フランス語の勉強?

avril 2015

ベトナム戦争終結から30年/ネパール料理

ブログネタ
フランス語 に参加中!
Ikinuku_MBS_2015

"Repentir" de Shinzo Abe à Washington sur la Guerre de 39-45
par Matt Spetalnick et Chizu Nomiyama
WASHINGTON (Reuters) - Le Premier ministre japonais a exprimé son "profond repentir" au sujet du rôle du Japon pendant la Seconde Guerre mondiale, tout en affirmant la place qu'entend occuper Tokyo comme acteur de la sécurité internationale face à la montée en puissance de la Chine.
Shinzo Abe, qui s'exprimait mercredi devant le Congrès des Etats-Unis, a estimé que le Japon ne devait pas occulter les souffrances infligées par son pays pendant la guerre de 1939-45, mais il n'a pas pour autant présenté ses propres excuses, reprenant plutôt les déclarations de ses prédécesseurs, ce qui n'a apaisé ni la Chine ni la Corée du Sud, qui l'accusent de trahir les faits historiques.
"Nos actes ont fait souffrir les populations des pays asiatiques", a-t-il déclaré. "Nous ne devons pas en détourner nos regards."
Chaleureusement reçu par les membres du Congrès, en tant que dirigeant du principal allié des Etats-Unis en Asie, Shinzo Abe a profité de l'occasion pour adresser un message de fermeté à la Chine qui est en plein différend avec le Japon et d'autres pays d'Asie sur des questions maritimes.
"Nous brandissons un nouveau slogan, la 'contribution proactive à la paix sur la base du principe de coopération internationale'", a dit le Premier ministre, qui, la veille, avait exposé aux côtés de Barack Obama la nouvelle doctrine de l'armée japonaise consistant à pouvoir soutenir les forces américaines en dehors des frontières nipponnes.
Shinzo Abe a émis l'idée de modifier la Constitution pacifique adoptée par le Japon après la guerre afin de faciliter une telle évolution.
S'il n'a pas mentionné nommément la Chine dans son discours, Shinzo Abe a parlé de "l'état des zones maritimes asiatiques", déclarant que les pays ne devaient pas "recourir à la force ou à la coercition pour faire valoir leurs revendications".
Le discours du chef du gouvernement japonais a marqué symboliquement la réconciliation entre les deux ennemis de la Seconde Guerre mondiale, qui sont désormais de grands alliés. Shinzo Abe s'est exprimé lentement, en anglais, et a été fréquemment interrompu par des applaudissements et des ovations debout.
ANCIEN D'IWO JIMA
Et il s'est exprimé à l'endroit où le président Franklin Roosevelt avait sollicité une déclaration de guerre contre le Japon impérial après le bombardement de Pearl Harbor à Hawaii en 1941. Son discours coïncidait également avec la journée fériée au Japon qui commémore l'anniversaire de naissance de l'empereur Hirohito, au pouvoir pendant la guerre.
Les déclarations de Shinzo Abe sur le rôle du Japon dans la guerre du Pacifique lui ont valu des critiques de certains élus américains qui espéraient le voir aller plus loin, tout comme Séoul et Pékin.
"La Chine continue à exhorter le gouvernement et les dirigeants japonais à adopter une attitude responsable à l'égard de l'histoire", a souligné jeudi le porte-parole du ministère chinois des Affaires étrangères.
Son homologue sud-coréen a jugé "très regrettable" que Shinzo Abe n'est pas présenté "de véritables excuses".
Au Japon, les alliés politiques du Premier ministre jugent inutiles de présenter de nouvelles excuses.
De fait, Shinzo Abe a bien eu une nouvelle figure de rhétorique lorsqu'il a évoqué sa visite au monument aux morts de la Seconde Guerre mondiale à Washington, disant à ce propos : "Avec un profond sentiment de repentir au coeur, j'ai prié silencieusement".
Pour le reste, il s'en est tenu aux expressions déjà utilisées, parlant de ses "profonds remords" pour la conduite du Japon durant la guerre et disant qu'il maintenait les excuses déjà présentées par Tokyo, notamment la déclaration historique faite en 1995 par le Premier ministre d'alors, Tomiichi Murayama.
Shinzo Abe n'a pas fait allusion aux "femmes de réconfort" - euphémisme japonais pour les milliers de Coréennes et autres Asiatiques contraintes à la prostitution dans des bordels de l'armée japonaise durant la guerre du Pacifique. Cependant, il a tenu à dire que "les conflits armés ont toujours fait souffrir davantage les femmes".
Une ancienne "femme de réconfort", la Sud-Coréenne Yong Soo Lee, 86 ans, était justement présente au Congrès pendant le discours de Shinzo Abe, à l'invitation d'un élu démocrate de Californie, Mike Honda.
Ce dernier a jugé "choquant et honteux" que Shinzo Abe n'ait pas présenté d'excuses dans son discours. Le représentant Adam Schiff, autre démocrate de Californie, a estimé que le Premier ministre japonais avait "manqué une occasion importante" de s'exprimer plus franchement sur les "atrocités" commises par l'armée impériale japonaise durant la dernière guerre.
Shinzo Abe a cependant fait vibrer le Congrès en attirant l'attention sur la présence de Lawrence Snowden, qui dirigeait une compagnie américaine à la bataille d'Iwo Jima, et de Yoshitaka Shindo, dont le grand-père commandait la garnison japonaise de l'île. Les deux hommes se sont levés alors et se sont serré la main.
(Matt Spetalnik et Nathan Layne, Danielle Rouquié et Jean-Philippe Lefief pour le service français)
Une ancienne ≪femme de réconfort≫ invitée au discours du Premier ministre japonais
HISTOIRE
Shinzo Abe doit s'exprimer devant le Congrès américain. Il signe une étape supplémentaire dans la reconnaissance par le Japon du sort réservé à ces Coréennes prostituées de force durant la Seconde Guerre mondiale.
Symbole fort : une ancienne esclave sexuelle coréenne a été invitée par un élu républicain à assister au discours du Premier ministre nippon Shinzo Abe devant le Congrès américain mercredi. Lee Yong-soo fait partie des 200 000 femmes livrées à la prostitution pour les soldats de l’armée impériale japonaise durant la Seconde Guerre mondiale.
Mardi lors d’une conférence de presse avec Barack Obama à la Maison Blanche, Shinzo Abe s’était dit ≪profondément peiné≫ par le sort de ces femmes ≪qui ont subi des souffrances incommensurables en tant que victimes du trafic d’êtres humains≫. Et de rappeler que ≪le Japon a déjà pris différentes initiatives pour apporter une aide réaliste aux "femmes de réconfort"≫ et qu’il a ≪promis à l’Assemblée générale de l’ONU l’an dernier que le Japon prendrait la tête du combat de la communauté internationale pour éliminer la violence sexuelle dans les conflits≫. Le Japon a consacré à cette cause, y compris à l’ONU, environ 12 millions de dollars en 2014 et devrait en dépenser 22 millions en 2015, selon le Premier ministre japonais.
L’esclavage sexuel avait été autorisé par l’état-major nippon afin d’apaiser, sur le front, les frustrations de ses soldats, privés de permissions et de congés. Des dizaines de milliers de femmes (200 000 selon les historiens, majoritairement des Coréennes) furent raflées, vendues (souvent avec l’aide de collabos locaux), avant d’être victimes d’abus et sévices dans les bordels de campagne de l’armée impériale.
Evanouies d’épuisement
En décembre 2000, plusieurs associations de ≪femmes de réconfort≫ avaient mis sur pied un tribunal symbolique, afin de juger les crimes sexuels de l’armée impériale japonaise. Le Dr Ken Yuasa, alors agé de 84 ans, témoignait : ≪Je revois encore l’affiche. Chaque bordel arborait, à l’entrée, les instructions du haut commandement : "Interdiction aux soldats de rester plus d’une demi-heure avec une fille, obligation de dénoncer les récalcitrantes"…≫ Le médecin auscultait les filles. ≪Les plus robustes étaient envoyées au front, dans des bordels itinérants. Trente soldats étaient parfois mobilisés pour en escorter trois ou quatre jusqu’à une baraque sordide, proche des combats. Elles étaient le carburant indispensable à la bataille. Dès qu’une fille faiblissait ou tombait enceinte, nous avions l’ordre de l'"évacuer". J’ai vite compris que beaucoup étaient exécutées≫. Le médecin racontait aussi les Coréennes évanouies d’épuisement, ou celle qu’il a vue morte après avoir subi les assauts de 40 soldats.
≪Je venais d’avoir 16 ans, racontait en 2007 une survivante de ce système, Chool Kang-il. J’ai été capturée par des soldats japonais dans la cour de mon école, en 1943, à Shenyang, en Chine. J’ai été aussitôt violée, puis déportée dans la préfecture de Jilin, à la frontière sino-coréenne. Là, dans des baraquements, de nombreux soldats ont abusé de moi. Ensuite, on m’a de nouveau déportée, près de Harbin, où les abus et les viols sont devenus quotidiens. Durant deux ans. Deux années de cauchemar.≫ Elle a tenté de se reconstruire, d’oublier. S’est mariée et a eu deux enfants. ≪Mais la souffrance ne me quittait pas. Et la honte m’empêchait de raconter ce que j’avais vécu≫, poursuivait-elle.
Après une longue amnésie, et le refus de reconnaître l’enrôlement ≪forcé≫ des victimes, le Japon a fini par faire amende honorable, à plusieurs reprises. En 1993, Tokyo avait ainsi exprimé ses ≪sincères excuses et regrets≫ à l’égard des victimes, en reconnaissant que son armée avait été ≪directement impliquée≫. Dans ce dossier, le Japon a en outre été condamné en 1999 par le Tribunal international sur les crimes de guerre contre les femmes, organisé à Tokyo sous l’égide de l’ONU et de la Cour de justice internationale de La Haye. Ses juges avaient alors désigné¬ par défaut un ≪coupable≫ : l’empereur Hiro-Hito (1901-1989), chef des armées au moment des faits.
La plupart des poursuites intentées par les victimes ont été déboutées par les tribunaux.
フランス語
フランス語の勉強?

小西ひろゆき (小西洋之)@konishihiroyuki
米国連邦議会での安倍総理の演説をNHKで中継中。
しかし、ひどい棒読みだな。単語を読み上げているだけ。日本の高校生よりひどい。
せめてちゃんと練習ぐらいして行けと。


朝ネットラジオで「思えば遠くへきたもんだ」を聞きました.好きな曲の一つです.
ベトナム戦争終結から30年です.でも何も・・・
ネパール大地震の支援にでもなれば・・・と思ってネパール料理のお店に行きました.
夕方観光ガイドブックの必要部分をコピーしました.

「おのくん」製作の仮設解体 移転先確保ピンチ
 東日本大震災で被災した東松島市の女性らが、小野駅前仮設住宅の集会所で作ってきた手芸人形「おのくん」の製作場所の確保に苦しんでいる。仮設住宅の解体が始まり、新たな製作・交流拠点の建設を目指すが、資金が不足しており、協力を呼び掛けている。
 新しい作業場は、仮設住宅から約500メートル離れたJR仙石線の陸前小野駅前につくる計画。焼きのりなど地元の特産品も販売する。住民や観光客らが交流する棟も建設する予定。
 建設費は2棟で4000万円を見込む。インターネットサイトなどで資金を募るが、これまで集まったのは約380万円。仙石線が全線復旧する5月30日までの完成を目指したがかなわず、当面はテントを設営して作業するという。
 企画広報担当の新城隼さん(44)は「女性たちは仮設住宅を出て初めて自立のスタートラインに立てる。多くの人に支援をお願いしたい」と語る。
 おのくんはサルをかたどった色鮮やかなキャラクター。2012年4月、靴下を材料に作り始めた。1体1000円でマスコミ報道などで広く人気となった。
 18日には、おのくん誕生3周年のイベントが市小野市民センターであり、即売会では用意した200体が約2時間で完売した。
 2体購入した大阪府八尾市の公務員尾谷由貴さん(32)は「10体持っている。一つ一つ表情が異なることや製作者と知り合えることが魅力」と話した。
 連絡先は仮設住宅集会所0225(98)8821。


地域の慰霊碑完成 南三陸・歌津の高台
 東日本大震災で甚大な被害を受けた南三陸町歌津地区に29日、慰霊碑が完成した。津波で被災した市街地を望む高台に立ち、犠牲になった歌津地区の住民119人の名前を刻んだ。鎮魂の場は、災害時の一時避難場所にも活用される。
 慰霊碑が立ったのは、JR気仙沼線歌津駅跡近くの高台に整備された「鎮魂の森」。碑は黒御影石で高さ1.5メートル、幅2.5メートル。大切な人と浄土での再会を願う「〓会一処(くえいっしょ)」の文字とともに、震災の被害状況や震災前の街並みの様子が記された。
 同日の式典に参列した約150人は、碑に刻まれた家族の名前を大切そうに指でなぞり、献花した。次男の及川啓太さん=当時(20)=を亡くした正男さん(58)は「地域のみんなと一緒に慰霊してもらい、天国でも孤独ではないんだと感じられた」と語った。
 碑の建立は、「みんなで手を合わせる場所がほしい」という住民の要望を受け、元歌津町長の牧野駿さん(76)が企画。私財を投じて所有の山林を造成し、避難場所にもなる約1ヘクタールの広場を整備した。設計は建築家の安藤忠雄氏が手掛け、周囲には桜やアジサイが植えられた。
 牧野さんは「次世代の子どもたちが震災を忘れないよう広場を頻繁に訪れてほしい」と話した。

(注)〓は、ニンベンにツクリが「具」の旧書体


鎮魂の鐘、太平洋に響け 山元・深山に完成
 宮城県山元町と角田市にまたがる深山(287メートル)の山頂に、東日本大震災の犠牲者を悼む「鎮魂の鐘」が完成し、29日に除幕式があった。設置に関わった歌手さとう宗幸さんら関係者約120人の手によって、鐘の音は太平洋を望む山頂から春風に乗り、被災地に響き渡った。
 鐘は口径40センチ、重さ65キロ。自然石を積み上げた約30平方メートルのテラスの塔に取り付けた。塔の高さは震災発生日に合わせて3.11メートルにした。地元のNPO法人「山元・あしたの響き」が2012年から全国に寄付を呼び掛け、建設費1650万円の約9割を集めた。
 趣旨に賛同した参列者が次々に鐘のひもを引き、鎮魂の音色を奏でた。町内で夫を亡くし、名取市で暮らす星美知子さん(76)は「鐘を鳴らして悲しみがこみ上げた。今後も訪れたい」としんみり語った。
 町では津波で636人が亡くなった。鐘はNPO法人理事長で、深山の登山歴が長い長岡久馬さん(76)が発案した。準備に奔走した3年間が頭をよぎり「感動で胸がいっぱい。犠牲者の冥福を祈り、震災の記憶を継承する場にしたい」と涙ぐんだ。
 法人は現在も建設費の寄付を募っている。連絡先は事務局0223(37)3364。


震災の遺体取り違え警察が謝罪
東日本大震災のあと見つかり、宮城県警察本部が、身元を特定した遺体が別人だったことがわかり、警察は遺族に謝罪した上で、改めて本人の遺骨を引き渡しました。
宮城県警察本部によりますと、東日本大震災の1週間後、石巻市で見つかった男性の遺体について、市内に住む67歳の男性と特定し、遺族に引き渡しました。
しかしことし2月、地元の住民から、県警がホームページで公開している身元不明の男性が67歳の男性ではないかという指摘があったということです。
このため、警察がDNA鑑定を行った結果、これまで石巻市の67歳の男性としていた遺体は、石巻市の81歳の男性だったことが分かりました。
そして、ホームページで公開していた身元不明の男性の遺体が、67歳の男性と分かりました。
当初、警察は身元を特定するにあたって、親族に顔や体の特徴などを確認してもらったということですが、震災の直後だったため、DNA鑑定や歯型の確認はしなかったということです。
警察は、それぞれの遺族に謝罪した上で今月27日までに、遺骨を引き渡したということです。
震災で亡くなった人の遺体を取り違えたケースは宮城県内でこれまでに4件判明しています。
宮城県警察本部の田原一成刑事部長は、「震災直後の混乱した状況とはいえ、遺族にご迷惑をおかけしました。引き続き身元が分からない17人の確実な身元特定に努めたい」とコメントしました。


御嶽山噴火、心の傷深く 遺族ら9割「当時思い苦しく」
 犠牲者57人、行方不明者6人と戦後最大の火山災害となった昨年9月27日の御嶽山噴火で、信濃毎日新聞社は犠牲者の遺族・行方不明者の家族、当日の登山者らにアンケートを行い、28日、結果をまとめた。発生から半年余、遺族・行方不明者の家族の90%は、当時のことが頭に浮かび、苦しくなることが「ある」(「よくある」「時々ある」の合計)とした。遺族らを含めて登山中に噴火に遭った人の38%は「下山できた自分を責めることがある」とし、サバイバーズ・ギルト(生存者の罪悪感)を抱えている実態が浮かんだ。

 犠牲者の居住地が16都府県に及び、噴火当日の登山者を合わせると、全国各地に被災関係者がいる火山災害で、遺族や登山者らを対象にしたアンケートは初めて。連絡先が分かった人に調査用紙を3月から郵送するなどし、長野を含む18都道県の102人から回答を得た。内訳は遺族・行方不明者の家族(遺族ら)は52人、登山者・山小屋スタッフ(登山者ら)は50人。噴火時に登山していた人は遺族らを含め54人だった。

 噴火当時のことが頭に浮かび苦しくなることがあるかを聞くと、遺族らは「よくある」が54%、「時々ある」が36%。登山者らはそれぞれ8%、24%だった。

 「下山できた自分を責めることがある」を、犠牲者やけが人が多く出た山頂一帯にいた32人に限ると、「ある」が53%を占めた。噴石や熱風に襲われた登山者を目撃した人も多いとみられ、中腹などにいた20人の15%を大きく上回った。

 噴火災害について相談した相手(複数回答)は回答者全体で、「家族」(62%)、「友人・知人」(49%)が多く、登山者を中心に「登山仲間」(31%)も目立つ。「市町村や県」は5%、「精神保健センター・保健所」はゼロ。4%は「相談できる人・機関がない」とした。

 現在、自身に必要なこと(三つまで)は全体で「家族・親族、知人の支え」と「災害や救助・捜索の詳細な情報」が36%ずつ。「同じ立場の人との支え合い」が30%、「噴火が予知できなかったことの説明」が29%と続き、「専門的な精神ケア」は9%だった。

 一方、噴火前に火山性地震が増えたものの、気象庁が噴火警戒レベルを「1(平常)」に据え置いたことには、回答者全体の79%が「引き上げるべきだった」とした。遺族らに限ると98%に達した。

 回答者全体で、御嶽山が火山だと「知っていた」のは61%。知っていた人のうち、登山で噴火に注意すべきだと「思っていた」のは18%。行政による注意喚起は、75%が「できていない」とした。


ネパール地震:最大の被災地、孤立 がれきから食べ物
 ネパールの大地震で最大規模の被害を受けた中部シンドゥパルチョーク地区へ29日に入った。カトマンズに隣接する地区に点在する集落では、多数の家屋が倒壊し、道路は巨大な亀裂や崖崩れで危険な状態が続く。25日の地震発生から4日が過ぎても支援物資は届かず、救助活動もほとんど手つかずの状態だ。

 カトマンズから北東へ車で約2時間。崖沿いを進む道路には所々に直径2〜3メートルの岩が転がり、幅十数センチの亀裂が走る。シンドゥパルチョーク地区の中心都市チョータラでは道路沿いに建ち並ぶ民家や店舗がひしゃげ、住民らが手でがれきを取り除いていた。

 シンドゥパルチョーク地区は人口約29万人。地元メディアによると少なくとも1376人が死亡した。人口が100万人を超える首都カトマンズでの犠牲者より多い数だ。

 スクテ村で、バブタバハドゥル・カトルさん(35)がぼんやりと立ち尽くしていた。「家族3人がここで下敷きになった」。早口で当時の様子を話し始めた。

 亡くなったのは父親(65)と次女(12)、末娘(1)の3人。自宅1階で昼食中「『ドルーン』という爆弾のような音」とともに1分以上揺れが続き、住宅がつぶされた。外にいたカトルさんが慌てて戻ると、中から「助けて。水をちょうだい」という次女の叫び声が漏れてきた。住民らと約5時間かけてがれきの山を掘り続け、約15メートル下から3人が見つかった。次女だけはまだ息があり病院に搬送したが、約24時間後に死亡した。「いまは何も考えられない」。カトルさんはつぶやいた。

 近くの広場には避難した住民のテントが並ぶ。その一角で、死者を弔う儀式の準備が始まっていた。近くに住むエスダ・ラーマさん(23)は夫(25)と長男(3)を地震で亡くした。

 2人は地震発生の約10分前、昼食を取るために経営する化粧品店から先に自宅へ向かった。ラーマさんが1人で店番をしていると、突然大きな揺れに襲われ、広場まで走って逃げた。目の前にある自宅が土煙を上げて崩れていくのが見えた。家族の遺体は2日後に見つかり、近くの川で火葬された。ラーマさんは「一人になった。どうすればいいのか」と、涙をこぼした。

 道路網は回復したが、救助活動はほとんど始まっていないのが現状で、死者数はさらに増える見込みだ。支援物資はほとんど届いておらず、住民はがれきの中から食べ物や毛布を集め、広場などで身を寄せ合う。

 地区を流れる川沿いでは、火葬の煙が立ち上っていた。その様子を見守っていたラームクマール・スレシュタさん(31)が悲しそうに言った。「祖父だ。避難中に呼吸器の持病が悪化して昨晩亡くなった。薬もなく病院にも行けない。支援物資があったなら……」【チョータラ(ネパール中部シンドゥパルチョーク地区)金子淳】


[日米「辺野古」再確認]露骨な切り捨ての論理
 「『沖縄県知事はじめ県民が明確に反対している』とオバマ大統領に伝えてください」。翁長雄志知事は、日米首脳会談を控えた17日、安倍晋三首相と初めて会談し、そう要望した。

 選挙で示された沖縄の圧倒的な声は、オバマ大統領に届いたのだろうか。

 安倍首相は28日、ワシントンでオバマ米大統領と会談し、米軍普天間飛行場の辺野古移設を推進することで合意した。

 会談で首相は、翁長知事から「米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設には反対だと言われた」ことは伝えたようだが、「辺野古移設を唯一の解決策とする立場は揺るぎない」と、強い決意を示したという。

 民主主義という価値を米国と共有していることを強調する割には、選挙で示された民意を重く受け止める姿勢が少しも感じられない。

 翁長知事は29日、急きょ記者会見し、辺野古移設を再確認したことに「強い憤りを感じている」と両政府を批判した。多くの県民の声を代弁した発言だと受け止めたい。

 日米首脳会談が開かれた28日は、サンフランシスコ講和条約が発効し、沖縄が米施政下に置かれた63年前の「4・28」と同じ日付である。

 菅義偉官房長官は同じ日に、4月28日の政府主催の「主権回復の日」の式典を「今後、5年とか10年の節目で行っていきたい」と、言ってのけた。

 この政権は今や、沖縄切り捨てを何とも思わないほどに、おごりが高じてきたようだ。

    ■    ■

 沖縄戦は、本土決戦の時間をかせぐための、勝ち目のない「捨て石作戦」だった。保護されなければならないはずの戦闘能力のない老幼婦女子は逃げ場を失って戦闘に巻き込まれ、10代の若い女子生徒や男子生徒は学徒隊として動員され、多くの住民が犠牲になった。

 沖縄を占領した米軍は戦後、住民の土地を一方的に囲い込んで基地にした。

 沖縄の米軍基地は、敗戦の結果生じたものだ。復帰前、「キーストーン・オブ・ザ・パシフィック」(太平洋の要石)と形容されるほど巨大な米軍基地網が建設されたのは、日本の主権が及ばなかったからである。

 沖縄の人々にとって戦争の記憶は今も生々しい。新基地建設は、戦争や米施政下の記憶をよみがえらせ、古い傷口をうずかせる。反対運動に参加しているお年寄りは口癖のように「子や孫のために」と言う。なぜか。

    ■    ■

 その背景にあるのは歴史体験である。沖縄にとって辺野古の新基地建設問題は、保革を超えた人としての尊厳に関わる問題になりつつある。

 新基地が建設されれば、半永久的に使用されることになる。新基地とキャンプ・シュワブ、キャンプ・ハンセンが陸続きの基地となり、北部訓練場や伊江島補助飛行場との一体的な運用によって、利用価値は高まる。

 新基地建設とはつまるところ、住民よりも米軍の都合を優先した北部への基地の拠点集約化のことなのである。


砂上の日米同盟 人権と民主主義の無視だ 敵意に囲まれ持続は不可能
 日米同盟強化をうたえばうたうほど、よって立つ基盤のもろさが目立つ。まさに砂上の楼閣だ。
 安倍晋三首相がオバマ米大統領と会談し、「日米同盟は格段に強化されている」と述べた。米軍普天間飛行場の辺野古移設について、翁長雄志知事の反対は伝えたというが、「辺野古移設を唯一の解決策とする立場は揺るぎない」とも強調した。沖縄の民意など無視するという宣言に等しい。
 だが沖縄の反対こそ「揺るぎない」ものだ。民意を顧みぬ政府への憤りは臨界点に達しつつある。強い敵意に囲まれた基地が機能できるのか。両政府はその脆弱(ぜいじゃく)な基盤をこそ直視すべきだ。

言葉と逆の現実

 それにしても奇妙な光景だった。両首脳の交わす言葉の一つ一つが、見事なほど言葉とは裏腹の現実を照らし出していた。
 安倍首相は「自由、民主主義、人権、法の支配など基本的価値の上に立つ日米同盟」と口にした。
 だが辺野古をめぐる現実はどうか。つい先日まで漁師が自由に航行できた海は突然、法的根拠もあやしい「臨時制限区域」なるものが設けられ、民間人は閉め出された。キャンプ・シュワブのゲート前では昨日まで歩けた範囲に突然、線が引かれ、一歩でも足を入れた途端、後ろ手に拘束する。航行や歩行の「自由」はあっけなく奪われたのである。
 名護市長選でも知事選、衆院選でも辺野古移設の推進・容認派は全敗し、反対派は完勝した。にもかかわらず移設工事を強行しようとする政府は、「沖縄には民主主義を適用しない」のであろう。
 例えば他の地域で知事や市長が反対する中、原発建設を強行できるだろうか。他府県では到底できない行為を沖縄に対してだけなすのは、差別と呼ぶほかない。
 新基地を建設するか否か、沖縄には口出しできないとする態度は、沖縄の人々には自分の土地の将来を決める権利もないということである。これで「民主主義、人権など基本的価値の上に立つ」などと、よく言えたものだ。
 「法の支配」とは、処罰するか否か、統治者や権力者が恣意(しい)的に左右できない公平性を意味する。だが辺野古では前述のように「制限区域」なる勝手な線引きも政府の思うがままである。サンゴの破壊が明らかでも、環境保護を所管する県の立ち入り調査は認めないが、工事の船は自由に往来する。このどこが「法の支配」なのか。皮肉なものである。

「唯一」は日本だけ

 ただ、共同記者会見の内容は注意深く見た方がいい。日本政府は「辺野古移設推進で両首脳が合意した」と盛んに宣伝するが、オバマ氏は「辺野古」の単語を発しておらず、「在沖海兵隊のグアム移転を進める」と述べただけだ。米側が辺野古を最上と考えているかどうかは分からない。「唯一」と叫ぶのは日本側だけである。
 首脳会談でオバマ氏が尖閣を「日米安保条約5条の適用対象」と述べた点も誤った解釈が横行している。まるで尖閣のために米軍が中国と戦争するかのように言いなす人がいるが、幻想だ。
 第5条は両国がそれぞれ自国の憲法の手続きに従うとうたう。米国憲法は「戦争宣言」の権限は米議会にあると定める。開戦するか否か議会が決めるのだ。5条を適用するというのは「議会に諮る」という意味にすぎない。そして、東シナ海の無人の岩のために米国の若者が血を流していい、と議会が考えるはずはないのである。
 翁長知事が緊急会見し、首相が辺野古移設の意思を示したことに「遺憾だ」と述べたのは当然だ。辺野古という「固定観念」から一歩も出ようとしない政府の態度はまさに「政治の堕落」である。
 知事は訪米して米国世論に訴える考えも示した。賛成だ。日本政府の頑迷固陋(がんめいころう)は病的だが、知事の言う通り米国は「いろんな考えを吸収しながら意思決定をする」からだ。繰り返し訴えるほかない。


首相演説 韓国は批判、中国は評価避ける
 アメリカ議会での安倍首相の演説について、韓国政府は「誠意ある謝罪がなかったことは非常に遺憾だ」と批判している。

 韓国外務省の報道官は30日午後3時半から会見し、声明を発表した。安倍首相の演説が「周辺国との和解をもたらす転換点になり得たにもかかわらず、そのような認識も誠意ある謝罪もなかった。非常に遺憾だ」と批判している。

 そして、「日本は植民地支配や侵略、従軍慰安婦への人権蹂躙(じゅうりん)を直視し、正しい歴史認識を持って周辺国との和解と協力の道を歩むべきだ」と述べた。

 一方、東京の中国大使館の何報道官は「安倍首相の演説に注目していた」と述べたが、直接の評価は避け、「歴史問題について対外的にどのようなメッセージを発信するかは、日本が平和・発展の道を堅持していけるかの試金石になると思う」としている。

米欧メディア「全面謝罪に至らず」 安倍首相の議会演説
 【ワシントン=川合智之】米欧メディアは29日、安倍晋三首相の米議会上下両院合同会議での演説について相次いで報道した。安倍氏が先の大戦への「痛切な反省」を表明したことについて、AFP通信は「全面的な謝罪には至らなかった」と指摘した。米NBCニュースは「韓国と一部米議員は謝罪を求めてきたが安倍首相は表明しなかった」と報じた。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は、安倍氏が演説で「韓国系米国人や退役軍人らが求めていた用語は使わなかった」と報じた。ロイター通信は韓国や中国が「安倍首相は歴史をもみ消そうとしている」と批判したと指摘した。そのうえで、安倍氏が演説で「日米同盟の未来と、環太平洋経済連携協定(TPP)に懐疑的な議員への要請に焦点を当てることを選んだ」と解説した。

 いわゆる従軍慰安婦問題について、安倍氏が演説で「紛争下、常に傷ついたのは女性だった」と述べたことに対し、米CNNテレビは慰安婦への謝罪がなかったとして「安倍氏の言及は間接的だった」と評した。


安倍首相演説:元慰安婦支援団体が批判「責任回避だ」
 【ワシントン和田浩明】安倍晋三首相は29日の演説で、第二次世界大戦に対する「痛切な反省」を表明しアジア諸国に「苦しみ」を与えたなどと述べたが、直接的なおわびの言葉はなく、旧日本軍の元従軍慰安婦を支援する米国の韓国系団体や一部議員、元米軍人団体からは「責任回避だ」「謝罪すべきだ」との批判も聞かれた。

 安倍首相は歴史問題で歴代内閣の立場を引き継ぐと表明したが、会場の米連邦議事堂付近で抗議活動をしていた「ワシントン慰安婦連合」の徐玉子(ソ・オクチャ)顧問は「首相が代われば立場が変わるかもしれない」と指摘、国会決議などによる確認を求めた。

 元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さん(86)を傍聴に招いたマイク・ホンダ下院議員(民主党)は、慰安婦問題で謝罪がなかったと指摘した上で「安倍首相が日本政府の(戦争)責任から逃れ続けていることに衝撃を受けた」と反発。安倍首相が女性の人権擁護の必要性に言及したことに触れ、「(まずは)過去の罪を認めなければ歴史は繰り返す」などと批判した。

 第二次大戦中に旧日本軍が米軍などの捕虜に対してフィリピンで強いた「バターン死の行進」生存者らの団体「全米バターン・コレヒドール防衛兵の会」は声明で、首相が米兵死者に哀悼の意を表明したことに関し、「日本が始めた戦争の犠牲者に同情を寄せることに深い憂慮を覚える」として謝罪を伴わない「反省」を批判した。


「苦難の歴史」語り継ぐ ベトナム戦争終結40年
 三十日でベトナム戦争終結四十年となるのに当たり、元北ベトナム軍将兵二人が本紙の取材に、南ベトナムの首都サイゴン(現在ホーチミン)を陥落させた際の様子を語った。戦争の記憶が色あせつつある今、二人は「苦難の歴史を語り継がなければ」と使命感を強くしている。 (ハノイで、伊東誠、写真も)

 四十年前の四月三十日、戦車約四十両を含む車両約四百台が大統領府を取り囲み、戦争は最終局面を迎えていた。正午前、鉄柵を破り構内になだれ込んだ将兵の中に、第三〇四師団所属の大尉、ファン・スアン・テーさん(68)もいた。

 ファンさんが「国民に敗北を発表してほしい」と迫ると、ズオン・バン・ミン大統領は「少し待ってほしい」と最後の抵抗を見せた。三十分後、観念したように連行され放送局へ向かった。ファンさんは当時二十八歳だったが、直前の戦闘で上官が死亡したため、大統領とやりとりを交わす大役が回ってきたという。

 放送局への車中、大統領の顔はこわばっていた。

 「なぜもっと早く降伏しなかったのですか」と問うファンさんに、大統領は「そうしたかったが、周囲が許さなかった」と弁解したという。一九七五年に入ると、南ベトナムの敗北は決定的となっていた。

 放送局に到着後、ファンさんは事前に軍がつくった降伏声明を大統領に手渡した。大統領がその通り読み上げ、放送された瞬間、南ベトナムは降伏した。

 大統領府に革命旗が翻った。先頭を切って突入した戦車の操縦手だった軍曹、ルーバン・ホアさん(65)は戦車から身を乗り出し、「戦争が終わった。もう殺し合いをしなくていい」と涙を流した。同時に「戦死した同僚と一緒に喜べなかったという気持ちがこみ上げてきた」と振り返る。

 サイゴン陥落で重要な役割を果たし、ベトナムで英雄視されているファンさん、ルーバンさんは、ともに三十日に開かれるホーチミン市主催の記念式典に招待されている。「戦争で悔しく、悲しい思いを繰り返したことを、次世代に伝えないといけない」とファンさん。ルーバンさんは、若者と平和を考える集会にも出席し、歴史の教訓を風化させないよう訴える。

<ベトナム戦争> 北ベトナム軍・南ベトナム解放民族戦線と米軍・南ベトナム軍の間で起こった戦争。1954年にベトナムは南北に分裂。米国は62年から軍事介入を開始し、65年に米軍が北爆(北ベトナム爆撃)を始めたことで激化した。75年4月30日、サイゴン陥落で戦争は終わった。犠牲者は米軍が約5万8000人、ベトナム側は約300万人とされる。

関越バス事故3年/「昭和の日」反対4・29大阪集会

ブログネタ
フランス語 に参加中!
150429_No_tenno

Japon: les "femmes de réconfort" réclament justice
Elles furent 200.000 esclaves sexuelles, pour la plupart coréennes, enrôlées dans les bordels de l'armée impériale japonaise avant et pendant la Seconde Guerre mondiale.
Les survivantes ne sont plus qu'une poignée aujourd'hui mais, au nom de "l'honneur et de la dignité", ces anciennes femmes dites de "réconfort" réclament justice au gouvernement japonais, accusé de continuer à minimiser, sinon ignorer, les souffrances infligées.
De fait, si le Japon a présenté des excuses en 1993, la droite nationaliste nippone, dont le dirigeant Shinzo Abe effectue une visite historique aux Etats-Unis, répugne à admettre le rôle de ses chefs et de ses soldats dans l'exploitation ignominieuse de ces femmes.
"Je ne mourrai pas tant que cette question ne sera pas résolue", a martelé Lee Yong-Soo, une ex-victime aujourd'hui âgée de 87 ans, lors d'une conférence de presse la semaine derni&erave;re au Congr&erave;s américain.
"Je suis une fille honorable de Corée, je ne suis pas une femme de réconfort", a plaidé Mme Lee. De honte, elle a tu ses épreuves pendant des décennies avant de devenir une des porte-voix des ex-esclaves sexuelles coréennes, faisant campagne dans le monde entier.
Elle a ainsi raconté avoir été kidnappée par des soldats japonais en 1944, alors qu'elle avait 16 ans.
Envoyée à Taiwan, elle est restée confinée dans un bordel militaire japonais pendant deux ans, violée, battue et torturée par des décharges électriques. "Je suis presque morte", a-t-elle témoigné.
L'octogénaire voudrait se trouver au premier rang devant M. Abe, et qu'"il la regardât droit dans les yeux", quand le Premier ministre conservateur s'adressera mercredi au Congr&erave;s américain à Washington - une premi&erave;re pour un chef de gouvernement nippon.
Mme Lee n'a pas retenu ses mots: "Abe continue de mentir, de nier le fait que nous avons été enrôlées de force".
- 'Honneur et dignité' -
Vingt-cinq élus de la Chambre des représentants, dont le président de la commission des Affaires étrang&erave;res, Ed Royce, ont récemment écrit à l'ambassadeur japonais à Washington pour demander à M. Abe "de poser les bases d'une cicatrisation et d'une réconciliation humble en évoquant les questions historiques".
Lors d'une conférence de presse conjointe avec le président Barack Obama à la Maison Blanche, le Premier ministre japonais s'est dit mardi "profondément peiné par le sort des +femmes de réconfort+" mais, là encore, il n'a pas présenté d'excuses.
Une autre Coréenne, Kim Bok-Dong, 88 ans, témoignait la semaine derni&erave;re à Tokyo.
Elle n'avait que 14 ans lorsqu'elle a été enlevée par la soldatesque nippone dans son village de Corée, alors sous domination coloniale du Japon impérial.
On lui a d'abord dit qu'elle travaillerait dans une usine textile, pour fabriquer des uniformes militaires, mais elle a fini dans la province de Guangdong, en Chine, comme esclave sexuelle, puis à Hong Kong, Singapour, Sumatra, en Malaisie et à Java dans les maisons closes de l'armée impériale.
"Les samedis, de midi à cinq heures, et les dimanches de huit heures à cinq heures, il y avait de longues lignes d'hommes", a-t-elle narré. Quinze passes les jours de semaine, beaucoup plus les week-ends. "Etait-ce une vie normale?"
"Si je n'avais pas obéi, j'aurais été battue. Je devais faire ce qu'on me disait. J'ai voulu mourir", a-t-elle confié à des journalistes.
Pour Mme Kim, le gouvernement japonais a le devoir de dire la "vérité".
"Il est temps que le Japon reconnaisse les fautes qu'il a commises dans le passé. Les nier est absurde".
Et si Shinzo Abe lui meme n'est pas coupable, il lui revient la responsabilité, en tant que chef du gouvernement, de "réparer ce qui a été fait".
"Ce que je désire, dit-elle, c'est récupérer mon honneur et ma dignité".
Par Natsuko FUKUE, avec Jung Ha-Won à Séoulc 2015 AFP
フランス語
フランス語の勉強?

●「昭和の日」反対4・29大阪集会
戦後70年、戦争国家の天皇について考える
 ◇日時 4月29日(水)午後1時30分〜4時30分    
      集会後 デモ
◇場所 エルおおさか(大阪地下鉄谷町線・京阪「天満橋」下車徒歩7分)
  ◇講演 アキヒト天皇にみる戦後天皇制の現在
    講師 伊藤 晃さん(日本近代史研究者)
  ◇参加費(資料代含む) 1000円(経済的に厳しい方は受付まで)
◇主催 参戦と天皇制に反対する連続行動

私たちは、4月29日(天皇裕仁誕生日)の「昭和の日」ばかりか、安倍晋三極右政権が2年前、「戦後レジームからの脱却」⇒憲法改悪へのステップとして政府主催「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」を行った4月28日(サンフランシスコ講和条約・日米安保条約発効)をも弾劾し、「『昭和の日』反対4・29大阪集会・デモ」を行います。
確認するまでもなく、「昭和の日」は、米国の対日占領と反共世界戦略のもと戦争犯罪を免れ天皇位が保障された天皇裕仁を国民こぞって祝う日に由来し、いまなお日本の国民は「昭和の時代を顧(かえり)み、国の将来に思いをいたす」日(祝日法)として強制されています。日本国家と天皇が侵略戦争・植民地支配の責任を一切とることなく、天皇裕仁と日米支配階級が一緒につくりあげた反共産主義日米軍事同盟――サンフランシスコ講和・日米安保体制・沖縄軍事植民地化を、国民は誇りに思いこぞって記念せよというわけです。
安倍政権は、戦後70年を歴史の節目として「再び戦前のような『列強』(戦争国家)になりたい野心」をもって新たな戦争国家の確立を急ピッチで進めていますが、「4・28」と「4・29」には安倍や支配階級のこうした政治的野望があることは明らかです。私たちは絶対に許すことができません。
◆      ◆
自衛隊を「わが軍」と呼び軍国主義的独裁者の陶酔にひたる安倍晋三首相は、この戦後70年を歴史の節目に「帝国主義列強」の再構築をめざして本格的に戦争へのハンドルを切りました。
安倍は3月22日、防衛大学校卒業式で、新たな軍国主義の合言葉、「積極的平和主義」を掲げ、防大卒業生に「危険の伴う」任務を「敢然と遂行せよ」と要求しました。
民衆のなかにある「『日本が戦争に巻き込まれる』といった、ただ不安を煽ろうとする無責任な言説」「荒唐無稽な批判」に臆することなく「決然と『行動』しなければなりません」と訓示したのです。
それは、海外展開(海外投資・海外生産・海外調達)と新自由主義グローバリゼーションの展開によって今や23年連続で「世界一の債権国」(対外純資産残高13年末で325兆70億円)となった日本独占資本と政府・自民党・安倍政権の欲求のあらわれです。こうした独占資本の世界展開に見合う覇権の確立が「帝国主義列強」をめざす日本には不可欠だとして、米国と共同して対外戦争にうってでること、自衛隊の全面的な世界展開を差し迫った課題としたのです。
◆      ◆
安倍首相は訓示で「戦後、我が国は、ひたすらに平和国家としての道を歩んできました」と「平和国家」としての歩みを強調しました。それは「戦後、日本は一度も戦争をしていない」というマスコミなどの論調と同じではありません。安倍は、「平和国家としての歩み」とは、「自衛隊の創設、日米安保条約の改定、そして国連PKOへの参加。国際社会の変化と向き合い、憲法が掲げる平和主義の理念のもと、果敢に『行動』してきた」ことで「20年以上にわたる自衛隊の国際協力」、つまり外国派兵をしてきたことだ、と言っています。「自衛隊の創設、日米安保条約」とは日本が非武装国家から軍隊をもつ武装国家への転換を言い、「20年以上にわたる自衛隊の国際協力」とは91年ペルシャ湾派を皮切りにした自衛隊の外国派兵(PKO派兵やアフガニスタン侵略戦争・イラク侵略戦争への派兵)など、「専守防衛」の武装国家から派兵国家への転換を言っています。もっとも、安倍は「自衛隊の国際協力」(外国派兵)を抽象的にいうだけで、数十万人の民衆を殺戮し780万人を超える難民を発生させたアフガニスタン侵略戦争やイラク侵略戦争(アイゼンハワー研究プロジェクト報告書「戦争の代償」など)への参戦には口をつぐみます。こうした不正義で残虐な戦争への参戦を口にすれば「憲法が掲げる平和主義の理念のもと、果敢に『行動』してきた」とはとてもいえなくなるからです。それは先の大戦の抽象的「反省」で侵略戦争と植民地支配を隠蔽し正当化する手法と同じです。安倍はこのように口を閉ざしたうえで、「戦後70年を機に、国際社会と手を携えながら、『積極的平和主義』の旗を一層高く掲げ、世界の平和と安定に、これまで以上に貢献していく覚悟」を訓示したのです。ペテンしか新たな軍国主義の構築ができないことを暴露したといえるでしょう。戦後的価値としての「一国平和主義」を否定し、「国際社会における日本の責任」「国際貢献」の軍事的展開こそ「列強」日本の「大義」としたのです。まさに戦争大国、新たな軍国主義といわねばなりません。
◆      ◆
 しかし、ひるがえって考えるに、戦後日本の「平和国家」とは戦争国家への歩みだったのではないでしょうか。「戦後日本は一人の戦死者も出さず、一人も殺してはいない」のでしょうか。アフガニスタン戦争やイラク戦争ばかりではなく、朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争にも事実上参戦し多くの殺戮に加担し、日本人も「戦死」してきました。天皇裕仁はこうした戦争加担のもととなる日米安保の確立に、天皇明仁は91年以降の自衛隊海外派兵の露払い(「謝罪なき謝罪外交」)やアフガニスタン戦争の参戦(ブッシュ米大統領への「9・11弔意伝達」)に「国家元首」として「大きな役割」を発揮しました。およそ「平和天皇」「護憲天皇」ではなかったのは明らかです。そして、今です。戦争諸法案と一対の自民党改憲草案は日本を「天皇の戴く国」、天皇を国家元首と位置づけました。安倍は戦争国家に不可欠な「戦争天皇制」の確立を、来年の6月には、はかろうとしています。
 私たちは、こうした戦争国家と戦争天皇制の確立を許すことができません。4・29集会・デモへの参加を呼びかけます。


関越バス事故3年というのですが,すっかり記憶から抜け落ちていました.思い出して悲しみを共有したいと思いました.
今日はお仕事です.「祝日」ではないのでした.でもお昼は天満のイタリアン.PARASCHOSというMerlotが美味しいです.パスタももちろん美味しい.
「昭和の日」反対4・29大阪集会に参加しました.右翼がうるさいです.警察は右翼に甘いので困ります.

大型連休利用し 被災地へ
大型連休を迎え、東日本大震災で最も大きな被害を受けた石巻市には震災発生から4年が過ぎた被災地の様子を見ようと県内や県外から多くの人が訪れました。
4年前の震災でおよそ2メートルの津波が押し寄せた石巻市の中心部には大型連休にあわせて今月25日に新しい仮設商店街がオープンしました。

29日は被災地の様子を見ようと石巻市を訪れた人たちが仮設商店街にある飲食店でやきそばや焼き鳥などを食べる姿が見られました。
横浜市から訪れた男性は「町の中心部に空き地が多く、こうした仮設の商店街のように人が集まる工夫が大切だと思いました」と話していました。

また、この商店街の近くで震災を語り継ぐために当時の写真や市街地の模型が展示されたスペースを訪れた人は震災発生から4年あまりが経過した街の歩みをたどっていました。

東京から休日を利用して被災地に初めて訪れたという女性は「震災から4年がすぎ自分の中で記憶が薄れているのではと感じていたので来ました。被災地のために出来ることをしたいと思います」と話していました。


山元町「鎮魂の鐘」除幕式
東日本大震災の大津波に襲われた山元町で、犠牲者の霊を慰めようと町民の有志が「鎮魂の鐘」を里山の山頂に建立し、29日、除幕式が行われました。
「鎮魂の鐘」が建立されたのは、山元町にある標高287メートルの深山と呼ばれる里山の山頂で、29日午前、震災の遺族や地元の住民などおよそ100人が集まって鐘の序幕式が行われました。

鐘は直径およそ40センチ、重さが65キロの青銅製で、被災した沿岸部を一望できる展望台のアーチにかけられました。

式典では、犠牲者の遺族を代表して、夫を亡くした女性が「津波とともに去った夫はこの山で風になって町の復興を見守ってくれている」とあいさつしました。

このあと集まった人たちはさっそく鐘をたたいて、手を合わせながら犠牲者の冥福を祈っていました。

山元町は、東日本大震災で636人が犠牲になったことから、町民の有志がNP0法人を作り、全国から募金を募って犠牲者の霊をなぐさめる鐘を製作しました。

NPO法人「山元・あしたの響き」の長岡久馬理事長は「山を訪れる人には震災の犠牲者を思って鐘を鳴らしてもらいたい」と話していました。


関越バス事故3年「遺族の時間は止まったまま」
 群馬県藤岡市の関越自動車道で乗客7人が死亡、38人が重軽傷を負ったツアーバス事故から3年となった29日、石川県や富山県の遺族ら5組23人が、事故現場となった高架の下の献花台を慰霊に訪れた。

 遺族らは発生時刻の午前4時40分に合わせて手を合わせ、故人の冥福を祈った。

 妻の郁子さん(当時49歳)を亡くした富山県高岡市の林稔さん(57)は「気持ちは事故の日と変わらない。遺族の時間は止まったままです」と涙をこらえた。

 事故は疲労による居眠りが原因で、自動車運転過失致死傷罪などに問われた運転手は昨年、実刑判決が確定。国土交通省は2012年、ツアーバスの運転手1人が夜間に運行できる距離の上限を、670キロから原則400キロに引き下げるなど、安全対策が強化された。


関越道バス事故3年 「風化させない」
◆高岡の遺族 癒えぬ悲しみ

 群馬県藤岡市の関越自動車道で乗客7人が死亡し、38人が負傷したツアーバス事故から、29日で3年となる。長女の紗知さん(当時19歳)を亡くした高岡市の宮下恵子さん(54)は昨年8月、1985年に日航ジャンボ機が墜落した群馬県の「御巣鷹の尾根」へ慰霊登山に訪れた。墜落事故の遺族らと悲しみを分かち合った宮下さんは、「事故を風化させてはならない」と改めて感じている。

 昨年8月11日夕方、御巣鷹の墜落現場近くの川で灯籠を流そうとしていたときだった。日航機事故の遺族たちの語る言葉に、灯籠を持つ手が止まった。「30年たっても家族を失った悲しみは癒えない」「事故の日のことを昨日のように思い出す」――。関越バス事故後、押し殺してきた自分の感情と同じだった。涙が自然とこぼれた。「大事な家族を突然失った悲しみは、体験した人でないと分からない。悲しみが続くのは当たり前なんだ」

 川に流す灯籠には、あえて「ママも笑顔で頑張るよ」と書いた。「ずっと泣いていても、紗知は喜ばない」と思ったからだ。「悲しみを抱えながら前に進まなくては」

 翌朝、土砂降りの中、御巣鷹の尾根を登った。山中にあちらこちらで、遺体の発見場所に慰霊碑が設置されていた。それぞれの碑に刻まれた犠牲者の名前を目にした。「犠牲者の何倍もの数の家族が、今も悲しみを抱え続けている」。一つ一つに手を合わせた。

 関越バス事故の運転手の有罪判決は昨年4月に確定した。それでも、悲しみは癒えない。「裁判が終わって生活が落ち着いた分、紗知がいなくなったことを実感させられる」。毎晩、紗知さんの分の食事を用意し、食卓に並べる。日常使うスマートフォンや車も、紗知さんが使っていたものだ。

 バス事故が発生した29日早朝には、群馬県藤岡市の現場を訪れ、冥福を祈るつもりだ。「紗知にとって一番つらいのは忘れられること。事故を風化させないために何ができるのか」と自問を続けている。


関越バス事故3年 現場で祈り
群馬県の関越自動車道で乗客7人が死亡した高速ツアーバスの事故から29日で3年になり、現場近くには朝早くから遺族などが訪れ、犠牲者を悼みました。

平成24年4月29日の早朝、群馬県藤岡市の関越自動車道で、石川県から千葉県に向かっていた高速ツアーバスが道路脇の壁に衝突し、乗客7人が死亡、38人がけがをしました。
この事故で、去年、バスの運転手に対し「漫然と運転を続け、居眠り運転で事故を起こした」などとして、懲役9年6か月の判決が確定しました。
事故から3年になる29日、現場近くの斜面に植えられた石川県や富山県など、犠牲者の出身地の木の前には、遺族などが午前4時すぎに次々に訪れて花を供え、静かに手を合わせていました。
事故で44歳の母親を失った石川県能登町出身の山瀬俊貴さんも訪れました。
当時、大学生だった山瀬さんは事故を減らしたいと、4月から群馬県警の警察官になりました。
山瀬さんは「母を失ったつらさは何年たっても変わりませんが、母には警察学校で充実した日々を過ごしていると報告しました。将来は交通安全を指導する白バイ隊員になりたいです」と話していました。
この事故で、高校生だった娘を亡くした石川県白山市の岩上剛さんは「娘は本当に苦しかったし、つらかったと思います。今でも娘が生きていればという思いでいっぱいで、悔しいという気持ちしかありません」と話していました。
また、44歳の妻を亡くし、息子が警察官になった石川県能登町の山瀬哲夫さんは「妻には警察官になった息子を見守ってほしいと伝えました。息子には私たちが事故で受けた苦しみをほかの人が味わうことがないよう頑張ってもらいたいです」と話していました。
一方、遺族の支援に当たり、山瀬俊貴さんが警察官を志すきっかけとなった群馬県警交通企画課の野澤篤広警部は「山瀬さんには警察官と遺族という2つの立場があり、この事故を風化させないよう、語り継いでいってほしい」と話していました。


関越道バス事故3年:祈る父「娘のため安全な社会に」
 群馬県藤岡市の関越自動車道で2012年に乗客7人が死亡、38人が重軽傷を負った高速ツアーバス事故は29日、発生から3年を迎えた。遺族ら24人は事故が起きた午前4時40分に合わせ、高速道路の斜面下に設置された祭壇に花を供え、祈りをささげた。

 「娘の死を無駄にしたくない。自分に何ができるか考えていきたい」。長女胡桃(くるみ)さん(当時17歳)を事故で亡くした石川県白山市、岩上剛さん(43)は涙ながらに話した。

 岩上さんは昨年8月12日、群馬県上野村の日航ジャンボ機墜落現場「御巣鷹の尾根」に登った。慰霊登山前夜の灯籠(とうろう)流しでは「事故の起こらない安全・安心な世の中に」「胡桃の分も精いっぱい頑張るね」と灯籠に記した。

 名古屋・中華航空機事故やJR西日本福知山線脱線事故などの遺族や被害者も慰霊登山に参加していた。「事故で苦しんでいる人は世の中にたくさんいるんだ」と感じた。

 バス事故と同じ年、京都府亀岡市で集団登校中の小学生がはねられた事故の遺族とも交流してきた岩上さん。遺族同士のゆるやかな連携が、安全な社会づくりの一助となると考えているという。

 バス事故は00年の規制緩和以降、貸し切りバスの過当競争が続く中で起きた。昨年4月に安全規制を強化した新運賃制度が導入され、バス料金は値上がりした。妻郁子さん(当時49歳)を亡くした富山県高岡市の中学校教諭、林稔さん(57)は「安全に代えられるものはない。利用者はその対価を払っていることを忘れないでほしい」と話した。【尾崎修二、山本有紀、杉直樹】


田園再生へ 直播で試験作付け・東松島
 東日本大震災で大きな被害を受けた東松島市野蒜地区の農地で28日、ひとめぼれの作付けがあった。農地復旧に向けた試験栽培の一環。将来の大規模経営をにらみ、乾田直播を初めて試した。
 市や現地の農業法人「奥松島グリーンファーム」などでつくるプロジェクトチームが、約14アールの圃場に種をまいた。早ければ半月ほどで発芽する。約2〜3センチの高さに成長した後、水を張る。
 コメのじかまき栽培は、育苗コストの削減や作業の効率化につながる。グリーンファーム理事の菅野蕃さん(67)は「今後の農業はいかに利益を上げるか。じかまきが軌道に乗れば、環太平洋連携協定(TPP)にも対応できる」と期待した。
 プロジェクトは6月にも約50アールの圃場で塩に弱い大豆を試験栽培する。

<AKB48>ふたば未来学園高を激励
 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興を支える人材を育てようと今月開校した福島県立ふたば未来学園高(広野町)で26日、アイドルグループAKB48のメンバーがミニライブを開いた。北原里英さんや同町出身の舞木香純さんら計6人が「会いたかった」など8曲を歌い、新生活を歩む1期生を激励した。
 同高の制服をAKBの衣装デザイナーがデザインした縁があり、一部メンバーは制服姿で登場。「一緒に踊ってください」。ステージからの呼び掛けに、招待された生徒や近隣住民ら約350人は立ち上がって応え、会場の体育館は熱気に包まれた。
 広野町は福島第1原発から20〜30キロ圏にある。AKBのファンの1年前田篤君(15)は「元気をもらった。また来てほしい」。ライブを終えた舞木さんは「少しずつ復興が進んでいるのを目の当たりにしてうれしかった。今後も応援したい」と語った。


墜落30年 慰霊登山始まる
520人が犠牲になった日航ジャンボ機墜落事故からことしで30年です。
墜落現場となった上野村の「御巣鷹の尾根」への登山道が、冬の閉鎖期間を終えて29日、解禁され、遺族たちが墓標に手を合わせて祈りをささげました。

30年前の昭和60年8月12日、お盆の帰省客などを乗せた日本航空のジャンボ機が上野村の山中に墜落し、国内の航空機事故としては最も多い、520人が犠牲になりました。
冬の間閉鎖されていた墜落現場の「御巣鷹の尾根」への登山道は29日、解禁され、管理人の男性が午前9時に、登山道につながるゲートを開け、ことしの慰霊登山が始まりました。
遺族や関係者が墜落現場に到着すると、慰霊碑、「昇魂の碑」の前で鐘を鳴らし、黙とうしたり、墓標に花などを供えて手を合わせたりして、犠牲者に祈りをささげていました。
事故で、兄とその家族3人を失った栃木県の男性(61)は、「きょうは、高齢で登山が難しくなっている両親の思いも背負って来ました。30年は節目ではなく1つの通過点ですが、最近起きたフランスでの墜落事故などのニュースを見ると、私たちの安全への思いが必ずしも届いていないと感じます」と話していました。
また、きょうは日本航空の大西賢会長も尾根に登り、「30年という節目の年ですが、私としては毎年変わらず、安全を守り抜くという強い意志を持つ日です。ご遺族には二度と事故を起こさないという誓いをささげました」と話していました。


遺族「30年は一つの通過点」
事故で、大学講師だった兄、それに、その妻と娘の一家3人を亡くした大田原市に住む橋本毅さん(61)は、3人の墓標の前に、花や家族の好物だったというチョコレートやチーズを供えていました。

橋本さんは毎年夏に、御巣鷹の尾根に登っていましたが、去年、教員の仕事を定年退職し時間ができたため、ことし初めて、登山が解禁された日に訪れたということです。
橋本さんは、「きょうは、高齢でもう登ることが難しくなっている両親の思いも背負って来ました。
30年は節目ではなく、1つの通過点です。文武に長け、優しかった兄の家族は私の目標でもあり、ずっと力をもらってきました。これからも頑張って生きていきますと伝えました」と話していました。
また「事故の風化は、ある程度は仕方ないことですが、最近のフランスでの墜落事故や、広島空港の事故のニュースを見ると、事故の教訓や私たちの安全への思いが必ずしも届いていないと感じます。
まだ元気な私たちが次の世代や世の中にどう伝えていくのか、問われているのだと思います」と語っていました。


反辺野古、日米へ 4・28抗議集会
 名護市辺野古の新基地建設に反対する県選出の野党国会議員や県議会与党会派、市民団体でつくる「止めよう辺野古新基地建設実行委員会」は28日、那覇市県庁前の県民広場で政府に対する抗議集会を開いた。1952年4月28日にサンフランシスコ講和条約で沖縄が日本の施政権から切り離された「屈辱の日」に合わせて開かれ、2500人(主催者発表)が参加。条約発効から63年が経過した現在も新基地建設反対の民意を顧みない日米政府に抗議の拳を突き上げ、建設撤回を要求した。

 日本時間の28日夜にある米ワシントンで日米首脳会談の直前に集会を開くことで民意を国内外に訴えた。採択されたアピール文は「日米両政府は県民の民意を尊重し、辺野古新基地建設撤回を日米首脳会談で合意せよ」としている。

 雨が降る中で開かれた集会で参加者が「辺野古新基地ノー」「ゲット・アウト・マリーン」と書かれたプラカードを掲げシュプレヒコールを上げた。

 共同代表の国会議員や稲嶺進名護市長、城間幹子那覇市長らは「屈辱の日に日米首脳が辺野古が唯一の解決策だと発表するかもしれない。しかし、私たちが翁長雄志知事と一緒になってきた(辺野古反対の)訴えは全国に広がっている」と新基地建設の阻止に向けた団結を呼び掛けた。

 最後はガンバロー三唱で気勢を上げ、5月17日に沖縄セルラースタジアム那覇で予定される数万人規模の県民大会の成功を誓った。集会終了後は国際通りをデモ行進し、仕事帰りの県民や観光客に新基地建設問題を抱える沖縄の実情を訴えた。

 集会に先立ち、辺野古では「県民大行動」として午前6時からゲート前集会、同9時からは議員団が海上行動で抗議の声を上げた。


翁長知事、日米首脳会談を批判 米側に辺野古調査伝達
 翁長雄志知事は29日、沖縄県庁で臨時会見を開いた。日米首脳会談で安倍晋三首相が「普天間飛行場の危険性を辺野古移設で除去する」と発言したことに「かたくなな固定観念で、大変遺憾だ」と語り、昨年の選挙で示された移設反対の民意が受け入れなかったことに不快感を見せた。

 一方、辺野古沿岸の海上作業で、沖縄防衛局が許可区域外のサンゴ礁を破壊した可能性が高いと指摘している問題で、5月11日から県独自の潜水調査を実施する計画を29日付で外務省に郵送し、海域を管理する米海兵隊へ伝達したことを明かした。海兵隊の求めに応じた形だが、立ち入り許可が出る見通しは立っていない。

 翁長氏は県内のほか、全国メディアの世論調査でも辺野古移設や移設を強行する安倍政権の姿勢に反対する意見が増えていることに「国民の意識が変わり、意を強くしている」と指摘。そういった民意を安倍首相がオバマ大統領に伝えたかを注視する考えを示した。

 日米の外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)で「辺野古移設が唯一の解決策」と再確認したことにも「強い憤りを感じた」と批判。「辺野古移設は不可能で、頓挫すれば政府の責任。唯一という言葉を使えば、日米同盟や安保体制を揺るがす」とけん制した。


辺野古基金:新基地建設阻止へ 1億円突破 /沖縄
 米軍普天間飛行場移設に伴う新基地建設阻止を目的とした「辺野古基金」に集まった寄付金総額が28日、1億円を超えた。建設・小売業などの金秀グループ(呉屋守将会長)などから同日寄せられた寄付金で大台を超えた。

 9日の設立から24日までに、寄付3381件、8978万円余りが寄せられていた。

 28日の贈呈式で金秀興産の山城敦子社長は「新基地建設反対に賛同する」と基金設立準備委員会の新里米吉代表に目録を手渡した。新里代表は「(通常は)時間がたつと緩やかになりがちだが、順調に基金が増えている」と話した。

 金秀商事の砂川久美子常務は「基地問題への対応はグループの総意に基づいている」と説明し、今後も継続的に活動を支援する考えを示した。(琉球新報)


辺野古移設「唯一」 沖縄利用許されない 普天間即時閉鎖こそ解決策
 日米両政府の外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)は、名護市辺野古沿岸部での新基地建設を米軍普天間飛行場の継続使用を回避する「唯一の解決策」と再確認した。

 両政府の硬直した思考には落胆せざるを得ない。海兵隊の抑止力が虚構であることは防衛相経験者や専門家が明らかにしている。

 「解決策」には多くの選択肢がある。最も有効なのは普天間飛行場の即時閉鎖だ。

 日本政府は米国の機嫌取りをやめ、米政府も必要性のない新基地を日本に求めるのはやめるべきである。

危険性除去にならぬ

 辺野古移設を「唯一の解決策」とする理由の中に普天間飛行場の「危険性除去」の文言はない。共同文書には「運用上、政治上、財政上および戦略上の懸念に対処し、普天間飛行場の継続的な使用を回避するため」とあるだけだ。

 「政治上」に包含されると強弁するかもしれないが明記していないのは、辺野古移設が「危険性除去」につながらないと両政府が認めていることの証しといえよう。

 尖閣諸島を念頭にした「島しょ防衛」が成果のように喧伝(けんでん)されているが、米軍の支援は限定的なものでしかない。

 日米防衛協力指針では、自衛隊と米軍は「陸、海、空または水陸両用部隊を用いて共同作戦を実施する」とした。だが島しょ防衛の「作戦を主体的に実施する」のは自衛隊であり、米軍は「自衛隊の作戦を支援し、補完するための作戦を実施する」にすぎない。米軍の支援内容は物資補給や情報提供などに限られるとみられる。

 米政府は尖閣諸島を「日米安全保障条約5条の適用対象」としている。だが米軍投入は米議会の承認が必要となる。尖閣有事の際でも米政府が議会承認を求めたり、議会が承認したりする可能性は低い。米軍の役割を「支援」にとどめたのはその反映であろう。

 米軍が自衛隊と共同で島しょ防衛で戦闘行為を実施することなどあり得ないということだ。

 にもかかわらず、米軍が即座に参戦するとの誤解を国民に与える日本政府の印象操作はあまりにも不誠実である。

 県が求め、安倍晋三首相が約束した「普天間飛行場の5年以内の運用停止」については口頭で米側に伝えただけで、共同文書には盛り込まなかった。仲井真弘多前知事の埋め立て承認の際に安倍首相が約束したことであり、政府は移設作業を即刻停止するのが筋である。

「戦争する国」へ変容

 安倍政権はこれまで築いてきた「平和国家日本」を大きく変容させようとしている。日本は「戦争をしない国」として世界の信頼を得てきた。それが今、「戦争ができる国」にとどまらず「戦争をする国」へと大きくかじを切った。

 米国は戦後この方、世界各地で戦争を引き起こし、紛争への介入を切れ目なく続けている。指針はその米軍に対する自衛隊の協力を地球規模に拡大し、平時から有事まで「切れ目のない」連携を打ち出している。自衛隊が米国の戦争に巻き込まれる危険性が飛躍的に高まったのである。

 共同文書には集団的自衛権の行使容認など日本の取り組みを、米政府が「歓迎し、支持する」との文言が散見される。

 米軍の肩代わりを買って出る国は日本以外にはなかろう。米政府の歓心を得ることが目的になってはいまいか。安倍政権が真に国民の安全を考えているとは到底思えない。

 文書には日本政府の卑屈なまでの対米追従姿勢もにじむ。財政難に苦しむ米政府に新基地を提供するのもその表れだろう。米国に恩を売るため沖縄を利用することを許すことはできない。

 戦後70年の節目の年に、日本は重要な分岐点に立っていることを国民は強く自覚し、危機意識を持つ必要がある。


自民党:修正要求撤回 「戦争法案」発言、野党の反発受け
 自民党は28日、政府が今国会に提出する安全保障関連法案を巡り、社民党の福島瑞穂副党首が参院予算委員会で「戦争法案」と批判した発言の修正要求を撤回した。野党が「言論の府の否定だ」などと反発していた。

 福島氏が発言したのは1日の参院予算委。岸宏一委員長(自民)が「不適切と認められるような言辞があった」と指摘し、自民党の堀井巌理事が17日、福島氏に「戦争関連法案」への修正を求めた。28日になって同委の自民党筆頭理事、岡田広氏が岸委員長、民主党筆頭理事の小川敏夫氏と国会内で会談し、「福島氏の発言は適切と思わないが、修正を求めるほどではないと判断した」と撤回を伝えた。

 福島氏は同日「(今でも)不適切としている理由を聞きたい」と記者団に語り、「表現の自由へのすさまじい侵害で、言葉狩りだ」と改めて批判した。民主党の枝野幸男幹事長も「敵対するものを許さないのが今の政権の特徴だ」と断じた。

 自民党は3月20日の参院予算委で民主党の小西洋之氏が安保法制に関し「狂信的な官僚集団」と発言したことも修正を求めていたが取り下げた。【村尾哲】


Nepal: le tremblement de terre pourrait avoir fait plus de 10.000 morts

ブログネタ
フランス語 に参加中!
Tsukigase_cherry_blossom_2015

Népal: le tremblement de terre pourrait avoir fait plus de 10.000 morts
Le Premier ministre népalais a indiqué ce mardi que le bilan du séisme qui a frappé le pays samedi dernier pourrait avoir fait plus de 10.000 morts. Lundi, le quai d'Orsay a confirmé la mort de deux Français.
Les jours passent et le bilan ne cesse d’être un peu plus terrible au Népal. Le Premier ministre du pays, Sushil Koirala, a déclaré que le nombre de victimes du terrible tremblement de terre qui a secoué ce petit Etat asiatique samedi 25 avril pourrait s’élever à plus de 10.000. Selon un porte-parole du ministère de l’Intérieur, le séisme a également fait 7.953 blessés. Le dernier bilan officiel avançait jusque-là le nombre de 4.300 tués et de 7.500 blessés.
Parmi les touristes, un couple de Français a trouvé la mort dans la catastrophe, a confirmé lundi le ministre des Affaires étrangères Laurent Fabius. Pierre-Vladimir, 27 ans, travaillait au cabinet de Fleur Pellerin, la ministre de la Culture. Sa compagne, Mathilde, était monteuse et assistante réalisatrice. Ils venaient d’arriver la veille du séisme à Katmandou. Par ailleurs, une dizaine de Français seraient blessés. Au total 1.400 ont pu être localisés, mais le quai d’Orsay est toujours sans nouvelles de 676. Une cellule de crise a été mise en place du Quai d'Orsay avec un numéro de téléphone pour le public et les proches: 01.43.17.56.46.
Ce mardi, les secouristes tentaient de parvenir jusqu’aux zones les plus reculés du pays. Mais les nombreuses répliques, les routes coupées ainsi que les difficultés de communication compliquent sérieusement la tache des secouristes. Les secours ont également commencé à évacuer les personnes coincées dans l'Himalaya. Des centaines d’alpinistes sont notamment toujours coincés aux différents camps de base de l’Everest. La secousse de samedi a provoqué d’importantes avalanches, entrainant la mort d’au moins 17 personnes.
Alors que la communauté internationale s’organise pour acheminer en toute urgence des vivres et des équipements de première nécessité, un début de colère généralisée enfle au Népal sur la lenteur des secours du pays. Les responsables népalais reconnaissent être dépassés par l'ampleur du drame. Ils ont lancé un appel à l'aide en demandant davantage de vivres et de médicaments. "Les morgues sont pleines, on arrive à saturation", a d'ailleurs constaté un responsable.
フランス語
フランス語の勉強?

ネパール大地震で悲しい気がします.募金しようかと思っています.

ネパール大地震で救出活動なお難航、首相「死者1万人の可能性」
[カトマンズ 28日 ロイター] - ネパールのコイララ首相は28日、ロイターに対し、同国で25日に発生したマグニチュード(M)7.9の大地震による死者数は1万人に上る可能性があるとの見方を示した。

首相は「政府は救助と復旧に全力で取り組んでいる」と語り、救出活動の強化を指示するとともに、テントや医薬品の提供を諸外国に求めた。

同国内務省によれば、今回の大地震による死者は4300人を超え、負傷者も7000人を上回っている。被災地では海外の救援隊もようやく活動を始めたが、市民からは政府の危機対応に不満の声も出始めた。

ネパールで81年ぶりの大災害となった今回の地震によって、約800万人が影響を受けており、140万人が食料を必要としていると国連は推定している。世界最高峰のエベレストでは大規模な雪崩に巻き込まれて、日本人男性1人を含む、少なくとも17人の登山者やシェルパ(案内人)が死亡しており、エベレスト史上最悪の惨事となった。

首都カトマンズで捜索に当たるインド国家災害対応部隊(NDRF)の責任者は、道路が狭いため重機を使う作業は難しいとし、「まず全てのがれきを取り除く必要がある。数週間はかかるだろう」との見方を示した。

地震発生から3日目の夜を迎える中、被災地では屋外での生活を余儀なくされる住民がなお多い。カトマンズでは数千人が道路や公園で寝泊まりし、手製のテントも多く見られた。

病院は負傷者で満杯状態で、水や食料などが不足し、水を媒介とする感染症なども懸念されている。

こうした最も必要とされる場所でも援助物資の搬送は滞りがちで、ボランティアで捜索に当たっていたある市民は「政府は何もしてくれない。われわれは素手でがれきを除去している」と憤りをあらわにしている。

こうした批判に対し、ネパールの政府高官は救出活動について「大きな試練」だとし、「諸外国に救援物資や医療チームの提供を要請する。この危機を脱出するには海外の専門家がどうしても必要だ」と話した。


屈辱の日/4.28辺野古集会 同時アクション・大阪

ブログネタ
フランス語 に参加中!
辺野古新基地

Tokyo vise 20 à 22% de nucléaire dans le mix énergétique
TOKYO (Reuters) - Le gouvernement japonais a préconisé mardi que la part du nucléaire dans le mix énergétique du Japon atteigne 20 à 22% d'ici à 2030, et que celle des énergies renouvelables soit légèrement plus élevée, à 22-24%.
Cette proposition risque de se heurter à l'hostilité de l'opinion publique, majoritairement opposée à l'énergie atomique depuis la catastrophe de Fukushima.
Tous les réacteurs nucléaires du pays sont à l'arrêt en attendant les contrôles de sécurité de la nouvelle autorité nucléaire mise en place après le désastre de mars 2011. Une bonne partie d'entre eux devront être fermés d'ici 2030, car ils auront atteint leur limite d'âge de 40 ans.
"Le maximum qu'on peut attendre est 15% de nucléaire d'ici 2030, si tous les réacteurs redémarrent et que la règle des 40 ans est strictement observée", déclare Mutsuyoshi Nishimura, ancien ambassadeur du Japon pour les négociations sur le climat.
La proposition sur les renouvelables, estime-t-il, "prouve un manque total de vision".
Avant Fukushima, l'accident le plus grave du nucléaire civil depuis Tchernobyl en 1986, la part du nucléaire dans le mix énergétique japonais était de près de 30%.
Le ministère de l'Industrie recommande aussi que les parts du gaz naturel liquéfié et du charbon atteignent respectivement 27% et 26%, alors que ces deux sources d'énergie ont fortement augmenté pour pallier l'arrêt du nucléaire, contribuant à une hausse des émissions japonaises de gaz à effet de serre.
(Aaron Sheldrick et Osamu Tsukimori, Jean-Stéphane Brosse pour le service français)
フランス語
フランス語の勉強?

NEXT 未来のために「18歳 旅立ちのとき 被災地 ある家族の春」

4年前に一人親を失った女子高生が、この春、短大に進学するため18年間過ごしてきた故郷を離れることになった。千葉萌さんは、東日本大震災で母親を亡くし、祖父・久さんの家に身を寄せ、ひとつ屋根の下で暮らしてきた。母を失った孫と、娘を失った祖父母の生活。山あり谷ありの4年間だったが、他にはない「家族の形」を作り上げてきた。そして、訪れた旅立ちの日。萌さんと久さんは、2人にしかない「別れ方」をした。
小池栄子


京都で屈辱の日という集会があるのはビラもらったから知っていましたが,大阪でもイベント(4.28辺野古集会 同時アクション・大阪)があるようなので参加しました.時間調整に梅田のエノテカに行きました.でもダラダラしてしまって,時間に遅れてしまうところでした.4.28辺野古集会 同時アクション・大阪には270人くらいの人が参加したようです.辺野古に基地はいらない.普天間もいらない.米軍基地はいらない.
今日の書類とファイルの整理はできなかったので,明日以降頑張らなくては.

<祈りと震災>(38)無念 共に背負いつつ
 鶴岡市の事務所の看板に「NKエージェント」とある。
 納棺師を描いた映画「おくりびと」の主舞台と同じ名前だ。東日本大震災の後にできたこの看板の会社も、やはり納棺を専門とする。
 社長は納棺師として映画の製作に関わった佐々木昭栄さん(44)。死者の体を拭き清め、白装束を着せ、ひつぎに入れる仕事に身を置く。
 震災が起きた翌日。別の鶴岡市内の納棺会社に勤めていた佐々木さんは、津波でたくさんの命が奪われた生まれ故郷の仙台市に入った。
 遺体安置所の体育館で3週間ほど遺体と向き合い続け、500人近くを納棺した。
 多くの遺体と対面し、強く思った。
 「自分もいつ死ぬか分からない。もっと一生懸命生きよう」

 鶴岡に戻るや、独立を決意する。震災から2カ月後、NKエージェントを開いた。
 震災直後の被災地は、日常的に死に接する納棺師にとっても想像を超える修羅場だった。安置所のあちこちで大切な人を失った家族の叫び声が響いた。
 小さな息子を抱きしめたまま絶命した母親。硬直した2人の遺体を離し、それぞれひつぎに納めた。
 亡き人一人一人と向き合い、丁寧に旅支度を整えるのが納棺師の仕事だ。
 だが、震災直後は次から次へと処置しなければいけない状況だった。
 気が立った遺族から「早くこっちもやってくれ」と強い口調でせかされることもあった。「胸が締め付けられた」と振り返る。
 震災の2年半前に公開された「おくりびと」は、納棺師として生きる佐々木さんのもう一つの転機だった。
 山形県の庄内地方を中心にロケが行われた。製作に当たり、主役の本木雅弘さんに納棺作業を指導した。

 映画は大きな話題を呼び、死と向き合うことを避けて通るような高度成長期以降の社会の風潮に風穴を開けた。
 納棺師に対する世間の目も変わった。以前、遺族から「何か悪いことをしたからそんな仕事をしているのか」と聞かれたこともある。映画の公開後は納棺師という職業に理解を示す人が増えた。
 佐々木さんが独立した背景には一つの固い意志があった。「納棺の技術だけでなく、思いを備えた人材を育てたい。小さな組織なら自分の理念を浸透させられる」
 納棺師に求められるものとは何か。「亡き人と遺族に対する謙虚さだ」と言う。
 日々そうした思いを胸に、死化粧を施し、旅立ちを見送る。震災犠牲者の「もっと生きたかった」という無念を背負いながら。
「祈りと震災」取材班


[4・28 日米首脳会談]沖縄を引火点にするな
 1952年4月28日、対日平和条約(サンフランシスコ講和条約)が発効した。歴史的な日付であるにもかかわらず、日本と沖縄では「4・28」の歴史の記憶を共有することができない。

 日本にとって「4・28」は独立を祝う記念すべき日だったかもしれないが、沖縄にとっては新たな苦難の始まりの日であった。基地を維持するために米国が絶対的な統治権を保有し、軍事政策を全てに優先させてきた地域は沖縄以外にない。

 戦後70年という節目の年の、4月28日という歴史的な日に、ワシントンで、日米首脳会談が開かれる。

 首相が訪米土産を意識し、気負い立って進めてきた「安保法制の整備」や「日米防衛協力の指針(ガイドライン)の再改定」、「名護市辺野古への新基地建設」は、いずれも国民的な合意が得られていない。

 国会での十分な議論もないまま対外公約を先行させ、「国際公約だから」との理由で国会に追認を求めるようなことがあってはならない。

 首脳会談で辺野古移設を再確認すれば、沖縄の人々は再び「4・28」の日に切り捨てられた、と憤りを込めて思うだろう。

    ■    ■

 米軍は45年の本島上陸後、日本軍が建設した飛行場を直ちに確保し、その上、住民の土地を一方的に囲い込んで基地として整備した。

 講和発効後の50年代には、銃剣とブルドーザーによる強制接収が各地で相次ぎ、家や畑を失った農民の中には、やむなく南米に移住する人たちもいた。

 核兵器重視の大量報復戦略

の下で沖縄には50年代半ばから核兵器が配備されるようになり、沖縄はアジア有数の「核基地」となった。

 60年代にベトナム戦争が本格化すると米軍は通常兵力を重視した柔軟反応戦略に転換し、北部の訓練場でのゲリラ訓練を活発化させた。

 「沖縄に基地があるのではなく基地の中に沖縄がある」という当時の印象的な表現は、米軍自身が言ったことだ。

 復帰後も、過重負担の解消は遅々として進んでいない。日米地位協定の研究で知られた故本間浩さんは基地問題をめぐる法構造の問題点を繰り返し指摘してきた。

 「沖縄住民の意思の届かない仕組みの下に沖縄の軍事的利用が決定され、その軍事的利用による地域住民への負担だけが、沖縄住民に被せられている」

 戦後、70年間もこのような状況に県民を放置し、引き続き将来もこの状態を維持しようとする政府が存在すること自体、世界的に見て異常である。

 沖縄の中で自己決定権や政治的な独立を求める動きが急速に広がっているのを軽く見るべきではない。

    ■    ■

 2000年7月、糸満市の平和の礎で演説したクリントン米大統領は、沖縄の人々が自ら進んで基地を受け入れたわけではないことを認め、「沖縄における私たちの足跡を減らすために、引き続きできるだけ努力をする」ことを約束した。

 足跡を減らす努力を妨げているものは何か。

 戦後の米軍配置にからむ日米交渉を追っていくと、二つの点が浮かび上がる。

 米軍は過去に何度か沖縄駐留海兵隊の撤退計画を策定しているが、そのたびに駐留継続を求め撤退に反対してきたのは日本政府である。

 海兵隊を本土に置くと政治的問題が生じるとの理由で沖縄駐留の継続を強く主張し続けてきたのも日本政府である。

 だが、沖縄にいなければ海兵隊の抑止力は発揮できないというのは、根拠の乏しい主張である。森本敏元防衛相も「軍事的には日本国内であればいい」と本音を隠さない。

 歴史家のジョージ・H・カーは1956年に発行した『琉球の歴史』の序文でこう指摘している。

 「日本の政府はあらゆる方法をもって琉球を利用するが、琉球の人々のために犠牲を払うことを好まないのである」

 あれから一体、何が変わったのだろうか。沖縄を引火点にしてはならない。


屈辱の日に日米首脳会談 「沖縄無視か」、県民怒りと失望
 沖縄を米施政権下に置いた1952年のサンフランシスコ講和条約発効から63年を迎えた28日、那覇市の県庁前で「屈辱の日県民集会」が開かれ、約2500人(主催者発表)が集まった。同日の日米首脳会談では、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の推進を確認。「沖縄の声を無視している」「なぜこの日に」。辺野古移設に反対する集会参加者からは、憤りや失望の声が相次いだ。

 講和条約で日本本土は主権を回復したが、沖縄は72年の本土復帰まで最も長く米施政権下に置かれたため、28日は沖縄で「屈辱の日」と呼ばれる。沖縄に米軍基地が集中する要因にもなった。

屈辱の日:辺野古移設反対、現地に300人
 ◇「屈辱の日二度と」

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設に反対する集会が28日朝、辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前であった。沖縄は63年前の1952年4月28日、サンフランシスコ講和条約の発効で日本から切り離され、米国統治下に入ったことから、この日は「屈辱の日」と呼ばれる。参加者約300人は「新基地はいらない」と怒りの声を上げた。

 集会で名護市の稲嶺進市長は「これ以上の基地負担は耐えられないと訴え、勝利を勝ち取ろう」と述べた。

 日米両政府は28日未明に発表した共同文書や共同記者会見で、辺野古移設が「唯一の解決策」と強調し、28日夜には日米首脳会談も開く。

 稲嶺氏は「会談は、屈辱の日に合わせたかのような思いを抱かざるを得ない」と不快感を示した。【佐藤敬一】


辺野古で抗議船転覆、4人転落 海保警備が原因か
 【名護】サンフランシスコ講和条約が発効してから63年となった28日、新基地建設に向けた作業が続く名護市辺野古では建設に反対する市民らの抗議行動が陸や海で、早朝から続いている。午前11時20分ごろ、フロート内に入った抗議船1隻と海上保安庁の船が接近し、抗議船が転覆した。抗議船に乗っていた市民4人が海に投げ出されたが、全員救助され、1人は病院に搬送された。

 抗議船は船体がひっくり返った状態で、周辺にはクーラーボックスなどが散乱している。市民らは、海上保安庁職員が乗り移ったのが原因と主張している。

 転覆の一報を受け、米軍キャンプ・シュワブゲート前で抗議していた市民らは正午前から、海上作業が見渡せる通称第3ゲート前に移動し、抗議行動を展開している。

 この日は沖縄が日本の施政権から切り離され、米軍統治下に置かれた節目の日で、ゲート前では午前6時から建設に抗議する早朝行動が始まり、県内外から多くの人が詰めかけた。同9時からは議員団を乗せた抗議船6隻が辺野古の海上に繰り出し、沖縄防衛局による海底ボーリング調査の現場を視察。スパット台船2基のうち1基に作業員がいるのを確認されている。

 同日午後6時からは県庁前県民広場で、「4・28」に新基地建設に反対する「屈辱の日」県民集会が開かれる。


セウォル号船長に無期懲役 韓国高裁、殺人罪を適用
 【ソウル=小倉健太郎】304人が死亡、行方不明となった韓国の旅客船セウォル号沈没事故で、乗客を救助せずに脱出したとして殺人罪などに問われた船長、イ・ジュンソク被告(69)らに対する控訴審判決公判が28日、光州高裁であった。同高裁はイ被告に殺人罪を適用、無期懲役を言い渡した。

 一審・光州地裁判決は、イ被告に遺棄致死罪などを適用し、懲役36年としていた。検察側は控訴審でも一審に続き、死刑を求刑していた。

 一審判決は、イ被告が乗組員に対し、乗客の脱出命令を出すよう指示していたとして「乗客が死亡するのを容認したとみなすのは難しい」と判断し、殺人罪は適用しなかった。

 これに対し、控訴審判決は、イ被告が逃げる前に乗客に脱出を命じる放送をする努力をしなかったと判断、乗客が死んでも構わないという「未必の故意」があったとして殺人罪を適用した。

 また、同高裁は、一審判決で殺人罪が認定され懲役30年とされた機関長、パク・キホ被告(54)に対し、殺人罪を適用せず遺棄致死罪などで懲役10年とした。

 セウォル号は2014年4月16日、修学旅行の高校生ら乗員乗客476人を乗せて韓国北西部の仁川から南部の済州島に向かう途中で沈没した。検察は過積載や操縦ミスなどが重なって事故につながったとしてイ被告らを起訴した。

 同事故をめぐり、韓国国内では事故の構造的原因などを調べる「特別調査委員会」の設置を決めたが、人選などを巡り政府と遺族らが対立。選任された同委員会の李錫兌(イ・ソクテ)委員長は27日の記者会見で「調査の独立性が確保されていない」などと政府を批判した。


小渕優子氏:法の網くぐる政治家 本人は不起訴
 ◇元秘書ら2人を政治資金規正法違反で在宅起訴

 小渕優子前経済産業相が辞任に追い込まれた不正資金事件で、「金庫番」らが在宅起訴された。裏献金や賄賂は確認されなかったものの、東京地検特捜部の捜査は、何度改正を重ねても政治家側が法の網をくぐる不正を続けている実態を浮かび上がらせた。

 関係者によると、小渕氏の関係政治団体では、父の故恵三元首相時代から、飲食・交際費などの簿外支出が常態化し、これを具体的な使途の説明が不要な「事務所費」に紛れ込ませる形で処理していたという。

 だが2006年以降、他の国会議員の不適切な事務所費問題が発覚し、この手法を使うことは難しくなった。07年12月には改正政治資金規正法が成立し、原則すべての支出の領収書の公開が義務づけられることになった。

 小渕氏の関連政治団体で、観劇会の収支を利用した「帳尻合わせ」が本格的に始まったのは、この法改正の後だったという。厳格化された法律の趣旨に背き、新たな不正の手法を選んだことになる。

 複数の政界関係者は「収支の帳尻合わせはどこの事務所でもやっている」と明かす。事件は氷山の一角に過ぎないというのが実態だろう。こうした問題を繰り返さないためにも、資金の管理を秘書に丸投げしてきた小渕氏には説明を尽くす義務がある。【近松仁太郎】

ブツブツ確認テ1/質問で忙しい1日/グラフ間違えた・・・

ブログネタ
フランス語 に参加中!
Tohoku-marathon_2015

Elections locales au Japon: une montagne qui reste à gravir pour les femmes
Quatre femmes seulement ont été élues maires dimanche lors des élections locales au Japon, pays où elles sont traditionnellement sous-représentées, malgré l’ambition du Premier ministre Shinzo Abe de leur donner un tiers des postes de responsabilité d’ici 2020.
Quelque 220 mairies étaient en jeu dimanche - sur un total de 1.741 dans l’archipel - à l’occasion d’élections partielles et seules quatre municipalités ont vu une femme élue à leur tête, selon les résultats publiés lundi.
Pour l’ensemble du Japon, une proportion infime de femmes occupent désormais des fonctions de maires ou de gouverneurs: 26 sur un total de 1.788 postes.
Réélu il y a quatre mois, M. Abe a promis de faire du Japon un endroit ≪où les femmes - sous-employées malgré un haut niveau d’éducation - peuvent briller≫, dans le cadre de son programme de réformes politiques et de relance de l’économie.
Mais cette ambition se heurte à la réalité sur le terrain.
Selon des statistiques de 2013, la part des femmes occupant des postes de responsabilité dans le secteur privé japonais représente 8%, et moins encore dans le secteur public (6%).
≪Quatre mairesses après le scrutin, c’est certainement trop peu. Mais il est très difficile pour les femmes d’être candidates à cause des préjugés sexistes qui prévalent toujours dans les campagnes≫, a expliqué à l’AFP Midori Teramachi, ancienne élue de la province centrale de Gifu et militante féministe.
Parmi les femmes élues dimanche, figure une ancienne hôtesse de bar mal entendante, Rie Saito, qui a promis de lutter contre la discrimination sexuelle dans l’arrondissement de Tokyo dont elle est devenue la maire.
Ces élections locales, présentées par le parti gouvernemental comme un test sur la politique mise en oeuvre par Shinzo Abe pour vaincre des années de déflation, mais sans grand enjeu, ont été marquées par un fort taux d’abstention.
AFP
フランス語
フランス語の勉強?

NNNドキュメント「命を運ぶ電車〜JR脱線事故10年 遺族の執念〜」
乗客106人が死亡したJR福知山脱線衝突事故から10年。妻と妹を失い二女が重傷を負った淺野弥三一さん(73)は、遺族でありながら加害企業と同じテーブルにつき組織事故の原因を模索する道を選んだ。一方、企業の罪を問う刑事司法の創設を目指す遺族もいる。長女を亡くした大森重美さん(66)は「個人だけを裁く現在の法律には限界がある」と考え有志の勉強会を続けている。鉄路の安全を願う遺族の執念を伝える。

月曜日は忙しいです.普段は休憩時間が結構あるのに,今日はいろいろと質問があって慌ただしく過ぎてしまった感じです.それにブツブツ確認テ1があったせいで,ファイルが増えてしまいました.さらにグラフを間違えてしまいました.反省です.
愛知のYuさんがGWに西成で飲みたいとメールくれました.西成??って感じです.

<祈りと震災>(37)地縁の人々 悼むため
 「遺体を家族に返さなければ、死者にも残された人々にもむごすぎる」
 東松島市野蒜の元郵便局員斉藤均さん(67)が4年前を思い返す。東日本大震災の犠牲になり野蒜地区で見つかった遺体の身元を特定するのに、一人の住民として心血を注いだ。
 約500人の地域住民が命を落とした。斉藤さんは津波で自宅が全壊した。4カ月後に、再び住めるように直した近くの借家に移り住んだ。
 そのころ、がれきの中をさまよう知り合いの男性の姿が目に入った。行方の分からない親戚夫婦を捜していた。

 当時、野蒜地区で収容された身元不明遺体が十数体あった。損傷が激しく家族が見ても確認が難しい状態だった。
 同じ野蒜で暮らし、夫婦は知らない存在ではなかった。斉藤さんは男性から聞いた特徴や発見場所を踏まえて総合的に判断し、合致しそうな人を絞り込んで警察に知らせた。科学鑑定を経て夫婦と裏付けられた。
 「同じ地域で生きた人は自分の人生のどこかで関係があったはず」。協力を惜しまない理由だ。遺体があっても家族に引き取られない状況は無念極まりない。「骨が墓に納められるまでは手伝いたい」
 首のこぶ、散歩に携えた携帯音楽のプレーヤー…。警察が公開する特徴や所持品情報と家族からの聞き取りを基に、独自に分析した。10人前後の身元にたどり着く手掛かりを警察や親族に伝えた。
 野蒜周辺で見つかった遺体は震災から2年半後の2013年10月、全て身元が判明した。
 斉藤さんは、自らの人生の歩みの中に、身元確定に心を砕く理由があると言う。
 「普通は、人は死と接するのをおっかながってしまうんだろうけどね」。死を近くに感じながら生きてきた。

 5歳のころ初めて金縛りに遭った。写真でしか知らない曽祖父の姿が傍らで見えた。
 大人になっても霊魂をめぐる不思議な体験が続く。40代のある日は金縛りとともに亡き母が現れ「お父さんが大変」と助けを求めた。実家に走ると父が倒れていた。救急車を呼び一命を取り留めた。
 数年後。仙台市中心部の勤務先を出た途端、雑踏の音が途切れた。「おやじが知らせに来た」。そう思った直後、父の訃報が職場に届いた。
 死を感じるからこそ、死者を悼まずに震災からの再生はないと信じる。軍隊の最後尾で敵の追撃を防ぐ「殿(しんがり)」の役目を思う。この世に残った生者の中で誰かが死者と向き合い、弔わなければならないと考える。
 近所では今も7人の行方が分からない。地元の消防団と捜索を続ける。見つかる日まで役目は終わらない。


東日本大震災:子どもたちと仙台白菜守る 津波にのまれた畑復活 宮城・塩釜
 東日本大震災の津波で被災した宮城県塩釜市の浦戸野々島の畑で、約100年の歴史を持つ「仙台白菜」の菜の花畑が見ごろを迎えている。半世紀以上、白菜の採種をしてきた所有者の鈴木はつみさん(86)は栽培を断念したが、地元の高校生やボランティアらががれきを撤去し、学習の場として栽培を続ける。「きれいだっちゃね」。鈴木さんは一面に広がる黄色い花のじゅうたんに目を細めた。

 野々島は松島湾に点在する浦戸諸島の一つ。塩釜港から船で約30分。震災前、島には50世帯100人が生活していたが約8メートルの津波が島を襲い、43世帯が全半壊した。島内外の仮設住宅で避難生活を送った住民も多かったが、今年3月に災害公営住宅(復興住宅)が完成し、島には現在、35世帯74人が暮らす。

 仙台白菜は軟らかく、甘みがあり、塩害に強いのが特徴。他の植物と交配しやすいため、大正時代から島部で種の隔離栽培が行われてきた。野々島で生まれ育った鈴木さんは、約50年前に夫と死別。採種業で生計を立て、女手一つで子ども3人を育てた。

 2011年3月11日。鈴木さんの自宅と畑は津波にのまれ、高台の小学校に避難した。「もう畑はやらないっちゃわ」。鈴木さんは島で最後の種の生産者だったが、がれきに埋もれた姿に諦めざるをえなかった。

 引き継ぎを申し出たのは、伝統野菜の仙台白菜を活用した教育を進めていた教員らで作る「食の学人(まなびと)の会」(高橋信壮(のぶたけ)代表)。11年8月、週末ごとに地元の高校生ら約40人と、畑に埋もれたがれきを掘り起こす作業に取り組んだ。翌春に菜の花を復活させた。

 震災から4年。地盤沈下と防潮堤工事の進展で、畑から海は見えなくなったが、県内の小中高約20校の生徒や教員が育苗に携わるなど学習に利用、にぎやかさは増した。被災し仮設校舎で授業を続ける宮城農業高(同県名取市)の生徒は野々島での学習も踏まえ、津波で荒れた地元農地で仙台白菜を育て、毎年規模を拡大している。

 今年3月、仮設住宅から復興住宅に入居した鈴木さんは時々、生徒らのために、かつての自宅跡を抜けて徒歩5分の畑を見回り、手入れしている。満開になった花に「一人ではここまでやれなかった。上出来、上出来」と笑顔を見せた。【近藤綾加】


ネパール地震:死者2500人超す…雪崩で日本人男性も
 【カトマンズ金子淳】ネパール中部で25日に起きたマグニチュード(M)7.8の巨大地震で、ネパール警察は26日、死者が2460人、負傷者が6492人に達したと明らかにした。ロイター通信が伝えた。インドなど近隣国と合わせれば少なくとも2500人が犠牲になったとみられる。また在ネパール日本大使館によると、世界最高峰エベレスト(8848メートル)のベースキャンプ付近で日本人の男女2人が雪崩に巻き込まれ、ヘリで首都カトマンズの病院に搬送されたが26日に男性の死亡が確認された。女性は札幌市清田区の小幡友子さん(50)で、負傷しているが命に別条ないという。

 米地質調査所によると、現地では26日午後0時54分(日本時間同4時9分)ごろにもM6・7の大きな余震が発生。山岳部などは交通網が寸断され孤立している地域もあるとみられ、被害の全容判明には時間がかかりそうだ。

 カトマンズでは、多数の家屋が倒壊したため、多くの住民が屋外で一夜を明かした。余震も続き建物の周辺は危険な状態だが、住民らは手作業でがれきの下敷きになった被害者の救出にあたっている。農村部では、震源付近の中部ゴルカ郡などの被害が大きいとみられているが、交通や通信が回復しておらず、被害状況の把握が遅れている。

 雪崩があったエベレストでは当時、外国人約400人を含め、1000人以上の登山者が入山していたとみられる。ロイター通信によれば、ベースキャンプ付近ではこれまでに少なくとも17人の遺体が収容され、少なくとも61人の負傷者が出た。他にも多数の行方不明者がいるとみられ、ネパールの観光当局者は「被害状況を推定することすら困難だ。登山者は散らばっており、連絡を取るのはほとんど不可能だ」と語った。

 ネパールで4月は登山やトレッキングを楽しむ人でにぎわう季節。同国内には約30万人の外国人観光客が滞在していたと推定されている。多くは被害が大きかったカトマンズや山岳部にいるとみられる。

 ロイター通信や中国中央テレビによると、周辺国での死者は、インド66人▽中国チベット自治区20人▽バングラデシュ4人−−などとなっている。


老朽原発:4基、きょう廃止 福井・美浜原発など、40年ルール
 関西電力美浜原発1、2号機(福井県)など電力3社の老朽原発4基が27日いっぱいで廃止される。東京電力福島第1原発事故を踏まえ、原発の運転期間を原則40年に制限したルールへの初対応となる。4月末でさらに1基が廃止され、国内の商業用原発は43基に減少、発電能力は計4205万キロワットとなり、ピーク時の2005年度から15%低下する。政府の「原発依存度を可能な限り低減する」方針に沿った原発縮小時代を迎えた。

 廃止される4基は、関電美浜1、2号機▽九州電力玄海1号機(佐賀県)▽日本原電敦賀1号機(福井県)。中国電力島根1号機(島根県)も30日いっぱいで廃止となる。このうち1970年3月に営業運転を開始した敦賀1号機は、世界で主流の軽水炉と呼ばれるタイプでは国内最初の商業用原発。各社は3月、電気事業法に基づき経済産業省にそれぞれ今月27日と30日付の廃止を届け出ていた。原子力規制委員会から廃炉作業計画の認可を受けた後、20〜30年かけて原発を解体する。

 政府は13年7月施行の改正原子炉等規制法で、原発の運転期間を原則40年に制限した。最長20年の運転延長も可能だが、その場合は今年7月までに原子力規制委員会に申請するとともに、設備の劣化状態を調べる「特別点検」を実施し、規制委の認可を受けなければならない。廃炉となる5基は発電能力34万〜56万キロワットで、現在の主流である100万キロワット超に比べて小さく、各社は「安全対策工事のコストが高く、運転延長しても採算が取れない」として廃炉を決めた。【中井正裕】


チェルノブイリ事故29年 3基解体 2065年ごろ
 【モスクワ=共同】ソ連時代の一九八六年にウクライナで起きたチェルノブイリ原発事故から二十六日で二十九年。ウクライナ政府は放射性物質の拡散を防ぐため、事故が起きた4号機を覆う「石棺」を新たなシェルターで密閉する作業を急ぐ一方、1〜3号機の解体により同原発を廃止する決定を今月、正式に下した。

 ウクライナは今後も原発を電力生産の主軸とする方針。同国政府は数十年の歳月をかけ、チェルノブイリ原発を核燃料の保管や再処理を賄う大規模な基地に変貌させる方針だ。

 1〜3号機は二〇〇〇年までに運転を停止、使用済み燃料棒を既に取り出したが、資金難などを背景に解体の決定は先延ばしとなっていた。放射性物質を帯びた原子炉の解体や撤去など、全ての作業が終了するのは二〇六五年ごろと試算されている。

 4号機を覆うコンクリート製の「石棺」を密閉する金属製シェルターは一七年十一月に完成する予定。二三年ごろには内部の原子炉に残る核燃料を取り出す作業に着手する計画だ。

 外部からの遠隔操作で4号機の原子炉を解体し核燃料を取り出すのは、例のない困難な作業となる。シェルターの耐用年数は約百年だが、作業終了の時期は不明だ。資金調達のめども立っておらず、財政難のウクライナは国際社会に新たな資金を募る必要性に迫られている。

 ウクライナは現在、国内で使用する核燃料の大部分をロシアに依存しているが、ロシアとの関係悪化を受け、米国製やフランス製核燃料への切り替えのほか、米国の技術支援でチェルノブイリ原発の敷地に核燃料の保管施設を建設する計画を進めている。


「屈辱の日」63年 沖縄を政治的道具にするな
 あす4月28日は対日講和条約が発効した日。敗戦国の日本が完全に主権を回復し、連合国による占領状態から独立を果たした。一方でこの日を境に沖縄、奄美を含む南西諸島が日本から切り離され、米施政権下に置かれ異民族支配が始まった。その後に繰り返された住民に対する弾圧、人権蹂躙(じゅうりん)、基地被害の源流となるこの日を沖縄では「屈辱の日」と呼んできた。
 ことしは条約発効63年で、沖縄の施政権が日本に移って43年を迎える。名護市辺野古では現在、沖縄の大多数の反対の声を無視したまま、米軍普天間飛行場移設の新基地建設が進む。多くの県民は今も沖縄の主権は切り離されたままだと思っている。
 政府は2013年、この日に「主権回復」を祝う式典を開催した。沖縄から猛反発を受け、その後は開催されていない。式典を挙行すること自体、安倍晋三内閣が沖縄の苦難の歴史を念頭に置いていないことを如実に示した。
 米軍は条約発効翌年の1953年4月、土地収用令を発令し、住民が暮らす土地を次々と強制的に接収し、銃剣とブルドーザーで家屋を破壊し住民を追い出して基地建設を進めた。
 辺野古移設作業では、翁長雄志知事が岩礁破砕許可の区域外でサンゴ礁の破壊が確認されたとして海底作業の停止指示を出した。しかし沖縄防衛局はすぐに知事の指示に対する不服審査請求と執行停止申立書を提出し、農水省が知事の指示の効力停止を決めた。
 このため現場の作業は継続されている。沖縄の民意を踏みにじったまま工事を強行している姿は米統治下の「銃剣とブルドーザー」と何が違うというのか。
 翁長知事は安倍首相との会談で辺野古移設について「自ら土地を奪っておきながら、老朽化したから、世界一危険だから、沖縄が負担しろ。嫌なら代替案を出せと言われる。こんな理不尽なことはないと思う」と主張した。沖縄が置かれている不条理な現状を言い当てた正論だ。
 安倍首相は日米首脳会談に関して「沖縄の基地負担軽減を進めると確認したい」と述べた。本気で負担軽減をするのなら、辺野古移設を断念するほかない。それをせずして「負担軽減」を叫んでも、沖縄を政治的な取引材料の道具にしたままの虚言にしか聞こえない。これ以上、沖縄が屈辱を味わう状態に置かれるのは我慢できない。

Brakeless尼崎脱線映画を十三で/鶴橋でパレスチナ

ブログネタ
フランス語 に参加中!
Tera-girl_2015

Japon: la gay-pride demande le mariage pour tous
Quelque 3.000 Japonais ont défilé dimanche à Tokyo, à l'occasion de la parade annuelle de la Gay Pride, pour réclamer la légalisation du mariage entre personnes du même sexe, interdit dans l'archipel.
La foule colorée a traversé Shibuya, quartier central de Tokyo connu pour son gigantesque carrefour, ses lieux de divertissement et ses innombrables magasins, au milieu des drapeaux arc-en-ciel, dans une atmosphère de carnaval.
Le quartier de Shibuya est le siège de nombreuses jeunes entreprises, d'ambassades et de lieux branchés (commerces, bars, restaurants, lieux festifs).
Il y a une semaine, un couple de lesbiennes avait symboliquement échangé des voeux devant quelque 80 parents et amis à Shibuya, une iniative qui n'est pas légalement reconnue au Japon, pays pourtant généralement tolérant en matière d'homosexualité.
Les mariages entre personnes du même sexe y sont bannis par la Constitution.
"Nous voulons simplement vivre avec un être aimé. Mais la loi nous l'interdit. Nous sommes frustrés et ne savons pas quoi faire", a témoigné dimanche Fumino Sugiyama, un transexuel de 33 ans.
Le mois dernier, les autorités de cet arrondissement de Tokyo avait voté une résolution l'autorisant à délivrer un certificat d'union aux couples homosexuels.
D'autres autorités, comme l'arrondissement voisin de Setagaya ou la ville de Yokohama, dans la banlieue de Tokyo, ont également émis le souhait de reconnaître les couples homosexuels.
Pour le moment, ceux qui veulent obtenir une reconnaissance officielle de lien ont parfois recours à l'adoption de l'un par l'autre, un schéma qui n'est satisfaisant pour personne mais qui, contrairement au mariage homosexuel, n'est pas anticonstitutionnel.
La loi fondamentale nippone précise en effet que le mariage n'a de légitimité que s'il résulte du consentement mutuel entre personnes de sexes opposés.
フランス語
フランス語の勉強?

ルソンの壺〜4月号〜「殻を破って生き残れ!関西テーマパークの挑戦」
今回のテーマは、「関西テーマパークの挑戦」。現在全国のテーマパーク・遊園地の売り上げは約6,000億円と右肩上りで推移。しかし施設数でみると、この20年で3分の1までに減少。少子化や大手の台頭で“勝ち組と負け組”に二極化が進んでいます。そんな中、独自のアイデアで生き残りに成功している関西企業があります。既成概念を打ち破り、集客アップに成功した関西テーマパークの戦略を取材、その成功のツボに迫ります。
名越康文,増田英彦,田代杏子,岡本敏治,岡田裕介,越智やすし

証言記録・東日本大震災 第40回「岩手県陸前高田市」〜“いのちの情報”を届けろ  広報臨時号〜
津波で甚大な被害を受けた陸前高田市。市民たちが苦しんだのは深刻な情報不足だった。家族の安否は?食料やガソリンや薬はどこで手に入る?情報提供を期待された市役所も被災したため情報発信できない。震災から一週間、市はA4 1枚に情報を書き込んだ広報臨時号を発刊、市民から問い合わせが多い情報を中心に7ヶ月にわたって発行し続けた。それは先行きの見えない中で打ちひしがれる市民たちに一歩前に踏み出す希望を与えるものとなった。番組では、普段は見過ごされがちな自治体広報が震災時に大きな役割を果たした物語を、自らも被災して家や家族を失った市職員や市民の証言でつづる。
NNNドキュメント 人生の湯〜午後3時のしあわせ〜 
松本光生 テレビ信州
長く、地域コミュニティーの象徴だった“銭湯”。最盛期の昭和40年代、全国に1万7000軒あったが、家庭風呂の普及で利用客は減り、今では3000軒に。長野県松本市に明治から続く老舗の「塩井乃湯」は建物や下駄箱が当時のまま残り、ノスタルジックな雰囲気が漂う。客の大半は70歳以上のお年寄りで、日々他愛の無い話に花を咲かせている。銭湯を切り盛りする4代目・田中洋子さん(63)は、18年前に夫と死別後、家業を継いだ。銭湯まで歩いて30歩という老夫婦がいる。何十年も2人で通い続けたが、ある日、突然の別れがやってくる。「人生の楽しみ」と毎日杖を突いてやってくる91歳の男性は、銭湯で倒れ、救急車で運ばれる事態に…。城下町の常連さんが織り成す、春夏秋冬、悲喜こもごもの物語。

テレメンタリー「シリーズ戦後70年2 二つの戦争〜翻弄された日本兵と家族たち〜」
第二次世界大戦後600人とも言われる日本兵がベトナムに残った。フランスとの独立戦争を戦うベトナム独立同盟は、日本兵の武器と軍事技術をなんとしても欲しかった。
日本兵たちは農民だったベトナム兵に銃の持ち方からゲリラ戦まで教えた。大阪市の杉原剛(すぎはら たけし)さん93歳もその一人だ。ベトナムがフランスに続きアメリカとの戦争を始める中でベトナム人の妻や子どもと引き裂かれて帰国。その家族が番組で61年ぶりに対面する。
朝日放送

『ガリレオX』#99「表情の進化学 ロボットにどんな顔をもたせるか?」
 ヒトを含めた生物にとって、顔は、目、鼻、耳、口など生きるためのセンサーが集まっている非常に重要な部分だ。口しかなかった原初の生物から、顔の表情によって高度なコミュニケーションをするまでの進化にはなにがあったのか?人間に近い外観で表情制御が可能なヒューマノイドロボットの研究から、表情の不思議に迫る。
BS1スペシャル 時代をプロデュースした者たち第3回▽芸能プロデューサー渡邊晋
戦後まもなく進駐軍キャンプから始まったジャズブーム。日本の若者たちはその音楽に解放感を味わう。早稲田大学在学中からバンドを結成しジャズにのめり込んでいった渡邊晋は芸能プロダクションを立ち上げ、ジャズ喫茶から始まり日劇そしてテレビへと進出。アメリカの音楽が次々飛び火する中、日本の若者が求める音楽をプロデュースし、さらに笑いやアイドルなど新たなエンターテインメントを生み出していった。その軌跡を描く。
高橋和也, 堀越将伸


Brakeless JR福知山線脱線事故 決して忘れてはいけない一日がある
三宅響子
夏海光造、Fellix Matschke
Rachel Wexler (Bungalow Town Productions) 、Nick Frazer Kate Townsend(BBC) 、新野誠一、大墻敦(NHK)  2014年/48分
国際共同制作 Brakeless/Bungalow Town Productions/BBC(イギリス)
DR(デンマーク)/ IKON(オランダ)/ITVS(アメリカ) (c)NHK
平成17年4月25日、大勢の通勤・通学客を乗せた列車がカーブで脱線。この巨大な自己は日本社会を大きく揺るがした。若い運転士が制限速度を40キロ以上上回るスピードでカーブに侵入。なぜそのような運転をしたのか?被害者や遺族、関係者の証言を軸に、私たちの社会がはらむ課題を改めて検証していく。
JR福知山線脱線事故に至る日本の社会や企業が歩んだ道のり。それは、どのようなものだったのか?
トークショー
福田裕子さん、木村仁美さん(当時、大学生で1両目に乗っていた被害者の方)
安部誠治さん(関西大学社会安全学部教授/運輸安全委員会業務改善有識者会議議員)


≪公開パネルディスカッション≫
アパルトヘイト NOW!?――パレスチナ/イスラエルと日本――

http://palestine-forum.org/event/20150426.html
●日時:4月26日(日)午後2時〜4時半(開場午後1時半)
●会場:大阪城南キリスト教会
(JR・近鉄・地下鉄「鶴橋」駅から徒歩7分)
●発題:
・ジェリー・ヨコタ(大阪大学教員)
「反アパルトヘイト運動から見たパレスチナ」
・金成日(がらくた茶房どるめん店主)
「私のボイコット運動三題 在日・南ア・パレスチナ」
・下垣桂二(関西・南部アフリカネットワーク)
「産経新聞・曽野綾子事件について」
・役重善洋(パレスチナの平和を考える会)
「今こそイスラエルに対するボイコット運動を」
●主催:
関西・南部アフリカネットワーク(KASAN)
パレスチナの平和を考える会


Brakeless尼崎脱線映画を十三で見ました.実は映画自体はYoutubeで見ていたので2度目なのですが,被害者の方がトークショーに参加されるというので,見に行ったわけです.
トークショーの時,「風化をどう思うか」と司会から聞かれて彼女たちは「風化は仕方ない.でもその速度を少しでも遅くするのにインタビューに答えていきたい.」と言っていたのが強く印象に残りました.
十三のカレー屋さんでお昼ご飯.久しぶりなので懐かしく思いました.その後鶴橋まで移動して,昨日とは別のパレスチナの企画に参加しました.

「ファイト新聞」が教科書に 震災時に気仙沼野避難所で発行
 東日本大震災で気仙沼小学校に避難していた子供たちが発行し続けた壁新聞「ファイト新聞」の取り組みが、全国の小学校で使用されている教科書に紹介されている。
 「ファイト新聞」は、吉田理紗さん(面瀬小6年、震災時は南気仙沼小1年)が「避難所のみんなを元気にしたい」と、友人らとともに3月18日から計50号を発刊した。手作りで温かい記事は、多くの避難者の励ました。
 教科書は東京書籍発行の5、6年生向け「新しい家庭」。「子供の活動が地域の役に立った良い例」として掲載している。東京書籍によると、32万部が38都道府県の国公私立小学校約6千校で採用されている。県内では塩釜や名取、松島など102校で5600部が使用されているという。


JR福知山線脱線:事故10年 音楽で心の懸け橋に 夫亡くした講師 突然の喪失感、埋めたい
 JR福知山線脱線事故は25日、発生から10年となった。遺族で音楽講師の原口佳代さん(55)=兵庫県宝塚市=はこの春、音楽と語りを通じて悲しみをいやし、命の大切さを伝える活動を友人と始めた。夫の浩志さん(当時45歳)を失って10年。この間に亡くなった母をはじめ多くの人に支えられてきた。踏み出した一歩は「夫や母たちへの感謝であり『恩返し』」だと思う。【高尾具成】

 外出を見送った浩志さんが事故に遭ったのは、その約20分後のことだった。夫婦2人で暮らしてきた我が家で突然一人になった。支えてくれたのは母の平岡淳子さんだった。大阪から引っ越し同居してくれた。

 2008年2月、大好きな歌手のさだまさしさんのコンサートに誘われた。背中を押すような歌声。帰りの車中で涙があふれた。悲しみをいやし続けてくれた母もその1年後、脳腫瘍を患い75歳で逝った。「看病から自宅でみとるまで母と濃密な時間を過ごしました。これは夫の贈り物なんやと感謝しました」

 11年3月11日の東日本大震災。数カ月後、津波で楽器をなくした吹奏楽部などの高校生に、楽器を贈る活動を知った。人ごととは思えず、夫が趣味で愛用してきたドラムセットを自らのトランペットと一緒に宮城へ送った。大切な遺品だったが、「夫だったらそうしていたはずだから」。

 この年、夫の七回忌、母の三回忌を迎えた。その頃になると「浩志君も母も、いつも傍らで見守ってくれている」と思えた。人の温かさや優しさに感謝が膨らんだ。

 「災害であれ事故であれ、大切な人を突然亡くして悲しみにある人たちを応援したい」。そんな思いから、昨年4月に心療カウンセラーの資格を取った。

 この春友人2人とつくったグループは「虹色の音(おと)」と名付けた。悲しみを抱える人と人との心の懸け橋になりたいという思いを込めた。

 友人のピアノに合わせて原口さんが自らの体験を語り、歌を歌う。3月には夫が眠る寺で歌った。6月にも活動する。

 25日朝、自宅の仏壇に手を合わせた後、事故現場で花を手向けた。「ありがとうね。見守ってね」。そう夫に呼びかけた。「この10年、毎月25日にここを訪れてきたけれど、一番悲しみが少なかった。浩志君はどこかに行っちゃったんじゃなくて、心の中にいるのがはっきりと確認できたからだと思います」と、柔らかな表情で青空に目をやった。

 「私に注がれてきた人の温かさや優しさを誰かに分けてあげたい」と思う。4年前の東日本大震災や昨年夏の広島の土砂災害の被災遺族……。虹色の音の活動を通じて悲しみを少しでも和らげたい。「そう思えることが夫と母が私にくれた宝物。大切にしたい」


脱線事故10年 誓い新たに
 乗客106人が死亡した兵庫県尼崎市でのJR福知山線脱線事故から、25日で10年となった。事故当日、広島県内の支局から急きょ取材に向かい、異動で当地に赴任した2010年以降は、遺族や事故の負傷者、JR西日本関係者への取材にあたってきた。

 「何年たっても、望むのは、事故の1日前に戻りたい。それだけ」「いつもどこに行ったんやろとばかり考える。早く迎えに来てって願ってしまう」――。年月を重ねても消えない痛み。つらい思いに耐えて語ってくれた言葉が、幾つも心に残っている。

 悲惨な事故を無くしたいとは、誰もが思う。ただ、技術が進化しても、ヒューマンエラーは起こりうる。県内でも5日、徳島空港(松茂町)で、滑走路上に車両がいたのに管制官が着陸許可を出すというミスがあった。パイロットによる瞬時の的確な判断がなければ、大事故となるところだった。

 「亡くなった人は帰ってこない。だが、次の事故を防ぐ役に立ちたい」。取材に応じてくれた多くの遺族・負傷者から聞いた言葉だ。命に関わる仕事は、交通・輸送機関だけではない。発生の恐れが懸念される南海トラフ巨大地震に対応する行政機関や医療機関など数多くある。10年の節目を、「次の命」を守る思いを新たにする日にしたい。

 そして、私もその思いを忘れず、ペンを握り続けたい。(桜井悠介)


JR西脱線10年 教訓を胸に安全最優先で臨め
 兵庫県尼崎市のJR福知山線で発生した脱線事故から、25日で10年が経過した。

 106人の乗客が犠牲となった大惨事は、鉄道への信頼を大きく揺るがした。JR西日本は、事故の教訓を忘れることなく、安全対策をさらに充実させねばならない。

 死亡した運転士は、現場のカーブに列車を減速しないまま進入させた。前駅で起こしたオーバーランのミスが頭から離れず、ブレーキ操作が遅れたためとされる。

 運転士には、反省文を書くよう強要される「日勤教育」を受けたくない思いがあったとみられる。ミスをした社員に厳しいペナルティーを科すJR西の企業体質が、事故の一因だったと言えよう。

 JR西は事故後、懲罰的な日勤教育を改めた。労務管理を見直し、細かいミスやトラブルも社員に報告させ、全社的な事故防止策に生かす「リスクアセスメント」を実践している。

 今年度からは、安全管理の内部監査に専門機関が関与する第三者評価制度をスタートさせる。

 鉄道や船舶の安全評価に実績を持つ外資系企業の担当者が立ち会い、法令順守や災害訓練などの監査が適切に行われているかどうかをチェックする。

 事故の遺族とJR西、有識者で構成する「安全フォローアップ会議」の提言が、制度導入のきっかけとなった。JR西が遺族の意見を採り入れ、安全対策に取り組む姿勢は評価できる。

 管内全域に自動列車停止装置(ATS)も整備した。

 一連の対策を機能させ、事故の芽を未然に摘むことが重要だ。

 しかし、不安は残る。JR山陽線で2月、踏切で立ち往生したトラックに普通電車が衝突し、乗客17人が負傷した。発光により危険を知らせる装置が線路脇に設置されていたにもかかわらず、運転士は気付くのが遅れたとされる。

 国土交通省は、発光機に加え、運転席で警報音が鳴るシステムの導入を促していたが、対応できていなかった。

 すべての社員に安全最優先の意識を徹底させ、事故防止策を不断に見直すことが求められる。

 福知山線事故で業務上過失致死傷罪に問われた元社長は、無罪が確定した。強制起訴された歴代の3社長は、1、2審で無罪となり、上告審が続いている。

 個人の刑事責任とは別に、JR西は、安全運行を担う公共輸送機関としての社会的責任を改めて肝に銘じる必要がある。


福知山線脱線10年 献花台に2247人
 乗客106人が死亡、562人が負傷したJR福知山線脱線事故から10年となった25日、現場となった兵庫県尼崎市のマンション前に設けられた献花台には、午後になっても多くの人が手を合わせるなどして、犠牲者の冥福を祈った。

 献花台には午後8時までに2247人が訪れた。当時、救助活動にあたったという元警察官の女性(63)は「10年前の光景が今も目に浮かぶ。亡くなった方の中には若い人も多く、本人や家族のことを思うと胸が痛い。どうか安らかに眠ってほしい」と話した。


<福知山線脱線10年> 「語る」ともし続け
 尼崎市のJR福知山線脱線事故から10年となった25日、各地で追悼行事が開かれ、事故現場の献花台には慰霊の列が続いた。時を経ても変わることのない亡き人への思いや、心の傷。訪れた人たちそれぞれが10年前を思いながら、節目の日をJRに安全を求め、記憶の風化にあらがう新たな出発点にすると誓った。

 夫・浩志さん(当時45歳)を亡くした原口佳代さん(55)(宝塚市)は、側面に自らチューリップの絵を描いた和ろうそくを、夫の菩提(ぼだい)寺にともした。事故後、絵の鮮やかさなどにひかれるようになり、自分でも思いを込めて描きたいと練習を重ねてきた。「ずっと忘れないよ」。本堂でゆらめく炎と絵を見ながら、そっと夫に語りかけた。

 事故のあった2005年、原口さんはクリスマスが近づくにつれ、つらさが増した。「ツリーを出して、ごちそうを並べてにぎやかにするのが好きな人だったから」。事故のショックから何をしても手につかない。そんな時、百貨店で偶然目にしたのが和ろうそくだった。花やサンタクロース、雪だるま……。鮮やかな絵に見入った。

 すぐに購入し、浩志さんの七回忌では寺でともした。その時、特注で描いてもらったのはチューリップ。事故2か月前に浩志さんの社員旅行に同行し、長崎県の大型リゾート施設「ハウステンボス」で見て心をときめかせた思い出の花だった。

 すると、「今度は自分で描きたい」との思いが募った。昨年5月から月に2回、ろうそくを購入してきた西宮市の商店に通って練習のために絵を描かせてもらうように。「絵心がなくて」と苦笑いを浮かべるが、少しずつ上達。描くこと自体も楽しかったが、取り組みを続けることで、夫へ思いが伝わるような気がした。

 この日午後、神戸市兵庫区の「瑞龍寺」で開かれた法要で、長さ15センチのろうそく2本が位牌(いはい)のそばに置かれた。原口さんは「(夫が)そばにいてくれているような気がして安心した。10年間、よく頑張ったと褒めてくれていると思う」と言い、自ら描いた満開のチューリップの絵を見つめた。


理不尽な死 究明訴え
 ◇福知山脱線10年 日韓事故遺族 初の集い

 JR福知山線脱線事故から10年となった25日、事故で長女を亡くした藤崎光子さん(75)(大阪市城東区)が、韓国で起きた大事故の遺族らと共同で、日韓の事故犠牲者の冥福を祈る「追悼の夕べ」を、大阪市内で開いた。遺族同士が自主的に主催した初の集いで、「手を取り合って協力し、両国に安全対策を求め続けていこう」と訴えた。

 藤崎さんは、長女を事故で失った後、200人近くが亡くなった韓国・大邱(テグ)市の地下鉄火災(2003年)や、高校生ら約300人が犠牲になった韓国・旅客船「セウォル号」沈没事故(14年)の遺族らと意見交換会などを通じて、交流。

 福知山線事故の発生から、10年を迎える今年、日韓の公共交通機関での事故の犠牲者を悼み、再発防止を訴える集いを開こうと、ほかの遺族らと準備してきた。

 この日は、約600人が参加。藤崎さんは追悼式で「なぜ、理不尽な死に方をせねばならなかったの、という疑問は、すべての被害者が最も知りたいところであり、それが分からなければ心の安らぎは得られない」と事故の原因究明を求めた。

 セウォル号沈没で高校生の長男が犠牲となった崔順花さん(49)は、政府に真相解明を求めて、座り込みや行進を続けていることを紹介し、「両国に声を上げ続けることが安全につながる」と語った。

 式には、520人が亡くなった日航ジャンボ機墜落事故(1985年)の遺族も参加。夫を失った吉備素子さん(72)は「私たちのように悲しい思いをするのは終わりにしたいが、残念ながら続いている」と、大事故が繰り返されることへの苦しさを吐露した。

 藤崎さんは取材に「今後も日韓の遺族で力を合わせ、二度と悲しい思いをする人が出ないよう、各運輸事業者などへ安全対策を求め続けたい」と述べた。


JR福知山線脱線:10年 安全対策向上願う声 セウォル号遺族、追悼参列
 JR福知山線脱線事故が起きて10年となった25日、公共交通機関の安全を考える集いが各地で開かれた。脱線事故の被害者、JR西日本の幹部、海外の被害者が、それぞれの立場から事故防止のあり方を考えた。

 兵庫県尼崎市であった「追悼と安全のつどい」では、事故の組織的背景に迫った「安全フォローアップ会議」で同じテーブルについた遺族やJR西日本の幹部らが参加した。会議が昨年4月にまとめた報告書で外部監査の導入を提言したことを受け、JR西は今年度から外資系の第三者認証機関に評価を依頼するが、遺族からは安全対策のレベルアップを求める声が相次いだ。

 長男(当時22歳)を亡くし、会議にも加わった木下廣史さん(56)は、外部監査の導入について「真摯(しんし)に事故の反省に立っている」と評価。ただ、「歴代経営トップの安全管理にどういう問題があったのかが未解明の課題だ」と指摘、「それが解明されてこそ、今の安全管理体制の構築が成り立つ」と注文をつけた。

 一方、大阪市福島区であった「日韓事故被害者 追悼の夕べ」では、脱線事故の遺族と韓国の客船セウォル号沈没事故の遺族らが事故を起こした企業の経営者を処罰する法律の制定に向けて協力していくことを確認した。

 二つの事故は原因企業の責任を問うのが困難だった点で共通している。「追悼の夕べ」は遺族らで作る実行委員会が主催した。セウォル号沈没事故で息子を亡くしたチェ・スンファさん(49)ら遺族5人は、事故後の苦しみを訴え、独立した調査機関の設置などを求める共同アピールを採択した。脱線事故で長女(当時40歳)を亡くした藤崎光子さん(75)=大阪市城東区=は「組織が罪を認めてこそ次の事故の抑止につながる。これからも韓国の遺族との交流を続けたい」と話した。【木村健二、椋田佳代】


JR福知山線脱線:10年 祈り、ひとりひとり 献花台へささぐ /兵庫
 25日で発生から10年が経過したJR福知山線脱線事故。尼崎市の事故現場に設けられた献花台には、早朝から花束を手にした人たちが、途切れることなく訪れた。犠牲者の遺族や負傷者らは、この10年の歩みを振り返りながら、亡くなった人たちの冥福を祈った。【神足俊輔、釣田祐喜、米山淳】
 ◇遺族「悲しみ消えない」「生活取り戻す」

 事故の遺族はさまざまな思いを抱え、事故現場を訪れた。次男の昌毅さん(当時18歳)を失った上田弘志さん(60)=神戸市北区=は、時折涙を浮かべながら「10年ぶりに友達に再会できてよかったね」と、亡き息子に語りかけた。昌毅さんの高校時代の友人8人が、上田さんの依頼に応じて、慰霊式に出席し事故現場を訪れてくれた。早朝4時に起きて遠方から駆けつけた人もいた。昌毅さんが生きていれば28歳。上田さんは「(昌毅さんと)重ねるとつらい気持ちはある。だが、これからもずっと、彼らの頑張る姿を見たい」とエールを送った。

 また、吉崇さん(当時31歳)を失った母、菅尾美鈴さん(66)=神戸市東灘区=は「悲しみ、つらさは10年たっても消えない。年を重ねるたび、静かに悲しみが膨らんでいる」と話す。一方、三男の善弘さん(当時20歳)を失った下浦邦弘さん(66)=同市北区=は、「10年を区切りにしたい。生活の中でJRに関わり合う時間を減らしていくことによって、事故が起きる前の生活を取り戻したい」と話していた。
 ◇負傷者「まだ終わらず」「一生懸命生きる」

 事故で負傷した人たちも訪れ、思いを新たにしていた。1両目に乗車して首を骨折し、脊髄(せきずい)損傷の後遺症で車椅子で生活する岡崎愛子さん(29)=東京都港区=は、追悼慰霊式に初めて参加。事故1年後の4月25日に家族と来て以来、9年ぶりに事故現場を訪れた。岡崎さんは「1年後に来た時は将来の生活への不安や、事故に対する考えが整理できておらず、来るのが嫌だった。多くの人が亡くなったつらい場所だが、今回は平常心で現場を見ることができた」と心境の変化を語った。

 そして「事故から10年がたち、負傷者も大半が普通の生活を取り戻したと一般の人には思われているかもしれない。だが、今も車椅子で生活する人や、心の障害を抱えている人もいる。事故はまだ終わっていない」と語った。

 2両目で左手に重傷を負った京都市東山区の調理師、湯之上泰広さん(35)はこの10年を「ずっと生き残った意味を考え続けてきた」と振り返った。「他の乗客を助けられたのでは」と悩んだが、「一生懸命生きることが犠牲者のためにもなる」と、調理場に立ち続けた。現場で手を合わせた後「JR西日本は、二度とこんな事故を起こさないでほしい」と訴えた。
 ◇救助者「JR西は安心、安全向上を」

 事故発生直後、現場近くで働く人たちや住民が救援に駆けつけた。現場の南側にある尼崎青果卸売協同組合の青谷弥(ひさし)理事長(69)は10年前、事故直後にお中元やお歳暮などの際に配るタオルを持ち出し、現場に駆けつけ、けがをした人の血をふくなどした。仕事用の車でけがした人を病院まで搬送する手伝いもした。現在も、職場に入る前と出る時にマンションに頭を下げ、犠牲者の冥福を祈る。午前中に、組合員約50人と菊の花を携えて現場を訪ねた。青谷理事長は「JR西日本は、安心と安全を向上させることを目指してほしい」と語った。
 ◇歌声で一歩後押し 遺族・上田さん、同僚ら献奏

 この日、尼崎市の市総合文化センターで開かれた追悼慰霊式で、上田弘志さんと同じ福祉施設で働いている汐田和則さん(25)=同=ら4人によるバンドが「涙そうそう」など3曲を献奏した。

 汐田さんは昨年末、上田さんから脱線事故で息子を亡くしたことを打ち明けられ、今年の追悼慰霊式での献奏を頼まれた。「自分たちでいいのか」という迷いもあったが、「遺族の方や、負傷した人が新たな一歩を踏み出すための役に立つなら」と応じた。

 今回、知り合いの障害者2人と別の福祉施設の職員の計4人でバンドを組んだ。演奏後、汐田さんは「涙を拭いて一歩進もうとしている人の心に僕たちの歌声が届いてくれたらうれしい」と話していた。【大森治幸】
 ◇「落ち着いて手合わせる場を」 グリーフケアの専門家・高木さん

 JR福知山線脱線事故の発生直後から、遺族などの悲嘆(グリーフ)ケアにあたってきた、上智大学グリーフケア研究所特任所長のシスター・高木慶子さん(78)は25日、息子を亡くした遺族夫妻とともに事故現場を訪れ、犠牲者の冥福を祈った。その後、高木さんは、遺族の置かれた状況などを語った。

 脱線事故を機に09年4月、国内初のグリーフケア専門の教育研修機関として、聖トマス大(尼崎市)に「グリーフケア研究所」(10年4月に上智大に移管)が設立され、高木さんは責任者となった。高木さんは「遺族の悲嘆には波のように浮き沈みがある。『記念日症候群』と呼ばれるが、特に(事故から10年というような)『節目』を迎えると気持ちが強く落ち込む人も多い」と気遣った。

 事故現場の9階建てマンションについて、JR西日本は今年3月、マンションの1〜4階を北側から階段状に残し、建物をアーチ状の屋根で覆う整備計画をまとめた。現場の保存策について高木さんは「非常に意義深い。ただ、事故から10年となるのを前に方針が決まったのは、時間を要しすぎたように思う。10年を経ても(事故直後の)こういう形のままでは、ご遺族にとってはとてもつらいのではないか」と語った。また「人は何かに手を合わせたいと願うもの。それは宗教を問わず、グリーフケアの面でも大切なこと。遺族は落ち着いて手を合わせる場を求めている」と、早急に追悼施設を整備する重要性を語った。

 この日、高木さんと現場を訪れたのは、事故で犠牲となった斉藤満さん(当時37歳)の父堅一さん(72)と母百合子さん(72)。夫妻は、満さんの学生時代の恩師や同級生らが毎年、献花に訪れていることに触れ「みんなに見守られて満は本当にしあわせを感じているはず」と話した。【高尾具成】


JR福知山線脱線:10年 歌の懸け橋、悲しみ越え 夫亡くした女性が訴え
 JR福知山線脱線事故は25日、発生から10年となった。遺族で音楽講師の原口佳代さん(55)=兵庫県宝塚市=はこの春、音楽と語りを通じて悲しみをいやし、命の大切さを伝える活動を友人と始めた。夫の浩志さん(当時45歳)を失って10年。この間に亡くなった母をはじめ多くの人に支えられてきた。踏み出した一歩は「夫や母たちへの感謝であり『恩返し』」だと思う。【高尾具成】

 外出を見送った浩志さんが事故に遭ったのは、その約20分後のことだった。夫婦2人で暮らしてきた我が家で突然一人になった。支えてくれたのは母の平岡淳子さんだった。大阪から引っ越し同居してくれた。

 2008年2月、大好きな歌手のさだまさしさんのコンサートに誘われた。背中を押すような歌声。帰りの車中で涙があふれた。悲しみをいやし続けてくれた母もその1年後、脳腫瘍を患い75歳で逝った。「看病から自宅でみとるまで母と濃密な時間を過ごしました。これは夫の贈り物なんやと感謝しました」

 11年3月11日の東日本大震災。数カ月後、津波で楽器をなくした吹奏楽部などの高校生に、楽器を贈る活動を知った。人ごととは思えず、夫が趣味で愛用してきたドラムセットを自らのトランペットと一緒に宮城へ送った。大切な遺品だったが、「夫だったらそうしていたはずだから」。

 この年、夫の七回忌、母の三回忌を迎えた。その頃になると「浩志君も母も、いつも傍らで見守ってくれている」と思えた。人の温かさや優しさに感謝が膨らんだ。

 「災害であれ事故であれ、大切な人を突然亡くして悲しみにある人たちを応援したい」。そんな思いから、昨年4月に心療カウンセラーの資格を取った。

 この春友人2人とつくったグループは「虹色の音(おと)」と名付けた。悲しみを抱える人と人との心の懸け橋になりたいという思いを込めた。友人のピアノに合わせて原口さんが自らの体験を語り、歌を歌う。3月には夫が眠る寺で歌った。6月にも活動する。

 25日朝、自宅の仏壇に手を合わせた後、事故現場で花を手向けた。「ありがとうね。見守ってね」。そう夫に呼びかけた。「この10年、毎月25日にここを訪れてきたけれど、一番悲しみが少なかった。浩志君はどこかに行っちゃったんじゃなくて、心の中にいるのがはっきりと確認できたからだと思います」と、柔らかな表情で青空に目をやった。

 「私に注がれてきた人の温かさや優しさを誰かに分けてあげたい」と思う。4年前の東日本大震災や昨年夏の広島の土砂災害の被災遺族……。虹色の音の活動を通じて悲しみを少しでも和らげたい。「そう思えることが夫と母が私にくれた宝物。大切にしたい」
 ◇立場乗り越え、安全模索 各地で集会

 25日は事故の被害者や加害企業、他の船舶事故などの関係者などが、それぞれの立場や違いを超えて、安全について考える集いも各地で開かれた。

 兵庫県尼崎市であった「追悼と安全のつどい」では、「安全フォローアップ会議」で同じテーブルについた遺族やJR西日本の幹部らが参加した。会議が昨年4月にまとめた報告書で外部監査の導入を提言したことを受け、JR西は外資系の第三者認証機関に評価を依頼するが、遺族からは安全対策のレベルアップを求める声が相次いだ。

 長男(当時22歳)を亡くし、会議にも加わった木下廣史さん(56)は、外部監査の導入について「真摯(しんし)に事故の反省に立っている」と評価。ただ、「歴代経営トップの安全管理にどういう問題があったのかが未解明の課題。それが解明されてこそ、今の安全管理体制の構築が成り立つ」と注文をつけた。

 一方、大阪市福島区であった「日韓事故被害者 追悼の夕べ」では、脱線事故の遺族と韓国の客船セウォル号沈没事故の遺族らが事故を起こした企業の経営者を処罰する法律の制定に向けて協力していくことを確認した。【木村健二、椋田佳代】


【JR脱線事故10年】 顔の皮膚が裂け、神経は断裂、足の筋肉も損傷… 壮絶なリハビリの末 「ようやく自分の足で一歩」
 平成17年のJR福知山線脱線事故で重傷を負った兵庫県伊丹市の玉置富美子さん(65)が25日、つえなどの助けを借りず、自らの足で事故現場を訪れた。事故で足が大きく損傷するなどし、歩くこともままならなかったが、今年1月の手術で、1日1万歩以上歩けるまで回復した。「10年たってようやく自分の足で一歩を踏み出すことができた。歩けるようになったので、少しでも亡くなった方の役に立ちたい」。玉置さんは犠牲者を悼み、花を手向けた。

 10年前のあの日、玉置さんは勤務先の障害者施設に向かうため、自宅最寄りの伊丹駅から電車に乗った。3両目に乗り込む直前、オーバーランした電車に「大丈夫かな」と不安を感じていた。嫌な予感は的中した。

 直後に事故が起こり、車外に投げ出された。その衝撃で、顔の皮膚が裂け、神経は断裂。右肩や左足の筋肉も大きく損傷した。助けられるまでの間、何度も死を覚悟した。

 入院先では、顔の神経が切れて口を開けられないため、流動食しか摂取できなかった。激しい足の痛みから、痛み止めの薬を服用しなければ、眠ることができなかった。大きな傷痕が残り、左右のバランスが崩れた顔を見ると「死んだ方がよかった」とさえ思った。

 医師からは「元のように歩くのも、顔を治すのも難しい」と告げられた。目や口を動かす筋肉が動かなくなり、垂れた皮膚を引き上げる手術を20回以上繰り返した。左足をかばう生活で全身に痛みが生じ、昨年6月ごろには、つえやキャリーバッグなど助けを使っても、少し歩くだけで痛みで足が動かなくなった。

 車いすでの生活を覚悟したが、主治医から紹介され、今年1月、奈良市の病院で、左足の神経を再生する手術を受け、成功した。

 現在、同病院でリハビリに励む。作業療法士に見守られながらウオーキングマシンを歩く。1日1万歩以上歩けるようになり、東大寺など近くの社寺にお礼参りに出かけている。5月3日に退院する予定で、「退院後は東欧を歩いて巡りたい」と希望を膨らませる。

 25日、玉置さんは仕事で来ていたスーツに、10年ぶりに袖を通した。歩いて献花台に進み、白い花束を供えて犠牲者の冥福を祈った。「私はここまで回復することができた。今、苦しんでいる人も、希望を捨てないでほしい」と穏やかな表情を浮かべた。


【安全第一への軌跡】 (下)“組織防衛”変化の兆し JR西、遺族に歩み寄り脱線事故の組織的要因分析…誠実な行動こそが「償い」
 《ポリちゃん想定問答》

 JR西日本から押収したある資料を確認していた検察関係者は、警察を揶揄(やゆ)するような資料のタイトルを見て怒りに震えた。

 「なんてふざけた名前なんだ」

 JR福知山線脱線事故を捜査した兵庫県警や神戸地検の事情聴取に呼ばれる社員らに用意された想定問答集。平成20〜21年の家宅捜索で押収された2千点に及ぶ資料の中から見つかった。JR西は組織的な関与を否定するが、事故を真摯(しんし)に反省する姿勢が社内に浸透していないことをうかがわせた。

 信楽高原鉄道事故(3年)でも、滋賀県警が捜査概要で「(JR西は)徹底した証拠隠滅を繰り返した。あまりにも無責任な組織と言わざるを得ない」と指弾した。

 福知山線事故の刑事責任をめぐっては、地検が現場を急カーブに付け替えた当時の安全管理の責任者である鉄道本部長だった元社長、山崎正夫(71)を業務上過失致死傷罪で在宅起訴したが、神戸地裁の無罪判決がすでに確定。同罪で強制起訴された元会長、井手正敬(まさたか)(80)ら歴代3社長も1、2審判決で無罪となり、上告審に舞台を移している。

 事故で長女=当時(40)=を亡くした藤崎光子(75)は「だれも責任を問われないのは納得できない。JRは、まだ何一つ償っていない」と嘆く。

 「今の司法には限界がある」。遺族らは昨年3月、英国などの事例を参考に、企業を処罰する法人罰(組織罰)の勉強会を立ち上げた。ただ、責任追及を恐れる関係者が沈黙して原因究明を妨げる恐れもあり、法整備のハードルは高い。

 過ちを償う道はさまざまだ。刑事責任という形、金銭であがなう形もあるだろう。ただ、10年がたった今も「安全な企業に生まれ変わった確証が得られない」という理由で、賠償交渉に入っていない遺族もいる。

さだまさしの歌

 JR西にとっての償いとは何なのか。その道標となるかもしれない歌を引用した異例の説諭がある。

 「さだまさしの『償い』という歌を聴いたことがあるだろうか」

 14年2月、東京地裁。銀行員の暴行死事件の判決公判で、裁判長は被告の少年2人に問いかけ、「歌詞を読めば、君たちの反省の弁がなぜ人の心を打たないか分かる」と諭した。

 交通死亡事故を起こした青年が、夫の命を奪った遺族女性に毎月給料の一部を仕送りし、7年目にして謝罪を受け入れた女性から手紙を受け取るという歌だ。女性は青年に人生をやり直すよう求める。

 九州大大学院法学研究院教授で弁護士の木佐茂男(64)=裁判論=は「償い」をこう理解する。

 「精いっぱいの誠意を尽くす。そこまでの気持ちが償いとして伝わった。だから女性は青年を許した」

 福知山線事故の遺族の胸に渦巻く憤怒も、刑事責任や賠償とは異なるものに向けられてきた側面がある。加害企業として被害者と向き合う姿勢そのものだ。

誓いを胸に刻む

 「警察と事故調が調べていますので…」

 事故の背景要因に踏み込んだ原因の説明を幾度となく求める遺族らに対し、こう繰り返して拒否していたJR西幹部。19年、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会(当時)の最終報告書が公表されてからは「事故調の報告書を読んでください」に変わった。

 「JR西は自ら事故の真相を語っていない」。その姿勢を“組織防衛”と受け止める遺族もいた。双方の溝はあまりに深かった。

 JR西の姿勢に変化が現れたのは、事故の4年8カ月後。遺族の呼びかけに歩み寄り、一緒に事故を検証する異例の「課題検討会」を立ち上げた。山崎の無罪が確定した約2カ月後の24年3月には、有識者も加えた「安全フォローアップ会議」を設立し、事故の組織的背景に踏み込んだ分析にも乗り出した。

 「安全という同じ目的をもって議論できるようになった」。妻=当時(62)=と妹=同(55)=を失い、検討会と会議の設立や議論を主導した浅野弥三一(やさかず)(73)は、JR西の変化の兆しを感じた。安全管理体制の第三者評価を求めた会議の提言が実現する見通しとなり、こう実感するのだ。

 「JR西が安全に向けて一歩、踏み出そうとしている」

 安全への誓いを社員一人一人が胸に刻み、目に見える形で実現する。その軌跡もまた、永遠に続く償いである。(敬称略)


チェルノブイリ原発事故から29年で追悼
史上最悪の原子力発電所の事故とされる旧ソビエト・ウクライナのチェルノブイリ原発事故から26日はちょうど29年となり、現地では原発の関係者らが事故で犠牲になった人たちを追悼しました。
ウクライナにあるチェルノブイリ原発では、ソビエト時代の1986年4月26日試験運転中の原子炉で爆発が起きて大量の放射性物質が外部に放出され、半径30キロ以内の住民13万人余りが避難しました。
この事故で、原発の職員と消防署員らおよそ30人が高い放射線量の影響などによって死亡したほか、周辺の住民や事故処理に当たった作業員の間で、がんや白血病で亡くなったり、健康被害を訴えたりする人が増えていると報告されています。
チェルノブイリ原発の職員らが多く住む町スラブチチでは、26日未明、事故の起きた時間に合わせて原発の関係者ら数百人が集まり、犠牲者を追悼する碑の前でろうそくを手に祈りをささげました。
チェルノブイリ原発では、事故のあと、爆発が起きた原子炉の建屋がコンクリートや金属で覆われ、石で出来たひつぎを意味する「石棺」と呼ばれていますが、老朽化によって崩れるおそれが指摘され、内部にある放射性物質を含んだちりなどが外部へ飛び散ることが懸念されています。
このため原発の敷地内では、「石棺」を覆うために、2年後の完成を目指して高さ108メートルの巨大なアーチ型の構造物の建設が進んでいます。
廃炉の経緯と課題
爆発が起きたチェルノブイリ原発の4号炉では、放射性物質の放出を防ぐため、爆発によって崩れた建て屋を鉄筋コンクリートと金属で覆い、その姿から石でできたひつぎ、「石棺」と呼ばれるようになりました。
「石棺」の耐用年数はおよそ30年間とされていますが、事故直後に高い放射線量のなか突貫工事で建設されたため老朽化で隙間が広がり、崩れ落ちる危険性があると指摘されてきました。
「石棺」の内部には、核燃料およそ170トンが溶けてコンクリートなどと混ざり合った固まりが残されており、「石棺」が崩れ落ちた場合、放射性物質を含んだちりとなって広い範囲に飛び散ることが懸念されています。
これまでにも壁や内部のはりなどの補強工事が行われましたが、2年前には「石棺」に隣接する機械室の屋根と壁の一部が積雪などによって崩れ落ちました。
ウクライナ政府は「石棺」を覆うアーチ型の構造物の建設を計画し、欧米や日本などに支援を呼びかけてきました。
この構造物は高さ108メートル、幅が257メートル、長さ162メートルで、合わせて3万5000トンの金属が使われるということです。
フランスの企業が中心となって2009年から建設を始め、このあと300メートル余り離れた「石棺」まで移動させて2017年11月の完成を目指すとしています。
建設費の総額は15億ユーロ(日本円で1900億円余り)で、耐用年数は100年間とされています。
ウクライナ政府は、この間に石棺の解体や核燃料の撤去を進めたいとしていますが、依然として放射線量が高く、放射線を遮りながら核燃料を取り出す技術が確立されていないとして、計画の時期の具体的なめどは立っていません。
廃虚となった原発城下町
チェルノブイリ原子力発電所からおよそ4キロ離れた町プリピャチ。原発の職員とその家族のために16階建ての高層アパートをはじめ、住宅や学校、病院、文化会館などが建設されおよそ5万人が暮らしていましたが、29年前の事故の直後、住民は当時のソビエト政府の指示によってほかの地域への避難を余儀なくされました。
その後も、高い放射線量のため住民がプリピャチに戻ることは禁じられ、現在町は廃虚となっています。
こうしたなか、放置された住宅などの老朽化が進み、一部の建物ではコンクリート製の壁や屋根が崩れ落ちており、ウクライナ非常事態省では今後5年以内に建物の大規模な崩落が始まるとの見方を示しています。
プリピャチの元住民で、事故後原発から30キロ圏内の立ち入り禁止区域の安全管理にあたってきたベルビツキーさんは、建物が崩落しても放射性物質がさらに拡散する危険性は低いとする一方で「自分たちで築いてきた生活の場、昔の思い出が崩れ去ってしまうのはつらい」と話していました。チェルノブイリ原発の事故では、29年たっても、住民がかつて住んでいた町に戻れない状態が続いています。

尼崎脱線事故から10年/狭山事件の再審を/五条でパレスチナ

ブログネタ
フランス語 に参加中!
azum

Quand Ségolène Royal appelle François Hollande pour voyager dans l'avion présidentiel
Par Thomas Monnier

Quand Ségolène Royal appelle François Hollande pour voyager dans l'avion présidentiel et force Laurent Fabius à prendre un vol low-cost... C'est l'étonnante anecdote que révèlent nos confrères de Libération ce jour !
Ségolène Royal est une femme de caractère, et ce ne sont pas les nouvelles révélations de nos confrères de Libération qui vont contredire cela. En effet, le quotidien explique que mi-décembre 2014, Ségolène Royal a décidé, au dernier moment, de se rendre à un sommet sur le climat qui se tenait à Lima. Cependant, tout était déjà organisé pour ce voyage, et c'est Laurent Fabius uniquement qui devait s'y rendre. Ses billets étaient d'ailleurs déjà achetés et ses places, réservées.
Petit inconvénient pour Ségolène Royal : à quelques heures de partir à Lima, l'avion était déjà complet comme l'explique Libé : "Les lignes régulières étaient déjà blindées de monde". Celle qui a partagé la vie de François Hollande n'a rien voulu savoir et a donc frappé fort... "Un coup de fil plus tard, l'Élysée lui lâche alors l'avion présidentiel" a lâché un diplomate au quotidien. Plus loin, Libération explique que si le sommet a été prolongé, l'avion présidentiel, lui, est quand même reparti. Et surtout, Laurent Fabius s'est vu "contraint de rentrer deux jours plus tard par une ligne low-cost"...
Ce n'est pas la première fois que Ségolène Royal fait parler d'elle pour son comportement. Le mois dernier, Anne Hidalgo déclarait sur Europe 1 que la Ministre était "ingérable dans une équipe". Ambiance...
フランス語
フランス語の勉強?

尼崎脱線事故から10年になります。10年前のあの日私は広島県に住んでいて,部屋でテレビを見たのを覚えています.あれから10年.まだ悲しみが癒えない人も多いかもしれません.風化させないようにしたいと思います.
今日は狭山事件の集まりがあるのでJRで尼崎に来ました.駅前では労働組合の人たちが集会をしていました.JR西は何も変わっていない,というのに,たぶんそうなんだろうなぁ・・・と感じました.狭山の集まりは会場がいっぱいでした.ただ年配の人が多いかな???という印象はぬぐえません.初めて石川さんを生で見ました.76歳ですが,元気いっぱいです.仮釈放中の身ゆえ,選挙権がないというのに,まだ見えない手錠があると感じさせられました.私も微力ですが,何かしら狭山事件に関しての取り組みを進めていきたいと思うのでした.
その後阪急で京都・五条に移動しました.パレスチナに関しての集いです.岡真理さんのお話はとてもじいんと来ました.AnさんからXバンドの資料を購入しました.いろいろ忙しいです.

JR福知山線脱線事故から10年
小浜英博 添田尚子 及川晃輔
乗員・乗客107人が犠牲となった「JR福知山線脱線事故」からまもなく丸10年となる。事故をめぐっては、JR西日本の山崎正夫元社長が業務上過失致死傷罪で起訴されたが、3年前に無罪が確定。同罪で強制起訴された井手正敬元会長ら歴代3社長も、2年前に神戸地裁で無罪判決。3月27日には大阪高裁で控訴審判決が言い渡される。番組では裁判結果を振り返るとともに、加害企業の刑事責任のあり方について考えるほか、遺族や被害者の現状、それに事故発生から丸10年を迎えた当日の現場周辺の動きを詳しく伝える。

狭山事件の再審を実現しよう 市民のつどい in かんさい
− 無実の人が なぜ 自白するのか −
講 演:
浜田 寿美男 虚偽自白はこうしてつくられる(奈良女子大学名誉教授/ 狭山事件「取調べ録音テープ」鑑定人)
石川 一雄・早智子: きっと届く、当たり前の願い(狭山事件冤罪被害者)
ノジマ ミカ: ひとりからはじめる再審支援(予定)(Facebook 狭山事件の再審を実現しよう 管理人)
主催:市民のつどい実行委員会
よびかけ:Facebook 狭山事件の再審を実現しよう 狭山事件の再審を求める釜ヶ崎住民の会
狭山再審を求める市民の会・こうべ 狭山再審を求める市民の会・しが ストーン・リバー(豊中・狭山事件研究会)

古居みずえさん・岡真理さんとともに考える『パレスチナと日本の今』
午後6時25分〜7時10分(45分)
 古居みずえさん(ジャーナリスト)のガザ取材報告(スライド&トーク)
午後7時10分〜7時55分(45分) 
 岡真理さんのお話「パレスチナの今、中東の今、世界の今、そして日本の今」
(小休憩)
午後8時5分〜8時30分 お二人の対談(25分)
午後8時30分〜質疑応答・感想意見交流(予定)(35分)
(午後9時10分頃終了予定)
参加費:1000円 学生500円
主催:ピースムービーメント実行委員会 アムネスティ京都グループ
問合せ:TEL:090−2359−9278(松本)Eメール anc49871@nifty.com (山崎)
※予約は必要ありませんので、どうぞ直接会場までお越しください。
◇古居 みずえ ( ふるい・ みずえ )さんのプロフィール
(古居みずえさんのHPより→http://www.huruim.com/contents.html)
1988年よりイスラエル占領地を訪れ、パレスチナ人による抵抗運動・インティファーダを取材。パレスチナの人々、特に女性や子どもたちに焦点をあて、取材活動を続けている。1998年からはインドネシアのアチェ自治州、2000年にはタリバン政権下のアフガニスタンを訪れ、イスラム圏の女性たちや、アフリカの子どもたちの現状も取材。新聞、雑誌、テレビ(NHK総合・ETV特集、NHKBS1、テレビ朝日・ニュース・ステーション)などで発表。ニコンサロン、コニカプラザなどで写真展開催。
2005年、DAYS JAPAN審査員特別賞受賞
2007年、映画 『ガーダ パレスチナの詩』制作。第6回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞受賞。
2011年、映画『ぼくたちは見た ガザ・サムニ家の子どもたち』制作。自主上映中
2011年より映画『飯舘村の母ちゃんたち』撮影中
著書『インティファーダの女たち―パレスチナ被占領地を行く』(彩流社)増補版 『ガーダ―女たちのパレスチナ』(岩波書店)『ぼくたちは見た ガザ・サムニ家の子どもたち』(彩流社)
写真集『瓦礫の中の女たち』(岩波書店)
◇岡真理(おか・まり)さんのプロフィール
1960年東京生まれ。現代アラブ文学研究者。京都大学大学院人間・環境学研究科教授。
東京外国語大学でアラビア語を学ぶ。在学時代に、パレスチナ人作家ガッサーン・カナファーニーの小説を読み、パレスチナ問題、アラブ文学と出会う。以来、現代世界に生きる人間の普遍的思想課題としてパレスチナ問題に取り組む。

著書に、『彼女の「正しい」名前とは何か』(青土社、2000年)、『記憶/物語』(岩波書店、2000年)
『棗椰子の木陰で 第三世界フェミニズムと文学の力』(青土社、2006年)『アラブ、祈りとしての文学』(みすず書房、2008年)ほか。


地域の宝物 「ファイト新聞」教科書に載る
 東日本大震災後に気仙沼市の避難所で子どもたちが手作りした壁新聞「ファイト新聞」の活動が、今春から全国の小学校で使用されている家庭の教科書に掲載された。24日、メンバー4人が市教委を訪れ、白幡勝美教育長に報告した。
 掲載されたのは東京書籍が発行した小学5、6年生向けの「新しい家庭」。「あなたは家庭や地域の宝物」との題で、壁新聞が被災者を励ましたことが1ページ全面を使って紹介され、当時の新聞やメンバーの写真も取り上げられた。
 気仙沼西高2年の小山奏子さん(16)は「つらい時に、子どもにもできることがある。みんなで苦境を乗り越えたことが伝わればうれしい」と笑顔を見せた。同市面瀬小6年の吉田理紗さん(11)は「気仙沼がいまも頑張り続けていることも知ってほしい」と話した。
 東京書籍は「震災時に子どもたちが地域の役に立った良い例」と掲載理由を説明する。同社によると、教科書は38都道府県の約6000校で約32万部が使われており、宮城県内では栗原市、名取市など15市町村計102校が採用している。


<大川小訴訟>石巻市、裏山測量結果提出
 東日本大震災の津波で死亡・行方不明となった石巻市大川小の児童23人の19遺族が、市と宮城県に23億円の損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が24日、仙台地裁であり、市が学校裏山の地形など詳しい測量結果を提出した。児童らが裏山に逃げれば助かったという遺族側の主張を受け、市側が前回の進行協議で裏山の測量結果を出す意向を示していた。
 遺族側によると、測量は校舎に残る津波の痕跡を基に専門業者が実施。市が周辺の平面図や避難ルートの断面図などを作製した。
 裏山には三つの想定避難ルートがあり、いずれの入り口も児童らが一時避難した校庭から100メートル以内だった。
 遺族側代理人は「傾斜もなだらかで、避難が容易にできたことが数値で裏付けられた」と主張した。
 口頭弁論では、6年生だった長男を失った今野浩行さん(53)の意見陳述も行われ「現場の一部始終を見ていた先生に証言してもらうしかない。子どもの最期を知りたいと願う私たちの思いを聞き届けてほしい」と訴えた。
 訴えによると、教職員は2011年3月11日の地震発生後の約45分間、児童に校庭で待機するよう指示。午後3時37分ごろ津波に巻き込まれ、児童74人と教職員10人の計84人が死亡・行方不明になった。


<祈りと震災>(36)一瞬一瞬の命慈しむ
 遺体安置所におびただしい死が押し寄せる。慟哭(どうこく)が静寂を切り裂いた。
 仙台市太白区の宝林寺住職木村敏さん(55)は東日本大震災で、名取市職員として911人の死者を送った。
 震災時は廃棄物処理を担うクリーン対策課長。「多くの人が亡くなっただろう。坊さんの私がやらずに誰がやる」。所管外の安置所運営に手を挙げ、職員総出で当たった。
 安置所となった体育館は震災翌朝から3日で遺体が収容しきれなくなり、より広い旧ボウリング場に移された。

 驚いた顔で逝った若者、手足をくの字に曲げて固まった高齢者。見つかったままの死後硬直を解かなければ、ひつぎに納められなかった。
 苦悶(くもん)、無念、恐れ。臨終のお勤めで見る遺体の表情とはまるで違う。「死の自覚を感じない。思いが残った死者だった」
 死者の尊厳を守るため方々に声を掛けた。ひつぎをかき集め、納棺師を秋田市から呼んだ。検視の後、死に装束と死に化粧で整えて納めた。
 若い母親が訪ねてきた。赤ん坊を抱いていた。亡きがらだった。津波に遭った際に手を離してしまい、必死で捜したという。「検視してほしい」とだけ言った。
 非情の光景に心が壊れそうになった。そんな時、死んだと思っていた海沿いの閖上地区の知人と再会し号泣した。
 死と生が目まぐるしく交錯する日々。現実感がなくなった。遺体を淡々とモノとして処理する感覚に陥りもした。罪悪感は今も消えない。
 1人で泊まった深夜の安置所は人の気配でざわめいた。真っ昼間の道で見たのは高齢男性と孫娘の幽霊だった。金縛りになると、目前に死者の顔が迫ってくる。「亡くなれば仏となって浄土に帰る。浄土真宗の僧侶としては霊が残るとは認められない。でも…」。心は偽れない。

 乱れる心が落ち着いたのは百か日に地元仏教会が宗派を超えて営んでくれた供養祭。法衣を着て、経を読み、弔うことが生きる人の救いになることを身をもって知った。
 身なりの整った30代の男性会社員の遺体が忘れられない。いつ目覚めてもおかしくないほどきれいで、死が感じられなかった。
 葬儀で唱える蓮如の「白骨の御文(おふみ)」の一節が頭に浮かんだ。
 「朝には紅顔ありて 夕には白骨となれる身なり」
 津波でまちが失われるなんて誰が想像しただろう。安置所に横たわる人たちはきっと明日が来ると信じていたはずだ。死と生は思いを超える。
 「人は自分の思いに関係なく生まれ、生かされる。死の瞬間まで命を大切にしっかり生きる。思いは残された者がつないでいく」
 3月で市役所を辞めた。僧侶として、多くの死の証言者として伝えたいことがある。


災害弔慰金訴訟 原告側の請求棄却・盛岡地裁
 東日本大震災後に認知症を発症し、体調を崩して死亡した釜石市の男性=当時(80)=が「震災関連死」と認められず、市が災害弔慰金を支払わないのは不当として、遺族が不支給処分の取り消しを求めた訴訟の判決で、盛岡地裁は24日、遺族の請求を棄却した。
 小川理津子裁判長は、男性が2003年にかかった脳梗塞や加齢で、震災前から軽度の認知症を発症していた可能性を指摘。震災のストレスの影響は認めつつも「認知症を発症させたとまでは言えない」と結論付けた。
 震災後に男性が発症した胆のう腫瘍については「ストレスが疾病の要因となったことを示す医学的知見が乏しい」と判断。認知症で病状を周囲に伝えられず、死期が早まったとする遺族側の主張については「関連性は不明で、因果関係は認められない」と退けた。
 判決によると、男性は2003年に脳梗塞となった後、認知症を発症。震災後に症状が悪化し、11年11月に介護施設に入り、12年3月に胆のう腫瘍で死亡した。


福知山線脱線10年:天国の便り、息子の桜が初咲き
 2005年に起きたJR福知山線脱線事故で犠牲になった石橋孝広さん(当時34歳)の母位子(たかこ)さん(69)=大阪府阪南市=の自宅の桜が、今年初めて花をつけた。数年前に植木鉢から自然に芽が出た。孝広さんが「桜の咲く頃、僕が亡くなったことを覚えていて」と語りかけている気がする。いつか事故現場に植えたいと願っている。

 自衛官だった孝広さんは、当直勤務明けで帰宅途中に事故に巻き込まれた。母子とも登山が好きで、事故前に「オカン、空気はきれいだし景色も最高だから、ゆっくり2人で行こう」と立山(富山)登山に誘ってくれた。優しい息子だった。

 位子さんは事故後、自分で育てた花を仏前に供えようと思い立った。チューリップ、スターチス、コスモス、ユリ。庭の植木鉢は季節ごとの花であふれ、仏前を1年中彩る。

 だが、今でも疑念が頭をもたげる。「なぜ息子が犠牲になったのか」。心の中で「何か言うてよ」と息子に呼びかけるが、「何も言うてくれん。この世にいないのだから当たり前やけど」。ふさぎ込む日もあるが、花の世話をしている時には気分が和らぐ。「きれいな花が咲いたよ」「今日はヨモギを摘んでくるね」−−。胸の中で孝広さんに語りかけるうち、温かな気持ちになる。

 数年前の秋、花の植え替えのため庭の植木鉢をのぞくと、鉢の真ん中から30センチほどに伸びた木の枝があった。桜のようだ。桜は植えたこともないし、自宅周辺にも生えていない。事故が起きたのは4月。桜の花は事故の記憶に重なる。「桜咲く季節に僕が亡くなったことを忘れないで」と孝広さんが言っているようだった。「あの子が天国から種を落としてくれたような気がする」

 枯れないように夏はこまめに水をやり、風で倒れないよう添え木も当てた。今では位子さんの背丈ほどに伸び、今年4月上旬には20輪ほどの薄桃色の花を咲かせた。これまでは事故を思い起こさせる桜の花を目にするのはつらかったが、庭に芽生えた桜の木だけは息子とつながり合えるように思えていとしい。

 位子さんは、この桜を事故現場のマンション付近に植樹してくれるよう、JR西日本に頼んでいる。「息子が最期を迎えた場所に花を手向けるつもりで植えたい」と語る。事故から10年。人々の記憶も薄れ始めた。「親戚や友人が毎年4月25日に現場を訪ねた時、この桜を見て孝広のことを思い出し、事故を語り継いでもらえたらうれしい」と思う。【大森治幸】


【JR脱線事故10年】 現場の声「娘の死を無駄にしない」「それぞれの10年過ごした」
 事故の遺族らは25日、さまざまな思いを抱いて現場を訪れた。

 「10年たったことが信じられない。まだ、現実が受け入れられない」。長女の中村道子さん=当時(40)=を失った大阪市城東区の藤崎光子さん(75)は悲痛な胸の内を打ち明けた。「娘の死を無駄にしないためにも、JR西日本には安全な企業になってほしい」

 大学生だった長女の容子さん=同(21)=を亡くした兵庫県三田市の奥村恒夫さん(67)は「事故に関連する裁判を多く傍聴し、再発防止には企業に刑事責任を問えるような仕組みが必要だと感じた。法整備のために活動を続けたい」と話した。

 2両目で右足首を骨折するなどし、「最後の乗車位置」を探す活動に取り組んできた同県多可町のイラストレーター、小椋聡さん(45)は事故直後にいた線路脇に花を供えた。「この10年、僕なりに一生懸命生きてきた。これからも自分にできる方法で事故に向き合い続けたい」。小椋さんを支えた妻の朋子さん(46)は「わずか数秒の差で主人は助かったのだなと改めて感じた。生かされていることを当たり前でなく幸せなことだと思って、1日1日を大切に過ごしたい」とかみしめるように話した。

 1両目で全身に打撲を負った同県西宮市の団体職員、木村仁美さん(31)は「事故後、横たわって見ていた青空にそびえるマンションを見るのは今年で最後かと思った」と語った。


【JR脱線事故10年】 母親を亡くした西野勝善さん 形見のはさみを手に、理容店継ぐ…「母親に負けないよう店を支える」
 「これからも仕事をがんばるよ」。事故で母の節香さん=当時(63)=を失い、兵庫県西宮市で理髪店を営む西野勝善さん(45)は午前8時すぎ、父の道晴さん(75)とともに現場を訪れ、白い花をささげた。

 明るい母だった。3人で切り盛りしていた店で、節香さんは客に気さくに話しかけ、笑顔が絶えなかった。女性らしく柔らかなカットが人気で、常連客も多かった。理容師の先輩として学ぶことは多く、乗り越えるべき「ライバル」のような存在だった。

 定休日だった事故当日。節香さんは「友達と大阪に買い物に行く」と言って、出掛けた。「車で送ろうか?」。勝善さんが聞くと、「電車の方が安全やから」と断られた。それが最後の会話となった。節香さんは快速電車の2両目に乗り、事故に遭った。

 勝善さんは節香さんの安否を確かめるため、道晴さんとともに病院を回った。「(節香さんが)おらんことを確認しにいこうや」。道晴さんにそう言って出向いた尼崎市の遺体安置所で節香さんと対面。頭が真っ白になった。

 ショックで仕事が手につかなかった。ただ、自分以上に落ち込む道晴さんを励ましたかった。「いつまでも悲しみを引きずって暗い顔をしていたらあかん。店を開けなきゃお客さんに悪いやん」。事故から1週間後、店を再開。その日から、節香さんが愛用していたはさみを使っている。

 事故後、ある常連客に「静かになった」と言われた。悲しい気持ちがこみ上げるとともに、節香さんの明るい接客が客を呼び込んでいたことを知った。口下手だったが、客と積極的にコミュニケーションをとるようにした。「髪を切るだけが理容師の仕事じゃない」。生前、節香さんが言っていた言葉の意味が改めて分かった。10年たった今でも、節香さんが担当していた常連客が訪れる。

 店では、節香さんが「髪の保湿にいいから」とこだわった高価なシャンプーやリンスを変わらず使い続けている。「笑顔で気持ちよく帰ってもらいたい」。客を大切にする節香さんの思いは勝善さんに受け継がれている。

 昨年4月、勝善さんは道晴さんに代わって店主を受け継いだ。「早く妻を追い抜いて、店を繁栄させてもらわないと」。道晴さんは期待を込める。

 節香さんの10回目の命日。勝善さんは「母親に負けないように自分が店を支えていく」と改めて誓った。(小松大騎)


【JR脱線事故10年】 追悼慰霊式に初めて出席した負傷者の岡崎愛子さん 大好きな犬とかかわる仕事に…「今日を何かのきっかけに」
 かけがえのない家族を奪われた遺族、そして心身に深い傷を負った負傷者は、悲しみ、苦しみを抱えながら、10年の歳月をひたむきに歩んできたのだろう。25日、乗客106人が犠牲になったJR福知山線脱線事故から10回目の追悼の日を迎えた。絶望のふちに沈んだままの人がいる。静かな決意を胸に秘め、前へと歩み始めた人もいる。さまざまな人たちがなくしたものの大きさをかみしめ、亡き人をしのんで手を合わせた。

 事故で車いす生活を余儀なくされた負傷者の岡崎愛子さん(29)=東京都港区=は、追悼慰霊式に初めて出席した。動かせるのは腕と指先、首から上の部分だけ。この10年、明るく生きてきたつもりだが、事故のことはどこかで避けてきた。気持ちが変わった理由は、大好きな犬にかかわる仕事を始めたこと。「事故にとらわれていたくない」と語り、静かに犠牲者を悼んだ。

 「やっぱり犬と遊ぶのは楽しい」

 3月22日、神戸市東灘区・六甲アイランドの広場。ディスクを投げて犬にキャッチさせる「フリスビードッグ」の大会に出場した岡崎さんの笑顔が弾けた。

 パートナーは愛犬の「ダイナ」。手全体に力が入らず、人さし指と中指でディスクを挟んで腕を伸ばす。10メートルほどしか飛ばせないが、ダイナは全力でディスクを追いかけ、口でキャッチした。「よくやったね」。車いすに座るひざにディスクを置こうとする愛犬の頭をそっとなでた。

 同志社大2年だったあの日、自宅近くの川西池田駅(兵庫県川西市)から快速電車に乗った。尼崎駅手前のカーブにさしかかったとき、大きな衝撃とともに、体が吹き飛ばされた。真っ暗で悲鳴が響く車内。呼吸できずただ息苦しかった。

 一命は取り留めたが、体から自由を奪われた。歩くことさえできず、「死んだ方がまし」と悔し涙を何度も流した。それでも「どんな状態でも生きていてほしい」という家族の願いを受け入れ、負傷者の中で最長となる377日間の入院生活を終えるころには「できないことを嘆くより、できることを見つけていこう」と思えた。

 平成20年に大学を卒業し、大手電機メーカー「ソニー」に就職して上京。ただ、ヘルパーに手伝ってもらいながら出勤前の身支度に1時間半もかかり、同僚と同じように残業する生活が徐々に辛くなった。そのとき、「自分に素直になろう」と高校生のころまで憧れた大好きな犬にかかわる仕事を始めることを決断。昨年2月、6年間勤めたソニーを退社した。

 今年3月、犬の飼い主をサポートする事業を始めた。今月には愛犬や事故のことをまとめた自伝「キャッチ! JR福知山線脱線事故がわたしに教えてくれたこと」(ポプラ社)も出版し、事故を避ける気持ちが消えた。

 岡崎さんは言う。

 「前を向いてすべてを受け入れていきたい」(竹内一紘)


【JR脱線事故10年】 「人生は竹のようなもの。節目が肝心」母を亡くした中村海里さん、料理人を目指し修行の日々
 「一人前の料理人になるよう頑張るので、ずっと見守っていてください」。母の道子さん=当時(40)=を失った大阪市中央区の中村海(かい)里(り)さん(24)は、10年前に事故が起きた時間と同じ午前9時18分、事故現場で静かに祈りをささげた。父、重男さん(57)の居酒屋を継ぐことを決意し、日本料理店で修業している。亡くなる前夜に母が教えてくれた言葉を胸に刻み、精進することを誓った。

 料理人を目指したのは、事故から6年が過ぎた大学3年だった。父が営む、大阪市中央区の居酒屋「ながほり」でアルバイトをしていたとき、料理と酒を堪能する常連客と楽しそうに会話を交わす父の姿がまぶしく映った。

 「おやじのような料理人になりたい」。突然の告白を、父は手放しで喜んだ。

 だが、早朝から深夜まで休みなく働き続ける父を一番近くで見ていた母は違った。生前、口癖のように「料理人にだけはならないで」と一人息子の海里さんに話していた。「だから、母さんの墓前に報告したとき、思わず『ごめん』とつぶやいた」

 10年前のあの日の朝のことは今も覚えている。中学3年生だった。当時住んでいた兵庫県川西市の自宅から学校に行こうとしたところ、母に「ちょっと待って。お弁当」と呼び止められた。慌てて弁当を受け取ると、笑顔を浮かべてエプロン姿で見送ってくれた。

 この後、母は大阪府内にある祖母の印刷会社に出勤するため乗り込んだ快速電車で事故に遭い、帰らぬ人となった。

 大学で管理栄養士の資格を取り、卒業後、京都の農家や静岡の酒蔵などで修行を積んだ。ミシュラン一つ星を獲得した父の勧めで、昨年5月から大阪市内の日本料理店で働き始めた。

 だが、まだまだ修業の身。厨(ちゅう)房(ぼう)には誰よりも朝早く入って下準備に取りかかり、夜は後片付けを済ませて、一番遅く店を出る。先輩に怒られることもある。そんな辛いとき、いつも思い出すのが母の言葉だ。

 「人生は竹のようなもの。節目が肝心。節目で頑張らなければ、伸びていけない」

 事故前夜に家族3人で囲んだ夕食で、受験を控えた海里さんに説き伏せるように教えてくれた。働きながら、教員免許を取った努力家の母。今だからこそ、その言葉を受け止められる。

 事故現場には父と2人で訪れた。「必ず立派な料理人になり、天国の母さんを納得させたい」。そう決意した。(猿渡友希)


尼崎脱線事故10年:「忘れてはいけない」 救助活動に協力、大成中で追悼式 /兵庫
 JR福知山線脱線事故から25日で10年となることから、事故現場近くにある尼崎市立大成中学校で24日、追悼式が開かれた。

 同校は事故当時、グラウンドをヘリポートとして提供するなどして救助活動に協力した。同校では、翌年から生徒が毎年現場を訪れて献花している。式では、庄司幸三校長が「救助に参加した学校として、事故を忘れてはいけない。みなさんも命を大切にしてください」と語り、体育館に集まった約590人の生徒たちは真剣な表情で聴き入った。その後犠牲者に黙とうした。

 また、各学年の代表計6人が事故について、それぞれの思いを発表した。母親から事故について聞いた、という1年の村上果穂さん(12)は「自分たちのような若い世代に何ができるかをこれからも考え続けたい」と語った。また、2年の女子生徒は「学校の近くで起きた事故なので、他人ごとには思えない。命を大切にして生きていかなければと思う」と誓った。また、3年の樫本史華さん(15)は「遺族のことを考えると、生き続けることが、この世に生を受けた私たちのつとめだと感じた」と話していた。【米山淳】


JR福知山線脱線:10年 被害者ら慰霊式へ 自分の足で一歩 筋肉損傷の女性「生き残った責任」
 兵庫県尼崎市で2005年4月に起きたJR福知山線脱線事故は、25日で発生から10年となった。足などに重傷を負った玉置富美子さん(65)=兵庫県伊丹市=は25日朝、事故後初めてつえなどの助けを借りず、歩いて追悼慰霊式に出席した。あの日以来、足が痛んで歩くのが嫌で仕方なかった。生き残ったことを悔やんだ日もあった。だが、今年初めに受けた手術が成功して痛みが和らぎ、リハビリを重ねた。「自分の足で歩くことがこんなに楽しいなんて」。自宅玄関の扉を開け、軽やかに一歩を踏み出した。

 玉置さんは、手術後のリハビリなどでまだ入院中で、前日に一時帰宅した。兵庫県尼崎市である式典に参列した後、事故現場近くで花を手向ける。犠牲者を悼むため毎年この日に現場を訪れるが、昨年まではつえ代わりのキャスター付きバッグが必要だった。

 10年前、事故列車の3両目に乗っていた玉置さんは、「いつもより速い」と不審に思った瞬間、衝撃とともに車外に放り出された。頭から血が流れ、左足首の筋肉がえぐれた。右側の頭部から頬にかけて長さ約25センチの深い傷痕が残り、神経が切断されたため何度も手術を受けることになった。「死んだ方が良かった」と沈む日もあったが、医師から「傷があと5ミリずれていたら右目は失明していた」と告げられた時、運命の重さを思い、「生き残った責任がある」と気を取り直した。

 だが、事故から2年たって左足に激しい痛みが走り始める。階段は体を横に向けないと上れず、体を支えるキャスター付きバッグがないと歩けない。左足をかばっていると、腰や右膝も痛み始めた。

 苦しみ続けていた昨年6月、神経治療に実績のある奈良市内の病院を、かかりつけの医師に紹介されて状況が変わる。左足首は事故のため筋肉と癒着した神経が傷つき、事故列車の破片の鉄粉も大量に残っていた。神経の状況を改善させるため、今年1月下旬に奈良市内の病院で手術を受けた。難手術だったが成功した。

 痛みが和らいでも、長いブランクで歩き方を忘れていた。手足を出すリズムが分からない。それでも「節目の日に、現場を訪れる人たちに自分の足で歩く姿を見てほしい」とリハビリを重ね、今では病院の周りなど1日1万歩以上歩ける。

 犠牲者の無念を思うことでここまで頑張れた。「事故を語り継ぐことが自分の責任」とも思う。「どんなに苦しくても希望を捨てないでほしい」。同じような苦しみを抱える多くの人に、そう言葉をかけたい。【米山淳】
 ◇車内アナウンス「安全心に刻む」

 事故が起きた時刻の直前に事故現場付近を通過したJR福知山線快速電車では「私たちはこの事故を心に刻み、安全運行に努め、お客様から安心と信頼をいただけるよう全力を挙げて取り組んでまいります」とアナウンスが流れた。電車が現場マンションにさしかかり、時速約25キロに減速して警笛を鳴らすと、黙とうしたり外を見つめたりする乗客もいた。【椋田佳代】
 ◇所持品1000点、残されたまま

 脱線事故現場からは、犠牲者や負傷者らの所持品約2300点が回収された。思い出の詰まった品で、事故の悲惨さを物語る証拠だが、遺族や所有者らの元に戻ったのは半数だけだ。

 JR西日本によると、当時の乗客や家族らから照会があった場合、写真を見てもらうなどし、該当すれば返還する。しかし、ここ数年は持ち主の元に返った品はなく、照会もない。身につけていたものを家族が知らないこともあるとみられる。

 JR西は一点ずつ真空パックに入れて現場付近で保管し、「できるだけ当時の状態のまま返したい」としている。【田辺佑介】


JR福知山線脱線:10年、悲しみを優しさに 大切な人を亡くした人たちを、応援していきたい 原口佳代さん
 ◇夫を亡くした音楽講師、原口佳代さん(55)

 兵庫県尼崎市で2005年4月、乗客106人と運転士が死亡、562人が負傷したJR福知山線脱線事故は25日、発生から10年となった。歳月の経過とともに、被害者の間からは事故の風化を心配する声が出始めている。悲劇を繰り返さないため、鉄道の安全を守るため、事故をどう語り継ぐのか。いえぬ悲しみを抱えながら歩む被害者の姿が、社会に問いかけている。

 脱線事故の遺族で音楽講師の原口佳代さん(55)=兵庫県宝塚市=はこの春、音楽と語りを通じて悲しみをいやし、命の大切さを伝える活動を友人と始めた。夫の浩志さん(当時45歳)を失って10年。この間に亡くなった母をはじめ多くの人に支えられてきた。踏み出した一歩は「夫や母たちへの感謝であり『恩返し』」だと思う。

 外出を見送った浩志さんが事故に遭ったのは、その約20分後のことだった。夫婦2人で暮らしてきた我が家で突然一人になった。支えてくれたのは母の平岡淳子さんだった。大阪から引っ越し同居してくれた。

 2008年2月、大好きな歌手のさだまさしさんのコンサートに誘われた。背中を押すような歌声。帰りの車中で涙があふれた。悲しみをいやし続けてくれた母もその1年後、脳腫瘍を患い75歳で逝った。「看病から自宅でみとるまで母と濃密な時間を過ごしました。これは夫の贈り物なんやと感謝しました」

 11年3月11日の東日本大震災。数カ月後、津波で楽器をなくした吹奏楽部などの高校生に、楽器を贈る活動を知った。人ごととは思えず、夫が趣味で愛用してきたドラムセットを自らのトランペットと一緒に宮城へ送った。大切な遺品だったが、「夫だったらそうしていたはずだから」。

 この年、夫の七回忌、母の三回忌を迎えた。その頃になると「浩志君も母も、いつも傍らで見守ってくれている」と思えた。人の温かさや優しさに感謝が膨らんだ。

 「災害であれ事故であれ、大切な人を突然亡くして悲しみにある人たちを応援したい」。そんな思いから、昨年4月に心療カウンセラーの資格を取った。

 この春友人2人とつくったグループは「虹色の音(おと)」と名付けた。悲しみを抱える人と人との心の懸け橋になりたいという思いを込めた。友人のピアノに合わせて原口さんが自らの体験を語り、歌を歌う。3月には夫が眠る寺で歌った。6月にも活動する。

 25日朝、自宅の仏壇に手を合わせた後、事故現場で花を手向けた。「ありがとうね。見守ってね」。そう夫に呼びかけた。「この10年、毎月25日にここを訪れてきたけれど、一番悲しみが少なかった。浩志君はどこかに行っちゃったんじゃなくて、心の中にいるのがはっきりと確認できたからだと思います」と、柔らかな表情で青空に目をやった。

 「私に注がれてきた人の温かさや優しさを誰かに分けてあげたい」と思う。4年前の東日本大震災や昨年夏の広島の土砂災害の被災遺族……。虹色の音の活動を通じて悲しみを少しでも和らげたい。「そう思えることが夫と母が私にくれた宝物。大切にしたい」【高尾具成】
 ◇「二度と繰り返させぬ」 追悼式

 JR西日本主催の追悼慰霊式は午前9時過ぎに尼崎市総合文化センターで始まり、遺族ら1179人が参列した。

 事故発生時刻の午前9時18分に全員で黙とうをささげ、政府代表の北川イッセイ副国土交通相が「事故を二度と繰り返さないよう、鉄道事業者に自覚を促し、国民が安心して利用いただけるよう全力を挙げる」と決意を語った。

 JR西の真鍋精志社長は「10年が経過したが、多くの皆さまの命を奪い、けがをさせてしまった事実と責任は変わらない。安全な鉄道を作り上げる努力を継続することが、加害者としての責務だ。申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 その後、夫を亡くした岡由美さんがスペインの作曲家の「トリーハ(哀歌)」をギターで演奏した。遺族代表による「慰霊のことば」は、希望者がおらず2年ぶりになかった。

 またこの日、JR西元社長の垣内剛氏と山崎正夫氏も事故現場で献花し、式典に参列した。

 JR西は今年3月、事故現場について、マンションの1〜4階を階段状に残し、アーチ状の屋根で覆う整備計画をまとめている。今年度中に着工する方針で、事故当時の姿が残るなかでの追悼の日は今年が最後になる可能性が高い。【生野由佳、木村健二】

==============

 ■ことば
 ◇JR福知山線脱線事故

 2005年4月25日午前9時18分、兵庫県尼崎市のJR福知山線塚口−尼崎間で、快速電車(7両編成)が制限速度70キロの右カーブ(半径304メートル)に時速約116キロで進入し、一部が脱線し線路脇のマンションに激突した。乗客106人と運転士(当時23歳)が死亡、562人が重軽傷を負った。国土交通省航空・鉄道事故調査委員会(現運輸安全委員会)は、運転士のブレーキのかけ遅れが原因と推定した。背景として、JR西日本による乗務員への厳しい再教育や、速度超過を防ぐATS(自動列車停止装置)の未設置が指摘された。神戸地検は、山崎正夫元社長を業務上過失致死傷罪で在宅起訴したが、その後無罪が確定した。さらに山崎氏以前の歴代3社長も、遺族から検察審査会への申し立てを受けて同罪で強制起訴されたが、1、2審とも無罪判決が言い渡された。指定弁護士が上告している。


福知山線脱線10年:「風化させぬ」…尼崎で慰霊式
 兵庫県尼崎市で2005年4月、乗客106人と運転士が死亡、562人が負傷したJR福知山線脱線事故は25日、発生から10年となった。歳月の経過とともに、被害者の間からは事故の風化を心配する声が出始めている。悲劇を繰り返さないため、鉄道の安全を守るため、事故をどう語り継ぐのか。いえぬ悲しみを抱えながら歩む被害者の姿が、社会に問いかけている。
 ◇1179人が参列

 JR西日本主催の追悼慰霊式は、午前9時過ぎに尼崎市総合文化センターで始まり、遺族ら1179人が参列した。

 事故発生時刻の午前9時18分に全員で黙とうをささげ、政府代表の北川イッセイ副国土交通相が「事故を二度と繰り返さないよう、鉄道事業者に安全確保への自覚を促し、国民が安心して利用いただけるよう全力を挙げる」と決意を語った。

 JR西の真鍋精志社長は「10年が経過したが、多くの皆さまの命を奪い、けがをさせてしまった事実と責任は変わらない。安全な鉄道をつくり上げる努力を継続することが、加害者としての責務だ」と述べた。

 その後、夫を亡くした岡由美さんがスペインの作曲家の「トリーハ(哀歌)」をギターで演奏した。今回は遺族代表による「慰霊のことば」は、希望者がおらず2年ぶりになかった。

 事故現場についてJR西は今年3月、マンションの1〜4階を北側から階段状に残し、建物をアーチ状の屋根で覆う整備計画をまとめた。

 刑事裁判は続いている。業務上過失致死傷罪で強制起訴された井手正敬、南谷昌二郎、垣内剛の歴代社長3氏に対し、大阪高裁は3月、1審に続いて無罪判決を言い渡したが、指定弁護士は最高裁に上告した。

 この日、元社長の山崎正夫氏と垣内氏は事故現場で献花した後、追悼慰霊式に出席した。【生野由佳、木村健二】
 ◇JR福知山線脱線事故◇

 2005年4月25日午前9時18分、兵庫県尼崎市のJR福知山線塚口−尼崎間で、快速電車(7両編成)が制限速度70キロの右カーブ(半径304メートル)に時速約116キロで進入し、一部が脱線し線路脇のマンションに激突した。乗客106人と運転士(当時23歳)が死亡、562人が重軽傷を負った。国土交通省航空・鉄道事故調査委員会(現運輸安全委員会)は、運転士のブレーキのかけ遅れが原因と推定した。背景として、JR西日本による乗務員への厳しい再教育や、速度超過を防ぐ自動列車停止装置(ATS)の未設置が指摘された。神戸地検は、山崎正夫元社長を業務上過失致死傷罪で在宅起訴したが、その後無罪が確定。山崎氏以前の歴代3社長も、遺族から検察審査会への申し立てを受けて同罪で強制起訴されたが、1、2審とも無罪判決が言い渡された。指定弁護士が上告している。


脱線事故10年/安全追求の歩み止めるな
 乗客ら107人が亡くなり、約500人が負傷した尼崎JR脱線事故から、きょうで10年になる。

 乗客の多くは普段と変わらずに家を出て、仕事や学校などへと向かう途中だった。夜勤明けで家路を急ぐ人もいたかもしれない。

 事故は、そんな日常を一瞬にして奪い、人々の未来を変えた。

 遺族や負傷者はこの10年、愛する者の死、体や心に負った傷と向き合ってきた。「地獄のようだった」。長女を亡くした女性はそう振り返る。掛ける言葉すら見つからない。

 悲しみや苦しみを抱えながらも遺族らが訴え続けてきたのは、JR西日本が安全最優先の企業へと生まれ変わることだった。悲劇は繰り返さないとの願いからだ。

 安全の追求こそが、被害者や遺族らの思いに報いる道である。

 事故では、民営化以降、利益や効率性を優先してきたJR西の企業体質が批判を浴びた。余裕のないダイヤ編成や、ミスを犯した乗務員に対する懲罰的な教育(日勤教育)などは事故の遠因と指摘された。

 JR西は事故後、安全関連の投資を以前より年平均4割程度増やしてきた。事故の芽を摘むため、ミスについては責任追及から原因究明重視へ転換。軽微なものは処分対象から外し、報告を促す形に改めた。

 遺族や専門家らの提言を受け、新たに安全管理体制を第三者機関が評価、公表する仕組みも取り入れた。「変わりつつある」と感じる遺族も少しずつ増えてきているようだ。

 真鍋精志社長は「安全の取り組みに完成はない」と話す。その言葉通り、歩みを止めてはならない。

 同時にこうした取り組みを発信するのも責務だ。鉄道をはじめ公共交通の事故やトラブルは後を絶たない。JR西の経験や教訓を共有し、安全確立に生かさねばならない。

 JR史上最悪の惨事は、運転士のブレーキ操作の遅れが直接の原因とされる。そこに至る経緯は、航空・鉄道事故調査委員会(現・運輸安全委員会)の報告書でも触れているが、同僚や家族らの証言に基づいた推測の部分も少なくない。

 再発防止や安全対策は、事故原因の全容解明の上に成り立つ。

 運転士に何が起きたのか。事故はなぜ防げなかったのか。10年という節目を機に、過去の調査内容の検証も考えるべきだ。

ドイツ旅客機墜落から1ヶ月/自分にイライラして赤ワイン

ブログネタ
フランス語 に参加中!
gorgeous

Japon: Mon guichetier est un robot
De notre correspondant à Tokyo
Ils ne pourraient pas être plus différents. Aiko Chihira mesure 1,65m, porte un kimono et dans le grand magasin Mitsukoshi, où elle accueille le chaland, on pourrait la confondre avec une employée humaine. Nao, lui, mesure 58 cm. A l’aise dans son armure de métal pour parler aux clients de la banque Tokyo Mitsubishi, il se tient sur deux jambes mais ne tente pas de ressembler à un homme. Ces deux robots de service, plus habitués à être exhibés dans des foires d’exposition, ont fait leur entrée dans la vie quotidienne des Tokyoïtes ces deux dernières semaines.
Aiko et Nao campent de part et d’autre de la ≪vallée dérangeante≫ (uncanny valley), théorisée par le japonais Masahiro Mori: d’un côté, un robot dont l’apparence est très lointaine de celle de l’homme. De l’autre, une imitation presque parfaite d’un humain. Toute créature qui se situe entre les deux créé chez nous un malaise, selon la théorie du scientifique.
15 moteurs sous le visage
La présence de ces robots dans deux vénérables établissements de l’économie japonaise peut paraitre incongrue, mais elle n’a rien d’un hasard. Affublée d’un kimono d’été, Aiko Chihira semble à l’aise au milieu de la clientèle huppée et agée du grand magasin Mitsukoshi, fondé en 1673. L’androïde fabriquée par Toshiba a été invitée pour incarner une valeur chère aux commerçants nippons: l’accueil. ≪L'installer chez Mitsukoshi, qui représente le nec plus ultra de l'hospitalité japonaise, est une excellente occasion de voir quel rôle notre humanoïde pourrait jouer dans un tel environnement≫, explique Hitoshi Tokuda, un responsable de Toshiba, qui a conçu le robot.
L’intégration semble réussie: pendant que la jeune femme (elle dit avoir 32 ans) de métal et de silicone annonce diverses opérations commerciales, mettant en mouvement les 15 moteurs qui articulent son visage, la clientèle se fait prendre en photo avec elle ou passe devant sans remarquer qu’elle n’est pas tout à fait une humaine comme les autres.
Accueil des clients en 19 langues
Au siège feutré de Tokyo Mitsubishi, l’une des principales banques du pays, où Nao est installé depuis la semaine dernière, le robot fabriqué par le Français Aldebaran est encore en phase de test. Installé sur un piédestal à cause de sa petite taille, le robot est flanqué de trois personnes qui veillent sur sa santé mécanique, et assurent l’interface avec les clients intrigués qui tentent d’échanger quelques mots avec la machine.
Contrairement à Aiko, Nao est conçu pour communiquer directement avec la clientèle et lui présenter divers services bancaires. Il comprend des phrases courantes et est programmé pour répondre en 19 langues, une compétence dont la banque espère tirer tous les bénéfices quand les clients étrangers afflueront à l’horizon des Jeux olympiques de Tokyo, qui auront lieu en 2020: ≪S’il y a des clients qui ne parlent ni japonais ni anglais, Nao pourra faire une première "consultation" avec eux, assure Tadashi Betto, responsable des initiatives technologiques pour la banque. On pourra alors leur ouvrir un compte ou les aider dans leur démarche de façon fluide.≫ Si l’intrépide androïde manie déjà à merveille les formules de politesse japonaises, on attendra encore un peu pour lui confier ses finances.

Aiko Chihira, androïde et hôtesse d'accueil 20Minutes
フランス語
フランス語の勉強?

かんさい熱視線「癒えぬ悲しみを抱えて〜JR福知山線脱線事故から10年〜」
2005年4月25日に起きた、JR福知山線脱線事故。
乗客ら107人が死亡し562人が負傷した。
通勤や通学、そして待ち合わせの場所へ。
たまたま「いつもの電車」に乗り合わせただけの人たちが事故に遭遇した。
突然、日常を断ち切られた遺族や負傷者たち。
失った一人娘のために事故原因を追究し続けてきた人。亡きわが子への想いを日記に綴り続けてきた人。
事故の後遺症に悩まされながらも懸命に生きる人。
それぞれの10年の歩みを見つめる。


阪神教育闘争の日です.そしてドイツ旅客機墜落から1ヶ月です.副操縦士が精神的な病を抱えていたようですが,真相がすべて明らかになったとはいえません.ただ精神的な病の会社への報告義務には反対です.
自分にイライラしています.仕方ないので安い赤ワインを買ってきました.

<祈りと震災>(35)生の尊さ忘れないで
 「神も仏もない」。がれきで覆われた集落を見て、子どものように泣きじゃくった。
 東日本大震災から100日後、和田乙子(おとこ)さん(85)は、釜石市鵜住居町の自宅跡にやっと立つことができた。
 津波で町内会の仲間ら200人以上を失った。自宅を流されたが、震災発生時は市内の高齢者専用アパートにいて難を免れた。心の整理をつけ、自宅があった場所を見に行くのに3カ月以上かかった。
 「あの時と同じ」。1945年の光景が重なった。太平洋戦争末期、米英連合軍艦隊の艦砲射撃を2度受け、廃虚と化した釜石の市街地だ。

 最初の射撃があった7月14日。大槌高等女学校1年の和田さんは日本製鉄(現・新日鉄住金)釜石製鉄所の工場にいた。学徒動員で駆り出され、れんがを運んでいた。
 昼すぎ、サイレンが響いた。同級生ら約50人と近くのトンネルに逃げ込んだ。
 高さ約2メートルの空間。太平洋沖からの砲撃が続いた2時間以上、死がそばにあった。
 ドガン、ドガン、ドガン。
 ごう音が至る所を襲う。
 今落ちるぞ。今死ぬのか。
 恐怖が全身を貫き続けた。
 砲撃がやみ、トンネルを出た。直撃を受けた防空壕(ごう)から死体が担架で運び出された。歩いて鵜住居の自宅に向かう途中、地面に手や足が落ちていた。
 2度の攻撃で降り注いだ砲弾は5340発以上。死者は750人以上、3000軒近くが全焼した。
 戦災から長い歳月を経て、釜石では震災が再び多くの命をさらった。目に映る惨状は似ているが、悲劇の本質の意味合いは違うと感じている。
 「震災は天がやったことで避けられず、恨むことはできない。戦争は人が起こすもの。絶対に止められるし、絶対に許されない」

 釜石医師会の事務員を勤め上げた後、和田さんは震災前まで約20年間、市内外の小中高校で戦争体験の語り部を続けた。「青春を奪われたあのころと同年代の若者を戦地に送りたくない」。戦争のむごたらしさと愚かさを説いた。
 語り部として訪ねた学校の子どもたちの感想文を基に反戦の本を出そうと考えていた。だが自宅で大切にしていた段ボール約10箱分の原稿を津波に奪われてしまった。
 自然が相手の震災は諦めがついても、戦争への思いをつづった感想文を失ったことは諦められない。「悔しくて死にきれない」と無念がる。
 戦後70年。記憶の継承が危ぶまれる。声を荒らげる。
 「あの光景が頭から消えないんだから、私の中で戦争は終わっていない。忘れてほしくない。泣きたくなるよ」
 二つの大きな災い。多くの死が刻んだ生の尊さ。風化にあらがい、叫びを重ねる。


復興事業の全額国費 4県知事が継続を要望
 東日本大震災で被災した青森、岩手、宮城、福島4県の知事は23日、政府や与党に対し、震災復興事業について特例的な財政支援の継続を求めた。
 官邸では菅義偉官房長官と会い、2015年度までの集中復興期間を延長した上で、事業費の全額国費負担の継続を訴える要望書を手渡した。要望では16年度から20年度までの5年間に必要な復興事業費が、4県で少なくとも計8兆3900億円になるとの試算を示した。
 面会は非公開。菅官房長官は「一部事業が地元負担となっても過度の負担にはならないよう検討しているので安心してほしい」との趣旨の返答をしたという。
 復興庁では、竹下亘復興相が16年度以降の5年間を「後期復興期間」と表現し、基幹事業についての国の対応を約束。その上で、地元負担について調整を進めたい意向を示したという。
 政府の方針について村井嘉浩宮城県知事は「地元負担は一方的に押し付けないという話で、われわれの考えと大きな違いはない」と振り返り、「相いれない部分もあるが、ここで立ち止まってはいられない。今後、個別事業について国費かどうか調整したい」と述べた。
 達増拓也岩手県知事は「復興予算の確保についてかなり配慮されていると感じた。地元負担は議論を続け、現場の実態に合う結論を導きたい」と話した。
 三村申吾青森県知事、内堀雅雄福島県知事もそれぞれ、「ハード面ではない産業の再生も復興に果たす役割が大きいことを国に訴えたい」「原発事故由来の事業の範囲も明確ではなく、国と協議の上、財源確保に努めたい」と語った。


<BRT>前谷地まで延長、鉄道と並行運用
 JR東日本仙台支社は23日、東日本大震災で被災した気仙沼線の柳津(登米市)−気仙沼駅間(55.3キロ)で代替運行しているバス高速輸送システム(BRT)を、6月27日から前谷地駅(石巻市)まで延長運行すると発表した。
 前谷地−柳津間は現在、鉄道が運行しており、今回の延長でBRTとの並行運行となる。仙台支社は「気仙沼から石巻や仙台方面に向かう場合などに乗り換え回数が減り、利便性が高まる」としている。
 前谷地−柳津間のBRT運行は県道を利用し、道路距離は約19.6キロ。同区間内の駅には立ち寄らない。所要時間は約35分。前谷地駅前に乗降場も整備する。現在運行している柳津−気仙沼間の1日15往復のうち、10往復分を前谷地−気仙沼間の便に振り替える。
 仙台支社は、5月30日の仙石線全線運行再開に合わせ、新たに東北線に乗り入れる「仙石東北ライン」のダイヤも発表した。特別快速、快速列車限定で1日上下14本運行。仙台発の下り終電時刻は午後8時23分、石巻発の上りは午後8時58分となった。
 このほか仙石東北ラインの開業に合わせ、仙台−石巻間、仙台−女川間で記念往復割引切符を販売する。


学びの大海原へ 高校生乗せ「宮城丸」が出港
 石巻市の宮城水産高(生徒403人)と気仙沼市の気仙沼向洋高(生徒356人)の生徒計35人を乗せた県の海洋実習船「宮城丸」(650トン)が23日、石巻市の石巻工業港を出港した。教官らの指導を受け、米ハワイ南西沖でマグロはえ縄漁などに取り組む。
 中島埠頭(ふとう)であった出港式には保護者ら約350人が駆け付けた。宮城水産高の亀山勉校長は「太平洋を学びの場に学校で学んだ知識を深めてほしい」と激励。同校海洋総合科3年の亀山匠さん(17)は「厳しい航海になるが、将来に役立つ技能を身に付け、人間的に成長して帰って来たい」と抱負を述べた。
 保護者らは船に乗り込んだ生徒たちに紙テープを渡し、「頑張れ」「気を付けて」などと声を掛けて見送った。孫娘が乗船する東松島市の木村和子さん(62)は「無事に帰ってきてほしい」と身を案じた。
 宮城丸は5月3日に漁場に到着し、実習を開始する。6月18日に気仙沼港でマグロを水揚げし、同19日に石巻工業港に戻る。


遺族側“他校は津波を予測”
震災の大津波で犠牲になった石巻市の大川小学校の児童の遺族が、市と県に損害賠償を求めている裁判が、24日開かれ、遺族は「ほかの学校では津波を予測し、生徒の命を助けている」と述べた一方で市側は「津波を想定できなかったのはやむをえない」と主張しました。
石巻市の大川小学校では、東日本大震災の津波で74人の児童が犠牲になり、このうち23人の児童の遺族が石巻市と宮城県に対して1人あたり1億円、あわせて23億円の損害賠償を求めています。
24日、仙台地方裁判所で開かれた4回目の裁判で、遺族側は、当時6年生だった長男を亡くした今野浩行さんが意見陳述を行い「県内の公立学校で、先生の指示に従いながら多くの犠牲者が出たのは、大川小学校だけでした。ほかの学校では津波を予測して避難行動をとっていて生徒の命を助けています」と述べました。
一方で、市側は、提出した書面の中で「大川小学校は津波の避難場所に指定されていて、津波を想定できなかったのはやむをえない」と主張しました。
次回の裁判は8月3日に開かれる予定です。


【JR脱線事故】 あす、事故から10年…次女が重傷の三井さん、被害者を支え続ける
 兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故で、被害者を支え続けてきた女性がいる。同県川西市の三井ハルコさん(59)。事故で重傷を負った次女の花奈子さん(29)が搬送された病院で、多くの負傷者が苦しむ状況を見て、支援活動をすることを決めた。以来、負傷者の相談を受けたり、こころのケアを目的に負傷者の集まりを開くなどしてきた。同時に事故の風化を防ぐための活動もしている。25日で事故から10年。三井さんは「事故の被害者にとって、必死にもがき続けた10年だった。事故から立ち直るためには人のつながりが重要。私はつなぎ合わせる役割でありたい」と話している。

 平成17年4月25日。花奈子さんは通学のため、電車の2両目に乗り、事故に遭った。花奈子さんが搬送された病院に駆けつけた三井さんは、被害の大きさに愕然(がくぜん)とした。肺挫傷などのけがで苦しむ花奈子さんや、病院のベッドに横たわり、つらそうにうめき声をあげる男性…。多くの負傷者に、三井さんは「負傷者が力を合わせなければ」と思い、被害者を支える活動をすることを決めた。

 5月には川西市内を拠点に、被害者に向けて事故についての情報を発信したり、被害相談を受ける窓口を開設。6月には負傷者の心のケアを目的とした集まりを開き、以来月に1回のペースで開催している。さらに、18年には遺族や負傷者、支援団体などそれぞれの活動を調整する「思いをつなぐ連絡会」を結成するなどした。

 同時に、事故の風化を防ぐ活動もしている。21年には事故当日の快晴の空をモチーフに、負傷者がデザインした「空色の栞(しおり)」を制作し、毎年4月25日に配布。今年も25日に尼崎市内で配る。

 また、事故から10年となった今年は、負傷者やその家族らの手記を集めた文集を作成。今月19日には川西市内で開かれたシンポジウムにファシリテーターとして登壇し、命の大切さを訴えた。

 三井さんは「事故はきっかけに過ぎない。今後も被害者とともに歩んでいきたい」と話した。


【安全第一への軌跡】 (上)JR脱線事故の背景「日勤教育」 重圧の連鎖…「まさに見せしめ」労使対決? 行きすぎた“根性論”
 「あなたたちは、こういう事故を起こした会社に入ったのです」

 4月上旬、大阪府吹田市にあるJR西日本の研修施設「鉄道安全考動館」。乗客106人が犠牲となったJR福知山線脱線事故現場を忠実に再現した巨大ジオラマ模型がある館内で、元駅長で館長を務める二本松良樹(58)が新入社員に語りかけた。

 涙を浮かべ、展示された遺族らのメッセージを読む新入社員。今年入社した566人の大半は当時小・中学生だ。初めて目の当たりにする事故の現実に表情が青ざめ、その場で倒れ込む人も毎年いるという。

 未曽有の事故の教訓を胸に刻み込む“通過儀礼”。新入社員研修で真っ先に組み込まれている日程だ。

 新入社員の一人は「尊い命を預かる責任を感じる。安全で信頼できる鉄道を築き上げたい」と語る。

 考動館は平成19(2007)年4月に開設。過去の鉄道事故の教訓を紹介している。安全を自ら考え、動く社員を育成したいという狙いが施設名にもなった。新入社員だけでなく、約3万人の全社員とグループ会社社員1万人以上が3年に1度受講。現在3巡目で、既に延べ約11万6千人が研修を受けた。

 今年1月には隣に若手社員が安全の仕組みを学ぶ「安全体感棟」も設置。駅員や乗務員、保線など配属先が多岐にわたる社員が担当外の安全設備を学び、疑似体験できる施設だ。意識付けが主体の考動館に対し、安全の実学を担う。

 二本松は「社員全員で『安全第一』の企業風土をつくっていきたい」と語る。

草むしりさせるケースも

 かつてのJR西の教育体系は、質的に全く異なっていた。その象徴が「日勤教育」。運転士らにミスがあった場合、所属する運転区や電車区の区長が必要に応じて実施する再教育だ。

 事故当時、JR西は「再教育を受けて立派な乗務員になった例もある」と主張した。しかし実態は懲罰に近く、個人の「責任追及」の意味合いが強かった。

 「まさに見せしめ」。日勤教育を受けたベテラン運転士の実感だ。電車の運転席から撮影した映像が流れるモニターを見ながら、延々と信号の指さし確認をさせられたという。草むしりをさせるケースもあった。

 加入率93・3%を誇る西日本旅客鉄道労働組合(JR西労組)の関係者は「『たるんでいるからミスをした』という根性論。再発防止効果がどれだけあったのか疑問だった」と語る。

 事故を起こした列車の運転士=死亡=は当日の大幅なオーバーランを過少報告するよう車掌に依頼。運転士になって2回目の日勤教育を恐れるあまり、車掌と輸送指令の無線やりとりに気を取られ、現場前のカーブでブレーキ操作が遅れたとみられている。

 ミスをした社員が懲罰的な日勤教育を受け、それが精神的な重圧となって別のミスを誘発する。その悪循環に陥っていたといえる。

 一方、加入率2・3%のJR西日本労働組合(JR西労)の関係者はこう打ち明けるのだ。

 「日勤教育の背景には労使対決があった。所属組合によって期間や内容に明らかに差があった」

民営化成功の陰に

 「運転士はクビだ」

 JR西元社長の山崎正夫(71)は鉄道本部長だった6年、踏切脱線事故を報告した社長(当時)の井手正敬(まさたか)(80)からこう激怒された。業務上過失致死傷罪に問われた自身の公判で明らかにした。

 「仕事に厳格」(JR西幹部)な井手の影響でミスに厳しい雰囲気が社内に醸成され、その延長線上に懲罰的な日勤教育があった。

 赤字ローカル線が多く、JR東日本・東海と比べて収益基盤が脆弱(ぜいじゃく)だったJR西。昭和62(1987)年4月の国鉄分割民営化後の副社長で、社長、会長を経て福知山線事故で相談役を退くまでワンマン経営者として君臨した井手は経営改革に邁進(まいしん)し、「民営化の成功モデル」といわれた。

 国鉄時代は労使関係がもつれ、末期にはストライキやサボタージュも横行した。評論家の屋山太郎(82)は「JRの成功は人事と賃金を握れるかどうかにかかっていた。JR西は日勤教育で労組を押さえつける側面もあったのだろう」とみる。

 国土交通省航空・鉄道事故調査委員会(当時)は平成19年、懲罰的な日勤教育が事故原因の背景にあったと指摘している。

日勤教育全面見直し

 「教育と懲罰は紙一重だった」。脱線事故が起きた10年前、国土交通省鉄道局で安全対策室長だった河合篤(61)は今、日勤教育の功罪をこう考える。

 対象となるミスの基準が不明確で、所属する運転区や電車区の区長の判断次第でどちらにも傾く。そんなあいまいな運用に、安全やミスの再発防止が委ねられていた。

 事故後、懲罰的な日勤教育は全面的に見直され、オーバーランや遅延など事故に至らないミスの大半は懲戒処分の対象から外れた。

 平成16年度には608件あった日勤教育は25年度には184件にまで減少。かつては5カ月間に及ぶ日勤教育もあったが、今では最長7日に短縮。内容も運転シミュレーターを使ったり、添乗指導したりする実践的なものに改めた。

 かつての日勤教育の内容が現場の区長らの判断が大きかったとされる点については、現在は運転士OBらを「指導監」に任命し、専門的な立場から再教育を行っている。

 河合は昨年10月、事故を教訓に設立され、鉄道の安全研究に取り組むJR西の安全研究所所長に就任した。自らを「事故の当事者」と表現。「安全研究は小さな事柄、改善の積み重ねだ」と、安全の実現を使命として背負う。

今も3割「個人責任追及」実感

 ただ、染みついた企業風土を変えるのは容易ではない。

 JR西労組が昨年秋、全組合員約2万8千人を対象に行ったアンケートでは、ヒューマンエラー(人的ミス)について27・1%が「原因究明が重視されているが、責任を追及する風潮もある」と回答。6・4%は「原因究明より責任追及が重視されている」と答えた。

 いまなお3人に1人が追及の重圧を感じ、まだ改善の余地があるという実態が浮かび上がった形だ。

 JR西と被害者が有識者を交えて事故を検証した「安全フォローアップ会議」は昨年4月、ヒューマンエラーについて「当該社員を処罰しないこと」を提言した。原因究明と再発防止を優先する狙いがある。

 この提言を受け、JR西は事故に至ったミスについても、故意性や悪質な要因がなければ懲戒処分対象から外す方向で検討に乗り出した。ミスを再発防止につなげる航空業界の仕組みに近い。今秋にも決定する方針だ。

企業風土改善が急務

 「最初の10年は収益優先で突っ走ってきた。事故やトラブルも起こっていた時期だった」。国鉄が昭和62年4月に分割民営化し、JRが発足してから10年間の状況を河合はこう見る。

 JR西では、ワンマン経営者で知られる井手正敬が強いリーダーシップを発揮し、経営を軌道に乗せた時期だ。その間、信楽高原鉄道事故(平成3年)など安全を揺るがす大惨事を含め、事故やトラブルは多発していた。

 それでもJR西はスピードアップと増発を繰り返す「収益優先」の姿勢を崩さず、ミスは日勤教育で防げる−という“思想”を見直すことはなかった。そして、ついに福知山線脱線事故に至るのだ。

 安全フォローアップ会議は昨年4月、最終報告書で「経営層は、安全確保よりも組織防衛を無自覚のうちに優先していたと指摘されても仕方ない」と断じた。

 現在、事故後に入社した社員は3分の1を超え、団塊世代の大量退職が進めばその比率は一気に高まる。「安全第一」の企業風土をどう構築するのか。次代を担う社員への安全教育こそが今後のJR西を占う生命線となるのかもしれない。

 鉄道の安全に詳しい関西大教授の安部誠治(62)=公益事業論=は言う。

 「何よりも安全が最優先と組織全体で共有し続けることが真の安全教育。安全にゴールはないのだから」     (敬称略)


【JR脱線事故10年】 長男・吉崇さんと約束のサロン 開設準備が進む 菅尾美鈴さん
乗客106人が犠牲になった兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故で、長男の吉崇さん=当時(31)=を亡くした神戸市東灘区の菅尾美鈴さん(66)が、多くの人が自由に集うことができるサロンの開設準備を進めている。吉崇さんが生前応援してくれた長年の夢。同県丹波市内に古民家を購入し、吉崇さんが好きだった絵本や愛用のソファも置いた。気持ちの整理がつけば開設するという。25日で事故から10年。菅尾さんは「訪れた人が気楽に過ごし、心を癒やす場にしたい。吉崇もここが気に入るはず」と話す。(猿渡友希)

 常に家族のことを気にかけ、穏やかで優しかったという吉崇さん。菅尾さんにとって「癒やしの存在」だったという。

 あの日、吉崇さんは同県川西市の自宅から大阪市内の会社に出勤するため電車に乗り、事故に遭った。菅尾さんは、吉崇さんの行方を探していた長女、美和さん(35)から連絡を受け、タクシーで尼崎市内の遺体安置所に向かった。

 吉崇さんは、事故の3年前に難病を患いながら奇跡的に回復していた。それだけに、「病気も乗り越えたのだから、大丈夫なはず」と信じられなかった。遺体と対面したときには、あまりのショックに体の震えが止まらなかった。

■「いい考えだね」 

 年を重ねるごとに、悲しみは膨らんだ。吉崇さんのもとに行きたいと何度も思った。「なぜ吉崇が?」と自問自答する日々が続いた。そして、「人々が利便性を求めすぎた結果、事故が起きたのではないか。心のゆとりが大切だ」と感じ、人々が気軽に集うことができる癒やしの場が必要だと考えるようになった。

 介護関係の職場で働いていた菅尾さんは、事故が起こる前から、老若男女問わず、多くの人が集える癒やしの場を作りたいと考えていた。事故の2年ほど前、京都へ旅行に行った際、吉崇さんにその思いを打ち明けると、「いい考えだと思うよ」と後押ししてくれた。菅尾さんは、吉崇さんと約束したサロンを開こうと決意した。

■古民家に愛用品

 6年ほど前、知人の紹介で、丹波市内の山間にある木造2階建ての古民家を購入。前には小川が流れる。春は桜が咲き、夏には蛍が飛ぶ。ゆったりとした時の流れの中で、季節の移り変わりを感じられる。

 古民家には、吉崇さんが好きだった絵本など約300冊と、愛用のソファや机を持ち込んだ。庭には畑があり、野菜を育てて、料理を作ることもできる。誰もが自由に訪れ、ほっこりできる場を提供したいとの思いを込めて「和み庵」と名付けた。

 いつかサロンで人を迎えることができたら、「あなたの分も、がんばって生きてきたよ」と吉崇さんに報告するつもりだ。事故後、吉崇さんの友人やJR西の担当社員ら多くの人から支えられ、歩んできた。菅尾さんは「サロンで、その恩返しができたら」と話すと、やさしくほほ笑んだ。


尼崎脱線事故10年:亡き妻の向上心、継ぐ 57歳料理人、息子と精進
 「どないや、ええ子に育ったやろ」。JR福知山線脱線事故で妻道子さん(当時40歳)を亡くした兵庫県川西市の中村重男さん(57)は、ほほ笑む妻の遺影に語りかける。事故当時中学3年生だった一人息子の海里(かいり)さん(24)は、父親の経営する居酒屋を継ぐために他店で修業中だ。努力家だった妻に恥じないようにと、自分も息子もこの10年歩んできたつもりだ。今の2人の姿を見せたい。妻に会いたい。思いが募る。

 大阪市中央区で居酒屋「ながほり」を経営する中村さんは、事故直後には14歳の息子に寄り添わなければと、店を畳むことも考えた。思いとどまらせたのは生前の道子さんの姿だ。働きながら大学の夜間部に通って教員免許を取得した道子さんは、向上心にあふれていた。努力を惜しまなかった姿が、仕事にも父親の役割にも精を出さねばと決意させた。

 事故から3年後、24年間営業してきた場所から移転し、2・5倍の広さの店で再スタートした。その約1年後にはミシュランガイドで一つ星を獲得した。最近は海外の客とコミュニケーションを図ろうと英会話も始めた。

 そんな父の背中を見て育った息子は20歳のころ、父と同じ道を歩むと決めた。大学で管理栄養士の資格を取って、農家や陶芸家、酒蔵で修業を重ね、現在は日本料理店で働く。毎朝5時半に起きて仕事場に向かい、料理の下ごしらえから掃除までこなすと、帰宅は午後11時を過ぎることも珍しくない。

 疲れ切って帰ってくる息子がいとおしい。中村さんは時々、眠ってしまった息子をこっそり抱きしめる。そのまま朝を迎えると、目を覚ました海里さんはちょっぴり驚くが、「仕方がないなあ」と笑って許してくれる。

 事故後に訪れるようになった報道機関の記者やJR西日本の関係者と中村さんが話している間、不安そうに父の背中に隠れていた息子。今は店の常連客と堂々と会話し、将来を見据えて修業を重ねる。そんな息子を妻に見てほしい。そして、自分のことを褒めてほしい。道子さんに会いたくてたまらなくなる。

 「ながほり」にそろって立ち、海里さんが一人前の料理人になるその日まで、父子の二人三脚の歩みは続く。【生野由佳】


尼崎JR脱線事故「忘れない」 ろうそくともし追悼
 乗客106人と運転士が亡くなり、493人が重軽傷(神戸地検調べ)を負った尼崎JR脱線事故は25日、発生から丸10年となる。兵庫県尼崎市久々知の事故現場では24日夜、追悼のろうそく約600本がともされた。優しくゆらめく明かりに、遺族らは事故の風化防止を願った。

 義弟を亡くした上田誠さん(48)=大阪府八尾市=らが初めて開催。午後5時半ごろ、紙コップに入ったろうそくに火がともされ、「2005.4.25 わすれない」の文字が浮かび上がった。

 長男満さん=当時(37)=を亡くした伊丹市の斉藤百合子さん(72)は、夫の堅一さん(72)と訪れた。百合子さんは「悲しい気持ちは1年も10年も変わらない」と話した。

 JR西日本は25日、尼崎市昭和通2のあましんアルカイックホールで追悼慰霊式を開く。発生時刻の午前9時18分に黙とうし、真鍋精志社長が「おわびと追悼のことば」を述べる。夫を亡くした伊丹市の岡由美さん(45)らが献奏する。

 一般献花は午後1時〜8時。同1時半から隣のあましんアルカイックホール・オクトで、遺族らでつくる「4・25ネットワーク」などが「追悼と安全のつどい」を催す。(石川 翠、吹田 仲、金 旻革)


戦後70年談話:「素直に同じ文言を」 村山氏が首相批判
 1995年に戦後50年談話を出した村山富市元首相が毎日新聞のインタビューに応じた。安倍晋三首相が今年出す戦後70年談話で村山談話と同じ文言は使わない考えを明言したことについて「これだけ(首相の歴史認識に)疑念を持たれているのに、なぜそんなことを言わなきゃいかんのか」と批判した。

 村山談話は過去の「植民地支配と侵略」を認めて「痛切な反省」と「心からのおわび」を表明し、小泉純一郎元首相の戦後60年談話にも同じ文言が盛り込まれた。村山氏は、歴代内閣が継承してきた村山談話の歴史認識は「国是」だと強調。安倍首相も引き継ぐとしているが、村山氏は「引き継ぐからいいじゃないかなんて言わんで(同じ文言を)素直に言えばいい。(首相の本音では)もう言いたくないんじゃ」と不信感をあらわにした。

 インタビューは21日、東京都内で行った。

 村山氏によると、第2次安倍内閣の発足間もない2013年1月に訪中した際、村山談話を見直す動きを警戒する中国要人に「継承した上で戦後70年に当たる日本の方針を新しく出したいということじゃないか」との見方を説明。同年2月、安倍首相に会い、「アウフヘーベン」(矛盾する命題を高い次元に引き上げて統一すること)という哲学概念になぞらえて「それなら意味があるんじゃないですか」と問いかけたが、返答はなかったという。【平田崇浩】

味噌とんかつが美味しい♪/Iwさんがテレビに

ブログネタ
フランス語 に参加中!
trou_noir_2

Japon: des visites à Yasukuni jettent une ombre sur le sommet Chine-Japon
Trois femmes ministres du gouvernement conservateur japonais ont visité jeudi le sanctuaire nationaliste Yasukuni à Tokyo, peu après un sommet entre le Premier ministre Shinzo Abe et le président chinois Xi Jinping censé apaiser les tensions entre les deux voisins.
La présidente de la Commission nationale de la sécurité publique, Eriko Yamatani, qui a rang de ministre, s’est rendue en début de matinée dans ce sanctuaire perçu par la Chine et la Corée du Sud comme un symbole du passé militariste du Japon.
Mme Yamatani a été suivie dans la journée par ses collègues Haruko Arimura, chargée des questions féminines, et Sanae Takaïchi (Affaires intérieures).
Réputées pour leur ultra-nationalisme et visiteuses assidues du Yasukuni, elles ont justifié leur geste par la volonté de ≪rendre hommage à ceux qui se sont battus et sacrifiés pour leur pays≫.
En réaction, la Chine a fustigé ≪une attitude erronée envers l’Histoire≫ et réitéré sa ≪vigoureuse opposition≫ à de telles visites.
≪Nous exhortons le Japon à honorer sa promesse de réfléchir à son passé d’agressions et à traiter convenablement et de manière responsable ces questions≫, a réaffirmé le porte-parole des Affaires étrangères Hong Lei.
A Tokyo, le porte-parole du gouvernement Yoshihide Suga a souligné ≪le caractère personnel≫ des visites des trois ministres, prédisant qu’elles n’auraient pas d’impact sur les relations avec Pékin.
Selon l’agence de presse japonaise Jiji, M. Abe aurait exhorté ses ministres à ne pas se rendre au sanctuaire situé en plein coeur de la capitale.
A la grande colère des Chinois et des Coréens, il avait lui-même visité le sanctuaire en décembre 2013 pour fêter le premier anniversaire de son retour au pouvoir, ce qu’aucun chef de gouvernement japonais n’avait osé depuis 2006.
Mercredi déjà, une centaine de députés et sénateurs nippons avaient fait de même, à l’occasion du festival de Printemps, dans ce lieu de culte shintoïste où sont honorés 2,5 millions de morts pour la patrie. Y sont aussi enregistrés les noms de 14 criminels de guerre condamnés par les Alliés à l’issue de la Seconde Guerre mondiale.
- Sommet 'très significatif' -
L’initiative des trois ministres de M. Abe a jeté une ombre sur le sommet sino-japonais qui s’est tenu mercredi soir en Indonésie en vue d’améliorer les relations bilatérales ternies par des rivalités territoriales et les antécédents impérialistes du Japon.
Xi Jinping et Shinzo Abe se sont entretenus pendant une trentaine de minutes en marge d’un sommet Asie-Afrique à Jakarta, pour la deuxième fois depuis leur prise de fonctions, selon un responsable nippon.
En se serrant la main avant leur discussion, les deux dirigeants ont semblé plus détendus que lors de leur première rencontre en novembre dernier en Chine.
≪Ce fut une rencontre au sommet très significative≫, a affirmé M. Abe, cité par Jiji. ≪En poursuivant les échanges entre le Japon et la Chine, je veux m’assurer de la tendance à l’amélioration des relations bilatérales≫, a-t-il promis.
Toutefois, s’il a réitéré mercredi les ≪profonds remords≫ de son pays pour les crimes commis pendant le conflit mondial, le Premier ministre conservateur n’a toujours pas offert les ≪excuses sincères≫ attendues par ses voisins, à l’approche du 70e anniversaire de la défaite du Japon.
≪J’espère que la partie japonaise prendra au sérieux les inquiétudes de ses voisins asiatiques≫, a souhaité le président Xi, cité par la télévision chinoise CCTV News.
- Pas de crise majeure -
Cependant, si, selon les analystes, les derniers pèlerinages au Yasukuni ont quelque peu terni les efforts de rapprochement entre le Japon et ses voisins, ils ne devraient pas déclencher de crise diplomatique majeure.
≪Certes, il eut été préférable que des ministres, et que le Premier ministre lui-même, s’abstiennent de rendre leurs hommages≫, estime Masaru Ikei, spécialiste de l’histoire diplomatique du Japon.
Mais d’une part, M. Abe ne peut empêcher des ministres de se rendre au sanctuaire ≪à titre privé≫, et d’autre part il doit tenir compte de la base conservatrice de son camp.
≪Il y a une répugnance extrême à faire des concessions chez les gens qui pensent que le Japon en fait déjà trop (sur les questions historiques)≫, explique à l’AFP M. Ikei.
Ce dernier juge néanmoins improbable que les récentes visites au Yasukuni ≪provoquent de sérieux dégâts≫ tant il est vrai que les relations avec la Chine ≪sont fraiches politiquement mais chaudes au plan économique≫.
Les liens du Japon avec ses voisins restent empoisonnés par le souvenir des atrocités commises par les troupes impériales pendant la colonisation de la péninsule coréenne (1910-1945) et lors de l’occupation partielle de la Chine (1931-1945).
Outre ces querelles historiques, des disputes territoriales perdurent et sont régulièrement ravivées d’un côté ou de l’autre.
AFP
フランス語
フランス語の勉強?

図書館に本を返しに行った後,商店街を通ってとんかつ屋へ.昨日のグランフロント大阪と読み方が同じ名前のお店です.味噌とんかつが美味しくて感動です.
テレビに知り合いのIwさんが出ていました.茨城県でお仕事されていたと思います.理事になられていたのでびっくりしました.
本に書いてあったsg=2-2gが理解できてうれしいです.
しかしまたしても閣僚が靖国神社を参拝したのに腹が立ちます.昨日の100人以上の国会議員の参拝もまったくもって許しがたいことだと思うのです.

仮設入居期間 岩手7市町村で一律延長
 岩手県は22日、2016年夏までとなっている東日本大震災の被災者向け仮設住宅の入居期間について、一関市と奥州市で災害公営住宅への転居希望者に限って1年延長する方針を発表した。災害公営住宅の建設が遅れているため。沿岸被災地の7市町村は、住宅整備全般が進んでおらず全入居者を対象に1年延長する。国の同意を得て正式決定する。
 仮設の入居期間は現行5年で延長により6年となる。一関市は災害公営住宅27戸を整備する計画で、奥州市は最大24戸の市営住宅を被災者向けに確保する。16年夏までに間に合わないため、入居期間を延ばす。
 陸前高田市、大船渡市、釜石市、宮古市、大槌町、山田町、野田村の7市町村は、住宅整備や土地区画整理事業になお時間がかかることから、全入居者を一律に延長する。
 久慈市、岩泉町、田野畑村については、災害公営住宅などの整備が完了したため、現行通り16年夏までとする。
 仮設住宅の入居期間は原則2年だが、岩手県内では12市町村が延長を重ねて5年となっていた。3月末時点の入居数は1万2283戸。
 仮設の入居期間を一定の条件で延長する措置は、宮城県も仙台市や多賀城市など5市町で導入する方向で国と協議している。


<七十七銀津波訴訟>家族失望「企業防災が後退」
 七十七銀行女川支店(宮城県女川町)の行員らの家族4人は仙台高裁判決後、厳しい表情で記者会見に臨んだ。「人命最優先の判断を期待したが、主張が認められず残念」。上告審や日常の活動を通じて、企業防災の向上を訴え続けていくことを誓った。
 高裁は「支店屋上までの高さは約10メートルで想定されていた津波から避難できる高さがあった」と判断した。
 姉美智子さん=当時(54)=を失った丹野礼子さん(57)は「10メートルなら安全と認定したようなもの。津波の怖さが分からない判決だと思う」と指摘する。
 控訴審で高裁は家族側と銀行側に和解の可能性を打診。家族側は判決を望み、企業防災の前進につながる司法判断を期待していた。
 長男健太さん=当時(25)=が犠牲になった田村孝行さん(54)は、判決は内容が乏しいと感じた。「企業防災を後退させる。私たちの大切な人は銀行側のプランにのっとって仕事をし、命を亡くした。雇用される側の安全は守れないという印象を受けている」
 田村さんと妻弘美さん(52)は自宅のある大崎市から女川町へ通い、全国から訪れる人々に語り部として命の大切さを伝えてきた。
 弘美さんは「一緒に闘ってきた息子も納得できない。これからも声を上げていきたい」と強調。「日本は津波被災国。最高裁は企業防災の指針となる判決を出してほしい」と切望する。
 高松康雄さん(58)は妻祐子さん=当時(47)=が行方不明のままだ。高裁判決について「今は妻に報告しない。最終的に結果が決定した時に報告する」と静かに語った。


震災写真1万点 気仙沼市HPで公開
 気仙沼市は4月、東日本大震災で被災した街並みなどの写真1万500点を市のホームページ(HP)内のサイト「けせんぬまアーカイブ」に公開した。教訓の伝承や風化を防ぐ目的であれば、出版物や展示などに自由に使うことができる。
 市民やボランティアらが震災発生直後から撮影し、一般社団法人東日本大震災デジタルアーカイブス支援センター(つくば市)が管理する写真を掲載した。津波が押し寄せた後に発生した火災や震災から間もない入学式の様子、被災前の街並みが分かる写真もある。
 写真には撮影場所や時間の情報が入力され、「まちなみ」「火災」といったキーワードや地名を組み合わせて検索する。画面に表示された地図を拡大・縮小させ、写真の掲載範囲を絞り込むこともできる。事業費は約1380万円。
 営利目的での使用は原則禁止だが、防災・減災対策などであれば有料の媒体にも使える。市危機管理課は「幅広く活用できるので多くの人たちに見てほしい」と話す。


フグでソーセージ!東松島の名産品つくるぞ
 東日本大震災で被災した東松島市宮戸の住民有志でつくる「奥松島産業振興協議会」が15日、総会を開き、地元でなじみの深いフグを使った食品開発を進めることなどを決めた。地域の隠れた資源を生かし、漁業や観光の振興につなげる。
 会員らによると、宮戸地区ではフグ漁に携わる漁師がいるほか、地域でフグを食する習慣が根付く。会員からは「地域のフグ文化はあまり知られていないが、独自性がある。広く発信しよう」と提案があった。
 食品開発の実現に向けて、フグの利活用が盛んな山口県下関市を視察を計画。この日は東松島市内の食品会社に試作してもらったフグを使ったソーセージを試食し、会員たちで意見交換した。
 月浜地区の民宿であった総会には、会員や市職員ら9人が出席。小野勝見会長(66)は「協議会では最終的に地域の観光拠点となる施設の整備を目指す。食品開発はその第一歩だ」と、フグを使った名産品の開発を進めていく考えだ。
 協議会は、民宿経営者や漁業者が2013年9月に設立した任意団体。14年度は民宿のパンフレットや土産用の包装紙を作った。


それぞれの10年・尼崎脱線事故:/3 妹の自殺「関係ある」と認めさせ
 JR福知山線脱線事故の1年半後、犠牲者の男性(当時33歳)と13年間連れ添った女性が、32歳で自ら命を絶った。「戦って」と書かれた遺書を託された兄の荒川直起さん(48)=大阪市=は、自らもうつ病で休職を余儀なくされながら、妹の死と事故との関連を認めるようJR西日本に求めてきた。家族までも沈みがちだが、勤務先などの理解にも支えられ踏ん張ってきた。

 荒川由起さんは2006年10月15日、大阪市内の自宅マンションから飛び降りた。近所に住む母澄子さん(68)あてにその直前、「由起の家に来て」とメールを送っていた。近くで別に住んでいた直起さんは澄子さんに呼ばれ、変わり果てた妹と対面した。

 「まだまだ いっぱい(男性と)いたかった」「JRが憎くて憎くてたまりません」などとつづられた遺書が計3通残された。1通にはこう書かれていた。「(男性と)由起のために戦って下さい」

 由起さんは男性と結婚するつもりだった。事故後、「(05年の)ゴールデンウイーク明けぐらいに男性と入籍したかった」と漏らしていたという。遺品から直起さんらは、2人の署名と押印のある婚姻届を見つけた。事故後にJR西と話し合っていた由起さんは、2人の関係を認められなかったことに苦しんでいるようだった。「黙ってはいられない」。兄は決意した。

 だが間もなく、JR西の幹部が由起さんに関して「我々は何もできません」という考えを示していると漏れ伝わってきた。直起さんはJR西社長への面会を求め続けたが、なかなかかなわない。精神的に不安定になり、うつ病と診断された。仕事も2カ月休まざるを得なかった。

 だが、勤務先の会社からは温かい声をかけてもらい、仕事に復帰できた。そして、由起さんが亡くなって3年後、ようやく役員との面談が実現する。09年11月、新大阪駅駅長室で会った役員は「社長と話した」と前置きした上でこう語ったという。「男性が事故に遭わなければ、由起さんはこんなことにならなかった。事故と由起さんの死には関係があった」。涙があふれ出た。うれしさではない。「やっとここまできた」という思いだった。

 苦しんできたのは直起さんだけではない。澄子さんも妻も、この間つらい思いを抱えながら暮らしてきた。事故は終わっていないと思う。JR西側との話し合いも続いている。直起さんは訴える。「亡くなった人の周りで苦しんでいる人たちが大勢いるはず。そのことをJR西は忘れないでほしい」【釣田祐喜】


【JR脱線事故10年】 絶望、怒り、懺悔、愛… 娘を亡くした父がつづった10年の記録
 《無に等しいこの世界で、お父さんは何をもがいているのだろう》。25日で発生から10年を迎えるJR福知山線脱線事故で、大学生だった長女の容子さん=当時(21)=を亡くした兵庫県三田市の奥村恒夫さん(67)はあの日以来、思いを日記につづってきた。書くことに救いを求めたが、時を経るほどに悲しみは深まった。赤裸々な言葉の羅列は、最愛の娘の死を懸命に受け止めようとする苦悩の記録でもある。

(林佳代子)

 《むごいな。痛かっただろう。ごめんな。容子の長いまつげが動かないかなと期待してじっと見ていたけど、動かなかったね》

 奥村さんが日記を書き始めたのは事故翌日の平成17年4月26日。変わり果てた姿で横たわる容子さんのかたわらで、せき立てられるようにパソコンを開いた。

 最初は容子さんの生きた証を残そうという使命感で書いた。それがいつの間にか自分を慰めるための習慣になった。日記では容子さんに話しかけるように自身を《お父さん》と記す。

 なぜ容子が死ななければならなかったのか明らかにしたい−。事故後、長年勤めた建設会社を辞めた。残りの人生を《JR西日本との闘い》に費やすためだ。しかし、JR西にいくら詰め寄っても納得できる答えは返ってこない。自暴自棄になって酒におぼれた。

 見かねた周囲から「事故を忘れなさい」と言われ反発した。精神的に不安定になり、心療内科に通うようになった。それでも日記を書いて気持ちを奮い立たせた。ところが、業務上過失致死傷罪に問われたJR西の山崎正夫元社長に神戸地裁が無罪を言い渡した24年1月、張り詰めていた糸がぷっつりと切れた。

 《お父さんは朝、必ず有罪を勝ち取ってくると約束したね。でも判決は無罪だった。容子はどう思う。これだけの事故でもJR西はびくともしない》

 1審の無罪判決が確定した山崎元社長の公判は欠かさず傍聴していたが、その後の歴代3社長の公判は《結果が見えている》と足が遠のくようになった。1審無罪を経て26年12月、控訴審公判で意見陳述をする予定が、ついに自宅を出ることができなかった。

 《山崎裁判の折、これなら有罪にならないと思ったときから、裁判そのものを空虚に感じ始めたのです》。翌日、苦しい胸の内を日記に書いた。

 朝元気だった家族が、夜には帰らぬ人になる。その不条理が何年たっても許せない。《容子が病気で死に至ったのなら胸の中におさめることができる。でもJR西に殺された以上、お父さんは簡単に死を受け入れることはできない》

 生きていれば容子さんは31歳。外出先で幼い子供を見ると、《孫が抱けたかもしれないと思って涙が出る》。記憶はどんどん薄れていく。

 だから今も、1日の大半を容子さんの部屋で過ごす。毎晩容子さんが夢に出てくるよう祈って眠りにつく。25年4月、容子さんと夢の中で長い会話をしたとき、うれしくて《奇跡かな》と書いた。

 どれほどの歳月が流れれば絶望から抜け出せるか分からない。日記には《死にたい》と書くこともある。その半面、容子さんの無念を晴らすために、二度と同じ悲劇が起こらないように、他の遺族らと勉強会を立ち上げた法人罰(組織罰)の法整備の実現を見届けたいと強く願う。

 歴代3社長が再び無罪となった今年3月の控訴審判決後、《組織を裁けない公判は何にもならない》と改めて感じた。公判の舞台は上告審に移り、JR西との闘いはまだ続く。

 奥村さんは10年の歳月を振り返り、こう話した。

 「世間的には区切りと思われるかもしれないけれど、遺族に区切りはない。怒りや悲しみが消えることはありません。僕は一生、容子の死を受け入れられないまま生きていくのかもしれない」


川内差し止め却下 脱原発派「世の中狂ってる」 鹿児島
 九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)について、鹿児島地裁(前田郁勝裁判長)が再稼働差し止めを却下した22日、脱原発派からは落胆の声が上がった。

 「御用学者と電力会社の意見をうのみにした決定であり、事実誤認の塊のような判断だ」

 脱原発弁護団全国連絡会共同代表の河合弘之弁護士は、鹿児島地裁前で報道陣にこう憤った。

 子供連れで地裁前に駆けつけた市内の飲食店経営、西村亜希子氏は「(原発の)安全性に疑問を持たない人は頭がまひしています。世の中狂っています」と涙ぐんだ。出版業の鮫島亮二氏は「鹿児島の住民全員が再稼働を認めたと捉えられかねない」と語った。


侵略とおわび 自身の言葉で語らねば
 安倍晋三首相はなぜ自分の言葉で語らないのか。植民地支配と侵略への反省とおわびは、外交の基盤である歴史認識の根幹だ。過去の首相談話を引き継ぐと語るだけでは、国際社会には伝わるまい。

 安倍首相がきのう、インドネシアの首都ジャカルタで開かれたアジア・アフリカ会議(バンドン会議)六十周年記念首脳会議で演説した。二十六日からの訪米ではワシントンの米議会でも演説する。

 戦後五十年の村山富市、六十年の小泉純一郎両首相談話の作成過程を振り返ると、首相自身の発言がそれぞれ基礎になった。

 今年八月十五日の終戦記念日に発表する予定の戦後七十年の安倍首相談話も同様だろう。だからこそ、首相がジャカルタやワシントンでの演説で、どんなメッセージを発するのかに注目が集まる。

 首相はジャカルタでの演説で、「先の大戦の深い反省」は語ったが、五十周年記念首脳会議で当時の小泉首相が明言した「心からのおわび」には触れなかった。

 また「植民地支配」には言及せず、「侵略」という文言も、六十年前のバンドン会議で発表された「平和宣言」を引用する中で触れてはいるが、日本自身の「侵略」という意味で使ってはいない。

 安倍首相は、二つの首相談話を含めて「歴史認識に関する歴代内閣の立場を全体として引き継いでいる」と述べてはいるが、「基本的な考え方を引き継いでいくと言っている以上、もう一度書く必要はない」とも語っている。

 首相としては敗戦までの過去の歴史よりも、焦土の中から復興を遂げた戦後日本の歩みや、今後の国際貢献に焦点を当て、「未来志向」の談話としたいのだろう。

 しかし、二つの首相談話で言及している「植民地支配と侵略」への「反省とおわび」は歴史認識の根幹だ。全体として引き継ぐのだから、その都度言及しなくても国際社会の理解は得られると考えるのは、あまりにも独善的である。

 戦後日本の平和国家としての歩みは誇るべき歴史であり、先人の努力と知恵に敬意を表したい。同時に、平和国家としての立脚点が先の大戦への反省にあることを忘れてはなるまい。

 一国の歴史には誇るべきも反省すべきもあるだろうが、負の歴史も受け入れてこそ、国を愛するということではないか。未来志向に魂を入れるためにも、首相自身の言葉で「侵略」「おわび」を語るべきだ。言葉を省いて国際社会の誤解を招く愚は犯すべきでない。


川内原発仮処分 疑問は一層深まった
 鹿児島地裁は、原発の新たな規制基準は適切などとして、九州電力川内原発1、2号機の再稼働をよしとした。福井地裁とは正反対の判断だ。どちらを信じるべきなのか。疑問は一層深まった。

 いったいどちらが本当なのか。

 司法の判断が真っ二つに分かれたのは、つまるところ規制基準の見方による。

 福井地裁は先週、高浜原発(福井県高浜町)の再稼働差し止めを認めた中で、3・11を踏まえて定められた原子力規制委員会の新規制基準を「緩やかすぎる」と否定した。

 そこで川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の場合にも、規制基準の用いる基準地震動(想定される最大の揺れの強さ)の妥当性が、第一の争点になった。

 鹿児島地裁は、合理性を認めた上で、基準地震動の適切さと、「耐震安全上の余裕はある」とする九電側の主張を受け入れた。

 一方、火山地帯の地域特性として、住民側は「巨大噴火の痕跡であるカルデラ(陥没地帯)が近くに五つもある」と噴火の危険を重視したが、地裁はこれを「カルデラ噴火の可能性は小さいと考える学者の方が多い」と一蹴した。

 規制委の基準に含まれない事故発生時の避難計画は「現時点において一応の合理性・実効性を備えている」とした。

 鹿児島県の試算では、原発三十キロ圏内の住民が自動車で圏外へ逃れるのに三十時間近くもかかるというのだが。

 全体的に、約二十年前に、最高裁が四国電力伊方原発訴訟(設置許可処分取り消し)で示した「安全基準の是非は、専門家と政治判断に委ねる」という3・11以前の司法の流れに回帰した感がある。

 だがそれは、もう過去のことであるはずだ。

 原発の安全神話は崩れ、福島は救済されていない。核廃棄物の行き場もない。3・11は、科学に対する国民の意識も変えた。

 多くの人は、原発や地震、火山の科学に信頼よりも、不信を抱いている。

 新規制基準は、地震国日本でどれほど頼れるものなのか。それに「適合」するというだけで、再稼働を認めてしまっていいものか。避難計画が不完全なままでいいのだろうか。

 司法判断が分かれた以上、規制委や政府は国民の視点に立って、その不信と不安をぬぐい去るよう、より一層、説明に努めるべきではないのだろうか。

グランフロント大阪で冷や汁/東天満のお店は閉店?

ブログネタ
フランス語 に参加中!
140719_Niigata_Kitty

Japon: plus de 100 parlementaires visitent le sanctuaire Yasukuni
Plus de 100 parlementaires japonais se sont rendus mercredi au sanctuaire Yasukuni de Tokyo, au risque de déclencher à nouveau la colère de la Chine et de la Corée du Sud qui considèrent ce lieu de culte comme un symbole du passé militariste du Japon.
Un total de 106 députés et sénateurs, appartenant à différents partis, ont effectué cette visite groupée à l’occasion du festival de Printemps, à l’approche du 70e anniversaire de la défaite du Japon à la fin de la Seconde Guerre mondiale. Toutefois, aucun ministre du gouvernement conservateur de Shinzo Abe n’y a pris part.
Selon des journalistes de l’AFP sur place, ce pèlerinage s’est déroulé de bon matin sous le soleil dans ce site shintoïste qui rend hommage aux âmes de quelque 2,5 millions de morts pour la patrie, mais où sont aussi enregistrés les noms de 14 criminels de guerre condamnés par les Alliés après 1945, d’où l’ire de Pékin et Séoul.
La Corée du Sud a exprimé mercredi sa ≪profonde déception et ses regrets≫.
≪Le fait que de hauts dirigeants japonais continuent à envoyer des offrandes ou à visiter le sanctuaire, symbole de l’agression coloniale japonaise, 70 ans après la fin de la guerre, prouve bien que le Japon est toujours incapable de se confronter sa propre Histoire≫, a déploré le ministère sud-coréen des Affaires étrangères dans un communiqué.
- Anniversaire symbolique -
Une partie des députés et sénateurs, généralement de droite, font régulièrement des pèlerinages dans ce sanctuaire lors de ses festivals saisonniers ainsi que le 15 août, jour anniversaire de la capitulation du Japon en 1945.
≪Je rends à nouveau grâce au Japon d’avoir maintenu la paix pendant 70 ans. Les âmes (du sanctuaire) doivent en être aussi comblées≫, a commenté Hidehisa Otsuji, un représentant du Parti libéral démocrate (PLD, conservateur, au pouvoir), qui a conduit la délégation parlementaire.
Le Premier ministre, Shinzo Abe, avait fait déposer mardi un ≪arbre sacré≫ au sanctuaire Yasukuni, mais il ne s’y est pas rendu lui-même.
Interrogé sur l’offrande de M. Abe, vivement critiquée par Pékin et Séoul, le sénateur Otsuji a justifié le geste du Premier ministre, estimant qu’il répondait à l’attente des ≪âmes≫ du Yasukuni qui ≪prient pour la paix du pays≫.
Le chef du gouvernement aux convictions nationalistes assumées était allé se recueillir au Yasukuni en décembre 2013 pour fêter la première année de son retour au pouvoir.
Mais il s’est abstenu depuis de réitérer ce geste vécu comme un affront et une provocation par Pékin et Séoul, d’autant qu’il s’agissait de la première visite d’un Premier ministre japonais en exercice depuis 2006. Même Washington, proche allié du Japon, avait publiquement fait part de sa ≪déception≫.
- Sommet Abe-Xi ? -
Les relations du Japon avec ses voisins restent empoisonnées par le souvenir des atrocités commises par les troupes impériales pendant la colonisation de la péninsule coréenne (1910-1945) et lors de l’occupation partielle de la Chine (1931-1945).
Outre ces querelles historiques, perdurent des disputes territoriales régulièrement ravivées d’un côté ou de l’autre.
La visite des parlementaires nippons au Yasukuni survient alors que le Japon et la Chine envisagent la tenue d’un possible sommet entre M. Abe et le président chinois Xi Jinping, en marge d’une conférence Asie-Afrique qui se tient actuellement en Indonésie.
Selon des médias japonais, la rencontre pourrait même avoir lieu dès mercredi soir, mais il n’y a pas eu de confirmation officielle.
Le Premier ministre japonais, qui s’apprête à faire une importante visite à Washington, et le président chinois se sont déjà brièvement entretenus en marge du sommet du Forum économique Asie-Pacifique (Apec) l’an dernier en Chine, mais la poignée de mains avait été plutôt froide.
Mardi, la Chine, par la voix d’un porte-parole du ministère des Affaires étrangères, Hong Lei, a rappelé à Shinzo Abe le poids symbolique du 70e anniversaire de la reddition du Japon.
≪Le dirigeant japonais doit prendre des mesures concrètes pour honorer la promesse (de son pays) d’examiner sans fard son passé d’agression (...) et d’obtenir la confiance de ses voisins et de la communauté internationale≫, a plaidé M. Hong.
M. Abe a récemment laissé entendre, dans une interview télévisée, qu’étant d’accord avec les précédentes excuses du Japon quant à son rôle pendant la Seconde Guerre mondiale, il ne voyait pas la nécessité de les ≪réécrire≫.
Mais la Chine, comme la Corée du Sud, considère que l’archipel n’a toujours pas présenté de repentance ≪sincère≫ pour les crimes qu’il a commis dans la région.
AFP
フランス語
フランス語の勉強?
Storyville / Brakeless: Why Trains Crash
Documentary exploring one of Japan's biggest train crashes in modern history, caused when a driver tried to catch up with a delay of just 80 seconds. It's a cautionary tale of what happens when punctuality, protocol and efficiency are taken to the extreme. On Monday April 25th 2005, a West Japan Railway commuter train crashed into an apartment building and killed 107 people. Just what pressures made the driver risk so much for such a minimal delay?

Piecing together personal accounts of those affected by the train crash, with insights from experts and former train drivers, the film poses a question for a society that equates speed with progress. It offers a fascinating insight into the railway's role in Japan's post-war economic boom and the dangers of corner-cutting in the prolonged economic stagnation that followed. Through the lens of this catastrophic train crash, Brakeless considers the ultimate cost efficiency.

Brakeless: Why Trains Crash director Kyoko Miyake answers the Storyville Q&A
What is more important, story or character?
I would probably say character. They drive the story and usually, at the beginning of the production, I have no idea what the story will be like in the end, but I often have a hunch for a strong character.
What made you first want to explore the subject?
When I first heard about the accident in the news, I had lived in Britain for a few years where you feel lucky if your train ever arrives on time. I was shocked at the news but at the same time, felt that I knew something like this would happen in Japan sooner or later.
How long did it take to get the film off the ground?
About one year.
What were you most surprised to learn in the course of production?
That some people can have such a vivid and detailed memory after 8 years and also that in an extreme situation, your perception almost becomes slow motion. Some of the victims of the accident that I spoke to had a frame by frame graphic memory of what happened during the initial moments of the crash.
What have been the differences in reception to the film in countries it has now travelled to?
I don’t know yet as Storyville is our world premiere!
Which documentary has most inspired you?
Touching the Void. It was the first documentary film I saw at the cinema.
Favourite Website/blog?
Kermode Uncut
Person you’d most like to interview (living or dead?)
Princess Masako of Japan
Best piece of filmmaking advice you’ve ever been given?
Don’t be afraid of asking daft questions.
I became quite close to some of the characters in Brakeless. One of them – the artist with the can – said to me about half a year after we met, ‘Kyoko, you have become quite boring these days. You started to sound like just another Japanese journalist. I don’t know why I am talking to you anymore. When you first came to meet me, you were completely ignorant about the accident but at least you had a lot of quite crazy ideas and strange questions that intrigued me. Now you might know more about the accident, but so do the local journalists. What’s the point of you coming all the way from London and doing this film?’ This was a wake up call for me and I realised that I was too desperate to internalise myself and to show off my newly acquired knowledge, and I had stopped asking questions that came naturally.
Best piece of filmmaking equipment you can’t live without?
My little Sony A1 camera.
If money was no object, what is your dream documentary subject?

Japanese pop idols
Favourite film of all time?
Stand by Me – it was the first video I rented in the first video shop that opened in my hometown in Chiba, Japan. I love the song as well.
Most difficult access?
Brakeless was quite difficult as I was a complete outsider. People in this region speak with quite a distinct accent and I knew that the moment I opened my mouth, they knew I was not local. At the beginning, I was quite weary and could also tell that they put on a ‘standard’ Japanese accent when they spoke to me. Towards the end of filming, they started to have a heavier accent which made me happy (although that might mean having to subtitle some of them in Japanese).
Best recent read?
Lean In by Sheryl Sandberg. Growing up in Japan, I developed an acute sensitivity for gender prejudice. I arrived in post-feminist Britain thinking I would not have to think about it every again, only to realise that there is still so much subtle sexism in our every day life that nevertheless shapes the way we define ourselves and the way we judge others.

朝YoutubeでNHKスペシャル「脱線はなぜ起きたか」を見ました.2005年4月29日放映で事故から4日後の緊急放送です.日勤教育というイジメがまだ明らかになっていなかったのかもしれません.でも見ていろいろ思い出しました.あと3日で10年を迎えます.私が広島にいたころでした.
水曜日はお仕事少ないので,いきなりサボり.正確には午前だけ出勤.お昼はグランフロント大阪で宮崎ご堪能御膳をいただきました.もも焼き,チキン南蛮,地鶏のたたき,冷や汁で美味しかったのですが,冷や汁だけはよくわからない味付でした.
北新地によって十三で映画を見ました.でも途中結構寝てしまいました.残念.
帰りに東天満に寄ったのですが,目指していたお店は閉まっているよう.というか看板がないので閉店かな???

<仙石線>高台駅舎 野蒜駅お披露目
 JR仙石線が5月30日に全線開通するのを前に、報道関係者向けの試乗会が21日、高台に線路などが移設された陸前大塚(東松島市)−陸前小野(同)間(5.2キロ)を中心に行われた。両区間にある野蒜駅(東松島市)の新駅舎が初めて公開された。
 4両編成列車が午後1時50分ごろ、高城町駅(宮城県松島町)を出発。運転を見合わせている陸前小野駅までの10.5キロを、全線開通後と同様の時速約70キロで走行。その後、陸前大塚−陸前小野間を、各駅に停車しながら4往復した。
 途中、野蒜駅に下車し、新たに整備したホームや駅舎が公開された。駅周辺は、都市再生機構による防災集団移転の土地造成工事が行われている。
 海側に線路が敷設されていた陸前大塚−陸前小野間は、旧ルートより海抜が20メートル高い内陸に線路を移設。これに伴い、野蒜、東名(東松島市)の両駅も約500〜600メートル内陸に移された。
 JR東日本仙台支社企画室の伊在井昇課長(58)は「野蒜、東名両駅周辺の街づくりに協力できるよう工期を早めてきた。高台に移し、より安全な走行ができるので、多くの人に利用してほしい」と話した。


集団移転団地で初の用地引き渡し 東松島
 東日本大震災の防災集団移転促進事業として、東松島市があおい地区(東矢本駅北地区)に整備した市内最大規模の集団移転団地で21日、一戸建て用地97区画の引き渡しが始まった。同団地は一戸建て273区画と災害公営住宅の建設が計画され、用地の引き渡しは初めて。
 市コミュニティセンターであった式典には関係者約100人が出席。住民代表の3人が引き渡し書にサインした。阿部秀保市長は「駅や病院などまちづくりの基本となる施設がそろっている。快適な生活を送ってほしい」とあいさつ。代表の一人、三浦由三さん(81)は「新しいまちの住民として、明るく楽しく暮らしたい」と期待を寄せた。
 三浦さんは同市大曲浜地区に妻と長女夫婦の4人暮らしだったが、津波で自宅が全壊。三浦さん夫婦は市内のみなし仮設住宅に、長女らは松島町に移った。
 自宅の完成は8月ごろで、4人での暮らしを再開する。三浦さんは同日、地鎮祭を行い、「自分の家に住むことは健康面で心身ともに違う。温泉旅行や老人クラブが楽しみ」と喜んだ。
 あおい地区は約22ヘクタール。近くに小中学校や商業施設、市役所などがある。7月に87区画、9月に89区画が順次引き渡される予定。


<七十七銀津波訴訟>津波予見 二審も否定
 東日本大震災の津波で七十七銀行女川支店(宮城県女川町)の屋上に避難した行員ら3人が死亡・行方不明になったのは、銀行が安全配慮を怠ったためだとして、家族が銀行に計約2億3000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁は22日、津波予見を否定し請求を棄却した仙台地裁判決を支持し、家族の控訴を棄却した。

 訴訟の争点は(1)銀行が津波被害を予見できたかどうか(2)屋上への避難の是非−など。家族側は「津波が支店を襲う可能性は予見できた。さらに高い場所へ逃げられない屋上を避難先に指定したのは誤りだった」などと主張。銀行側は控訴棄却を求めていた。
 昨年2月の地裁判決は、津波の予測最高水位を5メートル級とした震災前の県の報告書を挙げ、「支店屋上を越える20メートル近い津波を予測するのは困難だった」と指摘。「予想される津波の高さから屋上を避難先に選んだのは合理的だ」と判断した。
 控訴審は昨年6月に始まり、ことし1月に結審。高裁は和解協議を続けて和解の素案を提示したが、家族側が拒否していた。
 地裁判決によると、13人の行員らが震災直後、支店長の指示で支店屋上に避難したが、全員が屋上を越す津波にのまれ、支店長を含む12人が犠牲になった。


<祈りと震災>(34)魂は山で生きている
 波音にかき消されまいと鎮魂のほら貝を一層強く吹く。
 福島県相双地方。多くの命を奪った海と、魂が帰る山を祈りでつなぐ。
 鶴岡市羽黒町の星野文紘さん(68)は山を敬う羽黒修験道の山伏だ。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故に遭った地に、山形から今も通い続ける。
 向かう先には、古くから信徒が多く住んでいた。加持祈〓(きとう)で毎年冬に訪ねてきた浜通りに、津波が襲い掛かった。
 「自然には二つの顔がある。生きる恵みを与えてくれる聖性(せいせい)ではなく、魔性を感じた」

 震災から1カ月たった2011年4月中旬、相馬市や南相馬市を歩き、初めて惨状を目の当たりにした。亡くした身内の弔いすらできない。親類の行方が分からない…。打ちひしがれる姿があった。
 信徒約300軒の半数とはいまだに連絡が取れない。震災と原発事故は、信徒との関係を引き裂きもした。
 犠牲者を供養しようと、星野さんは11年6月、相馬で護摩をたく火祭りを開いた。10月には月山の山頂に魂を鎮める経塚を建て、国内外から寄せられた1万3000巻近い写経を納めた。
 羽黒山の麓の手向(とうげ)地区で宿坊を営む。宿坊内の神前で毎朝、被災地を思い祝詞と般若心経を唱える。
 羽黒山、月山、湯殿山の出羽三山は、東北や関東を中心に広く信仰を集める修験道の聖地。修験者は、人は山で再生すると考える。死者の魂は月山にいると信じる。
 「肉体は土に帰るけれど、魂は山で生きている。祖霊神となってわれわれを守ってくれている」と星野さんは言う。
 雪に閉ざされ死の世界を思わせる冬。春は雪解け水が大地を潤し、緑と食物を育む。山に生死の循環を見いだす。
 人は自然の一部−。修行では一つの真理にたどり着く。

 山伏になるための修行「秋の峰入り」は、まずは自らの葬儀を営み「死者」となって山に入る。そして新たな生命となって母胎に宿り、苦行を積んで、生まれ変わって山を出る。
 「自然は人知を超えるから神として祈る。経済至上の世の中では目先の利益や便利さばかりが優先され、その感覚が忘れ去られてしまった」
 宿坊の13代目となって約40年。山に行くたびに気付きがある。「荒々しい自然の力と混じり合い、野性を取り戻す。考えるのではなく感じる。見つかるものは人それぞれに違う」
 型通りの正解がないからこそ生きる意味がある。自然がそう教えてくれた。
 人と人、山と海、死と生。山伏はそのつなぎ役だ。「どう死ぬかを考えることはどう生きるかにつながる」。内なる自然に問い掛ける。

(注)〓は、しめすへんに寿の旧字体


「わすれない」 遺族らが初の「追悼のあかり」 尼崎JR脱線事故から10年 24日夜に
 兵庫県尼崎市のJR脱線事故から25日で10年になるのに合わせ、24日夜、車両が衝突したマンションの前にろうそくを並べ、犠牲者を追悼する行事が開かれる。遺族らが「事故がこのまま忘れ去られてはいけない」と実行委員会をつくり、初めて企画した。

 実行委によると、ろうそくで「2005・4・25 わすれない」の文字をかたどり、火をともして黙とうする。遺族や負傷者だけでなく、多くの人に参加してほしいと呼び掛けている。

 実行委のメンバーで、事故で義弟を亡くした上田誠さん(48)は「事故の悲劇を伝えていくのが残された私たちの使命。大掛かりなことはできないが、ずっと続けて大きな輪になればいいと願う」と話している。午後6〜8時。小雨決行。


きび談語:「何で自分が生きてるんやろ、何で息子は簡単に死んでしまったんやろ」… /岡山
 「何で自分が生きてるんやろ、何で息子は簡単に死んでしまったんやろ」。25日で発生10年となるJR福知山線脱線事故。37歳の息子を亡くした男性から聞いた言葉が忘れられない▲男性は阪神大震災や、自身が重体となるバス事故も経験した。「生かされた」自らの人生を振り返り「心の格闘」が深まるばかりという▲脱線事故では乗客106人と運転士が死亡。今も遺族や友人がそれぞれの格闘を続けて生きている。25日、彼らや被害者を思う時間を過ごしたい。【久木田照子】

それぞれの10年・尼崎脱線事故:/2 後ろ姿、追い続け 「これからも、お兄あっての私」
 仕事帰りの夜、7歳上の兄と通ったバーでグラスを傾けると、菅尾美和さん(35)=神戸市東灘区=は「生き残っちゃった妹」から普通の妹に戻る。「家族の要だった」兄吉崇(よしたか)さん(当時31歳)をJR福知山線脱線事故で失い、その不在を埋めようと懸命に後ろ姿を追い続けてきた。

 焼き物をめでる母(66)のために青色の皿を作り、あるページに「for you」と書き込んだ本を母に贈る兄。カップルに間違われるほど美和さんと仲が良かったが、母にも優しかった。とてもかなわないくらい。「なのに私が残っちゃった」

 美和さんの高校時代に吉崇さんから送られたカードには、こう書いてある。「お母さんに優しくしてあげて」。大切にとっているそのカードの言葉通り、息子を失った母を支えてきた。複数の鶴が一枚の紙でつながる連鶴を追悼のために折りたいと母が願えば、講師を探した。思い出の地の砂を吉崇さんと一緒に埋葬したいと母が言えば、集めて回った。

 取材を受ける母にも寄り添った。母が語る兄の姿は、まぶしいほど素晴らしい人物だ。母は語って悲しみを昇華していると受け入れたが、輝くような亡兄の妹としてはちょっとつらい面もある。

 「兄妹って親子よりも少し外側にいるから、自分がしんどいって話はしにくい」。気持ちの表し方に悩んだ。

 2007年夏、兄と通った自宅近くのバーに2年ぶりに向かった。2人の居場所を1人で訪れることをためらったが、行ってみれば溶け込めた。好きにしゃべって見守ってもらえる空気が、変わらず流れていた。この店で酔って家まで兄に背負ってもらったこともある。その頃の妹に戻れた。

 事故の記憶が周りから薄れ、命日に有休を取ったら、遊びに行くと勘違いされた。そんな時、バーに直行する。事故の15日前、JR大阪駅で見かけた兄になぜか声をかけなかった。それが最後の生前の姿だ。悔いにさいなまれる時、バーに足が向かう。

 「妹は繊細だから、危なっかしくて心配」と吉崇さんが気遣っていたことを、事故から数年後に知人から聞いた。生き残った罪悪感に悩むことを、まるで予想していたみたいだ。「お兄(にい)、分かってたんや」

 兄が事故に遭って人の心に寄り添う力を自分にくれたから、10年間やってこれた。「これからもお兄あっての私」【林田七恵】


侵略という言葉 「枝葉の議論」ではない
 この夏に出す戦後70年の首相談話に「侵略」や「植民地支配」といった言葉が含まれるかどうかは、果たして枝葉末節の議論だろうか。安倍晋三首相は20日のBSフジの番組で、過去の言葉をそのまま使うことに否定的な考えを改めて示したが、これはむしろ本質にかかわる問題であり、盛り込むことはやはり必要だと重ねて主張したい。

 首相談話は「先の大戦への反省」を踏まえた未来志向のものにしたいと首相は言う。あの戦争は国内にあっては310万人の死者を出し、外に向かっては侵略によっておびただしい数の人命を犠牲にした。したがって「先の大戦の反省」とは、国際的には侵略の事実を認めることと同義だと言ってもいい。

 過去において日本が中国を侵略したことは、首相談話を検討する有識者懇談会(21世紀構想懇談会)の座長代理である北岡伸一国際大学長らの発言にもある通り、歴史的に明らかである。侵略という言葉は戦後50年の村山談話と戦後60年の小泉談話に盛り込まれ、国際的にも確立された日本の公的な認識となっている。これをゆるがせにしない姿勢を明確にしてこそ、戦争の反省と未来への歩みは意味を持つ。「過去の談話を全体として引き継ぐ」だけでは、伝わらないものがある。

 過去の談話にあるのだから繰り返す必要はない、というのが安倍首相の考えだ。だが、首相は第2次政権になってから、侵略の定義は「学界的にも国際的にも定まっていない」「(国の)どちらから見るかにおいて違う」と語り、侵略をはっきり認める姿勢を見せていない。それが首相の本心なら、70年談話に入れる入れないは枝葉末節どころか、日本の国際社会での立ち位置を左右する問題ということになる。

 影響は、国際関係だけにはとどまらない。首相が談話で侵略の事実を曖昧にしたと受け取られれば、過去の日本の行為が侵略ではなかったかのような議論が国内で蒸し返される懸念がある。それは日本にとっても不幸なことであろう。

 首相は「(過去の談話と)同じことを言うなら名前を書き換えればいいだけの話になる」と語っているが、歴史認識の中核をなす言葉を盛り込んだ上で未来カラーを打ち出すことがなぜ不可能なのか、理解に苦しむ。侵略などの言葉を入れてしまえば安倍談話が成り立たない、ということならば、首相自身が、これらの言葉の有無が談話の本質だと考えている何よりの表れではないか。

 戦後70年の節目は日本国民が過去の歴史と誠実に向き合い、平和な世界を望む真摯(しんし)な思いを内外に静かに発信する年にしたい。


自民の修正要求 おごりがここまで来た
 これでは議場を抑圧しかねない。政府が法案化を進める安全保障法制をめぐり社民党の福島瑞穂副党首が国会で行った発言の修正を自民党が求め、波紋を広げている。

 安保法制を「戦争法案」と批判した福島氏の発言自体の評価とは別に、政治信条に関して国会で議員が発言する自由が尊重されるべきことは言うまでもない。自民党は異常な要求をただちに取りやめるべきだ。

 ことのいきさつはこうだ。今月1日の参院予算委員会で福島氏は「安倍内閣は14から18本の戦争法案を出す」と質問した。これに安倍晋三首相は「レッテルを貼って、議論を矮小(わいしょう)化していくことは断じて甘受できない」と反論、自民党の岸宏一委員長は「不適切と認められるような言辞があった」と問題視していた。

 自民党の予算委理事が17日、福島氏に会い「戦争関連法案」との表現に議事録を修正し、やはり福島氏が政権批判に用いた「鉄面皮」との表現を削除するよう求めたという。福島氏は修正や削除を拒否したうえで「発言を封じ込める大問題だ」と反発、他の野党からも自民党の対応を疑問視する声が出ている。

 国会での議員の発言はこれまでも議事録で修正や削除をされたケースがある。ただ、事実関係の誤認や国会の権威、人権に関わることが通例で、「戦争法案」のように政治信条に基づく発言の修正要求は異例だ。福島氏が2月に同委で発言した際には修正要求は出ていなかった。

 政府が準備を進める安保法制は安保政策の大きな転換だけに、さまざまな議論が予想される。私たちは安保法制を議論していく必要性は認め「戦争法案」とは呼ばない。だが、批判自体を認めないとすれば、それこそレッテル貼りに等しい議論の封殺である。

 自民党の谷垣禎一幹事長は今回の要求を「法案の基本を国民に十分理解してもらいたい」と説明する。そうであれば、なおさら堂々と論戦に応じればよい話であろう。

 戦前の帝国議会は斎藤隆夫が行った「反軍演説」の速記録を削除したうえで斎藤を衆院から除名し、翼賛議会への坂を転げ落ちた。憲法が国会議員の院内の発言に免責特権を定めるのも、民主主義の根幹に関わるとの認識からだろう。自民党には、そんな意識が乏しすぎるのではないか。

 このところ同党はテレビ局への聴取など放送への介入の動きも強めている。バランス感覚を欠いた今回の要求も国会での「1強状態」の勢いを借りた行動とすれば、おごりである。あしき前例を残さぬためにも参院は未定稿扱いの議事録を実際のやりとり通りに、ただちに公開しなければならない。


首相靖国奉納に韓国「嘆かわしい」
 【ソウル=藤本欣也】靖国神社に安倍晋三首相が供物を奉納し超党派の議員連盟が集団参拝したことについて、韓国政府は22日、「深く失望し嘆かわしい思いを禁じ得ない」とする外務省報道官の論評を発表、「日本が依然、歴史を直視できないでいることを端的に示した」と批判した。


特集ワイド:怒る女性週刊誌 政権批判、読者に押され 原発再稼働、改憲…本当に必要? 家族の生活、命…守れるの
 芸能ゴシップや美容・健康情報などで華やかな女性週刊誌に“異変”が起きている。安倍晋三政権をストレートに批判する硬派な記事が目立っているのだ。俎上(そじょう)に載せるのは、安全保障法制の見直しや憲法改正、原発再稼働、アベノミクス、そして女性活躍推進といった目玉施策。この怒り、どこから湧いてくるのか。【小林祥晃】

 まずは左の表をご覧いただきたい。この1年間に、3大女性週刊誌(「女性セブン」=小学館▽「女性自身」=光文社▽「週刊女性」=主婦と生活社)が掲載した安倍政権を批判する記事の見出しである。<安倍さんは世界で“女性蔑視”だと思われている!><安倍政権は女の涙ぐましい努力をわかっちゃいない>などと、普段女性誌を読まないオジサン記者にはびっくりの率直さ。もちろんこれらはほんの一部に過ぎない。他にも原発再稼働や憲法改正などへ疑問を投げかける記事が少なくない。

 政治にモノ申す記事が増えてきたきっかけとして関係者が口をそろえるのが東日本大震災と福島第1原発事故だ。「週刊女性」の渡辺高嗣副編集長は「原発事故を経験して『最悪の場合、どうなるのか知りたい』というニーズが高まった。特に子供や家族を守る立場の女性にはその思いが強い」と話す。集団的自衛権やアベノミクスなどを取り上げる際にも「要するに、どうなるの?」という疑問に答えることを大事にしている。

 「女性自身」の田辺浩司編集長は「震災以降、特に主婦層は子供たちに明るい未来、安全な社会を残してあげられるのかを考えるようになった。そこに訴える記事を出そうというのが編集方針。特に原発、福島は徹底して追いかけている」と明かす。

 読者も好意的に受け止めているようだ。「週刊女性」の毎号約40本の記事のうち、面白かった記事を選ぶ読者アンケートで政治ネタはベスト10の常連だ。昨秋、小渕優子前経済産業相と松島みどり前法相が「政治とカネ」の問題で相次ぎ辞任した直後に特集した「政治とカネ問題Q&A」は5位に。「政治資金規正法の仕組みや、何がダメだったのかを徹底解説した。新聞やワイドショーで繰り返し伝えている話なので、読まれるかと心配しましたが、意外でした。それどころか『まだまだパンチが足りない』『もっと伝えて』という声ばかり。『やり過ぎだ』なんて声はありません」(渡辺さん)

 「女性自身」は4月7日号の人気連載「シリーズ人間」で「これからも『国民を踏み潰す国』でいいのですか」と題した沖縄・辺野古のルポを掲載。米軍普天間飛行場の移設反対を訴え座り込みを続ける戦争体験者の思い、子育て世代の家族の率直な声を取り上げた。写真グラフも含め計7ページの大型記事だが「涙が止まらなかった」「美容院で記事を見て、もう一度読みたくて買い直した」といった熱い反響が寄せられた。

 2人の男の子を持つ北陸地方の母親(42)は「日本が将来、戦争する国になるのではないか、徴兵制が復活するのではないかと本気で心配しています。でも、ママ友と政治的な話はしづらい。週刊誌に疑問に答えてくれる記事があると、美容院でも食い入るように読んでしまいます」と語る。

 「原発事故を経験して政治は生活の安全と直結していることに気付いた。アベノミクスも成功していると言いながら、大多数の国民の生活は苦しい。それらは男性より女性の方が肌で感じている。蓄積した不満や不安が女性週刊誌に反映されるのは当然です」。そう分析するのは、女性の心理に詳しい原宿カウンセリングセンター所長の信田さよ子さん(68)だ。「ただ、女性週刊誌には昔から地道に取材した反骨的なルポや、大手芸能事務所にもおもねらないスクープがあった。私を含めて長年の読者はそんな姿勢にも信頼感を抱いているんです」

 徹底した現場ルポ「からくり民主主義」や「男は邪魔!」などの著書があるノンフィクション作家の高橋秀実(ひでみね)さん(53)は「女性からすると、安倍政権の言葉は『存在が脅かされる』という警戒心を呼ぶのではないか」と指摘する。「例えば『女性の力を活用する』という言い方。女性はあくまで活用される立場で、活用する男性が優位なのは一目瞭然。また『女性の力を強く信じます』などとひとくくりに肯定する論理は、一人のミスでも『だから女性はダメなんだ』と全否定に転じる恐れもある。そのあたりのからくりを見抜いているのでしょう」

 とはいえ、各誌とも決して「批判ありき」ではない。「週刊女性」は小渕氏や松島氏ら5人の女性閣僚が誕生した際、期待を込めて5人の人となりを紹介した。過去の発言や政治姿勢を批判的に取り上げる切り口も考えたが「仕事をする前から読者に評価を押しつけるのはどうか」と、当初は批判を封印した。

 「私たちが大切にしているのは現場で聞いた生の言葉。それが結果的に、厳しい政権批判になっている」と言うのは「女性自身」の田辺さん。昨年5月27日号で、歴史教科書の採択で揺れる沖縄県竹富町を取材したルポ記事のタイトル「中国より、安倍さんがこわいです」は町民が語った言葉から取った。「人権を踏みにじるような表現でない限り、現実に上がっている声を無視したり、それを曲げて書いたりするのは、週刊誌としてはやってはいけないことだと思っています」

 女性誌を巡っては昨年、月刊ファッション誌「VERY」(光文社)が「お母さんこそ、改憲の前に知憲!」と題し、憲法改正や特定秘密保護法を取り上げた記事を掲載。発売前に内閣広報室が「秘密保護法を取り上げるなら、我々にも取材を」と編集部に電話していた事実が明らかになり、「言論への過剰な口出しではないか」と問題になった。今月にもNHKのやらせ疑惑やテレビ朝日の「報道ステーション」でのコメンテーターの発言について、自民党が両局幹部を呼び事情を聴くなどメディアへの介入や圧力ともとれる動きは強まるばかりだ。

 2人の子の母親でもあるタレントでエッセイストの小島慶子さん(42)は「女性誌はファッションやゴシップなど『見たい、知りたい』という読者の素直な欲求に応えるメディア。政権批判の記事は、異論を許さず、なし崩し的に変わろうとしている世の中への異議申し立てとも言える。批判を恐れて口をつぐむ人が増える中、生活実感を基に『他人がどう言おうと、私はおかしいと思う』と言える、血の通った言論をなくしてはいけない」とエールを送る。

 女性週刊誌に噴出する怒りのマグマを無視すれば、やがて地殻変動につながるかもしれない。

経産省前テントに5000円カンパ/まだ4年しかたっていない・・・

ブログネタ
フランス語 に参加中!
140920_aoimori_railway

Japon : un robot humanoïde comme hôtesse d'accueil
Une hôtesse humanoïde vient d'être "embauchée" pour assurer l'accueil d'un magasin de Tokyo. Reportage de France 3.
Son nom : Aico Chihira. Elle est la première hôtesse humanoïde à l’œuvre dans un très chic magasin de Tokyo. Sa présence crée l'événement.
"Nous espérons qu'elle fera parler d'elle. C'est un moyen plus agréable de communiquer des directions plutôt que de toucher un plan interactif. Nous pensons qu'elle déclenchera un ou deux fous rires parmi les clients", explique au micro de France 3 Hitoshi Tokuda, directeur du développement chez Toshiba.
Il s'agit pour le moment d'un prototype extrêmement onéreux et très fragile techniquement. Mais c'est le signe avant-coureur d'un bouleversement dans le monde du travail. "Il ne faut pas les craindre, ils ne viendront pas en remplacement de l'homme, ils viendront les compléter", assure Bruno Bonnel, président de Robolution Capital.
Généralisation d'ici cinq à dix ans
"Au début, j'étais troublée parce que son sourire est un peu figé. Je trouve aussi qu'elle ne regarde pas les clients dans les yeux, elle fixe leur front, mais bon, je suis tout de même honorée de travailler à ses côtés", confie Mio Sakaï, réceptionniste et collègue de travail d'Aico. Les compagnons robots devraient entrer dans notre quotidien d'ici cinq à dix ans.
フランス語
フランス語の勉強?

お昼はとんかつを食べるつもりでしたが,なりゆきでパン食べ放題のお店に入ってしまいました.結果として食べすぎでしまいました.あ~あ・・・
気持ちが下向きのような気がします.
お寺に払うお金があるのでついでに経産省テントにカンパしました.3000円にしようと思ったのですが,すでに5000円と書いてあったので訂正印.印鑑はもってなかったので郵便局の印鑑です.
何となく悲しい気がします.よく考えると,震災からまだ4年しかたっていないんです.尼崎脱線事故で10年を迎えようとしていても気持ちの整理ができない遺族がいるのを見て,そう思いました.
妙ではちょっとダメ.でも心を置きにいく感じ.松江の彩雲堂の伯耆房(ほうきぼう)をいただきました.例によって?賞味期限切れです.もう一つもらいました.
夕方には元気になったと思いました.

被災鉄道 復興への道
芦原 伸
講談社
2014-07-15


災害と鉄道〜社会派鉄道雑誌出身作家による渾身の力作 米橋清治
本書の著者である芦原伸氏は、1970年代のブルートレインブームのころ、社会派鉄道雑誌として名をはせ、従来からの鉄道雑誌観を大きく変革した鉄道ジャーナルを出版する鉄道ジャーナル社に勤務していた。
また、当時児童向けの鉄道所を執筆されたこともあるが、現在はフリーランスの作家としてご活躍されている。

その芦原氏が、先般のいわゆる東日本大震災に被災した東北地方の鉄道関係者とその利用者たちの震災時の状況をルポし、まとめたものが本書である。

ところでこの地震の発生した3月11日は、JR旅客会社がかねてより発行している青春18きっぷの利用可能期間であり、この当日も、東北地方をこの青春18きっぷで旅行していた方もいる。
芦原氏はそのような方に対してもルポを行っている。

鉄道というものは公共に広く開かれた交通機関であり、一般に、他の交通機関より利用度が高い。
都市部はもちろんであるが、この地震で被災した東北地方においてもなお、いかにモータライゼイションが進んでいるとはいえ、高齢者や学生たち、そして旅行者の足として機能している。

鉄道に乗車中にこのような大災害が起こったら、そしてそれに巻き込まれたら・・・・・・

私自身は西日本在住者で、当日は兵庫県の自宅にいた。
そして確かに、この地震の影響はまったくと言っていいほど受けなかった。
しかし、その地域に住んでいない者であっても、いつ何時、どこでこのような災害に巻き込まれるかもわからない。
現に、旅行者でこの地震に遭遇した人もいるのだ。
仕事の出張先で遭遇した人も、多くいらっしゃるはずである。

本書は実に、社会派鉄道雑誌として名をはせた鉄道ジャーナル出身作家による、一世一代の渾身の力作である。
そして同時に、この歴史的事実は、後世にわたって決して風化させてはならないものであることは申すまでもなかろう。


仙石線の運転再開前に試乗会
来月、全線で、運行が再開されるJR仙石線で、報道関係者を対象に、不通となっていた区間の試乗会が行われました。
仙台市と石巻市を結ぶJR仙石線は、4年前の震災で被害を受け、松島町の高城町駅と東松島市の陸前小野駅の間の11.6キロの区間で不通になっています。
来月30日に全線で運行が再開されるのを前に今月13日から列車の試運転が行われていて、21日は、報道関係者を対象にした試乗会が開かれました。
沿線の東松島市の復興計画に伴って、津波の被害を受けた市内の2つの駅が従来より内陸の山を切り開いた場所に移設されたため、線路も最大でおよそ20メートル高くなり、車窓からはより高い位置から海を眺めることができます。
列車は、勾配のある新たなルートを通ることになるため、乗務員は繰り返し運転操作を確認していました。
また、移設された駅のひとつ、東松島市の野蒜駅は震災前より500メートルほど内陸の標高22メートルの高さに建てられました。
駅周辺には、今後、住宅地や商業施設などが設けられる計画です。
JR東日本仙台支社総務部の伊在井昇課長は、「安全運行に務めるとともに、観光やビジネスで多くの人に利用してもらい、まちづくりの加速に貢献したい」と話していました。


<七十七銀津波訴訟>あす控訴審判決
 東日本大震災の津波で七十七銀行女川支店(宮城県女川町)の屋上に避難した行員ら3人が死亡・行方不明になったのは銀行が安全配慮を怠ったためだと、家族が銀行に計約2億3000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が22日、仙台高裁で言い渡される。仙台地裁判決は銀行が津波を予見できなかったと認定しており、「予見可能性」をめぐる高裁の判断が焦点となる。

 争点は表の通り。予見可能性と屋上への避難の是非、事前の防災態勢をめぐり、銀行の対策や震災直後の行動が問われた。
 家族側は(1)3人が避難した高さ約13メートルの屋上は支店近くの高台と違い、さらに高い場所へ逃げられない(2)内閣府の津波避難ビルのガイドラインも「高台への避難が大原則」としている−と主張、地裁判決の破棄を求めた。銀行側は控訴棄却を求めている。
 昨年2月の地裁判決は、津波の予測最高水位を5.3〜5.9メートルとした震災前の県の報告書を挙げ、「支店屋上を越える20メートル近い津波の予測は困難だった」と判断。「予想される津波の高さから屋上に避難したのは合理的」と述べた。
 控訴審は昨年6月に始まった。高裁は地裁同様、現地を視察し、支店跡地から高台までの距離などを確認。訴訟はことし1月に結審した。
 高裁は和解協議を続け再発防止につながる和解の素案を示したが、家族側は「支店の被災を具体的に踏まえていない」との立場を崩さず、協議は3月で打ち切られた。
 地裁判決によると、13人の行員らが震災直後、支店長の指示で支店屋上に避難したが、全員が屋上を越す津波にのまれ、支店長を含む12人が犠牲になった。


東日本大震災:宮城・女川、行員津波死亡 あす控訴審判決 安全最優先、企業に訴え 両親、現場通い「語り部」
 東日本大震災の津波で犠牲となった七十七(しちじゅうしち)銀行女川支店(宮城県女川町)の従業員3人の遺族が、銀行側に計約2億3000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が22日、仙台高裁で言い渡される。1審・仙台地裁では遺族側が敗訴した。長男健太さん(当時25歳)を失った原告の田村孝行さん(54)、弘美さん(52)夫妻は震災後、支店跡地に約500回も通い、語り部としてこう訴えてきた。「企業は安全を最優先に」。裁判にかける思いも同じだ。【伊藤直孝】

 震災から4年1カ月となった今月11日、夫妻は支店跡地を見下ろす高台・堀切山にいた。跡地には立ち入り禁止のロープが張られ、かさ上げ工事のクレーンがせわしなく動く。「街は変わっていくけど、気持ちは変わらないんだよね」。孝行さんがつぶやいた。

 あの日、行員ら13人は支店長の指示で高さ約10メートルの2階建て支店の屋上に避難。約20メートルの津波にのまれ4人が死亡し、8人が行方不明となった。銀行のマニュアルでは、堀切山と支店屋上が避難場所に指定されていた。

 海から約100メートルの支店を震災後初めて訪れたのは8日後。孝行さんは支店そばの堀切山への階段に気付き、歩み寄った。55段の階段を上った。多くの人が避難した病院の駐車場まで3分半しかかからなかった。「こんなに近いのに、なぜ屋上へ」。疑問が募った。

 同県大崎市に住む夫妻は健太さんの遺体発見後も週末のたびに片道約40キロを運転し女川に足を運んだ。建物解体後は跡地に花壇を作り被災を伝える写真を添え、語り部として見学者に説明してきた。

 裁判では、健太さんが上司の指示で先に屋上に行き、海を見つめていたことも明らかになった。支店跡地で「社員は上司には逆らえない」と銀行の責任を訴えたが、「あれだけの津波なら仕方ない」という反応が返ってくることも一度ならずあった。

 仙台地裁は昨年2月、「屋上避難に合理性はあった」「約20メートルの巨大津波は予見できなかった」と訴えを退けた。「いつも心が折れそうになっている」と孝行さん。それでも跡地訪問を続ける。入行4年目で、家庭も持たないまま逝った長男のために何ができるか、自問自答してきた答えが語り部活動であり、裁判だったからだ。

 「命を守るには高台へ行かねばならぬ」。3月に慰霊の花壇に設置した石碑の台座に、そう記した。「企業で安全が最優先になって、いつか息子に『あなたの死は無駄ではなかったよ』と言いたい」。弘美さんの願いだ。


<七十七銀津波訴訟>行員家族支えた人々の存在
 東日本大震災で死亡・行方不明になった七十七銀行女川支店(宮城県女川町)の行員らの家族を支える人たちがいる。2012年9月の提訴から2年7カ月。家族の気持ちを受け止めてきた。
 支店跡地を臨む高台に、石で造られたモニュメントが立つ。スーツと制服を着た男女の行員がほほ笑む姿が刻まれ、各地から訪れた人々が手を合わせる。
 宮城県川崎町の彫刻家平泉正司さん(55)が手掛けた。「残された家族の思いを何とかくみ取り、少しでも満たすことができれば、という思いを込めた」
 14年秋ごろ、家族側から制作依頼があった。慰霊の場にとどまらず、悲劇の記憶と教訓を伝えるにはどんなデザインがいいのか−。試行錯誤の末、3月の建立直前にやっと完成した。
 台座には「命を守るには高台へ行かねばならぬ」と文字を刻んだ。平泉さんは「ここで起きたことを身近に感じてほしい」と願う。
 石巻市のダイビングショップ代表高橋正祥さん(35)は女川町の高松康雄さん(58)らと海に潜り、捜索活動を続ける。高松さんの妻祐子さん=当時(47)=が行方不明のままだ。
 高橋さんは、一審仙台地裁で争われていた13年9月ごろ、来店した高松さんに直訴された。「ダイバーの資格を取りたい」。妻を捜し出すという。高橋さんは「思い詰めた印象だった」と振り返る。
 捜索では被災者の免許証やアルバムを見つけ、高松さんは明るい表情を見せるようになった。高橋さんは「高松さんたちが諦めない限り捜索する」と言う。
 大崎市の佐々木隆子さん(61)は震災後、田村弘美さん(52)を傍らで温かく見守る。田村さんは長男で元行員の健太さん=当時(25)=を失った。
 2人の親交は30年近い。佐々木さんの三男(29)と、健太さんは同級生。失意の底にいる田村さんを孤立させまいと、田村さん方を訪れ、お茶を飲み世間話をした。田村さんは「わらにもすがる思いで気持ちを吐き出し、優しく受け止めてくれた」と感謝する。
 佐々木さんは「犠牲を繰り返さないため、高裁には良識のある答えを出してほしい」と切望する。


尼崎脱線事故、あの朝何が起きたのか 25日で10年
 2005年4月25日午前9時18分、兵庫県尼崎市のJR福知山線で、通勤・通学客で混み合う快速電車(宝塚発同志社前行き上り、7両編成)が急カーブを曲がりきれずに脱線した。乗客と乗員計107人が死亡し、乗客562人が負傷する、JR発足後最悪の事故となった。惨事はなぜ起きたのか――。関係者の証言や国土交通省の調査結果などをもとに、当時の様子や背景などを振り返る。

■オーバーランで急停止

 川西池田駅(兵庫県川西市)から1両目に乗車の女性(31)

 (4月25日午前9時4分、快速電車は宝塚駅=同県宝塚市=をほぼ定刻で発車)伊丹駅(同県伊丹市)で急ブレーキがかかり驚いた。電車はかなりのスピードでバックし、ホームの定位置に。「オーバーランしましたことを深くおわび申し上げます」。車掌の車内放送に苦笑する乗客も。速度を上げながら電車は進み始めた。

■行き過ぎた距離「まけて」

 国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会(現運輸安全委員会)の調査結果から

 「まけてくれへんか」。伊丹駅出発後、運転士(当時23、死亡)は行き過ぎた距離を総合指令所に小さく報告してもらおうと車内電話を使って車掌に頼んだ。「だいぶと(かなり)行ってるよ」。車掌は答え、乗客への対応で運転士との会話は中断。その後、遅れを取り戻そうと電車は塚口駅(同県尼崎市)付近を時速約122キロで疾走する。

■速度超過 大きな揺れ

 1両目後部に立って乗車していた別の女性(31)

 「ガタガタ…」。窓の景色の流れが速くなり、事故現場に近づくにつれて、床や窓が大きく揺れていった。ブレーキ音とともに立っていた乗客がバランスを崩して次々と床に倒れた。「ガリガリ」と地面と車両がこすれ合う音が車内に響き、左側の窓が先頭の方からねじれて割れていくのが見えた。

■衝撃、宙に飛ぶ乗客

 2両目で座って乗車していた男性(45)

 (電車はカーブを曲がり切れずに脱線し)立っている乗客が前方へ滑るように流されていくのを見た。車体が何かにつまずいたような衝撃とともに、乗客が空中に飛ばされた。メリメリと車体がつぶれ、車内の空間がどんどん狭くなった。

 伊丹駅でオーバーランした電車は、塚口駅も1分以上遅れて通過した。徐々にスピードを上げた電車は、事故現場手前の急カーブの始点を制限速度を大きく超える約116キロメートルで進入。カーブを曲がりきれず、1〜5両目が脱線した。乗客106人と運転士1人が死亡、562人が重軽傷を負った。

■生存者救出翌朝まで、座席を担架代わりに

 事故現場で、消防関係者らはどう人命救助などにあたったのか。

 尼崎市消防局で当時、特別救助隊だった松原豊さん(48)


 1階駐車場に突っ込んだ1両目の先頭部分には多くの乗客が押し込められていた。地下側から接近すると、障害物のわずかな隙間から要救助者の手が見えた。その隙間から医師による救命医療を施す一方、救助資機材を使いながら上方から少しずつ内部に進んだ。車内は損壊した部品などで非常に狭く、最後の生存者を救出したのは翌朝だった。困難極める救助活動は28日夕刻まで続いた。

 救助に協力した近隣に住む女性(53)

 けがをした人を日陰に移し、タオルで止血した。事故車両の座席を担架代わりにして、民間の車にも運んだ。事故車両に乗っていたある女性は、私の手を握りながら「家族に会いたい」と話したのを最後に、息を引き取った。現場には、駐車場の車から漏れ出たガソリンや鉄が焦げたような臭いが充満していた。無我夢中で、気付けば夕方だった。

■背景に「日勤教育」 調査報告書で批判

 国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会は、2007年6月公表の事故調査報告書で、背景事情としてJR西日本の運転士の管理方法や安全管理体制に言及した。

 直接の事故原因は、運転士のブレーキの遅れによる時速約46キロメートルの速度超過。ブレーキが遅れた理由は、運転士が直前の伊丹駅で起こした「オーバーラン」の言い訳を考えていたことなどが指摘されている。

 同社ではミスをした運転士らに懲罰的な「日勤教育」が行われており、現場ではペナルティーと受け止められていた。運転士が処分を過度に懸念していたことが、事故の遠因となったとされる。報告書はさらに「安全について、本社、支社、現場が必ずしも万全な体制をとってこなかった」と同社の社内体制を批判した。

 現場のカーブは1996年、翌年のJR東西線開業に伴い尼崎駅の配線を変更したため、それまでの半径600メートルから同304メートルの急なものに付け替えられた。カーブの付け替えや、現場に自動列車停止装置(ATS)が未設置だったことも問題になったが、事故当時、法令や国交省の基準違反はなく、JR西幹部の刑事責任には結びついていない。

 報告書を巡り同社の山崎正夫元社長が事故調側から情報を入手した漏洩問題も発覚。元社長が取締役を辞任、当時の幹部らも処分された。

■幹部刑事責任 追求難しく


 事故の刑事責任を巡る裁判は続いている。業務上過失致死傷罪に問われたJR西日本の山崎正夫元社長は無罪判決(2012年、神戸地裁)に。同罪で強制起訴された井手正敬元相談役ら歴代の同社3社長に対し、二審・大阪高裁は3月下旬、一審に続き無罪判決を出した。不服とした検察官役の指定弁護士が、遺族らの意思を確認の上、最高裁に上告している。

 公判での焦点は、同罪の構成要件となる事故への具体的な「予見可能性」が認められるかどうか。3社長の二審判決は運転士が制限速度を超えて現場に進入した点について、「異常な運転に及ぶことは、社会通念上予見することは相当困難」と結論づけた。

 現行の日本の法体系では、現場に近い立場にない組織の経営幹部の刑事責任を問うのは難しい。遺族の一部は、個人とは切り離して法人を処罰する「組織罰」について英国の導入例などを勉強会を通じて研究しているが、専門家からは「(導入すれば)事故の原因究明に加害企業側の協力が受けられなくなる」などの懸念も聞かれる。



■識者に聞いた、教訓どう生かす
■安全管理の第三者検査が重要
 西川栄一・神戸商船大名誉教授(機械工学)の話 これまでの様々な機関の事故分析により、人的ミスなどのリスクの認識不足や、懲罰的処遇でミスを是正するという人間工学の常識とは相いれない乗員管理、経営陣による安全対策を確認する仕組みの欠如など、JR西日本の組織的問題点が明らかにされた。事故の背景についてこれほど詳細に検証されたケースは極めてまれで、遺族らの尽力によるところが大きい。JR西が導入する安全管理体制を第三者が検査する制度は、インフラに関わる全ての事業者が真摯に考えるべき課題だ。
■「悲嘆ケア」の充実を
 高木慶子・上智大グリーフケア研究所特任所長の話 JR福知山線の脱線事故をきっかけに、喪失感を抱えた遺族らに寄り添うグリーフ(悲嘆)ケアの重要さについての理解が社会に広がるようになった。阪神大震災などの天災と、脱線事故などの人災とでは、遺族らの悲嘆の様相が異なることにも気付かされた。事故や事件では加害者がおり、遺族や被害者は悲嘆に加え、怒りが強い。犠牲者の無念の思いに応えるためにも、そうした遺族らの話を傾聴する人材を養成し、悲しみを和らげる場所を整えて行くことが必要だ。


尼崎脱線事故10年:心に穴、開いたまま(その1) この傷今も 遺族アンケート
 2005年4月25日、兵庫県尼崎市で起きたJR福知山線脱線事故は、乗客106人の命を奪った。発生10年を前に、毎日新聞が犠牲者の遺族に対して実施したアンケートからは、癒えぬ悲しみを今も心の奥に抱え、事故の風化に苦しむ姿が浮かんでいる。あの日何があったのか。何が惨事を引き起こしたのか。この間の調査成果を基に事故とその背景を検証し、二度と繰り返してはならない悲劇を、改めて心に刻みたい。【JR脱線事故取材班】

 ◆心身の状態
 ◇つらさ内に秘め 福知山線「子供の上、走るよう」

 事故直後の状況も合わせて聞き、現在と比較した。直後と比べると、生活に表れる具体的な影響は小さくなっているが、癒やしがたい内面の苦しみをいまも抱えている状況が浮かび上がった。

 「眠れない」は事故直後の21人が現在は4人へ、「食欲がない」は18人が4人へと、日常生活に具体的に表れる症状に改善傾向が見られた。10年たって「少しは落ち着いた」が17人、「日常生活を取り戻せている」が16人−−と、回答者の4割近くがある程度日常を取り戻しつつあることがうかがえる。

 一方で、「急に涙が出る」は16人、「事故当時のことが突然頭に浮かぶ」は15人、「周囲から取り残されたように感じる」は10人おり、回答者の2〜4割にあたる。直後よりは一定程度減っているものの、今も内面に苦しみを抱えている人が少なくない状況が浮かんだ。「娘が生きていたら、と想像すると涙が出る」「世間から事故が忘れられているようでむなしさが強くなった」などという声が寄せられた。

 事故後に医師らによる精神面の治療などを受けた経験が「ある」と答えたのは23人。「誰にも言えない気持ちを話せ、楽になった」などの声があった。8人が今も治療などを続けている。

 福知山線については22人が「利用している」と回答。「利用していない」も20人おり、理由として「事故を思い出すから」を7人、「精神的に不安定になる」を6人が選んだ(複数回答)。ある遺族は「子供の上を走るようで乗ることはできない」と説明した。

 ◆司法のあり方
 ◇「組織罰導入を」最多

 JR西の幹部を裁く刑事裁判は、山崎正夫元社長の無罪判決が確定し、歴代3社長も1、2審とも無罪判決を受けた(指定弁護士が上告中)。

 鉄道事故などで業務上過失致死傷罪を問う場合、現場とトップとの間で多くの社員が意思決定に関わる大企業については経営者の責任を問うことは難しいと指摘される。こうした現状を踏まえ、重大事故の原因企業の責任について聞いた。

 事故を起こした企業の法人としての刑事責任を問うよう、「組織罰の導入を検討すべきだ」と答えたのは27人だった。「刑事責任を重視せず、原因究明を優先すべきだ」を選んだのは5人にとどまった。本来は複数回答を求める設問ではないが、「現行法の範囲で有罪・無罪を判断すべきだ」と組織罰導入を両方選んだ遺族も複数いた。「無罪では安全への責任を痛感することはない」と言う遺族もいる。一連の刑事裁判に納得がいかず、法制度に関わらず責任を問いたいという思いがうかがえる。

 ◆JR西の対応
 ◇担当交代「信頼途切れ」 5年前比「十分」37ポイント低下

 JR西日本の対応について、安全対策▽被害者への説明▽経営幹部の姿勢、言動▽被害者担当社員の姿勢、言動−−の4項目について尋ねた。この項目については、5年前の前回アンケートでも同じ質問をしている。前回と比べ、被害者担当社員に対する評価が下がっていた。

 JR西は被害者それぞれに担当者を決め、相談や要望を受けている。姿勢や言動など対応が「十分だと思う」と回答した人は20人で回答者の44%だった。5年前は81%が「十分」と答えていた。JR西は11年、事故直後から異動などに関わらず固定していた担当者を、状況によって専任部署所属の社員に交代させる方針を発表した。方針に対しては、遺族から「信頼が途切れてしまった」などと不満の声が出ていた。

 また、経営幹部に対する「十分」という評価は11%に過ぎない。「対応が形式的で誠意が伝わらない」などの意見とともに、被害者に直接謝罪していない井手正敬元社長に批判的な意見もあった。

 賠償交渉については「すでに終えた」と回答した人が、5年前の29%から47%に増えた。だが今も22%が「交渉に入る見通しは立っていない」と答え、「早く済ませようとするJR西の姿勢が嫌になった」「家族の命をお金に代えられない」などと理由を挙げている。

 ◆現場保存
 ◇車両「跡地で公開」4割

 列車が衝突した9階建てマンションの保存方法について聞いた。4階部分まで残すJR西の案を「受け入れられる」と回答した遺族は5割近い21人だった。「不満だが、仕方ない」を合わせれば、8割以上が容認している。

 ただ、「仕方ない」の回答者の一部にも「全部保存」を求める声がある。ある遺族は「広島の原爆ドームが平和の象徴になっているように、ありのままの形で残すことが事故の風化防止になる」と話す。一方で「子供が命を落とした場所なのでもう見たくない」と更地にするよう求める声もあった。

 JR西が保存方法を検討中としている事故車両については、4割以上の19人が「事故跡地での一般公開」を望んだ。理由として「事故を忘れないためには、マンションと共に現場で公開すべきだ」という意見が目立った。一方で、2割近い7人が「非公開で保存」を希望し、「事故に関係ない人たちに、好奇の目で見られたくない」「事故を思い出したくない」などと訴える。JR西は、複雑な遺族感情に配慮して対応を検討する必要がありそうだ。
 ◇45人から回答

 犠牲者の遺族に対するアンケートは2月から4月上旬にかけて、面談や郵送などの方法で実施し、犠牲者106人のうち40人の遺族45人から回答を得た。男性28人、女性17人で、犠牲者の親28人▽配偶者8人▽兄弟姉妹5人▽子供4人。結果からは、感情の急激な起伏の波が小さくなり、事故前の日常生活を取り戻しつつある人が多い一方で、つらい思いを内面に秘めるようになった人が多いことがうかがえる。大半が事故の風化を感じる一方、心身の状況が事故直後より悪くなった人も少なくなく、社会との落差が広がっているといえる。


尼崎脱線事故10年:心に穴、開いたまま(その2止) あの時何が 遅延「1分半」、46キロ超過カーブ突入


尼崎脱線事故10年:心に穴、開いたまま(その2止) あの時何が 遅延「1分半」、46キロ超過カーブ突入
 ◆当日
 ◇ブレーキ遅れオーバーラン 「まけてくれへんか」

 国土交通省航空・鉄道事故調査委員会(事故調、現・運輸安全委員会)の報告書などを基に、脱線事故当日の状況を再現した。

 運転士(当時23歳、死亡)は、宿泊先の東大阪市から乗務を始めた。脱線事故を起こすことになる快速電車の車両を回送電車として尼崎駅から運転したが、午前8時54分すぎ、宝塚駅で自動列車停止装置(ATS)による非常ブレーキが2回にわたって作動した。

 車両は宝塚駅で折り返し運転するため、運転手と車掌は席を交代する。「Pで止まったん?」。車掌(当時42歳)が交代の際、ATS作動の有無を尋ねると、運転士はむすっとした表情で無言のまま歩いて行った。

 電車は9時4分ごろ、定刻より約15秒遅れて宝塚駅を出発したが、伊丹駅でもブレーキをかけるのが遅れて非常ブレーキが作動し、約72メートルのオーバーランが生じた。列車は定位置に向けて後退した後、定刻より約1分20秒遅れで9時16分ごろに伊丹駅を出発した。

 「まけてくれへんか」。運転士は車内電話を掛け、オーバーラン距離を過少申告するよう依頼する。車掌は「だいぶと行ってるよ」と答えた。ここで乗客からおわびの放送をするよう促された車掌は、電話を切る。列車は加速を続けて塚口駅の手前で時速124〜125キロに達した。ただし、運転室の速度計には121キロか122キロと表示されていたとみられる。実際の速度よりも表示が低くなる誤差があったためだ。

 この間、車掌が列車無線で総合指令所に連絡を取る。「行き過ぎですけども、およそ8メートル」。運転士の依頼に応じた過少報告だ。輸送指令員から「(遅れは)何分でしょうか」と確認されると、「あ、1分半です。どうぞ」。列車は定刻より約1分12秒遅れて9時18分22秒ごろに塚口駅を通過し、ブレーキをかけるべき場所も過ぎてしまう。

 直後の制限速度70キロの現場右カーブに進入した時の時速は約116キロ。「それでは替わりまして、運転士応答できますか」。指令員が呼びかけるが、応答はない。

 運転士はその頃立て続けにブレーキをかけていたが、約16秒の遅れは取り返せず、十分に減速できなかった。9時18分54秒ごろ、列車は1両目から左へ転倒するように脱線する。「応答してください。どうぞ」。再度の問い掛けにも応答はなかった。

 事故後の運転室には赤鉛筆1本が転がっていた。車掌と指令員の交信内容を運転士がメモしようとした可能性があると、事故調はみている。

 ◆背景
 ◇運転士「日勤教育」恐れ JR西、保守管理不十分

 事故調は、現場カーブ前での運転士のブレーキ操作の遅れに、ミスをした乗務員に対する厳しい再教育「日勤教育」が影響した可能性を指摘する。調査報告書によると、オーバーラン距離の過少申告を頼んだ車掌と輸送指令員との無線交信に「特段の注意」を払ううち、運転から注意がそれたと考えられる。日勤教育を受けさせられることを懸念していたとみられる。

 運転士は事故前に日勤教育を既に3回受けた経験があった。04年6月にオーバーランした際、リポートの提出など精神論的な内容を13日間課され、周囲に「意味が分からない」「本当に嫌だ」と漏らしていた。日勤教育は一部からペナルティーと受け取られており、一連の行動に「運転士管理方法が関与した可能性」を指摘する。

 一方で車両などに対するJR西の保守・管理は十分でなかった。事故列車の速度計にあった誤差は、最高速度ぎりぎりで走ったつもりでも、実際には超過を招いた。速度超過を防ぐATS(自動列車停止装置)の現場カーブへの未設置▽余裕のないダイヤ−−などの問題も調査報告書は指摘している。

 こうした事故調の成果を踏まえ、遺族の求めからJR西と有識者も交えて2012年に発足した「安全フォローアップ会議」は、JR西の組織的関わりに迫った。14年4月にまとめた報告書では、事故調に指摘された問題点が互いに連鎖していたと分析している。

 JR西は1989年、近畿の主な路線網を「アーバンネットワーク」と名付け、列車の高速化や停車時間の短縮で所要時間を縮めるダイヤの「速達化」を始めた。私鉄に対抗するためだ。福知山線の最高速度は91年、100キロから120キロとなる。96年には現場カーブを半径600メートルから304メートルに変更。制限速度は70キロだ。04年までに宝塚−尼崎間の運転時間の基準を計50秒短縮した。だが設定通りの運行は難しく、運転士たちは伊丹−尼崎間で、遅れを取り戻すため速度を上げる「回復運転」を余儀なくされていたとみられる。一方、安全確保のため速度を制限するATSの整備は、当初計画から先送りされ、使用開始予定は05年6月だった。

 こうして50キロもの減速を要する現場カーブでの安全確保は、運転士の能力に依存していた。一体であるべきダイヤの速達化とATSの整備を別々に決め、バックアップが不十分な運転士のミスには懲罰的に対応していた。報告書は、安全対策が経営事業と関連付けられていない安全管理の不備▽ミスを起こした個人の責任を追及する乗務員管理▽会社と社員との信頼関係が崩れ、虚偽報告が行われる企業風土−−を問題点として挙げている。


【支える JR脱線事故10年】 (下)同じ境遇の遺族だから理解してもらえる 月に1回の集まり、涙流して喪失感吐露…次女亡くした池田光代さん 
 4月中旬、兵庫県川西市内で、JR福知山線脱線事故で家族を亡くした女性ら4人が集まった。

 「体調は大丈夫? 無理したらだめよ」

 「来年こそ、一緒に桜を見にいきたいね」

 4人は茶を飲んだり、菓子をつまんだりしながら、世間話に花を咲かせた。

 次女の杉山恭枝さん=当時(34)=を失った池田光代さん(77)は、長女の中村道子さん=当時(40)=を亡くした藤崎光子さん(75)と視線を交わし、うなずいた。

 事故後、恭枝さんが残した2人の孫の世話やJR西日本への対応に追われ、心が休まることはなかった。心配した友人から食事に誘われることもあった。「悩みを打ち明けても理解してもらえないのでは」と思うと二の足を踏んだ。

 突然人生が断ち切られた娘の不幸を思い、涙があふれそうになっても「孫たちに悲しんでいる姿を見せられない」と自身を奮い立たせた。相談する相手がおらず、次第に孤立感を募らせた。

 遺族の一部は、遺族の連絡会で互いに知るようになった平成17年夏から月に1回、集まっていた。数人から10人程度、多いときは20人。藤崎さんが手紙やメールで案内を出し、自由に参加するスタイルだった。

 池田さんは藤崎さんに誘われ、18年から初めて参加。何げなく雑談の輪に加わった。他の遺族から失った家族の思い出話を聞くうちに、いつの間にか胸の内を明かしていた。

 「孫を見ていると、娘を思い出して悲しくなる」

 事故当時幼かった恭枝さんの長女(14)が成長し、ふとみせる表情に生前の娘を重ね合わせてしまうことで、喪失感がよみがえることを打ち明けた。自然と涙が頬を伝った。他の遺族は黙ってうなずきながら聞いてくれた。旧知の友人と再会したような心地よさを感じた。

 4月中旬、兵庫県川西市内で、JR福知山線脱線事故で家族を亡くした女性ら4人が集まった。

 「体調は大丈夫? 無理したらだめよ」

 「来年こそ、一緒に桜を見にいきたいね」

 4人は茶を飲んだり、菓子をつまんだりしながら、世間話に花を咲かせた。

 次女の杉山恭枝さん=当時(34)=を失った池田光代さん(77)は、長女の中村道子さん=当時(40)=を亡くした藤崎光子さん(75)と視線を交わし、うなずいた。

 事故後、恭枝さんが残した2人の孫の世話やJR西日本への対応に追われ、心が休まることはなかった。心配した友人から食事に誘われることもあった。「悩みを打ち明けても理解してもらえないのでは」と思うと二の足を踏んだ。

 突然人生が断ち切られた娘の不幸を思い、涙があふれそうになっても「孫たちに悲しんでいる姿を見せられない」と自身を奮い立たせた。相談する相手がおらず、次第に孤立感を募らせた。

 遺族の一部は、遺族の連絡会で互いに知るようになった平成17年夏から月に1回、集まっていた。数人から10人程度、多いときは20人。藤崎さんが手紙やメールで案内を出し、自由に参加するスタイルだった。

 池田さんは藤崎さんに誘われ、18年から初めて参加。何げなく雑談の輪に加わった。他の遺族から失った家族の思い出話を聞くうちに、いつの間にか胸の内を明かしていた。

 「孫を見ていると、娘を思い出して悲しくなる」

 事故当時幼かった恭枝さんの長女(14)が成長し、ふとみせる表情に生前の娘を重ね合わせてしまうことで、喪失感がよみがえることを打ち明けた。自然と涙が頬を伝った。他の遺族は黙ってうなずきながら聞いてくれた。旧知の友人と再会したような心地よさを感じた。



 この連載は、吉田智香、中川三緒、猿渡友希が担当しました。


【JR脱線事故10年】 夫亡くした原口さん、思い込め和ろうそくに描くチューリップ
 乗客106人が犠牲になった平成17年のJR福知山線脱線事故で、夫の浩志さん=当時(45)=を亡くした兵庫県宝塚市のピアノ講師、原口佳代さん(55)が、浩志さんの霊前に供える和ろうそくに、チューリップの絵を描く作業を進めている。チューリップは2人の最後の旅行先となった長崎で見た思いが詰まった花。事故から10年を前に、前向きな気持ちになれたことで、初めて描いた。「夫への思いが届いてほしい」。和ろうそくは25日、浩志さんの位牌(いはい)がある神戸市兵庫区の寺でともされる。

 事故があった17年のクリスマスシーズン。原口さんは月命日とクリスマスが重なることに気付き、華やかなことが好きだった浩志さんに思いをはせていた。そんな時、立ち寄ったデパートの催事場でクリスマスツリーなどの絵が描かれた和ろうそくをみつけた。

 応対した同県西宮市の和ろうそく店の店員、氏野一成さん(45)に浩志さんのことを話すと、「和ろうそくは植物で作られている。花を供えるのと同じようにクリスマスに飾ってもらえれば」と勧められた。早速購入し、仏壇に飾った。夫を亡くし、寂しさが募る日々。和ろうそくのあかりが、孤独な心を照らしてくれた。

 「和ろうそくがなければ年を越せなかった」と原口さん。以来、仏壇に和ろうそくを供えるようになった。

 事故後、長らく悲しみに暮れたが、時の経過とともに、母や友人らに助けられてきたことに気付き、心境に変化が生じた。「今まで支えてきてもらった恩返しがしたい」。自分と同じように最愛の人を失い、悲しむ人らを支える活動をすることを決めた。

 昨年4月には、心療カウンセラーの資格を取得。今年に入って音大時代の友人らとグループを結成し、コンサートなどを通じて命の大切さを訴え続けている。

 前向きな気持ちを持てるようになった頃、原口さんは10年間支えてくれた人への感謝と浩志さんへの変わらない思いを込め、和ろうそくにチューリップの絵を描くことを思いついた。チューリップは、事故の1カ月前に浩志さんと旅行した長崎県の観光施設「ハウステンボス」で咲き誇っていた花だ。その絵に自分の思いの全てを込めることにした。

 絵を描くことが苦手な原口さん。昨年5月から絵付けを教わり、今では1人で和ろうそくに絵を描けるようになった。

 「彼は暗いことが嫌いだった。今の前向きな姿や思いが、和ろうそくの煙に乗って天国まで届いてほしい」。10回目の命日を前に、原口さんは願っている。


それぞれの10年・尼崎脱線事故:/1 忘れず縛られず 重傷、車椅子、苦悩手記に 慰霊式出席を決意
 2005年のJR福知山線脱線事故で重傷を負った岡崎愛子さん(29)=東京都港区=は25日、兵庫県尼崎市の現場近くで営まれるJR西日本主催の慰霊式に初めて出席する。事故後の入院は377日間に及び、後遺症で車椅子生活を送っている。今まで式典には足が向かなかったが、節目に決意した。「自分の中の何かが変わる」気がしたからだ。

 同志社大2年だった10年前の4月25日、大阪府池田市の実家を出て快速電車の1両目に乗った岡崎さんは、事故で前方に吹き飛ばされた。首の骨を折り、脊髄(せきずい)が傷ついた。

 治療で生命は取り留めたが下半身の感覚は戻らず、両腕は動かせても指は思うに任せない。自律神経の働きが低下して体温の調節もできない。「死んだ方がよかった」と病室でたびたび泣いた。

 そんなある日、医師に諭される。「家族に『命だけは助けて』と懇願された。ちゃんと生きなあかんで」。目が覚めた。「私のことを思う人がいる。助かっただけでいい。死にたいなんて思っちゃだめだ」と誓った。

 06年5月、大学に戻った。通勤ラッシュを避けるため、ヘルパーの介助を受けながら大学近くで1人暮らしした。ノートは筆記用具を固定する装具を手に着けてとった。

 卒業後は電機メーカーに入社し、充実した日々を送った。だが、体温調節ができないため、暑ければ発熱し寒いと体の芯まで凍えてしまう。約6年間勤めたが、会社員生活は体力的に厳しく、新しい道を考え始めた。

 岡崎さんは高校時代から事故に遭うまで、投げたディスクを犬に口でキャッチさせる「フリスビードッグ」で活躍し、大会での優勝経験もあった。事故後、リハビリでディスクを人さし指と中指で挟んで持てるようになり、大阪府内の大会にも愛犬と出場した。

 犬に関わる仕事に転身しようと決意し、14年2月に退職した。事故に遭ってからのそんな歩みを友人に話していると、「ちっちゃいことで悩むのがばからしくなって、前向きになれる」と言われた。手記にまとめようと思い立ち、昨夏から半年かけて「キャッチ!JR福知山線脱線事故がわたしに教えてくれたこと」(ポプラ社)を書き上げ、今月出版した。出版を知った恩師から「後輩たちに話を」と連絡を受け、6月には母校の中学生たちに講演する。

 「事故さえなければ」という憤りは徐々に薄れている。怒りを募らせても苦しみしか残らないと感じたからだ。「忘れない。でも事故にとらわれて生きたくない」。そう考えながら11年目を迎える。【釣田祐喜】=つづく

    ◇

 乗客106人と運転士が亡くなり、562人が負傷した福知山線脱線事故。多くの人が深い傷を負った悲劇から、間もなく10年がたつ。流れた歳月の意味を考えた。


[「辺野古」世論調査] 政権の姿勢に反発鮮明
 名護市辺野古の新基地建設に突き進む安倍政権への県民の反発の大きさが浮き彫りになった。

 沖縄タイムスと琉球放送は18、19の両日、戦後70年に関する世論調査を実施し、基地問題に対する県民の意識を探った。

 米軍普天間飛行場返還問題に対する安倍政権の姿勢については72%が「評価しない」と答え、「評価する」の22%を大きく上回った。

 これまでの安倍政権の沖縄に対する対応からすれば、多くの県民が不信感を抱くのは当然だ。

 辺野古移設反対を掲げて当選した翁長雄志知事に、首相や菅義偉官房長官が、約4カ月も会談に応じないなど露骨な「冷遇」が続いた。

 国は県の中止要請にもかかわらず、海底ボーリング調査を続行した。翁長知事が、沖縄防衛局に移設作業の停止を指示したのに対し、農相が執行停止措置を取るなど強硬姿勢が際立った。

 一方、翁長知事の姿勢については約72%が「評価する」と答えた。多くの県民の支持を受けていることが数字に表れた。

 安倍首相との会談で翁長知事は「絶対に辺野古に新基地は造らせない」と公約実現に不退転の決意を示した。

 住民の土地が米軍に強制接収され基地が造られた歴史的経緯などを述べ、沖縄側に普天間の代替案を求めることに対し「こんなに理不尽なことはない」と訴えた。首相を前に、ウチナーンチュの思いを代弁したことなどでさらに求心力を強めている。

    ■    ■

 普天間飛行場の辺野古移設については「反対」が約65%で、「賛成」の約28%を大きく上回った。辺野古移設への県民の反対が、揺るぎないものであることをあらためて示している。

 さらに、普天間返還問題の望ましい解決方法を聞くと「辺野古への新基地建設」と答えた人は、約19%にとどまった。辺野古移設に賛成と答えた人でも、それが消極的な選択であることが、調査から読み取れる。

 翁長知事が安倍首相や菅氏との会談を通して、沖縄の過重な基地負担の現実を訴えたこともあるのだろう。国内の世論にも少しずつ変化が生じている。

 毎日新聞が20日付で報じた全国世論調査結果によると、辺野古移設をめぐって沖縄県と対立を深めている政府の進め方について「反対」が53%と過半数を占め、「賛成」の34%を上回った。

    ■    ■

 翁長知事が、安倍首相との会談の中で、極めて重要な要請を行った。

 今月末に日米首脳会談を控えている安倍首相に対し、翁長知事は「県民は、辺野古新基地に明確に反対していることをオバマ米大統領に伝えてほしい」と述べた。

 米国は住民の敵意に包囲された基地が、安全保障機能を果たすことができないと知っている。

 日米両政府が、共同声明に辺野古移設推進を再確認する文言を盛り込めば、それは沖縄の世論に背を向けることにほかならない。


河北抄
 原発をやめて「核発」、つまり核発電所と呼ぶことを作家の村上春樹さんが提案している。本紙朝刊の『時代と歴史と物語を語る』でも訴えていた。
 核は核爆弾を連想させるが、原子力は非軍事の平和利用を思わせる。それで、「『原子力発電所』と言い換えている」と村上さんは推測する。与えるイメージを良くしようと、本来使うべき言葉が敬遠されているというわけだ。
 確かに一理ある。そもそも原子(アトム)と原子核(ニュークリア)は別物で使い分けが必要。「原子の力」といっても実は「原子核の力」なので、ニュークリアで統一した方がすっきりする。とすれば、表記は核がより正確。
 だが、日本に限らず混同されてきた。例えば、国連の国際原子力機関(IAEA)はアトム派、日本の原子力規制委員会(NRA)はニュークリア派と、れっきとした機関もばらばら。
 村上さんはもどかしい思いなのかもしれない。かつての作品のタイトルにならえば、戦後ずっと「核をめぐる冒険」の時代が続いていることに。

葭始生あしはじめてしょうず/宮古島・八重山に津波警報

ブログネタ
フランス語 に参加中!
150324_zakuzaku_shinjuku

Avis de tsunami levé après un séisme à l'extrême-sud du Japon
L'Agence japonaise de météorologie a levé son avis de tsunami, lundi 20 avril dans la matinée, après un séisme de magnitude 6,8 à l'extrême-sud du Japon, survenu sur l'île Yonaguni, selon la chaîne publique NHK.
La magnitude a été évaluée à 6,6 par l'institut américain de géophysique (USGS). ≪ Une secousse importante de plusieurs dizaines de secondes a été ressentie ≫, a précisé un témoin à la NHK. Sur les images diffusées par la télévision publique, la mer semblait encore calme une quinzaine de minutes après le séisme.
Le Japon avait enregistré un petit tsunami en février dernier, lequel était cependant sans commune mesure avec celui du 11 mars 2011 qui avait atteint plusieurs dizaines de mètres par endroits et directement tué plus de 18 000 personnes.
Le Japon est situé à la jonction de quatre plaques tectoniques et enregistre chaque année environ 20 % des séismes les plus violents recensés sur la planète.
フランス語
フランス語の勉強?
未来世紀ジパング【池上彰が解説スペシャル 忍び寄る超・格差社会…日本は?】
「資本主義の下では、格差は拡大する」フランスの経済学者、トマ・ピケティが書いた経済書「21世紀の資本」が世界中でヒット。日本だけでも14万部の発行を記録している。今、世界で広がる格差とは!?アメリカ、中国、韓国の3カ国で驚きの格差の現場を取材!そして日本は…? 池上彰が、忍び寄る超・格差社会を徹底解説する!
SHELLY 秋元玲奈 池上彰 パックン、坂下千里子、鈴木ちなみ

クローズアップ現代「いのちをめぐる対話〜遺族とJR西日本の10年〜
106人の乗客が亡くなったJR福知山線脱線事故から10年。事故の背景を知りたいと考える数人の遺族とJR西日本の間で、「安全」のあり方をめぐる「対話」が行われていた。「同じテーブルにつき、共に事故原因を考えよう」という遺族のよびかけを、JR西日本も受け入れ、事故を起こした企業と遺族による、かつてない対話が始まった。最初は大きな隔たりがあった両者の意識。しかし、「家族はなぜ死ななければならなかったのか」という遺族の問いは、少しずつJR西日本の意識を変化させていった。双方のインタビューなどをもとに、「異例の対話」がもたらしたものを見つめる。

好色五人女―マンガ日本の古典〈24〉 (中公文庫)
牧 美也子
中央公論新社
2001-03


色気のある絵とわかりやすい言葉遣いtkimsk
好色五人女の話は、江戸時代に実際にあった事件を井原西鶴が脚色して書いた話です。題名通り5人の美女が各話に一人ずつ出てきます。しかも全て恋愛に関する話です。牧美也子さんの描く絵は非常に色気があってこの話にあっていると思いました。またこの漫画に出てくる言葉が非常にわかりやすく表現されていて、難しい言葉が少なくて良かったです。この古典シリーズで最も読みやすい部類に入ると思います。
姫路・但馬屋お夏,江戸・八百屋お七,京・大経師暦屋おさん,大坂・樽屋おせん,薩摩・琉球屋お万,5人の女性の恋話.今でいう好色とは違います.借りてよかったと思う本でした.

七十二候の葭始生あしはじめてしょうず,です.二十四節気では穀雨です.確かに雨が降っていました.
宮古島・八重山に津波警報が出ていたとのこと.いい気分ではないです.
写真は新宿ルミネ地下のザクザクです.美味しかったです.

<祈りと震災>(33)死者は実在、心の中に/第6部・それぞれの死生観(2)
 恐山菩提(ぼだい)寺は青森県下北半島の霊場・恐山にある。境内は、まるで極楽浄土のようだとされる宇曽利(うそり)湖とそのままつながっている。
 この寺で住職代理を務める南直哉(じきさい)さん(56)は、忘れられない出来事を思い出す。東日本大震災から数カ月後のことだった。
 髪を金色に染めた若い男性が来て切り出した。「あの、塔婆の供養したいんすけど」
 申込書の住所欄に「気仙沼」とあった。差し出した紙切れに書かれていたのは二つの戒名。一人は女性、もう一人は女性が身ごもったまま命を絶たれた子の名だった。
 男性は、仙台で働いている時に結婚したと話した。女性は古里の気仙沼で出産を待つ中、津波にのまれたという。
 法要の時刻を伝えると、「あ、そうすか、じゃ、どうも」と軽い感じで返事をした。
 男性の雰囲気や物腰から、南さんは推し量る。「1人で恐山まで供養に来るようなタイプではない。大切な家族を突然亡くした衝撃が彼の行動を変えたのだろう」
 この世を去った死者は、残された者の考えや行動に影響を与えると考える。「ならば、死者は他者と同じように実在する」と死生観を語る。

 長野市生まれの南さんは福井県の曹洞宗の大本山・永平寺で20年近く修行した。恐山菩提寺に入って10年になる。
 死後の世界や霊魂はあるのか−。永平寺にいたころは、あるともないとも答えなかった。仏教の開祖ブッダも、この問いには「無記」と呼ばれる沈黙をひたすら貫いた。
 死んだことのない人間が「ある」とは言えない。古今東西のさまざまな先人が語ってきた死後の世界を「ない」とも断定できない。両者の溝を沈黙が埋めた。
 だが、恐山には無記だけでは割り切れないものがあった。亡き人への供え物を持って遠くから来る遺族。イタコの口寄せを求め何時間も並ぶ人々。思いはとても強い。

 南さんは考えを深めるうち、ふと気付いた。「死者は実在するんだ」と。そう捉えると恐山に宿る死と生の精神性がごく自然に理解できた。
 「人は死んでも、残された者の思いの中にはっきりと存在する。時には生者以上の現実感を持って心に現れる」
 だからこそ、恐山には人が絶えない。震災があった年は冬季閉鎖が解けた5月1日から被災者が足を運んだ。昨年も被災地から多くの遺族が来た。
 死の重みは、亡くなった人と大事な関係であるほど増す。「生者の持ちきれない思いを預かる場こそが恐山だ」。南さんは言い切る。
 いとおしい人を失った悲嘆は尽きない。最果ての霊場は人々に求められ続ける。


<その先へ>孤独死、絶対出さない/230世帯の住民つなぐ
◎あすと長町仮設住宅自治会長・飯塚正広さん(仙台市太白区)
 「絶対に孤独死を出さない」。そして「ここを去るのは自分が最後」。
 仙台市太白区のあすと長町仮設住宅に自治会が誕生した3年前のあの日、飯塚正広さん(53)は住民の前で二つの誓いを立てた。
 宮城県内外を問わず、さまざまな被災地から約230世帯が入居したあすと長町。それはまるで寄せ集めのような集団だった。
 「隣に誰が住んでいるのかも分からない。住民間のトラブルは日常茶飯事。殺伐とした雰囲気だった」
 当然、自治会づくりも難航した。住民有志による運営委員会は、半年近く話し合っても会長が決まらず、空中分解する寸前だった。

 火中のクリを拾う覚悟で飯塚さんが会長を引き受けたときには、震災から1年が過ぎていた。
 ゼロからのコミュニティーづくりは約束通り、お年寄りの見守りから始めた。
 棟ごとに置いたブロック長が、問題を抱えている世帯がないか目を配る。市内の病院や大学の協力で心身に不安を抱える住民の健康相談も始めた。継続的な取り組みが孤独死を防いだ。
 気が付けば、仮設住宅のあちらこちらから住民同士の笑い声が聞こえるコミュニティーが出来上がっていた。
 仮設住宅のすぐ近くでは、災害公営住宅の建設も進んでいた。「ここで培ったつながりを維持したい」。飯塚さんに相談を持ち掛ける住民が増えていった。
 定期的に公営住宅への入居を希望する人たちの勉強会を開催。実現には至らなかったが、独自の建設プランを市に提案もした。努力が実を結んでこの4月、グループ単位で公営住宅に移る80世帯の引っ越しが始まっている。

 自治会も震災から丸4年となった3月11日、3年間の活動に終止符を打った。飯塚さんも近く公営住宅に入居する。
 仮設住宅にとどまる60世帯のうち15世帯の行き先がまだ決まっていないことだけが心残りだ。「仮設住宅に残る人も去る人も復興はまだ道半ば」。二つ目の誓いを果たすため、この先も一緒に汗を流すと決めている。
(佐々木智也)


JR福知山線脱線:命の大切さ伝える 兵庫・尼崎の事故
 JR福知山線脱線事故から25日で10年となるのを前に、兵庫県尼崎市の事故現場近くの畑に19日、白い大根の花で描かれた「生」と「命」の文字が浮かび上がった。「生」の字は今年から加わった。二つの文字は線路脇にあり、通過する列車の運転士や乗客に生命の大切さを伝えている。

 「命」の文字は、現場から南約300メートルの畑の地主で農家の松本三千男さん(79)が2009年から毎年続ける。今年、現場から北約100メートルの線路沿いの畑に「生」が浮かんだ。

 事故で長女(当時40歳)を亡くした藤崎光子さん(75)とJR西日本の運転士ら計8人がこの日、現地を訪れ、草刈り作業を手伝った。【米山淳】


【支える JR脱線事故10年】 (中)グリーフケアで「生きる意味」取り戻した…悲嘆に暮れる人支える側に 大学生の次女亡くした女性
 「あの患者さんと、もっと話したいことがあったのに…」「患者さんが亡くなった悲しみを誰にも言えずに、ずっと抱えていた」

 3月5日、兵庫県三田市内の病院で看護師を対象に開かれた「グリーフ(悲嘆)ケア研修」。参加した約15人の看護師は、患者の死を通して感じたそれぞれの思いを包み隠さず語り合った。涙を流しながら胸の内を吐露する人もいた。

 講師を務めたのは、平成17年4月のJR福知山線脱線事故で、大学1年の次女=当時(18)=を亡くした同県宝塚市の女性(60)だった。「自分の感情を知ることが大切。仲間で分かち合い、自分の気持ちを大切にしてほしい」と看護師たちに優しく語りかけ、心の苦しみを訴える姿を静かに見守った。

 事故後、絶望の底に沈んだ女性は、愛する人を亡くした遺族の悲しみに寄り添う専門家のグリーフケアに心を救われた。その経験が一転して、人を支える立場に回るきっかけになった。

 亡くなった次女は事故直前、実母が倒れて介護が必要な状態になったときには「大学生になったから、これからはお母さんを助けるね」と言ってくれた優しい娘だった。女性は「悲嘆が重なり、神様にどう祈ればいいのか分からなかった。生きる意味を失っていた」と振り返る。

 そんなとき、JR西日本から、事件や事故の遺族らにグリーフケアをしていたシスターの高木慶子さん(78)を紹介された。

 18年春、同県川西市内で高木さんと会い、いろいろなことを打ち明けた。次女を失った悲しみ、実母を介護しなければならない現状、つらい経験が重なり、クリスチャンなのに祈ることができない苦しさ…。高木さんは黙って話を聞き、心に寄り添ってくれた。

 約1時間半の対面を終えると、「心のもやもやが晴れていくように感じ、安心した」という。それ以来、高木さんと毎月面会するようになり、会うたびに心を癒やされた。事故前から困っている人を助けたい−とカウンセリングの勉強をしていた。グリーフケアで心の落ち着きを取り戻し、同時にこれからの「生きる意味」も見いだしたような気がした。

 21年4月、高木さんが同県尼崎市の聖トマス大にグリーフケア研究所(現上智大グリーフケア研究所)を立ち上げ、専門家の養成講座を始めると、迷わず入所。3年かけて心理学やケアの実践について学んだ。

 修了後、受講した仲間とともに、愛する人と死別した遺族が悲しみを分かち合う「はすの会」を発足させた。兵庫県内の病院で、末期がん患者の精神的ケアをするボランティア活動も始めた。

 活動を続けるうちに、患者の死に直面した看護師が悲しみを抑えて仕事を続けていると感じ、昨年8月から看護師を対象にしたケアを展開している。

 女性は言う。

 「自分の体験や苦しみを生かし、心を痛めて悲嘆に暮れている人たちを支え、寄り添っていきたい」


福知山線脱線事故10年、負傷者が振り返る苦難。でも「人生捨てたもんじゃない」
乗客と運転士の107人が死亡、562人が負傷したJR福知山線脱線事故から、4月25日で10年となる。

事故で人生を変えられた人々の10年は、事故後も苦難の連続だった。それでも「いろんな方の10年を共有することで、10年後に笑って過ごせることを想像できない渦中の方に、生きる勇気を発信できれば」と、生き残った負傷者やその家族、支援者が4月19日、兵庫県川西市でシンポジウムを開いた。

その中から、自身が列車に乗っていて負傷した2人の話を紹介したい。
手術20回、歩けるようになった

管理栄養士をしていた玉置富美子さん(65)=兵庫県伊丹市=はあの日、通勤のため、伊丹駅から快速電車の3両目に乗り込んだ。猛スピードでホームに走り込んできた電車は、停止位置を70メートル過ぎて止まった。以来、顔や足腰に残る苦痛と闘いながら、約20回の手術を受けてきた。

玉置:この10年間、なぜ私は生き残ったのか。何かしなければならないことがあるんじゃないか。それを問い続けてきました。仕事も辞め、未だに週3日、病院に通っています。

いつも乗っている電車を、3両目の先頭で待っていた時に、目の前を「あれ、特急電車が通ったのかな」という勢いで電車がすり抜けました。はっと見ると、7両目の車掌の顔が見えました。「あっ、これは絶対に事故を起こすな。乗らないでおこう」と思って一歩後ろに下がりました。しかし降りてきた方も少ないし、私も「大丈夫なのかな」と思って、つい乗ってしまったんです。乗った瞬間、「しまった、やっぱり事故が起きる」とすぐに思いました。それでも私は、この光景を覚えておかなければいけないと思いました。

2両目と3両目の連結部分の壁にもたれていたとき、電車がものすごく大きくカーブして、はっと気がつくと2両目が目の前に迫ってきていました。ちょうど車両がつぶれたところで、顔面を押さえつけられ、顔面が切れてきました。車内の中はスクランブル状態で、目を開けて見極めようと思っても、自分の体がどこを回ってるかもわからなかったんですね。「このまま失明するかもしれないし、このまま目を閉じて開かなければ死んだんだ」と覚悟して目を閉じました。

そして、気がついて頭の上が明るいなと思った時は、マンションのフェンスのところまで飛ばされていました。頭を上げたらすごい出血でした。

貴重品の入ったショルダーバッグや、両足の靴は車内に残りましたが、ただ、車外に投げ出されたとき、手元に新聞とショールの入ったカバンが偶然に腕に残っていました。ちょうどマンションの地下駐車場横のフェンスでしたが、前は石ころとガラスだらけでした。石ころとガラスを避けて、カバンを置いて、止血しました。手元にショールが残っていなかったら止血できずに死んでいました。投げ出されたことで幸か不幸か、周りに人がいなくて止血できる場所がありました。

そのうち「ガソリンが爆発する。逃げろー!」と男の声がしました。両足、靴が脱げてえぐり取られてますから、このまま歩いたら足からも出血して苦しみながら失血死するだろう。そう思いました。そうしたらちょうど私の後ろに投げ出された女性が「奥さん、このままここにいよう」と言いました。私は覚悟を決めました。苦しみながら死ぬんだったら、この場で爆発と一緒に死んだほうが楽だと思い、その場で止血を続けました。

そのうち、かなり時間が経ったと思いますが、近所の方が、折れそうな戸板に私を乗せてマンションのピロティーの方に運んでくれましたが、どんどん出血し、息ができなくなってきたんです。そこへちょうど救急隊の方が来られたので、酸素をお願いしました。とても暑い日でしたが、近所の尼崎製菓の方が氷とタオルを持ってきてくださって、顔にかけてくださいました。

やがて救急車に乗せられました。その日は道がものすごく混んでました。ちょうど救急隊の方がお知り合いだったらしく、近くの病院に運ばれました。非番だった方で、形成外科の先生が、いつも行く病院を断って駆けつけてくださいました。先生は、CTOやレントゲンを撮り、治療を始めてくださいました。先生が躊躇されているのを感じたので「先生、痛み我慢します。存分にしてください」と言いました。頭から顔半分にかけて、皮膚が破れて骨が見えていました。動脈はもちろん切れていました。顎は貫通だったんですね。全身打撲していますから、腕は倍ぐらい腫れていましたし、腰も背中も紫色ですごかったみたいです。足はえぐり取られていまして、肉に食い込んでいたストッキングを引っ張り出したときの痛みで思わず声が出ました。ものすごい痛みを今でも思い出します。

一応、一命は取り留めたんです。足の中が深くえぐられていましたので、皮が張るまで3カ月入院しました。顔面神経5本のうち1本の運動神経が切れていましたので、顔の半分が垂れ下がって、口にはブロッコリーも入らない。足も痛い、毎晩、痛み止めが切れてうなされる。そんな日々でした。私の顔面神経は「ゴム紐が引っ張って切れた状態で、あなたの場合は切れた両方の先がどこにあるのかわからないから、手術は無理だろう」と言われました。

やがて、関西の形成外科では3本の指に入るという大阪大学の教授を紹介されました。その先生は「顔面神経は1年半経ってるから無理です。ただ、顔の傷は気になりませんか」と言われました。今は、遠目で見れば、まったくわかりませんが、もう20回ぐらい、顔の手術は毎年受けてます。2014年12月18日に目の上の部分も受けました。顔が下がってくるので、目に傷が入ってすごく痛くなるのです。麻酔を打つのは痛いのですが、麻酔の痛みか、目の痛みかを天秤にかけて手術を決めています。

2014年6月までは腰と反対の足が全部痛くて、このままでは車椅子だな、と諦めておりました。たまたまJRの示談の話を受けたとき「再生医療を受けさせてほしい」と頼み、2015年1月に手術を受けました。この手術を受けるまでは、カートにもたれながらしか歩けませんでしたが、今は杖なしで1万歩歩けます。けがされた方、諦めないでください。私はiPS細胞が実用化されて、顔面神経がつながることを期待しています。

私の命を救ってくださり、支えてくださったりした方のいろんなご縁で、ここまで元気になりました。大きな財産は、新しい医療に巡り会えたことです。きっと皆様の中にも苦しんでいる方、いらっしゃると思うんで、人生捨てたもんじゃないと知っていただければ幸いです。皆さんも希望を捨てずに頑張ってください。
自分を支え、妻は心を病んだ

2両目に乗っていて脚を骨折したイラストレーターの小椋聡さん(45)は、被害者としての真相究明活動、支えてくれた妻の朋子さんの発病、会社を辞めて独立したことなど、波乱万丈の10年を振り返った。

小椋:今日は私の妻について話したいと思います。大きな事件、事故に巻き込まれた人の家族はどうなるか。いろんな被害者に共通するものがあると思います。

事故から1〜2年目は、被害者同士のつながりもまったくなかったので、事故車両に誰が乗っていて、どんな被害にあったのか、それをつないでいく作業が大変でした。当時の事故調査委員会も最終報告書を出していませんでしたので、遺族や被害者に説明責任を果たすよう求めるなど、やることが山積みで、家庭の問題に目を向けることがほとんどありませんでした。

私にとって2両目に乗っていたことは多くの意味を持っています。最も多くの犠牲者を出した車両でもあり「そこで生き残ったあなたしかできないことをやりなさい」という責任を背中に負わされたような気がしています。「家族が何両目で亡くなったのすら分からない」という方がかなりたくさんおられましたので、遺族の方と一緒に乗車位置を探す活動をしました。負傷者と家族で手記を集めて2年目に出版したり、事故原因の調査に関する取り組みなど、当時の事故調査委員会に説明責任を求めたりもしました。その横でいつも「あなたのやっていることは間違っていないよ」と励まし続けてくれた妻が横にいたから出来たことです。

やがて、電車に乗っていた私ではなく、妻が精神的な障害を持つことになりました。事故から3年目に認定されまして、今も障害者手帳を持って生活しています。いろんなことが負担となって積み重なり、徐々に妻の精神を蝕んでいったのではないかと思います。私自身は記者の皆さんにたくさん話を聞いてもらい、自分の感情もそれなりに消化できましたが、彼女は常に受け止める側でした。メディアの取材も、遺族との取り組みも、私が話す横で聞いている。優しい心を持っている人であるがゆえに、人の思いにダメージを受けたのではないかという気がしています。

事故から1年半後、一緒に乗車位置を探していた遺族の女性が自殺しました。もともと出会った時から危うい感情を持っている子で、「でもなんとか一緒に乗車位置を探している中で元気になってくれればいいな」と思って彼女を支えたのが妻でした。その女性が発案して妻の誕生会をしようと言い出してくれました。最初はまったく笑わない子だったんですが、そういうことを言い出してくれて嬉しかったんです。

事故から2年が経過した頃、妻は物を食べなくなりました。37kgまで痩せ、杖をつかないと歩けなくなりました。3週間入院しましたが、原因が見つかりません。家に帰ってからも、彼女に合う薬がなかなか見つかりませんでした。幻聴や幻視、不眠にずいぶん苦しめられました。私が会社から帰ってくると、真っ暗な部屋で布団の中に丸まっていて起きている状態。「今日帰ったら、彼女は死んでいるかもしれない」。恐怖の日々が続きました。事故から3年目、あまりにひどいので、精神科医と相談して、完全に事故の情報から隔離して、集中して合う薬を見つけるために、兵庫医大の隔離病棟に2カ月入院しました。

その間に私は彼女に相談せず会社を辞めました。38歳でした。辞めずにいたら彼女は恐らく今、この世にいなかったと思います。家で家事をしながらやろうと思って決めたのが、イラストレーターとデザイナーの仕事でした。何も考えずに辞めた割には比較的仕事はあったんですが、家賃を払ってビジネスを回す固定費を払うと、たちまち家計は困窮しました。最初の2年間で、全財産が5000円になったことが2回あります。どんなに屈辱か。私にとってもっとも苦しかった時期です。人には言えないし、自分の人格まで変わっていくのがわかって嫌でした。

福知山線の事故以外にふと目を向け、「自分の人生を生きよう」と思ったことがありました。事故から6年たった東日本大震災です。被災者の姿を見聞きして、誰にも言えずに自分一人で苦しんで耐えてきた人がたくさんいる。自分の周りにも、苦難の真っ只中にいる方がたくさんおられると気づきました。

当時住んでいたところから、兵庫県多可町という田舎に引っ越しました。蛍が飛び、庭に鹿が出るし、最寄りの駅まで車で40分です。苦しみの真っ只中にいたときは、未来とか希望があるなんてちっとも思えませんでした。自分が気がついたいちばん大切なことは、会社を辞めた決断だったと思います。私よりもっとひどい怪我をした人もいますが、努力してきたことで、どういう人生が待ち受けていようとも、過ごしてきた時間は無駄にならないんじゃないかと思うようになりました。この事故の経験を通して、人生は生きるに値すると思っています。

私がいちばん感謝しているのは、自分のそばにいてくれた朋子が10年生きてくれたことです。事故の前日が結婚記念日なんですが、あの事故で「事故の前日」となってしまいました。私と一緒に人生を歩んでくれてありがとう。


夫の置き土産に感謝 福知山脱線で夫亡くした妻の想い
 いつもと変わらない朝だった。いつものように「行って来ます」「行ってらっしゃい」とやり取りをして見送った。まさか、それが最後の言葉になるなんて。JR福知山線脱線事故から25日で丸10年を迎える。この事故で夫の浩志さんと突然の別れを強いられた兵庫県宝塚市在住のピアノ講師の原口佳代さん(55)は、今でも最後のやり取りを思い出す。事故直後からずっと、母親の淳子さんが支えてくれたが3年後に他界。絶望の淵にいた自分を助けてくれたのは、周囲の仲間たちだった。あれから10年。佳代さんは、自分と同じように突然家族や愛する人を亡くした人たちを支えようと、音大の仲間らとともに音楽グループ「虹色の音」を立ち上げ理事長に就任し、精力的に活動を行っている。常に前を向いて生きようと奮闘する佳代さんの思いを聞いてみた。
事故に巻き込まれたかも

 2005年4月25日。会社員の浩志さんはいつもと同じように会社へと出かけていった。浩志さんはお弁当を手にいつも通りに「いってきまーす」と言って出かける。そして佳代さんも「行ってらっしゃい」と見送る。「いつも自転車で駅まで行って、雨の日は私が車で送ったりしてて。あの時は、本当にいつも通り平穏な一日の始まりでした」

 同日午前、突然、淳子さんから電話があり「すぐにテレビをつけなさい」と言われた。 すると「JR福知山線で脱線事故が起きた」というニュースが放送されていた。浩志さんが使う路線。時間的にも乗っている可能性があった。すぐに電話をかけるも、ずっと「つながりません」という音声が続いていた。

 「携帯電話の電源切ってんのかな?」と考えるも何をすればいいのかわからなかった。連絡がとれないまま、昼から予定していた音楽講師の仕事のため宝塚市へ向かう。生徒と事故の話をして「夫が巻き込まれてるかもしれない」と言うと、生徒らは「先生、早く帰って」と言ってくれた。

 けど、夫の携帯はつながらないまま。「どうすればよいかわからないから」とレッスンを始めようとした瞬間、夫が勤める会社から連絡が何度も入った。レッスンへ向かう途中、車のラジオで緊急対策本部の連絡先は控えていた。そこで病院の連絡先を7〜8つ分聞いて電話をしたが、浩志さんの名前はなかった。
「どうすればええかわからへん」

 「どうすればええかわからへん」そんな思いだけが頭の中をめぐる。だが、信じたくはなかったが、テレビで報じられていた「遺体安置所」のある体育館へ向かった。間違えであってほしいと思いながら。だが、なんの手がかりもつかめなかった。

 それでも、ずっと体育館にいた。時はすぎゆくばかり、けど浩志さんからの連絡はない。そして、翌日の午前4時ごろ、佳代さんの携帯電話の着信音がなった。相手は浩志さんだった。「電話に出ると、たぶん『警察のものですが』と言ってたかな。そして『ご主人が亡くなられました』と言われた。体育館にいることを伝えたら、今から1時間半くらいしたらお名前を呼びますって言われて。そこで対面しました」

 浩志さんは、冷たくなっていた。服はぬがされ、足にも大ケガを負っていたという。家に連れて帰ろうと体育館を出た時には、朝になっていた。その記憶は今も残っているという。

 浩志さんの兄が駆けつけ、葬儀の話をするも、電車が止まっており葬儀場がなく、大阪府内の葬儀場をおさえるのがやっとだった。「電車が止まってるし、私たちと同じような状況の方もたくさんおられたから。もう混乱状態でした」

 「夫が亡くなった」という感覚はずっとなかった。そんな覚悟もなかったし、昼間などは会社に行ってるという感覚もあったからだ。連日、浩志さんの友人やマスコミ関係者の応対をし気が張っている毎日。だが49日を終えたあたり。訪ねてくる人が少なくなり、そこで「亡くなった」と実感した。

 押し寄せる寂しさ、悲しさ。だが、そんな佳代さんをずっと支えたのは淳子さんだった。「離れて暮らしていましたが、事故の時からずっと家に帰らず私のそばにいてくれました。母は肺気腫や膠原病などを患っていたんですが、一生懸命支えてくれたんです」
ふとしたきっかけで知った母の深い愛情

 そんな淳子さんの愛を感じた出来事があった。それは、事故から数日たったある日、キッチンで料理をした際に包丁がないことに気づいた。どこを見ても見つからない。そんな佳代さんを見て淳子さんが「私が隠しました」と打ち明けた。
 
 「母は、私が何をするかわからないと考えたから隠したらしいんです。そっと打ち明け、隠した場所から包丁を出してくれました。私はそこまでは思っていませんでしたが、あそこまで思ってくれるのは母しかいないなあと思いました。あの時、母がいてくれて本当に良かったと思いました」

 そして、母とは同居することとなり、住まいも現在の宝塚市へ。だが、佳代さんは精神的にもまいっていた。ある日の夜中、夢の中で浩志さんから「迎えにきて」と言われたように思えたことがあった。「駅で震えて待っていると思って、『迎えにいかな』と私は一生懸命、泣きながら準備をしていた。母はそんな私を懸命に止めてくれました」

 ちょっとでも落ち着こうと、淳子さんとともに浩志さんと旅行に行った思い出の地などへ旅をしたりした。そばでずっと支えてくれた淳子さん。だが、そんな母が耳のがんを患った。医者に相談するも、肺気腫なども患っており手術は不可能。「ストレスをかけたのかな」と悩んだが、告知しなかった。そして、最後は自宅で普通の生活を一緒に送ろうと決めた。仕事も休業したが、音楽の生徒さんらは「先生が帰ってくるのいつでも待ってるから」と理解してくれた。ホームドクターやケアマネジャーの支えもあり、母は安からに息を引き取った。75歳だった。

 だが、一人っ子の佳代さんは、これで天涯孤独の身となった。「もう包丁を隠してくれる人もいない。私に生きる意味があるの?」絶望感に包まれ、自ら命を絶とうと思った日もあった。けど、できなかった。
絶望の淵で聴いた音楽、自分に今できることを

 そんな時、オーディオに入っていたCDをランダムにかけたら、シンガーソングライター、さだまさしさんの「奇跡」という曲が流れた。これは、淳子さんと一緒にコンサートに行った時に買ったものだった。「どんなにせつなくても必ず明日は来る」など、CDから聞こえてくる歌詞は、佳代さんを自然と勇気づけた。「スタートラインに立たんとアカンよね」

 以来、さだまさしさんのコンサートに出かけるようになった。そして、年末のカウントダウンにも参加し、励まされた。1人でいると、今でも正直さみしさは募る。クリスマスは、浩志さんが大好きなイベントで、毎年部屋に飾り物をして淳子さんも一緒にチキンを食べて祝った。そして、お正月のカウントダウンもみんなで楽しんだ。「その楽しいときをすごせない」本当に1人の時はつらかった。

 だが、そんな佳代さんを救ったのは、仲間たちだった。「私らには(佳代さんの)気持ちはわからへん。けど、支えることはできるよ」と。佳代さんもその支えでどん底な気持ちから立ち直っていった。そして「自分も何かをしたい」と考えた。

 「私には今、音楽しかできへんけど、自分の経験を語って人に寄り添えることができるのであればと思って『虹色の音』という音楽グループをつくりました。それで私が頂いた温かい人の優しさをもとに、私なりに音楽を通じて人に寄り添ったりできるかなと。微力かもしれへんけど」

 佳代さんの部屋には、浩志さんや淳子さんと撮った写真がいくつか飾られている。長崎ハウステンボスのチューリップ畑前で浩志さんと撮った写真はお気に入りのひとつだ。そして、これが事故直前に撮った最後の一枚だった。「夫との思い出の場所へいくつか旅に出たけど、ここだけは長い間どうしても行けなかった」

 しかし、一昨年「悲しみを乗り越えな」と勇気を出してこの地へ行った。すると、自然と前を向く力がついた気がするという。「浩志くんが呼び寄せてくれたのかな。いろんな活動から、たくさんの人と出会うことが出きてん。母にもほんまに感謝。そう浩志くんは、いっぱい置き土産をしてくれましたわ」。佳代さんは笑顔でそう語りながら、2人の写真をじっと見つめていた。


【JR脱線事故10年】 『僕が生きた証だよ』ミカンの木に息子を感じ、採れた実は遺族担当社員にも
 乗客106人が犠牲となった兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故で、長男の満さん=当時(37)=を亡くした同県伊丹市の斎藤堅一さん(72)宅で、今年も満さんゆかりのミカンの木に多くの実がなった。幼少のころ、健やかに育つようにと願って植えた木は約7メートルの高さになり、毎年春にはつややかな実を数百個つけ、収穫後は新芽を出す。「ずっと見守ってるよ」。木を見上げる堅一さんと妻の百合子さん(72)は、息子がそう語りかけてくるように感じている。

 ミカンの木は、満さんが3歳のころ、祖母の登志子さん=平成21年死去、享年(94)=が孫の成長を願う「記念樹」として自宅敷地の隅に植えた。満さんが成人した頃からは白い花をつけ、ミカンがなるようになった。「花が咲いたよ」「もうすぐ実がなるね」。満さんは、木を見ては笑顔をみせた。

 家族思いで優しかったという満さん。事故の前年の母の日には、直前に近くの生花店でサボテンを見つめていた百合子さんの姿を覚えていて、百合子さんにサボテンをプレゼントしたこともあった。10年前の事故の日の朝、その翌日に誕生日を迎える満さんの長男を「一緒にお祝いしよう」と百合子さんと電話で話したのが最後になった。

 息子を失った悲しみが癒えず、時がたつにつれて会いたい思いが募るという夫妻にとって、ミカンの木は、満さんを感じることができるかけがえのない存在となった。百合子さんは「『僕が生きた証だよ』と満が言っているような気がする」と話す。

 毎年、ミカンが300〜400個採れ、知り合いやJR西日本の遺族担当社員らに配る。受け取った人からは、お返しに手作りのマーマレードやジュースをもらうこともある。百合子さんは昨年から旬の味を長く楽しめるようにとはちみつ漬けを作っている。

 今年も2月ごろからミカンがなり始め、夫妻が収穫した。手の届く範囲だけだが、100個以上を収穫できた。花が好きだった満さんのために、立派なユリが供えられた自宅の仏壇に、ひときわ大きく形のきれいなミカンを供えた。遺影に「たくさん実がなったよ。満、ありがとう」と語りかけた。

 25日で事故から10年。ちょうどミカンの木に新芽が出る頃だ。木に満さんの面影を重ねる夫妻は、「ミカンの木が芽吹くと、息子が『ずっと見守ってるよ。大丈夫だよ』と言ってくれているような気がするんです」と話した。


宮古島・八重山地方の津波注意報解除
20日午前、沖縄県の与那国島近海を震源とする地震があり、気象庁は宮古島・八重山地方の沿岸に一時、津波注意報を発表しましたが、およそ1時間後に解除しました。
気象庁によりますと、20日午前10時43分ごろ、沖縄県の与那国島近海のごく浅い場所を震源とするマグニチュード6.8の地震があり、震度4の揺れを沖縄県与那国島で、震度3の揺れを沖縄県竹富町の西表それぞれ観測しました。
この地震で気象庁は午前10時47分に宮古島・八重山地方の沿岸に津波注意報を発表しましたが、その後、津波は観測されず、およそ1時間後の午前11時50分に解除しました。
気象庁は「これまでのところ、津波や潮位の変化は観測されておらず、津波注意報を発表した時点より地震の規模が小さくなるなどの可能性もありさらに分析を進めたい。今回地震が発生した震源地の周辺では、過去もマグニチュード7前後の地震が発生するなど地震活動が活発な地域で、今後も震度3程度の余震が起きるおそれがあり、念のため注意してほしい」と話しています。


一ノ瀬文香&杉森茜:同性婚挙式 不受理公算大も…次は婚姻届提出
 昨年12月に同性婚の意志を示す会見を行ったタレントの一ノ瀬文香(34)とダンサーの杉森茜(28)が19日、都内の式場で結婚式を挙げた。東京都渋谷区が今月1日、同性カップルを結婚に相当する関係と認め「パートナー」として証明する条例を施行するなど世間の注目が高まる中、挙式後の会見には報道陣約50人が詰めかけた。

 「人前式」の形式で行われた式では、2人ともウエディングドレスを着用。参列者約80人から祝福を受けた。ただ一ノ瀬の父親、弟は参列せず「取材が入るなどの事情を考えて、来ないという決断をした。迷ってはくれた」と説明した。

 一方、杉森は両親が参列したが、互いの家族が賛成しているのか問われ「賛成はしてないと思います。心から賛成できる親は、今の時代の日本でほとんどいないと思う。うちはかなり変わっているが、それでもギリギリ」と語った。

 2人は今週中にも婚姻届を提出する予定。日本は同性婚を法的に認めておらず、また2人は条例のある渋谷区在住ではないため受理されない公算が大きいが、杉森は「不受理になったら、その悲しい気持ちを糧に次の動きをしたい」と、同性婚の認知度向上に意欲。一ノ瀬も「憲法24条は同性婚を保障はしていないけど禁じていない。この式が議論のきっかけになれば」と力を込めた。(スポニチ)

なんか疲れている/気持ち少し下向きかな

ブログネタ
フランス語 に参加中!
141031_Sendai_8ch

Insolite : une bière japonaise au collagène pour nous rendre plus belles
Elle s'appelle "Precious". Non, ne cherchez pas, cette bière "miracle" n'existe pour l'instant que dans sa ville d'origine : Hokkaïdo, au Japon. Pourtant, le concept nous fait déjà rêver : une bière capable d'effacer nos rides, de rendre toute son élasticité à notre peau et de nous donner un teint de bébé, on dit oui !
Le secret ? 5 % d'alcool seulement par canette, et 2 grammes de ... collagène. Cette protéine, que l'on retrouve surtout dans les crèmes anti-rides, mais que notre corps produit également de manière naturelle, est responsable de la souplesse de notre épiderme. Or, en vieillissant, elle s'épuise : les rides apparaissent, la peau devient sèche et caetera. L'idée, c'est donc de nous faire avaler du collagène, afin de nous aider à retrouver notre jeunesse. En théorie, c'est la solution miracle au vieillissement cutané.
Sauf que, même si l'idée est tentante, à ce jour, aucune étude scientifique n'est venue la valider. Et, évidemment, les chercheurs n'ont pas non plus le recul nécessaire quant aux risques présentés par une telle pratique... On ajoutera enfin que l'alcool (comme le café ou le tabac) diminue le taux d'absorption du collagène par l'organisme. À quand le jus de pomme enrichi au collagène ?
フランス語
フランス語の勉強?

明日へ−支えあおう− 復興サポート▽人と人のつながりが命を救う〜岩手・釜石市〜
仮設住宅などで目立ち始めた、ひきこもり、ごみ屋敷、孤独死などの課題。阪神・淡路大震災で同じような悩みを経験した豊中市の歩みから、住民とともに解決策を探る。
被災地に知恵ある人を招き、復興の道筋を探る「復興サポート」。今回は、孤独死を出さない地域作りを考える4回目。釜石市では、複数の仮設住宅から復興公営住宅に移ってきた人たちが、どうすれば孤立せずにつながりあえるかが課題になっている。住民、支援者、市の職員などが集まり、命を支えあう地域のセーフティーネット作りについて話しあう。復興サポーターは法政大学教授の湯浅誠さんと豊中市社会福祉協議会の勝部麗子さん。

NNNドキュメント'15  「1年B組 全盲先生〜心で見つめた1年間〜」
埼玉県長瀞中学校1年B組の担任になったのは全盲の教師新井淑則さん。「障害があっても誰でも進む道があることを示したい」と言う。教育とは何か。全盲先生の1年間の記録
杉山裕子

「“3.11”を忘れない57 女川いのちを守る会〜1000年後へのメッセージ〜」
震災から4年。宮城県女川町も復興が進み、震災の影は少しずつ薄れてきました。「震災を記録に残そう」当時中学生だった子どもたちは、津波到達地点より高い場所に石碑を建てることを提案。震災の悲劇を語り継ぐため、そして次の震災への備えとして建設を続けています。今年3月には国際会議で世界に向けて発信することになりました。合言葉は「1000年後の命を守るために」。被災地に生きる子どもたちが1000年先まで語り継ぐ命のストーリー。
東日本放送


なんか疲れている感じです.小出裕章ジャーナルをネットで聞いていたら,お昼過ぎになりました.図書館から借りてきた数学ガール(フェルマーの最終定理)を読んだのですが,最後の楕円曲線や保型形式とか谷山・志村の定理,フライ曲線のあたりがよくわかりませんでした.また頑張って読みましょう.
気持ちは下向きのような感じです.???疲れているから?少し様子を見たいところです.
数学ガール フェルマーの最終定理 (数学ガールシリーズ 2)
結城 浩
ソフトバンククリエイティブ
2008-07-30


ひとり親家庭の貧困深刻 東日本大震災から1500日
 東日本大震災から19日で1500日。風化が進む一方、被災地では震災の影響を受け続けている人がいる。津波で家族を亡くすなどした、ひとり親家庭の経済的な貧困も大きな課題だ。最近は緊急雇用などが終了して再び無職となる家庭が増えているほか、子どもとふれ合う時間が少なかったり、思春期を迎えた異性の子育てなど悩みも多様。一人一人に寄り添った、息の長い支援が欠かせない。

 ひとり親家庭を支援するNPO法人マザーリンク・ジャパン(本部・東京、寝占(ねじめ)理絵代表)は、2012年に陸前高田市など沿岸3市の仮設住宅のひとり親家庭約200世帯を調査し、食料提供や子育てアドバイスなどの支援を開始。今も毎月1度寝占代表が深夜バスで同市を訪れ、今月は14〜17日の4日間に十数世帯を訪問した。

 寝占さんは「緊急雇用など給料が高い仕事が終わり始めている一方、今後続けられる仕事は時給が安い。大半の家庭が月給10万円以下だろう」と語る。

 陸前高田市の仮設住宅で暮らす女性(44)も、漁業の手伝いをしながら中学生と小学生の子ども2人を育てている。平日は深夜2時から朝まで働き、土日などは日中も作業する。18日の日中も仕事に励んだ。

 「1500日−。大きな数字だけれど、毎日働いて懸命に生きてきたことを思うと『まだそんなものか』と思う。どんなに働いても震災前の収入にはならないが、子どもの寝顔や励ましが活力だ」と、少し笑顔を見せた。


気仙沼つばきマラソンきょう号砲
 第32回河北新報気仙沼つばきマラソン(河北新報社、気仙沼市など主催)が19日、気仙沼市の大島で行われる。18日は参加するランナーたちが続々とフェリーで大島に渡り、沿道にツバキが咲き誇るコースを試走するなどして本番に備えた。
 東日本大震災後の大会に毎回参加している東京都大田区の企業研修講師川村恵美さん(39)は10キロの部に出場する。「アップダウンのきついコースだが、1時間以内でゴールするのが目標。沿道で声援を送ってくれる地元の人たちとの交流も楽しみたい」と話した。
 大会には全国各地から1576人がエントリー。ハーフ、10キロ、5キロ、3キロの部門に分かれ、男女や年齢別の計19種目で競う。19日午前9時に大島小で開会式があり、午前10時からハーフ、10キロ、5キロ、3キロの順にスタートする。


全額国費負担継続を 福島知事ら復興相と会談
 東日本大震災集中復興期間終了後の財源をめぐり、竹下亘復興相は18日、内堀雅雄福島県知事、東京電力福島第1原発事故の避難自治体首長らと福島市内で意見交換した。
 会合は一部非公開で行われた。竹下氏は冒頭「被災者に寄り添うと同時に、自立も考えなければならない」と述べ、集中復興期間終了後の5年間は、原発事故に伴う基幹事業を除き、全額国費負担を見直して自治体に一部負担を求める考えをあらためて示した。
 田村市、浪江町など6市町村の首長は国費負担の継続や基幹事業の範囲を早期に示すよう要望した。
 会合後、竹下氏は「被災者の健康、心のケアは非常に重要だ」とし、仮設住宅の生活支援相談員配置費用などは全額国費で賄う方針を明らかにした。
 内堀知事は「避難区域の復興はもちろん全県的に風評被害が根強く、今も苦しい状況にある。対象事業の範囲を含めて国と協議を続け、安定的な財源確保を目指したい」と話した。


<震災1500日>雄勝石に浮かぶ失われた風景
 石巻市雄勝町の雄勝硯生産販売協同組合のギャラリーで、東日本大震災の津波で失われた町内の建物や風景を写真印刷した雄勝石が展示されている。震災から1500日目を迎えた18日、団体客など多くの見学者が訪れ、震災前の風景に思いを寄せた。
 厚さ7ミリ、B5判ほどの雄勝石15枚に特殊な技法を使って写真が印刷されている。屋根や壁一面に雄勝石を使った気品ある洋館風の民家、スレートぶきの神社の下で神楽を奉納する子どもたち…。黒々とした岩肌の上に懐かしい雄勝の風景が鮮明に浮かび上がった。
 撮影したのは仙台市に住むアマチュア写真家の今泉俊郎さん(66)。震災前の数年間、雄勝町に通い詰めた今泉さんは「雄勝石は屋根だけでなく破風や壁にも使われ、全国的にも貴重な建物が残っていた。失われたのは残念だが、雄勝石の上でよみがえった姿を見てほしい」と話す。


<挽歌の宛先 祈りと震災>(32)無情抱え自然と歩む/第6部 それぞれの死生観(1)
 牙をむいた自然が多くの大切なものを奪った東日本大震災は、死と生を根源的に問い直した。解けない苦しみ、生かされたことの意味…。再生を信じ、祈りと思索が続く。

 気仙沼市出身の宗教人類学者佐々木宏幹(こうかん)さん(84)=横浜市=は震災直後、被災地で古老が発した一言を今もかみしめる。
 言葉の主は、大津波で家族と自宅を失った岩手県沿岸部の男性。海を眺め、つぶやいた。
 「自然のやることだから仕方ないなあす」
 佐々木さんは、海の近くで暮らす人々にとって津波は完全には逃れられないという諦念を感じ取った。
 そして、思い起こした。文筆家で物理学者の寺田寅彦(1878〜1935年)が「天然の無常」と呼んだ日本人の自然観のことを。

 寺田は最晩年に著した随筆で、日本の自然は人々に恵みを与える「慈母」でありながら、時には災害を引き起こす「厳父」になると説いた。
 無常とは、万物は絶えず移り変わっていることを意味する。無常観が根底にある仏教が定着したのは日本人の自然観と調和したからだと、随筆に記されている。
 「天然の無常は遠い遠い祖先からの遺伝的記憶となって五臓六腑(ろっぷ)にしみ渡っている」とは寺田の指摘だ。
 佐々木さんは語る。「寺田の言った通り、仏教者だけでなく市井の民にも『天然の無常』が宿っていた。そこに深い感銘を受けた」
 震災の後、海外の人々は避難所で暮らす被災者の振る舞いに驚いた。極限状態にあっても争いが起こらず穏やかに過ごす姿が、世界には不思議に映った。
 「日本人は意識する、しないにかかわらず無常を生きている」と佐々木さんは言う。
 気仙沼の寺に生まれ、高校時代まで過ごした。海と山に囲まれた地で四季を感じ、日常的に仏教に触れる中、自身の心の中にも無常観が育まれていった。

 佐々木さんは無常だけで被災者の心情を捉えられると思ってはいない。震災から4年がたっても、大切な家族の死を受け入れられない遺族がたくさんいるからだ。
 「宗教者や親しい人がひたすら遺族らの言葉を聴き、互いに沈黙し続ける間に死を納得する時が来る。無常のことわりを説くのはそれからでいい」と静かに話す。
 震災後に心に刻んだ言葉がもう一つある。
 震災の発生からまだ日が浅い春。津波で甚大な被害を受けた陸前高田市の地で、老婦人が2本ばかり残った梅の木を見て言った。
 「何もない所に紅梅の花が咲いた。ありがたいことです。頑張らなきゃ」
 「滅しては興る。これもまた無常の感覚だ」と佐々木さん。
 古里の麗しい風景、信心が厚い人々を思い出しながら、被災地全ての再興を願う。


津波被災の市営プールが再開
震災の津波で被災し、営業できなくなっていた、いわき市の市営の室内温水プールが復旧し、4年ぶりに営業が再開されました。
4年ぶりに営業を再開したのは、いわき市の市営室内温水プール、「いわき新舞子ハイツヘルスプール」です。
このプールは、震災前、年間10万人を超える人が利用する、市民の憩いの施設でしたが、海岸から100メートルほどの場所にあり、震災の津波で1階部分が大きく壊れ、営業できなくなっていました。
4年ぶりの再開となった19日は、市の関係者などが集まって式典を開き、いわき市の清水敏男市長が、「心の復興を図るには、スポーツの力も大きい。多くの市民に楽しんでほしい」とあいさつしました。
このあとさっそく営業が始まり、訪れた大勢の家族連れが、25メートルのプールや流れるプールで遊んだり、高さ7メートルのウオータースライダーを滑ったりして、久しぶりのプールを楽しみ、歓声が響き渡っていました。
娘と訪れたいわき市の30代の男性は「津波を受けたプールが再開されて、少しずつでも震災から前に進んでいると感じました。また家族と来たいです」と話していました。


御嶽山噴火 遺族会が発足
戦後最悪の火山災害となった御嶽山の噴火で、家族を亡くした人たちが遺族会を結成し、火山の安全対策を独自に検討して提案していくことになりました。

去年9月の御嶽山の噴火は、死者57人、行方不明者6人に上る戦後最悪の火山災害となりました。
遺族会は、噴火で亡くなった長野県内の男性の遺族の呼びかけで結成され、19日、松本市内で、6つの府と県から15家族32人が集まって初めての会合を開きました。
この中で、会の名前は「山びこの会」とし、今後、互いに情報交換して励まし合うとともに、火山の安全対策を独自に検討し、行政に提案していくことを決めたということです。
会合では、自己紹介の段階で涙ぐむ人もいましたが、犠牲になった人たちが噴火前に撮影した写真を互いに持ち寄って交換した際には自分の家族の姿を見つけて、うれしそうな表情をする人の姿も見られたということです。
発起人の1人で、夫を噴火で亡くした伊藤ひろ美さんは、終了後に行われた記者会見で、「悲しみの中にもまだ笑う力があることがうれしかった。これからも会う機会を作って互いに支え合っていきたい」と話していました。

尼崎脱線事故10年:風化を感じる遺族、再発への不安にも
 兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故(2005年)で亡くなった乗客の遺族を対象に、毎日新聞はアンケートを実施して事故への思いや心身の状況などを尋ねた。25日に発生から10年を迎える事故について、風化を「感じる」遺族が回答者の9割近くに上った。一方で、心身の状態が発生直後より「よくなった」人は2割に満たない。関心が薄れる社会と悲しみが癒えない自らとの落差に苦しむ姿が浮かんだ。

 アンケートは面談や郵送などで2月から4月上旬にかけて実施した。事故では乗客106人が亡くなっており、このうち犠牲者40人の遺族45人から回答を得た。

 事故の風化を感じる遺族は40人で、回答者の89%を占めた。その理由については、「事故を知らない人たちが増えた」が23人、「事故が話題に上らなくなった」が22人で、それぞれ回答者の半数いた(複数回答)。「事故が忘れられ、また繰り返されるのではという恐怖感がある」(70代女性)などと、事故再発への不安を訴えた遺族もいる。また、13人が「遺族同士の交流が減った」と答えた。遺族が集まる場を定期的に開く活動が事故直後から続いているが、負担の重さなどから開催が減っている。遺族が孤立感を深めないよう、こうした場を設定するための支援が求められる。

 一方、発生直後と比べて心身の状況が「どちらかというと良くなった」と答えたのは7人(16%)にとどまり、「どちらかというと悪くなった」の方が13人(29%)で多かった。10年の歳月を経て、不眠や食欲不振といった具体的に表れる症状は改善しているが、急に涙が出たり事故当時のことを突然思い出したり、内面に悲しみを秘めている人も多い。

 また、時間の経過と共に、発生直後とは異なる悲しみが生じている遺族も多い。60代の男性は「亡くなった娘の同級生の結婚や出産を聞くと、学生のままの娘の姿を思い出して胸が苦しくなる」と説明した。【JR脱線事故取材班】
 ◇被害者支援を続ける津久井進弁護士の話

 事故への関心が薄れ、風化することに不安を感じる遺族も多いだろう。だが、今も弁護士や医療関係者、市民団体など、被害者に寄り添う人たちがいることをもう一度思い起こしてほしい。「決して一人ではない」と呼びかけたい。多くの人が事故に注目し、遺族ともある程度気持ちを共有できた発生直後とは、確かに状況は異なる。だが、この事故の被害者は列車の乗客であり、誰もが自分の身に引きつけて考えることができるはずだ。乗客106人の命が奪われた事故の重大性について、10年の節目に社会全体が改めて考えてほしい。


【支える JR脱線事故10年】 (上)「あの日」は27歳の誕生日だった 生死の境、記憶低下から奇跡の回復 今の幸せは妻がいてこそ 松丸直也さん
 サクラの木に若葉が目立ち始めた4月中旬の日曜日。自宅近くにある大阪市西区の公園で、松丸直也さん(36)に抱え上げられた長男の湊(みなと)ちゃん(1)が愛くるしい笑顔を見せた。

 「パパ」「ママ」と言葉を発するようになり、直也さんは日ごとに成長を実感する。10年前、思いも寄らない事故に遭い、生死の境をさまよった。今、ほほえみながら2人を見つめる妻の恵子さん(36)の「支え」がなければ、こんな穏やかな日常は訪れなかったかもしれない。

 後にJR福知山線脱線事故の発生日として記憶される平成17年4月25日。兵庫県宝塚市内に住んでいた直也さんは、勤務していた税理士事務所の顧客との打ち合わせに向かうため、事故電車に乗り合わせた。その日は27歳の誕生日。夜には恵子さんとともに祝うはずだった。事故の瞬間の記憶は全くない。

 恵子さんは事故を知り、すぐに病院に駆け付けた。だが、そのときは交際相手という関係だったため、生死すら教えてもらうことができず、不安のまま過ごした。面会できたのは夕方になってから。直也さんは意識不明で、顔は大きくはれ、体中に包帯が巻かれていた。チューブにつながれた姿は痛々しかったが、「よく生きていてくれた」と熱い思いがこみ上げた。

 衝突したマンションに巻き付くように折れ曲がった2両目から助け出された直也さん。無意識のうちに手を挙げたことが救出につながった。搬送が5分遅ければ助からない可能性もあったと聞かされた。

「生き残ったのは恵子を守るためだ」

 脳挫傷に加え、全身の骨を折っていた直也さんは3日後、奇跡的に意識を取り戻した。とはいえ、けがの影響は大きく、記憶力が低下。知っていたはずの話題にも初めて聞くような表情を見せた。見舞客が帰った直後、恵子さんに「○○さん(見舞客)は来た?」と尋ねることもしばしばあった。

 病院から「後遺症が出るかもしれない」と聞かされたとき、恵子さんは「元に戻るだろうか」と言いしれぬ不安を覚えた。それでも週に数回、見舞いに訪れ、直也さんの車いすを押して病院内を散歩した。記憶を引き出そうと、2人で出掛けた場所やデートの思い出を辛抱強く語りかけた。

 5月の大型連休が終わったころ、直也さんは鏡に映った姿を見て、ようやく自らの状況を理解できるようになった。「早く退院したい」と気力がわいてきたという。

 このころ、恵子さんは直也さんから「生き残ったのは恵子を守るためだ」という内容のメールを受け取った。その言葉に胸を打たれ、改めて「できる限りのことをしよう」と誓った。直也さんが読みたがっている本を探して病室に持っていったり、外出許可をもらって散歩に連れ出したり…。回復を願って懸命にサポートした。

誓った将来 結婚、そして待望の長男

 「事故がターニングポイントになり、生活のスタイルが変わった」。2人の思いは共通している。恵子さんの支えもあって、目覚ましい回復を遂げた直也さんは事故から約2カ月後に退院。職場にも復帰した。仕事中心だったかつての生活を見直し、2人の時間を大切にするようになった。

 リハビリを兼ねて歩くようになった2人は、たびたび近郊にハイキングに出掛けた。富士登山や海外旅行、フルマラソン完走といった5つの目標を決め、2人で挑戦。生涯を共にしようと誓い合ったのは自然の成り行きだった。

 交際から10年を経た22年3月に結婚。25年8月に湊ちゃんを授かった。共働きだが、できる限り3人で過ごすひとときを持つようにしている。直也さんは湊ちゃんを風呂に入れるなどかいがいしく世話を焼く。休日は家族で公園や買い物に出掛ける。

 毎年、4月25日には2人で事故現場に足を運び、犠牲者の冥福を祈って花を手向けてきた。昨年からは、湊ちゃんも加わった。直也さんは「今こうしていられるのは、ありがたい」と生かされた意味をかみしめる。湊ちゃんという存在ができ、その気持ちはいっそう強まった。

 「物心がつくようになれば、事故のことだけでなく、妻と2人で支え合い、今があると伝えたい」



 乗客106人が犠牲になった兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故から25日で10年を迎える。心身に深い傷を残す負傷者、突然の死別に直面した遺族はさまざまな人たちに支えられ、事故後の歳月を生きてきた。交流の軌跡をたどる。


尼崎脱線事故10年 恋人失い妹が自殺 遺族 因果関係訴え続け
 尼崎JR脱線事故の1カ月後に結婚を控えた男女がいた。男性は事故の犠牲になり、翌年、女性も後を追って自ら命を絶った。「戦って下さい」。遺書の末尾に、そう書き残されていた。女性の無念さを思い、遺族はJR西日本と向き合い続けてきた。当初、JR西は女性の死と脱線事故の因果関係に否定的だったが、認める方向でまとまりつつある。だが、遺族に喪失感はぬぐえず、気持ちの整理がつかないままだ。(金 旻革)

 荒川由起さん=当時(32)=が大阪市東淀川区の自宅マンションから飛び降りたのは、2006年10月15日未明だっ


河北春秋
 現職村長のまま病気で亡くなり、遺体を乗せた車が県外の病院から戻った時、豪雪で知られる古里の道路はきれいに掃かれ、住民の3分の1もが外で迎えたという。いかに多くの人に慕われていたかが分かる▼1957年から8年間、岩手県沢内村(現西和賀町)の村長を務めた深沢晟雄(まさお)(05〜65年)。豪雪、貧困、多病多死に苦しむ村にあって、生命尊重を掲げてまさに日々奔走した▼高齢者医療費を無料にし、乳児死亡ゼロも達成した。いずれも全国初の快挙。彼の著書がある作家及川和男さん(一関市)は評する。「諦めを希望に変えた男」と。驚かされるのはその決断力と行動力だ▼三つの課題のうち、最初に手をつけた豪雪対策では、最新型ブルドーザーを買ってしまう。高額なため反対もあったが、冬の道が確保され安心と活力につながった。高齢者医療費の無料化では、違法との声にこう胸を張った。「(健康で文化的な生活を保障する)憲法違反ではない。国も後からついてくる」▼深沢が亡くなってことしで50年。顕彰団体の佐々木孝道副理事長は「命の大切さ、力を合わせれば何でもできることを教えてくれた」と語る。人口減少が危惧され、地方創生が叫ばれている。逆境を次々にはねのけた彼ならどんな方策をとったろうか。

枝野氏、NHKとテレ朝「矜持がない」 自民聴取の応諾を批判
 民主党の枝野幸男幹事長は19日、自民党がNHKとテレビ朝日の幹部から番組内容について17日に事情を聴いたことをめぐり、テレビ局側は聴取を拒否すべきだったとの認識を示した。「報道内容で呼ばれたと知っていたと思う。出て行くのはどうかしている。そんな姿勢は報道機関ではない」と批判した。さいたま市で記者団の質問に答えた。

 枝野氏はこれに先立つ会合で「政党がテレビ局の幹部を呼びつけるのは、気にくわないから体育館の後ろに来いと呼び出すようなものだ」と自民党を非難。NHK、テレ朝双方に対しては「ぼこぼこにされると分かっていながら、のこのこついて行く方も、ついて行くほうだ。報道機関としての矜持がない」と強調した。


フランス:人種差別発言、取り締まり強化 ネット監視機関を創設
 【パリ宮川裕章】1月のシャルリーエブド紙襲撃事件などの影響で、フランスでイスラム系移民やユダヤ教徒への差別意識が高まっていることを受け、バルス仏首相は17日、人種差別的な発言やインターネット上の書き込みなどの取り締まりを強化する方針を明らかにした。総額1億ユーロ(約130億円)をかけ、新たなネット監視機関を創設するとともに、学校現場で移民やユダヤ人迫害の歴史関連施設の見学などを義務化する。

 現在、差別的な発言や書き込みには、報道関連法の罰則があるが、適用例は限定されている。そこで刑法に禁止条項を設け、一般人の人種差別発言やネット書き込みを罰することができるようにする。また、ユダヤ系商店を狙った強盗など、他の犯罪に人種差別的な発言などが加わった場合は刑を重くする。

 これまでもインターネット上の差別的な書き込みを監視し、削除する機関はあったが、書き込んだ個人を特定し、追跡する専門機関を新たに設ける。仏議会では現在、最新技術による通信傍受を含んだ情報収集法案を審議中で、表現の自由や個人情報の保護という観点から反対意見もある。だがバルス首相は「ネット上の無策は終わりだ」と述べ、差別監視の大幅な強化を示唆した。
 ◇移民迫害施設見学も義務化

 また教育分野での対策も進め、小、中、高校それぞれの段階で、移民歴史博物館や、奴隷制度廃止博物館、第二次世界大戦中のユダヤ人虐殺の関連資料館などへの訪問見学を義務化する。

 民間団体の調査によると、1〜3月にフランスで起きたイスラム教徒に対する攻撃や差別は、前年同期の約6倍に上った。ユダヤ教徒に対する攻撃や差別も2014年は前年に比べて倍増し、イスラエルへ移住する人が激増している。ユダヤ教徒を敵視するイスラム過激思想の広がりや、イスラム過激派と一般のイスラム教徒の混同などが背景にあると指摘されている。

東日本大震災から1500日/梅田でワイン

ブログネタ
フランス語 に参加中!
141229_Kobe

Zapping TV : le meilleur du pire des jeux tele japonais
Le CSA? Les directeurs de chaînes japonaises n'en ont sans doute jamais entendu parler. Et surtout pas les ≪créateurs≫ d'une nouvelle émission qui fait le tour du Net depuis quelques jours. Dans Chante si tu peux, le candidat doit réussir à tenir la note le plus longtemps possible tout en étant masturbé par une jeune femme.
Un jeu qui peut paraître assez improbable mais qui n'est pas une exception. Dans les jeux télévisés du pays du Soleil-Levant, le sexe est omniprésent et la femme est souvent conditionnée à n'être qu'un objet de désir.
A titre d'exemple, dans une autre émission, c'est à quatre pattes et en tenue de soubrette qu'elles doivent manger le plus rapidement possible des crèmes de banane. Dégoulinant à souhait. Ne vous inquiétez pas, les hommes non plus ne sont pas en reste. En 2013, la télévision japonaise inventait les relations sexuelles en direct … avec des chiens.
L'objectif de ces télé-crochets diffusées tard le soir ≪est de mettre en scène des situations irréelles et hors-norme pour ramener le public≫, analyse Claude Leblanc, auteur, journaliste et spécialiste du Japon, avant d'ajouter ≪mais ça reste de l'humour≫.
Un humour qu'avait cherché à importer W9 avec son Menu W9, diffusé de 2006 à 2013. Au menu: de sévices pour rigoler où il faut subir en silence.
Le concept japonais Silent toshokan consistait ainsi à gifler, tirer les poils du nez, lancer des élastiques, sans oublier des petits insectes grouillants, à un participant allongé sur une table au beau milieu d'une bibliothèque. Celui qui fait le moins de bruit a gagné. Mais même avec une version édulcorée Chut chut chut, diffusé en 2009 sur W9, n'a pas pris en France.
Nombre de ces jeux consistent aussi à déshabiller des femmes. Et là encore, les créateurs ont fait preuve d'originalité. En 2013, une fille avait un fil de sa robe accroché à une roue. Plus les hommes courraient vite, plus sa robe se défaisait. Dans un autre ≪divertissement≫ datant de 2010, les hommes, toujours en groupe, devaient tirer sur une femme pour casser la douche. Dans les deux cas, si elles finissent nues, ils gagnent.
Tard le soir, l'image de la femme en petite tenue est omniprésente à la télévision nippone. Pourtant 50% des jeunes Japonais ne font pas l'amour, selon une étude, de la Japan Family Planning Association. Un quart des Japonais de 25 -29 ans trouverait même la vie sexuelle ≪ennuyeuse≫. A tel point qu'un tiers d'entre eux n'auraient jamais eu de rencards ou de relations sexuelles à 30 ans.
A cela s'ajoute un modèle familial encore très pesant. Si 70 % des Japonaises quittent leur emploi après le premier bébé, leur chance d'obtenir une promotion est nulle lorsqu'un mariage est envisagé.
Pour le World Economic Forum, le Japon est même considéré comme l'un des pires pays pour l'égalité des sexes. Les femmes ne représentent qu'1% des membres des conseils d'administration des entreprises. Une situation catastrophique, qui a poussé le gouvernement de Shinzo Abe a lancé un vaste programme de promotion de l'égalité, dans l'optique de relancer la croissance.
Et à en croire, Claude Leblanc, les femmes qui ont choisi ≪d'être plus indépendantes ont contribué à créer un fossé avec les hommes≫. En effet, la société japonaise est très normée. Contrairement à la France, au Japon ≪le groupe (l'Etat, la famille et la société) est la base de tout fondement≫. Ainsi, ≪en refusant la norme établie, elles sont sorties du groupe et ont été mises au banc de la société≫, continue Claude Leblanc.
La téléréalité japonaise, diffusée généralement la nuit, ne serait alors qu'un reflet déformant du pire qui puisse exister dans la société nippone.
フランス語
フランス語の勉強?

東日本大震災から1500日です。1499日や1501日でも同じかもしれませんがメモリアルな日で考えてしまいます.
梅田でワインを飲みました.甲子園で阪神の試合があったようでタイガースのハッピを着ている人がたくさんいました.

【東日本大震災1500日】 学校で人を呼び込む 福島県広野町のふたば未来学園
 東日本大震災の発生から18日で1500日。「学校」で生徒を集め、将来を担う人材を育てる試みも実戦されている。

 「東北に春を告げる町」と呼ばれる福島県広野町。季節外れの雪が降った4月8日、中高一貫校「ふたば未来学園高校」の入学式が開かれた。双葉郡は、東京電力福島第1原発事故の被害で、現在も多くの自治体が避難区域となって住民の避難が続いている。新たにできた“知の拠点”は、地元から復興の担い手を育成するばかりでなく、人口の押し上げも狙う。

 「原発事故以降、町から人が減ってとても寂しかった。避難していた同級生も高校入学で戻ってきてくれた」。町内に住む新入生、松本圭央(けいお)さん(15)は笑顔を見せた。松本さんは震災後、埼玉県や福島県いわき市に避難したが、避難解除後に家族と帰町した。

 松本さんの父、強さん(46)も、開校で住民の帰還が加速することを期待している。「人がいないので商業施設や医療施設がなくて不便。人が戻れば商業施設もできてくるのでいい循環になると思う」

 広野町は平成23年4月に緊急時避難準備区域となって全町民5500人が避難。同年9月に解除され、現在は町民約2千人が戻った。

 町の南側はいわき市、北側には原発事故の作業拠点「Jヴィレッジ」のある楢葉町や第1原発のある大熊、双葉両町がある。広野町は廃炉作業や中間貯蔵施設への搬入など復興に関わる人やモノ、情報の拠点として絶好の立地にある。

 「『なぜ原発の近くにある広野町に学校を造るんだ』という厳しい声はたくさん聞いた」と広野町の遠藤智町長は振り返る。ふたば未来学園には定員120人を上回る152人が志願し、全員が入学した。

 「双葉の近くで学びたいという子供たちがたくさんいる。原発の収束までに何十万人も必要だ。人的資源を地域で生み出していく必要がある」(遠藤町長)

 今後、廃炉作業は30〜40年かかるとみられ、多くの人が作業に関わる。さらにはいずれは終了する廃炉作業だけではなく、新たな産業の担い手にもなる。

 新たな産業として期待されるのが、第1原発の周辺地域に災害対応ロボットの研究機関を集積する「福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想」だ。廃炉に必要なロボットの開発以外に、防災用ロボットなどにも取り組む。広野町は原発収束だけではなく、防災の町という“顔”も持つことになる。

 松本さんは、地元で自動車整備の仕事に就きたいという。「工業の基礎をしっかりと学んで地元に役立てる人材になりたい」と目を輝かせた。  (大渡美咲)


東日本大震災1500日 身元不明遺体18人、宮城県警捜査員の戦い続く
 東日本大震災からきょう18日で被災地は1500日を迎える。宮城県警本部(仙台市青葉区)の一室に設置されている身元不明・行方不明者捜査班では、東日本大震災の犠牲者になった身元不明遺体の身元特定のため、7人の捜査員が日夜捜査を続けている。県警はこれまでに9519人の遺体を遺族に返してきた。ホワイトボードに記された県内の身元不明遺体の残りの数は18人。最後の一人の身元を特定するまで、捜査員たちの戦いは続く。

                   ◇

 「身元の特定は警察にしかできない。全員を家族のもとに送り届ける」。捜査班班長の金野芳弘検視官(61)は身元特定にかける思いをこう語る。金野検視官は班の発足時から平成25年3月まで班長を務め、定年を迎えた昨年4月、再任用を受けて再び班長となった。

 同班が発足したのは23年11月。刑事部や生活安全部などがそれぞれ管轄していた「検視統計班」「行方不明者班」「遺体引き渡し班」「DNA型追跡班」の業務を集約、22人態勢でスタートした。その時点で約550人の身元不明の遺体が残されていた。発足から約半年間は、月に約50人のペースで身元が判明したが、次第にDNA型や歯型でも身元を特定できない遺体が増えてきた。

 「いずれ鑑定による身元特定は頭打ちになる。情報を集める方法を考えなければ」。そう考えた捜査員らは24年6月、生前を推測した似顔絵を描いて公開し情報を集める捜査方法を導入。似顔絵の公開直後には1日50件を超える情報が寄せられ、これまでに作成した97人のうち、87人の身元が特定された。現在も残り10人の似顔絵を公開している。

 25年11月に石巻市など沿岸部の仮設住宅で開催した住民との情報交換会。23年5月に女川町の漁港で見つかった遺体が身に付けていた腕時計の裏蓋に記されていた日付とイニシャルのメモを公開したところ、女川町民から「女川に時計店は2軒しかない。店の店長のイニシャルでは」と情報提供があった。イニシャルに該当する時計店の店長は震災後に避難所で死亡していたが、付近の行方不明者を集中的に調べた結果、昨年4月に同町鷲神浜の男性=当時(69)=だと身元を特定した。

 今年1月からは行方不明者の写真と、見つかった遺体を見比べ、身体的特徴から身元を探り出す手法を取り入れている。入れ歯をした女性の遺体があり、届けられた行方不明者の写真の中に入れ歯をしていると思われる女性を発見。歯医者や入れ歯を製造したメーカーに問い合わせ、身元が判明した。

 また、昨年8月には遺族に引き渡した3人の犠牲者の遺体が別人だったと判明したケースもあった。昨年6月、遺体発見場所を地図と照らし合わせる捜査の中で、石巻市で見つかった身元不明遺体と、その地区唯一の行方不明者のDNA型が一致しなかったことから、遺体を取り違えた可能性があるとして捜査していた。

 震災直後の混乱期には、全ての遺体をDNA型鑑定などで特定することができず、家族の確認だけで引き渡した例もあった。そうした遺体の中に取り違えがなかったか確認を続けている。

 身元不明の届け出をしている家族と話すと、4年たっても捜査を続けていることに「ありがとう」と言われるという。「待っている家族の気持ちに少しでも応えたい」。金野検視官はそう決意を新たにしている。(上田直輝)


【東日本大震災1500日】 5歳の末弟のこいのぼり、天国まで泳げ
 平成23年3月11日に起きた東日本大震災から、18日で1500日を迎えた。被災者たちは、失意の底から少しずつ立ち直り、希望の明かりを手探りで見つけようとしている。彼らが生きる故郷もまた、徐々に街の「輪郭」を見せ始めている。

 「今年もたくさんのこいのぼりを揚げるよ」−。

 東日本大震災で犠牲となった子供たちが天国で寂しくないようにと、東北福祉大4年の伊藤健人さん(21)=宮城県多賀城市=は毎年、5月5日のこどもの日に合わせ、同県東松島市沿岸にある大曲浜地区の空に、青いこいのぼりを揚げている。

 震災のあった平成23年の5月から、県内の企業の協力などを得て始めた「青い鯉のぼりプロジェクト」。全国からこれまでに約700匹のこいのぼりが寄せられた。仲間や支援者も増え、東松島の復興のシンボルとなっている。

 「これは、ぼくのこいのぼりだね」

 そう言って、同市大曲の自宅で揚がった青いこいのぼりを指さして大喜びしていた末弟、律君=当時(5)=の声や姿を今も鮮明に思い出す。

 両親と弟2人、祖父母の7人で暮らしていた。だが、4年前の3月11日、自宅から車で避難する途中、祖父の盛雄さん=同(75)▽祖母のキセさん=同(75)▽母の智香さん=同(45)▽三男の律君−の4人を大津波が襲った。

 体調を崩して入院していた父の伸也さん(49)は、津波から逃げる智香さんと直前まで電話で話をしていたが、「後ろから津波が来た」という言葉を最後に通話は切れた。それが母の最期の言葉だった。大津波は家族4人の命を奪い、思い出の詰まった家をも破壊していった。

 「何かしなければ、変になりそうだった」。津波にさらわれた4人を捜し続けた。律君は震災から数日後に見つかる。さらに、母と祖父母を捜していたとき、自宅跡の近くの木に絡まっていた青いこいのぼりを見つけた。「律のこいのぼりだ」。泥だらけのこいのぼりを洗い、律君に見えるように空高く揚げた。母は震災から1カ月後の4月11日、祖父母もその数日後に見つかった。

 伊藤家のアイドルだった律君は、やんちゃで母から一時も離れない甘えん坊だった。家族旅行で福島県いわき市の「スパリゾートハワイアンズ」を訪れて以来、フラダンスにはまり、踊りながら、よくおどけていた。母方の祖父から習っていた和太鼓をたたくと、律君も見よう見まねでたたいた。「また一緒に太鼓をたたきたい」。かなわない思いが寂寥(せきりょう)感となって募っていく。

 同市内のアパートで父の伸也さんと弟で次男の広夢さん(18)との3人だけの男所帯。伸也さんは酒を飲みに出かける回数が増え、そして酔いつぶれる。「おっかあは、まだ帰ってこないのか」。そう言って妻の帰りを待つ父の背中に「亡くなったよ」とは言えなかった。

 環境を変えよう−。

 平成25年夏、伊藤健人さんは父の伸也さん、弟の広夢さんと3人で、宮城県東松島市から同県多賀城市に引っ越した。伸也さんが震災後、PTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されたからだ。

 汗びっしょりになりながらの引っ越しは、家族3人の新しい思い出だ。時の流れでしか癒やせないものもある。今は、伸也さんも落ち着きを取り戻し、広夢さんは社会人となった。

 「何もかも流されてしまったが、青いこいのぼりは戻ってきてくれた。今やれることをやろう」(伊藤さん)との思いで、震災の年から始めた「青い鯉(こい)のぼりプロジェクト」。

 全国の家庭などから集まり、23年5月に空に揚げたこいのぼりは204匹だったが、その後も年々増え続け、今では700匹ほどにまで達した。こいのぼりの一部は現在、東松島市の大曲浜地区にある大曲浜新橋で揚がる。26日からこどもの日までは、この橋の周辺にある更地でも、こいのぼりを揚げる。

 「絆とかつながりとか、震災前は正直、よく分からなかった。支えてもらう立場になって、その存在に気づくことができた」

 悲しみも優しさもたくさん感じてきた4年間だったからこそ、人の気持ちが考えられるようになった。震災は自分を強くしたとも思う。来春は社会人となる。「建物だけが再建される空っぽの復興にしては駄目だ」。いろいろ悩んだ末、やっぱり東松島の役に立ちたいと市職員を目指すことを決めた。

 社会人になってもプロジェクトは続けていく。子供の代までずっと。そしていつか、東松島の歴史に刻みたい。「みんなから忘れ去られないように。犠牲になった子供たちが寂しくないように」  (稲場咲姫)


【東日本大震災1500日】 60代は口出さず、50代は手出さず…駅再開の女川町、若者尊重の街作りのビジョン
 東日本大震災の発生から18日で1500日。「新しい街」も胎動し始めた。

全線復旧「行ってらっしゃい!」

 盛り土が広がる茶色の風景に、白い翼のような屋根がひときわ目立つ。背後には、山に向かって線路が延びている。宮城県女川町にこの春完成したJR女川駅は、東日本大震災の被災地が復興へ羽ばたく姿を印象づける町のシンボルだ。

 平成23年3月11日の震災では、津波の濁流が町をのみ込んだ。死者・行方不明者は当時の人口の約8%にあたる計827人に上る。女川駅も流され、小牛田(同県美里町)と女川を結ぶJR石巻線の約45キロの路線は全線不通となった。それから4年余り。石巻線は3月21日に全線復旧を果たした。

 「行ってらっしゃい!」。多くの町民に見送られた一番列車。開閉式ボタンを最初に押したのは、女川町に派遣された男性職員だった。「自分が携わってきた復興事業が、こうして形になるとうれしい」。そう言ってほおを緩めた。

スピーディーに復興計画

 震災時に1万14人だった町の人口は、今年3月末で7012人にまで減った。減少分は交流人口で補うしかなく、鉄路復旧の意義は大きい。女川湾を望む海まで300メートルほどの駅を中心に、町は生まれ変わる。

 被災自治体の中でもスピーディーに復興計画ができた背景には、「防潮堤を造らない」「みんなが復興を願っている時期に土地を放棄させる」「継続的な会合を行う」と意思統一された住民の団結力がある。特に会合では、「60代は口を出さない、50代は口は出すが手は出さない…」と、これから長らく暮らす若い町民の意思が尊重された。

 計画の商業業務エリアは、被災した商業施設の復興を国が支援する「まちなか再生計画」の第1号となった。整備するのは、町と町商工会などが出資した民間まちづくり会社「女川みらい創造」。鈴木敬幸社長(63)によると、テナント型商店街には27店舗が入り、今年12月にオープンするという。「人口流出でパイが少ない。交流人口を増やし、みんなが来たいまちにしたい」と意気込む。

「来て、買ってもらって」

 同町の仮設商店街「きぼうのかね商店街」でお茶を販売する阿部正昭さん(80)も、新たにできる商店街に入居する。被災地の観光客は減少傾向だが、「経済は復興の土台。来て、買ってもらって地域に活力が出ることが復興につながる」と声を弾ませる。

 駅前整備が完了した後、町役場や学校も駅周辺に配置される。町は、機能が集約した「コンパクトシティー」として再出発する。

 鉄路復旧の恩恵がすぐに訪れるわけではない。「きぼうのかね商店街」は女川駅から約2キロ離れている。同町観光協会の遠藤琢磨事務局長(47)は「駅前に何もない、という声も多い。観光案内所などを整備して各地へ流れるようにしたい」と話す。

半島側は「取り残されている気が」

 中心部から離れた港の集落では、今でも流された住宅のコンクリートの基礎が残り、雑草が生えている。同町で最北の集落が、山道を約20分車で走ったところにある「指ケ浜(さしがはま)」。23年2月に103人いた地区は今年3月で約60人に減った。

 養殖業の鈴木浩勝さん(45)は「(復興が町の中心部からという)順番はよく分かるが、半島や離島では復興に取り残されている気がする」と話す。

 「実際に仮設で住んでいるのは30人くらい。日々の復興は感じない」。同地区の仮設住宅に住む鈴木たつ子さん(79)は、そう言って言葉をつないだ。「いやなことは考えないようにしている。復興に時間がかかるのは仕方がない」

 「女川は流されたのではない。新しい女川に生まれ変わるんだ」。駅近くの高台にある女川町地域医療センターには、町の少年が作ったという詩の一部を書いた横断幕が掲げられていた。(木下慧人)


【東日本大震災1500日】 岩手県山田町 官民食い違い誕生する2つの商店街
 東日本大震災から18日で1500日を迎えた。被災3県では少しずつ街の「輪郭」が見えてきた。

 土砂を満載した大型トラックが、海岸線に沿った国道45号からくしの歯のようにつながる県道や町道に次々と吸い込まれていく。向かう先は内陸側に数百メートル。岩手県山田町の中心市街地で運休中のJR山田線の陸中山田駅があった場所だ。

 この一角の再開発が今年3月、宮城県女川町に続き、復興庁の「まちなか再生計画」の第2号に認定された。計画では駅を中心にまちなか再生区域を設定。建設面積約3300平方メートルの共同店舗を整備し、10店舗が入居する。建設費6億9千万円のうち約4億7千万円を、津波・原子力災害被災地地域雇用創出企業立地補助金で賄い、平成28年3月の完成を目指す。

 町が定めた“中心市街地”のかさ上げ工事が急ピッチで進む一方で、若手事業者らは駅から500メートル以上北に離れた国道沿いを新しい出発拠点と定めた。そこには、人口減少が進む未来への危機感がある。

観光客を積極誘致

 「縮んでいくまちで商売を続けるには、観光客を積極的に入れ込まなければならない。車でやってくる人の利便を優先したまちづくりを考えないといけない」

 若手事業者らでつくる新生やまだ商店街協同組合理事長の昆尚人さん(40)はそう話す。

 組合は、震災直後から新しい商店街の構想を練り続けてきた。その答えは、地元のスーパーを核にすでに数店の飲食店などが営業しているエリアへの集積だった。

 昆さんらは今年1月に約3億円のグループ補助金の認定を受け、今秋、約10店舗で新しい商店街をオープンさせる。10年以上、商店街を持続させるために、若手や後継者に不安のない事業者をグループ加入の条件としたという。

 昆さんは「行政がなんとかしてくれる、と思っていたら復興は進まない。まちの商業施設や、駅に先立ってできあがる新商店街は『まちが変わった』と目に見える最初の施設になる。自分たちのまちは自分たちでつくる」と気を吐く。

町民の利便性重視

 昆さんらのグループは国道沿いのまちづくりを要望してきたが、町は再生計画に取り入れずに従来の駅中心のまちづくりを選んだ。

 町によると、まちなか再生計画の共同店舗は、自分の店舗を持っていなかった被災経営者や、グループ補助金の対象から外れた人が事業を再開させるための救済の側面もあるという。

 防潮堤で見えなくなる海を一望できる3階建ての交流施設、国際NGO団体「セーブ・ザ・チルドレン」の協力で建てられる図書館や郵便局、金融機関なども集まる。町の担当者は「確かに町は車社会だが、まちづくりはやはり駅が中心。観光客誘致というより、町民向けという意味合いの方が色濃い」と話す。

 JR東日本の案では、陸中山田駅のある区間の復旧は29年度中。共同店舗の完成から1〜2年後となる。復興庁の“お墨付き”を得た町のまちなか再生計画と一足先を行く新しい商店街。連携の協議もまだ始まっていない。

 町内に住む主婦(69)は「鉄道の復旧や再生計画など明るい話題があるようでも、何も変わっていない。復興した町の形はまだ想像できない」と話した。  (高木克聡)


特殊公務災害:震災から1500日 やりきれない補償格差
 東日本大震災の被災自治体で、正規職員と同様に従事しながら、非正規職員であるため「特殊公務災害」の認定を受けられず、死亡時の遺族補償金に最大1.5倍の格差が生じている。

          ◇

 「同じ職場で同じ仕事をして、命を落としたのに」。東日本大震災の被災地の自治体で、「正規」と「非正規」の職員の災害補償に格差。職員111人が犠牲になった岩手県陸前高田市は、正規職員62人が「特殊公務災害」に認定されたが、非常勤などの非正規職員44人は通常の「公務災害」にとどまる。震災発生から18日で1500日。遺族はやりきれない思いを抱く。

 非常勤で市教育委員会に採用され、3年目だった戸羽杏(あんず)さん(当時23歳)を亡くした母の初枝さん(53)は、今も悲しみが癒えない。

 3人きょうだいの長女で、震災のあった3月11日は誕生日。発生時も市役所向かいの市教委事務局が入る3階建てビルにおり、正規職員と一緒に市民の避難誘導の連絡をしていたところを津波に襲われた。

 「公務災害」の認定を受けたが、遺族補償金が最大1.5倍になる「特殊公務災害」の申請については、市幹部から「制度が違う」と言われ、認められなかったという。「だったら、地震の後で自宅に帰せば良かった。娘がいなくても人は足りていたのではないか」。初枝さんの疑念は消えない。

 職員仲間の話によると、揺れがあった直後には「年老いた母が心配」と持ち場を離れて助かった非正規職員もいたという。仮に戸羽さんに仕事を任せなければならなかったとしても、浸水しなかった自宅近くの公民館で対応してもらうなどの別の選択もあったのではないかとも考える。「娘は自身の身を守る行動より、災害対応や避難誘導を優先した。上司にも留め置かれ、制度が違うでは浮かばれない」と涙を流す。

 臨時職員として震災10日前に採用された上野公子(こうこ)さん(当時26歳)を亡くした元郵便局長の和雄さん(63)も「上司が勤務を解除すべきだったのではないか」と憤る。

 公子さんは当時、海に近い市営プールで受付係をしていた。自宅方向に徒歩約10分で上れる高台があったが、災害対応のため上司らの指示で向かった市役所前の事務所で津波にのまれたという。

 震災2日前にあった地震で津波警報が出た際にも、公子さんは市役所前の事務所に集められた。だが、「警報解除まで、時間つぶしで野球大会のプラカード作りをさせられていただけだった」といい、「今回も帰せるはずだった」と和雄さんは話す。

 市が昨夏まとめた震災対応の検証報告書では、職員の被害が拡大した要因を「危険を感じながらも、災害対応や市民の避難誘導に備えて待機を続けた」と総括した。しかし、非正規職員の特殊公務災害については全国一律で条例化されていることもあり、市の担当者は「心情的には分かるが、なすすべがない」と話す。【根本太一】


特殊公務災害:震災から1500日 やりきれない補償格差
 震災2日前にあった地震で津波警報が出た際にも、公子さんは市役所前の事務所に集められた。だが、「警報解除まで、時間つぶしで野球大会のプラカード作りをさせられていただけだった」といい、「今回も帰せるはずだった」と和雄さんは話す。

 市が昨夏まとめた震災対応の検証報告書では、職員の被害が拡大した要因を「危険を感じながらも、災害対応や市民の避難誘導に備えて待機を続けた」と総括した。しかし、非正規職員の特殊公務災害については全国一律で条例化されていることもあり、市の担当者は「心情的には分かるが、なすすべがない」と話す。【根本太一】


福知山線脱線事故、遺族主体の追悼集会を開催 セウォル号、日航機墜落、大川小の遺族らも参加へ
乗客と運転士合わせて107人が死亡、負傷者562人を出した2005年4月25日のJR福知山線の脱線事故から、まもなく10年を迎える。カーブで脱線した列車が線路脇のマンションに突っ込み、甚大な被害をもたらした凄惨な事故。事故の背景には、JR西日本の余裕のないダイヤや厳しい日勤教育など、様々な経営上の問題が指摘され、社会にも大きな衝撃を与えた。毎年この日の追悼行事は、JR西日本が主催してきたが、今年は初めて遺族が主体となって開催する追悼集会も大阪市内で開かれる。

集会名は、4.25「日韓事故被害者 追悼の夕べ」。今夏で30年を迎える日航機墜落事故(1985年8月12日)、韓国の大邱地下鉄火災事故(2003年2月18日)や、1年前のセウォル号沈没事故(2014年4月16日)の遺族らも集会の実行委員に名を連ね、国を超えて安全性の向上を広く訴える合同の催しとなる。また、セウォル号の遺族の要望で、急遽、2011年の東日本大震災で大津波で犠牲になった石巻市立大川小学校の遺族の参加も決まった。

4月25日のスケジュールは、遺族らが事故発生時刻の9時18分頃に現場で黙祷・献花した後、16時から福島区民センター(大阪市)にて、「追悼の夕べ」を開く。翌26日には非公開で、セウォル号の遺族と大川小の遺族の意見交換などが行われる予定だ。

今回の集会を企画したひとり、福知山線事故で当時40歳の長女を亡くした藤崎光子さん(75)は、大阪市内で行われた会見で17日、これまでをこう振りかえった。

「10年という時間は、色々な事故の関係者を見ていると変化を実感するものですが、私や親しい遺族には、10年経っても心が安らいだとか生活が安定したということはありません。JR西日本の(遺族への)対応や発言で、余計に辛さが増したように思う」

今回、遺族らと「追悼の夕べ」を企画したJR西日本労働組合によると、「催しを自ら手がけることになり、10年経って、ようやく一歩を踏み出せる状態になった」。藤崎さんやJR西労は「JR西が主催する追悼行事には、心情的に参加できない遺族も少なくなかった」という。

藤崎さんたちは事故の検証や裁判と並行して、国内外の様々な事故の遺族と交流を重ね、当事者としてのあり方を模索してきた。

「大邱の地下鉄事故の遺族会の運動を見ていると、困難を抱えて運動をしていらっしゃるということを会うたびに教えていただいて、私たちもがんばらなきゃと思わされる」

「セウォル号の遺族は、1月の寒い時期に珍島まで14日間も泊まりながら行進したり、韓国政府がお金で解決しようとしていると抗議して何人もの方が頭を丸坊主にしたり、その活動スケールには驚かされる」

韓国の事故遺族らの話をする藤崎さんのジャケットの襟元やバッグの取っ手には、セウォル号の遺族からもらったという哀悼の黄色いリボンや、4.16と刻まれたシルバーの指輪があった。言葉の壁はありながらもお互いに親しく交流していくうちに、様々な事故が節目となる今年、合同で追悼を行う話が持ち上がったのだという。

「追悼の夕べ」の実行委員長を務めるジャーナリストの大谷昭宏さん(69)は、「画期的な催しになる」と期待を寄せる。

「現場の運転手やパイロット、あるいは学校でいえば教師や保育士ばかりに安全の責任を負わせている結果、こういう事故を繰り返されているのではないか」

大谷さんはそう問いかけ、集会を追悼だけでなく、組織罰の考え方や、LCCや高速バスなどで激化する格安競争と引き換えになる安全性の課題についても、一般の人も交えて話し合う機会としたいと抱負を語った。

実行委員会では、より多くの人に「追悼の夕べ」への参加を呼びかけていくという。

4.25「日韓事故被害者 追悼の夕べ」
日時:2015年4月25日(土)15時30分開場、16時開式
場所:福島区民センター(大阪市福島区吉野3-17-23)
主催:日韓事故被害者「追悼の夕べ」実行委員会
問い合わせ:090-6918-4911(藤崎光子)


[翁長・安倍会談]「辺野古」新たな段階へ
 翁長雄志知事と安倍晋三首相は17日、首相官邸で会談した。日米首脳会談を今月末に控え初めて実現した両者の会談である。翁長氏は、名護市辺野古の新基地建設に反対する沖縄の声をオバマ大統領に伝えるよう首相に要請した。首相はこれに応え、沖縄の民意をオバマ氏に正確に伝えなければならない。

 知事就任以来4カ月余り。ようやく訪れた安倍首相との直接対話の機会だった。翁長氏は、「絶対に辺野古に新基地は造らせない」と明言。1国の首相に対し、これほど毅然(きぜん)と「基地ノー」の意思を主張した知事はいただろうか。沖縄にとってきわめて意義深い、画期的な会談となった。

 翁長氏は、政府が前知事の埋め立て承認を唯一のよりどころとして移設作業を強行していることに「県外移設の公約をかなぐり捨てた承認」だと正当性に疑問を呈した。

 また「辺野古基地ができない場合本当に普天間は固定化されるのか」。5年以内の運用停止は「埋め立て承認というハードルを越えるための空手形ではないか」と政府を追及した。

 沖縄の米軍基地について「戦後、銃剣とブルドーザーで強制接収された」と、歴史的経緯や不平等性を訴え、「土地を奪っておきながら、老朽化したとか、世界一危険だからとか、嫌なら代替案を出せというのは、こんな理不尽なことはない」と強く反発した。戦後一貫して日米安保の過重な負担を押し付けられたウチナーンチュの思いを、明快な言葉で表現した。

    ■    ■

 安倍首相が「辺野古への移転が唯一の解決策である」と従来の考えを繰り返したことについても翁長氏は異論を展開。「安倍首相は、固定観念に縛られず、まずは辺野古への移設作業を中止することを決断してほしい」と求めた。

 強力な政治のリーダーシップがあれば政策の変更は可能である。選択肢のない政策などあり得ない。これこそ翁長氏が5日の菅義偉官房長官との会談でも指摘した「政治の堕落」である。

 政府が、1999年に当時の稲嶺恵一知事と岸本建男名護市長の受け入れ表明を受け、閣議決定がなされたと移設の正当性を主張していることについても翁長氏は反論した。

 稲嶺知事は代替施設の軍民共用や15年使用期限、岸本市長も基地使用協定締結などを前提条件としていたが、その後、政府は県との協議もないまま閣議決定をほごにした。翁長氏は「前提条件がないことになり、受け入れたというのは間違いだ」と、政府の都合のいい解釈を断じた。

    ■    ■

 政府は、日米首脳会談で確実に沖縄の声を米側に伝えるべきだ。もし伝えずに両政府が首脳会談で辺野古推進を確認するようなことがあれば、「沖縄切り捨て」と見ざるを得ない。沖縄の声を無視して移設を強行することがあれば逆に日米関係にさまざまなマイナスが生じるだろう。

 翁長氏は菅氏や首相との会談で沖縄の声を代弁し、求心力をこれまで以上に高めている。辺野古移設問題は新たな段階に入ったといえる。


知事首相会談 「圧倒的な民意」は明白 辺野古断念こそ現実的だ
 知事の言葉一つ一つに県民の思いが込もっていた。歴史的な会談と評価していい。
 翁長雄志知事が安倍晋三首相と会談した。何より最後の一言が大きい。知事は、米軍普天間飛行場の辺野古移設について「知事をはじめ沖縄県民が明確に反対していることをオバマ大統領に伝えてほしい」とくぎを刺したのだ。
 この会談を首相は「移設へ向けた進展」と米国へ説明する材料に使うと目されていた。知事はそれを警戒したのだろう。この発言でそんな偽装は不可能になった。
 首相は会談を新基地建設の免罪符に使ってはならない。知事の言う通り移設作業を中止すべきだ。

「固定観念」

 首相はこの日も「辺野古(移設)が唯一の解決策」と繰り返した。知事選、市長選、衆院選で反対派が全勝した昨年の選挙は、まさに知事が述べた通り「圧倒的な民意」である。その県民の度重なる意思表示を経てもなお、「辺野古が唯一」と繰り返すのは、知事の評した通り「かたくな」だ。民主国家にあるまじき姿勢である。
 知事は「(辺野古が唯一という)固定観念に縛られず、移設作業を中止してほしい」と求めた。民意に照らし当然の要求だろう。
 現防衛相の中谷元氏は昨年、「沖縄の基地を分散しようと思えば九州へも分散できるが、反対が大きくてできない」と述べていた。他県は反対があるから移設しないが、沖縄はいくら反対しても移設を強行するというわけである。これがダブルスタンダードでなくて何であろうか。
 元防衛相の森本敏氏も同じ趣旨のことを在任中に述べている。最近も「海兵隊が沖縄にいなければ抑止にならないというのは軍事的には間違いだ」と明言した。県外移設でも何ら支障がないことを担当大臣の発言は証明している。首相らの言う「辺野古が唯一」論はとうに破綻しているのである。
 菅義偉官房長官が繰り返す「16年前に沖縄も同意した」という主張のウソを知事が指摘したのも痛快だった。
 1999年に閣議決定した計画は、政府が2006年に破棄し現計画に変更した。政府自ら破棄しておいて「16年前に同意」とは詐称に等しい。
 しかも16年前は、軍民共用でかつ15年後には基地として使用してはならないというのが絶対条件だった。使用期限が受け入れられなければ容認は撤回すると当時の市長も明言していた。
 だが現計画になり、軍民共用も使用期限も雲散霧消した。これで「地元も受け入れていた」と称するのは虚言以外の何物でもない。

倒錯の論理

 16年前の計画も、使用期限は米側が同意する見込みがなかったから、いずれ計画が破綻するのは明らかだった。政府が閣議決定を破棄したのはそんな行き詰まりも背景にある。沖縄側が容認を撤回するのは時間の問題だったのだ。
 会談で首相は現計画が普天間の危険性除去になると強調した。
 だが辺野古移設では、県民の頭上を危険な物体が飛び、爆音をまき散らし、軍による犯罪が日常的に発生する事態は何ら変わらない。これが「危険性の除去」にならないのは、子どもでも分かる。
 普天間移設は沖縄の基地負担軽減がそもそもの出発点だったはずだ。基地を沖縄から沖縄へ移すのが解決策と主張するのは、どう見ても倒錯した論理である。
 政府は沖縄の反対が極論であるかのように言うが、普天間飛行場をなくしたところで、国内の米軍専用基地の沖縄への集中度は73・8%から73・4%へ、わずか0・4ポイント下がるにすぎない。これが過大な要求だろうか。
 世論調査では県民の6割から8割は常に県外・国外移転を求める。辺野古でいいとするのはせいぜい十数%だ。20年間もそうなのだから、今後も賛成が上回るなどあり得ない。辺野古新基地を断念することこそ現実的である。政府はその現実を直視すべきだ。

相川欽也旅立つのニュース/バナナが売り切れ

ブログネタ
フランス語 に参加中!
150417_Enchaku_Tengachaya

L'horoscope du jour de la Balance
Ambiance amoureuse

Vos amours ont tout ce qu'il faut pour bien se porter. Mais vous aimez votre routine. Or, des évènements positifs et amoureux vous en sortiront. Ce qui ne vous plaira pas forcément. En couple, votre chéri pourrait très bien organiser un petit week-end en amoureux, sans vous en avoir parlé avant. Célibataire, laissez-vous conquérir par une personne au parcours atypique.
En couple
Il faut vous attendre à tous les possibles, vu l'humeur joyeuse et amoureuse de votre tendre moitié. En effet, on dirait qu'il a décidé de vous faire plaisir, et à cette fin, il utilisera tous les stratagèmes pour vous surprendre : soirée improvisée dans un grand restaurant, réunion d'amis, ou week-end impromptu. Un seul conseil : adaptez-vous et profitez-en.
En solo
Vous qui n'avez pas envie de retomber sur le même type de personne que par le passé, vous serez sans doute satisfait en ce vendredi. En effet, les astres suggèrent que vous allez rencontrer une personne qui ne sera vraiment pas conventionnelle, et dont l'existence aura été jusqu'ici assez surprenante. Vous verrez ensuite si sa singularité vous convient ou pas. Mais au départ, vous pourriez être un peu désorienté.
フランス語
フランス語の勉強?

相川欽也さんが亡くなったそうです.数日前から重篤説が流れていたのですが,15日に亡くなっていたとはびっくりです.震災後,悲しい気持ちでパックインジャーナルを見ていたことを思い出しました.民主党のことを第二自民党と厳しく切り捨てていたのを思い出します.だから統一地方選でも大負けしてしまったと思うのですが・・・
書類の2ページがないのでYaさんにメールでお願いしました.
昨日に続いてバナナが売り切れ.2軒とも.買いに行ったのが遅い時間だから?ちょっと残念です.

仮設店舗明け渡し間近 店主、自立再建険しく
 東日本大震災の被災地の仮設店舗に、閉鎖時期が迫っている。自立再建の難しさなどから、設置期間は延長されてきたものの、地権者に対する用地明け渡しなどを控え、自治体によっては「もう延ばせない」と判断したためだ。宮城県内で最も早く閉鎖される多賀城市の仮設店舗で、商店主らの苦悩に迫った。(伊東由紀子)

 JR仙石線多賀城駅から南に向かった一角に「多賀城復興横丁わいわい村」はある。2012年4月の開設から3年。6月末の閉鎖予定まで少ししかない。
 居酒屋を営む菊地豊和さん(43)は、希望に合う空き物件がいまだに見つからない。「次は腰を据えて商売をする場所になる。立地や広さ、家賃などを吟味したい」。直近の苦労を覚悟して休業も視野に入れる。
 わいわい村はプレハブ平屋の計24区画でスタートした。現在も営業する5店舗のうち、移転先が決まったのは1店だけだ。
 仮設店舗の設置期間は本来、建築基準法に基づき2年3カ月。だが、代替商業施設の建設や入居者の移転準備が遅れ、地元自治体は期間を延ばしてきた。多賀城市も地権者の理解を得て1年延長した。
 被災地によっては商店街ごと高台移転する例も多いが、わいわい村の場合、入居者はそれぞれ移転先を探し、自己資金を確保して自立を果たす必要がある。
 現実は厳しい。昨年までに2店舗が年齢や後継者問題を理由に再建を諦めた。弁当店を畳んだ男性(68)は「もう資本投下は無理。前向きに区切りを付けた」と吹っ切るように話した。
 営業を続けてきた商店主も状況は大差ない。30代の男性はわいわい村閉鎖を機に、廃業して別の仕事に就く予定。「客足は増えず、売り上げは震災前の4割。退去後は今より生活を安定させなくてはいけない」。悩んだ末の結論だ。
 仮設店舗は隣接する塩釜市でも7月末に閉鎖される。オープンは11年8月で、市は2度、設置期限を延長したが、復興関連事業が店舗敷地で始まることから「これ以上は難しい」と判断。営業自体は多賀城より早く5月末に終わる予定だ。
 震災から5年目。被害の大きかった地域の復興はまだ十分進んでおらず、復旧を果たした商店街にあっては以前の活気を取り戻せずにいる。多賀城市の被災した中心商店街でもシャッターの閉まった店が残る。
 「仮設店舗を出るころにはにぎわいが戻っていると思っていた。街の将来像を見通せない」。居酒屋経営者の菊地さんは理想通りに進まない地域経済の現実を目の当たりにしている。


高浜仮処分差し止め 異議断念を 住民ら関電に申し入れ
 関西電力高浜原発3、4号機(高浜町)の再稼働差し止めを命じる仮処分決定が福井地裁で出たことを受け、差し止めを申し立てた住民らが十六日、関電本店(大阪市北区)を訪れ、異議申し立ての断念や原発の放棄を求める申し入れ書を提出した。

 申し入れ書は申立人によるものと、弁護団によるものの二通。弁護団の申し入れ書では、決定を「最高裁判決を含む複数の判例や福島原発事故後の社会通念を的確に理解したもの」と評価。「いたずらに住民らを苦しめ、心ある株主の不信を買うことのないよう英断を求める」としている。

 二通の申し入れ書は、同社ロビーで担当者に手渡された。申立人の一人は「応接室などでじっくり話を聞いてもらえず、誠意が感じられなかった」と不満を口にしていた。府庁で開かれた申立人側の会見で、松田正事務局長は「地域貢献などの関電の実績は高く評価している。『原子力をやめてもらいたい』という住民の素朴な願いを受け止め、社会貢献を果たす企業としてよみがえってもらいたい」と話していた。 (布施谷航)


平均所得:地域間格差くっきり 安倍政権下で拡大
 ◇毎日新聞調査 トップの港区と熊本県球磨村、格差6.5倍

 全国1741市区町村の納税者1人当たりの年間平均所得について格差の度合いを示す「ジニ係数」を年ごとに求めたところ、2013年に係数が上昇し、格差が広がったことが毎日新聞の調べで分かった。安倍政権の経済政策「アベノミクス」による株価上昇で大都市部の一部自治体で住民が所得を伸ばしていることが背景にあり、アベノミクスが地域間格差を拡大させていることが数値で裏付けられた。

 毎日新聞は、総務省が毎年公表する「市町村税課税状況等の調(しらべ)」で、市区町村別の課税対象所得の総額を納税者数で割った額を平均所得と算定。04〜13年の10年間でジニ係数を求めた。その結果、構造改革を進めた小泉純一郎政権後半の04〜06年に係数は大きく上昇したが、08年秋のリーマン・ショックを経て09年に下降。その後民主党政権下は横ばいだったが、12年末に自民、公明両党が政権を奪還し、安倍晋三首相が政権を運営した13年は7年ぶりに大きく上昇した。この間、アベノミクスによる大規模な金融緩和で13年末の日経平均株価は12年末比で1.6倍に上昇した。

 13年の課税対象所得の内訳をみると、勤労者の給与や自営業者の所得などは前年比0.8%増とほぼ横ばいだった。これに対し、短期の不動産売買による所得は1.4倍、株式譲渡や上場株式の配当による所得は3.1倍に膨張。これらを合わせた13年の資産所得の合計は7兆3953億円で、前年比3兆683億円(70.9%)増となった。

 平均所得が最も高かったのは東京都港区。13年は、12年比40.5%増で1200万円の大台を突破し、7年連続でトップを維持する。一方、平均所得が最も低いのは熊本県球磨村(人口4207人)で193万9000円。12年比2万5000円増で、港区との所得差は4.7倍から6.5倍に拡大した。平均所得トップ10の大半は、ホタテ漁が好調な北海道猿払村などを除き東京都区部が占めた。【小田中大】
 ◇富の滴り届かず

 神野直彦・東京大名誉教授(財政学)の話 結果を見れば、安倍政権下で地域間格差が拡大していると判断してよい。賃上げや地域経済活性化への地道な努力より、資産所得、特に株の保有や売買が所得の伸びを決め、アベノミクスの当然の帰結だ。株式保有者がいる地域がより豊かになり、トリクルダウン(富の滴り)が働いていないことを示している。資産所得への課税強化など手を打たないと格差は拡大する一方だ。
 ◇ジニ係数

 所得の不平等感を0〜1の間で示す数値。「0」は完全な横並びで、数値が高いほど格差が開き、「1」は1人だけに所得が集中する状態となる。


[きょう知事・首相会談]沖縄の民意受け止めよ
 翁長雄志知事と安倍晋三首相がきょう官邸で会談する。翁長知事就任から4カ月余り。両者の会談が初めて実現する。

 名護市辺野古への新基地建設をめぐる対立から、安倍政権は翁長知事を「冷遇」し、知事との会談にこれまで応じようとしなかった。

 融和姿勢に転じたのは、今月28日に控える日米首脳会談を意識してのことだろう。沖縄との対立を懸念する米側に対し、対話はできている、とのメッセージを示す狙いなのは明らかだ。

 しかし、安倍政権の姿勢自体は何ら変わっていない。首脳会談で発表予定の日米共同声明には、辺野古移設を再確認する文言を盛り込む方向で両政府による調整が進んでいる。

 翁長知事は、上京を前に「辺野古の建設はできません、ということをしっかり伝えたい」と記者団に述べた。先に実現した菅義偉官房長官との会談と同様、不退転の決意をじかに伝えてほしい。

 そして安倍首相は、知事の考え方を直接受けた以上は、その場限りで流すことは許されない。日米首脳会談の場へ確実に届けてもらいたい。

 沖縄の頭越しに両政府が新基地建設を再確認し、外圧を利用して沖縄に受け入れを迫るようなやり方を考えているなら間違いだ。

 「普天間飛行場の危険性除去が最重要」「辺野古が唯一の選択肢」。政府は事あるごとに、こうしたフレーズを繰り返してきたが、事態は変化していると指摘しておきたい。

    ■    ■

 第一に、埋め立て工事を進める中で設計変更が必要になった場合、知事の承認が必要になる。変更を申請しても翁長知事が不承認とすれば工事は継続できない。

 15日に開かれた衆院国土交通委員会でも、国交省の水管理・国土保全局長は「変更承認が得られなければ、変更に関わる工事はできなくなる」との認識を示した。

 飛行場建設のような大規模な埋め立ての際、工事の過程で変更が必要になる事態がたびたび起きる。実際に、岩国飛行場(山口県)の滑走路の沖合移設工事では、12年にわたる工期の間に8回もの変更申請が出された。その都度、山口県知事が承認を繰り返した経緯がある。

 今後、変更申請のたびに翁長知事が不承認にすれば工事はいずれ頓挫する。

 衆院国交委でこの件を取り上げた下地幹郎氏(維新)も指摘するように、100%確約できない新基地建設を米国と約束すべきではない。

    ■    ■

 第二に、米国の考え方も変わっている。

 米の知日派・アーミテージ元国務副長官は、時事通信のインタビューで、辺野古新基地計画に関し「日本政府が別のアイデアを持ってくれば、私たちは間違いなく耳を傾ける」と柔軟な姿勢を示した。

 ジョセフ・ナイ元国防次官補も、中国の弾道ミサイルの発達で在沖米軍基地の脆弱(ぜいじゃく)性が高まっていると指摘する。

 沖縄の「地理的優位性」は揺らいでいる。その認識を安倍首相も持ち、知事と対話すべきだ。


自民テレビ局聴取 民主国にあるまじき圧力
 自民党の情報通信戦略調査会が17日にNHKとテレビ朝日の関係者を呼び、事情聴取するという。
 自民党は「圧力をかけるつもりはない」というが、呼び付けること自体、圧力以外の何物でもない。これでは表現・言論の自由は画餅に帰す。民主国家にあるまじき姿であり、聴取を中止すべきだ。
 菅義偉官房長官はよく放送法に言及する。3月末の会見でもこう述べた。「放送法という法律があるので、テレビ局がどう対応するか見守りたい」
 テレビ放送は5年に1回、政府から再免許を受けないと事業ができない。電波法は、放送法に違反した放送局に停波を命令できると定める。政府中枢があえて放送法を口にするのは「停波もできるのだぞ」と恫喝(どうかつ)するのに等しい。
 安倍政権の放送への介入は顕著だ。昨年の衆院選直前には安倍晋三首相が街頭インタビューで政権への批判が多いとかみつき、自民党はテレビ局に「選挙報道の公平、中立を求める」文書を送り付けた。
 そして今回の「召還」だ。NHKについては報道番組でのやらせ疑惑、テレビ朝日は「報道ステーション」のコメンテーター・古賀茂明氏の「官邸からのバッシング」発言について事情を聴くという。
 「第三者も加えた検証の必要性などをただす」というが、それは政権党の仕事ではない。各局は番組審議機関を持ち、業界の第三者機関として放送倫理・番組向上機構(BPO)もある。これらがきちんと機能すればいいだけの話だ。
 放送法は第1条(目的)でこう定める。「放送の不偏不党、自律を保障することで放送の表現の自由を確保する」。特定の党が番組に口を出すこと自体、「不偏不党」に矛盾する。「自律」を求める放送法の目的にも反するではないか。
 思想家の内田樹氏が興味深い話を紹介している。ドイツの新聞の日本特派員が安倍政権の歴史修正主義を批判する記事を書いたら、日本の総領事が同紙本社を訪ね、抗議したそうだ。
 これを受け元駐日英国大使がジャパンタイムズでこう論評した。「日本の歴史修正主義者の行為はナチスなどを想起させる」。政府の報道への圧力がいかに国際社会の常識に反するか、全体主義国家的であるかを如実に示している。
 テレビ局も政権党の圧力に屈したと誤解されるのは心外だろう。聴取を受けるのなら、カメラを入れて一部始終を生中継してほしい。


バースさん:3者連続弾30年…「神様」来店 阪神百貨店
 阪神百貨店梅田本店(大阪市北区)で17日、プロ野球・元阪神のランディ・バースさん(61)を招いて記念イベントが開かれた。対巨人戦で、バースさんらが3者連続でバックスクリーンに本塁打を放った日から、この日で30年。ファン約200人と一緒に、阪神の応援歌「六甲おろし」を歌った。

 1985年4月17日、甲子園で3番・バースさん、4番・掛布雅之さん、5番・岡田彰布さんが連続ホームランを放ち、勝利。この年、阪神は初の日本一に輝き、バースさんは3冠王を獲得した。

 バースさんは「阪神の若い選手に自信をつけさせることができた。とても重要な試合だった」と振り返った。東京都江戸川区の会社員の男性(49)は「バースさんは僕にとって神様。会社を休んで来た」と感激していた。【黄在龍】

セウォル号沈没事件から1年/バーゼル問題に感動

ブログネタ
フランス語 に参加中!
140318_couscous_Sindbad

Problème de Bâle
En mathématiques, le problème de Bâle (connu parfois aussi sous le nom de ≪ problème de Mengoli ≫) est renommé dans la théorie des nombres. Posé en premier par Pietro Mengoli en 1644, il est résolu par le mathématicien suisse Leonhard Euler en 1735, dont Bâle est la ville natale. Le problème résistait aux attaques des mathématiciens éminents de l'époque, aussi la solution d'Euler lui apporta une notoriété immédiate a l'âge de 28 ans. Il a considérablement généralisé le problème et ses idées furent reprises par le mathématicien allemand Bernhard Riemann dans son article de 1859, dans lequel il a défini la fonction ζ et a démontré ses propriétés de base.
Le problème demande la valeur exacte de la somme de la série :
\[{\huge \sum_{n=1}^{\infty}\frac{1}{n^2}=\frac{1}{1^2}+\frac{1}{2^2}+\frac{1}{3^2}+\frac{1}{4^2}+ \cdots}\]
Celle-ci est approximativement égale a 1,644 934 066 848 226 43. À cause de la lente convergence de la série, une telle valeur approchée n'a pu être trouvée qu'en mettant en œuvre des méthodes d'accélération de convergence, ce qui a notamment été fait par Stirling en 1730 et Euler en 1731. Ce dernier a annoncé en 1735 la découverte de la somme exacte:
\[{\huge \sum_{n=1}^{\infty}\frac{1}{n^2}=\frac{\pi^2}{6}}\].
Ses arguments d'alors se basent sur des manipulations injustifiées, et ce n'est que dix ans plus tard qu'il produit une démonstration rigoureuse.
フランス語
フランス語の勉強?

セウォル号沈没事故から1年です.衝撃的で大きなショックを受けたのに1年たつとかなり風化している気がします.でもまだ見つかっていない人にとっては,現在進行形なのでしょう.
お昼はチゲです.眠かったので食べ終わって少しゆっくりしました.
数学ガールでバーゼル問題が出てきました.ミルカさんによる解法が素晴らしいです.感動しました.

石巻に震災の教訓伝える記念碑
東日本大震災の最大の被災地、宮城県石巻市を見下ろす高台に、震災の教訓を伝えようと記念碑が建てられました。
記念碑は地元の老人クラブが全国からの寄付金を使って石巻市の高台日和山公園に建てました。
16日は桜が咲き誇る中、老人クラブの代表や市の関係者などが出席して記念碑の除幕式を行いました。
記念碑はみかげ石製で高さが2メートルあります。
桜の花びらをイメージしたハート型をしていて、東日本大震災をきっかけに大切さが見直された人と人との「絆」を表現しています。
そして台座には「震災を教訓に命の大切さ人と人との絆を次世代に伝えていかなければならない」と日本語と英語で刻まれました。
記念碑を建てた石巻市老人クラブ連合会の武山萬会長は、
「犠牲者を思い出して震災を風化させないために建てました。きょうの海は穏やかですが、いつかあのような大津波が来るという教訓も伝えたいです」と話していました。
訪れた人は記念碑ごしに復興工事が進む津波の被災地などを高台から見下ろすなどしていました。


最後にすがった爛タク文化瓠 崟里らコスプレの街やった」…神戸・長田にアニメストリート誕生
 コスプレ衣装の専門ショップやプラモデルの組み立て工房、アニメの主題歌が流れるアニソンカフェ、そしてフィギュアの展示スペース−。クールジャパンの一翼を担うアニメやプラモデルなどのいわゆる「オタク文化」。その狎暫廊瓩鯡椹悗后嵜生優▲縫瓮好肇蝓璽函廚3月、神戸市長田区に誕生した。場所は大正筋商店街と一体化した再開発ビル「アスタくにづか」の3番館と5番館。阪神大震災で甚大な被害を受けた神戸市の「新長田駅南地区再開発事業」の象徴的なビルだが、「行政主導」「住民軽視」とも指摘され、店舗は集客不足にあえぐ。そんな中、地域住民と行政、大学などが連携してまちづくりを推進するプロジェクトの一環としてスタートした事業だけに、店主らは「今度こそ商店街活性化の起爆剤に」と期待を寄せる。果たして「オタク文化」は復興に貢献できるのか。(前川康二)

阪神大震災で壊滅的被害


 「地域住民と一緒につくり上げたプロジェクトの第一弾。なんとか軌道に乗ってほしい」。オープン前日の3月27日に行われた内覧会で、神戸市の担当者は期待を口にした。

 JR新長田駅南側に広がる一帯は、平成7(1995)年1月17日の阪神大震災で壊滅的な被害を受けた。震災前、新長田駅周辺は、アーケードで覆われた商店街が縦横に連なっていた上、工場や店舗、長屋が入り交じった住宅・商業・工業の混同地域だった。この中で最もにぎわいをみせていた大正筋商店街も建物の約9割を焼失した。

 震災からわずか2カ月後の3月17日、市は「新長田駅南地区」の再開発計画を発表した。総事業費は2711億円と当時、西日本最大の再開発事業。市が中心となって約20ヘクタールの土地を買収し、高層ビルを含む44棟のビルを建設する計画だった。

 しかし、市主導の再開発事業は暗礁に乗り上げる。土地の買収や再開発ビルの建設工事に約10年かかり、その間に客足は近くのスーパーなどに奪われ、ようやく再開発ビルに入った商店街の店舗の売り上げは低迷した。共益費や固定資産税がかさむ厳しい経営環境から閉店する店も多く、ビルは今でもシャッターが目立つ。

 こうした中、市は25年3月、地域住民や大学と共同で街の活性化策を話し合う「くにづかリボーンプロジェクト」を立ち上げ、商業施設の再整備案を検討。2階部分を日本のポップカルチャーが集まるゾーンにすると決定した。

 市は再整備案に基づき、事業案を公募。同プロジェクトのメンバーも審査に加わって事業者を決め、アニメやプラモデルなどの「オタク文化」を前面に打ち出したまちづくりを進めることになった。

「痛車」17台を展示

 出店店舗は、コスプレ衣装の販売やレンタルを行う専門店、フィギュアのレンタル展示スペース、アニメの主題歌が流れるアニソンカフェ、プラモデルの組み立て工房、写真や動画撮影が可能なスタジオなど6軒がアスタくにづか3番館と5番館にそれぞれ軒を連ねている。これが神戸アニメストリートだ。

 今年3月28日のオープニングイベントでは、女性声優のLalamiさんによる「ニコニコ動画」の公開収録やトークショーが行われ、男性ファンが結集。ビルと一体化した商店街のアーケード内では、自動車の車体を漫画やアニメ、ゲームなどのキャラクターのデザインでラッピングした「痛車(いたしゃ)」17台が展示された。

 特設ステージでは、アニメやゲームキャラクターの衣装を身につけた男女11人によるファッションショーも行われた。

 これに合わせ、商店街の各店舗は店先などで、フードやドリンクを販売。商店街一帯はイベント目的の爛タク瓩燭舛集まり、縁日のような雰囲気で盛り上がった。

 神戸市長田区といえば、在住する外国人が多く、異国文化と下町情緒のイメージが強い。いわゆるオタク文化とは相いれない印象がある。しかし、商店街のある男性店主(66)は「実はこの辺一帯は昔からコスプレ文化が根付いている。住民にも違和感はないのでは」と打ち明ける。

 大正筋商店街は震災後、街おこしイベントとして毎年11月に地域住民が商店街の名前にちなんで、海軍や女学生など大正時代の服装に身を包んで行進する「大正ウイーク」を実施している。

 また、19年からは神戸出身の漫画家、横山光輝氏の漫画「三国志」にちなんだまちづくりも実施。毎年10月には「三国志祭」で三国志に登場する武将コスチュームでパレードを行っている。

 コスプレイベントの影響も大きい。同区の市立地域人材支援センターでは月1回、コスプレイベントが開かれ、近郊から愛好家が集まっている。参加費は大人2千円、中高生1500円と安くはないが、大正筋商店街の店などで使える500円分の金券付きなので、イベント後にコスプレーヤーが商店街に訪れるきっかけになっている。

「オタクの聖地」に

 神戸アニメストリートの運営会社は現在、サバイバルゲームやニーハイソックスの専門店など、オタク文化に特化した店舗の誘致を進めている。

 同社の岸健介プロデューサー(40)は「日本が誇るオタク文化が集まる聖地にしたい」と意気込んでいる。しかし、「オタクの聖地」が本当に商店街の活性化につながるのかは未知数だ。

 商店街のある店主は「アニメをきっかけに若い人が街に来るのはうれしい。でもそれだけで昔からある店がもうかるようにはならない」と指摘する。その上で「新しい客層を引きつける店作りやサービスを街全体で考え、実行する営業努力が必要」と話している。

 今年で阪神大震災から20年を迎えた。復興のあるべき形を模索し続けている神戸・長田の新しい挑戦は始まったばかりだ。


セウォル号沈没1年 慰霊祭 遺族と政府の溝深く 引き揚げ、原因解明で対立
 【珍島(チンド)(韓国南西部)=中村清】韓国・珍島沖で昨年四月に起きたフェリー「セウォル号」沈没事故から十六日で丸一年を迎えるのを前に、被害者家族らでつくる「セウォル号家族協議会」主催の慰霊祭が十五日、珍島の港で開かれた。遺族と政府・与党は現在、船の引き揚げ問題などをめぐって激しく対立。政府からは誰も式典に出席せず、双方の溝の深さを浮き彫りにした。

 事故では、修学旅行中だった京畿道安山(キョンギドアンサン)市の高校生ら二百九十五人が死亡、九人が行方不明となり、この日は被害者の家族らがバスで会場入り。与党セヌリ党の劉承〓(ユスンミン)院内代表も訪れたが、参加者からの抗議で会場を後にする一幕もあった。

 遺族らは韓国政府に対し、事故原因の解明と行方不明者の捜索のために海底から船体を引き揚げるよう要求。政府から明確な回答がなければ、十六日午後に安山の政府合同焼香所で予定される追悼行事を延期すると発表した。

 被害者家族ら約五百人は十五日、午前と午後に分かれて大型船で事故現場海域を訪問。黄色いパーカ姿で、子どもの名札をつけた父母らは「元気だった?」「お父さんが来たぞ」などと声を張り上げた。白い菊や赤いバラを海に投げ入れ、泣き崩れる母親もいた。

 「怖かったが、最初で最後の機会だと思って来た。息子はどれほど寒くて寂しかったか…」。長男を亡くし、初めて現場を訪れた母親(37)は夫と献花した。別の遺族の父親は「政府は引き揚げ問題を明確にしない。海を見ていて、悲しさよりも怒りの方が大きかった」と話した。
◆船体引き揚げ 巨額費用、技術的難題

 【珍島=中村清】発生から一年となるセウォル号沈没事故の今後の焦点は、海底に沈んだままの船体の引き揚げ問題だ。被害者家族らは行方不明者の捜索と事故原因究明に不可欠と主張するが、現場は潮流の速い難所とされ、一〇、二〇〇トンの大型船を引き揚げる作業は困難が予想される。

 「事故から一年がたつのに、海底の船には九人が残されている。自動車事故なら車を、航空機事故なら機体を調べる。沈没事故で船を調べるのは当然だ」

 事故で高校二年の娘を亡くした兪敬根(ユギョングン)さん(45)は十五日、引き揚げを決断しない政府への不満を口にした。

 海洋水産省の作業チームは専門家らと議論を重ね、「引き揚げは技術的に可能」と発表した。引き揚げ期間は一年〜一年半、費用は一千億ウォン(約百十億円)〜千五百億ウォン。ソウル新聞の世論調査では回答者の六割超が引き揚げに賛成したが、巨額の費用は政府の負担となるため、与党セヌリ党の一部議員や保守系の市民団体は「血税を投入するなら国民の合意が必要だ」などの反対の声を上げる。

 引き揚げ方法をめぐっても意見が分かれる。政府案では、水深四四メートルの海底で横倒しとなっている船の側面九十三カ所にワイヤを設置して大型クレーンでつり上げ、水深の浅い地点まで移動。その後、海中に沈めた大型の運搬台「フローティングドック」に船体を載せ、海面まで浮上させる。

 これに対し、大型船をそのままつり上げるのは危険が大きいとして「船体を海中で真ん中から二つに切断すべきだ」との意見も根強い。

 一方、行方不明者の家族らは「海中で船体を切断すれば遺体が流されてしまう」と反発している。

※〓は、日へんに文


韓国首相の焼香、遺族ら阻止…根深い怒りと不信
 【珍島(チンド)(韓国南西部)=吉田敏行】修学旅行中の高校生を含む295人が死亡、9人が行方不明となった韓国の旅客船「セウォル号」の沈没事故から16日で1年がたった。

 沈没現場に近い珍島の彭木港には、遺族や行方不明者の家族が集まり、悲しみを新たにしたほか、朴槿恵(パククネ)大統領も追悼に訪れ、「必要な手続きを迅速に進め可能な限り早いうちに船体引き揚げに乗り出す」とする国民向け談話を発表した。

 船体引き揚げをめぐって朴大統領は6日、「技術的に可能との結論が出たら積極的に検討する」と述べるにとどまっていた。政府や専門家のこれまでの検討によると、引き揚げには、1000億ウォン(約110億円)以上の費用と、1年以上の期間が必要になるとみられている。

 しかし、行方不明者の家族らの強い要望を受け、朴大統領は、より踏み込んだ表現で意欲を示したとみられる。

 行方不明者の家族らはこの日、政府がこれまで船体引き揚げ実施を確約しないことへの不満から、朴大統領が到着する前に港を去っていた。

 一方、李完九(イワング)首相は16日午前、多くの犠牲者が出た檀園高校(京畿道安山市)に近い合同焼香所を訪れたが遺族らに阻まれて焼香できず、遺族らの政府に対する根深い怒りと不信が浮き彫りになった。

ボストンマラソン爆弾テロ事件から2年

ブログネタ
フランス語 に参加中!
140201_Kure

Japon: la justice bloque le redémarrage de deux réacteurs nucléaires
Un tribunal japonais a jugé mardi inaptes à redémarrer deux réacteurs atomiques pourtant considérés comme sûrs par l'autorité de régulation nucléaire, ce qui risque de retarder encore un processus déjà perçu comme beaucoup trop long par les pronucléaires.
Une Cour de la province de Fukui (ouest), où sont implantées les tranches Takahama 3 et 4, a estimé que les conditions n'étaient pas réunies sur le volet parasismique pour autoriser ces unités à être remises en exploitation, selon le groupe de citoyens plaignants.
≪La justice stoppe le redémarrage≫, affirmait une banderole brandie à la sortie du tribunal par ces derniers devant les caméras, tandis qu'un avocat saluait ≪la meilleure décision possible≫.
≪La décision de la Cour prend en compte les avis des citoyens quant à la menace importante que constituent Takahama 3 et 4 pour des millions de personnes dans la région de Fukui et du Kansai (ouest)≫, s'est immédiatement réjouie l'organisation écologiste Greenpeace.
Le régulateur avait pourtant jugé en décembre et confirmé en février que ces deux réacteurs répondaient aux critères plus sévères imposés aux installations nucléaires pour faire face aux risques de catastrophes naturelles et d'accidents critiques, en tirant les leçons du désastre de Fukushima en 2011.
Ce couple de deux unités de Takahama était le deuxième à obtenir le certificat de sûreté, après les réacteurs 1 et 2 de la centrale Sendai (située dans le sud-ouest) pour lesquels une décision de justice est également attendue le 22 avril.
L'opérateur de Takahama 3 et 4, la compagnie Kansai Electric Power, a décidé de faire appel d'un jugement qualifié de ≪totalement inacceptable≫ qui, en tout état de cause, est un grain de sable de plus, au grand dam des partisans de l'atome impatients de voir les réacteurs redémarrer.
≪C'est un avertissement de la part du tribunal qui appelle l'opérateur à mieux expliquer ses projets≫, a commenté Hiroshi Miyano, un expert nucléaire interrogé par l'AFP.
≪Mais cela ne veut pas dire que ces deux réacteurs ne pourront pas reprendre leur activité≫, a-t-il ajouté.
≪Il n'y a pas de changement à notre politique de redémarrage des opérations nucléaires≫, a déclaré pour sa part le porte-parole du gouvernement, Yoshihide Suga.
Actuellement, les 48 tranches de l'archipel (sans compter les six condamnées de la centrale Fukushima Daiichi) sont stoppées sine die par mesure de précaution en attendant que soit controlée la conformité de leur sûreté vis-à-vis de normes durcies après la catastrophe atomique consécutive au tsunami de mars 2011. Cinq devraient être démantelées et le sort des 43 autres demeure une inconnue.
Dans tous les cas, le oui de l'autorité nucléaire ne constitue pas un feu vert définitif pour la relance: cette instance se borne en effet à émettre un avis technique. L'autorisation de remettre en activité les réacteurs, elle, doit en théorie venir des milieux politiques.
Le gouvernement de droite de Shinzo Abe y est plus que favorable, mais il doit auparavant obtenir le consentement des autorités locales, ce qui tend aussi à faire trainer en longueur les discussions, même en l'absence d'interférences de la justice.
フランス語
フランス語の勉強?

ボストンマラソン爆弾テロ事件から2年になります.すっかり忘れていました.
先週の水曜日がマイマイだったので今日はセムム.ちょっとコツがわかったかな?
夕方中津から十三を経て,間違って新高に行ってしまいましたが,新大阪を通って東淀川駅で一服.
部屋に帰ると11時近くでした.

向洋高校保存 来月までに方針
震災の津波で大きな被害を受けた気仙沼向洋高校の元の校舎について、市の有識者会議が、15日、「震災遺構としてできるだけ現状のまま保存するべきだ」とする報告書を市に提出し、菅原茂市長は、来月までに市の方針を決める考えを示しました。
気仙沼向洋高校は、震災の津波で元の校舎の4階まで浸水する大きな被害を受け、被災した当時の状態のまま残されていて、気仙沼市は震災の教訓を後世に伝える「震災遺構」として保存しようと検討を進めています。
去年10月からは、大学教授や住民の代表などで作る有識者会議が検討を続け、会議の議長で東北大学災害科学国際研究所の川島秀一教授が、15日、「震災遺構としてできるだけ、現状のまま保存するべきだ」とする報告書を、菅原市長に提出しました。
菅原市長は「報告書の内容も踏まえて検討し、市としての方針をできるだけ早く示したい」と述べ、来月までに市の方針を決める考えを示しました。
提出された報告書には、「校舎をできるだけ現状のまま保存するべきだ」とか、「防災や減災教育の拠点として、高校の内部を公開し活用するべきだ」などと記されています。


<最終処分場>3候補地「子どもだまし」
 望月環境相が指定廃棄物の「最終処分場」の名称を「長期管理施設」に変更すると表明した14日、宮城県内の3候補地からは「名前を変えただけの子どもだまし」「ただの先延ばし」と反発や疑問の声が上がった。
 栗原市深山嶽地区に近い栗駒文字地区の住民団体代表菅原敏允さん(82)は「『長期』とはどのぐらいの年数を示すのか、国は明らかにしていない。名前を変えても根本は何も変わらない」とあきれる。
 加美町田代岳地区の詳細調査実施に反対する猪股洋文町長は「名称を変えただけでは地元の理解は絶対に得られない。子どもだましだ」と批判。「県内1カ所に集約し、燃やして埋めるという処理方針を変えない以上、風評被害は必ず起こる」とあらためて建設阻止を訴えた。
 大和町の浅野元町長も「候補地の下原地区は陸上自衛隊王城寺原演習場に近く誤射の危険があり、長期管理でも受け入れられない。廃棄物を最終的にどう処分するのか見えず、(名称変更は)ただの先延ばしのように感じる。これで態度を軟化させる自治体があるのか」と疑問を投げ掛けた。
 県にも環境省から正式な連絡はなく、担当者は「詳細は分からない」と困惑する。「国には国の考えがあるのだろうが、丁寧に説明してほしい」と話した。


<高浜原発仮処分>東北の脱原発派は歓迎
 福井地裁が高浜原発3、4号機の再稼働を認めない仮処分決定をした14日、東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)などで再稼働へ向けた動きが進む東北にも波紋が広がった。脱原発を訴える市民は決定を歓迎する一方、原発立地自治体では地元への影響を懸念する声が上がった。
 「行政が再稼働に突き進む中、司法は福島第1原発事故という歴史的事実を重く受け止めて判断するようになった」。市民団体「女川原発の再稼働を許さない!2014みやぎアクション」の篠原弘典世話人は決定を評価し、「かつての原発訴訟では無力感を感じたが、今は司法判断も大きな力になる」と述べた。
 原発事故の避難住民は、あらためて原子力行政に不信を募らせた。福島県楢葉町から茨城県に避難している農業草野巍久(たかひさ)さん(76)は「原因究明も途中なのに再稼働を進めようとする行政は信頼できない」と語った。
 東北電が再稼働を目指す女川2号機と東通原発(青森県東通村)は、原子力規制委員会による新規制基準適合性審査が続いている。地元では「司法が新規制基準を不十分と指摘した。全国の再稼働にも影響が出てくるだろう」(女川町議)との見方が聞かれた。
 女川町の須田善明町長は「上級審も含め、今後司法判断が続く。司法的見地からの新規制基準の妥当性などについて安全確立の観点から注視していく」とコメント。東通村に隣接するむつ市の宮下宗一郎市長は「司法の最終判断ではないと認識している」と話した。
 東北電は「詳細を把握していない」とした上で「新規制基準に的確に対応し、さらなる安全性向上と地域に対する丁寧な説明に努めたい」との談話を出した。


高浜原発差し止め 司法が発した重い警告
 関西電力高浜原発(福井県)3、4号機に対し、福井地裁は再稼働を認めない仮処分決定を出した。原子力規制委員会の安全審査に合格した原発の再稼働についての初の司法判断だったが、決定は審査の基準自体が甘いと厳しく指摘した。

 私たちは再生可能エネルギー拡大や省エネ推進、原発稼働40年ルールの順守で、できるだけ早く原発をゼロにすべきだと主張してきた。それを前提に最小限の再稼働は容認できるとの考え方に立っている。

 それに対し、決定が立脚しているのは地震国・日本の事情をふまえると、原発の危険をゼロにするか、あらゆる再稼働を認めないことでしか住民の安全は守れないという考え方のようだ。

 確かに事故が起これば、広範な住民の生命・財産・生活が長期に脅かされる。そうした危険性を思えば、現状のなし崩し的な再稼働の動きは「安全神話」への回帰につながるという司法からの重い警告と受け止めるべきだ。

 決定は新基準に対して、適合すれば深刻な災害を引き起こす恐れが万が一にもないと言える厳格さが求められると指摘した。事実上、原発の再稼働にゼロリスクを求めるに等しい内容だ。

 関電は規制委への申請後、想定する地震の最大の揺れ「基準地震動」を550ガルから700ガルに、最大の津波の高さ「基準津波」を5.7メートルから6.2メートルに引き上げ、安全性を高めたと強調した。

 しかし、決定は全国の原発で10年足らずに5回、基準地震動を超える地震が起きており、高浜でもその可能性は否定できないと指摘。このままでは施設が破損して炉心損傷に至る危険が認められると結論付けた。

 そのうえで、基準地震動を大幅に引き上げて根本的な耐震工事を施し、外部電源と主給水の耐震性を最高クラスに上げ、使用済み核燃料を堅固な施設で囲い込むことでしか、危険は解消できないと指摘した。

 関電は11月の再稼働を見込んで手続きを進める予定だったが、日程の見直しを迫られかねない。

 今回の決定が示した考え方は、再稼働を目指そうとする国内の多くの原発にあてはまる。関電の大飯原発3、4号機の運転差し止めを命じた昨年5月の福井地裁判決と同じ裁判長の決定で、共通した安全思想が根底にあるようだ。

 原発再稼働の是非は国民生活や経済活動に大きな影響を与える。ゼロリスクを求めて一切の再稼働を認めないことは性急に過ぎるが、いくつもの問題を先送りしたまま、見切り発車で再稼働をすべきでないという警鐘は軽くない。


国民を守る司法判断だ 高浜原発「差し止め」
 関西電力高浜原発(福井県高浜町)の再稼働は認めない−。福井地裁は、原子力規制委員会の新規制基準を否定した。それでは国民が守られないと。

 仮処分は、差し迫った危険を回避するための措置である。通常の訴訟とは違い、即座に効力を発揮する。

 高浜原発3、4号機は、動かしてはならない危ないもの、再稼働を直ちにやめさせなければならないもの−。司法はそう判断したのである。

 なぜ差し迫った危険があるか。第一の理由は地震である。

 電力会社は、過去の統計から起こり得る最大の揺れの強さ、つまり基準地震動を想定し、それに耐え得る備えをすればいいと考えてきた。
◆当てにならない地震動

 原子力規制委員会は、新規制基準による審査に際し、基準値を引き上げるよう求めてはいる。

 関電は、3・11後、高浜原発の基準地震動を三七〇ガルから七〇〇ガルに引き上げた。

 しかし、それでも想定を超える地震は起きる。七年前の岩手・宮城内陸地震では、ひとけた違う四〇二二ガルを観測した。

 「平均からずれた地震はいくらでもあり、観測そのものが間違っていることもある」と地震学者の意見も引いている。

 日本は世界で発生する地震の一割が集中する世界有数の地震国である。国内に地震の空白地帯は存在せず、いつ、どこで、どんな大地震が発生するか分からない。

 だから基準地震動の考え方には疑問が混じると判じている。

 司法は次に、多重防護の考え方を覆す。

 原発は放射線が漏れないように五重の壁で守られているという。

 ところが、原子炉そのものの耐震性に疑念があれば、守りは「いきなり背水の陣」になってしまうというのである。

 また、使用済み核燃料プールが格納容器のような堅固な施設に閉じ込められていないという点に、「国の存続に関わるほどの被害を及ぼす可能性がある」と、最大級の不安を感じている。

 福島第一原発事故で、最も危険だったのは、爆発で屋根が破壊され、むき出しになった4号機の燃料プールだったと、内外の専門家が指摘する。

 つまり、安全への重大な疑問はいくつも残されたままである。ところが、「世界一厳しい」という新規制基準は、これらを視野に入れていない。
◆疑問だらけの再稼働

 それでも規制委は新基準に適合したと判断し、高浜原発は秋にも再稼働の運びになった。

 関電も規制委も、普通の人が原発に対して普通に抱く不安や疑問に、しっかりとこたえていないのだ。従って、「万が一の危険という領域をはるかに超える現実的で切迫した危険」があると、福井地裁は判断した。新規制基準の効力や規制委の在り方そのものを否定したと言ってもいいだろう。

 新規制基準では、国民の命を守ることができないと、司法は判断したのである。

 昨年五月、大飯原発(福井県おおい町)3、4号機の差し止めを認めた裁判で、福井地裁は、憲法上の人格権、幸福を追求する権利を根拠として示し、多くの国民の理解を得た。生命を守り、生活を維持する権利である。国民の命を守る判決だった。

 今回の決定でも、“命の物差し”は踏襲された。

 命を何より大事にしたい。平穏に日々を送りたい。考えるまでもなく、普通の人が普通に抱く、最も平凡な願いではないか。

 福島原発事故の現実を見て、多くの国民が、原発に不安を感じている。

 なのに政府は、それにこたえずに、経済という物差しを振りかざし、温暖化対策なども口実に、原発再稼働の環境づくりに腐心する。一体誰のためなのか。

 原発立地地域の人々も、何も進んで原発がほしいわけではないだろう。仕事や補助金を失って地域が疲弊するのが怖いのだ。

 福井地裁の決定は、普通の人が普通に感じる不安と願望をくみ取った、ごく普通の判断だ。だからこそ、意味がある。
◆不安のない未来図を

 関電は異議申し立てをするという。しかし司法はあくまで、国民の安全の側に立ってほしい。

 三権分立の国である。政府は司法の声によく耳を傾けて、国民の幸福をより深く掘り下げるべきである。

 省エネと再生可能エネルギーの普及を加速させ、新たな暮らしと市場を拓(ひら)いてほしい。

 原発のある不安となくなる不安が一度に解消された未来図を、私たちに示すべきである。


女性器データ:「ろくでなし子」無罪主張 東京地裁初公判
 3Dプリンターで女性器を模造できるデータを送ったとして、わいせつ電磁的記録等送信頒布罪などに問われた漫画家の五十嵐恵被告(43)=ペンネーム「ろくでなし子」=は15日、東京地裁(田辺三保子裁判長)の初公判で「女性器をモチーフにしたアート作品で、わいせつではありません」と無罪を主張した。

 検察側は冒頭陳述で、被告が女性器をかたどったボート制作への出資者に、自身の性器を模造できるデータの保存先を送るとして資金提供を呼び掛けたと指摘。「100万円の資金を集めた。女性器の造形物を広めようとした」と述べた。

 一方、被告は「ユーモラスな作品を作り続け、女性の支持者が増えた。創作活動の一環」などと書面を読み上げた。弁護側も「データから再現される造形物は粗雑、無機質で性欲を刺激するものではない」などと述べ、わいせつ性を否定した。

 起訴状によると、五十嵐被告は2013〜14年、データにアクセスできるURLを出資した6人にメールで送ったほか、データを記録したコンパクトディスクを3人に1300円で販売。同年7月には女性作家(44)が経営する都内のアダルトショップに、女性器をかたどったわいせつ物3点を展示したとされる。【島田信幸、山下俊輔】


ミラノ博 東北食材の料理試食
来月からイタリアで開かれる「ミラノ国際博覧会」で提供する東北の食材を使った料理の試食会が、15日、開かれました。
「ミラノ国際博覧会」は、来月からの半年間、「食」をテーマに、イタリアのミラノで開催されます。
博覧会の会場で料理を作るシェフが試作した料理の試食会が、15日、仙台駅前のホテルで開かれました。
料理には、東日本大震災で大きな被害を受けた、宮城県や岩手県を中心に、東北の食材を使われていて、石巻産のあいなめが入ったみそ汁や、金華山沖で採れた銀ざけを使ったカルパッチョなどの料理が並びました。
また、試食会では、東北の水産加工会社などの缶詰を使った、日本酒と合うおつまみも披露され、集まった人たちは海外向けに工夫された様々な料理を味わっていました。
試食会に参加した石巻市の亀山紘市長は「こうした機会に、被災した地元の企業が、新しい製品を作り出すことが、今後、生き残るためには必要だ」と話していました。
また、東北経済連合会の高橋宏明会長は「博覧会が、東北がどういう所か知ってもらうきっかけなることを期待したいです」と話していました。
試食会で披露された料理などは、「ミラノ国際博覧会」の日本館で7月24日からの4日間提供されます。


特集ワイド:イスラム国・人質事件を問う ジャーナリスト西谷文和さん報告/下
 ◇IS潜入のスパイに接触 火に油だった「安倍演説」
 ◇イスラエル国旗の前で「日本はテロに屈さぬ」
 ◇混迷する中東情勢の中、交渉のすべ絶った政府

 「イスラム国」(IS)による湯川遥菜(はるな)さん、後藤健二さんの殺害事件の裏で何が起きていたのかを検証するとともに、ISとの戦いがどうなっているのかを知りたくて、私は3月にトルコへ渡った。13日、トルコ南部の町・キリスで約1年ぶりにアブアリー(仮名)と再会した。彼は私の通訳の一人で、理学療法士でもある。

 彼が働いている診療所は、今日も患者でいっぱいだ。患者の中に、ISとの戦闘で足を負傷したマフムード(23)がいた。彼はシリア中部の都市・ホムスの自由シリア軍兵士。半年前、ISはホムス県デルフール地区に総攻撃をかけて来た。壮絶な銃撃戦になった。自由シリア軍が辛うじてISを追い返したが、その時にロケット弾で右足を負傷したのだ。

 −−デルフールはISに奪われなかったんだね。

 「そうだ。我々が守り切った」

 −−住民の中にIS支持者がいるの?

 「残念ながら支持者がたくさんいるので、ISがやってきた」

 −−住民はなぜISを支持したの?

 「4年も続く内戦で、ホムスは完全に破壊された。アサド軍に家を壊され、食料もきれいな水も不足している。そんな時にISは食料や金を配った。だから支持者が増えた」

 −−友人の兵士の中にISに参加した人はいるの?

 「たくさんいる。自由シリア軍は戦闘に参加してもボランティアだが、ISは給料を支払う。1カ月で約500ドルだ。この4年で俺は1円ももらっていない。裏切ってISへ行った仲間を責めることはできない」

 −−ISが自由シリア軍を攻め立てることで、結局、アサド軍が得をしているね。

 「そうだ。アサドとISは裏でつながっている。彼らは同じ勢力なのだ。違うのは宗教の仮面を付けているか、いないかだけだ」

 「アサド軍とイスラム国が水面下で協力し合っている」ことを証明するのは難しい。ただ、状況証拠としては、「ISが出現してから、自由シリア軍が支配地を減少させ、アサド軍が盛り返した」ことは確かだ。

 その日の夜、アブアリーと作戦会議。まずはIS側のラッカ県知事の側近とスカイプ(パソコンを使ったインターネット会話システム)でつなげてもらい、それを私が後ろから撮影する。聞き出すポイントは、2人の殺害予告動画をアップした時、ISの本音はどのあたりにあったのか? 事件直前の1月16〜20日、安倍晋三首相がエジプトやイスラエルを訪問し、「テロとの戦い」を宣言したが、あの演説を聞いたISの反応は? 要求が身代金から、ヨルダンのリシャウィ死刑囚と後藤さんの人質交換になったのはなぜなのか? 当初「ゴトーは殺したくない」と思っていたのなら、なぜ殺害してしまったのか−−?

 「何とかインターネットをつないでくれよ」「わかった。ラッカへ連絡を取ってみる」。それから数日……。アブアリーは毎日のようにラッカにメールを送り続けた。しかし、ラッカからの反応はなかった。

 16日、キリス滞在最終日のこと。アブアリーが1人の若者を連れて私のホテルにやって来た。「無理だった。ゴトーが殺されてしまったので、彼らはもう反応しなくなった」。そうか、無理だったか……。その時、意外な提案があった。「この人はISに何度も入っている。ラッカとトルコを往復しているんだ」「えっ本当? なぜそんなことが可能なの?」「彼は自由シリア軍がISに送り込んだスパイだ。ゴトーが拘束された時にラッカにいたんだ」

 その若者、オマル(仮名)がなぜラッカとトルコを往復できるのか? 彼はいわゆる二重スパイで、数種類のIDカードを持っている。なんと秘密のトンネルまで掘っているらしいISの検問所も自由シリア軍の検問所も通過できるというのだ。顔を出さない、音声は変える、を条件に、オマルはカメラの前に立ってくれた。

 −−日本人2人の殺害動画が出た時、どこにいたの?

 「ラッカにいた。私は多くの外国人人質が拘束されていて、その中に日本人がいるのを見た。殺害動画が出たのは、間違いなくアベによるエジプトでの演説が原因だ。アベの演説がIS幹部の怒りに火をつけたのだ」

 −−イスラエルで安倍首相は「日本はテロには屈しない」と演説したが。

 「あの演説は最悪だ。イスラエル国旗の前で、アベはISと戦うと言った。ラッカの司令官は激怒していた」

 −−ISは、後藤さんを交渉の切り札にしていたんだね。

 「そう、ゴトーで日本政府と交渉しようとしていた。ユカワは最初から首を切るつもりだった。しかし日本政府が身代金交渉に乗ってこなかった。アベが『ISと戦う』『テロには屈しない』などと言い続けたので、身代金から人質交換になった」

 −−日本政府が身代金を払うつもりがある、と言えばどうなっていたの?

 「交渉が続いていただろう。しかし日本政府は交渉をヨルダンに頼んだ。ヨルダンは敵だ。もっと他によい国があった」

 −−例えばトルコ?

 「トルコならゴトーの解放は成功していただろう。トルコは他の人質を解放したことがある。ヨルダンだからリシャウィとの交換になったが、トルコなら他の人質との交換になった。トルコはその交換に応じただろう」

 以上がオマルとの一問一答だ。カメラの前では言わなかったが、その後、彼は「ラッカへの空爆がものすごくて、たくさんの人々が殺されている」と証言した。ISを憎む彼にすれば、ラッカへの空爆について「IS幹部だけを殺してくれ」と願っているようだった。

 現在、シリア国内への潜入は極めて危険だ。4年にわたる内戦で人々の心がささくれ立ち、武器が氾濫している。シリア内戦を放っておいたのは国際社会だ。中東をここまでカオスにしたのは、米国がイラク戦争を始めたから。「イラクは大量破壊兵器を持っている」という間違った情報で、米国は戦争に突っ走った。その米国に追随したのが日本だ。今回の人質事件でも、米国から「身代金を支払うな」という圧力があったと聞く。政府の中に、この事件を奇貨としてISへの敵がい心をあおり、自衛隊海外派兵の世論形成につなげようという狙いがあったのではないか? 後藤さんの命が「政府の不作為」で失われたとすれば、安倍政権の責任は極めて重い。

==============
 ◇事件詳報ブックレット

 西谷さんが人質事件について書いたブックレット「後藤さんを救えなかったか−政府は何をし、何をしなかったか」(第三書館、864円)が25日に発売される。問い合わせは第三書館(電話03・3208・6668)。

ナイジェリア生徒拉致から1年/関西宮城県人会

ブログネタ
フランス語 に参加中!
150323_Sophia_Kyobashi

Un an après l'enlèvement de 276 lycéennes, Boko Haram continue de semer la terreur au Nigeria
Un an après l'enlèvement de deux cent soixante-seize lycéennes à Chibok, au Nigeria, le groupe terroriste islamiste Boko Haram a enlevé au moins deux mille femmes et fillettes dans le pays depuis le début de l'année 2014, estime Amnesty International, mardi 14 avril.
Le kidnapping du 14 avril 2014 avait suscité une intense émotion à travers le monde, notamment grace à la campagne #BringBackOurGirls. Mais s'il a été très médiatisé, c'est loin d'être le seul crime de ce type commis par Boko Haram, rappelle l'organisation de défense des droits humains.
Violées, mariées de force
Amnesty a recensé trente-huit cas d'enlèvement de masse commis par le groupe islamiste, sur la base de près de deux cents témoignages recueillis, dont vingt-huit émanant de femmes et de filles qui se sont échappées. Ces dernières confient avoir été détenues dans des conditions horribles, dans des prisons surpeuplées. Elles disent avoir été mariées de force, avoir été obligées à cuisiner, à faire le ménage… Plusieurs d'entre elles racontent avoir été violées. Les hommes et les garcons sont eux embrigadés ou assassinés.
Selon une militante des droits humains qui a rencontré quatre-vingts ex-otages, vingt-trois d'entre elles ont été violées avant leur arrivée dans les camps de Boko Haram — situés dans des endroits reculés — ou après leur mariage forcé. Une jeune femme de 19 ans enlevée en septembre 2014 témoigne :
≪ J'ai été violée plusieurs fois quand j'étais dans le camp. Parfois ils étaient cinq. Parfois trois, parfois six. Ça a continué, pendant tout le temps où j'y étais. Ça se passait toujours la nuit (...) Certains étaient d'anciens camarades de classe de mon village. Ceux qui me connaissaient avaient tendance à être encore plus violents avec moi. ≫
Formées au combat
D'autres ex-otages ont rapporté avoir été obligées d'apprendre à se servir d'armes à feu et à fabriquer des bombes artisanales. L'une d'entre elles, Aisha — qui en trois mois de captivité a été régulièrement violée et a été témoin du meurtre de plus de cinquante personnes, dont sa sœur — raconte :
≪ Ils apprenaient aux filles à tirer. Je faisais partie de celles qui étaient formées au tir. J'ai également été entraînée à utiliser des bombes et à attaquer un village. Cet entraînement a duré trois semaines après notre arrivée. Ensuite, ils ont commencé à envoyer certaines d'entre nous sur le terrain. J'ai participé à une opération dans mon propre village. ≫
Dans les camps, les femmes sont également endoctrinées pour leur imposer la version de l'islam prônée par le groupe en vue de leur mariage.
Sauvetage ≪ risqué ≫
Au sujet des lycéennes de Chibok, Amnesty cite une source militaire de haut rang, qui affirme qu'elles ont été séparées en trois ou quatre groupes et gardées dans différents camps de Boko Haram.

Certaines d'entre elles se trouveraient dans la forêt de Sambisa, dans l'Etat de Borno, d'autres autour du lac Tchad et dans la chaîne de montagnes qui sépare le Nigeria du Cameroun, d'autres encore, environ soixante-dix, auraient été emmenées au Tchad voisin. L'armée nigériane a déjà dit par le passé savoir où se trouvent les lycéennes, mais qu'une opération de sauvetage serait trop risquée.
Aucun signe de vie des otages n'a été donné depuis une vidéo diffusée en mai 2014 par Boko Haram, qui montrait une centaine de lycéennes voilées, récitant des sourates du Coran. Le chef de Boko Haram, Abubakar Shekau, a déclaré avoir converti les adolescentes qui n'étaient pas musulmanes et les avoir toutes ≪ mariées de force ≫.
Selon Amnesty, pour qui Boko Haram devrait être poursuivi pour crimes de guerre et crimes contre l'humanité, plus de quatre mille personnes ont été tuées par le groupe islamiste en 2014 et au moins quinze cents au cours du premier trimestre 2015.
フランス語
フランス語の勉強?

ナイジェリア生徒拉致から1年です.LibéでBoko Haramって見たときは何のことだろう???と思っていたのを思い出します.
Uの女の人が化粧をしたのが印象的でした.少し濃い?かも.
府立図書館で本を返した後,北新地を通って妙へ.まあまあかな.お菓子はとらやのあいちの水辺でした.帰りに長崎料理のお店を天満で見つけていろいろ調べてみました.
そのときになんと!関西宮城県人会があることを知りました.関西宮城県人会の紹介に書いています.うれしくて興奮気味です.

仮設の集約化 気仙沼市16年度から
 気仙沼市は13日、東日本大震災の被災者向け仮設住宅の集約化を2016年度に始めると発表した。小中学校の校庭や民有地、復興事業用地にある市内19団地約370戸を対象とし、最寄りの拠点団地に引っ越してもらう。最終的に現在の92団地から25の拠点団地に集約する。

 市の仮設住宅は市内と一関市に92団地約3500戸あり、3月末現在の入居率は78.1%。災害公営住宅の建設などが進み、集約に着手する16年6月末の入居率は38.0%と見込む。
 16年6月末に転居を求める仮設住宅は気仙沼中、条南中、大峠山、市総合体育館、松岩中、水梨小、松崎柳沢、階上中、面瀬中、大島中、小原木小、漁火パーク、中井小、小泉中、津谷小、天ケ沢の16団地。
 16年9月末に大谷中、同12月末に鹿折中、17年3月末に赤岩杉ノ沢を対象に、それぞれ転居を求める。
 他の団地は入居者の退去を待って閉鎖し、18年3月末までに25団地にする。19年3月には全ての仮設住宅を解消させる考え。
 市社会福祉課は「事情によって3〜6カ月ほど集約を先延ばしにすることもあり得る。入居者説明会を開いて意見を聞き、集約に理解を求めたい」と話す。


<検証 復興と合併>(3)一体感/ゼロから新町構築を
<「気質が違う」>
 コンパクトな町域は分水嶺(れい)に囲まれ、志津川湾を包み込む。
 宮城県南三陸町は志津川、歌津両地区とも主な産業が漁業と観光。長年、病院運営やごみ処理に共同で取り組んできた。以前から地理的な一体感はあった。
 合併から間もなく10年。住民感情に旧町意識はなお残る。志津川地区の男性(64)が「歌津の人とは気質が違う。できれば合併したくなかった」とつぶやけば、歌津地区の男性(67)は「役場がなくなり不便になった。合併しなければよかった」とこぼす。
 新町誕生は難産だった。歌津町議会は関連議案を一度否決し、もう一度は採決を保留。合併期日は当初の予定から半年延びた。経緯を引きずるかのように、議会では新庁舎建設問題をはじめ、合併協議への不満がいまだに蒸し返される。

<融和は道半ば>
 もやもや感は、震災復興をめぐっても見え隠れする。合併時の歌津町長だった牧野駿さん(76)は「震災後、『志津川と一緒では駄目だ』と言う人が周囲で増えた」と明かす。
 牧野さん自身は、行政サービスを維持するため、合併は財政的に不可避だったと振り返る。気仙沼市と本吉郡5町の枠組みが崩れ、2町合併を選択した。
 「自分は合併を進めた側。全ては結果論になる」と前置きした上で、牧野さんは語る。「歌津単独ならもっと早く復興が進んだのではないか。小規模自治体の方が役場の指導力を発揮しやすい」
 志津川町長だった佐藤仁町長は「合併は大きな変化。10年で完全な融和は難しい」と認めつつ、震災では合併効果も感じ取った。
 「二つの町がそれぞれ育んできた自治体、企業などとの縁が合わさって、南三陸町全体を手厚く支援してくれた」

<人口大幅減も>
 志津川、歌津両地区の中心部は津波で壊滅した。新町建設計画は、再構築を余儀なくされている。
 800人以上の住民が犠牲になった震災は人口減少にも拍車を掛けた。この10年で約5000人の減。合併時の歌津町分がほぼ消えた計算になる。さらに10年後には、合併時から半減するという試算もある。
 「旧町単位で考えるのではなく、新しい町をゼロからつくるという全体的な視点が大切。小さくともキラリと光る町を目指す」と佐藤町長。旧町にとらわれた対立を取り払い、前向きな協調こそが存続の鍵を握る。

[メモ]南三陸町は2005年10月、旧志津川町と旧歌津町が対等合併して誕生。合併時の人口は1万9042。15年3月末現在は1万4068。



<福島第1>東電、調査ロボ回収断念

 東京電力福島第1原発1号機の溶融燃料(デブリ)回収準備のため原子炉格納容器に投入されたロボットが動かなくなったトラブルで、東電は13日、ロボットの回収を断念し、接続していたケーブルを切断した。同日予定していた別の同型機による調査の延期も決めた。
 東電はロボット停止までに撮影された画像も公開した。停止までの調査では、デブリが溶け落ちたとみられる地下の調査に使う開口部周辺には、大きな障害物がないことなどは確認できた。6カ所で測定した放射線量はいずれも毎時7.4〜9.7シーベルトだった。
 ロボットは10日、格納容器1階の作業用足場「グレーチング」に投入され、予定ルートの3分の2に当たる十数メートルを進んだ後、動かなくなった。東電は12日夜、「回収は困難」と判断。13日午前、格納容器外側からロボットにつながっていたケーブルを切った。
 東電によると、落下物を避けるため走行ルートを変更した結果、ロボットが配管や段差などにはまった可能性があるという。


ナイジェリア 誘拐から1年 少女ら依然不明
ナイジェリアで200人以上の女子生徒がイスラム過激派組織に誘拐された事件から14日で1年となりますが、少女たちの行方はいまだに分からないままで、現地では、市民がデモ行進をして少女たちを早く救出するよう訴えました。
この事件は、ナイジェリア北東部を拠点とするイスラム過激派組織「ボコ・ハラム」が去年4月、地元の学校を襲い、200人以上の女子生徒を誘拐したもので、過激派組織が少女全員を奴隷として売り飛ばすと脅し、世界中に衝撃を与えました。
事件から14日で1年になりますが、ボコ・ハラムは少女たちの解放に一切応じようとせず、少女たちの行方はいまだに分からないままです。
首都アブジャでは13日、市民およそ60人が集まり、デモ行進をして少女たちを早く救出するよう訴えました。
デモの参加者は、誘拐された少女たちが過激派組織に自由を奪われ、沈黙を強いられているとして、全員、口にテープを貼って連帯感を示していました。
参加者の女性の1人は、「少女たちが今どうしているかと思うとつらくなる」と、泣きながら話していました。
少女たちの誘拐事件のあと、ボコ・ハラムによるテロや襲撃はさらに激しさを増していて、大勢の子どもたちが誘拐され、男の子は少年兵として戦わされ、女の子は強制的に結婚させられたり性的な暴行などの被害を受けたりしているとみられています。
国連は、過激派組織の襲撃を受け避難を余儀なくされている80万人もの子どもたちのために緊急の支援を呼びかけています。


フランス:極右政党内対立 娘の勝ち 父の前党首、出馬断念
 【パリ宮川裕章】フランスの極右政党「国民戦線」創設者で前党首のジャンマリ・ルペン氏(86)・ロイター=は13日、12月に予定される地域圏議会選挙への立候補を断念すると表明した。政治路線を巡り、娘のマリーヌ・ルペン党首(46)=との対立が表面化しており、マリーヌ氏がジャンマリ氏の出馬に反対していた。

 ジャンマリ氏は2010年の地域圏議会選挙で仏南部プロバンスアルプコートダジュール地域圏から出馬し当選。再選を目指し、当初は立候補の意思を示していた。だが、13日に出馬断念の声明を出し、「騒動が大きくなることで党勢を弱めるべきではないと判断した」と説明した。

 これまでジャンマリ氏が繰り返す人種差別的な発言に対し、低所得者層を基盤とする「普通の政党化」路線を目指すマリーヌ氏が懸念を表明し、地域圏議会候補者を決める17日の党内会議でジャンマリ氏立候補に反対する意向を示していた。

 ジャンマリ氏は声明で、後任候補として、孫でマリーヌ氏のめいのマリオン下院議員(25)への支持を訴えた。フランスでは国会議員が地方議員を兼務できる。ジャンマリ氏は地域圏議員のほか、名誉党首、欧州議会議員を務めており、政界引退については態度を明らかにしていない。


高浜原発:3、4号機再稼働差し止め 福井地裁、仮処分
 福井県や関西の住民ら9人が関西電力高浜原発3、4号機(同県高浜町)の再稼働差し止めを求めた仮処分の申し立てに関し、福井地裁(樋口英明裁判長)は14日、住民側の主張を認め、申し立てを認める決定を出した。仮処分の手続きで原発の運転差し止めが認められたのは初めて。関電は高浜3、4号機の再稼働を今年11月と見込んでいたが、決定の取り消し・変更や仮処分の執行停止がない限り再稼働できず、スケジュールへの影響は不可避だ。

 仮処分は、判決確定まで効力が発生しない訴訟とは異なり、決定が出た段階で効力が生じる。関電側は決定に対して地裁へ異議申し立てができ、その場合は改めて地裁で審理される。

 原発事故を防ぐための安全対策などが争点になった。住民側は、今回と同じ樋口裁判長が関電大飯原発3、4号機(福井県おおい町)運転差し止めを命じた昨年5月の福井地裁判決に触れ、「再稼働で住民の人格権が侵害される危険がある」と主張した。一方、関電は「多重防護の考えに基づく対策を講じ、安全性は確保されている」と反論。住民側が主張する「人格権が侵害される具体的危険性はない」とし、却下を求めていた。

 高浜3、4号機については、原子力規制委員会が2月12日、再稼働の前提となる原発の新規制基準に基づく「審査書」を決定。福島原発事故後に定められた新基準を九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)に続いてクリアした。先月20日には、地元の高浜町議会が再稼働に同意している。【竹内望】


仏パリが2024年の夏季五輪を招致へ
【4月14日 AFP】フランス・パリ(Paris)が、2024年夏季五輪の招致に向けて、開催都市に立候補する見通しとなった。

 パリの市議会では13日、同市が開催都市に立候補するための決議が行われ、過半数となる163人の議員が支持した。

 パリのアンヌ・イダルゴ(Anne Hidalgo)市長は、「五輪への冒険に出発した」とコメント。16日には、五輪招致に意欲的なフランスのフランソワ・オランド(Francois Hollande)大統領が、スイスのローザンヌ(Lausanne)で、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ(Thomas Bach)会長と面会することになっている。

 パリが開催都市に立候補することになれば、米国のボストン(Boston)、イタリアの(Rome)、ドイツのハンブルク(Hamburg)と、招致合戦を繰り広げることになる。

 フランスの五輪委員会は、6月までにパリの正式な立候補を決定する予定で、各都市による立候補の届け出は、9月に締め切られることになっている。(c)AFP/Stéphanie LEROUGE


悲しみの教室、今も 韓国・セウォル号沈没1年 檀園高の机に手紙や花
 【ソウル松本創一】昨年4月16日、韓国で死者・行方不明者304人を出した旅客船セウォル号沈没事故から間もなく1年。修学旅行中の生徒250人が犠牲となったソウル近郊の安山(アンサン)市檀園(ダンウォン)高2年(当時)の教室は、事故後、時間が止まったままだ。生徒一人一人の机には、花束やスナック菓子などが置かれ、黒板は「帰ってきて」「ずっと忘れない」などのメッセージで埋め尽くされている。

 檀園高は遺族らの心情に配慮し、3月の新学期開始以降も、多くの生徒が亡くなった2年(10学級)の教室をそのまま保存。父母や友人らが手紙や花を置き、涙を流す光景が今も続く。

 ある犠牲者の机には「会いたい、会いたい、会いたい。夢でも良いから出てきてくれ」という友人のメッセージが置かれていた。亡くなった日本語教師が担当していた1組の黒板には、日本語を織り交ぜ「先生、どこにいるの。帰ってきて」という言葉も。

 安山市内で10日、高校生主催の追悼集会があった。檀園高3年男子の生徒会長はマイクを握りしめ語った。「僕たちは約束する。永遠に君たちを忘れない。そして、再びこんな事故が起きないように、もっと良い社会をつくることを」


特集ワイド:イスラム国・人質事件を問う ジャーナリスト西谷文和さん報告/上
 1月に起きた過激派組織「イスラム国」(IS)による日本人の人質事件で、殺された2人は本当に救えなかったのか。イラクやトルコなどでの取材経験が豊富なジャーナリストの西谷文和さんは、3月にトルコを訪ねるなどして、事件の裏側で何が起きていたのかを探った。2回に分けてルポを寄稿してもらった。
 ◇現地通訳が見たもの 救う道失した日本政府 「仲介役、トルコでなくては」 電話での提案黙殺、外務省

 1月20日、後藤健二さん、湯川遥菜(はるな)さんの殺害予告動画がインターネットにアップされた。驚いた私は、すぐにトルコ在住のシリア難民や自由シリア軍兵士たちと接触を図った。2012〜14年、私は彼らを通訳に雇い、トルコからシリアへ潜入した。以後、メールやフェイスブックで連絡を取り合っていたのだ。

 その一人、アブアリー(仮名)は、トルコ南部のキリスに住んでいる。シリアで理学療法を学んだ彼は、現地NGO(非政府組織)が運営する診療所で、兵士たちのリハビリ指導をしている。私はアブアリーに電話をして、IS幹部と連絡を取るよう依頼した。内戦で傷ついた兵士は、国境を越えトルコ側に運び込まれる。患者はほとんど自由シリア軍兵士だが、中にはIS兵士もいた。診療所は「やって来る患者は全て治療する」という方針だ。彼は、少なくないIS兵士の信頼を得ていたのだ。

 「日本人2人を助けたい」。アブアリーは開口一番、そう答えた。彼はすぐにIS兵士にメールした。そのメールが転送され、幹部とスカイプ(インターネット電話)でつながったのだ。その幹部はラッカ県知事の側近だった。ラッカはISの首都だ。

 アブアリーが聞き出したIS幹部の本音は……。「ゴトーは殺したくない」だった。当初からIS側は、湯川さんと後藤さんを同列視していなかった。湯川さんは民間軍事会社の経営者として、実績を積むためにシリア入りし、銃を持ったまま拘束された。決定的だったのが湯川さんのホームページ。カラシニコフ銃を連射するシーンがアップされていた。ISは湯川さんを「スパイ」と規定し、英語で「WAR CRIMINAL(戦争犯罪者)」と述べた。

 一方、後藤さんはシリア内戦を止めたいというメッセージを発している。戦争で傷つく子どもたちを救いたいと行動し、数多くの著作もある。IS側はそんなことも知っていて、幹部は後藤さんを「HOSTAGE(人質)」と規定していた。

 当初の要求は「72時間以内に2億ドル(約236億円)を払わなければ2人を殺害する」だった。法外な金額で、大幅なダンピングが必要だったとは思うが、この時点で日本政府が身代金交渉に応じていれば、少なくとも後藤さんは救出できたはずだ。

 72時間が過ぎた。ISは、まず湯川さんを殺害した。この時点で、要求は身代金から、ヨルダンに捕らわれていたリシャウィ死刑囚との人質交換になった。なぜISがリシャウィ死刑囚を求めてきたのか? それは日本の対策本部がヨルダンにあったからだ。もしトルコにあったら、ISはトルコか自由シリア軍が拘束した別のIS幹部との人質交換を求めただろう。それは交換可能だったと思う。

 通訳の一人でイスタンブール在住のジャラールとは、ひっきりなしに連絡を取った。彼はシリア避難民で、シリア国内はもちろん、国外に逃げたシリア人たちにもつながっている。ジャラールにも「どうしたら解放できるか?」と質問した。ジャラールは「対策本部はトルコに置くべきだ」と主張した。なぜか?

 ヨルダンはISを空爆する側、つまり敵であり、交渉は成立しないという意見だった。一方、トルコは空爆には参加せず、米軍による国内基地の使用も認めてこなかった。トルコはシリア内戦で、アサド軍に対抗する自由シリア軍を支援してきた。兵士の一部が、その後ISに合流したので、トルコはISとのチャンネルを持っている。

 私も、どう考えてもトルコのエルドアン大統領に頼むしかないと思った。27日、外務省中東アフリカ局に緊急電話を入れて事情を説明し、私の通訳たちがイスラム国とつながっていること、彼らはトルコルートを採用すべきだと言っていること、外務省がスカイプで直接交渉もできることなどを申し上げた。しかし、電話に出た女性職員は「担当者は今、在室していません」というだけで取り次いでくれなかった。時間が迫っているので28日も何度か電話したが、一回も取り次いでさえくれなかった。私は「完璧に無視」された。

 29日朝、最後のメッセージが出された。「29日の日没までに、リシャウィ死刑囚をトルコ国境まで連れてこい。あくまで後藤との1対1の交換だ。連れてこなければ、まず(ISが捕らえていた)ヨルダン人パイロットを処刑する。そしてその後、ゴトーは処刑される」

 あと16時間しかない! 人質交換の場所はトルコ国境の町、アクチャカレ。最後の最後にやはりトルコが出てきた。だから「トルコに頼め」と言っていたのに……。時刻だけが過ぎていった。29日夜、運命の日没を迎える。アブアリーは、キリスからアクチャカレに移動して、一部始終を見てくれた。

 この時、ISは後藤さんの身柄をトルコ国境に移送していた。アクチャカレとシリア側のタルアブヤドはきわめて近く、障害物もないので互いの姿が見える。太陽が沈む。タルアブヤドの丘の上にIS兵士が現れ、両手で大きく×印を作った。「期限が過ぎたのでもう交換には応じない」という意思表示だ。そしてシリア側の国境が閉ざされた。

 2月1日、後藤さん殺害動画が公開される。救出のチャンスがありながら、安倍政権が迅速かつ合理的に動かず、むしろ「解決させない方向」へ動かしてしまったように思える。政治は結果責任である。2人を救えなかったことは、日本の外交史上まれな失態と断じざるを得ない。

==============

 ■人物略歴
 ◇にしたに・ふみかず

 吹田市職員を経てフリーのジャーナリスト。イラクやアフガンなどの戦地や難民などを取材している。2006年に「平和・協同ジャーナリスト基金」大賞受賞。「イラクの子どもを救う会」を主宰、医療支援や難民援助なども行う。大阪府吹田市在住。

Eのプリプリだめ/R2女セキがない/Mキソキソが大変

ブログネタ
フランス語 に参加中!
trou_noir_1

Hillary Clinton se lance dans la course
Elle veut entrer dans l’histoire 
en devenant la première femme à diriger les États-Unis.
C’est fait. Hillary Clinton, soixante-sept ans, a officialisé sa candidature à l’investiture pour la présidentielle de novembre 2016, et ce, après avoir échoué huit ans plus tôt, en 2008, face à Barack Obama. Elle a choisi de lancer sa campagne via la diffusion d’une vidéo sur les réseaux sociaux afin de toucher le plus grand nombre. Selon son entourage, sa campagne sera axée sur des orientations politiques privilégiant surtout l’économique. ≪ Notre but : donner à chaque famille, chaque petite entreprise et chaque Américain le moyen d’atteindre une prospérité durable en élisant Hillary Clinton la prochaine présidente des États-Unis ≫, explique le directeur de campagne, Robby Mook, dans un document interne publié par de nombreux sites.
L’annonce de cette candidature intervient dans un contexte différent qu’en 2008. Au sein de sa formation politique, il n’y a pratiquement personne en mesure de lui barrer la route à l’investiture : d’après les derniers sondages, Hillary Clinton dispose de 40 points d’avance sur ses rivaux potentiels, comme le peu charismatique vice-président, Jo Biden, ou la sénatrice du Massachusetts, qui incarne ≪ la gauche ≫ du parti, Elizabeth Warren. Les préparatifs vont bon train : l’organisation indépendante Ready for Hillary a déjà levé plus de 15 millions de dollars pour soutenir sa candidature et identifié 4 millions de sympathisants.
Mais il y a aussi un autre aspect sur lequel compte l’ex-chef du département d’État. Non seulement, elle veut être la première femme dans l’histoire des États-Unis à briguer la magistrature suprême, mais, surtout, au cas ou elle serait élue, devenir la première femme à diriger la plus grande puissance de la planète. En ce sens, si le Parti démocrate, cette machine à gagner les élections, a réussi à faire élire un président issu de la minorité noire, il n’y a pas de raison qu’il ne réussisse pas à le faire avec une candidate femme.
Pour l’heure, en attendant d’en savoir plus, outre son programme politico-économique qui se veut plus social que celui de ses rivaux républicains, Hillary Clinton compte faire prévaloir son expérience internationale, et ce, même si son bilan à la tête du département d’État est critiquable : en quatre ans, sous la présidence de Barack Obama, elle a certes beaucoup voyagé, visité 112 pays et rencontré des dizaines de chefs d’État et de gouvernement, et elle a été confrontée à des situations de crise (Libye, Syrie, Égypte), mais elle n’a pas particulièrement brillé, comme le montre le dossier palestinien.
フランス語
フランス語の勉強?
ふしぎだと思うこと. これが科学の芽です.
よく観察してたしかめ. そして考えること. これが科学の茎です.
そうして最後になぞがとける. これが科学の花です.

朝永振一郎/京都市青少年科学センター所蔵の色紙より

今日は忙しいです.先ずE.集めたプリプリはダメダメでした.去年のを見てみましたが,全然違います.バランスランチはオムレツでお昼からはR.2の女子がセキがない,というので適当に対応.図書館から数学ガールが届いたよ,というメールがあって借りにいきました.最後のMのキソキソはなかなか大変でした.


Sylvie Vartan: La Plus Belle Pour Aller Danser (1964)

4年ぶり電車キターー仙石線5月30日の全線再開へ試運転
 東日本大震災の津波被害により不通となっているJR仙石線高城町駅(松島町)―陸前小野駅(東松島市)間で13日から、全線再開に向けた電車の試運転が始まった。
        
 仙石線は津波被害の甚大な東名駅、野蒜駅とその前後の3・5キロの区間について、約500メートル内陸に移設。集団移転地として造成中の野蒜北部丘陵団地を通るルートとなり、レールの敷設や電気設備などの復旧工事が進められた。
        
 試運転初日の13日、4両編成の車両は高城町駅を午前11時前に出発。松島湾沿いの陸前大塚駅を通って、新たに建設された高架橋をのぼり高台の新しい東名駅や野蒜駅に停車した。銀色の車体に青のラインが入った205系が石巻地方を走るのは、4年1カ月ぶりだ。
      
 気動車で運行している陸前小野駅―石巻駅間でもダイヤの合間に電車の試運転が始まり、5月30日には東北線乗り入れで仙台―石巻間を従来線より短時間で結ぶ仙石東北ラインの運行も開始。来年3月には新駅「石巻あゆみ野駅」の開業も控え、全線開通は復興の弾みになると期待されている。


<その先へ>暮らしの夢取り戻す/仮設に残る仲間応援
◎陸前高田住まいの再建を考える会代表・武蔵和敏さん(陸前高田市)
 開け放った窓から潮の香りが吹き込む。「帰ってきたんだ」。頬が緩んだ。
 東日本大震災から4年が過ぎた3月15日。陸前高田市などで飲食店を経営する武蔵和敏さん(46)は、仮設住宅から市内に再建した自宅へ引っ越した。
 「部屋も風呂も広すぎて。4畳半の仮設住宅に慣れていた。短いようで、やっぱり長かったんだね」

 海に近い同市気仙町要谷地区にあった自宅を津波で流され、同地区の防災集団移転促進事業に参加した。
 制度や補助金の仕組みは分かりにくく、手続きは煩雑だった。震災前、建築関係の仕事をしていた自分がそう思うのだから、一般の人は大変だと感じた。
 「自宅再建を諦めた人が陸前高田を去ってしまう」との思いが募り、2012年11月に住民有志で「住まいの再建を考える会」を結成した。建築の専門家を招き、制度を勉強した。
 活動が呼び水となり、14年6月には市建設業協会内に住宅再建推進協議会が発足し、運営委員として参画した。設計から融資、業者紹介まで相談に応じる。
 地元業者は早い時期に建設計画を立てられるし、共同発注で資材を安く調達できる。「早く、安く建てる」枠組みが実現した。
 武蔵さんも協議会を通じ家を建てた。「資材高騰が言われているが、坪単価は震災前より少し高い程度だった。安心できる地元業者に頼め、工期も3カ月で済んだ」と利点を実感した。
 新居での生活が始まった。家族4人でテレビを見て大笑いする。仮設住宅と違い、隣近所に気兼ねする必要がなくなった。震災前に戻ったような気になる。
 そんな時、ふと仮設住宅に残る住民の顔が浮かぶ。転居前にあいさつすると「良かったね」「頑張って」と笑顔で送り出してくれた。武蔵さんは「実は心苦しかった」と振り返る。

 市内では3800棟の建物が津波で全壊した。多くの人が新たな住まいを必要としている。旧市街地に戻る人は、かさ上げが終わるまで数年待たねばならない。高齢者や経済的余裕のない人は、再建の見通しさえ立たないかもしれない。
 協議会を活用した住宅再建はまだ5件。武蔵さんは毎月1、2回、各地の仮設住宅に出向き勉強会を続ける。日常を取り戻したからこそ、役立ちたい気持ちが一層強くなった。
 「早く安く建てられる制度を使ってほしい。夢や希望を諦めず、本当の住まいを取り戻せるように」
(太楽裕克)


災害VCテント、球児の屋内練習場に再利用
 東日本大震災の発生から約4年間、宮城県南三陸町の町災害ボランティアセンター(VC)の活動拠点として使われた大型テントが12日、解体された。全国から訪れた延べ14万人以上のボランティアの受け入れ窓口が置かれ、災害支援の象徴的な存在だった。テントは今後、気仙沼市に移され、校舎が被災し練習場所の確保に苦労している気仙沼向洋高野球部の屋内練習場として再利用される。
 解体作業は同校野球部OBら約15人が9日から4日間かけて行った。VCの体制見直しでテントが撤去されることを知ったOBが町に再利用を提案し、認められた。同校生徒は市内の仮設校舎で学んでおり、野球部はプレハブ仮設住宅が並ぶ気仙沼西高のグラウンドで練習している。
 OBの畠山稔さん(62)=気仙沼市松崎=は「後輩たちには、復興支援に来てくれたボランティアの思いに感謝しながら、甲子園出場を目指してほしい」と話す。テントは畠山さんが自宅近くに整備した私設グラウンドに移設し、夏ごろから練習場として使う予定。
 世界食糧計画(WFP)から寄贈されたテントは高さ4メートル、幅12メートル、奥行き32メートルの広さ。2011年4月に町総合体育館駐車場に建てられ、ことし3月末まで支援活動を支えた。復興工事に伴い町が撤去を決めた。
 今月から、漁業支援や傾聴などのボランティアの受け付けは、町社会福祉協議会に設置されたVCが引き継いだ。町社協の猪又隆弘事務局長は「『白いテントに来てください』との決まり文句が使えず寂しいが、今後もボランティアとの出会いを大事にしていく」と話す。


調査捕鯨いきなり超大物水揚げ 石巻・鮎川港
 三陸沖のミンククジラの生態を調べる本年度の調査捕鯨で12日、1頭目が捕獲され石巻市の鮎川港に水揚げされた。
 鮎川港の南西約40キロの仙台湾で午前11時40分ごろ捕獲された。体長約8メートルの雌で体重は約4.1トン。国内の調査捕鯨では過去最大級で、成熟し子どもを産んだ可能性が高いという。
 ミンククジラは地元の捕鯨会社「鮎川捕鯨」で解体され、胃からツノナシオキアミやイサダなどが確認された。放射性物質検査を経て、石巻魚市場などで取引される。
 調査団の茂越敏弘団長は「捕獲できて安心している。今後も餌の嗜好(しこう)性や生態系への影響など複数の調査を安全に進める」と語った。
 調査捕鯨は10日に始まったが、荒天の影響で調査自体は12日が初日となった。本年度は5月19日まで51頭を上限に捕獲する。


<検証 復興と合併>(2)危機管理/地域の共助が土台に
<購入券を配布>
 気仙沼市本吉地区の山あいにある馬籠林業センターに続々と車が集まってきた。東日本大震災から2週間もたたない2011年3月23日。住民たちが笑顔で手にしたのは、携行缶に入ったガソリンだった。
 車の燃料確保が難題の一つになっていた。警察などの緊急車両が優先され、住民は長時間、ガソリンスタンドに並ぶしかなかった。
 「住民に等しく燃油を行き渡らせられないか」。本吉地区の山田地域自主防災会が動いた。
 「特別ガソリン購入券」を用意し、住民に配布。林業センターに地元のスタンドからガソリンを運び、1世帯12リットル限定で約360世帯に販売した。
 防災会の芳賀繁さん(65)は「車の油が切れたころで『娘が行方不明だけど捜索できない』といった声も聞いた。一方で、スタンドは給油待ちの車で混乱するのを恐れていた。双方の問題を解決できる方式を考えた」と説明する。

<自発的に動く>
 この方式に本吉地域総合支所が目を付けた。地区の全域で地域組織を活用し、同様の販売方法を採用。給油渋滞を招くことなく、各世帯に6〜12リットルのガソリンを提供した。
 本吉地区は旧町時代、「振興会」という地域組織が全域に設けられ、熱心にまちづくりに取り組んできた。元町職員の芳賀さんは「振興会ごとの共助が定着していたからこそ、異論や混乱もなかった。災害対応の土台になった」と強調する。
 石巻市の北上地区や雄勝地区は総合支所が被災し、幹線道路が寸断された。本所との行き来が困難な中、北上地区では内陸部の住民が自発的な炊き出しで被災者に食料を届けた。
 助かった支所職員は救援に駆け付けた自衛隊や消防関係者と連携。避難所のリーダーから要望や情報を吸い上げ、捜索や物資供給などに当たった。
 当時の支所職員は「本所の判断を仰げないため、できることは自分たちでやった。小さい規模だから迅速に動けた」と振り返る。

<「機能を分散」>
 半面、「合併していなかったら、行政機能を維持できなかった」と明かす。巨大な津波は役場だった支所を直撃。町長はじめ職員や議員も犠牲になる恐れがあった。住民の基本データが失われ、罹災(りさい)証明を出すことさえ難しい状況に陥ったと想像する。
 「危機管理の機能を分散することができた」。職員が指摘するように、災害対応で合併の功罪は交錯している。

[メ モ]気仙沼市は2006年3月に旧気仙沼市と旧唐桑町が対等合併し、09年9月に旧本吉町が編入合併。09年9月合併時の人口は7万5456。15年2月末現在は6万7561。


復興相、被災地への職員派遣は全額国負担
 東日本大震災の復興財源をめぐり、竹下亘復興相は12日、仙台市内で村井嘉浩宮城県知事や沿岸などの16市町の首長と会談し、本年度で集中復興期間が終了した後もマンパワー不足への対策に万全を期す考えを示した。被災自治体に派遣されている全国の応援職員については「打ち切れる状況になく、維持したい」と会談後、記者団に述べ、派遣費用を引き続き全額国費負担とする方針を明らかにした。
 意見交換は非公開で約1時間半行われた。竹下氏は冒頭、「基幹的事業は国が責任をもって行う」と語る一方、「原資が税金である事実もしっかりと見詰めなければならない」と全額国費負担の見直しにあらためて言及。2016年度から5年間の財源枠組みを6月までに固めると説明した。
 村井知事は会談後、「事実上の集中復興期間の延長と受け止めるが、漠然と『大丈夫だ』ではなく、地元負担を求める事業をメニュー化してほしい」と注文を付けた。
 斎藤俊夫山元町長は「地元負担について具体的な考え方が示されずに残念。ここまで走ってきて地元に負担を求められては町財政は立ち行かなくなる」と全額国費の見直しに反対した。
 土地区画整理事業などに遅れが出ている東松島市の阿部秀保市長は「被害が大きく復興に時間がかかる地域ほど負担が増すのはフェアではない」と指摘。佐藤仁南三陸町長は「地元負担の線引きが不明確。復興祈念公園整備など新たな事業の先行きに不安を覚える」と語った。


奥松島の新遊覧船が就航
奥松島の「嵯峨渓」の景観を海から楽しむことができる新しい遊覧船が12日から就航し震災のあと落ちこんでいる観光業の振興に期待が高まっています。
東松島市の第三セクター「奥松島公社」が新たに作った遊覧船は、地域の復興を願って「嵯峨みらい」と名付けられました。
12日は、出港を前に安全祈願が行われ関係者などおよそ100人が参加しました。
奥松島の遊覧船は、震災の津波で被災し、その後は残った2隻を修理して運航してきました。
今回21人乗りの「嵯峨みらい」が完成したことでこれまでの船とあわせれば大型バスの観光客も一度に受け入れられるようになり、地元では震災のあと落ちこんでいる観光業の振興に期待が高まっています。
奥松島公社の古山守夫社長は「この船で観光客を大勢呼び込みたい」と話していました。

この遊覧船は5人以上集まった時に出航し、5人以下の場合にはこれまでの船で出航するということです。


阪神:バックスクリーン3連発から30年 バブル再来の不思議な因縁
 1985年4月17日は絶対に忘れない−−。タイガースファンにはそんな人が多いのではないか。甲子園球場の阪神−巨人戦。2点を追う七回2死から阪神のクリーンアップ、ランディ・バース一塁手、掛布雅之三塁手、岡田彰布二塁手が「バックスクリーン3連発」のホームランを放った歴史的な1日だ。この年の阪神はチーム計219本塁打の驚異的な打撃力で21年ぶりのリーグ優勝、そして初の日本一を果たした。あの日から30年。くしくも17日、阪神は同じ甲子園で巨人と対戦する。時を経て、新たな伝説が生まれるか。

 30年前の4月17日は開幕4試合目、本拠地での対巨人3連戦の2試合目だった。巨人のマウンドは槙原寛己投手。8番・木戸克彦捕手の中前打と四球などで七回2死一、二塁となった。

 1発目。広島との開幕カード2連戦で5打席連続三振を喫し、まだ調子が上がっていなかったバースだが、この打席は積極的に初球を狙った。槙原の143キロの速球を振り切ると、打球はぐんぐん伸びてフェンス手前でジャンプするクロマティ中堅手の頭上を越えていった。振り返ってセンターバックスクリーンに飛び込む打球を目で追い、しゃがみ込む槙原。逆転の3ランだった。

 これがこのシーズン1号。バースのバットが目を覚ました。翌18日の毎日新聞朝刊スポーツ面には「それまでの打席はスタンスを変えたりして迷っていたが、この時の打席は、初球はストレートしかないと決めて思いきり振った。手応えは十分だ。自分がやっと起爆剤になれた」と自信を取り戻したコメントが載っている。

 2発目。4番・掛布。「久々にぴったりタイミングが合った」と速球をバックスクリーン左へ。3発目。前の2人がストレート狙いだったのに対し、変化球を待っていた岡田。スライダーをバックスクリーンにたたき込んだ。クロマティはもう守る意欲をなくしたように見えた。マウンド上でぼうぜんと立ち尽くした槙原は試合後、「バースには外すつもりで不用意な初球を投げてしまった」と悔いた。

 打った岡田が「3連発なんて初めて見た。偶然にしても考えられない」と振り返る、夢のような展開に4万5000人の観客が酔った。

 ホームランの伝説には続きがある。阪神は翌18日の巨人戦でも真弓明信外野手、バース、岡田が3本のホームランをかっ飛ばして圧勝している。バースはこの年、王貞治内野手(巨人)のシーズン最多本塁打のプロ野球記録にあと1本まで迫る54本を打った。ほかにも掛布40本、岡田35本、真弓34本と、85年の阪神は長距離打者がとにかく打ちまくり、防御率4点台とお世辞にも強力とはいえない投手陣を支えて優勝に突き進んだ。
 ◇日本一への吉兆? 85年はバブルが始まった年、なるか伝説再現

 85年は米国の要請に応じて先進国が為替市場に協調介入し、円高・ドル安の流れをつくった「プラザ合意」の年だ。貿易摩擦の解消のため日本は市場開放と内需拡大を掲げざるを得なくなっていた。合意時に1ドル=240円程度だった為替レートは87年末には1ドル=124円になり、その結果、強くなった円が海外の資産を買いあさった。また、86年から政策金利が続けざまに引き下げられたことで低金利時代が到来し、株価と地価は急上昇を始める。

 このため、阪神が21年ぶりに優勝した同年は「バブル経済が始まった年」ともいわれ、戦後の節目となる特異な年だった。

 安倍晋三政権が発足した2012年12月26日に1万230円だった日経平均株価は、日銀の「異次元の金融緩和」などから今月10日には15年ぶりの2万円の大台を回復。直近の東証1部の時価総額は約574兆円と、80年代後半のバブル期のピーク(590兆円)と並びそうな勢いだ。

 急上昇するこの株価を、「バブルの再来か」と警戒する声も出てきている。そんな先の読みにくい状況だからこそ、今年の阪神は「買い」かもしれない。17日は甲子園にバース、掛布、岡田の3氏を招いて観客と一緒に30年前を振り返る特別セレモニーも予定されているという。【荒木功/デジタル報道センター】


太陽のタマゴ:2玉30万円を20万円に下げ販売
 宮崎中央卸売市場で13日朝に2玉30万円で競り落とされた宮崎県産の高級完熟マンゴー「太陽のタマゴ」が同日午後、福岡市の百貨店「岩田屋」の店頭に並んだ。

 岩田屋は「お客様への感謝の気持ち」として、20万円に下げて売り出した。昨年も30万円で競り落とされたマンゴーを20万円で販売し、初日に贈呈用として売れたという。

 「サービス品」でも1個10万円のマンゴーを誰が買うのかと興味津々の人だかりはできたが、結局、今年の初日は売れずじまい。担当者は「見るだけタダ」と来店を呼びかけた。【末永麻裕】

旅するSAKE・蔵元祭り@阪急うめだ

ブログネタ
フランス語 に参加中!
лента3

Au Japon, le business du nettoyage des ≪morts solitaires≫
Des entreprises se sont spécialisées dans le nettoyage d’appartements de personnes mortes dans la solitude. Un phénomène tristement répandu au Japon.
On appelle cela le ≪kodokushi≫, ou les ≪morts solitaires≫. Le Japon, qui fait face à une population de plus en plus vieillissante, doit gérer de plus en plus de décès de personnes âgées vivant seules chez elles.
En 2012, le New York Times racontait qu’on en compte des milliers chaque année. ≪Il s’agit, pour la plupart, de personnes marginales, sans amis ou famille, avec quasiment pas d’argent et peu de ressources≫, trop fières pour afficher leur détresse.
≪La police a trouvé trois corps [en février 2012] dans un appartement de Saitama, dans le nord de Tokyo: un couple âgé et leur fils. Ils semblent être morts de faim. Il n’y avait pas de nourriture à coté, juste quelques bouteilles d’eau. Un chat mort. Et quelques pièces de 1 yen.≫
Des entreprises de nettoyage se sont mises en place pour s’occuper de ces appartements de kodkushi. Toru Hanai, photographe pour l’agence Reuters, a réalisé un reportage avec l’une d’entre elles.
Il évoque la découverte du corps d’un vieil homme dans sa baignoire à Tokyo. ≪La banque de l’homme décédé avait payé son loyer à temps et sa famille ne venait pas le voir, raconte Toru Hanai. La seule raison pour laquelle le corps a été découvert était l’odeur qui a dérangé les voisins du dessous.≫
Hirotsugu Masuda fait partie de ce qu’on appelle les ≪équipes de nettoyage de morts solitaires≫ et explique qu’il nettoie trois à quatre appartements comme celui-ci par semaine durant l’été, les corps se décomposant plus vite.
Une fois l’appartement nettoyé, les employés effectuent une prière et disposent des encens, des fleurs, et une photo de la personne décédée à l’endroit où elle a été retrouvée. Cette dernière sera souvent enterrée dans des tombes anonymes, leur famille les ayant souvent oubliés.
Le site Quartz explique qu’il est difficile de comprendre les raisons de ce phénomène.
≪Les chercheurs disent que le terme kodokushi est devenu courant après le tremblement de terre de Hanshin (Kobe) en 1995, quand des milliers de personnes âgées ont été relogées dans des maisons temporaires et que des cas de kodokushi ont été rapportés.≫
Mais le gouvernement japonais collecte très peu d’informations sur ce phénomène.
フランス語
フランス語の勉強?
明日へ−支えあおう−「花は咲く、こころに咲く」
震災から1年後、2012年に誕生した、東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」。 荒川静香や羽生結弦によるスケートバージョンにこめられた思いを豊富なメーキング映像を交えつつ紹介。鈴木梨央が歌うアニメバージョンで合唱をつとめた、福島県の小学生たちの今。NHKのサイトや、一般の動画投稿サイトに寄せられたさまざまな「花は咲く」が伝えるものとは。 日本を超え世界に広がる「花は咲く」をめぐる物語をお届けする。
サンドウィッチマン,鈴木梨央,羽生結弦,
西田敏行,荒川静香,
畠山智之,
生島ヒロシ

NNNドキュメント'15 浪江の米で酒を造るゾ怒声…涙…復興祝い酒
津波で酒蔵を流され再起を図る兄弟。震災後初めて浪江のコメで兄弟が醸した酒。二人はこの酒にどんな思いを込めたのか。兄弟の4年に密着した。
中里 雅子  山形放送

ガリレオX「インフラを見守る技術 構造物の長寿命化に向けて」
北陸新幹線や東京の山手トンネル全線開通といったように私たちの生活を支える新たな都市インフラが次々と建設されている。こういった都市インフラには安全対策も欠かせない。インフラの安全性と長寿命化を図るために近年では、人の手の届きにくいところにカメラを搭載したロボットを向かわせての安全確認など、様々な取組みがなされている。また構造物の長寿命化という課題に対して、ある「素材」が研究者の間で注目されている。都市インフラの「これから」を見据えて導入されつつあるテクノロジーの動向に迫る。
鵜澤潔さん 大野和則さん 木村嘉富さん 中村聡さん 山崎文敬さん

テレメンタリー 2014年度最優秀賞受賞作品 「裏切りの復興支援隊 消えた12億円の行方」

岩手県山田町で復興事業を委託された旭川市のNPO「大雪りばぁねっと。」は、おととし12月、資金枯渇を理由に従業員を全員解雇した。NPOに与えられたのは2年間で12億円もの事業費だったが、現金の流れは不透明。自ら立ち上げたリース会社を経由し、購入された備品も次々と被災地から運び出されていった。元代表らは横領容疑で逮捕され、疑惑は刑事事件に発展。取材1000日。
被災地を翻弄し続けた事件の闇を追った。
北海道テレビ放送

池上彰のJAPANプロジェクト〜世界の“命の現場”で奮闘する日本人〜
「世界の“命の現場”で奮闘する日本人」をテーマに、池上彰が特製模型や取材映像を駆使して、やさしく世界情勢を解説!また、世界中の「危ないと言われる地域」で活動する日本人とつなぎ、現地で奮闘する日本人の思いや最新情報を生放送で伝える。▼池上彰が、元CIA工作員を直撃取材!世界中を脅かす「イスラム国」。アメリカはどう出るのか?元CIA工作員が明かすアメリカの戦略や、過激派の掃討作戦に使用されているドローン(小型無人飛行機)の有効性などについて解説する。 ▼日本に近いフィリピンにも過激派組織が存在する。パックンがミンダナオ島のイスラム戦線兵士を現地取材!兵士たちに本音を聞いた!▼あなたは答えられますか?池上彰が特製世界地図で完全解説! Q.世界地図を見ると、国境線が直線で分けられている国が多いのはなぜ? Q.イスラム国の狙いとは何なのか? Q.イスラム過激派が、世界中にいるのはなぜ? Q.危ない地域で活動する人たちはどんな人?なぜ行くの?
池上彰、森本智子、相内優香
峰竜太、宮崎美子、パックン、小島瑠璃子


NHKのニュースを見ていて,阪急うめだでお酒の試飲ができることをしりました.統一地方選の投票を近くの小学校で済ませた後,梅田まで行きました.阪急百貨店なんて場所は知っているのに,中に入るのは実は久しぶりです.とりあえず9階まで行って会場を目指します.聞いたことのないお酒がたくさんです.旅するSAKEでは長野や岐阜のお酒中心でした.ちょっと物足りないと思っていたのですが,蔵元祭りはスゴイ.全国各地の酒蔵から大吟醸などが試飲できます.宮城の浦霞があったのは嬉しく,さらに気仙沼のお酒の蒼天伝もありました.でも蒼天伝は担当者が不在で試飲できず残念でした.いろいろまわってちょっといい気分.ほろ酔いという感じ.梅田スークをちょっと見て帰りました.
帰ってからはNHKのピケティの白熱教室とサイエンスZEROの動画を見ました.本を読むヒマはなかったです.残念.

三陸鉄道:ライバルは「北陸」 厳しさ続く全線復旧1年
 東日本大震災で壊滅的被害を受けた三陸鉄道(本社・岩手県宮古市、三鉄)が全線で復旧してから、6日で1年を迎えた。復旧後のブームが一段落する中、ゴールデンウイークを前に三鉄は他の地域と観光客の争奪戦を繰り広げている。【米田堅持】
 ◇強力なライバル

 三鉄は昨年、NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」との相乗効果もあって、多くの観光客でにぎわい、10月の取締役会では21年ぶりの上半期黒字も報告された。しかし、昨年末から観光客が減り始め、好調さに陰りが見えてきた。

 「北陸新幹線の開業で、観光客が東北から北陸へシフトするのではないか」

 かき入れ時のゴールデンウイークを前に、新幹線の開業にわく北陸地方という強力なライバルの出現に、三鉄の社員は危機感を募らせている。

 観光客など「定期外利用」は昨年、震災前の2010年同期比で37.6%増えたが、学生などの「定期利用」は半減している。震災の影響で沿線住民という固定客が減った三鉄にとって観光客の減少は頭の痛い問題だ。

 三鉄も4〜5日に記念列車を走らせたりイベントを行ったりして、1周年を盛り上げた。しかし、大勢の報道陣が所狭しと並んで実況した昨年までの熱狂はなく、記念列車の一部には空席もあった。
 ◇全線復旧後も難題

 三鉄の冨手淳・旅客サービス部長は「三鉄が復旧をあきらめていたら、もしかしたら岩手沿岸部に目が向かなかったかもしれない。岩手は福島や宮城よりも大都市圏から遠くアクセスも良くなく、逆に宮城まで来れば三陸に来たものと思われてしまったのではないか」と話す。

 三鉄は三陸復興のシンボルとなったが、全線復旧はゴールではなかった。

 今年2月、JR山田線の宮古−釜石間が三鉄に移管されることになり、基本合意書が正式に締結された。南北に分断された三鉄がつながれば、乗客の利便性が高まり、車両などの運用効率も向上すると見られているが、保線や人件費などのコスト増加は避けられない。三鉄は震災前よりも難しい課題を背負うことになった。
 ◇「また乗りたい」

 「一度、三鉄に乗ってみたかった。車を持っているが鉄道の旅も良い。また乗ってみたい」

 4日に全線復旧1周年を記念して運行された「全線運行再開1周年記念お座敷列車さんりくはまかぜ」の車内で、青森県八戸市在住の会社員、中坂侑花さん(20)は同行した高校時代の同級生の田村杏奈さん(20)とともに三陸の景色を見ながら車内のイベントを楽しんでいた。三鉄のイベント列車は若い女性も含め年齢や性別に関係なく楽しめる。いかに三陸まで来て乗ってもらうかが鍵を握りそうだ。

 冨手さんは「北リアス線では昨年に続き4月25日から7月26日までの土休日と8月22日から11月3日までの土休日に、お座敷列車北三陸号を運行する。南リアス線は、ゴールデンウイークにランチかスイーツを選んで楽しめるレトロ列車を運行する。JR釜石線を走るSL銀河からの乗り換えに便利な臨時のレトロ列車も運行するのでぜひ乗ってほしい」とアピールした。


<焦点>取り残される福島からの避難者
 東日本大震災の被災者向け災害公営住宅の整備が進む仙台市で、福島県から県外避難してきた被災者が仮設住宅に取り残されようとしている。公営住宅に入居するには、仙台に住民票を移す必要があるためだ。古里への絶ち難い思いに補償問題も絡み、身動きが取れずにいる。(高木大毅、氏家清志、今野忠憲)

<対象外を懸念>
 「自分たちには行き場がない」。福島第1原発事故から逃れ、仙台市若林区の仮設住宅で子ども2人と暮らす女性(38)が嘆く。
 住民票は南相馬市に置いたまま。できれば住環境の整った公営住宅に入居したかったが、申請を諦めた。
 福島県からの避難者が仙台の公営住宅に入居するには「応募の締め切り日までに仙台市に住民登録しなければならない」など幾つかの条件がある。
 「原発事故による健康被害が将来、子どもたちに出てこないか心配だ」と不安を抱える女性。「住民票を移してしまったら、福島県民が対象となる補償制度ができたときに補償対象から外されるかもしれない」と胸の内を明かした。
 仮設住宅で聞き取り調査をしている市生活再建推進室は「古里に戻りたいが、本当に戻れるのだろうかと悩み、再建方針を決めかねている人が多い」と説明。住民票を移すと東京電力からの賠償金をもらえなくなるのではないかと心配する避難者もいるという。

<狭まる選択肢>
 市の公営住宅は、2016年3月末までに3206戸を整備する。計画の6割を超える2008戸が既に完成し、仮設住宅からの転居も始まっている。
 一方、市内の仮設住宅で暮らす福島県からの避難世帯は472世帯。住民票を移して公営住宅に入居するのは21世帯にとどまる。
 市災害公営住宅の一般抽選による入居募集は既に終了。入居世帯が決まっていない119戸は、これまでの抽選で外れた高齢者世帯や低所得世帯に割り当てられる。福島県からの避難者の選択肢はさらに狭まる。
 市の震災復興計画は本年度が最終年度。仮設住宅の基本的な延長入居期限(5年)も目前に迫る。福島県からの避難者は生活再建の方向性を見いだせないまま、入居が進む公営住宅を複雑な思いで見つめている。


雨の中、手掛かり求め集中捜索 気仙沼
 東日本大震災から4年1カ月となった11日、気仙沼署は気仙沼市本吉町大谷地区の海岸で、行方不明者の集中捜索を実施した。
 署員と地元住民、全国から集まったボランティアの計50人が参加。冷たい春の雨が降る中、海岸線に堆積した石をスコップなどでかき分けながら手掛かりを捜した。捜索の結果、人骨とみられる長さ5〜15センチの骨3本が見つかった。
 ボランティアで参加した埼玉県羽生市の会社員梶谷誠さん(46)は「ボランティアを受け入れる自治体が減っているので、活動の場があることがうれしい。できる時に、できることを続けたい」と熱心に熊手を動かした。
 震災の行方不明者は市内で221人に上る。大谷地区では21人の行方が分かっていない。気仙沼署の佐藤勝也警備課長は「本年度も月命日の捜索を続け、一人でも多くの手掛かりを家族の元に返したい」と語った。


震災行方不明者を捜索
 東日本大震災から4年1か月となった11日、気仙沼市本吉町の海岸で、気仙沼署員や県内外のボランティア計62人が行方不明者の捜索を行った。

 小雨が降るなか、スコップなどを使って骨片や遺品を捜した。約4時間にわたる捜索で人骨のようなものが3本見つかった。

 捜索に初めてボランティアとして加わったという市内の鈴木岩太郎さん(76)は元漁師で、多くの仲間を震災で亡くしたという。「4年たってようやく気持ちが落ち着き、参加した。一人でも多く見つかってほしい」と話した。

 県警によると、震災の行方不明者は11日現在、県内で1244人、市内では221人となっている。


<検証 復興と合併>(1)距離感/届かない声遠い行政
 「平成の大合併」で広域自治体に生まれ変わった石巻、気仙沼、東松島各市と宮城県南三陸町は東日本大震災で大きな被害を受けた。震災から4年が過ぎ、復興の進展は地域によって差が生じている。「足腰の強い自治体づくり」を掲げた合併は復興にどう影響しているか。3市1町の現状を見た。(報道部・中島剛、丹野綾子、気仙沼総局・高橋鉄男)=5回続き

<防潮堤に不満>
 かつて漁業で活気づいた面影は、今はない。
 石巻市雄勝地区は震災で中心部も浜も壊滅状態となった。約4300人いた住民の多くが地区外に移るなどして、残るのは1000人に満たないと言われる。
 「人口が減っても魅力ある地域をつくれば、人は来る。雄勝の魅力は海なのに、市や県の計画では景観や環境が損なわれる」
 特産の硯(すずり)を生かした地域の再生と活性化を目指す雄勝硯生産販売協同組合の高橋頼雄さん(47)は、不満を隠さない。
 雄勝硯伝統産業会館などの観光・商業施設や公共施設を集約する市の雄勝中心部復興計画に合わせ、県は高さ9.7メートルの防潮堤建設を計画している。
 防災集団移転の宅地や県道は、高さ20メートルの高台に整備される。高橋さんら一部の住民は「人が住まない場所に高い防潮堤は必要ない」と訴えてきた。

<調整多すぎる>
 3月1日にあった住民説明会。市は人命や幹線道路の安全確保という観点から見直しを否定した。住民の間には「防潮堤の議論をしていては復興が遅れる。事業を早く進めてほしい」という声もある。
 合併で雄勝地区には雄勝総合支所が置かれた。高橋さんは「どういう地域をつくるかは住民が決めるべきだ。支所は住民ではなく本所を、本所は県や国の顔色をうかがい、住民の声が届かない」と憤る。
 支所の担当者は「防潮堤事業を進めて住宅再建も急ぎ、にぎわいの拠点をつくりたい」と理解を求めながら、戸惑いも漏らす。「本所と調整が必要なことが多すぎる。復興の足かせになっている」

<宙に浮く計画>
 気仙沼市本吉地区も旧市との距離感に悩む。2月に開かれた地域協議会では、旧本吉町の地域でまとめた復興計画の進み具合がやり玉に挙がった。
 防災・減災のための道路補修など541件の要望はほとんど実現していない。半数以上は行政が検討すらしていない。「計画が実現できるかどうか説明してほしい」。出席者からは、やるせない声が上がった。
 合併した3市町で、地域版復興計画を作ったのは本吉地区だけ。旧市地域でさまざまな事業が進む中、「存在感」を示した。
 高橋博明本吉地域自治区長(65)は「計画は財源を考えずに理想を盛り込んだ。現時点で復興事業から外れたものが進まないのは、やむを得ない側面もある」と語る。
 それでも協議会の出席者は「住民の意見を受け止める雰囲気がない。行政が遠くなった」と嘆き、宙に浮いた復興計画に合併のデメリットを感じている。

【メモ】 石巻市は2005年4月、旧石巻市と河北、雄勝、河南、桃生、北上、牡鹿の旧6町が対等合併して誕生。合併時の人口は16万8839。15年2月末現在は14万9561。


復興予算“全額 国が負担を”
村井知事や被災した自治体の市長や町長が、12日、竹下復興大臣と会談し、今年度までの集中復興期間が終わったあとも、復興予算の全額を国が負担するよう求めました。
村井知事と被災した沿岸15の自治体の市長と町長らは、12日、仙台市内で、竹下復興大臣と会談しました。
この中で、竹下大臣は「復興予算をすべて、国が負担するという方式が、いいのだろうかという思いを投げかけてきた。復興に必要な基幹的な事業は、引き続き全て国費で対応するが、地方負担を求めるという事業は、今後、議論させて欲しい」と述べ、集中復興期間が今年度末で終わったあとは、被災地の自治体にも復興予算の一部の負担を求める考えを改めて示しました。
これに対し村井知事は「自治体だけでなく被災者にも不安が広がっている」と述べ、集中復興期間が終わったあとも復興予算の全額を国が負担するよう求めました。
市長や町長からも同様の意見が相次いだということです。
会談の後村井知事は、記者団に対し「一部地方負担について同意したわけではないが、国から具体的にどの予算を地方負担にするか示されれば相当突っ込んだ議論をしていかなければならない」と述べました。


医学部新設/復興の使命、忘れていないか
 震災の聞き語りがつづられる中で、病院や介護施設の悲惨な場面には心を締め付けられる。大津波から逃げずに患者を守る医師や看護師らスタッフ。多くの命が失われ、医療資源が根こそぎ流された。
 37年ぶりに新しい医大をつくろう−。宮城県などが声を上げて数年。仙台市の東北薬科大は先月、文部科学省に設置認可を申請した。8月にも認められる見通しで来年4月の開学に近づいた。
 しかし、新設に対し、協力と連携を求められた東北の他の大学は冷淡で、医師会なども反対姿勢を崩していない。
 「教員採用で現場医師が地域から引き抜かれ、志望する学生も奪われる」と、いつもの懸念からだが、何のために新設するのか、いま一度、原点に立ち戻ってみたい。
 古い体質を残す既存の医大とは、おさらば。復興を担う人材を育て、東北全体の医師不足を補う新しい知の拠点づくりだったはずだ。
 薬科大の構想も準備不足ではあるが、全てを負わせるのは荷が重いというものだ。目先の利害より大きな視野に立ち、オール東北で理念の実現へ力を合わせてほしい。
 文科省の構想審査会は受け皿を薬科大とするに当たり、地元機関でつくる「教育運営協議会」の設置を求め、計6回の話し合いを重ねた。
 他の大学や宮城以外の5県代表からは「本当に卒業生が残るのか。首都圏に出て行くのでは」という地元定着の実効性への疑問や、「仙台に集中する」との声が出された。
 薬科大は、地域医療ネットワーク病院を決めてその協力の下、滞在型の教育を行う考えを示した。「仙台一極集中」については、各県と地元医学部との連携により、広く東北の情勢を反映した配置を行うとしている。
 学生に修学資金を出して地元に勤務させる制度は、宮城県内に偏って誘導していると批判が出たため、5県にも配慮するよう仕組みの修正を余儀なくされた。
 制度設計の甘さは否めず、不協和音が収まらないうちに時間切れとなった感がある。将来のありようを探るはずの運営協が、細かな議論に終始したのは大きな課題だ。
 あと1年で不安をなくすのは並大抵でなく、ハードルを一つずつ越えていかなければならないだろう。だが、せっかく東北に1校増えるチャンスである。どこにでもある医大ではなく、人に優しく、地域とともに生きる心豊かな人間教育が望ましい。
 パソコンばかり見て患者の方を向かない、専門分野にこだわり他の診療科へたらい回しするというのでは、新設する意味はない。
 軽い疾患から幅広く診察する「総合医」のような存在になれば、特定の診療科になり手が集中する偏在の解消にもつながろう。
 薬科大は薬学に特化してきた。ある大学教授は「臨床と組み合わせ、創薬などの新しい研究領域を開くことができる。東北以外から有能な指導者が集まり、教員引き抜きの心配も薄れる」と注目する。
 住民に愛され、郷土に根付く。いまは生みの苦しみでも東北全体で育て見守りたい。


仏大統領:大使に同性愛者任命 対応苦慮するバチカン
 【ローマ福島良典】フランスのオランド大統領が駐バチカン(ローマ法王庁)大使に任命した同性愛者の仏外交官に対し、バチカンが同意を与えず、物議を醸している。最終的な不受理が決まったわけではないが、キリスト教カトリックにとって同性愛者の処遇は敏感な問題だけに、バチカンとしても対応に苦慮しているようだ。

 大使を派遣する際には事前に駐在国から「アグレマン」と呼ばれる同意を得る必要がある。バチカンの場合、同意に必要な期間は通常3〜4週間。だが、仏外務省のローラン・ステファニーニ儀典長(54)は1月5日の閣議で駐バチカン大使に任命されたが、3カ月以上が経過してもバチカンから同意の通知が届いていないという。

 同意の遅れを仏週刊紙カナール・アンシェネや仏紙ルモンドが報じ、仏テレビ・新聞が一斉に後追いした。バチカンは事実関係の確認を求める報道陣に対して「ノーコメント」の姿勢を取っている。仏カトリック紙ラクロワによると、オランド大統領は「最良の外交官の一人」として任命撤回には応じない構えを見せている。

 ステファニーニ氏はカトリック信徒。フランシスコ・ローマ法王は一昨年3月の就任以来、同性愛者に融和的な姿勢を示している。だが、イタリア紙スタンパによると、同性愛者や再婚者らは、男女の結婚を神聖視するカトリックの教義に反するとして駐バチカン大使に就任できないのが通例という。

 同性愛を「自然に反する不道徳」とみなすカトリックの総本山・バチカンに対し、フランスは同性婚を合法化、事実婚のカップルに正式婚とほぼ同等の権利を認めている。大使任命を巡る対立には双方の文化の違いが横たわっている。


翁長知事、辺野古反対をアメリカに直訴へ
 翁長雄志知事が、5月17日に沖縄セルラースタジアム那覇で開かれる県民大会に出席し、直後に訪米して普天間飛行場の辺野古移設に反対する考えを直訴する方向で調整していることが11日、分かった。県は米政府機関と会談日程の調整を進めており、米側の対応次第では大会翌日の18日にも訪米する可能性がある。複数の関係者が明らかにした。(吉田央)

 5・17県民大会は、新基地建設に反対する県選出の野党国会議員や県議会与党会派らでつくる「止めよう辺野古新基地建設実行委員会」と、有識者や議員、市民団体メンバーなどでつくる「沖縄建白書を実現し未来を拓(ひら)く島ぐるみ会議」が共催する方向で、翁長県政発足後、最大動員となる数万人規模の開催を目指している。

 翁長知事は5・17大会が大規模であることなどを重視して出席する意欲を示しており、与党県議らにも意向を伝えている。会場で示された民意や大会で承認される決議文なども、訪米で米政府に訴える要素の一つとなる。

 県は訪米に向け、平安山英雄ワシントン駐在員を中心に米国務省、国防総省、ホワイトハウスなどと日程調整を続けている。

 知事の具体的な訪米日時は、米側との会談日程や会談相手の調整が済み次第、確定する。


天皇のパラオ「慰霊」の旅⇒責任隠蔽儀礼を許すな! 4.12集会――殺し殺されるということ
[日 時] 2015年4月12日(日) 14:15開場
[会 場] 韓国YMCA 302会議室(JR水道橋駅6分/地下鉄神保町駅7分)
[資料代] 500円
[講 師] 彦坂諦さん(文学者/近著『文学をとおして戦争と人間を考える』)

■今年4月8〜9日、天皇・皇后はパラオ共和国を公式訪問し、太平洋戦争の激戦地となったペリリュー島を訪れる。多くの日本兵・米兵が戦争で殺しあった島だ。
■その目的は戦争で死んだ日本(皇軍)兵士の「慰霊」。そこでは、誰が起こした何のための戦争であったかは問われることはない。また、1万人を超える兵士の具体的な死に様が思い起こされることもない。逆に、天皇制の戦争責任と個々の兵士の具体的な死の実相を隠蔽するための「慰霊」なのだ。
■敗戦から70年。天皇による「慰霊」という政治が隠そうとする戦争責任と戦場における殺戮と死の実態を、兵士の視点から考える――そういう集会にしたい。ぜひご参加を!

[共催]
●敗戦70年:象徴天皇制の70年を撃つ 4.29反「昭和の日」行動
  【呼びかけ団体】アジア連帯講座/研究所テオリア/立川自衛隊監視テント村/反天皇制運動連絡会/「日の丸・君が代」強制反対の意思表示の会/靖国・天皇制問題情報センター/連帯社/労働運動活動評議会

東日本大震災から4年1ヶ月/疲れがたまっているかも

ブログネタ
フランス語 に参加中!
150405_Hankyu_kawaramachi

Près de 150 dauphins s'échouent sur une plage au Japon
Les sauveteurs tentent désespérément de sauver les rares rescapés des 149 dauphins échoués sur la plage de Hokota, au centre du Japon.
Les secours tentent désespérément de venir en aide aux derniers rescapés, parmi les quelque 149 dauphins qui se sont échoués sur cette plage de Hokota, au centre du Japon. La plupart sont morts, et les survivants sont dans un état de grande faiblesse. Les gardes-côtes, aidés des associations, s'activent pour amener les mammifères marins au large et les relacher en mer. Il s'agit de pseudorques et de dauphins d'Électre, qui mesurent deux à trois mètres de long. Ce genre d'accident a déjà eu lieu au cours de ces quinze dernières années, mais l'ampleur de celui-ci est malheureusement inédite.
フランス語
フランス語の勉強?

ETV特集「“グローバル人材”を育成せよ〜京都大学・改革への挑戦〜」
創設されたのは5年一貫の大学院「総合生存学館」(通称「思修館」)。研究の視野を広げるカリキュラムは独特だ。医学・経済学・人文学など8つの分野を学び、実践教育として福祉施設での研修や発展途上国でのボランティア活動も行う。教員は各分野から集められ、さまざまな大学・学部から集まった学生たちが全寮制で学ぶ。だが、グローバルリーダーという前例のない到達目標に、教員・学生とも悪戦苦闘。手探り状態が続いている。
浅野和之

フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿「“不死の細胞”狂想曲事件」
私たちの世界を変え、暮らしを豊かにしてきた偉大な科学の歴史。光り輝く表舞台から消えた闇の事件にスポットを当てる。今回のテーマは世界が興奮した「不死の細胞」の誕生。1912年、一つの医学論文が世界を驚かせた。永遠に生き続ける「不死の細胞」の培養に成功したというのだ。論文を書いたのは「神の手」を持つと讃えられ、ノーベル賞を受賞した天才外科医。ところが…?ナビゲーターは吉川晃司。
吉川晃司,
島崎和歌子,篠原ともえ,仲野徹,谷口英樹,
武内陶子


東日本大震災から4年1ヶ月になります.昨日は気持ちが少し沈んだ時もあったけど,今日は大丈夫.でもなんだか疲れがたまっているような気がします.

東日本大震災:亡き娘の魂と共に 「いい街だって言ってもらいたい」 津波被害の宮城・東松島、住宅再建する夫婦
 東日本大震災後、集団移転の街づくりが進められている宮城県東松島市の「あおい地区」で今月下旬、初めての宅地引き渡しが行われる。同市大曲浜の自宅が津波で流され、長女ミキさん(当時28歳)を失った相沢美津枝さん(57)と夫の良章さん(58)は、ここに小さな家を建てて移り住む予定だ。【伊藤直孝】

 明るい茶髪に、笑顔のVサイン。相沢さん夫妻が現在暮らす同県美里町のみなし仮設住宅には、ミキさんの写真約30枚がコルクボードに貼られて並ぶ。ミキさんが講師を務めていたパソコン教室に残されていたり、がれきの中から見つけ出したりした写真という。「少しでも娘が生きた証しを残したいと思ってね」。美津枝さんは、寂しそうにほほ笑んだ。

 「行ってきまーす」「行ってらっしゃい。夕方、(飼い犬の)ロックの散歩をよろしくね」。美津枝さんは3月11日の朝、そう言ってミキさんを自宅から職場に送り出した。この日、夫婦共働きの良章さんと美津枝さんは仕事で内陸部へ。震災が発生した午後2時46分、海から約100メートルの自宅に、誰もいないはずだった。

 午後3時過ぎ、良章さんはミキさんと携帯電話で話した。「いま家にいる」。良章さんは「津波が来る。すぐ逃げろ」とせかした。10日後の3月21日、遺体が見つかった。この日はミキさんの29回目の誕生日。家族でカラオケに行く約束をしていた。

 「ロックが気になったのかもしれない」。良章さんは振り返る。ロックは行方不明のままだ。2人姉妹の長女だったミキさん。社会人になってからも自宅から仕事に通い、妹が先に嫁ぐと「この家にずっといるよ」と話してくれた。

 自宅のあった場所は災害危険区域に指定され、戻ることができない。しかし、少しでも近くにと、大曲浜の住民が多く移り住む内陸約3キロのあおい地区を選んだ。住民主導で集団移転のまちづくり計画が進み、2016年度までに約1800人の新しい街ができる。良章さんは入居予定者で作る住民組織の役員を務め、200回を超す会議に夫婦で可能な限り参加した。

 今月21日に宅地の引き渡しを受け、25日に自宅を着工。8月に完成予定だ。「ふるさとはなくなったけど、浜が大好きだったミキに『いい街だね』と言ってもらいたい」と美津枝さん。新居にはミキさんが大好きだったディズニーキャラクターの絵を飾るつもりだ。


震災4年1カ月で不明者集中捜索 被災3県沿岸部
 東日本大震災の発生から4年1カ月となった11日、津波に襲われた岩手、宮城、福島3県の沿岸部で、各県警が行方不明者を集中捜索した。

 宮城県気仙沼市本吉町の海岸では、気仙沼署員とボランティアの計約60人がスコップや熊手を使い、帰らぬ人の持ち物や衣類が漂着物に含まれていないかを調べた。

 気仙沼の捜索に10回近く来ている東京都の会社員、曽根久美子さん(43)は「ボランティアの数が急激に減っていると感じる。まだ家族が見つかっていない人のために今後も続けたい」と話した。

 福島県いわき市の岩間海岸には、高知、大分、宮崎県警から6日着任した復興支援の特別出向者計6人を含むいわき南署員15人が赴いた。大分県警から来た古庄佑巡査部長(32)は「4年という歳月にとらわれず、不明者の手掛かりや犠牲者の遺品を見つけたい」と語った。


東日本大震災から4年1か月
東日本大震災の発生から4年1か月となる11日、各地で犠牲者に祈りが捧げられています。
石巻市の高台にある日和山公園からは、東日本大震災の津波で大きな被害を受けた地域を見渡すことができます。雨が降るなか、午前中から近くの住民などが訪れ、海の方を眺めたりしていました。
津波で自宅を流され、兄を亡くした60代の女性は、「毎月11日がくると、あの日のことを思い出します。あの日の出来事は、生きているかぎりは、一生忘れないと思います」と話していました。
また、今も石巻市内の仮設住宅に住む60代の男性は、「仮設住宅では天井から水が落ちてきたり、隣人に気を遣って、そうっと歩いたり、毎日がそういう生活です。
もう感情がなくなってきて、投げやりになってきてるのが正直な感想です」と話していました。
名取市閖上地区では東日本大震災の津波で700人以上の住民が犠牲となりました。
地区に建てられた慰霊碑には雨のなか、午前中から遺族などが訪れて祈りを捧げる姿が見られました。
当時35歳だった息子を津波で亡くした64歳の男性も妻と訪れて、静かに手を合わせていました。
男性は「あれから4年がすぎましたが、世間が震災を忘れても自分たち夫婦だけは決して忘れないよという気持ちを伝えました。これからも毎月、来ると思います」と話していました。
閖上地区では去年10月から新たな街を再建する大規模な工事が始まっています。
今年度は地盤のかさ上げ工事が本格的に進められる計画で、慰霊碑の周辺では、土砂を運ぶ大型トラックなどが行き来していました。


死者不明者は1万700人余
東日本大震災の発生から11日で4年1か月です。警察がこれまでに確認した死者と行方不明者は、1万8470人で、このうち、宮城県の死者と行方不明者はおよそ6割の1万700人あまりとなっています。
警察庁によりますと、警察によって死亡が確認された人は▽宮城県が9539人、▽岩手県が4673人、▽福島県が1612人などあわせて1万5891人で死亡した人の99%は身元が確認されましたが、依然として83人の身元がわかっていません。
また、警察に届け出があった行方不明者は、▽宮城県が1244人、▽岩手県が1129人、▽福島県が202人などあわせて2579人となっています。
宮城県の死者と行方不明者は1万783人で全体のおよそ6割となっています。
一方、復興庁によりますと、避難生活による体調の悪化などで亡くなったいわゆる「震災関連死」は、去年9月末現在で、▽福島県で1793人、▽宮城県で900人、▽岩手県で446人など少なくともあわせて3194人となっています。
これで、東日本大震災による死者と行方不明者は、「震災関連死」を含めて少なくとも2万1000人を超えています。


被災3県小中学校194校減少
東日本大震災の発生から4年1か月がたちましたが、岩手、宮城、福島の被災地では過疎化や少子化に加えて震災による人口流出で子どもの数が減少しています。
このため学校の統廃合が進み、震災のあと、小学校と中学校は194校が無くなったことがわかりました。
NHKが被害の大きかった岩手、宮城、福島の教育委員会に取材したところ、震災前の平成22年度で小学校と中学校の数は3県あわせて1986校でした。
しかし、震災前から進んでいた過疎化や少子化に加えて震災と原発事故による人口流出が追い打ちをかける形で子どもの数が急激に減少しています。
文部科学省によりますと小中学生の数は震災前の平成22年度と震災から3年がたった平成26年度を比較すると全国平均では4.2%減少していますが、岩手県で8.5%、宮城県で4.5%、福島県では14.1%といずれも平均を上回る減少率となっていました。
このため、被災地では学校の統廃合が進み、震災から4年たったことし4月の時点の小中学校の数はあわせて1792校と、震災後に全体のほぼ1割にあたる194の学校が無くなったことがわかりました。
県別では岩手県が73校減って508校、宮城県は66校減って598校、福島県は55校減って686校となっています。
地域によっては災害公営住宅への転居や高台への集団移転などが本格化し今後、子どもの数がさらに少なくなることも懸念されています。


「奇跡の一本松」の絵本出版へ
「もののけ姫」など日本を代表するアニメーション映画の美術監督を務めた背景画家の山本二三さんが、陸前高田市で津波に流されずに残った「奇跡の一本松」を題材にした絵本を制作し、5月出版することになりました。
山本二三さんは、「もののけ姫」や「火垂るの墓」、それに「天空の城ラピュタ」などのアニメーション映画の美術監督として、背景画を手がけてきました。
画家として震災を後世に伝え、被災地を支援しようと、津波に流されずに残った陸前高田市の「奇跡の一本松」を題材にした絵本の制作を去年から進めています。
絵本は、一本松に見立てた主人公の少女が、津波で家族や友だちを失ったあと孤独の中から生きることの意味や大切さを見いだしていく物語で、芥川賞作家の新井満さんが文章を担当しています。
山本さんは、アニメーション映画の制作で長年培った技法を使って津波のシーンなどを丁寧に仕上げたほか、現地で被災した人たちへの取材を重ね、被災前の町並みや松林の様子を忠実に再現しています。
山本さんは、「絵本を通じて子どもたちに、命を大事にして次の世代にたくしていく意味を伝えていきたい」と話しています。
絵本「希望の木」は、5月、出版され、売り上げの一部は、被災地の復興支援のため寄付されます。


月命日の行方不明者集中捜索
東日本大震災から4年1か月の11日、警察は行方不明者の集中捜索を行っています。
県警察本部は東日本大震災の月命日にあたる、毎月11日の前後に行方不明者の集中捜索をしていて、震災から4年1か月の11日は宮古市と大船渡市で捜索が行われています。
このうち94人の行方が分からなくなっている宮古市では、重茂半島の海岸に警察官27人が集まりました。
はじめに、全員で海に向かって黙とうをしました。
この場所は1年前にも捜索をしましたが、その後、海からの漂着物が増えたため改めて捜索を行うことにしたということです。
警察官たちは木の棒の先端に鉄のカギがついた「とびぐち」と呼ばれる道具で、流れ着いた木の枝や石をかき分けながら行方不明者の手がかりになるものがないか探していました。
県内では震災から4年あまり経った今も、1129人の行方が分かっていません。
4月、広島県警察本部から宮古警察署に出向してきた石村淳志巡査長は(28)は、「今なお1000人以上が行方不明だと聞いたので、一人でも多くの方を見つけられるように、全力で捜索にあたります」と話していました。


月命日で避難区域の墓参り
月命日の11日、原発事故の避難区域に指定されている浪江町では津波で墓石が流されたままの墓地で手を合わせる人がみられました。
原発事故の避難区域には共同墓地が少なくとも460か所あり、津波で壊れたままになっていたり放射線量が高くて立ち入りが制限され、自由に墓参りができなかったりする墓地も少なくありません。
月命日の11日も浪江町の沿岸部にある共同墓地には避難先から住民が墓参りに訪れ、津波で墓石が流されて土台だけになったままの墓に花を手向けたり手を合わせたりしていました。
このため浪江町では安心して墓参りをしたいという住民の声を受けて、このほど町内の高台に避難区域で初めて、共同墓地を復旧しました。
完成した共同墓地は400区画あり、すでに多くの希望者が申し込んでいるということで、今月下旬から墓の移設作業が始まる見通しです。
また、大熊町や双葉町も立ち入りが厳しく制限されている帰還困難区域にある共同墓地を区域の外に移転して復旧させることを検討しています。


震災4年1か月 気仙沼で不明者の捜索
東日本大震災の発生から4年1か月となった11日、宮城県気仙沼市の海岸では今年度初めてとなる行方不明者の捜索が行われました。
捜索は気仙沼市本吉町大谷地区の海岸で行われました。警察官や全国から集まったボランティア、それに地元の人などおよそ50人が参加し、はじめに、震災の犠牲者を悼んで海に向かって黙とうをささげました。そして、熊手やスコップなどを使って、海岸線に打ち上げられた漂着物などをかき分けながら、行方が分からない人の手がかりがないか、探していました。
警察庁によりますと、震災での宮城県内の行方不明者は1244人となっていて、気仙沼市では今も221人の行方が分かっていません。気仙沼警察署の佐藤勝也警備課長は「1人でも多くの人を家族の元にお返しできるよう捜索を続けていきたい」と話していました。
愛知県から訪れた40代の男性は「愛知県にいると月命日といっても何も変わらない生活になってしまっているが、地元の人にとっては大切な日だと思うので、月命日だけでも協力させていただきたい」と話していました。親戚4人の行方が分かっていないという気仙沼市の熊谷敬三さん(71)は「全国の人に協力してもらっているのに地元の私たちが何もしないわけにはいきません。何か手がかりを見つけたいです」と話していました。


高野山で災害犠牲者追悼法要
東日本大震災の発生から4年1か月となった11日、和歌山県の高野山では、災害で犠牲になった人たちを追悼する法要が営まれました。
この法要は、弘法大師、空海が高野山を開いて1200年を迎えた記念行事の一環として、金剛峯寺が開きました。
11日は、高野山の修行の中心、壇上伽藍の金堂に僧侶や一般の参拝者およそ300人が集まり、災害で犠牲になった人たちを追悼しました。
法要には、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県南三陸町の人たちも招かれ、僧侶がお経を読み上げる中、静かに手を合わせて祈りをささげていました。
金沢市から訪れた女性は、「災害で亡くなった人たちをしのぶとともに、残された家族にがんばってほしいと思いながら祈りました」と話していました。


【想う 5年目の被災地】 4月 劇団「もしょこむ」代表・小笠原景子さん(31)
 ■自分たちの気持ち、劇で伝える

 「忘れよう、前へ進めるように」「忘れない、自分たちがここに生まれてきたその根本になるものだけは」

 岩手県釜石市の仮設団地にある空き店舗の中。舞台とも呼べないような仮設住宅の内部を模した一角に、数十人が引き込まれた。市内の有志がつくった劇団「もしょこむ」が3月29日に立ち上げ公演を開いた。

 演目は、同県久慈市の劇作家、こむろこうじさんが脚本を書いた「平行螺旋(らせん)−へいこうスパイラル−」。仮設住宅で暮らす姉妹の4年間を描いた作品だ。

 「こんなに頑張っているのに『頑張ろう』なんて」「いいことと思ってやってるんだから許してあげようよ」

 登場人物は2人だけ。震災で両親を亡くした姉妹が、時に声を張り上げてけんかをし、時に笑い合って過ごす日々を通じて、立ち上がろうとする気持ちやくじけそうになる本音を細かく描写した。生活のために必死で働く姿、支援という善意に感謝しつつも、時としてそれを重荷に感じてしまう自己嫌悪など、複雑な感情が錯綜(さくそう)する。

 「ズキンときて。毎日がこの通りなんです。本当の意味での、人としての復興はまだまだなんです」

 観劇した釜石市内の仮設住宅に住む女性(72)はこう言って涙を流した。

 劇団の代表は、同市の会社員、小笠原景子さん(31)。昨年10月に開かれた市民でつくる劇「釜石市民劇場」の後に有志8人で立ち上げた。「もしょこむ」という劇団名は、8人のイニシャルを組み合わせて名付けた。

 2月にメンバーの初顔合わせ、約1カ月半の強行日程の中で練習を重ねた。

 「これをやっちゃうのか」

 台本を初めて見たときの正直な感想だった。しかし、こうも思ったという。

 「被災地の劇団としては避けて通れないテーマ」

 小笠原さんも、住んでいたマンションは浸水域にあり、部屋まで津波は来なかったが、停電などの被害を経験した。

 劇では、過疎化するまちの復興の難しさや長期化する仮設暮らしの問題も描かれている。なかなか仕事が続かない妹は「このまちが好きで残りたくても、店舗も大きな会社もない。ここで仕事をして暮らしていくことは難しい」と嘆く。抜けた床板でけがをした姉は「2年の仮設に4年もいるんだもん」と諦め気味に受け入れる。

 公演には、達増拓也知事が休暇を利用して訪れた。「行政とは違った復興の本質が迫ってきた」という。復興行政のトップにも、劇に込められたメッセージは伝わったようだ。

 「どんな小さな場所でも演劇はできる。自分たちの気持ちを伝える被災地の劇団がもっとできてもいい」

 小笠原さんはそう呼びかけている。(高木克聡)

                   ◇

【プロフィル】小笠原景子

 おがさわら・けいこ 昭和59年、岩手県釜石市生まれ。中学卒業後、市外の高校に入学したが、20歳を機に帰郷。釜石市民でつくる市民劇団に3回参加したことをきっかけに、もっと演劇を身近に感じてもらおうと劇団を立ち上げた。1児の母。

計算がわからなくて悩む/白熱教室

ブログネタ
フランス語 に参加中!
bandă3

Japon: Godzilla nommé ambassadeur du tourisme d’un quartier de Tokyo
Au cinéma, Godzilla a plutôt tendance à détruire les villes, ou, plus exactement, tout ce qui se trouve sur son passage. Le célèbre arrondissement de Shinjuku à Tokyo, lui-même ravagé par le monstre dans trois films différents, a pourtant décidé d’en faire un ambassadeur du tourisme.
≪Godzilla est la fierté du Japon≫, estime le maire de Shinjuku, Kenichi Yoshizumi, ajoutant que tout lieu détruit par la bête au cinéma prospère dans la vraie vie. Les studios Toho, propriétaires de la licence, ne pensent pas autrement, et viennent d’inaugurer une statue géante de la tête de la créature, culminant à 52 mètres du sol.
≪Jusqu'à présent il n'a fait que détruire, renchérit Minami Ichikawa, directeur de la division cinéma de Toho, mais nous espérons qu'il va contribuer à la prospérité de Shinjuku et de Kabukicho≫, le ≪quartier chaud≫ où il a été installé.
La bête a été érigée dans le cadre de la rénovation d'un complexe commercial qui comprend un complexe cinématographique et un hôtel, dont certaines chambres offrent une vue imprenable sur les molaires de Godzilla. A déconseiller aux insomniaques.
フランス語
フランス語の勉強?
ドキュメント72時間「タクシー本音の会話〜福島いわき編〜」
「あの日」から4年を迎える福島県いわき市。今回はタクシーのなかで繰り広げられる乗客とドライバーの飾らない会話に耳を傾ける。過酷な仕事の合間に飲みに行く原発関係者。震災の影響で漁に出られずスナックに集う漁師たち…。復興が進み、周辺地域から移住者も急増するいわき。刻々と姿を変える街を走るタクシーの内部では、どんな会話が繰り広げられているのか。車内のつぶやきから、リアルな日常を浮かび上がらせる。
ムロツヨシ

ニューヨーク白熱教室 最先端物理学が語る驚異の未来(2)万物の理論の予言
“万物の理論”の最有力候補である超弦理論はSF以上の極めて不思議な世界を予言する。まずは「多元宇宙」。ビッグバンから生まれた私たちの宇宙は実は唯一ではなく、無数に多くの“別の宇宙”が存在しうるという。また、未来や過去への時間旅行も可能だと考えられる。そしてブラックホールの中に入り込めば、別の宇宙への一足飛びの旅行も可能だという。超弦理論が指し示す、驚くべき世界を堪能する。
ミチオ・カク


計算がわからなくて悩みました.そのせいでクタクタです.
ニューヨーク白熱教室を見ました.なかなか面白いですね.

東日本大震災:お姉ちゃん、空から見ててネ 津波犠牲女児の妹、宮城・大川小入学
 東日本大震災の津波で74人の児童が犠牲になった宮城県石巻市立大川小の仮設校舎で9日、新入生3人を迎える入学式があった。その1人、平塚小瑛(さえ)ちゃん(6)は6年生だった姉の小晴(こはる)さん(当時12歳)を亡くした。小晴さんは10歳離れた妹のために絵本を描き「元気な子に育ってね。ずうっと空から見てるよ」とメッセージを残していた。家族みんなに見守られ、小瑛ちゃんは元気よく式に臨んだ。

 新入生代表で校長から教科書を受け取った小瑛ちゃんは「緊張した」。式を終え、父真一郎さん(48)、母なおみさん(41)、同小5年の兄冬真(とうま)君(10)に囲まれ、「お兄ちゃんたちとドッジボールして、友達をたくさん作りたい」とうれしそうに話した。

 小晴さんは2009年の夏休み、生後約11カ月だった小瑛ちゃんのために絵本を作った。赤ちゃんだけに見える妖精が友達になり、小瑛ちゃんを笑わせ、つかまり立ちや歩こうとする姿を近くで見守るストーリー。真一郎さんは「いつも家族全員を見守ってくれていると感じる」。

 最後に妖精は、1歳になった小瑛ちゃんに「空から見てるよ」と言い残して飛び立つ。そして小晴さんは自らの言葉で「大好きな妹へ みんなは大切にあなたのことを思っているよ」「妹にいつかこの本を読んでもらって自分のそんざいについて考えてもらいたいです」とつづっている。

 小瑛ちゃんは「お姉ちゃんは抱っこしてくれて優しかった。写真もかわいくて好き」。なおみさんに「お姉ちゃんみたいになりたい?」と聞かれると、「うん」とはにかんだ。なおみさんは「お姉ちゃんの分まで、なんて思わなくていい。ただ6年間、元気に学校に通ってほしい。お姉ちゃんが着られなかったはかまを卒業式で着てもらえたら」と話した。【百武信幸】


東日本大震災:被災児童・生徒「自己肯定感低い」 学習支援NPO 岩手、宮城、福島の137人調査
 東日本大震災で被災し、ボランティアらによる学習支援を受けている子どもたちは、自己肯定感が低いなど、依然として支援が必要なことがNPO7団体の調査で分かった。

 調査は厚生労働省の委託事業の一環。昨年12月〜今年3月に岩手、宮城、福島の3県で、学習支援活動をしているNPOが、普段接している小5〜高3の137人に実施した。

 調査によると、ひとり親世帯が震災前の25%から39%に増加。福島県では震災後の引っ越し回数は「3回」が最多で環境が激変していた。

 子どもたちの心理状態をたずねる項目では、日常生活で「疲れたと感じることがよくある」が63%に上る一方、「自分のことが好きだ」は「そう思う」「やや思う」合わせて23%、「自分は人から必要とされている」も合わせて25%だった。

 一方、学習支援を受けていても、家庭や学校生活が良好で、学習支援にも満足している子どもは自己肯定感が高く、将来への希望も持っていた。また、親や友人、学校など、自分と結び付きの強いものは何かたずねたところ(自由回答)、学習支援活動が40%あり、学校の30%を上回った。家庭や学校と並び、学習支援の場が重要といえる。

 調査にあたった、NPO法人こども福祉研究所理事長の森田明美東洋大教授は「NPOなどが実施する学習支援の場は限られている。より広範な地域で支援を継続させることが大切だ」と話している。【柴沼均】


<南三陸防災庁舎>知事、遺族と意見交換
 東日本大震災で被災した宮城県南三陸町防災対策庁舎の保存の是非をめぐり、震災から20年間の県有化を町に提案した村井嘉浩知事は9日、町役場で犠牲者の遺族と初めて意見交換した。

 意見交換会は町主催で佐藤仁町長が同席。町の呼び掛けを受け、防災庁舎で犠牲となった職員ら43人の遺族のうち27遺族40人が出席した。村井知事は冒頭、「朽ちないように県が一定期間保存し、町内で冷静に議論してもらうことが重要と判断した」と理解を求めた。
 意見交換は非公開で1時間余り行われた。終了後に記者会見した村井知事によると「見るのもつらい」といった解体を望む声が多かった。一方で「(解体すれば)手を合わせる場所がなくなる」「時間が必要」などの意見もあった。
 佐藤町長は「考え方は出尽くした」と語り、今月14日までの町民意見募集の結果も考慮し、県に回答する方針をあらためて示した。
 佐藤町長は2013年9月、庁舎の解体を表明。村井知事はことし1月、県震災遺構有識者会議の「保存する価値がある」との結論を踏まえ、震災から20年となる31年までの県有化を町に提案した。原爆ドーム(広島市)が保存決定まで約20年を要したことに基づく。


<南三陸防災庁舎>解体か、保存か…意見交錯
 27家族の40人がそれぞれの思いを真摯(しんし)に語った。宮城県が提案した南三陸町防災対策庁舎の20年間県有化をめぐり、9日開かれた遺族と村井嘉浩知事の意見交換会。解体か保存か、または時間をかけた議論か…。初の話し合いの場は、遺族の多様な意見が交錯した。

 出席者によると、意見交換会では村井知事が県有化を提案するに至った経緯を説明。その後、遺族が意見や質問を投げ掛けた。
 解体を望む遺族会副代表の千葉みよ子さん(68)は取材に「知事も町長も(防災庁舎を)残すつもりなのがはっきり分かった。決めた話を伝えるだけなら意見交換ではない。解体を望む気持ちは変わらない」と突っぱねた。
 解体を望んできた千葉正志さん(67)は「(保存したいのかどうか)知事の本音がよく分からなかったのが残念だ」とした上で「終了後に知事から『申し訳ない』と頭を下げてきた。少し心が安らいだ」と話した。
 娘の夫を亡くした佐藤富俊さん(65)は「解体か保存か結論を出すのは時期尚早。もっと時間をかけて議論するべきだ」と県有化に理解を示した。同居している孫が「庁舎に来ると、お父さんに会えるような気がする」と話すといい「遺族だけではなく町民も交えて意見交換する場が必要」と強調した。
 村井知事は「解体を望む声が多い印象だった。初の意見交換で素直な気持ちを吐露してもらい、大変意義があった」と総括。「お互い納得できるまで時間が必要だ」との認識をあらためて示した。
 遺族以外の町民からは非公開への批判もあった。60代の男性は「議論の場はオープンにしてほしい。町民以外の意見を聴くことも求められる」と指摘した。複数の町議は「町民の代表である議員の傍聴すら町は認めなかった。あまりに閉鎖的だ」と述べた。


東日本大震災:被災地の苦悩、心に刻む 不明乳児の両親講演 宮城で甲府東高生徒聞く /山梨
 「被災した人に寄り添いたい」。県立甲府東高校(甲府市)の生徒74人が3月下旬の3日間、被災地支援に宮城県内を訪れた。震災当時8カ月の長男雅人ちゃんが津波で行方不明の竹沢守雅さん(47)、さおりさん(39)夫妻の講演を聞き、雅人ちゃんが被災した名取市での不明者捜索に参加した。

 講演で守雅さんは「家族が見つからないと、悲しむこともできない。本当に見つけてあげたい」と、生徒の捜索参加に感謝した。さおりさんは「元気な雅人に会いたい」「骨であっても見つけたい」と両方の気持ちが現在も続いていることを説明。「被災者は一人一人、状況も思いも違う。気持ちを想像しながら支援活動をしてほしい」と訴えた。

 同校の支援活動は昨年から実施。今年は1、2年生(現2、3年生)の希望者が参加し、バスで到着した初日は宮城県南三陸町で仮設住宅入居者らと交流。その夜、竹沢さん夫妻の講演を聞き、2日目は名取市閖上(ゆりあげ)浜で地中レーダー捜索を行うための清掃や、砂浜表面の捜索に参加した。最終日は津波で被災した山元町の旧中浜小を見学した。

 昨年も参加した清水杏菜さん(17)は「かさ上げは進んでいたけど、去年『何もないな』と思った被災地の景色は一緒だった。風化が課題だと言われるが、私は忘れない」。日本湧也さん(16)は「被災した方の本音を聞き、向き合いながら復興について考えなればいけないと感じた。自分が見聞きしたことを友人や家族に伝えたい」と話した。【金森崇之】


希望新聞:東日本大震災 内陸の新市街地、元気に 宮城・山元の居酒屋、交流の場目指す
 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた宮城県山元町で被災者の移転先として内陸部に建設中の新市街地「新山下駅周辺地区」に隣接し、居酒屋「旬魚酒房 金八」がオープンして間もなく1年になる。周辺の田んぼは災害公営住宅(復興住宅)に姿を変え、営業する夫婦は、にぎわい始めた町を「さらに元気に」と張り切っている。

 おかみの引地裕子さん(53)は「みんながワイワイできる場所がほしかったんだよね」と幸せそうに笑う。店では夜になると、工事関係者が集まってにぎやかに酒をくみ交わす。

 「金八」は、内陸に見つけた新天地で昨年5月に開店した。北海道、神奈川、大阪……。皆、この地の復興を支える人たちだ。「ご苦労様」と自然にいたわりの言葉が出る。

 元は沿岸部のJR常磐線坂元駅近くの自宅兼店舗で営んでいたすし店。「震災前は近所の友達が集まって、どんちゃん騒ぎだったんだよ」。それが、津波で駅舎もろとも流された。

 店は失ったが、すし職人だった夫雅之さん(60)はしゃにむに働いた。午前2時半に起きて新聞配達、昼は工事現場へ。裕子さんが仕事のペースを落とすよう頼んでも聞き入れない。「じっとしていられなかったんだと思う」と夫を思いやる。

 被災から半年が過ぎた2011年秋ごろから、裕子さんは店の再建に向けて動き始めた。雅之さんにもう一度、包丁を持ってほしかったからだ。しかし、元の場所は「災害危険区域」とされ、住宅の建設は禁止された。「店だけでも」と考えたが、電気も水も復旧せず、結局、断念した。

 常磐線は今も不通のままで、仙台方面に移っていった人も多い。町の人口は震災前の約4分の3に減った。

 それでも、新しい街にできる復興住宅では計351世帯が入居する予定だ。「食事と酒を楽しめる場所がなければ、人は便利な土地にますます流れる」と心配する裕子さんだが、「沈んだ町を明るくしたい」と意気込みは熱い。

 雅之さんも「地元の人たちに集まってもらいたい」と、沿岸部から移ってくる被災者の交流を助け、笑顔を取り戻したいと考えている。【山内真弓】

LCSでのキソキソでクタクタ/WC科で悩む

ブログネタ
フランス語 に参加中!
150517_No_Osaka_1

Japon: Le festival du pénis géant célèbre la fertilité
Les représentations phalliques sont des symboles ancestraux de la virilité et de la fécondité. Des verges sculptées de Délos (Grèce) en passant par les dessins de Pompei (Italie), du Bouthan ou encore les ≪lingam≫ de Shiva en Inde, les pénis en érection sont légion.
Au Japon, on célèbre la fertilité lors d’un grand festival annuel à Kawasaki, près de Tokyo, rapporte le site metro.co.uk.
Récolte de fonds
Durant le Shinto Kanamara Matsuri festival, alias ≪la fête du pénis de fer≫, trois verges imposantes sont portées par des dizaines de personnes dans les rues. Dans la bonne humeur, on prie pour avoir des enfants ou être protégé des maladies sexuellement transmissibles.
Confiseries, gadgets et déguisements complètent l’attirail des participants. Selon le quotidien, ce festival informe également sur les dangers du sida et récolte des fonds pour lutter contre cette infection.
フランス語
フランス語の勉強?

はじめてのLCSでのキソキソ.100人以上でクタクタ.
WC科に関してどうするか悩みましたが,どうしようもありません.もっといろいろ考える必要があると思いました.

三鉄など被災鉄道復旧の歩み 仙台で企画展
 東日本大震災で被災した鉄路の復旧状況を紹介する企画展「鉄道の復興 その時、今、あした」が、仙台市青葉区の東北福祉大鉄道交流ステーションで開かれている。展示期間を前半と後半に分けた構成で、自らも被災しながら地域の復興をけん引してきた鉄道の役割を伝える。
 7月4日までの第鬼展示は「早期全線復旧への軌跡」と題し、三陸鉄道(宮古市)、仙台空港鉄道(名取市)の民営鉄道2社、JR貨物と仙台臨海鉄道(仙台市)の貨物2社を写真やパネルで紹介している。
 三陸鉄道は震災直後、宮古駅に停車していた車両に災害対策本部を置いた。その時に使われた被災状況を記したホワイトボードの実物は、18日までの期間限定展示となる。
 津波で脱線したJR貨物の車両のプレートや、燃料不足に陥った被災地に日本海側経由で燃料を輸送した路線図も展示している。
 5月23日には、三陸鉄道の冨手淳旅客サービス部長と横田重雄元JR貨物東北支社長が講演する。
 宮城野区の無職佐藤隆子さん(73)は「あれだけの大きな被害にもかかわらず、鉄道をいち早く復旧させた方々の努力は相当なものだったはず」と感心しながら展示物に見入っていた。
 第挟展示(8月4日〜11月7日)では、JR線の復旧と連動した新たなまちづくりの様子を紹介する予定だ。
 入場無料。午前10時〜午後4時。日、月曜と祝日、5月1、2の両日は休館。今月29日は開館。連絡先は鉄道交流ステーション022(728)6612。


<開校>思い一つに重ねる 石巻小
 震災の影響で閉校した石巻市門脇小を統合した石巻小(児童358人)で8日、始業式の前に両校の児童が顔を合わせる「出会いの会」が体育館であった。
 新1年生を除く児童300人が参加。6年高橋竜拓君(11)が「みんなで楽しい学校にしましょう」と歓迎の言葉を述べた。
 両校の児童たちは対面して「よろしくお願いします」とあいさつし、「世界がひとつになるまで」を合唱。門脇小から移った6年工藤鼓太郎君(11)が「鼓笛隊の練習や図書館での読書が楽しみ。早く学校に慣れて下級生のお手本になりたい」と抱負を話した。
 門脇小は津波と火災の被害に遭い、学区の7割以上が浸水。市教委は児童減や門脇中を間借りしていた学習環境を改善するため、統合を決めた。両校は1月から合同で授業を行い、統合準備を進めてきた。9日には1年生56人が入学する。


<開校>新たな歴史つくる 石巻市立桜坂高
 石巻市女高と市女商高が統合した市立桜坂高(生徒589人)が8日、開校した。1年生は新しい制服を、2、3年生は旧高の制服をそれぞれ身に着けて記念式典に臨み、県内唯一の公立女子高の門出を祝った。
 入校式には2、3年生や教職員ら約480人が出席した。斉藤繁校長が「明るく元気な学校生活を送り、新たな歴史と伝統を築いてほしい」と激励。3年加藤千春さん(17)が「新しい学びやで高校生活を送れることは大きな喜び。一人一人が夢を花咲かせるため、努力する」と誓った。
 入学式では、1年生が晴れやかな表情で決意を新たにした。
 桜坂高は普通科2コース制で、校舎は同市日和が丘2丁目の市女高を改修・増築。桜の名所の日和山にあり、校章に桜を使った。同市渡波の市女商高は震災で被災し、市女高敷地内の仮設校舎で授業を続けた。


<開校>最後の新入生一歩 気仙沼西高
 2018年4月に気仙沼高と統合する気仙沼西高(生徒341人)の入学式が8日、同校の体育館であった。現在の学校で3年間を送る最後の新入生112人が、期待を胸に高校生活の一歩を踏み出した。
 小野泰治郎校長が「西高として教育活動をする特別な3年間になる。高い志と挑戦する気持ちを持ってほしい」と式辞を述べた。新入生を代表して藤田実李さん(15)は「学業や部活動に努力し、仲間たちと切磋琢磨(せっさたくま)したい」と宣誓した。
 気仙沼西高は1985年開校。統合後の校舎は気仙沼高を利用し、普通科6学級の進学拠点校とする方針。統合を前に、気仙沼西高は2016年度に1学年3学級を2学級に減らす。


津波被災 校舎新築遅れ相次ぐ
 東日本大震災の津波で被災した岩手、宮城、福島各県の小中高校で、校舎新築による再出発を決めた学校の建設計画に遅れが相次いでいる。高台など移転先の整備が伴うため、もともと時間を要するのに加え、入札不調が発生。復興のまちづくり自体が停滞するなど幾つもの困難が立ちはだかる。(坂井直人)

<30校中4校>
 3県などによると、校舎を新築する計30校のうち、再建できたのは8日に始業式があった陸前高田市の高田高を含め4校にとどまる。大船渡市では2016年4月の利用開始を目指していた越喜来小と赤崎小の計画が遅れる見込みだ。
 このうち越喜来小については、ことし2月の建設工事の入札が不調となった。復興事業の本格化で型枠工、鉄筋工などの職人や資材不足が深刻化。労務費などの実勢価格は上昇が著しい。市は予定価格を最新単価に見直し、近く再入札を行うことにしている。
 赤崎小は一部の地権者との用地交渉が難航した。岩手県収用委員会に昨年10月に土地収用を申請、半年近くたった3月下旬にようやく認められた。
 市教委は両校とも16年度内の完成を目指すが、入札不調が続けばさらにずれ込む。「今が正念場。周辺自治体の入札状況も参考に万全を期す」(生涯学習課)と神経をとがらす。

<五輪に不安>
 まちづくりの足踏みも学びや再生に影響を及ぼす。
 小中一貫校として新設する名取市の閖上小、閖上中は、開校を予定より1年先の18年4月に修正した。壊滅した地域の区画整理事業が遅れ気味のためだ。
 造成した高台に移る陸前高田市気仙小。市教委は18年度後半以降の新校舎完成を見込むが、担当者は「岩盤地帯で切り崩しに苦労している。造成が順調でも、次は東京五輪がどう影響するか…」と気をもむ。
 石巻市北上小は被災者の住まいとの兼ね合いから建設時期すら見通せない。校舎整備予定地に仮設住宅が建ち、今も入居率は84%に達する。市教委は「住民が次の住まいに移るスケジュールが定まらないうちは話を進められない」(学校施設整備室)と漏らす。
 計画遅れのリスクを少しでも回避しようという動きもある。釜石市や宮城県山元町は小学校の校舎を、資材高騰や職人不足に影響されやすい鉄筋コンクリートではなく、木造設計にするなど知恵を絞る。


<入学式>新入生1人 宮戸小、最後の1年へ
 東日本大震災の津波で、学区内が甚大な被害を受けた東松島市宮戸小(児童18人)で8日、新入生1人だけの入学式があった。本年度で閉校となる同校は新しい仲間を迎え、最後の1年を歩み始めた。
 地域住民ら約20人が出席し、唯一の1年生尾形陽希(ひろき)君(6)の入学を祝った。佐々木啓悦校長が式辞で「宮戸小の伝統を受け継ぐ最後の児童。皆と仲良くしてほしい」と語った。
 2年生5人は「宮戸小には楽しいお兄さん、お姉さんがいるよ」と呼び掛け、合奏で式を盛り上げた。
 尾形君の自宅は津波で全壊したが、修復して家族6人で住む。3年生と5年生の兄がいる尾形君は「運動会が楽しみ」と期待に胸を膨らませた。父で介護福祉士の昭寿さん(34)は「宮戸の自然や友達との触れ合いを通じ、宮戸で育ったことを大人になっても覚えていてほしい」と語った。
 宮戸地区は津波で多くの住宅が流失。震災後、人口流出が加速し地区から学校がなくなる。
 宮戸小は1873年に開校。2016年4月に野蒜小と統合し、宮野森小となる。野蒜小は震災で被災し、新校舎は防災集団移転団地の野蒜北部丘陵地区に16年12月に完成予定。完成までは現在の野蒜小仮設校舎を利用する。


揺らぐトリコロール:仏週刊紙襲撃3カ月/中 モスク建設、阻む極右 イスラム教徒、募る不満
 パリ郊外モンフェルメイユ市。一軒家を改修したモスク(イスラム礼拝堂)に、多い日は約1000人が集まる。建物は地元のイスラム教徒が1998年に購入。手狭になったため、2012年に拡張工事を行うと、市は認められないとして取り壊しを命じた。地元イスラム教徒らでつくる社会文化教育協会は、近くに土地を購入し新たなモスクを建てるつもりだが、計画は難航している。

 協会事務局長のファリド・カシュールさん(44)は「建設の許認可権は市にあり、右派の市長の裁量ですべてが決まってしまう」と不満を語る。容疑者がイスラム系移民出身だった仏週刊紙シャルリーエブド襲撃事件と極右勢力の台頭で、イスラム教徒を取り巻く環境は厳しさを増す。

 フランスのモスクは00年の約1500カ所から12年には約2500カ所に増えた。アルジェリア系移民3世のカシュールさんは「いつか生まれ故郷に帰るつもりだった親の代までは、簡単な礼拝場所さえあればよかった。だがフランス人として生まれた私たちにはしっかりしたモスクが必要だ」と説明する。

 だが資金集めは簡単ではない。イスラム教徒には低所得者が多く、寄付に限界がある。また、1905年に法制化された「政教分離の原則」によって、国からの支援は望めない。モスク建設資金の目標額360万ユーロ(約4億7000万円)は、まだ2割しか集まっていない。

 政教分離の原則が確立される前から多くの教会を持っていたキリスト教などと比べ、フランスでの歴史が浅いイスラム教の信者には不平等感が強い。「法の現代化」を求める動きもあるが、極右政党「国民戦線」の伸長の前に大きな勢力にはなっていない。社会学者のジャン・ボベロ氏は「政教分離は本来、宗教間の平等を確保するための左派的な考え方だが、それを極右が逆方向に利用している」と指摘する。

 協会にとっての頼みの綱は外国資金だ。既に幹部はサウジアラビアなどの大使館を回り、寄付を要請した。カシュールさんは「うまくいけば資金集めの時間を大きく短縮できる」と期待する。しかし、こうした外国からの資金提供は、その見返りやカネの性質が疑問視されるケースも少なくない。最近では、モロッコの王室やサウジアラビアの富豪から仏南東部カンヌなどのモスクへ送られた200万ユーロ以上の寄付について、その真意を問う記事が仏メディアで報じられた。

 「資金供給源が確認されるまで、全てのモスク建設を凍結すべきだ」。3月19日、テロ対策を議論するテレビ番組で「国民戦線」のルペン党首はそう訴え、イスラム教徒への攻勢を強めている。

 モンフェルメイユのモスクを出ると、近くのキリスト教会の尖塔(せんとう)が目に飛び込む。民家同然の手狭なモスクとは対照的だ。「同じフランスに生まれたフランス人なのに、なぜ自分たちの信仰は制約されるのか」とカシュールさんは問いかける。【モンフェルメイユで宮川裕章】


特集ワイド:“古賀の乱”とテレビ界 「報道ステーション降板は官邸のバッシング」発言
 テレビ朝日のニュース番組「報道ステーション」で繰り広げられたコメンテーターの元経済産業省官僚、古賀茂明さんと古舘伊知郎キャスターの「口論」。「単なる『放送事故』」と片付ける向きもあるが、こうした事故はときに舞台裏の真実をのぞかせる。“古賀の乱”から見えてくるテレビ界の姿は……業界関係者や識者に聞いた。【樋口淳也】
 ◇広がる自主規制ムード 「口出し」辞さぬ政府

 「今回のことを、視聴者はとっても面白がっているんじゃないですか」

 出演者同士の激しい応酬が名物となっている「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)を仕切るジャーナリスト、田原総一朗さんを訪ねると、そんな言葉が返ってきた。

 田原さんが解説する。「テレビ番組には大きく分けて三つの関係者がいます。一つは局長や部長といった管理者たち。もう一つはプロデューサーやディレクターら番組を作るスタッフ。そして、キャスターやコメンテーター、外部のフリージャーナリストなどの出演者。番組を作るとき、スタッフは管理者が想定するシナリオより、少しはみ出したいと思うもの。出演者にもはみ出してくれることを実は望んでいる。はみ出すことで番組に緊張感が生まれ、面白くなる。今回もある意味、それを証明したわけだ」

 ただ、テレ朝は早河洋会長が視聴者に謝罪する事態に追い込まれた。田原さんは、今回は「コミュニケーションギャップ」があったと見る。「はみ出しがあるからこそ、管理者やスタッフ、出演者の間でコミュニケーションが重要なんです。私も本番前に『ここまでは言うよ』などとスタッフとコミュニケーションを密にしておく。今回はそれが足りず、結果的にはみ出しすぎたんじゃないか」

 古賀さんは、報ステの中で「テレビ朝日の早河会長とか(制作協力する)古舘プロジェクトの会長のご意向ということで私は今日が最後なんですけど、これまで非常に多くの方から激励を受けまして、一方で菅(義偉)官房長官はじめ官邸のみなさんにはものすごいバッシングを受けてきました……」と発言した。

 この点について、田原さん自身は「空気感が何となく分かるときはあります。例えば担当記者が『(官邸側が)相当嫌がっている』と伝えてきたり。でも、古賀さんの言う人事を伴うような『圧力』を感じたことはない」と証言する。しかし「テレビ業界全体が自主規制を強めてしまっているとは感じますよ。今はネットも発達し、何かあると大量のクレームが、番組スタッフや出演者にだけではなく管理者やスポンサーにまで届く。許容されるはみ出しの枠が小さくなり、面白さは失われてしまいます」

 実際、民放でニュース番組制作を担当するプロデューサーは「仮に『圧力』があったとしても絶対に屈しない。でも、面倒なことは避けたい、という気持ちがあるのも本音」と打ち明ける。

 いみじくも、古賀さんは1日の毎日新聞の取材に対し、こんなことを言っていた。「問題は、皆さん(メディア)が権力を監視しなくちゃいけないという気持ちで日々ニュースを追っていけば、どんどん大きなニュースになることはいっぱいあるのに、それを取り上げないということ。飼い慣らされちゃっている。僕はそれを一番言いたかった」

 元フジテレビ解説委員でニュース番組のキャスターを務め、「絶望のテレビ報道」の著者でもある安倍宏行さん。今回の“乱”による報道番組への影響を懸念する。

 「近年の地上波では、各局の夕方ニュースをはじめとして、報道番組の情報番組化がものすごく進んでいます。視聴率優先で、食べ物や旅行情報などエンターテインメント性を高めている。その中で、報ステはしっかり取材をしてテーマを掘り下げようという方針が明確だった。もっと頑張ってもらいたいと思っているのに、政府の『介入』を招いてしまったのは大きなマイナスでした」

 古賀さんの発言を受けて、菅官房長官は記者会見で「事実にまったく反するコメントを、公共の電波を使った報道をして、極めて不適切だ。放送法という法律があるので、テレビ局がどのような対応をされるか、しばらく見守っていきたい」などと述べた。「目を光らせているぞ。気をつけろ」と威嚇したに等しい。

 安倍さんは「テレビ局内で作ろうとしている内容に、政府が口を出す余地をつくれば、敵に弱みを握られたも同然。自立的な報道は難しくなる。そうさせないように隙(すき)を見せてはいけないのに、今回は脇が甘かったと言わざるを得ない」と苦言を呈す。
 ◇「政権けん制の契機に」

 一方、テレビと政治の関係を研究する立教大学兼任講師の逢坂巌さんは「安倍晋三首相は、前回の政権時の反省からメディア対策に力を入れています。安倍首相が出演番組で街の声に偏りがあると自ら批判したり、衆院選前に自民党がわざわざテレビ各局に『公平中立』を求める文書を配布したり。はたから見れば圧力に見える出来事が続出し、実際にテレビが政治を報じることから遠ざかり始めています」と指摘する。例えば、昨年12月の衆院選で、東京キー局6局の解散日から投票日までの総報道量は約70時間。これは2003〜12年の計4回の衆院選の平均、約217時間と比べ圧倒的に少ない。「『政治より数字優先』、つまり視聴率が取れないから報道時間を減らしたという理由もあるでしょうが、それだけでは説明しきれない。今回、古賀さん個人を番組から排除する圧力がかかったかどうかは分かりませんが、テレビ業界が何かしらの圧力を感じ、萎縮しているとみておかしくありません」

 さらに、逢坂さんは少し違う観点から報ステ騒動を見た。「古賀さんにとっては、自らの考えを広く伝えることができたし、報ステ側にしても、今後へたに政権寄りの報道をしたり出演者を降板させたりしたら、『圧力に屈したのか』と大問題になる。ある意味、今の報道姿勢を保つお墨付きを得たようなもの」。そして、あえてこう付け加える。「今回の騒動で、舞台裏が見えたことで、捉えようによってはジャーナリズムが現政権をけん制するきっかけになり得る。今こそジャーナリズムの力が試されるのです」

 “古賀の乱”は単なる「放送事故」として終わるのか、テレビ報道の転機になりうるのか。しばらく目が離せない。

==============
 ◇“古賀の乱”の概要

 3月27日の報ステで古賀さんは、自身の降板を巡って「官邸によるバッシング」などがあったと持論を展開。キャスターの古舘さんは「今のお話は承服できない。テレビ側から降ろされるというのは違うと思う」などと反論したが、古賀さんは「I am not ABE」と安倍首相を批判する紙なども提示した。

4か月ぶりのマイマイ/Koさんは元気

ブログネタ
フランス語 に参加中!


szalag3

≪ L'aventure c'est le trésor que l'on découvre à chaque matin. ≫
de Jacques Brel
[Le pardon] de l'amitié est le plus saint et le plus doux des bienfaits.
-Georges Sand
The forgiveness of friendship is the holiest and the sweetest of good deeds.
フランス語
フランス語の勉強?

久しぶりのマイマイです.なんと4か月ぶり.ということは今年になって初めてです.
ナノザでKoさんと会いました.しばらく会っていなかったのですが元気です.カケンイを頑張らねば・・・と言っていました.
曽根崎心中を読みました.文楽見に行きたいと思っています.

<災害公営住宅>収入超過者、家賃15万円超
 東日本大震災の被災地で整備が進む災害公営住宅で、入居3年以上で基準額を超える収入がある「収入超過者」に設定される家賃が、月15万円を超えるケースがあることが分かった。人件費上昇や資材不足で高騰している建築費が、家賃の割り増し時に反映されるため。ただ、各自治体とも収入超過の入居者は限定的とみている。

 公営住宅法では、丸3年以上入居し、月額所得が15万8000円を超えると収入超過者と認定され、住宅を明け渡す努力義務が生じるとともに、段階的に家賃が割り増しされる。割り増しには建築費や床面積が反映され、特に収入が多い入居者は、認定初年度から最も高い割増額になる。
 気仙沼市は1月に完成した集合住宅型の「南郷住宅」2、3号棟の収入超過者の家賃を約10万円と見込んでいたが、床面積80平方メートルのタイプ(通常家賃9000円〜7万9000円)では、最高で月16万8500円に跳ね上がる。
 他都市でも収入超過者の家賃は釜石市の箱崎白浜復興住宅が最高で18万7900円、石巻市の浜松町復興住宅が17万900円、東松島市のあおい住宅が15万2900円、仙台市の通町復興公営住宅が13万2300円を見込んでいる。
 月額所得が15万8000円を超える入居世帯は現時点で少ない。東松島市の場合、災害公営住宅に暮らす320世帯のうち3世帯にとどまる。
 気仙沼市は「対象者は少ないとみられるが、収入超過者が仮設住宅を退去する時に民間アパートに空きがあるかどうかが心配。将来的に対策が必要になるかもしれない」と説明する。


集団移転用地強度不足 仙台市の造成地でも判明
 東日本大震災の防災集団移転促進事業で仙台市が造成した宅地をめぐり、地盤の強度不足を理由に移転住民が住宅建築業者から地盤の補強工事を求められるケースが生じていることが7日、分かった。工事費は住民らの自己負担となるが、市は「国の強度基準は満たしている」と市による補強工事や財政支援に難色を示している。
 補強工事を求められた宅地は判明分だけで、宮城野区の田子西隣接地区(160区画)の数区画。市が2014年度に造成した7地区のうちの1地区で、ことし3月下旬に住民に引き渡された。
 住民らによると、引き渡し後に宅地を調査した住宅建築業者から地盤の強度不足を指摘され、住宅建築の条件として、地盤深部へのくい打ちやモルタル注入など100〜200万円の費用が掛かる補強工事を求められた。住民らは市に対応策を尋ねたが、市側は「国の基準を満たしており、問題ない」「これ以上(補強工事)はやれない」と回答した。
 国は、地下2.5メートルまでの地盤について1平方メートル当たり30キロニュートン(3トン)以上の強度を安全の目安に設定。市は引き渡しに際し、基準を満たしていることを確認しているという。
 一方、住宅建築業者は、地盤沈下などが生じた際に住宅瑕疵(かし)担保履行法に基づき補修費用の負担を迫られる可能性があるため、国の基準より厳しい強度を求める傾向にある。
 市復興事業局は「住宅建築業者の判断次第で、自己負担での補強工事が必要になる可能性があることは事前に住民に説明している。業者と住民の間の問題と考えている」と話している。
 同様の問題は昨年、気仙沼市や宮城県女川町で市や町が造成した集団移転用地でも判明している。


<かすむ復興>財源確保強まる逆風/集中期間後の行方(下)/まちづくり
<国は慎重姿勢>
 「復興予算獲得のため全力で頑張る」。3月22日に仙台市内で開かれた自民党宮城県連の定期大会。国会議員団を代表した小野寺五典衆院議員(宮城6区)のあいさつが、政府・与党内にある逆風の存在を物語った。
 国は集中復興期間(2011〜15年度)に25兆円の復興予算を用意した。被災地は16年度以降も手厚い支援を求めているものの、国は慎重姿勢を崩さない。
 東北選出の国会議員の一人は「永田町では被災地が要求ばかりしていると見られている。復興予算に向けられる国民の目は厳しくなっている」と明かす。

<異例中の異例>
 国は被災地とどう向き合っていくのか。本音が垣間見えたのはことし3月、復興予算をめぐる竹下亘復興相の発言だった。「全部国費というのは一番のモラルハザード(倫理観の欠如)の原因だ」。過剰投資が行われていると言わんばかりの口ぶりだった。
 「被災地が頑張れるようなメッセージこそ必要なのに…。東京の視点からの発想だ」。野田武則釜石市長は国への不信感をあらわにする。
 過去、復興事業は被災自治体も応分の負担が求められてきた。20年前に起きた阪神大震災も例外ではない。「東日本大震災は異例中の異例」。政府はことあるごとに東北が特別扱いであることを強調してきた。
 ただ、阪神で都市部が主な被災地となったのに対し、東日本大震災では過疎化が進む沿岸地域が大きな打撃を受けた。災害の態様にとどまらず、地域事情は大きく異なっている。
 財政需要に占める収入の割合を示す財政力指数を見れば、二つの被災地の地力の差は歴然だ。兵庫県内での主な被災市の平均は13年度で0.77。岩手県沿岸12市町村の平均は0.25にすぎない。復興事業に振り向ける財源は乏しい。
 野田市長は「都市部と同列に見ること自体がおかしい。一部負担でも求められれば地方は事業着手できなくなる」と嘆く。

<綱引き夏まで>
 岩手、宮城両県の18自治体の首長はことし2月、復興庁などを訪れて集中復興期間延長や支援の継続を求めた。政府は夏までに今後の枠組みを示すとみられ、被災地との綱引きは春以降も続く見通しだ。
 「被災地がいっそう力を合わせる1年にしなければならない」と奥山恵美子仙台市長。震災5年の節目が地域の未来を占うポイントになるのは間違いない。


東日本大震災:4年ぶりに響く「おはよう」 津波で全壊の岩手・高田高が再建
 岩手県陸前高田市で8日、東日本大震災の津波で全壊し、校舎を高台に再建した県立高田高校の始業式があった。震災後、隣接する大船渡市の旧県立大船渡農高校舎で授業を続けていたが、約4年ぶりに地元に戻り、復興への思いを胸に学校生活を始めた。

 9日には入学式があり、生徒は1〜3年生で計487人。4階建ての新校舎は、旧校舎裏の山で、仮設住宅も隣接する場所に新築され、総事業費約30億円。生徒の多くは、かさ上げ工事が進むふもとのバス停から、高低差約30メートルの坂を歩いて登校する。

 横田昭彦校長は始業式で「新しい校舎で学べることに感謝し、歴史と伝統をつないでいきましょう」と呼びかけた。【根本太一】


【東北点景 それから】 (25)今もつらい…おかしくない
 宮城県女川町 阿部真奈さん(20) 女川さいがいFMアナウンサー、大学生

 高校1年の学年末に被災したあと、学校も始まらなくて、やっていたのは、家族の遺体を探すことだけ。避難所から自宅のあった場所まで歩いて…毎日その繰り返しなのでだんだん暗くなって、一人でこもるようになってしまった。そんなとき、この「女川さいがいFM」にアナウンサーとして参加されていた先輩が「おいでよ」って声をかけてくださったんです。

 炊き出しやお風呂の場所とか、日常生活で求められる情報を発信していましたが、フリートークもあって、最初にしゃべったのが5月の母の日でした。母もまだ見つかっていなかったので、一瞬戸惑ったんですけど、話すと、16年間ありがとうっていう気持ちが自然と言葉になったんです。それまで一人で考え込む時間の方が多かったのが、外に出したことで、避難所で他の人と話すきっかけにもなりました。同じように大切な人を亡くした方を少しでも楽しませる放送がしたいって、目標も見いだせるようになって、ラジオが楽しくなっていきました。

 そのうちにアナウンサー、報道を仕事にしたいと思うようになって、大学に進みました。たくさん取材を受けてきて、自分ならどう伝えるだろうって考えるようになったんです。自分の目で見たものを自分の言葉で伝えたいって。大学では幅広く、いろいろなことを学ぼうと思って頑張っています。東京で収録もしています。でも、女川町の人たちに申し訳ないっていう気持ちになることもある。みんなまだ仮設で生活しているのに、普通に大学生活を送っている自分に無力さを感じてしまって…。

 私は身内がおばあちゃんしかいなくなってしまったのですが、おばあちゃんは仮設の生活が4年も続いて、先も見えないし、やっぱり息苦しくて…おばあちゃん、東京にいるほうが「いっぱい寝られるんだ」っていうんです。普通は逆だと思うんですけれど。

 1月17日に神戸に行ってきました。講演に呼ばれたのですが、(阪神大震災で)家族を失った方とお会いして話を聞かせてもらいました。20年という時間を過ごした方が、「時間が忘れさせてくれる」って言葉もあるけど、それがいつになるかは人それぞれだし、急いで変わらなきゃって思う必要もないよって。

 私、いまのほうがつらいんです。時間がたつと変われるのかなって思ってたんですけど、年がたつにつれてつらくなっています。でも、20年たっても変わらないって言っておられた。実感として伝わってきて、ああ自分がおかしいんじゃないんだなって感じられました。(聞き手・篠原知存)


大川小遺族 NPO事務局長に
 石巻市立大川小学校に通っていた次女・みずほさん(当時12歳)を津波で亡くした佐藤敏郎さん(51)が、中学校の教諭を辞め、今月から仙台市のNPO法人「キッズナウジャパン」の事務局長として活動を始めた。「子供たちの安全、安心につながる社会を築きたい」と話している。

 佐藤さんは30年近く、中学校の国語の教諭を務めた。震災時は女川町の中学校に勤務。大川小には知り合いの教諭も多く、「裏山に逃げて無事だろう」と安心していたという。だが、みずほさんは2日後、遺体で見つかった。

 遺族たちは、児童74人が死亡・行方不明となった惨事を十分に説明していないとして学校と市教委に不信感を抱き、佐藤さん宅や公民館に集まって真相を究明し始めた。しかし、教諭という立場上、「自分が前面に立って活動することに迷いがあった」と振り返る。

 心境が変化したのは、津波到来時の状況について、市教委の説明内容と食い違う文書が情報公開請求で見つかった2012年6月。それを発表するため、遺族が初めて開いた記者会見に臨み、「覚悟ができた」と語る。以来、遺族側の窓口役になった。

 中学の防災主任として大川小の教訓を講演で伝えるなか、「学校の防災について、より自由に発言できる立場になりたい」と考え、先月末で東松島市の中学校を退職。子供たちが安心して暮らせる街づくりを目指す同NPOに誘われ、事務局長に就いた。

 9日には東京都内の企業で講演する。1年前から担当するラジオ番組のDJは今後も続けるという。震災4年で迎えた転機だが、佐藤さんは「野球で言えば、野手の守備位置が変わったようなもの。やるべき本質は変わらない」と話している。


維新・上西氏除名 国会議員の深刻な劣化
 こんなお粗末な話が政界の大きなニュースになること自体、情けないというべきだろう。上西(うえにし)小百合衆院議員が維新の党から除籍(除名)処分を受けた一件だ。上西氏の行動にはあきれるが、維新の党側も早々と除名したからといって責任を免れるわけではない。

 経過はこうだ。上西氏は先月13日、胃腸炎との診断書を提出し、新年度予算案を採決する衆院本会議を欠席した。ところが前日の12日に診断書を受け取りながら、その夜、居酒屋など3軒をはしごしたという。

 上西氏は「本会議欠席後、私的な旅行をした」との一部報道は否定し、居酒屋は先輩議員らとの会合のためで酒は飲んでいないと弁明した。だが、体調に不安をおぼえながら、極めて重要な仕事(本会議での予算案採決)を控えた前夜にこうした振る舞いに及ぶのは国会議員として、という以前に社会人として常識を欠く。同席の議員は事情を把握していたのか、という疑問もわいてくる。

 維新の党の橋下徹最高顧問(大阪市長)を中心に今回、党側が決着を急いだのは、橋下氏が力を注ぐ「大阪都構想」の賛否を問う住民投票(5月17日)の前哨戦となる大阪府議選や大阪市議選が始まったばかりであり、それへの悪影響を食い止めたい狙いが大きかったと思われる。

 橋下氏は処分決定後、「29歳(で初当選)の女の子を国会議員に育てあげることができなかった」などと語った。しかし、2012年と昨年の2回続けて衆院選・大阪7区で公認候補として上西氏擁立を決めたのは橋下氏ら党側だ。その責任はより重いはずだ。

 上西氏は議員辞職する考えはないようだ。議員の身分は憲法で保障され、基本的にはその進退は本人の判断か、選挙での有権者の判断に委ねられている。ただし、2度の選挙で上西氏はいずれも小選挙区では落選し比例で復活している。維新公認だからこそ当選できた候補が、その党から除名されても無所属で議員を続けることが可能となる今の仕組みに疑問を抱く人も多いだろう。

 上西氏だけではない。西川公也前農相が辞任した当日の同僚議員とのスキャンダルが報じられた自民党の中川郁子(ゆうこ)農水政務官は、その後、一時入院していた病院での規則に反する喫煙も明らかになった。これも「社会人としての常識」の次元の話だ。

 衆院が小選挙区中心の選挙制度となり、その時々の風だけを頼りに当選する議員が増えた結果、政治家のレベルが落ちたと言われて久しい。だが制度の問題より、まず手がけるべきは政党の候補者選びをもっと厳密なものにすることだ。このまま国会議員の劣化が進む事態を恐れる。


揺らぐトリコロール:仏週刊紙襲撃3カ月/上 過激化防ぐ指導者足りず 政教分離の伝統、養成に壁
 「イスラム教徒の女性患者は男性医師の診察を拒み、断食月(ラマダン)には食事を取らない患者が症状を悪化させた」。パリの公立病院でイスラム教徒への助言役を務めるモハメッド・ベナキラさん(44)は、そう自らの体験を振り返る。産気づいて救急病院に駆け込んだイスラム教徒の女性が、男性医師の診察を拒んで結局、近くの路上で出産した例も報道されている。

 イスラム系移民の宗教や法律、風習に関する知識不足からくるトラブルの背景の一つとして、フランス社会に精通したイスラム指導者の不足が指摘される。1月7日に週刊紙シャルリーエブド本社などがイスラム過激思想に傾倒したイスラム系移民に襲われた事件は、若者の過激化を正しい教義で防げる宗教指導者の重要性を改めて浮かび上がらせた。

 だが、フランスにおけるイスラム指導者の育成には大きな制約がある。19世紀、カトリックの影響から国家権力の独立を守り、宗教間の平等を実現しようとしたフランスは、1905年に宗教と国家権力の分離法を制定し、今も厳格に運用する。このため国立大など公的教育機関では神学などの授業ができない。

 仏語のみを話す移民2世、3世が増える中、フランス人のイスラム指導者は3割以下で、旧植民地のアルジェリアなどからの派遣に頼っているのが現状だ。これら指導者の多くは仏語を話すことができず、フランスに合ったイスラム教が定着しない。そこで法に抵触しない科目についての指導者養成の取り組みが続いている。

 金曜日の夜のパリ・カトリック大。「無神論と世俗化はどう違いますか」。熱弁をふるう講師の言葉を、スカーフ姿のイスラム教徒の女性2人が熱心にメモに取っている。

 政教分離や宗教事情などをテーマにした3時間の特別講座。政府は2008年以降、同大をはじめとする計6校で宗教指導者向けの講座を開設した。現在、全国で受講生は約200人に過ぎず、政府は襲撃事件後の3月初め、同様の講座を今年中に12校に増やし、その後、全国に拡充する方針を発表した。

 講座に参加するアルジェリア移民の看護師、アクリア・ブザザさん(53)は「宗教に関係なく患者に接したい。そのためには他の宗教への理解が必要。この講座はそれに応えている」と意義を語る。ブザザさんはアルジェリアでテロが激化した90年代に多くの友人を失い、フランスに渡って国籍を取得した。右翼が台頭し、移民に対する目が厳しくなる中、「襲撃事件の犠牲者への黙とうを拒否する移民系の若者が多くいることにショックを受けた」と言う。

 政府は現在、病院、刑務所などの宗教指導者の志望者に、カトリック大などでの教育を必須とする案を検討中だ。ブザザさんは「もし指導者になれるなら、看護師を退職後、病院や刑務所などで若者の相談役を務めたい」と夢を話す。だが人口の約1割、600万人とされるイスラム系移民に、正しい知識を持った宗教指導者が行き渡るのは、まだ先だ。

     ◇

 シャルリーエブド襲撃事件から7日で3カ月。西洋的価値観に対するイスラム過激主義の挑戦は、移民大国に横たわる深い溝をまざまざと見せつけた。フランスを象徴する三色旗(トリコロール)の下、「自由・平等・友愛」の理想と厳しい現実のはざまでもがく仏社会の事件後を描く。【パリ宮川裕章】

==============

 ■ことば
 ◇シャルリーエブド襲撃事件

 1月7日、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を掲載した仏週刊紙「シャルリーエブド」のパリ本社とユダヤ人向けスーパーが襲撃され、計17人が犠牲になった。特殊部隊に射殺された3容疑者はアルジェリアと西アフリカ・マリからの移民2世だった。「言論の自由」とイスラム教の関係など仏社会を構成するさまざまなテーマが論じられるきっかけとなった。

寒くてセーター/天皇のパラオ訪問を考える

ブログネタ
フランス語 に参加中!
150407_Palau_No_Akihito

≪ La famille est un ensemble de gens qui se défendent en bloc et s'attaquent en particulier. ≫

de Diane de Beausacq
L'amour qui naît subitement est le plus long à guérir.
-Jean de La Bruyère
Love that comes suddenly is the longest to heal.
フランス語
フランス語の勉強?
◆天皇のパラオ訪問反対4・7大阪集会
日本の戦争責任かき消す戦死者の慰霊・顕彰を許さない
    ◇日時 4月7日(火)午後6時30分〜9時    
    ◇場所 エルおおさか(大阪地下鉄谷町線・京阪「天満橋」下車徒歩7分)
    ◇講演 「天皇の『慰霊』が戦争国家で果たす役割
     講師 辻子実さん(『靖国の闇にようこそ−靖国神社・遊就館非公式ガイド』(社会評論社) 『侵略神社−靖国思想を考えるために』(新幹社)著者)
    ◇参加費(資料代含む)  1000円(経済的に厳しい方は受付まで)
    ◇主催  参戦と天皇制に反対する連続行動

 天皇・皇后は4月8〜9日、戦後70年を迎えるにあたって、アジア太平洋侵略戦争の日米両軍激戦地、パラオ共和国を公式訪問する。戦後60年のサイパン島に続く戦没者の慰霊のためである(1月23日安倍首相談話)。4月8日には歓迎行事、そのあとレメンゲサウ大統領と会見する。またミクロネシア連邦とマーシャル諸島の両国大統領との懇談も予定。翌9日には、皇軍兵士約1万人が戦死したペリリュー島に渡り「西太平洋戦没者の碑」(日本厚労省建立)に参拝。米軍の慰霊碑への参拝も検討しているという。
      ◆      ◆
 10年前、天皇明仁はサイパン訪問にあたって、「この度、海外の地において、改めて、先の大戦によって命を失ったすべての人々を追悼し、遺族の歩んできた苦難の道をしのび、世界の平和を祈りたいと思います」と表明した。また「終戦50年に当たり先の大戦で特に大きな災禍を受けた東京、広島、長崎、沖縄の慰霊の施設を巡拝し、……遺族に思いを致しました。また、その前年には小笠原を訪れ、硫黄島において厳しい戦闘の果てに玉砕した人々をしのびました」とも述べている。それは今回のパラオ訪問でも同じだろう。
 安倍首相はこうした天皇の「お気持ちは大変ありがたい」(前掲談話)と表明した。しかし、自公の政権与党はもちろん、安倍の軍国主義的歴史認識を批判する野党もマス・メディアも何一つ批判をしない。
      ◆      ◆
 しかし、安倍がいうように、こうした天皇の「お気持ちは大変ありがたい」ことなのか。
 住民虐殺や「集団自決」(集団強制死)を含めて住民の3分の1を死に至らしめた「捨て石決戦」の沖縄戦も、21万人を一瞬に殺戮した広島・長崎への原爆投下も、死者数10万人以上、罹災者百万人以上の無差別大量虐殺の3月10日東京大空襲も、日本人5万5千人(1万2千の非戦闘員含む)や9百人以上のチャモロ人などの島民や朝鮮人に死を強要したサイパン戦も、兵士のほとんど2万人を「玉砕」せしめた硫黄島の戦闘も、すべては国体(天皇)護持だけを目的とした戦争ではなかったのか。天皇(大日本帝国)の戦争犯罪ではないのか。それは、沖縄戦まで続く、いわゆる長期持久・捨て石決戦の最初の戦い、ペリリュー島の戦いも同じである。謝罪がないのはどうしたことか。
      ◆      ◆
 こうした事実を直視するなら、天皇がひたすら「遺族に思いをいたし」「命を失った人びとを追悼」するなどというのは、自己の戦争犯罪を隠蔽するためであることがわかる。それどころか、悲しみにうちにある遺族や民衆に同情するふりをして自己(天皇)の責任を免罪し、あまつさえその「同情」を民衆に「ありがたい」と信じ込ませる詐術といわねばならない。この詐術には、天皇の「死んでくれて、ありがとう」という、新たな戦争に民衆を動員する思惑をも透けて見える。それはまた、詐術の施設、靖国神社とも連結しているのである。
      ◆      ◆
 天皇明仁は、戦犯裕仁の天皇位を継承して後、91年9〜10月かつて天皇制日本(大日本帝国)が侵略したタイ・マレーシア・インドネシアを、92年10月には中国を訪問し「謝罪なき謝罪外交」を展開し、日本国家=天皇の戦争責任を「棚上げ」あるいは帳消しにしようとした。この「天皇外交」は、91年4月ペルシャ湾派兵、92年〜93年カンボジアPKO派兵と一体の政治行為であったことは、いうまでもない。詐術は「天皇外交」でも如何なく発揮しているのだ。
 重要なことは、こうした天皇の詐術が、いまや戦争国家となった帝国主義日本にあってはますます必要となってきていることである。
       ◆      ◆
 今回天皇明仁が訪問するパラオ共和国をふくむミクロネシア地域は、戦前・戦中、日本が、国際連盟委任統治領として植民地支配した地域である。太平洋戦争では、パラオは日米両軍の激戦地となり焦土と化した。また島民5千人をバベルダオブ島に強制移住させ多くの人々を餓死させた。そればかりか、日本軍に徴用しパラオ挺身隊としてニューギニアに送り込み「戦死」させた。しかし、日本(天皇)はこうした戦争責任も植民地支配の責任もいまだとらない。
日本の敗退後、米国はミクロネシア地域を国際連合の戦略的信託統治領として支配し、同地域の一つ、マーシャル諸島を核実験場とした。ミクロネシア連邦は1979年、パラオは1981年、核実験の被害体験を踏まえ、「非核条項」を書きこんだ憲法を制定した。
しかし、米国はパラオとミクロネシアとマーシャル諸島の国家主権である軍事権・外交権を奪う自由連合盟約を強要し、パラオとミクロネシアの憲法の「非核条項」を無力化し、米軍のパラオ自由使用を強制し、マーシャル諸島を弾道ミサイル迎撃実験場としたのだ。そのために、抵抗するパラオには初代大統領の暗殺をはじめ脅迫・放火など暴虐をつくしたのである。こうして米国は太平洋島嶼国に独立を認める振りをして一貫して軍事的政治的支配の下におき続けてきたのである。

      ◆      ◆
 戦後、米国と安保(軍事)条約を結んだ日本の政府は、かつての委任統治領であったパラオなど太平洋島嶼国を日本の政治的・軍事的・経済的影響下におくことを外交戦略としてきた。ODA援助はもちろん、1997年から太平洋諸島フォーラム(太平洋・島サミット、3年に1度日本で開催。今年5月の第7回は福島県いわき市)がそうで、天然資源や核廃棄物の海上輸送ルートの確保、国連での日本支持のとりつけを露骨に狙っている。今回の天皇のパラオ訪問で行うパラオ共和国・ミクロネシア連邦・マーシャル諸島、つまり米国の核・軍事支配のもとに置かれている自由連合盟約3国の大統領との懇談は、米国と戦争同盟を結ぶ日本のこうした帝国主義的思惑のうえにあり、いわき市での島サミットにも連結している。
      ◆      ◆
 日本国家・独占資本の太平洋地域における政治的・経済的・軍事的支配を推し進める安倍政権と一体となった天皇外交・「慰霊の旅」に反対しよう。侵略・戦争・植民地支配責任を欺瞞する天皇制を廃絶し、太平洋諸国人民との国際連帯をつくりだそう。
 4月7日大阪集会への参加を呼びかける。


寒いです.朝は大丈夫でしたが,夕方ある集まりに行くのに寒いのでセーターを着て出かけることにしました.
天皇がパラオに行くそうです.慰霊するそうですが,だから❓要するに昔日本軍は侵略戦争をしてパラオも侵略しようとしていました.米軍との戦いで多くの人が亡くなったのは悲しいことですが,日本軍が多くの人を殺したという事実に目を背けてはならないと思いました.当時,天皇は戦果に対して「おほめのことば」を与えて,もっと頑張れ=もっと人殺しをしなさい,といったそうです.昭和天皇がそういうよくないことをしました.子供の現天皇は何もしていないからと言って責任がないとは言い切れない,むしろ天皇制ということを考えると,責任はあるはずだと思います.「慰霊」はそういう意味において無責任だと思いました.もっといろいろ考えていくことがアジアの人と本当の友好を作っていくために大切でしょう.日本は戦争の被害者ですが,同時に加害者でもあります.加害者であったことを忘れて,被害者の面だけをいうのは変だと思います.天皇の戦争責任とは何か,について考えていく必要があると思うのでした.

<かすむ復興>人的応援 先細り懸念/集中期間後の行方(中)/まちづくり
<再生あり得ぬ>
 役場で使うA3判の職員配置図が、被災自治体の苦しい現状を映し出す。
 東日本大震災で深刻な津波被害を受けた宮城県山元町。総勢296人を黒と赤などに色分けして表記している。黒は震災前からの町職員、他の色は全国から派遣された応援職員などを指している。
 配置図の色付きの名前は計113人分。全体の4割を占める。多くが土木、建築などの技術職で、黒字表記は所属長だけという部署さえある。
 「震災に伴って業務量が増えて内容も高度化した。人的応援なしに地域の再生はあり得ない」と斎藤俊夫町長は強調する。

<人件費は国費>
 派遣職員の人件費は全額国費で賄われている。2015年度で終了する集中復興期間後の取り扱いは未定だ。仮に受け入れ先の負担となれば、財政逼迫(ひっぱく)は避けられない。派遣を断れば、復興事業そのものが立ち行かなくなる恐れもある。
 今でさえ職員が十分とは言い難い。河北新報社がことし1月に岩手、宮城、福島3県の被災42市町村の首長を対象に実施したアンケートで、「復興の阻害要因」として「自治体のマンパワー不足」を挙げたのは19人。「原発事故」などを上回って最多回答となった。
 求められる技術を持つ人材は限られ、採用枠を増やしたところで確保の見通しは立たない。山元町の斎藤町長は「5年という集中復興期間の設定にどれほどの意味があるのか。国に見通しがあったとは思えない」と首をひねる。

<癒やしに時間>
 人的支援が引き揚げられる懸念は、自治体職員にとどまらない。
 震災後、被災3県はスクールカウンセラーの緊急派遣を受けている。これまで全国から現地入りしたのは計3700人。国が実施主体となっていたが、16年度以降は白紙の状態だ。
 兵庫県の臨床心理士阿部昇さん(55)は11年4月から石巻市内の小学校を訪れている。「親の失業や転居など、被災地は子どもが不安になりがち。集中力が散漫になり、学級が荒れるケースもある」と指摘する。
 予算を投じれば復旧できる建物などの損壊と異なり、傷ついた心を癒やすのはどうしても時間がかかる。「ストレスがどんな形で噴出するか分からず、これからも専門家による対応が必要だ」。阿部さんは派遣継続の意義を訴えた。


<準備宿泊>帰らぬ町民「帰りたいけど無理」
 「落ち着いてわが家で過ごせる」「まだ帰れる状態ではない」。東京電力福島第1原発事故で全町避難している福島県楢葉町で6日、準備宿泊が始まった。町を後にして4年。課題が山積する中、楢葉町は町民のさまざまな事情と思いを抱えながら、帰還へと動き始めた。
 楢葉町から避難し、いわき市の仮設住宅で暮らす千田博信さん(76)は準備宿泊を見送った。「一刻も早く仮設を出て自宅に帰りたい。でも町の現状では宿泊できない。帰れない」と悔しがる。
 妻玲子さん(75)は避難で持病が悪化。週に6日、いわき市の病院で注射を打つ。楢葉町にいま、医療機関はない。「毎日、車で1時間かけて病院に通うのは無理」と言う。
 原発事故前、買い物に出掛けた隣の富岡町は全町避難が続く。楢葉町にある仮設商店街のミニスーパーと2軒のコンビニエンスストアは「除染や工事の作業員でいっぱい。入りづらい」と感じる。
 自宅は3月に追加除染をしたが、空間放射線量は高い所で毎時0.4マイクロシーベルト。上水道の水源・木戸ダムの湖底には放射性物質が堆積する。国は「湖底の土砂は巻き上がらず、多重の対策も講じている」と安全性を強調するが、千田さんは安心して水を飲めないという。
 能代市出身で、国家公務員として転勤で全国を回った。退職した20年前、「暑からず寒からず」の気候に引かれ、楢葉についのすみかを建てた。「原発の存在も不安には思わなかった」
 平屋で重厚に造った自宅は、トイレや風呂でさえ3畳の広さ。仮設住宅は4畳半が2間で、音も響く。「不安で眠れない。精神的に追い詰められている」
 避難中に逃げた牛が入り込み、ウサギが住み着いた自宅を修理。ボイラーさえ直せば住める状態にはなっている。千田さんは「帰りたい人は多く、準備宿泊はいいこと。ただ3カ月でどこまで町が変わるのか。国は私たちが帰れる条件を整えてから、避難指示を解除してほしい」と訴えた。


菅・翁長会談 沖縄が示した強い意思
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐって、菅義偉官房長官と翁長雄志(おなが・たけし)沖縄県知事が初めて会談した。知事就任から4カ月もかかったのは残念だが、この会談を第一歩として対話を重ね、相互理解を深めてほしい。

 まるで戦後70年かけて蓄積された沖縄の政府に対する不信感が次々とあふれ出てくるようだった。

 知事は、菅氏が移設を「粛々」と進めると発言するたびに「上から目線」を感じ、米軍統治下の沖縄で圧政を敷いたキャラウェイ高等弁務官の姿と重なる、と痛烈に批判した。

 普天間も含めて沖縄の基地は強制接収されたにもかかわらず、危険性除去のために沖縄が負担しろ、代替案は持っているのかという話をすることは「政治の堕落」と語った。

 菅氏は、辺野古移設が唯一の解決策と言い、いかに負担軽減につながるか数字をあげて説明したが、両者の主張は全くかみ合わなかった。

 知事は負担軽減策でさえ「沖縄には『話のごちそう』というのがある。いい話をして局面を乗り越えれば、知らんぷりというのが、戦後70年間の沖縄の基地問題だった」といって評価しなかった。一連の訴えは、政府だけでなく、本土の人々の無関心にも向けられていたように思う。

 翁長知事の就任以来、政府内の一部には次のような見方があった。知事はもともと保守系なので、沖縄をあえて冷遇して移設を進めていけば、県政は行き詰まり、いずれ譲歩するだろうと。だが、この見通しは少し甘かったようだ。

 昨年の名護市長選、県知事選、衆院選の沖縄小選挙区などを通じて、辺野古移設に反対する民意は明確に示され、もう後戻りすることはないということが、今回の会談で再確認されたのではないか。

 菅氏が先日「選挙結果は、基地賛成、反対の結果ではないと思う。総合的な政策の中で選ばれる」と語ったのは、事実をゆがめている。昨秋の知事選で、当時の仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事は辺野古移設を前面に掲げ、約10万票の大差で敗れた。政府はその事実から目をそむけるべきではない。

 政府は沖縄の考えをよく分析し、対応を冷静に見直してほしい。安倍晋三首相の訪米や6月23日の沖縄の「慰霊の日」をにらんで、首相と知事の会談が調整されているという。県側が警戒する「首相訪米を前にした米国向けのアリバイ作り」ではなく、真摯(しんし)に向き合うべきだ。

 私たちは辺野古移設の現行計画を白紙に戻し、米政府と再交渉すべきだと考えるが、政府にはまず移設作業を中断し、沖縄とよく話し合い、主張に耳を傾けることから始めるよう求めたい。


教科書検定 多面的な見方の紹介を
 子どもたちに考えさせる教科書になっているか。社会科にはそんな疑問を抱かせる。

 来年度から使われる中学生用の教科書の検定結果がきのう、公表された。

 近現代史を扱う際に政府見解に基づく記述を尊重する。文科省は昨年、検定基準をこう改めた。教科書作成の指針となる学習指導要領解説書には尖閣諸島と竹島を日本の「固有の領土」と明記した。

 それから初めての検定だ。社会科のほとんどの教科書が「固有の領土」と記述した。「尖閣諸島には領土問題は存在していません」とした教科書もある。

 自国の政府がどう考えているのかを知ることは大切だ。問題は、それを「尊重する」あまり、中国や韓国はどう主張しているかが置き去りになったことだ。

 なぜ領土をめぐって隣国ともめているのか。平和的に解決するにはどうすればいいのか。子どもたちが考えるきっかけを得られないのではないか。「問題は存在しない」では、「なぜ」は解消されないままだ。

 文科省が唱える「確かな学力」は、単に知識を吸収するだけでなく、課題を解決するために必要な思考力などを総合した力だ。特にグローバル化した時代には世界の多面的な見方を知り、お互いの理解を深めることが欠かせない。自国の政府見解だけでは、それが進まないばかりか敵対心をあおることにもなりかねない。

 社会科教科書の画一化が進んだのは、検定の縛りが強くなったからだ。文科省は、愛国心などを教育目標に盛った改正教育基本法に照らし重大な欠陥があれば不合格にする―との規定も昨年、教科書の審査要項に加えている。

 教科書を発行する出版社にとって不合格は死活問題だ。昨年の小学生用教科書の検定では、新たな基準の対象外だったにもかかわらず、社会科を発行する4社すべてが領土について政府見解に沿って触れた。

 今回の中学教科書でも沖縄戦の集団自決で「自決を強いられた」という従来の記述を「自決に追い込まれた」に変えたり、南京事件で「『日本軍の蛮行』と非難され」という表現を削除したりと、自粛とみられる動きがあった。

 教科書検定の意義は「著作・編集を民間に委ねることにより、著作者の創意工夫に期待する」(文科省)ことだ。こう書くべきだ、これでは不合格だと締め付けるのでは「創意工夫」は失われ、「国定」に近づく。

今日からコー/部屋間違えた/夜更かし

ブログネタ
フランス語 に参加中!
150429_byebye_Hashimoto

Japon: La recordman de 1.500 mètres nage libre a... 100 ans
Elle espère bien entrer au Guiness World Records. Mieko Nagaoka, une Japonaise de tout juste 100 ans, a réussi à boucler une course de 1.500 mètres lors d'une compétition de nage libre en petit bassin, un exploit qu'aucun autre centenaire dans le monde n'avait réussi avant elle. Seule à concourir dans la catégorie 100 à 104 ans, elle a accompli ce défi en 1 heure 15 min 54 sec samedi dans la préfecture de Ehime (ouest), en optant pour le dos crawlé, sous les applaudissements d'un public enthousiaste.
≪Je veux nager jusqu'à l'âge de 105 ans≫
La guillerette vieille dame ne compte pas s'arreter là: ≪Je veux nager jusqu'à l'âge de 105 ans si je parviens à vivre aussi longtemps≫, a-t-elle dit à l'agence de presse Kyodo. Et pourtant, la dynamique Mieko Nagaoka n'a commencé à nager qu'à l'âge de 80 ans dans le cadre d'un programme de rééducation d'un genou malade, selon la meme source.
Une ≪Golden Bolt≫
Débutante à l'époque, elle s'est prise au jeu et enchaîne depuis les records. Elle avait déjà parcouru 1.500 mètres dans un bassin olympique à l'âge de 99 ans et a publié l'an passé un livre relatant ses prouesses sportives. Il y avait près de 59.000 centenaires répertoriés au Japon en septembre dernier, dont 87% de femmes, selon les statistiques officielles du ministère de la Santé.
Parmi eux, plusieurs demeurent très alertes et n'ont rien à envier aux jeunots. Ainsi, Hidekichi Miyazaki, 104 ans, peut se prévaloir du record du monde du 100 mètres des 100 ans et plus avec 29,83 secondes, ce qui lui a valu le surnom de ≪Golden Bolt≫ - en référence à la star de l'athlétisme Usain Bolt.
フランス語
フランス語の勉強?

久しぶりのコーです.時間配分がイマイチだったかな?
でもとりあえずどうにか今日の分は終えました.当然明日もあります.
3回目は部屋を間違えてしまいました.隣の部屋でした.
夜更かししてしまいました.反省です.

<かすむ復興>整備5年で終わらぬ/集中期間後の行方(上)/まちづくり
<計画通りでも>
 巨大な重機が山を削り、空中回廊のようなベルトコンベヤーが土砂を運ぶ。盛り土の上に築かれるはずの街並みは、まだ青写真の中にしかない。
 東日本大震災の津波で中心部が壊滅した陸前高田市。復興まちづくりに向け、かさ上げと高台造成による大規模な土地区画整理事業が進む。
 作業は計画通りでも、市の山田壮史都市整備局長の表情はさえない。「支援スキームがいまのままならよいのですが…」。国の集中復興期間(2011〜15年度)後への不安を拭いきれないでいる。

<地元負担示唆>
 区画整理の総事業費は1200億円。本体事業は全額が国費で賄われる方向に揺らぎはないものの、約6000人が暮らすエリアの整備は整地や道路敷設だけで終わるものではない。
 国は16年度以降、復興事業について自治体負担を求める方針を示唆している。市街地形成には商業再生によるにぎわい創出に加え、体育館や図書館といった公共施設も不可欠だ。基盤整備後の支援が先細れば地域の未来は描けない。
 「今回の災害規模なら、復興まちづくりは国が担うべきなのに」。山田局長が焦りをにじませた。
 集中復興期間の終了を見据え、国は従来の姿勢を変容させようとしている。「道半ばのまま置き去りにされるのではないか」。被災地の懸念が強まる。

<何度も見直し>
 4500戸の災害公営住宅の建設を予定する石巻市。被災地で最多となる計画戸数のうち、2割は場所さえ確定していない。候補地にはいまも多数の仮設住宅が並んでいる。
 災害公営住宅の建設も国費の投入が堅持される見通しとはいえ、将来にわたって施策転換がないという保証はない。一方、被災者側にも時間の経過とともに、子の独立や高齢者の施設入所といった変化が出ており、建設の計画戸数は常に見直しを迫られる。
 「そもそも地域ごとに被災程度は違う。住宅再建は集中復興期間内で終わるもんじゃない」。石巻市復興住宅課の後藤寛課長が嘆く。
 「震災5年」という一方的な区切りに戸惑う被災地。陸前高田市で住宅再建支援に当たる「北方建築総合研究所」(北海道旭川市)の鈴木大隆副所長は言う。「真のまちづくりは5年や10年では完了しない。国も含めた総力戦で臨む必要がある」

 東日本大震災から5年目を迎えた被災地に暗雲が漂っている。集中復興期間が15年度で終了するのに伴い、国の支援が先細る恐れがあるためだ。復興まちづくりの道半ばで戸惑う現場を追った。(震災取材班)


<統一選>八戸/選挙カー復活 震災自粛一転
 青森県議選(12日投開票)で、東日本大震災の被災地を抱える八戸市選挙区(定数8)は、震災直後ということで選挙カーの使用を各陣営が自粛した前回(2011年)と打って変わって、街中に連呼が響く通常の選挙戦に戻った。防波堤など主要インフラの復旧が一段落し、重点施策には震災復興でなく、経済や医療などの地域課題を取り上げる候補が目立つ。
 選挙カーは今回、9人中8人が使っている。前回は11人中9人が自粛した。新人は「震災直後は後片付けなどもあって自粛はやむを得なかったが、復旧が進んだ現状では問題ない」と説明する。
 現職の6人は告示前、被災者への配慮などから選挙カーからの連呼はしないことを確認したが、選挙戦初日から約束を守らない陣営が出た。「結局、なし崩しになってしまった」と候補の一人は嘆く。
 各候補の政策紹介のチラシには「経済成長」「医療体制の充実」などの言葉が並び、「復興」を掲げたのは9人中3人にとどまる。復興を挙げなかった現職は「物理的には復旧しており、他の政策を優先した」と話す。
 県内の3月12日現在の避難者は574人で、八戸市には市町村別で最多の175人がいる。県内の被災4市町で八戸市は被害が最も大きかった。八戸港の復旧工事は319億円を費やして13年7月に完了したが、道路整備などの復興交付金事業は27事業中14事業がまだ終わっていない。
 一方で八戸市は死者・不明者が計2人にとどまり、市民の多くは宮城、岩手、福島と地元を比べ被害を過小評価しがちだ。各候補の街頭演説でも「被災4県」という表現は聞かれない。
 被害が大きかった市北部の市川町地区の主婦(65)は「津波のことはいまも思い出したくない。短いような長いような4年だった。被災地を忘れない人を選びたい」と言い切る。
 青森県は「創造的復興」を掲げ、被災者の生活再建支援を継続的課題に挙げている。候補の一人は「インフラがほぼ復旧し、被災3県でないこともあって、青森の震災は忘れがちだ。被災者の気持ちに配慮したい」と気を引き締める。


地方創生戦略/甚だ迷惑「この道しかない」
 地方創生戦略の一環として小規模市町村に国家公務員を派遣する制度が始まった。首長を補佐して地方版総合戦略の策定を支援するという。
 地方へ赴く若手官僚の志に異論などあろうはずもない。だが、そうではあっても自分たちのことは自分たちで決める時代に中央から官僚を送り込む発想は理解し難い。市町村の政策立案能力を殊更小さく見ているかのようだ。
 わざわざ出向いて世話を焼く前に、中央で見直してもらいたい地方再生の障壁はいくらでもある。地域性を顧みない全国一律の制度、効果を検証しないばらまき、煩雑な補助金の申請手続きなどだ。
 省庁内の改革を後回しにして地方に乗り込むのでは、この機に乗じて中央による地方支配を強めようとしていると思われても致し方あるまい。
 ほとんどの自治体は人材支援の誘いを淡々と受け流すに違いない。そう思っていたら湯沢市が、新制度を利用して早速、副市長を迎え入れた。
 湯沢市では昨年、公金の不適正支出が相次いで発覚。副市長が引責辞任する事態に発展した。その空席を埋めるのが今回の官僚起用だった。
 単に国に人材を求めるだけなら通常の人事交流で十分だろう。市政批判をかわす弥縫(びほう)策に地方創生を持ち出したようにも映る。新制度は、出だしで早くも本筋からそれた。
 石破茂地方創生担当相は、全自治体に地方版総合戦略の提出を求め、地域間競争を促す方針を表明している。
 戦略の内容や効果で地方交付税や交付金の配分に差をつけるという。復興業務に忙殺される東日本大震災の被災自治体も例外ではない。
 そもそも地方固有の財源である交付税や交付金を国が恣意(しい)的に差配しようということ自体、大いに問題なのだが、まずは競争をあおるような手法が本当に正しいのかどうかをよくよく吟味してほしい。
 自治体間競争で真っ先に思い起こされるのは平成の市町村合併だろう。
 財源が先細りする中、自治体が生き残る手だてはこれしかないと喧伝(けんでん)した結果、全国の市町村が合併へと雪崩を打った。しかし、はかばかしい効果は見えず、むしろ合併自治体の周辺部では新たな過疎が出現、進行している。
 後先を考えない合併競争も今日の急激な人口減少や一極集中の一因になったと言えよう。それにもかかわらず政府は「財源縮小」を「人口減少」に置き換え、再び自治体を競争させようというのか。
 国全体の人口が減っている状況で競争を強いれば、必ず生まれる敗者のダメージはより大きくなる。書類の出来不出来だけで負け組に仕分けされた市町村のその先について政権は一切説明していない。
 安倍晋三首相の所信表明演説を第1次内閣までさかのぼっても、地方政策に関する言及はこれまでほとんどなかった。政権が地方を軽視してきた何よりの証拠ではないか。
 それなのに地方衰退、と言うより、これに起因する国力衰退に思い至った途端、付け焼き刃の戦略を「この道しかない」とばかりに地方へ押し付けようとしている。甚だ迷惑と言わざるを得ない。


<最終処分場>建設への「アリバイ作りだ」
 環境省が5日、仙台市内で開いた指定廃棄物最終処分場建設に関する説明会は、建設候補地などの住民らと意見を交わす初の機会となった。施設の危険性を訴える住民側に対し、環境省は安全性と県内1カ所での処理の必要性を繰り返し強調、議論は平行線をたどった。会場からは「計画を進めるためのアリバイ作りか」との声も上がった。
 「どんなに安全な施設だと言っても必ず壊れるのが3.11の教訓だ」。大槻憲四郎東北大名誉教授は環境省が言う安全性に異を唱えた。候補地の一つ、加美町の男性も「どんなに強固な施設でも100年持つはずがない」と同調した。
 指定廃棄物を各県内で処理することを定めた放射性物質汚染対処特措法の見直しを求める声も相次いだ。
 泉区の男性は「法律を見直し、皆が納得できる処分計画に作り直すべきだ」と強調。栗原市の男性は特措法改正に加え、福島県内の原発敷地への集約処理を提案した。
 環境省の担当者は、特措法改正について明言を避け、福島集約に関しては「一番の被害者の福島にさらに負担は強いられない」と否定した。
 初の説明会が、候補地の正式提示から1年以上過ぎた時期に開かれたことにも批判と不満が渦巻いた。
 加美町の団体職員後藤利雄さん(56)は「計画を進めるため県民に説明したという環境省のアリバイ作りそのものだ」と批判。同町は県内3候補地の中で唯一、国の詳細調査に反対しており「調査に入るための布石だろう」といぶかった。
 栗原市の市民グループ「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」の鈴木健三代表(72)は「国は今までの説明を繰り返しただけだ。納得できない」と突き放した。


翁長・菅初会談 民意の重さ受け止めよ
 辺野古に米軍基地を新設する政府方針を伝えるだけでは、沖縄県民の思いを踏みにじるだけだ。安倍政権には、民意の重さを受け止め、沖縄の過酷な歴史や負担の重さを直視する誠実さが必要だ。

 沖縄県を訪れていた菅義偉官房長官がきのう、翁長雄志知事と初めて会談した。菅氏は「辺野古移設は唯一の解決策だ」として「県内移設」を進める方針を強調し、翁長氏は「辺野古の新基地は絶対建設できないという確信を持っている」と反発したという。

 昨年十一月の知事選で初当選した翁長氏との会談を拒み続けていた首相官邸が重い腰を上げた形だが、政権側が沖縄の主張に耳を傾けようとしなければ、会談が平行線に終わるのも当然だろう。

 そもそも安倍政権は、沖縄の民意を軽く見ているのではないか。

 菅氏は翁長氏との会談前、昨年の知事選について「選挙結果は基地賛成、反対の結果ではないと思う」と述べた。政権に近い国会議員や識者も同趣旨のことを述べ始めている。とんでもない詭弁(きべん)だ。

 現職だった仲井真弘多氏が翁長氏に敗れたのは、安倍政権の圧力に屈して自らの公約を破り、「県内移設」容認に転換したことが県民の反発を招いたためである。

 続く十二月の衆院選で、自民党公認候補が県内四小選挙区でことごとく敗れたのも同様の理由だ。

 選挙に表れた沖縄県民の民意をあえて見ようとしないのは、民主主義国家のあるべき姿なのか。

 米海兵隊の拠点を沖縄県外に移しても、抑止力は大きく損なわれないとの見解が、軍事専門家や防衛相経験者から表明されている。

 安倍政権は抑止力維持を考えれば辺野古移設が「唯一の解決策」とするが、ほかの選択肢をどこまで真剣に検討したのか。軍事的合理性など考慮せず、「県内移設」ありきだったのではないか。

 翁長氏は菅氏に「普天間の危険除去のために沖縄県で負担しろという話をすること自体が日本政治の堕落ではないか」と指摘した。説得力のある反論を、政権側から聞いたことがない。

 苛烈な地上戦の戦場となった沖縄は焦土と化し、約六十万県民の四分の一が犠牲になった。戦後二十七年間も米軍政下に置かれ、今なお在日米軍基地の約74%が集中する。

 安倍政権は、沖縄が強いられた過酷な歴史と向き合い、選挙に表れた民意に深く思いを至らせるべきだ。県民に寄り添う気持ちがあるのなら、県内移設の強行など安易にできないはずである。


[翁長・菅初会談]菅流 上から目線にノー
 翁長雄志知事と菅義偉官房長官が5日、那覇市内のホテルで会談した。

 知事就任から約4カ月、やっと実現した官邸との協議の場で、翁長氏は普段より強い調子で沖縄の民意を代弁した。米軍普天間飛行場の辺野古移設をめぐって国との距離が縮まることはなかったが、新基地建設に反対する沖縄側の覚悟と、問題の原点である「安保の過重負担の解消」を突き付けた意義は大きい。

 会談では、菅氏が抑止力や危険性除去を理由に「辺野古が唯一の解決策」とこれまでの考えを主張。翁長氏は基地建設の歴史をひもとき、政権との距離についても触れた。

 米軍上陸後の軍事占領で一方的に土地を囲い込まれ、講和条約発効後、「銃剣とブルドーザー」で強制的に接収されたのが沖縄の基地である。自ら差し出したものでもないのに、危険性除去のために新たな基地を負担しろというやり方に対し翁長氏は「政治の堕落だ」と厳しく批判した。

 辺野古移設で菅氏がよく使う「粛々と」という決まり文句についても、「上から目線の言葉」と指摘し、県民の多くが感じていることを代弁した。

 翁長氏が政府への不信感をストレートにぶつけたのは、知事就任以来、「冷遇」されているからではない。

 名護市長選、知事選、衆院選の三つの選挙で移設反対の候補が全勝し、各メディアの世論調査で7割前後の県民が移設に反対しているにもかかわらず、菅氏がこれを否定するような民意無視の発言を繰り返したからだ。

    ■    ■

 菅氏は「最重要なのは普天間飛行場の危険除去である」と強調している。だが、このお決まりのフレーズは眉に唾を付けて聞く必要がある。

 政府が本気で「一日も早い危険性の除去」を考えているのであれば、仲井真弘多前知事が官邸と約束したという「普天間の5年以内の運用停止」を何が何でも実現させるべきである。

 5年以内の運用停止は「あり得ない」と表明している米側に対し、政府はどのような対応を取ってきたのか、それを語ることが先決だ。

 佐賀空港へのオスプレイの移駐についても、どうなったのか聞きたい。

 普天間問題の原点は過重負担の解消だった。

 安全保障のコストを日本全体で分かち合うという、そもそもの課題にも方向性を示していない。

    ■    ■

 安倍首相は、埋め立て工事の進展を今月末の日米首脳会談のお土産にしたいようだ。地元との「歩み寄り」を演出するため、訪米前の安倍・翁長会談の話も浮上している。

 知事に注文したいのは、政府首脳と会談する際の透明性の確保である。密室での協議は誤解を招きやすく、丁寧な説明が求められる。

 安倍官邸は政府機関を動員し、メディアを最大限に活用して世論を誘導するメッセージを送り続けている。「危険性の除去」など政権が都合よく解釈する言葉を放置せず、民間団体の力も借りて、選挙で示された民意を正確に国内外に発信してほしい。


翁長・菅会談 自治の抑圧 即時やめよ 辺野古移設の断念を
 「キャラウェイ高等弁務官の姿が思い出される」
 就任以来ようやく実現した菅義偉(よしひで)官房長官との会談で、翁長雄志知事が言い放った。かつて米国の軍事植民地に置かれた沖縄に君臨したキャラウェイは「(沖縄住民の)自治は神話でしかなく、存在しないものだ」と語り、強権を振るった。翁長知事はキャラウェイに重ねて安倍政権を批判した。沖縄の戦後政治史の中で、これほど強い言葉はないだろう。
 名護市長選、知事選、衆院選で示された辺野古移設反対の民意が存在しなかったかのように振る舞うことは「自治は神話」で日本は独裁国家と言うに等しい。

「政治の堕落」

 それにしても来県した菅官房長官が知事に語った言葉は軽すぎる。「辺野古(移設)を断念することは普天間の固定化につながる」と述べ、移設作業を「粛々と進めている」と語った。
 辺野古移設を「唯一の解決策」と言い張ることは、県外に移設先を求めない日本政府の怠慢でしかない。第3次安倍内閣で防衛相に就任した中谷元氏が2014年3月、県外での反対や抵抗によって沖縄の基地の分散は難しいとの認識を示した。中谷氏は「分散しようと思えば九州でも分散できるが、抵抗が大きくてできない」「理解してくれる自治体があれば移転できるが『米軍反対』という所が多くて進まないことが、沖縄に(基地が)集中している現実だ」などと答えている。
 民主党政権の最後の防衛相だった森本敏氏も海兵隊の普天間飛行場の移設先について「軍事的には沖縄でなくてもよいが、政治的に考えると沖縄が最適」と発言している。知事が指摘するように県民は「粛々」という言葉に決して脅かされないだろう。
 看過できないのは、なぜ知事にユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)沖縄誘致の話を持ち出すのか。USJは民間企業である。まるで国営企業のようではないか。勘違いも甚だしい。あまりにも露骨な懐柔策だ。
 知事は普天間飛行場が沖縄戦の最中に住民から土地を奪って建設された史実を語った。戦争中に民間地の奪取を禁じるハーグ陸戦条約に違反する行為であり、日本が降伏した時に、返されるべき施設である。それを70年もの長きにわたって占拠し続ける米国の異常さを認識すべきである。
 代替の新基地を求めること自体もっての外だ。日本政府が米国の不当行為に加担して、普天間の危険性除去のために沖縄が負担しろというのは、知事が主張するように「日本の政治の堕落」でしかない。

「弊履」のような扱い

 キャラウェイの圧政に屈せず、沖縄県民は自らの代表を自ら選ぶ「主席公選」を勝ち取った。当選した屋良朝苗氏は、日本復帰に際して基地のない平和な沖縄県を目指した。1971年「復帰措置に関する建議書」を抱えて羽田空港に降り立ったとき、衆院沖縄返還協定特別委員会は、与党自民党が数の力で返還協定を強行採決していた。復帰後も米軍による基地の自由使用が決まった。
 このとき屋良氏は破れた草履を意味する「へいり(弊履)」という言葉を使い「沖縄県民の気持ちと云(い)うのはまったくへいりの様にふみにじられる」(11月17日付日記)と憤激した。安倍政権の沖縄に対する姿勢はこの言葉と重なる。
 翁長知事は菅氏に、安倍政権は辺野古が唯一の解決策のように国民を「洗脳」していると批判した。政府が基地の縮小を持ち出すことについて見掛け倒しで実現しない「話のごちそう」と突き放した。
 県民の民意を体現して知事が繰り出す言葉は非常に重みがある。菅氏はその重みを受け止め、辺野古移設が不可能だと認識すべきだ。
 そうでなければ、菅氏の来県は元知事の平良幸市氏が沖縄を訪問した国会議員団の主体性を疑問視し非難した「何のかんばせ(顔)あって相まみえんや」となる。


時流・底流:NHK労組が勉強会 職員の危機感を発信
 NHK職員で組織する「日本放送労働組合」(日放労、約7000人)が、籾井勝人(もみいかつと)会長の言動への危機感から、有志で始めた勉強会の内容をホームページで発信し始めた。外部には伝わってこなかった職員の危機感や問題意識の一端が見えてくる。

 トップの言動が公共放送の信頼を揺るがす中、積極的に意見を表明するNHK職員はほとんどいなかった。「人事異動での報復が恐ろしい」(プロデューサー)との声さえ聞こえた。

 日放労でも昨年、就任記者会見での会長の発言を受けて、一部職員から退任を求める声が出たが、組合全体には広がらなかったという。

 そんな中、報道や番組制作の職場でつくる「放送系列」を中心とした有志が昨年4月、勉強会「NHKって何だっけ?」を始めた。ジャーナリストの池上彰さん、青木理さん、元経営委員の小林緑・国立音大名誉教授ら毎回ゲストを招いて、非公開で開いた。今年2月に10回に達したのを機に、講師の承認が取れ次第ホームページで発信することにした。

 OBの池上さんを招いて約200人を集めた第1回分を3月、最初に公表した。職員からは「自分たちの状況をそんたくしてシュリンク(萎縮)していくことが多くなっているのではと思う」「会長発言で現場は迷惑しているが、一つだけ良いことがあったとすれば公共放送って何だろうと考えるきっかけをくれた」といった意見が出た。

 池上さんは「どんな会長であれ、時の政権からは必ず圧力はかかる」「現場の自立性を大切にする。その防波堤になる。それが経営者の役割だろう」などと発言。今できることを問う声には「私が現役なら『世界の公共放送は今』という客観的な番組を作る」と助言した。

 中村正敏委員長(42)は「組合の多数派の意見ではないが、公共放送や受信料制度について考える材料を提示したかった。技術や営業職場からも多様な意見を発信していきたい」と話す。中村さんも「放送の自主自立を守る戦略と戦術を立てるため」、自ら放送法の解説を執筆、公表した。

 いずれも日放労ホームページ(http://www.nipporo.com/)のバナー「broadcasters」で閲覧できる。【望月麻紀、青島顕】


テレビ朝日:古賀氏降板問題 服部孝章・元立教大教授(メディア法)の話
◇政権、裏付け示すべきだ

 菅官房長官は「事実無根」と言うなら、「テレビ朝日の対応を待つ」などと傍観者のような態度を取るのではなく、自ら裏付けを示すべきだ。安倍政権はこのような問題が起こるたびに「放送法」を持ち出すが、法律の言う「公平」は放送局自身が自律的に尊重すべきものであって、権力が言うべきものではない。政権が都合のよいときだけ「法律」を持ち出すのはいかがなものか。古賀さん自身もエチケット違反と言わざるを得ない。生放送の力を信じて出演したのなら、もう少し引いて意見を言うべきだろう。古舘さんにしても「ニュースと関係ないこと」などと言わず、最後の出演になった古賀さんにあらかじめあいさつの場を用意しておけば、こんなことにならなかったのではないか。

湯葉/都をどりに満足/美保子さんからメール

ブログネタ
フランス語 に参加中!
150405

≪ Il faut rire de tout. C'est extrêmement important. C'est la seule humaine façon de friser la lucidité sans tomber dedans. ≫
de Pierre Desproges
Toute science est une connaissance certaibne et évidente.
-René Descartes
All science is certain and evident knowledge.
フランス語
フランス語の勉強?

都をどりを見に京都に行くので,ついでに湯葉料理をいただくことにしました.阪急烏丸で降りて大丸に向かいました.湯葉御前で生湯葉や湯葉の天ぷらが楽しめます.生湯葉を生姜醤油で味わうのはよかったですが,湯葉の天ぷらはよくわかりませんでした.ゆっくりしていたいところですが,都をどりの時間もあるので急いで祇園に移動です.なんとなく滝川クリステルに似ているなぁと思う女性を見かけましたが,私には関係ありません.
庭園も雨なのでほとんど人がいませんでした.待っていていよいよ芸妓さんによるお點前です.幸運なことに一番前に座ることができて,舞妓さんがお茶を運んできてくれました.こういう時にどうやって対応したらいいのかわかりませんが,ちょっと緊張しました.

第143回目となる都をどりですが,今回は花都琳派染模様(はなのみやこりんぱそめもよう)で
第一景が置歌(おきうた)で(銀襖)長唄
第二景は上賀茂社梅折枝(かみがもしゃうめのおりえだ)(上賀茂神社)長唄
第三景は西王母三千歳桃(せいおうぼみちとせのもも)(中国)別踊 長唄
第四景は三河八橋燕子花(みかわやつはしかきつばた)(三河八橋)別踊 長唄
第五景は源頼光土蜘蛛討(みなもとのらいこうつちぐもうち)(源頼光館)別踊 浄瑠璃
第六景は光悦寺紅葉尽(こうえつじもみじづくし)(光悦寺) 長唄
第七景は新口村雪道行(にのくちむらゆきのみちゆき)(新口村) 別踊 長唄
第八景は平野社桜花絵巻(ひらのしゃさくらばなえまき)(平野神社) 長唄

でした.音声ガイドを借りたのでよくわかりました.
その後,元立誠小学校での高瀬川桜祭りで京都のお酒を少し試飲しました.少し辛口かな?
大阪に戻ったのは8時頃で結構疲れました.
なぜか美保子さんからメールがあったので,とりあえず返事しました.

明日へ−支えあおう− 花は咲くあなたに咲く▽おだづもっこの“復幸祭”〜女川町
津波で町の8割が破壊された宮城県女川町。新たな町作り計画、海産物のブランド化。再生を担うのは、水産加工会社や商店街の若い世代。復興にかける若者の奮闘をみつめる。
津波によって町の8割が破壊された宮城県女川町。今、官民一体となって再建計画を推し進め、住宅地や商店街の整備が始まっている。町作りのアイデア、海産物のブランド化。再生を担うのは、水産加工会社や商店街などの若い世代。番組では、3月末の石巻線女川駅の開業に向け、若者が一丸となって町づくりを進める現場に密着。大規模な“復幸祭”を開催して人を呼び集め、町に命を吹き込もうとしている。若者たちの奮闘をみつめる。
畠山智之,中村雅俊

NNNドキュメント'15 今だから証言者が語るオウム教祖との会話
地下鉄サリン事件から20年。オウムとはいったい何だったのか。当時最前線の現場にいた捜査幹部、記者、松本智津夫死刑囚の娘たち。彼らの証言を元に検証する。
山崎岳彦 日本テレビ

テレメンタリー2015シリーズ戦後70年 ミャンマーのゼロファイター〜動き出した遺骨調査〜
ミャンマーで戦死した13万7000人の日本兵のうち、未だ約4万5000柱が日本への帰還を果たしていない。現状を打開すべく1人の民間人によって遺骨調査が動き出した。調査が行われたのはインパール作戦の激戦地だ。数年前まで外国人の立ち入りが規制されていた山林にカメラが入った。日本語を話す古老、そのままの姿を残す戦地。そこには日本兵とみられる遺骨の数々が残されていた。
戦後70年、遺骨問題から戦争を刻む。
九州朝日放送



都をどり大ざらえ
三鉄・全線復旧1周年 宮古駅でイベント
 東日本大震災で被災し、昨年4月に全線が復旧した第三セクター三陸鉄道(宮古市)の運転再開1周年を祝うイベントが4日、宮古駅であった。
 1周年記念のヘッドマークを装着したレトロ列車が到着すると、横断幕を持った社員が歓迎し、降り立った乗客に記念の缶バッジを手渡した。駅前広場では宮古観光協会が毛ガニ汁を観光客らに振る舞ったほか、宮古水産高の生徒が太鼓演奏を披露した。
 全線復旧の際にも乗車した八戸市の自営業菊池泰男さん(61)は「あっという間の1年。今後も三鉄に乗り続けて復興を応援したい」と話した。
 5日は宮古駅のほか、久慈、釜石、盛の各駅でも記念イベントがある。震災の津波で線路や駅舎が被災した三鉄は昨年4月5日に南リアス線(盛−釜石間)が、6日に北リアス線(宮古−久慈間)が全線で運転を再開した。


「あまちゃん」舞台 三陸鉄道が再開1年
 東日本大震災で被災し、昨春に全線再開した岩手県の三陸鉄道が5日、復旧1周年の記念行事を主要な4カ所の駅で開催した。小雨が降る中、沿線住民に加え、県内外から多くの鉄道ファンらが集まって晴れやかな笑顔で祝い、復興の進み具合を自らの目で確かめた。
 このうちNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台となった北リアス線・久慈駅は、駅名の表示を付け直して番組で登場した「北三陸駅」に“変身”。金野淳一運行本部長が「あの震災から4年。多くの方々の応援に心より感謝します」とあいさつし、職員らが餅まきをすると、子どもの歓声が上がった。


山形大生訴訟和解/命守る責務自覚してるのか
 原告、被告双方が訴訟の意義をかみしめる一日となるはずだった。119番山形大生死亡訴訟は3月30日、山形地裁で和解が成立した。
 市川昭男市長をはじめ、和解後の山形市幹部らの記者会見が台無しにした。誠意がみられないと受け取った原告弁護団が激怒し、「あまりにも情けない会見だった」と、異例の追加談話を発表した。
 大学生の死から3年5カ月、提訴から2年9カ月。救急車を出動させなかった判断の是非が問われ、全国の注目を集めた訴訟は、強い不信感を残したまま終結した。
 弁護団が特に問題視したのは、海和孝幸消防長の受け答えだった。現時点で同じ内容の119番があった場合の対応を問われ、「(大学生の)救急要請は途中で撤回された。救急要請があれば出動させる」と繰り返した。
 地裁が提示し、和解の柱となった「教訓として重く受け止めて救命救急体制の整備に努め、本件を市消防本部など職員の研修に取り入れる」との文言は反映されず、あまりにも紋切り型の答弁だった。
 隣にいた市川市長らのフォローもなかった。対応した市消防本部の通信指令員に過失はなかったと強調する答弁は、あくまでも身内をかばう、かたくなな姿勢に映った。
 「山形市は和解を真摯(しんし)に受け止め、改善策を取らないと市民の安全は守れない。何を教訓としているのか、何をするのか見えない。危惧を感じる」。追加談話からは、憤りと同時にあきれ果てたとの思いもにじんだ。
 訴訟は、山形大2年大久保祐映さん=当時(19)=が2011年秋に死亡したのは、山形市消防本部が救急車を出動させなかったためだとして、母親が市を相手に損害賠償を求めて起こした。
 大きな争点は、通信指令員の過失の有無と、救急車不出動と大久保さんの死との因果関係だった。双方の主張がほぼ出尽くした昨年12月、山形地裁は和解勧告した。
 そもそも1人暮らしの学生が苦しんで119番したのに、なぜ救急車を出さなかったのか。通報時に通信員が「タクシーで行きますか」と言ったが、誘導していいのか。約6分に及ぶやりとりの間に、救急車は到着していたのではないか。
 和解勧告は、素朴な市民の疑問に沿う内容だった。
 原告の母親に対し「心中は察するに余りあり、救急車不出動の法的責任を問う心情は十分に理解できる」と指摘。一方、山形市には「救急搬送体制に対する市民の信頼を揺るがしかねない事態となっている」と警鐘を鳴らした。
 双方は地裁の提示案通り、救急体制の改善に加え、市が解決金1500万円を支払う、市長が総括を発表する−の3項目を柱に和解した。
 母親は和解に当たり、救急体制の改善状況を注視する覚悟を示した上で「和解は終わりではなく始まりだと思う。祐映と同じような目に遭う人が二度と現れないよう強く願う」との思いを公表した。
 余計な説明はいらない。訴訟が残した教訓は、119番があればすぐに救急車を出す大原則にほかならない。


東日本大震災:福島第1原発事故 「避難先から帰還」に地域差 周辺4町「戻らない」半数 6市町村「戻る」4〜6割 住民調査
 東京電力福島第1原発事故で被災し、避難指示区域となった福島県東部11市町村の2014年度の住民意向調査で、避難住民の約4割が、避難指示解除後も事故前に住んでいた市町村に帰還しない意向を示したことが分かった。各市町村の調査結果をもとに毎日新聞が集計した。福島第1原発周辺の4町では帰還しないとの回答が半数前後に上ったのに対し、その他6市町村では逆に帰還するとの回答が4〜6割を占め、地域による違いも浮き彫りとなった。

 住民の帰還について意向調査を行ったのは、全世帯対象が大熊、双葉、富岡、浪江、楢葉の5町と飯舘、葛尾の2村。その他の4市町村は一部地区または世帯が対象で▽南相馬市=旧警戒区域(福島第1原発から半径20キロ)などの小高、原町の2地区▽川俣町山木屋地区▽川内村=避難指示解除準備区域外も含めた未帰還世帯▽昨年4月1日に避難指示が解除された田村市都路地区の未帰還世帯。11市町村の調査対象は計4万1328世帯で、2万1662世帯が回答した。

 避難指示解除後も「戻らない」などと帰還しない意向を示した世帯は全体の40・3%。「戻りたい」など帰還に前向きな回答は全体の25・5%にとどまった。全体の28・1%が「判断できない」などと保留した。

 福島第1原発が立地または隣接の4町(大熊、双葉、富岡、浪江)の回答世帯数は、11市町村全体の66・2%にあたる。この4町では「戻らない」との回答が半数前後(48・4〜57・9%)に上り、「戻りたい」は1割台(11・9〜17・6%)にとどまった。4町の平均を避難指示区域の種類別にみると、「戻らない」が▽帰還困難区域(年間積算放射線量50ミリシーベルト超)55・7%▽居住制限区域(同20ミリシーベルト超50ミリシーベルト以下)47・9%▽避難指示解除準備区域(同20ミリシーベルト以下)47・8%。「戻りたい」は▽帰還困難区域13・2%▽居住制限区域14・5%▽避難指示解除準備区域18・4%。
 ◇飯舘は「保留」最多

 避難指示解除準備区域が比較的多い南相馬、田村、楢葉、川俣、葛尾、川内の6市町村は4〜6割(45・5〜62・2%)が帰還の意向を示し、帰還を否定したのは1割弱〜2割強(7・8〜22・9%)。居住制限区域の多い飯舘村は「判断できない」が最も多く32・5%、「戻りたい」29・4%、「戻らない」26・5%。

 11市町村いずれも、2〜3割(23・2〜34・7%)が「判断できない」などと帰還を迷っている。【松本晃】

==============
 ◇集計の方法

 単独調査の南相馬市、葛尾村以外の9市町村は復興庁と福島県との共同調査。調査時期は2014年5月〜15年1月。富岡、浪江、大熊、双葉、川俣の5町と飯舘村は「戻りたい」「戻らない」の二択で、それぞれ帰還、帰還せずと集計。楢葉町、葛尾村は、帰還の意向を示した複数の回答を一つにまとめた。南相馬、田村の2市と川内村は、今後の住まいの設問で、市村内との回答を帰還、市村外を帰還せずとした。

皆既月食eclipse lunaire totale/神戸とドイツのドキュメンタリー

ブログネタ
フランス語 に参加中!
лента2

≪ Ce sont nos choix qui montrent ce que nous sommes vraiment, beaucoup plus que nos aptitudes. ≫
de Joanne K. Rowling
Deux étions et n'avions qu'un cœur.
-François Villon
Two were we and had but one heart.
フランス語
フランス語の勉強?
助けて!きわめびと「やる気スイッチはどこ?」
ひとつの道をきわめた“きわめびと”が、視聴者からのお悩みに応える番組。第1回のテーマは「やる気スイッチはどこ?」。ゲストは塾講師の坪田信貴さん。65万部のベストセラーで映画化も決まった『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應義塾大学に現役合格した話』の著者。どんな子どものやる気も引き出してしまうという独自のノウハウで、わが子の受験勉強のやる気スイッチが見つからないという親子の悩みに挑む。
三宅裕司,松嶋尚美,一柳亜矢子,
坪田信貴,本上まなみ


皆既月食なのですが,あまり興味ないです.フランス語だとéclipse lunaire totaleかな?
今日はドキュメンタリーを見ました.MBS映像14「知られざる最前線〜神戸が担ってきた”日米同盟”」とドキュメントWAVE「海外派兵で何がおきたか〜ドイツ軍アフガンでの13年」です.なかなか面白くためになりました.
みんなでお酒を飲みました.

被災の鉄骨ラーメン店、「遺構」断念し解体
 東日本大震災で被災し、鉄骨だけになった石巻市門脇町5丁目の「札幌ラーメン味平」が取り壊される。店主の尾形勝寿さん(70)は店舗兼住宅の跡地で約3年間、キッチンカーでご当地グルメ「石巻焼きそば」を販売。語り部として津波の恐ろしさを伝えてもきた。鉄骨の店は「震災遺構」として残したかったが、復興事業の進展で撤去を決めた。

 尾形さんは震災で妻のきみ子さん=当時(59)=が行方不明となり、自身も津波で大けがを負った。
 「誰かが教訓を伝えなければ」。2011年5月ごろから鉄骨の前で震災の体験談などを語り始めた。
 震災から時間がたつにつれ、各地で被災建物が次々に解体されていく。「全部壊して何も無くなったら、後世にどう伝えるのか」。危機感から店を遺構として残したかった。
 門脇町一帯では昨年8月、新たな市街地をつくる区画整理事業が本格化した。仮設住宅の被災者は住宅再建を待ちわびている。「復興を遅らせるわけにはいかない」。尾形さんは悩み抜いた末、解体を決心した。
 跡地では12年7月、キッチンカーで仕事を再開。宮城県大郷町の借家から通い、石巻焼きそばを提供してきた。13年春には被災した木を使って小屋を建設。板に来訪者から石巻への思いを書いてもらい、外壁に貼り付けた。
 3月28日に跡地であったお別れイベントには、全国から知人ら約80人が集まった。「がんばれ石巻」などと書かれた小屋の板約500枚を取り外し解体を開始。参加者は、振る舞われた焼きそばを味わいながら別れを惜しんだ。震災後に販売した焼きそばは約2万食。尾形さんは「店を残す方法が見つからなかった。残念な気持ちはあるけれど、皆さんのおかげで今まで続けられた」と感謝する。
 5月には市中心部に場所を移して営業を再開する。「妻も津波の伝承を願っていると思う」。語り部は体が動く限り続けるという。


<祈りと震災>(31)予期せぬ変化満ちる
◎連載に寄せて/宗教学者・山折哲雄氏
 あれから四年が経(た)つ。大地が揺れ、津波が襲ってきてから、何が変わったのだろうか。
 何よりも、災害記憶の風化がはじまっている。「東北」忘却の勢いに加速がつきはじめている。とりわけ激震地・荒廃地の周辺からは、ヒトやモノやカネの流れが引き潮のように引いていく。
 非情の歳月が演出するどうしようもない変化である。予測されていた変化だ。誰でも心の奥底で覚悟していた変化である。
 だが不思議なことに、そこには同時に思いもかけない衝撃的な変化がともなっていた。本紙にレポートされたシリーズ「挽歌の宛先」がそのことをつぶさに明らかにしていることに、私はあらためて気がついた。
 それには、三つある。

 一つは、見守る側と見守られる側のあいだの壁が急速にとりはらわれていった変化だ。
 悩みや苦しみを訴える者とそれをただ聴くほかなかった者のあいだのへだたりがみられなくなった。介護する者、それを受けとる者のあいだの不均等な関係が崩れていった。そのことが、被災した宗教者たちの苦悩と迷いの告白のなかに印象的に語られている。衆生病む、ゆえにわれ病む、である。それが胸をうつ。
 第二が、生き残った者たちの前に死者たちの生々しい声や姿があらわれはじめたという変化である。
 深く傷ついた災害地の人々は、そのような死者たちの声や姿に接して、それをもはや幻想とか幻覚とかいう言葉に置きかえようとはしない。
 そもそもこれらの言葉は、この世には存在しないものを実在するかのように錯覚する現象をさす。だが災害地にあらわれる幽霊や、海や山のかなたからきこえてくる声や呼びかけは、もはやけっしてたんなる幻でもなければ、かりそめのイメージでもない。
 それは家族の肉声そのものであり、生者の隣人のリアルな姿である。そのことを証言する舞台に立つのが、死者の思いをこの世にとどけるイタコさんやオガミヤさんたちだった。こうして仏おろしや魂呼ばいの過去の伝統が蘇(よみがえ)ったのである。
 第三に、ヒトと動物をへだてていた柵がみるみるとりはらわれていった。
 福島原発の事故により、飼育されていた大量のウシ、ウマ、ブタなどの生きものたちが飢餓のなかに置き去りにされ、野生化の道に追いやられた。やがてかれら生きものたちは「安楽死」という名の悲しい運命を引き受けさせられる。

 以前、九州の地で口蹄(こうてい)疫の事件が発生したときのことが浮かぶ。大量の生きものたちがつぎからつぎへと「殺処分」にされていった。たしかにさきの「安楽死」といういい方には、この「殺処分」という冷たい法律用語の感触にくらべれば、ヒトと動物の差異をのりこえようとする優しい配慮のあとがみえる。
 けれどもその動物たちの、かならずしもわれわれの耳にはとどかない悲鳴の声は、日々放射能の脅威にさらされている原発被災地の人々の不安と動揺の思いにそのまま重なってきこえてくるようだ。
 あれから四年。いったい何が変わったのか。われわれは今後も、その変化の背後にあるものをしっかり見定めていかなければならないのだろうと思う。


東日本大震災:福島・浪江の刺し子の会、解散して新しい一歩 5月の復興住宅完成前に
 福島県桑折(こおり)町の仮設住宅を拠点に活動してきた女性たちの刺し子のグループ「浪江花の会」が先月末、解散した。東京電力福島第1原発事故で浪江町から避難した菅野みずえさん(62)らが「針仕事が心の支えになれば」と始めてから3年。近くに復興住宅の完成を控え、「新しい暮らしへの転機にしたい」と活動に区切りをつけることを決心した。

 今年2月、仮設住宅敷地内にある集会場。「男はメンツを保ちてーから、謝らんのよ」。8畳ほどの部屋に、中高年の女性の世間話や笑い声が響く。おしゃべりしながらも、針を片手に赤色や青色などの糸を白い布に縫い付けていくと、花柄や幾何学模様が少しずつ浮かび上がってきた。

 2011年3月の原発事故で、浪江町の全住民が町を離れた。菅野さんら約100人は、町から北西約60キロにある桑折町の仮設住宅に入居した。

 仮設住宅で菅野さんは、女性たちがぼんやりしている姿をよく見かけた。ある人に聞くと、故郷の畑での土いじりを思い出していたという。みんな、つらい気持ちを募らせているようだった。「誰もこんな人生を望んだわけではないのに……。寂しく終わらせたくない」。12年春、女性たちを誘い、「浪江花の会」が生まれた。菅野さんら50〜80代の女性13人が集まった。

 菅野さんは知り合いのつてを頼るなどして、赤や青、虹色など色とりどりの糸を格安で手に入れた。1日4時間ほどの作業。3日ほどで1枚の作品ができあがる。まとまった枚数が仕上がると、被災地支援のイベントなどに出かけて販売した。「すてきな模様。使うのがもったいない」。そんな客の言葉に励まされ、メンバーの生活にも張りが出てきた。

 故郷の除染ははかどらず、立ち入りが原則できない帰還困難区域も残ったままだ。メンバーはみんな、浪江に帰りたいと考えていたが、諦める人も出てきた。新天地が決まったメンバーが一人、また一人と会を抜けた。

 集会場隣の空き地では復興住宅建設が進んでいる。完成予定は5月。「仮設での生活は仮の暮らし。そろそろ新しい生活への準備に時間をあてた方がいい」。菅野さんは昨年末、メンバーに会の解散を告げた。「寂しくなるね」。惜しむ声もあったが、みんなも理解してくれた。

 残った他のメンバー6人は、復興住宅や県内外の新居に移る予定だ。だが、菅野さんは具体的には何も決めていない。本来営んでいたはずの人生をどう取り戻すか、じっくり考えるつもりだ。【奥山智己】


東日本大震災:福島第1原発事故 みなし仮設家賃未請求 東電が自主避難分難色
 ◇事故4年、国が全額負担

 東京電力福島第1原発事故の避難者が住む「みなし仮設住宅」の家賃について、事故後4年を過ぎても、国が全額負担したまま、東電に一切請求(求償)されていないことが分かった。東電は避難指示を受けた人の家賃負担は請求に応じる意向だが、自主避難者分について難色を示し、これに経済産業省も同調している上、国か福島県のどちらが請求するかさえ決まらないまま全て棚上げされているという。避難者問題に詳しい識者は「自主避難者を被害者と認めたくない東電と国の姿勢がうかがえる」と批判している。

 同様に求償対象の除染費用については環境省などが2012年以降、2291億円を東電に請求し、自主避難者が住んでいた避難指示区域外も含め1217億円を東電が支払っている。

 被災者向けに民間賃貸住宅などを借り上げるみなし仮設は原発事故直後、福島県全域に災害救助法が適用されたため、避難指示の有無に関係なく自主避難者にも無償で提供された。その費用は避難者を受け入れた各都道府県が福島県にいったん請求し、福島県がとりまとめ、国が実質的に全額負担している。同法を所管する内閣府によると、福島県関係の災害救助費は13年度で317億円、14年度は予算ベースで287億円。その多くはみなし仮設の家賃とみられ、本来東電が持つべき負担を税金で充当し続けていることになる。

 関係者によると、12年春、当時同法を所管していた厚生労働省が東電や経産省と交渉を始め、厚労省と東電は同年8月、避難指示区域内からの避難者の家賃は東電による賠償対象になると福島県に通知した。みなし仮設の家賃も賠償対象との見解で一致している。

 しかし、国の原子力損害賠償紛争審査会が避難者の精神的賠償について、避難指示を受けている人には1人当たり月10万円の賠償額を示す一方、自主避難者は計12万円(子供・妊婦は計72万円)の賠償にとどめたことから、東電と経産省は両者を同等に扱い自主避難者にも家賃を支払うことに難色を示しているという。

 請求主体も決まっていない。1999年に茨城県東海村で起きたJCO臨界事故では茨城県が救助費用を業者に請求したため、厚労省は13年5月、福島県などが東電に請求する仕組みを導入しようと模索したが、福島県は「全額を負担している国が請求すべきだ」として押しつけ合う状態だ。

 内閣府の担当者は取材に「東電が支払おうとしないものは請求できない」と話し、自主避難者分を請求から外す可能性も示唆した。

 内閣府の姿勢について、原発避難の賠償に詳しい除本理史(よけもとまさふみ)・大阪市立大教授(環境政策論)は「自主避難者分の負担を国などが請求しないのは、事故の被害者として認めたくない姿勢に他ならない。事故の責任を明確にする作業を避ける国と東電の無責任ぶりがよく表れている」と話している。【日野行介、町田徳丈】

==============

 ■ことば
 ◇自主避難者への損害賠償

 原子力損害賠償紛争審査会は中間指針第1次追補(2011年12月)で国の避難指示区域外にある福島市や郡山市、いわき市など対象23市町村からの自主避難者と自宅滞在者に一律8万円(18歳以下と妊婦は40万円、実際に避難した場合は20万円上乗せ)の定額賠償を示した。さらに中間指針第2次追補(12年3月)に基づき、東電は12年12月に1人4万円、子供と妊婦は12万円を追加賠償すると発表。一方で指針は「個々の事案ごとに判断すべきもの」とし、国の原子力損害賠償紛争解決センターによる和解仲介手続き(原発ADR)では基準を上回る賠償を認めるのが一般的だ。

カンセイモがわかった!/久しぶりのジム/クジラ

ブログネタ
フランス語 に参加中!
bandă2

≪ Les livres sont comme des rivières qui arrosent la terre entière, ce sont les sources de la sagesse. ≫
de Régine Deforges
Quand la vérité met le poignard à la gorge, il faut baiser sa main blanche, quoique tachée de notre sang.
-Théodore-Agrippa d'Aubigné
When truth puts a knife to the throat, one must kiss its white hand, even though it is stained with our blood.
フランス語
フランス語の勉強?

少し考えてカンセイモがわかりました.少し面倒です.
抵抗ありましたが久しぶりにジムで体を動かすことにしました.いつもの女子とおじさんがいました.
スーパーに行くと,クジラが売っていました.迷わず買いました.お酒も.刺身にして食べてみたのですが,濃厚な味で広島のお酒ではちょっと物足りない感じがしました.

<残業未払い訴訟>震災後の過重労働に苦慮
 時間外労働の賃金の一部が支払われていないとして、職員2人に相次いで提訴された気仙沼市が対応を検討している。東日本大震災後に過重労働が恒常化する部署は多く「個人だけの問題ではない」(市幹部)からだ。市は新年度も必要な派遣職員数(282人)が83.3%しか充足せず、職員不足が解消するめどは立っていない。
 訴えによると、職員の1人は2013年1月〜14年4月、正規の就労時間より多く勤務したが、749時間分(約155万円)が支払われていない。別の職員は11年3月〜14年12月の残業代の一部(約396万円)が未払いという。
 こうした提訴は被災自治体では異例。菅原茂市長は2日、「勤務実態がどうだったのか訴状を精査し対応を検討する」と述べた。
 時間外・休日勤務手当は市総務課が予算を管理し、仕事量に応じて各部署に配分している。震災前の10年度は1億2400万円だったが、11年度は1億7100万円と急増。14年度は2億3000万円と震災前の倍に増やした。
 それでも複数の市職員によると、復旧復興関連の部署に手厚く配分される一方、それ以外だと手当が実態の半分以下の部署も少なくない。市職労は「2人だけの問題ではない」と実態調査に乗り出し、労使で労働環境の課題解決を図りたい考えだ。
 自治労県本部によると、宮城県内の被災自治体で深刻な残業代未払い問題が起きているのは気仙沼市だけ。市は2012年2〜3月に県人事委員会から残業手当を支払うよう勧告を受けたが、「勧告に基づく是正が十分されていない」(自治労県本部)とみる。
 菅原市長は「復興は途上で、国が掲げる地方創生への対応も加わって人繰りは厳しい。手当は実情に応じて補正予算を組んで対応する」と説明する。


<祈りと震災>(30)痛恨の絵馬が揺れる
 カラン、コロン。
 無人の境内で、絵馬掛所につるした絵馬が風に揺らぐ。
 相馬小高神社は、南相馬市小高区の中心部に程近い場所にある。この辺りは福島第1原発事故のために、今も避難指示が続く。
 数十枚の絵馬には、放射能汚染のせいで安楽死や餓死に追い込まれた家畜への哀悼の言葉がつづられている。
 「安楽死した御霊(みたま)は忘れはしない。きみたちの死は無駄にしない事を誓う」
 絵馬が奉納されたのは昨年5月11日。犠牲となった家畜の慰霊祭が神社で営まれた。
 依頼したのは福島県県北家畜保健衛生所の所長だった獣医師、紺野広重さん(60)=3月末で退職=。職務として安楽死処分に関わった。

 「過酷な業務で心に傷を負った職員が多い。けじめとして慰霊祭をお願いした」
 県職員ら約40人が参列。境内の畜魂(ちくこん)碑に向かって弔った。人々が避難した後に残され、命を絶たれていった無念さを思いながら。
 衛生所の獣医師は本来、家畜の伝染病予防や衛生面向上が主な仕事だ。原発事故を受け、国の指示で20キロ圏内の家畜を死に追いやる全く逆の業務を強いられた。
 家畜は出荷できなくなったばかりでなく、立ち入り制限のため餌を与えられない。せめて餓死を免れさせようと畜舎を開けたままにする農家も現れ、県職員らは野に放たれた牛や豚を捜した。
 「民家が踏み荒らされる被害が出ていた。安楽死も復興のためと自分に言い聞かせるしかなかった」。紺野さんは10回以上、防護服に身を包んで現場に赴いた。
 飼い主が見守る中での光景が忘れられない。連れてきた牛に鎮静剤を打ち、注射による投薬で安楽死させた。
 「飼い主は携えた花を埋葬地に供え、手を合わせていた。私らもつらくて…」
 原発事故が引き起こした理不尽な死。誰も望まない仕事は昨年初めまで2年8カ月続いた。安楽死したのは牛1692頭、豚3372頭。畜舎で餓死する例も相次いだ。

 処分に携わった職員の心はすさんだ。その一人は「自分が死んだら地獄に落ちると思った」と明かす。家族が同じように安楽死される夢を見たり、酒の力で現実から逃れたり。それぞれが苦悩した。
 「慰霊祭をしても自分たちの行いは消えないが、少しでも気持ちが和らげば」と紺野さん。尊い命をやむなく絶った重荷を背負い、犠牲の先にあるものを思う。
 「犠牲」の二文字に宿る牛は、神にいけにえとしてささげられた家畜の象徴でもある。原発事故という人災で、家畜と引き換えに人々は何を得ようとしているのだろうか。

KYセンター紹介/ドアノーの本は重い

ブログネタ
フランス語 に参加中!
szalag2

Japon: Shibuya vote le mariage pour tous
Le quartier connu pour être un haut lieu de la jeunesse branchée de Tokyo vient d'adopter la création d'une union pour les homosexuels. Une première au Japon.
L'avancée reste timide mais elle est significative. Mardi 31 mars, l'arrondissement de Shibuya, à Tokyo, a voté la création d'un "certificat d'union" pour les couples homosexuels, leur garantissant des droits proches de ceux des personnes mariées et une certaines protection contre les discriminations. Ce document, dont les premiers sont attendus en juillet, devrait par exemple réduire les refus de visites à l'hôpital, justifiés par l'absence de lien familial, et les problèmes d'accès au logement.
La mairie appelle les entreprises à faire bénéficier aux couples homosexuels ayant ce certificat des mêmes avantages que les hétérosexuels. La mesure n'a aucune valeur contraignante, mais les compagnies qui refuseraient feront l'objet d'avertissements voire de la mention de leur nom sur le site de l'arrondissement.
Initié en février par son maire Toshitake Kuwahara pour "permettre à tous de vivre avec espoir", le projet de Shibuya, arrondissement de 217 000 habitants connu pour être un haut lieu de la jeunesse branchée, intéresse d'autres administrations comme l'arrondissement de Setagaya.
Le Parti libéral démocrate (PLD) au pouvoir, a voté contre
Fumiko Hayashi, maire de Yokohama (deuxième ville du Japon) a qualifié l'initiative "d'avancée positive". "Il y a de nombreux couples du même sexe dont les liens sont très forts", a-t-elle souligné avant d'appeler à l'adoption de mesures de soutien en leur faveur. La ville de Takarazuka, près d'Osaka (sud-ouest), pourrait faire de même.
Cela dit, le conservatisme dominant freine les progrès sur cette question. A Shibuya, le texte a été approuvé par le Parti communiste, le Parti démocrate du Japon et le Parti Komei. Mais le Parti libéral démocrate, le PLD au pouvoir, a voté contre. Le premier ministre Shinzo Abe, lui-même résident de Shibuya, y voit une menace "pour les fondements mêmes de la conception de la famille dans notre pays".
Au Japon, l'homophobie n'est pas aussi forte qu'en Occident
Dans l'archipel, l'absence de tabou religieux sur l'homosexualité fait que l'homophobie n'est pas aussi forte qu'en Occident. "Dans le Japon ancien, et au moins juqu'à l'ère Meiji (1868-1912), écrit l'anthropologue Erik Laurent dans Les chrysanthèmes roses (Les Belles lettres, 2011), des comportements et sentiments homoérotiques ont été socialement et culturellement acceptés".
Mais les homosexuels n'ont quasiment aucun droit et subissent parfois des discriminations, qui peuvent pousser au suicide et bloquer les "coming-out". Dans ce contexte, explique Erik Laurent, "Effectuer son coming-out revient à sauter dans l'inconnu, dans la mesure ou les schémas comportementaux de l'homosexualité ne sont pas inscrits dans les codes culturels et sociaux habituels". L'une des principales raisons à la dissimulation de l'homosexualité est "de ne pas causer de torts" à la famille ou l'entourage.
Pour autant, la société ne semble pas insensible à la question. Il n'y a pas eu de manifestation massive contre le vote de Shibuya. Un sondage réalisé fin mars par le quotidien conservateur Sankei montrait que 60% des sondés approuvaient l'initiative de Shibuya.
フランス語
フランス語の勉強?

KYセンターの説明です.どうやったら30分もできるのかと思いながら,LLCの説明も入れて25分頑張りました.
図書館からドアノーの本を借りました.パリ市庁舎前のキス(Le Baiser de l'hôtel de ville)が有名ですね.重いです.2キロくらいあるような気がします.帰ってから一気にページをめくりました.

仮設のみんなに会いたい 兵庫の男性派遣志願
 東日本大震災で大きな被害が出た宮城県山元町で、兵庫県香美(かみ)町職員の平井智哉さん(41)が2年ぶりに再び復興業務に携わる。斎藤俊夫町長から1日、辞令を受けた。2012年4月から1年間派遣された前回、被災者支援に携わった。交流を深めた仮設住宅の住民のその後が気になり、2度目の派遣を志願。念願がかない、本格化する被災住民の生活再建を支える。

 平井さんは以前と同じ被災者支援室に配属。再会を果たした元同僚らに「また新人のつもりでビシバシ鍛えてください」と関西なまりのユーモラスな語り口であいさつした。
 香美町は兵庫県北部にあるマツバガニや但馬牛が名産の町。平井さんは前回、仮設住宅を回って入退居事務や施設維持、生活支援などに奔走した。熱心な仕事ぶりに入居者からは「あなた方が来てくれたおかげ」と感謝され、親しまれた。
 「あの人はどうしているかな」。香美町に戻った後も、平井さんは山元町の住民のことが頭から離れなかったという。体調に不安のある母(72)が気がかりだったが、再び被災地に赴く決意をした。任期は今回も1年間。宮城県大河原町の借家から車で40分かけて通勤する。
 震災から4年がたち、町内の仮設住宅の入居率は52%まで下がった。集団移転先の住宅団地や災害公営住宅の整備が進んではいるものの、いまだ約500世帯が不便な仮設住宅の生活を余儀なくされる。治安やコミュニティー維持も大きな課題だ。
 平井さんは阪神大震災で直接被災はしなかったが、当時の被災者の心のケアの在り方を学んだのが強み。「5年目は被災者の心が一番沈む時期と聞く。住民が笑顔で仮設住宅を後にできるお手伝いをしたい」。快く送り出してくれた古里の誇りを胸に新年度に臨む。
 今回は平井さんのほかに全国から55人が山元町に派遣された。兵庫県からは佐用町の井土達也さん(44)、新温泉町の福井崇弘さん(45)も2年ぶりに再派遣され、2人は6日に着任する。


49歳住職、大学再建へ学長就任
 宮城県村田町の曹洞宗寺院、龍泰寺の住職で、北海道苫小牧市の苫小牧駒沢大教授を務める佐久間賢祐さん(49)が1日、同大の学長に過去最年少で就任した。長く続く定員割れの解消が喫緊の課題で、地元と行き来しながら学生確保や新たな組織づくりに取り組む。
 佐久間さんは駒沢大(東京)に進学後、同大学院などを経て1998年に開学した苫小牧駒沢大の講師に就いた。専門は曹洞宗学。准教授を2年間務め、2009年に教授となった。
 苫小牧駒沢大は十数年前から定員割れが続き、現在の学生数は定員600人の半分以下。「学生の減少が深刻で、若い力で立て直してほしい」と教授陣が佐久間さんに白羽の矢を立てた。佐久間さんは「お世話になったご恩返しになるなら」と学長就任を決意した。
 学生確保に向け「小さいながらきめ細かく指導できるのがこの大学の良さ。地元の市や高校、経済団体と信頼関係を築いて学生を呼び込みたい」と意気込む。
 系列の駒大苫小牧高は、プロ野球東北楽天で活躍し米大リーグ、ヤンキースに移った田中将大投手の出身校で有名。だが苫小牧駒沢大は経営の効率化を理由に広報や就職支援の専任教員をなくしたり、系列高校からのスポーツ推薦を減らしたりして学生離れを招いているという。
 学長の任期は4年。学長の仕事をこなしながら、地元での住職の勤めも果たすという佐久間さんは「学内の組織づくりを一からやり直したい」と強調する。


<祈りと震災>(29)供養の場は守らねば
 福島県浪江町の共同墓地。真新しい墓石の前に、町内の清水寺の住職、林心澄(しんちょう)さん(47)が立つ。寺は福島第1原発から約10キロ。事故後、避難生活を送っている相馬市から駆け付けた。
 「お勤めさせていただきます」。引磬(いんきん)と呼ばれる鐘をチーンと鳴らす。檀家(だんか)4人が静かに見守る中、読経が始まった。
 浪江町は原発事故で立ち入り制限が続く。東日本大震災から5度目の春彼岸を迎えた共同墓地は、倒壊した墓の復旧が少しずつ進む。

 林さんはこの日、新しい墓に先祖の魂を宿す「魂入れ」を頼まれていた。「立派な墓ができて良かったね」。4人に語り掛ける。
 依頼したのは南相馬市に避難している左官業山田利正さん(64)。浪江の先祖代々の墓は寺から約1キロ先にあり、放射能汚染で帰還が長期的に困難な地域とされた。
 このためことし3月、町内の隣の地区にあった共同墓地に墓を建てた。1キロ近く離れた居住制限区域のここなら、防護服を着なくても入れる。
 「これで俺が死んでも息子たちは墓参りできる」。読経が終わり、山田さんはほっとした表情を浮かべた。
 清水寺の檀家約500軒の大半は原発事故で故郷を追われた。二本松、福島両市や首都圏に散り散りになった。
 林さんは葬式や法事があれば、相馬から各地にマイカーを走らせる。3月は郡山市に身を寄せた檀家の依頼で一戸建ての新居に行った。新しい仏壇に魂を入れた。
 避難した先の次の住まいに移る檀家が増えてきた昨年あたりから、魂入れが多くなった。「仮設の入居期限が迫れば、もっと依頼が寄せられるのではないか」

 檀家の暮らし再生の足音は感じる。でも浪江を離れる現実を次々と突き付けられ寂しい。「新天地に移っても菩提(ぼだい)寺を頼ってくれるだけでありがたい」。そう自らに言い聞かせる。
 新潟県生まれの林さんは、高校時代に出会った僧侶の教師に感銘を受けて仏道に進んだ。約20年前に清水寺の跡取りに迎えられた。
 檀家との付き合いが深く、自分の名前を冠した「心澄会」という同年代の親睦会もあった。寺の青年部を設ける話が持ち上がったころ、原発事故が起きた。
 離散し、墓は残しても生活の場を町外に移す檀家が相次ぐ。住職一人の力でこの流れを食い止めるのは難しい。
 「たとえ誰も住まなくなっても、墓がある限りは自分が残る」
 先祖供養の場をここに保つことが精いっぱいの使命−。縁あって住み着いた地で覚悟を決めている。


<入社式>東北の新人「志忘れぬ」
 2015年度が幕を開けた1日、東北の多くの企業で入社式が行われた。各社のトップは、東日本大震災からの復興を担う自覚と、時代の変化に果敢に挑む姿勢を求めた。新入社員らは決意と志を胸に、社会人としての一歩を踏み出した。

 アイリスオーヤマの入社式は角田市の拠点施設であり、95年以降で最多の217人が臨んだ。大山健太郎社長は「若者の財産はチャレンジ精神。世の中の変化を読み取り、しっかり対応できるように頑張ってほしい」と歓迎した。
 新入社員代表の岡村響介さん(22)は「常に高い志を忘れず、会社と社会に貢献できるプロになる」と答辞を述べた。
 トヨタの生産子会社のトヨタ自動車東日本(宮城県大衡村)は86人が入社。トヨタ東日本学園に女性で初めて入園する藤田美咲さん(18)は「車造りの技術を学び、東北の復興に尽力したい」と、1年後の配属へ意欲を語った。
 この日は同社工場で生産する新型カローラの販売が始まった。白根武史社長は「東北を基盤に世界一魅力あるコンパクトカーを作っていこう」と呼び掛けた。
 七十七銀行の氏家照彦頭取は仙台市青葉区の本店で「宮城県の復興、発展へ中心的役割を担う強い気概を持って前に進んでほしい」と訓示。新入行員160人を代表して小畑みのりさん(23)=泉支店=が「復興支援の一翼を担う責任の大きさに決意を新たにしている。地域のため全力で取り組む」と誓った。
 東北電力の海輪誠社長は、青葉区の本店で新入社員218人を前に、16年4月の電力小売り全面自由化に触れ「創業以来の大変革時代を勝ち抜くため、新しい電力をつくる気概を持って活躍してほしい」と強調。新入社員代表の小沢千花さん(23)=青森支店=は「変革の波に立ち向かい、東北の未来を切り開く使命感を感じている」と語った。
 新たなトップも新年度を迎えた。青森銀行では、1日就任の成田晋頭取が「自分の価値を自分で高める自己研さんが必要。使命感と誇りを持って頑張ってほしい」と激励。日本原燃(青森県六ケ所村)の工藤健二社長も社長として初めての入社式に臨み「地域から信頼され愛されるよう、地域活動に積極的に参加してほしい」と話した。


<入社式>三鉄2鉄道マン「復興に貢献する」
 東日本大震災で被災し、昨年4月に全線運行を再開した第三セクター三陸鉄道の入社式が1日、宮古市の本社であった。
 社会人のスタートを切ったのは、ともに宮古商高を卒業した金森太我さん(18)と沼崎龍聖さん(18)。望月正彦社長が辞令を手渡し「三鉄は地域の人たちに愛されてきた会社。多くのお客さんに喜んでもらえるよう力を発揮してほしい」と激励した。
 北リアス線運行部施設係に配属予定の金森さんは、震災の津波で宮古市の自宅が流された。復旧に取り組む三鉄の心意気に引かれ鉄道マンを志した。「仕事を一つ一つ覚え、沿岸の復興に貢献できる社員になりたい」と張り切る。
 沼崎さんは同部の運転士候補生で山田町出身。震災で休止したJR山田線の宮古−釜石間は三鉄への移管に向けて復旧工事が進む。「いずれ古里を走る列車を運転したい」と夢を語った。
 2人は久慈市で研修し、3カ月後に配属される。


<入社式>フラガール新人「笑顔届ける」
 いわき市の温泉レジャー施設「スパリゾートハワイアンズ」を運営する常磐興産(同市)の入社式が1日、ハワイアンズで行われた。専属ダンサー「フラガール」の新人4人も一般社員と一緒に出席し、希望に胸をふくらませた。
 4人は全員18歳で、いわき市出身が2人、神奈川県と千葉県出身が各1人。いわき市出身の阿部美憂菜さんと緑川涼香さんは、それぞれ地元の好間高といわき総合高時代に、フラチームに所属。仮設住宅への慰問や、地元イベントに参加したほか、同市で開催される「フラガールズ甲子園」にも出場した。
 式の後、阿部さんは「感謝の気持ちを忘れず、笑顔と元気を届けたい」、緑川さんは「慰問活動で、お年寄りが涙を流して喜んでくれたのが忘れられない。笑顔を届け、福島の魅力を全国に伝えたい」と話した。
 4人は1日、常磐興産が運営する「常磐音楽舞踊学院」に入校した。今夏にデビューする予定で、フラガールは総勢40人となった。


<辞令交付>市職員の父追う「被災者支援に誇り」
 東日本大震災の被災地石巻市で1日、復興への思いを胸に新たなステージに踏み出した人たちがいる。「子どもたちのために」「市職員として」。地域の力になることを誓った。

 震災当時中学2年だった石森愛さん(18)は、今春石巻高を卒業し、父秀利さん(49)と同じ市職員の道を歩む。
 津波で釜地区の自宅が全壊し、母ときょうだい2人と釜小に避難。市職員が話し相手になってくれ、不安が和らいだ記憶がある。
 秀利さんに会えたのは震災から1週間後。「助けを求める人がたくさんいる。父は大変だと思った」。避難所で懸命に働く市職員の姿と重なり、父の仕事を誇らしく感じた。
 一時は進学を考えたが、すぐにでも復興に関わりたいと進路を決めた。「仮設住宅で暮らす高齢者の孤独死の防止や沿岸部のにぎわい創出など、石巻の抱える問題は多い」。
 配属先は保険年金課。愛さんは「任せられた仕事を全力で頑張りたい。復興はまだまだ続く。被災した自分が復興を引っ張っていきたい」と意欲を語った。


楢葉のためじっくりと 大学休学し嘱託職員に
 東京電力福島第1原発事故で全町避難している福島県楢葉町の一般社団法人「ならはみらい」に1日、立命館大生の西崎芽衣さん(22)が嘱託職員として採用された。いわき市にある楢葉町の仮設住宅に傾聴ボランティアで訪れるうちに、「もっとじっくり話を聞きたい」との思いが募り、1年間休学して事務所のある同市に移り住んだ。

 西崎さんは東京都出身で、大学1年の2012年9月に友人とボランティア団体「そよ風届け隊」を設立。13年2月から楢葉町の仮設住宅を訪れ、傾聴活動などに取り組んできた。
 交流を深める中で、避難する町民には、さまざまな考えや判断があると知った。「長期的に滞在し、一人一人と向き合いながら、少しでも楽しく生活できるお手伝いができないか」。4月に4年生になり、就職活動が本格化する前に「やりたいことをやろう」と周囲の反対を押し切った。
 生活環境整備や魅力あるまちづくりに取り組む同法人は、町職員から紹介された。仮設住宅の連絡員と一緒に各戸を回ったり、広報を手伝ったりする予定だ。
 大学では住民主体のまちづくりを学び、阪神大震災や新潟県中越地震の被災地にも通った西崎さん。「町民に受け入れてもらえるか不安はあるが、勢いで頑張りたい」と話した。


仮設のみんなに会いたい 兵庫の職員再び志願
 東日本大震災で大きな被害が出た宮城県山元町で、兵庫県香美(かみ)町職員の平井智哉さん(41)が2年ぶりに再び復興業務に携わる。斎藤俊夫町長から1日、辞令を受けた。2012年4月から1年間派遣された前回、被災者支援に携わった。交流を深めた仮設住宅の住民のその後が気になり、2度目の派遣を志願。念願がかない、本格化する被災住民の生活再建を支える。

 平井さんは以前と同じ被災者支援室に配属。再会を果たした元同僚らに「また新人のつもりでビシバシ鍛えてください」と関西なまりのユーモラスな語り口であいさつした。
 香美町は兵庫県北部にあるマツバガニや但馬牛が名産の町。平井さんは前回、仮設住宅を回って入退居事務や施設維持、生活支援などに奔走した。熱心な仕事ぶりに入居者からは「あなた方が来てくれたおかげ」と感謝され、親しまれた。
 「あの人はどうしているかな」。香美町に戻った後も、平井さんは山元町の住民のことが頭から離れなかったという。体調に不安のある母(72)が気がかりだったが、再び被災地に赴く決意をした。任期は今回も1年間。宮城県大河原町の借家から車で40分かけて通勤する。
 震災から4年がたち、町内の仮設住宅の入居率は52%まで下がった。集団移転先の住宅団地や災害公営住宅の整備が進んではいるものの、いまだ約500世帯が不便な仮設住宅の生活を余儀なくされる。治安やコミュニティー維持も大きな課題だ。
 平井さんは阪神大震災で直接被災はしなかったが、当時の被災者の心のケアの在り方を学んだのが強み。「5年目は被災者の心が一番沈む時期と聞く。住民が笑顔で仮設住宅を後にできるお手伝いをしたい」。快く送り出してくれた古里の誇りを胸に新年度に臨む。
 今回は平井さんのほかに全国から55人が山元町に派遣された。兵庫県からは佐用町の井土達也さん(44)、新温泉町の福井崇弘さん(45)も2年ぶりに再派遣され、2人は6日に着任する。


高野山大法会:密教の里、新たな歴史 開創1200年
 真言密教の道場として弘法大師空海が開いた高野山(和歌山県高野町)で、2日に始まった開創1200年記念大法会(だいほうえ)。午前6時、成功を祈願する「御幣納め」があった。まだ薄暗い中、緋色(ひいろ)の袈裟(けさ)と紫色の衣を身につけた高野山真言宗の中西啓寶(けいほう)管長(81)をはじめ僧侶ら約30人と、ささげものの御幣(高さ約2メートル)を乗せたみこしが金剛峯寺を出発。約500メートル離れた壇上伽藍(がらん)まで粛々と行列は進んだ。

 大勢の信者や参詣者らが手を合わせる中、172年ぶりに再建された中門(ちゅうもん)に安置された四天王像が一斉に除幕され、中西管長らがくぐり初め。同じ伽藍内にある御社(みやしろ)へ御幣を納めて伽藍内の各堂をお参りした後、再び金剛峯寺へ戻った。

 中門の完成を祝う式典が壇上伽藍であり、僧侶ら総勢400人が入場した。読経が流れる中、中西管長が散杖(さんじょう)と呼ばれる棒で清めの水を中門前に注ぐ加持を行った。その後、大相撲横綱の白鵬関が太刀持ち、露払いの両関取を従えて土俵入り。四股を踏むと、参拝者らから「よいしょー」と掛け声が飛んだ。横綱の日馬富士関も豪快な土俵入りを見せた。

 高野山には金剛峯寺を中心に117の寺院が点在し、墓や供養塔計数十万基が集まる奥の院などが広がる。空海は今も奥の院の御廟(ごびょう)で入定(にゅうじょう)=永遠の瞑想(めいそう)=をしているとされ、1日2回、精進料理が運ばれる。

 高野町は現在、町役場をはじめ住宅や商店が建ち並び、市街地を形成。約3300人の町民の3割強を僧侶が占める。2004年の世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」登録後は、欧米からの来訪者も目立つようになった。13年には外国人宿泊者数は登録以前と比べて5倍の5万人に上った。

 中西管長は昨年11月、取材に「今なお大勢の方々がお参りに足を運ぶ姿を見ると、大師の『来る者は拒まない』という教えが深く浸透しているように感じる」と話し、「1200年前、険しい雑木林を一から開いた大師の苦労は並大抵ではなかったはずだ。大法会で高野山に登られたら大師の思いに触れてほしい」と語っている。【入江直樹】

poisson d'avril/カントクでクタクタ

ブログネタ
フランス語 に参加中!
senti3

La doyenne de l'humanité est décédée mercredi un mois après avoir fêté ses 117 ans
La Japonaise Misao Okawa, qui se prévalait du titre de doyenne de l'humanité, est décédée mercredi à l'âge de 117 ans, moins d'un mois après avoir fêté son anniversaire, a-t-on appris auprès de la maison de repos où elle vivait.
Elle avait succédé... à une Japonaise
Cette coquette petite dame, née le 5 mars 1898 et issue d'une lignée de marchands de kimonos de la ville d'Osaka (ouest), était officiellement devenue la plus vieille femme du monde à l'âge de 114 ans, en février 2013. Elle succédait alors à une autre Japonaise qui venait de s'éteindre à 115 ans. Le mois dernier, Misao Okawa s'était prêtée à l'occasion de ses 117 printemps à une très joyeuse séance de photos, vêtue d'un ravissant kimono rose, une fleur de la même couleur ornant sa blanche chevelure.
Un fils de 92 ans... et un arrière petit fils de deux ans
Mère de trois enfants, grand-mère de quatre et arrière-grand-mère de six, elle était entourée de sa famille, notamment de son fils ainé, âgé de 92 ans, et d'un dernier petit rejeton de deux ans. Elle paraissait alors en bonne forme malgré son âge avancé. Interrogée sur le secret d'une telle longévité, elle avait avoué... ≪ne pas savoir≫.
Le plus vieil homme est aussi un Japonais
Le plus vieil homme du monde, Sakari Momoi, est aussi un Japonais, de 112 ans. Né le 5 février 1903, il avait officiellement décroché le titre l'été dernier. L'espérance de vie des hommes nippons a franchi pour la première fois en 2013 la barre des 80 ans (80,21 ans), tandis que leurs compatriotes femmes détiennent la palme mondiale de la longévité (86,61 ans). Environ un quart de la population du Japon est âgée de 65 ans et plus, une proportion qui devrait atteindre 40% d'ici à 2060. Il y avait près de 59.000 centenaires répertoriés au Japon en septembre dernier, selon les statistiques officielles du ministère de la Santé. Parmi eux, 87% sont des femmes.
フランス語
フランス語の勉強?

poisson d'avrilです.こう見えても正直者なのでウソつくのは苦手です.
アイス引換券をもらいました.
今日はカントクでクタクタです.

「避難勧奨解除は不当」南相馬市民ら国提訴へ
 東京電力福島第1原発事故に伴って設定された特定避難勧奨地点を昨年解除したのは不当だとして、南相馬市の住民ら約530人が近く東京地裁に国を提訴することが31日分かった。解除取り消しと国家賠償を求める方針。
 住民側弁護団によると、原発事故による避難区域などの指定解除をめぐる訴えは全国で初めて。

◎「放射線量が高い場所が残っている」
 特定避難勧奨地点は原発20キロ圏外の比較的放射線量が高い場所が対象となった。国は2014年12月、「指定基準となる年間被ばく線量20ミリシーベルトを下回る」として南相馬市内の約150世帯を一斉解除している。
 原告住民らは「年間20ミリシーベルトの基準では国民の生命を守れない」「解除に当たって住民の合意を求めなかった」などと主張。勧奨地点に指定されていることの地位確認、精神的苦痛に対する1人10万円の慰謝料も求める。
 訴訟にも加わる地元対策協議会の菅野秀一会長(74)は「住民意向を無視した対応。放射線量が高い場所が残っており、解除は時期尚早だ」と話す。
 勧奨地点は避難区域のような強制性は伴わないものの、同様に慰謝料の支払い対象となった。南相馬以外では、伊達市と福島県川内村の計129世帯も12年12月に解除されている。
 国の原子力災害現地対策本部は「訴状を見て判断したい」としている。


<避難解除半年>川内村東部戻った住民12%
 東京電力福島第1原発から20キロ圏内の福島県川内村東部の避難指示が解除されて1日で半年となった。解除区域に居住実態のある住民は3月1日現在、21世帯34人と全体のわずか12.4%。除染対象外の山林に囲まれた生活への不安が根強く、買い物や通院などで依存していた同じ生活圏の富岡、大熊両町が避難区域のため、帰還に二の足を踏んでいるのが実情だ。
 同村下川内毛戸地区の神藤俊男さん(66)は定年退職を機に田舎暮らしを望み、東京から移住した。
 2010年、村の農家6人と販売団体「高原ファーマーズ」を設立。いわき市のイベントに出店したのを皮切りに、「凍(し)み大根」やニホンミツバチの蜂蜜を作り、県外にも販路を築こうと試みた。原発事故が起きたのは、その直後だった。
 長期宿泊が始まった昨年4月に自宅に戻って住み続けるが、仲間の農家は避難先にとどまる。物置にエゴマの種を入れたペットボトル5本を大事に保管するのは、「エゴマなら、いつか育てられる」という事業再開に懸ける思いからだ。
 事故前は車で30分ほどの大熊町に商業施設があった。今は1時間かけて田村市船引町でまとめ買いする。村は複合商業施設や災害公営住宅の整備、企業誘致などに力を入れるが、村の再生を目指す取り組みは始まったばかりだ。
 自ら好んで移り住んだ村だけに愛着の念は強い。「原発事故で村は全国に知られた。逆手に取れば、復興予算がある今はチャンス」。東京の友人を介して村を訪れるボランティアの受け皿づくりを計画する。
 避難者に支払われる月10万円の賠償は解除後1年で打ち切られる。1年以内の帰還者には90万円上乗せされるが、猶予はあと半年。村住民課は「暖かくなれば帰るという人もいる。戻って生活できる環境の整備に努めたい」と話す。4月以降、村に戻る意向を示しているのは15人ほどという。


<祈りと震災>(28)それでも神職を全う
 古里の万物に宿る八百万(やおよろず)の神々と暮らす日々は奪われたままだ。
 福島県浪江町は、福島第1原発事故で全住民が避難を強いられた。地元の初発(しょはつ)神社は原発から約8キロ。禰宜(ねぎ)の田村貴正さん(40)は3月中旬、神社に「一時帰宅」した。
 東日本大震災で被災した社殿の倒壊を防ぐ応急措置にさえ、立ち入り制限の影響で2年半もかかった。傾いた土台や柱の修復準備にようやく入ることができた。5月にも境内の除染が始まる。
 いわき市の神社に勤めながら週1回ほど浪江に通う。初発神社の氏子は県内外に散らばってしまった。連絡が来ても、避難先に新築する住まいの地鎮祭の依頼ばかり。もう浪江には戻ってこないのかもしれない。

 2013年1月、父で宮司の友正さん(68)と年始の歳旦祭から神社の行事を再開した。参列者はほとんどない。
 神道は神宿る自然に感謝し奉仕する。罪や穢(けが)れを除くため水で手を洗い、口をすすぎおはらいをする。水と恵みをもたらす大地、森林。全てが放射能にまみれた。
 「人が造りだした原発で水や土を汚してはならない。どうやって、どこから清めていけばいいのか」。心身を清めるみそぎは、ずっと地元の川や海でできないでいる。
 人々は避難できても、神社の氏神様は土地を離れられない。そばで守れないのがつらい。「遠くから祈りをささげるしかない」。もどかしさが募る。

 福島県大熊町の諏訪神社。原発事故の前から、地元で唯一、神職が住んでいた。宮司の武内重賢さん(39)は現在、郡山市に身を寄せる。
 複雑な思いがあった。「原発は古いものを大切にする人の心まで変えてしまった」。原発立地の交付金を頼りにまちづくりが進むにつれ、氏子らの心が神社からどこか離れていくような感じを覚えた。
 経済振興の柱と言い聞かせ、原発を受け入れ始めてもいた。11年1月には、本殿の前に掛ける神前幕に初めて「原発安全」の4文字を入れた。皮肉にもその2カ月後、原発事故が起きた。
 原発がある双葉郡からは神職がほぼ消えてしまった。武内さんは使命感が湧いた。教員との兼職を3月限りで辞め、神職に専念する。当面は他地域の神社と兼務し、大熊での再興を期す。
 原発の廃炉作業が終わるという40年先を見据える。「神社を残すには今から動くしかない。後は次の世代に託す」
 霊魂が永住する「高天原(たかまのはら)」の神々は福島に何を思うか。天空を仰ぎ、そんな問いを放つ。


新年度:若い目線で復興の役に…宮城・気仙沼市で辞令交付
 東日本大震災で大きな津波被害を受けた宮城県気仙沼市では1日、全国の自治体から応援で派遣された職員68人に辞令が交付された。菅原茂市長は「私たちのようにダメージの大きい街の復興は、今年度が山場。『復興最前線』で、各自治体で培った経験と力を貸していただきたい」とあいさつし、協力を求めた。

 川崎市から派遣された土井将也さん(28)は今回、震災以来初めて被災地に足を踏み入れた。「実際に見て、津波被害の大きさを実感できた。経験は十分ではないが、若い目線を生かして復興のお役に立ちたい」と話した。【井田純】


東京・渋谷区:パートナーシップ条例成立 同性カップル、権利前進 議論拡大、期待高まる
 東京都渋谷区議会は31日、同性カップルを「結婚に相当する関係」(パートナーシップ)と認め、区が証明書を発行する条例案を賛成多数で可決した。公的に同性カップルを認める制度は日本で初めて。条例はきょう4月1日から施行される。

 採決は議長を除く31人で行われ、最大会派の自民7人と無所属の計10人が反対。民主、公明、共産会派など21人が賛成した。

 条例は多様性や性的少数者の人権の尊重を掲げ、戸籍上の性別が同一の区在住の20歳以上のカップルについて、互いを後見人とする公正証書を作成していることなどを条件に証明書を出すとしている。区民や事業者にも配慮を求め、賃貸住宅への入居や病院での緊急時の面会などの場面で家族として扱われることなどが想定されている。

 また、区はこの条例に関して区民らから苦情の申し立てがあった場合には調査や、苦情の相手方に対する指導などを行う。職場での不当な差別や、証明書を持参しているのに面会を断るなど「条例の趣旨に著しく反した行為」が続き、是正の勧告に従わない場合は名前の公表もできるとしている。【藤沢美由紀、大平明日香】

 条例案が可決された瞬間、区議会の傍聴席で見守っていた性的少数者の問題に取り組む当事者らは、手を握り合うなどして喜びをかみしめた。

 同区在住の東小雪さん(30)は「うれしくて胸が熱くなった。今後は同性婚の議論も広がってほしい」と声を弾ませ、パートナーの増原裕子さん(37)は「日本の各地で、それぞれの住む自治体に期待している仲間がいる」と話した。また、性同一性障害で男性として社会生活を送る杉山文野(ふみの)さん(33)は「同性愛者に限らず、戸籍を変更していないまま暮らしている性同一性障害の人にとってもパートナーとの関係を保証するために意義がある」と語った。

 記者会見した桑原敏武区長は「国政においても(議論となり)、人権上の課題として一石を投じる歴史的な一ページとなった。少数者を支援する仕組みとして有効に活用し、個性の発揮できる社会にしたい」と強調した。
 ◇他自治体へ波及も

 渋谷区の同性パートナーシップ条例の成立は、差別や偏見に苦しんできた同性カップルの存在を国内で初めて公的に認めた点に大きな価値がある。性的少数者の職場での問題解決に取り組むNPO「虹色ダイバーシティ」(大阪市)の村木真紀代表は「(渋谷区が発行する)証明書の実質的な効力以上に、社会から承認されたという事実にとても勇気づけられる」と話す。

 他自治体への波及効果も小さくない。東京の世田谷区や横浜市、兵庫県宝塚市では首長がパートナーシップ条例など性的少数者への施策の検討を表明。当事者自らが施策を求める動きも出始め、さらに広がるとみられる。

 ただ、両性の合意による婚姻を定めた憲法24条などを根拠に反対する意見もあり、欧米同様、こうした流れが同性同士による法律上の結婚につながるかは未知数だ。海外の同性パートナーシップ制度に詳しい京都産業大法科大学院の渡辺泰彦教授(民法)は「日本ではこの程度の内容であっても保守派を中心に反対論が根強く、大きな議論が必要だ」と指摘する。一方で「条例に大きな反応があったのは日本にも同性婚などについて話し合える素地があるということ。どんな議論が始まるか注目したい」と話す。

 パートナーシップ証明書の存在自体が自らのセクシュアリティーを公表することになるなど画期的な条例にも課題はある。同性愛者の人権が異性愛者と変わりなく認められる日まで、行政側はまず制度の理念や性的少数者についての正しい知識を周知することが求められる。【藤沢美由紀】
Le petit prince
On ne voit bien qu'avec le coeur. L'essentiel est invisible pour les yeux. (Le petit prince)
acces
  • 累計:

archives
commentaire
retrolien
谷口将隆 (あやのつぶやき)
大麻で逮捕
  • ライブドアブログ