、戦略上の捨て石とされた沖縄は、地上戦の修羅場と化した。

 「鉄の暴風」といわれた米軍の砲撃や空襲。日本兵に殺されたり、集団死を強いられたりした地元民もいた。死者20万。県民の4人に1人が落命した。

 あの戦場をくぐった高齢者の4割が今も、心にストレス障害を患っている可能性が高いとの調査結果を、沖縄の研究者たちが今春まとめた。不発弾や遺骨は今も日常的に見つかり、米兵の犯罪もあとを絶たない。

 「戦争」は沖縄の人々の中では、今も終わっていないのだ。なのに、本土はその思いを共有しないどころか、軍事基地の重荷を沖縄に過剰に背負わせたまま、憲法改正による「国防軍」創設まで語り始めている。

 きのうの追悼式で、沖縄県の仲井真弘多知事は、癒えることのない痛みにふれつつ、「私たちは沖縄戦の教訓を継承する」と誓った。日本の戦後の安定と繁栄は何を犠牲にして築かれたのか。その教訓を沖縄だけのものにしてはならない。

 「慰霊の日」を機に、いま一度、沖縄戦の記憶を直視しよう。沖縄と本土の意識のずれを少しでも修正するために。

フランス語
フランス語の勉強?

モルダウ,運命,新世界より,を聴きました

ブログネタ
フランス語 に参加中!
moriawase130623ザ・シンフォニーホールにプラハ放送交響楽団による「モルダウ」,「運命」,「新世界より」,を聴きに行きました.小雨が降っていて少し道を迷ってしまったけれど、10分前に到着.駅前のイタリアンでのんびりランチしたので遅れてしまうのではと心配しましたが大丈夫でした.イタリアンのお店では三女ベーゼならぬ,サンジョベーゼ(sangiovese)をいただきました.ちょっとくせのあるような味ですがおいしい.肉料理ではなかったので,料理とはイマイチでしたが…

itoyori130623イトヨリと夏野菜のソテーです.さてモルダウ(Moldau)は美しいメロディーがよかった.でも10分弱の演奏でちょっと物足りない感じ.スメタナ(Smetana)の作曲です.次は運命.運命が扉をたたく,とはよく言ったものだと思いました.この間聴きに行ったクラシックコンサートは基本的にベートーベン(Beethoven)の第9なので,第5交響曲の運命を聴いてなんか新鮮な気分です.運命の後は休憩があってドボルザーク(Dvořák)の新世界より,です.
プラハ放送交響楽団
[指揮]オンドレイ・レナルト
[管弦楽]プラハ放送交響楽団
日時 2013年6月23日(日) 14:00 開演 13:00 開場
会場 ザ・シンフォニーホール
料金 A 10,000円 B 8,000円 C 6,000円 D 5,000円
入場券発売日 2012年12月16日(日)
プログラム スメタナ:交響詩 「モルダウ」
ベートーヴェン:交響曲 第5番「運命」
ドヴォルザーク:交響曲 第9番「新世界より」


歴史と伝統に彩られた世界遺産の街に根付くオーケストラで聴く3つの名曲
プラハ放送交響楽団
 
「神聖ローマ帝国の帝都」「百塔のプラハ」「黄金の街」・・・古都プラハを形容する言葉は
そのどれもが歴史と伝統に彩られた街並みを想像せずにはいられません。実際にプラハの歴史地区はユネスコの世界遺産に登録されているほどです。
“名門”プラハ放送交響楽団が5年ぶりにザ・シンフォニーホールに帰ってきます。
1926年にチェコスロバキア国営放送所属オーケストラとして発足して以来、着々と実績と経験を積み重ね、1985年にはウラディミール・ヴァーレクが首席指揮者に就任し、現在はオンドレイ・レナルトが主席指揮者に就任。今回の公演でその手腕を披露します。チェコ・フィル、プラハ交響楽団とともに、チェコの3大オーケストラの一つとして数えられるプラハ放送交響楽団の今回のプログラムは
スメタナの「モルダウ」!ベートーヴェンの「運命」!ドヴォルザークの「新世界より」!…誰でも子供の頃から「名曲」として学校で習い、普段の生活の中で聴こえてくる音楽。
そのどれもがコンサートのメインになりえる3曲を一度に聴く贅沢!もちろん、祖国であるチェコ出身の作曲家スメタナの「モルダウ」、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」を彼らが奏でることは彼らにとっても特別であることは言うまでもありません。
歴史と伝統と文化に彩られた街プラハ・・・それは同時にたくさんの人間の怒り、悲しみ、喜びなど様々な感情をも飲み込んできた街でもあります。その中で醸成されたオーケストラの演奏を受け止めてみませんか?

世界遺産富士山 覚悟を決め環境保全を

 富士山が世界文化遺産に登録されることが正式に決まった。景勝地「三保松原」(静岡市)が含まれたことも併せて実に喜ばしいが、残された課題も多い。

 周辺の開発が随分と進んでいるうえ、内外から訪れる人も大きく増えるだろう。いかに環境を保全していくのか。冷静な覚悟が必要だ。

 世界遺産委員会は、神社や湖など構成資産全体の関連づけ、来訪者数の管理、登山道を含めた環境全体の整備を重く見て、2016年2月までに保全状況報告書を提出することを日本政府に要請している。目先の利益優先の無秩序な開発や、入山者が環境を傷めることから、富士山を守ることが強く求められている。

 ただ、こんなふうに考えるとどうだろう。富士山の環境が損なわれれば、その観光地としての魅力を失う。逆に文化遺産として位置づけられ、自然が美しく守られれば、質の高い観光地としてさらに評判を高めることになる。将来を見据えた長期的な視野に立てば、この考え方はさらに説得力を持つだろう。

 マイカーの規制、入山者の抑制、登山道の保全、景観や観光施設の整備。いずれも官民一体になった取り組みが必要だ。「全体でよくなる」「そのために苦労を分かち合う」という姿勢が不可欠で、特に地域の理解がなければ成り立たない。

 今回の登録は信仰の対象であり、芸術の源泉となってきた富士山の価値を評価したものだ。観光も、街づくりも、これに沿うことが求められる。それを観光客の充実感や、地域の人々の幸せにつなげることが必要だ。文化的考察を背景にした専門家のアドバイスも欠かせない。

 山梨、静岡両県は入山料を集めることで合意している。試験導入する今夏は、山頂をめざす登山者を対象に、ピーク時に1000円程度を任意の協力金として集める方向で議論を進めている。

 記念バッジや領収書を渡すことを想定しているが、この時にゴミ袋や富士山の文化的価値の解説書なども、手渡せばいいのではないか。

 日本イコモス国内委員長の西村幸夫・東大教授は「スイス・アルプス ユングフラウ・アレッチュ」(01年に世界自然遺産登録)などスイスの山岳が、めざすべきモデルとして考えられると指摘する。地元の合意で環境保全を進め、電気自動車の利用を進めるなど、規制によって保護と観光のバランスをとっている。「簡単ではないが、富士山はアジアのスイスになりえる」と話す。

 世界遺産登録をきっかけに、富士山を自然と共生する日本人の思想を肌で感じる場所にできないか。私たちはそんな課題に直面している。


フランス語
フランス語の勉強?

まだ疲れが残っている感じ

ブログネタ
フランス語 に参加中!
pain_au_levainなんかまだ疲れが残っている感じです.困ったものです.
ちょっとだけ執筆活動をしました.
Shさんからは「最近の楽しみはスペイン語でボルヘスを読むことです。」というメールがきました.

JAPON. Le Mont Fuji au patrimoine culturel de l'Humanité
Il a fallu des années de procédure pour faire reconnaître ce volcan de 3.776 mètres que l'on voit parfois depuis Tokyo.

Le Mont Fuji est entré au patrimoine culturel de l'Humanité. (Kenji Shimizu/AP/SIPA)
A la fenêtre de son bureau, Heita Kawakatsu regardait il y a quelques jours le Mont Fuji, qui est entré samedi 22 juinau patrimoine mondial de l'Unesco. Immobile, silencieux, les mains dans le dos. "C'est lui qui me regarde. Alors je me demande ce que j'ai fait de bien ou de mal". Gouverneur de la préfecture japonaise de Shizuoka, Heita Kawakatsu est loin d'être un illuminé : ce diplômé d'Oxford et ancien professeur de sciences politiques à la prestigieuse université Waseda à Tokyo travaille depuis quatre ans à faire entrer la montagne symbole du Japon au patrimoine mondial de l'Unesco.
Après celle de l'Etna vendredi au patrimoine naturel, l'inscription comme bien culturel du Fuji a été officialisée samedi lors d'une réunion au Cambodge de l'Organisation des Nations unies pour l'Education les Sciences et la Culture. Le 1er mai, le Conseil international pour les sites et monuments (Icomos) avait finalement rendu un avis positif pour classer ce symbole par excellence du Japon.
Mais pour en arriver là, il aura fallu des années et le chemin a été aussi raide que les pentes de ce volcan de 3.776 mètres que l'on peut parfois admirer depuis Tokyo, bien qu'à une centaine de kilomètres. "C'est l'une des plus belles choses créées sur terre", dit à l'AFP le gouverneur Kawakatsu, presque extatique. Sur sa carte de visite plastifiée apparaissent tour à tour, selon l'inclinaison, deux des 36 vues du Fuji par le peintre Hokusai.
Une poubelle par endroits
Ces célébrissimes 36 vues, notamment "Sous la vague, au large de Kanagawa", ont inspiré nombre d'artistes européens, comme Claude Debussy qui choisit cette "Vague" pour orner la partition originale de "La mer". Van Gogh, Degas, Manet, Monet, mais également Gauguin et Seurat, tous ont été à un moment influencés par l'"ukiyo-e", l'art de l'estampe gravée sur bois, dont Hokusai fut avec Hiroshige un des maîtres au 19è siècle. "Le Fuji est un chef d'oeuvre de la nature, et pourtant il a été inscrit au patrimoine culturel!", s'enthousiasme le gouverneur.
Mais alors pourquoi le Fuji-san, comme l'appellent les Japonais, n'avait-il pas encore les honneurs de l'Unesco, comme la Grande Muraille de Chine ou les pyramides, voire la Statue de la Liberté, autant de symboles immédiatement identifiables de leurs pays? L'avis de l'Icomos explique en partie cette bizarrerie : source de tant d'inspiration, de mysticisme religieux, la montagne sacrée était devenue sale au fil des années, et même carrément une poubelle en certains endroits. En 1998, des citoyens en colère avaient créé le "Fuji-san club" pour sensibiliser l'opinion avec notamment des photos d'encombrants, jusqu'à des carcasses de voitures ou de vieux frigos.
Pression des visiteurs aussi: entre 250.000 et 300.000 personnes gravissent le Mt Fuji pendant les deux mois d'été autorisés, mais pendant longtemps rien n'était prévu pour jeter leurs ordures, rien non plus pour faire leurs besoins. Il faut ajouter la pression immobilière et industrielle alentour: hangars disgracieux, immeubles, etc... L'Icomos a d'ailleurs assorti son feu vert d'un cahier des charges extrêmement exigeant pour préserver ce site d'environ 70.000 hectares.
Une randonnée payante
Pour préserver la beauté et l'essence du lieu, les inspecteurs de l'Unesco ont été jusqu'à regretter le trop grand nombre de jet-skis et hors-bords sur un lac englobé dans le site. Depuis janvier, les autorités locales réfléchissent à l'idée de faire payer les randonneurs qui partent à l'assaut du volcan. "Essayons, on verra", dit le gouverneur. Le prix du billet n'a pas encore été fixé, et une limitation du nombre de visiteurs est aussi à l'étude.
Il a donc fallu de nombreuses années de travail et de combat pour faire entrer le Fuji dans la liste de l'Unesco, mais déjà certains se demandent si ces efforts ne risquent pas un jour d'être ruinés en rappelant que le Mont Fuji est un volcan... endormi. "Le Fuji est beau mais dangereux. Nous devons toujours être préparés, non à contrôler un désastre mais à le réduire", dit Heita Kawakatsu.
En septembre 2012, des scientifiques japonais ont relevé une pression dans la chambre magmatique nettement plus élevée que lors de la dernière éruption en 1707: 16 fois plus que celui au-delà duquel une éruption est possible. Suite au séisme de mars 2011, d'autres chercheurs ont découvert une faille sous le "vénérable endormi" qui pourrait bien le faire s'effondrer. Mais pour le moment, le Fuji dort toujours et rejoint ses "frères" de l'Etna et du Kamtchaka, en attendant peut-être les volcans d'Auvergne, en France, dont la candidature a été acceptée début 2013 et sera passée au crible par l'Unesco pour une décision en 2014.
Le gouverneur lui, jubile: "Je pense que le Mont Fuji est très content de moi".


自民党の公約―有権者を甘くみるな

 自民党が発表した参院選の公約の冒頭に、安倍首相はこうつづっている。

 日本を覆っていた暗く重い空気は一変しました――。

 本当にそうだろうか。

 出足こそ好調だったアベノミクスだが、このところの市場乱調で先行きには不安が漂う。首相の認識は楽観的すぎる。

 個別の政策目標でも、政府の成長戦略そのままの威勢のいい数字が並ぶ。

 ▽今後3年間で設備投資を年間70兆円に回復

 ▽17年度末までに約40万人の保育の受け皿を新たに確保

 ▽20年に農林水産物・食品の輸出額を1兆円に

 しかし、これまでにも指摘してきたようにいずれもハードルは高く、実現の道筋は描けていない。

 一方で、来年4月の消費税率引き上げに一切触れていないのはどうしたことか。社会保障改革も「国民会議の結果を踏まえて必要な見直しをする」とするにとどめた。

 ともに国民に負担を強いるテーマだ。選挙に不利になるから盛り込まなかったとすれば、これほど有権者をばかにした話はない。

 09年の総選挙で、民主党は実現不能なバラ色のマニフェストを掲げ、破綻(はたん)につながった。野党としてそれを批判してきた自民党が、いままた同じ轍(てつ)を踏もうというのか。

 看過できないのが、原発をめぐる政策転換だ。

 先の総選挙で自民党は「原子力に依存しなくてもよい経済・社会構造の確立をめざす」と公約していた。たった半年前のことである。

 それが今回は「地元自治体の理解が得られるよう最大限の努力をする」と、休止中の原発の再稼働推進に踏み込んだ。

 3・11から2年が過ぎ、安全より経済優先で理解が得られると思っているのか。首相は衆院選公約との整合性をきちんと説明する責任がある。

 この参院選を機に、与党は衆参両院で過半数を得て「政治の安定」を実現しようとしている。そうなれば、今後の政策を進めるうえで与党の力は格段に強まる。

 私たちが、自民党の公約に注目するのはそのためだ。

 公約では、憲法改正や集団的自衛権行使など、いわゆる「安倍カラー」を強く打ち出してはいない。だが、参院選が終わったら「白紙委任」を得たとばかり走り出すようでは困る。

 この公約には、そんな危うさがつきまとう。

大飯原発―関電は規制委に従え

 国内でいま運転している原発は、関西電力の大飯原発3、4号機だけである。その暫定的な稼働について、原子力規制委員会は、9月の定期検査まで続行を認める方向を固めた。

 原発の新規制基準が7月8日に施行されると決まったばかりだ。本来はその前に止めるのが筋ともいえるが、規制委は「新基準におおむね適合している」との評価を下す見通しだ。

 夏の電力ピークを前に、「あえて止めるほどの問題があるかどうか」を吟味した現実的な対応であろうし、新基準との整合性をチェックした努力のあとも認められる。

 それでも、「重要施設の真下に活断層があるのではないか」という専門家からの指摘について、結論を先送りしたままの継続容認は納得できない。

 もし活断層であるとの結論になるなど重大な問題が出れば、たとえ定検直前であっても直ちに運転を止めねばならない。

 それは規制委の田中俊一委員長自身がかねて明言してきたことでもある。もちろん、大飯だけでなく、どの原発でも、新基準による正式審査ではこうした先送りは許されない。

 規制委以上に問題なのは、関電の不誠実な対応だ。

 規制委の評価書案では「対策を小出しに提案して新基準を満たす最低線を探ろうとするかのような姿勢」と批判された。

 活断層かどうかを判断しようにも、関電による地質調査が遅々として進まず、データが出てこなかった。

 耐震性を評価する上で周辺の三つの活断層が一緒に動く場合を考えるようにと規制委が求めても、関電は強く難色を示し、1カ月以上応じなかった。

 「しょせん規制委に大飯を止めることはできないだろう」とたかをくくっているようにも見えた。安全を最優先に考えている企業とは思えない。こんな対応しかできないのならば、関電に原発を動かす資格はない。

 これまで原子力の安全については、技術面で詳しい電力会社が規制当局を都合よく操った面があった。福島原発に関する国会事故調査委の黒川清委員長が「規制のとりこ」と呼んだ現象で、日本では原発の監督機能が崩壊していたと指摘した。

 規制委は曲がりなりにも、そうした反省を生かそうとしている。電力会社は古い考えを捨てて、規制委に完全協力し、できる限り高度な安全を確保する姿勢に転じねばならない。

 国民が電力会社を見る目は今も厳しい。その現実をよく考え、猛省すべきだ。

フランス語
フランス語の勉強?

BACで不正/ホテル予約キャンセル/フランス映画祭が始まります

ブログネタ
フランス語 に参加中!
MC0502Bac 2013 : le plan raté d’une mère de 52 ans

La supercherie avait peu de chance de passer inaperçue. Mercredi, une mère de 52 ans a tenté de passer l’épreuve écrite d’anglais à la place de sa fille de 19 ans. Vêtue d’un jean et de Converse, elle est entrée sereinement dans le lycée privé Bossuet-Notre-Dame et a pris place dans la salle d’examen. Si elle a pu commencer l’épreuve comme les autres candidats, la surveillante, qui avait vu sa fille lors de l’épreuve de philosophie deux jours avant, l’a rapidement démasquée. ≪ Elle s'est vite rendu compte que ce n'était pas la même ≫, a expliqué une source policière à l’AFP. Vers 15h30, soit une heure et demi après le début de l’examen, le proviseur a prévenu les policiers ≪ d'une tricherie en cours ≫. La surveillante a invité la femme de 52 ans à sortir de la salle, ce qu’elle a fait sans difficulté. Dehors, quatre policiers en civil l’attendaient pour la conduire au commissariat, rapporte ≪ Le Parisien ≫. Interrogée par les enquêteurs, elle a avoué avoir tenté d’usurper l’identité de sa fille pour améliorer ses résultats au bac.
≪ C’est vrai qu’elles se ressemblent quand même beaucoup ≫
Alors que cette année les mesures pour lutter contre les fraudes ont été renforcées, au lycée Bossuet-Notre-Dame, on avoue qu’il s’en est fallu de peu. ≪ Elle a présenté la carte d’identité de sa fille et c’est vrai qu’elles se ressemblent quand même beaucoup. Moi-même lorsque je suis rentré dans la salle, ça ne m’a pas du tout choqué. Si je n’avais pas vu comme la surveillante la vraie candidate la veille ou l’avant-veille, je n’aurais pas pu voir la différence ≫, a confié une source proche de l’affaire à France Info.
La quinquagénaire a pu quitter librement le commissariat après avoir été entendue, mais sa fille devrait subir les conséquences de cette tentative de tricherie. Elle risque d’être interdite d’examen pendant cinq ans.
バカロレアのニュース.52歳のお母さんは19歳の娘のためと思っていたのかもしれませんが,身代わりはダメですね.お母さんは英語が得意だったのかもしれませんが,ダメなものはダメ.
ジツジツのときに小柄なUeさんがスマホで絵を描いている,って教えてくれました.絵が描けるなんてびっくり.
Booking.comのホテルの予約をキャンセルしました.emailでフランス語どう書くかわからなかったので適当に書いたらあっという間に返事がきました.
1通目のメールでは
Nous vous informons que votre réservation a été annulée
2通目では
Chère Madame K, ou Cher Monsieur K,
Merci d'avoir choisi Booking.com. Votre reservation pour Gîte le 812 est annulé.
N'hésitez pas à nous contacter pour toute autre question, de nouveau nous vous remercions d’avoir choisi Booking.com
Cordialement,

なるほど・・・ こういう風に書けばいいんですね.参考になりました.

今日からフランス映画祭 2013が東京で開催されます.東京なので関係ない・・・と思いきや関西でも映画上映があるようです.
フランス映画祭2013in関西/梅田ガーデンシネマ
6月22日(土) バルニーのちょっとした心配事 Barnie et ses petites contrariétés
6月23日(日) 勝手に逃げろ/人生 Sauve qui peut (la vie) 
6月24日(月) 森に生きる少年〜カラスの日〜 Le Jour des Corneilles 
6月25日(火) 短編作品集 Séance de courts-métrages
全てを失う前に Avant que de tout perdre
妻の手紙 Lettres de femmes
からっぽの家 La Maison vide
日本への旅:捕縄術  Portraits de voyages Japon : Hôjô Jutsu
オマール海老の叫び Le Cri du homard
移民収容 Rétention
次で最後(63年秋) Next to last (Automne 63)
春  Le Printemps
6月26日(水) 悪の華 La Fleur du mal
6月27日(木) 遭難者(仮)Le Naufragé / 女っ気なし(仮)
6月28日(金) 恋のときめき乱気流 Amour & turbulences
見に行ってみようかな,という気持ちになっていますが平日はどうかな???というところです.

関西フィルハーモニー管弦楽団 「第九」特別演奏会 2013/ 12/14(土) ザ・シンフォニーホール のチケット買おうかな?と思っています.ネットを見たら2013/8/14(水) 10:00より発売なのでまだしばらくは何もできません.

震災がれき 3分の2処理完了

東日本大震災で岩手、宮城、福島の3つの県で大量に発生したがれきのうち、これまでに全体のおよそ3分の2の処理が済んだことが環境省のまとめで分かりました。

震災で発生したがれきは、津波の堆積物を除くと、推計で、▽岩手で380万トン、▽宮城で1046万トン、▽福島で173万トンと、合わせておよそ1600万トンに上り、環境省は来年3月までにすべての処理を終えるという目標を定めています。
このうち、処理が済んだのは、先月末の時点で3県合わせて1089万トン、率にして68%と、全体のおよそ3分の2に上ったことが環境省のまとめで分かりました。
県別にみますと、宮城が76%、岩手が57%で、いずれも目標の時期までに処理が終わる見通しだということです。
これについて、21日、石原環境大臣は閣議のあとの会見で、「仮置き場の数も半分以下にまで解消し、被災地における生活環境が改善していると考えている。できるだけ早く、処理が完了できるよう着実に進めていきたい」と述べました。
一方、福島は47%と半分以下にとどまり、目標の時期までに処理が終わる見通しがたっていないうえ、原発周辺の一部の地域では、放射性物質の影響でほとんど処理が進んでいないことから、環境省はこの夏をめどに新たな計画を策定することにしています。

自民の原発公約 「変節」は見過ごせない

 自民党の参院選公約は、原発再稼働に大きく踏み出した。昨年の衆院選で公約した、原子力に依存しない経済・社会の確立も、すっぽり抜け落ち、ほごにされた。変節を見過ごすわけにはいかない。

 参院選は七月四日公示、二十一日投票の予定だ。補欠選挙を除くと、昨年十二月の第二次安倍内閣発足後初の国政選挙。約半年間の安倍政権の中間評価が問われる。

 有権者は昨年の衆院選で、公約を基に自民党に再び政権を委ねた。この公約は議員任期の四年間有効な有権者と自民党との契約だ。よほどの状況変化が生じたならまだしも、一方的に変えることは許されない。

 自民党がきのう発表した参院選公約はどうか。見過ごせない点がいくつかある。まずは原発だ。

 公約は再稼働を前提に「地元自治体の理解が得られるよう最大限努力する」と踏み込んだ。安倍内閣の成長戦略「日本再興戦略」に原発再稼働が盛り込まれたため、それに合わせたのだろう。

 しかも、衆院選で公約した「原子力に依存しなくてもよい経済・社会構造の確立を目指す」との文言は全く抜け落ちている。

 再生可能エネルギー導入に死力を尽くした上での方針転換ならまだしも、舌の根も乾かぬうちに原発依存に転換するのは有権者を裏切る行為だ。二〇〇九年衆院選マニフェスト違反の消費税増税を強行した民主党とどこが違うのか。

 「原発事故で死者が出ている状況ではない」として原発再稼働に踏み込んだ高市早苗政調会長に、脱原発を掲げる自民党福島県連が抗議するのも当然である。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の返還問題も同じ構図だ。

 党本部は公約に名護市辺野古への「県内」移設推進を明記したが、基地負担の抜本的軽減を求める地元沖縄県連は「県外」移設を地域公約に盛り込む方針だという。

 党本部はなぜ地域の事情や思いを十分くんで公約に反映しようとしないのか。それとも「二枚舌」で構わないと考えているのか。

 今年に入り静岡県や名古屋、さいたま両市など主要首長選で自民党推薦候補が相次いで敗れた。安倍内閣の支持率は依然高いが、地域と向き合わない姿勢が、これまで自民党の強みとされていた地方での支持離れにつながっているのではないか。

 選挙のときには甘言を弄(ろう)し、政権に就いてしまえば、あとはやりたい放題が続くのなら、有権者の政治不信は高まるばかりである。

フランス語
フランス語の勉強?

2回目のコー/疲れがたまっています

ブログネタ
フランス語 に参加中!
kiwiPourquoi vouloir empêcher le cours naturel des chose ?
物事の自然な流れを邪魔してよいものかしら?
J'en marre de toi et des tes mensonges !
あなたとあなたの嘘にはもううんざり !
今日は2回目のコー.赤のチョーク craie rouge.
疲れがたまっている感じなので,早めに帰りました.

首相らの言葉 著しく思慮欠く罪深さ

 どうしてここまで思慮に欠ける言葉が政治家から飛び出すのだろう。最近、その傾向は一段と顕著になっていると思われる。

 まず指摘しなくてはならないのは安倍晋三首相がインターネットの「フェイスブック」で、2002年の小泉純一郎首相(当時)の訪朝にかかわった田中均元外務審議官を名指しで批判した一件である。

 きっかけは田中氏が毎日新聞のインタビューで「国際会議などで日本が極端な右傾化をしているという声が聞こえる」と懸念を示したことだ。これに対し、安倍首相は自らのフェイスブックで、なぜか右傾化問題には直接触れずに、官房副長官だった11年前、拉致被害者5人を北朝鮮側の要求に沿って北朝鮮に戻すべきだとする田中氏の主張を自らが覆したとの話を持ち出して、当時の田中氏の主張について「外交官として決定的な判断ミス」と批判した。

 当時、政権内で激しい対立があったのは事実だ。しかし、首相が「彼に外交を語る資格はない」と元官僚をばっさりと切り捨てるのは、やはり個人攻撃というべきで最高権力者の発言として自制心を欠いている。

 小泉訪朝後、田中氏は「売国奴」呼ばわりされ、自宅に爆発物が仕掛けられる事件も起きた。単純に敵と味方に色分けし、敵と見なせば激しくののしるような言葉がネット上ではますます横行している。今回の首相の発言がこうしたネットなどでの傾向をさらに助長しないか心配だ。

 自民党の若手、小泉進次郎氏が「首相は何をやっても批判はある。宿命と思いながら結果を出すことに専念した方がいい」と首相をいさめている。その通りだ。異論に対して即座にネットで一方的に攻撃されるのでは、今後、首相に誰も意見が言えなくなる。批判を受け止める度量を持つのが真に強い指導者のはずだ。

 19日になって謝罪したものの、高市早苗自民党政調会長が「福島第1原発で事故が起きたが、死亡者が出ている状況ではない。安全性を確保しながら(原発を)活用するしかない」と講演で語った発言も驚く。

 東日本大震災を契機に体調不良などで亡くなり、自治体が「震災関連死」と認定した人は福島県が圧倒的に多い。ふるさとを追われ、人生が大きく変わってしまった人たちは数知れない。そんな被災者たちがどんな思いで発言を受け止めるか。高市氏はまったく考えもせずに軽々しく口にしたとしか思えない。

 攻撃的な言葉を歓迎する風潮が今の社会にある。本音をあけすけに語るのが大事だという人も多い。だが人には、とりわけ政治家には越えてはいけない一線がある。中でも他者を思いやるのは最低限のルールだ。

フランス語
フランス語の勉強?

S8申請〆切です/キソキソが難しい

ブログネタ
フランス語 に参加中!
Ikuta昨日からの疲れがとれません.そのせいかどうかわかりませんが,お昼に眠くなってしまいました.夕方のキソキソは難しかったです.再来週頑張ることにしました.S8の〆切ですが,半ばやけくそになってしまいました.
テレビでフランス語を見ました.大統領ケーキ食べてみたいです.


保守主義と歴史認識:/4 否定できぬ慰安婦強制 石原信雄氏に聞く

−−日本維新の会の橋下徹共同代表の従軍慰安婦をめぐる発言が物議を醸しました。

 ◆慰安婦を募集した際の強制性について政府はあいまいだと橋下氏は批判しているが、河野談話の取りまとめに関わった人間からすると強制性は認めている。調査員を派遣して、慰安婦とされた人たちで政治活動をしていない人を選び、中立的な雰囲気の下で話を聞いた結果、明らかに本人の意思に反するものがあったことは否定できないという心証を我々は得た。

 −−通達などの物証は出ませんでした。

 ◆文献その他からは、日本政府なり軍部が強制的に慰安婦を募集せよといったものはない。焼いてしまったという人がいるが、そうじゃないと思う。当時の軍だって、本人の意に反してでも集めろなんて文書を出すはずがない。慰安婦の募集は軍部が直接やったわけではない。業者に委託し委託料を払った。業者がノルマを達成するために、朝鮮総督府の巡査などが業者の依頼を受けて強引に応募させた。工場の挺身(ていしん)隊に行くと言われて行ったら、慰安所で帰してもらえず、だまされたという人もいた。

 −−物証がないのに強制性を認定したことに批判もあります。

 ◆当事者のヒアリングで認定したことには、当時から間違いだという批判はあった。今でもある。しかし、宮沢内閣としては、戦時中の不幸な出来事、そうした負の遺産は決着をつけて、日韓の未来志向の関係にもっていきたいと考えた。

 −−慰安婦問題や太平洋戦争を正当化しようとの動きはどう見ていますか。

 ◆戦後、日本は西欧型民主主義を受け入れた。自由社会のパートナーとしてアメリカとの関係を良好にしていこうというのが代々の政権のスタンスだ。これに対して、石原慎太郎(日本維新の会共同代表)さんたちは、アメリカは日本を占領政策の延長線で考えているととらえ、日本民族の主体性、独自性をもっと強調しろというようなことを言うもんだから、アメリカからすれば日米の協力体制を見直すという動きに取れるのだろう。


天声人語

 野菜の有機栽培に力を入れていた福島県須賀川市の農家の男性が、東日本大震災の13日後に首をつって自殺した。畑では丹精込めたキャベツ7500株が収穫を待つばかりだった。そこへ原発の事故が起きた▼遺族は原子力損害賠償紛争解決センターに仲介を申し立て、先日、和解の運びとなった。次男の樽川和也さん(37)の語った言葉が印象深い。「お金がほしくてではない。原発事故による死者はいないと言わせないために申し立てました」。偽らざる気持ちだと思う▼それを知ってか知らずか、自民党の高市政調会長が一昨日、「事故によって死亡者が出ている状況ではない」と発言した。原発の再稼働をめぐる文脈でのことだ。さて、どちらの言葉に、人はうなずくだろう▼高市さんだけの問題ではない。安倍政権の原発回帰は「どさくさ」「うやむや」「なし崩し」が3本の矢だ。財界をチアリーダーに、本音を出したり引っ込めたりしながら、既成事実を積み上げていく。首相は原発のセールスマンよろしく海外を飛び歩く▼新しいエネルギー白書からは、民主党政権が昨年「原発ゼロ」を打ち出した事実が省かれていて、「世変わり」の色が濃い。これで「脱原発依存」の旗は下ろしていないと聞けば、意外に思う人が多いのではないか▼いつしか関心は経済に移り、原発問題の影はどうも薄い。福島の苦難は続いている。なのに政治家は、3・11を過去形で語り始めてはいないか。参院選が近い。しっかりと吟味したい。

フランス語
フランス語の勉強?

Bac 2013: les corriges des epreuves de philo

ブログネタ
フランス語 に参加中!
ryba3NHK衛星放送でもバカロレアの哲学について放送されていました.
Bac 2013: les corrigés des épreuves de philo


L'EPREUVE DE PHILO DES SERIES S
Peut-on agir moralement sans s'intéresser à la politique?
Le travail permet-il de prendre conscience de soi?

L'EPREUVE DE PHILO DES SERIES ES
Que devons-nous à l'État?
Interprète-t-on à défaut de connaître?


L'EPREUVE DE PHILO DES SERIES L
Le langage n'est-il qu'un outil?
La science se limite-t-elle à constater les faits?


朝病院に行って,午前中の会議に参加できない予定でしたが,病院が早く終わって会議に参加できることになってしまいました.会議はHiさんの報告がわけわかりませんでした.Yaさんが少しキレかけていました.
ランチは新規開拓を試みましたが,満員で次回です.
夕方HIで支払いを済ませた後,妙で浪花屋菓子舗の思い出もなかをいただきました.
久しぶりに府立図書館に行って本を借りました.


昨日6月18日がある記念日だと書きましたが,今日になって思い出しました.3月11日の東日本大震災から100日目です.100日法要の日だということを今日になって思い出しました.あの時に比べるとだいぶ立ち直ってきていると思います.振り返ってみたいと思います.


涙拭い、再建誓う 震災100日、大槌・陸前高田で追悼 2000人が黙祷 /岩手県


 大槌町で18日、東日本大震災犠牲者合同慰霊祭があった。死亡した町民の遺族と、行方不明者の家族、計約2千人が参列し、地震発生の午後2時46分に黙祷(もくとう)をした。
 犠牲になった加藤宏暉町長ら17日までに死亡届が出された567人の名前と年齢が読み上げられた。小学生代表として追悼の言葉を述べた安渡小6年の佐々木晴也(はるや)君と吉里吉里小6年の倉本万愛(まあや)さんは「大好きな大槌町は変わりは果ててしまいました。助け合いながら美しい大槌を復活させていきたいです」。参列者は献花して手を合わせた。
 大槌町では、17日までに779人の死亡が確認され、行方不明者は827人(5月31日現在)。19日は遺族や家族以外が参列できるお別れ会が開かれる。(斉藤寛子)

 ◆気持ち切り替える・妻いない現実は地獄 参列の町民ら
 津波で父(78)と弟(44)を亡くし、母(72)が行方不明の建設業岩間公人さん(47)は「葬式もせず働いてきた。慰霊祭が一つの区切りになるかもしれない」と語った。
 4月下旬に見つかった父は首から小型無線機をさげていた。「無線を積んだ車で出た私を心配したのでは。男同士、張り合ってばかりだったのに」
 やりきれない思いを埋めるため、不明者の捜索や復旧作業に脇目もふらず取り組んできた。「今無理をしなくていつするのかという気持ちだ。いつまで被災者でいるかは自分次第。気持ちを切り替え、前に進む」
 「妻がいない現実。毎日変わらず悲しい。会いたい」。義父(70)が亡くなり、妻千果さん(41)が行方不明となっている八幡光徳さん(42)の気持ちは区切りとはほど遠い。
 明るく気丈にふるまう娘千代さん(11)と暮らす。慰霊祭には義父のために参列した。高校時代から交際し25年近くを過ごした千果さんがいないという喪失感には終わりがない。「今まで4カ月と離れたことがなかった。会えない日々が続くのか。日々、地獄なんです」
 「あきらめようという人もいるし、あきらめ切れない人もいる。どういう言葉にすればいいのか」。地元選出の県議岩崎友一さん(32)は追悼の辞を考えながら悩んだ。町職員らからは、慰霊祭を区切りにしようという気持ちを感じるという。母きち子さん(60)は行方不明で死亡は確認されていないのに、職員から「遺族代表として悼辞をお願いします」と言われて驚いた。
 結局、追悼の辞でこう話した。「今すぐ気持ちを切り替えるというのは非常に難しいことかもしれません。それでも我々は一歩一歩着実に前に進んでいかねばなりません」(東野真和、笹円香)

 ●九州の僧侶読経
 被災者やボランティアが集まる大槌町小鎚のまごころ広場では、北九州市から訪れていた僧侶が読経した。数少ない線香を折って分け合い、それぞれ焼香し、慰霊と行方不明者の早期発見を祈った。(木瀬公二)

 ○妻失った市長参列
 陸前高田市米崎町の普門寺では犠牲者を悼む法要が営まれた。遺族ら約200人とともに妻・久美さんを亡くした戸羽太市長が参列し、手を合わせた。
 戸羽市長は朝、久美さんの墓前で手を合わせた。内閣府との意見交換会後、法要に駆けつけ「犠牲者のためにも、被災前より安全ですばらしい町に復興させたい」とあいさつした。熊谷光洋住職(59)は「百カ日は一つの区切り。二度と津波で死者を出さないと決意する日にしたい」と話した。(山西厚)


東日本大震災:発生100日目 被災地各地で慰霊祭 「心に穴が開いたまま」


■宮城
 ◇「前を向き…」復興へ誓いも
 東日本大震災から100日目を迎えた18日、被災地では慰霊祭が営まれた。被災者らは犠牲になった家族らを追悼し悲しみを新たにする一方、復興に向け「前を向いて歩く」と誓った。【松本晃、石川忠雄、石川貴教】

 ■東松島市

 1038人が死亡し、137人が行方不明(18日現在)になっている東松島市では、市主催の合同慰霊祭が同市の航空自衛隊松島基地で開かれ、参列した市民約3000人が黙とうした。

 妻と母親を亡くした和泉勝夫さん(66)が遺族を代表し「体の傷は癒えても心には大きな穴が開いたままです。しかし、残された者の使命として亡くなった人の分まで精いっぱい生きていかなければと思います」と語った。

 津波で基礎を残して寺の本堂すべてを流された同市野蒜(のびる)の長音寺でも合同百カ日法要が営まれ、檀家(だんか)ら約400人が参列した。住職の秋山清道(せいどう)さん(50)は亡くなったが、弟の公純(こうじゅん)さん(44)らが大切な家族を亡くした遺族のために仮設のテントで読経し、犠牲者を供養した。

 公純さんは「奇跡的にご本尊は流された本堂の下から見つかったので、皆で力を合わせてできるだけ早く復興したい」と力を込めた。

 ■石巻市

 5800人以上が死亡、行方不明になった石巻市では、市総合運動公園内の特設テントで慰霊祭があり、遺族や関係者ら約2500人が参列した。

 遺族代表で、父茂男さん(74)、母みつさん(71)、長男拓弥君(12)を亡くした石川佳洋(よしひろ)さん(41)は「あの悪夢のような津波で両親と息子を失った。3カ月が経過したが心にできた傷は生涯、癒やされることはない」と語った。

 同市は各地区の6総合支所でも献花を受け付け、白いカーネーションを手向ける市民の列が終日続いた。

 女川町内の会社で妻(31)が津波にのまれ犠牲になった同市稲井の男性(33)は残された幼子2人と参列。「妻はまだ行方不明のまま。早く見つかることを願っている」と3人で手を合わせた。

 ■名取市

 名取市では市文化会館で合同慰霊祭が開かれ、遺族ら約2500人があの日に思いを寄せた。

 17日現在、死亡が確認されたのは910人で、109人が今も行方不明。佐々木一十郎(いそお)市長は「市民がともに手をつなぎ、失われた私たちの故郷をしっかりと復興させることを誓う」と弔辞を述べた。

 遺族代表で別れの言葉を述べた平塚聖子さん(46)=仙台市太白区=は、仕事中の夫達也さん(51)と名取市閖上(ゆりあげ)地区に住んでいた父の安斎幸雄さん(77)を亡くした。平塚さんは「あの時から時計の針が止まっています。お父さん、毎日何をしていますか」と呼び掛け、遺影や位牌(いはい)を胸に参列した遺族はハンカチで何度も目頭を押さえていた。

フランス語
フランス語の勉強?

かぼちゃのいとこ煮/はんぺん/6月18日は何の記念日???

ブログネタ
フランス語 に参加中!
okutan_kushi月曜日でバランスランチです.はんぺんオムレツ,ひじきトマトサラダ、かぼちゃのいとこ煮,麦ご飯,具たくさん味噌汁でした.オムレツはおいしかったけれどはんぺんがちょっと.いとこ煮って面白いですね.小豆とかぼちゃがいとこだなんて・・・フランス語だとharicot rougeとcitrouille.煮るはcuireかな?はんぺんは??un gâteau de poisson de fond combiné avec l'amidon et cuits à la vapeurってとこかな?どうでしょう.
6月18日がなんかの記念日だろうけど,わからなくて少しイライラしていたのをふとしたきっかけで思い出して安心.
Turquie : 600 manifestants arrêtés

La police turque a arrêté près de 600 personnes dimanche à Istanbul et Ankara dans les manifestations antigouvernementales qui secouent la Turquie depuis plus de deux semaines, on déclaré lundi des barreaux de ces deux villes.
≪Environ 460 manifestants ont été interpellés par la police à Istanbul hier (dimanche)≫ , a souligné un responsable du barreau d’Istanbul sous couvert d’anonymat. Après leur interrogatoire, ces personnes seront remises en liberté ou déférées devant un procureur, a-t-il souligné.
A Ankara, autre théâtre d’affrontements, ≪entre 100 et 130 personnes ont été interpellées≫ dimanche, a précisé une responsable du barreau de la capitale.
La police peut procéder à quatre jours de garde à vue, selon la loi turque.Toute la journée de dimanche a été émaillée d’accrochages entre la police et des milliers de manifestants dans ces deux métropoles turques, après l’évacuation par la force samedi soir du parc Gezi, le bastion des protestataires.


静岡知事再選 原発・津波重い責任

 原発や津波の不安から逃れたい−。静岡県民そして国民共通の願いに違いない。この人なら実行してくれると、川勝平太知事は党派を超えて支持された。その重い責任をまずかみしめてもらいたい。

 二期目の川勝県政は、前例のない重責を担うことになるだろう。

 南海トラフの巨大地震は予知できない。防災、減災、事前の備えがますます重要視されている。

 地震、そして大津波への防災はどこまで強化できるのか。

 巨大地震への備えと原発の安全対策は不可分だ。

 東海地震の想定震源域にあり、政府の要請を受けて停止中の中部電力浜岡原発(御前崎市)をどうするか。三百七十万県民の生命と安全だけでなく、この国全体の方向にもかかわる重大な決断を迫られることになる。

 選挙中の本紙の世論調査では、「景気・雇用」を重視すると答えた有権者が最も多く、二番目に「医療・福祉」で「防災」「原発・エネルギー」を大きく上回った。

 だが生命、安全はすべての基盤であり、地震・津波と原発の複合災害は、雇用も福祉も根こそぎ奪い去る。3・11を目の当たりにした誰もが、それを忘れたはずもない。

 津波対策工事の終了が、二〇一三年末から一五年三月に延び、浜岡再稼働は物理的に遠のいた。選挙戦でも再稼働に関する議論は低調だった。

 しかし、安倍政権による追い風の中で、中電側は再稼働申請の意欲を強めている。川勝氏が決断を迫られる日は遠くない。

 県や地元御前崎市が、中電と結ぶ安全協定にも、原子炉規制法にも、再稼働に知事の同意が必要との規定はない。だが、最後の判断は知事に委ねられるだろう。

 川勝知事は、県民投票で意見を聞くという。そうなれば結局は、再稼働の可否を県民自身で決めることになる。他地域への影響もあることだ。県民自らが負う責任も軽くはない。

 霞が関には、地方を守り抜く力がない。これも3・11が残した貴重な教訓だ。津波の受け止め方にせよ、避難誘導のあり方にせよ、政府のメニューに頼るだけでは郷土を守れない。地域の実情に即したきめ細かい対策が欠かせない。

 知事はよく県民の声を聞き、県民はよく声を上げ、お互いの理解と協力の中から安全安心の地域を築く。自治の絆を強く結び直すべき時である。

関西電力:空室維持費転嫁 コスト意識欠如、総括原価方式に甘え

 関西電力(大阪市)が社宅・寮の空き室の維持コストを電気料金に長年にわたって上乗せし、今回の値上げ申請でも消費者転嫁を続けようとしていたことが明らかになった。こうした無駄な経費は、33年ぶりとなる料金値上げの査定で初めて問題視された。長年見過ごされてきた背景として、必要経費を電気料金ですべて回収する「総括原価方式」に依存する電力会社の甘さや監督官庁の監査の形骸化が指摘される。専門家は独立した調査機関の設置を訴えている。【田中謙吉、向畑泰司】

 総括原価方式は、電力会社が電力供給に必要と見積もった年間費用をすべて回収できるように電気料金を設定するシステムで、電気事業法で規定されている。費用には、石油・天然ガスなどの燃料費に加え、従業員の給与や福利厚生費、発電施設の維持・改修費、減価償却費などがある。こうした費用に一定の利益(現在2・9%)を上乗せして電気料金を決めるため、電力会社が赤字になることは絶対にない仕組みだ。安定経営と膨大な設備投資を両立させ、電力の安定供給を容易にするメリットがあるが、コスト削減を促しにくい問題がある。

 「関電経営陣は総括原価方式というシステムにあぐらをかいてきたのではないか」。関電の電気料金値上げ申請を受けて今年1月末、大阪市内で開かれた公聴会で元関電社員の男性が意見陳述した。公聴会では、役員1人当たり年平均4100万円に及ぶ高額報酬などに批判が集まった。

 値上げ申請を審査した経済産業省の有識者会議も今年3月、人件費圧縮を求めたほか、燃料費の見積額が高過ぎると判断し、米国の安価なシェールガスの輸入を前提に費用削減を要求した。こうして計約470億円を減額させ、電気料金の値上げ幅が圧縮された。東京電力や九州電力の値上げ申請に対する審査でも、人件費などが大きく削られており、コスト意識の欠如は電力各社に共通する問題であることが明らかになった。

 大阪府市エネルギー戦略会議会長の植田和弘・京都大大学院教授(環境経済学)は「電気を使わないと生きていけず、電気代は税金のようなもの。しかし、税金は使途をはっきりさせる必要があるのに対し、電気代はそうなっておらず、コスト意識が働かないシステムになっている」と指摘する。

 人件費に比べると額は小さいが、社宅や寮のコストも電力会社の体質を象徴的に示す取り扱いになっている。関電の場合、社宅と寮は計約7300室あり、社員約2万2000人の3人に1人分の住宅が用意されている。団塊世代の社員の大量退職もあり、空き室が増えるのは避けられない。経産省関係者によると、入居率1〜2割程度の物件も少なくない。全体の入居率も約6割にとどまるが、社宅や寮の整理・統合はあまり進まない。関電関係者は「空き室が増えても維持コストを電気料金で回収できるので、賃借を打ち切るなどせず漫然と放置しているのだろう。コスト節減を考えておらず、一般企業ではあり得ない」と指摘する。

フランス語
フランス語の勉強?

父の日に黄色いバラ/西区で講演会

ブログネタ
フランス語 に参加中!
ParisMode4父の日です.優しかった父のために昨日黄色いバラを買ってきました.
帰省のたびにおいしい刺身を準備してくれたり,冬は暖房を早めに入れてくれたりと本当に優しい父でした.父の優しさに応えられなかったわが身が残念です.
今日は東京大学名誉教授板垣雄三講演会に行きました.西区の大阪市立こども文化センターです.鰹座橋の近くです.3・11後のグローバル戦争ビジネス――「悪の枢軸」としての日本・アメリカ・イスラエル,という題で正直お話は難しかったです.講演会が終わって部屋に帰ったのですが,疲れて眠かったです.
フランス語の勉強はパスです.

安倍政権の原発政策 逆戻りは許されない

 原発政策が、「3・11」前に逆戻りし始めたのではないか。安倍政権の姿勢に、そんな懸念を持たざるを得ない。

 経済政策「アベノミクス」の第三の矢として閣議決定した成長戦略に、原発再稼働への決意と原発輸出への強い意欲が盛り込まれた。それを先取りするように、安倍晋三首相は原発輸出の「トップセールス」にまい進している。

 東京電力福島第1原発の過酷事故を踏まえて自民党は、昨年末の総選挙で「原子力に依存しなくてもよい経済・社会構造の確立」を公約に掲げたはずだ。なし崩しの方向転換は、とうてい認められない。
 ◇首相主導の輸出を懸念

 成長戦略には、原子力規制委員会の規制基準で安全性が確認された原発の再稼働を進めると明記された。原発を含めたインフラの輸出については、2020年に今の3倍の約30兆円にするという目標を掲げた。そのために、首相・閣僚レベルが毎年10件以上をトップセールスし、官民一体で売り込んでいくという。

 安倍首相は4〜5月の外遊で、トルコやアラブ首長国連邦、サウジアラビアに原発や関連技術を売り込んだ。インドのシン首相とは、原発輸出の前提になる原子力協定の締結交渉を促進することで合意した。

 そして今度は、ポーランドを訪問してチェコ、スロバキア、ハンガリーを加えた東欧4カ国の首脳に日本からの原発輸出を働きかける。

 「アベノミクス」を看板にする首相にとって、成長戦略は政権浮揚のカギを握る大事な一手だ。ところが、盛り込まれた政策の多くは即効性に乏しく、市場の評価も厳しい。

 その中にあって、原発輸出は1基数千億円の巨大ビジネスだ。国内での原発の新増設は極めて難しいだけに、原発需要が高まっている新興国は、垂涎(すいぜん)の市場に映るのだろう。原発関連の技術を維持・承継するためにも輸出は必要という議論もある。

 しかし、そうした理由を重ねても、首相が先頭を切って輸出にまい進することは、正当化できない。

 安倍首相は「日本は世界一安全な原発の技術を提供できる」と言い切る。しかし、2年前の3月11日に起きた原発事故の原因究明は、終わっていない。「世界一安全」という根拠はどこにあるのか。

 事故の現場では、放射能の脅威にさらされながら、出口の見えない収束作業が続いている。毎日400トンずつ増える汚染水の処理もままならない。そして、今なお多くの被災者が故郷を離れた生活を余儀なくされている。原発事故がもたらす犠牲の大きさは、計り知れない。このままでは、ビジネス上の利益を優先させて過酷事故のリスクを輸出することになりかねない。

フランス語
フランス語の勉強?

スンドウフチゲ/雨でびしょびしょ/美容院で髪を短く

ブログネタ
フランス語 に参加中!
tochigiネットを見ていて,長谷川ういこさんのサイトにたどり着きました.緑の党です.頑張ってほしいです.図書館で香山リカの本を借りて,ランチはスンドウフチゲ.図書館に行く前はパラパラ程度でしたが,チゲを食べ終わったころには雨ざあざあ.結局びしょびしょになってしまいました.あ~あ.
さて食後は眠いけどスパスパを頑張りました.
夕方美容院に行って髪を短くしてもらいました.ロングヘアーではないけど,長くなってきたので暑くて鬱陶しくなってきたんです.さっぱりした感じでとりあえず満足です.
テレビをつけると,ペリーヌ物語総集編.ビルフランが息子のエドモンの死の連絡を受け悲しみに沈む場面でした.総集編なのでちょっとストーリー進行が早いのですが,オーレリーことペリーヌの悲しみを自分のもののように感じました.ペリーヌは中学生くらいなのに父も母も亡くしています.なのに明るく頑張っているわけで,私も頑張らねば・・・と思いました.
NHKまいにちフランス語をストリームで復習しました.

暴言ツイート/復興に関わる資格はない

 被災者のために本気で仕事をしようとしていたのか、甚だ疑わしくなる。復興庁で福島県を担当していた水野靖久参事官(45)が、市民団体などに対する暴言を短文投稿サイト「ツイッター」で発信していた。
 憂さ晴らしに他人をこき下ろしていたのだろうか。匿名なら何でも言えると思っているなら、いかにも幼稚な振る舞いだ。内容もいささか品がない。更迭や処分は当然のことだろう。
 福島第1原発事故で苦しんでいる被災者のためにも、復興のために真剣に仕事をしている多くの公務員のためにも、厳しく対処しなければならない。本気で復興に向き合っているのか、国も問われている。
 水野参事官はことし3月、被災者支援の市民団体が開いた集会に出席後、「左翼のクソども」と書き込んだ。卑劣な中傷以外の何物でもない。
 「相手の知性の欠除(欠如)に対する哀れみのみ」という書き込みもあった。気に入らない相手を見下し、自己満足に浸っているかのようだ。本当に知性があるなら、こんな言い方は決してしないだろう。
 ツイートの矛先は大臣や国会議員にも向けられ、言いたい放題の状況だった。
 問題が発覚して福島県支援担当から外された水野参事官はこれまで、原発事故の被災者を対象にした「子ども・被災者支援法」の基本方針策定に関わってきた。
 法律は昨年6月に成立し、対象地域の子どもや妊婦の医療費減免などが盛り込まれた。だが、どこが対象地域なのかを定める基本方針がいまだに策定されず、批判が強まっていた。
 避難住民らの健康や生活に関わる重要な法律であり、関心はすこぶる高い。
 それなのに基本方針が決まらなければ、法律そのものがたなざらし状態になるしかない。原発事故避難者らの意見を聞き、国が策定しなければならないのに、1年たっても実現していないのはまさに怠慢だ。
 支援法をめぐって、水野参事官と被災者側との接触はなかったのだろうか。ツイッターであれほどの暴言を吐いているのだから、会議の場でのやりとりがあったのなら、その内容も調べるべきだ。
 ただ、基本方針の策定が長引いているのは、決して官僚個人の問題ではないだろう。組織としての復興庁が責任を負わなければならない。
 トップの根本匠復興相は14日、同庁のホームページで今回の暴言についてわびながら、「真心を原点に被災地に寄り添いながら」と記した。
 根本復興相は福島2区選出の衆院議員であり、地元の苦境は十分に承知しているはずだ。被災地出身の大臣が復興行政を担いながら、支援法の枠組みすら決められないのでは、どこまで本気なのか分からなくなる。
 暴言問題をきちんと処理することと、基本方針を早く仕上げることが、被災地に寄り添う当面の政治になるはずだ。

フランス語
フランス語の勉強?

なみはやドームで運動会 7/25に確定

ブログネタ
フランス語 に参加中!
MC0501C'est bien gentil tout ça, mais ... それはいいんだけれど,でも・・・
Au boulot ! 仕事よ!
なみはやドームで運動会だそうです.
ジツジツの間,熱に関しての本を読みました.
SuさんとSaさんに7/25の予定を聞いてみました.と思っていたら,佐賀の人からメールがありました.7/25に確定です.
French in Action Leçon 26を見ました.

残念な話です.悲しくなってしまいました.
暴言ツイート 復興行政に広げた不信

 信頼を根底から揺るがしかねない。東日本大震災の復興行政を担う復興庁の幹部職員が個人のツイッターで中傷や懸案の先送りを歓迎するかのような内容など、不適切なツイートを匿名で繰り返していた。

 根本匠復興相は国会で陳謝、同庁は幹部を福島の被災者支援担当から外したが、広げた傷口は大きい。復興行政をめぐっては基金の流用も問題になっている。安倍内閣は襟をただして信頼回復を図るべきだ。

 ため息が出るほど情けない暴言の数々だ。発信元の水野靖久復興庁参事官(45)は総務省キャリア官僚で昨年8月、同庁に出向した。原発事故被害を受けた福島復興に向け「子ども・被災者生活支援法」に基づく基本方針策定問題などに携わった。

 ところが水野参事官は職務の一方で「国家公務員」を名のりツイートで暴言を繰り返していた。官僚のツイッター利用は否定しないが、当然ながら内容は責任を伴う。市民団体が開いた集会に出席し「左翼のクソどもから罵声を浴びせられる集会」と中傷したほか、課題の先送りを「懸案が一つ解決」などとツイートしていたというのだからあきれる。

 町議会を蔑視するような表現など一貫して感じられるのは他者を見下す感覚や、昨年6月に制定された生活支援法を具体化する責任感の欠如である。国家公務員法99条は「職員はその官職の信用を傷つけ、または官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない」と定める。同庁は今後正式な処分について検討するが、厳正に対処すべきだ。職務に支障を来していなかったかなど、組織運営の点検も求められよう。

 復興行政をめぐっては自治体などに基金として約1兆2000億円が配分され、その予算が被災地外でも使われていた。この問題への対応も政府は迫られている。

 復興予算流用が問題化し政府は使途を厳格化したが、基金への拠出は国の管理を離れていたため凍結されていなかった。民主党政権時代にできた仕組みだが、安倍内閣以降の監視も問われている。政府は残る基金予算の返上や執行凍結などの措置を早急に講じるべきだ。

 復興に携わる公務員のほとんどは真剣に課題解決に取り組んでいるはずだ。だが一幹部の行動や、税金の使途への感覚の鈍さが信用を一瞬にして損なってしまう。取り戻すには生活支援法の具体化はもちろん、復興行政に誠実に粘り強く取り組む姿を政府が示す以外にあるまい。

フランス語
フランス語の勉強?

早朝に瞬停/今日のバランスランチは幸せになれません

ブログネタ
フランス語 に参加中!
pasteque早朝に瞬停があったようです.昨日のテレビでフランス語は無事録画できたような感じです.仕事中にサボってみようとしましたが,忙しいのでダメです.
木曜日なのでいつものようにバランスランチです.Shさんからご飯の時に幸せを感じるそうですが,今日のバランスランチは幸せになれません.それなりにおいしかったのですが・・・
夕方Saさんからメールがありました.「その時期の予定が分からないので,こちらから,誰にとは指名できませんが,その時期にお手伝いに出かけられるかどうかを確かめてもらえませんか?」だって.

統一球と全柔連 まずは常識を取り戻せ

 プロ野球の統一球変更隠蔽(いんぺい)。全日本柔道連盟(全柔連)の会長居座り。スポーツ界の二つの問題には、内向きの論理しか頭にないという共通点がある。双方とも、そのゆがんだ姿勢を直視すべきだ。

 プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)が、今季から統一球を飛びやすく変えていた。もちろん、規定の反発係数に合わせるために修正を行うのには何の問題もない。とはいえ、それによって大きな影響が出るのは今季の結果が示す通りだ。なのに変更を公表しなかったのはどういうつもりか。それどころか「仕様は変更していない」とうそをついたうえ、メーカーに口止めもしていた。およそ責任ある組織とも思えない露骨な隠蔽には、選手もファンもあぜんとしたに違いない。

 「知らせて混乱を招いてはいけないと思った」というのが事務局の説明である。だが、規定に合っていないものを調整するとあらかじめ知らせるのが混乱につながるとは思えない。直接影響を受ける選手にも、毎日試合を見守るファンにも知らせず、うそをついてまで隠し通そうとしたのはあまりにも不可解だ。面倒を避けようとしたのか、批判をおそれたのか。いずれにしろ、NPB内部の勝手な都合や考えが、かえって大混乱を招いたということだろう。

 全柔連の上村春樹会長が続投を表明したのも不可解と言うほかない。世間があきれる不祥事が相次ぎ、組織としての破綻が明らかになっているのだ。いかに人材不足とはいえ、この状況でトップが居座り続けるのは常軌を逸している。「改革をするのが使命」とは言っても、ここまで信頼を失った体制では、根本的な改革を進めるのは難しかろう。

 双方の問題、双方の組織に共通しているのは、内向きの論理や都合ばかりを優先するあまり、世間一般の常識、見識からどんどんかけ離れていっているところだ。

 変更を隠せばどういう事態を招くか。たび重なる不祥事に対する責任もとらずに済むのかどうか。そんなことは誰にでもわかる。が、内向きの姿勢ではそれが見えなくなるというわけだ。閉鎖的な体質に陥りやすいスポーツの世界でしばしば見られる落とし穴である。

 内ばかり見ずに外へと目を向ける。客観的な視点を忘れず、世間の常識に合わせてものを考えていく。なんとも当たり前のことながら、NPBも全柔連もまずはそこから始めるしかあるまい。

フランス語
フランス語の勉強?

産業医の先生/7・25佐賀?/キソキソはフクシュウ

ブログネタ
フランス語 に参加中!
osakayaUne terrine de gibier faite maison. 手作りのジビエのテリーヌよ.
On a le parfum de tout ce que l'on a mis dedans. 中にいろいろな香りを足したからね.
テレビでフランス語のテキストにあった表現です.
大阪市の税金第1期分とライブの代金をコンビニで支払いました.
3時半から産業医の先生とお話をしました.2012/7/25にお話ししていますから,ほぼ一年ぶりです.少しづつ元気になるように,という話だったと思っています.
さて7/25というと,佐賀の人からのメールも7/25.私はその日佐賀に行くことができるのですが,Miさんは都合が悪そうなので,どうしようかな???というところです.
キソキソはHyさんがフクシュウに時間を割いていましたが,後の方で時間が足りなくなっていました.

震災から2年3カ月…犠牲者の冥福祈る 岩手・山田で月命日法要

 東日本大震災から2年3カ月となる11日、津波で約800人が犠牲となった山田町の龍昌寺で、震災の犠牲者を追悼する法要が行われた。

 寺の本堂に集まった約30人の参列者は、震災で亡くした家族や友人らの冥福を祈り、清水誠勝(せいしょう)住職の「毎月少しずつお元気になっていますか。進もうという気持ちを忘れないで」という法話に耳を傾けた。

 山田町では震災の津波や直後の火災などで665人が死亡し、今も149人が行方不明のままだ。

 清水住職は「いつまでも被災地であってはならない。心を強くし、立ち上がれるよう、供養を続けたい」と話した。


震災2年3カ月 漁港周辺で集中捜索 気仙沼署と海保

 東日本大震災から2年3カ月となった11日、いまだ239人の行方が分からない宮城県気仙沼市で、気仙沼署と気仙沼海上保安署が合同で集中捜索を実施した。
 両署の署員合わせて約20人が参加し、行方不明者が約30人と市内で最も多い同市波路上の杉ノ下漁港周辺を海上と陸上から捜索した。
 隣接するお伊勢浜海水浴場を含めて4時間半にわたって不明者の手掛かりを探し、6〜20センチの人骨のようなもの4点を回収した。気仙沼署が鑑定する。
 捜索に先立って同市魚町の岸壁で開始式があり、参加者は黙とうをささげて犠牲者の冥福を祈った。気仙沼署の千葉泰忍署長は「行方不明者の発見がなければ真の復旧復興は成し遂げられない。1人でも多く一日でも早く家族の元に帰っていただきたい」と話した。

フランス語
フランス語の勉強?

震災から2年3カ月/広島風お好み焼き/France Gall

ブログネタ
フランス語 に参加中!
Okonomiyaki_kinsai広島風お好み焼きです.写真ではよく分かりませんが,食べると広島の味(?)がします.広島焼きと呼ぶのは好きではないのですが,お店の人はそう呼んでいました.
今日は11日です.やはり特別な日です.東日本大震災から2年3カ月ですが,正直まだ気持ちが復活していません.整理がついていない,と言ってもいいかもしれません.ネットでニュースを見ると月命日に合わせてお墓参りや行方不明者の捜索がなされているようです.

岩手 震災から2年3か月で墓参り

東日本大震災の発生から、11日で2年3か月です。
岩手県山田町の寺では、津波などで家族や親しい人を亡くした人たちが墓前で手を合わせました。

岩手県山田町では、東日本大震災の津波や直後の火災などで665人が亡くなり、今も149人が行方不明になっています。
山田町の龍昌寺の境内にある墓地には、午前8時ごろから震災で家族や親戚などを亡くした人たちが墓参りに訪れ、花やお供え物を墓前に手向け、静かに手を合わせました。
職場の同僚を避難誘導中だった長男を津波で失った87歳の男性は、「あのときの悔しさは忘れることはできませんが、職場の仲間を助けて亡くなった息子を誇りに思っています」と話していました。
また、津波直後の火災で家を失い、今も仮設住宅に住んでいる80歳の女性は、「2年3か月はあっという間に過ぎましたが、復興は全く進んでいません。早く前に踏み出せるようになってほしいです」と話していました。
震災後の疲れから夫の姉を病気で亡くした78歳の女性は、「私たちは頑張って生きているので、見守っていてほしいと、毎月この日に墓前で手を合わせています」と話していました。
この寺では、震災の犠牲者を追悼する法要を毎月11日に行っていて、11日も午後2時から行われます。

被災3県で不明者を集中捜索 震災から2年3カ月

 東日本大震災から2年3カ月となる11日、津波で大きな被害が出た岩手、宮城、福島各県で、警察や海上保安庁などが行方不明者の捜索を行った。

 宮城県気仙沼市の杉ノ下漁港と、その周辺の海岸では、気仙沼署員と気仙沼海上保安署員が参加した。海岸線沿いの砂浜のほか、巡視艇「ささかぜ」と小型船の計2隻に分乗して海上からも不明者の手掛かりを捜した。

 福島県でも浪江町などの海岸線で、県警や消防などが捜索を実施した。

 岩手県陸前高田市では、大船渡署員約10人が海岸を歩き、釜石海上保安部も海上から捜した。


震災から2年3か月

東日本大震災からきょうで2年3か月です。被災地のお寺には月命日に合わせて多くの遺族が訪れ、亡くなった家族に手を合わせています。
津波により宮古で最も甚大な被害を受けた田老地区の「常運寺」にも、午前中から遺族が訪れ花や線香を手向け手を合わせました。遺族の1人は「葬儀はしましたが、まだ行方不明の2人について何も見つかっていないので、気持ちの整理はできていないのが現実です」と話していました。墓地のある高台から見える田老の市街地は未だ更地のまま。時間ばかりが過ぎていく現実に、被災者たちの苦悩の日々が続いています。

震災から2年3カ月 岩手・陸前高田市で行方不明者の集中捜索

東日本大震災が発生してから、11日で2年3カ月がたつ。岩手・陸前高田市では、月命日にあわせて、行方不明者の集中捜索を行っている。
捜索には、大船渡警察署の署員13人が参加し、海岸の付近にある沼を中心に行われている。
この場所での捜索は、震災以降4回目で、不明者の家族からの要望を受け、実施された。
岩手県によると、関連死を含めると、県内では、5,068人が亡くなり、いまだ1,149人の行方がわからないままとなっている。
署員たちは、腰まで水に漬かりながら、土砂の中から、手がかりを見つけようと、丹念に調べていた。
大船渡署地域課・吉田久夫課長は「家族が待っているので、その気持ちに少しでも応えたい」と話した。
岩手県内では、12日にかけ、このほかに4つの警察署でも集中捜索を行うことになっている。


久しぶりにLibérationの記事を読んでみます.France Gallが苛立っているようです.
France Gall agacée par les reprises réalisées sans son accord

La chanteuse explique en particulier ne pas avoir apprécié la reprise de ≪Poupée de cire, poupée de son≫ par Jenifer, qui ne l'a pas consultée selon elle.

La chanteuse France Gall, ancienne muse de Michel Berger, déclare en avoir ≪marre≫ des reprises et des hommages effectués sans son accord, dans un entretien au Parisien/Aujourd’hui en France mardi. ≪Il y en a marre≫ dit-elle. ≪Jenifer fait la promotion de son disque de reprises de mes chansons qu’elle a réalisé en secret, sans mon accord≫ , ajoute la chanteuse, aujourd’hui âgée de 65 ans.
≪On ne peut pas s’opposer à ce genre de projet tant que la mélodie et les textes ne sont pas changés≫ précise-t-elle, ≪mais elle (ndlr : Jenifer) raconte des bobards≫ . Selon France Gall, Jenifer prétend qu’elle est ≪difficile à joindre≫ et dit ≪que je suis au courant, que j’approuve et qu’elle a mon aval≫.
≪Et ca m’énerve≫ , affirme celle qui avait remporté le prix de l’Eurovision en 1965 pour le compte du Luxembourg, avec Poupée de cire, poupée de son, une chanson écrite par Serge Gainsbourg. ≪J’ai entendu Poupée de cire, poupée de son chanté par Jenifer. Ca fait bizarre. Il manque ma voix≫ , souligne-t-elle.
≪Il y a quelques années, j’avais été effondrée par la reprise de Lââm de Chanter pour ceux qui sont loin de chez eux≫, reconnaît France Gall, estimant que la fin de la chanson ≪en rap, ce n’est pas possible≫ . Elle admet refuser certains projets en son hommage parce qu’en ce moment elle ≪travaille sur une comédie musicale≫ .
La chanteuse dévoile qu’il s’agit d' ≪un spectacle avec une histoire inventée, construite autour des chansons≫ , avec des titres de Michel Berger et d’elle meme issus ≪des premiers albums qui racontaient vraiment notre vie, le début de notre amour≫ . Le spectacle devrait etre présenté début 2015, de janvier à avril, à l’Olympia, au Théâtre Marigny ou au palais des Sports, selon l’égérie des années yé-yé.


フランス語
フランス語の勉強?

やる気ないです 早退しました/ヤケワイン

ブログネタ
フランス語 に参加中!
ryba2しんどいというわけではないのですが,全くといっていいくらいにやる気がありません.早退しました.
Uさんから「時差ぼけが治らないで朝方まで起きていていま再び起きた。サンクトペテルブルクはいい街だった。」とメールがあったのは昼の3時ころ.私はヤケ酒ならぬヤケワイン(???)をしていた頃です.ヤケになっていたかどうかはよく分からないのですが,昼過ぎからアルコールを飲んでいましたのは事実.明日から頑張れるかな?フランス語も明日頑張ろう.

経済成長に原発利用、「反対」59% 朝日新聞世論調査

 朝日新聞社が8〜9日に実施した全国定例世論調査(電話)によると、日本経済の成長のためだとして原発を積極的に利用する安倍政権の方針について、反対が59%に上り、賛成27%を大きく上回った。

 停止している原発の運転再開の賛否も聞くと、やはり反対は58%で、賛成28%と大きく差がついた。

 安倍首相は5日、成長戦略の第3弾を発表。この中に「原子力発電の活用」や「安全と認められた原発の再稼働」を盛り込んだが、原発に対する有権者の抵抗感はなお根強いようだ。

 また、「安倍首相の経済政策で、日本経済が成長することを期待できると思うか」と尋ねると、「期待できる」51%が「期待できない」33%を上回った。

 ただ、「安倍首相の経済政策が賃金や雇用が増えることに結びつくと思うか」と聞くと、「結びつく」が36%にとどまり、「そうは思わない」が45%。「安倍政権になってから景気が回復したという実感があるか」という質問では、「ない」78%が「ある」18%を大きく引き離した。

 安倍内閣の支持率は59%で、前回の5月定例調査の65%からやや下がった。不支持率は20%(前回18%)だった。

 いま投票するとしたらとして聞いた参院比例区投票先は、自民45%、民主7%、みんなの党6%、日本維新の会5%、公明5%、共産4%など。

 今夏の参院選で、「参議院全体で自民党と公明党の議席が過半数を占めた方がよいと思うか」と尋ねると、「占めた方がよい」51%、「占めない方がよい」34%。一方で、「自民党に対抗できるような大きな政党があった方がよいと思うか」と聞くと、「あった方がよい」が71%に上り、「そうは思わない」は21%にとどまった。

     ◇

 調査方法 8、9の両日、コンピューターで無作為に作成した番号に調査員が電話をかける「朝日RDD」方式で、全国の有権者を対象に調査した(福島県の一部を除く)。世帯用と判明した番号は3444件、有効回答は1781人。回答率は52%。

フランス語
フランス語の勉強?

1日寝てました--しんどくなかったつもりですが

ブログネタ
フランス語 に参加中!
lecon25-tante気持ちが下向きだったわけではないのですが、1日寝て過ごしました.NHK 明日へを見逃してしまいました.
苦しみの中の写経 〜奈良・薬師寺 被災地での1年〜 

奈良・薬師寺は、仏教の立場から少しでも人々の苦しみをやわらげることができればと、去年3月、被災地でひとつの活動を始めた。仮設住宅の集会所などに出向き、「写経」を勧める取り組みだ。僧侶たちは、被災地を巡る中で、人々が抱える苦しみの深さにあらためて気づかされる。そして、震災を直接経験していない自分たちに、いったい何ができるのだろうと無力感に襲われる。
被災地で模索を続けた薬師寺の僧侶と、苦しみを抱えて写経に臨んだ人々の1年を記録した。
ちょっと残念.起きている時間はストリーミングでまいにちフランス語を復習しました.
「脱原発基本法実現の要になる」社民・福島党首

■福島瑞穂・社民党党首

 安倍内閣による雇用の規制緩和に大反対だ。さらに雇用を壊そうというのか。社民党は、最低賃金を上げる、時給千円以上、長時間労働の抑制、過労死防止基本法を作り情報開示によってブラック企業を根絶する。

 また、安倍内閣は成長戦略で原発推進と再稼働、輸出をやろうとしているが、新たな加害者になる、新たな原発事故を引き起こすから大反対。その立場で脱原発基本法案を生活の党、みどりの風と一緒に国会に出したが、できるだけ政策の共有化で実現をはかりたい。その要として社民党はがんばっている。(NHKの番組で)

日本とフランス 安保対話を根気よく

 安倍晋三首相が、来日したフランスのオランド大統領と会談し、原子力や安全保障の協力強化を確認した共同声明と5年間の行動計画を発表した。

 安全保障の分野では、武器に転用可能な民生品の輸出管理に関する協議の場の創設や、防衛装備品の共同開発に向けた協力、外務・防衛の閣僚級会合(2プラス2)の開催などで合意した。

 このうち輸出管理の協議創設は、前向きな動きとして評価したい。

 欧州連合(EU)は天安門事件以降、中国への武器禁輸を続けている。だが、何を武器とみなすかなど解釈は各国の裁量にゆだねられている。仏防衛企業は昨年、最新鋭のヘリコプター着艦装置を中国に売却した。この装置が沖縄県・尖閣諸島の周辺で、中国の海洋監視船などに取りつけられると、中国側の性能向上につながりかねない、と日本政府は仏政府に懸念を伝えてきた。

 オランド大統領は、ヘリ着艦装置の対中輸出について「軍事利用ではない」との主張を貫いている。今のところ日仏の立場は平行線だ。しかし、フランスにとっても、東アジアとの貿易ルートが通る東シナ海、南シナ海の安全は重要なはずだ。2プラス2も含めて、安全保障の対話を重ねることで、フランスに東アジアの安全保障環境への理解を深めてもらい、対中輸出管理の厳格化につながるよう期待したい。

 一方、原子力の分野では、第三国への原発輸出、核燃料サイクル推進や高速増殖炉の研究開発、東京電力福島第1原発事故を受けた廃炉や除染の協力を深めていくことなどで一致した。

 フランスと日本は、米国に次ぐ世界第2位、第3位の原子力大国だ。両首脳は、原発ビジネスで力を合わせることで世界の原発技術の安全水準を高めていけると胸を張った。

 廃炉や除染の協力は歓迎だ。しかし原発輸出や核燃料サイクルはどうだろう。原発事故はまだ収束しておらず、原因究明も終わっていない。

 そんな状況で首相は、原発などインフラ輸出を成長戦略の柱に据えた。4〜5月の中東訪問に続き、今月中旬には東欧を訪れて原発輸出のトップセールスを行う予定だ。

 首相は、先のサウジアラビア訪問で「(日本は)世界一安全な原発の技術を提供できる」とアピールした。日仏首脳会談後の記者会見では「世界の安全水準を高めていく観点から日本の原子力技術への期待に応えていく。日仏両国は世界最高のパートナー」と強調した。

 何を根拠に日本の原発技術が「世界一安全」と言えるのか。国民への説明があまりに足りない。

フランス語
フランス語の勉強?

黄色アニの続き/イオンで八ッ橋/上野千鶴子を読みました

ブログネタ
フランス語 に参加中!
lecon25-mireille昨日の黄色アニで続きをしました.お昼はスーパーで買ったお惣菜ですませましたが,イオンまで八ッ橋を買いに行きました.本当はデパートまで買いに行こうと思っていたのですが,近くのイオンで間に合わせました.京栄堂の八ッ橋です.
午後は上野千鶴子を読みました.有名なフェミニストです.なぜ京都大学に進学したかなど,個人的な記述がおおいです.特に彼女が両親の死にどう向き合ったかを自伝的に記しているのが,とても印象に残りました.ドライに両親をみて批判しているのには少し違和感がないわけではありませんが・・・
夜朝日新聞のサイトでAKB総選挙速報をみました.マリコさまが卒業,というのにショックです.

Hollande à Tokyo: ≪ne nous demandez pas de choisir≫ entre Chine et Japon≫

Le président français François Hollande a demandé aux Japonais de comprendre la nécessité pour la France de ≪travailler avec l’Asie et de ne pas opposer tel ou tel pays≫, en réponse à une question sur les liens sino-français, lors d’une conférence samedi au Japon où il effectue une visite d’Etat.
≪Nous avons une relation d’amitié depuis longtemps avec la Chine et nous avons un partenariat exceptionnel d’amitié exceptionnelle avec le Japon. Ne nous demandez pas de choisir≫.
Et d’ajouter: ≪je suis ici au Japon, heureux d’être au Japon, fier d’être au Japon≫.
Les Japonais ont craint d’être délaissés par la France, en raison du déséquilibre du nombre de visites présidentielles françaises en Chine et au Japon, le prédécesseur de M. Hollande, Nicolas Sarkozy, ayant visiblement privilégié la première.
M. Hollande s’est pour sa part rendu en Chine fin avril dernier, pour la première fois depuis son entrée en fonctions.
Comme la veille, M. Hollande a réitéré son souhait d’apaisement des relations sino-nippones, détériorées par des querelles territoriales et des séquelles de la guerre.
≪Il y a des tensions dans la région, je les vois (...), la position de la France est de proner le dialogue, la réconciliation. Je vous invite avec la Chine à avoir ce souci d’apaisement≫.

日仏首脳会談 方向性が違うのでは

 安倍晋三首相は、来日したフランスのオランド大統領と日仏首脳会談を行った。原発の第三国への輸出や核燃料サイクル政策で連携することを確認したが、進むべき方向が違うのではないか。

 認識があまりに違うと言わざるを得ない。会談後の共同記者会見で、安倍首相から発せられた言葉に対してである。

 「世界の安全水準を一層高めていく観点から、日本の原子力技術への期待に応えていく」。福島第一原発でレベル7という史上最悪の過酷事故を起こし、いまだ原因も究明できず収束の道筋すら見えていない状況下にあるのにだ。

 首脳会談では、米国に次ぐ世界第二の原発大国であるフランスとの間で、核燃料サイクルの技術開発で連携するとともに、アジアや中東諸国への原発輸出の拡大も目指していくとした。

 安全面で完全に信用が失われ、事実上の破綻状態にある核燃料サイクル政策を、実績のあるフランスの協力を得て維持していこうというのである。

 しかし、中核施設である日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)は、運転停止中のうえ、最近も一万点もの点検漏れが発覚し、原子力規制委員会から運転再開の停止命令を受けたばかりだ。青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理施設も、一九九七年の完成予定だったのに、技術的な問題で操業のめどが立っていない。

 民主党政権では核燃料サイクル政策は抜本的見直しの対象と見切りをつけつつあったが、安倍首相が就任すると「継続して進めていく」との立場に一転した。

 フランスは、発電に占める原発依存度が八割近い原発大国だが、オランド大統領は昨年の大統領選の公約で「二〇二五年までに五割に下げる」と表明。国内原発は実は縮小する方向なのである。それに対し、凄惨(せいさん)な事故も忘れたかのように原発再稼働を急ぐ安倍政権の姿勢は、明らかに異様だ。

 共同声明では福島原発の廃炉や除染の共同研究を進めることで合意したが、それだけで十分ではないか。避難や仮設住宅住まいがなお続く被災者に思いをはせれば何よりもフクシマの収束を優先させ、それ以前の再稼働や原発輸出などあまりに無神経すぎる。

 国際社会からみて、あれだけの事故を起こしつつ、なお原発に固執する政治姿勢がどう映るのか、よく考えてみるべきだ。

フランス語
フランス語の勉強?

ジツジツが時間通りに/「原発輸出推進会談」にNON! フランスはマリから撤退しろ

ブログネタ
フランス語 に参加中!
ganapatibaba0愛知のインド料理で食べたナンを思い出しました.野菜の春巻きは何か妙だった気がします.モッツァレアチーズナンがおいしかったんです.もうすぐ愛知に出張の用事ができそうなのですが,まだ未定です.
佐賀の出張もまだ未定です.今日連絡そびれたので来週にでも連絡してみたいと思っています.
広島の分も未定です.ただ6月中は無理です.しばらくは連絡がないほうがいいと思っているんです.

ganapatibabaNaさんは眼科に行く予定だそうです.英語ではophthalmology,フランス語ではophtalmologie.難しい単語です.
ジツジツは珍しく時間通りに終わりました.心地よい疲れ,っていう感じです.
夕方なんだかやる気が出てきました.黄色のアニで少し頑張りました.


Hollande: la politique économique japonaise, ≪bonne nouvelle pour l’Europe≫

Le président français François Hollande a déclaré vendredi à Tokyo que la nouvelle politique économique japonaise menée par Shinzo Abe constituait ≪une bonne nouvelle pour l’Europe, parce qu’en Europe aussi nous avons à donner priorité à la croissance≫.
En visite d’Etat depuis jeudi au Japon, M. Hollande s’exprimait lors d’une conférence de presse conjointe avec le Premier ministre japonais Shinzo Abe, qui mène depuis son arrivée au pouvoir en décembre une politique de relance budgétaire et d’assouplissement monétaire à rebours de l’austérité européenne.
≪Le gouvernement japonais a pris un certain nombre d’orientations depuis l’installation de l’équipe de M. Abe. Il ne m’appartient pas d’en juger. C’est la décision des Japonais≫, a déclaré le socialiste M. Hollande.
M. Abe, un conservateur, est revenu au pouvoir après la victoire triomphale de son Parti-Libéral Démocrate aux élections législatives de la mi-décembre, à l’issue d’une campagne ou il promis de faire de la relance économique sa priorité politique.
≪Mais cette priorité donnée à la croissance, cette volonté de lutter contre ce qui était appelé ici la déflation, cette exigence de faire en sorte que la compétitivité des entreprises soit recherchée en meme temps afin qu’il puisse y avoir un soutien à l’activité, c’est une bonne nouvelle pour l’Europe, parce qu’en Europe aussi nous avons à donner priorité à la croissance≫, a souligné M. Hollande.
Il a concédé que le Japon et la France connaissaient ≪des situations différentes≫, le Japon disposant d’une banque centrale nationale autonome alors que la Banque de France est placée sous l’égide de la Banque centrale européenne (BCE). ≪Le Japon peut décider sa politique monétaire souverainement≫, a souligné M. Hollande.
La Banque du Japon (BoJ) est statutairement indépendante, comme la BCE. Mais son nouveau gouverneur, Haruhiko Kuroda, désigné en mars par M. Abe, partage les convictions du Premier ministre et a fait adopter dès le début avril un assouplissement monétaire considérable.
En injectant des liquidités massives dans les circuits financiers, les autorités japonaises veulent inciter les entreprises et les ménages à emprunter pour investir et consommer, et in fine doper la croissance en sortant l’archipel d’une baisse des prix qui l’entrave depuis une quinzaine d’années.
Le gouvernement japonais a en outre fait voter au Parlement un plan de soutien à l’économie comprenant l’équivalent de 80 milliards d’euros de dépenses étatiques, dont près de la moitié en grands travaux.

仏オランド大統領来日・日仏首脳会談抗議!反戦・反原発6.7アクション

 ★原発輸出の"日仏パートナーシップ"にNON!

フランスのオランド大統領が、6月6日から三日間の予定で日本に滞在し、6月7日金曜日に安倍首相との首脳会談が予定されています。今回のオランド大統領来日の主な目的は、原子力分野における「日仏パートナーシップ」のさらなる強化であり、この首脳会談は「原発輸出推進会談」であることは間違いありません。

フランスと日本の原発メーカーは互いを重要なパートナーとして、このかん連携を深めています。トルコで新規に作られようとしている原発は、原発そのものは伊藤忠商事、フランスGDFスエズ社、トルコ発電会社の合弁、原子炉は三菱とアレバ共同開発の新型炉で建設がすすめられようとしています。

また、フランスは国内では高速増殖炉事業から既に撤退しているのに、この4月24日にフランス原子力庁の幹部が福井を訪問して敦賀市長に「早くもんじゅを運転再開してくれることを望む」などと要請していることも許すわけにはいきません。そして、3月にはフランスの原子力企業アレバ社が製造したMOX燃料が高浜原発に搬出されています。

フランス政府=アレバ社はこのかん「廃炉ビジネス」の確立を掲げ、その目的のために原発事故当事国である日本との連携を強めようという思惑が透けて見えます。オランド大統領の6月の来日は、フランス政府が日本に引き続き原発推進政策を採るように圧力をかけ、日本を「核の重要なパートナー」とすることでアメリカと並ぶ核大国として世界への発言力を高めるという目的に沿ったものだと言わざるを得ません。日本政府=原発メーカー側もまた、そのようなフランスの動きに便乗して、原発事故当事国であるにもかかわらず、原発輸出をさらに推進しようとしています。

 ★フランスのマリ軍事介入と資源略奪の新植民地主義にNON!

フランスは、今年1月に西アフリカのマリ共和国に「イスラム勢力の討伐」を口実に内戦への軍事介入をしました。「人権のための戦争」を標榜するフランス政府の真の目的は、前々世紀から続くアフリカの植民地支配と資源略奪の延長線上にあるのは言うまでもありません。その略奪される資源には、核の原料であるウランも含まれており、フランスの核戦略とアフリカからの収奪は分かちがたく結びついています。

フランスはマリから「暫時撤退する」などと言いながら、実際には未だに四千人以上のフランス軍部隊が駐留を続け、フランスへの反発と戦禍は西アフリカから北アフリカ全体、そして中東へと広がる可能性も否めません。

今年1月にアルジェリアで発生した日本企業:日揮を狙った襲撃事件は、北・西アフリカにおけるフランスの帝国主義政策と日本の資源確保戦略が深く結びついていることをあらためて示したと言えます。

私たちは、6月7日の取り組みを日仏の原発輸出政策に反対し、大国のアジア・中東・アフリカへの戦争も辞さない資源略奪=新植民地主義政策に反対するものとして成功させたいと考えています。それはまた、すでに台湾で実行され、アジア全域・中東・東欧などへ拡大されようとしている日本の原発輸出政策が、戦前から続く植民地主義の延長にあるということを認識し、そして日本自身がソマリアの海賊対処法、ジブチでの自衛隊基地の設置と「交換公文(地位協定)」の締結などアフリカ内からの和平構築を妨げ、資源争奪戦にのりこんでいることへの批判でなければなりません。

 6月7日、首相官邸前で"原発も戦争もNON!"の声を上げましょう!ともに!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

≪ NON! a la course a l'exportation du nucleaire ! ≫
≪ Rappatriez les forces francaises du Mali ! ≫

Visite de Francois Hollande au Japon et sommet Franco-Japonais -
Prostestons contre le nucleaire et la guerre ! Action le 7 juin 2013

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


★ NON! au partenariat Franco-Japonais dans l'exportation du nucléaire!

Le Président français François Hollande sera en visite au Japon du 6 au 8 juin, et une rencontre au sommet est prévue le vendredi 7 juin avec le Premier Ministre japonais Abe Shinzo. La visite de François Hollande visera à renforcer le partenariat franco-japonais dans le domaine du nucléaire, et encouragera la course vers l'exportation du nucléaire.

Les industries françaises et japonaises du nucléaire sont en train de renforcer leurs liens en tant que partenaires économiques privilégiés. En Turquie, les nouvelles centrales nucléaires seront construites en coopération par ITOCHU Corporation (Japon), GDF Suez S.A. (France), et les producteurs d'électricité turcs, tandis que les nouveaux réacteurs seront développés conjointement par Mitsubishi et Areva.

Par ailleurs, alors que tous les réacteurs à neutrons rapides sont actuellement en démantèlement en France, il est inacceptable que des membres de la Commission de l'énergie atomique française, en visite à Fukui le 24 avril demandent au maire de Tsuruga "le redémarrage prochain du réacteur à neutrons rapides de Monju". De plus, Areva s’apprête à livrer une cargaison de MOX à destination de la centrale nucléaire de Takahama au Japon.

Le gouvernement français = Areva n'ont pas attendu pour se lancer dans le "business du démantèlement", et ont tout intérêt de renforcer leur coopération avec le Japon, pays de la catastrophe nucléaire. La visite de François Hollande vise en effet à faire pression sur le Japon pour une reprise accélérée du nucléaire. En tant que partenaire du nucléaire de première importance et géant du nucléaire à la hauteur des Etats-Unis, le Japon espère faire grandir son influence internationale. Tout en minimisant les conséquences de la catastrophe nucléaire de Fukushima, le gouvernement japonais = l'industrie nucléaire profite de l'attitude de la France pour promouvoir l'exportation du nucléaire dans le monde.

★ NON! à l'intervention française au Mali et au pillage néo-colonialiste des ressources naturelles!


En janvier 2013, la France est entrée en guerre au Mali sous prétexte d'arrêter la progression des forces djihadistes en Afrique de l'Ouest. Derrière cette "guerre pour les droits de l'homme", le véritable objectif de la France est la poursuite de la domination coloniale et de l'exploitation des richesses naturelles africaines. L'uranium compte bien entendu parmis les richesses naturelles convoitées par la France, et la stratégie nucléaire française est donc indissociable de l'exploitation de l'Afrique.

Malgré la promesse d'un retrait prochain des troupes françaises, près de 4000 soldats français occupent toujours le territoire Malien, et la révolte contre la France ainsi que les ravages de la guerre risquent de se propager de l'Afrique de l'Ouest vers l'Afrique du Nord, et éventuellement jusqu'au Moyen-Orient.

L'attaque dirigée contre l'entreprise japonaise Nikki en Algérie en janvier ne font que confirmer les liens profonds qui existent entre la politique impérialiste française du Nord-Ouest de l'Afrique et la stratégie japonaise d'appropriation des ressources naturelles africaines.

Nous nous opposons à la politique franco-japonaise d'exportation du nucléaire, ainsi qu'au pillage des richesses naturelles d'Asie, du Moyen-Orient et d'Afrique par les puissances néo-colonialistes qui utilisent l'intervention militaire pour servir leurs intérêts économiques. Nous reconnaissons que la politique japonaise d'exportation du nucléaire vers Taiwan, et bientot vers l'Asie, le Moyen-Orient et l'Europe de l'Est, est la continuité de la politique colonialiste japonaise qui dure depuis l'avant guerre. Le Japon, par les mesures de détection et de répression des actes de piraterie au large de la Somalie, l'installation des Forces d'Autodéfense du Japon sur le territoire de la République de Djibouti et la signature de l’agrément sur le statut des Forces d'Autodéfense du Japon, nuit à une construction autonome de la paix en Afrique. A l'heure actuelle, il est plus que nécessaire de remettre en cause l'attitude néo-colonialiste du Japon dans sa course à l'appropriation de ressources naturelles et à l'exportation du nucléaire dans le monde.

Le 7 juin, mobilisons-nous devant la Résidence pour dire NON à la guerre et au nucléaire ! Ensemble !

フランス語
フランス語の勉強?

Hollande au Japon, au pays de l'empereur... et d'Albator

ブログネタ
フランス語 に参加中!
anne千葉のLSUに書類を郵送しました.印鑑を押す必要があるので,母の実印を使って押しました.お昼はバランスランチ.照り焼きと酢の物がおいしかったです.
でも食後気持ちが下向きでしんどかったです.
8月のXAFの講習会を申し込みました.
オランド大統領が来日です.


Hollande au Japon, au pays de l'empereur... et d'Albator

De l'inclinaison à 15°
Jeudi matin. A-t-il potassé pendant ses onze heures de vol ? François Hollande atterrit ce soir au Japon, un pays aux traditions millénaires dont le protocole ultra-serré représente un cauchemar pour tous les dirigeants occidentaux soucieux de se faire bien voir par la troisième économie mondiale. Pour sa troisième visite d’Etat en Asie – plus qu’au Maghreb ! – depuis son investiture, le président socialiste dînera jeudi avec le Premier ministre Shinzo Abe avant d’aller s’installer, avec sa compagne, au palais des hôtes d’Akasaka, une ancienne résidence impériale qui émerge d’un parc magnifique aux allures de tapis de mousse géant dans le centre de Tokyo.
Mais pour ce qui est des règles de bienséance, le jour J c’est vendredi. Hollande et ses sept ministres sont attendus au tournant au Palais impérial – le Kokyo. Le jour de son investiture, en mai dernier, peu aguerri, il avait failli se prendre les pieds dans le tapis rouge déroulé par Angela Merkel pour sa première visite post-victoire. Mais au Japon, tout sera plutôt question de géométrie : il faut s’incliner devant l’héritier du trône du Chrysanthème, l’empereur Akihito. Mais ni trop ni trop peu, 15° environ. Obama était descendu à 45°, ce qui ne se fait pas ! Au total, Hollande croisera l’empereur trois fois pendant son séjour : pour la cérémonie d’accueil, le dîner d’Etat de vendredi et la cérémonie de départ samedi. Un honneur quand d’autres dignitaires n’ont droit qu’à une cérémonie du thé et des moments officiels où la délégation française a été priée de porter des costumes sombres et des chaussures en cuir…
≪Cascade≫, cérémonie du thé et Albator
Jeudi matin. Le président français effectue comme à son habitude un séjour express: 48 heures pile poil c’est le tarif hollandais pour les visites d’Etat. Son trip au Japon est bati exactement sur le même modèle que ceux de l’Inde et de la Chine : rencontre avec les milieux d’affaires, les étudiants, la société civile et les institutionnels. Avant un discours devant les Français. Mais, vrai signal ou faux symbole, pour la première fois depuis longtemps le président français passera deux nuits sur place, soit une de plus qu’en Chine… C’est surtout à cause de la longueur du voyage et l’ampleur du décalage horaire. ≪A part un discours devant la Diète, on ne fait pas plus au Japon qu’en Chine≫ , tempère l’Elysée qui invite à ≪faire la comparaison non pas en nombre d’heures sur place mais en nombre d’activités≫ .
Parmi lesquelles s’est glissée une visite du Musée Nezu où Hollande pourra admirer l’une des peintures les plus célèbres du Japon, la Cascade de Nachi, considérée comme un trésor national. Tradition toujours, il assistera dans le parc du musée à une cérémonie du thé avant une rencontre avec des artistes contemporains, dont le plasticien Christian Boltanski, qui fait partie de la délégation française, et, entre autres, le dessinateur Leiji Matsumodo, créateur du héros de dessin animé Albator.
Samedi, après avoir pris congé de la famille impériale et rencontré le patronat nippon, Hollande passe l’après-midi avec des compatriotes, de déjeuner en tables–rondes jusqu’à sa conférence de presse finale à l’ambassade. Mais ≪là, le temps repart à la française≫ , souffle une petite main de l’organisation présidentielle.. Comprendre : après 40 heures codifiées à la nano-seconde près, on pourra recommencer à respirer.

フランス語
フランス語の勉強?

健康診断で朝絶食/キソキソのコーで失敗

ブログネタ
フランス語 に参加中!
Akagawa_train今日は健康診断の日なので絶食です.つまり朝食べていないので午前中はどちらかというとイライラ.採血も「チクッとします」というのがいつもながらにイヤ.問題は体重.去年に比べて約4キロもおデブになっているんです.去年は食欲もなくある意味やせ過ぎだったので,ちょうどいいところで安定するといいね,と面談のときに言われました.最近少し努力して1キロ体重を落としたので今後ももう少し努力かな?というところです.
健康診断は英語ではmedical examinationでフランス語だとvisite médicaleのような気がします.絶食はfastingle jeûneです.
キソキソのコーで失敗してしまいました.Hyさんは暖かく修正してくれました.次回は頑張ろうと思います.
テレビでフランス語は以下の面白い表現を扱っていました.
faire un canard : tremper un morceau de sucre dans le café ou dans une boisson alcoolisée
gibier 獲物

復興予算流用―納税者への裏切りだ

 政府が約束した見直しは、極めて不十分だった。

 東日本大震災に伴う復興予算が、被災地以外に流用されていた問題である。

 今回表面化したのは、省庁所管の公益法人や都道府県に積まれた「基金」の使い方だ。

 たとえば、大半の道府県では森林保全の基金を通じて林道整備に使われた。

 緊急雇用対策の基金にいたっては、浜にあがってくるウミガメを数えるといった「保護監視」事業や、ご当地アイドルの活動費など、およそ震災復興とは関係ない使途が目白押しだ。

 「日本経済の再生なくして被災地の復興なし」という大義名分のもと、復興予算が何でもありの中身になったことに根本的な原因がある。

 復興予算の多くは臨時増税でまかなわれる。これでは国民への背信だ。被災地を支える気持ちにも水を差しかねない。

 財務省は調査を進めており、基金からの支出の凍結を自治体などに求める方針という。本来なら、流用が発覚した昨秋の時点で、基金の実態も調べるべきだった。

 基金制度は、景気対策などでもたびたび使われてきた。自治体などの判断を尊重しつつ素早く支出でき、年度をまたいだ活用も可能だ。使途が細かく決められ、年度中に使い切ることが原則の一般予算を補う役回りである。

 その一方で課題も多い。目的からはずれた使われ方や、逆に未使用のまま放置されている問題が、会計検査院などからしばしば指摘されてきた。

 どう改めていくか。

 使途をきちんと公表する。それをチェックし、問題をあぶりだした上で、次の予算編成にいかす。この地道な作業を続けていくしかあるまい。

 安倍内閣は、民主党政権が始めた「行政事業レビュー」を強化する方針だ。5千を超える政府の事業ごとに概要や予算額、執行状況を国民にわかりやすく公開しつつ、省庁が自ら検証する仕組みである。

 基金についても、7月にデータを公表することを決めたところだった。予算への信頼を取り戻す第一歩として、さっそく真価が問われる。

 ただ、予算案を決めるのは政府だ。それを自らチェックする仕組みには限界がある。

 国会の責任は重い。

 予算案の審議に偏りがちな現状を改め、決算にも目を光らせる。予算と決算のサイクルを通じて政府を監視し、注文をつける。それが本来の姿だ。

フランス語
フランス語の勉強?

広島風お好み焼き→スンドウフチゲ

ブログネタ
フランス語 に参加中!
ryba1快晴.いい天気です.こういう天候だと気持ちも晴れ晴れしている気がします.
ランチは前から行きたかった広島風お好み焼き・・・としたいところでしたが,お店の前には「お昼は休みです」との張り紙がありました.気分を変えて少し歩いてスンドウフチゲです.ユッケジャンにするか少しだけ迷いましたが・・・食べていると汗が出てきますが,ピリ辛でおいしいです.
のどが痛いのでうがいをしました.英語ではgargle,フランス語ではse gargariserです.
Shさんにメールを書くとき携帯を見ると,Ryの布団に砂,という意味不明のメモが残っていました.
夕方は妙.初めてという女の人が来ていました.おいしい水菓子でした.
ENOTECAでChâteau Pey de Pont 2002を買いました.今日は飲むことができませんが・・・

復興流用基金の凍結要請へ 財務省、自治体などに

 【大日向寛文、座小田英史】東日本大震災の復興予算が自治体などの「基金」を通じて被災地以外に使われている問題で、財務省と復興庁は今月中にも基金を運営する自治体や公益法人に予算執行を止めるよう要請する方針を固めた。対応が後手に回ったため、すでに復興と関係のない事業に使われている例も多いが、まず執行を止めたうえで、残っている予算は政府に返すよう求める。

 2011〜12年度の復興予算約17兆円のうち、政府は基金に約1・2兆円を配った。政府を離れて基金にお金が入るとチェックがしにくくなり、被災地以外への流用が相次いでいる。

 5月に朝日新聞がこの問題を報じ、財務省がどれだけ被災地以外に流用されているかを調べている。今月中にも結果がまとまる見通しで、小渕優子財務副大臣は3日の記者会見で「調査結果に基づき、執行停止要請を含めて対応を検討している」と述べた。

 まだ使われていない予算は原則、返還を求める。ただ、すでに使われたり業者と契約してしまったりして返還が難しい事業も多い。

 朝日新聞の調べでは、農林水産省が担当する「森林整備加速化・林業再生基金」で被災3県以外の自治体が約400億円を使い、約1900キロの林道整備などをしていた。厚生労働省の「震災等緊急雇用対応事業」では約1千億円が被災地以外の基金に渡り、雇われた6万5千人のうち被災者は3%しかいない。仕事も「ウミガメの保護監視」など復興と関係のないものが目立つ。

フランス語
フランス語の勉強?

会費負担金/3人は採血/むくわれない生き方

ブログネタ
フランス語 に参加中!
Puszki3朝からしんどい感じがしましたが,洗濯物を干してどうにか出勤.Haさんが会費のことで・・・と言ってきたので対応しました.HaさんによるとQuébecにUniversité Lavalがあるそうです.
お昼はいつものようにバランスランチ.鮭の幽庵焼がおいしかったです.豆腐のサラダはゴマドレッシングの味わいが何とも新鮮な感じでした.
その後少ししんどかったので香山リカの「むくわれない生き方」を変える本,を読みました.SaさんはSuさんとMiさんと採血してもらったそうです.採決はla prise de sangかな?英語だとblood samplingのようですが.
夕方頑張ってメールを3通書きました.LSU,NIM,46XUですがNIMの方からはすぐ返事が来て報告書を書いてください,とのこと.A41枚なので適当に書きました.
久しぶりにFrench in Action Leçon 25を見ました.

脱原発政策―廃炉促進へ専門機関を

 できるだけ早く、原発に頼らないエネルギー社会をつくる。

 福島の原発事故を経験して、多くの人たちがその思いを強くした。

 ただし、原発の後始末はやっかいだ。強い放射能に汚染された構造物や使用済み核燃料の処分には、時間もお金もかかる。技術的な課題も多い。電力会社は、負担の重さから廃炉に二の足を踏みがちだ。

■先送りへの懸念

 こうしたなか、経済産業省が廃炉を促す環境づくりに乗り出した。廃炉にともなう損失の計上をめぐって、会計処理を弾力化させる見通しだ。

 方向性には賛成する。ただ、これだけで原発の処理が一気に進むわけではない。

 廃炉の決定や放射性廃棄物の管理・処理を、国が主導する仕組みに改めなければならない。あわせて、業務を担う専門機関の設立も検討すべきだ。

 日本は原発について「国策民営」をとってきた。原発は各社の資産であり、廃炉も使用済み燃料の取り扱いも、一義的には事業会社が責任を負う。

 事業者は巨額の建設費を回収するために、原発を極力長く使い、その間に廃炉費用を積み立てるのが前提だった。

 だが、事故を機に状況は大きく変わった。

 日本原子力発電の敦賀原発2号機(福井県)は建屋の真下を活断層が走っていると、原子力規制委員会から認定された。今後も、新しい知見にもとづく規制基準を満たすことができず、廃炉を前倒しで求められる原発が出てくる。

 ところが、電力会社の経営は厳しい。火力発電の燃料代がかさみ、大手10社の3月期決算では原発を持つ9社のうち8社が赤字となった。純損失の合計は1兆6千億円近くに達する。

 このままでは、事業者の経営上の問題から、廃炉が先送りされるおそれがある。

 経産省が廃炉に対する特例を設けるのも、そのためだ。

 事業者が当初の計画より早く原発を閉める場合に、費用の積み立て不足や資産価値の目減りによる損失を、複数年度に分割して計上するのを認める方針という。

■世界では政府が関与

 世界を見渡すと、原発が国営だったなごりもあり、後処理に政府が関与する体制が目立つ。

 最終処分場の候補地選び、核不拡散やテロ対応など、国内外において粘り強い交渉や協調が求められるからだ。

 たとえば、英国は05年に「原子力廃止措置機関(NDA)」を設立し、原子力関連施設の解体にともなう政策や監視体制を一元化した。

 実際の廃炉は、国際入札を経て事業者を選び、ライセンスと目標を与え、運営が非効率にならないようにしている。使用済み核燃料のリサイクルで生じるプルトニウムの管理・処分も、NDAの管轄だ。

 ドイツでは、電力大手が所有する原発は自己負担での廃炉が前提だ。このため、メルケル政権が原発全廃を決めると、複数の社が政策変更による廃炉で損害が生じるとして、国に賠償を求める訴訟を起こした。

 一方、旧東独圏内にある老朽原発を主な対象とする廃炉専門の国営企業(EWN)があり、こちらは政府が廃炉を担う。

 そこで、電力大手も実際の廃炉作業では、将来の廃炉ビジネスをにらんで業容拡大をはかるEWNに委託するか、自ら取り組むか、損得をはかりながら両にらみで模索している。

■税金の投入も選択肢

 日本でも、原発の後始末を進めるには、会計処理の弾力運用だけでは不十分だろう。

 福島事故を教訓にすれば、新しい規制基準をクリアしても、事故の際の住民避難が現実的に難しい原発などは閉じていく必要があるからだ。

 廃炉の決定権が事業者側にある限り、こうした原発の廃炉は進まない。

 まず国が廃炉に関与するルールを定める。そのうえで、海外とも知識や情報を共有する専門機関を設立し、対象となる原発を移管すれば、効率よく脱原発を進められるのではないか。

 もちろん、処理に必要な費用をだれがどのように負担するか、各社の資産である原発をどう専門機関に引き継ぐか、など数多くの課題がある。

 廃炉費用は国民が払う電気料金から積み立てられているのだから、いっそのこと税金を投入して廃炉を急ぐ。あるいは、当面は最小限の原発は動かし、その原発も専門機関に移して、売電で得られる収益を廃炉費用にまわす――。さまざまな考え方がある。

 世界的な廃炉ビジネスへの参入を想定すれば、電力業界が率先して組織を設けてもおかしくない。原発専業の日本原電の改組も一案だろう。

 政府は早く検討の場を設け、論点を整理し、国民的な議論にかけるべきだ。

フランス語
フランス語の勉強?

6.2 大飯を止めろ!関電包囲1万人アクション に参加しました.

ブログネタ
フランス語 に参加中!
130602_Kanden1●6月2日(日)、首都圏では数万規模の『反原発国会大包囲』アクション開催!
6月2日(日)、首都圏では「再稼動反対!原発はゼロへ、圧倒的市民の声をたたきつけよう!」と、『反原発国会大包囲(16:00〜19:00国会議事堂周辺)』が呼びかけられています。
主催は、「首都圏反原発連合」。協力団体として、「さようなら原発1000万人アクション」「原発をなくす全国連絡会」「経産省前テントひろば」「再稼働阻止全国ネットワーク」「脱原発世界会議」が名を連ね、『原発NO!』の市民の声を直接行動で安倍政権に突き付ける数万〜数十万人規模の共同行動にしようと取り組みが進められています。

●7月18日原発再稼働を狙う「新規制基準」が施行! 大飯原発は適用除外!
7月18日に施行される「新規制基準」はめちゃくちゃです。5年の「猶予期間」が設け、第2制御室など特定安全施設・PWR型原子炉フィルタ付ベント・恒設のポンプなど「新基準」で求める設備が完成していなくても稼働を容認。福島原発事故における地震動による非常用復水器の破断評価もなされず、事故原因が究明されていない段階で策定した「新基準」そのものも撤回しかありません。
さらに、原子力規制委員会は、現在日本で唯一稼働させている大飯原発3・4号機にはその「新基準」さえ適用せず、9月定期検査まで運転継続を了承しようとしているのです。「新基準」を適用すれば、防潮堤(2014年3月完成予定)・破砕帯調査中・免震施設(2015年完成予定)の大飯原発は、本来稼働申請すらできないはずです。5年の猶予期間は、安全より原発の再稼働を優先するということです。「世界一安全な基準」など嘘っぱちです。

●『国会大包囲』の日に、関電に10000人で抗議を! 大飯を止める関西総結集!
福島での小児甲状腺がんが多発する異常事態が発生しています。今後も、福島県内のみならず北関東・全国で増え続ける可能性が高くなっています。
このような危機的事態にあっても、安倍政権・関電は、原発再稼働・輸出を推進しようとしています。大飯原発を継続稼働させ、「新基準」にさえ「猶予期間」を設け他の原発の再稼働を狙っているこの時期に、はっきりと「原発はいらないすべて廃炉にせよ!」の強い市民の意志を示さなければなりません。関西電力・大飯原発を再停止させることは、すべての原発の再稼働を許さない大きな力になります。6月2日、関電前で声を上げましょう! 手作りプラカードなど、アピールするものをもって集まってください。
130602_Kanden2「月桃の花」歌舞団・エイサーです.その後寸劇もありました.ダイイン(die-in)で関電への抗議も行いました.

しかし途中で眠くなってしまいました.部屋に帰ってからフランス語の勉強しようと思っていましたが,眠くてダメでした.震災で仮設住宅に住んでいる人たちのことが気になっています.

原発事故の賠償 東電は誠実に対応せよ

 東京電力福島第1原発事故による被害者への賠償が進んでいない。

 裁判外での紛争解決を担っている政府の「原子力損害賠償紛争解決センター」は、東電の硬直的で不誠実な対応を原因の一つとして挙げる。福島県浪江町民1万人以上が先日、集団で和解仲介をセンターに申し立てた。東電は姿勢を改め、真摯(しんし)に賠償支払いに当たるべきだ。

 賠償請求に当たり、被害者は東電と直接交渉する。東電の提示をのめなかったり、賠償を拒否されたりした場合、センターに和解の仲介を申し立てられる。その交渉が決裂すれば訴訟で決着させるしかない。

 迅速、公平な解決を目指して2011年9月にセンターはスタートした。申し立ては先月10日現在約6300件で、申し立てた人は避難区域住民の1割程度だ。和解成立に至ったのは約2600件にとどまる。

 センターは約3カ月での解決を目指したが、平均約8カ月だった。当初の想定より時間がかかっている。

 弁護士らが務める仲介委員や調査官の人数不足などセンター側の事情もあった。だが、東電の対応にも原因があるとセンターは指摘する。

 センターへの回答を先延ばしするなど和解の遅延行為があったというのだ。また、直接請求と和解申し立ては両方できるが、被害者からは「センターへ申し立てをすると直接請求に応じてもらえない」「いったんセンターで和解して、その他の損害を直接請求しようとしたら拒まれた」などの苦情が相次いだ。文部科学省は今年3月、局長名で「誠意ある対応の徹底」を東電に要請した。

 賠償基準についても混乱している。文科省の審査会が賠償基準の大枠を指針で示していたが、資源エネルギー庁が昨年7月、独自の基準をまとめた。「指針を踏まえて賠償金支払いの詳細を定めた」と説明するが、被害者やセンターは東電寄りの基準と批判する。東電がこの基準に沿って申し立てに拒否回答するケースが多く、解決に時間がかかるのだ。

 公平な立場のセンターから「東電の対応は被害者いじめに見える」との声が出る現状は異常である。

 被災地では賠償を求める権利が来年3月以後、民法上の時効(3年)にかかることへの懸念も出ている。政府が今国会に提出した時効の例外を定めた特例法は成立した。だが、特例法はセンターに申し立てをしていない人を救済対象外としているので、来年3月に時効を迎える恐れが残る。特例法だけでは不十分だ。

 いまだ被害の全体像が見えない中で、申し立てに至っていない人も多い。全ての被害者が将来にわたって賠償請求ができる法的な仕組みを早急に整えるべきだ。

フランス語
フランス語の勉強?

MuさんTOEICでずたぼろ/狭山事件を推理する Vの悲劇

ブログネタ
フランス語 に参加中!
YoshidaSaori_signatureCette œuvre a émerveillé les critiques.
この作品は批評家を驚嘆させた.
L'obsecurité a favorisé la fuite des bandits.
宵闇に乗じて賊が逃走した.

土曜日はスパスパです.ランチは近くでお昼の刺身定食.ちょっと贅沢しました.
MuさんはTOEICの試験だったそうで「ずたぼろ」だったそうです.
見えにくいかもしれません.写真の左上に夢追人と書いてありますが,五輪金メダリストの吉田沙保里さんのサインです.1月に名古屋のフレンチレストランで撮影したものです.「夢追人」っていいですね.私は最近意味不明な夢を見てしまうことが多いのですが・・・
図書館に行って「狭山事件を推理する Vの悲劇」を借りてきて一気に読みました.被害者家族が「犯人が顔見知りの人でないように」と祈り続けていたとのこと(1963年6月3日女性自身).真犯人は被害者家族と知り合いでは?という推理に納得しています.

慰安婦問題、国連委が勧告 「日本の政治家が事実否定」

 【ジュネーブ=前川浩之】国連の拷問禁止委員会は31日、旧日本軍の慰安婦問題で「日本の政治家や地方の高官が事実を否定し、被害者を傷つけている」とする勧告をまとめた。橋下徹大阪市長らの最近の発言を念頭に置いたものとみられる。日本政府に対し、こうした発言に明確に反論するよう求めている。

 拷問禁止委員会は、人間の非人道的な取り扱いを禁止する条約を守っているかどうかを調べる国際人権機関。慰安婦を条約上の被害者だとしている。10人の委員が数年に1回のペースで各国を審査する仕組みで、1999年に条約を締結した日本は、5月21、22の両日、6年ぶり2回目の審査を受けた。

 勧告は、慰安婦問題について「国会議員を含む政治家や地方政府高官によって、事実を否定する発言が続いている」と批判。日本政府がただちにとるべき対応として「当局者や公的人物による事実の否定や、それによって被害者を再び傷つける行為に反論すること」をあげた。

 名指しはしていないが、審査では、慰安婦問題を取り上げた委員4人のうち3人が「慰安婦制度は必要なのは誰だってわかる」「強制連行を示す証拠はない」などとした橋下氏の発言に触れ、日本政府の見解をただしていた。

 勧告対象は、代用監獄問題など多項目にわたった。慰安婦問題では、元慰安婦に対する公的な補償や救済措置がなく、関係者の訴追が行われていないことに懸念も表明。さらに、日本政府に対し、全ての歴史の教科書に慰安婦問題を含めるよう求めた。

 審査で日本政府代表は、93年の河野談話や償い金を支給したアジア女性基金の取り組みを説明したが、橋下氏の発言には一切触れなかった。

■慰安婦をめぐる国連委の勧告(英文)

Victims of military sexual slavery

  Notwithstanding the information provided by the State party concerning some steps taken to acknowledge the abuses against victims of Japan’s military sexual slavery practices during the Second World War, the so-called “comfort women”, the Committee remains deeply concerned at the State party’s failure to meet its obligations under the Convention while addressing this matter, in particular in relation to: (arts. 1, 2, 4, 10, 14 and 16)

(a) Failure to provide adequate redress and rehabilitation to the victims. The Committee regrets that the compensation, financed by private donations rather than public funds, was insufficient and inadequate;

(b) Failure to prosecute perpetrators of such acts of torture and bring them to justice. The Committee recalls that on account of the continuous nature of the effects of torture, statutes of limitations should not be applicable as these deprive victims of the redress, compensation, and rehabilitation due to them;

(c) Concealment or failure to disclose related facts and materials;

(d) Continuing official denial of the facts and re-traumatization of the victims by high-level national and local officials and politicians, including several diet members;

(e) The failure to carry out effective educational measures to prevent gender-based breaches of the Convention, as illustrated, inter alia, by a decrease in references to this issue in school history textbooks;

(f) The State party’s rejection of several recommendations relevant to this issue, made in the context of the universal periodic review (A/HRC/22/14/Add.1, paras.147.145 et seq.), which are akin to recommendations made by the Committee (para.24) and many other UN human rights mechanisms, inter alia, the Human Rights Committee (CCPR/C/JPN/CO/5, para.22), the Committee on the Elimination of Discrimination against Women (CEDAW/C/JPN/CO/6, para.38), the Committee on Economic, Social and Cultural Rights (E/C.12/JPN/CO/3, para.26) and several special procedures’ mandate-holders of the Human Rights Council.

  Recalling its general comment No. 3, the Committee urges the State party to take immediate and effective legislative and administrative measures to find victim-centered resolution for the issues of “comfort women”, in particular, by:

(a) Publicly acknowledge legal responsibility for the crimes of sexual slavery, and prosecute and punish perpetrators with appropriate penalties;

(b) Refute attempts to deny the facts by the government authorities and public figures and to re-traumatize the victims through such repeated denials;

(c) Disclose related materials, and investigate the facts thoroughly;

(d) Recognise the victim’s right to redress, and accordingly provide them full and effective redress and reparation, including compensation, satisfaction and the means for as full rehabilitation as possible;

(e) Educate the general public about the issue and include the events in all history textbooks, as a means of preventing further violations of the State party’s obligations under the Convention.

フランス語
フランス語の勉強?
Le petit prince
On ne voit bien qu'avec le coeur. L'essentiel est invisible pour les yeux. (Le petit prince)
acces
  • 累計:

archives
commentaire
retrolien
谷口将隆 (あやのつぶやき)
大麻で逮捕
  • ライブドアブログ