フランス語の勉強?

mars 2017

歯医者予約忘れて・・・/意見をメールで

ブログネタ
フランス語 に参加中!
wetd1

J.P. Nishi : ≪mes mangas montrent nos différences culturelles≫
Après avoir réalisé notamment deux mangas hilarants ≪A Nous Deux Paris≫ et ≪Paris, le retour !≫, J.P. Nishi était au salon Livre Paris pour présenter son nouvel ouvrage ≪A nos amours≫, aux éditions Kana. Un événement qui nous a permis de le rencontrer et de mieux comprendre le travail de ce japonais francophile.
Dans sa nouvelle BD, Taku Nishimura, alias Jean-Paul Nishi, nous entraine dans son quotidien de jeune père de famille. Marié avec la journaliste française, Karyn Nishimura-Poupée, il croque, avec son trait naif, tous les aspects du quotidien d'un couple franco-japonais uni au pays du soleil-levant. Au-delà de son humour évident, l'homme souligne avec malice nos différences pour en extraire une petite étude sociétale, à l'attention de ses compatriotes et des Français.
La France fait-elle trop rêver les Japonais ?
Evidemment ! Et en très grande majorité ce sont les Japonaises qui rêvent de la France, surtout de Paris et ses Parisiennes, ainsi que toute l’image qui les entoure, la mode et la gastronomie. A l’inverse, les garçons japonais s’y intéressent moins. Pour ma part, lorsque je suis venu vivre à Paris, je n’avais pas d’a priori. Ainsi, dans mes mangas, je n’ai fait que montrer ce que je voyais et mon ressenti sur nos différences culturelles. Mais en soulignant les travers des Français, mon travail a fait l’effet d’un ≪choc≫ pour mes compatriotes qui en découvraient une autre image. Toutefois, je considérais comme important de partager mon expérience.
Comment travaillez-vous ?
D’abord, je prends des notes en vracs et de petits croquis de ce que j’observe au quotidien. Ensuite, sur une autre feuille, j’essaie d’établir des rapports entre diverses situations, ce qui peut faire des thèmes pour mon manga. Puis, je tisse des liens qui vont permettre de créer une histoire pour présenter une première ébauche de mes planches. Toute la trame est ici présente et je n’ai plus qu’à finaliser. C’est une façon classique de travailler. Mais je me sers aussi beaucoup de Twitter. C'est un véritable mémo pour mes idées. Lorsque je tweete, même si je partage mon travail, en réalité c’est aussi pour nourrir mon travail. Mon vrai souhait serait d’ailleurs de ne poster que des dessins sur cette plate-forme.
Qu’est-ce qui fondamentalement différencie les Japonais des Français ?
De mon point de vue, pas grand-chose. Toutefois, d’un point de vue plus général et sociétal, on constate que l’attitude enfantine et l’attitude adulte dans les deux pays sont très différentes. Au Japon, l’adulte est celui qui est capable de ≪détecter l’atmosphère≫, de savoir, par exemple, ce que son interlocuteur attend de lui et d’adopter une attitude dont on suppose qu’elle lui convient. L’enfant, quant à lui, va dire tout ce qu’il ressent, sans pour autant s’intéresser à ce que son interlocuteur peut penser. En France, c’est le contraire. Puisque l’attitude enfantine est de rester passif, un peu renfrogné, sans rien dire. Tandis que les adultes vont dire tout ce qu’ils ressentent.
Karyn, dans le premier tome de ≪A Nos Amours≫, votre mari décrit votre rencontre de son point de vue. Mais comment ça s’est passé pour vous ?
Karyn Nishimura-Poupée : Nous nous sommes rencontrés lors d’une soirée en présence d’autres mangakas. Car c’est un milieu qui m’intéresse, ayant écrit un livre sur ce sujet [NDR : Histoire du Manga, aux éditions Tallandier]. Un ami journaliste m’avait expliqué que J.P. Nishi avait vécu en France et avait publié des mangas sur Paris. Lors de cette soirée, tout le monde était habillé de manière décontractée, sauf lui qui était en costume. Je le trouvais rigolo et nous avons engagé la conversation. Il m’a parlé de son manga sur Paris et m’avait prévenu aussitôt que cet ouvrage était disponible au rabais à 1 Yen sur Amazon, car il n’avait pas marché. Je l’ai quand même acheté 300 yens, par respect. Et j’ai beaucoup ri ! Deux mois se sont écoulés et nous nous sommes recontactés pour le travail. Je lui ai proposé de collaborer avec moi autour d’articles pour le site français Clubic. Nous avons alors commencé à tisser des liens plus proches.
Dans la vie de couple, qu’est-ce qui oppose les deux cultures ?
J.P Nishi : Ce qui est marquant, c’est la façon dont sont présentés les repas lorsqu’on mange en famille. Je l’explique dans le manga. Dans la cuisine japonaise il y a plein de petits plats que l’on met au centre de la table et tout le monde se sert. Ca c’est du quotidien. D’autres points sont intéressant à soulever. Par exemple, en France lorsqu’on se rend à une soirée, on fonctionne en couple et l’on y va ensemble. On va au cinéma, aux soirées ou au théatre, toujours en couple. Au Japon, c’est l’inverse. Les hommes et les femmes sortent chacun de leur côté. Même lorsqu’on est invité chez des amis communs, il n’y en a qu’un qui s’y rend. Au restaurant, les hommes mangent ensemble et les femmes de leur côté.
Karyn Nishimura-Poupée : Pour moi, c’est la relation humaine qui est très différente. Je trouve important de pouvoir se parler, d’être sincère et franc et si des reproches doivent être faits, je considère qu’il faut les dire. De même pour les compliments. Sauf qu’au Japon, les couples ne se parlent pas. Il faut deviner ce que l’autre pense. C’est le ≪ça-va-sans-dire≫.
Au Japon, les gens se montrent-ils curieux de votre vie de couple, telle qu’elle est décrite dans votre manga ?
Karyn Nishimura-Poupée : Je pense que c’est pour cela qu’il y a des lecteurs !
J.P. Nishi : Ceux qui ont le plus grand intérêt sont ceux qui sont dans la même situation. Mais beaucoup de gens sont curieux des cultures étrangères et de savoir comment sont les Françaises. ≪ A Nos Amours ≫ bénéficie aussi d’un précédent, puisqu’un manga qui s’intitule ≪ Mon chéri est étranger ≫ a également suscité beaucoup d’intérêt autour des couples métissés.
$Ecirc;tes-vous intéressés par d’autres types d’histoires pour vos récits ?
J’aimerai réaliser une fiction dont l’héroine serait une mangaka qui s’amuserait à reprendre et mettre en scène tous les héros célèbres de mangas au Japon, avant de diffuser son travail sur les réseaux sociaux. C’est quelque chose qui se développe beaucoup au Japon et ce serait l’occasion d’analyser ce phénomène.
Après la France, souhaiteriez-vous également parler d’un autre pays, d’une autre culture ?
Bien sûr. Pour l’instant je n’en ai pas l’occasion, mais j’écoute les informations quotidiennement et j’apprécie de savoir ce qui se passe dans le monde. Si je devais traiter d'une nouvelle culture, je m’intéresserais au Moyen-Orient et aux pays musulmans. J’aimerai m’intéresser à une culture qui pose beaucoup de questions, mais que je ne connais pas.
フランス語
フランス語の勉強?
2017フジパンカップ関西小学生サッカー 〜未来への闘い〜
関西王者を決める小学生のサッカー大会。ブラインドサッカー日本代表の落合啓士選手に密着。ベルギー1部リーグ、日本代表・久保裕也選手への独占インタビュー。現役Jリーガーからのスペシャルメッセージ、豪華プレゼントもあります!
吹石一恵(ナレーション)遠藤保仁(ガンバ)東口順昭(ガンバ)久保裕也(ベルギー・ヘント)柿谷曜一朗(セレッソ)藤春廣輝(ガンバ)岩波拓也(神戸)菅野孝憲(京都)大森晃太郎(神戸)堂安律(ガンバ)落合啓士(ブラインドサッカー日本代表)


なんだかやるべきことがあり過ぎてわけわからなくなっている感じです.夕方歯医者を予約していたのにすっかり忘れていました.歯医者から電話がかかってきたので,2週間後に再予約しました.
いろいろあって意見をメールで書きました.少し言い過ぎてしまった感じがありますが・・・

<私の復興>子の心 癒し育てる
◎福島県双葉町双葉北小学校長 渡辺由紀子さん
 東京電力福島第1原発事故で全町避難する福島県双葉町。休校していた町立学校が2014年春、いわき市で再開するのと同時に双葉北小の校長に就いた。「軌道に乗せる役目を何とか果たせたかな」。定年で教員生活を終える。
 児童2人での再スタートだった。一緒に学ぶ双葉南小も2人、双葉中の生徒は6人。仮設校舎が完成するまでの4カ月は、元銀行支店の小さな建物で3校が肩を寄せ合った。
 まず、子どもたちに伝えたかった。「ここは安心していい場所だよ」。避難で何度も転校した子、言葉を失った子、学校に通えなくなった子。「心を癒やすことから始めよう」と教職員で話し合った。
 小学生は2校で23人、中学生は12人に増えた。新年度は計37人が通う。
 昨年度の6年生が詩を書いた。
 学校が好きだ
 今は楽しいから
 あのころ ぼくの心は
 鉄のようにかたかった
 でも今は 雲のように
 軽くてやわらかい
(後略)
 3年ぶりに再開する学校を任されたとき、重圧より「幸せ」を感じた。隣の浪江町出身。今月で休校する双葉高を卒業した。20代から10年、双葉南小に勤務。この間に結婚し、3人の子どもに恵まれた。今は浪江町からいわき市に避難している。「私の進むべき道だ」と受け止めた。
 双葉町の学校は「町のことを教え、町の子どもを育てる役割」も担う。町は大半が帰還困難区域。子どもたちは事故後、一歩も足を踏み入れていない。町の名所や歴史を題材に劇やかるたを作ったり、いわきで頑張る町民を訪ねたり。総合学習の半分の時間を「ふるさと学習」に充てた。
 今の6年生でさえ、事故当時は小学校入学前だった。「記憶にない古里って、どんな存在なのか」「戊辰戦争で敗れた会津の人たちは、遠く離れた斗南藩で、どう『会津人』を育てたのか」。葛藤し、模索した。
 双葉町の小中学校には、前の学校で不登校になった子や特別に支援が必要な子も少なくない。町教委は広く門戸を開き、いわき市や大熊町など町外の子どもが3分の1を占める。
 「教職員は目の前の子どもと向き合い、その時その時に、どんな教育が最善かを考える必要がある。この学校は変化に対応しながら、双葉の子を育てる、全国に避難する町民の心のよりどころになるという原点も忘れてはいけない」
 事故前は考えもしなかった。「学校に子どもがいることが、なんと幸せなことなのか」。だから学校は子どもにとって、安心し、楽しく過ごせる場所であってほしい。心の安寧は、能力が伸びる準備でもある。
 仮設校舎で23日、北小と南小合同の卒業式が行われた。卒業生は計6人。式辞で「夢」や「拓(ひら)く」「明日へ」など6人の好きな言葉をつなげ、エールを送った。
 「感謝の気持ちを忘れずに、明日へ向かって、夢をかなえる努力を続け、人生を切り拓け!」
(いわき支局・古田耕一)
 ●私の復興度=50%
 仮設校舎で学んでいる目の前の子どもたちが楽しく、充実した学校生活を送れることが到達点ならば、3年間で80%ぐらいになったのではないかと思う。一方で、小中学校が双葉町に戻って再開することが到達点だとすると、今はパーセントで表せるような段階ではない。まだまだ先は見えないのが現状。総合すると50%ぐらい。


<プレハブ仮設>七ケ浜で閉所式 「宇宙桜」植樹
 東日本大震災で被災した七ケ浜町で30日、プレハブ仮設住宅の閉所式が行われた。ピーク時は町内7カ所に1277人が暮らし、最後の1人が今月退去。仮設住宅があった高台には復興のシンボルとして、宇宙で8カ月間保管された種を育てた「きぼうの桜」が植えられた。
 町生涯学習センターであった閉所式には、仮設入居者ら約100人が参加。寺沢薫町長は「高齢の入居者から『仮設では死にたくない』と声を掛けられたのを思い出す」と振り返った。
 4年暮らした理髪店経営の星仁さん(73)が、世話人代表として鍵のレプリカを町に返還。「災害公営住宅や集団移転団地など生活再建を果たした場所で新たなコミュニティーづくりを頑張りたい」と述べた。
 終了後、高知県仁淀川町の名桜「ひょうたん桜」の苗木が植樹された。桜は国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」から、宇宙飛行士若田光一さんが2009年7月に持ち帰った種を発芽させ、その枝を接ぎ木した。
 財団法人ワンアース(茨城県)は宇宙から帰還した種による「きぼうの桜」を被災3県に植える活動を展開している。長谷川洋一代表理事(55)は「大きく育てば観光資源になる。七ケ浜の宝物にしてほしい」と語った。


震災で浸水 旧観慶丸商店の修復工事終了
 東日本大震災で1階部分が浸水した石巻市指定文化財「旧観慶丸商店」の修復工事が終了し、街中の文化発信拠点として4月2日にオープンする。5月まで同市出身の画家浅井元義さんの絵画展を開き、7〜9月は牡鹿半島などを舞台に開催される芸術と音楽、食の総合祭「リボーンアート・フェスティバル」の展示会場の一つになる。
 旧観慶丸商店は市内初の百貨店として、1930年に完成した3階建ての洋風木造建築物。タイルで覆われた外壁やスペイン瓦の屋根が特徴で、2013年に市に寄贈された。15年に市文化財に指定され、16年2月から復旧工事として耐震補強などを施し今年2月末に終了した。
 浅井さんの絵画展は5月7日まで。入場無料。浅井さんは市内の古い建物を描いており、被災した市文化センターで所蔵していた絵画約60点を展示する。津波で水に漬かり、修復した作品も飾る。来場者には浅井さんが描いた旧観慶丸商店のポストカードを配る。
 リボーンアート・フェスは7月22日〜9月10日に開催。旧観慶丸商店は数少ない室内展示場として利用され、オーストリア生まれの思想家ルドルフ・シュタイナー(1861〜1925年)の黒板絵を展示する。
 11月以降は1階で企画展示、2階で歴史研究家毛利総七郎(1888〜1975年)の民俗史料「毛利コレクション」を公開する。
 市の担当者は「旧観慶丸商店の建物と合わせ、浅井さんによる懐かしい石巻の風景を見てほしい」と話している。


<プレハブ仮設>最後の家族退去 支援に感謝
 東日本大震災の被災者が暮らした亘理町内のプレハブ仮設住宅から30日、全入居者が退去した。プレハブ仮設の解消は津波被害を受けた県内の沿岸市町では岩沼、仙台、多賀城の3市に次いで4番目。
 亘理町江下の中央工業団地仮設住宅で30日午前10時ごろ、最後の家族が退去手続きを終えた。鍵を返却に訪れた主婦は、27日に町中心部の一戸建てに引っ越したばかり。「荒浜の自宅が流されたが、ボランティアや役場の方々の支援でここまで来ることができた」と涙を流し感謝した。
 町内では5カ所にプレハブ仮設が1126戸整備された。ピーク時の2011年11月末には3331人が暮らした。15年7月には災害公営住宅7カ所477戸の整備が完了し、仮設住宅解消が進んだ。民間賃貸住宅などを活用するみなし仮設住宅は東京都内に1世帯が残るが、来月中に解消の見通し。
 町は、仮設住宅解消などに伴い本年度限りで被災者支援課を廃止。新年度からは福祉課が中心となって災害公営住宅入居者らをサポートする。


<ミヤコーバス>地域の足 震災越え再出発
 東日本大震災で被災したミヤコーバス気仙沼営業所が、震災前と同じ気仙沼市弁天町2丁目に新築再建され、竣工(しゅんこう)式が30日、現地であった。31日から営業を開始する。関係者は「気仙沼の復興が進んでいることを市民に示し、元気づけることができればうれしい」と話している。
 営業所は気仙沼港に近いJR気仙沼線南気仙沼駅前にあったが、大津波で浸水。火災で全焼した。その後、内陸の同市上田中2丁目に移り営業を再開。かさ上げ工事の完了を受けて、元の場所に再建された。
 現地は2メートルかさ上げされた。新営業所は敷地4726平方メートルで、管理棟が鉄骨2階延べ床面積約300平方メートル。整備工場が鉄骨平屋約330平方メートル。自社のバス28台のほか、JR東日本から運行を受託しているバス高速輸送システム(BRT)8台の拠点となる。
 同社の後藤信義社長は式のあいさつで「地域の身近な足として、安全安心な運行へ一層努力していきたい」と決意を述べた。


被災児童見守り6年 校長が定年退職
 東日本大震災の発生直後から陸前高田市の高田小に着任していた木下邦男校長(60)が31日、定年退職する。学区の市中心部は壊滅的被害を受けた。自分ではどうすることもできない事実に直面した子どもたちに学校は何ができるのか。自問しながら歩んだ6年間だった。
 「みんなはどんなにつらいことがあっても、その現実に向き合ってきました」。17日の卒業式。木下校長は脳裏に6年前の出来事がよみがえり、声を詰まらせた。
 2011年4月下旬、慌ただしく迎えた始業式や入学式。児童は100人ほど減り、約330人になった。58人が親を失い、大半の自宅が流された。市内にある木下校長の自宅も流失した。「あるがままを受け止めよう」と教職員に伝えた。
 児童たちは明るく、元気だった。つらさの奥底にある気持ちは見えない。ただ、前に進もうとする子どもの力を感じた。普段通りの学校生活の積み重ねが成長につながると信じた。
 運動会はしばらく児童と保護者で別々に昼食を取った。「親を失った子が1人でも嫌な思いをしないように」と考えたからだが、気遣いを負担に思わないかと心配もした。何が正しいのか本当に分からなかった。
 同校では児童7人が死亡、行方不明になった。震災から約1年後、卒業生も含め、学年単位で亡くなった仲間の墓参りに出掛けた。「自分たちの心の中で生き続ける」。大人になっても向き合える場所があると知ってほしかった。
 校長室には今も7人の写真を飾っている。せめて、ここにいた証しを残したかった。今後も引き継いでもらいたい。
 校舎から見える市中心部はかさ上げされ、一部で商業施設の建築が進む。これからどんな景色になるだろう。「素晴らしい街をつくるため、子どもたちにその主役になってほしい」


旧門脇小は部分的に保存の方針
東日本大震災の記憶を伝える震災遺構として保存される石巻市の旧門脇小学校の校舎について市は保存を望まない住民に配慮して校舎の中央部分を中心に部分的に保存する整備方針の案を示しました。
石巻市の旧門脇小学校は震災の津波とその後の火災で大きな被害を受け市は震災遺構として保存することを決めました。
30日夜は地元の住民らとともに具体的な保存方法を議論する市の検討会が開かれ石巻市側が整備方針の案を示しました。
この中で市は保存を望まない住民に配慮して幅およそ100メートルある校舎の中央部分を中心に半分程度を保存する整備方針の案を示しました。
また、校舎の内部は震災直後の状態がそのまま残っていることを考慮し立ち入りできないようにするとしています。
整備費用は最大で5億5000万円を想定し耐久期間の目安はおよそ30年間だということです。
検討会のあと亀山紘市長は「解体を望む住民が多い中、地元も納得できる整備方針を示せたと思う。
新しいまちの復興を伝える場、震災の教訓を伝承する場にしていきたい」と話していました。
市は学校の卒業生などへの説明会を開いたうえで平成31年度末までに整備を終える計画です。


河北抄
 あの日から6年が過ぎても、名前を取り戻すことができない。東日本大震災で亡くなった身元不明者だ。警察の検視などを経て自治体が引き取り、火葬した。その犠牲者を悼む人たちがいる。
 六つの骨箱が保管されている仙台市青葉区の葛岡墓園。震災月命日を中心に宗教者が弔いに訪れる。今月からは宗教や宗派の枠を超え、被災者らの苦悩と向き合う北海道東北臨床宗教師会が担う。
 事務局長の川上直哉牧師(43)=仙台市太白区=と監事の阿部頌栄牧師(33)=同=が交代で安置室に通い、有志と祈りをささげる。川上さんは「身元不明の方々こそ、人間としての尊厳が脅かされている」と指摘。弔いの根底には「宗教者は絶望にひんする人のそばにいることができるはず」との思いがある。
 岩手県大槌町が高台に整備した納骨堂で2月、身元不明遺骨70柱の納骨式があった。33柱が安置されている石巻市の霊園でも今月7日、住職らが慰霊法要を営んだ。被災地で紡がれる数々の祈り。身元不明者の魂に心を重ね、家族や縁者と再会できるよう願う。


福島・広野町民の仮設退去がピーク
 東京電力福島第1原発事故による福島県広野町の避難者が暮らすいわき市中央台の仮設住宅で、退去の引っ越し作業がピークを迎えた。自主避難者向けの仮設住宅の提供が今月で終わるため帰町する人が多い。町の意向調査によると、帰還率は2月時点の約6割から約8割に高まる見込み。
 中央台に5カ所ある仮設では30日、約10世帯がボランティアらの支援を受けて荷物を運び出した。計235戸のうち残るのは約70世帯。大半が近く退去するとみられる。
 1人暮らしの幸森正男さん(80)は午前、町内の自宅に家財を運んだ。「仮設の部屋を片付けていたら3年前に亡くなった妻を思い出し、涙が出てきた。周りもいい人ばかりだった」と振り返った。
 これまでは買い物や医療環境の不安から帰町をためらっていた。「戻るからには安心できる環境を行政に整えてもらいたい」。いわき市に避難していた長男夫婦も帰町し、再び同居するという。
 広野町によると、2月末時点の町民は5005人で東日本大震災前から1割減った。うち約2000人が町外の仮設住宅や借り上げ住宅などに居住。町は意向調査などから1200人程度が仮設提供終了を契機に帰町すると見込む。町は原発事故後、独自の判断で一時、全町避難した。


「待ってた」「今は戻らない」=思いさまざま−避難解除の飯舘村と浪江町
 東京電力福島第1原発事故による避難指示が31日、福島県飯舘村や浪江町など3町村で、帰還困難区域を除き一斉に解除された。飯舘村と浪江町では、解除に合わせた式典などが行われた。
 飯舘村が開いた「おかえりなさい式典」には、原子力災害現地対策本部長を務める高木陽介経済産業副大臣らが出席。あいさつした菅野典雄村長は「待ちに待った解除だ。復興のスタートに立つことができ、とてつもなくうれしい」と声を詰まらせた。
 同村から福島市の仮設住宅に避難している三輪栄子さん(85)は「先祖代々の家を守りたい。孫も将来は戻ると言っている」と、帰還への強い思いを語った。
 浪江町では、馬場有町長が早朝、東日本大震災の慰霊碑の前で、町幹部らに「(帰還困難区域があるので)手放しでは喜べない。町全部が解除になるよう、力を合わせて復興を成し遂げたい」と語った。その後、全員で犠牲者に黙とうした。
 同県広野町に妻や母と避難している経営者の男性(69)は、第1原発や町内の仮置き場に多数残されている除染廃棄物への不安を挙げ、「解除は時期尚早だと思う。今は戻るつもりはない」と話した。また、「戻って来たのも高齢者ばかりで、若い者が戻らない」と嘆いた。


住宅無償提供が終了へ=原発事故の自主避難者−帰郷「まだ考えられない」
 東京電力福島第1原発事故で、自主避難した約1万世帯が受けてきた住宅の無償提供が31日で打ち切られる。これまで家賃などを全額負担してきた福島県は「県内の生活環境が整ってきた」と説明し支援を縮小するが、県外に避難した世帯の多くは福島に戻らない。放射線被ばくへの不安や、避難先での生活が定着したことなどが影響しているとみられる。
 福島市から山形県米沢市に避難した西田いずみさん(42)。中学3年になる娘と中1になる息子の3人で、市の雇用促進住宅で暮らしている。家賃全額負担の打ち切りで生活は厳しくなるが、放射線への不安から、帰郷は「まだ考えられない」。福島市内に借りていた市営住宅は引き払い、パートの仕事をフルタイムに変えることも考えている。
 福島県は、避難指示区域以外の地域から県内外に自主避難した人たちに対し、引っ越し費用の助成と家賃の全額負担、住まい探しの支援を続けてきた。引っ越し助成と家賃の全額負担は打ち切るが、収入などの要件を満たせば、来年3月までは家賃などの半額(最大3万円)を、その後1年間は3分の1(同2万円)を補助する。
 ただ、県が3月10日まで実施した意向調査では、県内避難者の66.7%が避難元に戻ることを選択したのに対し、県外避難者の83%は避難継続を決めていた。
 県生活拠点課の担当者は、県外での避難継続について「放射線に対する不安が拭えなかったり、避難先での生活が定着して子供の学校を変えたくなかったりする避難者が多い」と話す。
 福島県の打ち切り後、独自に住宅提供を続けるのは10都道府県と7市のみ。多くは公営住宅への入居要件緩和などにとどまっている。


「高野病院が支えた地域医療つなぐ」 新院長就任へ抱負
 東京電力福島第一原発事故後も、福島県広野町で患者の診療を続けてきた高野病院の新院長に来月就任する長野県大町保健所長の阿部好正さん(64)が三十日、同病院で記者会見を開き、「高野病院がこれまで支えてきた地域医療を将来につなぎたい」と抱負を語った。病院は四月以降、常勤医二人、杏林大の非常勤医ら十一人の十三人の体制が整ったが、今後は厳しい財政の立て直しが課題になる。
 高野病院は昨年末、高野英男前院長が自宅の火災で亡くなり、一時、常勤医不在となっていた。
 小児科医の阿部さんは、高野さんのおいと知り合いだった縁で、約三十年前に高野病院を訪れたことがある。昨秋、前院長が唯一の常勤医として奮闘していることを知り、十二月に病院を訪ね「手伝わせてください」と話した。しかし年末に前院長が亡くなり、今年に入って院長を引き受けた。阿部さんは「他の医師とひとつになり、この病院から地域に必要な医療を発信していきたい」と語った。
 二、三月の間、臨時で院長を務めた中山祐次郎さん(36)は「高野病院は地域に必要。阿部院長と常勤医の先生を盛り上げ、この地域の医療を続けてほしい」と述べた。病院は、住民帰還が進まない一方で新しい医師を雇用し、財政状況は厳しい。今後は県などに財政支援を求めながら、財政立て直しを図る。理事長の高野己保(みお)さん(49)は「今日明日倒産するような状態ではない。この地域に必要な医療を模索しながら病院を続けたい。小児科も開設を目指したい」と話した。


避難指示解除 31日に浪江・飯舘・川俣 帰還は1割未満
富岡町は4月1日
 政府は、東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示を福島県浪江町・飯舘村・川俣町で31日に、富岡町で4月1日に解除する。今回の解除で避難指示区域の面積は当初の3割まで縮小するが、当面の帰還住民は1割に満たない見通し。生活インフラや放射線量への不安が根強く、生活基盤が避難先に移ったのも要因だ。
 原発事故後、11市町村に広がった避難指示は2014年4月から順次解除。今回は4町村の「避難指示解除準備区域」と「居住制限区域」(計約3万2000人)が対象で、放射線量がより高い「帰還困難区域」は含まれない。面積は現在の3区域に設定された13年の約3割(369平方キロ)まで縮小する一方、7市町村に残る帰還困難区域は解除されず、第1原発が立地する大熊・双葉両町は全域で避難が続く。対象人口は約2万4000人で、政府は5年後をめどに同区域の一部を解除する方針。
 これまでの解除を含め、帰還対象者は9市町村で計5万2370人(昨年6月時点)。ただ、実際に帰還した人や帰還に向けて自宅宿泊に登録した人は8.6%にとどまっている。
 政府は放射線量が下がり、生活インフラが整ったとして解除を進めるが、9市町村の病院・診療所は事故前の3割弱、商店などの事業所数は2割程度にとどまっている。【土江洋範】


安保法施行1年/役割拡大懸念払拭できない
 集団的自衛権の行使や自衛隊による海外任務拡大を認めた安全保障関連法の施行から、1年が過ぎた。
 安倍政権の「積極的平和主義」の名の下、自衛隊の役割は着実に拡大されてきている。リスクの増大はもちろん、戦争に巻き込まれる恐れも払拭(ふっしょく)できない。依然として「違憲」との批判も伴う。
 「海外での武力行使」を禁じた憲法9条が有名無実化されないよう、国会は問題点を洗い出し、歯止めを掛けなければならない。
 戦後の歴代政権は「専守防衛」の原則を守り抜き、集団的自衛権の行使を認めてこなかった。ところが、安保法の施行によって、そのハードルが大きく下げられた。
 政府が日本の存立が脅かされる明白な危険がある「存立危機事態」と認定すれば、米国など他国を守るために、自衛隊の武力行使が可能になった。自衛隊が後方支援できる範囲も一段と広がった。
 北朝鮮による核・ミサイル開発が「新たな脅威」になる中、日米同盟の強化にかじを切り、米軍との緊密な連携に踏み切った。基軸とされたのが安保法である。
 ただ、安全保障面での一体化が進むことに懸念が募る。
 トランプ米政権の北朝鮮政策は必ずしも明確ではないものの、オバマ前政権の「戦略的忍耐」とは異なる強硬姿勢が伝わってくる。
 「あらゆる選択肢を排除しない」という意味は、場合によっては軍事的行動も辞さないということだろう。
 万が一、交戦状態になれば、日本に軍事作戦面での貢献を求めてくることは想像に難くない。先取りするかのように、自民党が政府に対して「敵基地攻撃能力」保有の早急な検討を求めるなど、役割分担への積極的な動きに危惧を抱かざるを得ない。
 後方支援の強化策では、日米物品役務相互提供協定(ACSA)改定承認案が国会で審議中だ。戦闘が起きる恐れがある「戦闘地域」であっても、弾薬、燃料などの米軍への提供が可能となる。
 しかも日本周辺だけでなく、世界各地に展開する米軍が対象となる。後方支援は戦闘行為と不可分の関係にあり、攻撃を受ける危険性が一層高まるのは明らかだ。
 自衛隊の国際貢献の分野では、昨年11月に南スーダン国連平和維持活動(PKO)の陸上自衛隊の派遣部隊(5月末までに撤収)に新任務「駆け付け警護」などが付与され、武器使用の範囲が拡大した。
 政府は部隊撤収を検討していながら、新任務の付与を決定したのはふに落ちない。野党が「実績づくり」と批判するのもうなずける。現地の治安悪化を捉えて、紛争当事者の停戦合意などの「PKO参加5原則」が形骸化しているとの指摘も出ている。
 日本の安全保障の在り方を考えるためにも、この1年間の徹底検証は不可欠だ。


東芝赤字1兆円 原発国策の見直しを
 政府が国策として取り組んできた原子力発電が東芝を深刻な経営危機に追い込んだ。原発の巨大なリスクとその制御の困難さを示しており、あらためて政府に脱原発の決断を求めたい。
 経営危機の東芝は二十九日、二〇〇六年に社運をかけて進出した米国での原発事業から完全撤退を決めた。
 一七年三月期の決算で東芝の赤字を一兆円にまで膨張させた原発子会社ウェスチングハウス(WH)を、米国での破産法申請で連結決算から外し、これ以上の損失拡大を防ぐ。
 三十日の臨時株主総会では、巨額損失の穴を埋めるために稼ぎ頭の半導体メモリー事業の分社化と売却を正式に決めた。売却益で債務超過の解消を目指す。
 売却価格や技術流出の問題、さまざまな訴訟リスク、米国政府との調整、雇用の維持など再建への課題は山積しているが、原発事業の将来性に見切りをつけたあるべき経営判断と受け止めたい。
 WH買収は、七九年のスリーマイル島原発、八六年のチェルノブイリ原発の事故の記憶が遠ざかり、二酸化炭素を排出しない原発が地球温暖化対策として再評価された時期にあたる。
 だが、買収から五年後に起きた福島の大事故で原発を取り巻く状況は一変した。規制と安全対策の強化により建設費が高騰。世論調査で半数が再稼働にさえ反対している国内はもちろん、海外でもコスト増や反対運動で新設計画の撤回、停滞が続いており、東芝を追い込んだ。
 政府には原発政策の抜本的な見直しを重ねて求めたい。
 原発はエネルギー資源に乏しい日本が戦後進めてきた国策といえる。しかし、事故処理に十兆円単位の費用と百年単位の時間が必要となる巨大なリスクは、現在の科学技術、企業や政府の管理、制御能力を超えていると言わざるを得ない。多くの有権者、国民はそれを直感しており、原発新設はおろか再稼働にも反対している。
 多くの住民が古里を失う苦難に陥り、十八万人の雇用を抱える日本を代表する企業が破綻に直面している異常な事態を、政府は正面から受け止めなければならない。
 原子力の研究分野や福島の廃炉に向けた技術、技術者の維持などに配慮しながら、安倍政権が成長戦略の柱にしている原発輸出も含め、エネルギー政策の抜本的な見直しが必要だ。


東芝の再建/原発撤退は遅きに失した
 経営再建中の東芝が、巨額損失を計上した米原発子会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)の米破産法適用を申請し、海外の原発事業からの撤退を決めた。これにより連結決算の対象からWHが外れるため、東芝の赤字額は確定し、さらなる負担は回避できそうだ。
 しかし赤字額は1兆100億円で、国内の製造業では過去最悪だ。自己資本では穴埋めし切れない。きのうの臨時株主総会では、世界市場で強みを持つ半導体事業を売却に向け分社化することが承認された。
 東芝は近年、携帯電話や白物家電などの事業を次々売却している。原発と半導体を切り離せば、残る柱は水処理や空調などの社会インフラ部門のみとなる。売上高はピーク時の6割に縮む。
 赤字減らしに虎の子を手放すだけでなく、企業風土を刷新しなければ再建は見込めない。
 東芝がWHを買収したのは、2006年のことだ。5年後の福島第1原発事故で各国の安全基準が強化され、原発建設は利幅が薄くなった。にもかかわらず、東芝は拡大路線を走り続けた。建設費が予想を上回ったことも損失を膨らませた。
 国内で原発の新増設が見込めず、安倍政権が原発輸出を国策とした点も影響したのだろう。撤退は遅きに失した。その代償は大きい。
 半導体事業は、買い手によっては技術やノウハウが海外に流出し、日本経済に打撃を与えかねない。軍事機器に密接に関わることから安全保障への影響も懸念される。政府は中国や台湾の企業が売却先に決まれば、外為法に基づき中止や見直しの勧告を検討する。WHの破綻処理も、債務保証をしている米政府が問題視する可能性があり、国際政治への波紋が危惧される。
 一方、社会インフラはライバル企業が多く、競争が激しい。新たな技術や製品を生み出して成長路線に乗せ、収益の柱に育てるのが、19万人の従業員を擁する企業の責務だ。
 2年前に発覚した不正会計では、第三者委員会は「歴代社長が関与した組織的な利益水増しだ」と指摘した。東京証券取引所は東芝株を、上場廃止の恐れがある監理銘柄に指定している。
 どこでかじ取りを誤ったのか。経営陣は徹底的に反省し、次代への戦略を練るべきだ。


東芝の再建計画  原発事業が招いた危機
 これで本当に再生の道を歩めるのか。原子力発電事業をめぐり、名門企業が払った代償はあまりにも大きいと言わざるをえない。
 東芝の子会社で、巨額赤字を出し続けている米国の原発会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)が連邦破産法11条の適用を申請した。日本の民事再生法にあたり、事業を継続しながら負債を整理し、再建を目指す。
 これに伴う損失処理で、東芝の2017年3月期連結決算の純損益は、国内の事業会社で過去最悪の1兆円を超える赤字になる見通しだ。負債が資産を上回る債務超過額は6200億円に達する。
 債務超過を解消するため、半導体事業を売却して資金を調達する方針で、臨時株主総会で計画は承認されたものの、収益の柱である優良事業を失うのは痛手だ。
 破綻したWHは連結決算の対象から外れ、東芝は裁判所と調整しながらWH株を売却して海外の原発事業から撤退する。東芝の売り上げが3分の2程度にまで縮小する窮余の策だが、それを決断せざるをえないほど、原発事業の負債は底なし沼になっていた。
 東芝は2006年、6千億円を投じてWHを買収した。WHは08年に米国で4基の原発を受注したが、米同時多発テロを踏まえて規制が強化され、11年の福島第1原発事故でさらに対応が必要となったことから建設は遅れ、コストは大幅に増加。さらに、WHによるずさんな建設会社買収などもあって、債務は膨れあがった。見通しの甘さと、破綻に追い込まれるまで方向転換できなかった東芝の経営陣の責任は大きい。
 再建が計画通りに進むか、まだ予断を許さない。米政府が原発を発注した電力会社に債務保証をしていることから、破産法申請で米国民に負担が生じれば、日米間の火種になる恐れがある。WH株の売却先の候補には韓国電力が浮上しているが交渉はこれからだ。
 さらに、半導体は軍事分野にも使われ、技術流出の懸念があることから、売却先によっては政府が見直しを求める可能性もある。
 東芝は、米国のほかインド、中国、英国で手がける原発事業からも撤退し、日本政府が進める原発輸出政策にも影響が出よう。
 東芝は、原子力推進の「国策」を背景に原発事業にのめり込んだが、今回の失敗によって、原発に経済合理性がないことは一層明らかになった。福島の事故後も原発政策を続ける政府は厳しい課題を突きつけられたと考えるべきだ。


核禁止交渉不参加◆「橋渡し」の役割放棄するな◆
 国連総会で昨年採択された決議を受け、ニューヨークの国連本部で始まった核兵器禁止条約交渉を巡り、日本が不参加を決めた。
 交渉会議の開幕直後、高見沢将林軍縮大使は(1)深刻な安全保障上の脅威があり、核軍縮には現実的な視点が欠かせない(2)核保有国が参加せず、保有国と非保有国の分断が深まる-と演説し、交渉に加わらない考えを示した。
 当然ながら被爆地は激しく憤っている。それは、被爆体験を背景に「非核」を国民的DNAとして胸に刻み込んできた多くの日本人も共有するところだろう。政府の不参加決定は長年の国是を踏みにじる行為だ。厳しく指弾したい。
「傘」最優先する政府
 交渉不参加の最大の理由は、日本に「核の傘」を差し掛ける米国のトランプ政権だった実態が浮かび上がる。オバマ前政権も日本の参加には反対していたが、「日本の国内事情は理解できる」と被爆国日本の参加を容認する米高官もいた。しかし、オバマ前大統領の提唱した「核なき世界」の理念についてすら再検討を進めるトランプ政権は、日本政府に対し、交渉参加への反対と嫌悪感を伝達。
 ヘイリー米国連大使は条約交渉開始に合わせ会見し、「議場にいる人々は、われわれが直面している脅威を理解しているのか」と交渉参加国を強くけん制した。
 日本政府の指摘する「深刻な安全保障環境」は極めて重要だ。北朝鮮が核能力を向上させ、中国が軍事力を増強する中、紛争を抑止する国防政策を実践していくことは不可欠だ。だが、核の傘を重大視するあまり、禁止条約交渉にすら背を向ける態度は、本当に将来の国益に資するのか。
 「傘」を最優先する姿勢は、核抑止力を絶対視する北朝鮮の思考様式を固定化することにつながる。また北朝鮮などに対抗して、トランプ政権が核軍拡を志向した場合、安倍政権は毅然(きぜん)とこれを制止する対応を取れるのか。
被爆地から強い失望
 高見沢氏の演説に先立ち広島の被爆者、藤森俊希さん(73)=長野県在住=は壇上から「同じ地獄をどの国の誰にも絶対再現してはならない」と訴えたが、安倍政権には響かなかった。
 長崎の被爆者団体は「(原爆で)焼き殺された犠牲者に対し無責任ではないか。人間の心はないのか」と訴える声明文を政府に送付。広島、長崎両市長も「相当残念な思いだ」「強い失望を感じている」と語った。
 広島選出の岸田文雄外相はかねて、核保有国と非保有国の「橋渡し役」を担うため、交渉に積極的に参加したいとの見解を表明していた。だが交渉不参加により、その選択肢は放棄されたと言ってよく、日本の「非核ブランド」にも国際社会が疑念を抱かざるを得ない状況となった。被爆国が核廃絶を主導せずして、一体どこの国がその役割と使命を担うのか。不参加決定の再考を求める。


高浜原発で逆転判断 高裁決定甘くなかったか
 従来の司法判断への回帰だろうか。大阪高裁が、関西電力高浜原発3、4号機(福井県)の運転を差し止めた大津地裁の仮処分を取り消した。新規制基準には合理性があり、これをクリアすれば安全性は確保できるという判断で、原発再稼働を進める国や電力会社への強い追い風となる。ただ、取り消されたとはいえ、大津地裁の指摘は重く受け止める必要がある。
 高浜原発の運転が止まってから1年、関電の安全性の取り組みが飛躍的に向上したわけではない。高裁が地裁よりも新基準を肯定的に評価し、結果的に司法判断のハードルが下がったというべきか。広島地裁も続き、四国電力伊方原発の運転差し止めの仮処分について住民の訴えを却下した。
 福島第1原発事故の教訓をもとにできた新基準について政府は「世界一厳しい」と繰り返す。ただ、大津地裁が指摘するように福島の事故は収束しておらず、原因究明は不十分だ。徹底した再発防止策をつくるには、向き合うべき課題がまだあると考えた方がいい。
 大阪高裁は福島の事故検証について「設備の損傷や原因で一部未解明な部分があるが、基本的な事象は明らかにされた」と理解を示した。事故に向き合う姿勢の厳しさという点で、二つの裁判所の意識の差は歴然としている。
 住民の避難計画についてもそうだ。大津地裁が「国主導で進めるべき問題で、関電は直接問われる立場ではないが、避難計画に意を払う必要がある。それを尽くしていない」と厳しく指摘したのに対し、大阪高裁は「改善の余地はあるが、取り組みの姿勢は適切」と評価している。
 姿勢が見えれば十分なのか。福島の事故後に起きた混乱を考えれば、大事なのは、緊急時に住民がすぐに行動をできる具体的な計画をつくることだ。高裁の判断は曖昧すぎるように感じる。
 原発や安全保障など国策に関わる訴訟は上級審ほど政府に批判的な判決を出さない傾向にある。司法の限界なのかもしれないが、今回も国が推し進める原発再稼働の流れを止めないように、司法の側が配慮しているように思えてならない。
 ただ、大津地裁の判断が無になるかといえば、そうでもない。大津地裁は、高浜原発が立地する福井県の隣の滋賀県にある。隣県住民の思いが裁判所を動かしたことで、原発を広域的に考える意味が全国に伝わった。
 福井県は日本で最も原発が集積する県だ。高浜のほか、大飯、美浜、敦賀の4カ所ある。避難計画の策定が必要な原発30キロ圏に滋賀と京都の2府県が広く含まれる。
 ひとたび事故が起きれば、住民の避難だけでなく、避難者の受け入れでも滋賀と京都は当事者となる。放射性物質の汚染も県境を越えるだろう。原発は立地自治体だけの問題ではない。それを考えさせた訴訟だった。
 佐賀県も玄海原発の再稼働を認めるか否かの岐路に立つ。臨時県議会が4月に予定され、山口知事が最終判断を示すとみられる。
 大阪高裁の判例に照らせば、新基準に合格した玄海原発は安全なのかもしれないが、長く原発と向き合う県民のまなざしからは不安な思いは消えない。大津地裁のように避難計画も含め、さらなる厳しさを求めたい。(日高勉)


原発事故の避難指示解除/小まめな被災者支援を
 政府は、東京電力福島第1原発事故で福島県浪江、川俣、富岡の3町と飯舘村に出ている避難指示を31日と4月1日に解除する。指示区域以外の場所から逃れてきている「自主避難者」に対する住宅無償提供も打ち切られる。
 「震災から6年を経て、復興は着実に進展、新たな段階に入りつつある」という安倍晋三首相の発言が政府の見解だ。
 除染が進んで、行政機能が戻ってきた結果、住み慣れたふるさとに帰還できる人が増えることは意義のあることだ。だが、多くの原発事故被災者の中には「帰りたくても帰れない人」が多数いることを忘れてはならない。
 指示解除によってふるさとに帰れたとしても、医療や介護、買い物など暮らしに不可欠なインフラの復興は依然として不十分で、事故前には考えられなかった不便を迫られる人も多い。
 こうした人々の苦境が、復興の進展をアピールする政治の視野にきちんと入っているかとなると、心もとない。
 目に見えない放射性物質による汚染が長期間にわたって続くという原発事故の被害は、津波や地震という自然災害の被害とは大きく異なる。
 被災者支援についても、それぞれの事情に応じた小まめな対応が重要で、女性や妊婦、乳幼児には特別の配慮も要る。だが、これまでの復興、支援対策は「帰ることができる人」を中心に行われてきたと言わざるを得ない。
 「ふるさとを捨てるのは簡単だが、戻って頑張っていくんだという気持ちを持ってもらいたい」との今村雅弘復興相のテレビ討論番組での言葉はそれを典型的に物語る。
 住宅提供はあったものの自主避難者の生活再建に関する支援はこれまで極めて手薄だった。前のめりとも言える形で、帰還を進めようとする行政の姿勢に、疑問や反発を抱く住民も多く、これが地域社会に亀裂を生んでいる。
 避難指示が解除された地区の住民と、放射線量が高く、依然として戻ることがかなわない帰還困難区域の住民との格差も問題になっている。これは事故後の復興政策が生んだ二次被害だとも言える。
 国は、除染などを通じて、被災地の住民が受ける追加被ばく線量を、一般人の被ばく限度と同じ年1ミリシーベルト以下にすることを目指すとしているが、それをいつ達成するのかを示していない。今回避難指示が解除される中に、場所によっては放射線管理区域の基準である3カ月当たり1・3ミリシーベルトを超える可能性があることなどが指摘されている。
 仮に現状の放射線レベルが健康に影響のないものだったとしても「原発事故の被災者だけが放射線レベルが高い中での暮らしを強いられるのは不公正だ」という被災者の指摘も理解する必要があろう。
 ふるさとに帰る人、帰らない人、帰れない人。立場や考えはさまざまだが、それぞれの悩みは尽きない。原発事故がなければ抱えることがなかった苦しみや悩みである。
 原因企業の東電にはもちろん、国策として原発を推進してきた国にも、すべての被災者、特に社会的な弱者に、小まめで息の長い賠償や支援を続ける責任がある。「避難者」ではなくなっても「被災者」でなくなるわけではないからだ。


伊方原発差し止め却下 司法の「再稼働追認」に失望する
 「新規制基準に適合するとした原子力規制委員会の判断に不合理な点はない」から「重大な事故の具体的危険はない」―。広島市の住民らが四国電力伊方原発3号機の運転差し止めを求めた仮処分申請で、広島地裁の決定は「却下」だった。
 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から6年余。あれほどの過酷事故を起こし、その原因も収束の仕方も、そして責任の所在さえいまだ判然としないままに新基準をつくり、原発再稼働を強引に推し進める政府や電力会社の主張を漫然と追認した決定に憤り、落胆する。
 関西電力高浜原発3、4号機(福井県)の運転差し止めを認めた地裁決定を覆して「再々稼働」への道を開いた、大阪高裁の抗告審決定も出たばかり。国の政策的判断を忖度するかのように、「想定外」を連発した福島の事故の無残な教訓と、震災後の国民の不安を一顧だにしようとしない「司法の流れ」は、到底容認できない。
 事故を防ぐための安全基準そのものと、事故が起きた場合の避難計画の実効性の両方に疑念が拭えない中での再稼働は、やはり認められない。歯止めをかけるのは司法の責務。その独立性と見識が問われよう。
 決定は、四電による地震想定の合理性には慎重な検討を要する問題もあるとしながら、証拠調べは「仮処分ではなく通常の訴訟で行うべきだ」と判断を回避した。熊本、大分で相次ぐ地震を受け、伊方原発方向にも連動して発生する可能性が懸念され、緊急性は高まっている。本訴に丸投げせず、仮処分申請でも丁寧に検証すべきだろう。
 他の審理への言及も見過ごせない。「ある特定の原発の運転禁止差し止め仮処分を求める複数の申し立てが別々の地裁で審理されている状況も見られる」が「司法審査の枠組みがまちまちとなることは、望ましいとはいえない」(決定要旨)。審査や結論への同調圧力とも映る。
 昨夏に再稼働した3号機の運転差し止めを求める仮処分は、松山、広島、大分、山口で申請され、複数の訴訟も継続中。伊方原発でひとたび重大事故が起きれば、近隣県も人が住めない汚染地域となり、瀬戸内海の豊かな自然や資源も半永久的に失われる可能性がある。立地上、広域被害の恐れは大きく、住民の不安は当然だ。個々の司法の場で誠実に検討されるべきで、予断や介入は厳に慎みたい。
 改めて、取り返しのつかない福島の事故を忘れたかのような拙速な「再稼働ありき」の国や電力会社、司法の姿勢を危惧する。どれほど訓練を重ねても、避難は恐らく計画通りには進まない。原発停止中も電力は不足せず、経済優位性も安全対策費や気の遠くなるような廃炉作業費で、もはや失われつつある。
 被爆地ヒロシマは諦めない―申請を却下された住民の声を、重く受け止めたい。危うい国策を見直すほかに道はないことを肝に銘じねばならない。


【伊方の停止却下】原発事故の教訓どこに
 四国電力伊方原発3号機について、広島県の住民らが運転停止を求めた仮処分の申し立てを広島地裁は却下した。
 福島第1原発の事故後に策定された新規制基準は「不合理とは言えない」とし、四電が策定した耐震設計の目安となる基準地震動も「適正」と判断した。
 同様の仮処分では関西電力高浜原発3、4号機を巡って大津地裁が昨年3月、運転を差し止めた。これに対し大阪高裁は3月28日、差し止めを取り消す決定を下した。
 ともに電力会社側の主張をほぼ認めている。これは深刻な原発事故の教訓を真摯(しんし)に踏まえた判断なのか。疑問を禁じ得ない。
 広島地裁は争点の基準地震動について、四電は詳細な地盤調査を行い、さまざまなケースを想定し適正に定めていると判断。これに基づき原子力規制委員会が「新規制基準に適合する」としたことも不合理ではない、とみる。
 電力会社や規制委の方針を追認するかのような姿勢である。
 そこにあるのは高度な科学的知見を必要とする原発運転の可否は専門家に任せるとしてきた、司法の「旧態依然」たる姿ではないか。それこそが最悪レベルの原発事故につながったのではなかったか。
 そう考えれば「フクシマ」以前に「先祖返り」した司法判断のようにも受け取れよう。
 伊方原発の近くには、国内最大級の活断層「中央構造線断層帯」がある。それを踏まえて、四電が策定した基準地震動を過小評価とみる専門家の指摘がある。
 避難対策への不安も根強い。細長い佐田岬半島の付け根部分にある伊方原発で事故が起きた場合、避難計画では原発の横を通って内陸側に逃れる。その道路が寸断されれば船で対岸の大分県に向かう。しかし、混乱の中で本当に迅速に避難できるのか。疑問視する声は絶えない。
 にもかかわらず広島地裁は、伊方原発で事故が発生し、住民が重大な被害を受ける具体的危険がないことを四電は立証した―と結論づけた。想定を超える規模の地震が発生することへの不安や、避難計画への懸念を抱く住民にとって、広島地裁のこの決定はどれだけの説得力を持つだろう。
 高浜原発の運転を差し止めた大津地裁は、新規制基準は福島第1原発事故の原因究明が道半ばの中で策定されたと指摘。関電の耐震基準の策定などにも疑問を呈しており、今回と正反対の考え方を示している。
 司法判断が二分されたり、めまぐるしく変わったりすること自体、原発の安全性を確保することの難しさを物語っていよう。
 今回の決定は政府の原発回帰路線にお墨付きを与えるものではない。広島地裁は四電による地震想定の合理性について、「なお慎重な検討を要すべき問題がある」とも述べている。今後とも検証と議論を続けていく必要がある。


後半国会/疑惑解明も法案の審議も
 2017年度予算が成立し、国会は後半戦に入った。「共謀罪」などの重要法案の成否が焦点だが、「森友学園」問題の疑惑解明も残る。いずれも国民の関心が高い。納得のいく論戦を与野党ともに求めたい。
 予算は一般会計総額が97兆4547億円と過去最大の規模だった。歳出では、年金や医療、介護を含む社会保障費が32兆4735億円と最大で、全体の3分の1を占めた。
 5兆1251億円を計上した防衛費も、中国の海軍力増強や北朝鮮のミサイル開発を念頭に5年連続の増加となった。
 国会論戦の前半は、予算案の2月中の衆院通過を目指す政府、与党のペースだった。しかし、文部科学省の天下り問題に加え、南スーダンに派遣された国連平和維持活動(PKO)部隊の日報の隠蔽(いんぺい)疑惑が発覚するなど、途中から迷走し始めた。
 そこに浮上したのが「森友学園」の国有地の払い下げを巡る問題だ。籠池(かごいけ)泰典氏の証人喚問で、安倍晋三首相の昭恵夫人の関与を疑わせる証言が出て、混迷の度を深めている。
 証人喚問後の内閣支持率は52・4%で、3・3ポイント減った。一方、民進党の支持率は8・8%と低迷したままだ。政権にはこのまま世論の沈静化を待ちたいとの思惑もうかがえるが、幕引きは許されない。国の補助金受給で不正があったとして籠池氏が大阪地検の捜査対象となり、野党は引き続き追及する構えだ。
 後半国会では、「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が最大の懸案となる。政府、与党は4月中旬までに衆院で審議入りし、大型連休前に通過させたい意向だ。対する民進、共産両党などの野党は、犯罪の計画段階で処罰できる内容を問題視し、全面対決の姿勢をとる。
 天皇陛下の退位を実現する特例法整備のほか、衆院小選挙区の「0増6減」を定める公選法改正案も予定される。
 国政に影響を与える東京都議選の告示が6月23日に控える。このため同月18日の会期末を大幅に延長することが難しい中、いよいよ重要法案の審議が始まる。
 疑惑は徹底的に解明する必要がある。一方で国民生活にかかわる課題の審議も十分に尽くすべきだ。むろん、与党が数の力で押し切ることがあってはならない。


JR発足30年 「光と影」検証し将来像を
 JR7社が発足して、あす4月1日で30年となる。
 37兆1千億円に上る巨額の負債を抱え、旧国鉄が解体されたのは1987年のことだ。分割・民営化で誕生したJR旅客6社とJR貨物は自立的経営に転じ、サービスの向上や経営の多角化を積極的に進めてきた。
 その半面、JR7社間の経営格差も顕在化した。リニア中央新幹線建設や海外事業に乗り出すJRがあれば、赤字ローカル線の維持すらままならないJRもある。
 振り返れば、人口減少や地方の衰退、高速道路網の整備など、鉄道への逆風が強まる30年でもあった。少子高齢化の進展で鉄道を巡る経営環境は今後さらに厳しさを増すと予想される。
 いま一度、分割・民営化の「光と影」を検証するとともに、将来的な日本の鉄道網の在り方を総合的に検討すべきではないか。
 ●旧国鉄とは隔世の感
 国鉄の分割・民営化は総じて成功だったとする見方が強い。駅舎の建て替えや車両の更新が進み、職員の接客態度も改善された。商業施設が入居する都市の駅ビルは再開発の起爆剤となっている。
 経営指標も改善した。国鉄時代の末期は国が毎年6千億円もの補助金を投入しても1兆円超の赤字を計上するありさまだった。
 今やJR7社の経常黒字は計約1兆1千億円(2015年度)に及ぶ。サービス意識の欠如や相次ぐ運賃値上げ、労使対立とストライキによるダイヤの混乱など、国民の批判を浴びた旧国鉄時代とはまさに隔世の感がある。
 一方で分割・民営化がもたらす問題もあらわになってきた。その象徴がJR7社間の経営格差だ。
 首都圏が地盤のJR東日本、東海道新幹線を運行するJR東海、関西圏の路線や山陽新幹線を持つJR西日本−の本州3社は高収益の上場企業として「快走」する。
 それに続くのが九州新幹線を擁し、経営多角化にも挑んで昨年上場を果たしたJR九州だ。JR貨物もトラック運転手不足などを追い風に営業攻勢に転じている。
 対照的に、管内の人口減が続くJR四国、JR北海道は苦戦が続く。JR北海道は昨年11月、道内10路線13区間を単独では維持が困難と発表し、廃止や費用負担などの協議を地元に呼び掛けた。「明」と「暗」のコントラストはあまりにも鮮明である。
 こうした格差が生じた背景には各社の経営力の差もある。しかし、より大きいのは旧国鉄から引き継いだ営業基盤と資金の運用環境の激変という要因だ。分割・民営化時、JR7社が公平になるように、稼げる営業基盤が割り振られた本州3社は売上高の4〜5倍の負債を背負わされた。他方で赤字在来線の多い北海道、四国、九州の三島会社には各数千億円の持参金「経営安定基金」が与えられ、その運用益で鉄道事業の赤字を補填(ほてん)する枠組みが用意された。
 巨額の借金を負わされた本州3社は、好調な収益で順調に借金を返す一方、経営安定基金の運用益に依存する三島会社は、分割時で7〜8%あった運用金利が著しく低下し、目算は大きく狂った。
 初期の条件設定に問題はなかったか。運用益の激減は国の金融緩和の結果であり、地方活性化は国の政策目標だ。将来的に国の制度的な支援の拡充が必要かどうか、この制度設計の妥当性に立ち返って検証する必要もあろう。
 ●地域活性化の視点で
 そして今、必要なのは次世代の日本の鉄道網を巡る議論だ。既存の新幹線に整備新幹線、リニア中央新幹線、そして在来線を含めて幅広く検討したい。
 とりわけ喫緊の課題は赤字ローカル線の扱いだ。1日1キロ当たりの旅客数が2千人未満の路線は北海道には7路線、四国には3路線、九州にも7路線ある。
 まず、JR各社にはローカル線は重要な地域のインフラであり、その維持はCSR(企業の社会的責任)だと再確認してもらいたい。分割・民営化を推し進めてきた国も傍観は許されない。
 沿線の自治体と住民には地元の路線を地域活性化に役立てる発想で存続に知恵を絞ってほしい。
 地域を結ぶ鉄道の使命や役割とは何か。存続に必要な採算性や費用負担の問題をどのように解決していくか。JR発足30年の節目に改めて考えたい。


国鉄民営化30年
 ツクシが顔を出すと、実家裏の線路沿いで摘んだ幼い日を思い出す。♪レールの響き聞きながら遥(はる)かな旅路を夢見てた−口をつくのは海援隊の「思えば遠くへ来たもんだ」。レールの彼方の故郷を思う歌だ▼全国をつなぐ鉄路が分割民営化された国鉄最後の日からきょうで30年になる。「親方日の丸」の万年赤字からJR東・西日本、東海、九州が上場企業となり、今や函館から鹿児島まで新幹線が延び、京都駅など巨大複合ビルがにぎわう▼だが、強い光がつくる影は濃い。民営化後に赤字ローカル線約1100キロが廃止され、地元の足を守ろうと引き継いだ第三セクターも苦境が続く▼30年を前にJR北海道は、約半分の10路線を単独で維持困難と訴えた。本州の大動脈と切り離され、当初から採算が疑問視されていたが、止まらぬ人口流出と営業赤字にSOSを発した形だ▼人減らしで北海道、四国両社の無人駅は8割前後に上り、乗降介助や転落の注意もままならない。利益重視の圧力が、信楽や尼崎での大惨事に至ったことを忘れるわけにはいかない▼故郷と結ぶ鉄路を支える仕組みを断ち、重荷を地方に押し付けた上、巨額の公費を投じる整備新幹線、リニア計画が進む。北陸新幹線の全線開業は約30年後という。鉄路をつなぐ意味を改めて考えたい。

JR四国発足30年 私たちの鉄道を残す道は
 国鉄の分割・民営化に伴いJR四国が1987年に発足してから、4月1日で30年を迎える。
 高徳線で新型列車を投入して時間を短縮する高速化事業を行うなど、4県でサービスと競争力の向上に力を注いできた。
 それでも、高速道路の延伸の影響は大きく、鉄道利用者は減少傾向にある。鉄道運輸収入は96年度の370億円がピークで、2015年度は233億円となった。
 交通インフラが乏しい四国では、鉄道は基幹的交通手段であり、通勤・通学やビジネスに欠かせない。お年寄りや学生にとってはかけがえのない生活の足である。
 経営環境が厳しいことは分かるが、今後も鉄道路線を維持してもらいたい。
 かねて、一部路線を将来的に廃線する可能性に言及していた半井真司社長(三好市出身)は、路線ごとの収支を初めて公表する考えを示した。自治体などの懇談会を立ち上げ、路線の維持に関して、議論する際の判断材料にする。
 半井氏は「廃線してもそれほど収支の改善は期待できない。廃線ありきではなく、路線をどう生かせるかを協議する」という意向だ。
 鉄道は定時性に優れ、大量輸送が可能な利点を持つ。災害などの際には道路の代替手段としても有効である。住民も路線の特性と現状について理解を深め、支援の在り方を含めて知恵を絞る時だ。
 もともと経営基盤が弱いJR四国は、民営化時に設けられた2082億円の経営安定基金の運用益で収入不足を補う枠組みになっているが、低金利下では運用益が想定を下回っている。
 安定した収益の確保を目指し、グループで多角的な事業を展開したのは当然だろう。
 1998年の明石海峡大橋開通の際には、四国と関西を結ぶ高速バス事業を推進した。JR四国バスの2015年度の高速バス乗車人数(共同運行会社分含む)は、前年度比1・6%増の288万人余りに上る。
 人口減少が進む四国では鉄道、バスとも、需要の開拓に限度がある。外国人観光客を含めて四国外からの来訪者を増やすことが不可欠だ。4県と一体となった誘客活動をさらに強めるべきだ。
 この30年、JR四国は徳島駅や高松駅を建て替え、ホテルやショッピングセンターを開業するなど、地域のにぎわいづくりにも貢献してきた。
 本県では、踏切の渋滞解消やまちづくりに役立つ徳島市周辺の鉄道高架事業の取り組みが課題となっている。
 過去には、香川県の高徳線沿線の大規模宅地開発で、多数が売れ残ったこともある。
 これらの経験を踏まえながら収益を確保し、安定した経営の下で人の移動を支え、地域に貢献してほしい。
 よりよい形で鉄道を次の世代に引き継げるよう、日ごろから積極的な利用を考えてはどうだろう。


森友事件 官邸錯乱の原因は安倍“仮面夫婦”の家庭内別居
 森友学園問題に関して自民党の西村康稔総裁特別補佐が28日、「籠池理事長を偽証罪で告発するために調査する」と記者会見。これに公明党から批判が飛んだ。
「偽証罪の告発や国政調査権発動は参議院、衆議院の予算委員会で決めること。西村総裁特別補佐がどういう立場で記者会見したのか」(大口国対委員長)
 同じ日に菅官房長官も、籠池証言が「偽証」になるか調査していることを明らかにしているから、西村会見が「安倍官邸」の意向を受けたものであるのは間違いない。
 連立与党を怒らせてまで“越権行為”に突っ走る官邸。森友問題を思うように幕引きさせられず、もうメチャクチャなのだが、官邸が錯乱状態になっているのは、実は、安倍首相夫妻が「仮面夫婦」であることに起因している。
■2人の没交渉がファクス問題拡大招く
 籠池喚問で、昭恵夫人付職員だった谷査恵子氏が財務省に働きかけた証拠ファクスの存在が明らかになり、安倍首相は窮地に陥った。このファクスを巡り、安倍首相と菅長官の間で齟齬(そご)を来していた。
「安倍首相は、籠池喚問を見て初めてファクスがあることを知り、激怒して、今井政務秘書官と谷氏を呼びつけ怒鳴ったそうです。ところが、菅長官は問題のファクスをその1週間前に入手していた。菅さんは、『夫婦なのだから、首相は夫人からファクスのことを当然、聞いている』と思っていたようなのです」(自民党関係者)
 いかに安倍夫妻が普段から話をしていないのか分かるというものだ。
 24日の参院予算委員会では首相自らが、夫人との没交渉をにおわせてもいる。森友が付けた「安倍晋三記念小学校」の名称を断るのに5カ月程度の時間を要したことについて、「お互いに出張していたので、連絡が取れず、事務所を通じて聞いたため」と答弁したのだ。
「2人は典型的な政略結婚。出だしから夫婦関係は微妙でしたが、名家なのに跡取りができなかったことで決定的になった。以降、昭恵夫人は『家庭内野党』と言いながら好き勝手をし、今では家庭内別居状態なのです」(夫妻を知る政界関係者)
 今回、森友問題が起きて首相の母・洋子さんが激怒し、「安倍家を潰すつもりなの!」と昭恵夫人を叱ったという。
 もともと良いとは言えない「嫁姑関係」に、安倍首相のストレスは頂点に達しているようで、これも官邸錯乱の原因だ。
 昭恵夫人は、籠池喚問があった23日に弁明コメントを出して以来、フェイスブックを更新せず、27日は熱を入れていた「全国高校生未来会議」も欠席。雲隠れの様子だ。
「首相がどこかに隠しているのか、それとも自ら家を離れたのか。千葉県内にある宗教関係の施設にいるとも囁かれています」(前出の政界関係者)
 首相の夫婦関係悪化で、政権がやることなすこと支離滅裂なんて、もはや末期症状だ。


自民の思惑外れ…怪しくなってきた籠池理事長の「逮捕」
 森友学園の籠池理事長潰しに躍起になっている安倍自民党。証人喚問で証言した籠池氏を偽証罪で告発すべく調査するというが、「振込用紙に名前を記載したのは『職員』ではなく、籠池夫人の可能性が高い」とか、「安倍小学校の振込用紙を使用したのは『ほんの一瞬』ではない」など、疑惑の本質から離れた重箱の隅をつつくようなネタ探しばかり。党内でも「現実に告発は難しい」という声が上がる。
 もうひとつ自民党が期待を寄せているのが、金額の異なる3種の契約書を巡る補助金の不正取得だ。偽証罪に比べ、「補助金適正化法違反」の方が簡単とされてきたが、籠池氏は補助金返還で先手を打った。
 森友学園は小学校の建設費用について、国交省に23億8400万円の工事の契約書を提出して、約5600万円の補助金を受けていた。一方で大阪府には7億5600万円、関西エアポートには15億5500万円の金額の異なる契約書を提出。金額を水増しし、国交省から補助金を過大に受け取った疑いが指摘されてきた。
 国交省は交付済みの約5600万円の返金を求めていたが、どこから調達したのか、籠池氏は28日に国交省に全額返還。ところが29日、大阪地検特捜部は補助金適正化法違反の疑いで、籠池氏に対する告発状を受理した。
 自民党の思惑通り、籠池氏は逮捕されるのだろうか。元検事の落合洋司弁護士が言う。
「特捜部が受理した以上、捜査は行われます。捜査の展開の中で、証拠隠滅の恐れが出てくれば別ですが、特捜部が籠池氏を直ちに逮捕するような案件ではありません。ポイントは、故意に不正を働いて補助金を受けたのかどうかです。補助金を返せば済むという話ではありませんが、全額返還されていることは考慮されます。不正が立証されても、起訴しない方向に働くでしょう」
 森友問題の本質は、国有地の激安払い下げと小学校のスピード認可だ。そこをやらないで、籠池氏をやっつけようとしても、自民党の思惑通りに進むわけはないのだ。


宗教施設に潜伏情報 SNSからも姿消した安倍昭恵夫人は今
 4月1日に静岡市で予定していた講演会も中止し、27日以降、イベント出席を相次いでキャンセルしている昭恵夫人(54)。ほぼ毎日、こまめに投稿していた自身のフェイスブック(FB)も、この1週間、発信のない状態が続いている。
 これまで昭恵夫人は、どんなに批判を浴びてもツイッターやFBで自由奔放に発信してきたのに、更新がないのはSNSを使うことを禁じられた可能性が高い。本人にとっては、手足をもぎ取られたようなショックに違いない。
 人前から姿を消した昭恵夫人は、一体なにをしているのか。私邸周辺や公邸ではほとんど目撃されていない。なんと、千葉県の宗教団体の施設に身を寄せているという情報が飛び交っている。
「昭恵さんが宗教施設に出入りしている姿を撮ろうと各メディアが居場所を探しています。ただ、場所は宗教施設ではなく宗教関係の知人宅、それに宗教ではなくスピリチュアル系だろうとみられています。昭恵さんのスピリチュアル好きは有名ですからね」(政界関係者)
 実際、昭恵夫人のスピリチュアルやオカルトへの傾倒はハンパじゃない。「体に良いから」と安倍首相に“セラミックボール”という直径1センチのボールを浸した水を飲ませたり、免疫力が向上すると放射性物質のラドンを吸入させている。ここ数年は「神道」にはまり、経営している居酒屋「UZU」の店名も、日本神話に登場する「アメノウズメ」という女神からとったものだ。
■心酔する人物が証言のススメ
 首相周辺は、神秘的なモノを信じやすく、他人に感化されやすい昭恵夫人が暴走しないか心配しているという。
 とくに、昭恵夫人が心酔している人物が、ブログに〈昭恵さんも同罪になります。昭恵さんが彼女(※本紙注 夫人付だった谷査恵子さん)の汚名を晴らさない限り、それには真実をすべて話さない限り、彼女の人生を翻弄させてゆくでしょう。そして、昭恵さん自身がずっと苦しんでゆくことになるでしょう〉と書いていることを気にしているという。
 いま、昭恵夫人はどんな心理状態なのか。明大講師の関修氏(心理学)はこう言う。
「宗教に走る人と、スピリチュアルにはまる人は、タイプが少し違います。スピリチュアル好きは深くモノを考えず、直感で動く人が多い。あまり疑わず“これは凄い”と単純に思ってしまう。危機に直面した時は嵐が過ぎるのをじっと待ち、危機が去ったら、何事もなかったかのように元の生活に戻るのも特徴です」
 スピリチュアル好きも結構だが、まず昭恵夫人は、証人喚問に応じ、森友疑惑のリアルな真相を語るべきだ。


戦中か! 道徳教科書検定で「パン屋」を「和菓子屋」に…安倍政権はやっぱり日本全体の“森友”化を狙っている
 来年4月から科目化する道徳の初の教科書検定を巡り、波紋が広がっている。教科書のなかに出てくる「パン屋」に対し、文科省が「学習指導要領の示す内容に照らして、扱いが不適切」と指摘し、「和菓子」へ変更されたというやつだ。
 報道によれば、「パン屋」から「和菓子屋」への“修正”が入ったのは小学校1年生用の検定教科書。「散歩中に友達の家のパン屋を見つけた話」について、文科省が「我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着を持つ」点が足りないとして変更された。また、町を探検する話でも、同じ理由の検定意見によって、子どもたちが公園の「アスレチック遊具」で遊ぶ写真が「和楽器店」の写真に差し替えられたという。
 つまり、パン屋やアスレチックは“愛国的”でないのでNG、和菓子屋や和楽器だったら“愛国的”なのでOK、ということらしい。まるで外来語を「敵性語」として排除し、不自然な言い換えを強要された戦中を彷彿とさせるではないか。
 ウェブメディア「キャリコネニュース」の取材によれば、文科省初等中等教育局の教科書課はこの“パン屋・和菓子屋問題”についてこのように回答したという。
「文科省がパン屋を和菓子屋に修正するよう指示した訳ではありません。修正箇所はあくまでも出版社の判断に基づくものです」
「パン屋が和菓子屋に修正された教材は、検定時に書籍全体として『我が国や郷土の文化と生活に親しみ,愛着をもつこと』という項目の、特に『我が国』の部分の記載が充足していませんでした。そのため、教科書全体を通してこの部分を記載するよう指摘したまでです」(キャリコネニュース3月27日付)
 だが、どう言い繕おうとも、文科省が“検定教科書は愛国心が足りない”と指導し、出版社が「パン屋」を「和菓子屋」に変えてきたからOKを出した、というバカげた事実は変わらない。そんな安っぽい“愛国心”とは、いったいなんなのか。出版社側は「和菓子屋」への変更について、〈「日本文化的である点と、四季の変化が表現されるという特徴」が、項目を充足させるために相応しいと判断した〉(前掲キャリコネニュース)というが、ようするに文科省も「パンは外国だけど和菓子は日本文化だね!合格っ!」と安直に判断したということだろう。
 教養がなさすぎる。そもそも「日本文化」というもの自体、非常に曖昧で、恣意的に決められる話だ。たとえば政治家がよく言う「日本の伝統」というものは明治時代に定義されたものがほとんどで、たかが百数十年の話にすぎない。また、近代以前の「文化」を考えてみても、たとえば「ひらがな」ですら大陸由来の漢字がなければ誕生しえなかった。
 このように、「日本文化」と言われるものは時代によって流動的で、いうまでもなく地域や海外諸国との交流により刻々と変化していくものである。単に“パンを和菓子に変えたからOK”とする文科省の判断はあまりにもお粗末だ。というか、常識的に考えてパンやアスレチック遊具が「郷土愛・愛国心」と矛盾するわけがないのだが、安倍政権はこの国からそれらを一掃すれば “純粋な日本”に近づくとでも思っているのか。
 いや、笑える話ではない。逆に言えばこの問題は、「なんとなく外国っぽいもの」を排除して、「なんとなく日本っぽいもの」を優遇すれば、「それっぽいナショナリズム」が子どもたちに生まれるだろうという、極めて頭の悪い安倍政権のやり方を象徴しているからだ。
 実は、こうしたお手軽な“自国文化中心主義”は、ある意味、ゴリゴリの右翼思想より何倍もタチが悪い。(外国的な)パンよりも(日本的な)和菓子が「なんとなく好ましい」という感覚は、そのまま外国(人)よりも日本(人)が「なんとなく偉い」という優越感に転化し、容易に差別主義や排外主義へと結びついてしまうからだ。
 しかも、これはたまたまの話ではない。「道徳の教科化」は安倍首相の掲げる「教育再生」の目玉政策のひとつ。もともと、道徳は教科外活動であって評点はつけられていなかったが、第二次政権発足後の2014年、「江戸しぐさ」なるカルト偽史を好意的に取り上げたことでも知られる『私たちの道徳』という文科省制作の副読本の配布を開始、15年の学習指導要領改訂で「特別の科目」として道徳の正式教科化を決定した。
 同時に、国が検定基準を定める教科書の使用も義務化し、ついに18年度から小学校で、19年度から中学校での実施が始まるわけだが、これに先駆け文科省は14年、教科書の検定基準を見直し、愛国心条項などを盛り込んだ改正教育基本法の目標等に照らして「重大な欠陥がある場合」を検定不合格の要件としている。したがって、検定教科書はこれまでの事実上の“国定教科書”である『私たちの道徳』をモデルとせざるを得ず、当然、文科省のいう「重大な欠陥」は政府のさじ加減ひとつであって、教科書出版社への圧力となる。こうした経緯が今回の“パン屋・和菓子屋問題”の背景にあるのを忘れてはならない。
 また、もうひとつ見逃せないのが、この「道徳の教科化」で、子どもたちに評価がつけられるようになるという事実だ。愛国心、家族への気持ちなど、個人の心にまで優劣がつけるというのは、ようするに国が個人にひとつの価値観を強要、洗脳していく行為であり、思想・信条の自由を保障する日本国憲法に反している。
 その意味では、いま森友学園問題で教育勅語の暗唱など異常な教育がクローズアップされているが、すでに安倍政権はそれとまったく同質のアナクロな洗脳教育を子どもたちに施そうとしているのである。「天壌無窮」の皇室をいただく「万邦無比の神国」という「国体」思想を人々に植え付け、侵略戦争を正当化した戦前教育の再現、と言い換えてもいいだろう。
 検定教科書の「パン屋」が「和菓子」に変更させられたという話は、実にバカらしくとるにたらないように見えがちだが、実はその“和菓子ナショナリズム”は安倍政権が邁進する“戦争のできる国づくり”の顕現であり、日本全体の“森友学園化”を意味している。そのことをゆめゆめ忘れてはならない。(宮島みつや)


森友疑惑の核心は昭恵夫人と“官邸職員”谷査恵子氏の密接不可分な関係だ! 取材現場で見た二人の行動
「妻や私が認可や国有地払い下げに関与していたら総理大臣はもとより国会議員を辞めます」
 安倍首相がこんな答弁をしたのは、2月17日の衆院予算委員会でのこと。しかし、ご存知のように、これが真っ赤な嘘であることを物語る材料がこの間、山のように出てきている。
 そのひとつが、安倍昭恵夫人付の官邸職員・谷査恵子氏が、昭恵夫人の代理で「公務」として、籠池泰典理事長からの口利き要請に応じていた事実だ。
 きのう30日の衆議院地方創生特別委員会でも谷氏に関して、新たな事実が判明した。民進党・今井雅人衆議院議員の質問で、谷氏側から籠池理事長に手紙を送っていたこと、しかも、谷氏はこのときに官邸の公用封筒を用い、「内閣総理大臣官邸 夫人付 谷査恵子」と差出人名を明記していたことが明らかにされたのだ。これまで、官邸は、籠池氏サイドからの手紙と谷氏からの回答FAXの存在しか認めていなかったが、それ以外にも、籠池氏と谷氏の間で、公的なやりとりがかわされていたことになる。
 また、谷氏がFAXで回答した経緯についても、この間、新たな事実がわかった。
 そもそも、谷氏が2015年11月に籠池理事長宛に送ったFAXには、森友学園の定期借地契約について財務省本省に問い合わせ、国有財産審理室長から得た回答などが記載されていた。「陳情を受けて役所に問い合わせる」という典型的な口利きである。
 しかも昭恵夫人の関与について籠池氏は、「(10年の定期借地契約を)もっと長い期間に変更できないかとの思いから、昭恵夫人に助けていただこうと電話した」と午前中の証人喚問で説明していた。 
 このFAXの存在が明らかになった瞬間、議場内にどよめきが起こった。「妻の関与は明らかで首相辞任が不可避」と少なからぬ国会議員が感じ取ったために違いない。
 これに対し官邸は、説得力が皆無の詭弁で必死の反論を始めた。菅義偉官房長官は、定期借地契約の期間延長について困難と回答していることに目をつけ、「忖度以前のゼロ回答」と強調した。しかし、本当のゼロ回答というのは、「それについてはこちらから財務省に問い合わせることはできない」「問い合わせた財務省から回答がなかった」というものであり、「昭恵夫人付の谷氏が役所に問い合わせて陳情の実現困難との回答を得た」という妻の関与(口利き)の事実が消えるわけではない。
 谷氏は、国有地の埋設物撤去工事費についてもFAXで報告していた。午後の証人喚問で籠池氏は次のように読み上げたのだ。
「工事費の立て替え払いの予算化について、『一般的には工事終了時に清算払いが基本であるが、森友学園と国交省航空局との調整にあたり、予算措置がつき次第返金する旨の了解であったと承知している。平成27年度予算での措置ができなかった。平成28年度での予算措置を行う方向で調整中』という内容」
 要するに谷氏は、埋設物撤去費用支払い(清算)が前倒しになるように財務省に働きかけたということである。森友学園への支払い時期が早くなれば、籠池氏にプラスになるのは言うまでもない。谷氏の役所への口利きが陳情者への利益供与となったことも紛れもない事実なのだ。
 また、このFAXは籠池氏サイドが谷氏に出した手紙を受けてのものだったが、その手紙には、谷氏が「ゼロ回答」どころか「満額回答」を引き出す役割を果たした可能性があることもわかった。
 これは、28日の参議院決算委員会で共産党の大門実紀史参議院議員が明らかにしたもので、籠池氏が2015年10月26日付けで首相夫人の安倍昭恵氏側に送ったという手紙には「定期借地契約を50年契約にした上で、早く買い取ることができないか」「賃料が高いので半額程度にしてほしい」という趣旨の要望が書かれていた。周知のように、これらの要求はすべて実現されている。
 さらに、籠池氏サイドは、谷氏にこの手紙を送ることになったのは、谷氏から「昭恵さんにお電話をいただいた件ですが」「こちらに文書を送ってください」と電話があったことを証言しているようだ。これが事実なら、明らかに谷氏は昭恵夫人の代わりに口利きをしたことになる。
 こうした谷氏の口利きの成果を突きつけられた菅官房長官は、「谷氏の判断でやったこと」と主張し、「妻の関与」を否定し続けている。
 しかし昭恵夫人の追っかけ取材をしてきた私の目には、現実離れをした詐欺的主張にしか見えない。冒頭の写真(昭恵夫人と谷氏のツーショット写真)は、2015年3月15日に仙台で開かれた国連防災世界会議の関連シンポジウムに、昭恵夫人と谷氏が参加した時に撮影したもので、昭恵夫人の隣で拍手をしているのが谷氏である。昭恵夫人と谷氏は国会議員と秘書のような密接不可分の関係で、昭恵氏の意向を受けて谷氏が照会したとしか考えられないのだ。
 昭恵夫人がシンポジウムや集会で講演や挨拶をする時の決まり文句は「(この問題について)夫に伝えます」「夫に伝えて話しています」。安倍首相に日常的に“直訴”することができる昭恵夫人は、並の国会議員以上の太いパイプを持つ“陳情窓口”といえる。安倍首相は「私人」と言い張るが、実態は大物政治家と同じ影響力を有する「公的人物」といえるのだ。
 この日も、防潮堤見直しに関するプレゼンを聞いて谷氏と一緒に拍手した後、昭恵夫人はこう挨拶した。
「私も防潮堤問題にずっと関わってまいりました。主人にも何度か意見を言って、いろいろ話をしたり、報告をしてまいりました」
 谷氏と名刺交換(コピー参照・官邸が連絡先)をしたのは、このツーショット写真を撮影した前月の2015年2月22日。この日も昭恵夫人は谷氏と共に、映画上映会を兼ねた防潮堤見直し集会に参加。ダムを壊して川が蘇る現場を描いたアメリカ映画『ダムネーション』を見た東洋文化研究者のアレックス・カー氏が「日本の海岸は防潮堤をはじめコンクリートだらけ。『防潮堤ネーション』のような映画を望む」と訴えた。続いてマイクを握った昭恵夫人は、安倍首相の父親(安倍晋太郎・元外務大臣)の故郷が美しい棚田で知られる山口県油谷町であることを紹介しながら、「(防潮堤見直しについて)主人にも日々話をしています」「美しい日本を取り戻すために力を尽くしたい」という挨拶もした(筆者著『亡国の首相 安倍晋三』七つ森書館より)。
 集会後には主催者と参加者を交えた懇親会が開かれ、ここにも昭恵夫人と谷氏は一緒に参加した。昭恵夫人は集会主催団体が訴える課題を夫に伝える“陳情窓口”であり、総理夫人付の谷氏は国会議員に同行する秘書のような役回りをしていた。両者は密接不可分の関係であり、谷氏の個人的行動と主張する菅官房長官は、説得力が皆無の空理空論を口にしているにすぎないのだ。
 3月23日、証人喚問を終えた籠池理事長は18時すぎから外国特派員協会で記者会見に臨んだ。会見場には、安倍晋三首相の辞任必至の物的証拠(文書)が配布されていた。国会で籠池氏が暴露したばかりの「安倍昭恵夫人付の谷査恵子氏が送ったFAX」のことだ。
 籠池氏の説明の後、質疑応答に入ると、海外の記者から「いま語ったことが正しければ安倍夫人と首相はウソをついていることになる。辞任したほうがいいと思うか」と質問。すると、籠池氏は戸惑いながら複雑な心境を口にした。
「やはり嘘はいけないと思います。でも本来、安倍首相のことは僕は好きなのです。非常に心が痛い。ご自身で決定することだと思います」
 豊洲移転を最終決定したのに「全体の責任」と言い訳をする石原慎太郎元知事に対して私は「責任逃れの恥さらしではないか」(3月3日の記者会見)と質問をした。妻の関与を示す決定的証拠が出ても辞職しない安倍首相は「嘘で権力にしがみつく国辱(日本の恥)」と批判されてもおかしくないだろう。(横田 一)


新大人件費削減 教育や研究の質保てるか
 このままでは、教育や研究の質を保てなくなるのではないか。
 新潟大学が2018年度からの4年間で、教員人件費約6億円を削減する方針だ。
 教授60人分に相当する。年度ごとに定年退職者の6割の人件費に当たる額を削るという。
 大学執行部は学内での説明を進め、5月中の決定を目指す。
 背景にあるのは財政難だ。国が支給する一般運営費交付金を減らされたことが大きい。
 高等教育・研究機関が少ない地方にとって、地元の国立大は大事な知的拠点だ。
 人件費削減で減員になれば、教員1人当たりの負担が増すのはもちろん、研究や教育などの現場に直接影響が出かねない。
 本県に根差して学問を深め、社会貢献を果たしていく。そんな人材も育ちにくくなる。
 これ以上、大学の運営基盤を弱体化させてはならない。国は交付金削減方針を見直すべきだ。
 運営費交付金減額の契機は、04年度の国立大法人化だ。
 法人化後、交付金は1割余り減少した。新大でも04年度には約145億円だったのが、16年度には約129億円に減った。
 新大は人件費抑制のため、16年度から、教員の昇任や退職者の補充などを原則行わない「人事凍結」で対応してきた。
 交付金減額の影響は、全国の大学に広がっている。
 北海道大学では執行部が人件費の削減を提案し、この問題が次期学長選の争点となった。
 人件費抑制のために、任期付きの教員を雇う大学も増えている。
 文部科学省によれば、16年度は国立大に在籍する若手教員のうち無期雇用は約6千人で、有期雇用は1万人超だった。
 07年度は比率がほぼ逆だった。雇用の不安定化が進んだことがうかがえる。これでは、研究への意欲そのものが失われてしまう。
 博士課程への進学率も、04年度から約2割減少した。日本の研究力の先細りが心配になる。
 運営費交付金と対照的に増えたのが国が配分する「競争的資金」だ。研究者は競争的資金の獲得に力を入れざるを得ない。
 成果が出やすい研究に資金が偏り、長期的な課題に取り組みづらくなる。そんな現状は問題だ。
 30日には、文科省の大学に対する組織的天下り問題の最終報告書が公表された。
 国立私立問わず、大学経営は厳しい時代だ。資金獲得のために、文科省とのパイプを求める。そんな構図が天下りの背景にあるとの見方もある。
 一方、国は防衛力強化策の一環として、防衛省の研究公募制度の助成枠を急拡大した。研究者や大学が抱える研究費不足の悩みを、巧みに突いた感がある。
 大学の重要な特徴である多様性や自由などとは、逆の方向に行っているのではないか。
 少子化時代を迎え、大学の役割やありようが変化しているのは確かだろう。だがどんな時代でも「教育は百年の計」だ。未来を見据えて、大学の在り方を考えたい。


秘密保護法 運用が恣意的過ぎる
 安全保障に関わる具体的な情報は得ていない。それでも事前に秘密指定する。
 特定秘密保護法を巡り、こんな運用が少なからず行われていることが衆院情報監視審査会の報告で分かった。
 「特定秘密」と書いた空き箱を用意しておいて、何でも放り込むようなものだ。これがまかり通るなら、政府は意のままに秘密を指定できてしまう。
 国民の知る権利を損なうとの反対意見を押し切って成立した秘密法は施行から2年余。法案段階から心配された問題が顕在化した。
 情報監視審査会は、特定秘密の指定や解除が妥当かどうか調査する機関だ。衆参両院に設けられ、各8人の議員で構成する。
 審査結果によると、2015年末までに指定された特定秘密443件の4割弱に文書がなかった。その半数以上は暗号を含め電子機器などの「物件」に保存されたものだった。
 確かに法が指定を求めているのは「情報」であって、文書とは限らない。だが、その情報すらないケースが15件あった。
 将来、得られそうな情報をあらかじめ秘密指定したためだ。現存しない情報を指定するのは法の趣旨に反する。審査会が「拡大解釈」としたのもうなずける。
 情報はあるけれど、それは担当職員の記憶や知識、というケースも10件あった。人の頭の中を秘密指定したことになる。
 これでは指定の妥当性を検証しようがない。指定の解除や更新はどう行うというのか。
 審査会はさらに、作成から30年以上たった文書を警察庁が秘密指定したことを問題視した。
 秘密法は、指定の有効期間が30年を超えないことを原則とする。やむを得ず延長する場合は、その理由を示して内閣の承認を得ることになっている。
 実質的に秘密の期間が30年を超える文書は法に準じて厳格な手続きが必要―。もっともな指摘だ。
 内閣には、秘密法運用の監視役として独立公文書管理監と内閣保全監視委員会が置かれている。いずれも恣意(しい)的な秘密指定の懸念を拭い去るとして、急ごしらえで設置された経緯がある。
 こうした政府の身内の機関ではチェックが利かない。衆院の審査会が数々の不適切な秘密指定を指摘したことで浮き彫りになった。
 法案が強行採決される前の国会で安倍晋三首相は「重層的なチェック機能が果たされる」と強調した。空虚な約束だった。


小池知事、築地建て替え私案「一案として受け止め」
 東京都の小池百合子知事は31日の定例記者会見で、知事特命の市場問題プロジェクトチーム(PT)の小島敏郎座長が公表した築地市場(中央区)を現地で建て替える再整備私案について「一案として受け止めている」と語った。4月に入ってから築地市場の豊洲市場(江東区)への移転延期問題を検討する庁内組織「市場のあり方戦略本部」を立ち上げる意図については「都としてまとめる必要が出てきた」と説明した。主なやりとりは以下の通り。
 「(豊洲市場の土壌汚染対策を検討する)専門家会議やPTで様々な調査・分析をしてきた。それらを踏まえて総合的な判断につなげるため、市場のあり方戦略本部を4月1日に設置し、3日に第1回会議を開く。主な検討事項は、都民の理解と納得を得るための情報を集約する。豊洲と築地の課題を整理する。物流環境が変化する中、市場の将来を考える」
 「2020年東京五輪・パラリンピックで、開催都市としての都の責任を重くかつ真摯に受け止めている。費用負担についての都の基本的な考えを国、組織委の3者協議で提示する。オールジャパンで取り組むため、国の英断を強く期待する」
 ――PT座長が案を示した築地市場の現在地再整備は過去に頓挫している。実現可能性をどう評価しているか。
 「戦略本部で議論する。今回PTから出された案はセカンドオピニオン、サードオピニオンだ。(1990年代に着手した再整備工事の時より)事業者が減り、種地が確保できる前提と聞いている。営業しながら建て替えた例では東京駅などがある。(築地再整備私案を)一案として受け止めている。全部包含する形で戦略本部で整理する」
 ――都議会公明党は戦略本部を6月開会の都議会第2回定例会までに結論を出してほしいと主張している。
 「4月3日に1回目のキックオフだ。基本的には、昨年11月に示した(豊洲市場への移転の行程表の)通りの流れだ」
 ――なぜ今、戦略本部を立ち上げるのか。
 「専門家会議やPTがある。都庁もある。都としてまとめる必要が出てきたと認識した」
 ――中央卸売市場の再編も検討するのか。
 「点としての築地市場ではなく、都として今後の市場のあり方の検討を目指す。広く物流も考える。そういうことを踏まえずに総合的な判断は下せない」
 ――東京五輪で国に求める英断とは何か。
 「(競技施設の)設計段階に入り、大会準備に支障ないよう、さらに準備を加速させる。国との役割の分担を進めたい」
 ――自民党東京都連が4月に開く都議選の決起集会に招待されているが、参加するか。
 「そういう話は聞いている。調整中だ」


初予算成立・小池知事に追い風 築地バッシングで自民の“自爆”
 都議会第1回定例会が30日に閉会し、小池百合子東京都知事(64)にとって初の予算案が成立した。この定例会を荒れたものにしたのは築地市場の豊洲移転を推進する都議会自民党による築地へのネガティブキャンペーンだった。
 これまでは人気のある小池氏を刺激しないようにしていた自民党だが、今回は違った。小池氏が豊洲移転をするかしないかの判断をしあぐねている今こそがチャンスと捉え、ねちっこい追及にかじを切った。市場関係者は「3月は自民党も報道も一斉に『築地は危険だから豊洲へ行くべきだ』という論調になった。ネットでもすごく広まった。この流れの背後には首相官邸がバックにいるなんてささやかれていますよ」と明かした。
 小池氏は「築地はコンクリートに覆われているから安全」との発言でダブルスタンダードを批判され、また「市場のあり方戦略本部」の設置を表明するなど混迷。一時の勢いは落ちていた。
 しかし、自民党の“自爆”に救われた。都政関係者は「自民党の築地へのネガティブキャンペーンは度が過ぎていました。ある業界団体は『明白な営業妨害』と声明を出したほど。また、都議会でも意味のない時間の引き延ばし工作を連発し、都職員の不興を買いました。途中まではよかったんですけど、やりすぎたんですよ」と話した。
 前出の市場関係者は「移転派か中止派かにかかわらず、みんな自民党に怒ってます」と憤る。小池氏も予算成立後に「築地バッシングの様相を呈していた。現に営業されている人もおり、営業妨害との声が寄せられている」と自民党の手法を批判した。
 自民党が築地バッシングをすればするほど、もともと自民党と深いつながりのあった市場関係者の気持ちは小池氏に傾く。小池氏にとって自民党の大チョンボは追い風になったようだ。

ハンガーが盗まれて/Toさんと打ち合わせ

ブログネタ
フランス語 に参加中!
dogh1

Les publicités sexistes à Paris, c'est fini
Le Conseil de Paris a annoncé mardi que le concessionnaire du mobilier urbain d'information parisien devrait ≪s'assurer qu'aucune publicité à caractère sexiste ou discriminatoire ne puisse être diffusée sur le réseau municipal d'affichage≫.
Paris libérée des publicités sexistes et discriminatoires ? C'est en tout cas le souhait du Conseil de Paris. La Ville a décidé, mardi, de se débarrasser des campagnes douteuses à l'occasion du vote attribuant au groupe JCDecaux, le marché du mobilier urbain d'information.
≪Le nouveau contrat prévoit que le concessionnaire s'engage à s'assurer qu'aucune publicité à caractère sexiste ou discriminatoire ne puisse être diffusée sur le réseau municipal d'affichage≫, a indiqué la Ville.
Proposée par le groupe communiste, cette clause demande à ce que le concessionnaire s'engage à ≪éviter toute publicité qui utilise des stéréotypes sexistes, homophobes, et des représentations dégradantes, dévalorisantes, déshumanisantes et vexatoires des femmes et des hommes≫, ainsi que toute publicité ≪cautionnant toute forme de discrimination fondée sur l'origine ethnique, l'origine nationale, la religion, le sexe ou l'age ou portant atteinte à la dignité humaine≫.
≪Une volonté politique≫
Pour Hélène Bidard, adjointe PCF chargée de la lutte contre les discriminations : ≪Cette clause est un premier pas, il y a une volonté politique de la Ville d'aller au-delà de la loi et d'être avant gardiste.≫ En effet, cette décision a été prise ≪en attendant une loi qui s'appliquerait sur l'ensemble du territoire national≫.
Mais comment définir une publicité sexiste ?
≪La mairie de Paris a prévu de collaborer avec des associations qui luttent contre les violences faites aux femmes pour établir des critères et une charte qui sera ensuite étudiée avec JCDecaux et d'autres partenaires, aussi vecteurs de publicités, comme Metrobus, la SNCF, la RATP et la STIF≫, explique Hélène Bidard.
≪L'idéal serait de mettre en place un comité de surveillance des publicités comme à Londres, après avoir défini la charte. Même si l'idéal absolu serait de ne pas avoir à intervenir, de ne pas avoir de comité de surveillance et que publicitaires et marques prennent conscience eux-mêmes que l'on peut être vendeur autrement qu'en s'en prenant à la dignité humaine.≫
≪Les publicités sont de plus en plus choquantes pour attirer très vite l'oeil des passants≫
Une décision qui s'inscrit pleinement dans l'actualité. Il y a un peu plus de deux semaines, la marque de luxe Saint Laurent avait été épinglée par l'Autorité de régulation professionnelle de la publicité (ARPP) pour des affiches jugées ≪dégradantes≫ vis-à-vis des femmes.
D'après Fatima Benomar, porte-parole du collectif féministe Les efFRONTé-e-s : ≪Plus le temps passe, plus la compétition publicitaire est grande. Les publicités sont de plus en plus envahissantes et nombreuses sur des supports de plus en plus visibles, grands ou mouvants. Elles sont de plus en plus choquantes pour attirer très vite l'oeil des passants. Dans celle de Saint Laurent, il y avait non seulement ce que l'on a l'habitude de voir : l'anorexie, la vulnérabilité, le regard de cette jeune femme presque apeurée, la nudité, son sexe en premier plan etc. Mais en plus des choses choquantes comme le fait de la voir mêlée à un tabouret ou de l'avoir amputée d'une partie de son dos, ce qui n'a strictement aucun sens≫.
Des publicités qui en l'absence de règles précises font très rapidement du tort aux femmes selon la porte-parole de l'association : ≪On a été très contentes du retrait de la campagne, en revanche le mal est fait. Ces images impactent très vite le regard, l'attention et les consciences, en une journée c'est fait. C'est pour cela que l'on demande un système de validation en amont pour voir si ces publicités correspondent aux valeurs de la République, avant qu'elles puissent envahir l'espace public. La loi égalité et citoyenneté (août 2014) à elle même étendu pour ce qui est de l'audiovisuel les compétences du CSA aux publicités.≫
≪Un message clair de la Ville≫
Pour Caroline de Haas, militante féministe et consultante sur les questions d'égalité pour les collectivité , la mairie de Paris envoie un message très clair à ses partenaires commerciaux: ≪La Ville signifie que si on veut travailler avec elle, il ne faut pas reproduire les inégalités, le sexisme et les discrimination. La mairie de Paris se pense comme un levier de transformation de la société au-delà de ses propres actions à elle en faveur de l'égalité.≫
En revanche, la militante féministe nuance la notion d'interdiction en précisant: ≪On aura vraiment gagné le jour ou une marque qui sortira une publicité sexiste produira tellement de bronca sur les réseaux sociaux et dans la rue qu'elle sera obligée de la retirer immédiatement. Pour que le niveau d'intolérance au sexisme continue à changer, les principaux leviers doivent rester la prévention, la formation, l'information et l'éducation≫.
フランス語
フランス語の勉強?
マツコ&有吉の怒り新党
今夜いよいよ最終回!マツコ&有吉遂に怒りおさめ!?6年間を振り返る新3大○○調査会総集編SP…最も注目の力士&大爆発だらけの刑事ドラマなど新3大名作を一挙大公開!!
最終回・「新3大○○調査会」総集編SPでこれまでの新3大を振り返る! ★あの超人気力士のマンガみたいな取り組み ★怪獣にメッタ打ち!?悲しきヒーローの悲劇 ★これぞ芸術!超ミニチュア芸術にマツコ息をのむ ★激しすぎて逆に笑える!?あの刑事ドラマの大爆破シーン ★感動!これぞ芸術!?男子新体操部の名演技 …など3大の名作&迷作を一挙放送します!6年間怒り続けたマツコ&有吉は最後に何を語る!? 庶務青山が感極まってまさかの涙!?その時マツコ&有吉は…!?
幹事長 マツコ・デラックス 政調会長 有吉弘行 庶務 青山愛
☆“あなたが怒りたい”エピソードを大募集!!詳しくは番組ホームページで!!  http://www.tv-asahi.co.jp/ikari/


昼過ぎにハンガーが盗難にあっていることに気がつきました.プラスチックのハンガーで金額的にもたぶん1000円以下なので大騒ぎするほどではないのですが,なんだかがっかりです.
2時ごろToさんから水色の冊子をもらって,5時頃パワポ関連で打合せ.ToさんはMacなのでパワポではないのですが・・・いい人だと思いました.

南三陸に5年 宝塚からの応援職員が退任へ
 東日本大震災の復興支援のため宮城県南三陸町へ派遣されている兵庫県宝塚市職員の仲村孝二さん(64)が今月末、退任する。町の応援職員で最長の5年間、一貫して復興事業の要となる用地買収に取り組んだ。「震災前の南三陸の良さを取り戻してもらいたい」と町民にエールを送る。
 仲村さんは宝塚市で16年間、用地部門に身を置いたスペシャリスト。町に出向した2012年4月、津波で被災した町中心部はがれきが残り、建物に漁船が乗っていた。1995年に起きた阪神大震災の復興事業に携わった経験はあったが、目の前の惨状に「何から手を付けたらいいのか」と戸惑った。
 仲村さんは防災集団移転団地の高台や土地区画整理事業のかさ上げ地を買い取るため、地権者との交渉に奔走。相続人が不明だったり、一筆の土地に共有者が80人以上もいたりと買収は難航を極めた。電話で説明すると「南三陸の土地なのになぜ関西弁なんだ」と詐欺と疑われたこともある。
 「事業に区切りを付けるまで責任を持ちたい」と定年を迎えても宝塚市職員としての再任用を繰り返し、2015年4月からは町の管財課長を務めている。
 高台に団地が完成し、「新居で年越しができる」と町民に言われ「何とも言えないうれしさがこみ上げた」と振り返る。今年3月には最後の災害公営住宅の整備が終わり、住宅再建にめどが立った。
 佐藤仁町長は「土地の地権者に何度も足を運び、粘り強く交渉してくれた。仲村さんがいなかったら復興事業は進まなかった」と感謝する。
 心残りは、岩手県大槌町に派遣された宝塚市職員の同僚が13年1月、自殺したことだ。「真面目な人だった。近くにいてやれれば良かった」と悔やむ。
 壊滅した状態から復興の様子を見てきた仲村さんは町の未来について「建物は今風に変わったが、人とのつながりを大事にした町の良さが残るまちづくりに期待する」と語った。
 本年度の応援職員は108人。町は「復興のピークを越えた」として、新年度は応援を25%減らし81人とする。


大船渡の仮設店舗 14%再建先「未定」
 東日本大震災で被災した大船渡市で今月末、一部を除いて仮設店舗や事業所の入居期限を迎える。岩手県沿岸部の自治体で最も早く、今月中旬時点で入居事業者の14%が再建するかどうか決まっていない。復興事業による基盤整備が終わらない中、商業者から期限延長を市に求める声も出ている。
 市によると、仮設施設の入居事業者は187。このうちテナントを含めて108事業者(58%)が自力再建し、42事業者(22%)が施設の無償譲渡を受け、事業を続ける。一方、10事業者(5%)が廃業し、27事業者(14%)は未定だという。
 未定としている飲食店主(63)は市中心部で進む土地区画整理事業地内で借地を探すが、見つからない。工事は2018年度まで続く。「まちがどうなるか分からず、地権者は様子見している」と話す。
 仮設施設の貸与期限は自治体が設定する。大船渡市は原則、一律で今月末とした。ただ、市有地の商業エリアに4月下旬開業予定で、工事が遅れている商業施設に入居する事業者などは期限後1〜2カ月の入居を認めている。
 市商工課の担当者は「仮設は再建するための力を蓄える期間で、いつまでもということはできない。入居を延ばしているうちに、グループ化補助金などの支援制度が終了しては大変だ」と強調する。
 後継者不足などから再建に踏み切れない事業者のため、市は仮設施設の無償譲渡という選択肢を用意したが、地権者の同意が得られないケースがある。仮設施設を集約する案は、用地の選定や固定客離れの懸念があって難しいという。
 仮設施設の撤去費用負担を19年3月まで延長する国の方針を踏まえ、陸前高田市、岩手県大槌町などは入居期限を延ばした。復興事業の進み具合をみて設定する県内自治体もある。
 大船渡市の仮設施設で美容室を営む今野陽子さん(70)は土地区画整理事業地内で再建するが、建物の完成は17年度の計画だ。
 今野さんは「市は市有地に建つ商業施設に注力しているように見える。自立意思がある事業主まで一律に切るのではなく、実情に合わせてほしい」と語り、施設内の入居者と共に利用延長を求める。


<大川小>控訴審初弁論 事前防災など争点
 東日本大震災の津波で死亡・行方不明になった石巻市大川小の児童23人の19遺族が市と宮城県に約23億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審第1回口頭弁論が29日、仙台高裁で開かれた。控訴審では津波の予見可能性などに加え、市教委や当時の校長らによる事前防災の在り方も争点となる見通し。
 主な争点と地裁判断は表の通り。初日は法廷で遺族6人が子どもを亡くした思いを述べた後、今後の進行を非公開で協議した。
 遺族側によると、高裁は市と県側に、市教委が震災前に(1)各学校の危機管理マニュアルを確認し不備を是正させていたか(2)マニュアルの周知など必要な措置を校長に指示していたか−などの説明を求めたという。
 学校保健安全法29条は各学校に対し、危機管理マニュアルの作成や内容の周知などを求めている。高裁はマニュアルの運用状況や実効性に着目し、市教委や学校の組織的な対応が適切だったかを判断する可能性がある。
 一方市側は、唯一生き残った男性教務主任の書面尋問を申請する意向を示したが、遺族側は「書面は信用性が低い」と反対する方針。教務主任は心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療中とされる。
 津波の予見可能性について、遺族側は控訴審で大津波警報発令時点など「より早い段階で可能だった」と主張。市側は「津波情報を得たとしても、事前の想定を超える襲来は予見できない」などと反論している。
 仙台地裁は昨年10月、教員らは襲来約7分前までに津波を予見できたと認定。「裏山に避難させるべきだった」と教員の過失を認め、計約14億2660万円の賠償を命じた。双方が判決を不服として控訴した。
 大川小では児童74人と教職員10人の計84人が死亡・行方不明になった。


<大川小>市教委の対応不誠実
◎鈴木実穂さん(48) 6年だった長男堅登君=当時(12)=を亡くし、4年だった長女巴那さん=不明当時(9)=の行方が今も分からない
 あの日から娘巴那(はな)の亡きがらにも会えず、本当に死んでしまったのか確固たる証拠もないまま6年が過ぎました。区切りも節目もありません。意識して感情のスイッチをオフにしなければ、日常生活を送れません。
 震災3カ月後、市長は「宿命」という言葉を突き付けました。市教委の対応は不誠実で、話し合いを重ねるごとに不信感が募る一方でした。遺族は深く傷ついています。一連の遺族への事後対応の注意義務違反を高裁で認めてほしい。
 唯一生還した男性教諭に伝えたい。つらいのは先生だけではない。先生が語ることで今後の学校防災に生かされ、救われる命もたくさんあるはずです。犠牲者への供養として、立ち上がる勇気を持ってほしい。


<大川小>学校防災向き合って
◎紫桃隆洋さん(52) 5年だった次女千聖さん=当時(11)=を失った
 一審では津波の予見可能性に議論が絞られましたが、それだけでは不十分。控訴審は学校の在り方にまで踏み込んでほしい。
 宮城県沖地震の発生が懸念される中、当時の校長は防災マニュアルをきちんと整備せず、津波避難訓練も実施しませんでした。
 震災当日、津波を予見したのに先生が動けなかった事実は、学校防災上、危険な問題をはらんでいます。管理体制の不備が当日、何もできず、大川小の悲劇につながったのではないでしょうか。
 高裁判決は学校防災に向き合い、第二の大川小を決して出さない礎となる内容であってほしい。短かったけれど、娘の千聖(ちさと)の生きた足跡が未来の希望につながる判決を期待しています。


<大川小>子どもでも津波予見
◎佐藤和隆さん(50) 6年だった三男雄樹君=当時(12)=を亡くした
 息子の雄樹は「ここに居たら死ぬ」と担任に泣きながら必死に訴えていた、と助かった同級生から聞きました。子どもですら津波を予見していました。
 行政や教育関係者が今も「津波は予見できなかった」と言い続けていることが信じられません。裁判とはいえ、立場に関係なく子どもの命と向き合ってほしい。特に市長や知事、教育委員会に強く訴えたい。なぜ大川小は、他の学校が実施していた避難訓練をせず、避難マニュアルも未整備だったのか。あの日、先生たちが避難を迷ったのは、事前の備えを怠ったからではないか。あの日の子どもたちの姿を思い浮かべ、子どもたちの命を中心に考え、高裁での審理を進めてほしいと願っています。


<大川小>息子に「謝罪」報告を
◎今野ひとみさん(46) 6年だった長男大輔君=当時(12)=を失った
 3人の子どもを津波で亡くし、もう母ではなくなりました。心も体も空っぽですが、一つだけずっと心に響いている言葉があります。「津波が来るから山さ逃げよう」。震災当日、息子の大輔が校庭で先生に叫んでいた言葉です。息子は助かりたくて必死でした。
 息子が亡くなり百か日の頃、海で溺れる夢で目が覚めました。こんなにも苦しくつらかったんだ。代われるなら代わってあげたいと自分を責め続けました。
 子どもでさえ裏山への避難を訴えていたのに、先生が津波を予見できないのはおかしい。「大ちゃんは間違ってなかった。山に逃げたら助かった。もう安心して、先生たちも謝っているよ」と早く報告したい。それがただ一つの願いです。


<大川小>真実を正直に話して
◎中村次男さん(42) 3年だった一人娘の香奈さん=当時(9)=を失った
 おかず一つ選ぶにしても、香奈の意見が一番。香奈中心の生活でした。対面した遺体は優しい顔をしていました。何度も名前を呼びました。返事がないのに、声がかれても呼び続けていたのを覚えています。
 一審判決後、市が控訴すると聞いた時の衝撃は計り知れませんでした。最愛の子を失った悲しみに打ちひしがれ、市長の「宿命」発言など事後対応の不備にもとても傷つきました。わが子がどのように亡くなったのかを知りたい。市や市教委は真実を正直に洗いざらい話し、きちんと対応してほしい。
 震災から6年。娘が生きていれば晴れて高校1年生。これからが楽しみな年頃でした。毎日、残念で残念で悔しい。


<大川小>遺族「組織の責任認定を」
 宮城県石巻市大川小津波訴訟の控訴審が29日、仙台高裁で始まり、遺族は高裁が「事前の防災体制」に焦点を当て、主な争点に浮上したことを歓迎した。一審仙台地裁判決は「事前の備え」を免責しており、仙台市内で記者会見した遺族は「亡くなった教諭個人ではなく、市や県の組織としての責任を認定してほしい」と口々に訴えた。
 6年の長男大輔君=当時(12)=を亡くした原告団長の今野浩行さん(55)は「現場にいた教員個人の責任を超える事案と判断し、(震災当日不在だった)校長らの責任を議論のテーブルに載せた」と高裁の指揮に手応えを感じた様子。「最後までやるしかない」と覚悟を口にした。
 3年だった長女未捺(みな)さん=同(9)=を亡くした只野英昭さん(45)は「なぜ51分間避難しなかったか。この『なぜ』は危機管理マニュアルの不備と密接な関係がある。大川小は法律で求められた対応を全くしてこなかった」と批判した。
 「学校の先生、特に校長は市民より高い危機意識が求められる」。3年の一人息子、健太君=同(9)=を失った佐藤美広(みつひろ)さん(56)はそう指摘し、「学校運営の方法などが審理される見通しになり、うれしい。マニュアルの不備が明らかになるのではないか」と期待を込めた。
 亀山紘市長は「犠牲になられた方々とご遺族に改めて深く哀悼の意を表する。代理人、県と協議しながら真摯(しんし)に対応したい」、村井嘉浩知事は「学校設置者の市、代理人と協議しながら、主張すべき点はしっかり主張していく」との談話を出した。


<大川小>裏山に避難させず「明らかに人災」
◎2人の子失った狩野さん意見陳述
 大川小津波訴訟の控訴審で原告の狩野正子さん(44)が29日、意見陳述した。「子どもたちは明らかに人災で亡くなった」
 5年の長男達也君=当時(11)=、2年の長女美咲さん=同(8)=を失った。
 東日本大震災後、自宅で2人の勉強机を見ては涙を流し、無事を祈った。「達也が見つかった」。義父の一報で、大川小へと急いだ。達也君は毛布に包まれ、青いビニールシートが掛けられていた。何度も体をさすり声を掛ける。目を開けることはなかった。
 震災翌月の2011年4月、美咲さんが水に浮いた状態で見つかった。壊れそうな気がして、体に触れられなかった。「美咲にずっと会いたかったんだよ。浮いてきてくれてありがとう」。優しく声を掛けた。
 震災直前の出来事で忘れられない記憶がある。
 3月10日朝、台所で達也君が「また大きな地震が来る。学校にいたら危ないから行きたくない」と訴えた。前日に校内で地震に遭い、校庭へ避難していた。
 あの日の朝。両手を広げた狩野さんの胸に美咲さんが飛び込み「お母さん大好き」と抱き付いてくれた。
 わが子の死を受け入れられない日々。「なぜ、先生たちが裏山に避難させなかったのか」と疑念を抱き、市教委が助かった児童から聞き取った証言メモを廃棄したという話に憤った。狩野さんは夫婦で訴訟に加わった。原告の中には「もう一度お父さん、お母さんになりたい」と不妊治療に望みを託す遺族がいる。
 大川小では児童4人の行方が今も分からない。「お帰り」。そう言って子どもを抱きしめる光景をずっと思い描く原告もいる。
 狩野さんは法廷に声を響かせた。「わが子を失った悲しみや苦しみなどを二度と味わうことのないような学校にしてほしい。声を上げないと闇に埋もれる事実もある」


<避難解除>31日から 福島4町村3万2000人
 東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の避難指示は31日に浪江町と飯舘村、川俣町山木屋地区で、翌4月1日に富岡町で、一部を除き解除される。解除対象は約3万2000人。残る避難区域は第1原発が立地する大熊、双葉両町の全域と近隣5市町村の帰還困難区域となる。
 浪江町と飯舘村、川俣町山木屋地区の解除は31日午前0時。このうち浪江町と飯舘村には帰還困難区域が残る。川俣町の避難区域は全て解消する。
 解除対象は、浪江町が避難自治体で最多となる5841世帯1万5327人に上る。飯舘村は1753世帯5859人、山木屋地区は548世帯1160人。
 1日午前0時に解除となる富岡町の対象は、3830世帯9578人。帰還困難区域の避難指示は継続される。
 避難指示解除に向け、4町村では2月24日現在、計681世帯1565人が宿泊登録している。
 原発事故では、最大で11市町村の計約8万1000人が避難対象となった。これまでに田村市都路地区東部、川内村東部、楢葉町、帰還困難区域を除く葛尾村と南相馬市の一部などが解除された。新たな解除地域を加えると、面積で67.9%、当初人口との比較で約7割が居住可能となる。
 大熊、双葉両町の全域と帰還困難区域は4月以降も避難指示が継続され、約2万4200人の避難生活が続く。政府は、帰還困難区域内に「特定復興再生拠点区域」(復興拠点)を整備し、2022年をめどに避難指示を一部で解除する方針を示している。


<気仙沼大島大橋>対岸への思い つながる
 気仙沼市の離島・大島と本土を結ぶ「気仙沼大島大橋」(長さ356メートル)の架橋作業が進み、最後の部材となるアーチ橋中心部が29日、架設された。宮城県が進める東日本大震災の復興事業で、午後には接続を終え、本土と大島が目に見える形でつながった。
 アーチ橋中心部は長さ228メートル、約2700トン。大型クレーン船でつり上げて朝日埠頭(ふとう)から約1.5キロえい航し、両岸に通じる橋桁につなげた。
 今後は橋桁の中に電力ケーブルや水道管を通す工事を進め、2019年3月までの完成を目指す。東北で離島の架橋事業は初めて。橋脚間の長さは297メートルで東日本最長のアーチ橋になる。


<気仙沼大島大橋>希望の象徴 地元に喜び
 宮城県が気仙沼市の離島・大島と本土を結ぶ「気仙沼大島大橋」(長さ356メートル)の架設作業を完了させた29日、地元は喜びに包まれた。県の構想から半世紀。東日本大震災の復興に走り続ける島民は「長年の悲願がかなう」と2019年3月の完成を待ちわびた。
 「島民の希望の象徴がようやくつながった」。大島在住の畠山千賀子さん(77)は市主催の見学船に乗ってアーチ橋を見詰めた。「船の時間に制限されず、いつでも本土に出掛けられるようになる」と期待する。
 旧大島村が架橋を構想したのは1951年。67年には県の発展計画に盛り込まれ、以来、地元では三陸自動車道延伸とともに長年の悲願となっていた。
 県の架橋事業化が決まった2カ月後、震災で大島は船舶や船着き場が津波に流されて孤立状態に陥った。直後の2011年4月に約220億円が国の復興事業として賄われることになり、橋を含む県道8.0キロの工事は66%まで進む。
 島民でつくる大島架橋促進協議会長の養殖業小松武さん(41)は「大島で暮らしている住民家族の安心感につながる」と言う。
 2年先には島が本土と地続きの「半島」となり、島内に18軒ある旅館民宿の宿泊客が減るのではないかとの不安もある。菅原茂市長は「緑の真珠と呼ばれる大島の魅力をアピールする好機と捉え観光資源を生かす施策を進める」と語った。


被災博物館の再生 古里の宝と心つなごう
 東日本大震災津波で壊滅した陸前高田市立博物館が再生へ動きだした。市は「(仮称)一本松記念館・陸前高田市立博物館」整備に向け、2017年度当初予算に博物館新築事業費を盛り込み、ホームページで基本計画案に対する意見募集も行った。
 津波は沿岸各地の文化施設に大きな被害をもたらした。中でも同市は博物館、海と貝のミュージアム、図書館、埋蔵文化財保管庫の4施設が全壊し、資料約56万点が被災。絶望的状況から空前の文化財レスキューが始まった。
 自発的に駆け付けた内陸自治体の専門職員をはじめ、自衛隊の協力も得て約46万点を救出。県立博物館を中心に全国の関係機関の支援で、資料の修復作業が今なお続く。
 昨年11〜12月、被災文化財展が市内で初めて開かれた。市民が会場に続々と訪れ、展示品と「再会」した際の喜びの表情が忘れられない。
 この情景はどうして生まれたのか。陸前高田市博は1959年、東北第1号の公立博物館として建設。以来、半世紀以上にわたり、市民が古里の歴史・文化・自然に心を寄せ、愛着をはぐくむ拠点だった。その伝統ゆえだろう。
 復興が進み新たな街並みが姿を現す中で、古里の過去・現在・未来をつなぐ「宝」への市民の強い愛着。がれきの中から、その「宝」を一つ一つ探し出した全国の関係者の熱意。いくつもの思いがあるからこそ、博物館再生への期待は大きい。
 半世紀余の伝統を継承しつつ、被災文化財レスキューの側面も盛り込み、新たな伝統をつくっていく拠点になってほしい。
 陸前高田の宝といえば、津波に耐えた復興のシンボル「奇跡の一本松」。それ以外にも宝は多い。例えば、海と貝のミュージアムから救出されたツチクジラの※製標本「つっちぃ」、国内に3台しか現存しないリードオルガン、海との共生を物語る国登録有形民俗文化財「陸前高田の漁労用具」などだ。
 「吉田家文書」など津波被災資料の修復で培われた技術も、新たな宝と言える。
 地方の博物館をめぐっては近年、自治体の財政難などを背景に、来館者数でその価値を計るような風潮が広がっている。だが、それでいいのか。博物館の存在意義を考える時、古里の宝を守る心をはぐくむという、目に見えない価値を抜きには語れない。
 これからの博物館の在り方を占う上でも、全国の関係者が陸前高田に注目している。市民が古里の歴史・文化・自然を再認識し、愛着を寄せるさまが来訪者に伝わるような地域づくりの拠点になってほしい。それでこそ、全国の支援の恩返しにもなる。
※は「剥」の左上が「彑」


金華山観光より便利に 休憩所が復活
 東日本大震災で全壊した金華山(石巻市)の休憩所が復旧し、東北三霊場の一つとして知られる信仰と観光の島が、復興へと一歩前進した。
 完成式典が28日、現地であり関係者ら約30人が出席。亀山紘市長は「震災から6年、みなさんに不便をおかけした。イベントなどを通じて牡鹿地区の魅力を発信し、交流人口拡大につなげたい」とあいさつした。
 休憩所は市が船着き場近くに整備。鉄骨平屋約360平方メートルで、待合スペースやトイレを備える。事業費は4億6950万円で、震災復興特別交付税と寄付金を充てた。
 黄金山神社によると、震災前に年間6万〜8万人だった参拝客は約2万人に減少。現在は休日に限り、同市鮎川浜と女川町から往復1便ずつ旅客船が乗り入れている。
 休憩所が完成し、奥海聖宮司(64)は「観光客の利便性向上に加え、平日を含む定期船の運航への機運も高まるのではないか」と期待を寄せる。
 金華山での市の整備事業は、8月中に完了予定の船着き場から参道へ至る市道金華山公園線の完成で終了する見通し。


亘理町仮設住宅を最後の家族退去
東日本大震災の津波で大きな被害を受けた亘理町で、仮設住宅に暮らしていた最後の家族が30日退去し、最大で3300人余りが暮らした仮設住宅は解消することになりました。
亘理町は震災の津波で町内の半分近くの面積が浸水し300人余りが犠牲になりました。
町では5つの仮設住宅の団地が作られ最大で3300人余りの人たちが生活してきましたが、災害公営住宅などへの転居が進み30日、最後の家族が仮設住宅を退去しました。
この家族は町内に自宅を再建したということで仮設住宅のカギを返し、町の担当者は内部の確認などをしていました。
この仮設住宅の団地では、夏ごろから解体作業が行われて更地にし、企業を誘致するための土地として整備されるということです。
亘理町被災者支援課の柳澤裕輝さんは「被災者がつらかったことを乗り越えて復興に向かって歩んできているということで感無量です」と話していました。
宮城県内では30日、七ヶ浜町でも仮設住宅の閉所式が行われ、仮設住宅が残るのは8つの自治体となっています。


七ヶ浜町 仮設住宅の閉所式
東日本大震災の津波で大きな被害を受けた七ヶ浜町で30日、仮設住宅の閉所式が行われました。
七ヶ浜町は震災の津波で町の面積の36パーセントが浸水し97人が死亡、2人が行方不明になるなど大きな被害が出ました。
最も多い時にはおよそ1200人が仮設住宅で暮らしていましたが震災から6年がたった今月、全員が仮設住宅から退去できる見通しになり、30日、閉所式が行われました。
この中で寺沢薫町長は「早く再建したいと願いながらこの6年の間に仮設住宅で多くの人が亡くなったことが残念でなりません。復興は道半ばですが皆さんと協力し町の再建を進めていきたい」とあいさつしました。
そして住民の代表が大きな鍵のレプリカを町長に返却しました。
このあと震災の記憶を語り継いでいこうと参加者が集まって仮設住宅が建てられている敷地内に桜の木を植えました。
参加した70代の男性は「ようやくここまで来たなという感じです。
これからは町内会などのコミュニティーを大事にして復興に取り組んでいきたい」と話していました。
宮城県内では多賀城市と亘理町でも今月、仮設住宅から全員が退去し仮設住宅が残るのは8つの自治体となっています。


震災後設立のNPO約300団体
東日本大震災の発生以降、復興の担い手などとして県内で新たに設立されたNPO法人はおよそ300に上ることが宮城県などのまとめでわかりました。
一方で運営資金の問題などから解散する団体も出ていて活動の継続が課題となっています。
宮城県や仙台市などによりますと県内で認証を受けているNPO法人は2月末の時点であわせて804団体あります。
このうち東日本大震災の発生以降、新たに設立され認証をうけたNPO法人は293団体と全体の36%に上っています。
NPO法人は被災者支援のために設立されるケースが増えていて税制上の優遇措置を受けられる「認定NPO」として認められている団体も17あるということです。
その一方で震災以降、解散した団体もあわせて100以上に上っていて運営資金や人の確保が難しいなどの理由が多いということです。
宮城県は今後の復興に向けてNPOの協力が欠かせないとして新年度、NPOと企業との交流の場を増やすなどして活動の継続を支援することにしています。


原発事故後の甲状腺検査 がん診断の4歳男児報告されず
原発事故のあと、福島県は18歳以下の子どもを対象に甲状腺検査を行っていて、健康への影響を検証する専門家の委員会に報告しています。しかし、事故当時4歳の子どもががんと診断されたのに、委員会に報告されていないことがNHKの取材でわかりました。福島県は現在の仕組みでは、県の検査のあとにがんと診断された患者は報告の対象になっていないとしていて、専門家は「正確な情報を明らかにして分析するのが使命で、事実はきちんと報告し、公開すべきだ」と指摘しています。
原発事故のあと、福島県は福島県立医科大学に委託して、放射性ヨウ素の影響を受けやすいとされる事故当時18歳以下の子ども、およそ38万人を対象に、超音波でしこりの有無などを調べる甲状腺の検査を実施しています。
県は検査の結果を健康への影響を検証する専門家の委員会に報告し、昨年末までにがんやがんの疑いがあると診断された人が、当時5歳から18歳までの185人いると発表しています。
しかし、これまでで最年少の事故当時4歳の子どもが、この検査のあとにがんと診断され、甲状腺を摘出したことを県立医科大学が把握していたのに、委員会に報告されていないことがNHKの取材でわかりました。
検査は一次検査と二次検査の2段階で行われ、県や県立医科大学は「報告の対象は二次検査までにがんやがんの疑いと診断された患者で、二次検査で継続して推移を見守る『経過観察』とされたあとにがんと診断されたり、別の医療機関に移って、がんが見つかったりした患者たちを網羅的に把握することは困難なため報告していない」と説明しています。
2年前に委員会のメンバーが、こうした仕組みの問題点を指摘した際、県立医科大学は検査後にがんと診断された患者については「別途、報告になる」と説明していましたが、報告されていなかったことになります。
委員会の委員で、福島大学の元副学長の清水修二特任教授は「正確な情報を明らかにして分析するのが使命で、隠しているという疑念を生じさせないためにも、どういう経緯であっても患者が確認されれば、きちんと事実として公開すべきだ」と指摘しています。
甲状腺がんとは
甲状腺は、のどぼとけの下にあるちょうが羽を広げたような形をした、重さ10から20グラム程度の小さな臓器で、成長の促進に関わるホルモンを分泌する働きがあります。
原発事故後、懸念されたのが、この甲状腺が事故で放出された放射性物質の一つ、「放射性ヨウ素」を取り込んで引き起こす「甲状腺がん」です。
特に成長過程の子どもは体内で細胞が活発に分裂を繰り返しているため、傷ついた細胞の遺伝子の修復が進みにくく、影響を受けやすいとされています。
旧ソビエトのチェルノブイリ原発事故では、周辺地域の住民が主に牛乳や乳製品などを通じて「放射性ヨウ素」を取り込んだとされていて、国連の専門委員会は、およそ6000人が甲状腺がんになり、2006年までに15人が死亡したという報告書をまとめています。
当時18歳以下のすべての子どもが検査対象
原発事故のあと、福島県は福島県立医科大学に委託をして、事故当時、県内に住み、18歳以下だった38万人のすべての子どもたちを対象に甲状腺検査を行っています。
検査は国がおよそ780億円を拠出した基金を活用して行われ、20歳になるまでは2年に1回、その後は5年に1回実施されます。
検査は2段階にわけて行われ、学校などで行われる一次検査では、首に超音波をあてて甲状腺にしこりなどがないかを調べ、4段階の判定を行います。
一定の大きさ以上のしこりなどがあると判定されると二次検査を受け、詳しい検査を受けることになります。
二次検査では超音波検査や血液検査のほか、必要に応じて穿刺(せんし)吸引細胞診と呼ばれるしこりに直接針を刺す検査を受け、良性か悪性かを診断します。
平成23年10月から1巡目の検査が行われ、平成26年から2巡目、現在は3巡目の検査が行われています。
先月公表された最新データでは、去年12月31日までに「がん」または「がんの疑い」と診断された人は、1巡目で116人、2巡目で69人で合わせて185人います。
事故当時の年齢は5歳から18歳までで、最年少は去年6月に公表された5歳の男児とされています。
検討委員会委員「調査の信用落ちるおそれある」
検討委員会に報告されないがん患者がいることが明らかになったことについて、専門家は甲状腺検査に対する信頼性が揺らぐおそれがあると指摘しています。
甲状腺検査の検査結果は、がんの専門医や大学教授など専門家15人で構成される検討委員会に定期的に報告され、原発事故との関連性などについて科学的な立場で検討が行われています。
検討委員会はおととしと去年、原発事故後に福島県内で確認された甲状腺がんについて、「総合的に判断して、放射線の影響とは考えにくい」とする取りまとめを公表しました。
報告書の中でその理由として、被ばく線量がチェルノブイリの原発事故と比べてはるかに低いこと、チェルノブイリで相次いだ5歳以下の子どもに甲状腺がんが発見されていないこと、それにチェルノブイリでは事故の5年後以降にがんの発見が相次いだのに対して、福島では1年から4年と短いことなどを挙げていました。
その後、去年6月の検討委員会で、5歳の男の子に初めて甲状腺がんが確認されたと公表しましたが、「放射線の影響とは考えにくい」という見解は変えていません。
検討委員会の委員で、福島大学の元副学長の清水修二特任教授は、これまでで最年少となる当時4歳の子どもにがんが見つかったことについて、「年数がたてばがんになる確率も上がるので、特に意外でも奇異なことでもない」と述べ、冷静に受け止めるべきだと強調しました。そのうえで、報告されていないがん患者がいたことについて、「正確な情報を明らかにして分析するのが使命で、どういう経緯であっても患者が確認されれば、個人情報に十分に配慮したうえで、きちんと事実として公開すべきだ。そうしなければ隠しているという疑念を生じさせ、調査全体の信用が落ちるおそれがある」と指摘しています。
福島県「委員会の議論を踏まえて公表を検討」
公表していないがん患者がいることについて、福島県立医科大学は、経過観察を行っている中で、がんが診断された場合や甲状腺検査以外のきっかけで、ほかの医療機関で検査や診療を受けてがんと診断された場合などは、検査の担当部署では情報を持っていないとしています。
そのうえで、医療機関にがん患者のデータの届け出を義務づけた「地域がん登録」の制度が、より精度の高い情報を収集、公表していると説明しています。
県立医科大学で甲状腺検査の責任者を務めた医師は、NHKの取材に対して「二次検査のあとの経過観察でがんと診断された患者の多くが、その後も県立医科大学で治療を受けているが、全員を網羅しているわけではない。公表によってかなり恣意的(しいてき)なことが起こるので慎重にするべきだ。患者のためということでは一点の曇りもなくやっている」と話しました。そのうえで、検査のあとの経過観察などで、がんと診断された患者を公表しない仕組みになっていることについて、「どう対応するかは課題で、私が責任者の時から問題点がずっと残っていた」と述べました。
甲状腺検査を県立医科大学に委託している福島県県民健康調査課は「検査のあとの経過観察などで、がんが判明した場合、公表データに入らないことは承知している。そういう患者がいる可能性はあるが、個別のケースは把握していない。委員会の議論を踏まえて、今後、公表を検討することになる」と話しています。


「核禁止条約」交渉/日本の不参加 納得できぬ
 多くの国民が理解も納得もできないのではないか。
 「核兵器禁止条約」制定に向けて110カ国以上が参加し、ニューヨークの国連本部で31日まで開かれている多国間交渉の場に、日本政府代表の姿がないことだ。会議初日に不参加を表明した。
 オーストリアやメキシコを含む条約推進国は、7月までに条約案を作成する考えだ。
 目指すのは、破滅的で非人道極まる結末をもたらす核兵器の「非合法化」である。この国際的な取り決めで「使用」はもちろん、「保有」も違法とされれば、核兵器は持てなくなる道理だ。廃絶につながる大きな一歩である。
 だが、国際社会に核廃絶を訴え続け、本来なら主導すべき「唯一の戦争被爆国」が、その歴史的な交渉に背を向ける「矛盾」の決断をした。
 「同じ苦しみをどの国の誰にも味わわせてはならない」と、禁止条約制定を求める被爆者の悲願を踏みにじり、核軍縮の進展を願う国際潮流にも逆らう安倍政権の決定だと言わざるを得ない。
 昨秋の条約制定交渉開始決議に日本は反対票を投じた。だが岸田文雄外相は交渉には参加する意向を示していた。核保有国と非核保有国との「橋渡し役」になるためだ。
 確かに米英仏中ロの核保有五大国は交渉に参加していない。しかし、そうであれば、むしろ交渉に参加し議論の中で発言力を確保し、いずれ核保有国が参加できる条約づくりに努めるべきではなかったか。これでは、橋渡し役をも放棄したと同然だ。
 日本政府が不参加を決めたのは、核保有国抜きの交渉に意味はなく、保有国と非保有国との分断を一層深めるからという。しかし、その核心は核開発を続ける北朝鮮に対応するためには、米国の「核の傘」に依存せねばならないからにほかならない。
 このことを日本政府は国連の場で、核軍縮には「現実的な視点」が欠かせないと強調した。であれば、こちらの現実にはどう立ち向かうのか。
 核の傘を提供する米国のトランプ大統領は「核保有国として優位性を保つ」と、核戦力拡大に意欲を示している。言葉通りなら、かつての核軍拡競争をも招きかねない。
 核保有国の交渉による段階的な核軍縮を言い張る日本は看過できまい。だが、核の傘に守られているというもう一つの現実の方を重視し、軍拡に乗り出しても、見て見ぬふりを決め込むのだろうか。
 核兵器の偶発的な爆発、破滅的な人道被害から身を守るすべは核全廃以外にない。この当然の理念を安倍政権はいま一度、かみしめるべきだ。
 条約ができれば、核は違法が国際規範となり、核保有国の行動をも縛るはずだ。核廃絶という山の頂を極めるルートは、段階的核軍縮だけではあるまい。禁止条約は、その一つになり得る。交渉参加を再考すべきではないか。


核禁止交渉不参加 唯一の被爆国 痛みどこに
 「唯一の被爆国なのに、むなしい」。広島や長崎の被爆者からこんな批判の声が上がるのも当然だ。日本の無自覚ぶりに憤りを超えて悲しさを覚える。核兵器を非合法化し、廃絶を目指す国連の「核兵器禁止条約」制定に向けた交渉に、日本は不参加を表明した。
 「絶対悪」である核兵器を禁じる史上初めての交渉は困難が予想される。核保有国と非保有国との深い溝があるからだ。その間を埋め、核なき世界をつくる「橋渡し役」を果たすべきは、核の悲惨さを知る日本ではなかったのか。
 国連本部で始まった会議で演説した高見沢将林(のぶしげ)軍縮大使は、不参加の理由をこう述べた。「核保有国が参加しないまま条約交渉を進めれば、国際社会の分断が深まる。建設的かつ誠実に参加するのは困難だ」
 日本の姿勢は以前から一貫している。二項対立に陥ることなく、段階的に核軍縮を進めるべきという理念だ。高見沢氏は「深刻な安全保障上の脅威があり、核軍縮には現実的な視点が欠かせない」と強調したが、交渉不参加が「現実的な視点」なのだろうか。段階的核軍縮のシナリオを国際社会に示すべきである。
 「核兵器禁止条約」制定交渉を巡っては、昨年の国連総会第1委員会(軍縮)で交渉開始を定めた決議案が賛成多数で採択され、核廃絶に向けた動きが本格化した。賛成は途上国など123カ国、反対は米ロ英仏の核保有国など38カ国、中国など16カ国は棄権した。
 米国の「核の傘」に依存する日本は反対に回った。だが、広島選出の岸田文雄外相は「唯一の被爆国としてしっかり主張したい」と交渉参加の考えを示していたのだ。それが今回、土壇場でひっくり返ったのは安倍政権の意向であろう。
 トランプ米政権は日本政府に対し交渉参加への反対と嫌悪感を伝達していた。
 ヘイリー米国連大使は会見で「議場にいる人々は、われわれが直面している脅威を理解しているのか」と交渉参加国を強くけん制した。核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮の脅威を念頭に置いたのだろうが、核の傘の下にある日本がこうした米国の動きと連動しているのは明らかだ。
 トランプ政権は「核保有国としての優位性を保つ」と核戦力の拡大に意欲を示す。オバマ前政権が2010年に発表した核政策指針「核体制の見直し(NPR)」を「より実際的」な内容に改定する意向だ。
 ただでさえ日本は核軍縮に消極的だったのに、トランプ政権の下ではさらに後ろ向きになる懸念が増す。
 高見沢氏に先立って演説した日本原水爆被害者団体協議会の藤森俊希事務局次長は「同じ地獄をどの国のだれにも絶対に再現してはなりません」。それが「被爆者の使命」と訴えた。
 日本が核保有国抜きの交渉に意味なしとするなら、参加できる仕組みをつくればよい。その努力なくして交渉に背を向ければ、核保有、非保有いずれの国々からも存在を無視され、国益を損なうことになろう。


【核兵器禁止条約】被爆国の責任を果たせ
 核兵器を非合法化し、廃絶を目指す「核兵器禁止条約」の制定に向けた交渉が国連本部で始まった。
 国際社会の悲願である核兵器廃絶への重要な一歩だが、日本政府は不参加を表明した。「唯一の被爆国」の後ろ向きの姿勢は被爆者らの思いに背くといわざるを得ない。
 条約制定を推進する国々は、核兵器の開発や実験、保有、使用などの全面禁止を目指している。昨年11月に共同通信が実施した世論調査では7割強の人が交渉への参加を求めていた。
 不参加の理由について、岸田外相は米国やロシア、中国などの核保有国が参加していないことを指摘した上で、「核保有国と非核保有国の対立を一層深め、逆効果にもなりかねない」とする。
 確かに、国連安保理の常任理事国でもある五大核保有国は条約制定に反対し、交渉には不参加だ。核の抑止力に依存した安全保障体制への影響を懸念し、段階的な削減を主張している。
 だが、核拡散防止条約(NPT)の枠組みは機能不全に陥り、核軍縮は遅々として進んでいない。トランプ米大統領は核戦力の拡大に意欲を示し、オバマ前政権が掲げた「核兵器なき世界」の目標を見直す動きさえみせている。
 核保有国と非核保有国の対立が激しさを増している状況だけに、両者の「橋渡し役」を自任してきた日本は本来ならその役割を積極的に果たすべきではないのか。
 昨年10月、国連委員会で禁止条約の交渉開始決議を採択した際、日本は反対に回った。ただし、岸田外相は「唯一の被爆国としてしっかり主張したい」として、交渉には参加する意向を示していたはずだ。
 不参加を決めた背景には、トランプ政権が「激しい嫌悪感」を示しながら日本の参加に反対したことなどがあるとみられる。海洋進出を図る中国や核・ミサイル開発を進める北朝鮮など、安全保障環境の悪化も影響してはいるだろう。
 核廃絶を訴えながら、米国の「核の傘」の下にある矛盾の表れといってよい。であればこそ、交渉に参加し、安全保障の不安定化を回避しつつ核廃絶へと進んでいくための具体的な提案をする方が、より説得力があるのではないか。
 条約が制定されても、核保有国が不在のままでは、核兵器の削減などの実効性は望めないかもしれない。ただし、核兵器は違法との認識が広まれば、国際社会が保有国に対して削減圧力を強めることにつながっていく可能性がある。
 日本の交渉不参加に対し、被爆者はむろん、国際社会などからも批判や失望の声が上がっている。唯一の被爆国としての取り組みに対する信頼が薄れていくことを懸念せざるを得ない。
 核兵器の非人道性を最も知る日本が禁止条約に顔を背けたままでよいのか。責任を果たすため、交渉参加を改めて検討すべきだ。


高浜再稼働容認 不安に応えたと言えぬ
 福島第1原発の事故後に高まった原発に対する住民の不安に応えたとは、とても言えまい。
 関西電力高浜原発3、4号機(福井県)の運転を差し止めた昨年3月の大津地裁の仮処分について、大阪高裁が関電側の抗告を認め、取り消す決定をした。
 地裁は「過酷事故対策や緊急時の対応方法に危惧すべき点がある」とし、原子力規制委員会の新規制基準にも疑問を呈していた。
 高裁はこれを覆し、新規制基準の合理性を認め、安全対策も適切としている。
 関電側の主張に沿った判断と言えるが、住民にきちんと向き合った結果の判断なのか。住民側の弁護団が「新たな安全神話」と憤ったのも、無理はなかろう。
 抗告審の主要な争点は、福島原発事故を受けて定められた新基準をどう評価するか―にあった。
 決定は、各種事故調査委の調べをもとに、福島の事故の「基本的な事象は明らかにされている」とした上で、新基準は最新の知見に基づいているとして「不合理とは言えない」と結論づけた。
 しかし、事故を起こした原発の格納容器内は放射線量が高く、内部の様子は分かっていない。地震そのものが機器類に与えた影響など、詳細は不明のままである。
 そもそも規制委自体、新基準による原発再稼働の審査が安全を保証するものではない―との慎重な言い回しに徹している。
 なのに、大阪高裁は新基準について「炉心の著しい損傷等を防止する確実性は高度」とお墨付きを与えるような指摘さえした。
 福島の事故から6年を過ぎても約8万人が避難生活を続けている。司法に求められているのは、「想定外」が起こらぬようリスクを限りなく減らすための判断だ。
 決定が、原発の安全性を巡る立証責任が住民側にあるとしたことも、疑問である。
 専門知識を持たない住民が原発に異議を唱えるのは無理と言っているのに等しくないか。
 関電は、高浜3、4号機が法的に運転可能となったため、来月にもこの2基を稼働させる構えだ。
 しかし、同原発では1月、工事用クレーンのアーム部分が倒れ、使用済み核燃料を保管する建屋の壁が壊れる事故も起きている。
 高浜原発を巡っては今回の仮処分申請とは別に、運転差し止めを求める訴訟も大津地裁で審理中である。関電は少なくとも、その結論が出るまでは再開に慎重であるべきだ。


高浜逆転決定 「福島の教訓」踏まえたか
 東京電力福島第1原発で起きた過酷事故の教訓を踏まえた決定といえるのか、大いに疑問である。
 大阪高裁が関西電力高浜原発3、4号機の運転を差し止めた大津地裁の仮処分を取り消した。総じて原発再稼働への流れを追認する内容で司法が主体的な判断で住民の不安に応えたとは言い難い。
 政府も電力会社も「これで再稼働にお墨付きを得た」と思い込むのは早計である。「安全神話」の復活は断じて許されない。
 大阪高裁は決定文の冒頭で原発の安全性の判断基準を示した。原子力規制委員会が策定した新規制基準の合理性を認めた上で、それに適合しているか否かである。高浜原発は適合したから安全は確保されていると結論付けたに等しい決定だ。大津地裁が福島事故の原因究明を「道半ば」とし、新基準の不完全さに警鐘を鳴らしたのとは正反対の司法判断である。
 新基準では確かに自然災害などへの対策が厳しくなった。とはいえ、熊本地震のように大きな揺れが連続する可能性について大阪高裁が関電の調査などから「ほぼあり得ない」としたのには違和感を禁じ得ない。津波対策も安全性に問題なしとする関電の主張を受け入れた。さらに「国家主導での策定」を大津地裁が求めていた住民避難計画について、改善の余地はあると認めながら「適切」と現状を追認したのも理解に苦しむ。
 「原発は安全」「重大事故が起きるはずがない」という安全神話が招いた未曽有の災禍が、福島事故ではなかったか。
 前橋地裁は今月17日、福島事故を巡る損害賠償請求訴訟で巨大津波を予見できたとして国と東京電力の過失を認定した。判決は大津地裁と同様、過酷事故に対する危機感に満ちていた。「3・11」をどう捉えるか。揺れ動く司法判断の根底にあるのは、この視点の違いではないかとも思える。
 原発がひとたび重大な事故を起こせば甚大な被害が広域に及び、長期化することを私たちは身をもって知った。福島の教訓から何を学ぶかが改めて問われている。


高浜原発再稼働へ 司法が安全神話に加担した
 原発の安全性が担保されてない中、再稼働すれば国民は危険にさらされる。安全を無視した大阪高裁決定に強く抗議する。
 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転を差し止めた昨年3月の大津地裁の仮処分について、大阪高裁が関電の抗告を認めて取り消す決定をした。
 高裁は東京電力福島第1原発事故後に策定された原子力規制委員会の新規制基準を過大評価し、高浜原発の安全性を認定した。容認できない。
 高裁は新基準を「事故の教訓を踏まえ、最新の科学的、技術的知見に基づいて策定され、不合理とはいえない」とし、適合する原発は「審査の過程に不合理な点がない限り安全性を具備する」と断定した。規制委の認識に明らかに反する。
 田中俊一委員長は2015年8月、原発の安全性について「絶対安全とは申し上げないし、事故ゼロとも申し上げられない」と述べている。規制委の認識を踏まえれば、高浜原発の安全性など認定できないはずだ。
 高裁は「炉心の著しい損傷を防ぐ確実性は高度なものになっている」「基準地震動規模の揺れが連続するとはほぼ考えられず、起きたとしても安全性は確保されている」とも指摘した。
 規制委自身が「絶対安全」を保証していなのである。高裁が安全性をいくら取り繕っても信用できない。関電の主張をほぼ追認するなど、新基準に適合すれば万全とする新たな安全神話に、司法が加担したと断じるしかない。
 沖縄の米軍基地問題に象徴されるように、司法が国策を公正中立に判断しない傾向が顕在化していることに、強い危機感を抱かざるを得ない。
 高浜4号機では昨年2月の再稼働直前に、ボルトの締め付け不足で1次冷却水漏れが発生した。対策を取って再稼働したが、機器の設定ミスで原子炉が自動停止している。今年1月にはアームの長さ約112メートルのクレーンが倒れ、2号機の原子炉補助建屋と燃料取り扱い建屋の外壁が一部壊れた。
 関電は早ければ4月下旬ごろにも運転を再開するとみられるが、トラブルが続く状況での再稼働はあり得ない。
 使用済み核燃料の最終処分場も決まっていない。高裁が運転差し止めを取り消したとはいえ、関電は原発を再稼働すべきではない。


高浜再稼働高裁決定 原発の新たな安全神話危惧する
 国の原子力政策に追随し、電力会社の主張をうのみにする司法の姿勢を、強く危惧する。
 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転を差し止めた昨年3月の大津地裁の仮処分について、大阪高裁は関電の抗告を認めて取り消す決定をした。地裁の判断から一転、東京電力福島第1原発事故後に策定された原子力規制委員会の新規制基準の合理性を認め、その「合格」を根拠に高浜原発を安全と結論づけた。
 福島の事故は「発生やその後の基本的な事象は明らかになっている」とし、教訓を踏まえた新基準は「最新の科学的、技術的知見に基づいて策定」されているため、それをクリアした原発は安全、との論理だ。国や関電の言い分をそのまま受け入れた判断はあまりに安易で、住民の不安を置き去りにしており、失望と懸念を禁じ得ない。万が一への想像力に欠け、新たな安全神話を生むことを憂慮する。
 6年たっても福島の事故の検証は途上にある。ようやく原子炉直下の撮影がかなった段階にすぎず、汚染水対策のめども立っていない。大津地裁は、原因の究明が「道半ば」であり、その状況下で作られた新基準に疑問を呈していた。規制委自体も「リスクはゼロではない」と繰り返している。現実から目を背けた判断は納得できない。
 しかも、高裁は住民に、新基準や規制委審査に不備があれば実証するよう、立証責任を課した。事実上不可能な要求で提訴も困難になりかねず、看過できない。市民を守る最後のとりでである司法が役割を果たさず、責任転嫁するのは許されない。
 高浜原発の避難計画を巡っては、半径30キロ圏だけでも福井、京都、滋賀の3府県12市町に及び、住民18万人の広域避難体制は整っていない。避難に関しては規制基準の対象でなく、国は計画を自治体に任せている。こうした現状にもかかわらず、高裁は「改善の余地があるが、取り組みの姿勢は適切」とした。
 司法は住民の不安に向き合わなければならない。たとえ避難計画があっても、万が一の場合は「想定外」の連続で混乱を来す恐れが強い。それは福島の事故で身にしみたはずだ。取り組む姿勢だけを見て中身を問わないのは危機意識が低すぎよう。
 決定を受け、関電は再稼働を急ぐ。だが、高浜原発では1月にクレーン倒壊事故が起きるなど、安全管理への不安が拭えない。昨年、大津地裁が運転を差し止める以前にも冷却水漏れなどの不具合が相次いだ。事故時の対応拠点となる免震重要棟の整備を先送りするなど、安全対策にも疑問が残る。再稼働で電気料金の引き下げをアピールするが、経営優先で安全を軽視することはあってはならない。
 使用済み核燃料の処理など解決すべき難題は山積しており、今回の決定イコール国の原発政策への「お墨付き」とはならない。国には改めてエネルギー政策の見直しを求めたい。


高浜原発再稼働へ◆住民の不安拭えないままだ◆
 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)を巡り大阪高裁は、運転差し止めを命じた昨年3月の大津地裁の仮処分決定を不服とする関電の抗告を認める決定を出した。これにより全国で初めて運転中の原発を止めた司法判断は1年余を経て覆り、2基の再稼働が可能になった。関電は地元自治体などへの説明後に手続きに入る。
 原発の差し止めが争われた裁判で、住民側主張を認めた高裁判断はない。今回も政府が前のめり気味に進める再稼働の方針を後押しする結果となった。だが住民の不安は拭えないままだ。福島の惨禍を教訓に見直したはずの安全と安心が遠のいていくように見える。
避難計画の説明不足
 地裁決定は、政府が「世界一厳しい」とする原子力規制委員会の新規制基準に「関電の主張や説明の程度では公共の安心、安全の基礎と考えるのはためらわざるを得ない」と疑問を提示。この基準に基づき再稼働した2基について、過酷事故対策や緊急時の対応方法の問題点を次々に挙げた。
 これに対し高裁決定は新規制基準について「東京電力福島第1原発事故の教訓を踏まえ、最新の科学的、技術的知見に基づいて策定され、不合理なものとはいえない」と判断。また高浜原発で事故が起きたときに課題となる避難計画に触れ「さまざまな点でいまだに改善の余地があるものの、不合理な点があるとは認められない」とした。
 地裁決定が新規制基準に疑問を投げ掛けたのは、福島の事故の原因究明が進んでいない状況を重視したからだ。「単に発電の効率性をもって甚大な災禍と引き換えにすべき事情とは言い難い」とし「事故を踏まえ、原発の設計や運転の規制がどう強化され、いかに対応したか具体的に説明すべきだ」と関電に立証責任を課した。その上で耐震基準の策定や電源対策、津波対策、避難計画などについて関電の説明が十分ではないとした。
政府の方針を後押し
 とりわけ、高浜原発の30キロ圏に京都府や滋賀県の一部が含まれ、県境を越えた広域避難が課題となることを踏まえ、自治体任せでなく国主導で避難計画策定を急ぐ必要性を指摘した。
 住民の不安を重くみた判断だったといえる。だが高裁決定は新規制基準について「炉心の著しい損傷などを防止する確実性は高度なものになっている」などと評価した上で「福島原発事故の原因究明や教訓を踏まえていない不合理なものとはいえない」と述べた。
 政府による「再稼働ありき」の姿勢に、安全を軽視しているのではないかと警鐘を鳴らした地裁決定とは対照的で、政府方針を後押しするものだった。
 関電にとっては願ってもない決定となった。しかし福島原発事故避難者訴訟の前橋地裁判決が「安全より経済的合理性を優先させた」と東電を強く非難したことを忘れてはなるまい。


住民側「諦めない」=却下決定、厳しく批判−伊方原発・広島
 「伊方3号機、差し止めならず」。30日午後3時すぎ、広島地裁前で待っていた住民や支援者らに決定が伝えられると、「ああ」とため息が広がった。仮処分を申し立てた住民は「残念だ」と落胆の表情を見せつつも、「諦める理由はない。これからも意思表示を続けていく」と前を向いた。
 広島地裁は、九州電力川内原発(鹿児島県)の差し止めを認めなかった昨年4月の福岡高裁宮崎支部決定が示した判断の枠組みを参照し、却下の結論を導いた。
 住民側の河合弘之弁護士は記者会見で「右に倣えの判断は、裁判官の独立の放棄を宣言したに等しい」と厳しく批判。「極めて不当な決定だ」として、即時抗告する方針を明らかにした。
 差し止めを申し立てた広島市の会社員綱崎健太さん(36)は「結果は残念。新規制基準だけで(安全性を)判断してほしくない。これからも裁判を通じて、被ばくを拒否する意思表示を続けていきたい」と語った。
 一方、四国電の滝川重理登・原子力部副部長は「主張が認められ、妥当な決定だ。安全、安定運転を続けることが住民の信頼感の醸成につながる。実績を積み上げたい」と話した。


経営幹部、総入れ替えを=3時間半、怒号飛び交う−東芝株主総会
 「経営幹部は一刻も早く、みんな入れ替えた方が良い」−。米原発事業での巨額損失に伴う経営危機から脱するため、稼ぎ頭の記憶用半導体メモリー事業売却に向けた分社化への承認を求めた東芝の臨時株主総会。経営責任を問う株主の怒りが噴出し、開催時間は3時間半に及んだ。綱川智社長らは損失発生の経緯や経営再建への方策を説明したが、「納得できない」「再生できるのか」と怒号が飛び交う場面もあった。
近づく「東芝解体」=相次ぐ事業売却
 総会では、負債が資産を大幅に上回る債務超過転落という危機的事態を招いた米原子力事業の巨額損失に関し、「予防的な対応は取れなかったのか」「失態だ。開いた口がふさがらない」などと株主の批判が集中。原子力事業のトップだった志賀重範執行役は健康上の理由で欠席するとの説明も「雲隠れした」と映り、株主の不信感を一段と強めた。
 東芝は、エレベーターの製造・販売など社会インフラ事業を今後の再建の柱に据える方針だが、株主からは「競争相手がたくさんいる」と不安の声が上がった。2016年4〜12月期決算の発表を2度も延期したことについて「4月11日に発表できない場合、役員は退陣する覚悟が必要だ」と突き放す株主もいた。
 綱川社長は総会の終わりに「総力を挙げて危機的状況を乗り越える」と強調したが、出席した東芝OBの男性株主(79)は「意気込みが足りず、期待外れだった」と不満顔だった。


関電、残業代17億円未払い 従業員約1万3千人
 関西電力は30日、昨年末までの2年間で、従業員約1万2900人に対して計約16億9900万円の残業代が未払いだったと発表した。過労自殺や時間外労働に対する割増賃金の未払い問題を受けて調査していた。
 全従業員約2万2400人を対象に、メールの送信履歴を確認するなどして実際の勤務実態を確認したという。
 未払い分の残業代は4月の給与支給日に支払うとしている。
 関電は残業に関する調査結果などを取りまとめ、是正勧告と指導を受けた労働基準監督署に報告する。(共同通信)


安保法施行1年 不戦のタガ緩んでないか
 日本周辺の情勢が厳しさを増しているのは確かだが、戦後日本が歩んできた「平和国家」の看板を下ろすわけにはいかない。「不戦のタガ」が緩んでないか。
 憲法学者ら多くの専門家が違憲と指摘したにもかかわらず、安倍晋三首相率いる政権が成立を強行した安全保障関連法の施行からきのう二十九日で一年がたった。
 集団的自衛権の行使を容認する安保法は憲法九条に違反するとした訴訟が全国各地で提起されてはいるが、国会では、学校法人「森友学園」への格安での国有地売却問題や、「共謀罪」の趣旨を含む組織犯罪処罰法改正案の議論に多くの時間が割かれている。
◆他国軍と深まる連携
 安保法の議論が脇に追いやられている間に、政権側は安保法に基づいた決定を積み重ねている。
 五月末の撤収を決定したが、現在、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣されている陸上自衛隊部隊には昨年十一月、安保法に基づいて「駆け付け警護」任務が付与された。
 昨年十二月には米軍の艦艇などを自衛隊が守る「武器等防護」の運用開始を決定し、北朝鮮による弾道ミサイル発射への警戒監視活動などで米軍などとの連携を着々と深めている。
 自衛隊と他国軍との間で食料、水といった物品や、輸送、修理などの役務を融通し合う物品役務相互提供協定(ACSA)を米国、オーストラリアとの間で改定、英国とは新たに結んだ。
 協定審議中の国会で承認されれば、日本が直接攻撃される「武力攻撃事態」などに制限してきた弾薬の提供や発進準備中の戦闘機への給油が、安保法で新設された「存立危機事態」や「重要影響事態」でも可能になる。
 国民の懸念が解消されないまま、既成事実化だけが進む。
◆敵基地攻撃まで議論
 そればかりではない。
 自民党はきのう敵基地攻撃能力の保有を直ちに検討するよう政府に求める提言をまとめた。
 敵基地攻撃能力とは、敵のミサイル攻撃などを防ぐ場合、その発射基地を破壊する能力を指す。
 政府見解では、ほかに攻撃を防ぐ手段がない場合には「法理的には自衛の範囲に含まれ、可能」だが、これまで自衛隊がそうした能力を保有することはなかった。
 自民党提言には弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮の脅威が念頭にあるとはいえ、平時から他国を攻撃するような兵器を持つことは「海外で武力の行使はしない」という憲法の趣旨には反する。
 巡航ミサイルなど敵基地攻撃能力を整備しようとすれば、膨大な経費がかかり、現実的ではない。
 憲法に抵触しかねない敵基地攻撃能力の保有まで具体的に議論されるようになったことは、安保法成立を強行した「安倍一強」の政治状況と無縁ではなかろう。
 防衛費の増額圧力も続く。
 減少が続いていた日本の防衛費は安倍首相の政権復帰後、増額に転じ、二〇一七年度予算は過去最高の五兆一千二百五十一億円。
 それでも国内総生産(GDP)比1%以内に収まるが、一九年度から五年間の次期中期防衛力整備計画には、安保法に基づく新たな装備品購入や訓練費用なども盛り込まれることが想定され、一層の増額は避けられない。
 首相自身も、防衛費を「GDPと機械的に結びつけることは適切ではない」として、GDP比1%以内に収める必要はないと明言している。
 日本と周辺地域の平和と安全を守るために防衛費の適正な水準は常に検討すべきだが、やみくもに増やせば、地域の軍拡競争を加速させ、逆に脅威が高まる「安全保障のジレンマ」に陥るだけだ。それでは本末転倒だろう。
 専守防衛に徹し、他国に脅威を与えるような軍事大国にならないことを誓った戦後日本の平和主義は、無謀な戦争に突入して国内外に多大の犠牲を強いた、先の大戦に対する痛切な反省に基づく。
 武力で他国を守ったり、他国同士の戦争に参加する集団的自衛権の行使は憲法九条に反するというのが、主として自民党が首相を務めてきた歴代内閣が継承してきた政府見解だった。
◆軍事より外交努力を
 その憲法解釈を一内閣の判断で変えたのが安倍政権であることを私たちは忘れてはなるまい。いくら運用を重ねて法律を既成事実化しようとしても、安保法の違憲性に変わりがないことも。
 中国の軍事的台頭や北朝鮮の核・ミサイル開発で、東アジアの安全保障環境は厳しさを増しているが、軍事的対応ではなく、緊張緩和に知恵を絞り、外交努力を重ねることこそが、平和国家を掲げる日本の役割ではないのか。安保法で緩んでしまった「不戦のタガ」を、いま一度締め直したい。


[安保法施行1年]懸念は深まるばかりだ
 安全保障関連法が施行されて29日で1年がたった。
 憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認や、他国軍への後方支援拡大、国連平和維持活動(PKO)拡充などを可能とする法律だ。
 これまで日本は自国が攻撃された場合の「個別的自衛権」の行使しか認めておらず、「専守防衛」の安全保障政策を大転換するものである。
 元最高裁長官やほとんどの憲法学者が安保法を「違憲」と判断している。集団的自衛権の行使容認が憲法解釈の限界を超えているからで、自衛隊が米軍とともに戦争する懸念は何も払(ふっ)拭(しょく)されていない。法案は強行採決を繰り返して成立、各地で訴訟が起こされ、国民の支持も得ていない。私たちは安保法に反対する。
 政府は後方支援拡大のため、米国などと弾薬の提供が可能になる物品役務相互提供協定(ACSA)改定に署名、今国会で発効に必要な承認を目指している。憲法9条が禁じる武力行使との一体化を避けるため「非戦闘地域」に限定していたのを「戦闘地域」でも提供を可能とする。
 安保法を前提にした日米共同訓練も昨年11月から沖縄周辺などで行われており、本格的な運用段階に入っている。
 同盟国に「直接的かつ有効な役割」を求めると議会演説したトランプ米大統領。安倍晋三首相はこれに先立つ日米共同声明で「日本は同盟におけるより大きな役割および責任を果たす」と宣言している。
 自衛隊の役割がなし崩し的に拡大され、世界に展開する米軍を自衛隊が支援、日本が「戦争のできる国」になることを強く危惧する。
■    ■
 施行後の最大の出来事は南スーダンでPKO活動の陸上自衛隊に昨年12月、安保法で可能となった「駆け付け警護」の任務を付与したことだ。
 離れた場所にいる国連や非政府組織(NGO)の職員らが武装集団などに襲われた際、武器を使って警告するなどして警護する。戦闘に巻き込まれるリスクが高まる。
 現地自衛隊からの「日報」が防衛省で「隠蔽(いんぺい)」されるなどの問題が吹き出した。
 首都ジュバでは昨年7月、政府軍と反政府勢力との間で大規模な戦闘が発生し、270人以上が死亡している。この時期の日報は「戦闘」の表現が相次ぐ。だが、稲田朋美防衛相は「武力衝突」と強弁した。今月になって安倍首相は5月末に撤収させる方針を発表した。安保法の実績づくりが最大の目的だったのではないかとの疑念が消えない。国会で総括する必要がある。
■    ■
 全国の在日米軍専用施設の約70%が集中する沖縄で、安保法を先取りする形で、米軍と自衛隊の共同訓練が進む。特に米軍キャンプ・ハンセンでは「共同使用」が顕著で2008年以来、今年2月までに陸自の訓練が射撃を中心に333回に及んでいる。
 共同使用の合意がないキャンプ・シュワブや北部訓練場でも水陸両用作戦やレンジャー訓練などが行われている。
 沖縄は負担軽減どころか、自衛隊が増強され、日米一体化によって負担増に向かっている。沖縄を再び戦場にしてはならない。


安保法施行1年 「憲法違反」は変わらない
 自衛隊による海外任務の拡大や、集団的自衛権行使を認めた安全保障関連法の施行から1年を迎えた。何のための安保法なのか。疑問は残されたままだ。
 2015年6月の衆院憲法審査会で参考人の憲法学専門家3人全員が、法案は「憲法違反」と表明した。多くの憲法学者らが「憲法9条が定めた戦争放棄・戦力不保持・交戦権否認の体制を根底から覆す」として廃案を求める声明を出す中で、成立したことを忘れてはならない。
 安保法は自衛隊の海外任務の強化と、自衛隊と米軍との一体化を目指す。この1年で国連平和維持活動(PKO)の範囲が拡大し、自衛隊の任務は広がった。その結果、自衛隊が戦闘に巻き込まれる恐れが高まっている。同時に海外で戦争をしていないという日本の国家像を変え、米国と一体化することで日本全体がテロの標的になる懸念も消えない。
 陸上自衛隊が南スーダン国連平和維持活動部隊を派遣する首都ジュバで、昨年7月に大規模衝突が発生した。当時の日報は「戦闘」や「攻撃」などの言葉を使い「戦闘への巻き込まれに注意が必要」と記していた。しかし、政府は「巻き込まれ」の恐れを認めようとしなかった。
 憲法9条は国際紛争を解決する手段としての武力行使を禁じている。戦闘行為ならば部隊が巻き込まれる可能性があり、9条が禁じる武力行使につながる。しかし、9条に違反する可能性を放置したまま部隊を現地に置き続けた。そればかりか、昨年11月には陸自派遣部隊に武器の使用範囲を拡大する新任務「駆け付け警護」を付与した。
 地上戦によって多大な犠牲を出した沖縄戦から72年。今年の渡嘉敷村主催の慰霊祭で、体験者の一人は「戦争では人が死ぬことに慣れてしまう。最近の日本は戦争に向かっているように見える。平和がこのまま続くとは思えなくなった」と語った。重い言葉だ。
 戦争体験者が少なくなる中で、戦争の悲惨さが理解できなくなっているのではないか。かつて国家が脅威をあおり、相手が憎むべき鬼であるという感情操作によって、戦争を肯定する空気がつくられ国民が戦場に駆り出された。「積極的平和主義」「抑止力」という言葉を使って、戦後築き上げてきた平和国家を骨抜きにしてはならない。


安保法施行1年 危険顧みず実績づくり
 集団的自衛権の行使が可能となり、自衛隊の後方支援活動を大幅に拡大した安全保障法制の施行から1年が過ぎた。
 違憲の疑いがある安保法により自衛隊と米軍の一体化が加速し、隊員が海外での戦闘に巻き込まれかねない懸念が強まった。
 その不安をよそに政府は安保法運用の実績づくりを着々と進めている。見過ごせない事態である。
 先週、自衛隊と米軍の物資融通の手続きを定めた日米物品役務相互提供協定(ACSA)を安保法に対応させる改定の承認案が、日英、日豪の同内容の承認案とともに衆院を通過した。
 安保法は自衛隊の後方支援活動で弾薬提供や発進準備中の戦闘機への給油を可能とした。活動できる場所は「非戦闘地域」から「戦闘現場以外」へと広がった。
 最前線の近くや、いつ戦闘が起きてもおかしくない場所で弾薬や燃料を与える。これでは、後方支援と戦闘行為の線引きはないに等しい。自衛隊が攻撃されるリスクは格段に高まるだろう。
 政府は昨年12月、自衛隊が平時から米国などの艦艇を守る米艦防護の運用指針を決めた。これも危険と隣り合わせの新任務となる。
 対象として北朝鮮の弾道ミサイルへの警戒監視に当たる米イージス艦などを想定し、米艦が攻撃された場合に武器を使用できる。
 緊迫した状況下での武器使用が相手を刺激し、紛争への引き金を引く恐れが否定できない。
 撤収を決めたとはいえ、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛隊部隊に付与された駆け付け警護にも同じ懸念がつきまとう。
 先月、タイで初の海外訓練が行われた在外邦人保護もそうだ。
 専守防衛の原則の下、海外での武力行使につながらないように自衛隊を縛ってきた制約を極力取り払い、「地球規模」で他国軍を支援できるようにする。
 こうした安保法の危険性が最近は国会であまり取り上げられていない。国民の前での不断の議論が必要だろう。そのためには、PKOの日報問題に見られるような隠蔽(いんぺい)体質が許されないのは当然だ。
 トランプ米政権は同盟国に「応分の負担」を求め、これに応えるかのように安倍晋三首相は自衛隊の役割の拡大と防衛費増額に前のめりの姿勢を見せる。
 首相が誇る「同盟の絆」が自衛隊員を海外で「殺し、殺される」ような状況に追い込む―。決して、あってはならない。


“共謀罪”国会審議 自民と公明折り合わず
 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「組織犯罪処罰法改正案」について、公明党の山口那津男代表は安倍首相に対して他の法案を優先して審議すべきだと伝えた。
 自民党は、法案の今国会成立を確実にするため来月6日の審議入りを提案しているが、与党・公明党内には慎重論が根強く折り合っていない。
 30日、行われた自公党首会談で安倍首相は「組織犯罪処罰法改正案」について「国会に提出した以上、成立させるべく審議を進めたい」として、早期の審議入りに理解を求めた。これに対して、山口代表は前の国会から継続審議中の「民法改正案」と性犯罪を厳罰化する「刑法改正案」の審議を優先するべきだとの認識を伝えた。
 公明党・山口代表「(Q代表から刑法改正案や民法改正案を優先すべしと伝えた?)我が党としてはそういう認識は、持っていますということはお話ししました」
 自民党と公明党は、去年成立したカジノ解禁法への対応でも関係がギクシャクしたが、組織犯罪処罰法改正案をめぐっても7月の東京都議会選挙もにらんで立場の違いが浮き彫りになっている。


辻元氏バッシング 安倍首相が「デマ」に便乗 露骨な疑惑隠し?
 何度も中傷やデマの被害に遭ってきた民進党の辻元清美衆院議員が、学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題でもネット右翼(ネトウヨ)や右派メディアからバッシングされている。学園の籠池泰典氏の「百万円寄付」証言などで野党に攻められている安倍晋三首相も、「辻元氏にも同じことが起きている」などと言及した。首相や妻昭恵氏の政治的関与の有無とは次元の異なる話を持ち出すことで、問題の焦点がぼかされかねない。 (白名正和、三沢典丈)

当事者ことごとく否定 安倍首相が辻元議員攻撃でまた墓穴
 これはまた安倍首相のチョンボになるんじゃないか――。森友学園問題で安倍首相が逆襲に出て、民進党の辻元清美衆院議員を攻撃した一件だ。
 政府が公開した、安倍昭恵夫人と森友学園の籠池諄子夫人とのメールに辻元議員の名前が登場。そこに、「(辻元議員が)幼稚園に侵入しかけた」「作業員を小学校建設現場に送り込んだ」と書かれていたため、ネットで大騒ぎになった。もちろん民進党は否定していたが、産経新聞が28日、〈辻元氏 「3つの疑惑」〉と報じた。これを受けるかのように、安倍首相は同日の参院決算委員会で森友側への「100万円の寄付」を否定する根拠を聞かれた際、「辻元議員にも同じことが起こっている。これも証明しなければならない」とやったのだ。
 ところが、である。29日、籠池夫人は著述家の菅野完氏の電話インタビューに答え、辻元の幼稚園侵入の記述に根拠がないことを白状した。
「私は(侵入を)見てません。娘がそう言ったので。(そう思ったから書いた?)はい。事実を確認したわけじゃありません。(何のエビデンスもないと?)はい」
■籠池理事長の証言を「偽証」と言いながら…
 さらに昨夜、TBSラジオ「荻上チキ・Session−22」が、渦中の作業員に電話でインタビュー。作業員は「辻元さんに送り込まれた事実はない。辻元さんとは面識もない」「正直言って、辻元さんは嫌い」と明言。一部メディアの取材にその旨を伝えた上、誤った報道をしたメディアには抗議をしたことも明らかにした。取材メディアの中には産経新聞も含まれるという。
「この辻元問題は、森友疑惑の本質と全く関係がなく、当初、一部のネトウヨが騒いでいただけでした。ところが産経が記事にしたため、安倍首相が参院決算委員会で言及し、騒ぎが大きくなった。ただ、産経の記事は辻元サイドに短時間に回答を求めて書かれたもので、決算委のある28日付の紙面で、何としても記事化したいという意図があったのではと勘繰りたくなります」(民進党関係者)
 籠池夫人メールについては、菅官房長官が「物的証拠になる」「客観的証拠になる」と発言し、まるで籠池理事長の証人喚問と同一視するような発言をしている。しかし、そもそも安倍自民党は、籠池理事長の証言を「偽証」と言っているのに、その夫人のメールは信憑性があるだなんて、論理破綻もいいところだ。
 辻元攻撃はあえなく玉砕の様相。安倍首相は墓穴を掘った。


82年入省組に共通点 「森友」解明阻む悪徳財務官僚の源流
 真相解明を求める世論批判が高まるばかりの「森友疑獄」。疑惑が晴れない原因のひとつは、財務省が森友との国有地売買に関する書類を一切破棄して“証拠隠滅”を図ったことだ。さらに国会審議をめぐっても、佐川宣寿理財局長が答弁で「控えさせていただきたい」と回答拒否を続けている。国民をなめきった態度は怒り心頭に発するが、「森友疑獄」に登場する財務官僚にはある“共通点”がみられる。
〈82年度大蔵省新入りエリートの骨相――これが現代の秀才の標本箱〉
 2001年に休刊した新潮社の写真週刊誌「フォーカス」で、こんな見出しの記事が躍ったのは、81年12月11日号だ。〈この秋、大蔵省が採用を決定した役人のタマゴは27人〉とあり、1人ずつ写真付きで簡単な略歴とエピソードが紹介されている。並んでいるのは今回の「森友疑獄」に絡む人物ばかりだ。
 例えば、〈高校時代は、芥川龍之介、柴田翔などを読み、大学では高橋和巳を読んだ〉と紹介されていたのは、佐川理財局長だ。高圧的な態度で答弁している今とは異なり、表情は温和。
〈大学時代、古典音楽鑑賞会に入り、「いいコンサートをいい席で聴くことに努めた」〉とあったのは、国会の参考人招致で「政治的な配慮をするべくもなかった」と関与を全否定した前理財局長の迫田英典国税庁長官。髪形は「九一分け」で、今よりはフサフサだった。
■森友学園が学校建設に動いていた時期に……
 そして、〈「ぼくは(学校の)成績悪いですよ。ボクシングの話しかしませんでした」〉とコメントしていたのが、冨永哲夫現国交省政策統括官だ。冨永氏は2014年7月に理財局次長から近畿財務局長に就任し、昨年6月に国交省に出向。近財局長だった時は、ちょうど森友学園が学校建設に動いていた時期と重なる。国交省のHPによると、政策統括官の仕事は〈多数に渡る関係者間のハイレベルな調整が必要となる業務を行っている〉。なるほど、財務、国交両省に加え、大阪府も関わった今回の国有地売買の調整役にピッタリだ。
 ちなみに、BSフジのニュースで、森友の籠池泰典理事長の「100万円寄付」証言に対し、〈びっくり、呆れた。大変失礼な話〉と批判していた片山さつき参院議員も記事に載っていたが、まあ、どうでもいいだろう。それよりも、おそらく安倍政権は「俺たちには強固な財務官僚がバックに控えているから大丈夫」と思っているに違いない。どうりで、土俵際に追い詰められているにもかかわらず、ヘラヘラ笑っていられるワケだ。元財務官僚で民進党の玉木雄一郎衆院議員はこう言う。
「今回の問題が長引いている原因は財務省が情報公開を拒んでいることです。私が入省した時、どの役所よりもメモを取ること、保存しておくことが重要かを叩き込まれました。廃棄はあり得ませんよ。公開しないのは、よほど都合の悪い情報が含まれているからと類推せざるを得ません」
 記事は〈国家のガマグチの番人〉と紹介していたが、「番人」の役割はすっかり捨て去り、今や安倍政権の「番犬」に成り下がっている。


「アッキー財布」は官房機密費!? “お付きの旅費は自腹”に疑惑
 昭恵夫人の“出張”には、政府職員が同行することが多い。だから「公人」ではないかと問えば、その旅費は夫人が私費で負担している――。政府はそういう見解だが、年間数十回も、本当に私費で賄っているのか。そこで疑惑浮上。官房機密費ではないのか……
 ***
 昭恵夫人について、政府はご丁寧にも「公人ではなく私人であると認識している」という答弁書を閣議決定したが、その「私人」のもとには政府職員の“サポート役”が経産省と外務省から5人も配置されている。ちなみに、歴代の総理夫人で常勤職員が付くのも、2人以上が配置されたのも初めてなのである。
 それを聞いて、歴代の総理夫人はともかく、昭恵夫人にかぎって「私人」だと思う人は、よほど偏屈だと言っても差支えあるまい。
 しかも彼らは夫人の“出張”にも頻繁に連れ添っている。このところ国会で明らかになっただけでも、森友学園運営の塚本幼稚園での講演や山形でのスキーイベントに数回ずつ。さらには“疑惑の本丸”とされる加計学園に絡むものも、神戸の保育園での講演や、岡山での弁論大会まで複数回にのぼる。
 政府は職員の帯同を、当初は「私的活動」としながら一転、「公務」だったと認めたが、一方、菅官房長官は「職員の旅費は夫人が私費で支出した」と説明した。だが、昭恵夫人は頻繁な“出張”のたびに、職員の旅費にポケットマネーを投じるだろうか。職員はそれをよしとするだろうか。
■1人に290万円
 週刊新潮は昨年4月から1年間の昭恵夫人の足跡を追ってみた。すると講演、イベントへの参加、組織や施設の訪問や見学……と、実によく出かけている。その回数たるや、選挙応援や総理も参加した式典、総理の外遊同行を除いても、北海道2回、東北8回、東京を除く関東5回、中部9回、関西10回、中国15回、四国1回、九州・沖縄2回、そして海外4回にもおよぶ。
 ちなみに、それぞれに職員が1人同行したと仮定すると、新幹線は普通車、飛行機はエコノミークラスを利用し、ビジネスホテルに宿泊したとして見積もっても、290万円ほどかかる計算になるのである。
「公務員は出張命令がないかぎり勝手に出かけられず、出張命令には予算措置がつきます。予算措置がついているなら、なぜ私人の活動に公金を拠出するのかという批判は免れませんし、職員の旅費は昭恵夫人が出した、という説明との間にも齟齬が生じます」
 霞が関のさる高級官僚は、そう言って、こう継いだ。
「官房機密費という語を用いると、すべてに説明がつくのです。これは総理とその周辺にいる人間に関わる事柄なら何にでも使える、使い勝手のいいお金で、その額はかなり減ったと言われますが、それでも月に1億円以上あるとされます。職員の日当も予算をつけなくても金一封で済むし、切符などをいちいち精算する必要もありません」 
 疑惑の目を向けられたくなければ、きちんと説明するほかなかろう。


教授60人分の人件費削減を検討 新潟大学 18年度から4年間で
 新潟大学が2018年度から21年度の4年間で、教授60人分に相当する教員人件費約6億円を削減する方向で検討していることが29日、分かった。国からの一般運営費交付金の減少に対応するための措置で、年度ごとに定年退職者の6割の人件費に当たる額を削る。大学執行部は教員ら学内への説明を進めており、5月中の決定を目指す。
 高橋姿学長は29日、新潟日報社の取材に対し、教員人件費の削減方針を認め、「できれば手をつけたくないが、経営上やむを得ない」と述べた。
 新大によると、16年度の教員数は968人。教授60人分の人件費削減により、教授、准教授、講師らが実際にどれだけ減員になるかは不透明だ。
 新大によると、一般運営費交付金は法人化された04年度の約145億円から16年度は約129億円に減った。同交付金は今後も減り続ける見通し。その中で経費削減は限界を迎えており、財務状況の悪化を避けるために教員の削減が不可欠という。
 高橋学長は人件費削減方針について「(現職教員らに)何とか我慢してもらおうというぎりぎりの提案だ」と説明する。
 さらに、減員に伴い、専門性のある教員が複数の学部で授業を受け持つなど「効率的な人材の運用も検討する必要がある」とする。
 大学の方針に対し、新大職員組合の小西博巳・中央執行委員長は「1学部に相当する規模の教員がいなくなり、教育の質が下がるとともに、教員の負担が増える恐れがある。大学側に再考を求める」と話した。


大学で「都をどり」公演、学生ら緞帳など準備 京都造形芸大
 京都の花街、祇園甲部歌舞会の舞台公演「都をどり」の初会場となる京都市左京区の京都造形芸術大で、学生が公演の受け入れ準備に励んでいる。自分たちの作品で会場を飾り、「芸大ならではの演出で観客を迎えたい」と張り切っている。
 今年の都をどりは、恒例の祇園甲部歌舞練場(東山区)が閉館中のため、同芸大の劇場「春秋座」で行われる。同芸大と併設する専門学校の両学生が、伝統的な花街文化を身近に感じる機会にしようと、学生作品による会場演出や記念グッズ作製を進めている。
 劇場内両脇にある、囃子(はやし)方と地方それぞれの席の緞帳(どんちょう)(縦2・3メートル、横7メートル)も、学生が伝統技法「板締め絞り」で浴衣用の布を多彩な模様に染め、縫いつなげた。大柄な花をイメージして染めたという同芸大1年の加藤楓子さん(19)は「観客にどう感じてもらえるか楽しみです」と話す。
 都をどりは4月1日〜23日(10、17日休演)。連日3回公演。3500円。茶券付き4600円。祇園甲部歌舞会TEL075(541)3391。

疲れが蓄積/Zaさんに140部印刷お願い

ブログネタ
フランス語 に参加中!
県南地域で未病を改善 ドクターK

Le Japon absent des négociations de l’ONU pour mettre fin aux armes nucléaires
Alors que s’ouvrait lundi une réunion des Nations Unies pour négocier un traité d’interdiction d’armes nucléaires, le seul pays au monde à avoir été frappé de plein fouet par une arme nucléaire, le Japon, était absent de ces négociations, tout comme les cinq pays membres permanents, tous détenteurs d’armes nucléaires.
Lorsque l’ ONU adopte définitivement peu avant Noel 2016 la résolution L.41, soit le processus permettant de déclencher des négociations afin d’interdire les armes nucléaires, puis les détruire, pour entamer des négociations dès le début de l’année 2017, on aurait pu croire à une bonne nouvelle. Parce que plus de 100 pays sur les 193 pays membres des Nations Unies ont voté en faveur des négociations, les débats ont commencé ce mois-ci et une conférence a eu lieu ce lundi 27 mars, mais c’était sans compter sur l’absence de plusieurs pays dont les 5 membres permanents qui avaient voté contre la résolution L.41 en 2016, et donc des 5 pays qui détiennent le plus d’armes nucléaires soit la France, la Chine, la Russie, les Etats-Unis et le Royaume-Uni ! Ces 5 pays détiennent à eux seuls la quasi-totalité du stock mondial d’armes nucléaires, un stock mondial détenu par 9 pays, comme vous pouvez le constater sur l’infographie réalisé par ICAN France et illustrant l’article. C’est donc peu étonnant, au regard de la volonté du Président actuel des Etats-Unis d’accroître l’arsenal nucléaire de son pays en totale opposition avec les discours de son prédécesseur, mais l’ambassadrice des Etats-Unis à l’ONU a justifié l’opposition des Etats-Unis en ouverture de cette conférence ainsi : ≪ En tant que mère ou fille, il n'y a rien de plus important que je souhaite pour ma famille qu'un monde sans armes nucléaires mais il faut être réaliste. ≫. Son homologue britannique a lui précisé face à la presse que c’est le souhait du Royaume-Uni que de voir un monde sans armes nucléaires mais ≪ la meilleure facon d'arriver à un désarmement nucléaire mondial est via un désarmement multilatéral progressif, négocié étape par étape dans le cadre des accords internationaux existants ≫. La France a elle aussi justifié son opposition par la nécessité d’un processus fonctionnant par étape.
Ce qui est étonnant, c’est l’ absence du Japon à cette conférence, anticipé déjà lorsqu’il a voté contre la résolution L.41. Si le pays n’est pas doté d’armes nucléaires, il est cependant le seul pays au monde à avoir subi les effets dévastateurs de la bombe atomique, à deux reprises. Les survivants, les hibakusha, ne cessent de réclamer un traité de non-prolifération et l’interdiction des armes nucléaires, plutôt que des excuses par exemple, n’hésitant pas à prendre la parole à plusieurs reprises devant les Nations Unies pour tenter de convaincre. La visite de Barack OBAMA en mai dernier sur le site d’Hiroshima au cours duquel il exprimait la même chose était pourtant une visite lourde en symbole. C’est ce qui rend ce refus incompréhensible voire hypocrite selon les termes de The Japan Times dans leur éditorial du 3 novembre. Setsuko THURLOW est quant à elle une hibakusha d’Hiroshima vivant désormais au Canada (son récit en anglais ici) était aussi présente à cette conférence. Elle avait 13 ans lorsque Little Boy ravage sa ville et ses habitants, et elle condamne son pays pour ne pas s’être engagé dans ces négociations, critiquant leur inaction qui ne fait que renforcer ≪ le sentiment des hibakusha d’être en permanence trahis et abandonnés par leur propre pays ≫. Mais le Japon est également sous la pression de son allié américain, étant un des pays protégés par le parapluie nucléaire, et les tensions actuelles avec la Corée du Nord expliquent ce refus de négocier. En effet, rappelons les nombreux tirs de missiles effectués à intervalle régulière par la Corée du Nord : en 2016, 2 tests nucléaires et 20 missiles ont été tirés, et aussitôt condamnés par la communauté internationale comme toujours, avec pour seule conséquence jusqu’alors de la part de l’ ONU une sanction économique que la Corée du Nord parvient à détourner. Plus récemment 4 tirs de missiles balistiques ont été effectués en mer du Japon en début de mois et visaient directement des bases américaines au Japon, renforcant un peu plus un climat de peur et de doute. Ce sont des raisons invoquées par les différents pays refusant les négociations pour ne pas y assister. D’autant que selon des images satellites datées du 25 mars, il semblerait que la Corée du Nord soit en plein préparatifs pour effectuer un nouveau test nucléaire.
Une absence remarquée du Japon, qui contredit un discours officiel souhaitant la fin des armes nucléaires. Précisons que le ministre des Affaires étrangères Fumio KISHIDA semblait plutôt enclin à ce que le Japon participe aux négociations, mais déclarait également avant la tenue de la conférence que la décision finale revenait au gouvernement et qu’engager des négociations sans la présence des 5 membres permanents, détenteurs qui plus est de la majorité des armes nucléaires, un traité d’interdiction des armes nucléaires n’aurait pas de sens. Une nouvelle réunion des Nations Unies devrait se dérouler en juin avant la fin de la première phase de discussion le 7 juillet ou un traité sera peut-être adopté. Quand bien même ce traité verra le jour, il n’engagerait que les pays signataires et par conséquent les pays non-détenteurs d’armes nucléaires.
フランス語
フランス語の勉強?
時論公論「縮小できるか?放射性物質の検査」合瀬宏毅解説委員
政府は、福島原発事故による農産物などの放射性物質検査を4月から縮小する方針。一方で、消費者や生産者からは不安の声も。検査のあり方を考える。

なんだか疲れが蓄積している感じです.なのに仕事はしなくてはなりません.体しんどいです・・・
18ページの印刷物を140部印刷するのにZaさんに協力してもらいました.ありがとう.

震災で亡くなった娘の夢 67歳の母かなえる
 仙台市青葉区の清水和子さん(67)が27日、看護師の国家試験に3度目の挑戦で合格した。東日本大震災で亡くなった次女山口美香さん=当時(28)=が果たせなかった夢。准看護師だった清水さんは、最後に聞いた家族の応援の言葉を支えに猛勉強を重ねた。4月から通所介護施設で働く。
 美香さんは石巻市内で、同年代の夫と6歳になる長男楓太(ふうた)君とで暮らしていた。3人とも2011年3月、震災の津波にのまれて帰らぬ人となった。
 楓太君は小学校の入学直前。5月22日に次男を出産する予定で、名前は颯(はやて)と決めていた。幸せの絶頂だった。
 「守ってあげられなくてごめん」。病院の仕事を休めず、すぐに捜しに行けなかった清水さんは自分を責め続けた。
 <4人のもとにいけたらどんなに幸福なんだろうか!!><いつになったら涙はかれるのだろうか?>。震災前から書いた日記は、つらさや悲しみを表す文字で埋まった。
 「お仕事辞めないでね。ボランティア頑張ってね」。震災の前日、楓太君たちに電話口で言われた言葉を生きる支えにした。自殺予防の傾聴ボランティアを再開し、仮設住宅入居者らと思いを重ねた。
 何か前向きになれることはないか。「看護師になりたい」。美香さんの夢を思い出した。職場見学に来たとき、患者に感謝される母親の姿に「すごい。尊敬する」と感激していた。
 娘の夢をかなえてあげたい。定年の65歳を控えていたが、13年に通信制看護学校に入学。15年3月の退職後は予備校や家で勉強漬けの日々を送った。大変だったが、諦めなかった。
 仙台市内の合格発表会場で27日、受験番号を見つけた清水さんは美香さんに真っ先に報告したくて、アドレスにメールを送った。
 <楓太とあなた達の言葉が支えに成りました。4月から看護師として働きます。見守っていてね>


<りんごラジオ6年>1万人出演 人つなぐ
 東日本大震災発生の10日後に開局した宮城県山元町の臨時災害FM局「りんごラジオ」が、今月末で閉局する。町の被災状況や生活情報を発信した当初から一貫しているのは、より多くの住民の声を伝えるという姿勢だった。復興に向かう町民の息遣いを伝え続けた6年を振り返る。(亘理支局・安達孝太郎)
◎災害FM いつもそばに(上)共に歩む
<思いを語る>
 3月10日、りんごラジオは震災から6年を前にした特別番組を放送した。山元町で津波に遭い、行方不明になった大久保真希さん=当時(27)=の父三夫さん(64)と母恵子さん(59)がスタジオを訪れ、娘への思いを語った。
 聞き手は局長の高橋厚さん(74)と妻の真理子さん(67)。「私たちにこういう娘がいたことを伝える機会をいただいて感謝しています」。番組の終盤、恵子さんが静かに語った。
 生放送が終わるとスタジオの電話が鳴り、受話器を渡された恵子さんが目頭を押さえた。「ありがとう。また、そっちに住みたい」
 電話は、知人の主婦作間京子さん(68)からだった。今は亘理町に住む大久保さん夫婦が震災時に住んでいた山元町で近所だった。
 「放送中、涙が止まらなかった。恵子さんとどうしてもお話ししたくなった」。作間さんは、自身も趣味の民謡を話題にりんごラジオに出演したことがある。「人と人をつないでくれるとても身近なラジオだった」と言う。
 スタジオには、復興支援団体や仮設住宅などで活動するサークルのメンバーらが連日訪れた。6年間で出演した人は延べ1万人以上。「いい町にはたくさんの声がある」。そんな信念を持つ高橋さんはスタジオの外でもマイクを向け続けた。
<ありのまま>
 人気番組の一つに2011年6月から1年ほど続いた「お早うさん」があった。高橋さんが早朝のバス停や仮設住宅で出会った人たちにその場でインタビューをし、編集をせずにありのままの声を放送した。
 仮設住宅の自治会長だった鈴木敬一さん(75)が振り返る。「何を話していいのか分からずに最初は逃げていたけれど、話をすると不思議と前向きになれた」
 高橋さんは東北放送の元アナウンサー。脂の乗った30代で手掛けたラジオ番組が、地域情報をふんだんに盛り込んだ朝の生放送「モーニングワイドおはよう!」や、夜の「ヤングミュージックナイト」だった。
 ミュージックナイトは中学生に大人気で、高橋さんはリクエストはがきで親しみを込めて「アッチャマン」と呼ばれていた。
 定年後は里山暮らしに憧れて仙台市から山元町に移住した高橋さん。地方局アナウンサーとしてリスナーのすぐそばにいたことが、小さな町のラジオの性格を決定付けたのかもしれない。
[りんごラジオ]2011年3月21日、災害時に被害状況や避難所の情報などを提供する公設民営の臨時災害FM局として宮城県山元町が役場内に開設。同年7月に役場敷地内のプレハブに移った。スタッフは11人。年間運営費約1500万円は国の交付金が充てられた。町は復興が一定程度進んだとして、閉局を決めた。コミュニティー放送への移行が検討されたこともあったが、りんごラジオ側が事業費確保が難しいとして辞退した。


<りんごラジオ6年>苦い思い 突き動かす
 東日本大震災発生の10日後に開局した宮城県山元町の臨時災害FM局「りんごラジオ」が、今月末で閉局する。町の被災状況や生活情報を発信した当初から一貫しているのは、より多くの住民の声を伝えるという姿勢だった。復興に向かう町民の息遣いを伝え続けた6年を振り返る。(亘理支局・安達孝太郎)
◎災害FM いつもそばに(中)原点
<必要性訴え>
 「コールサインJOYZ2WFM、周波数80.7メガヘルツ、出力30ワットでお送りします。ただ今午前11時、山元町のみなさんのためのりんごラジオが開局しました」
 2011年3月21日、高橋厚局長(74)のあいさつでりんごラジオはスタートした。町役場1階の臨時スタジオ前は、東日本大震災の津波で被災した家族の安否を確認する町民らであふれていた。
 当時、宮城県内の震災報道は三陸の沿岸部ばかりが際立ち、町民は町の状況をほとんど知らなかった。「災害時には正確な情報が欠かせない」。元東北放送アナウンサーの高橋さんは町に開局の必要性を訴え、すぐに手続きに入った。
 震災発生10日後の放送初日は、町民の死者・行方不明者数を伝えた。斎藤俊夫町長らが出演し、町の状況を報告。町民のインタビューも盛り込んだ。
 突き動かされるように行動した高橋さん。ある苦い思いを抱える。
 05年ごろ、山元と隣の亘理の両町を放送地域とするコミュニティーFM局開設の動きがあった。開局の狙いには災害時の情報発信もあった。03年に東北放送を定年退職し、仙台から山元に移り住んだ高橋さんもグループに加わっていた。
 05年10月に「災害とコミュニティーFM」をテーマに掲げたシンポジウムが実現し、高橋さんが司会を務めた。新潟県中越地震を経験した長岡市のFMながおかの脇屋雄介放送局長(現社長)らを交え、災害時にラジオが果たす役割を語り合った。
 だが、資金面などの問題で機運は盛り上がらず、話は立ち消えになった。町の震災犠牲者は637人を数えた。「あの時、地域に根差したラジオがあれば、救えた命があったかもしれない」。高橋さんは悔やむ。
 ただ、シンポは無駄ではなかった。震災直後、FMながおかの脇屋社長が放送機材を届けてくれたからだ。
<自然な流れ>
 16年11月22日午前5時59分に福島県沖で発生した地震では、県沿岸部などに津波警報が出た。跳び起きたスタッフはスタジオに駆け付け、午前6時20分に放送を開始。
 高橋さんの妻でスタッフの真理子さん(67)は「震災のような犠牲はもう出したくないという思いを、ラジオのみんなで共有している」と言う。
 高橋さんは現役時代に1978年の宮城県沖地震に遭い、地域密着の情報を流し続けた。「赤ちゃんのミルクがない」「毛布が足りない」といった県民らの声を伝えると、放送局に支援物資の提供申し込みが相次いだ。
 高橋さんの元部下でりんごラジオを手伝う森雅一郎さん(69)=仙台市太白区=は言う。「発信すれば反応が返ってくる。宮城県沖地震でそれを肌身で感じた高橋さんがりんごラジオを立ち上げたのは、自然な流れだったのかもしれない」
[りんごラジオ]2011年3月21日、災害時に被害状況や避難所の情報などを提供する公設民営の臨時災害FM局として宮城県山元町が役場内に開設。同年7月に役場敷地内のプレハブに移った。スタッフは11人。年間運営費約1500万円は国の交付金が充てられた。町は復興が一定程度進んだとして、閉局を決めた。コミュニティー放送への移行が検討されたこともあったが、りんごラジオ側が事業費確保が難しいとして辞退した。


<りんごラジオ6年>交流と絆 これからも
 東日本大震災発生の10日後に開局した宮城県山元町の臨時災害FM局「りんごラジオ」が、今月末で閉局する。町の被災状況や生活情報を発信した当初から一貫しているのは、より多くの住民の声を伝えるという姿勢だった。復興に向かう町民の息遣いを伝え続けた6年を振り返る。(亘理支局・安達孝太郎)
◎災害FM いつもそばに(下)広がる思い
<人生の重み>
 東日本大震災から6年を迎えた3月11日、りんごラジオのスタッフ伊藤若奈さん(37)=宮城県山元町出身=らが、町内の犠牲者の氏名と年齢を放送で読み上げた。
 「…42歳、…69歳、…0歳、…5歳」
 読み上げるたび、亡くなった一人一人の人生の重みを感じ、伊藤さんは涙を流してマイクに向かった。
 伊藤さんは、りんごラジオの放送開始3日後の2011年3月24日からボランティアで手伝い、その後スタッフになった。米国留学を終え、就職活動に取り掛かろうとしていた時に古里で震災に遭った。
 伊藤さんには忘れられない取材がある。13年1月、家族の事情などさまざまな理由で町内を離れた町民が仙台市太白区に集った。自己紹介で、「町に戻りたい」と大粒の涙を流した人がいた。
 「住民の町への強い思いを伝えないといけないと思った。あの取材がスタッフを6年続けた原点」と言う。
  力合わせて
 りんごラジオに関わる人たちの思いは、県外にも広がっている。
 福岡市の中学校で国語の教員をしている岡優作さん(37)は昨春、届いたばかりの教科書を手にして心を揺さぶられた。
 りんごラジオの高橋厚局長(74)の手記が掲載され、通常のラジオ放送にはない光景が描かれていた。高橋さんが生放送中に町民と一緒に泣き、放送を中断して音楽をかけることが何度となくあったことがつづられていた。
 岡さんは震災時に消防士で、福岡県の緊急消防援助隊員として山元町に派遣された。現地で最も印象に残ったのが、山下中でボランティアをする生徒たちの姿だった。
 福岡に戻った岡さんは、被災地で助け合っていた住民の姿を地元の子どもたちに伝えようと教員になる決意をした。
 16年11月、岡さんは自分の経験を伝えながら、高橋さんの手記を使った授業を行った。「人を助けるのは人の思い。高橋さんの体験は、そのことを伝えてくれている」。こう語る岡さんは、生徒たちの感想文を送るなどして、りんごラジオと交流を続けている。
 開局6周年の3月21日、町と角田市の境にある標高287メートルの深山(しんざん)山頂。震災後に設置された鎮魂の鐘の前に、高橋さんと妻真理子さん(67)の姿があった。
 高橋さんは2年前に脳内出血で入院し、言葉を出しづらい後遺症がある。それでも、高橋さんが倒れてから局長代行として奮闘してきた真理子さんのそばで、「みんなで力を合わせていきましょう」と力強く中継した。
 りんごラジオは3月31日午後6時に放送を終える。
 「いつもそばに」。周波数80.7メガヘルツの電波も間もなく止まるが、震災でたくさんの人たちとつながった高橋さんたちの思いは、これからも広がり続ける。
[りんごラジオ]2011年3月21日、災害時に被害状況や避難所の情報などを提供する公設民営の臨時災害FM局として宮城県山元町が役場内に開設。同年7月に役場敷地内のプレハブに移った。スタッフは11人。年間運営費約1500万円は国の交付金が充てられた。町は復興が一定程度進んだとして、閉局を決めた。コミュニティー放送への移行が検討されたこともあったが、りんごラジオ側が事業費確保が難しいとして辞退した。


<大川小控訴審>津波の予見性 新主張が焦点
 東日本大震災の津波で死亡・行方不明になった宮城県石巻市大川小の児童23人の19遺族が市と宮城県に約23億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審第1回口頭弁論が29日、仙台高裁で開かれる。一審仙台地裁は津波の予見可能性を認め、計約14億2660万円の賠償を命じており、予見性や結果回避可能性などを巡る新たな主張が控訴審の焦点となる。
 29日は遺族6人が意見陳述し、子どもを亡くした思いや防災体制の不備などを訴える。高裁は9月まで5回の弁論期日を指定した。遺族側は早期の現地視察や元校長の再尋問を求める。
 昨年10月26日の地裁判決は、教員らは2011年3月11日午後3時30分ごろに市広報車による避難の呼び掛けを聞き、津波に襲われる約7分前までには予見できたと認定。「裏山は避難場所として何ら支障はなく、堤防付近への避難は不適当だった」と学校の過失を認めた。
 双方が判決を不服として控訴。高裁で遺族側は将来の防災力の向上を視野に入れ、大津波警報発令時点など「もっと早い段階で津波を予見できた」と主張。市と県側は「津波情報を得たとしても、事前の想定を超える津波の襲来は予見できない」と反論する見通し。
 地裁判決によると、地震発生後、児童は約45分間、校庭で待機を命じられ、三角地帯と呼ばれる近くの北上川堤防付近(標高約7メートル)に向かう途中で津波にのまれ、児童74人と教職員10人の計84人が死亡・行方不明になった。


震災遺構の大川小 整備計画素案
震災の津波で児童ら84人が犠牲になり震災遺構として保存されることが決まっている石巻市の大川小学校について、市は遺族感情に配慮してフェンスなどで囲ったうえで祈りの空間を設けるなどとする整備計画の素案をまとめました。
石巻市の大川小学校は震災の津波で児童ら84人が犠牲になり市は被災した旧校舎を震災遺構として保存することを決めています。
28日夜は具体的な保存方法を議論する市の検討会が開かれ市側が整備計画の素案を示しました。
素案では「校舎を見るのがつらい」という遺族に配慮し校舎の周囲をフェンスや植栽などで囲い沿道などから見えないようにするとしています。
また、多くの児童が発見された校舎横の場所は祈りの空間として慰霊碑や花壇を整備し遺族と一般の来訪者の入り口も別にするということです。
さらに校舎近くには管理棟を設け震災前の学校や地区を再現した模型を展示して語り部の活動などを行っていくとしています。
検討会の進行役を務める東北大学の佐藤翔輔助教は「校舎はご遺族にとって大切な場所で今後も話し合いを続けることが大切だと思います」と話していました。
石巻市は今後、卒業生などを対象に説明会を開いたうえで計画を策定し平成31年度末までに整備を終える計画です。


大川小津波訴訟 2審始まる
東日本大震災の津波で犠牲になった石巻市の大川小学校の児童の遺族が訴えた裁判の2審が仙台高等裁判所で始まりました。
原告の遺族側は「1審で認定された時間よりももっと早く津波を予見できた」と主張したのに対し、石巻市と県は「津波の予見は極めて困難で教職員に過失はない」と主張しました。
石巻市の大川小学校は、震災の津波で74人の児童が犠牲になり、このうち23人の児童の遺族が石巻市と宮城県に対し1人あたり1億円、あわせて23億円の賠償を求める訴えを起こしました。
1審の仙台地方裁判所は去年10月、「津波が襲ってくるおよそ7分前までに津波が到達する危険を予測できた」と指摘して学校側の過失を認め、石巻市と宮城県に合わせて14億円あまりの賠償を命じました。
石巻市と宮城県は判決を不服として控訴したことから原告の遺族側も控訴し、29日、仙台高等裁判所で2審の裁判が始まりました。
29日の裁判で原告の遺族側は「教職員は1審で認定された時間よりももっと早く津波を予見できた。
市は関係者の聴き取りメモを廃棄するなど事後の対応でも遺族を傷つけ不法行為があった」と主張しました。
一方、石巻市と宮城県は、「教職員が津波が襲ってくる具体的な予見を持つことは困難で過失を認定した1審判決は重大な誤りだ。教職員らは最善を尽くした」と主張しました。
29日は法廷で6人の遺族が意見を述べ、このうち6年生の長男を亡くし、4年生の長女が今も行方不明のままの鈴木実穂さんは「娘の亡骸にも会えず6年となり区切りも節目もない。学校管理下でこれほど多くの子どもたちが亡くなったのは大川小だけだ。知事も石巻市長も子どもたちの命をきちんと受け止め考えてほしい」と訴えました。
遺族側は今後、1審で認められなかった、教職員の中で唯一生き残った男性教諭の証人申請を行う方針で、今後の裁判が注目されます。
裁判のあと、原告の遺族の一部が記者会見を開き、原告団長で小学6年生の長男を亡くした今野浩行さんは「きょうの遺族の意見陳述で震災から6年がたっても変わらない子どもへの気持ち、当事者でしかわからない気持ちは伝わったと思う。県と市が控訴した直後は精神的に苦しかったが、2審を迎え、責任を明らかにするため最後までがんばりたいと整理がついた」と話していました。
また、小学5年生の次女を亡くした紫桃隆洋さんは「震災から6年がたっても子どもたちが学校で犠牲になった原因すら明らかになっていない。学校が子どもたちの命を守ることを、どう考えるのか法律的な判断を示してほしい」と話していました。


津波の木碑 岩手・大槌で初の建て替え
 東日本大震災で被災した岩手県大槌町安渡(あんど)地区で、津波の教訓を刻んだ木製の碑が建て替えられた。高校生と住民が津波の到達点に2013年3月に設置し、記憶の風化を防ごうと4年ごとに作り直す取り組み。発案者で千葉科学大2年の吉田優作さん(20)は「初の建て替えが終わり、ほっとした。津波は避難すれば助かることを後世に伝えたい」と思いを新たにする。
 吉田さんと大槌高生約15人、住民らによる建て替え作業は11日にあった。新しい木碑の正面には、これまでと同じく「大きな地震が来たら戻らず高台へ」と刻み、墨を入れた。
 側面には大槌高生が中心となって考えた「誰かの命を助けたいなら 代わりのない自分から」などの文言を記した。設置後、震災発生時刻の午後2時46分に全員で黙とうした。
 吉田さんは中学2年時に震災を経験。自宅が流され、親戚を亡くした。町の犠牲者は関連死を含め1285人に上る。悲劇を繰り返すまいと碑の建立を決意した。
 地区の協力を得て、定期的な建て替えが必要となる木碑を完成させた。当時は大槌高1年。今回も後輩たちに声を掛け、住民と一緒に新たな碑作りを進めた。
 同地区の小国忠義さん(76)は「高校生の真剣な表情を見て頼もしく感じた。世代を超え、将来のために教訓をつないでいってほしい」と期待する。
 吉田さんは「設置から4年たち、自分の中でも当初の思いが薄れている部分があった。建て替えを1人で続けるのは厳しい。仲間をつくり、高校生に継続して参加してもらう仕組みが必要だ」と話す。


災害住宅が日陰に 仙台市「受忍の範囲内」
 東日本大震災の被災者が暮らす災害公営住宅「あすと長町復興公営住宅」(仙台市太白区)の南側と東側での高層マンション(各24階建て)建設を巡り、住環境が悪化するとして同住宅の住民団体が提出した公開質問状に対し、市は28日までに「公営住宅に生じる日陰は受忍の範囲内にある」と回答した。
 市は回答書で「マンションと公営住宅の間に距離を確保し、一定の配慮がなされている。(あすと長町のような)商業地域では日陰の影響が比較的大きくなることはやむを得ない」と理解を求めた。
 住民団体の安藤譲共同代表は「傍観者的な市の姿勢は従来と変わらない。入居者の立場から対応してほしい」と話した。


<プレハブ仮設>仙台市内全撤去
 東日本大震災の被災者が暮らした宮城県仙台市内のプレハブ仮設住宅の解体撤去工事が28日、全て完了した。市は新年度、跡地を震災前と同じ状態に戻す作業などを進める。
 撤去したのは、市内18カ所のプレハブ仮設住宅団地の計1505戸。市は昨年10月から順次、工事を進めてきた。28日は最後の若林日辺グラウンド仮設住宅(若林区、197戸)で工事の完了検査があった。
 市仮設住宅室の郷内俊一室長は「無事に解体工事を終え、ほっとしている。今後も引き続き、被災者の生活再建支援に取り組んでいく」と話した。
 一方、市内の借り上げのみなし仮設住宅入居者は、ピーク時の2012年3月末に1万663世帯だったが、今年4月1日時点で市外被災者のみの約700世帯まで減る見込み。市内被災者へのみなし仮設住宅の供与は3月末で終了する。


この国は「復興」を諦めたのか? 帰還政策が奪った「福島の未来」
山下 祐介 首都大学東京准教授社会学
避難指示が大幅に解除されるが…
平成29年3月11日、東日本大震災・福島第一原発事故から丸6年を迎えた。
この3月31日から4月1日にかけて、一部の地域(帰還困難区域及び双葉町、大熊町)を除いて、これまで避難指示のあった地域(避難指示解除準備区域、居住制限区域)で避難指示が大幅に解除される。このことについては、「いよいよ復興へ」といった形で前向きに報じられることが多いようだ。
たしかに「帰還できる」という選択肢が増えたのは望ましいことかもしれない。「帰りたい」人の希望を叶えるという意味では、避難者たちの気持ちをふまえた適切な処置だと一応は言えるのだろう。
しかしながらまた、このところの報道でも明らかなように、肝心の事故プラントの廃炉の見通しは立っておらず、先日、東京電力が公開した1号機の内部の映像は今後の工程の難しさを実感させるものだった。燃料デブリさえ確認できないという。
しかもいまだに余震は続いており、2016年11月22日に福島県沖で生じたM7.4の地震では、最大で1.4メートルもの津波が生じていたのは記憶に新しい。
これはなかなか帰られる状況ではない。帰れないのは放射能が高いからだという話もあるが、それは理由のごく一部だ。
そもそも事故はまだ終わっていない。再事故の可能性はたしかにある。廃炉が完了するまでは、あの地域では原発避難を覚悟し続けなくてはならない。一度事故を経験した人々が、「指示が終わりましたか、ああよかった」などと言って帰るはずがない。
にもかかわらず、帰還政策だけが着実に進んでいく。その政策がこの避難指示の大幅解除で完了の一歩手前まで来た。
これは一体何が起きているのか。
現実にできるのは「通い復興」
避難指示解除が進められたからといって、簡単に現地に戻ることなどできないということは、すでに指示解除が進められた地域で人々が未だに戻れていないことからも分かる。
たとえば、1年半前(2015年9月)に解除した楢葉町や南相馬市でも、戻れているのは2割に満たない。その前に解除が行われた田村市や川内村では7割が戻っているというが、それでもなお3割近くが帰れていないわけであり、また戻っているという人も実際は「通っている」人が多く、また通えるのは避難指示解除後も賠償や住宅支援でその暮らしが支えられているからに他ならない。
たしかに「あそこは戻れない地域だ」といえば、もはや現地復興はあり得ず、大切なふるさとが失われることになる。それはむろん回避しなければならない。
しかしながら現地を守る方法が「今すぐの帰還」でしかないのかは十分に考えなくてはいけない。今、現実にできることは――すでに避難指示解除が行われたところでそうなっているように――「通い復興」である。
通いながら時間をかけて帰る準備を整えていき、安全を確かめ、「帰れる」ようになった人から順に帰って行くことだ。長期待避・順次帰還(日本学術会議社会学委員会東日本大震災の被害構造と日本社会の再建の道を探る分科会提言「東日本大震災からの復興政策の改善についての提言」)が、現実にできる復興へのたしかな道のりになるはずだ。
そしてこれまでの政府の支援策によって(原発避難者特例法など)、こうした長期待避・順次帰還が実現できるようにもなっていた。
だが、この3月末に始まる大幅な避難指示解除は、これまでの支援の仕組みを一変させ、早期帰還を促す転換点になりそうだ。
避難指示解除と賠償切りはセット
というのも、今度の避難指示解除は、賠償支払いの終了とセットになっているからである。
いま避難指示区域にかかった地域からの避難者たちには、精神的賠償として1人あたり月10万円が出ている。指示解除となった地域でも、実際にはなかなか帰れない現実をふまえてその支払いがつづいており、こうしたものが壊れた暮らしのかわりになっていた。
しかしながらその支払いも、この指示解除が完了すればいよいよあと1年までとなる。そもそも避難指示解除と賠償切りがなぜ結びついているのか、このこと自体がよくわからないのだが、すでに既定の路線のようだ。
もし賠償支払いの終了が現実になるとすれば、避難者たちはそこで避難元に帰るか、帰らないかを決断しなければならないことになる。
当分帰らないとすれば、別に家を持たなくてはならない。仕事も確保する必要がある。しかしそれを得るためにはそれなりの資金が必要であり、仕事が確保できなければ、これまでの賠償金で今後の暮らしを賄わなくてはならない。
逆に移住の準備が整わなければ現地にある家に戻って住むしかないが、こちらもまた補修などをふくめて費用がかかるだけでなく、現地には廃炉に関わる仕事しかないばかりか、インフラの確保は行政で何とかしてくれたとしても(ただし長期的に大丈夫だという保障はない)、多くの人が帰れない状況で暮らしを支える地域社会に再生の見通しは立っていない。
政府は帰還を急ぐあまり、帰れない人への対策を何も用意していない。すべてはこれまでの賠償金で何とかせよというもののようだ。他方で、多くの人が帰れない現実の中で、現地復旧もまだまだ先のことになりそうだ。
過疎地となった避難元に戻って再事故の発生におびえながら廃炉ビジネスに身を投じるか。それともこれまでの賠償金を元に避難先で暮らしを設計し、帰還を諦めるのか。その決断が1年後に迫られていることになる。今回の避難指示にはそういう意味合いがある。
だとすれば、被災地の復興を実現するために行われるというこの避難指示解除は、その表向きの目的――復興の条件を整える――を実現するどころか、作動としてはあと1年で現地の復興をあきらめる条件を準備したことになるのではないか。これでいったい復興政策なのか。
だが、ここまで考えてきて大変不思議なのは次のことなのだ。
いったいこの避難指示解除は誰が決めているのか。これは一体誰の意志なのか。
このことが、色んな人々にいくらたずねても釈然としないのである。そしてこのことを突き詰めていくと、どうもそこには、これを読んでいるあなたも深く関係している日本社会全体の構造が浮かび上がってくるのである。
いったいどういうことか。
避難者から社会的弱者へ
だがこの問い答える前に、もう少し現状認識を深めておこう。
この3月末、もう一つの避難者政策の転換が行われることになっている。それは自主避難者への住宅支援の打ち切りである。
2万6千人いると言われる福島県からの自主避難者(津波による避難者も含む)に対し、これまで福島県は住宅支援を行ってきた。
支援対象を福島県がとりまとめ、国が財源を提供するというもので、要するに、避難指示区域外からの自主避難者に対しても、これまで政府はその避難の実状や必要性を理解し、一定程度の支援を行ってきたということになる。
その自主避難者への支援がこの3月末をもって終了する。つまり自主避難者は、公的にはもう避難者ではなくなるというわけだ。
自主避難についてはいまだ誤解が多い。このところ首都圏を中心に福島からの避難者の子どもたちへのいじめが問題になっているが、そのいじめは「賠償をもらっているんだろう」という形で行われていたようだ。
だが自主避難には賠償はでない。住宅の支援を受けているだけで、あとは避難先の自治体や民間の応援に頼りながら細々と暮らしており、ここにも国民の不理解から生じる暴力の一端が見られるが、ここではこの議論を展開するのはやめよう(「国民の不理解」という点については、拙著『人間なき復興』を参照)。
ともかく、今まで述べた文脈からいえば、次のことが重要になってくるはずだ。
この避難指示解除が行われれば、これまでの避難指示地域からの強制避難者たちも自主避難者になる。そしてこの4月で現在の自主避難者たちの支援がなくなるのだから、これから強制避難者から自主避難者へと切り替わる人たちへの支援も行う道理はなくなっていく。
強制避難者はあと1年で、賠償も支援も切られるというわけだ。むろん政府も福島県も「見捨てたりはしない」とはっきり明言してはいる。
しかしそれは、例えば所得が低い人など生活困窮者は面倒をみるというものであり、要するに、賠償がなくなり支援もなくなって、その中で生活に困る社会的弱者が出てくれば、その対応は個別にしていきましょうというものだ。
つまりはこういうことになる。
原発避難者は、この3月末の避難指示解除によって避難者ではなくなり、また原発事故の被害者からも卒業して、「ふつうの人」になる。ふつうの人の中には生活困窮者もいるだろうが、それは社会的弱者として政府が福祉の対象にし、面倒みましょうということである。
被害者(避難者)が、加害者(国)に保護される社会的弱者に転換する。
それがこの4月以降に起きることだ。
だが、ならば問題は次のことになっていくはずだ。
これでは避難者たちは困るのではないか。そして、避難者たちが所属し、あるいは避難している自治体(市町村)も、さらには福島県や福島県民も、困るのではないか。
絶対安全といわれていた原子力発電所でこんな過酷事故を起こされて、廃炉の見通しも立たないまま、6年で避難指示が解除され、7年で賠償や支援を打ち切られる。
あとには事故プラントと汚染された土地が残され、再事故と被ばくの危険はつづき、帰れない状態のまま大量の社会的弱者が生じて、その面倒は避難自治体や福島県、福島県民がみることになる。
しかも肝心の避難自治体も、避難指示解除で多くの住民が帰還を諦め、避難先に移ってしまえばその存続すら危ういだろう。そのために合併の検討が始まっているというが、すべての原因は経産省の管轄で東京電力がおこした事故である。
この避難指示解除は、そうした加害者の責任を回避することにつながるだけではないか。一体誰がこれを決めているのか。
避難指示解除は誰が決めているのか
原子力関連の法律を見てみれば、原子力災害に関してはその責任は全て国と事業者に帰せられている。それはまた、原子力は一般の人々には扱うことはできない(扱うことは許されない)からでもあり、事故が生じた際の避難の指示は国が行うものとされている。
避難指示は国がするのだから、その解除も国が行う。避難指示解除には、加害者である国の意向が強く反映されている。このことは間違いない。逆に言えば国が指示解除を急がない限り、こうした帰還政策のようなスキームにはならない。
賠償切りや支援切りがここに織り込まれているのは、国や東電の責任を早期に回避するための画策である――まずはそういうふうに解釈することができる。実際、この避難指示解除については、そうした側面があることを、私たちは十分に知っておく必要性がある。
だが物事はそう単純でもない。
避難指示を行い解除を行うといっても、国が住民に直接行うものではなく、地方自治体が国の意向を受けて実施するものだ。それゆえ国が「こうする」と言ったからといって、そのままの形で実行されるわけではない。
そこには福島県や避難自治体の意向も働く。議会や首長の判断を通じて、避難指示解除の具体的な実施は決まる。指示解除は住民、県民の意志を反映したものでもあるわけだ。
実際に今回も、国による自治体への打診や説明、交渉があり、各市町村の議会の決定があり、首長たちの判断があって避難指示解除の枠組みは決まっている。またそのあいだには住民への意向調査や説明会もあり、住民の考えも酌み取られている。
そして何より指示解除の決定を了解する議会も首長も、各地域の住民が選挙を通じて選んだ人々であった。こうした民主的な制度のもとに避難指示やその解除は決定されてきた。
だからこそ、その指示や解除の時期に自治体間に違いがでるのでもあった。今回の避難指示解除も、3月31日解除の浪江町、川俣町、飯舘村に対し、富岡町は4月1日解除となっている。国が一方的に決定しているのなら、こんなばらつきは起きない。ここには各町村の事情や意向が反映されていると見てよいわけだ。
だとすれば、問いはいよいよこうなるはずだ。
なぜ賠償切り、支援切りにつながるこんな決定に、福島県や避難自治体は従っているのか。自分の首を絞めるような決定を、なぜ自らの手で行っているのだろうか。
そもそも避難指示解除と賠償がつながっていることを、被害者たちは理解しているのだろうか。このままでは自分たちが困るではないか。
そして、この決定では、事故の責任は全て、被害者である当事者と福島県が引き受けなくてはならなくなる。このことを住民、県民は知っているのか。なぜこんな決定を人々は許しているのか。
繰り返そう。
東京電力福島第一原発事故はまだ終わっておらず、現に事故プラントは手つかずのまま残されており、現地は帰って暮らしができる状況にはない。そこに被害者を放り出せば、生活困窮者が大量に生み出されるのは目に見えている。
ここまでは賠償があり、公共私による様々な支援もあって支えてこれたが、賠償と公的支援を切られれば多くの人が社会的弱者に陥るのは明らかだ。
その人々の面倒を経済的自立を果たした人々でみなければならないが、本来の加害者である東電・国の責任はもはや回避されてしまっていて、これでは「もう被害はないね。じゃあ、あとは福島でよろしく」といわれているようなものだ。
せいぜい付け加えれば、「お困りなら、支援しましょうか」と。この決定に福島県民は納得できるのか。
「賠償を払いたくない」がもたらしたもの
おそらくこの先、約1年後くらいにこの避難指示解除が持つ意味が明るみになった時に、福島県民は大きく騒ぎ出すだろう。だがその時にはもう遅い。自らが決定した以上、自らが蒔いた種だと言われるのが落ちだ。
とはいえ、なぜこんな自分で責任をかぶるような決定を避難自治体や福島県がしてきたのかということについては、もう一つ大事な回路があることに私たちは気づいておく必要がありそうだ。
先ほど、この避難指示解除には政府の責任逃れの意図が入っているはずだと述べた。
だが政府が責任を逃れようとして、そのことだけでこうしたスキームが出来上がっているというふうに私は思わない。
先日、私は今村雅弘復興大臣にあるテレビ番組でお会いし、様々におたずねする機会があった。その時言われた印象的な言葉がある。
「時間がない。急がなくてはならない。それは人々のこの事故への風化があるからだ。」――私はこの言葉に100%同意できる。私もそう思う。そしてここで私が感じたのは次のことだ。
本当に怖いのは政府ではない。その向こうにあるもの。それは世論だ。国民の声である。
要するにどうも、この「復興政策が復興を阻んでいく」という矛盾したスキーム、そしてこれを導く「原発事故を早く終わらせたい」という妙な焦り、これは国民の声を強く反映したもののようなのだ。
つまりはこれを読んでいる皆さんの声をまとめた結果が、今進んでいる「早期帰還政策」だということになる。政府はその国民の意見を代表して、この政策を取りまとめているだけだともいうことができそうだ。
「福島にこれ以上カネをかけたくない」――そういう世論を前にして、この1年で今後のスキームと予算確保をまとめてしまわなければならない。こうしたある種の善意の働きの結果が政府の帰還政策なのだと理解することが可能なわけだ(その政策の良し悪しはどうあれ)。
私はこう分析する。すべてではないにしても、多くの人が福島に向けてこう思っているのは間違いないのではないか。
「福島の人は賠償をもらっていい思いをしている。」
さらにはこんなふうにも考えていそうだ。
「福島の人たちはこれまで原発の恩恵を受けていながら、事故にあって賠償を受けるなんておかしい。自業自得じゃないか。」
そして近頃、こうした主張が目立ってきているのが私には大変気になるのである。
「賠償の額が肥大化してきている。東電はそれを電気料金に上乗せしようとしているが、私たちはそんなものは認めない。」
「私たちは賠償を払いたくない。」
「これは私たちが起こした事故ではない。」
だが、こうした論理がまさに、「早く帰還させ、賠償を早く打ち切るべきだ」という政府の政策の原動力になっているのではないか。
私はこう考える。
これは国と東電が起こした事故である。これはみなが認めることだろう。だが、だとすれば、東電の電気を使っていた人はみな加害者なのである。
そして国に責任があるということは、国民自身にも責任があるということだ。私たちはみな被ばくし、被害者ではあるが、私たちは加害者なのでもある。太平洋戦争の責任が私たち国民すべてにあるのと同じことだ。
加害者が被害者に賠償するのは当たり前のことである。電力会社の失敗が、電気料金に跳ね返るのは当たり前ではないか。私たちは電気料金を通じて賠償を支払い、また税負担を通じて被災地を支える責任がある。しかも最初はそれをみな当然と思っていた。
だが事故から6年目にしてどうも「もう自分たちは支払いたくない。東電と国で責任をとれ」と、言い始めるようになってきている。そうした世論に敏感になれば当然、国と東電は賠償を切り、支援を切り、被災者を見捨てるしかなくなっていく。
だが加害者が一方的に被害者に対して、「もう被害はないだろう。賠償は打ち切るよ」というのは、倫理的道義的にもあってはならないことである。これこそ強者による弱者いじめではないか。
そしてこうした論理が世論のうちに広がっているのを見て、子どもたちは福島からの避難者たちをいじめているのに違いない。大人たちがいじめているのだ。子どもたちの間で同じことがおきるのは当たり前だ。
復興政策は大失敗である
私たち国民はおそらく、本当はこう認識し、言わねばならないのである。
「東電は賠償をしっかり払え。国は支援をしっかり行え。国も東電も責任を放棄するな。必要な資金は電気料金と税負担で賄え」と。
そしてだからこそ、こう言うこともできるのである。
「もう二度とこんな事故は起こすな。国民全員にこれだけの負担をかけて一体何をやっているのだ。東電を支えているのは利用者だ。株主ではない。この国を支えているのは私たちだ。一部の声の大きな人たちではない。ふつうの国民が支えているのだ。きちんと私たちの声を聞いて、間違いのない適切な政治を行え」と。
もう二度と事故を起こさない、絶対に安全な原子力発電所を構築する責任が東電と国にはある。そしてもしそれが実現できないのなら、もうこんな危ない、コストのかかるものはやめるべきだ。
賠償の額に際限はない。復興にかかる労力も計り知れない。ここでは何も生み出さない。「災い転じて」などと言うものもいるようだが、まったくの嘘だ。
地域崩壊と大量の社会的弱者を生み出す原子力はあまりにもリスクが大きく、コストがかかりすぎる。これをつづけられるかどうかは、今回の事故に対して適切な措置が施せるかどうかにかかっている。
しかし私の見立てでは、今回の復興政策(帰還政策)は不適切であるどころか、明らかに誤っている(「誰も語ろうとしない東日本大震災『復興政策』の大失敗」)。この政策は失敗のリスクが高く、今後さらに大きな負担を私たちにもたらすことになるだろう。
そしてそもそもこのリスクやコストを隠して突き進む原子力経営の体質こそが、今回の原発事故の原因なのであり、私たちが今回何よりも反省し、変革しなければならないものなのであった。
私たちはなぜこんな危うい道をあえて選択していくのだろう。
そこにはおそらく国民の声があり、そして地域政策のあり方、会社経営のあり方、国会運営のあり方、何より政治家を選ぶ選挙の投票の仕方などが深く関わっている。国民と国家の作用・反作用のうちになにか根深い欠陥が潜んでいることを私たちは自覚しなくてはならないようだ。
このうち選挙については「ニッポンの難題『一票の格差』の落とし穴〜是正は本当に必要ですか?」で少し分析もしてみた。地域政策については、地方創生という形で、福島で行われたことが各地に応用されはじめていることにも注意をうながしたい(共著『地方創生の正体』、「首都圏から見た地方創生」)。
その他のことについては、今後論を広げていくつもりである。
【参考文献】
山下祐介『「復興」が奪う地域の未来 東日本大震災・原発事故の検証と提言』岩波書店、2017年
山下祐介・市村高志・佐藤 彰彦『人間なき復興 原発避難と国民の「不理解」をめぐって』ちくま文庫、2016年


国鉄民営化30年 「地域密着」を忘れまい
 国鉄が分割・民営化され、JR7社が1987年4月1日に誕生してから間もなく30年を迎える。
 この間、本県の鉄路事情は大きく変わった。新幹線が延伸された一方、県北の並行在来線は第三セクター運営に移行した。
 災害を契機に廃止となった路線(岩泉線)もある。加えて東日本大震災で沿岸部の路線が甚大な被害を受け、一部はバス高速輸送システム(BRT)に切り替えられた。
 激動の歳月だった。
 車社会が浸透し、地方は人口減少と過疎化が進行。鉄路を取り巻く環境は厳しい。しかし、公共的使命の重みには変わりがない。地域密着の姿勢を保ち続けてほしい。住民側も積極的に利用したい。
 民営化前の82年に盛岡−大宮間で発進した東北新幹線は85年上野駅、91年東京駅に乗り入れ。北へ向かっては2002年八戸に延伸、10年に新青森まで全線開通し、昨年は北海道新幹線へと延びた。
 新幹線網整備は日本全体で進み、そのネットワークは北海道から九州までつながった。高速化はビジネスや観光に大きな影響を与えた。特に主要都市に大きなプラスとなったのは間違いない。
 一方で、新幹線延伸や新設に伴い各地でJRの在来線が経営分離され、地元自治体出資の第三セクターが「地域の足」存続を担っている。
 東北線の盛岡以北を引き継いだIGRいわて銀河鉄道もその一つ。厳しい条件の中、新駅設置や駅舎での事業などで収入増を図り健闘しているのは地域にとって幸いだ。
 国鉄廃止対象路線を存続させる形でJR発足3年前に開業した三セクの三陸鉄道は、新たにJR路線を引き継ぐことになった。震災で運休中の山田線宮古−釜石間が、2年後に移管開業の予定。三鉄が久慈から盛まで一本でつながるメリットはあるが、経営の負担は大きくなる。
 信用調査会社の集計では、国鉄から転換した全国31社の三セク鉄道のうち、三鉄を含む26社が15年度に経常赤字を計上した。8割超だ。このように、転換した三セク路線の運営は苦しい。
 もっとも、JRの地方路線も厳しい。東日本の場合、首都圏のドル箱路線と多角化事業の収入で東北の不採算路線を維持している構図だ。
 また、JR各社間の体力格差があらわだ。北海道は全路線の約半分が単独では維持困難としてバス転換や自治体の支援を求めている。
 鉄路が消えると地域の衰退が加速しかねない。公共の足維持は重要だ。JRの一層の努力に期待したい。また、鉄路全体について国の介入や支援も必要になろう。その場合、国民の理解が欠かせない。


高浜原発 高裁決定/「基準」への吟味が足りない
 関西電力高浜原発3、4号機(福井県)の運転差し止めを認めた大津地裁の仮処分決定を巡って、大阪高裁がきのう、関電の抗告を認める決定を言い渡した。地裁の判断は上級審の高裁によって覆されたことになり、高浜原発は再び運転が可能になった。
 大津地裁は昨年3月、全国の原発では初めて運転中の原発をストップさせた。決定の中では「(主張を裏付ける)十分な資料や根拠は提出されていない」などと、関電側の説得力不足が再三指摘された経緯がある。
 運転できるかどうかは経営に直結するだけに、関電は弁護団を大幅に増やして抗告審に臨んだという。今回の決定では「相当の根拠と資料に基づいて疎明(立証)した」といった文言が目立つ。
 地裁と高裁は、全く同一の材料を基にして判断を下したとは言い切れないものの、それを考慮したとしても、同じ問題に対してまるで逆の結論を導き出している。
 それぞれの決定の中身を比べてみると、基本的な立ち位置の違いがうかがえるが、安全性の突き詰め方では高裁の方が説得力に乏しい。
 高裁は「原子力規制委員会は新規制基準に適合していることを確認」という言い回しを多用しているのが特徴。基準を満たせば取りあえず、地震や津波の対策に不備は生じないと言いたいかのようだ。
 判断の尺度である以上、その妥当性も問題になる。東京電力福島第1原発事故の原因究明や教訓を踏まえて策定され、「不合理なものとは言えない」と結論付けた。
 ところが、大津地裁は出発点から異なる。原発事故の原因究明は「なお道半ば」とみなし、あの災禍を二度と引き起こさないためには「原因究明を徹底的に行うことが不可欠」と言い切っている。
 事故原因の本格的な解明はこれからの重要課題だとなると、事故の教訓を採り入れたから重大事故を防ぐことができるという理屈は、かなり説得力を失ってしまう。
 新規制基準もうのみにはできなくなり、個々の安全対策を独自に判断しなければならなくなる。そうして導き出されたのが、運転差し止めの仮処分決定だった。
 もちろん、原発の現行の安全対策を全否定したわけではない。「疑わしきは安全サイドに」という考え方を積み重ねた上の結論だとも読み取ることができる。
 判断の分かれ目となる原発事故の原因で、高裁は「基本的な事象は明らかにされている」との見方を示し、併せて新規制基準に信頼を寄せているように見える。
 だが、安全基準と本当の意味での安全性は、実は食い違っているのではないか。それが原発事故の教訓でもあるはず。行政的な安全規制に安易に寄りかからず自ら決する姿勢こそ、原発事故後の司法に切実に求められている。


「高浜」再稼働を逆転容認 「万が一」に応えていない
 過酷な事故が起きた際の避難計画が不十分なままで、なし崩し的に原発を再稼働させていいのか。こうした国民の不安に応えたのかに疑問の残る判断である。
 福井県の関西電力高浜原発3、4号機について大阪高裁は、運転差し止めを命じた昨年3月の大津地裁の仮処分決定を取り消し、関電の抗告を認める決定を出した。関電は再稼働に向けた準備に入る。
 焦点となったのは原子力規制委員会が策定した新規制基準の評価だ。
 大阪高裁は、新基準は東京電力福島第1原発事故の教訓を踏まえており、それに適合した関電の対策は安全を確保していると結論付けた。新基準に合格しただけでは安全性は保証されない、と指摘した大津地裁とは対照的な判断である。
 事故に備えた住民の避難計画についても、大阪高裁は訓練によって改善が検討され、計画の内容も適切と評価し、2基の再稼働を認めた。
 私たちは原発再稼働をすべて否定しているわけではない。
 だが、原発事故が起きれば被害は広範囲に及ぶ。住民は府県境を越えて広域避難する必要があるのに、避難計画は安全審査の対象ではない。県外避難訓練では天候不順でヘリや船が使えない課題も判明した。
 大津地裁は国主導での避難計画の策定を求め、大阪高裁も「改善の余地がある」とは認めている。国は自治体まかせにせず、計画の実効性を高める必要があるはずだ。
 福島の事故で原発の安全神話は崩れ、原因究明も十分とは言えない。高裁は「各調査委員会の調査結果で基本的事象は明らかにされた」と述べ、新基準について「最新の科学的、技術的知見に基づいており、不合理とはいえない」とした。
 行政の判断をほぼ受け入れる姿勢は「福島以前」に戻ったかのようだ。「万が一」の事故に備える意識が乏しいのではないか。
 原発再稼働をめぐり裁判所は九州電力川内原発1、2号機の再稼働を容認した。一方で関電大飯原発3、4号機を巡る訴訟は福井地裁が運転差し止めを命じている。
 福島の事故から6年が過ぎても、再稼働に慎重な声は国民に根強い。政府と電力会社は丁寧な説明を積み重ねる必要がある。


「高浜」高裁決定 あと戻りしてないか
 「画期的な司法判断」は、またもすっかり覆された。関西電力高浜原発3、4号機を止めておく法の鎖は解き放たれた。3・11以前へのあと戻りを懸念する多くの住民の不安と不信を募らせて。
 「国民の命を守る司法からの重いメッセージ」
 昨年三月、稼働中の原発を初めて止めた大津地裁の決定を、私たちはそう評価した。
 基準地震動(耐震設計の目安となる最大の揺れ)の策定方法に問題があり、起こり得る地震の大きさの評価が過小、津波対策や避難計画についても疑問が残る。従って、住民の人格権が侵害される恐れが強い−。3・11後の新たな原発新規制基準の在り方に疑問を呈し、原発の再稼働に関して同意権を持たない立地県以外の住民感情にも、配慮のある判断だった。
 そんな住民の“ひと安心”は、一年で覆された。高裁の壁はいまだ高かった。
 大阪高裁は「規制により、炉心の損傷等を防止する確実性は高度なものとなっている」と、新規制基準を評価。「これら(既存の計算式など)の手法に基づいて策定した基準地震動が過小であるとはいえない」「避難計画等の具体的内容は適切なもの」とした。そして「新規制基準が福島第一原子力発電事故の原因究明や教訓を踏まえていない不合理なものとはいえない」と断じた。地裁判断はおおかた覆された。
 だが、現実はどうだろう。
 原子力規制委員会内部には現在、地震動の専門家がおらず、十分な評価ができる立場にない。
 新規制基準における揺れの強さの評価手法に関しては、昨年四月の熊本地震、つまり“最新の知見”を踏まえた上で、専門家から疑問の声が上がっている。
 三十キロ圏内の自治体は避難計画の策定を義務付けられたが、道路の渋滞や避難の“足”の確保が不安視されたままである。
 関電は大津地裁の決定を「科学的、専門的知見を踏まえた客観的な判断がなされていない」と批判した。大阪高裁の判断は、十分に科学的、専門的だと言えるのか。3・11の教訓や住民の不安に配慮したものと言えるのか。
 福島第一原発の事故処理は難航を極め、事故から六年を経て、原発再稼働に反対する人は増えているという世論調査の結果もある。
 今、時計を逆回りさせてもいいものか。電力会社と政府にも、よく考えてもらいたい。


高浜原発/住民の不安は解消されず
 原発再稼働を巡る司法の判断が、わずか1年で大きく覆った。
 大阪高裁は、昨年3月に大津地裁が命じた関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めの仮処分決定について、不服とする関電の抗告を認めて取り消しを決定した。争点となった原発の安全性について、関電側の主張をほぼ認める形となった。関電は再稼働に向けて動きだすことになる。
 高裁レベルでの原発再稼働への司法判断は初めてだ。だが、広範囲に影響を及ぼす原発事故の深刻さを思えば、今回の判断が住民の不安を解消したとは言い難い。
 決定は原子力規制委員会の新規制基準を「東京電力福島第1原発事故後の最新の知見に基づいており、不合理とはいえない」と評価した。原発の耐震設計の目安となる基準地震動についても「過小とはいえず、関電の耐震補強工事や津波対策は適切」と指摘した。
 一方、住民側は昨年4月の熊本地震を念頭に、「大きな揺れの連続発生を想定していない」と主張した。しかし決定は「大きな揺れが2度起きても安全は保たれる」と退けた。
 大津地裁が「過酷事故に対する設計思想や耐震基準策定などに問題点がある」とした判断を、真っ向から否定した内容だ。これで安全を求める住民の理解はどれだけ得られるだろうか。
 日本各地で未知の活断層が動きだし、「想定外」の災害が相次いでいる。新規制基準が示す地震の揺れの算出法についても、委員長代理を務めた地震学者が最新の知見に基づいて「過小評価だ」と指摘したが、規制委は見直しを拒んだ。
 原発停止の仮処分申し立ては、全国の地裁で相次ぐ。立地県から離れた住民からの訴えも増えている。ひとたび事故が起きれば、生活が脅かされる。原発にストップをかけるには、司法に期待するしかないという切実な思いの表れだろう。
 原発再稼働に対する住民の不安は、安全性の問題だけにとどまらない。使用済み核燃料の最終処分にめどがついておらず、高浜原発が再稼動すれば、行き場のない核のゴミをまた増やすことにもなる。
 政府、電力会社が再稼働に前のめりになる中で、司法は原発の安全性などを厳しく見極める責任があるのではないか。


高浜の抗告審  事故の不安消し去れぬ
 関西電力高浜原発3、4号機(福井県)の運転を差し止めた大津地裁の仮処分決定を巡り、大阪高裁は関電の抗告を認めて処分を取り消し、2基の再稼働に道を開いた。
 稼働中の原発を初めて止めた地裁決定が1年余りで覆され、関電は再稼働への手続きを進めると表明した。
 高裁決定は、安全対策が相当の根拠と資料に基づいていて合理的だとし、原子力規制委員会の判断を追認した形だ。だが、取り返しがつかない福島第1原発事故の過酷さを目の当たりにした国民の不安を消し去れるものではないだろう。二度と起こさない安全性をどう確保すべきか、重い問いは続いている。
 地裁と判断を分けた焦点が安全対策の評価だ。大津地裁は、地震や津波対策などで「関電は安全性を立証していない」と指摘。福島事故後に策定された新規制基準にも疑問を投げかけ、異議や執行停止も退けた。
 抗告審で関電は巻き返しを狙い、千ページを超える書面を提出して妥当性を強調してきた。
 大阪高裁は、新規制基準と関電の安全対策は「事故の教訓を踏まえ、最新の科学的、技術的知見に基づき、不合理でない」と判断。住民側が過小評価と指摘した地震想定や津波対策も適切とした。専門性の高い規制委の判断を尊重すべきとの姿勢がうかがえる。
 だが、福島事故は6年を経ても約8万人が避難し、底知れぬ事故の実相と廃炉、被害回復の困難さを思い知らされるばかりだ。たとえ原発が効率的、経済的でも過酷事故の災禍と引き換えにできない−という大津地裁の問い掛けに対し、説得力のある答えと言い難い。
 住民の避難対策の遅れを容認したのも看過できない。大津地裁は避難計画の実効性を規制対象にすべきとしたが、大阪高裁は過酷事故防止の確実性が高まっているから逐次改善すればいいとする。
 それこそ葬り去るべき「安全神話」ではないか。昨夏の国と京滋などの合同訓練は悪天候で一部が中止され、今冬も大雪で避難路が使えない事態に住民の不安は強い。
 政府の推進姿勢を背に、全国で原発再稼働の動きが加速している。新基準向けの対策を並べ、「合格」が相次ぐが、1月に高浜原発で大型クレーンが転倒した事故などを見ても安全態勢が本物か疑わざるを得ない。
 安全性への司法判断が分かれる中、経済性にも疑問符が付く原発依存の見直しは国も電力会社も避けられない。


高浜再稼働容認 不安は解消されぬままだ
 稼働中の原発を止めた初の司法判断が覆された。
 住民の不安は解消されないまま、原発再稼働への道が改めて開かれた形だ。
 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転を差し止めた大津地裁の仮処分について、大阪高裁は28日、関電の抗告を認め差し止めを取り消す決定をした。
 仮処分は福井県に隣接する滋賀県の住民が2015年1月に申し立て、大津地裁が昨年3月に運転禁止を決めた。
 大阪高裁の決定により、2基が法的に再び運転可能となる。
 関電は再稼働に向け、今後手続きを進めるとみられる。
 原発の差し止めが争われた裁判で、住民側の主張を認めた高裁判断はない。
 原発裁判では、地裁段階で住民側の訴えが認められても、高裁、最高裁では勝訴のハードルが高くなる経緯をたどってきた。
 東京電力福島第1原発事故の後も、住民にとって司法の現状は厳しいことが示されたといえる。だが大津地裁の仮処分決定で、原発の停止期間は約1年に及んだ。
 万が一にも事故の危険があると判断すれば、司法が現実に原発を止め得ることを示した。
 その意義は小さくない。
 再稼働が進む原発に対し、各地で仮処分を通じた運転停止の申し立てが続いているのも、住民の不安と不信の表れだろう。
 高裁でお墨付きが出たからといって、政府や電力会社は安易な原発回帰に進むべきではない。
 高浜原発は、福島第1原発事故後に策定された原子力規制委員会の新規制基準を満たしている。
 抗告審で注目されたのは、原発再稼働のよりどころとなっている新規制基準をどう評価するかだ。
 関電は抗告審で大津地裁決定を「科学的、専門的知見を踏まえた客観的な判断がなされていない」と批判した。新基準の資料などを出して安全性を強調した。
 大阪高裁の決定は、新基準と原子力規制委員会の審査の合理性を高く評価するものとなった。
 新基準は福島原発事故の教訓を踏まえ「最新の科学的、技術的知見に基づいて策定されており、不合理とはいえない」とした。
 新基準により、高浜原発で新たに設定された基準地震動(耐震設計の目安となる揺れ)は過小とはいえず、耐震補強工事や津波対策も適切だとした。
 「事故時に炉心の著しい損傷を防ぐ確実性は高度なものになっている」と判断した。
 原発など高度な専門的判断は行政の裁量を相当程度認めざるを得ない。そうした伝統的な司法の考え方を維持したと、識者は見る。
 だがいったん過酷事故が起きれば、日常は破壊される。
 高浜原発3号機は、核燃料にプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を含むプルサーマル発電だ。
 使用済みM0X燃料の処分方法をどうするのか。広域的な避難をどう考えるのか。課題は多い。
 大事なのは、住民の不安と真剣に向き合うことだ。


高浜原発再稼働へ 安全対策 責任持てるのか
 【論説】関西電力高浜3、4号機の運転差し止めを命じた昨年3月の大津地裁の仮処分決定を不服として関電が申し立てた抗告審で、大阪高裁は申し立てを認める決定をした。1年以上停止していた2基は法的に運転が可能となった。関電は早期の再稼働を目指す。
 大津地裁決定は全国で初めて運転中原発を止めた異例の判断だけに、上級の高裁がどう見極めるか注目された。結果は関電主張をほぼ全面的に認め、国策後押し姿勢があらわになった。
 抗告審では、東京電力福島第1原発事故を踏まえた原子力規制委員会の新規制基準や関電が設定した基準地震動(耐震設計の目安となる地震の揺れ)の妥当性、熊本地震で発生した繰り返し地震対策、住民避難計画の実効性が争点だった。
 山下郁夫裁判長は、新規制基準が「最新の科学的、技術的知見に基づき、不合理なものとはいえない」と判断。関電もその知見を有し、対策が基準に適合していることを挙げ「耐震安全性に不合理な点は認められない」とした。基準地震動も「過小であるとはいえない」と断定、津波対策も「疎明した」と評価した。
 住民側が世界標準となっている「深層防護」の5層に当たる原子力災害対策が不十分と指摘した点は「いまだ改善の余地がある」としたものの「取り組み姿勢や避難計画などの具体的内容は適切で、不合理な点は認められない」とした。
 高裁判断は新規制基準を最大評価、関電の主張をそのまま是認したものだ。大津地裁が「福島の事故究明は道半ば」「住民の人格権侵害の恐れが強い」として「関電の主張、疎明の程度では新規制基準の対策として不十分」と断じた内容とは真逆の判断だ。事故リスクに厳格な姿勢を示した下級審に比べ、司法の行政追従姿勢が際立つ。
 最高裁は1992年、四国電力伊方原発行政訴訟の判決で、安全性に関し専門技術的な判断に基づく国に広い裁量権を与え、立証責任は国や電力会社にあるとの考え方を示した。高裁は最高裁判決の基本を踏襲する判断を示したことになる。
 高浜原発を巡る地裁判断はこれまで二転三転し、その内容にはあまりにも落差があった。係争中の原発訴訟は全国で40件近くあるが、高裁段階で運転差し止め仮処分を認めたケースはない。特に権威ある東京、大阪高裁決定は影響力が強く、今後の判断に影響を与えるのは必至だ。
 住民側は、最高裁の判断を仰ぐ特別抗告や許可抗告などを模索する構えだ。一方、稼働原発がゼロで経営的に厳しく今回の高裁に全力投球した関電や、原発に依存する地元自治体などには大きな朗報であろう。
 だが、原発の安全性を巡り、国内世論は脱原発に傾いている。高裁も指摘したように福島原発事故は未解明な部分が残され、事故原因が究明されたという状況にはない。今も12万人以上が県内外に避難を強いられているのが現状だ。
 福井県は昨夏、高浜原発事故を想定した広域防災訓練を実施したが、被ばくリスクや県外避難の困難性が浮き彫りになった。今回の判断はとても住民安全を保障するものとはいえない。


核禁止条約交渉 日本不参加 理解できぬ
 史上初の「核兵器禁止条約」制定に向けた交渉がニューヨークの国連本部で始まった。
 オーストリアなど条約推進国は7月までに条約案の作成を目指す。しかし、米英仏中ロの核保有五大国は加わっていない。
 日本政府も交渉不参加を表明した。核保有国が参加していないことに加え、核開発を続ける北朝鮮の脅威は条約制定で解決できず「現実的な視点」が欠かせないためだという。
 日本は条約制定に反対しながらも、交渉入りする考えを示していた。それすらほごにするというのは理解しがたい。
 国連の場で被爆者代表は「同じ地獄をどの国の誰にも絶対に再現してはならない」と述べた。
 核兵器の非人道性を訴えられるのは日本をおいてほかにない。被爆国の声を条約づくりに反映させることこそが、日本の取るべき道である。
 検討されている条約案は核兵器を非合法とし、使用や保有を禁じる内容だ。オーストリアやメキシコなどが主導して110カ国以上が制定に賛成している。
 これに対して、日本の高見沢将林(のぶしげ)軍縮大使は、核保有国が参加しないまま条約交渉を進めれば国際社会の分断が深まるとして、不参加を表明した。
 核保有国が参加しないことは以前から分かっていた。いま交渉入りしない理由にはならない。
 日本は昨年、条約の制定交渉を始める決議には反対した。だが岸田文雄外相は「唯一の被爆国としてしっかり主張したい」と述べ、交渉入りの姿勢を見せていた。
 もともと条約制定に反対しながら交渉入りするというのはわかりにくい論理である。
 しかし、交渉への不参加は、自ら核廃絶の訴えの場を手放すに等しい。交渉入りして、核のない世界を目指す姿勢を積極的に発信していくべきだった。
 「核能力の強化」を掲げるトランプ米政権が北朝鮮の動きもにらみ、日本の交渉参加に強い反対を伝えてきたとも言われている。
 米国の圧力に屈して不参加を決めたのだとしたら、唯一の被爆国の責務は果たせまい。核保有国と非保有国の「橋渡し」役など望むべくもない。
 条約ができれば国際規範となり、核保有国の行動も強く規制するはずだ。日本の不参加決定は情けない事態だが、非保有国が条約制定を進め、核兵器廃絶の機運が高まることを期待したい。


核兵器禁止条約 被爆者裏切る交渉不参加
 日本政府がまた、被爆者の期待を裏切った。極めて遺憾である。
 核兵器を非合法化し、廃絶を目指す「核兵器禁止条約」の制定に向けた会議が27日、ニューヨークの国連本部で始まった。
 会議では、日本の被爆者団体の代表が演説した。広島での自らの被爆体験を語り、「同じ地獄をどこの国の誰にも経験させてはならない」として、条約の早期制定を国際社会に熱く訴えた。
 ところが、その後で演壇に立った日本政府の軍縮大使は「核保有国が参加しない条約の交渉に、建設的に参加するのは困難」として、交渉への不参加を表明した。
 唯一の戦争被爆国の日本は、核廃絶に向けて国際社会をリードする責務を負っている。にもかかわらず日本政府は、口先で「核廃絶」を唱えながら、実態は「核の傘」を提供してくれる米国の顔色をうかがい、核兵器廃絶の動きに対し極めて消極的だ。
 交渉不参加は、そんな日本政府の矛盾する姿を世界にさらしたといえよう。被爆者からは「世界から笑われる」との声が上がる。
 核兵器禁止条約は、核兵器の開発や実験、使用などを全面的に禁止する条約である。現行の核拡散防止条約(NPT)は核保有国に核軍縮を義務付けているが、保有国のエゴで核軍縮は進んでいない。そんな現状へのいら立ちが禁止条約構想につながっている。
 日本政府は禁止条約に反対する理由として、核実験を繰り返す北朝鮮が国際社会の脅威となっていることを挙げ、「現実的な視点」が欠かせないと指摘した。
 一見もっともらしいが、この考え方は本当に「現実的」だろうか。北朝鮮は一部の国に核保有を認めるというNPT体制の矛盾を突き、核抑止の理論によって自国の核保有を正当化しようとしている。むしろ、核兵器を全て国際法で禁じる方が、北朝鮮の核保有を阻む本筋になるのではないか。
 米国でトランプ政権が発足し、核廃絶の機運は大きく後退している。今こそが被爆国日本の踏ん張りどころであるはずだ。


毒物カレー事件 林死刑囚の再審請求棄却 和歌山地裁
 和歌山市で1998年7月に4人が死亡した毒物カレー事件で、和歌山地裁(浅見健次郎裁判長)は29日、殺人罪などで死刑が確定した林真須美死刑囚(55)の再審請求を棄却した。弁護団はカレーに混入されたヒ素について「鑑定手法に問題がある」などと主張したが、地裁は「確定判決に疑いを生じさせるものではない」と判断したとみられる。弁護団は大阪高裁に即時抗告する見通し。
 和歌山地裁からこの日午後、電話で連絡を受けた弁護団が報道各社に明らかにした。弁護団は「詳しい内容が確認できていないので、コメントは差し控える」としており、和歌山地検も「現段階ではコメントできない」としている。
 林死刑囚側は1審から一貫して無罪を主張。直接の目撃者がなく物証も乏しく、検察側は状況証拠を積み重ねて有罪認定に持ち込んだ。2009年の最高裁判決は、カレーに混入されたヒ素と組成上同じ特徴のヒ素が林死刑囚宅などで見つかった▽林死刑囚の頭髪から高濃度のヒ素が検出された▽事件当日の目撃証言−−の3点を根拠とした。
 長女(35)が急性ヒ素中毒で数日間入院し、「カレー事件被害者の会」副会長を務めた杉谷安生さん(69)=和歌山市園部=は、再審請求が棄却されたことに「林さんが犯人であれば、動機などは本人の胸の中にしまわれたまま。解明されないのは残念だ」と話した。
 夫の林健治さん(71)は毎日新聞の取材に「捜査の矛盾を指摘した新たな鑑定書が出ていたので期待していたのに」と残念がり、「今後の司法判断に望みをつなげたい」と語った。【石川裕士、最上和喜、岡村崇】


和歌山カレー事件・林眞須美死刑囚の再審請求棄却決定に思うこと
篠田博之 | 月刊『創』編集長
1998年に発生した和歌山カレー事件で死刑判決が確定している林眞須美死刑囚の再審請求が2017年3月29日、和歌山地裁によって棄却された。もう20年近く前の事件なので、林眞須美さんが冤罪を主張して再審請求していたことさえ知らなかった人もいるかもしれない。眞須美さんは当然、大阪高裁に即時抗告するだろうから、再審の戦いはこれからも続くことになる。
私は事件のあった1998年の9月初めに弁護士事務所で眞須美さんに会ってから、何度も林家を訪ね、控訴審で彼女の接見禁止が解除されてからも何度も大阪拘置所に面会に通った。恐らくきょうも眞須美さんは勝負服の真紅の衣服で決定を待ったのだろうが、高裁でも最高裁でも判決の日に着るからと頼まれて私が真紅のワンピースやトレーナーを差し入れていた。死刑確定後は面会できていないが、眞須美さんからの手紙は届いている。
考えてみれば、私自身、和歌山カレー事件とはもう20年近く関わっていることになる。先日は久々に携帯電話で林健治さんと話したし、最近、TBS系のニュースに登場している眞須美さんの長男は、98年、最初に林家を訪れた時、2階から缶ジュースを持ってきてくれたのを覚えている。当時はまだ小学生だったが、暑い日だったので眞須美さんは息子に持ってこさせた缶ジュースを出してくれた。その時、「大丈夫、ヒ素は入ってないから」と冗談を言われ、そのジョークをどう返してよいか一瞬困惑したのを覚えている。
和歌山カレー事件については、眞須美さんが夫に保険金を掛けてヒ素を入れていたなどという捜査側のリークに基づく大々的な「毒婦」キャンペーンがなされたことで(実際は健治さんも納得したうえで保険金詐欺をしていたわけで、眞須美さんの夫殺しという検察の筋書きは誤りだったことが実証されている)、もう眞須美さんが犯人に間違いないと思っている人が多いのだが、実は彼女を有罪とする論拠は相当脆弱だ。もともと状況証拠で有罪を宣告した事件だし、検察が根拠とした目撃証言も、スプリング8という科学装置を使ったヒ素鑑定も、反証されてボロボロになっているのが実情だ。
ではそれにもかかわらず、再審請求が棄却されたのはなぜかといえば、やはり一度死刑が確定したものをひっくり返すには、相当のことが求められるということだろう。例えばスプリング8によるヒ素鑑定など、京大の河合潤教授によってほとんど論破されているのだが、それが1審の段階で提示されていれば判決に影響を及ぼした可能性は大だが、一度死刑が確定した後での再審となると、相当ハードルが高くなる。足利事件や東電OL殺害事件のように、新たなDNA鑑定で、犯人でないことが明らかになったといった積極的な新証拠がないと再審の門はなかなか開かれないのが現実だ。
今の安田好弘弁護士率いる弁護団は、最高裁の段階から弁護についたのだが、よくやっていると思う。通常、最高裁というのは憲法判断を行う場で、新たな証拠調べなどは行わないのだが、安田弁護団は現地調査を行ったり、河合教授に働きかけたりして、次々と新たな証拠を裁判所に提出。有罪の根拠となった検察側の主張を次々論破してきた。また再審請求にあたっても河合教授と協力してヒ素鑑定の問題点を次々と暴きだした。しかし、今日の決定で改めてわかったのは、有罪となった論拠を崩すだけでなく、新たな無罪証拠を提示しないと再審開始は難しいということだ。それだけ再審の扉は重いと言わざるをえない。弁護団の提示した証拠によって、有罪判決は相当ゆらいでいるのだが、再審開始はそれだけでは難しいということだろう。
ただ眞須美さんが犯人であることは疑いないと思っている人に申し上げておきたいのは、当時の検察が示した論拠は今となってはぼろぼろとなっているということだ。いや実は、1審判決で動機がわからないと言明されているのを始め、有罪の根拠は最初から相当脆弱だった。その脆弱さを補って有罪の決め手となったのが、スプリング8という最新鋭の装置による「犯行に使われたヒ素と林家のヒ素が同一だ」とする鑑定だった。これがなければ有罪認定も困難を極めたと思う。
ところがその後の河合教授らの調査によって、その絶対と思われた科学鑑定がゆらいでいる。例えば仮に犯行現場のヒ素と林家のヒ素が同じヒ素に由来するものだとしても、それは和歌山市内の他の場所からも検出されていた。当時ヒ素は地元でシロアリ駆除などに使われ、中国から輸入された同じヒ素が市内に散在していた。仮にそれが林家にあったとしても、他の人のところにもあったわけだから、普通に考えれば眞須美さんが犯人だという決め手にはならないはずだ。さらに河合教授は成分を詳しく分析して、犯行現場と林家から押収されたヒ素が同一だとの点についてもいろいろな疑問を投げかけている。
つまり98年のヒ素鑑定は、眞須美さんが有罪だとする証拠を何とかしてほしいという検察側の焦りによって、かなり拙速に行われた可能性が大きいのだ。足利事件の菅家さんを有罪としたDNA鑑定も、当時は最新科学に基づく決定的証拠と思われたのだが、後になって相当ずさんだったことが明らかになった。科学の進歩によって、むしろ菅家さんの無罪が立証されたのだった。菅家さんの場合は、死刑判決でなかったので、取り返しのつかない事態に陥ることはなかったのだが、死刑囚の場合は、執行されてしまったら終わりで、真相は闇に葬られたままとなる。
それゆえ、脆弱な論拠によって死刑判決をくだすことには慎重であらねばならない。私が眞須美さんの死刑判決に反対している理由はその点だ。
ここで注目してほしいのは、眞須美さんを何としてでも起訴に持ち込みたいと1998年当時、検察がどんなに苦心していたかという現実だ。そのいきさつを示す証言を、実は検察側の鑑定にあたった中井教授が書いていた。私が先ごろヤフー雑誌に公開したヒ素鑑定をめぐる記事から一部を引用しよう。
《もともと和歌山カレー事件については、林眞須美さんは否認したままで、物証も全くないから、公判維持は困難が予想された。98年10月4日の逮捕は保険金詐欺容疑で、カレー事件で眞須美さんが逮捕されたのは12月9日、起訴されたのは12月29日だった。中井教授自身、論文で経緯をこう語っている。
「和歌山地方検察庁は、このような状況では容疑者を起訴できなかったので、放射光の力を期待して筆者に鑑定を依頼した」「本鑑定は、1998年12月初めに和歌山地方検察庁に分析を依頼され、2週間で結果を出してほしいというものであった」(「和歌山毒カレー事件の法科学鑑定における放射光X線分析の役割」より)
このままでは眞須美さんを年内に起訴できないと焦った検察庁が、12月初めになって、「2週間で結果を出してほしい」と中井教授に鑑定を依頼。中井教授はスプリング8という最新鋭の道具を使ってヒ素の同一性を示し、眞須美さんが年末に起訴されたというわけだ。河合教授が指摘したように、ヒ素の同一性について十分な検証がなされていないのは、中井鑑定が「2週間で結果を出してほしい」という依頼のもとになされたからなのかもしれない。当時は、スプリング8が世界で初めて、事件解明に寄与したとして、この鑑定結果は大きなニュースとなった。》
つまり、1998年の10月に眞須美さんを保険金詐欺で逮捕し、カレー事件での自供を迫ったものの、意に反して真須美さんが完全黙秘したため、検察は年末になっても、このままではカレー事件について起訴できずに年を越してしまうという焦りに追い込まれていたのだ。そこで決め手としてスプリング8という最新鋭の科学装置に賭けた。眞須美さんが起訴されたのは何と12月29日である。仔細に検討すると、相当無理なことが行われたことは明らかだ。恐らく裁判官も、最新性の科学装置で有罪を示す鑑定結果が出たと言われれば、それに相当判断をひっぱられたに違いない。ところがその科学鑑定が、死刑判決確定後、かなりずさんだったことが次々と露呈していった。
眞須美さんは、否認していたために逮捕から7年間も接見禁止となり、私が再び会えたのは2005年のことだった。その3月に接見禁止が解除された時、眞須美さんが最初に助けてくださいと手紙を書いたのは三浦和義さんだった。私のところへもすぐに手紙が届いたのだが、なぜ彼女が三浦さんにすがったかといえば、いわゆるロス疑惑事件で三浦さんに無罪判決が出たことが彼女を力づけていたからだ。あれだけマスコミの報道で犯人視されていた三浦さんが無罪になったという事実は、眞須美さんを相当勇気づけた。三浦さんの無罪は「疑わしきは罰せず」という判断によるものだが、当時はまだ世論に逆らってでも法に従ってそういう判決を出す裁判官が存在したわけだ。
だから和歌山カレー事件が状況証拠だけで検察の論拠が極めて脆弱なことに鑑みれば、ロス疑惑事件裁判の前例が踏襲されれば、十分無罪になった可能性もあったと思われる。しかし、実際には重罰化の流れが進み、世論や国家秩序を無視した判決を出すのは難しくなっていた(最近でいえばそういう例は、元オウムの菊地直子さんを無罪とした高裁判決で、これもすごいと思ったが)。こうして和歌山カレー事件は、動機不明のまま死刑判決がくだされたのだった。
今回の棄却決定を見ると、再審の扉はまだ相当重いといわざるをえない。眞須美さんは確かに気丈な人なのだが、一方でナーバスで神経質なところもある。やはり落ち込んだに違いない。私は死刑囚と何人もつきあいがあるが、眞須美さんに顕著なのは、死刑に対する恐怖を常に抱いていることだ。確定死刑囚は確かに、いつ執行されるかわからない恐怖にさらされるのだが、それを常時考えていると拘禁ノイローゼにかかってしまうので、あまり考えないようにしている人もいる。でも眞須美さんは、大阪拘置所で死刑執行があるたびに、ナーバスになっていた。
袴田事件や名張毒ブドウ酒事件のように、どう見ても冤罪なのが明らかなケースでさえ、なかなか再審の扉は重い。確定判決というのはそのくらいの重さを持っているわけだ。和歌山カレー事件についても眞須美さんや弁護団の訴えが裁判所を動かす事態が今後訪れるのかどうか、見守っていかなければならない。
1998年10月4日に両親がいきなり逮捕され、児童養護施設に収容された子どもたちもこの19年、本当に大変な人生を送ってきている。私は逮捕前日の10月3日に眞須美さんと電話で話したが、逮捕された4日は長男の小学校の運動会で、応援に行きたいと彼女は語っていた。
今回、眞須美さんの長男を顔を伏せてテレビに登場させたTBS/毎日放送は、子どもがマスコミ取材に応じるのはこれが初めてとスクープ性を強調していたが、実は家族は眞須美さんの支援集会には以前よく登壇して、マスコミが大勢いる前で、逮捕当日の家の中がどうだったかなど証言していた(映像撮影は禁止だったが)。そうした子どもたちの話の中で印象的だったのは、両親の逮捕後、養護施設に預けられた子どもたちが、ある時、施設を脱走して両親が勾留されているとされた警察署前へ行き、「お父さん、お母さんを返せ」と叫んだというエピソードだ。この19年間は、家族にとっても重たい歳月だったに違いない。眞須美さん本人の獄中からの手紙や、家族の思いなどは、私が編集した『和歌山カレー事件 獄中からの手紙』(創出版刊)に掲載されているので関心ある人は読んでほしい。
被害者遺族もきょうの決定についてマスコミでコメントしていたが、多くの死者を出した事件だけに、遺族の心情も穏やかではないだろう。死刑事件の重さを改めて感じざるをえない。
なお眞須美さんの死刑確定後の手記と、ヒ素鑑定をめぐる河合教授のインタビューをヤフー雑誌に公開している。関心ある方は読んでいただきたい。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170325-00010000-tsukuru-soci&p=4
死刑確定後も無実への思いは変わらない 林眞須美
また今回の再審請求の大きな争点といえるヒ素鑑定については、下記の記事にわかりやすくまとめてある。これも参照してほしい。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170325-00010001-tsukuru-pol
死刑判決支えたヒ素鑑定に大きな疑問(1)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170325-00010002-tsukuru-soci
死刑判決支えたヒ素鑑定に大きな疑問(2)


安保法施行1年 「実績」狙う政府に異を唱えたい
 自衛隊の活動を地球規模に拡大する安全保障関連法が施行されて、今日で1年になる。政府は法に基づき、南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊への新任務付与などを行ってきた。しかし、憲法解釈を曲げて集団的自衛権の行使を認めた手法や内容への違憲の疑義も、専守防衛を逸脱する懸念も、いまだに何も解消されていない。
 繰り返し指摘してきた通り、集団的自衛権行使は憲法上認められないと解釈するべきだ。だからこそ歴代内閣は「保有するが行使できない」との見解を堅持してきた。不行使は戦後の平和外交の根幹であり、一内閣が放棄することは許されない。安保法の廃止を改めて求める。
 米国との共同訓練など、政府が安保法適用の実績作りに向けた環境整備を進めていることを強く危惧する。他国軍への弾薬提供など後方支援を可能にする物品役務相互提供協定も中核となる。米国、オーストラリア、英国と個別に結んだ協定の承認案が先週衆院を通過した。今国会で承認を得て速やかに発効させる方針という。軍事作戦上は物資補給を絶つのが重要で、むしろ後方支援が狙われやすいとの専門家の見解もあり、リスク増大を軽視してはなるまい。
 法は後方支援の範囲を「非戦闘地域」から「現に戦闘行為を行っている現場以外」に拡大した。戦闘が起きる可能性が高い地域も当然に含まれる。安倍晋三首相は「戦闘が行われれば現場判断で退避、中止する」と強調するものの、他国と行動を共にする中で自衛隊だけが退避できると考えるのは現実と乖離(かいり)している。何より、憲法が禁じる武力行使との一体化の恐れがあると肝に銘じねばならない。
 一方、陸自部隊に新任務「駆け付け警護」が付与された南スーダンPKOを巡っては、政府が5月末での撤収を決めた。首相らは「施設整備に一定の区切りが付く」と説明するが、不測の事態を考慮したのは想像に難くない。現地は昨年7月の大規模戦闘以降、治安情勢の悪化が伝えられている。「紛争当事者による停戦合意」などPKO参加5原則を満たしていなかった可能性を、国民に対して率直に認める必要がある。
 政府は昨年9月から撤収を模索していたという。事実なら、11月に閣議決定した新任務の付与と同時期に検討していたことになる。派遣部隊が作成した日報には「戦闘」が明記され、緊迫した状況が克明に記録されていた。稲田朋美防衛相らは「法的な意味での『戦闘行為』はなかった」「武力衝突だった」と矮小(わいしょう)化を図るが、隊員のリスクよりも実績作りを優先させたと批判されても仕方があるまい。
 一昨年の9月、安倍政権と与党は多くの国民や野党の反対を数の力で押し切り、安保法を強行成立させた。目的が米軍支援拡充による日米同盟の強化にあることは政府も認めている。対米追従一辺倒の姿勢を転換し、平和主義を取り戻すべきだ。


安保法施行1年/なし崩しへの懸念が募る
 安全保障関連法が施行されて、きょうで1年になる。自衛隊の海外任務は飛躍的に拡大し、「平和主義」を掲げた戦後の安保政策はその在り方を変えようとしている。
 政府は昨秋、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の自衛隊派遣部隊に対する「駆け付け警護」の新任務付与に踏み切った。状況次第で自衛隊は初めて海外で武器を使用する。任務遂行を目的とする警告射撃が可能になったためである。
 武装勢力に襲われた国連職員などを救出するための「限定的」な対応だと政府は説明する。だが、銃を使用すれば戦闘行為に発展する恐れは十分にある。そうなれば自衛隊は経験のない危険に直面する。
 政府は今月になって突然、PKO派遣部隊の撤収方針を発表した。施設整備に「一定の区切り」が付くことを理由とするが、これまでそうした説明はしてこなかった。現場に立つ隊員らのリスク回避よりも新任務付与の実績作りを優先したのなら、ご都合主義というしかない。
 そもそも大半の憲法学者が安保関連法を「違憲」と批判する。集団的自衛権の行使容認が「他国との武力行使の一体化を禁じる憲法9条に違反する」との指摘である。
 「自国が攻撃された場合にのみ、個別的自衛権の行使が許される」という従来の憲法解釈を、政府は閣議決定で変更した。その上で日本と密接な関係にある他国が攻撃され、国民の権利が根底から覆される明白な危険がある「存立危機事態」で集団的自衛権行使が許されるとした。
 日本を直接攻撃していない他国へ先に攻撃を仕掛ける形になれば「専守防衛」が揺らぎかねない。
 そうした不安をよそに今後、法の運用は米軍への支援に軸足を移す。日米の新たな物品役務相互提供協定が今国会で承認されれば、日本が直接攻撃された場合に制限していた米軍への弾薬提供が緩和される。懸念されるのは今後の運用のなし崩し的な拡大である。
 安倍晋三首相はトランプ米大統領との共同声明で「同盟における大きな役割と責任を果たす」と述べた。米軍などとの連携を強化して何を目指すのか、首相は国民に対してもっと丁寧に語るべきだ。「非戦」を貫いてきた日本の平和貢献は国際社会から高い信頼を得ている。戦後70年の歩みを軽視してはならない。


安倍首相を解散に走らせる 自民議員“薬物逮捕”の衝撃情報
「ウソをついているのは籠池理事長なのか。それとも私か。国民に信を問いたい!」――安倍首相が前代未聞の「争点」を掲げ、いよいよ4月解散に打って出るのではないか。そんな臆測が永田町で飛び交っている。夫婦で身の潔白を証明できず長引く森友騒動に、首相が追い込まれて錯乱している証拠だろう。さらに先週末から現職衆院議員にまつわる“激ヤバ”情報が一斉に駆け巡り、安倍の破れかぶれの決断を後押ししつつあるようだ。
 森友疑惑が吹き荒れる中、総選挙を断行すれば自民党議席の大幅な減少は避けられない。それでも4月解散説が、錯乱首相の単なる暴挙とは言いきれないのは、森友騒動の収束を図る以外にも、多数のメリットがあるからだ。
 世論調査の内閣支持率は軒並み、下降気味とはいえ、まだ50%台をキープ。対する野党は共闘が暗礁に乗り上げたまま。第1党の民進党内は蓮舫代表の党内運営を巡り、旧維新グループが分裂した。とても4月解散には対応できない状況だ。
 5月末までに第三者機関が勧告する、衆院の区割り変更も「今のうちに」と思わせる理由のひとつ。何せ今回の勧告によって区割り変更となる選挙区は100前後の見通し。対象選挙区の議員や候補者にとって政治家人生を左右する大問題だ。「新しい区割りになる前に」と党内を説得する材料にはなる。
「小池百合子都知事の勢いを削ぐという側面もあります。7月の都議選で小池新党の『都民ファーストの会』が圧勝すれば、世論の注目が小池新党の国政進出に集中するのは間違いない。その機先を制する形で4月解散に打って出て、小池氏の出る幕を奪い取る狙いです」(自民党関係者)
 そして、ここにきて、安倍の背中を押す大きな理由になりつつあるのが、西日本選出の自民党衆院議員のスキャンダルである。ズバリ、違法薬物に手を染めたかどで、逮捕されそうだというのだ。
「不逮捕特権の切れる通常国会の会期末(6月18日)を迎えたら、即逮捕に踏み切るという具体的な日程もささやかれています。しかも、『内偵に動いているのは警察ではなく、厚労省の麻薬取締官だ』『一緒に“ヤクをキメていた”愛人が先週末に六本木で逮捕され、取り調べで議員の名前を挙げた』『あの議員はヤクなしでは2日と持たない』などと、やたらディテールだけは細かい真偽不明の情報が、ジャンジャン飛び交うありさまです。国政選挙を差配する幹事長室も相当、ナーバスになっています」(ある自民党議員)


籠池氏、手紙で国有地購入を陳情 首相夫人付きへ
 大阪市の学校法人「森友学園」への国有地払い下げを巡り、共産党の大門実紀史氏は二十八日の参院決算委員会で、理事長退任を表明した籠池泰典(かごいけやすのり)氏が安倍晋三首相の昭恵夫人付き政府職員に送った手紙で、国有地の早期買い取りを陳情していたと明らかにした。国有地は八カ月後の二〇一六年六月に学園に売却された。大門氏は手紙による陳情の多くが実現したとして「ゼロどころか満額回答だった」と強調した。
 大門氏は、一五年十月の手紙のコピーを独自に入手し、籠池氏にも確認したと説明。手紙には、国有地の定期借地契約の期間延長のほかに(1)国有地の早期買い取り(2)当時月額二百二十七万円だった賃料の半額程度への値下げ(3)学園が立て替えていた地中ごみの一部撤去費用約一億三千万円の早期支払い−の陳情も記されていたと指摘した。
 国有地買い取りは評価額より八億円安い値段で実現し、土地購入代金が十年間の分割払いとなった結果、籠池氏の月負担は約百万円になった。ごみ撤去費用も一六年四月六日に支払われた。大門氏は「時間差はあるが、首相夫人付き職員への籠池氏の要望は、結果的にすべて実現した」と主張した。
 これに対し、菅義偉(すがよしひで)官房長官は「読んだ」と手紙の内容を確認した。その上で
「内容からして、まさにゼロ回答だった」と強調した。首相は「(手紙を)一部しか読んでいない」と述べるにとどめた。
 夫人付き職員への手紙を巡っては、政府は封筒の表面のみと回答のファクス全文を公表している。


橋下氏が援護射撃 “森友疑獄”松井知事のエゲつない延命策
 森友学園疑惑のキーパーソンの松井一郎大阪府知事が保身に躍起になっている。公職にありながらツイッターで一方的な釈明を垂れ流すだけでは飽き足らず、露骨な言論封殺にまで手を掛け始めた。エゲツない男だ。
 標的にされたのは、ノンフィクション作家の菅野完氏。ベストセラー「日本会議の研究」の著者で、森友学園の新設小に対する大阪府私学審議会のスピード審査をめぐり、松井知事の責任を追及している。その菅野氏に松井知事が内容証明郵便で「通知書」を送り付けたという。差出人は日本維新の会と顧問契約を結ぶ「橋下綜合法律事務所」に所属する代理人弁護士。
 内容はこうだ。
 菅野氏が15日に自宅前で応じたぶら下がり取材で、「私学審議会を曲げたのはこの男 大阪府知事 松井一郎」と添え書きされた松井知事らの写真を掲げ、「この人たちこそが悪いヤツ」と名指し。それについて、「根拠について証拠資料を添えてご回答いただきたい」と通知したという。菅野氏を「炎上商法狙いの自称ジャーナリスト」とコキ下ろしたのはすっかり棚上げだ。
■橋下前知事がガード「ハシゴをかけたのは僕」
 笑っちゃうのが、通知書の作成日。国会で証人喚問を受けた籠池理事長が松井知事に怒りの矛先を向けた23日なのだ。日本維新の会所属議員もグダグダだった。浅田均参院議員が「松井府知事の喚問を要求します」と言えば、下地幹郎衆院議員は「松井さんはハシゴをかけた」と口を滑らせた。証人喚問終了後、報道陣の取材要請を拒否して松井知事はトンズラ。それで何をしていたのかといえば、“菅野対策”に知恵を絞っていたわけだ。
 政治学者の五十嵐仁氏はこう言う。
「松井知事からすれば、菅野氏の発言で自身に疑惑の目が向けられた。だったら、泥仕合に持ち込み、菅野氏にうさんくさい印象を植え付けて発言の信憑性を低めればいい。そうした意図を感じます」
 松井知事はマイクを向けられると「証人喚問で話をした方が早い」と威勢のいいことを言うが、コソコソやるのがよほど好みらしい。27日放送の「橋下×羽鳥の番組」(テレビ朝日系)では、橋下徹前大阪府知事が森友学園の認可について「僕の意向、忖度がありました」「ハシゴをかけたのは僕」などと松井知事を守り、懸命に火消し。ますますもって怪しい。
 そうでないのなら、国会招致を待たずに会見でも開いて、時間を取ってキッチリ説明すればイイだけの話だ。


「ヒロジさん、しっかり食べてますか」  山城議長を号泣させた激励の手紙400通
 米軍基地建設反対運動に絡んで逮捕、起訴され5カ月ぶりに保釈された沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)。勾留中だった山城議長には、400通を超えるはがきや手紙が届いた。重ねると厚さ11センチにもなる。「拘置所では1人ですが、外の世界では決して1人ではありません。博治さんは私たちとともにあります」。励ましの言葉が全国各地や遠く米ニューヨークからも寄せられた。
 内容は「山城さんは皆の希望です」「世界中から、日本中から山城さんを見ています」という激励が中心。「ヒロジさん、しっかりごはんを食べてますか ストレッチ頑張ってますか」と体調を気遣うものや、バレンタインデーには「せめて写真でチョコレートを」とユーモアをきかせた絵はがきも届いた。
 「私たちの無関心が沖縄の現在(いま)をもたらしていると思います。本当にすみません」「博治さんであればどうするかを考えながら、戦争国家づくりを許さない闘いを私たちの足元から取り組んでいきます」など、自省の文章もあった。
 はがきや手紙は名護署、那覇拘置支所宛てに届いたが、接見禁止処分のため山城議長が読めなかった。
 処分が解除され、初めて目にしたのは保釈された3月18日の朝。夕方まで1枚1枚、丁寧に読み込んだ。
 「しなやかに、ゆるやかに、時には毅然(きぜん)として」と書かれたはがきには号泣した。
 山城議長は「抗議行動で自分が何度も口にしている言葉。平和運動の形がしっかりと受け継がれていることがうれしかった。一つ一つに感謝いっぱい。ありがとう」と語った。(中部報道部・比嘉太一)


沖縄基地問題で追いつめられた翁長知事が最後の切り札を出す日
 ついに踏み込んでしまった。3月25日、沖縄県の翁長雄志知事が、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設工事に反対する集会に参加し、仲井真弘多前知事による辺野古の埋め立ての承認について「撤回を力強く、必ずやる」と発言したのだ。
 これまで、埋め立て承認の撤回について記者から聞かれても、「常に視野に入っているが、その時々で判断していく」と答えるにとどまっていた。すでに埋め立て承認の「取り消し」が昨年12月の最高裁判決によって違法とされてしまった以上、撤回というカードを切ることに慎重にならざるを得なかったわけだ。
 沖縄県庁内でも慎重論は強まっていた。
「『撤回』に必要な法的な要件が揃っていないのではないか。裁判で勝ち目がないのが明々白々なものを敢えてやるのはおかしい」(沖縄県庁職員)
 県庁職員は運動家ではない。その多くは役人らしく、法の枠組みのなかで業務にあたることを最善とするだけに、“反対のための反対”には批判的だ。県庁内の意見によく耳を傾けていれば、知事もそうは容易に踏み込めないだろうと思っていた。
 一方、そんな慎重論とは対照的に、地元2紙はこのところ「撤回カードを早く切れ」というプレッシャーをかけ続けていた。それだけに、翁長知事の「必ずやる」との発言に、諸手を挙げて歓迎だ。翌26日付両紙はともに一面から二面、三面、社会面と大々的に取り上げている。例えば、『琉球新報』は社説で、<知事就任後、初めて辺野古の集会に参加した翁長雄志知事はあいさつで、埋め立て承認について「撤回を力強く、必ずやる」と述べ、撤回することを初めて明言した。工事を止めるための行政決断に踏み切ることの表明である。高く評価したい>。
 当然のことながら、県政与党の社民党や共産党などの革新各党も「よくぞ言った」というところだろう。だが、親しい地元紙記者の一人は、こう解説する。
「県政与党の革新各党の間でもこのところ、『翁長は所詮、元自民だ』という批判が上がっていました。撤回について明言しない知事に、どこかで政府とよろしくやっているんじゃないかという疑念も膨らんでいたようです。古巣の自民党と完全に切れてしまっている知事は議会運営を考えれば、革新各党の要求に抗しがたい状況になっていたはず。しかも、長期拘留されていた反対運動のリーダーの山城博治被告の保釈が認められ、メディアに盛んに取り上げられていることもプレッシャーになったのではないでしょうか」
 つまり、撤回発言に踏み切ったのは、翁長知事が追い詰められている証左だというのだ。今年1月には、側近中の側近だった安慶田光男副知事が教員採用の口利き疑惑を地元紙に報じられ、辞任に追い込まれたこともあり、翁長知事の求心力は目に見えて下がっていた。
 26日付の『琉球新報』が、<知事本人が「工事の入り口」(県幹部)である基地ゲート前で、改めて承認撤回という強い権限行使を表明したことで、新基地建設阻止に向けた求心力の回復を狙った形だ>といみじくも指摘したように、失われた求心力の回復のために撤回発言をしてみせたのだとすると、これこそ基地問題の政治利用だ。沖縄の基地問題迷走の愚を再び犯すことになりはしないだろうか。取材・文/竹中明洋


沖縄の声も核軍縮も忖度されず
 ★自民党が田中角栄内閣の時にスローガンとして掲げた「決断と実行」。歴代内閣はこの言葉を1つの誓いにさまざまな政策を決断し実行してきた。その実行力が国民の共感を呼び政策が大義となり安定的基盤を築いていく。自民党が国民政党として受け入れられていったターニングポイントともいえる。分厚い中間層を作りながら安定社会を作る。自民党らしさともいえる形だ。 ★しかしその伝統もこの内閣は「新しい判断」によって葬り、思い通りにいかなければなんでもやるようだ。27日、官房長官・菅義偉は米軍普天間飛行場の辺野古への移設について、沖縄県知事・翁長雄志が埋め立て承認を「撤回」した場合、翁長個人に損害賠償を請求する可能性に言及した。菅は「行政の長が法令によって与えられた権限をその法令とは異なる目的で行使することは権限の乱用であり、違法だ」と一般論としながらも翁長を強くけん制した。こちらは沖縄県民の声は忖度(そんたく)してくれず、不寛容だ。 ★一方、27日から核兵器を禁ずる「核兵器禁止条約」の議論が米ニューヨークの国連本部で始まった。日本から党の幹部として参加したのは共産党委員長・志位和夫と政策委員長・笠井亮。日本政府代表軍縮大使・高見沢将林は「核兵器国の理解や関与が得られないことは明らかだ。残念ながら交渉会議に建設的かつ誠実に参加することは困難」と交渉への不参加を宣言した。我が国にしか言えないこと、訴えることがあるはずだ。なぜ外務省は米国の理屈ばかりを忖度して、国民の声を忖度しないのか。外務省よ、国家公務員よ、核軍縮に参加し、世界をリードするよう知恵を出せ。首相・安倍晋三が言わなくとも国民の声にこたえるべきだ。決断と実行に期待したい。

知事に賠償請求検討 国家権力で抑え込むのか
 自治体の長が認められた権限を行使することに対し、「権限乱用」と言い募って国が知事個人に損害賠償を求める。国と対等であるはずの自治体の長の判断を、損害賠償という脅しで抑圧することが法治国家で許されるだろうか。もはや乱訴の趣である。
 菅義偉官房長官は、翁長雄志知事が米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設を阻止するために埋め立て承認を撤回した場合、知事個人に損害賠償を求めることを「あり得る」と明言した。
 損害賠償を求める根拠として昨年12月の新基地建設を巡り、翁長知事が出した辺野古埋め立て承認の「取り消し」に関する違法確認訴訟で国が勝訴したことを挙げる。その上で知事が承認を撤回することは「権限の乱用だ」とした。
 菅氏は、知事が撤回して工事が中断する間、国家賠償法などに基づき人件費や機材リース代、警備費用などの損害賠償を求める考えだ。
 国が根拠とする違法確認訴訟はあくまで前知事が出した埋め立て承認を取り消した翁長知事の判断を対象としたものだった。
 今回、翁長知事が表明した「撤回」は、前知事の承認後に生じた瑕疵(かし)を問うものだ。県側は撤回の理由として埋め立て承認時に付した留意事項違反や環境への負荷、県民の民意などを挙げるはずで、前回の違法確認訴訟とは問われる内容が違う。
 そもそも菅氏の発言は、政策に反対する市民運動などを萎縮させる目的で国や企業などが個人を訴えるスラップ訴訟の性格も帯びる。
 国家賠償法では公務員個人に対して損害賠償を求める求償権があるが、専門家は県知事に対して求償権があるのは県であり、国ではないと指摘する。政権与党内に慎重論があるにもかかわらず、金田勝年法相は「所要の措置を検討している」と述べ、進める考えを示した。法解釈も都合よく自らに引き寄せ、新基地建設を拒否する民意も無視し、なりふり構わぬ姿勢が見える。
 国は過去に、米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯建設に反対する市民を通行妨害で訴え、スラップ訴訟だと批判された。次は県民を代表する知事を相手取りスラップ訴訟をするつもりか。
 国家権力で根強い反対の声を抑え込むのは法治国家ではない。


[菅氏「賠償請求」発言]「1強」のおごりを憂う
 菅義偉官房長官は27日、米軍普天間飛行場の辺野古移設を阻止するため翁長雄志知事が知事権限を乱用すれば、翁長氏に対し損害賠償を求めることもあり得る、との認識を示した。
 25日に辺野古で開かれた県民集会で、翁長知事は、前知事の埋め立て承認を撤回する、と明言した。菅氏の発言は、政府として対抗措置を示唆することで翁長氏の動きを強くけん制したものである。
 前知事の埋め立て承認を取り消した翁長知事は、最高裁判決を受け、承認「取り消し」を取り消した。埋め立て承認を「撤回」することができるのは、承認後に、事業者の重大な違反があった場合などに限られるとされている。
 3月末に期限が切れる「岩礁破砕許可」について政府は「地元漁協が漁業権を放棄したため更新の必要はない」と判断、再申請はしない方針だが、県は「従来の法解釈を一方的に変更した」と強く反発。許可を得ずに工事を続けるのは「重大な違反」に当たる、とみている。
 翁長知事が埋め立て承認を撤回した場合、国は「執行停止の申し立て」「代執行手続き」などで対抗する考えだ。こうした対応とは別に、損害賠償請求を検討することを明らかにしたのが今回の発言である。
 合意形成の努力を途中で放棄し、「報復」までちらつかせるのは、もはや負担軽減とは言えない。法治国家の名を借りた「脅し」に基づく新基地建設は、政府と県の関係を著しくゆがめ、問題の解決を遠ざけ、取り返しのつかない事態を生むおそれがある。
■    ■
 菅氏はしばしば、最高裁判決を念頭に、「わが国は法治国家だ」と主張する。ここで問われなければならないのは「どのような法治国家なのか」という実質面である。
 日本は建前上は戦前も法治国家だった。議会で制定された法律に基づいて国家権力が行使されたからだ。だが、実際にはその法律や政府の法解釈の変更、拡大解釈によって国民の人権はしばしば侵害され、無謀な戦争を防ぐこともできなかった。
 その反省にたって戦後、憲法の中に地方自治の章が設けられ、1999年の地方自治法改正で国と県は対等な関係になった。
 国地方係争処理委員会は2016年6月、辺野古をめぐる現状について「国と地方のあるべき関係からかい離している」と指摘し、「双方がそれぞれ納得できる結果を導き出す努力」を求めた。その精神を生かすことが解決への近道である。
■    ■
 政府は、前知事の埋め立て承認を唯一の法的よりどころとして基地建設を進める。
 だが、選挙公約や慰霊の日の平和宣言など公的に表明してきたことと反する突然の「埋め立て承認」は、名護市長選、知事選、衆院選、参院選などによって政治的正当性を否定された。
 戦後ずっと基地の重圧に苦しめられてきた沖縄に対して、新基地建設のために国家賠償法の発動までちらつかせるのは、「1強体制」のおごりというほかない。

枚方で刺激的なお話/山谷やられたらやりかえせ

ブログネタ
フランス語 に参加中!
新宿ルミネコインロッカー

Au Japon, la justice autorise le redémarrage de deux réacteurs nucléaires
Les unités 3 et 4 de la centrale de Takahama avaient été arrêtées en 2016 par une première décision de justice pour des raisons de sûreté soulevées par des riverains.
Six ans après la catastrophe de la centrale Fukushima Daiichi, le nucléaire reste un sujet sensible au Japon. Deux réacteurs de l’ouest du pays mis à l’arrêt pour des raisons de sûreté vont pouvoir redémarrer, selon une décision de justice du mardi 28 mars.
La Haute Cour d’Osaka a levé l’ordre d’arrêt émis en 2016 pour les unités 3 et 4 de la centrale de Takahama, située à quelque 350 kilomètres à l’ouest de Tokyo. A la sortie de la cour, les plaignants ont fustigé ≪ une décision injuste ignorant l’opinion publique nationale et régionale ≫, selon une affiche brandie devant des caméras de télévision.
La compagnie Kansai Electric Power, qui gère ces deux réacteurs, a de son côté salué la nouvelle. ≪ Avec la sûreté comme priorité, nous allons nous efforcer de faire comprendre nos vues à la préfecture de Fukui ainsi qu’aux habitants ≫, a-t-elle déclaré dans un communiqué.
Pour des raisons techniques et géographiques, tous les réacteurs nucléaires au Japon sont situés en bord de mer et en zone sismique, les exposant à des risques accrus.
Seulement trois réacteurs en service
En mars 2016, un tribunal, saisi par un groupe de riverains, avait exigé l’arrêt des deux réacteurs, alors qu’ils venaient tout juste d’être remis en service. ≪ A la lumière de l’accident de Fukushima, il reste des interrogations sur les mesures de protection vis-à-vis d’un tsunami et concernant les plans d’évacuation ≫, avait alors souligné un juge, qui estimait que la compagnie n’avait pas fourni suffisamment d’explications sur les mesures de sûreté.
Kansai Electric avait fait appel et avait été une première fois déboutée. Elle a cette fois-ci obtenu gain de cause et va pouvoir commencer les procédures en vue du redémarrage des réacteurs, un processus qui devrait prendre plus d’un mois, selon la chaîne publique NHK.
Actuellement, sur les 42 réacteurs restants dans l’archipel (contre 54 avant le drame de Fukushima), trois seulement sont en service, tous situés dans le sud-ouest de l’archipel (Sendai 1 et 2, Ikata 3).
フランス語
フランス語の勉強?
時論公論「科学者は軍事研究にどう向き合うか」水野倫之解説委員
戦後、軍事研究とは一線を画してきた日本の科学者たち。日本学術会議は、この方針を継承する新たな声明案をまとめた。科学者は軍事研究とどう向き合うべきか考える。
デモ・プラカード‏ @DemoPlacard
「オシャレが好きなダサい人!」(女性自身4月4日号)
さすが、極右界のファションアイコン稲田朋美。
女性誌も、場違い、盛りすぎ、ダサすぎな稲田朋美のファションから目が離せません!

枝蘭亭‏ @gyokaigamieru
日本社会がどう騒いでも、これからも市民の手で「少女像」はいろんな土地で設置されていくだろう。なぜなら「少女像」は日韓関係の問題ではなく、女性への性暴力を根絶する闘いの意志として理解され始めているから。
「ヨーロッパ初の『少女像』」

科捜研の女9
沢口靖子演じる京都府警科学捜査研究所研究員の榊マリコが、“科学”を武器に事件の真相解明に挑む科学捜査ミステリー。第8話『もう一人の容疑者!呪われた映画の秘密』
不可解な事故が続発する映画撮影所で、今度は大道具の留め具が切れてプロデューサーが大怪我をするという事故が起きた。 マリコ(沢口靖子)は事故現場に残された靴痕に注目する。
沢口靖子、内藤剛志、加藤貴子、斉藤暁、泉政行、小野武彦 前田愛、六平直政 ほか


朝早く出かけてお京阪で枚方に出かけました.RI関連の説明会は30分で済んだので,図書館に行ってさらに10分くらい歩いて移動して別の図書館で時間をつぶしました.12時からFuさんとお話ですが,とても刺激的なお話が伺えました.Moさんから聞いていた長居できないというのもその通りでした.
樟葉駅でバイキングのお店に入ってしまいました.3月になって何度目のバイキングだろう・・・ 満足したからいいですが・・・
大阪に戻りネットを少しして,今度は西成・釜ヶ崎へ.山谷 やられたらやりかえせの映画を居酒屋でやっているというので行きました.なかなかいい映画でその後のトークもよかったです.

被災地の出向警察官12人が離任式
 東日本大震災の被災地支援のため、昨年4月から県警に派遣されていた出向警察官12人の離任式が27日、県警本部であった。
 式には村井嘉浩知事らが出席。中尾克彦本部長は「復興を治安面から支えるため、全力で任務に当たってくれた」とねぎらいの言葉を掛けた。
 愛知県警に戻る岡崎勇輝巡査部長(34)は石巻署で仮設住宅や災害公営住宅の巡回、住民の自主防犯組織の結成などに関わった。「住民との触れ合いが警察活動の原点だと再確認できた。被災地での経験を職務に生かしたい」と話した。
 新年度は新たに5人が着任する。


震災伝承の指針提示 石巻市が学習機会創出へ
 東日本大震災で被災した宮城県石巻市は27日、震災を語り継ぐ活動の指針となる震災伝承計画案を、市民を交えた検討会議の第5回会合で提示した。市は会議で出た意見を踏まえ、6月にも計画を正式決定する。
 震災伝承に携わる民間関係者ら14人が出席。計画案は「位置付けと役割」「震災伝承の現状と課題」など4項目で構成された。市や国、県、学術研究機関などによる新組織を設立し、震災関連資料の収集や防災学習の機会創出、慰霊・追悼の場の整備などに取り組む方針を盛り込んだ。
 前回会合で議論が集中した基本理念の文言を一部修正。「かけがえのない大切な命を守るため、今を生きる人、未来に生きる人、世界の人々へ、震災の経験、教訓、思いを伝え続けます」などとした。
 出席者からは基本理念について「シンプルで分かりやすい」「悲しみや痛みを背負っているという熱量が伝わらない」といった意見が出た。
 検討会議は昨年7月に発足。震災を後世に伝える方法をソフト面に絞って意見を交わし、市の計画案に反映させてきた。会合は今回が最後で、今後は市が内部で検討し計画を策定する。


<E番アナの応援席>銀次の決意/東北にもう一度歓喜を
 野球ファンのみならず、日本中が熱狂したワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が終わりました。日本は準決勝で敗退し、決勝ラウンドでは東北楽天の則本昂大、松井裕樹両投手の出番はありませんでした。
 ただ、練習試合であっても、海外での慣れない環境、マウンドで、大リーグの打者と対戦できたことは貴重な経験になったのではないでしょうか。
 プロ野球開幕まであと3日となりました。東北楽天は岸孝之投手が加入し、則本との二枚看板になりました。安楽智大投手はけがで離脱しましたが、美馬学、釜田佳直両投手は好投を見せています。リリーフ陣も新人の菅原秀(大体大)森原康平(新日鉄住金広畑)高梨雄平(JX−ENEOS)各投手の評価が高く、九回の松井裕までつなげるめども立ってきました。
 打撃陣はオープン戦でチーム打率2割1分5厘と苦しんでいます。その中で気を吐いているのが銀次内野手です。昨季は4季ぶりに打率が3割を下回り、納得のいかないシーズンだったはず。オフには「ロープを使ったトレーニングで、けがをしないためのしなやかな筋肉づくりができた」と話していました。
 銀次の代名詞といえば、ボールを見送った後、バットをくるくる回す動作。以前、「これが出るときは調子がいいんですよ」と話していました。ボールがしっかり見えて体が反応している証拠だということです。
 オープン戦の打席をチェックすると、昨季より柔らかく回り、回数も多い。先発メンバーで出続けている中ではただ一人3割をキープしていますし、関連は健在なのかもしれません。
 今月11日、東日本大震災から6年がたちました。銀次は「理想は東北出身者が活躍して勝つのが一番。岸さんには負けないような活躍をしたい」と言います。
 チームが勝つ中で、自分もしっかり活躍してみせる。そして、自分がチームを、東北を、もう一度歓喜の瞬間へ引っ張っていく。そんな強い決意をこの言葉から感じました。(東北放送アナウンサー)


後半国会 「森友」幕引きはできぬ
 2017年度予算案がきのう、参院本会議で可決、成立し、通常国会は後半に入った。
 ここまでの論戦で焦点となったのは、学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる問題だ。
 国民の財産が、不透明な経緯で8億円以上も減額された。
 安倍晋三首相の妻昭恵氏と学園との密接な関係を受けて政府内で忖度(そんたく)が働き、異例ずくめの売却につながった疑いも拭えない。
 与党側からは、予算成立を機に疑惑に幕を引こうとする声ばかり聞こえる。しかし政府の説明に国民が納得していないのは明白だ。
 国連平和維持活動(PKO)の日報隠蔽(いんぺい)と稲田朋美防衛相の資質の問題や、「共謀罪」法案をめぐる金田勝年法相の不安定な答弁に対する追及も未消化なままだ。
 このままでは必要な法案の審議にも影響する。国会はまず国民の疑念を解消しなければならない。
 学園の籠池泰典(かごいけやすのり)氏は証人喚問で、土地貸借に関し昭恵氏に助力を求め、「首相夫人付」政府職員からファクスを受けたと述べた。
 これに対し首相は、職員が問い合わせに応じただけだと答弁し、昭恵氏自身の関与を否定した。
 だが政府職員が独自に照会したという説明はあまりに不自然だ。「首相夫人付」職員の照会が、政府内の判断に影響を与えた可能性もある。関係者に確認が必要だ。
 昭恵氏から学園への寄付金の有無をめぐっても主張が食い違う。昭恵氏に国会で説明を聞きたい。
 「森友」問題では、稲田防衛相の答弁も二転三転している。
 学園の代理人弁護士として出廷していた過去に加え、弁護士の夫が土地売却の協議に同席した点でも答弁が事実と異なっていた。
 さらに重いのは、組織ぐるみの隠蔽が疑われるPKO日報の実態を稲田氏が知らなかった事実だ。
 当初廃棄したとされた日報データが保管されていたと判明してから、報告を受けるまでに1カ月を要した。省内を掌握できていない以上、進退を問わざるを得ない。
 「共謀罪」の要件を変更した組織犯罪処罰法改正案は、犯罪実行前の幅広い摘発を可能とし、当局の恣意(しい)的な運用も懸念される。法案の本質自体が受け入れがたい。
 そのうえ金田法相の答弁は「準備」の適用範囲などをめぐって変遷を繰り返している。このまま質疑を進めるわけにはいくまい。
 給付型奨学金の新設など、国民生活に直結する法案の審議も控える。国会はそのためにも、積み残された疑問の究明を急ぐべきだ。


“100万円寄付”昭恵夫人の反論は官僚作文のコピペだった?
「雌鶏歌えば家滅ぶ」ということわざがピタリ当てはまる。大阪市の学校法人「森友学園」の国有地激安払い下げ問題で大揺れの安倍政権。学園の籠池泰典理事長が証人喚問で、首相の妻・昭恵氏から手渡された「100万円の寄付」証言に対し、政権側は昭恵氏がフェイスブックに投稿したとされるコメントを盾に反論。見苦しい言い訳を繰り返しているが、この昭恵コメントをよくよく読むと不自然な点が多く、官僚による「代筆作文」の疑いがあるという。
〈官邸側が作成して、昭恵夫人に投稿を依頼したのではないかとさえ思える〉
 昭恵コメントについて、こうブログに書き込んだのは元検事の郷原信郎弁護士だ。郷原氏は、昭恵氏の過去のフェイスブック投稿と異なり、今回の文面は「旨」や「当該」といった典型的な官僚用語が多用されていることに違和感を覚えたという。さらに「フェイスブックを使う人は分かると思うが、過去に半角数字を使っていると、まず表示されるのは半角数字。昭恵氏はこれまでずっと半角数字だったのに、なぜか今回だけは全角数字なのです」(郷原氏)。
 籠池理事長が「100万円の寄付」の場として、「園長室」と証言したことに対し、昭恵氏はコメントで〈『玉座の間』であったと思います。内装がとても特徴的でした〉と否定していた。しかし、講演料や寄付金について「記憶がない」と話す一方で、部屋の名前や内装だけを鮮明に覚えているのは変だろう。
 そして、決定的に怪しいのが、〈秘書(谷氏)に対して書面でお問い合わせいただいた(国有地の)件については、それについて回答する旨、当該秘書から報告をもらったことは覚えています〉というくだりだ。
「政府側は、谷氏が籠池氏の手紙に対応したことは『総理大臣夫人付職員』としての公務ではなく、個人で対応したと説明しています。寄付の有無について『全く記憶がない』という昭恵氏がなぜ、谷氏からの個人的な報告内容の詳細を記憶しているのか」(郷原氏)
 その通りだ。そもそも昭恵氏が籠池理事長の証言に対し、わずか4時間で的確にポイントを押さえて反論しているのも不自然だ。普通であれば「ウソをつくな」などと感情的な文言があってもおかしくないのに、冷静沈着に淡々と書いている。籠池喚問の翌日に講演で「お騒がせしています」と涙ぐんだ人物と同一とは到底、思えない。
「コメントは、昭恵夫人が直接フェイスブックに書き込んで投稿したのではなく、別に作成された文書を投稿欄にコピペしたのではないかと疑わざるを得ません。真相を解明するには昭恵氏本人から聞く以外にないでしょう」(郷原氏)
 偽証罪も問われかねない証人喚問の重大証言に対し、官僚作文をフェイスブックにコピペして反論――。
 これが事実であれば内閣総辞職は当然だ。もはや何が何でも昭恵氏を証人喚問に呼ばないとダメだ。


森友問題で政府が隠していた手紙の中身が判明!籠池理事長から昭恵夫人への口利き依頼はゼロ回答どころか満額回答だった
FAXによって安倍昭恵夫人の土地取引への関与が取り沙汰されているが、本日、さらに驚きの“物証”が出てきた。本日開かれた参院決算委員会で、共産党の大門実紀史議員が疑惑の“手紙”の内容に踏み込んだのだ。
 この手紙というのは、籠池泰典理事長の証人喚問の際、自民党の西田昌司議員が公開した籠池理事長から昭恵夫人付きの職員である谷査恵子氏へ送ったとされる封筒の中身にあたるもの。この手紙の返答が、件のFAXだと見られていた。証人喚問で西田議員はなぜか封筒のコピーしか取り上げず、肝心の中身に触れようとしなかったのだが、この手紙のコピーを共産党が独自に入手したのだという。
 そして、この手紙の中身は衝撃的なものだった。大門議員は手紙のなかで籠池理事長が谷氏へこのような依頼をしていたと明かす。
「定期借地契約が10年なのは短すぎる。50年契約にした上で、じつはいちばんの眼目は『早く買い取ることはできませんか』ということ」
 件のFAXでは、籠池理事長が土地の買い受け特約が10年であるところを50年契約にできないかともちかけていたと思われ、実際に財務省の国有財産審理室長は〈これ以上の長期定借は難しい状況〉と返答していた。だが、この手紙の本題は契約期間の延長ではなく、「国有地を早く買い取りたい」ということだったのだ。
 しかも、籠池理事長は手紙のなかで「賃料が高い」「賃料を半額程度にしてもらえないか」と要望。また、工事費の立て替え払いについても「平成27年度予算で返してくれると言ったのに、平成28年度に遅れるのは何事か」と記述しているという。
 この手紙の内容は極めて重要だ。なぜなら、これらの籠池理事長の要望は、その後、すべて叶えられているからだ。手紙は2015年10月26日に送られたものだが、その後、2016年4月6日という平成28年度予算がはじまってたった6日というスピードで工事費の立て替え分1億3176万円が支払われ、さらには同年6月20日にごみの撤去費用8億1900万円を差し引いた1億3400万円という格安価格で国有地を売却。15年5月に近畿財務局と締結した貸付契約では月額賃料が227万5000円だったが、この16年6月の契約では、頭金が2787万円、毎年1100万円と延納利息1%という10年間分割払いという内容で、月額にすると100万円以下となる。手紙当時の月額賃料227万5000円から見事に「半額以下」となっているのだ。
 つまり、自民党はFAXの財務省からの回答を「形式的なもの」「ゼロ回答だ」と主張してきたが、根本の手紙を見れば、現実は籠池理事長の願い通りに事が進んだことになる。これは「満額回答」以外の何物でもない。
 しかし、この期に及んでも菅義偉官房長官は「内容からして、まさにゼロ回答だと思っている」などと強弁。安倍首相にいたっては「(手紙は)一部しか読んでいない」と逃げたのだ。
 だが、こんな詭弁が通用するはずがあるまい。そもそも自民党が封筒しか取り上げなかったのは、その中身である手紙を公開すると「満額回答」であることが発覚してしまうからこそ隠してきたことは明白。にもかかわらず、安倍首相は同じ決算委員会で昭恵夫人の100万円寄付問題を言及されると、「辻元(清美)議員との間にも同じことが起きている。きょうの新聞に『3つの疑惑』と出ていましたね」「(辻元は)証明しないといけない」などとネトウヨ脳がつくり上げた辻元議員の陰謀論を振りかざす始末だった。
 言わずもがな、籠池理事長が昭恵夫人に対して行った“要望”が、ものの全部叶えられているこの事実は、昭恵夫人が土地取引に深く関与していることを明確に示す証拠だ。引き続き、昭恵夫人の疑惑は徹底して追及されなければならないし、夫である安倍首相の卑劣な言い逃れを許すわけにはいかない。(編集部)


昭恵氏付職員に買い取り陳情=籠池氏が手紙で−参院決算委
 学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典氏が安倍晋三首相夫人の昭恵氏付の政府職員宛てに送った手紙で、大阪府豊中市の国有地について「早く買い取れないか」と陳情していたことが明らかになった。共産党の大門実紀史氏が28日の参院決算委員会で、独自入手した手紙の内容を公表し、菅義偉官房長官も確認した。
 大門氏によると、手紙は2015年10月26日付。政府が表書きを公表した書簡と同一とみられる。この中で籠池氏は、早期買い取りや賃料の半減などを要望。同学園は16年6月に国有地を格安で購入しており、大門氏は「籠池氏の要望は全て実現している。満額回答だ」との見方を示した。
 昭恵氏付職員が15年11月に籠池氏に送ったファクスでは、定期借地契約などについて財務省の回答を伝える一方、売却には触れていない。菅長官は決算委で「(財務省の回答は)内容からして、まさにゼロ回答だった」と述べ、昭恵氏付職員が売買に関して便宜を図っていないとの認識を示した。
 菅長官はこの後の記者会見で、籠池氏からの手紙について「(国会の決定があれば)積極的に提出したい。(財務省の)忖度(そんたく)がないとよく分かってもらえる」と表明した。


森友問題の泥沼化に官邸も怯える、「安倍独裁」が裏目に
清談社
3月23日、学校法人森友学園への国有地払い下げ問題に関連して、渦中の人物である森友学園の籠池泰典理事長の証人喚問がおこなわれた。この問題が発覚して以来、安倍政権の支持率は下がり続ける一方で、与党内部からは、先行きを危惧する声も上がり始めている。長期安定政権に見えた安倍政権を揺さぶり続ける森友学園問題の背景と、証人喚問が今後、安倍政権に与える影響について、ジャーナリストの鈴木哲夫氏に聞いた。(取材・文/清談社)
安倍総理の権力濫用
証人喚問を決めたトンデモ背景
 問題発覚以降、自民党は一貫して野党が要求する籠池理事長の証人喚問にゴーサインを出さなかった。その風向きが変わったのは、3月16日に行われた参議院の予算委員会の理事たちの現地視察だ。その場で籠池理事長が「安倍総理からの100万円の寄付」の存在を明言したのである。
「自民党はそれまでは『民間人を安易に国会に呼ぶのはいかがなものか』と理屈をつけて、籠池理事長の招致に徹底して反対していました。もちろんそれは建て前で、本音は国会に呼んであることないことを理事長にしゃべられたらどうなるか分からない、口利き議員の名前がさらに出される可能性を恐れて反対していたわけです。ところが、安倍総理からの寄付について言及されると、すぐに参考人よりも重い証人喚問を行うことを決めたわけです」(鈴木氏)
 参考人招致に比べ、証人喚問は、嘘の証言をしたことが明らかになった場合、偽証罪に問われる。証言者の責任もより重くなる。なぜ自民党は、証人喚問を求めたのか。
「自民党の予算委員会のメンバーから聞いた話ですが、籠池理事長の発言に安倍総理が激怒して証人喚問の実施を決めたそうです。しかし、これはおかしな話です。これまで散々『民間人だから』という理由で拒否していたのに、安倍総理の名誉を損なう発言をしたというだけで一転、証人喚問をするというのですから。これでは政権に批判的な人間を証人喚問して圧力を掛けようとしているとの批判が出るのも当たり前でしょう。権力の濫用と言われても仕方ありません」(鈴木氏)
財務省の関与を伺わせる
FAXを暴露した籠池理事長
 まるでどこかの独裁国家と変わらないようなやり方である。だが23日の証人喚問では、森友学園問題に早期に幕引きをしようという自民党の思惑は果たされなかった。
 籠池理事長は、堂々とした態度で証人喚問に臨み、安倍総理からの寄付や他の政治家の名前などを具体的に証言し、それだけでなく安倍昭恵総理夫人付職員からのFAXの存在まで明らかした(のちに菅義偉官房長官が、FAXは実物であると発表している)。
 野党は、安倍昭恵総理夫人や松井一郎大阪府知事の国会招致を求め、問題はさらに拡大の様相を見せている。
「今回の籠池理事長の証言により、昭恵夫人との発言の食い違いが公の場で明らかになりました。嘘を言えば偽証罪に問われる証人喚問の場でなされた発言は重い。また、総理夫人付職員からのFAXも、財務省の関与をうかがわせるものです。結果的に自民党は証人喚問で、籠池理事長の発言の信憑性を貶めるのではなく、新たにいろいろな疑問へと広げる形になってしまいました。籠池理事長ひとりの証人喚問だけでこの問題にケリをつけたいという思惑は、完全に裏目に出たかたちです」
 証人喚問の翌日の24日、国会は払い下げの交渉当時の理財局長である迫田英典国税局長官と元近畿財務局長の武内良樹財務省国際局長の参考人招致を行うなど、自民党は早くもさまざまな動きを見せている。今後、この問題はどのような様相を見せるのだろうか。
「自民党は問題の鎮静化を急ぎたいでしょうが、世論がそれを許すかどうかです。財務省や大阪府の担当者は『記録がない』の一点張りで、具体的なやり取りをいまだに明らかにしていません。何一つ真相は解明されず、疑惑は深まるばかりです。寄付自体は違法ではないとはいえ、安倍総理自身が国会で『私や妻は一切関わっていない。もし関わっていたら間違いなく、首相も国会議員も辞任するということを、はっきり申し上げる』とまで断言しているわけですから、野党も追及の手を緩めることはないでしょう」(鈴木氏)
証人喚問で開いたパンドラの箱
安倍政権の行方は世論とメディア次第
 安倍政権は、森友学園問題のほかにも、危うい答弁を繰り返す稲田朋美防衛大臣の資質問題や、南スーダンの自衛隊の日報問題、「共謀罪」を創設する組織的犯罪処罰法改正案など難題を抱えている。また、6月には小池百合子東京都知事と対決する東京都議会議員選挙も控えている。今後の政界の動向は、政局含みで展開するのは間違いないだろう。
「森友学園問題が泥沼化することによって、安倍内閣の国会戦略が行き詰まりを見せていく可能性はあります。安倍内閣の支持率にもさらに影響を与えるでしょう。結局、今回の証人喚問はパンドラの箱を開けてしまったようなもので、官邸や自民党はとにかくこれで終わりにしたいのでしょうが、一方でどこまで問題が波及するのか見当がつかないと本音を漏らす人もいます」
「これまでのリスクマネジメントが奏功しているとはまだ言えないでしょう。予算の成立に合わせて、予算委員会という議論の場を閉じることはできますが、あまり強引に推し進めれば、それこそ『森友学園問題隠しだ』と世論に受け止められ、さらに支持率が下がる可能性もあります。今後はメディアがどこまで真相に迫れるのか、そして世論がこの問題に対して、どこまで高い関心を持ち続けるのかがカギを握るでしょう。森友学園問題が長期安定政権のように見えた安倍政権を揺さぶる“蟻の一穴”になる可能性はあります」(鈴木氏)
 果たして、森本学園問題は安倍政権の「終わりの始まり」になるのだろうか。まだまだ森友学園問題の展開は予断を許さない。


森友学園スキャンダルでも安倍内閣が健在の理由とは
日本人74%、安倍首相の説明に「納得できず」 
自民党の支持率には決定的打撃にならず 
第1野党支持率10%未満…代案不在

 森友学園スキャンダルに対する安倍晋三政権の釈明を日本国民の大半は信じていないが、安倍政権そのものは揺るがない。第1野党の民進党の支持率が10%にも及ばない“代案の不在”が安倍健在の背景になっている。
 日本経済新聞とテレビ東京が24〜26日に実施し、27日に発表した世論調査によると、森友学園への国有地売却をめぐる政府の説明について「納得できない」と答えた回答者が74%に達した。このスキャンダルは大阪豊中市にある森友学園が小学校を設立するという名目で、国有地を鑑定価格の14%である安価で買い付けたもので、学園の運営と国有地の購入に安倍首相と妻の昭惠氏などが関与したかどうかが争点になっている。森友学院の籠池泰典理事長は今月23日、昭恵氏が安倍首相からのものとし、寄付金100万円を渡したという証言した。これに対して安倍首相は「密室で起きて反証が困難な状況を羅列して、(籠池氏が)事実に反する発言をしたのは非常に遺憾」だとし、籠池氏の主張を全面否定した。
 日本国民の反応は冷ややかだ。共同通信が25〜26日に実施した世論調査でも、安倍首相が妻の昭惠氏と森友学園の関連性を否定したことについて、回答者の62.6%が「納得できない」と答えた。
 しかし、日本経済新聞の世論調査によると、安倍内閣の支持率は62%で、先月末の世論調査の時の60%よりむしろ2%ポイント上昇した。共同通信の調査でも内閣支持率は52.4%で、今年11〜12日の調査の時より3.3%ポイント下落した程度だった。
 安倍内閣が健在である理由の一つに、代案勢力の不在が挙げられる。昨年、民主党と維新の党が統合して結成された第1野党の民進党は27日結成1周年を迎えたが、支持率が10%を下回っている。日本経済新聞の調査で民進党の支持率は前回の調査の時より1%ポイント下落した8%に止まった。民進党は森友学園スキャンダルを明らかにできる証拠を提示することにおいて、共産党よりも活躍をできず、原発政策などの問題で自民党に対抗する代案を提示していないという評価を受けている。民進党の蓮舫代表は2030年まで原発稼動中止を党論として採択すると今月中に発表する予定だったが、民進党の最大の支持団体であり、日本最大の労組である連合の傘下の原発労働者たちの反発で、原発稼動の中止を党論に採択することを断念した。7月東京都議員選挙で小池百合子東京都知事側に惨敗した場合、蓮舫代表体制が崩壊するとの見通しも示されている。
チョ・ギウォン記者


学術会議の「軍事」歯止め 声明は議論継続の出発点
 科学者の代表機関である「日本学術会議」が、軍事研究について新たな声明を決議した。
 戦後2回にわたって公表した戦争や軍事目的の研究を否定する声明を「継承する」とした上で、大学などに研究の適切性を審査する制度を設けるよう求めている。
 半世紀ぶりの新声明については「従来より後退した」との見方も、「規制強化」との受け止め方もある。声明に強制力があるわけでもない。
 ただ、昨年6月から11回を重ねた議論をたどれば、学術会議の大勢が軍事研究への関与に否定的であることは明らかだ。科学者は声明の精神をくみ、真摯(しんし)に対応してほしい。
 検討のきっかけは防衛省が2015年度に始めた研究公募制度だ。「防衛装備品への応用」を目的とし、防衛省が審査した上で研究費を配分する。来年度の予算は初年度の30倍以上の110億円に増額された。
 これとは別に、多くの科学者が米軍から研究資金の提供を受けていたこともわかった。
 戦後2回の声明の精神を繰り返し確認してこなかったために、なし崩しに学術と軍事の接近を許してしまったことの表れだろう。
 新声明は軍事研究の歯止めとして「学問の自由」を前面に出した。その観点から防衛省の制度について「政府による研究への介入が著しく、問題が多い」と指摘したのは妥当な判断だ。応募を考える科学者や、これを認める大学などには納得のいく説明が求められる。
 「自衛目的なら軍事研究も許される」という意見も根強い。しかし、軍事研究の中で自衛目的と攻撃目的を区別することはできず、民生利用と軍事利用の線引きも難しい。
 防衛研究そのものの是非とは別に、軍事研究への関与を懸念するなら入り口で一定の歯止めをかけざるを得ない。声明が「研究資金の出所」に慎重な判断を求めたのは当然だ。
 ただし、研究資金の出所でふるいにかければ事足りるわけではない。それぞれの研究機関、科学者一人一人が、学術と軍事が接近する現状を認識した上で、科学研究のあるべき姿を考えてほしい。科学者以外の人も同様だ。
 声明決定は議論の終わりではなく、議論継続の新たな出発点である。


軍事研究禁止 学問の自由を守るため
 日本学術会議が先週末、防衛省が二〇一五年度から始めた軍事応用可能な基礎研究の公募制度は問題が多い、とする声明を決定した。学問の自由が脅かされるという判断を尊重してほしい。
 学術会議は一九五〇年と六七年に、戦争協力への反省から「軍事研究は行わない」とする声明を発表した。その後の五十年で、大きな変化が三つあった。自衛隊が発足して国内に防衛産業が育ったこと。民生用と軍事用の境界がわかりにくくなったこと。そして、研究資金の不足だ。
 民生と軍事の両方に利用される技術をデュアルユースと呼ぶ。コンピューターやインターネットは、米国の軍事技術開発の中で生まれた。確かに、巨額の資金が必要なので、民間企業が単独で開発するのは難しかっただろう。だからといって、軍事技術開発が有用だということにはならない。
 スーパーコンピューターで考えてみよう。
 国産のスパコン「京」が世界最速として話題になったのは、東日本大震災直後の二〇一一年六月だった。当初は学術研究に使われ、震災の分析にも貢献した。最近では民間企業も利用する。
 京を抜いて世界一になった米エネルギー省のスパコンは、核兵器開発などに使われている。その後、中国製の二機種がトップになったが、軍の研究機関にある。
 軍事研究はコスト意識が甘いとされる。民生用なら研究成果は公開され、利用もしやすい。必要な技術開発なら、民生用としてやる方が良い。
 新声明は、防衛省の公募制度は防衛装備庁の職員が大学に来て研究の進捗(しんちょく)状況をチェックするなど、研究への介入が著しく、問題が多いとした。さらに安全保障研究は「学問の自由と緊張関係にある」と警戒する。
 憲法九条の「戦力の不保持」は国際的には珍しいが、憲法二三条の「学問の自由」も少数派だ。日本は旧憲法時代、政府が特定の学説を公のものと決めつけ、それに反する学説を排斥するなど、学問の研究活動の自由を妨げたことがあったからだという。
 今回、新声明を出すのは、過去の声明が風化したためだ。科学者コミュニティーに対して、研究機関や学会で審査したり、ガイドラインを作ることを求めている。
 考えなければいけないのは理工系の研究者だけではない。四月には学術会議の総会が開かれる。総会の場で議論を深めてほしい。


国立大にパワハラを捏造され、解雇通告を受けた教授の告白 【ルポ・大学解雇◆
田中 圭太郎 ジャーナリスト
先日公開した「ルポ・大学解雇」(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51247)では、近年、学校側の一方的な通知によって大学教授らが解雇されるケースが増加していることを指摘した。
今回は、国立大学法人・宮崎大学のケースを追う。同大学で教鞭を振るっていた准教授が、身に覚えのない「セクハラ」「パワハラ」で突然解雇されてしまった。裁判の結果、この解雇が不当なものであることが認められたが、その裁判資料からは「捏造」というほかない、あまりに強引な大学のやり方が明らかになる。
ジャーナリスト・田中圭太郎氏のリポート。
身に覚えのないハラスメントで懲戒解雇
宮崎大学の准教授のAさんは、2012年4月に約8年間勤めた同大学を退職し、公立大学法人・都留文科大学(山梨県)の教授に就任することが決まっていた。准教授から教授になること、新たな立場と環境で研究活動ができることに期待を膨らませていたのは言うまでもない。
そんなAさんのもとに、悪夢のような報せが入ったのは、退職直前の3月12日のことだった。宮崎大学から、唐突に次のような通達が届いたのだ。
<特別調査委員会に出席するように>
「特別」という言葉からも分かる通り、この委員会が開かれるのは異例のことだ。なにか大きな事件でも起こらない限り、設置されるものではないものだが、Aさんには自分が調査対象になるような覚えはまったくなかった。
嫌な予感がしたAさんは、万が一大学から不当な扱いを受けたときのために弁護士に相談し、なぜ自分が特別調査委員会に出席しなければならないのか、その設置目的や根拠などについて、弁護士を通して事前に大学に確認した。
これに対して大学からは「准教授(Aさん)が指導した学生の卒業論文に、半裸の女子学生らしき写真が多数掲載されていた。このことを調査する」と書かれた文書が送り付けられてきたのだ。
文書にはあわせて、「ハラスメント質問事項」なる文書が同封され、14項目にわたる質問が書き連ねられていた。
・あなたが指導した平成23年度卒業生に、東京の方へ就職するようしつこく勧誘しましたか。
・平成23年度卒業生に対して、自分の卒論指導を受けるように、無理強いをしたことはありますか。
・学生の半裸写真を、学生が嫌がるにもかかわらず卒論内に入れるように指導しましたか。
・あなたの研究室の女子学生に対して、遅い時間帯(例えば10時以降)自分と二人だけで研究室にいるよう勧めたことはありますか。……
どの質問も、Aさんに思い当たる節はなかった。そもそも質問に出てくる学生が誰を指しているのかもAさんにはわからなかった。自分が指導した学生の論文に、半裸の女子学生の写真など掲載させるわけがない。しかし、大学が自分を懲戒処分しようとしているのは間違いない。
Aさんは大学からの質問に対し「一切ありません。内容が抽象的でわからないので具体的に教えてください」と文書で回答した。
不穏な空気を感じながらも、予定通り宮崎大学を退職し、都留文科大学に赴任したAさん。その直後のことである。宮崎大学の菅沼龍夫学長名(当時)で、「懲戒処分として懲戒解雇する」と明記された3月30日付けの文書がAさんの元に送られてきたのだ。
Aさんは「ハラスメントがあった」という理由で、退職後にもかかわらず、宮崎大学を解雇されてしまったのだ。さらに6月には、「退職手当の支給制限書」が宮崎大学から送られてきた。Aさんには退職手当が支払われないことが、一方的に決められたのだ。
宮崎大学の内部で一体何が起きているのか…Aさんはまったく理解できていなかった。
地元紙などが相次いで報道
退職後の「不当な解雇」と「退職金未払い」。あまりに強引な宮崎大学のやり方に憤っていた矢先に、地元紙を中心に「宮崎大元准教授がハラスメント」と題する記事が、連日掲載され始めた。大学側が解雇を正当化するために、メディアを使い始めたのだ。
「単位めぐりパワハラか」
「卒業論文の指導中に女子学生の半裸の写真を撮影、卒論に掲載させた」
「複数の女子学生に半裸の撮影を強要」
もちろん、Aさんのもとにも事実関係を確認する取材が来た。前述の通り、内容は大学側が一方的に発表したものであるので、Aさんは代理人を通じて「まったく身に覚えがないか、事実誤認に基づく決めつけ」だと答えたが、結局、大学の言い分の方が大きく報道されてしまった。
この報道が、予想もしていなかった事態を引き起こす。Aさんは教授として着任していた都留文科大学の理事らから、突然呼び出しを受けたのだ。
「自主的に辞めるか、解雇かどちらか選んでください」
大学側がこう迫ると、Aさんは報道されたハラスメントは事実ではないと反論した。
「辞めません。私は何もしていません」
「それでは解雇です」
大学側はそれ以上何も聞くこともなく、理事長がひと言「報道されたから、解雇する」と解雇の理由を告げた。Aさんは赴任からわずか2カ月で解雇されてしまった。「何の審議もせずに決めるなんて……」。事実ではないハラスメント報道によって、長年の努力でつかんだ教授の職を失ってしまったのだ。
すべてをやり直すには、もう裁判しかない――Aさんは2012年12月、国立大学法人宮崎大学に対し、「解雇の理由は事実無根」として、解雇の無効を求めて宮崎地裁に提訴した。
一体なぜAさんは、一方的に「ハラスメントで解雇」とされたのか。
実は、この裁判が始まる前に、宮崎地裁は異例の対応を採っている。Aさんの弁護士が「宮崎大学の主張は明らかにおかしい。裁判になったことで証拠隠滅をはかる恐れがあるので、宮崎大学に対し証拠保全が必要」と主張したところ、提訴の前にこれが認められたのだ。
裁判所が、行政や大学など公的な機関に対して証拠保全をすることはめったにない。だが、宮崎地裁は緊急に行う必要があると判断。その結果、宮崎地裁は提訴前に、強制的に宮崎大学から証拠資料を押収した。
このときに集められた証拠によって、宮崎大学がなぜAさんをハラスメントによる懲戒解雇に追い込んでいったのかが、のちに明らかになっていく。
ある女学生の死
実は、Aさんが宮崎大学を退職する前月の2012年2月24日未明、4年生の女子学生Bさんが、大学の校舎から飛び降り、死亡するという痛ましい事件が起こっていた。BさんはAさんがゼミで指導していた学生で、卒業も決まっていた。
その前日、BさんはAさんの研究室を訪れていた。二人はしばし談笑したが、Bさんが帰ってから1時間後、Aさんの机にBさんが手書きのメモを残していたことに気づいた。
その内容はとてもセンシティブなもので、学生間でトラブルがあったことと、自殺をほのめかすような文言があったという。
Bさんは日ごろから精神的に不安定で、仲の良いごく一部の学生以外とは会いたくないと言っていた。そのためAさんはゼミの指導もBさんと他の学生とは別に行っていた。Aさんは彼女の精神科への通院もサポートし、家族ともその様子や体調について連絡を取り合っていた。
宮崎大学安全衛生保健センターから紹介された医院に付き添って行き、医師からは「先生が十分サポートして下さったことは、きっとご家族にも感謝されると思います」とメールももらっている。宮崎大学附属病院にも、彼女のカウンセリングをお願いしていた。
Bさんが研究室を出ていったあとの夜7時過ぎ、BさんからAさんの携帯にメールが届いた。
「もうあいつらと話すの嫌」という一文から始まり、「報告書は先生から(Bさんの友人に)連絡してください。お願いばかりでごめんなさい。そしてありがとう。先生だけが味方でした」と結ばれていた。
報告書とは、「学部重点経費」に関するものを指している。「学部重点経費」は優れた研究テーマに大学が経費を出すもので、Bさんはこれに関する報告書をまとめるよう、他の学生から押し付けられていたようだった。
Aさんは「報告書は安心して。なんとかするから。今日は安心してお休み。すべて大丈夫だよ」と返信した。Aさんがメモに気づいたのは、このメールを送った直後。それから8時間後に、Bさんは自殺した。
Bさんからメールを受け取ったとき、「ありがとう。先生だけが味方でした」という言葉がAさんは少し気にはなったが、それほど深刻には受け取っていなかった。しかし、Bさんのメモに気づいたあと、「死んではいけない」と言葉をかけられなかったことに、Aさんは悔やみ、胸を痛めた。
ところが、大学側はこの一件の直後に、ゼミの指導教員であったAさんを突然解雇したのだ。
裁判の資料で明らかになった「驚きの事実」
Bさんの死から7か月が経った9月末。Aさんは裁判所が抑えた資料によって、宮崎大学がこの件について「A准教授にパワハラがあった」と主張していることを初めてはっきりと知った。
資料によると自殺の5日後の2月29日、Bさんが書き残したメモに名前があった学生が、他のゼミや他の学部の学生とともに「A准教授と女子学生には性的関係があった」と大学側に報告していたのだ。
裁判で提出された資料などをみても、これは事実とは認めがたい。そもそもこの学生たちは、Bさんと親しいわけでもなく、むしろBさんが「会いたくない」と言っていた学生たちだったという。
ところが、この報告を受けて大学の理事や学部長らはBさんの両親と面談。その場で「A准教授がBさんに異常な接し方をしている」と学生らが訴えていることや、「二人に男女の関係があったと思われる」などの根拠のない話を伝え、両親の敵意がAさんに向かうようにしていることが裁判資料で明らかになっている。
その後、宮崎大学はAさんを懲戒処分するために動き始めた。大学はAさんを解雇したあと、6月になって、複数の学生から、3月9日と11日に「Aさんからハラスメントを受けた」という申立書を受理した、とマスコミに公表した。Aさんが誰に何をしたのかは、具体的には書かれていないし、Aさんの身に覚えはないという。それでも大学はAさんの言い分を聞くこともなく、申立書をもとにAさんを処分したのだ。
ところが、裁判所が証拠保全したパソコンの記録からは、驚くべき事実が判明する。
3月9日付の申立書のデータを確認すると、作成日は3月23日。3月11日付の申立書の作成日は3月26日となっているのだ。
申立書は学生が書いたものではなく、申立書が提出されたとする日付よりもあとの、懲戒処分を決定する直前に大学内で作成されていたものだった、ということだ。しかもファイル名は『ハラスメント申立書(●●・例)』と書いている。●●は学生の名前だが、例とはどういう意味なのか。誰かが例文を作り、それに倣って学生に申立書を作らせたのか。
勝訴の「決め手」
Aさんの懲戒処分を決定した際に、大学側が大きな問題にしたのが「Aさんが指導している学生の卒業論文に、無理やり半裸の写真を入れさせた」ことだった。大学はこの件が重大なハラスメント行為にあたるとしてマスコミに発表し、裁判でも争点になった。だがこの発表内容自体も、事実がねじ曲げられたものだったことが明らかになる。
Bさんの自殺から一週間後の3月2日のこと。学部長と事務職員がAさんの研究室に突然入り込んできて、「自殺した女子学生の卒論を出せ」と言ってきた。そして、唐突に研究室を見渡し、学部長らはBさんの卒論ではなく、なぜか別の冊子を手に取り、持って行こうとする。Aさんが「それはBさんのものではありませんよ」と言うと、「説明はあとで聞く」と言って構わず持って行った。
このとき学部長らが持って行ったのは、別の教授のゼミに所属する女子学生の卒論だった。それは、Aさんがなぜ自分の部屋に置かれているのかわからず、不審に思っていた冊子だった。
大学が問題にした卒業論文とは、この卒論のことだった。
この卒論は宮崎県の妖怪伝説について調査したもので、確かに中を見てみると、人魚のイメージを再現した項で、半裸に見えるような女性の写真が掲載されていた。しかし、Aさんはこの卒論を書いた学生の指導もしていないし、女性の撮影の強要もしていないという。
この卒論は知らぬ間にAさんの研究室に置かれていたのだが、今となっては誰かが研究室に忍び込んで置いていき、「Aさんのゼミ生の卒論に半裸写真があった」というストーリーを作った可能性すら疑われる。
その証拠に、3月27日に大学で開かれた処分を検討する会議では、この卒論を「自殺した女子学生のもの」として扱い、大学は一方的に「Aさんがこの卒論の指導や、半裸写真の撮影をした」と認定したことも、裁判所が押収した資料から明らかとなっている。
要は、大学側が解雇理由として挙げてきたものには、根拠がなかったのである。解雇の理由を「捏造」したのであれば、事態は深刻だ。それでも、宮崎大学は、裁判でも「ハラスメントは事実だ」と堂々と主張した。その結果、一審の宮崎地裁はAさん側の最終準備書面を受け取ることなく審理を終了し、Aさんの訴えを棄却。大学側が勝訴した。
しかし福岡高裁では、Aさんの主張が十分に聞き入れられたことで次々と大学側の捏造が認定され、Aさんが逆転勝訴したのだ。
大学側は即座に上告したが、2016年10月に下された最高裁判決は、国立大学法人宮崎大学に、慰謝料と退職手当あわせて300万円あまりをAさんに支払うよう命じた福岡高裁判決を支持。Aさんの勝訴が確定した。
真相はどこに?
判決文によると、Aさんが指導している学生に対し、半裸の写真を撮影し、卒業論文に掲載することを強制したかどうかについて、「そもそも当該の学生を指導した事実がない」と認定された。
さらに、それ以外に大学側が主張したパワハラ・セクハラ・アカハラも、事実無根であり、懲戒解雇になるような事案ではないとした。
そのうえでAさんが懲戒解雇になるような事由はないとして「大学の決定とマスコミへの公表はいずれも違法で、不法行為である」と厳しく断じている。
一方、ハラスメント報道だけでAさんを解雇した公立大学法人都留文科大学については、Aさん本人による地位保全の仮処分申請が認められ、解雇はすぐに無効になった。引き続きAさんが地位確認などを求めた裁判では、高裁で和解が成立している。Aさんの現在の肩書は、都留文科大学の教授である。
無実を証明したAさんだが、被害は深刻である。仮処分申請が認められて以降、都留文科大学はAさんに一定の給与を支払っているものの、和解のあとも、宮崎大学の判決が確定したあとも、Aさんは授業をもてず、5年近く教壇に立つことができないままになっているのだ。
宮崎大学によって大きく人生を狂わされたAさんは、いつになったら教授として教壇に立てるのか、先が見えない日々を送っている。文科省による指導が宮崎大学に入ったことで、せめて裁判の場以外でも真相が究明されることを願っている。
「宮崎大学の執行部は根本的に腐りきっている。文部科学省にはハラスメントを捏造したことを厳しく調査してほしい」
Aさんは、「ハラスメント捏造」に関与した学生については「中心になった人物を除き、大学に誘導されただけだろう」とかばう様子を見せている。
それでも大学は動かない
前述の通り、亡くなったBさんが前夜に残したメモには、学生とのトラブルを窺わせる一文があったという。事件性があったかどうかも含めて、大学はこの一件について慎重に調査すべきだったのではないか。法廷でも大学側は「自殺の原因は調査していない」と明かしたという。
最高裁で判決が確定したにもかかわらず、宮崎大学は告発を行った教員や関係者に対し、いまだ何の処分もしていない。そんな宮崎大学に対し、国が動いた。判決から5か月が経った2017年3月上旬、文部科学省が大学に対して指導をはじめたのだ。
文科省・国立大学法人支援課は、筆者の取材に、指導の内容を次のように話している。
「宮崎大学には判決結果を受け止めて、今回問題になった手続きや事実認定のあり方を検証して、今後同じことが起きない体制をつくるよう求めています」
指導を受けた宮崎大学は、「第三者による委員会を立ち上げて検証していく」と文科省に回答しているが、筆者の取材に対して、時期や体制についてなど、詳細を明らかにしなかった。
検証も自浄もしようともしないのなら、組織に問題あり、というほかない。


ナチュラルとナショナル 日本主義に傾く危うさ 中島岳志
 森友学園問題をめぐってファーストレディーの安倍昭恵夫人に注目が集まっている。昭恵夫人の言動には戸惑うことが多い。防潮堤批判や脱原発のような左派的な政治行動をとる一方で、塚本幼稚園の右派的な教育方針を称賛する。しかも、本人はそれを矛盾とは捉えていない。これは一体何なのか?
 『文芸春秋』3月号に掲載された石井妙子「安倍昭恵『家庭内野党』の真実」は、昭恵夫人の歩みを追い、思考の本質に迫る。
 昭恵夫人は森永製菓の創業家に生まれ、聖心女子専門学校卒業後、電通に入社。会社の上司の紹介で安倍晋三と出会い、二十四歳で結婚した。夫が亡き父・安倍晋太郎のあとを継いで政治家になると、山口県の選挙区に入り「政治家の妻」としての活動をはじめた。
 境遇が大きく変わったのは二〇〇六年。夫が総理大臣に就任し、四十四歳の若さでファーストレディーになったが、「三歩下がって夫を立てる良妻賢母」という型に戸惑う。そして、突然の総理大臣辞任。激しいバッシングと夫の体調不良で「どん底」を味わう。
 しかし、ここで最大の転機がやってくる。「私らしく自分の人生を生きたい」と考え、新しい世界に飛び込んで行くことを決意する。大学院に入り勉強を始める一方、神社めぐりをきっかけにスピリチュアル(霊的な)カウンセラーや神道関係者、ニューエイジ系の自然主義者と交流し、精神世界への関心を深めた。その延長上で、農業と食に興味を持ち、無農薬・無添加食品にこだわる居酒屋「UZU」を東京に開店した。
 スピリチュアルな自然主義者としての活動は、次第に政治性を帯び始める。東日本大震災を契機に脱原発運動へと接近し、行政の防潮堤政策を批判。社会活動家で安倍政権に批判的な三宅洋平と意気投合し、オスプレイ用ヘリパッド建設をめぐって対立が続く沖縄県の高江を訪問した。
 一方で、大麻の神秘性と有用性を訴え、「『日本を取り戻す』ことは『大麻を取り戻す』こと」と発言。大麻は日本の神事と深い関係にあると言い、アメリカの占領政策によって大麻栽培が禁止されたと訴える。過疎地で産業用大麻を栽培する活動を支持し、鳥取県智頭町(ちづちょう)を視察したが、その当事者は昨年十月に大麻所持容疑で逮捕された。
 スピリチュアルな活動が古来の神秘へと接続し、日本の精神性の称揚へと展開すると、その主張は国粋的な賛美を含むようになる。森友学園が開校を計画した「瑞穂の国記念小学院」の名誉校長になり、その教育方針を支持した。
 石井は言う。「そのベースにあるものは日本を神聖視する、危うさを含んだ、少し幼い思考ではないだろうか」
 インターネットサイトBLOGOS(一六年十一月九日)には、社会学者の西田亮介による昭恵夫人へのインタビューが掲載されている。そこでは「日本の精神性が世界をリードしていかないと『地球が終わる』って、本当に信じているんです」と語り、日本の優位性が論じられる。自分が動くと物事が一気に進むのは、超越的な力が働いているからだと言い、霊的な使命感が示唆される。政策内容は異なっても、「日本を取り戻す」というスローガンによって、夫と一体化する。
 従来、スピリチュアリティと政治の結びつきは、一九六〇年代後半から七〇年代のヒッピー文化を底流としてきたため、エコロジーやオーガニックという自然志向とともに、左派的な主張につながる傾向にあった。しかし、その近代批判が土着文化への回帰を促し、伝統礼賛論へと傾斜すると、時に「ニッポンすごい」という愛国的・右派的な言説へと合流する。
 この傾向は、戦前期の超国家主義者の性質と似ている。人生の煩悶(はんもん)を抱え、自然回帰を志向した農本主義者たちが、次第に日本精神を礼賛し、国体論による世界の統合を志向していったことはよく知られる。かつてナチス・ドイツも有機農業を称揚し、独自のエコロジー思想を打ち出した。ヒトラーは「化学肥料がドイツの土壌を破壊する」と訴え、純粋な民族性と国土のつながりを強調した。
 <右派的な権力者・安倍晋三首相>と<スピリチュアルな自然主義者・安倍昭恵夫人>。この両者の一体化は、危険な超国家主義を生み出しかねない。森友問題の中核は政治・行政による不公正な利益供与問題なのだが、昭恵夫人を媒介とすることで、それ以上に深刻な思想課題を含むことになっている。この点は重要である。
 スピリチュアルな志向性が日本主義化する現象は、現代社会の中で広範に見られる。ナチュラルなものへの共鳴が、ナショナルなものへの礼賛となる現象には注意深くなければならない。
 (なかじま・たけし=東京工業大教授)


“朴槿恵断罪”で朴正煕-朴槿恵時代に決着を付けよう
 検察が27日、朴槿恵(パク・クネ)前大統領に対し、収賄と職権乱用などの容疑を適用し拘束令状を請求した。前職大統領に対する3人目の拘束令状請求だ。政治的に不幸な歴史が繰り返されるのは残念なことだ。それでも、この間あらわれた国政壟断の破廉恥な事例と朴前大統領が取ってきた傲慢不遜な態度に照らしてみれば、法理的にはきわめて当然の帰結であり“事必帰正”で“因果応報”である。
 韓国の憲政史で前職大統領の悲劇的な話としては特別なことではないが、朴槿恵前大統領のように奇怪であきれる事例は見当たらない。今までの捜査であらわれた事実だけ見ても、彼女は表面では清廉で原則を命より尊ぶかのように振る舞ったが、すべて真っ赤な嘘だった。裏では大統領の地位を利用して財閥から金銭を取り上げ、側近と共有する政経癒着の最も醜い犯罪者であったことが赤裸々にあらわれた。国民皆がマスコミの発掘取材と3度の捜査を通じて朴前大統領の罪悪と偽善を鋭く見抜いていたのに、彼女一人が掌で天を覆い隠そうとした。
 検察の特別捜査本部が逮捕状を請求し適用した容疑の最も重要な告発者であり証人は、彼女が手足のように働かせた参謀たちだった。勅語を書き取るようにゴマ粒のような字でメモした業務手帳、一言も聞きのがさないよう録音した録音ファイルが彼女をしばった決定的物証としてブーメランになった。自ら国政壟断の物証を大事に保管しろと督促した格好であり、今になって誰を恨めるだろうか。
拘束令状は“因果応報”
 検察はこの日「大統領の地位と権限を利用して、企業から金品を受け取り、企業経営の自由を侵害するなど権力乱用的形態を見せ重要な公務上の秘密も漏洩するなど、事案がきわめて重大だ」と明らかにした。パク・ヨンス特別検察官チームが新たに確認した5点など計13点の容疑事実はほとんど完ぺきな証拠が確保されていると見なければならない。何よりも側近と参謀が多数拘束されているにもかかわらず、最後まで責任を彼らに負わせて自分だけは抜け出ようと言い逃れたことは、大統領である以前に一人の人間としても非人間的と言わざるをえない。
 一部の人々は「私益は追求しなかった」とか「服を一揃い得て着たことしかない」(ホン・ジュンピョ)として彼女を擁護している。しかし、検察は朴槿恵とチェ・スンシルの二人が経済的利益を共有してきたと見ている。実際、ソウル三成洞(サムソンドン)の住居価格をチェ氏側が支払うなど、経済活動を共にしてきた証拠が多くあるという。 大統領がチェ・スンシル氏の会社の広告の仕事を用意して、企業と銀行人事にまで細かく介入したことは、経済的動機がなければ納得できない。チェ氏一家が保有する数千億ウォン(数百億円)台の財産と海外財産などの実所有者疑惑は今後明らかにされなければならない課題だ。
 検察が「多くの犯罪疑惑を否認するなど証拠を隠滅する憂慮が今なお残る」と明らかにしたように、朴前大統領は事件初期から真の懺悔と反省をするどころか、尻尾切りと隠蔽・ねつ造で一貫した。物証と明らかになった容疑を「構成したもの」と言い逃れ、裁判所が発行した家宅捜索令状もとんでもない理由で拒否した。大統領の席から追い出され特権を剥奪された後に、やむを得ず検察に出頭したものの、最後まで率直な謝罪をしなかった。70%以上の圧倒的世論が彼女を拘束してこそ当然と見る理由だ。一部で前職大統領という理由で不拘束などの善処を主張しているが、彼女のどこにも情状を参酌する要素は見られない。
否認と隠蔽で一貫、“善処”の余地はない
 朴前大統領が容疑の否認を越えて、工作政治で世論を糊塗しようとしたことは極めて悪質だ。“朴槿恵大統領府”は、政務首席室を通じて市民団体の仮面をかぶった極端勢力に全国経済人連合会(全経連)が用意した資金を握らせ、突撃隊として動員した。検察はその真相も徹底的に明らかにし厳しく処罰しなければならない。“母親”を語り、“野球バット”で民主的手続きを威嚇する勢力は保守でも市民団体でもない。彼らをそのまま放置して統合とか和合・抱擁を論じることこそ話にならない。韓国の保守政党は“朴槿恵断罪”を契機に極端勢力と決別しなければならない。保守の皮を脱いで健康な保守として新たに出なおさなければならない。
 ちょうどセウォル号が水面に上がってきた翌日、健康な命を放置した責任者が法的処断の岐路に立ったことは多くのことを象徴する。憲法裁判所は弾劾審判決定文の補充意見を通じて、朴前大統領が(セウォル号事故の)当日午前10時に執務室に出てきて正常勤務をしたとすれば、生命を生かすことができただろうと明らかにした。それでも絶体絶命の7時間を浪費した指導者が、自分一人が生きるために自分の調書は7時間もかけて几帳面に読んだというから、国民と遺族が怒るのは至極当然だ。
 弾劾で罷免された朴前大統領を法的に厳しく断罪することによって、彼女が残した積弊を清算して「朴正煕-朴槿恵時代」を決着させることが必要だ。それが韓国の民主主義と法治が生きていることを示す道でもある。


4人に1人「本気で考えた」 自殺願望にどう向き合うべき
 成人の4人に1人が自殺願望の経験者――。先日、厚労省からこんな調査結果が発表された。
 昨年10月に男女3000人を調査。「本気で自殺したいと考えたことがある」と答えた人は23.6%に上った。前々回調査の08年から4.5ポイントの増加だ。なぜなのか。「原因の多くは長時間労働が増えたことです」と解説するのは「医療法人社団すずき病院」理事長で精神科医の坂本博子氏だ。
「電通の女性社員の悲劇でも分かるように、日本人は生真面目だから仕事を達成する使命に駆られる。一方、会社は人員を増やせない。1人当たりの割り当てが増えて長時間残業を強いられ、“この苦しみから逃れるには死ぬしかない”と考えてしまうのです。こうした傾向は世界的には日本人と韓国人が顕著です」
 対処法は趣味やサークル活動に参加すること。同好の仲間に自分の境遇を語れば、「会社を辞めたほうがいい」というアドバイスを受け、ハッと気づくことになる。真面目な人は他人に言われないと、辞めるという考えを持てないのだ。
 日本イーライリリーの最近の調査によると、うつ病の症状を自覚した人の35%が医療機関を受診するまでに半年以上かかっている。これはうつの初期症状で頭痛や胃痛を感じた場合、まず脳外科や内科を受診するからだ。
「そうやって精神科の診察を受けるまでの時間をロスし、症状が進んでしまうのです。脳外科などに行って改善が見られないときは、念のため精神科や心療内科を受診するような臨機応変さが大切です」(坂本博子氏)
 命を守るために家族が見守ることも大切だ。


「国への忖度だ」怒りの原告、司法を批判 高浜抗告審
 稼働中の原発を止めた大津地裁の仮処分決定から1年。大阪高裁は28日、原発の安全性を強調する関電の主張をほぼ全面的に認めた。滋賀の住民からは「司法の責任放棄だ」「国や電力会社の意向を忖度(そんたく)した」「福島原発事故の前に戻ったようなひどい判決」と厳しく批判する声があがった。
 「決定は『新規制基準に適合すれば安全』というもの。新たな安全神話だ。新規性基準に付き従う裁判所の姿勢は残念だ」。大阪弁護士会館で記者会見した申し立て住民の井戸謙一弁護団長(63)は落胆した表情を浮かべた。
 決定文は415ページと分厚い。だが、2006年に北陸電力志賀原発2号機(石川県)の運転差し止めを言い渡した元裁判官の井戸さんは「ほとんどが関電や原子力規制委員会の文書の引き写し」と断じた。住民代表の辻義則さん(70)=長浜市=も「大津地裁決定をことごとく否定し情けない。歴史に残る恥ずべき決定だ」と批判した。
 今回の高裁決定は、原発の新規制基準や審査に問題があることの立証責任は住民側にあるとした。だが、原発に関する資料や情報は電力会社側に集中する現実がある。辻さんは「今回の決定は市民に重い責任を課した。今後裁判を起こせなくなる」と他の訴訟への影響を危ぶんだ。
 申し立て住民の一人で福島県南相馬市から避難している青田勝彦さん(75)=大津市=は「福島の事故の経験者として『あの事故をどう見たんだ』と言いたい。何でもなかったような判断が腹立たしい」と憤り、妻の恵子さん(67)も「司法に良識はないのか」と怒りを込めて話した。
 申し立て人で公害問題が専門の畑明郎・元大阪市立大教授(71)=竜王町=は「原発産業が衰退し、台湾などが脱原発を宣言するなかで時代に逆らう決定だ。かつての四大公害では、司法が被害者を救う判断を出した。それを踏襲してほしかった」と注文を付けた。
 脱原発弁護団全国連絡会代表の河合弘之弁護士は「脱原発の戦いが終わるわけではない。不当な決定に屈することなく、勝つまで闘う」と力を込めた。
 申し立て住民らは、最高裁で住民側に対する厳しい判断が定着する恐れがあるとして、抗告はしない方針。今後、大飯原発(福井県おおい町)の再稼働差し止めを求める仮処分を、大津地裁に申請することを検討するという。

ブツブツ頑張ってSE・Des終了/キリル文字みたい??

ブログネタ
フランス語 に参加中!
Fig43

Des étudiants japonais emportés dans une avalanche au Japon
La catastrophe s’est produite dans la ville de Nasu, à environ 120 km au nord de Tokyo, au dernier jour d’une excursion organisée par plusieurs lycées.
Huit lycéens japonais ont été emportés par une avalanche alors qu’ils participaient à une excursion d’alpinisme, selon les autorités. Ils ont été retrouvés sans signes vitaux, a indiqué un responsable de la préfecture de Tochigi, au nord de Tokyo. Au Japon, dans de telles circonstances la mort n’est déclarée officiellement que lorsqu’un certificat médical a été délivré par un professionnel.
Une trentaine de personnes ont par ailleurs été blessées, a rapporté l’agence de presse Kyodo, parmi le groupe de 52 étudiants et 11 professeurs de sept lycées qui prenaient part à ce voyage organisé dans la préfecture de Tochigi.
Militaires mobilisés
Plus de 100 soldats ont été envoyés sur place pour venir en aide aux victimes, alors que la neige continue à tomber en abondance. Une alerte avait été émise pour risque d’avalanches dimanche et lundi.
L’avalanche s’est produite dans la ville de Nasu, à environ 120 km au nord de Tokyo, au dernier jour de l’excursion, ont précisé les autorités. La station de ski venait d’etre fermée pour la saison, mais une partie des installations avait été mise à la disposition des lycéens dans le cadre de ce voyage.
フランス語
フランス語の勉強?
映像’17「支えて、支えられ〜生活保護の現場と「みさ姉」〜」
尼崎市の福祉事務所で生活保護受給者の就労支援に全力を傾ける女性嘱託職員の姿を中心に、「最後のセーフティネット」といわれる生活保護とは本来どうあるべきかを考える。
生活保護制度とは、厚生労働省が定める生活保護基準額を下回る世帯にその困窮の程度に応じて必要な保護を行い、最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長することを目的としている。が、不正受給問題などで「負」のイメージも付きまとう。支給額は世帯構成や地域によってもさまざまだ。 生活保護受給率が高い兵庫県尼崎市の福祉事務所で生活保護を受けている人の就労支援をしている林美佐子さん(48)は、15年前に就労促進相談員に採用された嘱託職員だ。ケースワーカーが受給者が働けるとみなした場合、その就労をサポートする。多くの生活保護受給者と向き合ってきた林さんを、受給者たちは親しみを込めて「みさ姉」と呼ぶ。働けない受給者に、就労を勧めるだけでなく、2時間かけて話を聞くだけのこともある。社会のなかで生活保護受給者は少数者である。が、高齢化社会になれば、多くの人が生活保護を利用しなければならない時代がやってくるかもしれない。行政の手の及ばない部分では、地域の人々の支えあいも必要だ。生活保護の現場からこの国のセーフティネットのあり方を見つめ、現代社会の抱える問題を考える。
山中真(MBSアナウンサー)
http://www.mbs.jp/eizou/
番組フェイスブック
https://www.facebook.com/MBS.eizou

トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン 衝撃の実録映像3時間スペシャル
トルコ全土が震撼!生放送で少年誘拐殺人犯を追いつめる!割引クーポンで激安ショッピング!アメリカ国境警備の実態!衝撃の実録映像一挙紹介SP
▼「トルコ10歳少年誘拐事件」…2016年3月、トルコで10歳の少年が下校途中に消息を絶った。家族は国民的人気の司会者が、国内の誘拐事件を次から次へと解決するテレビ番組に捜索を依頼。人気司会者が生放送のスタジオで、事件の真相を次々と突き止める! ▼「悪人を罠で追い詰めろ!」…3年間で140万円の家賃を滞納した親子vs立ち退きを要求する大家とのバトルを紹介!高齢者を狙う女性詐欺師も罠にはめ追いつめる!▼「アメリカ国境警備」…トランプ大統領就任で、話題のアメリカ国境。そんな国境を取り締まる国境警備隊の実情に迫る!あやしい車のバンパーの中から5000万円相当、大量の小包が出てきた。小包の中身とは? ▼「割引クーポンに命をかける女」…アメリカのスーパーマーケットでは、割引クーポン券を何枚も併用でき、日本ではありえない衝撃の激安ショッピングが存在!クーポンに命をかけ、割引テクニックを駆使する女性に密着!
石原良純 加藤真輝子(テレビ朝日アナウンサー) 石丸幹二 川平慈英 三田寛子 新井美羽
☆番組HP  http://www.tv-asahi.co.jp/torihada/

NHKスペシャル 15歳、故郷への旅〜福島の子どもたちの一時帰宅〜

原発事故後、福島の若者の間で広まったある行為がある。15歳の誕生日を迎えた記念に、震災以来帰ることのなかった故郷を初めて訪ねるというものだ。安全への配慮から今も避難指示区域への一時帰宅は大人しか認められず、子どもは一切許されていない。許可が下りるボーダーラインとなるのが「15歳」なのだ。その年齢になるのを待ちすでに多くの若者が故郷へと向かってきた。今も時間がとまったままの街。毎日通った学校、馴染みのお菓子屋、友人と遊んだ公園、そして自宅。それぞれの場所に立ち止まって言葉をなくす者もいれば、歩いているうちに自然に涙があふれてきたという者もいる。未曾有の原発事故により尋常ならざる生活を送ることになった彼らにとって、短い故郷への旅は、失われた時間を見つめ、自分が歩んできた道のりを整理しこれからの生き方に思いを馳せる、いわば大人へと成長する旅でもある。
番組では、故郷を目指す福島の若者たちに密着する。この6年はいったいどんな歳月だったのか。帰郷により、彼らのなかで何が変わり、どう新しい1歩を踏み出してゆくのか。困難を乗り越え懸命に生きてきた福島の10代の姿を通して、人間の普遍的な成長の物語を描く。

今日もまたブツブツをがんばりました.SEの分をどうにか終えたのでDesのほうも勢いで終了.最後のものはキリル文字みたいな感じ??
Лです.
疲れました.

震災発信の拠点組織 宮城県が設立検討へ
 東日本大震災の伝承と防災啓発を強化するため、宮城県は新年度、持続的な発信を担う拠点組織の設立に向けた検討に入る。阪神大震災など大災害の被災地では専門の公的機関が活発な活動を展開しており、同様の組織の必要性が指摘されてきた。震災から6年が経過し風化が懸念される中、記録・記憶の保存や活用、人材育成などに産学官民連携で幅広く取り組めるよう、統合的機能を果たせる組織の姿を模索する。
 大災害関連の組織としては、阪神大震災のひょうご震災記念21世紀研究機構(神戸市)と新潟県中越地震の中越防災安全推進機構(長岡市)が知られる。
 ひょうご機構は震災2年後に発足した兵庫県の記念組織やシンクタンクなどを統合し2006年に発足した。中越機構は大学や高専などの連携組織を母体に発災2年後、同じ06年に設立された。共に公益法人。
 ひょうごは兵庫県主導で調査研究色が濃く、中越は研究機関と民間組織の協働を基盤とするなど性格も体制も異なるが、それぞれ人と防災未来センター、中越メモリアル回廊などの伝承や調査機関、施設を運営。視察の受け入れや人材育成、新たな被災地向けの教訓伝承や支援、世界への発信の役割を担っている。
 同様の専門組織の必要性を巡っては、産学官民、報道機関など70団体の有志が参加する連携組織「みやぎ防災・減災円卓会議」が12日、仙台防災未来フォーラム2017の場で「宮城県や仙台市、被災自治体を中心に関係団体が足並みをそろえ、設立に向けて行動を起こすことを求める」とのアピールを発表した。
 円卓会議は「宮城では個々の取り組みは活発だが、統合した窓口が見当たらず、受発信が分散している。阪神や中越のようにそれらをまとめ、つないで発信を強化できる組織が不可欠」として、ネットワークの中核を担える組織の必要性を提言している。
 宮城県は新年度予算に拠点組織関連の調査費を計上しており、有識者や専門家を交えて検討を始め、組織の役割や規模、財源などを精査する。早ければ19年度設立のスケジュールを念頭に、1年程度の検討を経た上で早期の準備組織立ち上げを目指す。


復興のシンボル 東松島・宮戸の食堂閉店
 東日本大震災で被災した東松島市宮戸島で、津波で民宿を失った女性らが切り盛りしてきた食堂「げんちゃんハウス」が26日、閉店した。オープンから4年4カ月。大勢の家族連れや観光客が訪れ、真心のこもった最後の料理を味わった。
 最終日はしょうゆラーメン100食を100円で提供し、午前11時の開店から2時間余りで完売。人気のカキフライ定食や白魚の天ぷら定食なども注文が相次ぎ、午後3時の営業終了まで終始にぎわった。
 近くに住む無職山本幸子さん(66)は「季節の旬の食材を使い、どのメニューもおいしかった。できれば営業を続けてほしかった」と惜しんだ。
 オープン当初からのスタッフ小峰千栄さん(67)は「地元の1人暮らしのお年寄りらがお茶を飲みに来てくれるのがうれしかった。そうした場所がなくなるのは寂しい」と話す。
 ハウスの運営主体だった宮戸市民センターの奥田邦行所長(61)は「お客さんやスタッフ、ボランティアら多くの方々に支えられてきた」と感謝。小峰さんと手を取り合い、互いに労をねぎらった。
 ハウスは2012年11月、被災した奥松島縄文村歴史資料館の施設を改修して開店。島の復興のシンボルとして親しまれたが、客の減少などで店を畳んだ。


<大船渡屋台村>営業終了控え記念「大宴会」
 東日本大震災で被災した岩手県大船渡市大船渡町の仮設飲食店街「大船渡屋台村」で25、26日の両日、最後のイベントがあった。入居する19店は今月末から5月までに順次、営業を終える。
 約5年3カ月の感謝を込め、店主らが敷地内の広場で焼き鳥や豚汁などを提供した。市内外のファンらが集まり、名残を惜しみつつ「大宴会」を楽しんだ。
 屋台村は2011年12月に、壊滅状態の市街地にオープン。15平方メートルほどの狭いプレハブの店が軒を連ねた。店主や客同士の距離が近く、地元住民や復興支援で訪れた人々らが顔なじみになり、会話を弾ませた。
 市は、仮設店舗の貸与期限を原則3月末としている。店の多くが、屋台村近くに4月下旬開業する二つの商業施設に移るが、廃業する店や今後が未定の店もある。
 津波で陸前高田市の店を流されたすし店主佐々木正夫さん(52)は3月末で閉店し、商業施設に移る。店は震災前の広さに戻り、メニューも復活させる。
 佐々木さんは「月日がたつのは早かった。仮設店舗はお客さんの反応が早く、いい糧になった。笑い声があふれる店にしていきたい」と気持ちを新たにした。


河北春秋
 東日本大震災の七回忌に当たる今月11日、神戸市の多聞東中生徒と卒業生、玉津中卒業生によるコンサートが気仙沼市であった。犠牲者を追悼するとともに、力あふれる吹奏楽と歌、踊りで被災地の市民を励ました▼多聞東中吹奏楽・合唱部顧問の小椋伸人教諭(39)は「東北を忘れていないよ、という気持ちを込めて子どもたちは演奏した」と話す。前任校の玉津中の教え子を含め約70人がステージに立った。最年長でも20歳。1995年の阪神大震災の後に生まれた世代だ▼小椋さんや生徒たちは支援演奏会や仙台市八軒中、気仙沼市階上小との音楽交流などを続けてきたほか、気仙沼の沿岸部に「鎮魂・防潮・継承の『神戸の森』をつくろう」と、植林活動を行っている▼玉津中OBの橋本康希さん(19)=環太平洋大1年=は、5回目の気仙沼訪問だ。「顔の見える関係をつないできた。自分は阪神大震災を経験していないが、被災地同士の復興の懸け橋になれば、という使命感がある」と明かす▼演奏後、生徒たちは舞台から客席に下り、心を込めた絵手紙を観客に手渡して語り合った。顔見知りとなった市民も多く、「いつも来てくれてありがとう」との声も聞こえる。未来を担う若者たちの姿に頼もしさを感じ、胸の奥まで温まる夜だった。

別れの時節
 仏教に基づく終末期の看取(みと)りの原型は平安時代に成立した。影響を与えたのは今年、没後千年を迎えた僧・源信である。主著「往生要集」には、臨終の病人と看取る側の心得や作法などを記す▼源信はまた、比叡山の横川で同志25人による念仏結社を作った。結社では病人が出れば交代で昼夜を通して看病するなど、現在の緩和ケアの先駆けだったとも聞く。翻って時代が進んでも決して変わらない、死別の苦を思う▼3月は国内外でさまざまな別れの光景が広がった。東日本大震災から6年。別離の深い悲しみは癒えない。「守れなくて、ごめん」。家族を亡くした悔悟の言葉が胸を突いた▼お隣の韓国では、多数の国民から「絶縁」された朴槿恵(パククネ)大統領が弾劾訴追によって罷免された。英国も別れの交渉へ。議会の承認を受けたメイ首相は、欧州連合(EU)に正式に離脱を通知する▼「さようなら」と題する谷川俊太郎さんの詩がある。大好きな両親の元を離れ、独り立ちを決めた「ぼく」の思いを、子どもの語り口調で表す。<きっといちばんすきなものをみつける/みつけたらたいせつにしてしぬまでいきる>▼別れることで、かけがえのない何かを見つける。何かに気づく。それは明日への一歩でもあろう。別れによって、大事なことを学ぶ気がする。

原発避難者、国の帰還政策に不信感 京都でシンポ
 東京電力福島第1原発事故を議題にしたシンポジウム「チェルノブイリ・フクシマ京都の集い」が26日、京都市中京区の京都アスニーであった。4月1日で避難指示が解除される福島県富岡町の避難者古川好子さん(53)=会津若松市=が「先の見えないトンネルの中におり、帰れる状況にはない」と国の帰還政策に不信感をあらわにした。
 国が昨年9月以降、帰還に向けて自宅に長期滞在できる準備宿泊を同町で実施していることに触れ、古川さんは「地震がまだ起きているし、防災無線が聞こえにくい地域もある。私は1回も宿泊していない」と話した。その上で「行政は『対策を取っており大丈夫』と言うが信用できない。避難者を帰還させ、終わったことにしようとしている」と訴えた。
 東電と国に損害賠償を求める京都訴訟の原告らも登壇し「避難者の権利を守らなければ、皆さんの権利も守れない。本当の敵は無関心」などと呼び掛けた。
 集いは、原発に反対する京都の団体などで作る実行委員会が主催し、市民ら約100人が出席した。


<東北放射光施設>宮城の4候補地視察
 東北に次世代型放射光施設の実現を目指す産学連携組織、光科学イノベーションセンターは26日、建設地の選定に向けた諮問委員会の第3回会合として、建設候補地5カ所のうち宮城県内4カ所の現地視察と関係者ヒアリングを実施した。
 諮問委は今後、青森県むつ小川原開発地区(六ケ所村、三沢市)を加えた計5カ所から地盤の安定性や交通アクセス、産業集積などの観点で建設地を決め、4月中に答申する方針。
 現地視察には元東大物性研究所所長で東京理科大教授の福山秀敏委員長ら諮問委員7人のうち6人と、専門委員1人の計7人が参加した。松島町(初原、幡谷地区)、大郷町(東成田地区)、丸森町(舘矢間山田地区)、東北大青葉山キャンパス(仙台市青葉区)をそれぞれ約30分間ずつ視察した。
 3町では町長や担当職員が対応。委員から地盤、アクセスのほか、今後の造成計画などに関する質問が出た。東北大では、2015年に東北放射光施設推進会議の第三者委員会委員長として候補地絞り込みに当たった熊谷教孝専門委員(日本加速器学会会長)が説明に当たった。
 その後、センター事務局の東北経済連合会で3町長らから非公開のヒアリングを実施。福山委員長は冒頭、「より精度の高い適切な判断ができるようヒアリングする。本質的な議論をお願いしたい」と述べた。
 センターは放射光施設の18年度内の着工、20年度の完成を目指す。建設費は約300億円。


脱アベノミクス 民進党は対立軸を示せ
 「経済の好循環」「財政再建と経済成長の両立」など掛け声倒れの空手形はもう十分だ。いつまでも道半ばのアベノミクスから脱却せねば国民生活は改善しないだろう。新たな経済社会像が必要だ。
 「期待できない経済成長に依存するのではなく、将来不安を取り除けるような新しいモデルを示してこそ、アベノミクスへの対立軸たり得る」
 二十七日の結党一年を前に初めて開かれた民進党大会。党員の心に最も響いたのは来賓として招かれた井手英策・慶応大教授のあいさつではなかったか。
 民主党に維新の党が合流して結党した民進党だが、民主党政権時代に失った国民の信頼は回復できないままである。安倍政権が閣僚の辞任など失策がないわけではないのに「自民一強」を許しているのはなぜか。
 それは民進党がよって立つ国家像、とりわけアベノミクスへの対立軸を示せないためだろう。
 井手教授によれば日本の現状は「みすぼらしい社会」だという。家計所得は、この二十年で二割落ち込んだ。年収三百万円以下の世帯が34%を占め、貯蓄率ゼロ家庭も二割。高齢者世帯で生活保護を受給する世帯は倍増した。だが現役世代への社会保障サービスの水準は先進国で最低。財政は逼迫(ひっぱく)し、再分配機能を失ったからだ。
 かつて北欧諸国と並ぶ平等主義といわれた姿はなく、格差社会いや格差放置社会である。困っている人がいても「自己責任だ」として切り捨てる冷たい社会なのだ。
 アベノミクスは、富裕層をますます富ませる一方で経済弱者を大量に増やし社会の分断を強めた。中間層から低所得層への転落が増える中で起きたことは、生活保護の不正受給がわずかなのに、さも多いかのような受給者たたきだった。弱者が、より弱い立場の人をたたく絶望的な構図である。
 アベノミクスは楽観的な成長見通しの下で消費税増税を再三先送りするなど財政規律をすっかり失った。税負担が軽いということは社会保障サービスを再分配でなく自己負担、自己責任で担えと同義である。
 逆に税負担を増やせば自己負担は軽くできるということだ。
 対立軸は明らかだ。目指すのは危うい成長頼みでなく、また自己責任の恐怖におびえる国でもない。負担能力に応じて誰もが負担し、誰もが受益者となる。弱者たたきもなく、負担を分かち合って安心して暮らせる社会である。


日報問題の火付け役 布施祐仁氏が“PKO隠蔽工作”を斬る
〈当時の業務日誌を情報公開請求したら、すでに廃棄したから不存在だって…。まだ半年も経っていないのに。これ、公文書の扱い方あんまりだよ。検証できないじゃん〉。防衛省を揺るがしている南スーダンPKO(国連平和維持活動)に派遣された陸上自衛隊の日報問題は、昨年12月に書き込まれたこのツイッターから始まった。火を付けたのは気鋭のジャーナリスト・布施祐仁氏。メディアや国会で追及され、安倍政権は唐突に5月末のPKO撤収を発表。組織的隠蔽の疑いが濃厚になった防衛省は特別防衛監察を実施する事態になった。恐ろしいほどの政権のデタラメ、ドタバタを今どう見ているのか。
■稲田防衛相も捜査対象にすべき
――日報問題が急展開しています。不開示決定後の再調査指示を受け、陸自司令部は上部組織の統合幕僚監部に日報の存在を報告。防衛省上層部までその情報は届いたにもかかわらず、「今さら言えない」という理由で廃棄の指示がなされたと報じられました。
 当初は陸自しか探索しなかったので、統幕で保存していた日報を見つけられなかったと説明していましたが、実際には陸自にもあった。ツジツマが合わなくなるから廃棄したとなれば、隠蔽に隠蔽の塗り重ねです。大臣の指示に背いて防衛省が組織ぐるみで隠蔽工作をしたとなれば、文民統制上きわめて大きな問題でもあります。
――稲田防衛相は一連の経緯を把握していなかったのでしょうか。
 それが一番のポイントです。特別防衛監察は大臣直属の防衛監察本部が行う組織内調査にすぎません。ここまで大スキャンダルに発展した以上、稲田防衛相も調査対象にしなければおかしいでしょう。国会での集中審議や証人喚問で関係者を質す必要があると思います。
――なぜそこまで日報の存在を隠そうとしたのでしょう?
 2015年9月に安保関連法の成立を強行した安倍政権は、南スーダンPKO部隊に新任務の駆けつけ警護を付与するタイミングを探っていました。私が日報の開示請求をしたのが昨年9月末。通常は30日以内に開示あるいは不開示が通知されます。ところが、1カ月後に届いたのは〈開示決定期限延長〉の知らせ。それから2週間後に政府は駆けつけ警護付与を閣議決定し、3週間後には先発隊が出国しました。期限延長は駆けつけ警護をめぐる批判や議論を避ける時間稼ぎだったのではないか。延長も不開示決定も、新任務の実績作りが優先されたからだとしか思えません。
――今月10日に安倍首相は「南スーダンでの活動が今年1月に5年を迎え、一定の区切りをつけられる」と5月末をメドにPKOを撤収すると発表。ちょうど森友学園の籠池理事長が会見中という絶妙のタイミングでした。
 部隊が派遣されている首都ジュバでは、昨年7月に大統領派と副大統領派(当時)による大規模戦闘が発生しました。にもかかわらず、政府は「法的な意味における戦闘行為ではなく衝突」とし、「ジュバは安定している」というスタンスを取り続けてきた。現地は撤収が当然の情勢ですが、このタイミングでの判断は正直予測していませんでした。
――「安定している」というのはウソだった。
 現実はむしろ逆で、この半年間で南スーダンの治安は不安定になっています。部隊が活動するジュバから南方エリアの情勢が急激に悪化し、いつジュバに波及するか分からない。新任務の実績はできたので、コトが起きる前に撤収させようということだとみています。
隠蔽のウラに「駆けつけ警護」の実績作り
――昨年7月当時の日報から浮かび上がる現地情勢は非常に生々しい。現場の緊迫感が伝わってきます。
 宿営地のすぐ近くで激しい戦闘が繰り広げられたことが記載されています。7月11日の日報には〈TK(戦車)射撃含む激しい銃撃戦〉〈突発的な戦闘への巻き込まれに注意が必要〉とあり、日報をもとに上級部隊が作成した13日の報告書には〈日本隊宿営地西側、UNトンピン外のトルコビル一帯において、SPLA(政府軍)戦車1両を含む銃撃戦が生起、日没まで戦闘継続〉と記されていました。稲田防衛相は国会で、「憲法9条上の問題になる言葉を使うべきではないから武力衝突という言葉を使っている」とトンデモ答弁を繰り返していますが、一般的な感覚からすれば明らかに戦闘です。武力紛争が起きているのに、そうした事実を公表せずにごまかし、日報を隠滅した疑いが強まっている。この状況で仮に自衛官が戦闘に巻き込まれて殉職する最悪の事態を迎えてしまったら、政権は相当に追い込まれるでしょう。
――南スーダンPKOの開示請求を始めた当初は日報の存在を知らなかったそうですね。
 最初の請求は15年9月ごろでした。安保関連法の成立で駆けつけ警護が可能になったので、これまでの活動実態を調べてみようと思ったのです。とはいえ、防衛省にどんな文書があるのか分からない。手始めに、13年12月の内戦勃発時に派遣されていた第5次隊の活動状況をまとめた文書という趣旨で請求しました。すると、「教訓要報」という文書が開示された。現地で発生した事案や、そこからくみ取った教訓をまとめた資料です。そこには〈自衛隊宿営地近傍で発砲事案が発生し、全隊員が防弾チョッキ及び鉄帽を着用〉〈宿営地を狙った襲撃・砲撃も否定できない〉と記されていた。関連資料をさらに請求していく中で、国際平和協力活動に従事する隊員を訓練する「国際活動教育隊」が使用するテキストが開示され、〈隊員たちの訓練内容を検討する上で、派遣部隊が作成する「日報」を教訓収集の基礎資料として活用〉とあった。それで、日報を知ったんです。
――そもそも、日報廃棄の理由に正当性があったのですか。
 防衛省訓令に基づき、陸上自衛隊文書管理規則が定められています。文書の類型によって保存期間基準が設定されていて、PKO関連は3年間です。それで、おかしい、ルール違反じゃないかと思ったのですが、よくよく見ると、備考欄に虫眼鏡を使わないと見えないような小さな文字で〈随時発生し、短期に目的を終えるもの及び1年以上の保存を要しないものの保存期間は、1年未満とすることができる〉と書いてある。彼らの論理では、日報は現地部隊が上級部隊に報告するために作成する文書なので、それが完了した時点で目的を終えた。だから廃棄したという理屈なんです。公文書は「国民共有の財産」とする公文書管理法の精神が完全に欠落している。それに、自衛隊の教訓収集の基礎資料でもある重要な日報がほんの3、4カ月で廃棄されるなんてあり得ないでしょう。
■不都合な真実を「不開示」にする抜け穴
――日報のケースでは証拠隠滅を図った可能性が高まっていますが、行政はとにかく情報を隠したがる。
 今回はメディアや自民党行政改革推進本部長の河野太郎衆院議員が問題視したこともあって最終的に開示されましたが、情報公開制度を運用する総務省は不開示とするケースを6つ挙げていて、その5番目が厄介なんです。〈審議・検討等に関する情報で、意思決定の中立性等を不当に害する、不当に国民の間に混乱を生じさせるおそれがある情報〉というもので、何度かこれを盾に開示を拒まれたことがあります。
――それでは不都合な情報は恣意的に非開示にできますね。
 安倍首相は安保関連法の国会審議でもそうでしたが、海外派遣の議論になると、何かと自衛隊の「服務の宣誓」を引き合いに出します。警察や消防にはない〈事に臨んでは危険を顧みず、身をもつて責務の完遂に務め〉というくだりです。自衛官はリスク覚悟で入隊しているという前提で、「自衛隊員の仕事というのは、そういうものなんですね」などと発言しています。ところが、宣誓の結びの〈もつて国民の負託にこたえることを誓います〉には積極的に触れない。この文脈でいえば、自衛官は国民の負託があるからこそ、身をていして危険な任務にあたるわけです。しかし、実態は違う。安倍政権は国民に情報を隠し、民意に耳を傾けることも同意を得ることもなく、PKO部隊への新任務付与を押し切ったのです。安倍政権のやり方は非常に無責任だと思います。
(聞き手=本紙・坂本千晶)▽ふせ・ゆうじん 1976年、東京都生まれ。北海道大経済学部卒。平和新聞編集長。平和・安全保障問題を中心に取材。著書に「経済的徴兵制」「ルポ イチエフ」「日米密約」など。


「保育園落ちた」34% 南関東33市区で4万1000人
 東京二十三区や政令市など南関東の三十三市区を対象に本紙が実施した「保育アンケート」で、四月に認可保育施設に入る子どもの大半を決める一次選考で四万一千人以上が落ち、申込者に占める割合は34%に上ることが分かった。特に東京二十三区では38%に達し、政令市五市の28%より10ポイント高く、厳しい状況が続いている。 (柏崎智子)
 各自治体は二月中旬〜下旬を中心に、認可保育施設の一次選考を実施して入所内定者の大半を決める。その後、二次選考で受け入れ枠を増やすなどして三月末まで調整を続ける。
 アンケートでは、南関東の自治体のうち東京二十三区、政令市、昨年四月に待機児童が二百人以上いた東京都三鷹、府中、調布市、千葉県船橋、市川市に、一次選考に落ちた子どもの人数と申込者数を聞いた。
 それによると、三十三市区で計十二万四千六百二十八人が認可保育施設の入所を申し込み、一次選考の結果を公表しない練馬区を除く三十二市区で計四万一千三十七人が落選、うち二十三区は計二万四千二百五十九人が落ちた。
 落選率で50%以上は四区。港区55%、江戸川区54%、台東区51%、目黒区50%となっている。
 人数が最も多かったのは横浜市の四千五百四人。次いで川崎市が三千五百五十一人。ただ、落選率でみると横浜は25%、川崎は35%にとどまっている。
 東京の区部で落選率が高い背景には、認可保育施設の用地探しや保育士の確保が難しいことなどがあるとみられる。
◆23区募集拡大でも 需要に追いつかず
 本紙は二〇一三年から毎年この時期、東京二十三区を対象に、認可保育所の募集枠と申込者数を調査し、枠を超過した人数を認可保育所に入れない子どもの人数として推計してきた。
 この集計方法は、枠はあっても保育所が希望地域ではなかったり保育年齢が合わなかったりして、条件が合わずに入れない子どもも入所できるとみなされる。入れない人数が実際より少なく出る可能性がある。
 今回は実際に入れない子どもの実数を把握するため、一次募集の落選者数を調査し、対象も三十三市区に広げた。ただ、推移をみるため、二十三区を対象に過去の調査と同じ方法でもアンケートした。
 それによると、募集枠から漏れる申込者の割合は33%で計五回の調査で最も低くなったが、漏れた人数は二万二千六百四十一人と最多になった。各自治体は保育所の新設や定員増に力を入れ、募集枠は調査を開始した一三年より約一万六千人分増えたが、申込者の増加分はそれを上回る約二万人に達しており、需要の拡大に追いついていない。
 <認可保育施設> 国の基準に基づき自治体の認可を得て設置され、公費が支給される保育施設。入所申し込みの受け付けや選考は市区町村が実施する。もともと認可保育所だけだったが、2015年度からの新しい保育制度で小規模保育なども加わった。自治体独自基準の都認証保育所や保育室などは含まれない。


遺族補償年金/男女差「合憲」は時代遅れ
 働く夫を亡くした妻は無条件で遺族補償年金を受給できるが、働く妻を亡くした夫は一定年齢まで受け取れない。そんな男女差を設けた地方公務員災害補償法の規定が憲法の「法の下の平等」に違反するかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁は「合憲」とする初判断を示した。
 この規定は、夫が働き妻が家庭を守る専業主婦世帯が多数派だった1967年に制定された。だが、90年代には共働き世帯が専業主婦世帯を上回り、2015年には共働きが専業主婦の約1・6倍になった。
 しかし、最高裁は男性の労働力人口の方が多いことや男女間の賃金格差などを理由に、妻側を手厚く扱うのは合憲と判断した。現状の男女格差を追認しただけで、社会情勢の変化に応える姿勢は見られない。時代遅れの判決というほかない。
 原告の男性は教諭だった妻を公務災害で亡くし、10年に地方公務員の補償年金を請求した。だが、妻の死亡時に受給資格年齢の55歳になっていなかったため支給されなかった。一審の大阪地裁判決は「性別で受給要件を分ける合理性は失われた」として違憲としたが、二審の大阪高裁で男性が逆転敗訴し上告していた。
 遺族補償年金は、主な稼ぎ手を失ったときに家族の生活を保障するのが目的だ。最近は、女性が稼ぎ手となり男性が育児や介護を担うケースもあり家族の形は多様化した。妻を失えば家族が生活に困る場合もある。生活保障というなら、男女で受給要件を差別せず、所得水準で分ける方法もあるのではないか。
 男女共同参画社会基本法は、性別にかかわらず男女が個性と能力を十分に発揮することが重要な課題と定める。そのために、社会の制度や慣行も個人の選択に対しできる限り中立にするように求める。
 だが、サラリーマンの遺族厚生年金も、妻には年齢制限がないのに夫の受給資格は55歳以上という男女差が残る。国民年金の第3号被保険者制度は、サラリーマンの妻は保険料を負担せずに基礎年金を受け取れる。所得税の配偶者控除制度も、専業主婦世帯の優遇策と指摘される。
 一方で、従来は母子家庭に限られていた国民年金の遺族基礎年金は、14年から父子家庭にも支給されるようになった。社会情勢や意識の変化を見据え、性差別的な制度や慣行をあらためて見直す必要がある。


[引きこもり高年齢化]調査急ぎ、支援体制を
 昨年10月に開所した県の「ひきこもり専門支援センター」(南風原町)に今年1月末までに延べ387件に上る相談が寄せられた。相談から引きこもり当事者98人のうち、32人と3分の1が40代以上であることが浮かび上がった。引きこもり歴は、把握できた66人のうち「5年以上」が28人で、そのうち「20年以上」も4人いた。
 沖縄も全国と同じように、引きこもりの「長期化・高年齢化」傾向を示していることがうかがえる。数字の背後にある実態を考えると、現実はもっと深刻に違いない。
 内閣府は引きこもりについて、半年以上にわたり自宅や部屋から出ない人、趣味の用事や近所のコンビニなどに行く以外に外出しない人と定義している。
 相談内容のうち、家族と当事者に共通しているのは「将来への不安」である。
 親が年金などで面倒を見ることができるうちはいいが、病気にかかったり、介護が必要になったり、あるいは亡くなった場合、引きこもりの子どもを支えることができなくなり、「共倒れ」になる恐れがあるからである。
 内閣府は昨年9月、「15〜39歳」の引きこもりが約54万人に上るとの推計を公表した。2010年の調査より約15万人減ったとしたが、問題がある。「35〜39歳」で引きこもりとなった人の割合が前回と比べ倍増したのに、40歳以上の追跡調査は対象外としたからである。
 このため当事者とその家族らの「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」(東京)が40歳以上で10年以上に及ぶ引きこもり調査を実施している。
■    ■
 センターができてからわずか4カ月で多数の相談が寄せられるというのはこれだけニーズがあるという証しだ。
 ただセンターは支援の入り口でしかない。センターを核に医療や福祉、ハローワークなど関係機関に、どう橋渡しをしていくかが課題だ。
 引きこもりの全県的な支援組織である「引きこもりを考える会おきなわ」(豊里友治会長)は、圏域ごとに引きこもりの「居場所」づくりを県に要請している。自宅から出て居場所に集まる。引きこもりは自分1人でないことを互いに確認する。就労に向けた中間施設の位置づけだ。
 先の内閣府の調査で引きこもりから抜け出したきっかけとして「アルバイトを始め、社会と関わりを持った」「同じような経験をしている人と会った」などが挙がっていることからみても、人と交流する居場所づくりは有効である。支援者の養成も必要だ。
■    ■
 「考える会おきなわ」は県に対し、40歳以上を含めた実態調査を実施するよう求めている。引きこもりの理由は千差万別だが、沖縄は貧困との関連を指摘する声がある。
 「家族会連合会」が全国を6ブロックに分けて各10〜15世帯程度を調査対象にしていることを考えると、県は地域のことをよく知る民生委員らの協力を得てもっと精緻で大掛かりな独自調査をしてもらいたい。それによって行政がなすべき具体的な支援策が見えてくるはずだ。


保育の安心 現場の実態把握を急げ
 給食は少ない時にはスプーン一杯程度。園児は慢性的に栄養面で不十分な状態が続いていた―。
 今月に入って、兵庫県姫路市で明るみに出た私立認定こども園の保育実態だ。
 園児への対応ばかりではない。不当に公費や利用料を得ていた悪質な施設運営が浮き彫りになった。驚くばかりである。
 政府は待機児童解消を掲げ、受け皿整備の号令をかけている。しかし、それによって質より数字が重視され、子どもにしわ寄せが行くようでは本末転倒である。
 姫路市には、今回の不正実態の徹底的な解明を求めたい。
 道内を含む他地域の行政機関も、類似のケースがないか、しっかりと調査する必要があろう。
 問題のこども園は、2015年に県から認可を受け、認可外保育所から昇格した。
 ところが、定員の1・5倍の園児を受け入れ、定員外の園児の保護者から徴収した利用料は簿外処理していた。
 行政による監査日には超過分の児童を休ませるなど、巧みに不正の発覚を免れていたという。
 保育士数も実際より多く見せかけて公費を得ていた。
 保育士に対し、欠勤や遅刻時の罰金を科したり、時間外勤務手当を支給せず、労働基準法違反の疑いも浮上している。
 姫路市は、認定時から交付してきた公費の返還を求め、詐欺容疑で園長を刑事告訴する方針だ。兵庫県は近く認定取り消しなどの措置を取る構えという。
 ここまで子どもをないがしろにした施設運営は特異かもしれない。だが、待機児童対策が急がれる陰で、こうした事例が他にないと言い切れるだろうか。
 政府は「待機児童解消加速化プラン」に基づき、17年度までの5年で50万人分の保育の受け皿整備を目標に掲げ、既に30万人超の整備を終えたと発表している。
 それでも、待機児童数は減っていない。このため政府は昨年、保育士配置数などで国より厳しい基準を設定する市区町村に対し、規制緩和を求めている。
 ただそれも、安心して子どもを預けられることが大前提だ。
 保育環境が整っていない施設をいくら増やしたところで、親子にとってはマイナスでしかない。
 政府や自治体は、そうした視点をしっかりと持つべきだろう。
 保護者も、子どもの預け先が安心して預けられる施設なのか、きちんと目を光らせてもらいたい。


【森友学園問題】真相の究明を望む
 大阪市の学校法人「森友学園」への国有地売却問題を巡る国民の疑念が深まっている。与党側は証人喚問で具体的な政治家の関与が認められなかったとして幕引きを図りたい考えだが、不可解な格安払い下げの経緯は分からないままだ。適正な手続きと価格による売却というこれまでの政府側の説明で納得させられると与党側が考えているなら、国民はなんともなめられたものだ。真相の究明を望む。
 そもそも国有地売却問題の解明のための証人喚問に踏み切ったのは与党側だ。一方の当事者である学園の籠池泰典氏にだけ聞いて終わらせていいものだろうか。自民党国対委員長の「首相に対する侮辱だ」「放っておけない」という言葉通り、喚問が懲罰目的だったと認めるようなものだ。疑問は何も解明されていないのだから、他の関係者の証言を求めるべきだ。
 籠池氏は証人喚問で、安倍晋三首相の昭恵夫人から100万円の寄付を受けたとして、授受の場面を詳述した。国有地の借受期間の延長に関する籠池氏の問い合わせに対し、夫人付の政府職員が財務省に問い合わせて得た回答のファクスも明らかになった。
 これまでの言動から籠池氏が全て真実を語っているとも思えないが、示されたファクスは一学校法人のために国家公務員が所属外の役所に問い合わせを取り次ぎ、担当部門が丁寧に回答した事実の証左となっている。権力者も国家公務員も、公私の別にあまりに鈍感ではないだろうか。
 さまざまな要求を突き付けてくる籠池氏という存在が役所側にとっては煩わしい存在であったろうと想像できる。しかも、そばには最高権力者の影がはっきりとある。権力者の顔色をうかがう忖度[そんたく]と忖度が絶妙のバランスでもたれ合い、異例ずくめの学校法人認可と国有地の格安売却が実現していたとしたら、なんとも情けないお役所仕事だ。
 籠池氏は喚問で8億円余りの値引きについて「想定外の値下げにびっくりした」と述べた。当事者も驚くほどの値下げが実現したのはなぜなのか。財務省は国有地に関する学園側との交渉記録を廃棄したとしている。政府は売却経過について会計検査院の調査に委ねるとしているが、国会に出せる記録が無くて、どう調査できるのだろう。
 共同通信が実施した全国電話世論調査で、払い下げの経緯について政府が十分に「説明していると思わない」との回答は82・5%に上った。事実を説明する責任は今、安倍首相、昭恵夫人、財務省などの側にある。(佐久間順)


権力を持つ者が恥ずべきことは
 ★籠池夫妻、稲田夫妻、安倍夫妻。いずれかがうそをついているか、何かを隠している森友学園疑惑。この3夫妻が国会を混乱させ、官僚は忖度(そんたく)なのか権力におもねっただけなのか、それとも保身なのか分からないが、後でバレるうそをついたり文書がなくなっただとか、保存期間が終わっただとか適当なことを答弁で繰り返し、とにかくしのごうとする。 ★我が国の政治と官僚機構の低次元さと覚悟のない現実にうんざりする。とにかくいささか強引でいかがわしさを持つ学校経営者に、主義思想が近いというだけで首相や同夫人が共鳴することも脇が甘いし、首相夫妻が権力の私物化という思いがなくとも、官僚は首相夫妻の思いを先回りしておくことが仕事とばかり籠池の陳情を破格の条件で処理してやり、首相夫妻に「うまくやっておきましたよ」と言いたかった。その先には官僚として満足のいくポストや環境が待っている。こんな寸法だろうか。 ★だからといって首相夫妻に何の瑕疵(かし)もないといえるだろうか。権力を持ち権限や人事権をちらつかせずとも保持しているだけで、官僚の「善かれと思って」という感情を引き出し、法律違反やギリギリのことまでやらせ、または前例のないことにチャレンジさせた罪は大きい。「私たち夫婦は何にも関係ない」と語気を強め、むきになる必要もないことにあれだけ興奮した答弁を首相はしたが、そこには今述べたような一抹の「手は下していないが、いろいろやってくれた」という思いがあったのではないか。 ★権力を持つ者は極めて慎重にならざるを得ない立場であることを理解しなかっただけで、首相と私人と言い張る夫人は罪深いといえる。この権力を誇示し抑制するという意味を持たない首相夫妻を擁護する者も、権力の持つ怖さや危険さを感じないという意味では同罪だ。政治家や官僚たちはこの1点を犯しただけでも現職の立場にいることを恥じるべきだ。

雪崩 心肺停止は高校生8人に 多数負傷 栃木のスキー場
 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で雪崩が発生したと110番があった。地元消防などによると、県内7高校から登山講習会に参加していた団体が雪崩に遭い、生徒8人が心肺停止の状態で見つかったほか、重傷者2〜3人を含む多数が負傷した。同スキー場は20日に今季の営業を終えており、雪崩は第2ゲレンデ付近で発生したとみられる。
 7校は25〜27日の日程で組まれた県高体連主催の「春山登山研修」に参加していた。参加校は、▽大田原▽矢板中央(矢板市)▽矢板東(同市)▽宇都宮(宇都宮市)▽真岡(真岡市)▽真岡女子(同市)▽那須清峰(那須塩原市)−−の計約60人。
 心肺停止で見つかった生徒は大田原高に集中しており、雪崩は同校の隊列を直撃したものとみられる。
 同県北部では26日から降雪が続き、気象庁によると27日午前10時に那須高原で34センチの積雪を観測。宇都宮地方気象台は、同県北部に26日午前10時から雪崩注意報を発令していた。【田中友梨、金秀蓮】


民進党結党1年 党勢回復切り札は?
3月27日で結党から1年を迎えた民進党。野党第1党の立場にありながら、NHKの世論調査では、民進党の支持率が10%を超えたのは、参議院選挙があった去年7月の一度だけ。40%前後で推移する自民党に大きく水をあけられてきました。いまだ政権交代への道筋が見通せない中、『原発ゼロ』の方針を打ち出した蓮舫代表の狙いは?また、地方から党を見つめる元議員の思いを取材しました。(政治部・花岡伸行記者、相澤祐子記者)。
なぜ『原発ゼロ』が切り札に
結党1年を目前にした3月12日。民進党として、初めてとなる定期党大会が開かれました。
大会の目玉は、『原発ゼロ基本法案』。低迷する党勢の回復に向けた切り札として、蓮舫代表肝いりで検討が進められてきた政策です。
私たちが、蓮舫代表が『原発ゼロ』のスタンスを明確にしたと感じたのは、去年10月に行われた新潟県知事選挙でした。この選挙では、原発の再稼働に慎重な姿勢を示していた米山隆一氏を、共産、自由、社民の野党3党が推薦した一方、民進党は電力会社の労働組合を抱える最大の支持団体の連合にも配慮して、推薦を見送りました。
しかし、選挙戦終盤、蓮舫代表は、みずからの政治の師でもある野田幹事長の反対をも押し切って、米山氏の応援に入りました。これに対して、連合は強く反発し、党内でも賛否両論を巻き起こしましたが、下馬評を覆して米山氏が勝利しました。
選挙後、蓮舫代表は、記者団に「原子力をエネルギー政策の中心に据えていいのかということに、大きな疑念があることが、民意で明らかになった」と述べています。
蓮舫代表に近いある議員は、「民進党が訴えていた『同一労働・同一賃金』や、『給付型奨学金の創設』などの政策は、政府・与党に抱きつかれてしまったが、『原発ゼロ』は、自民党が逆立ちしても抱きつけない対立軸になり得る。代表はそのことに気づいたのではないか」と分析していました。
割れる党内分裂の懸念も
自民党との明確な対立軸として『原発ゼロ』に着目した蓮舫代表。3月12日の党大会で、新たな党のエネルギー政策を打ち出すことを明言しました。党執行部では、当初、「2030年代に原発稼働ゼロを目指す」としていた党の方針を改め、原発の稼働をゼロにする目標の時期を「2030年」に事実上、前倒しして法案化することや、原則として、原発を再稼働させないことを検討していました。
しかし、この野心的な目標に、連合の一部からは、強い反発が出ます。執行部内でも、「連合に臆することなく、『原発ゼロ』路線を、党大会で強く打ち出すべきだ」と主張する幹部と、「連合への配慮も必要だ」とする幹部の間で、次第に溝が生まれるようになります。
さらに党内では、電力会社や原発関連企業の労働組合の支援を受ける議員などを中心に、『原発ゼロ』に慎重な議員と、積極的に進めるべきだとする脱原発派の議員が鋭く対立し、「強引に進めれば党が割れる」という懸念も出されるようになりました。
譲れない一線『原発ゼロ基本法案』
こうした中、落としどころを探る動きが出てきます。連合側の反発が強い、「原則、再稼働させず」と「2030年」への目標前倒しには、党大会では、踏み込まない一方、蓮舫代表の強い意向を踏まえて、『原発ゼロ基本法案』を打ち出すことで、調整が図られました。ある党幹部は、「『原発ゼロ』を法案化するということは、党として後戻り出来ないという非常に重い意味合いを持つ。それが打ち出せれば大きな前進だ」と語っていました。
ただ、法案の名称をめぐっては、「原発ゼロを目指す法案」などとする案もありましたが、「目指す」が入っては本気度が伝わらないなどと蓮舫代表が拒絶し、『原発ゼロ基本法案』に落ち着くという一幕もありました。
そして迎えた3月12日の党大会。蓮舫代表は「原発依存からの脱却が前倒しで実現可能になるよう、『原発ゼロ基本法案』を作成していく。原発依存に逆戻りの現政権とは違う未来を描いていこうではないか」と訴えました。蓮舫代表は、党内の慎重派や連合にも配慮しながらも、譲れない一線は守り、『原発ゼロ』にかける強い意志を打ち出すことにこぎ着けました。
”切り札”にするには
果たして、蓮舫代表の狙い通り『原発ゼロ』は低迷する党勢回復の切り札になるのでしょうか。それは、『原発ゼロ基本法案』の中身しだいではないでしょうか。『原発ゼロ』に向けて避けては通れない再稼働の在り方に、どこまで踏み込むのか、建設途中の原発や、放射性廃棄物の最終処分に、どう対応していくのか、そして、何より法案が実現可能性があるものなのかを見る必要があります。さらに、党内では、依然として原発政策について意見は割れていて、党内対立の火種はくすぶっています。こうした党内の意見が割れる重要政策で、どのように意見集約を進めるのか。民主党政権の時にも、消費税率の引き上げをめぐって党が分裂し、国民の信頼を失っていった苦い経験があるだけに、民進党にとっては、最大の課題だとも言えます。衆議院選挙までの大きな宿題となった『原発ゼロ基本法案』のとりまとめを、どのように進めるのか。法案の内容とともに、意見集約の在り方そのものも、民進党が本当に政権の選択肢となり得るのかどうか、国民が判断する際の重要な要素となると思います。
捲土重来を期す元議員は…
党勢回復に、もがき苦しむ党の状況を、捲土重来(けんどじゅうらい)を期す元衆議院議員は、どう見ているのでしょうか?
19ある小選挙区で民進党が1議席しか確保できていない大阪府で返り咲きを目指す、森山浩行さん。大阪府議などを経て、2009年の衆議院選挙で民主党から立候補して初当選し、民主党政権時代の1期3年間、衆議院議員を務めました。
森山さんは、2大政党制を実現するためにも、民進党が役割を果たす役割は大きいと考えています。
「2つの政党が、きちんと両方とも政権取れますよという状態を作り、政治のインフラを整備することが必要だと思っています。2012年、それぞれが自分の主張を先鋭化することで民主党がバラバラになり、負けました。民主党から民進党になる時に、一度離れた人たちも、新しい人たちも含めて、また一緒にやろうとなった。民進党という形で、ウイングを広げつつあることに関しては評価できると思います。議院内閣制は、政権交代がなければ機能しない。森友学園の件もそうですが、いろいろな不祥事が起こるのも、政権交代しないだろうと思われているから。もうひとつの選択肢を、ちゃんとわれわれが作り上げるので、ぜひ中身を見てほしい」。
また、森山さんは、蓮舫代表をもり立てる党の結束が必要だと指摘しました。
「2010年の参議院選挙で負けてから、ずっと低空飛行、墜落寸前で、『そんな党あったっけ?』というところまできていたので、蓮舫代表が、文句も含めて、注目をされているのはプラスだと思う。あとは、『だから総理大臣になってほしいよね』という雰囲気を、どうやってみんなで作っていくかだ」。
新たな道を歩み始めた元議員は…
一方、民主党の衆議院議員から新たな道に進んだ人は、今の民進党をどう見ているのでしょうか?
徳島県議会議員を務める高井美穂さん。2003年の衆議院選挙で民主党から立候補し初当選。それから3期連続して当選し、民主党政権時は、文部科学副大臣などを務めました。
高井さんは、2012年の衆議院選挙で落選したあと、県政へ転身しました。
「色々な人にこれまでお世話になりましたが、今までの経験というのは、現職にならなければ生かしようがない。そうした中で、身近な人たちから、県議会議員選挙に立候補してほしいという要請があり、考えた末、それはひとつの道だろうと思いました」。
そして、今の蓮舫民進党について、支持率に一喜一憂せず、今の路線を貫くべきだとエールを送りました。
「ぶれずに、地味に、頑張ってほしい。支持率回復に躍起にならずに、すべての人を包摂し、中道左派的な、教育や福祉などに重きを置く社会を目指すという基本理念を貫き通してほしい。マスコミ受けすること狙って、浮ついてしまってはいけないと思う」。
政治決戦の年
ことしを政治決戦の年と位置づける民進党。7月に控える東京都議会議員選挙に加え、年内の衆議院の解散・総選挙も視野に党の立て直しを進めたい考えです。
しかし、東京都議会議員選挙に擁立を決めた公認候補者の中からは、離党届の提出が相次いでいます。なかなか党勢が上向かず、党の求心力も弱まるという負のスパイラルに陥いりつつあるという懸念も党内からで始めています。
これから抜け出すためにも、まずは、国会審議で存在感を示すことが不可欠です。
民進党は、大阪・豊中市の国有地が、学校法人「森友学園」に鑑定価格より低く売却されたことや、南スーダンのPKO部隊の日報を陸上自衛隊が保管していた問題、それに、文部科学省の天下り問題などは、安倍政権の緩みや驕(おご)りの現れだとして追及を強め、政権を揺さぶりたい考えです。
また、後半国会の焦点となる、「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案についても、成立阻止に向けて徹底抗戦し、政府・与党との対決姿勢を鮮明にする方針です。
党が結束して、巨大与党に立ち向かうことが出来るのか。また、国民の共感を得て、党に対する信頼を取り戻すことが出来るのか。再び、政権を目指す政党によみがえらせるためにも、蓮舫代表には、着実に、そして目に見える形で結果を出していくことが求められていると思います。


どんな団体も対象に 共謀罪「テロリズム」定義拡大の姑息
 国会で本格論戦が始まる共謀罪を盛り込んだ組織的犯罪処罰法改正案。条文に「テロリズム集団その他の組織的犯罪集団」と「テロ」の文言を入れ、政府は“テロ対策”を強調している。だが、条文には「その他」とある上、テロの定義も不明確のままだ。にもかかわらず、政府はテロの定義を従来よりも拡大する答弁を繰り返しており、あらためてうさんくささがプンプンだ。
〈政治上その他の主義主張に基づき、国家若しくは他人にこれを強要し、又は社会に不安若しくは恐怖を与える目的で人を殺傷し、又は重要な施設その他の物を破壊するための活動をいう〉
 悪名高き秘密保護法で、テロの定義はこう規定されている。警察庁組織令や小型無人機等飛行禁止法など、他のテロに関する法令でも定義はきちんと規定されている。ところが、共謀罪法案では、テロの定義は一切決まっていないのだ。情報法制に詳しい元朝日新聞記者の中川亮弁護士がこう言う。
「テロの定義を明記しないと“何がテロか”ということを当局に恣意的に決められてしまう。おそらく、修正案でテロという文言を入れることが求められたために急きょ、対応したのでしょうが、これでは単なる“付け焼き刃”に過ぎません」
 しかも、政府は秘密保護法のテロの定義付けを今回、微妙に変えてきている。金田勝年法相は8日の衆院法務委員会の答弁でテロの定義について、〈一般的には、例えば特定の主義主張に基づいて〉と説明し、21日に閣議決定された答弁書でも〈特定の主義主張〉とされた。つまり、秘密保護法の定義にあった〈政治上その他の主義主張〉が〈特定の〉に拡大されているのだ。
「“政治上”とすると政治分野に限定されてしまうので、社会でも経済でも可能な幅広い分野をカバーするために“特定の”という幅広い文言に言い換えているのではないか。要するに、どんな団体でも捜査対象にしようとしているのです」(前出の中川弁護士)
「テロリズム」は文言だけ。裏に隠された安倍政権の薄汚い“意図”に国民は気付くべきだ。

部屋でゆっくり/録画番組で震災思い出して

ブログネタ
フランス語 に参加中!
wetd2

60 ans après le Traité de Rome, l’Europe manifeste
Rome, Londres, Berlin. Des manifestations ont été organisées ce samedi 25 mars dans grandes villes européennes à l’occasion des 60 ans du Traité de Rome, fondant la Communauté économique européenne.
Royaume-Uni
De toutes les manifestations organisées ce samedi à l’occasion du Traité de Rome, la plus surprenante fut probablement celle de Londres. A quatre jours du lancement du divorce avec l’Union européenne, les Londoniens ont décidé de démontrer une dernière fois leur amour pour l'Europe.
Des milliers d'entre eux se sont réunis pour montrer aux autres nations européennes qu'ils n'abandonneront pas si facilement, rapporte notre correspondante à Londres, Marina Daras. ≪ Ce qu'on veut, c'est montrer qu'à nous tous, on peut faire bouger les choses. Il faut continuer à mettre la pression, il faut continuer à résister. Il faut rappeler à Theresa May qu'il y a un an, elle défendait l'Europe et que maintenant elle voudrait couper les ponts complètement. C'est le paroxysme de l'hypocrisie, a dénoncé Susie McKenna, la directrice du Theatre Hackney Empire. On est arrivé à un point où il faut faire tout ce qui est en notre pouvoir pour changer ça. Alors on manifeste avec nos amis européens parce que nous aussi nous sommes Européens et que le Brexit, ce ne sont que des intérêts économiques.
Peter, un Hollandais de 68 ans qui a passé une grande partie de sa vie au Royaume-Uni, portait avec fierté le drapeau des Pays-Bas mélangé à celui de l'Europe. ≪ Je pense qu'il est trop tard pour empêcher le Brexit, mais maintenant, on veut dissuader le gouvernement de se tourner vers un Brexit dur. Le référendum n'était pas fait pour ça. Je pense qu'il faut changer l'Europe, c'est sur, mais malgré tout, il faut rester ensemble ≫, affirmait-il. La récente attaque sur le Parlement britannique n'a pas su décourager ces militants amoureux de l'Europe, qui ont conclu cette manifestation sur le parvis de Westminster.
Allemagne
A Berlin, ils étaient 4 000 à se rassembler au pied de la porte de Brandebourg pour manifester leur adhésion aux valeurs européennes contre les dérives nationalistes actuelles. Là où il y a moins de 30 ans s’étendait un no man’s land entre Berlin-Est et Berlin-Ouest, un mur a été construit devant la scène pour symboliser l’intolérance et le racisme. Avant d’être renversé et piétiné, à la plus grande joie des enfants. ≪ A Berlin, nous savons ce qu'est un mur. Un mur que nous ne voulions pas et dont nous ne voulons plus. Et en Europe non plus, il n'y a pas de place pour des murs ≫, a lancé l’oratrice.
Munis de ballons et de drapeaux généreusement distribués par la Représentation de l'Europe située à deux pas, les manifestants ont célébré sous un soleil printanier et dans la bonne humeur le 60e anniversaire de l'Europe, raconte notre correspondant à Berlin, Pascal Thibaut. Les plus anciens étaient là pour sauver l'héritage de 60 ans de paix et dont les plus jeunes entendent bien profiter. Des centaines de ballons bleus étoilés se sont envolés dans le ciel de Berlin, avant un karaoké européen plus ou moins réussi.
Italie
A Rome, où les Vingt-Sept s’étaient réunis en sommet, ce sont plusieurs manifestations qui ont été organisées. Des manifestations pour l’Europe, pour une autre Europe ou contre l’Europe. Dans les rangs pro-européens, on a pu voir flotter sous un soleil radieux des centaines de drapeaux européens dans une atmosphère tout à fait pacifique.
Au Colisée, point de rencontre des rassemblements pour une Europe capable de se réformer et qui reste unie, l’ambiance était chaleureuse, a constaté notre correspondante à Rome, Anne Le Nir. Parmi les manifestants se trouvait un joyeux groupe scolaire. ≪ Nous sommes 52, nous venons de Venise, nous sommes très jeunes et nous croyons en l’Europe, nous sommes nés après plus de 60 ans de paix. Nous avons découvert la beauté des autres cultures ≫, confiait Marco, son porte-parole, tout juste 17 ans.
A leurs côtés, Yasmina, 21 ans, avait pour l’occasion choisi un voile aux couleurs des étoiles. ≪ Je suis italienne et marocaine, et je suis ici aussi pour représenter la cohabitation et le multiculturalisme. L’important c’est de rester unis. Je demande aux jeunes d’être lucides, de s’engager ≫, a-t-elle déclaré. S’engager pour la renaissance d’une Europe au visage plus humain, c’est ce que demandaient ces jeunes venus défendre, dans la Ville éternelle, l’esprit des pères fondateurs.
A quelques kilomètres de là, au pied du château Saint-Ange, une quarantaine d’ONG s’étaient rassemblées contre l’Europe des murs, symbolisée par des personnes en cage, des sacs mortuaires alignés sur la rive du Tibre où des gilets de sauvetage avaient été jetés. Objectif : envoyer un message aux dirigeants européens. ≪ La société civile européenne se mobilise aujourd’hui pour dire non aux politiques migratoires des murs, des fils barbelés, et surtout demander aux dirigeants européens de traiter ce thème des migrations avec plus d’humanité ≫, a ainsi expliqué François Dumont, porte-parole de Médecins sans frontières, à notre envoyée spéciale à Rome, Béatrice Leveillé.
Greenpeace, No Border, mais aussi Amnesty International s’étaient associés à cette manifestation. ≪ L'Europe qu'on veut c'est une Europe qui revienne à ses valeurs constitutives : le respect et la protection des droits humains ≫, a insisté l’un de ses porte-paroles.
フランス語
フランス語の勉強?
サンデーモーニング【籠池喚問▽北朝鮮侍ジャパン惜敗の裏側▽快勝W杯▽風をよむ】
籠池喚問で疑惑晴れず 昭恵夫人のメール公開 官僚はどう動いた?▽どう向き合う北朝鮮▽侍ジャパン惜敗の裏側▽快勝W杯▽最年長で表彰台▽稀勢の里▽風をよむ
この一週間をフラッシュでお伝えする「早わかり一週間」▽世界と日本の出来事を掘り下げるカバーストーリー▽おなじみ・スポーツ御意見番「喝!&あっぱれ」▽関口宏の「一週間」ニュース▽時代と社会の断面を切り取るコーナー「風をよむ」
関口宏 岸井成格(他) 橋谷能理子 唐橋ユミ 伊藤友里 水野真裕美(TBSアナウンサー) 張本勲(他)
■番組HP http://www.tbs.co.jp/sunday/ ■ツイッター @sundaym_tbs https://twitter.com/sundaym_tbs

サンデー・ジャポン【籠池氏証人喚問の主張…真相独自取材▽山本裕典…事実上解雇】
籠池氏証人喚問の主張…真相独自取材!▽姫路こども園…給食実態▽山本裕典…事実上解雇▽アキラ100%直撃▽宇多丸!石出奈々子!
爆笑問題(太田光・田中裕二) テリー伊藤 デーブ・スペクター 西川史子 細野敦 吉田明世(TBSアナウンサー) 杉村太蔵 ナジャ・グランディーバ ライムスター宇多丸石出奈々子 藤田ニコル 加藤紗里 アキラ100% ・ 堀田茜
◇番組HP http://www.tbs.co.jp/sunjapo/
テレメンタリー 「動物園が消える」
世界でも屈指の施設の数といわれる動物園大国・日本。その多くが悩んでいる問題がある。動物の高齢化だ。結果、国内の動物の数は減り続けている。動物園を維持するためにも、海外から新たな動物を手に入れる必要がある。しかし、そこには価格高騰など大きな壁があった。多くを地方自治体が運営する日本の動物園。
危機を脱し未来に残すことはできるのか。愛媛県立とべ動物園の現状などを通して動物園の今を描く。
島本須美 愛媛朝日テレビ

『ガリレオX』第145回「銅は文化なり 電線からIoT、そして将来」
鉄に比べるとやや地味だが、実は「銅」は人類が初めて利用した金属で、銅利用の歴史はほとんど人類史と重なると言っていい。近100年でみると、銅は電線などの社会インフラを支えるのに欠かせない金属であった。これからは、電子データの運び手として、情報社会をさらに発展させるための需要が高まっていく。電気と電子情報が世界中に張り巡らされ、コンピュータやロボットが日常生活にも急速に普及している現在、そして未来の世界において、銅は重要な金属材料であり続けるだろう。 この100年で培われた銅の精錬技術と、最先端の銅加工技術を追いかけ、「銅」の素顔を改めて探っていく。
澤村 一郎 さん(JX金属) 所 千晴 さん(早稲田大学) 安田 豊 さん(パンパシフィック・カッパ− 佐賀関製錬所) 竹林 一彰 さん(パンパシフィック・カッパ− 佐賀関製錬所) 堀江 周 さん(パンパシフィック・カッパ− 佐賀関製錬所) タツタ電線 タツタテクニカルセンター
NHK短歌 短歌de胸キュン 題「鍵」
初心者向け短歌講座「短歌de胸キュン」。新年度の出演枠を賭けて六義園で短歌勝負。あっと驚く大型新人も参戦。果たして勝ち残るのは誰か。選者 栗木京子、司会 井戸田
栗木京子,【出演】スピードワゴン,小島よしお,村上健志,カン・ハンナ,星野真里,【声】中道美穂子
NHK俳句 俳句さく咲く! 題「ぶらんこ」
初心者向け俳句講座。今回の題は「ぶらんこ」。俳句では「ふらここ」「鞦韆(しゅうせん)」「半仙戯」など色々な呼び方がある。小島健、石田明、ミッツ・マングローブほか
小島健,【出演】石田明,ミッツ・マングローブ,ボビー・ジュード,楠世蓮,【声】四本木典子

ハートネットTV 生きるためのテレビ “自死遺族”の声から
ハートネットTVで去年から放送している「生きるためのテレビ」。「死にたい」「生きるのがつらい」という思いを抱えた若者たちと語り合ってきました。これまでに寄せられた反響のメールは1000通以上。その中には、家族や大切な人を自殺で亡くした人たちからのメールも少なくありません。今回の「生きるためのテレビ」は、そうした“自死遺族”の声に向き合います。
「あの時声をかけていれば」と自分を責めてしまったり、自殺で亡くなったことを誰にも言えず孤立してしまったり…。うつ病やPTSDを発症し、「自分も死にたい」と思い詰めてしまうことも多いのです。スタジオに、番組にメールをくれた人たちに来てもらい、その思いにじっくりと耳を傾けます。また、現在広まりつつある自死遺族のための支援についても紹介しながら、大切な人の死とどう向き合い、生きていけばいいのかを考えていきます。
柳田 邦男さん(ノンフィクション作家) 久保 純子さん(フリーアナウンサー) 杉本 脩子さん(NPO全国自死遺族総合支援センター・代表) 山田 賢治アナウンサー

絆〜走れ奇跡の子馬〜 | NHK 特集ドラマ
前編のあらすじ
伝統ある馬の祭典「相馬野馬追」を守り、人と馬が共生してきた福島県南相馬市で松下雅之は、祭りに背を向け、競走馬を作る夢を捨てられずにいた。そんな父に娘の将子は呆れていた。そんな松下家を東日本大震災が襲う。牧場は破壊され、長男の拓馬の命が奪われた。悲しみに暮れる母の佳世子ら家族に残されたのは、拓馬の命と引き換えに産まれた子馬リヤン。息子が命を懸けて救ったリヤンを守ろうとする雅之と将子だが、次々に厳しい現実が突き付けられ…。
後編のあらすじ
雅之と将子が必死に育てた甲斐あって、リヤンは立派に成長していく。二人は本気でリヤンを競走馬にしたいと考えるが、佳世子は反対する。震災から1年以上経っても町は復興しておらず松下家の生活も限界だったからだ。だが雅之は頑として譲らずリヤンを育成する牧場を探す。震災で被災したリヤンはどの牧場も受け入れてくれない。それでも雅之は諦めない。やがて、津波に襲われボロボロになった松下家の牧場を再生させるべく、荒れ果てた土地を一人耕し始める…。

NHKスペシャル シリーズ東日本大震災 避難指示“一斉解除”〜福島でいま何が〜
福島第一原発事故から6年。避難指示が出されていた地域は大きな転機を迎える。“帰還困難区域”を除く大部分の地域で、避難指示が一斉に解除される計画なのだ。「住民が帰るための環境が整った」と国が判断したためで、これにより原発事故で立ち入りが制限された区域の7割が地図上から消えることになる。
しかし、現場では様々な問題が取り残されたままだ。今回、避難指示が解除されるのは、これまでと比べて格段に放射線量が高かった地域。未だ点在するホットスポット、営農再開を阻む除染廃棄物の山、にも関わらず打ち切られていく東京電力からの賠償・・・。帰る条件が整っていないと訴える住民も少なくない。一方の自治体は、これ以上避難が続くと帰還意欲が失われ、町が消滅するという危機感から避難指示解除を急いでおり、両者の溝が深まっている。
また、既に避難指示が解除された自治体も復興への道は見通せていない。住民の帰還は思うように進まず、コンパクトタウン建設など、復興の切り札としてきた事業も大幅に遅延している。その原因を探ると、原発に依存してきた地域が抱える構造的な問題が見えてきた。
放射能で汚染された広大な地域を除染し、人が戻るという世界でも先例のない“帰還政策”。いま現地で何が起きているのか。原発事故からの復興に苦闘する現場を見つめる。

バリバラ「第6回SHOW−1グランプリ・後編」
マイノリティーのお笑い日本一を決める「第6回SHOW−1グランプリ」。全国から予選を勝ち抜いた9組が王座を奪いあう。前編は優勝候補のあそどっぐと、第3回チャンピオンの万次郎が1位を競い合い、波乱の展開に。後編では、初参加のパフォーマーが、見たこともない笑いを巻き起こす。2大会連続王者に輝いたTASKEも登場、3連覇をねらう。果たして第6回王者の座は誰の手に?
ロッチ、IVAN、白鳥久美子 山本シュウ, IVAN,ロッチ,白鳥久美子, 玉木幸則, 岡本真希

こころフォトスペシャル「あの日から6年…いま伝えたいこと」
震災で大切な人を失った家族を取材、亡き人へのメッセージをお伝えしてきた『こころフォト』。あの日から6年、少しずつ歩みを進める家族。「いま伝えたいこと」とは…。
【ナビゲーター】鈴木京香,【語り】大沢たかお
『こころフォト』では、東日本大震災で大切な人を亡くした家族のメッセージをお伝えしてきました。これまでに寄せられたメッセージは500以上。そこにあるのは、今も心の中に生き続ける大切な人の姿です。悲しみを抱えながら少しずつ歩みを進める人、まだ時が止まったままの人。それぞれが亡き人へ送る「いま伝えたいこと」とは…。亡き人へのメッセージとともに、震災発生から6年を迎えた家族の思い、被災地の今をお伝えします

NHKスペシャル 私たちのこれから #認知症社会〜誰もが安心して暮らすために
高齢化時代は、認知症時代!?多くの人にとって切実な問題となっている認知症。一方で、介護人材の不足が続く日本。団塊の世代が、75歳以上になる2025年、専門家は認知症が原因のトラブルや事故が多発する新たな局面を迎えると警告しています。一方、異変を早期に見つけ、適切に対応すれば発症を遅らせたり、重症化を防いだりできることもわかってきました。今、何をすべきか。誰もが安心して暮らせるための方策を探ります。
藤田保健衛生大学助教…新見芳樹,国立長寿医療研究センター部長…近藤克則,淑徳大学教授…結城康博,虎の門病院認知症科部長…井桁之総,認知症介護研究・研修東京センター…永田久美子ほか

ドキュメンタリーWAVE「ホームレス大学生〜アメリカ カリフォルニアからの報告」
カリフォルニア州立大学では衝撃の調査結果が発表された。学生の10人に1人がホームレス生活を経験し、日々の食べ物にも困窮しているというのだ。日中は授業やアルバイトをこなし、夜は構内の人目につかない場所やシェルターに寝泊まりし、友達は作らない。背景にあるのは授業料や生活費の高騰だ。就職のために大学に入学し、ホームレスを続ける悪循環。ホームレス大学生の日々を見つめ、若者たちに広がる隠れた貧困の実態に迫る

日曜日です.最近忙しかったので今日は部屋でのんびりします.とはいえ録画してみていない番組がたまっているのでそれを見ます.
震災関連の番組が多く,いろいろ思い出して悲しくなってしまいます.仕方ありません.

岩沼の復興願って 応援職員が植樹
 東日本大震災の復旧・復興業務のため全国から岩沼市に派遣され、離任する応援職員が24日、津波よけや避難丘として市が造成中の「千年希望の丘」で記念植樹をした。
 本年度の応援職員29人のうち、有志24人の募金で費用を工面。16人が植樹に参加し、オオシマザクラとハコネウツギ、オオデマリの3本を植えた。
 植樹に駆け付けた熊谷良哉副市長は「一人一人の手で植えられた緑の防潮林。自分たちが作ったと覚えていて、地元に戻ってからもその思いを伝えてほしい」と願った。
 福岡市から派遣され、かさ上げ道路の整備などに当たった土木課の池上周作さん(41)は「担当したかさ上げ道路がずっと岩沼を守ってくれるようにと願う。植えた木はその岩沼を見守るよう強く、元気に育ってほしい」と話した。


被災地生まれのヒツジ 初めて誕生
 東日本大震災で被災した岩沼市沿岸部の景観改善などを目的に、市が整備を進めているヒツジ牧場で、被災地生まれのヒツジが初めて誕生した。近日中にもう1匹生まれる予定で、ヒツジ牧場は春の出産ラッシュに沸いている。
 誕生したのは雄の赤ちゃんで、市の委託を受けた公益社団法人青年海外協力協会(東京、JOCA)の職員が17日早朝に確認した。午前7時には赤ちゃんの体毛が乾いていたことから、16日深夜から17日明け方に生まれたとみられる。
 母親の「萩」ともども健康状態は良好で、誕生から1週間たった24日は飛び跳ねるなどして活発に動いている。カラスや野生動物に狙われる可能性もあるため、現在、母子の居場所は防獣ネットで覆われている。JOCAは生後1カ月をめどに市民らへの公開を検討している。
 赤ちゃんの誕生で牧場のヒツジは11匹に増えた。飼育担当の一人、宮岸誠さん(32)は「無事に生まれて良かった。この子をきっかけに岩沼を訪れる人が増えれば」と期待する。


<一関仮設住宅>出会えた絆これからも
 東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市からの避難者が住む岩手県一関市室根町の応急仮設住宅団地で25日、自治会を解散するお別れ会があった。同市千厩町での自治会解散に続き、気仙沼市の被災者を支えた地域活動が役割を終えた。
 集会所で開かれた「折壁あすなろ自治会」のお別れ会には入居者のほか、気仙沼市の災害公営住宅などに移った住民約20人が参加。総会で解散を正式に決め、昼食などを楽しみながら笑顔で交流の継続を誓った。
 96戸のうち現在の入居世帯は26戸。さらに帰還が進むことから解散を決めた。当面、仮設住宅での生活が続くという役員の松村玲子さん(60)は「震災からの6年で絆を強くした。帰る土地でも新しい交流を築いてほしい」と話した。
 2012年4月から1年間、自治会長を務めた清水章さん(70)は「震災がなければ会うこともなかった人たち。いろんな支えで無事に6年間を過ごせた」と振り返った。


雄勝地区唯一の青果店が閉店
東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた石巻市雄勝地区で、震災のあとに営業を続けてきた唯一の青果店が、復興の遅れなどを理由に店を閉め、地元の人たちが閉店を惜しみました。
閉店したのは、石巻市雄勝地区の仮設商店街にある青果店、「八百清」で、26日は、店主の佐藤美千代さん(67)が小学生の孫たちと店を閉める作業を行いました。
佐藤さんは、6年前の震災の津波で自宅を兼ねる店舗が流され、海に近い仮設商店街で、地区で唯一の青果店として営業を続けながら、集団移転先の高台での再建を目指してきました。
しかし、雄勝地区の人口は震災の前の4分の1に減り、売り上げは、1日数千円にとどまることも少なくない中で、おととし、店を一緒に切り盛りしてきた夫を病気で亡くしました。
さらに、集団移転先の高台の整備は復興の遅れでメドが立っていないことから、佐藤さんは店を閉める決断をしました。
佐藤さんは、最後にみずから店の看板を外して、青果店の46年の歴史に幕を下ろしました。
佐藤さんは、「地元の皆さんに支えられ営業を続けられましたが、人口が戻らず厳しかったです。『震災さえなければ』とか、『もっと復興が早ければ』と思いますがもう限界でした」と話していました。
26日は地元の常連客の人たちが佐藤さんをねぎらおうと訪れ、閉店を惜しみ、高台で年内に住宅を再建する68歳の女性は、「地元の人たちがようやく地元に戻り生活を始める中、青果店がないのは困りますが、一生懸命頑張ってきたのでお疲れ様でしたと伝えたい」と話していました。


内陸避難者の住宅 入居前からつながりを
 東日本大震災後、内陸で避難生活を送る被災者向けの災害公営住宅整備の動きが本格化している。県などはニーズを踏まえ、盛岡、花巻、遠野、北上、奥州、一関市に計291戸の整備を予定。先月には、建設地が決まった5団地の仮入居募集を行った。
 古里に戻りたいが、仕事や子どもの学校のことを考えれば今の生活を変えたくない…。悩んだ末に内陸定住を決断した避難者にとって、今後の生活の見通しが具体的に目に見えるようになってきたことは大きいだろう。
 だが、新たな不安もある。隣には誰が住むのか、地域の人とどうお付き合いすればいいのか。沿岸部でも災害公営住宅入居者の自治組織づくりが模索されているが、沿岸各地からばらばらに内陸へ避難している住民にとって、不安はより一層大きいはずだ。
 入居者同士、そして入居者と地域住民のつながりづくりに向け、県、市、NPOなど民間団体が密接に連携し、息の長い支援が欠かせない。特に震災6年を経て、ボランティア活動が先細りの現状だけに、各支援団体はギアを入れ直してほしい。
 盛岡市のもりおか復興支援センターは先月、先進事例に学ぶ講演会を開き、市内の災害公営住宅入居希望者や地元町内会長らが参加。今後の展望を共有する上で有益な機会となった。
 仙台市のあすと長町第三復興公営住宅自治管理組合会長の飯塚正広さんらが、コミュニティーづくりに苦闘した経験を踏まえ、早くから入居予定者が定期的に顔を合わせ、外部支援団体の協力も得ながらつながりづくりを進める必要性を提唱した。
 意見交換では、もりおか復興支援センタースタッフが建設予定地周辺のバス停や学区などを紹介。入居者と地域とのつながりづくりへ「入居者が災害の教訓を伝える語り部活動をすることで、地域全体の防災力が高まるのではないか」などのアイデアも飛び出し、参加者から「心構えができた」などと好評だった。
 交通の便、共益費、ペットの問題など入居希望者の不安は多い。各地の住宅建設地でも、早い段階から座談会や食事会、先進事例の勉強会などを積み重ねることで、不安の軽減に努めてほしい。
 つながりが必要なのは被災者だけではない。全国の都市部で町内会活動など既存のコミュニティーの衰退が進む中、ひきこもりの長期化、独居高齢者の孤独死などが社会問題化している。
 その意味で、身近に災害公営住宅ができることは、地域福祉を充実していく好機だ。沿岸部の実践にも学びつつ、新たなつながりづくりへ官民が知恵を絞りたい。


<原発避難いじめ>「福島帰れ」女児にたばこの煙
 東京電力福島第1原発事故後に福島県から千葉県に家族で避難した高校2年の女子生徒(17)が25日、共同通信などの取材に応じ、小学6年だった2011年に、転校先の小学校で行事の際、同級生の母親からたばこの煙を顔に吹き掛けられ「福島に帰れよ」と言われるなどのいじめを受けたと明らかにした。
 同級生の男児にも「福島の人と一緒の学校は嫌だ」「被ばく者と同じ意見だと嫌だ」などと言われたという。女子生徒の父親(49)も、11年に別のきょうだいの授業参観に出席した際、保護者から「福島に帰れ。何しに来たんだ」とやじを浴びせられたと同日証言した。
 女子生徒は12年、千葉県内の別の小学校に再転校。家族は、福島から避難したことを他の同級生に伝えないよう学校や教育委員会に依頼した。女子生徒は再転校後、親しい友人以外には福島出身を隠しているといい「福島のいいところを言いたいが、いじめを受けたくない」と話した。
 避難者が国と東電に損害賠償を求めた千葉県の集団訴訟の原告のうち、弁護団によると、女子生徒を含めた3世帯の子どもがいじめに遭ったことが判明した。


<避難指示解除>帰還人口1〜5割か
 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が4月1日までに解除される福島県富岡町、浪江町、飯舘村の帰還困難区域を除く全域と川俣町山木屋地区の帰還者が、事故前の人口の1割強〜5割弱にとどまる見通しであることが、復興庁の意向調査を基にした推計で分かった。なりわい再生や交流人口の拡大など、人口維持に向けた解除後の取り組みが地域存続の鍵を握ることになる。
 復興庁の意向調査は昨年8月〜今年1月、各町村の避難指示区域内の住民を対象に実施。避難指示解除後、元の町村に戻るかどうかなどを聞いた。
 帰還人口は河北新報社が独自に推計。復興庁のアンケート結果を基に、(1)「戻りたい」と回答した全てが帰還する(2)「戻りたい」の全てと「まだ判断がつかない」と回答した半数が帰還する−の二つの想定で試算した。結果は表の通り。
 4町村のうち、「戻らない」の割合が最も高い57.6%だった富岡町の場合、帰還者は(1)の想定で2169人、(2)の想定では3891人。原発事故前の人口と比べ、13.7〜24.6%にとどまった。
 双葉郡で最も人口が多かった浪江町は「戻りたい」の割合が17.5%だった。避難指示解除後の人口は(1)3224人(2)5821人と推計され、いずれも事故前の3割に届かなかった。
 内陸部の飯舘村と川俣町山木屋地区は、「戻らない」が3割ほどで、帰還を望む住民の割合が比較的高い。(2)のケースで事故前の人口と比較した場合、飯舘村が40.9%、山木屋地区が46.8%となった。
 各自治体は、帰還者に加え、企業誘致などを通した転入者の増加も見込んで避難指示解除後の人口ビジョンを策定している。
 富岡町は町外からの移住者も含め、2019年度末の居住人口目標を3000〜5000と設定する。町企画課は「町を成り立たせるためには、町外からの人の流れが必要。まずは町に関心を持ってもらい、交流から参画につなげたい。定住に結び付けるために働く場の基盤づくりを進める」と展望を描く。
 浪江町は35年の目標人口を8000に設定。解除直後の帰還者(4000人)は自然減で3100人に減るものの、新産業従事者として1500人が定住し、3400人の町民が新たに帰還する−というシナリオだ。町は「雇用創出や教育環境の充実で町内に向かう人の流れをつくりたい」としている。


核禁止条約  被爆国が背を向けるな
 核兵器を非合法化し、廃絶を目指す核兵器禁止条約の制定に向けた交渉があす27日、米ニューヨークの国連本部で始まる。
 非人道的な核兵器の廃絶に国際社会が向き合う歴史的会議であり、「核兵器なき世界」へ重要な第一歩を踏み出すことを歓迎したい。だが、この交渉に安倍政権は慎重な姿勢を崩さない。唯一の戦争被爆国である日本が核廃絶を希求する世界の潮流に背を向けてはならない。
 核兵器の開発や実験、保有、使用を全面禁止する条約は、国際司法裁判所が1996年、核兵器は「国際法や人道法に一般的に反する」と勧告的意見を出したのに端を発する。条約の交渉入り決議が昨年12月、国連総会で113カ国が賛成して採択された。交渉会議は今月と6〜7月に予定され、今秋にも条約案がまとまる可能性がある。
 米国やロシアなど核保有国は決議に強く反発した。核抑止力や国際的な安保体制を損ねるとの主張だ。米国の「核の傘」の下にある日本も追従し、反対に回った。多くの非核保有国や被爆者から強い失望や批判を浴びたのは残念極まりない。
 交渉会議は、理想論とやゆされてきた核廃絶を具現化していく転機になる。核兵器の非人道性を訴える上で、日本は重要な役割を期待されているのに、米国の顔色をうかがうばかりで、先月の準備会合にも出席しなかった。後ろ向きな姿勢を各国に強く印象づけたに違いない。
 日米同盟重視の安倍政権は、「核の傘」へ傾斜を強める。北朝鮮の核・ミサイル開発など安全保障上の脅威に直面するとはいえ、日本がどんな立ち位置をとるのか、重大な選択を迫られている。共同通信の世論調査で7割以上が交渉会議に参加すべきだと答えた。圧倒的な支持は、核廃絶に向けた日本の役割を強く求める民意と言える。
 そもそも新たな条約制定の背景には、米ロなど核保有五大国が主導してきた核拡散防止条約(NPT)体制での核軍縮の停滞がある。五大国は特権的な核保有による抑止力を安保政策の軸に据え続け、核軍縮は一向に進展しない。一方で核の脅威は南アジアや中東、北朝鮮へと拡散し、破滅的な結果を招きかねない。その悪夢から人類を救う手だては核廃絶以外にない。
 トランプ米政権は核戦力拡大に積極的な姿勢を示し、交渉会議に「激しい嫌悪感」を表明。核保有国として唯一、交渉参加を検討していた中国も見送りを決めた。これではせっかくの核軍縮の機運が後退しかねない。
 核保有国が参加しない中、禁止条約を作っても意味がない、核保有国と非核保有国の分断がさらに深まる−といった見方も根強く、道のりは険しい。それでもお手本がある。99年に発効した使用、保有、製造を禁じる対人地雷禁止条約だ。非政府組織(NGO)の提唱がきっかけとなり、米ロ中などは難色を示したが、条約制定にこぎ着けた。
 交渉会議がすぐに核廃絶につながるかどうか楽観できない状況ではあるものの、「核兵器なき世界」へ確かな道筋を探る踏み台としなければならない。被爆国である日本の責任は重い。


北海道新幹線開業1年 課題克服し全道に効果を
 北海道新幹線の新青森―新函館北斗間開業から、きょうで1年になった。
 道南で当初見られた開業効果は年明けから息切れしているようだ。ホテルの稼働率も鈍っている。
 2年目に入れば、“特需”に大きな期待をかけるわけにはいくまい。真価が問われる正念場はこれからだ。
 この1年で見えてきた課題は少なくない。JR北海道や道、経済界はその一つ一つと真摯(しんし)に向き合い、解決を図る。それが、新幹線のメリットを全道に広げることになる。
 一層の知恵と工夫を求めたい。
夏は混雑、冬は閑散
 開業から今年2月末までの1日の平均乗客数は6500人と前年の在来線実績より7割増え、当初見込みも3割上回った。安全上の目立ったトラブルもなく、順調な滑り出しと言えるだろう。
 ただ、平均乗車率は33%にとどまっている。これが1年目の現実である。
 乗車率が最高の48%に達した昨年8月は、函館周辺ではホテルも観光施設も潤った。ところが、その熱気は冷め、閑散期と重なった今年1、2月の乗車率はともに最低の19%に落ち込んだ。
 理由の一つは、利用者の地域的な偏りだろう。
 満席で東京駅を出た新幹線は、仙台や盛岡で多くのビジネス客を降ろす一方、乗り込む客は多くはない。北に進むにつれて、空席が目立つ。
 期待された北関東や南東北での集客が思惑通りに伸びていない。
 ならば、この地域の乗客を増やすために、開業前から要望の強かった栃木県の宇都宮駅などに停車するよう、JR東日本に働きかけることも一案だ。
 同時に取り組まねばならないのは青函観光の魅力アップである。
 函館市は、青森市など青森県内の3市と外国人客の誘致強化などに乗り出している。
 渡島管内七飯町の企業が青森県のホテルを買収し、青函ツアーを企画したという例もある。
 とはいえ、そうした試みが大きく広がっているわけではない。
 津軽海峡両岸の自治体や経済界がもっと連携を強め、アピール力を発揮してほしい。
 もう一つ望みたいのは、函館―青森間の利便性向上だ。現状の乗り継ぎダイヤではスピードアップの恩恵もなく、通常料金も高い。
 これでは肝心の地元の利用率は伸びない。JR北海道は、沿線住民向けに期間限定の大幅な割引を予定しているが、さらに一歩踏み込み、JR東日本とともにダイヤ上の工夫にも取り組むべきだ。
道東北にも誘客図れ
 道東、道北を含む各地に旅行者を誘導することも、2年目の大きな課題となる。
 新幹線で北海道入りした観光客の多くは、函館周辺を中心とする道南にとどまっている。
 函館周辺からの2次交通を巡っては、後志管内ニセコ地区との間のバス運行、稚内、中標津両空港とのチャーター便など、さまざまな取り組みがなされてきた。
 1年目は手探り状態だったようだが、2年目は経験を生かしてアクセス改善に努めてほしい。
 旅行商品にも工夫が求められる。たとえば往路は新幹線、復路は道東発の飛行機にしたりすることで、北海道の多様な魅力を提供できよう。
 新幹線自体の能力アップにも期待したい。
 東京―新函館北斗間の4時間切りを、青函トンネル内のスピードアップなどで実現できないか。安全第一を前提に検討を進めてほしい。2030年度とする新幹線の札幌延伸の前倒しも望まれる。
鉄道網を維持せねば
 この1年、JR北海道は明と暗に揺れた。
 春から夏にかけては新幹線で脚光を浴びる一方、秋には経営悪化を理由に、同社単独での維持が困難な路線が全道の鉄路の半分に及ぶことを明らかにした。
 維持困難路線には、広大で美しい景観や食材の豊かさといった観光資源を持つ道東や道北の鉄路が含まれている。
 こうした路線が廃止に追い込まれれば、新幹線効果を全道に広げることなどできはしまい。
 北海道新聞社の世論調査では、道民の70%は新幹線に「乗ったことはないが、今後乗ってみたい」と回答している。鉄道網が廃止されれば、こうした潜在的な需要も呼び込みにくくなる。
 JRは個別の路線の採算性だけにとらわれず、より広い視野から各路線の価値を見直すべきだ。
 全道を見渡す立場にある道の役割は重い。
 新幹線を生かす意味でも、鉄道網の維持をどう図るのか。具体的な方策を検討してほしい。


「辺野古」反対集会 屈しない決意の表明だ 知事の撤回明言を評価する
 時折小雨が降る中、主催者発表で3500人を超す人々が集まった。米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設に反対し、工事の即時中止と建設の断念を求める米軍キャンプ・シュワブゲート前の集会は熱気に包まれた。
 知事就任後、初めて辺野古の集会に参加した翁長雄志知事はあいさつで、埋め立て承認について「撤回を力強く、必ずやる」と述べ、撤回することを初めて明言した。工事を止めるための行政決断に踏み切ることの表明である。高く評価したい。
民意に背く基地建設
 沖縄からどんなに反対の意思を示しても、国は一顧だにすることなく、新基地建設の方針を変えない。その強硬な姿勢は強大な権力の横暴さを如実に示すものだ。恐怖すら感じる。
 集会で翁長知事は現在の国の姿勢について「占領下の銃剣とブルドーザーとまったく同じ手法で、あの美しい大浦湾を埋め立てようとしている」と批判した。米統治下の沖縄では米軍が住民を銃剣で脅し、ブルドーザーで家屋を押しつぶして基地建設を強行した。
 知事が当時の米軍と現在の政府の姿を重ねたのは極めて妥当だ。集会に多くの人々が集まったのも、国の姿勢に対する強い危機感の表れだ。繰り返し集会を重ねなければ、反対の声はなかったことにされてしまう。こうした切迫した思いで各地から人々が集まったはずだ。
 この1年、国は沖縄の民意にまったく耳を傾けることなく、やみくもに基地建設へと突き進んできた。昨年3月4日、辺野古代執行訴訟の和解が成立し、県と国が「円満解決に向けた協議を行う」ことになり、工事はいったん中断した。しかし国はその3日後、知事の埋め立て承認取り消しを取り消すよう求める是正指示の文書を県宛てに発送した。
 協議を始めることなく、工事再開に向けた手続きを優先させたのだ。明らかに和解に背く行為だった。
 その後、国は県が是正指示に応じないとして不作為の違法確認訴訟を提起した。そして最高裁が12月20日に県敗訴の判決を下した。
 敗訴確定を受けて県は同26日、埋め立て承認取り消しを取り消した。判決に従うため、苦渋の選択をせざるを得なかった。
 すると国は翌27日に工事再開に踏み切った。これまでにコンクリートブロック247個を海底に投下した。汚濁防止膜の設置も進め、4月にも護岸工事に着手することにしている。
踏みにじられる人権
 新基地建設だけではない。この1年だけでもさまざまな米軍基地に起因する事件事故が起きている。昨年4月、元海兵隊員で米軍属の男が女性を乱暴目的で暴行を加えて殺害する事件が起きた。
 12月には米海兵隊垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが名護市安部集落の海岸に墜落した。今年3月には米軍ヘリがつり下げていたタイヤが落下する事故が起きている。これで県民がどうやって安心して暮らせるというのか。
 集会決議文にはこうある。
 「私たち県民は強く訴える。国民の当然の権利である生存する権利を、自由および幸福追求の権利を、そして法の下の平等を」
 米軍基地の存在が国民としての当然の権利を踏むにじってきた。そしてさらに新たな基地が造られようとしている。
 大多数の県民が辺野古移設を受け入れられないと思うのは当然ではないか。
 約5カ月の長期勾留を経て保釈された沖縄平和運動センターの山城博治議長がこう述べた。
 「どんなに権力が襲ってきても、われわれは屈しない。県民は屈しない」
 参加者は盛大な拍手で呼応した。今後も県民挙げての「屈しない」取り組みは続く。正義は県民の側にある。


[埋め立て承認撤回へ]重い決断が状況変える
 翁長雄志知事は25日、就任以来初めて、新基地建設に反対する名護市辺野古の大規模な集会に参加した。
 小雨降るなか、各地から参加した約3500人(主催者発表)を前に、翁長知事は「あらゆる手法で撤回を必ずやります」と、埋め立て承認の撤回に踏み切る考えを初めて明言した。
 新基地を造らせないため、退路を断って、強い決意で取り組むことを改めて宣言したのである。
 沖縄防衛局の海上工事が進めば進むほど、現地で抗議行動を続ける市民の中から「知事はなぜ撤回をしないのか」と不満の声が高まっていた。
 承認撤回に踏み切れば政府が撤回を無効化するための法的措置を取るのは確実で、市民団体と県の間に生じた距離感を放っておけば深刻な亀裂に発展しかねない。
 熟慮を重ねてきた知事はここにきて、局面打開に打って出ることを決意した。
 さらに翁長知事はこの日、もう一つの重要なメッセージを発信した。「きょうを期して、これから新しい闘いが始まる」「(闘いは)新しいページに入った」と強調したのである。
 参加者を鼓舞するように、同じ趣旨のことを島くとぅばでも語りかけた。
 「なまからる、やいびーんどー」
 知事メッセージの背景にあるのは政府に対する根深い不信感だ。多くの県民が「差別的扱い」を実感し、政府不信を募らせている事実こそが、強引な基地建設が招いた真の危機というべきである。
■    ■
 3月末に更新期限を迎える「岩礁破砕許可」について、政府は「地元漁協が漁業権を放棄したため、再申請は不要」と判断し、沖縄県に再申請しない方針を決めた。
 埋め立て工事をスムーズに進めるため、水産庁は新基地建設を最重要視する官邸の意向に従い、従来の法解釈を一方的に変更し、県の権限を「無力化」したのである。
 「日本は法治国家」だと県の対応を批判してきた菅義偉官房長官に対し、翁長知事は県民集会で「法治国家ではなく放置国家だ」と強く批判した。
 政府の狙いは、埋め立て工事を着実に進め、来年1月の名護市長選までに「後戻りのできない現実」をつくり出すこと。来年11月の県知事選の段階までに「辺野古は終わった。選挙の争点にはならない」という状況をつくり出すことである。現実を既成事実として受け入れ、「仕方がない」と基地建設を認めていくのか、それとも沖縄の未来をかけて踏ん張り、別の新たな現実を自らつくり出すのか。県民が問われる局面がきた。
■    ■
 約5カ月の勾留のあと、18日に保釈された沖縄平和運動センターの山城博治議長は、集会が始まる前にあいさつした。「どのような暴力を振るわれても、県民の誇りある心を折ることはできない」
 辺野古問題は重大な局面にさしかかっている。県民が今の選択を誤れば、子や孫の世代に影響し、将来世代の自治と自己決定権を制約する結果になるかもしれない。


証拠FAXに官邸激怒 元夫人付の谷査恵子氏“国外追放”情報
 森友学園に問題のファクスを送付した女性官僚・谷査恵子氏の身辺がにわかに騒がしくなっている。
 谷氏は1998年に経産省入省。13年から15年末までの3年間、「内閣総理大臣夫人付」として昭恵夫人を支えた。16年からは中小企業庁の経営支援部で連携推進専門官に就いていた。
 ファクスの存在について、24日の集中審議で質問された菅官房長官は「1週間ほど前に全体の話を聞いて、その後すぐ籠池理事長に送ったファクスを谷氏から入手した」と説明したが、内情は違うようだ。
「証人喚問での籠池理事長の発言で、問題のファクス文書が保存されていることが分かり、対応に追われた。官邸もまったく把握していなかったのです」(官邸担当記者)
 先に公開してしまった方がダメージが小さいと考えたのか、菅は23日の定例会見で記者にくだんのファクスを配布。よほど慌てていたとみえて谷氏のメールアドレスや携帯番号などの個人情報が示されたままだった。後で黒塗り版を配布し直すという失態について、菅は「不注意だった」と答弁したが、本当に文書を1週間前に入手していたなら、個人情報の扱いに配慮する時間は十分あったはずだ。
「もちろん総理もファクスの存在を知らなかった。激怒して、谷さんを呼び出し、怒鳴りつけたと聞きます。しかし、彼女の一存で勝手にやった話ではないことくらい政界関係者なら誰でも分かる。昭恵夫人に怒鳴るならともかく、ノンキャリの彼女にすべてを負わせるのはあまりに酷です」(自民党関係者)
■まるで霞が関版「沈まぬ太陽」
 安倍首相の怒りはすさまじかったそうで、「逆鱗に触れた谷氏の左遷情報がすぐさま霞が関を駆け巡った」(総務省キャリア)という。「4月1日付でアフリカの大使館付の駐在員に飛ばされる」「いや、南米らしい」などと臆測情報が飛び交っている。
 元外交官の天木直人氏が言う。
「官僚の“口封じ”に外務省を使うのは、確かに都合がいい。実際、経産省から大使館への出向はないことはありません。しかし、ことがノンキャリ女性となると異例中の異例。本当にそんな人事をすれば、官邸自ら情報隠蔽を認めたも同然で、それこそ大スキャンダルです」
 事実関係について経産省に問い合わせたところ、「現段階では、そういう情報はございません」(官房広報室)とのことだった。
 主人公がアフリカに飛ばされる山崎豊子の小説「沈まぬ太陽」が思い出される。昭恵夫人に尽くした谷氏も、安倍官邸にとってはしょせん“トカゲの尻尾”なのか。


森友、首相説明納得できず62% 共同通信世論調査
 共同通信社が25、26両日実施した全国電話世論調査によると、大阪市の学校法人「森友学園」の国有地払い下げ問題に絡み、安倍晋三首相が昭恵夫人を含めて関与を否定していることに「納得できない」とする回答が62.6%だった。「納得できる」の28.7%を大きく上回った。昭恵夫人を国会に招致して説明を求めるべきだとの回答は52.0%。内閣支持率は52.4%で前回の11、12両日調査に比べ3.3ポイント減った。不支持率は32.5%。
 国有地払い下げ問題で、政府が十分に「説明していると思わない」との回答は82.5%で、「説明していると思う」の10.7%を大きく上回った。


『松川事件』記憶遺産登録目指し 「福島県の会」を設立
 戦後最大の冤罪(えんざい)事件として知られる「松川事件」関係資料のユネスコ「世界の記憶」(世界記憶遺産)登録を目指しているNPO県松川運動記念会など関係団体は25日、登録を推進するための「福島県の会」を設立した。実現に向け県民へ署名活動を展開していく方針を示した。
 昨年1月に全国規模の「松川資料ユネスコ世界記憶遺産登録を推進する会」が結成されており、今回は本県規模の団体。4月にも日本ユネスコ国内委員会への申請手続きが予定されており、県内で機運を高めたい考え。
 福島市で同日、設立の会が開かれ、約110人が出席した。
 松川事件で死刑判決を受け、最終的に逆転無罪が確定した元被告の男性(93)=福島市=は「松川事件の真相を広く知ってもらう重要性は増している。皆さんの協力をお願いします」とあいさつした。松川事件弁護人を務めた弁護士らが記念講演した。


ニュースを問う  針路なき武器輸出(1)理念どこに 望月衣塑子(東京社会部)
 手や足をなくした自衛隊員があちこちにいる。成田、あるいは羽田空港の到着ロビー、もしかしたら、関西空港、セントレア(中部国際空港)でのことか。傷病者の中には、女性隊員も…。
 安倍政権になって武器輸出を解禁し、集団的自衛権を認め、だからといって、そんな過激な想像を巡らすのは不謹慎だと眉をひそめる人もいるだろう。想像したくもないそんな光景を「耐えられますか」と私に問い掛けたのは、武器を製造する欧米系の多国籍企業幹部、Aさんだった。
 二〇一四年四月、武器の原則禁輸を国会とばしの閣議決定で解禁してから間もなく三年。オーストラリアへの潜水艦輸出の試みが失敗し、現時点で大きな案件はない。まだ武器の商談に慣れない防衛省や日本の企業が右往左往している状況だ。
 この道に通じた“武器商人”の目には、その様子が、よちよち歩きのおぼつかない足取りで危ない橋に歩を進めているようにも見えている。取材の渦中で出会った彼らの証言は、日本の立ち位置を外からの視点で確認する上でも貴重だった。
◆あふれる片腕兵士
 兵士らの痛ましい姿。世界の武器市場を飛び回る日本人のAさんが実際にその光景を目の当たりにしたのは、米国でだった。
 「イラク戦争後、ある空港で傷病兵たちの帰還に出くわした。片腕や片足をなくした兵士らであふれ、負傷した女性兵士もいた。ショッキングだった。戦争に関わることの現実をまざまざと見せつけられた」
 米国民が、戦争のそんな悲惨な代償を受け入れるのはなぜか。それに答えたのは、別の欧米系武器製造企業の幹部で日本人のSさんだった。
 「たとえば、わが社の米国の社員は自宅で星条旗と自社の旗を一緒に掲げます。わかりますか。米国民には、武器企業もある種の尊敬の念を持たれ、社員にも誇りがある。自由な世界を守るんだというメンタリティー(精神性)が国民に根付いていて、そのために戦う軍人さんたちが優位に立てる武器をつくるんだという意識なんです」
 思い出したのは平和を求める元軍人の会(ベテランズ・フォー・ピース)で沖縄の反基地運動にも参加した元米海兵隊員のマイク・ヘインズさん(41)の言葉だ。「米国の若者は幼いときから、自由という大切な価値観と戦争は結び付いている、と教えられている。イラクで悲惨な体験をするまで『自由はただじゃない』という言葉に疑いを持つことは、まったくなかった」。むしろ、議論の余地もなくそう刷り込まれている、ということなのだろう。
 自衛隊が使う武器を製造する国内の企業を何社も取材したが、共通するのは「武器を売っていると声高に言われるのは…」と暗に漂わせる後ろめたさだ。太平洋戦争を経てのこの七十年余り、さらなる戦争に突き進んだ国と、武力をもって他国と関わることを徹底して避けてきた国との違いが、それぞれの企業にも反映されているように感じる。
◆自由守る覚悟は?
 自分たちの価値観を守り、広めるためなら、戦地から痛ましい姿で戻る兵士らの現実も受け入れるし、敵を壊滅するために、より殺傷力の高い武器もつくり、売りもする。米国民に根付く、そのような覚悟が、果たして日本の人々にあるのだろうか。Sさんは、私の戸惑いを見透かしたかのように、話を武器輸出に戻し、こう言った。
 「僕ね、いいとこ取りはできないと思う。(オーストラリアに輸出しようとした)潜水艦だって魚雷を撃つしね。やるなら全部、批判を覚悟でやらないと」
 つまり「死の商人」と呼ばれて恥じない覚悟が企業にも国民にもあるのか、ということだ。
 「本当に、これから中東のような場所に武器を売りに行くの? どういう国になるのかも整理されずに、どう売っていくかの手法論ばかり語られている」
 もうかりさえすればいいのか、とも聞こえるその指摘に返す言葉がなかった。
 「最終的に、誰が責任を取るのか、ということも、なんだかあいまいだしね」
 武器輸出をやるのか、やる必要があるのか、という国民的な議論もないまま、この国はどこへ行こうとしているのか。傷病兵が日本の空港にあふれる光景は、お任せ民主主義の先に見えるおぼろげな「現実」なのかもしれない。
      ◇
 「武器輸出」をほぼ三年追い続けてきた。なしくずしの解禁の後は、秘密裏にどんどんことが動いていく。このまま進んでいいはずがない。わが子の寝顔に突き動かされる。問題意識を読者と共有したい。

伊丹で石川一雄・早智子+福島みずほ

ブログネタ
フランス語 に参加中!
dogh2

"Kawaï", "cosplay", "shônen"... Les huit mots à connaître sur l'univers des mangas
L'univers des mangas vous attire ? Voici quelques mots à connaître avant de vous jeter à l'eau.
Les fans de mangas ont rendez-vous au Parc des expositions de la porte de Versailles. La 22e édition du Paris Manga & Sci-Fi Show a lieu samedi 25 et dimanche 26 mars à Paris. Vous craignez de vous y sentir un peu perdu ? Franceinfo vous explique les huit mots à connaître avant de plonger dans l'univers des mangas.
Shônen pour les garçons, shôjo pour les filles
Commençons par l'esssentiel : un manga (une bande dessinée japonaise) est écrit par un mangaka. Les shônen, qui parlent d'aventure et d'action, sont plutôt destinés aux jeunes garçons. Les shôjo, qui font la part belle aux sentiments et aux personnages "kawaï" ("mignon" en japonais), s'adressent traditionnellement aux jeunes filles. Mais il existe également des mangas pour adultes : les seinen, aux intrigues plus complexes.
N'allez pas croire que l'univers des mangas s'arrêtent aux livres. De nombreux fans s'adonnent au cosplay, un loisir consistant à se déguiser comme des personnages fictifs de BD ou de jeux vidéo. Les plus passionnés, appélés "otakus", collectionnent en outre des produits dérivés de leurs œuvres favorites.
フランス語
フランス語の勉強?
ETV特集 アンコール「今よみがえるアイヌの言霊」
NHKが戦後すぐにアイヌの歌や語りを録音した100枚のレコード。最新の復元技術で音がよみがえった。北海道の大自然の中で育まれた豊かなアイヌ文化の世界を伝える。
アイヌ語は、もともと文字に表す習慣が無く、歌や語りなどは代々口伝えで受け継がれてきた。しかし明治維新後の政府の同化政策で話せる人が急速に減り、今ではほとんど使われなくなった。その中でこのレコードは、アイヌ文化を語る上で学術的に大変貴重なものだという。当時の歌や語りの名人と言われたアイヌの先達たちはどんなことを語り、現代の我々にどんなメッセージを投げかけるのか? その音源をめぐる物語を紹介する。
高橋美鈴

生!池上彰×山里亮太≪第11弾≫【今回もツイッターで意見や質問を募集します!】
総理夫人から100万円…籠池氏証人喚問で名言▼南スーダンのPKOに派遣されていた陸上自衛隊部隊の日報…どうなる安倍政権!?▼ハッシュタグ「#namambs」つけてツイート
突然の「安倍総理から寄付金」発言で今月23日に森友学園の籠池泰典氏の国会での証人喚問が決まった。また、南スーダンのPKOに派遣されていた陸上自衛隊部隊の日報を巡り、陸自がその存在を隠ぺいしていた疑いが出てきている。いずれも国会で議論となり、安倍政権を揺るがす事態になっている。安倍政権の特長やこれまでの歩みなどを振り返りながら、この問題をめぐる基本的なそもそもや、今後の見通しなどを池上彰が解説する。
池上彰 山里亮太(南海キャンディーズ) 吉木りさ
http://www.mbs.jp/pgm2017/namaikegami.shtml


伊丹で狭山事件の集会があるので,行くことにしました.少し遠いけど自転車で頑張りました.途中迷ったけれど1時間弱で着きました.無事に着いたけれど、1時間も時間があるのでお昼ご飯を済ませようとステークハウス.なんとヴァイキングのお店でした.お肉料理はおいしかったけれど,プリンに大満足です.
一雄さんが識字の大切さを強く訴えたのに対し,早智子さんはかつて自分が部落出身であることを隠していたことを話されました.履歴書にウソの住所を書いてばれないようにしたりということを笑い話的に言っていましたが,なかなか大変だったと思いました.時効だからセーフらしいですが.職場で労働組合と出会いさらに部落解放運動とも出会い,部落民宣言をしたとかとてもいい話でした.
DVD上映の後川西の集会から駆け付けた福島みずほさんの講演です.第三次再審闘争の現状だけでなく共謀罪や森友学園のことなど多くのことをユーモア交えてお話しされました.
講演のあと昨日のブツブツ問題の続き.第11回まで頑張ったと言いたいところですが,第11回分はまだ見直しが必要です.

仮設商店街照らした七色の光 虹色幼児園閉園
 東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市松岩地区の仮設商店街で、4年3カ月にわたり運営した認可外保育所「虹色幼児園」が31日に閉園する。幼児園は震災で勤務先の保育所を失った地元の保育士熊谷由紀さん(48)が一念発起して開設した。「子どもが笑顔で過ごせるように」と見守り続けた姿に多くの人が拍手を送る。
 幼児園は仮設商店街「まついわ福幸マート ココサカエル」に2012年12月に開設した。海から約500メートルの津波被災地。周囲は建物が失われたままだが、18畳(約30平方メートル)の室内はトイレも備え、園児5人が仲良く遊ぶ。
 熊谷さんが姉の薫さん(50)に手伝ってもらいながら、これまで2〜6歳の延べ12人を受け入れてきた。「先生はいつも優しい。絵本も折り紙もしてくれる」。菅野康介ちゃん(6)がはにかんだ。
 熊谷さんは12年夏、仮設商店街建設に動いていた古谷舘(こやだて)共栄会から保育所開設の提案を受けた。津波で勤務先だった別地区の保育所が被災して閉園。自分の家も大規模半壊となったが「子どもの力になりたい」という思いを実現させた。
 保育料は経費で消え、運営は実質的にボランティア状態だった。それでも、「運動会や遠足の行事は他の園と同じようにしたい」と保護者にも参加してもらった。熊谷さんの思いに触れた全国の支援者から、絵本や文房具、クリスマスのプレゼントも届いた。
 仮設の店主も代わる代わる顔を出した。酒店を営む薩田和弘さん(69)は「子どもたちの明るい声で自分たちも頑張れた。仮設商店街を七色に照らす希望の光だった」と話す。
 仮設商店街が11月に閉まることもあり、閉園を決めた。最後の卒園式となる26日は保護者や全国の支援者ら約40人が駆け付ける。
 女児4人を預けた武田雄高さん(41)は「少人数だからこそ一人一人に愛情を注ぎ、家族ごと包んでくれた」と言う。熊谷さんは「被災地にある園に、預けてくれた保護者や多くの支えには感謝しかない。子どもたちの笑顔が宝物になった」と話している。


震災被災の米国人親子 松島に感謝の再訪
 宮城県松島町を旅行中に東日本大震災に巻き込まれた米国人親子が今月、発生した日に合わせて町を再訪した。大混乱のさなか、親身になってくれた町職員や住民に感謝しようと基金を立ち上げ、義援金を町に寄付するなど交流を続けてきた。親子は6年ぶりに町職員と会い、復興を遂げつつある松島を散策して「ビューティフル」と感嘆した。
 町を訪問したのは、米ノースカロライナ州のエリック・ポールさん(59)、長女のミシェルさん(27)。10日、役場に突然現れ、震災時に対応した産業観光課班長の佐藤綾さん(44)をびっくりさせた。
 6年前の3月11日、2人は福浦島を散策中に地震に遭い、瑞巌寺の修行道場の陽徳院に避難した。宿泊していた町内のホテル大松荘に、妻のキャスリンさん(58)を残したままだった。
 翌12日朝、ホテルから役場に「家族と離れ離れになった外国人が混乱している」と知らせが入った。英会話ができる佐藤さんがキャスリンさんに話を聞き、陽徳院にエリックさんらが居ることを確認、ホテルに連れてきた。
 ホテルには周辺住民も身を寄せていた。異国で不安におびえる外国人一家を励まし、おにぎりを配り、一緒に給水車の列に並んだ。「松島の人たちはとても親切でした」とエリックさんは振り返る。
 ミシェルさんは関西地方の大学に留学予定で、ビザ申請手続きのため一日も早く出発する必要があった。佐藤さんらが16日早朝、山形行きのバスが出ていた仙台市まで車で一家を送った。一緒に避難生活をした住民が見送りに出てくれた。そのとき撮った集合写真が、ミシェルさんのスマートフォンに残っている。
 無事帰国した一家は親族と松島救済基金を設立し、約270万円の義援金を町に寄付した。「松島の人たちに『ありがとう』と伝えたかった」とミシェルさん。ブランケットやストーブ、扇風機も贈った。町内の子どもたちをホームステイに招待した。
 経験したことのない地震の恐怖。一方で避難したホテルで感じた助け合いのぬくもり。松島を訪ねたのは、6年間抱えてきた気持ちを整理するためだったという。9〜12日の滞在中、親子は遊覧船に乗り、湾を巡った。「安全。大丈夫」と佐藤さんに笑顔で話した。


船で「さよなら」 最後の離任式
 岩手県大船渡市赤崎町の蛸ノ浦小で24日、転任や退職の教職員を漁船で送る伝統の離任式があった。東日本大震災で被災したため同校で一緒に学校生活を送ってきた赤崎小の対象者を含む13人が、両校の児童や地域住民に別れを告げた。
 児童たちは学校近くの岸壁で花道をつくり、離任する教職員一人一人と握手を交わした。汽笛を鳴らした2隻の船が離岸すると、恩師の名前を呼びながら「さようなら」「お元気で」と手を振った。
 2年間勤めた蛸ノ浦小の須藤寿弘校長(55)は「一つの学校のように子どもたちが頑張っている姿に助けられた。感謝の気持ちでいっぱい」と振り返った。
 船での離任は80年ほど前から続く。交通事情が悪く、教職員が船で通勤していたのがきっかけという。
 両校は3月末で閉校。新年度は新「赤崎小」となり、児童は町内の高台に新築した校舎で学ぶ。蛸ノ浦小の離任式は最後となる。


<熊本地震>仙台城跡修復経験生かす 職員派遣
 仙台市は熊本地震で被災した熊本城の復旧を支援するため、市教委文化財課の関根章義さん(35)を4月から1年間、熊本市に派遣する。東日本大震災で崩れた仙台城跡の石垣の修復に携わった経験を生かす。
 市役所で24日あった辞令交付式で、関根さんは「熊本のシンボルである熊本城の早期復旧の一助となりたい」と述べた。大越裕光教育長は「仙台のノウハウを役立ててきてほしい」と激励した。
 関根さんは文化財の専門職として2012年に市役所入り。仙台城跡の石垣修復では、石の特徴を一つ一つ記録しておく「石材台帳」を作成したり、現場で見つかる瓦や陶磁器を保存したりする業務に従事した。
 4月から熊本市の熊本城調査研究センターの一員として、石材台帳の作成や石垣撤去工事の立ち会いなどに当たる。職員派遣は文化庁からの要請に基づく。


能登半島地震から10年 住民ら黙とう
 石川県輪島市などで震度6強を観測した2007年の能登半島地震から25日で丸10年。地震の記憶を風化させまいと同市内の広場で、住民らが参加した式典が開かれた。
 約60人が地震発生時刻とほぼ同じ午前9時41分に、復興への感謝が刻まれた碑の前で黙とうした。梶文秋市長は「災害の怖さを常に忘れず、備えあれば憂いなしの心で住民の皆さんと歩んでいきたい」と述べた。
 県によると、地震で1人が死亡、住宅686棟が全壊し、1740棟が半壊した。式典を主催する「総持寺通り協同組合」によると、総持寺の門前に広がる商店街は、当時39店舗あったうちの28店舗が全半壊した。


河北抄
 「早苗」「早乙女」「五月」。田植えに結び付くこれら言葉の1音目、「さ」は田の神を意味するという。春に山から下りて来る。田植え初めを「さおり」と言った。終われば山に上る(帰る)。「さのぼり」が東北では変化して「さなぶり」に。田植えが無事に終わったことを神に感謝する祝い事のことだ。
 桜についても同じ説がある。「くら」は高御座(たかみくら)の「座」で、神の宿るところといった意味。実りをもたらす田の神が里に来たことを知らせる花というわけだ。桜は山桜。古人は、この花が咲くのを合図に田仕事を本格化させたという。
 開花を待ちわび、満開となれば心浮き立ち、散ったといっては惜しむ。この尋常ならざる愛着は、2千年余に及ぶ稲作の民のDNAと無縁ではないのかも。
 芭蕉にこんな句がある。<さまざまの事思ひ出す桜かな>。入学をはじめ、門出や成長の記憶につながる。大震災があった6年前は、この花に希望と再生を重ねた被災者もいたことだろう。
 南から開花の便りが届き始めた。仙台はいつか。やはり、待ち遠しい。


<養賢堂>学都の礎 勾当台公園に説明板
 仙台市教委は仙台藩校「養賢堂」跡地に当たる青葉区の勾当台公園に、説明板を設置した。多くの藩士の子弟を教育した国内屈指の藩校に思いをはせてもらおうと、市民や観光客にアピールするのが狙いだ。
 説明板は宮城県議会棟西側の林子平像近くに23日に設置。現在の地図に養賢堂跡を重ね合わせた平面図を掲示した。市役所と勾当台公園市民広場の間を通る「表小路」が養賢堂の表門に通じていることが確認できる。
 1736年に5代藩主伊達吉村が前身の学問所を現在の木町通小(青葉区)周辺に設置。60年に7代藩主重村が現在の勾当台公園内に移設した。1809年に学頭に就いた儒学者の大槻平泉が算術や蘭学などの科目を増やし、施設を拡充。平泉の子の習斎はロシア語を学ぶ洋学科を増設し、国内有数の規模を誇る藩校となった。
 養賢堂の講堂は明治維新後に県庁として使用されたが、1945年の仙台空襲で焼失した。市文化財課の担当者は「今年は藩祖伊達政宗の生誕450年。養賢堂や政宗がつくった城下の移り変わりを、多くの市民に知ってほしい」と話す。
 市文化財課は毎年、市文化財や歴史的に重要な施設の跡地の説明板を整備している。


暴行無罪 裁判官お見事 でっちあげ、LINEで浮上
法廷で「スマホ見せて」で発覚
 スナックを経営する中国人女性(57)を殴ったとして暴行罪に問われた中国人の元女性従業員(52)に、東京地裁(三上孝浩裁判官)が昨年10月、無罪判決(求刑・罰金15万円)を言い渡していたことが分かった。法廷で経営者の無料通信アプリ「LINE(ライン)」を検証した結果、客も巻き込んで事件をでっち上げていた可能性が浮上し、暴行を認める証拠がないと判断した。東京地検は控訴せず無罪が確定した。
 判決などによると、元従業員は2014年9月、未払い給与の支払いを巡って経営者と口論となり店を辞めた。約2カ月後、辞める際に店外で経営者を殴るなどした容疑で警視庁に逮捕された。元従業員は否認したが、別の中国人従業員と客が逮捕容疑に沿った目撃証言をしたため起訴され、約20日間勾留されたという。
 公判で経営者は「元従業員に頬を平手でたたかれた」と主張。従業員も尋問で「ママが平手打ちされるのを見た」と答えた。経営者とこの従業員は互いに「親族ではない」と述べ、店員募集の看板を見て偶然働くことになったと説明していた。
 ところが、尋問後に元従業員の弁護人が外国人登録の内容を法務省に照会した結果、2人は伯母とめいで中国にいた当時同居していたことが判明。尋問がやり直された。
 2人は「他人だとうそをついた」と謝罪したものの、暴行があったとする証言は変えなかった。信用性の疑問が生じたためだが、地裁が経営者にスマートフォンの提出を命じ、その場でLINEを検証すると、事件があったとされる日の1週間後、従業員が経営者に対して「(証言した)客がママのために(元従業員を)懲らしめる」などと送信していたことが発覚。経営者も「逮捕できる?」などと返していた。
 その後、証人出廷した客は「ママが平手でたたかれるのは見た」と証言したが、詳しい状況を尋ねられると「記憶にない」と繰り返したという。
 判決はLINEのやり取りから「客が店に来てから元従業員を『懲らしめる』というやり取りがあり、何らかの話し合いがあったと見るのが合理的」と指摘。経営者と従業員、客の証言は「意図的に虚偽を述べている部分があり信用できない」と指摘し、無罪とした。
 弁護人の趙誠峰弁護士は「被害を訴えたい人と目撃者が協力すれば証拠がそろい、犯罪を作ることも可能だと示した事件だ。証言が主要証拠の場合、検察には慎重な検討が求められる」と話した。東京地検は「コメントはない」としている。【島田信幸】


原発避難解除 なお続く苦難に支援を
 東京電力福島第1原発事故による避難指示について、政府は、4町村の一部を3月末と4月初めに解除する。対象は3万人を超える。
 だからといって、状況が大きく前進するわけではないだろう。被災からの再建の道は険しく、帰郷を諦める人が多いからだ。
 既に解除された地域の帰還率の低さが、その現実を物語る。2014年4月以降に避難指示が順次解除された5市町村を見ると、対象地域に住民票がある約2万人のうち、昨年末から今年1月の時点で実際に住んでいるのは13%にすぎない。
 近く解除される予定の地域でも高い帰還率にはなりそうもない。時間がたつほどに再興が難しさを増しているからだ。原発事故が生業を奪い、地域の人間関係を断ち切った影響は計り知れない。津波被害が主な本県などの被災地とは様相が異なる。
 今後は形を変えた「原発依存」の構造の中、まちが変容していくだろう。主な産業の一つが廃炉となるため、仕事を求めて他から移り住む人が増えると予想される。
 このような状況を踏まえつつ、政府は被災者、被災自治体へのきめ細かな支援を続けなければならない。解除対象地域の被災者にとっては、東電から支払われてきた精神的賠償(慰謝料)が来年3月まで継続された後、なくなることも不安材料だ。
 残る避難指示対象のうち、放射線量の高い帰還困難区域は解除の見通しが立っていない。7市町村にまたがり、事故前の区域内人口は約2万4千人。安倍晋三首相は今月、本紙などのインタビューに対し、「5年をめどに解除を目指す」と述べた。
 帰郷を切望する人にとって一日も早い解除が待たれるのは確かだが、生活環境整備の伴わない形式的な解除は急ぐべきではない。
 また、避難指示区域外からの自主避難者は今月末で住宅無償提供が打ち切られるが、苦しい生活が伝えられる。継続すべきではないか。
 福島県の県内外への避難者は2月現在、本県への約400人を含めて8万人近くもいる。
 このような中、裁判で画期的な判決があった。
 避難した住民らが国と東電に損害賠償を求めた訴訟。前橋地裁は、東電とともに、安全規制を怠った国の賠償責任を認めた。この判断は重い。
 原発は国策で進められてきた。それ故、推進に偏り、規制に怠りはなかったか。
 いずれ、取り返しの付かない事態が起きた今、国は被災地と住民のサポートを担い続ける義務がある。そして、同様の事態を二度と起こさない責務を担っている。


PKO日報隠蔽疑惑/防衛相の責任看過できない
 文民統制(シビリアンコントロール)の原則を揺るがすような危うい事態だ。稲田朋美防衛相が省内を本当に掌握できているのかどうか、統治能力が問われている。
 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊部隊の日報を巡る新たな隠蔽(いんぺい)疑惑である。
 防衛省は昨年10月、情報公開を求められ、「陸自は破棄済み」として不開示にした。外部から批判を浴びて再探索した結果、昨年12月に統合幕僚監部内で電子データが見つかったが、稲田防衛相への報告は約1カ月遅れた。
 今回は統幕とは別に、陸自内に電子データが1月ごろまで保管されていたことが発覚した。消去の疑いもある。
 保管の事実は陸自上層部に報告され、いったん公表を検討したものの、統幕の「背広組」と呼ばれる防衛官僚が非公表を指示したとされる。
 日報には昨年7月、南スーダンの首都ジュバで起きた政府軍と反政府勢力との大規模な武力衝突について生々しい記述があり、憲法上の問題になりかねない「戦闘」という言葉が使われていた。
 治安の悪化を伝える日報は政府に不都合な情報に違いない。論議を呼んでいたPKO派遣継続と新任務「駆け付け警護」付与に悪影響を与えるとでも判断したのだろうか。
 もし事実ならば、国民の目を欺く組織ぐるみの情報隠しである。うみを出し切らなければならない。
 稲田防衛相は国会答弁で、「徹底的に調査し、改めるべき隠蔽体質があれば私の責任で改善していきたい」と強調。直轄の防衛監察本部による特別防衛監察を指示し、現在調査が進められている。
 防衛監察本部の実動スタッフはいわば身内である。どこまで客観性のある第三者の目で解明できるか、疑念がないわけではない。地に落ちた信頼回復のためにも、速やかに結果を公表すべきだ。
 省内の報告をうのみにしてきた稲田防衛相の責任は軽くない。にもかかわらず、答弁を聞く限り「隠したのは現場。私は知らされなかった被害者」と言わんばかりだ。
 それこそ、大臣が軽視されている証左で、どこまでリーダーシップを発揮して組織のあしき体質にメスを入れられるのか、疑問符が付く。
 稲田氏は国会答弁で立ち往生し、見かねた安倍晋三首相が助け舟を出す場面があった。「森友学園」の代理人弁護士を務めた問題で答弁を訂正し、謝罪に追い込まれた。教育勅語を容認するかのような発言もある。危機管理に当たる防衛相としての資質に欠ける言動と言わざるを得ない。
 防衛の専門知識を十分身に付ける間もないまま、一気に閣僚まで駆け上がった稲田氏。勉強、経験不足は否めないのではないか。抜てきした安倍首相の任命責任も問われよう。このままでは防衛省内の混迷は深まるばかりだ。


森友学園問題 証人喚問広げ真相の徹底究明を
 こんな幕引きで国民が納得できるはずがない。大阪市の学校法人「森友学園」の国有地取得を巡る問題で、安倍晋三首相はきのう「具体的な政治家の関与がなかったことは明らかになった」と述べた。自民党も「明らかに一区切りが付いた」(竹下亘国対委員長)などとして、野党4党が要求した昭恵夫人ら8人の証人喚問を拒んでいる。
 おとといの証人喚問で、学園の籠池泰典理事長が政治家の具体名を挙げたばかり。本人たちが否定したことを理由に、全員「関与がなかった」と断じるのは、あまりにも安易な結論だ。問題の核心は国有地が不当に安く売却された理由であり、その経緯は全く明らかになっていない。昭恵夫人や財務省官僚ら関係者全員の証人喚問を行い、真相を究明しなければならない。
 首相は、土地取引を巡る籠池氏の要請に昭恵夫人担当の政府職員が財務省に問い合わせをした上でファクス回答したことも問題ないとの認識を示した。一方で、職員が「勝手にやったということではもちろんない」とも話した。夫人が了承した上での行動だったという意味だ。
 官公庁職員にとって、政治家からの問い合わせはそれ自体が「政治力による関与」だ。関心を示すだけで忖度(そんたく)が生じる可能性もある。政府は今回の問題発覚後、昭恵夫人をわざわざ「私人」だと閣議決定した。しかし現実には複数の政府職員が「秘書」として付き添っており、明らかに公的な存在である。一民間人への極めて異例ともいえる財務省の対応は、夫人に配慮したとしか思えない。
 昭恵夫人は自らのフェイスブックで一連の問題への関与を全面的に否定した。ただ、偽証罪に問われることも覚悟の上で証言した籠池氏に比べ、反論の場の軽さは否めない。双方の言い分が真っ向から対立している以上、夫人も証人喚問に応じて経緯を説明するべきだ。
 問題発覚後も昭恵夫人は籠池氏の妻と頻繁にメールのやりとりをしていた。講演料の授受について「記憶にない」と送信、妻から「あまりにひどい」と反論されている。他にも「私が関わったということは、裏で何かがあるのではと疑われないように」などと口止めとも受け取れるメールを送っている。
 首相はそれでもなお、昭恵夫人が「関与していない」と言い張る。「私や妻が関わっていれば首相も国会議員も辞める」と断言している以上、認めるわけにはいかないのだろうが、首相自身が夫人の関与の度合いも含めて明確に説明するべきだ。
 森友学園の小学校設置認可申請を条件付きで「認可適当」とした大阪府私学審議会の対応も不透明なままだ。梶田叡一会長は「国からも土地に関して(契約の)確約があった」ため「異例だったが、手続き的に瑕疵(かし)はなかった」と説明している。やはり財務省関係者の証人喚問が必要だ。うやむやに終わらせることは絶対に許されない。


森友学園問題 疑惑は深まるばかりだ
 大阪市の学校法人「森友学園」をめぐる国有地売却問題。当時の財務省理財局長と、近畿財務局長が「政治的な配慮は一切していない」と国会で証言した。
 なぜ国有地は“大幅値引き”で売り払われることになったのか。前日の証人喚問で籠池(かごいけ)泰典氏が語った「神風」は吹いたのか。
 売却当時の財務省理財局長の迫田英典氏(現国税庁長官)と、近畿財務局長の武内良樹氏(現同省国際局長)が、参院予算委員会で参考人として証言した。2人は「政治的な配慮をするべくもなかった」などと口をそろえ、適正な処理だったと主張したが、国民の理解が得られるよう丁寧に説明すべきだ。学園の財務基盤が不安視されていながら売却を急いだ経緯などは、はっきりしない。
 やはり、参考人ではなく、偽証罪にも問える証人喚問でただすべきではなかったか。
 籠池氏が証人喚問で公表したファクスからは、安倍晋三首相の妻昭恵夫人サイドの動きがうかがえる。
 「定期借地権の契約期間を延長できないか」という学園側の問い合わせに対し、昭恵夫人担当の職員が、財務省に問い合わせた上で「現状では希望に沿うことはできないようだが、引き続き当方としても見守りたい」と答えている。
 この「当方」を、菅義偉官房長官は「担当職員個人」としたが、いかにも無理がある。予算委で野党が再三指摘したように、この問い合わせを受けた現場は「首相案件」と見なし、特別に配慮したのではないか。
 さらに、昭恵夫人と籠池氏の妻の親密な関係も明らかになってきた。2人が交わしたメールからは、この問題が発覚して関係が変わっていく状況が読み取れる。
 「講演の謝礼を頂いた記憶がない」という昭恵夫人に対して、籠池氏の妻は「あまりにひどい」と返信。「国会議員が来て自民党を守るため昭恵さんの写真を外してほしいといわれた」「尊敬していたのに小学校をやめ 幼稚園は破産 お父さんは詐欺罪 あんまりにも権力を使うなら死にます」と強く非難している。
 安倍首相はこれまで「私や妻が関わっていれば、首相も議員も辞める」と言い切ってきた。籠池氏の証人喚問で「政治家の関与がないことが明らかになった」と主張したが、納得した国民がどれほどいるだろうか。
 むしろ、昭恵夫人サイドの関与を示唆するファクスや、頻繁なメールのやりとりが明かされ、昭恵夫人が何らかの形で関わっていたのではないかという疑いはますます深くなっている。
 真相解明に向けて、さらなる証人喚問が必要だ。籠池氏が「はしごを外した」と批判した大阪府の松井一郎知事は、証人喚問に応じる考えを表明している。「身を隠すよう」指示したとされる代理人弁護士も真相に深く関わるひとりだ。このほかにも、国会議員の名前が挙がっている。
 そして、疑惑の中心にいる昭恵夫人もまた、自らにかけられた疑いを晴らすべきだ。フェイスブックで反論したようだが、それでは足りない。森友学園の名誉校長として事実上、広告塔を担ってきた責任もある。ここは、自らの言葉でしっかりと語ってはどうか。(古賀史生)


夫人付の職員 不自然なファクス送信
 首相夫人の安倍昭恵氏と学校法人「森友学園」の関係をめぐり新たな疑問が浮かんでいる。
 それは、夫人付の政府職員が籠池泰典・学園理事長あてに送っていたファクスの存在だ。籠池氏の要請を受けて財務省に問い合わせをし、返事をしていた。
 ファクスについては証人喚問で籠池氏が明らかにした。この動きを受けて菅義偉官房長官が公表した。
 森友学園は2015年当時、小学校用地の国有地を定期で借りていた。籠池氏は借り受け期間の延長ができないかと思い、昭恵氏側に連絡を取ったという。
 昭恵氏本人は回答しなかったが、同年11月に夫人付の政府職員、谷査恵子氏がファクスで返事をした。財務省の国有財産審理室長に照会した結果、籠池氏の要望には沿えないとしつつも「当方としても見守りたい」と伝える内容だった。その直前に昭恵氏は、籠池氏が建設予定だった小学校の名誉校長に就いている。
 この件について安倍晋三首相は国会で「職員が制度上、法律上の事務的な問い合わせをした。働きかけや不当な圧力ではない」「妻は土地契約に関し具体的内容は全く聞いていない」と説明した。また、土生栄二内閣審議官は財務省への「個人的な照会」だったと答弁した。
 だが、説明には疑問がある。
 昭恵氏には、首相の公務を補佐する際のサポート役として5人の政府職員が指定されている。谷氏もその一人だった。今回のような対応は本来の業務とはいえない。ファクスには内容を昭恵氏に報告したと記されている。事前に昭恵氏と相談していた可能性は否定できない。
 谷氏から籠池氏への返信には工費立て替え払いを予算計上する方針など踏み込んだ内容が記されている。財務省幹部が個別の案件で谷氏に対応したのも、首相夫人付であることに配慮したためではないか。
 首相はこれまで「私や妻が認可や払い下げに関わっていたら、首相も国会議員も辞める」と答弁している。菅氏がファクスを公表したのは「要請を拒否したのだから関与はない」と言いたかったためだろう。
 だが、菅氏の狙いとは逆に、ファクスの内容は、昭恵氏による関与への疑問をふくらませた。
 政府は森友学園との交渉記録をことごとく廃棄したと主張している。今回の対応をみるかぎり、他にも文書があるのではないか。
 昭恵氏は籠池氏の証言を受けて、100万円の寄付を否定するなどのコメントをフェイスブックに載せた。だが、内容は疑問にこたえるものではなかった。国会や記者会見での説明を改めて求めたい。


<森友学園>首相は忖度認めて―松井氏
 松井一郎大阪府知事は25日、森友学園への国有地売却に関し「なぜスムーズに手続きが進んだのか。安倍晋三首相は、自分が知らないところで財務省近畿財務局の忖度があったと認めるのが一番だ」と述べた。昭恵夫人の証人喚問については「必要ない」と否定した。代表を務める日本維新の会の党大会後、東京都内で記者団に語った。
 松井氏は森友学園の籠池泰典氏が、首相や昭恵夫人の名前を使って財務省と国有地の売買交渉をしていたとの見方を示し「財務省職員は忖度してサービス精神旺盛な対応をしたが、法律の範囲内だ。首相は忖度がないと強弁せず、丁寧に説明すべきだ」と強調した。


姫路・こども園 保育のずさんさに驚く
 幼い命を預かる自覚と責任があるのだろうか。兵庫県姫路市の私立認定こども園「わんずまざー保育園」が定員を大幅に超えて園児を受け入れ、劣悪な環境で保育をしていた実態が明らかになった。
 この保育園は、市に届けずに保護者と直接契約を結んだ22人を受け入れ、徴収した保育料は簿外にしてプールしていた。
 直接契約を含めて定員の約1・5倍に当たる70人前後の幼児を預かっていたが、給食は約40食しか用意せず、おかずがスプーン1杯しかない子供もいた。発育に必要な栄養を与えないのは保育園として許し難い。
 不正はこれだけではない。保育士に対しても遅刻すれば罰金1万円を取るなど不当な労働条件を課した。保育士の人数を水増しして姫路市から給付金を多く受け取っていた。
 こうした法令違反は約30項目に上るという。兵庫県が認定を取り消す方針を固めたのは当然である。取り消しとなれば、子ども・子育て支援新制度が始まった2015年4月以降、全国で初めてとなる。
 認可外保育施設だったこの保育園は15年3月に県の認定を受け、当初から定員を上回る園児を受け入れてきた疑いがある。昨年1月、「市を通さず受け入れている園児がいるのではないか」という情報があり、姫路市は園長を呼んで事情を聴いた。しかし否定され、提出書類からも不審な点を見つけられなかった。
 今年2月の姫路市による定期監査で、保育園は一部の園児を休ませて定員を順守しているように見せかけていた。
 深刻な保育園不足の中、幼い子供を預けたい親の思いにつけこんだ悪徳商法と言わざるを得ない。
 この保育園には国や県などから年間5000万円の給付金が運営費として支出されている。県が認定した施設でありながら不正を2年間見抜けなかった。行政の責任も問われる事態である。
 県と市は、認定の経緯、園の運営実態、監査のあり方などを徹底的に検証し、見直しや改善をすべきだ。転園する園児のケアにも取り組む必要がある。
 06年に創設された認定こども園は保育所と幼稚園の機能を併せ持ち、0〜5歳児を対象に、親が働いていなくても預かることができる。待機児童解消を目指す子ども・子育て支援新制度の柱に位置づけられ、全国で約4000カ所に増えた。
 保育の受け皿が広がるのはよいことだ。しかし、待機児童の増加に対応しようと新増設を急ぐあまり保育の質を落とすことがないようチェック体制の充実が必要だ。各地の自治体も再点検してほしい。


籠池氏証人喚問 昭恵夫人 公の場で説明を
 衆参両院の予算委員会は大阪市の学校法人「森友学園」の理事長退任の意向を表明している籠池泰典氏を証人喚問した。
 籠池氏は2015年9月に講演に訪れた安倍昭恵首相夫人から「安倍晋三からです」として封筒に入った100万円の寄付を受け取ったと詳述。小学校建設のため大阪府豊中市の国有地を評価額より8億円安く購入した経緯への政治家の関与については「あっただろう」と述べた。
 さらに国有地の定期借地契約の期間延長に関し「昭恵夫人に助けていただこうと携帯に電話した」と述べ、夫人付きの政府職員から「難しい」との趣旨の返事がファクスであった事実を明らかにした。
 菅義偉官房長官は証言が出た後の記者会見で該当するファクスを公表し「夫人は中身に全く関与していない」と強調した。昭恵夫人は証人喚問が行われた23日夜に自身のフェイスブックで100万円の寄付や講演料の受け取りを否定。ファクスについても「内容には関与していない」と主張した。
 安倍首相は2月の国会答弁で国有地払い下げや小学校開校に関し「私や妻、事務所が関わっていれば、首相も国会議員も辞める」と明言している。昭恵夫人側の関与が明らかになったことから野党は勢いづき、民進党の蓮舫代表は「首相夫人が介在し、口利きした恐れが浮かび上がった」と昭恵夫人の証人喚問を要求した。
 籠池氏の証言は、首相や政府側の説明と真っ向から食い違っている。疑惑は深まったというべきだろう。証言が全て真実かどうかは現時点では分からない。しかし、事態が政権への信頼に関わる深刻な段階まで至った現状を踏まえれば、政府与党には一層の説明責任が求められる。
 昭恵夫人が公の場で自ら国民の疑問に答える必要があるだろう。首相の責任も重い。
 一連の問題の発端となった国有地の格安払い下げ疑惑では、籠池氏の歯切れはいまひとつだった。小学校の建築費に関する3通の工事請負契約書が存在、業者の説明とも異なる点については「刑事訴追を受ける可能性がある」として証言を拒否した。
 森友学園問題の核心は、国民の共有財産である国有地が不当に安い価格で民間に払い下げられたのではないか、そこに政治家らの関与があったのではないかという疑惑である。国会には、証人喚問で籠池氏が名指しした政治家や行政関係者らを招致し、さらに真相究明に努める責務がある。


籠池理事長が大阪W選挙で松井府知事と橋下市長を応援、一緒に練り歩いていた!? 問題の府議元秘書が証言
 23日の森友学園・籠池泰典理事長の証人喚問では、安倍昭恵夫人への口利き依頼がファクスという物証をもって明らかになった。だが、もうひとつ絶対に見逃してはいけないのは、籠池理事長が日本維新の会と、同党代表の松井一郎大阪府知事の関与を証言したことだ。
 籠池氏は参院予算委のなかで、自由党共同代表・山本太郎議員から「はしごを外されたと強くお感じになる怒りを覚えた政治家は誰ですか?」と問われ、二度に渡って「大阪府知事です」と語気を強めた。しかも、籠池理事長は、「先代のころから昵懇」だったという大阪府議会で議長も務めた政治家・畠成章氏(故人)の名前を具体的にあげ、畠氏を通じて「松井大阪府知事にも働きかけをしていただいたと記憶しています」と証言。松井府知事の関与を強く印象付けた。籠池理事長によれば、畠氏は「松井知事のお父様とも親しいお付き合い」があったという。
 一方、この爆弾証言に松井府知事はブチ切れ。23日正午頃には自身のツイッターで〈籠池氏は、僕にはしごを外されたと恨んでいるようですが、申請書類に虚偽記載濃厚となれば、手続きを見直すのは当然です。逆恨みはやめていただきたいものです〉と投稿し、一夜明けた24日の会見でも「昨日はむちゃくちゃ頭にきた」「もう(籠池氏が)当たるところは僕しかないんかねえ」などと反撃。そして、畠氏との関係についてはこう述べて疑惑を全否定した。
「畠成章さんというのは僕が自民党時代の議員の先輩だけど、(平成)26年9月にお亡くなりになってね。籠池さんが申請してきたのは26年の11月ごろなんでね。だから、まったくそういう口添えとかもないわけですよ」
 ようするに、松井府知事にとって畠氏はただの「先輩議員」にすぎず、 籠池理事長の小学校認可申請時点で亡くなっており「口添え」なんてできるはずがないと言いたいらしい。
 しかし、これにはごまかしがある。たしかに、認可申請時点で畠氏は亡くなっているが、そもそも籠池氏が大阪府に小学校の設置基準緩和を要望したのは2011年で緩和したのは2012年、畠氏は存命中である。
 さらに、だ。昨日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)が、この畠氏を通じた籠池理事長との関係について、松井府知事の説明と真っ向から食い違う“スクープ証言”を報じたのだ。
「(2011年の大阪)W選挙のときですね。そのときに畠先生と籠池先生が、橋下さん、松井さんの応援をしていた」
『グッディ』が流したこの新証言は、畠氏の元秘書によるもの。元秘書に直撃取材したところ、松井府知事と畠氏、そして籠池氏との“接点”が浮かび上がったのだという。
 番組では、スタジオでこの元秘書が語ったという数々の新証言をフリップで紹介。それによれば、畠氏は松井府知事と「府議時代からの先輩後輩」であり「松井知事の父とも友人で非常に仲が良く、息子の松井知事を可愛がっていた」という。
 一方、畠氏は籠池理事長とも非常に親しく、運営する幼稚園にも足繁く通っていたという。
 そして、元秘書は前述のように、2011年の大阪府知事・市長W選挙の際には畠氏が籠池理事長とともに橋下、松井の応援をしていたと証言。さらに、こんな具体的なエピソードまで明かした。
「松井府知事の後ろで(畠氏と籠池氏が)一緒に練り歩いていた」
 ちなみに、このW選挙の年、籠池理事長は小学校の設置基準緩和を大阪府に要望している。
 そして、元秘書は今回の小学校認可の件について「力添えは当然あったのでは?」「『(籠池氏を)全く知らない』はあり得ない」「畠さんは“人情を大事にする”ので頼まれたら引き受ける」「籠池さんからの頼みは引き受ける」「松井知事は大先輩からの紹介を断れない」と語ったという。
 これはいったい、どういうことなのか。事実であれば、やはり籠池理事長が答弁したように、松井府知事は畠氏と深い関係にあったことになる。とすれば俄然、その畠氏を通じて籠池理事長から松井府知事に何らかの働きかけがあった可能性も高まるだろう。
 しかも、実はこの畠成章という元大阪府議の名前は、今回の証人喚問で初めて出てきたことではない。籠池理事長の長男・佳茂氏が、先週発売の「週刊文春」(文藝春秋)3月23日号のなかで、畠氏の名前を挙げ、このように語っていたのだ。
「父は(自分に)バッチをつけさせたかったんだと思います。私が三十一歳の時、畠成章先生(元大阪府議長、故人)の後釜で(二〇一一年の)府議選に出ないかという話がありました。(略)其の頃、大阪維新の会が躍進しており、私は維新から出馬できたのですが、気持ちの整理がつかず断りました。この選挙で畠先生の後継の維新議員が当選し、父から『お前、アホやな』と言われました」
 この話は元秘書も『グッディ』で語っており、これが事実であればつまり、畠氏は籠池一家と維新を強固に結びつける“接着剤”だったとしか思えない。いま維新関係者は、籠池氏の証人喚問での発言を受けて、「偽証罪に問われるぞ」と重ねて脅し、自分たちとの関係性を必死に否定しにかかっているが、それは、やはり無理筋なのだ。
 実際、本サイトでもお伝えしてきたとおり、維新と籠池理事長の“接点”は腐るほどある。籠池理事長が維新所属の中川隆弘大阪府議に小学校認可の協力を要請していたこと。過去に塚本幼稚園が隣接する公園を巡った住民トラブルで維新所属の大阪市議2名が籠池理事長に加担して、地域住民が求める公園の緑地化の工事を中止させたこと。母親が「橋下徹後援会」の元会長で、父が塚本幼稚園のPTA会長から口利きの依頼をされ、息子は橋下氏の元私設秘書で次期衆院選で維新からの出馬が内定している奥下一家の存在……。
 そして、一昨日の証人喚問でも、籠池理事長は国有地購入などについて協力を依頼したとして、維新の東徹参院議員を名指し。その後、東議員は会見を開き、府に対する働きかけこそ否定したものの、府議時代の5年前に籠池理事長から直接、小学校設置の規制について相談を受けたことを認めた。
 いずれにせよ、今回、松井府知事や維新議員たちが否定する籠池理事長との“関係”については、今後も徹底追及していく必要がある。松井府知事は「証人喚問に出てもいい」と言っているが、ならば是非、「国は相当親切やなと思いましたよね」と言っていたように、自身が仄めかした“圧力”の存在だけでなく、この畠氏の元秘書の証言についても釈明してもらいたい。(編集部)


昭恵夫人付に全責任転嫁 森友“幕引きシナリオ”は完全破綻
 これぞ自縄自縛と言っていい。大阪市の学校法人「森友学園」の国有地激安払い下げ問題で、デタラメ答弁を重ね過ぎたためにドツボにハマり始めた安倍政権。「民間人の参考人招致は慎重に」なんて言っていたクセに、学園の籠池泰典理事長が「安倍首相から100万円の寄付をもらった」と明かした途端、対応を百八十度転換。参考人招致をすっ飛ばし、「首相を侮辱した」という仰天理由で籠池理事長の証人喚問を即決した。
 まるでどこかの将軍様の国と同じだが、威勢がよかったのはここまでで、いざ証人喚問が決まると、質問者の順番を巡って〈与党は最後で野党さんから〉なんてグダグダ言い出す始末。
 で、肝心の証人喚問では、民間人である籠池理事長に対し、自民党議員の口から出たのは、偽証罪や詐欺罪をチラつかせてあおりまくる「脅しすかし」の質問ばかり。籠池理事長=ワルのイメージを植え付けようと必死なのがアリアリだった。森友問題をめぐる国会答弁で、安倍首相は〈私や妻が関わっているかのような印象操作はやめてほしい〉なんて怒鳴っていたが、まずは身内議員を厳重注意するのが先だろう。自民党内では「証人喚問で籠池理事長を追い込む」なんて勇ましい声もあったらしいが、よくぞ言えたものだ。
 森友問題で国を提訴した豊中市の木村真議員の代理人を務める大川一夫弁護士はこう言う。
「偽証罪にも問われる証人喚問で、籠池氏の話はそれなりの説得力があったと思います。安倍昭恵氏からの寄付金受け取りの説明についてもリアルで、とても作り話とは思えませんでした。少なくとも、やりとりを見る限りでは、偽証罪に問うのは困難だと思いますね」
■昭和恵氏の関与は明白だ
 森友問題は籠池理事長を証人喚問すれば早期幕引きが図れる――。安倍政権はこんなシナリオを描いていたようだが、証人喚問で新証言が次々飛び出したことで疑惑はさらに拡大。とりわけ、決定打となっているのが、国有地に関して「内閣総理大臣夫人付」の谷査恵子氏が2015年11月17日に森友側に送付したファクスだ。
〈財務省本省に問い合わせた〉〈予算措置を行う方向で調整中〉〈昭恵夫人にもすでに報告している〉
 昭恵氏が国有地売却に“関与”していたという証拠をここまでハッキリと突き付けられれば、安倍首相だってグウの音も出ないだろう。ところが、24日の参院予算委では、シレッとした様子で「私の妻が関与したことにはまったくならない。むしろゼロ回答であり、忖度していないことが明らか」なんて詭弁を弄していたから呆れる。
森友学園の名誉校長のために公務として動いたと考えるのが自然
「昭恵夫人付職員が個人で作成・所有したもの」「夫人付職員個人が回答」
 谷氏のファクスについて、参院予算委で菅官房長官はこう答弁していたが、これには驚きだ。要するにファクスのやりとりは、谷氏が個人的に行ったもので、昭恵氏とは無関係だった、と言いたいらしい。しかし、小泉元首相の首席秘書官を務めた飯島勲氏のように、大物政治家の秘書であれば、自身の判断で動くこともあるだろう。しかし、谷氏は単に経産省から出向していただけの役人である。「内閣総理大臣夫人付」の肩書で好き勝手に振る舞っていたとは到底思えない。「ミスター文部省」と呼ばれた元官僚の寺脇研京都造形芸術大学教授はこう言った。
「役人が勝手に動くということは絶対にありません。昭恵氏が自身のフェイスブックなどでも明かしている通り、谷氏は昭恵氏の秘書役だったわけで、仕事として公務で財務省に問い合わせ、回答を得てファクスを送ったと考えるべきです。しかも、谷氏は昭恵氏が塚本幼稚園で行った講演に随行し、名誉校長に就任したことも知っていた。つまり、昭恵氏が森友学園の“一員”だったことを把握していた。その森友学園側から『調べて』と頼まれれば、当然、昭恵氏のために動いたと考えるのが自然です。(菅官房長官の答弁は)すべての責任を谷氏に押し付けているようで、本人を侮辱していますよ」
 ファクスの文面にあった〈当方として見守ってまいりたい〉の〈当方〉は誰か、と問われた菅官房長官は「当然、谷さんです」と答えていた。だが、なぜ、霞が関の一官僚が森友学園の小学校建設の推移を見守る必要があるのか。誰がどう考えてもあり得ない話だろう。
 ハチャメチャ答弁は財務省も同じ。谷氏の問い合わせに対し、当時の田村嘉啓国有財産審理室長が懇切丁寧に説明していたことについて、佐川理財局長は「一般からもさまざまの問い合わせがあり、職員が自らの知識で答えている」「各職員が現場で丁寧に対応している」なんて答えていたからだ。財務省としては、決して「安倍昭恵案件」を意識したわけじゃない、国民からの問い合わせには親切に応対しただけですよ――みたいな言い回しだったが、ウソ八百だ。
 例えば、日刊ゲンダイ記者の取材に対しても、まずは「紙(質問)を送れ」と高圧的な態度で迫り、送っても、その後ナシのつぶてはしょっちゅう。「担当者不在」を理由に“取材拒否”も当たり前で、何が「現場で丁寧に対応」なのか。
■卑劣で愚劣なペテン政権
 要するに安倍政権は総力を挙げて女性職員に全責任を転嫁し、森友問題を葬り去ろうとしている。これほど卑劣で愚劣な政権は見たことがない。その一方で、渦中の昭恵氏はきのうもまた、北九州市で講演だからイイ気なものだ。「お騒がせしています」と涙ぐんだらしいが、涙を流すほど反省しているのであれば、自ら証人喚問に名乗りを上げればいい。雲隠れしたまま、フェイスブックで反論なんて非常識にもホドがある。元検事の落合洋司弁護士はこう言った。
「この問題は、海外でも『安倍首相夫人がウルトラナショナリストに100万円』――などと報道され始めている。もはや、政権として、このまま知らん顔できる状況ではありません。昭恵、谷両氏を証人喚問して徹底的に真相解明するべきです。記憶に沿って本当のことを言うのであれば、証人喚問など恐れる必要は全くありません。少なくとも、幕引きというわけにはいかないでしょう」
 塗り固めたウソのために1人の公務員を犠牲にする。こんな人身御供を平気でやる政権が許されるはずがなく、さらに世論批判が高まるのは確実だ。そうなると、いよいよ現実味を帯びてくるのが政権ブン投げの再現だ。なるほど、確かに最近の安倍首相の顔色はドス黒さが際立ってきた。森友問題の早期幕引きが崩壊し、イラついているのだろうが、もがくほど、追い詰められていくのは安倍首相自身なのである。


安倍官邸が狙うウルトラC 籠池氏“口封じ逮捕”はあるのか
「これで森友問題を幕引きにする」――。籠池理事長の証人喚問を行うことで、安倍自民党は森友問題を終わらせるつもりだった。ところが、籠池証言によって逆に昭恵夫人の疑惑が強まってしまった。一気に窮地に陥った安倍官邸。とうとう、「口封じのために籠池理事長を逮捕させるのではないか」という信じられない情報が飛び交っている。
「安倍自民党は『籠池喚問は大誤算だ』と頭を抱えています。まさか、昭恵さんサイドが財務省に働きかけていた証拠のFAXまで出してくるとは予想もしなかったようです。しかも、証人喚問が終わった後、外国特派員協会で会見までやっている。完全に籠池劇場になってしまった。このまま放置していたら、なにを口にするか分からない、と困惑が広がっています」(政界関係者)
■安倍官邸が狙う「2つの容疑」で逮捕
 にわかに強まっているのが、籠池理事長の“逮捕説”だ。具体的な容疑まで囁かれている。「詐欺」と「補助金適正化法違反」の2つである。
「証人喚問で嘘をついた偽証罪で告発すればいい、という声も上がっていますが、偽証罪は意外にハードルが高い。偽証で告発するためには、出席委員の3分の2以上の多数による議決が必要だからです。野党は同意しないでしょう。
 簡単だとみられているのが、“補助金適正化法違反”です。森友学園は、小学校の“建設費”をめぐって23億円、15億円、7億5000万円と、まったく異なる3つの契約書を作成している。補助金を多く受け取るために建築費を“水増し”したとしたら、“補助金適正化法違反”に問われます。あれだけ雄弁に証言していた籠池理事長が、この点を問われた時だけ『刑事訴追を受ける可能性があるので答えない』と証言を拒否したのも、ヤバイと思っているからでしょう。
 もうひとつは、安倍サイドが名称を使うことを断った後も“安倍晋三記念小学校”の名前を使って寄付金を集めていた一件です。こちらは詐欺に問われかねない。質問に立った自民党議員も、しつこく問いただしていた。こちらの容疑で逮捕されれば、〈安倍夫妻は籠池に利用されただけなのだろう〉という印象が強まります」(自民党事情通)
 果たして、口封じのために籠池理事長が逮捕される可能性はあるのか。すでに高松市の男性は、「贈賄申し込み容疑」の告発状を大阪地検特捜部に提出している。大阪府も、私文書偽造で籠池理事長を刑事告発する準備を進めている。政治評論家の本澤二郎氏はこう言う。
「証人喚問で爆弾発言を連発したことで、逆に、籠池理事長の逮捕は難しくなったと思います。さすがに、多くの国民が『これは口封じのための逮捕だ』と気づきますからね。国民には『巨悪が小悪をやっつけた』と映り、内閣支持率も急落するでしょう。もし逮捕させるとしたら、その時は安倍首相が内閣総辞職を覚悟した時かも知れません」
 1強体制を築いた安倍首相は、身を守るためならどんなことでもやってくるだけに、籠池理事長も内心ビビっているのではないか。


昭恵夫人が紹介 窮地の籠池夫妻がすがった“助っ人”に直撃
〈私が関わったということは、裏で何かがあるのではと疑われないように、細心の注意を払わなくてはならないということだったのでしょう〉――。ある意味、自らの関与を認めたような内容もあった。安倍首相が公開を許可した昭恵夫人と森友学園の籠池泰典氏の妻とのメール。先週16日までの計83通を読むと、証人喚問で籠池氏が証言した「口止めとも受け取れるメール」以外にも、興味深いやりとりがある。今月10日に森友学園が小学校の認可申請を取り下げた当日、昭恵夫人は籠池夫妻にメールで“助っ人”を紹介していたことが日刊ゲンダイの調べで分かった。
〈小川榮太郎さんがFBで反論しています。少しずつこの状況が異常だということになってくるはずです〉
 自民党の公開資料によると、昭恵夫人は10日、籠池氏の妻へのメールにそう書いた。文面に登場する小川榮太郎氏とは「約束の日 安倍晋三試論」などの著書がある文芸評論家である。2012年の総裁選中に結成された「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」の発起人を、百田尚樹氏ら右派文化人と共に務め、第2次政権の誕生に尽力した人物だ。
 小川氏は自身のフェイスブックに9日付で〈塚本幼稚園の経営者や教育方針を「異常」に見せて社会的廃業に追い込む手口は、これ以上放置しては最早自由社会の否定〉などと書き込んでいた。
 ネット上に24日突然、「アキエリークス」なるサイトが出現。籠池氏の妻の所有物とみられる“ガラケー”に映し出された昭恵夫人とのメールの画像や送信日時がすべて公開されている。
 それによると、昭恵夫人が小川氏に関するメールを送ったのは10日午前0時18分のこと。夜が明け始めた同日午前5時49分、このメールに籠池氏の妻が〈紹介してください 失業するので本をかいて借金かえします〉と返信。その後、籠池夫妻は同日午前に大阪府庁を訪れ、小学校の設置認可の申請を取り下げた。
 同日午後2時39分に、昭恵夫人は籠池氏の妻にこうメールを送った。
〈小川榮太郎さんがお電話されたようですが、繋がらず留守電にもならなかったので携帯番号をお教えします〉
■メディア対策を助言
 この間、昭恵夫人や籠池氏の妻、小川氏の間で、どんなやりとりがあったのか。小川氏に取材を申し込むと、日刊ゲンダイの編集部に本人から電話がかかってきた。
――昭恵夫人に紹介され、籠池氏の妻の連絡先を伝えられたのですか。
「その通りです。籠池氏の妻に電話しましたが、留守電でした」
――公開されたメールには、昭恵夫人が籠池氏の妻に小川氏の携帯番号を教えているのですが。
「そうなんでしょうね。その後、籠池氏の妻から電話がかかってきましたから」
――どんな話をされたのですか。
「妻というより、ご主人(泰典氏)とお話ししました。“メディアレイプ”のような状態になっているが、森友学園の対応はあまりに無防備すぎる。弁護士と相談して対処された方がいい、とアドバイスしました」
 この前日、3月9日午後5時53分に籠池氏の妻は昭恵夫人にこんなメールを送っていた。
〈色々と長い間お世話になりました 小学校は 支払いができず 鴻池さんの妨害で閉めます 主人も私も失業します感謝します〉
 ヤケクソ気味の“メル友”に土壇場で昭恵夫人が救いの手を差し伸べたのは、籠池夫妻の“自爆テロ”を恐れたゆえか。籠池爆弾が炸裂した今となっては、本人に証人喚問の場で真相をたずねるほかない。


海外有力メディアが「安倍退陣」との見方を出してきたが…
「森友学園問題」がトリガーとなるか
歳川 隆雄 ジャーナリスト 「インサイドライン」編集長
海外からは「安倍退陣」の見方も
3月23日の午前と午後に開かれた衆参院予算委員会の2日前のことだ。
英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)のレオ・ルイス東京特派員が記事中に「Brexit」(英国のEU離脱)を捩じった「Abexit」(アベグジット)という造語を使ったことから、海外の機関投資家の間で「安倍晋三首相は退陣するのではないか」との不安が高まり、一部で日本株売りに走ったところもあったという。
同記事には証人喚問された森友学園の籠池泰典理事長名の記述はなかったものの、安倍首相が民族主義的な幼稚園に国有地を安く払い下げた疑惑に巻き込まれ、そして否定しているが、新設小学校への寄付を行ったと取り沙汰されている、とある。
さらに記事は、今週中に開催される国会の証人喚問に件の幼稚園責任者が出席する、と続く。
いずれにしても、記事冒頭に「a potentially toxic cloud of scandal wafted towards Japan’s prime minister」(有毒の恐れがあるスキャンダルが日本の首相に向かって漂い)という表現があったため、不安を覚えた海外の大物投資家が安倍首相の去就について在京の株式ブローカーを質問攻めにしたというのだ。
さすがにFT、影響は大きい。筆者のもとにも在京の外資系金融機関から証人喚問の見通しを尋ねる問い合わせが多くあった。
では、肝心の籠池理事長の証人喚問である。
テレビで国会中継を観た国民の反応は、同氏の時には笑みを浮かべるなど自信たっぷりに証言する様子から「真実」を述べたのではないかというものと、疑惑の核心に触れる質問に対しては「刑事訴追の恐れがあるのでお答えできません」を連発したことでやはり「稀代のサギ師で嘘つきではないか」というものとに分かれた。
「森友学園疑惑」(=「籠池劇場」)が今回の証人喚問によって幕引きになったとは言えないが、それでも、証人喚問を終えて始まる国策捜査のトリガー(引き金)となったことだけは確かである。
昭恵夫人のメール
3月3日、『日本タイムズ』発行人の川上道大氏が籠池氏夫妻を鴻池祥肇元防災相に対する「賄賂申し込み罪」で大阪地検特捜部に刑事告発し、続く22日には木村真豊中市議と市民らが国有地を不当に安く森友学園に売却し、国に損害を与えたとして、担当した近畿財務局の職員(氏名不詳)を背任容疑で告発した。
さらに大阪府は月末までに、森友学園が小学校の設置許可の申請を巡って大阪府私学審議会向けの虚偽の契約書を提出していた偽計業務妨害容疑、及び学園が運営している幼稚園などで補助金不正受給の疑いがあるということで、補助金適性化法違反で籠池氏夫妻を告発する。
一方、籠池氏が「安倍晋三記念小学校」の名称で小学校建設の寄付を募った期間に関する自民党の西田昌司参院議員の質問に対して「(安倍首相が衆院議員時代から2012年12月に第2次内閣を発足させるまでの)ほんの一瞬です。いや5カ月あまりの時間でした」と証言したが、実際には首相の名前が印刷された寄付金の振替用紙が15年春まで使われていたことが判明している。
加えて、籠池氏は安倍昭恵首相夫人と籠池諄子理事長夫人とのメールのやり取りの中で「妻に昭恵夫人から口止めとも取れるメールが届いた」と証言したが、24日のメールの全文が公表されて、これもまた偽証で告発される可能性が強くなった。
要は、大阪府警が偽計業務妨害か詐欺容疑で籠池氏夫妻を摘発し、次に大阪地検が然るべき時期に偽証罪で強制捜査に踏み切るというシナリオではないか。まさに「国策捜査」である。
24日午前の参院予算委員会集中審議に出席した安倍首相の憮然とした顔つきからは、「昭恵は本当に余計なことをしてくれたな」という怒りが見て取れた。
昭恵夫人が「いい人」であることは認める。
筆者の個人的な体験だが、2015年秋にフランス・パリで行った「阿波踊りパリ公演2015」のサポーターになっていただくため13年7月29日午後に首相公邸で会い、その企画の説明をした際も真摯に耳を傾け、きちんとした質問もされたことを思い出す。
そして同席したのが、今、「ファックスによる返事」問題で名前が出ている谷査恵子首相夫人付秘書官であった。


翁長知事、辺野古埋め立て承認撤回を初明言 県民集会に3500人参加
 名護市辺野古への新基地建設反対を訴える「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」は25日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で「違法な埋め立て工事の即時中止・辺野古新基地建設断念を求める県民集会」を開き、主催者発表で3500人余が参加した。翁長雄志知事が就任して初めて辺野古での集会に出席し「撤回を力強く、必ずやる」と述べ、名護市辺野古海域の埋め立て承認を撤回する方針を明言した。
 集会では「違法な埋め立て工事の即時中止と、辺野古新基地建設の断念を強く日米両政府に求める」とする決議を満場一致で採択した。
 稲嶺進名護市長は「新基地建設を国が断念するまで、我々の力で断念させるまで、力を合わせて頑張ろう」と呼び掛けた。
 集会に先立ち、米軍基地建設の反対運動中に逮捕・起訴されて5カ月余り身柄の拘束が続き、18日に保釈された沖縄平和運動センターの山城博治議長があいさつし、支援者への感謝を述べた。
 ほかに新基地建設問題を担当する県の政策調整監に4月1日に就任予定の吉田勝廣氏や、オール沖縄会議共同代表の呉屋守將氏、県選出の野党国会議員らが決意を述べた。


韓国政府、「日本の教科書歪曲」に対し厳重に抗議・是正の要求
外交部報道官が批判声明 
在韓日本大使館代理呼んで抗議 
少女像に続き韓日関係がさらに深い“泥沼”に

 政府は24日、独島(日本名・竹島)に対する一方的な領有権主張などが盛り込まれた日本の高校教科書の検定結果について、日本側に厳重抗議し、直ちに是正処置を取ることを要求した。平和の碑(少女像)の設置問題で駐韓日本大使が本国に召還されてから、2カ月以上も突破口の見えない韓日関係は、当分の間、泥沼から抜け出すの難しく思われる。
 外交部のチョ・ジュンヒョク報道官は同日、声明を発表し、「日本政府が韓国固有の領土である独島に対する不当な主張を含めて歪曲された歴史認識を盛り込んだ高等学校教科書を再び検定で通過させたことに対し、強く抗議し、即座の是正を求める」と明らかにした。チョ報道官は「日本政府は誤った歴史観の最大の被害者は、結局、日本の未来世代である点を明確に自覚し、歴史を直視しながら、未来世代の教育に責任ある行動を示すべき」だと強調した。チョン・ビョンウォン外交部東北アジア局長は同日午後、駐韓日本大使館の鈴木秀雄総括公使(大使代理)を招致(呼んで抗議)した。
 外交部の説明によると、今年、日本文部科学省に検定を申請した高校地理、歴史、政治経済、現代社会など、社会科教科書24種の中で、独島を「日本固有の領土」と書いた教科書は合わせて19種(79%)に達する。昨年、検定を通過した高校1年生向けの社会科教科書の77%も同じ内容が盛り込まれていた。外交部当局者は「日本は教科書を4年周期で検定するが、4年前の検定当時、独島を『日本固有の領土』と表現した教科書は71%だった」と話した。
 日本軍慰安婦被害者問題と関連しては、今年の検定を申請した歴史教科書13種のうち9種(69%)と政治経済の教科書7種のうち4種(57%)に、関連した言及が含まれた。歴史教科書13種のうち4種(31%)と政治経済の教科書7種のうち3種(43%)には、「12・28合意」(韓日慰安婦合意・2015年)内容が新たに付け加えられた。外交部当局者は「慰安婦被害者関連の記述は“強制性”に言及するなど、大きな枠組みで変化がないと思われる」としたうえで、「ただし、相変わらず従来レベルの言及を踏襲したものであり、慰安婦被害者問題の歴史的真実を日本の学生たちに教えるには十分ではないレベル」だと話した。
 釜山(プサン)総領事館前の「少女像」の設置に抗議し、日本政府が今年1月9日、長嶺安政大使を本国に召還して以来、韓日関係は事実上の膠着状態に陥っている。駐韓大使不在の状況で、教科書問題まで重なり、当分の間、両国関係は袋小路に追い込まれたままの状態を維持するものと見られる。
 一方、教育部は、日本の独島領有権主張の強化に対抗し、小中高校の教育課程で独島関連教育を強化する方針を発表した。教育部は今年から順に適用される「2015改正教育課程」に基づき、小中学校の社会と高校の地理・歴史・技術・家庭教科書に独島関連内容を拡大したが、客観的な資料をもとに、独島が大韓民国「固有の領土」である点を、学生たちが確かに理解できるようにする方針だ。教育部はまた、教師のための資料が多くないという指摘を反映し、様々な教科で活用できる独島の教受・学習資料を開発し、今年8月までに教育現場に普及する。
チョン・インファン記者


国会停滞の元凶は首相夫妻
 ★証人喚問で分かったことは、自民党が思考停止しているのか、首相・安倍晋三夫妻が疑惑の中心にいるこの時にもベテラン、閣僚経験者、重鎮と呼ばれる各派の党幹部たちが何も発しないことだ。役職上、首相をかばう者もいるが、ほとんどの議員が沈黙している。過去の自民党では幹部から苦言なり、政局を動かす発言があったものだが、この沈黙は先の党大会で規約改正までして21年までの長期政権を可能にした安倍政権の将来を暗示する沈黙なのだろうか。 ★24日午前の役員連絡会になると自民党副総裁・高村正彦が「明らかになったことは(籠池が)かなりのうそつきということだけだ」と発言。幹事長・二階俊博も「立派な人でないことは誰が見たって分かるのではないか」と続けた。役職上の発言なのかもしれないが、いずれも証人喚問に呼ばれこそしたが、ついこの間まで首相夫妻と蜜月関係にあった人への発言と思うと権力の手のひら返しを感じるとともに、そんな人を「大変信頼できる人」と評価していた首相夫妻を批判していることと同じ意味だと感じる。 ★もう1つ分かったことは、いかに官僚が権力におもんぱかり、政治家に対してイエスマンであるかということ。高級官僚になればなるほど、官邸が人事を握る内閣人事局制度に振り回される。そして官邸サイドは“私人”の昭恵夫人を守るために首相やその周辺たちは、すべての権力を行使して、時には官僚に罪を押し付けてもその座を守ろうとする、おぞましいさまが見て取れる。夫人の喚問を実施するかが焦点のようだが、現実は信用のない学校経営者との交友で収拾がつかず、国会を混乱と停滞に陥らせている元凶が首相夫妻であるということだ。その責任は重い。

水俣病解決へ連絡会発足 患者・被害者団体が連携
 「水俣病被害者互助会」など水俣病の主要な患者・被害者団体は25日、連絡組織「水俣病被害者・支援者連絡会」の結成総会を熊本県水俣市で開いた。水俣病の公式確認から5月で61年となる中、患者認定申請が相次ぐなど終わりが見えない水俣病問題を連携して解決していくのが狙い。
 国の救済策や訴訟への考えの違いから各団体は共同歩調を取ることが難しかった。新潟、熊本両県の被害者団体などでつくった「水俣病公式確認60年実行委員会」が母体となり、今月25日までに27団体が参加。健康調査や加害責任の検証を国に求めていく。


PKO日報隠蔽疑惑/防衛相の責任看過できない
 文民統制(シビリアンコントロール)の原則を揺るがすような危うい事態だ。稲田朋美防衛相が省内を本当に掌握できているのかどうか、統治能力が問われている。
 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊部隊の日報を巡る新たな隠蔽(いんぺい)疑惑である。
 防衛省は昨年10月、情報公開を求められ、「陸自は破棄済み」として不開示にした。外部から批判を浴びて再探索した結果、昨年12月に統合幕僚監部内で電子データが見つかったが、稲田防衛相への報告は約1カ月遅れた。
 今回は統幕とは別に、陸自内に電子データが1月ごろまで保管されていたことが発覚した。消去の疑いもある。
 保管の事実は陸自上層部に報告され、いったん公表を検討したものの、統幕の「背広組」と呼ばれる防衛官僚が非公表を指示したとされる。
 日報には昨年7月、南スーダンの首都ジュバで起きた政府軍と反政府勢力との大規模な武力衝突について生々しい記述があり、憲法上の問題になりかねない「戦闘」という言葉が使われていた。
 治安の悪化を伝える日報は政府に不都合な情報に違いない。論議を呼んでいたPKO派遣継続と新任務「駆け付け警護」付与に悪影響を与えるとでも判断したのだろうか。
 もし事実ならば、国民の目を欺く組織ぐるみの情報隠しである。うみを出し切らなければならない。
 稲田防衛相は国会答弁で、「徹底的に調査し、改めるべき隠蔽体質があれば私の責任で改善していきたい」と強調。直轄の防衛監察本部による特別防衛監察を指示し、現在調査が進められている。
 防衛監察本部の実動スタッフはいわば身内である。どこまで客観性のある第三者の目で解明できるか、疑念がないわけではない。地に落ちた信頼回復のためにも、速やかに結果を公表すべきだ。
 省内の報告をうのみにしてきた稲田防衛相の責任は軽くない。にもかかわらず、答弁を聞く限り「隠したのは現場。私は知らされなかった被害者」と言わんばかりだ。
 それこそ、大臣が軽視されている証左で、どこまでリーダーシップを発揮して組織のあしき体質にメスを入れられるのか、疑問符が付く。
 稲田氏は国会答弁で立ち往生し、見かねた安倍晋三首相が助け舟を出す場面があった。「森友学園」の代理人弁護士を務めた問題で答弁を訂正し、謝罪に追い込まれた。教育勅語を容認するかのような発言もある。危機管理に当たる防衛相としての資質に欠ける言動と言わざるを得ない。
 防衛の専門知識を十分身に付ける間もないまま、一気に閣僚まで駆け上がった稲田氏。勉強、経験不足は否めないのではないか。抜てきした安倍首相の任命責任も問われよう。このままでは防衛省内の混迷は深まるばかりだ。


なぜ沖縄ヘイトデマが生み出されるのか? 『標的の島』監督が問う『ニュース女子』問題、「土人」発言
 現在、安倍政権が進めている石垣島、宮古島、奄美大島、与那国島への大規模な自衛隊とミサイル基地の配備。政府は南西諸島の防衛強化を謳うが、実際は、米中の“新たな戦争”の「防波堤」にするのが目的だ──。この衝撃的な事実と、石垣島や宮古島、そして辺野古、高江で子どもの未来を守ろうと必死に抵抗する市民たちの姿を描いた三上智恵監督の最新作『標的の島 風かたか』。
 今回お届けする三上智恵監督のインタビュー後編では、『ニュース女子』デマ報道や「土人」発言など、沖縄をめぐる問題について話を伺った。
----------------------------------------------
──映画タイトルにもある「風(かじ)かたか」ですが、これは「風よけ」「防波堤」という意味だそうですね。
三上 はい。映画でも最初に出てきますが、昨年6月19日に那覇市で行われた、米軍属によって暴行され殺されてしまった被害者女性を追悼する県民大会で、この言葉が出てきました。
 いままでいろんな県民大会がありましたが、いちばん悲しい県民大会でした。アメリカ軍に対する怒りや日本政府に対する怒りではなくて、自分に対する怒りを、みなさんもって集まっていたと思う。1995年に米軍人による少女暴行事件があって、あのとき沖縄県民は「もう二度と同じような事件はごめんだ」と立ち上がった。けれども、また同じことが起こった。なぜ守れなかったんだろう、私は何を報道してきたんだろう、と。
 県民大会では、古謝美佐子さんが「童神(わらびがみ)」という歌を歌われたんですが、そのなかに「風かたかなとてぃ 産子 花咲かさ」(私が風よけになって この子の花を咲かせてやりたい)という歌詞があります。これは子どもを思う母の歌で、それをこの日に聴くというのは耐えがたくて辛かった。でも、そのあとに名護市長の稲嶺進さんが古謝さんの歌詞を引き、こうスピーチしたんですね。「我々行政にある者、政治の場にいる者、多くの県民、今回もまた、ひとつの命を救う風かたかになれなかった」。
 この言葉に、私だけではなく周りの女性たち全員が号泣しました。日米両政府が決めて、押し付けてくるさまざまな負担、オスプレイが落ち、ヘリが学校に落ち、歩いていたら後ろから殴られて暴行されて殺されてしまう。そんな島で、どうやって大人たちは風かたかになれるのか。なれるわけがないでしょう?と。
──しかし、あんな痛ましい事件が起こったにもかかわらず、安倍政権のみならず「本土」の世論も「沖縄は日本の風かたかであれ」と声を強めているように感じます。そればかりか、『ニュース女子』(TOKYO MX)のようなデマ報道まで起こりました。基地反対運動にかかわる市民の人びとと向かい合ってきた三上監督にとっては、許せないものだったのではないかと思うのですが。
三上 いや、そんなに驚きはしなかったですよ。なぜかと言うと、このバッシングは、ずっとずっとずーっと私たちに向けられてきたものですから。もちろん、これまではネットのなかだけだったのが、地上波のテレビにまで浸食してきたという違いはありますが、以前から読売テレビさんとかはそういう番組をつくっていますよね(苦笑)。MXはそのあとの問題で、「ついに東京まで行ったか」と思いましたけど、『ニュース女子』をつくっているプロダクションは大阪なんですよね。
──それこそ沖縄デマを繰り返し流してきた『そこまで言って委員会NP』と同じ制作プロダクションです。
三上 ただ思うのは、沖縄の反対運動に対するデマというのは、ネットのなかの、すごくどす黒い人たちがつくった言説だけど、みんなが「その話、大好き」「おいしい」と思わなければ、こんなに広がらないですよね。「その話大好き。もっとちょうだい」と言って、ネット右翼がつくり出すその話を面白がってきた。でもね、ほんとうはそこに逃げ込んでいるし、そこにすがりついているんだと思います。
──すがりつく?
三上 たとえば、高江の問題ひとつとって見ても、ヘリパッド建設の反対運動を当初から取り上げていたのは私のいた放送局(琉球朝日放送)だけだったんですよね。ほかの放送局はやらないし、当時は琉球新報も沖縄タイムスも、ほとんどまともな報道はなかった。そんななかで、記者仲間からは「なんで三上さん高江ばっかり行ってるの? 反対運動とデキてるんじゃないの?」と言われたりしていたんですよ(笑)。「あそこはヒッピーたちが住んでいる、反対運動をするために行っている人たちがいるところで、よそ者ばっかりなんだって」とか。いま起こっている1つの現実に対して、そうやって同業者だって全部報道できないジレンマもあるし、それを「選ばない、報道しない」理由を100も探しているんです。
 高江という地域に暮らす人びとは北部訓練所に囲まれながら生き、そして60年代には米軍がベトナム戦争のゲリラ戦の訓練のために「ベトナム村」というものをつくり、高江の住民はゲリラ訓練に現地民の代わりとして動員させられていた。こんなにも屈辱的なことがあって、いままた違うかたちで訓練の標的にされようとしていることに対して、「本土から移り住んでいる人が多いでしょ」と言うことは、まったく道理が合わない。だってその人は県民だし住民なんですよ。
 記者のみならず、一般の人もそう。「沖縄の人がやってるなら同情できるけど、そうじゃないんだってよ」という言説は、ものすごく安易に受け入れやすいと思います。自分がその問題にかかわらない言い訳、知識のなさや意識の低ささえも、そうした言説が洗い流してくれるから。
──とくに「土人」発言後に松井一郎・大阪府知事が「ご苦労様」とTwitterで労いの言葉をかけたことは、事実上、差別を肯定したも同然でした。そうやって為政者が差別を認めてしまうことで、今後、基地の問題だけではなく差別的な言辞が激化していくのではないかという不安があります。
三上 あの松井府知事の擁護があって、大阪では高江の問題を面白可笑しく取り上げる関西の芸人たちが出ている番組が出てきたんですよね。でも、その元祖というか、音を立ててバッシング社会になったいちばんのきっかけは、イラクの人質事件だったと思うんです。あのとき小泉純一郎首相はじめ政治家がみんな「自己責任」と合唱して、自分が何もやらない理由を正当化してしまった。そうしたら今度は日本中の人がバッシングをはじめた。志をもって外国に行きがんばっている若者を「自己責任だ」と言っていじめるなんて、恥も外聞もないですよ。そうやってまともに考えて行動する人たちをみんなで揶揄して足を引っ張っていると、正しいことを言えなくなる、空気を読んで何も言わないという人たちばっかりになっていくでしょう。それは言論が認められないという社会なのだから、恐ろしいことですよね。
 でもね、「土人」発言でひとつ考えなくてはいけないことは、20代の若い人がそう言わざるを得ないくらい、つらい仕事をさせられていたということです。機動隊として対ゲリラのフォーメーションをさまざま学んでいくなかで、彼らは実践として高江や辺野古に来ている。つまり、「治安を乱す人たちがいる」という想定で彼らはやってきているから、沖縄で反対運動をやっている人たちをそういうふうに扱おうとする。でも、実際に自分の目の前にいる反対派の「治安を乱す人たち」であるおじさんやおばさん、若い子たちは、決してそういうふうには見えない。
──映画でも、高江の反対現場で無抵抗で立っている若い女性と、若い機動隊員が相対する場面がありました。悲しげな、不安げな目で感情を語りかけようとしているように見える女性に対し、機動隊員は目を下に逸らす。……あのシーンは見ていて苦しかったです。
三上 苦しいですよね。どこから見ても普通の人たちを「悪者」として扱い、向かい合わなくちゃならないんですから、あんな現場にいたら心が折れてもおかしくない。しかも上司に「この仕事は機動隊がやるべきじゃないです。僕は帰ります」って、そんなこと100人に1人も言えないでしょうし。でも、心が壊れるのも嫌でしょ。そうしたら、「あいつらシナ人なんだぜ。何やってもいいんだぜ」と言われたら、それに乗っかりますよ。差別主義者になって乗り切ろうと思うでしょう。そういう人たちをいま、量産しちゃっている。でもね、それが軍隊なんです。自分の意志は関係ない、自分の正義だとか感性だとかに照らし合わせて考えることを求められていない、それはもう軍隊ですよね。
■「沖縄だけじゃなく、日本列島が“標的の島”なんです」
──しかし、三上監督のように沖縄から現実を伝えようとしても、それを「偏向報道だ」と決め付ける声もあります。
三上 「偏向だ」と言う人には、沖縄に74%も基地を集中させていることは偏っていませんか?と聞きたいですね。そして、この偏った環境のなかで「これでは生きていけないんだ」と言っている人が現実に8割いるんです。そんななかで「そう言っている人もいるけれど、そう言っていない人もいます」というふうに報道することが、果たして公平でしょうか?
 よく「公平」とか「政治的である/ない」とか、そんな話をするときに、「沖縄のなかで反対運動をしている人を出すんだったら、賛成している人も出しなさい」っていうアホみたいな話をする人がいますよね。でも、沖縄の放送局はキー局からこれをずっと言われ続けているんですよ。「辺野古沖にコンクリートブロックが投下されて、反対派の人たちが抗議しています」といったような50秒のニュースをつくっても、「賛成している人たちが出てこないから中央のニュースには乗せられない」なんて言ってくる。じゃあ、どこに賛成している人がいるのか教えてくださいよ、と。
 私は22年、沖縄で生きていますけど、沖縄に置かれている米軍基地に賛成している人なんてひとりもいないと思います。基地を「容認」していると言われている人たちはいますけど、その人たちだって、基地が出来たときに「やったー!」と喜んだような人は誰ひとりいないんですよ。無理やり土地を奪われて、無理やり基地をつくられて、そんななかで「反対」と言ってたら何の生活もできない。アメリカがつくったシステムのなかで、折り合いをつけるしかない。折り合いをつけて、学校をつくってもらったり、道をつくってもらったりしてきた。そうやって折り合いをつけた自分のお父さんやおじいちゃんたちの選択を「あのとき間違っていたんだ」なんて言えないですよ。
 つまり、「基地に反対していない人たちは基地に賛成している人なのか?」ということなんです。「折り合いを付けている人たち」は、いる。「いまさら反対する気なんてまったく起きない人たち」も、いる。でも、それよりもいちばん多いのは「思考停止したほうがいいと思って思考停止した人」と「沈黙するのがいちばんだと思って沈黙した人」です。「容認している人」は一部ですよ。なのに中央のメディアは「賛成派を出せ」というわけですよね。
 だいたい、本当に沖縄に基地をつくりたいと思っている人は沖縄にはいない。どこにいるかと言えば、本土にいるわけでしょう。
──そして「本土」は、基地を認めない沖縄を「中国の脅威が迫っているのに平和ボケしている」と責め立てる……。
三上 平和ボケしているのは中国脅威論を振りかざしている人たちのほうなんですよね。もしも中国が攻めてきたとして、日本が戦って勝てますか? 絶対勝てないですよ。だから戦争をしないように外交で努力することが政府の仕事です。こう話すと、「アメリカが守ってくれるから」「アメリカと組めば勝てる!」と言う人がいますが、そんなことを考えているのが平和ボケです。
 尖閣が安保条約のなかに入っているといっても、米軍が兵を出すかどうかはアメリカの議会でものすごく面倒臭い手続きをしなければ出せない。しかも、尖閣にアメリカが兵を投入しても、何もいいことなんてないですよ。だからこそアメリカは、中国を抑え込むために第一列島線を使おうと考えているわけで、中国からの初期攻撃に対応するのは日本軍と韓国軍とフィリピン軍。いま、そこから「いち抜けた」と言っているのがドゥテルテ大統領ですよ。
 一方、日本と韓国には地位協定も軍事同盟もある。現状はアメリカの言うことを聞くしかないというかたちですから、戦場になるのは日本か韓国であり、先に死ぬのは日本兵か韓国兵です。そんな状態になっているのに、「アメリカが守ってくれる」と信じているなんて……。
 しかも忘れてはいけないのは、第一列島線というのは、南西諸島だけではなく日本列島を含んでいるということです。戦闘が起こるのは南西諸島でしょうが、日本全土がアメリカの「風かたか」になっている。
──つまり、「標的の島」にされつつあるのは、「本土にとっての南西諸島」であり、さらには「アメリカにとっての日本列島」だと。
三上 そうです。「標的の島」というタイトルも「風かたか」という言葉も、何重もの入れ子構造になっているんです。
──てっきり『標的の村』がヒットしたので、二番煎じで『標的の島』になったかと思っていましたが、かなり深いタイトルですね(笑)。
三上 やっぱり、そう思いますよね。私は『風かたか』だけにしたかったんですが、配給側の説得もありまして(笑)。
──ただ、この映画を観れば、軍事要塞にされ、さらには捨石にされようとしている島々には、とても豊かな自然や伝統文化が息づき、当たり前ですがおじいさんおばあさんから赤ちゃんまで、多くの人が日々の暮らしを営んでいるんだということがよくわかると思います。
三上 そう。ここには人が住んでいるんだ!ということをわかってもらえるだけでもいいんです。細かい事情がわからなくても、この島には人が住んでいて、親子の情があって、収穫の喜びがあって、死んでいく人の悲しみや先祖になる喜びや、そういうものがあるんだとわかってくれるだけでいいんです。
──南西諸島のミサイル基地問題は報道がほとんどされていませんから、ぜひテレビでも流してほしい内容ですが……。
三上 テレビでは無理です(苦笑)。でもテレビではないけれど、それを知らせるのが私の仕事ですから、この映画が広がっていけばいいなと思っています。
(取材・構成/編集部)
■『標的の島 風かたか』
3月11日(土)より那覇・桜坂劇場、3月25日(土)より東京・ポレポレ東中野にて公開。ほか、全国順次公開(公式サイトhttp://hyotekinoshima.com)。
辺野古の新基地建設と、高江でのオスプレイのヘリパッド建設。現場では多くの負傷者・逮捕者を出しながら激しい抵抗が続く。そんななか、さらに宮古島、石垣島でミサイル基地建設と自衛隊配備が進行していた。なぜ、先島諸島を軍事要塞化するのか? それは日本列島と南西諸島を防波堤として中国を軍事的に封じ込めるアメリカの戦略「エアシーバトル構想」の一環であり、日本を守るためではない。基地があれば標的になる、軍隊は市民の命を守らない──沖縄戦で歴史が証明したことだ。だからこそ、この抵抗は止まない。この国は、いま、何を失おうとしているのか。映画は、伝えきれない現実を観るものに突きつける。


日本学術会議 軍事研究巡る声明決議 来月の総会経ず
 科学者の代表機関・日本学術会議は、半世紀ぶりに今月打ち出した軍事研究を巡る声明案について、24日の幹事会でほぼ原案通りに決議した。声明案をまとめた検討委員会は、声明の重みや歴史的経緯を踏まえ、全会員が出席する4月の総会での採決を求めてきたが、総会での議論を経ないまま決定した。【千葉紀和】
 科学者が戦争協力した反省から、学術会議は1950年と67年に戦争と軍事目的の研究を行わないとする声明を決議している。新たな声明は、過去2回の声明を「継承する」と明記し、研究の適切さを審査する制度を各大学などに設けるよう求めたのが特徴。拘束力はないが、大学などの対応の指針となる。
 過去の声明は総会で決議されたが、現在は制度改正で会長を中心とする幹事会で採決することが通例となっている。
 だが、今回は学術会議創設の原点に関わる内容のため、来月13日に開く総会で議論した上で、会員210人が挙手で採決することが提案されてきた。
 この日の幹事会では「早く決めるべきで、手続きを変える必然性がない」「総会が紛糾してまとまらない懸念がある」といった意見が続出。総会で議論だけすることで一致した。
 声明案で「政府による研究への介入」を懸念した表現の緩和を求める意見もあったが、原案通りとなった。
 幹事会後に取材に応じた大西隆会長は「想定と違う点もあったが、学術会議としては正当な手続きだ」、検討委の杉田敦委員長は「全く想定していなかった事態だが、検討委の結論がほぼそのまま発出できることはうれしい。総会は今後も議論を続ける第一歩となれば」と述べた。
軍事的安全保障研究に関する声明(全文)
 日本学術会議が1949年に創設され、1950年に「戦争を目的とする科学の研究は絶対にこれを行わない」旨の声明を、また1967年には同じ文言を含む「軍事目的のための科学研究を行わない声明」を発した背景には、科学者コミュニティの戦争協力への反省と、再び同様の事態が生じることへの懸念があった。近年、再び学術と軍事が接近しつつある中、われわれは、大学等の研究機関における軍事的安全保障研究、すなわち、軍事的な手段による国家の安全保障にかかわる研究が、学問の自由及び学術の健全な発展と緊張関係にあることをここに確認し、上記2つの声明を継承する。
 科学者コミュニティが追求すべきは、何よりも学術の健全な発展であり、それを通じて社会からの負託に応えることである。学術研究がとりわけ政治権力によって制約されたり動員されたりすることがあるという歴史的な経験をふまえて、研究の自主性・自律性、そして特に研究成果の公開性が担保されなければならない。しかるに、軍事的安全保障研究では、研究の期間内及び期間後に、研究の方向性や秘密性の保持をめぐって、政府による研究者の活動への介入が強まる懸念がある。
 防衛装備庁の「安全保障技術研究推進制度」(2015年度発足)では、将来の装備開発につなげるという明確な目的に沿って公募・審査が行われ、外部の専門家でなく同庁内部の職員が研究中の進捗(しんちょく)管理を行うなど、政府による研究への介入が著しく、問題が多い。学術の健全な発展という見地から、むしろ必要なのは、科学者の研究の自主性・自律性、研究成果の公開性が尊重される民生分野の研究資金の一層の充実である。
 研究成果は、時に科学者の意図を離れて軍事目的に転用され、攻撃的な目的のためにも使用されうるため、まずは研究の入り口で研究資金の出所等に関する慎重な判断が求められる。大学等の各研究機関は、施設・情報・知的財産等の管理責任を有し、国内外に開かれた自由な研究・教育環境を維持する責任を負うことから、軍事的安全保障研究と見なされる可能性のある研究について、その適切性を目的、方法、応用の妥当性の観点から技術的・倫理的に審査する制度を設けるべきである。学協会等において、それぞれの学術分野の性格に応じて、ガイドライン等を設定することも求められる。
 研究の適切性をめぐっては、学術的な蓄積にもとづいて、科学者コミュニティにおいて一定の共通認識が形成される必要があり、個々の科学者はもとより、各研究機関、各分野の学協会、そして科学者コミュニティが社会と共に真摯(しんし)な議論を続けて行かなければならない。科学者を代表する機関としての日本学術会議は、そうした議論に資する視点と知見を提供すべく、今後も率先して検討を進めて行く。

あの日から6年/関西に向かったあの日も

ブログネタ
フランス語 に参加中!
東北沿岸壊滅的20110312朝日

Japon: face au scandale, le Premier ministre diffuse des courriels
Tokyo - Le Premier ministre japonais Shinzo Abe a rendu publics vendredi des courriels pour étayer sa défense, alors qu'il est accusé d'avoir versé un don au directeur d'une école nationaliste au centre d'un scandale qui captive le Japon.
Yasunori Kagoike a affirmé jeudi sous serment que l'épouse de M. Abe, Akie, lui avait remis en 2015 au nom du Premier ministre un million de yens (8.300 euros) en liquide, en l'absence de témoins.
Ce témoignage devant le Parlement venait s'ajouter à des informations de presse selon lesquelles cet homme aurait pu acheter dans des conditions troubles, et à un prix défiant toute concurrence, un terrain appartenant à l'Etat, pour la construction d'une école élémentaire.
Vendredi, M. Abe a diffusé des courriers électroniques entre son épouse et celle de M. Kagoike. "Aucune transaction d'un million de yens n'est mentionnée dans des échanges", a-t-il déclaré au Parlement.
"J'ai diffusé tous les courriels pour mettre fin à tout malentendu", a-t-il ajouté, accusant M. Kagoike de n'avoir révélé "qu'une partie de l'information" au cours de son audition devant le Parlement.
M. Abe, dont le taux de popularité, élevé, a été sérieusement ébréché, a nié à plusieurs reprises avoir versé de l'argent à M. Kagoike et s'est engagé aussi à démissionner, s'il était avéré qu'il est impliqué dans la transaction immobilière.
Selon des analystes, il n'y a a priori rien d'illégal dans un tel don mais, s'il était confirmé, la crédibilité du Premier ministre pourrait être atteinte en raison de ses démentis.
M. Kagoike administre à Osaka, dans l'ouest du Japon, un jardin d'enfants qui inculque des valeurs nationalistes ainsi que celles du culte japonais Shinto. Son établissement a diffusé des propos insultants à l'égard des Chinois et des Coréens.
Ce personnage a éveillé la curiosité du grand public par l'excentricité des enseignements de son école maternelle, similaires à ceux que recevaient les jeunes Japonais jusqu'à la fin de la Seconde guerre mondiale. Les élèves doivent par exemple mémoriser un décret impérial de 1890 sur l'éducation considéré comme ayant servi à inculquer aux jeunes d'avant-guerre l'idée qu'ils devaient être prêts à mourir pour l'empereur.
Ils doivent aussi chanter des messages de soutien au Premier ministre nationaliste et à ses politiques, dont une loi controversée destinée à accroître les prérogatives des forces japonaises.
フランス語
フランス語の勉強?
時論公論「森友学園籠池氏証人喚問」増田剛解説委員
大阪・豊中市の国有地が、鑑定価格より安く売却された問題をめぐり、森友学園の籠池理事長の証人喚問が行われます。さまざまな問題解明の突破口になるのか、解説します。
自閉症の君との日々
2014年放送の「君が僕の息子について教えてくれたこと」、2016年のNHKスペシャル、自閉症の作家東田直樹さんを取材した2つの番組をまとめた感動の総集編。
自閉症の作家・東田直樹さんは、日常会話は不可能だが、文字盤で意志を伝えられるという極めてまれな能力を持っている。私たちは、東田さんを3年間に渡り取材してきた。その間に東田さんは、世界的ベストセラーを生み、作家として大きく成長した。一方取材を続けてきたディレクターは、ガンとなり、自らハンディキャップを抱えることになった。生きづらさを抱える人がどう生きればいいのか、ディレクターが見つめた3年間である。
東田直樹, 三浦春馬, 野田洋次郎

科捜研の女9
沢口靖子演じる京都府警科学捜査研究所研究員の榊マリコが、“科学”を武器に事件の真相を究明する科学捜査ミステリー。第5話「二度狙われた少女!W誘拐に隠された謎」
有名弁護士の娘が誘拐され、京都府警は身代金を受け取りに来た犯人を捕り逃がしてしまう。科捜研が遺留物からアジトを突き止め土門刑事(内藤剛志)たちが踏む込むと、犯人は殺害されており、誘拐された少女は何者かに連れ去られていた。
沢口靖子、内藤剛志、若村麻由美、加藤貴子、斉藤暁、泉政行、小野武彦、田中健 浅野和之 ほか


3月11日前後に東日本大震災で関連番組や新聞記事が増えて,あっという間に消え去った感じがします.でも震災当日だけの話ではなかったはずです.計画停電とかガソリンスタンド前の行列が何日も続いたはずです.わたしの場合は母と連絡とれずにいて,心配し続けた日々でした.寒い体育館で冷たくなった母と再会できたのが確か6年前のこの日です.妹ともに大泣きしました.周りでも泣いている人が少なくなかったのを思い出します.まだ6年,もう6年なのかいまだわかりません.
そういえば関西での大学生活を始めるに当たり家を出たのもこの日だったのではないかと思います.
そういう意味でなんだか悲しい日です.

<震災関連自殺>16年21人 前年より2人減
 東日本大震災に関連した昨年1年間の自殺者は、前年より2人減って21人だったことが23日、警察庁のまとめ(確定値)で分かった。宮城県が8人で最も多く、福島県が7人、岩手県が6人だった。自殺対策を所管する厚生労働省の担当者は「被災者の自殺対策は依然として深刻な課題。避難生活は長期化しており、心のケアなどに引き続き対応する」としている。
 3県を合わせた年代別は、60代が5人で最多。30代と40代、50代がそれぞれ4人、70代が2人、20代と80歳以上がそれぞれ1人だった。原因・動機別(複数回答)では「健康問題」が13人で最も多く、「家庭問題」5人、「経済・生活問題」と「勤務問題」が各4人などとなっている。
 一方、昨年1年間の全国の自殺者総数は前年比2128人減の2万1897人。1994年以来22年ぶりに2万2千人を下回った。
 人口10万人当たりの自殺者数(自殺死亡率)は前年比1.6人減の17.3人。都道府県別では秋田の25.7人がワーストで、岩手が25.2人、和歌山が24.6人と続いた。最も少なかったのは神奈川で13.3人だった。


被災地での経験糧に 特別出向の警察官が離任
 東日本大震災の被災地支援のため本年度、広島、熊本両県警から岩手県警に特別出向していた警察官5人の離任式が23日、県警本部であった。
 堀誠司本部長は「熊本地震と広島県内大雨で出向元の県が被害を受けた中、岩手県の被災地の安全確保に全力を尽くしていただいた」と感謝の言葉を述べ、表彰状を手渡した。
 5人は釜石、大船渡両署に配属され、行方不明者の捜索や仮設住宅の巡視に当たった。大船渡署で勤務した熊本県警の杉原徹彦巡査長(28)は「温かく迎えてくれた地域の方々のため、大船渡でもう1年働きたかった。出向中の経験を熊本地震の仮設住宅の防犯活動に生かしたい」と語った。
 岩手県警は警察庁の特例措置が本年度で終了するため、新年度は被災3県の県警で初めて特別出向の受け入れを見送る。
 県警警務課の加藤秀昭企画室長は「出向者には震災後に目立つようになった家庭内暴力やストーカー被害の未然防止に貢献してもらった。新年度は地元採用の警察官が任務を引き継ぎ、これまで同様に被災者のニーズに沿った活動を展開したい」と話した。


震災教訓を和歌山に 派遣2警官が絆胸に離任
 東日本大震災の被災地支援で、和歌山県警から宮城県警南三陸署に特別出向していた警察官2人が1年の任務を終え、今月末に離任する。和歌山から南三陸への派遣は2012年度から計14人を数え、本年度で終了。住民との触れ合いを大切にしてきた2人は「震災の教訓を和歌山に帰って伝え、防災につなげる」と話した。
 白浜大志巡査部長(28)と石橋満巡査長(27)は昨年4月、地域課の特別警ら係に着任。今月15日に町総合体育館であった防犯教室では、交通安全や防犯を呼び掛ける同署の「よりそい隊」の一員として寸劇を披�る警察官でありたい」と語った。


<JR東>被災地育ち「もういっこ」首都圏へ
 JR東日本は24日から、宮城県亘理、山元両町名産のイチゴ「もういっこ」を使ったスイーツを首都圏などで販売する。各地の優れた農水産物を首都圏に売り込もうと、新たに始める「地域素材応援プログラム」に基づくキャンペーンで、全国第1弾となる。期間は5月下旬まで。
 地元で知られていても全国的には知名度が低い農水産品をJRの販路に乗せて売り出す試み。今回は洋菓子のユーハイム(神戸市)など有名店と連携し、もういっこを使ったスイーツを作り、首都圏の駅ビル内のスイーツ店など108店舗で販売する。
 首都圏以外では、エスパル仙台店(仙台市青葉区)などで直売フェアを開く。4月以降はパック詰めイチゴを東北新幹線「やまびこ」で車内販売するほか、菓匠三全(仙台市)と提携し、新たな土産品も開発する。
 イチゴは、みやぎ亘理農協(亘理町)などから仕入れる。キャンペーン期間中に計3.5トンのイチゴを使う予定。
 23日に記者会見したJR東日本仙台支社の松木茂支社長は「もういっこは宮城の主力品種だが、『とちおとめ』や『あまおう』ほどは知られていない。今回のプロモーションを通じて認知度の向上と流通拡大のお手伝いをしたい」と話した。JR東は今後、青森産米「青天の霹靂(へきれき)」などもプログラムで取り上げる方針。


<気仙沼漁船転覆>復興担う家族…無事を祈る
 宮城県気仙沼市沖で小型漁船「第1信盛丸」が転覆して乗っていた1人が死亡、2人が行方不明となった事故で、同船が所属する宮城県漁協唐桑支所(気仙沼市)は23日、海域の捜索や転覆した船のえい航など対応に追われた。漁協幹部は「東日本大震災からの浜の復興を担う家族。行方不明の2人が無事見つかってほしい」と沈痛な表情を浮かべた。
 唐桑支所によると、行方不明となっている菅野和享(やすたか)さん(59)はカキやワカメを育てる3代続くベテラン養殖業者。6人家族で、唐桑支所の運営委員も務める。
 行方不明の大宮拓人さん(24)は震災後に和享さんの三女と結婚し、養殖に従事。死亡した長女早央里(さおり)さん(30)は仙台市にいたが、今年実家に戻り、手伝い始めたばかりという。
 震災で自宅や加工場、養殖いかだが全て被災した。菅野さん家族は養殖の再開に努めながら、自宅をボランティアの宿泊場所として開放。2012年には民宿に衣替えし、宿泊者に養殖体験してもらうなど浜の復興を盛り上げてきた。
 今季の唐桑地域のワカメの刈り取り作業は今月初旬に始まり、菅野さんも21日に1回目の刈り取りをしていた。数日前には養殖仲間に「まだワカメ取らないの」と話し掛けていた。
 転覆現場近くでワカメの刈り取りをしていた養殖業者からは「突風が吹いた」との情報もあるという。
 県漁協唐桑支所は対策本部を設置。24日も仲間の漁船が捜索に当たる。
 畠山政則運営委員長(62)は「信盛丸は支所の養殖用船の中で2番目に大きい。養殖いかだがある付近は浅い沖合で波が高くなりやすいとはいえ、転覆するとは思わなかった」と言い、「菅野さんは寡黙だが行動で示す頼れる仲間。菅野さんと大宮さんは何とか無事に見つかってほしい」と祈るように話した。


デスク日誌 創造的復興
 「創造的復興」。東日本大震災に絡み、度々登場する言葉だ。災害で被害を受けた地域や物を以前より良い状態にする−。被災地の首長も、そんな意味でよく口にする。
 では、具体的に何を指すか。それぞれが描く創造を知りたくて、本紙朝刊では震災丸6年に合わせて調査や連載を企画した。
 被災地首長アンケートでは、7割以上の首長が「創造的復興におおむね向かっている」と回答し、自信を見せた。一方で、代表的な施策を尋ねると「駅前再開発事業」などハード事業が目立った。
 大規模なハード事業では、津波被害を受けた市街地を造り直す土地区画整理事業が正念場を迎える。連載「まち再生」は制度の限界と現場の苦悩、再生への模索を紹介した。
 後戻りはできない。ならば、いかに軌道修正するか。使途が比較的自由な復興基金は、そのきっかけの一つになるはずだ。本社調査では復興基金の2015年度末の執行率は50%。有効に使う余地はある。
 復興の尺度は一人一人異なる。個々の満足度を上げることが復興を形成する。創意工夫が一層試される。
(報道部次長 玉應雅史)


<プレハブ仮設>多賀城全て退去 宮城で3番目
 東日本大震災の被災者が暮らした宮城県多賀城市内のプレハブ仮設住宅から、全入居者が退去した。プレハブ仮設の解消は、津波被害を受けた県内沿岸市町では岩沼市、仙台市に次ぎ3番目。
 最後の入居者の会社員大場誠さん(72)は22日に同市鶴ケ谷の勤労青少年ホーム跡地仮設住宅を退去。23日、同市宮内の土地区画整理事業地に再建した新築の自宅で朝を迎えた。プレハブ仮設で6年近く暮らした大場さんは「震災後初めてよく眠れた」と語った。
 市内では6カ所に373戸のプレハブ仮設が建設された。ピーク時の2012年4月には373世帯725人が暮らした。
 市は、プレハブ仮設入居者の戸別訪問や情報提供を通じて生活再建を支援。昨年12月には4地区で進めた災害公営住宅532戸の整備が完了し、仮設住宅解消が進んだ。


<福島第1>1号機格納容器内に堆積物
 東京電力は23日、自走式ロボットを使った福島第1原発1号機の原子炉格納容器の内部調査で、格納容器の床面から高さ90センチ付近の水中で堆積物を確認したと発表した。ロボットから下ろしたカメラの映像では、堆積物の下に溶融燃料(燃料デブリ)があるかどうかは判断できず、測定した放射線量の比較などで溶融燃料の広がりを判断する。
 調査最終日の22日の結果を公表した。堆積物が見えたのは原子炉圧力容器を支える台座の開口部付近。本来は床面に構造物などがない平らな場所だった。水中の線量は毎時9.4シーベルトで、上部のロボットが走行した地点とほぼ同等だった。
 床面から高さ90センチ付近の堆積物は、21日に測定した付近の3カ所でも確認されている。
 炉心溶融(メルトダウン)した1〜3号機のうち、1号機は、核燃料の大半が圧力容器の底を突き抜けて台座内側に溶け落ち、一部は開口部から外側に流れ出た可能性が指摘されている。
 18日に始まった調査では、台座外側を移動させたロボットから線量計付きカメラを滞留水に投入。計10カ所で映像を撮りながら線量を測った。ロボットは調査終了後、格納容器の外に搬出された。カメラの累積線量は約900シーベルトだった。
 記者会見した東電原子力・立地本部の岡村祐一本部長代理は「安全かつ外部に影響を与えず重要な調査を終えることができた」と話した。


【被災者の生活再建】周囲の支援、交流に期待
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故に伴う被災者の生活共同体となるコミュニティーづくりが重みを増している。県と市町村による災害公営住宅整備は、地震・津波被災者向けが計画の95%を、原発事故の避難者向けが60%を超えた。仮設住宅などから転居した人たちは、新たな隣人と共に生活再建を目指す。行政からの支援だけでなく、周辺住民との交流や民間団体の協力を徸�の県営下神白団地には富岡、大熊、浪江、双葉4町の被災者200世帯が入居する。交流員は住民の相談から医療や健康への不安が多いのを受け止め、地元の医療機関との連携に動いた。隣接地には津波の被災者が入居する市営永崎団地がある。他の民間団体の支援も得て両団地が交流会などを催し、互いに理解する機会を増やしている。
 今月、県いわき地方振興局が地域コミュニティー支援事業の報告会を開いた。津波被災者が住む市営薄磯団地の自治会は市内の借り上げ住宅に避難する双葉町民の会との交流を、勿来、好間各地区のまちづくり団体は被災者を交えたイベントなどを紹介した。運営に協力した学生ボランティアや一緒に楽しんだ地域の子どもらとの触れ合いも励みになったという。
 被災者が置かれた境遇の違いなどから、新たな共同体をつくるには時間が必要だ。身近で相談できる態勢や周囲とつながる機会を継続して、相互の溝を埋める取り組みが望まれる。(浅倉哲也)


<ロンドンテロ>ユニオンジャックで追悼・独
【ベルリン共同】ロンドンの英国会議事堂付近で起きたテロを受け、ドイツ・ベルリンで23日、ドイツ統一の象徴とされるブランデンブルク門が犠牲者追悼のため英国旗ユニオンジャックの色にライトアップされた。
 ベルリンのミュラー市長は、昨年12月のベルリンのトラック突入テロで多くの犠牲者が出たばかりだとして、市のウェブサイト上で「憎しみに対して(ロンドンと)一緒に立ち向かう」との決意を示した。


ブラックホールはじかれる 重力波の反動か
 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は23日、地球から80億光年離れた銀河で、通常は銀河の中心付近にとどまっているはずのブラックホールが高速で端に向かって動いているのを見つけたと発表した。2個のブラックホールが合体し、その際に生じた重力波の反動ではじき飛ばされたと推測している。
 多くの銀河は中心部にブラックホールがあるとされるが、NASAのチームはハッブル宇宙望遠鏡の観測で、ブラックホールが中心から大きくずれた、変わった銀河を発見した。


<囲碁世界戦>井山がAIに敗れる
 囲碁の日中韓トップ棋士と人工知能(AI)が争う、ワールド碁チャンピオンシップ(WGC)最終日は23日、大阪市の日本棋院関西総本部で3回戦が打たれ、日本の井山裕太碁聖はAI代表のDeepZenGoに敗れ、3連敗で最下位に終わった。優勝は3戦全勝の朴廷桓九段(韓国)。
 公の場で初となる井山碁聖とAIの対戦。井山碁聖は中盤以降に苦しい戦いを強いられた。Zenは昨年11月に趙治勲名誉名人と3番勝負を行い、1勝2敗だったが、今回は日本の第一人者に勝利し、その強さを示した。Zenは1勝2敗で3位。
 朴九段とミ・イク廷九段(中国)の1戦は、朴九段が難戦を制した。


河北春秋
 「真実とは、本人が最も納得できる仮説に他ならない」。作家の森博嗣さんが言っている。一つしかない真実にたどり着こうとするなら、まず胸に手を当て心の声を聞いてみる。都合の良い仮説に自身が惑わされていないか。そんな戒めだろう▼きのう国会での証人喚問に臨んだ森友学園の籠池泰典氏。国有地の取得や小学校設置認可などを巡る疑惑の渦中にあって、終始落ち着き払って証言した。ただテレビ画面は心の中も映し出す。答えに窮して、何度か証言拒否を申し出た時は動揺の色も見せた▼焦点だった安倍首相からあったという100万円の寄付は「鮮明に覚えている」。昭恵夫人との現金授受があったとされる場面を語った。なぜ今になって言い出したのか。「応援してくれていた人たちが、離れていった」と語る恨み節は、利益を期待するだけの関係を示すのか▼新たな政治家の実名も数人出て、土地取得に「政治的関与はあっただろう」「ある時から神風が吹いた」と言う。昭恵夫人との関係も不透明さは拭えない。疑問は広がる▼菅官房長官は「首相側からの寄付はしていない」と改めて否定したが、ここが幕引きの地点でないのは明らか。与野党はさらに複数人の国会招致で解明を続ける意向。知りたいのは仮説ではない真実だ。

「森友学園」証人喚問/首相夫人らの証言も不可欠
 真偽についてはこれから確認しなければならないとしても、大阪市の学校法人「森友学園」の籠池泰典氏が衆参予算委員会の証人喚問で行った説明の衝撃度は大きい。
 払い下げを受けた国有地に設置予定だった小学校の問題を巡り、協力を頼んだ政治家の名を具体的に挙げた。さらに安倍晋三首相夫人の昭恵氏から直接、「寄付を受け取った」などとこれまで通りの主張を繰り返した。
 籠池氏はまた、昭恵氏に付き添っていたという国の職員の働き掛けによって「物事が動いた」と話し、ファクスを受け取っていたことも明らかにした。
 首相はこれまで、夫人も含めた関与を全面的に否定してきたが、その説明に疑念が生じかねない結果になった。
 ただ、事実関係の食い違いは大きく、引き続き国会の場で調べていくことが必要。反論が予想されるし、その機会も設けなければならない。解明に向けた取り組みはこれからが正念場になる。
 籠池氏によると、昭恵氏が「寄付」を渡したのは2015年9月5日。額は100万円だったというが、その時の様子も詳しく説明した。
 学園が運営する幼稚園へ講演で訪れた昭恵氏が「安倍晋三からです」と園長室で封筒を渡し、籠池氏は「これはいいんでしょうか」と受け取ったという。
 寄付金については、安倍首相も昭恵氏も以前から否定している。証言では、封筒を渡した際は昭恵氏と籠池氏だけだったとのことだから、まずは昭恵氏の言い分を聞く必要があるだろう。
 国有地売買に絡んで、昭恵氏の付き添い役とみられる職員が籠池氏側にファクスを送っていたことは初めて明らかになった事実。籠池氏側の要望を受け、財務省に問い合わせて回答したとみられる。
 要望通りにはならなかったが、かなり異例の対応ではないか。籠池氏自ら問い合わせるよう伝えれば、それで済むはず。一学校法人が設置予定の小学校の問題にすぎず、一般国民の立場からはかなりの「厚遇」と映る。
 ファクスにはさらに「本件は昭恵夫人にも既に報告」という一文が添えられていた。籠池氏側の要望を取り持ったかのように受け止められかねず、疑問が湧く。
 国会での証人喚問は偽証罪に問われる可能性があることを考慮すれば、それ以外の場での発言と同列に扱うのは公平とは言い難い。もう一方から聞くなら、同様の条件で行うのが適切だろう。
 籠池氏は今回の喚問で、政治家らとの接触を含めて広範囲に証言したものの、説明が不十分な点も多く、全体像の解明からはほど遠い。
 一方だけの言い分にならないよう十分注意しながら、国会の場でさらに追及していくべきだ。曖昧な幕引きは許されない。


籠池氏喚問 関係者の説明が必要だ
 理事長一人の喚問では解明できないことが改めて分かった。やはり他の関係者の反論や説明が不可欠だ。
 大阪市の学校法人「森友学園」に国有地が格安で売却された問題をめぐり、きのう衆参両院の予算委員会で籠池泰典・同学園理事長に対する証人喚問が行われた。
 喚問で籠池氏は自身が不利になる証言は拒否した。開設を目指していた小学校建設について金額が違う3通りの工事請負契約書を関係先に提出していた問題などだ。ただ、それを踏まえたうえで、証言にはいくつかのポイントがあった。
 まず籠池氏は安倍晋三首相夫人の昭恵氏から100万円の寄付を受け取る一方、10万円の講演料を渡したと喚問でも語った点だ。国との交渉過程で昭恵氏に協力を要請し、夫人付きの職員が財務省に問い合わせた結果、要請の実現は難しいと返答してきた−−というファクスの存在も明かした。
 首相は寄付や講演料を否定し、国会では「私や妻が認可や払い下げに関わっていたら首相も国会議員も辞める」と答弁している。つまりこれは首相の信用に関わる問題だ。
 また籠池氏は、昭恵氏が一時、小学校の名誉校長になっていたことを関係の役所にも伝えていたとも語った。昭恵氏の名前が、学園が役所側と有利に交渉を進める材料になった可能性も否定できない。
 籠池氏の証言が事実かどうか、昭恵氏本人の口から説明が聞きたい。記者会見などをしないのなら国会への招致が必要となる。
 なぜ、格安になったかという原点の疑念も解明は進まなかった。
 問題の国有地は地中のゴミ撤去費用を国が独自に8億円と見積もった結果、格安となった。籠池氏は大量のゴミが見つかって以降、流れが変わり、「神風が吹いた」と証言。「想定外の大幅な値下げにびっくりした」とまで語った。
 だが、なぜそうなったかは分からないから関係する役所に聞いてくれと言わんばかりだった。参院は当時の財務省理財局長らを参考人招致することを決めたが遅過ぎるほどだ。
 同時に籠池氏は政治家の関与について「その都度あったのだろうと認識している」と語った。自民党や日本維新の会の地元選出国会議員や元大阪府議の実名を挙げて、協力を要請したとも明かした。
 大阪府の私立学校審議会が小学校に対し、なぜ一昨年1月の時点で「認可適当」と判断したのかも大きな疑問だ。籠池氏は問題が表面化した後、小学校の設置認可申請を取り下げたが、「松井一郎・大阪府知事にはしご段を外された」と強調した。松井氏らの証言も聞く必要がある。


籠池氏喚問 昭恵氏は真相を語れ
 学校法人「森友学園」の籠池泰典氏の証人喚問が国会で行われたが、格安での国有地売却など、問題が解明されたとは言い難い。国会は関係者の証人喚問を含め、真相解明に全力を挙げるべきだ。
 まず解明すべきは、格安での国有地売却問題だ。学園が小学校用地として購入した大阪府豊中市の国有地の評価額は当初、九億五千六百万円だったが、地中から廃棄物が出たとの学園側の申し出を受け、撤去費用などとして八億円余りを差し引き、さらに分割払いとした。異例ずくめである。
 なぜ国は学園を厚遇したのか。
 籠池氏は証人喚問で、土地取引をめぐり「政治的関与があったのだろうと認識している」と証言し、「想定外の値下げにびっくりした」と述べたが、菅義偉官房長官は記者会見で「(廃棄物の)撤去費用を踏まえて、不動産鑑定評価に基づき売却価格を算定した。法令に基づいている」と、売却額は適切だったと強調した。
 政治家らによる口利きなど、不当な圧力は本当になかったのか。
 これまでの政府側の説明をうのみにすることはできない。参院予算委員会は、当時の担当者である財務省の迫田英典前理財局長と武内良樹前近畿財務局長を参考人として招致することを決めた。国有地が格安で売却された経緯を究明する手綱を緩めてはならない。
 もう一つの問題点は、籠池氏と安倍晋三、昭恵夫妻との関係である。首相夫妻の「政治力」が直接であれ間接であれ、売却価格の引き下げに影響していたとしたら、見過ごせないからだ。
 籠池氏は二〇一五年九月、講演のため学園を訪れた昭恵夫人から「安倍晋三からです」として現金百万円を受け取り、講演の謝礼として十万円を渡したと証言したのに対し、菅氏は「首相は寄付をしていない。夫人個人としても寄付していない」と否定した。
 寄付自体は直ちに違法とは言えないが、密接な関係を裏付ける。虚偽の陳述をすれば偽証罪に問われる証人喚問での籠池氏の証言であり、虚偽発言と簡単に切り捨てるわけにはいかない重みを持つ。
 双方の話が食い違うのなら、もう一方の当事者にも同様に証言してもらうほかあるまい。
 昭恵氏は首相夫人の立場で、この小学校の名誉校長に就き、学園の経営する幼稚園で講演もしていた。金銭の授受や行政への働き掛けの有無について、証人喚問の場で真相を語るべきである。


籠池氏の証言  さらなる招致が必要だ
 真相を覆う闇の深さを感じる証人喚問だった。
 大阪の学校法人・森友学園への国有地売却問題で、籠池泰典理事長が国会で証言した。安倍晋三首相の妻昭恵氏から現金100万円を寄付された様子を生々しく語ったほか、大阪府による小学校の設置認可や財務省による校舎建設用地払い下げ価格の値引きに、政治の関与があったとの認識を示した。
 これまでの報道以上の目新しい内容は乏しかった。しかし、嘘(うそ)を話せば偽証罪に問われる証人喚問での発言だけに衝撃は大きい。
 証言によると2015年9月、学園が運営する幼稚園で昭恵氏が講演した際、同行者を退席させて園長室で2人きりになり「どうぞ安倍晋三からです」と100万円を手渡された。口外しないようにとの電話もあったという。
 菅義偉官房長官は全面否定したが、具体的な描写には説得力があった。もし本当なら、安倍首相が全く知らないうちに昭恵氏が独断で寄付したとは想像しにくい。
 その1カ月後には、用地の定期借地契約をより有利な条件にできないか、昭恵氏に助力を求めて電�をめぐる籠池氏個人の不正行為に問題を矮小(わいしょう)化し、党や安倍政権を守ろうという意図が露骨に感じられて残念だった。「安倍人気」へのおごりを背景にした政官民の癒着はなかったのか。その解明こそ国民の期待であり、国会の責務であることを忘れてはならない。


籠池氏喚問/ますます疑惑が深まった
 大阪市の学校法人「森友学園」の国有地取得を巡る問題で、理事長の籠池泰典氏の証人喚問が衆参両院の予算委員会で開かれた。
 籠池氏は払い下げ価格が評価額より8億円も安くなったことについて「想定外の値下げにびっくりした。(政治家の関与が)あっただろうと認識している」と証言した。その上で、相談したり協力を求めたりした政治家の名前を挙げた。
 さらに、安倍昭恵首相夫人サイドの財務省への問い合わせが事態を進展させたとの認識を示した。「安倍晋三からです」として100万円の寄付を受け取ったと語り、詳細なやりとりを明らかにした。
 虚偽の陳述をすれば偽証罪に問われる証人喚問での証言は重い。ますます疑惑が深まったことは確かだ。政治家側から財務省や大阪府に働き掛けがあったのか、あるいは政治家の存在を行政側が忖度(そんたく)したのか。国会は徹底的に追及すべきだ。
 国有地の借地契約の期間延長について、働きかけを籠池氏が首相夫人に要請すると、夫人付きの政府職員が動いて財務省の担当部署に話を通したという。要望に応えることは「難しい」との結果を伝えるファクスが証拠として示された。
 安倍首相は「妻は私人」と主張するが、その説明にどれだけの人が納得するだろうか。寄付の受け取りを巡るやりとりでも、「大変名誉な話なので鮮明に覚えている」との籠池氏の証言は具体的だった。
 この問題では、首相や防衛相、財務省などのかたくなさが目に付く。「適正に処理」「一切無関係」と強弁しながら、後に誤った認識が判明し謝罪する場面もあった。多くの国民が「説明が足りない。何か隠しているのか」と思うのも当然だ。
 証人喚問でも、自民党議員の質問は籠池氏を「信用できない人物」と印象付けようとする意図が見てとれた。政治家の関与を「あった」と話す籠池氏に対して、一方的な思い込みだと決めつけた質問をする。衆院予算委では、質問に立った自民議員が、払い下げ価格は適正だったとの主張を展開する始末だ。
 これでは何のための喚問か分からない。今回の証言だけで幕引きとするわけにはいかない。
 首相夫人や交渉に当たった財務省、国土交通省などの関係者を参考人や証人として国会に呼ぶべきだ。


「森友」国会喚問 関係者すべての証言を
 学校法人「森友学園」への国有地払い下げ問題で、衆参両院の予算委員会はきのう、籠池泰典(かごいけやすのり)理事長に対する証人喚問を行った。
 焦点となっている売却額の8億円を超す減額について、籠池氏は「想定外の大幅な値下げにびっくりした」と述べ、自身は経緯を把握していないと説明した。
 安倍晋三首相の妻、昭恵氏からの寄付金をめぐる問題では、一昨年に昭恵氏が講演のため学園を訪れた際、2人きりの場で100万円を手渡されたと主張した。
 いずれも籠池氏の証言だけでは真偽を見極められない。
 与野党は、売却を担当した財務省の担当者の参考人招致で合意したが、これだけでは不十分だ。問われる。
 籠池氏は、国有地の定期借地の延長を求める際、昭恵氏に直接支援を求めたと証言。後日、昭恵氏を担当する政府職員からファクスで返答を得たと説明した。
 要請を断る内容だが、首相夫人を経由して照会が行われたことで、政府内で何らかの忖度(そんたく)が働いた可能性を否定できない。
 学園への寄付金をめぐっては、首相が先の国会答弁で「私も妻も寄付はしていない」と断言した。
 籠池氏のきのうの発言と、真っ向から食い違う。このまま放置するわけにはいくまい。
 野党側は昭恵氏の証人喚問も求めている。首相はきのう「すでに答えている通りだ」と述べたが、昭恵氏自身の説明を聞きたい。
 籠池氏は、小学校の認可をめぐる大阪府への働きかけに関しても複数の政治家を名指しした。いずれかの場で釈明が必要だろう。
 国会には国政調査権という重い権限がある。国民の疑念の解消へいまこそ責任を果たすべきだ。


籠池氏証人喚問 深まる疑惑の徹底解明を
 大阪市の学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、理事長退任の意向を示している籠池(かごいけ)泰典氏に対する証人喚問がきのう、衆参両院の予算委員会であった。
 籠池氏は2015年9月5日に安倍晋三首相の妻昭恵氏から「安倍晋三からです」として100万円の寄付を受け取ったとする場面を詳述した。国有地の取得について「政治的関与はあったのだろうと認識している」とも証言した。
 首相側は寄付の事実を全面的に否定している。「政治的関与」の具体的な内容も定かではない。疑惑は一段と深まったといえよう。
 もちろん、籠池氏の一方的な証言だけで真実を究明することはできない。関係者を国会に呼んで事実関係を丁寧に突き止めることが必要である。
 問題の焦点は、鑑定価格9億5600万円の国有地がなぜ、1億3400万円という破格の値段で払い下げられたのか。開校を目指した小学校の設置が大阪府の私学審議会で「認可保留」から一転して条件付き「認可適当」となるなど一連の経緯に政治力が働いたかどうか−である。
 昭恵氏の寄付に関する籠池氏証言は「大変名誉な話なので鮮明に覚えている」「人払いをされてから渡された」など具体的だった。
 その一方で、関係先に金額が異なる三つの工事請負契約書を提出した問題を問われると、籠池氏は「刑事訴追を受ける可能性があるのでお答えできない」などとして証言を事実上拒んだ。
 虚偽を述べれば偽証罪に問われる可能性もある証人喚問である。その重みを踏まえ、籠池氏の証言をいわば立体的に検証していくのが国会の責務であろう。
 証人喚問では昭恵氏をはじめ、松井一郎大阪府知事、国会議員、大阪府議、官僚、弁護士など籠池氏が協力依頼や相談をしたという人物の名前が次々に登場した。
 参院予算委はきょうの集中審議で国有地売却交渉時の財務省理財局長と近畿財務局長を参考人招致する。国会は真実にどこまで迫れるか。引き続き注視したい。


籠池氏証人喚問 疑惑解明には程遠い 関係者の招致が不可欠だ
 国有地の格安払い下げなどで政治家らの関与はあったのか、安倍晋三首相は100万円を寄付したのか。数々の疑惑は一切晴れず、真相解明には程遠い。
 衆参両院の予算委員会は大阪市の学校法人「森友学園」の理事長退任意向を表明している籠池泰典(本名・康博)氏を証人喚問した。これで幕引きにしてならない。疑惑の全容解明には昭恵首相夫人を含め、関係者の証人喚問が不可欠だ。
 真実が闇の中では、国民の政治不信は払拭(ふっしょく)できない。森友学園問題を巡る疑惑の解明に、国会も安倍政権も全力を尽くすべきだ。
 証言の詳細な検証必要
 籠池氏は「(昭恵夫人付きの政府職員に)財務省に多少、働き掛けをいただいた。生活ごみが出た後、急転直下、物事が動いたという考え方もあろうと思う」と述べた。事実ならば、昭恵夫人の関与が強く疑われる。安倍首相の進退にも影響する事案である。
 籠池氏は国有地の取得を巡り、政治的な関与が「あったと思っている」と明言した。自民党や日本維新の会の3人の政治家に、小学校設置で協力を依頼したとも述べている。
 籠池氏が「想定外の値下げにびっくりした」と驚くほどの低価格での売却である。政治家関与の疑念は深まった感すらある。
 財務省の佐川宣寿理財局長の部下から顧問弁護士を通じ「10日間隠れていてと伝えられた」との証言も双方で食い違いがある。事実関係を早急に明らかにせねばならない。
 大阪府私立学校審議会(私学審)は2014年12月、森友学園が申請した小学校開校を認可保留としたが、15年1月に一転して「認可適当」と答申した経緯も不可解だ。借地上の校舎建設計画を私学審が「認可適当」と判断したのは、審査基準に抵触した疑いがあると府は指摘している。
 籠池氏は小学校設置認可申請について、大阪府の松井一郎知事の力添えを得られるように、元府議会議長にお願いし、府の総務部長に「特別な取り計らいをいただいた」とも証言している。松井知事も府の総務部長も関与を否定している。どちらが真実なのか、はっきりさせねばならない。
 籠池氏の証言だけで「政治的な関与」があったかどうかは判断できない。籠池氏の証言を詳細に検証する必要がある。それには籠池氏が名前を挙げた政治家や財務省、大阪府などの関係者を証人喚問しなければ、実態解明は進まない。
 昭恵夫人は自ら説明を
 籠池氏は、15年9月に学園が運営する幼稚園で講演した昭恵夫人が同行者を退室させて籠池氏と2人になった時点で「どうぞ安倍晋三からです」と封筒に入った100万円の寄付を差し出し、それを受け取ったと主張した。
 安倍首相は寄付を全面否定している。籠池氏も明確な物証などを示しておらず、誰の言葉が事実か分からない。だが、籠池氏が安倍首相から寄付を受けたとの主張を貫いている以上、安倍首相側には丁寧に説明する責任がある。
 籠池氏は最近になって昭恵夫人から「口止めと受け取れるメールが(妻に)届いた」と述べている。菅義偉官房長官は「(口止めは)全くない」と否定したが、菅長官の代弁ではなく、昭恵夫人自ら説明することを求めたい。公の場で話さなければ、国民の疑念は募る一方である。
 菅長官は昭恵夫人の国会招致に「法的に問題のない行為について、関係者の招致は慎重であるべきだ」と否定的な見解を示している。首相夫人の虚偽発言が疑われる事案であり、招致は当然だ。
 籠池氏が証言したように、学園が計画していた小学校の名誉校長に昭恵夫人が一時就任していたことが、森友学園の社会的な信用につながったことは否定できない。法的に問題はないにしても、昭恵夫人は進んで説明すべきである。


[籠池泰典氏証人喚問]昭恵夫人の国会招致を
 安倍昭恵首相夫人との親密な関係と、夫人を通した安倍晋三首相との関係が、鮮明に浮かび上がる証言だった。
 大阪市の学校法人「森友学園」への国有地払い下げを巡り、衆参予算委で行われた学園理事長・籠池泰典氏の証人喚問。虚偽の証言をすれば偽証罪に問われる立場で籠池氏は、国有地取得に向け昭恵夫人に電話で相談を持ち掛けたことを明らかにした。
 相談後に夫人付きの政府職員から送られてきたとするファクスを読み上げ、昭恵夫人が職員を通じて相談内容を財務省に仲介したことを示唆。ファクスには財務省に問い合わせた結果、同省の見解として「現状では希望に沿えないが、引き続き見守りたい」とあり、その後の払い下げにつながるような一節も明らかになった。
 こうした経緯から籠池氏は、国有地が8億円余り値引きされて学園側に売却された経緯について政治の関与を問われ「あっただろうと認識している」と述べた。
 理由として国有地の定期借地契約の延長を交渉したのに要した時間と労力に比べ、払い下げの決定は「神風が吹いた」(籠池氏)と称するほど素早いものだったことをあげる。
 首相は、同学園を巡る国有地払い下げ問題に関し「私や妻が関わっていれば首相も国会議員も辞める」と言明している。菅義偉官房長官によると昭恵夫人も関与を否定しているというが、フェイスブック上の反論では真相究明にはほど遠い。国会は、昭恵夫人を証人喚問すべきだ。
■    ■
 「安すぎる」と疑問視されている売却額については、土地の浄化に多額のコストを要することを理由に不当ではないとした籠池氏。一方で売却額は「国から提示があった」とし、決定過程は財務省側の問題とした。
 売却交渉時に財務省理財局長だった迫田英典現国税庁長官らの参考人招致がようやくきょう実現するが、民間人の籠池氏が証人喚問だったのに比べ参考人招致とはあまりに身内びいきが過ぎる。国会の追及姿勢が問われる。
 籠池氏は、昭恵夫人からの100万円の寄付についても渡された場所や状況を生々しく証言した。封筒を渡す前に夫人は人払いして、2人きりになると「どうぞ、安倍晋三からです」と封筒を渡した。中をのぞくと「金子(きんす)だった」。帰った5、6分後に夫人から電話があり「名前を伏せるよう」と言われたという。
■    ■
 「トカゲのしっぽ切りにせず、他の関係者を呼んで真相究明を進めてほしい」
 証人喚問では昭恵夫人のほかにも、鴻池祥肇参院議員、稲田朋美防衛相、松井一郎大阪府知事、畠成章元大阪府議会議長(故人)、北川イッセイ元国交副大臣、柳本卓治参院議員など多くの公人の名前があがった。
 1小学校の新設を巡り、国有地売買や設置許認可、寄付金集めなどあらゆる場面で大勢の公人関与が疑われているのだ。この国の政治が問われている。
 国会は、すべての関係者を招致し、ただすべきだ。


籠池氏証人喚問 疑惑解明への一歩にせよ
 真相解明に近づいたというより、謎はさらに深まり、疑惑が拡大したと言えるのではないか。
 衆参両院の予算委員会がきのう、大阪市の学校法人「森友学園」の籠池泰典氏を証人喚問した。国有地の払い下げや、目指していた小学校建設の設置認可申請をめぐる疑惑の中心人物である。政治家などの口利きがあったのかどうかが、焦点だった。
 最も注目されたのが、安倍昭恵首相夫人との関わりである。籠池氏は昭恵夫人を通じ、安倍晋三首相から小学校開校の寄付金として100万円を受け取ったと主張。これに首相側は「寄付しておらず、妻もしていない」と全面否定しているからだ。
 喚問で籠池氏は「園長室で2人だけの時にかばんから封筒を出された」などと金の受け渡しを具体的に証言した。さらに昭恵夫人からは「口止めとも受け取れるメールが届いた」とも語った。
 両者の主張が食い違っている以上、真偽をとことん明らかにする必要がある。安倍首相は国会で小学校の認可や国有地払い下げへの関与を否定した上で、「私や妻、事務所が関わっていれば、首相も国会議員も辞める」とまで明言している。
 もちろん寄付は籠池氏の一方的な主張である。喚問後、昭恵夫人は自身のフェイスブックで寄付を否定するコメントを発表したが、国会など公の場でもきちんと当時の様子などを説明すべきだろう。
 そもそも一連の経緯には、籠池氏の教育方針に共鳴し、問題の小学校の名誉校長を一時務めていた昭恵夫人の存在が影響したとの見方がある。財務省など行政の側が首相夫人や首相を「忖度」したのでは、との疑念も尽きない。
 籠池氏は、払い下げ以前に検討していた国有地の定期借地契約の期間延長に関して、昭恵夫人に協力を依頼し、夫人付きの政府職員から「難しい」とファクスで返事があったことも明らかにした。政府は「きっぱり断っており、ゼロ回答だ」と釈明したが、その後の役人側の対応に変化が生じた可能性が全くないとは言い切れまい。
 一方、国有地が約8億円も値引きされた経緯については籠池氏は具体的に語らず、解明に至らなかった。3通ある金額の違う工事請負契約書についても「刑事訴追される恐れがある」として証言を拒んだ。国会が急きょ、売買交渉の当時の関係者である財務省幹部2人をきょう、参考人招致することを決めたのは当然であり、むしろ遅きに過ぎると言えよう。
 籠池氏は複数の政治家の名前を挙げ、さまざまな問題でお願いを繰り返したことも述べている。国会が自らの手で疑惑の核心に迫れなければ、盤石とみられた安倍政権の土台が揺らぎ、政治への信頼低下にもつながろう。証人喚問を一歩として、徹底的な究明を求めたい。


森友学園問題証人喚問/国有地売買の徹底解明を
 大阪市の学校法人「森友学園」の籠池泰典氏が国会の証人喚問に臨んだ。虚偽の証言をすれば偽証罪に問われるという立場で籠池氏は「安倍晋三首相から昭恵夫人を通じ100万円の寄付を受けた」と主張。国有地取得に向け、開設予定の小学校の名誉校長だった夫人に相談を持ち掛けたことも明かした。
 さらに国有地が評価額から8億円余り値引きされ、学園側に売却された不透明な経緯に絡む政治家の関与を問われ「あっただろうと認識している」と述べた。しかし、発言の真偽は確認できていない。混乱を深めただけで、出口がなかなか見えてこない。
 これまで、野党から籠池氏や当時の財務省担当者の参考人招致を繰り返し求められても、与党は拒んできた。ところが籠池氏の口から寄付の話が飛び出した途端「首相への侮辱」を理由に参考人を飛び越え、証人として呼ぶことを決めた。喚問でも、解明より籠池氏による一連の発言の信ぴょう性を問うことに力を入れていたように見えた。
 一方、国有地を売った側の財務省は「適正な処理」の一点張りで調査の求めに応じようとしない。政府は否定を重ねることに追われている。この問題の始まりであり、核心である国有地売買の経緯を徹底解明する以外に混乱収拾の道はない。
 国有地売買の裏で政治家が役所側に働き掛けたか、あるいは、昭恵夫人が小学校の名誉校長だったことなどから役所側が忖度(そんたく)したか−が最大の焦点だ。籠池氏は2年前に夫人と2人きりの場で100万円を渡されたとした上で、国有地買い取り前の定期借地契約の期間延長について「夫人に助けていただこうと携帯に電話した」と述べた。
 後日、夫人付きの政府職員から「希望に沿えない」とのファクスが来たという。寄付金の受け渡しを確認するのは難しいが、籠池氏の証言からは、財務省側との交渉などで夫人の名前を出していたことがうかがえる。
 また評価額9億5600万円の国有地が1億3400万円で売却された点について籠池氏は「想定外の大幅値下げで、びっくりした」とした。
 ただ自民党参院議員の鴻池祥肇元防災担当相の事務所が作成した記録によれば、籠池氏は「政治力で早く結論を得られるようお願いしたい。評価額を低くしてもらいたい」「高すぎる。何とか働き掛けてほしい」と陳情を重ねていた。地中からごみが見つかった後には財務省幹部に直談判もしており、想定外という言葉には強い違和感が残る。
 当の財務省はというと、政治家からの働き掛けの有無をただされ「さまざま問い合わせはあり、そういう可能性があると思う」としながらも、記録が残っていないことを理由に交渉経過などの調査を拒んでいる。
 売却交渉時に財務省理財局長だった現・国税庁長官の参考人招致が実現することになったが、財務省は当時の担当職員も含めて幅広く省内調査を実施する必要がある。
 籠池氏は小学校設置で協力を依頼したとして自民党や日本維新の会の3人の政治家の名前も挙げた。ほかに補助金の不正受給の疑いも浮上している。腰を据えてかからないと、疑惑の全容解明は難しいだろう。


籠池氏証人喚問 疑惑解明への出発点にすぎない
 大阪の学校法人「森友学園」を巡る一連の問題で、衆参両院の予算委員会が昨日、籠池泰典理事長を証人喚問した。安倍晋三首相からとする100万円の寄付を昭恵夫人から受け取ったと改めて明言したほか、協力を依頼した政治家として新たに複数の名前を挙げたが、真相に迫れたとは言い難い。
 一方の主張だけでは全容解明はおぼつかない。全ての関係者が真摯(しんし)に説明を尽くすよう求める。参院予算委は今日、国有地売却交渉時の財務省理財局長と近畿財務局長を参考人招致するが、名前の出た政治家らからも事情を聴かねばなるまい。特に籠池氏と発言が食い違う関係者は、証人喚問という同じ条件で対応するよう注文しておく。
 籠池氏からは、これまでなかった説明もあった。小学校建設予定地の国有地に関し、定期借地契約期間の延長ができないか相談しようと昭恵夫人の携帯に電話し、つながらなかったためメッセージを残したという。夫人付きの政府職員から後日「難しい」旨の返事がファクスであったとし、証言中に示しながら内容を公開した。
 ファクスには、職員が財務省に問い合わせたことなどが記されている。籠池氏は、昭恵夫人が小学校の名誉校長であることを近畿財務局などに伝えていたとも証言した。「圧力」となった可能性は否定できまい。
 寄付についても、籠池氏は受け取った際に園長室で昭恵夫人と2人だけだったなど、具体的な状況を明かした。夫人は官房長官を通じて否定し、今後は文書での説明を検討しているとされる。国民が納得できる内容でなければ、職員や夫人本人の証人喚問なども必要になろう。
 問題の核心は、国民の財産が不当に安く売却されたのではないかという疑惑だ。評価額9億5600万円の国有地は、地下のごみ撤去費用8億円余りを差し引き、1億3400万円で売却された。財務省は「適正」だと繰り返すが、経緯には不透明さが残り、説得力を欠く。
 証言には物足りなさも否めない。自身の経歴や愛知県の私立学校への推薦入学枠など虚偽報告と指摘された問題は、思い込みやミスなどの釈明に終始。金額が異なる3種類の工事請負契約書については、「刑事訴追を受ける可能性がある」と証言を拒否した。政治家の実名を挙げて、売買契約や府の学校設置基準緩和への関与をにおわせながら、都合の悪いことに口をつぐむ姿勢に理解は得られまい。
 与党の尋問からは、籠池氏の落ち度や法的な責任を追及することで発言への信頼性を損なわせ、安倍首相や昭恵夫人の潔白を印象付けようという意図もうかがえた。「籠池氏の問題」として早期に幕引きを図る狙いだとすれば容認できない。
 証人喚問では、さまざまな疑問が新たに噴出した。解明の出発点に立ったにすぎない。国会は真実を明らかにする重大な責務を、肝に銘じるべきだ。


籠池氏喚問 真偽はやはり分からない
 安倍晋三首相夫人の昭恵氏から寄付を受け取った。国有地の格安払い下げに、政治家の関与が「あっただろうと認識している」−。
 学校法人「森友学園」の理事長退任意向を表明している籠池泰典(本名・康博)氏は、衆参両院の証人喚問でこう語った。
 偽証すれば罪に問われる喚問での証言であり、相当な覚悟があってのことだろう。真偽は定かではないが、事実なら極めて重大な問題である。
 本当はどうだったのか。喚問では明らかにはならず、新たな事実も浮上して疑念は一層深まった。
 ここは野党が求めるように、もう一方の当事者である財務省などの官僚らと共に、昭恵氏から国会で話を聴く必要があろう。与党は速やかに対応すべきである。
 喚問で籠池氏は、2015年9月に昭恵氏から、幼稚園の園長室で「安倍晋三からです」として封筒に入った100万円の寄付を受け取ったと明言し、状況を詳述した。
 ただ、二人きりの場のことで、封筒も残っていないとするなど、証拠を示すには至らなかった。自民党議員からは、政府職員が付いていた昭恵氏が1人になる機会はなかったとの反論も出た。当時の様子を知る人たちに確かめなければなるまい。
 籠池氏は、国有地の定期借地契約の期間延長について、昭恵氏に「助けていただこうと携帯に電話した」とも述べた。後日、夫人付き職員から「現状では希望に沿うことはできない」との返答があったとし、その際のファクスを手に内容を読み上げた。
 職員が財務省に問い合わせたもので、籠池氏は、これが国有地の格安払い下げなどの進展につながったとの認識を示した。
 たとえ事務的な用件であったとしても、首相夫人側からの問い合わせとなれば、官庁には圧力と映る可能性がある。果たして、事情を忖度(そんたく)することにならなかったのか。
 安倍首相は昭恵氏も含めて、一連の問題への関与を否定している。証言に対して「既に答えている通り」としたが、整合性が問われよう。
 籠池氏は3人の国会議員の名を挙げ、小学校の設置認可基準の緩和や、学園が立て替えた国有地の埋蔵物撤去費用の早期返還などに関して、協力を求めたと述べた。
 大阪府の松井一郎知事に力添えがもらえるよう、故人の元府議会議長に依頼したとも強調した。
 これについても、議員らは働き掛けを否定している。再三名前を出された松井知事は「逆恨みはやめてほしい」とツイッターに投稿した。
 喚問で目に付いたのは、籠池氏の発言の信ぴょう性を否定し、早期に幕引きをしようとする与党の姿勢である。
 籠池氏は、首相側や政府と全面対決する構えを鮮明にした。矛先を向けられた政治家らは、これで終わりにするわけにはいくまい。


【籠池氏証人喚問】真相解明へ努力続けよ
 大阪市の学校法人「森友学園」の籠池(かごいけ)泰典理事長の証人喚問を昨日、衆参両院の予算委員会が行った。
 森友学園が大阪府豊中市に開設を予定した小学校用地として、評価額9億5千万円の国有地が8億円以上も値引きされ、1億3千万円で払い下げられた。疑惑が表面化して1カ月余りがたった。
 この間、国会では森友学園や籠池氏が連日のように取り上げられた。安倍首相夫人の昭恵氏がこの小学校の名誉校長に一時就いていた。籠池氏が妻と共に鴻池祥肇(こうのいけよしただ)参院議員を訪ね、金品を渡そうとしていたことなどが明らかになった。
 だが国有地払い下げに関する疑惑は深まる一方だったといってよい。証人喚問は正当な理由なしに証言を拒んだり、うそをついたりすれば刑罰の対象となる。追及して事実を引き出し、真相解明に結び付けることが求められていた。
 質疑を通じて新たな事実は幾つか出てきた。ただ、国民の財産である国有地がなぜ大幅値引きされるに至ったのか、政治家の関与など何らかの力があったのではないか、といった疑問は解消されていない。
 籠池氏は答弁で昭恵氏への言及が目立った。中でも昭恵氏から受け取った100万円の寄付金については、当時の状況も合わせて断言した。2015年9月、森友学園が運営する幼稚園を講演で訪れた昭恵氏と園長室で会った際、かばんから封筒を出した昭恵氏が「安倍晋三からです」と差し出したという。
 もっとも首相はこの寄付の事実関係を否定している。籠池氏も封筒など証拠になり得る物は残してないとしており、証言の信頼性に問題が残る点は否めない。
 国有地払い下げを巡り籠池氏は、昭恵氏付きの政府職員が財務省に問い合わせた後、事態が動いたとの認識も示した。政府職員からというファクスを持参し公表した。
 籠池氏はまた、国有地払い下げに関し政治家の関与は「あっただろうと認識している」と述べたものの、「行政の中でどのようなことがあったのか分からない」と具体的な答えはしなかった。
 このほか小学校開設に関し協力を依頼したとして、前職も含め国会議員3人の名前を挙げた。小学校の開設が行き詰まったことで松井大阪府知事に「だまされた。はしごを外された」とも述べた。
 一方、小学校の建築費で金額が異なる契約書を用意していた点では、告発する動きがあるせいか「刑事訴追を受ける可能性があり、答えを差し控える」と繰り返した。
 総じて与党議員は詰めが甘く、野党議員は迫力を欠いてはいなかったか。籠池氏が質問に「的外れ」「失礼だ」と指摘する場面もあった。
 国有地払い下げを巡る疑惑はさらに深まったともいえる。不正が疑われる問題を放置しておけば、国民の間に不信感が高まろう。


籠池氏証人喚問◆売買の経緯不透明なままだ◆
 大阪市の学校法人「森友学園」の籠池泰典氏が、国会の証人喚問に臨んだ。籠池氏は「安倍晋三首相から昭恵夫人を通じ100万円の寄付を受けた」と主張。国有地取得に向け、開設予定の小学校の名誉校長だった夫人に相談を持ちかけたことも明かした。
 さらに国有地が評価額から8億円余り値引きされ、学園側に売却された不透明な経緯に絡む政治家の関与を問われ「あっただろうと認識している」と述べた。発言の真偽を確認できないまま森友学園問題を巡る混乱は深まり、出口が見えてこない。
政治家らの関与焦点
 その責任は真相解明に背を向け続けた政府、与党にある。野党から籠池氏や当時の財務省担当者の参考人招致を繰り返し求められても、与党はかたくなに拒んできた。
 ところが籠池氏から寄付の話が飛び出した途端「首相への侮辱」を理由に参考人を飛び越え、証人として呼ぶことを決めた。喚問でも、解明より籠池氏による一連の発言の信ぴょう性を問うことに力を入れていたように見えた。
 一方、財務省は「適正な処理」の一点張り。政府は否定を重ねることに追われている。問題の核心である国有地売買の経緯を徹底解明する以外に混乱収拾の道はない。
 政治家が役所側に働き掛けたか、昭恵夫人が名誉校長だったことなどから役所側が忖度(そんたく)したか-が焦点だ。籠池氏は2年前に夫人と2人きりの場で100万円を渡されたとした上で、国有地買い取り前の定期借地契約の期間延長について「夫人に助けていただこうと携帯に電話した」と述べた。
 後日、夫人付きの政府職員から「希望に沿えない」とのファクスが来たという。そこに財務省に問い合わせ、結果を夫人に報告したとの記述があり、野党は口利きの恐れがあるとして夫人の証人喚問を要求している。
財務省は省内調査を
 また評価額から8億円余り値引きされた点について籠池氏は「想定外の大幅値下げでびっくりした」とした。ただ自民党参院議員の鴻池祥肇元防災担当相の事務所が作成した記録によれば、籠池氏は「高すぎる。何とか働き掛けてほしい」と陳情を重ねていた。地中からごみが見つかった後には財務省幹部に直談判もしており、想定外という言葉には違和感が残る。
 財務省はというと、政治家からの働き掛けの有無をただされ「そういう可能性があると思う」としながらも、交渉経過などの調査を拒んでいる。ようやく売却交渉時に理財局長だった現・国税庁長官の参考人招致が実現することになったが、財務省は幅広く省内調査を実施する必要がある。
 籠池氏は小学校設置で協力を依頼したとして自民党や日本維新の会の3人の政治家の名前も挙げた。校舎建設に絡む補助金の不正受給の疑いも浮上している。よほど腰を据えてかからなければ、疑惑の全容解明は難しいだろう。


籠池氏の証人喚問 首相夫人も説明が必要だ
 大阪府豊中市の国有地払い下げ問題で、学校法人「森友学園」理事長の籠池(かごいけ)泰典氏が衆参両院の証人喚問を受けた。小学校建設地の借地契約について、首相夫人担当の職員が籠池氏の相談に応じており、「口利き」関与という新たな疑惑も浮上している。問題点は多岐にわたり、関係者の国会招致を求め真相を究明する必要がある。
 籠池氏は「昭恵夫人が名誉校長に就任したことで社会的な信用が得られた」と語った。この日の証言が正しいものであるなら、学園と首相夫人との結びつきは想像以上に強いというべきか。
 籠池氏によると、首相夫人が名誉校長に就任してまもなく、建設地の借地を10年から50年に延長できないかなどと夫人の留守番電話に依頼を吹き込んだ。経産省から出向した夫人付きの職員が財務省に問い合わせ、2015年11月に同省の回答をファクスで学園に送っている。
 その文面を見ると「ご希望に沿えない」「昭恵夫人にも報告している」と書かれている一方で、工事費の立て替え払いについて「平成28年度での予算措置を行う方向で調整中」という言葉もある。
 民進党は「首相夫人が介在しており、口利きした恐れが出てきた」(蓮舫代表)と批判する。菅義偉官房長官は「ゼロ回答で、夫人は関与していない」と否定するが、安倍晋三首相は国有地問題で「私や妻が関与していれば、首相も議員も辞める」と国会で明言した。首相自身の説明を求めたい。
 籠池氏は、昭恵夫人が否定し続ける100万円の寄付について「講演前に夫人が人払いし、2人きりになったときに封筒入りで渡された」と話している。裏付ける物証はなく、真偽は定かでない。ただ、籠池氏が嘘をつけば偽証罪という背水の陣で語ったことを考えれば、夫人も公の場で説明する段階に来ているだろう。
 もちろん、問題の核心は8億円が引き下げられた国有地売却問題だ。地中のごみ撤去費用になぜこれだけの額が必要かなど疑問点は多い。ようやく当時の財務省理財局長と近畿財務局長を24日に参考人招致することが決まった。「資料を廃棄した」という後任局長のはぐらかした答弁で1カ月以上、国会を停滞させた責任は大きい。もうごまかしは許されない。
 証人喚問では、自民党議員が資金不足のまま、ずさんな計画で小学校建設を進めた学園側に問題があると指摘した。大阪府の私学審議会でもそのような指摘が出ており、確かにその通りだろう。
 ただ、経営に不安がある学校が開校し、子どもたちに迷惑がかからないように事前にチェックするのが行政の責任だ。「認可適当」と計画にゴーサインを出した大阪府の責任は大きい。
 証人喚問での籠池氏を見る限り、政治家や官僚たちを動かせるほどの力があるとは思えない。それでも、財務省や国交省、文科省、大阪府といった巨大行政機関が一斉に問題山積の学校法人のために動いている。
 当事者の一人、松井一郎大阪府知事は「首相夫人が名誉校長であり、財務省は学園に親切な対応をした」と政権の顔色をうかがう忖度(そんたく)の可能性を示唆している。巨大な権力が持つ不気味な影響力を解明しない限り、国民の納得がいく答えは得られない。(日高勉)


[籠池氏証人喚問] 疑惑は深まるばかりだ
 安倍晋三首相からの100万円の寄付はあったのか、なかったのか、異例づくめの手続きに政治家は関与しているのか。
 国有地の売却交渉を巡る数々の疑惑は、解明されるどころか深まるばかりだ。引き続き関係者を国会に呼び、真相究明を図らなければ国民は納得できまい。
 大阪市の学校法人「森友学園」の理事長退任意向を示している籠池泰典氏の証人喚問が、衆参両院の予算委員会で行われた。
 籠池氏は2015年に講演に訪れた安倍昭恵首相夫人から「『安倍晋三からです』として、100万円の寄付を受け取った。鮮明に覚えている」と証言した。籠池氏の妻と昭恵夫人がメールを繰り返していたことも明らかにした。
 安倍首相はこれまでに、自身も夫人も寄付をしていないと明確に否定している。事実はどちらなのか、首相側はあらためて真摯(しんし)に語るべきだ。
 与党側は、籠池氏の主張の信頼性が薄いことを重ねて指摘した。真相解明より首相側が巻き込まれた被害者であることを強調するような姿勢とも受け取れ、違和感を禁じ得ない。
 大阪府の私立学校審議会に、愛知県の私立学校の推薦入学枠を確保したと報告していたことなどについて質問し、虚偽であったことを認めさせた。
 首相の名前を使って寄付金を集めていたことも「許可を得ておらず、詐欺では」とただした。
 だが、100万円の寄付については、詳細に語る籠池氏の証言を覆せたとは言い難い。これで幕引きを図ってはならない。
 籠池氏は、昭恵夫人から「口止めとも受け取れるメールが届いた」ことや、定期借地契約を巡って、もっと長い期間に変更できないかを相談したとも述べた。
 メールなどの公開には双方が応じている。詳しく分析し、経緯をはっきりさせてもらいたい。
 政治家の関与については不透明なままだ。籠池氏は「お金を呈しての口利きはなかった」としながら、複数の名前を挙げて「力添えをお願いした」と話した。
 国有地が評価額より約8億円も値引きされたことなどについて、政治家の関与が「あっただろうと認識」しながらも、交渉の過程で「どんなやりとりがあったかは知らない」と述べた。
 昭恵夫人が一時期名誉校長だったことや、政治家の「力添え」で何らかの「忖度(そんたく)」が働いたのか。
 当時の財務省理財局長らの参考人招致も決まった。国会は責任を持って国民に事実を明らかにしてもらいたい。


混乱深まり出口見えず/籠池氏証人喚問
 大阪市地買い取り前の定期借地契約の期間延長について「夫人に助けていただこうと携帯に電話した」と述べた。
 後日、夫人付きの政府職員から「希望に沿えない」とのファクスが来たという。そこに財務省に問い合わせ、結果を夫人に報告したとの記述があり、野党は口利きの恐れがあるとして夫人の証人喚問を要求している。
 また評価額9億5600万円の国有地が1億3400万円で売却された点について籠池氏は「想定外の大幅値下げで、びっくりした」とした。ただ自民党参院議員の鴻池祥肇元防災担当相の事務所が作成した記録によれば、籠池氏は「評価額を低くしてもらいたい」などと陳情を重ねていた。地中からごみが見つかった後には財務省幹部に直談判もしており、想定外という言葉には違和感が残る。
 当の財務省はというと、政治家からの働き掛けの有無をただされ「さまざま問い合わせはあり、そういう可能性があると思う」としながらも、記録が残っていないことを理由に交渉経過などの調査を拒んでいる。ようやく売却交渉時に財務省理財局長だった現・国税庁長官の参考人招致が実現することになったが、財務省は当時の担当職員も含めて幅広く省内調査を実施する必要がある。


籠池氏の喚問 幕に手掛けるのは早い
 大阪市の学校法人「森友学園」の籠池泰典氏に対する証人喚問を仕掛けたのは与党側だ。同氏は今月中旬、参院予算委の視察団に「安倍晋三首相夫人の昭恵氏から寄付金100万円を受け取った」と発言。自民党は「安倍首相への侮辱」(竹下亘国対委員長)などと即座に反応した。
 こうした認識からは、籠池発言の虚偽性を明らかにして首相の名誉を守る目的が透ける。野党側が再三、参考人の国会招致を求めても応じなかった自民の態度変化は、これも「安倍1強」の現実だ。
 今回の喚問で首相への疑義を晴らし幕引きを図りたい与党と、国有地払い下げ問題の真相解明へ突破口にしたい野党。双方の思惑が交錯する中で、籠池氏自身が「私だけに罪をかぶせず、他の関係者も国会に呼んでほしい」旨を発言したのが印象深い。
 証人喚問は、衆参両院の国政調査権に基づく強制手段。偽証罪には懲役刑が科されるなど、出席が任意の参考人招致とは重みが異なる。本来、おいそれと実施できるものではあるまい。
 その点で、今回の経緯には疑問がある。籠池氏に事実関係をただす意義は認めるにせよ、首相への侮辱を理由に、これまで拒否してきた参考人招致を飛び越えていきなり証人喚問とはいかにもご都合主義。問題は国民の財産に関わって「首相の名誉」よりよほど重いことを知るべきだ。
 もとより問題の本質は、学園が小学校建設のため国有地を取得する際、破格の扱いを受けた経緯だ。一時、安倍首相の昭恵夫人が名誉校長を務めており、不可解な事業の流れに、保守政治家に広がる籠池氏の人脈の影響が疑われる要因となっている。
 首相の「1強」状態が続く中で、昭恵夫人が特定の民間法人を支援していた事実が、行政に「忖度(そんたく)」を促す可能性は無視できない。
 加えて首相の腹心とされる稲田朋美防衛相も、学園が起こした民事訴訟で原告代理人弁護士として出廷していた事実が判明。稲田氏は当初、関与を完全否定していた。学園との関係を、国民に詳しく説明する責任がある。
 喚問では籠池氏に関わる瑕疵(かし)がさまざま追及されたが、行政判断の流れなどは不明としたのは、その通りだろう。十分な資金もないまま着手した事業が異例に異例を重ねて進んだ背景の解明は、同氏の証言だけでは果たせまい。
 籠池氏は一方の当事者であり、「何で私だけが…」とする同氏の訴え自体にはくむべき点がある。問題は学校教育の在り方にも関わり、国民の関心は高い。24日には国有地の売却交渉時の国側担当者らを参考人招致する。幕に手を掛けるのは早い。


籠池氏喚問 新たな疑惑が浮上した
 籠池泰典氏の証人喚問が衆参の予算委員会で行われた。
 どんないきさつで国有地が破格の安値で売却されたのか、新たな疑惑が浮上した。引き続き国会で関係者に事実関係を確かめる必要がある。
 大阪市の学校法人、森友学園の小学校設置を巡る問題だ。自民党が参考人招致を拒んでいたものの一転、証人喚問が実現した。理事長退任の意向を表明している籠池氏が安倍晋三首相側から100万円の寄付を受け取ったと発言したのがきっかけだった。
 籠池氏は小学校設置に関し「昭恵首相夫人を通じていろいろなことを相談した」と述べている。定期借地契約を巡り、助けてもらおうと電話し、夫人付きの政府職員から返事のファクスがあった。財務省に問い合わせた結果、現状では希望に沿えないとの内容だ。
 昭恵氏は設置予定だった小学校の名誉校長を一時務めていた。学園は「安倍晋三記念小学校」の名称で寄付金を集めていた時期もある。こうした事情が国有地売却に影響しなかったか。政府職員が忖度(そんたく)するといったことはなかったのか。疑念が膨らむ。
 売却額については「想定外の値下げにびっくりした」と証言している。政治家の関与が「あっただろうと認識している」と述べたものの、交渉の詳細は承知していないとした。8億円が差し引かれた経緯は分からないままだ。
 100万円の寄付については授受の様子を詳しく証言した。2015年9月に学園が運営する幼稚園に講演のために訪れた昭恵氏から「安倍晋三からです」と封筒を渡されたという。首相は昭恵氏個人の寄付を含め全面的に否定しており、真偽は不明だ。
 籠池氏が国有地取引の一切を任せたとする前代理人弁護士が証言について「事実誤認がある」と述べるなど、関係者との主張の食い違いが他にもある。今回の発言をうのみにはできない。
 もともと一方の当事者から言い分を聞くだけでは、真相に迫れない。払い下げ交渉時に財務省理財局長だった迫田英典国税庁長官と近畿財務局長だった武内良樹財務省国際局長を参考人招致することで自民、民進両党が合意した。証人喚問が筋ではないか。
 野党はさらに昭恵氏や松井一郎大阪府知事の証人喚問を要求している。昭恵氏と学園の関わり、小学校設置を巡っての国と府のやりとりなど、はっきりさせなくてはならない点が多い。それぞれ国会で説明を求めるべきだ。


籠池氏証人喚問 首相夫人の招致が必要だ
 首相夫人を担当する政府職員の関与が明らかになった。国会は首相夫人らの証人喚問を行い、真相の解明に努めるべきだ。
 衆参両院の予算委員会が大阪市の学校法人「森友学園」の籠池泰典氏に対する証人喚問を行った。
 籠池氏は国有地の取得に絡み、安倍昭恵首相夫人付きの政府職員が財務省に問い合わせたことが、事態進展につながったとの認識を示したのである。
 安倍晋三首相からあったとされる100万円の寄付についても、昭恵夫人から「安倍晋三からです」として100万円を受け取ったと証言した。
 菅義偉官房長官は昭恵夫人の関与や、安倍首相や昭恵夫人の寄付などを否定している。
 どちらが真実なのか、明らかにする必要がある。
 証人喚問は、証言でうそをついたりすると刑罰の対象になる。籠池氏もそれを承知して証言した。
 昭恵夫人が潔白ならば、偽証罪の問われる証人喚問という場で自らが証明すべきではないか。
 安倍首相は国会で「私や妻、事務所が関わっていれば首相も国会議員も辞める」と明言している。
 自身や夫人の関与を否定してきた従来の発言と整合性が問われる。一層の説明責任が求められる。
 籠池氏の生々しい証言から印象づけられたのは、昭恵夫人と籠池夫妻との親密さだ。
 籠池氏は小学校建設に関して「首相にお願いしたことはない」としながらも、「昭恵夫人を通じていろいろなことは相談したことはある」と証言した。
 国有地の定期借地契約の期間延長に関しては「昭恵夫人に助けていただこうと携帯に電話した」とも述べているのである。
 さらに重要なのは、籠池氏がこの問題に関して夫人付きの政府職員が回答したとして公表したファクスには、夫人付きの職員が国有地に関し財務省に問い合わせ、結果を夫人に報告したと明記されていることだ。
 夫人は全く無関係だとする政府側の主張には無理があるだろう。
 首相からの寄付を受け取ったとされる状況についても、「鮮明に覚えている」という籠池氏の証言は具体的、詳細だった。
 昭恵夫人が学園の運営する幼稚園に講演で訪れた際、講演前に園長室で話をしてると同行者に席を外すよう指示し、2人きりの状況で100万円の入った封筒を出したというのである。
 さらに籠池氏は、最近になって「口止めとも受け取れるメールが届いた」とも言及している。
 このほかにも籠池氏は、国有地の価格について「想定外の値下げにびっくりした」とし、詳細は「財務省の近畿財務局、当時の理財局長に聞いてほしい」と求めた。
 小学校建設を巡り協力を依頼した先として、3人の政治家の名前も挙げている。
 国税庁長官らの参考人招致で合意したが、証人喚問が民間人の籠池氏だけでは不合理ではないか。
 国民が納得できるよう、夫人付きの政府職員を含め関係者全員の証人喚問を行うことを求めたい。


稲田朋美の「籠池理事長と関係断った」はやはり嘘! 夫が自分の事務所で近畿財務局との土地交渉に立ち会い
 これだけの嘘を重ねて、まだ大臣に居座るつもりなのか。──昨日行われた証人喚問で籠池泰典理事長が、2016年1月に稲田朋美防衛相の夫で弁護士である龍示氏の事務所において近畿財務局と大阪航空局の職員と面談。そこで「今回の土地の事柄を相談した」と発言した。そして本日、稲田防衛相はこの面談を“事実”と認めたのだ。
 本日、国会でこの件について追及を受けた稲田防衛相は、「夫の稲田龍示弁護士からは『自分(龍示氏)は土地売却には一切関係していない、君は森友学園の顧問になったことはない』との説明を受けておりました」と弁明。しかし、昨日の籠池証言を受けて夫に確認したところ、このような返答があったという。
「籠池夫妻が平成28年の1月年明け早々に弁護士法人光明会に、平成21年8月ごろの顧問契約終了以来、いきなり連絡してきて、すぐに相談を聞いてほしいということでした。
 まず、1月8日に、籠池夫妻が光明会事務所(編集部注:稲田夫妻が設立した弁護士事務所)に来られました。詳細は不明ですが、小学校をつくるということ、そのために土地を借りているが土壌汚染対応の立て替え費用を国が返してくれないというような内容でした。この日はそのような話で終わり、その後、籠池氏から再度連絡があって、立て替え費用について財務局や航空局の方と話がしたいから、その場に立ち会ってほしいという依頼がありました」
 ここで話し合われている「土壌汚染対応の立て替え費用」とは、昭恵夫人付きの職員・谷査恵子氏のファクスで財務省が「平成28年度の予算で調整中」と返答していたものと同じ内容だが、これを籠池理事長は稲田防衛相の夫にも相談していた、というわけだ。
 しかも、龍示氏は「代理人として話を聞くことはできないし、本件について発言することもないが、それでよければ構わない」と返答し、16年1月27日に事務所の会議室を提供。稲田防衛相は「財務局や航空局のどなたが何名来られるかもわからなかったところ大勢で来られたので、急遽椅子をたくさん入れて対応しました」などと話した。
 そして、稲田防衛相は「(龍示氏は)話し合いに同席だけすることとなったといった趣旨のことを述べ、その後はほとんど発言してない」「売却の話ではなく、借地の土壌汚染対応の立て替え費用の返還の話」「この件について費用は受け取っておらず、これ以降、先方からは何の連絡もありません」と必死になって強調した。
 だが、いくら取り繕うとも、自身の夫が国有地の土地取引にかかわっていたことは明確な事実だ。そもそも、稲田防衛相は国会答弁で「10年前に籠池氏から大変失礼なことをされて関係を断っている」と主張していたが、そんな「大変失礼なことをされた」相手に、なぜ夫である龍示氏は顧問弁護士を退任していたというのに「立ち会い」を引き受けたのか。
 だいたい、普通に考えれば、籠池理事長が龍示氏に立ち会い人を依頼したのは、「稲田防衛相の夫」という閣僚関係者の威光にあやかる目的があったとしか思えない。防衛相が設立した事務所で、防衛相の夫が立ち会うなかで話し合う──近畿財務局や大阪航空局の職員にとってみれば、それだけで「政治家案件」と認識するに十分だろう。そんな見え透いた目的に加担するように、龍示氏は易々と引き受けているのである。
 さらに、この事実について、稲田防衛相は籠池証言が飛び出すまで知らなかったとは到底思えない。稲田防衛相をめぐっては、あれだけ「私が弁護士時代に森友学園の顧問だったということはないし、法律的な相談を受けたこともない」と国会で言っていたにもかかわらず、2004年12月に学校法人森友学園が起こした民事訴訟の第1回口頭弁論に出廷していたことが記録によって判明するという醜い「虚偽答弁」が明らかになったばかり。事実が表沙汰になっても「記憶に基づいた答弁」という詭弁で乗り切れるとでも思っているのだろう。
 むしろ、今回の一件で疑いが深まったのは、はたして稲田防衛相は本当に籠池理事長との関係が切れていたのか、ということだ。事実、昨年10月22日に稲田防衛相は籠池理事長に「防衛大臣感謝状」を贈呈しており、「関係を断って」いたとは信じがたい。
 しかも、それだけではなく、籠池理事長がすでに明かしているように、稲田防衛相だけでなく父である故・椿原泰夫氏とも籠池理事長は関係が深かった。椿原氏は「頑張れ日本!全国行動委員会」京都本部代表を務めるなど関西では有名な極右運動家だったが、「週刊朝日」(朝日新聞出版)3月31日号によれば、椿原氏が幹部を務める右派団体に籠池理事長も所属していたといい、さらには〈稲田氏が特別顧問を務める自衛隊の協力団体「関西防衛を支える会」にも籠池氏は入会していた〉という。
 籠池理事長は外国特派員協会で開かれた記者会見でもヘイト思想を開陳していたが、そうした思想を共有する“同志”として、稲田防衛相は親子ともども付き合ってきたのである。既報の通り、稲田氏には2006年に文科省が塚本幼稚園の教育勅語暗唱を「適当でない」とコメントしたのに対し、「なぜいけないのか」と恫喝していた過去もある。籠池理事長が設立を目指した小学校は、稲田防衛相にとっても「理想の小学校」であったことは疑いようもない。
 籠池理事長は証人喚問で龍示氏の関与のみならず、稲田防衛相も顧問弁護士であったことや件の訴訟以外にも森友学園の訴訟にかかわっていたと話したが、これらについて稲田防衛相は否定している。だが、これまで嘘を吐き続けてきたことを考えれば、今後、新たな事実が出てくる可能性もある。
 いや、稲田防衛相だけではない。自民党は「籠池証言はでたらめばかり」と強調するが、龍示氏の一件や、例のファクスのように昭恵夫人が土地取引に関わっていたことを示す事実も証人喚問によって飛び出したものだ。自民党が何を隠したがっているのか。それを明らかにするためにも、まずは一刻も早く昭恵夫人の証人喚問を行うべきだ。(編集部)


籠池証人喚問で自民党議員の質問に唖然! 国有地取引の追及を放棄し偽証と詐欺立件目的だけの質問連発
 昨日、衆参予算委員会で行われた籠池泰典理事長証人喚問では、新たな証言が次々に飛び出した。昭恵夫人への口利き依頼、維新と自民党議員の関与、さらには稲田朋美防衛相の夫へ国有地取得についての相談──。しかも、稲田防衛相の夫は、稲田氏の弁護士事務所で2016年1月に籠池理事長と近畿財務局、大阪航空局の職員と面談していたと明かし、顧問弁護士時代は稲田防衛相も弁護士として対応していたと証言。稲田防衛相の関与の疑いはまたも深まった。
 しかし、そんな新事実をも吹き飛ばす証言は、「昭恵夫人側からのファクス」の存在だ。籠池理事長が安倍昭恵夫人に特約について相談をもちかけた際、経産省から出向していた内閣総理大臣夫人付の谷査恵子氏なる人物が2015年11月17日に籠池理事長宛てでファクスを送付。メディアに公開されたそのファクス文書には、財務省国有財産審理室長である田村嘉啓氏からの回答として、「工事費の立て替え払いの予算化について」と題し、〈平成27年度の予算での措置ができなかったため、平成28年度での予算措置を行う方向で調整中〉などと書かれていた。
 つまり、昭恵夫人は国有地の取引に関して財務省から回答を引き出していたのである。実際、籠池理事長も、昨日行われた外国特派員協会での会見において、昭恵夫人側が財務省に問い合わせをしたことを「このことで大きく物事が動くようになったんだろうなと思う」と発言した。
 2月17日に安倍首相は国会で「(国有地払い下げや小学校認可に)私や妻が関係していたということになれば、これはまさに私は間違いなく総理大臣も国会議員も辞めるということは、はっきりと申し上げておきたい」と答弁したが、このファクスは昭恵夫人が国有地問題にかかわっていた大きな証拠だ。
 だが、菅義偉官房長官は「籠池氏側の要望には沿うことができないときっぱりお断りしているのでは。そういう意味で、忖度以前のゼロ回答」などと詭弁を弄し、「これは籠池氏から夫人付きの職員に陳情書が来たことに対する回答だ」と述べた。官邸としては“昭恵夫人ではなく一職員がやったこと”と罪を被せて逃げるつもりなのだろうが、ファクスにはしっかり〈なお、本件は昭恵夫人にもすでに報告させていただいております〉と記載されている。これで言い逃れはできるはずがない。
 しかも、昨日の証人喚問で呆気にとられたのは、自民党代表として質問に立った参院の西田昌司議員と衆院の葉梨康弘議員、そして維新の会の下地幹郎議員の質問だろう。
 たとえば、西田議員は、参院予算委の現地視察の後に野党議員と籠池氏の自宅で面談したことについて「なぜ野党議員だけを集めて話したのか。不公平感、不透明感を感じる」などと質問。籠池理事長の参考人招致を拒否し続けていたのは無論、自民党だったわけだが、それを棚に上げて「不公平」などと言うのだ。
 しかも、西田議員は「はじめからお金がなかったということが問題の本質」などと言い出し、逆に籠池理事長より「どんな口利きがあったのかが本質だから、西田議員の言っていることは的外れです」と切り返される始末。場内には大きな笑いが起こった。
 それはその通りだろう。森友学園に自己資金がなかったことは事実だろうが、にもかかわらず、なぜ小学校設置認可が下り、なぜ国有地が格安で払い下げられたのかというのが森友問題の核心だ。自民党はその核心に関与しているからこそ、こうして本題からずらそうと必死なのだ。
 そして、自民党の狙いは言わずもがな、「籠池理事長は嘘つきだ」と印象付け、さらには偽証罪で引っ張ってしまうことにあるだろう。事実、西田議員は「偽証(罪)に問われますよ?」などと恫喝めいた台詞を発し、葉梨議員は質問前に自身が警察出身であることをアピール。「安倍晋三記念小学校」という名で寄付金を集めていた期間や、塚本幼稚園のHPで昭和天皇の訪問があったかのように記述していたことをひたすら追及した。
 たしかに寄付金の振込用紙の使用時期の食い違いについては問題発覚時から本サイトをはじめ週刊誌などでも指摘されてきた話であり(ちなみに籠池理事長は外国特派員協会の記者会見で寄付金振込用紙使用時期の証言を撤回している)、昭和天皇訪問をHPで謳っていた件も籠池理事長の“でっちあげ”だろう。
 しかし、何度も言うように問題の核心は国有地払い下げと小学校の認可を出したことだ。それを追及もせず、この問題に自民党の西田議員と葉梨議員は「籠池氏の話は間違い」と言い、“籠池理事長は偽証をしている”と強調したのだ。
 これは、「安倍首相や天皇を利用して寄付金集めを行っていた」ということを「詐欺罪」にするためだ。
 本サイトの既報の通り、情報によれば官邸はすでに検察と話をつけており、「証人喚問の後、東京地検特捜部がほどなく逮捕、口封じをする」というシナリオができているという。
 また、検察に強いことで知られるジャーナリストの西岡研介氏は21日に〈籠池理事長の証人喚問について先ほど、検察関係者から何とも恐ろしい話を聞いた〉とし、このようにツイートしている。
〈検察関係者によると「偽証罪での立件は通常、贈収賄などの本件があって、それを立件してから、再逮捕や追起訴の際に、(偽証罪を)くっつける」のだそうだ。が、今回は「偽証単体で、東京地検特捜部にやらせて(立件させて)籠池の口を封じる方針」なんだという〉
 西岡氏は「最高検は即、東京地検特捜部に告発状を回し、特捜が動く段取りができている」と言い、「虚偽性の立証は、安倍総理夫妻側の主張や大阪府に提出された客観証拠で十分」という検察関係者の発言も紹介している。
 しかも、西岡氏は〈法務検察は、その「口封じ」の代償に「共謀罪」を得るわけか……〉ともツイート。つまり、検察と官邸は「口封じ」と「共謀罪成立」でバーターしていると指摘しているのだ。
 国有地の不正取引を口封じで幕引きをはかり、その代わりに共謀罪を成立させる。これが事実としたら、もはや誇張などでなく、正真正銘の恐怖政治と言うほかない。
 だが、そうした自民党の卑劣と姑息さの一方で、「自爆」したのが維新の下地幹郎議員だ。下地議員は大阪府が私立小の設置認可の規制を緩和したことについて「教育に熱心なあなたのために枠を広げたんです」と言い、前任者の橋下徹と松井一郎・府知事が森友学園のために規制緩和したと発言。挙げ句、松井一郎府知事に「梯子を外された」と語る籠池理事長に対し、こう声を張り上げたのだった。
「松井さんは梯子を外したのではない。松井さんはあなたが学校をできるように梯子をかけて、梯子から落ちたのはあなた自身なんですよ! 梯子を外したんじゃないです、あなた自らが梯子から落ちたんですよ!」
 マヌケにも程があるが、ようするに、維新の議員自ら「松井府知事が梯子をかけた=便宜を図ってあげた」と暴露してしまったのである。
 本日は迫田英明・前理財局長と武内良樹・前近畿財務局長の参考人招致が行われているが、彼らだけではなく、松井府知事、そして安倍昭恵夫人の証人喚問が必要であることは明白だ。(編集部)


籠池氏を恫喝 “安倍首相を守る”質問に終始した自民の醜悪
 それにしても自民党の尋問はサイテーだった。真相を解明しようという気はサラサラなし。籠池理事長は「嘘つき」だというイメージを国民に植え付けるのに必死で、一体、誰のための証人喚問なのか、という醜悪な内容だった。
 午前中の参院で自民党を代表して質問に立った西田昌司議員は、冒頭から「やっつけてやろう」という態度全開。安倍首相サイドとの証言の食い違いを指摘しながら、「あなた、偽証に問われますよ」「最初からお金ないんじゃない」と何度も恫喝発言を繰り出した。さすがに下品で、野党から「恐喝まがいだ」とヤジが飛ぶほどだった。
 午後の自民党は葉梨康弘衆院議員。元警察官僚で、“尋問のプロ”として選ばれたようなのだが、その話しっぷりは嫌みったらしいったらなかった。葉梨議員が特に執着したのは、「安倍晋三記念小学校」と書かれた寄付金の振込用紙がいつまで使われていたのか、という点。安倍昭恵夫人が名称利用を断った後も古い振込用紙を配布していたのではないかと、ネチネチただし、「偽証罪」や「詐欺罪」に追い込もうという意図がミエミエだったのだ。
■問題の核心には迫ろうともせず……
 自民は衆参で合計70分もの尋問時間があった。なのに国民が最も関心を寄せる「なぜ国有地が8億円もディスカウントされたのか」「なぜ小学校開設がスピード認可されたのか」というこの問題の核心に、迫ろうとしなかった。ひたすら、「安倍首相を守る」ための質問を繰り返した。
 そもそもこの証人喚問が決まったのは、「首相を侮辱したから」という信じられない理由だった。「首相から100万円寄付」の籠池証言を耳にした安倍首相本人が激怒したことが発端だった。
「古代ギリシャの哲学者・ピタゴラスに『怒りは常に愚行に始まり、悔恨に終わる』という言葉があります。森友問題で、安倍首相は感情的になるあまり、怒りに任せて強引に籠池氏を証人喚問に引っ張り出した。力ずくでやっつけようとしたのでしょうが、むしろ逆に火の粉が自分に降りかかってしまいました。冷静な国民はそのおかしさに気づいたと思います」(政治評論家・森田実氏)
 酷いのは自民だけじゃない。
 維新に至っては、自分たちの親分の松井一郎府知事に籠池理事長の批判の矛先が向けられているため、それを払いのけるための質問に終始。演説調で持論を展開するものだから、籠池理事長から「それは質問ですか」と逆質問される始末だった。


森友が認可前にボーリング調査 国有地売却は出来レースか
 森友学園への国有地“格安”払い下げ問題で、新たな疑惑が浮上した。大阪府の私学審議会が、森友学園が運営する小学校に「認可適当」の判断を下す以前に、学園側が予定地でボーリング調査を行っていたことが分かったのだ。
 小学校が認可適当の判断を受けたのは2015年1月のこと。同年5月に土地の有償貸付契約を結んだ。ところが、ボーリング調査は14年10月21〜25日に行われていた。この問題を追及する自由党の森ゆうこ参院議員はこう言う。
「土地の売買契約を結んでもいない法人が、国有地を掘ってもいいのかと財務省理財局に確認すると、最初は『よくあること』と言っていました。しかし、数日後に、『国交省航空局が有料で貸し付けた』と訂正。さらに航空局に確認すると、ボーリング調査は建物設計のための地盤調査だったことが分かりました。つまり、森友学園が当地で小学校を建てることは当時から決まっていたということではないか。また、航空局に賃料がいくらだったのか聞くと『11日間で444円』だといいます。こんな値段は普通では考えられません」
 8770平方メートルもの広大な土地を11日間借りるのに、ワンコインでおつりがくる。とても信じられないが、航空局は後になって「444円は誤りで、正しくは4795円だった」と訂正。それでも単純計算で1日当たり435円だから、異常な安さであることに変わりはない。
 不可解な点はまだある。航空局が既に受け取った444円以外の差額分、4351円を森友学園から徴収したのは、ナント、今年の3月7日だったのだ。
「国交省が差額分を徴収した日の前日、私が国会でこの問題を質問しましたから、航空局は慌てて徴収したのでしょう。3年前の決算を訂正するなど聞いたことがありません。批判を避けるため、取り繕っているようにしか見えません」(森ゆうこ議員)
 森友学園は、土地代を8億円以上“ディスカウント”してもらい、土壌汚染除去費用約1億3000万円も受領。異常に高額な工事請負契約書を国交省に提出し、補助金を不正に受けた疑惑まである。何もかもが森友にとって有利に進められてきたようにしか見えない。


広がる疑惑の裾野 幕引きはまだ先
 ★参院、衆院での森友学園・籠池泰典の証人喚問にはさまざまな感想が思い浮かんだ。発言の信頼性、与野党議員の質問の目的などを想像して質問の背景、答弁の背景を探りながら喚問を見た人も多いだろう。与野党議員が「あなた偽証に問われますよ」と問いながら答弁を促すところは、本当のことを話しているのかと疑問を持つだけでなく、不退転の覚悟で臨んだ迫真の発言とも聞こえる。 ★しかし首相・安倍晋三夫妻や防衛相・稲田朋美夫妻、現職の自民や維新の議員名、大阪府知事・松井一郎ら、関係者の名前がポンポンと出てきたり、金銭授受やメールやファクスのやりとりなどの新証言がよどみなく証人から出てくると、疑惑の裾野の広がりを強く感じる。今日24日には参院で国有地売却当時に財務省理財局長だった迫田英典・国税庁長官と、近畿財務局長だった武内良樹・財務省国際局長が参院予算委員会に参考人招致される。 ★ただ、与党の質問は証人を“あやしい人”と印象操作しようとしたことは否めず、また、野党幹部は「昭恵夫人が何らかの会見に立つか、国会で証言しないと収まらないのではないか」と今後も疑惑解明が続くことを示唆した。一連の喚問内容について官房長官・菅義偉は23日に2度の会見で「かねて申し上げているように、首相は自分で寄付していない、昭恵夫人、事務所等第三者を通じても寄付していないということだ」と断言。昭恵夫人から寄付を受け取ったと主張する籠池の発言に「1対1だったということはない。完全に間違っている」と閣議決定で言う「私人」を全面擁護した。こんなに国が私人を守ってくれるとは知らなかったが、首相が「国有地払い下げに私や妻や事務所が関わっていたら総理どころか議員も辞める」と発言したことへの予防線ということだろうか。幕引きはまだまだ先の話になりそうだ。

籠池氏証人喚問 国会は真相究明すべきだ
 【論説】証人喚問は重い。憲法62条に基づく国政調査権行使のための強制的手段であり、虚偽答弁すれば偽証罪に問われるからだ。衆参予算委員会は、大阪市の学校法人「森友学園」の理事長退任意向を示している籠池泰典氏の証人喚問を行った。驚くべき「爆弾発言」も飛び出した。果たして「事実」か「事実誤認」なのか。国有地売買に関する政治家の関与などを巡り、究明すべき「闇」が広がる。
 疑惑の渦中にある当事者の参考人招致は野党が要求してきたが、与党は頑として拒否してきた。だが、その間にも本人から政治家との関係や寄付の話が次々語られるに至って、抗しきれなくなったのだ。
 評価額より8億円も安い国有地の払い下げは財務省が「適正な処理」と強調するばかりだが、問題はなかったのか。不透明な経緯に絡み、籠池氏は政治家の関与が「あっただろうと認識している」と証言。小学校設置で協力を依頼した先として自民党や日本維新の会の3人の名前を挙げた。
 それはあり得る話だとしても、注目すべきは2015年9月に講演に訪れた安倍昭恵首相夫人より「安倍晋三からです」と100万円の寄付を受け取ったと詳述したことだ。国有地取得へ、開設予定の小学校名誉校長だった夫人に相談を持ち掛けたことも明かした。
 また最近、昭恵夫人から「口止めとも受け取れるメールが届いた」とも言及した。首相はこれまで寄付の事実関係を否定し、昭恵夫人個人としても行っていないと強調している。菅義偉官房長官も会見で重ねて否定しており、証言との食い違いが鮮明になった。
 国有地売却や小学校設置認可申請を巡る最大の焦点は、政治家の働き掛けがあったのか、それを役所側が忖度(そんたく)したかである。
 籠池氏は大阪府の松井一郎知事に力添えがもらえるよう元府議会議長に依頼したほか、稲田朋美防衛相の夫である稲田龍示弁護士の事務所に相談したとする。
 稲田防衛相は今月13日の参院予算委で、2004年12月、森友学園が起こした民事訴訟に関与していないと繰り返し否定した。籠池氏との関係が報道されたからだが、「籠池夫妻から相談を受けたことはない」「裁判を行ったこともない」との断言は14日の同委で「私の記憶が間違っていた」として撤回、謝罪した。
 「記憶に基づいて自信を持って答弁していた」という発言から垣間見える強気姿勢と、「夫の代わり」を盛んに強調し当事者ではないことを印象づけるような言葉には違和感がある。
 こんな「記憶違いだった」などという軽々な発言は証人喚問に臨んだ籠池氏には許されない。
 与党が参考人でなく証人喚問に応じた背景には「首相への侮辱」(竹下亘自民党国対委員長)があるからだ。籠池証言のでたらめぶりを際立たせ、早期幕引きを図ったのだろう。だが、かえって疑惑は深まり、首相は一層の説明責任を負った。喚問したからには真相を究明するのは当然だ。


英国会前事件 単独テロを防ぐ難しさ
 非道なテロがまた欧州で繰り返された。事件が起きたのは、英国の中枢とも言える首都ロンドンの国会議事堂の目の前だった。
 少なくとも3人の命を奪い、約30人を負傷させた容疑者の男が使った「凶器」は、車とナイフだった。爆弾などと違って誰でも簡単に入手できる。こうした身近な道具がテロの手段になることに戦慄(せんりつ)する。
 警察は「国際テロ組織に感化された」犯行とみて、イスラム過激派組織との関連を調べている。イスラム過激派組織はネット上で、車やナイフなど身近な道具を使ったテロをあおっており、その影響があったとすれば恐ろしいことだ。
 違法な武器の入手や製造は摘発できるが、車の運転は阻止できない。「ローンウルフ(一匹オオカミ)」と呼ばれる単独犯は、組織的な犯行とは違って、取り締まりや予防がきわめて難しい。過激化した個人の犯罪をどう防ぐかは、重い課題として残る。
 欧州では一昨年の11月にパリで、ちょうど1年前にはベルギーの首都ブリュッセルで、いずれも爆弾や銃を使った組織的テロ事件があった。
 だがその後、取り締まり強化のためか組織的なテロは起きていない。代わって出てきたのが、一人で車を運転して群衆に突っ込む事件だ。
 昨年7月、フランス南部ニースで花火見物をしていた市民にトラックが突っ込んだ。12月にはドイツの首都ベルリンで、クリスマス市にトラックが突入して市民を殺傷した。今回も実行犯は一人だったようだ。
 事件の容疑者が、報道されているようにイスラム教徒の南アジア系住民だったとすれば、少数派排斥の風潮を助長する可能性もある。
 英国では、欧州連合(EU)からの離脱を決めた国民投票の後、移民への暴力などヘイトクライム(憎悪犯罪)が目立つようになった。テロ事件の影響が懸念される。
 今回のテロを受けて、独仏首脳が哀悼の声明を出すなど国際的な連帯の声が寄せられたことは心強い。トランプ米大統領も、メイ英首相にテロ対策での「全面的な協力と支援」を呼びかけたという。
 だが、米英の協調では気がかりなこともある。
 トランプ政権はテロ対策として、イスラム系の中東・北アフリカ6カ国から米国に向かう航空機を対象に、パソコンやタブレット端末などの機内持ち込みを禁止した。
 米国との「特別な関係」を自任する英国は、これに同調したばかりだった。
 「反イスラム」と受け止められ、報復テロの口実にされた可能性はないのか。事件の動機や背景の解明が待たれる。


共謀罪法案提出 あまりに疑問点が多い
 犯罪を計画段階で罰する「共謀罪」新設を柱とする組織犯罪処罰法改正案が国会に提出された。「共謀罪」の新設法案は過去3度廃案になった。政府は2020年の東京五輪・パラリンピックに向け国際組織犯罪防止条約を締結し、テロを防ぐためには法改正が必要と強調。今国会での成立を目指している。
 しかし、「共謀罪」は外から見えにくい犯罪計画の摘発を目的にしており、捜査には市民活動への監視強化の恐れが付きまとう。捜査当局の運用次第で、思想・表現の自由が侵害される懸念も拭えない。
 「共謀罪」は実行された犯罪を罰する刑法の原則を大きく転換する。政府はテロ対策を掲げて呼称をテロ等準備罪に変えたが、必要性などに、なお多くの疑問が出ている。これまでの国会審議で、政府は法案が未確定として十分な答弁をしなかった。今後は全ての問題点を洗い出す議論が不可欠だ。政府には@国民の疑問に真剣に向き合う責任を果たしてもらいたい。
 改正法案では2人以上の集団が犯罪を計画し、うち少なくとも1人が現場の下見や資金手配などの準備行為をすれば処罰対象になる。政府は適用対象をテロ集団など組織的犯罪集団に限定し、構成要件を厳格化。「一般人は対象にならない」とする。その一方で、正当な団体が犯罪集団に一変すれば適用対象になるともしてきた。テロ集団や準備行為の定義、犯罪集団に「一変した」と判断する基準など不明確な点も多く、捜査側の裁量によって正当な団体が犯罪集団と認定され、処罰される危険がないとは限らない。
 対象犯罪は当初より絞られたが277にも上る。メールを読むだけで容疑を受ける可能性も指摘され、適用拡大への不安もある。家宅捜索や逮捕には裁判所の令状が必要としても、どこまで歯止めになるのか。
 計画段階での摘発は集団内の情報入手なしでは困難だ。プライバシーを侵すような行動監視、自白の強要や誘導を招かないかとの心配も生じる。
 政府はオウム真理教事件を例に挙げ、改正法案は凶悪集団犯罪の捜査に有効とする。これに対し、現行法でも重大犯罪には予備罪が備わり、捜査側が綿密に運用すれば摘発や防止は可能という反論がある。国際条約締結に法改正は不要ではないかとする見方も出ている「共謀罪」は捜査機関の有力な武器になることは間違いない。それだけに、当たり前の市民活動に矛先が向けられることが本当にないのか、入念な検証が欠かせない。


森友問題、首相秘書官の喚問を 民進・江田氏が主張
 民進党の江田憲司代表代行は24日の記者会見で、安倍昭恵首相夫人担当の政府職員が財務省に照会した内容を森友学園側へファクスしていたのを踏まえ、政務担当の今井尚哉首相秘書官の証人喚問も視野に入れるべきだと主張した。「夫人担当職員の実質上の上司は今井氏だ。その指示に基づくファクスと解するのが自然だ」と述べた。
 江田氏は橋本政権で政務担当首相秘書官を務めた経験を持つ。「夫人担当職員が財務省との連絡調整を独断でやることは絶対にあり得ない」と強調した。


特集ワイド 戦争になったらおしまいや 在日の詩人、金時鐘さんに会う
 どうなっているのか? そしてどうなるのか? 海ひとつ隔てた隣国の先が見通せない。朝鮮半島の北も南も祖国でありながら、愛憎半ばする思いで見つめる在日の詩人、金時鐘(キムシジョン)さんに会った。【鈴木琢磨】
金正男氏殺害「恥ずかしいて…」 「やっぱり話し合わなあかんよ」
 「恥ずかしいてなあ、ホンマ、恥ずかしいてなあ」。ここは大阪・鶴橋、チヂミを焼くゴマ油とキムチのにおう路地を歩き、88歳になる詩人がしきりにわびる。北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、正男(ジョンナム)氏がマレーシアで猛毒VXによって殺害された事件のことだ。真相は謎だらけながら、北朝鮮の国家ぐるみの犯罪ではないかと、国際社会から疑念の目で見られている。「仰天するより、あきれかえって、恥ずかしいてしょうがないんや」
 すっと背筋を伸ばして歩く時鐘さんの姿にキムチ売りのおばちゃんは「あっ、詩人の先生や」と人なつこい。私にとっても時鐘さんは奥さんが切り盛りしていた近くの居酒屋でどこか申し訳なさそうな顔をして飲んでいたおっちゃん。だが、その顔のしわには苛烈な南北分断史が刻まれている。ふらっと昔ながらの焼き肉屋に入った。玄関先で流れていた桑田佳祐さんの歌う「LOVE KOREA」に吸い込まれるように−−。
 日本植民地下の朝鮮・済州島で育った時鐘さんは典型的な皇国少年だった。日本の敗戦による解放で初めて朝鮮人として目覚め、南朝鮮労働党(南労党)の末端の党員として活動する。アメリカの統治政策にあらがい、南北分断に反対する武装蜂起「済州島4・3事件」(1948年)にかかわるものの、弾圧が激しく、密航船で脱出する。たどりついたのが同胞密集地の鶴橋だった。まだ20歳そこそこである。「あてもなくふらついてな。道ばたに放置されていたトラックの運転席で眠りこけてしまったわ」。いろいろな運命のつながりがあってこの地で詩を書く。50年には朝鮮戦争が勃発する。
 スキャンダラスな正男氏殺害事件について、失礼を承知で、朝鮮王朝そのものじゃないですか、と言ったら、悲しそうな顔をした。「反論できんわ。李朝中期から党派争いに明け暮れ、王権をどの派が握るかの争いばかりやっとったからなあ。あんな小さい小さい国で」。そして続けた。「(正恩氏の叔父で朝鮮労働党行政部長だった)張成沢(チャンソンテク)が粛清されたやろ。ものすごく驚いたけど、ああ、正男も危ないなとずっと思っていたんや。正男が本国を離れていたのも何か任務があったはずや。その正男の生活の面倒を見ていたのが張成沢だったから。ただ現実になるとはな……」
 懐かしの味なのか、ゆっくり済州島のマッコリを飲みながら語る詩人は自ら口にした「粛清」の2文字に立ちすくんだ。「朴憲永(パクホンヨン)を思い出す。南労党の書記長で、救世主のようにあがめて僕も入党したから。朝鮮労働党が成立すると、金日成(キムイルソン)に次ぐナンバー2にまでなった人物ですよ。その彼が朝鮮戦争の休戦協定締結(53年7月)を前にして金日成政権によって逮捕され、見せしめ的な裁判の末に処刑されたんや。党を私物化し、反党的行為をおこなったかどで。そしてお決まりのスパイや。私には驚天動地でね。正義の国と信じていた北朝鮮への愛も、金日成首領さまへの尊敬も、懐疑の闇に放り込まれました」
 もうひとり、詩人の名もあげた。林和(リムファ)である。才能ある文学者だった彼もまた南労党派として粛清された。「林和の裁判記録を読みましたよ。バカバカしくて漫画にもならん。それこそぬれぎぬというやつや。死刑宣告され、何か言い残すことはないか、と裁判官に問われ、ない、と首を横にふったらしいんや。翌日、処刑です。ひと晩、林和がどう過ごしたのか。僕はもう年を取るだけ取って高ぶる感情も枯れてはきたけど、林和の無念を思うといまでも胸が痛くなるわ」
 理不尽な仕打ちは北の祖国だけではない。日本にいる表現者さえ指導者の神格化を進める祖国への忍従を迫られる。歯に衣(きぬ)着せぬ時鐘さんの言動は、北朝鮮を支持する在日組織から「民族虚無主義者」とレッテルを貼られ、批判にさらされる。夜な夜な詩人は安酒をあび、じっと足元を見つめ、悩み抜き、そして生涯向き合うテーマ「在日を生きる」が現れる。代表作「猪飼野詩集」にこんな詩がある。
 <地図になく 地図にないから 日本でなく 日本でないから 消えててもよく どうでもいいから 気ままなものよ。>(「見えない町」)
 北だけではない、強圧的な韓国の朴正熙(パクチョンヒ)軍事政権とも相いれぬ時鐘さんは、分断祖国のはざまであえいでいた。
 「98年、金大中(キムデジュン)さんが大統領になってようやく光がさした。南の祖国・済州島を訪問できたんです。月よりも遠かった父と母の墓に不肖の子はぬかずいた。軍事政権下での民主化闘争は30年近く続き、どれだけ多くの学生の人生がおじゃんになったかわからん。その犠牲があっての幸せです。年に1〜2度の墓参りは続けたく、韓国籍も取りました。南北統一を願って朝鮮籍にとどまる在日同胞を否定するのではなく、あくまで総称としての<朝鮮>にこだわりながらも、国籍を韓国にしたわけです」
 その南の地もまた揺れに揺れている。友人の国政介入などで大統領罷免が決まった朴槿恵(パククネ)さんの、そもそもの悲劇は在日青年の銃弾によって母が殺されたことにある。「あの犯人もここ鶴橋かいわいにいたんやな。母を亡くし、そして側近に父まで殺され、内向的にならざるを得なくなり、シンバン(みこ)みたいな人間についつい心を開いたんやろうな」。ソウルの大規模ろうそく集会でもらった<朴槿恵退陣>と刷られた紙コップをお見せした。「誇らしい気持ちだ。彼女には同情もするけど、これで朴正熙時代が本当に終わるんやと思う」
 そういえば、正恩氏を産んだ高英姫(コヨンヒ)さんも鶴橋の生まれである。わが息子を金王朝の3代目に就かせたが、その晴れ姿を見ることなく世を去った。「因縁めくわ」。詩人はぽつんと言い、マッコリを飲み干した。「在日のカオスがすべての起点になっているのかもしれんな。この地図にない町が……」。隣国はざわざわと落ち着かない。そして、わが日本はといえば、時代錯誤の「教育勅語」がニュースである。「アハハ、皇国少年だった僕も覚えましたよ」
 あらゆる波乱も平和へのうねりならいいが、そうでない気がする。米国のトランプ政権の動きも読めない。「異論かもしれんが、北が核・ミサイルを開発するのは自分の家のそばで米韓が軍事演習をするからでもある。ハリネズミになって身構えざるをえない。好き嫌いやない。やっぱり話し合わなあかんよ。戦争になったらおしまいや」
 5月に人生で初めて韓国大統領選の1票を投じる。「平和を願うわ。在日は共存の知恵、経験はあるんやから」
 希望はまだ捨てられないということか−−。今夜は久しぶりに時鐘さんの詩集を開こう。
 ■人物略歴 キム・シジョン 
 1929年、釜山生まれ。53年に詩誌「ヂンダレ」を創刊。主な詩集に「新潟」「猪飼野詩集」など。エッセー集「『在日』のはざまで」で毎日出版文化賞、回想録「朝鮮と日本に生きる−−済州島から猪飼野へ」で大佛次郎賞。

四国のヴァイキング/ブツブツ問題が面倒

のせでん

Corée du Sud: préparatifs du transfert de l'épave du ferry Sewol
Le consortium chargé du renflouement du Sewol se préparait vendredi à positionner sous le ferry sud-coréen un bâtiment semi-submersible en vue de son transfert vers un port, trois ans après son naufrage qui avait fait 304 morts.
Les ingénieurs ont débuté jeudi le travail titanesque et périlleux consistant à remonter prudemment l'épave du navire qui, vendredi, dépassait de 13 mètres le niveau de la mer, selon un communiqué du ministère sud-coréen des Affaires maritimes.
Ce niveau était l'objectif qui avait été fixé pour permettre de glisser sous sa coque le semi-submersible qui devra emporter le ferry jusqu'au port de Mokpo (sud-ouest), à 87 km de là.
Le navire de 6.825 tonnes avait coulé le 16 avril 2014 au large de l'île de Jindo (sud-ouest), l'une des pires catastrophes maritimes de l'histoire de la Corée du Sud qui avait fait 304 morts, pour l'essentiel des lycéens.
Il reposait depuis lors sur son flanc par 44 mètres de fond. Et c'est dans cette même position couchée qu'il a été lentement remonté jeudi au moyen de 66 câbles, pour laisser apparaître à l'air libre sa coque bleue et sa superstructure blanche rongées par la rouille et colonisées par les crustacés.
"C'est le dernier jour des mortes-eaux et il faut finir de charger le Sewol sur le submersible", a déclaré à la presse Lee Cheol-jo, le responsable du ministère supervisant cette manoeuvre complexe, l'une des plus importantes opérations de renflouement d'un bateau entier jamais réalisées.
Ce renflouement était une revendication essentielle des familles des victimes.
- 'J'ai pleuré' -
Neuf corps qui n'ont jamais été retrouvés pourraient toujours y être piégés, raison pour laquelle les familles exigeaient que l'épave soit remontée intacte, compliquant encore l'opération.
Les ingénieurs ont cependant du se résoudre à retirer une rampe arrière du bâtiment qui gênait la manoeuvre.
Plusieurs proches des victimes observaient les opérations à bord d'un bateau à proximité.
"J'avais vu des images du navire, mais je n'ai pas de mot pour dire ce que je ressens en le voyant émerger", a déclaré Jung Seong-Wook, qui a perdu son fils dans le naufrage. "J'ai pleuré, je ne pensais qu'à mon fils".
M. Jung fait partie de ces proches endeuillés qui veillent depuis trois ans dans un camp édifié sur une colline à Donggeochado, l'île la plus proche du lieu du naufrage, à 1,5 kilomètre.
D'autres membres des familles des victimes se sont rassemblés à Paengmok, un port à une heure du lieu du naufrage, suivant sur un petit ordinateur la manoeuvre de renflouement.
"Mon coeur s'arrête de battre à chaque fois qu'il est fait mention d'un possible obstacle", reconnaît Yoo Young-Hwa, qui a perdu sa fille sur le Sewol.
Environ 450 personnes participent à cette opération herculéenne de renflouement. Le ferry pèse désormais entre 8.000 et 8.500 tonnes, y compris la vase accumulée à l'intérieur.
Le naufrage avait rejailli sur la présidence de Park Geun-Hye, destituée depuis dans un retentissant scandale de corruption.
Elle avait passé les premières heures pourtant cruciales de cette tragédie recluse dans sa résidence. Elle ne s'est jamais expliquée sur ce qu'elle avait fait, alimentant les spéculations les plus folles, entre rendez-vous galant et opération de chirurgie esthétique.
Depuis, un site permanent de manifestation anti-Park a été érigé dans le centre de Séoul, l'effigie de l'ex-présidente y côtoyant celles des lycéens disparus.
Le drame, principalement causé par des erreurs humaines - un espace de chargement illégalement redessiné et en surcharge, un équipage inexpérimenté et des relations troubles entre l'opérateur et les autorités de régulation -, avait choqué le pays.
Le ferry avait mis trois heures à couler mais ceux qui étaient à bord n'ont jamais reçu d'ordre d'évacuation.
Le capitaine du ferry Lee Jun-Seok a été condamné à la prison à perpétuité pour "homicide par négligence" et 14 membres de l'équipage se sont vu infliger des peines de deux à 12 ans d'emprisonnement.
フランス語
フランス語の勉強?

12時から13時まで打ち合わせがあって,その後少し遅めのランチ.なんとなくホテルで食事したくなり,向かいました.でもホテルに行くと,ヴァイキングなのでした.すっかり忘れていたけれど,四国のいろいろな料理を食べられるということで決定!です.アイスのところに子どもたちが並んでいます.子どもにしてみたら四国の料理よりもアイス♪ですね.いろいろ料理があって結局食べ過ぎてしまいました.
仕事に戻り,大量のコピーをした後,ブツブツ問題に取り組みました.意外に面倒でイヤになりましたがとりあえず8回分頑張りました.

日本のネット右翼を取材するジャーナリスト、「安倍内閣自体がネット右翼的体質」
「ネット右翼が教育現場に浸透 
強要する愛国は愛国とは言えない 
安倍首相には理想的な幼稚園 
問題になるとすぐに尻尾切り」

 韓国でも翻訳出版された『街頭に出てきたネット右翼』(原著:『ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』)の著者で、日本の右翼に対する専門家であるフリージャーナリストの安田浩一氏(52)は、最近日本の政官界を揺さぶっている「森友学園スキャンダル」について「日本のネット右翼的な思考が教育現場に浸透したと見ることができる」と話した。彼は「安倍内閣自体がネット右翼的な体質を持つ」とも語った。「ネット右翼」とは、インターネットをベースに人種差別的で国粋主義的な活動をする人々をいう。
 21日、東京の新宿で会った安田氏は、森友学園問題の本質は単純な土地取引疑惑ではないと話した。森友学園は昨年6月、小学校を設立するとして政府から国有地を鑑定価格の14%に過ぎない安値で譲り受ける契約を結び、この取引に対する安倍首相と官僚らの関与の有無が争点に浮上している。
 しかし、彼は「森友学園問題は(不正腐敗の他にも)教育の側面がより大きな問題だ。 幼稚園生に「安倍首相ガンバレ」と叫ばせるような醜悪な教育は、第2次大戦以前にも無かった」と話した。彼は「(森友学園理事長である)籠池泰典氏の教育を、保守とか民族教育ということも間違いだ。(森友学園は)ネット右翼だ。それは愛国心でもない。 強要されてできた愛国心は愛国心ではない」と話した。
 安田氏は森友学園が運営した塚本幼稚園に子供を送った両親の中には、在日韓国人や中国系もいたことを指摘した。「その学校が良くて子供を送ったのではなかった。家から近かったり、家の前をスクールバスが通ったので送っただけだった」と話した。彼は「私が最も問題だと考えるのは『韓国人が嫌いです。中国人が嫌いです』と堂々と話し、それを当事者に伝達することだ。一部だがこれが「日本の空気(雰囲気)だと思う」として「森友学園は教育機関としてしてはならないことをした。人を傷つけて地域共同体を破壊した」と指摘した。
 安田氏はまた、安倍政権について「民主党政権でかえってネット右翼が気勢を上げた。安倍政権では安倍政権自らがネット右翼化したと考える。安倍内閣は排他的、攻撃的、愛国的など十分にネット右翼の要素を持っている。安倍政権以後、在特会(「在日特権を許さない市民の会」という嫌韓組織)はさらに大きくなることはなかった。政権自体がネット右翼なので、(既存のネット右翼だった)在特会は必要なくなった」と指摘した。
 安田氏は森友学園の教育方針がまさに安倍政権の指向するところと一致するとし、今回の事件をこのように整理した。
 「森友学園の理事長である籠池氏は、安倍首相がやりたい教育を先にやった。安倍政権は“愛国教育”、全国の幼稚園・保育園で日本国旗(日の丸)を掲げて君が代を歌わせる方針を出している。 (森友学園が運営した)塚本幼稚園はこれを先取りした。問題になるや安倍が“とかげの尻尾を切るように”切り捨てようとしているが、安倍がしたいのはこのような教育ではないのか。(安倍政権は)日本全体の幼稚園を塚本幼稚園のようにしたかったのだと思う」
東京/チョ・ギウォン記者


1073日間待ち望んだセウォル号引き揚げが先送りになってきた理由とは
「政府、セウォル号の口に出すことすら憚った」
 3年ぶりに水面上に姿を現したセウォル号を目の当たりにしながら、ほとんどの人が「どうして今になって(引き揚げられるのか)」という反応を示すと共に、引き揚げが遅れた理由について疑問を呈している。惨事初期、行方不明者の遺体捜索のため、家族らが引き揚げに反対したのは事実だ。しかし、行方不明者の遺体捜索を終了した後も、引き揚げを正式に決定するまで6カ月もかかった点や政府・与党の関係者が引き揚げに否定的な意見を数回表明したことなどから、「引き揚げを先送りしたのではないか」という疑惑の声が高まっている。
■初期には引き揚げよりも遺体捜索
 2014年10月27日、全羅南道珍島(チンド)に滞在していたセウォル号行方不明者の家族は船体の引き揚げを進めないことにした。無記名投票による決定だった。水中捜索を通じて行方不明者の遺体を発見できる可能性がまだ残っていると判断したからだ。実際この決定の翌日、295人目の犠牲者の遺体が発見された。しかし、それ以降、成果はなかった。冬が近づくにつれ、捜索は困難になり、結局家族たちは捜索の終了に合意した。2014年11月11日のことだった。
 捜索中止直後から犠牲者家族らは「早急な引き揚げ」を要求した。政府は、船体引き揚げを検討する「セウォル号の船体処理関連タスクフォース」を構成した。しかし、引き揚げの決定が発表されたのは、翌年の4月22日だった。その間、保守マスコミと政府与党からは「引き揚げは税金の無駄遣い」との声が高まった。
 決定が“遅れた”の公式理由は「技術的検討」のためだ。しかし、朴槿恵(パク・クネ)大統領と大統領府が、セウォル号惨事自体に触れようとしなかった雰囲気も一因であったとみられる。実際、正しい政党の劉承ミン(ユ・スンミン)議員は23日、党の連席会議で「2年前、私が院内代表に就任した直後、セウォル号問題を議題にした。政府与党と大統領府との会議で『セウォル号の船体は必ず引き揚げられなければならない』と主張した。しかし、当時、政府はセウォル号問題について口に出すことすら憚った」と話した。当時、大統領府で勤めていたある参謀は、ハンギョレとの電話インタビューで、「当時、セウォル号惨事の収拾だけでなく、『大統領府がコントロールタワーではない』とか、『7時間疑惑』など次から次へと続く批判にさらされて、6カ月間ほとんど仕事ができなかった。他の至急な国政課題も多かったため、大統領府や政府レベルでは(引き揚げずに)早く終わらせたがる雰囲気があった」と話した。政界と保守団体から遺族の要求を「補償金要求」として批判したり、引き揚げ作業の費用問題を提起する声が広がったのも(引き揚げの先送りを促す)要因となった。
■準備不足で右往左往
 2015年4月に正式に引き揚げを発表する際、政府は「会社の選定に1年〜1年6カ月はかかる」として、2016年6月から12月の間を引き揚げが可能な時期として挙げた。当初の予想より遅れたのは政府の不十分な事前調査と判断ミスによるものと指摘される。
 引き揚げ作業の核心は、引き揚げ用構造物である「リフティングビーム」の設置だった。引き揚げ業者に選定された上海サルベージは昨年3月から本格的に引き揚げ作業を始め、同年7月、船首にリフティングビームを差し込むことに成功した。しかし、船尾でリフティングビームの設置作業が遅れた。セウォル号の船尾下部を掘削した後、リフティングビームを設置する計画だったが、船尾周辺の堆積層がコンクリートのように固く、不規則で、作業が進まなかった。海水部は昨年10月末、従来の掘削方式の代わりに船尾を少し持ち上げた後、リフティングビームをはさむ「船尾揚げ」に工程を変更し、昨年末になってようやくリフティングビームの設置を終えた。
 残りの日程もこじれ始めた。当初はリフティングビームを設置した後、ワイヤーを繋いで海上クレーンで持ちあげる計画だった。しかし、引き揚げの時期が冬に持ち越されたことで、風が強い冬に危険な海上クレーンを使用できなくなった。海水部は海上クレーンを「ジャッキングバージ船」に、フローティング・ドックを「半潜水式船舶」にそれぞれ変更した。バージ船と半潜水式の船舶を用意するための時間がさらにかかった。
 特別調査委員会真相究明小委院長(常任委員)を務めたクォン・ヨンビン弁護士は「近く構成される船体調査委員会で、引き揚げの過程に問題はなかったか調査しなければならない」と話した。
キム・ジフン、キム・ソヨン、ソク、ジンファン記者


[インタビュー]「さびた船と一緒に希望もあがった」
イ・ソクテ前セウォル号特別調査委員会委員長
 「今日あがって来たのは赤くさびた船だけではありません」
 セウォル号の船体が水面の外に姿を現した23日、イ・ソクテ前4・16セウォル号惨事特別調査委員会(特調委)委員長が口を開いた。イ前委員長は、政府と与党、そして特調委内部の「Xマン」(与党推薦委員および派遣公務員)のあらゆる妨害に対抗して真相調査などの活動を繰り広げ、昨年9月30日に強制解散された特調委の1年9カ月の歴史の生き証人だ。彼は引き揚げられたセウォル号の船体を「未収拾の行方不明者の家族たちがようやく哀悼の過程を始めることができ、沈没の原因を科学的に究明することができ、悲劇が繰り返されないように代案をつくるようにする具体的対象」だと指摘した。
 しかし、目の前の課題は決して少なくない。沈没当時の状態をそのまま維持しながら完全に船体を引き揚げるのが最初の課題だ。何より未収拾の行方不明者を捜すためだ。イ前委員長は「それは『人間』の問題であるため最も重要だ。未収拾者家族たちが哀悼の過程を終えることができなければ、一歩も先に進むことができないだろう」と強調した。沈没の原因を調査するためにも船の状態が保存されなければならない。彼は「科学の力を信じなければならない。船体調査委員会が能力と倫理を備えた専門家たちで構成されれば、科学的に原因を見つけるのはそれほど難しいことではないはずだ」と見通した。
 調査過程は時間との闘いでもある。特調委の活動期間は真相究明には到底足りなかった。イ前委員長は特調委時代、船体調査計画を立てるだけでかなり長い時間がかかった記憶を振り返った。彼は28日、船体の調査委員会の委員が選定されれば、直ちに準備団を立ち上げることを注文した。準備団には公務員も派遣され、船体の調査特別法施行令と予算案の作成作業を同時に進めなければならないと強調した。イ前委員長は「すでに事故調査と船体の調査計画の経験を持った特調委調査官出身たちも一部参加すれば、直ちに調査に投入できるだろう」と説明した。
 しかし、急ぐのは絶対禁物だ。未収拾者と犠牲者の遺品、事故原因を究明する手がかりが船の中にたくさんある。イ前委員長は「そのうえ、中には把握されていない行方不明者がさらにいる可能性も排除してはならない」とし、「ピンセットで物をつまむように一つ一つ緻密で慎重に接近しなければならない」と強調した。遺族の同意を求めるのにかかる時間も惜しんではならない。彼は「家族を早く探したい心情を受けとめて絶えず対話し、すべての情報を完全に公開して、彼らが少しの心残りもないようにしなければならない」とし、「このため、新政府のリーダーシップが何よりも重要だ」と話した。
 問題は、調査期間が「基本6カ月+4カ月延長」に限定されていることだ。イ前委員長は「調査期間を十分に保障しなければならない」とし、「船体の調査委員会の活動が終われば、2期特調委を構成して活動を続けてほしい」と表明した。彼は「真相調査活動の究極的目標はこの惨事で教訓を得て、より安全な社会を作り、同じような事態に対応できる具体的な代案を設けること」だとし、「その時こそようやくセウォル号の惨事の全体に対する報告書を書き、韓国社会に提出できるだろう」と話した。(特調委は強制解散直前に「活動白書」の代わりに「中間点検報告書」を出版した)
 「このすべてが完遂されて個人が受けた不幸が個人的な不幸ではなく、社会や国が抱えて解決してくれるということを経験すれば、韓国社会は信頼も回復され、大きく前進できるはずです。そうなるでしょう。朴槿恵(パク・クネ)政権がそうでなかったために、遺族たちに対するイルベ(極右性向のネットコミュニティ)の侮蔑言動もあったのではないですか」。イ前委員長は「船体があがるとセウォル号の記事に書かれていた悪質なコメントも消えていた」とし、「さびた船があがり、希望も一緒にあがったということ」だと話した。
アン・ヨンチュン記者


“違法なおとり捜査”で無罪判決
伊佐市のスーパーの駐車場で、車の中にあった酒を盗んだとして、51歳の男性が窃盗の罪に問われた裁判で、鹿児島地方裁判所加治木支部は「車や酒は警察官のもので、警察には男性に車上狙いをさせる目的があったと認められ、捜査は違法だ」として、男性に無罪を言い渡しました。
この裁判は、去年9月、伊佐市のスーパーの駐車場にとまっていた、鍵のかかっていない軽トラックから、発泡酒1箱、2500円相当を盗んだとして、51歳の男性が窃盗の罪に問われたものです。
男性が盗んだ発泡酒や軽トラックの持ち主が、窃盗事件の捜査を担当する警察官だったことから、裁判では、警察が男性に車上狙いをするよう働きかけ、実行したところを逮捕する、違法な「おとり捜査だったかが争点となり、検察側は男性に懲役1年6か月を求刑していました。
24日の判決で、鹿児島地方裁判所加治木支部の小畑和彦裁判官は「警察官は、男性を車上狙いで検挙する目的で、軽トラックの助手席に発泡酒を置いた状態で、駐車していたと認められる」と指摘しました。
そのうえで、「捜査として許される範囲を逸脱しており、国家が犯罪を誘発し、捜査の公正を害するものとして違法だ」として、違法な「おとり捜査」と認め、男性に無罪を言い渡しました。
男性の弁護を担当した茂木佑介弁護士は「主張がおおむね認められ、判決には満足しています。捜査機関に対する問題意識が高まっている今、捜査手法に対する警鐘を鳴らせたことは、今後につながると思います」と話していました。
鹿児島県警察本部は「無罪判決が出たことは承知しているが、裁判が確定したわけではないので、コメントは差し控える」としています。
鹿児島地方検察庁は、無罪判決を受けて、「判決の内容を精査し、上級庁と協議のうえ、控訴するかどうか判断したい」としています。


宮古島、石垣島が米中戦争の捨て石にされる!『標的の島 風かたか』監督が語る南西諸島自衛隊配備の本質
「あまりにも悔しい。いまの状況が、悔しい」
 3月25日より東京で公開されるドキュメンタリー映画『標的の島 風(かじ)かたか』先行特別上映の舞台挨拶に立った三上智恵監督は、目に涙を溜めながら、切実な声でそう語った。
 無理もない。琉球朝日放送のアナウンサーでありディレクターとして真っ先に高江のヘリパッド建設工事の問題を追い、映画監督として辺野古を守ろうとする市民たちと権力側の蛮行をフィルムに焼き付け、沖縄の現実を伝えてきた三上氏だが、ここ最近の沖縄をめぐる状況は、誰の目にも異常だ。
 昨年7月の参院選でのオール沖縄の勝利の翌日から露骨にはじめられた高江でのヘリパッド建設工事、辺野古の埋め立て承認取り消し処分を求めた訴訟での最高裁による不当判決、そして山城博治さんの約5カ月もの非道な拘留。4月にはひとりの女性の命がまたも米軍属の男によって奪われ、12月にはオスプレイが300メートルほど先には住宅があるという場所で「墜落」した。
 その一方で、高江に駆り出された大阪府警の警察官による「土人」発言に加え、よりにもよって松井一郎大阪府知事はその警官を「ご苦労様」とねぎらい差別を肯定してみせ、『ニュース女子』のデマ報道まで飛び出すようになった。
 しかし、三上監督は最新作『標的の島 風かたか』で、さらに切迫した問題を沖縄から日本全国へ提起する。
 それは現在、安倍政権が進めている石垣島、宮古島、奄美大島、与那国島への大規模な自衛隊とミサイル基地の配備についてだ。政府は南西諸島の防衛強化を謳うが、その実態は、アメリカが中国の軍事的脅威に対抗すべく打ち出した「統合エアシーバトル構想」にある。
 この「エアシーバトル構想」でアメリカは、日本列島を含む第一列島線によって中国を堰き止める計画だ。そのために日本は南西諸島に自衛隊とミサイル配備を推し進めている。つまり、アメリカと中国の争いに自衛隊と南西諸島が差し出され、新たな戦争の「防波堤」にされようとしている、というのだ。
 非常に重要なテーマを突きつける『標的の島』だが、果たして三上監督は本作にどんな思いを込めたのか。さらに、沖縄をめぐる言論や報道をどのように見ているのか。三上監督のインタビューを前編・後編の2回にわたってお届けしたい。
──三上監督の第一作目『標的の村』では高江にスポットを当て、まったく報道がなされていなかった高江の問題を全国へ伝えましたが、『標的の島』も「エアシーバトル構想」という、まったく報道されていない問題が取り上げられています。そもそも、石垣島や宮古島などで自衛隊やミサイル配備が進められているというニュース自体が、大きく報道されていない状態です。
 たとえば宮古島で予定されている800人規模の自衛隊基地には、地対艦ミサイル基地に弾薬庫と射爆場、着上陸訓練所、さらには司令部まで設置される計画です。地対艦ミサイルというのは近づいてくる軍艦を撃つためのミサイル。これは宮古島だけではなく、奄美大島、沖縄本島、石垣島にも配備すると発表されています。つまり、南西諸島を要塞化しようというわけです。
──しかも、この「南西諸島の要塞化」を、政府は「南西諸島を中国の脅威から守るため」「尖閣防衛」などと言いますが、映画ではその本質がアメリカの極東戦略にあり、沖縄を戦場にした新たな戦争のための準備だと指摘しています。はっきり言って、とても衝撃を受けました。
 もともとこの話は2012年くらいに(現参議院議員の)伊波洋一さんの講演を聞いて、私もはじめて知りました。「そんなことになってるの!?」とビックリしたんですけど、さまざまな資料や論文などを調べて読んでみると、とても具体的な計画でした。ただ、宮古島に自衛隊を置いてそこで戦争が行われると言っても、その前の段階できっと沖縄県民が反対するに決まっている、と思ったんですよ。沖縄戦の体験があるのに、まさか宮古島に陸上自衛隊やミサイルとか置くなんて話が浮上したら、辺野古移設どころじゃなく沖縄中が反対するだろう、と私は思っていたんです。
 それで(監督2作目の)『戦場ぬ止み』をつくっていたら、その編集中に宮古島に自衛隊基地をつくるという話を聞いて、今度は宮古島と石垣島にそれぞれ600〜800人の部隊を置くというニュースが出て。これは大変なことになる、辺野古や高江の前にこっちが先に戦争の導火線になるぞと、今回の映画製作に入ったんです。
──映画のなかで「エアシーバトル構想」は、アメリカが日本列島を含む第一列島線を防波堤にすることで中国を封じ込めようとする戦略だと説明されています。中国を通さないために南西諸島の島々にミサイル部隊を配置し、いざというときはそこで戦争をする。米中の直接対決となると核戦争のリスクが高まるため、それを避けるために南西諸島で「海洋制限戦争」を行おう、と。まさに南西諸島が「標的の島」になるわけですね。
 しかも、中国のミサイルが宮古島や石垣島の自衛隊基地に飛んできたとしても、米軍は半日で撤退するということが日米政府間で2005・06年の米軍再編合意によって決められています。中国に攻撃されても、米軍が沖縄に残って日本のために米軍が戦うことはないんです。そんな肝心なときに米軍が戦ってくれないのなら、何のために日本にいるの?と思うかもしれませんが、それが現実なんですよね。ようするに、これは「自衛隊が米軍に代わって戦争をする」という話なんです。
 実際、すでに米軍が自衛隊を指導するかたちで離島の奪還作戦といった共同訓練が行われています。また、昨年11月30日に在日米海兵隊が、日米合同で指揮所演習の戦闘予行を行ったとTwitterに写真つきで投稿したのですが、その写真は、先島の大きな地図が広げられている上に米軍の指揮官が立って、戦争を想定して図上演習をしている。米軍にしてみればただの離島の地図なのでしょうが、そこは人びとが住んでいる島なんですよ。
 しかも、南西諸島で制限戦争が起こるとなれば、それは偶発的にはじまるでしょう。その上、中国は攻撃を行ってくる地対艦ミサイルがある島を狙う。島が戦場になるということです。偶発的に突然はじまる戦闘に対し、陸つづきでもない島の住民は果たして避難などできるのでしょうか。
──沖縄が再び戦場の島になる可能性がある、と。映画のなかでも、石垣島で自衛隊配備に反対する戦争体験者の女性が「南西諸島防衛とか防衛大綱とか言うけれど、それはとりもなおさず本土防衛のために南西諸島を捨石にするという目論見は見え見えです。また捨石にされるのか」と話していましたね。
 72年前のことを沖縄は忘れちゃったの?と私も思います。1944年に沖縄は、日本の軍隊がやってきたとき「連戦連勝の日本軍だ」「これで安心だ」と歓喜して迎え入れました。もうすでに負け戦だったにもかかわらず、です。そうして沖縄は戦場のど真ん中に置かれてしまった。しかも日本軍が住民を守るために最後まで戦ったなんて話は、まったくないわけですよ。そんな経験をしていながら「中国が来たら自衛隊が守ってくれる」なんて、私には70年前の二の舞としか思えない。「自分の島のおじい、おばあから、ちゃんと話を聞きなさいよ」と思う。
 とくに石垣島の場合は地上戦がなく、空襲で178人が亡くなっているのですが、一方で、日本軍の命令によって住民たちがマラリアが蔓延する山奥に押し込められ、しかも日本軍は特効薬を大量に持っていたにもかかわらず住民に使うことはなく、結果3647人も亡くなっています。これは米軍が上陸してきたときに住民が捕虜となり、情報が筒抜けになることを避けるため、ゆるやかな集団自決を住民に強制した、ということでしょう。じつは沖縄でも、この一件は「たまたま疎開した先にマラリア蚊がいて、マラリアが蔓延してしまった」というくらいにしか捉えていない人が多い。映画のなかで山奥に押し込められた体験を証言してくださった方が出てきますが、この映画での新証言なんです。この部分は、どうしても映画のなかに残しておきたかった。軍隊がいたから、石垣島ではマラリア地獄が起きた。軍隊の論理で死ななきゃいけない人が出てきてしまった、ということですから。
──しかし、今年1月に行われた宮古島市長選挙では自衛隊配備に賛成する現職市長が再選するなど、市民のあいだに危機感が広がっていない印象を受けます。
 沖縄のなかでも自衛隊配備についての危機感は低調で、反対運動をしている人たちでさえピンときていない。多くの人が「メリットとデメリット、いろいろあるよね」といったような、まったく次元の違う話をしている。「自衛隊が来れば土地の値段が上がるんじゃないか」とか「学校に子どもが増えるんじゃないか」とか。
──そんななか、映画を観てひとつの希望だと感じたのは、地元の若いお母さんたちの活動です。子どもの未来と生まれ育った場所を守りたいという気持ちから、ミサイル部隊の配備に危機感を抱き、自ら動き出す。そしてSNSを通じて活動が広がっていく……。
 若い彼女たちが何をやっているかといえば、市に要請を出したり、シール投票をしたり、映画のなかで見てしまうと一個一個が地味ではあるんですよ。でも、私自身が彼女たちにとても元気をもらったんです。SEALDsによって、いままで政治にかかわってこなかった人たちが声を上げていくという流れができて、それを引き継ぐようなかたちで、あちこちでママさんグループも少しずつ活発になっていった。そういうところに光が当たればいいなと思うし、彼女たちの活動を見て、「こういうかたちで、あんな小さな子どもを抱きながらもできるんだ」って全国の人に感じてほしいと思うんです。
──しかも、グループの共同代表として登場する石嶺香織さんは、1月の宮古島市議会選に出馬して、当選を果たしましたね。
 本音を言うと、宮古島市議会26人のうち22人が自衛隊とミサイル配備に賛成しているという状況で、香織ちゃんひとりが議会に行って何ができるの?と思ったりもしたんです。でも、そこで果敢にぶち当たっていく香織ちゃんというのがまた魅力的なんですけどね。ついこのあいだまで政治のこと何もわかりませんでしたという人が、壁にぶつかって、血を流すこともあるけど、それでも笑って前を向く。そういう姿だからこそ、見ている人に伝わる、横につながっていくんじゃないかと思ったんですよね。


「軍事研究しない」 筑波大、ルール作りに着手
日本学術会議が「軍事研究をしない」との新声明案を作成したことを受け、筑波大は23日、同研究についてのルール作りに着手したことを明らかにした。同日の定例会見で永田恭介学長が答えた。
永田学長は、ルールの素案は「研究費が軍事に関わる内容になっていないと確認すること」とし、具体的には、研究者本人や部局長、本部によって、研究が健全な科学の進歩に資するものであるかというチェックを行うとしている。成案となる時期については「来年度早々に概要はできてくる。ただ学内での議論を経ないといけないので、もう少し時間がかかる」とした。
筑波大学新聞が一昨年、軍事研究の是非を学生にアンケートした際、賛成が反対を上回ったことについては「われわれと同じ基準で考えるように持っていきたい」と、学生と議論していく姿勢を示した。


学術会議「軍事向け研究せず」 声明を決定
 科学者の代表機関である日本学術会議(会長、大西隆・豊橋技術科学大学学長)は24日、幹事会を開き、軍事目的のための科学研究をしないことを掲げた従来方針を継承する新声明を決定した。研究の方向性や秘密保持を巡って、政府による研究活動への介入が強まる懸念があることなどを盛り込んだ。
 新声明は、7日にまとめた声明案の文言を一部修正した。軍事転用される可能性のある研究で、大学などが技術や倫理の観点から審査する制度の創設を求めた。声明に法的拘束力はなく、判断は各大学に委ねられる。
 同会議は過去に科学者が戦争協力した反省から、1950年と67年に戦争と軍事を目的とする研究を拒否する声明を決議している。防衛省が防衛装備品の開発につながる先端研究に助成する制度を作ったのを契機に、専門委員会を設けて昨年6月から議論していた。

久しぶりになのざ/籠池証言に衝撃/安倍は辞めろ!!!

ブログネタ
フランス語 に参加中!
Fig42

Japon: scandale sur des achats de terrains
Le directeur d'un établissement scolaire japonais au coeur d'un scandale politique a déclaré sous serment jeudi devant une commission parlementaire avoir reçu un don d'un million de yens (8.300 euros) de l'épouse du Premier ministre Shinzo Abe au nom de son mari.
Dans cette affaire qui fait scandale, et qui a même pesé sur la Bourse jeudi, l'association éducative Moritomo Gakuen, dont le siège est à Osaka, a acquis des terrains publics très bon marché pour y construire une école élémentaire.
Le Premier ministre a déclaré que ni lui ni son épouse Akie, n'étaient intervenus.
Shinzo Abe a aussi nié que son épouse ait donné un million de yens en son nom à Yasunori Kagoike, le chef démissionnaire de Moritomo Gakuen.
Akie Abe devait être la principale honoraire de l'établissement, qui devait ouvrir en avril avec un programme fondé sur le patriotisme d'avant-guerre qui enseignait aux élèves à être des sujets et non des citoyens. Akie Abe a rompu avec le projet une fois de scandale révélé.
Le groupe Moritomo Gakuen gère aussi une école maternelle avec un programme similaire.
Yasunori Kagoike, qui témoignait jeudi sous serment devant la commission budgétaire du Sénat, dit avoir reçu l'argent de l'épouse du chef du gouvernement en 2015, à un moment où ils se trouvaient seuls.
"Elle a dit : 's'il vous plaît, c'est de Shinzo Abe' et elle m'a donné une enveloppe avec un million de yens à l'intérieur", déclaré Yasunori Kagoike.
"L'épouse de Shinzo Abe dit apparemment qu'elle ne se souvient pas tout de cela, mais, puisque que c'était une question d'honneur, je m'en souviens comme si c'était hier."
Le témoignage a été diffusé en direct par quatre des six groupes de télévisions japonais.
フランス語
フランス語の勉強?
ちくわ‏ @akame712
午前7時30分 浴田由紀子 東京拘置所より出所しました。
はるみ‏ @harumi19762015
どう籠池さんを怪しい人だと証明しても、その籠池さんに共鳴して名誉校長にまでなっていた安倍昭恵さんと、その昭恵さんに役所から付き人がついてた事実がどんどん重くなっていくだけなんですが。
野間易通‏ @kdxn
誰もが思ったと思うけど、口下手な素人のおっさんでも普通に受け答えするだけで質問→答弁はきちんと成立してるよね。ふだんの国会質疑でのやりとり、とくに与党側答弁がいかに異常か、改めて浮き彫りになった。
ぐら‏ @GlamGOBErt
籠池氏はもう失うもの何もないんだよね…それでもどこか安倍夫妻の裏切りがまだ信じられないような感じが漂っているのがそこはかとなく憐れ…
シュナムル‏ @chounamoul
籠池が寄付金集めのために安倍晋三の名前を騙った、という話に持って行こうと躍起な西田議員に対して籠池「寄付金集めのためであれば安倍晋三記念小学校という名前は使いません。逆効果なので」
まあそうだわな

胡蝶蘭‏ @3SC5vunUPhy5En
キャスト
大谷さん
自民党としては総理を守ろうと思って証人喚問というハードルを上げて呼んでみたら、守るどころかボロが山ほど出た
自民、公明の議員を援護射撃に呼んだが、全部野党の質問が筋が通った
安倍夫人を呼ばないと大変な事に…
総理は啖呵を切ったが、言葉通りだと辞めないといけない

T.HIRANO‏ @TOHRU_HIRANO
籠池氏の外国特派員クラブでの記者会見で。
イタリアのメディアの記者の質問で、すごいのがあった。「日本は人類史上最悪の福島原発事故が起こってても、だれも(東電の幹部とか)責任をとらず、逮捕もされていない事を、籠池さんは、どう思いますか?」という質問。←海外の人は、そう思ってるよね


HDDを取りになのざ.久しぶり.しばらく会わなかった人たちとお話しするのは何とも心地よいものです.
籠池さんが国会で証人喚問で証言しています.ウソつくと罰せられるのに,衝撃的な内容がどんどん出てきます.
アベは辞めるべきだと思います.


<マンション被災判定訴訟>入居者の請求棄却
 東日本大震災後、仙台市が太白区茂庭台のマンションの被害を一部損壊に引き下げたため、大規模半壊を前提とした保育料の減免措置を取り消されたとして、入居者の男性会社員(43)が市の処分の取り消しを求めた訴訟の判決で、仙台地裁は22日、入居者の請求を棄却した。
 高取真理子裁判長は「国の指針に従い、1次調査の判定に疑いが生じた場合、被災者の申請がなくても職権で再調査できる」と判断。2、3度目の調査は誤認などがあった1次調査を再度実施したにすぎず、手続きに違反はないとした市側の主張を支持した。
 その上で「保育料の減免措置要件を満たさなくなれば処分取り消しが必要となる。放置すれば不公平が生じ、公共の福祉に反する」と結論付けた。
 判決によると、市は2011年5月、1次調査でマンションを一部損壊と判定。住民の申請に基づく同8月の再調査で大規模半壊とした。市は半年後の3度目の調査で一部損壊に引き下げ、大規模半壊を前提に半額に減免した保育料を12年8月、満額に戻す処分をした。
 入居者側は「正義に反する判決だ。何の落ち度もないのに一度受けた利益を奪われれば、被災者は支援金などを安心して使えなくなる」と批判した。
 奥山恵美子市長は「市の主張が認められた妥当な判決」との談話を出した。


<東北労働金庫>被災地支援続けたい
 東北労働金庫(仙台市)のトップに昨年6月に就任した。2003年10月に東北の6労働金庫が合併し発足して以来、6人目のかじ取り役。「働く人のための金融機関として労働者の生活を支えていきたい」と力を込める。(聞き手は報道部・田柳暁)
◎トップに聞く 影山道幸理事長
 −労働者を取り巻く環境をどう見るか。
 「政府は有効求人倍率の高さや雇用者所得の伸びを理由に環境が改善していると説明するが、労働者の4割は非正規雇用だ。税や社会保険料を引いた手取り収入を指す可処分所得は、16年は4年ぶりにわずかなプラスになったが、しばらくマイナス続きだった。厳しい状況だと言わざるを得ない」
 −力を入れている商品と分野は。
 「住宅ローンは、東日本大震災以降、住宅需要の高まりで伸びている。特に、新たに申し込むと利用中の教育資金や自動車ローンと一本化できる商品が順調だ。月々の返済額を抑えられるメリットがある。高齢化が進み、相続問題も大きな課題だ。遺産整理や遺言信託の相談は多く、業務提携した信託会社の弁護士ら専門家の助言をもらいながら対応している」
 「昨年10月に奨学金返済の借り換え専用ローンの取り扱いを始めた。働き始めても返済に追われ貯蓄ができない若者は多い。月々の負担が減れば将来を描きやすくなるのではないか」
 −被災地支援の具体策は。
 「生活資金や住宅関連資金に利用できる3種の災害特別ローンは15年度末までに約7600件、約500億円を融資した。一定額以上の定期預金や各種ローンの新規申し込みに被災企業の商品をプレゼントするキャンペーンは好評だ。被災地で活動するボランティア団体への助成も続けたい」
 −新年度は第5期中期経営計画(15〜17年度)の最終年度となる。
 「計画で『業務利益43億円』『預金と貸出金の合計3兆円超』などを掲げた。16年末時点で預金と貸出金の合計は3兆円を超える見込みで、既に達成した項目もある。目標完遂に向けてもう一踏ん張りしたい」
 「経費削減対策として田島支店(福島県南会津町)と小国支店(山形県小国町)の運営を関連子会社に委託する。地域に拠点を残しつつ、経営の効率化を図っていく」


<センバツ>仙台育英 逆転許し初戦敗退
 第4日は23日、第1試合に仙台育英が登場し福井工大福井に4−6で競り負けた。
 仙台育英は一回、1死一、三塁から佐川、杉山の連続適時打で2点を先取。四回に追い付かれた後の六回も山田の中犠飛と杉山の左前適時打で再び2点を勝ち越した。
 しかし、主戦の左腕長谷川が終盤に制球を乱した。4−2の八回に2四死球などで2死満塁のピンチを招き、左前2点打で同点とされた。
 九回は1死三塁から暴投で決勝点を許し、さらに1点を加えられた。
福井工大福井(福井)000200022=6
仙台育英(宮城)  200002000=4
(工)摺石−島谷
(仙)長谷川−渡部
(本)山岸(工)
<うなだれる長谷川>
 仙台育英は好左腕長谷川が終盤に乱れた。八回2死満塁で同点の2点適時打を浴びると、九回は単打で出した走者に二盗され、けん制悪送球と暴投で勝ち越しを許した。「自分の力不足。捕手や野手とのコミュニケーションが足りなかった」とうなだれた。
 昨秋の公式戦ではエースとして防御率0.89と抜群の成績を残した。夏に向けて「守備の力が必要。ピンチで粘れるようにしたい」と気持ちを切り替えた。
<勝つべき試合/仙台育英・佐々木順一朗監督の話>
 理想的な展開だった。心配していた投手も満点の入り方だったが…。ものにしなければいけないゲームだった。


<原発避難>埼玉の「最後の避難所」当面保存
 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故に伴い、福島県双葉町民の多くが身を寄せ、町役場機能も移した埼玉県加須(かぞ)市の旧県立騎西(きさい)高校舎について、埼玉県は22日、取り壊さずに当面保存することを決めた。廃校だった校舎は原発事故で古里を追われた人たちを3年近く受け入れた全国で最後の避難所。県は校庭をサッカー場に整備する一方、避難者が今も心のよりどころにする校舎の利活用を検討する。
●校庭はサッカー場
 埼玉県議会予算特別委員会が22日、校庭整備や体育館改修設計費など同校跡地利用に関する費用約1億円を含む2017年度一般会計当初予算案を可決した。県教委によると、県が校庭の植栽を伐採。埼玉県サッカー協会が人工芝を敷き、サッカー場を運営する。
 校舎については県サッカー協会が「取り壊す予定はない」と説明。県教委財務課は「震災遺構とするかどうかも含めて今後、利活用を検討したい」と話し、耐震診断の結果を踏まえて現状のまま維持管理する。
 校舎の避難所には11年3月、原発事故で福島県川俣町などに避難していた双葉町民1000人以上が再避難した。その直後に町役場も置かれ、校舎と体育館、食堂兼合宿所に最大1423人が暮らした。
●町人口の13%残る
 町役場は13年6月、いわき市に再移転。同年12月に全員が退去するまで開設された最後の避難所は14年3月、埼玉県に返還された。
 避難所を巡っては、加須市が14年1月、跡地をスポーツ施設にするよう埼玉県に要望した。県、市、県サッカー協会が跡地利用を協議し、校庭をサッカー場にする方針を決めたが、校舎の取り扱いは未定だった。
 双葉町によると、避難所の閉鎖後も埼玉県内に残る町民は町人口の約13.6%に当たる838人(1日現在)。多くが加須市に居住する。避難所で亡くなった住民もいて、毎年3月11日には多くの避難者や遺族が同校に集まり、祈りをささげる場にもなっている。
 双葉町の避難住民には風化防止や町民のつながり維持のため震災遺構として残してほしいとの思いが以前からあった。ただ、「お金もかかり、埼玉の皆さんに負担を掛けられない」と声を上げられずにいた。
 加須市に住む町民の70代無職男性は「原発事故の長距離避難の記憶を伝える大切な場所。当面残ることに安心している」と話した。


<福島第1>ロボ調査 溶融燃料撮影できず
 東京電力は22日、自走式ロボットを使った福島第1原発1号機の原子炉格納容器の内部調査を終えた。一部の結果を公表した21日の調査では、溶融燃料(燃料デブリ)が広がっている可能性が高い測定地点でも、溶融燃料を映像で捉えられなかった。22日の調査結果は23日に示す。
 21日の調査では、圧力容器を支える台座の開口部付近の3カ所と、格納容器の壁際の1カ所で、線量計付きカメラを滞留水(水深2.5メートル)に投下した。
 カメラの映像で、床面から高さ60センチ付近で堆積物を確認した。堆積物の下の状況は確認できず、東電の岡村祐一原子力・立地本部長代理は「堆積物が降り積もっているのか、何らかの構造物があるのか、現時点では判断できない」と説明した。
 線量はロボットが走行した作業用足場で最大毎時10シーベルト、滞留水内で最大7.4シーベルトだった。20日までのデータと大きな違いはなかった。床面から1メートル付近で急激に上昇する傾向があり、高い放射線を発する何らかの物質が底部にあると推定される。
 調査は18日に開始。東電は測定した線量や映像を分析し、溶融燃料の分布状況の把握に役立てる。


前橋原発訴訟判決◆「事故は防げた」指摘は重い◆
 東京電力福島第1原発事故で福島県から群馬県などに避難した住民らが国と東電に損害賠償を請求した訴訟の判決で、前橋地裁は津波対策で両者に責任があったとして計3855万円の賠償を命じた。原発事故を巡る裁判で、国や東電の責任が初めて認められた。
 全国各地で起こされた同様の集団訴訟の中で最初の判決だった。現時点で一連の訴訟の先行きを見通すのは難しいが、国と東電は「事故を防ぐことは可能であった」とした前橋地裁判決による厳しい指摘を重く受け止めるべきだ。
国と東電の責任認定
 前橋訴訟の原告は45世帯137人。東電が巨大津波を予見できたにもかかわらず安全対策を怠り、国も東電に必要な対策を取らせなかったため重大事故が起きたと主張。さらに国の原子力損害賠償紛争審査会の指針に基づき支払われている慰謝料も、不十分で被害実態に合っていないと訴えていた。
 同様の訴訟は少なくとも20地裁・支部で約30件を数え、原告総数は約1万2千人。避難に伴う精神的苦痛や、ふるさとを失ったことに対する慰謝料、事故前のレベルに放射線量を戻す原状回復など、請求内容はさまざまだ。
 前橋訴訟は、国と東電の責任の有無や賠償水準の妥当性が焦点となった。原告側は、政府の地震調査研究推進本部が2002年の長期評価で「福島沖でマグニチュード8級の津波地震が30年以内に20%程度の確率で発生する」と予測し、これに基づき東電は08年に想定津波を最大15・7メートルと試算したのに、対策を怠ったと主張した。
 また国は東電に対策を講じさせるべきだったと指摘。これに対して東電・国側は「長期評価は確立した知見ではなかった」「仮に対策を講じていても事故は回避できなかった」とした上で「予見できなかった」などと反論していた。
経済優先の姿勢批判
 地裁判決は、ほぼ原告側の主張に沿った判断を示した。まず長期評価について「地震学者の見解を最大公約数的にまとめたものであり、原発の津波対策を実施するに当たり、考慮しなければならない合理的なもの」と指摘。
 東電は08年の試算までに津波の到来を実際に予見していたとした上で、配電盤などを高台に設置するといった対策を講じていれば、事故は発生しなかったと述べた。
 一方、国の責任に関しては「規制権限を行使して原子力災害の発生を未然に防止することが強く期待されていた」とし、「規制権限を行使すれば、本件事故を防ぐことは可能であった」とした。
 また判決で注目されたのは、紛争審査会の指針に沿って避難者に支払われる慰謝料について、東電が安全よりも経済的合理性を優先させたと批判し「特に非難に値し、慰謝料増額の要素とすべきだ」としたことだ。
 避難者たちの苦しみに寄り添う姿勢をうかがうことができる判決だった。


【凍土遮水壁1年】長期的な視点を
 東京電力福島第一原発の廃炉作業で汚染水対策の「切り札」とされる凍土遮水壁は、今月末で運用開始から1年となる。凍結は1カ所を除き、1〜4号機の周辺を一周した。
 東電は汚染水対策の基本方針に(1)汚染源を取り除く(2)汚染源に水を近づけない(3)汚染水を漏らさない−の3つを掲げる。「取り除く」では、トレンチと呼ばれる配管などが入った地下トンネルの汚染水除去を終えた。「漏らさない」では、汚染水が漏れる危険性のあるボルト締め式のタンクを溶接型に切り替えている。海側に設けた別の遮水壁は原発の港湾内や海に汚染水を漏らさない役割を担う。
 最も厄介なのは汚染源に水を「近づけない」対策だ。原発の山側から海側に流れる地下水が建屋内に流入し、汚染水が増加すれば溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)の取り出しに向けた準備、作業に影響を及ぼす。凍土遮水壁は山側からの地下水流入を防ぐ対策の柱として巨額の国費が投じられている。1メートル間隔で深さ約30メートルの凍結管を打ち込み、地盤を凍らせて地下水を遮る一周約1.5キロの「氷の壁」を作る設備は昨年2月に完成した。
 凍結が完了している段階ではないが、約400トンから約70トンまで減らせると見込んでいた一日当たりの地下水のくみ上げ量は平均約100トン程度となっている。十分な成果とは言い難い。一度に凍結させると、地下水位が変動し、建屋の汚染水が漏れだす恐れがある。今後の推移を見極めながら、残る1カ所の凍結開始時期を決めるという。
 原子力規制委員会の委員の中には、建屋周囲の井戸「サブドレン」からのくみ上げを主力とし、凍土遮水壁はあくまで補助的な役割にすべきとの主張がある。地下水の水位に合わせて柔軟にくみ上げ量を調整できる「サブドレン」の方が不測の事態への対応力があるとみる向きもある。
 何よりも重要なのは、決して汚染水を外部に漏らさないことだ。一度、トラブルが起きれば風評は世界に広がる。避難区域が解除された町村の住民帰還にも影響を及ぼす。重層的な対策をより強化して、汚染水をコントロールしなければならない。
 凍土遮水壁はトンネル工事などに活用されてきた技術だが、長期的に運用した実績は乏しいと聞く。汚染水対策は3〜40年とされる廃炉の作業とともに継続しなければならない長期戦が予想される。凍土遮水壁の設備やシステムそのものに対するきめ細かいチェックにも万全を期してもらいたい。(安斎康史)


<ネイチャー>日本の科学研究は「失速」
 英科学誌ネイチャーは23日、日本の著者による論文数が過去5年間で8%減少し、日本の科学研究は失速していると発表した。日本政府が研究開発への支出を手控えた状況が反映されたという。
 同誌は「日本は長年にわたって世界の第一線で活躍してきた。だが01年以降、科学への投資が停滞しており、高品質の研究を生み出す能力に悪影響が現れている」と指摘している。
 自然科学系の学術誌68誌に掲載された論文の著者を、データベースを使って調べた。
 その結果、12年から16年の5年間で、中国の論文数が48%、英国が17%伸びた一方、日本は8%減少したことが判明した。米国も6%減った。


防衛研究助成 北大に質問状 道内大学教員ら /北海道
 道内の大学教員らでつくる「北海道の大学・高専関係者有志アピールの会」(唐渡興宣・北海道大名誉教授ら共同代表)は22日、北海道大の山口佳三総長に対し、防衛省の研究助成を受け入れた経緯を明らかにするよう公開質問状を出した。
 北大は今年度、工学研究院の船の摩擦抵抗を減少させる研究が防衛省の「安全保障技術研究推進制度」に採用された。
 共同代表の一人、姉崎洋一・北大名誉教授(教育学)は「総長に昨年から2回面談を申し入れたが、理由なく断られた。大学が軍事研究に一歩立ち入る重大な政策転換であり、直ちにやめさせたい」と話した。【昆野淳】


連続企業爆破の浴田さん 懲役20年刑期終える
 1974〜75年に東京都内で発生した連続企業爆破事件で、殺人未遂や爆発物取締罰則違反などの罪で服役していた元東アジア反日武装戦線「大地の牙」メンバーの浴田由紀子さん(66)が23日、刑期を満了して東京拘置所から釈放された。
 浴田さんは午前7時半ごろ、迎えに来た支援者の車に乗り込んで東京拘置所を後にした。
 浴田さんは、2004年に懲役20年の判決が確定した。栃木刑務所で服役していたが、この日の釈放のため東京拘置所へ移っていた。
 浴田さんの一審公判は75年に始まったが、77年の「ダッカ事件」で奪還の対象となり、政府による超法規的措置で釈放された。


筆洗
 一九四五年八月六日の夕刻、二十八歳の軍医・肥田舜太郎(ひだしゅんたろう)さんは、無数の瞳に見つめられていた。そこは広島市街から六キロ離れた村で、原爆に遭った人々がたどり着き、身を横たえていた▼肥田さんは、必死に助けを求める視線から目をそむけた。目が合えば、話し掛け、治療しなくてはならぬが、手の施しようがないと一目で分かる人ばかりだったのだ▼だが、獣のような目をした男性と目が合ってしまった。上半身は皮膚がむけ、血みどろだった。肥田さんが頬に手を当てると、目から恐ろしい光が消えて、優しい人間の目になった。その瞬間、男性は事切れた▼肥田さんは自伝『被爆医師のヒロシマ』に書いている。<地獄のようにおそろしい状況で、私が手をふれたのが慰めになったのでしょうか。安心したように、人間らしく死んでいった−。私にはそう思えました>▼それが、肥田さんの原爆との長い長い闘いの始まりだった。米国、そして日本政府が封じ込めようとした被爆者の姿から目をそむけずに、医師として、その体と心の傷に手をふれ続けた。助けを求める人々の視線から医師が目をそらさざるをえない状況が、いかに非人間的か。自らの体験を国内外で語り、核廃絶を訴え続けた▼肥田さんは先日、百歳で逝った。「優しい人間の目」を取り戻して逝った男性の夢を、繰り返し見続けた人生だったという。

河北抄
 カルトの暴走が、決定的に顕在化した地下鉄サリン事件から22年が過ぎた。オウム真理教によって1995年3月20日に引き起こされた凶行で13人が死亡、6200人以上が負傷した。
 東北が無関係だったわけではない。東京に出張したサラリーマンらも巻き込まれた。東北唯一の教団支部が仙台市若林区にあり、宮城県警が家宅捜索、名簿や教団からの重要書面などを押収した。
 教団関係のニュースは連日、新聞紙上をにぎわし、マインドコントロールや殺人を正当化する教義の「ポア」、解脱、ハルマゲドン(最終戦争)といった独特の言葉も次々に飛び出した。ところが今は…。教団名どころか、事件すら知らない若者が多いという。確かに事件発生時に生まれた人が、大学を卒業して社会人になるほどの年月が流れている。
 当時、取材した東北学院大名誉教授の浅見定雄さんは著書『なぜカルト宗教は生まれるのか』で警鐘を鳴らしている。「社会に敵意を抱く強欲な教祖がカルトをつくれば、破壊的カルトは発生しうる」。事件を風化させてはならない。


豊洲移転百条委 もっと核心に迫れないか
 東京都議会の豊洲市場移転問題を検証する調査特別委員会(百条委員会)で、ヤマ場とみられた石原慎太郎元知事と石原氏の側近で東京ガスとの用地売買交渉を担当した浜渦(はまうず)武生元副知事の証人喚問は新たな事実を引き出すことなく事実上「空振り」に終わった。
 百条委は地方自治法100条に基づいて地方議会に設置され、強い調査権限を持つ。今回は▽土壌汚染があるガス工場跡地の豊洲を移転先に選んだ背景▽都と東ガスの交渉経緯▽土壌汚染対策費の協定書で東ガスの負担を限定する「瑕疵(かし)担保責任の放棄」が盛り込まれたのはなぜか‐などが焦点だ。
 歴代市場長など都幹部や東ガス関係者への喚問では、都側が東ガスに対して半ば強引に用地売却を迫ったメモの存在が明らかになるなど疑念はますます深まった。
 しかし、移転決定時に知事だった石原氏は「(部下に)一任した」「記憶にない」などと従来の説明を繰り返した。浜渦氏も肝心な点は「知らない」を連発し、問題の核心には迫れなかった。
 6千億円もの巨費を投じた移転事業にもかかわらず、誰がどんな判断を下して決定したかも判然としない。石原都政の無責任体制が浮き彫りになったといえよう。
 一方、豊洲の安全性を検証している都の専門家会議は敷地内の地下水再検査でも環境基準の100倍のベンゼン、3・6倍のヒ素、本来検出されてはならないはずのシアンを検出したと公表した。
 築地市場は1935年開場で老朽化が著しい。先行きが見通せない市場関係者の苦悩は深まるばかりだ。移転延期に伴う業者への補償で50億円が補正予算案に計上された。「総合的に判断する」と語る小池百合子知事だが、最終決断に残された時間はそう多くない。
 百条委は来月4日にも元都幹部を喚問する。石原氏への再喚問を求める声も出ている。都議側も夏の都議選を意識したパフォーマンスではなく、都民の疑問に応える姿勢に徹してほしい。地方自治法に基づく百条委だからこそ解明できたという成果に期待したい。


欧州の選挙 警戒解けぬポピュリズム
 ポピュリズム(大衆迎合主義)の勢いは止まったのだろうか。
 オランダで先週、下院選が実施され、ルッテ首相率いる中道右派の自由民主党が第1党を維持した。反イスラム教、反欧州連合(EU)を訴えた極右の自由党は、第2党にとどまった。
 オランダは伝統的に移民の受け入れに積極的で、文化の多様性にも寛容な国とみられている。EUの前身組織からの加盟国であり、欧州統合の推進役を務めてきた。
 そこで近年、存在感を高めてきたのが自由党だ。ウィルダース党首は「モスク閉鎖」など極端な反イスラムの主張を唱え、移民増加に不安を抱く国民への浸透を図った。排外主義を掲げ憎悪をあおる手法は典型的なポピュリズムとされる。ウィルダース氏は「オランダのトランプ」の異名を持つ。
 それだけに、今回のオランダ下院選は、欧州で同様に反移民、反EUを訴えて台頭する「ポピュリズム政党」の動向を占う選挙として、世界の注目を集めた。
 結果的に自由党は一定程度議席を増やしたが、事前の予想を下回り第1党には届かなかった。オランダ国民にバランス感覚が働き、自由党の極端な主張への警戒感が強まったのが伸び悩みの主因とみられる。トランプ米政権発足後の混乱を見て、有権者が安定を望んで与党を支持した側面もある。
 ただ、第2党に終わったとはいえ、自由党が議席を伸ばした事実は軽視できない。与党のルッテ首相は「誤ったポピュリズムに待ったをかけた」と胸を張ったが、封じ込めたとは言い難い。
 欧州ではフランスで大統領選(4、5月の2回投票)、ドイツで連邦議会選(9月)が予定されている。いずれも反移民、反EUを掲げる極右、右派政党が勢力を拡大しそうな情勢である。
 他国や国内の少数派を標的に設定し、市民の憎悪や不安を過剰にあおるポピュリズム政治は、国民を分断し、社会の安定を損なう。民主主義の成熟した欧州で、今後どこまでポピュリズムが広がるのか、なお警戒が必要だ。


底流に目を凝らすべき/欧州のポピュリズム
 選挙イヤーの欧州政治の風向きを占うオランダ下院選は、注目の極右・自由党が伸び悩み、与党で中道右派の自由民主党が第1党を維持した。だが、欧州連合(EU)離脱を決めた英国民投票、トランプ米大統領誕生に続き、自国第一で排外的な「ポピュリズム」(大衆迎合主義)が欧米でいかに根を張っているか、今後も底流に目を凝らすべきだ。
 オランダ下院選は、事前の世論調査で極右・自由党が長くトップを走っていた。潮目が変わったのは投票の1カ月ほど前。与党を率いるルッテ首相が新聞に移民批判ともとれる意見広告を載せた後だ。
 広告は特定集団の名指しを避けながらも、移民を念頭にオランダ社会への同化を迫り極右ポピュリスト政党の排外的主張をなぞっていた。国内外で批判を浴びたが、結果的に極右支持者の票を取り込み与党の支持回復に寄与したとみられる。つまり、ポピュリスト政党は第1党にならなかったが、ポピュリズムは死んでいない。与党が主張を右旋回したことで、オランダ政治の底流で生き延びたのだ。
 かつて「移民に寛容な国」「多文化主義」として知られたオランダは、近年大きく変容した。2004年には、イスラム教の女性差別を批判した映画の製作者が、イスラム過激思想に染まったモロッコ系移民の2世に殺害され、移民批判が拡大。極右ポピュリスト勢力が伸長した。
 今回下院選で自由党党首として台風の目となったウィルダース氏はイスラム教のモスク(礼拝所)閉鎖や聖典コーランの禁書を公約。難民保護センター撤去なども訴えた。トランプ米大統領以上に反イスラム、自国第一の極端な主張が、支持を広げたことを軽視すべきではない。
 今年4〜5月のフランス大統領選や9月のドイツ連邦議会選でも、反移民、反EUを掲げる極右ポピュリスト政党の躍進が予想される。各国の既存政党、EU官僚は、なぜ自分たちが信頼を失い、嫌悪すらされるようになったのかを真剣に自問すべきだ。
 グローバル化や欧州債務危機を震源とする生活不安、失業問題、格差の拡大。さらに紛争地からの大規模な難民流入、各国で続くテロ。これらの問題の根本に迫らない限り、社会に敵意と分断を招く排外的、閉鎖的な自国第一政治への支持は、伸長を続けるばかりだろう。


姫路のこども園/命預かる自覚が足りない
 姫路市の私立認定こども園「わんずまざー保育園」が定員を大幅に超える園児を受け入れ、劣悪な環境で保育をしていたとして、兵庫県と同市が近く認定を取り消す方針を固めた。認定取り消しは全国初という。
 「わんず−」は、市に隠して直接保護者と契約を結んだ22人を受け入れ、定員の1・5倍もの園児を預かっていた。保育士の人数を水増しし、行政から不正に給付金を受けていた。情報提供を受けた県と市が2月、特別監査を実施して発覚した。
 しわ寄せは園児にも及び、40食ほどの食事を約70人で分けていた。通常の半分から3分の1程度の量しか与えられていない子もいたという。まだ言葉で訴えられない子どもたちを思うと許しがたい。
 定員超過について園側は「預け先のない保護者の要望があった」と釈明する。だが、その実態は悪質で、命を預かる自覚に欠けている。
 幼稚園と保育所の機能を併せ持つ認定こども園の普及は、2015年4月に始まった国の子ども・子育て支援新制度で柱として位置づけられた。16年4月時点で全国に約4千園あり、兵庫は322園で、最多の大阪府の376園に次いで多い。
 「わんず−」は03年11月に認可外保育施設として設立された。15年3月に県の認定を受け、年間約5千万円の公費が運営に充てられていた。
 姫路市は、不正行為が常態化していたとして公費負担分の返還を求める一方、給付金の水増し請求については刑事告訴も検討する。欠勤や遅刻をした保育士に罰金や無給勤務を強いるなど、労働基準法違反の疑いもある。実態解明を進めるとともに、転園を希望する園児全員の預け先を確保する必要がある。
 行政の責任も重い。市は1年前にも保護者と園の直接契約を巡る情報を受けて園側に事実確認したが、実態を見抜けなかった。そうした不正が認定当初から続いていたという。待機児童問題の解消を急ぐあまり、認定の判断が甘くなっていなかったか。徹底的に検証すべきだ。
 自治体には定期監査が義務付けられているが、対象施設が多い都市部などでは十分に実施できていないとの指摘もある。保育施設の拡充は急務だが、保護者が安心して預けられるよう、チェック体制の強化など不適切な運営を見抜く仕組みもつくらねばならない。


園児にわずかな食事…姫路「わんずまざー保育園」の悪行
 兵庫県の保育園が園児にわずかな食事しか与えなかった問題。行政が認定を取り消す方針を固め、刑事告訴も検討する事態になり、騒動は拡大する一方だ。
 この施設は姫路市飾磨区の私立認定こども園「わんずまざー保育園」(小幡育子園長)。正規の定員が46人のところ、市に隠れてさらに22人の子どもを受け入れていた。園児の合計は68人だ。22人の親は月に2万〜4万円の保育料を払っていた。
 問題は園児の給食の量を減らして経費を浮かしていたこと。姫路市は今年2月2日の定期監査を実施した際に疑義を抱き、2月と3月に2回、抜き打ち検査を行った。
「園は民間業者から給食を配達してもらっているのですが、園児が68人なのに給食は46人分しか届けられないのです。そこで抜き打ち検査をしたところ、主に0〜2歳児のおかずの量が少ないことが分かりました。スプーン1杯分くらいしかないのです。保育士の人数は10人ですが、これも少ない。規定では46人の園児に対して保育士を9・6人配置する決まり。これでは非正規で預かっている22人を面倒見きれないことになります。こうしたことから3月末までに認定保育園の認可を取り消す方針です」(姫路市健康福祉局監査指導課担当者)
 疑惑はまだある。保育士の人数を水増しして行政に申告していたことだ。県は園に対して2年間で約1億円の給付金を支給しているが、その一部が園による保育士の水増しによるものとみられている。そのため、姫路市は園を刑事告訴する方針という。
 さらに悪質なのが保育士の待遇だ。同園には“裏契約書”というものがあり、欠勤や遅刻、早退をした月は給与から1万円を減額すると記載されていた。
「同園の保育士さんたちの給料は最低賃金を少し上回る程度。月に4万円引かれた保育士もいました。このことも問題ととらえています。小幡園長は市に対して“将来の設備を充実させたかった”というような説明をしていました」(前出の姫路市担当者)
 市によると、同園が運転資金に困っていた様子はないという。給食を減らして浮いた分を貯め込んでいる見方がある一方で、近所に住む人はこう言って首をひねる。
「毎日、わんずまざー保育園の前を通っていますが、この1年で大きくなったのですごいなと思ってたんです。周辺の土地を買ったのか、田んぼを埋めて園庭を2倍くらいに拡大、子どもが遊ぶ新しい建物も増築した。友人と、ずいぶんお金があるなと話していたところですが、食費をケチり給料を減額していたと知って、なるほどなと納得しました」
 姫路市によると、栄養失調になった園児はいないという。被害者が出なかったのがせめてもの救いだろう。


PKO日報 国民を欺く情報隠蔽
 情報の保管を把握した後も、その事実を隠し、公表すらしようとしない。実力組織である防衛省・自衛隊にはびこる隠蔽(いんぺい)体質を改めなければ、先の戦争のように国民を再び不幸へと導きかねない。
 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣されている陸上自衛隊部隊の日報をめぐり、「破棄した」として当初、不開示とされた電子データが、統合幕僚監部だけでなく、実際には陸自にも保管されていたことが分かった。
 しかも、過去の説明とつじつまを合わせるため、防衛省・自衛隊の幹部職員が陸自での保管の事実を隠すよう指示した。消去を命じた可能性も指摘される。事実なら組織的隠蔽との批判は免れまい。
 稲田朋美防衛相は、直轄の防衛監察本部に「特別防衛監察」の実施を指示した。誰がどういう意図で陸自のデータを隠そうとしたのかなど事実関係を徹底調査し、速やかに公表すべきである。
 日報は、昨年七月に首都ジュバで起きた武力衝突を「戦闘」と報告していたが、安倍内閣は「法的な意味での戦闘行為はなかった」と言い繕った。今月十日には派遣部隊を五月末をめどに撤収することを決めたが、治安の悪化が理由ではないと強弁している。
 武力衝突後も派遣を延長し、安全保障関連法成立で可能になった「駆け付け警護」任務を与え、実績づくりを優先した安倍内閣だ。
 PKO参加五原則に抵触し、派遣の正当性が崩れる「戦闘」を認めた日報は、日本の軍事的役割の拡大を目指す安倍内閣には「不都合な真実」だったのだろう。
 政権の意向を忖度(そんたく)せざるを得ない状況に防衛省・自衛隊を追い込んだとしたら、安倍晋三首相や稲田氏の責任は重大だ。特に、防衛省・自衛隊を掌握できず、結果的に国会の虚偽答弁を繰り返した稲田氏の資質は厳しく問われる。
 実力部隊である自衛隊の行動は正確な情報に基づき、国民に選挙で選ばれた文民が統制する必要がある。文民統制(シビリアンコントロール)である。
 安全保障に関する情報が隠蔽されたり、正しく伝わらなかったとしたら、国としての判断を誤る。情報隠しはいやが応でも、国民を欺き、夥(おびただ)しい犠牲を強いた大本営発表を想起せざるを得ない。
 防衛省・自衛隊はこれまでも度々、情報隠しが指摘されてきた。実力組織の宿痾(しゅくあ)を理由にしてはならない。隠蔽体質が改善されなければ、信頼回復への道は遠い。


防衛省・南スーダン日報隠しの「深層」 元凶は、稲田大臣の統率力不足か
半田 滋
かくも軽視されている大臣
南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣している自衛隊の「日報隠し」の背景に、稲田朋美防衛相の統率力不足があるとの見方が防衛省内に広がっている。「仮に防衛大臣が稲田氏でなければ、違う結論になったかもしれない」と話す幹部もいるほどだ。
森友問題も絡んで稲田防衛相の国会答弁は迷走、国政の混乱に拍車をかける中心人物の一人になっている。防衛省内には突然の撤収を発表した安倍晋三政権に対する不信感も浮上。さらに、ある政治家主導で断行した防衛省改革が「裏目に出た」との批判も飛び出し、不穏な空気が流れている。
日報は現地部隊が電子データとして作成し、陸上自衛隊のシステムを通じて海外派遣司令部にあたる中央即応集団に送っていた。担当者が日報をもとに毎日つくるレポートに反映させた後、削除していた。
情報公開請求に対し、昨年12月「廃棄を理由に不開示」としたが、その後、陸海空自衛隊を統合運用する統合幕僚監部のコンピューター内に保管されているのが見つかり、今年2月7日に発表した。野党が「隠蔽ではないか」と追及する中、安倍内閣は今月10日、突然、南スーダンからの撤収を発表、猛追から逃れるような急展開をみせた。
ところが、15日になって日報は陸上自衛隊にも保管されており、統合幕僚監部の幹部の指示で消去していたことなどが次々に報道され、隠蔽疑惑が濃厚に。「ないもの」が「ある」と変わるのは勘違いで済むかもしれないが、「あるもの」を「ない」と言い続けたのだから隠蔽と批判されても仕方ない。
稲田防衛相への省内の対応で奇妙なのは、統合幕僚監部が昨年12月26日に日報を発見しながら、今年1月27日まで一カ月も稲田氏に報告しなかったことだ。担当者は「黒塗りに時間がかかった」と話すが、防衛大臣に見せるのに黒塗りが必要だとすれば、稲田氏はどれほど信用されていないのか。
野党の追及を受けている最中に、陸上自衛隊でみつかった日報を破棄する指示が省内から出されていたわけで、これに稲田氏が関わっていないとすれば、どれほど防衛大臣としての存在を軽視されているのか。
日報とは別問題ながら、稲田氏は森友問題で「籠池氏の事件を受任したこともない」「裁判を行ったこともない」(13日参院予算委員会)と無関係を主張したが、大阪地裁の出廷記録が報道されたのを受けて「夫(稲田龍示氏)の代わりに裁判所に行ったことはあり得るのか」と前言を撤回した。
極めつけは「私の記憶に基づいた答弁であり、虚偽の答弁をしたという認識はない」と開き直ったことである。「記憶」と主張すれば事実に反しても問題ないというのだ。消費税増税を公約しながら二度にわたって延期し、「これまでの約束とは異なる新しい判断だ」と述べ、公約違反を「新しい判断」で上書きした安倍首相と通じるものがある。
稲田防衛相は日報問題を省内の特別防衛監察に委ねると発表した。結論を先延ばしして野党からの追及逃れを図るだけではない。自身が火の粉をかぶらないよう部下を切り捨てる一石二鳥の作戦とみられている。
防衛省幹部は「稲田氏は護衛艦に乗るのにハイヒールで来たり、南スーダンに派遣する部隊の演習視察に白パンツ姿で来たりで常識を疑いたくなる。昨年は沖縄行きや南スーダン行きをドタキャン。何かあると部下に当たるので腫れ物に触るようにしている」と明かす。「お姫様」のやりたい放題が面従腹背を招いているとはいえないだろうか。
一種の内部告発だったのか
安倍首相が突然表明した南スーダンPKOからの撤収について、自衛隊幹部は匿名を条件にこう語る。
「安倍首相は去年の9月ごろから撤収を検討していたというが、10月に部隊派遣の延長を決めた際の声明で『7月の衝突後も部隊を撤退させた国はない』と国際協調を前面に押し出し、11月には『駆け付け警護』を新任務として与えた。誰だって当面は派遣を継続すると思う」
半年交代で南スーダンPKOに約350人の隊員を差し出している陸上自衛隊の中で、撤収の発表を知っていたのはごく少数のようだ。それも首相官邸で決め、「事後通告だった」と話す幹部もいる。
陸上自衛隊に日報が保管されていた事実はNHKが第一報を流し、15日のニュースでは内部告発者とみられる人物の証言映像が流れた。幕引きのあり方に対する意義申し立てが防衛省内部からあったと考えるのが自然だろう。
振り返れば、安全保障関連法案を議論した2015年の通常国会でも、河野克俊統合幕僚長が2014年の訪米時、「安保法制は15年夏までに成立する」と米軍首脳に伝えていたとする会談内容をまとめた内部文書や統合幕僚監部が作成した別の内部資料が共産党にわたり、国会で暴露された。憲法違反と批判された同法案に対する省内の不満が噴出したと考えるほかない。
17日になって、陸上自衛隊の三等陸佐が「身に覚えのない(河野氏訪米時の)内部文書の漏えいを疑われ、省内で違法な捜査を受けた」として、国に慰謝料500万円を求める国家賠償請求訴訟を起こした。現職の自衛官が雇用主でもある国を訴えるのは異例である。
訴状などによると、内部文書が国会で暴露された翌日、統合幕僚監部は文書を「秘文書」に指定し、各職員に削除を命じたという。三等陸佐は会見で「隠蔽を図ろうということだと思った」と述べている。隠蔽の水脈は日報問題に通じている。
「日報隠し」の背景に迫る
今回、にわかに注目を集めたのが統合幕僚監部という防衛省の組織である。「日報隠し」の背景に、防衛省改革の一環として行った背広組(ユニフォーム)と官僚組(シビリアン)を一体化する「UC混合」の失敗があるとの見方が浮上している。指揮命令系統が混乱しているというのだ。
UC混合は2015年10月、制服組と背広組の専門性を生かすとして、背広組牙城の内部部局(内局)から運用部門を切り離し、統合幕僚監部に飲み込ませることで実現した。
この結果、統合幕僚監部は幕僚長、副長および各部長の制服組と副長と同格の総括官、参事官という背広組が併存することになった。参事官のもとには国外運用班、国内運用班、災害派遣・国民保護班の背広組約40人がいる。
もともとUC混合は米軍のアフガニスタン攻撃に伴い、海上自衛隊が提供した給油量の取り違えや守屋武昌元事務次官の汚職事件など不祥事の背景に背広組、制服組の「問題意識の乖離」「業務の重複」があるとの名目から、2008年から検討が始まった。
「不祥事の解消と組織改変に何の関係があるのか」と省内外から疑問視する声が上がったが、もちろん狙いは不祥事解消などではなかった。シビリアン・コントロール、すなわち政治による軍事の統制を強めることに狙いがあった。
主導したのは当時の石破茂防衛相である。
そして分断が生まれた
石破氏は防衛相退任後、筆者の取材に「自衛隊が好きだからこそ口出しする。すると省内から強く反発され、最後は自衛隊が嫌いになって辞めていく大臣が何人もいる」と話し、排他的な組織を改革する必要性を強調した。
その結果、実現したUC混合は、皮肉なことに背広組と制服組の分断を際立たせている。防衛省幹部の一人は「UC混合から一年以上経過したが、制服組は相変わらず部隊の方しかみていない。一方、背広組は防衛大臣の補佐や法律解釈など内局がやってきたことを持ち込んだだけ。統合幕僚監部にもうひとつの内局ができたにすぎない」とあきれる。
防衛大臣の補佐役という役回りから、陸上自衛隊で見つかった日報の削除を指示したのは「統合幕僚監部の背広組」であることは「公然の秘密だ」という。
そんな中、17日の衆院外務委員会で民進党の寺田学議員は稲田防衛相に「辰己(昌良)総括官にお話を聞かれましたか」と統合幕僚監部の背広組トップの辰己氏の名前を出して質問した。
辰己氏は内局の運用企画局事態対処課長や報道官を歴任した人物。国会の委員会で稲田防衛相に想定問答を示したり、自ら答弁に立ったりで目立つ存在となっている。
独り言が多く、事態対処課長だった2009年4月、北朝鮮によるミサイル発射の際は防衛省地下の中央指揮所にいて、発射されてもいないのに指揮命令系統を無視して「発射、発射」と口走り、日本全国に誤報を流すきっかけになるなど奇行が指摘される人物だが、辰己氏は寺田氏の質問には臆することなく答弁した。
「辰己氏が堂々としているのは、陸上自衛隊で見つかった日報の扱いについて、内局のトップクラスと相談しているからではないのか。仮にそうだとすれば、日報問題の根は深い。『組織ぐるみ』でないことを祈りたい」と内局幹部は打ち明ける。
なに、心配はいらない。稲田氏が開始を明らかにした特別防衛監察は過去3回あり、結論を出すまで最長1年2ヵ月もかかっている。仮に同じくらい時間がかかるとすれば、そのころには衆院選挙や内閣改造が行われ、日報問題はすっかり過去の話になっているはずである。


陸自も「日報」保管 隠蔽体質は防衛相に責任
 現場の報告をうのみにし、結果的に虚偽答弁を繰り返した稲田朋美防衛相の責任は重大だ。即刻、辞任すべきである。
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報の電子データが陸上自衛隊に少なくとも1月ごろまで保管されていたことが発覚した。防衛省は日報の情報公開請求に対し昨年12月、不開示決定の理由を「陸自は廃棄済み」としたが、虚偽だったということだ。
 しかも陸自は公表を検討したが、防衛官僚が保管の事実を公表しないよう指示したという。事実なら犯罪的行為であり、断じて許されない。隠蔽(いんぺい)に次ぐ隠蔽は組織に自浄能力がないことの表れである。
 防衛省の隠蔽体質は今に始まったことではない。
 1998年の防衛装備品納入を巡る背任事件では防衛庁(現防衛省)の組織的な証拠隠しがあった。2005年の空調工事を巡る旧防衛施設庁官製談合事件では幹部が部下に関係書類を破棄させた。
 04年にあった海上自衛隊護衛艦乗組員の自殺では「存在しない」とした艦内での暴行を調べたアンケート原本が見つかっている。
 今回の日報には、停戦合意などのPKO参加5原則に抵触する「戦闘」の言葉が多用されていた。防衛省にとって「不都合な文書」を隠す体質は改まっていないということだ。事の重大性からしてトップが責任を負うべきである。
 稲田氏は「徹底的に調査し、隠蔽体質があれば私の責任で改善したい」と述べている。省内の隠蔽体質をいまだに認識できないとあっては、省内改革を任せるわけにはいかない。稲田氏は「戦闘」を「武力衝突」と言い換えて事実を隠す隠蔽体質の持ち主だ。隊員のリスクをも軽視する稲田氏に防衛相を務める資格はとうにない。
 防衛省が2月、統合幕僚監部で保管していた事実を発表し、日報の一部を公表したことを稲田氏は「徹底的に調査して公表させた」と述べ、自身の指導力の成果としている。言葉通りなら、陸自で保管していた事実も同時に公表されていたはずだ。
 稲田氏への報告は再探索を指示してから1カ月後である。報告遅れは稲田氏が省内を掌握できていない証しだ。稲田氏の意に反して隠蔽されたならば、シビリアンコントロール(文民統制)が全く機能していないことになる。稲田氏の責任はやはり重大である。


PKO日報問題 防衛相はけじめをつけよ
 防衛省・自衛隊が組織の在り方を根本から問われている。
 陸上自衛隊が「廃棄済み」として情報公開請求に応じなかった南スーダンの国連平和維持活動(PKO)部隊の日報が、実際には陸自内部で保管されていた。
 しかも、陸自はいったん公表を検討したが、統合幕僚監部の幹部が保管の事実を非公表とするよう指示したという。
 まさに組織ぐるみで隠蔽(いんぺい)工作が行われていた疑いが濃厚だ。
 稲田朋美防衛相はこれまで国会答弁などで「陸自保管分は全て廃棄した」と説明してきた。稲田氏が一連の経過に全く気付かなかったとすれば、担当閣僚として失格であり、シビリアンコントロール(文民統制)をも揺るがす事態を招いた責任は極めて重い。
 さらに稲田氏は国会に対し、結果として「虚偽答弁」を繰り返したわけで、その責めも負わなければならない。
 稲田氏は今回の事態を受けて、特別防衛監察の実施を指示し「徹底的に調査し、改めるべき隠蔽体質があれば私の責任で改善していきたい」と強調、辞任を否定した。
 調査は当然だが、これだけの不祥事が起きた以上、稲田氏は防衛省、自衛隊のトップとして引責辞任してけじめをつけるべきではないか。稲田氏を起用した安倍晋三首相の任命責任も免れない。
 南スーダン情勢や陸自部隊の活動を報告した日報は、昨年7月に首都ジュバで起きた政府軍と反政府勢力の交戦を「戦闘」と記載。だが稲田氏は国会答弁で「(戦闘行為が)行われたとすれば、憲法9条の問題になる」として「武力衝突」に言い換えたため、野党からその整合性を厳しく追及された経緯がある。
 防衛省は昨年12月、日報の情報公開請求に対し「廃棄済み」として不開示を決定。だが稲田氏の指示で再調査した結果、同月末に統幕監部に電子データとして存在していたことが分かり、今年2月に公開された。ただ存在確認が稲田氏に報告されたのは、1カ月後だった。
 陸自にも1月ごろまでは電子データとして日報は保管されていたが、その存在は伏せられたままだった。その後、破棄されたとの情報もあるという。
 民進党など野党は、日報問題に加え、大阪市の学校法人「森友学園」との関係を巡って答弁を撤回・謝罪した稲田氏に辞任を強く求めている。
 遺憾ながら稲田氏に、防衛省・自衛隊の隠蔽体質を大胆に改革する指導力はとても期待できそうにない。


改正道交法施行 クルマ社会を問う契機
 利便性と引き換えに、代償も払ってきた。クルマ依存社会を問い直す一つの契機としたい。高齢ドライバーの認知症対策が強化された。年代にかかわらず、運転免許を手放すことは社会貢献である。
 先週、改正道路交通法が施行された。七十五歳以上の認知機能のチェックを厳しくして、事故に歯止めを掛けるのが狙いである。
 三年に一度の免許更新時の検査で、認知症のおそれがあると判定された人に、医師の診察を義務づけた。認知症と診断されると、免許の停止や取り消しになる。一時不停止や逆走、信号無視など十八の交通違反を一つでもした人にも臨時検査を課す。
 これまでは認知症のおそれありとの検査結果が出ても、交通違反をしない限り、受診せずに済んでいた。だが、次の免許更新時までに認知機能が大きく衰えて、重大事故を起こす危険性があった。
 例えば、横浜市で昨年十月、集団登校中の小学生の列に軽トラックが突っ込み、七人が死傷した事故である。運転していた八十代の男性は二〇一三年の更新時の検査では異常がなかったのに、事故後に認知症が疑われた。
 横浜地検は今年二月、自動車運転処罰法上の処分を保留して釈放した。刑事責任を問えないと考えたもようだ。被害者側の無念はいかばかりか想像するに余りある。
 社会の高齢化につれて、こうした悲劇の多発が懸念される。二五年には六十五歳以上の認知症患者はおよそ七百万人、五人に一人に達すると見込まれている。事故の加害者にも、被害者にもさせないまちづくりを進める必要がある。
 免許を自主返納すれば、身分証になる顔写真入りの運転経歴証明書を申請できる。有効期限が切れたり、停止や取り消しになったりしたら返納できない。自主返納は年々増え、一六年は約三十四万五千件と十年間で十八倍になった。
 自治体によって異なるが、証明書には特典が付く。タクシーやバス、鉄道の運賃、スーパーや飲食店、理髪店の代金、温泉施設の宿泊料などの割引のほか、信用金庫の金利優遇もある。工夫を凝らして返納を促したい。
 とりわけ地方では、買い物や通院を支える地域の公共交通網が重要になる。行政頼みでなく、住民参加型の移動サービスを広げたい。クルマの自動ブレーキ搭載義務化を併せて急がねばならない。
 ドライバーの都合で落ち度のない人が犠牲になる理不尽をどう克服するか。知恵が問われる。


「定年」を考える 第二の人生を心豊かに
 卒業、就職、進学が話題になる時期を迎えた。特に、何十年と会社に通い、年度末の今月31日をもって「定年退職」を迎える人たちにとっては感慨深いものがあるだろう。60歳、あるいは65歳の節目を迎え、次のステージをどう生きるのか。焦らず慌てず人生設計を考えたい。
 「定年」は何歳の企業が多いのだろうか。60歳定年制が義務づけられてからおよそ20年。現在は、生涯現役社会の実現へ向けた「高年齢者雇用安定法」の改正によって、希望者は65歳まで継続して働けるようになった。企業には「定年制の廃止」「定年の引き上げ」「継続雇用制度の導入」のいずれかの措置を講じるように義務づけられている。
 佐賀労働局が昨年11月に公表した「高年齢者の雇用状況」をみてみよう。調査は、県内の従業員31人以上の企業1066社の状況をまとめた。このうち、定年制を廃止している企業は16社(全体の1・5%)あるが、ほとんどの企業で定年制があり、60歳を定年とする企業が857社と80・3%を占めている。また、65歳以上としている企業は156社(14・6%)となっている。
 つまり、大半の企業が60歳定年制を採用しており、定年後、多くの人が何らかの形で継続して雇用されているということになる。県内では、昨年5月までの1年間に1700人余が60歳定年を迎え、うち1500人近くが継続雇用されている。
 このように、「60歳定年=会社退職」という、かつての区切りはなくなっている。ただ、多くの先進国では定年となる60歳、あるいは65歳が「高齢者の始まり」とみなされている。日本人の平均寿命が男性で80歳近く、女性が85歳ほどと考えると、定年が60歳であれ、65歳であれ、「定年後の高齢者」として生きていく時間がいかに長いかが分かる。
 では、第二の人生をどう生きるのか。書店に並ぶハウツーものや、インターネット上の記事の中には人生設計を指南するものがあふれている。高齢期の3大不安は「健康」「お金」「孤独」とされ、経済的な課題への対処を挙げたものも多い。「定年退職時に3千万円ないと老後は破産する」と不安をあおるような記述もある。ことに、日本では「65歳以上」とされる「高齢者」の定義を「75歳以上」に見直す動きもあり、会社員らの厚生年金の支給開始がさらに引き上げられるのではないかという懸念も広がっている。
 こうした経済的な不安を抱えながらも、同時に関心が集まるのが「生き方」の問題だ。かつて農協が佐賀市富士町の集落を対象に実施したアンケートでは、シニアが望むのは「地域の暮らしの向上に貢献したい」という思いだった。日経BP社「定年男子定年女子」では、男性にとって最も深刻な問題は「孤独」だという指摘もある。どんな形でも、社会とのつながりのある生活は、「お金」以上に必要なことかもしれない。
 定年後の生きがいづくりのために、「何か始めなければ」「夫婦で趣味を持たなければ」と焦る気持ちもあるかもしれないが、ささやかな幸せを見つけようとする心を持ち、社会との適度なかかわりを保ちながら、焦らずに楽しい人生を探したい。(丸田康循)


「共謀罪」法案 自由社会萎縮させるのか
 国民を監視し、表現や思想・信条の自由という基本的人権を制約しかねない。それが「共謀罪」の本質である。政府は共謀罪の趣旨を取り入れた組織犯罪処罰法改正案を閣議決定、国会に提出した。野党だけでなく憲法、政治学者や日弁連も反対姿勢を鮮明にしている。都合のよい理由を並べたて、数の力で強行することは許されない。
 「共謀罪」を創設する法案は「内心の自由」を侵すとの批判を招き、小泉政権で3回廃案になった。議論は都合十数年に及ぶが、安倍政権は衆参両院で与党が多数を占める中、今国会での成立を期す構えだ。
 菅義偉官房長官は会見で「テロを含む組織犯罪を未然に防止するための万全の態勢を整えることが必要」と意義を強調した。なるほど改正案では「共謀罪」の適用対象をテロ組織や暴力団などの「組織的犯罪集団」と規定する。しかし、政府は一方で「正当な団体でも目的が一変した場合は処罰の対象になる」との見解を示している。
 つまり、表看板は国際的に脅威が増すテロ抑止を掲げながら、捜査機関の裁量や恣意(しい)的運用でテロと無関係の市民団体も取り締まることを可能にするのだ。
 政府は法案成立を急ぐ理由に国際組織犯罪防止条約(TOC条約)の締結を挙げている。安倍晋三首相は「条約を締結できなければ、東京五輪・パラリンピックを開けないと言っても過言ではない」とまで言い切った。「テロ」「五輪」「国際条約」というキーワードをつなげ合わせ、法案の正当性と国民理解を誘導する狙いなのだろう。
 原案で676あった対象犯罪数を277まで減らし「共謀」の2文字を消し去った。その上で原案になかった「テロ」の文言を加え「テロ等準備罪」とした。過去の共謀罪とは全く違い、構成要件が厳格で「一般の人が対象になることはあり得ない」とするが、国民への説得力はない。
 法案が内包する問題は幾つもある。犯罪は実行後に初めて成立するものだが、法案は2人以上の重大な犯罪の計画段階で処罰対象とする。これは日本の刑法体系を大きく変質させるものだ。さらに捜査機関の権限拡大で監視網を広げる「監視社会」の強化につながっていく可能性もある。
 電話の通信傍受やメールチェック、隠し撮り、屋内に送信機を仕掛けた日常会話傍受もあり得る。プライバシーの領域に立ち入ることなく「内心」を探ることはできず、人権侵害の恐れがある。市民団体や会社が対象になる懸念も根強く、国民を萎縮させかねない。どう字面をいじっても共謀罪の本質は変わらない。
 野党側は、テロ防止に関して日本は13の国際条約を既に締結し、57の主要重大犯罪について未遂より前の段階で処罰できる国内法も整備済みと指摘する。日弁連は現行法でTOC条約批准が可能と主張している。
 政府が丁寧な国会審議を目指すなら、まずは無知をさらけ出した金田勝年法相の辞任が先ではないか。


籠池氏きょう喚問 政治家の関与が焦点だ
 衆参両院の予算委員会はきょう23日、大阪市の学校法人「森友学園」の理事長、籠池(かごいけ)泰典氏の証人喚問を行う。国有地が評価額より格安で学園に払い下げられた経緯の徹底解明が必要だ。籠池氏が安倍晋三首相側から学園に寄付があったとした発言の真偽や、他の政治家の関与がなかったかが焦点となる。
 国有地の売却問題については今月11、12日に共同通信社が実施した世論調査で「適切だと思わない」「政府は十分説明していない」と答えた人がいずれも9割近くに達しており、国民の不信感は強い。国会は疑惑の全容解明に向けて手を尽くさなければならない。
 証人喚問が決まったのは、16日に現地を視察した参院予算委員会のメンバーへの籠池氏の発言がきっかけだった。2015年9月に学園側の依頼で講演した安倍昭恵首相夫人から「首相からです」として、小学校開設への寄付金100万円を受け取ったというのだ。
 与党はそれまで籠池氏の国会招致には慎重だったが、首相への言及を始めたことで看過できないと判断、一転して野党と証人喚問で合意した。首相側は寄付金について全面否定しているものの、喚問で籠池氏が同じ内容の証言をすれば改めて首相側が追及される可能性もある。
 首相は2月17日の衆院予算委員会で「私や妻、事務所が関わっていれば首相も国会議員も辞める」と明言しており、喚問での籠池氏の証言が注目される。
 今回の疑惑の発端となった国有地売却に関しても、これまでの国会審議では不自然な点はほとんど解明されていない。
 財務省近畿財務局は昨年6月、評価額9億5600万円の大阪府豊中市の国有地を、地中のごみ撤去費用として8億円余りを差し引いて1億3400万円で学園に売却した。
 売買契約に際し、国は学園に購入代金の分割払いを認めるなど異例の対応だった。9割近い破格の値引きでなぜ契約したのかも含め、学園側と財務省側の具体的な交渉内容を喚問を通じて明らかにする必要がある。
 買い受けた国有地に学園が設立を目指した小学校は当初、昭恵夫人を名誉校長としていた。国有地の取得交渉については、籠池氏が自民党の鴻池祥肇元防災担当相側に相談していたことも分かっている。
 籠池氏が昭恵夫人や有力政治家と関わっていたため、国有地売却に際し籠池氏の意向に沿う形で手続きが進められたのではないかとの指摘もある。小学校認可申請での虚偽報告や補助金の不正受給疑惑も浮上しており、問題は多岐にわたる。
 籠池氏1人の証人喚問で真相を解明できるとは思えない。国有地売却交渉を担った当時の財務省幹部らも国会に招致し、双方の主張を突き合わせての検証が不可欠だ。国会は特別委員会の設置も視野に徹底して調査すべきである。


籠池氏つるし上げなら国権の乱用
 ★今日23日、衆参で開かれる森友学園・籠池泰典の証人喚問。憲法62条では「国会の各議院は、議案等の審査及びその他国政に関する調査のため、証人を喚問し、その証言を求めることができる」(議院の国政調査権)とされている。本来の喚問は事実を問いただすために証人を呼び出すことだ。その意味では籠池だけを呼び出すこの喚問は、首相・安倍晋三に“疑惑のぬれぎぬ”を着せたけしからん人物として懲罰的に召喚されたといえる。 ★事実を問いただすためならば、疑惑の発端であり有力関係者であるはずの理財局長・佐川宣寿、元理財局長・迫田英典、首相夫人・安倍昭恵、大阪府知事・松井一郎を呼ぶべきだろう。籠池をつるし上げようというのならば国権の乱用であり真相究明とは言い難い。 ★過去の証人喚問では76年2月にロッキード事件で喚問を受けた当時の国際興業社主・小佐野賢治がのちの偽証罪に問われることを恐れ「記憶にございません」を連発し、当時の流行語となった。79年のダグラス・グラマン事件では当時の日商岩井の海部八郎が宣誓書に署名する際、手が震えて書けなくなったこともあり、喚問は極度の緊張が伴うことは立証され、人権に配慮し88年のリクルート事件では議院証言法を改正し、生中継や写真撮影を禁じた。証言する人物や質問者は事前に答弁席での様子を撮影し、その静止画像に音声を載せる方法がとられた。98年に法改正され、条件付きの放送が可能になった。ただ対象が政治家や公務員でない民間人の場合の配慮は必要だろう。 ★衆参で行われる喚問だが、元都知事・石原慎太郎を喚問した都議会の百条委員会を見るように、与党は時間稼ぎ、野党は得点の競い合いになり質問も重複しがちだ。質問を分散させ真実に迫ってほしい。

校舎が廃墟に…豊中市民が激怒する“もう一つの森友問題”
「冗談やないで。あれが、でーんと廃虚になったら」――。安倍政権を揺さぶり続けている森友問題。現場となった大阪・豊中市で「もうひとつの森友問題」といわれているのが、建設途中のままホッタラカシにされた学校校舎の建物の今後だ。地元住民がこうボヤく。
「森友学校で作業していた工事業者の姿をパッタリ見なくなったのは8日やった。皆、逃げるようにバタバタいなくなったで。それから、誰もおらん。おそらく支払いでモメたんとちゃうか。でもな、建物が出来上がってんやったら、森友以外の学校が買い取ってくれるかもしれんが、中途半端じゃ、どこも出てくれへんやろ。どないすんねん。あのままやったら。豊中市民にとってはいい迷惑やで」
 森友の学校設置認可申請の取り下げを受け、財務省は国有地の買い戻し交渉を進める一方、原則として校舎を撤去して原状回復を求める考えを示しているが、タダでさえ資金がカツカツといわれる森友が原状回復できるほど体力があるとは到底思えない。
 さらに今後、工事を請け負った建設業者の連鎖倒産なんて最悪の事態になれば、工事代金をめぐる損害賠償請求や民事裁判などで問題が長引くのは必至。そうなると、壁面が朱色という異様な建物が市民公園の隣でずっと居座り続けることになるのだ。中国では、工事業者が破綻したために廃虚となった建設途中の高層マンションがよく見られるが、豊中市民にとっても決して他人事じゃないのだ。
「冗談やないで。ホンマに。せめて、業者も工事を全部終わらしてから逃げてや。こんなんなった責任を政治家にも、役人にも取らせなアカン」(前出の地元住民)
 結局、デタラメな国有地売買で被害を受けるのは住民なのだ。


昭恵夫人との金銭授受、口止めを具体的に証言! 「文春」籠池インタビューから証人喚問の中身を読み解く
 いよいよ始まる森友学園・籠池泰典理事長の国会承認喚問。国有地がタダ同然で払い下げられたことについて、具体的な政治家の関与が証言されるのか、行政との値引き交渉の裏側はすべて暴露されるのか、また「安倍首相から昭恵夫人を通じて100万円の寄付を受け取った」との発言の真偽は証明されるのか、などなど注目点は尽きない。
 そんな籠池理事長の証人喚問に先駆け、今日発売の「週刊文春」(文藝春秋)3月30日号が、「『8億円値引きの背景』と安倍夫妻との特別な関係 籠池泰典独白60分」と題した“独占インタビュー”を掲載している。
 収録は19日に行われ、60分にわたったという。このギリギリのタイミングで独白記事をねじ込んでくるとは、そこはさすがの「文春」と言っておきたいが、しかもその内容は、これまでマスコミを通じて聞こえてきた籠池氏の発言よりもずっと具体的だ。
 たとえば例の“安倍夫妻からの100万円寄付金”については、15年9月5日の塚本幼稚園での講演後に昭恵夫人から渡されたとされているが、籠池氏は「文春」でそのときの様子をこうつぶさに語っている。
「園長室で講演会のまえに昭恵夫人からいただきました。『これは何でしょうか』とうかがいましたらね、『一人で(小学校建設を)させてすみません』と。『これはいただいていいんですか』とお尋ねしますと、『どうぞ、安倍晋三からです』というふうにおっしゃいましたね」
「白い封筒だったかな。中身を拝見させていただいて、確認させていただきました」
 そして、連日ワイドショーでも焦点となっている寄付の名義変更(籠池氏側が振替用紙に一度は「安倍晋三」と記載したのを「匿名」と修正し、最終的に「学校法人森友学園」の名義にしたとする件)に関しては、“昭恵夫人からの要望”があったと証言している。
「その(寄付金受け渡し)時にはおっしゃいませんでしたが、車で出られた後、(昭恵夫人から)電話をいただいて、『寄付金は匿名にしてほしい』と」
 さらに、安倍夫人に100万円の寄付金のうち10万円を「感謝」の名目で返金したとしていることについて、「これはお車代ですか?」との質問に対し、こう答えている。
「それはね、講演会の講師料。まあ、非常に少ないのかもしれないけど、百万円をいただく前から準備しておりました。それで、講演会を終わられた時に、お菓子の袋の中に一緒に入れさせていただいた。その金子というのは、事前に用意していまして、家内(諄子氏)が入れたんです」
「(菓子)箱の外(に入れた)。金子の入った封筒を貼って『感謝』と書いて、それを菓子と一緒に紙袋に」
 国会で安倍首相は昭恵夫人の講演料授受を強く否定してきたが、両者の言い分は食い違う。この金銭のやりとりを巡って、今日の国会喚問でさらなる事実が明かされるのだろうか。
 また。籠池氏はこの「文春」インタビューで、昭恵夫人との金のやりとり以外にも稲田朋美防衛相との関係についても詳細に証言。さらには、松井一郎大阪府知事を名指しし、徹底的に批判している。
「今、私はね、すごく悪者みたいに言われているけど、それ以上に、真実隠蔽して悪いのは、今の大阪府の官僚組織であり、そのトップである松井さんじゃないですか。よくよく紐解いていったら、国の方の問題と大阪府の問題が連動していって、こんな大問題になった」
 こうしてインタビューを読んでみると、籠池氏の言い分はこれまでの主張と食い違う部分もあるが、おおむね整合性がとれている。情報によれば、官邸はすでに検察と話をつけており、「自民党が証人喚問で籠池氏の嘘を暴き、東京地検特捜部がほどなく籠池氏を偽証罪で逮捕する」というシナリオができているというが、そうすんなりいくのだろうか。
 むしろ、「文春」での独白では、政治家への口利き疑惑の件については具体的に述べておらず、また、安倍首相との繋がりについては「ノーコメントで。二十三日(証人喚問)にお話します」と意味ありげに語っている。今日の国会で、隠し球や決定的な爆弾証言が飛び出す可能性もあるだろう。
 いずれにしてもこの問題の中心は、大阪という地で異常な国有地払い下げがおこなわれたこと、そして、小学校新設の認可について私学審をはじめ反対が続出していたにもかかわらず、不可解にも認可適当にまで進められたことに他ならない。
 籠池氏の証人喚問で幕を引かせるのでなく、これを出発点に、財務省・迫田理財局長や松井知事、そして昭恵夫人の証人喚問を実現し、徹底的に真相を追及していく必要がある。(編集部)


マスコミが財務省・迫田前理財局長を追及しないのは国税庁長官だから! 税務調査を使った報道への圧力
 本日23日、国会で学校法人森友学園理事長の籠池泰典氏の証人喚問が行われる。しかし、森友疑惑の本筋である国有地の不当な払い下げの真相を解明するには“買い主”の籠池氏の証人喚問だけでは意味がない。“売り主”の財務省、とくに国有地売却の責任者だった理財局長(当時)の迫田英典氏の証人喚問は必須だろう。
 迫田氏は首相と同じ山口県下関市の出身で、土地取引の直前、異例なほど頻繁に官邸に出入りして、安倍首相と会っていた。問題の値引きが決まった森友学園関係者と財務省近畿財務局が話し合いを行った前日にも、迫田氏は理財局長として安倍晋三首相と綿密な打ち合わせをしていた。そういう意味では、まさに、今回の疑惑のキーマンなのだ。
 ところが、連日籠池氏を追い回しているマスコミからは、この迫田氏を追及すべきという厳しい声はあまり聞かれない。参考人招致も自民党が拒否すると、そのままフェードアウト。籠池理事長を単独取材した菅野完氏は緊急会見で、迫田前理財局長の写真を掲げながら、私人の籠池氏の自宅や自分の自宅に詰めかけながら、公人である迫田前理財局長の官舎には押しかけないマスコミの姿勢を糾弾していたが、まさにそのとおりだろう。
 いったいこの及び腰の理由はなんなのか? 全国紙社会部デスクが解説する。
「それは、迫田氏が理財局長の後、いまは国税庁長官に就いているからですよ。財務省はただでさえマスコミにとってタブーなのに、相手は国税トップですからね。税務調査で報復されるのが怖くて、厳しい追及なんてとてもできません」
 税務調査による報復? 信じがたい話だが、これは陰謀論でも過剰反応でもない。事実、国税庁は親玉である財務省のスキャンダルや増税反対キャンペーンなどを張った報道機関や記者に対しては、厳しい税務調査を行うことで“報復”してきた。
「報復調査のときの国税のやり口はすさまじいですからね。新聞販売店への押し紙や奨励金など、新聞社のブラックボックス部分を突いてくるのはもちろん、記者の出した領収証を1枚1枚チェックして、いったい誰と会ったのかを厳しく調査するんです。調査は長期に及び、日常業務にも支障が出てくるし、記者の人脈や情報源が筒抜けになってしまう。逆に、面会相手を秘匿すると、経費とは認められず、すべて申告漏れとされて追徴金を払わされる。しかも、申告漏れがあると、国税は他のマスコミにこれをリークして、大々的に記事にさせるんです」(全国紙元国税担当記者)
 実例をあげよう。直近でもっとも露骨だったのは、2011年から2012年にかけての東京新聞(中日新聞)に対する調査だ。財務官僚に籠絡され、消費財増税へとひた走ろうとしていた当時の民主党・野田政権に対して、東京新聞は〈野田改造内閣が発足 増税前にやるべきこと〉〈出先機関改革 実現なくして増税なし〉などの社説で真っ向から批判を展開していた。すると、半年以上の長きにわたる異例の“調査”が入り、約2億8600万円の申告漏れが指摘されたのだ。
「このときは、名古屋国税局と東京国税局が連動するかたちで、中日新聞と東京新聞に同時に入り、異常なくらいのしつこさでやった。東京では国税が資料分析のための部屋を提供させて、徹底的に記者の領収証などを調べ上げたと聞いています。業務にも相当な支障が出て、ほとんど嫌がらせに近いような状態だったようです」(前出・全国紙元国税担当記者)
 中日新聞と東京新聞は2016年にも、再び大規模な“調査”を受けている。このときは大きな不正はほとんど見つからなかったが、取材源秘匿のため取材先の名前を公開しなかった領収証を経費として認めないなど、重箱の隅をつつくような調査で、約3100万円の申告漏れを指摘された。しかも、こんな少額の申告漏れにもかかわらず、国税当局はこの情報を他のマスコミにリークして記事にさせている。
「2016年の調査は、官邸の意向を受けてのものと言われていましたね。2015年の安保法制強行採決や米軍基地問題での東京新聞の批判に、官邸が激怒し、国税を動かしたのではないか、と」(全国紙政治部記者)
 もちろん、こうした目にあっているのは東京新聞だけではない。マスコミが財務省の政策批判や不祥事報道に踏み込んだあとには、必ずといっていいほど、税務調査が入っている。
 たとえば、90年代終わり、それまで絶対タブーだった旧大蔵省にマスコミが切り込み、ノーパンしゃぶしゃぶ接待など、汚職事件の端緒を開いたことがあったが、その少し後、2000年代に入ると、国税当局は一斉に新聞各社に税務調査を展開した。
 07年から09年にかけても、朝日、読売、毎日、そして共同通信に大規模調査が入り、申告漏れや所得隠しが明らかになっている。この時期は第一次安倍政権から福田政権、麻生政権にいたる時期で、マスコミは政権への対決姿勢を明確にし、官僚不祥事を次々に報道していた。これらの調査はその“報復”ではないかと指摘された。
 さらに、東京新聞に大規模調査が入った2011年には、やはり消費増税に反対していた産経にも“調査”が入っている。また、12年3月には朝日が2億円超の申告漏れを、4月には日本経済新聞が約3億3000万円の申告漏れを指摘された。そして、この税務調査ラッシュの後、新聞各紙はどんどん消費増税の主張を強めていくのである。
 また、税務調査による報復は、新聞やテレビだけではなく、週刊誌にも向けられてきた。
「財務省のスキャンダルをやった週刊誌の版元の出版社もことごとく税務調査で嫌がらせを受けてますね。それどころか、フリーのジャーナリストのなかにも、財務官僚のスキャンダルを手がけた後に、税務調査を受けたという人が結構います。年収1千万円にも満たないようなフリーに税務調査が入るなんてことは普通ありえないですから、これは明らかに嫌がらせでしょう」(週刊誌関係者)
 たしかに、これでは腰がひけるのも当然だろう。実際、いまの新聞・テレビでは、財務省や国税がからむ不祥事は、よほどのことがない限り事前に自主規制で潰されてしまうという。森友学園問題は「みんな赤信号を渡っている」状態なため、ある程度は財務省の批判もしているが、現国税庁長官である迫田前理財局長を名指しで批判し、証人喚問を要求するというのは、やはりハードルが高いということだろう。
 そう考えると、国税庁長官に迫田氏が就任しているということ自体がきな臭く思えてくる。つまり、安倍首相は自分たちのさまざまな疑惑を封じ込め、マスコミの情報源を特定するために、同郷の子飼い官僚を国税のトップに座らせたのではないか。
 賭けてもいいが、安倍政権に飼い慣らされたマスメディアは、今日の証人喚問が終わったとたん、幕引きムードを醸し始めるだろう。しかし何度でも言う。森友学園問題は、籠池理事長の証人喚問だけでは何もわからない。国有地は国民全体の財産だ。真実を知るために、迫田氏の証人喚問は必須。そして、マスコミはいまこそ腹をくくり、総力をかけて“伏魔殿”に切り込まねばならない。(野尻民生)


昭恵夫人への忖度か?岡山県の農村に「EV車50台」の謎 そこら中で燻る「第二の森友」問題
伊藤 博敏 ジャーナリスト
なぜこの農村が選ばれたのか?
「こんな田舎の田んぼに、『なんでトヨタが車を寄付してくれたんか』と思うたが、森友学園騒動を見て、なるほど『(安倍晋三首相夫人の)昭恵さんへの配慮か』と、得心が行きました」
こう感想を漏らすのは、岡山県北東部に位置する美作市の市議会関係者である。
美作市は、約2万7000人と県内で最も人口の少ない市であり、農業、林業が主な産業。1000年以上の歴史がある上山地区の棚田は8300枚もあり、日本を代表する田園風景だったが、多くが耕作放棄され、荒れ果てていた。
その棚田を、地域の産業復興、自然環境保全の観点から、都市からの移住者と地域住民と行政が協力し合って再生させようという試みが07年から始まり、NPO法人「英田上山棚田団」が活動を始めた。
山口県下関市に「昭恵農場」を持ち、田植えや稲刈りなど農作業を行っている昭恵夫人は、この運動に共感、2013年2月、初めて上山を訪れて、地域農業復活の為に一緒に活動することになった。棚田団の名誉顧問にも就き、15年3月には、上山地区の活性化や美作市の知名度向上に尽力したということで、美作市から功労表彰された。
その首相夫人が支援する棚田に、現在、1人乗りで小回りが利くトヨタグループの超小型EV(電気自動車)車の「コムス」が導入され、走り回っている。助成しているのは、モビリティ社会の実現とモビリティ格差の解消に貢献することを目的に設置されたトヨタ・モビリティ基金(TM基金)である。
TM基金は、14年8月の設立以来、タイやベトナムで交通渋滞緩和に関するプロジェクトに助成、15年12月、国内では初めて美作市の「上山集楽みんなのモビリティプロジェクト」に助成することになった。
助成先は棚田団とみんなの集落研究所。助成期間は約4年間で助成金額は2億2000万円。中山間地域の移動の仕組みを構築し、最大で50台のコムスを導入、カーシェアリングの要領で、住民が日常生活、農作業の「足」として利用する。
棚田の再生、農村の再構築、それを実現するための住民・農民の「足」の確保――。誰も反対することはない「良いプロジェクト」であり「望ましい助成」である。ただ、それがなぜ美作市上山地区だったのか。
TM基金は、「広くヒヤリングを行い、助成テーマを探すなかで、みんなの集落研究所の紹介を受け、上山地区の棚田の復活に取り組む英田上山棚田団の活動支援に至った」と、答えるものの、全国に数ある「過疎の村の再生事業」のなかで、なぜ上山地区か、という疑問を解消するに至らない。
冒頭の市議会関係者が続ける。
「結局、首相夫人の名前が有効だったん違うか。昭恵さんが、トヨタに頼んだかどうかは知らん。ただ、そんなことはせんでも、『首相夫人が力を入れているんやから』と、配慮するもんでしょう。森友学園で国有地が格安で払い下げられたり、小学校に認可が下りたりしたんと同じ理屈じゃないかと思う」
TM基金は否定する。私は質問書を送り、「棚田団への選考過程で、政治家や官僚からの推薦、支援、口利きはなかったか」、及び「安倍昭恵夫人が名誉顧問を務めていることに関し、なんらかの配慮はなかったか」という二点を質したが、「一切ございませんでした」と答えた。
棚田団も同様で、助成に関しては「07年から続けてきた棚田再生の活動が世間に認められた」ことを強調、「TM基金への申請に関して安倍昭恵さんのお名前は一切だしておりません」と、付け加えた。
おそらく、ここに森友学園騒動を巡る問題の根が潜んでいる。
「最強の私人」であるがゆえに
森友学園は、籠池泰典理事長夫妻の強烈なキャラクターに加え、財務省や大阪府の官僚の不可解な対応、8億円の国有地値引き、三つの工事金額、補助金不正受給などが絡み、事件化は確実な情勢で、「のどかな過疎地の移動手段の助成」とは、一見、比較にならない。
しかし、安倍首相の一強政治が続く間に、行政の官僚は、首相夫妻に関するものなら、私事に至るまで「配慮」や「忖度」を働かせてきた、ということだろう。昭恵夫人は、フェイスブックで16年2月、石破茂地方創生担当大臣が美作市を訪れ、コムスに乗っている写真をアップしている。そうした夫人の持つ“政治力”が、助成につながったという想像が生まれるのも無理からぬところだ。
また、昭恵夫人のホームページには、農業、福祉、教育、原発、災害復興などでの様々な活動が紹介されており、「名誉校長」「名誉顧問」など、選考過程に組織決定が要らず、互いの了解だけで名乗ることが許される「名誉」がつくものが数十に及ぶという。
その活動の基準は、昭恵夫人にとって「正しい」ものである。スピリチュアル界の有名人である故・江本勝氏の影響を受けたという昭恵夫人は、物質欲に縁のない高い精神性を持つものに傾倒。だから農業は有機農業であり、絆を大切にする農村の秩序を重んじ、反原発、反防潮堤、医療用大麻に理解を示す。
そこに思想性があるわけではない。そのため、森友学園の園児たちが、教育勅語をそらんじ、礼儀正しく挨拶し、「安倍首相バンザイ」と両手を挙げる光景が微笑ましく、名誉校長を引き受けてしまった。
その天衣無縫の振る舞いが、「家庭内野党」として安倍政権の人気を底支えしてきたのだから、今回の騒動は、「私人」として放置してきた安倍首相の責任でもある。
「命じられてやる」のは良い役人ではない。察知して先回りし、作為と取られない形で忖度し、有力政治家の意を満たすのが、優秀な良い役人である。今回の森友学園はそうした忖度が生んだ事件といっていい。
そして、「最強の私人」である昭恵夫人が、あまりに活発に活動するので、規模の大小、質の善し悪しを問わなければ、「第二の森村学園」を疑わせる事例は、幾つでも転がっているのだ。


昭恵夫人が森友国有地問題で口利きしていた! 稲田大臣の夫にも土地のこと相談! 大物財界人の名前も…籠池証人喚問で新事実が次々と明らかに
 森友学園問題。本日、注目の籠池泰典理事長の証人喚問が始まった。午前に行われた参院予算委員会の証人喚問で、新事実が次々に飛び出している。
 冒頭、山本一太委員長から国有地取得について政治的関与があったかどうか問われ、籠池理事長は「あったのだろうと認識しております」と答えた。
 最初に質問に立った自民党の西田昌司議員は、学園の財務状況を追及し、そもそも学校を新設できる状態になかった、それがこの問題の本質だ、などと的外れな指摘を行った。「認可適当」としたのは大阪府の私学審議会なのだから大阪府に聞けよという話であるが、これには籠池理事長からも「この問題の本質は、口利きがあったかどうかであって、議員の質問は的外れ」と返される始末だった。
 そして、籠池理事長は、やはり昭恵夫人に“口利き”を依頼していたことを明かした。籠池氏は冒頭陳述のなかで、小学校建設用地として取得した問題の国有地について、このように述べたのだ。
「その土地は国有地ということで、平成27年5月29日に定期借地契約を締結しました。その土地の買い上げの条件として、10年だったものをもっと長い期間へ変更できないかとの思いから、私たちの教育理念に賛同している昭恵夫人に助けをいただこうと考えまして、昭恵夫人の携帯に電話をいたしました。平成27年の10月のことです。留守電でしたのでメッセージを残しました。すると後日、内閣総理大臣夫人付のタニサエコさんという方からご連絡いただき、『なかなか難しい』とのご返事をいただきました。平成27年11月17日に総理夫人付タニサエコさんからいただいたファクスでは、『大変恐縮ながら現状では希望に沿うことができない。なお、本件は昭恵夫人にもすでに報告させていただいております』というお言葉をいただきましたが、お骨折りに感謝しておったところでございます」
 これが事実であれば、国有地の取引について昭恵夫人側が口利きをしていた可能性はかなり高いと言わざるをえない。
 籠池理事長によると、タニサエコという人物は昭恵夫人が講演をした際に幼稚園にも同行していた人物でもあるそうで、民進党の福山哲郎議員が確認したところ「たしかに経産省から内閣府に出向している記録があるようです」という。この国有地をめぐる昭恵夫人側とのやりとりについて、福山議員がさらに詳しく尋ねると、籠池氏はこう述べた。
「内容にいたしましては、ちょうど定期借地が終わりました、契約しました頃でありますので、買受特約10年がついておりました。ちょうどその時期に、介護施設については50年の特約がつくというようなことが言われておりましたんで、そのことを、介護施設ではあるんだけど学校法人はどうなんでしょうかというふうなことを、お聞きお願いしたということであります。その結果、それは今のところ学校法人は無理だということであったと、いうふうなことであります」
 籠池理事長によれば、このときのやりとりの物的証拠であるファクスを保持しているという。福山議員は「夫人付きの方が動いたことがあるということは非常に大きなこと。これはある種、忖度が働いてもおかしくないかなという状況」と感想をもらしていたが、その通りだろう。昭恵夫人側に具体的にどういう動きがあったのか、昭恵夫人を証人喚問し、解明するべきだ。
 さらに籠池理事長は、昭恵夫人と小学校との結びつきの強さを感じさせるエピソードも明かした。小学校の開校予定地を昭恵夫人と訪れたことがあるかと問われた際、「土地を見て『いい田んぼができそうですね』と昭恵夫人が話したことから、『瑞穂の國記念小學院』という名前にした」と明かしたのだ。
 さらに、籠池理事長の妻と昭恵夫人はこの問題が明らかになって以降も「2月中に22回、3月中は15〜6回」もメールをやりとりしており、なかには昭恵夫人から口止めともとれる内容のメールもあったという。この、メールについては昭恵夫人サイドも籠池理事長も公開してもいいと言っており、どういったやりとりがなされていたのか、さらに明らかにしてもらいたい。
 また稲田朋美防衛相との関係についても、新たな事実が発覚した。福山議員から稲田防衛相との関係について問われ、籠池理事長はこのように証言したのだ。
「稲田先生のところと顧問契約、結んでおりました。先生も出廷いただいたというふうに記憶しておりますけども、今回の土地の事柄につきましても、稲田龍示事務所に平成28年の1月にはご相談にいっております」
 これまでも証言していた稲田防衛相と夫の弁護士事務所が顧問弁護士であったという事実をあらためて語ったうえ、国有地取引についても稲田防衛相の夫である龍示氏に相談していたという事実を明かしたのである。
 稲田防衛相の答弁が虚偽であることがあらためて示されたことになるが、これが事実であるとすれば、龍示氏からどのようなサジェスチョンがあったのか、龍示氏を通じてまた稲田防衛相などがなんらかの働きかけを行ったのか、こちらもさらなる追及が待たれるだろう。
 そして、籠池理事長の証言からは、大物極右財界人の名前も飛び出した。公明党の竹谷としこ議員が私学審議会への報告のなかにあった愛知県の海陽学園への推薦枠について質問した際、「平成27年の6月にJR東海の葛西会長さんとご面談させていただいたときに、そういう小学校ができるんであれば、ぜひ入学させてあげたい、というふうな“リップサービス”をそのまま信じ込んで記入してしまった」と暴露したのだ。
 籠池理事長の証言にでてきたのはJR東海の葛西敬之名誉会長のことだと思われるが、海陽学園は、JR東海、トヨタ、中部電力などの東海地方の有力企業が中心になって設立された学校で、葛西氏は学園の理事長も務めている。海陽学園の推薦枠の問題が報じられたときから葛西氏の伝手を頼ったのではないかという見方は流れていたが、実際に「入学させてあげたい」と葛西氏が籠池氏に直接話していたとは驚きだ。
 また葛西氏といえば、経済界の大物であると同時に日本会議にも所属する極右論客としても知られ、国家公安委員会の会議ではヘイト集団・在特会を評価するような発言をしていたこともある。もちろん安倍首相とも昵懇の間柄で、安倍首相をバックアップしてきた経済人による「四季の会」「さくらの会」の中心人物で、今月1日にも会食をしている。
 やはり安倍首相がいかに籠池理事長と個人的関係を否定しようとも、同じ極右ネットワークのなかで一体化していたということだろう。
 また、籠池理事長は、小学校に設置認可申請で、大阪維新の会所属で大阪府議であり、「松井知事のお父様とも親しいお付き合い」があったという畠成章氏(2015年9月に逝去)の関与を明かした。このほかにも籠池理事長は大阪府の私立小設置基準の規制緩和の口利きを依頼した政治家として日本維新の会所属の東徹・参院議員の名を挙げ、そのほか小学校設立に関して相談した政治家として、自民党の北川イッセイ・元国土交通省副大臣や柳本卓治・参院議員の名前を出している。こうした政治家たちへの追及も必要だろう。
 明日にはついに迫田英明・前理財局長と武内良樹・前近畿財務局長の参考人招致が決まったが、いずれにしても全容を解明するためには、籠池氏の証人喚問だけでなく、昭恵夫人、迫田前理財局長ら財務省関係者、松井一郎府知事はじめ大阪府の関係者の証人喚問が必要だろう。(編集部)


籠池証人喚問<上> 昭恵夫人「安倍晋三から」と現ナマ封筒
「『安倍晋三からです』と封筒に入った100万円を下さった」「政治家の関与はその都度あった」――。日本中が固唾をのんで見守った、23日の森友学園・籠池泰典理事長に対する証人喚問。理事長は冒頭から、日付や実名を次々ブチ上げ、爆弾を炸裂させた。安倍首相夫妻とのズブズブの関係も、ハッキリ明言した。もはや安倍首相は逃げられない。政権は大激震だ。
■“口封じメール”も発覚
 籠池理事長は午前9時10分に国会に到着した。黒のスーツに渋めのゴールドのネクタイ姿。比較的、落ち着いた様子だった。
 証人喚問は参院の予算委員会で午前10時からスタート。山本一太委員長から「籠池康博君、ご本人ですか」と戸籍名で呼びかけられると、理事長は「はい、そうでございます」と答えた。これまで記者会見などで聞いた声のトーンと変わらず、緊張した様子はほとんどない。宣誓書への署名を求められると、手元を震わせることなく、淡々と署名した。
 喚問では、質疑応答の前に最初の10分間、籠池理事長の発言が許された。理事長は水を飲んでから立ち上がり、そこからは、“籠池砲”を連発。特に、安倍昭恵夫人との親密な関係や、いかに安倍首相夫妻が森友学園が新設しようとした小学校に共鳴していたかを強調した。
「真に日本国のためになる子供を育てたいという教育者としての思いから、今年4月に『瑞穂の國小學院』を開校できるよう頑張ってきました。教育者としての私の思いについて、安倍首相や昭恵夫人、大阪府議など多くの関係者にご理解をいただいたことは今でも感謝している。結果として、手続き上の問題や幼児教育の現場の行き過ぎなどがあったことは反省している。弁護士の指示で申請を取り下げたが、応援してくれていた方が手のひらを返すように離れていくのを目の当たりにして、どうしてこうなってしまったのかという思いもあります」
「(小学校は)松下村塾が念頭にあった。長州出身で私の理念に共感していただいている安倍首相に敬意を表し、『安倍晋三記念小学校』とするつもりで昭恵氏に相談し、ご理解いただいたと思っていた」
「昭恵氏は3回、講演・視察に来た。名誉校長に就任していただいたのは、平成27(2015)年9月5日の講演の時のこと。昭恵氏は控室だった園長室でお付きの方に席を外すように言った後、『どうぞ安倍晋三からです』と封筒に入った100万円を下さった。私たちにとっては名誉なことなので、鮮明に覚えております」
「府議会議長だった故・畠成章氏は、森友学園の幹事も務め、松井府知事の父親とのお付き合いもあったので、知事や府に力添えいただけるようお願いした。小学校設置の認可申請では『特別な取り計らい』を頂いたと感謝している」
 国有地の格安払い下げという土地取引についても、昭恵夫人の“口利き”と財務省の“忖度”をにおわせた。
 10年の定期借地から長期使用への変更を希望し、2015年10月、昭恵夫人の携帯電話に留守電メッセージを残したところ、昭恵夫人付の秘書役、谷査恵子氏から連絡があったという。
「谷氏からは『なかなか難しい』と言われたが、同年11月17日、谷氏からファクスが来て『昭恵夫人に報告はしております』とありました。(その後)財務省の中でどのようなことがあったのか詳しくわからない。昭恵氏、谷氏、財務省関係者に詳しく聞いて欲しい」
 昭恵氏の国会招致を要求した形だ。
 生活ゴミ撤去で8億円ものディスカウントがあったことについては、「想定外の大幅な値下げにちょっとびっくりした」と答え、当時の近畿財務局や財務省の迫田理財局長、森友の顧問弁護士だった酒井康生氏に聞いて欲しいと、こちらについても国会招致を求めた。
「財務省から10日間、身を隠してほしい」と言われたという一件については、「(佐川理財局長の)部下の島田氏に10日間隠れていて」と言われたと改めて明言した。
 発言の最後はやはり、昭恵夫人についての言及に戻った。あれほど自分たちの教育に理解を示し、協力をしてくれ、親しくしてくれたのに……、という悔しさと恨み骨髄なのだろう。森友問題がはじけて以降、昭恵氏が籠池夫人へのメールで、「主人も大変なことに巻き込まれていることもご理解を」「私が関わったということは、裏で何かがあると疑われないように」と“口止め”ともとれるメールが来たことも明らかにした。
「(昭恵氏は)あんなに私たちの学校の開校を楽しみにしていたのに、どうしてなのか割り切れない思い。トカゲの尻尾切りで私だけに罪をかぶせるのではなく、その他の関係者も呼んで、真相を究明して欲しい」
 最後はこう締めくくった。


籠池証人喚問<中> 100万円受け取った状況を生々しく証言
籠池理事長は参院予算委の山本一太委員長(自民)の総括尋問に対する答弁でも、驚きの発言を連発した。
 籠池理事長は、安倍首相から受け取ったという「100万円の寄付」について、山本委員長からあらためて事実関係を問われると「事実」と断言。
「平成27年9月5日、昭恵ご夫人に当園で講演会をしていただいた時。園長室でお話をさせていただき、(昭恵氏が)かばんの中から封筒を取り出し、『どうぞ』といただいた。中を見ると金子が入っており、『いいんでしょうか』と言うと、『安倍晋三からです』とおっしゃった。頂いた時は私と昭恵夫人2人きり。中身を確認したら100万円で、金庫の中に入れて『しんきた』の郵便局で(振り込んだ)」と詳述した。
■昭恵夫人に講演料10万円渡した
●西田昌司(自民)
――昭恵夫人には何を相談したのか。
 瑞穂の國記念小學院ではこのような副読本はどうでしょうかと見せたこともありますし、教育的なことをお願いしたということであります。
――なぜ、野党議員だけ集めて会見したのか。
(補佐人に相談)ええ、私の方から別に拒否することもありませんから。何か問題あるのでしょうか。
――その時に昭恵夫人からメールがあり、奥さまとのやりとりがあったと。野党議員に見せたか。
 それは記憶にございません。
――総理は絶対に寄付金を渡していないと言っている。密室の中の話だし、証拠もない。あなたが寄付金を集めるのがしんどいから、当初は安倍さんの名前を使って募金を集めようという思いがあったのだろう。
 寄付金集めのためだったら、安倍記念小学校という名前は使わない。
――小学校を建てるのに、大阪(私学)審議会に7億5000万円と提出し、藤原工業は15億5000万円と言っている。
(補佐人に相談)それは刑事訴追を受ける可能性があるのでお答えすることはいたしません。
――これが問題の本質、初めからお金が足りなかったのではないか。
 この問題の本質は、口利きがあったかどうか。議員の質問は的外れだと思う。
――あなた、ハシゴ外されたと思っている?
 外したのは、大阪府の松井知事と思っています。
●福山哲郎(民進)
――設立の趣旨に賛同した昭恵夫人に電話、27年10月、留守電に残した。谷査惠子氏から、国有地取得について「現段階では難しい」と連絡があった。谷査惠子氏は総理大臣夫人付スタッフか。
 おっしゃる通りです。
――FAXで「希望に沿うことはできない」と。
 そうでございます。
――証明できるものがあるか。
 いただいたFAXは残っている。
――内容を紹介して欲しい。
 ちょうど定期借地が終わった頃です。買い受け特約10年が付いていた。そのころ介護施設は(特約が)50年付くが学校法人はどうかとお聞きした。その結果、学校法人は無理ということだった。
――近畿財務局とか、(関係各所に)問い合わせた形跡があるということか。
 その通りです。
――この時期に夫人付が各役所に問い合わせなどをしていたとしたら。当時は昭恵夫人は名誉校長か。
 そうでございます。
――忖度が働いても仕方がない状況だ。昭恵夫人に10万円を講演料として渡したのか。
 10万円の講演料を先に用意しておりましたので、100万円をいただく前に用意しておりましたので。お帰りになる時にお渡ししました。お菓子の袋にその封筒、10万円入っております。封筒に感謝と銘を入れてお持ち帰りいただいたということです。
――昭恵夫人も寄付を否定されている。なぜ、今、公にしたのか。
 2月8日に問題が勃発し、政府の方が何とかうまく対応すればいいと見守っていた。私はご助力いただいていると思っていたのに、手のひらを返すように学校を潰しにかかってきた。何が起こっているのかを解明しないと、国民の皆さんに申し訳ないと思った。
――昭恵夫人から口止めとも思われるメールが来たと言った。いつ頃届いた?
 大体、2月18日以降、25日までの間だと思う。
――かなりやりとりしている?
 35、36回はやりとりしている。
――鴻池先生の言う「こんにゃく」とは何か。
 中身ということでしょうか。封筒の中に3万円、型紙の中に入った商品券です。
――何のために(鴻池事務所にこんにゃくを)持って行ったのか。
 入院されてましたのでお見舞いも兼ねてもありますが、その時にこういう風な土地の関係はこうなっていますと報告はさせていただいたということであります。
――近畿財務局とは問題発覚後もやりとりがあったと。それのひとつが、10日間隠れてろという話なのか。
 近畿財務局とはあの一件がありましてからもやりとりしてました。私も当時の顧問弁護士の酒井先生もです。10日間うんぬんも酒井先生がされておりました。
――財務省の島田さんから10日間隠れてろと言われたのか。
 財務省の島田さんから言われたということであります。
――稲田大臣との関係を聞く。顧問契約や法律相談はあったのか。
 稲田先生の事務所と顧問契約を結んでおりました。出廷されたこともあったと記憶しておりますけれど、今回の土地のことにつきましても平成28年1月には稲田龍示事務所に相談に行っております。


籠池証人喚問<下> 鴻池氏以外に挙がった政治家3人の実名
●竹谷とし子(公明)
――昭恵夫人にメールなどでお礼をしたか。
 黙っていてと言われたからしていない。
――3月16日に、総理から寄付をもらったと言い出したのはなぜか。
 あの日、申請を取り消した。一生懸命造った建物を存続するために、安倍晋三氏の寄付が入っているんだ、何とか存続させて欲しいと思ったから。
――安倍晋三記念小学校の寄付を募る際に、許可は取ったか?
 取ってません。
――本人の許可なく名前を使って寄付を募るのは詐欺ではないか?
 詐欺ではないと思います。
●小池晃(共産)
――昭恵夫人は名誉校長の要請を最初は断った?
 1秒ほど止まってらっしゃいましたが、すぐに即断をしていただきました。
――昭恵さんと更地の豊中の敷地に行ったことあるか。
 一緒に行かせていただきまして、ここに学校が出来るとお話しさせていただきました。
――昭恵夫人からサジェスチョンはあったのか。
 いい田んぼができそうですね、ということでありましたね。それで瑞穂の國記念小學院とさせていただきました。
 財務省が前向きに動いていると感じましたのは、生活ゴミが出てきた後が一番著しかったと記憶しています。
――どういう動きを見て?
 私どもの弁護士が入っていましたから、動き方、スピード感が非常に速かったと思います。
――3月10日の記者会見で、大阪府の設置基準緩和に4年ほどかかったと。政治家に協力を頼んだことはあるのか。大阪府の議員を含めて。
 ございます。
――どなた。
 ええ、東徹(参院)議員です。
――そのほか、この問題で名前が出ている政治家で、鴻池議員以外でだれかいるか。
 すでにおやめになっていますが、国交副大臣の北川イッセイ先生、(参院議員の)柳本卓治先生、うーん、ええ、はい、そういうところで。
■ハシゴを外したのは松井大阪府知事です
●浅田均(維新)
――ハシゴを外したのは大阪府のトップと言っている。では、ハシゴをかけたのは誰か。
 ハシゴをかけたのは私。
――松井一郎氏に会ったことはあるか?
 直接、お目にかかったことはありません。
――松井府知事の喚問を要求します。
●山本太郎(希望=自由、社民)
――現金100万円の寄付を受けた際に、昭恵夫人が「一人にさせてすみません」と。同志だから言えることだ。感動したか。
 うれしく、これで物事は進んでいくなと思った。
――ハシゴを外されたと怒りを覚える政治家は。
 大阪府知事です。
●松沢成文(無所属クラブ)
――大阪府知事の松井氏に便宜を図ってくれとお願いしたことはあるか。
 しておりません。ええ、人は頼みになるものという認識の中で亡くなっていかれた方もいますので。ご意志を継いでいかれるのであればそのままでいくだろうと思っていましたので。その他にはしておりません。
――昭恵夫人に対し、(小学校の)認可を安倍総理経由で府知事にお願いして欲しいと言ったことはあるか。
 その点については致しておりません。
――鴻池議員ルート。国有地払い下げの件でお願いに行った。秘書が動いた。その時、鴻池議員に麻生財務大臣に伝えてほしいと依頼したことはあるか。
 麻生大臣の方に伝えてくださいませんか、と言ったことはあります。
――麻生大臣は(小学校)設置者からの要望を知っていたと。
 なかったと思います。私はお伝えしましたが、伝わってなかったと思います。


森友学園 籠池氏、昭恵夫人寄付「名誉なこと。記憶鮮明」
証人喚問
 参院予算委員会は23日、大阪市の学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、籠池(かごいけ)泰典理事長に対する証人喚問を行った。籠池氏は2015年9月5日に学園の運営する幼稚園で安倍晋三首相の昭恵夫人から100万円の寄付を受けたと証言。「園長室で2人きりになり、『安倍晋三からです』とおっしゃって寄付として封筒に入った100万円をくださった。名誉なことで鮮明に覚えている」と語った。首相は事実関係を否定している。
 籠池氏は「もらったのが土曜日だったので金庫に入れ、月曜日に(学園職員が)郵便局に行った」と説明。「教育者としての私の思いについて、首相や昭恵夫人、大阪府議会の先生方らにご理解をいただき、今でも本当に感謝している」と述べる一方、問題発覚後に昭恵夫人から「口止めとも取れるようなメールが届いた」とも明かした。
 また、昭恵夫人に国有地取得への協力を求めたが、夫人付きの官邸職員を通じて「なかなか難しい」との回答があったと証言。回答を受けた際のファクスを予算委に提出する意向を示した。さらに昭恵夫人が一時、小学校の名誉校長を務めていたことを財務省近畿財務局などに伝えていたと説明。妻らが昭恵夫人と今年2月に22回、3月に15〜16回メールで連絡を取ったと明かした。
 国有地の取得を巡る政治的な関与の有無については「その都度関与はあったのだろうと認識している」と発言。小学校認可の基準緩和や土地取得を巡って協力を依頼した政治家として、日本維新の会の東徹総務会長▽自民党の柳本卓治参院議員▽北川イッセイ元参院議員の名前を挙げた。
 また小学校が「九分九厘できあがっていて、はしご段を外された思いだ。(外したのは)大阪府の松井(一郎)知事だと思っている」と述べた。これに関連し浅田均氏(維新)は松井氏の証人喚問を求めた。
 籠池氏は国有地の価格に関し「想定外の値下げにびっくりした。詳細は承知していない」と述べ、「財務省の佐川宣寿理財局長の命として部下のシマダさんから『10日間隠れていて』と顧問弁護士から伝えられた」と証言。稲田朋美防衛相との関係については「今回の土地の事柄についても(稲田氏の夫で弁護士の)稲田龍示事務所に16年1月に相談に行った」と語った。
 一方、質問に立った西田昌司氏(自民)は「首相夫人から2人だけで寄付をもらったと言うが、私は夫人から直接話を聞いており、(同行した職員は)席を外していない。事実と違うのではないか」とただした。これに対し籠池氏は「秘書の方は直前にお人払いをされたので2人(だけ)だった」と反論した。【光田宗義】


森友学園 籠池氏、妻と昭恵夫人のメール頻繁「今月も」
 23日、参院予算委員会で行われた大阪市の学校法人「森友学園」の証人喚問で同学園の籠池泰典理事長は、首相夫人とのメールについて問われ、「妻と昭恵(首相)夫人は以前からメールをやりとりしていて、2月に22回、今月に入ってからも10〜15回やりとりがあった」と述べた。民進党の福山哲郎参院議員の質問に答えた。

森友学園 「はしご外された」…籠池氏、恨み言入り混ぜ
 「私だけを悪者にするような政府や大阪府知事の態度をみて、何かおかしいと思った」。大阪市の学校法人「森友学園」の小学校開校計画を巡る問題で、渦中の籠池(かごいけ)泰典理事長が23日午前、参院予算委員会の証人喚問に臨んだ。小学校建設で安倍晋三首相から100万円の寄付を受けたと主張する籠池氏。「全ては国会で話す」として実現した証人喚問で、籠池氏は何を語ったのか。
 国会の証人喚問が開かれたのは、およそ5年ぶり。午前9時58分、籠池氏が委員会室に入った。口を固く結び、一礼して証言台横の席に座った籠池氏。笑みも見せたが、緊張のためか目をしばたたかせている。
 午前10時7分、籠池氏が話し始めた。「不行き届きについては反省します」。小学校建設を巡り、国や大阪府など窓口に応じて3種類の工事契約書を作ったことを認め、謝罪の言葉を述べた。ただ、その後は違った。
 小学校の設置認可申請を取り下げた後、私だけが悪者にされている。手のひらを返したように人が離れていく−−。恨み言を連ねる籠池氏。小学校開校に向け、安倍首相の妻昭恵氏から2015年9月5日、2人きりの席で「安倍首相からの寄付金100万円」を受け取ったと明かした。しかし「(籠池氏の)妻に、昭恵氏から『大変なことに巻き込まれた』とか、口止めとも取れるようなメールが届いた」と述べ、「割り切れない」と嘆いた。
 小学校用地として大阪府豊中市の国有地を取得する際、昭恵氏に電話し助力を求めた、とも打ち明けた。夫人付きの担当者から「できない」という回答を得たとした上で、籠池氏は、この間に国有財産を管理する財務省で何が起きていたのか、「聞いてみてほしい」と呼びかけた。
 地中に残るごみ処分費が考慮され、評価額9億円超の国有地を1億3400万円で取得した森友学園。国有地で計画した小学校に一時は「名誉校長」に名を連ねたのが昭恵氏だった。籠池氏はこの時のことを「非常にうれしく、これで物事がうまくいくと思った」と振り返った。
 昭恵氏を通じて受け取ったという安倍首相からの寄付金の真偽。自民党の西田昌司委員が「あなたの証言を聞くと、都合のいい事実は言えるが証明できない」とただすと、籠池氏はやや険しい表情を見せた。
 学園には、大阪府の審査で財務状況を良く見せるため、実際の半額ほどの工事契約書を作成した疑いがある。この点を突く尋問もあったが、籠池氏は「刑事訴追を受ける可能性があるため、お答えいたしません」。重ねて尋問されても同様の答えを繰り返し、明言を避けた。
 籠池氏と政治家の関係も注目されている。籠池氏は小学校設置認可に向け、大阪府議会議長を経験した畠成章氏(故人)の力を借りたと説明。畠氏は松井一郎大阪府知事と近い人物だとした上で、籠池氏は「当時の府総務部長にも説明し、認可申請で特別な取り計らいをいただいたものと感謝している」と述べ、「松井知事や関係者から話を聞き、国会や府議会で真相を究明してほしい」と訴えた。
 自民の柳本卓治参院議員と北川イッセイ前参院議員、維新の東徹参院議員−−。籠池氏は、学校計画への助力を依頼したという大阪選出の国会議員らの名も次々と明らかにしたが、具体的にどのような便宜を図ってもらったかは話さなかった。
 直前で頓挫した小学校開校計画。校舎はほとんど完成している。設置に否定的な発言を繰り返した松井氏には含むところがあるようで、籠池氏はこうつぶやいた。「はしご段を外された思いだ。(外したのは)松井知事だと思っている」【武内彩、遠藤拓、田辺佑介】
松井氏「逆恨み」
 大阪府の元総務部長=2015年に退職=は23日、毎日新聞の取材に対し、13年夏ごろに畠成章氏、籠池氏と3人で大阪市内で食事をしたことを認めた。また、松井一郎大阪府知事は「籠池さんは、僕にはしごを外されたと恨んでいるようですが、(中略)逆恨みはやめていただきたいものです」とツイッターに投稿した。【村上正】


安倍辞任必至? 籠池理事長が昭恵夫人付役人から「予算化を調整中」の報告を受けたと証言、物証のFAXも存在
 とんでもない爆弾証言が出てきた。先ほど終わった衆院予算委員会での学校法人森友学園の籠池泰典理事長の証人喚問だが、午前の参院での証言で出てきた「平成27年11月17日に総理夫人付タニサエコさんからいただいたファクス」について、衆院でさらなる詳細が発覚した。
 午前の証人喚問での籠池理事長の話によると、平成27(2015)年5月29日に定期借地契約を締結し、その土地の買い受け特約が10年だったが「もっと長い期間へ変更できないか」との思いから「私たちの教育理念に賛同している昭恵夫人に助けをいただこう」と考え、同年10月に昭恵夫人の携帯に電話。留守電だったためメッセージを残したところ、後日、内閣総理大臣夫人付のタニサエコという人物から連絡があり、「なかなか難しい」との返事がきた。
 さらに同年11月17日には、以下のようなファクスが送られてきたという。
〈時間がかかってしまい申し訳ありませんが、財務省本省に問い合わせ、国有財産審理室長より回答を得ました。
 大変恐縮ながら、国側の事情もあり、現状では希望に沿うことはできないようでございますが、引き続き、当方としても見守ってまいりたいと思いますので、何かございましたらご教示ください。
 なお、本件は昭恵夫人にもすでに報告させていただいております。
内閣総理大臣夫人付 谷査恵子〉
 このファクス文面はすでに午後のワイドショーで公開されているものだが、午後の衆院の証人喚問で民進党・枝野幸男議員に引き続きこのファクスについて問われた籠池理事長は、上記の文面を読み上げた後、なんともう1枚紙をめくって、文面を読みはじめた。まだ公開されていない2枚目、つまりファクスのつづきがあったのだ。しかも、それは衝撃的な内容だった。
「『10年の定借の是非』『50年定借の変更の可能性』『土壌汚染や埋設物の撤去期間に関する資料の扱い』そして4番(目)が『工事費の立て替え払いの予算化について』というふうなことも書いていただいている。『一般的には工事終了時に精算払いが基本であるが、学校法人森友学園と国土交通省航空局との調整にあたり、予算措置が付き次第、返金する旨の了解であったと承知している。平成27年での予算での措置ができなかったが、平成28年度での予算措置を行う方向で調整中』というようなものをいただいています」
 籠池理事長からの「依頼」に対し、安倍昭恵夫人は秘書を動かして財務省に掛け合い、その上で「国有財産審理室長」が「平成28年度での予算措置を行う方向で調整中」と回答していた──。つまり、昭恵夫人は国有地の取引に関して財務省から回答を引き出していたのである。
 この衝撃的な内容に、枝野議員は「安倍総理が従来おっしゃっていたことと全然違う。本当に重いご発言なんですよ。きょうのご発言は事実と違えば偽証罪に問われ、このファクスが偽造・変造されたものであれば、罪に問われます。間違いないものなんですね?」と確認。しかし籠池理事長は、明確に「間違いございません」と返答した。
 安倍首相は2月17日の国会答弁で「私や妻が(国有地売却や学校認可に)関係していたことになれば、首相も国会議員も辞める」と宣言している。もし、この籠池理事長が読み上げたファクスがほんとうに昭恵夫人側から送付されていたとすれば、昭恵夫人が国有地売却に「関係」していたということになる。
 この疑惑のファクスは早晩テレビなどのメディアにも出てくるかと思われるが、これが事実なら、総理辞任は必至だろう。(編集部)


<森友学園>籠池氏「首相夫人から百万円」
 参院予算委員会は23日、大阪市の学校法人「森友学園」の理事長退任意向を表明している籠池泰典(本名・康博)氏の証人喚問を行った。籠池氏は2015年9月5日に講演に訪れた安倍昭恵首相夫人から「安倍晋三からです」として100万円の寄付を受け取ったと詳述。評価額よりも8億円安い国有地払い下げを巡る政治家の関与について「あっただろうと認識している」と証言した。小学校設置で協力を依頼した先として自民党や日本維新の会の3人の政治家の名前を挙げた。
 首相は寄付の事実関係を否定している。菅義偉官房長官は記者会見で、寄付や口止めなどを重ねて否定した。


昭恵夫人口利きの証拠「2枚目のFAX」をマスコミはなぜ追及しない? 背後に官邸、山口敬之、田崎史郎の情報操作
 夕方の記事で指摘したように、本日行われた籠池泰典氏の証人喚問では、安倍首相辞任必至の爆弾証拠が飛び出した。それは、国有地について籠池氏が昭恵夫人の携帯に「定期借地契約の延長」を依頼したあと、経産省から出向している昭恵夫人付きの官僚・谷査恵子氏から送られてきた回答のFAXだ。
 報道では、「大変恐縮ながら、国側の事情もあり、現状では希望に沿うことはできないようでございますが〜」といったお断りの部分のみが強調されているが、このFAXには2枚目があった。籠池氏が午後の衆院での証人喚問で読み上げたのだが、それは衝撃的な内容だった。
「『10年の定借の是非』『50年定借の変更の可能性』『土壌汚染や埋設物の撤去期間にかんする資料の扱い』そして4番(目)が『工事費の立て替え払いの予算化について』というふうなことも書いていただいている。『一般的には工事終了時に精算払いが基本であるが、学校法人森友学園と国土交通省航空局との調整にあたり、予算措置が付き次第、返金する旨の了解であったと承知している。平成27年度の予算での措置ができなかったが、平成28年度での予算措置を行う方向で調整中』というようなものをいただいています」
 ようするに、昭恵夫人が財務省に働きかけ、その結果、来年度に予算措置ををはじめさまざまな対策を講じることを約束したFAXである。安倍首相は自分や妻が国有地の取引に絡んでいたら、総理大臣も国会議員も辞めると言っていたが、その口利きへの関与の決定的証拠が飛び出したのだ。
 断っておくが、このFAXは喚問のあとに外国特派員協会で開かれた籠池氏の会見で配られており、実際に存在する。後述するが、官邸もその存在と内容を認めており、捏造というのはありえない。
 しかし、なぜかテレビはこの2枚目のFAXについて、ほとんど報じていないのだ。午後のワイドショーや夕方のニュースも100万円寄付問題や3通の契約書問題についてやたら取り上げる一方で、このFAX問題については大きく取り上げない。取り上げても、なぜか1枚目が中心で、2枚目の内容については触れないのだ。
 いったいなぜか。実は、この背景には官邸と御用コメンテーターの狡猾な情報操作があった。
 まず、このFAX問題は、本日午前、参院の証人喚問で、籠池氏が夫人付きの谷査恵子氏からFAXにて返信があったという事実を明かしたことから始まったのだが、籠池氏はこのとき、FAXの現物があるかどうかを聞かれ、いま手元にないがFAXは残っているので追って提出する旨を語っていた。
 するとその直後、きょうの『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)で、安倍御用ジャーナリストの山口敬之がこのFAXを独占入手したとして、籠池氏より先にその内容を公開したのだ。
 典型的な安倍御用ジャーナリストで、森友問題でも安倍首相と昭恵夫人を徹底的に擁護してきた御仁がなぜ?と思うかもしれないが、これこそが官邸サイドの作戦だった。
 山口はなんと、実際には2枚あったFAXの1枚目だけを出してきて、予算措置などの配慮を報告した2枚目の存在を完全にネグってしまったのだ。
 いや、ネグったのは2枚目だけではない。実際はこのFAX、1枚目だけでも十分に問題がある。「本件は昭恵夫人にもすでに報告させていただいております」という文言を見れば、昭恵夫人の関与は明らかだし、「今後も見守ってまいりたい」「何かございましたらご教示ください」などの記述は、その後の働きかけの可能性を示唆するものだ。また、首相夫人付きの官僚が財務省に問い合わせをしていること自体、忖度を発生させる原因になる。だが、山口はこれらの問題点をすべて無視し、「希望に添えない」と回答している部分だけを強調して、なんの問題もないと言い張ったのである。
「山口さんにFAXを流したのは明らかに官邸でしょう。ようするに、午前の喚問で、籠池氏がFAXを出してくることを知った官邸が先手を打って、山口さんに1枚目だけを強調させて、たいしたことがない、こんなのことで騒いだら逆に恥を書くという空気をつくりだしたのです」(全国紙政治部記者)
 そして、この空気にダメ押しをしたのが、菅義偉官房長官の夕方の会見だった。菅官房長官もやはり、2枚目のことは一切触れずに、「籠池氏側の要望には沿うことはできないときっぱり断っているのではないか。忖度以前のゼロ回答だった」と強弁したのだ。
「平成28年度での予算措置を行う方向で調整中」という回答のどこがゼロ回答なのか、さっぱりわからないが、つまり官邸はとにかく「拒否した」ということにして押し切るつもりらしい。
 さらにもうひとつ、官邸がしきりに仕掛けている情報が「谷氏個人が動いたものであって、昭恵夫人が関与したものではない」というストーリーだ。御用コメンテーターの山口や田崎史郎もやたら強調していたし、菅官房長官は籠池氏の妻が谷氏に宛てた封筒を出してきて、これは谷氏個人に依頼して谷氏個人が動いたものであって、昭恵夫人が関与したものではないと主張した。
 本日質問をした自民党の葉梨康弘衆院議員が『Nスタ』(TBS)で同じように封筒を出し、また同じ主張をしていた。いったいそれのどこが夫人の関与を否定する証拠になるのか、これまたむちゃくちゃだが、ようするに、いざとなったらすべてを谷氏に押し付け、トカゲの尻尾切りをする腹づもりらしい。
 さらに、ネットでもこのFAXを打ち消すための謀略情報がどんどん流されている。ネトウヨやネトサポらしきアカウントが、「枝野と籠池は、事前に打ち合わせしていた」というツイートを大量に拡散しているのだ。
 その結果、テレビニュースはその空気に飲み込まれ沈黙。今日の時点では2枚目のFAXを具体的に取り上げたのは前述の『Nスタ』と『スーパーJチャンネル』『報道ステーション』(テレビ朝日)くらいにとどまっている。
 しかし、官邸と自民党、安倍応援団コメンテーター連中がいくら火消しに躍起になっても、国会中継で、籠池氏が2枚目のFAXを読み上げる場面は多くの国民が目撃している。そして、目撃した人のほとんどは、これが明らかに、昭恵夫人の関与を裏付ける証拠であり、安倍首相の辞任に価する事態であることを認識している。
 今日から明日にかけて、この問題を無視し続けるテレビ局や番組に視聴者からの不満と疑問の声が大量に届けられることになるはずだ。
 そもそも、この森友学園報道は、発覚直後、この問題をなかなか取り上げようとしないテレビ局に抗議が殺到した結果、いまの大報道につながっていったという経緯がある。
 今回、メディアは、このまま官邸のいいなりに国民を欺き、2枚目のFAXを葬り去るのか。それともこのところのファイティングポーズを取り戻して、真相追及を続けられるのか。まさにメディアの真価が問われている。(編集部)


森友学園 証人喚問で早期収拾の思惑外れ 「幕引き」遠く
 大阪市の学校法人「森友学園」の籠池泰典理事長に対する証人喚問にあえて踏み切り、事態の早期収拾を図ろうとした政府・与党の思惑は外れた。23日の喚問で籠池氏は、安倍晋三首相夫人の昭恵氏と同学園のつながりをうかがわせる証言を繰り返し、政権に不安感が広がった。問題の「幕引き」にはほど遠い状況だ。
 証人喚問終了後、自民党の竹下亘国対委員長は「明らかに一区切りがついた。国有地(売買)について新たな問題点はまったく出てこなかった」と記者団に語った。籠池氏が昭恵氏を通じて100万円の寄付を受けたと主張したことに対しては、「(寄付が)ないという証明は『悪魔の証明』であり、できない」と指摘。昭恵氏の国会招致に応じない考えを示した。
 証人喚問で与党は、森友学園が国や大阪府などに提出した書類に疑義がある点をただすなど「籠池氏の証言は信ぴょう性が乏しい」(自民党幹部)と印象づける戦術をとった。しかし籠池氏からは、昭恵氏付きの官邸職員から国有地取得に関する回答のファクスが送られていたとの発言が飛び出し、引き続き説明に追われることになった。
 菅義偉官房長官は記者会見で「夫人は中身には関与していない」と述べ、沈静化に努めた。
 しかし、与党は押され気味だ。首相が出席する24日の参院予算委員会に、森友学園への国有地売却当時、財務省理財局長だった迫田英典国税庁長官、近畿財務局長だった武内良樹財務省国際局長を参考人として招致することを容認した。
 最近の報道各社の世論調査で内閣支持率は下落に転じており、森友学園問題を決着させなければ、首相の政権運営に暗雲が漂う。
 与党幹部は籠池氏の証言について「『ウソ八百』を並べて政権を批判するのは問題だ」と批判したが、衆院関係者は「これでは幕引きにならないのではないか」と懸念する。自民党幹部も「最後は昭恵氏を証人喚問する流れになるかもしれない」と漏らした。
 民進党の枝野幸男元官房長官は、国有地の約8億円の値引き問題に関し「下がった経緯について、籠池氏は弁護士に任せていたという。弁護士の意見を聞かなければ分からない。これからがスタートだ」と述べた。【高橋恵子、葛西大博】

気仙沼さいがいエフエム6年/著作権で相談

ブログネタ
フランス語 に参加中!
カップラーメン

La doyenne du porno japonais prend sa retraite à 80 ans
Après dix années passées sous les projecteurs des tournages pornos, Maori Tezuka tire sa révérence à l’age de 80 ans. Considérée comme la doyenne de l’industrie florissante du film X japonais, l’actrice dit n’avoir ≪ aucun regret ≫.
Cette ancienne chanteuse d’une troupe d’opéra avait commencé sa carrière dans le porno à l’age de 71 ans, un peu par hasard : ≪ Un producteur que je connaissais m’avait demandé si ça m’intéresserait d’essayer ≫, explique-t-elle dans la presse japonaise. L’essai est concluant et elle se souvient avoir été séduite par ≪ l’animation ≫ qui régnait sur les tournages. Le public le lui rend bien, lui permettant de jouir d’une belle popularité sur le créneau des actrices septuagénaires.

Après dix années passées sous les projecteurs des tournages pornos, Maori Tezuka tire sa révérence à l’age de 80 ans. Considérée comme la doyenne de l’industrie florissante du film X japonais, l’actrice dit n’avoir ≪ aucun regret ≫.
Cette ancienne chanteuse d’une troupe d’opéra avait commencé sa carrière dans le porno à l’age de 71 ans, un peu par hasard : ≪ Un producteur que je connaissais m’avait demandé si ça m’intéresserait d’essayer ≫, explique-t-elle dans la presse japonaise. L’essai est concluant et elle se souvient avoir été séduite par ≪ l’animation ≫ qui régnait sur les tournages. Le public le lui rend bien, lui permettant de jouir d’une belle popularité sur le créneau des actrices septuagénaires.
≪ On m’a déjà demandé de revenir dans deux ou trois ans ≫
Les seniors sont très demandés dans une industrie de l’AV (≪ Adult video ≫) japonais qui pèse 20 milliards de dollars. Les productions mettant en scène ces comédiens et comédiennes ≪ mûrs ≫ représenteraient un quart du marché.
Mais alors qu’il y a quelques années encore elle se serait bien vue poursuivre cette carrière pour une décennie supplémentaire, Maori Tezuka a changé d’avis car ≪ les tournages étaient devenus difficiles quand l’acteur n’était pas mon genre ≫.
Disant n’avoir pas choisi cette voie pour l’argent, elle a vu là un ≪ tournant ≫. D’ailleurs, ≪ on m’a déjà demandé de revenir dans deux ou trois ans. J’ai dit que j’allais y réfléchir ≫, ajoutant en riant : ≪ Ca dépendra des partenaires. ≫
フランス語
フランス語の勉強?

ネットラジオ聞いていて,今日で気仙沼さいがいエフエム6年と報道されていました.喜んでいいのかどうかわかりません.でもこれからもできたら毎朝聞きます.
昼過ぎに著作権に関して相談しに行きました.誰に相談していいのかわからないので知財関連の事務の人に紹介してもらいました.Ohさんという方で,丁寧に説明いただき確実に理解できました.

津波で半壊 気仙沼信金本店が新築営業
 東日本大震災の津波で大規模半壊した気仙沼信用金庫本店が気仙沼市八日町2丁目の旧本店敷地内に新築され、営業開始に合わせた式典が21日あった。
 新本店は鉄骨一部鉄筋コンクリート5階、延べ床面積1508平方メートル。1階の本店と2階以上の本部に約50人が勤務する。事業費は約8億円で、国のグループ化補助金を活用した。
 約4メートルの津波が押し寄せた教訓から、1階は窓を減らしてコンクリートで覆い、市内初の全自動貸金庫には防水対策を施した。2階に5トンの貯水タンク、屋上に非常用発電機を設置。給湯設備は1〜3階が市ガス、残りの階はオール電化とリスクを分散した。
 同信金は震災で当時あった12店のうち10店が全半壊した。現在は8店が営業し、2017年度中に市内の鹿折支店を再建させる。
 式典には市幹部や信金関係者ら約50人が出席し、再建を祝った。菅原務理事長は「地域とともに歩み、経済活性化に尽くしたい。円滑な資金提供で復興の役割も積極的に果たしていく」と述べた。


<震災6年>ともだちカレーで絆取り戻して
 カレーを作って、傷ついた地域の絆を取り戻してほしい。パキスタン出身で仙台市泉区の輸入業タヘル・セイエドさん(49)が、東日本大震災の被災地で炊き出しを精力的に続ける。被災者に積極的に準備してもらう活動で、その名も「ともだちカレー」だ。
 震災七回忌翌日の12日、セイエドさんは陸前高田市の災害公営住宅下和野団地で、古里仕込みのカレーを大鍋に二つ作った。呼び掛けに応じた入居者が材料の下ごしらえと集会所の設営を手伝い、子どもから高齢者まで約50人が香ばしいカレーとナンを頬張った。
 震災が起きた2011年は名古屋市で家族と暮らしていた。直後、単身で東北に入った。一関市を拠点に復興支援に取り組む東京の財団法人「連帯東北・西南」に参加し、本場のカレーを生かそうと考えた。
 「こっちからの一方通行じゃなく、被災者自らが準備し、みんな友達になってもらおう」。財団の佐多保彦代表と意気投合し、各地の仮設住宅で「ともだちカレー」を重ねた。昨年の熊本地震でも現地に赴いた。
 セイエドさんは現在、家族と共に仙台市泉区に暮らす。4月に千葉県浦安市に引っ越すため、12日は東北を離れる前の最後の炊き出しとなった。
 手伝いに来た高校2年の長男アタハルさん(17)が「父の行動を理解できないこともあったが、皆さんの笑顔を見て納得できた」とあいさつすると、会場は拍手に包まれた。
 「自分を家族のように思ってくれる人たちをこれからも助けたい」とセイエドさん。少しでも被災者の孤立をなくそうと、これからも沿岸を訪れ「ともだちカレー」を続けるつもりだ。


<原発避難訴訟>福島地裁結審 判決10月10日
 東京電力福島第1原発事故時に福島県内にいた住民ら3864人が、空間放射線量を事故前に戻す原状回復などを国と東電に求めた訴訟が21日、福島地裁(金沢秀樹裁判長)で結審した。判決は10月10日。今月17日の前橋地裁判決と同様、事故につながった津波の予見可能性、防護対策を巡る東電、国の過失責任が主な争点となっている。
 原告数は全国約30件に上る原発事故の集団訴訟で最も多い。前橋地裁、9月に判決予定の千葉地裁に続いて3例目の結審となった。
 21日は原告4人と代理人が最終の意見陳述をした。二本松市でスーパーの営業を続けてきた服部浩幸さん(47)は「子どもたちを避難させるべきだったと自責の念に駆られている。全ての被害者が希望を持てるよう、勇気と正義にのっとった判決を望む」と訴えた。
 代理人の馬奈木厳太郎(まなぎいずたろう)弁護士は、除染対象が年間被ばく線量1ミリシーベルト以上の区域となっていることを問題視。「1ミリシーベルトは事故前の線量の約6倍で、受忍しなければならない理由は全くない」と述べ、事故前の水準(毎時0.04マイクロシーベルト以下)に下げるよう求めた。
 原状回復を巡り、これまで国は「手段や範囲が特定されておらず、訴えは不適法」と主張。東電は「膨大な費用がかかる。不可能だ」などと反論してきた。
 原告は2013年3月から順次提訴。原状回復まで1人当たり月額5万円の慰謝料も求めている。原告の事故時の居住地は県内外で、県内は全59市町村に上る。
 津波の予見可能性などの争点を巡り、前橋地裁判決は「東電は実際に予見していた」「対策を取っていれば原発事故を防げた」と判断。東電と国の責任を認め、双方に精神的賠償などの支払いを命じた。
 原告らは21日、福島市中心部で集会を開催し、「東電は賠償責任を果たせ」と訴えながらデモ行進した。原告側代理人によると、支援者を含め約1000人が参加した。


原発事故賠償判決 怠慢自覚し猛省すべきだ
 判決は東京電力だけでなく国の法的責任と怠慢を明確に認定し、厳しく批判した。福島第1原発事故で避難を強いられた住民が起こした集団訴訟で前橋地裁が国と東電に損害賠償金の支払いを命じた。巨大津波を予見できたのに対策を怠ったと断じた画期的な判決だ。国と東電は判決文を真摯(しんし)に読み、自らの怠慢を自覚して猛省すべきだ。
 判決は、2002年ごろには第1原発が津波に襲われる可能性を東電は予見できたと認定した。その根拠にしたのは02年7月に政府の地震調査研究推進本部が策定した長期評価だ。福島県沖を含む太平洋側でマグニチュード8級の津波地震が起きる確率は「30年以内に20%程度」としていた。判決は「原発の津波対策で考慮すべき合理的なものだ」とした。
 そして非常用電源や配電盤を高台に設置するなどの対策を講じていれば事故は防げた、と対策を怠った具体例を示した。
 東電が長期評価に基づいて第1原発に15・7メートルの津波が来ることを08年に試算していたことは既に知られている。
 実際に襲った津波は15・5メートルだった。判決はこの点も指摘したが事故の悲惨さを思うにつけ東電の不作為に改めて怒りを覚える。
 判決は国の怠慢も具体的に糾弾した。国が07年8月に東電から原発の耐震設計に関する中間報告を受けていたことを挙げた。「国は規制権限を行使すれば事故は防げたのにしなかった」。実に明快だ。
 世界を震撼(しんかん)させた事故の後、国や東電の怠慢については国会事故調査委員会の報告などによりさまざまな形で指摘されてきた。しかし両者とも「想定外」の一言で責任を回避してきた。
 政府は原発を低コストで安定的に発電できる「ベースロード電源」と位置付け全国の原発の再稼働を目指している。しかも再稼働判断の最終的責任を明確に宣言しないままで、だ。
 今回の判決はこうした「原発回帰」に伴うリスクの責任も国にあることを間接的に警告したと読むべきだろう。
 事故から6年たった今も福島県内外で約8万人が避難生活を続けている。原子炉内の惨状が明らかになるにつれ廃炉作業があと何十年かかるか見通せなくなっている。
 国と東電は精緻な論理で構成された判決の的確な指摘を誠実に受け止め、これまでのかたくなな姿勢を改めてほしい。それが過酷な避難生活を強いてきた被災者に対する「最低限の誠意」ではないだろうか。


福島の声 伝え続けた 月曜夜7〜9時の地元ラジオ番組終了
 東日本大震災後、福島県の現状や問題を発信し続けたラジオ番組が二十七日に終わる。ラジオ福島の「月曜Monday(もんだい)夜はこれから!」。ゴールデンタイムの生放送だが、CMはなく、被災者らの声を取り上げてきた。定年後のアナウンサーの熱意が、被災地の実情を伝える番組を支えた。 (井上能行)
 番組は毎週月曜日の夜七時から九時まで、オープンスタジオにゲストを招き、トークするスタイル。
 進行役はアナウンサーの大和田新(あらた)さん(61)。ラジオ福島所属だった二〇一一年三月十一日午後三時前、東日本大震災が起きた。午後四時ごろ、仕事先から戻ると、翌朝までマイクの前で県民に語りかけた。「一緒に朝を迎えましょう」
 震災後の混乱の中、福島の情報を伝えるトーク番組が始まり、一二年四月、「月曜…」のタイトルに。県外避難者にも伝えようと、インターネットの動画共有サービス「ユーストリーム」でも視聴できるようにした。大和田さんは一五年三月の退職後も、フリーアナウンサーの立場で進行役を務めた。
 ゲストは多彩で、福島県知事や国会議員、東京電力の役員、津波の被災者、東電との損害賠償訴訟原告団の弁護士、地元の大学生や高校生…。ほとんどは大和田さんがインタビュー取材をした後、出演を依頼した。「本当に福島のことを考えていること」が条件だという。インタビューした相手は延べ二千人を超える。
 大和田さんは番組内でリポートするため、毎週、被災地に足を運ぶ。きっかけは、リスナーからの手紙だった。津波の大被害に遭った相馬市の悲惨な状況を訴え、「現場を見てから物を言え」と結ばれていた。
 大和田さんは優しい笑顔で、ゲストから話を引き出す。本番中に涙を流すこともある。政治家や東電幹部には「本当にできるんですか」と、厳しい質問を投げ掛ける。津波で家族を亡くした南相馬市の男性の元に、東電福島復興本社の代表を連れて行ったこともある。
 「月曜…」の中で一二年十二月に放送した「請戸(うけど)小学校の奇跡」は、日本民間放送連盟賞ラジオ生ワイド番組部門の優秀賞を受賞した。
 番組は丸五年を期に、終わりを迎える。終了を惜しむメールは国内外から届いている。高校時代に出演した大学一年生は「伝えることの大切さ、伝わることのすばらしさを教えてくれました」と書いていた。
 大和田さんは「私には、震災を伝える責任があると思って担当していました。本当に残念ですが、自由にやらせてくれたラジオ福島には心から感謝しています」と話す。四月からはふくしまFMで、震災復興を伝える番組を担当する予定だという。


原発避難 いじめ認定 悪口や嫌がらせ、子ども数人に
 東京電力福島第1原発事故で群馬県などに避難した住民らによる集団訴訟で、国と東電の責任を認めた17日の前橋地裁判決が、少なくとも子ども4人について避難先の学校などでいじめや嫌がらせがあり、精神的苦痛を受けたと認定、一部に対し慰謝料の支払いを国と東電に命じていたことが22日までに分かった。
 判決によると、福島県から群馬県に避難した女児は「気持ち悪い、近づくな、吐き気がする」というメモをかばんに入れられた。別の男児は小学校で「福島君」と呼ばれた。
 判決は、子どもたちが知人のいない学校に転校し、友人や祖父母との関係を失ったことなどによっても精神的苦痛を受けたと認定した。


河北春秋
 生活保護を受けていた埼玉県の1人暮らしの高齢女性が、居住する自治体から家のクーラーを外された。それが継続の条件だった。女性は暑さで脱水症状になった。関係者に相談を受けた岡崎トミ子さんは憤慨した▼少しも弱者にやさしい政治じゃない。当時の厚生省に問い「行き過ぎでは」という返答を引き出す。厚相にも掛け合い、病弱な生活保護者のクーラー使用を認めさせた。社会党衆院議員(旧宮城1区)時代のそんな思い出を自著に書いている▼生活者本位の社会を追い求めてきた岡崎さんが亡くなった。1990年、女子アナから政界への転身は世間をあっと言わせた。社会党解党、社民党離党の体験を経て旧民主党結党に参加。直後の衆院選では落選し参院補選で返り咲いた。激流のような有為転変の国政を懸命に生き抜いた▼2009年の政権選択選挙では宮城県連代表として采配を振る。小選挙区で1〜5区を制し「有権者の怒りが地殻変動を起こした」と勝ちどきを上げた。翌年、待望だった東北初の女性閣僚にも就いた▼4年前に政界を退いてからも、護憲や平和運動を続け気さくな笑顔を見せていた岡崎さん。「今の政治を崩すには市民のパワーが必要」。昨年の参院選前の言葉だ。常に市民と共に歩み続けた生涯だった。

「共謀罪」閣議決定/「監視社会」に向かう危険性
 いわゆる「共謀罪」の導入に向けて政府はきのう、組織犯罪処罰法の改正案を閣議決定し、今の国会での成立を目指す姿勢を鮮明にした。
 過去に3度も廃案になった法案と比べると、「テロ等準備罪」へと名称や構成要件が変わり、適用は「組織的犯罪集団」に限られたが、一般人も影響を受けかねない危険な性格は依然残っている。
 法案も提出されたのだから、国会で徹底的に問題点を議論すべきだ。法案の内容に加え、今後予想される捜査手法についても、歯止め策の検討などが不可欠になる。
 共謀(計画)と準備の段階で立件しようとすれば、常識的には私的な通信の傍受や追跡といった捜査が必要。政府内には「通信傍受の対象外」との声があるものの、公権力による監視社会に陥りかねない危険性をはらむことにも十分注意しなければならない。
 共謀罪に対しては、酒の上の冗談で犯行を計画しただけでも犯罪として立件されかねない、と批判されてきた。そのためか政府は今回、「準備行為」も要件に加えた。実行のための資金調達や現場の下見などが該当するという。
 ただ、計画性が条文から消えたわけではないので、計画の段階から捜査が始まっても何ら不思議はない。
 以前は「団体」だった捜査対象も、「テロリズム集団その他の組織的犯罪集団」と変わった。政府は3年後の東京五輪に備えたテロ対策を強調してきた経緯がある。
 「テロ集団」などの言葉が法律のどこにもないことが批判されて表現が変わったが、では組織的犯罪集団が何を指すのかとなると、曖昧さは拭えない。
 実際にはおそらく、捜査する側が何らかの理由で「組織的犯罪集団の疑いあり」とみなせば、捜査に着手できるということになるのだろう。
 共謀罪が適用される犯罪の数は以前は600を優に超えたが、今回は277と半分以下になった。それでもかなりの数であり、テロとは縁が薄そうな犯罪も含まれる。
 結局、今回の法案でも国際的なテロ組織の取り締まりに特化しているわけではなく、一般国民に適用されることがないと言い切ることは困難。むしろ導入による「副作用」が心配になる。
 計画と準備のみで犯罪を摘発しようとすれば、電話やメールの傍受に頼ることになりかねないし、広範囲に移動を監視する必要も出てくる。通信傍受は今やかなりの犯罪で可能だし、衛星利用測位システム(GPS)の端末をひそかに車に取り付ける捜査も実際に行われている。
 傍受や監視は、容疑者と目される人物の周辺まで及ぶことも十分あり得るだろう。もちろん本人は何も知らないうちに。共謀罪の議論に当たっては、人権やプライバシーが危機にひんしかねないことも決して忘れてはならない。


「共謀罪」法案 説明の矛盾が多過ぎる
 テロ等準備罪を新設する組織犯罪処罰法改正案が閣議決定された。
 政府はかつて「共謀罪」新設の関連法案を3度提出したが、廃案になった。名称を変えた今回の法案も、組織犯罪が計画段階で幅広く処罰可能となる本質は変わらない。
 法整備は、国際組織犯罪防止条約の締結に欠かせないと政府はいう。
 確かに条約締結には意義がある。国際社会が手を結ぶことは必要だ。
 最大の焦点は、締結のためにテロ等準備罪の創設が必要かどうかだ。
 条約は、重大な犯罪の合意(共謀)を処罰できる法整備を締結国に求めている。だが、こうした処罰の規定は人の内心に踏み込む。捜査側の対応次第で国民生活も脅かされる。
 日本の刑法は、犯罪行為に着手した時点で処罰の対象とするのが原則だ。例外的に殺人の予備や内乱の陰謀など重大な犯罪では未遂以前の行為を罰せられる。だが、その数は70程度に限られている。
 今回の法案は従来の原則からかけ離れている。
 条約は各国の国内法の原則に従って法整備することを認めている。ならば現行法で条約締結は可能だというのが民進党など野党の主張だ。
 一方、政府はそれでは締結に不十分だという。政府が国会に提出した資料では、経済協力開発機構(OECD)加盟35カ国のうち、条約締結時に共謀罪などを新設したのは4カ国で、残りはもともとの国内法で対応した。これをどう見るか。
 なぜ法整備が条約締結のための必要条件なのか。法学者ら専門家の見解も分かれる。まずは政府が丁寧に説明し、議論の土台とすべきだ。
 それにしても、これまでの政府の説明には矛盾が目立つ。
 最大のほころびは対象犯罪数だ。条約が法整備を求める4年以上の懲役・禁錮の刑を定める犯罪数は676あり、選別はできないと政府は説明してきた。だが、公明党の意見をいれ、今回の法案では対象犯罪を277に絞り込んだ。これでは過去の説明と整合しない。
 法案の再提出に当たり、唐突にテロ対策の看板を掲げたことも理解できない。条約はマフィアによる犯罪収益の洗浄などへの処罰を目的としたものだ。
 安倍晋三首相が、東京五輪・パラリンピックのテロ対策を理由に「法整備ができなければ開催できないと言っても過言ではない」などと発言するに至っては、まさに首相が批判する印象操作ではないか。
 共謀罪から絞り込んだ要件にも懸念が出ている。組織的犯罪集団に市民が入る余地はないのか、といった点などだ。政府は「共謀罪とは別物だ」との説明を繰り返してきたが、明らかに共謀罪の延長線上にある。


「共謀罪」閣議決定 刑法の原則が覆る怖さ
 政府が閣議決定した組織犯罪処罰法改正案の本質は「共謀罪」だ。二百七十七もの罪を準備段階で処罰できる。刑事法の原則を覆す法案には反対する。
 盗みを働こうと企(たくら)む二人組がいたとしよう。だが、人間というのは犯罪を共謀したからといって、必ず実行に移すとは限らない。現場を下見に行ったとしても、良心が働いて「やっぱり悪いことだからやめよう」と断念する、そんなことはいくらでもある。
 共謀罪が恐ろしいのは、話し合い合意するだけで罰せられることだ。この二人組の場合は共謀し、下見をした段階で処罰される。そんな法案なのだ。何も盗んではいないのに…。
◆当局の解釈次第では
 今回の法案では二人以上の計画と準備行為の段階で摘発できる。準備行為とは「資金または物品の手配、関係場所の下見その他」と書いてある。ずいぶん漠然としてはいないか。「その他」の文字が入っているから、捜査当局にどのように解釈されるか分からない心配もある。
 犯行資金をATMで下ろすことが準備行為に該当すると政府は例示するが、お金を引き出すというのはごく日常的な行為である。それが犯罪なのか。どう証明するのか。疑問は尽きない。
 共謀罪の考え方は、日本の刑事法の体系と全く相いれない。日本では既遂を処罰する、これが原則である。心の中で考えただけではむろん犯罪たり得ない。犯罪を実行して初めて処罰される。未遂や予備、陰謀などで処罰するのは、重大事件の例外としてである。
 だから、この法案は刑事法の原則を根本からゆがめる。しかも、二百七十七もの罪に共謀罪をかぶせるというのは、対象犯罪を丸暗記していない限り、何が罰せられ、何が罰せられないか、国民には理解不能になるだろう。
◆現行法でも締結可能
 この法案は「キメラ」のようでもある。キメラとはギリシャ神話に登場する怪物だ。一つの体に獅子とヤギと蛇が組み合わさった姿をしている。目的である本体は国連のマフィア対策の条約締結だ。その体に「共謀罪」がくっつき、政府が強調する「テロ防止」がくっついている。
 安倍晋三首相は国会答弁で「東京五輪のために必要な法案だ」という趣旨の発言をした。これは明らかな詭弁(きべん)というべきである。そもそも日本はテロに対して無防備ではない。テロ防止に関する十三もの国際条約を日本は締結している。ハイジャック防止条約、人質行為防止条約、爆弾テロ防止条約、テロ資金供与防止条約、核テロリズム防止条約…。同時に国内法も整備している。
 例えば爆発物に関しては脅迫、教唆、扇動、共謀の段階で既に処罰できる。サリンなど化学物質などでも同じである。
 むしろ、政府は当初、「テロ等準備罪」の看板を掲げながら、条文の中にテロの定義も文字もなかった。批判を受けて、あわてて法案の中に「テロリズム集団」という文字を入れ込んだ。本質がテロ対策でない証左といえよう。
 「五輪が開けない」とは国民に対する明白な誤導である。本質は共謀罪の創設なのだ。
 確かに国連の国際組織犯罪防止条約の締約国は百八十七カ国・地域にのぼる。だが、そのために共謀罪を新設した国はノルウェーやブルガリアなどだけだ。むしろ国連は「国内法の基本原則に従って必要な措置をとる」ことを求めている。「共謀罪がなくとも条約の締結は可能だ」とする日弁連の意見に賛同する。
 そもそもこの条約は国境を越えて行われるマフィアの犯罪がターゲットだ。麻薬やマネーロンダリング(資金洗浄)、人身売買などで、テロ対策の条約ではない。少なくともこの条約締結のために、刑事法の大原則を覆してしまうのは本末転倒である。
 危惧するのは、この法案の行く末である。犯罪組織の重大犯罪を取り締まるならともかく、政府は普通の市民団体でも性質を変えた場合には適用するとしている。米軍基地建設の反対運動、反原発運動、政府批判のデモなどが摘発対象にならないか懸念する。
◆行く末は監視社会か
 専門家によれば、英米法系の国ではかつて、共謀罪が労働組合や市民運動の弾圧に使われたという。市民団体の何かの計画が共謀罪に問われたら…。全員のスマートフォンやパソコンが押収され一網打尽となってしまう。もはや悪夢というべきである。
 実は捜査当局が犯行前の共謀や準備行為を摘発するには国民を監視するしかない。通信傍受や密告が横行しよう。行き着く先は自由が奪われた「監視社会」なのではなかろうか。


「共謀罪」法案  内心の自由危うくする
 戦前のように、人が集まって話し合うだけで罰せられる社会につながりかねない。
 新たな「共謀罪」を柱にした組織犯罪処罰法改正案がきのう閣議決定された。戦後民主主義社会の基底にある内心の自由を危うくする恐れを拭いきれない。
 古来、アリの穴から堤も崩れるという。法案に反対である。
 安倍政権は今国会での法案成立をめざすが、さまざまな疑問に答えられるのか。国民は議論の行方を注視する必要がある。
 改正案は、「組織的犯罪集団」の2人以上のメンバーが重大な犯罪を計画し、少なくとも1人が資金の手配や下見など「準備行為」をしたとき、計画した全員が処罰される、としている。
 実行後の処罰を原則とする現行の刑法体系が、根底から変わることになる。日本弁護士連合会の指摘に危機感がにじむ。
 組織的犯罪集団の例示として、テロ組織や暴力団、麻薬密売組織などを挙げるが、あいまいさが残る。当初は別目的の組織でも、犯罪目的に一変したとみなされれば対象となる。
 そこに恣意(しい)的な運用や捜査が入り込む余地がある。歴史をかえりみて、市民団体や労働団体などにも適用されかねない怖さがある。
 要件である「準備行為」にしても幅がある。内部の計画合意をどう把握するのか。最高裁が違法としたGPS捜査のほか、電話やメールの傍受、おとり捜査などが広がりかねない。
 これでは歯止めがきかない。思想の自由やプライバシーなどが脅かされる監視社会にならないか。
 共謀罪法案は3回国会で廃案になっている。それを政府は2020年東京五輪・パラリンピックのテロ対策と看板を変え、共謀罪を「テロ等準備罪」に言い換えたにすぎない。国民に受け入れられやすいようにとの思惑が透けるだけに、用心しないといけない。
 政府は、2000年に日本が署名した国際組織犯罪防止条約に締結するため、共謀罪の新設が必要というが、もともと条約はマフィアなどによる経済的な犯罪の撲滅をめざすものだ。
 日弁連は、新たな共謀罪なしでも、日本には条約締結できる法制度があると指摘する。組織犯罪集団による犯罪を未遂前に取り締まれる予備罪・共謀罪が計58あり、刑法の共謀規定も含め実際には広く共謀処罰が可能だという。
 なぜ、それ以上に新たな共謀罪が必要なのか。怖さを感じる。


「共謀罪」提案 危険な本質 容認できぬ
 政府はきのう、「共謀罪」の構成要件を変更しテロ等準備罪を新設する組織犯罪処罰法改正案を閣議決定し、国会に提出した。
 共謀罪は個人の内心を処罰対象とし、犯罪実行前の幅広い摘発を可能にするものだ。実行後の処罰を原則としてきた刑法の体系を大きく変え、捜査当局の恣意(しい)的な運用を許す恐れが拭えない。
 改正案が過去3度廃案になったのも、問題が多すぎたからだ。多少の修正を経ても本質は変わらない。国会は徹底審議し、危険性を浮き彫りにすべきである。
 テロ等準備罪成立には、テロ集団などの組織的犯罪集団による犯罪実行の共謀に加え、資金調達などの準備行為が必要としている。
 組織的犯罪集団や準備行為の定義自体があいまいで、一般市民が対象となる可能性を排除できていないのが問題だ。
 そもそも、必要性自体に首をかしげざるを得ない。
 政府はこれまで、国際組織犯罪防止条約締結のために共謀罪創設が必要としてきた。今回はそれに加え東京五輪・パラリンピックに向けたテロ対策を強調している。
 安倍晋三首相は「締結できなければ五輪を開けないと言っても過言ではない」とまで答弁した。だが、内容を点検すればテロ対策の看板にも偽りがあるように映る。
 対象犯罪277のうち、組織的殺人やハイジャックなど「テロの実行」に分類されるのは110にすぎない。それ以外は、犯罪の資金源を断つためとして経済犯罪を幅広く含めているのが特徴だ。
 これまでの審議でも、テロのような重大犯罪の防止には既存の予備罪や準備罪などで対処できるとの野党側の再三の指摘に、政府は納得のいく説明をしていない。
 注意すべきは犯罪の準備行為を加えた今回の法案でも、捜査の核心は共謀の立証にあることだ。
 立証には計画段階から集団の動向を監視する必要があり、通信傍受や密告の奨励などの捜査手法が広がる懸念が指摘されている。
 菅義偉官房長官はきのう「テロ等準備罪を通信傍受の対象とすることは全く考えていない」と述べた。だが金田勝年法相は国会で「今後検討すべき課題」と述べ、将来の可能性は否定していない。
 法案が犯罪実行前の自首に刑の減免規定を設けたのも、密告の奨励が目的だとの見方がある。
 政府が意図しなくても、やがては国民生活の隅々に警察の一層の監視の目が光る。そんな社会の到来を許してはならない。


「共謀罪」法案/テロ防止に必要と言うが
 なぜ必要なのか、よく分からない。同じ思いの人も多いだろう。
 政府が「共謀罪」の構成要件を変えた組織犯罪処罰法改正案を閣議決定し、国会に提出した。思想や内心が取り締まりの対象となり監視社会につながる恐れがあるなどとして、世論の強い反対で3度も廃案に追い込まれた「共謀罪」法案である。
 政府は東京五輪・パラリンピックのテロ対策に欠かせないと訴える。ところが、当初与党に示された条文には「テロ」の表現がなく、批判を受けて急きょ文言が盛り込まれた。国民のテロへの不安をあおって積年の課題だった法案を成立させようとしているのではないか、と見られても仕方がない。
 これまでの説明を聞いても、残念ながら国民の疑問に誠実に答えようとする姿勢が見られない。
 政府は、国連の国際組織犯罪防止条約締結のために「共謀罪」を新設する必要があると主張する。だが、日本はもともと「予備罪」や「準備罪」などの形で、犯罪の準備行為を処罰の対象にしてきた。法学者からは、これらの法律を活用すれば条約締結は可能で新たな法整備は必要ない、との指摘がある。
 そもそも、この条約はマフィアなどの経済的な犯罪の撲滅を目指すもので、テロ対策のために採択されたものではない。
 国際的なテロへの取り組みでは「テロ資金供与防止条約」などがあるが、日本はすべて締結している。法的な“武器”は相当整備されているのに、政府はさらに強力なものを求めていると映る。
 憲法が保障する人権を侵害し社会が萎縮する、捜査機関が乱用する恐れがあるなど、多くの懸念が指摘されているにもかかわらず、だ。
 当初は676の犯罪を対象とし、一つも減らせないと答弁してきたのに、公明党の要請を受けるや、277に絞り込む。そんな恣意(しい)的な対応には法律の内容よりも成立を最優先する思惑が透けて見える。
 担当大臣の金田勝年法相は先月、質問封じと受け止められかねない文書を公表し、野党に辞任を要求されている。提出された法案を巡っては、不十分な答弁で審議を停滞させるようなことは許されない。
 もとより議論を尽くすことなく、与党が採決を強行するようなことはあってはならない。


「密告社会」に不安も 「共謀罪」閣議決定、懸念広がる
 「市民団体や労働組合の活動が監視される」「密告社会や冤罪(えんざい)をつくりかねない」−。共謀罪の構成要件を変えた組織犯罪処罰法改正案が21日に閣議決定されたことを受け、市民に及ぼす影響への懸念が京都市内で広がった。旧東ドイツからの移住者は言論の自由が脅かされることを不安視し、市民たちは今後の国会での議論に注目している。
■市民団体「廃案に追い込もう」
 京都市右京区の西大路通四条交差点では京都総評、自由法曹団京都支部、日本国民救援会府本部の3団体が、同法案に反対する街頭宣伝活動を行った。参加者15人が抗議声明文のビラを配り、駅利用者らに「共謀罪を廃案に追い込もう」とアピールした。
 街頭で各団体の代表者は共謀罪に反対の意志を示す横断幕を手にして「憲法違反の法案だ」「自由に物を言えない社会になる」と批判の声を響かせた。
 喜久山大貴弁護士は法案について道行く人々に説明しながら「計画の段階で処罰され、刑法を根本から覆す法案だ。捜査機関に恣意的(しいてき)に運用され、乱用される可能性があることを知ってほしい」と訴えていた。
 下京区の四条通河原町交差点でも市民グループ「共謀罪を4度目も廃案にさせるALL京都」を中心とした緊急街宣活動があった。
 さまざまな市民団体から15人のメンバーが参加した。伏見区の里中悦子さん(59)は「これまでの3度と同様に、法務委員会での議論や世論の動きで廃案に持ち込まねばならない。多くの人に関心を持ってほしい」と呼び掛けた。かつて治安維持法で知人が逮捕されたという同区の村上敏明さん(82)は「当時と同じ思いを若い人にさせたくない。閣議決定されたからと萎縮せず、声を上げ続けたい」と語った。
 また、府保険医協会の垣田さち子理事長は同日、「個人の自由を制約し、基本的人権を侵害する恐れが強い法の創設を到底看過することはできない」とのコメントを発表した。
■果たせるか、メディアの政府監視
 旧東ドイツ出身で監視社会の息苦しさを知る早稲田大教授クラヴィッター・アルネさん(47)=京都市左京区=は「ドイツでは武器保持などの証拠がない限り、テロを画策した疑いだけでは逮捕されない。法は正確に理解して使うことが大事だ」と主張する。
 第2次世界大戦後、秘密警察(シュタージ)の盗聴や盗撮による監視社会だった旧東ドイツの港湾都市ロストックでアルネさんは生まれた。造船技術者だったが、叔母が西ドイツへ亡命したため、外国への逃亡が容易な船乗りの夢はあきらめざるをえなかった。政府の監視について「国民は内輪では政府を批判していたが、表向きは悪口は言えなかった。電話が盗聴されていると気づけば政治的なことは一切話さなかった」と振り返る。
 1989年、東側でベルリンの壁崩壊を体験した妻のハイドルンさん(47)は「壁が崩壊する2年ほど前から監視が強まっていた。亡命する友人も多かった」という。
 日本の共謀罪法案に、アルネさんは「テロリストによる核兵器使用などを考えれば、テロ対策は必要でドイツでも対応は似たような状況だ」と一定の理解は示す一方、「東ドイツ時代は政府礼賛のニュースばかりで批判がなかった。物を言いにくくなり、メディアが政府を冷静に監視する機能を果たせなくなることが心配だ」と懸念している。


「共謀罪」閣議決定 国会で徹底審議が必要だ
 数多くの懸念や疑問を抱えた法案である。国会で徹底的な審議が必要であるのは言うまでもない。
 政府はきのう、共謀罪の構成要件を変えた組織犯罪処罰法改正案を閣議決定した。
 私たちは慎重な対応を繰り返し政府に求めてきたが、政府はまず制定ありきの姿勢を崩さず法案づくりを優先させた。拙速で泥縄式の対応と言わざるを得ない。
 犯罪を行おうと2人以上で合意した段階で処罰する共謀罪は日弁連や市民団体、野党などの反対で過去に3回も廃案となった。話し合ったりメールをやりとりしたりするだけで罪に問われ、憲法が保障する思想信条の自由を侵しかねない。そんな恐れが強いからだ。
 政府は2020年東京五輪・パラリンピックに向けたテロ対策を前面に掲げて、今回の「共謀罪」新設に国民の理解を得ようとした。安倍晋三首相は「制定できないと五輪が開催できないと言っても過言ではない」とまで言い切った。ところが、法務省の原案には「テロ」の文言が一切なく、慌てて付け加えるお粗末さだった。
 実行後の処罰を原則とする刑法体系に反すると指摘され、資金手配や下見など「準備行為」を要件に加えた。しかし「心の中」を罰しようとする本質は変わらない。
 対象犯罪が676では多過ぎると注文され277に絞り込んだ。それでも市民団体や労働組合に適用される恐れは消えない。対象は「組織的犯罪集団」だが、政府見解は「正当な活動をしていた団体も目的が一変した場合は組織的犯罪集団」と曖昧だ。捜査当局の恣意(しい)的運用への懸念も拭えない。
 政府は国際組織犯罪防止条約の締結に必要とも説明するが、現行法で対応できるとの意見は根強い。対象犯罪の絞り込みが適正なのか、納得のいく説明もない。
 共同通信社の最新世論調査によると、改正案に反対は45・5%で、賛成の33・0%を上回った。問題の多い法案であることを多くの国民が憂慮している。
 この世論を肝に銘じて、国会は審議を尽くしてほしい。


「共謀罪」国会提出 無用で害悪、即刻廃案に
 無駄なことの例えに「屋上屋を重ねる」という言葉がある。政府が国会に提出した組織犯罪処罰法改正案、いわゆる「共謀罪」法案はまさにその典型だ。現在ある法に基づいて対応できるのに、なぜ無用の法を加える必要があるのか。
 捜査機関の恣意(しい)的な運用で市民監視社会に道を開きかねない悪法でもある。無駄どころか害悪でしかない。
 法案の柱は犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の新設だ。現行刑法は犯罪の結果である「既遂」に対する処罰を原則としている。犯罪の前段階である「未遂」「予備」「陰謀」は、それぞれ殺人や内乱など引き起こされる結果の重大性によって厳密に適用される範囲が定められている。
 計画段階での処罰を可能にすることは「既遂」を原則とする刑法の体系をも根幹から揺るがす。
 政府は「共謀罪」の必要性に関してテロ防止を前面に掲げ、法案成立を急務とする。だが化学兵器や病原体などの使用、犯罪による収益に関する事実の隠匿など、テロ行為につながる準備段階の行為は、現行法でも処罰できる。
 テロ防止が目的だとしても、犯罪行為を計画段階で察知するには、捜査機関にさらなる権限を与えることが予想される。手段としては盗聴、尾行、潜入(おとり)捜査などが考えられる。これらが日常的に実行されれば、まさに警察による監視社会の実現だ。
 米軍基地周辺で行われる抗議活動が兵器や弾薬などの損壊行為に向けた下見と見なされ、「共謀罪」の適用対象になるという懸念は与野党にかかわらず存在する。
 安倍晋三首相は1月の国会答弁で、処罰対象は「そもそも犯罪を犯すことを目的とする集団」としていたが、2月には「そもそもの目的が正常でも、一変した段階で一般人であるわけがない」と説明を変えた。労働組合など正当な目的の団体であっても、捜査機関が「組織的犯罪集団」として認定すれば処罰対象にすると受け止められる。
 東村高江でのヘリパッド建設に対する抗議活動で本来なら立件すら疑わしい事案を公務執行妨害などとして起訴し、政権批判を封じるのが現政権の体質であり、司法も追認する。犯罪集団と認定される危険性は誰にでもあるが、現政権で歯止めはないに等しい。市民社会の自由が奪われる前に即刻廃案にすべきだ。


[「共謀罪」閣議決定]人権軽視の懸念拭えず
 犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案が閣議決定された。
 看板は変わっても、過去3度廃案になった共謀罪と本質的に変わりはない。内心の自由や表現の自由を脅かしかねず、強く反対する。
 政府は2020年の東京五輪に向けた「テロ対策」として法案の必要性を強調している。
 適用対象はテロ組織や暴力団など「組織的犯罪集団」で、2人以上で犯罪を計画し、うち1人でも資金の手配や関係場所の下見など「準備行為」をしたときに、計画に合意した全員が処罰される。
 対象となる犯罪を当初の半分以下の277に絞り込んだとはいえ、範囲は広い。
 話し合っただけで処罰されるというのは、犯罪実行後の「既遂」を原則としてきた日本の刑法体系を根本から覆す。思想及び良心の自由を保障した憲法にも反する。
 とりわけ世論の批判が強いのは、市民がその対象となり、監視社会への道を開く恐れである。
 政府は「一般市民が対象となることはない」と繰り返し説明する。しかし組織的犯罪集団の概念はあいまいで、「正当な活動をする団体でも目的が一変すれば処罰の対象となる」との見解を示している。一変したかどうかを見極める捜査機関の恣意(しい)的な運用への懸念が消えない。
 戦時中に戻るような嫌な空気が漂うのは、国家が国民の心の中に踏み込む「監視の網」が広がろうとしているからだ。
■    ■
 改正案が反基地運動を展開する市民をターゲットにしているのではとの批判の声も根強い。
 米軍基地周辺での抗議行動が刑事特別法の「軍用物などの損壊」の下見と見なされたり、座り込みなどの呼び掛けが組織的威力業務妨害罪の「共謀」とされる可能性の指摘だ。
 法律の拡大解釈や過剰な取り締まりは、市民運動を萎縮させる。
 反基地運動のリーダーが微罪にもかかわらず約5カ月にもわたって勾留されたことと背景が似ている。自分たちにとって不都合な声を封じ、排除しようとするのが安倍政権のやり方なのか。
 名護市辺野古の新基地建設を巡って、これから埋め立て工事が本格化すれば、政治的表現の自由への規制が一層懸念される。
■    ■
 政府は共謀罪ではなく「テロ等準備罪」との罪名を持ち出しテロ対策を前面に掲げるが、当初与党に示した案には「テロ」の表記がなかった。
 もちろんテロを未然に防ぐことは重要である。だがすでに一定の重大な犯罪には共謀罪、予備罪などが整えられている。政府が法改正の根拠とする国際組織犯罪防止条約も現行法のままで締結できる。
 特定秘密保護法の制定と通信傍受の拡大を柱とした改正刑事訴訟法の成立、今回の共謀罪は密接に関係している。
 民主主義社会の根幹である基本的人権を軽視し、市民生活に深刻な影響を及ぼす法律をつくる必要はない。


基本的人権との摩擦生む/「共謀罪」法案
 政府は共謀罪を取り入れた組織犯罪処罰法改正案を閣議決定した。今国会での成立を目指す。改正案は2人以上で重大な犯罪を計画すれば、実行しなくても処罰の対象となる。犯罪の実行で結果が発生して初めて罰するという刑事法の原則を大きく変える。捜査機関は計画段階の犯罪をあぶり出すため社会に監視の網を広げようとするだろう。
 通信傍受で電話やメールの内容に目を光らせたり、隠し撮りしたり。屋内に送信機を仕掛け日常会話を拾う会話傍受など新たな捜査手法の導入も警察内で検討課題になっている。プライバシーの領域に立ち入ることなしに「内心」を探ることはできず、憲法が保障する基本的人権との摩擦を生むのは避けられない。
 政府は2020年の東京五輪・パラリンピックに向けテロ対策を強化するのに不可欠とする。過去に批判を浴び、法案が3度廃案になったときの共謀罪と違い、構成要件が厳格で一般の人が対象になることはあり得ないとも言う。
 適用対象は「組織的犯罪集団」だが、普通の団体なども目的が一変した場合には対象になると政府は答弁している。対象犯罪も当初の半分以下に減らしたとはいえ300近くに及ぶ。拡大解釈や過剰な取り締まりによって、国への批判を萎縮させる恐れが指摘されている。
 政府は閣議決定した法案から「共謀」の2文字を完全に消した。「内心の自由」を侵すと批判を招き、日の目を見なかった過去の共謀罪法案と異なることを強調するためだ。共謀罪ではなく「テロ等準備罪」という罪名を持ち出し、テロ対策を前面に掲げた。
 しかし、いくら字面をいじっても共謀を罰するという本質は変わらない。組織的犯罪集団は「重大な犯罪を実行するために結合する団体」と定義されるが、常習性や反復継続性などの要件はなく、市民団体や会社も対象になるとの懸念は根強い。
 そもそもなぜ、この法案が必要なのか。政府は航空機乗っ取りなどの事例をいくつか挙げ「現行法では的確に対処できない」とする。野党が有力な学説を引き「ハイジャック防止法の予備罪を適用できる」と指摘しても「予備罪に当たらないこともある」と繰り返し、具体的に現行法のどこに不備があるのかは判然としない。政府は今後の審議で、こうした疑念や不安の数々にこたえていく必要がある。


「共謀罪」提出 数で押すのは許されぬ
 「共謀罪」法案が、いよいよ国会に提出された。
 共謀罪は「内心の自由」を侵すとの強い批判から、過去3度も廃案になっている。政府は閣議決定に当たり、関連の組織犯罪処罰法改正案から「共謀」の文字を消去。「これまでの法案とは違う」とする体裁を整えた。
 だが本質は変わらないと見るべきだろう。政府は犯罪実行のための準備行為など、構成要件を厳格化した上で「テロ等準備罪」という罪名をひねり出した。2020年東京五輪・パラリンピックに向け表看板をテロ対策に代えて反発をいなす思惑が透ける。
 ところが当初、与党に示した改正案には「テロ」の表記が欠けていた。テロ防止を訴えているのにおかしいと指摘されると「テロリズム集団その他の犯罪集団」と適用対象でテロに言及。まさに「体裁を整えた」感が強い。
 対象は「組織的犯罪集団」であり、一般人が対象になることはあり得ない―と政府は説明するが、これまでの答弁では、目的が一変した場合は対象になるとしている。線引きは極めてあいまいだ。
 対象犯罪は当初の676から277に絞られたが、それでも相当数。拡大解釈など、捜査機関の恣(し)意(い)的運用に堕する懸念は依然として残る。
 そもそも、これまで政府は「共謀罪」創設が加盟の条件とする国際条約の規定を盾に「対象犯罪は減らせない」との立場だった。このあたりにも世論の空気を見据え体裁にこだわった様子がありあり。政府、与党が年明け以後の国会の議論から学び取った中身の程が知れる。
 共同通信が今月実施した電話世論調査では、改正案について反対が45・5%で賛成の33・0%を上回った。前回1月時点では、賛成42・6%で反対40・7%より多かった。
 法案提出前の議論を封じる動きを見せるなど、担当閣僚のヨレヨレの答弁もあり、議論を経て賛成を大幅に減らした事実は重い。
 言論弾圧の後ろ盾となった戦前の治安維持法も、国は当初「一般国民は無関係」などと説明していた。なぜ今、法案が必要なのか。「五輪があるから」は説明ではない。
 野党が有力な学説を引きつつ現行法でもテロ対応は可能と訴えても、政府は「必要」を繰り返すばかり。国際条約加盟に必要―との説明に日弁連などが疑義を挟んでも、まともな反論もない。
 法案は人権の問題に直結する。成立すれば「未遂が処罰されず、計画段階で処罰される犯罪が出てくる」との指摘もある。犯罪の実行を処罰対象とする刑事法の原則に関わる重大な局面を政権が厳粛に受け止めるなら、数の力で押すのは決して許されない。


共謀罪法案 危うさを見極めねば
 「共謀罪と呼ぶのは全くの間違いだ」「一般の人が対象になることはあり得ない」…。政府が国会で繰り返してきた説明は、いずれも論拠を欠いている。本質にある危うさを見極め、法案の審議に厳しい目を向けていかなくてはならない。
 広範な犯罪について、共謀したことを処罰の対象にする法案を、政府が国会に提出した。今国会での成立を目指している。
 内心の動きではなく行為を罰する刑法の基本原則から逸脱し、処罰の枠組みを一気に押し広げる。捜査機関の権限が歯止めなく拡大することになりかねない。
 過去に3度、国会で廃案になった法案の焼き直しである。東京五輪に向けたテロ対策を前面に掲げた今回、政府は「テロ等準備罪」と呼び名を変えたほか、対象を「組織的犯罪集団」に限定したと説明する。一定の準備行為があることも処罰の要件に加えた。
 けれども、共謀が罪とされることは変わらない。準備行為として例示した「資金または物品の手配、関係場所の下見その他」も、恣意(しい)的な運用の歯止めにならない。たまたま立ち寄っただけでも下見と判断される余地がある。
 何が組織的犯罪集団にあたるのかも明確でない。犯罪目的で結成するのではない市民団体や労働組合、NPOも「目的が一変した」として捜査対象になり得る。政府の方針に反対する人たちが標的にされる懸念は消えない。
 共謀罪の導入は、逮捕や捜索、差し押さえなど強制力を伴う捜査を、早い段階から可能にする。立件はされなくても、権限が乱用され、プライバシーや人身の自由が侵される恐れは高まる。
 また、共謀を察知するには日常的な動向の把握が欠かせない。そうでなくても警察は、GPS(衛星利用測位システム)端末や隠しカメラの設置を秘密裏に行ってきた。市民の活動や生活が監視される恐れはさらに増すだろう。
 戦前、治安維持法が制定された際にも、一般の人に累は及ばないと政府は強調した。その後、広範な人々の思想・言論弾圧につながったことは歴史が示している。
 憲法は、刑罰権の乱用を防ぐため、刑事手続きについて諸外国に例を見ないほど詳細な規定を置いた。捜査・治安当局の横暴によって著しく人権が侵害された反省を踏まえたものだ。
 そのことに立ち戻って考えれば、廃案にすべき法案である。政府与党が強引に審議を進めることがあってはならない。


「共謀罪」法案 なぜ必要か疑問に答えよ
 一般の人が対象となることはないのか。強い危惧を覚える。
 政府は、犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の新設を柱とする組織犯罪処罰法改正案を閣議決定し、国会に提出した。
 成立すれば、実行後の処罰を原則としてきた日本の刑法体系は大きく変わることになる。
 共謀罪は過去に3度、廃案となっている。捜査機関による乱用の恐れなどがあるとして、世論が強く反対したためだ。
 今回の法案も実質的には従来とほとんど同じ内容と言える。
 ところが政府は、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けテロを含む組織犯罪を未然に防ぐために必要だと強調する。
 国際組織犯罪防止条約の早期締結を目指したいが、条約は締結国に共謀罪の整備を求めているというのである。
 しかし、そもそもこの条約はテロを想定したものではない。マフィアなどによる経済的な犯罪の撲滅を目指したものだ。
 政府は2001年の米同時多発テロ以降、条約がテロ対策の性格を帯びたと主張する。
 ところが今国会で「テロ等準備罪」の呼称を使用したものの、条文に「テロ」の文言がなかった。
 批判を受け急きょ挿入することを決めている。改正法案成立を急ぐために国民が受け入れやすい「看板」にした疑念は拭えない。
 法案では適用対象を「組織的犯罪集団」に限定し、政府はテロ組織や暴力団、麻薬密売組織などを例示している。
 2人以上で犯罪を計画し、このうちの少なくとも1人が資金の手配や関係場所の下見などの「準備行為」をしたときに、計画に合意した全員が処罰されることとなる。
 日弁連などは、犯罪主体がテロ組織などに限定されているとは言えず、市民団体や労働組合にも適用される余地があるなどと批判している。
 政府は「立証には高いハードルがあり乱用する恐れはない」と強調するが、これまでの議論で懸念が払拭(ふっしょく)されたとは言い難い。
 政府は当初、条約の規定に基づいて676の犯罪を対象とする方針だったが、公明党などの批判を受け277に絞り込んだ。
 過去には「犯罪の内容によって選別できない」との答弁書を閣議決定しており、整合性も問われるのではないか。
 共同通信の世論調査では「共謀罪」について反対が45・5%で、賛成の33・0%を上回っている。
 県内では、県弁護士会が法案の国会提出に反対する会長声明を出していた。
 新発田市議会は国に慎重審議を要請する意見書の提出を求める陳情書を採択し、柏崎市議会も「共謀罪」に反対する議員発案の意見書を採択する予定となっている。
 テロを未然に防ぐ対策を政府が講じることは必要だろう。だが条約締結については、現行法のままでも可能だという指摘もある。
 なぜ「共謀罪」が必要なのか、政府には十分な説明が求められる。「数の力」で採決を強行するようなことがあってはならない。


共謀罪法案/監視の網が広がる恐れも
 政府は共謀罪を取り入れた組織犯罪処罰法改正案を閣議決定した。今国会に提出する。成立すれば、2人以上で重大な犯罪を計画したら実行しなくても処罰の対象となり、犯罪の実行で結果が発生して初めて罰するという刑事法の原則を大きく変える。犯罪を計画段階で防ぐ狙いは分かるが、必要以上に社会に監視の網が広がる恐れがある。
 通信傍受で電話やメールの内容に目を光らせたり、隠し撮りしたりに加え、屋内に送信機を仕掛け日常会話を拾う会話傍受など、新たな捜査手法の導入も警察内で検討課題になっている。プライバシーの領域に立ち入ることなしに「内心」を探ることはできず、憲法が保障する基本的人権との摩擦も予想される。
 政府は2020年の東京五輪・パラリンピックに向けテロ対策を強化するのに不可欠とする。過去に批判を浴び、法案が3度も廃案になったときの共謀罪と全く違い、構成要件が厳格で一般の人が対象になることはあり得ないと言う。だが法案の条文から、それは読み取れない。
 適用対象は「組織的犯罪集団」だが、普通の団体なども目的が一変した場合には対象になると政府は答弁。対象犯罪も当初の半分以下に減らしたとはいえ、300近くに及ぶ。拡大解釈や過剰な取り締まりにより国への批判を萎縮させる恐れも指摘される。今後の審議で数々の疑念や不安が解消されるかどうかだ。
 政府は閣議決定した法案から「共謀」の2文字を完全に消した。「内心の自由」を侵すと強い批判を招き、日の目を見なかった共謀罪法案とは異なることを強調するためだ。共謀罪ではなく「テロ等準備罪」という罪名を持ち出しテロ対策を前面に掲げた。過去の条文にあった「共謀」も「計画」に置き換えた。
 さらに犯罪の合意−つまり共謀に加え、下見などの「実行準備行為」がないと処罰できないよう構成要件を厳格化したとする。ところが先に与党に示した原案には「テロ」の表記は一切なく、テロ対策としてきた政府説明との整合性を問われた。
 このため「テロリズム集団その他の組織的犯罪集団」と適用対象でテロに言及した。しかし、いくら字面をいじっても、共謀を罰するという本質は変わらない。しかも組織的犯罪集団は「重大な犯罪を実行するために結合する団体」と定義されるが、常習性や反復継続性などの要件はなく、市民団体や会社も対象になるとの懸念は根強い。
 また犯罪の計画について現実的、かつ具体的でなければならないと政府は繰り返し説明しているものの、条文にそのような記述はない。下見のほか資金や凶器の用意などが例示される準備行為にしても、あいまいだ。
 なぜ、この法案が必要なのか。政府は「テロの未然防止」を強調。テロの実行に着手する前に一網打尽にしたいが、航空機乗っ取りなどの事例を挙げて「現行法では的確に対処できない」とする。
 野党が有力な学説を引き「ハイジャック防止法の予備罪を適用できる」と指摘しても「予備罪に当たらないこともある」と繰り返すばかりで、具体的に現行法のどこに不備があるのか説明はない。この法案のあいまいさと危うさはまだ解消されていない。


「共謀罪」閣議決定 人権脅かす危険法案に反対する
 政府が昨日、「共謀罪」の名称や構成要件を変えた「組織犯罪処罰法改正案」を閣議決定、直ちに衆院に提出した。
 「共謀罪と呼ぶのは全くの間違い」「(改正案を成立させ国際組織犯罪防止条約を締結できなければ)東京五輪を開けないといっても過言ではない」。安倍晋三首相は声高に繰り返したが、改正案を見る限りその認識こそ「全くの間違い」と断じざるを得ない。国民にとって極めて危険で、にもかかわらず疑問だらけのずさんな法案を強硬に成立させることは許されない。なぜ今必要なのか、徹底論議と抜本見直しを国会に求めるとともに、何度でも強く反対する。
 犯罪を計画段階で処罰できる共謀罪は、現行刑法の「既遂処罰」原則の大転換であり、憲法が保障する内心の自由など国民の人権を大きく脅かす危険がある。批判を受け過去3度廃案になったが、今回の改正案でもその「本質」は何ら変わっていない。適用対象や要件を狭めたように見せて、恣意(しい)的な運用や拡大解釈の余地は残ったまま。広く一般人、つまりは捜査機関が怪しいとにらんだ相手なら誰でも、心の動きを罪とした逮捕が可能になる。監視強化や、政府方針と異なる意見を持つ国民の萎縮は避けられず、新設に前のめりな国の本音を危惧する。
 政府与党は、共謀罪を「テロ等準備罪」と言い換え、目的を「テロ防止、五輪対策」と強調してきた。だがそれが体のいい口実にすぎなかったことは、当初案にテロの文言が抜けていたことからも明らか。慌てて適用対象に「テロリズム集団その他の組織的犯罪集団」と例示的に足したが、自民党の法務部会でさえ「テロ防止にはほとんど役立たない」との指摘が出たという。そんな案を「歯止めがかかった。国民の理解は得られる」(公明党幹部)などと諾々と了承した与党の姿勢にも、大きな失望を禁じ得ない。
 「組織的犯罪集団」といえばさも限定的に聞こえるが、法務省は「正当な団体でも、目的が一変した場合は組織的犯罪集団になる」。誰がいつ、何をもって「一変した」と判断するのか不明で、限定の根拠には全くなり得ない。あらかじめ目を付け常態的に監視でもしない限り、「一変」の判断は困難だろう。
 首相らはオウム真理教の例を頻繁に引くが、当時この法案があったとしてもテロ行為を察知し、防げたとは思えない。逆に今回、犯罪成立要件に付加した「準備行為」があれば、この法案がなくても多くは現行法の予備・準備罪で対処可能。広すぎると批判を浴びた対象犯罪は676から277に減らしたが、これまで絞り込みは「条約上できない」の一点張りだったのに今回なぜ急に減らせたのかも、削減の根拠も分からない。
 国民の人権を揺るがす法案の重大性に比して、政府の説明はあまりに拙速かつ稚拙。やはり容認はできない。諦めず、反対の声を上げ続けねばならない。


【「共謀罪」法案】 国民の不安を拭えるのか
 政府は、共謀罪の構成要件を変えた組織犯罪処罰法改正案を閣議決定した。今国会での成立を目指す。
 共謀罪を新設するための法案は2003年から05年にかけ、3度国会に提出された。いずれも国民の強い反発で廃案になっている。
 今回の改正案は「組織的犯罪集団」に適用すると規定し、対象となる犯罪も絞った。とはいえ、根強い懸念を解消できるのか。国会審議を通じ、問題点を浮き彫りにしなければならない。
 共謀罪は重大犯罪の実行行為がなくても、謀議に加わるだけで処罰できるようにするものだ。
 ごく一部の例外を除き、実行された犯罪を裁く刑事法制の原則を大きく転換することになる。それだけに捜査当局の恣意(しい)的な判断で、市民活動や思想・信条の自由を脅かされないか、不安がつきまとう。
 政府は20年の東京五輪・パラリンピックに向けたテロ対策の強化をうたい、罪名を「テロ等準備罪」と呼んで構成要件を見直した。テロを未然に防ぐ必要性は言うまでもないにせよ、根本的な危うさは残ったままといわざるを得ない。
 改正案ではこれまでの批判を踏まえ、当初は676としていた対象犯罪を277に絞ったが、それでも捜査機関による乱用の恐れは拭えない。
 政府は適用対象を「組織的犯罪集団」と位置付けるが、一方では「正当な活動をする団体も目的が一変すれば組織的犯罪集団となる」と説明している。
 「一変」したかどうかの基準も「具体的な事情を考慮して総合的に判断する」(金田法相)という曖昧さだ。捜査機関側がいかようにも判断しかねない。
 構成要件とする犯罪の準備行為にしても、同様の懸念が浮かぶ。現場の下見や資金調達などを挙げるが、犯罪の準備とどう認定するのか。拡大解釈の余地があれば、乱用の歯止めになるまい。市民による集会やデモへの抑圧につながらないか。
 政府はテロ対策を前面に押し出すものの、当初の改正案には「テロ」の表記さえなかった。
 そもそも、政府が「共謀罪」を設ける根拠とする国際組織犯罪防止条約にしてもテロ対策がメインではなく、マフィアによる薬物犯罪や資金洗浄などを想定したものだ。
 既に締結した国でも、既存の国内法で対応したケースが多い。日本もテロに関連する犯罪について現行法の予備罪や準備罪で対応できるとの指摘がある。
 直近の世論調査では改正案に反対の声が45・5%と、賛成の33・0%を上回っている。政府の前のめり姿勢とは裏腹に、国民が抱える懸念を表しているといってよい。
 現行法や個別の犯罪に関する予備罪などの検討で、なぜ対応できないのか。
 国民の人権に大きく関わる問題だけに、数の力で押し切ることは許されまい。国民が納得できるだけの説明を求める。


「共謀罪」法案提出◆「内心の自由」侵される恐れ◆
 政府は、共謀罪を取り入れた組織犯罪処罰法改正案を閣議決定し、国会に提出した。成立すれば、2人以上で重大な犯罪を計画したら実行しなくても処罰対象となり、犯罪の実行で結果が発生して初めて罰するという刑事法の原則を大きく変える。
 捜査機関は計画段階の犯罪をあぶり出すため、社会に監視の網を広げようとするだろう。プライバシーの領域に立ち入ることなしに「内心」を探ることはできず、憲法が保障する基本的人権との摩擦を生むのは避けられない。
一般人も適用対象か
 過去に批判を浴び、法案が3度も廃案になったときの共謀罪と違い、構成要件が厳格で一般の人が対象になることはあり得ないと政府は言う。だが法案の条文から、そうしたことは読み取れない。
 適用対象は「組織的犯罪集団」だが、普通の団体なども目的が一変した場合には対象になると政府は答弁。対象犯罪も300近くに及ぶ。拡大解釈や過剰な取り締まりにより国への批判を萎縮させる恐れも指摘され、今後の審議で数々の疑念が解消されない限り、この法案は受け入れられない。
 政府は閣議決定した法案から「共謀」の2文字を消した。「内心の自由」を侵すと強い批判を招き、日の目を見なかった共謀罪法案とは異なることを強調するためだ。共謀罪ではなく「テロ等準備罪」という罪名を持ち出し、テロ対策を前面に掲げた。
 さらに犯罪の合意-つまり共謀に加え、下見などの「実行準備行為」がないと処罰できないよう構成要件を厳格化したとする。ところが先に与党に示した原案にはテロ等準備罪も含め「テロ」の表記は一切なく、テロ対策としてきた政府説明との整合性を問われた。
 このため「テロリズム集団その他の組織的犯罪集団」と適用対象でテロに言及した。しかし字面をいじっても、共謀を罰するという本質は変わらない。
現行法の限界説明を
 しかも組織的犯罪集団は「重大な犯罪を実行するために結合する団体」と定義されるが、常習性や反復継続性などの要件はなく、市民団体や会社も対象になるとの懸念は根強い。また犯罪の計画について現実的、かつ具体的でなければならないと政府は繰り返し説明しているものの、条文にそのような記述はない。下見のほか資金や凶器の用意などが例示される準備行為にしても、あいまいだ。
 そもそもなぜ、この法案が必要なのか。政府は「テロの未然防止」を強調。航空機乗っ取りなどの事例をいくつか挙げて「現行法では的確に対処できない」とする。
 野党が有力な学説を引き「ハイジャック防止法の予備罪を適用できる」と指摘しても「予備罪に当たらないこともある」と繰り返すばかりだ。具体的に現行法のどこに不備があるのか説明しない。どこまでいっても、この法案にはあいまいさと危うさがつきまとう。


「共謀罪」が閣議決定 人権侵害の恐れないか
 過去に廃案となった「共謀罪」を取り入れた組織犯罪処罰法改正案が閣議決定され、今国会に提出された。政府は東京五輪を控えてのテロ対策を強調するが、法が恣意(しい)的に運用されれば、国民のあらゆる行為に捜査の目が向けられる恐れがある。基本的人権を侵害することはないのか、慎重な法案審議が求められる。
 政府は共謀罪ではなく、「テロ等準備罪」と呼ぶ。菅義偉官房長官は閣議決定後の会見で「かつての共謀罪と明らかに別物。3年後の五輪に向け、テロを含む組織犯罪を未然に防ぐために万全の態勢を整えたい」と理解を求めた。
 法案はテロリストなどの犯罪集団が重大犯罪を計画し、そのうちの一人が現場の下見や、資金や物品の手配など準備行為に着手した場合、計画に関わった全員を逮捕できるとしたものだ。
 過去に3度廃案になった経緯を考えれば、政府も「国際社会と連携したテロ対策」と国民の理解を得たいだろう。ただ、そのために、犯罪行為の実行を構成要件とする刑法の大原則を変えるやり方には釈然としないものがある。
 対象となる罪は277に及ぶ。テロ対策と言いつつ、その犯罪を見ると「無資格モーターボート競走」「商標権侵害」「株式の超過発行」などテロとの関係性を感じにくいものが多い。国民を守るには犯罪の準備段階から取り締まることが必要なケースもあるが、殺人やハイジャックなどの凶悪犯罪には予備罪が適用できる。現行法でも対応できそうなのに、新たな「準備罪」は必要なのだろうか。
 法案は犯罪集団に限定し、市民団体や労働組合などが捜査を受けることはないとする。しかし、テロリスト集団が構成員の名簿をつくるはずもない。捜査機関はテロ行為への「協力者」を捜すため、捜査の範囲を広げるだろうし、無関係の国民が内偵されることもあるだろう。また、市民団体が捜査機関の判断で「犯罪集団」となる懸念はぬぐえていない。
 犯罪の構成要件に「現場の下見」がある。今はあらゆるところに監視カメラがあり、携帯電話の電源が入っていれば、位置情報も簡単に把握できる。偶然、犯行現場の予定地近くを通ることもあるだろう。それを「下見」と見なされる間違いは起きないのか。
 テレビの取材で女性が「まだ起きていない犯罪に、自分が関与していないことをどう証明できるのか」と話したが、詳細に検証しないと不安が尽きない法案だ。
 国会は今、政治家の関与が疑われている森友学園への国有地払い下げ問題で揺れている。自民党は全容を知る官僚の国会招致を拒み続ける。政官癒着の疑惑解明を棚上げして、権力による監視で国民の萎縮を招く恐れがある「共謀罪」の審議をすることは許されるのか。混乱に乗じて法案を成立させようという意図も感じられる。
 テロ対策を大義名分にした警察権の強化が進められている。戦前や戦中は警察権の乱用で、政治的な不満を力で抑えた。その反省から、現行憲法や刑法が逮捕権の行使に慎重であることを再び思い起こしたい。
 基本的人権は一度後退すれば、元に戻すのは簡単ではない。後悔をしないためにも、法案審議は時間にとらわれず、慎重に進めるべきだ。(日高勉)


[「共謀罪」提出] 人権を抑圧する武器になりかねない
 日本を監視社会に変え、市民生活を息苦しくするようなことはないのか。
 政府の意に沿わない市民活動などにも幅広く法の網をかけ、取り締まることはないのか。
 人権や自由を侵害する恐れが解消されない中での見切り発車と言わざるを得ない。
 犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の新設を柱とする、組織犯罪処罰法改正案を政府が閣議決定し、国会に提出した。
 政府は、2020年の東京五輪・パラリンピックを見据えた「テロ対策」強化のための法整備が必要だとし、「構成要件を厳格化した」と過去の共謀罪法案との違いを強調する。
 一方、野党や研究者らは過去の共謀罪法案と本質は変わらないと批判。実行後の処罰を原則としてきた日本の刑法体系を大きく変えることになると反対している。
 過去の法案は、捜査機関の拡大解釈や乱用を懸念した世論の反発でこれまで3度、廃案になった経緯がある。
 今回の法案を巡っては、金田勝年法相が国会答弁に窮し、野党から辞任要求されるなど政府側の混乱が目立つ。
 テロは断じて容認できない。だが、法整備の必要性を十分に説明できないまま、国民生活に重大な影響を及ぼしかねない法案の成立を急ぐことは到底許されない。
 国会は「成立ありき」ではなく慎重に論議すべきだ。
■国際条約と食い違い
 政府は法整備を急ぐ理由に、国際組織犯罪防止条約の締結を挙げている。
 日本が2000年に署名した条約は「重大な犯罪の合意」(共謀)などを犯罪とするよう求めており、政府はこれを「共謀罪」新設の根拠にしている。
 安倍晋三首相は1月の衆院代表質問で「条約が締結できなければ東京五輪を開催できないと言っても過言ではない」と答弁した。
 しかし、条約はそもそも組織的犯罪集団を「金銭的利益その他の物質的利益を得るため行動するもの」と定義する。
 03〜05年に政府案が提出された際に想定されていたのは、マフィアによる薬物密輸やマネーロンダリング(資金洗浄)など経済的な犯罪の撲滅だった。
 野党が「目的をすり替え、国民の目をそらせている」と批判するのは当然だろう。
 また処罰の対象について、政府はあくまでテロ組織や暴力団などの犯罪集団と主張する。一般の人は対象外という。
 具体的には、犯罪を計画した2人以上のうち、少なくとも1人が資金や物品の手配、関係場所の下見などの「実行準備行為」をしたときに処罰するというものだ。
 犯罪の計画について現実的、かつ具体的でなければならないと政府は繰り返し説明するが、条文にそのような記述はない。
 捜査機関による恣意(しい)的な運用拡大で、市民団体や労働組合の活動も対象にされる可能性は捨てきれない。
 原発に反対するグループや、沖縄の米軍基地に抗議する市民活動などもターゲットになるのではないか。そんな疑念は強い。
 というのも、政府は一般の団体が組織的犯罪集団に「一変した」と認定すれば処罰対象になると説明しているからだ。
 だが、どこで「一変した」かを見極めるのは極めて難しい。一変したと認めるためには、それ以前からの監視が必要ではないか。
 誰が、いつ、どこで何を企てるのか。そのために監視や盗聴、密告などが横行する恐れが懸念されている。
■「内心の自由」を侵す
 政府は閣議決定した法案から「共謀」の2文字を消した。
 「内心の自由」を侵すと強い批判を受け、日の目を見なかった共謀罪法案とは異なることを強調するためである。
 共謀罪ではなく「テロ等準備罪」という罪名を持ち出し、テロ対策を前面に掲げた。過去の条文にあった「共謀」も「計画」に置き換えた。
 ところが、与党に示した原案に「テロ」の文言はなく、批判を受けると、急きょ挿入することを決めた。
 野党が主張するように、こうした姿勢は国民を安心させるための「印象操作」ではないのか。
 条約は4年以上の懲役・禁錮を定めた罪を対象にするよう要請している。政府は当初676の犯罪を対象にする方針だったが、「広すぎる」との批判を受けると277に絞り込んだ。
 政府は過去に、条約の規定を理由に、共謀罪の対象範囲は減らせないとの答弁書を閣議決定している。今回の改正案との整合性はどうとるのか。納得できる説明が求められる。
 野党などは現行法でテロ対策は可能と主張している。政府がそれでは不十分というなら、国民に丁寧に説明する必要がある。
 できなければ、問題のある法案は撤回すべきだ。
 日弁連は「未遂はおろか予備にすら至っていない段階で犯罪が成立することになり、刑法体系を根底から変容させるものとなる」と危惧している。
 そのことも忘れてはならない。


重要法案なぜ安倍首相抜き? 「共謀罪」閣議決定の怪しさ
 官邸の主が不在のまま、共謀罪を盛り込んだ組織的犯罪処罰法の改正案が21日、閣議決定された。安倍首相は19日からドイツ、フランス、ベルギー、イタリアの4カ国を歴訪していて、22日に帰国予定。重要法案のアベ抜き閣議決定なんてアリなのか。
 閣議は本来、総理大臣の呼び掛けで開かれる内閣の合議だ。内閣法第4条でこう、うたっている。
〈閣議は、内閣総理大臣がこれを主宰する。この場合において、内閣総理大臣は、内閣の重要政策に関する基本的な方針その他の案件を発議することができる〉
 2000年に提出された質問主意書に対しても、森元首相は〈閣議は、その主宰者である内閣総理大臣及びその他の国務大臣全員が集まって開かれるのを原則とする〉と答弁書を出している。黒に近い灰色なのだ。
 高千穂大教授の五野井郁夫氏(政治学)は言う。
「世間の関心が森友学園疑惑や豊洲市場問題に向けられている間に、ドサクサ紛れで閣議決定に持ち込んだのでしょう。実際、安倍首相が外遊中で大きなニュースにはなっていません。安倍政権は東京五輪のテロ対策を前面に出し、TOC条約(国際組織犯罪防止条約)の締結に必要だとしていますが、デタラメです。現行法で十分に対応できる。戦前の治安維持法さながらの悪法の恐ろしさが知れ渡る前に、審議時間を稼ごうという意図を感じます」
 拙速さが奏功して、世論調査で半数が共謀罪の成立に賛成している。テロの脅威をことさらにあおる政権の術中にハマっているのだ。金田法相が国会で答弁している通り、これはトンデモナい法案だ。穏健な市民団体でも捜査機関が「活動が一変した」とみなし、「実行の準備行為を伴う合意」があったと認定すれば組織的犯罪集団にされてしまう。金田法相は「それを判断するのは捜査機関だ」と断言しているのである。
「花見シーズン入りして新宿御苑に足を運ぶ人が増える時期ですが、御苑は迎撃ミサイルのPAC3配備が検討され、過去には訓練も行われています。花見の流れで仲間と御苑をあちこち探索しようものなら、〈犯罪行為のための下見〉とされる可能性もある」(前出の五野井氏)
 安倍政権は今国会での成立をもくろんでいるが、それを許したら官憲の気配に怯える戦前に逆戻りすることになる。


陸自日報隠し  隠蔽体質の徹底究明を
 根深い隠蔽(いんぺい)体質への疑念が強まるばかりだ。
 南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)に従事する陸上自衛隊派遣部隊の日報が、廃棄したとしていた陸自内に電子データで保管されていたことが発覚した。
 防衛省は当初、陸自内に存在しないと情報公開請求に不開示を決定。再調査で別の統合幕僚監部で見つかったと一部を公開した。その説明とつじつまを合わせるため陸自内の保管を伏せたまま、データを破棄した疑いが出ている。
 当の日報は、昨年7月に宿営地の首都ジュバで起きた大規模戦闘の緊迫を生々しく伝えていた。それを組織内で握りつぶし、国民に隠すのは二重の背信行為だ。誰がどう判断したのか、徹底的な真相究明と再発防止策を求める。
 保管の事実は、陸自トップの岡部俊哉陸上幕僚長も把握して公表が陸自内で検討されたが、統幕の「背広組」幹部が非公表とするよう指示した―との疑惑が指摘されている。PKO5原則に抵触しかねない「不都合な事実」を隠すため、公開請求時からうそにうそを重ねてきた可能性も排除できない。
 稲田朋美防衛相は、全容解明に向けて特別防衛監察を行うとして「現場の問題」を強調したが、自身の責任は免れない。これまで国会で「陸自になく、隠す意図はなかった」と繰り返し、実態解明に消極的な姿勢を続けてきた。
 しかも統幕で見つかってから稲田氏への報告は約1カ月遅れたほか、重要な情報が省内から上がっていたか疑わしい。国民から選ばれた政治家が自衛隊を統率するシビリアンコントロール(文民統制)が揺らぐ重大な問題である。
 そもそも派遣部隊の日報は、現地情勢を判断する重要な基礎情報で、保管を定めていないこと自体が疑問だ。政府の「派遣ありき」の姿勢が、防衛省内での実態隠しを助長してきたのではないか。
 疑惑の渦中、政府は5月末をめどに南スーダン派遣部隊の撤収方針を発表した。治安悪化が理由ではないとするが、現地では派遣隊員が政府軍に一時拘束される事件も起きた。まだ2カ月余り派遣を続けるべき情勢なのか、国民に納得のいく説明が求められる。
 疑惑解明を特別防衛監察に委ねての時間稼ぎは許されず、速やかに問題点を洗い出して国会で議論すべきだ。稲田氏は「私の責任で」と言うが、戦闘を「衝突」と言い換えて実態をごまかし、森友学園問題でも事実確認に不誠実だった稲田氏に任せられるだろうか。


「月給30万円の基本給は15万円!?」それでも摘発ゼロの“求人詐欺”に挑むPOSSE代表・今野晴貴
「ここ2、3年は、“求人詐欺”の問題に取り組んでいます。給料や手当を実際より高く偽った求人で、企業が求職者を騙しても罰せられることはなく、野放し状態なんです……」
労働問題を可視化するために“事件”をつくる――POSSE代表・今野晴貴
 年間2000件超の労働相談を行うNPO法人POSSE代表・今野晴貴はこう話した。
「典型的なケースは、月給30万円の求人を見て就職したら、基本給が15万円で残業代が15万円だったというもの。このように、求人する側の企業は嘘のつき放題ですが、実際、厚労省は一度も取り締まったことがない。特に、介護業界と保育業界は酷くて、求人内容と実際の給料が合っているほうが珍しいくらいです。これらの業界は給料が安いので、高いように偽らないと人が集まらないし、同業他社が“求人詐欺”で高待遇を謳っていれば、それと同じかそれ以上に嘘をつかなければならない……まるで詐欺合戦ですよ。エステ、外食、小売業界も似たようなことになっています」
 求人募集の虚偽記載は職業安定法で禁じられているが、摘発はゼロ。ザル法なのだ。ところが2016年6月、厚労省が“求人詐欺”を行う企業に、懲役刑を含む罰則を検討していることが明らかになった。行政の変化の背景には、“求人詐欺”の実態を労働相談の現場から吸い上げ、調査、分析し、対策を申し入れてきたPOSSEの働きがあったのだ。
 今野の名を世に知らしめたのは、2012年の著書『ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪』だ。同著はベストセラーとなり、2013年には「ブラック企業」が新語・流行語大賞のトップ10に入った。もともとネットスラングだった「ブラック企業」という言葉に、今野は魂を注入したのだ。実証的なデータや現場から吸い上げた事例から、企業による従業員潰しの実態を炙り出した。どこか掴みどころのなかった「ブラック企業」は、今野によって初めて、獰猛で狡猾な姿を現した。
「違法だからブラック企業というわけじゃない。残業代を支払わない会社や離職率の高い中小企業はあるが、それは構造的な問題を抱えているからで、こうした企業は安易に従業員を辞めさせたりしない。これに対して、ブラック企業は人を使い潰す労務管理を戦略的に行う。初めから計算づくなんですよ」


「月給30万円の基本給は15万円!?」それでも摘発ゼロの“求人詐欺”に挑むPOSSE代表・今野晴貴
「ここ2、3年は、“求人詐欺”の問題に取り組んでいます。給料や手当を実際より高く偽った求人で、企業が求職者を騙しても罰せられることはなく、野放し状態なんです……」
労働問題を可視化するために“事件”をつくる――POSSE代表・今野晴貴
『ブラックバイト 学生が危ない』(岩波新書)、『求人詐欺 内定後の落とし穴』(幻冬舎)の両著とも、実践家の今野氏らしく対処法や改善事例が豊富に綴られている
 年間2000件超の労働相談を行うNPO法人POSSE代表・今野晴貴はこう話した。
「典型的なケースは、月給30万円の求人を見て就職したら、基本給が15万円で残業代が15万円だったというもの。このように、求人する側の企業は嘘のつき放題ですが、実際、厚労省は一度も取り締まったことがない。特に、介護業界と保育業界は酷くて、求人内容と実際の給料が合っているほうが珍しいくらいです。これらの業界は給料が安いので、高いように偽らないと人が集まらないし、同業他社が“求人詐欺”で高待遇を謳っていれば、それと同じかそれ以上に嘘をつかなければならない……まるで詐欺合戦ですよ。エステ、外食、小売業界も似たようなことになっています」
 求人募集の虚偽記載は職業安定法で禁じられているが、摘発はゼロ。ザル法なのだ。ところが2016年6月、厚労省が“求人詐欺”を行う企業に、懲役刑を含む罰則を検討していることが明らかになった。行政の変化の背景には、“求人詐欺”の実態を労働相談の現場から吸い上げ、調査、分析し、対策を申し入れてきたPOSSEの働きがあったのだ。
 今野の名を世に知らしめたのは、2012年の著書『ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪』だ。同著はベストセラーとなり、2013年には「ブラック企業」が新語・流行語大賞のトップ10に入った。もともとネットスラングだった「ブラック企業」という言葉に、今野は魂を注入したのだ。実証的なデータや現場から吸い上げた事例から、企業による従業員潰しの実態を炙り出した。どこか掴みどころのなかった「ブラック企業」は、今野によって初めて、獰猛で狡猾な姿を現した。
「違法だからブラック企業というわけじゃない。残業代を支払わない会社や離職率の高い中小企業はあるが、それは構造的な問題を抱えているからで、こうした企業は安易に従業員を辞めさせたりしない。これに対して、ブラック企業は人を使い潰す労務管理を戦略的に行う。初めから計算づくなんですよ」
 今や労働問題研究の第一人者となった感のある今野によって、ブラック企業の問題にメスが入ったが、その後も、前述した“求人詐欺”、学生を正社員並みに働かせることで、学業に支障をきたす“ブラックバイト”と、労働問題が次々に噴出している。
「“ブラックバイト”は、ブラック企業が背景にある。ブラック企業は正社員に長時間、低賃金で働かせており、正社員が少しでも休みを取ろうとすると学生アルバイトにシワ寄せがいく。つまり、この種の会社は“ブラック企業”になるか、“ブラックバイト”を生むか、どちらかしかない。結局、“求人詐欺”や“ブラックバイト”、“ブラック企業”というのは個別の現象ではなく、日本型雇用の延長線上の問題なのです。だから、景気がよくなっても、なくなることはない。ただ、悪い会社だから懲らしめよう……という話に留まらない。
 ブラック企業が蔓延り、増殖していくと、日本の産業は崩壊してしまう。若者が使い潰され、鬱病になったり身体を壊したりすれば、医療費負担は増えていく。労働力人口が減って、社会保障費が増えれば、当然、財政は悪化する。さらに、長時間労働と低賃金に苦しむ若者は結婚できず、少子化が加速する。この問題を放置すれば、日本という国が滅びてしまう。ブラック企業の存在は、若者だけでなく、誰にとってもいいことが何ひとつないのです」
 今野はこの国の行く末を憂いて、日本の労働市場を変革しようとしているのだ。
「終身雇用など、日本型雇用の恩恵を受けていた年長世代は、こうした労働問題をなかなか理解できない……。だから僕らは、問題を事実として示して、社会問題化する。労働相談の当事者の多くは裁判など起こさず、泣き寝入りしているが、“事件”にすれば報道されるし、書くこともできる。敢えて“事件”化して、問題を可視化するのです。そのために、今後も“事件”をつくっていきますよ(笑)」
 今野たちは、これまでの日本の労働運動にはない新しい手法で着々と成果を挙げている。そんな彼だが、現在、ターニングポイントを迎えていると明かした。
「3、4年前は、『ブラック企業』という言葉を使って、日本に労働問題が存在するというレベルから話を始めなければならなかったけれど、今は『日本全体がブラックなのでは?』と視点を移す段階にきている。問題のある特定の企業をただ『ブラック』と批判するだけでは、かえって本質を見失いかねない……。僕はこれまでブラック企業について問題提起をしてきたけれど、もともとやっていた日本の労働問題の研究、調査、政策提言に立ち戻るタイミングだと思っている。原点回帰ですね」
 企業サイドが使う「日本型雇用」という言い回しは、日本固有の特殊な雇用形態(だから仕方ない)ということなのだろう。確かに、国内ではこの言い分は通用するかもしれないが、海外から見れば、日本という国自体が“ブラックネーション”ということになる。
 ブラック企業は存在せず、労働問題はタチの悪い一部の企業の問題……今野が登場するまで、この国ではそういうことになっていた。荒地を拓き種を蒔くような、骨の折れる仕事を今野は続けてきたのだ。
「息抜きは、建設的じゃないかもしれないけど、仲間や友人と酒を飲むことくらいかな(笑)。続けてこれたのは、現場でとにかく鍛えられたから。活動するなかで、価値観もガラリと変わっていきました。以前の僕は、正直、頭でっかちだったけど(苦笑)、現実に向き合うことで実践的になったと思う」
 日本で労働問題界隈の人材は、研究者か活動家とタイプが二分されるように思える。だが、今野は研究者肌でありながら、実践家の顔を併せ持つユニークな存在だ。現場の人らしく、時には街に飛び出し、ハローワークの前で聞き取り調査なども行う。
「もともと、戦略を立てるのは得意。次にポイントになりそうなイシューに対して仕掛けていくわけです。例えば、『どんな理由で転職するのか』を調べたら面白い結果が出そうだな、と当たりをつけて、言論活動で興味深いピースになりそうなことを仕掛けたり、プロジェクトを立ち上げて人を巻き込んでいったり……まぁ、酒でも飲みながらね(笑)。『このテーマはまだ誰も調べてないから面白いぞ』と仲間を調査に誘うんです。面白いデータに突き当たって、それがメディアに報じられたりすれば、誘われた仲間にとって成功体験だし、僕もすごく楽しい。そんな話をしながら、仲間と酒を飲むのが大好きなんですよ(笑)。
 結果がちゃんと出るから、活動が継続できているんでしょうね」
 今野は息抜きの酒を「建設的じゃない」と自嘲的に話したが、酒席で仕事が生まれ、仲間のモチベーションも向上する……むしろ、建設的ではないか。
 彼が代表を務めるPOSSEは、メンバーが若いNPOとして知られる。そして、人を巻き込む才に恵まれた今野の周りには、困窮者支援など他分野のNPO、コンサルタント、学者、弁護士、労組関係者……多種多様な人々が集まる。従来の労働運動はともすると世界が狭くなりがちだったが、今野は活動を通してさまざまな分野の人々と横断的に繋がっているのだ。ただ、特定のイデオロギーや政治勢力とは一定の距離を置くという。
「NPOとして、特定の政治勢力と結びつかないよう意識しています。ただ僕らは、現場に根差して社会をよくしていきたい。だから、すべての政党に開かれているべき。まぁ、自民党は話を聞きにこないけど、望まれればいくらでも話しますよ。労働問題って、すべてが現実問題。その意味では、僕は“現実主義”というイデオロギーかもしれない(笑)」
 これまでにない社会運動を仕掛ける、実践家の次の一手に注目していきたい。


橋下松井コンビに激高 安倍首相“維新3点セット”白紙撤回か
 長すぎた蜜月がついに終わった。森友騒動で連日、野党の追及を受ける安倍首相は錯乱状態。虚偽答弁が発覚した稲田防衛相を「答弁には気をつけてくれと、何度も言っただろ!」と叱りつけたと報じられたが、最近は辺り構わず腹いせをぶつけているという。
 なかでも苛立ちを隠さないのが、日本維新の会のツートップの態度だ。大阪府の松井一郎知事と橋下徹前知事は今さら「国の圧力があった」と口をそろえている。
「昭恵夫人が名誉校長だった責任を棚に上げ、首相はあくまで今回の疑惑は大阪府の責任との認識です。確かに大阪府は私立小学校の設置認可の審査基準を緩和し、森友学園が問題だらけと知りながら、スピード審議で『認可適当』と判断。首相にすれば、騒動の発端は大阪府の怪しい手続きで、この問題で矢面に立たされるのは松井知事らの不手際のトバッチリ。おまけに『国の圧力』の“責任逃れ”発言を聞かされたから、もう怒り心頭です。『大阪の3点セットは白紙に戻す』と語気を荒らげているそうです」(官邸事情通)
 安倍首相の言う3点セットとは「大阪万博誘致への国を挙げた協力」「大阪・夢洲のカジノ計画」「リニア大阪延伸の前倒し」を指し、いずれも維新の“看板公約”だ。維新が与野党対立法案に軒並み賛成、安倍政権に全面協力してきたのも、見返りに3点セットの実現を求めているためだ。
 それにしても、安倍首相の私怨で国策が左右されるとは「首相を侮辱したから証人喚問」と同様のおぞましさだが、そんな政権と維新のもたれ合いに森友騒動は亀裂を入れ、その裂け目は日ごとに広がっている。
■5年の蜜月にピリオド
「橋下・松井コンビにすれば『国の圧力』発言は先手を打っただけでしょう。鼻の利く2人は安倍政権側の言動をみて、森友問題を“大阪ローカルの問題”と矮小化させ、責任を押し付けてくるニオイを嗅ぎ取った。“やられる前にやれ”ですよ」(維新関係者)
 安倍首相と松井知事は2012年2月、大阪で開かれた「日本教育再生機構」のシンポジウムで会談したのを機に意気投合。再生機構はHPで〈教育を通じて国民意識を覚醒させ、国家への愛情を取り戻すこと〉を標榜し、メンバーは「日本会議」と重なる。森友学園とも関係の深い組織だ。
 会談から5年。菅官房長官と橋下氏を交えて会食を重ね、親密さを誇示してきたが、互いに思想の共鳴し合う森友学園のせいで関係にヒビが入るとは皮肉である。


国有地売却、地検に告発状…容疑者不詳で
 学校法人「森友学園」(大阪市)に大阪府豊中市の国有地が鑑定評価額を大幅に下回る価格で売却された問題で、木村真・豊中市議ら230人が22日、財務省近畿財務局の職員が不当な安価で売却し、国に損害を与えたとして、背任容疑の告発状を大阪地検特捜部に提出した。
 関与した職員は特定しておらず、容疑者は不詳としている。
 告発状では、近畿財務局の職員らは十分調査して適正な価格で売却する義務があるのに、国有地(約8700平方メートル)を1億3400万円と著しく低い価格で売却したとしている。
 国は鑑定評価額9億5600万円から、地中に埋まったごみの撤去費として8億1900万円などを差し引いたが、木村市議らは「撤去費の算定手続きが不適切」と主張している。
 記者会見した木村市議は「この契約は何から何まで不自然。政治的な力が働いたのは明らかで、検察に解明してほしい」と話した。


籠池理事長が卒園式でも「安倍首相から小学校設立に100万円の寄付があった」「かなり仲良かったのに裏切られた」
 やっぱり本丸は安倍首相だった。本日、学校法人森友学園の籠池泰典理事長の立ち会いのもと、参議院予算委員会の議員団が瑞穂の國記念小學院開校予定地を現地視察。さらにこの後、籠池理事長の自宅にて野党議員のヒアリングに応じることになっている。
 メディアも詰めかけ、午後の各局ワイドショーが中継するなか、予定の13時45分から遅れること30分、14時すぎに参院予算委員会の調査団11名が、現地に到着した。
 13時すぎには現地に到着していた籠池理事長が校舎から出てきて、校庭の中ほどで、調査メンバーを出迎える。挨拶を交わし、説明を始めた。その話し声を、途切れ途切れながら、敷地外のテレビ局のカメラが拾って、漏れ聞こえてきた。
「我々がこの学園をつくり上げようとしたのは、みなさん方のご意志があってこそだと思う。そのご意思のなかには、大変恐縮ですが、安倍内閣総理大臣の寄付金も入っていることを伝達します」
 各局とも未確認情報としかこの発言をクローズアップしていないが、これは決して聞き間違いでも、口がすべったわけでもない。
 きょう、塚本幼稚園の卒園式において、籠池理事長が保護者に対して同様の発言をしたらしいのだ。
「安倍首相から小学校設立に100万円の寄付があった」「かなり仲良かったのに裏切られた」
 これは、本日14時から放映された『ちちんぷいぷい』(毎日放送)が保護者に取材して、その証言として報道したもの。閣僚から金をもらっていたという話については、昨日、著述家の菅野完氏も籠池理事長から聞いたと証言したが、このことだったのか。
 いずれにしても、稲田朋美防衛相だけでなく、安倍首相の嘘がこれで一気に暴かれるだろう。(編集部)


安倍応援団・田崎史郎が“籠池が稲田へセクハラ”の噂を紹介し「彼女にセクハラするかな」…それがセクハラだ
 またしてもこの男か──。安倍首相の“ワイドショースポークスマン”、そして“スシロー”“御用記者”“安倍ちゃんの親衛隊”など数々の異名をもつ田崎史郎・時事通信社特別解説委員。森友学園問題が勃発しても、相変わらず“安倍首相と昭恵夫人は“籠池泰典理事長に騙された”と擁護発言を続けてきた田崎氏だが、本日16日に出演した『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)でも唖然とするような政権擁護発言を連発したのだった。
 まず、田崎氏は、昨日話題となったノンフィクション作家・菅野完氏の会見内容について噛みつき始める。昨日2回目の菅野氏の会見で暴露された“籠池氏がとある現役閣僚から現金数百万円程度を受け取った“それは大臣経験者であり誰もが知る安倍政権の現役閣僚”とのVTRを受け、こう疑問を呈した。
「あいまいな点が多すぎる。いつ、どういう理由で、というのが抜けている。しかも、とある政治家から直接ではなくて、ワンクッション置いて、このお金はある政治家からのお金ですと言ってる。ワンクッション置いたが、言った人が嘘を言っている可能性もある。そもそも菅野さんの発言で気になったのは、この方は(政治家は)大臣経験者ですか。『そうですね』。現役閣僚ですか。『そうですね』。どっちなんだと(笑)。言われているなかで、どれを信じたらいいんだろうか疑問をもちます」
 大臣経験者で現役閣僚というのは別に矛盾しておらず、何をつっこんだ気になっているのかよくわからないが、菅野氏への批判はさらに続く。
 昨日、予定されていた籠池氏の会見がキャンセルされたことについて、菅野氏が“誰かに止められた”と匂わせたとして「匂わせるだけで何なのか。変な不快感が残りますよね」。さらに菅野氏の会見を受け、“悪いやつ”と名指しされた松井一郎大阪府知事が「相手にしてもしょうがない」とコメントしたことを受けて、松井府知事を代弁する一方、返す刀でまたしても菅野氏をディスった。
「松井さんは(菅野氏の)信憑性はどのくらいなのか、とおっしゃりたかったと思いますよ。菅野さんという方は存じあげてないので、どれほど正確なことを書かれる方なのか、僕にはわからないんですけどね」
 つまり田崎氏は、菅野氏、そして会見内容にいちゃもんをつけ、“何者かわからない”“信用できない”といった旨のコメントを繰り返すことで、会見で語られたことはすべてでたらめだと言いたかったのだろう。自分はさんざん嘘やデマをふりまきながら、自分に都合の悪いことはすべて“印象操作”という言葉で片付けてしまう安倍首相そっくりのやり口だが、まあ、これはいつものこと。大した驚きはなかった。
 驚いたのは話題が稲田朋美防衛大臣と森友学園との関係に移った際だった。ご存知のように、現在、ワイドショーで盛んに取り上げられるのが稲田氏の虚偽答弁と、その原因となったとされる籠池氏からの“10年前の大変失礼な出来事”についてだが、田崎氏は司会の羽鳥慎一氏から“虚偽答弁の評価”について聞かれ、「答弁自体は、虚偽答弁に結果的になりましたからその責任は重大」としながら、突然、こんなことを言い始めた。
「この大変失礼なこと、これは何なのだろう、というのが結構、いま永田町で話題になっているんですよ。実は昨日ある自民党議員と食事をしたんですが、大変失礼なことは、セクハラだったのかな、とか。いやぁ、彼女にセクハラするかな、とか。いろいろ話があるんですよ」
 しかも田崎氏はこの発言の際、ニヤニヤと嬉しそうに、オーバーアクション──両手で身振り手振りをしながら──で聞かれもしないのに語っている。これは籠池理事長ではなく田崎氏から稲田氏への立派なセクハラだろう。しかもテレビという公の場での“公開セクハラ”だ。
 このセクハラ発言に驚いた羽鳥氏の様子に気づいた田崎氏は、「講演を断った稲田氏が籠池氏から抗議がきて、付き合いたくないという気持ちが先行した結果じゃないか」などとフォローしたが、しかしそれでセクハラ発言が帳消しになるものではない。
 さらに問題なのは、田崎氏はこうした会話を自民党議員と、しかも会食の席でしていたことだ。おそらく男性だと思われる自民党議員と御用評論家である田崎氏が、女性閣僚へのセクハラ発言をつまみに豪華な食事を楽しみ酒を飲む。なんともおぞましい絵図が浮かぶが、こんな連中が日本政治とマスコミの中核を担っているのだ。
 折しも本日午後、籠池氏が言う“現金をもらった現役閣僚”がなんと安倍首相本人だということが報じられている。これを受け、明日以降、スポークスマンの田崎氏がどんな珍妙な言い訳を繰り出すのか。けだし見ものである。(編集部)


竜一の愛した書斎
 大分県中津市に残る作家松下竜一さんの家が、昨年暮れに取り壊された。市道拡幅の対象になったためだった。地方に根差し、反公害・反原発運動などを通じて戦後日本の矛盾を見つめてきた作家の話をじかに聞きたいと、六十七歳で亡くなる前年の二〇〇三年、訪ねたあの家が今はない。
 築五十年は過ぎていたその家は、若き日に営んでいた豆腐店の面影を残していた。土間に板を張っただけの書斎。そこが一日の居場所だった。食べて、寝て、客を迎え、孫が走り回る。生活のすべてが詰まったこの簡素な部屋から松下さんの思索はつむがれていた。
 国家事業のダム建設に抗(あらが)う男の物語「砦(とりで)に拠(よ)る」、大正の「アナキスト」大杉栄と伊藤野枝の遺児を描く「ルイズ」、甲山事件の冤罪(えんざい)を訴えた「記憶の闇」…。従わぬ者には容赦ない、国家の暴力性が作品を貫く。今日にそのまま通じる主題である。全三十巻の「松下竜一その仕事」(河出書房新社)、「未刊行著作集」(海鳥社)は今こそ読まれてほしい。
 家の解体を見守ったのは七〇年代に地元で起きた火力発電所建設反対闘争以来の盟友、梶原得三郎さん(79)と妻の和嘉子さん(79)。数千冊の蔵書は事前に運び出され図書館への寄託を待つ。書斎が壊される時だけ雨が土砂降りになったという。和嘉子さんは万感の思いを歌に詠んだ。<竜一の愛した書斎こわれゆく 涙の雨の降りしきる中> (佐藤直子)

梅田で説明会/スーパーのおじさんとワイン談義

ブログネタ
フランス語 に参加中!
糸魚川 火災の跡

Tomoya Hosoda, premier homme transgenre élu au Japon (et dans le monde)
Par Florian Bardou
A la mi-mars, ce diplômé en médecine a été élu conseiller municipal de la ville d’Iruma, dans le Kanto. Un pas de plus pour la visibilité des personnes trans.
Une bouille de poupon, des lunettes rectangulaires et un très large sourire. Agé de 25 ans, Tomoya Hosoda, un jeune diplômé en médecine de l’université de Teikyo, a été élu à la mi-mars conseiller municipal de la ville d'Iruma, dans le Kanto, centre du Japon. Anecdotique dites-vous ? Pas vraiment. Car en accédant à son maroquin, Tomoya Hosoda est devenu le premier homme trans out à être élu au suffrage universel dans le monde. Tout un symbole pour la cause trans.
Au moment de faire son coming out en 2015, le jeune homme soulevait d'ailleurs l'importance de la visibilité dans un pays où la tentation du placard est encore grande pour les personnes LGBTI. ≪Jusqu'à récemment, les gens ont agi comme si les minorités sexuelles et de genre n'existaient pas, confiait alors Tomoya Hosoda à Out in Japan. Il y a encore beaucoup d'obstacles à surmonter mais j'espère être à la hauteur des attentes de tout le monde.≫
En 1999, la première députée transgenre
De fait, le jeune homme fait effectivement partie des rares élus à avoir rendu public leur identité de genre, soit à être ouvertement trans. Dans l'archipel nippon par exemple, seule l'écrivaine Aya Kamikawa l'a précédé en devenant en 2003 la première femme trans élue (puis réélue) au conseil municipal de Tokyo. Par ailleurs, ce n'est qu'en 1999 qu'une personne trans a pu accéder à la députation : c'était en Nouvelle-Zélande et il s'agissait de l'ex-travailliste Georgina Beyer, également maire de la petite localité de Caterton, près de la capitale Wellington.
≪C'est un triste honneur d'être la première≫, ironisait à ce propos Michelle Suarez Bertora, première personne transgenre à rejoindre en tant que suppléante le sénat uruguayen sous les couleurs du Parti communiste en 2014. ≪Jusqu’à présent, j’ai été la première et seule femme transexuelle élue députée en Espagne. Cela en dit énormément sur les préjugés et les tabous de notre société≫, confiait également Carla Antonelli, élue régionale de Madrid. Lors de notre rencontre en juillet 2015, dans les locaux du Parti socialiste ouvrier espagnol (Psoe) de l’Assemblée de la communauté de Madrid, l'instigatrice de la loi espagnole sur l'identité de genre en 2007 regrettait en effet que la visibilité des personnes LGBT (comme la sienne) engendre des agressions LGBTphobes, ≪le prix de la liberté≫.
Camille Cabral, une élue trans à Paris
Néanmoins, les choses changent. Ces dernières années, de plus en plus de personnes trans accèdent à des fonctions publiques un peu partout dans le monde. Au Venezuela, aux Philippines et en Pologne, la juriste et avocate anti-Chavez Tamara Adrian, la journaliste libérale Geraldine Roman ou l'écologiste Anna Grodzka, à l'origine d'une loi sur le changement de genre qui a reçu le véto du président Andrzej Duda, ont toutes les trois été largement élues députées. En Grande-Bretagne par ailleurs, c'est du côté des pro-brexit qu'il faut trouver la seule personnes trans (et lesbienne) à avoir été élue, l'ex-eurodéputée Ukip Nikki Sinclaire, également soupçonnée de blanchiment d'argent. Enfin, à Taiwan, la hackeuse libertaire Audrey Tang est devenue à l'automne 2016 la première femme trans nommée ministre (de l'Economie numérique) dans le gouvernement progressiste de la présidente Tsai Ing-Wen.
Et en France ? Seules deux femmes trans ont obtenu un mandat public en une quinzaine d'années : la dermatologue d'orgine brésilienne Camille Cabral, fondatrice de l’association Prévention action santé travail pour les transgenres (Pastt), défenseuses des prostituées, élue conseillère du XVIIe arrondissement de Paris en 2001 avec les verts et Diane Potiron(1), élue conseillère municipale affiliée PS au Chateau-d’Oléron. Mentionnons également les candidates out et visibles : la présidente de Trans-Europe Brigitte Goldeberg, qui a échoué à avoir les 500 parrainages nécessaires à une candidature à la présidentielle en 2012, l’insoumise Camille Barré, première candidate trans (et communiste) aux législatives de 2007 face à Patrick Ollier (ex-UMP) dans les Hauts-de-Seine, ou encore la comédienne Pascale Ourbih et Florence Bertocchio (ex-porte-parole de l'Inter-LGBT), candidates sur les listes écologistes aux municipales à Paris et Toulouse en 2014. Mais là encore, il reste beaucoup à faire.
(1) Elle ou lui ? Une histoire des transexuels en France, Maxime Foerster, éd. La musardine, réed. 2012 - pp 186
フランス語
フランス語の勉強?
飯田哲也(いいだてつなり)‏@iidatetsunari
ドイツではメルケル首相にほとんど相手にされなかった安倍首相、同じ原発泥沼同士で傷を舐め合うフランスでは歓待。フランスでは火車の三菱が破綻している核燃料サイクルで貢ぎ、アメリカにはWHで東芝がシャブリ取られ、日本はどちらにも良いカモだ。
NHKスペシャル シリーズ東日本大震災 “仮設6年”は問いかける〜巨大災害に備えるために〜
災害で自宅を失った時にどこに住むのか?国の制度や法律に基づいて予算を投じ、応急的に設置されるのが「仮設住宅」だ。しかし、震災から6年がたつ中、3万人以上がいまだに仮設住宅で暮らしている。阪神・淡路大震災では5年で全員が退去したが、東日本大震災では最長で9年仮設住宅での生活が続くとも言われている。不自由な仮住まいが続く中、再建を果たせぬまま亡くなる人も相次いでいる。
なぜこうした事態が起きているのか。次なる巨大災害への対策として、何が必要なのか。番組では、被災者の厳しい実態とともに、その根本的な要因を取材。さらに首都直下地震の住宅被害のシミュレーションなどを通して、現在の災害対策・復興政策をどう転換していけばいいのか、考えていく。


梅田で説明会です.いろいろなことでイラッとしました.大人の対応をしましたけれども・・・
スーパーのおじさんから話しかけられました.ワインが好きだというと,おじさんの自宅には〇万円のお酒がたくさんあって,スーパーの給料が全部お酒代なんだって.

「復興感じる」47% 県民意識調査
 東日本大震災から6年が経過し、復旧・復興が進んだと感じている県民は前年度比19.6ポイント増の47.9%に上ったことが、県の県民意識調査で分かった。
 復旧・復興が「進んでいる」は13.1%、「やや進んでいる」は34.8%だった。「遅れている」(18.0%)、「やや遅れている」(22.4%)は計40.4%で、前年度から5.1ポイント減少した。
 施策別の満足度で「満足」「やや満足」と答えたのは「道路・港湾・空港などの交通基盤の整備」が51.6%で最も多く、「未来を担う子どもたちへの支援」(48.4%)、「安心できる地域医療の確保」(48.0%)と続いた。
 「不満」「やや不満」は「海岸・河川などの県土保全」が23.9%、「雇用の維持・確保」(23.5%)、「安全安心な学校教育の確保」(23.2%)の順だった。
 震災後は家庭ごみが増えるなど、エコへの意識が薄れていることから、ごみ減量の「3R」(リデュース、リユース、リサイクル)に関する質問も設けた。日常的に取り組む3R活動(複数回答)として、多かったのは「マイバッグを持参する」(73.9%)、「古紙は資源回収に出す」(67.2%)など。一方、「不用品はバザーなどに出す」は12.6%、「環境に優しい商品を選ぶ」は12.9%にとどまった。
 調査は昨年11月、県内の18歳以上の男女4000人を対象に実施。1971人から回答があり、回収率は49.3%だった。


<災害公営住宅>南三陸で整備完了
 宮城県南三陸町は20日、東日本大震災の災害公営住宅全738戸の整備を終えた。最後に工事が完了した同町志津川の志津川中央復興住宅で同日、落成式があり、入居者ら約100人が復興事業の節目を祝った。
 同住宅は鉄筋4階の4棟計115戸。85世帯が21日から順次入居する。志津川小や志津川中に隣接し、周辺に生涯学習センターや保育所、消防署が整備される。建設費は約35億円。
 町は町内8地区に災害公営住宅を整備し、2014年8月の入谷、名足両地区を皮切りに入居が始まった。昨年12月には28カ所の防災集団移転団地で、全841区画の宅地を造成した。
 20日の落成式で、佐藤仁町長は「被災した皆さんの住まい再建にめどが付き、復興事業に一区切りを付けられる。本当の意味でのまちびらきになるだろう」と述べた。


<三陸道>志津川−南三陸海岸IC間開通
 東日本大震災の復興道路として国が整備を進める三陸沿岸道路のうち、宮城県南三陸町の志津川インターチェンジ(IC)−南三陸海岸IC間の3キロが20日、開通した。現地で記念式典があり、住民らは復興の加速へ期待を寄せた。
 同区間は震災直前の2011年3月に着工。2カ所の橋と3本のトンネルを含む。総事業費は約110億円。南三陸海岸ICは南三陸病院や魚市場に近く、緊急搬送時間の短縮や水産物の輸送効率化が図れる。
 式典には約200人が出席。三陸道延伸に向けて活動する地元の団体「気仙沼・本吉リアスハイウェイ女性の集い委員会」に参加する同町歌津の会社員佐藤ふく子さん(64)は「産業の底上げと人口減少の歯止めに期待したい。震災前のような町に復興するよう見守りたい」と述べた。
 国は20年度までに仙台港北IC(仙台市)−八戸JCT間の359キロを開通させる。南三陸海岸IC−歌津IC間4.2キロは新年度中に開通する予定。


林京子さんと考える 命の尊さ、ありのまま
 「書きたいんです。命とは何か」。作家林京子さんのそんな願いが、長崎から福島への一本道を明らかにした。私たちはそこからどこへ行くのだろうか。
 本人の意思とは関係なく「原爆作家」と呼ばれてきた。だが、明らかに何かが違う。
 十四歳、長崎県立高女三年の時に、勤労動員先だった爆心から一・四キロの三菱兵器製作所で被爆した。
 長崎市内で生まれ、一歳で上海へ。父親は石炭を扱う三井の商社マン。戦況の悪化に伴い帰国したのは敗戦の年の三月だった。
◆加害者の視点も秘めて
 魔都上海の共同租界で、「侵略者の国の子供」として育てられ、加害者の視点も持っていた。原爆が一瞬に消し去ったふるさとの風景に対する感傷は薄かった。
 だからだろうか。一九七五年に芥川賞を受賞した「祭りの場」には、かなり乾いた叙述も目立つ。
 その五年前、学習雑誌に登場した全身ケロイドだらけの「ひばくせい(星)人」を見て、「原爆の被爆者を怪獣に見たてるなんて、被爆者がかわいそう」と女子中学生が指摘し、問題になった。今で言う炎上だ。
 林さんは、こう書いた。
 <漫画だろうと何であろうと被爆者の痛みを伝えるものなら、それでいい><「忘却」という時の残酷さを味わったが、原爆には感傷はいらない>(祭りの場)と。
 被爆後三十年が過ぎていた。記憶と体験の風化が進む。しかし、被爆者の心と体が時間の経過に癒やされることはない。不安は一生つきまとう。
 「被爆者たちは、破れた肉体をつくろいながら今日まで生きてきました」と、林さんは語っている。
◆長い時間の経過の中で
 そんな被爆者の、そして自分自身の長い長い時間の経過を、林さんはなぞり続けてきたのである。
 風化にあらがい、怒りと不安を心の奥に深く沈めて、子どもの目でありのまま、化学記号のように的確に表現できる言葉を探しつつ−。
 「核の問題には決して決着がつかない。どこかで終わってしまったことにはできない」「核というものは、絶対に利益にはつながらない」−ということを静かに訴え続けてきたのである。
 3・11は、林さんのそんな心を激しく揺さぶった。
 <放射性物質、核物質への認識の甘さ。人体が受ける放射性物質の危害は、(八月の)六日九日とイコールなのですが/“想定外”という狭量な人智(じんち)の枠に閉じ込めて報道される対策を聞きながら、私は、この国は被曝(ひばく)国ではなかったのか、と愕然(がくぜん)としました>
 昨年暮れに刊行された短編集「谷間 再びルイへ。」のあとがきに、そう書いた。
 8・6、8・9と3・11は、疑う余地なく“地続き”だったのだ。
 林さんが秘めたる怒りをあらわにしたのは、福島原発事故の放射能が人体に与える影響について説明する「役人」の口から「内部被曝」という言葉が出た時だ。
 「直ちに影響はない」という。
 <八月六日九日から今日まで、幾人のクラスメートが、被爆者たちが『内部被曝』のために『原爆症』を発症し、死んでいったか。原爆症の認定を得るために国に申請する。国は却下。被爆と原爆症の因果関係なし。または不明。ほとんどの友人たちが不明と却下されて、死んでいきました。被爆者たちの戦後の人生は、何だったのでしょう>(再びルイへ。)
 「物書きの性(さが)でしょうか」と恐らく苦笑を浮かべ、林さんは再びペンをとりました。
 8・6、8・9から3・11へ、そして未来への“橋渡し”をするために。
 あれから六年。首相が五輪招致の演説で福島は「アンダーコントロール(管理下にある)」と世界に向けて公言してから三年半。事故処理は遅々として進まない。
 科学の粋を集めたロボットも放射線には歯が立たず、溶け落ちた燃料の所在も正体もつかめない。汚染水は止められない。核のごみの行き場は決まらない。
 なのに政府と電力会社は原発の再稼働と、放射能に故郷を追われた避難者の帰還だけは、ひたすら急ぐ。誰のため、何のために急ぐのか。
◆この国のほころびは
 林さんが何より恐れた風化が進む。この国のほころびをつくろいながら、私たちはどのように生きていくのか。つくろうことはできるのか−。
 “続き”を書くのは、私たちの仕事である。
 風化にあらがい、命の尊さ、はかなさを直視して、子どもの目でありのまま、化学記号のように的確に表現できる言葉を探し−。


心の復興格差 一人一人の痛みと共に
 眼下に住宅建設が進む中心街、かなたに海。大槌町城山の高台に先月開所した納骨堂には、身元不明の遺骨70柱が安置されている。
 津波は膨大な命を奪い、身元不明の多くの遺骨を残した。さらに、県内の行方不明者は2月末現在で1122人。地道に県警の捜索が続く。
 この納骨堂が、心の中で、大切な人と再会を果たす場になってほしい。そんな思いを込めて、手を合わせた。
 震災6年、七回忌。犠牲者の遺族や行方不明者の家族は、節目をどう迎えたのか。
 「これからは、少しずつでも自分の生活を整えたい」
 「どんなに時間がたっても気持ちの整理はつかない」
 一人一人の声に、一つとして同じ痛み、悲しみはないと実感させられる。生活再建の遅れで心の痛みが倍加する人もいれば、生活再建を果たしたからこそ「ようやく悲しむことができる」人もいる。
 目に見える復興から、目に見えない心の復興へ。7年目に際しては、台風10号被災地も含め、一人一人の回復の歩みに寄り添う心のケアの充実に力を入れていきたい。
 本紙が毎年実施している遺族・家族アンケートでは、七回忌に際し、家族の犠牲・行方不明を「受け入れられた」は約5割。受け入れられていない人は約1割で、「どちらとも言えない」を含め4人に1人が、心の整理をつけられていないことが分かった。
 さらに、行方不明者のいる人が、いない人より「受け入れられていない」傾向も浮かび上がった。
 行方不明者家族に特有の悲嘆については、米国のポーリン・ボス博士が「あいまいな喪失」として理論化し、日本でも震災後に注目されるようになった。大切な人は戻ってくるのか、こないのか。「さよならのない別れ」に、気持ちの整理がつけられない。
 膨大な遺族・家族の悲嘆からの回復を支えるため、震災後、国内の専門家が災害グリーフサポート(JDGS)プロジェクトを立ち上げ、専門職の研修などに取り組んでいる。また、被災地の仏教など宗教者らも、犠牲者や不明者の魂と残された人の心に寄り添い続けている。
 最新の理論と、被災各地に固有の風土、宗教的伝統が融合していくことで、一人一人の痛み、悲しみと共にある地域づくりを進めてほしい。
 災害からの時間経過は、心の復興格差をあらわにする。励ますつもりの「いつまで悲しんでいるのか」「もう諦めろ」といった声掛けが、逆に傷つけることもある。
 悲しみからの回復の歩みは人それぞれ。遺族や家族が胸中を語り始めたら、どうか傾聴してほしい。あなたにだからこそ、話せることがある。


前橋原発訴訟判決 「利益優先と怠慢」変わったか
 東京電力福島第1原発の事故は、なぜ起きたのか−。福島県から避難した住民らが国と東電に損害賠償を求めた訴訟の判決で、前橋地裁は「巨大津波を予見しており、事故は防げた」と結論付けた。
 最大の焦点は、巨大津波を予測できたかどうかだった。判決は、2002年に国の地震調査研究推進本部が出した長期評価「日本海溝でマグニチュード8クラス」に基づき、「予見可能」とした。実際、東電は2008年5月ごろには、敷地の高さをはるかに上回る「15・7メートル」の巨大津波を試算していた。
 起こり得る巨大津波を想定していながら、東電は何ら対策を取らずに放置したわけだ。前橋地裁は国に対しても「規制権限を行使すれば事故を防げたのにしなかった」と怠慢を明らかにした。
 特に注目したいのは、電力会社の安全に向き合う姿勢である。判決は、東電が「経済的合理性を安全性に優先させた」と指摘した。
 電力会社の立場からすれば、いつ来るかはっきりしないどころか、来ないかもしれない巨大津波のために、わざわざ手間と費用をかけるわけにはいかない。安全性には多少目をつむっても、利益を優先させたいのが本音だろう。
 電力会社に一義的な責任を負わせる現在の原発行政の在り方は、根本的な欠陥を抱えているのではないか。
 この判決は、原発立地県に暮らす私たちにとっても、大きな意味を持つ。九州電力玄海原発3、4号機が、再稼働に向けて山場に差し掛かっているからだ。すでに原子力規制委員会による審査に合格し、地元の玄海町は再稼働に同意した。20市町の首長も再稼働容認が多く、知事の最終判断に委ねられようとしている。
 なぜ再稼働が必要なのか。九州電力は県民説明会で「安価な電気」を供給し、九州経済に貢献するためと説明していた。目先の経済性だけに目を向ければ、その通りかもしれない。だが、ひとたび事故を起こせば、どれだけのコストが必要になるかは、今回の判決でますます分からなくなった。賠償費用がさらに膨らむからだ。もしも事故が起きれば、その費用は結局、私たち消費者が引き受けることになる。
 震災から6年。福島県から避難している人は、いまだ7万9千人に上る。先日の追悼式で、安倍晋三首相は「原発事故」にふれようとはしなかった。福島県の内堀雅雄知事が「県民感覚として違和感があった」と批判したが、当然だろう。原発周辺には人が住めない空白地帯が残ったままであり、原発事故は「過去形ではなく、現在進行形」だ。
 前橋地裁は判決を出すに当たり、裁判長らが実際に現地を訪れ、住民の暮らしをつぶさに見たという。その上で、放射性物質の不安にさらされない利益や、居住移転、職業選択の自由などを含む「平穏生活権」が侵されていると認めた。
 被災者の平穏な暮らしを奪った責任が、電力会社と国に突きつけられている。予見していた巨大津波から目を背けた「利益優先と怠慢」の姿勢は変わったか。「世界最高水準」と冠した新規制基準を過信してはいないか。新たな安全神話に逃げ込んではいないか。懸念が募る。(古賀史生)


「原発20km圏内」に残されたペット&家畜たちの今
原発事故から6年が過ぎた。原発20km圏内は3月31日に一部地域が避難指示を解除されるが、まだまだ放射線量の高い地域は多く、復興への道は険しい。そんな人の住まなくなった地域で、動物を飼い続けている人々がいる。彼らは何のために世話をし続けるのか?
誰かに飼われていたのか、食べ物を求めて、無人の民家の前にヤギが立っていた
ペットを連れては避難できなかった
 ’11年の原発事故から6年間、警戒区域内に取り残された動物たちを撮り続けている写真家がいる。太田康介さん(58歳)だ。事故後、人間たちは辛うじて避難することができたが、自力で避難することのできないペットや家畜は原発周辺に置き去りにされ、その多くは餓死していった。
 そんな中、浪江町の赤間徹さんは、たった一人で猫80匹、犬20匹の世話をしている。現在は避難先の郡山市から通いながら、一時預かりで保護した猫や犬の里親探しを行っている。すでに猫約600匹、犬200匹を保護したという。
「原発事故後、浪江町の住民は津島という地域にいったん避難しました。そこからさらにバスに乗って避難するというとき『ペットは一緒に乗せられない』と言われたんです。そこで、多くの人は泣く泣く連れてきたペットを放しました。無事に家までたどり着いてくれることを祈って。多くのペットたちが、家に向かって道路を歩いていくのを見ました。その光景が忘れられないんです。だからまず、浪江町の動物たちだけでも保護しようと」(赤間さん)
 猫のほか、20km圏内でよく見られるのは牛の姿だ。浪江町の牧場主・山本幸二さんは国からの殺処分要請を拒否。元自宅近くの牧場で50頭の“出荷できない”牛を育てている。現在は避難先の二本松市から毎日通う。山本さんは太田さんの活動にも協力、納屋には猫の餌を置いている。
「復活の牧場」で牛の世話をする山本さん。まだ線量が高いため、3月31日の避難指示解除地区には含まれていない
「『汚染された』といっても、それは人間の都合によるもの。牛たちには何の責任もない。食肉にもならないのに無益な殺生はできません。だから牛に『除草』という役目を持たせて、生きる意味を与えているのです」
 山本さんはこの牧場を「復活の牧場」と名付けた。牛たちが死ぬまで世話をするつもりだという。
東京のための電力が福島を苦しめている
「希望の牧場」周辺では除染作業が始まり、汚染土を詰めたフレコンバッグが積み上がっている。その向こうには福島から東京に電気を送る送電線が見える
 同じく浪江町で「希望の牧場」を運営する吉澤正巳さんも、家畜の殺処分に抵抗して牛を飼い続けている畜産農家の一人だ。現在は300頭以上の牛を飼っている。商品価値のない牛たちを飼い続けることは、吉澤さんの“牛飼い”としての意地だという。
「ここの牛は家畜でもペットでもない。でも俺には殺せない。原発事故後、多くの牛が牛舎に繋がれたまま水も餌もなく餓死してしまった。人間のために、無駄に死なせたという申し訳なさがあります。生き残った牛にも、斑点や脱毛など被曝の影響ではないかと思われる症状が出ている。牛たちは原発の最大の被害者であり、事故を生き抜いてきた貴重な資料でもある。それを、何事もなかったかのように殺してはいけないという思いもあります」
 さらに、この場所で牛を飼うということは「エネルギーの未来を考えることにも繋がる」と吉澤さんは語る。
「福島原発がつくっていた電力は、福島の人々は使っていませんでした。東京の人たちのためにつくっていた電力が、福島を今も苦しめている。その証拠がこの牛たちなんです。それなのに、日本は原発再稼働や原発輸出を進めようとしている。福島の現実を知ってもらうためにも、今後も飼い続けるつもりです」
人間以外の動物はみんな被害者
 原発から12kmの富岡町内で暮らし、犬や猫、牛や馬を保護している松村直登さんは、震災直後に街をさまよっていた動物たちを路上で捕まえて保護してきた。一時は近くのダチョウ園から逃げ出したダチョウも飼っていた。
路上をさまよっていたダチョウを犬や猫の餌でおびき寄せ、「素手」で捕まえたという松村さん
「警戒区域に残った家畜は殺処分するって国が言うから、我慢できなかったんだな。俺が助けてやっからなと。ペットも餌やらねえと自分では生きていけねえっぺ。人間以外の動物みんな被害者よ。人間が作るものに完璧なものはねえ。原子力が“夢のエネルギー”なんて嘘だったんだ」(松村さん)
 松村さんは事故後いったん避難したが、すぐに警戒区域の自宅に戻ってきた。水道もガスも電気もない土地で一人、動物とともに暮らす松村さんの姿はドキュメンタリー映画(『ナオトひとりっきり』)にもなって注目を浴び、募金も集まるようになった。
「動物たちが命をまっとうしていなくなるのと、募金が一緒になくなるのが理想。でないと卑怯だべ。詐欺になっちまう。俺はあいつらみてえになりたくねえ」
 「あいつら」というのは、「動物愛護」を掲げて多額の募金を集めたまま、会計報告もしない、活動実態もわからない団体のことだ。太田さんはこう語る。
「『ペットと子供の支援は募金が集まる』と言われます。ホームページなどではかわいい動物の写真を載せて宣伝していますが、実体にそぐわない団体もあるんです。ある団体などは、『風船で餌を飛ばして原発周辺の動物たちに届ける』と言って多額の寄付を集めましたが、その風船を見た人は誰もいません」
 今回紹介した人たちに共通しているのは、自費で活動をしているか、募金をもらっていたとしてもきちんと報告をして大切に使っているということだ。被災地で6年間、人間のために被害を受けた動物たちの世話を続けている人たちがいるということを忘れてはならない。
取材・文/北村土龍


大火から3カ月 「糸魚川モデル」で復興を
 春の日本海は穏やかになったが、さえぎる建物がない糸魚川市の被災地は冷たい海風が吹きすさぶ。がれきを撤去する重機の音は今もあちこちから聞こえる。
 147棟が焼けた昨年12月22日の糸魚川大火から明日で3カ月になる。がれきの撤去は予定通り今月末までに完了する見通しだ。
 むき出しとなったコンクリートの土台は、かつてここに人々が暮らし、働いていた日々をもの言わず訴えているかのようだ。「早く再建したい」と願う住民に寄り添った復興像を「糸魚川モデル」として着実かつ迅速に描きたい。
 復興に向けて、糸魚川市は被災地域を「居住」「にぎわい」「複合市街地」の3エリアに分けてまちづくりを進める考えだ。防災力の強化や道路拡幅、敷地の再編も反映させる。
 被災者が最も望んでいるのは、一刻も早く再建への道筋が見えることだろう。15日の市民説明会でも市に対して計画を早く提示するよう求める声が相次いだ。
 住民や専門家らで組織する市の「駅北復興まちづくり計画検討委員会」は月1回のペースで会合を開き、被災者の意向調査や住民説明会を重ねながら、6月上旬に復興計画案をとりまとめる。
 大火から3カ月となり、被災者の再建への思いに変化が生じていないかが気に掛かる。市が3月5日現在でまとめた調査では、元の場所で「再建したい」と答えた被災者は56%だった。「再建しない」は25%、未定も13%あった。
 被災者の多くは親戚宅や市が提供する公営住宅などで暮らしている。避難状態が長引けば、再建意欲が弱まる懸念がある。年齢や費用面で再建したくても再建をあきらめる被災者もいるはずだ。
 市は住民との協議をより細かく進め、計画の提示をスピードアップさせるとしている。個々の住宅や店舗、道路などの再建の見通しが早く分かれば、それだけ安心感につながる。
 諸事情で再建をあきらめた人にも目配りをしたい。取り残されたとの思いを抱かないよう、精神面のケアも欠かせない。
 まちづくりの将来像については、市民団体が市に対して提案、要望をしている。防火対策として、海水を引き込んだ貯水場所を設けた公園の整備などを求めた。20日には一般市民も含めた「まちづくりカフェ」が市内で開かれ、さまざまな意見が寄せられた。
 積極的に市民の声を取り入れ、行政と市民が一体となったまちづくりを進めたい。糸魚川モデルとして、災害に強く糸魚川の魅力を発信できるまちが望まれる。
 3月上旬、糸魚川小学校の児童が保護者らと一緒に被災地の通りをぞうきんを持って清掃していた。子どもたちの元気な声が住民を励ましていた。
 時がたつと同時に大火への関心が薄れていく恐れがある。ボランティアだけでなく、糸魚川を訪れ、観光や食を楽しむことも被災地を応援する手だてになる。
 被災者全員が笑顔で復興を迎える日が早く来るよう、支え合いの輪をしっかり結びたい。


陸自の日報問題 国民の信頼損なう隠蔽
 国の安全保障は、国民の信頼なしには成り立たない。その安全保障を担う防衛省・自衛隊で、信頼を損なう問題が発覚した。組織的な隠蔽(いんぺい)が疑われる深刻な事態だ。
 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)で、陸上自衛隊の部隊の活動を記録した日報が、「廃棄した」とされてきた陸自の内部で、電子データとして保管されていたことが明らかになった。これまで防衛省は、再調査したところ、陸自ではなく、陸海空の自衛隊でつくる統合幕僚監部で電子データが見つかったとして、内容を一部公表していた。
 こうした過去の説明とつじつまを合わせるため、陸自はデータが保管されていたことを公表せず、消去した可能性もあるという。さらに陸自の幹部が保管の事実を公表しようとしたところ、統合幕僚監部の「背広組」といわれる防衛官僚が非公表とするよう指示したとされる。
 日報は、昨年7月に首都ジュバで大規模戦闘があった際の状況を伝えている。情報公開請求に対して「廃棄して不存在」のため不開示とした最初の判断が、意図的な隠蔽だったのか否か、現時点ではわからない。
 ただ、この時の誤った判断が発端となって、矛盾しないようにウソを重ね、最後は事実を隠すために証拠を消し去ったとの疑いが出ている。 防衛省には、徹底した真相究明と、関係者の厳正な処分、再発防止を強く求める。
 直接の責任は隠蔽に関わった幹部たちにある。しかし、稲田朋美防衛相の管理責任も大きい。
 稲田氏は、学校法人「森友学園」との関与を否定した国会での「虚偽答弁」などをめぐり、省内で求心力の低下が指摘されている。重要な報告が、稲田氏に上がっていないのではないかという疑いも浮かぶ。文民統制(シビリアンコントロール)が利いているのか心配だ。
 稲田氏は「改善すべき隠蔽体質があれば私のもとで改善していく」と語り、直轄の防衛監察本部に特別防衛監察の実施を指示した。当然のことで、遅すぎたぐらいだ。
 だが、もし稲田氏が、不祥事に厳正に対処することをもって、自己保身に利用しようとするならば、それは許されない。稲田氏自身の責任は自ら厳しく判断すべきだ。
 防衛省・自衛隊には、情報隠しで揺れている余裕はない。南スーダンPKOでは、陸自が5月末に撤収することが決まったが、まだ気は抜けない。北朝鮮は弾道ミサイル4発を同時発射し、米国は対北朝鮮政策の見直しを進めている。平時にこんな隠蔽をするようでは、有事にどれだけの情報操作が行われるのか、不安になってくる。


米入国禁止令 司法の「待った」は妥当
 イスラム圏の国々から米国に入国することを禁じる米大統領令に対して、司法が再び「待った」をかけた。
 ハワイ州などの連邦地裁が、大統領令は信仰への差別に当たるとし、執行を差し止める仮処分を命じた。効力は全米に及ぶ。
 トランプ大統領は「前例のない司法の越権行為だ」と強く反発し、連邦最高裁まで争う姿勢を見せている。
 テロ防止が目的だとして、トランプ氏は1月にも同様の大統領令を出した。連邦地裁が差し止めを命じ、控訴審もこれを支持した。
 新大統領令は、入国禁止の対象国からイラクを除くなど、1月の大統領令を一部修正したが、その本質は変わっていない。
 トランプ氏は司法の決定に従うとともに、排外的な政治姿勢を改めるべきである。
 新大統領令はイラン、シリアなど中東・アフリカのイスラム圏6カ国から米国への入国を90日間禁じる。難民はすべての国からの入国を120日間認めない内容だ。
 1月の大統領令と違って、米国の永住権や査証(ビザ)を持つ人を除外した。
 条件を緩和したものの、6カ国の国民は9割以上がイスラム教徒だ。事実上のイスラム教徒排斥であることに変わりはない。
 ハワイ州の連邦地裁も「いくら宗教的に中立だと言っても、客観的な視点に立てば、特定の宗教に不利益を与える意図がある」と指摘した。
 メリーランド州の連邦地裁も同様の理由で差し止めを決定した。
 気になるのは、2度にわたって執行停止を命じられたトランプ氏が強気な姿勢を崩さないことだ。
 トランプ氏は今回の大統領令を「前回のものを水で薄めた」と述べ、1月の大統領令を再度出し直す考えも示唆している。
 トランプ氏は裁判所や裁判官をおとしめる発言を繰り返してきた。司法は政権に従うべきだと言わんばかりだ。
 絶大な力を持つ大統領であっても、司法と議会の監視を受ける三権分立の仕組みを尊重することは、民主主義の基本である。
 入国制限はイスラム教徒の反発を強め、かえってテロの土壌を生むことになりかねない。
 米国でテロにかかわった容疑者の半数以上は米国生まれだったとの報告もある。恣意(しい)的な入国制限がテロ防止策になる根拠は薄い。
 トランプ氏は、司法の決定を真摯(しんし)に受け止めるべきだ。


米大統領令 やはりイスラム差別だ
 再び司法からの「待った」である。
 トランプ米大統領が今月署名した入国規制の大統領令に対し、ハワイなど2州の連邦地裁が相次いで執行停止の仮処分を決めた。
 16日に発効するはずだった大統領令は土壇場で差し止められた。
 トランプ大統領には手痛い敗北である。1月末に出した大統領令が執行停止とされたため「改良版」の大統領令を出したが、やはり司法のお墨付きを得られなかった。
 トランプ大統領は「司法の行き過ぎだ」と非難する。だが、むしろ政治の暴走を司法が止めたのであり、トランプ氏のイスラム観に重大な疑念が示されたと考えるべきだ。
 大統領令の最大の問題点は、テロ対策としてイスラム圏6カ国(イラン、シリア、イエメン、リビア、スーダン、ソマリア)からの新規入国を90日間禁止したことだ。
 これに対しハワイ州の連邦地裁は、好ましくない人を入れたくないからといって国民全員を入国禁止にするのは不当だとの判断を示した。
 メリーランド州の連邦地裁は、トランプ氏が「全イスラム教徒の入国禁止」を大統領選時から主張していたことを指摘した。1月の大統領令からイラクを外して6カ国にしたとはいえ、基本的にイスラムに対して差別的だというのだ。
 いずれも妥当な判断である。米国の憲法は特定の宗教を特別扱いしたり差別したりすることを禁じている。なぜイスラム教徒が9割以上を占める国ばかり選んだのか、この6カ国がテロとどう関係するのか、政府側から説得力のある説明はない。
 目に付くのは「イラン封じ込め」の気配だ。イスラム教シーア派のイランは、イエメンのシーア派武装組織や、シーア派の一派とされるアラウィ派を信奉するアサド・シリア政権との関係が深い。この3カ国で対象国の半分を占める。
 他方、スンニ派の盟主サウジアラビアはアサド政権と対立し、イエメンの武装組織と戦っている。大統領令からは、イランと断交中のサウジを支援しイランを封じ込めようとする意図が感じられる。
 だが、米同時多発テロ(2001年)の実行組織アルカイダにはサウジ人が多く、首謀者のウサマ・ビンラディン容疑者もサウジ出身だ。国籍では判断できないし、米国で生まれ育った「テロ予備軍」もいる。
 トランプ大統領は連邦最高裁まで闘う構えだが、米国の開かれた社会に「入国禁止」はそもそもふさわしくない。イスラムに対するトランプ氏の強硬姿勢こそが米国への反感をあおり、対米テロを誘発する危険性をはらんでいるのではないか。そのことに早く気付くべきだ。


GPS捜査/法律で明確な歯止めを
 裁判所の令状なしに捜査対象者の車などに衛星利用測位システム(GPS)端末を取り付け、位置情報をたどる警察の捜査について、最高裁は「違法」とする初判断を示した。「個人のプライバシーを侵害し得る」として令状が必要な強制捜査と位置付けた上で、現行法上の令状による対応には疑義があると指摘。立法措置を促している。
 この捜査手法が用いられた連続窃盗事件の裁判で一審大阪地裁が「重大な違法がある」と関連証拠の不採用を決定。二審大阪高裁は令状が必要かどうかには触れず「重大な違法はなかった」として判断が割れ、最高裁の裁判官15人全員で審理する大法廷に回付され、上告審判決で統一判断が示されることになった。
 GPS捜査は薬物事件などでも行われ、多くの裁判で令状が必要な強制捜査か、尾行や張り込みの延長で令状のいらない任意捜査か−などを巡り法廷で激しい対立が続いていた。そんな中、最高裁は、位置情報の継続的な取得で交友関係や思想・信条、嗜好(しこう)などの個人情報が集められ、プライバシー侵害となる恐れがあることを重くみた。
 違法判断により捜査が大きな影響を受けるのは避けられない。警察が今後もGPS捜査を必要とするなら、厳格な手続きや対象犯罪の限定といった歯止めを警察の内規ではなく法律で明確に定め、恣意(しい)的な運用を許さない仕組みを早急に整えるべきだ。
 捜査は多かれ少なかれプライバシーの侵害を伴うが、GPS捜査の特徴は常時監視が可能になることだ。警察は大手警備保障会社などの位置情報提供サービスに加入。GPS端末を借りて相手の車に取り付け、携帯電話などでサーバーにアクセスすると、地図上の位置が表示される。
 一連の裁判で検察側は尾行と同じ任意捜査と主張した。防犯カメラに写った人物を特定するために、路上などで捜査対象者をひそかにビデオ撮影した捜査がプライバシーの侵害に当たるかが争われ、最高裁決定が「人が観察されるのを受忍せざるを得ない場所で、適法」と判断した裁判例などが支えになっていた。
 人の多い路上などではプライバシー保護の必要性は高くないという考え方だ。ただGPS捜査は相手をどこまでも追いかける。位置情報を蓄積して分析すれば、さまざまな個人情報にもたどりつける。
 最高裁判決は「公道上のみならず、プライバシーが強く保護されるべき場所や空間も含め、逐一把握できる」とGPS捜査の特徴を指摘。「端末を取り付ける車や罪名を特定しても、容疑と関係ない対象者の行動の把握を抑制することはできない」などと、令状請求に対する裁判官の審査の困難さにも言及している。
 その上で現行法が強制捜査で原則として事前の令状提示を求めていることを踏まえ、ひそかに行うGPS捜査に合った立法措置を講じることが望ましいと結論付けた。
 GPS捜査について警察庁は2006年の通達で、取り調べで明らかにしたり、捜査書類に記載したりしないよう「保秘の徹底」を指示した。このため検察にすらGPS端末の使用を知らせなかった例もあった。法整備の過程で、運用の実態に第三者のチェックが働くような方策も併せて検討することが必要だ。


豊洲市場 移転の是非判断へ安全対策急げ
 移転の判断は一層難しくなったに違いない。豊洲市場(東京都江東区)の地下水の再調査で有害物質のベンゼンが環境基準の100倍検出された。過去8回の数値から跳ね上がった前回の結果が裏付けられた。
 なぜこのような事態に陥ったのか、都議会では今、豊洲移転を決めた経緯や責任を追及する調査特別委員会(百条委員会)の証人喚問が行われている。だが、真相に迫れず、責任の所在も曖昧なままだ。
 先行きの見えない状況下、小池百合子都知事は「専門家の助言を受け、総合的な判断に結びつける」と繰り返している。食の安全には細心の注意が欠かせず、徹底した真相究明も当然必要だ。ただ、これ以上判断を引き延ばせば市場関係者はさらに翻弄(ほんろう)され、混乱の拡大は避けられない。移転の是非を早く決める上でも、具体的な安全対策の議論の加速を求めたい。
 施設は地下とコンクリートで隔離され、地下水を利用しないことから、専門家会議の平田健正座長は「地上と地下は分けて考えるべきだ」と地上の安全を強調する。だが、巨額の費用をかけて大規模な対策を施したにもかかわらず、食を扱う市場内に有害物質が現に存在するという事実は重く、市場関係者や消費者の不安は計り知れない。
 見えない汚染に対して、科学的な安全を唱えるだけでは、安心を得ることは難しい。それでも移転するのなら、地下水管理と換気を強化するための追加工事や、継続的で詳細なデータ分析・開示など、国民が納得できる徹底的な対策が前提となる。
 一方、移転を断念する場合には、施設建設にかけた約6千億円が無駄になる可能性がある。築地の再整備にはさらなる費用も要る。一度頓挫した築地の再整備を進めるには実現が可能か早急に再調査する必要がある。いずれにしろ、いばらの道だ。しかし、知事として消費者と市場関係者の未来を見据え、説明を尽くし、可能な限り早期に決断を下さなければならない。
 このような事態に至った経緯については、東京ガスとの「水面下の交渉」の内容や、当時の石原慎太郎知事が移転を積極的に指示したかなど、解明すべき疑問や疑念が数々ある。だが、百条委の証人喚問では何一つ晴らされていない。
 用地買収の交渉役でキーマンの浜渦武生元副知事は「密約」を否定し、土壌汚染対策の費用負担交渉にも関わっていないとして、自身の潔白を主張。石原氏は前回の会見時と同様「記憶にない」「浜渦氏に一任しており、報告も受けていない」との一点張りだ。元市場長らの証言とも食い違ったままで、見過ごすことはできない。
 責任の所在をうやむやにし、これほど大きなプロジェクトの経緯について説明もできない都政という組織。その本質が変わらない以上、今後の市場への信頼も得られまい。引き続き徹底調査を求める。


石原元知事喚問 決め手欠き疑問が残った
 予想された通り、中身の薄いやりとりに終わった。
 豊洲市場への移転問題を巡り、東京都議会の調査特別委員会(百条委員会)がきのう、移転を決めた当時の石原慎太郎元知事に行った証人喚問である。
 石原氏は、移転を「決裁した責任は認める」としたものの、部下に「一任していた」「覚えていない」との発言を繰り返した。3日に開いた記者会見の内容の域を出ず、疑問が残ったままだ。
 委員の質問に新たな材料がなかったことも、不発の原因だろう。今後、問題点をどこまで掘り下げることができるのか。都議会の力量も問われている。
 百条委が解明を目指すのは<1>東京ガスの工場跡地を移転先に選んだ理由と経緯<2>東ガスが土壌汚染対策費の追加負担をしないという「瑕疵担保責任の放棄」を決めた理由−などである。
 石原氏は、老朽化した築地市場の移転は自身が就任する以前からの懸案であり、前任の青島幸男知事からの引き継ぎに「豊洲地域に移転」とあったと説明。「都庁全体として豊洲の流れがあり、逆らいようがなかった」と述べた。
 瑕疵担保責任の放棄に関しては昨年初めて知ったと主張し、当時の市場長の証言と食い違った。
 放棄は、2011年3月の土地売買契約時に交わした協定書に明記されたもので、当初586億円だった土壌汚染対策費は860億円まで膨らんだが、東ガスの負担は78億円にとどまった。
 この経緯については元市場長が、都条例に基づく汚染対策を終えていた東ガスから、追加負担がないことを明確にしてほしいと求められ、「受け入れざるを得なかった」と前々日の証人喚問で答えている。その際、石原氏に「了解を頂いたと思う」と述べた。
 石原氏への喚問では、委員が「重要問題を覚えていないとは信じられない」などと追及したが、決め手に欠き、迫力不足は否めなかった。
 豊洲に決定したことや、汚染対策費の膨張の責任を声高に言い立てるばかりでは、夏の都議選に向けたアピールとみられても仕方あるまい。
 百条委の喚問が進む一方で深刻さを増してきたのは、豊洲市場の地下水問題である。都のモニタリング再調査で、環境基準を大幅に超える有害物質が検出されたからだ。
 多くの専門家は「市場の建物内は安全」としているが、市場の業者から「豊洲には移転できない」との不満の声が上がったのは当然だろう。
 小池百合子知事は「重く受け止める」としており、移転の可否を決める時期がさらに遅れる可能性が出てきた。
 だが、先送りして困るのは業者である。豊洲の施設の維持管理にも多額の費用が掛かっている。
 豊洲の汚染不安の払拭に取り組むのか、築地の再整備に切り替えるのか。小池知事は早急に決断すべきである。


籠池氏証人喚問◆真相解明のスタートとせよ◆
 衆参両院の予算委員会が、大阪市の学校法人・森友学園への国有地払い下げ問題で、学園の籠池泰典理事長を23日に証人喚問する。
 小学校の建設用地として評価額より格安で国有地が払い下げられた経緯はもとより、安倍晋三首相夫人の昭恵氏や、首相の後継者の一人とされる稲田朋美防衛相ら政治家の関わりが焦点となる。
 首相の「1強」状態が長く続いていることもあり、社会に強い影響力を持つことになった首相の家族や側近閣僚の言動の是非に関わる問題であり、まずは真相解明が求められる。
寄付を巡り食い違い
 証人喚問実施のきっかけとなった、昭恵夫人から寄付金100万円を受け取ったとする籠池氏の発言に関して両者の主張は食い違っている。
 証人喚問は、正当な理由のない出頭・証言拒否や虚偽答弁を行った場合、議院証言法に基づき刑罰の対象となる。証人喚問では、このような強力な国政調査権を与えられている国会の存在意義も問われることになる。
 籠池氏は16日、参院予算委の視察団などに、2015年9月に講演で森友学園を訪れた昭恵夫人から「安倍首相からです」として小学校開校への寄付金100万円を受け取ったと述べた。
 これに対して首相は17日の衆院外務委員会で、「私は寄付を行っておらず、妻個人としても寄付を行っていない」と否定した。
 森友学園に対する昭恵夫人からの寄付提供が問題化しているのは、首相が先月の衆院予算委員会で、小学校の認可や国有地の払い下げの関与を否定した上で「私や妻、事務所が関わっていれば、首相も国会議員も辞める」と断言していたためだ。
 民進党の蓮舫代表も籠池氏の発言を受けて「仮に事実なら、首相は議員を辞めると答弁していたので、そのような判断に値する」と指摘、追及する構えだ。
「忖度」生じさせたか
 しかし逆に籠池氏の発言が事実でなかったとしても、一件落着ではない。一連の問題の核心は、行政に対して「忖度(そんたく)」を生じさせる可能性が大きい昭恵夫人が、国有地払い下げを待つ特定の民間法人を、名誉校長に就くなどして支援したことにあるからだ。
 防衛相という重要ポストにある稲田氏の閣僚としての資質も依然、問われている。稲田氏は、弁護士として森友学園の訴訟に関与していないと断言しながら、森友学園が04年に起こした民事訴訟の原告代理人弁護士として出廷したと示す裁判所作成の記録が明らかになると一転、答弁を撤回し、謝罪した。軽率な答弁に対する批判は与党内からも出ている。
 国有地払い下げに関する事実関係の解明とともに、昭恵夫人や稲田氏らの言動について首相がどう関わり、現在、どう認識しているのかが政治的な焦点である。籠池氏の証人喚問はそのスタートだ。


憲法の岐路 議員任期延長 「お試し」には乗れない
 この国会で初の衆院憲法審査会が開催された。災害などのとき国会議員の任期を延長する緊急事態条項が主なテーマになった。自民党がかねて必要性を主張する条項である。
 緊急時に国会議員が不在でいいのか―。一見説得力があるように見えてその実、国民に受け入れられやすい改憲項目から手を付けたい思惑がにじむ。「お試し改憲」論だ。安易には乗れない。
 憲法審がこの問題を本格的に論議するのは初めてだ。環境権など他の改憲条項に国民の支持が得られないことから自民党内で浮上したテーマである。
 衆院議員の任期は4年と憲法に定められている。首相が衆院を解散すれば4年を待たず失職する。参院議員の任期は6年で、3年ごとに半数が改選される。
 問題とされるのは主に、▽衆院解散直後に緊急事態が起きる▽緊急事態が進行している最中に任期が来る―場合である。
 審査会で自民の議員は、大災害により被災地で選挙ができなくなれば「被災地選出議員は不在になる」と延長の必要性を主張した。民進、公明、日本維新の会は延長に慎重な姿勢を示した。共産、社民は反対した。
 緊急時に議員が不在になる事態は、できれば避けたい。有事の場合はなおさらだ。
 だとしても、任期延長のための改憲論議をいま進めることには賛成できない。
 明治憲法下で衆院の任期が延長されたことがある。1941年2月のことだ。緊迫した情勢下で選挙をすると国政について不必要な議論を誘発する、との理由からだった。真珠湾攻撃はそれから10カ月後のことだ。
 任期延長は言い換えれば選挙の先送りだ。政治に民意を反映させる機会は最大限確保されるべきだ。これが第一の理由である。
 理由の第二は自民の改憲草案にある。緊急事態条項として任期延長に加え、人権制限や首相の権限強化が盛り込まれている。国民は政府の指示に従わなければならない。自民の延長論は政府権限肥大化とセットである。
 衆院の解散後、緊急の必要があるときは内閣は参院に緊急集会を求めることができる、との規定が憲法にある。最悪の場合、法案や予算案は参院だけで可決できる。なぜ緊急集会ではだめなのか、自民から説得力ある説明はない。


同志社大学の名物教授が「突然の退職」を通告されるまで
【ルポ・大学解雇】
田中 圭太郎 ジャーナリスト
いま、全国の大学で教員の解雇や雇い止めをめぐるトラブルが急増している。志願者が減少傾向にある私立大学はもちろんのこと、2004年に運営が国から独立した法人に任せられるようになった国立大学法人でも教員の解雇・雇い止めが行われるようになり、特にここ5年くらいで顕著になっている。
「北海道のある弁護士事務所は、大学で教員の解雇が相次いでいることを受け、大学の実態を調査・協議するためのシンポジウムを開催しています」(教員の解雇について調査している札幌学院大学の片山一義教授)
個別の事案を見ていくと、教員の解雇が「密室の協議」によって恣意的に決められたケースが少なくない。理由を明確にされずに、気づいたときには解雇が決まっているのだ。
一体、大学で何が起こっているのか。先日も、西日本を代表する私大のひとつ、同志社大学で教員雇い止めをめぐる裁判が起こり、全国の大学関係者の注目を集めていた。この事例から、雇止めの背景を考えてみたい。
突然通知された定年延長拒否
「大学の不当な行為によって教壇に立てなくなった。もう3年間も裁判で闘っているが、今年7月に69歳になる。このままでは裁判に勝ったとしても、教壇に戻ることはできないかもしれない……」
同志社大学大学院・社会学研究科メディア学専攻の教授だった浅野健一氏は、2014年4月以降、教壇に立てない状態が続いている。大学側が突然「定年延長を認めない」という通知を突き付けてきたためだ。
浅野氏は、大学院の教授にほぼ自動的に認められてきた定年延長を、特別な事情もないのに拒否されたとして、学校法人同志社を相手取り、地位の確認を求める裁判を起こしている。
共同通信社の記者だった浅野氏は1994年、ジャーナリズムの研究者として新聞学専攻の教授に採用された。新聞学はジャーナリズム志望者が集まる人気の専攻で、新聞社に入るための「関西の登竜門」ともいわれている。浅野氏のポストはかつて思想家の鶴見俊輔氏が務めていた。新聞学専攻は現在メディア学専攻と名前を変えている。
同志社大学の教員の定年は65歳。だが、大学院の教授だけは1年度ごとに定年延長が認められている。健康上の理由や他大学に移るといった自己都合以外では、定年延長は基本的に認められ、1976年以降、93.1パーセントの教授が1年以上延長し、70歳まで務めた教授は74.9パーセントにのぼる。何の理由もなく定年延長を認められなかった教授はいなかった、といってよい。もちろん、浅野氏も定年延長を望んでいた。
ところが、浅野氏の場合、本人が全く知らないところで「定年延長を提案しない」ことが決められていたのだ。
誹謗中傷、罵詈雑言
研究室の郵便受けに「臨時専攻会議の通知書」が投函されていたのは2013年10月のこと。この通知をみてはじめて、浅野氏は自身の定年延長が認められないことを知った。
この決定を下したのは、浅野氏の同僚だったメディア学専攻の教授4人だ。浅野氏の定年延長を教授会に提案しない一方、別の教授(現在は退職)の定年延長は、承認された。
これは不当だと思った浅野氏が自ら定年延長を訴えると、教授会の議長から浅野氏の定年延長が提案され、審議が行われることになった。すると、浅野氏の退席後に、メディア学専攻の教授によってある文書が教授会の出席者に配られた。文書の存在をあとから知った浅野氏は、その内容を見て愕然としたという。
「浅野教授 定年延長の件 検討事項」と題したA4サイズ2枚の文書には、冒頭、次のように書かれている。
『研究者としての能力、論文・著書の内容の学問的質に問題がある。「運動」としての活動はあっても、大学院の教授の水準を満たす研究はない』
この書きだしから始まる文章は、ほとんどが浅野氏に対する誹謗中傷で占められていた。
・論文の内容には、客観的根拠がない推測による記述が多く含まれ、学術論文として不相応。
・大学院教授として品位に欠ける表現。
・院生・学生本位の教育がなされていない。
・貢献度が低く、逆に周囲の足を引っ張っている。
浅野教授への「誹謗中傷」が書かれた通知書
文書には「教授の水準を満たす研究はない」と断定的に書いているが、浅野氏が大学院の教授に就任して20年が経とうとしている。「教授の水準」は採用当時に大学が認めているのであろうし、あまりに論拠に乏しいものではないだろうか。
さらに<学科内の職場環境を極めて不正常にさせている>という項目では、こんな記述もある。
「専攻科の各教員は(浅野氏によって)常時強いストレスにさらされている。(中略)これによる突発性難聴や帯状疱疹などの発症(が認められる)」
言うまでもなく帯状疱疹はウイルスによって起きる病気であり、突発性難聴は原因不明とされている。それが浅野氏のせいだというのは、言いがかりでしかないだろう。要するに、別の学部の教授に「浅野氏がいかにひどい人物か」を印象付けるために、何の根拠もない罵詈雑言を並びたてているだけなのだ。
浅野氏はこの文書を作成し配布したとして、メディア学専攻の当時の教授5人に対しても名誉毀損訴訟を起こし、現在京都地裁で争われている。
後日の教授会で、再び浅野氏の定年延長が審議された。通常、定年延長は承認だけで決まっていたので、可決要件についての規定はなかったが、その場で「3分の2以上の賛成で可決」する無記名での投票が提案された。
投票の結果は「否決」。浅野氏は投票の際に退席させられたため結果だけ通知されたが、投票数などは明らかにされていない。
なぜ浅野氏は「標的」にされたのか
被害を被ったのは浅野氏だけではない。浅野氏のゼミも解散させられ、学生は別の教授のゼミに変わらざるをえなくなったのだ。
困り果てたのは、博士課程後期に在籍していたインドネシアからの留学生だった。この学生は博士論文の指導を浅野氏から受けることができなくなったため、大学は2014年6月にこの留学生を2014年3月にさかのぼって、単位取得による満期退学とした。
博士号を取得して母国の大学でジャーナリズム論を教えるはずが、途中で退学させられ、人生を狂わされてしまった。浅野氏の退職から3年が経った現在も、浅野氏が大学院と学部で担当していた講座のうち、8科目が休講となっているという。
なぜ大学は浅野氏の定年延長を認めなかったのか。
背景のひとつに、浅野氏の定年延長が拒否された一方で、同じ時期に定年延長が認められたメディア学専攻の元教授との確執があったといわれている。
実は浅野氏は、2005年に『週刊文春』でセクハラ疑惑を報じられている。「浅野氏が学生にセクハラをして、大学当局が認定した」というものだったが、浅野氏は「事実無根」としてこれを全面否定。さらに情報源を探ったところ、件の元教授が自分のゼミに所属する学生を利用してセクハラを捏造し、『週刊文春』に情報提供していたことがわかったのだ。
浅野氏は文春側と元教授それぞれに名誉棄損訴訟を起こして、両方とも勝訴。裁判所は文春側に550万円の支払いを命じ、元教授にも71万円の損害賠償の支払いを命じる判決を言い渡した。
「浅野氏が元教授を訴えた裁判は、2013年6月に高裁で浅野氏が勝訴し、最高裁判決が出たのは11月でした。浅野氏の勝訴が確定する直前に、元教授らのグループが浅野氏を大学から追い出しにかかったという印象を受けたことは否めません」(大学関係者)
もうひとつは、浅野氏が大手メディアを批判する態度や、安倍政権を「戦後史上最悪の政権」と批判する姿勢を、他の教授が好ましく思っていなかったことが考えられる。
例えば、浅野氏は担当していた授業「新聞学原論機廚離轡薀丱后兵業要項)に、福島第一原発事故の報道について次のように書いている。
『私は2011年3月中旬、原発報道が戦時中の「大本営発表」報道に酷似していると指摘した。日本の記者クラブメディアがジャーナリズムの権力監視機能を全く果たしていないことを市民の前に明らかにした。朝日新聞は11年10月15日の社説で、「大本営発表」だったとあっさり認め自省した』
実際に朝日新聞は「大本営発表」に加担したとの批判は免れないとして、自らの報道を検証している。しかし浅野氏に名誉毀損で訴えられている教授のひとりは、「明らかな誤読か、意図的な曲解と考えざるを得ず、研究者・教育者として極めて不適切な記載」と裁判の意見陳述で浅野氏の考え方を批判している。
またこの時期に同志社大学学長を務めていたのは村田晃嗣氏。村田氏は2015年、安全保障関連法案を審議していた衆議院特別委員会の中央公聴会に、政府与党の推薦で出席し、安保法案に賛成の意見を述べた。
このことが学内で批判され、村田氏は15年11月の学長選挙で敗れたとされるが、浅野氏は安倍政権に対し、特定秘密保護法、集団的自衛権行使容認など安倍政権の政策やマスコミへの高圧的な姿勢を雑誌などで批判してきた。安保法案については「侵略戦争法案」と著書でも批判している。大学としても、トップと考えが180度違う浅野氏を排除したかったのではないか、という見方もできる。
訴訟以外に闘う手段はナシ
浅野氏が学校法人同志社を訴えた裁判。提訴から3年1か月が経過した今年3月1日、京都地裁で判決が言い渡された。
浅野氏は裁判で「健康上の理由や自己都合など特段の事情がない限り、65歳以上の定年延長が認められなかった例はなく、定年延長は慣習」と主張してきた。
しかし、堀内照美裁判長は「大学院教授のほとんどの者が定年延長されているのは、審理の結果にすぎない」として、「特段の事情がない限り定年延長がなされるということはできない」と浅野氏の訴えを却下。「それ以外の浅野氏の訴えは判断するまでもなく、請求の理由はない」と、浅野氏が定年延長を拒否された経過の瑕疵については判断を避けた。
浅野氏は「被告の主張をコピペしたふざけた判決。高裁で逆転勝訴を目指す」と話し、すでに大阪高裁に控訴した。裁判は今後高裁で争われることになるが、同志社大学の他学部の教授は、取材に対し次のように話している。
「大学院の教授は特段の理由がなければ、院生がいなくても、研究所がなくても、定年延長されると認識している。実態をふまえていない判決だ」
定年延長制度がある他の大学の教授も、浅野氏の裁判を注目している。傍聴に訪れていた関西大学の教授は「同志社のやり方は納得できない。浅野さんには頑張ってほしい」と話していた。
なお、筆者は一連の裁判について、京都地裁判決後に同志社大学に取材を申し込んだが、「この裁判についての取材にはお答えしていない」という回答だった。
教員の解雇をめぐるトラブルは、報道される機会が少ない。大学側が教員の処分や解雇を発表した場合、報道機関は「大学が言うのだから、間違いはないのだろう」と捉えるのか、掘り下げて取材をしようとは思わないのかもしれない。
しかし冒頭にも触れたように、実際には大学教員の解雇や雇い止めをめぐる訴訟は増え続けている。前出の札幌学院大学の片山一義教授(労働経済論)は、大学教員が不当に解雇された事案をまとめたWEBサイト「全国国公立私立大学の事件情報」を開設している。
「全国国公立私立大学の事件情報」
http://university.main.jp/blog/
このサイトを見ると、私立大学だけでなく国立大学法人でも多数の訴訟が起きていることがわかる。掲載されているのはあくまで片山教授が知った事案だけ。大学の教員には横のつながりがあまりないため、もっと多くの大学で不当解雇が起きている可能性が高い。不当解雇された当事者は、孤独な闘いをしているか、泣き寝入りしているのではないか。
片山教授は不当解雇によるトラブルが増加した背景に、生徒数の減少とともに、国の大学政策の変更があると指摘する。
ひとつは2004年の私立学校法の改正。この法改正では大学の理事会の権限が強化され、理事会の思い通りに教員の採用や解雇ができるようになった。もうひとつは学長の権限を強めた2014年の学校教育法の改正。教授会の権限は、この改正によって学長の諮問機関レベルにまで下げられた。
いずれの政策変更も、学校を運営する側と、教育を担う現場との力関係のバランスを崩し、運営側の思い通りに解雇や人事異動が行われることにつながった。大学自治のしくみが変わったことで、解雇をめぐるトラブルは今後も増えていくだろう。
不当解雇が起こる多くのケースは、学部・学科の統廃合による教員削減か、浅野氏のように「教員不適格」といった理由による恣意的な解雇だ。大学の一部の人間により密室で協議されるため、本人が解雇されたことに気がつくのはそれが決まったあとになり、闘うには訴訟という手段を採るしかなくなってしまう。あまりに理不尽ではないだろうか。
「天下り教授」ばかりが跋扈する
多くの教員が解雇されている一方で、文部科学省の官僚が大学などに組織的かつ大量に天下りしていたことが明らかになっている。文部科学省の現職幹部とOBが協力し、国家公務員法違反を犯したうえで「天下り教授」が生まれていた。
片山教授によると、文部科学省からの大学教員や事務職員への天下り自体は2000年頃から増えており、これが従来勤務している教授らの不当解雇を引き起こす要因になっているという。新自由主義的な大学改革を推し進めるなかで、大学は文科省と密接な関係を持とうと考える。その改革の行きつく先は、教員のリストラが中心だ。
助手や講師、准教授を長い間務めながら、論文などの業績が認められて、ようやく教授のポストに就ける。民間から登用される教授も、それまでの業績の積み重ねがあって教壇に立つことができている。そんな教授の職を、大学の都合や一部の人間の感情によって、簡単に剥奪してよいものなのだろうか。
教員の解雇をめぐるトラブルの増加が、結果的に大学教育への信頼を損なっていることに、運営側の人間は気づいていないのかもしれない。


「共謀罪」法案の閣議決定 首相官邸前で市民が抗議「監視社会は嫌だ」
 世論の強い反対に遭い、過去に三回廃案になった法案が「テロ対策」の名の下に復活した。二十一日に閣議決定された組織犯罪処罰法改正案。犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の創設を巡って、国会での議論が始まる。「考えただけで罪になるなんて」。閣議決定がなされた首相官邸前では、降りしきる雨の中、法案に反対する市民が抗議を繰り返した。
◆「共謀罪」法案閣議決定
 二十一日午前、東京・永田町の首相官邸前で開かれた「緊急行動」には、主催者発表で約三百人が集まり、「監視・密告社会は嫌だ」と声を上げた。
 「捜査機関が『準備行為』を見極めるためには、私たちを日頃から観察していることが必要なはずだ」
 雨の中、官邸に向かってシュプレヒコールしていた東京都台東区の吉野典子さん(60)が危ぶんだ。「すぐに一般市民が逮捕されることはないかもしれないが、互いに『この人と付き合わない方がいいのでは』などといった萎縮が起き、監視・密告が横行する。そんな嫌な社会にはしたくない」
 「共謀罪」法案が最初に出された二〇〇三年から反対運動に参加している品川区の安藤裕子さん(65)は「政府は五輪までのテロ対策を強調するが、与党議員の中からも指摘があるように、テロ防止効果は乏しいのが実態だ」と批判した。
 文京区の橋本えつさん(75)は「戦前の治安維持法で人々が大変な思いをしたのを見たり聞いたりしている。デモですら共謀罪の対象になり得るので怖い」。渋谷区の大河内むつみさん(69)は「考えただけで裁かれるなんてとんでもない。心の中に国家が手を突っ込んでくる。そんな社会になってしまうのではないか」と憤った。
 ◇ 
 日本国民救援会の鈴木猛事務局長(56)はマイクを手に、「話し合いは民主主義の土台だ。民主主義の根幹を否定するような法案は絶対に許さない」と強い口調。
 日弁連共謀罪法案対策本部副本部長の海渡(かいど)雄一弁護士は「政府に異議を申し立てる大衆運動にさえ適用されかねない。特定の個人を監視して恣意(しい)的な捜査を可能にし、市民生活を脅かす」と訴えた。


“共謀罪” 閣議決定にほくそ笑む金田法相と公明党の不作為
 森友騒動のウラで希代の悪法は着々と進められていた。共謀罪を盛り込んだ組織的犯罪処罰法の改正案が21日、閣議決定した。“籠池劇場”や石原喚問の陰に隠れてしまった感があり、これにほくそ笑んでいるのは金田法相と公明党だ。
 安倍政権は「テロ対策」や「五輪開催」をこじつけ、今国会での成立をもくろむが、1月からの国会審議は紛糾の連続だった。所管の金田法相は答弁のたび、ボロが出る希代の珍大臣。2月8日の衆院予算委では、観念したように、「私の頭脳が対応できなくて、申し訳ありません」と開き直るありさまで、大臣辞任は時間の問題だった。
 ところが、だ。政界関係者が「金田法相にとっては絶好のタイミングで森友問題という“神風”が吹いた」と言うように、2月9日に朝日新聞が国有地売却問題を報じて以降、国会は森友一色に。金田法相への追及は弱まり、いつしか、予算委にも呼ばれなくなった。本人もまさか、共謀罪の閣議決定まで大臣でいられるとは思ってもみなかっただろう。
■公明党の政治スタンスが問われる一大テーマ
 公明党にとっても共謀罪は難題だった。
「創価学会の牧口常三郎初代会長は治安維持法違反で検挙され、獄死しました。“平成の治安維持法”と呼ばれる共謀罪は、公明党の政治スタンスが問われるテーマ。カジノ法案のように党内を二分してもおかしくないのに、森友騒動に世間が注目する中、当初案の微修正でアッサリ了承です」(前出の政界関係者)
 この対応に落胆する創価学会員は数多い。現役の会員が内情を明かす。
「安保法と同じく、共謀罪への賛成は、創価学会のアイデンティティーを否定するものです。うすうすおかしいと思っている学会員もいますが、学会幹部は開き直っています。政権与党にいることを最優先し、一昨年の安保法容認以降、20万人程度の“信者離脱”はやむなしと考えているようです」
 大メディアもせめて籠池理事長を追っかけ回すパワーの10%でも共謀罪に回せば、世論も変わるのに……。


村上春樹『騎士団長殺し』の南京虐殺「40万人説」紹介に百田尚樹と産経が言いがかり! でも産経も過去に40万人と
 2月に刊行された村上春樹の書き下ろし長編『騎士団長殺し』(新潮社)をめぐって、なにやら極右陣営がピーピー騒いでいる。もちろん「さすが春樹の新作、面白かったアッパレ!」とかそういうことではなく、どうも、『騎士団長殺し』にチョロっとだけ出てくる南京事件についての記述が気に食わないようだ。たとえば、作家の百田尚樹センセイは、ツイッターでこう連投している。
〈村上春樹氏の新刊『騎士団長殺し』の中に、「日本軍は南京で大虐殺をした」という文章があるらしい。これでまた彼の本は中国でベストセラーになるね。
中国は日本の誇る大作家も「南京大虐殺」を認めているということを世界に広めるためにも、村上氏にノーベル賞を取らせようと応援するかもしれない。〉
〈僕も小説の中で、「日本軍は南京大虐殺をした!」と書けば、中国で本が売れるようになるかな(^^)〉
〈中国で本を売りたいのか、あるいは中国の後押しでノーベル賞が欲しいのか、それとも単なるバカか。〉
 いちおう自分も作家の看板を掲げてるくせに読みもせずに、「あるらしい」という伝聞で騒ぎ立てる百田センセイのネトウヨぶりにいまさら驚くわけではないが、念のため『騎士団長殺し』のなかの記述を引用しておく。
 連中が騒いでいるのは、肖像画家である主人公「私」のもとに「免色」という人物から電話がかかってくる場面。免色は「私」の美大時代の友人の父親である日本画家についての情報を与えるのだが、そのなかで1938年の時代背景を語る。
〈「日本の歴史に目を向けても、その前後にはいくつかの重要な事件が持ち上がっています。いくつかの致命的な、破局に向けて後戻りすることのできない出来事が。思い当たることはありますか?」
(略)
「盧溝橋事件があったのはその年でしたっけ?」と私は言った。
「それは前の年です」と免色は言った。「一九三七年七月七日に盧溝橋事件が起こり、それをきっかけに日本と中国の戦争が本格化していきます。そしてその年の十二月にはそこから派生した重要な出来事が起こります」
 その年の十二月に何があったか?
「南京入城」と私は言った。
「そうです。いわゆる南京虐殺事件です。日本軍が激しい戦闘の末に南京市内を占領し、そこで大量の殺人がおこなわれました。戦闘に関連した殺人があり、戦闘が終わったあとの殺人がありました。日本軍には捕虜を管理する余裕がなかったので、降伏した兵隊や市民の大方を殺害してしまいました。正確に何人が殺害されたか、細部については歴史学者のあいだにも異論がありますが、とにかくおびただしい数の市民が戦闘の巻き添えになって殺されたことは、打ち消しがたい事実です。中国人死者の数を四十万人というものもいれば、十万人というものもいます。しかし四十万人と十万人の違いはいったいどこにあるのでしょう?」
 もちろん私にもそんなことはわからない。〉
 いや、まったくの近代史的な概略の記述で、全然イデオロギーを感じないとしか言いようがないのだが、しかし、この「南京虐殺事件」という言葉に反応したネット右翼たちは、またぞろ〈村上春樹は反日極左ですね。本を売るため支那朝鮮に媚びます〉〈村上春樹って反日の帰化在日でしょう〉〈村上春樹を不買運動しよう!〉などと喚き散らしているというわけだ。
 毎度のことながら、そのヒステリックぶりに嫌気がさす。しかし、これが全然笑い話ではないのは、こうしたネトウヨの声を拾った産経新聞が「村上春樹さん新作、『南京事件』犠牲者『四十万人というものも』で波紋」なる記事を公開(3月7日付電子版)。ここぞとばかりに参戦してきたことである。
〈南京事件の犠牲者数について中国側は「30万人」と主張。日本では近年の研究でこれが誇大だとの見方が定着しており、「事件」というほどの出来事はなかったとの意見もある。〉
〈ネット上の掲示板にも「中国が主張する30万人より多い」「根拠を示して」といった書き込みが相次いだ。〉
〈立命館大学の北村稔名誉教授(中国近現代政治史)は「死者40万人の根拠が何なのかは分からない。小説の中の一登場人物のセリフではあるが、村上さんが世界的権威のある作家だけに、今後、中国側がこのことを針小棒大に政治利用してくる恐れもある」と懸念する。〉
 一応もう一度確認しておくが、作中の登場人物のセリフは「(南京事件の)中国人死者の数を四十万人というものもいれば、十万人というものもいます」というもので、別に断定していない。ところが、産経新聞は「40万人」という数字を取り上げて、「中国の言い分より多い!」「捏造だ!」「プロパガンダだ!」「根拠を出せ!」とがなりたてているわけである。
 アホらしい。そもそも、市民や捕虜に対する虐殺が行われたのは日本政府も認めている事実だ。そして、作中でも「四十万人と十万人の違いはいったいどこにあるのでしょう?」と疑問が呈されているように、また、昨年逝去した三笠宮崇仁親王もかつて「辞典には、虐殺とはむごたらしく殺すことと書いてあります。つまり、人数は関係ありません」と語っていたように、常識的に考えても「10万人ならば虐殺ではない」などとは決して言えないのだ。
 そのうえで、産経に教えておいてやるが、作中の「四十万人というものもいれば」という部分の根拠がどこにあるかというと、そのひとつは、他ならぬ御社の記事なのである。実は産経はかつて、南京攻略後の日本兵の行動をこのように報じていた。
〈日本軍はまず、撤退が間に合わなかった中国軍部隊を武装解除したあと、長行(揚子江)岸に整列させ、これに機銃掃射を浴びせて皆殺しにした。
 虐殺の対象は軍隊だけでなく、一般の婦女子にも及んだ。〉
〈こうした戦闘員・非戦闘員、老若男女を問わない大量虐殺は二カ月に及んだ。犠牲者は三十万人とも四十万人ともいわれ、いまだにその実数がつかみえないほどである。〉
 これは、当時の「サンケイ新聞」1976年6月23日付に掲載された、連載記事「蔣介石秘録」第497回のなかにある記述だ。74年から76年まで計666回にわたって長期連載されたシリーズで、のちに同名で書籍化、サンケイ新聞社(当時)から刊行されている。執筆したのは産経新聞論説副委員長もつとめた古屋奎二氏だ。
 おいおい、誰がどう見ても、「犠牲者は三十万人とも四十万人ともいわれ」とはっきり書いてあるではないか。
 ようするに産経は、「40万人なんて嘘だ!」と叫ぶネトウヨに便乗して、南京事件自体をなかったことにしたいのが見え見えだが、実際には『騎士団長殺し』に出てくる「四十万人というものもいれば」と、まったく同じことを自分たちで言っていたのである。それを頰かむりして〈「根拠を示して」といった書き込みが相次いだ〉とは、白々しいにもほどがある。
 繰り返すが、本サイトは南京事件と呼ばれる日本軍の戦争犯罪について、その犠牲者数の多寡は本質的な問題ではないと考えている。ただ、こうして産経が、「“虐殺○○人説”は中国のプロパガンダだから南京事件はなかった!」などと何度でも同じ手口を振りかざすのならば、こちらもその都度産経の報道を振り返ってやらねばならないだろう。なにより、いまの産経新聞が安倍政権や極右歴史修正主義の広報紙となっている事実を、善良な読者に周知させるためにもだ。
 それからもうひとつ、最近の産経ニュースは、安倍首相を野党が追及したときに「民進党にブーメラン」「見事なブーメラン」「ブーメラン現象」「2日連続のブーメランを被弾」などとやたら連呼している(西城秀樹か!?)。これは、相手に投げかけた追及や批判が自分に戻ってくることを比喩したスラングだが、少なくとも産経新聞にそんなことを言う資格は、これっぽっちもない。そう最後に念を押しておきたい。(宮島みつや)


圧力? 松井知事が森友学園の認可審議前に担当の私学課と異例の回数の打ち合わせ! 安倍首相と会う直前にも
 森友学園問題で安倍昭恵夫人から籠池泰典理事長への100万円寄付問題が大きくクローズアップされているが、その一方で、またも大阪府による小学校設置認可に絡んだ疑惑が浮上した。
 18日付の朝日新聞によれば、大阪府の私立小学校設置の審査基準では土地の自己所有が原則で、例外的に借地も認めるものの、借地の上に校舎を建てることはできない。しかし、「認可適当」とされた2015年1月の私学審で府は「10年間の定期借地契約を行ったうえで、その契約期間内に購入予約」と説明。つまり、借地の上に校舎を建てるという審査基準に反した状態にあるにもかかわらず認可審議を行っていたのだ。
 朝日新聞の取材に対し、府の私学課長は「当時は正しいと思っていた。政治家からの働きかけはない」と返答しているが、もはや大阪府は「認可ありき」で動いていたとしか思えない。
 だが、松井一郎大阪府知事は、私学課が近畿財務局から認可を急かされていた事実を暴露し、「国は相当、親切やなと思いましたよね」などと“国からの圧力”を強調。「(府の)職員のみなさんがおもんぱかったんでしょう」などと、相変わらず自分が無関係であるかのような姿勢をとり続けている。
 しかし、松井府知事は本当に無関係で、圧力を“黙認”しただけなのか。ほんとうに現場の官僚だけでこんな決定ができるのか。
 実は、ネット上ではいま、松井府知事の奇妙な行動が指摘されている。大阪府 HPに掲載されている「知事の日程」を確認すると、松井府知事と「私学・大学課」が打ち合わせしていたことが記録されているというのだ。「私学・大学課」というのはまさに私学審の事務局担当で、借地契約で校舎を建てる見通しにもかかわらず認可審査を強行し、「認可適当」と判断を変えさせた部署だ。
 そこで本サイトもこの「知事の日程」を確認したが、たしかに森友学園が私学審に小学校の新設認可を申請した2014年10月31日直前に、松井府知事は“異例”の回数で私学課と打ち合わせを行っていた。
 記録を調べると、松井氏が府知事に就任して以降、私学課との打ち合わせは2012年3月に5回行っていることを除いて、多いときで1カ月間に3回、1度も打ち合わせをしていない月もあるような頻度だ。
 しかし、2014年10月は、7日、8日と連続で私学課と打ち合わせをし、さらに20日(月)から24日(金)の週は、議会に出席していた23日(木)を除いて毎日、私学課と打ち合わせを行っている。20日にいたっては、1日のうちに2回も打ち合わせをしている。森友学園が小学校の新設認可を申請したのは、翌週の金曜日のことである。
 また、私学審が森友学園の小学校設置について最初に審議したのは同年12月18日だが、その2日前にも松井府知事は私学課と打ち合わせ。しかも、記録によれば、14時10分から知事室にて私学課と打ち合わせを開始し、次の日程は16時5分から同じ知事室で行われている。つまり、この記録を読む限りは、1時間55分もの長時間をかけて私学課と打ち合わせをしていたことになる。
 そして、松井府知事は翌2015年1月7日に再び私学課と打ち合わせをしているが、その20日後に臨時で私学審が開かれ、「認可適当」という判断が下っている。
 森友学園からの設置申請直前というタイミングで、1カ月のあいだに7回という異常な回数で私学課と面談していた松井府知事。これはあからさまに不審な動きだが、「知事の日程」を見ると、もうひとつ気になる記録があった。
 それは、2014年4月18日の日程記録だ。この日、松井府知事はやはり異例にも1日に2回も私学課と打ち合わせを行っているのだが、じつは同じ日の夕方から、松井府知事は安倍首相と会っているのだ。
 この日、安倍首相は午後一番で来阪し、『そこまで言って委員会NP』の収録に参加。その後、17時40分より「あべのハルカス」を視察しているのだが、ここで松井府知事と橋下徹大阪市長(当時)が安倍首相に同行しているのである。
 2014年4月といえば、籠池理事長が鴻池祥肇議員に口利き依頼のために「こんにゃく」を差し出した月であり、籠池理事長は小学校設立のために必死に駆け回っていた時期とみられる。しかも、前年である2013年には籠池理事長は私学課に「安倍晋三記念小学校」という校名を考えていることを伝えており、近畿財務局もすでに私学課に対して「圧力」をかけていた。そうしたタイミングで小学校認可の責任者である松井府知事は安倍首相と会い、さらには同日、安倍首相と会う直前まで2回も私学課と打ち合わせをしていた──。
 はたして、ここまでタイミングが見事に符号するものなのだろうか。松井府知事は安倍首相と直接会う際に「安倍晋三記念小学校」の“認可の進捗”を報告するために2回も私学課と打ち合わせをしたのではないか、そんな疑念が頭をもたげてくるのだ。
 籠池理事長ひとりを証人喚問しても、事実は明らかにならない。国だけに責任を被せ、逃げ切ろうとする松井府知事だが、氏が小学校認可の鍵を握っていたことは明白だ。迫田英典・前理財局長と同様に、松井府知事の証人喚問が行われなければ、真相はいつまでたっても藪の中だろう。(編集部)


ごみ屋敷 ごみ出し支援、利用者が急増 自治体が制度
 生活意欲の衰えなどから身の回りのことができなくなるセルフネグレクト(自己放任)や、それらに起因する「ごみ屋敷」「ごみ部屋」の問題が顕在化する中、高齢者らを対象にした自治体のごみ出し支援制度の利用者が増え続けている。埼玉県所沢市ではこの10年で取り扱いが3倍に。それでも担当者は「まだ制度の周知が徹底されず、拒否する人もいる。このままだとごみがいっぱいの家であふれかえるのではないか」と懸念する。【工藤哲】
 所沢市のごみ出し支援の担当者は昨年、80代男性の不用物の収集を受け付けた。自宅に行くと、庭先には多くのガラス板。関西地方に住む娘が立ち会い「これはいらないでしょう」と言ったが、父親は「これは使うんだ。自分の研究のために必要なんだ」とかたくなに拒んだ。娘は市の担当者に、問題が生じたら自分が責任を負うとの意向を示し、小声で「持っていってください」と頼んだという。
 同市は2005年度、ごみを集積場まで捨てに行けない高齢者らを対象にした「ふれあい収集」制度を創設。介護保険制度で要支援2以上の認定を受けた65歳以上の人や障害者らを対象として週1回、戸別収集する。ケアマネジャーを通じて申請されることが多く、初年度に173世帯だった実施数は14年度に500世帯を超え、その後も増えている。
 利用者は▽夫が亡くなり、認知症が進んでごみを捨てられなくなった80代後半の女性▽近くに住む娘からごみを捨てるよう促されたが捨てられず、娘が自分の家までごみを持ち帰って捨てていた80代後半の女性−−など。8割ほどが単身者で女性がやや多いという。
 担当者は「大正生まれや90歳近い人と話すと『人には迷惑をかけられない』と、支援を受けることに消極的な人がほとんど」と明かす。「本人に強く拒まれると、行政でも介入するのは難しい。支援が行き届いていない高齢者はまだまだ潜んでいると思う。見て見ぬふりをすれば、ごみを捨てられない家はさらに増えていってしまう」と懸念した。
導入23%弱 国立環境研究所資源循環・廃棄物研究センターが15年10月にまとめたアンケートによると、高齢者を対象としたごみ出し支援制度があると回答した全国の自治体は22・9%で、4分の1に満たない。一方で9割近くの自治体は「今後、ごみ出しが困難な住民が増える」と認識していた。
 調査に携わった小島英子特別研究員は「ごみ出し支援はセルフネグレクトの防止につながると考えられ、近所付き合いが希薄な都市部ではより必要になっている」と指摘している。

インスタントラーメン発明記念館/地下鉄サリン事件から22年

ブログネタ
フランス語 に参加中!
がんばろう糸魚川

Le Shunbun no Hi : célébrer l’arrivée du printemps au Japon
par Dantan
Ce soir, entre le 20 et 21 mars, a lieu l’équinoxe de printemps, cette période de l’année où le jour est aussi long que la nuit. Au Japon, cette journée est une fête nationale, une occasion de célébrer la nature et les êtres vivants, le début du printemps et la fin de l’hiver. Aujourd’hui, nous vous proposons de vous faire découvrir comment les japonais fêtent l’événement.
L’origine
La célébration du Shunbun no Hi (ou équinoxe de printemps en japonais) trouve son origine au VIIIe siècle, où on l’appelait Shunki Korei-sai. Déclaré jour férié à l’ère Meiji, il prend son nom actuel en 1948. La période de 7 jours qui entoure cet événement- ainsi que celui de l’équinoxe d’automne – se nomme quant à elle le Higan.
Un proverbe japonais tient son origine directement de cette période de l’année : ≪ Atsusa samusa mo Higan made ≫, pouvant se traduire par ≪ chaud et froid durent jusqu’au Higan ≫. En effet, le Higan marque l’arrivée du beau temps et la chaleur au printemps, mais aussi du froid et du vent en automne.
Dans le bouddhisme, Higan signifie à l’origine ≪ autre rive ≫ et le O Higan est un rituel bouddhique qui consiste à aider les ames perdues des défunts à traverser la Shôji no Umi, la mer séparant le monde des vivants et des morts.
Rendre hommage…
En effet, les Japonais dédient cette période de l’année à présenter leurs respects à leurs ancêtres et ils passent une partie de leur journée sur les tombes familiales. Cette pratique se nomme le o haka mairi. La famille se rend sur la tombe pour la nettoyer, la fleurir et y déposer des offrandes selon les anciens goûts du défunt. On y fait ensuite brûler de l’encens et on récite une prière. Selon la tradition, ce processus a pour but d’aider le défunt à passer de l’autre côté.
De même, des cérémonies religieuses à la mémoire des défunts ont lieu dans les temples et on peut demander à un prêtre bouddhique de réciter des sutras pour ses morts. Les Japonais ont pour habitude de manger des botamochi, des petits gateaux de riz couverts de poudre de haricot. On les place également en guise d’offrande sur l’autel du foyer (butsudan) ou sur les tombes.
Une tradition en voie de disparition ?
Le o haka mairi est un devoir filial important pour les japonais. Cependant, aujourd’hui, ces derniers sont plus mobiles qu’auparavant et ne vivent plus forcément dans leur ville natale. Revenir sur les tombes de leurs ancêtres peut s’avérer difficile, voire impossible s’ils vivent à l’étranger, et cela peut revenir très cher. Pour pallier à ce changement dans la société, une nouvelle offre de service a émergé.
Depuis le début des années 2000, des entreprises de nettoyages proposent désormais d’entretenir les tombeaux à la place de leurs clients. Elles proposent de faire un devis en fonction des taches à effectuer (nettoyage, offrandes, jardinage…) ou encore des dimensions de la tombe. Le prix de la prestation peut ainsi se situer entre 10 000 et 20 000 yens (soit 80 à 160€) de l’heure ou heure et demie. Les clients peuvent également souscrire à des forfaits au mois ou à l’année.
Ce travail est en général réalisé par un homme car, traditionnellement, le o haka mairi était réalisé par le fils aîné de la famille. De même, une prière est toujours réalisée par l’employé dans un premier temps, avant de réaliser les travaux exactement comme la famille le ferait. Une fois la prestation terminée, l’employé envoie des photos avant-après à ses clients afin de prouver que le travail a bien été fait.
Célébrer le renouveau
Mais cette période célèbre également l’arrivée du printemps et le renouveau de la nature. En effet, le Shunbun no Hi marque le début du Hanami (la fête des cerisiers). Le ≪ front de floraison des cerisiers ≫ (Sakura zensen) débute dans les îles du sud de l’archipel puis remonte jusqu’au nord. On peut suivre ce phénomène à la télévision et dans les journaux où les prévisions sont faites par des météorologues afin de prévoir les jours exacts de pleine floraison de chaque région.
e même, le Japon étant une société traditionnellement agricole, les fermiers voient cette journée comme une opportunité de prier pour une récolte abondante.
Les Japonais profitent également de l’arrivée du printemps pour opérer des changements dans leur vie : commencer ou terminer ses études, démarrer une nouvelle activité ou un nouveau loisir, ou encore réaliser un grand nettoyage de leur maison. Le Shunbun no Hi étant désormais un jour férié, la majorité des habitants prennent un jour de congé pour célébrer cette journée en compagnie de leurs proches.
Comme au travers de beaucoup d’autres fêtes, les Japonais ont toujours rattaché leur vie au cycle de la nature et cela s’illustre particulièrement à travers les haikus, ces poèmes courts qui ont souvent pour thème un élément naturel ou une saison. En voici quelques-uns pour finir, et songer au retour des jours ensoleillés !
Devant la porte du temple dans la montagne
Les nuages passent en se réjouissant.
Équinoxe de printemps.
Kawahigashi Hekigodo ( 1873-1937 )
Sur le sable du rivage
A chaque trace de pas
Le printemps s’allonge.
Masaoka Shiki ( 1866-1909 )
Allons dehors
Là, la douce lune printanière
Sa lumière nous couvre.
Matsuyama Teitoku ( 1571-1653 )

フランス語
フランス語の勉強?
NNNドキュメント 女優たぬき〜末期ガンと闘い伝えたこと〜
鹿児島を中心に活動する女優たぬきこと田上美佐子さん。
終戦の日には毎年、自ら戦争体験者に取材した話を元に
特攻隊など戦争を題材にした芝居を上演してきた。
そんな彼女の体に、末期のガンがみつかる。
医師から告げられたのは余命の宣告。
それでも舞台に立ち「命の尊さ」を訴え続けた。
徐々に動かなくなる体。刻々と近づく別れの時。
2016年10月、たぬきさんは家族に見守られながら静かに息を引き取る。
彼女の想いは、次の世代へと受け継がれていく。
小山茉美  鹿児島読売テレビ

テレメンタリー 「3.11を忘れない70 語り部になった夫婦〜亡きわが子への誓い〜」
「息子の死を無駄にしない」そう天国のわが子に誓ってから6年。
津波で最愛の長男を失い、語り部になった夫婦。
「震災の教訓をこれからの防災に生かし、災害に備えてほしい」
二度と悲劇を繰り返さないため、二度と同じ思いをする人が出ないことを願って、語り続けている。全国から学生や自治体、企業の防災担当者が訪れる。夫婦が訴えるのは“企業防災”の在り方。いつか、どこかで、再び起こる災害。その日のために、東日本大震災の教訓を生かす。
中越典子 東日本放送

NEXT 未来のために[終]「この地で 家族とともに 震災6年の再出発」
東日本大震災から6年。かつて暮らしていた場所にもう一度家を建てることを決断した人たちがいる。妻や子どものために…。家族で支えあってきた人たちの日々を見つめる。
東日本大震災で住民の1割近くが犠牲になった岩手県大槌町。6年がたつ今、かつて暮らしていた場所にもう一度家を建てることを決断した人たちがいる。住宅ローンを組み、震災後に仕事を変えて60歳を過ぎても働き続けようとする男性。20歳になる一人娘が成人式を迎えるまでに自宅を再建させたいと、毎日朝4時まで働き続けている男性…。家族が支えあい、ふるさとに戻るために懸命に生きてきた人たちの日々を見つめる。

役所広司と新垣結衣が、福島の馬と触れ合う 特集ドラマ「絆」の舞台、相馬を訪ねて
3月23日、24日の放送予定の2夜連続特集ドラマ「絆〜走れ奇跡の子馬〜」。そのドラマの舞台となった福島県相馬は、昔から人と馬が共存している土地だった。昨年夏にドラマの撮影で福島を訪れた役所広司が、震災6年目となる今年、ドラマ放送前に再びロケ地を訪れる。さらに、特集ドラマの撮影の舞台裏を紹介。新垣結衣さん、田中裕子さんら、出演者の方々にドラマにこめた思いなどを語ってもらう。
新垣結衣,役所広司,田中裕子,岡田将生,島田明宏

世界ナゼそこに日本人 ネパール超有名な73歳&ナイジェリア姑VS日本人妻SP
ネパールの首都・カトマンズに“ジャパニーズ先生”と呼ばれている73歳の日本人おじいちゃんを発見!日本に妻も子供も残してまでナゼ?ネパールの貧しい人のために自らの私財を投げ打つ、その悲しい理由とは?▽アメリカの片田舎で暮らす、ナイジェリア人に嫁いだ40歳の可愛らしい日本人妻に密着。姑に強いられる風習の違いに悪戦苦闘の日々だが、過去を聞けば、イジメ・自殺未遂・ホームレス…!?一体彼女の過去に何が!?2HSP!
ユースケ・サンタマリア、新井恵理那 芳本美代子、眞鍋かをり、東貴博、渡部陽一
◆「世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝」は世界の果てで暮らす、知られざる日本人の活躍に密着!そこから元気や勇気をもらい、日本人としての誇りが持てるドキュメントバラエティ!
http://www.tv-tokyo.co.jp/nazesoko/

NHKスペシャル「お父さん 見てますか〜震災遺児と母 4年の記録〜」
東日本大震災の津波で父親を亡くした三浦和葉君と母親の和子さん。その日々を、カメラが4年にわたって記録してきた。和葉君は、被災地の子どもを支援しようと岩手県大槌町に出来た「子ども夢ハウスおおつち」に通っている。震災当時4才だったがが今、小学4年生になり、たくましくなった。最愛の人を亡くした経験を胸に、二人で励まし合い、一歩ずつ前に進もうと必死に毎日を過ごしてきた二人の姿を見つめる。
奥貫薫

鶴瓶の家族に乾杯 ダイジェスト「♯2 鶴瓶のひとり旅スペシャル」
「鶴瓶の家族に乾杯」の28年5月から7月にかけての放送の中から鶴瓶ひとりでのぶっつけ本番旅の様子をダイジェストにして特別に放送。今回は、徳島県阿南市、島根県雲南市、東京都八王子市、秋田県三種町、岐阜県大垣市、群馬県沼田市の回をお送りする。
笑福亭鶴瓶, 久米明


仮設商店街の復興屋台村気仙沼横丁が今日で閉村と聞きました.この前食事をしたお店の人は場所を探しているけど,なかなかいい場所がない・・・と言っていました.たぶん家賃とかが高いのでしょう.時々食べに行くくらいしかできないけど頑張ってほしいです.
さて今日は午前中男女共同参画関連のイベントに参加しました.なかなか刺激的でよかったです.ネットカフェで一服した後トンカツを食べて,池田に向かいました.とりあえずインスタントラーメン発明記念館に行ってみました.子ども連れがたくさん.1人でいったので少しさみしいです.
地下鉄サリン事件から22年だそうですが,あまり報道されていない気がします.

<復興祈念公園>着工 追悼、伝承の拠点へ
 東日本大震災の犠牲者を追悼し、震災伝承の拠点となる石巻市の石巻南浜津波復興祈念公園の起工式が19日、現地であり、事業主体の国と宮城県、石巻市の関係者ら約100人が工事の安全を願った。2020年度の完成予定で、旧北上川河口の住宅地が鎮魂の公園に生まれ変わる。
 公園は約38.8ヘクタールの被災した敷地に追悼の広場や休憩所、多目的広場などを配置する計画。総事業費は約60億円を見込む。
 追悼の広場は築山や芝生広場を合わせて約8000平方メートルを想定し、式典時は約3000人を収容する。隣接する水辺にはバーナーで炎を燃やす「ともし火」の設備も整備する。
 震災伝承の面では街の記憶を残すため、南浜町会館や門脇保育所の跡地、街路網などを一部保存する。震災遺構として一部を残す旧門脇小校舎、多くの住民が避難した日和山も伝承に活用する。
 起工式では、村井嘉浩知事が「被災地全体の追悼と鎮魂の場として人々がつながり、震災復興の象徴になることを期待する」とあいさつ。橘慶一郎復興副大臣は「地域の思いを反映させたい」と語った。
 同様の追悼施設は岩手、福島両県でも計画されている。陸前高田市の高田松原津波復興祈念公園は今月5日に着工。福島県では双葉、浪江両町にまたがるエリアを候補地として事業計画の策定を進めている。


<石巻・新門脇>まちびらき 再生へ一歩
 東日本大震災に伴う土地区画整理事業で生まれ変わった宮城県石巻市新門脇地区で19日、宅地供給がほぼ終了したのを記念してまちびらきイベントが開かれた。
 住民や工事関係者ら300人以上が来場。亀山紘市長は「基盤はできたが、戻りたい人全員が再建してこそ本当の復興。実現に向けて皆さんと一緒に努力したい」と述べ、テープカットをして地域再生の第一歩を祝った。
 土地区画整理事業は2014年8月に着工。施工面積約23.7ヘクタールで総事業費は約85億円。一戸建て250戸分の宅地と災害公営住宅151戸が整備され、昨年10月に災害公営住宅の入居が始まった。地権者に引き渡された宅地では、自宅を再建する動きが出ている。
 新しい街は災害に強い街並みが特徴で、海岸線の防潮堤と内陸の高盛り土道路の二重の壁で津波から地域を守る。日和山につながる避難路の歩道幅も4メートルと広めに確保。災害公営住宅は緊急一時避難所として活用し、最上階には備蓄倉庫を設けている。


<石巻・新門脇>地域に愛着「住みよい街に」
 東日本大震災からの復興に向け、大きな節目を迎えた宮城県石巻市新門脇地区。まちびらき会場では、地域に愛着を持つ住民らに笑顔が広がった。
 「天国に逝かれた方も今日の様子を笑顔で見てくれていると信じている」。地元町内会長の本間英一さん(68)は式典でそう述べて地域の再出発を喜んだ。
 会場では町内会の女性らが中心となって踊りを披露し、和やかな空気が会場を包んだ。本間さんは「たくさんの人が戻って来る住みよい街にしたい」と願う。
 地域を離れた人も多く駆け付けた。内陸の新蛇田地区に転居した会社役員田代方政(みちまさ)さん(69)は「ここには昔からの知り合いがたくさんいる。懐かしくもあり、イベントには積極的に参加したい」と語る。
 日和山に住まいを移した会社員大石笙子さん(26)は「門脇からできるだけ離れたくなかった。またみんなが仲良くつながれる街になってほしい」と話した。


河北春秋
 この連休中、多くの人が墓前で手を合わせているだろう。きょうは彼岸の中日、春分の日である。太陽の没する真西に極楽浄土があるとされ、彼岸の法要は平安時代から始まったという▼墓参を終えた夕、精進おとしが子ども時代の楽しみだったと書いたのは、女優の故沢村貞子さん。浅草の洋食屋で、普段は食べられないトンカツを1人前、注文できた。<世界じゅうどこへ行っても、こんなおいしい洋食はないにきまっている、とその頃の私は固く信じていた>▼彼岸の食べ物といえば「おはぎ」だろう。春は「ぼたもち」と言い換えるようだが。小豆を煮る家庭も少なくなったか。脚本家の筒井ともみさんの家には、母親の手作りおはぎを求め小学生のボーイフレンドが列を成したとか。<弁当箱や重箱に、約十個ぐらいずつがつめられ、彼等(かれら)はペコリとお辞儀をすると、急ぎ足で各々(おのおの)の家へ帰っていく>▼それぞれに風物がある。会津地方には彼岸獅子が舞う。太夫・雄・雌の3体の獅子が、太鼓と笛の音に合わせ軽やかに。このおはやしで目覚める早朝に、春を感じる人もいると聞いた▼会津若松市観光課には、首都圏から「桜の具合はいかが?」という問い合わせが入り始めた。気が早いと思うが、これで行楽シーズンも幕を開けるそうだ。

[原発賠償判決]断罪された国の不作為
 故郷と日常を奪われた避難者の訴えに、司法が原発事故は安全対策を怠った「人災」だと結論付けた。繰り返される「巨大津波は想定外」の言葉が、責任逃れ以外の何物でもないことを突き付ける。
 東京電力福島第1原発事故で福島県から群馬県などに避難した住民が、国と東電に損害賠償を求めた集団訴訟で、前橋地裁は両者に賠償を命じる判決を言い渡した。「津波の到来を予見でき、事故は防げた」と判断したのである。
 全国で約30件起こされている集団訴訟の最初の判決は、多くの避難者に希望を与えるものになった。
 裁判の争点は、事故を引き起こすほどの巨大津波を予測できたかという「予見可能性」だ。
 地裁は、政府が2002年に「福島沖を含む日本海溝沿いでマグニチュード8級の津波地震が30年以内に20%程度の確率で発生する」と推定した長期評価を重視し、「予見は可能」と指摘。さらに東電が長期評価の考えを取り入れ津波の高さを試算した08年には「実際に予見していた」と踏み込んだ。
 第1原発を襲った津波は15・5メートル。東電の試算による津波の高さは15・7メートルだった。
 判決が「安全性より経済的合理性を優先させた」と東電を厳しく非難したのは、非常用電源車の高台配備など時間や費用を要しない容易な対策さえとっていなかったからである。
 甚大な被害を引き起こす原子力災害に対し「万が一の備え」を求める判決を重く受け止めてもらいたい。
■    ■
 今回、裁判所が国の監督権限に重きを置き、違法性を認定した点も大きな意味を持つ。
 国は規制権限に基づき東電に津波対策を取らせるべきだったのに、それを怠ったからである。権限を行使しなかった責任は補充的なものでなく、賠償すべき慰謝料も東電と同等としている。
 一方、原告137人のうち賠償が認められたのは62人で、賠償額は約15億円の請求に対し約3855万円だった。
 原発事故被害の補償を巡っては、避難指示区域の住民と自主避難者との間に格差がある。自主避難者にとってほぼ唯一の支援だった住宅の無償提供も今月末で打ち切られる。
 故郷を離れた苦しみ、放射性物質への不安、周囲からの心ない言葉に傷つく避難者を思えば、その額は明らかに少ない。原発事故特有の被害にもっと目を向けてほしい。
■    ■
 今月11日に開かれた東日本大震災の追悼式で安倍晋三首相が「原発事故」の文言を使わなかったことに、福島県の内堀雅雄知事が「違和感を覚えた」と苦言を呈した。
 福島では今なお、震災と原発事故による県内外への避難者が8万人近くにも上っている。ふるさとを追われた悲しみと、語られなかった言葉との間に大きな溝を感じる。
 判決は電力会社と一体となり、国策として原子力事業を推進してきた国の責任を厳しく問うものである。
 避難者支援や救済のあり方を考え直すべきだ。


原発賠償判決 「過失」重く受け止めよ
 東京電力福島第1原発の事故の影響で、福島県から群馬県などへ避難した住民らが国と東電に損害賠償を求めた訴訟の判決が前橋地裁で言い渡された。東電は巨大津波を予見しながら対策を怠り、国も安全規制の努力を欠いていたとして、両者の過失を認める初めての判断を示し、住民の一部に対する賠償を命じた。
 国と東電は「想定外の巨大津波が原因」と事故の過失責任を否定したが、判決は事故は防ぎ得た人災だったとする原告側の主張を全面的に認めた格好となった。
 岡山地裁を含め、全国で約30件ある集団訴訟の最初の判決であり、今後の司法判断にも影響を与える可能性がありそうだ。
 最大の争点は、事故以前に巨大津波が来ることを予見できたかどうかだった。
 ポイントになったのは、政府が2002年に発表した地震の長期評価の扱いだ。福島沖を含む日本海溝沿いで30年以内に20%程度の確率でマグニチュード(M)8級の巨大な津波地震が発生すると推定したものだが、国と東電は「科学的には不十分な知見だった」と主張した。
 判決は、長期評価の内容は合理的であると断定し、公表から数カ月後には東電は巨大津波を予見できるようになっていたとした。東電が08年に15メートル超の津波で原子炉建屋が浸水することを実際に予測していたことも指摘し、配電盤などの高台設置といった容易に実行できたはずの対策を怠っていたと判断した。東電が安全性よりも経済的合理性を優先させたとの指摘は極めて重い。
 電力会社と一体となって原発事業を進めてきた国の責任に関しては、津波対策については、そもそも規制権限がなかったとの主張を「著しく合理性を欠く」と一蹴した。国は07年時点で東電が自発的に対策を行うのは困難と認識しており、すぐに対策を命じていれば事故は防げたと断じた。国には事故を未然に防止することが強く期待されていたとし、その責任の重さを東電と同等だと踏み込んだ点は注目に値する。
 国と東電に最大限の安全対策を求めた内容である。原発事故の可能性は低くても、いったん起きた場合には広範囲へ甚大な被害を及ぼすという特有の事情にも判決は何度も言及している。事故から6年が過ぎた今も福島県では約8万人が避難生活を余儀なくされている。生活基盤を奪われ、平穏な日常を取り戻せていない。国はそうした事実を重く受け止める必要がある。
 国内では原発回帰の動きが強まっている。原発再稼働が進み、事故の教訓を踏まえて導入した原則40年までという運転ルールも揺らぎ、老朽原発の運転期間延長が相次いで認められている。今回の判決を機に、国と電力会社は原発の持つ巨大なリスクとしっかり向き合い、安全対策に万全を尽くしてもらいたい。


<福島第1>1号機 溶融燃料確認できず
 東京電力は19日、自走式ロボットを使った福島第1原発1号機の原子炉格納容器の内部調査で、初日の18日に実施した調査の状況を公表した。同日の調査では、溶融燃料(燃料デブリ)の可能性がある堆積物などは確認できなかった。21日まで調査を続ける。
 ロボットは格納容器に入った後、原子炉圧力容器を支える筒状のコンクリート製台座の周囲にある作業用足場を約5メートル走行。滞留水(水深2.5メートル)の1カ所に線量計付きカメラを投下した。
 床面から1メートル付近で、バルブなど排水用ポンプの部材とみられる構造物を確認した。滞留水の濁りはあまりなく、床面らしきものも見えた。線量は足場上で毎時7.8シーベルト、床面から1メートルの水中で1.5シーベルトだった。
 足場上の毎時7.8シーベルトは、過去に1号機の格納容器内部をロボットで調べた際と同程度だった。
 計画では床面から40センチ付近までカメラを下げる予定だったが、バルブなどに引っ掛かる恐れがあったため、1メートル付近でカメラの投下を中断した。
 ロボットは計5地点で測定をする。画像と線量の評価で溶融燃料の分布を調べ、燃料取り出し方針決定の参考にする。
 炉心溶融(メルトダウン)した1〜3号機のうち、1号機は溶融燃料の大半が圧力容器の底を突き抜けたとみられている。


岡崎トミ子氏死去、宮城に「民主王国」築く
 旧民主党の結成メンバーで、党副代表や国家公安委員長兼消費者行政・少子化対策担当相などを歴任した岡崎トミ子さん(73)が19日、亡くなった。宮城に「民主王国」を築き、2009年に実現した政権交代の流れをけん引。明るく、親しみやすい性格と「トミ子スマイル」で広く市民から愛された。関係者からは死を惜しむ声が相次いだ。
 「権力にこびず、宮城に反自民の受け皿を作った業績は大きい。非常に残念だ」。民進党宮城県連代表の安住淳さん(55)は、早過ぎる盟友の死を悼んだ。
 1996年の旧民主党結成からの付き合いで、党の組織づくりや公認候補の在り方などを巡って熱論を交わしてきた。「当時は2人で会社を立ち上げた気分だった。人権運動にも熱心で考えに一貫性があった」と在りし日をしのんだ。
 岡崎さんは東北放送のアナウンサーを経て90年2月、衆院旧宮城1区に旧社会党公認で立候補し、初当選。宮城の女性国会議員の先駆けとして、20年超にわたって多くの後進を育てた。
 東北放送の後輩で、民進党県連幹事長の郡和子さん(59)は「女性政治家の道を切り開いてくれた。アナウンサー時代から先輩に育てられ、政治家が市民の立場で仕事をする重要性を教わった」と振り返る。
 抜群の知名度と明るい人柄で、支持者から「トミちゃん」の名で愛された。旧社会党時代から親交があり、旧民主党県連幹事長として支えた元県議内海太さん(69)は「どこに行っても『トミちゃん、トミちゃん』と人が集まった。誰に対しても偉ぶらずに接するのが岡崎さんの魅力だった」と懐かしむ。
 平和運動にも力を注ぎ、13年参院選で落選した後も市民活動の集会に顔を出し、護憲への思いを訴え続けた。
 みやぎ憲法九条の会共同代表の後藤東陽さん(91)は「票につながらないと分かっていても護憲、平和の信条を貫き通した。清廉潔白で鏡のような政治家だった」と肩を落とした。


脱原発集会に1万1000人=福島事故から6年、誓い新た−東京
 脱原発を求め、東京電力福島第1原発事故による避難者らへの支援を訴える大規模な集会が20日、東京都渋谷区の代々木公園で開かれた。主催者によると、市民ら約1万1000人が参加。事故発生から6年が過ぎても廃炉の道筋は描けず、費用も膨らみ続ける中、参加者は原発のない社会の実現に向け、誓いを新たにした。
 「事故を起こした人たちに最後まで責任を取らせようじゃありませんか」。午後1時半すぎに屋外ステージに登壇した作家の落合恵子さんは声を張り上げた。一部の避難者への住宅支援が3月末で打ち切られることを批判。「もっと声を上げていきましょう」と呼び掛けた。
 福島第1原発で事故対応などに従事した後に白血病を発症し、労災認定を受けた北九州市の男性(42)は「東電は労働者を使い捨てるような扱いをしてきた」と訴え、東京地裁に起こした損害賠償請求訴訟で責任を追及する決意を示した。
 「原発はもう時代遅れだ」と指摘したのはルポライターの鎌田慧さん。原発事業によって経営が大幅に悪化した東芝などの例を挙げ、「今や原発は完全に行き詰まって、(社会は)自然エネルギーに向かっている」と断じた。


「再稼働、容認できない」 滋賀知事が大飯原発視察
 滋賀県の三日月大造知事は20日、関西電力大飯原発(福井県おおい町)を視察した。早ければ夏にも再稼働が見込まれる3、4号機の新たな防災対策について、関電側から説明を受けた。
 国は、被ばく回避のための防護措置や避難計画など、同原発の緊急時対応の取りまとめを進めている。視察は、原発が集中立地する福井県の隣接県知事として、同原発の安全対策や事故時の課題を探るのが目的。三日月知事が同原発を訪れたのは初めて。
 三日月知事は3、4号機で事故が起きた際の現場指揮所となる緊急時対策所を視察した。現在1、2号機の建屋内にある対策所と、新たに構内に設ける対策所の建設現場を確認した。電源を失っても原子炉を冷やすための海水を注入できるよう導入された大容量ポンプや電源車の説明も受けた。
 約2時間の視察を終えた三日月知事は「福島の事故を教訓に、さまざまな課題を克服すべく対策を取っていた」とする一方、「実効性のある多重防護体制の確立はまだ道半ば。滋賀県として、3、4号機の再稼働を容認できる環境にはない」と従来の立場をあらためて表明した。
 この日は原発視察に先立ち、大飯原発から半径約30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)にある滋賀県高島市今津町保坂のモニタリングポストや、UPZ内の山間地にあり9世帯12人が暮らす同町の天増(あます)川区も訪れ、避難ルートの現状などを確認した。


岡崎トミ子氏死去、党派超えて惜しむ声
 「民主王国・宮城」を築いたシンボルとして、長く県政界で存在感を発揮した岡崎トミ子さん(73)の死去に、政党関係者らは一時代の終わりをかみしめた。気さくな人柄は党派を超えて愛された。交友のあった県議や市議らは、突然の別れを悼んだ。
 「政権交代という政治家人生で忘れられない時代を共に過ごした」と感傷に浸るのは、民進党の木村勝好仙台市議。「多様な意見を取り入れるリーダーシップの持ち主。寄り合い所帯の旧民主党をまとめてくれた」と功績をたたえた。
 元衆院議員で、国会でも一緒に活動した同党の鎌田さゆり県議は「政治家を『先生』と呼ぶのを嫌い、市民に寄り添う姿勢を教えてくれた先輩。女性の政治参画を進めた太陽のような存在だった」と語った。
 岡崎さんは1990年、旧社会党から国政に一歩を踏み出した。同じ党で交友があった仙台市議の辻隆一社民党県連幹事長は「国会議員になる前から労組の勉強会などで顔を合わせ、人権問題や平和運動に熱心だった。人との接し方がうまく、全方位外交ができる人だった」と肩を落とした。
 各地の「岡トミファン」は20年を超える政治家活動を支えた。ぶ厚い支持層は、しのぎを削った自民党にとって脅威でもあった。
 同党の愛知治郎参院議員(宮城選挙区)は2001、07、13年の参院選で3度戦い、01と07年は後塵(こうじん)を拝した。愛知氏は「立場や考え方は違うが、国や地元のために一緒に仕事をしてきた仲間として非常に残念。いつも明るい笑顔が印象的だった」と振り返った。


学び支える奨学金 リスク理解し、学ぶ意欲に
 入学の春を迎えた。晴れて進学が決まった学生の学費や生活費など経済面で支えてくれるのが奨学金だ。近年、その返済が負担となり、若者を苦しめる事態が問題となっている。学生と保護者それぞれが奨学金の仕組みやリスクを理解し、進学する目的や意義を共有することが大切だ。
 佐賀新聞社が1月、佐賀大と西九州大(神埼市)の学生109人を対象に実施した調査では、自宅生の43%が奨学金を受けており、うち3割が月額8万円以上だった。自宅外生は75%が奨学生で、そのうち3割が月額10万円以上だった。自宅生の割合が比較的高い地元の大学でも、奨学金が多くの学生の学びを支えている実態が明らかになった。
 現在、日本の大学生のほぼ半数に当たる132万人が日本学生支援機構(旧日本育英会)の奨学金を利用しており、そのほとんどが返済義務のある「貸与型」だ。貸与型奨学金は事実上の「教育ローン」と化しており、学生は卒業時に平均300万円超の借金を抱える。大学を卒業したら、数百万円の借金返済が始まる形だ。
 卒業後に安定収入を得られればよいが、そうでなければ返済が厳しくなる。いまや職を得ても生活安定が図られる保証はなく、非正規雇用の拡大で返済に苦しむ若者は多い。一方で、世帯収入の伸び悩みや授業料の高騰で、奨学金を借りなければ進学を果たせない世帯は増えている。
 こうした事態を受け、国は2018年度から、返済不要の給付型奨学金を本格導入する。経済的に特に厳しい学生については、この4月から先行実施する。奨学金制度は本来、家庭の経済事情に左右されることなく進学できるようにするためのものだ。経済的理由での進学断念や、奨学金返済で追い詰められることがないように、国が支援することは歓迎したい。
 大学や自治体、企業などが独自に給付型奨学制度を導入している例もある。県内でも、佐賀大や西九州大に奨学金支給や授業料の減免制度がある。九州龍谷短大(鳥栖市)はこのほど、給付型の奨学金制度を新設した。給付型のさらなる充実に期待したい。
 ただ、給付型は対象者に条件や定員があり、現状ではほとんどの学生が従来の貸与型奨学金に頼らざるを得ないだろう。
 気になる調査結果がある。同機構によると、貸与型の手続き前に返済義務があることを知らなかった学生は45%に上る。遅延督促を受けて初めて返済義務を知ったという回答もあった。学生の8割以上が、卒業後の返済月額や期間さえ認識していなかった。学生側の意識にも問題がありそうだ。
 「奨学金のおかげで大学を卒業できた」「奨学金で大学を卒業したからこそ、いまの職業に就けた」という人は少なくない。どんな意識を持って進学したかが重要になる。なぜ進学したいのか、何のために進学するのか、さらに、卒業後に何を目指すのかなど、親子で話し合うきっかけとしたい。
 学生には、貸与型は学生自らが背負う「借金」であること、また、給付型についても、その財源を負担する国や学校などから、将来の成長への大きな期待を背負っていることを自覚して、これからの学生生活を有意義なものにしてほしい。(田栗祐司)


ポスドク問題/「出口」対策が弱すぎる
 せっかく育てた人材を役立てられないのは、その個人にとっても社会にとっても不幸であり、損失である。大学院、とりわけ博士課程を終えた「ポストドクター(ポスドク)」の就職難を考えると、いかに日本社会が人材を粗末にしているかが分かる。
 常勤の研究職が見つからないまま、3年や5年といった期限付きの研究職を渡り歩く。身分が不安定な上、大学院までに投じた学資と比べれば、収入は全く割に合わない。
 有期の在任期間に成果を上げなければ、研究職を続けられない可能性もあり、精神的には常に追い詰められている。腰を据えた研究に取り組みにくい状況は学術研究のレベル低下をも招く。
 博士課程修了者の就職難であるポスドク問題の根底には、国が進めた「大学院重点化計画」による定員の大幅な拡大がある。1993年度の大学院博士課程修了者は約7400人。それが今や1万5000人を超えるまでに増えた。急拡大した「入り口」の一方で、「出口」の充実策は不十分だった。
 国は博士号取得者の雇用対策として「ポストドクター等1万人支援計画」を展開し、大学や研究機関の有期雇用の研究者を増やすなどした。
 しかし、肝心の教授や准教授などのポストは、財政悪化や少子化に伴う大学の予算削減が進む中で抑制され、安定した研究職に就けるのは極めて少ないのが実態だ。
 ポスドクの3分の1は35歳以上という数字もある。不十分な出口対策は、不安定な研究者の高齢化問題をも生んでいる。国や大学、研究機関はもちろん、民間企業も一体となって対策に取り組んでいかなければならない。
 肝心なのは博士号取得者の就職ルートを多様化させることだ。高度な専門知識や技術を身に付けた博士号取得者を大学という組織の枠を超え、社会全体で受け入れるようにしていく必要がある。
 企業が採用する博士号取得者は米国などと比べ極端に少ないという。企業側が年齢の問題から博士課程修了者を敬遠する傾向が関係している。
 加えて、知識はあっても社会的常識に課題がある博士課程修了者もいるという指摘もある。大学側は、社会が求める人材像を踏まえた教育にも取り組まなければならない。
 「将来は大学の研究者になるのが当然」と思い込んでいる博士課程修了者の意識改革も欠かせない。
 技術立国として研究の裾野を広げることの必要性は理解しつつも、果たして大学院の定員設定そのものが適切かどうかも検証が必要だろう。
 ポスドク問題は単にキャンパス内の問題にとどまらない。博士を1人育てるためには税金が1億円かかるという試算もある。それだけの投資をし育てた有為な人材を活用することは社会全体で取り組むべき大きなテーマである。


山城議長を保釈 新基地阻止への弾みに 信条の自由と尊厳守ろう
 沖縄の民意と人権を組み敷き、軍事植民地に等しい状態に置こうとする日米政府とその強権行使に抗い、私たちは幾度も新たな地平を切り開いてきた。
 それが沖縄の歴史である。
 困難に直面しながらも、ウチナーンチュの尊厳を懸けて抵抗する意思を示し続け、思想・信条の自由を守る価値をかみしめ、新基地阻止への弾みにしたい。
 名護市辺野古の新基地建設や東村高江のヘリパッド建設への抗議行動を巡り、器物損壊、威力業務妨害などの罪で起訴された沖縄平和運動センターの山城博治議長が初公判翌日の18日、保釈された。
不当性は揺るがず
 昨年10月17日の最初の逮捕から5カ月を超える長期勾留がようやく終わった。弁護団による10回を超える保釈請求はことごとく退けられてきた。前日の保釈決定に対し、那覇地検はこの期に及んで異議を唱えた。福岡高裁那覇支部が「証拠隠滅の恐れはない」として棄却したが、あまりに遅い対応だ。
 微罪であり、勾留の必要性が見いだせない山城氏が「禁錮5カ月」に等しい勾留に追いやられ、国際的な人権団体や刑法学者らが指摘した不当性は揺るがない。
 午後8時ごろ、那覇拘置支所前に姿を見せた山城議長はジャージー姿で、長靴は逮捕時に履いていたものだった。頬がこけ、痩せた体に長期勾留の影響がにじんだが、5カ月間、容疑を認めるよう迫る取り調べに屈しなかった。
 保釈の情報が流れ、支援する市民が100人超駆け付けた。山城議長を中心に保釈を喜ぶカチャーシーの輪が広がった。新基地を拒む行動に文化の力を宿す闘いは山城議長が導いたものである。
 勾留中の山城議長を励ます手紙などが国内外から400通超届いた。際立つ基地押し付けの不条理に対する根強い抵抗が正当性を持ち、沖縄社会に共感を広げていることがこの夜にも示された。
 1956年4月、那覇拘置支所に近い旧沖縄刑務所から瀬長亀次郎氏が出獄した際も多数の市民が出迎えた。60年の歳月を超え、同じような光景が再現された。
 米軍の圧政に抗(あらが)い、狙い撃ちされて投獄された瀬長氏は「瀬長の口を封じても、虐げられた幾百万人の口を封じることはできない」と語った。今の沖縄につながる信念に満ちた言葉である。
 保釈後の記者会見で、山城議長は「広く言えば県民への弾圧だ。裁判で無実と無罪、沖縄の正義を訴え、勝利したい」と語った。
「共謀罪」警戒を
 山城議長は2千円の有刺鉄線を切った器物損壊以外の罪を否認し、無罪を主張している。圧倒的な強権の行使に対する政治的な意思表示の正当性を主張し、検察側に堂々と渡り合ってほしい。
 一方、保釈条件で「事件関係者」との接見が禁止された。抗議参加者が「関係者」とされる可能性があり、山城氏の行動は制約を受ける。だが、現段階で口裏合わせや証拠隠滅の可能性はない。運動の弱体化を狙う安倍政権の意図と背中合わせの理不尽な制約を課すべきではない。
 勾留中の山城議長の書面インタビュー報道を巡り、那覇地検が弁護人の仲介を問題視し、執拗(しつよう)に見解をただしていたことも明らかになった。山城氏の心情を伝える報道を抑え込もうという露骨な意図が見え見えだ。
 被告人との接見や書面インタビューを通し、行き過ぎた権力行使に警鐘を鳴らすのは弁護士の職務の一環であり、報道機関としては正当な取材活動である。
 山城議長の言動を封じ込め、孤立させて検察優位に持ち込もうとする地検の行為は「人質司法」の悪弊を助長する。二度とこのような対応を繰り返してはならない。
 捜査の中で、基地反対運動に携わる関係者やメールの送受信記録を警察が手中にしたとみられる。「共謀罪」を先取りするような権限の乱用がないか、公判を通して目を光らせなければならない。


立法で明確な歯止めを/GPS捜査
 裁判所の令状なしに捜査対象者の車などに衛星利用測位システム(GPS)端末を取り付け、位置情報をたどる警察の捜査について、最高裁大法廷は「違法」とする初判断を示した。「個人のプライバシーを侵害し得る」として令状が必要な強制捜査と位置付けた上で、現行法上の令状による対応には疑義があると指摘。立法措置を促している。
 この捜査手法が用いられた連続窃盗事件の裁判で一審大阪地裁が「重大な違法がある」、二審大阪高裁は令状が必要かどうかには触れず「重大な違法はなかった」と判断が割れ、上告審判決で統一判断が示されることになった。
 GPS捜査は薬物事件などでも行われ、多くの裁判で令状が必要な強制捜査か、尾行や張り込みの延長で令状のいらない任意捜査か−などを巡り法廷で激しい対立が続いていた。そんな中、最高裁は、位置情報の継続的な取得で交友関係や思想・信条、嗜好(しこう)などの個人情報が集められ、プライバシー侵害となる恐れがあることを重くみた。
 違法判断により捜査が大きな影響を受けるのは避けられないだろう。警察が今後もGPS捜査を必要とするなら、実施の厳格な手続きや対象犯罪の限定といった歯止めを警察の内規ではなく法律で明確に定めるべきだ。
 一連の裁判で検察側は尾行と同じ任意捜査と主張した。路上など人の多い場所では、プライバシー保護の必要性は高くないという考え方だ。しかし最高裁判決は「公道上のみならず、プライバシーが強く保護されるべき場所や空間も含め、逐一把握できる」とGPS捜査の特徴を指摘。「端末を取り付ける車や罪名を特定しても、容疑と関係ない対象者の行動の把握を抑制することはできない」などと、令状請求に対する裁判官の審査の困難さにも言及している。
 その上で現行法が強制捜査で原則として事前の令状提示を求めていることを踏まえ、ひそかに行うGPS捜査に合った立法措置を講じることが望ましいと結論付けた。
 GPS捜査について警察庁は2006年の通達で、取り調べで明らかにしたり、捜査書類に記載したりしないよう「保秘の徹底」を指示した。このため検察にすらGPS端末の使用を知らせなかった例もあった。法整備の過程で、運用の実態に第三者のチェックが働くような方策も併せて検討しなければならない。


GPS捜査違法 秘密裏の運用への警鐘だ
 秘密裏の運用を続けてきた警察に、警鐘を鳴らしたといえよう。
 捜査対象者の車に衛星利用測位システム(GPS)端末を取り付ける警察の捜査手法について、最高裁は裁判所の令状がなければ違法との初判断を示した。
 窃盗事件の判決で、GPS捜査について「行動を継続的に幅広く把握し、プライバシーを侵害する」と指摘した。
 端末を対象者の所持品にひそかに設置するには、対象者のプライベートな領域に侵入する。憲法が保障する重要な利益を侵すため、令状が必要な強制捜査であると位置付けた。
 警察庁はGPSを「尾行の補助的な手段」として、令状が必要ない任意捜査での運用が可能と判断してきた。端末の設置を捜査後も対象者に伝えず、秘密保持を徹底してきた。
 最高裁は、人権を重視して、警察の主張を全面的に否定したということができる。
 警察庁がGPS捜査を控えるよう全国の警察に通達を出したのは当然である。
 重視しなければならないのは、判決は現行法上の令状ではGPS捜査を認めることができないとして、特別な令状を発布する新たな立法措置を求めたことだ。
 GPS捜査によって、警察は犯罪とは無関係な居場所や移動状況まで逐一把握できる。
 また、GPS捜査は対象者に知られずに行わなければ意味がないため、令状を対象者に事前に提示することができないからだ。
 法務省は今後、立法作業に入る。判決が問題解決の手段として例に挙げた実施可能期間の限定や第三者の立ち会い、事後の通知をしっかりと検討してもらいたい。
 実情に即した法律にするため、警察や検察との協議は必要だろう。人権とのバランスを取るため、日弁連や学者らの意見を十分聞いてほしい。
 警察庁は2006年、GPS捜査についてマニュアルを作り、誘拐や監禁、連続窃盗などで「緊急性が高く、ほかに手段がない」などの要件を示していた。
 尾行や張り込みと違って対象者に気付かれにくいため、足取りをつかむのに有効だ。実態は明らかでないが、現場に広く浸透しているとみられる。
 警察は令状の不要な任意捜査として運用してきたが、各地の裁判所ではGPS捜査の適否が争われ、警察に不利な判断が相次いだ。
 警察庁は昨年、「令状取得も一つの適切な方法」と全国の警察に通知した。主張を微妙に変化させたといえよう。
 今年に入り、千葉県警が令状を取得して車に端末を取り付けていたことが明らかになっている。
 警察の捜査手法は、これまでも違法かどうかが度々争われて、司法判断が捜査の在り方に影響を与えてきた。
 対象者のアジトに設置して会話を傍受する盗聴器やカメラの顔認証システムなど、新技術の導入は、議論を呼ぶことも予想される。
 警察は今回の判決を教訓に、人権に十分配慮するべきだ。


防衛省の日報隠し 特別監察を「時間稼ぎ」に使うな
 防衛省の根強い隠蔽体質に憤りを覚える。「廃棄」されたはずの南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報が、陸上自衛隊内部に残っていたことが発覚した。稲田朋美防衛相は「隠したのは現場」と現場の責任を強調するが、自身の指導力不足は隠しようがない。すぐに徹底的な調査を行い、結果を公表しなければならない。
 ところが、稲田氏は自らが指示した特別防衛監察が始まったことを理由に、国会審議での答弁を避けている。陸自内での保管状況を把握していたとみられる岡部俊哉陸上幕僚長も「監察を受ける立場なので」と説明を拒み「逃げていると捉えられても仕方ない」と、開き直りとも取れる発言までしている。
 特別防衛監察は、防衛省・自衛隊で重大な不正行為や倫理違反などが疑われる場合に、防衛相の指示で調査をする制度。しかし調査には最低でも数カ月はかかるとされ、中には1年以上かかったケースもある。特別監察を「隠れみの」に関係者が口をつぐみ、時間稼ぎをすることは絶対に許されない。
 防衛省は昨年12月、日報の情報公開請求に対し「廃棄済み」を理由に不開示とした。今年2月になって統合幕僚監部にデータが残っていたとして公表したが、実際には陸自内にも1月ごろまで保管されていた。統幕の幹部がつじつまを合わせるために、保管の事実を非公表とするよう指示したという。
 防衛省は過去にも、海上自衛官のいじめ自殺問題で内部調査結果を遺族に隠すなど、不祥事隠しを繰り返してきた。一向に改善されない体質を猛省しなければならない。今回の隠蔽に関与した幹部はさほど多くないはずだ。特別監察を待つまでもない。現在分かっている事実をすぐに公表するべきだ。
 稲田氏には、シビリアンコントロール(文民統制)の観点から、防衛相としての統率力に不安が拭えない。最初に統幕内でデータが見つかった際、報告を受けるまでに1カ月を要した。今回も陸自内でのデータ隠しを把握できていなかった。稲田氏と省内幹部との意思疎通の悪さは深刻な状況と言えよう。
 稲田氏は日報に記載されていた「戦闘」を、憲法との整合性が取れないため「衝突」と言い換えたなどと説明した。学校法人「森友学園」との関係も「記憶違い」として発言を撤回、謝罪に追い込まれるなど、その言葉は著しく信頼性を欠く。「私の責任で改善していきたい」と省内改革を訴えても、説得力はないと言わざるを得ない。
 一連の隠蔽には、派遣先の厳しい治安情勢を国民に知らせまいとする安倍政権の思惑が透ける。派遣を継続した上で「駆け付け警護」という新しい任務付与の実績をつくりたかったのは明らか。そもそも日報という公文書をすぐ安易に廃棄する仕組み自体に問題がある。現地部隊の苦悩に目を背ける政権に、海外派遣を命じる資格はない。


PKO撤収 不信感が増すばかりだ
 やはり、安保関連法に基づく「駆け付け警護」の新任務を付与する実績づくりが目的だったのか。
 政府は、南スーダンに派遣している陸上自衛隊の国連平和維持活動(PKO)部隊を5月末をめどに撤収させる方針を決めた。
 この問題をめぐる一連の経緯を見ると、派遣延長と新任務付与の政府判断への疑問が膨らむ。
 まず、安倍晋三首相の発言だ。撤収の理由は「(首都)ジュバの施設整備に一定の区切りがついた」とした上で、撤収は昨年9月から検討していたと説明した。
 施設整備というPKO部隊の本来任務を理由に挙げるなら、なぜ新任務を11次隊に付与する必要があったのか。しかも、撤収を検討している昨年11月に部隊を派遣した。これほど矛盾した話はない。
 首相は「治安悪化が原因ではない」と繰り返すが、現地の情勢が安定しているなら、南スーダンのために行うべきインフラ整備はまだまだ多いはずだ。
 武器使用を伴う「駆け付け警護」は自衛隊のリスクが高まる。唐突な撤収決定は、現地の情勢が政府の説明とは懸け離れていることを示しているのではないか。
 それを裏付けるのが、存在が明らかになったPKO部隊の「日報」だ。
 「戦闘」「攻撃」「砲弾落下」などの生々しい言葉が並び、ジュバで起きた大規模な戦闘に部隊が巻き込まれる危険性を指摘していた。
 にもかかわらず、政権はその実態を国民に知らせてこなかったと言われても仕方がない。「(戦闘行為が)行われたとすれば憲法9条の問題になるので、武力衝突という言葉を使っている」。稲田朋美防衛相の発言は語るに落ちたというべきだろう。
 11次隊は東北の部隊。陸自岩手駐屯地からも約30人が派遣されている。引き揚げ自体は歓迎するが、派遣が実績づくりのために行われたとすれば腹立たしい限りだ。
 日報をめぐっては、新たな「隠蔽(いんぺい)」も明らかになった。当初、電子データが「発見」された防衛省統合幕僚監部以外に陸自も保管していたことが明らかになった。しかも、統幕幹部が非公表とするよう指示していたという。
 国民への重大な裏切りだ。文民統制の危機であるとともに、それ以上に深刻なのは政権にも防衛省にも同じような思惑が働いたことだ。「派遣ありき」のために、共通して不都合な情報を隠そうとした疑いを捨てきれない。
 稲田防衛相は特別防衛監察を指示したが、それだけで国民の不信感を払拭できるとは思えない。政府判断の徹底検証こそ欠かせない。


PKO日報隠し/信頼回復へ徹底調査を
 陸上自衛隊が「廃棄済み」として情報公開請求に応じなかったアフリカ・南スーダン派遣の国連平和維持活動(PKO)部隊の「日報」が、実は陸自自体に保管されていたことが判明。さらに陸自がいったんは公表を検討したが、統合幕僚監部の幹部が保管の事実を非公表とするよう指示していたという。自衛隊が意図的な情報隠しを行っていたとすれば、国民の信頼は失墜する。深刻な事態だ。
 南スーダンの情勢を報告した「日報」には、昨年7月に起きた政府軍と反政府勢力との大規模紛争が「戦闘」という表現で記載されていた。日本政府は、現地の治安は比較的安定しており、「戦闘」は起きていないとしてPKO派遣を継続してきた。政府判断に不都合な「日報」を防衛省が意図的に隠蔽(いんぺい)したということではないか。
 稲田朋美防衛相は自身の直轄組織による「特別防衛監察」の実施を指示し、「徹底的に調査し、改めるべき隠蔽体質があれば私の責任で改善していきたい」と強調した。 防衛省・自衛隊が扱う情報には一定の機密情報があるとしても、その隠蔽体質がこれまでも指摘されてきた。徹底的に調査し、組織のうみを洗い出す必要がある。
 稲田氏はこれまで「陸自の保管分は全て廃棄した」と説明してきた。稲田氏が一連の経過を知らされていなかったとすれば、省内を統率できていない証左であり、シビリアンコントロール(文民統制)に関わる事態だ。
 稲田氏は国有地の格安払い下げ疑惑で問題となっている学校法人の訴訟に関与していないとした国会答弁を撤回、謝罪し、「虚偽答弁だ」と野党が辞任を求めている。
 自衛隊が稲田氏の存在を軽視していたとすれば、組織改革が本当に進むのか疑問だ。稲田氏を早期に交代させ、新たな体制で解明に臨むべきではないか。稲田氏を重責に起用した安倍晋三首相の任命責任も問われるだろう。
 防衛省は昨年10月にジャーナリストからの「日報」の情報公開請求を受理したが、「陸自で廃棄済み」として12月に不開示を決定した。しかし稲田氏の指示と自民党議員の要求で再調査した結果、同月末に統幕監部に電子データとして保管されていることが判明した。
 だがその情報を稲田氏に報告したのは約1カ月後。さらにその後も稲田氏は「陸自では発見できなかった」との答弁を繰り返してきたが、3月になって陸自でも保管されていたことが分かった。
 この事実は陸自トップの陸上幕僚長にも報告されており、統幕監部の幹部が非公表を指示していたことと合わせれば組織的な隠蔽と考えざるを得ない。菅義偉官房長官は「稲田氏が特別防衛監察の実施を指示したのは、閣僚としての指導力だ」と述べたが、一連の経緯をみれば指導力を欠くのは明らかだろう。
 安倍政権は南スーダンPKOに関し、5月末を目途に撤収させる方針を決めた。その理由は道路整備などの活動に一定の区切りを付けることができるためだとし、治安情勢を考慮したものではないとしている、しかしこの説明にも疑問符が付く。自衛隊の活動には国民の信頼が不可欠だ。正確な情報を開示しなければその基盤を失うことになる。


共謀罪法案 なぜ必要か分からない
 政府が国会に提出する共謀罪の法案は、体裁こそ改めたものの、根本にある危うさは変わっていない。話し合っただけで処罰することは、内心の自由を侵し、市民の活動を抑圧して民主主義の根幹を損ねかねない。
 国会での議論で、懸念は一層膨らんでいる。それでも政府は今国会で成立を目指す構えだ。与党の了承を取りつけたことを受け、21日にも法案を閣議決定する。
 当初の案で676に上った対象犯罪は、半分以下の277に絞り込まれた。とはいえ、なお広範である。処罰の枠組みが一気に広がることは変わらない。
 刑罰権の乱用による人権侵害を防ぐため、手厚い規定を置く憲法の考え方と相いれない。行為を罰することを基本とする刑法の法体系は土台から崩れてしまう。
 政府は、国際組織犯罪防止条約を締結するのに法制化が不可欠と説明してきた。条約は、懲役・禁錮4年以上の犯罪の共謀を国内法で処罰するよう求めている。676はそれに基づいた数だ。
 2005年には、対象犯罪を選別することは条約上できないとの答弁書を閣議決定している。なぜ今回は減らせるのか。従来の政府見解との整合性を欠き、選別の根拠も明確でない。
 共謀罪法案は過去3度、国会で廃案になっている。政府は今回、東京五輪に向けたテロ対策を前面に出して再び立法に動いた。
 けれども、法案を与党に示した段階で、条文のどこにも「テロ」の語はなかった。共謀罪を言い換えた「テロ等準備罪」も、あくまで呼び名である。
 五輪やテロ対策を名目に、法案の危うさを隠そうする姿勢はあらわだ。適用対象を定めた条文を修正し、「テロリズム集団その他の」を加えたものの、何がテロ集団にあたるかの定義はない。
 条約は、国境を越えた経済犯罪への対処を主眼としている。金銭や物質的利益を得る目的の犯罪集団が対象だ。テロ対策と結びつけるのは元々無理がある。また、国内法の基本原則に反する法整備を求めているわけではない。
 筋が通らぬことばかりである。なぜ立法を目指すのか。政府が説明を重ねるほど疑念が募る。都合のいい理屈や要領を得ない答弁も目立つ。法相は、議論を封じるかのような文書まで配布した。
 共謀を察知し、立件するには、監視や密告が不可欠だ。戦時下のような息苦しい社会を再び招きかねない。政府は法案提出を断念すべきである。


テロ等準備罪 必要性は認められない
 政府の迷走ぶりは、この法案がいかに問題が多いかを物語っている。
 共謀罪の構成要件を厳しくした「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案のことだ。政府は21日にも閣議決定する構えだが、到底、賛成できない。
 というのも、捜査当局の拡大解釈や乱用への懸念が尽きないからである。
 政府が改正案で強調するのは「東京五輪・パラリンピックを見据えたテロ対策の強化」の必要性だ。各国の連携強化のためには国際組織犯罪防止条約の締結が不可欠で、締結の要件として法整備が要ると主張する。
 条約は「4年以上の懲役・禁錮を定めている罪」を犯罪とするよう要請しており、当初、対象犯罪は676に上った。ところが、政府は公明党の意向も踏まえて、直接テロの手段になり得るものを中心に277に削減した。
 これでは、政府が2005年に閣議決定した「犯罪の内容に応じて選別することは条約上できない」という答弁書との整合性が取れない。
 政府は、自民党法務部会で「当時は条約を担保するために慎重な対応を取った」と釈明したが、そんな場当たり的な説明で国民が納得するわけがなかろう。
 改正案では「組織的犯罪集団」の活動を対象とし、現場の下見など「準備行為」の要件も規定した。犯罪実行前に自首した場合は刑を減免する規定を盛り込んだが「密告を奨励する」との批判もある。
 共同通信社が今月中旬、実施した全国電話世論調査によると、改正案への反対は45・5%で、賛成の33・0%を上回った。賛成が42・6%、反対が40・7%だった1月の調査と賛否が逆転したのは、国民が不信感を強めている証しではないか。
 改正案を巡る金田勝年法相の対応も一因である。答弁能力の不足を露呈したばかりではない。2月には、法務省が報道機関向けに、改正案提出前の衆院予算委での審議を回避したいとする文書を発表。法相は撤回し、謝罪に追い込まれた。
 テロ対策を強調しているのに、与党に示した条文案には「テロ」の表記がなかったのも問題だ。与野党から批判の声が上がったため、政府は条文に「テロリズム集団」の文言を入れて、与党の了承を得たが、その場しのぎの対応との感が拭えない。
 安倍晋三首相は1月の衆院代表質問で「条約を締結できなければ、東京五輪を開催できないと言っても過言ではない」と答弁したが、説得力は薄れている。
 外務省の調べでは、経済協力開発機構(OECD)に加盟する35カ国のうち、条約の締結に際して、「共謀罪」などを新設したのは4カ国にとどまる。大半は、既存の国内法で対応していた。
 テロ対策は極めて重要だが、日本でも既存の法律で対応できるはずだ。


80代の現役AV女優が語る、長寿時代の「性」
新郷由起:ノンフィクション作家
「女子高生」ではない“JK=熟年高齢者”市場
 長寿時代は男も女も灰になるまで──人間の三欲の一つである「性」は、老いてこそ手近な“悦楽”として重視される傾向にある。
 都内のレンタルビデオ店店員が言う。
「中古AVの購入客はもっぱらシニア層です。1本50〜300円でワゴンセールに並べた端から朝一番に来店して買っていく。10本以上まとめ買いをする“おじいちゃん”も珍しくなく、大抵の目ぼしいタイトルは昼までに売り切れますね。若い新人女優よりは素人っぽい熟女モノが好まれ、常連客の74歳男性などは『若い子どものエッチなんて観ても仕方ないだろう!』と、レンタルでも熟女か超熟女タイトルしか手に取りません」
 超高齢化社会に突入し、平均寿命が男女ともに80歳を超える現代では、孫や曾孫と同世代の女優より、一〜二回り以内の年齢差に需要が集まるのも当然の成り行きか。
 その上で、インターネット動画よりDVDの方が馴染み深い世代の男性こそ、AVの“メインユーザー化”する動きは止まらず、事実、7〜8年前からは「女子高(校)生」とは異なる、もう一つの“JK”(=熟年高齢者)市場が活性化。インターネットも普及して、AV市場全体が全盛期の5分の1程度に縮小を続ける中、還暦以上の“超熟女”作品の人気とニーズは衰え知らずである。
“還暦超え”AV女優は
体力と丈夫さが重視される
 熟女専門AVメーカーの老舗、「ルビー」の制作担当者が内情を明かす。
「近年では60代の女優モノが人気で、高ルックスの女優の還暦デビュー作がその月の売上ナンバーワンになります。10年ほど前は『五十路』の女優作品がインパクトもあって人気でしたが、これが長寿化に伴いそのままスライドしている格好です」
 還暦過ぎの女優作品しか興味を示さない愛好者も多く、熱狂的なファンにおいては発売前から問い合わせを受けることも少なくないという。
「女優と同世代〜年上の男性のみならず、『マザコン』とは違う、常に“年上好き”の40〜50代男性が支持層で、皆さんからは『50代なんて、まだガキじゃないか!』とも言われます」(同前)。
 こうした実情から、業界では“還暦超え”女優の発掘に余念がないが、常時「需要に供給が追い付いていない」状況が続いている。
「『AVに出てみたい』と中高年女性からの問い合わせも増えましたが、ほとんどが50代で、『お金が欲しい』より『プロの技で感じてみたい』や、寝取られ願望を持つ夫に『勧められて』といった動機が目立ちます。70〜80代になるとさらに希少性が高まって、確保はより困難を極めるのです」(同前)
 というのも、撮影は一日通しのタフな現場で、体力と“丈夫さ”が最も重視されるため。体も硬くなっており体位に無茶ができず、「関節が柔らかい」「心肺に持病がない」など年と共に健康面での出演ハードルも上がるのだ。
スポットライトを浴びたら
頑張るしかないでしょう
 そうした中で、帝塚真織さんは71歳でAVデビュー。今年1月に80歳で“引退”作品をリリースするまでの数年間を「日本最高齢AV女優」として活躍した。
「きっかけはプロダクションの人と知り合って、『出てみないか』と口説かれたから」
 歌劇団出身の恵まれたルックス、ショウビジネス界で培ったプロ根性で数々の現場をこなし、古希熟女市場では異例の人気を博す。
 撮影では全裸になって陰部を晒すこと、「別れた亭主一人だけだった」という男性体験を超えて複数の男優と絡むことなどに抵抗はなく、むしろ「現場は活気があって楽しかった」と回顧する。
「だって、お仕事だもの。スポットライトを浴びたら頑張るしかないでしょう」
 3年前には「あと10年続ける」と公言していたが、傘寿を機に卒業を決めたのは、「自分好みの男優じゃないと撮影が辛くなったから」との理由だ。
 元来、好む男性の条件が細かいのに加え、プライベートでは30歳年下の恋人と月に1〜2回の頻度で愛し合う生活を続けており、相手から咎められ、“行為”での公私の差を実感するほど「現場が苦になっていった」と話す。
「もともとギャラ(お金)目的じゃないし、節目だと思ったの。一通り頑張ったから未練は全然ない」と言うが、監督らからは「『もったいない! 2〜3年したら戻って来てよ』と強く言われちゃってね。困っちゃった。『その時になったら考えるわ』と返したけど、相手役次第かしら」と笑い、カムバックには含みも持たせる。
男性経験は亡夫のみ
人生の記念に80歳でデビュー
 一方、入れ替わりで最高齢女優となったのが、昨年に80歳でAVデビューして、現在5タイトルに名を連ねる小笠原祐子さん(81歳)だ。
「お店の常連客から『ママ、女優にならない?』と言われてビックリよ。畑違いもいいところで、『エー! 何で私が!?』って腰を抜かしたわ」
 57歳で未亡人となってスナックを営んできたが、男性経験はこれまた亡夫のみ。
「人生の記念に。一生に一度のこと」と業界関係者の客に強く説かれ、一人の男しか知らない好奇心から、とりあえずAVの撮影現場へ見学に出向いた。
「『こんなに明るい場所で、何人も人がいる所でなんかできない!』と言ったの。でも……」
 写真を撮られ、「○日に撮影入っているから」と言われて覚悟を決める。
 いざ、収録を終えてみると、「どうってことなかったな、と。ただ、女優の気持ちは分かったの。現場は別世界で別人になる。何より『こういう世界ってあるんだ。この年になってこんな経験するなんて、周りの人見てもいないな』って」。
 先月にはフランスのテレビ局が取材に訪れ、「いつまでやるか」の質問に「クルマの運転ができるくらい元気なうちはやるんじゃないかしら」と返答。近々にも新作を撮影予定だ。
熟年AV男優は不足
希望者はいても機能が…
 前出の制作担当者が付言する。
「実は、熟年市場では女優より男優の需要が多く、不足も著しい。夫婦役など熟女の相手役となるシニア男性の志願者は滅多におらず、『定年後にやってみたい』との希望者はいても、現場で下半身の機能を自在に長時間保てる人は非常に乏しいのです」
 ちなみに、レンタルビデオ店へ自ら出向いて利用するのは70代くらいまでが一般的だという。
「それ以降になると身体的理由などから『自宅に居ながらにして入手できる』と、紙媒体を通じて通販で購入するケースが圧倒的です。これまでの最高齢は103歳の男性で、還暦女優作品の購入者でした」(同前)
 少子高齢化が進む中、こちらの“JK”市場は当分活況が続くのか――。

量子コンピューター??/トビラ/こま型日時計

ブログネタ
フランス語 に参加中!
ノーベル街道

Haruki Murakami
L’amour au masculin est une élégance

Les amateurs du maître ès lettres japonais attendent déjà, bien sûr, son nouveau roman, qui vient juste de sortir au Japon et qui s'annonce très long et très étrange.
D'ici sa traduction en français, ils peuvent savourer son recueil de nouvelles, Des hommes sans femmes (Belfond). Neuf ans après Saules aveugles, femme endormie, Murakami explore à nouveau ce format qui lui va si bien, lui le traducteur de Raymond Carver.
Sept histoires, basiques, oniriques ou surréalistes, sept portraits d'hommes au bord de l'amour ou de la rupture. Sept virilités, sept solitudes qui s'essaient à la vie en société ou en couple, qui tentent de percer les mystères de l'autre et de leurs propres ames. Et dévoilent en même temps, à nos yeux d'Occidentaux, une culture nippone volontiers débridée.
Sept nouvelles qui coulent de source, limpides et fraîches, glaçantes aussi.
L'écriture de Murakami a ce je-ne-sais-quoi d'hypersensible, cette subtilité teintée d'une étonnante simplicité, ce fourmillement empreint de calme qui donne aux petits bonheurs comme aux plus grands drames une évidence incontestable.
Prenez Drive my car, la première nouvelle du recueil. Un homme qui disserte sur les femmes au volant, pas de quoi crier au génie littéraire, me direz-vous ! Sauf que – et c'est fait d'une manière indéfinissable –, Murakami nous fait ressentir chaque soubresaut de la voiture avec chauffeur qui mène son héros à travers la ville, de même qu'il nous conduit dans les derniers retranchements de sa pensée. Et ça coule de source !
Sept nouvelles en tout qui coulent ainsi de source, limpides et fraîches, glaçantes aussi, surprenantes encore quand l'irrationnel prend les commandes d'histoires d'hommes et d'amour pas toujours heureuses.
Des hommes sans femme. Haruki Murakami (Belfond) ; traduit du japonais par Hélène Morita. 304 pages, 21 €.
Blandine Hutin-Mercier
フランス語
フランス語の勉強?
これでわかった!世界のいま ▽南スーダンから自衛隊撤退へ 今何が起きているのか
自衛隊の部隊が5月に撤退することが決まった南スーダン。自然も石油も豊富な国なのになぜ民族間の対立や衝突が続くのか。知られざるアフリカの国の素顔に迫る
阿部亮平, 坂下千里子,井上裕貴

ガリレオX 生命×芸術=?知られざる“バイオアート”の世界
近年、「バイオアート」と呼ばれるアート作品やアート・プロジェクトが話題を呼んでいる。その作品群を覗いてみると、芸術を舞台に、“生命”にまつわる多様な探求が行われていた。
科学者やアーティストによって手がけられる多様なバイオアート作品は、私たちにどんな“気づき”をもたらしてくれるのか。
生命と芸術、その知られざる世界を紹介する。
自然ってなんだろう?
 現代美術家・AKI INOMATAさんが手がけるアート作品〈やどかりに「やど」をわたしてみる〉。
生き物との協働作業により作品制作するINOMATAさんは、ヤドカリの生態に人の社会を重ね合わせる。
金魚の野性を解放する?
 アーティスト・石橋友也さんが手がけるアートプロジェクト〈金魚解放運動〉。
金魚の逆品種改良(?)を試みるこの作品は、金魚という身近な生き物を用いて、生命操作に対する倫理性を問う。
科学者であり、アーティストであり
 生命とはなにか? その探求を行う生物学者・岩崎秀雄さん。科学者であり、アーティストでもある岩崎さんの一風変わった研究アプローチとは?
生命倫理と科学技術を巡る議論
 アーティスト/デザイナー・長谷川愛さんが手がけるアート作品〈(不)可能な子供〉。
生命倫理と科学技術を巡る議論を誘発する作品。その議論の行方は、将来生まれ得る子どもたちの存在を左右するかもしれない。
・AKI INOMATA さん (現代美術家) ・石橋 友也 さん (アーティスト) ・岩崎 秀雄 さん (早稲田大学) ・久保田 晃弘 さん (多摩美術大学) ・長谷川 愛 さん (アーティスト/デザイナー)


量子コンピューターのお話を聞きました.詳しいところはよくわからなかったのですが,面白そうな感じでした.トビラなのだとも感じました.
こま型日時計がありました.

復興屋台村 尽きぬ名残 気仙沼・閉村式
 東日本大震災の土地区画整理事業に伴い20日に閉じる気仙沼市南町の仮設商店街「復興屋台村 気仙沼横丁」(15店)の閉村式が18日、現地であった。市内で最も早い2011年11月に開業し、市民やボランティアらをもてなしてきた店主たちに大勢の人々が感謝の気持ちを伝えた。
 気仙沼湾そばに平屋のプレハブ6棟が軒を並べ、被災した飲食店などが多い時で21店営業した。式にはなじみ客ら約200人が駆け付け、名残を惜しんだ。


大震災翌日誕生 6歳の歩み力強く前へ
 東日本大震災翌日の2011年3月12日に生まれた宮城県利府町菅谷の内海堅靖(うちみけんじょう)君(6)が18日、町内の保育園を卒業した。ライフラインが途絶える中でのお産で一時仮死状態になったが、医師らの懸命の努力で命をつないだ。後遺症で脳性まひなどがあるが、保育園や町などのバックアップを受けて、2年間通園した。友だちに囲まれて心身ともに大きく成長し、4月からは小学校に進む。
 堅靖君は、坂本康子園長から緊張した面持ちで卒園証書を受けると、「パパのようなパパになりたい」と誓った。毎日送り迎えをした父の貴史さん(43)の瞳が潤んだ。
 3月11日夜、震災の影響か、母理英子さん(42)は予定日より10日早く産気づいた。到着した町内の病院は停電と断水が続いており、難産に悪条件が重なった。12日午前に帝王切開で誕生したが、一時危険な状態になり、保育器の代わりに、病院職員が堅靖君を懐に入れて温めた。緊急出産の連絡は町役場にも入り、町職員が出産に必要な水を病院に届けるため奔走した。
 「厳しい環境で、医療現場の皆さんには最大限のことをしてもらった」と貴史さん。堅靖君は、脳性まひとウエスト症候群と診断された。震災発生直後の混乱の中で助かった命。「亡くなった人の分も力強く生きてほしい」。家族は強い願いを、3人きょうだいの末っ子の名前に込めた。
 3歳になると、通っていた障害者の発達支援施設から「保育所に通い、小学校を目指しましょう」と提案があり、青山すぎのこ保育園への入園が決まった。
 園で堅靖君が最初に覚えた言葉は、周囲の寄り添う気持ちが伝わったのか、「ありがとう」だった。入園時は歩けなかったが、歩行器を使えるようになった。発する言葉の数も増え、友だちと仲良く遊ぶことが増えていった。手洗いなど堅靖君が一人でできない場面では仲間が手を差し伸べ、周囲で人を思いやる気持ちが育まれていった。
 家業は温泉旅館。家族の働く姿をまねし、フロントで「いらっしゃいませ」と声を出しお客を出迎えることもある。「本人にできないことはあるが、そのうちできると信じている。とにかく前向きで明るいから」と理英子さんは目を細める。
 誕生直後から見守ってきた町子育て支援課の桜井やえ子課長は「出産時に十分な支援ができず、私たちも悔しい思いをした。堅靖君を支えることで、町全体の障害児保育への理解が進んだ」と卒園に感慨深げだ。
 堅靖君が4月から通うのは利府小の特別支援学級。「すうじのべんきょうがたのしみ」。新たな目標に向けた一歩が始まる。


<いのちの教科書>震災の教訓 1000年伝える
 東日本大震災で被災した宮城県女川町の女川中卒業生らが自らの被災体験や教訓をつづった「女川いのちの教科書」が完成し、18日、町内で完成式が開かれた。合言葉は「1000年後の命を守る」。今春、高校を卒業し、それぞれの道を歩むことになる生徒たちは「これからも活動を続けたい」と震災の教訓を伝え続ける誓いを新たにした。
 教科書はB5判63ページ。社会科や理科、国語、道徳といった教科になぞらえた章などで構成、震災時の出来事や津波の歴史、津波のメカニズムなどを盛り込んだ。300部を製作し、母校や近隣の中学校に配布する。
 生徒が古里を襲った津波と向き合うようになったきっかけは震災直後の社会科の授業。阿部一彦教諭(50)=現・東松島市矢本二中教頭=が教室のカーテンを開け、変わり果てた町の全景を見せて問い掛けた。「女川が大変なことになった。これまで学んだことをどう生かせばいいか考えてみよう」。以来、生徒たちは授業を利用し津波対策案を練った。<