フランス語の勉強?

février 2015

大阪都構想の講演会/髪を切りました

ブログネタ
フランス語 に参加中!
NHK_TV_Fr_201502

Japon: Trois adolescents arrêtés pour le meurtre d'un jeune de 13 ans
La police japonaise a arrêté vendredi trois adolescents fortement soupçonnés d'être impliqués dans le meurtre d'un enfant de 13 ans en fin de semaine dernière dans la proche banlieue de Tokyo.
Le corps battu et lacéré du jeune Ryota Uemura avait été découvert le 20 janvier près d'une rivière de Kawasaki, ville résidentielle limitrophe de Tokyo. Le jeune garçon de 13 ans avait notamment la gorge en partie tranchée.
Caméra de surveillance
Alors que ce fait divers sordide met le Japon en émoi [voir encadré], les enquêteurs explorent la piste d'adolescents, sur la base d'images tournées par une caméra de surveillance. Ces images montrent le petit Uemura se rendant vers les lieux du crime avec d'autres jeunes, lesquels sont revenus plus tard, mais sans lui.
Un premier suspect, considéré comme ≪le meneur de la bande≫, a ainsi été amené dès ce vendredi matin dans un commissariat de Kawasaki, où ses deux présumés complices l'ont rejoint plus tard. L'identité de ces jeunes, agés de 18 ans pour le premier et de 17 ans pour les deux autres, n'a pas été révélée car ils sont mineurs (la majorité au Japon est fixée à 20 ans).
≪Si ça se trouve, je vais me faire tuer≫
La police a également analysé les messages postés sur Internet via l'application Line [équivalent nippon de WhatsApp], où Ryota Uemura se confiait parfois. Le jeune homme fréquentait apparemment, depuis novembre, un groupe de lycéens qui l'auraient tabassé le mois dernier, du fait de son refus de voler pour leur compte.
Ryota avait même écrit sur Line ≪si ça se trouve, je vais me faire tuer≫ et n'allait plus au collège depuis le mois janvier. Ses professeurs auraient, en vain tenté, de contacter la famille à cinq reprises.
Tout comme Djihadi John?
Se basant sur des déclarations anonymes de ≪sources proches de la police≫ et reprenant des allégations circulant sur Internet, des médias avancent que le geste des adolescents aurait pu être inspiré par les vidéos de décapitation de l'organisation de l'Etat islamique (EI).
Selon le Mirror, les trois meurtriers présumés se seraient même plus particulièrement inspirés de Djihadi John, bourreau vêtu de noir devenu l'incarnation de la cruauté de Daesh que l'on voit dans plusieurs vidéos de décapitations d'otages occidentaux.
Le Premier ministre, Shinzo Abe, s'est dit, ce vendredi, désolé que ≪ce genre de choses n'ait pu être empêché≫. Le gouvernement va envisager des mesures de plus grande coopération entre les établissements scolaires, les instances d'aide familiale et la police.
Même si la délinquance infantile au Japon est moins importante que dans beaucoup d'autres pays riches, le pays est régulièrement secoué par des crimes atroces commis par des mineurs. Il y a un mois, une étudiante avait reconnu être coupable du meurtre à la hache d'une femme de 77 ans, justifiant son geste par ≪la simple envie de tuer quelqu'un≫. Le jour-même elle aurait envoyé un message sur internet via Twitter disant: ≪Je l'ai réellement fait≫. Et en juillet dernier, une lycéenne de 15 ans avait tué et dépecé une camarade de classe, après l'avoir frappée à la tête et étranglée. Elle avait aussi revendiqué son acte sur Internet.

週刊 ニュース深読み「脅威を食い止めるには? 過激派組織IS」
今月17日から3日間、アメリカでテロ対策を話し合う会議が開かれた。集まったのは60か国以上の閣僚級代表。会議でオバマ大統領は過激派組織ISの問題は「軍事力だけでは解決できない」と訴えた。背景にあるのは深刻化するISの脅威。有志連合による半年以上の空爆にもかかわらず、依然テロや外国人戦闘員の問題などが続いている。ISの脅威を食い止めるにはどうしたらいいのか?軍事力以外の対策とは?深読みする。
博多大吉,香坂みゆき,
田中浩一郎,三浦瑠麗,高橋祐介,
小野文恵,高井正智ほか


大阪都構想の講演会に行きました.でもよくわかりませんでした.
夕方髪を切りました.
Shさんがイタリアでワイン美味しかったというメールを送ってきました.それでワイン飲みたくなってしまって少し飲みました.

防犯カメラ 仙台・南町通に32台設置
 仙台市中心部の目抜き通りの一つ、南町通(青葉区)に防犯カメラ約30台が設置され、28日に運用が始まる。通り全体にカメラを取り付ける試みは仙台市内では珍しいという。地元の商店会は「防犯カメラによる犯罪抑止効果に期待したい」と話している。
 沿道に立地する商店や企業などでつくる仙台駅前南町通親和会(五十嵐善正会長)が国の補助事業などを活用して整備を進めてきた。愛宕上杉通との交差点〜国分町通の約760メートルに32台を設置する。総工事費は約2500万円。
 工事を請け負った「システムズ」(若林区)によると、32台のカメラで通りの様子はほぼ全て撮影できる。プライバシー侵害などを懸念する声もあることから、常時監視はしない。映像は1週間ほど保存し、古い映像から自動消去する。事件や事故が起きた場合、県警の要請に基づき映像を提供する。
 28日に親和会や仙台中央署などの関係者が集まり、運用開始式を行う。
 親和会の事務局で、斎藤コロタイプ印刷の中村昌嗣総務課長(52)は「南町通のセキュリティーはかなり高まるはず。快適に過ごせる通りであることを多くの人に発信したい」と話している。


宮城学院女子大 「閖上プロジェクト」開始
 宮城学院女子大(仙台市)は新年度、東日本大震災で被災した名取市閖上地区の復興に向けて、同市と連携した支援活動「閖上プロジェクト」を開始する。学生が住民と触れ合いながら地域の歴史や文化に根差した活動を展開し、まちづくりをソフト面から支える取り組みだ。
 プロジェクトでは、同大の10学科が「食文化の継承」(食品栄養学科)「コンサート」(音楽科)「教育」(児童教育学科)といった、それぞれの研究分野を生かして活動する。
 プロジェクトを担当する大橋智樹教授は「住民の関心やニーズを踏まえ、最終的に復興に役立つプロジェクトにしたい。学生にとっても地域と関わり合いながら学びを深める貴重なフィールドになる」と話す。
 既に年明けからは準備段階として、心理行動科学科の1〜3年生9人がゼミの枠組みを超えて集まっている。閖上の歴史、文化、産業、震災時の状況などを多くの文献や行政資料から分析し、パネルにまとめた。今月22日に仙台市青葉区のアエルで開いた研究発表会で披露した。
 2年の蝦名ともみさん(20)は、祖母が閖上で津波に遭い、自身も多賀城市で被災した。「資料を調べながら震災を思い出して苦しくもなったけれど、祖母たちが安心して住める街につながるよう、少しでも力になりたい」と話した。
 市は閖上の現地再建を目指すが、コミュニティーの維持、地域文化の継承がまちづくりの課題となる。石塚昌志副市長は「閖上再建には、歴史や文化といったソフト面を引き継ぐことが大切になる。学生の目で地域の魅力を掘り起こしてもらいたい」と期待を込めた。


福島第1原発:「重大な裏切り」体制見直し要求 汚染水漏れで全漁連
 東京電力福島第1原発の排水路から汚染水が外洋に流出していたのを把握しながら、東電が約10カ月間公表しなかったことについて、原子力規制委員会や全国漁業協同組合連合会(全漁連)は27日、「信頼関係が失われた」「重大な裏切り行為だ」などと批判し、抜本的な体制の見直しを求めた。

 東電の広瀬直己社長は27日、規制委の臨時会に出席した。田中俊一委員長は「深刻に反省しないといけない」と述べ、更田(ふけた)豊志委員長代理も「事実関係を伏せていては困る。規制当局との信頼関係に大きな傷を残した」と批判した。

 広瀬社長は「信頼関係が壊れるのは簡単だが、積み上げるのは時間がかかる。しっかりやりたい」と釈明に追われた。

 全漁連の岸宏会長は同日、宮沢洋一経済産業相と経産省で会談。岸会長は「全国の漁業者、国民への重大な裏切り行為だ。東電への信頼は全て失われた」と厳しく批判した。宮沢経産相は「東電をしっかり指導監督する」と応じた。【鳥井真平】

フランス語
フランス語の勉強?

冬の恋人の日/御嶽山噴火5カ月

ブログネタ
フランス語 に参加中!
tummy2

Japon : plusieurs ministres menacés par des révélations financières
Alors que le ministre japonais de l'Agriculture a du démissionner en début de semaine, les ministres de l'Éducation, de l'Environnement et de la Justice du gouvernement de Shinzo Abe font face à des révélations concernant leur financement politique.
De nouveaux scandales financiers en perspectives pour le Japon ? Trois ministres du gouvernement japonais de Shinzo Abe se trouvaient sur la sellette vendredi 27 février, soupçonnés par la presse d'irrégularités de financement politique, après déjà la démission lundi, pour une raison similaire, du détenteur du portefeuille de l'Agriculture.
Le ministre de l'Education, Hakubun Shimomura, est forcé de se défendre face à des accusations de fonds recueillis pour son compte par des organisations qui ne sont pas officiellement enregistrées comme participant à son financement. L'homme nie que ces groupes œuvrent pour lui et assure n'avoir pas perçu d'argent de leur part, contrairement à des informations données par un hebdomadaire japonais.
Des dons mineurs dont les ministres nient avoir eu connaissance
Par ailleurs, le quotidien Asahi Shimbun affirme vendredi matin en Une que le ministre de l'Environnement, Yoshio Mochizuki, a pour sa part perçu des fonds d'une entreprise de logistique qui s'était vu allouer des subventions publiques moins d'un an auparavant, ce que proscrit la loi. La somme avancée est de 1,4 million de yens (un peu moins de 10.000 euros). Quant à la ministre de la Justice, Yoko Kamikawa, elle se voit reprocher le même type de versement de la part de la même société de la préfecture de Shizuoka (sud), de 600.000 yens, mais nie comme son collègue qu'il y ait illégalité.
Le porte-parole du gouvernement, Yoshihide Suga, a indiqué vendredi matin qu'il ne "pensait pas que ces cas posent problème du point de vue légal, puisque les deux ministres ont affirmé ne pas avoir eu connaissance de ces dons".
Plusieurs précédents au cours des six derniers mois
En début de semaine, le ministre de l'Agriculture, Koya Nishikawa, qui a démissionné en début de semaine pour une affaire du même acabit. Il avait reconnu avoir reçu un don d'un million de yens (7.400 euros) d'une compagnie dirigée par un groupe réunissant divers fabricants de sucre, auquel le ministère avait accordé quelques mois plus tôt une allocation d'un montant de 1,3 milliard de yens.
Le renoncement de ce ministre a été le seul pour le moment parmi les membres du gouvernement nommé en décembre, mais déjà deux détentrices de portefeuilles (Justice et Industrie) dans le précédent exécutif avaient dû jeter l'éponge à cause là aussi de mauvais usage d'argent.
Lors du premier mandat de Shinzo Abe à la tête du pays, entre septembre 2006 et septembre 2007, il avait dû affronter plusieurs départs de ministres sur fond de scandales financiers. L'un deux s'était même suicidé et Shinzo Abe avait aussi choisi de partir au bout d'un an.

恋する理由 私の好きなパリジェンヌの生き方
滝川 クリステル
講談社
2011-04-15


滝川クリステルさん初エッセイ!!
カラー48P付き
フランス女性の生き方をヒントにすれば、私たちはもっと輝けるはず。

ドレス一枚と愛ひとつ。
結婚しても、子供がいても、
いくつになってもオンナであることを忘れないフランス女性。
お金を使わなくても心は豊か。
彼女たちが教えてくれる、シンプルスタイル。
・「見られる」より「触れられる」美容
・デコルテオーラ
・「おひとりさま」より「おふたりさま」
・人生は自分でオーガナイズするもの
・私たちはモノを持ちすぎ?――ほか

(著者より)
本書は、フランスと日本のダブルアイデンティティとして生まれた自分自身の人生観や、パリに暮らすフランス女性たちの自由な生き方を知ってもらうことで、ルールを大切にする日本女性の悩みや迷いを解決するきっかけになればという思いで執筆させていただきました。
そして、少しだけ気持ちに「ゆとり」ができて、女性として生まれてきたことを、心の底から楽しんでいただければ嬉しく思います。
私のおしゃれ術やデコルテ美容、オーガニックなパリ案内もお楽しみください。


ネットラジオを聴いていると,今日は冬の恋人の日,ということでなんだかいい気分です.
でも御嶽山噴火から5カ月の日でもあります.
Shさんからメール.フィレンツェでビステッカ・アッラ・フィオレンティーナBistecca alla Fiorentinaを食べておいしかったそうです.フランス語だとBifteck à la florentineです.

津波被災地 自主再建加速でスプロール化進む
 東日本大震災の津波被災地で被災者が個別に住宅を再建する動きが広がった結果、既存市街地への集積が進む地域がある一方、広範囲への住宅拡散で街が低密度化している例があることが、神戸大と名城大の共同調査で確認された。人口減少が進む被災自治体にとって低密度化は将来的な重い課題となるため、研究チームは今後の大規模災害に向けて市街地形成の誘導策などを検討する必要性を指摘している。
 岩手、宮城両県の9市町を対象に、近藤民代神戸大大学院准教授と柄谷友香名城大大学院准教授が、被災者の自主再建が市街地形成に及ぼす影響を分析した。
 被災地では、防災集団移転促進事業や大規模なかさ上げを伴う土地区画整理事業の遅れから、被災者が事業に参加せず新たな土地で住宅を再建する動きが加速している。震災後に9市町で着工された住宅など建物約2500棟の分布を特定し、市街地の変容を調べた。
 違いが顕著なのは、陸前高田市と東松島市(地図)。東松島市は駅や商業施設の周辺など既存宅地に新たな建物が差し込まれているのに対し、中心部が壊滅的な被害を受けた陸前高田市は高台などに住宅が拡散し、スプロール化が進む。
 過疎と少子高齢化が同時進行する被災地にとって、市街地の低密度化はインフラ整備や維持コストのさらなる増大に直結する。コミュニティー維持や近隣との交流が困難になる懸念もある。
 近藤准教授は「早期の生活再建を目指す被災者のスピードに、行政サイドの対応が追い付いていない。今後、地域づくりの再構築を迫られる恐れがある」と指摘する。
 民間賃貸住宅の少ない地方が被災した場合、住まいの選択肢は公営住宅などに限られる。南海トラフ巨大地震などの災害に備え、近藤准教授は「住宅を自力再建する被災者への支援強化を軸にした対策を整備し、市街地形成への誘導などを検討する必要がある」と話す。


<祈りと震災>(19)それで心満ちるなら
 「実はね…」。東日本大震災で失った大切な人への情愛や癒えない喪失感が、仮設住宅の一室や集会所の片隅で静かに語られる。
 浄土真宗本願寺派の僧侶金沢豊さん(34)は京都市から毎月、岩手県南を中心に被災地に通う。仮設を訪ね、ひたすら傾聴する。

 2011年秋から1000軒ほどを訪ね、約200軒の被災者と話をした。時に打ち明けられるのは超自然的な現象や幽霊話だ。
 「金縛りで目覚めると、そばに誰かの顔がある」
 「津波で亡くした妹にずっと見られている」
 「知人と擦れ違いざまに『私、本当は死んでないの』と言われた。後日、行方不明だと知った」
 除霊を頼まれたことがある。それで解決できるとは思わないが、幽霊と会ったという人には見えているのだと金沢さんは考える。
 「気持ちが揺さぶられたりするわけだから。自分の考えや価値判断は一切持ち出さず受け止める」
 仏教の死生観には輪廻転生(りんねてんしょう)があり、僧侶は往生や成仏を説く。そこには幽霊や霊魂の話は実はなじまない。
 でも目撃談を語ってくれる人の表情は印象的だ。怖がるのではなく、慈しむよう。「頭がおかしくなったって思われるから、あんまり他人には言えねえんだ」。そんな諦めに似た声も聞いた。
 「死者の声を封じ込めてはいけない。亡き人の存在を縁(よすが)として生きる、残された人たちの言葉を聞く」。少しでも心をほぐせればと玄関のベルを鳴らす。

 12年7月、気仙沼市で震災犠牲者を供養する「海施食(うみせじき)」が営まれた。
 曹洞宗の気仙沼地域の教区長で補陀寺住職の千葉裕一さん(65)らが呼び掛け、市内の他宗派の僧侶も一緒に読経した。
 震災から1年4カ月。節目というわけではない。行方不明者も多いままで家族が精神的に極限状態に追い込まれているとみて、海に向かっての慰霊を思い立った。
 千葉さんは振り返る。「幽霊が見えるとか、亡くなった人の声がするから弔ってという話が、震災から1年が近づくにつれ、日に日に増えていった」
 多くの命を奪った海は、恵みの海でもある。自然や神仏を畏れ敬い、日常が死者と共にある気持ちが、東北には根付いていると感じる。「そうした精神性が、さまざまな形となって人々の前に現れるのだろう」と千葉さんは言う。
 悲しみのうずめ方はそれぞれにある。生と死の姿に触れる宗教者は、寄る辺ない人々の声に耳をそばだてる。


仙台−石巻間 最速52分 JR、5月30日改正 東北線経由14往復
 JR東日本仙台支社は26日、5月30日のダイヤ改正を公表した。東日本大震災で甚大な被害を受けた仙石線が全線で運転を再開し、東北線に乗り入れる「仙石東北ライン」の運行が開始される。注目されていた仙石東北ラインの運転本数は上下各14本で、うち上下1本ずつ運転される最速の特別快速は仙台−石巻間を52分で結ぶ。列車の時刻は後日発表される。

 仙石線は震災の影響で運転を見合わせていた高城町−陸前小野間を再開し、あおば通−石巻間の全線で運行する。運転本数は震災前と同じ下り33本、上り33本となる。

 あおば通−高城町間で現在運転している快速列車を各駅停車に見直し、発車時刻を分かりやすく、利用しやすいように設定した。

 仙石東北ラインは、東北線塩釜−松島間と仙石線松島海岸−高城町間に接続線を設けた。特別快速で仙台−石巻間の52分は震災前の最速列車と比べ、下りが12分、上りが11分短縮される。

 特別快速は塩釜、高城町、矢本に停車する。快速の停車は2パターンで、塩釜、高城町、野蒜、陸前小野、矢本、陸前赤井、蛇田、陸前山下に止まるのは下り7本、上り6本。東仙台、岩切、陸前山王、国府多賀城などに停車するのは下り6本、上り7本が運転される。

 仙石線の全線再開に伴い、現在小牛田経由で運転している仙台−石巻間の直通快速列車の運行は全て終了する。


スキー客も避難訓練 噴火5カ月 御嶽山麓のスキー場
 昨年9月の御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)噴火災害から5カ月を迎えた27日、前日開業したばかりの木曽郡王滝村のスキー場「おんたけ2240」で噴火を想定した避難誘導訓練が行われ、約300人のスキー・スノーボード客が参加した。噴火時刻の午前11時52分には、スタッフらが山頂に向かって黙とうし、安全にシーズンを乗り切ることを誓った。

 訓練は午前10時ごろに始まった。村から電話やファクスで噴火の一報を受けた運営会社の御嶽リゾートは、無線などで約60人のスタッフに情報を伝達。同時に場内に「御嶽山に噴石を伴う火山活動が確認された」などと放送すると、利用客は最寄りの避難施設に一斉に避難した。

 ゲレンデ内の食堂施設には約50人が駆け込んだ。愛知県豊田市の大学生新里一樹さん(21)は「事前に訓練があるとは聞いていたが、実際にサイレンが鳴るとびっくりした。ただ、訓練は安心につながる」と話した。

 スタッフがゲレンデ内に誰もいないことを確認し、訓練は14分で終了。12カ所に設定した避難施設の場所が分かりにくいといった声もあったといい、今後、各施設に看板の設置を進める。

 同社総支配人の栗屋文則さん(60)は噴火時刻に事務所内で黙とうした。「噴火はだんだん風化していくが、山頂付近にはまだ残された人もいる。私たちは(噴火を)忘れないようにし、お客さんや従業員にも注意喚起したい」と話していた。


汚染水流出/情報公開の感覚が鈍すぎる
 これではとても、信用や信頼の関係は成り立ち得ない。
 東京電力福島第1原発で、汚染水が外洋に流出していた事実が新たに明らかになった。
 しかも、事態を1年近く前に把握していながら公表しておらず、地元は東電に対して「背信行為」と反発を強めている。
 環境への影響について、政府は「法令で定めた放射性物質濃度に比べて十分に低い数字」と努めて安全を強調する。東電も既に外洋流出対策に乗りだしたとしているが、そういう次元の問題ではあるまい。
 事故そのものにしても、あるいはその後の汚染水対策にしても、何が起きているのかが分からない不安感にこそ、原発問題の焦点はある。分かっていながら放置していたとなれば、その不安感はさらに膨らむ。
 汚染水対策からスタートした数十年にも及ぶ廃炉工程を滞りなく進めるためには、地元や国民と情報を共有することが何よりも肝心ではないのか。
 今回の事態を軽視することは許されない。東電も政府も、情報公開の在り方を根本から問い直してほしい。
 東電は発表が遅れた理由を「原因を究明し対策も整えてからと考えた」と説明した。2号機屋上にたまった汚染雨水が流れ込む排水路が外洋に通じていることを、責任者自身が認識していなかった、とも釈明した。
 汚染水をめぐって東電はこれまでにも、放射性物質の検出結果や汚染水流出の公表を怠る不手際を繰り返してきた。
 情報公開の感覚の鈍さと社内の情報共有の甘さがまるで改善されていないことが分かる。
 原発建屋周辺の井戸から地下水をくみ上げて浄化後に海に流すサブドレン計画について、福島県漁連との交渉が大詰めを迎える中で、「情報隠し」と受け止められる事態は起きた。
 汚染水の元となる地下水の流入を大幅に抑える要の対策だったが、信頼関係が崩れたことで計画の停滞は必至になる。
 多核種除去設備(ALPS)による処理後の海洋放出、凍土遮水壁建造による地下水流入抑止なども含めた汚染水処理対策全体への影響は避けられず、廃炉工程の不透明感は増した。
 不信を招いたツケはあまりに重い。問われている隠蔽(いんぺい)体質を改める覚悟と道筋、情報公開徹底の手順を作り直し、誠意を持って県漁連との交渉をやり直す以外に、事態打開の道はないと知るべきだ。
 政府の責任も大きい。汚染水対策では、そもそも東京五輪招致を背景として、政府が汚染水処理の加速を求め、東電が本年度末までの浄化処理終了の目標を表明した経緯がある。
 東電はALPSのトラブルなどを受け、ことし1月に目標達成を断念した。5月にずれ込む見通しを示したが、それも実現は困難とみられている。
 「状況はコントロールされている」と安倍晋三首相が大見えを切った後も、現場では停滞と混乱が続く。不透明感を拭う努力は政府にこそ求められる。

フランス語
フランス語の勉強?

うれしい返事/「パリジェンヌのつくりかた」がおもしろい

ブログネタ
フランス語 に参加中!
Γυναίκα3

Le prince William en visite au Japon, sans Kate Middleton !
Kate Middleton ne fait pas le voyage au Japon avec son duc de mari, à deux mois du terme de sa deuxième grossesse, Buckhingham Palace n'a pas pris de risques, en raison de la longueur du voyage.

Le prince William est arrivé ce jeudi au Japon pour sa première visite dans un pays très attaché à la famille royale britannique. Un déplacement de quatre jours qu'il effectue sans son épouse Kate, enceinte de leur deuxième enfant.
La dernière sortie publique de Kate Middleton date du 18 février dernier, où elle s'est déplacée dans un centre pour enfants. Mais la belle duchesse de Cambridge, qui doit accoucher en avril, n'est pas pour autant cloîtrée. Sa prochaine sortie est prévue pour le 11 mars à la Turner Contemporary Art Gallery de Margate dans le Kent.
Au programme du séjour du Prince William, une cérémonie du thé dans un jardin japonais jeudi, avant une rencontre vendredi avec l'empereur Akihito et l'impératrice Michiko au Palais impérial et une ≪conférence destinée à vanter l'innovation britannique≫.

William, 32 ans, père du petit George et deuxième dans l'ordre de succession au trone après son père Charles, quittera ensuite la mégapole tokyoïte pour gagner la région dévastée par le séisme et le tsunami du 11 mars 2011, dans le nord-est du pays. Le prince a prévu de se rendre dans une aire de jeux pour enfants dans la préfecture de Fukushima, qui abrite la centrale mise en péril par la catastrophe il y a quatre ans. Le duc de Cambridge représente sa grand-mère, la reine Elizabeth II, qui, à 88 ans, délègue de plus en plus ses voyages à l'étranger, ainsi que le prince Charles dont la dernière visite au Japon remonte à 2008. L'archipel nourrissait une affection particulière pour la princesse Diana, dont le sourire et la spontanéité avaient séduit les Japonais au cours de ses trois visites en 1986, 1990 et 1995.

A son dernier voyage officiel, en décembre aux Etats-Unis, William était accompagné de Kate. Dimanche, il s'envolera pour Pékin, dans l'espoir de réchauffer les relations diplomatiques entre les deux pays. Proche du dalaï lama, le prince Charles ne s'est jamais rendu en Chine et avait qualifié un jour les leaders chinois ≪d'épouvantables personnages de cire≫ dans un de ses carnets dans les médias s'étaient fait l'écho.

パリジェンヌのつくりかた
カロリーヌ・ド・メグレ
早川書房
2014-11-21


ランコムの新ミューズ、カロリーヌと親友たちが贈る! カラー写真満載、パリ好きのための新バイブル

独特の物憂げな雰囲気。
無造作だけどスタイリッシュな装い。
自己主張が強く、自由気ままな気質――。
世界があこがれるパリジェンヌの掟とは?
必須のファッションアイテムは? 恋愛ルールは?
結婚や子育てのこだわりは? 必読本やオススメの店は?
パリで生まれ育った女性4人が明かすパリジェンヌの素顔に、誰もが恋する!

パリジェンヌの秘密を大公開!
●「ナチュラルな美しさ」を手に入れるために、こっそり努力していることって?
●リアルパリジェンヌになれるファッションブランドって?
●必ず喜ばれるプレゼントを見つけたいとき、とりあえず行ってみるショップは?
●部屋をおしゃれに見せるパリジェンヌ流「光の演出」って?
●パリジェンヌの本棚にそろっている本は?
●いつでも自由でいたいから、結婚という形にはこだわらない。でも本心は……?
●子供が生まれても決して“女"を捨てない、パリの母親たちの流儀とは?

パリジェンヌの掟
*「いまの自分の顔」を最大限利用する。必要以上に作りこまない。
*美しくなりたければ、美術館や映画館、劇場へ足を運ぶべし。
*靴は、ぺったんこかハイヒールのどちらか。中途半端なんてイヤ。
*いつでも準備万端でいるべし。「アヴァンチュール」はすぐそこまで来ているから。


うれしい返事をもらいました.でもまだこれからです.
図書館から借りた「パリジェンヌのつくりかた」がおもしろいです.

復興さんさん3周年 南三陸の仮設商店街で市
 南三陸町志津川の仮設商店街「南三陸さんさん商店街」の3周年を盛り上げようと、同町恒例の「福興市」が22日、同商店街の隣接地で開かれた。
 今回の福興市は「志津川湾牡蠣(かき)まつり」と銘打ち、旬のカキやワカメを中心に農産物や加工品が並んだ。
 商店街の飲食店では限定のカキ料理が人気を集め、隣接のポータルセンターでは町内の工芸作家らが「手作り市(まるしぇ)」を開いた。
 商店街の初代組合長だった及川善祐さんは「3年間、全国のたくさんのお客さんに支えられ感謝している。ことしに入って入り込み数が減っているが、新しい取り組みに努め、来年12月に予定する本設商店街への移行に向けて頑張りたい」と話した。


東日本大震災:来月で4年 記録映像やドラマ、各局が多彩な特番 NHKはドキュメンタリー7本予定
 東日本大震災の発生からまもなく4年。NHKと民放各局は被災地の「今」や防災をテーマにした特別番組を放送する。

 NHKは、ドキュメンタリーやドラマなど多彩な番組を予定している。NHKスペシャルでは3月1日午後9時放送「史上最大の救出〜震災・緊急消防援助隊の記録〜」を皮切りに、3月中に7本のドキュメンタリーを予定している。4年間の継続取材が光るのは7日午後9時放送「“帰還”の村4年目の記録」(仮題)。原発事故で全住民が避難した福島県川内村が直面する課題をリポートする。

 また防災・減災の知恵を得るなら3月7日午後5時「いつか来る日のために」。同10日午後10時放送のドラマ「LIVE!LOVE!SING!生きて愛して歌うこと」は福島で被災して神戸に移り住んだ女子高校生が主人公。阪神大震災の被災者に「原発事故に比べればちゃらい(軽い)」と毒づく生々しさが印象的だ。

 日本テレビは被災した東北3県の地元系列局が制作した「夢に描くキセキ 3・11を乗り越えて」を3月7日午後3時25分から放送。各県でスポーツなどに打ち込む子供たちを描く。毎週月曜午前0時50分から放送の「NNNドキュメント」でも同月2、9日の2週にわたって被災地の現状を伝える。

 TBSは、2月28日と3月7日の午後5時半からの「報道特集」で、被災地が抱える課題を見つめる。また3月8日午前8時放送の「サンデーモーニング」ではレギュラーコーナーを短縮し、1時間にわたって震災を特集する予定だ。さらに震災発生日の3月11日午後1時55分からは一部地域を除いて報道特別番組を放送する。 

 フジテレビは特別番組「わ・す・れ・な・い−巨大津波から逃げる−『秒との闘い』映像全記録〜運命を切り開く“時間”〜」を3月7日午後3時35分から一部地域を除いて放送。自然災害の脅威を見せつけた津波映像を検証し「生死を分けた判断」を考える。11日午後2時には「震災と原発と日本の覚悟」を、福島県内の特設スタジオから生放送。キャスターの安藤優子らが原発をめぐる問題を取材する。

 テレビ朝日は3月11日の「モーニングバード!」を午前10時30分まで延長し、関連特集を放送する。

 テレビ東京は、被災したスパリゾートハワイアンズ(福島県いわき市)のフラガールの実話を基にしたドラマ「フラガールと犬のチョコ」を3月11日午後9時から放送する。【望月麻紀、須藤唯哉】


東日本大震災:福島第1原発事故 原発ADR、「就労不能」対象外で和解 南相馬の農協、従業員に2723万円
 ◇「実際の損害を重視」

 福島第1原発事故の影響で仕事の収入を失う「就労不能損害」の賠償を巡る国の原子力損害賠償紛争解決センターの和解仲介手続き(原発ADR)で、東京電力が指針で対象外とした「そうま農協」(福島県南相馬市)の従業員79人に計約2723万円を支払う内容の和解が成立したことが25日、関係者への取材で分かった。原発賠償問題に詳しい秋山直人弁護士は「東電の形式的な線引きではなく、実際に損害が出ていることを重視した」と評価する。【土江洋範】

 関係者によると、同農協の営業範囲は南相馬市、飯舘村、相馬市、新地町の4市町村。同原発事故で業績が悪化し、2011年春〜13年春のボーナス計7回分を減額せざるを得なかった。

 そのため、当時の全従業員405人が東電に賠償請求したところ、東電は避難指示などが出ていない相馬市と新地町に住み、両市町の事業所に勤務していた従業員79人については「対象外」として支払いを拒否した。79人は「同じ雇用条件なのに、配属先で差が出るのはおかしい」として13年11月にADRを申し立てた。

 ADRでは、センターの仲介委員が東電に賠償金を支払うよう求める和解案を提示。東電は「センターは原発事故の影響を大きく受けた農協に勤務していたという特殊事情を考慮したものと理解する」として今年1月に受諾した。

 秋山弁護士は「今後、営業範囲が対象区域の内外にまたがる企業に勤めていれば、区域外でも賠償が認められる可能性が出てきた」と今回の和解の波及効果に言及した。

 対象区域外の就労不能損害賠償に関して、東電福島広報部は「他にもADRで和解した事例はあるが、内容は申し上げられない」とコメントした。

==============

 ■ことば
 ◇就労不能損害賠償

 福島第1原発事故に伴い、避難や勤め先の廃業などによって働くことが困難となり、収入が減ったり失業状態となったりした労働者に対し減収分を補填(ほてん)する。対象は(1)避難区域(2)同原発から20〜30キロ圏内の旧・緊急時避難準備区域(3)30キロ圏内で屋内退避を指示されたいわき市北部と、市が独自で避難を要請した南相馬市の一部−−で13市町村にまたがる。東電は今年1月末までに総額約2216億円を賠償している。


福島第1原発:汚染水外洋流出 福島漁連「信頼崩れた」 地下水放出、当面の同意見送り
 東京電力が福島第1原発の排水路から汚染水が外洋流出しているのを把握しながら約10カ月間公表しなかった問題で、福島県漁連(野崎哲会長)は25日の組合長会議で東電に「情報隠しであり、信頼関係は崩れた」との見解を伝えた。県漁連はこの日、汚染地下水を浄化後に海洋放出する「サブドレン(井戸)計画」承認に向け意見集約する予定だったが、問題発覚を受け、納得できる説明があるまで計画を容認しない方針も示した。【栗田慎一、岡田英】

 組合長会議は同県いわき市で開かれ、相馬双葉漁協やいわき市漁協の幹部らが出席。東電から説明を受けた。東電福島復興本社の新妻常正・副代表らは、昨年4月以降に第1原発の港湾外につながっている原子炉建屋西側の排水路で放射性物質濃度の上昇が確認されていたことを説明。漁協幹部からは「なぜ公表しなかったのか」との批判が集中した。新妻副代表は「(公表より)原因究明を優先してしまった。漁業者には報告しなければならなかったと反省している」と陳謝した。

 相馬双葉漁協の佐藤弘行組合長は「汚染水問題の解決には信頼関係が最重要だとの考えでやってきた。その前提が崩れてしまったことで、漁業者はサブドレン計画に納得しないだろう」と述べた。

 福島県の内堀雅雄知事も25日、「県民に不安を与え、情報の速やかな公表もされなかったのは極めて遺憾」と東電の対応を批判。県は27日に原発の周辺市町村や有識者を交えた協議会で現地調査する方針を決めた。

 東電によると、汚染水は2号機の原子炉建屋の屋上に降雨時にたまり、排水路を通じて外洋に流れていた。東電は、水をポンプでくみ上げ、港湾内に通じる別の排水路に移送することを検討する。
 ◇廃炉、停滞する重要工程

 今回、汚染された雨水が外洋に流出した東京電力福島第1原発の排水路では昨年1月にも放射性物質の放出限度超えが見つかり、原子力規制委員会が対策を指示していた。しかし東電はこの間、排水路の付け替えなどの対策を取らず、放射性物質濃度の情報も公開していなかった。規制委の田中俊一委員長は25日の定例記者会見で「環境に影響するようなことがあれば速やかに発表されるべきだ」と批判した。

 今回の公表遅れで、原子炉建屋周辺のサブドレンから地下水をくみ上げて浄化し海へ放出する計画が、実施を目前にして窮地に追い込まれた。当面の廃炉工程の中でも重要な汚染水低減が停滞するのは確実だ。

 原発の地下には1日約350トンの地下水が流入して溶けた燃料に触れ汚染水になっているが、サブドレンを使うと地下水を最大約200トン減らせる。東電は昨年8月に地元漁協などに計画を説明して試験的にくみ上げを開始。今年1月には規制委が海洋放出の計画を認可し、残るは地元漁協の同意だけだった。

 東電は別の汚染水対策として、凍土遮水壁も計画する。しかし世界初の工事で難航も予想され、実現性を危ぶむ声もある。【酒造唯】

フランス語
フランス語の勉強?

入学祝袋/筆跡診断のりるもさん

ブログネタ
フランス語 に参加中!
courgette3

Teenie Weenie Boppie

Teenie Weenie Boppie
A pris du LSD
Un sucre et la voici
Au bord de la folie

Une Rolls la frôle de son aile
Un prince du rock est au volant
Il lui fait signe agitant vers elle
Ses fines dentelles et ses volants

Teenie Weenie Boppie
A pris du LSD
Un sucre et la voici
À terre évanouie

Un grand garçon en habit sudiste
Lui tend ses deux mains gantées de blanc
À son doigt une mauve améthyste
En la griffant s'est teintée de blanc

Teenie Weenie Boppie
A pris du LSD
Un sucre et la voici
Déjà à l'agonie

Que sont ces fleurs aux couleurs exquises
Qui dérivent au fil du courant
C'est Mike Jagger qui dans la Tamise
S'est noyé dans ses beaux vêtements

Teenie Weenie Boppie
Est morte dans la nuit
De quoi, mais d'avoir pris
Une dose de LSD

ちょっと気持ちが不安定です.
それはともかく,入学祝袋を買いに行きました.梅田まで行かねばならないかな・・・
と思っていたのですが,近くの商店街でも売っていてよかった.
夕方は筆跡診断の講演会に行きました.
山上りるもさんです.
あまり期待していなかったのですが,実に面白いです.
自分に当てはめると,向上心があって粘り強く協調型だけど自分に甘い.
割と当たっている気がします.

ギャルからサブカルへ 仙台駅前西口ビル転換
 仙台市青葉区のJR仙台駅西口の商業ビル「イービーンズ」が、15年ぶりにイメージチェンジした。テナントの主流をギャル向け衣料中心から、アニメや漫画といったサブカルチャー関連中心に転換。商業施設の新設、改装の動きが相次ぐ駅周辺で独自色を鮮明にした。他の商業施設は新たな客層を取り込む好機と捉え、動向を注視する。

<開店前に1000人>
 東北最大級の売り場面積を誇るアニメイト仙台など、イービーンズ周辺にあったアニメ関連専門店3店が1月24日、7、8階に入った。
 開店式典で、アニメイト(東京)の阪下実社長は「(駅から)雨にぬれずに来られる。イベントスペースも新設し、素晴らしい店と自負している」と話した。午前10時の開店に並んだ客は1000人。11時前には入店まで2、3時間待ちとなり、「初売り以外で、これほど並ぶのは珍しい」とビル関係者は驚いた。
 客の評判も「店が1カ所にあって、一日楽しめる」など、上々だ。
 今月3日には、8階にアニメとメニューを連動させるアニメイトカフェが開店。第1弾は仙台が舞台となったアニメ「ハイキュー!!」で、地元のファンを引きつける。
 イービーンズを運営するエンドーチェーンの担当者は「アニメや漫画への高い関心は無視できない。全体の売上高も伸びている」と明かす。

<周辺 動向注視>
 同社は周辺のアニメなど専門店に客が並ぶ動きを見て、路線変更を検討。ファッション関連商業施設の競争激化も考慮した。昨夏のアニメの催事が好評でかじを切った。
 昨秋、17年間入居していたジュンク堂書店仙台本店が閉店。1999年から中核を担ってきた渋谷系ファッションは主に2階に集めた。パソコンなど販売のソフマップ仙台駅前店が11月に出店し、流れを決定づけた。
 劇的な変化に周辺の商業施設は注目する。漫画やアニメ関連商品を扱う「文教堂JOY」が昨年10月、7階に入った仙台ロフトは、イービーンズに近い南側入り口の来店客が増えた。五十嵐和彦館長は「相乗効果で駅西口の活性化につなげたい」と歓迎する。
 イービーンズ北側には、パルコ新館が16年春の開業を予定。パルコ(東京)は「12月の地下鉄東西線開業を控え、中心地が仙台駅に動いている。どのような商品があれば支持されるかを検討中」と説明し、駅周辺全体の動きを注目する。


東日本大震災:16カ国から雄勝取材 津波被害を聞き取り 海外の記者、教訓学ぶ /宮城
 世界16カ国のジャーナリストが24日、東日本大震災により大きな被害を受けた石巻市雄勝町を訪れ、津波で家族を亡くした語り部の佐藤麻紀さん(43)に当時の状況を聞きながら、震災の教訓を取材した。【百武信幸】

 訪れたのは、インドネシアやフィリピン、パキスタン、チリなど、自然災害が多いアジア・中南米の新聞・テレビ記者16人。国際協力機構(JICA)の招きで今月15日に来日し、阪神大震災発生から丸20年を迎えた神戸市を訪問し、復興状況を取材。23日に県内に入り、仙台市、南三陸町も訪れた。

 佐藤さんは、町内の自宅と実家が津波で全壊し、雄勝病院にいた祖母と迎えに行った母が、病院の屋根を越える津波にのまれ亡くなった。佐藤さんは病院跡地や、子ども2人が通っていた雄勝小の跡地を案内し「小学校へ迎えに行くか、病院に行くか迷ったが、『母親の仕事をしなさい』という母の声が聞こえた気がして『お母さん、ごめんね』と言いながらハンドルを切った」と涙ながらに話した。

 佐藤さんは「同じ思いを誰にもしてほしくない。家族や友達を守るためにはどうしたらいいかを考える第一歩として、皆さんの力で広く伝えてほしい」と訴えた。

 インドネシアの新聞社の男性編集者は「10年前にスマトラ沖地震があり、減災のために同じ被災地の両国が協力しながら学んでいくことが大事だと思った」と話した。


震災犠牲者 生前写真活用で身元判明 
◎女川の当時66歳女性
 東日本大震災の身元不明犠牲者の特定を進めている宮城県警は24日、不明者の生前写真を活用した新手法で新たに1人の身元が判明したと発表した。新しい手法での身元特定は初めてで、県内で見つかった身元不明者は残り19人となった。
 身元が判明したのは、同県女川町清水町、海産物加工販売業、阿部ゆき子さん=当時(66)=。遺体写真を拡大するなどして、額の左側に約3センチの傷痕や左ほおにほくろが二つあるのを見つけた。生前写真と照合した結果、同じ位置に傷とほくろを確認できた。耳の形なども一致したことから身元が分かった。
 県警身元不明・行方不明者捜査班によると、阿部さんの遺体は長時間、海水につかっていたためDNA鑑定に必要な試料を採取できず、似顔絵からの情報提供もなかったという。ことし1月から生前写真を活用した手法で捜査を進めてきた。
 同班によると、行方不明者約1250人のうち、約500人の生前写真は収集できていない。同班の金野芳弘検視官は「生前写真が複数あると身元特定につながることもある。ぜひ提出していほしい」と呼び掛けている。


<祈りと震災>(17)繰り返す口伝の悲劇
 <大海嘯(おおつなみ)に遭いて妻と子とを失い…女は正(まさ)しく亡くなりし我妻なり…>
 岩手県山田町の公務員長根勝さん(55)は海辺の田の浜集落で生まれ育ち、ここで東日本大震災に遭った。津波で母の享(きょう)さん=当時(78)=を失った。
 享さんから若いころ、民俗学者の柳田国男が1910年に発表した遠野物語の第99話を教えられた。全119話の説話集は、死と生の領域が行き来する。

 99話は、1896年の明治三陸大津波で妻が犠牲になってしまった夫婦の物語を伝える。
 30年ほど前、勝さんが休日に茶の間でテレビを見ていると、享さんがぽんと本を置いた。
 「これ読め。99話を見てみろ」
 主人公は津波で妻子を失った福二。1年ほどたった夏の月夜、波打ち際を歩いていると男女がやって来た。女は死んだ妻。男は福二と結婚する前の妻の恋人だった。
 名を呼ぶと、妻は今はこの人と夫婦だと言う。福二が「生き残った子どもがかわいくないのか」と問うと、妻は泣くばかり。足早に山の方へ立ち去ってしまった−。
 読み終えると母が言った。「これ、おらい(自分の家)だよ」
 主人公は実在した。本名は長根福治。勝さんの4代前の高祖父に当たる。99話に出てくる話は、地元では長根家の本家だけで口伝えされてきた。
 「小さな集落だから幽霊を見た話をすると気まずくなることもあったのではないか」と勝さん。妻たちの幽霊に会って思い悩む福治の姿を見て、家族もあまり語りたがらなかったと聞いた。
 隠れた物語を教えてくれた享さんは今も行方が分からない。

 震災の翌日、避難先から10キロ以上歩いてたどり着いた自宅や周りの家々は土台だけ。見上げるほどの堤防は所々決壊し、何人かの遺体が横たわっていた。宙を歩いているようで現実感がなかった。
 惨状を目にしても、地震の後には津波が来ると口癖のように唱えていた母なら絶対に無事だ。確信めいたものが心を支えた。
 泣きながら、近所の女性が駆け寄ってきた。「勝君、母さん流されたよ」。ただ、立ち尽くした。
 遠野物語にも紡がれた戒めを胸に刻み、津波への心構えを人一倍重んじていた母。なぜ逃げなかったのか。なぜ自分は母を見つけられないのか。やり場のない憤怒の念が渦巻いた。
 115年の時を超え、再び津波で分断された肉親の生と死。頭の中で99話がむなしく響いた。


被災、命の尊さつづる 宮城農高生が最優秀賞
 全国の小、中学生、高校生を対象とした第28回感動作文コンクール(上広倫理財団主催)で、宮城農高(名取市)の食品化学科2年曽我有理さん(17)が高校の部で最優秀賞を受賞した。東日本大震災で被災した自身の体験を通して、かけがえのない命の尊さを学んだことをつづった。

 コンクールには全国から2万3470点の作文が寄せられた。このうち、高校の部には1562点の応募があった。
 曽我さんは「命の重み」というタイトルで書いた。震災当時は家族4人で名取市閖上3丁目の自宅に住んでいた。津波が襲う直前、母と閖上中に避難したが、父と兄の行方が分からなくなった。
 当時の状況をこう書き記す。<周りは黒い海と化し、街は完全に水没した。私は悲しみと恐怖でいつまでも震えが止まらなかった>。牛乳1本を母、犬と分け合って一夜を過ごしたという。
 翌日、津波にのまれたと思い込んでいた父と兄が奇跡的に無事だったことを知った。<絶望感から解放され、心から安堵(あんど)した>
 作文には、何もできなかった悔しさも記した。避難する際、近所の住民が高齢の女性を家から連れ出そうとしていた。手伝おうとすると「津波が来るから逃げなさい」。その2人は後日、いずれも遺体で見つかった。
 <人は自然の前ではあまりにも無力で小さい存在だ><亡くなった友達や助けてくれた人たちのために、私は一生懸命に生きる義務があるはずだ>などとつづった。
 曽我さんは「あの日の出来事を決して忘れてはいけないという思いで書いた。命の大切さを胸に刻み、教訓を次に生かしていくことが大事だと思う」と話している。


河北春秋
 「選挙の際は、国民に評判の悪いものは全部捨てておいて、選挙で多数を占めると…」。と、そこまで演説をした時、人間的な魅力で人気のあった社会党の委員長、浅沼稲次郎は右翼の少年に刺されて死亡した。55年前のことだ

 ▼刺される瞬間のその演説からまず連想するのは、バラ色のマニフェストで圧勝した先年の民主党だ。さらに衆院選を続けて勝った自民党もまたそうだ。「選挙で多数を占めると…」。どうもタガが緩んだように見えてくる▼「いくら説明しても分からない人は分からない」という“迷言”を残し、政治資金問題の責任を取って西川公也農相が辞任した。そうした発言から受ける印象は、つまりは説明できぬ怪しいカネを受け取っていた、ということでしかない

 ▼残された浅沼の演説原稿にはこんな部分があったという。「政治が金で動かされ、結果として金次第という風潮が社会にみなぎり…」。そして、次のように結ばれるはずだった。「政治の根本が曲がっている。それを直していかなくてはなりません」▼政治とカネ。国民の目はかつてなく厳しくなっている。一部の政治家はなおその自覚が足りないらしく昨秋の閣僚ダブル辞任に続いての辞職だ。政治の根本が、浅沼の演説にあるように、どこか曲がっていないか。


在日米軍再編:辺野古移設、抗議で拘束 「過剰警備」疑問の声 米軍、運動に圧力か
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設先、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブに侵入したとして、移設に抗議していた沖縄平和運動センターの山城博治議長(62)ら2人が日米地位協定に伴う刑事特別法違反容疑で米軍に拘束され、沖縄県警に逮捕された。しかし、2人が故意に侵入した形跡はみられず、基地の境界線を踏み越えた程度だった可能性が高い。沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事は24日、記者団に「過剰警備で大変残念だ」と述べた。【山本太一、川上珠実、佐藤敬一】

 「突然、米軍警備員に拘束された。なぜこうなったのか分からない」。山城議長は那覇地検に釈放された23日夜、そう振り返った。

 「事件」は22日午前9時過ぎ、シュワブゲート前の抗議活動中に起きた。午後1時には大規模集会が予定されていた。県警や山城議長によると、早朝から市民らと警備の日本人基地従業員、警察官の間で小競り合いになり、山城議長は基地の境界線を示す黄色い線付近で市民に冷静になるよう呼びかけていた。

 警備の基地従業員が後ろから山城議長を倒し、基地の方に引きずった。山城議長を引っ張り返そうとした男性(63)も基地内に連行された。2人は米兵によって後ろ手に手錠をかけられ、建物内で外されたという。約4時間後に名護署に移送され、翌日に那覇地検に送検後、釈放された。

 ゲート前の抗議は昨年7月から続いており、リーダー的存在の山城議長は抗議が行き過ぎないよう注意も払っていた。これまでも市民が境界線を越えることはあったが、県警は注意や警告で済ませてきた。辺野古移設を巡る同法違反容疑での初の逮捕となった今回との差が際立つ。

 山城議長は「境界線に立っていて故意に侵入していない。集会日の運動を狙った不当拘束だ」と米軍を批判する。県警捜査関係者も「拘束するまで米軍から連絡はなく、寝耳に水だった」と話した。

 在沖縄米海兵隊は毎日新聞の取材に「2人は日米地位協定3条に基づいて不法侵入で拘束された。職員と財産の無事と安全を守るため必要に応じて取った合法的な行動だった」としている。

 日米地位協定3条は「米国は基地内で運営や警護、管理のため必要なすべての措置を執ることができる」と定めている。地位協定に詳しい新垣勉弁護士(沖縄弁護士会)によると、日本人の基地従業員による拘束も「基地司令官の指示の下で可能」と言う。ただ「警告しても従わない場合に拘束するのが常識的な対応」と事前警告がなかった点を問題視する。基地問題に詳しい沖縄国際大の前泊博盛(まえどまりひろもり)教授は「反対派を抑え込む意図を感じる」と話している。


政治とカネ 首相は真剣に向き合え
 辞任で幕引きとしないのは国会として当然の対応である。政治献金問題で辞任した西川公也前農相に対し、与野党は衆院予算委員会の大島理森委員長(自民)が疑問点などについて本人から聴取し、結果を国会に報告することで合意した。

 だが、依然疑問が残るのは安倍晋三首相ら政府側が事態の収拾を急ぐだけで、政治とカネの問題に真摯(しんし)に向き合っているように見えないことだ。今回、何が問題で、何が問題でないのか。首相らはその整理さえしていない。国会審議は改めてそこから始める必要がある。

 西川氏に関しては辞任直前の国会審議で新たな疑問も浮上した。西川氏が献金を受けた補助金受給会社から顧問料を受け取っていた問題だ。

 政治資金規正法は国の補助金の交付決定を受けた企業や団体に対し、1年間の政治献金を禁じている。西川氏は、この会社が補助金を受けていたとは知らなかったと説明してきたが、通常、顧問は事業実績などを知り得る立場にある。だとすれば果たして西川氏は本当に補助金の受領を知らなかったのか。

 逆に勤務実態が伴わない顧問なら顧問料は事実上の政治献金に当たる可能性があり、それが政治資金収支報告書に記載されていなければ規正法違反の疑いが出てくる。

 これに対し、西川氏は「調べたうえで答える」と委員会で答弁した直後に辞任し、しかも報道陣の簡単なやり取りに応じるだけで記者会見もしなかった。野党側は西川氏が顧問を務める企業などのリストを予算委に提出するよう要求。与党側も受け入れた。これも当然の措置だ。

 西川氏も首相も違法ではないと一貫して主張し、辞任は国会が混乱したからというのが理由だった。従来閣僚辞任の際に用いられてきた便法だ。ところが、そうした中途半端な幕引きの結果、「のど元過ぎれば」でいつしか忘れ去られ、また新たな政治資金問題が明らかになる。そんな繰り返しではなかったか。

 19日の国会質疑で民主党議員が西川氏の問題をただした際、首相が「日教組、どうするの!」とヤジを飛ばした一件が象徴的だ。その後、事実誤認と分かり、撤回したが、首相は西川氏への献金も、日教組からの献金も同じようなものだといいたかったに違いない。焦点をはぐらかして追及を封じる手法であり、正面から政治とカネの問題に対応しようとしない証左でもあった。

 ことは献金を介した「政治と業界の癒着」という根本的な問題だ。まさか首相も「説明をしてもわからない人はわからない」と開き直るつもりではあるまい。改めてまっとうな答弁を聞きたい。


辺野古「移設」 反対派拘束は行き過ぎ
 米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への「移設」反対派二人が米軍に拘束され、県警に逮捕、送検された。拘束は行き過ぎではなかったか。反対派の勢いをそぐ狙いがあるのなら見過ごせない。

 拘束されたのは、沖縄平和運動センターの山城博治(ひろじ)議長ら男性二人。山城氏らは二十二日、移設予定地の米軍キャンプ・シュワブゲート前での抗議活動中、米軍の日本人警備員に拘束され、県警名護署が逮捕した。容疑は正当な理由なく米軍施設・区域に立ち入った、日米地位協定の実施に伴う刑事特別法違反だという。

 山城氏らは送検後、釈放されたが、故意に区域内に入ったわけではないようだ。地元紙報道によると、一部市民と米軍の警備員らとのもみ合いを止めようとした際、数人に足をつかまれて敷地内に引き込まれたという。

 拘束は辺野古移設反対派に狙いを定めた行き過ぎた公権力の行使ではなかったのか。警備目的以外に、拘束で抗議活動を萎縮させる狙いがあると疑わざるを得ない。

 そもそも、辺野古移設を強引に進める安倍内閣は、なぜ県民の反対運動が激しさを増したのか、問題の根源を考える必要がある。

 沖縄県には在日米軍基地の約74%が集中し、騒音や事故、米兵による犯罪などの基地負担は、日本のほかの地域よりも重い。

 危険な普天間飛行場返還のためとはいえ、同じ沖縄県内に本格的な米軍施設を新たに造る辺野古への県内移設は、県民負担の抜本的な軽減にはなり得ない。

 沖縄県民は昨年、県知事選や衆院選で県内移設に反対する候補だけを当選させた。地元名護市の市長選でも辺野古移設に反対する稲嶺進氏が再選を果たし、市議選でも反対派が多数を占めた。

 県民が選挙で県内移設反対の意思を示しても安倍内閣は一顧だにしない。県内移設反対を掲げて当選した翁長雄志(おながたけし)知事との面会を政権幹部は拒み、選挙に敗れた仲井真弘多(なかいまひろかず)前知事による公約違反の許可を盾に工事を進めるのは、民主主義の否定だ。

 いくら安全保障は国の仕事だとはいえ基地を受け入れる地元住民の理解が不可欠だ。それを得る努力を、安倍内閣はどこまでしたのか。

 菅義偉官房長官は二十三日の記者会見で、翁長氏と面会の用意はあるとした上で、「普天間の危険除去をどうするのか聞きたい」と対案をただす意向を示したが、国外・県外移設という対案を示すべきは政府の側である。

フランス語
フランス語の勉強?

Windows8の使い方がわかってきたよ

ブログネタ
フランス語 に参加中!
mikas1

Pas de passeport pour éviter l’appel de la Syrie
Six majeurs, présumés candidats au jihad, se sont fait confisquer leurs papiers d’identité.
C’est une première. Le ministère de l’Intérieur a ordonné la semaine passée la confiscation des passeports de six Français majeurs soupçonnés de vouloir rejoindre la Syrie pour participer au jihad. Frappés d’une interdiction administrative de sortie du territoire (IST) signifiée par le préfet, ces individus, des hommes et des femmes âgés de 23 à 28 ans, ont aussi dû rendre leurs cartes d’identité, qui peuvent suffire à gagner la Turquie. En échange, ils se sont vu remettre un récépissé, qui fait office de document d’identité en France. Cette confiscation pour une durée de six mois est renouvelable pendant deux ans. Elle pourra etre contestée devant un juge administratif dans un délai de deux mois. ≪Ce contrôle judiciaire a posteriori est essentiel≫, explique-t-on au ministère de l’Intérieur. Une personne qui tenterait d’enfreindre la mesure d’IST risque trois ans d’emprisonnement et 45 000 euros d’amende.
Renforcement.C’est la première application concrète d’un article polémique de la loi Cazeneuve, votée en novembre et renforçant la lutte contre le terrorisme. Jusqu’alors, seuls les mineurs pouvaient ainsi etre privés de leurs papiers d’identité. Désormais, les majeurs sont aussi concernés, ≪dès lors qu’il existe des raisons sérieuses de croire qu’il[s] projette[nt] des déplacements à l’étranger ayant pour objet la participation à des activités terroristes, des crimes de guerre ou des crimes contre l’humanité ou sur un théâtre d’opérations de groupements terroristes et dans des conditions susceptibles de le[s] conduire à porter atteinte à la sécurité publique lors de [leur] retour sur le territoire≫.
Les six personnes privées de leurs passeports s’appretaient à rejoindre la Syrie de manière imminente, selon les services de renseignement. Certains s’étaient déjà rendus dans la région. Ces candidats au jihad ≪proviennent notamment de la région Rhône-Alpes et de Provence≫, selon une source proche du dossier citée par l’AFP. Leurs noms ont été transmis au système d’information Schengen, le fichier de contrôle accessible à tous les postes frontières européens. Ils seront régulièrement convoqués par les services de renseignement, qui s’efforceront de vérifier qu’ils ne tentent pas d’acquérir de faux papiers. Car ces individus ne font pour l’instant l’objet d’aucune poursuite judiciaire.
≪Déradicaliser≫.≪On est un peu dans la zone grise, juste à la limite de la judiciarisation≫, a expliqué à l’AFP un responsable policier. ≪On n’a pas assez d’éléments pour poursuivre, mais juste assez pour estimer qu’ils pourraient devenir une menace.≫ Place Beauvau, on indique qu’il est ≪très important de bloquer les départs≫. Notamment parce qu’il est plus aisé de ≪déradicaliser≫ des personnes qui n’ont pas eu l’occasion de se confronter aux discours de l’Etat islamique. Selon le ministre de l’Intérieur, Bernard Cazeneuve, le dispositif va ≪monter en puissance≫ au cours des prochaines semaines. Une ≪quarantaine≫d’autres interdictions sont ≪en préparation≫. Elles sont censées endiguer le phénomène des départs au jihad. Selon le dernier décompte du ministère, quelque 1 400 Français ou résidents sont ≪impliqués≫ dans de tels projets. 410 seraient sur zone, 275 en transit, et 325 désireux de partir.
Sylvain MOUILLARD

霞始靆かすみはじめてたなびく,です.
Windows8のパソコンの使い方がわからず放置しておいたのを
ロッカーから出して使い始めています.
何となく使い方がわかってきました.
でもまずはWindows Updateです.
面倒です.

<祈りと震災>(6)怪談に包み父を恋う
 あの日見た白い花の名前を、まだ知らない。父を思い出すとき、必ずそこにあるというのに。
 仙台市宮城野区の介護福祉士須藤文音さん(27)は東日本大震災で、気仙沼市の実家に暮らす父勉さん=当時(54)=を失った。
 1週間たっても見つからず、不安が膨らむ中で、不思議な白い花が自分の前に姿を現した。
 震災の日、仙台で激しい揺れに遭った。公衆電話で実家の母と連絡が取れた。祖父母と妹は無事だったが、船舶機器のエンジニアの父は仕事中。気仙沼に駆け付けるすべもなく、気ばかりが焦った。
 家族とやっと再び話ができた1週間後、母は遺体安置所を捜し回っていた。「用心深い父が津波に巻き込まれるなんて」。最悪の事態への覚悟と信じられない思いが交じり、遠くにいて心は乱れた。
 少しでも気を紛らわそうと一時避難先の山形市の銭湯に知人と出掛けた。にじむ涙を湯で拭った。
 入浴を終え、靴箱の鍵を開けた。ブーツを履くと、ふわっとした何かが足底に触れた。
 一輪の真っ白な花が、かかと部分からのぞいていた。
 「冷たくて柔らかかった。靴下越しとは思えないぐらい、はっきり分かった」。茎から切り取られたばかりのようにみずみずしい。いつ、どこから入ったのか。見当がつかず、その場で放った。
 震災から約2週間後、実家に戻ってきた勉さんはひつぎの中にいた。温厚で笑みを絶やさなかった父。ガラス越しに見える青白い顔にその面影はもはやない。
 ひつぎを開けることはできず、触りたくても触れない。父の顔はぬれているように見えた。
 ひつぎにささげられていた花が見え、息が止まった。それはブーツに入っていた白い花だった。
 銭湯で踏んだ花の感触がよみがえる。「父のぬれた皮膚もこんな感じだったのだろうか」。死後何日もたった皮膚が崩れたとしても父に触れておきたかったと思う。
 どこでどう死んだのかが分からず、受け入れ難い。途方に暮れていたころ、仙台市の出版社「荒蝦夷」の「みちのく怪談コンテスト」を知った。
 説明のつかない体験を物語に編むと救われる気がした。「白い花弁」と題した作品は大賞に選ばれ、本に収められた。
 怪談はもともと鎮魂の文学だと聞いた。震災の記憶とそこにいた人たちは物語の中で生き続ける。
 「書くことが私なりの供養。父と話がしたいから」
 紙の上なら、また会える。


津波被災の松川港郵便局再建 福島県内初
 東日本大震災の津波で全壊した相馬市尾浜の松川港郵便局の新局舎が完成し、23日、開局した。津波で被災した福島県内の郵便局で局舎を再建したのは初めて。
 新局舎は仮設局舎の脇に整備した。旧局舎跡から東に約130メートルの高台の民有地にある。平屋で延べ床面積約115平方メートル。局員2人体制で、仮設局舎ではできなかった土曜の現金自動預払機(ATM)の利用が可能になる。
 式典ではテープカットで開局を祝福。早速、地元の住民らが窓口を利用した。荒木良司局長は「今まで以上のサービスを提供し、地域の復興に貢献したい」と話した。
 日本郵便東北支社によると、県内で津波被災した郵便局は13局で、うち3局が休止中。福島第1原発事故の避難区域にある22局も休止している。


[刑特法で2人逮捕]信じ難い不当拘束 なぜ
 米軍絡みの事案に適用される刑事特別法(刑特法)が、米軍自身によって、これほどあからさまに乱用されたことはない。法律のこのような運用が許されるのであれば、憲法で保障された市民の基本的人権は、絵に描いたモチである。

 名護市辺野古への新基地建設に反対しキャンプ・シュワブゲート前で抗議行動を展開していた沖縄平和運動センター議長の山城博治さんともう1人の男性が22日朝、米軍の日本人警備員に拘束され、米兵によって後ろ手に手錠をかけられ施設内に連行された。

 米軍から身柄の引き渡しを受けた名護署は刑特法違反の疑いで2人を逮捕した。

 2人は23日夜に釈放されたが、それで問題が片付いたわけではない。なぜこのような信じ難い行き過ぎた拘束劇が起きたのか、事態の検証が必要だ。

    ■    ■

 刑特法は第2条で、正当な理由がないのに施設区域(米軍基地)に入ることを禁じている。2人の逮捕は、基地内に無断で侵入したことが理由になっているのだ。だが、これは刑特法の不当な適用というしかない。

 22日は午前7時半ごろから抗議行動が始まった。午前9時ごろ、普段は顔を見せない米軍の警備員がサングラス姿で現れ、いつもとは異なる物々しい雰囲気となった。

 市民との間でにらみ合いが続き、状況が過熱してきたことから山城さんは、不測の事態を避ける意味で、提供施設の区域境界を示すラインから下がるよう、抗議団に呼び掛けた。

 米軍警備員が山城さんを拘束したのはその直後のことだ。目撃者によると、山城さんがラインの内側、つまり基地内に入っていたのは、距離にしてせいぜい「1メートル弱ぐらい」である。にもかかわらず米軍警備員は突然、山城さんに襲い掛かり、倒れた山城さんの両足をつかんで無理矢理、基地内に引きずり込んだ。あきらかな狙い撃ちである。

 刑特法でいう「基地内侵入」とは何か。処罰の対象となる「基地内侵入」とは具体的にどのような行為を指すのか。山城さんは、ゲートの警備を突破して無断で基地内に入ろうとしたのではない。

 そうではなく、混乱が拡大しないよう、現場指揮者として「下がるように」と呼び掛けたのだ。それを無理矢理、基地内に引っ張り込んだのは米軍側である。

 刑特法を拡大解釈し、このような行為も罪に問えるということになれば、表現の自由、集会の自由、集団行動の自由などの基本的人権を保障した日本国憲法は刑特法によって押しつぶされ、無力化されることになる。

 警備員が独自の判断で拘束したとは思えない。あらかじめ軍上層部から何らかの指示があり、それに基づいて行動したのではないか。実際、米軍は普段から、現地での抗議行動に苦々しい思いを抱き、日本政府に厳しい対応を求めていた。

 今回の拘束がどのような経緯で行われたのか、米軍は警備員にどのような指示を出していたのか。翁長雄志知事は、在沖米4軍調整官に対し、事実関係の調査と県への報告を求めるべきである。

    ■    ■

 名護市辺野古への新基地建設をめぐって、沖縄は急速に「50年代化」しつつある。

 1950年代、沖縄では基地建設のため強制的な土地接収が相次いだ。武力で農地を奪われた農民は県内各地を「乞食行脚」し(伊江島)、南米に移民したりした(伊佐浜)。沖縄人民党の幹部は、CIC(米軍民間情報部隊)によって拉致され、CIC本部で裸にされ、騒音と光線の拷問を受けた。

 「50年代化」とは、辺野古への新基地建設をめぐる最近の動きが、50年代当時の政治状況と似てきた、という意味である。

 新基地建設のため政府は、県との話し合いを拒否し、関係機関を総動員してしゃにむに工事を進めている。政府の問答無用の姿勢が県民の激しい反発を呼び、抗議行動の高まりが米軍の行き過ぎた対応を招いているのである。

 これ以上、混乱を深めてはならない。工事を中止することが先決だ。


西川農相辞任 返金で幕引き許されぬ
 業界との癒着が疑われる政治献金はそもそも受け取るべきではなく、返金や閣僚辞任での幕引きは許されない。与野党問わず「政治とカネ」をめぐる不信解消に、いま一度、真剣に取り組むべきだ。

 まるで捨てぜりふのようだ。西川公也農相は辞任理由を「私がいくら説明しても分からない人は分からないということで、農相の辞表を出してきた」と説明した。カネで政策がねじ曲げられたと疑われては、西川氏も本望ではなかろう。辞任は当然である。

 安倍晋三首相は「任命責任は私にある。国民におわびしたい」と述べた。昨秋の小渕優子、松島みどり両氏に続く閣僚辞任だ。どう責任を取るのかを聞きたい。

 問題が指摘されたのは、西川氏が代表を務める自民党支部が二〇一三年七月、砂糖メーカーの団体「精糖工業会」が運営するビル管理会社「精糖工業会館」から受け取った百万円の政治献金である。

 砂糖は、環太平洋連携協定(TPP)交渉で日本側が関税撤廃の例外扱いを求める重要五項目の一つだ。献金は日本が交渉に初参加した直前で、西川氏は当時、自民党対策委員長の立場にあった。

 工業会が工業会館を迂回(うかい)して西川氏に献金したようにも見える。西川氏がいくら「業界団体と会社は別法人であり違法性はない」と言い張っても、工業会の会長と工業会館の社長は同一人物、所在地も同じビルである。利害関係が疑われても仕方があるまい。

 さらに、工業会は一三年三月、農林水産省の補助金十三億円の交付が決まった。政治資金規正法は国の補助金を受けた企業や団体の政治献金を、交付決定から一年間は原則禁じており、実質的に工業会からの献金だとしたら、規正法違反の可能性は拭い切れない。

 このほかにも西川氏の同じ支部は国の補助金支給が決まった木材加工会社からの献金も発覚した。

 いずれも返金したというが、返せば済むという話ではあるまい。閣僚だけでなく、国会議員の資格をも問われかねない問題だ。これで幕引きとしてはならない。

 首相や自民党には、二回の衆院選で続けて与党が三分の二以上の議席を得たことで、政権運営の緩みや国会運営の強引さが出始めてはいないか。

 農相辞任には農協改革や予算早期成立を期す意味もあるのだろうが、捨てぜりふのような辞任理由からは、国民や野党の批判と向き合い、それに応えようとの政権の真摯(しんし)さは伝わってこない。

フランス語
フランス語の勉強?

朝の会議なし/XAFのまとめを少し

ブログネタ
フランス語 に参加中!
ToyoKeizai150131_Piketty

≪ En un mot, la poésie ne peut exister sans l'émotion, ou, si l'on veut, sans un mouvement de l'âme qui règle celui des paroles. ≫
de Paul Claudel
Extrait de Positions et propositions
≪ Ce que j'adore dans ma nomination aux Oscars, c'est l'idée que je figurerai sur cette liste jusqu'à la fin des temps. ≫
de Julia Roberts
Extrait du magazine américain Entertainment Weekly - 9 mars 2001
≪ Que l'on soit chrétien, musulman, nationaliste, agnostique, athée, il nous faut d'abord apprendre à oublier nos différences. ≫
de Malcolm X
最貧困女子 (幻冬舎新書)
鈴木 大介
幻冬舎
2014-09-27


これが21世紀日本のリアルなのか? Amazon Customer
衝撃的です。
格差社会と言われ、新自由主義と自己責任が日本の常識になって久しいですが、格差の底にいる子供とそこから育つ大人の貧困の負の連鎖。
貧困は折からの生活保護批判で制度の網にかかることなく、風俗産業がセーフティーネットになってるという現実。

とりわけ、知的障害者が風俗産業でも3Kと呼ばれる「ハードSM・スカトロ・アナル」の現場で使われているのは衝撃的です。
使われてる本人が搾取されてる自覚もなく、上がりコースもなく、歳をとれば、病気になれば、使い捨てられる。
業者の「知的障害者は頑丈だから(乱交現場でも重宝する)」という言葉からもどんな形で取り扱われてるか伺いしることができる。
生まれ育った境遇もハードそのもの。
親も夜の世界で生きていて、義理の父親から小学生の時に強姦されそうになり「まだ入んなかったか」などと言われる。
頭がクラクラくるほど信じられない現実がこの本に描かれています。
筆者が「逃げ出したくなった」「実際逃げた」と述べているように、もう見たくないと目を背けるほどの醜悪で剥き出しの現実があります。

また、地方都市において、昼間は普通の仕事をして、夜に週一回だけホテトルをバイト感覚でやる女の子が増えていること。
女の子は職場や家庭にもその事実を伝えており、そこには後ろめたさは一切なく、むしろ女として売れることにステータスさえ感じているという。
昼の仕事に加えて、こうした夜のバイトで地元の友だちよりもいい暮らしをできることに満足を得ている。
こちらもどう考えていいのか、頭を抱えるような内容だった。

セックスワーカーの社会化ということを最後に筆者が提言していますが、難しいだろうというのが個人的な見解。
しかしこれは行政がなんとかしないと、この国の社会保障の根幹が揺らぐ。
また、多くの人の目に見えないところで、おそろしく劣化していくこの国の現実を知る必要があると感じました。
これは個人の自由や自己責任ではなく、社会で解決すべき重要課題です。



とても個性的でカラフルな女子大学生たち GOMA
近頃の大学生は、ほとんどがもっと軽い生き方をしていると勝手に思い込んでいた。でも、ここにいる大学生たちはちがう。
バタバタともがきながらも、何とか地に足をつけて真剣に自分の将来を模索し続けているのだ。一つ一つのエピソードを読み進めるうちに、それぞれの女子大学生にそれぞれの色が見えてきた。明るい原色をイメージさせる子やパステル調の色を想像させる子、少し暗めの色だったり、中間色だったり。とにかく、とてもカラフルな内容の本である。編著者の寮母さんは、そのエピソードを彼女独特の優しさと柔軟さでうまくつなぎ合わせ、その色合いをさらに深く味わいのあるものにしている。大人である彼女自身の迷いや後悔が正直に綴られているところにもとても好感が持てる一冊である。

発達障害なんのその、それが僕の生きる道
上野康一
東京シューレ出版
2011-06-30


発達障害を持ちながら会社で働く、現在20代の上野康一。当初はLDと診断され、その後、高機能自閉症であることを知り、日々成長していく様子を本人、母、父が綴る。不登校を経験した後、高校へ進学、そして就職など、紆余曲折を経てきた今までの詳細な記録がここに。発達障害を支える家族へ向けて、具体的なやりとりが参考に。

朝10時から会議があるかと思いきや,今日はないようでした.ナノザに行く途中で液体を運んでいる人たちに会いましたが,そのために今回はパスなのかもしれません.来週はあるかもしれません.
先週教えてもらったXAFのまとめを少し.宛名のやり方がどうにかわかってきました.続きは明日かな?

南三陸「おら酒」完成 23日発売
 南三陸町産のひとめぼれを仕込みに100%使った特別純米生原酒「おら酒(さけ)」が23日、売り出される。昨年始まった町内外の有志による「南三陸おらほの酒づくりプロジェクト」で誕生した第1号の酒。活動継続へ弾みを付けようと完売を目指す。

 「おらほの酒づくり」は町内の休耕田や震災で被害に遭った田んぼの再生を通して、交流人口の拡大や産業の創出を目指す取り組み。1年目は水田2カ所計60アールから3000キロの収穫があった。
 「おら酒」には1800キロを使い、酒造りは加美町の中勇酒造店に依頼した。搾りたての生原酒らしい、フルーティーで爽やかな飲み口に仕上がったという。
 価格は4合瓶で2500円(消費税、箱代込み)。取り組みを主催する南三陸町復興推進ネットワークの遠藤勝史理事は「高く感じるかもしれないが、経費や2年目以降の活動を考えるとこの価格になってしまう。酒造りに込めた物語性をくみ取っていただければ」と理解を求める。
 「おら酒」は限定3000本。町内の一部の酒店やネットワークのホームページなどを通じ販売する。遠藤理事は「2年目以降は、販売しやすいように酒への火入れや価格引き下げも検討し、取り組みを発展させたい」と話す。
 連絡先はネットワーク0226(25)9350。


岩手国体まで1年/被災地の祭典、後押しを
 2016年に開かれる第71回国民体育大会「岩手国体」のスローガンは「広げよう 感動。伝えよう 感謝。」である。
 「感謝」とは東日本大震災の際に全国から受けた支援に対する心であり、「これをばねに、感動を与える国体にする」という思いが込められている。
 開催まで、あと1年を切った。岩手国体は本大会と冬季大会の両方を同一県で実施する「完全国体」だ。10月にある本大会の前に、冬季大会が1月27日に開幕する。
 盛岡市で1月末、開催1年前のイベントがあった。ともに元スキー複合選手で、1995年世界選手権団体金メダリストの荻原次晴さんと、八幡平市出身で92年アルベールビル五輪団体金メダリストの三ケ田礼一さんは「無関心でいるのはもったいない。どんな形でもいいから参加してほしい」と呼び掛けた。
 同県が国体の「リハーサル大会」と位置付ける各競技の全国規模や東北の大会は、5月のなぎなたを皮切りに順次始まり、本番に向けムードが高まる。
 岩手国体は震災前に内々定していたが、津波による甚大な被害を受け、県は一時、「開催は困難」との見方に傾いた。
 ところが、市町村や競技団体から「震災を乗り越え、県民が一体となる絶好の機会」などと開催を求める声が続出。達増拓也知事は2011年12月の県議会定例会で「震災復興のシンボルとして開催することが民意にかなう」と答弁し、開催へかじを切った。
 厳しい財政の中、復興事業という重荷を抱えての国体である。経費節減は最重要課題だ。
 競技会場は既存施設を活用するのはもちろん、整備費の削減にも努める。日本体育協会などの協力を得て、競技団体に施設基準の緩和を要請。相撲会場で土俵の上に設けるつり屋根を省くことや、レスリングでは高い土台の上に設置するべきマットを体育館の床に直接敷くことなどを認めてもらった。
 本大会の経費は、震災直後に見積もった県の支出分113億円が約100億円まで圧縮できる見込みだ。
 一般募金、企業からの協賛金は、県外にも広く協力を呼び掛けることにした。目標額は募金5億円、協賛金5億円。ことし1月末現在で計3億2600万円に上っている。特に協賛金は健闘し、14年度末の目標額を達成する勢いだという。
 大会運営で大きな役割を果たすのがボランティア。国体終了後に同じ会場で開かれる全国障害者スポーツ大会のボランティアは既に決まっており、定員を上回る応募があった。県民が一丸となって支えようという機運がうかがえ、4月に募集が始まる本大会と冬季大会でも多くの登録が期待できそうだ。
 被災地のスポーツの祭典を、私たちも後押ししたい。募金のほかに、できることがある。本番の応援に出掛けることだ。大会の盛り上げには盛大な応援が欠かせない。地元を勇気づけ、新たな交流が生まれるだろう。


河北春秋
 2011年夏、出身地の仙台市であったプロ野球オールスター戦で、3者連続三振を奪った江尻慎太郎投手(37)=仙台二高−早大出=が昨季引退した。「毎日でも投げたい」と日本ハム、横浜、ソフトバンクで野球に打ち込んだ13年だった

 ▼昨秋、戦力外を通告された。トライアウトに懸け、4者凡退の好投を見せたが、声が掛かることはなかった。「戦力外を通告されても、ぼろぼろになるまでやりたい」と野球への情熱を吐露していた。言葉通りの幕引きだった▼今月、ソフトバンクの関連会社で第2の社会人人生を歩み始めた。球団から「新しい場所で活躍する時間が長ければ長いほど、野球界における君の価値が上がる」と励まされ、送り出されたという

 ▼プロ・アマ、競技種目に関係なく、選手の現役生活には限りがある。社会人チームで活躍した後、所属企業内の仕事で頭角を現すマルチな人間もいる。プロスポーツ界ではセカンドキャリア教育が重要になっている▼競技に精魂込める渦中で、引退後の身の振り方を考えるなど、そうそうできることではあるまい。江尻さんは将来引退し、自分と同じような状況を迎える選手に助言する。「プロ生活を何年過ごしたかでなく、取り組んだ中身を自信を持って話せるようになってほしい」と。


<南三陸防災庁舎>重い選択 揺れる心
 宮城県は1月、東日本大震災の教訓を伝える遺構として保存の是非が焦点となっている南三陸町防災対策庁舎について、時間をかけて冷静に話し合えるように、2031年3月までの県有化を町に提案した。家族や知人を震災で失った被災地の住民にとって、震災遺構はデリケートな問題で、オープンな議論は非常に難しい。県有化を受け入れるかどうか。人口1万4000の小さな町が選択を迫られる中、当事者の住民に思いを尋ねた。
(聞き手は南三陸支局・中島剛)

◎遺族の悲しみ癒えぬ/解体を望む遺族会副代表・千葉みよ子さん

 ずっと解体を願ってきた。2013年9月にやっと解体が決まり、11月には庁舎前で慰霊祭が開かれた。安心したのもつかの間、1年以上も保留され、県有化の提案が出た。遺族の気持ちを無視している。知事は町が決めたことに口を挟まないでほしい。町長は解体の約束を守ってほしい。
 県は31年まで維持すると言うが、町に返還された後の維持費はどうなるのか。今後、町の人口はどんどん減る。新しい世代に重荷を背負わせることになる。
 遺族には一日たりとも庁舎を見たくない人が大勢いる。夜眠れない人、ボーっとして交通事故を起こした人、庁舎の問題になると感情を抑えられない人、みんな苦しんでいる。その気持ちを分かってほしい。
 庁舎で犠牲になった43人は無念だったろう。どんなに苦しんだろう。津波に流された家族の顔が目に浮かぶのがつらい。人が亡くなった場所は残すべきではない。「費用は負担するから解体させてほしい」とまで言う遺族もいる。
 町内では800人以上が犠牲になった。庁舎以外の遺族は「何で庁舎だけ注目されるんだ」と不満だろう。
 庁舎より犠牲者が多い公立志津川病院や特別養護老人ホーム慈恵園はいち早く解体されたが、誰も異論を唱えなかった。なぜ庁舎だけを残そうとするのか不思議だ。
 いろいろな意見があるのは分かる。ただ、保存派には、庁舎で町に観光客を呼びたい人が少なからずいるように見える。庁舎が商売に使われるのは耐えられない。
 震災の教訓を語り継ぐことは大切。それは遺構に頼らなくてもできる。私も語り部をするが、きちんと話せば伝わる。
 町長が万一、解体を撤回したら、私たちは黙っていない。町長は13年10月の町長選では解体の立場だった。町政が信じられなくなる。政治責任を問う。でも、狭い町で争いたくない。
 庁舎は絶対に残してほしくない。遺族にとって理屈でどうにかできる問題ではない。抜き差しならない感情の問題だ。

 [ちば・みよこ] 防災庁舎解体を望む遺族会副代表。震災では庁舎で娘の夫を、別の場所で孫を失った。68歳。

◎時間かけ話し合いを/県有化を求める請願を提出・及川渉さん

 解体にしろ、保存にしろ、町民が精いっぱい意見を出し合った後で決めたい。その上で出た結果であれば、どんな形であれ受け入れられると個人的には思う。
 町内では今、この問題について非常に意見を言いにくい。意見が違うと憎しみの対象にされてしまう。発言するのに勇気が要る。その状況を変えるには、ある程度の時間や客観的な話し合いの場が必要。それまで庁舎は解体せず、管理を県に任せるべきだと思う。
 私たち遺族に配慮して発言しにくい雰囲気も、自分自身は感じる。その枠を外し、同じ町民として広く話し合いたい。
 デリケートな問題なので、知事や町長に任せておけばいいという考えもあるかもしれない。しかし、町民全てが当事者であり、単に結論を示されて納得してはいけないのではないか。
 震災直後は、庁舎をなくしてほしいという思いが強かった。その後、少しずつ、庁舎が防災に生かせるのなら、私のように悲しい思いをする人を将来的になくせるのなら、保存する意味もあるのかなと思えてきた。
 解体されても保存されても私の気は晴れないと思う。父が帰ってくるわけではないからだ。43人が犠牲になった事実も変わらない。ならば、それをどう生かせるのか。庁舎をなくすのと、残すのと、どちらが町のためになるのか、じっくり認識を深め合いたい。
 葛藤はある。庁舎を残すことで東日本大震災以上の津波は来ないと思われるのは怖い。低地部に人が集まる場所を残していいのかとも思う。町内で800人以上が犠牲になった。庁舎以外で亡くなった方の遺族は、なぜ庁舎だけが特別扱いなんだと不満を感じるかもしれない。
 南三陸には魅力がたくさんある。庁舎に限らず震災被害を見てもらうだけの町になるのは嫌だ。震災から立ち直った物語を見せたい。
 そういう疑問点、視点を出し合いたい。万人が納得する結論は出ない。結果に向き合うのではなく、そこにたどり着く過程に向き合いたい。

 [おいかわ・わたる] 庁舎で町職員の父を亡くす。庁舎の県有化を求める請願を、町と議会に提出した。33歳。

◎復興の加速こそ先決/元町震災復興町民会議会長・小野寺寛さん

 庁舎に関しては町議会が2012年9月に早期解体の陳情を採択し、町長が13年9月に解体を決定した。町長は13年11月に県から解体の保留を求められた時、毅然(きぜん)と拒むべきだった。それが地方自治、民主主義のルールだと思う。
 庁舎の前に立てば、屋上まで波をかぶったという事実は実感できる。でも、現地に来た人にしか分からない。国内、世界の大多数の人はここに来られない。見ただけで教訓を心に刻めるのかも疑問だ。津波の恐怖は現物ではなく、活字や映像などを使った日々の教育で広く伝えるしかない。遺構保存の経費は防災教育の充実に使ってほしい。
 庁舎を残すのであれば、公共施設を低地部に立地した誤りや、災害で仕方のない部分はあるにしろ、結果的に多くの犠牲者を出した責任の所在を明確に示す必要がある。そうでないと教訓の意味はない。ただ、町の恥を未来永劫(えいごう)にわたってさらし続けていいのかとも思う。
 遺族は苦しんでいる。家族を亡くした悲しみは20年程度では癒えない。残す残さないを議論する前の段階に遺族はいる。町長、町当局はまず遺族に誠意を持って向き合うべきだ。さらに、庁舎以外で犠牲になった遺族の中には複雑な思いで庁舎問題を見つめる人もいる。そうした人たちへの配慮も欠かせないだろう。
 一体どれだけの町民が庁舎の保存を望んでいるのか。町が各種団体の代表や公募の町民を集めて11年に開催した町震災復興町民会議では、庁舎を残すという意見は全く出なかった。
 仮に解体決定を覆し、県有化を受け入れるのであれば、事前に町民の意向をきちんと聞く必要がある。それでも納得しない人はいるだろう。
 住宅再建など生活に関わる復興の重要課題がたくさんある中、庁舎は町を二分してまで論じる問題ではない。31年まで16年間、長々と議論し続けることが町のためになるとは思えない。遺構も大切だが、復興を果たし、魅力的な町をつくることこそが震災の犠牲者に報いるすべだと思う。

 [おのでら・ひろし] 南三陸町が2011年設けた震災復興町民会議で会長を務めた。震災でめいを亡くした。66歳。

◎津波の恐怖まざまざ/震災当時の町総務課長・佐藤徳憲さん

 役場を退職してからいろいろ考えた。庁舎は残した方がいいと思う。
 震災で2万人近くの方が犠牲になった。その多くは津波が原因だ。南三陸町は明治三陸、昭和三陸、チリと何度も津波災害を経験した。津波の恐ろしさを認識し、訓練を繰り返してきた。それでも800人以上の方が亡くなった。
 私は庁舎の屋上に上がり、津波に遭遇して初めて、こんな大きな津波が来るのかと思った。想定外だった。
 津波犠牲者の中には「ここなら大丈夫だ」と、積極的に避難しなかった方が相当いたのではないか。庁舎の隣にあった自宅で亡くなった私の妻もそうだったろう。
 だから、こうした大津波が、いつか必ず来るんだということを世界中の人に知ってもらいたい。津波注意報、警報が出たら、とにかく避難することを教訓にして、津々浦々で共有してもらいたい。それが犠牲となった方の命に報いる追悼であり、生き残った者の責任だと思う。
 庁舎の玄関の前に立って、屋上を見上げた時、こんなに高い波が実際に来たのかと誰もが思う。津波の恐ろしさ、避難の大切さがすぐ分かる。
 写真とか言葉だけでは伝わらない。実際に現場に来てもらい、見てもらうことが一番心に留まると思う。庁舎を現地にあのままの姿で保存することが、津波犠牲者を一人でも減らすことに役立つのではないか。
 私は庁舎で多くの同僚を亡くした。避難した屋上から妻のいる自宅が津波にのみ込まれるのも見た。庁舎にはつらい思い出がある。心が痛むし、うまく言えないが、もう津波で悲惨な犠牲者を出してはいけないという思いが強い。命だけは取り返しがつかない。自分が感じた思いを誰にも味わってもらいたくない。
 2031年まで県有化し、議論に時間をかけるという県の提案には賛成する。町単独で庁舎を残すのは難しい。保存、解体、遺族、町民…それぞれの立場で思いはみな違う。どれがいいとか悪いとかは言えない。話し合うには時が必要だ。

 [さとう・とくのり] 町総務課長で震災に遭遇。庁舎屋上で津波をかぶったが助かる。震災で妻を失う。64歳。

◎取材を終えて/どの意見も否定できない

 防災対策庁舎の在り方をどう考えるか。立場の異なる4人の町民に聞いた。率直な感想は「どの意見も否定できない」。だからこそ、解体か保存か、解を導き出すのが、非常に難しい。
 私自身、答えに迷う。2年前、南三陸に赴任する際、初めて庁舎を見た。追悼の念が湧いたが、どこの被災地にも抱く共通の感情だ。庁舎が特別な存在とは思えなかった。
 自分のことだけを考えれば、教訓としての震災遺構は必要ない。震災直後の沿岸部の惨状は取材を通して脳裏に刻まれている。高台への避難に、もうためらいはない。津波を目撃し、生活をめちゃくちゃにされた町民はなおさらだと思う。
 しかし、震災を体験していない人にはどうか。庁舎をじっと見つめる遠来の人に出会うたび、教訓が伝わっていると感じる。震災の体験者が全ていなくなる百数十年後、庁舎は子孫にとって貴重な教師となるだろう。
 大多数、多世代の公益を考えれば残すべきでは−。ただ、そんな思いも、解体の訴えを涙ながらに遺族から聞かされると、くじけてしまう。考えは堂々巡りになる。
 地縁血縁が入り組む小さな町で今、庁舎問題に実名で意見を述べるのは勇気が要る。取材に応じてくれた4人に感謝する。異なる意見を認め合い、互いの立場を尊重する。その必要性は迷いなく言える。(中島)


<祈りと震災>(15)ママ頑張って笑うよ
 石巻市の遠藤康生ちゃんは、東日本大震災の津波の犠牲になった。3歳9カ月だった。
 母由理さん(41)ら残された家族が住むみなし仮設住宅。震災後に生まれた2歳の次男が、アンパンマンの車で遊ぶ。康生ちゃんのお気に入りだったおもちゃだ。
 震災後の約1カ月間、行方が分からなかった。ひっくり返ったトラック、家屋の残骸。無数の日常が失われた街を捜し歩いた。
 気持ちが沈むと、笑顔を浮かべて「ママ笑って。ずっと守るから」と言ってくれた康生ちゃん。発見の報を受け止められなかった。
 小さな亡きがらは壊れそうで、抱き締めるのをためらった。最後に口にしたのが海水と泥なんて悲しすぎる。持っていたチョコレートを1個、動かない口に運んだ。生前の姿がわずかに残る左の頬に何度もキスをした。
 津波はどんなに冷たく、怖かっただろう。つらい思いをさせたことが何より胸を締め付けた。
 その日から、取り巻く世界が色を失った。何を食べても味がしない。花を見てもきれいと思えない。あらゆる感情がなくなった。
 「何でもいいから姿を見せて」。願い続けて3カ月ほど過ぎたころ、康生ちゃんは夢に現れた。
 写真と遺品で埋まった居間の祭壇の前。ちょこんと正座し、白い歯を見せた。いつものように笑わせようとしているのが分かった。
 「こうちゃん、ママとても笑えないよ」。抱き締めようとすると透けてしまった。
 震災から2年後の夏。家族で夕食を取っていた。「こうちゃんもおいで」。心で呼び掛けた。
 「ブルルン、出発進行」。突然、離れて置いてあったアンパンマンの車から音が出た。まるで返事をするかのように。
 「こうちゃん来てる」。家族の誰もが思った。「もう一回動かして」。数日後、また音が鳴った。
 昨年のお盆には、言葉を覚え始めた次男に「ブランコで遊びたい」とせがまれた。これまで乗せたことがなく、家の近くにない。ブランコが大好きな康生ちゃんが次男と遊んでくれていると感じた。
 子どもを亡くして笑えるはずがないと苦しんでいた。「近くで見てるんだ」。喜んでもらえるなら頑張って笑おう。初めて思えた。
 今は夫と中学2年の長女、次男と暮らす。子どもの数を人に聞かれたら、迷わず3人と答える。「寂しさ、つらさは消えない。でもずっと一緒にいるから」
 介護施設で再び働き始めた。「かっこいいママになるよ」。ほんの少しだけ取り戻した笑顔で、姿なき息子に語り掛ける。

 突然奪われた大切な人に会いたい。残された人たちの思いは募る。その気配や存在を感じながら生きる。被災地にさまざまな「再会」のかたちがあった。
「祈りと震災」取材班=報道部・沼田雅佳、村上俊、柏葉竜、鈴木拓也、写真部・岩野一英、伊深剛。


震災犠牲者の身元特定に生前写真活用
 東日本大震災の身元不明者の特定作業を続けている宮城県警は、犠牲者の生前写真を活用した新たな捜査手法を導入している。震災直後の検視では確認できなかった顔の小さな傷やほくろなどを遺体写真から見つけ、生前写真と照合し身元につながる糸口を探す。DNA鑑定など科学的手法が限界に近づく中、「アナログ手法」に活路を見いだそうとしている。

 県警身元不明・行方不明者捜査班はことし1月、遺体写真を拡大するなどして、検視項目にはなかった数ミリの傷痕やほくろなどわずかな特徴を見つける作業を始めた。
 得られたデータは、捜索願に添付された生前写真と照合させる。「生前写真には目の上に5ミリぐらいの傷痕が映っているはずだ」。新手法を提案した岡田満久係長(41)をはじめとする捜査班員は手掛かりを見逃すまいと目を凝らす。
 新手法が可能になったのは、昨年導入した捜査手法で不明者がどこで被災したか推測できるようになったことがきっかけ。捜索願に生前写真が添付されている不明者は450人に上る。被災地域などを絞り込むことで照合作業を円滑に進められる。
 宮城県内で遺体が見つかりながら身元が判明していない犠牲者は残り20人。震災から4年近くがたち、DNA鑑定に必要な新たな試料を本人や近親者から新たに集めるのはほぼ不可能で、科学的捜査だけに頼れない状況となっている。
 捜査班の金野芳弘検視官(61)は「知恵を出して新たな捜査手法を生み出すしかない。諦めず遺体を家族に届けたい」と話す。


震災遺児支援:40億円が余剰…宮城に全国から寄付
 東日本大震災で親を亡くした遺児の支援のため、全国から宮城県に送られた寄付金約82億円の半分が余剰となり、使い道が決まらないまま4年が過ぎようとしている。遺児約1000人への奨学金に必要な額は約40億円。県は被災児童の支援などに使途を拡大したい意向だが、条例改正などの手続きを検討する必要があり、有効活用のめどは立っていない。【金森崇之】
 ◇使途拡大めど立たず

 宮城県は震災が発生した2011年、遺児・孤児への奨学金給付を目的に「震災みやぎこども育英基金」を条例で設置。昨年末時点で82億1639万円の寄付が集まった。親を亡くした小中学生に月1万円、高校生に2万円などと決め、昨年7月末までに1019人に8億9024万円を届けた。ただこのままの額で給付を続けた場合、全遺児が卒業するまでに必要な額は約40億円にとどまる。

 県は給付の増額について▽既に学校を卒業した遺児がいる▽交通事故遺児との格差が拡大する−−などとして否定的。中学生の不登校率が2年連続全国ワーストになるなど被災後の心のケアが課題となっているため、使い道を遺児以外の被災児童に拡大する方向で検討している。

 ただ、被災児童の心のケアなどには国の財政支援もあり、県は震災から5年が経過する再来年度以降も支援が継続するか見極めてから決めたいとして結論を先延ばししているのが現状。岩手、福島両県は既に遺児への支給額を増やしたり、対象者を被災地域の子ども全般に広げたりしており、宮城県だけで善意の活用方法が宙に浮いている格好だ。

 岩手は12年度から被災高校生への教科書や制服などの支給にも充て、13年度には遺児への奨学金をほぼ2倍に増やした。福島県は12年に条例を改正し、寄付金を県内全域の18歳未満の子どもの教育に充てられるよう変更、現在は食育事業や子ども関連のNPO支援にも使っている。条例改正前に手紙で使途拡大を寄付者全員に伝えたが、「反対はなかった」(同県児童家庭課)という。


兵庫・西宮市の「偏向報道拒否」:テレビ取材を撮影、報道制限の恐れ
 兵庫県西宮市の今村岳司市長(42)が1月に示した報道機関の取材への対応方針に波紋が広がっている。「偏向報道」と市が判断すれば、状況次第で該当の報道機関の取材を拒否するとした。テレビ局の取材時には広報課職員が立ち会ってビデオ撮影することも表明。「知る権利を制限する恐れがある」と批判の声が上がっている。市長はその後「偏向報道」の言葉を撤回したが「趣旨は変更していない」とする。方針通り、テレビ局の取材時のビデオ撮影は始まった。【大森治幸、釣田祐喜】
 ◇広報課職員がビデオ

 「撮影させていただきますよ」−−。今月3日、テレビカメラを抱えたクルーとともに市役所を訪れた民放テレビ局の記者に、市広報課の職員がこう声をかけると、ビデオカメラで撮影を始めた。記者は、阪神大震災の被災者向けに借り上げた復興住宅の入居期限が迫っている問題で、市の担当者を取材した。その間、広報課の職員は撮影を続けた。

 今月10日までの1週間に、他のテレビ局も同様のテーマと担当者を取材した。計4局の取材に広報課職員が立ち会い、それぞれ約15分間の取材の間、ビデオ撮影した。中には「撮影されるのは困る」と難色を示した記者もいたが、市側の方針であることを伝えた上で撮影したという。

 広報課による撮影について、今村市長は1月23日の記者会見で「『偏向報道では』と(報道に対して)主張する時に、自分たちがちゃんと(取材に)説明したことの証拠とするために必要」と理由を説明した。広報課によると、2月19日現在で実際に撮影をしたのは、この借り上げ復興住宅問題を取材したケースだけ。広報課は「重要施策で議論が分かれる政策の取材で撮影する方針で、取材を受ける担当課と話し合った上で決める。場合によっては市長が協議に加わることもある」という。

 毎日新聞を含む新聞各社も借り上げ復興住宅問題を取材しているが、市からビデオ撮影の申し出はなかった。市は「市長が報道対応の方針を示す発端となったのが、この問題を報じたテレビ番組だったから」と今回、テレビ局の取材に限って撮影する理由を説明する。

 市が「発端」とする番組は、1月15日にテレビ東京系で放送された。約8分間で、西宮市などが震災被災者向けに借り上げた復興住宅の入居期限が迫っている問題を報じた。市内の借り上げ復興住宅に住む高齢女性2人の暮らしぶりや声を取り上げた。市は高齢者や重度障害者らを対象に、入居期限の延長や引っ越し資金の援助などの支援策を取っている。番組ではこれらに触れておらず、市は1月19日、「内容が一方的だ」とテレビ東京に抗議した。

 テレビ東京は毎日新聞の取材に、「市の具体的な支援策については、住み替えのあっせん以外は言及しなかった。これについて市から『高齢者に明け渡しだけを求めているように誤解される』として抗議があった」と説明する。抗議を受けて社内で検証した結果、「一部誤解が生じる可能性があったことに関して文書でおわびした」という。番組で市の支援策について触れた部分は、約10秒だった。
 ◇市が放送内容を判断

 テレビ東京から「おわび」の文書を受け取った今村市長は同23日の会見で、番組について「あたかも市が住民を一方的に追い出しているような放送」として「偏向報道だ」との見解を示した。そのうえで「偏向報道と市が判断すれば、状況次第で該当の報道機関の取材を拒否する」という対応方針を明らかにした。

 自治体の首長が事前に「報道の内容に問題があれば、その後の市への取材を拒否する」との方針を表明するのはきわめて異例だ。

 これに対し、毎日新聞など各社は「偏向」かどうかを行政側が判断することの問題点を報道で指摘。今村市長は26日に「配慮が足りなかった」と「偏向報道」の言葉を撤回した。撤回の理由については「(『偏向報道』の言葉が)『市に批判的な報道』と捉えられかねないため」と説明した。一方で今村市長は、報道に正確性や公平性などを求めた放送法4条の趣旨を、放送だけでなく、同法とは無関係の新聞などにも求めるとしている。当初の「取材拒否」については報道機関側に「改善を求める」と修正した。
 ◇市長「方針は変えず」

 だが今村市長はこの日の会見で「方針を修正したのではなく、文言の変更だ」と強調している。市広報課によると、放送内容が放送法4条に違反しているかを市長ら数人の幹部で判断。違反していると判断すれば報道機関に抗議をし、その後の報道機関の対応次第で取材拒否もありうるという。新聞・放送9社が加盟する西宮市政記者クラブは1月30日、この方針を「受け入れられない」とする申し入れ書を市に提出した。

 時井一成・市長室長は「(市によるビデオ撮影などは)市側が(取材に)説明する情報を正確に伝えてもらうための取り組みで、報道の規制につながるものではない」と話している。毎日新聞は今村市長に対し、改めて取材を申し込んだが広報課が「全て会見の場で説明している」と回答し、応じていない。市によると、この問題にメールや電話で市民からの意見が58件(2月10日現在)寄せられた。うち20件は市長の方針に賛成。37件は「情報統制につながる」などと批判的な意見だった。

       ◇

 西宮市は人口約49万人。大阪、神戸のベッドタウンで、阪神甲子園球場があることで知られる。今村岳司市長は京都大卒。リクルートを経て1999年、26歳で西宮市議選にトップ当選した。市議を4期務め、昨年4月の市長選に立候補。NPO活動などで知り合った地方議員や学生ボランティアの支援を受け、当時の現職らを破って初当選した。

==============
 ◇市の方針は越権

 青山学院大の大石泰彦教授(メディア倫理)は「報道の内容が偏っているとか間違っていると考えた時は抗議すればいい。放送法の趣旨に反していないかを判断するのは市の役割ではなく、西宮市の方針は越権だ。(取材拒否も含めて)報道を制限しようとする行為で、知る権利の侵害につながる恐れがある」と語る。

 そのうえで大石教授は「報道のあり方に問題を提起した面もある」とも指摘する。大石教授は、テレビ東京の番組を視聴した上で「被災者の悲しみや嘆きを報じた部分は評価できるが、市の支援策について、もう少し踏み込むべきだった」と指摘する。


籾井NHK会長 国の広報機関ではない
 NHKの籾井(もみい)勝人会長に、公共放送のトップとしての資質があるのか、改めて問いたい。昨年1月の就任以来、ジャーナリズムの基本をわきまえない姿勢が変わっていない。

 今回の発端は2月5日の定例記者会見での発言だった。戦後70年にあたって、慰安婦問題について番組で取り上げるかどうかを問われた。籾井会長は「政府の正式なスタンスがまだ見えないので、放送するのが妥当かどうかは慎重に考えないといけない」と述べた。政府の今後の対応を見て判断する意向を示したのだ。

 これはおかしい。政府の姿勢にかかわらず、自律的な放送をするのが報道機関の仕事だ。慰安婦問題に関して、どう歴史を振り返り、問題を見いだすのかはNHKの課題だ。その後、釈明したが説得力がない。

 NHKは国民からの受信料で成り立つ公共放送であって、政府の意向を広報する国営放送ではない。これでは、NHK内部に慰安婦問題について番組を作りたい人がいても、企画も出しにくくなる。

 18日の民主党の総務・内閣部門会議でも、籾井会長は植民地支配と侵略を反省し謝罪した戦後50年の村山富市首相談話について「今のところ(日本の公式見解と考えて)いい。将来はわからない」と述べた。政府の意向を気にしたのだろうか。

 籾井会長の資質を疑わせる不見識さは昨年1月の就任会見からあった。慰安婦について「戦争地域にはどこにもあった」と発言。特定秘密保護法は「(法案が)通ったので、もう言ってもしょうがない」、安倍晋三首相の靖国参拝問題については「総理の信念で行ったので、いい、悪いと言う立場にない」と話した。

 慰安婦問題は女性の人権に対する深刻な侵害であり、他国を引き合いに出しても正当化できない。特定秘密保護法は取り組むべき課題が山積する法律だし、首相の靖国参拝は国際的な議論を招いている。いずれについても、その背景を報道し、異なる意見を紹介し、議論を深めるのがジャーナリズムの役割だ。

 籾井会長は13カ月間、報道機関の役割をどう考えてきたのか。会長の任命権と罷免権を持つNHK経営委員会は議論を尽くしているのだろうか。

 NHKと政治の距離が疑問視されるたびに、現行制度が問われる。経営委員は国会の同意を得て首相が任命する。その経営委員会が会長を選ぶ。予算には国会の承認が必要だ。この3点が問題になる。

 経営委員を選ぶ第三者機関の設置や、会長候補を有識者が推薦する仕組みの導入など、抜本的な制度改革が必要だ。籾井会長の13カ月間は、それが差し迫った課題であることを示している。


人模様:阪神大震災時の手記を公開−−小林寿明さん
 清酒大手の月桂冠(本社・京都市伏見区)のホームページで、20年前の阪神大震災発生時の手記を公開している元杜氏(とうじ)の小林寿明さん(74)=写真・同社提供=は「酒に守られた」と感じている。当時働いていた神戸市灘区の酒蔵は倒壊したが、命を落とした蔵人はいなかった。酒のタンクが支えてくれたからだ。

 寒造りの最盛期。小林さんは1995年1月17日午前5時ごろ、蔵人14人と酒蔵に入った。突然の大きな揺れ。手探りで脱出すると酒蔵の屋根が落ちていた。しかし、酒が入った大きなタンクが屋根を支え、数人が軽傷を負っただけで済んだ。その日は余震が来る度に毛布をかぶって夜明けを待った。

 現在は杜氏を引退し、兵庫県香美町で農業をしている小林さん。「あの日の出来事はくっきり覚えており、今も思い出すとよく眠れない」という。だが、かつて社内報に掲載された手記を外部にも公開したい、という会社の申し出は快諾。「記憶が風化する中、経験を共有できれば」と思うからだという。【野口由紀】


特集ワイド:NHK籾井会長発言の危うさ 政府の代弁放送になるのか
 「『公共放送』という仕事は、政府の仕事を代行しているわけではありません」。NHKのホームページに、そんな文言がある。受信料を支払っている国民も、そう思っている。いや、「思っていた」なのか。大組織の頂点に位する籾井勝人(もみいかつと)会長(71)の発言の問題点をもう一度、考えた。【瀬尾忠義】
 ◇自ら考える報道を放棄 解決先送り、経営委の責任も重く

 「別に撤回もしませんけど……」。衆議院第2議員会館で18日にあった民主党の会議。NHKの経営計画を説明するために呼ばれた籾井氏は、ある議員に「5日の発言」を取り消す意思はあるか、と問われ、不機嫌そうに答えた。経営姿勢を厳しく追及する質問もあり、険悪なムードが漂っていた。籾井氏はさらに、「発言」の真意として「外交問題に発展する恐れがあることもよく考えて、扱わないといけないという認識だ。政府の言うことを聞くことではない」などと語った。

 「5日の発言」とは、定例記者会見で「戦後70年にあたり従軍慰安婦問題を番組で取り上げるのか」との問いに対する籾井氏の次の答えだ。

 「政府の正式なスタンスがまだ見えないので、放送するのが妥当かどうかは慎重に考えないといけない」。素直に聞けば「政府の主張に沿った番組しか放送しない」とも受け取れる。

 「政府の方針を確かめないと報道するかどうかを決められないのならば、大本営発表をそのまま垂れ流した戦時中と何が違うのか」。ジャーナリストの大谷昭宏氏は怒りもあらわに言う。「報道機関は権力の監視に加え、国民の意見が割れている問題について自ら考え、報じることも重要で、その責務を放棄しているとしか思えない。外部出身の人物がNHKの会長をしてはいけないと言っているのではありません。彼には報道の世界の原則が全く分かっていないことが問題なんです」

 「ニュースの職人」を称し数多くの調査報道に携わった鳥越俊太郎氏も声を強める。「NHKの経営は大半を国民からの受信料で賄っている。従って国民の方を向いた報道をするのが大原則。ところが籾井氏は政府の方を向いている。実際、彼が会長になってから、NHKは政府批判を控えているように映ります」。特定秘密保護法、集団的自衛権行使容認の閣議決定、原発再稼働……。日本の針路を決める重要政策では政府の方針を伝えようとする傾向が目立ち、「このままでは北朝鮮の国営放送と同じことになる恐れがある」と指摘する。

 それにしても「既視感」がある。

 昨年1月25日の就任会見で籾井氏が「(慰安婦は)戦争地域にはどこにもあった」「なぜオランダに今も(売春街を示す)飾り窓があるのか」などと「放言」したのが騒動の始まりだった。今年1月にはお笑いコンビ「爆笑問題」がNHKの番組で政治家ネタを却下されたことを明かしたことについて、個人名を挙げたネタは一般論として「品性があってしかるべきだ」と語った。そして今回の発言。

 この人の「問題発言」に慣れてしまって驚かなくなるのが、むしろ怖いほどだ。

 武蔵大教授(テレビジャーナリズム論)の永田浩三氏は「就任直後の発言は、あるいは『不勉強だったから』と弁解できたかもしれませんが、もう通用しない。公共放送のリーダーとしてこの1年、何も学んでいないことを露呈したのですから」とあきれる。

 NHKOBの永田氏は、慰安婦問題を取り上げた番組の統括プロデューサーだった。政治家の圧力があったとの指摘がある番組改変問題を検証しようとして制作現場を追われ、退職した。慰安婦問題に正面から取り組んできただけに、「外交問題に発展する恐れがあることもよく考えて……」との籾井氏の釈明を「反戦、平和の番組はたとえ政府と対立してでも放送するのがNHKの使命。『外交』を理由に報じないなんて、でたらめな理屈です」と切り捨てた。

 もちろん、NHK会長にも直言できる立場の人たちはいる。その選出、辞任に権限を持つ「経営委員」である。

 「経営委員は、就任以来の発言から、籾井氏が適格性に欠けることは分かったはずです。それなのに注意するだけにとどめ、解決を先送りしてきた責任は重い」。そう批判するのは立教大の服部孝章教授(メディア論)だ。

 浜田健一郎委員長は20日の衆院予算委員会で、民主党議員から籾井氏の罷免を要求されたが、「事態の一刻も早い収拾を」などと述べ否定した。

 同じ公共放送として、比較されることもある英BBC放送について、服部教授はこんなエピソードを語る。

 「イラク戦争の報道で英国政府と対立すると、BBCの会長と経営委員長は抗議の辞任をしたのです。その行動が示すように、職を賭しても報道の自由を守るとの自負があるからこそ、報道機関は国民の信頼を得られるのです」

 巨大放送局はどこへ向かおうとしているのか。

 元NHKディレクターの戸崎賢二氏に尋ねると「NHKは、集団的自衛権や原発再稼働反対の市民運動をほとんど報じてきませんでした。沖縄の辺野古基地建設反対の住民に対するひどい過剰警備も伝えていません」と、鳥越氏と同様に「政府寄り」の傾向を指摘。「安全保障関連の法整備についても、批判的に報道しない恐れがあります。自衛隊の海外での軍事行動の拡大が心配な時代に、NHKが国策放送局化する危険があるのではないか」と危惧する。

 NHKの混乱が続く中、自民党は新型「国際放送」の創設を目指す。慰安婦、靖国神社などの問題について政府の立場を発信するのが狙いだ。海外向けの英語放送としては「NHKワールドTV」があるが、「今の枠内では、報道の自由など基本的な制約が多い」との理由だ。

 「待った」をかけるのが永田氏だ。「外国語で発信すれば済むという問題ではなく、相手国の文化、歴史を理解して丁寧に伝える必要がある。国際社会からはプロパガンダに見られるだけです」。そして真の狙いをこう見る。「政府の方針に従わなければ国際業務を召し上げるという、NHKへの揺さぶりです」

 国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」が12日に発表した「世界報道の自由度ランキング」で、2010年に11位だった日本が15年には61位へと下がった。特定秘密保護法の施行などが影響したと見られるが、NHKが「国営放送」に近づけば、さらに報道不自由の国になりかねない。

 板野裕爾放送総局長は18日の定例記者会見で「(5日の会長発言は)慎重に検討しろという意味と理解している。どのようなテーマを取り上げるかは我々の編集権に委ねられている」と述べ、籾井氏をフォローしたが、問題の沈静化には至っていない。

 「報道の世界からお引き取り願いたい」(大谷氏)。籾井氏はニュースの中心にいる。


辺野古移設に反対する大規模集会 沖縄
 沖縄のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設に反対する大規模な集会が22日に開かれた。

 集会は22日午後、名護市辺野古のアメリカ軍キャンプ・シュワブのゲート前で行われ、主催者発表で約2800人が参加した。沖縄県選出の野党国会議員や、名護市の稲嶺市長らがあいさつし、移設に向けて防衛省が進める海上での作業などをやめるよう訴えた。

 名護市・稲嶺進市長「強い力に対抗できるのは、唯一、我々市民・県民の団結一つであります。日米両政府に対して突きつけていこうではありませんか」

 辺野古の大浦湾では、防衛省が1月から海底ボーリング調査のための作業を再開し、抗議する市民の船やカヌーと海上保安庁の船との間で、衝突が続いている。

 22日午前には、ゲート前で抗議をしていた市民グループのメンバー2人が敷地内に入ったとして、アメリカ軍に拘束された。その後、引き渡しを受けた沖縄県警が、日米地位協定にともなう刑事特別法違反の疑いで2人を逮捕した。

フランス語
フランス語の勉強?

城東区第九演奏会/NZ地震から4年

ブログネタ
フランス語 に参加中!
20150222_Ryugakudo

La paix, la tolérance, le respect mutuel, les droits de l'homme, l'état de droit et l'économie mondiale ont tous également souffert des actes terroristes.
Kofi Annan Homme d'état, Homme politique (1938 - )
Qui n'a pas fait d'enfant ne sait pas pourquoi il vit.
Proverbe Alsacien
Dans la vie on ne fait pas ce que l'on veut mais on est responsable de ce que l'on est.
Jean-Paul Sartre Artiste, écrivain, Philosophe, Romancier (1905 - 1980)
Si vous entrez parmi les borgnes, fermez un œil.
Proverbe Arabe

明日へ−支えあおう− 証言記録 東日本大震災 第38回「宮城県女川町」
東日本大震災で住民の1割近くが犠牲となった宮城県女川町。震災直後、住民の間から巨大な防潮堤で海と町を遮断する案が出てくる。「海は敵だ!」悲惨な体験に基づく思いがこもった案。一方で人工の巨大な壁の効果や海が見えなくなることに疑問を持つ人々もおり、町当局は巨大防潮堤建造より住宅の高台移転をすすめようとしていた。やがて明らかになる重大な問題点。巨大防潮堤なしの復興が決まるまでを町民の証言でつづる。
NNNドキュメント'15 女だった私が父になる 新しい家族のカタチ!
生殖医療の進歩により、家族のカタチが変わり始めている。医療がどこまで生命の操作をしていいのか。血の繋がりをこえて家族になる姿に密着。家族とは、親子とは何なのか?
YOU 日本テレビ

テレメンタリー2015「“3.11”を忘れない53 県境が分けた〜置き去りにされた宮城県丸森町筆甫〜」
福島と宮城の県境 福島県相馬市と県境で接する宮城県丸森町筆甫地区。
原発事故による放射能汚染はほぼ同レベルにも関わらず、県境をはさんで除染や健康調査、精神的苦痛に対する賠償など様々な格差が生じてきた。国や東電の対応に憤り疲弊する筆甫の住民たち。事故後、何が起きたのか。何故、そのような格差が生じたのか。原発事故から4年を前に検証する。
東日本放送


城東区の第九演奏会の日です.部屋から会場の大阪信愛女学院までは30分くらいなので少し早めに出ました.開演の1時前で子どもたちが遊んでいて,階段にたくさん並んでいます.仕方ないので列に並んで待ちます.
会場の前2列は子どもたちの席なので3列目に座りました.開始まで竹信三恵子のピケティ入門 (『21世紀の資本』の読み方)を読んで待つことにします.あっという間に1時間が過ぎて開演です.
まずはぷちっとJo-9♪による合唱です.男の子も数人いますがだいたいは女の子です.
4曲です.
○アナと雪の女王より「ありのままで〜Let it go(レットイットゴー)〜」 ○ゆうき○翼をください○アンパンマンのマーチ
「ありのままで」と「アンパンマンのマーチ」がよかったです.
第九演奏の前に合唱練習を少し.ドイツ語は難しいです.
本番では想いがつのってしまい,うまく歌えませんでした.

指揮 木村俊明 ソプラノ 川田理紗 アルト 田中友輝子 テノール 小林峻 バリトン 田中勉 近畿フィルハーモニー管弦楽団

今日はニュージーランド地震から4年です.亡くなった方を追悼したいと思います.

ニュージーランド地震から4年 現地で追悼式典
日本人28人が犠牲となったニュージーランド南部の地震から4年となる22日、大きな被害を受けたクライストチャーチでは、日本人犠牲者の遺族も参列して追悼式典が行われました。

2011年の2月22日、ニュージーランド南部で起きた地震ではクライストチャーチの中心部が大きな被害を受け、日本人28人を含む185人が死亡しました。
地震から4年となる22日、クライストチャーチ市内の公園では市が主催する追悼式典が行われ、ニュージーランド政府やクライストチャーチ市の関係者のほか、日本人犠牲者の遺族らも参列しました。
式典では、地震で大ケガをした男性があいさつし、「この4年で町は大きく変わったが、多くの人たちの間で復興はまだ道半ばにある」と述べて、復興への歩みが今後着実に進むよう訴えました。
そして、犠牲者一人一人の名前が読み上げられたあと、地震が発生した午後0時51分(日本時間の午前8時51分)に、参列者全員が1分間の黙とうをささげました。
この地震で倒壊し、多くの日本人が犠牲となったビルを巡っては、設計や行政の手続きなどに問題があったと指摘されていて、地元の警察が設計や建設に関わった関係者の刑事責任を問えるかどうか、ことし中に判断することにしています。


住民企画被災地ツアー 県外から客足 気仙沼
 東日本大震災で被災した気仙沼市浦島地区で、住民らが企画した被災地ツアー「週末は気仙沼。」があった。関東や関西の会社員や主婦ら16人が参加し、語り部から被災状況を聞いたりカキむきを体験したりした。
 一行は今月1日までの1泊2日で気仙沼市に滞在。初日は市魚市場の屋上駐車場から対岸の浦島地区を見渡し、復興の様子を確認。旧浦島小では、語り部から震災当日や避難生活などの様子を聞いた。
 同市大浦の水産加工場「マルニシ大浦工場」では、採れたてワカメをしゃぶしゃぶにして味わった。東京都の会社員谷山由子さん(54)は「ワカメがこんなに濃厚なうま味を持っていたとは知らなかった」と驚いた。
 2日目は、漁師が漁場から運んできた養殖カキの殻むきに挑戦。海鮮市場「海の市」、震災遺構として保存が検討されている気仙沼向洋高旧校舎にも足を運んだ。
 ツアーは昨年に続いて2回目。浦島地区振興会と気仙沼市で活動する日本国際ボランティアセンター(東京)が共同で企画した。3月28、29の両日にも行われる。


東日本大震災:「三陸遍路」は60札所 ルート決定報告、コンサート開催 9市町330キロ、津波犠牲者を慰霊
 東日本大震災の犠牲者を弔いながら三陸沿岸の寺社60カ所を巡る「津波霊場・三陸遍路みち」のルートが決まり、報告を兼ねた記念コンサートが21日、岩手県宮古市民文化会館であった。震災から4年となる3月11日に、ルート両端にある2寺でそれぞれ、有志による出発式を行う。

 「遍路みち」を考案したのは、釜石市鵜住居(うのすまい)町出身の三味線奏者、駒幸夫さん(60)=米ニューヨーク在住。震災以降、津波で犠牲になった母幸子さん(当時82歳)の形見の三味線を手に、被災地で慰問演奏を続けるうち、「四国のお遍路のような巡礼道を作れないか」と思ったという。

 昨年6月から、沿岸の寺社に札所となるよう協力を要請。宗派を超えて賛同を得た。同県岩泉町の宗得(そうとく)寺から宮城県南三陸町の大雄(だいおう)寺まで9市町約330キロがつながり、駒さんは観光情報なども盛り込んだ「マップ」を製作中。各寺社で押してもらう「朱印帳」も兼ね、今月中に約1万部を発行するという。

 コンサートでは、駒さんが交流する徳島県の阿波踊りグループの「藝茶楽(げじゃらく)」10人も踊りを披露した。駒さんは「遍路みちは末永く続いていく。歩くことが犠牲者の霊を慰めることになる」と話した。【中田博維】


米国:マルコムX暗殺50年 式典に数百人参列
 キング牧師と並ぶ米黒人解放運動の指導者マルコムXがニューヨークで暗殺されて50年となる21日、暗殺現場跡の施設で式典が開かれ、数百人が参列した。米国では昨年以降、黒人が白人の警官に相次いで死亡させられ人種問題があらためて議論になっている。

 AP通信によると、6人いる娘の1人、イリアサ・シャバーズさんは式典で「自分ができる最大限を(世間に)与えた人だった」と述べ、黒人の地位向上に果たした功績に触れた。暗殺現場跡は現在、マルコムXの記念センターになっている。

 マルコムXは、キング牧師が推進した非暴力路線を拒み、闘争的な運動を主張。39歳の時にニューヨークの舞踏場で演説しようとした際、直前にたもとを分かった黒人イスラム組織「ネーション・オブ・イスラム」のメンバーに射殺された。(共同)

フランス語
フランス語の勉強?

尊厳死に反対/ジュンクでぶらぶら/ポルトガルビール

ブログネタ
フランス語 に参加中!
20150211_nowar

Le Japon est-il l'avenir du communisme?
Il n'y a pas que sa communication kawaï qui différencie le Kyôsan-tô de ses homologues occidentaux. Il a connu un succès (relatif) aux dernières élections, s'engage pour l'écologie, contre la présence militaire américaine et pour la féminisation de la vie politique. Le tout soutenu par un journal qui tire à plus d'un million d'exemplaires.
Shinzô Abe est apparu comme le grand vainqueur des élections du 14 décembre 2014. Son parti est demeuré largement en tête malgré une érosion de sa popularité, une série de ≪scandales≫ plutôt modestes mais à l’effet dévastateur, et l’usure du pouvoir, souvent rapide au Japon. Mais le vrai enseignement du scrutin, celui qui pourrait peser dans l’avenir, c’est le retour du Parti communiste japonais, le Kyôsan-tô.
Totalement moribond depuis dix ans, quasiment condamné au statut de parti de témoignage avec moins de dix députés (malgré un mode de scrutin intégrant une partie de proportionnelle), il semblait –comme nombre de ses homologues occidentaux– condamné à s’éteindre doucement.
Depuis le dernier scrutin, il compte maintenant 21 députés et a réalisé, avec 11,4% des voix (le scrutin ne comporte qu’un tour), la deuxième performance électorale de son histoire. Et le tout –précision majeure– sans aucune alliance avec le parti de gauche modérée, au pouvoir de 2009 à 2012, qui, lui, n’en finit pas de sombrer. Et comme le parti conservateur de Shinzô Abe reste encore sur orbite par rapport à l’opposition, les bons résultats du Parti communiste japonais ne sont pas dus à un coup de barre à gauche de la société japonaise: c’est bien la gauche japonaise elle-même qui se reconnaît de plus en plus dans le communisme version nippone.
Communisme insulaire
Comme de nombreux pays occidentaux possèdent encore dans leur paysage politique un parti communiste ou un équivalent proche, la tentation est grande de procéder à une petite comparaison. Et rapidement, la conclusion apparaît: le Parti communiste japonais est une formation unique et atypique dans la tendance mondiale.
Créé en 1922, interdit durant la période militariste japonaise, il ne put commencer à exister réellement qu’à la fin de la Seconde Guerre mondiale. Et hormis un petit frémissement en 1949 où ses scores électoraux atteignirent presque les deux chiffres, les décennies cinquante et soixante furent celle de la quasi invisibilité. A l’époque où le PCF connaissait par exemple son âge d’or électoral, son homologue japonais ne comptait ses députés que sur les doigts d’une main.
Ce sont les années 1970 qui verront vraiment le parti décoller, à l’heure où le Japon peaufinait les détails d’une ascension économique qui allait en faire la deuxième puissance mondiale.
Curieux de voir que le renouveau communiste au Japon de 2014 correspond aussi à une séquence économique correcte sur 2012-2014 après des années noires. L’extrême gauche profiterait-elle des périodes fastes?
Pas exactement, selon Minoru Tagawa, membre du secrétariat du Kyôsan-tô:
≪Nous avons beaucoup souffert du système bipartisan droite/gauche qui a été voulu et organisé par les milieux d’affaires. Mais notre retour est plutôt la conséquence de la crise de 2009, où le Minshû-tô [le parti de gauche modéré] est revenu au pouvoir, mais a soutenu les traités de libre-échange et la présence des bases américaines sur notre sol. Cela a fait apparaître le Parti communiste comme un troisième pôle, le seul vraiment alternatif. C’est comme cela que nous avons engrangé des résultats, en commencant d’ailleurs par des assemblées locales comme celle de Tokyo.≫
Et côté idéologie, le Parti communiste japonais défend sa spécificité d’approche qui le tiendra assez éloigné de ses homologues de l’après-guerre.
≪Nous rejetons le concept de “marxisme-léninisme” , explique Minoru Tagawa, nous nous fondons plutôt sur le “socialisme scientifique” tel que l’ont défini Marx et Engels.≫
Dans un premier temps, la révolution démocratique dans le cadre du capitalisme en cours, à terme l’instauration d’une société réellement communiste, dans un Japon qui serait débarrassé du nucléaire et des bases militaires américaines. Et le tout sans une once de nostalgie pour l’Union soviétique, explicitement qualifiée de ≪bureaucratique et despotique≫ et avec des relations pour le moins ténues avec leur homologue chinois, longtemps accusé de vouloir prendre le contrôle du Kyôsan-tô. Sans même parler du Parti des travailleurs de Corée du Nord, avec qui les relations sont totalement rompues depuis les années 1980.
Le Parti communiste japonais se veut donc en surface moderne, surfant sur des thèmes progressistes qui parlent de plus en plus aux Japonais.
L’écologie tout d’abord –le Kyôsan-tô palliant de fait l’absence d’un vrai mouvement politique ≪vert≫ au Japon– avec une position sans concession sur la sortie du nucléaire. Une spécificité en soi, si l’on compare le rapport entre communisme et atome en Europe.
Secundo le rejet de toute présence militaire américaine à terme sur le sol japonais, et le refus immédiat de construire de nouveaux aménagements pour les 47.000 militaires américains basés au Japon. Le Parti communiste a d’ailleurs enregistré ses meilleurs scores à Okinawa, archipel à l’extrême sud du pays, qui accueille la moitié du contingent américain au Japon.
Mais là où le Parti communiste japonais est le plus à la pointe c’est sur... la féminisation de la vie politique. Le Kyôsan-tô, bien qu'il soit le plus vieux parti de l'actuelle scène politique nationale, est sans conteste celui qui regroupe le plus de femmes.
≪47,2% exactement, annonce fièrement Kimie Hatano, qui vient d'être élue lors du scrutin de 2014 dans la région de Yokohama. Il n'est pas étonnant que nous accueillions tant de femmes, nous sommes le premier parti à avoir demandé le suffrage universel pour les femmes et les hommes dès l'âge de 18 ans (elles peuvent le faire depuis 1946, mais l'âge pour voter est fixé à 20 ans au Japon, NDLR).≫
La question féministe est loin d'être un gadget sociétal au Japon où la représentation féminine dans la classe politique ferait passer la France pour un pays scandinave. Et dans un contexte surtout où la natalité ne redécolle pas, faisant peser sur le pays les affres du dépeuplement (et de son corollaire, sans doute plus grave, le vieillissement). Le parti se place donc à la pointe sur la réduction du temps de travail, la création de crèches, et les mesures sociales pour concilier carrière et enfants. Et –communisme oblige– le responsable des problèmes démographiques entraînant le Japon sur la voie du déclin est tout trouvé pour la députée: ≪les intérêts du grand capital≫ et sûrement pas les contraintes de la crise.
Présence médiatique et com kawaii
Si le Parti communiste japonais peut faire rêver en France, c'est au moins avec le succès de son journal, l'équivalent local de l'Humanité, mais toujours officiellement affilié, lui, au parti: le Shimbun Akahata (le ≪journal du drapeau rouge≫, la couleur est clairement annoncée).
Alors que le quotidien francais tire péniblement à 50.000 exemplaires, l'équivalent japonais affiche sans complexe des tirages de 1.200.000 exemplaires. Un chiffre considérable, dû en partie à la large diffusion des journaux au Japon (le Shimbun Akahata n'est même pas dans le top 10 national!), mais également à un système de distribution et de collecte des abonnements efficaces, entièrement géré en interne par le journal, et reposant sur le maillage territorial du parti. Et alors que l'Humanité s'est officiellement détaché du PCF en 1994 pour s'ouvrir à un plus large éventail de sensibilité, le Shimbun Akahata, lui, ne fait pas mystère de son allégeance idéologique total au Kyôsan-tô.
≪Nous ne publions aucun contenu qui peut aller à l'encontre de la ligne du Parti communiste japonais, déclare sans sourciller Taizo Hoshino, membre du bureau éditorial du journal. Tous nos journalistes sont membres du parti, et ils doivent maîtriser en profondeur ses idées et ses prises de positions.≫
Des propos que l'on s'étonne d'entendre dans un pays démocratique, mais qui n'empêchent pas cependant au journal d'afficher derrière son aspect austère un contenu que l'on ne retrouve pas ailleurs dans la presse nippone: critique des grosses entreprises, rejet de toute tentation de révisionnisme historique, et dénonciation précise et argumentée des erreurs de l'administration. Un apport qui permet de toucher un lectorat dépassant largement les 300.000 adhérents que revendique le parti.
Derrière la respectabilité d'un journal à large diffusion, le Parti communiste japonais s'est également lancé dans une autre mutation qui le distingue particulièrement de ses homologues: celle de sa communication visuelle.
Le Kyôsan-tô, dans le but d'attirer de nouveaux militants plus jeunes et plus en phase avec la société moderne, s'est doté d'une communication au look kawaii particulièrement déroutante d'un point de vue occidental.

Huit personnages ont ainsi fait leur apparition, chacun représentant un type de revendication particulière: Otento-sun, un personnage en forme de soleil, lutte contre le nucléaire, Gamagguchan, en forme de porte-monnaie, critique la hausse de la TVA, Shiisaa créature mi-lion mi-chien représente le refus du militarisme à Okinawa... Ils sont tous menés par le ≪leader≫, Kaku-san, personnage entièrement blanc, un porte-voix sur la tête en guise de chapeau (et un porte-voix à la main).
A des années-lumières de la faucille et du marteau, la communication japonaise privilégie le concept du aisaseru kyôsanshugi, le ≪communisme aimable≫. Et la stratégie est pour l'instant payante: devant l'importance continue prise par les problématiques militaires et nucléaires dans les élections, le rajeunissement des troupes du Kyôsan-tô et l'incapacité du principal parti de centre-gauche de se remettre de sa défaite de 2012, voir le Parti communiste japonais devenir de plus en plus influent jusqu'à en être incontournable semble une dynamique bien engagée.
Damien Durand

ETV特集「立花隆 次世代へのメッセージ〜わが原点の広島・長崎から〜」
知の巨人と称されるジャーナリストの立花隆。実は戦中に長崎で生まれた彼の原点には核兵器廃絶への強い思いがある。戦後70年を迎え、まもなく被爆体験者がいなくなろうとするいま、立花は核兵器廃絶の問題をいかに若い世代へ伝えるべきか、思索を始めた。カナダ人の親友との半世紀ぶりの再会。そして広島の学生たちが取り組むイベントへの参加や長崎大学での特別授業。核廃絶に向け動き出した立花の半年間にわたる活動に密着した
森田美由紀


尊厳死反対の集会に行きました.反対なのはわかるけど,なんとなくよくわからない感じもします.
なんばから梅田に移動しました.スイートブールを食べて,ジュンクをぶらぶら.ジェンダー論関係の本が面白そうです.
天満橋で飲み会の後ちょっと飲み足りないので買っておいたポルトガルビールを飲みました.SAGRES.1664みたいな味です.

3.11 街を黄色に ことしもハンカチ運動
 仙台青年会議所(JC)は、市民の防災意識高揚を図る「しあわせな黄色いハンカチプロジェクト」で、新たに4000枚のハンカチを作製した。3月に仙台市内の商店街やイベントで市民らに配布することにしており、毎年3月11日には家の前に掲げてもらい、東日本大震災の風化防止に役立てる。
 プロジェクトは昨年、始動した。震災発生時に黄色いハンカチを玄関に掲げ、全世帯の安否を35分間で確認した仙台市内の町内会の自主防災活動を広めるのが狙い。昨年作製した4000枚は、仙台JCが3月に主催したキャンドルナイト来場者、町内会、フットサルリーグ観戦者らに配った。
 ことしは2000枚を、商店街のほか、3月11日に青葉区の勾当台公園市民広場で開催する「キャンドルナイト2015」で配布する。残り2000枚は、同15日に青葉区の仙台市市民活動サポートセンターに開設する国連防災世界会議パブリックフォーラムの仙台JCブースで配り、国内外に活動をアピールする。
 プロジェクトの主体となる仙台JC地域連携推進会議の石井健人議長(37)は「多くの人に活動の輪が広がり、3月11日には市内が黄色に染まってほしい」と期待する。
 キャンドルナイトは、震災翌年に始まった支援感謝イベント。ことしは約2500個の紙コップに浮かべたろうそくの火で「つながろう」の文字を浮かび上がらせる。当日は午後2時から来場者に黄色いハンカチと紙コップを配布し、メッセージを書いてもらい、夕方点灯する。
 連絡先は仙台JC022(222)9788。


震災の記憶、短編アニメに 宮城県制作
 県は東日本大震災の復興支援に感謝を示し、被災記憶の風化を防ごうと短編アニメ「今、ふたりの道」を制作した。仙台市青葉区のせんだいメディアテークで、25日開かれる「アニメ業界セミナー」でお披露目する。
 作品は16歳の高校生の男女が震災を経験し、成長する姿を描いた。時間は約5分20秒。舞台は主に気仙沼市と蔵王町の風景をモデルにした。旭プロダクション宮城白石スタジオ(白石市)に制作を委託した。
 声優には、県ゆかりの3人を起用。仙台市出身で舞台女優としての顔も持つ安室夏さん、ともに塩釜市出身で業界の一線で活躍を続ける島崎信長さん、山寺宏一さんが出演する。
 アニメ業界セミナーは25日午後3〜4時半。アニメ制作会社ぴえろ最高顧問の布川郁司氏(酒田市出身)が記念講演を行う。
 「今、ふたりの道」はニコニコ動画でも3月11日から1カ月間無料配信される予定。


復興祈りモニュメント・石巻駅前に設置
 東日本大震災で甚大な被害を受けた石巻市で復興を祈念するモニュメントが20日、JR石巻駅前広場に設置された。
 モニュメントは御影石製で高さ約1.2メートル、幅1.5メートル、奥行き約80センチ。2本の柱の間に虹の架け橋があり、下部に球体を置いた。虹は人と人との絆や市の発展、球体は平穏、平和という意味が込められている。
 費用は約100万円で、大阪府東大阪市の東大阪東ロータリークラブ(RC)が半額を負担。残りは神奈川県小田原市やタイ、韓国のRCに協力を呼び掛けた。
 除幕式には関係者約30人が出席。東大阪東RCの天野正亮会長は「次代に記憶を残す一助になればうれしい」と述べ、石巻市の菅原秀幸副市長は「皆さんに報いるために一日も早い復興を成し遂げたい」と話した。


娘が生きた証し 日和幼稚園児の絵本刊行
 東日本大震災で犠牲になった石巻市の私立日和幼稚園の園児佐藤愛梨ちゃん=当時(6)=を主人公にした絵本が20日、出版された。命の大切さを伝えるため短い生涯を懸命に生きた物語で、群馬県の絵本作家空羽(くう)ファティマさん(52)が手掛けた。出版費用は寄付を募り、全国から寄せられた。
 タイトルは「あなたをママと呼びたくて…天から舞い降りた命」。母美香さん(40)の子どもになることを望んで生まれた愛梨ちゃんは、充実した日々を送る。震災で亡くなっても家族を愛し続け、天国から「ママ、大好き」と語り掛ける。
 ストーリーに合わせ、絵画教室に通う空羽さんの長女ナイルさん(11)と群馬県の小学生の絵を添えた。愛梨ちゃんが描いた絵や、一緒に犠牲になった西城春音ちゃん=当時(6)=、佐々木明日香ちゃん=当時(6)=のきょうだいの絵も載せた。
 空羽さんは命をテーマにした絵本を制作している。ニュースで愛梨ちゃんのことを知り、美香さんに自作を送ったところ、「愛梨の絵本を作ってほしい」と依頼された。
 空羽さんは「愛梨ちゃんは6歳で亡くなったかわいそうな子ではなく、自ら選んだ人生を精いっぱい生きた。全国から集まった寄付は、被災地を忘れていないというメッセージでもある」と語る。
 出版は美香さんの誕生日の20日に合わせた。美香さんは「娘が生きた証しを残すことができた。一人でも多くの人に手に取ってもらい、命の尊さが伝わるといい」と喜んだ。
 絵本は56ページで朗読CD付き。1800円(税別)。宮城県内のヤマト屋書店などで取り扱うほか、インターネット通販アマゾンで購入できる。


女川30キロ圏安全協定案合意・5市町首長
 東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)の半径30キロ圏に位置する登米、東松島、涌谷、美里、南三陸の宮城県内5市町は20日、東北電と締結する原子力安全協定案に合意した。一部自治体が主張していた「設備変更時の事前了解」は盛り込まれなかった。各市町は議会説明を経て、年度内の調印を目指す。

 協定案は異常時の通報連絡や立ち入り調査、設備変更計画時の報告など13条。焦点となっていた設備変更時の対応については、東北電が立地自治体に申し入れた際、速やかに5市町にも報告することとした。
 他の複数の条文は、東北電が立地自治体と交わしている安全協定に準じた表現にあらためた。
 宮城県と5市町が新たな覚書を交わすことも決めた。事前協議の対応について県が東北電に回答する際、事前に5市町に説明し、各市町が県を通して意見を添えられるとする内容を盛り込む。
 協定案などは登米市内で20日開かれた非公開の首長会議で協議された。終了後の記者会見で、代表幹事を務める布施孝尚登米市長は「合意によって、原発周辺にある住民の安全を守るという各市町が共有する課題解決のスタートラインに立てた」と述べた。
 前任の町長が設備変更時の事前了解を求めていた相沢清一美里町長は「協定締結は原発再稼働容認を意味しない。県と交わす覚書の内容は事前了解に準ずると受け止めた」との見解を示した。
 東北電は「年度内に協定を締結できるよう手続きを進めたい」とコメントした。


<山田線>全線復旧は18年度・JR東
 東日本大震災で被災し、第三セクター三陸鉄道(宮古市)へ移管されるJR山田線(宮古−釜石間、55.4キロ)の全線復旧について、JR東日本が2018年度内を目標としていることが20日、分かった。JR側が岩手県など地元自治体に伝えた。JRは3月7日、復旧工事に着手する。全線運行は3〜4年後に実現する見通しとなった。
 関係者によると、JRは比較的被害が少なかった宮古−豊間根駅間(15.4キロ)と鵜住居−釜石駅間(8.3キロ)を16年秋までに復旧させる。
 同年10月の岩手国体は一部競技が沿線自治体で実施されるため、県が優先復旧を求めている。続いて17年度内に豊間根−吉里吉里駅間(24.3キロ)、残る吉里吉里−鵜住居駅間(7.4キロ)を18年度内に復旧させる見通し。
 県関係者は「沿線市町で進む他の復旧工事との調整が必要になるが、現時点で不可能な案ではない」と話した。復旧後は、山田線を挟み三鉄南北リアス線が直結される。
 JR東は2月6日、岩手県、沿線4市町、三陸鉄道との間で、復旧後に三鉄に移管することで基本合意した。


東日本大震災:岩手の被災地、買い物代行打ち切り 内陸のNPO、補助対象外に
 高齢などで外出がままならない東日本大震災の被災者向けに、盛岡市の民間団体が続けてきた低料金の買い物サービスが、2月末で終了する。活動資金としてきた、国の雇用創出基金の対象外となり継続できなくなったため。3月以降、経済的負担が増える利用者からは「続けてほしかった」との声が上がっている。【安藤いく子】

 女性の自立支援に取り組むNPO法人「参画プランニング・いわて」(盛岡市)が震災5カ月後の2011年8月、津波被害の大きかった岩手県宮古(みやこ)市と大槌(おおつち)町、野田村で始めた。現在は5市町村で雇用した20〜50代の女性20人が「芽(め)でるカー」とのグループ名で活動。1日十数軒を訪ね、1回100円の利用料で請け負ってきた。

 仮設住宅や災害公営住宅(復興住宅)には、巡回する移動販売車にさえ歩いて行けない高齢者や障害者もいる。芽でるカーはそんな買い物弱者の味方だった。電化製品から食品まで、「縦に持ったときにピンと立つほど鮮度の良いサンマ」などの要望にも応えてきた。

 事業を委託している盛岡市は、年間事業費6300万円に国の雇用創出基金の補助金を充ててきた。しかし、市によると、2月までの事業を継続するためには、新規に申請する必要があるが、来年度以降は対象が津波被害のあった沿岸市町村のみとなり、内陸の盛岡は補助金を受けられなくなった。同市と同NPOは沿岸市町村に引き継ぎを要請したが「基金事業は1年ごとの更新で先を見通せずやりにくい」「民間が同じサービスをしている」などと受けてもらえなかった。

 事業の終了を知った利用者からは「やめないでほしい」との声が上がっている。大槌地区リーダーの沢山美恵子さん(58)は「復興住宅など建物はできてきたが、それだけでは復興じゃない。生活が成り立ってこそ。その根幹が買い物だ」と残念そうに話す。

==============

 ■ことば
 ◇雇用創出基金事業

 リーマン・ショックがあった2008年、厚生労働省が失業者の雇用確保のため始めた。この交付金で都道府県が基金を設け、市町村を通して、NPO法人などが雇用対策として行う事業に補助金を出す。厚労省によると、2014年度までに約1兆8000億円を交付し、約140万人の雇用を生んだ。東日本大震災後、被災者を雇用する特別メニューも作ったが、15年度以降の新規事業は、津波被害を直接受けた沿岸市町村に限定する。


東日本大震災:不明者25遺体の似顔絵ポスター 岩手・宮城
 東北管区警察局(仙台市)は20日、東日本大震災の被災3県で身元が分かっていない計85遺体のうち、宮城、岩手の25遺体の似顔絵を一覧できるポスター1500枚を作製したと発表した。東京など12都県の警察に配布する。被災地以外で身元不明遺体の情報提供を呼びかけるのは初めて。

 ポスターは「家族のもとに帰りたい」と題した縦84センチ、横60センチ。似顔絵と遺体発見場所、性別、年代が記され、似顔絵の二次元コードに携帯電話をかざすとさらに身体特徴など詳細情報を見ることができる。東北6県のほか東京、埼玉、千葉、栃木、茨城、新潟の各都県の警察に配布する。

 警察局によると、身元不明遺体数は20日現在で岩手64、宮城20、福島1。昨年1年間では21遺体の身元が判明したが、寄せられる情報件数は岩手、宮城で計14件にとどまり、今年はまだ一件もない。【伊藤直孝】


河北春秋
 布団に横たえた遺体の顔をさすって母親のセキが叫んだという。「それ、もう一度立たねか、みんなのためもう一度立たねか!」。大館市出身のプロレタリア作家、小林多喜二は82年前のきょう、変わり果てた姿で自宅に戻された

 ▼前日、東京・赤坂で特高に逮捕された。連行先の警察署の取調室で、一緒に捕まった作家仲間に「こうなったら最後まで頑張ろうぜ」と言った途端、刑事らが木刀と太い桜のステッキで打ってかかり、2時間、拷問が続いたという▼下帯姿の遺体、抱きしめる母セキ、駆けつけた友人の作家ら−。当夜の写真が何枚か残っている。警察は「心臓まひ」を死因としたが、セキは「子どもの時から心臓病なんかしたことがありません」と語った

 ▼拷問を受けて死に瀕(ひん)した様子を証言した手紙が、見つかった。隣の房にいた人が「口もきくことができないほどに」「苦しさでたゞうなつているだけ」などと語っている。北海道小樽市の文学館で、それらの書簡の公開が始まった▼同じ月、日本は国際連盟を脱退、急速に戦時色を強めていく。そうした中で言論は封殺され、治安維持法の検挙者のうち100人以上が虐殺されたといわれる。身も凍るような時代だ。忘れてはならない恐ろしい歴史の記憶として、多喜二の死はある。


広島土砂災害:半年 生活再建、見通し立たず
 74人が亡くなった広島市北部の土砂災害から20日で半年となった。被災地では砂防ダムや治山ダムの建設が計画されているが、予定地周辺などでは住民が立ち退きを迫られる見通しだ。同市によると、現在817世帯、1780人が災害前の自宅を離れて暮らす。避難先から元の場所に戻ることを希望する住民は多く、計画は長期化するとみられている。【加藤小夜、石川将来】

 広島県と国は、広島市安佐南・安佐北両区の計99カ所で砂防ダムや治山ダムの建設を計画。このうち緊急性の高い所は2015年度末までの完成を目指している。

 土砂災害では、全半壊396棟、床上・床下浸水4164棟など計4749棟の被害が出た。広島市は昨年11月までに土砂の撤去を終えた。最大16万4108人を対象に出された避難勧告・指示も解除し、昨年末には全ての避難所が閉鎖された。現在仮置き場に置かれた土砂やがれきも、最終処分に向けた分別作業が始まった。

 被災者は徐々に日常生活を取り戻しているように見えるが、生活再建の見通しは立っていない。
 ◇土むき出しの地、復興への道遠く

 広島市の土砂災害で被害の大きかった現場では、半年が経過して土砂や倒壊した家屋は撤去された。52人が亡くなった同市安佐南区八木地区。激しい土石流に襲われた県営住宅付近では土がむき出しになった更地が広がり、復興への道のりの長さをうかがわせる。

 県営住宅の北側にあある住宅団地「八木ケ丘団地」には災害前、109世帯290人が暮らしていた。土石流で、10人が亡くなった。現在は約60世帯が住むが、自宅は残っても避難を続けている世帯、新たな場所で生活を始めた世帯は計18ある。

 残った住民たちは災害に強い町をつくるため、緊急時の連絡先として携帯番号を記した名簿を作り直した。二つの防災サイレンと雨量計も独自に設置した。防災担当の山根健治・町内副会長(68)は「砂防ダムの設置まで、まだまだ時間がかかる。みんなが安心して暮らせる町を目指す」と話した。


広島土砂災害:半年 「安らかに」祈る登山 兄夫婦奪った阿武山、立川さん「もう暴れないで」 /広島
 74人が亡くなった広島市北部の土砂災害から半年となった20日、安佐南、安佐北両区の被災現場には臨時の献花台が設けられ、早朝から被災地は祈りに包まれた。【加藤小夜】

 「行ってくるで」。20日朝、安佐南区八木3の住宅団地「阿武の里団地」に暮らす立川新三さん(78)は、同じ団地内で土砂災害の犠牲になった兄夫婦の自宅跡に花を手向けると、亡き兄に言葉をかけた。そして妻祝枝さん(72)とともに、団地裏の阿武山に登り、兄夫婦を慰霊した。

 新三さんの兄洋二さん(当時81歳)と妻のサチコさん(同82歳)は、一緒に旅行や登山に出掛けるおしどり夫婦だった。先に登山を始めた新三さん夫婦に続いて、洋二さん夫婦も山に登るようになった。兄夫婦と一緒に登山をすると、いつも洋二さんがみんなを笑わせるムードメーカー役だった。自宅で華道と茶道を長年教えていたサチコさんは、道端の花の名前をみんなに教えていたという。

 阿武山は、団地内の登山グループで何度も登った思い出の山だった。だが半年前、その山が崩れて、洋二さん夫婦の命を奪った。阿武山には中腹と山頂付近に、暴れて山に大雨を降らせたとして退治された大蛇の頭などが祭られた、との言い伝えがある三つのほこらがあった。

 新三さん夫婦は、団地近くの登山口を午前8時半ごろに出発し、1時間ほどかけて、中腹の二つのほこらを回り、サカキを供えた。阿武山から連なる権現山を周り、午後1時ごろに下山。道中では、幅十数メートルにわたり山肌がえぐられた土石流の爪痕や、舗装路をふさいだのままの土砂が残されていた。なぎ倒され、そのまま残るガードレールや電柱が土石流のすさまじさを物語っていた。

 新三さんは、山に向かって語りかけた。「思い出の場所でもあるし、もう暴れないでおくれ。2人が安らかに眠れるように」

フランス語
フランス語の勉強?

広島土砂災害から半年/ピケティ借りる

ブログネタ
フランス語 に参加中!
Hiroshima_demi_an_mainichi_150220

Japon : un adolescent obligé de travailler sur le site de Fukushima
La police japonaise a arrêté le patron de l'entreprise de travaux publics qui a envoyé le mineur de 15 ans nettoyer le site radioactif.
Triste affaire pour ce garçon de 15 ans qui a été envoyé sur le site contaminé de Fukushima pour nettoyer des déchets radioactifs. Heureusement, le droit du travail japonais interdit strictement aux personnes mineures de travailler dans les zones contaminées, rapporte le journal Japan Times.
Son patron, qui dirige l'entreprise chargée des opérations de nettoyage, Yuji Chiba, a été arrêté par la police japonaise. Il avait embauché l'adolescent en avril 2014. Le garçon avait commencé à travailler sur l'ancien site nucléaire au mois de juillet. Au bout de cinq jours, il avait fini par s'enfuir.
Frappé et sous-payé
Selon le journal, l'adolescent percevait un salaire journalier de 3 000 yens, soit un peu plus d'une vingtaine d'euros. Or les travailleurs de Fukushima sont censés recevoir une indemnité d'environ 9 000 yens par jour, en plus de leur salaire. L'adolescent a également raconté à la police que son patron le battait quand il ne travaillait pas assez dur.
Le séisme suivi d'un tsunami avait sérieusement endommagé la centrale nucléaire de Fukushima en 2011. Plus de 160 000 habitants avaient du fuir les villes alentour. Depuis, de nombreux contrats lucratifs ont été offerts à des entreprises de travaux publics pour organiser le nettoyage du site contaminé.

ドキュメント72時間「赤羽・おでん屋エレジー」
気取らない居酒屋が建ち並びのん兵衛の聖地と呼ばれる赤羽。その一角に朝から行列の絶えない「立ち飲みおでん屋」がある。ひとり朝酒を楽しむ夜勤明けの警備員から、家族におでんを買って帰る母親、居酒屋をハシゴして赤羽の夜を楽しむサラリーマンまで。自慢のはんぺんを頬張り、カップ酒に熱々の出汁を注いだ「ダシ割り」を飲み干せば、心も体もポカポカに。寒風吹きすさぶ空の下、肩を寄せ合っておでんを頬張る男女たちの物語。
西田尚美

金子勝 @masaru_kaneko
【国滅ぶ2】格差社会の象徴であるボンボン安倍首相は、民主主義を知らず、批判されるのが嫌いでお気に入りのオトモダチ集めて何でも決める。「ナッツ姫」曾野綾子氏の「集団的自決はなかった」「福島は承認して住んだのだから賠償は必要ない」といった暴言が示すように、知的レベルがひどく低い。



お昼に西吉野の柿を食べました.でも季節は秋ではない!あれ?
広島土砂災害から半年です.すっかり忘れていました.よくないですね.
図書館でピケティについての本を借りました.さっそく読みたいです.

津波犠牲の生徒4人追悼 山下中に慰霊碑
 東日本大震災で生徒4人が亡くなった山元町山下中(生徒261人)で19日、遺族らが校内に慰霊碑「命の碑」を建立した。犠牲となった生徒の名前とともに、津波が来たら素早く避難するよう呼び掛ける文章を刻んだ。悲しい記憶と教訓を、後世の子どもたちに末永く継承する。
 慰霊碑は縦、横各1.2メートルで台座の幅が52センチ。碑文には、津波で住民635人が犠牲となった震災の発生状況、国内外からの温かい支援への感謝に続き、津波発生時には迅速に高台や遠くへ避難することを記した。
 文末には、犠牲となった生徒4人の氏名と学年、居住した地区名を刻んだ。生徒の妹で同様に亡くなった同町山下二小の児童1人も加えた。
 慰霊碑の前で式典があり、遺族や学校関係者ら約10人が参列。遺族代表が成毛毅校長、生徒代表らと除幕して花を手向けた。体育館で全校集会も開き、教諭が碑文を朗読した。成毛校長が「亡くなった生徒の安らかな眠りを祈るとともに、絆への感謝と震災の記憶を語り継いでほしい」と呼び掛けた。
 慰霊碑の建立は、成毛校長の発案を受けた遺族らが建設実行委員会を設立して準備を進めた。事業費約70万円は、同窓会やPTAなどからの寄付に加え、全国から寄せられた義援金を活用した。
 2年生だった次女瑠衣さん=当時(14)=を亡くした実行委員長の渡辺淳さん(45)は「娘の名前が刻まれて感慨深い。悲しい過去を繰り返さないためにも、生徒には掛け替えのない命を大切にしてほしい」と話した。
 碑は校舎の昇降口近くに建立され、生徒ら来校者は常に目にすることができる。生徒会長の2年荻原康平君(14)は「碑の前に立つと、言葉にできない悲しさとつらさを感じる。震災の記憶を継承するため、この先の生徒たちにはずっと大切にしてほしい」と願った。


<防潮堤>気仙沼2漁港 高さ2m引き下げへ
 気仙沼市が、同市唐桑町の神止浜(かどまりはま)漁港と同市三ノ浜の鶴ケ浦漁港に建設を計画する防潮堤高を、それぞれ2.1メートル、2.3メートル引き下げる方針を固めたことが19日、分かった。防潮堤の計画高は原則、ブロックごとに統一されているが、シミュレーションに基づいて、市は引き下げが可能と判断した。
 神止浜漁港は計画高を11.2メートルとしていたのを9.1メートルに、鶴ケ浦漁港は9.9メートルから7.6メートルにそれぞれ引き下げる。
 十数年から百数十年に1度の津波を想定した県のシミュレーションでは、津波を免れるため神止浜漁港で8.1メートル、鶴ケ浦漁港は6.6メートルの防潮堤が必要とされていた。引き下げ後の計画高は、想定津波高に1メートルの余裕高を積み上げた。
 防潮堤の高さは、県が沿岸を22ブロックに分け、ブロック内で津波が最も高い地区に合わせて統一している。市は防潮堤を建設する25漁港のうち、計画高と想定津波高に大きな差があり、周囲の防潮堤とのつながりに支障がない両漁港を対象に堤高を下げることができないか検討していた。
 堤高引き下げにより、災害危険区域が広がるケースも出てくることから、地元の意見を聞いて最終的な高さを判断する。
 県は昨年9月、両漁港に近い同市唐桑町の鮪立(しびたち)漁港で、計画高を9.9メートルから8.1メートルに引き下げることを例外的に認めていた。
 菅原茂市長は「津波シミュレーションなどから両漁港は引き下げが可能と判断した」と説明。他の漁港に関しては「両漁港と条件が異なり、ブロックごとの計画高で建設するのが適切」と計画高の見直しを否定した。


<潮流発電>国内初供給開始へ 塩釜・浦戸
 塩釜市・浦戸諸島の寒風沢島で近く、潮の流れを利用する潮流発電による国内初の電力供給が始まる。東大生産技術研究所が、新開発した発電システムを活用し、地元漁協の冷凍冷蔵庫の電源用に送電する実証実験を行う。再生可能エネルギー導入の動きが加速する中、海洋エネルギー発電の実用化を目指すモデル的な取り組みで、成功すれば東日本大震災からの復興にも弾みがつきそうだ。

 海は1日に2回、満潮と干潮を繰り返す。このとき海水が流れるエネルギーを利用するのが潮流発電だ。安定した発電量が得られる長所がある。
 寒風沢島の潮流発電は、文部科学省のプロジェクトとして2012年、5カ年計画でスタート。発電装置は出力は5キロワットで、寒風沢島の桟橋に近い水深6メートルの海中に昨年11月に設置された。
 同研究所の研究グループは経済産業省の使用前検査を受けた上で、今月26日に住民向けに説明会を開催。3月にも実際の送電を始めたい考えだ。
 研究開発に当たる同研究所の林昌奎(リム・チャンキュ)教授は「寒風沢の発電装置が潮流発電として国から初めて認可を受けた意義は大きい」と語る。
 装置は二つの鉄骨やぐらの中に、それぞれ羽根を縦に2対並べたローターが備え付けられている。発電機は海の上に出ているやぐら上部に据えた。
 潮流の力でローターを回転させて機械エネルギーに変換、発電機に伝えて電気エネルギーに変える仕組み。海水の流れは時間とともに変化するため、油圧ポンプでローターの回転を調整し、エネルギー変換を平準化する工夫も凝らした。
 プロジェクトは、東日本大震災で電気の供給が1カ月半も止まった経験を踏まえ、島民が地産地消型のエネルギー確保を要望したことに対する復興支援の狙いもあった。
 潮流発電の実証実験は、民間企業などが九州や瀬戸内海などで進めているが、装置の設置などでは地元の理解を得られず、研究開発の段階にとどまっている。寒風沢島では、当初から地元の塩釜市が協力体制を組み、国への許認可申請手続きや電力会社との交渉、住民や漁協向けの説明を進めた。
 「着手から2年半ほどでここまでこぎ着けた。寒風沢島の例は、日本の潮流発電実用化のモデルケースとなるだろう」と林教授は胸を張る。
 プロジェクトは今後2年間続け、コスト低減などに挑戦。その後は地元企業などに技術移転する方針で、本格的なビジネス展開も視野に入れる。
 塩釜市の荒井敏明震災復興推進局長は「緊急時などに使える自前の電源の確保を島の住民は歓迎している。採算性の問題もあり企業の進出は未知数だが、プロジェクト終了後も発電が継続できるよう支援したい」と話す。

[メ モ]文科省のプロジェクトでは、塩釜市・寒風沢島の潮流発電のほか、東大生産技術研究所が久慈市で波力発電システム実証実験を進めている。ことし夏、出力43キロワットの発電装置を海域に設置する計画。事業費は全体で8億円。うち潮流発電分は3億2000万円。


広島土砂災害から半年 被災者向け住宅なお256世帯
 74人が亡くなった広島市の土砂災害から20日で半年。被災地では土砂災害防止用のネットが設置されたり、砂防ダムの建設準備が進められるなどしているが、自宅が全半壊するなどして住めなくなった被災者は今も多く、広島市内を中心とした公的住宅などに256世帯が入居し、先の見通しが立ちにくい状況にある。一方、県は19日、土砂災害の警戒区域指定に向けた基礎調査結果を新たに公表するなど、減災に向けた取り組みを進めている。

 土砂災害ではピーク時に904世帯、2354人が安佐南区の梅林小学校などの避難場所で不自由な生活を強いられた。その後、自宅に戻る人も多かったが、全壊174件、半壊187件に上るなか、多くの被災者が一時的な賃貸空き住宅に転居。ピーク時の12月上旬に260世帯以上が公的住宅や民間から提供された賃貸住宅に住んでいた。

 その後、修理が済んで自宅に戻った被災者がいる一方、被災者が自己負担で住んでいた民間賃貸住宅について広島市が借り上げたことなどから今月18日時点でも256世帯が被災者向けの住宅に住んでいる。これらの住宅の入居期限は8月末に設定されているが、自宅の修復が未完成のまま期限を迎えるケースでは再延長も検討される見込みだ。

 一方、土砂災害防止法に基づく警戒区域の指定に向けた基礎調査結果を公表している県は19日、新たに尾道市と世羅町で165カ所を、県のホームページにある「土砂災害ポータルひろしま」に掲載した。土砂災害を受けて公表を前倒ししており、今回で7回目。

 今回公表されたのは、尾道市原田町の梶山田地区の126カ所(急傾斜地82カ所、土石流44カ所)と世羅町東上原地区の39カ所(急傾斜地33カ所、土石流5カ所、地滑り1カ所)。図面の閲覧については、県東部建設事務所三原支所、尾道市と世羅町の担当課で準備を進めている。


「早く復興を…」 願い込め亡き兄との思い出の山へ 現場近くの立川新三さん
 「今から行ってくるで」。広島市の土砂災害から半年を迎えた20日朝、献花台が設けられた安佐南区八木3丁目に住む立川新三さん(78)と祝枝さん(72)夫妻は、同じ団地内で亡くなった兄夫妻の自宅跡にいた。近くには兄との登山の思い出が詰まった阿武山(586メートル)がそびえる。花を手向け、復興を胸に慰霊登山に向かうことを告げた。

 新三さん夫妻は兄夫妻宅跡に毎日通い、献花している。この日も午前7時55分ごろ、自宅から約40メートル坂を登り、兄夫妻宅跡で2人が一緒に写る遺影の前に花を添え、線香を上げた。

 4人兄弟の次男と三男で、趣味の山登りを一緒に楽しむほど仲が良かった。土砂災害の当日、新三さんは長野県松本市の西穂高岳に登山に行っていて難を逃れた。だが兄の洋二さん=当時(81)=と妻のサチコさん=同(82)=は自宅で土石流に襲われ、犠牲となった。

 兄夫妻宅跡に来ると、斎場で見た傷だらけの顔を思いだす。言葉にできないほど心が痛んだ。半年の節目を迎えても、涙がこみ上げてきたが、手を合わせて阿武山に向かった。

 阿武山では半年前、土砂崩れが多発し、洋二さん夫妻はその土砂で命を失った。しかし、洋二さんは阿武山からの景色が大好きだった。毎日の献花も兄の好きな市街地の眺めをみながら行っている。そして、阿武山は2人にとって一番思い出のある場所でもある。

 多くの犠牲者と被害が出た八木地区はまだまだ自宅に戻れない人が多く、被災前に比べると人通りが少なくなっている。阿武山山頂に向けて踏み出す前、新三さんは「早く復興してほしい」とつぶやいた。生活の見通しが立たない人を何とか支援してほしいという気持ちの表れだった。


被災地の砂防ダム整備が難航…広島土砂災害半年
 20日で発生から半年を迎えた広島市北部の土砂災害で、国と広島県が被災地で進める砂防ダム建設が難航している。多数の土地買収が必要な上、最も被害の大きかった安佐南区八木、緑井両地区では、住民の立ち退きや、重機搬入のための道路拡幅も必要とされる。建設予定の43か所のうち、32か所は緊急事業と位置づけ、来年3月末までに完成させるとしているが、相当数が期限内に完成できない見通しだ。

 「30年以上暮らし、被災も免れた家から『立ち退け』と言われる者の気持ちになってほしい」。先月中旬、緑井地区の男性(71)は、ダム建設に伴う用地買収の説明に来た国土交通省の男性職員2人に、思わず語気を強めた。

 二次被害を防ぐために建設が決まった43か所のダムのうち、28か所が集中する八木、緑井両地区。特に難航しそうなのが、男性宅など約70の民家や住宅跡がある、山裾の4か所だ。

 今後、土地所有者に国が立ち退きを求めるが、買い取り価格は交渉時の時価。大半の土地が、昨年12月に県が公表した土砂災害特別警戒区域の指定予定地に含まれており、災害前よりも下がるのは確実だ。

 「住み慣れた土地を離れるのはつらいが、地域の安全のためならばやむをえない」と話す男性だが、提示額があまりに安ければ、応じるのは難しいという。「この年齢ではローンも組めない。生活していけるだけの値段ならば良いのだが」と不安を募らせる。

 さらに、約50年前に造成が始まった両地区の道幅は狭く、重機やダンプカーを通すには、道を広げる必要がある。道沿いの土地を借りるなどして5ルートの確保を目指すが、国の担当者は「地主と交渉が進まない箇所もあり、ルート変更も考えている」と打ち明ける。

 立ち退きや道路拡幅の不要なダムでも、土地所有者が海外に住んでいたり、土地境界が画定していなかったりと、建設が難しい例があるという。

 大量の土砂が山あいに残る被災地では、最大で約16万4000人に出された避難指示、勧告は昨年11月に全て解除されたものの、砂防ダムなどが整備されるまで、大雨警報発令で避難勧告を出すといった発令基準の引き下げが続く。

 市が昨年12月に発表した「復興まちづくりビジョン」の原案も、砂防ダムや避難路で安全を確保し、現地で住宅再建を進めるとする。

 国と県は、ダム建設計画のうち、特に危険な32か所を緊急事業として進めているが、八木、緑井地区を中心に、あと1年余りでの完成が困難なものは少なくない。国の担当者は「用地交渉もこれからで、いつ完成できるかはとても言えない」と言葉を濁す。

 昨年12月、修理を終えた緑井の自宅に戻った保育士の女性(54)は、ダム予定地がある裏山を眺めながら話した。「立ち退きを迫られる人には本当に申し訳ないが、今のままでは安心して暮らせない。一日も早く、ダムを造ってほしい」


自宅跡に息子の面影しのぶ花…広島土砂災害半年
 74人が亡くなった広島市北部の土砂災害から20日で半年を迎えた。396戸が全半壊した被災地では、土砂やがれきはほとんどなくなったが、山肌には土石流が駆け降りた生々しい傷痕が残り、多くの被災者が今も古里を離れて暮らす。この日朝、更地が目立つ街に、犠牲者の家族や友人らが足を運び、亡き人に思いをはせた。

 安佐南区八木3では、安佐北区の広藤喜美徳さん(77)が、長男の会社員、務さん(当時48歳)の自宅跡で静かに手を合わせた。跡地に作った花壇には今、赤いダリアの花が揺れる。「あの子は、花が大好きだったからね」。優しく、頼もしい、自慢の息子の面影をしのんだ。

 半年前の早朝、自宅から5キロ離れた八木地区にバイクで駆けつけた喜美徳さんは、泥の中から見つかり、近くの民家に運ばれていた務さんの遺体と対面した。「痛かったろう。しんどかったろう」。そう声をかけるのが精いっぱいだった。

 一人暮らしの務さんに夕食を届けるため妻の孝子さん(76)と毎日のように通った家へ、片づけのために何度も足を運んだ。2か月後、家が解体されると、「来ても悲しみが募るだけ」と土地を手放すことも考えた。

 だが、務さんの友人らが線香を上げに自宅に来たり、手紙を送ってきたりすることを見て、思い直す。「ここを残すことで、あの子のことを覚えていてほしい」。幅3メートル、奥行き1メートルの花壇を二つ作った。様々な花を植え、毎日訪れる。務さんが大切にしていた桜の木や花はすべて土石流に流されたが、春になれば、務さんが欲しがっていたシバザクラを植えるつもりだ。

 「花の世話をしていると、息子と会話しているような気持ちになる。しょっちゅう顔を見せては『元気でやりよるか』と気遣ってくれた声が、聞こえる気がするんだ」

1780人が自宅離れ生活

 昨年8月20日未明に発生した土砂災害では、広島市内の166か所で土石流や崖崩れが発生。安佐南、安佐北両区で74人が死亡、69人が負傷し、床上・床下浸水も含めると、4749戸が被害を受けた。

 28施設で計2354人が生活した避難所は昨年12月に解消したが、住宅再建は進んでいない。市のまとめでは、罹災(りさい)証明発行用の台帳に登録する約1万人のうち、817世帯1780人が、被災当時と異なる場所で暮らしているという。

 山中には大量の土砂が残るが、砂防ダムの建設は始まったばかり。応急対策として土砂を止めるワイヤネットなどを設置しているが、大雨警報が発令されれば避難勧告を出すなどの特例措置が続く。

 被災地のほとんどが土砂災害防止法に基づく警戒区域などに指定されていなかった問題は、指定前の基礎調査結果の公表を都道府県に義務づけるといった昨年11月の同法改正につながった。国は、全国で5年以内の調査完了を目指す。


広島土砂災害:半年 長男と三男、私の心に生きている 母、9歳次男と前を向く /広島
 ◇安佐南の平野さん

 昨年8月に74人が犠牲になった広島市北部の土砂災害は、20日で発生から半年を迎える。安佐南区の平野朋美さん(37)は、小学5年だった長男遥大(はると)君(当時11歳)と、三男都翔(とわ)君(同2歳)を亡くした。自宅1階に流れ込み、2人を奪った土砂は取り除いたが、つらい記憶は消えない。今の支えは次男(9)だ。「3人とも亡くなっていたら、生きていけなかった」。自宅に戻る決心はつかないが、朋美さんは必死に前を向こうとしている。【大西岳彦】

 仮住まい中の自宅から1キロのマンション。学校から帰宅した次男が居間で算数の宿題に取り組んでいた。朋美さんは「この子が生きる力。二度と悲しい思いをさせたくない」と話すと、部屋の一角に置かれた遥大君と都翔君の遺影に手を合わせた。墓地は用意したが、2人の遺骨はまだ手元にある。「寂しくて。まだ、そばにいてあげたい」と思うからだ。

 昨年8月20日未明。経験したことのない大雨に身の危険を感じ、夫の学さん(40)、普段は2階で就寝する子供3人と1階の部屋に集まっていた。突然「ドン」という大きな音とともに電気が消えた。流れ込んだ土砂で、目の前にいた2人の姿が見えなくなった。「自分と夫の悲鳴が、今も耳に残っている」

 昨年10月に仕事に復帰した夫に続き、朋美さんも昨年12月から近所のスーパーマーケットでのパートタイムの仕事に戻った。「大変じゃったね」と声を掛けられるのは嫌だ。しかし、スーパー側が新たな従業員を雇わず、待っていてくれたことがうれしかった。「遥大と都翔は、いつも一緒に心の中にいる。泣いてばかりいられない」。自分の気持ちが少しずつ前向きになりつつあるとも感じる。

 崩れた裏山は県による擁壁工事が始まった。だが、時折自宅の様子を見に帰っても、次男は怖がって中に入れない。自分も雨が降るとあの日を思い出し、恐怖に襲われる。

 一方で「2人を失った、苦しくつらい気持ちは忘れたくない」という思いもある。「家族の楽しかった思い出を覚えておくためにも、2人が育った家に戻りたい。まだ時間はかかりそうですけど」


広島土砂災害:「同じ惨事を繰り返さぬ」半年で決意新たに
 昨年8月の広島市の土砂災害から20日で半年となり、被災地では復興計画案を巡る協議が進んでいる。一方、60人を超える犠牲者を出した同市安佐南区八木・緑井の「梅林学区自主防災会連合会」は、犠牲者を悼む慰霊碑建立に向けて動き出した。「二度と同じ惨事を繰り返さぬよう、永遠に記憶に刻みたい」。責任者の川地勇さん(71)は、世代を超えて災害を語り継ごうと決意を新たにしている。

 川地さんは、連合会の中で最も被害が大きかった安佐南区八木の小原山(こばらやま)地区の町内会長を務める。35世帯ほどが暮らしていた山裾の住宅地は、災害で土石流にのみ込まれた。

 川地さんの自宅も1階が土砂に埋まった。近所の住民7人が、土砂に押し流された家の屋根伝いに避難してきた。「足が痛い」「娘がいない」。パニックになった女性を落ち着かせながら、川地さんらは2階で助けを待った。数時間後、広島県警のヘリコプターに救助された。上空から見た変わり果てた町の姿は、今も脳裏に焼き付いている。

 23人が命を落とした小原山地区は、ほとんどが更地になった。国は昨年12月の住民説明会で、残った家や土地を買い取り、砂防ダムや排水路を建設する復興計画案を提示した。約35世帯のうち、建設予定地にかからないのは7世帯ほどだった。避難生活を続ける住民たちは「住み慣れた場所に戻りたい」と口をそろえ、受け入れに難色を示した。

 今月7日の町内会総会には、広島市内外の避難先から住民たちが集まった。川地さんも同市中区の市営住宅からバスで約40分かけて出席した。町内会の存続に議論が及ぶと、出席者から「町を消さないで」という声が飛んだ。全員一致で存続が決まった。

 今月15日、小原山町内会が入る梅林学区自主防災会連合会は、「災害の記憶を後世に残そう」と慰霊碑の建立を決めた。今後、設置場所や刻む文字などを検討し、災害から1年となる8月20日の完成を目指す。責任者に推された川地さんは意欲的だ。「親しい仲間が犠牲になったのだから、建立まで全力を尽くすのは当たり前。慰霊碑を通じて、未来の子供たちに災害の教訓を伝えたい」【石川将来】


広島土砂災害:20日で半年 生活再建の見通しは立たず
 74人が亡くなった広島市北部の土砂災害から20日で半年となった。被災地では砂防ダムや治山ダムの建設が計画されているが、予定地周辺などでは住民が立ち退きを迫られる見通しだ。同市によると、現在817世帯、1780人が災害前の自宅を離れて暮らす。避難先から元の場所に戻ることを希望する住民は多く、計画は長期化するとみられている。

 広島県と国は、広島市安佐南・安佐北両区の計99カ所で砂防ダムや治山ダムの建設を計画。このうち緊急性の高い所は2015年度末までの完成を目指している。ダムや排水路、避難路の予定地周辺では、民家や私有地の買収が必要となるため、住民説明会を開いている。

 土砂災害では、全半壊396棟、床上・床下浸水4164棟など計4749棟の住宅被害が出た。広島市は昨年11月までに土砂の撤去を終えた。最大16万4108人を対象に出された避難勧告・指示も解除し、昨年末にはすべての避難所が閉鎖された。現在仮置き場に置かれた土砂やがれきも、最終処分に向けた分別作業が始まった。

 被災者は徐々に日常生活を取り戻しているように見えるが、生活再建の見通しは立っていない。広島市は昨年12月、安佐南・安佐北両区内の計5地区を対象に、防災・減災のための施設整備など、まちづくりの骨格を示した復興ビジョン案を公表。今年度内に策定する予定で作業を進めている。安佐南区で被災した女性は「戻ろうかなと思ったり、やっぱり怖いからやめようかなと思ったりする」と揺れ動く思いを口にした。

 松井一実市長と湯崎英彦県知事らは20日午前、安佐南区八木に設けられた献花台で、犠牲者の追悼のため献花した。遺族や地域住民も訪れ、花を手向けて手を合わせた。献花後、松井市長は「半年を迎え、災害復旧と被災された方々の生活再建は着実に進んでいる。更に被災者への対応に意思の疎通が図れるよう、国や県と行政一体で取り組んでいきたい」と話した。【加藤小夜、石川将来】


被災者4分の1が心身不調訴え
広島市が、去年8月の土砂災害で被災した人たちの健康状態を調査したところ、およそ4分の1の人が心身の不調を訴えていることが分かりました。
広島市は去年9月中旬から1か月かけて、土砂災害で被災した安佐南区と安佐北区の住宅や避難先の公営住宅に保健師を派遣して、732世帯1759人の健康状態を調査しました。
その結果、全体のおよそ4分の1、24%にあたる420人が心身の不調を訴えていることが分かりました。
不調の内容の内訳は、▼不眠やイライラといった「精神的症状」が最も多く39%の165人、▼疲れやすいとか腰痛といった「身体的症状」が38%の160人、▼「精神的・身体的」の両方の症状を訴えている人が23%の95人となっています。
また、不調を訴えている人の割合は、自宅に住んでいる人よりも、自宅を離れ公営住宅などで避難生活をしている人の方が多く、およそ3倍となっています。
広島市では、継続的に公営住宅などに保健師を派遣して健康相談を行うことにしていて、広島市保健医療課の松田尚美保健指導担当課長は「心身のケアには長期間かかるので、不調を感じたら遠慮なく相談してほしい」と話しています。


兄夫婦の自宅跡地で死を悼む
74人が犠牲となった去年8月の広島市の土砂災害から20日で半年です。
兄夫婦が死亡した自宅跡地に半年間、通い続けてきた男性は、節目となる20日、現場に花を手向けて2人の死を悼みました。
去年8月20日に広島市で起きた土砂災害では74人が死亡し、平成に入ってから犠牲者が最も多い土砂災害となりました。
74人のうち、立川洋二さん(当時81)とサチコさん(当時82)夫婦は、安佐南区八木3丁目の自宅で土砂に巻き込まれて亡くなりました。
半年となった20日、洋二さんの弟の新三さん(78)と妻の祝枝さん(72)が自宅跡地を訪れ、花を手向けて手を合わせ、2人の死を悼んでいました。
新三さんはこの半年間、自宅跡地に通い続け、洋二さんとサチコさんの写真に、共通の趣味の登山やプロ野球の話題を話しかけてきたということです。
新三さんは「生活は災害前に戻りましたが、心の傷は癒えません。
以前はこの場所に来る回数を減らして、月命日だけにしようなどと考えましたが、今は来たいと思えば毎日でも来ようと思うようになりました。ある意味で少し前向きになれたのかもしれません」と話していました。




NHK籾井会長 再び問いたい適格性
 NHKの籾井勝人(もみいかつと)会長の発言が再び波紋を広げている。視聴者が受信料で支える公共放送のトップとしての適格性を、やはり欠いてはいないか。このままではNHKの信頼が損なわれかねない。

 十八日、籾井会長は経営計画を説明するため出席した民主党の会合で、これまでの問題発言を追及された。

 従軍慰安婦問題を番組で取り上げるかどうか、政府の方針をみて判断するとした五日の発言などで弁明に終始。会長就任時に理事全員の辞表を集めた件もあらためて追及され、会議後に「くだらん」とこぼして、これに抗議する民主党議員と罵声を交わした。

 一万人を超える職員のトップとは思えない冷静さを欠いた応酬はテレビでも放映された。

 問題は会長だけではない。同じ日、放送総局長は記者会見で「NHKの職員といえどもサラリーマン。(上の意向への)忖度(そんたく)は企業や組織には普遍的に存在している」と述べて、会長や予算承認権を握る与党の意向を忖度する空気が局内にあることを認めた。

 NHKはBSで毎朝、世界の主要局の報道を「ワールドニュース」として放送している。キャスターから編成まで国柄が出るが、重要な違いは政府との距離感にある。英BBC放送、仏F2などはしっかり距離を取り、政府に対し冷静で批判的な視点から報道している。一方、ロシアRTRなどはプーチン大統領を主役にした政府の宣伝番組としか受け止められない内容だ。

 「政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない」という発言が示すように、籾井会長は就任当初から、政府寄りの姿勢が批判を浴び、NHKトップとしての資質に疑問符が付いてきた。二年目に入ったが、その発言からは自覚も反省も感じられない。

 放送の影響力は強い。放送法は第一条で「不偏不党」を、第三条では法律に定める権限に基づく場合でなければ干渉されない、と番組編集の自由を定めている。

 「意見が対立している問題では多様な角度から論点を明らかにするよう」求める第四条は、集団的自衛権や原発再稼働、沖縄の基地問題など難問に直面して世論が割れているからこそ大切だ。

 NHKは時の政権の代弁者になってしまうのではないか。視聴者の懸念はさらに強まった。

 公共放送を担う適格性があるのか、籾井会長は自らに問うべきではないか。


辺野古沖の調査 目に余る政府の強引さ
 沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事が、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事に向けた準備作業を停止するよう沖縄防衛局に指示した。サンゴ礁が、海に沈めた大型のコンクリート製ブロックの下敷きになっているとみられるためだ。政府は作業を中断し、海底ボーリング調査の再開も見送るべきだ。

 安倍晋三首相は衆院代表質問で「日米合意に従い、沖縄の理解を得る努力を続けながら移設を進める」と語った。だが移設に反対する翁長知事が就任してからこの2カ月、政府の対応は沖縄の理解を得る姿勢からはほど遠く、強引さが目に余る。

 県は前知事時代、辺野古の埋め立て予定地で海底の岩石を掘削し土砂を採取できる「岩礁破砕許可」を沖縄防衛局に出している。この許可区域外で、ブロックがサンゴ礁を損傷しているとみられる様子が、市民グループの潜水調査で確認された。

 ブロックは、立ち入り制限区域を示すブイ(浮標)やフロート(浮き具)の重りとして沖縄防衛局が海に沈めたもので、一つ10〜45トンある。

 翁長知事の作業停止指示は、岩礁破砕許可の中の「公益上の理由により(県が)指示する場合は従うこと」との規定に基づく。具体的には新たなブロックの設置停止や海底写真などの資料提出を求めた。当然のことだ。県は27日から現地調査を行い、沖縄防衛局が従わなければ許可の取り消しも視野に入れるという。

 ところが政府は、昨年8月の岩礁破砕許可の際、県側からブイ設置のための手続きは不要と言われ、問題はないとの立場だ。ブロックの設置作業はほぼ終わっているため影響はないとしており、工事の準備作業を続行するという。昨年9月から中断していた海底ボーリング調査を近く再開する方針で、6月ごろまでに埋め立て工事に着手したい考えだ。

 政府が言うように前知事時代の行政手続きに問題がなかったとしても、サンゴ礁の損傷に目をつむり、停止指示を無視するようにそのまま準備作業を進めようという姿勢は理解に苦しむ。作業を中断すべきだ。

 また翁長知事は前知事による埋め立て承認について検証する第三者委員会を発足させた。少なくとも検証が終わる7月ごろまでは、ボーリング調査を再開すべきでない。

 移設反対の抗議行動が続く辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前で、市民と警官がもみ合いになり、けが人や逮捕者が出ていることも残念だ。

 上京した知事に安倍首相や菅義偉官房長官が面会しない状態も続く。

 政府は地元の声に耳を傾けず、どうやって理解を得ようというのか。これ以上、沖縄との亀裂を深めてはならない。

フランス語
フランス語の勉強?

税務署で書類提出/中国の旧正月・春節

ブログネタ
フランス語 に参加中!
20150202GotoYukawa

Quand le Japon polémique sur ≪l'apartheid≫
Une conseillère du premier ministre Shinzo Abe, l'écrivaine Ayako Sono, plaide à la fois pour une immigration de travail et pour sa ségrégation.
L'apartheid au Japon? Une écrivaine proche du premier ministre Shinzo Abe en rêve. Dans un éditorial paru dans le quotidien Sankei sous le titre ≪Laissez-les entrer, mais maintenez-les à distance≫, Ayako Sono plaide simultanément pour l'accueil au Japon d'une immigration de travail et pour sa ségrégation.
Prenant acte des besoins démographiques du pays, elle souhaite l'arrivée en masse de travailleurs étrangers. Avant de pointer la dégradation de l'habitat en Afrique du Sud depuis la fin de l'apartheid pour justifier une politique de séparation des races. ≪Depuis que je me suis intéressée à la situation de l'Afrique du Sud, il y a 20 ou 30 ans, je suis convaincue qu'il vaut mieux que les races vivent séparément, comme ce fut le cas pour les Noirs, les Blancs et les Asiatiques de ce pays≫, explique-t-elle. Et de relater l'invasion d'un immeuble de Johannesburg par des ≪Noirs, vivant à 20 ou 30 dans un appartement occupé par une famille blanche ou asiatique ordinaire composée d'un homme, de son épouse et de quelques enfants≫. Avant de conclure: ≪Les hommes peuvent faire beaucoup de choses ensemble: travailler, faire de la recherche ou du sport. Mais pour ce qui est de vivre, nous devons demeurer séparés.≫ Hasard du calendrier, ce texte est paru le jour du 25e anniversaire de la sortie de prison de Nelson Mandela.
Moins de 2% d'étrangers dans l'archipel
Personnalité du milieu ultraconservateur nippon, Ayako Sono est très proche de Shinzo Abe. Lorsque ce dernier a quitté le pouvoir une première fois en 2007, il a passé son premier dîner non officiel chez elle. Il l'a nommée en 2013 membre du Comité de réforme de l'éducation. Elle a longtemps présidé une ONG qui a justement financé des projets d'aide au développement en Afrique. Quant au Sankei (1,6 million de lecteurs revendiqués), où elle s'exprime, il est l'organe de presse qui représente le plus fidèlement les convictions du premier ministre.
≪Les hommes peuvent faire beaucoup de choses ensemble: travailler, faire de la recherche ou du sport. Mais pour ce qui est de vivre, nous devons demeurer séparés≫
Ayako Sono

L'éditorial d'Ayako Sono n'a pas suscité de vive réaction des autres grands médias nationaux. C'est sa traduction en anglais qui a mis le feu aux poudres, déclenchant un tir de barrage médiatique et diplomatique international. Écrit à la va-vite, dans un japonais médiocre, il traduit l'inconfort du Japon face à l'immigration, qui la rejette et l'appelle à la fois. Selon tous les critères, l'Archipel demeure ≪fermé≫: les étrangers y représentent moins de 2 % de la population et de sa part ≪active≫. En 2013, les mariages mixtes y représentaient 3,2 % des mariages, et les enfants dont un parent est étranger 1,9 % des naissances. Les naturalisations se font au compte-gouttes: le Japon, 120 millions d'habitants, naturalise trois fois moins d'étrangers que la Suisse, 8 millions. L'asile politique est inexistant, avec 6 cas en 2013.
Shinzo Abe, le plus nationaliste des premiers ministres qu'a connu depuis longtemps le pays, a explicitement indiqué qu'il ne poursuivra pas de politique d'immigration. Mais les industries nippones à forte main-d'œuvre (construction, agriculture, santé) font face à un terrible sous-emploi qui nécessite des ≪bras≫, fussent-ils étrangers. Pour contourner l'obstacle, le Japon a créé en 1993 un programme selon lequel il accueille temporairement en ≪stages≫ (jusqu'à cinq ans) des travailleurs immigrés, en théorie pour leur inculquer un savoir-faire qu'ils mettront à profit de retour dans leur pays d'origine.
La grande précarité des ≪stagiaires≫ immigrés
Cette fausse générosité masque un système d'exploitation tacitement endossé par les syndicats nippons qui, peu sensibles aux charmes de l'union des ≪travailleurs de tous les pays≫, ont toujours considéré l'immigré comme une menace pour l'emploi et les salaires locaux. Ces ≪stagiaires≫ sont couverts par le droit du travail local, mais ils sont entre les mains de ≪passeurs≫ peu scrupuleux face auxquels le ministère de la Justice ferme souvent les yeux. Une fois au Japon, ils n'ont en principe pas le droit de changer d'employeur, ce qui les maintient dans une situation de dépendance.
En 2013, l'Inspection du travail a recensé 80 % d'abus parmi les entreprises employant des ≪stagiaires≫ qu'elle a visitées. Salaires impayés, mort par surmenage, séquestration sur le lieu de travail… Les immigrés eux-mêmes protestent mezzo voce, considérant qu'ils sont toujours mieux lotis dans l'Archipel que dans le reste de l'Asie, y compris dans leur propre pays.

Racisme des fans de Chelsea : ≪Je suis rentré chez moi sans en parler à personne≫
L'usager du métro parisien bousculé par des supporteurs de Chelsea a été identifié par ≪le Parisien≫. Il témoigne de ce racisme ordinaire.
On connaît désormais l’identité de l’usager du métro parisien victime de la bêtise crasse des supporteurs anglais de Chelsea révélée par une vidéo du Guardian hier. Retrouvé par le journal le Parisien, Souleymane S. a 33 ans. Domicilié dans le Val-d’Oise et né à Paris, ce Franco-Mauritanien père de trois enfants n’a pas tout de suite réalisé l’ampleur qu’a prise sa mésaventure dans le métro parisien mardi soir. Rappelons que Souleymane, uniquement à cause de la couleur de sa peau (noire), avait été empêché de rentrer dans une rame du métro par des supporteurs sortis du Parc des Princes, où Chelsea affrontait le PSG.
Au Parisien, il raconte avoir rapidement compris être pris à parti à cause de la couleur de sa peau, bien que ne parlant pas anglais. ≪Vous savez, je vis avec le racisme, je n’étais pas vraiment surpris de ce qui m’arrivait même si c’était une première dans le métro≫ confie-t-il, expliquant que la scène (filmée par un Britannique vivant à Paris) a sans doute duré ≪six ou sept minutes≫. Si des agents de la RATP sont intervenus ≪pour s’assurer qu’il n’y avait pas de bagarre≫ et afin que le trafic reprenne rapidement, Souleymane n’a toutefois pas pu compter sur la solidarité des passagers présents. ≪Aucun usager n’a pris ma défense mais, de toute facon, que pouvait-on faire ? Ensuite, le métro est reparti et, moi, j’ai attendu le métro suivant. Je suis rentré chez moi sans parler de cette histoire à personne, ni à ma femme ni à mes enfants. Vous êtes la première personne à qui j’en parle. Et puis, que dire à mes enfants ? Que papa s’est fait bousculer dans le métro parce qu’il est noir ? Cela ne sert à rien.≫
Souleymane a déposé plainte et annoncé son intention de se tourner vers des associations antiracistes. ≪Ces personnes, ces supporteurs anglais, doivent être retrouvées, punies et doivent être enfermées. Ce qui s’est passé ne doit pas rester impuni.≫ Outre-Manche, le club de Chelsea a appelé ses fans à aider à identifier les supporteurs racistes visibles dans la vidéo, en garantissant l’anonymat des sources.

世界で一番美しい瞬間(とき)▽光の祭典 魔法にかけられる夜 フランス・リヨン
フランス・リヨン。12月上旬に行われる光の祭典。色鮮やかな光のショー。歴史的建造物を照らすプロジェクションマッピング。訪れる人に魔法をかける「美しい瞬間」!誰もが酔いしれる美しさ。リヨンといえば、ポール・ボキューズ。極上の料理、リヨン人のおもてなし。人を楽しませ、喜ばせることに努力を惜しまないリヨン人気質。さあ、あなたを魔法の夜へとご案内!
森川智之


「空気が読めない」という病 (ベスト新書)
星野 仁彦
ベストセラーズ
2011-03-09


発達障害は障害ではないということに気づきました gacchan99

「大人の発達障害」というのはこれまでにない考えで、これに気づかせてくれました。
また発達障害な大人はたくさんいて、社会でも活躍しているし、
不得意なことに囚われるのでなく
得意なことを伸ばしていけば十分に社会に貢献し、活躍できることを教えてくれました。
そして、「空気が読めない」「部屋が片付けられない」私も発達障害なんだなと教えてくれましたが、それが全く悪いことではないことも気づかせてくれました。
私にとっては自分を肯定し、歩んでいく自信と勇気をくれた一冊でした。


二十四節気の雨水です.七十二候だと土脉潤起つちのしょううるおいおこる,です.日に日に春が近づいているはずです.今日はさらに春節,つまり中国の旧正月です.大宰府では確かに中国人観光客がたくさんいました.
午前中に税務署に行きました.フランス語だとbureau des impôtsです.結構時間がかかるかな・・・と思っていましたが予想に反して30分くらいですみました.

<大川小>校舎扱い3案 住民アンケートへ
 東日本大震災で児童と教職員計84人が犠牲になった石巻市大川小の被災校舎をめぐり、地元住民組織「大川地区復興協議会」は、周辺を一体的な公園「鎮魂の森」として整備する復興計画案をまとめた。校舎については(1)解体(2)一部保存(3)保存−の3案を提示。3月に実施する住民アンケートの結果を地元の総意として、市に要望する。
 3案は(1)全部解体し跡地に原寸大の平面図を復元。タブレット端末などを用いる「拡張現実(AR)」の技術で校舎の写真や映像が見られるようにする(2)低学年の学習棟や野外音楽堂などを保存する(3)全施設を残す−といった内容。1月中旬から遺族会やPTA、住民に説明し意見を集約してきた。
 全体的な住民説明会を3月8日に開き、参加者にアンケートを実施。20日の協議会で集計結果を地区の総意とする方針。
 被災校舎をめぐっては、保存と解体で遺族や住民の意見が分かれている。2年前に協議会が方向性をまとめようとしたが、「時期尚早」と判断を見送った。
 震災から間もなく4年がたち、新年度は国の集中復興期間の最終年度に当たる。公園整備に復興予算を充てられるよう地元の意向をまとめ、市に働き掛けることにした。
 協議会の浜畑幹夫事務局長は「説明会には地元を離れた住民も含め多くの人に参加してもらいたい。大川地区の将来を見据え、前向きな意見を交わしたい」と話した。


東日本大震災:津波の教訓「石碑」ではなく「木碑」 建て直すから風化しない 被災の高3ら、防災まちづくりで表彰 岩手・大槌
 津波避難を呼びかけるため、東日本大震災後に高校生が岩手県大槌町に建てた「木碑(もくひ)」(木柱)が注目されている。管理の手間がほとんど要らない石ではなく、あえて朽ちる木を使い、建て替えるたびに震災を思い出して被害の風化を防ぐ試みだ。この木碑は今月、総務省消防庁主催の「第19回防災まちづくり大賞」で「日本防火・防災協会長賞」に選ばれた。【浅野孝仁】

 企画したのは同町に住む県立大槌高校3年の吉田優作さん(18)と同級生3人。

 吉田さんは中学2年の時に被災した。家族5人全員が無事だったが、自宅は流された。避難先の高台から津波にのまれる古里を目にして、立ち尽くしたという。2012年12月に宮城県栗原市で開かれた中高生の「全国防災ミーティング」に参加したのを契機に、津波対策を考え始めた。

 大槌町は震災で1200人余が犠牲になった。昭和三陸津波(1933年)の到達点には「これより先(海側)に家を建てるな」と刻まれた石碑があるが、風景に埋もれて吉田さんが意識することはなかった。「碑の言葉が町民の心に生きていれば震災で失わずに済んだ命があったはず」と木碑の建立を思いついた。

 設置した場所は、大槌湾から約400メートル内陸にあり、住民約30人が暮らす古学校(ふるがっこう)地区。東日本大震災の津波到達地点に13年3月、コンクリート製の土台を含めて高さ2・5メートルの木碑を建てた。費用15万円は、製作を依頼した建設会社や製材所、石材店が熱意に共感して負担した。地域住民と相談し、銘文は「大きな地震が来たら戻らず高台へ」に決めた。

 同町で子どもの学習支援活動をするNPO法人「カタリバ」がホームページで紹介すると、70人以上から計46万円の寄付が集まった。これらを原資に4年に1回建て替える予定。吉田さんは「もう誰も悲しまないよう、津波の犠牲者がでない町になってほしい」と願う。


被災地で思い出の味語らう
震災の津波の被害を受けた仙台市沿岸部に伝わるふるさとの味を、みんなで味わいながら語り合う催しが開かれました。
この催しは、仙台市市民文化事業団などがJR仙台駅近くの商店街で開いたもので、津波の被害を受けた若林区の2つの地区の住民10人が参加しました。
このうち荒浜地区の人たちは、震災の前まで地元の農家が栽培していた、「ハツキネ」という地元に伝わる品種の餅米を使って餅をつき、雑煮にして訪れた人たちにふるまっていました。
ハツキネの種もみは津波で全て流されてしまいましたが、福井県にある農業試験場に冷凍保存されていたものを特別に分けてもらい、去年再び収穫できるようになったということです。
また三本塚地区の人たちが作った「きゅうりの古漬け」は、夏に収穫したきゅうりを多めの塩で漬け込んだあと塩抜きをしたものです。
この地区では、保存食として冬の食卓に欠かせない味でしたが、震災のあとは避難で地元を離れた人も多く作る人が減ってしまったということです。
会場には、それぞれの地区の、震災前と震災後を比較できる写真も展示されていて、訪れた人たちは真剣な表情で見入っていました。
雑煮を試食した60代の女性は、「震災前は年末になると親戚どうしで集まり餅つきをしていました。
雑煮を食べて、津波で亡くなった妹夫婦との思い出がよみがえりました」と話していました。
主催した仙台市市民文化事業団は、こうした催しを今後も年に1回程度続けていきたいと話しています。


原発災害への備え/30キロ圏だけの問題ではない
 実際に起こり得ることとして深刻な事態を想定できるかどうか。宮城県内の全35市町村の危機意識が問われている。
 東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)で重大事故が発生した場合、周辺の住民をどう避難させるか。原発の半径30キロ圏内の自治体に策定が求められている広域避難計画のことだ。
 対象となるのは周辺の東松島市や登米市、美里町などを含む7市町。宮城県は3月末までの計画とりまとめを要請しているが、一部で策定が新年度にずれ込む可能性が出ている。
 県が計画策定に生かせるように対象住民の避難先自治体などを盛り込んだガイドラインを示したのは昨年12月初めだった。地元からは「(策定期限の3月末まで)あまりに時間が少ない」「実効性のある計画でなければ、住民を納得させることができない」といった声が上がる。
 ただ、女川のような運転停止中の原発でも事故の可能性を完全には否定できない。「(計画を)まずは策定し検証しながら改善していくことが大切だ」という県の主張もうなずける。
 どうすれば、できるだけ早く万が一に備えることができるのか。30キロ圏内の7市町だけが急げばいい問題ではない。
 ガイドラインによると、避難対象となる住民は7市町で約21万人。避難先は31市町村に達する。30キロ圏内を含めると県内の35市町村全てが関係する。
 このうち約15万人が対象となる石巻市の避難先は27市町村に上る。誰をどの施設に避難させ、避難所をどう運営するのか。食料確保なども含め各市町村との綿密な協議が必要だ。
 当然、受け入れ側の対応が鍵を握る。石巻市は今月10日、27市町村との初の意見交換会を開催。避難者収容能力などの確認を求めたが、「まだ具体的には検討していない」(県南の自治体)などと動きは鈍い。
 避難所となる施設の規模や使い勝手は地元でなければ分からない。受け身にならずに当事者意識を持つことが受け入れ側にも求められる。
 福島第1原発事故がそうだったように、広域避難計画の策定に当たっては、地震や津波による被害も発生するといった複合災害の想定が前提となる。
 地元住民の避難先も確保した上で、原発周辺からの避難者をどう受け入れるか、地域の防災組織との検討も要るだろう。
 県の役割も非常に大きい。石巻市が27市町村と個別に協議するのは大変で、出先機関を抱える県による調整は不可欠だ。
 福島の事故を教訓にすれば、県外避難の可能性も考えなくてはならない。隣県との協議を担えるのは県以外にはない。
 広域避難計画をめぐっては先行した他県の自治体で、避難に必要なバスの台数が実際に使える台数と乖離(かいり)するなど実効性に疑問符の付く例が散見された。
 震災を経験した被災地として原発事故に対する「真の備え」をしっかり構築していく。それには全県的な取り組みが不可欠だとあらためて強調したい。


高橋選手「原点ここに」 箱根駅伝区間賞 出身の野蒜野球スポ少と交流
 1月の第91回東京箱根間往復大学駅伝で初の総合優勝を果たした青山学院大で、8区の区間賞を獲得した東松島市出身の高橋宗司選手(22)が15日、小学生時代に所属した野蒜野球スポーツ少年団の選手らと交流した。

 スポ少の児童や指導者、保護者、OBら約100人が野蒜市民センターに集まり、高橋選手の活躍を祝った。

 児童たちは「走っている時は何を考えていますか」「野球と駅伝はどっちが好きですか」などと質問。小中学校時代の恩師も駆け付け、当時のエピソードなどを披露した。

 高橋選手はスポ少での活動を振り返り、「6年生の時に県大会で優勝したことは、箱根駅伝での優勝と同じぐらいうれしかった。原点は間違いなくここにある」と強調。「今後は地域のためにできることをしていきたい」と話した。

 鳴瀬桜華小6年の千葉誉君(12)は「同じスポ少出身と知ったときは驚いた。僕も野球を頑張って(高橋選手のような)すごい人になりたい」と笑顔を見せた。

 高橋選手の地元である野蒜亀岡地区の自治会や住民有志主催の祝賀会も同日開かれた。


貞山堀に明治の護岸跡?干潮時一瞬だけ出現
 ◇…東日本大震災で被災した岩沼市の貞山堀。堤防を直す工事を進める中で明治時代のものとみられる護岸跡が見つかり、記録のため市職員が調査した。
 ◇…悩みの種だったのは潮の満ち干。土のうとポンプで護岸跡への浸水を防ごうとしたが、満潮時は完全に水没した。撮影や測量は干潮と晴天が重なる一瞬に限られた。
 ◇…間もなく始まる築堤工事で護岸跡は撤去される。職員は好機を逃さず調査を終えた。でも「潮見表と首っ引きで天気に一喜一憂する調査なんてもう出合えないかも」とどこか名残惜しそう。


河北抄
 “半県半民”の新電力会社がことし、お隣の山形県にできる。まだ仮称だが、「山形県新電力」という社名。
 「太陽光や小規模な水力、風力などで作られた電気を県内で仕入れ、事業所などに買ってもらう」と山形県エネルギー政策推進課。

 自前で大規模な発電所を持っているわけではなく、送電線も東北電力の物を使わせてもらう。
 いわば電気仲介業といったところだが、電力自由化の流れに乗って意外に商売になるかもしれない。
 来年4月からは、一般家庭も電気の購入先を選べるようになる。
 「発電はやっぱり原子力」と思うなら原発を持つ電力会社だろうし、「再生可能エネルギーの方がいい」と考えるなら別の選択肢も浮上する。

 福島第1原発事故の後、山形の吉村美栄子知事は「卒原発」を訴えた。新会社には、原子力を卒業して再生可能エネルギーへ転換すべし、という意気込みがうかがえる。
 「山形産のクリーンエネルギーを買いたい人は、首都圏にもいるはず」と県の担当者。電気も素性を問われる時代。特産品に育っても不思議はない。


京大・小出助教:反原発の闘いこれからも 3月末で退職へ
 京都大学原子炉実験所(大阪府熊取(くまとり)町)の研究者として、40年以上、原発の危険性を指摘し続けてきた小出裕章(こいでひろあき)助教(65)が3月末で定年退職を迎える。市民に分かりやすい語り口で原子力利用に伴うリスクを訴える論客で、東京電力福島第1原発事故以降は週末ごとに全国の市民団体などの求めに応じて講演してきた。今月27日には同僚と始めた自主講座「原子力安全問題ゼミ」で最終講義をする。

 小出さんは1974年、実験所に助手として採用された。もともと「原子力開発に命をかけるつもりだった」という原発推進派だったが、原発が都会に建てられず、過疎地に危険性が押しつけられている現実を知り、一転、反対派に。原発に批判的な実験所の同僚5人と研究グループを作り、市民が参加可能な「安全問題ゼミ」を開いた。活発な反原発の動きが注目され、「熊取の6人組」などと呼ばれた。

 福島原発事故以後は、日常業務の傍ら週末などに約230回講演に出かけ、ラジオ番組に約150回出演した。27日午後2時から実験所で開く最終講義は「原子力廃絶の道のり」がテーマという。退職後は長野県に移住する計画を立てている。一方で「福島事故で苦難の底にいる人たちを考えれば、簡単には引き下がれない」と話し、7月末まで講演の予定が入っているという。【大島秀利】


衆院本会議:共産、「テロ政党」やじに反発
 共産党の穀田恵二国対委員長は18日の記者会見で、志位和夫委員長が17日に衆院本会議で代表質問した際、議場から「さすがテロ政党」とやじが飛んだとして、林幹雄衆院議院運営委員長(自民党)に事実関係の究明を求めたことを明らかにした。共産党は発言者と所属政党に謝罪を求める構え。穀田氏は「いわれなき誹謗(ひぼう)中傷で節度がない。国会の品位に関わる問題だ」と批判した。やじは男性議員の声で、自民党席の方向から聞こえたという。

フランス語
フランス語の勉強?

消されて・・・/まだ地震でドキドキ/うどんに大量の唐辛子

ブログネタ
フランス語 に参加中!
kobe_zaiju

Quand le Japon parle d'immigration
La question de l'immigration reste ultrasensible au Japon. En témoignent une tribune invitant les Japonais à s'inspirer de l'exemple sud-africain. Tandis que Jean-Marie Le Pen recommande aux Japonais de ne pas reproduire les "erreurs de la France".

Dire que l'immigration fait débat au Japon tient de l'euphémisme. Surtout depuis la publication le 11 février d'une tribune dans le quotidien ultraconservateur Sankei. Rédigée par Ayako Sono, célèbre écrivaine catholique née en 1931, elle a suscité de vives réactions.

Pour cette membre de la commission sur la réforme de l'éduction mise en place en 2013 par le premier ministre Shinzo Abe, la société japonaise a certes besoin des immigrés pour compenser le déficit de main-d'œuvre.
"Je suis convaincue de la nécessité pour les races de vivre séparées"
Mais c'est à condition de vivre chacun dans son coin. "Les humains peuvent faire beaucoup de choses ensemble, écrit-elle, des affaires, du sport ou de la recherche. Mais il vaut mieux maintenir une séparation pour ce qui est de vivre ensemble". Et l'écrivaine de citer l'"exemple" sud-africain. "Depuis que j'ai découvert la situation d'il y a 20 ou 30 ans en Afrique du Sud, affirme-t-elle, je suis convaincue de la nécessité pour les races de vivre séparées, comme c'était le cas dans ce pays pour les blancs, les asiatiques et les noirs".
Ses propos ont fait réagir. Mohau Pheko, l'ambassadrice d'Afrique du Sud au Japon a dénoncé une prise de position "honteuse", "s'apparentant à une apologie du régime ségrégationniste de l'apartheid". Le quotidien s'est défendu, affirmant que la tribune n'exprimait que le point de vue de son auteure. "Nous considérons comme intolérables toutes les formes de discrimination", a déclaré son directeur Takeshi Kobayashi.
Le débat intervient alors que la société japonaise, qui compte deux millions d'étrangers pour 127 millions d'habitants, reste réticente à l'idée d'ouvrir ses frontières malgré ses problèmes de main-d'œuvre.
L'avertissement de Jean-Marie Le Pen
Une autre tribune, publiée le 5 janvier par le mensuel Sapio, lui aussi ultraconservateur, n'incite pas les japonais à modifier leur position. Signée du président d'honneur du Front national Jean-Marie Le Pen, elle a pour titre: "Si le Japon met en place une politique migratoire, il répétera les mêmes erreurs que la France".
Dans ce texte, Jean-Marie Le Pen dresse un portrait peu flatteur de la politique migratoire française, s'en prenant notamment au regroupement familial décidé en 1974 par le président Valéry Giscard d'Estaing, "qui a donné la nationalité française à des gens qui n'étaient pas des travailleurs". L'ancien patron du FN n'hésite pas à exagérer la "menace". "Aujourd'hui, la France a 65 millions d'habitants dont 15 à 20 millions de musulmans". Ils seraient en réalité bien moins de cinq millions.
Partant de ce constat, Jean-Marie Le Pen estime que "la société française se sent agressée, notamment au niveau sécuritaire". Et le fondateur du Front national, qui s'était rendu en 2010 au sanctuaire Yasukuni -où reposent notamment les âmes des criminels de guerre nippon- d'appeler le Japon à ne pas répéter les erreurs de la France pour préserver sa culture et son identité. "J'ai toujours insisté sur la permanence de la nation. Dans la nation, il y a la sécurité, la liberté, la culture, l'identité et la langue, qu'il faut protéger éternellement".

TOMORROW「被災地アイドル 自分応援歌」
子どもたちに夢を与え、地元のPRで復興を応援しようと結成された「産地直送気仙沼少女隊 SCKガールズ」。気仙沼市の紫市場を本拠地にして、各地で歌い踊り知名度を上げてきた。間もなく震災から4年。記憶の“風化”が懸念される中、何を目指していけば良いのか?悩んだ末に見えてきたのは、まだ復興途上の紫市場との絆。紫市場の人々と共に歩みたいという思いを再確認した少女たちは、結成3周年イベントに向けて突き進む。
ステュウット・ヴァーナム・アットキン

世界入りにくい居酒屋「フランス パリ・モンマルトル」
パリ18区に位置するモンマルトルの丘、芸術家が集うこの街の入りにくい居酒屋は、歓楽街の裏路地にある看板のない店!気難しい芸術家たちが、夜な夜なアート談義を花咲かせる。本場のボージョレ・ヌーボーパーティーにも潜入!「マグロのゴマわさびソース」など女性料理人がつくるアートな日替わり創作料理は、芸術家もうなる美味。芸術の街・モンマルトルで、パリとは違う“独立心旺盛”な人々のこだわりを居酒屋の中に発見する
大久保佳代子,安田美沙子


消されてしまいました・・・仕方ありません.
東北地方の地震は大したことなかったというのにまだドキドキしています.イヤな感じです.
夕方うどんを食べました。間違って唐辛子を大量にかけてしまい,激辛うどんになってしまいました.でも意外においしい♪

忘れないあの日 カメラが捉えた3.11
 2011年3月11日に発生した東日本大震災から間もなく4年。あの日以来、河北新報社は未曽有の災害で傷ついた東北の地を、多くの写真に収めてきた。
 マグニチュード9・0の巨大地震と津波は街をのみ込み、1万8000人以上の死者・行方不明者を出した。住み慣れた家は流され、恵みをもたらしてくれた田畑は塩水に漬かり、道路や橋は引き裂かれた。福島では第1原発事故による放射能汚染のため、大勢が故郷を追われた。
 がれきに覆われた街を、余震が何度も襲い、避難所では不安な夜が続いた。大切な人を失って悲しみ、無事を確認し合って喜び、人々はやがて前を見据え、明日に向かって歩み始めた。
 4度目の節目を迎える前に、震災発生から1年の間に河北新報社のカメラが捉えた東北の姿を、特集で振り返ってみたい。


津波犠牲者思い集う 仙台・遺族ら追悼念仏会
 3月11日を前に、津波犠牲者の遺族を招いての「東日本大震災追悼念仏会」が17日、仙台市若林区新寺の愚鈍院で開かれた。
 岩沼市の遺族の集い「灯里(あかり)の会」を2年前から支援する、浄土宗増上寺(東京)の布教師会が催し、全国から僧侶23人が参加した。
 本堂には仙台、名取各市からも遺族約120人が集まり、念仏を唱える声と木魚の音が響く中、亡き家族への祈りをささげた。
 灯里の会のため、年5、6回ほど法話に通う布教師会の群島泰威さん(45)は「より多くの遺族が集える場を設けたかった」と話す。仲間8人で参加した同会代表の小林治身さん(55)は「これを縁に、他地域の遺族ともつながりたい」と語った。


東日本大震災:犠牲者を追悼 仙台の愚鈍院、遺族ら120人が合掌 /宮城
 東日本大震災の犠牲者を追悼する「念仏会」が17日、仙台市若林区の愚鈍院で開かれ、遺族や浄土宗の檀家(だんか)ら約120人が「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」を唱和、亡き人に思いをはせた。

 岩沼市の震災遺族のつどい「灯里(あかり)の会」で浄土宗の僧侶が法話を行っている縁で初めて企画され、大本山増上寺(東京)など全国の僧侶約20人が参加。僧侶らは震災で子どもを亡くした親の思いなどを紹介、念仏を唱えて故人をしのんだ。石巻市でおいを亡くした仙台市泉区の女性(73)は「同じ思いを抱える人たちと法話を聞き、胸がいっぱい。気持ちが楽になりました」と話していた。

 企画者の一人で千葉県鋸南(きょなん)町の僧侶、郡嶋泰威(ぐんじまやすたけ)さん(45)は「地道な取り組みを今後も続けていきたい」と話している。【伊藤直孝】


ルポ:仏ナント「熱狂の日」 聖なるごった煮
 イスラム教への風刺画でフランス週刊紙シャルリーエブド社が襲撃され、イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)に拘束された日本人が殺害されるなど緊迫が続く中、「ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)音楽祭2015」が仏ナント市の国際会議場で開かれた。1月28日〜2月1日、大小11の会場で催されたコンサートは300を超える。開幕前に「シャルリーエブド襲撃への抗議コンサート」が開かれたこともあり、周辺は軍隊が機関銃を手に警備、出入りではパスポートもチェックされた。

 ■   ■

 音楽祭の今年のテーマは「passion」。意味としては「受難」から「熱情」へと広がる言葉である。これは直前に決まったわけではないが、まさに世界の現況を言い当てるテーマである。この音楽祭が世界との緊張感を保ち続けている証しであろう。

 従来は「モーツァルト」など個別のテーマであったが、「『passion』にすることで時代、様式を超えて作品を取り上げる道が広がった」とマルタン音楽監督は説明する。事実、具体的な受難から、遠く苦しみを映すもの、そして熱情と演奏家の多彩な感性、知性によって受難曲、古典派、ロマン派、近現代など、さまざまな曲が選ばれた。

 バッハを例にとると、米国のピアニスト、ブルース・ブルーベーカーによる「フーガの技法」は、フレーズが途切れ途切れになり、まるで一定のパターンを延々と繰り返す現代のミニマルミュージックのように聞こえる。もう現代ではバッハのように、この世界を神の下に体系的にとらえるのは不可能だと訴えているかのようだ。一方、ロシアのピアニスト、エカテリーナ・デルジャビナによる「半音階的幻想曲とフーガ」では、徹底的に対位法が強調され、現代の私たちにとって必要な声部はこれだ、とでも言うような思い切った断裁が、斬新な作品像を切り結ぶ。この二人は正反対の方向ながら、現代において人間性が受ける苦しみを強烈に照射した。

 ■   ■

 対して、伝統的な枠組みを壊さずに冒険を繰り広げたのは鈴木雅明・優人親子の「2台のチェンバロのための協奏曲」。創意工夫に満ちた絡み合いは、現代の演奏家の中で最もバッハに精通しているのでは、と思わせた。そしてコルボ指揮ローザンヌ・アンサンブルによる「ヨハネ受難曲」が伝統を極めながら、コラールの力強い美しさで会場を支配した。

 一方では仏のピアニスト、ぺヌティエによる熱情の結晶のようなシューマン「幻想曲」の名演や、また熱狂的なファドもあった。

 提示されたのは、まさに「聖なるごった煮」である。そのさまざまなものの共存こそが、現代の世界への、音楽祭を超えた回答になっていたのではないだろうか。【特別編集委員・梅津時比古】


そこが聞きたい:言論・表現の自由の今 浅田次郎氏
 ◇文化国家「逆行」を憂慮 日本ペンクラブ会長・浅田次郎氏

 フランス、デンマークでのテロや特定秘密保護法施行などを受け、言論・表現をめぐる論議が活発になっている。その自由を守る運動を続ける日本ペンクラブ=1=の浅田次郎会長に聞いた。【聞き手・吉富裕倫、写真・竹内幹】

−−特定秘密保護法が昨年末に施行されました。日本ペンクラブは懸念を表明しています。

 今の日本でなぜ必要なのか、僕には疑問なんですよ。これを言うな、あれを言うな、という法律でしょう。関係省庁や当局の秘密保護は役所の内規で規制できるし、国民全体を法律で規制する輪の中に入れていい根拠はないと思います。外国政府と機密情報を共有するために必要だという政府の主張には、説得力がありません。

 自分なりに考えてみると、沖縄県の尖閣諸島沖で中国漁船と巡視船の衝突を撮影した映像が海上保安庁から流出した事件がきっかけです。実際には、国会議員のスキャンダルやゴシップをあばかれたくない、というのも含まれているのではないでしょうか。これからの日本はもっと開かれていくべきであって、時代に逆行しています。

−−フランスの週刊紙「シャルリーエブド」がイスラム過激派に襲撃され、表現の自由を巡る議論が高まりました。

 テロ攻撃に抗議する声明を出しました。ただ表現の自由が絶対に大事だという言い方は、僕らの世界観からは言えるけど、イスラムの立場からも言えるかどうかは分かりません。イスラムを風刺するのは本当に許し難いと思えても、言論の自由があるから仕方がないんじゃないか、という意見がイスラムの中から湧いてきてほしい。過激なイスラムを否定するのは、イスラム社会にしかできません。できればイスラムの先進的な人たちが、極端な意見を修正していってほしいですね。

 僕の小説の中にも、イスラム教徒を風刺したと受け取られかねない作品があります。もしかしたらさらわれて殺されるんじゃないかと思ったし、心配してくださる編集者もいました。でも怖いから書かないのはおかしい。登場人物として必要だったし書くことをちゅうちょしませんでした。

−−中韓関係などをめぐり「売国奴」「非国民」「不敬罪」といった言葉があふれ、言論を萎縮させる国家主義的なムードが強まった気がします。

 「売国奴」なんて死語だと思っていました。使ってはいけない卑語っていうのがあるじゃありませんか。醜い言葉だと思います。「不敬罪」にしても、その言い方自体が不敬かもしれません。戦前にはそういう罪がありましたが、戦後は考え方が変わり法律は進化しました。法治国家の中で暮らしているのですから、法律の進化に伴い人間も進化します。なくなった法律の考え方で人を非難するなんて、現代に生きる人間としてはおかしい。

−−開かれた政府をつくるプロジェクト=2=を始めましたね。

 できるだけ政府に情報公開をしてほしい。全部といったら軍事機密まで入ってしまうので無理でしょうが、例えば公費の使い道は基本的にガラス張りにすべきです。世界的に見れば、日本は米国や欧州の先進国に比べて遅れています。

 背景には、情報は国益を損なわない範囲で国民に知らせるべきだ、という愚民思想があると思います。明治維新の頃はそうではありませんでした。江戸時代末期には国民のほとんどが読み書きできて、新政府の太政官布告を直接理解したのです。明治政府は国民を信頼しました。それが明治維新の成功した第一の理由ではないかと思っています。ところが当時の中国の清朝のように試験の成績を著しく重視する官僚制度が整備され、愚民思想が生まれ、政府と国民とが乖離(かいり)してしまいました。

 自分は大学を出ていなくて学問がないからこそはっきり言えるのですが、東大出のエリートも中卒の労働者も、ものの考え方にほとんど違いはありません。語彙(ごい)の数は違うから、議論した時にはかみ合わないかもしれません。ですが考える力は学歴も性別も年齢もまったく関係ないと思っています。重要なことを国民に諮らず閣議決定で決めていく今の政権のやり方は、民主主義にも反し、独善的ではないでしょうか。

−−政府が情報を出さないと、言論も制約されてしまいます。

 日本ペンクラブは世界100カ国以上にある国際ペンの支部の一つです。国際ペンは第一次世界大戦後、人類が戦争を繰り返さない一番重要な条件は言論・表現の自由を守ることである、という考えから始まっています。

 政府も、ほかの諸団体も同じように開かれた形で言いたいことを言い、主張したいことを主張する。そういう自由なやり取りができる社会であることは、文化国家の一つのバロメーターです。たとえ国益だといっても、言論・表現の自由に優先される利益って、僕はないと思います。もしあるとしたら行く手には戦争があるだけです。戦後ずっといい感じで来た流れを、決して逆行させてはならないと思います。
 ◇聞いて一言

 小説を書くため近現代史を学んだ浅田次郎さんは、日本のエリート層に愚民思想の伝統があり、特定秘密保護法もその上に成り立つという。愚民思想がまかり通る裏には、私たちの側にも「お上」意識が残っているのかもしれない。外国との摩擦などを理由に政府への批判をためらわせる雰囲気が膨らめば、十分な検証もできずに国策を誤る恐れが出てくる。世界で広がっている「開かれた政府」への取り組みは、当局と市民が協働して進めるものだという。日本にも有益ではないだろうか。

==============

 ■ことば
 ◇1 日本ペンクラブ

 言論・表現の自由を守る国際ペン(本部・英ロンドン)の日本センターとして1935年11月26日に創立。初代会長は文豪の島崎藤村。詩人・劇作家(P)、編集者・随筆家(E)、小説家(N)らのうち、市販の著書を2冊以上出版したなどを満たす人に入会資格がある。現在会員数は約1640人。志賀直哉、川端康成、井上靖、遠藤周作らが歴代会長を務めた。
 ◇2 開かれた政府をつくるプロジェクト

 65カ国へと広がっている国際的な取り組み「オープン・ガバメント・パートナーシップ」(OGP)への日本政府の参加などを求め、3団体(日本ペンクラブ、自由人権協会、情報公開クリアリングハウス)が昨年始めた共同プロジェクト。

==============

 ■人物略歴
 ◇あさだ・じろう

 1951年東京都生まれ。中央大学杉並高校卒。「壬生義士伝」「中原の虹」「終わらざる夏」など著書多数。97年「鉄道員(ぽっぽや)」で直木賞受賞。

フランス語
フランス語の勉強?

東北で地震/佐賀で打合せ/大宰府天満宮→博多

ブログネタ
フランス語 に参加中!
NagasakiBuraburaBento

Petit tsunami après un fort séisme au Japon
Le tremblement de terre à l'origine de ce petit raz-de-marée a été évalué un peu plus fort par l'Agence japonaise de météorologie, à 6,9, que l'Institut américain de géophysique.

Un petit tsunami s'est produit mardi 17 février au matin au nord-est du Japon à la suite d'un violent séisme au large de l'archipel. Les autorités avait demandé à des milliers de personnes de quitter momentanément leur maison près des côtes.
Le tremblement de terre à l'origine de ce petit raz-de-marée a été évalué un peu plus fort par l'Agence japonaise de météorologie, à 6,9, que par l'Institut américain de géophysique (USGS) qui l'a mesuré à 6,8.
Ordres ou recommandations d'évacuation temporaire ont été adressés à des résidents de la préfecture d'Iwate. Etaient notamment visées quelque 1.000 personnes de la cité de Rikuzentakata, une des plus meurtries par le gigantesque tsunami de mars 2011.
"Attention, n'approchez pas des côtes"
Avant que l'avis ne soit levé dans la matinée, des véhicules officiels avaient circulé toutes sirènes hurlantes dans les rues des villes concernées pour prévenir les populations et dans certains cas ordonner d'"évacuer sur-le-champ".
"Attention, n'approchez pas des côtes, n'allez pas voir la situation et arrêtez toutes les tâches en cours le long du littoral", avait averti l'Agence de météo qui craignait un raz-de-marée d'une hauteur d'un mètre.
La première montée d'eau était redoutée à 8h30 locales (00h30 en France), mais seulement une variation de 10 centimètres a été mesurée à 8h47 à Miyako et un peu plus tard de même niveau à Kuji, puis une deuxième plus importante, 20 cm à 9h07, sur la côte de cette seconde ville.
La chaîne de télévision publique NHK avait immédiatement interrompu ses programmes pour relayer les messages des autorités, comme le précise sa mission d'intérêt général.
Une cellule de crise avait été ouverte au bureau du Premier ministre à Tokyo.
Aucun dégât ni blessé n'ont été rapportés, mais des lignes de train ont momentanément été interrompues.

朝ホテルでNHKを見ていたのですが8時過ぎに東北地方で地震があったとのこと.マッサンの途中で特別番組になりました.津波心配ですが,お出かけの時間です.
梅を見に梅園身代り天満宮で少しだけ時間を過ごして,駅に向かいました.佐賀の鳥栖まで向かわねばなりません.特急のかもめは自由席です.長崎発だから当然座れます.多良駅のあたりで有明海が見えました.キレイな海です.
長崎ぶらぶら弁当を食べて鳥栖で乗り換えです.着いた駅は弥生が丘でそこからまたバスで移動.
待ち合わせの時間まで待って,Okさんにいろいろ教えてもらいました.親切な方です.帰りは時間がないのでタクシーで西鉄小郡駅まで移動.大宰府まで移動なのですが筑紫野市の二日市駅で乗り換え.太宰府駅に着いた時には5時少し前になっていました.観光案内所で聞くと7時まで太宰府天満宮は開いているとのこと.ただしお土産屋さんが早く閉まるからそちらを先にとの助言.というわけで先ずは梅ヶ枝餅です.暖かくておいしいです.そのほかお土産も少々買いました.
天満宮内では飛梅を見ました.白梅です.咲き誇っているようにも見えました.
絵葉書を投函して博多に向かいます.もう夜です.お腹がすいてきたので屋台でとんこつラーメンを食べました.ちょっと歩くと声がするので聞いてみると辺野古基地建設に反対を訴えていました.私も反対.ということで署名をしました.頑張ってくださいと声をかけてその場を去りました.
少し歩くと上川端商店街で博多弁番付の垂れ幕が面白いです.

地震:東北で震度4 岩手・久慈で津波20センチ、2万人に避難勧告
 17日午前8時6分ごろ、三陸沖を震源とする地震があり、青森、岩手、秋田、宮城の東北4県で震度4、東北地方を中心に北海道から静岡県にかけ震度3〜1を観測した。気象庁は同9分に岩手県の沿岸に津波注意報を発表、岩手県によると久慈市と大槌町で防潮堤より海側にいた人に避難指示を、大船渡市、釜石市など3市2町で計約2万人を対象に避難勧告を出した。久慈市では最大20センチの津波を観測。津波注意報の発表と津波到達は昨年7月12日の東日本大震災の余震以来7カ月ぶり。

 気象庁によると、震源は岩手県宮古市の東約210キロの三陸沖で深さ約10キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・9と推定される。同庁は、海と陸のプレート(岩板)の境界付近で起きた東日本大震災(2011年3月11日)の余震とみている。吉田康宏・同庁地震情報企画官は記者会見で「震源が浅くM6・9と比較的大きかったため、海面が押し上げられ津波が発生した」と述べた。今後1週間程度は震度3程度の余震が起きる可能性があるという。

 津波の第1波は、午前8時35分に岩手県釜石市で観測。その後、久慈市で最大20センチ、宮古市で最大10センチを観測した。JR東日本によると、東北新幹線古川−新青森間で停電が発生して一時運転を見合わせたが、約10分後に運転を再開した。東北電力によると、東通原発(青森県)や女川原発(宮城県)に異常は確認されていない。【狩野智彦、山田奈緒】

 主な各地の震度は次の通り。

 震度4=青森県五戸町、岩手県宮古市、盛岡市、宮城県石巻市、秋田市

 震度3=北海道函館市、青森市、岩手県陸前高田市、宮城県東松島市、秋田県大仙市、山形県酒田市、福島県桑折町、新潟県村上市
 ◇職場、学校から高台へ

 東日本大震災で壊滅的な被害を受けた岩手県沿岸の12市町村に緊張が走った。津波注意報を受け、通勤通学時間帯の街にサイレンが鳴り響いた。自治体は避難指示や勧告を出した。自治体が開設した避難所など12市町村120カ所の施設には、自主避難を含め計5049人が身を寄せた。自ら近くの高台に逃れた人も大勢いた。

 宮古市の市立宮古小学校は全校児童262人を最上階の3階に避難させた。普代村立普代小・中学校では、児童・生徒113人が高台に徒歩で逃げた後、約3キロ離れた同村施設にバスで避難した。

 宮古市では、高台にある常安寺に近くの宮古信用金庫本店の全職員約50人が身を寄せた。大船渡市の大船渡地区公民館には約50人が避難。市職員が住民を誘導した。佐藤マサ子さん(67)は「4年前を思い出す。あの震災は小さな津波の2日後に来た」と心配そうだった。浸水域にある建設資材会社は前日に避難訓練を実施したばかり。社員らは非常用リュックや衛星携帯電話を持ち、高台に避難した。

 釜石市では、JR釜石駅にいた乗客ら約40人が近くの市教育センターに逃れた。里帰りしていた千葉県松戸市の主婦、佐藤定子さん(59)は「サイレンは慣れていないので怖いです」と話した。

 JRは釜石線と大船渡線、三陸鉄道は北リアス線と南リアス線が運行を一時中止した。【浅野孝仁、二村祐士朗、根本太一】


地震はいずれも3・11の余震 気象庁「たまたま連続した」
 東北地方で17日に相次いだ地震について、気象庁はいずれも東日本大震災の余震で「たまたま連続した」との見方を示した。ただ「今後も大震災の余震域で大きな地震が起こる可能性はある」として、警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、午前の地震は三陸沖の沖合で、午後の地震は岩手県沿岸に近い場所でそれぞれ発生。震源は距離にして約215キロ離れており、「2つの地震に、直接的な因果関係はあまり考えられない」としている。

 午前の地震は、震源が浅く、マグニチュード(M)が6・9と大きかったことから、津波発生につながった。これに対して、午後の地震(M5・7)のように「M6を下回る規模の地震では、経験上、津波は発生しない」(気象庁)という。ただ、震源が陸地に近かったため、大きな揺れとなった。

 今後、1週間程度は2つの地震についてそれぞれ余震が起こる可能性があるという。さらに気象庁は「大震災の余震は相当減ってきているがなお影響は残っている。震度5などの強い地震が起こり得る状況が今後も数年以上は続く」とみており、大震災自体の余震にも注意するよう求めている。


阪神大震災20年:晴れ着姿、見ていて 父の墓前で「もう一つの成人式」 西宮・染田さん「夢に向かう気持ち伝えたい」 /兵庫
 1995年1月の阪神大震災で、父正美さん(当時35歳)を亡くした西宮市の大学1年、染田瑞稀さん(20)は来月、晴れ着姿で墓前を訪れ、父に成人を迎えたことを伝えたい、と考えている。転居の準備などで都合がつかず、先月あった市の成人式には出席しなかったため、心残りとなっていた。振り袖を試着した染田さんは「大きくなった姿を父に見せ、喜んでほしい」と、「もう一つの成人式」に思いをはせている。【大森治幸】

 染田さんが生まれたのは震災3カ月前の94年10月。母のひとみさん(49)と正美さんにとって、初めての子だった。ひとみさんは、正美さんが「嫁にはやらん」と言っては、乳児の染田さんにしきりに頬ずりしたり、抱っこしたりしていたのを覚えている。

 震災で住んでいた市内の木造アパートは全壊。ひとみさんが覆いかぶさるように守り、染田さんは無事だった。だが、正美さんは落ちてきたはりの下敷きになって亡くなった。

 染田さんは物心つくにつれ、父のいないさみしさを意識するようになった。ひとみさんによると、染田さんが幼稚園の頃、楽しそうに遊ぶ家族連れの姿に、染田さんはこうもらしたという。「私にも『高い、高い』をしてくれる人がほしい」

 ひとみさんは折に触れて震災の体験を語って聞かせた。染田さんも成長する中で、父の死について自分なりに受け入れてきたつもりだった。だが、今も街中を歩く親子連れを見ると、まぶしく思えることがある。「もし私にお父さんがいたら、どんな風に手をつないでくれたんだろう」

 染田さんが知る正美さんの姿は、震災をへて残った写真の中にある。二重まぶたの優しそうな顔立ちを見るとぬくもりを感じる。「私のことが、今でもかわいくて仕方ないんじゃないだろうか」と思える。今年二十歳を迎え、晴れ姿を見せたかった。母と暮らす自宅の転居の準備などがあり、成人式には出席しなかった。その代わり、休日に墓前で報告することにした。

 振り袖は、祖母の吉子さん(80)が過去に親せきから譲り受け、ひとみさんも身内の結婚式で着たことがあったもの。染田さんは今月15日、祖母宅でひとみさんに手伝ってもらって試着した。振り袖姿の染田さんを見て、ひとみさんは「『娘を嫁にはやらんぞ』と、念を押すような声が天国から聞こえてきそう」と目を細めた。

 染田さんは映画で活躍する女優を目指している。今まで映画のエキストラに応募して出演したり、大学のサークルで映画を自主制作したりして取り組んできた。晴れ着をまとった染田さんは「夢に向けた気持ちを父に伝えたい。心配されるかもしれないけれど、きっと背中を押してくれると思う」と笑顔を見せた。来月の休日に、ひとみさんらと父の墓前を訪れるつもりだ。


命の尊さ希望歌う 山元の幼稚園と遺族女性
 東日本大震災の津波により、園児8人と教員が犠牲になった宮城県山元町のふじ幼稚園と遺族の女性が、教訓を継承する思いを込め、オリジナル曲を収録したCD「ずーっと」を共同で自主制作した。女性が取り組むヒマワリの種を送るプロジェクトへの感謝の気持ちも込めた。女性や幼稚園教諭らが、命の尊さや明日への希望を歌い上げている。

 女性は宮城県亘理町の団体職員高橋ひろみさん(49)。
 同園に通っていた一人娘のひな乃ちゃん=当時(5)=を失った。子どもを守る防災を広く呼び掛けようと、亡き娘の面影を重ねたヒマワリの種を国内外に届ける「笑顔広がれプロジェクト」を続けている。
 CDには活動の中で誕生した歌など10曲を収めた。「ひまわりおやくそく」は高橋さんが夫と共に娘を思って作詞し、鈴木信子園長が曲を付けた。「ひまわり」は、現在は解散した仙台市のバンドがプロジェクトに共感して作詞作曲した。
 「ふじようちえん園歌」は、阪神大震災の復興ソング「しあわせ運べるように」の作者臼井真さんが2012年に提供。園児の笑顔と成長をヒマワリに託した。
 CDは震災後の卒園児に贈るほか、プロジェクトに賛同する全国の幼稚園などにも届ける。
 高橋さんは「『ずっと一緒につながっているよ』との思いが詰まった作品を子どもたちに贈りたかった」と語る。大人に向けても「子どもを災害から守るため何ができるか、曲を聴いて考えるきっかけになればうれしい」と願う。
 希望者には1枚500円(税込み)で販売する。連絡先はプロジェクト事務局090(1938)3747。


震災から4年 宮城県が第4弾ポスター
 東日本大震災から丸4年を迎えるのを前に、県は全国からの支援に感謝するとともに、震災を忘れないでもらうための新たなポスターを作成した。2013年9月から半年ごとにつくり、今回が第4弾。
 岩沼市と七ケ浜町の被災者の集合写真を使用した2種類。岩沼市版では、防災集団移転事業が着々と進められる玉浦西地区の住民らを撮影したほか「震災前の街並みを未来に伝えよう」とのメッセージを記した。
 七ケ浜町版では、14年11月に完成した七ケ浜中の新校舎前に生徒たちが勢ぞろい。「私たち、みんな元気です」と笑顔を見せている。
 仙台市で来月14日に国連防災世界会議が開幕することから、英語版も作った。全都道府県、全市町村や国の省庁など計4000カ所に配布し、掲示してもらう。

フランス語
フランス語の勉強?

長崎原爆資料館で衝撃/長崎観光が楽しい

ブログネタ
フランス語 に参加中!
Γυναίκα2

Japon: Vives protestations après un éditorial qui prône l'apartheid dans le pays
Une romancière nipponne a provoqué de vives protestations ces derniers jours après ses propos sur les mérites de la ségrégation raciale. Dans une tribune parue dans le quotidien ultraconservateur Sankei Shimbun, Ayako Sono, âgée de 83 ans, soulève l’idée de faire vivre à part les personnes en fonction de leur origine comme un modèle pour la politique d'immigration du pays.
L’ambassadeur d’Afrique du Sud au Japon, Mohau N. Pheko, s’en est ému dans une lettre adressée au journal, accusant l’écrivain de glorifier le système de l'apartheid qui, souligne-t-il, relève du ≪crime contre l'humanité≫. Il ajoute qu'une telle politique ≪ne devait pas être justifiée au 21e siècle≫ et que tous les pays doivent lutter contre la discrimination ≪fondée sur la couleur de la peau ou d'autres critères≫.
≪Les blancs, les Asiatiques et les noirs devraient vivre séparément≫
Ayako Sono, qui a été conseillère du gouvernement du Premier ministre Shinzo Abe sur la réforme de l'éducation, juge dans son article paru la semaine passée que le Japon a besoin de travailleurs immigrés, pour aider notamment à apporter des soins à la population vieillissante de l'archipel.
En revanche, elle pense qu’ils ne devraient pas vivre ensemble. ≪Après avoir entendu parler de la situation en Afrique du Sud il y a 20 ou 30 ans, j’en suis venu à penser que les Blancs, les Asiatiques et les Noirs devraient vivre séparément≫, écrit-elle. Selon elle, ≪les gens travaillent, recherchent et socialisent ensemble. Mais en termes de résidence, ils devraient être séparés≫.
Vives réactions
L'article avait déjà suscité de vives réactions sur les réseaux sociaux, où certains jugeaient ≪choquant que le Sankei ait osé publier de tels propos≫. L'Organisation Africa Japan Forum, qui agit pour la promotion de l'Afrique dans l'archipel nippon, a elle demandé au journal une rétractation et des excuses envers le peuple sud-africain.
Le gouvernement, interrogé à ce sujet, joue la prudence et la neutralité en déclarant qu'il doit ≪s'abstenir de tout commentaire sur les opinions personnelles d'un particulier≫, et que ≪l'égalité pour tous est au Japon garantie par la loi≫.
L'immigration comme un recours au déclin de la population
L'intéressée, elle, s'est défendue en précisant qu'elle ne proposait pas l'apartheid en tant que régime, mais qu'elle constatait seulement, au vu de son expérience personnelle, ≪qu'il était difficile pour les personnes ayant des modes de vie différents de vivre ensemble≫.
Elle s'exprimait alors que le Japon s'interroge sur la politique à suivre pour limiter les effets négatifs d'une population vieillissante et la crainte d'une pénurie de main-d'œuvre. L'éventuel recours à l'immigration est perçu avec circonspection par de nombreux Japonais.

成功の遺伝史〜日本が世界に誇る30人〜
羽生結弦、錦織圭、きゃりーぱみゅぱみゅ、武藤嘉紀、大谷翔平、草間彌生、片岡愛之助・・・各界で活躍する成功者の意外な原点とは?尊敬する人物を続々発表!30連発!!
安倍晋三首相の知られざる会社員時代…得意だったモノマネとは?当時のマドンナが意外な過去を暴露▼天才・羽生結弦が少年時代おかっぱ頭を真似した人物とは?▼錦織圭が憧れたのは超モテモテイケメン男▼柴咲コウが激怒された映画監督▼大人気!サッカー日本代表・武藤が尊敬するのは酔っ払いおじいちゃん?▼片岡愛之助はイメージと全く違う有名ロックバンド▼草間彌生が惚れ込むのは国民的アイドル?▼たけし&上田豪華MC
ビートたけし、上田晋也(くりぃむしちゅー)
小山慶一郎(NEWS)、森星、吉川美代子、ロバート・キャンベル、伊集院光、後藤輝基、鈴木奈々 他/荒川静香
高橋利之
山田克也、田中宏史


長崎観光です.駅の近くの日本二十六聖人殉教地を見てから原爆資料館・平和公園に向かいます.5年前に一度来ているのですが,部分的に覚えていたりいなかったり・・・という感じ.でも原爆資料館には衝撃を受けました.やっぱり戦争はダメで核もダメ.
出島はよくわからなかったですが,中華街は楽しいです.
夜はあおさと太刀魚と長崎の地酒です.

<かすむ復興>運転手奪い合い深刻/被災地のバス事情(中)
<慢性的に不足>
 「いつでも辞めてやりたい気分だ」。仙台市の宮城交通に勤める男性運転士が不満をにじませる。入社して5年以上。いまは路線バスのハンドルを握っている。
 早朝や夜間の勤務に加え、土日も休みになるとは限らない。高速バスの担当になれば深夜勤務が待っている。乗客の命を背負う毎日に、肉体的、精神的なストレスが積み重なる。「忙しすぎてリフレッシュできない。何とかぎりぎり体調を保っている」。男性が疲れた表情を見せた。
 負荷の理由は明確。慢性的な人手不足だ。東日本大震災後、復旧復興工事に投入されるトラックなどのドライバー需要が急増した。近年、バス業界から転身を図る人が後を絶たない。
 大型二種免許があればバスもダンプカーも運転できる。資格を持った求職者は限られており、宮城交通の採用担当者は「建設業界との奪い合いだ」と嘆く。

<待遇格差響く>
 同社では年間数十人が退職し、通年採用で補充する状態が続いている。入社後の免許取得を後押ししたり、女性枠を増やしたりしても定員は埋まらない。昨年11月に路線の便数を3%減らしたほか、高速、観光バスの減便や運休で何とかしのいでいる。
 運転士が流出する要因として挙げられるのが待遇の格差だ。
 国の調査では、宮城県内の営業用バス運転士の月給は27万3600円(2013年)。トラックなど営業用の大型貨物運転手の32万9700円との開きは大きい。
 交通関連の労働組合関係者は「規制緩和によって長距離バスが過当競争になったのが痛い。従業員に利益を還元できない構造になっている」と指摘する。

<沿岸部を優先>
 被災地の鉄路復旧の遅れも苦境を深める要因になっている。不通区間にはそれぞれ代行バスが設定されており、限られた人材を振り向けなければならない。
 「復旧への貢献は公共交通機関の義務。マンパワーに余裕はないが、沿岸部には優先的に対応せざるをえない」。岩手県内56社が加盟する県バス協会(盛岡市)の高橋聖一専務は話す。
 復旧・復興工事が終われば求人環境の改善が見込めるとはいえ、業界の憂いが晴れるわけではない。「地域再生の先行きが見えない。路線撤退が相次ぐ事態になれば、いずれ人員過剰になる恐れも拭えない」。高橋専務が表情を曇らせた。


地元材で復興ログハウス 気仙沼・大谷海岸
 気仙沼市本吉町の道の駅「大谷海岸」に、農林中央金庫と本吉町森林組合が連携してログハウスを建設することになり14日、現地で上棟式があった。農林中金が被災地で進める林業支援策の一環で、憩いの場として活用してもらう。
 ログハウスは木造平屋で床面積約20平方メートル。休憩スペースのほか、屋外にウッドデッキを設ける。地元産スギの間伐材は森林組合が提供する。事業費は約580万円。3月中旬完成の見通し。
 気仙沼市で支援活動を続ける京都工芸繊維大(京都市)の阪田弘一准教授と学生が設計を担当。実習も兼ねて2月上旬から建築を進めている。
 式では森林組合の大江義郎組合長が「津波で道の駅は全壊し、再建した施設は手狭になっている。地元木材を復興に役立てたい」とあいさつ。道の駅の小野寺正道駅長は「人々がゆったりする場ができるのはありがたい」と話した。
 農林中金は2012年度に森林組合と連携した林業支援策に着手。14年度は石巻市など県内5市町で展開している。


東松島の魅力再発見 食・観・遊に列
 東松島市観光物産協会は15日、同市小野市民センターで「観光と物産のPR会 2015冬」を開いた。昨年5月に続き2回目で、即売や体験イベントに、大勢の市民が詰め掛けた。
 PR会は、地元の魅力を再発見してもらうことが狙い。「食」「観」「遊」の3エリアに、市内を中心に33事業者がブースを設けた。
 来場者は各ブースを回りながら、ノリうどんや菓子などの食品を試食、気に入ったものを買い求めた。デンマークの伝統刺しゅう「クロスステッチ」などの体験コーナーも、人気を集めていた。
 米やノリ加工品などを購入した会社員平田伸行さん(55)は「知ってはいたが食べたことのない物に多く出合えた。今後も買い続け生産者を支援したい」と笑顔を見せた。

フランス語
フランス語の勉強?

大阪駅を歩き回る・・・いろいろ発見

ブログネタ
フランス語 に参加中!
courgette2

Le Japon saisi par des pulsions d’apartheid
Au Japon, le racisme s'exprime ouvertement dans les colonnes de l'un des plus gros journaux du pays, qui n'hésite pas à appeler à créer un apartheid afin de conserver une "distance respectueuse" entre les population immigrées et les population locales. Et pourtant, les conditions de vie des immigrés dans le pays, sont déjà loin d'être un long fleuve tranquille.

Atlantico: L'éditorialiste Ayako Sono propose, dans un article publié dans le Sankei Shimbuns, de faire venir une main d'œuvre immigrée afin de répondre au très faible taux de natalité de l'archipel et au vieillissement de la population, mais de cantonner cette main d'œuvre dans des espaces séparés de la population japonaise. D'après vous, cette prise de position est-elle en phase avec la société japonaise contemporaine?
David Malinas: Le Japon n'a jamais eu de politique définie en matière d'immigration. Les gouvernements ont toujours fonctionné avec des flux minimums de migration répondant à des besoins spécifiques ou temporaires et ils tiennent à le conserver. Le Japon est une société comparativement renfermée sur elle-même et est structurellement peu ouverte aux étrangers.

Pour démontrer que les "humains peuvent travailler ensemble" mais qu'il "est préférable qu'ils ne vivent pas ensemble, Ayako Sono prend l'exemple d'un immeuble en Afrique du sud, après l'apartheid, dans lequel une famille de Noirs aurait emménagé dégradant les lieux jusqu'à engendrer le départ des Blancs. Outre, l’impossibilité de le vérifier, qu'est-ce que cet exemple révèle ?
Bien sûr, le travail d'un journaliste est de provoquer des réactions, et dans une société du non-dire, cette éditorialiste prend une position volontairement provocatrice. Cependant, c'est exact que les étrangers sont mal acceptés au Japon, et depuis toujours ! Récemment, on note que les Japonais ont, dans leur premiers flux migratoires, fait appel à des descendants de Japonais établis à l'étranger, afin de faciliter leur intégration. Mais on a observé malgré tout le regroupement en communautés linguistiques, avec un Bresiltown par exemple. Ainsi on a assisté à l'apparition de quartiers, chinois, coréens, hispanophones qui sont séparés spatialement et qui font l'objet de réelles discriminations.
L'éditorialiste en question est une proche de Shinzo Abe, le Premier ministre. Sa prise de position traduit-elle celle du gouvernement sur la question de l'immigration et du vivre-ensemble au Japon ?
Le gouvernement d'Abe est un gouvernement de droite, assez conservateur. Mais les problématiques gouvernementales sont autres, puisqu'elles doivent prendre en compte les problèmes de main-d'œuvre et le recours à l'immigration. Ainsi le gouvernement évite de crisper les populations qui pourraient être appelées à venir travailler, et ne s'exprime pas publiquement sur ces sujets.
Comment expliquer cette méfiance et ce rejet des populations immigrées?
Après la Seconde guerre mondiale, les Japonais se sont refermés sur eux-mêmes, et les étrangers, en louant leurs méthodes de management, les ont renforcés dans leur sentiment d'appartenance à une "race supérieure". Depuis les années 90, ils doivent ouvrir leurs frontières mais les idées reçues perdurent : un immigré blanc sera bien vu, tandis que les immigrés asiatiques souffrent de discrimination. Les populations noires souffrent d'une réputation de "gangster" des Etats-Unis. Les immigrés répondant à des problèmes temporaires, les Japonais n'ont jamais eu à les intégrer durablement et donc à essayer de les comprendre.

Aujourd'hui, dans quel environnement social vivent les populations immigrées au Japon?
Les populations immigrées dépendent de leur visa de travail et ne sont sur place que si elles ont un emploi. Lorsque le gouvernement n'a plus besoin de ces populations, elles sont raccompagnées à la frontière. Il n'y a donc pas de situation de misère. En revanche les problèmes se posent réellement pour les enfants issus de familles mixtes qui souffrent d'un rejet de leur camarade, et parfois d'un vide juridique concernant leur statut, si le père japonais ne reconnaît pas la paternité par exemple.
Quelles ont été les réactions de la population ? En somme, la vision d'Ayaoko est-elle représentative ?
Bien sûr, de plus en plus de jeunes partent faire des études à l'étranger et ont donc une approche différente de la situation. La position de cette éditorialiste est bien sûr extrême, alors que la population est plus équilibrée. Mais il existe, notamment en cas de crise, une discrimination des étrangers et cet article permet d'ouvrir un débat.

のど赤き玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり
斉藤茂吉

Eテレセレクション・お願い!編集長「ETV2000 徳田球一とその時代」
NHKホームページ「お願い!編集長」へのリクエストに応えて、2000年放送「徳田球一とその時代」(前・後編)をアンコール放送する。
沖縄県出身の思想家・政治家の徳田球一は、1928年から1945年までの18年間、獄中からいとこの徳田耕作とその妻・たつに宛てて克明な手紙を書き送っている。治安維持法と予防拘禁法による長期の獄中生活に耐えて非転向を貫き、戦後は、日本共産党の非合法化によって中国へ亡命、北京で客死した。その生涯を見つめつつ、激動の時代の日本国家を考える2回シリーズ。
蟹江敬三

明日へ−支えあおう−復興サポート▽未来に贈る子どもたちの紙芝居〜福島双葉郡3
大熊町、浪江町など福島県双葉郡の子どもたちが、福島市在住の詩人・和合亮一さんと共に、震災の経験を言葉にして未来へと残すための授業を行う、その3回目。原発事故からまもなく4年。双葉郡では今も多くの地域で避難が続いている。子どもたちはこれまでのつらい体験に向き合い、仲間と力を合わせながら紙芝居を創作。ふるさとへの思いや原発事故への怒り、友達・家族の大切さなど、言葉にならない思いを、絵も使って表現した。
和合亮一, 山根基世

NNNドキュメント'15 原発の地元どこまで?京都、函館広がる不安
平成27年は、停止していた原発に灯がともる“再稼働元年"の年。その中で取りざたされているのが“地元同意"の判断だ。“原発の隣町"が置かれている現状を掘り下げる。
山崎岳彦 日本テレビ 札幌テレビ


今日は11時からの激励行動に行こうと思っていたのですが,ちょっと余裕がなくてパス.次の機会に頑張ります.
白菜の煮物とパンとチーズと日本酒という妙な組み合わせの晩ご飯だというメールをもらいました.
大阪駅をいろいろ歩き回りました.結構発見がありました.本屋さんがあるのは知りませんでした.
IKARIでフロマージュセットが売っているのが買いたくなりましたが,今回はガマン.
時間にギリギリでした.

客減れど欠かせぬ足/被災地のバス事情(上)/かすむ復興
<乗り降りゼロ>
 車体をきしませて停留所にバスが止まる。乗り降りはゼロ。そもそも車内には乗客そのものがいない。傍らを自家用車が追い抜いていく。
 牡鹿半島にある石巻市の鮎川港とJR石巻駅を結ぶ「鮎川線」。宮城交通(仙台市)の子会社が運行する。ある平日の午後、最初の客が乗り込んできたのは港を出て1時間が過ぎたころだった。
 鉄路がない半島で、バスは唯一の公共交通機関だ。2010年度の利用者は9万人を超えたが、東日本大震災後の13年度は4割落ちた。1日7往復しているから1便平均10人程度にとどまる。
 地方の路線バスはどこも苦戦気味とはいえ、東北の沿岸部では退潮が際立つ。震災で地域社会そのものが壊滅的な被害を受けたのが響いている。

<「通院できず」>
 鮎川港がある旧牡鹿町の場合、14年末の人口は3196人。震災直前の約4500人から大きく減少した。転出届を出さないまま域外に避難しているケースも多く、定住者は表向きの数字を下回るとみられる。
 宮城交通の担当者は「半島部だけでなく、旧石巻市の沿岸部も似たような状況だ。全線にわたって厳しい状況になっている」と説明する。
 たとえ採算性が落ちても、バスが通院や通学の足であることに変わりはない。現役世代の流出に伴い、被災地では交通弱者となる高齢者の割合が上昇した。乗車率の低下と裏腹に、路線の必要性は高まっている。
 鮎川港近くに住む無職の男性(74)は「車の免許がないので病院に行くのもバスが頼り。路線がなくなったら生きていけない」と話す。

<融通利く経路>
 輸送力などの面で鉄路に劣るとはいえ、震災はバスの有用性を再確認する機会にもなった。道路さえあれば経路設定はほぼ自在。地域事情に合わせた運行で生活再建を後押ししてきた。
 岩手県田野畑村は震災後、沿岸部を走らせていた無料バスの路線を延長した。災害公営住宅が完成すれば、近くに停留所を設けるなどした。
 スクールバスも兼ね、13年度の利用者は6万3000人に上った。だが、多くは通学の児童・生徒が占め、一般客は6400人にすぎない。
 「このまま少子化が進めば、過疎地区ではバス運行ができなくなってしまう」と村の担当者。路線や便数を減らせば人口流出を加速させかねない。効率性と地域振興のはざまで、被災地の苦悩は深まっている。

 震災の被災地で地域交通を担うバスがあえいでいる。人口減による乗車率の低下にとどまらず、運転手の求人難といった課題にも直面する。頼みとする補助金の行方は不透明だ。バス事業の現状と展望を報告する。(震災取材班)


津波避難タワー完成 仙台・中野
 東日本大震災を教訓に、仙台市が宮城野区中野5丁目に建設した津波避難タワーが14日、地元住民に公開された。市が沿岸部で計画する6カ所の避難タワーのうち、最初に完成した。
 鉄骨製で高さ9.9メートル。高さ6.6メートルの2階部分には屋内スペース(100平方メートル)があり、トイレなどの設備を整えた。屋上と合わせて約300人が約24時間避難できるように毛布や非常食、防災行政無線を置く。建設費約2億3000万円は全額国費で賄う。
 奥山恵美子仙台市長は「避難訓練などソフト面も充実させて緊急時に備えたい」と話した。


核ごみ対策を再稼働条件に 日本学術会議、国に提言へ
 学術の立場から国に政策提言など行う日本学術会議(大西隆会長)が、原発から出る「核のごみ」対策を政府と電力会社が明確化することを原発再稼働の条件にすべきだとする政策提言案をまとめたことが14日、分かった。17日に同会議の検討委員会で議論し、3月にも正式に公表する予定で、世論形成や国の政策に一定の影響を与えそう。
 学術会議は2012年にも「核のごみ」政策の抜本的見直しを提言しており、あらためて政府に改善を促す異例の対応。高レベル放射性廃棄物の処分問題に進展がないまま再稼働を進める国の姿勢を「将来世代に対する無責任」と批判、新増設も容認できないと強調している。


原発廃炉:米国で相次ぐ 安いシェールの火力拡大
 【ワシントン清水憲司】世界で最も多く原発を保有する米国で、原発の廃炉が続いている。電力自由化に伴う価格競争が激しくなる中、シェール革命で火力発電のコストが安くなり、原発の優位性が低下。風力発電にも押されているためだ。電力規制が残って比較的安定した料金収入を得られる地域では新設の動きもあるが、米国の電力需要の約2割をまかなう原発の存在感は低下するとの見方が根強い。

 昨年末、北東部バーモント州のバーモント・ヤンキー原発が運転を終了した。米国では、2013年春、約15年ぶりにキウォーニー原発(ウィスコンシン州)が廃炉になって以来、4発電所5基が運転を終了、100基超あった米国内の原発は99基に減った。19年にもさらに1基が停止する。

 ヤンキー原発は1972年に運転を開始。老朽化を懸念する環境団体が廃炉運動を展開したが、米原子力規制委員会(NRC)は32年までの運転を認めていた。

 廃炉に追い込まれたのは、原発が利益を出しにくくなったからだ。同原発を運営してきた米電力大手エンタジーのビル・モール社長は「経済的要因が第一の理由だ」と説明する。シェール革命によるガス火力のコストが低下し、電力価格が下がる一方、原発は安全対策などのコストが増えた。

 米国では、電力市場の仕組みが地域ごとに異なる。電力販売が自由化された北東部や中西部では価格競争が激化。安価なシェールガスを使えるガス火力の発電比率が08年の約2割から12年には約3割に拡大、州政府などから補助金や税制優遇を受けた風力発電など再生可能エネルギーも普及し、原発は押され気味になった。

 従来、需要が少ない夜間の電力は、昼夜を問わず一定出力で運転する原発を中心にまかなっていたが、風力発電が増えて夜間電力が余るようになった。事業者間で売買される電力価格が「0ドル」になるケースもあり、原発の利益を押し下げた。原発は建設費が巨額でも、発電コストが安く、火力発電などに比べ優位とされてきたが、電力価格が大幅に値下がりすると、投資回収のリスクが高まる。

 米シンクタンク資本形成協議会(ACCF)のデビッド・バンクス氏は「原子炉が1基しかないような小規模発電所ほど競争力が低下する。現行制度では、少なくともあと6基が閉鎖の危機にさらされる」と指摘。30年までに原発の発電規模は2割減る可能性があると分析する。


「性的少数者」条例 議論を深める一歩に
 東京都渋谷区が、同性のカップルを「結婚に相当する関係」と認め、証明書を発行する条例案を来月開会予定の定例区議会に提出する。

 自治体が同性同士をパートナーとして証明する制度は全国初だ。

 レズビアンやゲイなどの性的少数者(LGBT)の人権尊重が狙いで、区営住宅などに家族として入居申し込みができる。また、民間事業者や区民に条例の趣旨を周知し、「配慮」を求めるが、強制力はない。

 LGBTへの差別をなくし、パートナーとして公的に認める法整備が欧州を中心に世界各地で行われ始めているが、日本での検討は進んでいない。渋谷区の取り組みを、議論を深める一歩としたい。

 区内の20歳以上の同性カップルが対象だ。証明書があれば、賃貸住宅への入居が容易になったり、病院で家族として面会ができたりといった効果が想定される。

 ただし、現行の婚姻制度の変更を目指すものではなく、多様性の尊重が主眼だと区は説明する。

 昨年来、区議会の審議でLGBTの人権が何回か取り上げられたのを機に、学者や法律家を招いた検討委員会を区が設置し議論してきた。

 すべて国民は「個人として尊重される」「法の下に平等である」という日本国憲法がスタートラインだった。差別のない社会をどうつくっていくのか検討を重ねたという。

 海外には、オランダなどのように同性婚を認める国が20カ国近くに上る。婚姻に準じる権利を法律上認めるパートナーシップ制度を持つ国も20カ国以上ある。また、国連人権理事会は2011年、性的指向や性同一性障害を理由とする暴力や差別への「由々しき懸念」を決議した。

 渋谷区はこうした国際社会の動きも参考に、現行法の枠組みの中での緩やかな制度を目指したという。

 LGBTは、20人に1人に上るとされる。同性婚カップルに結婚祝い金を出すなど大手を中心に企業の取り組みは進む。男女共同参画条例などの中で、「性的指向への配慮」をうたう自治体もある。

 一方、政府の取り組みはみられない。将来的な同性婚の議論はさておき、LGBTの権利をどう守るのか、法整備を含めどういった手当てが必要なのか、検討すべき時ではないか。

 啓発や教育、LGBTの子供たちへの対応も喫緊の課題だろう。渋谷区の検討委が招いた精神的には男性の性同一性障害の当事者は「女の子の着ぐるみを着ているようで、子供時代は地獄だった」と心情を吐露したという。自我が確立する前のLGBTの子供への対応に教育現場は苦慮している。こうした現実に正面から向き合うきっかけにもしたい。


[米軍幹部暴言]沖縄は「軍事植民地」か
 基地をめぐる最近の動きは異常である。米軍機からの部品落下、米兵による飲酒がらみの不祥事、米軍幹部の暴言…。名護市辺野古では埋め立て工事が強行され、けが人や逮捕者が相次いでいる。埋め立て工事がさらに進めば、事態はもっと深刻さを増していくだろう。ゆゆしい事態だ。

 その背景にあるのは、日米両政府に見られる二重基準の存在である。ここでいう二重基準とは、米本土、日本本土で沖縄と同じようなことが起きたとき、両国の政府は果たしてその状況を許容できるのか、という問題だ。

 嘉手納基地所属の米海軍電子偵察機EP3が飛行中、「アクセル・パネル」と呼ばれる約227グラムの金属製部品を落としていたことが13日、明らかになった。米軍機からの部品落下事故は今年に入って早くも4件目。異常なペースである。

 米軍は昨年12月、軍構成員の基地の外での飲酒制限を大幅に緩和したが、そのとたんに道交法違反(酒気帯び運転)や住居侵入などが相次いだ。逮捕された米兵は今年に入って早くも6人(1月26日現在)を数える。たがが緩んでいるとしか思えない。

 しかし、もっと深刻なのは、米軍幹部による偏見に満ちた発言や暴言が相次いでいることである。

 在沖米海兵隊の現職の大尉は、辺野古への新基地建設に抗議する市民にけが人が相次いでいることについて「けがをしたように見せる姿は、実際に見ると茶番だ」と、新基地建設に反対する市民を冷笑する電子メールを英国人ジャーナリストに送っていた。

    ■    ■

 報道部次長という要職にありながら、各種選挙で示された沖縄の多数の声には耳をふさぎ、目をつぶり、偏見に満ちた表現で反対行動を侮るのは、報道部次長としては完全に失格だ。

 米軍北部訓練場の現職の司令官(海兵隊少佐)は、東村高江周辺へのヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対して座り込み行動を続けている住民について「東京の共産党かNPOからか分からないが、お金をもらっている」と、基地問題研究のため滞在中のストックホルム大学の大学院生に発言した。

 昨年の知事選にも触れ、「共産党が連立与党をつくって仲井真(前知事)の議席を奪うことができるのは民主主義の表れだが、民主主義を支持しない共産党がそれを達成できたのは面白い」とも語ったという。共産党から金をもらっているというのも共産党が民主主義を支持しないというのも誤解である。

    ■    ■

 インターネット上に飛びかっている誤った情報や偏見に満ちた考えを自分の都合のいいように利用し反対派を批判している気配が感じられるが、こうした発言は極めて重大な問題をはらんでいる。

 現職の米軍幹部が、誤った情報をもとに沖縄の政治状況を論評し、憲法で保障された県民の正当な意思表示を批判するのは、軍人としての本務を逸脱した越権行為である。

 沖縄にだけ困難を押しつける二重基準を両政府は直ちに解消しなければならない。

フランス語
フランス語の勉強?

魚上氷うおこおりをのぼる/うれしいこと

ブログネタ
フランス語 に参加中!
20150215_Joshipare

Il y a longtemps que je t'aime./Jamais je ne t'oublierai.
--À la claire fontaine, traditional French song

Long have I loved you./Never will I forget you.
Quel Bazar !
What a mess !
Les grandes pensées viennent du cœur.
--Marquis de Vauvenargues

Great thoughts come from heart.
L'injustice est une mère qui n'est jamais stérile et qui produit des enfants dignes d'elle.
--Adolphe Thiers

Injusitice is a mother who is never sterile and who produces children worthy of herself.

死にゆく者の礼儀
遙 洋子
筑摩書房
2010-03-10


深い洞察にうなりました 瑠璃るり
親の看取りをした人の赤裸々な本音と、ソコから引き出された後悔しない生き方と、残されたものを後悔させない生き方の指南書として優れた内容だと思います。男性には理解しにくいのかも知れませんが、ある年齢を過ぎた女性にはかなり心情に訴える内容だと思います。すらすら読めますし、読んで損はしない内容です。
この方の本は前から軽い読み口の中にも鋭い洞察を秘めていると思っていましたが、今回のこの本ではその洞察力にうなりました。私にとっては人生の指南書と言っても過言ではない内容でした。


魚上氷うおこおりをのぼる,です.なのにまだ寒いです.でも平和を求める声は熱い.
明日戦争 反対! 愛と平和の女子パレがありますが,参加できそうにありません.ちょっと忙しいです.
夕方出かけたときに商店街で童謡の「チューリップ」が流れていて,春の気配を感じました.うれしいね.
それに夜スーパーに買い物に行ったとき,宮城県産のお米が売られていました.買わないと思うけど,これもまたうれしいね.ササニシキでなくてもよし.

毎日新聞
ふるさと:原発事故47カ月 「福島に帰れないの?」就活中の息子自殺 母、悔しさ募らせ 「事故さえなければ」
 物音一つ、聞こえてこない。「どうすればこの子を死なさずにすんだのか。母親失格だな……」。東京電力福島第1原発事故により、日中の出入りはできても寝泊まりが禁じられている避難区域の自宅で、50代の母親はうつむいた。原発事故から2年以上たった2013年、大学4年生の息子は、下宿先がある関東地方で自殺した。22歳の誕生日だった。「原発事故さえなければ、死ぬこともなかっただろうに」と声を震わせた。

 高校時代、息子の部屋は同級生のたまり場だった。大学に進学してからも、帰省すると友だちと会うのを楽しみにしていた。だが、原発事故で多くの友人が避難し、離ればなれになった。「自分は関東にいて苦しい思いをしてないのに、福島に残った友だちに会っていいんだろうか」。疎遠になっていった。

 12年1月の成人式に帰省した。自宅周辺は当時、立ち入りが禁じられた警戒区域だった。人の姿はなく、商店や家は地震で壊れたまま。息子は「異次元に来ているみたい」と言った。「まだ家に帰れないの?」と尋ねられた母親は「まだ帰れないんだよ」と答えた。

 命を絶った時、息子は就職活動の真っただ中だった。大学の友人たちは次々に地元で就職口を見つけていた。母親が1人で避難していた1LDKの借り上げアパートに、息子は時々、就職先を探すため身を寄せた。はじめは忙しそうにしていたが、しばらくすると寝間着のまま過ごすようになった。「こっちは除染関係の仕事しかないのかな」

 福島にこだわる理由があった。震災前に地元で就職し自宅で暮らしていた兄が、原発事故で会社が被災したため県外に転勤した。兄は10代近く続く土地と家を継ぐ予定だった。息子は大学の友人(23)に「兄ちゃんが実家を出たから、自分が福島に戻った方がいいのかな」と相談していた。そのことを母親が知ったのは、息子の死後だった。

 13年の正月、息子は戻ってこなかった。「まだ(避難先の)アパートなんでしょ。帰りたくない」。気になって下宿先へ様子を見に行くと、きちょうめんだった息子の部屋が、ごみや服で散らかっていた。「仕事を辞めてでも息子にもっと寄り添っていれば、死ななかったかもしれない」。涙がこぼれる。

 亡くなる約1週間前、携帯電話にメールが届いた。「お母さんが苦労しているおかげで、自分の今の生活があるのだと感謝しています」。遺書はなく、これが最後のメッセージとなった。

 母親は息子を失った後、仕事を辞めた。昼間は毎日のように避難区域へ行き、高校の制服姿の息子の遺影に見守られながら、自宅の掃除をして過ごす。息子の月命日には、亡くなった場所で線香を手向け、近くのベンチに独り座って息子に近況を報告する。【小林洋子】


河北新報
被災寺社の再建進まず 檀家離散、資金不足
 東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県の寺院や神社の復旧が進んでいない。仏教各宗派や神社本庁が把握する復旧施設は、多くても4割にとどまる。檀家(だんか)や氏子の離散、資金不足が主な理由。東京電力福島第1原発事故の影響が続く福島県では再建の見通しが立たない寺社が多い。
 主な宗派別の寺院復旧状況は表の通り。被害が最も大きかったのは曹洞宗で、本堂が全壊した3県の寺院は計48カ寺。同宗の宗務庁が2013年に実施した調査で「復旧した」と答えたのはわずか3カ寺だった。
 36カ寺が全壊した宮城県の宗務所によると、昨年はほとんどが復旧できていない。9割近い住民が地域を離れることになり、再建場所をめぐって頭を悩ませている寺院もあるという。
 被害規模が比較的大きい浄土真宗本願寺派、浄土宗、真言宗智山派、日蓮宗の4宗派をみると、本堂が全壊した寺院は計43カ寺。復旧したのは32%の14カ寺だった。土地や資金の確保の難しさや復興の遅れなどに伴って再建はままならない。
 寺院が福島県に集中する真言宗豊山派は22カ寺が津波と原発事故で機能不全に陥り、復旧済みは1カ寺だけ。同派の担当者は「住職が戻れても、避難指示の範囲に入るため常駐できない寺院がある」と嘆く。
 神社本庁(東京)の11年夏の調査によると、本殿や拝殿などが全半壊した神社は岩手21社、宮城68社、福島56社の計145社に上った。
 一方、同庁が再建費を支援する制度に申請した神社は28社どまり。他団体の支援で再建したケースもあるが、被災神社の大半は復旧できていないとみられる。
 宗教施設は憲法の政教分離規定で、国や自治体から原則として助成金や補助金を受けられない。
 全日本仏教会(東京)と12年に被災寺院を調査した淑徳大の藤森雄介准教授(仏教福祉)は「寺社はコミュニティーの復興に不可欠。国や自治体は敬遠せず、社会資本として寺社の復旧を後押しする意識を持つことが必要だ」と訴える。


河北新報
<祈りと震災>(14)次代へつなぐのは私
 仙台市若林区井土の海楽寺で、住職の大友雄一郎さん(45)が1枚の遺影を見詰める。
 写っているのは東日本大震災で亡くなるまで住職を務めた父親の征夫(まさお)さん=当時(69)=。最後に会った震災前日と同じ笑顔を浮かべている。
 征夫さんは市職員との兼業だった。門徒に語る言葉をいつも夜遅くまで考えていた。本を多く読み、説法に使える文章のあちこちにボールペンの線が引いてあった。
 「父さんならどう考えるだろうか」。雄一郎さんは悩みに突き当たると、先代住職に問いを立てる。
 死因は自宅で津波をかぶったことによる低体温症だった。「俺は運が強い」が生前の口癖。母からの電話で知った訃報に耳を疑った。
 遺体の傷みが激しくて対面はかなわず、父の死をしばらく実感できなかった。
 小学校の教師を続けながら急きょ住職を継いだ。震災で命を落とした14人の門徒と父の葬儀、寺の仕事とやるべきことは山積み。追い立てられるようにこなした。
 本年度、職場が市の教育委員会に変わってからは、仕事を抜けられずに住職として葬式に出られないことが2度あった。
 井土地区には2メートルを超える津波が押し寄せ、本堂は全壊した。70軒近い門徒のほとんどが地区の外に移った。寺の今後をめぐる決断は最大の難題だった。
 悩み抜いて出した答えはこの地での存続。犠牲になった門徒の無念の思いと悲嘆に暮れる家族の姿が背中を押した。亡き先代とも対話を重ねた。
 「門徒が古里のように集える心のよりどころが必要。父だって間違いなく同じ道を選ぶ」
 昨年の3月11日。寺でお経を読んでいると、ふいに父の姿が思い浮かんだ。涙が頬を伝った。
 「震災後はずっと突っ走るような毎日で父に十分な思いを寄せられなかった。3年の月日でようやく区切りが付いたかもしれない」
 寺の歴史は300年余り。雄一郎さんで12代目になる。
 征夫さんは「寺の功績を残すより、次につなげる存在になりたい」と口にしていた。
 「寺の歴史は何となく続くものではなく、つなげようとする意志が必要。父はそう言いたかったのではないか」と雄一郎さん。
 寺は代々教えを引き継ぎ、地域社会の中で長い歩みを重ねてきた。震災の混乱の中で住職のバトンを受け取り先を見据える今、先代の言葉をあらためてかみしめる。
 大切な人との別離を経験した門徒と共に、苦を乗り越える場としてここを守り抜く。それが父への一番の供養になると信じる。


河北新報
仮設でお茶会重ね50回 間もなく終了・岩沼
 岩沼市の里の杜東仮設住宅集会所で13日、東日本大震災前に始まったお茶会が50回目の節目を迎えた。集団移転で住民の退去が相次ぎ、仮設で開く会は間もなく終了。住民は支え合った日々を振り返り、感慨に浸った。
 お茶会は、同市長谷釜地区の集会所で2010年1月に始まった。震災当日も開かれ、散会後に地震が襲った。会に参加した住民30人中、5人が津波の犠牲になった。
 仮設住宅で会が再開したのは12年4月。「地域の絆を大事にしたい」と、代表の斎藤やい子さん(74)が呼び掛けた。毎月1回、一緒に体を動かしたり、お茶や食事を楽しんだりする活動を続けてきた。
 家族を亡くした住民も、共に過ごすことで傷を癒やした。夫と母を津波で失った斎藤房子さん(73)は「落ち込んだ時期もあった。気心の通じた方々と会うだけで心がほぐれた」と感謝する。
 岩沼市では玉浦西地区への集団移転が進み、仮設住宅からの転居が本格化。お茶会も玉浦西に移る予定だ。やい子さんは「これからもみんなで会えるよう、生きている限り続けたい」と話す。


京都新聞
「学ぶ力」か「学力」か 滋賀県知事と県議、教育めぐり白熱
 「学ぶ力」か「学力」か―。滋賀県の三日月大造知事と県議の一部で「ぶ」をめぐり意見のすれ違いが続いている。新年度からの教育政策で三日月知事が「学ぶ力」の重視を打ち出しているのに対し、一部の保守系県議らが学力テストの点数アップに直結する「学力」を前面に打ち出すよう求めているからだ。県は新年度予算案に「学ぶ力」向上に向けた新規事業を盛り込んだが、「『ぶ』は不要」とする県議らの理解を得られるか。県議会では教育観をめぐって議論が白熱しそうだ。

■学テ下位脱却へ目玉事業

 「小中学校生徒の学ぶ力、学ぶ力を向上させる」。2月上旬にあった予算案発表の会見で、三日月知事は2度「学ぶ力」を繰り返した。3人の子どもの父親でもあり、知事就任後、最も議論する時間が長かったと熟慮をにじませ、「テストの正答率で比べることを学力と呼ぶなら、学力を高めるために学ぶ力を高めようと考えた」と持論を述べた。

 新年度予算案で知事が目玉事業とするのが「教科指導力ステップアッププロジェクト」。子どもの学ぶ意欲を高め、生きる力を育むのが最大の狙いだ。園児と小学1、2年生には達成感や喜びを持てるよう指導し、小3以上には学習でのつまずきを学校、地域、家庭が一体となり学び直しできる仕組みをつくる。2月上旬の県議会文教委員会でも、県教委が予算と連動する「学ぶ力向上滋賀プラン(仮称)」を示した。

 しかし、県議からは「『学ぶ力』ではなく『学力』でいい」と厳しい批判が出た。背景には、滋賀県が全国学力テストで低迷を続けている実態がある。文教委員会では「(学テの)成績が下位だから県民はいらいらしている」と注文がついた。ある県議は「教師や周りの大人が本気になって取り組まないと意味がない。県民に分かりやすい名前の方がいい」と話す。

 三日月知事も日ごろから「小5の割合と中2の関数でつまずく子どもが多い」と強調。小5と中2を対象に県内22校で非常勤講師を配置する「学ぶ力パワーアップ事業」を1月から実施。新年度も継続する予定だ。

 文部科学省は学習指導要領の中で「確かな学力」という言葉を使っている。これは基礎的な知識や技能だけでなく、学ぶ意欲や思考力、判断力を含め幅広い学力を育てるという定義だ。

 全国学力テストで成績が下位に低迷してきた沖縄県は一昨年に「学力向上推進室」を設置。本年度の学力テストで大幅に小学校の結果が改善した。

 県教委は「『学ぶ力』は子どもたちが主体的に学ぼうとする力。『学力』は学ぶ力よりも狭いイメージで(学テの)国語、算数の力を付けるだけと捉えられる可能性がある。皆さんに理解してもらえるよう丁寧に説明していきたい」としている。


毎日新聞
産経新聞:曽野氏コラム、南ア大使も抗議文 人種隔離許容
 産経新聞が掲載した作家の曽野綾子氏のコラムにアパルトヘイト(人種隔離)を許容する内容が含まれているとして、南アフリカのモハウ・ペコ駐日大使が同紙に抗議文を送っていたことが14日分かった。同紙によると抗議文は13日付。

 問題視されているのは、産経新聞11日付朝刊の「労働力不足と移民」と題したコラム。曽野氏は労働力不足を緩和するための移民受け入れに言及し、「20〜30年も前に南アフリカ共和国の実情を知って以来、私は、居住区だけは、白人、アジア人、黒人というふうに分けて住む方がいい、と思うようになった」などと書いた。

 同紙によると、ペコ大使は「アパルトヘイトを許容し、美化した。行き過ぎた、恥ずべき提案」と指摘。アパルトヘイトの歴史をひもとき、「政策は人道に対する犯罪。21世紀において正当化されるべきではなく、世界中のどの国でも、肌の色やほかの分類基準によって他者を差別してはならない」としているという。

 一方、NPO法人「アフリカ日本協議会」(東京都)も抗議文を送り、コラム撤回を求めている。

 同紙は公式サイトに、小林毅・執行役員東京編集局長名で「当該記事は曽野綾子氏の常設コラムで、曽野氏ご本人の意見として掲載しました。コラムについてさまざまなご意見があるのは当然のことと考えております。産経新聞は、一貫してアパルトヘイトはもとより、人種差別などあらゆる差別は許されるものではないとの考えです」とのコメントを掲載した。【町田徳丈】

フランス語
フランス語の勉強?

    久しぶりのセムムでトラブル/facebook??

ブログネタ
フランス語 に参加中!
France_201407

Japon: Un premier pas vers le mariage homosexuel?
Au Japon, où la constitution interdit les mariages entre personnes du même sexe, un arrondissement de Tokyo va désormais délivrer un certificat d'union aux couples homosexuels.
Ce projet inédit de reconnaissance symbolique émane des autorités du célèbre quartier central de Shibuya, connu comme étant le siège de nombreuses jeunes entreprises, d'ambassades et de lieux branchés et où résident quelque 217.000 habitants, dont près de 10.000 étrangers.
≪Créer une société respectueuse des individus≫
≪Nous avons décidé de délivrer ce type de certificat de partenariat dans le cadre d'un programme visant à créer une société respectueuse des individus appartenant à une minorité sexuelle≫, a déclaré Toshitake Kuwahara ajoutant ne pas connaître encore ≪la vraie valeur qui sera accordée à cette attestation. Mais nous espérons que nos efforts permettront de mieux comprendre les diverses questions auxquelles sont confrontées les personnes appartenant à une minorité sexuelle≫.
Le maire de l'arrondissement de Shibuya aurait, ainsi, pris en compte des plaintes de discrimination à l'égard des couples homosexuels qui rencontrent, entre autres difficulés, souvent des problèmes pour louer un appartement. Ou, selon un responsable de l'arrondissement, une personne homosexuelle se verrait parfois refuser la visite d'un(e) partenaire hospitalisé(e) faute de pouvoir prouver un lien officiel.
L'adoption comme solution
Actuellement, les couples homosexuels japonais qui veulent obtenir une reconnaissance officielle de lien ont parfois recours à l'adoption de l'un par l'autre. Un schéma qui n'est, bien entendu, satisfaisant pour personne, mais qui, contrairement au mariage homosexuel, n'est pas anticonstitutionnel.
La loi nippone précise, en effet, que le mariage n'a de légitimité que s'il résulte du consentement mutuel entre personnes de sexe opposé.

久しぶりのセムムです.ちょっとトラブってしまいました.Ocさんが解決してくれたので事なきを得ました.
facebookをやってみようかと思って図書館から本を借りてきました.でもイマイチかな?
Shさんは真実の口(Bocca della Verità)に行ったそうです.京橋にもあるのに・・・

河北新報
<祈りと震災>(13)ここで待つと決めた
 鎮守の森の葉擦れはもう聞こえない。土色が辺り一面むき出しになった平らな大地に、小さな社(やしろ)がぽつんと立つ。
 宮城県山元町の海沿いにある八重垣神社は、江戸後期に建てた拝殿、社務所、鳥居などを全て東日本大震災の津波に奪われた。
 あの日、宮司の藤波祥子さん(59)は秋田市にいた。戻って神社の惨状を目の当たりにしたのは震災から10日ほど後だった。
 何もかも流されたと家族に聞いていたが、その場に立っても不思議と平静だった。「形あるものはいつか失われる。自然の法則を黙って受け入れるしかなかった」

 生まれ育ったまちは見る影もない。氏子320軒のうち約90人が犠牲になった。「神も仏もないよね」と言葉を吐いた知人には、何も言えなかった。
 仮設の祈〓(きとう)所を構えたが、一帯は新たに住宅を建てられない災害危険区域になった。創建から1200年もの間見守ってきた地域に人はもはや住まない。
 「津波が来た境目を示す仙台の浪分神社のように、内陸や高台にあったほうがいいのかな」。移るか、残るか。心は揺れ動いた。
 ある日、がれきに囲まれて何もない社殿跡に手を合わせる人がいた。花が供えられ、誰かが置いた屋根瓦にはさい銭がたまった。
 避難先を訪ねると「神社の夏祭り、どうするの」と声を掛けられた。「みんなで笑い合える場が欲しい」と会う人ごとに言われた。
 みこし渡御や花火を打ち上げる例祭は、地域の夏の恒例行事だった。震災翌年に再開すると、荒涼とした境内が屈託のない子どもの笑顔であふれた。
 迷いは消えた。「たくさんの人が祈りをささげ、神主が一生懸命清めてきた場所。ここにあることが意味を持つ」。神社の建て直しへ日々奔走する。

 仙台市若林区荒浜の浄土寺は市内の寺院で唯一、危険区域にある。集落が津波で流され、プレハブの仮本堂から500メートル先の海岸付近を見渡せるようになった。
 約450軒の荒浜の檀信徒は135人が亡くなった。隣近所から集まって茶飲み話に興じ、境内を散歩した光景は戻らない。
 仮設住宅などで暮らした住民は海から離れた場所に新たな居を構えつつある。「寺社に公的支援はなく、経済的に大変だが、人の営みの近くにいたい」と住職の中沢秀宣さん(65)。2キロ内陸で本堂や自宅を再建する。
 墓地は移さず、法要に使える仮本堂も残す。「荒浜に暮らした人たちが古里を思う場が失われてしまうから」
 民のすみかのないまちで、宗教者が心の在りかを守り続ける。

(注)〓は「示」ヘンに「寿」の旧書体


河北新報
「巻の人間国宝」仮設の身近な達人認定・石巻
 東日本大震災の被災者でつくる石巻市の石巻仮設住宅自治連合推進会は、特技や趣味に秀でた住民を、石巻の地名にちなみ「巻の人間国宝」に認定する事業を始めた。身近な達人たちに地域活動に協力してもらい、コミュニティー形成に役立てる狙いだ。

 人間国宝は、主に仮設住宅の住民を対象に自薦や他薦で候補を募集。推進会事務局が活動ぶりを取材した上で審査する。
 認定された人には、田代島の黒猫をあしらったシールを贈呈し、推進会のホームページ(HP)や会報で紹介。特技を生かした教室を開くなどして、特色ある地域づくりにつなげる。
 第1号の候補として、渡波地区の仮設住宅で暮らす高城幸子さん(81)と夫の信雄さん(83)が1月下旬、推進会スタッフの取材を受けた。
 幸子さんは10年以上、つるしびなを作り続け、信雄さんは得意の日曜大工で展示用の台を製作。作品は仮設住宅の集会所に飾られ、住民の目を楽しませている。
 独自の人間国宝認定は県の震災復興支援事業を活用した。推進会の担当者は「公的には表彰されないような活動に光を当て、明るい話題を提供したい」と話している。候補はHPからも推薦できる。連絡先は推進会0225(22)0223。


河北新報
こたつ温か屋外で復興談義 山元町の魅力発信
 東日本大震災の津波で大きな被害が出た宮城県山元町で、住民の会社員岩佐勝太さん(32)がこたつを使って町の復興と観光をPRする一風変わったパフォーマンスを続けている。屋外の名所、旧跡などにこたつをセットし、温まりながら交流を楽しむ。「山元の魅力を和やかな雰囲気で体感してほしい」と意図を語る。

 岩佐さんは3日、津波で被災した同町花釜地区の住宅跡に整備された公園にこたつを設置。地元産野菜をふんだんに入れたキムチ鍋を住民らと囲んだ。「温まるね」「餅も入れようか」。寒さを忘れて会話を弾ませた。
 パフォーマンスは震災から2年後の2013年3月にスタート。夜の公園で畳の上に置いたこたつに入りながら星空を眺める「天然プラネタリウム」を皮切りに、中学校の校庭や被災農地を活用した菜の花畑、寺院などを巡ってきた。
 町では町域の4割が津波被害を受け、住民635人が犠牲になった。岩佐さんは震災後、若者たちが将来の古里の姿を語り合うワークショップや震災語り部ガイドに参加し、町の復興の在り方を考え続けたという。
 「『被災して何もなくなった』という人もいるが、きれいな星空や山頂からの眺望、復興が進む姿など探せば見どころは多い。多くの方に見に来てほしい」。そう考え、友人から譲られたこたつの活用を思いついた。
 当面は町内100カ所での開催が目標。その様子を撮影した写真を「こたつ百景」としてポストカードにすることも検討している。「男女の出会いの場『まちコン』やゲーム大会もできたら面白い」と構想を描く。
 一緒にこたつを囲む参加者を募集中で、要望があれば町外にも出向くという。使わなくなったこたつの提供も呼び掛けている。連絡先は岩佐さん080(5228)3399。


読売新聞
母の背中追う剣道少女…南三陸の岩石さん
 津波で母を亡くした南三陸町立歌津中学校3年の岩石桂惟(いわいしかい)さん(15)が、志望していた高校に合格し、新生活に期待を膨らませている。小1から始めた剣道を巡って厳しく叱られたこともあったが、職場で最期まで避難誘導にあたった母の姿に奮い立ち、中学では県大会準優勝を果たした。「目標は三段合格。母に負けない立派な大人になりたい」と目を輝かせる。

 3歳年上の兄の影響で剣道を始めた岩石さん。練習が嫌で行きたくないと駄々をこねると、「自分で決めたことなんだから、やり抜きなさい」と母の和江さんに叱られた。車に押し込められ、練習場に連れて行かれたことも何度もある。一方で、試合に欠かさず足を運び、勝つと真っ先に褒めてくれたのも和江さんだった。

 和江さんは震災時、勤務先の町内の介護施設で利用者を避難させるのに努め、津波に襲われた。48歳だった。死を知った夜、岩石さんは朝まで泣き続けた。

 「お母さんは津波から逃げなかったのに、私は逃げてばっかり」。和江さんのように強くなりたいと思い、中学進学後は毎日3時間の練習にも逃げずに取り組んだ。2年だった夏には県大会の団体戦で大将を務めて準優勝。「やっと結果が出せたよ。ありがとう」と仏前で報告した。県の選抜選手にも選ばれた。

 重要な試合では、和江さんの写真を防具の中に入れて臨む。「お母さんの前でヘタな試合はできない」と、いつも以上に気合が入る。

 志津川高校で10日に行われた合格発表で、自分の受験番号を見つけた岩石さんは「お母さんもほっとしたと思う」と笑顔を見せた。将来の夢は栄養士。料理が得意だった和江さんに憧れた。「お母さんの背中は遠いけど、いつか追いつくから。見守っていてね」と願っている。


読売新聞
<震災20年>逆境越えたあの曲を 兵庫高吹奏楽OBら
 阪神大震災で多くの生徒が被災し、十分に練習できない逆境を一致団結して乗り越え、コンクールの全国大会出場を果たした県立兵庫高校(神戸市長田区)の元吹奏楽部員らで結成する吹奏楽団が3月22日、神戸文化ホール(中央区)で定期演奏会を開く。20年前に全国大会で演奏した曲も披露。メンバーは「震災に負けまいと、みんなで必死に練習に打ち込んだ当時を振り返りながら演奏したい」と練習に励んでいる。(浅野友美)

松井さん(右端)の指揮で、演奏会に向けて母校で練習に励む卒業生たち(県立兵庫高で)

 1995年1月の震災では、兵庫高周辺の多くの住宅が被災。家を失った被災者が、無事だった校舎に押し寄せた。校舎は避難所として使われ、ピーク時には約2500人が避難した。2月になって、神戸甲北高と鈴蘭台高(現・神戸鈴蘭台高)に分散して授業を再開。4月からは鈴蘭台西高(同)のグラウンドに建てた仮設校舎に通った。

 吹奏楽部は、コンクールの全国大会に92年から連続出場してきた記録を更新するため、プレハブの仮設校舎で練習に励んだ。防音設備が不十分で、教室の床に毛布を敷き詰めた。努力が実り、県大会、関西大会を経て関西地区のベスト3校に入り、全国大会への出場権を獲得。出場が決まった瞬間はメンバーは抱き合って涙を流した。

 同部OBは、1976年に吹奏楽団を結成してからほぼ毎年、定期演奏会を開催。今年は、震災20年を迎えたことから「節目に際し、みんなが団結を強め、奮闘した姿を思い出してほしい」と当時、全国大会で演奏した「スプリング・マーチ」や「バラの謝肉祭」など11曲を選曲した。

 指揮を務めるのは当時、吹奏楽部顧問だった松井隆司さん(65)。被災した自宅の再建に慌ただしい中での練習の日々を、「私自身がめげそうなときもあったが、不満を漏らすことなく、無心で練習に取り組む生徒の姿に励まされました」と振り返る。

 震災時に2年生だったオーボエ担当の水谷幸子さん(36)は現在、中学校の教諭になり、吹奏楽部の顧問を務める。「震災を乗り越えた経験が私の土台になっている。音楽を通じ、支えてくれた人への感謝を届けたい」と抱負を語った。

 午後1時半開演。チケットは800円(当日1000円)で、同ホールプレイガイドで発売中。問い合わせは同楽団代表の恵さん(090・5881・1375)へ。

フランス語
フランス語の勉強?

   在日朝鮮人・被差別部落出身者から話を聞きました

ブログネタ
フランス語 に参加中!
Kinyobi_Piketty

On ne badine pas avec l'amour.
--Alfred de Musset

One does not trifle with love.
Ça se dit beaucoup.
People say that a lot./That is often said.
(lit. It is said a lot.)
Ne tire pas la langue comme ça !

Don't stick out your tongue like that !
(lit. Don't pull out the tongue like that.)
Je pardonne aux gens de n'être pas de mon avis ; je ne leur pardonne pas de n'être pas de leur.
--Talleyrand
I forgive people for not being of my opinion.
I don't forgive them for not being of theirs.
On va prendre ce raccourci et gagner du temps.
We'll take this shortcut and save time.(lit. win time)

今日は,研究会がありました.そこで在日朝鮮人から話を聞く機会がありました.彼女が「日本人になりたいと思った」というのを聞いて,そこにある朝鮮人差別に思いをはせました.いまでは朝鮮の歴史なども勉強してそんな思いはないようですが・・・
また被差別部落出身者からも話をうかがいました.彼女は16歳まで部落民であるとは思っていなかったそうですが,友人から指摘されて頭が真っ白になった,と言っていました.それまで彼女は差別する側にいたし,彼女の母が強く部落であることを否定していたそうです.
貴重なお話をうかがえてよかったです.

河北新報
不明の妻と孫見つかって 双葉・がれき撤去本格化
 東日本大震災の発生から3年11カ月の11日、東京電力福島第1原発事故に伴い全町避難している福島県双葉町の沿岸部で、県警などが津波による行方不明者を捜索した。名取市に移り住んだ志賀一郎さん(67)は妻さち子さん=当時(63)=と生後4カ月の孫仁美ちゃんが見つかることを願い、捜索を見守った。
 双葉町の沿岸部は原発事故の影響で、環境省が昨年末になってがれきの撤去に着手。積み上げられたがれきの下の捜索がようやく本格化した。
 11日は警察官や消防団員ら約70人が志賀さんの自宅跡近くを集中的に捜索。重機で大きながれきを取り除いた後、土などを熊手でかき分けて、手掛かりを探した。
 さち子さんは仁美ちゃんをおぶっていて津波にのまれたとみられている。毎月11日に必ず自宅跡を訪れ、花を供える志賀さんは「心の中では割り切っているが、早く見つけて供養してやりたい」と話した。


河北新報
<挽歌の宛先 祈りと震災>(12)安息なき身は宿命か/第2部宗教者の試練(3)
 釜石市の仙寿院住職、芝崎恵應(えのう)さん(58)は昨年7月、日蓮宗の会合があった青森市で倒れた。2011年3月の東日本大震災から3年余りため込んだストレスに体が悲鳴を上げた。
 ビール1杯の酒席で体調を崩し、ホテルのソファに腰を下ろす場面で記憶が途切れた。「1分20秒の心停止があった」と仲間の僧侶から聞かされた。
 意識が戻ると、左手脚の動きが鈍かった。脳梗塞を覚悟したが、診断結果は心的外傷後ストレス障害(PTSD)だった。
 つらく怖い強烈な体験が心の傷となり、精神面の不安定さが体に異変をもたらす病気だ。20年前の阪神大震災や地下鉄サリン事件で注目されるようになった。
 「心の安寧を保てるよう修行しているつもりだった」と芝崎さん。「まさかお坊さんがなるとは」と医師に驚かれた。
 小高い丘にある寺は津波を免れた。境内からは破壊される市街地が見え、逃げ遅れた住民がいた。寺には最大で576人の避難者が身を寄せ、最後の1人を11年夏に見送るまで日々心配りをした。
 檀家(だんか)は関連死を含め68人が犠牲となり、死者の供養に追われた。本堂では身元が分からない遺骨などをずっと預かる。行方不明者の戒名が書かれた骨箱には、遺骨の代わりに土や服を納めて仮安置している。
 寺は死者と共に時を刻んでもいる。多くの痛ましい死に接し、自身の心の傷を癒やすのは後回しにせざるを得なかった。
 「骨箱に向かって毎朝声を掛けていると、あの日から一日も進んでいない気になる」
 振り返れば、震災の3カ月後に既にPTSDと診断されていた。寝付きの悪い日が続き、家族に促されて仮設診療所を訪れた。
 当時は国内外のメディアから取材が殺到した。津波の様子を思い出す機会が多く、医師に「真面目に取材を受けるからですよ」とあきれられた。治らないままでいたのだろうか。
 今も法事や生活相談で来客は尽きない。住まいを探す檀家の相談は苦労する。震災後の地価高騰を受け、地主との交渉は神経をすり減らすことが多い。被災者の生活苦が相手にはどうも伝わらない。相談者と疲弊を共にする。
 「坊さんは奉仕するのが当たり前。困っている人をお断りするわけにはいかない」。昨年の休みは1日だけ。長女の28歳の誕生日に花巻温泉に泊まったが、その夜にも檀家の訃報が届いた。
 地域のよりどころとして頼られるのは宿命だと感じる。自分の安息の時をなかなか持てないのも、震災後を生きる僧侶の宿命なのかもしれない。


読売新聞
宗教や宗派を超えて不明者の合同慰霊祭
 震災から3年11か月となった11日、身元不明のままの犠牲者の遺骨を預かっている仙台市青葉区の葛岡墓園で慰霊祭が営まれた。仏教やキリスト教など、宗教や宗派を超えて行われ、参加者は6柱の遺骨に向かってお経を唱えたり、聖書を朗読したりした。

 県内の宗教者や医療関係者らでつくる団体「心の相談室」の主催。2011年4月から毎月1回開いており、この日は8人が参加した。心の相談室のメンバーで、日本基督教団正教師の川上直哉さん(41)は「どんな宗教であっても、犠牲者の前でするべきなのは冥福を祈ること。捜し続ける人がいることも忘れずにいたい」と話した。

 一方、警察庁によると、震災による行方不明者は10日現在、県内で1253人に上る。


読売新聞
海へ冥福祈る…いわきで震災の供養
 東日本大震災から3年11か月を迎えた11日、津波で多くの住民が犠牲となったいわき市平薄磯(うすいそ)地区で僧侶らによる供養が行われ、地域住民も合わせた計約20人が死者の冥福を祈った。

 同地区の寺院には同日午前8時半過ぎに住民らが集まり、供養柱に手を合わせたり線香を手向けたりした。その後、僧侶は砂浜に移動し、多くの命をのみ込んだ海に向かって静かに祈りをささげていた。

 震災で知人を亡くした同地区の民宿経営鈴木幸長さん(62)は、毎月11日には必ずこの寺院の供養柱を訪れているという。鈴木さんは「薄磯は小さな町だからみな顔なじみだった。手を合わせると亡くなった人の顔が浮かんでくる。悲しいがまた震災が起こらないように強く願った」と海を見つめていた。

 県警や消防はこの日、沿岸部の約20か所を約330人で一斉捜索した。警察庁によると、県内の行方不明者は204人。


毎日新聞
福島第1原発:炉内、宇宙線で「透視」 きょうから調査
 東京電力福島第1原発で、宇宙線を利用して原子炉建屋全体をエックス線写真のように外から「透視」し、溶けた核燃料(燃料デブリ)の分布を探る調査が12日に始まる。これまで原子炉圧力容器の内部を調べる手段はなかった。圧力容器内に残る核燃料の量などを把握し、難航が予想される燃料デブリ取り出し策の検討に役立てる方針だ。

 宇宙から降り注ぐ宇宙線は、地球の大気に当たると素粒子「ミュー粒子」を生じる。ミュー粒子は物質を通り抜ける能力が高く、コンクリートや鉄なども透過する。一方、核燃料のように密度の高い物質はわずかしか通り抜けられない。このため、建屋の外に置いた検出器で建屋を通ってきたミュー粒子を観察すれば、核燃料がある部分は黒い影のように映るという。この方法は火山のマグマの調査などにも利用されている。

 検出器は、10日までに1号機の北と北西の2カ所に設置された。東電の試算によると、1号機は大半の燃料が圧力容器から原子炉格納容器の底に溶け落ちていると推定される。格納容器の底は地下にあるため、地上の検出器では透視できないが、圧力容器内にどの程度の燃料が残っているかを確認する。

 検出器を開発した高エネルギー加速器研究機構(茨城県つくば市)によると、30〜50センチ程度の大きさの燃料デブリまで位置を把握できるという。

 東電などは約1カ月測定し、3月末に結果をまとめる。同機構の高崎史彦名誉教授は「燃料が圧力容器にないという仮説が実証されるだけでも意義は大きい」と話す。東電も「燃料デブリの位置などが分かれば、取り出しの手順や方法がある程度定まってくる」と期待を寄せる。【斎藤有香】


東京新聞
辺野古沖調査 県民への乱暴許せない
 米軍基地建設のための作業が強行されている沖縄県名護市辺野古で、海上保安庁などの抗議する県民らに対する暴力まがいの行為がやまない。警備の名の下で、人々に危害を加えるのは許されない。

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設のため、防衛省沖縄防衛局が海底調査再開に向けた作業を再開した辺野古沖では連日、カヌーの抗議団が繰り出し、作業を監視している。海保はその行動を制するように、カヌーを転覆させたり、潮の流れの速い外洋に引っ張っていって放り出したりした。命綱のパドルを取り上げて海に放り投げた、とカヌー隊は訴える。

 抗議団の訴えに海保は「やっていない」と否定した。しかし、女性カメラマンの抗議船に乗り込み、女性に馬乗りになった写真が先月二十三日、地元の琉球新報に掲載されて「安全確保のための適切な警備」と説明を変えた。

 基地予定地に隣接する米軍キャンプ・シュワブのゲート前でも、作業車両を止めようとする県民らが警官らともみ合いになり、けが人が続出。翁長雄志(おながたけし)県知事が県警と海保に対し、抗議する県民の安全に配慮してと申し入れた。

 翁長氏は、二〇一三年十二月の仲井真弘多前知事による埋め立て「承認」に法的瑕疵(かし)がなかったかどうかを検証する有識者の「第三者委員会」を今月発足させた。結果公表は七月以降になる見通しだ。

 翁長氏は瑕疵の有無にかかわらず、辺野古に新基地は造らせないと明言する。しかし、検証が遅れる分だけ、基地建設に向けた既成事実が積み上げられてしまいかねない。それが県民の心配だ。今もブイなどを固定するコンクリートが湾内のサンゴ礁を傷つけている。検証を急いでほしい。

 辺野古沖に新たな基地を建設する「県内移設」。それを拒む沖縄県民の意思は選挙結果でも示されて強固になった。安倍内閣は県民の思いに配慮し、せめて、第三者委が検証を終えるまでは作業を中止すべきだ。

 米軍キャンプ・シュワブのゲート前には今、県外からも大勢が駆けつけ抗議の声を上げている。カンパも寄せられている。辺野古での闘いはこうした県外の支援にも支えられている。

 県内の基地機能を集約し、耐用年数二百年ともいわれる新たな施設が造られれば、沖縄は半永久的に基地の島となってしまう。沖縄の基地の問題を沖縄の人々だけに任せず、日本全体の問題として考えていくべきだ。


毎日新聞
記者の目:ピケティ「21世紀の資本」現象=平野純一(エコノミスト編集部)
 ◇格差拡大へ危機感共有

 フランスの経済学者トマ・ピケティ氏が書いた「21世紀の資本」が世界的なブームを巻き起こしている。

 資本主義の下では格差は拡大していくという結論を導き出したこの本は、世界で150万部を売り、日本語版も13万部発行している。約700ページ、値段は5940円もする分厚い本。それでも爆発的な売れ行きなのは、いま社会のどこかがおかしいのではないかと疑問を持つ人たちの心を捉えたからだ。

 1月末の来日を機に、ピケティ氏にインタビューをした。柔らかな語り口、質問には丁寧に答える。伝わってくるのは「世の中を少しでも良くしたい」という思いだ。

 本書の要点は「r>g」というシンプルな不等式で表されている。「r」は資本収益率、「g」は経済成長率を指す。ピケティ氏は18世紀以降の300年近くにわたり20カ国以上の「r」と「g」を分析。資本から生み出される利益は、経済成長から得られる所得などを常に上回っている。つまり、資本を持つ豊かな人はずっと豊かで、それを持たない人との格差は広がるばかりだと主張した。
 ◇トリクルダウン効果には批判的

 「21世紀の資本」は最初フランスで2013年8月に出版された。一気に火がついたのは、14年4月に英語版が出され、米国でベストセラーになってからだ。

 米国は1980年代以降に格差が広がった。当時の米国はレーガノミクス旋風。新自由主義的な政策が主流となり、経済活性化の手段の大幅な減税も高所得者に有利に働いた。だが、上位1%の富裕層の所得が総所得に占める割合は、70年代末は9%程度だったのに、近年は20%近くにまで上昇している。自由を尊ぶ米国でも、さすがに行き過ぎだと感じ始めているのだ。

 日本でも、可処分所得の中央値の半分以下の所得の人を示す相対的貧困率は16・1%(12年)に達した。この30年間ほぼ一貫して上昇。非正規社員は雇用全体の4割弱に達している。アベノミクスも新自由主義的な色あいが濃い。

 インタビューでピケティ氏は、アベノミクスの「トリクルダウン(高所得者が豊かになれば低所得者にも富がしたたり落ちる)」効果について「機能するとは考えない」と批判。日本でも格差がすぐに縮小していく希望は見えない。
 ◇時代と向き合い資本主義問う

 資本主義は市場の力に重きを置く。市場は最も効率的に資源配分を行うから経済はうまくいくという考え方だ。だがもちろん万全ではない。

 19世紀、マルクスは「資本論」で、どうして労働者は豊かになれないのか、資本主義下で資本家がもうかるのは労働者から搾取しているからではないかと考えた。ケインズは「一般理論」(1936年)で、大恐慌で発生した大量の失業者を救うための政策はどのようなものかを考えた。いずれも時代と向き合い、それまでの常識を覆して、資本主義や市場メカニズムに潜む問題をあぶり出そうとした。

 ピケティ氏も、これまで誰も手をつけなかった分野に光を当て、15年の歳月をかけて膨大なデータを分析し、資本主義の本質を明らかにしようとした。本に対しては今、さまざまな批判が出ている。「r>g」だけで格差拡大を論証するのは難しい、先進国と途上国の間では経済発展によって格差は縮小したはず……など。だが、批判がたくさん出ることは注目を浴びていることの証しでもある。

 議論は始まったばかりだ。ピケティ氏自身、格差の存在そのものを批判しているわけではない。民主主義や社会正義の価値観を脅かしかねないほどの格差が問題なのだと言っている。格差が行き過ぎているのなら、どう解決すべきなのかを研究者も私たちも考えていけばいいのだ。

 ピケティ氏はまた、21世紀の早い段階で「この本を『21世紀の資本』と名付けたことに、読者のご寛容をお願いする」と述べている。21世紀はまだ長い。「50年後や100年後に資本がどのような形になっているか、まったく予測できない」と彼は言う。歴史を重視する研究者ゆえに、自分の理論の未来も気になるのかもしれない。

 ある経済学者がこんなことを話してくれた。「理論はいつか使い物にならなくなる。しかし思想は残る」

 確かにピケティ氏も言うように、時代が進めば社会の構造も変わり、理論は現実と乖離(かいり)してしまうかもしれない。だがいつかその時代が来たとしても、彼が21世紀初めに示した思想は残る、と私は思う。それはこの本が、今私たちが直面している格差という問題に真正面から取り組もうとしているからだ。

フランス語
フランス語の勉強?

ランチのお店を開拓/XRでテイカクができない

ブログネタ
フランス語 に参加中!
tummy3

Au Japon, Piketty pointe les inégalités accentuées par les ≪ Abenomics ≫
Le premier ministre japonais, Shinzo Abe fait fausse route : telle est la leçon que la plupart des commentateurs retiennent de la récente visite au Japon de l’économiste français Thomas Piketty.
Bien que l’assassinat des otages japonais par l’Etat Islamiste ait mobilisé l’attention de l’opinion, la présence, au même moment dans l’archipel, de l’auteur du Capital au XXIe siècle a créé le même engouement médiatique qu’ailleurs.
Mais il a aussi suscité un phénomène inattendu : les idées de M. Piketty sur les inégalités dans les sociétés développées sont entrées dans le discours politique nippon comme argument des adversaires des ≪ Abenomics ≫, la ≪ recette ≫ pour relancer la croissance du premier ministre, lancée en 2012.
Le parti démocrate du Japon (PDJ), principale (mais bien affaiblie) force d’opposition, qui se veut de centre gauche, en fait ainsi son cheval de bataille dans le débat parlementaire.
150 000 exemplaires en deux mois
Comme ailleurs, ≪ le ≫ Piketty (760 pages en traduction au prix de 5 900 yens, soit 45 euros), dont les piles trônent sur les présentoirs des librairies, figure au Japon parmi les meilleures ventes : 150 000 exemplaires partis en deux mois.
Il a déjà ses exégètes : une introduction de Nobuo Ikeda (Comprendre les principaux arguments de Piketty en 60 minutes), qui en est à son 5e tirage depuis fin décembre 2014, tandis qu’un ouvrage précédent (Initiation à Piketty) de Mieko Takenobu connaît sa 7e réédition.
Dans un pays où les économistes parlent pudiquement d’ ≪écart ≫ de revenus, plus que d’ ≪ inégalités ≫, M. Piketty a quelque peu secoué les branches.
Interrogé au cours d’un débat devant la commission du budget à la chambre basse, M. Abe, arc-bouté sur son remède à la croissance (qui s’est traduit jusqu’à présent par une remontée boursière sans relance de la production ni de la consommation) a concédé que ≪la croissance est importante mais aussi la répartition de ses fruits. ≫
16 % de la population nippone en deçà du seuil de pauvreté
Pieuses paroles. M. Piketty, lui, est resté prudemment sceptique sur les Abenomics : ≪ Autant que je puisse en juger, l’augmentation de la TVA, intervenue l’année passée, n’a pas été un succès en termes de croissance, et je ne suis pas certain que ce soit la bonne direction à prendre ≫, a-t-il déclaré. Une nouvelle hausse de la TVA (de 8 % elle passera alors à 10 %) a été repoussée à 2017.
Au cours de ses interventions (à l’université de Tokyo, dans l’auditorium du quotidien Asahi, à la Maison franco-japonaise à Tokyo et à travers d’innombrables interviews), l’économiste français a insisté sur la nécessité de rééquilibrer le système fiscal en faveur des jeunes et de réduire les inégalités sur le marché du travail dont sont victimes les employés en contrat à durée déterminée (à commencer par les femmes), discriminés en terme de rémunération ni de protection sociale. Or, leur nombre augmente (38 % de la population active) alors que les titulaires d’un emploi fixe sont en diminution.
Le coefficient de Gini (qui mesure l’écart entre les riches et les pauvres) est plus prononcé au Japon qu’il ne l’est en Allemagne, en France, en Italie ou au Canada, et 16 % de la population nippone vit en deçà du seuil de pauvreté défini par l’OCDE (disposant de ressources inférieures à la moitié du revenu moyen). Selon un sondage, réalisé fin janvier par le Asahi shimbun, 53 % des personnes interrogées ne pensent pas que les ≪ Abenomics ≫ amélioreront leur situation.

今日は七十二候の第二候の黄鴬見睨うぐいすなく,です.山手線の緑はウグイスに由来するそうです.と言っても今日はウグイスの雰囲気では全然ありません.午前中に歯医者に行ったのですが,雪がちらほらと舞っていました.オムライスのお店に行こうとしたらお休みだったので意を決して新規開拓.セブンイレブンの近くの気になっているお店に入ってみました.昼飲みも可だって!でも仕事なので飲むわけにはいきません.とりあえずおまかせランチです.今日は肉じゃがとイワシフライ.とてもおいしいです.ちなみに地酒は500円となっていました.今度は夜来たいところです.
さて昼過ぎからXR.でもテイカクができません.どうしてか調べる必要があります.
仕方ないのでテイカクはやめていつもの方法で頑張りました.いい感じかな?でもそのせいで天満でのDVD上映会行けませんでした.
帰りはいつもより少し遅いくらいでしたが,橋を渡るのがすごく寒い感じです.
ポストに郵便物があったので見ると,第九のチケットでした.よかった.

朝日新聞
瀧本美織、フラガール姿を披露
 女優の瀧本美織主演で、東日本大震災で被災したフラガールと愛犬の実話がドラマ化されることが9日、明らかになった。スペシャルドラマ『フラガールと犬のチョコ』(仮)は震災から4年目となる3月11日(後9:00)にテレビ東京系で放送される。

 福島県いわき市にある「スパリゾートハワイアンズ」のダンシングチームの現チームリーダー、モアナ梨江さんと愛犬の実話をもとに制作。震災後の混乱の日々のなかで、必死に笑顔を届けたフラガールと、飼い主を信じて生き続けた愛犬との感動ストーリーを描く。

 瀧本が演じるのは、「スパリゾートハワイアンズ」でフラダンスを踊る“フラガール”になることを夢見る女性・森田沙衣(さえ)。念願のフラガールになった数年後、東日本大震災の影響で福島第一原発事故が発生。故郷・双葉町は警戒区域に指定されてしまい、いつもそばにいてくれた愛犬・チョコは実家に取り残されることに。チョコと離れ離れになるなか、沙衣はフラガールとして「スパリゾートハワイアンズ」の復興に向け奮闘する。

 当事者の心情を思うと、「正直、不安が大きかった」という瀧本だが、物語のモデルとなった梨江さんと直接話し、「復興のために、私たちは笑顔で踊り続けなければいけない、忘れていくのではなくて伝えていかなければいけないので、そこは心配しなくて大丈夫です、とおっしゃっていただきました」と背中を押してもらった。

 「前向きなメッセージを伝えたい」と自分なりにテーマと向き合い、フラのダンスレッスンにも真剣に取り組んで、撮影に臨んでいる瀧本。「フラには人を癒す力があると思いますので、それが皆さんの癒しとなり、あたたかい気持ちになってくれればうれしい」と話している。

 濱谷晃一プロデューサー(テレビ東京編成局ドラマ制作部)は、「震災から4年が経ちますが、苦境を乗り越えようと前向きに頑張るフラガールたちの姿は、とても力強く感動的で私たちに勇気を与えてくれます。このドラマがさらなる復興の後押しになれば」と企画意図を語っている。

 ほかに、沙衣の同期のフラガール・竹沢かすみ役の波瑠、沙衣がフラガールを目指すきっかけとなった伝説のフラガールで、沙衣たちにダンスを教える吉本美那子役の菊池桃子、「スパリゾートハワイアンズ」支配人で、ダンシングチームのマネージメントも兼務する長谷田武士役の伊原剛志らが共演する。


毎日新聞
追悼集会:後藤さんと湯川さん、2人を忘れない…各地で
 イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)に殺害されたとみられる後藤健二さん(47)と湯川遥菜さん(42)を追悼する集会が8日夕、全国各地で開かれた。大阪・ミナミの道頓堀橋の上では午後5〜7時、約100人が「I AM KENJI(私は健二)」などと書かれたプラカードや紙を無言で掲げ、2人をしのんだ。

 追悼集会はツイッター上の呼びかけがきっかけ。大阪の他、京都、東京、福岡など8カ所で開催された。

 東大阪市の男子大学院生(23)は「2人が犠牲になったことを忘れず、私たちの社会が今後どう進んでいくべきかを考えるきっかけにしたい」と話した。偶然通りかかって参加したという大阪市東住吉区の男性会社員(39)は「多くの人が参加していたので驚いた。政府は全力で2人の救出にあたったと言うが、しっかり検証されるべきだ」と訴えた。【遠藤孝康】


毎日新聞
特集ワイド:日本とシリアを結ぶもの 内戦の激戦地で日本語を学ぶ
 「私に何があってもシリアの人を恨まないでください」。ジャーナリスト、後藤健二さんは、自ら残した最後のビデオメッセージでそう語っていた。後藤さんが何度か訪れ、今、内戦の激戦地となっているシリア・アレッポ。そこには、今も日本語を学び続ける人たちがいるという。アレッポ大学・学術交流日本センターの学生たちにテレビ電話をかけてみた。【浦松丈二、庄司哲也】

 ドキドキしながらパソコン画面の通話ボタンを押す。<トゥッ・トッ・トゥー>と呼び出し音が鳴り、あごひげの中年男性が画面に現れた。テレビ電話インタビューを調整してくれた同センターのマンスール副所長(50)だ。「よろしくお願いします」と流ちょうな日本語で話しかけてきた。通信状態は良好だ。

 「初めまして○○です。△△です。………ムハンマドです」。若い男女7人が次々に出て来た。やはりイスラムの名前は難しい。ムハンマド以外はよく聞き取れなかった。

 マンスール副所長によると、同センターでは現在、200人以上の学生が日本語を学んでいる。内戦で日本人教師が帰国したため、日本語の上手な上級生が先生になって教えている。日本文化を知るクラブ活動も活発だ。「書道はテレビ電話で日本の先生に教わっています。折り紙や将棋もネットで勉強しています。ほら、生け花だって」と副所長。学生2人が誇らしげに作品を差し出した。砂漠の花だろうか。エキゾチックな花が盆にあしらわれていた。

 なぜ日本語を? 「私は2003年に日本の旅行者に会いました。彼の語る日本文化に驚きました」「日本人の先生に会いました。とても親切な先生でした」と日本人との出会いを挙げる学生が多かった。

 12年に内戦が激化する前のアレッポは外国人も多く訪れる観光地だった。紀元前10世紀に建てられたアレッポ城や紀元前4世紀からのスーク(市場)などの旧市街は「古代都市アレッポ」として世界遺産に登録されている。

 「バンショウヤさんという人が守ってくれたのです」と副所長。日本人建築家、番匠谷尭二(ばんしょうやぎょうじ)氏(1930〜98年)は70年代に旧市街をできる限り保存する形でアレッポの都市計画作りに協力した。しかし、旧市街の現状を聞くと、副所長が悲しそうな顔になった。「スークは焼けた。行くのは無理。あそこは別の町になってしまったから」と。

 アレッポはシリア第2の都市で内戦前の人口は約306万人(10年推計)。12年ごろから政府軍と反政府軍の戦闘が激化し、現在は東側をアルカイダ系のヌスラ戦線が、西側を政府軍が支配する。過激派組織「イスラム国」(IS)も郊外に迫り、三つどもえの戦いが続く。中央の旧市街はスナイパー(狙撃手)が向き合う最前線だ。

 東西分断の影響は学生にも及んでいる。副所長によると、アレッポ大学は西側にあるため、東側に自宅がある約半数の学生は帰宅できない。学生寮に入るなどしているが、危険を避けて「帰省」するには一度市外に出てシリア中部を大回りする必要がある。約15時間もかかるという。

 生活も大変だ。水道が出るのは週1日。ためた水で暮らすしかない。電気やインターネットも不安定だ。パンの値段は内戦前の5倍にもなった。幸い同センターの学生に犠牲者は出ていないが、空爆や爆発は日常的だという。

 「先日も近所の民家に砲弾が当たり、一度に10人が死亡した。海外に逃げたくても仕事が見つからなければ生活ができない。私たちは投獄されているのと同じです」。西側に自宅がある学生の一人が下を向く。一般市民にとって内戦は無差別殺りくでしかない。

 昨年初めに後藤さんはアレッポを取材している。そう伝えると、うつむいた男子学生が顔を上げた。後藤さんが出演した日本の報道番組を動画投稿サイトで見たという。「アレッポの激しい戦闘だけでなく、少女が描いた絵を番組で紹介していた。画家になるのが少女の夢です。戦争になると子どものことは後回しになる。戦争がいかに弱者を苦しめるか。後藤さんはそのことを伝えたかったのだと思う」

 今月3日(日本時間4日未明)、後藤さんらに続き、ヨルダン人パイロットの殺害映像がネットに流れ、ヨルダンなどでISへの報復世論が沸騰している。その余波で昨年から続いてきたアレッポに限定した停戦交渉は風前のともしびだ。マンスール副所長は「停戦交渉? ニュースで流れているだけのものです」と首を振った。

 戦乱の町に暮らす学生たちに日本はどう映り、何を期待するのか。「ヒロシマ、ナガサキ、そして大地震。日本は危機を乗り越えて平和を取り戻した国というイメージです。その経験はシリアの復興に役立つと思います」と女子学生。全員がうなずいた。広島大学で博士号を取得したマンスール副所長は「平和の理念は憲法9条に書いてあります。日本には戦争ではなく平和的な方法で協力してほしい」と付け加えた。

 安倍晋三首相は、後藤さん殺害の情報を受けて1日、「テロリストたちを決して許さない。罪を償わせるために国際社会と連携する」と非難した。「罪を償わせる」という強い表現に驚いた人もいるだろう。「対立を嫌う日本では異例だ」(2日付の米ニューヨーク・タイムズ紙)などと海外からも注目されている。平和外交からの転換の兆しではないか、と受け止められたからだ。

 後藤さんは「空爆は無差別殺人だ」などと力でのテロ封じ込めに反対してきた。一体、テロとどう戦えばいいのか。日本語教師も務める大学院生は「正しいことを知ること、知識だと思う」と答えた。イスラム過激派はテロ行為を「ジハード(聖戦)」と主張する。だが大学院生は「本当のジハードとは自分との闘いです。恐怖に耐える。懸命に学ぶ。人にやさしくする。生活そのものなのです」と穏健な解釈を示した。

 テレビ電話の向こうでは、昼休みが終わったらしい。「初めて日本人を見ました。いつか日本に留学したいです」。女子学生が恥ずかしそうに話した。

 テロを許すことはできない。しかし、空爆されるシリアの地には、何の罪もない人たちが生きている。それが後藤さんの伝えたかったことではないか。

フランス語
フランス語の勉強?

後藤さん殺害される・・・残念です/GAZA・希望のメッセージ

ブログネタ
フランス語 に参加中!
sange

L'Etat islamique a exécuté un deuxième otage japonais
L'essentiel
• L'Etat islamique a revendiqué et montré le meurtre de l'otage japonais Kenji Goto dans une vidéo publiée en ligne.
• Il s'agit de la deuxième exécution d'un otage japonais en une semaine, après la mort de Haruna Yukawa dimanche dernier.
• Le premier ministre japonais s'est indigné contre un ≪ acte de terrorisme ignoble ≫.

Une semaine tout juste après l'annonce de l'exécution du Japonais Haruna Yukawa par l'organisation Etat islamique (EI), le premier ministre nippon, Shinzo Abe, est à nouveau apparu devant la presse le visage fermé, dimanche 1er février, pour condamner ≪ un acte de terrorisme ignoble ≫. Le groupe djihadiste a publié en ligne une vidéo montrant et revendiquant l'exécution du journaliste Kenji Goto, samedi 31 janvier.
L'enregistrement a été authentifié par SITE, le centre américain spécialisé dans la surveillance en ligne de la mouvance djihadiste. La vidéo présente ≪ un degré élevé de crédibilité ≫ a confirmé le ministre de la défense japonais, Gen Nakatani.
Une mise en scène connue
La vidéo d'une minute montre un djihadiste masqué exécuter l'otage, agenouillé dans une combinaison orange, une mise en scène employée à plusieurs reprises par le groupe terroriste. Il y déclare que le gouvernement japonais est responsable de la mort du journaliste de 47 ans, qui avait rejoint la Syrie pour couvrir la guerre civile et avait probablement été capturé en octobre par l'EI.
Selon le SITE, le bourreau à l'accent britannique est celui qui était présent sur de précédentes vidéos d'exécution d'otages occidentaux par l'Etat islamique
Abe ≪ très en colère ≫
Visiblement ému, Shinzo Abe s'est indigné contre un acte ≪ horrible ≫ contre lequel il s'est dit ≪ très en colère ≫, ajoutant que le Japon ne renoncerait pas à combattre ≪ un terrorisme inadmissible ≫. Il a également présenté ses condoléances aux proches du journaliste.
≪ Je n'ai pas de mots pour dire la peine que la famille doit ressentir, le gouvernement a fait le maximum pour gérer cette crise, c'est très regrettable (qu'on en arrive à cette issue) ≫
≪ Nous allons y répondre de façon ferme ≫
, avait averti, avant lui, Yoshihide Suga, porte-parole du gouvernement.
Un ≪ honnête homme ≫
Né en 1967, Kenji Goto avait lancé en 1996 à Tokyo une société de production, Independent Press, laquelle fournit des reportages sur le Moyen-Orient aux chaines de télévision japonaises.
Sa femme avait pris la parole jeudi, pour demander sa libération, sur le site de l'organisation Rory Peck Trust pour le soutien des journalistes indépendants. Elle y décrivait ce père de deux fillettes comme ≪ un honnête homme qui est juste allé en Syrie pour témoigner du sort de ceux qui souffrent ≫ et indiquait avoir reçu directement plusieurs courriels des djihadistes.
Incertitudes sur le sort du pilote jordanien
Le Japon redoutait cet assassinat depuis une semaine, l'organisation Etat islamique ayant menacé de tuer Kenji Goto dans la vidéo où elle revendiquait l'exécution de Haruna Yukawa. Les djihadistes avaient ensuite publié plusieurs ultimatums dans la semaine. Dans un premier message, ils menaçaient de tuer le journaliste et le pilote jordanien Maaz al-Kassasbeh, qu'ils détiennent également, si une djihadiste emprisonnée en Jordanie n'était pas libérée.
Dans une deuxième vidéo publiée jeudi, l'EI avait repoussé son ultimatum à jeudi soir, à travers un message, lu par le journaliste japonais, où les djihadistes ne menaçaient directement que le pilote jordanien. Ils exigeaient à nouveau la libération de la djihadiste, une demande à laquelle Amman ne s'était pas dite opposée mais le royaume avait exigé des preuves de vies de son pilote.
Samedi matin, le vice-ministre japonais des affaires étrangères, Yasuhide Nakayama, dépêché à Amman, avait affirmé que les discussions en vue de la libération de l'otage japonais étaient ≪ dans l'impasse ≫. Le message diffusé samedi ne fait pas mention du sort du pilote.
Solidarité des dirigeants
Les dirigeants de la coalition internationale contre l'Etat islamique en Irak et en Syrie se sont indignés contre un meurtre ≪ odieux ≫ selon Barack Obama. ≪ C'est un rappel de plus que l'EI est l'incarnation du mal, sans égard pour la vie humaine ≫, a ajouté le premier ministre britannique David Cameron.
Dans un communiqué publié peu de temps après les déclarations de M. Abe, François Hollande a, lui, condamné un ≪ meurtre brutal ≫ et s'est dit ≪ solidaire du Japon dans cette nouvelle épreuve ≫. ≪ Nos deux pays amis continueront de travailler ensemble pour la paix au Moyen-Orient et pour éliminer les groupes terroristes ≫, a-t-il ajouté.

金子勝 @masaru_kaneko
「イスラム国」が後藤健二さんを殺害する動画が公開された。このような残虐な行為は許されない。だが、安倍首相はかつてのブッシュ大統領みたにに「テロとの戦いために国際社会と連携」を連呼。安倍政権は本当に人命最優先だったのか冷静な検証すべき。 http://goo.gl/NHqanI
金子勝 @masaru_kaneko
昨年9月に空爆によるイスラム国殲滅をと発言し、昨年11月に後藤さんが誘拐され身代金を要求されていることを知りながら、安倍首相は中東を歴訪し、2億円の援助を、イスラム国を封じ込めるための援助と言い、安倍首相は身代金も人質交換も認めない米国との協力を強調してきた。これで人命最優先?
福島みずほ @mizuhofukushima
後藤健二さんのお母さんの記者会見を見ました。本当に心が痛いです。
ソウル・フラワー・ユニオン @soulflowerunion
マスコミは後藤さんの家族を取材するな。
ソウル・フラワー・ユニオン @soulflowerunion

人質殺害事件に寄せて(酒井啓子 2/1) http://www.newsweekjapan.jp/column/sakai/2015/02/post-904.php … 「後藤さんが命を懸けて伝えたかったことが、『イスラーム国を含めたさまざまな暴力の被害者である現地のイスラーム教徒の苦しみ』だったとすれば、その遺志を正確に伝えることこそがメディアの使命」
ソウル・フラワー・ユニオン @soulflowerunion
米国の中東政策と一体となることは、日本の利益にはならない(宮田律 2/1) http://www.huffingtonpost.jp/osamu-miyata/kenji-goto_b_6587388.html … 「日本政府や日本人には、『イスラム国』が支持される背景となっているイラク人たちの深い悲しみや彼らの生活上の困難に思いを寄せることが重要だ」

明日へ−支えあおう−「きっと、道はできる〜福島・南相馬 コメ農家の挑戦〜」
原発20キロ圏の内と外にまたがる南相馬市太田地区。ここでは農家自らが放射性物質の移行を究明しようと田の水や土を細かく調べ、農業の火を消さないよう努力を続けている。去年2月にはウクライナを訪問、チェルノブイリ原発事故で被災した農家と出会い、農業再生のヒントを見つけて、再生への道を進むための励ましを受ける。30年後の「ふるさと」を見据えた農家の取り組みを長期取材したドキュメンタリー。
畠山智之,西田敏行

NNNドキュメント'15 百歳のジャーナリストむのたけじ反戦を叫ぶ
むのたけじさんは2015年1月2日で100歳。「次世代に“戦争反対"をしっかり伝えるまで死ぬことが出来ない」という100歳ジャーナリストの魂の叫びに耳を傾ける。
玉川砂記子  秋田放送

テレメンタリー2015「6年3組 それから 阪神淡路大震災20年」
阪神淡路大震災でクラスメートを失った兵庫県西宮市樋ノ口小学校「6年3組」の仲間たち。
悲しみや怒り、そして命の大切さを学級通信に綴った。
震災から20年が経ち、30歳を超え大人になった仲間たちは、20年目のその日、学び舎で再会した。
同級生同士で結婚した宍戸優治さんとかおりさん。優治さんは小学校の教師として、かおりさんは1児の母として、「命の大切さ」「人と人の結びつきの大切さ」を、次の世代に伝えているが、気持ちに変化が現れた。また担任だった松田満さん、娘を失った上出順子さんも・・・。
朝日放送


朗読劇 the Message from Gaza −ガザ、希望のメッセージ
朗読劇「ガザ 希望のメッセージ」は、4つの異なるテクストから構成されています。いずれもガザから外の世界にいる者に向けて発信されたメッセージです。ひとつは2008年から2009年にかけてのガザ攻撃をリアルタイムで証言したサイード・アブデルワーヘド教授の『ガザ通信』。2つめはパレスチナ人作家、ガッサーン・カナファーニーが1956年に発表した短編小説「ガザからの手紙」。3つめはパレスチナ人の人権擁護活動のためガザに赴いたアメリカ人女子大生レイチェル・コリーさんが、ガザからアメリカにいる家族や友人に宛てて送ったメール。そして、4つめが、2008年から2009年の攻撃の際、ガザで活動していた「インターナショナルズ」と呼ばれる外国人人権活動家のメッセージです。

これら複数のテクストをコラージュするというアイデアは、ガザをテーマに朗読劇をつくることを思いついた当初から、私の中にありました。単に、時代が変わってもガザでは同じことが繰り返されている、ということを訴えるためだけではありません。それなら新聞記事でもできることであり、肉声の力も必要なければ、芝居にする必要もありません。異なる時代、異なる書き手によって書かれながら、しかし、これらのテクストには時代を超え、書き手の違いを超え、ある共通の思い、共通のメッセージがこだまのように反響している、そのメッセージを私たちが聞き取ることこそが大切であり、必要だと思ったからです。そして、文学だからこそ、肉声だからこそ、それを伝えうるのではないかと思いました。

初演は2009年7月。「ガザ 希望のメッセージ」と題し、AALA(アジア・アフリカ・ラテンアメリカ)連帯京都美術委員会主催の第35回頴展「アウシュヴィッツ、ヒロシマ、ガザ」で、京都大学総合人間学部の「思想としてのパレスチナ・ゼミ」に参加する学生4人が演じました。

同年9月、つばめクラブのプロデュースにより京滋市民有志によって再演されます。このとき、初演時にはなかった「インターナショナルズの証言」と「レイチェル・コリーさんの最後のメール」を新たに書き加え、タイトルも「The Message from Gaza〜ガザ 希望のメッセージ〜」となりました。この公演を神戸の劇団「どろ」の演出家、合田幸平さんがご覧になり、同年12月、「どろ」によって神戸でも上演されます。

翌年、「中東カフェ」からお声がかかり、2010年3月、広島で再演。さらに翌2011年5月、京都大学で開催された中東学会年次大会を舞台に1年ぶりに演じることになりました。この間、東北の震災があり、福島の原発震災が起きました。圧倒的な破壊と日々、更新される死者の数…、土地に深く根ざしてきた者がそこから引きはがされる痛み…。逃げようと思えば逃げられたのに、そこにとどまった者たち…。そして、選択肢すらない中で、しかし、自らの運命を引き受けて行く者たち…。被災地とガザが、福島と63年前のパレスチナが重なります。その痛みにどこまで肉薄できるのか、私たちの想像力が根本から問われているのだということをこのとき突き付けられました。


The Message from Gaza
いくたび破壊と殺戮に見舞われようと それでも わたしたちは立ちあがる
いまだ訪れぬ 美しい明日を信じて・・・
今夏、またもや繰り返された破壊と殺戮  ガザのために・・・鎮魂の祈りを込めて
国境なき朗読者たちが いま贈る 魂の朗読


残念ながらイスラム国に捕らわれの身となっていた後藤健二さんが殺害されてしまいました.ご家族の悲しみを思うとやり切れないです.残念です.本当に残念です.
アベは「テロに屈しない」といいます.そうではなくてテロが起きないように行動すると言ってくれたらいいのに.それにアベには人命尊重の気持ちが本当にあったのかどうか?です.
朗読劇「ガザ・希望のメッセージ」を見ました.空爆の恐ろしさが伝わってくるようです.
あいさつで岡さんは「香田証生さんのことも忘れないで」と言っていました.そうですね.自己責任とか言われてましたが,そんなのダメです.国の責任放棄でしかありません.やさしいクリスチャンだったそうです.

河北新報
慰霊花壇、無念の移設 七十七銀女川支店跡地
 東日本大震災で行員ら12人が死亡・行方不明になった宮城県女川町の七十七銀行女川支店の犠牲者家族が31日、支店跡地に設けていた慰霊の花壇を近くの高台にある町の献花台脇に移した。町の復興事業で支店跡地がかさ上げされるため。家族たちは毎週のように花壇脇に立ち、女川町を訪れた人に企業防災の必要性などを訴えてきた。無念さをにじませながらも、「今後も震災の悲劇を伝え続ける」と誓った。
 作業したのは、元行員田村健太さん=当時(25)=の両親ら4家族と健太さんの同級生ら計12人。花壇に手を合わせ、花を植えたプランター、支店の被災状況や家族の思いを伝える看板などを、80メートル離れた町地域医療センター管理用通路内の献花台脇に運んだ。
 2012年6月に設けた花壇の基礎には、同年5月に解体された支店ビルの壁や床などの破片を敷いていた。家族らは破片も一つずつ拾い集め、新しい花壇に運んだ。
 支店跡地近くには津波で横倒しになった江島共済会館があったが、先日撤去された。周辺では造成工事が進み、震災の爪痕はなくなりつつある。
 花壇のあった場所に立ち、健太さんの母弘美さん(52)は「女川を訪れた人に震災の恐ろしさを伝える場であり、犠牲者を慰霊し家族が集まる場だった。何もなくなっても、多くの人が犠牲になったことを忘れてほしくない」と目を潤ませた。
 父孝行さん(54)は「場所が移るのは残念だが、これからも全国の人に企業防災の在り方や家族の悲しみを伝えていきたい」と決意を語った。
 元行員丹野美智子さん=当時(54)=の妹礼子さん(57)も「花壇は行方の分からない人が帰ってくる場所。今後もここに通って待ち続ける」と、新しい花壇を見つめた。


河北新報
<災害公営住宅>気仙沼初、74世帯入居開始
 東日本大震災で大きな被害を受けた気仙沼市に被災者向けの災害公営住宅が初めて完成し、31日に同市南郷の現地で入居式があった。入居者には鍵が引き渡され、ようやく始まる新生活に期待感を膨らませた。
 完成したのは集合住宅タイプの「市営南郷住宅」2、3号棟(計75戸)。ともに鉄筋コンクリート6階で、55、65、80平方メートルの3種の部屋に計74世帯が入居する。コミュニティーセンターや高齢者相談室も併設される。
 式では菅原茂市長が「これまで大変な苦労を掛けた。ゆったりした部屋で新生活を過ごしてほしい」とあいさつ。入居者を代表して佐藤常平さん(75)と淑枝さん(72)の夫婦に鍵を手渡した。
 2人は南郷住宅に近い内の脇地区の自宅が全壊し、面瀬中仮設住宅で暮らしてきた。佐藤さんは「入居できる喜びをかみしめている。入居者が力を合わせ、明るく過ごせるような団地にしたい」と話した。
 早速、市内の仮設住宅から引っ越した村上千賀子さん(76)は「1人暮らしなので、お茶飲み友達をたくさんつくりたい」と笑顔を見せた。
 気仙沼市は2017年5月までに28地区に2155戸の災害公営住宅を建設する計画。作業員確保や資材調達が難航し、一部の完成時期に遅れが出ている。南郷住宅は3月に10階建ての1号棟(90戸)も完成する予定だ。


河北新報
「がん哲学外来」石巻赤十字病院始める
 石巻市の石巻赤十字病院が、がん患者と家族の心に寄り添う「がん哲学外来」を始めた。主治医以外の医師が個別に応対する面談と、くつろいだ雰囲気で医療従事者と情報交換する「メディカルカフェ」の二つの手法で対応。通常の診療とは異なるスタイルで病気に関する不安の軽減を図る。

 初めての哲学外来は1月21日に設けられ、面談には患者の家族が訪れた。金田巌院長が約50分間、悩みに耳を傾け、哲学者の言葉を引用し前向きな気持ちになれるようにアドバイスした。
 一方、健診センターであったカフェは60〜70代の患者ら6人が参加。看護師や薬剤師ら7人とテーブルを囲み、コーヒーを飲みながら約2時間談笑し合った。
 女性患者(66)は「和やかで話しやすかった。薬について薬剤師から教えてもらい、少し不安がなくなった。次も参加したい」と話した。
 精神的な苦痛を緩和する哲学外来は、順天堂大医学部の樋野興夫教授が2008年に始めた。現在は全国で40カ所以上に広がる。石巻赤十字病院は昨年9月に樋野教授が講演したことがきっかけで、導入を決めた。
 厚生労働省の人口動態統計などによると、日本人の2人に1人はがんにかかり、3人に1人が死亡している。一方で治療の進歩に伴い患者の5年間生存率は上がり、ケアの重要性が増している。
 金田院長は「哲学外来は従来の医療だけで解決できない分野に手を差し伸べられる」と意義を強調する。今後は月1回ペースで開設を予定している。


沖縄タイムス
[辺野古 高まる危険]工事中止の声広げよう
 「選挙結果は真摯(しんし)に受け止めたい」。安倍晋三首相は30日の衆院予算委員会で、赤嶺政賢議員の質問に、そう答えた。「沖縄に寄り添う」という言葉も、これまで繰り返し使ってきた。だが、名護市辺野古で起きていることは、安倍首相の美辞麗句とは正反対の、深刻な事態である。

 翁長雄志知事には会おうとせず、沖縄振興予算も削り、安慶田光男副知事が作業中断を沖縄防衛局に要請した翌日に大型作業船を調査海域に投入し、名護市議会が海上作業の中止を求める意見書を可決したにもかかわらず、工事を強行する。

 政府の姿勢は、名護市長選、県知事選、衆院選で示された沖縄の民意を完全に無視しており、あまりにも異常だ。

 海上保安庁は2004年の調査では強制排除に慎重だった。今回から官邸の意向をくんで強硬路線に転じた結果、現場の海上では反対派市民にけが人が続出している。

 映画監督の影山あさ子さんが抗議船に乗り込んだ海保職員に馬乗りにされ、手首をけがした問題は30日、国会でも取り上げられた。

 28日には、海上で海保職員に取り押さえられ、左肋骨(ろっこつ)骨折など約3週間のけがを負ったとして、29歳の男性が海保職員を那覇地検に告訴した。

 工事が進めば進むほど、地元住民や支援者の反発が強まり、衝突の危険性は増す。もしものことが起きたとき、一体、誰が責任をとるというのか。

 日に日に切迫する辺野古の現実を全国の人たちが知ってほしい。

    ■    ■

 中谷元防衛相は30日の衆院予算委で、ブイやフロート(浮具)を固定するために海底に投下したアンカー248個のうち120個が、昨秋の台風の影響で流され、なくなっていることを認めた。

 海草藻場には、アンカーが動いたために削られたとみられる痕跡が36カ所も見つかっている。アンカーによって損傷したとみられる大型サンゴも1群体、確認された。工事による現状破壊が早くも始まっているのである。

 辺野古・大浦湾は、生物多様性の豊かな海域である。今も新種や日本初記録の生物種が次々に見つかっている。国の天然記念物で絶滅危惧種のジュゴンも、周辺海域がすみかだ。

 日本の宝ともいえる生物多様性豊かなこの海域を埋め立てるのは「取り返しのつかない愚行」だと、日本生態学会の加藤真・京都大大学院教授は指摘する(14年7月27日、朝日新聞ネット版)。

    ■    ■

 環境アセスメント学会の島津康男元会長は、辺野古アセスを「史上最悪の独善アセス」と酷評した。

 日本生態学会など国内の19の自然研究団体が連名で、移設計画の見直し、環境アセスの再実施などを国や県に要請したのは昨年11月のことである。

 これだけの専門家団体が埋め立てによるサンゴ生態系の破壊に危惧の念を抱いているのである。その事実を政府は軽視すべきではない。

 今こそ工事中止の声を全国に広げていくときである。


朝日新聞
ピケティ氏、東大で熱弁 格差の世襲化に危機感
 低成長下の社会で不平等が広がることに警鐘を鳴らし、世界的な論争を巻き起こしている「21世紀の資本」の著者、トマ・ピケティ・パリ経済学校教授(43)が31日、来日を機に東京都文京区の東京大学で講義した。学生や教員ら約500人が参加し、活発な議論になった。

 ピケティ氏は、資産家が得る運用益は、経済成長に伴って一般の人にもたらされる所得より大きく伸びると主張。低成長下の先進国では、放置すれば「持てる者」と「持たざる者」との格差が広がる、と訴えて注目された。

 講義では、人口減少が進む日本や欧州では特に、相続する資産がものを言う「世襲社会」が復活していると指摘した。学生から望ましい税制について問われると、資産家であればあるほど高率の税を課す「累進課税」によって「若い人が資産を蓄えやすくなる一方、最上位の富裕層に富が集中しすぎないようにすることができる」と主張。比較的資産の少ない若い世代を優遇する税制にすべきだとの考えを示した。

 ピケティ氏は教育格差の拡大にも懸念を示しており、「21世紀の資本」では、米名門ハーバード大の学生の親の平均収入が米国のトップ2%に属するとのデータに言及している。「豊かな家庭に生まれ、将来も裕福になりやすいとされる名門大学の学生へのメッセージは」との質問が出ると、「親は選べないので(豊かでも)恥じることはない」と述べ、笑いを誘った。「よりよい世界をつくるため最善を尽くしてほしい」と語った。

 ピケティ氏は講義に先立つ日本記者クラブでの会見でも、若者への優遇に言及。「日本が財政再建をするための道筋は、若い人を利するような税制を考えなければいけない」とした。そのうえで消費増税については「あらゆる人にかかる消費税を引き上げることが、どうして日本の成長にとって良いことなのか。納得できない」と述べ、反対姿勢を示した。

 また、大企業やお金持ちが潤い、じわじわと中小企業や低所得者に及ぶとする「トリクルダウン」の主張に対し、ピケティ氏は「過去を見回してもそうならなかったし、未来でもうまくいく保証はない」と否定。不平等が政治に与える影響については、「米国の選挙を見ると分かるが、経済的な不平等は政治的な発言力の格差にもつながる。民主主義が脅威にさらされる」と語った。(青山直篤、鯨岡仁)


毎日新聞
「後藤さん殺害」:「無念だろうな」池上さんら涙こらえ
 イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)とみられるグループが日本時間2月1日朝、拘束していた仙台市出身のフリージャーナリスト、後藤健二さん(47)を殺害したとする新たな映像をインターネット上で公開した。「言葉が出ないですね……」。後藤さんと親交があるジャーナリストの池上彰さん(64)は1日午前、電話取材にそう言ったきり、しばらく黙り込んだ。「深い悲しみと怒り。あと、無力感ですね。後藤さん、無念だろうな」。働き盛りで幼い子の父である後藤さんを思い、涙をこらえるように語った。

 池上さんが「お父さん」役を務めたNHKの「週刊こどもニュース」のため、後藤さんはイラク戦争で苦しむ現地の子供たちをリポートした。以来10年以上の付き合いになる。2013年にはヨルダンのシリア難民キャンプを一緒に取材した。「彼は弱い者の味方であろうとしていた。誰かが伝えなければ、という使命感から(シリアに)行ったのだと思う。それだけに悔しいだろうな」と話した。

 04年にイラクで取材中に武装集団に拘束された経験があるフリージャーナリストの安田純平さん(40)は「状況が自分とあまりにも違うので、後藤さんの拘束されていた時の心情は簡単には察せない」としながらも、「ジャーナリストとしてまだ伝えたいことがあったはず。生きて帰ってきたら、体験を必ず伝えてくれただろう。とても残念」と話した。

 国際支援団体職員で、イラクなどで勤務経験がある中井裕真さん(49)は「亡くなったなんて信じたくない」と肩を落とした。約10年前から紛争地の情報を交換するなど、仕事を通して親交があった。「いつもの笑顔でまた会いたいと願っていたのに」と無念さをにじませた。

 1996年にヨルダンのアンマンで取材を共にしたフォトジャーナリストの豊田直巳さん(58)は、取材中の後藤さんの姿が忘れられない。「警戒を解きほぐすような笑顔で、子供のような敏感な相手に接していた」。解放された場合に備え、現地に医師や弁護士を派遣する準備を進めていたが、かなわなかった。「イスラム国と日本政府、両者に裏切られた思い」。中東訪問中にIS対策として2億ドルの支援を表明した安倍晋三首相の事件への対応について「本当に交渉しようとしていたのか」と疑問を呈した。

 ISの事情に詳しいフリージャーナリストの常岡浩介さん(45)は「何とか救えなかったのか、頭の中でグルグル回っている状態」と話した。「水面下でどんな交渉をしているのか分からない中、いい見通しがあるのではと期待して見守るしかなかったが、結果として交渉は不適切だった気がする」

 後藤さんの講演会を主催するなどしていた仙台市の国際支援団体職員、五十嵐栄子さん(61)はコメントを発表し、「テレビで最悪の結果になったことを知った。大変混乱しており、気持ちの整理がつかない。きっと無事に解放されるものと信じきっていた」と心境を明かした。後藤さんの人柄を「優しく、いつも明るくすてきな笑顔で接してくれた」と振り返り、「あの元気な後藤さんにもう会えないと思うと、とても悲しいです」と胸の内を吐露した。

 障害児の支援を通して約3年前から交流があった弁護士の杉浦ひとみさんは、「死亡はうそであってほしいと祈っているが、本当なら大変残念だ。後藤さんは、子供は絶対守られるべきだとして行動してきた。生命を懸けたのは、テロや憎しみを拡大させず、戦火の子供が普通に暮らせる状況を作ることだった。政府は今後、テロや巻き添えを増やさない対応へ知恵を絞るべきだ」と話した。【太田誠一、高橋慶浩、山田奈緒、近藤綾加】

フランス語
フランス語の勉強?
Le petit prince
On ne voit bien qu'avec le coeur. L'essentiel est invisible pour les yeux. (Le petit prince)
acces
  • 累計:

archives
commentaire
retrolien
谷口将隆 (あやのつぶやき)
大麻で逮捕
  • ライブドアブログ