フランス語の勉強?

août 2017

たくさんの図書館の人たち/ランチに赤ワイン→両関試飲

ブログネタ
フランス語 に参加中!
vetar1

Les Japonais surendettés dans l’enfer des ≪ yamikin ≫, l’argent de l’ombre
Dans un Archipel très endetté, les usuriers prospèrent. Et profitent de la vulnérabilité de personnes qui ne peuvent plus emprunter auprès des circuits traditionnels.
Par Philippe Mesmer
Il n’y a pas que le Japon qui s’endette. Les Japonais également et pas seulement par les canaux les plus légaux, comme en témoigne l’histoire de l’usurier Yutaka Matsuda. Arrêté le 2 juin par la police du département de Kanagawa (au sud de Tokyo), ce malfrat de 48 ans aurait, avec l’aide de deux acolytes, consenti des prêts assortis d’un taux jusqu’à 110 fois supérieur à la limite légale. Les escrocs auraient gagné 929 000 yens (7 100 euros) dans cette seule opération. Selon la police, ils auraient extorqué 33 millions de yens à 270 personnes dans tout le pays.
Yutaka Matsuda et ses comparses tenaient une activité de yamikin (littéralement ≪ argent de l’ombre ≫). Ces usuriers agissent auprès des personnes qui ne peuvent plus emprunter par les réseaux officiels, comme les 167 000 Japonais surendettés.
Malgré les lois de plus en plus sévères dans un pays endetté, globalement, à hauteur de quelque 250 % du produit intérieur brut (PIB) et où la dette des ménages, était, fin 2016, de 62,5 % du PIB, les yamikin restent actifs. En 2016, le magazine à scandale Friday racontait l’histoire de ≪ Yuki ≫ (un faux nom), une jeune femme de 25 ans que son endettement a conduite jusqu’au ≪ deriheru ≫, une contraction de l’anglais ≪ delivery health ≫, expression utilisée pour qualifier la prostitution au Japon. Enceinte de son petit ami, elle s’est aperçue qu’il était déjà marié et avait des enfants.
Rejetée, mère célibataire, elle a dû jongler entre les loyers, les coûts de l’éducation et la fonte de ses maigres économies. Et a fini par recourir au sarakin (ces services de prêts à la consommation comme la société Aiful les pratique, qui proposent des crédits à très court terme à des taux élevés), puis au yamikin. Incapable de rembourser, elle a finalement cédé aux pressions pour rejoindre un réseau de prostitution, qui, expliquait-elle, ≪ permet d’économiser 100 000 yens par mois ≫. Des histoires comme celle-ci ne sont pas rares au Japon, où, même réduit, le surendettement reste un problème.
Les yamikin sont un phénomène ancien, qui a même donné lieu à un manga, Yamikin Ushijima-kun, de Shohei Manabe, dont le succès ne se dément pas depuis la parution des premiers épisodes, en 2004. La bande dessinée, prenante malgré son atmosphère sordide, a même été adaptée en une série télévisée sur la chaîne TBS, dont la première saison date de 2010, et en film, par le réalisateur Masatoshi Yamaguchi, en 2016.
Machinations organisées
Le manga raconte l’histoire d’une officine de yamikin, Kaukau Finance (≪ kau ≫ signifie ≪ acheter ≫), qui prête à différents solliciteurs : des femmes qui ont besoin d’argent pour aller au ≪ pachinko ≫, sorte de machine à sous extrêmement populaire dans l’Archipel ; un salarié tombé sous le ≪ charme ≫ d’une hôtesse de bar qui lui fait verser plus d’argent qu’il n’en gagne.
Chez Kaukau Finance, un taux de 50 % peut être appliqué sur un prêt consenti sur dix jours. Les sommes restent limitées à quelques dizaines de milliers de yens. La fiction décrit également les machinations organisées pour amener les gens à s’endetter au point de devoir tout accepter. Certains sont même poussés à renoncer à leur vie – les Japonais les appellent les ≪ évaporés ≫. D’autres en arrivent au suicide. Un cinquième des personnes qui mettent fin à leurs jours au Japon – ils étaient 24 000 en 2016 – le font pour des raisons économiques.
Le succès du manga tient à ce qu’il reste proche de la réalité. Les créditeurs de l’ombre auraient obligé des hommes endettés à accepter d’aller faire le ≪ sale boulot ≫ du nettoyage de la centrale nucléaire de Fukushima, ravagée par le séisme et le tsunami de 2011, et à l’origine de la pire catastrophe nucléaire depuis Tchernobyl. ≪ Les Japonais ressentent profondément l’obligation de rembourser l’argent emprunté. Ils sont déterminés à le faire, même si cela peut les conduire à la mort ≫, explique un conseiller juridique spécialisé dans les problèmes d’endettement.
Le problème n’est pas nouveau, dans un pays où l’usure n’a jamais été complètement interdite. ≪ Les taux d’intérêt sur les prêts étaient limités à 5 % par mois ≫ à l’époque Muromachi (1336-1573), expliquait, dans une étude en 2008, Andrew Pardieck, de l’université américaine Southern Illinois University. Les abus ont atteint des sommets dans les années 1990, après l’éclatement de la bulle. Les autorités estimaient alors à près de 2 millions le nombre de surendettés et potentiellement à la merci des yamikin. En l’absence de législation stricte, les collecteurs n’hésitaient pas à user de méthodes extrêmes, allant jusqu’à perturber un mariage ou des funérailles pour exiger des remboursements.
Grand nettoyage
En 2003, un couple âgé s’est suicidé en se jetant sous un train. Ils ont laissé une note détaillant leurs dettes, expliquant que leurs créanciers appelaient toutes les nuits en menaçant ≪ de récupérer l’argent auprès des voisins ≫. L’affaire avait fait grand bruit. Elle avait incité la police à lancer une vaste opération de lutte contre les yamikin. A cette occasion, Susumu Kajiyama, le ≪ roi du yamikin ≫, a été arrêté.
Dépendant du gang yakuza – la mafia nippone – Yamaguchi-gumi, il gérait près de mille bureaux qui rapportaient, à l’époque, quelque 10 milliards de yens de profits annuels. M. Kajiyama avait développé ses activités en organisant d’importantes campagnes de promotion directe auprès des personnes et entreprises endettées. Il avait profité de la liberté accordée jusqu’en 2006 de copier les informations de base de l’état civil pour de telles opérations de marketing.
La situation a drastiquement évolué avec la législation de 2006, entrée en vigueur quatre ans plus tard. Le taux d’intérêt maximum de 29,2 % a été baissé progressivement à 20 % en 2010. La loi a introduit l’obligation de vérifier strictement la solvabilité de l’emprunteur, dont les crédits ne devaient plus dépasser un tiers de revenus. Elle a également ouvert la voie à un grand nettoyage du sarakin et du yamikin.
Contraints à une discrétion accrue, les prêteurs illégaux s’adaptent. Aujourd’hui, ils cherchent notamment à multiplier les comptes bancaires ou les lignes de téléphone portable. Ils en ont besoin pour éviter que tous leurs comptes soient gelés en même temps. Ils peuvent donc proposer à l’emprunteur qui a des difficultés à rembourser ses dettes d’en payer une partie par ce biais. En juin 2012, un policier a été arrêté pour avoir remis à un prêteur illégal le carnet de banque (qui recense toutes les opérations du titulaire d’un compte) et la carte bancaire liés à un compte nouvellement ouvert, en échange de 54 000 yens.
フランス語
フランス語の勉強?
金子勝‏ @masaru_kaneko
【外から日本を冷静に見る】麻生のヒトラー礼賛をガーディアン、タイムズ、AFP,ブルームバーグなど海外メディアが次々報じ、Jアラート「空襲警報」の空騒ぎもNYTなどにからかわれる中、NHKが朝から(白人至上主義の)トランプと2度の首脳電話会談は異例と「戦時報道」。そういう国です。
【ホリエモンは非国民?】「マスコミが騒いだら北朝鮮の思う壺」「損するのは日本人だけ。税金の納め損」といったホリエモンに、マスコミに同調を求めるバカなネトウヨが「空気を読め」「非国民」と群がる。マスコミが本当に堕落してきている。https://goo.gl/d67RNX

フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿「消された指紋」
科学史に埋もれた闇の事件簿。今回は、科学捜査の先駆け「指紋鑑定」の誕生にまつわる知られざる物語。個人識別のための指紋鑑定を世界で初めて提唱したのはイギリスの医師ヘンリー・フォールズ。だが一介の貧しい医師だったために、その研究成果は学会の権威や警察に奪われ、実用化され、彼自身の功績は無視された!いまや生体認証技術の根幹をなす、究極の個人情報「指紋」。その鑑定技術の誕生と発展をめぐる、科学の闇に迫る! 吉川晃司, 岩瀬博太郎,松本勉, 武内陶子
ザ・ドキュメンタリー 「震災から6年「生きる」」
東日本大震災で祖母を失った宮城県気仙沼市出身のマギー審司が、被災地の今を見つめる。逆境をバネに新たな人生を歩み始めた人々の姿を通して、震災から6年の現実に迫る。
宮城県気仙沼にある牡蠣料理が名物の民宿。津波にのまれた自宅を立て直し、震災後に始めた。どん底からはい上がった女将。夫は腕の良さで知られたカキ漁師。津波に養殖いかだを流され億単位の借金を背負うも再びカキ漁を再開。しかし今年、震災から6年を迎えた直後の3月下旬、夫の船が転覆事故に…。さらなる試練を背負うことになった女将の思いとは…。福島原発事故での放射能の影響による避難指示が3月末で解除された福島県飯館村。果たして村民たちは故郷に戻ったのか。放射能への不安は?飯舘村民たちの現実を追った。 人口の約1割が犠牲となった岩手県大槌町で、親友を失った悲しみを音楽の力で乗り越えた女子高生がいる。彼女が奏でるクラリネットに込められた未来への願いとは? 逆境をバネに新たな人生を歩み始めた人々の姿を通して震災6年の現実に迫る。
日本人の誰もが記憶している“あの時"に注目!皇后美智子さまのご成婚パレードや、美空ひばりの伝説のコンサートなど、日本中を感動させた出来事の記憶を呼び覚ます!さらに、“あの時"の出来事が現在にどのようにつながり、影響を与えているのか、今を起点として振り返り、時空を超えて日本を再発見する。番組ホームページ  www.bs-asahi.co.jp/documentary/

内田樹‏ @levinassien
「動機は問わない。結果が大事だ。何百万人を殺したヒトラーは、いくら動機が正しくても駄目だ」という発言について麻生副総理は「あしき政治家の例として挙げた。真意と異なった話に伝えられている」とメディアの「誤解」を批判しているそうですが、それを海外メディアに理解させるのは無理でしょう。
「いくら動機が正しくても(Although his motive was right)」を「動機も正しくなかったし」というふうに解釈せよと言われてもそれは無理です。それでは「動機は問わない、結果が大事」という前段と全然整合しない。
今の安倍政権下では「前に言ったことは全部忘れました」と自分の無能を言い立てれば一切の責任は問われず、無能そのものは「これから職務に邁進する」ことを通じて劇的に改善されるということになっているので、麻生さんには何のお咎めもないことでしょう。ビバ、ニッポン!


お昼にたくさんの図書館の人たちが来ると聞いていましたがものすごくたくさん来ました.ビックリです.
疲れたのでランチはピザに赤ワインでゆっくりしました.阪神百貨店に行って両関の試飲もしました.おいしいです.

復興工事不備で建設会社を提訴
気仙沼市が発注した復興工事で盛り土の一部に不備が見つかりやり直しを迫られたとして市は工事を請け負った建設会社にやり直しにかかった費用などおよそ9500万円の支払いを求める訴えを起こしました。
不備が見つかったのは市が発注した鹿折地区の水産加工団地の造成工事です。
気仙沼市によりますとこの工事の盛り土の一部に規定を超える大きさの石が埋められていることがわかり建物の杭が打ち込めないなどの支障が生じたため工事のやり直しを迫られたということです。
このため市は、造成工事を請け負った気仙沼市の建設会社「アルファー建設」に対しやり直しにかかった費用を支払うよう求め話し合いを続けてきました。
しかし不調に終わったとして30日およそ9500万円の支払いを求める訴えを仙台地方裁判所に起こしました。
これに対しアルファー建設は「問題とされている石はすべて市が調達、支給した土砂に混じっていたもので市側の主張は明らかに事実と異なっている」というコメントを出しました。


山元町 堤防設置住民と大筋合意
津波を防ぐために山元町で建設が進められているかさ上げ道路によって震災後も自宅を補修して災害危険区域に住み続ける住民が海側に取り残されると訴えていた問題で町は30日夜、住民説明会を開き地区を守る新たな堤防を設置することで大筋で合意しました。
東日本大震災で大きな被害をうけた山元町では津波を防ぐため最大で高さ5メートルのかさ上げ道路の建設が進められています。
しかし、震災後も自宅を補修して災害危険区域に住み続ける笠野地区のおよそ20世帯の住民が海側に取り残されると訴え町と県に対し計画の変更を求めていました。
これをうけて町は30日夜地区の住民を対象にした説明会を開き対策として地区の海側に新たに高さ5メートル、長さ1.5キロの堤防を設置する方針を示しました。
さらに地区と駅などがある内陸とを結ぶ避難道路の整備などを提案しました。
住民たちからは「県道のルートそのものを変更すべきだ」といった意見も出されましたが町側の提案に大筋で合意し今後、整備が進められることになりました。
住民の会の岩佐隆彦代表は「計画を変更してほしかったが農地の復興を考えると時間をかけていられず同意するしかなかった。町には住民の気持ちを理解してまちづくりをしてほしい」と話していました。


被災車両の発見相次ぐ 石巻・旧北上川河口
 宮城県石巻市の旧北上川河口の川底を掘削するしゅんせつ工事の現場で、東日本大震で被災したとみられる車が相次いで見つかった。工事開始から約2週間となる30日、6台目の車両が引き揚げられ、石巻署員が不明者の手掛かりを捜索した。
 車両は中瀬公園近くの工事現場から、雲雀(ひばり)野(の)埠頭(ふとう)まで船で搬送された。車体は大きくゆがんでさび付き、シートには貝が張り付く。署員らは座席の足元にたまったヘドロをスコップでかき出し、犠牲者の身元特定につながる物がないかと目を凝らした。
 奥山俊警備課長は「不明者の手掛かりになりそうなものが見つかると感慨深い。何か一つでも家族にお返ししたい」と話す。
 石巻署管内では昨年、9台の被災車両が発見されたが、短期間に同じ場所で6台見つかるのは異例。工事を行う県の担当者は「川がカーブし、流された物が堆積しやすいのではないか」と説明する。
 しゅんせつ工事は離島航路の船の転回場所を確保するのが目的。県が9月末まで長さ140メートル、幅35メートルの範囲で約2メートル掘り下げる。


被災の浜に秋到来 養殖ノリの種付け作業本格化
 宮城県石巻市渡波で、秋の訪れを告げる養殖ノリの種付け作業が本格化している。30日は県漁協石巻湾支所の組合員ら約60人が早朝から作業に励んだ。
 網を巻き付けた直径2.2メートルの水車を胞子の入ったタンクに浸し、回転させながら種付けをした。作業は9月10日ごろまで続き、約3万枚の網に胞子を付着させる。9月下旬に松島湾に移して育苗後、10月下旬に石巻湾に移し、11月上旬から摘み取る見通し。
 丹野一雄支所運営委員長(69)は「この風景を見るとノリ養殖シーズンの訪れを実感する。おいしいノリを育てたい」と話した。
 同支所は東日本大震災の津波で網やいかだなどの養殖資材が被害を受け、2011年は生産規模を従来の半分に縮小。13年に震災前とほぼ同程度まで復旧し、16年の生産量は震災前の約9割の6300万枚ほどに回復した。


<熊本地震>復興へ思い継承 熊本の市民団体が気仙沼で街並み保存の方策探る
 熊本地震で被災した熊本市内の古い街並みの再生などを目指す熊本市の市民団体「くまもと新創世プロジェクト」(代表・新田時也東海大准教授)が28〜30日、東日本大震災の被災地、宮城県気仙沼、石巻両市を視察した。気仙沼市では歴史的建造物の保存を目指す一般社団法人「気仙沼風待ち復興検討会」(菅原千栄会長)と意見を交わし、被災後の街づくりを探った。
 くまもと新創世プロジェクトは、熊本市在住の学識経験者や地元の経営者ら十数人が昨秋発足させた。大きな被害を受けた同市中央区水前寺、新町などの古い街並みの保存や地震の伝承方法を検証している。
 熊本市の東海大熊本キャンパスに勤務する新田代表ら3人が29日、気仙沼市を訪問。震災で被災し、風待ち復興検討会が集めた基金などを活用して復元した同市魚町の国登録有形文化財「角星店舗」を視察した。
 酒造会社「角星」の斉藤嘉一郎社長から復元に至った経緯や同市内湾地区の復興に懸ける思いを聞いた。斉藤社長は「時間がたつほど再建の意欲が薄れる。強い思いで城下町熊本の復旧を図ってほしい」と励ました。
 新田代表らは、市内の6棟の国登録有形文化財の保存に尽力する風待ち復興検討会のメンバーと意見交換した。検討会側からは「(文化財の)所有者の意識と資金の提供先の確保が課題だ」「復元だけではなく地元の酒や魚の試食などと組み合わせたツアーの開催にも取り組んだ」などの助言があった。
 3人は28日、石巻市の街づくり団体と懇談した。新田代表は「熊本市の古い建物の8割に被害があった。震災後の街づくりの状況は非常に参考になった」と話した。


<台風10号豪雨1年>岩手・岩泉町で慰霊式 教訓必ず生かす
 岩手県内だけで21人が亡くなり、2人が行方不明となった昨年8月の台風10号による豪雨被害から30日で1年を迎えた。死者・行方不明者21人と被害が集中した岩手県岩泉町では町主催の追悼慰霊式が営まれ、町民らが犠牲者を悼んだ。
 被災当時、町内最大の避難所だった町民会館が会場になり、遺族23人を含む約400人が参列した。全員で黙とうし、正面に設けられた祭壇に献花した。
 式辞で伊達勝身町長は「命を守ることができなかった悔しさは忘れることができない。大災害で得た教訓を基に災害に強いまちづくりにまい進し、一日も早い復旧復興を果たす」と誓った。
 台風10号豪雨で岩手県は沿岸部を中心に17市町村で全壊478戸、半壊1906戸など計4504戸が被災。岩泉町など5市町村では214世帯が仮設住宅に入居している。北海道でも2人が死亡、2人が行方不明になっている。


<台風10号豪雨1年>「楽ん楽ん」の慰霊式 遺族の姿なく
 昨年8月の台風10号豪雨から1年となった30日、入所者9人が犠牲になった岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」の慰霊式に遺族の参列はなかった。不信感を募らせる遺族と困惑する施設側。両者のわだかまりは解消されることなく、一周忌を迎えた。
 「楽ん楽ん」を運営していた医療法人社団「緑川会」(岩泉町)は30日午前、施設跡地に設けた献花台の前で職員約50人が入所者の冥福を祈ったが、慰霊式に遺族は招かなかった。
 一周忌には慰霊碑を建立し、遺族と共に追悼したいと考えていた緑川会。しかし遺族側は「なぜ、9人は犠牲になったのか。真相が究明されないままの慰霊碑建立は納得できない」と反発。慰霊碑の設置は延期せざるを得なかった。
 緑川会の佐藤弘明常務理事は「(遺族への説明など)施設はあらゆる点でいろいろやってきたつもりだ」と困惑するばかりだ。
 実際、昨年10月に慰霊碑の建設計画や被災当日の対応について遺族向けの説明会を開いた。ただ被災当時、施設にいて唯一生き残った女性所長は入院中で欠席した。
 後日、遺族宅を訪ねて謝罪したものの「説明に報道で知ることのできる以上の内容はなく、対応に誠実さが欠けている」。入所していた母チヤさん=当時(95)=を亡くした埼玉県の写真家八重樫信之さん(73)ら遺族には、緑川会の対応がこう映った。
 入所者9人のうち6人の遺族は緑川会に対し、女性所長自身による詳細な説明や、施設が法的責任を認めるよう求めて書面を送付。受け入れられない場合、一部遺族は法的手段も辞さない構えだ。
 町主催の追悼慰霊式に出席した八重樫さんは「母の死に対するやりきれない思いは払拭(ふっしょく)できていない。一周忌を迎えたが、これからが大変だ」と話した。


<台風10号豪雨1年>岩舘さんも献花 避難時判断今も悔やむ
 岩泉町の追悼慰霊式には台風10号豪雨で夫を亡くし、義姉が行方不明になっている岩舘慶子さん(77)=岩泉町穴沢=の姿があった。あの日の判断を今も悔いているという。
 自宅にいた岩舘さん一家を昨年8月30日、小本(おもと)川の濁流が襲った。
 車で逃げようとエンジンをかけ、夫の五郎さん=当時(76)=が玄関で義姉サツさん=同(91)=に靴を履かせるのを待つ間、庭先の水かさは増していく。「早く早く」。2人をせかすうち、岩舘さんは車ごと激流に押し流された。
 木に引っ掛かった車の中から近所の人たちに救出されたが、五郎さんは流れにのまれて死亡。サツさんの行方は今も分からない。
 数日後に自宅へ戻った岩舘さんは意外な事実を目にする。洪水の勢いは車を押し流すほどだったのに、水かさは数十センチの床上浸水にとどまっていた。
 「もし、車で逃げようとせず、2階に避難していたら…」
 何が正しかったのか答えを見つけられないまま岩舘さんは五郎さんの一周忌法要を執り行い、近くサツさんの死亡を届け出るという。
 「あっという間の1年でした。まだ気持ちの整理はつきません。2人の分まで精いっぱい生きていくしかありません」。そう言って岩舘さんは、祭壇に白菊を供えた。


<台風10号豪雨1年>一刻も早く家族の元に 県警など集中捜索
 昨年8月の台風10号豪雨で行方不明になっている岩舘サツさん=当時(91)=の手掛かりを見つけようと、岩手県警と地元消防は30日、岩手県岩泉町の小本(おもと)川周辺で集中捜索を実施した。
 当時の目撃情報などに基づき、県警機動隊はゴムボート2隻で約2.5キロの区間を捜索。河川敷では岩泉署と岩泉消防署の署員が草をかき分けて遺留品などを捜した。
 同日の捜索は約60人態勢で実施。岩泉署はこの1年、月命日前後に小本川周辺で捜索を続けてきた。
 田島直樹署長は「被災者は台風10号の日から時が止まったように過ごしている。不明者を一刻も早く家族の元に帰してあげられるよう、強い信念で捜索を続けたい」と話した。


<台風10号豪雨1年>岩泉町長、初動対応検証 公表へ
 昨年8月の台風10号豪雨で最大の被災地となった岩手県岩泉町の伊達勝身町長は30日、役場内の混乱で町全域に避難勧告を発令できなかった初動対応について検証作業を進めていることを明らかにした。町内で21人が犠牲となった教訓を踏まえて町は本年度、防災専門職員を配置するなど体制を強化した。
 記者会見した伊達町長は、豪雨被害から1年を振り返り「多くの町民の命が失われたことは悔やんでも悔やみきれない。行方不明の方を一日でも早く家族の元に帰したい。全国から多くのボランティアが駆け付けて支援の輪を広げていただいた」と総括した。
 役場内の情報共有意識の欠如が指摘された被災当日の対応については「防災体制そのものに不備があった。役場機能がまひした」と分析。「内部の検証だけではなく、専門家の力も借りて課題を整理し、他の地域でも参考になるような形で公表したい」と話した。
 町全域の被災や道路網の寸断で復旧作業が難航した状況を顧みて「一つの町で対応するには限界もある」と指摘。あらかじめ周辺市町村との連携を視野に防災体制を構築する必要性を強調した。
 今後の復興の方向性については、広大な面積に集落が点在する町の特徴を挙げ「地域の力を醸成しなければ再生はない。何かあったときに支え合う独立した集落づくりを柱にしたい」と述べた。


台風10号豪雨1年 もう誰も孤立させまい
 本県を直撃した台風10号豪雨から1年。30日、被災地は犠牲者への祈りに包まれた。
 死者21人、行方不明者2人。さらに、豪雨後に体調を崩して亡くなった岩泉町の80代男性と90代女性が、災害関連死に認定される見通しだ。他にも2組の遺族が関連死認定を求めている。
 災害は、地域が災害以前から抱えていた課題をあらわにする。東日本大震災は高齢化と人口減に拍車をかけ、医療や介護などの人材不足も深刻になっている。
 その大震災からの復興途上で襲来した台風だけに、ダメージは大きい。同町と宮古、久慈市では道路などの復旧工事の発注率が7月末で30%にとどまり、被災者の生活再建の道のりも遠い。将来展望を持てず、被災した自宅に住み続けるなど不便を強いられては、心身の疲労が蓄積し孤立感が深まるばかりだ。
 被災者からは「大震災に比べ支援が乏しい」「大震災よりはるかに風化の進み具合が早い」といった声が上がる。
 1年に際し犠牲者一人一人の命を心に刻むとともに、被災地の住民に心を寄せたい。復興の長い道のりで取り残され、孤立に追いやられることがないように、物心両面の継続的な支援が欠かせない。
 大震災では、既存の支援の枠組みから漏れた被災者の孤立が問題となった。仮設住宅に入居せず被災家屋に住み続け、支援が届かなかったり、家は無事でも働き口が被災して生活困窮に陥るなどだ。
 災害以前から病気や障害を抱え、地域のつながりに支えられていた人が、直接の被災は免れたものの、生活環境の変化で立ちゆかなくなり孤立したケースもある。
 もう誰も孤立させたくない。そのため、被災者支援に加え、幅広い地域福祉課題にも応えていく仕組みづくりが重要となる。
 その試金石が、1月から活動を始めた「岩泉よりそい・みらいネット」だ。町、町社会福祉協議会、岩手弁護士会、生活困窮者支援など各種NPOが連携し、週1回、被災者に限らず全町民を対象に相談を受け付けている。
 半年で約60件に対応。当初は被災者からの相談が多かったが、徐々に、被災していないが長らく健康や生活面などの悩みを抱えていた人の相談が増加傾向にある。
 台風10号では、高齢者グループホーム入所者の避難が遅れて犠牲になった悲劇を教訓に、水害避難計画の策定が施設に義務付けられるなど初期の備えは前進した。
 中長期の備えはどうか。自治体レベルで、生活困窮者支援の関係機関などを中心に地域のネットワークを強化してほしい。孤立を防ぐ地域づくりが、災害時にも生きる。


デスク日誌 逃げ道
 近年の雨は記録的な雨量となることが多い。先の台風5号は西日本から東日本まで広範囲に激しい雨を降らせ、各地に大きな被害をもたらした。気象庁の発表によると大雨が降る頻度が30年で3割増えたという。
 豪雨被害の紙面に接するたびに、仙台市で約41万人に一時避難勧告が出た2015年9月の、湿度の高い粘付くような夜を思い出し身につまされる。
 あの夜、夜勤を終えて帰宅後も降り続いた。自宅から500メートルと離れていない七北田川が増水。堤防の決壊を恐れ、高齢の両親と車で避難した。幹線道路はわずかな時間で川のような流れをつくっていた。
 街灯は雨しぶきに煙り視界が効かない。道路は思いもよらぬところに深みをつくり、水深が分からない状態で車を走らせる恐怖。ハンドルを取られ、波打つ雨水に車が左右に揺れ始めた時は覚悟した。
 豪雨は見慣れた風景を全て覆い隠し、時間とともにその姿を変える。普段は気付かない道路のうねりが落とし穴となる。どこを逃げ道とするか、初動の遅れで選択が大きく変わる。今年は特に雨の予報に身構えてしまう。(整理部次長 足利克寛)


河北春秋
 「私は十分に頑張ったと思う」。療養の床に就いていた佐野ハツノさん(68)を訪ねた時、穏やかな笑みがこぼれた。肝臓がん末期の日々を、帰還した福島県飯舘村の家で過ごした。訃報が届いたのは28日▼夫の幸正さん(70)と農家を営んだが、6年前の東京電力福島第1原発事故で避難し、福島市の仮設住宅の管理人になった。心身を弱らせる住民の世話に奔走。自治会長木幡一郎さん(80)らと毎月のお楽しみ会を催し、「までい着」作りの会を始めた▼古い着物を普段着、子ども服に直す伝統の手業だ。本紙の呼び掛けで支援の古着が集まり、主婦有志が縫う「仮設発の特産品」は東京でも販売された。が、心労で体調を崩し、3年目の夏に大腸がんを手術。思わぬ転移があった▼「避難の苦しさはもうたくさん。以前の生活を取り戻したい」と願いを募らせ、改築した家に昨夏から長期宿泊の形で帰還。3月末の避難解除後は隣人と再会を喜び、野菜作りも始めたが、余命は短かった▼40歳の時、村の派遣研修「若妻の翼」でドイツの農家民宿に魅了され、11年前、自ら民宿を開いた。再開は諦めたが、これから「避難中に縁を結んだ人を招き、地元の仲間とにぎやかに集い、楽しく生きたい」と夢見た。原発事故はどれほどの人生を変えてしまったか。

<原発世論調査>女川2号機再稼働 68%反対
 東京電力福島第1原発事故から9月で6年半になるのを前に、河北新報社は宮城県内の有権者を対象に原発に関する世論調査を実施した。東北電力が目指す女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働について、「反対」「どちらかといえば反対」を合わせた反対意見は68.6%に上った。「賛成」「どちらかといえば賛成」の賛成意見は28.7%にとどまった。
 賛否の内訳は「反対」が最も多い38.4%。以下「どちらかといえば反対」30.2%、「どちらかといえば賛成」19.9%、「賛成」8.8%の順だった。
 地域別では、女川町と石巻市を合わせた立地自治体が反対77.0%、賛成22.2%の割合。女川は賛成が60%近くに達した一方、石巻は反対が80%に迫った。
 原発事故を想定した避難計画策定が義務付けられている30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)の5市町(登米市、東松島市、涌谷町、美里町、南三陸町)は反対62.6%、賛成34.6%だった。
 性別・年代別によって賛否の傾向が分かれた。男性の若年層(30代以下)は賛成48.3%、反対51.6%とほぼ拮抗(きっこう)。これに対し女性の高年層(60代以上)は反対82.8%、賛成13.0%だった。
 反対の理由は「使用済み核燃料の最終処分場が決まっていない」が最多の36.6%。「全ての原発を廃炉にするべきだ」が26.1%、「安全対策が不十分」が25.0%で続いた。
 賛成の理由は「国のエネルギー政策に必要」が43.6%、「地元経済への影響が大きい」が25.0%。「温暖化対策になる」は5.0%、「安全対策が十分」は4.3%にとどまった。地域別では立地自治体だけ「地元経済への影響」が59.2%を占め、他の理由を大きく上回った。
 原発の安全性については「不安」が87.0%、「安全」は11.7%。再稼働賛成が過半数の女川町でも「不安」が80%近くになった。
 女川原発1〜3号機は東日本大震災後、運転が停止されている。2号機は原子力規制委員会の審査で焦点の基準地震動(想定される最大の揺れ)が固まり、審査は終盤を迎えた。東北電は2018年度後半以降の再稼働を目指している。
[調査の方法]宮城県内の有権者を対象に19、20日、コンピューターで無作為発生させた番号に電話をかけるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で実施した。実際に有権者のいる世帯に電話がかかったのは889件、このうち614人から回答を得た。地域別の内訳は、女川原発が立地する女川町・石巻市156件、女川原発30キロ圏2市3町(登米市、東松島市、涌谷町、美里町、南三陸町)152件、その他306件。集計では、地域別や性別、年代別など有権者の構成に合わせ、ゆがみをなくす補正をした。


<原発世論調査>地元同意「県と県内全自治体」55%
 河北新報社が宮城県内を対象に実施した原発に関する世論調査で、東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働に必要な「地元同意」=?=の範囲に関し、村井嘉浩知事が主張している「県と立地自治体の女川町、石巻市」が適切だとする回答は7.6%にとどまった。最も多かったのは「県と県内全ての自治体」で、過半数の55.5%に上った。
 これまで九州や四国などで再稼働した原発の地元同意の範囲も、村井知事の主張と同じ県と立地自治体に限られている。しかし東日本大震災で被災した宮城県内では範囲拡大を求める意見が圧倒的に多く、今後も議論になりそうだ。
 県と立地2市町に、半径30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)の5市町(登米市、東松島市、涌谷町、美里町、南三陸町)を加えた範囲が適切との回答は29.5%だった。
 「県と立地自治体」と回答した割合は、地域別に見るとUPZ5市町が特に低く4.7%。「県と県内全ての自治体」は立地2市町が他地域より多く、61.4%だった。
 原発事故を想定した避難計画については、策定した立地2市町とUPZ5市町の32.3%が「どちらかといえば不十分」と回答。「不十分」の26.5%と合わせ、58.8%が不備を指摘した。「十分」「どちらかといえば十分」は計25.6%だった。
 不十分とする理由は「放射性物質汚染の広がり方の想定が不十分」が36.0%でトップ。「住民への周知が徹底されていない」が23.6%、「高齢者ら要援護者の避難想定が不十分」が16.5%で続いた。
 東京電力福島第1原発事故後の新規制基準で、原発の運転期間は原則40年に制限された。運転開始から33年が経過し、東北電が対応を明言していない女川原発1号機は「廃炉にすべきだ」が75.2%、「40年ルールから延長してよい」が20.1%だった。立地する女川町でも、廃炉を求める意見が60%を超えた。
[地元同意]原発再稼働の前提となる地元自治体の同意に法的規定はなく、政府は「立地自治体等関係者」の理解を得て再稼働を進める方針を示す。これまで国の新規制基準に基づき再稼働した九州電力川内原発(鹿児島県)、関西電力高浜原発(福井県)、四国電力伊方原発(愛媛県)も、対象は県と立地自治体に限られた。一方、東京電力福島第1原発事故を受け政府は2012年、避難計画策定を義務付ける範囲を半径8〜10キロ圏から30キロ圏に拡大した。


<原発世論調査>女川原発再稼働 知事選「判断材料にする」が49%
 河北新報社の原発に関する世論調査では東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)の再稼働の是非について、宮城県知事選(10月5日告示、22日投開票)で投票の判断材料にするかどうかも尋ねた。「する」が約5割に達し、「しない」をやや上回った。
 現時点で知事選に立候補する意思を表明しているのは4選を目指す現職村井嘉浩氏(57)だけだが、原発依存の見直しを掲げ野党共闘による対立候補を模索する動きがある。有権者が女川原発再稼働の行方に関心を寄せ、知事選の争点として捉えている現状が浮かび上がった。
 「判断材料にする」と答えた人は49.1%。「しない」の45.6%を3.5ポイント上回り、「分からない・無回答」は5.2%だった。
 地域別で見ると、女川原発が立地する女川、石巻の2市町では54.2%が「する」と回答。「しない」は40.3%で、他の地域に比べ「する」との開きが大きかった。緊急防護措置区域(UPZ)の登米、東松島、涌谷、美里、南三陸5市町も半数超の51.3%が「する」と答えた。
 女川原発再稼働に必要な地元同意の範囲を巡り、村井氏は「立地自治体だけで十分」との認識を示している。調査結果からは、UPZ5市町でも再稼働判断への関与を求める声が根強いことが分かる。7市町以外は「する」48.5%、「しない」46.2%だった。
 支持政党別では自民、公明の与党支持層が再稼働の争点化に否定的で、逆に民進、共産、社民の野党支持層は重視する傾向が見て取れた。
 年代・性別で「する」の割合が最も高かったのは30代女性で66.9%。40代男性が58.8%で続き、子育て世代の関心が高かった。男性の29歳以下と50代、女性の40、50代は「しない」の方が多かった。
 調査では村井氏の県政運営の評価も聞いた。「評価する」が62.9%で、「評価しない」(24.7%)を大きく上回った。「評価しない」の61.8%、「評価する」でも半数近い48.4%が、再稼働の是非を知事選で投票の判断材料にする考えを示した。


市長の議案説明に共産党も出席
9月11日に開会する仙台市議会の9月定例会を前に、30日、郡市長が各会派の代表者に議案の説明を行いました。
これまで、市長が各会派に議案の説明を行う際、共産党は除かれていましたが、今回は共産党も含めて、すべての会派が出席しました。
仙台市の郡市長にとって初めてとなる市議会の9月定例会が来月11日に開会するのを前に、30日、郡市長が各会派の代表者に定例会に提出する議案の説明を行うため、懇談会が開かれました。
これまでは慣例で、市長にとっての与党会派の代表者にだけ呼びかけが行われ、共産党は除かれていましたが、30日は共産党も含めて、すべての会派の代表者が出席しました。
この中で郡市長は24件の議案について説明し、このうち補正予算案は、車のナンバープレートに市独自のデザインを導入するための準備費用や、私立保育園への助成など、合わせて4000万円規模になると説明しました。
懇談のあと、郡市長は記者団に対し、「各会派に、行政をうまく動かしていくために協力をお願いしたいと伝えた。議会に丁寧に説明し、市民のためになる施策を進めていきたい」と述べました。
また、共産党市議団の嵯峨サダ子団長は「これまでは共産党会派は除いて市長が議案説明していたと聞いていたが、それではいけないと思い、すべての会派の代表に説明したいと考え、このようになったと思う。前向きな議論が一層必要だ」と述べました。
一方、先の市長選挙で相手候補を支援した自民党会派の鈴木勇治会長は「郡市長からは、『議会とよく話し合いながら』という発言があったので、それが大事だと思う。
選挙は選挙、議会運営は議会運営なので、今後の対応は会派内で議論を重ねていきたい」と述べました。


「東北の秋」PR動画 1000万回再生
 東北観光推進機構と東北6県が制作し、東北の秋を海外に向けてPRする動画が投稿サイト「ユーチューブ」で1000万回再生を突破した。自治体が関わった動画としては異例の再生回数で、国の観光PR動画も上回る。関係者は、訪日外国人旅行客(インバウンド)がさらに増える兆しと期待している。
 動画は2016年12月に公開。全編3分25秒で、青森の八甲田山、山形の蔵王の紅葉や、南部鉄器といった伝統工芸品の製造現場など25カ所を高精細の映像と音楽で紹介している。
 機構によると、視聴者の98%がタイやマレーシアなどの外国人。四季のない東南アジアでは、日本の紅葉の人気が高いという。
 1000万回を突破したのは今月14日。「なんて美しい」「広告動画を最後まで見たのは初めて」「もっとアップして」などコメントも約280件に上った。
 他に冬と春をPRする動画も公開し、冬は既に870万回再生された。機構の担当者は「動画を見た人は東北を訪れたいと思ってくれるはず。夏の動画も現在制作している」と話した。
 海外向け観光プロモーション動画は全国の自治体などが手掛けているが、再生1000万回超はないとみられる。日本政府観光局が昨年11月公開したPR動画も638万回だ。
 動画による機構と6県のプロモーション活動は、日本観光振興協会などの2017年ジャパン・ツーリズム・アワードで審査委員会特別賞に選ばれた。


<放射光施設>「実現へ大きな前進」関係者ら歓迎の声
 次世代型放射光施設の設計調査費などを計上した来年度予算概算要求を文部科学省が発表した30日、施設の建設を目指す光科学イノベーションセンターの高田昌樹理事長(東北大総長特別補佐)は「計画実現に向け大きな前進だ。施設整備のパートナーに選ばれるよう着実に準備を進める」とコメントした。
 センターは、東北大青葉山新キャンパスを拠点に2020年度の完成を目指す地域構想を国に提案。建設を後押しするため一口5000万円の出資の意向を国内の45社から取り付けており、今後も資金集めを加速させる考えだ。
 宮城県新産業振興課の大庭豪樹課長も「一歩前進と受け止める。国の検討状況など情報収集に努め、東北の放射光施設実現に取り組んでいく」と歓迎した。
 放射光施設の整備を巡っては、文科省の小委員会が整備運用計画を協議中。10月下旬から11月上旬に開かれる会合で最終報告書をまとめる見通し。


<放射光施設>18年度予算 新規要求事項に盛り込む 文科省発表
 文部科学省は30日、2018年度予算の概算要求を発表し、新規要求事項に次世代型放射光施設の設計調査費など4億4900万円を盛り込んだ。
 放射光施設の要求額は施設全体の設計調査費に4900万円、加速器の技術開発費に4億円。国が補助金を出し、量子科学技術研究開発機構(千葉市)が事業主体となる。
 建設地は未定。産学連携組織の光科学イノベーションセンター(仙台市)と東北経済連合会、宮城県の3者が、東北大青葉山新キャンパス(同市青葉区)を拠点とする地域構想を国に提案している。


イルカ 物・文字・音声、一緒に 理解能力は人間並み
人間以外で初、チンパンジーも無理 東海大研究チーム発表
 イルカが物とそれを表す文字、鳴き方をセットで記憶し、指し示したり鳴いたりできることを実験で確かめたと、村山司・東海大教授(動物心理学)らの研究チームが明らかにした。人間以外でこうした能力が確認されたのは初めてという。村山さんは「人と同じような過程で物の名前を覚えた。イルカが人に近い言語能力を持つことが分かった」と話す。成果は30日付の英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。
 実験したのは、鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)で飼育されているシロイルカの「ナック」(推定32歳)。まず、潜水などで使うフィン(足ひれ)を見せたら「ピィ」と鳴いたり、「丄」の文字を選んだりするようにそれぞれ訓練。また、それとは逆に音声を聞かせたり、文字を見せたりするとフィンを選べるようになった。さらに、文字と鳴き方の関連は教えていないのに、フィンがなくても「丄」を見せると「ピィ」と鳴き、「ピィ」と聞かせると「丄」を選べるようになった。村山さんは「このような覚え方をするのは人だけだ。チンパンジーやオウムはできない」と注目する。
 マスク、バケツ、長靴も同様に、それぞれを表す鳴き方と文字を覚えることができた。実験ではヒントを与えないように人の視線を隠したほか、ほうびの餌も与えなかった。
 イルカは、口ではなく頭の上にある呼吸孔(こきゅうこう)から鳴き声を出す。ナックは飼育員が言葉に出した「ピヨピヨ」「おはよう」など8種類の言葉をまねた鳴き声を出したことで、2014年に注目を集めた。ただし、この時は単なるオウム返しだった。
 村山さんは「ナックは物の意味を理解していると言える。次は動詞を覚えさせることに挑戦し、人とコミュニケーションができるようにさせたい」と話す。【永山悦子】
ナックが覚えた呼び方と文字◇
対象物 呼び方  文字
フィン ピィ   丄
マスク ピーー  R
バケツ ヴォッ  >
長 靴 ホゥ?  O


麻生副総理の「ヒトラー発言」 撤回して済む話ではない
 どうしてこんな発言を繰り返すのか。全く理解できない。
 麻生太郎副総理兼財務相が、ナチス・ドイツの独裁者、ヒトラーの動機は正しかったと受け止められる発言をし、きのう慌てて撤回した。
 だが、「誤解を招いた」と撤回すれば済む問題ではない。なぜ、わざわざ大量虐殺を生んだナチスのヒトラーを持ち出す必要があるのか。まさに麻生氏の動機に疑問を抱く。
 発言は自ら率いる自民党麻生派の研修会で飛び出した。
 「少なくとも(政治家になる)動機は問わない。結果が大事だ。何百万人も殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんだ」
 「ヒトラーの動機」とは何を指すかは不明だが、同派所属の議員に政治家としての心得を指南する文脈の中での発言だった。
 批判を受けて麻生氏は「真意と異なる」「あしき政治家の例としてヒトラーをあげた」等々と釈明する撤回コメントを発表した。
 しかし、発言の真意をそう受け取れというのは無理がある。
 麻生氏は2013年にも憲法改正に関し、ナチス政権を引き合いに出したうえで「手口を学んだらどうかね」と語って後に撤回している。その反省はなかったというほかない。
 この発言の際には、ユダヤ系人権団体が批判声明を出すなど国際問題となり、政府は沈静化に追われた。にもかかわらず繰り返すのは、どこかでナチスを評価したがっているのではないかと疑わざるを得ない。
 加えて、政治家になる動機は問わないという発言にも問題がある。最近の「議員の劣化」状況を持ち出すまでもなく、結果だけでなく、政治家を目指す動機も大切だ。
 米国では白人至上主義団体と反対派との対立が続き、人種差別問題が改めて深刻になっている。
 反対派に車で突入して死傷者を出した事件の容疑者はヒトラーの崇拝者だった。そしてトランプ大統領が当初、双方に非があると発言し、批判を浴びたのは記憶に新しい。
 そんな国際的な現状認識が麻生氏にあったようにも思えない。
 日本国内の一部にもナチスを肯定するような言説がある。麻生氏らの姿勢がこうした傾向を助長しているとすれば責任は重大だ。


ヒトラーから離れられない麻生
 ★副総理兼財務相・麻生太郎のヒトラー失言は即座に撤回されたものの、この元首相は、その失言の多さで失脚したも同然。自民党を下野させたにもかかわらず、学習しない。現在は副総理としての資質が、再度問われることになった。 ★思えば首相在任中は漢字が読めないとか、失言のオンパレードで、時の官房長官・河村建夫が連日、麻生の失言の言い訳やフォロー、経緯の説明、解説に明け暮れた。前後を省いたり、政治家としてさまざまな立場の人たちを見渡して話すことができず、重大な資質が欠落していると言わざるを得ない。 ★いちいち挙げたら切りがないが、麻生のヒトラー賛美は今に始まったことではない。例題にナチスやヒトラーをすぐ出す麻生は、絶えずそこに思いがあるからだろう。ヒトラー礼賛が念頭にない限り、その場の例題には出てこない。今回は29日の自民党麻生派の研修会で出た「(政治家は)結果が大事だ。何百万人殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんですよ」の発言だが、思わず出た軽口ととらえることはできない。逆に原稿があるなら、なお問題だ。 ★13年7月、麻生が副総理兼財務・金融相時代の講演で、憲法改正について触れ「ドイツのワイマール憲法も、いつの間にかナチス憲法に変わっていた。誰も気が付かなかった。あの手口に学んだらどうかね」と発言。08年8月の党幹事長時代には「審議をしないとどうなるか。ドイツでは昔、ナチスに1度(政権を)やらせてみようという話になった」と、すぐに例題に使おうとする確信犯だ。 ★30日午前、麻生は「ヒトラーを例示として挙げたことは不適切であり、撤回したい」との文書を発表したが、今後麻生内閣があるとしたら、第三帝国を夢想しているのだろうか。お粗末極まりない。

ヒトラー発言に米怒り 麻生副総理は経済対話で大幅譲歩も
 訪米直前に「動機は正しかった」と、ヒトラーを称賛した麻生副総理。発言は最悪のタイミングだ。アメリカのユダヤ人権団体サイモン・ウィーゼンタール・センターは、「不快であり失望した」とカンカンになっている。
 さすがに麻生副総理もヤバイと気づいたのだろう。財務省のホームページ上に、ヒトラー発言を撤回するコメントをわざわざ英語で載せている。来週、ペンス副大統領と「日米経済対話」に向けての事前協議を行う麻生副総理は、完全に弱みを握られた形だ。元外交官の天木直人氏はこう言う。
「もし、アメリカの副大統領が『ミスター麻生とは会いたくない』と会談を拒否したら、麻生発言は世界中で大きなニュースとなり、アメリカの副大統領と会えないとなったら、麻生副総理は辞職せざるを得なくなるでしょう。安倍政権を支えている麻生副総理が引責辞任となれば、安倍内閣も総辞職に追い込まれる可能性が高い。つまり、アメリカは安倍内閣を倒す生殺与奪の権を握ったということです。あのアメリカが、このカードを利用しないはずがない。公式の会談の場では一切触れなくても、非公式の1対1の場面では、ペンス副大統領は<こちらは発言を問題にしてもいいですよ>と恫喝してくるはず。麻生副総理は、日米経済問題で大きな譲歩をせざるを得なくなる可能性が高いと思う」
「ヒトラー称賛」発言をしたことで、麻生副総理が“ポスト安倍”に就く可能性は完全に消えてなくなった。
「麻生副総理がヒトラー発言をするのは、これで2回目です。アメリカ政治にユダヤ系が大きな影響力を持っているのは周知の事実です。トランプ大統領もイスラエルとは良好な関係です。麻生副総理が首相に返り咲くことは許さないはずです」(天木直人氏)
 弱みを握られた麻生副総理は、来週のペンス副大統領との会談でとんでもない無理難題を押しつけられることになる。


小池都知事の追悼文見送り 歴史の修正と見られぬか
 30年ほど前に刊行された「写真報告 関東大震災朝鮮人虐殺」(影書房)には、当時の生々しい証言が載っている。思想家の吉野作造は「中央公論」に朝鮮人虐殺に関する論考を寄せた。史実に残る重大な事件だ。
 その犠牲者を追悼する9月1日の式典に、東京都の小池百合子知事が追悼文を送ることを見合わせた。
 式典は、市民団体の日朝協会などが主催し、墨田区にある都立横網(よこあみ)町公園で毎年9月に開催してきた。
 送付は歴代都知事の慣例で、小池氏も昨年は送っていた。しかし、小池氏は記者会見で「特別な形での追悼文は控えた」と述べるだけで具体的な理由は言及を避けた。
 見送りのきっかけは3月の都議会での質疑とみられる。自民党都議が、6000人余りとされる犠牲者数の根拠を疑問視し、小池氏に追悼文送付の中止を求めた。
 震災直後に「朝鮮人が井戸に毒を入れている」などとデマが広がり、あおられた民衆が自警団などを組織し、多数の朝鮮人が虐殺された。
 横網町公園の追悼碑には「六千余名」とある。震災直後に朝鮮人調査団が調べた数字が根拠とされる。
 内閣府の中央防災会議の報告書は、虐殺された人数を震災による死者数10万5000人の「1〜数%」と推計している。千人単位の虐殺があったことは国も認めている。
 都知事があいさつ文を出す機会は多い。なのになぜ、この件に限って見送ることを決めたのか。
 小池氏は「3月に(都慰霊協会主催の)大法要に出席して関東大震災で犠牲になったすべての方への追悼の意を表した」とも説明している。
 当時の民族差別を背景にした虐殺の犠牲者は、直接震災で亡くなった人と分けて考えるべきだ。
 もし、虐殺を震災被害のひとつに埋没させようとしているのなら、事件の意味をすり替える歴史修正主義と見られても仕方がない。
 小池氏は知事就任後、都有地を韓国人学校に有償貸与する計画を見直す姿勢を示している。国会議員時代には朝鮮学校を高校無償化の対象外とするよう求める発言もしている。
 一連の言動は特定の政治信条を背景にしているのだろうか。小池氏は少なくとも朝鮮人虐殺についての認識を明らかにすべきである。


里親への委託 担い手をどう増やす
 家庭の事情から親と暮らせない子どもを家庭に迎える里親への委託率について、国は就学前では75%とする新たな目標を決めた。里親をどう増やすか。子どもを里親に預けた後の支援こそが肝心だ。
 虐待を受けたり貧困などのために親元で暮らせない子どもを社会の責任として育てる。その姿はどうあるべきか。日本で養護を必要とする子どもは約四万六千人。厚生労働省は今月、原則十八歳まで家庭で一時的に子どもを預かる里親への委託について新たな目標を導入した。
 就学前の子どもは原則として乳児院や児童養護施設に入所させないで里親への委託を優先する。それにより、二〇一五年度末で17・5%だった里親委託率を年齢によって時期や目標は異なるものの、就学前の子どもはおおむね七年以内に75%に、就学後の子どもは十年以内に50%に引き上げる。
 この方針は、昨年の改正児童福祉法に沿うものだ。養護を必要とする子どもの多くが、親の暴力や育児放棄に遭い、心身や情緒の発達に困難を抱えているケースが少なくない。改正法は、子どもが特定の大人との愛着を築けるよう、集団で生活する施設よりも、欧米のように一人ひとりが家庭の中で育てられる、里親などへの委託を優先するよう促している。
 これまでにない、大幅な委託率の引き上げに、児童養護に関わる現場には不安の声もある。現在、児童相談所の面接などを経て里親登録している家庭は一万ほど。新たな担い手をどう増やすのか。
 児相は養護が必要な子どもの個性や成育歴を踏まえ、里親登録者から相性の合う候補を探すが、職員は虐待への対応に追われている。里親と子どもをつなぐ専門職員の養成や確保も急がれる。
 また里親の元に預けた後こそ支援が欠かせない。生い立ちに困難を抱えた子らは里親との新しい生活に慣れていくまでにさまざまな問題が起きる。里親にとって、トラブルが起きても専門的な支援が得られる、安心できる態勢がなければならない。
 一五年度末で里親委託率が全国一の46・9%だった静岡市はNPO法人と協力している。里親には委託前の研修のほか、委託後に養育力アップのための研修や相談や訪問などの支援を行っている。
 里親にも育児休業が幅広く適用されるような議論も必要だろう。一人ひとりの子どもが安心の中で育っていけるよう、財源確保を怠らず支援の道を整えたい。


概算要求100兆円 まだ青天井続けるのか
 きょう締め切りの来年度予算概算要求は四年連続で百兆円を超す。安倍政権特有の歳出上限を設けない青天井型のためだ。財政健全化目標達成は絶望的で、もう誤魔化(ごまか)しようもないというのに、だ。
 二〇一二年末に発足した現在の安倍政権にとって実質的に五度目の予算編成となるが、これまでと決定的に異なる環境にある。一六年度の税収が七年ぶりに減り、引き続き歳入に陰りがあることだ。
 この政権は、世界最悪の財政事情も顧みず、歳入の半分を借金(赤字国債)に頼りながら大盤振る舞い予算を続けてきた。そのよりどころは日銀による超低金利と税収の増加で、わずかながら赤字国債の新規発行額を減らしてきた。
 しかし、頼みの税収は伸びないのだ。これまで税収増加の要因だった円安は北朝鮮情勢などで円高基調となり、過去の赤字決算で納税を免除された企業が納税に転じる動きも一巡してしまった。
 もはや成長頼み、税収増頼みは通用しない。それは政府が先月発表した財政見通しでも明らかだ。高い成長率を実現できたとしても、国際公約である二〇年度のプライマリーバランス(基礎的財政収支)の黒字化は不可能で、八・二兆円もの赤字が残るのである。
 首相はこの公約について、いつ白旗を揚げるのか。それとも消費税増税の再先送りした際に用いた「新しい判断」方式で乗り切れるとでも思っているのか。これでは国債の格下げや金利高騰といった非常事態が現実になりかねない。
 予算編成の概算要求はここ数年、同じ方式を繰り返してきた。各省に対し、公共事業など裁量的経費の要求は前年度比10%減とすることを求める。これによって計一・五兆円程度を削減できるが、四兆円の特別枠を設けているため、逆に予算規模は膨らむ。
 今回の特別枠は成長戦略に掲げた「人づくり革命」で、これを冠した事業なら認められるとばかりに各省は要求を膨らませる。当初予算でだめでも補正で復活する無節操が繰り返されてきた。
 概算要求は、シーリング(天井)を設けて歳出を抑え込むのがあるべき姿だ。こんな規律のない青天井をいつまで続けるのか。主要国はより厳しい財政健全化目標を堅持している。
 世界一の借金大国にして最も少子高齢化が深刻な国がこれでいいはずはない。社会保障や公共事業の無駄を省き、膨張する防衛予算も徹底的に絞り込むべきだ。


野田総務相がアベノミクス批判 異次元緩和「空恐ろしい」
 野田聖子総務相が、閣僚としては異例の「アベノミクス」批判を行った。30日行われたBS朝日の番組収録での発言で、アベノミクスの効果は不十分で、「立ち止まって検討すべき」と経済政策の変更の必要性を指摘した。
 野田氏が特に問題視したのが、アベノミクスの「第1の矢」である金融の異次元緩和。「ある程度の効果はあったとしても予想を下回っている。これでは厳しい」と語った。そして日銀が出口戦略を示していないことを不安視し、「出口はどこかというと正直、空恐ろしい」と発言。このまま異次元緩和を続ければ「若い人にどんなツケを回すか、うすうす国民は分かっている」と指摘した。
 一方、来年の自民党総裁選をめぐって、「出馬の準備を進めている」と明言。2015年の総裁選では、推薦人があと1人足りない19人であったことも明かした。


ハンセン病裁判 司法の誤り検証せねば
 ハンセン病とされた熊本県の男性が密室の特別法廷で裁かれ、死刑となった「菊池事件」を巡り、元患者らが、検察が再審を請求しないのは違法として、国家賠償請求訴訟を起こした。
 特別法廷は、ハンセン病への強い差別や偏見に基づいていた。裁判の公開や平等を定めた憲法に反していたことは明らかだ。
 元患者らが、検察が再審請求権を行使しないため、差別による被害を回復する権利を侵害されたとみなすのは当然だろう。
 検察や裁判所は提訴を重く受け止め、裁判をやり直すのが筋だ。再審公判を司法全体の誤りを検証する場にしなければならない。
 男性は1952年、自身をハンセン病であると通報した役場職員を殺害したとして起訴された。無実を訴えたが、短期間の審理で死刑判決を受け、執行された。
 隔離された特別法廷での審理は異様と言うほかない。
 裁判官や検察官は「予防衣」という白衣をまとい、火箸で調書をめくった。弁護人は起訴内容を一切争わなかった。
 最高検が特別法廷に関わった責任を認め謝罪しながら、再審請求については、理由がないと拒み続けているのは納得できない。
 48年から72年にかけて、療養所や刑務所などで開かれた特別法廷は実に95件にも上る。
 差別的な審理が漫然と続いていたことになる。指揮する立場にあった裁判所の責任は一層重い。
 最高裁はハンセン病患者の人格や尊厳を傷つけたことは認めたものの、裁判の違憲性を受け入れようとはしない。これでは「憲法の番人」と言えまい。
 国賠訴訟で、原告・弁護団は菊池事件について冤罪(えんざい)だったとも指摘する。凶器とされる刃物から、被害者の血液反応が出ていないことなどが理由だ。しっかりと調べ直す必要がある。
 政府の対応も、あまりに問題が多かった。
 ハンセン病は感染力が弱い。40年代以降は特効薬の開発で治癒が可能となったにもかかわらず、日本の隔離政策は、らい予防法が廃止される96年まで続いた。
 死刑になった男性の遺族は、差別を恐れて今回の訴訟には加わらず、再審請求にも消極的という。
 今なお差別が根強く残ることの証左と言えよう。
 政府は、政策転換の遅れが、ハンセン病患者やその家族に対する差別や偏見を助長する要因になったことを忘れてはならない。


エネルギー計画 「福島の教訓」生かしたい
 経済産業省が、エネルギー基本計画の見直し議論を始めた。
 この計画は国の中長期的なエネルギー政策の指針となる。政府に策定が義務付けられており、3年ごとに内容を検討して必要なら改めるようになっている。
 最大の焦点は原発の取り扱いだ。未曽有の被害をもたらした2011年3月の東京電力福島原発事故から約6年半がたつ。事故の教訓はエネルギー政策にどう反映しているのか。その実態と将来の展望を問い直す契機としたい。
 14年に閣議決定された現計画は可能な限り原発依存度を低減するとしながらも、原子力を「重要なベースロード電源」と意義付けて原発の再稼働を推し進めた。
 一昨年には30年度の電源構成比率を決め、この中で原発の比率を20〜22%とした。原発の新増設が見込めないため、目標達成には運転開始から40年を超す老朽原発の運転延長も欠かせないという。
 なし崩しの「原発回帰」には疑問を禁じ得ない。
 原発維持の旗印だった経済性にも疑問符が付き始めた。
 再稼働待ちの原発を抱える電力会社では、設備の維持や安全対策費が経営を圧迫している。推進政策を続けてきた経産省の幹部でさえも「もはや原発が安いとは言えなくなった」と認めるほどだ。
 国際的にも状況は大きく変化した。アジアでは台湾や韓国が脱原発を打ち出し、ベトナムも安全対策面での高コストなどを理由に建設計画を白紙撤回している。
 原子力発電の比率が70%程度のフランスは再生可能エネルギーを大幅に増やす姿勢を鮮明にした。
 多くの国が再生エネルギーの拡大に力を入れ始めたことで、海外では太陽光や風力のコストは大幅に低下しているという。日本のエネルギー政策も、こうした世界の潮流を無視できないはずである。
 再生エネルギーの開発と導入をもっと積極的に進め、原発に依存しない「脱原発」への道筋を具体的に描くべきではないか。それが、「福島の教訓」に学ぶ国のエネルギー政策の方向性であろう。


「個人メモ」原則公開に/公文書管理見直し案
 加計・森友問題や防衛省の日報隠蔽(いんぺい)問題で批判の的になった記録文書の保存、公開の在り方を巡り、政府の有識者委員会が公文書管理のガイドライン見直しを進めている。政府は委員会の見直し結果を踏まえ、年内に新たなガイドラインを決定する方針だ。
 委員会ではまず、保存期間を1年未満とする文書の範囲や廃棄する際の責任の所在を明確にするなどの方向性が示された。これに沿って、行政文書として保存するかを判断する責任者を省庁に置き、複数の省庁にまたがる記録は責任者同士が記載内容に食い違いがないかを確認するという見直し案が浮上している。
 財務省は国有地売却を巡る森友学園側との面会・交渉記録を保存1年未満の文書として廃棄。加計学園の獣医学部新設計画で内閣府から圧力があったとする文部科学省の記録文書の内容では、両者の言い分が対立した。防衛省による恣意(しい)的な文書管理もあり、見直し案はこれら一連の経緯を踏まえた形になっている。
 しかし、政策決定の過程を明らかにし、現在と将来の国民に対する説明の責務を果たすという公文書管理法が掲げる目的に照らすと、不十分と言わざるを得ない。「個人メモ」を原則公開の対象とするなど、抜本的な対応こそが求められている。
 行政文書は公文書管理法で「行政機関の職員が職務上作成し、組織的に用いる」と定義され、役所が1年や5年、30年など5段階の保存期間を決め、期間満了で廃棄するときは首相の同意を必要とする。ただ1年未満とするのも可能だ。その場合は役所の独断で廃棄できるため、どんな文書がどれくらいあったか、外部から一切見えない。
 見直し案で検討されている、保存や廃棄を判断する責任者は身内であり、判断が妥当かの検証は難しい。廃棄については外部の専門家ら第三者が可否の決定に加わる仕組みも考えられよう。
 ただ役所に都合の悪い記述のある文書が行政文書ではなく個人メモ扱いになり、保存・公開の対象から外されてしまうという懸念は残る。
 形式上は個人メモでも、担当部局の共有フォルダーに保存されたり、メールで回覧されたりして説明や情報共有に用いられたら、政策決定過程を明らかにする上で公開されるべき行政文書といえる。そうした基準を明確に定め、情報公開の徹底を図るべきだ。


公文書管理/公開基準を明確にせよ
 各省庁が管理する記録文書の保存、公開の在り方を巡り、政府の有識者委員会が公文書管理のガイドライン見直しを進めている。委員会は秋に見直し案を提出し、政府はパブリックコメントを経て年内に新たなガイドラインを決定。年明け以降、各省庁が行政文書管理規則を整備する。
 委員会ではまず、保存期間を1年未満とする文書の範囲や廃棄する際の責任の所在を明確にするなどの方向性が示された。
 これに沿って、行政文書として保存するかを判断する責任者を省庁に置き、複数の省庁にまたがる記録は責任者同士が記載内容に食い違いがないかを確認するという見直し案が浮上している。
 財務省は森友学園問題で、国有地売却を巡る交渉記録を保存1年未満の文書として廃棄。加計学園の獣医学部新設計画では、内閣府から圧力があったとする文部科学省の記録文書の内容について、関係者の言い分が対立している。国連平和維持活動(PKO)の日報問題では、防衛省の文書管理が問われた。見直し案はこれら一連の経緯を踏まえた形になっている。
 公文書管理法では政策決定の過程を明らかにし、現在と将来の国民に対する説明の責務を果たすという目的が掲げられている。「個人メモ」を原則公開の対象とするなど抜本的な対応こそが求められている。
 行政文書は公文書管理法で「行政機関の職員が職務上作成し、組織的に用いる」と定義され、役所が1年や5年、30年など5段階の保存期間を決め、期間満了で廃棄するときは首相の同意を必要とする。
 ただ1年未満とするのも可能だ。その場合は役所の独断で廃棄できるため、どんな文書がどれくらいあったか、外部から一切見えない。
 森友問題では国有地売却について、財務省は文書廃棄を盾に説明を拒み続けた。PKOの日報問題は、情報公開請求を受けた陸上自衛隊が廃棄済みを理由に不開示決定をしたが、この文書も1年未満の保存期間だった。
 これを見直し案によって、どこまで変えられるかが重要になる。保存や廃棄を判断する責任者は身内であり、判断が妥当かの検証は難しいため、少なくとも廃棄については、外部の専門家ら第三者が可否の決定に加わる仕組みも考えられよう。
 ただ役所の中には行政文書ではなく個人メモ扱いにすべき文書も存在する。それを保存・公開の対象にするかは、議論が分かれるだろう。
 加計問題ではそうした文科省文書が明るみに出た当初、文科省は「行政文書としては存在しない」としていた。世論の反発が高まり、再調査で約1カ月後に個人メモやメールも含め公開したが、本来公開されるものではないと繰り返し「特例的な調査」としている。
 この件のように、形式上は個人メモでも、担当部局の共有フォルダーに保存されたり、メールで回覧されたりして説明や情報共有に用いられたら、政策決定の過程を明らかにする上で公開されるべき行政文書といえなくもない。そうした基準を明確に定めることが、民主主義のバロメーターといわれる情報公開の徹底につながるはずだ。


[女性議員の比率] 進出の機運醸成したい
 多様な視点を政策に反映させる議会政治のひとつの理想と照らして、あまりにもいびつな現状と言わざるを得ない。
 鹿児島県議会や県内43市町村議会の女性議員の比率が、全国平均を大きく下回っている。総務省の調査によると、2015年末時点で鹿児島は7.1%で全国42位だった。
 地方議員の女性割合は全国平均も12.4%だから、決して高いわけではない。国政に目を向ければ、衆院の女性割合は9.3%にとどまる。世界各国の議会(二院制の場合は下院)と比べると193カ国中163位で、先進7カ国で最も低い。
 政府は20年までに指導的地位に占める女性の割合を30%にする目標を掲げているが、政治の世界での達成は難しそうだ。女性の政治への進出を促す具体的な手だてが急務である。
 県内の女性議員は「政治は男」とする風潮の根強さを指摘している。女性の参政権が認められて70年が過ぎたが、圧倒的多数を占める男性議員だけでなく、社会の中にも意識の壁があるのは確かだ。
 先月、鈴木貴子衆院議員=無所属、比例北海道=が妊娠を公表した際もそんな壁が露呈した。激励の一方で、「職務放棄だ」「いったん辞職すべきだ」といったコメントがネット上に書き込まれた。
 議員が産休や育休を取れば、その議員に投票した人にとっては一票が政治に反映されない期間が生じる。有権者の信託を背負った選良として無責任と感じる人もいるだろう。
 だが、任期中の出産を非難するよりも、出産や育児の経験を政治活動にどう生かすかが問われるべきだ。少子高齢化対策は今、重要な社会的課題になっている。出産や育児と直面している母親の視点は、国政でも地方自治でも政策に敏感に反映させる必要がある。
 出産をあきらめるなどして男性並みに振る舞う女性だけしか受け入れない議会で、少数意見をバランスよく吸い上げた論議が深まるとは思えない。
 今年の通常国会では、衆参両院や地方議会の女性議員増を目指す議員立法の成立が見込まれた。選挙で候補者数を男女で同じにするよう政党に促す内容である。
 だが、学校法人「加計学園」問題で混乱する中、衆院内閣委員会の審議日程の調整がつかず、見送られたのは残念だ。
 議員の女性割合を増やすには、こうした立法措置できっかけをつくり、機運を醸成していく必要がある。法の成立をこれ以上先送りするべきではない。


オスプレイ緊急着陸 危機感欠く米軍の姿勢
 またしてもトラブルである。米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイ1機がおとといの夕方、大分県国東市の大分空港に緊急着陸した。機体から白煙が上がり、炎を噴く映像も流れた。
 オスプレイは、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の機体が昨年12月、同県名護市沖の浅瀬に不時着して大破。今月5日にはオーストラリア沖で墜落、海兵隊員3人が死亡した。事故の深刻度が最も重大な「クラスA」の事故を、この1年だけで2回も起こしている。
 これまでも再三指摘されてきた通り、何か構造的な欠陥があるのではないか。事故原因と解決策を示さぬままの、これ以上の飛行は無責任極まりない。
 加えて今回問題なのは、緊急着陸した機体が、6月にも沖縄県伊江島にある米軍の補助飛行場に緊急着陸し、さらに米海兵隊岩国基地にいた28日にも白煙を上げていたことである。
 機体の異常を知りながら無理に飛び立ち、緊急事態を招いたとも受け取れる。とすれば、あまりに危機感を欠いた、無謀な行いと言わざるを得ない。
 オスプレイの運用が、地域住民の暮らしや安全を脅かすものであってはなるまい。重大な事故が起きれば、最優先で原因の解明に当たり、再発防止策を講じるのが当然だろう。
 にもかかわらず、名護市沖の際には事故から6日後に飛行を全面再開した。オーストラリア沖の墜落事故では翌日にもう、普天間から飛ばしている。いずれも日本政府による飛行自粛の要請は事実上、突っぱねられた格好である。
 トラブル続発で住民の間に高まる不安の声を捨て置く、米軍の居丈高な姿勢は信頼を損なうものでしかない。
 米軍の説明をうのみにする、日本政府の及び腰も目に余る。オーストラリア沖の事故では原因調査も半ばのまま、米軍が「機体に欠陥はない」と片付けると、小野寺五典防衛相は「理解できる」とあっさり容認した。飛行自粛を申し入れた、その翌日のことである。
 あの自粛要請は一体、何だったのだろう。「安全が最優先」と繰り返しながら、欠陥が疑われるオスプレイに対し、なすすべを知らぬ政府に疑念を深くした国民も少なくあるまい。
 日本の頭越しに北朝鮮の弾道ミサイルが発射されたきのう、安倍晋三首相は「緊張感を持って国民の安全、安心の確保に万全を期す」と言葉を強めた。墜落事故や不時着、緊急着陸を繰り返すオスプレイは、目の前にある危険ではないのだろうか。
 オスプレイは2012年に普天間に配備されて以降、米軍基地や自衛隊駐屯地に飛来。陸上自衛隊も導入・配備を計画し、飛来ルートは今後、さらに各地へ広がりかねない。
 オーストラリア沖の事故を受け、沖縄県議会はオスプレイの配備撤回などを求める決議と意見書を可決した。山口県と岩国市など2市2町は、岩国基地から離陸した機体が緊急着陸した今回の事態を受け、機体整備の徹底などを国に申し入れた。人ごとではないのである。
 「国民の安全」を守るという政府には、こうした疑念を拭い去るだけの事故原因の究明を求めてもらいたい。そして米軍任せの飛行自粛ではなく、飛行中止を要請するのが筋である。


[オスプレイ緊急着陸]拡大する安全への懸念
 またもや緊急着陸である。安全性への懸念は、もはや沖縄だけの問題ではない。
 米軍普天間飛行場所属の新型輸送機オスプレイが29日、大分県国東市の大分空港に緊急着陸した。エンジントラブルとみられ、一時煙と炎のようなものが上がった。
 緊急着陸したオスプレイは、山口県の米軍岩国基地から普天間に戻る途中だった。この機体は前日にも岩国基地で白煙を上げていたことが市民の監視活動で確認されている。さらに今年6月、伊江島補助飛行場に緊急着陸した機体と同じだという。
 米軍の航空機整備、安全管理は一体全体どうなっているのか。「この次は…」との不安が募る。
 普天間所属のオスプレイは今月5日にも、オーストラリア沖で墜落する大事故を起こしたばかりである。
 昨年12月、夜間の空中給油訓練に失敗し、名護市安部の海岸に墜落した事故は、県民に大きな衝撃を与えた。
 名護でオスプレイが大破した時、米軍は6日後に飛行を再開。オーストラリアの事故では、翌々日に飛行を強行した。
 いずれも詳細な原因究明がなされないまま、「機体の欠陥ではない」とする米軍の説明を、防衛省が「合理性が認められる」「理解できる」と追認したのである。
 機体に欠陥がないのに事故が相次ぐのはなぜなのか。安全性の根拠が示されていないのに、「安全宣言」とは言葉を失う。
 トラブルが続くのは、構造的に見過ごせない欠陥があるからではないか。
■    ■
 航空機事故への不安につながる緊急着陸も頻発している。
 6月6日、伊江島補助飛行場。4日後の10日、鹿児島県奄美大島の奄美空港。そして今回の大分空港。3カ月足らずのうちに3回も発生している。
 普天間のオスプレイは、岩国基地や東京の横田基地、神奈川の厚木基地など米軍基地にも飛来し、北海道では日米共同訓練に参加するなど活動範囲を広げている。
 これら地域でも安全性を危惧する声が出始めており、不安は全国に拡大。相次ぐトラブルに県民は事故への懸念を強めている。
 最優先すべきは、国民の安全確保と不安の解消である。しかし米軍は兵士の練度を高める論理を優先させ、政府は米軍の顔色ばかりうかがっている。
■    ■
 県議会は28日、オーストラリア沖で墜落したオスプレイ事故への抗議決議と意見書を可決した。「政府は米側に強い決意のもと、毅然(きぜん)とした対応をとるべきだ」とし、配備撤回などを求めている。
 政府は普天間飛行場を名護市辺野古に移すことで沖縄の負担軽減を図るというが、新基地にオスプレイが配備され、そこを拠点に活動し続けることが沖縄にとって大きな負担なのである。
 沖縄の演習場は住民地域に近く、あまりに狭いため海兵隊ヘリの訓練には適さない。
 オスプレイ配備と運用を見直すべきだ。


24時間テレビにも出演、宮迫が「不倫」を本気で追及されない理由! 犯罪者扱いだったベッキーや矢口と大違い
 今月上旬に「週刊文春」の報道で、二股不倫が発覚した雨上がり決死隊の宮迫博之。騒動も冷めやらぬなか、先週末の『24時間テレビ』(日本テレビ)でスペシャルサポーターを務めた。
『24時間テレビ』直後の『行列のできる法律相談所』(同上)の生放送で、宮迫は不倫騒動渦中での『24時間テレビ』出演について、こんなことを語った。
「ほんとにこんな状態の僕を出していただいた、24時間のスタッフ様、日テレ様、本当に感謝です」
「最初は出ないほうがいいのかな、と思ったんですけど、出していただいたことによって、いろんな面でホンマに反省もできましたし、反省もしましたし……」
 不倫スキャンダルにもかかわらず降板させず出演させてくれた日テレに対し、感謝を述べ感極まって涙まで見せたのである。『24時間テレビ』の余韻にも助けられ、なんとなく“いい話”っぽくなっていたが、ちょっと待ってほしい。
 本サイトはべつに不倫を批判するつもりもないし、むしろ不倫を犯罪のごとく糾弾する現在の風潮には批判的だ。だから、『24時間テレビ』に宮迫が出演したことにも日テレの判断にも、なんの文句もない。
 だけど、だったら、ベッキーは? 矢口は?
 日テレだけとっても、ベッキーは『世界の果てまでイッテQ!』、矢口は『ヒルナンデス!』のレギュラーだったが、騒動から1年以上経ったいまもまだ復帰できていないままだ。宮迫を『24時間テレビ』に出演させ、『行列』のレギュラーも継続するのであれば、ベッキーや矢口をなぜ復帰させないのか。
 日テレだけの話ではない。ベッキーも矢口も騒動時、全レギュラーを降板したが、宮迫はアフラックのCMが削除されたくらいでレギュラー番組については、降板や休止の話は出ていない。
 こう言うと、たとえばベッキーは会見で嘘をついたり会見で質問を受け付けなかったが、宮迫は生放送の『バイキング』で厳しい追及にさらされながら正々堂々と説明したから、などと言う人もいるかもしれない。
 しかし、『バイキング』での生釈明をあらためて思い返してほしい。宮迫は、本当に、厳しい追及にさらされ、正々堂々と説明していただろうか。
宮迫の釈明の矛盾を一切つっこまない『バイキング』出演者たち
『バイキング』は自身がレギュラーを務める番組で、いわばホーム。質問したのもなじみのある共演者ばかり。様々なメディアが参加できる記者会見とはまったくちがう。実際、ベッキーや矢口が糾弾されていたときのような、厳しい批判や追及はほとんどなかった。それどころか、「黒!」「グレー!」「オフホワイト!」などと、真相を追及するというよりは、宮迫をいじることで笑いに変換してあげようという空気に満ち満ちていた。
 たとえば、宮迫は下心があったことは認め謝罪しつつも、モデルの小山ひかると1回目にホテルに行った際は「泥酔していたので、寝てしまって、何もしていない」。小山と2回目に行ったときは「誘ったが、断られて、何もできなかった」などと、“一線は越えていない”と否定。複数回ホテルに行っておいて、ふつうなら通用するはずのない言い訳を展開した。これがほかのタレントだったら、「あり得ない」「嘘つき」と厳しく批判されているはずだ。
 しかし坂上忍や東国原英夫ら共演者も、「部屋に入った時点で外形的には何かあったのと同じ」などと言いながら、“一線は超えていない”という宮迫の詭弁に、疑いを差し挟んだり、厳しく突っ込む者は誰ひとりいなかった。
 また、宮迫は泥酔していたと主張しているが、文春に掲載されている部屋に入る宮迫の写真は、泥酔しているようにはまったく見えない。これもほかのタレントであれば、絶対に突っ込まれていたと思うが、誰もそんなことは言わない。
 さらに、運転手にチェックインさせ、宮迫や女性はフロントを通らず客室に向かうという計画的な手口に対し、坂上は「プロの手口ですね」と言っておきながら、その明らかに継続的に不倫しているとしか思えないルーティン化した手口と宮迫の「その夜たまたま魔が差した」的な言い分との矛盾には触れない。
 それどころか、文春の記事にあったのに、テレビではほとんど触れられなかったこともある。『バイキング』では、宮迫の密会について、その夜限りの“一夜の火遊び”(実際は撮られてるだけでも2回だが)的なニュアンスでしか扱われていなかったが、文春の記事では、宮迫と小山がそれなりの長い不倫関係であることを示唆する、小山の知人のこんな証言が掲載されていた。
〈ひかるもいまの関係には悩んでいて、『年末に別れる』という話し合いをしたそうですが、『僕(宮迫)が結婚した二十七歳になるまでには別れないとね』ということに落ち着いたみたいです。宮迫さんは『ひかるが一番だよ』と甘い言葉をかけてくるんです。ひかるが『他にもいるだろうけど』と強がっているのが忍びないですよ〉
宮迫は小山ヒカルと「長い不倫関係」にあったのに
 つまり、宮迫と小山は昨年末以前から交際していて、年末に別れ話になったが、宮迫が「小山が27歳になるまでには」と別れを引き延ばした、ということだ。
 この証言と、宮迫の釈明はまったく食い違っている。もしこの証言が事実ならば、宮迫が釈明したような、その夜、泥酔していたとか、一線を超えたか超えてないかとか、オフホワイトかグレーとか、そういう話ではない。というか、宮迫の説明は、真摯どころか、本当の疑惑には一切触れない大嘘だ。ベッキーの「友だちで押し通す予定!」とハッキリ言ってなんら変わらない。
 しかし、『バイキング』でこの食い違いに突っ込む者は誰ひとりいなかった。というより、そもそも『バイキング』をはじめどの番組でも、この証言についてはほとんど取り上げられていない。
 それ以前に、2回同じ女性とホテルに泊っておいて「2回とも“一線は越えていない”はあり得ないだろう」とか、宮迫は泥酔していたと主張しているが「文春」に掲載されている部屋に入る宮迫の写真は、「泥酔しているようにはまったく見えない」とか、ほかの人のスキャンダルだったら、絶対ツッコんでいるはずだ。
 実際、『バイキング』は宮迫釈明の前日には、斉藤由貴の不倫釈明会見での表情を、心理学者に分析させ、「左上を見てるから嘘をついている」などというデタラメな批判までしていた。
 しかし宮迫の不倫についてはそんな追及は一切なく、あくまで“一夜の火遊び”的なものとして、笑い話にして片づけてしまったのだ。
 さらに、宮迫は得意の“恐妻家ネタ”でいかに妻に怒られたかを披露したあと、「あなたのガンが再発したとか、子どもが交通事故に遭ったとか、に比べれば、こんなことは屁でもない」「家族だから味方する」という妻からの言葉を、涙ながらに語る。坂上も「家族の問題だから」「奥さんが許しているのであれば」などと応じ、片岡鶴太郎にいたっては「芸人の妻なら浮気も甘受すべき」などと言い出し、最後は宮迫の妻がすばらしいという美談仕立てでまとめられてしまった。
 ベッキーのLINEの言葉尻を執拗に責め上げ、矢口の男癖のあることないこと騒ぎ立てていたのとは、大違いだ。
宮迫とベッキーの扱いの違いは、事務所、芸人仲間、男と女の差
 いったいこの扱いの違いはなんなのか。本サイトで繰り返し指摘している通り、ひとつは所属事務所の力の差によるものだ。ワイドショーやスポーツ紙などの御用芸能マスコミは、同じ不倫でも、ベッキーや矢口のように弱小事務所に所属するタレントは犯罪者のごとく糾弾される一方、ジャニーズ事務所やバーニング系列のタレントであれば、不倫のような恋愛スキャンダルはもちろん、犯罪まがいの不祥事すら一切触れない。
 宮迫の所属する吉本興業はジャニーズやバーニングほどではないが、松本人志はじめ、幹部級や超売れっ子タレントについては、批判やスキャンダルを封じ込めようと動くことでも知られている。また、各テレビ局は吉本の株主になっているらめ、決定的な醜聞については自主規制する傾向もある。
 しかも、ワイドショーには、大量の所属芸人がコメンテーターとして送り込まれている。『スッキリ!!』(日本テレビ)には加藤浩次と近藤春菜(ハリセンボン)、『ビビット』(TBS)には千原ジュニアと中田敦彦(オリエンタルラジオ)、『バイキング』(フジテレビ)にはブラックマヨネーズと小籔千豊とフットボールアワーと横澤夏子と雨上がり決死隊、『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)には高橋茂雄(サバンナ)と川島明(麒麟)と斎藤司(トレンディエンジェル)、そして、『ワイドナショー』には松本人志と東野幸治……。全国放送の主なワイドショーだけでもこれだけの芸人が出演している。関西やその他のローカル番組、インターネットやラジオなども含めれば、その数倍にものぼるだろう。
 そのため、芸人に何かスキャンダルや不祥事が起きたとき、お仲間の芸人が、互いのスキャンダルをギャグにしてかばい合う構造ができあがってしまっているのだ。
 今回の宮迫の件は、その最たるものだ。宮迫生釈明の2日前、不倫の一報が報じられた水曜日の時点から、『スッキリ!!』(日テレ)などスルーするワイドショーも多かったなか、『バイキング』では、まず冒頭から坂上が「ハッキリ言っておきましょう、クロです」と言って、コメンテーター陣も、オセロの松嶋も白って言ってあげたいけど、黒(笑)」、アンガールズ田中も「先輩だけど、黒(笑)」、おぎやはぎの矢作が「漆黒だな(笑)」と口々に黒と言いながら、みんなで爆笑。一見、「黒」と言って宮迫をディスってるふうを装いながら、完全に笑いにしていた。明らかに、2日後金曜日の宮迫出演に向け、宮迫が出てきやすい笑いの下地をつくっていた。
 そして、金曜日の宮迫生釈明も、前述のとおり、いかにディスりつつ笑いにしてやるかに、MCの坂上はじめ出演者たちは注力していた。話術のないコメンテーターがただ擁護しても逆に炎上するだけだが、芸人たちはなまじ話術がたくみなだけに、ディスりつつ笑いにするという団体芸で、視聴者もだまされてしまう。
なぜ、男の不倫は許容され、女の不倫は糾弾されるのか?
 所属事務所の力の差、芸人のお仲間意識…ここまで、宮迫がほとんど追及されなかった理由について分析してきたが、しかし、宮迫とベッキー、矢口の扱いの違いにはもうひとつ大きい理由がある。それは、不倫をしたのが男性か、女性か、という違いだ。男性の不倫、しかも芸人の場合は“芸の肥やし”“ヤンチャ”などの言葉で許容されるが、女性の不倫に関してはほとんど犯罪者のような扱いで糾弾される。
 男女のどちらが既婚か未婚かも関係ない。ふつうに考えたら、既婚者である宮迫と、未婚でかつ相手が既婚者であることも知らなかったベッキーを比べたら、ベッキーより宮迫のほうが非難されそうなものだが、現実は逆だ。
 しかも女性に子どもでもいようものなら、「そもそも母親が家に帰らず何をしているのか」という批判が上乗せされる、宮迫にも子どもがいると思うが「父親が家に帰らず何をしているのか」とは決して言われない。
 女性にだけ貞操を求め、男性の不倫はネタとして笑い話にされる。しかも、男性の不倫を許容する妻が良き妻として称賛される。
 この傾向は、不倫や浮気をした女性に厳しいだけでなく、実際は不倫された妻のほうも蔑ろにされている。
 宮迫が使った“恐妻家ネタ”や“できた奥さん”のような美談も、一見妻を尊重しているように見えるかもしれないが、実のところ、女性を蔑ろにしている。宮迫がどんなに恐妻家キャラを演じたところで、メディアに自ら発言の場をもっておらず、経済的に支配下にある妻は、実際は圧倒的に弱い立場だ。本当に許容するような発言をしたのか、それが本音なのかはわからない。
 実際、昨年不倫が発覚した乙武洋匡氏の元妻は、乙武氏に対し、『ワイドナショー』で「妻も不倫はもともと知っていた」などと離婚の経緯について事実と異なることを話したとして提訴している。
 しかし、芸人たちが、不倫を許してくれる妻を称賛することで、許容しない妻をガマンが足りないと暗黙のうちに非難するのだ。乙武洋匡氏の元妻のように「自分にも責任があった」とまで言わされたり、夫の浮気が原因で離婚した小倉優子は明石家さんまから「おまえが悪い」と言われていた。
 もちろんこれはメディアの問題だけでなく、女性の性に不寛容な日本社会の空気という問題もある。べつに男性だけが女性を批判し男性を許容しているというわけではなく、女性でも男性の不倫は許容しつつ女性の不倫には厳しい人も少なくない。もともとマッチョで男尊女卑の傾向が強い芸人たちが、さらに世間の空気に乗ってお仲間の不倫は笑いにしつつ、女性の不倫は厳しく批判する。そして、話術に長けた芸人たちがスピーカーとなることで、女性により厳しい空気がさらに強化されているのだ。
 ネトウヨたちが、いまの日本は女尊男卑だなどとよく言うが、宮迫の不倫報道を見て、それでもまだそんなことが言えるのだろうか。(本田コッペ)

岩手豪雨災害1年/再びミス発見/財布忘れて/イライラして

ブログネタ
フランス語 に参加中!
matem1

Le vice-Premier ministre japonais admet la justesse des motifs d'Hitler
Le ministre des Finances et vice-Premier ministre japonais estime que les mobiles d'Hitler étaient éventuellement fondés. Il faut dire que le nazisme est aujourd'hui à la mode en Asie, surtout parmi les jeunes.
Le 1er septembre 1939, la Seconde Guerre mondiale éclatait, provoquée par les ambitions expansionnistes de l'Allemagne, du Japon et de l'Italie. Or, plus de sept décennies plus tard, les opinions et les motifs d'Hitler sont justifiés par un officiel japonais.
Le ministre des Finances et vice-Premier ministre japonais, Taro Aso, a affirmé que les mobiles du führer du Troisième Reich, Adolf Hitler, étaient peut-être justes. Il a fait cette déclaration au cours d'un séminaire politique à Yokohama, a annoncé l'agence Kyodo.
Selon Taro Aso, peu importe le mobile de l'homme politique, mais ce qui compte, c'est le résultat de ses actions.
Taro Aso a également affirmé qu'il n'était pas possible ≪de travailler dans la politique et de rester bon≫.
Kyodo rappelle qu'il y a quatre ans, Taro Aso avait déjà commis un dérapage en défendant la manière dont les nazis avaient modifié la Constitution de la république de Weimar qui cessa d'être appliquée avec leur arrivée au pouvoir en 1933. Le ministre a dû alors fournir des explications et s'excuser publiquement.
Il faut dire que la popularité du nazisme monte en flèche dans les pays asiatiques. T-Shirts, casquettes et ceintures à croix gammées et aux symboles nationaux-socialistes se vendent comme des petits pains. Le livre d'Hitler, Mein Kampf, est très lu en Indonésie. D'ailleurs, la presse locale affirme qu'après la défaite du Troisième Reich, le führer a trouvé refuge… dans le pays.
フランス語
フランス語の勉強?
VOICE【仏柔道が姫路に五輪合宿▽毎日2軒消失…京町家▽体罰事件で提訴へ】
▽事件・政治・経済など・・・最新のニュースをVOICEならではの切り口で丁寧にお伝えします!注目のニュースを三澤肇解説委員が徹底解説。
西靖 西村麻子 ○ 三澤肇 神崎智大 広瀬駿(気象予報士) 番組HP http://www.mbs.jp/voice/ facebook http://www.facebook.com/NEWS.VOICE Twitter https://twitter.com/voice_mbs

エンタの神様 大爆笑の最強ネタ大大連発SP
今人気の芸人から実力派芸人まで、笑いのチャンピオン達が次から次へと登場する!彼らが自ら選んだNo.1の最強爆笑ネタが連発!
ANZEN漫才みやぞん&あらぽんが刑務所の皆へ送る歌を…ノンスタイル井上・エンタ復帰に石田がキツイ一言…ジャンポケは○○を見殺しにしてしまった…陣内はナゾの商品爆笑映像ネタ…サンドウィッチマンはあの物語をイジリまくる…パンサーは下着泥棒をしてしまう…バイきんぐは悪い政治家をバカにしまくる…今回アンジャが狙う巨大なモノとは…アキラ100%極限のネタに挑むが…タカトシ・横澤夏子・AKBメンバーついに!
福澤朗 白石美帆 アキラ100% 厚切りジェイソン 尼神インター アルコ&ピース アンジャッシュ ANZEN漫才 インパルス エグスプロージョン カミナリ サンドウィッチマン ジャングルポケット 陣内智則 タイムマシーン3号 タカアンドトシ 長久玲奈 東京03 どぶろっく NON STYLE バイきんぐ パンサー 横澤夏子 ライス ラバーガール ロビンソンズ ロッチ 我が家(他)


岩手豪雨災害から1年になります.ただここしばらく忙しすぎてなんだかぴんとこない感じです.ちょっとまずいね.
パワーアップでまたしてもミス発見.ガーン.なんだかどうでもよくなってきました.
財布忘れてしまってお昼御飯がお菓子一袋です.イライラしてしまいます.ほかにもちょっとイラッとすることがあって・・・でもイライラダメですね.

被災地巡礼いざなう 63ヵ所紹介 ガイドブック出版
 東日本大震災で被災した青森、岩手、宮城、福島4県沿岸部にある鎮魂の巡礼地を紹介するガイドブック「3.11被災地の今を訪ねる−『東北お遍路』巡礼地めぐり」が出版された。一般社団法人「東北お遍路プロジェクト」(仙台市)が選定した63カ所の巡礼先を紹介している。
 63カ所の内訳は、青森が蕪(かぶ)嶋神社(八戸市)など2カ所、岩手が普代水門(普代村)、奇跡の一本松(陸前高田市)など15カ所、宮城が旧防災対策庁舎(南三陸町)や千年希望の丘(岩沼市)など26カ所、福島が相馬小高神社(南相馬市)、勿来の記憶の広場(いわき市)など20カ所。
 震災遺構候補の建造物、犠牲者の追悼施設、寺社、名所旧跡などを巡礼地とし、由来や被災状況などの解説文を添え、巡礼地周辺の観光スポットも掲載する。現地の今を伝える写真やイラストを多用し、臨場感ある構成になっている。
 巡礼地を訪れる際に役立つ「東北全体マップ」「エリア別拡大マップ」のほか、ご当地グルメなどを紹介する「道の駅めぐりマップ」、各地の津波伝承物語などを盛り込んだ。
 東北お遍路プロジェクト理事長の新妻香織さん(57)は「被災地はまだ復興途上。被災地を訪ねること自体が復興の後押しにつながる。ガイドブックを手に、多くの人に現地を巡ってもらいたい」と話す。
 A4判、168ページ。900円(税別)。連絡先は発行元の東京法規出版03(5977)0300。


<おおふなと夢商店街>仮設商店街の歩み一冊に 再生へ5年5ヵ月つづる
 東日本大震災で被災した店舗が入居していた岩手県大船渡市の仮設商店街「おおふなと夢商店街」が、記念誌を発行した。商い再生を目指してスクラムを組み、共に苦境を乗り越えてきた商店主らが、5年5カ月の日々を伝えている。
 夢商店街は2011年12月1日、震災前は別々の場所で営業していた店舗が集まって開業。今年4月末に閉鎖するまで延べ35店が軒を連ねた。
 記念誌で運営組合の伊東修理事長は、用地や参加店の確保、自前で用立てなければならない設備など課題を一つ一つ解決して仮設開業にこぎ着けた経緯を振り返った。
 生花店は、母の日に菓子店や化粧品とタッグを組んだ思い出を紹介。書籍店は「山積する問題を仲間と共に考え、行動できた。一人では乗り越えられなかっただろう」と語る。
 延べ260回を超える多彩なイベント開催も夢商店街の特徴。ボランティアらの寄稿も盛り込んだ。
 伊東理事長は「震災直後は、もう商売できないとさえ思った。商業者同士、日頃からのつながりが大切だと知ってほしい」と話す。
 記念誌は300部を作成し、入居していた店舗や支援者、市内の図書館、小中学校に配布する。


<閖上津波訴訟>佐々木前名取市長ら証人尋問実施へ 仙台地裁で10月
 東日本大震災の津波で家族4人が宮城県名取市閖上地区で死亡・行方不明になったのは市の防災無線の故障が原因だとして、仙台市の夫婦ら遺族4人が名取市に約6700万円の損害賠償を求めた訴訟で、佐々木一十郎(いそお)前市長ら計9人の証人尋問が採用される見通しとなったことが29日、分かった。9月11日の口頭弁論で正式に決定する。
 仙台地裁は既に、尋問日程を10月16、27日と指定している。佐々木氏の尋問を請求した遺族側は、防災無線の管理状況や震災当日の市災害対策本部の対応を尋ねる方針。他に閖上地区の元住民や、市側が請求した当時の市幹部らも採用される見込み。
 訴えによると、2011年3月11日、閖上地区にあった妻の実家にいた長男=当時8カ月=と父=同(64)=、母=同(61)=、祖母=同(92)=が被災。父と祖母は閖上小付近で遺体で見つかり、長男と母が行方不明になった。


<リボーンアート>宮沢賢治の世界オペラで響く
 宮城県石巻市の牡鹿半島などで開催中のアートと音楽、食の総合祭「リボーンアート・フェスティバル(RAF)2017」の一環で、宮沢賢治の作品を基にしたオペラ「四次元の賢治」が29日、同市の中瀬公園特設テントで上演された。
 約350人が来場。いずれも歌手のオオヤユウスケさん、Salyuさん、佐藤千亜妃さん、桐嶋ノドカさんが北上川を舞台に、賢治や病弱な妹のとしこ、大事なものを奪われた幼い川ガニの兄弟の思いが交錯するストーリーを歌い上げた。
 脚本は思想家で人類学者の中沢新一さん、音楽はRAF実行委員長で音楽プロデューサーの小林武史さん(新庄市出身)が手掛けた。
 北海道旭川市から鑑賞に訪れた田代航さん(44)は「ストーリーと音楽、映像の世界観がマッチしていて良かった」と話した。
 オペラは30日もあり、午後6時開演、全席自由4500円。チケットは石巻市中央2丁目の旧観慶丸商店のRAFインフォメーションセンターで同日正午まで購入可能。連絡先はGIP022(222)9999。


岩手豪雨災害1年 岩泉町で追悼慰霊式 20人の冥福祈る
 岩手県と北海道で計23人が死亡、4人が行方不明になった台風10号の豪雨災害から1年となる30日、20人が死亡した岩手県岩泉町で町主催の追悼慰霊式が営まれ、遺族ら約400人が犠牲者の冥福を祈った。
 伊達勝身町長は「尊い命を守れなかった悔しさは、あの日から決して忘れることはない。一日も早く復旧・復興を成し遂げたい」と述べた。母の穂高ミネさん(当時93歳)を亡くし、現在は仮設住宅で暮らす恵美子さん(66)は「優しく花が好きだった。多くの人が献花してくれて喜んでいると思う」と声を震わせた。
 同町安家地区では同日夜、仮設住宅で生活する住民ら約80人が橋の上などに置いた約70基の灯籠(とうろう)に灯をともし、午後7時から約1分間、黙とうをささげた。【小鍜冶孝志】


<台風10号豪雨1年>生活再建これから
 観測史上初めて東北の太平洋側に直接上陸した昨年8月の台風10号による豪雨から、きょう30日で1年。氾濫した岩手県岩泉町の小本(おもと)川沿いには、被災して傾いた住宅が今も無残な姿をさらけ出していた。(3.30面に関連記事)
 同町乙茂(おとも)の高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」では避難が遅れ、入所者9人が洪水の犠牲になった。施設は解体され、現在は駐車場として利用されている。川沿いの道路や河川の復旧工事は人手不足などで発注が滞り、本格着手は秋以降となる。
 一方、観光名所の龍泉洞は今年3月に営業を再開。町の第三セクター岩泉乳業は工場を再建し、10月に主力商品の生産を始める。
 台風10号豪雨で岩手県内では21人が死亡、2人が行方不明となった。岩泉町など5市町村の仮設住宅に、214世帯が身を寄せている。


<台風10号豪雨1年>秋田豪雨で教訓生きる
 昨年8月の台風10号豪雨で、避難の遅れから入所者9人が亡くなった岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」の悲劇は、福祉の現場に重い課題を突き付けた。今年7月には、秋田県を襲った大雨で雄物川が氾濫。その時、高齢者施設では−。(盛岡総局・斎藤雄一)
 東北北部が記録的大雨に見舞われた7月22日午後10時半、大仙市の特別養護老人ホーム「愛幸園」に勤務時間外の職員3人が駆け付けた。夜勤の3人と手分けし、雨量や河川の水位に関する情報の収集が始まる。
 愛幸園は、雄物川から約500メートルという洪水浸水想定区域に立地する。夜明け前には職員38人が集まって非常食やおむつを準備。23日午前7時半、約1キロ離れた避難所の平和中に入所者81人の搬送を始めた。
 雨が峠を越えたのを確認し、午後6時には全入所者が施設に戻った。体調を崩した入所者はいなかった。
 愛幸園は台風10号豪雨を受けて昨年10月、水害想定の避難計画を策定した。翌11月には入所者をベッドや車いすで搬送する避難訓練も実施。今年6月には近隣住民や市職員と防災学習会を開き、連携を確認していた。
 施設長の山谷勝志さん(63)は「楽ん楽んの悲劇から、災害時の人員配置や協力体制を整えておかなければならないと痛感した。避難所への移動は計画通りできた」と振り返る。
 台風10号豪雨を教訓に策定した計画に基づき円滑に避難を進めた一方、肝心の情報収集や行政との連携には課題が残った。
 愛幸園周辺に「避難指示」が出たのは23日午前4時20分。「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」と段階を経ず、一足飛びの発令だった。
 準備を整えていたにもかかわらず、実際の避難開始は指示発令の3時間後と出遅れた。付近を巡回していた市広報車の音声も聞こえなかった。
 「市の避難情報は福祉施設へ電話で直接知らせてほしい。今回の反省を生かして情報収集に関する計画を見直し、行政との連携を密にしたい」と気を引き締める山谷さん。現場の試行錯誤が続く。


<台風10号豪雨1年>法的責任認め賠償を 遺族、法人に要求
 昨年8月の台風10号豪雨による洪水で犠牲になった岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」の入所者9人のうち6人の遺族は29日、施設を運営していた医療法人社団「緑川会」(岩泉町)に、避難が遅れた法的責任を認めた上で慰謝料を支払うよう求める書面を提出したことを明らかにした。
 書面は25日付。他に(1)被災時、施設内にいた女性所長による直接説明(2)施設の避難計画の公表(3)遺族の意向を無視した施設跡地への慰霊碑建設の停止−を求めた。9月10日が回答期限で、応じない場合、一部遺族は法的手続きを検討する。
 岩手県庁で記者会見した遺族代理人の吉江暢洋弁護士は「避難準備情報が発令されていたのに、法人は入所者を漫然と留め置いた。法人は弔慰金を支払うとしているが法的責任はないと主張しており、到底納得できない」と指摘した。
 緑川会は昨年10月、遺族向け説明会を開いたものの所長は入院中で欠席。遺族は再度の説明会開催を求めたが、実現していない。
 避難計画については「水害に備えたものは策定しておらず、要配慮者の避難を始めるという避難準備情報の意味も理解していなかった」と強調した。
 慰霊碑は一周忌となる30日までに建立するとしていたが延期した。遺族の反発を考慮したとみられる。
 入所していた母チヤさん=当時(95)=を亡くした埼玉県の写真家八重樫信之さん(73)は「法人の対応は初めから誠実でなく納得できない。慰霊碑建設には賛成だが、遺族の気持ちを酌んでほしい」と述べた。
 遺族の要求に関して、緑川会は「取材には答えない」としている。


<台風10号豪雨1年>「楽ん楽ん」9人安らかに 跡地に献花台
 昨年8月の台風10号豪雨から30日で1年となった。小本(おもと)川の氾濫と避難の遅れで入所者9人が洪水の犠牲になった岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」の跡地には、献花台が設けられた。
 午前10時半には、施設を運営していた医療法人社団「緑川会」(岩泉町)の職員約50人が献花台前に整列し、黙とうした。
 佐藤弘明常務理事は「9人の尊い命を失った責任は一生背負っていく」と沈痛な面持ちで語り、「二度とこのような悲劇が起こらないよう、職員と避難訓練を重ねていきたい」と誓った。
 台風10号豪雨により岩手県内では21人が死亡、2人が行方不明となった。死者・行方不明者21人と被害が集中した岩泉町は午後、町主催の追悼慰霊式を行う。
 県警と消防は午前10時から小本川で、行方不明者の手掛かりを求めて集中捜索を実施した。


規制委 田中委員長「廃炉、東電がもう少し自分の判断で」
インタビュー 柏崎刈羽の安全審査で合格の前提条件
 原子力規制委員会の田中俊一委員長は29日、9月18日の任期満了を前に毎日新聞のインタビューに応じた。東京電力福島第1原発の廃炉について「東電がもう少し自分の判断でやらないといけない」と述べ、国などに頼らず主体的な取り組みが不可欠との考えを強調した。さらに、終盤を迎えている東電柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働に向けた安全審査に関連づけ、合格の前提条件になるとの認識を示した。
 規制委は30日、東電の川村隆会長と小早川智明(ともあき)社長を呼び、廃炉作業に対する姿勢や安全への考え方などを聞く。
 田中委員長は「東電トップが、福島第1事故を自分たちの責任として意識し、きちんと取り組む覚悟があるかどうかを確認したい」と述べた。これまでも、東電が放射性物質のトリチウムが残った処理水を処分できず、たまり続けていることなどを懸念し、「福島の廃炉をやりきらなければ、柏崎刈羽を運転する資格はない」と批判していた。この指摘に対し、東電は25日に文書で回答したが、処理水の処分方法は具体的に示さなかった。
 田中委員長はインタビューで「(漁業者ら影響を受ける可能性のある)相手がおり、示せないでしょう。具体策より、安全に対する経営陣の考え方を聞いている」と一定の理解を示した。【岡田英、柳楽未来、鈴木理之】


<東電>汚染水処分またゼロ回答 規制委聴取で経営陣
 原子力規制委員会は30日の定例会合で、東京電力が再稼働を目指す柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の審査の一環として、川村隆会長や小早川智明社長ら経営陣を呼び、原発の安全確保に関する考え方を聴取した。川村氏、小早川氏とも、焦点だった福島第1原発で増え続ける汚染水の処分方法については具体的な説明を避けた。
 規制委は近く、東電が再び原発を動かす事業者として適格かを判断する。6、7号機の再稼働審査は終盤で、田中俊一委員長が9月に退任する前に合否判断に関し一定の方向性を示すかどうかが焦点となっている。


<平泉柳之御所遺跡>堀で土橋跡を発見 中尊寺往来に使われた可能性
 岩手県教委は29日、奥州藤原氏の政庁跡とされる岩手県平泉町の柳之御所遺跡で、12世紀半ばまでに造られたとみられる土橋の跡を発見したと発表した。中尊寺との往来に使われた可能性を考古学的に証明する発掘成果で、世界遺産の追加登録に向けた重要な資料として期待される。
 発掘場所は中尊寺方向に面した北西部の二つの堀のうち外側の古い堀で、長さ約5〜6メートル、幅約4.5メートル、高さ約2メートル。古い堀で橋が見つかったのは初めて。
 元の地面を残す工法で造られており、堀が掘削された12世紀前半〜中ごろ、計画的に整備されたとみられる。過去の調査では同じ場所から中尊寺に向かって延びる道路跡も確認された。
 藤原氏の初代清衡は11世紀末に平泉に移り、政庁「平泉館(ひらいずみのたち)」を拠点に中尊寺建立に当たったとされる。
 平泉遺跡群調査整備指導委員会の田辺征夫委員長は「浄土思想によるまちづくりの中心に平泉館があったことを裏付け、遺跡の重要性を示す」と話した。


建築費水増し疑惑扱わず 民進「加計調査チーム」の及び腰
 疑惑の本丸の逃げ切りを許すのか――。28日、衆院第一議員会館で民進党の「加計学園疑惑調査チーム」による会合が開かれ、今治市の獣医学部新設について関係省庁へのヒアリングを行った。議題に挙がったのは、文科省の大学設置審議会の審査内容や国家戦略特区ワーキンググループの議事録、「政府統計の総合窓口」(e―Stat)の建築着工統計調査データなどについてだ。
 おや? あの問題はどうなった――。先週23日にインターネット上で公開された計52枚におよぶ獣医学部棟の建築図面に関しては一切触れられなかったのだ。図面をめぐって、獣医学部キャンパスの“建築費水増し”疑惑が浮上。最大96億円もの“補助金詐取”の疑いすら指摘されているにもかかわらず、疑惑調査チームがこの問題を扱わなかったのはなぜなのか。
 同党の玉木雄一郎幹事長代理は26日、自身のツイッターにこう投稿していた。
<かなり高度な情報戦になってきている感じも受けており、追及する側もしっかり脇を締めてファクトを確認しながら進めないと、足元をすくわれる可能性があると、警戒、警告している>
 どうやら調査チーム内で図面の扱いをめぐり慎重論が出ているようなのだ。
「調査チームの議員に対して『図面の真贋をちゃんと判断した方がいい』との声が寄せられたようです。問題のワインセラーについても、加計サイドは『計画を見直し、すでに設置をやめた』と説明。最新情報に基づいて追及しなければ、足をすくわれることになりかねません」(民進党関係者)
 慎重な検証は言うまでもないが、追及すべき問題は明白なのだ。
■追及すべきは常軌逸する坪単価780万円
 図面から指摘された建築費水増し疑惑に対し、学園側が建築費と坪単価の正確な数字として23日と24日に日刊ゲンダイに送ったファクスの内容によると、<建物工事費は約126億円、第1期だけの建物工事費は約80億円>である。来年4月開始予定の第2期工事期間で、残る工事費は約46億円となる計算だ。
 ところが、学園側が文科省に提出した資料によると、第2期工事における建設予定施設は「大講義棟」と「大動物実習施設棟」の2カ所のみで、延べ床面積は約1945平方メートル。学園側の主張をもとに第2期工事の坪単価を算出すると、ナント約780万円にも上る。
 建設費が当初見込みの約3倍、2752億円に増加した豊洲市場でさえ、坪単価は200万円程度。いかに常軌を逸した額かが分かる。百歩譲って、獣医学部として特殊な建物が必要だとしても高すぎだろう。水増し疑惑払拭のためのツジツマ合わせで、墓穴を掘ったのかも知れないが、民進党はこうした不可解な点を追及し、安倍政権を追い込むべきではないか。
「会合において議論のテーマがころころと変わってしまうのは毎回のことです。単純に議員の興味のウエートが、図面から別の問題に移ってしまったのでしょう」(民進党国会対策事務局)
 大学設置審査の内容も重要だが、あくまで疑惑の本丸は安倍首相の「腹心の友」が理事長を務める加計学園だ。
 学園側が建築費水増し疑惑で墓穴を掘りつつあるのに、民進党はふらついている場合じゃない。


北朝鮮ミサイル Jアラート、7道県16市町村でトラブル
 政府は29日、北朝鮮のミサイル発射を受け、全国瞬時警報システム(Jアラート)を通じて、北海道や青森県など12道県の617市町村に情報を伝えたが、総務省消防庁は少なくとも7道県16市町村で情報伝達にトラブルがあったことを明らかにした。
 北海道旭川市によると、自動起動装置のトラブルで地元ケーブルテレビの視聴者に文字放送が流れなかった。
 青森県鶴田町では、町民147人に対して誤って訓練用のメールを送信。また、接続ミスにより、防災行政無線から音声が出なかった。同町の担当者は「いずれも人為的なミス」と話した。北海道えりも町でも、防災無線のスピーカーから音が出なかった。
 Jアラートは武力攻撃や地震、津波などの際、自治体の防災行政無線などを自動的に起動させ、住民へ情報を瞬時に伝えるシステム。北朝鮮のミサイル発射情報は、2012年12月、16年2月に続き3回目だ。過去2回はいずれも沖縄県のみが対象で、12年は発射から約6分後、16年は約4分後に情報が伝わった。
 ミサイル攻撃などの際に情報を送信する内閣官房によると、あらかじめ全国を9エリアに分類。今回はそのうち一つのエリアに情報が送られた。北海道や東北地方だけでなく、栃木、新潟、長野県なども対象になった。担当者は「発射後すぐに判断しなければならず、影響があり得るところ全てに送った」と語った。
 福田充・日本大危機管理学部教授は「迅速に対応した点は評価できるが、広範囲に送信したことで多くの自治体が対応せざるを得ずトラブルも起きた」と指摘。「北朝鮮のミサイルはどこを飛んでもおかしくない。『住民の命を守る』という意味で、どの自治体も訓練や研修を繰り返さないといけない」と述べた。
 また北海道は、この日午後にたまたまミサイル発射に対応した訓練を予定しており、Jアラートを受けて道内市町村などに防災行政無線の作動の有無などの報告を求める際に「訓練」と記された用紙を誤送信した。担当職員が慌て、誤ったという。【後藤豪、田所柳子】


北朝鮮ミサイル Jアラート作動に「どこに逃げれば…」
戸惑う市民、自治体
 北朝鮮による弾道ミサイル発射を全国瞬時警報システム(Jアラート)で29日早朝に知らされた12道県では、住民から「どこに逃げればいいのか」といった問い合わせが自治体などに相次いだ。学校が閉鎖していたため警察署に身を寄せた家族連れや、避難場所を求めてきた住民に急きょ役場のロビーを開放した自治体も。自然災害時と異なり、ミサイル発射時の具体的な避難場所は定まっておらず、各地で戸惑いや混乱が広がった。
 ミサイルが上空を通過した北海道えりも町。地下避難できる建物が町中心部になく、町のホームページに具体的な避難場所も明示できていない。
 「近所に頑丈な建物はない。一般家庭に地下シェルターがあるわけでもなく、ただテレビを見てやり過ごした」。えりも町で理容店を営む水野明さん(66)は疲れた様子で語った。同町で難病の娘を介護する小林妙子さん(68)も「そもそもどのような行動が必要なのか知らなかった。短時間で寝たきりの娘を窓のない部屋に移動させるのは難しい」と困惑した。
 12道県では各自治体などに具体的な避難場所を問い合わせる電話などが相次いだ。
 山形県酒田市役所には「避難はできないか」と問い合わせがあり、10人が訪れた。急きょ1階のロビーを開放したが、担当者は「自治体として避難は呼び掛けていなかったので、驚いた」と話す。山形県も県庁に避難場所を求めてきた6人を警備員の判断で受け入れた。同県は「想定していなかった。マニュアルを作成したい」(管財課)とする。
 また、群馬県桐生市の県警桐生署には、乳児を抱いた夫婦が「学校に避難しようとしたが閉まっていた」と訪れ、同署は待合室を使ってもらった。
 一方、仙台から福島に向かう電車に乗っていた大学生(18)は「緊急停車して『安全を確認中です』というアナウンスが流れた。電車の中だと、どうしようもない」と話す。JR新潟駅ホームで新幹線を待っていた新潟市の女性(69)は「実際に警報に接して、もう少ししっかり把握しておかなければならないと感じた」と語った。
 青森県弘前市では、Jアラートを携帯電話で知った蒔苗(まかなえ)きみさん(85)が非常用持ち出し袋を背負って自宅を出たが、「どこに逃げたらいいのか」と路上で途方に暮れていた。青森市でリンゴを販売する嶋中伸哉さん(72)は「隠れようがなく、このままではただオロオロするのが現状ではないか」と話した。
 青森県には国民保護法に基づく指定避難建物は1495カ所あるが、北朝鮮のミサイルは発射から10分程度で県内に飛来すると推定され、避難の時間は限られている。県内には地下鉄もなく、大規模な地下街もない。県防災危機管理課長の坂本敏昭氏は「想定される危険について国がもう少し具体的に周知してくれたら。自治体はいたずらに住民の不安をあおるような情報を発信しづらい」と指摘した。【安達恒太郎、藤田晴雄】
Jアラートで通知を受けた12道県
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 長野県 新潟県


常軌を逸した北朝鮮ミサイル騒動の裏に何があるのか<上>
まるで空襲警報だったJアラートは恐怖を煽るだけが目的なのか
 朝早くに鳴り響いた「ウォーン」という警報音に、多くが異様な気配を感じたはずだ。
 29日午前6時2分、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したのを受け、政府は北海道など12道県のJアラート(全国瞬時警報システム)を作動。自治体の防災無線の他、携帯電話に緊急速報メールが流された。テレビ各局の画面も一斉に切り替わり、アナウンサーが屋内への避難を呼びかけるコメントを繰り返す。6時10分すぎにNHKが流した速報は、「北朝鮮からミサイルが東北地方の方向に発射されたもよう」。その後、ミサイルが日本上空を通過したことが伝えられたが、まるで日本列島を直撃する「空襲警報」かというような緊迫感だった。
 だから住民がパニックになったのも無理はない。北海道警には「どこへ逃げればいいんだ」という110番が90件以上あった。新幹線や在来線は一時運転を見合わせ。自治体は大わらわで、休校にする学校も相次いだ。
 だが、Jアラートからミサイル上空通過までわずか5分、襟裳岬東約1180キロの太平洋上に落下するまで10分。そんな短時間に避難などできるわけがない。「地下に行けと言われたって、この辺りは地下がない」「頑丈な建物へ逃げようと山形県庁に行ったが、入れてもらえなかった」という冗談みたいな光景が各地で展開された。政府は全国でミサイル避難訓練を行ってきたが、これが現実なのである。
 北朝鮮のミサイル強行発射はとんでもない。しかし、ミサイルは日本列島上空を通過しただけであり、人的物的被害は一切出ていないのに、テレビも交通機関も自治体も大騒ぎしすぎじゃないのか。
「日本国内が過剰に反応すればするほど、北朝鮮の思うツボですよ。騒ぎを起こして、世界に見せつけようというのが北の狙いなのですから。それに、国民が不安を感じざるを得なくなってしまったのは外交・安保政策の失敗にあるのに、安倍政権は不安を煽って対外緊張を支持率回復につなげようとしている。ひどい話です」(政治学者の五十嵐仁氏)
 常軌を逸した反応は、そんないかがわしい安倍政権を後押しすることになるだけなのである。
米朝の戦争に首を突っ込んで、ついに脅しの標的にされるアホらしさ
 ミサイル発射後、官邸でぶら下がり会見を行った安倍首相は「わが国を飛び越えるミサイル発射という暴挙は、これまでにない深刻かつ重大な脅威である」とイキリ立った。過去にも北朝鮮のミサイルが事前通告なく日本上空を通過したことはあるのだが、今回の脅威はレベルが違うと言わんばかりだ。
「そもそも、北朝鮮が見ているのは米国の反応だけです。もし、本当に日本に対してミサイル攻撃を仕掛けてきたとしたら、北朝鮮にそんな行動を許した日本外交の大失敗ですよ。なぜ米国や韓国ではなく、日本が真っ先に標的にされなければならないのか。それだけで内閣総辞職ものの責任問題です」(元外交官の天木直人氏) 北朝鮮が米国を敵視するのは分かる。1953年、米国を主体とする国連軍と北朝鮮・中国軍との間で休戦協定が結ばれて60年以上が経つが、まだ朝鮮戦争は終わっていない。停戦状態にあるだけだからだ。
 米朝が交戦状態になれば、在日米軍基地が攻撃対象になる可能性はあるが、本来は日本が軍事攻撃の標的にされる理由はない。米朝の戦争に首を突っ込んで、脅しの標的にされるなんてアホみたいな話なのである。
 ところが2年前、安倍は「米国の戦争に巻き込まれることは絶対にありえない」と言って、集団的自衛権の行使を可能にする安保法を強行成立させた。同盟強化の名のもとに米軍との一体化が進めば、日本がミサイル攻撃の標的になるリスクは高まる。自分で危機を招き入れておいて、ミサイルが上空を通過するとJアラートを鳴らして大騒ぎ。この裏にはどんな狙いがあるのか、気づく必要がある。
北朝鮮がこのタイミングで様々な強硬手段に出ている理由
 北朝鮮は今年になって13回も弾道ミサイルを発射しているが、特に最近、その攻勢を強めていた。
 7月にはICBM(大陸間弾道ミサイル)「火星14号」を2度発射し、今月9日には、米領グアム沖への「火星12号」の発射計画を発表。21日から米韓合同軍事演習が始まると、「火遊びする愚か者の行動を黙って見ているだけではない」と警告。26日には日本海に向けて新型多連装ロケット砲弾3発を発射した。そしてわずか3日後に弾道ミサイル「火星12号」の発射を強行したのである。
 なぜ、北はこのタイミングで立て続けに強硬手段に打って出るのか。
 元韓国国防省分析官で拓殖大学国際開発研究所の高永テツ客員研究員はこうみる。
「金正恩朝鮮労働党委員長の暴走のように見えますが、優秀なコンサルタントがいて、北は“一石三鳥”とも言えるシタタカな戦略を持っています。米韓合同軍事演習への牽制、先軍節など記念日に合わせた国威発揚、確実に進化している技術力の誇示です。先月28日深夜の火星14号はロフテッド軌道で、米本土までの射程を示した。今回は通常軌道では難易度が上がる大気圏再突入にも成功したのです。北には焦りがある。国内には韓国などからの情報が流入していて、金正恩体制に疑問を抱く国民が現在3割近くに上ります。北はオバマと違ってトランプなら挑発に乗ってくると踏んでいます。米国からの攻撃をギリギリ避けながら挑発を繰り返し、この機に米朝交渉まで持っていこうという算段です」
 北は着々と歩を進めているというわけである。


麻生氏 ヒトラー触れ指南「いくら動機正しくても駄目」
 麻生太郎副総理兼財務相は29日、横浜市で開いた自身が率いる麻生派研修会での講演で「(政治家を志した)動機は問わない。結果が大事だ。何百万人を殺したヒトラーは、いくら動機が正しくても駄目だ」と述べた。ナチス・ドイツの独裁者を例示して政治家の心得を指南した発言で、国内外で問題視される可能性がある。
 講演では「確たる結果を残して初めて、名政治家だったと(言われる)。人が良いだけでできる仕事ではないと、皆さんもよく分かっている」とも述べた。


麻生副総理「ヒトラーの動機は正しかった」発言は本音! 安倍自民党に蔓延するナチス的価値観
 またも、あの男が暴言を吐いた。昨日、麻生太郎副総理兼財務相が、麻生派の研修会でこう述べたというのだ。
「(政治家は)結果が大事なんですよ。いくら動機が正しくても何百万人殺しちゃったヒトラーは、やっぱりいくら動機が正しくてもダメなんですよ、それじゃあ」
 ヒトラーの動機は正しかった──。何の弁解の余地もない、ヒトラーを肯定する大問題発言だ。現在はちょうど高須クリニックの高須克弥院長によるナチス礼賛ツイートが問題となっているが、今回はよりにもよって副総理の発言。国際的な非難を浴びるのは必至だ。
 そもそも麻生副総理といえば、2013年にも「憲法はある日気づいたらワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。誰も気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね」と発言し、大問題に発展。ユダヤ人権団体のサイモン・ウィーゼンタール・センターが抗議声明を発表したほか、ドイツの有力紙・ヴェルトも「日本の副首相、ナチスの戦術を称賛」という見出しで報じるなど海外にも波紋が広がった。
 このとき麻生副総理は「悪しき例としてあげた」と釈明したが、今回も「悪しき政治家の例としてヒトラーをあげた」と言い訳している。しかし、同じ言い訳が2度も通用するはずがない。しかも、今回は前回の反省もなく、“ヒトラーの動機は正しかった”とはっきり肯定している。何度も言うが、戦前のナチスを肯定するなど国際社会においてはけっして許されない。大臣は即辞任、いや、政治家を辞するべき発言だ。
 いや、だいたいこの“暴言男”が、いまなお副大臣という座にいること自体がどうかしているとしか思えない。1983年には「女性に参政権を与えたのは失敗だった」と言い放ち、2007年には国内外の米価を比較して「アルツハイマーの人でもわかる」と述べ、2009年には学生から“若者には結婚するお金がないから結婚が進まず少子化になっているのでは?”と問われ、「金がねえなら、結婚しないほうがいい」「稼ぎが全然なくて尊敬の対象になるかというと、よほどのなんか相手でないとなかなか難しいんじゃないか」と返答。2014年には、社会保障費の増加について「子どもを産まないのが問題だ」とも語っている。
過去にはナチスの障がい者、高齢者抹殺を想起させる発言も
 女性や認知症患者というマイノリティを蔑視し、また、少子化の要因となっている若者の貧困や子育ての厳しい現状を直視せず、金持ちのボンボンとしての価値観を露わにする。──しかも、これらは偽らざる本音なのだろう。実際、2006年の外相時代、麻生氏は北朝鮮のミサイル発射に際して「金正日に感謝しないといけないのかもしれない」とも述べている。“北朝鮮のおかげで軍拡が進められる”というこの発言は、いま現在の安倍首相とも共通するものだろうが、ともかく麻生氏は思慮があまりに浅いために、いつも暴言・失言騒動を巻き起こすのだ。
 だが、今回のヒトラー肯定発言において、麻生氏の忘れてはいけない暴言がある。それは2013年の社会保障制度改革国民会議で述べた、このような言葉だ。
「(高齢者の終末期の高額医療を)政府のお金でやってもらっていると思うと、ますます寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらうなど、いろいろ考えないと解決しない」
 このとき、麻生氏は終末期医療を受けている患者のことを「チューブの人間」とさえ表現。無論、こうした暴言には批判が集まったが、やはり反省もなく、昨年も「90になって老後が心配とか訳のわからないことを言っている人がテレビに出ていたけど、いつまで生きているつもりだよと思いながら見ていた」と講演演説で述べている。
 社会福祉の当然の対象である高齢者を差別的な視点から俎上に載せ、命をコストで計図った上で“生きる価値がない”と烙印を押す。そうした考え方は、まさにナチスの政策と通じるものだ。事実、ナチスは安楽死作戦において障がい者や高齢者を抹殺している。
 麻生副総理が言う「正しい動機」とは、こうしたナチスによる優生政策も含まれているのだろう。しかしどうだ。ナチスの行いを「動機は正しい」と肯定することによって、命を金で換算する価値観を拡大させ、結果、相模原であのような残忍な事件が起こったのではないか。
 しかし、ナチスを悪いと思っていないのは、麻生副総理だけではない。自民党そのものが、ナチスへ共感を深め、親和性を高めてきたのだ。
歴史的に見ても自民党はナチス的価値観と親和性が高い
 現に、1994年には、自民党東京都支部連合の事務局広報部長(当時)だった小粥義雄氏が『HITLER ヒトラー選挙戦略』(永田書房)なるヒトラーの選挙戦略を学ぶという趣旨の書籍を出版。なんと自民党の候補者に向けた選挙戦略啓発本で、“ヒトラーに学べ”と堂々と宣言していたのである。
 しかも、同書には高市早苗前総務相がこんな推薦文を寄せていた。
「著者の指摘通り勝利への道は『強い意志』だ。国家と故郷への愛と夢を胸に、青年よ、挑戦しようよ!」
 同書は米ニューヨーク・タイムズ紙などから「ヒトラー称賛」と批判を受け、ユダヤ人団体も抗議。わずか2カ月後に絶版回収となったが、それでも推薦文を書いた高市前総務相や稲田朋美前防衛相、西田昌司参院議員という自民党議員は、2014年にネオナチ団体代表とツーショット写真を撮っていたことが発覚し、またも海外から批判を浴びている。
 つまり、自民党はもともとナチスに対する批判的視点や拒否感が欠落しているのだ。それも当然だろう。以前にも本サイトでは指摘したが、源流を辿れば、戦前、大日本帝国はヒトラーのドイツ、ムッソリーニのイタリアという独裁主義国家と三国同盟を結び、アメリカやイギリスなどの民主主義国家と戦争を繰り広げていた。そして、安倍首相の祖父である岸信介元首相をはじめ、そのナチス・ドイツと日本が結びついていた時代に政権の内部にいたり官僚だった人間たちが参加してつくったのが自由民主党だからだ。
 そう考えれば、敗戦と占領によってアメリカに対して恭順の意を示しているだけで、この政党の底流に流れている考え方はアメリカやイギリスなどの連合国的価値観よりも、ドイツ、イタリアなどの枢軸国的価値観に近い。
 そして、安倍首相が深く関与して作成された憲法改正草案でぶちあげた緊急事態条項の創設が物語るように、その精神は安倍首相をはじめ現政権に受け継がれ、いま、さらに再強化されているのだ。
 たとえば、安倍首相が「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と自分の批判者を国民とみなさず分断したことも、現在の北朝鮮のミサイル問題でやたら脅威と憎悪を煽り立てているのも、「ナチスの手口」にほかならない。事実、ヒトラーの右腕だったヘルマン・ゲーリングは、こう述べている。
「国民を戦争に駆り立てるのは簡単なことだ。『われわれは外国から攻撃されようとしている』と国民をあおり、平和主義者を『愛国心が欠けている』と非難すればいい」
 麻生副総理の発言への責任追及は当然だが、このように問題は根深いということをよく知っておく必要があるだろう。なにしろ、いままさにヒトラーを「動機は正しい」とする者たちによって、歴史が繰り返されようとしているのだから。(編集部)


日弁連、「鶴見事件」の再審支援を決定…高橋死刑囚以外に「別の犯人説」浮上
日本弁護士連合会は8月30日、横浜市鶴見区で1988年に発生した強盗殺人事件、通称「鶴見事件」で死刑が確定している高橋和利死刑囚(83歳)について、再審請求支援を決定したと発表した。決定は8月25日付。
この事件は、いまから約29年前の1988年6月、金融業と不動産業を営む男性と内縁の妻が、その事務所でバールのような凶器で殺害されて、現金1200万円が奪われたというものだ。
高橋死刑囚は1988年7月、強盗殺人の罪で逮捕されて、犯行を自白したが、裁判では一転して「2人を殺していない」と否認した。2006年に死刑が確定したあとも、再審(裁判のやり直し)を求めている。
●死刑囚は「本当にうれしい」と言葉をつまらせた
日弁連の人権擁護委員会は8月30日、東京・霞が関で記者会見を開いた。同委員の野嶋真人弁護士はこの日、東京拘置所に収監中の高橋死刑囚に面会してきたことを明かした。再審支援の決定を伝えたところ、高橋死刑囚は言葉をつまらせ、涙ながらに「本当にうれしいです」と話したという。
野嶋弁護士は「(高橋死刑囚は)83歳という高齢にしては、意外に元気だが、(判決確定後の)11年間、死刑囚として苦しんでいる。家族ともあまり面会できていない。釈放されたら、昔中学生のころにキャンプした島に行きたいと言っていた。元気なうちに釈放させたい」と述べた。
●2つの「新証拠」がポイントに
また、同委員の久保内浩嗣弁護士は、再審支援の決定に至った理由について、2つの「新証拠」がポイントになったと説明した。
1つは「凶器」についての疑問だ。確定判決では、高橋死刑囚の自白をもとに、被害者2人の致命傷となった下あごの損傷は、いずれもバールのような凶器で打撃されたものと認定された。また、被害者女性の背中にあった損傷は、プラスドライバーのような凶器で刺されたものとされた。
しかし、日弁連が新たに法医学教室に鑑定依頼したところ、「下あごの損傷はバールではできない」「背中の損傷はプラスドライバーではできない」という結果が出た。建物を壊すときなどに使われる「鳶口(とびくち)」が凶器だったと考えられるという。
もう1つは、「真犯人の可能性がある人物」が浮上したことだ。日弁連が、被害者遺族の代理人の保管記録を調べたところ、本来、事務所にあるはずの「小切手」が持ち去られていたことがわかった。小切手を持ち去る動機のあった人物が真犯人の可能性があるという。


訃報 谷口稜曄さん88歳=被団協代表委員、長崎で被爆
 長崎原爆の被爆者で、日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協、本部・東京)代表委員の谷口稜曄(たにぐち・すみてる)さんが30日、十二指腸乳頭部がんのため亡くなった。88歳だった。通夜は31日午後7時、葬儀は9月1日午後1時、長崎市光町16の18の平安社長崎斎場本館。自宅は同市大鳥町15の33。喪主は長男英夫(ひでお)さん。
 谷口さんは16歳の時、爆心地から約1.8キロで郵便配達中に被爆。背中一面を熱線で焼かれるなど、瀕死(ひんし)の重傷を負った。被爆直後からの入院生活は3年7カ月にわたり、うち1年9カ月をうつぶせで過ごした。その後も後遺症治療などのため、入退院を繰り返した。
 他の被爆者とともに反核運動を始め、1956年に結成された長崎原爆被災者協議会(被災協)の活動にも当初から参加。被爆者援護の充実や核兵器廃絶を求める運動に取り組んだ。2006年5月に被災協の会長、10年6月に日本被団協の代表委員に就任した。08年からは、毎年8月9日の平和祈念式典で長崎市長が読む平和宣言の起草委員会委員を務めたほか、74年と15年には式典で被爆者代表として「平和への誓い」を読んだ。
 被爆体験を伝える「語り部」としての活動にも晩年まで取り組み、核兵器廃絶や戦争のない世界への思いを国内外で訴えた。10年には米ニューヨークの国連本部で開かれた核拡散防止条約(NPT)再検討会議に合わせて渡米。NGOセッションで、背中一面が真っ赤に焼けただれた被爆半年後の自らの写真を掲げ「どうか目をそらさないで見てほしい」「核兵器と人間は共存できない」などと訴えた。今年7月に核兵器禁止条約が国連で採択された際には、直後の集会に入院先からビデオメッセージを寄せ、「非常に喜ばしい。一日でも早く核兵器をなくす努力をしてもらいたい」と話した。
 毎日新聞が06年10月から続けている連載「ヒバクシャ」でも、核兵器廃絶や平和への思いを語っていた。


被爆者運動立ち上げ 日本被団協の谷口稜曄氏が死去
72年前、長崎市に投下された原爆で背中が真っ赤に焼ける大やけどを負い、その後、被爆者運動に立ち上げから加わった日本被団協=日本原水爆被害者団体協議会の谷口稜曄代表委員が、30日朝、がんのため亡くなりました。88歳でした。
谷口稜曄さんは、昭和20年8月9日、16歳の時、長崎市の爆心地から1.8キロの地点で被爆し、背中が真っ赤に焼ける大やけどを負って生死の境をさまよいました。
谷口さんは、被爆から10年後に同じ境遇の若者たちと「長崎原爆青年会」を結成したほか、平成18年からは「長崎原爆被災者協議会」の会長を、平成22年6月からは全国組織の「日本被団協」の代表委員を務め、一貫して被爆者の援護と核兵器の廃絶を訴え続けてきました。
平成22年5月に国連本部で開かれたNPT=核拡散防止条約の再検討会議では、背中にやけどを負った被爆当時の写真を掲げて、核兵器廃絶への切実な願いを各国の代表団に訴えました。
谷口さんは、ことし7月、核兵器の開発や保有、使用などを法的に禁止する初めての国際条約が採択されたことを「非常に喜ばしい」と評価しながらも、「核兵器の非人道性を身をもって知っている被爆者が1人もいなくなった時に、どんな世界になっていくのかが心配だ」と懸念を示していました。
谷口さんは30日朝、入院先の長崎市内の病院でがんのため亡くなりました。
日本被団協 田中代表委員「運動を次世代に継承」
亡くなった谷口稜曄さんについて、日本被団協の田中煕巳代表委員は「ふだんは寡黙だが、短い言葉で印象に残る発言をされる人だった。入退院を繰り返しながら大事な会議や会見はできるかぎり出席され、核兵器をなくしたいという執念が谷口さんを動かしてきたんだと思う」と振り返りました。
また、印象に残ることとして、7年前、国連本部で開かれたNPT=核拡散防止条約の再検討会議で谷口さんが各国の代表を前にスピーチしたことを挙げ、「背中が真っ赤に焼けた被爆当時の写真を示しながら、核兵器の廃絶を訴えたことは世界に大きなインパクトを与えた」と話しています。
そのうえで、「谷口さんが亡くなったことは被爆者運動を進めるにあたって大きな損失だが、運動を次世代に継承していきながら、核兵器の廃絶を訴え続けていきたい」と話していました。
広島県被団協 坪井理事長「功績に敬意」
同じ代表委員として長年活動をともにしてきた広島県被団協=広島県原爆被害者団体協議会の理事長を務める坪井直さんは「ともに被爆者のために力を尽くしてきた仲間を失い、非常に残念です。これまでの功績に敬意を表します。核兵器廃絶に向けて、少なくなった人間で頑張っていきたいと思います」というコメントを出しました。
被爆者団体は
長崎の5つの被爆者団体の1つ「長崎県平和運動センター被爆者連絡協議会」の川野浩一議長は「核兵器禁止条約が採択されたが、リーダーシップを発揮すべき日本政府が参加しなかったことが、谷口さんとしてはいちばん悔しくて心残りだと思います。ここまでがんばってくれた谷口さんのためにも、『禁止条約を広める活動を着実にやりとげます』という言葉を送りたい」と話していました。
被爆者の朝長さん「日本を代表する被爆者」
ことし、ニューヨークの国連本部で行われた核兵器禁止条約の交渉会議に参加した、被爆者で長崎原爆病院の名誉院長を務める朝長万左男さんは、谷口さんとともに核兵器廃絶を訴える活動を行ってきました。
谷口さんが亡くなったことについて、朝長さんは「1か月半ほど前にお見舞いに行った時は、体調はよさそうだったので非常に残念です。谷口さんはみずからの体験をもとに『核兵器は悪魔の兵器だ』と世界中の人々に訴えてきた、日本を代表する被爆者でした」と話していました。
カナダ在住 サーロー節子さん「尊い闘士失った」
国連などの場で核兵器廃絶を訴えてきたカナダ在住の広島の被爆者、サーロー節子さんは「ことしの秋にもまたお会いしたいと話していましたが、果たせず本当に残念です」と話していました。
また、谷口さんについて「口かずが少ない中にも言葉の一つ一つに重みがあり、心の内側に強い芯のある被爆者の中でも特別な存在でした。尊い闘士を失ったという思いで肩から力が抜けたように感じます」と話していました。
長崎市長「喪失感でいっぱい」
長崎市の田上富久市長は「先週の金曜日にお見舞いに行ったとき、来月20日に国連本部で行われる核兵器禁止条約の署名式に出席することを報告しました。長崎にとって、かけがえないのない人を失い、喪失感でいっぱいです」と話していました。
また、「谷口さんの訃報を受けて、被爆者のいる時代の終わりが近づいていると感じました。同じことが二度と起きないように、そして被爆者が生まれないように、命をかけて取り組んできた谷口さんの思いを受け継ぎながら、そして思い起こしながら、しっかりとバトンを途切れさせることなく、繋いでいくことが谷口さんへの感謝を伝えることになると思います」と話していました。
ことし、核廃絶を求める署名を国連のヨーロッパ本部に届ける「高校生平和大使」に選ばれた長崎東高校2年の溝口祥帆さんと長崎北陽台高校2年の溝上大喜さんはヨーロッパ訪問を前にした先月26日、谷口さんの病床を訪ねていました。
国連で谷口さんの「赤い背中」の写真を掲げることを伝えると、谷口さんは何度も「頑張ってください」と声をかけたということです。谷口さんが亡くなったことについて、溝口さんは「あまりに突然で驚きました。すごく残念です」と話していました。
そのうえで、見舞った際に谷口さんから言葉をかけてもらったことについて「私たちに核兵器廃絶を望む思いを託してくれたと思います。私たちがしっかりと谷口さんの思いを引き継いで、長崎が最後の被爆地になるよう核兵器のない平和な世界にしたい」と話していました。
また溝上さんは、「突然で、まだ心の整理ができていません。私たちにとって谷口さんがどれだけ大きな存在だったのか身にしみて感じています」と話していました。そのうえで「谷口さんの思いが私たちにバトンタッチされたように感じています。これから私たちの世代が、谷口さんを含め多くの被爆者の経験や思いをしっかりと伝えていかないといけない」と話していました。

ミス発見さる/阪急梅田でみずほ銀行発見♪

ブログネタ
フランス語 に参加中!
lasarei1

Un robot-moine pour célébrer des funérailles
L'humanoïde Pepper peut à présent être engagé pour des rites funéraires au Japon.
Multitâches, le petit humanoïde Pepper, dévoilé en 2014, avait déjà été employé comme vendeur, serveur de pizza ou encore compagnon pour les personnes âgées. Il se dote aujourd'hui d'une nouvelle fonction dans le domaine religieux.
Lors du Tokyo International Funeral & Cemetery Show, aussi appelé Life Ending Industry Expo, salon professionnel annuel de l'industrie funéraire, l'entreprise Nissei Eco a dévoilé un nouveau service pour les rituels funéraires. Il est en effet désormais possible d'engager le robot, développé par la société française Aldebaran et le groupe japonais SoftBank, en qualité de moine bouddhiste lors de funérailles.
Selon le journal Japan Times, la firme Nissei Eco proposera l'humanoïde Pepper ≪vendu comme le premier robot qui peut lire les émotions - pour chanter des sutras bouddhistes lors des funérailles et proposant une alternative moins chère que les prêtres humains≫. Sa prestation est en effet facturée environ 380 euros contre en moyenne 1 860 euros pour un prêtre humain.
Michio Inamura, conseiller exécutif de Nissei Eco, explique que le robot peut servir à remplacer les moines humains lorsqu'ils ne sont pas disponibles, rapporte l'agence Reuters. Il précise qu'avec le vieillissement et le déclin de la population japonaise, de nombreux prêtres bouddhistes reçoivent moins de soutien financier de leurs communautés, incitant certains à trouver un travail à temps partiel en dehors de leurs devoirs du temple.
Mais ce nouveau service est loin de faire l'unanimité: l'idée d'introduire une telle machine, ≪sans âme≫, dans une situation qui requiert du respect et de l'empathie est ≪mauvaise≫ et ≪stupide≫, commente entre autres le site spécialisé TechCrunch.
Pour rappel, fin mai, dans la ville de Wittenberg, en Allemagne, lors d'une exposition marquant les 500 ans de la Réforme protestante, un pasteur allemand avait installé dans son église un robot, baptisé BlessuU-2, capable de bénir les fidèles dans cinq langues différentes.
フランス語
フランス語の勉強?
布施祐仁‏ @yujinfuse
北朝鮮のミサイル発射は明確な安保理決議違反で厳しく抗議すべきだけど、Jアラートを鳴らし避難指示を出す日本政府の対応も冷静さを欠いていると思う。ミサイルの飛行高度からいっても日本を狙ったものではないことは明らか。
Jアラートとか避難指示は、本当に必要な時に出さないと、かえって国民の警戒意識を弱めることになりかねない。この先も、今回のようなケースが起こる度に出して電車止めるんですか?と思う。本当に国民保護のためというより、危機管理の判断が浅はかか、または別の意図が働いているとしか思えない。
北朝鮮が発射した弾道ミサイルが、日本に向けて撃たれたのか、そうじゃないのか、日本に落下する可能性があるのかないのかを瞬時に探知できなければ、そもそもミサイルディフェンスなんて成り立たないんですけどね。迎撃するには、さらに軌道を正確に計算する必要があるわけですから。

こたつぬこ‏ @sangituyama
原発の避難計画はつくらないのに、ミサイルの避難訓練はやりたがるとか。
「かつてない深刻な脅威」が起きているのに、国会は開かないという謎の国。

おごちゃん / IoT素人なのですが‏ @ogochan
「完全に把握」は北朝鮮向けのメッセージとしては妥当だと思うけど、国内向けに言ったら「わかってたらどうにかしろよ」でしかないと思う。「だから大丈夫だと判断した」のであれば「じゃあ騒ぐなよ」になるし。国内向けにドヤることじゃない。
やがて空は晴れる...。‏ @masa3799
ABCキャスト。北ミサイル発射、日本政府の対応に、古賀茂明「今までにない(脅威)とか言ってるけど全然ウソ。これは明らかに国民の危機感を煽るために言っている。危ない、危ない、地下に入れとか言ってるけど一番危ないのは原発。原発についてはいつも何も言わずにただ一般的な恐怖感を煽る…」
Tad‏ @CybershotTad
#報ステ
後藤謙次「防衛上の問題が浮き彫りに。安倍総理は、最初から最後まで日本は掌握していた、だから迎撃の体制は取らなかったと。その一方で、では何故Jアラートを出したのか。ちぐはぐ感。極めて巨額の予算を伴うわけだから日本にとってミサイル防衛は何なのか。その反省を迫られた一日」

望月衣塑子‏ @ISOKO_MOCHIZUKI
#北朝鮮 の #ミサイル が北海道の一部上空を通過し1200km 離れた太平洋に落下。北朝鮮の狙いは、戦争することではなく、軍備強化を背景に、国際的な発言力を持ち、米国と台頭に話し交渉できる位置に立つ事。日本政府にはミサイル発射に煽られるのではなく、より冷静な対応が求められている
修の今でしょ!講座 3時間スペシャル
今回は長生きの秘訣が分かる特別企画!! 健康長寿1000人に調査!!肉料理・発酵食品・睡眠・お風呂…普段良く食べる物や生活習慣を取材!どうして健康で長生きできるのか、番組がご長寿のビッグデータを作成する!長生きの方々は○○肉をよく食べていた!睡眠時間は○時間だった!お風呂の温度は○○℃だった!更に長寿の村へ潜入し長生きの方々の生活に密着!驚きの習慣とは… 長生きしたい方は必見の3時間SP
林修 松尾由美子(テレビ朝日アナウンサー) 白澤卓二 江田証 早坂信哉 白濱龍太郎 下方浩史 高橋英樹 松嶋尚美 中山雅史 秋元真夏 ☆番組HP  http://www.tv-asahi.co.jp/imadesho/


パワーアップでミス発見されてしまいました.焦ってしまったけれど仕方ありません.とにかく明日訂正しなくては・・・
阪急梅田でみずほ銀行発見♪今まで15階まで行っていたので少し近いです.

<七十七銀女川支店>遺族「調査結果、慰霊碑説明を」
 東日本大震災の津波で死亡・行方不明になった七十七銀行女川支店(宮城県女川町)の行員らの家族は28日、犠牲者を出した原因の調査結果や慰霊のモニュメント設置などについて説明するよう、七十七銀に申し入れた。
 長男健太さん=当時(25)=を亡くした田村弘美さん(54)、姉の美智子さん=当時(54)=を失った丹野礼子さん(59)が本店(仙台市)を訪問。氏家照彦頭取宛ての書面を罹災(りさい)者支援室の担当者に託した。
 申し入れた項目は他に(1)現在の防災対策(2)再発防止処置(3)教訓伝承の方法−など。「家族は今もあの日の事実を受け入れられない。惨事を二度と繰り返さないための取り組みと考えを示してほしい」とし、9月30日に同支店の新店舗で回答するよう求めている。
 田村さんは「私たちの気持ちに寄り添う丁寧な説明を望んでいる。お互いに歩み寄りながら同じ方向へ進んでいきたい」と願う。
 新店舗は9月4日、JR女川駅近くで開業する予定。慰霊碑に関し、七十七銀は取材に「設置に向け遺族の話を聞きながら検討を進めている。設置の時期や場所、碑に刻む内容はまだ決まっていない」と話す。
 同支店では震災当時、支店長の指示で従業員ら13人が高さ約10メートルの屋上に避難。津波にのまれ、12人が犠牲となった。家族側は2012年6月、支店跡地に慰霊の花壇を設置。15年1月、かさ上げ工事に伴い高台に移し、同3月にモニュメントを設けた。


<リボーンアート>塩釜の仏料理人、特設店運営
 石巻市の牡鹿半島などで開催中の総合祭「リボーンアート・フェスティバル(RAF)2017」で人気を集めるレストラン「リボーンアート・ダイニング」の運営に、塩釜市のフランス料理人赤間善太さん(32)が参加している。共同で切り盛りする地元石巻の料理人たちと互いに腕を磨き、食で地域振興に貢献しようと気持ちを奮い立たせている。
 ダイニングは、石巻市荻浜地区の浜辺にたたずむ特設レストラン。RAF期間中、全国の著名料理人らが日替わりでメインのシェフを務め、地場の食材を使った料理を振る舞う。
 赤間さんは参加料理人の中で2番目に若い。父親の善久さん(67)がオーナーシェフを務める塩釜のフランス料理店「レストラン・シェヌー」では、スーシェフ(副料理長)を担う。
 RAFでは7月下旬、メインのシェフとしてコース料理を提供した。宮城県産の白身魚や枝豆を使ったテリーヌ、志波姫豚のロティなど4品を、見た目が涼しげに仕上げた。
 その日、客の中には善久さんもいた。シェヌーで提供する料理は善久さんが考案し、主な調理を担う。そのため、ダイニングは赤間さんが独自の料理に挑戦する場でもあった。
 「メインの料理は良かった」。食後、善久さんから声を掛けられた。「普段、料理を褒められることは少ない。素直にうれしかった」と赤間さん。
 シェヌーは善久さんが37年前に開店。塩釜ならではの新鮮な魚介類を生かしたフランス料理を提供し、人気店となっている。
 店はいずれ赤間さんが継ぐ。「父親が築いてきた信頼を崩さずに、自分の色も出したい。ダイニングの経験は大きな糧になる」
 著名料理人らのサポートや、調理場を取り仕切るのは石巻の料理人たち。東日本大震災のボランティアをきっかけに移住し、店を構えた人が多くいる。
 「縁もゆかりもない土地に店を開き、地域のため活動している。地元出身者としてもっと頑張りたい」
 震災で被災した塩釜、宮城を食で盛り上げたい。その思いを胸に、先輩料理人の背中を追う。


仮設住宅の建設で新たな提言
南海トラフ巨大地震など大規模な災害が起きた際の仮設住宅の建設について国の検討会は、避難生活が長期にわたることを見越し、従来のプレハブ住宅だけでなく恒久的に使える住宅の建設など幅広い選択肢を検討すべきとする新たな提言をまとめました。
南海トラフ巨大地震や首都直下地震クラスの大規模災害が起きた際に被災者の住まいをどう確保するかについて、有識者による国の検討会は去年11月から議論を進め、29日、提言を公表しました。
この中で、大規模災害では入居期間が原則2年とされる仮設住宅での生活が長期化することが想定されるとして、プレハブだけでなく、建築基準を満たした恒久的な住宅の建設も選択肢のひとつとして検討すべきだとしています。
東日本大震災では災害公営住宅の建設の遅れなどによって発生から6年4か月が過ぎた先月末の時点で、2万1000人以上が広さや居住性の面で劣るプレハブ仮設住宅などでの生活を余儀なくされていて、こうした教訓を踏まえた内容となっています。
一方で、地方自治体は住宅の供給を迅速に行うため、平常時から用地の選定や業界団体との協定といった準備を進める必要があるとしてます。
また、必要とされる仮設住宅がいずれも最大で、南海トラフの巨大地震では東日本大震災の17倍にあたるおよそ205万戸、首都直下地震では8倍にあたるおよそ94万戸と推計され、建設の用地や人手の確保が難しくなることも予想されています。
このため提言では「賃貸住宅や空き家などを今まで以上に積極的に活用するなど多様な選択肢を用意し、復旧から復興まで切れ目なく支援すべきだ」としています。
提言について、小此木防災担当大臣は会見で「関係する省庁や自治体と連携しできるところから対応したい。被災者の住まいの多様な選択肢については、今後1、2年かけて検討していく必要がある」と述べました。
東日本大震災で借りていた家が全壊し石巻市の仮設住宅で暮らしている丹野美代子(77)さんは、心臓などに持病があるため病院の近くの災害公営住宅に入居を申し込んできましたが、これまでに3回外れ現在の場所での生活が6年余りとなっています。
仮設住宅の部屋はおよそ5畳で、介護用のベットが半分を占め、収納スペースもほとんどないため窮屈だったほか、洗面所と台所の間の段差で転ぶこともあり不便を感じてきました。
また、プレハブでは壁が薄いため、隣の部屋のテレビの音や、寝返りして壁をける音などでよく眠れない日が続いたということです。
一方、最近は仮設住宅に暮らす世帯が減るにつれて夜の明かりが減り、防犯面などでも不安を感じているといいます。
丹野さんはことし10月に災害公営住宅への入居が決まったということですが「最初は雨露をしのげてありがたかったが、仮設での生活がこんなに長期化するとは思わなかった。復興が早く進むならプレハブでも我慢できるが、長期化するならば入所者の生活にも配慮した仮設住宅を作って頂くのが良いと思う」と話していました。


<台風10号豪雨から1年>自宅全壊ながら牛守り抜く
 岩手県を中心に大きな被害をもたらした昨年8月の台風10号豪雨から、30日で1年がたつ。岩泉町安家(あっか)の畜産農家合砂(あいしゃ)哲夫さん(61)は自宅が全壊する中、必死の思いで「家族の一員」という牛たちの世話を続けてきた。肩寄せ合って再生への歩みを続ける家族に今月、新しい命が加わった。
 昨年8月30日午後5時半ごろ、自宅を大量の土砂が襲った。近くの折壁川に架かる橋も流失。夜が明けて初めて、集落が孤立したと分かった。
 合砂さんは、自宅と約8キロ離れた牛舎の2カ所で和牛計30頭を飼育している。台風は去ったが、一刻も早く牛たちに餌と水を与えなければならなかった。
 被災から3日後に県の防災ヘリコプターで救助されると、すぐさま牛舎へと向かった。豪雨の中を生き延びた牛たちが、合砂さんを待ちわびるように鳴いた。
 電気と道路が復旧するまでの3週間、合砂さんは自宅と牛舎の道のりを徒歩で往復し、世話を続けた。
 しかし、牧草地は水浸しになり、保管していた牧草ロールも失った。餌がない以上、頭数を減らすしかない。頭数を減らせば、暮らしが成り立たない。
 迷いをかき消してくれたのは同居する長男夫婦だった。哲士(さとし)さん(30)と優喜恵(ゆきえ)さん(31)が、新しい命を授かった。「母子が安心して暮らせる家を建てるんだ」
 一頭も減らさない覚悟を決めた合砂さんの元に匿名の支援物資が届き、宮城県の男性がトラックで稲わらを運んできた。再生に懸ける思いを、多くの人が支えてくれた。
 半ば諦めていた全国和牛能力共進会宮城大会の県最終選考会にも出場できた。結果は惜しくも2位だったが、前回大会より一つ順位を上げた。
 優喜恵さんは8日に無事、長女柚葉(ゆずは)ちゃんを出産。「家族が元気に生活することが一番大事」。台風被害から1年。合砂さんは「家族の一員」が1人増えた喜びをかみしめながら、今日も牛たちの世話をする。


<台風10号豪雨から1年>214世帯なお仮設暮らし
 岩手県内で死者21人、行方不明者2人を出した台風10号豪雨から、30日で1年となる。5市町村の仮設住宅には現在、計214世帯が暮らしている。最も被害の大きかった岩泉町を中心に道路や河川の改修、住宅や産業の再建が本格化。達増拓也知事は28日の定例記者会見で「同じような被害が出ないよう防災体制を強化した。スピード感を持って復旧事業を進めたい」と話した。
<被害状況>
 岩泉町で20人、久慈市で1人が亡くなり、岩泉町で女性1人、宮古市で男性1人の計2人が行方不明になっている。
 被害額は土木施設が約440億円、農林水産業関係が約335億円など総額1428億6972万円。県内で起きた大雨被害では過去最大となった。
<住宅再建>
 住宅被害は17市町村計4504世帯。内訳は全壊478世帯、半壊1906世帯など。
 岩泉町と宮古市、久慈市、野田村、普代村は東日本大震災の被災者向け仮設住宅から振り分けた分を含め、計265戸の仮設住宅を整備した。1日現在で岩泉町183世帯、久慈市25世帯など計214世帯が入居する。
<道路復旧>
 小本(おもと)川の氾濫により、一部区間で片側交互通行が続く岩泉町の国道455号は、10月に本格的な復旧工事に着手する。川に2本の仮設橋を架け、対岸に迂回(うかい)路を設ける計画だ。全面通行止めが続く釜石市の県道は本年度中、岩泉町の県道は2018年度中の復旧を目指す。
 復旧工事の発注率は35.1%(7月末現在)と低迷。達増知事は「測量、設計など発注準備に時間を要している。応援職員の派遣を引き続き要請したい」と話す。
<河川改修>
 県は、岩泉町を流れる小本川と安家(あっか)川など7河川で、川幅を広げたり新たに堤防を整備するなどの改修を順次実施。11月までに全ての工事に着手し、20年度中の完了を目指す。
<産業再生>
 被災した下安家(あっか)(野田村)のサケふ化場は9月に一部稼働を再開する。小本(岩泉町)、松山(宮古市)の2カ所のふ化場と合わせ、復旧工事の完了は18年2月の見込み。県内に10カ所あるふ化場のうち、9カ所で本年度内に稼働を再開できる見通しとなった。
 被災農地221ヘクタールのうち、復旧したのは71ヘクタール(32.1%)。残りは18年3月までの復旧を目指す。
 工場が被災した岩泉町の岩泉乳業は、10月に「岩泉ヨーグルト」の生産を再開する。


<市長会>「郡氏は野党系」国との関係悪化懸念
 「仙台外し」の動きが表面化した。宮城県市長会は28日、空席となっていた会長の職務代理者に佐藤昭塩釜市長(75)を選出し、仙台市長の会長就任が続いてきた慣例を破った。郡和子仙台市長が初当選した7月の市長選で、民進、共産両党など野党の支援を受けたのが背景。県内の他市長からは「野党系の会長では国に相手にされない」との懸念が漏れた。
 28日の定例会議で口火を切ったのは副会長の伊藤康志大崎市長。「地方分権が進む中、県市長会の在り方をこの機会にしっかり議論したい」と、職務代理者の設置を言い出した。
 「なぜ私が仙台市長に就任した今なのか。腹にすとんと落ちないところがないわけではない」。慣例破りの提案に、郡氏はすぐさま不快感を示した。
 だが、他の市長から「会長の選び方や事務局の在り方をしっかりと検討すべきだ」との意見が相次ぎ、郡氏は外堀を埋められた格好に。全会一致で提案をのまざるを得なかった。
 伊藤氏は会合後、報道各社の取材に「県市長会は仙台におんぶに抱っこの状態だった。新しい形を模索したい」と語り、郡氏の仙台市長就任との関連を否定した。ただ、県内の市長の間では政府与党との関係悪化を心配する声が根強い。
 ある市長は「共産が支援した郡氏が国に要望書を持って行っても、相手にされない」と声を潜める。別の市長は「県内の首長は自民系が多く、野党の支援を受けた人が会長になることに不安がある」と明かした。
 一方、東北市長会長には慣例通り郡氏を推薦することを決め、県市長会とのすみ分けを図った。副会長の大友喜助角田市長は推薦理由で「東北全体の発展に並々ならぬ意欲を感じる。東北のリーダーとしてふさわしい」と持ち上げた。
 市長の一人は「与党系の仙台市長だったら違った展開だっただろう。郡氏に複雑な思いがあるのは見て取れた」と振り返った。


宮城県市長会人事/「大義名分」ある慣例破りか
 奥山恵美子前仙台市長の退任に伴い、宮城県市長会長職務代理者に佐藤昭塩釜市長がきのう、選ばれた。奥山氏の任期が来春まで残っているためで、改めて新会長を選ぶ。
 従来の慣例に従えば、初当選した郡和子仙台市長が新会長に就く運びだったが、異例の人事となった。10月に決まる、仙台市長が代々務めてきた東北市長会長には、郡氏を推薦するという。
 仙台市長が県市長会のトップに就いてきたのには、政令市の重みや歴史的な経緯などがあったはずである。見直すならば、明確な「大義名分」があるべきなのに、今回の人事はそれがうかがえない。
 表向きの理由は分権の時代を迎え、仙台市長のあて職を見直す契機にしたいということらしい。ただ、これまでも問題提起の機会があったにもかかわらず、なぜ今なのか。郡市長自身が不満を漏らしたのは当然だろう。
 郡市長は元民進党衆院議員で、共産を含む野党共闘の形で市長選に臨み、自民、公明両党などが推す候補に競り勝った。この与野党対決の構図を引きずっているようだ。
 本人の手腕や政策に疑問符が付くというのであれば、交代の理屈も成り立つ。ただ、22日に就任したばかりで、今は市政の方向性すら見えてこない段階にある。
 しかも、郡市長は市長選後に、「ノーサイド」を宣言。市議会で最大会派の自民党や、対立候補を全面支援した村井嘉浩宮城県知事とも融和的な姿勢を示している。
 一部市長から「郡さんが会長になれば、国に要望しても届かない」と懸念する声が上がっていたという。「野党系」という理由で外されたというのであれば、郡市長を選んだ民意はどうなるのか。県市長会の見識が問われよう。
 そもそも与党、野党系という色分けで、政府が予算の「さじ加減」を変えるという態度なら、行政の中立性からいって由々しき問題である。野党共闘に危機感を持つ安倍政権への忖度(そんたく)、すり寄りと見られても仕方があるまい。
 ましてや、東日本大震災の被災地は復興途上にある。まだまだ解決すべき課題は多い。政府に対して直接要望を伝えるのは、与党も野党も関係ないはずである。
 仙台市は復興住宅の整備などハード面の復興に一段落付いており、他の被災自治体は力を貸してほしいと願っているに違いない。県市長会長というポストは「先導役」としてうってつけではないか。
 東北の市長たちも、仙台市長に期待する声は少なくない。政令市として経済振興、観光、防災などのけん引役に期待している。東北市長会長はこうした声を踏まえて、国に物申す立場にある。
 仙台市長のポスト独占に不満を抱く市長もいるだろうが、「野党系だから」というご都合主義では将来に禍根を残すことになりかねない。


河北春秋
 「哀れ、貧故の自殺」「涙と共に出かせぐ女性群」「お辨當(べんとう)なき児童 岩手縣(けん)下に八千名」「東北の地に雪訪れて 飢寒に泣く窮民」「歳末を控へて激増の要救護者」。1934(昭和9)年の秋から冬、本紙が報じた東北大凶作だ▼仙台で26日まで36日間という観測史上1位の長雨が続いたが、以前の最長記録が35日間。冒頭の惨状があった83年前だ。この年も異常低温で、東北の約600の市町村でコメが半作以下になった▼「サムサノナツハオロオロアルキ」。宮沢賢治が「雨ニモマケズ」にこう記した31年から大凶作は続いた。昭和恐慌で生糸も暴落し、重い小作料にあえぐ農村で娘身売りが頻発。「青森県農地改革史」には、34年に「芸娼妓(げいしょうぎ)に売られた者は累計7083人」とある▼今夏の長雨で野菜は値上がりしたが、83年前の窮状を憂える人はおるまい。戦後、稲の耐冷品種開発や農業技術の革新が進んだ。34年の大凶作の後、6県の官民を挙げた「東北調査会」が、東北の救済、振興へと国を動かしたことが歴史的な端緒になった▼その2年後の36年に起きたのが二・二六事件。「東北の農村を救え」を一つの旗印に青年将校らが決起した。農村の災害が戦争への歯車を動かしたといえるが、それらの再来を防ぐ経験の知恵が現代にはある。

<独眼竜挑んだ道 生誕450年>伊達政宗 挑戦の生涯たどる
 森に囲まれた山城が東北の中枢都市を見守る。仙台市青葉区川内の仙台城跡。本丸跡周辺は、歴史と文化のまち仙台のシンボルとして親しまれる。
 城を築いたのは、戦国武将として屈指の人気を誇る伊達政宗(1567〜1636年)。
 若くして伊達家当主となり、東北南部を制圧。天下を取った豊臣秀吉から何度も命を狙われ、瀬戸際を生き抜いた。徳川家康と手を組む一方、駆け引きを展開。海外との交易に向け、支倉常長をスペイン・ローマに派遣した。
 小さなミスが滅亡を招く時代。政宗は念入りに情報を集め、先を見越して方針を決めるとひるまず実行した。和歌や能楽に秀でたことや「伊達者」と呼ばれた装束、直筆の書状を数多く送ったのはいずれも、繁栄への総合戦略だった。
 政宗生誕から450年。「挑戦」をキーワードに事跡をたどり、現代との接点を探りたい。


<独眼竜挑んだ道 生誕450年>プロローグ 仙台城に見える伝統と革新
 軍事拠点から政治機能や儀式を優先させる路線へ。伊達政宗が仙台城を築いた軌跡をたどると、時代の変化に合わせて城を活用した意図や独自性が見えてくる。
◎築城当初は軍事優先
 観光客でにぎわう仙台城本丸跡の西側。市道仙台城跡線沿いにあるが入り口に鍵が掛けられ、静まりかえっている。酉門(とりのもん)跡と呼ばれ、裏門に当たる。土地を所有する仙台市に鍵を開けてもらい中に入った。
 狭い道の両側に4〜7メートルの石垣が立ち、威圧感がある。正面は石垣で遮られ、左折した場所にかつて2階建ての門があった。門前まで侵入した敵に十字砲火を浴びせる構造だ。
 入間田宣夫東北大名誉教授(75)=日本中世史=は「政宗が築城当初、西側の山続きの方向に強い防御ラインを敷こうとした表れだ」と強調する。
 市道の向こう側は御裏(おうら)林(ばやし)(現東北大植物園)と呼ばれ、江戸期は立ち入りを禁止していた。植物園の散策路を歩くと防御用の古い空堀を見られる。市道の一部も空堀だったとされる。
 酉門跡はもともと民有地だったため立ち入ることができなかった。2011年、東日本大震災によって石垣の崩壊が進み、修復に先立って市が初調査。石積みの一部は築城当時の面影を残すと分かった。12年、国史跡に追加指定された。
 なぜ、合戦を意識した山城を築いたのか。時代背景を考えれば見えてくる。
 仙台城の着工は旧暦の1601年1月。関ケ原の合戦(前年9月)は終結したものの、政宗は会津の上杉景勝と「第2の関ケ原」と称される激戦を繰り広げていた。
 「戦が終わらない中、なかなか普請が進まない」
 02年4月、政宗がしたためた書状からは、緊張感が漂ってくる。
 書状を書いた3カ月後、戦闘は終わったものの仙台城の軍事拠点化は続いた。政宗が天下取りに執念を燃やし、家康との戦いを想定したからという説がある。
 本丸跡の標高は115メートル。東は広瀬川、南は竜ノ口渓谷に面した断崖で、北には巨大な石垣を築いた。軍事優先の思想は、当初の登城路とされる巽門(たつみもん)跡から清水門跡を通って本丸に登っても実感できる。
◎大広間と懸造 力注ぐ
 伊達政宗の死から9年後の1645年に作られた奥州仙台城絵図によると、本丸の大きさは東西135間(約266メートル)、南北147間(約290メートル)。江戸時代初期の山城としては全国最大級の規模だ。
 そんな大きな城なのだが、天守閣は全く造られなかった。
 仙台市博物館の菅野正道学芸普及室長(52)によると、天守造りに熱心だったのは豊臣秀吉や徳川家康といった天下人、そして成り上がりの大名だった。「伊達家は鎌倉時代から奥州に勢力を持つ名家であり、わざわざ天守を造って権威を見せつける必要はなかった」と笑う。
 政宗が最も力を注いだのが大広間だ。15年、大坂夏の陣で徳川家康が豊臣家を滅ぼし、幕藩体制が確立すると、仙台城の軍事的な側面は薄れる。政宗や、後に2代藩主となる忠宗は大広間で儀式をしたり来客と接見したりする場として使った。
 本丸北の詰門(つめのもん)をくぐってから左側にあり、正面の右手に玄関があった。中は畳敷きの部分だけで約260畳あり、14の部屋に仕切られていた。建物の様式は桃山時代より古い様式で造られたのに対し、各部屋に金箔を用い、豪華な鳳凰や鶴のふすま絵で飾り立てた。
 菅野さんは「伝統様式の建築と、当時流行した装飾を組み合わせ、どちらも造れることを示したかった」と理由を語る。
 もう一つ、伊達家にとって重要な建物がある。大広間の東南側にあった眺望用の懸造(かけづくり)だ。崖に張り出すように建て、長い柱で床を支えた。
 伊達家の城郭に詳しい鹿児島国際大の太田秀春教授(44)によると、政宗が城を構えた米沢や岩出山にも懸造があった。
 「幕末まで懸造を改修したことから、仙台城にとって欠かせない建物だったと分かる」と太田さん。
 大広間と懸造。二つの遺構からは、伝統を受け継ぎながら独自性を打ち出した政宗の精神を読み取れる。(生活文化部 喜田浩一/写真部 岩野一英)
◎史跡整備震災で見直し
 仙台市は仙台城跡に関する整備基本計画に基づき、発掘や史跡の整備を続けてきた。東日本大震災の発生によって状況が変わり、計画全体を見直す。
 基本計画は2005年に策定。本丸跡にガイダンス施設・仙台城見聞館を設置し、大広間跡には礎石を置いて建物の規模や使われ方を表示した。政宗の屋敷や庭園があったとされる三の丸跡では巽門跡などに表示板を掲げた。
 大震災の発生によって本丸北西石垣などが崩れたため修復を優先した。
 基本計画では大手門と巽門の復元をそれぞれ中、長期目標と定めたが、計画通りに進んでいない。
 史跡整備に先立つ発掘調査は16年度に再開。本年度は、三の丸跡で伊達家のために酒を造った屋敷跡や江戸時代に築かれたとされる土塁跡を調べる。
 また、市は青葉山と広瀬川に囲まれた地域で青葉山公園(仮称)を整備する。追廻地区では仙台の歴史と文化を発信する公園センターの基本設計を始め、20年度の完成を目指す。


<民進代表選>宮城県議の支持動向 枝野氏4人、前原氏2人
 民進党代表選(9月1日投開票)で、河北新報社は党籍を持つ県議7人の支持動向をまとめた。態度を明らかにした6人のうち、4人が枝野幸男元官房長官、2人が前原誠司元外相を支持。野党共闘路線を継続する枝野氏に対し、前原氏も地方選の共闘に柔軟な姿勢を示しており、知事選(10月5日告示、22日投開票)に与える影響は少ないとの見方が広がっている。
 「野党連携を維持するためには最適。政治家としての安定感もある」と枝野氏支持を明言するのは、坂下賢氏(石巻・牡鹿選挙区)。境恒春氏(気仙沼・本吉)も昨年の参院選、7月の仙台市長選での連勝を挙げ「共闘路線の継続に何も問題はない」と言い切る。
 鎌田さゆり氏(泉)は「未来永劫(えいごう)共闘するわけでなく、大同小異で団結しなければ安倍晋三政権に対抗できない」と強調。遊佐美由紀氏(青葉)は東日本大震災で枝野氏が指揮を執った実績を評価し、「蓮舫氏を支えきれなかった総括は必要だが、党再生を託せる実力がある」と期待する。
 前原氏を支持するのは須藤哲氏(柴田)。「共闘ありきでなく、(離党者との連携も含め)党が生きる道を模索している。小手先の党内改革では世論の支持を得られない」と訴える。
 藤原範典氏(太白)も「自民党からも評価が高く、政権交代を担うべき政治家」と評価。「前原氏は共闘ありきのスタンスに異を唱えているだけで必要性は否定していない。地域の実情に沿って現実的に判断するはずだ」と分析する。
 投票先を明らかにしなかった坂下康子氏(宮城野)は「自民党への対抗軸を打ち出せる候補に投票する」と話す。
 代表選は国会議員と国政選挙の公認候補予定者、地方議員、党員・サポーターによる投票をポイント換算する。県議、市町村議は郵便で投票し、「ドント方式」で比例配分される。


新茨城県知事 「原発動かさず」尊重を
 やはり原発再稼働反対の民意は重い。茨城県知事選を制した大井川和彦氏は胸に刻んでほしい。県民の命と暮らしを預かる責任者として原発とどう向き合うのか。「再稼働ありき」は許されない。
 安倍晋三首相が求心力の回復を期した内閣改造後、初めての大型地方選として注目を集めた。原発立地自治体の首長選びという性格も、併せて前面に出た。だが、活発な論戦が交わされたとは言い難く、残念だ。
 元IT企業役員大井川氏は、自民、公明両党の推薦を得て、現職橋本昌氏と、共産党が推薦したNPO法人理事長鶴田真子美氏を破った。
 もっとも、民進党は自主投票に流れ、中央での与野党対決の構図は反映されなかった。地方での激しい保守分裂の様相は、かえって安倍政権への不信と憤怒の根深さを印象づけたのではないか。
 なにより大井川氏は、七選を目指した橋本氏の多選阻止を唱えるばかりで、橋本、鶴田両氏が打ち出した日本原子力発電東海第二原発(東海村)の再稼働に反対する姿勢に対して、真正面から応えようとはしなかった。
 地元の関心が殊に高い原発について、トップとしての立ち位置を明らかにしないのでは、再稼働を推し進める政権の「傀儡(かいらい)」と批判されても仕方あるまい。
 大井川氏は「民意を吸い上げながら、県民が納得できるような形で進めていきたい」と語る。ならば、その民意を見てみたい。
 共同通信が実施した投票所の出口調査では、再稼働に賛成の声は三割程度にとどまったのに対し、反対は七割近くを占めた。さらに、橋本、鶴田両氏を合わせた得票数は約五十五万票に達し、大井川氏のそれを上回った。
 大方の民意は慎重と見るのが自然ではないか。その重みをしっかりと心に留めねばならない。多くの県民にとって、政治経済的な利害得失を超えた切実な問題だ。
 国の原子力災害対策指針に基づき、広域避難計画づくりを義務づけられる原発から三十キロ圏内には十四市町村がふくまれ、全国最多の九十六万人が暮らす。大がかりな避難を想定せねばならないこと自体が、エネルギー源として不合理極まりない。
 しかも、東海第二は来年十一月に運転期限の四十年を迎える老朽原発だ。電力事業者の原電は最長二十年の延長運転を目指しているが、人間の営みと自然を守るために不可欠とは思われない。新知事にはそのことが問われるのだ。


液晶と半導体 国策再編の限界明らか
 中小型液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)が、2年連続で大規模リストラに追い込まれた。1700億円の特別損失を計上し、本年度決算は4年連続の赤字となる公算が大きい。
 JDIは日立製作所、東芝、ソニーの液晶部門を統合して2012年に発足した。筆頭株主は政府系ファンドの産業革新機構だ。
 見過ごせないのは、国主導で競争力を取り戻そうと狙うJDIのような国策再編企業に、経営の失敗が目立つ点である。
 寄り合い所帯で意思決定が遅く、激しい国際競争で劣勢に立つ。JDIの苦境も、技術革新の波に乗り遅れたことに起因する。
 公的資金が使われる国策再編の失敗は、国民負担を招きかねない。その限界が鮮明になった以上、国は産業への関与のあり方を根本的に見直す必要がある。
 JDIの主力製品であるスマートフォン向けパネルの市場では、液晶から次世代パネル・有機ELへの転換が急速に進む。
 しかしJDIは流れを見極められずに昨年末、液晶パネルの新工場を建てる判断ミスを犯した。
 国策再編企業の不振は半導体で際立つ。パネルと同じく、技術革新の目覚ましい産業と言える。
 日立、NEC、三菱電機の半導体部門を統合したエルピーダメモリは12年に破綻し、米企業の傘下に入った。同じ3社の半導体の別部門を統合したルネサスエレクトロニクスも業績はいまひとつだ。
 産業は巨大化・複雑化し、国境をまたいだ競争や合従連衡が当たり前になりつつある。
 全体状況を見定めて産業再編を的確に主導できる―と考えているのなら、官のおごりではないか。
 官による介入の弊害は東芝にも言える。東芝は債務超過解消のため、半導体メモリー事業を米社などの陣営に売却する方向だ。
 経済合理性を重んじれば、資金力に勝る中国や台湾の企業が有力な売却先候補だったはずだ。
 だが経産省は「技術流出の防止」を理由に中台企業への売却に難色を示した。東芝の選択肢を狭め迷走を長引かせたことになる。
 自動車業界には、マツダや日産自動車のように外資を受け入れ危機から復活した企業がある。
 JDIについても、抜本的な再建には外資の協力が要るとの声が産業界などから出ている。
 「日の丸」への固執は必ずしも日本企業の利益にならない。国は、企業の成長を促し競争力を強める黒子役に徹するべきだ。


加計問題「第2幕」へ 96億円補助金に今度は“マル暴”の影
 文科省の大学設置・学校法人審議会(設置審)で「保留」となり、10月末以降にあらためて判断が下されることになった愛媛・今治市の加計学園の獣医学部新設。先週24日、「今治加計獣医学部問題を考える会」が獣医学部棟の設計図面を公表し、日刊ゲンダイ既報の通り、建設費水増し疑惑の声が広がり続けているが、現場では別の問題が浮上しているという。
 加計学園が市に申請した計96億円の補助金を狙った「マル暴」の介入だ。
 現場の工事関係者がこう言う。
「獣医学部の工事施工業者らで7月下旬に暴力団排除のための対策協議会を立ち上げました。工事担当の大本組、アイサワ工業の現場所長がそれぞれ会長、副会長に就き、岡山県警出身で元岡山県暴力追放運動推進センター専務理事の皆木英也加計学園相談役が『建設業は暴力団の格好の標的』『利益供与禁止』などを訴えました。まっ、当然といえば当然の話なのですが、今治市にはもともと暴力団排除条例があり、わざわざ新たな協議会をつくるのも不思議な話だと話題になりました。しかも、工事着工前ならともかく、なぜ、工事がかなり進んだ今の時期につくるのかが分からない。どうやら、多額の補助金を狙ってマル暴が乗り込んできているのではないか――とウワサになりました」
 暴対法や暴排条例で取り締まりが強化され、ヘタをすれば使用者責任を問われて親分のクビも危うくなるかもしれないマル暴が、手ぶらでノコノコと出てくるはずがない。目を付けた相手の弱みを握った上で、脅し透かしを仕掛けてくるのが常套手段だから、現場では「建設費の水増し疑惑などのネタを手に入れたのではないか」なんて囁かれているらしい。
 身から出たサビとはいえ、設置審の判断も先送りになり、その上、マル暴まで絡んでくるとなれば、グチャグチャだ。
「9月6日から今治市議会が始まり、加計問題も必ず取り上げられると思います。そこでまた、新たな疑惑が出てくるかもしれません」(今治加計獣医学部問題を考える会共同代表の黒川敦彦氏)
 補助金水増しにバイオハザード(生物災害)リスク、市議買収、マル暴……。次から次に出てくる疑惑に市民も怒り心頭だろう。もともとムリな計画にツジツマ合わせの理屈をひねり出すからボロが出てくるのだ。市議会でどんな爆弾が炸裂するのか。
 加計問題はいよいよ第2幕の始まりだ。


獣医学部保留  引き続き厳正な審査を
 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設について、文部科学省の諮問機関「大学設置・学校法人審議会」(設置審)が認可を保留、審査を継続することを決めた。「理由を説明できる段階にない」としているが、関係者によると、現時点では学生の教育環境が整っていない、と判断されたようだ。
 設置審は、大学の開学や学部新設の可否を、カリキュラム、教員構成、財務状況、施設計画、教育の質など、多岐にわたる観点から審査する。外部からの圧力を避けるために、実施は非公開となっている。
 獣医学部を巡っては、「総理の意向」などと記載された文書が見つかり、選定の過程で官邸の関与が取り沙汰された。それだけに、設置審には、引き続き厳正に審査することが求められる。
 新設計画は、政府の国家戦略特区制度を活用することが今年1月に認められ、これに基づき3月、設置審に申請された。2018年度の開設を目指している。
 施設に関しては、現在、愛媛県今治市の予定地で建設工事が急ピッチで進んでいる。
 同市は、取得価格36億円余りの土地を加計学園に無償譲渡したうえ、県とともに施設整備に最大96億円助成する予定にしている。
 学部新設に対する地元の期待が、大きいのは確かだ。
 一方で、設置審は5月、教育の質を確保するため、入学定員や教員の構成について再検討を求めた。また、今月に入って、学生の実習計画が不十分で、創薬研究などライフサイエンス分野の獣医師養成に課題があるなどとして、認可の保留に傾いたとされる。
 現段階では、大学の設置基準に照らして、不十分な計画であるといえよう。学園側は重く受け止め、改善に当たるべきだ。
 設置審が計画を保留とした場合、10月下旬に改めて判断を下すことが通例となっている。12月にずれ込む場合もあるという。保留となっても、最終的には認可されるケースが多い。
 ただ、この新設計画は、官邸の関与を疑われ、野党から「加計ありき」だと批判されている。9月下旬にも召集される臨時国会で追及されるのは必至で、その際には設置審の審査についても議論となるだろう。
 国民の疑問に答えるためにも、審査の状況を、できる限り明らかにする必要がある。


加計学園問題 計画認定適切か見直しを
 文部科学省の大学設置・学校法人審議会は学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画を保留とした。学部の早期開設は「総理の意向」とした記録文書が見つかり「行政がゆがめられた」疑惑が噴出した問題だ。疑惑解明には、出発点となった国家戦略特区の諮問会議による学部新設計画の認定が適切だったか、見直す必要がある。
 この問題は2015年、政府が「日本再興戦略」を閣議決定し、獣医学部新設の検討と4条件を提示したことから始まる。4条件は「既存の大学・学部では対応困難」「近年の獣医師の需要動向を考慮」などだった。
 昨年11月、国家戦略特区の諮問会議が獣医学部の新設方針を決定し、今年1月に加計学園の新設計画を認定した。
 5月、特区を担当する内閣府が文科省に対し、獣医学部の早期開設について「総理の意向」「官邸の最高レベルが言っている」と伝える記録文書が判明。書かれたのが昨年11月の特区諮問会議の前とみられ、疑惑が発覚した。
 加計学園の理事長は、安倍晋三首相が「腹心の友」と呼ぶ友人である。安倍首相が友人を優遇したのが「総理の意向」ではないか、ということである。
 国会で野党側は疑惑を追及したが、安倍首相をはじめ政府側の説明は国民を十分納得させるものではなかった。特に特区諮問会議の情報が公開されておらず、どのような根拠、データで加計学園の計画が4条件を満たしたのか不明であるからだ。
 さらに文科省の前川喜平前事務次官が、首相補佐官らから早期対応を促されたことを明らかにし、「行政がゆがめられた」と記者会見していることも疑惑を一層深めている。
 今回の設置審議会の決定は、疑惑に対する直接的な判断ではない。学園の教育内容や教員の確保、設備といった個々の学部運営について課題があったためといわれている。だが、根底には4条件をクリアできているのかの問題が横たわる。その前提が満たされていなければ、学部新設の実務内容をいくら審議しても前には進まない。
 学部が設置される予定の愛媛県今治市は取得価格36億7500万円の土地を加計学園に無償提供し、県と共に最大96億円助成することも決めている。巨額の公金がつぎ込まれる事業である。
 このままでは疑惑は残り、政府への不信は解消されない。原点にさかのぼって特区諮問会議の情報を公開し、審議が不十分であれば再検討すべきである。


「加計」判断保留◆徹底検証へ情報公開が必要◆
 岡山市の学校法人「加計学園」が国家戦略特区制度により愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画を認めるか審査してきた文部科学省の大学設置・学校法人審議会は判断を保留すると正式に決めた。
 林芳正文科相への答申は10月以降にずれ込む。学園に教育内容などの課題を指摘して計画見直しを求めた上で審査を続け、改めて判断する。
4条件に合致したか
 文科省によると、判断の保留は珍しくなく、ほとんどのケースで計画見直しを経て最終的に認められているという。だが数々の疑問が噴き出す中、9月最終週に召集される見通しの臨時国会で野党の追及を勢いづかせないため答申を延期したとの見方まである。
 さらに「近年の獣医師の需要動向を考慮」など、2015年6月に閣議決定された獣医学部新設の4条件を計画がクリアしているのかも、いまだに定かではない。今治市が無償譲渡した敷地では研究施設などの建設が着々と進んでいるが、なし崩し的に学部新設に至り、疑問が置き去りにされるようなことがあってはならない。
 非公開で行われている設置審の審査と、4条件に合致しているとの内閣府の判断について、政府が議論の詳細な経緯などの情報を公開するよう求める。徹底した検証なくして、安倍晋三首相が繰り返し強調する「丁寧な説明」は果たせない。
 加計学園の獣医学部新設を巡っては3月、今治市が所有地を無償譲渡し、県とともに最大96億円に上る施設整備費助成を行うと決め、翌月に大学教授らで構成する設置審が文科相の諮問を受けて教育内容や設備、財務状況など多岐にわたる項目を審査。入学定員や教員の構成について見直しを求め、学園も計画の修正に応じている。
 入学定員は当初160人で、獣医師を養成する全国の学部の総定員が2割増となるほどの規模だった。教員も、65歳以上と教員経験のない若手の割合が他の大学に比べて高いといわれていた。
根拠のデータ示さず
 今回の判断保留は、学生の実習計画が不十分で学園が掲げるライフサイエンス分野の獣医師養成に課題があることなどが理由とみられる。学園は計画見直しに取り組むことになるが、それを解決できたとしてもなお問題は残る。閣議決定の4条件を満たしているか、はっきりしないからだ。
 前川喜平前文科事務次官は「合致するか十分な議論がされていない」と証言したが、特区担当だった山本幸三前地方創生担当相は「最終的に私が確認した」とし、根拠となるデータなどは一切示さなかった。
 首相の友人が理事長を務める加計学園が「総理のご意向」の恩恵にあずかり、優遇されたのではという疑念は強い。「一点の曇りもない」といった通り一遍の説明では取り除けないことを政府は肝に銘じるべきだ。


臨時国会 またも憲法ないがしろか
 政府、与党はまたも憲法をないがしろにするのか。
 自民、公明の与党幹事長は秋の臨時国会を9月最終週に召集する方向で一致した。憲法53条に基づく野党からの早期召集要求を2カ月以上無視した末に、政権側の都合だけで国会を開くという姿勢は身勝手というほかない。
 政府と与党は臨時国会で「働き方改革」関連法案、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の実施法案などの審議を想定する。
 野党側はそれらよりも、獣医学部新設を巡る加計(かけ)学園問題、国有地格安売却の森友学園問題、防衛省の南スーダン国連平和維持活動(PKO)日報隠蔽(いんぺい)問題の審議が先決である、と主張する。通常国会では、これら一連の疑惑が十分に解明されなかったからだ。
 野党4党は6月22日に「衆参いずれかの議院の4分の1以上から要求があれば内閣は国会を召集しなければならない」という憲法の規定に基づいて召集を求めた。
 しかし政府、与党は憲法に召集期限の定めがないのをいいことに要求を放置してきた。安倍晋三政権がこうした姿勢を取ったのは2015年秋に続いて2回目だ。
 政府、与党は内閣支持率の低下などを受け、通常国会閉幕後、衆参計4日の閉会中審査には応じた。ただし、いずれも短時間で、稲田朋美元防衛相や加計学園の加計孝太郎理事長ら鍵を握る人物の招致を与党が拒否したため、解明どころか、疑惑はより深まった印象が強い。
 与党幹事長は、野党の要求を無視する一方で、景気対策の補正予算編成を政府に求めることでも一致した。10月22日投開票の青森、愛媛、新潟での「衆院トリプル補選」を有利に運ぼう、あるいは衆院解散の可能性をにおわせて与党の引き締めと野党の分断を図ろう−といった思惑も見え隠れする。
 「数の力」と「党利党略」が絶えず優先される政治では、どんな政策を掲げても国民の理解を得るのは難しかろう。政府と与党がいま優先すべきは、疑惑解明の臨時国会をすぐに開くことだ。


子どもの自殺 「小さなSOS」見逃すな
 夏休みが終わって新学期が始まる時期は、子どもたちへの目配りが欠かせない。学校生活に不安や悩みを抱える小中高校生らには大きなストレスがかかり、それが自殺の要因になっているからだ。
 「9月1日現象」ともいわれる悲劇を防止するには、学校や家庭のみならず、社会全体で子どもを見守る取り組みが必要だ。
 かつて毎年3万人を超えた自殺者数は全体でみると減少傾向にあり、昨年は2万1897人だった。年代別では40代以上で減少が目立つが、20〜30代は減少幅が小さく、20歳未満はほぼ横ばいのままだ。若年層の死因の第1位は自殺という状況は尋常ではない。
 子どもの自殺は、予兆がつかみにくいといわれる。いじめや学業不振、家庭の不和などに苦しんでいたことが後で分かるケースが少なくない。正確な統計はないが、「9月1日」前後に自ら命を絶つ子どもは毎年、100人前後に上るとみられている。
 政府は先月策定した新たな自殺総合対策大綱で、学校での予防対策の強化を盛り込んだ。相談体制を拡充し、子どもが一人で悩みを抱え込まないよう「SOSの出し方」も教えるという。小さなSOSを敏感に察知できるよう、教職員の研修強化も必要だろう。
 スマートフォンの普及で、ネットを日常的に利用する子どもが増えている。大津市と無料通信アプリ「LINE」の運営会社は今秋、中学生からいじめなどの相談をLINEで受けるモデル事業を始める。匿名サイトを開設し、子どもの相談に応じている民間団体もある。情報技術(IT)を自殺予防に活用する方法はほかにもあろう。広く知恵を絞りたい。
 既に新学期が始まっている学校でも油断は禁物だ。登校を渋る、食欲がない、腹痛などを訴えるといった異変がないか。細心の注意を払いたい。肝心なのは子どもを孤立に追い込まないことだ。
 「困ったときは相談すれば大丈夫」。そんな安心を子どもに与え、命の尊さを教えていく−。大人たちの役割こそが問われている。


使える時間は4分のみ 現実に見えた「Jアラートの実力」
 8月29日の朝、日本中が震撼した。NHKをはじめテレビ各局の画面は全面、危機を煽るような黒い地に赤い帯の入った「国民保護に関する情報」が映し出され、次々にテロップで臨時ニュースが流された。各自のスマホ・携帯電話にも速報が続々と流された。〈北朝鮮がミサイルを発射した模様。避難を〉。短いながら強い言葉だ。しかし、今回の発射でわかったことは、「やっぱりJアラートは国民保護にはほとんど役に立たない」ということである。
 Jアラート(J-Alert)の正式名称は「全国瞬時警報システム」で、2007年から運用が開始された。衛星を利用して情報をキャッチし、自治体などに流すシステムだ。Jアラートから情報が流されると、〈市町村の防災行政無線等が自動的に起動し、屋外スピーカー等から警報が流れるほか、携帯電話にエリアメール・緊急速報メールが配信されます〉ということになっている(国民保護ポータルサイトより)。
 最初の「発射情報」が発表されたのは6時2分。発射時刻は5時57分と見られていることから、発射後5分ほどで情報を発表したことにはなる。ただし、多くの国民にその情報が行き渡るかどうかというと、話は別だ。スマホで“速報”が実際に受信できたのは1〜2分遅れだった。
 北海道上空を通過したと見られるのが6時6分。発表からわずか4分。いや、実際に国民が情報を入手してからは、最大でも2〜3分しかないかもしれない。「どこに避難すれば? まず情報収集だな。テレビをつけて…」などとやっている間に、ミサイルはとっくに頭の上を通過していたのである。北朝鮮が日本国土を狙っていれば、Jアラートに気付いてテレビをつけたと思ったら、もう火の海になっていてもおかしくない。
 早朝だったから、スマホの情報にも気付かず、地域の防災行政スピーカーなども聞こえず、「起きてからテレビをつけて、発射されたことを知った」というケースも多くあるだろう。ジャーナリストの武冨薫氏が指摘する。「Jアラートは100億円以上を投じて整備され、それを伝達するEm-Net(エムネット。緊急情報ネットワークシステム)とセットで国が主導して導入を進めてきましたが、“いざミサイルを撃たれたら、間に合わない”ことは当初から指摘されてきました。それなのに政府が『国民の生命と財産を守るため』と導入をゴリ推ししてきたのです。過去には2008年6月に福井県美浜町で誤作動を起こして『ミサイルが着弾するおそれあり』という誤報を流して住民をパニックに陥れさせたこともあります」
 これがJアラートの実力だ。発射情報から、わずか4分。あなたは今回、その4分で何ができましたか? 避難した? 慌てふためいていた? それとも、寝ていた?


北ミサイル発射でJアラートに不具合 住民に戸惑いと不安
 総務省消防庁は29日、全国瞬時警報システム「Jアラート」で、北朝鮮のミサイル発射から約4分後の午前6時2分に「発射情報」を、約16分後の同14分に日本上空を飛んだとの「通過情報」を配信した。対象地域は北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、新潟、長野の12道県。
 消防庁や関係自治体によると、北海道えりも町や新潟県糸魚川市など一部市町村で、住民に伝える防災行政無線の放送が流れないなどの不具合が発生した。
 対象地域では、防災行政無線の屋外スピーカーを通じて「頑丈な建物や地下に避難してください」「不審な物を発見した場合は決して近寄らず、直ちに警察や消防に連絡ください」といった放送が流れた。しかし、各地の自治体には住民から「避難しろと言われても、どこに逃げればいいのか」「通過した後でも逃げた方がいいのか」などといった不安と戸惑いの声が多数寄せられた。
 また、落下地点はこれからサンマ漁が盛んになる水域。北海道の太平洋沿岸の漁協の漁師らからも「2発目、3発目が飛んできても、すぐには逃げられない。不安だ」との声が上がっている。
 八戸市内では午前6時半ごろ、交差点でトラック同士が衝突。運転手のひとりは「携帯電話に入ったJアラートに気をとられていた」と語った。


役立たず「Jアラート」を使ったのは北朝鮮危機を煽りたい安倍政権のパフォーマンスだった!
 本日8月29日早朝の北朝鮮による弾道ミサイル発射は、日本の国民にかつてない恐怖感を与えた。何しろ、早朝から、全国瞬時警報システム「Jアラート」と緊急情報ネットワークシステム「エムネット」が発動したのだ。
 北海道や東北、北陸、北関東地方の広範囲で警報が鳴り、新幹線や在来線なども運転を停止。Jアラートを受けたNHKや民放各局も「国民の保護に関する情報」の速報を打った。黒塗りの画面の白抜き文字とともに、「ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難して下さい」なる無機質なアナウンスを聞いて、一瞬、パニックに近い状態なった人も少なくなかったはずだ。
 官邸の姿勢も緊迫感に拍車をかけた。安倍首相は官邸に到着したときの会見で「我が国に北朝鮮がミサイルを発射し」などと発言。そのあとの会見でも「わが国を飛び越えるミサイル発射という暴挙はこれまでにない深刻かつ重大な脅威」と記者団に語った。
 こうした官邸の姿勢にひきずられるように、テレビ局も朝から報道特番体制をしいて、この問題を大々的に報道。「これまでにない脅威」「日本にとって非常に深刻な事態」と首相そっくりのコメントを垂れ流した。
 もちろん、北朝鮮が事前通告もなく日本の上空にミサイル発射したことは、国際法違反のみならず、国際社会で大きくなっていた対話の動きをひっくり返すものであり、徹底的に批判する必要がある。
 しかし、同時にこの日本の騒ぎ方、危機の煽り方にも違和感をおぼえざるをえない。象徴的なのが、首相のコメントだ。上空を通過したミサイルを「我が国に発射」というのは明らかに言い過ぎだし、「かつてない脅威」というのも事実ではない。そもそも北朝鮮は日本全域を射程にしたミサイルを10年以上前から開発しており、今回のことで脅威が高まったわけではない。日本上空を越えてミサイルが発射されたのも過去に2回あり、1998年には今回と同様、事前予告がなかった。安倍首相の様子は明らかに芝居がかかった表現で危機を煽ろうという意図がみえみえだった。
全く役に立たないJアラートをなぜ発動したのか
 さらにもうひとつ、違和感を覚えたのはJアラートだ。ホリエモンはじめ、早朝から警報音で起こされたことに不満の声をあげている国民も多いが、必要な情報なら叩き起こされてもやむを得ないだろう。しかし、本当にこんなものが必要だったのか。
 何しろ、ミサイル発射時間は午前5時58分頃なのに、Jアラートによるアナウンスがあったのは6時2分。6時5〜7分頃には、ミサイルが北海道上空を通過していたのだ。わずか4分で、どうやって「頑丈な建物や地下に避難」しろというのか。
 安倍首相は会見で「発射直後から北朝鮮ミサイルの動きは完全に把握していた。国民の生命と安全を守る万全な態勢を取っている」と胸をはっていたが、実際はなんの役にもたたなかったのだ。それどころか、時間が通勤ラッシュと重なっていたら、パニックを引き起こしていた可能性もある。
 100億円以上の予算がつぎ込まれてきたJアラートだが、もともと導入時からミサイルからの避難などには全く役に立たないと言われていた。まさにそのことを証明してしまったわけだが、にもかかわらず、政府が今回、Jアラートを強硬に発動したのはなぜか。
 そもそも、これまで北朝鮮ミサイル関連でJアラートを発動したのは、北朝鮮が事前にミサイル発射を通告していた2012年12月12日と2016年2月7日の2回だけ。今年の5月14日に中距離弾道ミサイルが発射され、日本海に落下したときにも、Jアラートは発動されなかった。
 5月の発射の際、菅義偉官房長官は「日本に飛来しないと判断し、Jアラートは使わなかった」などと述べていたが、しかし、ならば今回も同じだったはずだ。実際、小野寺五典防衛相はきょうの会見で、イージス艦や地対空誘導弾PAC3などで破壊措置を実施しなかったことについて、「わが国に向けて飛来する恐れがないと判断したからだ」とはっきり説明していた。
 5月も今回も同じように「飛来する恐れはない」という認識を持ち、破壊措置を行わなかったのに、今回だけ、全く役に立たないのを承知で、Jアラートを発動したのだ。いったいなぜか。
Jアラート発動は政権浮揚のためのパフォーマンスだった
 考えられるのはただひとつ、安倍政権による北朝鮮危機の政治利用のためだ。安倍政権はこの間、森友学園疑惑、加計学園義に対する国民からの反発をかわすために、北朝鮮危機を必要以上に煽ってきた。今回も全く同じで、疑惑に蓋をし、支持率を回復させるために、この北朝鮮ミサイル発射を利用して、Jアラートで危機を煽ろうとしたのではないか。
 実際、ミサイル飛来などの国民保護事態案でのJアラートは菅義偉官房長官が率いる内閣官房が判断を下すことになっているが、その内閣官房が事前に、Jアラートの発動を決定していたという情報がある。
 「そもそも、Jアラートは、ミサイルへの警告で使用するのはかなり困難で、事前に察知していないと、発動するのは無理、という見方が強いんです。これまで事前通告のあった2回しか使っていないのもそのためではないか、といわれています。ところが、今回は韓国からの情報で、事前に発射を察知できた。それで、官邸はミサイルが発射されたら必ずJアラートを使うことに決めていたようです」(全国紙政治部記者)
 たしかに、韓国の朝鮮日報(日本語版)の報道によれば、今朝のミサイル発射に先立って「北朝鮮のミサイル発射の兆候をとらえた」との報告を受けた文在寅大統領は、午前2時の段階ですでに軍を待機させ、対応態勢を指示していたという。事実ならば、日本政府も同じ頃には北朝鮮ミサイル発射の情報を、かなりの確度で得ていたはずだ。
「ただ、コースまでははっきり特定できなかったので、広範囲で警告を鳴らしたんでしょう。実際、今回は、ミサイルが上空を通過した北海道からおよそ千キロも離れている長野県でも警告が鳴ったわけですからね。こんなおおざっぱな警告じゃ、なんの対策にもならないと思いますが(笑)」(前出・全国紙政治部記者)
 ようするに、あの何の役にも立たない警告音は、安倍政権のパフォーマンスでしかなかったわけだ。
 いや、Jアラートだけではない。安倍首相自身も明らかに事前に発射を察知し、パフォーマンスを準備していたフシがある。
ミサイル発射を事前に察知してパフォーマンスを用意していた安倍
 というのも、普段から公邸をあまり使わない安倍首相が、昨日27日から今朝にかけては官邸に隣接する公邸に泊まってからだ。しかも、昨日は午前10時に官邸に行くと、正午には北村滋・内閣情報官、午後4時15分に石川正一郎・拉致問題対策本部事務局長、午後5時17分に兼原信克・国家安全保障局次長と金杉憲治・外務省アジア大洋州局長、同30分に薗浦健太郎・首相補佐官(安保重要政策担当)など、諜報、外交、安保周りの要人と面会し、午後6時台には公邸に入って、そのまま永田町で朝を迎えた。
 誰がどうみても、本日早朝を見越したような動き方だ。そして、安倍首相は、北朝鮮からミサイルが発射されるや、すぐさま官邸に向かい、記者団に対して例の芝居がかかったセリフを口にし、国民の危機を最大限煽ったというわけだ。
 もし、安倍首相が北朝鮮のミサイル発射を「これまでにない深刻かつ重大な脅威」ととらえ「国民の生命と安全を守る万全な態勢をとる」などというなら、事前に察知したミサイル発射情報をきちんと公開して、国民に冷静な対処を呼びかけるべきだろう。ところが、安倍首相は実際に発射されるまで情報を隠し、それを自らのために利用した。Jアラートを使って不必要な国民の不安を煽ると同時に、自らの「迅速な対応」や「毅然とした態度」をメディアで大げさに宣伝し、政権浮揚のきっかけにしようとしたのだ。
 改めて繰り返しておくが、北朝鮮のミサイル発射自体は危険極まりなく、世界平和を求める国際社会の一員として、冷静に批判していかねばならない。しかし、一連の北朝鮮危機と生活者の不安を煽って、好戦的な世論形成と支持率上昇に利用しようとしている安倍政権の企みもまた、平和主義にとって危険きわまりない。
 早朝から叩き起こされたことに腹を立てたホリエモンは、「クソ政府」とつぶやいて炎上しているが、それとはちがう意味で安倍政権はまさに「クソ政府」である。(編集部)


自民党内で“安倍倒閣”の狼煙 一触即発のきな臭いムード
 内閣改造後の新聞各紙の世論調査で支持率がやや持ち直し、安倍首相がホッとしたのもつかの間、自民党内で“安倍倒閣”の狼煙が上がった。二階派の平沢勝栄・元内閣府副大臣、竹本直一・元財務副大臣をはじめ中堅議員30人が呼びかけ人となって立ちあげた勉強会「日本の明日を創る会」だ。
 勉強会には今回の改造人事で大臣候補に挙げられながらも入閣できなかった人事不満組が多く、「事前の準備会合では『安倍首相のままでは選挙に生き残れない』という過激な意見が続々と噴出した」(メンバー)という。呼びかけ人の1人である平沢氏は、「倒閣説」を否定しつつも自民党の危機についてこう語る。
「東京都議選に惨敗した後も、逆風は強くなるばかり。このまま総選挙に突入すると自民党は完全に負けます。それこそ東京は国政進出準備を着々と進めている日本ファーストの会に全部議席を奪われますよ。
 仲間が集まった時に、何かしなければ大変なことになるという声が自然発生的にあがり、識者を呼んで政権や自民党に対して辛口の意見をどんどん言ってもらい、反省すべきは反省し、改めていく、そんな勉強会を開こうとなった。
 地元を回ると、『安倍さんは早く辞めろ』という声も毎日聞きます。どうしてそう思うのか謙虚に尋ねたらいい。政権をヨイショする人を勉強会に呼ぶ必要はない」
 自民党大敗の震源地・東京でも自民党東京都連の次期会長選びをめぐって別の「反安倍」勢力が反旗を翻した。
 安倍側近の下村博文・元文科相、萩生田光一・前官房副長官らが丸川珠代・前五輪相を擁立しようとしているのに対し、平将明・元内閣府副大臣ら若手は石破派の鴨下一郎・元環境相の擁立に動いて真っ二つに割れている。これは2018年秋に控える自民党総裁選の前哨戦ともいわれるが、むしろ背後にあるのは小池百合子・東京都知事の政権攪乱戦略だ。政治評論家の有馬晴海氏が指摘する。
「官邸が一番警戒しているのは小池新党の国政進出の動きです。内閣改造前、小池都知事と仲がいい野田聖子氏が日本ファーストの会の総裁に就任するという情報が流れた。安倍首相が反対派の野田氏を総務相に起用したのは閣内に取り込むことでそれを防ぐためだったという側面がある。
 首相はわざわざ『小池を敵に回すな』といっており、野田氏を仲介役になんとか小池を懐柔したいと考えているはずです。しかし、足元の自民党内では浮き足だった東京の平沢氏、大阪の竹本氏ら無党派層が多い大都市圏を選挙区にする議員たちが『明日の日本』というより、『明日の自分たち』のために安倍首相を早く引きずり降ろすしかないと勉強会を立ちあげた。いつ安倍降ろしに動き出すか一触即発のきな臭いムードです」


日本の研究力 政策転換しか道はない
 日本の科学の研究力低下が止まらない。
 文部科学省科学技術・学術政策研究所がこのほど公表した調査結果によると、科学論文の数は10年前に比べ6%減って世界2位から4位に後退した。注目度の高い論文に絞ると世界4位から9位にまで落ちてしまった。
 今に始まったことではない。日本発の論文の5割を占める国立大からの論文数は2000年代半ばから伸び悩み、企業からの論文は1990年代から減り続けている。
 産業の「種」を生む科学の研究活動が縮小に向かっているわけで、政府の掲げる「科学技術イノベーション」も絵に描いた餅に終わりかねない、危機的状況だといえる。
 研究力低下の理由は複合的だが、研究と次世代の育成を担う大学や研究機関の現場が、「選択と集中」に基づく政策の度重なる失敗で劣化したことが大きい。立て直すには政策を転換し、研究環境を改善するほかない。
 最大の失敗は政府が大学などに投じる基盤的経費の削減だ。国立大への運営費交付金は2004年の法人化以降減り始め、本年度は04年度に比べ約1割減。私立大への経常費補助金も頭打ちだ。大学が全ての研究者に配分する研究費はやせ細り、若手を安定して雇用することも難しくなった。
 政府は一方で研究者が競って獲得する「競争的資金」を増やした。ただ、その額は不十分で、期間が限られているため、若手の安定した雇用にもつながっていない。
 研究費獲得や産学連携のための活動、市民向けの講演など研究者の仕事は増え、研究時間は著しく減り続けている。
 国の研究機関も深刻な状況だ。理化学研究所では運営費交付金が過去10年で2割近く削られた。20年前に所内にできた脳科学総合研究センターでは研究室の数が一時の約60から約40に減った。
 同センターの本年度予算は前年度から17%減。アルツハイマー病の基礎研究で世界トップレベルの成果を上げている西道隆臣さんの研究室は理由も説明されないまま予算が43%もカットされた。
 国内外の研究者にも提供してきた貴重な実験用マウスを1万匹から3千匹に減らさざるを得なくなり、スタッフ13人の雇用と研究費を確保するため、国内外の競争的資金の獲得に奔走している。
 研究環境の劣化は若者の夢を奪う。大学院の博士課程に進む人が減っているのも当然だ。また、小規模な大学ほど政策のしわ寄せは大きく、研究の多様性や研究者の層の厚みも失われつつある。
 この悪循環から抜け出すには大学などの基盤的経費を大幅に増やし、安定した研究環境をつくる必要がある。競争的資金や政府主導の大型研究プロジェクトの経費を減らしてでも実行すべきだ。
 研究力低下には、多くの企業が科学研究をやめたことも響いている。日本より先に企業が研究をやめた米国では、政府資金による大学での科学研究を基に若い博士がベンチャー企業を起こし、それを政府が手厚く支援し産業を生み出してきた。
 日本政府もそれをまねようとしてはいるものの、大学や研究機関での研究を再生させるという肝心要の課題の解決には消極的だ。それでは小粒な成果しか望めまい。好奇心に駆られてのめり込む科学研究こそが大発見をもたらし、社会を進歩させてきた歴史に学ぶべきだ。(共同通信・辻村達哉)


平和大使演説見送り 核廃絶へ若者の発信の場を守れ
 核なき世界の実現を―。唯一の戦争被爆国として痛みを知る日本の訴えは、国境を超え、人々の心を突き動かす力になるに違いない。被爆者が高齢化し、経験を伝えることが困難になった時代、若者と一体となった平和活動は一層重要になる。にもかかわらず、そこに水を差す政府の姿勢を深く憂慮する。
 2014年以来、毎年8月にジュネーブ軍縮会議で核兵器廃絶を世界に訴えてきた日本の高校生平和大使の演説が、今年は見送られた。理由について政府は、一部の国から強い懸念の声があったとするが、具体的な説明は避けている。
 全国から集まった22人の平和大使は、核廃絶を求める過去最多の約21万4千人分の署名を軍縮会議事務局に提出した。国民の強い願いを感じるとともに、託された若者が国際的な会議の場で発信する貴重な機会を奪われたことが、残念でならない。たとえ問題視する国があったとしても、政府として交渉に力を尽くし、胸を張って送り出すことが「非核」を掲げる日本の取るべき態度であろう。
 米国の「核の傘」に依存する政府は、国連で先月採択された核兵器禁止条約について、核保有国が参加していないことを理由に不参加を表明している。8月6日の「原爆の日」に、松井一実広島市長は政府に対して、条約の締結促進に向け「核保有国と非保有国との橋渡しに本気で取り組むよう」要求したが、安倍晋三首相は、その日の会見で条約には署名しないと明言した。条約に共感を示す平和大使が、演説で言及するのを懸念したのではないかと関係者が推察するように、何らかの思惑があったと疑わざるを得ない。
 これまで被爆者が命を削る思いで訴えてきた核廃絶への願いが、禁止条約につながった。その重い事実を政府は胸に刻まなければならない。9日の「長崎原爆の日」の平和宣言冒頭で、田上富久市長は、条約に参加しない政府の姿勢を厳しく批判した。田上氏は、来月ニューヨークの国連本部で開かれる条約の署名式に、被爆者の代表と共に出席する意向だという。国民のやむにやまれぬ思いを、政府こそがくみ取るべきだ。
 北朝鮮は核やミサイル開発にひた走り、トランプ米大統領は核戦力拡大に意欲を見せる。核兵器使用を防ぐには、米国の同盟国である日本が核の非人道性を伝え、戦争を回避するメッセージを打ち出すことが重要であり、その責任は重い。政府にはせめて条約が認めるオブザーバー参加によってでも、保有国の参加を促し、核の抑止力に頼らない安全保障政策への転換をリードするよう、求めたい。
 「高校生平和大使」は、長崎での発足から20年目を迎えた。大使「卒業」後も被爆者との対話を企画するなど、平和活動に取り組む人が育っている。こうした地道な継承が核なき世界実現への一歩となることも、政府は忘れてはならない。


菊池事件 元ハンセン病患者6人が国賠提訴 熊本地裁
 ハンセン病患者とされた熊本県の男性が殺人罪などに問われ、無実を訴えながら裁判所外の隔離された特別法廷で死刑判決を受けて執行された「菊池事件」で、元ハンセン病患者6人が29日、無罪となるべき男性について検察が再審請求しないため精神的苦痛を受けたとして、国を相手取って1人当たり10万円の慰謝料を求める国家賠償請求訴訟を熊本地裁に起こした。
 訴状によると、元患者らは2012年11月、検察庁に菊池事件について再審請求するよう要請したが、同庁は17年3月に再審請求しないことを決めた。この決定は検察官に課せられた再審請求権行使義務に違反しており、元患者らは特別法廷で助長されたハンセン病患者らに対する差別や偏見を解消する被害回復請求権を侵害されたとしている。【野呂賢治】

パワーアップどうにか/軟膏もらって・・・

ブログネタ
フランス語 に参加中!
lasare1

Pourquoi les Français doutent de Macron
Chloé Morin
Sur son style comme sur le fond, les critiques formulées à l'égard d'Emmanuel Macron en cette fin d'été convergent toutes vers le même point : une partie grandissante des Français doute d'être au coeur du projet du Président. La directrice de l’Observatoire de l’opinion à la Fondation Jean-Jaurès Chloé Morin et les politologues Marie Gariazzo et Gaspard Jaboulay (Ifop) analysent les verbatim des Français.
Avec 40% de français se déclarant satisfaits de lui, Emmanuel Macron vient d’enregistrer une chute de 24 points au cours des deux derniers mois dans le baromètre Ifop/JDD. Sur la même période, François Hollande perdait 5 points (passant de 59 à 54%), et Nicolas Sarkozy en gagnait 4 (69% en septembre). Le nouveau Président ne semble donc pas échapper à cette nouvelle loi qui veut que chaque chef de l’Etat soit rattrapé plus vite que son prédécesseur par l'impopularité - bien que pour des raisons tout à fait différentes.
"Sentiment d’injustice sociale"
Interrogés par l'Ifop pour la Fondation Jean Jaurès, les Français qui se disent "satisfaits" convergent vers l’idée qu’Emmanuel Macron a su restaurer l’autorité et le prestige de la fonction présidentielle, et est parvenu - bien que dans une moindre mesure-, à la moderniser. Sur ce point, c’est évidemment la place que le Président a su (re)donner à la France à l’international qui reste le motif de fierté principal pour de nombreux interviewés.
En parallèle, le président de la République continue de capitaliser sur ses attributs de ≪ jeunesse ≫, de ≪ dynamisme ≫, de ≪ nouveauté ≫, de ≪ renouvellement ≫ etc. Bien que ces différents qualificatifs soient moins cités que dans les vagues antérieures de notre enquête, il n’en reste pas moins que les propos tels que ≪ c’est toujours pareil ≫, ≪ tous les mêmes ≫ etc. sont très rares en comparaison des vagues d'enquête réalisées au cours des deux précédents quinquennats.
Quant aux opinions négatives - désormais majoritaires-, elles sont essentiellement portées par un sentiment croissant "d’injustice sociale". La chute de l'exécutif dans les sondages est d'autant plus brutale que le "style" présidentiel semble répondre et conforter le "fond". Soulignons que, sur la politique menée comme sur l'image présidentielle, il semble que nous soyons sortis de la période où le seul contraste avec les défauts d'un prédécesseur rejeté suffisait à gagner la bienveillance d'une majorité de français.
Séquelles du "ras-le-bol fiscal"
Désormais, les actes et décisions présidentiels concrets semblent suffisamment nombreux pour que les Français, qui projetaient jusqu'ici des espérances diverses dans l'exécutif, commencent à former un jugement - non encore définitif - sur son action.Alors que l’image présidentielle était jusqu'ici essentiellement rejetée pour des raisons ≪ idéologiques ≫ par une partie de la gauche et de l’extrême droite, force est de constater que ces critiques se nourrissent désormais d’éléments programmatiques identifiés et concrets perçus comme des menaces pour le pouvoir d’achat des classes moyennes et populaires.
A cet égard, l’augmentation de la CSG, déjà très durement critiquée par les retraités lors de la campagne présidentielle, se voit plus largement disqualifiée puisqu’elle ne s'accompagne plus, aux yeux des interviewés, de la certitude d’être compensée par une suppression de la taxe d’habitation ou par une réduction des cotisations sociales salariales. Conséquence de ces incertitudes, se fait jour dans le discours des interviewés l’idée que le Président ≪ diffère ≫ ses promesses pour déguiser une augmentation d’impôts. On voit réapparaître ici les séquelles du "ras le bol fiscal" apparu en 2013, qui jette la suspicion sur toute annonce fiscale et provoque la colère des contribuables à la moindre ambigüité.
Plus récemment, l’annonce d’une réduction du montant des APL a aussi pu donner l’impression que le gouvernement "s’en prenait aux plus faibles" ("d’abord les retraités et maintenant les étudiants"). Les gestes comme la revalorisation de l'allocation adultes handicapés ou du minimum vieillesse étant par ailleurs passés inaperçus, l'idée qui s'impose est bien que le gouvernement ne "fait rien pour les plus démunis" et demande des efforts que les français dans leur ensemble n'étaient pas prêts à consentir (un sondage Ifop réalisé avant l'été montrait à ce titre que 49% se disent prêts à des efforts pour redresser les comptes publics, soit 13 points de moins qu'en 2012 à la même période). L’injustice sociale est donc à ce stade la grille de lecture principale qui est en train de s'imposer dans l'opinion. Les mesures qui ont occupé les débats de l’été sont venues confirmer le doute originel d'une partie des Français quant à la capacité d’Emmanuel Macron à "comprendre les gens comme eux", et donc à mener une politique au bénéfice de tous (rappelons qu'il obtenait le même score que Marine Le Pen sur l'item "sa politique va me bénéficier personnellement" au moment de son élection, selon Opinionway). À ce titre, les débats sur le budget à venir, qui promet des coupes significatives pour respecter l'objectif de 3% de déficits, s'annoncent périlleux pour l'exécutif.
"Excès de communication"
La critique sur le style et la communication présidentielle joue le rôle d'adjuvant à la critique sociale portée sur son action. Elle se décline sur deux registres: d'abord, la perception d’un écart croissant entre la mise en scène du Président et la réalité de son action - critique que l'on avait déjà observée s'agissant de l'action de Manuel Valls à Matignon. Ce contraste se révèle d'autant plus problématique qu'il tranche avec l'image du "réformateur", que l'on espérait déterminé et courageux (souvent par rejet du Hollandisme qui l'a précédé), sachant où il allait et surtout détenteur d'une "méthode" nouvelle pour surmonter les blocages et les réticences d'un pays qui semblait jusqu'ici condamné à l'enlisement. En plus mineur, les critiques se portent sur une stratégie apparente de "verrouillage" de la communication qui nourrit les doutes sur la sincérité présidentielle et sur sa capacité à tolérer la contestation. Les interviewés sont par ailleurs de plus en plus nombreux - mais encore largement minoritaires - à décrypter l’ensemble des déclarations et initiatives d’Emmanuel Macron sous le prisme de la communication. Conséquence de cet "excès de communication " perçu, des mesures normalement populaires peinent à venir rééquilibrer les perceptions négatives et ne sont pas totalement mises au crédit du Président, car on soupçonne qu'elles servent seulement une stratégie d'image (par exemple: la loi sur la moralisation de la vie politique).
Gouvernement "mal coordonné"
Les critiques formulées vis-à-vis de la communication personnelle du Président sont d’autant plus vives qu’elles contrastent avec un sentiment grandissant d'absence, d’immobilisme, d’hésitation ou d’enlisement du gouvernement. Les apparents revirements sur le calendrier des réformes ont marqué l’opinion et donné l’image d’un exécutif "hésitant", "velléitaire" et finalement, peut-être - mais cela reste encore à l'état de soupçon naissant -assez peu préoccupé par le succès de son projet politique. Il faut d’ailleurs noter que, contrairement à ce qui est souvent avancé, la chute de popularité d’Emmanuel Macron n’intervient pas au moment de l’affaire du général de Villiers, mais débute au moment du Congrès et du Discours de politique générale, alors que les premiers flottements sur le calendrier des réformes fiscales se font jour.Ces "cafouillages" perçus ont aussi affecté la crédibilité d’un gouvernement perçu comme "mal coordonné", "trop jeune", "mal préparé" etc. Des attributs qui viennent questionner la capacité de ce dernier à mener à bien les réformes promises, et provoquent des interrogations sur les bienfaits réels du "renouvellement".Notons enfin que ces différents "revirements", et l’inévitable confusion qu’ils ont entraînés dans l’opinion publique, sont aussi parfois perçus comme un manque de transparence : le gouvernement ne souhaiterait pas (ou ne parviendrait pas) à exprimer clairement ses objectifs, son "cap" pour l’avenir.
"Manque de clarté idéologique"
Si l'injustice sociale semble peu à peu s'imposer comme grille de lecture principale, et si tant d'importance paraît être prêtée à la communication au Président, c'est sans doute parce qu'Emmanuel Macron n'a pas su, malgré le discours au Congrès dont c'était l'objectif, donner à voir le cap de son action et les valeurs sur lesquelles elle s'appuierait. Ce manque de clarté sur son projet politique explique la formation de grilles de lectures de son action échappant à son contrôle. Deux éléments constitutifs du "macronisme" viennent renforcer ce manque de lisibilité :
- Le "en même temps" est une approche qui véhicule un déficit de clarté idéologique et nuit à l’appropriation de la politique menée. Cela aboutit à une lecture séquencée et individuelle des mesures prises et des résultats attendus, propice aux déceptions et mécontentements. En l’absence de clés idéologiques, l’action présidentielle se trouve réduite à ce que représente celui qui la mène : à savoir le monde de la finance, des riches coupés des pauvres, etc.
- L’approche itérative (le fameux "test and learn" si cher aux start-ups) : Emmanuel Macron sait corriger ses erreurs, le revirement peut même d’une certaine façon être revendiqué comme une méthode de sa part, mais l’opinion ne l’entend, ni ne le comprend comme ça. L’action présidentielle renvoie donc une image brouillonne, ce qui entre en contradiction avec ses attributs jupitériens.
Un sérieux avertissement
Notons toutefois que contrairement à ce qui fut le cas pour François Hollande, le manque de lisibilité ne se combine pas avec un doute sur la capacité présidentielle à "trancher". Cela explique que l'on ne parle pas de "Président sans cap", comme ce fut le cas pour François Hollande dès l'automne 2012. On pense qu'Emmanuel Macron a un cap, mais on ne comprend pas lequel - et on redoute de plus en plus de ne pas faire partie de son projet. L'histoire présidentielle semble trop souvent se décliner au singulier, l'autorité - souhaitée sur de nombreux sujets - introduit une forme de distance. Tout se passe comme si les Français souhaitaient davantage qu'on leur parle d'eux, et qu'on les rassure sur le fait que tous les efforts gouvernementaux sont dirigés vers l'amélioration de leur situation personnelle.
Un élément doit toutefois nous conduire à relativiser les jugements négatifs exprimés ici : nombre d’interviewés admettent ne pas encore avoir d’opinion définitive à propos du chef de l’Etat. Les réactions du type : " Il est trop tôt pour le dire", "il faut leur laisser le temps" ou "j’attends de voir à la rentrée", "on verra vraiment en septembre avec la loi travail" sont omniprésentes dans le discours des interviewés (y compris chez les sympathisants d’extrême droite et d’extrême gauche). C'est donc avertissement sérieux que l'opinion adresse ici au Président, mais il garde sans aucun doute des marges de manoeuvre pour corriger ce qui doit l'être. Les Français n'ont pas encore définitivement tranché.
フランス語
フランス語の勉強?

パワーアップ第1回目です.どうにか無事に過ぎました.
夕方病院に行って軟膏もらいました.お風呂の後に患部に塗って・・・というのですが,軟膏が見当たらない???のでした.どこいったかな?

間寛平、骨折から3カ月後に840キロ走破!年を重ねても走る理由/芸能ショナイ業務話
 間寛平(68)が、東日本大震災で被災した東北3県を縦走する「みちのくマラソン」を完走した。今年は12日から13日間、840キロの道のりを走り、福島、宮城、岩手の3県に笑顔と元気を届けた。
 記者は出発とゴールに立ち会ったが、地元の人々が喜ぶ姿が脳裏から離れない。沿道やたすきを渡す中継地点には、応援にかけつける人も多く、何より「寛平ちゃんは何時に走るの?」とワクワクした声で、スタッフに声をかけてくる住民の姿が印象深かった。
 それと同時に、東北地方における寛平の影響力の大きさを感じた。ほとんどの人は、8月に「みちのくマラソン」が行われていることを認知している。毎年楽しみに待っている人がいる−。その一心で今年も、68歳の体に鞭を入れ、必死に歩を前に進めた。
 だが、超人といえども年々、体力は落ちてきているという。昨年まで走れた坂道が辛かったり、1日で走れる距離が少なくなったり…。「去年まで12キロくらいは走っていたけど、今年は7、8キロでフーフー言っちゃった。年齢はほんまにきついねん」と苦笑する。
 それでも、また来年も東北に戻ってくることを約束した。今年は東北の復興に一定の手応えをつかんだといい、「年々、元気になっているなって。去年までなかった道ができていたり、まあ走っとたらよう分かるわ」とうれしそうな笑みを浮かべた。
 さらに来年は、大地震に見舞われた熊本にも足を運ぶ意向も明かしてくれた。実は7月、3日の休暇を取り、マネジャーと自身の妻と3人で熊本を訪問する予定だったという。「被災者が避難している場所に寝袋を持っていって、ビールでも飲みながらおっちゃんたちの話を聞いてさ」と詳細まで詰めていた。
 だが、寛平は4月に木から落ち、4月に左鎖骨や肋骨9本を骨折。「それで行かれへんかったんや」。“野性児”ゆえの事故でかなえられなかった思いを、一年越しで届けることを誓った。
 そもそも今年の「みちのくマラソン」は、骨折からわずか3カ月後のスタート。「あの落ち方だったら、下半身不随になってもおかしくないねん。俺に、神様が『走れって』言ってんやろうな」。そう、寛平には年を重ねても走る理由がある−。(やんばる)


【楽天】震災の過去を風化させない…6度目の「がんばろう東北デー」開催
 楽天は28日、9月9日のオリックス戦(コボパーク)で2012年から毎年開催し、今年で6度目となる「がんばろう東北デー」を開催することを発表した。
 「がんばろう東北」は、甚大な被害に見舞われた東北地方の復興を支援するにあたり、楽天支援活動の象徴となるスローガン。震災の過去を風化させず、これからも東北全体で一丸となり前進していくために今年も「がんばろう東北」を誓う日として、様々なイベントを行う。
【がんばろう東北デー 概要】
 ☆来場者1人につき、100円を寄付
 9月9日のオリックス戦に来場した1人につき100円をTOHOKU SMILE PROJECT第3弾「こどもスタジアム」建設基金として寄付する。この取り組みは、2015年から行っており、2015年は2万4363人が来場し、243万6300円を「大槌こどもグリーンフィールド」へ寄付、2016年は2万5520人が来場し、255万2000円を「こどもスタジアム」へ寄付した。これまでで「こどもスタジアム」第一次寄贈先、宮城県南三陸町・福島県南相馬市・岩手県陸前高田市への募金は満額となった。9日は、第二次寄贈先を発表する。
 ☆岩手県・宮城県・福島県から約350人を招待!
 被災地招待は、被災地の方々が元気になるように2011年から毎年行っている。9月9日も自治体(岩手・宮古市、岩泉町、宮城・石巻市、福島・福島市)より招待し、当日は、試合観戦、打撃練習見学会、選手とのふれあいイベントを企画している。
 ☆「がんばろう東北」ビッグフラッグが登場!
 試合開始前のフィールド上で、被災地から招待した子供たちが縦35メートル×横63メートルの「がんばろう東北」ビッグフラッグを広げるセレモニーを実施する。
 ☆試合球に「がんばろう東北」を刻印!
 試合球に「がんばろう東北」のロゴと日付を刻印。白球に復興への願いを込めて試合を行う。試合球は後日、オークションを開催し、収益の一部をTOHOKU SMILE PROJECT 第3弾「こどもスタジアム」の建設基金として寄付する。
 ☆「がんばろう東北」応援ボードをプレゼント!
 「がんばろう東北」応援ボードを来場者全員に、プレゼントする。合言葉は「がんばろう東北」。
 ☆「夢メッセージボード」を球場内・外に届ける!
球場正面・場内ビジョンに夢メッセージの掲出する。東北に笑顔を届けるため、全国の著名人の方々から「あなたの夢、教えてください!」をテーマにメッセージを募集。当日は球場正面で見られるほか、場内ビジョンにも映る。
 ☆「がんばろう東北」復興商店街
 被災した自治体から特産品を集め、イーグルスドームで物産の販売、自治体のPRを行う。著名人からの夢メッセージパネルを掲出する。


震災6年半ようやく校庭復旧 宮古二中、のびのび運動
 東日本大震災の被災者向けに建設された仮設住宅の撤去と校庭整地が完了した宮古市日の出町の宮古二中(佐々木慶信校長、生徒98人)は26日、校庭完成披露会と生徒活動発表会を開いた。生徒らはのびのびと校庭で運動する姿を地域住民に披露した。
 快晴の下、特設陸上部21人や近隣の鍬ケ崎小児童による100メートル走やリレーが行われた。その後、野球部が宮古二中OBの社会人チームと対戦。全校生徒や集まった地域住民が声援を送った。生徒らによる人文字も披露された。
 同校の校庭には震災後、仮設住宅が建設された。生徒たちは体育の授業や野球部の活動時はバスに乗り、1・2キロ離れた県立宮古病院ヘリポート近くの仮グラウンドに通っていた。野球部の2年三浦稜さんは「早く自分たちの校庭で練習したいとずっと思っていたのでうれしい。元気にプレーする姿を見てもらいたい」と笑顔を見せた。


<ゆりあげ港朝市・さんま祭り>秋の味覚 こんがり
 東日本大震災で被災した名取市閖上地区のゆりあげ港朝市で27日、毎年恒例の「さんま祭り」(同朝市協同組合主催)が開かれ、大勢の来場者が秋の味覚を楽しんだ。
 北海道根室沖で捕れた生サンマ約2000匹が用意され、1人1匹ずつ、無料で配られた。来場者は長さ計約50メートルにわたって並べられた炭火焼きの網の上にサンマを載せ、焼き上がった身を頬張った。
 同組合によると、現在のサンマ価格は1キロ当たり2500〜1100円、1匹当たりに換算すると200円ほどという。
 桜井広行理事長は「雨続きで海はしけも多く、魚は高いが、今日は久しぶりに朝から晴れた。特に子どもたちに、炭火焼きという食文化を楽しんでほしい」と話した。
 祭りは1985年に始まり32回目。震災の年も会場を移して実施された恒例行事で、会場には午前5時台からサンマの提供を待つ長い行列ができた。


<松島基地>ブルーインパルス 天のキャンバスに舞う
 東日本大震災で被災した航空自衛隊松島基地(東松島市)で27日、「航空祭」が復活した。開催は2010年以来7年ぶりで震災後初。基地所属の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」が夏の空を華麗に舞い、約4万3000人(基地発表)の来場者を魅了した。
 6機編成のブルーインパルスは背面飛行や宙返りなど約25演目を披露。澄んだ青空に白いスモークでハートや輪、復興祈願のフェニックスなどを描き、観衆から大きな拍手が送られた。
 仙台市宮城野区の小学1年安斉倖生(こうせい)君(7)は「初めてブルーインパルスを見た。白い星のマークが格好よかった」と喜んだ。約15年前から航空祭に立ち会ってきた大崎市の会社員高倉哲也さん(40)は「再び参加できてうれしい。震災からやっとここまで来た、と感じる」と語った。
 松島基地は震災の津波でF2戦闘機など28機が被災。F2機を運用する第21飛行隊は三沢基地(三沢市)で訓練していたが、昨年3月に帰還した。同8月には約1万人を招き、「復興感謝イベント」を開いた。


<お天王さん再び>離れた住民つなぐ場
 東日本大震災の大津波で流失した宮城県山元町笠野地区の八重垣神社社殿が今夏、よみがえった。神社周辺は災害危険区域に指定され、住居建築が制限されている。昔から「お天王さん」と呼ばれ親しまれてきた地域のシンボルの再建は、かつての住民らに希望をもたらしている。(亘理支局・安達孝太郎)
◎みやぎ路/山元・笠野 八重垣神社(下)夏祭り 
 「さあさ歌えよ笠浜甚句 ハットセ いつも大漁のコリャ続くよに ハットセ ハットセ」
 7月29日、新社殿の完成を祝う八重垣神社例祭の宵祭り。古くから宴席で歌われてきた地元の民謡「笠浜甚句」に合わせて、懐かしい踊りが披露された。かつての住民ら女性10人が踊り終えると、観客から大きな拍手が湧いた。
 甚句には昔行われていた漁の様子が歌われ、牛頭天王社(ごずてんのうしゃ)と呼ばれていた八重垣神社も「天王さま」として登場する。踊りには網を沈めるために石の重りを投げる動作などもある。
 宵祭りでの披露は東日本大震災後初めて。「みんなばらばらになったけど踊りのために集まることができた」。神社そばにあった家を津波に流され、町の内陸部に移った岩佐富士子さん(61)が声を弾ませた。
 震災前、踊りは農家の女性が中心になって引き継いできた。渡辺貞子さん(61)もその一人。「敬老会、町の文化祭、そして宵祭り。20年以上も踊ってきたから体に染みついている」
 祭りは江戸期以前からあった。神社の信仰者の集まり「講中」が各地にあり、相馬藩から徒歩で訪れる者もいたという。
 にぎわいは戦後も続く。「子どもの頃、鳥居の外まで夜店があふれていた」。総代長の岩佐吉郎さん(76)が回想する。「娯楽の少ない時代。みんな何日も前から祭りを待っていた」
 祭りの思い出は若い世代にもある。宮司の長女で、今春禰宜(ねぎ)となった藤波梓(あずさ)さん(22)は「子どもの頃、店じまいまで夜店をのぞいて回った」と言う。
 「神職はあくまで選択肢の一つだった」という梓さんが母を継ぐ決意をしたのは震災から1年を過ぎた高校3年の夏。再び始まった宵祭りを目の当たりにした時だった。
 震災のあった2011年の例祭は神事のみ。夜店が並ぶ宵祭りが復活した12年7月は、仮のお宮とプレハブの事務所があるだけだった。それなのに、境内は人で埋め尽くされた。
 夜空に打ち上がる花火を、大人も子ども無心に見上げていた。「震災後に初めて顔を合わせた人もいた。神社は人をつなぐことができると感じた」
 ただ、神社の維持には困難も予想される。震災前、笠野地区と南隣の新浜地区に氏子は約320戸あったが、今は笠野地区で家を修理して残る住民を中心に30戸ほど。それでも梓さんは「震災後も続いた氏子さんのつながりを無くしてはいけないと思った」と語る。
 今年の宵祭り翌日、恒例のみこし渡御があり、30人の担ぎ手が集った。「震災前から担いでいるから」。嶋田栄一さん(42)は集団移転先の新市街地「つばめの杜」から「お天王さん」のもとへ駆け付けた。
 総代長の岩佐さんが言う。「祭りに来てくれる人は、故郷や一緒に生きてきた人と結び付いていたいと願っている。そんな思いを大切にしていくことが、次の世代に神社を残す道につながる」
<八重垣神社>藤波宮司の21代前の先祖藤波尭雄が牛頭天王をまつり、江戸時代まで牛頭天王社と呼ばれた。牛頭天王は仏教の信仰対象となる一方、日本神話に登場する素戔嗚尊(すさのおのみこと)の化身とも言われる。明治初頭、神仏分離を進めた国の方針により名称が八重垣神社となる。社殿など神社再建費用は総額2億円余りで、全国からの支援金や氏子の浄財で賄われた。


河北抄
 「はい、これで免許取り消しです」。冷淡な「取り消し」という役所言葉が涙ながらの別れに水を差した−。運転免許証を自主返納した東松島市の高齢女性が、運転免許センターでのやりとりを本紙朝刊の「声の交差点」で嘆いていた。
 84歳までハンドルを握っていたのは夫を病院に送迎するため。愛する夫が4月に亡くなり、40年近い運転歴に終止符を打つ決心をしたのだという。
 「年齢という悲しい現実を前に勇気を振り絞って返納した。せめて『ご苦労さま』の一言があったら」と女性は願う。
 警察白書によると、昨年の交通事故死者数は67年ぶりに4000人を下回った。一方、死亡事故に占める高齢運転者の比率は高まり、「対策は喫緊の課題」と指摘する。対策の柱として、白書は認知症対策を強化した3月の改正道交法の施行に加え、免許自主返納の促進などの取り組みを掲げている。
 交通安全の旗振り役は、現場の警察官にとどまらない。運転免許センターでの心温まる対応が自主返納を促し、大切な命を守ることにつながるはずだ。


青森中学生いじめ自殺1年 遺族の不信感強く
 昨年8月に青森県内で、2人の中学生がそれぞれ、いじめ被害を訴えて自殺してから1年がたった。息子、娘の一周忌を迎えた遺族は、現在も続く原因究明の調査に「今度こそは遺書の内容を読み取って」「曖昧な調査はしてほしくない」と思いを募らせる。
<10月末までに報告>
 「19日が迫ってくるのが怖かった。1年がたったけど、息子が亡くなって、もう戻ってこないという事実に変わりはない」
 昨年8月19日にいじめ被害を示唆する遺書のようなメモを残して自殺した東北町上北中1年の男子生徒=当時(12)=の母(50)は、一周忌をこう振り返った。
 男子生徒が自殺した翌月、町いじめ防止対策審議会による調査が始まった。12月にまとまった調査報告書では、男子生徒に対する校内でのいじめを認めたものの、自殺に至ったのはいじめのほか、小規模の小学校から人数の多い中学校へ進学したストレス、思春期の影響などの複数の要因があると結論付けた。
 納得のいかなかった遺族は今年1月、町に再調査を要請。3月に町いじめ問題再調査委員会が設置され、現在も調査報告書を再検討している。
 男子生徒の母は「本人が自殺の一番の原因はいじめだと書き残している。この一言では、駄目ですか。息子が残したメモを、遺書として扱ってほしい」と調査への思いを吐露した。再調査委は10月末までに報告書案を遺族に報告する方針だ。
<「日に日につらく」>
 昨年8月25日に自殺した青森市浪岡中2年の葛西りまさん=当時(13)=の父剛さん(39)は、今年の8月25日を普段通り過ごした。剛さんは「特別な日にしたくなかった。今も亡くなった事実を受け入れたくないが、時間がたつと思い出す機会が増え、日に日につらくなっている」と話す。
 自殺から4カ月後の昨年12月、市いじめ防止対策審議会は葛西さんへのいじめを認定した。今年3月に調査報告書案を遺族へ説明したが、葛西さんが思春期特有のうつだった可能性があるとの記載について、具体的な根拠を示せなかった。
 不信感を持った遺族は翌4月、内容の一部再検討や一部委員の解任を要望した。審議会や市教委は応じなかったが、5月末、審議会の全委員が任期満了に伴い退任。退任間際に、審議会は「(自殺には)いじめ以外の要因がないと断言できる情報を得られなかった」として自殺が「いじめを含むさまざまな要因が関わった死」との見解を示した。
 宙に浮いた報告書案は、顔触れを一新する審議会の資料になる。新たな委員は全国規模の職能団体からの選出が決まり、現在も選任作業が続く。剛さんは「いじめさえなかったら娘は亡くなっていないという家族の気持ちを、正面から受け止めてもらえていない。曖昧な調査結果からは曖昧な再発防止策しか生まれない」と語った。


県市長会長に郡仙台市長選ばれず
県内14の市で作る宮城県市長会は塩釜市で総会を開き、会長を務めていた仙台市の奥山前市長の退任を受け、残りの任期となる来年春までは後任の会長を選ばずに、塩釜市の佐藤昭市長が会長代理を務めることを決めました。
県市長会の会長は慣例として仙台市長が務めてきただけに、異例の事態となりました。
宮城県市長会は28日、塩釜市で総会を開き、会長を務める仙台市の奥山市長が退任したことを受け、後任の人選について話し合いました。
会長は、これまで慣例で仙台市長が務めてきましたが、副会長を務める大崎市の伊藤康志市長は3人の副会長の総意として、「次の会長の任期は奥山前市長の残任期間である来年の春までとなる。地方分権のなかで政令指定都市と他の市のありかたや市長会のあり方を議論するために、残りの任期の間は会長を選ばず、会長代理をおいて議論してはどうか」と提案しました。
これに対して、仙台市の郡市長は、「慣例に反してなぜ会長代理を置くのか腹に落ちないところがないわけではないが、会の今後のあり方をより発展的に考える機会を持つというものなら賛同する」と述べました。
そして、奥山前市長の残りの任期となる来年春までは、会長は選ばずに塩釜市の佐藤昭市長が会長代理を務めることを全会一致で決め、仙台市長が会長を務めない異例の事態となりました。
一方、奥山前市長が会長を務めていた東北市長会の会長については、宮城県市長会として郡市長を推薦することを決め、ことし10月の総会に臨むことになりました。
宮城県市長会の会長に選ばれなかった仙台市の郡市長は、「慣例にならい仙台市長がそのまま会長を務めるものと考えていたので、すぐにすとんと腹に落とすのは難しい。ただ、今後の市長会のあり方については、活発な議論を進めていくべきだと思う」と述べました。
一方、郡市長を会長に選ばないことを提案した副会長を務める大崎市の伊藤市長は「地方分権の時代の中で、市長会のあり方を話し合う必要があると以前から考えていたが、今回が良いタイミングだと思い提案した。郡市長が野党の支援を受けて当選したことは関係ない」と述べました。
また、会長代理に選ばれた塩釜市の佐藤市長は「東日本大震災からの復旧復興など、市長会としての課題が山積しており、会長職の選任も含めて、市長会が今後どうあるべきか、しっかり議論していきたい」と述べました。
村井知事は記者会見で、宮城県市長会会長の人選について、「どなたが会長になってもリーダーシップを発揮してもらいたいし、胸襟を開いて仕事をしていきたい」と述べました。


<市長会>「政令市=会長」宮城は異例
 全国20政令市が所在する15道府県の各市長会で現在、政令市長が会長職を務めるのは宮城、広島の2県のみで、会事務局を市役所内に置き、職員が会の業務を兼務しているのも宮城、福岡の2県にとどまることが27日、河北新報社の調査で分かった。宮城県のように仙台市が会長と事務局を担い続ける例はなく、異質さが浮かび上がった。
 15道府県市長会の会長市と会事務局の設置形態は表の通り。
 広島県は宮城県同様、広島市が会長だが、過去には他市が会長に就いたこともある。愛知県市長会は地域バランスを考慮し三河、尾張の両地域から交代で会長を選出。政令市の名古屋市は名誉会長の位置付けだ。
 静岡県市長会は静岡、浜松両市が政令市移行後の2011年度以降、両市以外から会長を選んでいる。事務局担当者は「加盟市は政令市以外が大半。他市が会長の方がまとまりやすいのではないか」と説明する。
 熊本県市長会は、熊本市の政令市移行(12年)直前に会長が他市に移った。西日本の市長会事務局担当者は「会長には『あて職』も相当ある。多忙な政令市長が会長職をこなすのは大変だろう」と推し量る。
 事務局は、宮城、福岡の2県以外は道府県自治会館などに単独で設置し、会長市から派遣された職員や専従職員ら5人前後が従事。国や道府県への要望活動、定例会の開催、各市間の連絡調整などを担う。
 主に専従職員で組織する岡山県市長会の担当者は「職員の専門性が高まる」と利点を挙げる。熊本県市長会事務局は各市が輪番で派遣する職員ら5人で構成し、任期は最長5年。担当者は「派遣市は減員になるが業務に専念できる」と話す。
 福岡県市長会は会長市の久留米市総合政策部が事務局を兼務する。担当者は「専従が理想形。会長市が変わるごとに事務局も変わると、業務の引き継ぎが大変だ」と課題を挙げる。
 宮城県市長会は事務局を会長市に置く決まり。仙台市長が慣例で会長を務め続けているため、同市庶務課の職員7人が業務を兼ね、東北市長会の事務局も担う。担当者は「会長と緊密な意思疎通を図れる」とプラス面を強調する一方、「スケジュール的にきつい時期もある」と明かす。
 宮城県市長会は28日の会議で、奥山恵美子前仙台市長の退任に伴う新会長に佐藤昭塩釜市長を選出し、慣例を見直す方針。事務局の在り方も議論されそうだ。


医師の働き過ぎ 健康でこそ命預かれる
 医師の長時間労働を減らす議論が厚生労働省の有識者検討会で始まった。勤務医は残業や夜勤など激務が問題化している。患者の命を預かる医師が過労で倒れては元も子もないというものだろう。
 政府が三月にまとめた「働き方改革実行計画」では、残業時間の上限を「月百時間未満」とする規制策を盛り込んだ。医師はこの規制の適用を五年間猶予された。患者が診療を求めれば拒めない「応召義務」があるからだ。
 医師は、命を救うという使命感が強い。多くの患者を診察する病院の勤務医は残業をいとわず、宿直や急な呼び出しにも対応している。職場に医師の過労問題には目をつぶる雰囲気もあるだろう。
 だが、激務から心身を休める余裕がない。七月には、懸命に診療を続けていた産婦人科の三十代男性研修医の自殺が、長時間労働で精神疾患を発症したことが原因だったと労災認定されたばかり。研修医に休日はほとんどなく、自宅の冷蔵庫には何もなかったという。私生活もない状態で、自身の命を脅かす働き方は尋常ではない。
 厚労省によると、週の労働時間が六十時間を超える人の割合は雇用者全体の平均で14%。医師は41・8%でトップだ。過去五年間に過労死や過労自殺した医師は十人に上る。
 七月には最高裁が、勤務医の年俸に残業代は含まれないとの判決を出した。つまり通常の賃金と残業代を明確に線引きし、労働時間規制の重要性を示したといえる。
 医師の残業をどう減らすか、検討会で二年かけ議論する。ただ、八月の初会合は協議の難航を予想させた。大学病院長は「医師は診療、自己研究、教育の三つの業務がある。どこからどこまでと業務を切り分けられない」と指摘した。別の医療関係者は「医師の勤務には自己研さんの面があり、制限されることに不満を持つ医師もいる」と慎重な対応を求めた。
 残業を減らせばその分、医師を増やすなど将来必要な医師の養成問題に影響する。確かに一律に規制をかけることは難しい。ここは知恵を出し合うしかない。
 負担が重くなりがちな若手とベテランとの分担見直しは必要だろう。診断書作成などの事務作業や、患者への説明など医師の業務をもっと他職種に任せたい。看護師にも医師と協力して医療行為ができるように業務の幅を広げられる余地はあるのではないか。
 医師も紛れもなく労働者であることを忘れないでほしい。 


国際科学五輪 若い頭脳を応援したい
 世界中の科学好きな高校生が能力を競う国際科学オリンピック。英才たちが交流を深める場でもある。日本は今年、情報科学で世界一など好成績だ。次代を担う人材が大きく育つよう応援したい。
 始まりは国際数学オリンピックで、一九五九年にルーマニアで開かれた。旧共産圏から欧米へ広がり、科目も増えた。日本は九〇年に数学で初参加。その後、物理、化学、生物、情報、地学、地理の計七科目すべてに出ている。
 毎年夏に開かれ、代表は科目ごとに各国四〜六人。今年は数学が百十一カ国六百十五人が最多だった。成績優秀者にはメダルが贈られる。金は上位一割程度だ。
 日本は情報で四人が金三個、銀一個の成績で、国別順位一位。開成高(東京都)三年の高谷悠太さんが個人一位になった。他の科目もレベルは高い。
 好成績を挙げるようになったのは、科学技術振興機構(JST)が二〇〇四年に支援を始めてからだ。最近は問題集も出版され、予選には約二万人が挑む。大学の教官らが勉強法を指導し、合宿もある。研究者のボランティア活動が支える部分も大きい。
 物理で金メダルだった東大寺学園高(奈良県)三年渡辺明大さんは「問題は実験が二問と理論が三問あった。理論の三問目は宇宙の膨張について。メダルの色を決める問題になったのではないか。僕は完全に解けたので満足だった」と話す。
 代表に選ばれるのは有名進学校、それも中高一貫校の生徒が多い。公立高校の生徒は大学受験との兼ね合いが難しい。化学五輪で銀メダルの愛知県立岡崎高校三年、柳生健成(けんせい)さんは「受験勉強と五輪の勉強は全く別物」と話す。
 藤井聡太四段を育てた将棋や、多くの選手を輩出しているサッカーに比べると、才能を見いだし、育てる体制はまだ貧弱だ。
 ノーベル賞受賞者はまだ出ていないが、数学のノーベル賞といわれるフィールズ賞は、九〇年にソ連のウラジーミル・ドリンフェルト博士(六九年、金メダル)が受賞した。以来、毎回、数学五輪のメダリストが入っている。
 来年は茨城県つくば市で国際情報オリンピックが開かれる。その後も生物学、化学などの国内開催が決まっている。
 東京五輪だけでなく、科学五輪も官民が力を合わせて成功させたい。それが、未来を担う若者の才能を伸ばすことにつながる。


橋本神戸市議の“詐欺疑惑”で始まる 自民会派の辞任ドミノ
 元「SPEED」の今井絵理子参院議員(33)との不倫疑惑を報じられた橋本健神戸市議(37)に、今度は“詐欺”の疑いが浮上している。
 橋本市議は2010年からの5年間に市政報告の広報チラシ「ハシケン通信」を50万部以上発行したとして、政務活動費約720万円を受け取っているが、これが架空発注だった疑いが持たれている。
 印刷業者に「実際には仕事をしていないのに橋本市議から領収書の発行を頼まれて渡した」とバラされ、しかも、報道関係者から問い合わせがあった時に備えて、「受注したと答えて欲しい」と“口裏合わせ”まで要求していたという。橋本市議は関係者に辞意を伝え、30日から始まる定例市議会の前に辞職するとみられているが、それで一件落着とはいきそうにない。
 2014年、不自然な日帰り出張を繰り返すなどして3年間で約800万円の政務活動費を得た“号泣県議”こと野々村竜太郎元兵庫県議は、詐欺罪で起訴され、懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けた。印刷業者に口裏合わせまで要求していた橋本市議は、今後の展開次第で逮捕もあるのではないか。
「市民オンブズマン兵庫」のメンバーが言う。
「神戸市から政務活動費を騙し取ったことを示す証拠書類を揃えて、橋本市議を詐欺などの容疑で兵庫地検に告発します。我々は橋本市議だけでなく、神戸市議会の自民党会派が組織ぐるみで行った犯行とみています」
■架空発注がお家芸?
 オンブズマンが神戸市議会の自民党会派に疑いの目を向けるのも当然。2年前、「自民党神戸」(解散)の市議ら15人が業者にアンケート調査を架空発注する手口などで約3800万円の政活費を詐取した疑いが浮上した。そのうち詐欺と虚偽公文書作成などで在宅起訴された市議3人は議員辞職したものの、書類送検で済んだ10人以上の市議は衣替えした「神戸市会自民党市議団」で今も何食わぬ顔で市議を続けている。
「神戸市議会の自民党会派では政活費の詐取が横行しており、お家芸というか、脈々とノウハウが受け継がれているのではないのでしょうか。橋本市議の広報チラシといい在宅起訴された市議のアンケート調査といい、“架空発注”の手口が同じことからもうかがえます」(前出のオンブズマンのメンバー)
 昨年、政務活動費の不正が発覚した富山市では市議14人が芋づる辞職に追い込まれた。神戸市議会も同じ道をたどることになりそうだ。


橋本神戸市議が辞意 市会内に刑事告訴求める声
 政務活動費(政活費)の架空請求疑惑で辞職の意向を示した神戸市会自民党議員団の橋本健市議(37)。政活費不正流用事件で在宅起訴された自民党神戸(解散)の3市議に続き今月に入って4人目で、市会では「辞職だけでは市民は納得しない」と橋本市議の刑事告訴を求める声も上がった。
 「辞職で済むのかというのが市民の声。議会としての対応が問われる」。民進こうべの藤原武光団長は自民党神戸の不正流用について市会が告発したことに触れ、厳しい表情で語った。
 神戸市会は、飲食や選挙資金などへの政活費の不正流用が発覚し、使途の厳格化や透明化など防止策を講じた。橋本市議の疑惑は見直し前だが「政活費のあり方は絶えず検討していく必要がある」とした。
 維新の外海開三幹事長は「橋本市議、自民党神戸の3市議とも説明責任を果たしていない。百条委員会設置など徹底的に調査せざるをえない」とし、過去にさかのぼって追及する構えを見せた。共産の森本真団長も「自民は会派として説明する政治的、道義的責任がある」と指摘。今後、久元喜造市長に対して橋本市議を刑事告訴するよう求めてくという。
 今月に入り4人が辞職の意向を示したことについて、市民からは「これほど不祥事が続くとは驚き。一度失った信用はすぐに取り戻せない」(70代女性)、「有権者の市会に対する関心の薄さが今回の事態を招いた面もある」(50代女性)などの声が聞かれた。


[学校がつらい子へ]「居場所」ほかにもある
 青森市の中学2年生、葛西りまさんが、いじめ被害を訴えて自ら命を絶ったのは1年前の8月25日。2学期の始業式の翌日だった。 
 いじめを苦に自殺した子どもの18人の写真や言葉を紹介するパネル展が、今月26、27の両日、青森市内で開かれた。
 子どもの自殺が繰り返されないことを願った展示でもあり、りまさんの写真と詩も飾られた。
 2015年に内閣府が発表したデータによって、夏休み明け前後に子どもの自殺が急増する問題が広く共有されるようになった。
 過去42年間の18歳以下の自殺者数を日付別に分けたところ、9月1日前後が突出して多かったのだ。「休み明け直後は大きなプレッシャーや精神的動揺が生じやすい」と分析する。
 いじめや友だちとの関係など抱えきれないほどの悩みがあり、登校することに絶望を感じていた子がいたのだろう。家にも居づらく、心理的に追い詰められていったのかもしれない。
 子どもの自殺の原因は「家族からのしつけ、叱責(しっせき)」といった家庭生活によるもの、「学業不振」など学校生活に起因するものが多いといわれるが、要因は複雑に絡み合っている。
 大人にとってささいと思われることが、思春期の子どもには重大な出来事という場合も少なくない。
 パネル展を主催したNPO法人の理事は「大人はいじめへの認識が甘い。子どもたちのメッセージから何かを感じてもらい、救ってほしい」と語った。
■    ■
 児童館の全国組織「児童健全育成推進財団」は今月中旬、子ども向けに「児童館にいってみよう」との緊急メッセージを発表した。
 全国約4600カ所の児童館に協力を依頼し、「居るところがなかったら、児童館にいってみよう」「がまんできないほどしんどくなる前に、児童館にいってみよう」と呼び掛ける。
 子どものための電話相談「チャイルドライン」も、この時期、対応時間を拡大。NPO法人チャイルドライン支援センターは、ウェブサイトで相談を受けている。
 休み明けの登校がつらい子の気持ちに寄り添おうと、施設を開放し居場所をつくったり、相談を強化する動きが広がっているのだ。
 「気にかけているよ」とのメッセージを発信するとともに、大人一人一人が子どものSOSを受け止める感度を高めていく必要がある。
■    ■
 2学期制をとる県内の多くの学校で、きょうから1学期後半がスタートする。すでに授業が始まっているところもあり、教室や校庭に子どもたちの歓声が戻ってきた。
 しかし今この時も、学校に行くのがつらいともがき苦しんでいる子がいるのではないか。一人でいじめと闘っている子がいるのではないか。
 学校以外にも居場所はあるよ。社会にはいくつも相談窓口があって、応援する大人がいるよ。
 悩みを打ち明ける勇気をもってほしい。


獣医学部の認可保留 理由や経緯公表し疑念に答えよ
 文部科学省の大学設置・学校法人審議会(設置審)が、学校法人「加計学園」の獣医学部新設の認可の判断を保留した。
 加計学園を巡っては、「総理の意向」などと記載された文書が見つかり、国家戦略特区制度に絡み「政治の関与」「選定過程の公平性」への疑惑が噴出。加えて今回、大学設置基準に照らした具体的な計画内容、つまり「教育の質」にも疑義が生じている事態が明らかになった。
 二つの重大な疑問に対し、政府による記録に基づいた明確な説明と情報公開がなされない限り、国民の理解は得られない。現時点で設置審が認可の是非を判断できるはずもなく「保留」は当然と言わざるを得ない。
 文科省も学園側も「審議継続中」を理由に口をつぐむ。非公開の設置審も保留の理由を明言しない。しかし「加計ありき」で行政がゆがめられたのかどうか、まさにその公正性、透明性が問題視されている今回、判断理由や根拠を全く示さず水面下で手続きを進めても、信頼回復は難しい。極めて異例の事態であることを政府も学園側も自覚し、例外的であっても率先して自ら詳細な計画内容、改善点、経緯を公表するべきだ。
 獣医学部新設には多額の公金が投入され、若者の将来、人生も左右される。特区だからといって認可のハードルを下げることはできず、そもそも安倍政権が定めた獣医学部新設4条件や「国際競争力」「最先端のライフサイエンス研究」など目標に見合った学生の教育環境が整備されているかどうか、より厳しいチェックが求められよう。決して「規制緩和しさえすればいい」わけでも「開学してしまえば何とかなる」ものでもない。
 設置審は5月、入学定員や教員の構成の再検討を求め、学園側は7月に申請内容を一部変更した。それでも「保留」に至ったのは、教育の根幹部分に今なお看過できない不備が残っている証左。学園側は計画の抜本的な見直しを急がねばならない。
 新設計画には、学園内からも経営への懸念や疑問の声が出ている。市民団体からは建築費水増しや施設の安全性を懸念する声も上がった。また新設・増員によって、増やしたい地方の公務員獣医師だけが増える保証もない。政府は、ヒアリングや官邸訪問で学園や今治市の関係者と会ったかどうかも隠し続けている。いずれも当然の疑念や不安、不信であり、安倍晋三首相と加計孝太郎理事長には誠実に説明する責務があろう。
 認可の判断は10月以降にずれ込む。しかしそれが単なる先送りや、9月の臨時国会での「追及しのぎ」、あるいは10月にある愛媛3区などの「トリプル補欠選挙」への「影響回避狙い」であってはならない。既に「野党が政権追及の具としている」などと露骨なけん制も出始めたが、政治的思惑を一番疑われているのは政権側。「次の判断」までに信頼を取り戻せるか、その姿勢を国民が見ている。


水俣条約発効 経験生かし水銀規制を
 有害金属の水銀による環境汚染や健康被害の防止を目指す「水銀に関する水俣条約」が発効した。
 水銀は、今も途上国を中心に金の採掘や触媒などに使われ、健康被害が起きている。条約の発効により、鉱山での産出から輸出入、使用、廃棄に至るまで、全ての過程を規制する取り組みが世界規模で始まる。
 日本は、公害の原点といわれる水俣病が起きた国である。国際社会に水銀被害の怖さを訴え、先頭に立って対策を進める必要がある。
 条約は前文で、水俣病を教訓に、同じ被害を将来発生させないことに言及している。
 そのために、水銀を含む体温計や電池などの製造、輸出入を2020年末までに原則として禁止するほか、大気や水、土壌に排出される水銀の削減を定めた。適切な保管、廃棄も求めている。
 13年に熊本市で開かれた国際会議で採択され、日本は昨年2月に締結。今年5月、欧州連合(EU)や加盟国が相次いで締結し、発効条件である50カ国に達した。
 日本は採択後、水銀環境汚染防止法や改正大気汚染防止法などの法整備を進めてきた。その中で、水銀を一定量使った製品の製造を、条約の目標より3年早い18年1月から原則禁止にする。積極的な姿勢は評価できよう。
 一方で、輸出への対応には不満が残る。輸出先が金の採掘に使う場合は禁じたものの、最終的な使用目的が分かるケースでは輸出を認めているからだ。
 輸出先で転売されれば、目的外に使われる恐れは拭えない。水俣病の悲劇を繰り返させないというなら、全面的な禁止に踏み切るべきである。
 輸出については、条約も全面禁止を見送った。水銀を使った金の採掘が、途上国の貧困層の収入源になっているというのが理由だ。そうした人たちへの配慮は重要だろう。
 それでも、生きるためとはいえ、児童を含むたくさんの人たちが劣悪な環境で働き、健康被害の危険にさらされているのを見過ごすわけにはいかない。
 日本は、途上国が水銀を使わない採掘法に移行できるよう、技術や資金の支援に力を注ぐことが大事だ。
 条約は発効したが、水俣病による苦しみが今も続いているのを忘れてはならない。
 9月にスイスで開かれる第1回締約国会議には、胎児性患者の坂本しのぶさんが参加し、「水俣病は終わっていない」と被害の実態を訴える。
 公害病の公式認定から61年が過ぎたが、1500人以上の未認定患者らが国や熊本、鹿児島両県、原因企業チッソに認定や損害賠償を求め、裁判で争っている。
 被害が拡大したのは、国の対応が遅れたのが要因だ。政府には、水俣病の教訓を世界に発信する責務がある。
 そのためにも患者らと真摯(しんし)に向き合い、早期に全面解決を図らなければならない。


【私大の定員増抑制】丁寧な議論を望む
 文部科学省は東京23区内の私立大や私立短大の定員増を抑制する方針を打ち出した。首都圏への若者の一極集中を是正し、地方定住を促す狙いがある。進学を機にした若者流出は本県など地方にとって切実な問題だ。ただ、定員増を抑えるだけで定住が進むほど簡単な話ではあるまい。若者の進路選択を狭め、成長の芽を摘んでは本末転倒だ。大学の意義や在り方を踏まえた丁寧な議論が望ましい。
 同省は大学などの設置基準を定める告示改正案を今月14日に公表した。2018(平成30)年度以降は23区内の私立大や私立短大の定員増を認めない。新学部設置の場合は他学部の定員を減らして総数が増えないよう求めた。2020年度以降は新たな立法措置を検討する。
 若者の都内集中が背景にある。同省の2016年度学校基本調査によると、大学生の約25%が都内にある大学に通う。都の人口は全国の10%強なので集中ぶりが際立つ。高校卒業者が地元大学に進学する割合は大都市を抱える道都県が60%超で上位に並び、本県は19%にとどまる。全国知事会議はこうした現状を踏まえて先月、23区内の大学定員増を抑える立法措置を政府に求める決議を採択した。
 大切なのは地方定住を可能にする総合的な対策だ。都内に進学した若者は就職時に地元に戻らない傾向がある。地方の産業振興に努め、地方の企業に受け皿をつくる政策の強化が求められよう。
 政府は国公立大の運営費交付金や地方交付税措置、私立大の助成金支援の基準に競争原理を導入した。さじ加減一つで増減する仕組みに不満の声が上がる。国公立、私立を問わず地方大学の魅力を高め、地元に進学する環境を整えるべきなのに逆行しているように見える。そもそも大学と競争原理は相いれるのか。
 政府は地方大学活性化の交付金を2018年度に新設する方針を固めた。自治体や経済界と連携した人材育成、産業振興策を対象とする。対象を限定せず、教育研究の環境づくりに自由に使えるよう大学に使い道を委ねるべきではないか。地元企業に就職したら返還不要となるような奨学金制度創設、地方の国公立と私立の大学再編など大胆な制度改革を提唱する大学関係者もいる。長期的視野に立った制度設計が不可欠だ。
 人口政策を大学定員に絡める発想は危険性をはらむ。定員設定や学部学科の新設改編などは本来、大学当局が自主的に決めるべき事柄だ。大学の自治への敬意と尊重を忘れてはならない。(鞍田炎)


故・羽田孜元首相から自民党への“遺言”「政治が乱暴すぎる」
 羽田孜元首相が8月28日、老衰のため、東京都内の自宅で死去した。享年82。羽田氏は1969年、自民党公認で衆議院選挙に立候補しトップ当選。以来、1993年に離党し新生党党首に就任するまで、24年間、自民党に籍を置いた。そんな羽田氏は今の自民党政治についてどう思っていたのだろうか。
「週刊ポスト」2017年7月21・28日号では、9人の自民党OBが古巣に苦言を述べる〈我が身命を賭して述べる「古巣への戒飭」〉という特集を掲載している。「戒飭(かいちょく)」とは人に注意を与えて慎ませること。そこで羽田氏にも登場してもらうべく、企画趣旨を伝えたところ、高齢で取材には応じられないとしたものの、「短いメッセージなら」と、強い思いのこもった直筆の文書が届いた。そこには、以下の言葉が綴られていた。
「政治が乱暴すぎる。国民に背を向けた狂瀾怒濤政権に終止符を。政道とは民のためにあり」
 羽田氏から古巣・自民党への「遺言」となった。


フランスの試験問題に不正解がない深い理由 問いにはいろいろな答えがあって当然だ
塚田 紀史 : 東洋経済 記者
フランス人の「正解のない問題に対応できる力」はどのように育まれるのか。パリ在住20年の皮膚科専門医で、『人生に消しゴムを使わない生き方』を執筆した岩本麻奈氏に見たフランス流「人の育て方」とは。
失敗には新たな発見がある
――フランス人は「人生に消しゴムを使わない生き方」なのですね。
実際に「消しゴムを使わない」教育をしていく。万年筆を使い、鉛筆は使わない。間違ったことをなかったことにしないためだ。だいたい鉛筆書きではないからきれいに消せないし、修正したとしても試行錯誤の跡がはっきりわかる。そのうえフランスでは答案は美しくないと減点される。万年筆によって美しい書体で書き、その使い込みを通じ美意識がたたき込まれる。ライフスタイルにも大いに関係してくる。
――試験では白紙の答案用紙が配られるとか。
大学入学の国家資格「バカロレア」の試験にしても、基本は白紙の答案用紙に書き込む。日本のテストは択一問題や空欄を埋めるものが多いのに対し、フランスは理系、文系にかかわらず、薄い線があったりもしない。小学校のときから白紙を体験しているから、動じないし、また記述式に強くなっていく。いわばビジネスでのプレゼンテーションと同じで、場数を踏み、失敗してもそれを怖がらない気質を培うことにもなる。失敗には新たな発見があり、むしろそれを面白がっているようにさえ見える。
――すべてにおいて正解は一つではないと。
日本の試験問題はほとんどが正解は一つ。答えがバラエティに富むことはなく、ほかの考え方は認めない。これに対してフランス人はいろいろな考えを尊重し、先生自身もそれ以外は間違っていると言わない。逆に異論を唱えても論理が通っていれば評価する。新たな発想やクリエーティブな動きをたたえる。フランスではむしろバラバラでいい、バラバラが面白いとなるほどだ。
――哲学的に考える契機になるかもしれない……。
これでは不平等になる、先生によって教える内容も採点基準も違うことになる、と不満が出る。これに対しては、世の中において不条理は付きもの、それが人生だとの答えが返ってくる。自分の人生において親を選べない。性別も国籍も選べない。学校の先生の良しあしごときの話ではない。そういうものなのだとたたき込んでおかないと、「歪んだ平等感」を持つ。幼少時から自然にわからせておく。そうすれば本人も打たれ強くなる。失敗を逆に面白がり、また後々自ら考えて自立していく人になるとの考え方だ。
――新大統領が体現している印象です……。
マクロン大統領は39歳。フランス史上最年少で、71歳の米国トランプ大統領とのやり取りでも負けてはいない。むしろ彼に垣間見える「老獪さ」からは、両者は対等だという印象を受けた。フランスの政治家は若い時代にトップ養成校のグランゼコールなどで鍛えられる。虚勢はなく、そういう局面での立ち居振る舞いをロジカルに体得している。今回も自身の言いたいことを相手にうまく言わせていた。
三色旗が象徴する「自由・平等・博愛」の平等は…
――スーパーエリートだから?
確かに彼らはすごく達者だ。日本と教育制度が違い、受験の一点に絞って暗記に励むのではなく、バカロレアに向けて、そして国立行政学院(ENA)などグランゼコールの修了までの期間に、それなりのトレーニングが効いて特権的なキャリアに育っていく。
――階級社会であるようですね。
しっかり残っている。平等とは“神の前”においてであって、その橋渡しをするのが学歴との見方だ。実態は学歴による「階層社会」。実際、一握りのスーパーエリートが国際的舞台に立って、国民を牽引している。この階層社会においては、頂点にいるエリート層とそれ以外との間に、持てる富と名誉と権力について隔絶した差がある。それはほぼ学歴によって規定される。そして彼らは国家の手によるスーパーエリート育成の教育システムから輩出されているのだ。
――それだけ競争は熾烈。
バカロレアは1科目20点満点で、試験時間は4時間。飲み物や食べ物の持ち込みは可能だが、音の出るモノはダメとか。近年は8万人近くが希望の大学に登録できなくなり、2022年ごろまで受験者が増えていく見通し。日本人から見れば悩ましいというよりもうらやましい関門だが、合格後に入学する大学が少ないので熾烈さが増す。さらに上級校での進級がまた大変で、スーパーエリートや大人気の医学部などの試験のあり方について「ぜいたくな悩み」の論争が盛んだ。
成熟した大人文化の国、フランス
――隣国ドイツとは別?
ドイツは出生率が低いまま。フランス女性の場合は働きながら子どもを産み育て、それが好循環になっていて、ずいぶん違う。
――同時に、フランス人の生き方としてセンシュアリティ(官能志向)を評価されていますね。
フランスは男女のカップル(対になる他者)の文化を軸に考える国柄。「成熟した大人文化の国」であり、子どもにとって大人はあこがれの存在であるものの、決して甘やかしてくれない。子どもにとって親は成長の手本になるが、大人と子どもはしっかり区別されている。これがフランスの成熟した大人文化を作り出す。カップル単位で楽しむとなれば、文化も経済もかなり違ってくる。大人感覚による美的価値体系の経済形態が官能経済なのだ。
愛が人生の中で一番だと、高らかに唱える。最初にアムールありきと。だが、それは必ずしも男女間の愛でなくてもいい。2年近く前の同時多発テロ発生時にパリにいたが、メディアも現場も愛を確かめ合う人々であふれていた。人生が突発的に終わることの不条理に対する思いやり。そこに尽きるようだ。愛を伝え合う。フランス人はいつも意識して、口に出して表現する。
――フランス人の人生観の根底にセンシュアリティが流れていると。
官能より「感悩」と表現するほうがしっくりくる。つねに自他共に心地よくなることを心掛ける。似た言葉にセクシュアルがあるが、この場合、男女とも色気が伴う。もっと深く複雑で、それを混ぜたような感覚がセンシュアリティ。大人の魅力といっていい。センシュアリティを日本語文学でいえば、陰翳(いんえい)礼讃のイメージだ。


マクロン仏大統領の支持率急低下、仕事に「不満」が57%
フランスで27日公表された最新の世論調査によると、マクロン大統領の仕事ぶりに不満を表明した有権者の割合は7月の43%から57%に上昇し、肯定的な評価は14%ポイント下がって40%になった。
調査は仏世論研究所(Ifop)がジュルナル・デュ・ディマンシュ紙のために実施。5月の大統領選決選投票で大勝したマクロン氏への支持が急速に下がっている実態が示された。
Ifopによると、5月からこれまでのマクロン氏の人気の落ち込み幅は、同じ期間で見た前任のオランド氏のケースよりも大きいという。

南御堂で盆踊り/石巻・世嬉の一/民謡がうまい

ブログネタ
フランス語 に参加中!
bondry1

L'appel au "peuple" de Mélenchon contre le "contre le coup d'Etat social" de Macron
A Marseille, Jean-Luc Mélenchon a appelé le peuple à descendre dans la rue le 23 septembre prochain pour manifester contre la politique d'Emmanuel Macron.
Jean-Luc Mélenchon, leader de La France insoumise (LFI), a appelé dimanche "le peuple" à "déferle[r] à Paris" le 23 septembre pour manifester "contre le coup d'Etat social et antidémocratique qui s'organise contre lui", en référence aux ordonnances réformant le droit du travail qui doivent être dévoilées cette semaine. "Qu'à mon appel, à celui des Insoumises et des Insoumis qui sont là, le 23 septembre prochain, il faut que le peuple déferle à Paris contre le coup d'Etat social, antidémocratique qui s'organise contre lui". "Pas de bla-bla, du combat!", a lancé M. Mélenchon lors de son discours de clôture des journées d'été de La France insoumise à Marseille. LFI appelle à manifester le 23 septembre contre la réforme du droit du travail. La CGT, quant à elle, appelle à une journée d'action et de grève le 12 septembre.
Pour Jean-Luc Mélenchon, "notre société est en train de basculer sous les coups du capital dans un ordre des choses et une organisation sociale qui tourne le dos à ce que le Conseil national de la Résistance et toutes les luttes de nos anciens ont forgé pour nous libérer". Le député des Bouches-du-Rhône a entamé son discours par un hommage aux libérateurs de Marseille de l'occupant nazi, "il y a soixante-dix ans jour pour jour". Soixante-treize en réalité et le 28 août 1944 précisément.
"Le peuple français ne lui a pas donné les pleins pouvoirs"
"La vague dégagiste qui est passée sur le pays va reprendre", a assuré le nouveau député des Bouches-du-Rhône. Car Emmanuel Macron a selon lui "fait une grave erreur d'appréciation". "Le peuple français ne lui a pas donné les pleins pouvoirs, il s'est débarrassé de ceux dont il ne voulait pas en fonction de ce que les institutions lui permettaient de faire. Il a balayé le parti de M. Sarkozy. Il a balayé le parti de M. Hollande. Et il a balayé le FN au deuxième tour. Et, à la fin, il restait le +chenil+, comme on dit dans le Jura (ndlr: "chenil" veut dire "tas de poussière" en patois local), et c'était lui".
"Mais il s'est trompé, il n'est que le reste. Il n'est pas le point d'appui, il doit le comprendre. Le peuple français n'en a pas après des personnes, il n'en a pas après des étiquettes: il ne veut plus de la politique libérale qui abandonne les gens à la sauvagerie de la compétition de chacun contre tous", a affirmé M. Mélenchon sous les applaudissements de la foule réunie sur la place du Refuge, dans le quartier populaire du Panier.
M. Mélenchon a également adressé une pique au candidat socialiste Benoît Hamon: "nous avons dépensé en 18 mois de campagne présidentielle moins que d'autres qui ont dépensé plus en trois mois pour obtenir trois fois moins de voix que nous".
フランス語
フランス語の勉強?
テレメンタリー 「その手で未来を 〜筋電義手とつかむ可能性〜」
秋田市で暮らす6歳の保坂幸平君には、生まれつき左肘から先の手がない。「もしかしたら手が生えてくるかもしれない」と思いながら、その手でどんなことにも挑戦してきた。そんな幸平君に、電気通信大学が開発中の「個性適応型筋電義手」というロボットハンドを使うチャンスが訪れた。幸平君は、筋電義手と共に卒園式の修了証書を両手で受け取ることを決める。両手を使えることで広がる可能性と幸平君の挑戦を見つめる。
高橋優 秋田朝日放送

明日へ つなげよう 証言記録「福島県 核燃料プールを冷やせ! 決死の放水作戦」
次々と爆発し制御不能に陥った福島第一原発。一刻も早く原子炉を冷却する為、政府は自衛隊と消防庁に原子炉注水を命じる。しかし、現場の放射線量は高く、注水による爆発も懸念された。事前の訓練や準備が無い中で課せられた前代未聞のミッションに、自衛隊と消防の合同チームは、放射線防護と消防のノウハウを結集して決死の作戦を敢行、燃料プールへの注水を成功させた。今だから明かされる“奇跡の連携”を証言で描く。
バリバラ「告白!あなたの夢はなんですか?」
車椅子の男性が23年越しのある夢に挑戦!さらに寝たきり芸人の夢を全力でサポートすると、奇跡の瞬間が!?スタジオではご意見番・玉木幸則が夢の実現に挑む!
巷(ちまた)で「あなたの夢を教えてください」と聞いてみたところ、健常者と障害者で意外な違いがあることが発覚!いったい何故なのか、その理由を探っていくとさまざまな社会のバリアが浮き彫りに!?今回は「障害者の夢」をバリバラ流に全力で応援しながら、夢を実現できる社会のあり方を考えていきます。
白鳥久美子,箭内道彦,ベビー・バギー, 山本シュウ,大西瞳, 玉木幸則, 大橋グレース,岡本真希, 神戸浩

真相!昭和の事件史 〜「あさま山荘事件までの壮絶800日」「金大中拉致事件」 (他)〜

1972年、真冬の軽井沢の別荘に過激派組織・連合赤軍のメンバー5名が立てこもった歴史に残る大事件「あさま山荘事件」。この事件はなぜ、どのようにして起きたのか?番組では連合赤軍の元メンバーを含む事件関係者2人に直接取材を行い、あさま山荘事件が発生するまでの800日を克明に再現!そこには「総括」という名の殺戮、そして有名大学に籍を置く大学生たちが警察に追われ悲惨な逃亡生活を続けるという恐るべき真実があった!1973年、当時独裁政治の中心的存在だった朴正煕大統領と対立し、民主化を進めようとしていた金大中氏が、東京のホテルで白昼堂々何者かに襲われ姿を消した!日本の警察も全力をあげて捜索したものの発見できず。しかし5日後、韓国内で突如発見される。一体何があったのか?金大中拉致事件の真相を当時から追い続ける日本人ジャーナリストに直撃取材!そこには命の危機を感じながら夫・金大中を支え続けた妻の愛があった!
泉ピン子、中村雅俊、石原良純 萩谷順(ジャーナリスト)、三浦瑠麗(国際政治学研究者)
☆番組HP  http://www.tv-asahi.co.jp/shouwanojikenshi/

アニメドキュメント「女川中バスケ部 5人の夏」
震災で部員が減る中、最小人数で全国大会目指す5人の少女の感動の実話をアニメ化。ナレーションは綾瀬はるか。声の出演は倉科カナ、山寺宏一、サンドウィッチマンなど豪華メンバーが集結した!!宮城県女川町は津波で大きな被害を受け人口が4割も減少。名門・女川中バスケ部も3年生が5人だけに。しかし5人は震災をともに乗り越えてきた絆と、町の人たちの支えをうけて、ひたむきに戦い、奇跡的に県大会を勝ち進む…。
綾瀬はるか, 倉科カナ,山寺宏一,サンドウィッチマン,大神雄子,佐々木李子,三瓶由布子,伊瀬茉莉也,潘めぐみ,大和田仁美 山田由香

空気の正体を巡る旅
科学者達は如何にしてその姿を明らかにしたのか?
「空気」というとどのようなものを連想するだろうか?酸素?温暖化?遥か昔、死人は息をしないことから人々にとって「空気」は、“魂や霊”と同一のものだと認識されていた。ところが現代「空気」は、窒素や酸素、二酸化炭素など、様々な成分が含まれている気体だと認識されている。
一体いつから空気は“魂や霊”ではなくなり、“窒素や酸素を含む気体”として変化していったのだろうか?そんな疑問に答えた一人の学者がいた。地球化学者の故・三宅 泰雄氏だ。三宅氏は、研究の傍ら書いた著書の中で、科学者たちが様々な方法を使い、空気の正体を明らかにしていったかを描いているのだ。
ガリレオから近代まで、三宅氏の著書を主軸に偉人達の実験エピソードを紐解くことで見えてくる空気の正体を巡る旅へといざなう。
紀元前から西暦1600年の空気の正体
紀元前から西暦1600年頃まで “空気”は魂や霊と密接な関係をもつものと人々に認識されていた。しかし天文学の父と称される科学者「ガリレオ・ガリレイ」が行った非常に単純な実験によって、それまでの空気=“魂や霊”といった認識は覆ることになった。
ガリレオの残した謎を解いた弟子。
ガリレオの実験によって現代へと一歩近づいた空気の正体。
そしてガリレオは更に空気の正体を明らかにするべく様々な実験を試みたが、志半ばで亡くなってしまう。しかしガリレオの意思を継ぎ、空気がもつ謎に果敢に挑んだある科学者によって空気の正体は更に現代へと近づくことができた。
そしてその実験方法もガリレオさながらの単純なものだった。
空気の正体を知ることで利用されはじめた空気。
更にもう一人、ガリレオの意思を継ぐ科学者の登場によって空気の正体はより現代へと近づく。その科学者は、圧力をかければ空気が縮む性質があることを発見したのだ。
一見小さなことにも思える、新たに発見されたこの空気の性質によって工業は飛躍的に進歩し、世界中で産業革命を巻き起こした。しかしそれは同時に、人が扱いきれない力を生むことにも繋がっていた。
宇宙にも広がる空気
空気の正体を巡る旅は今、その枠を宇宙にまで広げている。
宇宙に空気?宇宙は真空ではないのだろうか?
実は宇宙には“星間物質”という星と星との間に浮かぶ小さな塵や気体があるのだ。
そしてそれらを調べることで、矮星や惑星の誕生の謎や、生命誕生の謎を解くヒントが見えてくるという。
<主な取材先> 廣瀬 勝己 さん (地球化学研究協会) 長谷川 哲夫 さん (国立天文台)
nāgita #antifa‏@naagita
中島岳志『親鸞と日本主義』新潮新書読んでる。これすごい本だわ。仏教と超国家主義の関係はもっぱら日蓮主義の系譜が問われてきたが、大学や論壇に苛烈な「思想戦」を仕掛け恐れられたのは浄土真宗の開祖、親鸞の教えに立脚した知識人グループだった。中島本人がそれを知った時の衝撃を追体験できる。

南御堂で盆踊りです.早めに行ったのでうちわをもらいました.
いろいろ屋台みたいなのがあって石巻の屋台がありました.世嬉の一というお酒でなんとなく聞いたことがあるなぁ???と思うと,一関のお酒かな??と思いつきました.おいしいです.
江州温度や花笠音頭そしてドンパン節とか各地の民謡ですが,歌い手がうまいです.聞き惚れてしまいます.
明日からのお仕事頑張るため早めに帰りました.

<あなたに伝えたい>成人式の写真は今も離さず
◎着物姿がきれいで踊りも上手だった妻/武田政夫さん(宮城県東松島市)千代子さんへ
 武田千代子さん=当時(73)= 東松島市野蒜の自宅で夫の政夫さん(81)と2人暮らしだった。東日本大震災の発生後、近くの公民館に政夫さんと避難したが、当時飼っていた犬が心配になって自宅に引き返した。千代子さんは今も行方不明だが、政夫さんは2011年8月、千代子さんの死亡届を出した。
 政夫さん 交際を始めてから約55年もの間、連れ添ってくれた千代子。若い頃は着物姿がとてもきれいで、踊りも上手でした。家業の建設会社を65歳で畳むまで、男に負けないくらいよく働いてくれた。語り尽くせないほどたくさんの思い出がある。毎日幸せだったよ。楽しかったよ。
 千代子は震災の日、突然、目の前からいなくなってしまったね。仮設住宅暮らしを経て、今は災害公営住宅に1人で住んでいるけど、千代子がいない悲しみで、居ても立ってもいられなくなる時があります。
 自宅は津波で流失し、何もかも失いました。千代子の写真だけが心の支え。中でも、千代子が成人式の時に撮った写真は、結婚前から変わらず、今でも財布に入れて肌身離さず持ち歩いています。寂しくて寝られない夜、この写真を見ると、不思議と落ち着いて、よく寝付けます。
 仮設住宅で風呂に入っていた時、俺に語り掛けてくれたね。「お父さん、これからはどんどん外に出て、一人でも多くの命を助けるために、震災の経験を話したらどうですか?」。あれは間違いなく千代子の声だった。そう信じている。
 あの声を聞いた後、「被災体験を語ってほしい」と講演を頼まれるようになったんだ。年に2、3回だけど、宮城県内外で講演活動を続けているよ。講演を聞いた人からは「津波の怖さが伝わった」という感想文や千羽鶴などを贈られて、とても励みになります。千代子に言われた通り、これからも前向きに生きていこうと心に誓っているよ。


<リボーンアート・フェス>「生きる術」名称に託す 制作委員・中沢新一さんに聞く
 東日本大震災で被災した石巻市の牡鹿半島を主な舞台に、9月10日まで開催中のアートと音楽、食の総合祭「リボーンアート・フェスティバル(RAF)2017」。思想家で人類学者の中沢新一さんは、RAFの制作委員であり、その名付け親でもある。被災地での、新たな試みについて聞いた。(聞き手は石巻総局・古関良行)
 −「リボーンアート(Reborn−Art)」の名称にはどんな意味がありますか。
 「Artはラテン語のArs(アルス)が語源で、技や術(すべ)を意味する。Rebornは『生まれ変わり』『再生』。だから『Reborn−Art』は『再生のための技』であり、『生きる術』の意味を込めた」
 「石巻は人口構成が大きく変わりつつある。被災して沿岸部を離れた住民がいる一方で、旧市街地などには外から若者が移り住み、やる気に満ちている。都会の生活に疑問を感じ、生活を再構築しようと集まった人も多い。自分自身が生まれ変わり、石巻でどんな生活をつくるのか。その術としてArsに気付いた」
 「多くのものが失われた地で、人口構成もシャッフルされた地で、生き方を考える。それがRAFの大きなテーマだと思う」
<商業的な枠超える>
 −被災地で開く芸術祭の意義は大きいですね。
 「それは大きい。他の地域でも芸術祭はあるが、被災地でこれだけのアートフェスは他になく、違うものにしたかった。観光振興や交流人口の増加など経済効果を生み出すことは大切かもしれないが、被災地でやる以上、商業的な枠を超えたものが大事だと思った」
 「各地の芸術祭は行政や交付金などに頼る面があるけれど、今回は音楽家の小林武史さんが提唱し、民間が主体なのがいい」
 −アートだけでなく、音楽、食もテーマです。
 「アートは基本的に個人で鑑賞するが、音楽は多くの人々が集まって聴く。集団性のある音楽をベースにした芸術祭こそ、被災地でやる意味がある。フランスでは夏になると、各地で音楽祭が開かれる。街中どこかでクラシックやフォークなどいろんな音楽が響く。そんな芸術祭はいい」
 「食にしても、海や山と深い関わりがある。時には災害をもたらす海と住民との関わりが、食にある。単においしいだけではない」
<賢治の思想 再構築>
 −29、30日には石巻市の中瀬公園特設テントで中沢さん脚本のオペラ「四次元の賢治」が上演されます。
 「東北とは付き合いが深い。感じるのは、先祖ら死者や森の動物など人間世界の外のものを、自分たちの暮らしの領域に組み込んでいる。生者と死者が一緒になって東北の文化をつくっている。金華山の修験道、七夕などは死者との対話が基底にある」
 「それを思想的に深めたのが宮沢賢治。賢治自身が、人間世界の外を四次元と呼んでいる。オペラは賢治作品の言葉を使い、賢治の思想を僕なりに組み立て直した。今回は第1幕で、第3幕まで構想している。賢治が死の世界をどう捉えたのか、オペラにしたい」
 中沢新一さんのトークイベント「四次元の学校」が28、29日の午後3時半から、石巻市のIRORI石巻で開かれる。無料。


<かがり火まつり>揺らめく炎、晩夏の南三陸照らす
 宮城県南三陸町の夏の風物詩「かがり火まつり福興市」が26日、同町志津川の海水浴場サンオーレそではまであった。7年ぶりに今夏再開した海水浴場を御神火が照らし、訪れた約8000人は東日本大震災からの復興を願った。
 午後6時ごろ、御神火を持った児童5人の入場でまつりがスタート。志津川湾に浮かぶ荒島と海水浴場を結ぶ堤防沿いに置かれた35基のかがりに、住民団体「南三陸ふっこう青年会」のメンバーが火をともした。
 震災前、まつりは志津川地区中心市街地を流れる八幡川で行われていた。志津川中2年山内美空さん(14)は「小さい頃に見た祭りの景色がよみがえり、懐かしかった」と話した。
 2011年から同町に職員の派遣を続ける愛知県新城(しんしろ)市名物の三河手筒花火が披露されると、歓声が湧いた。同市職員の林俊太さん(27)は「震災を忘れず、両地域が発展してほしいという気持ちを込めて打ち上げた」と語った。


古里に新しい風 石巻・雄勝に小・中併設新校舎が完成
 東日本大震災で被災した石巻市雄勝町大浜地区に、小・中併設型の雄勝小(児童20人)と雄勝中(生徒21人)の新校舎が完成し、26日に落成式があった。子どもたちや住民が、木の香りあふれる学びやの完成を祝った。
 多目的ホールであった式典に関係者ら約200人が出席。同小6年渡辺遥人君(11)は「新しい机で勉強できる。気合が入る」と語り、同中3年大槻龍央(れお)さん(14)は「歴史を刻み、新しい風を吹かせていく」と飛躍を誓った。
 亀山紘市長は「新校舎が復興の象徴となることを願う」と期待。雄勝の海や山、灯台を地元特産の石で色彩豊かに描いた壁画の披露、旧雄勝中から続く「復興輪太鼓」の演奏もあった。
 新校舎は雄勝湾を望む高台に立ち、木造2階の普通教室棟、鉄筋コンクリート一部鉄骨造り3階の管理・特別教室棟、体育館などから成る。延べ床面積は計約5100平方メートル。
 外壁の一部には雄勝石のスレートをあしらった。正面玄関近くのラウンジや和室は住民の利用も見込む。小5と中1の孫が学ぶ鈴木洋七さん(75)は「新校舎で、素直に元気よく育ってほしい」と子どもたちの門出を祝った。
 新たな雄勝小と雄勝中は震災や少子化などの影響で4月、旧雄勝小と旧大須小、旧雄勝中と旧大須中がそれぞれ統合。子どもたちは1学期は旧大須小校舎を利用した。2学期が始まった24日から新校舎に通っている。


台風10号豪雨から1年/治山こそが治水の基本だ
 岩手県内だけで死者・行方不明者23人という犠牲を出した台風10号豪雨から30日で1年がたとうとしている。
 今年7月には秋田や九州北部が、やはり大雨による被害に見舞われた。各地で繰り返される水害を異常気象だからと嘆いていてばかりもいられまい。台風10号被害から防災のヒントを見いだしたい。
 被害が集中した岩手県岩泉町の小本(おもと)川流域では、大量の流木が橋桁に引っ掛かって流れをせき止め、土石流が周辺集落を襲った。
 岩手大工学部の大河原正文准教授(地盤工学)の調査によると、岩泉町の山間部では土石流や斜面崩壊が1千カ所以上で起きていた。保水性の低い表層土が雨水を蓄えきれず土砂崩れが起きたという。
 1年が経過した被災地では現在、砂防ダム16基の建設が進んでいる。渓流1本当たり砂防ダム1基を整備する計画で、流木や土砂が下流部に達するのを食い止める。
 むろん必要な対策であり、一定程度の効果も見込めるだろう。だが、対症療法の域を出ていないのもまた事実だ。根治を目指すなら、なぜ表層土は崩れたのか、土石流は砂防ダムでしか防ぎ得ないのかを考えるべきではないか。
 ほぼ1日で8月1カ月分の平年雨量をはるかに上回る248.0ミリという豪雨の中、ほとんど無傷で台風をやり過ごした場所が岩泉町内にある。「中洞牧場」だ。
 適正管理で更新した樹木の根が天然の土留めとなり、放牧牛が牧草をはんで形成した野芝が天然のダムになった。牧草地は未曽有の雨量を受け止めて台風が過ぎ去った後、1カ月かけて少しずつ排水していった。
 町の惨状を目の当たりにした牧場主の中洞正さんは、山中に放置された倒木や切り倒したまま捨て置かれた間伐材が、被害の拡大を招いたと指摘。土砂災害や水害を最小限に食い止めるには、森を育て管理する林業の復権が不可欠と訴える。
 確かに山林の荒廃は現在、全国規模で拡大の一途だ。その要因は何か。民間のシンクタンク、東京財団は地権者の管理放棄や登記手続きの放置にあるとした。
 試算によると、30年後には全国で300万ヘクタール以上の山林が所有者不明になるという。内訳は(1)民有山林が約170万ヘクタール(2)共有林野が100万ヘクタール(3)耕作放棄地約40万ヘクタール。総面積は南東北3県に匹敵する。
 乱開発のツケも指摘されよう。バブル経済が崩壊した後、山肌を削って造成されたゴルフ場などの経営破綻が相次ぎ、荒廃地だけが残った。
 国土が適正に管理されない事態には、国も強い危機感を抱いている。例えば特区や特例法を創設し、一定の条件を満たした林業者には所有者不明山林の管理・伐採を許可するなどの措置も必要だろう。
 治山こそが治水の基本と、あらためて肝に銘じたい。


<大曲の花火>雨上がり 夜空に大輪 観客を魅了
 第91回全国花火競技大会(大曲の花火)が26日、大仙市の雄物川河川敷で開かれた。東北の6社を含む27業者が花火の技術を競い、光の華が約74万人(主催者発表)の観客を魅了した。
 会場は前日までに降った大雨で冠水。開催が危ぶまれたが、市職員らによる懸命な復旧作業で予定通りの実施にこぎ着けた。
 今年のテーマは「行雲流水 日々新たに、又(ま)た日に新たなり」。光と音が織りなす約1万8000発の花火が打ち上げられた。
 大会開始前、秋田県内を襲った7月の豪雨からの復興を祈る計30発の「激励花火」が上がり、水害の爪痕が残る被災地を癒やした。


壇蜜さん「皆さんの応援に助けられた」村井知事とトークショー、動画は配信停止
 「伊達な旅」夏キャンペーン(7〜9月)を展開する仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会は26日、タレントの壇蜜さん(横手市出身)を招き、宮城の魅力を発信するイベントを仙台市青葉区のホテルで開いた。「性的な表現が不快」などの批判を浴びた壇蜜さん出演の観光PR動画は、イベントを区切りに27日午前0時、配信が停止された。
 イベントでは壇蜜さんと協議会会長の村井嘉浩知事のトークショーがあり、動画にも話題が及んだ。
 壇蜜さんは「私が『宮城においでよ』と元気いっぱいに言える感じではなくなった」と寂しげに話しつつ、「皆さんの応援に助けられた。東北ゆかりの代表として、今後もお手伝いしたい」とエールを送った。
 動画は26日時点の再生回数が450万回を超えた。村井知事は動画でキャンペーンの認知度が格段に上がったとして、「壇蜜さんのおかげでここまで来ることができた。ものすごい効果だ」と強調した。
 投稿サイト「ユーチューブ」で7月5日に公開された動画(2分37秒)は、壇蜜さんが伊達家家臣の子孫に扮(ふん)し、牛タンやずんだ餅などを妖艶な言い回しで紹介。県議会野党会派などは内容を問題視し、「税金を使うべき動画ではない」などと配信停止を要請した。
 動画を制作した県は21日、26日のイベント後に公開を取りやめる方針を決定。村井知事は定例記者会見で「批判の声もあり、配慮が必要と考えたのも事実だ」との考えを示した。


<宮城知事選>「村井県政転換を」市民団体発足、対立候補選定へ
 任期満了に伴う知事選(10月5日告示、22日投開票)で、4選を狙う村井嘉浩知事(57)の対立候補擁立を目指す市民団体「県民の県民による県民のための新しい知事を選ぶ会」が26日、仙台市青葉区の県民会館で発足集会を開いた。
 鹿野文永元鹿島台町長や遠藤恵子東北学院大名誉教授、佐久間敬子弁護士らが呼び掛け人となり、約260人が参加。村井県政の転換を目指す集会アピールを全会一致で採択した。
 新しい知事候補に望む政策として、(1)福祉・教育に重きを置く(2)被災者や地場産業に寄り添う(3)脱原発・脱石炭を目指す−などを確認した。選ぶ会は野党政党に共闘態勢の構築を働き掛けるなどしながら、候補者の選定作業を急ぐ。
 共同代表の佐久間弁護士は「市長選は市民が候補者擁立を主導し、勝利を収めた。県民が望む県政を実現してくれる知事候補を選びたい」と話した。


羽越水害50年 悲劇を繰り返さぬために
 下越地方に甚大な被害を出し、本県で起きた水害では戦後最悪とされる羽越水害から、28日で50年となる。
 過去を知り、学ぶことは未来への備えにつながる。当時を振り返り、教訓を語り継ぐとともに、改めて万一の事態に対する備えを確かめたい。
 1967年8月26日から降り始めた雨は、28日から29日にかけて集中豪雨となり、下越地方一帯を襲った。総雨量700ミリという猛烈な雨を記録した。
 関川村を流れる荒川や、胎内市(旧黒川村)を下る胎内川をはじめ、加治川、阿賀野川などが決壊、氾濫した。
 豪雨は山を崩し、土砂が土石流となって集落をのみ込んだ。猛威をふるう濁流は橋や鉄路までも押し流した。
 この水害による本県の死者・行方不明者は134人を数え、山形県でも8人が犠牲になった。
 当時の被災地の写真には、大きな石や流木に押しつぶされた民家や、対岸が見えないほどの濁流が写し出されている。
 稲刈りが目前に迫る時季だった。田を守ろうと土のうを積んでいるさなかに川が切れ、何人もの人が一気に流された。
 水害から1週間以上が過ぎても、河川敷や海岸線には行方が分からない肉親や知人を探し歩く人の姿があった。
 新発田市など加治川流域は前年の66年7月17日にも水害に遭っていた。堤防は仮復旧していたが抜本的な改修が済まぬうちに、同じ場所から決壊した。
 田は泥に埋まり、収穫どころではなくなった。かけがえのない家族を奪われ、生活の糧であるコメも失った。絶望のあまり、自ら命を絶つ人もいた。
 50年の歳月がたち、ようやく重い口を開き、当時を語り始めた人たちがいる。思い出すだけでもつらい話を、後世のためにと伝えている。真摯(しんし)に耳を傾け、体験を共有したい。
 被災後、荒川は1級河川に指定され、国直轄で拡幅や築堤など改修が行われた。
 荒川水系で大石ダム(関川村)や横川ダム(山形県小国町)、加治川流域では加治川治水ダムや内の倉ダム(いずれも新発田市)ができ、上流域の対策も整った。
 治水が進み、人命を失うような水害が起きる確率は、当時に比べて格段に低くなっている。だが洪水や豪雨への警戒感を薄れさせてはならない。
 雨の降り方が局地化、激甚化している。この夏は県内でも、積乱雲が連続して発生し、帯のように連なる「線状降水帯」による大雨被害が起きた。
 7月の九州北部の豪雨では土砂と大量の流木が押し寄せ、羽越水害を想起させる被害となった。
 気象庁によると、1時間に50ミリ以上の大雨が降る頻度は、30年前に比べ3割程度増している。短時間で一気に降る大雨は、災害を引き起こす危険性を高める。
 避難経路の確認など、家庭や地域で防災への備えを新たにし、半世紀前の甚大な犠牲に応えたい。


過疎地のスタンド 守る知恵を地域ぐるみで
 ガソリンスタンド(給油所)の減少が止まらない。
 今年3月末時点で全国のスタンド数は3万1467。ピーク時に比べ半減した。県内でもこの20年間で4割減った。燃料を買うために遠くまで出掛けなければならない「給油所過疎地」が全国的に増えている。
 ガソリン、軽油、灯油は暮らしの必需品だ。スタンドがこのまま減り続けるようだと過疎地はますます暮らしにくくなる。
 過疎地のスタンド対象のアンケートでは、今後の事業継続について「未定」ないし「廃業」との答えは合わせて3割近くにのぼる。住民、自治体、業界、政府が知恵と力を出し合って、守る手立てを編み出さなければならない。
 下伊那郡泰阜村では住民有志でつくる社団法人「振興センターやすおか」が村内唯一のスタンドを運営している。8年前、農協が経営から撤退したのを受けて法人を立ち上げた。
   <有志が出資して>
 約700世帯の村で198人が法人に資金を出し合った。出資した人はガソリンを1リットル当たり3円安く買うことができる。中沢雄策さん(44)が妻と父親の助けを得ながら、隣接する食料雑貨店と一緒に切り盛りしている。
 飯田市までは車で40分ほど。価格競争で経営は厳しい。
 「ぎりぎりですよ。スタンドだけではやっていけない」。村のバスの運転手も務めて暮らしを立てているという。
 近くに住む女性が車の給油にやってきた。村独自の地域振興券「とくとく20」を使うと実質2割引きになるので、いつもこの店で入れていると話していた。
 月間販売量は農協時代に比べ2〜3割増えた。振興券の効果が大きい。地域ぐるみの努力で維持されている店である。
 同じ下伊那の阿智村では、農協の撤退を受けて住民らが株式会社「そのはらエスエス」を設立、店を引き継いだ。7年前のことだ。タンク更新などの費用1540万円は農協と村が負担した。
 スタンドが減っている理由の一つは、エコカーの普及や少子化により燃料需要が減っていることである。統計では過去5年間に9%減った。今後増加に転じることは考えにくい。
 加えて、都市部や幹線道路沿いではセルフ化、大型化が進み価格競争が激しくなっている。スタンドがコンビニなどに変わっている光景を最近はよく見かける。
 経済産業省によるとスタンドが3カ所以下の「給油所過疎」の市町村は全国に302ある。長野県内では32、全体の4割が過疎とされる。泰阜村はその一つだ。
 どうすれば維持できるのか。同省が「ハンドブック」で紹介している例が参考になる。
 大分県杵築市では灯油配達の希望者宅に県と市、スタンド事業者の負担でタンクを設置、定期的に給油車が回って補給している。使った分だけ代金を請求する“置き薬”方式だ。
 尾瀬の入り口、福島県檜枝岐村は村内1カ所だけのスタンドを維持するために、ガソリン1リットル当たり10円を村が負担して価格を下げている。福井県大野市では地域の2社が合併し店を再編してコスト削減に結び付けた。
 置かれた状況はさまざまだ。万能の処方箋はない。それぞれ工夫するほかない。
 危険物を扱うスタンドには厳しい規制がかかっている。経営は規制の在り方にも左右される。
 最近では、2011年の改正消防法施行で古いタンクの改修、交換が義務付けられたために、費用を捻出、回収する見通しが立たず廃業する動きが加速した。
   <規制運用の工夫も>
 経産省は専属の担当者を置く余裕がないスタンドのために、客の呼び出しで離れた場所から駆けつけて接客する営業形態を昨年から解禁した。センサーやインターホンを設置するのが条件だ。
 安全確保は大前提としても、規制を見直す余地はほかにもないかさらに検討してほしい。
 車メーカーはいま電気自動車の実用化にしのぎを削っている。普及すればスタンドは根本的な変容を迫られる。
 地域の生活インフラを将来にわたりどう構築し、守っていくか。柔軟な発想と機敏な対応が今後ますます求められる。


買い物弱者対策 縦割り廃止し支援強化を
 地元の商店が減り、食料品など日常の買い物が自宅近くでは難しくなった。遠くの店に行こうにもマイカーも公共交通機関もない。過疎や高齢化を背景に、こうした「買い物弱者」が増えている。
 助けとなるのが移動販売やコミュニティーバスの運行、臨時店舗の開設などの事業だが、その7割は実質的に赤字という調査結果を総務省がまとめた。
 事業は企業や商工会、住民組織などが行い、国や自治体が補助金で支援するケースもある。広島や香川県など20都道府県の193事業について2015年度の収支を調べたところ106は赤字だった。
 「黒字または均衡」と答えた30事業も補助金などで赤字を穴埋めしており、計136事業が実質的に赤字だった。運営の難しさが浮き彫りとなったと言える。住民が無償で運営に参加して人件費を削減するなどの努力も行われているが、限界があろう。
 買い物弱者は中山間地域だけでなく、都市部でも増えている。一方、タクシーや貸し切りバスで荷物を運ぶ「貨客混載」サービスが来月から過疎地で可能になり、買い物支援につながると期待される。国や自治体は効果的な支援の在り方を検討してほしい。
 そもそも買い物弱者は統一的な定義がない。農林水産省は65歳以上で、自宅の500メートル圏内に生鮮食料品の販売店がなく、自動車を持たない人、経済産業省は60歳以上で日常の買い物に不便を感じている人としている。推計人数は農水省の372万人(10年)に対し、経産省は700万人(14年)と差がある。
 明確な所管府省はなく、連携態勢もない。農水省の食品流通、経産省の商業振興、内閣府の地方創生などの施策が結果的に対策に役立っているのが現状だ。自治体の取り組みもまちまちだという。
 こうした調査結果を受け、総務省は関係官庁に支援強化を要請した。それぞれの関わりを整理し、施策の情報を共有することが重要という指摘は縦割り行政への反省だろう。まずは所管を明確にして実態を把握すべきだ。
 買い物弱者の支援は岡山県内でも進んでいる。JAつやま(津山市)は昨年1月、鏡野町で移動販売車「笑味ちゃん号」による食料品などの販売を始めた。商店が少ない地域を中心に巡回し、1日に40〜50人が利用するという。
 移動スーパーを全国展開する徳島市の企業と契約したスーパー経営の天満屋ストア(岡山市)から商品供給を受けて、個人事業主が運行する車両「とくし丸」は15年に事業が始まり、車両は22台に増えた。巡回エリアも広がり、うち1台は備前市の外郭団体が運行している。
 買い物の支援だけでなく、高齢者を見守ったり住民の交流を促したりする効果もあろう。国や自治体は暮らしの基盤を支えるインフラと捉え、支援を探ってもらいたい。


福島汚染水対策 計画練り直しが必要だ
 福島第1原発の汚染水対策で、東京電力は1〜4号機を囲む「凍土遮水壁」の未凍結部分を凍らせる作業を秋にも完了する。
 政府と東電は凍土壁を、地下水の浸入を防いで放射性物質に汚染された水の発生を抑える対策の切り札と位置付けてきた。
 工事に約350億円もの国費が投じられ、凍結開始からおよそ1年半が経過したが、その効果はいまだに判然としない。
 加えて、凍結状態を維持する電気代などに年間十数億円の追加負担が発生する。
 政府と東電は遮水効果がどの程度あるのか早急に見極め、国民に丁寧に説明すべきだ。
 併せて、凍土壁の代替策も用意しておく必要がある。
 福島第1原発は、背後の高台側から地下水が敷地内に流れ込む地形になっている。
 事故後、溶け落ちた核燃料(デブリ)に地下水が触れ、高濃度汚染水が増え続けた。
 要となる地下水対策は、さまざまな手法の組み合わせだ。
 全長約1・5キロ、深さ約30メートルの凍土壁のほか、山側の井戸から地下水をくみ上げて海に流すバイパスや、建屋周辺の井戸から取水する「サブドレン」などがある。
 一連の対策で1日約400トン流れ込んでいた地下水は現在140トン程度に減っており、東電は、完全凍結後は100トン以下に抑えられると説明している。
 不可解なのは、遮水効果をめぐって評価が分かれている点だ。
 凍土壁の有効性を強調する東電に対し、原子力規制委員会は最初から凍土壁を信用せず、サブドレンを対策の主役としている。
 これでは、国民は困惑するばかりである。
 全面凍結した場合、水位の調整も懸念材料だ。
 遮水によって地下水の水位が急激に下がれば、建屋地下にたまった高濃度汚染水が漏れ出す恐れがあると指摘されている。
 それだけに、東電は慎重な運用に徹しなければならない。
 デブリの取り出しを含め、廃炉には30〜40年以上かかる。
 東電の廃炉に向けた実施計画では、凍土壁について「必要な期間に限り」と記しており、そもそも廃炉作業完了までの運用を想定していない。
 対策の抜本的な見直しが求められる。鉄やコンクリートの構造物で恒久的な遮水壁を造るなど、廃炉期間に見合った長期に耐える方法を検討すべき時だ。


エネルギー基本計画 問題先送りは許されぬ
 国のエネルギー政策の指針となる「エネルギー基本計画」の見直し議論を、経済産業省の有識者会議が始めた。
 2030年時点で、どんなエネルギーを使い賄っていくのかについて、14年に決定した現行計画を、環境変化などを踏まえて再検討する。
 国民の関心の高い原発政策を含めて行方が注目されるが、世耕弘成経済産業相は見直し論議の初会合で「基本的に骨格は変える段階にない」と語った。抜本的な議論を封印するような発言だ。これでは小手先の改定にとどまりかねない。課題に目をつむり本腰を入れて取り組もうとしない姿勢に疑問を感じる。
 というのも、現行の基本計画そのものが、さまざまな矛盾を抱えているからだ。
 とりわけ問題なのは原発政策である。東京電力福島第1原発の事故を受け、現行計画に「震災前のエネルギー戦略は白紙から見直し、原発依存度を可能な限り低減する」とうたった。
 その一方で、原発をエネルギー需給の安定性に寄与する「重要なベースロード電源」と位置づけた。新規制基準の下、安全が確認された原発を着実に再稼働させていく方針も明記した。
 それを基に定めた30年度の電源構成では、原発の比率は20〜22%とした。これは東電福島第2原発を含めた既存の原発の大半を再稼働させ、原則で最長40年をルールとする運転期間を延長しなければ、実現できない数字である。
 にもかかわらず、世耕経産相は、今回の見直しでは「(現行計画の)目標をどう達成するのか議論する」と既定路線を踏襲する考えを示す。老朽化が進む原発も含めて再稼働を加速させるつもりなのか。原発依存度の低減にも安全性向上にも、つながらないのは明らかだ。
 3年間を振り返れば、原子力規制委員会の審査を経て、5基の原発が再稼働した。ただ、数々の世論調査では依然、脱原発を求める意見が過半を占め、電力業界の思うように再稼働は進んでいない。
 逆風は世論だけではない。電力業界と政府は一貫して「原発は火力発電や再生可能エネルギーより割安だ」とアピールしてきた。だが、福島原発事故を受けた規制強化で安全対策費が膨らみ、もはや原発が安価だという前提は崩れつつある。
 原発から出る高レベル放射性廃棄物の処分方法もまだめどが立っていない。原発のコスト高騰を受け、米国やフランスを含めた先進国を中心に原発利用の見直しや建設を取りやめる動きが目立っている。
 世界に目を転じれば、原発とは逆に、再生可能エネルギーが急拡大し、割高とされてきたコストも下がり続けている。パリ協定の発効を受け、石炭火力を全廃する国も相次ぐ。
 日本では30年の電源構成目標で、再生可能エネルギーは「可能な限り拡大する」としたが、22〜24%と低めに抑えられた。一方、石炭火力は26%と高めだ。エネルギー計画の中身が世界の潮流から取り残されつつあるのは否定できまい。
原発をベースロード電源にすることに民意が反映されているとは言い難い。エネルギーの需給構造を変革する時ではないか。広く国民的な議論を深め、進路を選択する必要がある。


反乱軍に狼狽 安倍首相“9・25電撃解散”でモリ・カケ封じ
「安倍1強」が音を立てて崩れはじめている。とうとう、自民党内から安倍首相を公然と批判する動きが出てきた。安倍首相に不満を強める中堅議員30人が「反アベ」の議員連盟を結成したのだ。安倍降ろしが加速するのは間違いない。
 自民党の中堅議員30人が結成したのは、「日本の明日を創る会」と称する議員連盟。25日、初会合を開き、初日は約20人が出席した。
 メンバーには平沢勝栄氏(А法∋核楝鷸瓠吻А法後藤田正純氏(Α法渡辺博道氏(Α法∈田義孝氏(Α法帖弔函当選を重ねながら一度も大臣になれない「入閣待望組」がズラリと並んでいる。8月3日に行われた内閣改造の時も、大臣になることを切望していたが相手にもされなかった。安倍首相を恨んでいる面々である。
 初会合から「与党だからといって首相に白紙委任状は出せない」「自由闊達な党内議論が失われている」「この勉強会がモノを言う場になればいい」「地元では凄まじい逆風が吹いている」と、安倍首相への批判が吹き荒れた。これから、2週間に1回、有識者を招いて安倍政権に対する苦言を聴いていくという。「反アベ」の受け皿になっていく可能性が高い。安倍1強が盤石だった頃には、考えられなかったことだ。
「議連に集まったメンバーの多くは、『国民から嫌われた安倍首相では選挙に勝てない』『自分たちも落選してしまう』と本気で危機感を強めています。実際、首都圏出身の議員が多いだけに、小池新党が国政に進出したらことごとく落ちてしまうでしょう。彼らのベストシナリオは、9月25日に臨時国会が開く前に安倍首相を辞めさせ、新しい総理総裁の手で、小池新党の選挙準備が整う前に解散・総選挙をすることです」(自民党事情通)
■乾坤一擲のワンチャンス
 党内に「反アベ」集団が結成されたことで、安倍首相が慌てているのは間違いない。ただでさえ、9月25日からスタートする臨時国会では、安倍首相は火ダルマになる可能性が高い。「加計疑惑」も、「森友疑惑」も、次々に新しい疑惑が飛び出しているからだ。建設中の加計学園獣医学部の「建築図面」が流出し、校舎の最上階にワインセラーつきの宴会場を造っていることも発覚した。野党が攻め立てるのは確実である。国会がはじまったら安倍首相の支持率は、さらに下落していくに違いない。
 もし、10月22日に行われる青森、新潟、愛媛の「トリプル補選」で負け越したら、安倍首相は“電撃辞任”に追い込まれてもおかしくない。実際のところ、トリプル補選で3敗する可能性もゼロじゃない。
 安倍首相の周辺がこう言う。
「安倍首相にとって乾坤一擲のワンチャンスは、9月25日に開く臨時国会の冒頭解散です。解散してしまえば、国会で加計疑惑や森友疑惑を追及されることもない。9・25解散なら10・22総選挙となり、トリプル補選も総選挙に吸収されます。モリ・カケもリセットできる。国会で野党に攻められ、党内の反アベ勢力から批判されることを考えたら思い切って解散した方がいい。ただ、27日の茨城県知事選で敗北し、支持率がさらにダウンしたら解散する力もなくなるでしょう」
 安倍首相の終わりが近づいている。


容疑者の接見 見逃せない権利の制約
 容疑者や被告は捜査機関などの立ち会いを受けずに弁護士と面会し、自由に話ができる。
 これが接見交通権である。聞き慣れない専門用語だが、憲法が保障する大切な権利だ。
 当然、最大限に尊重されなければならないが、現実は必ずしもそうなってはいない。
 最近も、弁護のための写真撮影が制止されたり、接見室がないことを理由に面会が見送られたりする事例が問題になった。
 弁護士が、国に対する訴訟に踏み切る例も少なくない。
 不当な拘束や取り調べを防ぐという意味においても、接見交通権に安易に制約を加えるようなことは看過できない。
 福岡高裁は先月、面会時に容疑者の撮影を禁じたのは接見交通権の侵害に当たるとして、弁護士が国に損害賠償を求めた訴訟で、一審判決を支持し、弁護士側の控訴を棄却した。
 弁護士は4年前、傷害事件の容疑者と刑事施設で面会した際、「逮捕された時に腕を負傷した」と本人から聞いた。
 カメラ機能付き携帯電話でその腕を撮影したところ、接見室の窓からのぞいていた職員が撮影の中止や写真の消去を求めたという。
 施設側は規律や秩序の維持などを理由に挙げるが、具体的にどんな不都合があるのか判然とせず、納得できない。
 裁判所の姿勢にも疑問が残る。撮影は証拠作成のためであり、接見交通権には含まれない行為との見解は、しゃくし定規的なとらえ方ではないか。
 日弁連は「接見は単に口頭での意思疎通にとどまらず、情報を記録することも重要だ」と、判決を批判している。
 鳥取県では、裁判官が面会を許可したにもかかわらず、刑事施設側が拒んだケースが係争中だ。
 面会場所に指定された地裁支部には、アクリル板で仕切った接見室がなかった。施設側は「被告が逃走する恐れがある」として立ち会いを求め、弁護士が応じないと被告を連れ帰ったという。
 こうしたトラブルは他でも表面化している。接見室の有無によって面会の権利が左右されていいはずがない。
 政府は問題を放置せず、接見室の整備状況を直ちに調べ、全国で対応を急ぐべきだ。
 接見は、容疑者や被告が自らの主張を外部に伝えるほとんど唯一の手段である。運用状況を不断に検証し、改善を求めたい。


23区内大学抑制 お門違いの「地方創生」だ
 この施策が地方活性化につながるとは思えない。地方創生の2018年度新規施策として政府は東京23区内にある大学の定員増を原則として認めないことにした。
 安倍晋三首相が本部長を務める政府の「まち・ひと・しごと創生本部」が打ち出し、経済財政運営に関する「骨太方針」にも反映された。文部科学省は23区内の私立大・短大の定員増を18年度以降認めない方針を決めた。20年度以降は新たな立法措置も検討するという。まさに政権総掛かりである。
 若者の東京流入に歯止めをかけ、東京一極集中を是正するためだという。学部や学科を新設する場合は、総定員の枠内で既存の学部や学科を改廃するとした。
 人口が東京に一極集中する大きな理由を政府は若者、とりわけ大学生の転入とみている。文科省によると今年5月現在、23区内には大学・短大合わせて122校あり、全国の18・1%に当たる計54万5658人の学生が在籍する。
 ちなみに九州7県に在籍する学生は7・8%の計23万6460人だ。23区の学生が多いのは間違いない。だからといって、23区内の大学定員を抑制すれば、地方が活性化するとは短絡的に過ぎる。
 そもそも学生の都市志向は無理からぬものだ。大学が多ければ多様な学問に出合う機会も増える。文化や芸術など都市特有の刺激を求める若者も多い。定員抑制はそんな機会や志向を力で奪うような強硬手段ではないか。
 今回の発端が定員抑制を求める全国知事会の昨年11月の決議だったことにも驚かされる。
 大学の定員や学部・学科の設置は学問の自由に直結する。どの大学で何を学ぶかは学生の選択に委ねるべきだ。政府や地方自治体が口出しすることではない。法律で規制などもっての外である。
 むしろ取り組むべきは、地方大学の教育内容や奨学金制度の充実を図り、都会からのUターンやIターンも含めて若者に「ここで働き、暮らしたい」と思わせる地域づくりではないか。政府にも自治体にも発想の転換を求めたい。


加計獣医学部保留 疑念残れば認可許されぬ
 文部科学省の大学設置・学校法人審議会は学校法人加計学園の獣医学部新設の申請に対する判断を保留した。今月末とみられていた文科相への答申は10月以降にずれ込む見通しとなった。
 政府の国家戦略特区制度を活用した獣医学部新設を巡る手続きは、あまりに不可解なことが多い。政府は設置審の答申前に、国民に対して納得のいく説明を尽くすべきだ。
 加計学園の獣医学部新設で、今治市が3月に所有地を無償譲渡し、県とともに最大96億円に上る施設整備費助成を決めている。4月には大学教授らで構成する設置審が文科相の諮問を受けて教育内容や設備、財務状況など多岐にわたる項目を審査した。入学定員や教員の構成について見直しを求め、学園も計画の修正に応じていた。
 入学定員は当初160人で、獣医師を養成する全国の学部の総定員が2割増となるほどの規模だった。教員も65歳以上や経験のない若手の割合が他の大学より高いといわれていた。こうした状況を見直したにもかかわらず、判断が保留された。大学設置基準に照らしても計画に疑義が生じているためだ。
 今回の判断保留は学生の実習計画が不十分で、学園が掲げるライフサイエンス分野の獣医師養成に課題があることなどが理由とみられている。学園は今後、計画見直しに取り組むことになるが、それを解決できたとしても問題は残る。閣議決定の4条件を満たしているのかが不明なのだ。
 政府は2015年6月に閣議決定した「日本再興戦略」で、獣医学部の新設条件として(1)既存の獣医師養成ではない構想が具体化(2)近年の獣医師の需要動向を考慮する(3)新分野における具体的需要が明らか(4)既存の大学では対応が困難−の4項目を挙げた。
 これについて前川喜平前文科次官は「合致するか十分な議論がされていない」と証言している。ところが特区担当だった山本幸三・前地方創生担当相は「具体的な需要を完璧に描ける人はいない」と述べた。条件を満たしているのかと問われても「最終的に私が確認した」とするが、根拠となるデータは一切示していない。
 巨額の公金がつぎ込まれる事業にもかかわらず、担当閣僚が条件を満たせているかについて、明確に答えられない。あまりに無責任だ。
 野党4党は6月末、真相を究明するため、臨時国会召集の要求書を衆参両院に提出したが、政権は応じなかった。自民、公明両党は数日前になって、やっと9月25日に召集することを確認している。要求書提出から3カ月後だ。あまりにも遅い。
 首相の友人が理事長を務める加計学園が「総理のご意向」の恩恵にあずかり優遇された可能性も払拭(ふっしょく)されていない。こうした数々の疑念が晴れない限り、獣医学部新設を認可することは許されない。


徹底検証へ情報公開を/「加計」判断を保留
 学校法人「加計学園」が国家戦略特区制度を活用し、愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画を認めるか審査していた文部科学省の大学設置・学校法人審議会は、判断を保留し、審査を続けることを正式に決めた。林芳正文科相への答申は10月以降にずれ込む見通しになった。
 判断保留自体は珍しいことではなく、多くのケースで計画見直しを経て最終的に認められているという。だが加計学園が特区の事業者に選定された過程に「加計ありき」の疑念が深まり、野党は批判を強めている。
 「獣医師の需要動向を考慮する」など、2015年6月に閣議決定された獣医学部新設の4条件を加計学園の計画がクリアしているのかも、いまだに定かではない。今治市が無償譲渡した敷地では研究施設などの建設が進んでいるが、なし崩し的に学部新設に至り、疑問が置き去りにされるようなことがあってはならない。
 非公開で行われている設置審の審査と、4条件に合致しているとの判断について、議論の詳細な経緯などの情報を公開してほしい。徹底した検証なくして、安倍晋三首相が繰り返し強調する「丁寧な説明」は果たせない。
 加計学園の獣医学部新設を巡っては3月、今治市が所有地を無償譲渡して、県とともに最大96億円に上る施設整備費助成を行うと決め、設置審が教育課程や財務状況などを審査。その後、入学定員や教員の構成について再検討を求め、学園側は計画の一部を改めた書類を提出した。
 定員は当初160人で、獣医師を養成する全国の学部の総定員が2割増となるほどの規模だった。教員も65歳以上と教員経験のない若手の割合が他の大学に比べて高いといわれていた。
 今回の判断保留は、学生の実習計画が不十分で学園が掲げるライフサイエンスの獣医師養成に課題があることなどが理由とみられる。学園は計画見直しに取り組むことになるが、それを解決できたとしてもなお問題は残る。閣議決定の4条件を満たしているかはっきりしないからだ。
 首相の友人が理事長を務める加計学園が「総理の意向」の恩恵にあずかり、優遇されたのでは、という疑念は根強い。「一点の曇りもない」といった通り一遍の説明では取り除けないことを政府は肝に銘じるべきだ。


【獣医学部の認可】新設の是非から考えよ
 学校法人加計(かけ)学園の獣医学部新設を審査している文部科学省の大学設置・学校法人審議会が、認可に向けた判断を保留し、審査を継続することを決めた。
 学園は、愛媛県今治市に来年4月開設を目指している。設置審は保留の理由は公表していないが、学生の実習計画などが不十分と判断したとみられる。
 計画を巡ってはこれまで、政府の手続きに多くの疑念が指摘されてきた。加えて教育環境の条件もいまだ満たされていないとなれば、開設は早計との批判は避けられまい。
 私学とはいえ、公共性の高い教育機関の新設だ。運営には国民の税金も投入される。手続きの透明性や教育の質の保証は欠かせない。
 いま一度、新設計画の是非を冷静に見極める必要があろう。計画を認めるのであれば、国民の十分な理解が不可欠だ。
 獣医学部の新設は、獣医師の供給過剰などを防ぐ理由で半世紀以上認められてこなかった。いわば「岩盤規制」だったが、政府が今年1月、国家戦略特区制度を活用して加計学園の計画を認めた。
 問題は、安倍首相と学園理事長が「腹心の友」であることだ。「総理の意向」として文科省に迅速な対応を迫る文書も見つかり、官邸の関与が疑われている。
 特区による獣医学部開設は当初、別の大学も名乗りを上げていたが、加計学園以外には不利な条件だったため申請を諦めている。「加計ありき」との批判が出るのは当然だ。
 学園はこの認定を受け、設置審に新設を認めるよう申請していた。設置審は、カリキュラムや教員配置などを審査し、これまでにも学園側に入学定員や教員構成の見直しなどを求め、学園側も修正計画を提出していた。
 それでもお墨付きを得られなかったことは、学園側の準備体制に疑問を投げかける。
 学園内で獣医学部新設に多くの反対意見があったにもかかわらず、理事長が推し進めたことも明らかになっている。「加計ありき」の政府対応の問題が改めて問われよう。
 国会で引き続き究明が必要だ。野党が臨時国会の早期召集を求める中、政府与党は9月下旬を目指しており、逃げ腰に映る。うやむやに終わらせてはならない。
 設置審は早ければ10月下旬にも最終判断を示す。申請を認めるように答申すれば、文科相は認可し、来春の開設が現実的になる。設置審の今後の対応は大きく注目されるだろうが、教育機関に関する審査だ。政治的に中立でなければならない。審査過程の説明責任もあろう。
 ただ、特区を巡る手続きは審査の対象外だ。国会論議の行方によっては、認可の入り口の疑念が解消されないまま、ゴーサインが出る結果になりかねない。
 政府は手続きのやり直しも含め、大学設置の在り方に汚点を残さない方向を検討すべきだろう。


[「加計」新設保留] 政府は判断理由を示せ
 政府の国家戦略特区を活用した学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設を認めるかどうかの判断は先送りされた。
 文部科学省の大学設置・学校法人審議会(設置審)が結論を保留し、審査を継続することを正式に決めたためである。
 加計学園の理事長は、安倍晋三首相の「腹心の友」だ。その獣医学部新設計画を巡っては「加計ありき」の疑念が深まり、国会で野党が追及してきた。しかし、疑惑解明には至っていない。
 設置審は政治的中立を十分備えているといわれる。だが、今回のケースは政治的な関与が取り沙汰されている大きな問題だ。
 学園が本当に高い水準の獣医学教育を行えるのかという疑問は尽きない。大学の経営状況にも懸念が出ている。
 政府は審査の内容に加え、「近年の獣医師の需要動向を考慮」など新設の4条件に合致しているとの内閣府の判断について詳しい経緯を明らかにする必要がある。
 情報公開を徹底し、検証できるようにしなければ、国民は到底納得できまい。政府はその点を肝に銘じるべきだ。
 政府は今年1月、特区を活用する形で加計学園の計画を認定。加計学園は3月、2018年度に新設することを認めるよう設置審に申請した。
 設置審は教育課程や財務状況、学生確保の見通しなどを審査してきた。5月には教育の質の確保に問題があるとして、入学定員(160人)や教員の構成の再検討を求め、学園は計画の一部を改めた書類を出し直した。
 しかし、設置審は今月9日、学生の実習計画が不十分なため、学園側が掲げるライフサイエンスの獣医師養成に課題があるなどの理由で判断を保留する方向で意見をまとめていたという。
 学園は「認可に向けて粛々と事に当たる」とし、見直し作業を進める方針だ。だが、それで決着するわけではなかろう。
 獣医学部新設の4条件は、獣医師の需要動向のほか「既存の獣医師養成でない構想」「既存の大学・学部では対応困難」といったものがある。
 前川喜平・前文部科学事務次官は「合致するか十分な議論がされていない」と証言。設置審が認可を行う前に改めて特区諮問会議で検証すべきだと訴えている。
 新設には巨額の公金が投入されている。民進党など野党は9月に召集される臨時国会で追及する構えだ。このままなし崩し的に学部新設が認められるようなことは許されない。


法科大学院 「野放図」が招いた苦境
 安倍晋三首相周辺の関与が疑われている岡山市の学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画に関し、文科省の審議会は認可の判断を保留した。
 計画を巡っては、国会審議や報道などを通じ政治との関わりや学部創設の意義など多方面で多くの疑問が指摘されている。事は人材育成に関わるだけに、適否はなお厳格に判断してもらいたい。
 そこで他山の石としたい事例がある。一連の司法制度改革で、裁判員制度と並ぶ目玉とされてきた法科大学院の厳しい現状だ。
 旧司法試験は合格率が3%程度の超難関。そこに「風穴を開ける」べく構想されたのが法科大学院だ。当初は「修了者の70〜80%が司法試験に合格する」とされた。裁判官や検事、弁護士などの法律専門家の供給不足や、知識偏重の選抜による人材の画一化といった問題の克服へ、切り札となるはずだった。
 しかし、合格率は修了生が初めて望んだ2006年の48・3%から低下傾向が続き、現在は20%そこそこ。受験資格がある修了5年以内の累積合格率も、初期の約70%をピークに今や50%前後だ。
 2004年以降、法科大学院は最も多い時で74校を数えたが、今春学生募集したのは43校。その41校までが定員を割り、全体の充足率は70%以下にとどまるという。
 一方で、法科大学院を修了していなくても受験を認める「予備試験」通過者の合格率は60%台で、トップレベルの大学院をしのぐ。
 予備試験は本来、経済的事情などで大学院に通えない法曹志望者の救済を目的に、11年に導入された。しかし実態は、時間や費用を掛けずに司法試験に合格する近道として利用されている。
 多様な人材の確保は法科大学院設置の狙いの一つだが、現下の経済情勢で、高額の学費を払い、標準修業年限である3年を費やせる人は限られる。むしろ予備試験こそ「多様な人材」を集めているとの指摘もある。法科大学院の存在意義が揺らいでいる。
 割を食うのは「理想」を信じ、「現実」に打ちひしがれる有為の人材だ。資格を得ても需要が高まらず、一般企業に就職する例も多いと聞く。
 かつて本県にも、法科大学院の設置を目指す動きがあった。現状を見れば、結果的に実らなくて幸いとも思われるが、逆に「司法過疎」に直面する地域の実情に、国の理解が及ぶほどに制度設計がしっかりしていれば、状況は今とは異なっていただろう。
 法科大学院には、当時の与野党がもろ手を挙げて賛同。大都市圏を中心に、半ば野放図に設置を認めた末に、今がある。「岩盤規制」に関わる重大な教訓とするべきだ。


日本の研究力/政策見直し低下を防げ
 日本の科学の研究力低下が止まらない。文部科学省科学技術・学術政策研究所がこのほど公表した調査結果によると、科学論文の数は10年前に比べ6%減って世界2位から4位に後退した。注目度の高い論文に絞ると世界4位から9位にまで落ちた。
 今に始まったことではない。日本発の論文の5割を占める国立大からの論文数は2000年代半ばから伸び悩み、企業からの論文は1990年代から減り続けている。
 産業の「種」を生む科学の研究活動が縮小に向かえば、政府の掲げる「科学技術イノベーション」も絵に描いた餅に終わりかねない。
 研究力低下の理由は複合的だが、研究と次世代の育成を担う大学や研究機関の現場が「選択と集中」に基づく政策の度重なる失敗で劣化したことが大きい。立て直すには政策を転換し、研究環境を改善するほかない。
 最大の失敗は政府が大学などに投じる基盤的経費の削減だ。国立大への運営費交付金は2004年の法人化以降減り始め、本年度は04年度に比べ約1割減。私立大への経常費補助金も頭打ちだ。大学が全ての研究者に配分する研究費はやせ細り、若手の安定雇用も難しくなった。
 政府は一方で研究者が競って獲得する「競争的資金」を増やした。ただ、その額は不十分で、期間が限られているため若手の安定した雇用につながっていない。一方、研究費獲得や産学連携のための活動、市民向けの講演など研究者の仕事は増え、研究時間は減り続けている。
 国の研究機関も深刻な状況だ。理化学研究所では運営費交付金が過去10年で2割近く削られた。20年前に所内にできた脳科学総合研究センターでは研究室の数が一時の約60から約40に減った。同センターの本年度予算は前年度から17%減。アルツハイマー病の基礎研究で世界トップレベルの成果を上げている西道隆臣さんの研究室は予算が43%もカットされた。
 国内外の研究者にも提供してきた貴重な実験用マウスを1万匹から3千匹に減らさざるを得なくなり、スタッフ13人の雇用と研究費を確保するため、国内外の競争的資金の獲得に奔走している。
 研究環境の劣化は若者の夢を奪う。大学院の博士課程に進む人が減っているのも当然だ。また、小規模な大学ほど政策のしわ寄せは大きく、研究の多様性や研究者の層の厚みも失われつつある。
 この悪循環から抜け出すには大学などの基盤的経費を大幅に増やし、安定した研究環境をつくる必要がある。競争的資金や政府主導の大型研究プロジェクトの経費を見直してでも実行すべきだ。
 多くの企業が科学研究をやめたことも響いている。日本より先に企業が研究をやめた米国では、政府資金による大学での科学研究を基に若い博士がベンチャー企業を起こし、それを政府が手厚く支援し産業を生み出してきた。
 日本政府もそれをまねようとしてはいるが、大学や研究機関での研究を再生させるという肝心要の課題の解決には消極的だ。それでは小粒な成果しか望めないだろう。
 好奇心に駆られてのめり込む科学研究こそが大発見をもたらし、社会を進歩させてきた歴史に学ぶべきだ。


[民進党代表選]現政権との対抗軸示せ
 民進党代表選は9月1日の投開票日まで1週間を切っているというのに、一向に盛り上がらない。
 上昇気流に乗っていれば政権交代への期待が膨らみ、投票権を持たない一般の有権者も代表選に高い関心を示すが、そのような空気が感じられないのである。
 石にかじりついても困難をはねのけ政権批判の受け皿になる、という気迫が党の中から伝わってこないのは問題だ。求心力よりも遠心力が働いているせいだろう。
 都議選前後、泥船から逃げ出すように離党が相次いだ。「解党」の言葉が飛び交うような後ろ向きの代表選では、有権者の期待が高まるはずもない。
 立候補している前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官は、何よりも安倍政権との違いを明確に示す必要がある。
 確かに、政策論争が過熱して路線対立が鮮明になれば、この際とばかり離党ドミノが起きるおそれがある。かといって、党内融和のため政策の違いをあいまいにすれば、自民党との対抗軸を示すことができない。寄り合い所帯で理念や政策のすりあわせを怠ってきたつけは大きい。
 民進党そのものが根の深いジレンマを抱えているのは確かだが、政策をあいまいにし、守りの代表選に終始すれば、支持率の低迷から抜け出すことは不可能である。
 自民党との対抗軸を明確に打ち出すこと、党内のバラバラ感を払拭(ふっしょく)し有権者に安心感を与えること−これしか道はない。
■    ■
 代表選のあと、すぐに10月10日告示の衆院3補選(青森4区、新潟5区、愛媛3区)が控えている。そこでつまずけばダメージは大きい。次期衆院選にも連動するからだ。
 「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(市民連合)は、両候補の陣営に野党共闘の維持を求める要望書を提出した。
 野党共闘をご破算にして果たして3補選に勝利することができるのか、疑問である。
 安倍晋三首相が打ち出した憲法9条加憲論への対応も、分裂含みの重要なテーマだ。党の結束を維持しつつ、9条加憲論に「ノー」の姿勢を貫く−その論理を構築することができるかどうかが鍵になるだろう。
 名護市辺野古への新基地建設について民進党県連は「白紙に戻すべき」だとの考えを両候補に伝えた。
 民主党政権時代、この問題でつまずいた経緯があるだけに両候補とも慎重な言い回しに終始しつつ、しかし、白紙撤回には否定的だ。
■    ■
 ニュアンスの違いと言えば、前原氏が「進めてきたプロセスを(今後も)しっかり進める」と現状肯定的なのに対し、枝野氏は「強引なやり方はやめさせなければならない」と安倍政権の手法を批判していることだ。
 この違いを「言い回しの微妙な違い」だと単純に片付けてはならない。
 沖縄の地方自治は、日米安保と地位協定によって大きな制約を受けている。辺野古に代替施設ができてもその状態は基本的に改善されない。


香害110番
 うま辛のメニューが目玉の京都向日市激辛商店街。残暑の厳しい昼、加盟店に出掛けた。肉カレーうどん、カレーパン。カレーの匂いが食欲をそそる▼同じ読み方でも加齢の臭いは中年男性に大敵だ。近年、臭いが周囲を不快にするスメルハラスメントなる言葉を聞く。職場やオフィスで匂いに対する意識が高まっている▼禁煙化でたばこ臭が消え、高温化と節電で汗をかく場面が増えたことも原因だ。気になる匂いを抑えるデオドラント商品、良い香りのするフレグランス商品が人気を呼んでいる▼一方、強すぎる香水や制汗剤、柔軟剤、消臭剤などに含まれる人工の香りが問題となっている。「吐き気がする」「体がだるい」など、生活空間に漂う匂いが原因で体調不良を訴える人も増えているという。日本消費者連盟は「香害110番」を今夏初めて開設した▼日本には香りを楽しむ香道の文化がある。心地よい香りは気持ちを明るくし、気分をリラックスさせる。匂いは記憶の喚起装置でもある。線香花火の火薬、磯の香…鼻先をかすめると、子ども時代の遠い夏をふと思い出す▼匂いの感じ方や好みは千差万別なのが悩ましい。だが臭いもの身知らず、も困る。受忍限度を超す香害の排出源やスメハラにならぬよう心したい。クンクン、あなたは大丈夫?

チェ・ゲバラは英雄じゃなかった? 終焉の地ボリビアで見た真実  騒いでいるのは外国人だけだった
池上 永一 作家
『テンペスト』『シャングリ・ラ』『風車祭(カジマヤー)』の作家・池上永一が20年の歳月をかけて完成させた新作『ヒストリア』が話題になっている。本作は第二次世界大戦中、沖縄戦で家族すべてを失い、沖縄からボリビアに渡った女性の波乱の一代記だ。
刊行を記念して、ボリビア取材記を特別に寄稿していただいた。ゲバラの足跡を追いかけていった池上氏が、現地で思い知った「英雄」の意外な真実とは?
南米ボリビアでゲバラの足跡を追う
私がボリビアを訪れたのは2015年の5月のことで、南半球ではスールと呼ばれる季節風が吹き始める秋の終わりだった。
今回の作品『ヒストリア』は時代背景が冷戦期のボリビアである。そこで当時ボリビアにいた歴史的人物を探っているうちに、チェ・ゲバラの存在にぶちあたった。
一般にチェ・ゲバラは時代のカリスマとして日本人に受け止められている。それは彼の見目麗しい姿と、ゲリラに似つかわしくない医師という経歴、そしてキューバ革命を成功させたカストロの腹心というイメージからだ。そしてもうひとつ、志半ばにして夭折した悲劇性というのも忘れてはならない。チェ・ゲバラは坂本龍馬を彷彿させるスター性がある。
まずボリビアという国を簡単に説明しておこう。
ボリビアは南米大陸のほぼ中央にある内陸国で、5ヵ国と国境を接する。隣国ブラジルがあまりにも巨大なのでボリビアは小さいと錯覚してしまうが、実は日本の3倍の面積がある。アンデス山脈をイメージする人がいるかもしれないが、それは半分だけ正しい。ボリビアは日本列島とほぼ同じ面積の低地もあるからだ。
ボリビアはアンデス山脈の6000メートル級の高山と、標高400メートル程度の広大な低地のふたつの顔を持つ。そのうちボリビアの歴史の主体となるのは、ラパスやスクレなど政治的な都市を持つ、高山側にある。
チェ・ゲバラの足跡を追うには、低地のサンタクルス市からアクセスする。サンタクルス市はボリビア第二の都市とされているが、事実上ボリビア最大の商業都市で、ボリビア経済のほとんどがサンタクルス市の活力に依るものである。
ボリビアにアンデスのイメージを持っていた私は、サンタクルス市で認識を覆された。見渡す限りの地平線の国。車のアクセルベタ踏みで一直線の道を飛ばしても、何時間も景色が変わらない。むしろ太陽の動きの方が速く感じてしまう。
そのサンタクルス市からチェ・ゲバラの遺体が運ばれたバジェ・グランデへと向かう。さきほどの広大な平原とは真逆に西側へとハンドルを切れば、幅750キロメートルに亘るアンデス山脈の麓へと至る。麓はアンボロ国立公園と呼ばれている熱帯雨林だ。
バジェ・グランデへと至る道のりを簡単に説明すると、アスファルトとガードレールのない日光のいろは坂だと想像してほしい。山肌のいたるところに土砂崩れの跡があり、後続車も対向車もない道をひたすらくねくねと走っていく。
標高1000メートルを越えたあたりから、視界10メートルほどの濃霧に覆われる。雲のなかに突入したのだ。だが不思議と恐怖感はない。うっかり道を外れて滑落してもおかしくない状況なのだが、途方もない光景に私がすっかり畏怖してしまっているからだ。まるで冥界へと続くような曖昧模糊とした視界は、三途の川を渡っている気分である。
驚きと落胆の連続
さて、バジェ・グランデへもっとも近い道のりを選んだつもりでも、半日がかりである。標高2000メートルを超える町は、カーディガン一枚では肌寒かった。
ラテン・アメリカの町は規模の大小に拘わらず、都市設計は共通している。まず中心地に広場を作る。次に広場を囲うように教会と役所を配置する。広場から離れるほど貧しい地区になり、意外な発見や洒落た店など皆無になる。これは南米のすべての町で普遍的に通用するので、覚えておくと町歩きのときに役立つだろう。
当時のバジェ・グランデの町は、ある男の写真で埋め尽くされていた。てっきり大統領かと思ったが違う。高齢の白人男性の名はフリオ・テラサス・サンドバル。ボリビア初の枢機卿である。バジェ・グランデ市民は地元から輩出した枢機卿を熱烈に敬愛していた。
赤化革命の戦士の足跡を追いかけて辿り着いた町が、カトリック教徒の拠点であったことに少々面食らってしまった。私はもっと過激な思想家や反政府活動家がいると思っていたのに。しかし私は徐々に彼らの信仰ぶりに圧倒されていくことになる。
夜、ぶらりと町を散歩していた時のことだ。人の流れが一方向に連なっている光景を見つけた。広場のある中心部からやや外れの路地だ。不思議に思って跡を尾けていくと、屋根越しに十字架のついた鐘楼が見えた。彼らは夜のミサに向かう行列だったのだ。
教会内は沈黙の圧力が熱に変わっているように感じられた。私が探していたチェ・ゲバラの痕跡とは完全に断絶した人々である。少なくともこの町には反政府ゲリラや政治活動家が息づく隙間がない。
それでも私はチェ・ゲバラの痕跡を探すことにした。しかし、これが落胆の連続になるのである。
チェ・ゲバラの遺体はバジェ・グランデの病院に運ばれた。それは現在使用されていない病院裏の遺体置場にある。敢えて安置所とは書かない。なぜならばコンクリート製の流し台は、世界各国から来たゲバラファンが書きなぐった落書きで覆われていたからだ。
スペイン語がよくわからない私でも、それらが質のよくない文言であることはわかった。簡単に言うなら暴走族の『夜露死苦』という落書きに近い。まさか時代の英雄がこんな粗末な扱いを受けているとは想像もしていなかった。
次に広場に面した博物館にチェ・ゲバラの遺品が展示されていると聞き、訪れることにした。確かにチェ・ゲバラの遺品や写真が展示されている。しかしそれらは日本のゲバラ関連の書籍でも見ることができる写真の数々で、ここにしかない決定的な遺物はなかった。
それよりもびっくりしたのが、チェ・ゲバラの遺品集から数メートル歩いただけで、旧石器時代の鏃や頭蓋骨の陳列に様変わりすることだ。まるで落丁した本のように前後の脈絡がわからなくなって軽い目眩を覚えた。
それでもここまで来たからには、英雄の英雄たる所以を見つけたいと思うのが人情であろう。なにせ飛行機でトランジット3回、合計30時間もかけてボリビアに来たのだ。成果なくして帰るなんてありえないことだ。
ゲバラは本当に英雄だったのか?
そこでチェ・ゲバラが処刑されたイゲラ村に行くことにした。その村はさらに険しい山道を車で移動すること3時間の場所にある。
事前に日本で集めた参考資料のなかにソダーバーグ監督の『チェ』があり、私はこれを観ていた。確かラストシーンは砂っぽい一本道に家屋が並んでいる村だ。それがイゲラ村ということなのだろう。
イゲラ村はアンデスの尾根沿いにある極めて小さな村だ。それは日本の自治体の基準でいうと「廃村」と断言してよいレベルの村である。山頂には覚えているだけで数棟の家屋があり、そのうちの大きな建物の二つは学校とゲバラ資料館だ。校庭には洗濯物が干されていて、出会った人は老婆とその孫と犬だけである。彼らは校庭脇の階段にぼうっと座っているだけだった。
そして何より衝撃的だったのが、なけなしの駐車場前に設えられたゲバラの胸像である。高校の文化祭レベルの微妙にパースの狂った胸像は、見る者を不安にさせる。彩色はポスターカラー、材質はたぶん石膏だ。2、3日の催し物で撤収される品質のものでしかない。聖地巡礼のつもりで来た私は、いきなり背後から膝かっくんされたように崩れ落ちた。
資料館は所謂、田舎の小学校の教室である。そこに児童が座る小さな木製の椅子があり、このおもちゃのような椅子に座らされてゲバラは簡易裁判にかけられた後、処刑されたという。厳かさもドラマ性も皆無な最期だと冷淡に告げられていた。
ソダーバーグも当然このイゲラ村をロケハンしたはずだ。そしてあまりにお粗末な最期に頭を抱えたことだろう。イゲラ村は極端に狭いために映画的な画角が取れないのだ。たとえるなら富士山の山頂でラストシーンを撮るようなものだ。
果たして日本で愛されているチェ・ゲバラは一体何者なのだろう? 彼は本当に英雄だったのか? 本当にボリビア人を解放するために闘ったのか? それが民衆の願いだったのか? 納得できる言葉はひとつしかない。
即ち、ボリビア人はチェ・ゲバラなんてどうでもいいと思っている。
そう考えるといろんなことが腑に落ちた。
博物館のなかにいたゲバラは鏃や頭蓋骨と共に陳列されていた。ボリビアにとって彼は通りすがりの異邦人であり、現代ボリビア人と断絶した歴史の遺物にすぎない。世界的な著名人チェ・ゲバラが英雄でなければ、一体誰がボリビアの英雄だというのだ?
ところでボリビアは2005年から社会主義の国になった。しかし私たちの想像する社会主義とはかなり違う。どちらかというと民族主義のことであり、反米主義のことである。反米とは反グローバリズムと言い換えることができる。
では現大統領エボ・モラレスは英雄かというと、違う。彼はベネズエラのチャベス元大統領の模倣者で、低地のサンタクルス市では人気がない。彼は高山側の貧困対策のために、サンタクルス市の富を奪っている、と認識されている。
実はボリビア人にとって真の英雄とは、フリオ・テラサス・サンドバル枢機卿である。当時、2ヵ月後にローマ法王が来訪するのをオリンピック級のイベントとして心待ちにしていた。信仰熱心な我らのなかから神が枢機卿を選び出し、ローマ法王の御眼鏡に適ったことが誇らしいのだ。
イゲラ村の資料館で芳名帳を見つけた私はサインしがてら、誰がここを訪れたのか興味を持った。芳名帳を全ページ丁寧に漁ると、興味深いことがわかった。
書かれた住所は、ゲバラの故郷アルゼンチンがもっとも多く、続いて近隣の南米諸国が並ぶ。映画の影響からかアメリカ人の名も多く連ねられていた。意外にも多かったのが日本人で、私もそのなかのひとりである。地球の裏側からの立地を鑑みると芳名帳の上位10ヵ国に入っているのは、意外かもしれない。そして不思議なことにボリビア人の名前はほとんど見つからなかった。
──ゲバラで騒いでいるのは外国人だけ。
アンデスの冷たい季節風が、空耳のように呟きながら私の側を通り過ぎていった。


ダライ・ラマ体調不良深刻化で中国側は生まれ変わり準備
 チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世が健康不良のため、アフリカのボツワナ訪問を直前になって急遽とりやめた。現在82歳のダライ・ラマは2015年10月、米国訪問をキャンセルしたことがあり、その際も、「医師に休養を勧められた」ことを理由にしているが、実は膀胱がんが見つかり、直前に訪問を取り消したことが分かっている。このため、今回の場合も、がんが再発したとの見方が出ている。
 ダライ・ラマは8月15日から20日までボツワナの首都、ハボローネを訪れ、「心と生命」と題する会議に出席するほか、講演などを行う予定だった。しかし、「極度の疲労」のため、医師から「今後、数週間は長距離の移動を控え、休養をとった方がよい」と診断されたため、82歳という高齢も考慮に入れて、インドの邸宅で休養することを決めたという。
 ダライ・ラマ事務所は11日にダライ・ラマのボツワナ訪問中止をボツワナ政府に連絡した。
 また、ダライ・ラマは17日、メッセージビデオで自らの訪問中止の釈明を行ったが、その表情は疲れ切り、目も落ちくぼみ、座っているのがやっという状態で、いつもの張りのある元気な声ではなくいまにも倒れそうな状態だった。
 このため、ダライ・ラマの病状に関心が集まっており、米国を拠点にする中国問題専門の華字ニュースサイト「博聞新聞網」は「ダライ・ラマが外国訪問を直前でキャンセルするのは極めて異例。2015年10月以来で、がんが再発した可能性がある」と報じたうえで、中国政府もダライ・ラマの健康状態について強い関心を示しており、ダライ・ラマの輪廻転生の後継者探しの準備を本格化するのではないかと伝えている。
 こうした状況の中、中国チベット交流団体の代表団は21日、東京で記者会見し、チベット自治区の現状について「経済・文化など各方面の発展は、今までで最も良い時期を迎えている」と述べた。中央政府の支援や観光業の好調により、2016年の域内総生産(GRP)成長率が全国平均を上回る11.5%と高い伸びを続けている実績を挙げて強調するなど、間接的にダライ・ラマ側を批判。
 さらに、ダライ・ラマが廃止の可能性などに言及している「輪廻転生制度」については「必ず歴史的な決まりにのっとって行われるべきだ」との考えを改めて強調しており、中国側としてはダライ・ラマの後継者を中国内で探す準備を整えていることを示唆している。
 すでに、中国側はダライ・ラマに次ぐチベット仏教第2の実力者であるパンチェン・ラマについても、ダライ・ラマ側が指名した後継者を拉致監禁したうえで、中国側が任命した後継者を正式なパンチェン・ラマの生まれ変わりと認めて、既成事実化している。
 中国がダライ・ラマ死亡後、パンチェン・ラマと同じように、独自に生まれ変わりを決定し、正当化するとみられる。


「傲慢」と批判、マクロン仏大統領の支持率急落
 【パリ=作田総輝】フランスのマクロン大統領(39)が、就任から100日あまりで支持率が急落している。
 既存政党の支配を破って5月に史上最年少の大統領となり国民議会選でも大勝して政権基盤を固めたマクロン氏は、政治手法や振る舞いを「傲慢」と批判され、歳出削減を目指す政策などを巡り逆風を受けている。
 「フランス人は改革嫌いだ」。マクロン氏は24日、訪問先のルーマニアでの演説でこう述べ、自ら進める改革に対するフランス国内での批判の高まりにいら立ちを示した。
 仏調査会社エラブ社が23日に発表した世論調査で、マクロン政権に「満足」と答えたのは14%で、「がっかりした」が36%を占めた。ただし50%は「評価するのは時期尚早」と回答した。


車椅子、杖、立たないモヒカン ─パンクフェス21年目の「精神」
小川 善照 ,Official Columnist Action Time Vision 〜取材の現場から〜
イギリス最大の保養地として名高いブラックプール市。その中心部にウィンターガーデンという百年近い歴史を持つ市営の多目的ホールがある。映画『Shall We Dance?』や、バラエティの芸能人ダンス部が目指した世界大会が開かれる社交ダンスの聖地である。高い天井に宮殿のような彫刻が施されたエンプレスホールは、中世の雰囲気すら醸しだしている。
大小の大会が一年中開催され、世界中から社交ダンスをたしなむ紳士淑女が集まるブラックプールだが、毎年8月の最初の週末だけは、会場周辺に異様な光景が繰り広げられる。色鮮やかなモヒカンにタトゥー、ピアスに派手な服装というパンクスたちが世界中から終結する。ここは、パンクロックの世界最大の祭典『レベリオンフェスティバル』の開催会場でもあるのだ。
今年は8月3日から6日まで4日間に渡って、7つのステージで、計400近くのバンドが演奏して、参加者はのべ2万人。そこかしこでバーカウンターがあり、ビールが飛ぶように売れている。
英語に加え、ドイツ語、フランス語、イタリア語が飛び交う会場は国際色豊かだが、同時に目立つのは、その年齢の高さだ。しわくちゃの顔に、腕や首に入れられたタトウーは艶を失い、杖をつき、車椅子など老人の部類に入るパンクスも多い。ハゲ頭でモヒカンが立てられないのか、落ち武者頭を無理に逆立てている強者もいる。
このフェスの関係者である森永ゆうこさんに話を聞いた。
「76年に誕生したパンクロックも今年で41年目。ピストルズなどを通過した世代はすでに60代に入っています。不摂生な生活や肥満が原因なんでしょう。ステージで倒れて救急車で運ばれた経験があるバンドもいます。高齢者は多いです。実は私の夫も出演してますが、73歳ですからね」
彼女の夫は結成41年のパンクバンド、UKsubsの伝説的なボーカリスト、チャーリー・ハーパーである。年齢的にはおそらく最年長だが、妻の献身的な健康管理で現在でも世界ツアーを続けている、お達者パンクスだ。
一方、会場にいるまだまだ元気な40代でも、かなりの肥満体型が目立つ。西欧諸国の特徴的なワーキングクラスでもある。
「彼らは月曜から金曜まで真面目に働いています。建設現場やドライバーなどの肉体労働などが多いですが、休暇はこうしてビールとパンクなど好きなことで過ごすんです。40年間ずっとそうした生活を続けているようです」
実はこのフェス自体がそうしたパンクスたちの手によるものだという。
「機材などの設営と警備などは専門の会社に委託してますが、企画と運営は出演者でもあるバンドメンバーや関係者がやっています。パンクスが自分たちの手で作り上げているフェスなんです」
その言葉通り、受付はモヒカンの兄ちゃんがボランティアらしく、お気に入りのバンドの時は観客となっていた、ステージバックに書かれたロゴもよく見ると手作りのようで微妙にいびつだ。
このフェスが誕生したのは1996年。パンク誕生、20周年の年である。セルアウトしたアメリカの一部のスターバンドを除いて、すでに音楽業界からは「商品として魅力がない」音楽と目されたパンクバンドたち。その多くは、インディーズでの活動を余儀なくされていた。
実は、メイン会場で演奏をするバンドでさえ、普段は他の職に就いているケースがほとんどだ。演奏が終わると物販を自分でやって、ファンと語らう姿も珍しくない。
パンクスたちは自分たちの場所を自分たちで確保して大事にしている。会場の雰囲気は驚くほどマナーがいい。ケンカなど粗暴な振る舞いも見てないし、杖や車椅子のパンクスには率先して手を貸す姿も珍しくなかった。でも、そこはパンクスである彼らだ。行儀がいいたけでは終わらない。
「5年前に元セックスピストルズのジョンライドンがPILで出演した時、会場は超満員になりました。でも、演奏が始まると観客席からバターが大量に投げ込まれたんです(笑)」
かつてのパンクのアイコンはこの頃、バラエティ番組で人気になり、バターのテレビCMにも出演していた。観客と演者の立場は対等で、誰であっても決して神格化しないのだ。
今年、会場で目立ったのが、反トランプのTシャツやステッカーだった。実はこうした政治的アティトュードはこのフェスの精神でもある。
「いろんなことを受け入れる、本当に雰囲気がいい場所なんですが、今年はあるバンドが過去に出していたゲイを揶揄する歌が問題になって出演取りやめになりかけました。レイシストと認定されたバンドは絶対に排除されるのです。そのバンドのTシャツを着ているファンさえダメだと注意されます」
パンクの矜持としてファシズムとレイシズムは絶対に許さないということか。商業主義から見放されたパンクスたちが自分たちで始めたフェスはパンク40周年の昨年、最大の参加者だった。今年は少し少なめとはいえ、のべ2万人を越えたという。また来年、その先のパンク誕生50周年に向けて彼らは始動している。
肉体は衰えど、精神は40年前と変わらず。かつての反逆児たちのスピリットが、とても健全に見えるのは、いかに世間が寛容さをなくしてしまったということかもしれない。


トランプ問題で鋭い論評連発の町山智浩がアメリカと比較し「日本のお笑い芸人が権力批判できない理由」を喝破
 シャーロッツビル事件をめぐる「どっちも悪い」発言で、アメリカではトランプ大統領への批判がかつてないくらい高まっているが、日本のメディアではむしろ、トランプ的な「どっちもどっち」論が幅を利かせている印象がある。
 ネットでは事件の発端となったリー将軍像の撤去をめぐって、ネトウヨや「中立厨」を中心にリー将軍擁護論が盛り上がり、テレビでも「白人至上主義も忌まわしいが、リベラル至上主義も問題」などというトンデモ発言をした有本香はじめ、複数のコメンテーター、番組がどっもどっち的な解説を垂れ流していた。
 そんななか、こうしたトランプ擁護論を徹底論破していたのが、現在アメリカ在住の映画評論家・町山智浩氏だ。町山氏はツイッターで、リー将軍像が白人至上主義という差別思想と不可分であること、南北戦争で「南部が自治権を守ろうとしただけ」などというのは戦争終結後の南部のプロパガンダであることを指摘。こんな鋭い分析まで披露していた。
〈南部の正当化の仕組みは日本における戦争の正当化のそれと非常によく似ていると思います。南部帝国を擁護する日本人には、意識的か無意識か、大日本帝国を投影している人が多いのではないでしょうか。〉
 まさに博覧強記の町山氏らしい鮮やかな切り返しだが、その町山氏が今度は、トランプを徹底批判するアメリカのニュースショーと比較する形で、権力批判ができない日本のメディア状況やお笑い芸人の問題に踏み込む発言をして、話題になっている。
 発言があったのは、8月22日放送の町山氏のレギュラー番組『たまむすび』(TBSラジオ)でのこと。町山氏はこの日、シャーロッツビル事件以後も予定されている右翼の大集会やトランプ大統領の動向について解説したあと、「いまアメリカのレイトショー、夜のトークショーの人たちは、もうずーっと、この事件があってからもそうなんですけども、トランプギャグでものすごく面白いことになっているんですよ」と切り出した。
アメリカでは毎晩、コメディアンたちがトランプをネタに
 そして、ABCテレビ『ジミー・キンメル・ライブ!』司会者のジミー・キンメルやCBS『ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア』で大人気を博しているスティーヴン・コルベアが毎日のように、トランプに対して苛烈なジョークやツッコミを浴びせていることを紹介した。
 たとえば、キンメルが「ドナルド・トランプをアメリカの王様にして、政治から手を引かせよう」という皮肉たっぷりの提案をしたことや、トランプが「両方とも悪い」と言ったことに対して、コルベアが「それは違うだろ、だって、あっちはナチだよ、こっち側はそのナチのカウンターだよ、ナチと戦う人たちだよ」「アメリカはナチと戦ったんじゃないの?」と厳しく突っ込んだことなど。
 しかも、町山氏が強調したのが、これらトランプ批判の多くがアメリカの「お笑いトークショー」を舞台に、コメディアンの口から発せられていることだった。
「アメリカのすごいところは、とにかくいちばん視聴率を取っていていちばん人気のあるコメディアンは政治ネタをやるっていうことなんですよ」
 そのうえで、町山氏は一転して日本のお笑いに目を向け、例の茂木健一郎氏の発言をもちだしたのだ。
「僕が今回、この話をしようとしたのは、前にね、だいぶ前になりますけど、茂木健一郎さんが日本のお笑いに関して『空気を読んでいるお笑いばかりで権力に対して批評の目を向けたお笑いがない』っていうようなことをツイートかなにかして。そしたら、炎上しちゃって。爆問の、爆笑問題の太田君から『うるせー、バーカ!』って言われましたよね(笑)。
「『あんなもんは簡単なんだよ、政治ネタとかは』って言っていて。あと、そういう人もいっぱいいるという話もしてたんですけど。あと、松本人志さんは『茂木さんは面白くない』っていう、ちょっとこれは違う話で反論されていたんですけど」
茂木健一郎発言の本質と博多大吉の「安倍批判はリスクが大きい」発言
 茂木氏の発言については本サイトでも何度も紹介しているが、まさに、権力批判ができない日本のお笑いの問題点をつくものだった。しかし、太田光や松本人志などの大御所芸人が茂木氏を攻撃・嘲笑したことや、茂木氏が「日本のお笑いはオワコン」と発言していたことで、茂木氏のほうが集中砲火を浴びる結果に。そして最終的には『ワイドナショー』(フジテレビ)に茂木氏が出演して松本人志に謝罪するという、まさに日本のお笑いのムラ社会体質を象徴するようなかたちで、幕引きされてしまった。
 どうやら町山氏もこの本質が隠されしまった展開に違和感を抱いていたらしい。茂木氏に対して、「“日本のお笑いはだからダメだ”じゃなくて“なぜ、こういう政治的なお笑いをやる人がテレビに出ないのかな?”っていう話にすればよかった」と苦言を呈する一方、博多大吉の発言を引用するかたちで、日本のお笑い芸人が権力批判できない理由について、改めて言及したのだ。
「その時に(茂木氏に)反論した中で博多大吉さんが一番正直に言ったんだと思うんですね。博多さんが」
「それは『安倍総理を批判したらリスクが大きい』って言ったんですね。彼は(笑)。それが一番正直だなと思ったんですけど(笑)。だって、そのザ・ニュースペーパーっていうグループは森友事件を茶化すコントをテレビのために収録したら放送されなかったんですからね」
「だから『リスクが大きい』っていうのはやっぱりかなりストレートなものなのと、あとやっぱりスポンサーとかでコマーシャルに出れなくなっちゃうんですよね」
 そう、町山氏は日本のお笑いが権力批判できないのは、太田光の言うような「政治ネタをやってるヤツはいるけど、笑えない、浅い」とかそういうことではなく、芸人がつぶされるリスクを感じているからだ、と指摘したのである。
 この指摘はきわめて正しい。実際、この日の『たまむすび』でも、アメリカのニュースショーでのトランプ批判の激烈ぶりを説明する町山氏に、番組でパートナーをつとめる南海キャンディーズ・山里亮太が驚いて、こう問いかける場面があった。
「言っても大丈夫なんですか? 圧力が来てね、『そんなの言っちゃダメだ』とか、『そういう放送はさせないぞ』みたいなのないんですか?」
 これは逆に言うと、日本ではそういう圧力があるということだろう。町山氏もふれていたが、現実に安倍政権批判のコントが潰されたケースもある。
放送直前、テレビ局が放映を中止した安倍政権批判のコント
 政治風刺を入れ込んだコントを得意とするザ・ニュースペーパーのリーダーである渡部又兵衛は、2017年5月14日付しんぶん赤旗日曜版に掲載されたインタビューでこんな裏事情を暴露している。
「僕は最近コントで「カゴイケ前理事長」を演じています。そう、森友学園問題の。こんなコントもしました。
 アベシンゾウ首相(舞台袖から登場し)「どうも、カゴイケさん。お久しぶりです」
 カゴイケ「あ、首相。ごぶさたです。…『お久しぶり』って、やっぱり僕ら、知り合いですよね?」
 それから二人は「お互い、奥さんには苦労しますね」と嘆きあうといった内容です。
 見たテレビ局の人が「面白い!」といってコントを放送することになりました。収録までしたのに放送当日、「すみません。放送は見送りです」と電話がきました」
 これ以上の詳細な裏事情は詳らかにされていないが、おそらく、現場スタッフのなかで「是非放送したい」とされた内容が、放送前の上層部チェックで「自主規制」および「忖度」の対象となったのだろう。
 圧力は放送見送りだけではない。ワイドショーなどで安倍政権に対して厳しい批判をしようものなら、たちまち炎上し、その芸人を起用しているテレビ局やCMのスポンサー企業にネトウヨの電凸攻撃が殺到する。その結果、テレビはこうした芸人を敬遠して使わなくなり、その芸人は仕事を干しあげられてしまうことになる。
 ようするに、日本のお笑い芸人たちはそういう事態を恐れて、権力批判を「自主規制」しているのだ。 
 劇作家の鴻上尚史氏は「SPA!」(扶桑社)17年6月20日号掲載の連載エッセイ「ドン・キホーテのピアス」のなかでこのように書いている。
〈地上波では、現在、まったく政治ネタの笑いがありません。かつてはありました。昭和のずいぶん前、テレビがまだいい加減さを持っていた頃、毎日、時事ネタを笑いにしていました。
 でも、今はありません。それは、お笑い芸人さんの責任ではありません。テレビが許さない。それだけの理由です〉
ウーマン村本も政治ネタをやらない芸人たちの本音を暴露!
 前掲『たまむすび』で町山氏はアメリカにおけるコメディアンの権力批判について、「政治にツッコミを入れる、権力者にツッコミを入れるっていうのはコメディアンの始まり。だから、そういう仕事がアメリカでもあるんですよ。そういう機能を社会のなかで果たしているんですよ」と解説していたが、日本ではそんな機能はとっくに失われてしまったということだろう。
 実際、森友学園や加計学園問題をはじめ、いまの安倍政権はお笑いネタの宝庫であり、アメリカのコメディアンだったらネタにし尽くしているだろう。でも、日本のテレビではそんなお笑いはほとんど出てこない。それどころか、空気を読むことに長けたお笑い芸人たちが、ワイドショーで競うように、政権をヨイショしているというのが現実だ。
 なんとも絶望的な気持ちになるが、しかし、一方でこうした風潮に敢然と立ち向かおうとしている売れっ子芸人もいる。それはウーマンラッシュアワーの村本大輔だ。
 村本といえば、最近、『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)に出演。安倍首相のことを「戦争のにおいがぷんぷんする」、北朝鮮危機を煽る風潮についても「日本が朝鮮を植民地にしたという歴史も正視すべき」と主張するなど、ネトウヨを激怒させるような発言を連発。大きな話題になった。
 しかし、村本のツイッターを見ていると、その後もまったくひるんでおらず、まだまだ権力批判、戦争反対の姿勢を継続する気が満々のように見える。
 しかも、その村本は8月20日放送『EXD44』(テレビ朝日)のなかで、権力批判をしない日本の芸人についてこう喝破していた。
「先輩の芸人さんたちが『日本じゃああいうネタできないんだよ』とかって言ってたけど、違うよ、そこでメシ食いたいからやらないだけでさ」
 こうなったら、村本に日本のスティーヴン・コルベアになってもらって、安倍批判をガンガンやってもらうしかない?(編集部)


反差別 東京・渋谷でヘイヤーさん追悼集会
 米南部バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者らの集会に抗議していたヘザー・ヘイヤーさんが今月12日、集会に参加していた白人の男に乗用車でひき殺された事件を受け、日本でもヘイヤーさんを追悼し、反差別の意思を示そうと27日夕、東京・渋谷駅のハチ公前広場に多くの市民が集まった。
 参加者はヘイヤーさんの遺影や「愛は憎しみに勝つ」「団結しよう」などと書いたプラカードを手に、夏休み最後の週末でにぎわう広場に無言で立ち、抗議の意思を示した。
 呼びかけたのは、反ヘイトスピーチの活動をする石野雅之さん(57)。「レイシズムで他者の人権を認めないということがあの事件につながったと思う。日本の中でも関東大震災の時に朝鮮人を虐殺した歴史がある。今の日本でもヘイトスピーチを野放しにするとヘイトクライムが起きてしまうだろう。そんな社会にしないために声を上げ続けたい」と訴えた。ツイッターでの告知を知って参加したという都内の自営業の男性(40)は「日本も人ごとではないと思って参加した」と話した。【後藤由耶】

無線がダメ・HDMIで設定/鍵でイラッ/PPT2016

ブログネタ
フランス語 に参加中!
midho1

"Sans peur": Barcelone manifeste neuf jours après l'attentat des Ramblas
Lorenzo Clément
Fleurs à la main, des dizaines de milliers d'Espagnols et d'étrangers sont attendus à Barcelone samedi pour une grande manifestation en réaction aux attentats jihadistes meurtriers des 17 et 18 août.
Une manifestation est organisée aujourd'hui à Barcelone par le gouvernement catalan et la mairie de Barcelone, après le double attentat de Barcelone et de Cambrils qui a fait 15 morts et au moins 126 blessés d'une trentaine de nationalités. Six des blessés restent hospitalisés dans "un état critique".
La maire de Barcelone, Ada Colau, a expliqué qu'au premier rang figureraient les "représentants des collectifs qui, dès la première minute, se sont occupés des victimes": forces de sécurité, services d'urgences, taxis, habitants et commerçants des Ramblas...
Plus de 16.000 personnes, selon la police, ont déjà participé à une marche contre la terreur vendredi soir à Cambrils, ville balnéaire catalane qui avait le théatre d'une nouvelle attaque quelques heures après celle perpétrée sur les Ramblas de Barcelone.
Fait rare, Felipe VI sera le premier souverain espagnol à se joindre à des manifestants depuis le rétablissement de la monarchie en 1975. Mais le roi ne défilera pas en tête, pas plus que les élus. Aucun dirigeant de gouvernement étranger n'est cependant attendu à ce défilé, dont le slogan - "No tinc por" ("Je n'ai pas peur", en catalan) - sera décliné dans de nombreuses langues.
Des milliers de fleurs rouges, jaunes et blanches - couleurs de Barcelone - seront distribués aux participants.
"Le message de cette manifestation, c'est une clameur en faveur du vivre ensemble", assure Montse Rovira, 53 ans, qui défilera en tête, dans son uniforme de chef du service des urgences sociales de Barcelone. Ses équipes ont notamment accompagné les familles de victimes, du prélèvement d'ADN à l'annonce des pires nouvelles. Elles ont aussi traité le stress post-traumatique de témoins, de simples citoyens mais aussi de médecins et de pompiers...
le 17 août vers 17h00, une camionnette a foncé dans la foule des promeneurs. Treize sont morts dont deux enfants. Le conducteur, jeune Marocain de 22 ans, a ensuite poignardé à mort un automobiliste. Après quatre jours de cavale, il a été tué lundi par la police. Revendiqués par l'organisation Etat islamique (EI), les attentats de Catalogne ont été perpétrés par six jeunes Marocains agés de 17 à 24 ans ayant grandi en Catalogne. Tous ont été tués par la police.
Selon la mairie, la manifestation doit s'achever par "une brève et austère" cérémonie en mémoire des victimes. Deux violoncellistes interpréteront le "Cant dels ocells" ("Chant des oiseaux"), chanson traditionnelle catalane que le défunt violoncelliste et compositeur Pau Casals avait jouée à la Maison Blanche en 1961, en signe de refus de la dictature de Francisco Franco.
Renaud. A la Fête de l’Humanité et de l’amitié
Jules Montané
Renaud, toujours debout, sera sur la Grande scène de la Fête de l’Humanité, dimanche 17 septembre 2017.
C’est un ami de toujours de la Fête de l’Humanité et de son public qui clôturera, le dimanche sur la Grande scène, l'édition 2017. Bien vivant, toujours debout, l'artiste chantera les chansons de son dernier album ≪ Renaud ≫ et bien sûr, les dizaines de classiques de la chanson française dont il est l’auteur, chantés par toutes les générations : ≪ Mistral Gagnant ≫, ≪ Morgane de toi ≫, ≪ Hexagone ≫, etc.
Toujours en forme, Renaud arbore sur son compte Twitter sous forme de ≪ baseline ≫ Renaud le phénix (fossoyeur de Renaud le renard).
Chanteur, compositeur et acteur, Renaud a fêté le 11 mai dernier, ses 65 ans. Son dernier opus, ≪ Renaud ≫, est l’album de l’année 2016. Les chansons comme ≪ toujours debout ≫, ≪ Hyper Cacher ≫, ≪ La nuit en taule ≫ ont caracolé en tête d’affiche pendant des mois. Si, on veut définir Renaud, il faut d’abord prendre en compte, sa longévité musicale, confirmée quand on entend encore des enfants chanter ses anciens succès. L’impression donnée est que le temps s’est figé alors que les gamins ont simplement adhéré à la musique préférée des parents, voire des grands-parents.
Renaud, c’est un peu la France, il fait partie du patrimoine. Il suffit, pour lui de sortir, un CD avec en gros, écrit ≪ Renaud ≫ pour que celui-ci se vende comme ≪ des petits pains ≫ et se transforme en album de l’année. Renaud, c’est aussi celui qui est capable d’écrire une chanson comme ≪ Miss Magie ≫ pour que le peuple prenne conscience de la politique inhumaine dont fait preuve le Premier ministre du Royaume-Uni, Margaret Thatcher dans les années 80.
Toujours vivant, le chanteur à la voix rocailleuse, est toujours aussi populaire et donne tout sur scène. Habitué des tournées, Renaud renoue avec son public après des années d’absence, ≪ j’ai un tel public, il me pardonne tout, ma voix parfois défaillante, mes balbutiements. C’est bouleversant ≫ avait-il confié au Parisien.
Dix années après son dernier passage, le rebelle au bandana rouge revient à la Fête de l’Humanité. L’occasion de donner vie à son répertoire musicale aux couleurs très diverses. De la révolte sociale de ses premières chansons aux textes plus intimistes, en passant par ses incontournables, il y en a pour tous les goûts.
Pour tous les amoureux de Renaud dont nous faisons partie et pour tous les autres, Renaud nous attend à la Fête de l’Humanité, dimanche 17 septembre. En cette rentrée, un nouveau souffle accompagnera le chanteur et le public de la Fête, sûrement celui d’un mistral… gagnant.
フランス語
フランス語の勉強?
兵頭正俊‏@hyodo_masatoshi
山本太郎は「手に取るなやはり野に置け蓮華草」だ。もし民進党に行けば、山本太郎の良さは、すべて消されるだろう。ひとりでも残った方が、国民のためにもなる政治家だ。そこから自分の政党を創り、増やしていった方が山本らしいし、支持者も離れない。かれはまだ若いから、時間がある。これは強みだ。
志位和夫‏@shiikazuo
「小池氏『特別な形、控える』関東大震災の朝鮮人追悼文」
天災による犠牲者と、虐殺による犠牲者は、全く異なる。「特別扱いしない」とは、虐殺・加害の歴史を意図的に風化・忘却しようというものだ。この都知事の判断は、厳しい批判を免れない。

松原耕二@matsubarakoji
加害を見つめることを避けるかのような言動に触れるたび思う。いつまでも謝るべきではないと考えているのか、自虐史観とみなしているのか、本心では事実はなかったと思っているのか。歴史を直視することが、過ちをくり返さない第一歩のはずなのに。
白石草‏@hamemen
はっきり言う。
引きずり降ろされた舛添前知事は、ここ20年の都知事の中では、まともな人権感覚の知事だった。外遊が多くて批判を招いたけど、五輪に向け、東京都を国際都市にしようと取り組んでいた。職員の評判も悪くなかった。
小池百合子知事は、石原慎太郎元知事以下のようで恐ろしい。

香山リカ‏@rkayama
高須氏が、アウシュビッツ否認論の医師・西岡昌紀氏が関東大震災の朝鮮人虐殺を否認するツイートをさかんにリツイートしてるのを見つけてしまった。私は高須氏や西岡氏と同じ医師だ。ふたりとも医師だからこそ歴史の科学的検証をと言うが、ここまで人道を踏みにじって何が医学なのか。たまらなくつらい
津川友介‏@yusuke_tsugawa
平均的な家庭の収入(中央値)は米国が600万円、日本は350万円です。ちなみにハーバードは親の年収が700万以下(20%の学生が該当)なら学費は無料です。多様性自体は良いことなので、できない理由を挙げるより、格差を広げずに多様性を取り入れる方法を考えたほうが良いと思います。
SWITCHインタビュー 達人達(たち)「種田陽平×MIKIKO」
『キル・ビル』など内外の映画美術を手がける種田陽平とPerfumeや星野源などのアーティストの振り付けで知られるMIKIKOが独自の世界観を生み出す極意を語る。
PerfumeのミュージックビデオでMIKIKOと仕事をしたことがあるという種田。「全くやっている方向性が異なる」ゆえに興味があるとスタジオにMIKIKOを訪ね、歌詞を手の動きで表現するなど独特の振り付けについて話を聞く。番組後半ではMIKIKOが映画スタジオに種田を訪ね、是枝裕和監督『三度目の殺人』のセットなど、時に細部のリアリティーを追求し、時に大胆にデフォルメを加える種田美術の秘密に迫る。
美術監督…種田陽平,演出振付家…MIKIKO, Perfume,是枝裕和, 吉田羊,六角精児

ウワサの保護者会スペシャル「不登校〜保護者ができることは?」
尾木ママが保護者とともに子育てについて語り合う『ウワサの保護者会』。今回は時間を拡大して、子どもの不登校と、それに対して保護者ができることとは何か考える。
全国で12万人を超えるといわれる小中学生の不登校。その割合は中学生では35人に1人にもなるという。番組では、子どもの不登校に今まさに悩んでいる、あるいは過去に悩んだ経験のある保護者、さらにはかつて不登校をしていた当事者をスタジオに招き、不登校が始まったとき保護者がすべき対応とは何か、進学や就職の問題はどう考えていけばいいのかなど、子どもの不登校に対して保護者ができることとは何か考えていく。
教育評論家…尾木直樹,ホゴシャーズ, 高山哲哉, 鈴木麻里子

楽ラクワンポイント介護「認知症(19)トイレ以外の場所で排泄(せつ)する」
認知症の家族の介護についてアドバイスする「認知症ワンポイント介護」の19回目は「トイレ以外の場所で排泄(せつ)する」ことについて。 介護のポイントは ▽一番困っているのは本人だと理解する ▽貼り紙をするなど、トイレの場所をわかりやすくする ▽食後などに排泄する習慣をつける 完璧を目指すのではなくよりよい介護を心がけましょう。 介護士…和田行男, 小谷あゆみ
世界の哲学者に人生相談
ニーチェやカント、偉大な哲学者に悩みをぶつけたらどんな「名言」で答えてくれるのか?前向きに生きるヒントになるかも。ふと立ち止まって、一緒に「哲学」しませんか!
「あなたにとって最悪の敵はあなた自身である」ある女性が、子育てに悩む中で救われたという「ニーチェの言葉」です。世界の哲学者にあなたの悩みをぶつけたらどんな「名言」で答えてくれるのでしょう?なるほどと納得したり、はっと気づかされたり、何かヒントになるかも。番組では哲学者の名言から彼らの人生や考え方まで、楽しくわかりやすく「哲学」にふれることができます。忙しい日々、ちょっと立ち止まってみませんか。
高田純次, 山口大学准教授…小川仁志, 池田美優,西川貴教,磯野貴理子


昨日メンテナンスがあったのですが,無線がダメです.HDMIで対応するのでどうにかなりますが・・・
鍵でYoさんにイラッとしました.面倒なので文句は言いませんでしたが.
PPT2016インストールです.結構時間がかかりました.

宮城・七ケ浜 津波で傷だらけ修復 響け「復活のピアノ」
9月3日、所有者のピアノ講師が音楽祭
 東日本大震災の津波をかぶって傷だらけになり、多くの修理業者に見放されながらも再生を果たしたグランドピアノが宮城県七ケ浜町にある。所有者のピアノ講師、鈴木由美さん(52)は「復活した生音を直接聞いてほしい」とこのピアノを主役にした音楽祭を企画した。西城秀樹さんの歌謡曲から名付けたピアノの愛称は「ローラちゃん」。9月3日、同町の中央公民館で復活の音色を響かせる。
 ピアノはヤマハの1980年製で、鈴木さんが高校の音楽科への進学に合わせて購入。七ケ浜町の菖蒲田浜(しょうぶたはま)地区にあった実家の離れの2階に置かれていた。
 七ケ浜町を襲った津波は最大12.1メートルに達し、町面積の4割近くが浸水した。海から約50メートルの距離にある実家と離れは津波に押し流された。ピアノはがれきの中から重機で取り出されたが、屋根や側板に傷痕が残った。海水をかぶったピアノを修理する業者は地元では見つからなかった。
 修復してくれる業者を見つけたのは、広島市出身で被爆3世の女性シンガー・ソングライター、Metis(メティス)さん(33)=埼玉県蓮田市=と事務所スタッフ。震災翌月に避難所の支援で同町を訪れた際、がれきの上にぽつんと置かれていたピアノに目を留め、修復して復興に役立ちたいと思った。
 Metisさんらも多くの業者に断られたが、最後に問い合わせた横浜市保土ケ谷区でピアノ工房「クラビアハウス」を営む松木一高(かずたか)さん(57)が引き受けた。ピアノを水洗いして塩分を取り除いたり、部品を交換したりするなど約3カ月かけて演奏できる状態に再生した。
 側板の傷痕は残っていたことから、西城さんの「傷だらけのローラ」にちなみ、鈴木さんはピアノを「ローラちゃん」の愛称で呼ぶ。被災者自身が音楽の力で前を向いて歩んでいこうとの思いを込め、「ローラちゃん音楽祭」と銘打った。
 音楽祭では、鈴木さんや教え子がピアノを演奏し、メティスさんも出演して美空ひばりさんの歌謡曲「真赤な太陽」などを合唱する。鈴木さんは「そろそろ被災者が自分から動き出そうとしなくてはいけない時期だと思う。ローラちゃんが復興の役に立てればうれしい」と話す。
 音楽祭は午後2時開演、中学生以上1500円、小学生1000円、未就学児無料。問い合わせは実行委員会(s.you-me1126@ezweb.ne.jp)。【木村健二】


東北復興、被災地の交流人口拡大考える 東京でシンポ
 「東北復興のためにできること」と題したシンポジウムが25日、東京都内であり、東日本大震災からの復興に向けた交流人口の拡大をテーマに関係者が意見を交換した。
 宮古市の滝沢肇総務部長は、津波被害に遭った震災遺構「たろう観光ホテル」を紹介。「災害と観光を結び付けるのはタブー視されがちだが、記憶継承の責任がある。防災教育が人々の交流を生み、地域が活性化した」と意義を述べた。
 宮城県南三陸町の復興まちづくりを担うなど被災地と関わりの深い建築家の隈研吾氏は「東北は土地の多様性に合わせた多様な文化がある。東北らしい価値観を積極的に発信してほしい」と交流人口拡大のヒントを提案した。
 会場には宮古市や石巻市の水産加工品などの販売ブースが並んだほか、「被災地の今」と題し河北新報の記事も展示された。
 施設の空間づくりを手掛ける丹青社(東京)が主催し、約160人が参加。同社は復興支援に取り組み、被災地企業の課題を大手企業が解決する復興庁の仲介事業「結の場」にも参加している。


デスク日誌 天候不順の夏
 例年ならこの時季、真夏日や猛暑、熱中症といった単語が紙面をにぎわす。暑さに嫌気が差すところだが、今年は太陽と青空が恋しくてたまらない。オホーツク海高気圧の影響で東北地方の太平洋側は特に、天候不順に悩まされている。
 東日本大震災の津波被害を受け、ようやく再開にこぎ着けた海水浴場は大きな痛手だったに違いない。夏物衣料は既に大幅値下げ。一方、葉もの野菜は徐々に値が上がっている。宮城県内の農家は「日照不足でコメの収量はいつもの6、7割にとどまるかもしれない」と見通す。
 平成以降で大凶作に見舞われたのは、四半世紀近く前の1993年。全国の作況指数は74で、「著しい不良」だった。東北は宮城37、岩手30、福島61などいずれも戦後最悪を記録した。
 コメが店頭から消える社会現象が起き、当時の赴任先だった山形市でも米価が高騰。ひょろ長くてパサパサしたタイ米の緊急輸入の記憶はあまりにも鮮明だ。
 減反廃止など、国内のコメ政策は転換期にある。「平成の米騒動」を想起させる今年の冷夏は、今後のコメ作りの在り方を占う試験紙になるかもしれない。
(報道部次長 末永秀明)


河北抄
 見慣れた仙台の文化施設が新鮮に映る情報誌に出合った。「旬の見験楽学便(けんけんがくがくびん)」。市博物館や福島美術館、せんだいメディアテークなど市内16の文化施設でつくる「仙台・宮城ミュージアムアライアンス」事務局が発行する。
 2010年発刊で年1、2回発行してきたが、今春一新、季刊に変えて施設紹介を工夫した。春は「広瀬川沿いの散歩」、夏には「涼」を切り口に旬の施設の楽しみ方を提供。写真や挿絵を多用したレイアウトでいざなう。他に学芸員のコラム、特集記事、飲食店など周辺スポット情報も盛り込む。四つ折りにしてA5判になる一枚紙。
 以前はA4判で読み物中心だったが、視覚に訴え、手に取りやすくした。その心を事務局に尋ねると、「足が遠のいている20、30代の人の関心を呼び覚ましたい」とのこと。公共施設が主立った配布先を書店やカフェにも広げて期する。
 地域のミュージアムの魅力を発信する情報誌を携え訪ねてはいかが。歴史や文化に触れれば、まちの味わいも深まるはず。秋号は11月予定。


<ツール・ド・東北2017>官民が連携地域の誇りに
 東日本大震災で被災した宮城県沿岸を自転車で巡るツール・ド・東北2017が、9月16、17日に開かれる。震災からの復興を支援する大会は今年で5回目。自転車への理解は徐々に広がり、観光を融合させたサイクルツーリズムの具体化への期待が高まる。環境整備の機運も醸成され、関係者は「今年をサイクルツーリズム元年に」と意気込む。各地の取り組みや先進地の事例を紹介する。(ツール・ド・東北取材班)
◎発進 サイクル観光(下)先進地に学ぶ
 瀬戸内海をまたいで本州と四国を結ぶ本四架橋の3ルートのうち、西端の尾道(広島県)−今治(愛媛県)ルートは、瀬戸内しまなみ海道(西瀬戸自動車道)としてサイクルツーリズムの最先端を行く。
 全長約70キロ。八つの島をつなぐ9本の橋は生活道路の役割も担い、自転車と歩行者、バイクの専用道が併設された。景観、文化、食を楽しむ国内外のライダーが訪れる。
 今治市のレンタサイクルターミナル「サンライズ糸山」。8月初旬、広島県側から走破した神奈川県の会社員渡辺淳さん(58)は「有名なルートを一度走ってみたかった。眺望が良かった」と汗を拭った。
<SNSが後押し>
 愛媛県によると、2015年度の自転車通行量は推計32万台。県観光課は「年間81万人が訪れる道後温泉と並ぶコンテンツに育ちつつある」と手応えを語る。
 今や「聖地」だが、決して右肩上がりではなかった。自転車利用者は1999年の全通後しばらく低迷。2010年に当選した中村時広知事が、しまなみ海道の観光振興に力を入れ、東日本大震災後の自転車ブームと相まって増加に転じた。
 愛媛県は民間や広島県と連携し、空気入れなどを配置した休憩所「サイクルオアシス」に商店や民宿などを選定。しまなみ海道のほかに県内25コースを設定し、ルートが分かるよう路上に青い線を引くなど受け入れ態勢を整えた。
 こうした取り組みを後押ししたのが会員制交流サイト(SNS)。ライダーがインスタグラムなどに投稿する美しい景色は瞬く間に広がり、12年度から利用者が急増。海外からの集客にも一役買う。
 並行して行ったのが安全対策だ。「同時にやらないとツーリズムは生まれない。観光振興ばかりでは、うまくいかない」。愛媛県自転車新文化推進室の坂本大蔵室長は強調する。
 県は13年、自転車安全利用促進条例を制定。「シェア・ザ・ロード」を掲げ、自転車や歩行者、車との共存の考えを広めた。県立学校の通学生徒にはヘルメットの着用を義務付けた。
 当初は歓迎しない住民もいたが、自転車への理解は徐々に広がった。お遍路さんをもてなす伝統を背景に、地域全体で受け入れる態勢が形成された。
<課題は2次交通>
 課題はライダーの2次交通の確保。自転車ラック付きバスなどを増やし、ルート選択の幅を広げていく考えだ。今治市観光課の渡部誠也課長補佐は「努力を怠ると、足をすくわれる。細かいニーズを拾いたい」と気を引き締める。
 サイクルツーリズムを地域づくりに生かすNPO法人シクロツーリズムしまなみ(今治市)のガイド宇都宮一成さん(49)は言う。「住民が地元に自信を持ち始めた。プライドを与えてくれた。これが自転車の力だ」。自転車は通勤、通学の道具という枠を超え、地域に定着しつつある。


<松島基地>27日に7年ぶり航空祭 ファン駆け付け「基地の街」にぎわう
 東日本大震災で被災した航空自衛隊松島基地(東松島市)で27日、「航空祭」が開かれる。開催は7年ぶりで震災後初。一大イベントの復活を前に、基地ゆかりの店や菓子が地元に続々登場するなどして「基地の街」がにぎわっている。
 基地の近くに21日、基地所属の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」関連グッズなどを扱う店「RUNWAY15END(ランウェイ・ワンファイブ・エンド)」がオープンした。
 木造平屋の店内にはブルーインパルスとして運用されるT4機の小型模型や飛行写真が並ぶ。全国のファンが早速駆け付け、買い物を楽しんだり親睦を深めたりしている。
 店長の木下達矢さん(57)は「ブルーインパルスは貴重な観光資源。航空祭がリピーター増加やまちおこしにつながればありがたい」と期待する。
 東松島市矢本北浦の洋菓子店「ジュリアン」は今月、ブルーインパルスを着色料でプリントしたクッキーを発売した。土産として好評で、航空祭でも販売する予定だ。オーナーシェフの鈴木浩司さん(56)は「航空祭は地元にとって大事なイベント。食を通じて少しでも貢献したい」と話す。
 基地そばで約80年の歴史を持つ菓子製造販売業「大勇堂」は、震災の津波で浸水したが、現地で再起した。経営者の大村清一さん(65)は「航空祭復活は地域に活気をもたらす」と自らの体験と重ね合わせる。
 伊達市の50代男性と同市の40代女性は震災後、ブルーインパルスの訓練を見学するようになった。休日に基地まで足を延ばし、大勇堂の常連客にもなった。2人は「航空祭に参加できるのは感慨深い」と語る。
 基地は1955年開設。2010年の航空祭には全国の航空ファンら約7万人が訪れた。昨年8月には約1万人を招き「復興感謝イベント」を実施した。
[メモ]航空祭は午前8時半〜午後4時(入場は午後2時まで)。ブルーインパルスの飛行は午前9時35分〜10時15分、午後1時45分〜3時の予定。市などは来場者を約7万人と見込む。基地外の臨時駐車場の利用は公募制で、既に締め切った。JR東日本仙台支社は仙石線で臨時列車8便を運行する。仙石東北ラインは一部で車両を増やす。


<秋田岩手大雨>「再建に踏み出したのに、むごすぎる…」2度目の浸水 落胆と困惑
 「やっと再建に踏み出したのに、むごすぎる」。東北地方北部に24〜25日に降った大雨で、大仙市内を流れる雄物川が3カ所で氾濫し、流域の住宅や工場、水田が浸水した。7月22、23日の大雨でも氾濫した場所で、復旧が進んでいた地域に落胆と困惑が広がった。
 同市神宮寺の建築業興栄建設神岡工場は、作業場や事務所など300平方メートル以上が1メートル程度水に漬かった。従業員によると、25日午前4時ごろに工場脇の小川が急激に増水し、濁流となって工場を襲った。午前11時半ごろに雄物川の水門が開いて水が引き、その後は従業員数人で角材などの資材が散在する工場内の後片付けに当たったという。
 7月の大雨では床上約1.5メートルまで浸水。加工機器8台やダンプカーなど5台が水に漬かり、被害総額は2000万円を超えた。2週間かけて泥かきや水抜きなどをし、今月初旬に営業を再開したばかりだった。
 高橋浄二取締役は「今後の生活は、今は想像できない」と肩を落とした。
 大仙市寺館と、隣接する大巻では、約20ヘクタールの水田が冠水した。「水害の常襲地帯だが、年に2回というのは記憶にない」。同市寺館の農業斉藤好夫さん(82)は困惑した表情を見せた。
 所有する0.9ヘクタールの水田は1.5メートルの深さまで冠水し、穂も水に漬かった。「今月上旬の開花時期と重なっていたら、壊滅的被害だった。冠水期間が長引かないか心配だ」と話した。
 7月の被害で相当な減収を覚悟したが、その後は水が引き、水田は元通りになった。「2度目の浸水は痛手だ。収穫が皆無にならなくても生育に響き、減収になる」と不安を口にした。


<大曲の花火>観覧エリア冠水 復旧作業進め予定通り26日開催
 秋田県内に降った大雨の影響で、26日に大仙市で開催予定の第91回全国花火競技大会(大曲の花火)の会場となる雄物川河川敷が冠水した。予定通り開催するか延期するかは、26日午前6時に大会の公式ウェブサイトなどで発表する。
 会場は7月の大雨でも冠水した。急ピッチで準備を進め、ほぼ終えたにもかかわらず、今回の大雨で再び観覧席が水に漬かった。
 25日午前8時半ごろには、市民ら約100人が河川敷を望む堤防の上から心配そうに会場を眺めた。近くに住む無職杉山奉博さん(74)は「大会直前の冠水被害は過去にもあったが、近年、これほどの被害はない。予定通り開催してほしい」と話した。
 延期の場合は、大雨の影響を受けた1995年の第69回以来、22年ぶりとなる。同年は8月26日の予定が同30日になった。
 大会事務局の大曲商工会議所によると、会場の水が引き次第、泥やごみの撤去、観覧席の消毒、流された仮設トイレなどの再設置といった復旧作業を進める。

 第91回全国花火競技大会(大曲の花火)の実行委員会は26日、同日の大会を予定通り開催すると発表した。
 24〜25日に降った大雨で、会場となる大仙市の雄物川河川敷が冠水し、観覧席が水に漬かるなどしたが、復旧作業が間に合った。


県内再び大雨 危機意識の共有が必要
 7月22日から23日にかけての大雨から1カ月、県内は再び大雨に見舞われた。大仙市の協和峰吉川や寺館、神宮寺で雄物川が氾濫し、住宅や農地が水に漬かった。秋田市では岩見川などの増水で住宅などが浸水、五城目町などでも浸水被害が出た。
 大仙市は大曲地区の一部369世帯、833人に避難指示を、9652世帯、2万3384人に避難勧告を発令。秋田市は6429世帯、1万4863人に避難勧告を出した。河川の増水は収まったが、雨で地盤が緩んでおり、引き続き土砂崩れなどへの警戒が必要だ。
 増水で冠水した地域には、先月の大雨で浸水被害を受けた所もある。幸い人的被害はなかったが、住宅のほか農作物の被害も見込まれる。度重なる被害で精神的にダメージを受けた人もいるだろう。各自治体と県は、早期復旧と被災者支援に全力を挙げてもらいたい。
 秋田地方気象台によると、前線を伴った低気圧が発達しながら日本海を北東に進み、24日午後から25日午前にかけて東北上空を通過。県内では24日朝の降り始めからの24時間で、仙北市田沢湖高原で202ミリ、北秋田市比立内で184ミリ、大仙市大曲で166ミリ、秋田市中心部で102ミリを記録した。秋田市の平年の8月1カ月分の雨量(177ミリ)を超える雨が、1日で降った所があるわけだ。
 仙北市は土砂災害の恐れが高まったとして24日夜、市内全域の954世帯、2157人に避難指示・勧告を出した。先月の大雨の際、避難情報を伝える防災行政無線のスピーカーの音が雨音で聞きづらかったという住民の指摘を受け、今回は無線で放送するとともに対象地域に広報車などを走らせ、避難情報の周知に努めたという。
 防災メールなどで早めの自主避難を呼び掛け、同日夕には8カ所の避難所を開設した。実際に避難したのは15世帯、28人。キャンプ客34人も避難した。市総合防災課は「避難所を早く開けてほしいと住民に要望されることもある。先月より多くの人が避難しており、防災意識は確実に高まっている」と言う。
 由利本荘市は25日早朝、大内地域の69世帯、225人に避難勧告を出した。市危機管理課は「先月の芋川の氾濫で床上浸水した地域なので、水防団に早めに出動してもらい水位を監視しながら発令準備をした」と話す。
 1カ月前の大雨被害を教訓に被災自治体の危機意識は高まった。先手で避難対応に当たり、連絡体制もスムーズになっている。前回、今回と被害が軽微だった自治体にも、そうした危機感が必要だ。各自治体の対応の改善点などをまとめ、共有する方策を考えるべきだろう。
 雲の掛かり方一つで雨が降る地域や降水量は違ってくる。住民の側も、どこに住んでいても大雨に見舞われる恐れがあることを認識し、早め早めの行動を心掛けたい。


豪雨6年を前に慰霊碑を清掃
紀伊半島豪雨から6年になるのを前に、和歌山県那智勝浦町で、災害の犠牲者の遺族などが慰霊碑の周りを清掃しました。
6年前の平成23年9月に起きた紀伊半島豪雨で、那智勝浦町では、土石流が相次いで発生するなどして29人が亡くなりました。
犠牲者の追悼式典まで1週間余りとなった26日、遺族や知人など10人が町内の井関地区にある慰霊碑を訪れ、清掃を行いました。
集まった人たちは、犠牲者をしのびながら、周囲に生えた草を刈り取ったり、枯れ葉やゴミを拾い集めたりしていました。
遺族会の代表で、父親と、おいを亡くした岩渕三千生さんは、「6年たっても気持ちは変わりません。
あの大水害を忘れてはいけないという思いで毎年、皆さんの協力を得て清掃作業を続けています」と話していました。
那智勝浦町の追悼式典は、9月4日の午後1時半から慰霊碑の前で行われます。


被災の市町村道、91路線なお不通 廃止検討も
 熊本地震による路面の亀裂や路肩の崩落などで全面通行止めとなっている県内の市町村道は7月末現在、14自治体の91路線に上る。2016年5月時点の345路線の3割以下まで減ったが、地震から1年4カ月余りが経過してなお、全ての生活道路の復旧には時間がかかりそうだ。
 県と熊本市のまとめによると、市町村別の路線数は阿蘇市14、熊本市12、菊池市4、宇城市1、南阿蘇村20、御船町9、益城町8、美里町6、山都町6、西原村4、小国町3、大津町2、産山村1、甲佐町1。
 県道路保全課、熊本市道路整備課によると、残っている91路線のほとんどは国庫補助がかさ上げされる災害復旧事業として、詳細設計などに着手済み。おおむね18年度中の復旧完了を目指しており、このうち47路線は既に工事に入っている。
 ただ、小国町や南阿蘇村などは、一部路線について「道路改良などで交通量が減っているにもかかわらず、復旧費用の負担が大きい」(同村)などとして路線の廃止を検討している。
 一方、被災した生活道路の多くは迂回[うかい]路などが確保され、住民生活の混乱や支障は大幅に減っているという。
 市町村道は国道・県道を補完し、集落間を結ぶ生活道路で、市町村長が議会の議決を経て認定する。廃止の場合も議会の議決が必要となる。(並松昭光、高橋俊啓)


「捕鯨」反証映画189カ国配信 八木監督「真実を伝えたい」
 和歌山県太地町のイルカ漁や捕鯨を批判し、2010年にアカデミー賞を受賞した米ドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」への反証映画「ビハインド・ザ・コーヴ」の八木景子監督(50)が25日、和歌山市で記者会見を開き、インターネットで189カ国に配信を始めたと報告した。八木監督は「捕鯨問題の真実を伝えたい」と語った。
 八木監督は太地町に4カ月にわたり滞在し、単独で取材。町の人々だけではなく、反捕鯨団体「シー・シェパード」関係者や「ザ・コーヴ」の監督らにもインタビューし、15年に映画を完成させた。
 会見で「異論があることを海外の方にも知ってほしい」と期待を込めた。


河北春秋
 在日米国人のエッセイスト、イーデス・ハンソンさん(77)は外国語教育について一家言を持つ。「教室で行う授業はホンの出発点にしかすぎない。まず、考える力と豊かな感受性を養うことだ」。数年前、本紙掲載の寄稿でも持論を説いた▼確かに今の世の中、インターネットによる翻訳機能は日々進歩し、外国旅行ならスマホや電子辞書が力強い味方になってくれる。語学力を身に付けるとは、そんな小手先を超えたところにあるとハンソンさんは指摘する▼文部科学省はホンの出発点にしかすぎない時期の授業を重視した。来年度予算の概算要求で、小学校で英語などを専門に教える「専科教員」の2200人増を盛り込む。英語が3年後から教科化されるためだ。授業のコマ数が増えるわけだから、これで教員の負担増が緩和されるといい▼気になるのは次期学習指導要領が掲げる「主体的・対話的で深い学び」の実践。児童はまずABCから簡単な英会話を覚え、次に深い学びを強いられる。小学生がそんなこと果たしてできるのか▼学校側も大変だ。担当教員の配置はそう容易なことではないだろう。ハンソンさんの言葉をエールとして送りたい。「伝えるべきモノがなければ、いくら流暢(ちょう)に話されても、松風や潮騒の味わいすらない雑音だ」

「加計」学部 判断保留/透明性の確保へ情報公開を
 学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が、愛媛県今治市で進める岡山理科大獣医学部の新設計画を巡り、文部科学省の大学設置・学校法人審議会(設置審)がきのう、8月中とされていた判断を保留した。
 林芳正文科相への答申は、10月以降に先送りされた。
 学生の教育環境が整っておらず、獣医師養成に課題があったとみられる。審査は継続されるものの、学園側は認可の答申を得るため計画の見直しを迫られた格好だ。
 学園は、5月にも入学定員や教員構成で修正を求められ、教員の増員など一部計画を改めた書類を設置審に提出した経緯がある。度重なる「駄目出し」は何を意味するのか。ここまで問題が大きくなった以上、文科省は保留理由を明らかにすべきだ。
 国家戦略特区諮問会議で事業認可を得て、学園が学部新設を申請してから5カ月。設置審は教育課程や財務、将来にわたる学生確保の見通しなどを慎重に審査したはずだ。
 ライフサイエンス分野をはじめ、最新領域での人材育成がセールスポイントだが、学生の実習計画が不十分だという意見もあったという。
 さらに定員を他大学に比べて数十人多く設定し、教員の確保に苦労したとされる。採用予定者は、65歳以上の再雇用者や教員経験のない若手の割合が高いという。
 「この計画で本当に教育の質を確保できるのか」と、深刻な疑義を持った委員がいたことは想像に難くない。
 一連の問題の核心は安倍晋三首相と学園理事長との親密な関係を元に、特区の事業者選定が官邸主導で進んだのではないか、という点にある。
 「行政がゆがめられた」と官邸側からの圧力を証言した前文部科学事務次官の前川喜平氏は「獣医師の需要をどの省庁がどのように検証したのか」と疑問を呈している。
 一方、特区担当だった山本幸三前地方創生担当相は「具体的な需要を完璧に描ける人はいない」などと、無責任な答弁に終始した。
 国会での論戦を経ても疑念が晴れるどころか、深まるばかり。秋の臨時国会でも徹底追及は避けられない。
 来年4月の学部開設を目指し今治市では新キャンパスの工事が進む。同市は市有地を無償譲渡し、県と共に96億円の建設費補助も決めている。
 地元では、市民団体が住民訴訟を起こす計画がある。答申が延期されたことで計画の可否を巡り、さまざまな動きが活発化するだろう。
 文科省は設置審の経過や日程を一切公表していない。しかし、国民が求めているのは結果でなく、プロセスの透明性に他ならない。揺らいだ行政の信頼回復のためにも情報公開に踏み切るべきだ。
 最後の関門として設置審の責任は極めて重い。優れた獣医師の育成を第一に、専門的見地から厳正な審査を続けてほしい。


加計学園「保留」/計画に無理があるのでは
 学校法人「加計(かけ)学園」が愛媛県今治市で進める獣医学部新設計画について、認可するかどうかを審査していた文部科学省の大学設置・学校法人審議会は、判断を保留することを決めた。
 カリキュラムや教員の確保、構成などが不十分で、学生の教育環境が整っていないためとみられる。
 設置審は今年5月、学園に対し、入学定員と教員の構成について再考を促している。その後、学園側が修正した計画を提出したにもかかわらず、認可は見送られた。
 依然、不備の多い計画ということなのだろう。獣医師の養成に取り組む教育課程が裏付けを欠くようでは、学校法人の姿勢が問われる。
 加計学園経営の大学では定員割れが目立ち、過去に学科の募集停止を繰り返している。新設計画では獣医学科の定員を160人としていた。全国に16ある獣医系学部・学科の総定数は930人だ。本当に学生は集まるのか、教育の質は確保できるのか、疑問の声が上がっている。
 学園の採用が内定した70人を超える教員には、他大学の定年を過ぎた65歳以上と、教員経験のない若手の割合が高いとされる。「これでは授業が成り立たない」との指摘に対し、きちんと説明をする必要がある。
 今回の獣医学部新設計画では、政府の国家戦略特区の認定に絡み、官邸の働き掛けの有無が焦点になっている。国民の多くは「加計ありき」で事態が動いたとの疑念を抱いている。
 野党は来月召集予定の臨時国会で引き続き、政府を追及する構えだ。その中で設置審の判断に注目が集まっていた。
 これまでの経緯は不可解で、納得できる説明はなされていない。国家戦略特区の認定を巡っては、ワーキンググループの議事要旨が事実と異なっていたり、学園関係者の同席の事実が伏せられたりしたことが次々明らかになった。安倍晋三首相らの「一点の曇りもない」との言葉は揺らぎっぱなしだ。
 そもそも新学部の開設には十分な検討が必要で、開学の時期ありきで進めるものではない。計画に無理があるのなら、いったん白紙に戻すことも考えるべきではないか。


徹底検証へ情報公開を/「加計」判断を保留
 学校法人「加計学園」が国家戦略特区制度を活用し、愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画を認めるか審査していた文部科学省の大学設置・学校法人審議会は、判断を保留し、審査を続けることを正式に決めた。林芳正文科相への答申は10月以降にずれ込む見通しになった。
 判断保留自体は珍しいことではなく、多くのケースで計画見直しを経て最終的に認められているという。だが加計学園が特区の事業者に選定された過程に「加計ありき」の疑念が深まり、野党は批判を強めている。
 「獣医師の需要動向を考慮する」など、2015年6月に閣議決定された獣医学部新設の4条件を加計学園の計画がクリアしているのかも、いまだに定かではない。今治市が無償譲渡した敷地では研究施設などの建設が進んでいるが、なし崩し的に学部新設に至り、疑問が置き去りにされるようなことがあってはならない。
 非公開で行われている設置審の審査と、4条件に合致しているとの判断について、議論の詳細な経緯などの情報を公開してほしい。徹底した検証なくして、安倍晋三首相が繰り返し強調する「丁寧な説明」は果たせない。
 加計学園の獣医学部新設を巡っては3月、今治市が所有地を無償譲渡して、県とともに最大96億円に上る施設整備費助成を行うと決め、設置審が教育課程や財務状況などを審査。その後、入学定員や教員の構成について再検討を求め、学園側は計画の一部を改めた書類を提出した。
 定員は当初160人で、獣医師を養成する全国の学部の総定員が2割増となるほどの規模だった。教員も65歳以上と教員経験のない若手の割合が他の大学に比べて高いといわれていた。
 今回の判断保留は、学生の実習計画が不十分で学園が掲げるライフサイエンスの獣医師養成に課題があることなどが理由とみられる。学園は計画見直しに取り組むことになるが、それを解決できたとしてもなお問題は残る。閣議決定の4条件を満たしているかはっきりしないからだ。
 首相の友人が理事長を務める加計学園が「総理の意向」の恩恵にあずかり、優遇されたのでは、という疑念は根強い。「一点の曇りもない」といった通り一遍の説明では取り除けないことを政府は肝に銘じるべきだ。


加計学園の獣医学部 判断は疑惑解明の後だ
 学校法人加計学園が計画練り直しの「追試」を課された。文部科学省の大学設置・学校法人審議会はきのう、国家戦略特区での同学園の獣医学部新設計画について、判断を保留し、引き続き審査することを決めた。
 設置審は非公開で理由を明らかにしていないが、関係者によると、学生の実習計画が不十分で学園が掲げるライフサイエンス分野の獣医師養成に課題があることなどが理由のようだ。
 加計学園の新設計画を巡って「総理の意向」との文書が見つかるなど、特区の事業者選びの過程で官邸が手心を加えたのではないかとの指摘がある。国民の疑念が強いのも、設置審の判断に影響したのではないか。
 「近年の獣医師の需要動向を考慮」など、2年前に閣議決定した獣医学部新設の4条件を加計学園の計画がクリアしているか定かでないのも問題だろう。
 来春の開学目標まで1年を切った段階で計画が「生煮え」なのに、愛媛県今治市の予定地では着々と校舎建設が進められている。なし崩し的に学部新設に至り、疑問が置き去りにされることがあってはならない。
 ただ、この段階での判断保留は珍しいことではない。大学側が計画を修正し、設置審から指摘された課題をクリアすれば認可のお墨付きを得られる。ここ10年で見ても約8割が保留後に「敗者復活」を果たしており、不認可となる方が異例だ。
 加計学園も計画を修正中で、認可への最終関門となる設置審から文科相への答申が10月以降になるとの見方が早くも出ている。学園にとっては不本意かもしれないが、支持率低下にあえぐ政府は「追試」をむしろ歓迎しているのではないか。設置審の場を借りて、公平さのアピールになるからだ。
 だが、これで国民が納得するだろうか。問題の核心は、事業者選定で官邸の関与やえこひいきがあったかどうかということだ。安倍晋三首相と学園の加計孝太郎理事長は「腹心の友」と認め合う。「加計ありき」でないというなら、自ら進んで証明せねばならない。ところが先の国会閉会中審査で、政府が十分な説明責任を果たしたといえるだろうか。
 当時の関係閣僚や官僚は「記憶にない」などとけむに巻き、学園の計画を首相が知った時期を巡って釈然としない答弁もあった。ここにきて市民団体から、校舎建築費の水増し疑惑も指摘されている。もし事実なら補助金をだまし取ったなどの疑いで前理事長夫妻が逮捕された森友学園と同じ構図である。
 疑惑解明には、野党が求める加計理事長ら学園関係者から事情を聴くべきだ。偽証が罪となる証人喚問の形を取る必要がある。2年前に職員を官邸に派遣した愛媛県や今治市は、誰と何を話したのかなどの情報を全面的に開示してもらいたい。
 設置審の判断保留で、野党の追及が強まるのは必至だ。来月下旬にも召集される臨時国会の審議や10月の衆院補選の情勢に影響を及ぼす可能性もあろう。
 獣医学部には税金から多額の補助金がつぎ込まれる。設置審は拙速を避け、「一点の曇りもない」とした首相の主張がはっきり裏付けられるまで無期限で判断を保留すべきだ。国会で疑惑が晴らされなければ、不認可もやむを得ないだろう。


加計学園問題/疑問を置き去りにするな
 岡山市の学校法人「加計学園」が国家戦略特区制度により愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画を認めるか審査してきた文部科学省の大学設置・学校法人審議会は、判断の保留を正式に決めた。
 林芳正文科相への答申は10月以降にずれ込む。学園に教育内容などの課題を指摘して計画見直しを求めた上で審査を続け、改めて判断する。
 文科省によると、判断の保留は珍しくなく、ほとんどのケースで計画見直しを経て最終的に認められているという。
 だが加計学園が特区の事業者に選定された過程に数々の疑問が噴き出している。さらに「近年の獣医師の需要動向を考慮」など、2015年6月に閣議決定された獣医学部新設の4条件を加計学園の計画がクリアしているのかも、いまだに定かではない。
 今治市が無償譲渡した敷地では研究施設などの建設が着々と進んでいるが、なし崩し的に学部新設に至り、疑問が置き去りにされるようなことがあってはならない。
 非公開で行われている設置審の審査と、4条件に合致しているとの内閣府の判断について、政府には議論の詳細な経緯などの情報公開が必要ではないか。徹底した検証なくして、安倍晋三首相が繰り返し強調する「丁寧な説明」は果たせない。
 加計学園の獣医学部新設を巡っては3月、今治市が所有地を無償譲渡し、県とともに最大96億円に上る施設整備費助成を行うと決め、翌月には大学教授らで構成する設置審が文科相の諮問を受けて教育内容や設備、財務状況など多岐にわたる項目を審査。既に入学定員や教員の構成について見直しを求め、学園も計画の修正に応じている。
 入学定員は当初160人で、獣医師を養成する全国の学部の総定員が2割増となるほどの規模だった。教員も、65歳以上と教員経験のない若手の割合が他の大学に比べて高いといわれていた。
 今回の判断保留は、学生の実習計画が不十分で学園が掲げるライフサイエンス分野の獣医師養成に課題があることなどが理由とみられる。学園は計画見直しに取り組むが、それを解決できたとしてもなお問題は残る。閣議決定の4条件を満たしているか、はっきりしないからだ。
 獣医師の需要動向のほか「既存の獣医師養成でない構想」「既存の大学・学部では対応困難」といった条件について、前川喜平前文科次官は「合致するか十分な議論がされていない」と証言。ところが特区担当だった山本幸三・前地方創生担当相は「具体的な需要を完璧に描ける人はいない」「4条件は具体的な需要の数とか量は書いていない」と正面から疑問に答えようとはしなかった。
 条件を満たしているかとの問いにも「最終的に私が確認した」とし、根拠となるデータなどは一切示さなかった。巨額の公金がつぎ込まれる事業の大前提である条件が満たされていることすら明らかにされていない。
 首相の友人が理事長を務める加計学園が優遇されたのではという疑念を持たれたままでは、戦略特区そのものの取り組みが影響を受けかねない。通り一遍の説明ではなく、政府は十分な根拠を示して説明するべきだ。


「加計」判断を保留 徹底検証へ情報公開を
 岡山市の学校法人「加計(かけ)学園」が国家戦略特区制度により愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画を認めるか審査してきた文部科学省の大学設置・学校法人審議会は判断を保留すると正式に決めた。林芳正文科相への答申は10月以降にずれ込む。学園に教育内容などの課題を指摘して計画見直しを求めた上で審査を続け、改めて判断する。
 文科省によると、判断の保留は珍しくなく、ほとんどのケースで計画見直しを経て最終的に認められているという。だが加計学園が特区の事業者に選定された過程に「加計ありき」の疑念が深まり、数々の疑問が噴き出す中、9月最終週に召集される見通しの臨時国会で野党の追及を勢いづかせないため答申を延期したとの見方まである。
 さらに「近年の獣医師の需要動向を考慮」など、2015年6月に閣議決定された獣医学部新設の4条件を加計学園の計画がクリアしているのかも、いまだに定かではない。今治市が無償譲渡した敷地では研究施設などの建設が着々と進んでいるが、なし崩し的に学部新設に至り、疑問が置き去りにされるようなことがあってはならない。
 非公開で行われている設置審の審査と、4条件に合致しているとの内閣府の判断について、政府が議論の詳細な経緯などの情報を公開するよう求める。徹底した検証なくして、安倍晋三首相が繰り返し強調する「丁寧な説明」は果たせない。
 加計学園の獣医学部新設を巡っては3月、今治市が所有地を無償譲渡し、県とともに最大96億円に上る施設整備費助成を行うと決め、翌月には大学教授らで構成する設置審が文科相の諮問を受けて教育内容や設備、財務状況など多岐にわたる項目を審査。既に入学定員や教員の構成について見直しを求め、学園も計画の修正に応じている。
 入学定員は当初160人で、獣医師を養成する全国の学部の総定員が2割増となるほどの規模だった。教員も、65歳以上と教員経験のない若手の割合が他の大学に比べて高いといわれていた。
 今回の判断保留は、学生の実習計画が不十分で学園が掲げるライフサイエンス分野の獣医師養成に課題があることなどが理由とみられる。学園は計画見直しに取り組むことになるが、それを解決できたとしてもなお問題は残る。閣議決定の4条件を満たしているか、はっきりしないからだ。
 獣医師の需要動向のほか「既存の獣医師養成でない構想」「既存の大学・学部では対応困難」といった条件について、前川喜平前文科次官は「合致するか十分な議論がされていない」と証言。ところが特区担当だった山本幸三・前地方創生担当相は「具体的な需要を完璧に描ける人はいない」「4条件は具体的な需要の数とか量は書いていない」と正面から疑問に答えようとはしなかった。
 条件を満たしているかとの問いにも「最終的に私が確認した」とし、根拠となるデータなどは一切示さなかった。巨額の公金がつぎ込まれる事業の大前提である条件が満たされていることすら明らかにされていない。
 首相の友人が理事長を務める加計学園が「総理のご意向」の恩恵にあずかり、優遇されたのではという疑念は根強い。「一点の曇りもない」といった通り一遍の説明では取り除けないことを政府は肝に銘じるべきだ。(共同通信・堤秀司)


籠池夫妻再逮捕 国有地疑惑も捜査尽くせ
 学校法人「森友学園」を巡る一連の疑惑の解明に向けた捜査が進んでいる。
 大阪府豊中市の小学校の校舎建設で、金額を水増しした工事請負契約書を国土交通省側に提出して約5600万円を詐取したとする詐欺罪について、大阪地検特捜部は、前理事長の籠池泰典容疑者と妻の諄子容疑者を起訴した。
 特捜部はさらに、森友学園が運営する塚本幼稚園に関して、府から9250万円の補助金をだまし取ったなどとして、両容疑者を再逮捕した。
 再逮捕の容疑は、2011〜15年度に、障害などで特別な支援が必要な「要支援児」の受け入れ補助金7056万円を詐取したほか、16年度分の同補助金約2273万円をだまし取ろうとしたことだ。
 事実なら由々しき問題であり、全容の解明が待たれる。
 疑惑の発端は、小学校開校を予定した国有地が約8億円値引きされた件だ。
 小学校の名誉校長を一時務めていた安倍昭恵首相夫人の意向が影響していないのか。用地の売却に当たった財務省側に、昭恵夫人の意向に対する忖度(そんたく)がなかったのか。
 特捜部は交渉した近畿財務局関係者らを任意聴取し、背任容疑などで調べている。捜査を尽くしてほしい。
 この問題は国会でもたびたび追及されてきたが、いまだに判然としない。
 ここに来て、近畿財務局が学園側との交渉で、買い取り可能な金額を尋ねていた疑いも浮上した。
 5月の参院財政金融委員会では、財務省理財局長だった佐川宣寿国税庁長官が「先方にあらかじめ価格について申し上げることはない」と答弁しており、食い違っている。
 野党は昭恵夫人の証人喚問を求めたが、与党は応じていない。
 理解できないのは、昭恵夫人付の政府職員だった中小企業庁の谷査恵子氏が今月、在イタリア日本大使館に異動したことだ。谷氏は土地売却に絡んで財務省に照会した結果を森友学園側にファクスで回答していたことが3月、明らかになっている。
 世耕弘成経済産業相は、1月末には異動の「内々示」が行われていたと説明。「能力を考えた通常の人事だ」と述べ、森友学園問題とは「全く関係ない」とした。
 値引き問題が発覚した2月以前の内々示だったとしても、国有地問題のキーパーソンの一人を他省庁の海外勤務に就ければ、国民の目にどう映るかは明らかである。
 「『李下(りか)に冠を正さず』という言葉がある。私の友人に関わることで、疑念の目が向けられるのはもっともだ」
 これは、衆院予算委員会の閉会中審査での学校法人「加計(かけ)学園」問題を巡る安倍晋三首相の答弁だ。
 本当にそう思っているのなら、谷氏の人事は撤回すべきではなかったか。
 安倍首相は早急に臨時国会を開いて、説明責任を果たしてもらいたい。


前川喜平・前事務次官に「正義感」を植え付けた高校時代の経験とは
世の中には、とんでもなく勉強ができる人が一定数存在し、彼らは「神童」と呼ばれる。前・文部科学省事務次官の前川喜平も、そんな神童のひとり。将来、2017年という年を振り返る際、必ず語られるであろう事件が、加計学園の獣医学部認可問題だが、そのキーマンの過去を振り返ると、その経歴はまさに神童の名に相応しい。『神童は大人になってどうなったのか』(小林哲夫・著 太田出版)では、前川の“神童ぶり”を伝えるエピソードを紹介している。
 * * *
前川は1955年生まれ。麻布中学、高校を経て東京大学文Iに入学する。1971年、麻布で高校闘争が起こった。同校の校長代行が不正な経理に手を染めたり、理不尽な理由で生徒を処分したりなど、むちゃくちゃな圧政を敷いたことに対する生徒、一部教職員の造反である。
このとき、前川は麻布高校の2年。かつての同級生は、前川の筋の通し方は、麻布闘争の経験が大きいのではないかと見ている。学校という権力に立ち向かう空気に身を置いていたことが、神童に「正義感」を植え付けたようだ。
一方で、前川の麻布時代は成績優秀だった。小学校時代から成績はトップを続けていたが、家にこもってしまう視野狭窄型のガリ勉タイプではない。友だちが多く、さまざまな遊びにチャレンジした。これらを通して物事の本質をすぐに理解してしまう天才型だったという。
東京大学法学部を経て文部省へ。国家公務員上級試験(現、総合職試験)には1ケタの成績で合格したという噂があるほど、試験にもめっぽう強かった。そして、官僚としての事務処理能力は抜群だった。官僚はだいたい入省3年目ぐらいで将来の事務次官候補が同僚や先輩から見定められる。前川は仕事の手際の良さ、教育に対する理念、省内のみならず政府内での人あたりのよさから、必ず事務次官になると言われていた。
2005年、小泉純一郎政権時代、前川が初等中等教育局幹部だったころのことである。公立小中学校の教職員給与の国負担分を2分の1から3分の1に引き下げるという政策には、自らの名前をもじった「奇兵隊、前へ!」と題したブログで「政治的な圧力の弱い分野が狙われている」と批判している。こうした抵抗勢力にもかかわらず、文科省トップになれたのは、先輩、同僚から支持されていたからである。
 * * *
神童は、しばしば「ただひたすら勉強だけができる人」に堕しがちなものだが、そこに正義感が備わっていた前川。氏の年齢(62歳)を考えると、まだまだ活躍が期待できそうだ。(文中敬称略)
◆『神童は大人になってどうなったのか』(小林哲夫・著 太田出版)


核廃絶の高校生演説見送り 外務省はだれを守るのか
 スイスで開かれている国連のジュネーブ軍縮会議で、恒例だった日本の「高校生平和大使」による本会議での演説が、今年は見送られた。
 演説は3年前から始まったが、特例的な演説を問題視する国があり、今年は実施に必要な全会一致の賛同を得られなかったという。
 政府間交渉の場である軍縮会議での民間人の演説は確かに異例だ。それが定例となったのは、唯一の被爆国である日本の高校生が被爆者の声を伝え、核廃絶を訴える意義を各国が認め合っていたからだろう。
 その貴重な機会が奪われた。とても残念だ。
 高校生大使は全国の高校生が核廃絶の署名を集め国連に届ける活動だ。今年は20年目で過去最多の21万4300筆の署名が集まった。
 2014年には日本政府代表団の一員に登録することで演説が実現し、昨年まで続けられた。
 異議を唱えた国を政府は明らかにしていない。被爆国の立場を強調することに反発する近隣国もあれば、核廃絶をけん制する友好国もある。
 問題は演説を続けられるよう日本がどれだけ外交努力を払ったかだ。
 政府は軍縮大使主催のレセプションで発言の場を設けたが、社交的な場でもあり、公式の本会議での演説とは発信力も異なる。
 本会議では北朝鮮の核・ミサイル開発を巡り米国と北朝鮮が非難し合い、核問題が大きな論点になった。
 そういうときこそ、核廃絶や世界平和を願う若者たちの訴えに耳を傾けるべきではなかったか。
 7月には核兵器禁止条約が国連で採択された。日本は交渉に参加せず、条約への署名もしない方針だ。
 外務省は政府の条約反対の立場と演説見送りは無関係だと言う。
 だが、条約を歓迎する高校生たちが政府見解と異なる意見を表明しないかと憂慮したのではないか、という見方もある。
 疑念をきっぱり否定するなら、来年以降、本会議での演説を復活できるよう尽力してほしい。
 悲惨な歴史を受け継ぎ、世界に発信する若者の活動がなくては、被爆国の経験は歴史に埋もれてしまう。
 政府が優先すべきは、一部の異論に折れるのではなく、若き語り部の活動を守り、後押しすることだ。


汚染水処分 ゼロ回答 東電 規制委の安全策要請に
 東京電力は二十五日、再稼働を目指す柏崎刈羽原発(新潟県)の審査を巡り、原子力規制委員会が回答を求めていた原発の安全確保に関する基本的考え方を文書で提出した。東電は回答で、福島第一原発事故の教訓を踏まえた取り組みを強調する一方、焦点だった第一原発の汚染水の具体的な処分方法については言及を見送り、事実上の「ゼロ回答」となった。
 規制委は、近く小早川智明社長らから回答について直接説明を聞く方針。ただ、第一原発の事故処理や、審査が終盤の柏崎刈羽6、7号機を安全に再稼働させるための取り組みに関して具体策を示せず、従来の説明を繰り返した回答には厳しい批判も出そうで、審査の適合は見通せない。
 回答文書では、増え続ける汚染水や放射性廃棄物の処分について「地元と真摯(しんし)に向き合い、思いに配慮しつつ責任を果たす」とするにとどめた。
 第一原発事故の反省としては「津波・浸水対策の強化を怠った」と記載。これまでの社内体制は「部門間のコミュニケーションの悪さが組織の一体感のなさを招いた」とした。
 また、「第一原発の廃炉をやり遂げ、主体性のある企業文化を根付かせる」と強調しているものの具体策は示さず、文書全体で「誠意」「責任」「安全性向上」といった言葉を何度も使い、社内文化の変化をアピールした。
 規制委は七月、川村隆会長や小早川氏らを呼び、異例の面談を実施。田中俊一委員長は「福島の事故処理を主体的にできない事業者に再稼働は認めない」とし、合否判断の前に、経営陣が汚染水などの問題を解決する考えがあるのか迫ったが東電側が即答できず、文書での回答を指示していた。


福島第1原発の廃炉戦略 現行工程には無理がある
 事故から6年余りを経て、東京電力福島第1原発の廃炉の困難さが改めて浮き彫りになっている。
 炉心溶融事故を起こした1〜3号機すべてにロボットカメラが投入されたが、溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)と見られる塊が確認できたのは、3号機だけなのだ。
 政府と東電の工程表では、2021年にデブリ取り出しを始める計画だ。内部の状況がよく分からないまま、予定通りに進められるのか。作業の安全性確保を最優先に、工程を抜本的に見直すべきだ。
 原子力損害賠償・廃炉等支援機構は、3基とも原子炉格納容器を水で満たさない「気中工法」で、格納容器の横側から底部のデブリを優先して取り出す工法案を示している。
 政府と東電は来月、これを基に取り出し方針を決め、廃炉の工程表も改定する。ただ、取り出し時期の大幅な見直しは考えていないようだ。
 機構は当初、格納容器を水で満たし、放射線を遮りながら作業することを検討した。断念したのは、格納容器の損傷がひどく、水漏れを防ぐことはできないと判断したからだ。
 ただ、気中工法も課題は多い。特に、細かな放射性物質が飛散しないように作業を進めることが難しい。
 そもそも、1〜3号機のデブリの正確な分布状況は不明だ。サンプルを回収していないので、硬さなどの性状も分からない。工法決定より、内部の調査を進めることが先決だろう。田中俊一・原子力規制委員長も「取り出し方法を確定できる状況にはほど遠い」と指摘する。
 原子炉建屋の周囲の土を凍らせ、地下水の流入を遮断する「凍土遮水壁」は汚染水対策の切り札とされ、東京五輪招致活動中の13年5月に建設が決まった。国費345億円をつぎ込み、今秋にも全面稼働するが、遮水効果ははっきりしていない。
 政府や東電が遮水壁の完成や21年のデブリ取り出しにこだわるのは、五輪開催を意識し、廃炉は順調だと世界に言いたいからか。工程ありきで作業を急げば、トラブルが起きやすくなる。それがもとで、人的被害や風評被害が生じる恐れがある。
 莫大(ばくだい)な廃炉費用は電気代や税金が原資だ。政府と東電は、廃炉作業の現状と課題を正確に分かりやすく国民に伝え、理解を得る責務がある。


[エネルギー計画] 抜本的な見直し視野に
 経済産業省は「エネルギー基本計画」の見直しに着手した。有識者会議で論議が始まり、本年度中に取りまとめる。
 焦点は原発の位置づけだ。2014年策定の前回の計画では、原発依存度を可能な限り低減すると明記しつつ、原発を「重要なベースロード電源」とした。
 政府は30年度の電源構成比率で、原発を20〜22%程度とする目標を15年に閣議決定した。だが、16年度は2%にとどまっている。
 目標達成は可能なのか。そもそも妥当な目標なのか。基本計画は国の中長期的なエネルギー政策の指針となる。抜本的な見直しも視野に論議を深めたい。
 世耕弘成経産相は会合の冒頭で「(現在の基本計画の)骨格を変える段階にはない」と述べた。自由な議論の封印とも取られかねない発言だ。委員から反発の声が上がったのは当然だろう。
 東京電力福島第1原発の事故後、原子力規制委員会の審査に合格して再稼働した原発は薩摩川内市の川内1、2号機など5基だけだ。原発に対する世論は厳しい。
 福島では東電が溶融核燃料の取り出し工法の策定を目指している。だが、技術的課題が山積し、事故の収束は見通せない。
 経産相は7月、原発から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分ができる可能性のある地域を示したマップを公表したが、絞り込みの道筋は全く見えない。
 事故の収束にしても、核のごみの処分にしても、原子力を取り巻く多くの問題が先送りされている。この現状を抜きにしてエネルギー計画は語れないはずだ。
 それでも、政府や電力会社は再稼働や原則40年とされる原発の運転期間延長に前のめりだ。経産省は電源構成比率の目標もこれで達成できるとしている。
 一方で、経産省は有識者会議が原発の新設論議に踏み込むのには慎重だ。脱原発の世論を刺激するのを避けようとしているなら、無責任と言わざるを得ない。
 政府と電力業界は一貫して「原発は割安」とアピールしてきたが、福島の事故を受けた世界的な規制強化で、1基3000億円と言われた建設費用は1兆円規模に膨らんだとされる。コスト面から考えても新設が現実的とは思えない。
 日本はパリ協定で50年に温室効果ガスを80%削減すると国際公約している。火力へ依存を高める選択肢はない。
 福島の事故を受けて、脱原発にかじを切った先進国は多い。日本も新しい基本計画で、原発依存度ゼロを目指す方向性を明確に打ち出すべきだ。


巨大地震対策 「予知は困難」を前提に
 大地震を予知し、厳戒態勢を敷いて被害を減らす―。大規模地震対策特別措置法(大震法)が想定した防災対策は、法制定から40年近くを経て大きく転換することになった。
 南海トラフ巨大地震の対策を検討してきた中央防災会議の有識者会議が報告書案をまとめた。地震が起きる場所や時期、規模について確度の高い予測はできないと指摘。大震法に基づく対応は「改める必要がある」と明記した。
 大震法は、東海地震に備えるため1978年に制定された。観測網で検知した異常を予兆と判断すると、首相が警戒宣言を出す。鉄道は運行を休止し、学校は休校に。病院の外来診療や銀行の営業も停止する。経済活動や住民の生活に強い規制が及ぶ。
 ところが、その前提が崩れている。予知の難しさがはっきりしてきたからだ。地震が起きる仕組みは複雑で、いまだ解明されていないことは多い。95年の阪神大震災も、2011年の東日本大震災も予見できなかった。
 また、東海地震が単独で起きるのではなく、九州沖にかけての南海トラフの震源域が連動する可能性がある。複数の震源域が一気に動いた東日本大震災を経験して、懸念はより強まった。
 南海トラフでマグニチュード(M)8〜9級の地震が30年以内に起きる確率は70%程度とされる。激しい揺れと津波により、死者は最大32万人余、経済損失は220兆円に上る―。政府の被害想定は想像を絶する規模だ。
 大震法とは別に、13年に特別措置法が施行され、長野県を含む29都府県707市町村を対象地域として防災施設や避難路の整備が進んでいる。この特措法は予知を前提としていない。東海地震だけを想定した大震法は整合性を欠く。報告書案は廃止や改正に踏み込んでいないが、大震法をこのまま残す理由は見いだせない。
 予知への過大な期待は、地震研究や対策のあり方をゆがめてもきた。政府は大震法を廃止し、予知に頼らない防災、減災対策に本腰を入れなくてはならない。観測体制を生かすにしても、新たな立法によるべきだ。
 有識者会議は、地殻変動などの異常を観測した場合に、住民に避難を促す仕組みの検討を国に求めた。地震研究の現状と限界を明確にして、自治体や住民の合意を得て進めることが欠かせない。自治体、住民も、予知は困難であることを前提に、地域での取り組みを練り直したい。


【大震法見直し】脱「予知」で問われる備え
 東海地震に備えた大規模地震対策特別措置法(大震法)が、抜本的に見直されることになった。
 対象を東海地震に限定せず、東南海、南海を合わせた南海トラフ巨大地震の想定範囲に拡大する。その上で地震予知を前提とせず、現実的な防災に力を入れるよう転換する。
 中央防災会議の有識者会議が報告書案を取りまとめた。
 本県も甚大な被害が想定されている。大震法の対策拡充を、被害軽減につなげなければならない。
 大震法は地震予知ができることを前提に1978年に制定。観測網で前兆を捉えると、首相が警戒宣言を出す。鉄道の運行や病院、銀行業務の一部停止など強い規制を盛り込んでいる。
 しかし研究が進むほど予知が難しいことがはっきりしてきた。阪神大震災や東日本大震災、熊本地震などを踏まえてもそれは明らかと言えよう。南海トラフ巨大地震についても、中央防災会議の別の部会が「確度の高い予測は困難」との見解をまとめている。
 大震法制定から約40年。予知は可能とした法の精神を見直すことに異論はない。だからといって予知に向けたこれまでの取り組みを、全否定する必要もない。
 地震は極めて複雑な現象で、必ず起きるといった前兆は確認されていない。一方、東海地震では前兆滑りが起きる可能性が指摘されている。こうした異常な地殻変動、前震、津波などの監視体制はさらに強化し、精度を高めなければならない。
 有識者会議の委員を務める本県の尾知事は、南海トラフ地震につながるかどうか不確実な現象だとしても、国が情報発信の基準を定め、首長が住民避難を促す判断に生かすべきだとしている。危機管理の面から重要な考え方だろう。
 政府は有識者会議の報告書を受けて今後、地震被害が想定される地域でモデル地区を選定。避難呼び掛けの手順などを検証する。
 住民避難をいつまで続けるか。被害を減らすため交通機関に運行停止を求めるのか。経済的なリスクを含め、具体的な課題が数多く浮かび上がってこよう。
 避難を呼び掛けても実際には地震が起きないこともある。むろん「空振り」があるのはやむを得ないことだろう。それでもあいまいな情報に基づいた呼び掛けが繰り返されると、市民生活は混乱する。
 どのような根拠で避難を求めるのか。異常現象をできる限り科学的に評価し、国民が納得できる情報提供の仕組みを設けることが国には求められよう。
 予知に頼らない以上、堅実な備えがこれからますます大切になってくる。いつ、どこで地震が発生しようとも被害を最小限に食い止める。そのために建物の耐震化や避難計画、訓練などハード、ソフト両面の対策を日ごろから徹底することだ。
 脱「予知」で私たち一人一人の心構えもこれまで以上に問われる。


ドイツ車産業 環境大国の振る舞いを
 フランス、英国がディーゼル車販売禁止を表明する中、ドイツの取り組みの遅れが目立つ。脱原発で見せた環境への高い意識で、自動車産業にも大なたを振るってほしい。
 今月二日、独政府の閣僚らと、自動車メーカートップらが、ディーゼル車約五百三十万台の排ガス対策をソフトウエア更新によって進めることで合意した。しかし、ディーゼル車の乗り入れ制限や将来的な販売禁止、電気自動車(EV)への転換などには踏み込まなかった。事実上、業界側の勝利だった。
 燃費がいいとされるディーゼル車は欧州で普及が進み、ドイツでは乗用車新車登録の半数を占める。しかし、窒素酸化物(NOx)をはじめとする排ガス汚染が問題となっている。
 残念ながら抜本的な対策は進んでいない。理由はいくつもある。
 ダイムラー、BMW、フォルクスワーゲン(VW)などそうそうたるメーカーが名を連ねる国の基幹産業。雇用は約八十万人に上り、EV化の影響は大きい。
 ディーゼル車に力を入れ、「二酸化炭素(CO2)の排出が少なく環境に優しい」ことを売り物にしてきた強みを手放したくない。
 政府要職経験者らが各メーカーのロビー活動のため登用され、VWの監査役会役員には政治家である地元州首相が就任する。政治は強い姿勢に出られない。
 来月の総選挙に向け各党はディーゼル車問題を取り上げたが、数値目標などはぼかしたままだ。
 ドイツ車への信頼は揺らいでいる。VWが違法ソフトで排ガス規制逃れをしていたことが発覚。最近では、排ガス浄化用タンクを小さくすることでメーカーが談合していたとも報じられた。小手先の対応では信頼回復は得られない。
 世界の自動車産業の潮流はEV転換へと向かっている。仏英両政府は、二〇四〇年までにガソリン車とディーゼル車の販売を禁止。トヨタ自動車とマツダは資本提携し、EVの技術を共同開発する。
 二日の会合に出席しなかったメルケル首相に対し、独シュピーゲル誌は「日本の原発事故後、脱原発を表明したような、力強い言葉を国民に発してくれたなら」と、イニシアチブ発揮を期待する。
 脱原発に果敢に取り組み、再生可能エネルギーで新たな雇用を創出してきたドイツ。自動車産業でも、環境大国の名にふさわしい行動を求めたい。


マグロ漁獲規制  資源管理に本気度示せ
 世界有数の漁獲国、消費国である日本の本気度が試されそうだ。
 絶滅が危ぶまれる北太平洋のクロマグロを巡り、水産庁は週明け28日から韓国・釜山で始まる中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の北小委員会で、新たな漁獲規制案を提示する。これまで強硬に反対してきた長期的な管理目標の導入も掲げる。広い海域を回遊するクロマグロの資源保護は国際協力が欠かせないが、果たしてより厳しい規制を求める各国の賛同を得られるだろうか。
 クロマグロは主に北太平洋と大西洋に生息し、高級すしネタとして人気がある。だが太平洋クロマグロは乱獲が問題化し、2014年の親魚の資源量はピーク時の1割、約1万7千トンに激減。日米や韓国、中国などが参加するWCPFCは24年までに約4万1千トンへの回復を目指し、産卵前の未成魚(30キロ未満)について15年から漁獲量を半減する規制を始めた。
 新提案は親魚の資源評価を毎年行い、回復目標の達成が危うい場合、漁獲枠を自動的に減らし制限を強化。逆に回復可能性が高まれば枠を増やす規制緩和も抱き合わせる。漁の先細りを不安視する漁業者の思いも理解できるが、資源管理を骨抜きにしかねず各国の理解が得られるとは考えにくい。
 WCPFCは資源回復を確実にするため、長期目標の導入も議論する。反対の立場だった日本も今回、現在の漁獲枠を維持すれば達成可能と試算して「34年までに親魚資源量を13万トンへ回復させる」と表明する。国際世論に抵抗しきれなくなっての方針変更とはいえ、一歩前進と評価したい。
 ただ目標達成は漁獲規制が前提であるのに、日本は15年から始まった未成魚の資源保護が導入2年目で漁獲量の上限を超え、国際合意を守れなかった。近海に来たクロマグロが想定外の豊漁だった上、他の魚を狙う定置網に多く交ざったためだが、資源管理が形骸化していると言わざるを得ない。
 漁獲量の管理手法を統一し、より実効性を高める必要がある。漁獲規制さえ守れないようでは国際社会での発言力は低下する。
 かつて減少が深刻だった大西洋東部では、産卵場での親魚禁漁や巻き網による未成魚の漁獲規制などが導入された。その結果、近年は資源量が回復しつつある。
 日本はクロマグロの資源量減少に大きな責任がある。漁業者、関連業界、消費者それぞれが事態の深刻さを理解し、資源回復に向けた取り組みを怠ってはなるまい。


障害者雇用  制度設計見直しが急務
 障害のある人の社会参加と雇用のあり方を問う重大な問題ではないか。
 障害者が働きながら知識や社会経験を身につける「就労事業所」が経営悪化を理由に廃業する事例が各地で相次いでいる。
 それに伴い多くの障害者が解雇されている。新たな職場を探すのは簡単ではなく、失職した人たちの間には戸惑いが広がっている。
 障害者の就労支援事業は、2006年の障害者自立支援法(現障害者総合支援法)の施行に伴い、株式会社なども参入できるようになった。多様な運営主体の参加で就労支援の質が向上するというのが規制緩和の狙いとされた。
 事業所の運営者には国から障害福祉サービスの給付金として障害者1人あたり1日5千円以上が支払われ、継続雇用に向けた補助金も受けられる。
 規制緩和で事業所は急増し、13年4月に1600カ所だったのが17年4月時点で全国に約3600カ所に増えた。京都府には63カ所、滋賀県は23カ所ある。
 その一方で、事業者が利益の出る仕事を探さず、給付金を賃金に充てている事例が少なくないことが分かってきた。
 事業を行わず給付金だけを受け取る事業所や、就労時間を短くして賃金を抑え利益を出している事業所もあったという。それでは職業訓練にならず、将来の自立に向けた支援にもならない。
 国は今年3月、給付金を賃金に充てないよう指導強化した。その結果、事業者の廃業が相次いでいるとされる。
 補助金目当ての事業者を排除するのは当然だ。その上で国は、社会福祉や障害者雇用への深い理解がない事業者も参入させたことを反省すべきだ。
 給付金は税金である。民間の力を活用するにしても、丸投げは許されない。
 中小零細企業や非上場企業の場合にどこまで情報を公開するかといった課題はある。だが国や自治体が事業計画や運営実態を把握する仕組みは不可欠ではないか。制度設計の見直しを急いでほしい。
 障害者福祉の枠にとどまらず一般企業による雇用の拡大も促したい。
 障害者雇用促進法の差別禁止条項が施行されて1年半が経過し、18年4月からは精神障害者も障害者雇用の義務づけ対象になる。
 各地域や企業で法の理念をどう実現するか。知恵を出し合う仕組みづくりも必要だ。


高須院長が今度はナチス医学を評価! 障害者を抹殺していたのに…マスコミはなぜ高須院長の言動を報道しないのか
 美容整形外科大手・高須クリニックの院長である高須克弥氏のナチス礼賛投稿問題だが、高須院長は23日に〈提訴するよう、指示しました。なう〉とツイート。民進党・有田芳生議員にちらつかせていた訴訟を起こすようだ。
 本サイトが前回記事で指摘したように、自分がおこなった差別言辞への批判を、訴訟をもち出すことで封じ込めようとする行為は暴挙以外の何ものでもない。
 だが、その一方で、やはりあの団体が行動を起こした。ユダヤ系人権団体であるサイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)が高須院長の発言を問題視し、アメリカの美容外科学会に高須院長を会員から追放するよう要請。さらに、この問題をイスラエル大手紙のエルサレム・ポストが報じ、世界的な市民メディアであるグローバル・ボイスも高須院長の問題ツイートを大々的に取り上げている。
 本サイトは、あらゆるユダヤ批判を封じるようなSWCの抗議手法には批判的だが、今回の高須院長への抗議は当然といえるだろう。それは、メディアに影響力をもった高須院長があからさまに、ナチス礼賛をしていたからというだけではない。高須院長の発言が「医師」としてのあり得ないものだからだ。
 高須院長はこれまで、ブログやTwitterで〈誰が何と言おうが ヒトラーは私心のない 本物の愛国者だ〉〈ドイツのキール大学で僕にナチスの偉大さを教えて下さった黒木名誉教授にお会いした。励まして下さった!嬉しい なう〉などと繰り返しナチス礼賛をおこない、挙げ句、〈南京もアウシュビッツも捏造だと思う〉とホロコーストまで否定してきた。
 しかし、こうした発言が英字に翻訳され拡散がおこなわれると、一転、こんなことを言い出した。
〈僕の学んだドイツ医学の素晴らしさを伝えてます。ナチスのイデオロギーは好きではありません。〉
〈ナチスの庇護を受けた優秀な科学者は尊敬に価する。しかし人種差別のナチズムは僕の八紘一宇のイデオロギーの対極である。〉
〈僕は大日本帝国の友邦であったドイツの科学力を高く評価しています。いいものはいいのです。〉
 「アウシュビッツは捏造」と述べていた人物がいまさらナチスのイデオロギーを否定しても何の説得力もないが、しかし、問題は高須院長がそれでもなお、ナチス下のドイツ医学や科学への評価を明言していることだ。
 現役医師がナチス下のドイツ医学や医師を称賛すること、それがいかに非人道的で、国際的に批判と誹りを受けるものであるかを高須院長はわかっているのか。
ナチスの医学が行った障害者安楽死と人体実験という歴史的犯罪
 ナチスがガス室を使ってユダヤ人を大量虐殺したり非道な人体実験を繰り返したことはよく知られているが、医師たちは障害者や難病患者を「生きるに値しない命」と喧伝し、「安楽死」という名の虐殺をもおこなってきた。医師が大量殺人に加担してきたのである。
「生きるに値しない命」という障害者の命を選別する思想は、精神科医だったアルフレート・E・ホッヘと法学者のカール・ビンディンクが『価値なき生命の抹殺に関する規制の解除』(1920年)で主張したものだが、ナチスはその“障害者は安楽死させろ”という論を実行に移した。
 ヒトラーは1933年に政権を獲得してすぐ、優生学思想に基づき、「断種」や「安楽死」を法制化。同時にナチスは障害者は“金食い虫”であると訴えた。その旗振り役となったのは、医学界だ。
『ナチス もう一つの大罪─「安楽死」とドイツ精神医学』(小俣和一郎/人文書院)によると、1934年に帝国医師会会長のゲルハルト・ヴァーグナーは“年間の国家予算から1億2000万ライヒスマルクが障害者のために支出されている”と強調。医療現場でも〈各地の代表的な精神病院では、政治家や官僚のために特別なセミナーが催され、入院患者は見学者の前で人類退化の実例として供覧に付された〉という。
 そうしたなかで最初に安楽死作戦のターゲットとなったのは、障害児たちだった。1939年には障害児の安楽死を担当する委員会が設置され、そのメンバーは眼科医や小児科医といった医師たち。障害児たちはガス室のほか薬物の過剰投与、さらには施設を爆撃するといった方法で殺害されたという。
 その後、ナチスは占領下のポーランドで精神患者の大量虐殺に着手し、推計約1万3000人を殺害。1940年にはドイツ国内でも精神病院にガス室がつくられ、障害者抹殺がはじまった。医師が殺害する患者を選別し、ときに医師がガス栓を操作したのだ。
 この安楽死作戦は「T4作戦」と呼ばれているが、これによって殺害された障害者の数は、20万人とも30万人とも言われる。T4作戦こそが、のちの強制収容所におけるユダヤ人虐殺につながっていくのである。
 さらに言えば、そもそもナチス下のドイツ医学の業績じたい、こうした非人道的な人体実験などによってもたらされた部分が大きく、その業績だけをナチスのイデオロギーや罪と切り離して評価できるものではない。ましてや医師が「素晴らしい」「尊敬に値する」などと手放し称賛できるようなものでは決してないのである。
国際的に批判を浴びているナチスの医学を高須院長は評価
 世界医師会はナチスの人体実験の反省から、1964年にヘルシンキ宣言(人間を対象とする医学研究の倫理的原則)を採択。そして、2010年になってようやく、ドイツ精神医学精神療法神経学会(DGPPN)は、T4作戦に医師が加担したことを正式に謝罪。2012年5月に開かれたドイツ医師会大会でも、このような声明が発表された。
「私たちは、ナチ時代の医学の犯罪行為に対して医者が重大な共同責任を負うことを認める」
「被害者およびそのご子孫のことを思い起こし、許しを乞う」(「日本の科学者」  本の泉社/2013年5月号より)
 また、2010年当時のDGPPN会長だったアーヘン工科大学のフランク・シュナイダー教授は、2015年に大阪で講演した際、こう語っている。
「強制断種や殺人に精神科医が積極的に関与していたことを知ると、恥と怒りと悲しみでいっぱいになる。謝罪に70年を要したことを悔やむ」
 医師たちが過去のナチス犯罪に加担したことを認めた上で深い反省の念を公表し謝罪をおこなうのは、戦争を繰り返さないという強い決意だけでなく、進歩する医学における倫理的問題にもかかわるからだろう。事実、現在の日本では、長谷川豊氏の炎上騒動などが顕著なように優生思想が憚られることなく語られ、相模原では残忍なヘイトクライムが起こされてしまった。
 だからこそ、医師たちには戦争を振り返り、その事実と向き合う姿勢がつねに求められるのだ。それはドイツの医師だけではなく、731部隊による人体実験に加担したという負の歴史を抱える日本の医師も同様である。
 しかし、どうだろう。高須院長はあろうことかナチスの医学を称賛し、アウシュビッツや日本軍の戦争犯罪も否定する。医師に必要な倫理が、まったくもって欠如していると言わざるを得ない。高須クリニックのHPによると、高須院長は日本医師会の会員であるだけでなく、日本美容外科医師会事務局長、アメリカ美容外科学会会員やアジア美容外科学会の顧問などの資格をもち、昭和大学医学部形成外科学では客員教授も務めている。このようなれっきとした医師がナチス医学を褒め称えている事実は、決して見過ごせる問題ではない。海外がすぐさま反応したのは、当然なのだ。
爆破予告は報じてもその原因のナチ礼賛発言は報じないメディア
 いや、問題は高須院長の言動だけには留まらない。このような国際的問題に発展しているにもかかわらず、日本のメディアがまったくそれを問題視していないことも異常だろう。
 とくに驚いたのが、高須クリニックが爆破予告を受けていたというニュースだ。この爆破予告そのものについては、テレビ局も一部では取り上げたが、その背景にあるとみられる高須院長のナチス礼賛発言については、一切報道しなかったのである。
 SWCが欅坂46の衣装がナチスの制服に極似しているとして抗議声明を発表したときはテレビも報じていた。一方、今回の高須院長は、明確なナチス礼賛・ナチス犯罪の否定であり、深刻度は桁違いだ。にもかかわらず、テレビは国際的に発言が問題化していることにダンマリを貫いているのである。
 しかも、高須院長は24日には『ダウンタウンDX』(読売テレビ)に出演し、例の民進党・大西健介議員を名誉毀損で訴えた裁判について、意気揚々と語っていた。
 テレビが裁判になっている案件、しかも、名誉毀損が成立するとは考えられない裁判を起こした当事者に、ここまで自分の主張を一方的に語らせるというのは普通ありえない。
『ダウンタウンDX』を制作する読売テレビは、『情報ライブ ミヤネ屋』でこの裁判に対して浅野史郎・元宮城県知事が行ったコメントをめぐって、「読売テレビとしても、高須院長、および視聴者の皆さまに誤解を与える放送をしましたことをお詫び申し上げます」と社をあげて全面謝罪をおこなったばかりだ。このとき、高須院長は浅野氏への訴訟をちらつかせると同時に〈とりあえずミヤネ屋の提供降りるか。詫びを急いだほうがいいと思うけど…〉とツイートしており、読売テレビはこれに震え上がったとみられている。
 こうした経緯を考えると、今回のナチス礼賛発言問題をテレビが一切ネグっているのも、高須クリニックが大量のCMを出稿する企業であることが影響を与えているであろうことは想像に難くない。金をもつ人間には放言が許される──それが日本のメディアの現状なのだ。
 しかし、国際社会にその論理は通用しない。SWCはじめユダヤ人団体の高須院長への抗議はこれから本格化するだろうし、日本のメディアも批判を受ける事態になりかねない。(編集部)


黒潮発電 「次世代エネ」へ実用化を
 東シナ海を北上し、日本列島に沿って流れる黒潮は、世界有数の流速を誇り、流量も多い。
 この黒潮のエネルギーを利用する発電技術「海流発電」の開発が進んでいる。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と大手機械メーカーのIHIが今月、鹿児島県のトカラ列島沖で発電の実証試験を行った。海中に沈めたプロペラを海流で回転させ、その力でタービンを回して発電する仕組みで、2020年以降の実用化を目指している。
 海流発電は、発電量が天候に左右される太陽光や風力に比べ、変動が少なく発電効率が高いのが特徴だ。まだ発電コストが高いなど課題も多いが、次世代のエネルギーとして着実に育てたい。
 海洋エネルギーによる発電は、海流のほか、潮の満ち干を利用した潮流発電、海水の温度差を利用した発電など多彩だ。中でも、黒潮を利用した海流発電は新たな安定電源として注目され、まずは離島への電力供給を目指している。
 実証機は水中浮遊式と呼ばれ、全長約11メートルのプロペラが付いた筒状の発電機2機と姿勢制御機1機で構成される。発電能力は一般家庭40〜50軒分の100キロワット。装置を海底から係留し「海中たこ揚げ」のように、海面下30〜50メートルに浮かせて発電する。双発のプロペラは、海流で互いに逆回転し、安定した姿勢の保持が可能だ。
 トカラ列島の口之島沖で行った実証試験で最大30キロワットを発電した。仕様通りの海流速度での実験では100キロワットの発電に成功している。
 夢の広がる成果だが、クリアすべき課題は多い。まず発電コストだ。1キロワット時当たり20〜40円とされる太陽光や風力に比べ、実験段階の現状では格段に高い。また、黒潮の流路変動への機敏な対応、長期にわたって補修や手入れを必要としない技術の確立も必要だ。漁業権を巡る調整も求められよう。
 将来的には1基当たりの発電能力を2千キロワットまで高め、大規模な海洋発電施設を造る構想もあるという。日本の新しい再生可能エネルギー活用策として注目したい。


土壌汚染より深刻か 豊洲市場内のグロテスクな“カビ写真”
 土壌汚染をめぐる豊洲市場の問題は、追加の対策をした上で来年春から秋に開場を目指すことで一段落したかに見えたが、今度は市場内にカビが発生していることが発覚して大騒ぎになっている。
 都によると、カビが確認されたのは、水産仲卸約80事業所、青果仲卸約10事業所。魚をのせる陳列台などに生えているらしい。市場内は現在どうなっているのか――。日刊ゲンダイは、24日視察したばかりの仲卸業者に内部の様子を聞いた。
「豊洲市場内にカビが生えている噂は耳にしていましたが、実際に訪れてみて、あまりのグロテスクさに驚きました。木製の陳列台に深緑色のコケみたいなカビが生えていた。冷凍庫や流し台、会計スペースを囲う『帳箱』の表面もカビがこんもりと覆っていました。試しに除去できるか触ってみると、ヌルヌルして取り切れません。鼻を近づけると古タイヤみたいな刺激臭でした。異臭は市場全体に漂っており、新築のはずなのに、まるで学校の体育館倉庫の中にいる感じ。装着しているマスクを外した途端、激しくせきこんでしまいました」
 都はカビの原因となる結露防止のために、今年2月から換気や空調の対策を講じてきた。それでも、今夏の長雨で湿度が高い状態が続いたため、カビが発生したとみている。週明けから清掃を実施し、カビを除去しきれない場合は設備の交換に応じることも検討するという。
 しかし、それで済む問題ではないだろう。
「結果的にカビが発生したということは、何らかの理由で結露ができたということでしょう。その真相解明がまず先決ではないでしょうか。陳列台にカビが生えるような不衛生な市場で魚を販売するなんて仲卸業者にとっては受け入れがたい事態です」(東京中央市場労組の中澤誠執行委員長)
 今のところ、カビの発生が確認されているのは、900ある仲卸業者のうち1割程度。だが、会計スペースに使う「帳箱」は100万円を超すものもあり、“総取り換え”となれば9000万円かかる。結露ができる原因を究明できなければ、今後、カビの除去費用、交換費用がますますかさむ恐れもある。
 豊洲移転の最大のウリは、魚介類を産地から途切れることなく低温を保ち輸送する「コールドチェーン」のはずだったが、最後の会計時にカビが付着する恐れがあるのではシャレにならない。


世界初の都市高速・首都高は醜いのか? 首都高C1日本橋付近地下化のメリットとデメリットを考える
 国交省はこの7月、首都高C1日本橋付近の地下化に取り組むことを発表した。まだ決定ではないが、「国、東京都、首都高速道路(株)は共同で、日本橋周辺のまちづくりと連携して首都高の地下化に向けて取り組んでいくこととし、今後、関係者で計画案(線形や構造、対象区間など)について検討していきます」とされている。
 もともとこの付近(竹橋JCT−江戸橋JCT間2.9km)は、C1でも最も交通量が多い区間で、そのぶん老朽化も激しく、大規模更新すなわち造り直し工事が行われることが決定していた。ただ、当初の予定は現状と同じ高架構造。つまり日本橋川の上に首都高が走る形のままが想定されていたが、今回の発表では、日本橋周辺の都市再開発に合わせて、それを地下化する、と変更されたわけだ。
 高架構造のままの造り直しの場合、費用は1412億円(予定)。地下化のほうはまだ算出されていないが、11年前の『日本橋川に空を取り戻す会』の試算では約4000〜5000億円。現在は資材や人件費が高騰しているため、これを大きく超えることは確実だ。
 しかし、国交省がこのような指針を示した以上、地下化の流れはもはや変わらないだろう。
 首都高研究家として、日本橋付近の首都高の地下化に大反対というわけではないが、メリットに対してデメリットが大きいということは指摘しておきたい。つまり、費用の割に果実は少ない。地下化がもたらすメリットは、〃粉僂硫善と、造り直し期間中の渋滞の緩和。この2点に絞られる。
 高架構造のままの造り直し工事は、内回り・外回りを順番に取り壊して建設し直す形にならざるを得ないため、数年間にわたってこの区間が片側1車線になる。よって工事は、外環道東京都区間が完成し、三環状の整備が終わってからが想定されていた。
 しかし地下化の場合、別に路線を建設することになるので、車線規制が必要な期間を大幅に短縮できる。東横線や小田急線の一部地下化の際は、ひと晩で線路を切り替えたが、それに近いことも夢ではない。
 対するデメリットは、“駘僂料大と、完成後の若干の渋滞増加だ。
 ,砲弔い討倭綾劼猟未蝓⊂なくとも数倍にはなる。当初予定されていた1412億円は、首都高が料金徴収期間を15年延長することで捻出することが決まっていたが、増大分は主に国と都が税を投入することになる。△蓮地下化によって車線数が増えるわけではなく、逆に勾配は増えることが原因だ。これだけの予算をかけて、渋滞がかえって増えるのは残念だ。
 加えて、地下化の最大の目的と思われる「景観の改善」は、かなり疑わしい。というより、現状の景観が醜く、首都高がなくなれば美しくなるという認識を国交省が示したことが悔しい。
首都高を取っ払った日本橋のイメージCG。日本橋川に空を取り戻す会のHPより
 もちろん、そういう意見があることは間違いないが、国民の大多数がそう思っているかというと、そうではない。私の知る範囲では、日本橋付近の景観について、メディアで報道されるように「醜い」と思っている人の割合は意外なほど少なく、国民の大多数は無関心であり、逆に「首都高は未来的でカッコイイ」という認識も少なくない。
 日本橋上空から首都高を取っ払って出てくるのは、垂直護岸のドブ川と、それに架かるちょっと古めかしい石の橋だけ。逆に首都高こそ、東京が世界に誇るユニークな景観ではないか? それは世界初の都市高速であり、戦後日本の高度成長や突貫工事を象徴する歴史的遺産でもある。
 首都高の生みの親である山田正男氏(東京都建設局長・首都高速道路公団理事長等を歴任)が、その慧眼により、オリンピックまで残り5年というギリギリの段階で建設に着手、奇跡的に開通させた首都高。それは、運河や道路などの公共用地を可能な限り有効活用し、新規用地取得を約2割に抑えたことで実現した。当時それを批判する声はなかったし、この乱暴な作り方こそ、あの頃の日本の熱気そのものだった。
 私は、首都高は東京のエッフェル塔だと考えている。エッフェル塔も、完成当時は知識人を中心にひどく忌み嫌われた。しかし今、「エッフェル塔を壊して美しいパリを取り戻せ」と主張する人がいるだろうか。
 日本橋付近の首都高を地下化して生まれる新たな景観が、どこかの広告代理店が考えそうな、陳腐で薄っぺらなものにならないことを祈る。
【清水草一】 1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com


「発電繊維を開発」…何度もよじれば1キロ当たり250ワット
漢陽大チーム炭素ナノチューブを 
撚り合わせツイストロン作る 
1秒当たり30回の収縮弛緩で 
1キロ当たり250ワット発電 
バッテリーのない携帯電話 
長時間飛行するドローンも可能 
この糸を縫い込んだTシャツを着て 
呼吸するだけでも電気生産 

エネルギーハーベスタ立証論文『サイエンス』に掲載
 韓国の研究陣が炭素ナノチューブを撚り合わせて作った人工筋肉を伸縮させれば電気を生産する最先端繊維を開発した。「ツイストロン」と名づけたこの糸を応用すれば、携帯電話をバッテリーなしで作動させたり、ドローンに長時間電気を供給できると期待される。
 漢陽大学電気生体工学部のキム・ソンジョン教授研究チームは24日、「電解質の中で伸縮させれば電気エネルギーを生産するツイストロン糸を開発した。糸は炭素ナノチューブを撚り合わせコイル状にした。糸を引っ張ってねじれが増せば体積が減少し、これに伴い電荷を保存できる電気容量が減少し、その変化量だけ電気エネルギーが生産される」と明らかにした。研究チームの論文は、科学ジャーナル『サイエンス』オンライン版に25日(現地時間)掲載された。
 炭素ナノチューブは人の髪の毛より直径が1万倍も小さい。研究チームは、炭素ナノチューブを撚り合わせて高強度で極軽量の糸を作り、弾性を高めるために一層過度に撚り合わせ輪ゴムのようなコイル状にした。糸の直径は60〜70マイクロメーター(μm)で、髪の毛(平均100μm)より細く約30%程度の収縮弛緩ができる。この糸を電解質の中で伸縮させたり回転させれば電気が生産される。
 研究チームが58センチのツイストロン糸19.2ミリグラムを持ち、電解質中で伸縮させると2.3Vの緑色LEDを点けることができた。これは糸を1秒間に30回程度伸縮させる時に1キロ当たり250Wの電力を生産できる能力だ。
 研究チームはまた、江原道江陵市(カンヌンシ)鏡浦台(キョンポデ)でツイストロン糸に風船を結びつけ、海水中に入れ波が打ちつけるたびに糸が風船により25%程度収縮弛緩して電気を生産する実験を実施した。ツイストロン糸を縫い込んだTシャツを着て呼吸しただけでも糸の伸縮変化で電気信号が検出されるという事実も立証した。
 キム・ソンジョン教授は「波や温度変化を活用してツイストロン糸が自ら電気を生産する実験を通じて、エネルギーハーベスタとして応用する可能性を示した」と話した。エネルギーハーベスタとは、熱、振動、音波、位置エネルギーなど日常的に捨てられたり使われない小さなエネルギーを取り出して、使用可能な電気エネルギーに変換する装置をいう。
 研究チームはツイストロン糸を活用すれば、バッテリーなしで携帯電話を作動させたり、ドローンに連続的に電気を供給できると期待している。今回の研究には米国テキサス州立大のレイ・バウマン教授チームなど国内外の8研究チームが参加した。
イ・グニョン先任記者


保守分裂の茨城県知事選で自民が背水の陣 原発再稼働反対の現職知事がアベ官邸のやり口や口利きを告発する異例の展開に
 都議選(7月2日投開票)で歴史的敗北、仙台市長選(7月23日投開票)でも野党統一候補に競り負けたアベ自民党が、茨城県知事選(8月27日投開票)を“踏み台”に政権浮揚をはかろうとしている。
 立候補は、自公が推薦する元経産官僚でドワンゴ役員の大井川和彦候補、7期目を目指す現職・橋本昌候補、共産党推薦の鶴田真子美候補の3人だが、大井川候補と橋本候補が保守分裂の激戦を繰り広げており、自民党は「内閣改造後、初の大型地方選挙」と位置づけて、大物国会議員が続々と現地入り。国政選挙並の総動員体制で臨んで、自公推薦候補勝利につなげて10月の衆院トリプル補選への弾みをつけると同時に、都議選で悪化した「自公の関係修復」もする狙いが見え見えなのだ。
 安倍政権の“本気度”は、告示前後に現地入りした国会議員の顔ぶれをみると一目瞭然だ。告示前から菅義偉官房長官や石破茂氏らが駆けつけ、告示日には山口那津男・公明党代表、そしてラストサンデーを含む先週末の3日間にも、18日(金)に再び石破氏、19日(土)には岸田文雄・政調会長(前外務大臣)や石井啓一・国交大臣や加藤勝信・厚労大臣、そして20日(日)には小泉進次郎・筆頭副幹事が茨城に入り、元経産官僚の大井川和彦候補の応援演説をしたのだ。さらに、進次郎氏や石破氏は25日(金)にも応援に駆けつけている。
 永田町の論理(都合)が地方に持ち込まれる異例の展開に対して、7期目を目指す橋本昌知事は「『中央対県民党』の戦いだ」と反発。「自民党から自民党県議45人に130万円ずつ(合計で約6000万円)が配られた」と報じられたことから、11日の古河駅前での街宣では「金権選挙NO!」「県民党の底力」と横断幕に掲げ、次のような自民党批判で対決姿勢を露にした。
「何で首相官邸が、自民党が(茨城県知事選に)関与してくるのか分かりません。森友・加計問題、あるいは日報問題で支持率が下がっているわけですから、それをこっちの選挙で勝って上げようというのは無理な話です。日本全体の政治をきちんとしてもらわないといけない。そんなに自民党国会議員がこっちに来る暇があるのなら、自民党の議員を減らせばいいのですよ。給料をもらいながら選挙運動ばかりやってもらっていては困る」(橋本氏の街宣)
原発再稼働も争点に! 再稼働に反対の現職知事VS“原発推進”経産省出身の自公推薦候補
 原発政策でも橋本氏は、自民党の違いをより鮮明にした。日本原子力発電の「東海第二原発」(東海村)の再稼動に対して慎重な姿勢を示していたが、10日の告示日には「東海第二原発再稼動に反対」と踏み込んだのだ。もちろん「県知事選が近づいたから急に再稼働反対と言い始めた。選挙対策だ」との疑念や批判の声もある。だが、すでに共産党などが推薦する鶴田真子美候補が再稼動反対と廃炉をいち早く訴えていたことから、「再稼動反対の現職と新人の2候補VS原発推進の安倍政権直系候補」という対立軸も急浮上することになったのだ。
 一方、自公推薦の大井川氏は、原子力ムラの“総本山”といえる経産省出身。原発推進の安倍政権中枢の菅義偉官房長官が擁立に尽力したとみられており、官房長官会見でも茨城県知事選についてコメントをするほど重要視している。そして大井川候補は「6期24年間の現職知事の7選阻止」を旗印に、若さ(フレッシュさ)を全面に打ち出していた。
「茨城は変わらないといけない。(橋本知事6期)24年間のこれからの延長ではなく、新しい発想でこの人口減少や少子高齢化、どんどん新しい問題が来る茨城県に、諦めずに変わらない勇気で戦う。行政の経験もあり、民間の経験もあり、グローバル企業の経験もあり、日本のベンチャーにも経験がある。そんな多様な引き出しがあり、ヤル気と若さと実行力のある、そういう人間が今こそ茨城には必要です」「他の県の横並びを見ていては駄目。真っ先に挑戦して音頭を取って民間の経営感覚を取り入れた新しい県の行政を私が作ります」(告示日の日立駅前での街宣)
 しかし原発問題に限って言えば、多選で高齢の橋本氏が新しい政策(原発再稼動反対)を打ち出し、20歳も若い新人の大井川氏が古き原発推進政策を否定しないという逆転現象が起きていた。
 原発政策だけではない。自民党が得意とする口利き政治についても橋本氏はこう批判した。
「僕が初めて知事になった頃は公共事業でも(自民党国会議員の)口利きが沢山ありました。そして県庁も議会も忖度、『(国会議員の)先生はこういうことを考えているからこういうふうにしないといけないのではないか』といろいろなことがありました。そういったことをやっと無くしたのです。それを昔に戻しては非常に困るわけです」(古河駅前での街宣)
自民党の意向に逆らえず? 原発問題を語らなくなった自公推薦の大井川候補 
 8月18日、茨城県守谷市。自民党の加藤勝信・厚労大臣と公明党の石井啓一・国交大臣が自公推薦候補の大井川氏の応援に駆けつけた。経産官僚から民間企業に転身した同氏の経歴などを披露しながら支持を訴えたのだ。しかし大物応援弁士も候補者本人も、争点として急浮上した原発再稼動については一言も語らなかった。
 現場にいた公明党県議に「なぜ原発問題に触れないのか」と聞くと、こう言い切った。
「自民党に金と組織を丸抱えしてもらっている大井川候補が原発問題に触れられるはずがない。出馬会見では住民投票に意欲的だったが、自民党に反対されてトーンダウンしてしまった。ただし『(東海第二原発再稼動について)県民の声を聞く』と公約に掲げているのだから、その具体的方法、住民投票をするのかアンケート調査をするのかについて街宣で話して欲しいと思う。私はアンケート調査がいいと考えていますが」
 なお橋本現知事と良好な関係を続けていた公明党県本部は4月から2カ月以上にもわたって、大井川氏の推薦依頼への対応を保留していた。現職と新人の両方に“保険”をかける一種のサボタージュ作戦のように見えたが、自民党が歴史的敗北を喫した都議選の後、事態は急展開をしていった。7月13日に公明党本部から県本部に「自公連携の中で自民党が推薦する大井川を推薦できないか検討してほしい」との打診があり、急遽、大井川氏との政策協議や県本部所属議員の了解の手続きが進み、5日後の18日に公明党本部が推薦を決定したのだ。
「公明党と都民ファーストが組んで自民党を惨敗に追い込んだことで、自公の関係は悪化。次期総選挙で公明党現職議員を自民党が応援しないという事態の恐れもあった。そこで公明党本部は、茨城県知事選で大井川候補を推薦、自民党との関係修復にはかろうとしたのは明らかだ」(永田町ウォッチャー)
 原発政策を曖昧にした公明党本部主導の“野合的推薦”といえそうだが、実際、告示日に大井川氏を直撃しても曖昧な回答しか返ってこなかった。
 一方で大井川氏は、橋本氏の再稼動反対発言について「大事な原発の問題を選挙の道具にした」と批判。また再稼動反対の鶴田氏も街宣で「選挙が近づいて急に再稼動反対を言い出した」と同じ主旨の訴えをしていた。
“再稼働反対”は本気か? 現職・橋本候補に直撃!
「茨城県では日本で一番古い原発、東海第二原発が再稼働されようとしています。橋本知事は『再稼働はしない』と最近になってやっと発言を始めましたが、それは信用できません。これまでの6年間、3.11以降、橋本県政は再稼働前提の言動を繰り返されていました。『原発は止めて』という33万の署名を橋本知事に提出したのに、しっかりと受け止めることなく、再稼働前提でこれまで発言をされています。この選挙に当選するために『再稼働はしません』という言動がありますが、これは信用できません」
「選挙対策上の発言」との指摘を橋本氏にぶつけてみると、次のように答えた。
──「県知事選が近づいたから再稼働反対と言い始めた」と相手候補は言っています。
橋本氏 それはいろいろ言うかも知れないけれども、(県南部の)常総に行っても子供を抱えたお母さんが「何とか原発再稼働を止められませんか」と言った。東海村に行っても三人ほど女性が集まって「何とか『再稼働を止める』と言ってももらえませんか」と言われました。そういう住民の声を聞いて、再稼働反対を言うようにしました。
──大井川候補は「県民の声を聞く」と言っていますが。
橋本氏 本人は住民投票をやりたいみたいだけれども、自民党が許さないでしょう。
「橋本氏の再稼動反対発言をどう県民が受け止めるのか」「大井川氏が“原発推進のアベ自民党の傀儡候補”と見なされるのか否か」が茨城県知事選を左右するポイントになりそうだが、安倍政権に衝撃を与えた滋賀県知事選(2014年7月13日投開票)では、“隠れ原発推進派”と疑われた元経産官僚の自公推薦候補が、卒原発で有名な嘉田由紀子・前知事が後継指名をした三日月大造・現知事に敗れた。自民党の大物国家議員が続々と現地入りしたことに対して、「中央対地方」「原発再稼動イエスかノーか」の構図に持ち込んだ三日月陣営が勝利を収めたのだ。茨城県知事選が、いくつもの共通点がある滋賀県知事選の再来となるのか否かが注目される。(横田 一)


マクロン仏大統領、就任100日間でメーキャップに340万円
フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領(39)が就任後最初の100日間でメーキャップに2万6000ユーロ(約340万円)も費やしていたことが明らかになり、批判する勢力に新たな攻撃材料を与えている。
 仏誌ルポワン(Le Point)が明らかにしたもので、大統領府も25日、AFPに対し事実だと認めた。マクロン大統領は5月中旬の就任以来、フリーランスのメーキャップアーティストにこれだけの金額が支払われていた。
 髪が薄くなっていたフランソワ・オランド(Francois Hollande)前大統領が専属ヘアドレッサーを税引き前の月給約1万ユーロ(約130万円)で雇ってることを認めざるを得なくなったきまりの悪い暴露をほうふつとさせる。
 マクロン大統領のメーキャップ費用2万6000ユーロは、1万ユーロ(約130万円)と1万6000ユーロ(約210万円)に分けて請求されていた。フランスのほとんどのメディアがこの問題を報道し、反マクロン派にとって格好の攻撃材料となった。
 極右政党・国民戦線(FN)のフロリアン・フィリポ(Florian Philippot)副党首は「フランスは奴隷のようにあくせく働いているというのに、マクロン氏は最低賃金の23倍(に相当する金額)を自分の顔に塗りたくっている」とツイッター(Twitter)に投稿した。
 大統領府筋は仏テレビ局BFMに対し、今後メーキャップ代は大幅に減るだろうと述べる一方、オランド前大統領とニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)元大統領はもっと大金をメーキャップに費やしていたと主張した。
 欧米の男性政治家の多くがメディアに登場する際にスタジオの照明によって顔が白く見えることを防ぐためファンデーションを塗ったり、目の下のくまを隠すためにコンシーラーを使ったりしている。
 フランス史上最も若い大統領であるマクロン氏の支持率は、5月の大統領選の勝利以降急落しており、悪いタイミングでルポワン誌に暴露される形になった。
 最近行われた世論調査で、マクロン氏のこれまでの仕事ぶりに満足していると回答したのは37%に過ぎない。マクロン氏は来月、公約した労働市場改革の強行という厄介な問題に切り込むことになっている。

追加申し込み/PPT2013でサイズ変更/緑のポインタ

ブログネタ
フランス語 に参加中!
tabr1

Ikejime : des poissons abattus à la japonaise
Quelques professionnels en France pratiquent l'Ikejime, une méthode d'abattage rapide et moins douloureuse que l'asphyxie dont Stéphanie Woods à Saint-Guénolé/Penmarc'h.
Par Emeline Devauchelle
Mareyeuse à Saint-Guénolé, Stéphanie Woods doit parfois se lever à 4 h du matin. Rien à voir avec les horaires de criée. ≪ Je ne travaille qu’avec des fileyeurs et des ligneurs, qui partent en mer, le plus souvent, à la journée ≫. À leur retour, la quadra récupère une partie de leur pêche directement aux pontons des ports de Saint-Guénolé et du Guilvinec.
Si j’ai un gros départ de commandes à 7 h 30, il faut bien que je tue mes poissons dans la nuit.
Bar, dorades, rougets, soles, raies ou carrelets reposent ≪ une nuit au minimum en vivier pour se remettre de leur capture ≫ avant d’être abattus par Ikejime (mort vive en japonais).
No stress
≪ Le meilleur poisson, c’est celui qui a le moins souffert. Le stress et les convulsions nuisent à sa qualité ≫, appuie l’une des rares professionnels de cette méthode, rapide et moins douloureuse que l’asphyxie.
Perforé avec un pique dans le crane, l’animal, en mort cérébral mais dont le cœur bat encore, ne ressentirait plus rien : pendant qu’il est ≪ démédulé ≫ (avec une tige enfoncée le long de son arête dorsale pour détruire les nerfs), puis saigné.
Des gestes que Stéphanie Woods a mis deux ans à répéter pour lancer sa société de mareyage, en 2015. Rien à voir avec son ancien métier. La Roscovite d’origine a enseigné l’anglais au Japon avant de retrouver la Bretagne. ≪ Mon mari est de Saint-Gué. Nous voulions revenir vivre ici. ≫
Pas évident de valoriser l’expérience acquise à l’étranger ≪ quand on est parachuté à Penmarc’h ≫. La solution : ≪ Se mettre à son compte. ≫ Le mari devient ligneur, son épouse trouve une ≪ activité complémentaire ≫ pour obtenir ≪ le poisson le plus qualitatif possible ≫.
Reste à convaincre des pêcheurs locaux d’installer des viviers à leur bord. ≪ Du boulot supplémentaire leur demandant du temps, mais rémunéré en conséquence. ≫ Au début, certains étaient ≪ sceptiques ≫. Avoir un homme qui baigne dans le milieu, ≪ ça aide ≫, sourit la pétillante brune, intraitable sur ≪ l’état de tonicité des poissons ≫. ≪ C’est ce qui leur donne leur saveur. ≫
Mise à mort quasi instantanée
Un gout et une texture ≪ incomparables ≫ selon des palais de chefs étoilés qu’elle approvisionne (Romain Meder au Plaza Athénée, Olivier Nasti, Michel Trama…). Ikejime France ne fournit pas de ≪ gros volumes ≫ mais exporte en Europe, en Asie… Jusqu’à Singapour et les îles Caïmans.
L’entreprise a reçu les caméras de Thalassa. Après diffusion de l’émission, des téléspectateurs se sont insurgés contre cette méthode ≪ barbare ≫. ≪ Ils ne connaissent pas la réalité de la pêche, estime la gérante. Il vaut mieux que le poisson meurt de façon quasi instantanée, plutot que par asphyxie après une agonie de plusieurs heures ≫.
D’ailleurs, impossible pour la mareyeuse de travailler avec les chalutiers. ≪ Leur pêche est trop abîmée pour être maintenue en vivier. ≫
フランス語
フランス語の勉強?
ビーバップ!ハイヒール ジョブズもイチローも実践する日本人なのに知らない『禅』
ジョブズやイチローをはじめ世界の名だたる成功者たちが実践する『禅』 どんな教えか知っていますか? 日本人なのになぜか知らない『禅』の心。今夜、全てを教えます!
ハイヒールの二人が世の中の様々な常識にハテナ?と疑問を抱き、スタジオのメンバー達と深く考えていく知的好奇心バラエティ 
今さら聞けない『禅』の世界〜身近に潜むありがたい教え… 心にしみる「禅の教え」とともに、日本人が気付かぬうちに実践している『身近な禅の心』をご紹介します ▼ジョブズが気に入り、後にiPhoneを生む『禅の教え』とは? ▼「じゃんけんほい」実はルーツは禅だった!?
ハテナの自由研究は、たむけんの『味ルパン〜そのメニュー、盗ませていただきます』… 一流料理人なら己の舌だけを頼りに、「他の料理人の味」を盗んで「同じ味」を作れるのか?を検証する人気企画。見事盗めたら「味ルパン」と番組が認定する!
ハイヒール(リンゴ・モモコ) チュートリアル(徳井義実・福田充徳) たむらけんじ 福地桃子 大野聡美(ABCアナウンサー) 江川達也 筒井康隆 千葉公慈(駒沢女子大学教授・曹洞宗僧侶)… 駒澤大学人文科学研究科博士後期課程(仏教学専攻)満期退学。2011年より駒沢女子大学人文学部教授。著書に「知れば恐ろしい日本人の風習」「仏教から生まれた意外な日本語」「運が良くなる仏教の教え」など

A-Studio【田中麗奈】愛する旦那さまに取材…プロポーズ秘話&私生活告白
夫語る 田中麗奈との結婚生活 悩ましい!?コワイ寝言
1980年、福岡県久留米市に生まれる。高校在学中に、映画『がんばっていきまっしょい』の主演や新発売の清涼飲料水の初代キャラクターに抜擢されブレイク!その後も映画・ドラマを中心にコンスタントに活躍を続け、女優としても女性としても成長を続けてきた。Aスタジオには約6年ぶり2回目の登場!私生活では昨年2月に一般男性と結婚、人生の新たなステージに立った女優・田中麗奈の素顔に今夜も笑福亭鶴瓶が迫る! まずは愛するご主人に極秘取材!共通の友人に紹介され、出会って数か月で結婚…!プロポーズは空港で…海外での撮影を終え帰国した田中に、ご主人がまるで映画のような求婚を!?しかし周りの目を気にして(?)実際はご主人の理想とはちょっと違ったカタチに!?それ絶対に言っちゃダメ!…ご主人が明かす、世の夫たちを恐怖に陥れる田中麗奈の寝言語録とは!?カップ焼きそばをめぐる攻防(?)など、私生活が次々と明らかに…!小さい頃から芸能界に興味を持ち、小学2年生の文集で「夢は○○」と宣言!中学時代には大好きなダウンタウンのコントを完コピ&披露!?そのコントの相方でもあった幼馴染への取材で天真爛漫な学生時代も明らかに!東京の父母と慕うレストランオーナーも登場!Aスタジオに国境なし!?台湾在住の友人にも緊急取材!本格デビューから約20年。独特の魅力で人々を惹きつけてきた人気女優の、真面目で飾らない素顔をお見逃しなく! 笑福亭鶴瓶 emma 田中麗奈 番組HP http://www.tbs.co.jp/A-Studio/ Twitter @a_studio_tbs https://twitter.com/a_studio_tbs

冨永 格‏ @tanutinn
小沢一郎氏、共産党との共闘について「確固たる野党共闘こそが政権交代の近道…今の政権より、国民の生活に目を向けたマシな政権をつくらなきゃならない、という点では一致している…ただ、主力になる民進党がハッキリしないだけだ」
上川あや 世田谷区議会議員‏ @KamikawaAya

小池知事「差別という観点ではなく災害の被害を受けて亡くなった」はぁ?地震での倒壊や火災被害で死んだのではない。災害そのものでは生き残った人々が差別とヘイトのため人の手で殺されたのだ。さすが殺害を教唆する在特会の関連団体で講演しただけのことはある。レイシズムの本性。歴史修正主義者。

追加申し込みがありました.なんだかうれしいですね.
その準備のためPPTでスライドのサイズ変更をしなくてはならず,結局2013をインストールしました.
ついでに緑のポインタもゲット.買ったら結構高いのでこれもよかったです.

南三陸町の新庁舎完成 報道公開
東日本大震災の津波で全壊し、その後、再建が進められてきた南三陸町の役場庁舎が震災から6年半たってようやく完成し、25日、内部が報道陣に公開されました。
南三陸町は震災の津波で町の中心部が壊滅し役場の本庁舎や隣にあった防災対策庁舎も全壊しました。
防災対策庁舎には直前まで情報収集や避難の呼びかけにあたっていた職員などがいましたが、津波に襲われ43人が犠牲になったとされています。
震災後、町は仮設庁舎で業務を続けるとともにおよそ1.5キロ離れた場所に庁舎の再建を進めてきましたがようやく完成し、25日、内部が報道陣に公開されました。
新しい庁舎は地上3階建てで、津波で役場が機能を失った教訓から海抜およそ60メートルの高台に再建されました。
建物は震度7の地震に耐えられるよう設計されたほか自家発電設備が備えられ、災害時の拠点となる「災害対策室」のスペースも広く確保されました。
また、内部には地元産の杉の木がふんだんに使われていて、1階部分には町民が自由に使うことができる交流スペースも設けられています。
南三陸町の佐藤仁町長は「新庁舎は単なる『はこもの』ではないと思う。あの日、庁舎で亡くなった人たちの思いとともに町の未来のために働いていきたい」と話していました。
新たな庁舎では来月3日に記念の式典が行われ、翌日の4日から業務が始まる予定です。


復興願う金魚600匹 登米でつるし飾り展
 第9回夏のつるし飾り展(実行委員会主催)が、宮城県登米市の登米祝祭劇場で開かれている。27日まで。
 市内や南三陸町のつるし飾り愛好家や仙台市の障害者就労支援事業所の利用者ら計約40人が、古布を材料に1年かけて作った作品約1万2000点が並ぶ。
 東日本大震災からの復興を祈願し、幸せを呼ぶとされる赤い金魚や邪気を払うとされる黒い金魚を、今年の展示の中心に据えた。長さ約5センチの金魚の飾り約600点が、池をイメージした箱の中に涼しげな雰囲気で配置されている。
 制作した登米市の自営業吉田さき子さん(66)は「根気のいる作業だった。復興を願い一生懸命に作った」と話した。
 入場無料。午前10時〜午後4時(最終日は午後3時まで)。連絡先は実行委事務局長の佐々木雅年さん090(8920)5108。


<山田線>盛岡−宮古間11月に運転再開
 2015年12月に岩手県宮古市門馬で普通列車(1両)が崩れた土砂に乗り上げて脱線し一部区間運休が続いていたJR山田線について、JR東日本盛岡支社は24日、盛岡−宮古間(102.1キロ)の運行を11月に再開すると発表した。
 盛岡支社によると、崩壊した松草−平津戸間の線路脇斜面のうち、東北森林管理局が担当する斜面上部の工事が積雪などの影響で1カ月遅れた。
 昨年9月に始まった安全対策工事では、斜面やレール上にあった土砂約1万5000立方メートルを撤去。今年5月には現場に残っていた車両を解体した。現在は、斜面下部の地層に長さ約8〜17.5メートルのくいを打ち込む作業を進めている。
 今後は作業用機械の撤去やレールの整備、電気系統の工事を進め、試運転を行う。再開後の運行本数などは未定。
 盛岡支社の吉田幸夫設備部長は「利用客や地域の皆さんに迷惑を掛けた。11月中の運転再開という約束を守れるよう工事を進めていきたい」と話した。


<JR東>「被災路線の利用促進、大きな使命」坂井究・仙台支社長に聞く
 JR東日本仙台支社の坂井究支社長(56)が河北新報社のインタビューに応じ、東日本大震災の被災路線の利用促進に力を入れる方針を強調した。2011年7月の新潟・福島豪雨で不通となり、上下分離方式による復旧が決まった只見線については「復旧後も地元自治体と一緒に鉄路維持に取り組む」と述べた。(聞き手は報道部・保科暁史)
◎只見線、復旧後も地元と一緒に鉄路維持
 −震災で被災した管内の路線は全て復旧した。
 「被災路線の利用促進は大きな使命だ。震災直後の状況と比べると感慨深いが、大事なのはこれから。内陸に線路を移設するなど大きな投資をした。定期利用の通勤通学客、普通切符の観光、ビジネス客の両方を意識し、路線や沿線の活性化を図りたい」
 −只見線の鉄路復旧が決まった。
 「前職の経営企画部でも携わった。1日の乗客が50人程度では鉄道の力が発揮できず、利便性の面からもバスの方が望ましいと提案してきたが、地元の強い意向もあって復旧が決まった」
 「鉄道設備は地元自治体が所有し、運行はJRが担う。自治体は81億円を見込む復旧費の3分の2と、年間2億1000万円の維持費を負担する。この負担は大きい。まずはしっかりと復旧させることが使命で、その後は自治体と一緒に路線維持に取り組む」
 −人口減少で地方路線の維持が厳しさを増している。
 「鉄道の最大の強みは大量輸送。人口が減少していく地域で鉄道をどう維持するか、または違う交通に転換するか。長い目で見れば考えていく必要がある。国鉄時代の国の財産を引き継いだわれわれは、地域から逃げられない。地元と一緒に考えていく」
 「各線区の利用状況をホームページで公表しているが、それだけでは十分でない。一部の自治体は社員が出向き、利用者数の推移を説明している。まずは情報を開示し、地元にも実態を知ってもらうことが重要だ」
 −訪日外国人旅行者(インバウンド)の誘致に向けた取り組みは。
 「東北も伸びてはいるが、絶対量はまだ少ない。広域的に連携してPRしていくことが大事。当社が担うのは輸送面だが、鉄道だけで観光は完結しない。バス、飛行機、船などと協力した『立体観光』でインバウンドを呼び込みたい」


<ツール・ド・東北2017>大島大橋活用 提案次々と
 東日本大震災で被災した宮城県沿岸を自転車で巡るツール・ド・東北2017が、9月16、17日に開かれる。震災からの復興を支援する大会は今年で5回目。自転車への理解は徐々に広がり、観光を融合させたサイクルツーリズムの具体化への期待が高まる。環境整備の機運も醸成され、関係者は「今年をサイクルツーリズム元年に」と意気込む。各地の取り組みや先進地の事例を紹介する。(ツール・ド・東北取材班)
◎発進 サイクル観光(中)気仙沼の期待
 気仙沼市の離島・大島と本土を結ぶ気仙沼大島大橋(長さ356メートル)は今年3月、橋桁の架設作業を終え、2019年3月の開通を待つ。市がツール・ド・東北のコースに加わってから今年で4年目。橋の完成とともに、自転車に乗って観光するサイクルツーリズムは具体化への期待が増している。
 「大島大橋に自転車専用レーンを設置してほしい」
 昨年、市議会や宮城県議会の一般質問で、議員から提案が相次いだ。市が加盟する県離島振興協議会は、大島の自転車走行環境の整備を県に要望した。自転車で橋を渡れれば、太平洋やリアス海岸を眼下に望み、絶好のコースになると関係者は確信する。市は事業主体の県と協議の場をつくろうと、準備に入った。
<環境維持が鍵に>
 大島は周囲24キロ、人口約2500。「海あり山ありで、景観を楽しみながら自転車に乗れる」。東日本大震災後に住民有志がつくった「大島の自然を守る会」副代表の小野寺敏行さん(37)は太鼓判を押す。潮風を感じるなら、小田の浜海水浴場から最南端の龍舞崎に至る東側。起伏に挑戦するなら北側の標高235メートルの亀山がお薦めという。
 代表の小野寺隆太さん(36)は「交通量が増えれば、狭い道路に車があふれかねない。のびのびと自転車で走る環境を維持できるかどうかが鍵だ」と今後の課題を指摘する。
 気仙沼市中心部でも自転車は観光に活用できそう。気仙沼商工会議所の菅原昭彦会頭は昨年以降、台湾の世界的自転車メーカー「ジャイアント」幹部や静岡県でサイクルツーリズムに取り組む団体の担当者を招き、可能性を探ってきた。
 「気仙沼は南北に長く起伏もあり、自転車は観光の有効な足になる」と菅原会頭。エリアの特徴に合わせ、市街地観光なら電動アシスト付き自転車、大島までは走行性に優れるクロスバイクを導入し、仙台、石巻、気仙沼を巡る本格的なコース設定も視野に入れる。
<復興の現場見て>
 建設中の三陸沿岸道路には、気仙沼湾に長さ1344メートルの気仙沼湾横断橋(気仙沼ベイブリッジ)が架かる。ハードルは高いが、大島大橋とともに限定的でも開放されれば、自転車観光はさらに弾みがつく。
 震災から間もなく6年半。被災した街の表情は刻々と変わる。被災地の今を参加者に感じてもらうために、復興工事の現場そのものをより近くで見てもらえないかという提案もある。
 大島大橋の自転車専用レーン設置を求め、県議会で質問した気仙沼・本吉選出の守屋守武県議は「復興途上の現場を走れば、自然の脅威とそれを乗り越えようとする人間の力を感じられる。今だからできるツーリズムだ」と訴える。


復興の途上見て知って 自治体向けツアー始まる
 東日本大震災の被災自治体で復旧復興業務を支える応援職員の派遣継続に理解を深めてもらおうと、県は24日、全国の自治体職員らを招き、2日間の日程で県内の被災地視察を始めた。
 今年で3回目となるツアーには13都府県や32市町などから88人が参加した。県庁1階ロビーで出発式があり、村井嘉浩知事が「復興にはもうしばらく時間がかかる。支援の継続をお願いしたい」と呼び掛けた。
 一行は南三陸・気仙沼、石巻、山元の3コースに分かれ、集団移転先の新市街地や漁港、海岸防潮堤などを回って整備状況などの説明を受けるほか、被災市町の職員との交流会もある。
 南三陸、女川両町に本年度計4人を派遣する兵庫県宝塚市の広瀬義則給与労務課長は「被災自治体の職員だけで復興を進めるのは難しい。来年度も支援を続けたい」と話した。
 県によると今月1日現在、県と沿岸14市町で計274人の職員が不足しているという。


仙台 多くの小学校で授業再開
仙台市の多くの小学校で夏休みが終わり、25日から授業が始まりました。
仙台市では、夏休み期間中のほぼすべての日で雨が観測され、25日も雨が降る中、およそ1か月ぶりに児童たちが元気に登校しました。
このうち、仙台市の東六番丁小学校では、児童たちが25日も雨が降る中、傘をさしたり、長靴をはいたりして登校しました。
そして、児童たちは教室でおよそ1か月ぶりに再会した友達と話をしたり、夏休みの思い出を発表したりしていました。
仙台市内の公立の小学校120校のうち115校では先月21日から夏休みが始まりましたが、仙台市では7月22日から8月24日まで毎日、雨を観測しました。
2年生の女の子は「去年の夏休みと比べるとことしの夏休みは雨がいっぱい降って、ちょっと残念です。もっと晴れて欲しいです」と話していました。
2年生の男の子は「雨が降って行きたいところに行けなくて大変でした。夏休みは、雨の日に家で流しそうめんをしたのが楽しかったです」と話していました。


大阪市立の小学校で始業式
大阪市内の小学校ではゆとり教育からの転換で授業時間を増やすため、これまでより1週間早く夏休みが終わり、25日から2学期が始まりました。
2学期が始まったのは、大阪市立の小学校290校で、このうち大阪・北区にある豊仁小学校の始業式には、およそ360人の児童が出席しました。
式では服部敬一校長が「どのように過ごすかで、2学期の4か月間の楽しさが変わってくるので頑張ってください」と子どもたちに呼びかけました。
この後、子どもたちは教室に移動して、夏休みの宿題や思い出の絵などを提出していました。
夏休みの短縮は、「ゆとり教育」からの転換で授業時間を増やす必要が出たため、大阪市教育委員会が各学校でのエアコンの設置を進め、ことしから、すべての小学校で夏休みが1週間短い35日間になりました。
2年生の女の子は、「友達と近所で花火をしたのが一番の思い出です。2学期は算数の勉強を頑張りたいです」と話し、同級生の男の子は「おばあちゃんの家に行って魚釣りをしたことが楽しかったです。2学期は友達と仲良く過ごしたい」と話していました。


<災を忘れず>「次」の津波へ備え訴え
 地震や風水害などの天災、戦争や市街地の火事といった人災。生死を左右しかねない惨事の発生は人々に大きな衝撃を与えるが、その爪痕や傷痕が歳月の中で癒えるにつれ、風化は進む。「大切な記憶を継承する」。熱い願いが込められた東北各地の施設や地域を紹介する。
◎東北の施設・地域巡り(7完)リアス・アーク美術館(気仙沼市)
 東日本大震災後、その惨状を形容し「未曽有」「1000年に1度」「想定外」などの言葉が世にあふれた。「被害は繰り返すと、さんざん言ってきたのに」。リアス・アーク美術館の山内宏泰学芸係長(46)は「怒りを覚えた」と話す。
 三陸地域は、津波の常襲地帯。歴史・民俗系の展示も行う同館では、2万人以上の死者が出た明治三陸大津波(1896年)の実態に迫る企画展を2006年に開くなど、以前から地震への備えを訴えてきた。
 震災で住まいが流失した山内さんをはじめ、館の職員の多くは被災。それでも学芸員らは連日、気仙沼市と宮城県南三陸町を歩き回り、被害状況を写真とともに克明に記録していった。同館常設展示「東日本大震災の記録と津波の災害史」は、その成果だ。
 陸上に乗り上げた船や、枕木ごとめくれ上がったレール。頑丈そうな建物の鉄筋鉄骨も無残にえぐられ、津波の破壊力が見て取れる。キャプションと併せ、港町に散乱した魚の臭いまで伝わってきそうだ。
 展示室内には写真203点のほか、明治三陸大津波を描いた当時のイラストのパネルなど歴史資料137点を掲示。ひしゃげた軽トラックや熱で膨らんだドラム缶などの被災物155点も、展示空間を含めて一つの芸術作品とみなす「インスタレーション作品」のように置かれている。
 泥にまみれた電気炊飯器やカメラ、縫いぐるみなどそれぞれに付けられた説明文は、創作であり客観的事実ではない。だが、被災者が失った大切な過去を呼び起こす、真実でもある。
 「入館者にはいつも『学びなさい。覚えなさい。人生を変えてほしい』と話しています」と山内さん。津波の発生は防げないが、高台への避難などで、被害を減らすことはできる。「震災の展示を、明日の出来事として見てほしいんです」
[メ モ]気仙沼市と南三陸町で構成する気仙沼・本吉地域広域行政事務組合が運営。常設展入場料は一般500円、大学・専門学校生400円、高校生300円、小中学生150円。開館時間は午前9時半〜午後5時。月、火曜日と、祝日の翌日(土、日曜日を除く)は休館。


河北春秋
 応急危険度判定士をご存じか。災害などで被災した建物を調べて損壊状況を判定する。東日本大震災では、全半壊が東北で約36万棟に上り、自治体や民間の建築士らが担う判定士が休みなく歩いた。避難指示解除後間もない福島県の原発事故被災地の街では、活動が今なお続く▼3月末、6年ぶりに避難指示が解除された同県浪江町。JR常磐線が再開し、仮設商業施設も開いたが、商店街や住宅地に人けはない。軽ワゴン車で街を回る2人の応急危険度判定士に同行し、ある店に家主夫婦の立ち会いで入った▼閉め切られた店内に厚いガラス片が散乱する。「人の不幸につけ込んで」と家主が指さしたのは、壊された陳列ケース。原発事故で必死に避難した間に商品を盗まれた。「周囲の店も戻らず、商売はもう無理」▼次に回った民家の庭にはイノシシの足跡があった。天井が雨水で腐り、ネズミかハクビシンか、ふんが臭った。3軒目もイノシシらしきものにアルミ扉を破られて荒らされ、小動物の爪で至る所をぼろぼろにされた▼「一度は帰還を諦め、避難の解除で希望が湧いたが、家を見るとまた心が揺らぐ」と別の家主。「被災地の現実は外から見えない」と判定士たちも嘆息する。多くの家々が解体されていくが、「再建」の未来はまだ見えない。

デスク日誌 まひを恐れる
 感覚がまひしていないか、絶えず自戒しなければと思う。
 一本の原稿が届いた。「作業員の被ばく事故、レベル2か」。紙面を作る担当者に原稿を渡し、組み上がった紙面を見ると2段見出し。2段はそれなり。3段になると大きい扱い。「まあ、このぐらいか」。納得しかけた。
 紙面のレイアウトや見出しを担う整理部の前に、原稿を書く報道部で原子力も担当した。経験から「レベル2」は相当な事故という認識はあった。だが東京電力福島第1原発事故の最悪ランク「レベル7」の記憶が、レベル2を「2段でいいか」と錯覚させた。
 そう、錯覚である。電気をつくる過程で人の生命を危険にさらすことがあってはならない。事があったとき桁違いの影響がある原子力分野では、なおさらだ。
 1000年に1度といわれる大地震と原発事故という未曽有の複合災害を、被災地にいて経験している。一つ一つの記憶が強烈だ。それゆえニュース判断で「震災に比べれば、大きい問題ではない」と無意識にフィルターをかけていないか。自分の尺度を注意深く点検し直さなくては。
(整理部次長 八代洋伸)


トモダチ作戦で被ばく 空母乗組員らが東電提訴
東日本大震災の直後にアメリカ軍が行った支援活動「トモダチ作戦」に参加して被ばくしたとして、空母の乗組員などアメリカに住むおよそ150人が、東京電力に対して治療費に充てるため、少なくとも50億ドル(日本円でおよそ5500億円)の基金をつくることなどを求めて提訴したことがわかりました。
東京電力の発表によりますと、東日本大震災のあとにアメリカ軍が行った被災地の支援活動「トモダチ作戦」に参加した当時の空母の乗組員など157人が、活動で被ばくしたとして今月18日、東京電力とアメリカ企業1社を相手取ってカリフォルニア州南部地区の連邦裁判所に提訴しました。
原告は、福島第一原子力発電所の設計や建設、保守管理が不適切だったために事故が起き、被ばくによって損害を受けたと主張し、治療費に充てるため、少なくとも50億ドル(日本円にしておよそ5500億円)の基金をつくることや、損害賠償を求めているということです。
アメリカ軍のトモダチ作戦の参加者などからは、5年前から、これまでにすでに239人が同じような訴訟を起こしていて、今回の原告は訴訟を併合することを求めているということです。東京電力は今回の提訴について、「訴状を正式に受け取っていないが、原告の主張や請求の内容を精査したうえで、適切に対処していく」と話しています。


「今年は夏じゃなかった」東北の海水浴場、涙雨
 東北の海水浴場は今夏、記録的な長雨と低温が響き、来場者が減った。特に東日本大震災で被災し、復活を遂げた太平洋側での影響は大きく、軒並み開店休業状態。灰色続きの空が、復興ムードに水を差した。多くが開設期間を終えた20日以降、天候が回復し始める皮肉な状況に、関係者からは恨み節が上がった。
 「今ごろ天気が良くなって」。やりきれない様子で話すのは、20日で菖蒲田の営業を終えた宮城県七ケ浜町産業課の担当者。
 津波被害を受け昨季は10日間の試験開設だった。本格再開の今季は37日間で8万人の人出を見込んだが、4万9911人にとどまった。「8月上旬の台風5号の後も天候が回復しなかった。フルオープンで期待したが…」と表情を曇らせる。
 震災を経て7年ぶりに再開した海水浴場は復活の出はなをくじかれた。越喜来(おきらい)浪板(大船渡市)は集計が残る2002年以降で最少の1051人。「今年は夏じゃなかった」(市観光物産協会)と嘆く。
 サンオーレそではま(宮城県南三陸町)は目標4万人の半分弱の1万8066人で夏を終えた。町観光協会の及川吉則会長(51)は「天気には勝てず、仕方ない。海と親しむ場を大切に育てたい」と前を向く。
 薄磯(いわき市)は震災前の1割未満の1万7261人。唯一、海の家を開いた民宿経営鈴木幸長さん(64)は残念がる一方で、「再開できたことが大事で、来年に向けた一歩。数年かけて入り込みを増やしたい」と先を見据えた。
 復活4年目の吉里吉里海岸(岩手県大槌町)は9033人を集めた。砂像作りなどのイベント効果で何とか昨季比約1割減にとどめたが、海に入らない人が目立ったという。町商工観光課は「来年は防潮堤工事で開設できないかもしれないだけに残念だ」と話す。
 青森、秋田、山形3県の主な海水浴場も湯野浜(鶴岡市)は昨季の7割、合浦公園(青森市)、下浜(秋田市、31日まで開設)も5〜6割程度に沈んだ。7月から週末は雨にたたられ「今までにない低い数字」(青森市文化スポーツ振興公社)だった。
 東北は22日ごろから気温が上がり、夏の日差しが戻ってきた。本格再開2年目の月浜(東松島市)で海の家を営む小野勝見さん(68)は海水浴場が閉じた20日以降も営業を続ける。「反動で残暑が厳しくなるかもしれない」と、バーベキューなどで今後訪れる人に熱い期待を掛ける。


GS過疎地対策/自治体の関与で存続を図れ
 東日本大震災の際、被災地では、給油所のガソリンスタンド(GS)に車の長蛇の列ができた。ガソリンや灯油の供給拠点が欠かせない「インフラ」であることを、誰もが痛感した。
 そのGSの減少に歯止めがかからず、赤信号がともっている。とりわけ過疎地の実情は深刻だ。「難民」が発生しないように、自治体が国と協力して主体的に関わっていくことが求められる。
 経済産業省は年度内に、GS存続に向けた指針を策定する方針だ。さらに過疎自治体にGS維持の目標を盛り込んだ行動計画を求め、計画づくりの支援に乗り出した。
 23日には、課題を抱える市町村や県と対応を協議する全国初めての会合を群馬県で開催。タンク容量が600リットル未満で通常の10分の1以下の小型GSを集落単位で運営することも、対策の選択肢として提示した。
 自治体にとっては費用負担や運営コストの面からも関与しやすいはずで、国は補助金制度の活用を促すなどして積極的に後押ししてほしい。
 GSは全国でピーク時よりほぼ半減、東北でも3600ほどになった。中でも問題なのは近所にGSがなく、車両への給油や灯油配送などに支障が出る地域だ。
 経産省は、3カ所以下の市町村を「GS過疎地」として、2年前に関係団体などと対策協議会を設置した。
 GS過疎地は3月末現在で計302市町村と、前年より14市町村増えた。東北では青森県西目屋村のゼロをはじめ36市町村ある。最寄りの給油所まで15キロ以上離れている地域は仙台、青森、盛岡など県庁所在地にも点在する。
 GS過疎地の実態調査では、営業中の業者も多くが経営不振や設備の老朽化、後継者不足といった課題を抱えており、約3割に廃業リスクがあるとの分析もある。
 全国的には村出資の一般社団法人が運営を引き継いだり、廃業GSを町が買い取って設備を更新した上で民間に運営を委託したりと、自治体が積極的に存続に関わる例が出ている。地域住民が資本金を出し合って会社を設立し、運営を引き継ぐケースも。
 特に東北では、冬場の灯油配送が地域住民にとって、「生命線」でもある。
 仙北市は地域唯一のGS存続のために、関係機関と協議。各家庭にホームタンクを設置して備蓄量を増やす一方、配送する曜日を集約するなど、経営の効率化に地域で協力することになった。
 GSの経営自体は民間事業だが、社会インフラ維持は住民の生活を守るための行政の責務とも言える。にもかかわらず、該当する自治体の中には担当部署さえ決まっていないところもあるという。
 自治体自らが危機意識を持ち、業者や地域住民と共に、実情に合わせた対策を早急に検討する必要がある。


東京パラリンピック 心のバリアフリーが課題
 誰もが暮らしやすいバリアフリー社会をどう築いていけばいいのか。
 2020年8月25日に開幕する東京パラリンピックまであと3年になった。開催に向けて、公共施設や交通機関でハード面の整備は一定程度進んでいる。
 だが一方で、障害のある人や高齢者と接した時に、どう手を貸せばいいのか戸惑う人も少なくない。障害者用のトイレや駐車スペース、交通機関の優先席が適正に使用されていないケースも目立つ。
 いわゆる「心のバリアフリー」をさらに推進していくことが大きな課題だろう。
 東京都は昨年、現状を把握する目的で、1200人を対象にアンケートした。
 それによると、路上や交通機関で障害者や高齢者が困っているのを見かけた時に、「積極的に声をかけ、手助けをする」と答えた人は全体の2割にとどまった。
 内訳を見ると、家族に障害者や介護が必要な高齢者がいたり、子育ての経験があったりする人の割合が高かった。年代別では19歳以下で「手助けをする」人が1割程度だった。
 また「しばらく様子を見る」「何もしない」と答えた人にその理由を聞いたところ、「どうしていいか分からない」という人が4割で最も多かった。
 心の壁を取り払うのは、ハード面の整備よりも難しい。ではこうした状況をどう変えていくか。
 例えば、障害者、高齢者、社会人、学生らでグループを作り、都内の観光地などを回りながら手話や点字を学べるツアーを主催するNPO法人がある。
 障害者とどう向き合うかを学ぶ研修を社員に受けさせる企業も増えている。
 今の子供たちに、こうした経験をさせていくことも大切だ。
 特別支援学校や盲学校の子供たちとブラインドサッカーなどのスポーツを通じて交流をしている小中学校もある。
 ただ交流の機会が年に1回程度しかないことも多いため、回数を増やしたい。
 最終的には、働く場や学びの場で誰もが分け隔てなくともに過ごせる社会にすることが理想だろう。


仏公演へ 障害者グループが練習
滋賀県の障害のある人たちでつくる創作ダンスのグループが、10月にフランスで開かれるイベントでダンスを披露することになり、共演するミュージシャンの小室等さんらと練習に励んでいます。
滋賀県守山市と野洲市の知的障害のある人たちやダンサーなど20人あまりでつくる創作ダンスのグループは、10月にフランスのナント市で開かれる障害者の国際交流イベントに招かれ、湖の様子をテーマにしたダンスを演じます。
ナント市の芸術関係者がグループの活動に注目したことなどから招待され、以前から交流のある小室さんとの共演も決まりました。
24日、守山市でグループの練習が行われ小室さんやサックス奏者の坂田明さんも参加しました。
メンバーは、即興でされる楽器の音色やプロのダンサーの動きに合わせてうつ伏せになったり、体を左右に揺らしたりして、練習に励んでいました。
小室等さんは、「みんなの演技がフランスでどう感じてもらえるか楽しみだ」と話していました。
メンバーの40代の男性は、「すべての人に見てほしい。頑張ります」と話していました。
練習は、あと2回予定されているということです。


精神障害者家族会 危機回避へ支援強化を
 病気や障害などの困難を抱えた人や家族が集い、気持ちを分かち合い、支え合う。「仲間の力」を生かしたグループの活動が、さまざまな領域で広がっている。
 がん患者や家族、性的マイノリティー、自死遺族の集いなどが催され、最近では認知症の人や家族のカフェも各地で開かれるようになった。
 ところが今、日本の自助グループの草分けで、半世紀の歴史がある精神障害者家族会が危機的状況に陥っている。活動の衰退傾向が続き、家族会は約1200団体、会員数約3万人にとどまる。
 国内の精神障害者は年々増加し、推計390万人超。その家族は数倍に上ることだろう。ところが会員数は右肩下がり。全国精神保健福祉会連合会の調査では、多くの会が会員の高齢化、新規加入者の減少などに悩み、財政面も脆弱(ぜいじゃく)で活動がままならない。
 本県も同様だ。県連によると2016年度の家族会員数は457人で、10年前に比べ半減。福祉事業所の賛助会員を募るなど、財政基盤の安定化へ懸命に努力している。
 衰退要因は多様だ。根強い偏見を背景に、そもそも病気を受け入れられず、家族会の入会に抵抗を感じる家族は多い。保健所の統廃合や精神保健業務の市町村移管に伴い、家族への支援が弱まったことも一因。東日本大震災で被災した会員の転居などを機に、会が解散したケースもある。
 家族会の危機の背後には、さらに大きな危機がある。家族会というつながりを得られず、苦しみ孤立する家族が増えるという「見えない危機」の進行だ。
 相模原障害者施設殺傷事件の被告の「措置入院歴」など、重大な事件で精神障害がクローズアップされるたびに強まる偏見。だからこそ、「仲間の力」が求められているのに、家族会が本来の役割を果たせず消滅していく。危機は確実に深刻化している。
 行政や医療機関などが連携して、本人と共に家族も支えるスキルを共有し、地元の家族会活動の活性化へ支援態勢を強化してほしい。
 注目されるのが、山田町の取り組みだ。震災後、2カ月に1回ペースで家族懇談会を開き、統合失調症やうつ病、福祉制度について学んだり、他地域の家族会との交流を続けている。
 被災と障害という二重の困難を抱えた本人や家族の孤立を防ぎ、立ち直りを支える取り組みとして、他市町村も参考になるはずだ。
 かつて苦しみを経験した家族が、今まさに困難に直面している家族の相談に乗り、心を支える。そのような仕組みが育てば、地域のメンタルヘルスの向上にも貢献することだろう。


差別と政治 「国家の傷」癒やす融和の言葉を
 白人至上主義などを掲げる団体と反対派との間で起きた米南部バージニア州の衝突から約2週間。米社会の人種対立が激化している。「緊張にガソリンを注いで(あおって)いる」(米フェニックス市長)張本人は、トランプ大統領。その事実に、暗たんたる思いがする。
 「両陣営の責任だ」「左派も暴力的」「追加コメントをしたのに偽ニュースメディアは満足しない。本当に悪い連中だ!」…。トランプ氏は衝突直後、白人至上主義者や人種差別への明示的な非難をしなかった。批判を受け発生3日目にようやく言及したものの、すぐまたツイッターなどで「両成敗」を主張。差別擁護の姿勢に回帰した。
 迷走の果てに、開き直ったように差別や偏見、うそにまみれた発言を公然と続けるトランプ氏の振る舞いは、大国のトップとして、一人の人間として、到底容認できない。人種や思想に基づく差別や攻撃は絶対悪で、正当化は決して許されない。
 リンカーン大統領はかつて演説で、南北戦争を乗り越え「国家の傷」を治そうと国民に呼び掛けた。トランプ氏がまずなすべきは、謙虚な言葉でメッセージを打ち出し、分断が深まる米国の傷を癒やす融和に努めること。政治が率先して差別的な言動を繰り返し、批判に耳を傾けず攻撃し続ければ社会のたがは外れる。正義と自由、移民や人種への寛容さを国是とするはずの米国の針路を強く危惧する。
 しかし、テロや犯罪につながる排外主義や差別主義の台頭、社会の不寛容、分断は米国だけの問題ではない。世界が、日本が直面している困難でもある。
 日本では、特定の人種や民族への差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)をなくすための「ヘイトスピーチ解消法」の施行から1年が過ぎた。
 「不当な差別的言動は許されない」と法律に明記された意義は大きいが、対象は「適法に日本に居住する外国人」に限定されて、罰則もない。不法滞在者でも日本人でも差別は容認できず、対象拡大や、公共の場で人種差別行為を行わせないような法改正も検討すべきだろう。
 だが、むしろ根深いのは「政治の差別」。鶴保庸介前沖縄北方担当相は昨秋、沖縄で機動隊員が住民に吐いた「土人」の暴言を「差別と断じることは到底できない」と擁護。政権も「謝罪や国会答弁撤回は不要」と閣議決定までして容認した。松井一郎大阪府知事も機動隊員をねぎらい、反対行動をする人に責任があるかのように主張した。米国を笑えぬ恥ずべき言動で、社会全体で「許さない」と言い続けねばならない。高校無償化制度からの朝鮮学校の排除には国連も懸念を示している。
 米国の衝突では、為政者が差別を「批判しなかった」ことに多くの人が「ノー」の声を上げた。法律のみでは差別はやまない。個々の心の中にある憎しみの連鎖を絶ち、たゆまぬ共生への努力を誓う契機としたい。


トランプ大統領はなぜ“失態”を演じたのか? 常識を疑え!
 アメリカの混乱が深まっている。2017年8月12日にバージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者の集会が行われたのだが、それに反対して集まっていた群衆の中に自動車が突っ込み、ひとりが死亡、多数が負傷したのだ。亡くなったのは、日ごろから反差別のために活動していた法律事務所に勤務する女性で、自動車を運転していたのはネオナチに興味を持つ20歳の男性だった。
 当然、大きな社会問題になったのだが、複数の報道を時系列順に追いかけていくと、事件を受けてトランプ大統領は記者会見で「いろいろな側面」で問題があったとだけ発言、人種差別を掲げる白人至上主義者たちを名指しで非難するのを避けた。そのあと、メディアなどが一斉に大統領のあいまいな態度を批判したのを受けて、さらなる会見で「人種差別は悪だ」と発言を追加したのだが、それでも批判はおさまらなかった。するとトランプ大統領は次の会見でいわゆる“逆ギレ”し、「(衝突の)映像をじっくり見た。抗議する側も暴力的だった」などと反差別の側を非難し始めたのだ。記者たちが騒然となって「彼らが悪いとでも?」などと口々に質問すると、「オルト・レフト(注・ここでは反対派のこと)に問題はないのか?」「(反対派は)こん棒を振り回しながら向かって行ったんだ!」などと大声でそれを制したのだ。
 そもそも、実際の状況や個人の感情がどうあれ、アメリカには公民権法という人種差別を禁止する法律がある。これは黒人差別に反対するキング牧師らによって1950年代に盛り上がった公民権運動を受け、1964年にアメリカ議会で成立したものだ。一方、アメリカは「表現の自由」を最大限に大切にする国でもあり、ヘイトスピーチ(差別扇動表現)をめぐってはいつも議論があるところだが、それでも「人種差別はいけない」というのはアメリカ市民社会の前提になっているはずなのだ。
 それにもかかわらず、死者まで出た事件についてアメリカ大統領が「反差別の側にも問題があった」などと言ったのだ。これは、差別をする白人至上主義者側を擁護したのと同じことだ、と多くのアメリカ国民が衝撃を受けても不思議ではない。実際にこの発言を受けてすぐに、製薬会社メルクや半導体のインテルといった大手企業のCEOが相次いで大統領の経済諮問機関を辞任することを表明。またアップル社のCEOは社員への一斉メールで「大統領には賛同できない。アメリカ社会の理想とは違う」として、人権団体に巨額の寄付を行うことを伝えた。
 もしこれが日本だったらどうだろう。政治家はアメリカと同じく、「許されない事件」「暴力は容認できない」としながらも、やはり問題は人種差別主義側と反差別側、双方の「衝突」にあったとするのではないだろうか。とくにいま権力を持つ保守側の政治家は、「差別は悪。絶対にいけない」と善悪をはっきりさせるのを避けようとする傾向があるからだ。
 しかし、おそらくここからが違う。日本なら、権力者が「双方に非があった」、いわゆる「どっちもどっち」と述べたら、企業がそれに反発する姿勢を見せたりCEOが審議会などから離れたりすることはないのではないか。そしてメディアも、「差別はいけないが反対派も冷静になるべき」などといかにも中庸な態度を取ろうとするに違いない。
 これは日米の差なのか。それもあるかもしれないが、別の要因として「時代が変わってきた」ことが背景にあるとも言える。今や「善悪を断定するのは避けたい」「どちらが正義でどちらが悪かは時代とともに変わるからわからない」といったあいまいな態度は、多くの人から忌避されるようになってきたのだ。とくに人権の尊重に関する問題に関しては、社会や時代がどうなっても揺るがない“普遍的な正解”があることに多くの人が気づきつつある。「人種や民族で差別してはいけない」というのもそのひとつだろう。
 そういう意味では、「どっちもどっち」と問題をあいまいにして逃げ切ろうとしたトランプ大統領は、旧世代の感覚の持ち主であり、大統領に反発したアメリカの企業は新世代の感覚を有していると言えよう。そして、日本は政治家も企業やメディアも、全体として残念ながら“旧世代社会”のままなのかもしれない。
 差別はいけない。差別があるならそれをなくすようにすべきだ。なぜこのシンプルな答えを口にできないのか。私たちがトランプ大統領の“失態”から学ぶべきことは多い。
精神科医・立教大学現代心理学部教授 香山リカ 1960年北海道生まれ。東京医科大学卒業。学生時代より雑誌等に寄稿。その後も臨床経験を生かして、新聞、雑誌で社会批評、文化批評、書評なども手がけ、現代人の“心の病”について洞察を続けている。専門は精神病理学だが、テレビゲームなどのサブカルチャーにも関心を持つ。著書に『女は男のどこを見抜くべきか』(集英社)、『執着 生きづらさの正体』(集英社クリエイティブ)、『「いじめ」や「差別」をなくすためにできること』(ちくまプリマ―新書)など多数。


政治と世論を考える<5> 原発ゼロの民意どこへ
 「討論型世論調査」を覚えていますか。
 3・11翌年の夏、当時の民主党政権が震災後の原発政策を決める前提として実施した。
 政府としては初めての取り組みだった。
 無作為抽出の電話による世論調査に答えた全国の約七千人の中から三百人ほどに、一泊二日の討論会に参加してもらい、専門家による助言や質疑を織り交ぜながら、参加者の意見が議論の前後でどのように変化するかを見た。
 二〇三〇年の電力に占める原発の割合として、ゼロ、15%、20〜25%−の三つのシナリオが示されており、学習と討議を重ねて理解を深めた結果、「原発ゼロ」と答えた人が全体の約三割から五割に増えた。併せて公募した意見では、九割近くが「原発ゼロ」を支持していた。
 このような民意に基づいて、原発は稼働後四十年で廃炉にし、新増設はしないことにより「二〇三〇年代ゼロ」に導くという、「革新的エネルギー戦略」が決められた。それを現政権は「具体的な根拠がない、ゼロベースに戻す」と、あっさりご破算にした。
 特定秘密保護法や集団的自衛権、「共謀罪」などの時と同様、内閣支持率の高さだけを背景にした“具体的民意”の無視、というよりは否定とは言えないか。
 その後も世論調査のたびに、脱原発には賛成、再稼働には反対の意見が過半を占める。
 六月の静岡県知事選中に本紙が実施した世論調査でも、県内にある中部電力浜岡原発は「再稼働すべきでない」という意見が約六割に上っていた。
 にもかかわらず、政府はエネルギー基本計画の見直しに際し、はじめから「三〇年20〜22%」の原発比率を維持する考えだ。
 3・11前の割合は28%。老朽化が進む今、新増設なしには実現できない数字である。改めて国民的議論を起こす様子はない。
 3・11を教訓に「脱原発」を宣言し、原発の新設工事を中断させた韓国政府は、世論調査や討論会でその是非を国民に問う。ドイツの脱原発は、専門家や利害関係者だけでなく、聖職者などを含めた幅広い意見によって立つ。
 なのに当の日本は、政府の独断専行を“有識者”が追認するという“逆行”を改める気配がない。
 国民の声より大事な何か、国民の命以上に守りたい何かがそこに、あるのだろうか。


エネルギー基本計画 本気で再生エネ促進を
 国の在り方に重要な意味を持つエネルギー基本計画の改定に向けた議論が始まった。現行計画は曖昧で関連する政策と矛盾する項目が多い。未来の世代に責任を持つためにも本気で再生可能エネルギーを促進する内容に作り替えるべきだ。
 2014年に策定された現行の第4次計画は「原発依存度は可能な限り低減させる」「再生可能エネルギー導入を最大限加速」すると明記した。しかし一方で原発を低コストで安定的に発電できる「重要なベースロード電源」と位置付けて再稼働を進める方針も書き込んだ。そもそも整合性に欠けていた。
 計画の基本であるはずの30年度の電源構成比も盛り込まず、政府は別途翌年に構成比を決めた。原発は20〜22%、再生可能エネルギーは22〜24%で原発と大差なく、基本計画で明記した内容と矛盾していた。
 その後、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」ができて政府は50年末までに温室効果ガスを80%削減する目標を国際公約した。しかし、石炭火力の電源構成比の26%は突出して高いままで、構成比は修正していない。このままでは国際公約は間違いなく守れない。
 経済産業省は9日に基本計画改定に向けた審議会の初会合を開いた。だが世耕弘成経産相が計画の骨格は変えない方針を示すなど、抜本見直しに慎重な姿勢を見せている。議論が始まる時期にこれはどういうことか。
 東京電力福島第1原発の廃炉費用は膨れ上がり、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)の最終処分地選定のめどは依然立たない。今や「原発は低コスト」とは言えない。政府や電力会社が期待するように再稼働は進まず、新増設も難しい。目標とする原発の構成比自体「無理筋」なのだ。
 原発の使用済み燃料の再処理で生じるプルトニウムを消費するはずだった高速増殖炉もんじゅは廃炉に追い込まれた。原子力を巡る多くの深刻な問題が山積している。
 基本計画改定の議論でこうした原子力政策の問題と真摯(しんし)に向き合わずに、多くの課題を先送りして「つじつま合わせ」の小改定にする―。そうした意図が仮に政府周辺にあるならば、そんな中途半端な議論はしない方がいい。
 太陽光や風力など再生可能エネルギー導入を本気で考えるならば、送電網増強や蓄電池の整備、発送電分離や新たな優遇措置など、政策誘導でできることはたくさんある。地球とこの国の未来を見据えた基本計画にするための議論を求めたい。


東電 汚染水対策言及せず 規制委に文書提出
 東京電力は25日、再稼働を目指す柏崎刈羽原発(新潟県)6、7号機の安全審査に関連し、原発の安全管理に対する基本的な考え方をまとめた小早川智明社長名の文書を原子力規制委員会に提出した。福島第1原発事故の反省から安全確保や事故の風評被害対策に取り組む姿勢を強調した一方、規制委から「東電の主体性が見えない」と批判された福島第1原発の汚染水対策については具体的に言及しなかった。
 柏崎刈羽原発6、7号機の審査は終盤を迎えているが、規制委は東電が重大事故を起こした当事者であることを重視。7月に小早川社長らを呼んで安全管理についての考えを聞いたが、福島第1原発の廃炉で、汚染水を浄化処理した後に残る放射性物質トリチウムを含んだ水がたまり続けていることなどを田中俊一規制委員長が批判。改めて文書を出すよう求めていた。
 文書で小早川社長は「原子力の安全は社長が責任者」とし、主体性をもって風評被害対策や廃炉などの課題をやり遂げると強調したが、トリチウムを含んだ処理水の処分法には触れなかった。文書提出後、渡辺沖(ふかし)・原子力安全・統括部長は「今後、社長が直接説明する」と述べた。規制委は改めて小早川社長を呼んで意見を聞く方針。【鈴木理之】


防衛大綱見直し 「専守」逸脱を危惧する
 日本を取り巻く安全保障環境の変化に応じて防衛力の在り方を見直すとしても、憲法九条の枠内で行うのは当然だ。「専守防衛」を逸脱して、軍拡競争の泥沼に陥ることは厳に避けるべきである。
 安倍晋三首相が今月三日の内閣改造の際、小野寺五典防衛相に対して防衛計画の大綱(防衛大綱)を見直すよう指示した。
 二〇一三年十二月に閣議決定された現行の防衛大綱は一四年度から十年程度の防衛政策の基本方針を定めている。見直しは北朝鮮の核・ミサイル開発の進展などの情勢変化を踏まえたものだという。
 弾道ミサイルの発射実験を繰り返す北朝鮮は、アジア・太平洋地域の平和と安定に対する脅威となっている。日本への攻撃に備え、防衛力を適切かつ効率的に整備することに異論はない。
 しかし、小野寺氏の発言には専守防衛を飛び越える内容も含まれる。新大綱が専守防衛を逸脱しないよう注視する必要がある。
 新大綱の焦点はミサイル防衛の強化と敵基地攻撃能力の保有だ。
 小野寺氏は日米の外務・防衛担当閣僚による会合(2プラス2)で、ミサイル防衛を強化する考えを表明したが、これに先立ち国会では北朝鮮がグアム周辺に向けてミサイルを発射した場合、政府が迎撃可能とする「存立危機事態」に当たりうるとの考えを示した。
 ミサイル防衛はそもそも能力的に疑問視されている上、仮に迎撃できたとしても、日本の「軍事的行動」が北朝鮮による日本直接攻撃の引き金を引きかねない。
 日本を守るための防衛力整備が日本自身を攻撃にさらすきっかけとなっては本末転倒だ。敵基地攻撃能力の保有も同様である。
 首相自身は「現時点で具体的な検討を行う予定はない」としているが、小野寺氏は能力保有を求める自民党提言を踏まえて「総合的にどのような対応が必要か検討したい」と述べている。
 政府は、ほかに攻撃を防ぐ手段がない場合には「法理的には自衛の範囲に含まれ、可能」としてきたが、自衛隊がそうした能力を保有することはなかった。北朝鮮の脅威が念頭にあるとはいえ平時から他国攻撃の兵器を持つことは憲法の趣旨に反しないか。
 過去四回の大綱見直しはいずれも有識者らによる会議の提言を受ける形で行われた。国民の生命や財産、憲法に関わる問題だ。今回も政府内部の議論にとどまらず、幅広く意見を聞くべきである。


国の公文書管理/「公開」の原則を徹底せよ
 政府が、行政文書の保存に関する責任者を各省庁に置く検討を始めた。役所が取り扱う膨大な書類のうち、何を行政文書として残すかを判断する。
 有識者でつくる公文書管理委員会が文書管理のガイドラインの見直しを進めており、年内の改正を目指すという。
 行政文書は公文書の一部で、重要なものは保存して国民に公開するのが原則だ。しかし「森友学園」への国有地売却問題や、「加計学園」の獣医学部新設計画を巡る国会審議では、官僚らが「文書が存在しない」「既に廃棄した」などと木で鼻をくくるような答弁に終始した。
 疑惑を否定する官邸の意向を忖度(そんたく)した結果だろうが、かたくなな姿勢を見ると、情報公開の理念が「骨抜き」にされていると思わざるを得ない。
 官僚の恣意(しい)的な判断に委ねては、非公開の範囲がますます広がる恐れがある。外部の目で文書保存をチェックする仕組みを新たに設ける必要がある。
 国などの公文書は歴史的事実の記録であり、主権者である国民が主体的に利用し得るもの。公文書管理法はそう定める。公文書は健全な民主主義の根幹を支える「国民共有の知的資源」とも明記している。
 文書作成と管理は行政事務の根幹である。それを軽視するような官僚らの答弁には耳を疑う。事実とすれば、公文書をずさんに破棄した疑いが深まる。
 今回発覚した文書には「個人メモ」とされたものも含まれる。パソコン内の「個人フォルダー」に保存され、確認が遅れたとされた文書もある。
 政府内にはこれらを行政文書から除外しようとする声もあるようだが、国民に背を向けた対応に批判が高まるだろう。
 法律上、行政文書は「職員が職務上作成・取得し、組織的に用いるため保有している文書」と定義される。個人のメモでも職務上、組織内で共有されていれば、行政文書とみなすべきであり、「個人」を隠れみのにした抜け穴は認められない。
 「公文書を残すことは正しい歴史を後世に残す作業だ」と福田康夫元首相は述べている。公文書管理法の制定を主導した政治家の言葉を、全ての政府関係者が肝に銘じるべきである。


国会召集時期 1カ月先とはあきれる
 政府・与党は秋の臨時国会を来月25日からの週に召集する方向で調整に入った。
 民進党など野党4党は学校法人加計(かけ)学園の獣医学部新設問題の真相究明に向け、今から2カ月前の6月下旬に早期召集を要求した。
 憲法53条は、衆参いずれかの総議員の4分の1以上の要求があった場合、内閣に臨時国会の召集決定を義務付けている。
 その規定に基づく要求を無視し続け、1カ月も先の日程を出してきた。憲法違反の疑義があり、国民の目線とあまりにずれている。
 森友学園への国有地売却や陸上自衛隊の日報隠蔽(いんぺい)の問題もある。政府は速やかに召集すべきだ。
 「3点セット」とも言うべき加計、森友、日報問題は、国会の閉会中審査などを通じても、さまざまな疑念は何も解消されないどころか、新たな疑問点も浮上した。
 2年前に政府の国家戦略特区の会合で愛媛県今治市からヒアリングした際、加計学園関係者が同席していたのに、議事要旨に発言記録がなかったことはその一例だ。
 安倍晋三首相は加計や日報問題の担当閣僚を代え、「疑惑隠し」との批判も出た。そうでないと言うなら、一刻も早く国会で説明責任を果たすしかない。
 それが、首相が内閣改造後の記者会見で語った「謙虚に丁寧に国民の負託に応える」道でもある。与党が言う首相の外遊や法案準備は召集先送りの理由にならない。
 安倍政権は安全保障法制成立後の2015年秋にも、野党の国会召集要求に対し、憲法53条に召集決定までの期限の定めがないのをいいことに応じなかった。
 しかし、この期限に関しては03年に内閣法制局長官が「召集のために必要な合理的な期間を超えない期間内」に召集を決定しなければならないと答弁している。
 自民党が野党時代の12年にまとめた憲法改正草案は、要求から20日以内の召集を義務付けている。
 来週末には来年度予算案編成に向けた各省庁の概算要求が出そろい、民進党新代表が選出される。
 遅きに失したとしても9月初旬には国会を開かないと、国民は到底納得しないだろう。
 与党は臨時国会に補正予算案の提出を検討すべきだとしている。地方や中小企業に景気回復が波及していないとの理由のようだ。
 不都合な問題から国民の目をそらし、10月22日に愛媛、青森、新潟で行われる衆院補選に向け、ばらまきで歓心を買う。そんな思惑がないか注意を払う必要がある。


高校生平和大使 核廃絶へ尊い20年の活動
 核兵器廃絶を訴える高校生平和大使の活動が20年目を迎えた。戦争や被爆の体験が風化する中、若者による活動の意義は大きい。
 インドとパキスタンが核実験をした1998年、長崎の平和団体が被爆地の声を世界に伝えようと、未来を担う高校生を国連に派遣したのが始まりだった。
 高校生大使は毎春、公募で選ばれ、1年交代で後輩に引き継がれる。これまで国内外の約200人が務めた。長崎や広島を訪れる修学旅行生との交流、各地の活動報告会のほか、4年目からは核兵器廃絶署名を集めて国連に届ける。署名は計160万筆を超えた。
 炎天下の夏も雪が舞う冬も、街頭に立ち核兵器廃絶を訴える歴代高校生大使の地道な活動は尊い。
 今年も22人の平和大使が今月21、22両日、スイス・ジュネーブの国連欧州本部を訪れ、1年分の約21万4千筆の署名を提出した。国連での核兵器禁止条約採択も反映し、署名は過去最多となった。
 ところが、記念すべき年に残念なことが起きた。2014年以来続いたジュネーブ軍縮会議での高校生の演説が実現しなかった。
 軍縮会議日本政府代表部の高見沢将林(のぶしげ)軍縮大使は、高校生に「軍縮会議では通常、政府代表の発言しか認められない」と説明した。一部の国に強い懸念があり、見送らざるを得なかったという。
 にわかに信じ難い説明だ。平和を願う高校生の発言を封じて、軍縮会議を名乗る資格があるのか。仮に一部の国に何らかの懸念があったとしても、それを説得するのが日本政府の役目ではないか。
 米国の「核の傘」に依存する立場から核兵器禁止条約の採択をボイコットした日本政府こそ、高校生が演説で条約に言及するのを恐れたとの見方もある。
 意味不明な大人の論理に巻き込まれて、今回は軍縮会議での発言機会はなかったが、高校生は署名提出時やレセプションで「二度と核兵器により苦しむ人を出してはならない」などと英語でスピーチした。平和大使の純粋な訴えはきっと世界へ通じると信じたい。


裁判の公開
 来日して間もない米国人弁護士のローレンス・レペタさんが東京地裁の傍聴席でペンとノートを取り出すと、廷吏が慌てて制止した。1982年のことだ▼当時、日本の裁判所で傍聴人の法廷内メモは禁止されていた。裁判は公開で行う、と憲法に書いてあるのに、メモできないのはおかしい。国家賠償訴訟に踏み切った▼「誰でも法廷で傍聴できる」。国は憲法の規定をただそれだけのことだと主張した。二審までは敗訴。だが最高裁からは「メモは自由」という判決を引き出した。実質勝訴である。その日から全国の裁判所でメモが解禁になった▼「黒船」と新聞は書いたが、そんな大それたつもりはない。こだわったのは、憲法の公開裁判の原則は、裁判のすべてを知る権利を誰もが持っているという確信だった。「人々の監視がなければ、公正な裁判はできない」▼レペタさんはこの夏、米国へ帰国した。直前まで、最近の裁判所の動向を気にしていた。刑事裁判の記録の閲覧制限が厳しくなっていること、個人情報保護で匿名化が著しいことなどだ▼米国連邦裁判所の記録は日本からでもオンラインで閲覧できる。レペタさんに教えられ試みると、簡単にアクセスできた。法廷の録音も聴くことができる。ここまでして初めて「公開」といえるのだろう。

国語の大学入試問題が、来年からトンデモないことになる予感 「駐車場の契約書」!?これでいいのか
伊藤 氏貴 明治大学准教授
戦後最大の「国語」の変革
教科書から文豪が消える!――こんなちょっとした騒ぎが持ち上がったことがあった。今世紀に入ってまだ間もない頃のことだ。
いくつかの新聞は「漱石・鷗外が教科書から消えた」と大々的に報道し、特集を組んだ雑誌もあったが、これはほぼ全面的な誤解であり、むしろ彼らの作品は教科書会社を横断して定着している。芥川龍之介『羅生門』、中島敦『山月記』と並び、夏目漱石『こころ』、森鷗外『高瀬舟』『舞姫』はながらく定番中の定番となっている。内容を思い出される方も多いだろう。
漱石の『こころ』に至っては、現行の高校2・3年生用の「現代文」教科書9社23冊のうち、これを載せていないものはただの1冊しかない。(その1冊の編集に私も携わっているが、おかげで全く売れなかった……。文豪の定番化は高校の先生方の強い意志である。)『こころ』はしばらく前から完全に「国民文学」の地位を確立しており、どこの親子でもともに語り合うことのできる稀有な小説となっている。
しかし、この安定もいよいよ終わりを迎えるのかもしれない。おそらく現場の先生方も教科書会社もこの変革には抗えない。
教育現場でこれから数年間に起きようとしている「国語」の一連の変化は、「文豪が消える!」どころの騒ぎではすまない戦後最大の大変革なのだが、あまり報道されてはいないようだ。
ここには、いわゆるアクティブラーニングの導入など、「国語」1教科に限らない要因もあれば、高校の「国語」系の科目の再編成もあり、さらには入試改革もあって、非常に複合的な問題ではある。まだ文科省の指針に不明な部分もある。
しかし、最近示されたセンター後継試験の内容を見るだけでも、「漱石・鷗外が教科書から消える」以上の大変動がもたらされることは間違いない。
センター後継試験の「本文」
かおるさんの家は、【資料A】の「城見市街並み保存地区」に面している、伝統的な外観を保った建物である。城見市が作成した景観保護に関する【資料B】「城見市『街並み保存地区』景観保護ガイドラインのあらまし」と、かおるさんの父と姉の会話を読み、後の問い(問1〜4)に答えよ。
いきなりなにを読まされているのかと不審に思われたかもしれないが、これが公表された新テストのモデル問題の冒頭部である。【資料A】は地図であり、【資料B】は市の広報。そしてそれにまつわる父娘の会話、この3つがつまり読解問題の「本文」にあたる。
ちなみに上は「モデル問題例1」であり、「2」の「本文」は以下のようなものだ。
駐車場使用契約書
 貸主 原パーク(以下、「甲」という。)と借主 ○○サユリ(以下、「乙」という。)は、次のとおり駐車場の使用契約を締結する。
第1条 合意内容
 甲は、乙に対し、甲が所有する下記駐車場を自動車1台の保管場所として使用する目的で賃貸する。
(駐車場の表示)
  住所      東京都新川市新川朝日町2丁目3番地
  名称      原パーキング第1
  駐車位置番号  11番
第2条 期間 
 乙の使用する期間は、平成28年4月1日から平成29年3月31日の1年間とする。契約期間満了までに甲、乙いずれか一方から何等の申し入れがない時は、さらに1年間の契約が自動的に更新されるものとする。
以下、第8条まで延々と「契約書」の内容がつづく。モデル問題はどちらも以下のサイトから全文を見ることができるが、いずれも、大学の入試問題としてはついぞお目にかかったことのないような「本文」であることはおわかりいただけただろう。
http://www.dnc.ac.jp/corporation/daigakunyugakukibousyagakuryokuhyoka_test/model.html
「読む」ことの意味が変わる
センター試験の廃止とその後継試験についての議論は紆余曲折を辿った。科目横断だとか、細かい点数化をしないだとか、さまざまな案が上がっては消えたが、結局残ったのは、英語の試験を完全に廃止し、外部試験を用いることと、国語と数学とで記述式設問を導入することだった。
数学は一瞥するかぎり、これまでのような問題の途中式を書かせるというもので、受験生の側からすれば、解答だけをマークするのか、途中経過を解答用紙に書くのか、というだけで、それほど大きな変化はないだろう。
国語にも記述式設問が導入されるということはお聞き及びになった方も多いだろう。その採点基準をどうするのか、誰がその膨大な採点を担当するのか、などまだ完全に解決されていない問題もある。
しかし、それは受験生自身には直接関係のない、出題者側の技術的問題である。記述式の解答を作るのには、選択肢から正解を選ぶのとは異なる力が要求されるとはいっても、学校ではそれなりに訓練を積んできているはずだ。設問の種類が変わるだけならば、対応も十分可能だろう。「読む」だけでなく「書く」力を養うべきだというのは至極もっともなことだ。
だが、モデル問題を見れば、このたびの入試改革の肝はそこにはなかったことがわかる。「書く」という要素が増えるというより、「読む」ことの意味ががらりと変わる。
共通一次時代から、現代文の問題は2題、1題は評論、もう1題は小説というかたちで長らく安定していたが、ここに自治体の広報や駐車場の契約書が入ってくるのだ。評論ならば、一貫した論旨と論理展開を、小説ならば人物の心情を読み取ることが求められてきたのだが、広報や契約書の場合、把握すべきは情報である。その処理をしも「読む」という時代になってきたということなのだろうか。
現在の指導要領でも「実用的な文章」という項目はあり、教科書にもたとえば手紙の書き方やグラフに関連付けられた文章が載せられることもあるが、新テストほど「実用」に即した情報処理を教材化しているところはないだろう。
現場の先生も教科書会社も、この新しいタイプの問題に合わせて、新しい授業、新しい教科書を展開していくことが求められることになる。
「国語」の行方
「読む」ことの意味や「国語」のありかたがこうした方向へ変化していくこと自体が悪いというわけではない。実際、モデル問題には出題意図や採点基準などきわめて詳細な解説が付されており、それを読めば非常に考え抜かれた問題であることがわかる。
たとえば、モデル問題例1では、父と娘の会話から、2人の議論の対立点がどこにあるのかを探る設問があり、モデル問題例2では、契約書をよく読むことで、貸主の一方的な賃料値上げ要求にどう対抗するかを考える設問がある。どちらも論理的思考を必要とするし、実際に生活の場ですぐにも役立つような内容だと言える。
地図も読めず、電化製品のマニュアルを読むくらいなら哲学書の方がまだましだと思え、保険や不動産も専門家の言いなりになるばかりの私のような人間こそ、まずこういう勉強をすべきなのかもしれない。
しかし、疑問もある。まず、果たしてこれは大学入試で問うべきことなのか、ということだ。議論にも契約にも、生産的であるため、騙されないための論理性が必要なのは言うまでもない。でもそれは、大学に行かない人には必要ではないのか。普通に生きていれば誰だって議論する場面や契約を結ぶ場面と無縁ではいられない。
しかも、この2つのモデル問題例にかぎって言えば、内容のレベルは決して高くない。むしろ今や進学率が97%に達する高校の入試でこそこのようなことを問うべきではないか。
また、もう1つは、こうした生きていくための情報処理を扱うのが高校の「国語」という科目なのだろうか、という疑問である。
もちろん、ことばの扱いに関わるものである以上、全く無縁ということはないだろう。その点、「国語」が実質的にその扱う文章の内容から「道徳」の時間になっているという批判を考えてもよい。
「道徳」の教科化には大きな問題があるだろうが、少なくとも「国語」と「道徳」が意識されないまま同化してしまうことに対する1つの歯止めにはなりうる。同様に、こうした情報処理は、一種の生活の技術として別科目を立てることも考えるべきではないか。
このことには、先述のとおり、指導法や指導要領の変化の他の要因も大きく絡んでくるし、センター後継の新テストが全体としてどのようなかたちになるのかは11月にならないと示されず、今後どうなっていくのか、まだ正確な見通しは立たない。
しかし、「国語」の単位数に限りがある以上、新しい入試に合わせてこれまでの教材が減るだろうことは間違いない。今度こそ「文豪が消える」ことが現実になる。その未来を見据えつつ、今後起こるだろう大変革に関して注意喚起を促す第一報としたい。


最低賃金引き上げ まだ十分な額ではない
 県内の最低賃金が早ければ10月から、現行の時給714円から23円引き上げられて737円となる。上げ幅の23円は1991年度と並び過去最高だが、非正規労働で生活するには、まだ十分な額とは言えない。
 最低賃金はパート労働者を含む全ての働く人に適用され、これを下回る賃金は違法となる。
 毎年の最低賃金額は、労使が参加する国の中央最低賃金審議会が改定の目安額を提示し、都道府県ごとに決められる。沖縄は目安額として22円の引き上げとしていたが、沖縄地方最低賃金審議会はさらに1円上乗せした。好調が続く県内景気や、それに伴う人手不足を加味したようだ。
 安倍政権が3月に公表した「働き方改革実行計画」には「最低賃金が千円になることを目指す」と引き続き明記されている。計画では「企業収益は過去最高」と評価したものの、労働分配率は「近年低下傾向にある」と認める。そして、景気の好循環とアベノミクスの進展のために労働者の賃金を引き上げ、企業収益の好調さに比べて低い労働分配率を上昇させることが重要とうたう。
 しかし、毎年のように最低賃金千円を掲げる割には歩みは遅い。全国平均は848円だが、引き上げが働き方実行計画に掲げる「年3%程度引き上げ」のペースでは、千円到達にはあと6年ほどかかる。
 しかも、沖縄など8県は全国最低額で、最高額の東京都の958円とは221円の差がある。今回の改定で地域間格差はこれまでより3円広がった。
 時給737円では、週40時間、フルタイムと同じように働いたとしても年収は150万円に届かない。家計を支えるには厳しい額だ。
 しかも、沖縄は非正規雇用の割合が全国一高い。総務省就業構造基本調査(2012年)によると、県内の非正規雇用率は44・5%で、全国平均の38・1%を大きく超える。
 さらに、最低賃金を下回る給与、いわゆる最賃破りが沖縄県は5・2%で、全国平均を3・3ポイントも上回るという。
 働く人の半分近くが非正規雇用であり、長らく全国で最も低い最低賃金が続いている。その最低賃金さえも守られない例がある。こうした点が沖縄の低所得、ひいては貧困を生んでいる。
 幸い、県内は観光客の増加などによる好況が続き、直近6月の有効求人倍率は1・18倍で、9カ月連続で1倍を超えた。さまざまな業界で人手が不足し、企業も待遇改善に力を入れ始めている。
 非正規雇用の人の正社員化を進めるのはもちろんだが、非正規でも憲法25条の「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を保障する必要がある。足腰の弱い中小零細企業への支援策を行いつつ、最低賃金を目標額まで引き上げるべきだ。


ガザ停戦3年 復興進まず 電力供給1日2〜4時間
 パレスチナ自治区ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマスとイスラエルの大規模な戦闘が終結して26日で3年が経過する。だがイスラエルの封鎖政策などで復興は遅々として進まず、ヨルダン川西岸を支配するパレスチナ自治政府(PA)がハマスへの圧力を強化するなど同胞間の対立も深刻化。ガザ地区200万人の住民は苦境に陥っている。
 「鳥肉はどうだい」「こっちはモモだよ」。売り子の威勢のいい声が響きわたる。休日の金曜朝、シャティ市場は食材を求める買い物客であふれていた。
 活気に満ちた光景だが、裏がある。酷暑の中、1日の電力供給は約2〜4時間に過ぎず、各家庭は冷蔵庫で食品を保管できない。その日に使う食材を、その都度買わざるを得ないのだ。
 難民キャンプで暮らすタクシー運転手、アシュラフ・アブラムディさん(36)は「市場には以前は週に2回しか来なかったが、今はほぼ毎日。ゆうべも暑くてよく眠れなかった」と、うんざりした表情で語った。
 PAは今年4月、ガザ地区に対する財政支出を財政難を理由に大幅にカット。対立するハマスに圧力をかけたとみられる。これによる燃料不足が電力危機に拍車をかけている。
 ガザ保健当局のエルケドラ広報官は「医療機関は自家発電で電力をまかなうが、この状況が続けば、現在の1日当たり250件の手術や200人の出産に対応できなくなる」と語った。
 アルシファ病院のジハード・ジュアイディ集中治療室(ICU)長は「ICUと手術に電気は不可欠」と指摘。この10年間でICUの医師が23人から15人に減ったといい、「復興どころではない。状況は確実に悪化している。命に関わる医療は政治問題とは切り離してほしい」と訴えた。
 国連児童基金(ユニセフ)によると、ガザ地区では過去4カ月で、電力不足のため使用可能な水量が3分の1減少。国際基準で最低とされる1人1日当たり100リットルのほぼ半分の53リットルに落ち込み、南部では1日40リットルにまで激減している。電力不足は汚水処理も阻害しており、連日10万立方メートル以上の汚水が海に垂れ流されている。ユニセフは6月に報告された3歳未満の子供の下痢の症例は3月の2.5倍に当たる3713件に上ったとし、国際社会に支援を呼びかけている。【ガザ市(パレスチナ自治区ガザ地区)で高橋宗男】


森友と同じ構図に 加計学園「建設費水増し疑惑」に新証拠
 森友学園と同じ轍を踏むかもしれない――。23日、衆院第1議員会館で民進党の「加計学園疑惑調査チーム」によるヒアリングが行われ、議員と共に「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表の黒川敦彦氏が参加。愛媛県今治市に建設中の獣医学部キャンパスをめぐり、加計学園の“建築費水増し”疑惑を裏付ける新たな証拠が飛び出した。
 黒川氏が疑惑の証拠として提出したのは「政府統計の総合窓口」(e―Stat)の建築着工統計調査データだ。それによると、愛媛県で2017年4月に着工された「鉄骨造」の「学校の校舎」の欄に<建築物7棟、床面積3万281平方メートル、工事費予定額80億813万円>とある。計算すると、坪単価は約88万円だ。
 そして、このデータに該当する鉄骨造の校舎は、加計学園獣医学部キャンパスのほかにないのだ。
「22日、今治市の建築指導課で加計学園の情報であることを確認しました。学園側が市に出した建築単価はデータの通りです」(黒川氏)
 オカシイのは、加計学園が文科省に提出した資料で、施設工事費は約148億円、延べ床面積は3万2528平方メートルとなっている。この数字に基づくと坪単価が150万円となり、相場の2倍にあたるため“補助金目当ての建築費水増し”疑惑が指摘されているのだ。
 改めて正確な建築費と坪単価の計算を学園側に問い合わせると、「建物工事費約126億円、延べ床面積3万3091平方メートル、坪単価126万円」(秘書室)という回答があった。外構工事費や設計監理料など約22億円を差し引いているため、坪単価は150万円を下回っているが、それでも統計データの数字より約40万円高い。
■浮上する加計理事長逮捕の可能性
 日刊ゲンダイが入手した52枚の建築図面を見た1級建築士の川本幸立氏がこう指摘する。
「獣医学部棟の内装は、壁や床の材質を見ても、必要最小限度といったところでしょう。コスト的に特別高い仕様になっているわけではありません。高く見積もっても、坪単価100万円が関の山でしょう」
 ちなみに、土地の造成や謎のワインセラーの整備費なども含めると、獣医学部キャンパスにかかる総事業費は計192億円。愛媛県と今治市は、半分の96億円を補助する方針を決定している。市は補助金の支出について「6月に(学園側から)詳細な工事費内訳書の提出があり、審査を行っている」という。
 このまま審査が通れば、建築費が高く見積もられた疑いのある総事業費の半分に巨額の税金が投入されることになる。
「加計学園が市や文科省に出している建築費の差額はどうなるのでしょうか。建築費を水増しして市や県から補助金を詐取したとなれば、森友学園の補助金不正詐取事件と同じです。加計孝太郎理事長が逮捕される可能性が浮上します」(黒川氏)
 加計理事長は雲隠れしていないで、疑惑の真相を話したほうがいい。


総務省への請求 漏えいか 下村氏事務所の日報に記載 
 下村博文(はくぶん)・元文部科学相の政治資金に関する情報公開請求があった二〇一四年十月当時、下村氏の事務所日報に「菅(すが)官房長官 大臣秘書官より 一昨日、マスコミから総務省に開示要求が入りました」と記載されていることが分かった。開示請求の二日後の十月二十三日付の日報で、本紙は週刊文春を通じ、印字された日報データを入手した。当時、日刊ゲンダイの記者が文科相だった下村氏はじめ、全閣僚の政治資金管理団体の少額領収書の公開請求をしており、総務省側から請求情報が漏えいした可能性がある。(望月衣塑子)
 少額領収書は各政治団体が保管し、総務省や都道府県選管に情報公開請求があると、政治家側は、同省などに写しを提出する仕組みになっている。日報には、菅義偉(よしひで)氏の秘書官から「総務省より、少額領収書の開示要求がきます。それが届いたら、二十日までの期日を、三十日まで必ず延長してください」「この連絡は厳秘!」という連絡があったと記載されている。
 政治資金規正法によると、開示命令を総務省から受けた場合、原則二十日以内に情報開示することを求めている。延長が認められるのは、選挙時や大量に領収書がある時など、事務処理上困難な場合に限るとされている。
 ゲンダイによると、総務省の開示は何度も延長され、全閣僚分が開示されたのは開示請求から九カ月後の一五年七月二十三日だった。
 下村氏は今年六月末、学校法人「加計(かけ)学園」側の陳情状況などが日報に記載されていたとする週刊文春の報道を受けて会見し、「日報がデジタルデータで漏えいした」と述べていた。今回の日報について、下村氏の事務所からは、これまで取材への回答はなかった。
 下村氏の事務所関係者は本紙の取材に、日報は下村氏の秘書が作成したと認めたうえで、「政治資金に関する開示請求者の情報は、よく事務所に伝わっていた。なんらかの経路で、総務省から漏えいしているのではないか」と指摘する。
 ゲンダイ側は「当時、公開請求したことを外部に漏らしたことは一切ない。政治資金に関するあらゆる情報は誰もが即時に見られるようにすべきだ」としている。
 一方、菅氏は七月十三日の会見で「秘書官は(開示請求の)情報は入手していないと言っている。日報に書かれているような指示もしていない」と否定。総務省は「(外部に)教えることはあり得ない」と説明する。
 政治活動に関する情報公開を巡っては、昨年十月に請求者情報を漏らした富山市職員が懲戒処分を受けた例もある。政治資金規正法に詳しい神戸学院大学の上脇博之教授は「秘匿されるべき開示請求者の情報を、官房長官側が総務省から得て、かつ、それを元に違法な運用を指示したとすれば大問題だ」と話す。


飲酒運転事故 「悲劇」繰り返さぬ社会へ
 飲酒運転は危険で悪質な「犯罪」であることを、社会全体で再確認しなければならない。本人や周囲の強い意志でこの犯罪を根絶する誓いを新たにしたい。
 福岡市東区で幼いきょうだい3人の命が奪われた飲酒運転による追突事故からきょうで11年になる。海の中道大橋で父親の運転する車が、飲酒した市職員(当時)の車に追突され、博多湾に転落した。市職員は危険運転致死傷罪などで懲役20年の刑が確定した。
 飲酒運転が引き起こした悲劇は枚挙にいとまがない。1999年には東名高速道で、飲酒したトラック運転手による追突事故で幼児2人が死亡した。
 これらの事故を教訓に法改正や官民一体の取り組みが進んだ。警察庁によると、飲酒運転による死亡事故は昨年213件で東名高速道の事故当時の2割以下となったが最近は減少幅が小さくなっている。危機感が薄れてはいないか。
 驚くべきことに、プロの運転手による飲酒運転も後を絶たない。
 北九州市は今年5月、勤務後に飲酒して軽乗用車を運転したとして市営バス嘱託運転手を解雇した。長崎バス(長崎市)では昨夏、運転手が乗車前に酒気を検出されたにもかかわらず、再検査を擦り抜けて客の乗る路線バスを運転した。言語道断というほかない。
 飲酒運転に対する罰則は着実に強化されてきた。危険運転致死傷罪は01年に刑法に新設され、14年には独立した自動車運転死傷行為処罰法として施行された。
 07年の道交法改正では飲酒運転の恐れがある者に酒類を提供した者も処罰の対象となり、飲食店も日常的に目を光らせている。それでも飲酒事故はなくならない。
 飲酒運転摘発者の6割近くが再犯という。アルコール依存症を疑うなど医学的な対応も必要だ。
 酒気の検知によりエンジンを作動させない安全装置(インターロック)の普及も進めたい。飲酒の弊害を早くから教える学校教育も有効だろう。
 「飲酒運転ゼロ」の実現に向けてあらゆる手だてを講じたい。


カジノ実施法案 臨時国会提出は拙速だ
 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案が、9月25日召集を軸に調整中の臨時国会に提出される見通しになった。先月末に公表されたIRの運営ルールに関する有識者の報告書を踏まえたものである。
 報告書はギャンブル依存症対策として「日本人の入場回数制限」などを盛り込んだが、これでカジノ解禁への国民の根強い不安や懸念が払拭(ふっしょく)されるとは思えない。昨年12月に公布・施行されたカジノ法を凍結するとともに、実施法案の臨時国会提出は見送るべきではないか。
 先の報告書によるとIRはカジノや国際会議場、ホテルなど計5施設の完備を要件とする。一つの事業者が5施設を一体経営するが、カジノ以外は運営委託も認めた。一つのIRにつきカジノは1カ所に制限し、カジノ収益を原資に採算性が比較的低い国際会議場を運営するなど、他の施設に還元する。
 IRはギャンブル熱をあおるのではなく、公益につながるとのイメージを強く打ち出したいのだろう。しかしカジノが核になることに変わりはない。
 またカジノ事業は免許更新制とし、政府内に新設する「カジノ管理委員会」が暴力団関係者の有無などを審査した上で許可する。管理委はマネーロンダリング(資金洗浄)や法令違反を監視、問題があれば免許を取り消すことができるという。
 日本人を対象とする入場回数制限はマイナンバーカードで本人確認する仕組みで、入場料金も徴収する。ギャンブル依存症や反社会的勢力の介在など、カジノの弊害を未然に防ごうという対策だろうが、「客商売」である以上、果たして実効性があるのかどうか、疑わしい。
 一方、IR誘致を巡っては北海道、大阪、和歌山、長崎の各道府県が乗り出し、海外のカジノ事業者は東京や横浜市など大都市への進出をうかがうという構図である。誘致する側と進出する側のずれは否めない。
 しかも報告書が示す運営ルールは「事実上の地方外し」にも映る。和歌山県の仁坂吉伸知事は「地方都市では条件を満たすのは極めて困難だ」と官邸に見直しを迫った。5施設を完備するといった形でハードルを上げれば上げるほど、地方都市には不利に働くのではないか。
 滞在型観光を実現し、雇用の創出と地域経済の振興を図ると政府がもくろむIR整備も、つまりは「大都市と海外の資本のための」成長戦略といえる。賛成する立場からしても、これで地方の活性化につながるとは思えなくなったのではないか。
 誘致を目指すに当たっては、自治体が未利用の公共用地を用意することもあろう。しかし、その多くは工業団地や港湾施設などの目的を掲げ、税金や補助金を投入して開発した土地に違いない。カジノに転用するというなら、あらためて納税者、市民に丁寧に説明すべきだ。
 IRの運営ルールについては広島など全国9都市で公聴会が開催中で、賛否は分かれている。にもかからず、実施法案の国会提出を日程に上らせるのは民意の軽視というほかない。
 先月の横浜市長選の共同通信社の出口調査では、6割がIR誘致に反対だったという。高かった安倍政権の内閣支持率にも陰りが見える中、あえて前のめりになる必要はあるまい。


衝撃の辛さと暑さ! 新・夏の風物詩「激辛グルメ祭り」が今年も開幕
 長らく続いた雨も止み、地獄のような残暑が襲い掛かってくる今日この頃。今年で5回目となる「激辛グルメ祭り2017」が、東京・新宿歌舞伎町の大久保公園で8/23から開催中。炎天下で辛い物を食べるという、日本でもかなりのドMな祭りを体感すべく、日刊SPA!が取材に向かった。
「辛い物好きな人も苦手な人も両方楽しめる」のがこのイベントのポイント。開催期間は3ラウンドにわかれていて、1st(8月23日〜31日)2nd(8月29日〜9月3日)3rd(9月5日〜10日)で、各ラウンドで9店ずつ、今回は過去最多の24店舗が出店。取材班が訪れたのは祭り初日の真っ昼間、午後2時。うだるような暑さの中で9店の看板メニューを実食。各激辛グルメの感想とイベントの暑さをレポートする。
■蒙古タンメン中本『冷やし辛中華』
 激辛ラーメンといえば右に出るものはいない「蒙古タンメン中本」が、今年は冷やし中華で出店。辛さには「小辛」「中辛」「激辛」があり、「激辛」を注文。この品は、以前当サイトの取材に応じてくれた、銀座のクラブの最年少ママ桐島とうかさんが無類の辛い物好きということで、試食してもらった。
 試食前は扇子を片手に涼しい顔を決めていたのだが……。
2、3口食べた後には思わずこの表情。
「凄くおいしい!でも特製ソースがかかっているところを直に食べるとヤバいです……。スープはまろやかなんで、交互か混ぜて食べると大丈夫ですね。めっちゃおいしいんですけど、これ絶対水いります(笑)」
 良いリアクションを見せてくれながら、笑顔で食べてくれたとうかさん。記者も、恐る恐る口にしたが、これが驚くほどにめちゃめちゃウマい!特性の辛ソースが舌を激しく刺激するが、まろやかなスープと相まって箸が進む進む。訪れたら必ず食べたい1品だ。
「辛いけど、凄くおいしい。激辛フリークにはたまりません」
「これ以上食べると今日は口が腫れて仕事にならないので」と、桐島さんはこれで退席。ここからは記者の実食によるレポートをお届けする。
■辛ちゃん『辛手羽先』
 新大久保の人気韓国式チキン専門店の激辛手羽先が登場。ピリっとした辛さを感じた後に、特製ソースによる甘みが口の中を満たしていき、手が止まらなくなる。手羽先の上に乗っているのはトッポギ。甘辛のソースがよく染み込んでいて、口の中でジュワっと溢れる。
■チェンマイ食堂 マイホーム『ヤム カオ ソーイ』
 小岩にあるタイ料理店の、イベントオリジナルのラーメンサラダ。チェンマイ出身のシェフが作る味は本場さながらで、複雑なスパイスが鼻を突きぬける。タイで食べた経験のある人はきっと現地の風景を思い出すはず。
■エチオピア『スパイシーチキンとコーンバターライスのカレー』
 言わずと知れたお茶の水と高田馬場にあるカリーライスの名店。コーンバターライスの甘みとタンドリー風チキンのスパイスがカレーソースによく絡み、絶品。だが記者は70倍を頼み、その辛さに悶絶。辛いというよりは痛い。激痛。
■京華樓『本場の四川麻婆豆腐』
 中華街や横浜にある、本場の四川料理が食べられる中華料理店「京華樓」。麻婆豆腐好きにはたまらないコクのある辛さに、蓮華と汗が止まらない。辛さのレベルには激辛と超辛があるので、舌をいじめ抜きたい人はぜひ。
BANH XEO SAIGON『レッドホットバインセオ』
 ベトナム料理バインセオの、イベントオリジナルバージョン。サクサクの生地にも唐辛子が練り込んであり、のどにくる辛さには悶絶。中に野菜と麺が入っていて、レタスで包んで食べると辛さも中和されてジューシーに味わえる。
■モンゴリアン・チャイニーズ BAO『羊の塩茹で』
 モンゴルの伝統料理。トロトロに煮込まれていて、口の中ですぐに身がとろける。抑えられながらもうまく引き出されている羊独特の香りと、出汁がギュッと詰まった辛スープの相性がたまらない。
■FONDA DE LA MADRUGADA『チキンタコス』
 原宿で25年の歴史を持つ老舗店のタコス。深みのある辛いソースと柔らかいほぐれたチキンがマッチする。たださすが唐辛子の原産国。激辛を頼んだが、マジで辛い。むせると涙が出た。
■バーンリムパー『パクチートムヤム麺』
 新宿にあるタイ料理店のトムヤム麺。今大人気のパクチーが大量にのっていて、パクチストは実食必須。スープはエビや貝の海鮮の旨味が存分に引き出されていて、信じられないほどウマい。汗をかきながら食べて夏を感じるにはもってこいの一品。
 午後2時に来場した記者が9品を完食したのは午後4時過ぎ。当日は気温が33.4度とうだるような暑さだったこともあるが、激辛グルメを食べ続けたことで普段は代謝の悪い記者の発汗作用も暴走、日常生活ではありえない程の汗をかいた。
 激辛グルメ祭りはラウンド毎に店舗の料理が入れ替わるので、最低でも3度は新鮮な味を楽しめる。平日の11時から18時まではアルコール類が半額で、昼飲みにもぴったりだ。夏を楽しみ忘れた人や、もう一度夏らしいことをしたいという人は、激辛グルメ祭りで体の外と中から「灼熱」を感じてみるのもアリかも。<取材・文/日刊SPA!激辛グルメ取材班>
【激辛グルメ祭り2017】
開催期間・時間:8/23〜9/10 11:00〜21:00
1stラウンド8/23〜27 2ndラウンド8/29〜9/3 3rdラウンド9/5〜10
※8/28、9/4の月曜日は店舗入れ替えのため休み
場所:大久保公園
料金:入場無料(飲食は有料)


小池都知事 朝鮮人虐殺追悼文見送り「特別な形控えたい」
 東京都の小池百合子知事は25日の定例記者会見で、関東大震災時に虐殺された朝鮮人犠牲者を慰霊する9月1日の式典への追悼文送付を今年はやめたことについて、「3月に(都慰霊協会主催の)大法要に出席し、関東大震災で犠牲となられたすべての方々への追悼の意を表した」「特別な形での追悼文を提出することは控えさせていただいた」と説明した。
 虐殺の背景には民族差別があり、特別に追悼の辞を述べる意義を見いだせないか、との質問には「民族差別という観点というよりは、災害の被害、さまざまな被害によって亡くなられた方々に対しての慰霊をしていくべきだと思っている」と述べた。
 これに対し、インターネット上では「虐殺は大震災で生き残った人々に対してなされた。震災死と同列に置ける訳がない」「災害にひっくるめるのは、殺害事件をなかったことにすることだ」などと批判する書き込みが相次いだ。【樋岡徹也】


ついに本性が…小池百合子が関東大震災朝鮮人犠牲者の追悼を拒否! 背後に朝鮮人虐殺を否定する在特会系ヘイト団体
 小池百合子都知事が、9月1日に東京都墨田区の都立横網町公園で行われる関東大震災で虐殺された朝鮮人犠牲者への追悼メッセージを拒否したことが波紋を広げている。本サイトでは昨年の知事選の際から、小池氏とその側近の極右思想やヘイト団体との関係を指摘・批判してきたが、ここにきてその本性をモロにあらわしたということだろう。
 1923年の関東大震災では、発生直後の混乱のなかで、「朝鮮人が暴動を起こした」「井戸に毒をいれた」「放火している」などのデマが広がり、警察や自警団など、日本人らによる大規模な朝鮮人の虐殺が行われた。震災戦災のメモリアルパークである横網町公園には、その悲劇を二度と繰りかえさぬよう願う朝鮮人犠牲者追悼碑が建てられており、日朝協会東京都連合会などでつくる実行委員会が主催する9月1日の式典でも、朝鮮人犠牲者の追悼が行われている。例年、この式典には都知事が追悼のメッセージを寄せ、出席した都側の担当者が代読してきた。
 しかし、主催者側関係者によれば、8月初旬、公園を管轄する都の担当部署から、今年は小池都知事による追悼文を出さない旨を伝達。都側は理由として、同じ9月1日に同公園内の慰霊堂で行う都慰霊協会主催の大法要に知事が出席することを挙げ、「犠牲者すべてに哀悼の意を表すので、これからは個別の団体や個人のことで追悼を差し上げることはやらない」と説明したという。
 論外だろう。そもそも、被災者一般の追悼と朝鮮人犠牲者の追悼は全く意味がちがう。朝鮮人虐殺は混乱に乗じた人災であり、軍や警察という行政側も朝鮮人の殺害に加担したのだ。これに対し、多様の民族、国籍の人々が生活し、2020年にはオリンピックも行われる東京都のトップが、民族差別を背景にしたヘイトクライムの過去に対する追悼メッセージを拒否するというのは、国際的にもありえない判断としか言いようがない。
 ところが、本日の定例記者会見で、この問題について朝日新聞記者から質問された小池都知事は、「民族差別という観点というよりは、私は災害の様々な被害によって亡くなられた方々についての慰霊をすべきであると思っています」とごまかした。また、昨年は追悼メッセージを送っていたことを指摘されると、追悼文の文言は都知事自らが考えていないので事務方が慣例的に行うことが多いと開き直って、昨年は追悼文の送付について「後からたまたま知った」と、自らの関与を否定すらしたのである。
 こうした対応を見ても、小池都知事の言う「犠牲者すべてに哀悼の意を表すので、個別の団体や個人に追悼しない」というのは、誰の目にも方便であることは明らかだ。事実、会見のなかでも英字新聞ジャパン・タイムズの記者から朝鮮人虐殺の歴史認識について追及された小池都知事は「様々な歴史的な認識があろうかと思う」と相対化して、「関東大震災という非常に大きな災害、それに続く様々な事情によって亡くなられた方々」と、あからさまに朝鮮人虐殺という言葉を使うのを避けていた。
「朝鮮人虐殺はなかった」のヘイトデマを叫ぶ極右都議
 ようするに小池都知事は、朝鮮人虐殺の歴史事実を否定したいがために、朝鮮人犠牲者追悼式典での追悼メッセージを取りやめにした。そうとしか思えない。実際、一部新聞などでも指摘されているように、今回の追悼メッセージ取りやめの背景には、都議会で自民党・古賀俊昭都議が朝鮮人虐殺について小池都知事に行った質疑が関係しており、都側もそのことを認めている。
 古賀都議は8月2日の都議会で、横網町公園の追悼碑に〈あやまった策動と流言蜚語のため六千余名にのぼる朝鮮人が尊い生命を奪われました〉と記述があるのを問題視。本サイトで以前その内容がデタラメの宝庫だと指摘した朝鮮人虐殺否定本『関東大震災 朝鮮人虐殺の真実』(工藤美代子/産経新聞出版)を論拠に、「事実に反する一方的な政治的主張と文言を刻むことは、むしろ日本及び日本人に対する主権及び人権侵害が生じる可能性があり、今日的に表現すれば、ヘイトスピーチであって、到底容認できるものではありません」「(朝鮮人犠牲者追悼碑の)撤去を含む改善策を講ずるべき」「今後は追悼の辞の発信を再考すべき」と主張し、対応を迫った。これに対し小池都知事は「私自身がよく目を通した上で、適切に判断をいたします」と答弁している。
 たしかに朝鮮人虐殺における犠牲者数については諸説あるが、デマや流言によって多数の朝鮮人や中国人が、日本の警察や軍、自警団に虐殺されたのは歴然たる事実である。それは、当時、治安出動を指揮した警視庁官房主事の正力松太郎自身も証言していることだ。その犠牲者数の多寡を標的にして、「日本人に対するヘイトスピーチ」などと喚くのは悪質な言いがかりでしかない。
 しかも、古賀都議は横網町公園にある朝鮮人犠牲者追悼碑について、「(建立当時は)何せ共産党を中核とする革新都政でありましたから、相手の言うがままであったと思われます」などと、さも勝手に建てられたかのように吹いているが、実際には、この碑は民間、学界、法曹界、実業界、宗教界などから多くの人々の協力を経て、震災50周年の1973年に建立されたもの。『九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響』(ころから)の著書がある加藤直樹氏によれば、追悼碑建立の協力者は個人で約600人、団体で240団体にものぼり、実際、その中には美濃部亮吉都知事を筆頭とする政治家はもちろん、共産党や社会党だけでなく、自民党や公明党の各区議団の名前も連ねられている。それを「相手の言うがままであった」とは妄想も大概にしてほしい。
 そもそも、この古賀都議は「極端と言っていいほどの右翼議員として有名」(都庁関係者)な人物。事実、古賀氏はホームページでは、〈東京都平和祈念館の反日偏向展示計画阻止、教育・教科書採択正常化、過激派性教育・ジェンダーフリー是正、石原知事の靖国神社参拝実現〉などの文言がこれでもかと並ぶ、典型的な極右政治家である。
 しかも、新聞では報じられていないが、古賀議員の質疑及び小池都知事の追悼文拒否の背景には、「日本女性の会 そよ風」という極右市民団体の存在がちらついている。「そよ風」は在特会の関連団体で、慰安婦問題や関東大震災朝鮮人虐殺の否定などを主張しており、2013年には大阪・鶴橋で「いつまでも調子にのっとったら、南京大虐殺ではなく『鶴橋大虐殺』を実行しますよ!」などとジェノサイドを先導したヘイトデモに協力しており、「そよ風」北海道支部長の女性は桜井誠・前在特会会長の「日本第一党」の副党首まで務めている。
朝鮮人虐殺を否定するヘイト団体「そよ風」と小池百合子の関係
「そよ風」は、関東大震災の朝鮮人虐殺を否定する歴史修正運動とロビー活動に熱を上げており、各地の朝鮮人慰霊碑の撤去を求める街宣や東京都に対する公開質問状の送付などを行なっているのだが、実は、この在特会系団体と、都議会で朝鮮人慰霊碑撤去の質疑をぶった古賀氏は昵懇の仲。それどころか、小池都知事ともただならぬ関係にあるのだ。
 事実、「そよ風」のブログによれば、昨年6月には「関東大震災の真実を伝える会」の名称で古賀都議と面会し、横網町公園内の朝鮮人慰霊碑について〈「関東大震災における6000人の朝鮮人虐殺」の嘘〉などをレクチャーしている。同年8月には、古賀議員が「そよ風」主催の会合で講演。今年3月2日の都議会質問も傍聴したことがブログで報告されている。古賀氏の質疑が「そよ風」の運動の“成果”であったことはほぼ間違いない。
 さらに前述のとおり、小池都知事自身が「そよ風」と浅からぬ縁がある。小池氏は2010年に「日本と地球の護り方」と題した講演会を行なっているのだが、この会を主催したのが他ならぬ「そよ風」で、協賛には在特会女性部も名を連ねていた。
 こうした関係を踏まえれば、今回、小池都知事が朝鮮人犠牲者の追悼文を拒否したのには、この在特会系極右団体のロビイングによる古賀都議の質疑だけでなく、「そよ風」が直接的に小池都知事に働きかけた可能性もあるだろう。
 しかも、「そよ風」は朝鮮人犠牲者の追悼式典が行われる9月1日に、同じ横網町公園での集会を予定している。今回の都知事による追悼メッセージの取りやめは、こうした歴史修正運動にお墨付きを与えることとなり、今後一層、都内での極右団体の活動を活発化させるだろう。
 いずれにしても、今回の一件で、小池都知事はその本質である極右思想だけでなく、ヘイトクライムを擁護するような差別主義を、世界に向け発信したことになる。
 もともと、昨年12月の所信表明でも「韓国人学校への都有地貸与の撤回」を功績として語り、今年3月16日の都議会予算特別委員会では「グローバル人材の育成の観点からも、国旗や国歌を大切にする心を育むということこそ重要」と言い、都立看護専門学校や首都大学東京での入学式・卒業式において、国旗の掲揚のみならず「国歌斉唱についても行うよう望んでいきたい」と述べるなど、知事就任後もその極右思想は隠しきれてなかったが、歴史認識についても「それぞれの立場がある」などと相対化して朝鮮人虐殺の事実まで無効化しようとしている。これでは、国際都市である東京が、グロテスクな民族差別とヘイトクライムを容認しているようなものだ。
 何度でも繰り返すが、これで本当に五輪を迎えようというのだからクラクラしてくる。わたしたちは、「東京大改革」などという頭の悪さ丸出しなコピーに騙されることなく、極右ヘイト団体と歩調を合わせて歴史修整と差別思想を拡散させている小池都知事に、明確なノーを突きつけていく必要がある。(編集部)


“極右”小池東京都知事、朝鮮人虐殺追悼文を拒否
9月1日の犠牲者追悼行事に追悼文送った慣例破り 
極右勢力の朝鮮人被害歪曲加速を憂慮
 “安倍対抗馬”に浮上した小池百合子東京都知事が、慣例を破って関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式に追悼文を送らないことにした。関東大震災当時の朝鮮人虐殺を否定する動きを助長したという批判が提起されている。
 小池知事は、来月1日に東京都墨田区の横網町公園の朝鮮人犠牲者追悼碑の前で開かれる関東大震災朝鮮人犠牲者追悼行事に追悼文を送ってほしいという主催側要求を断ったと、東京新聞が24日報道した。関東大震災当時、日本人自警団などにより虐殺された朝鮮人犠牲者を記憶するこの行事は、日本の市民団体の主管で毎年開かれてきたもので、これまで石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一など前任の東京都知事は毎年追悼文を送ってきた。小池知事も就任直後の昨年には追悼文を送ったが、今年は突然立場を変えた。
 ここには追悼碑に書かれた「朝鮮人犠牲者数6千人余り」という字句と関連した論議が原因になったと東京新聞は伝えた。今年3月、東京都議会で自民党所属の都議会議員が「碑文に書かれた犠牲者数の根拠が薄弱だ」と主張すると、小池知事は「慣例的に追悼文を出していたが、今後は内容を調べたうえで追悼文を発表するか否かを決める」と答えた経緯がある。
 1923年9月1日、東京など関東地方でマグニチュード7.9の大地震が発生し「朝鮮人が井戸に毒を撒いた」などのデマが流布され、自警団、警察、軍人らが在日朝鮮人を虐殺した。日本では小池知事の追悼文提出拒否が関東大震災の朝鮮人被害事実を歪曲しようとする動きを加速させるのではという観測が出ている。日本の右翼勢力は、関東大震災朝鮮人虐殺事件の被害者数が水増しされており、また事件は当時朝鮮人が起こした暴動に対する正当防衛だったと主張している。
 小池知事は最近人気が急上昇した政治家だが、平和憲法を否定しようとする極右保守団体の日本会議で活動し、慰安婦強制連行を否定した極右人物だ。
東京/チョ・ギウォン特派員


土地代込み5万円の破格物件、まさかの展開 香美町
 「約230平方メートルの土地代込み5万円」。破格の値段で売り出され、昨年夏に大きな反響を呼んだ兵庫県香美町村岡区柤岡(けびおか)の空き家を覚えているだろうか。町役場に全国から300件以上の問い合わせが殺到する中、所有者が選んだのは、埼玉県上尾市に住む60代の夫婦だった。今年7月に契約を結び、9月の本格移住に向けて準備を進める2人の“新居”を訪ねた。(黒川裕生)
 出迎えてくれたのは、ロビン・ピアソンさん(63)と、高橋清美さん(65)夫妻。ロビンさんはオーストラリア出身で、清美さんとは18年前に日本で結婚した。お互い再婚だ。
 山あいの集落にある取り壊し予定だった木造2階建て。香美町が移住希望者に紹介する「空き家バンク」に大阪府の所有者が登録したところ、家屋2万5千円、土地2万5千円という破格値が注目を集めた。清美さんがインターネットで偶然発見。ロビンさんに「日本では空き家が全国的な問題になっている」と伝えると、思いがけず「土地代込み5万円」の部分に、ロビンさんが食いついた。
 「あり得ない値段だ」「築100年の古民家なんて素晴らしい」
 ロビンさんの勢いに押された清美さんが同町役場に連絡し、2人は昨年8月、初めて現地へ。山、谷、川が織り成す日本の原風景を目にしたロビンさんは「ファンタスティック!」と感嘆。移住するつもりはなかった清美さんも、周囲に広がる「見事な景色」を一目で気に入ったという。
 ただ、清美さんには90歳の母や孫の世話があるため、関東を離れられない。ロビンさんは「それでもいい」と譲らなかった。結局、清美さんが2カ月に1回程度、柤岡に通うことで購入を申し込むことにした。
 兵庫県には全く縁がなかった2人。「この年になって、日本海側の山間部に住むことになるなんて」と清美さんは苦笑い。一方、3年前に埼玉大学の英語講師を退職後、残りの人生について考えていたロビンさんは、家の裏にある畑で野菜や果物を育て始めるなど、早くも田舎暮らしを満喫している。
 柤岡の住民も、畑にイノシシよけの柵を作ったり、地元の祭りに招いたりと歓迎。「英語を教えてきた経験を生かし、香美町の役に立ちたい」とロビンさん。清美さんも「地域の歴史を知りたいし、旅行もしたい」と夢を膨らませる。
 「ここで楽しく過ごせれば。誰でもウエルカムですよ」と口をそろえた。


三重大院に「忍者・忍術学」
全国初…専門科目を来年度新設
 三重大学大学院(津市)の人文社会科学研究科は来年度、新たに地域文化論専攻の専門科目として、全国で初めて「忍者・忍術学」を設置する。日本の「忍者」に関心の高い学生を国内外から集めて研究を進めることが狙いで、大学院入試の受験科目としても、忍者に関する文献の史料読解などを課す。(小田玲美)
 同大学では2012年度から、人文学部の山田雄司教授(日本中世史)らが、忍者に関する古文書や伊賀流忍者博物館(伊賀市)にある忍術書を解読するなど、忍者・忍術学の研究を開始。13年10月からは、一般教養の日本史の授業で、学生らに忍者・忍術学を講義してきた。
 大学院に進学して忍者・忍術学の研究を希望する学生は、人文社会科学研究科で日本史を専門科目として選択し、その中で忍者に関する古文書を読み解くなどの授業を受けていた。
 来年度からは、専門科目として忍者・忍術学を新設することに伴い、地域文化論専攻の授業として新たに「忍者文化論特講」「忍者文化論演習」「忍者文化史料論特講」「忍者文化史料論演習」(各2単位)を開講する。授業は山田教授、吉丸雄哉准教授(日本近世文学)、高尾善希准教授(日本近世史)の3人が担当。学生は忍者・忍術学に関連する講義だけを受講して修士号が取得できる。
 大学院の入試では、忍者関連文献の史料読解や、忍術に関する知識として語句の説明などを求める設問が盛り込まれる予定という。山田教授は「学問としての忍者研究を前面に打ち出した。社会人や留学生も含めて忍者のことを本格的に学びたい学生が集うことを期待している」と話している。
 同大は7月1日、忍者の国際的な学術研究拠点として伊賀市に「国際忍者研究センター」を開設。同センターの専任教員として高尾准教授を新たに採用し、忍者関連の古文書の発掘や情報収集を進めている。9月にはロシアから外国人研究者を招く予定で、大学院への専門科目新設に加え、今後は研究成果の海外への発信やネットワーク作りにも力を入れていく。

テキスト届く/動画の再生が変/北御堂盆踊り

ブログネタ
フランス語 に参加中!
Fig56

Sumo story: Une vie de moine, entre sueur et larmes
De notre correspondant à Tokyo,
≪ Les débuts étaient tellement difficiles que je ne me souviens de rien. ≫ En débarquant au Japon en 2002, Kaloyan Mahlyanov a 19 ans et dans sa valise un titre de champion d’Europe de lutte gréco-romaine. Le Bulgare de 2,03m, qui dépasse déjà les 120 kg et n’a donc pas pu participer aux Jeux olympiques de Sydney, a en revanche attiré l’œil d’un coach de sumo japonais, qui l’a convaincu de venir tenter sa chance dans le ≪ sport national ≫ nippon.
Sur place, il découvre la vie harassante des rikishi, les lutteurs de sumo, rythmée par l’exercice physique, les repas pantagruéliques et l’obéissance inconditionnelle aux aînés. Les journées commencent aux aurores par un épuisant entraînement, à jeun, qui dure trois ou quatre heures. Puis ce sont le bain et le repas : les lutteurs les moins bien classés, qui se sont levés plus tot pour accomplir diverses corvées, aident à la préparation du déjeuner puis mangent en dernier, après avoir servi les autres.
Avant d’avoir atteint un certain niveau dans le classement, tous dorment dans la même pièce, chez le maître de la heya (≪ l’écurie ≫) à laquelle ils appartiennent, où ils sont assujettis à une stricte hiérarchie et bien souvent au bizutage. La mort en 2007 d’un jeune lutteur de 17 ans, sous les coups de bouteille de bière et de batte métallique de son entraîneur et de ses aînés, a mis en lumière la brutalité qui fait partie intégrante de l’entraînement.
Le futur champion qui s’est enfui dix fois, à vélo
Cette vie est rendue plus ardue encore par le fait que le jeune Bulgare ne parle pas un mot de japonais. ≪ C’était le plus dur, ne pas pouvoir exprimer ce que je voulais dire, ne pas comprendre ce qu’on me demandait. Du coup, même les jours où il n’y avait pas d’entraînement, je me levais et je mettais mon mawashi ≫, la ceinture que portent les sumos pour combattre.
Beaucoup ne parviennent pas à s’acclimater à cette existence éreintante et préfèrent s’enfuir, en pleine nuit ou pendant les déplacements en province. Même des futurs champions ont failli tout lâcher : le Japonais Takayasu, qui en mai dernier a été promu ozeki, le deuxième plus haut rang au sein de la première division, s’est enfui une dizaine de fois de sa heya à ses débuts, rejoignant à vélo la maison familiale située à 50 km.
Le seul autre moyen d’échapper à cette vie est de monter en grade. Tous les lutteurs ont en permanence les yeux rivés sur le classement, appelé banzuke, une grande feuille de papier publiée avant chaque tournoi, tous les deux mois, où sont inscrits au pinceau les noms des quelque 700 sumos de la fédération. La règle est simple : à la fin des 15 jours du tournoi, ceux qui ont plus de victoires que de défaites progressent dans le classement, les autres descendent. Le système est implacable. Une absence, même pour blessure, équivaut à une défaite.
≪ Le ciel et l’enfer ≫
Les lutteurs des six divisions que compte le banzuke sont nourris, logés et blanchis par leur heya, mais seuls les 70 élus qui ont su se hisser – et se maintenir – dans les deux premières recoivent un salaire. On les appelle les sekitori ; développer son corps à force d’entraînement et de repas hypercaloriques pour atteindre ce rang est l’obsession de tous. La majorité des sumos arriveront cependant à l’âge de la retraite, entre 30 et 35 ans, sans y être jamais parvenus.
Être ou non sekitori, ≪ c’est la différence entre le ciel et l’enfer ≫, traduit rétrospectivement notre lutteur bulgare, qui a pris le nom de sumo de Koto-o-shu, trois caractères chinois dont les deux derniers signifient ≪ Europe ≫. Lui n’a pas droit à l’échec, car il a tout quitté pour devenir sumo et doit envoyer de l’argent à sa famille. Sa motivation est sans faille, et ses efforts paient : il ne lui faut qu’un an et demi pour rejoindre les rangs salariés, l’une des progressions les plus rapides de l’histoire du sumo moderne.
En plus du salaire, les sekitori jouissent d’un certain nombre de privilèges : une dispense de corvées, des assistants choisis parmi les rangs inférieurs, une plus grande liberté vestimentaire et la possibilité d’avoir son propre logement. Kotooshu ne s’arrête pas là : en 2006, il atteint le grade de ozeki, et devient en 2008 le premier lutteur européen à remporter un tournoi (à ce jour ils ne sont que deux, avec l’Estonien Baruto). Après avoir pris sa retraite en 2014, il a lancé en avril dernier sa propre heya.
Les jeunes Japonais ne rêvent plus d’être sumo
Cette existence ≪ hors du temps ≫ est liée à l’ancienneté de la tradition du sumo, à l’origine un ensemble de rituels shinto destinés à calmer les dieux et assurer de bonnes récoltes, qui serait apparu il y a 1.500 ans. Un héritage encore très présent : avant les combats, les lutteurs frappent le sol avec leurs pieds pour chasser les mauvais esprits, se rincent la bouche avec de l’eau et lancent du sel sur le dohyo, la plate-forme d’argile où ont lieu les combats, pour le purifier. Les femmes ne sont pas autorisées à y poser le pied.
≪ Parallèlement à cet aspect religieux, le sumo est depuis longtemps un spectacle traditionnel ≫, explique le journaliste Taro Arai. ≪ Ce n’est que récemment, à l’ère Showa (1926-1989), qu’il est aussi devenu un sport ≫. Le sumo en a gardé des aspects uniques : ≪ un certain flou dans les règles, qui conduit parfois à faire rejouer un combat, par exemple ≫, note le spécialiste du sumo. Les juges et les arbitres appartiennent, comme les lutteurs, à des heya, ce qui serait inconcevable dans le football ou le baseball.
Enfin, le fait pour un apprenti de vivre chez le maître, comme c’était le cas autrefois pour d’autres arts traditionnels comme le rakugo, ≪ ne subsiste que dans le sumo ≫. Cette vie, note Taro Arai, attire de moins en moins les jeunes Japonais : ils ne sont plus que 70 à 80 à pousser la porte d’une heya chaque année, deux fois moins que dans les années 1990. Un désamour qui explique en partie que le sumo soit dominé, depuis une vingtaine d’années, par les étrangers.
フランス語
フランス語の勉強?
BS世界のドキュメンタリー「アフター・ヒトラー」(前編)
悪魔のようなヒトラーが死に、第二次世界大戦が終結した直後のドイツ。荒廃と混乱の極地にあった欧州の、知られざる復興の歩みをカラー化されたレア映像で描く2部作。
前編は1945年、ドイツの敗戦直後から始まる。町は破壊し尽くされており、戦争孤児があふれ、男たちの多くは戦死、あるいは捕虜となっていたため、女たちががれきの撤去を行った。食料・日用品・衣類はわずかな配給しかなく、犯罪が横行。大量虐殺を行ったドイツ人への復讐として投石や公開処刑が何年も続き、解放されたユダヤ人の大移動も始まる。戦後も続いた地獄のような日々をカラー化されたアーカイブ映像でリアルに描く。〜2016年 フランス CINETEVE制作〜

有田芳生‏@aritayoshifu
ぼくの理解では前原さんの発言は「戦略的」です。小沢一郎さんの「オリーブの木」構想に理解を示している(はず)だからです。枝野さんは歯切れよく野党共闘を求めています。じつは共闘はただの戦術ではなく、時代認識に基づく思想が問われているのです。ぼくは枝野幸男さんを支持しています。

昼過ぎに電話があってテキストが届きました.意外に分厚いです.
依頼していた動画は500Mのサイズでダウンロードはうまくいきましたが再生がおかしいです.Windows10だから?どうもvaioがいけないみたい.
北御堂盆踊りに行きました.ビールと梅酒を飲みました.

河北抄
 津波被害が大きかった名取市閖上の水道設備業長沼俊幸さん(54)は先月、6年2カ月に及んだ仮設住宅暮らしに別れを告げ、生まれ育った閖上に戻った。
 「うれしいのは匂い。住んでた人間にしか分がんねぇだろうけど、窓開げっと閖上の匂いがすんだ」。津波とその後のかさ上げ工事で景色は大きく変わっても、匂いは不思議と昔のまま。「何とも言えねえ安心感がある」と目を細める。
 一方で「以前のような暮らしは、もう難すいだろう」との寂しさもある。長沼さん方では震災前、毎年ツバメが巣を作った。一つは軒先、二つが玄関の中。だからツバメが同居する春から秋、家を留守にする時も玄関扉は常に開け放ち、ツバメが自由に出入りできるようにした。
 「それで泥棒が入ることもない。むしろご近所が勝手に上がって、冷蔵庫さ魚を置いでぐ。そんな、いい街だった」
 自慢の古里を津波に奪われ6年半。新しい家々が整然と並び始めた新生・閖上に、あのぬくもりを取り戻せないか−。長沼さんは淡い願いを胸に来春、新居のドアを開けてみようか思案し始めている。


被災地支援継続に視察ツアー
全国の自治体から派遣される被災地への応援職員の減少に歯止めをかけようと宮城県は24日から被災地の視察ツアーを行って各地の担当者に応援の継続を訴えることにしています。
この視察ツアーは復興道半ばの被災地の現状を全国の自治体に知ってもらおうと宮城県がおととしから行っています。
ことしは東京都や兵庫県など13の都府県と32の市や町からおよそ90人が参加します。
参加者は24日から1泊2日の日程で気仙沼や石巻、それに県南地域など3つのコースに分かれて被災地を回ります。
そして被災地の自治体の担当者が防潮堤の工事現場や震災遺構などで復興事業の進み具合を説明し応援の継続を訴えることにしています。
宮城県によりますと県内の被災地にはいまも全国の自治体からおよそ800人の職員が派遣されていますがここ数年は減少傾向で必要な人員が不足している状態が続いているということです。
宮城県は「震災から時間がたって関心が薄れ始めているが復興はまだ終わっていない。被災地の現状を見てもらい応援職員の必要性を訴える機会にしたい」と話しています。


石巻市雄勝 新校舎で初の始業式
震災後、人口が激減した石巻市雄勝地区に、地区の学校が統合して誕生した小中学校の新校舎が完成し、24日、新しい学びやで初めての始業式が行われました。
石巻市の雄勝地区は震災後に地区を離れる住民が相次いで人口が4分の1に激減し、2つあった小学校と中学校がことし4月にそれぞれ統合しました。
子どもたちはこれまで、被災を免れた学校の校舎に通っていましたが、海の見える高台に新しい校舎が完成し、24日、児童と生徒41人が初めて登校しました。
24日は真新しいホールで初めての始業式が行われ、6年生の代表が「算数や国語、総合学習をしっかり頑張り、新しい校舎で思い出をたくさんつくりたいです」と目標を発表しました。
これに対し菅原美樹校長は「震災から6年が経ち、ようやく皆さんの校舎が完成しました。新しい校舎からみんなの元気な姿を発信し雄勝の歴史を刻んでいってほしいです」と述べました。
新しい校舎は3階建てで1階が小学校、2階が中学校となっていて、3階部分には地域の住民が利用できる共有スペースや和室なども設けられています。
中学3年生の男子生徒は「木の良い香りがして新しい校舎を実感しました。長いようで短い6年でしたが残りの学校生活を満喫したいです」と話していました。
26日は地域の住民を招いて校舎の落成式が行われることになっています。


<女川中バスケ部>震災乗り越えた5人の奮闘アニメに 25日放送
 東日本大震災の影響で部員不足に陥りながらも、全国大会出場を目指した女川中の女子バスケットボール部の実話を基にしたアニメドキュメント「女川中バスケ部 5人の夏」が25日、NHK総合の東北ブロックで先行放送される。
 女川中女子バスケットボール部は全国大会の出場経験のある強豪だが、震災後、部員の減少により廃部寸前の状態に陥っていた。NHKが昨年放映したドキュメンタリーを軸に、3年生5人(当時)が全国大会出場を目指し奮闘する様子をアニメ化した。
 アニメドキュメントでは「ONE PIECE」などを手掛けた宇田鋼之介監督が、少女たちの揺れ動く心情や友情を描き出す。主人公を演じるのは佐々木李子さんら5人の人気声優。山寺宏一さん、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさん、富沢たけしさんら宮城ゆかりの著名人が、チームを支える町の大人たちを演じる。
 少女らを見守るコーチ役で女優の倉科カナさん、ナレーションで綾瀬はるかさんが参加。音楽は県出身のシンガー・ソングライター遊佐未森さんが担当。少女たちの現在を追ったドキュメンタリーも放送する。
 東北ブロックでの放送は25日午後8時、全国放送はBS1で27日午後10時。


<ツール・ド・東北2017>新コースは誘客の起爆剤
◎発進 サイクル観光(上)奥松島の魅力
 東日本大震災で被災した宮城県沿岸を自転車で巡るツール・ド・東北2017が、9月16、17日に開かれる。震災からの復興を支援する大会は今年で5回目。自転車への理解は徐々に広がり、観光を融合させたサイクルツーリズムの具体化への期待が高まる。環境整備の機運も醸成され、関係者は「今年をサイクルツーリズム元年に」と意気込む。各地の取り組みや先進地の事例を紹介する。(ツール・ド・東北取材班)=3回続き
 日本三景・松島の東に位置する奥松島(東松島市)は、切り立った岩肌が雄大な自然の世界を織り成す景勝地だ。その一つ、嵯峨渓は「日本三大渓」に数えられ、女性的な印象の松島に対し、男性的な勇ましさを醸し出す。
 松島ほどの知名度はないものの、景観が魅力の奥松島に、今年のツール・ド・東北の新コース「奥松島グループライド&ハイキング(70キロ)」が設けられる。関係者は、震災で落ち込んだ観光客数回復の契機にしたいと、サイクルツーリズムに希望を託す。
<「下地はできた」>
 過去4回の大会を経て、地元がライダーを受け入れる機運は確実に高まっている。前回の参加者は3764人。年々増えていく参加者数が、地元の取り組みの原動力だ。
 石巻、東松島、女川3市町の観光振興を展開する一般社団法人、石巻圏観光推進機構の後藤宗徳代表理事(58)は農作業に例えて言う。「田植えは終わり、稲穂が付いた。サイクルツーリズムの下地はできた」
 その上で「今後は収穫に向け、ビジネスの仕組みを作る。サイクルツーリズムは大黒柱になる」と具体化に意欲を見せる。こぎ出す先に奥松島の観光再生がある。
 東松島市によると、市内の観光客数は震災前の2010年が110万人。16年は52万人で、回復は半分にも及んでいない。震災前、奥松島の野蒜、宮戸両地区に計約40あった宿泊施設は現在9施設。総定員は1200人から200人へと8割以上も減った。
<食の魅力プラス>
 まずは観光地としての魅力を参加者に知ってもらおうと、新コースには陸続きの宮戸島にある大高森(標高105メートル)へのハイキングが組み込まれた。約20分かけて登る山頂の展望台からは、松島湾の絶景を一望できる。
 市商工観光課の山県健(まさる)課長は「東松島の良さを知って、リピーターになってほしい。少しずつでも口コミが広がれば」と期待する。奥松島グループライドは、全7コースの中で最も起伏が少ない。初心者でも走りやすく、今回は約300人が参加する。
 東松島市に住むライダー歴10年の公務員大久保哲也さん(44)は「平たんで、集団走行に適している」と強調。新コースを活用し、地域の魅力をアピールする鍵は「食」と指摘する。
 「おいしいものを食べることはライダーの大きなモチベーション。宮城県南三陸町の『キラキラ丼』といった、その土地でないと食べられないものが特に魅力的だ」と話す。
 後藤代表理事は「食事、自転車のメンテナンスの拠点整備をはじめ、サイクルツーリズムが定着するために必要な課題を整理し、自治体などの関係機関と共に対策に取り組みたい」と力を込めた。


「復興五輪」まで3年/見えない被災地結ぶ具体策
 2020年東京五輪・パラリンピックは開幕が3年後に迫った。東日本大震災の被災地に「五輪効果」をどう結び付けるのか。その具体策がまだ見えてこない。
 予備費を除き1兆3850億円と見込まれる開催経費の抑制、輸送面を支えるハード整備の遅れ、猛暑への備え、テロ対策−といった多くの課題が浮かび上がる。大会テーマに掲げた「復興五輪」の実現もその一つだ。
 期間中、被災した宮城県では宮城スタジアム(利府町)でサッカー競技の男女1次リーグ、福島県では県営あづま球場(福島市)で野球・ソフトボールの一部試合がそれぞれ開催される。
 全国各地を一巡する聖火リレーもあり、「被災地出発」「沖縄県から北上」の案が示されている。東北では石巻市が出発地を目指している。
 現時点で五輪の被災地への関わりはこの程度にとどまる。鈴木俊一五輪相(衆院岩手2区)は「復興した姿を世界に発信する。被災地の食材を選手村で使ってもらい、関連施設建設には東北の木材活用を推進したい」と語るが、具体策はこれからだ。
 政府とともに東京都も「復興五輪」をリードすべきだ。小池百合子知事は昨秋、ボートとカヌー・スプリント会場を巡り、宮城県長沼ボート場への変更案を打ち出し「忘れかけていた復興五輪への関心を呼び起こす」と強調した。
 結局、会場は「海の森水上競技場」の新設が決まり、長沼案は見送られた。その後、小池氏が「復興五輪」を具体的に語る機会は減った。被災地が「小池劇場」の演出材料に使われたと感じた被災者は多かったのではないか。
 河北新報社が今年2月に実施した岩手、宮城、福島3県の被災42市町村長へのアンケートでは、「五輪が復興に役立つかどうか何とも言えない」と答えた首長が23人に上り半数を超えた。こうした消極的な反応の要因は「復興五輪」の理念が曖昧なままであることに尽きる。
 五輪で被災地が活気づく方策の一つとして、観光分野への波及効果を期待したい。
 観光庁によると、16年の訪日外国人旅行者は前年比21.8%増の2403万9千人で初めて2千万人台を突破。今年の上半期は1375万7300人で、前年同期を17.4%上回るペースだ。ただ、東北は震災前の水準をようやく超えた程度である。
 五輪に合わせ、多くの外国人を被災地に誘導する観光戦略を展開してはどうか。復興の現場を見てもらい、東北の観光地を周遊するツアーを設定する。官民一体となったキャンペーンになれば、震災の教訓を世界に発信する絶好の機会にもなる。被災3県を中心に東北の自治体も積極的に実現を働き掛けてほしい。
 「復興五輪」を看板だけにしてはならない。関係機関が問われている課題だ。


原子力規制委・田中俊一委員長に聞く「福島廃炉 東電は主体性を」
 5年の任期を終え9月18日に退任する原子力規制委員会の田中俊一委員長(72)=福島市出身=は23日、河北新報社の単独インタビューに応じ、東京電力福島第1原発の廃炉について「東電にもっと住民と向き合う主体性がなければ進まない」と強調した。東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の新規制基準への適合性審査に関しては「被災原発であり、耐震強度の問題を慎重に審査する必要がある」と指摘した。(聞き手は東京支社・小沢邦嘉)
◎女川審査、「耐震強度」慎重に
 −規制委発足の原点である福島第1原発の廃炉の現状をどう見る。
 「敷地外に(放射性物質の放出などの)リスクを広めない対策は達成できた。ただ、廃炉作業で出る廃棄物の保管などの問題は解決できていない。溶融燃料(デブリ)取り出しの方策も立たず、廃炉まで何十年かかるか見通せない。まだ初期段階だ」
 −東電経営陣の廃炉や福島復興に対する姿勢を問題視している。
 「廃炉に伴う汚染水処理や廃棄物の問題で影響を受けるのは地域住民だが、(6月に就任した)新経営陣は住民に向き合っていない。やるべきことを伝え、意見を交わす責任があるはずだ。事故で避難した住民が帰還するためには、賠償と除染だけでなく、雇用などの問題も考えるべきだ」
 −第1原発構内で浄化設備でも取り除けない放射性物質「トリチウム」を含む水がたまり続け、海洋放出を主張している。
 「海洋放出には漁業関係者の理解が必要で、東電が真剣に説明するしかない。今後の廃炉作業でもトリチウム水は大量に出る。処分の道筋をつけないと廃炉は進まない。信用の問題であり、東電トップが腹を割って話すしかない」
 −女川原発の審査をどう進める。
 「東日本大震災の被災原発であり、地震の影響をどう評価するか、苦労して審査している。慎重に進めなければならない。基準地震動(想定する最大の揺れの強さ)の議論はほぼ終えた。今後はプラントの耐震強度の問題などを見る。簡単には審査は終わらない」
 −東北電の東通原発(青森県東通村)の審査は、敷地内の断層の活動性の評価が焦点となっている。
 「断層の再評価を東北電に求めている。事業者が審査資料を準備しない限り、先には進めない」


凍土遮水壁  いまだに効果分からず
 東京電力福島第1原発の事故から6年半。なお汚染水を食い止められない現実と、廃炉の道の険しさをあらためて思い知らされる。
 事故を起こした原子炉建屋を取り囲む「凍土遮水壁」の最後の未凍結部分を凍らせる東電の作業が始まった。汚染水対策の「切り札」として東電と国が導入したが、世界に類のない対策であり、いまだに遮水効果ははっきりしない。
 投じられた国費は350億円近くに上る。今後の維持管理費は年間十数億円という。遮水効果をしっかり見極めると同時に、他の対策も強化、検討する必要がある。
 1〜4号機の建屋には日々、地下水が流れ込み、高濃度の放射性物質を含む水と混ざるなどして汚染水を発生させている。地下水の流入を止めるため、建屋の周りに冷却用の配管を埋めて地中を全長1・5キロ、深さ30メートルにわたり凍らせたのが凍土壁だ。
 東電は、建屋の手前で井戸を使って地下水をくみ上げる「サブドレン」対策も講じている。これらにより、1日に400トン発生していた汚染水は約140トンに減った。だが、全面凍結後に目標の「100トン以下」になるかどうかは疑問だ。凍土壁単独の効果を、東電が示していないためだ。
 汚染水が減ったのは主にサブドレンの効果だと、作業を認可する原子力規制委員会はみている。ならば、くみ上げ能力の強化が急がれる。建屋地下にたまった高濃度汚染水の抜き取りも、着実に進める必要がある。
 現状で最も心配なのが、水位の急な変化による地盤の不安定化、建屋内の汚染水の漏れ出しだ。これまで規制委が全面凍結に慎重だった理由でもある。皮肉にも凍土壁の遮水性が低いため、完成後も水位に著しく影響しないと規制委は判断したようだが、東電の現場管理の体制には不安が拭えない。
 今月2日、4号機近くの井戸で一時、水位が約2メートル低下した。しかし水位計の故障と思い込んだ東電は半日以上現場を確認することなく、公表も遅れた。汚染水の漏れはなかったというが、あまりに緊張感を欠いていないか。
 秋の台風シーズンを迎え、大雨による地下水の急増や凍土壁の融解が懸念される。水位管理に万全を期してもらいたい。
 凍土壁を維持する作業員の被ばく量も、決して軽視できない。いつまで凍結を続けるのか、根本解決につながるのか、限界のみえる汚染水の浄化・保管をどうするのか、国にも説明責任がある。


原発汚染水の処分策示さず 規制委指示に東電経営陣
 東京電力が、再稼働を目指す柏崎刈羽原発(新潟県)の審査の一環として、原子力規制委員会から文書で回答を求められていた原発の安全確保に関する「基本的な考え方」に、福島第1原発の汚染水の処分方法を盛り込まない方針を固めたことが23日、関係者への取材で分かった。
 柏崎刈羽6、7号機の審査は終盤で、規制委は合否判断の前に、川村隆会長ら新経営陣に第1原発事故に伴う課題を解決する考えがあるのかの確認が必要としている。規制委は、地元の反発を恐れて課題を先送りする東電に不信感を強めており、今回の「ゼロ回答」で、理解が得られるかは不透明だ。


福島汚染水対策 見通しの甘さ猛省し次なる手を
 東京電力福島第1原発で、周囲の地盤を凍らせる「凍土遮水壁」が、今秋にも全面運用に入ることになった。今も増え続ける汚染水対策の「切り札」と期待され、国費約350億円が投じられたが、汚染水を完全に食い止めることはできないことが分かっている。東電および国は見通しの甘さを猛省し、根本的な解決につながる別の対策を早急に講じなければならない。
 凍土壁は地中に、全長約1・5繊⊃爾橘鵤械悪辰良垢諒匹鬚弔り、高濃度の汚染水がたまっている原子炉建屋などに、地下水を近づけないようにするのが狙い。昨年3月から段階的に凍結を進めてきたが、ここまでに1年5カ月かかっている。
 汚染水対策では他に、地下水を迂回(うかい)させ海に流す「地下水バイパス」、建屋近くの井戸で地下水をくみ上げ、浄化した上で流す「サブドレン」などの対策が講じられた。事故当初1日当たり約400鼎△辰仁入量は約140鼎妨困辰討い襦
 しかし凍土壁が今後、期待通りの性能を発揮したとしても、毎日100田度の汚染水が新たに発生し続けるとみられている。東電はその理由を、トレンチと呼ばれる地下道の下部が凍結できないことや、地中の配管をまたぐ箇所で壁に隙間ができるなどの可能性を挙げるが、対策は示せていない。凍土壁の維持費も年間十数億円かかる。
 原子力規制委員会はすでに、凍土壁は汚染水対策の「脇役」と位置付け、サブドレンを優先するよう求めている。まずは凍土壁の効果を見極め、場合によっては大幅な方針転換もためらってはなるまい。
 敷地内のタンク約千基に貯蔵している汚染水の総量は、今年2月下旬時点で約96万鼎肪した。タンクの増設スペースがあまり残っておらず、大型タンクに置き換える「急場しのぎ」の対応を続けているが、このままでは確実に行き詰まる。
 規制委の田中俊一委員長は、タンクの汚染水のうち多核種除去設備(ALPS)で浄化したものは海に放出するべきだとの見解を示す。ただ、ALPSでは放射性物質トリチウムの除去ができない。
 通常の原発は希釈して海に放出しているが、福島第1原発の場合は風評被害への懸念が大きい。先月には東電の川村隆会長が海洋放出の「判断はもうしている」と明言、地元の漁業者らから猛反発を受けた。
 吉野正芳復興相も反対する意向を示した。それならば、国が責任をもって対策を明示するべきだ。東電の「国任せ」と「地元軽視」の態度には大きな問題があるが、ここに至っては、国が積極的に関わらなければ解決が難しいのは明らかだ。
 事故から6年半。莫大(ばくだい)な費用をつぎ込みながら、廃炉への第一歩である汚染水さえ止められない現実に、失望と怒りを禁じ得ない。そして、こんな状況下でも「原発回帰」を目指す安倍政権の姿勢を深く憂慮する。


<サンマ初水揚げ>気仙沼に銀の輝き 本州トップ
 宮城県気仙沼市の気仙沼漁港に23日、本州のトップを切りサンマが初水揚げされた。銀色に輝く秋の主役の登場に、魚市場は活気づいた。
 長崎県雲仙市の第3太喜丸(199トン)が入港、北海道根室沖のロシア海域で取れた約20トンを水揚げした。130グラム程度の中型が大半だったが、ご祝儀相場もあり、入札価格は1キロ当たり1210〜1030円の高値が付いた。
 昨年の同漁港のサンマ水揚げ量は1万3463トンで本州3位(全国4位)。2014年以来の本州1位返り咲きに期待が高まる。
 日本のサンマ漁獲量は15、16年が約11万トンと2年連続で過去最低を記録。水産庁は今年も不漁を予測している。太喜丸の井上太喜漁労長(33)は「昨年に比べても魚が薄い」と不安を示しつつ「気仙沼が本州1位になるよう、たくさんのサンマを水揚げしたい」と意欲を語った。


<東北大>返還不要の給付型奨学金10月から拡充 経済的困窮者も対象に
 東北大は23日、独自に設けている返還不要の給付型奨学金制度「元気前向き奨学金」を10月から拡充させると発表した。現行の東日本大震災の被災者に加えて、経済的困窮者も対象とする。
 新制度は経済的理由で授業料を免除されている学部学生50人に、月額3万円の奨学金を給付。被災学生は現行通り定員を設けず、月額10万円を支給する。財源は東北大基金を活用する。
 制度は2011年度に始まり、これまで被災した学生120人が受給した。


<市長会長職>野党系・郡氏就任で「仙台外し」も 政府与党の冷遇懸念
 東北市長会と宮城県市長会の両会長ポストを、仙台市長が務める慣例が崩れる可能性が出てきた。同市長に22日就任した郡和子氏は元民進党衆院議員で、7月の市長選は国政与野党が激突する構図となった。政府与党との関係悪化を懸念する市長からは「仙台外し」の声が高まっている。
 「郡さんが会長になれば国に要望しても届かない。そんな状況は他の市長も望んでいない」
 宮城県内のある市長は、奥山恵美子前仙台市長の退任に伴う県市長会長の後任に、郡氏を推さない考えだ。新会長を選出する28日の定例会議を前に「他県では人口の多寡で会長を決めていない例もある」と、仙台の「あて職」を見直す契機にしたいと強調した。
 一方で、別の市長からは「(会長市が担う)会事務局は仙台以外では手に負えないだろう。今回も慣例通りでいいのではないか」と反対意見も聞かれる。
 東北、宮城県両市長会は毎年2回、総会などを開き、東日本大震災からの復興など重要課題に関する国や県への要望事項を決めてきた。県市長会は県選出国会議員や知事との行政懇談会も定期開催している。
 東北市長会の陳情や要望活動は、会長が関係省庁の大臣や与党幹部に直接働き掛ける機会も多い。奥山会長として最後となった6月の要望活動の際は、吉野正芳復興相や松野博一文部科学相(当時)と対面した。
 陳情・要望に際し、多忙な大臣が面会の時間を割くかどうかは、地元の与党国会議員の橋渡しが大きい。宮城県以外の市長の一人は「県内の市長から『与党系の仙台市長でなければ政府とのコミュニケーションが取れない』と心配する声が出ている」と指摘。東北市長会は相馬市で10月25日に開く総会で新会長を決めるが、「宮城県市長会の判断は東北市長会長選びにも影響する」と注視する。
 これまで両市長会事務局の仙台市から陳情・要望の仲介を依頼されてきた土井亨復興副大臣は、衆院宮城1区で郡氏と4度に渡る激戦を繰り広げてきた。
 土井氏は「市長会長として仙台から要望があれば今まで通り対応する」と話しており、両氏の「大人の対応」が求められそうだ。
 市によると、過去に仙台市長が東北市長会長から外れた例は、ゼネコン汚職で当時の市長が逮捕され辞職した後の1993年10月〜94年10月のみ。宮城県市長会ではないという。


<タリウム事件>控訴審始まる 弁護側、二審も無罪主張
 名古屋市で知人の高齢女性を殺害し、仙台市で同級生2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませたとして、殺人や殺人未遂など6件の罪に問われ、名古屋地裁の裁判員裁判で無期懲役判決を受けた元名古屋大女子学生(21)=仙台市出身、事件当時未成年=の控訴審初公判が24日午前、名古屋高裁で始まった。弁護側は「各犯行時は責任能力がなく、被告は無罪だ」と主張、検察側は控訴の棄却を求めた。
 弁護側は地裁判決を「責任能力の判断を誤った」と批判。各犯行について「発達障害と双極性障害(そううつ病)が重大な影響を与えた。人の死や焼死体、硫酸タリウムに興味が著しく集中し、行動をコントロールできない精神状態だった」とし、心神喪失による無罪を改めて訴えた。
 今年3月の地裁判決は、障害が犯行に与えた影響について「一定程度あったが限定的」と認定。「複数の重大かつ悪質な犯罪に及んでおり、罪は誠に重い」として、求刑通り無期懲役を言い渡した。
 地裁判決によると、仙台市内の私立高に通っていた2012年5〜7月、中学と高校の同級生男女2人に硫酸タリウムを飲ませ、殺害しようとした。14年12月には名古屋市昭和区の自宅アパートで知人の森外(と)茂(も)子(こ)さん=当時(77)=を殺害。6日後に帰省先の仙台市で青葉区の女性方に放火、住民3人の殺害を図った。


阪神大震災 災害援護資金、保証人債権を放棄へ 神戸市
 阪神大震災の被災者に貸し付けた災害援護資金について、神戸市は未返済の1957件(利子含め約33億円、6月末現在)の連帯保証人への債権を放棄する方針を固めた。借り入れた人の半数程度が返済免除の対象となる見込み。保証人への債権を放棄するのは兵庫県内11市では初めて。市は30日開会の9月市議会に関連議案を提出する。
 阪神大震災に伴い、神戸市は約3万1000件、計約777億円の災害援護資金を貸し付けた。返済期限は10年だが、生活困窮などで未返済が多額に上り、国は今年4月に4度目の期限延長をしていた。
 返済免除について国は2015年4月、自治体の判断で破産者や生活保護受給者、少額返済者に対象を拡大できるようにした。神戸市は同年6月時点で未返済だった約6000件のうち約4000件(65億円)の返済を免除した。残る1957件については、保証人の資力の評価を巡って国と見解が分かれ、結論が出ていなかった。
 神戸市によると、市が保証人への債権を放棄することで、借り入れた本人の経済状況のみで免除の判断をすることになる。借りた人の半数程度が免除基準を満たすことになる見通し。
 神戸市保健福祉局は「被災者の生活再建を考えると債権放棄はやむをえない」と説明している。【栗田亨】
 【ことば】災害援護資金
 災害弔慰金法に基づき、住宅が全半壊するなどした被災者に最大350万円を貸し付ける制度。原資は国が3分の2、都道府県・政令市が3分の1を負担し、窓口は市町村。阪神大震災では兵庫県内で5万6422人に総額約1308億円が貸し付けられた。


<災を忘れず>「加害の歴史」生々しく
 地震や風水害などの天災、戦争や市街地の火事といった人災。生死を左右しかねない惨事の発生は人々に大きな衝撃を与えるが、その爪痕や傷痕が歳月の中で癒えるにつれ、風化は進む。「大切な記憶を継承する」。熱い願いが込められた東北各地の施設や地域を紹介する。
◎東北の施設・地域巡り(6)花岡平和記念館(秋田県大館市)
 両手を縛られ、裸でうずくまる人の群れ。棒を手に、鬼のような形相で拷問する男。花岡平和記念館(大館市花岡町)に展示されている縦約2メートル、横約4メートルの墨絵を見ていると、太平洋戦争末期の「花岡事件」で非人道的な扱いを受けた中国人たちの苦しみや悲しみが胸に迫ってくる。
 花岡事件は1945年6月30日、秋田県花岡町(現大館市)の花岡鉱山で起きた。中国から強制連行された中国人986人の大半が過酷な労働や虐待に耐えかねて蜂起。捕らえられ、拷問を受けるなどして419人が死亡した。墨絵は、札幌市の画家が事件を題材に2006年ごろに描いた。
 強制労働の現場となった花岡川のほとりに立つ記念館は、歴史研究家や弁護士らでつくるNPO法人花岡平和記念会(大館市)が、事件を語り継ぎ、日中両国の平和と交流に貢献しようと、10年4月に開館した。
 約210平方メートルの館内には、強制連行までの経緯や鉱山の様子、戦後の和解などを写真と文章で紹介するパネル約80点が展示されている。中国人生存者の証言を記録した映像もある。
 記念会副理事長の谷地田恒夫さん(77)=大館市=は、事件を目撃した住民や犠牲者の遺族らの証言を伝える活動をしてきた。「花岡事件は加害の歴史。教育の場でもタブー視されがちだが、誰も知らなくなれば、同じ悲劇が繰り返されるだけだ」と強調する。
 「地獄のような残酷な虐待の中で、飢餓と殴打の故に死んでいった」「死んでもいいから戦って、自分を解放しようと思った」。生き残った中国人が映像の中で語る言葉は、人間の尊厳が失われていく戦争の悲惨さを生々しく伝える。
 「記念館を訪れ、被害者と加害者、両方の立場から戦争のことを考えてほしい」。谷地田さんの切なる願いだ。
[メ モ] 花岡平和記念館は、JR大館駅からバスで「花岡本郷」下車、徒歩5分。開館は4〜10月の金−月曜日で、午前10時〜午後3時。事前に連絡すれば休館日でも対応できる場合がある。入館無料。連絡先は同館0186(46)2630。


糸魚川復興計画 大火を繰り返さぬまちに
 糸魚川市は、大火からの復旧、復興を進める「駅北復興まちづくり計画」を正式に発表した。
 2021年度までの5カ年計画で、大火を防ぐまちづくりや記憶の継承、にぎわいの創出などの重点プロジェクトを行う。
 昨年末に中心市街地の約4万平方メートルで147棟が被災した大火から8カ月が経過した。復興は計画段階から実施へ移る。
 避難先で不安な生活を長期間、強いられている被災者の立場に立って、計画を迅速かつ着実に進めてもらいたい。
 計画で最も重要なのは、大火を二度と起こさないまちをつくることである。
 大火は昨年12月22日午前10時半前に発生し、鎮火するまで約30時間かかった。
 当日は一日中、強風が吹いたほか、被災地には木造家屋が密集し、道路が狭かったことが被害を拡大させたとみられている。
 計画では、大型防火水槽の設置や農業用水の消火への活用、火災警報器の普及など消防施設の整備を推進する、とした。
 市道の拡幅や防火性能の高い建築物の普及、公園の整備などで、延焼の防止や速やかな避難ができるよう努める。
 消防の人員、機材を充実させるとともに、県外の消防と相互応援協定を締結する。強風時の飛び火対策を強化する。
 糸魚川市は昭和に入ってから3回の大火を経験しており、被災体験の風化も今回の大火の一因と指摘した。
 大火の教訓を次世代に語り継ぐとともに、地域住民も参加した消火訓練を行い、日頃から防災力を向上させたい。
 ハードとソフトの両面から、総合的に火災対策を講じようとする意図は理解できる。問題は万一の際にそれぞれが十分に機能するかどうかだろう。
 計画をしっかりと実行するのは当然だ。さらに問題点が出てきたら、絶えず計画を見直す姿勢が欠かせない。
 被災地は、大火前から高齢化や人口減少が進んでいたことを忘れてはならない。商店街では空き店舗の増加など、活力の低下が課題となっていた。
 計画は、市民から寄せられたパブリックコメント(意見公募)を踏まえ、にぎわい創出広場の整備や創業促進も盛られた。
 高齢者や零細業者の中には、資金繰りなどの不安から、住宅や店舗の再建に踏み切れない人も少なくないとみられる。
 市は今後も被災者に丁寧な説明を行い、疑問や質問にしっかりと耳を傾けてもらいたい。
 大火からの復旧、復興は長期間に及ぶ。当初は予想すらできなかった事態が発生することも十分に考えられる。
 被災者一人一人の生活再建の進み具合に目配りし、きめ細かな対応に心掛けてもらいたい。
 今回のような復旧は、国と県にとっても経験が少ないはずだ。全国のモデルとなるよう、必要ならば制度の見直しや創設を提案していく姿勢も必要だ。


[妊娠バッシング]政治風土変えなければ
 妊娠を公表した国会議員が「辞職すべきだ」とバッシングされた。
 この時代にである。女性議員が増えず、少子化に歯止めがかからないのも無理はない。
 先月中旬、無所属の鈴木貴子衆院議員(比例北海道)が、自身のブログで妊娠を報告した。切迫早産の診断を受け、予定していた会合に出られない心苦しさなどもつづっている。
 すると、多くの激励とともに、批判的なコメントが書き込まれたという。
 「だから女性議員っていうのは…」「任期中の妊娠はいかがなものか」「職務放棄ではないか」
 鈴木氏は、妊娠することが国民の代表としての責任や公人としての立場の放棄という考えは承服できないと反論する。同時により希望のある社会を築く決意を示す。
 女性政治家の活躍を阻む空気は、妊娠や出産を理由にした職場での嫌がらせ「マタニティーハラスメント(マタハラ)」とつながっている。マタハラ被害でよく耳にするのも上司や同僚からの「迷惑」「辞めたら」の言葉だ。
 妊娠・出産は女性の多くが経験するライフイベントである。
 女性が仕事と子育てを両立させるには男性の家事・育児参加が欠かせない。それなのになぜ男性の「家事放棄」「育児放棄」は批判されないのか。病気による休みは許されて、妊娠による休みが許されないのはなぜなのか。
 同僚議員から女性の権利を擁護する声がほとんど出ないのも残念である。
■    ■
 国会議員の子育てを巡って、総務政務官を務めた自民党の金子恵美衆院議員(新潟4区)が、公用車で1歳の長男を保育所に送っていたことが週刊誌で「公私混同」と報道された。
 金子氏によると、普段は自宅から保育所まで20分かけてベビーカーを押している。移動しながら打ち合わせが必要な時に機密保持の問題もあり公用車を使っていた。運用ルール上の問題はない。
 報道を受け公用車での送迎をやめたが、働くママたちからは通勤途中に保育園に寄ることができなければ、仕事と育児の両立は難しいとの声が上がる。
 金子氏は鈴木氏への妊娠バッシングに対し、「私も党内で『女、子どものことを持ち込むな』と言われた」ことがあるとも語っている。
 出産や子育てをする女性議員が少しずつだが出てきたことで見えてきた問題だ。
■    ■
 「女性の活躍」は安倍政権の成長戦略の柱で、政府は2020年までに指導的地位に占める女性の割合を30%にする目標を掲げる。
 しかし国会議員に占める女性は13%にとどまり、目標にはほど遠い。
 家庭を犠牲にし「男性化」した女性だけを受け入れる女性活躍から、多様な働き方を認める女性活躍へ。鈴木氏と金子氏が投じた一石を、男女共同参画時代の新たな政治家像につなげるべきだ。
 踏み込むべきは古色蒼然(そうぜん)とした政治風土である。


「目的は果たした」の目的とは? 配信中止が決定した宮城県の炎上壇蜜動画の制作費は復興寄付が原資
 公開後、SNS等で「まるで風俗」「この動画で宮城へ行きたいとは思えない」と批判されていた仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会によるPR動画が、予定よりも1カ月ほど早い8月26日に配信を終了することが21日に報道された。
 当初、動画に対して好意的な評価を下していた村井嘉浩県知事だったが、同日の記者会見で「否定的な思いを持つ人がいる以上、配慮が必要」と回答し、批判が配信中止の一因であることを認めている。……というのが各社の報道だが、記者会見での発言をみると、村井知事が批判を問題として受け止めていないように思われた。
 この動画は、仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会が「仙台・宮城【伊達な旅】夏キャンペーン2017」の一環として作成したもので、報道によれば、東日本大震災からの復興のために集められた寄付金を原資とした基金から拠出されたものらしい。制作費は2300万円にのぼる。
 wezzyでも本動画への批判を複数回に渡って掲載しているため、詳しい動画の内容についてはそちらを参照されたい。
・サントリー『頂』PR動画、宮城の壇蜜お色気観光動画も、「セクシーな女で男を釣る」わかってなさ
・なぜ「精液の噴射」をほのめかすCMが作り続けられるのか
・「食」のエロさはどこにある? ご当地グルメポルノ化動画『頂』『涼・宮城の夏』の炎上で忘れられていた視点
 7月18日、協議会の会長職代理者を務める仙台市の奥山恵美子市長は、「男女共同参画という視点からはやや配慮に欠ける部分があった」「観光動画の作成においてはあまりにも県にお任せしすぎていたという反省がある」と定例会見の場で述べ、問題があることを認識。しかし動画の削除要請は考えておらず、「品位にかけると言われてもやむを得ない部分があったのでは」と県側に伝える意向を述べるに留めている。一方、宮城県議会の女性議員7名は「女性が性の対象として表現されている部分が多い」として7月21日に配信中止を要請。前倒しで中止が決まった翌日には、女性議員による超党派の会「みやぎ女性議員のつどい」が即時中止を求める特別決議を県に提出している。
批判を問題として受け止めない態度
 当初、批判に対して村井嘉浩県知事は「非常に面白くていい」「賛否両論あったことは逆に成功につながっているんじゃないか」という評価を下し、「さらに厳しいことを言っていただくと、もっと伸びると思います」と、あたかも批判を焚き付けて「炎上」を狙っているかのような発言まで行っていた。
 前述の通り、「否定的な思いを持つ人がいる以上、配慮が必要」と回答し、批判が配信中止の一因であることを認めたとされている村井県知事だが、記者会見での発言をもう少しきちんとみてみよう。
 記者から「批判を考慮して配信を中止したのか」と問われた村井知事は「既に秋・冬のキャンペーンの準備に入っていますので、それに向けてもう取りかかろうという気持ちの表れだというふうに捉えていただきたい」「批判があるからやめるのなら、もっと早めにやめておけばよかった」と回答している。当然だ。自ら「批判が殺到すれば、もっと(再生回数が)伸びる」と言っているのだから、批判されたら即配信を中止するはずがないだろう。あとに「話題にしようとだけ思ってやっているわけではありません」「動画の視聴回数が増えても、お客さん(観光客)が来なければ意味がない」と発言していることから鑑みるに、意図的に炎上は狙っていなかったが、炎上して注目されてラッキー、くらいが本音なのかもしれない。
 しかし再度記者から「批判されたことが動画の削除に至ったわけではないのか」と問われると、KHB(東日本放送)の世論調査では8割がよいのでは、2割があまりよろしくないのではと答えている。インターネットでも同じくらいだったことを指摘した上で、2割の声も大切だということで、配慮が必要だと判断したのも事実である、と回答。各社が「批判も一因」と報じたのはこれを受けてのことだろう。問題は続く発言だ。宮城県HPに掲載されている記者会見の文字起こしをそのまま転載する。
「ただ、全体としてはそういう意図をもって作ったわけではありませんし、法律に違反したわけでもなく、条例に違反したわけでもないということなので、まずはこのイベントが終わるまでは、貴重な税金を使った以上、その目的を果たすまでは残すべきだろうというふうに考えたということです。それで、今回の8月26日のイベントをもってこの目的は、一定の役割は果たしただろうということで配信を終了することにしたということです」
 (批判が殺到しているが)「意図はなかった」し「法律にも条例にも違反していない」が、「貴重な税金を使った以上」は、(その点に配慮して)「目的を果たすまで残すべきだろう」と考えた、と読むのは邪推だろうか。
 また「アクセス数も310万超えましたがこれ以上伸びないような状況が数日続いておりますので、ずっとやっていてもこれ以上の効果はあまり見込めないだろというふうに判断した」「一番大きなヤマは、この壇蜜さんが来て、申し込まれた方に玉手箱をプレゼントするという、当選された方に玉手箱をお渡しするという、これが夏キャンペーンの一つの大きな目玉でした。ここまでは壇蜜さん関連でずっとつないでいって」という発言からは、関連するイベントが終わるまで対応は先延ばしにしておく、という態度が伺えるように思う。法律や条例に違反はしていないのは確かだが、批判を問題として受け止めているようには見えない。
 炎上が起き、削除や発言の撤回が行われる度に、「意図はなかった」という弁明の言葉を聞く。批判されている対象が、本当に差別かどうかは、ケースによって異なるであろうが、意図があったかどうかだけが問題でないことは確かだ。意図があろうがなかろうが差別は行われている。もし本当に「意図がなかった」というのであれば、いったいどのような意図をもって動画の制作や発言を行ったのかを説明すればいい。その中で、ときには批判側の誤解があったのかもしれないし、あるいは表現に問題があったことが明確になるかもしれない。そうした応答を繰り返すことによって、少なくとも「意図的に仕掛けようとしていないのにもかかわらず批判・炎上が起きてしまう」ことを避けられるようになるのではないだろうか。
 本件については、なによりこの動画の制作費が東日本大震災からの復興のための寄付金を原資としていることが問題だろう。東日本大震災からまもなく6年半が経つ。世間の関心は当時に比べてかなり薄れてしまった。いまだ完全な復興を成し遂げていない中、本当にこの動画に寄付金の原資を当てるべきだったのかという検証も必要な作業だろう。(wezzy編集部)


20年奴隷契約に反旗 ローラvs事務所「全面戦争」の舞台裏
「ちょっと聞いたことがない」と、芸能プロ関係者も驚いている。タレントのローラ(27)と所属事務所との契約トラブルが騒動に発展している。ローラが契約終了を求める申し入れ書を事務所に送付したと22日のスポニチで報じられたのだが、ローラ側が明かしたという事務所との契約内容が驚きなのだ。
 まず有効期限が満10年と芸能界で類を見ないほど長期に及ぶ上、期間満了の3カ月前までに契約更新しない意向を伝えても、事務所の了承がなければ辞められない。事務所の判断でさらに10年間、契約期間を更新できるようになっているというのである。
 ローラはテレビで売れ出した2010年7月にこの契約を交わしたそうだが、実質20年間の専属契約で不当に拘束されていると主張。
 一方、同事務所にとってローラは昨年の売り上げ推定8億円の9割を稼ぎだした大黒柱とも伝えられる存在だけに、法廷闘争に発展する可能性もありそうだ。芸能リポーターの城下尊之氏が言う。
「タレントと事務所との契約は一律ではありませんが、だいたい毎年自動更新で、どちらかが契約解除したい時に一定の期間をおいて、申し入れするというのが主流のように思います。出演中のCMなどがあった場合、そうした仕事だけ独立後も契約を継続ということはありますが、タレントの独立自体を事務所が認めないというオプションは聞いたことがない。これが本当なら、『公序良俗に反し無効である』との見解を示したというローラさんの代理人の方の判断が正しいように見えます。これはもう法廷に持ち込むべきでしょうね」
 スポニチによると、ローラはボランティアのために拠出した2000万円の使途が不明になっているともいい、事務所との信頼回復は「不可能」だとしている。
 先の週刊文春では「奴隷契約」だとして、同事務所社長はローラに対して、共演者と会う際に申告させ、自分の許可を取るようにしたり、マネジャーへの報告を義務付けるなど強要していたという。
 現在はロスに滞在中のローラがうつ病寸前の精神状態にあったというのもうなずける。
■17歳の時に渋谷でスカウト
 もっとも、この社長とローラの関係は、2007年に17歳の高校生だったローラを渋谷でスカウトしたことから始まるという。街のギャルからトップタレントにまで育て上げた恩人との関係がなぜこうもこじれたのか。この社長はマスコミに対してもコワモテで知られるが、「タレントを親御さんからお預かりしている以上、守らないといけない」という考えをかつて語ったこともあるそうだが……。
「問題の事務所は、大手有力事務所の系列として業界では知られています。所属タレントに対しても強気だったのは、芸能界は売れるまで時間がかかり、その面倒をみてやったから売れたわけで、売れたからといって、おいそれと辞めさせるわけにはいかないという考えがあったから。しかし、タレント側も売れっ子になれば他の事務所と比べて、自分のギャラや契約内容について情報が入ってくるし、知恵もつく。そこで話し合いがなされてお互いに合意に至れば今回のような泥仕合は避けられたはず。しかし、旧態依然とした芸能イズムを悪い意味で継承してしまったのがローラの事務所社長なのかも知れません」(事務所関係者)
 根幹にあるのは、古き悪しき芸能界の体質か、はたまた手塩にかけたタレントにソッポを向かれた腹いせか……。その両方かもしれないが。


税務署員も悲鳴 佐川長官「罷免運動」拡大で10月辞任も
 安倍首相を「森友疑惑」から守り、国税庁長官に栄転した佐川宣寿氏(59)の辞任を求める運動がどんどん拡大している。「森友学園」への国有地売却問題を追及している市民団体が21日、財務省と国税庁に国税庁長官の罷免と辞任を求める署名1万706筆を提出した。
 提出したのは東京大学の醍醐聰名誉教授を中心とする市民団体。佐川長官が財務省理財局長時代、国会答弁で売却をめぐる事実確認や記録提出を拒んだと批判している。
■現場からも不満噴出「仕事に障害」
 罷免要求運動に安倍政権が慌てているのは間違いない。現役の税務署職員まで署名しているからだ。メッセージには「私たちの仕事に佐川さんが障害になっている」と記載されていた。税務署の現場では佐川長官への不満が強まっているという。しかも、9月以降、現場の不満がさらに拡大するのは確実だ。
「徴税業務がスムーズにいかないのです。佐川長官は、国会で『確認することを控えさせていただく』とか、『短期間で自動的に消去されて復元できないようなシステムになってございます』と答弁し、森友疑惑の真相解明に協力せず、ウソの答弁までしている。国税庁長官になってからも、記者会見すらせず、納税者に向き合おうとしない。佐川長官がトップにいる限り、どうしても納税者の協力、理解が得られない。税務署は7月に人事異動があるため、異動後、本格的に税務調査が始まるのは9月からです。このままでは9月以降、税務署員が納税者から不満をぶつけられるのは確実。一日も早く辞めてもらわないと現場は大混乱になります」(税務署関係者)
 醍醐名誉教授が言う。
「国税庁の職員に佐川氏が記者会見を開かない理由を聞くと『諸般の事情』と言った。納税者が税務調査でそんなことを言って許されるはずがない。出世するにしても、他のポストならまだしも国税庁長官でしょ。税金は誰しも敏感です。日常の生活実感に根ざした大きな怒りが広がっています。署名を締め切った後も、続々と届いていて、ここ2日で645通が来ました」
 税務調査が本格的になる秋以降、納税者だけでなく税務署員からも「佐川ヤメロ」コールが爆発したら、早ければ10月にも辞任に追い込まれるのではないか。


森友学園 国が地盤資料「出せばプラス」 国有地売却で
 学校法人「森友学園」(大阪市)に国有地が格安で売却された問題で、国が売買交渉の際、学園側に「プラスになる」として過去に実施した地盤調査の記録を早く提出するよう求めていたことが交渉内容を記した学園の内部資料で分かった。学園は当時、地中のごみが見つかったとして損害賠償をちらつかせており、国が学園側に有利な形で早期解決を図ろうとした疑いがある。
 大阪地検特捜部は、国側が国有地を不当に安く売却したとする背任容疑で捜査。詐欺容疑などで逮捕した前理事長、籠池泰典(64)と妻諄子(60)の両容疑者ら学園側との交渉について解明を進めている。
 学園は国有地を借りて小学校建設を進めていた2016年3月11日、地中のごみを発見。15日に両容疑者が財務省幹部と面会し、開校に支障が出るとして「損害賠償を起こす」などと対応を迫った。24日には近畿財務局に土地購入を要望し、値引き交渉が始まった。
 内部資料によると、国が地盤調査の記録を求めたのは4月1日。学園側が14年に2カ所でボーリング調査し、液状化の恐れがある軟弱地盤との結果だった。
 国は1日に学園側に送ったメールで「廃棄物層、軟弱地盤関係等を評価に反映させ、価格提示を行いたい」と記載。財務局とともに交渉した大阪航空局は7日、地盤資料を「少しでも早くほしい」と依頼した。
 学園の窓口だった設計業者は、調査でごみが地下3メートルまでしか出ていないため、交渉で不利になると懸念。記録の抹消や国側に出さないことを一時検討した。
 しかし、設計業者は4月11日に学園や工事関係者に宛てたメールで、航空局の担当者から同日、電話で「ボーリングの資料があったほうが、軟弱地盤を評価する上でプラスになる」と提出を求められたことを記載。設計業者が「こちらとして有益な要素とおっしゃられているのですね」と念押しすると、担当者は「必ずしもプラスになるという約束はできないが、プラスになる資料と考えています」と発言したという。
 学園側は13日、この地盤調査の記録を提出。航空局は翌14日にごみ撤去費を約8億円と算定し、財務局は同22日、軟弱地盤を考慮した鑑定評価を不動産鑑定士に依頼した。国は6月、鑑定額から撤去費を引いた1億3400万円で学園に売却した。
 小学校は17年4月に開校予定で、学園は遅くとも16年6月に工事を再開し、生徒募集を始める必要があった。財務省は国会で「開校予定時期が迫る中、早めに算定する必要があった」と答弁している。【三上健太郎、岡村崇、服部陽】
 ◆森友学園への国有地売却の経緯◆
<2015年>
5月29日 国と学園が借地契約
<2016年>
3月11日 学園が地中ごみを発見と国に報告
  15日 籠池夫妻が財務省幹部と面会
  24日 学園が近畿財務局に土地購入を希望
4月1日 国が地盤調査などの記録提出を求める
  11日 大阪航空局が「(学園に)プラスになる」として地盤調査記録の提出を促す
  13日 学園が国に地盤調査記録を提出
  14日 航空局がごみ撤去費を約8億円と算定
5月31日 鑑定士が土地評価額を9億5600万円と鑑定
6月20日 国がごみ撤去費を引いた1億3400万円で売却


関東大震災の朝鮮人虐殺 小池都知事が追悼文断る
 東京都の小池百合子知事が、都立横網町(よこあみちょう)公園(墨田区)で九月一日に営まれる関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式への追悼文送付を断ったことが分かった。例年、市民団体で構成する主催者の実行委員会が要請し、歴代知事は応じてきた。小池氏も昨年は送付していたが方針転換した。団体側は「震災時に朝鮮人が虐殺された史実の否定にもつながりかねない判断」と、近く抗議する。 (辻渕智之、榊原智康)
 追悼文を断った理由について、都建設局公園緑地部は本紙の取材に、都慰霊協会主催の大法要が関東大震災の九月一日と東京大空襲の三月十日に開催されることを挙げ、「知事はそこに出席し、亡くなった人すべてに哀悼の意を表しているため」と説明。「今後、他の団体から要請があっても出さない」としている。
 追悼文は一九七〇年代から出しているとみられ、主催者によると確かなのは二〇〇六年以降、石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一、小池各知事が送付してきた。
 追悼式が行われる横網町公園内には、七三年に民間団体が建立した朝鮮人犠牲者追悼碑があり、現在は都が所有している。そこには「あやまった策動と流言蜚語(ひご)のため六千余名にのぼる朝鮮人が尊い生命を奪われた」と刻まれている。
 追悼碑を巡っては、今年三月の都議会一般質問で、古賀俊昭議員(自民)が、碑文にある六千余名という数を「根拠が希薄」とした上で、追悼式の案内状にも「六千余名、虐殺の文言がある」と指摘。「知事が歴史をゆがめる行為に加担することになりかねず、追悼の辞の発信を再考すべきだ」と求めた。
 これに対し、小池知事は「追悼文は毎年、慣例的に送付してきた。今後については私自身がよく目を通した上で適切に判断する」と答弁しており、都側はこの質疑が「方針を見直すきっかけの一つになった」と認めた。また、都側は虐殺者数について「六千人が正しいのか、正しくないのか特定できないというのが都の立場」としている。
 式を主催する団体の赤石英夫・日朝協会都連合会事務局長(76)は「犠牲者数は碑文の人数を踏襲してきた。天災による犠牲と、人の手で虐殺された死は性格が異なり、大法要で一緒に追悼するからという説明は納得できない」と話した。
<関東大震災の朝鮮人虐殺> 1923(大正12)年9月1日に関東大震災が発生すると、「朝鮮人が暴動を起こした」などのデマが広がった。あおられた民衆がつくった「自警団」などの手により、多数の朝鮮人や中国人らが虐殺された。通行人の検問が各地で行われ、殺害には刃物や竹やりなどが用いられた。


憲法の岐路 民進代表選 選択肢示す論戦を期待
 安倍晋三首相の改憲路線にこれからどう向き合うか。民進党代表選に立候補している2氏の姿勢の違いが鮮明になった。
 前原誠司元外相が改憲論議に応じる考えを示したのに対し、枝野幸男元官房長官は立憲主義に抵触しかねない首相の言動を厳しく追及する構えだ。
 投票まで1週間余。問題を各面から掘り下げ党内論議を盛り上げて、対抗軸を強化する代表選にしてもらいたい。
 「安倍政権下での改憲に反対、と言うのは国民の理解を得られない」。前原氏は立候補後の共同記者会見の冒頭、こう述べた。
 その一方、首相が来年の改憲案国会発議を目指していることについては「性急で拙速」としている。「議論には年単位でかかる」との言葉もあった。丁寧な議論を求めているとも受け取れる。
 これに対し枝野氏は会見で、立候補した理由に「立憲主義がないがしろにされ、情報の隠蔽(いんぺい)がまかり通る政治に怒りを感じる」ことを挙げた。「安保法制の憲法違反の部分を消さないことには議論の余地はない」とも述べている。
 首相は2014年、閣議決定で憲法解釈を変更し集団的自衛権行使に道を開いた。16年には安保関連法を施行した。
 集団的自衛権行使は具体的には地球規模で活動する米軍との軍事協力の拡大を意味する。戦争放棄、戦力不保持を定めた憲法に抵触する可能性が高い。
 事柄の重大性を踏まえるなら、枝野氏が言うように、改憲論議を拒否するのも野党としてとり得る姿勢の一つになる。各党が対案を示し合う展開になったりすると、論議の全体が改憲路線に取り込まれる結果になりかねない。
 衆参の憲法審査会の審議にどう臨むのか。審議に応じる場合、安倍政権が重ねてきた解釈改憲にどんな態度を取るのか―。両氏に聞きたいことの一つだ。
 代表選では原発や消費税、社会保障政策も争点になっている。旧民主党は財政の裏付けを欠いた政策を選挙でアピールした結果、政権獲得後に行き詰まり、野党に転落した経験を持つ。難問から逃げず、政策を磨き上げて、自公に代わる選択肢を示していくことを代表選の目標とすべきだ。
 民進党が政権獲得をどこまで真剣に考えて代表選出を進めているか。国民がそんな目で見ていることを忘れないでほしい。


民進党代表選◆原点に戻り徹底した議論を◆
 民進党代表選は、前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官の一騎打ちとなった。両氏は1993年衆院選で日本新党から初当選を果たした同期。その後も民主の風、新党さきがけなど同じ会派や政党を経て、民進党の前身である民主党の結党に参加。それぞれ代表、幹事長という要職を務めた。
 憲法改正への姿勢や共産党との選挙協力などで違いはあるものの、自民党に代わる政権をつくるという初当選時の信念は変えていないだろう。原点に戻り徹底した議論を戦わせる必要がある。
選挙協力対応で違い
 細野豪志元環境相という有力な将来のリーダー候補も離党するなど党は今、存亡の危機にひんしている。来年末の任期満了を待たない早期の衆院解散も想定される中で、論戦でまず焦点となるのは次期衆院選での共産党との選挙協力に対する対応だ。
 立候補届け出後、前原氏は「衆院選は政権選択で、理念や政策が合わないところと協力するのはおかしい」と述べ、従来の路線を見直す考えを明確にした。一方、幹事長として昨年夏の参院選の改選1人区で共産党との協力に尽力した枝野氏は「1人でも多く当選させるのが大きな責任」として関係を維持する姿勢を示した。
 また、憲法改正を巡って前原氏が「安倍政権の下での憲法改正は反対だというのは国民の理解を得られない。政権を目指す政党として国の基である憲法の議論はしっかりと行っていく」と党内議論を進める方針を明らかにした。
 対して枝野氏は「民主主義を強化し、人権保障をより高め、国民の生活、経済を良くする」のが改憲の目的とし、党内議論の結果、その必要性はなかったと述べた。
主張に共通する点も
 これらの問題で、両氏の主張の違いは小さくはない。しかし、共産党との関係については枝野氏も理念、政策が違い、全面的な協力はできないことは認めている。また憲法を巡っても解釈変更による集団的自衛権の行使容認には反対などでは一致している。
 両氏ともに野党時代から安全保障や憲法の論客として活躍してきた。今回の論戦では両氏らしく、お互いの主張のどこが決定的に違うのか、それは何に由来するのかをとことん突き詰めるべきだ。将来の分裂を恐れて議論を中途半端に終わらせてはならない。
 徹底的に議論を戦わせた上で、勝利した方が、新代表として、浮かび上がった相違点を乗り越えながら党を運営していくべきだ。それが遠回りのように見えても確実な再生への道となるだろう。
 民主党時代、「保守対リベラル」という対立を回避するため理念や基本政策の違いを放置し続けたことで、結局は離党者の続出や分裂、ひいては政権の座からの下野を招くに至った。
 そんな過去を、身をもって知る両氏が同じ過ちを繰り返すようなら民進党に未来はない。


米政権の混乱 国民の亀裂広げぬ努力を
 米トランプ政権は、一層混迷の度合いを深めるのか。それとも国内の分断を修復し、穏健・現実路線に軌道修正することができるだろうか。
 米国社会が最も敏感な人種差別問題で、トランプ氏への抗議の声が高まっている。発端は、南部バージニア州で起きた白人至上主義者と人種差別反対派の衝突だ。
 白人至上主義者らは、南北戦争で奴隷制存続を訴えた南軍司令官リー将軍の銅像撤去計画に反対して集まった。その行動に抗議する反対派に車が突入、1人が死亡し、大勢のけが人が出た。
 これに対し、トランプ氏は当初から自らの支持層でもある白人至上主義者への非難に及び腰で、事件の3日後には「両陣営に非がある」と逆に擁護するような発言をした。
 人種差別を容認するかのような対応は、大統領として軽率のそしりを免れない。就任以来、イスラム圏からの入国規制など排外主義的な政策を次々と打ち出してきたが、国民との亀裂がさらに広がる事態となっている。
 与党の共和党議員からも批判の声が出たのは当然と言えよう。大企業経営者らでつくる二つの助言組織は抗議するメンバーの辞任が相次ぎ、解散を余儀なくされた。
 ようやくここに来て、トランプ氏はバノン首席戦略官の解任を決断した。人種差別的な論調の右派サイト出身のバノン氏は、大統領選の選対最高責任者としてトランプ氏の信頼を勝ち取り、排外主義的な政策を主導してきた。「陰の大統領」とも呼ばれる最側近である。
 もともと、トランプ氏の娘婿クシュナー上級顧問ら家族や、他の側近との対立が深まっていた。白人至上主義者の非難に異を唱えていたとされ、解任は事態の沈静化への思惑もあるのだろう。
 プリーバス前首席補佐官などに続く辞任で、選挙戦からトランプ氏を支えた側近グループはこれでほぼ一掃された格好だ。今後は、ホワイトハウスの混乱収拾のため7月に就任した軍出身のケリー首席補佐官が権限を掌握するとみられている。
 バノン氏解任で「米国第一主義」に基づく強硬路線が変化し、協調的な外交・通商政策に転換するのではないか。そう期待する声は強い。
 ただ、トランプ氏の支持基盤である保守強硬派が過度に反発する恐れはある。来年の中間選挙をにらみ、難しい政権運営を強いられるのは間違いない。国民同士の対立が激化しないか心配だ。
 政権の要職がケリー氏ら軍出身者で固められ、軍事力を重視する安全保障政策に傾くのでは、との懸念もある。21日にはトランプ氏のこれまでの主張に反し、アフガニスタンの駐留米軍の早期撤退断念が発表された。
 衝動的な発言をするトランプ氏自身が政権の不安定要素とされる中、一刻も早い混乱収束を望みたい。


トランプ氏発言  人種間の融和に力を注げ
 米国のトランプ大統領の人種差別に対する認識が、強い批判を呼んでいる。
 南部バージニア州で起きた白人至上主義の団体と反対派が衝突した事件への対応を巡って、トランプ氏が白人至上主義者を擁護するかのような発言をしたからだ。
 到底看過することはできない。与党の共和党内でも批判の声が上がっているほか、同盟国の首脳も懐疑的な見方を示している。
 産業界でも反発が拡大している。トランプ氏の発言を受けて、大企業の経営者らで構成する二つの助言組織では辞任するメンバーが続出。組織は解散に追い込まれた。
 政治にも影響力を持つ経営者らが一斉に距離を置いたことで、トランプ政権の不透明感が深まっている。憂慮すべき事態だ。
 にもかかわらず、トランプ氏はツイッターで、奴隷制の存続を訴えた南軍関連の記念碑や銅像を撤去する動きが全米で加速していることについて「愚かだ!」と投稿した。
 大統領選で勝利する原動力になったのは、白人労働者である。2020年の次期大統領選などを見据え、支持層を引き留めたいという思惑もあったとみられる。
 しかし、奴隷制を容認したとも受け取られかねない発言は、あまりに軽率だと言わざるを得ない。
 事件後間もなく、オバマ前大統領が南アフリカの故マンデラ元大統領の自伝を引用して「肌の色や出自、信仰を理由に生まれながらに他人を憎む人はいない」とツイッターに投稿し、共感の輪が広がっている。それこそが多くの米国民の思いではないか。
 こうした中で、トランプ氏は人種差別的思想「オルト・ライト」の代表格とされる右派サイトを率いた最側近のバノン首席戦略官兼上級顧問の解任に踏み切った。
 バノン氏といえば、イスラム圏からの入国規制を主導したほか、メキシコ国境への壁建設を目指すなど、「陰の大統領」とされるほどの影響力があった人物だ。
 バノン氏の過激な言動に共鳴したトランプ氏は、報道批判や人種差別的発言で、たびたび物議を醸してきた。
 解任によって事態の沈静化を図ろうという思いもあったのだろう。しかし、トランプ氏の人種問題への姿勢を問う動きは強まっている。
 大規模な抗議デモが起きているだけではない。バノン氏が政権中枢から去ったことで、支持基盤である保守強硬派も反発している。側近の更迭が続く政権内の混乱に拍車がかかる恐れもある。
 さらに、人種間の対立や社会の分断が進むようなことになれば、国際社会からの信頼が揺らぎかねない。そんな状況で、山積している喫緊の課題に対して、うまく対処できるのか。
 トランプ氏に求められるのは国民の融和に力を尽くすことである。不用意な発言は厳に慎むべきだ。


京大卒無職男が作った「テラスハウス」とは真逆の「おたくハウス」 「リア充」よりも幸せな生き方【後編】
pha作家
京都大学を卒業後、一度就職したものの28歳で会社を辞め、しばらくふらふらしていたphaさん。「自分が居心地が良い空間」を探し求めていたら、ひょんなきっかけでシェアハウスの世話人をすることになって…。
仲間がいればお金がなくても楽しく遊べる
昼過ぎに目を覚ましてリビングに行くと、床に3人の若い男たちが寝転がっている。朝までみんなでゲームをずっとやっていたようだ。平日の昼だというのに仕事も予定もない奴ばかりらしい。
テーブルの上にはカップラーメンの容器やポテトチップスの袋が散らばっていて、汚いな、と思う。
テレビに繋がっているのはスーパーファミコンやセガサターンなどのゲーム機だ。こんな20年以上前のレトロゲームで未だに何十時間も遊び続けられるのだから、僕らはなんて安上がりなんだろうと思う。
一緒に遊ぶ仲間がいれば大してお金がなくても楽しく遊べる。逆に1人だと、つい寂しかったりして何かとお金を使ってしまう。僕も会社に勤めていたときはそうだった。
こんな非生産的で時間が止まったようなシェアハウス暮らしを続けて今年で10年目になる。もう10年も経ったのか、と考えると少し気が遠くなる。一体いつまでこんな生活を続けられるだろうか。
ハンドルネームで呼び合う
29歳のときに最初のシェアハウスを作ったときには、ちゃんと人が集まるか不安だった。誰も人が住まなくて自分1人でも、半年くらいは頑張ってみよう、と思っていた。
だけどその心配は杞憂で、ブログに入居者募集の記事をあげるとすぐに応募者がたくさん来て、部屋はすぐに埋まった。
シェアハウスといえば、容姿の良い若い男女がお洒落なパーティーをしたり未来について語り合ったりするみたいなキラキラしたイメージがあったりするかもしれないけれど、僕が作りたいシェアハウスはそれと真逆なものだった。
もっと地味で内向的な人間がもくもくと何かをやっているのがいい。おしゃれなパーティーなんかに反感を持っている奴を集めたい。みんな本を読んだりゲームをしたりそれぞれが好きなことを勝手にしているようなのが理想的だ。そのイメージの原型となったのは、僕が大学生のときに住んでいたボロくて汚くてむさくるしい学生寮だった。
そんなコンセプトに共感する人が意外と多かったのか、シェアハウスを始めるとすぐにいろんな人が集まってくるようになった。シェアハウスのよいところは、個人の家よりも人が気軽に遊びに来やすいというところだ。個室は個人のプライベートスペースだけど、リビングは特定の誰のものでもない半共有のスペースといった感じがある。
うちに集まるのは基本的にネットの人間ばかりなので、みんなツイッターのハンドルネームで呼び合う。むしろ本名を言われたほうが誰だか分からない。人間の本名というのは、「鈴木さん」とか「田中さん」とかだと同じ名前の人がたくさんいて区別しにくいけれど、ハンドルネームなら「てへねっぺすさん」とか「数寄屋橋2世さん」とか、個性が強くて他の人とかぶらないので覚えやすい。
人が集まっても大体の場合あまり会話はせず、それぞれが自分のノートパソコンを広げて画面に向かっている。誰も他人に向かってほとんど気を遣わない。みんな勝手に玄関から入ってきてそのへんに座り込んで、ネットを見たりブログを書いたりプログラミングをしたりと好きなことをしている。
目の前にいる相手と会話をするときも、口で発声するのではなくチャットルームを使うことも多い。なぜなら、発声だと同じ空間にいる人としか会話ができないけれど、チャットルームならそこにいない人も含めて多くの人と話すことができるからだ。
基本的にネット中毒者ばかりが集まっているので、起きている間は常にツイッターやチャットルームにへばりついている。そこで何を喋っているかというと、どうでもいいネタ会話やネット上のコンテンツやゴシップの話などをしていることがほとんどなのだけど。
たくさんの人間が集まった静かな部屋に、キーボードをカタカタとする音だけが響き渡る。みんなパソコンのモニタを見つめていて、ときおり不意に誰かがニヤニヤしたりするという光景は、全く知らない人が見たら気持ち悪いと思うかもしれない。
でもこういう空間を自分は作りたかったのだ。自分が自分のために作った自分好みの空間はとても居心地がよかった。
異常な人間ほど面白いコンテンツはない
僕が無職だったせいか、シェアハウスに集まるのも同じようなふらふらしている人間が多かった。
無職やニートやひきこもり。フリーランスのプログラマーやライター。ウェブでマイナーな漫画を発表している漫画家。会社員だけど出社が苦手であまり出社しない奴。
平日昼間に1人で家にこもっていると、周りや社会のプレッシャーを感じて、自分はなんてダメなんだ、という気持ちになってつらくなってくる。だけど、何人かで集まっていると、まあいいか、みんなこんなもんだ、という気持ちになれる。
そんなシェアハウスをしばらく運営していると、ネットで変な人を見つけたときに、「とりあえずあそこに連れて行こう」みたいな感じで、みんな変な人をうちに連れてくるようになった。
地下道で寝泊まりしながらパソコンで絵を描いている絵描き。24時間営業のマクドナルドに泊まっていた変な男。高校を中退して何のあてもなく上京してきた17歳。精神を病んで出社できなくなったプログラマ。ヒモをやっていたけれど追い出されてホームレスになった男。親のモラハラに耐えかねて実家から逃げ出してきた若者。ハッキングで逮捕された10代の少年。ネットで殺害予告をして炎上した大学生。自分の大便をラップでくるんで冷凍庫で保存している男。
ネットには、そして東京には、いくらでも変な人間がいた。いろんな人間がいたけれど、何らかの能力を持ちつつも学校や会社や家族にうまく適応できないというところがみんな共通していた。
そうした全部の人間をスムーズに受け入れられたわけではなかった。たまたま気が合って長く付き合う仲間になった奴もいるけれど、基本的にはみんなクズばかりなので、
「こいつ本当にクソだな、もう付き合いきれん」
とか思って放り出した奴も多かった。
多分、その頃の僕らが手当たり次第にいろんな人間を拾ってきていたのは、そういうイベントが自分たちにとって必要だったからだ。
何も変わったことが起こらない平和な毎日は息が詰まりそうだ。平穏な日常の中では僕らはただの使えないクズだけど、予想外の何かが起こればその前提がひっくり返るかもしれない。世間のいわゆる普通の人たちがなんとなく信じている常識を揺るがすようなできごとがもっと起こってくれないものだろうか。
そのために僕らは、僕らと同じような社会に適応できない人間を求めていた。世の中にはいろんなコンテンツが溢れているけれど、異常な人間ほどコンテンツとして面白いものはない。
「何? 何? 誰こいつ?」
普段死んだような目をしてぐだぐだと寝そべってる奴らが、トラブルが起きた途端に急に生き生きとし始める。何かが起きるたびに「対策本部」としてその事件専用のチャットルームが作られ、周りのトラブル好きの暇人たちが招集される。そのチャットルームで、ああでもないこうでもないと適当なことを、不謹慎なジョークを交えながら話している瞬間が一番楽しかった。
自分のテリトリーに人を誘い込む
「弱い者たちがお互い助け合って生きていく」なんていうフレーズがあるけれどあれは嘘だ。大体の場合は「助け合い」にはならず、助ける側の人間はずっと助ける側で、助けられる側の人間はずっと助けられる側だ。
だけど、それでまあいいのだと思う。助ける側がそれで損ばかりしているのかというとそうでもない。助ける側は助けることによって精神の安定を得たりとか、暇潰しになったりとか、何か得るものがあるから趣味で助けているのだ。
お金になるわけでもないのに僕がシェアハウスの世話人のようなことをずっとやっているのも同じだ。別に無私の心で善意でやってるんじゃない。「自分はここにいてもいいのだろうか」と不安にならずに居られる場所が欲しいから自分のためにやっているだけだ。
僕は人と一対一で会って話すのが苦手だ。飲食店などのうるさい場所で人と話すのも苦手だ。お酒もそんなに飲めない。1時間か2時間か外に出ているとすぐに疲れてしまって部屋で寝転びたくなってくる。そんな自分が人と仲良くなるには、自分のシェアハウスというテリトリーを作ってそこに人を誘い込むというやり方しかうまくいかなかったのだ。
そんなことを何年もずっとやっていると、僕はもうシェアハウス以外でどうやって人と仲良くなればいいのかが分からなくなってしまった。この先ずっとこんな風に、よく分からないシェアハウスに変な人間を集め続けるという生き方を続けるのだろうか。死ぬまでずっと? できるかなあ。どうなんだろう。


富士山“下山ツアー”人気 高山病も気にせず気軽に
 富士山で頂上を目指すのではなく、宝永火口や5合目以下を歩く“富士下山ツアー”が人気を集めている。険しい岩肌の山道とは異なり、さまざまな高山植物や森林などを満喫できる。高山病が心配な登山客や体力に自信のない女性でも気軽に参加でき、新しい富士山の楽しみ方を提案している。
 「標高に応じて植生が変化します」「火山の荒原と森林の対比がダイナミック」
 山の日の11日、地域資源を生かしたツアーを企画運営する「そふと研究室」(静岡市、坂野真帆代表)のツアーに県内外の20〜60代の男女13人が参加した。山岳ガイドの鈴木渉さん(40)=森町=の説明を聞きながら、富士宮口5合目(標高約2400メートル)から宝永火口を経て裾野市の水ケ塚公園(同約1450メートル)まで距離にして約8・5キロの下山を楽しんだ。
 草地から低木、針葉樹、広葉樹と下るに連れて表情を変える富士山。過去に海外の山で高山病を経験した東京都の会社員女性(57)と夫(60)は「ダイナミックな火口とかわいらしい植物が見られて満足」と喜んだ。
 下山ツアーは夏に限らず楽しめる。同研究室は秋に須走口5合目を下ったり、冬に水ケ塚周辺を歩いたりする6〜7種類のコースを展開している。富士宮市を拠点に自然体験ツアーを提供する「IRORI(いろり)」(岩見昌樹代表)は「宝永火口ダウンヒルコース」と銘打って、5〜11月に御殿場口5合目までの行程を組んでいる。
 下山ツアーはここ2年ほどで認知度が高まった。鈴木さんは「豊かな自然も大きな魅力。草木に目を向けた山歩きは登頂の達成感とは違った感動を味わえる」と強調する。同研究室の坂野代表は「山頂を目指すことだけが富士登山ではないという趣旨に共感するリピーターもいる」と話す。
 <メモ>富士山は標高2500メートルの森林限界以上の高山帯、1600メートル以上の亜高山帯、700メートル以上の低山帯、それ以下の丘陵帯に分かれ、山頂から山麓まで植物の垂直分布がきれいに見られる。高山帯にはカラマツ、ダケカンバなどの低木が生え、低山帯ではブナやカエデが生息している。宝永の大噴火で火山灰が厚く積もった宝永火口周辺はオンタデやフジアザミが多い。側火山が多いため東西南北で異なる植生が育まれている。

ワイヤレスプレゼンター/梅田で虫のこえ

ブログネタ
フランス語 に参加中!
nathalie2

Japon : un robot moine pour lire des prières bouddhistes lors des funérailles
L'entreprise qui le commercialise fait valoir que la solution est beaucoup plus économique qu'un humain, d'autant que les religieux se font moins nombreux au Japon.
La compagnie japonaise Nisseico a dévoilé, mercredi 23 août à Tokyo (Japon), un robot religieux qui peut accomplir plusieurs tâches liturgiques. Parmi celles-ci, comme le montre la vidéo, la lecture de textes bouddhistes pendant les cérémonies de funérailles.
Une solution plus économique pour les familles
Ce robot humanoïde surnommé "Pepper", conçu par la compagnie japonaise de télécommunications Softbank, porte ici une robe bouddhiste et chante des "sutras" (textes d'enseignements bouddhistes). Il a été montré "en action" lors d'une exposition spécialisée pour entreprises de pompes funèbres qui se tenait dans la capitale japonaise.
La firme qui commercialise ces machines vante leurs nombreux avantages. D'abord, ces robots permettent de remplacer les prêtres, de moins en moins nombreux. Ensuite, leurs services sont bien plus économiques : lors d'une cérémonie funéraire, le robot qui lit les "sutras" coûte 390 euros.
フランス語
フランス語の勉強?

ワイヤレスプレゼンターを買いました.緑のレーザポインタにするか迷ったのですが,レーザは緑がいいな♪と思ったのですが小型のものが魅力的でそれを買いました.人差し指に指輪のように?はめ込んで使うみたいです.
夕方耳を澄ますと虫のこえが聞こえてきました.鈴虫ではないけど秋の気配を感じます.

気仙沼港 サンマの初水揚げ
全国有数のサンマの水揚げ量を誇る気仙沼市の港で今シーズン初めてとなるサンマの水揚げが行われました。
気仙沼港には23日午前6時ごろ、長崎県雲仙市の「第3太喜丸」が入港しました。
そして、北海道の沖合でとれたおよそ20トンのサンマを今シーズン初めて水揚げしました。
23日は一匹130グラムほどの中程度の大きさのサンマが中心で、魚市場では仲買人が大きさや脂の乗り具合などを確かめていました。
23日のサンマは1キロあたり1030円から1210円で取り引きされ、去年の初水揚げと比べて100円ほど高くなりました。
震災前、全国2位だった気仙沼港のサンマの水揚げ量は震災で激減したあと回復していましたが、全国的な不漁の影響もあって、ここ2年は減少傾向が続いているということです。
サンマを水揚げした井上太喜漁労長は「ことしは例年より量が少なく不安なスタートになりましたが、まだ始まったばかりなのでおいしいサンマを一匹でも多く皆さんに届けたい」と話していました。


復興願い絆結ぶ酒 東北、熊本の信金が発売 被災地のコメ使った大吟醸
 岩手、宮城、福島、熊本4県の15信用金庫と城南信金(東京)が連携し、東日本大震災と熊本地震の被災地のコメで仕込んだ日本酒「絆結(きゆ)」の販売が22日、始まった。同信金が主催し東京国際フォーラム(千代田区)で開幕した商談会「よい仕事おこしフェア」に販売ブースが設けられ、復興の願いを込めた純米大吟醸を関係者が味わった。
 開会式で同信金の渡辺泰志理事長は酒造りの狙いについて「震災を風化させないために地域に根差した各信金の絆を生かした」と語った。試飲した村井嘉浩宮城県知事は「甘めでフルーティー。皆さんの思いが伝わる」と述べた。
 絆結は4県産ひとめぼれをブレンドし、福島県会津坂下町の曙酒造が5000本を醸造した。会場のほか4県の酒店などで販売する。720ミリリットル入り2800円(税込み)。1本当たり200円が4県に寄付される。
 商談会は23日まで。入場無料。中小企業などが431ブースを出展。東北の食を味わうエリアもある。


河北春秋
 東日本大震災で壊れ、復元された大崎市岩出山の有備館(旧岩出山伊達家の学問所)の傍らに、城下の外堀だった清流、内川がある。石積みの護岸や風情ある橋を巡る散策路を歩いた。この貴重な景観を、26年前の住民たちの運動が守った▼「U字溝で大改修する国などの案に住民が反対し、内川を街に生かし続けようと提案した」と真山智さん(80)。隊長を務める「内川ふるさと保全隊」(107人)の仲間と、児童らの生き物調査や夏祭り、除草作業、藤棚作りなどの活動を続ける▼内川は実は川でなく、430年近く前、伊達政宗が開削させた農業用水。北上川支流の江合川から高度な土木技術で導水され、途中86カ所の分水ぜきから水路を網の目のように広げ、周辺の3300ヘクタールもの水田を今も潤す▼大崎地方では多くの農業用水網だけでなく、水管理を各集落の共助組織「契約講」が担い、洪水時に遊水池となる蕪栗沼、品井沼なども整備され、冷害克服の優れた農法も開花した。東北を代表するコメどころ「大崎耕土」は長い営みのたまものだ▼水を巧みに利用し、豊かさを生む。そんな先人の知恵が培った大崎耕土を丸ごと「世界農業遺産」=国連食糧農業機関(FAO)認定=に登録しようと、大崎市など地元5市町が準備を進めている。

<五輪聖火リレー>「石巻から」市長と宮城知事が都知事らに要望
 2020年東京五輪・パラリンピックを巡り、村井嘉浩宮城県知事と亀山紘石巻市長は22日、聖火リレーの出発地に復興五輪の象徴として石巻市を選ぶよう小池百合子東京都知事、鈴木俊一五輪相に相次いで要望した。リレーができる限り多くの被災地を回る日程となることも求めた。
 都庁で懇談した小池氏は「(登米市の県長沼)ボート場の件では本当にご配慮、ご協力を頂いた。皆さんの声はしっかり伝えたい」と述べた。大臣室で会談した鈴木氏は「被災地を走ることは大会の成功につなげる重要な一要素。しっかり受け止めたい」と応じた。
 聖火リレーのルートや日程は大会組織委員会(森喜朗会長)が19年夏をめどに決める方針。「東日本大震災の被災地を出発」と「沖縄県から北上」の2案が示されている。
 村井知事と亀山市長は大会組織委への要望も希望したが、「各自治体から要望を受けると、今後の検討に支障を来す恐れがある」として断られたという。
 終了後、村井知事は「サッカー競技がある宮城は組織委からすれば仲間。要望をはねつけるのは非常に残念」と不満を示しつつ、「全国バランスの問題で慎重姿勢と理解した。引き続き個人的、間接的にお願いしたい」と述べた。


<福島第1>凍土壁の完全凍結開始 汚染水の抑制効果焦点
 東京電力福島第1原発1〜4号機建屋への地下水流入を減らす「凍土遮水壁」の完全凍結が22日に始まった。氷の壁の遮水機能と、建屋周囲の井戸「サブドレン」からのくみ上げなどが効果を発揮し、高濃度汚染水を目標通り減らせるかどうかが焦点となる。
 汚染水は、原子炉建屋に流れ込んだ地下水や雨水が溶融燃料(燃料デブリ)を冷やした水と混じり合って発生。東電は、多核種除去設備(ALPS)などで浄化し、増設したタンクにため続けている。
 現状では全てを処理できず、5万3000トンの汚染水がタービン建屋などにたまっている。津波が再び襲来して海に流出するリスクがあり、原子力規制委員会は早期除去を求めている。
 凍土壁が完成すれば、汚染水の発生量は現在の1日160トンから100トン以下に減る見通し。サブドレンや凍土壁が稼働する前は400トンに上っていた。東電は今後、サブドレンのくみ上げ機能を増強するとともに、汚染水の浄化処理を加速させる。
 東電は2020年9月までに建屋内の汚染水を一掃する目標を掲げる。さらに凍土壁が効果を発揮し、発生量を抑制できれば、「18年8月には汚染水を全て受け入れるためのタンクの容量を確保できる」とも試算する。
 ただ、建屋内の汚染水一掃は内部での作業を伴うため、汚染物質の外部飛散を防ぐ対策などが必要。凍土壁の効果も今のところ明確ではなく、汚染水の除去が想定通りに進むかは不透明だ。


<原発事故>来春再開の小中「通学せず」95% 福島・浪江の保護者調査
 東京電力福島第1原発事故で一時全域が避難区域となった福島県浪江町の町教委は22日、保護者を対象にした意向調査の結果を公表した。来春町内で再開する小中学校に関し、通学に否定的な回答が9割以上を占めた。
 調査は通学対象の子どもがいる795世帯を対象に実施し、271世帯から回答を得た。「通学させる考えはない」が258世帯(95.2%)と大半を占め、「通学・検討中」は11世帯(4.1%)にとどまった。
 町教委は「大変厳しい結果。今後も保護者の要望を聞いて通学環境の整備に努める」と説明した。原発事故前、町内の小中学校には約1700人が通っていた。現在は二本松市内の仮校舎で計14人が学んでいる。


<壇蜜さん動画>女性議員のつどい 即時停止求める特別決議採択
 タレントの壇蜜さん(秋田県横手市出身)が出演する仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会の観光PR動画について、宮城県内の女性議員でつくる「みやぎ女性議員のつどい」は22日、県議会棟で総会を開き、動画配信の即時停止を県に求める特別決議を採択した。
 動画は男女共同参画の視点に反すると指摘し、性的な内容を連想させる表現が含まれていると問題視。県に抗議が相次いでおり、「村井嘉浩知事は重く受け止めるべきだ」と批判した。
 動画を制作した県は21日、集客に一定の役割を果たしたとして、投稿サイトから近く削除する方針を発表した。世話人の福島一恵県議(共産党県議団)は「即時停止した上で、今後の広報に生かすために総括してほしい」と述べた。


被災空き家、強制撤去も 熊本市が安全対策方針
の恐れがある空き家について、所有者に代わって強制撤去や安全対策を講じる方針を明らかにした。強制撤去の是非を諮る審議会の設置など盛り込んだ関連条例案を、29日開会の定例市議会に提出する。
 市によると、2016年度中に「危険な空き家がある」と通報を受けた約300件のうち、危険を確認しているのは44件(7月末現在)。5月には、被災した中央区本山の空き家が崩壊し、市道をふさぐ事態も発生した。市は「地震で空き家が周辺に及ぼす危険性はさらに高まった」として、強制撤去について専門家に意見を聴く審議会を新設。所有者の特定や撤去までに時間を要することが想定されるため、市の判断で瓦の落下防止ネットを張るなどの措置ができるようにする。費用は所有者に請求する考え。
 市はパトロールで危険な空き家の実態把握を進めており、所有者には公費解体の申請など、適切な管理を促している。空き家対策の特別措置法に基づく通知や指導は行ってきたが、強制撤去まで至ったケースはない。市建築指導課は「台風などの災害で周囲に危険を及ぼす可能性もあり、対策は急務」として、本年度中に審議会を立ち上げたいとしている。(高橋俊啓)


買い物弱者 総合的な過疎地対策を
 過疎化の進行がさまざまな問題を生んでいる。「買い物弱者」もその一つだ。地域、集落から商店が姿を消し、著しい不便に住民が悩まされる事態だ。
 人口減少が経営維持を難しくした。マイカー普及によって住民が地域外の大型店に頻繁に出掛けることも、地域の商店衰退につながった。
 この状況が、高齢者などを自宅近くで用を足せない「買い物弱者」に陥らせる。過疎地が多い本県でも各地で直面し、今後深刻化する問題と言えよう。
 そのような中で、状況を乗り越えようとする取り組みもみられる。
 岩手町と町商工会は、買い物困難地域の支援のため、移動販売車を運行している。3月に試験を始め、5月から本格稼働。町周辺部を巡る4コースを設定し、週1回ずつ運行している。
 地域から大いに歓迎されているようだ。80代住民は「週に1度のペースが自分のペースにちょうどいい」と喜ぶ。そして「スタッフと話ができるのも楽しい」と感じている点に注目したい。
 買い物は、そこで暮らす人々にとって貴重なコミュニケーションの場でもある。商店の喪失は、店の人や客同士の触れ合いの機会も奪う。
 このように、住民にとって移動販売の効用は大きい。ただ、運営が苦しいという現実がある。同町の事業は採算ラインに乗っておらず、需要の掘り起こしに努めている。
 国内全体を見ても厳しい状況だ。総務省が移動販売や宅配などの対策事業について調査したところ、約7割が実質的に赤字だった。このほか、国や自治体の補助期間が終了すると採算が悪化し、廃止された事業も少なくない。
 しかし、移動販売の機動性は捨て難い。東日本大震災発生後、仮設住宅を回って被災者の暮らしを助けたことは記憶に強く残る。
 事業者の経営努力が求められるが、国の支援策拡充も検討すべきだ。そもそも大型店立地について国が規制緩和政策を進めたことが、地域の商店に大打撃を与えたことを忘れてはなるまい。
 過疎地を巡っては交通面でも不安が尽きない。路線バスの縮小・廃止が相次ぐ一方、マイカーに必要なガソリンスタンドの廃業が需要減少や施設老朽化、後継者不足を背景に増えている。買い物を含めた総合的な地域対策が必要と言える。
 タクシーや貸し切りバスで荷物を運んだり、貨物車に客を乗せたりする「貨客混載」サービスが来月から過疎地で可能になる。買い物支援につながることや交通網の維持が期待されている。運用の工夫に注目したい。


給油所過疎地/暮らしの「命綱」守る方策を
 ガソリンや石油は生活に欠かせない。地域を問わず供給が途絶えることがないよう方策を講じなければならない。
 身近な場所にガソリンスタンド(給油所)がない「給油所過疎地」が増えている。
 県石油商業組合によると、県内の給油所の数は1996年の約1200カ所をピークに減少し続けており、今やほぼ半分になった。背景には店同士の価格競争の激化や、低燃費車の普及などで、経営環境の厳しさが増していることがある。施設の老朽化や、経営者の高齢化も減少に拍車を掛ける一因となっている。
 中でも中山間地などは人口減少や過疎化の影響を受けており、事態はより深刻だ。
 経済産業省は、給油所が3カ所以下しかない市町村を給油所過疎地と位置付けている。県内では給油所の数が1カ所のみが5町村、2カ所が3町村、3カ所が7町村となっている(今年3月末現在)。この中には市部と隣接する町村もあるが、中山間地が多く、東日本大震災で津波の被害を受けたり、原発事故で避難区域になった自治体も含まれている。
 車は買い物や病院などに行くために不可欠だ。給油所は、水道や電気などと並ぶライフラインといえるだろう。灯油の配送などを通し、生活を支えている側面もある。身近になければ、災害時の燃料供給に困る事態も懸念される。中山間地や被災地ではなおさらだ。
 経産省は市町村に対し、将来どのぐらいの数の給油所が必要なのか目標を設定するよう求める方針だ。各市町村は地域の実情の把握を急ぎ、必要な給油所の確保に向けて官民挙げて知恵を絞らなければならない。
 全国では、住民が自ら地域の給油所を守る動きが広がっている。高知県四万十市では地域住民らが出資する会社が、閉鎖した給油所を買い取って事業を継続させた。秋田県仙北市では、事業者が住民の理解を得て灯油の配送日を集約して業務の効率化を図り、その一方で副業として市と連携した除雪事業を始めた。
 経産省は、事業多角化や運営体制の見直しなどによって地域の給油所が存続した成功例を広く紹介したり、市町村や事業者の相談に細かく対応したりすることで、より良い方策を見いだすための後押しをすべきだ。
 県には、市町村や事業所に対して広域的な観点から給油所存続に向けた助言や指導を行い、生活環境の維持につなげていくことが求められる。


東京の大学定員抑制 地方に学生引き付ける策が先だ
 東京一極集中の是正へ、政府は東京23区内の大学定員抑制を打ち出し、2018年度以降は23区内の私立大・短大に定員の増加を認めない方針を決めた。国による一方的な定員抑制は、学問の自由や若者の人生の選択肢を制限することにもなりかねない。大都市からも学生を呼び込める地方大学の魅力向上にこそ、力を入れるべきだ。
 定員抑制は政府が6月、「骨太方針」などで閣議決定。先月の全国知事会議でも、同様の決議を採択した。背景には、全国の大学生の4割が23区や周辺の「東京圏」に集中する一方、定員割れの地方大学が続出している現実がある。
 だが、定員抑制は憲法の定める「教育を受ける権利」を侵害する可能性がある。専攻したい学問や教えを受けたい教員が23区の私立大に限られる場合は特に、受験生にとって深刻な問題になる。地方出身者が都市部の大学に進み、幅広い社会経験を積み、全国から集まった学生と交流を深め刺激し合うことは、大きな財産にもなろう。
 18歳人口は18年から本格的な減少期に入る。大学・短大進学率も5割強で頭打ちになっている。「大学全入」時代を迎える中、そもそも定員抑制で東京一極集中が是正されると考えること自体に疑問を感じる。
 大学政策の面から一極集中の是正を進めるのであれば、地方大学の振興を主軸に据えるべきだ。「知の拠点」として、教育・研究機能向上への重点的な支援が求められる。
 政府は地方大学の振興に活用する新交付金を創設する方針を固めてはいる。だが、対象は大学と企業の共同研究、地元企業による学生の現場実習を想定しており、「実利」に偏っていると言わざるを得ない。政府は近年、「選択と集中」を旗印に、短期間で実用化が見込める応用研究への予算配分を厚くし、その結果、地道な基礎研究にしわ寄せが来ている。文系や理系、基礎や応用に関係なく地方大学を支援する仕組みを構築し、実施に移すべきだ。
 基礎研究を支えてきた国立大の運営費交付金はこの10年で10%以上削減され、私学助成の伸びも抑えられている。大学予算や研究費のあり方も、抜本的に見直さねばならない。
 日本のノーベル賞受賞者は近年、地方大学出身者が相次いでおり、研究レベルの高さを示している。大洲市出身で、徳島大大学院修了の中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授が好例。中村氏は徳島の企業で研究を続けたことも踏まえ「研究開発は静かな環境で集中できる地方が向いている」と述べる。地方大学も全国から学生を引き付けるため、教育や研究の質を高めることが不可欠だ。
 都市部に進学した若者が卒業後、地元に戻れる環境づくりにも知恵を絞る必要がある。政府や自治体は、大卒者が専門性を生かせる雇用の場の創出を進めていかねばならない。


御嶽レベル1 観測体制を拡充しつつ
 御嶽山の噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引き下げられた。行方不明者の捜索や、観光、登山の本格再開に向けたステップになる。
 噴火予知の技術は確立していない。レベルが下がっても突然爆発する可能性は残る。
 事故の危険を下げるために、気象庁には観測体制の一層の拡充と機動的な運用を求めたい。
 警戒レベルは2014年9月の噴火直後に3(入山規制)に引き上げられた。翌15年6月の2への引き下げを経て、約3年ぶりの1への復帰である。気象庁は合わせて火口周辺警報も解除した。
 噴気孔からは今も水蒸気や火山ガスが勢いよく噴き出しているという。このため気象庁は、噴気孔からおおむね500メートルを「注意が必要な範囲」とした。
 3年前の噴火は地下の水分がマグマに熱せられ膨張して噴き出す水蒸気爆発だった。マグマが直接出てくるタイプの噴火と違って地下構造の大きな変化を伴わず、前兆をとらえにくい。
 今後、前触れなしに爆発する可能性もないとは言えない。警戒を緩めるわけにはいかない。
 噴火以降、気象庁、信州大などが観測機器を設置してきた。名古屋大は木曽町三岳支所に「御嶽山火山研究施設」を開設した。御嶽は今では最も観測体制の整った火山の一つになった。今後は生かし切ることが大事になる。
 14年の噴火の前、御嶽は火山性地震の増加などシグナルを発していた。気象庁が担当者を現地に出して調べていれば警戒レベルを事前に引き上げられたはず、と指摘する専門家もいる。
 気象庁はいま、現地に派遣する機動観測班の拡充を進めている。緊張感を持って御嶽と向き合ってもらいたい。
 地元木曽町と王滝村は火口からおおむね1キロ圏内の入山規制を当面維持する。登山道の復旧や避難シェルター整備が手付かずで、登山者を迎え入れられる状態になっていないためだ。原久仁男木曽町長によると、規制解除は「早くても来季の終わりか、19年になる」見通しという。
 御嶽周辺は過疎化が進み自治体の財政力は弱い。国や県による支援が欠かせない。
 登山者5人の行方が分からないままだ。家族は現地で捜索するために、入山規制の緩和を心待ちにしている。被災者の家族には、規制の運用で配慮しつつ、捜索活動への支援も考えたい。


「カジノ」報告書 解禁への懸念は尽きない
 刑法が禁じるカジノを本当に解禁していいのか。問題点や課題を整理した上で、改めて国民的論議を尽くす必要がある。
 野党の反対や国民の懸念を押し切り、昨年の臨時国会で自民党などが賛成して成立した統合型リゾート(IR)整備推進法を受けた政府の動きが本格化してきた。
 有識者会議がまとめたIR運営ルールに関する報告書に基づいて政府は実施法案を作り、秋の臨時国会に提出する方針だ。報告書に関する公聴会もきのうの福岡市など全国9カ所で開かれている。
 しかし、まだ賛否の隔たりは大きい。誘致自治体などに「外国人観光客の増加や地域活性化につながる」との期待が膨らむ一方で、さまざまな疑問や不安は解消されていない。国民的合意を得たとはいえないのが実情ではないか。
 最も懸念されるのはギャンブル依存症の増加だ。報告書は日本人の入場は▽マイナンバーカードで回数を規制▽料金を徴収▽本人や家族の申告で制限−などを挙げ「世界最高の規制」と銘打った。
 ただし、入場の規制回数や料金の額などは実施法案に先送りされた。公営ギャンブルやパチンコなどを含めたギャンブル全体の依存症対策も今後の課題とされた。
 厚生労働省によると、過去にギャンブル依存症になった疑いがある人は283万人に達すると推計される。報告書が示す対策だけで懸念解消とはいくまい。
 ほかにも青少年に与える悪影響、犯罪資金の流入や資金洗浄(マネーロンダリング)、暴力団の介在など問題は山積している。
 安倍晋三政権はIRを成長戦略の一環と位置付けるが、中核施設のカジノは既に120以上の国・地域にある。後発でも成長戦略として機能するのか。そもそもギャンブルを経済成長や活性化と結び付ける発想への疑念も消えない。
 推進法はこうした課題を深掘りせず、短時間の審議で拙速に成立した。実施法案で同じ轍(てつ)を踏んではならない。長崎県佐世保市など誘致に名乗りを上げている地方の側も慎重に功罪を見極めたい。


民進党代表選 党を愛さぬ醜い対立
 ★案の定、民進党代表選挙が危うい状況だ。元民主党代表・前原誠司と元民主党幹事長・枝野幸男の日本新党、新党さきがけ、民主党と歩んだ2人が一騎打ちで次期民進党代表を争うという。21日に告示された民進党代表選で同じ政治的歩みをしてきた2人が議論を戦わせると際立って違う価値観の中にあることが分かった。 ★消費税値上げ、脱原発構想、憲法改正。党の政策の延長線上にあるとは思えない2人の考えは別の党の考えともいえるものだ。ことに前原は昨年の代表選でも自衛隊を憲法に明記する「加憲」を掲げ首相・安倍晋三とも考えが近いが、今回は封印した。「お互いどこか持論を展開せず、代表選用の建前の議論」(党参院中堅議員)。野党共闘への是非にしても機関決定しているものをひっくり返すのか、別の方法なのか。2人は野党再編にも安易に答えすぎる。代表になったら党内の再点検をし、党勢を立て直し、この選挙中にもぽつりぽつりと辞めていく離党者が戻りやすい環境を作るべきで、野党との連携はその次の話だ。民進党の中に軸がはっきりとないため、中途半端な議論になっている。 ★しかし、問題はそれだけにとどまらない。野党第1党として、首相指名候補になる自覚が2人にあるのだろうか。まさかちっぽけな民進党の代表を決める程度と軽く考えてはいまいか。すでに一騎打ちの状態で陣営もヒートアップ。民主党時代から代表選後は負けた陣営は離党に追い込まれそうな対立に発展してきた歴史が繰り返されそうだ。「ここは2人で代表選を盛り上げて党勢を拡大する場。党内対立の火種づくりではない」(副大臣経験者)というものの対立は激しさを増す。党を愛していない者たちの対立は醜い。

中途半端な議論は不要だ/民進党代表選
 前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官の一騎打ちとなった民進党代表選は、9月1日の臨時党大会での投開票に向けて、論戦や支持固めが繰り広げられている。
 論戦では双方の主張のどこが決定的に違うのか、それは何に由来するのかを突き詰めてほしい。党分裂を恐れて議論を中途半端に終わらせてはならない。これからの党運営は浮かび上がった相違点を乗り越えながら進めるべきだ。
 両氏は1993年衆院選で日本新党から初当選を果たした同期。その後、民進党の前身である民主党の結党に参加、時期は異なるが、それぞれ代表、幹事長という党要職を務めた。9条を対象とする憲法改正への姿勢や共産党との選挙協力の在り方などで違いはあるが、自民党に代わる政権をつくるという初当選時の信念は変えていないだろう。
 来年末の任期満了を待たない早期の衆院解散も想定される中で、論戦でまず焦点となるのは次期衆院選での共産党との選挙協力への対応だ。
 21日、立候補届け出後の記者会見で前原氏は「衆院選は政権選択で、理念や政策が合わないところと協力するのはおかしい」と述べ、従来の路線を見直す考えを明確にした。一方、幹事長として昨年夏の参院選の改選1人区で共産党との協力に尽力した枝野氏は「一人でも多く当選させるのが大きな責任」として関係を維持する姿勢を示した。
 また、憲法改正を巡って前原氏が「政権を目指す政党として国の基である憲法の議論はしっかりと行っていく。議論は年単位でかかる。安倍晋三首相の実績づくりにくみしない」と党内議論を進めていく方針を示した。
 対して枝野氏は「民主主義を強化し、人権保障をより高め、国民の生活、経済をより良くする」のが改憲の目的とし、党内議論の結果、その必要性はなかったと述べた。
 これらの問題で、両氏の主張の違いは小さくはない。しかし、野党共闘について枝野氏も党の主体性を重視していく考えだ。また、憲法を巡っては憲法の解釈変更による集団的自衛権の行使容認や安倍首相が描く来年中の発議というスケジュールに反対であることは一致している。
 党は今、存亡の機にひんしている。両氏は初当選時の原点に戻り、徹底した議論を戦わせる必要がある。23日には弘前市でも街頭演説や討論会が予定されている。


田中真紀子氏、民進代表戦は「枝野さん勝って」
 田中真紀子元外相(73)は22日、文化放送のラジオ番組に出演し、取りざたされる衆院新潟5区補選(10月22日投開票)への出馬に関し、意味深な発言を連発した。
 真紀子氏は番組内で、民進党の代表選に触れ「枝野さんに絶対勝ってほしい」と述べ、枝野幸男氏を支持する考えを明かした。「枝野氏のほうが、自民党との対立軸が分かっている。ハンサム男の前原さんは、自民党の人が『我々よりも右だ』という人だ」と持論を述べた上で、「国民のためには今は枝野さんが、お買い時だ」と主張した。


加計疑惑「建設図面」入手でも…NHKはなぜ放送しないのか
 再び「加計疑惑」に火がつくのは間違いない。「今治加計獣医学部問題を考える会」の黒川敦彦・共同代表が、23日夜10時、獣医学部の「建築図面」全52ページをツイッター上に全面公開するからだ。建築家やライフサイエンスの専門家に直接見てもらうためだという。「黒川敦彦@加計の図面戦争なう」のツイッターアカウントにアクセスすれば、誰でも閲覧可能だ。
 建築士や獣医学の専門家が「建築図面」を詳細に分析したら、批判が噴出するのは確実である。すでに本紙が2回にわたってスクープしたように、建設中の獣医学部キャンパスには、あまりにも不可解な点が多いからだ。
 最上階の7階の図面には、「ワインセラー」「ビールディスペンサー」……などの表記があり、まるで宴会場のよう。さらに、バイオハザード施設がWHOの安全基準を満たしていない恐れがある。
 最大の問題は、建築費が水増しされている可能性を捨てきれないことだ。獣医学部の施設整備費は148億円。これを延べ床面積3万2528平方メートルで割ると、坪単価は約150万円になる。建設費を基に、愛媛県と今治市は、96億円を補助すると決定している。
 ところが、坪150万円は高すぎると疑問視されているのだ。国会でも民進党の今井雅人衆院議員が、同じく国家戦略特区で医学部をつくる国際医療福祉大に確認した上で、「医学部の建築費は坪当たり87万円、看護学部の方でも79万円とのこと。約半額です。本当にこれほどカネがかかるのか」と疑問をぶつけている。
 建築のスペシャリストが、黒川敦彦氏が公開する獣医学部の「建築図面」を見たら、価格が水増しされているのかどうか一発でわかるはずだ。
「かりに坪単価を水増ししているなら、補助金詐欺にあたる。驚いたことに、今治市は補助金を出すにあたって学園の見積もりの妥当性も検討せず、市議会もチェック機能をはたしていません」(黒川敦彦氏)
 建築費を水増ししていれば、国の補助金5600万円を不正受給した疑いで逮捕された森友学園の籠池夫妻と同じ構図である。
 見逃せないのは、公共放送であるNHKが、この「建築図面」を独自入手しながら放送しようとしないことだ。
「NHKは建築図面をかなり前に手に入れたようです。現場の記者は『クローズアップ現代+』で放送することを前提に、建築の専門家に分析もしてもらったようです。でも、官邸から圧力があったのか、忖度したのか、まったく別の理由なのか、いまだに放送されていません」(NHK関係者)
 NHKは、前川喜平前文科次官のインタビューを撮りながら放送しなかった前科がある。
 行政が歪められた「加計疑惑」にどんな闇があるのか、徹底解明する必要がある。


国連軍縮会議 外務省が核廃絶演説の高校生大使を口封じ
 言論統制は高校生にも――。22日、スイス・ジュネーブの国連欧州本部で開かれたジュネーブ軍縮会議。2014年以来、毎年8月に日本の高校生平和大使が核兵器廃絶を世界に訴える恒例行事が、今年は見送られた。
 高校生平和大使は、各地の高校生が核兵器廃絶署名を集めて国連に届ける活動。活動20年目の今年は過去最多の署名21万4300筆を集めて渡欧したが、なぜか今年に限りスピーチの機会を与えられなかったのだ。
 外務省は「今年になって、問題視する国が出てきて見送ることになった」(軍備管理軍縮課)と説明するが、大ウソだ。7月にNYの国連本部で採択された「核兵器禁止条約」が影響していることは間違いない。
「核兵器禁止条約」は核兵器の開発や保有、使用だけでなく、核による威嚇まで禁止する画期的な内容で加盟国の3分の2近くの122カ国が賛成した。前文には「ヒバクシャ」が明記されるなど日本の被爆経験をくんだ条約だった。なのに、米国の「核の傘」に頼る日本は会議に参加すらしなかった。
 それでも大人の事情とは関係なく、22人の高校生平和大使は、当然のようにスピーチで「核兵器禁止条約」への共感を語る予定だった。それを知った外務省が、公式の場で高校生に「正論」を吐かれては、安倍政権のメンツはまるつぶれだと慌てて横やりを入れ、発言を封じたのは明らかである。
 立正大名誉教授の金子勝氏(憲法)は言う。
「『核兵器禁止条約』に反対しただけでも日本は国際社会から批判されているのに、純粋に核兵器廃絶を願う高校生の演説機会まで奪うとは、どうかしています。少年も含めて自分の思い通りにしたいのは余裕がないことの表れです。毎年恒例の高校生の演説がなくなり、他国の代表も日本政府に不信感を深めているでしょう」
 国際社会に、いい恥さらしだ。


くらしの明日 私の社会保障論 生活保護基準と格差=首都大学東京教授・阿部彩
下層の引き上げが必要
 現在、生活保護制度における保護基準の妥当性について厚生労働省で検討が行われている。
 生活保護制度は、憲法25条で定める、すべての国民に「健康で文化的な生活」を保障するための具体的な制度であり、保護基準とは「健康で文化的な生活」を送るために最低限必要な生活費を指す。勤労所得や年金をはじめ、活用しうるすべての資源を用いても、この基準値に足らない場合、その差額分が支給される。
 誤解が多い制度なので付け加えると、資産があったり、働けるのに働いていなかったりすると保護には至らない。生活保護を受給するには、資産は役所から調査され、健康問題などで働けないことを証明しなくてはならないからである。すなわち、生活保護基準は、最後の最後の「命綱」なのである。
 かつて、保護基準は一般市民の消費水準の約6割になるように設定されていた。これは、高度成長期に、一般市民の生活水準が急速に改善される中、被保護世帯の生活水準が著しく低かったものを、徐々に引き上げていったからである。1984年に、保護基準が一般世帯の消費の6割に達したため、それ以降は一般世帯の動向に合わせて変動されている。
 しかし、近年の検討では「生活保護基準が高すぎる」という批判を受けて、一般市民の6割ではなく、「下位10%(所得分布の一番下の10%の人々)の世帯」の平均に合わせるという理念が打ち出された。日本の貧困率は2000年以降、ほぼ15%を超えているので、これは実質的には貧困層よりも、さらに下の人々と比べているということになる。
 このような下方圧力の中、保護基準は年々引き下げられている。13年から15年にかけて、一番大きく減少した母子世帯では、4割の世帯で推計月額1万〜2万円の減額となっている。
 日本の格差の特徴は、富裕層が中間層よりもさらにリッチになるのではなく、下層がさらに落ち込み、中間層と下層の差が開いてきたことにある。そのため「下位10%」の人々の暮らしは、中間層に比べても、さらに激しく落ち込んできている。
 生活保護基準は憲法の定める「健康で文化的な生活」を維持する最低限の生活費のはずだが、それを、社会の下位10%の下降とともに、引き下げていくとどうなるのだろうか。逆に、下位の人々の生活が、せめて生活保護基準を上回るよう、最低賃金や年金を引き上げていく、という方向性が必要なのではないだろうか。
 保護基準が日本全体の下方スパイラルを止める歯止めとして機能するのではなく、逆に、スパイラルを加速させるメカニズムとならないか心配である。


水俣条約発効 脱水銀社会 日本が先導を
 水銀による環境汚染や健康被害を食い止めるための国際ルールを定めた「水銀に関する水俣条約」が先週、発効した。来月にはスイス・ジュネーブで第1回締約国会議が開かれる。「脱水銀社会」実現へ向けた地球規模の枠組みがようやく動きだす。
 公害病の原点とされる水俣病を引き起こした水銀の恐ろしさは日本ではよく知られている。先進国では使用量が減っている一方、アジアやアフリカ、南米では、採掘した金を水銀を使って抽出する方法が広く普及している。水銀を含んだ廃液や汚泥が農地や河川に垂れ流されたり、成長過程にある子どもたちが水銀を使った作業に従事したりしているケースもある。
 状況を改善しようと、国連環境計画(UNEP)が主導し、2013年に熊本市で行われた会議で条約が採択された。今年5月、締結国が発効条件となる50カ国に達した。
 条約は、新規の水銀鉱山開発は即時に、既存の鉱山も15年以内に産出を禁じる。一定量以上の水銀を含む体温計や電池などの製造、輸出入は20年までに原則として禁止し、土壌や水、大気など自然界への排出を規制する。採掘から適切な廃棄に至る包括的な規制が緒につく意義は大きい。
 国内ではまず、体温計や蛍光灯など水銀を含む製品を、家庭から確実に回収することが課題となる。加えて、日本はこれまで蛍光灯などからリサイクルした水銀を輸出に回してきたが、条約の発効によって輸出が制限を受ければ、国内で安全に保管・処分する仕組みも必要となる。
 水俣条約発効は大きな一歩だが、実効性という点では物足りなさが残るのも事実だ。汚染源となった企業などが被害の補償や環境回復の責任を負う「汚染者負担の原則」は明記されなかった。日本が提案したものの、各国の合意に至らなかった。
 金採掘現場での水銀使用についても、途上国の人々にとって生活の糧となっている現実を踏まえ、削減は求めるものの、直ちに使用を禁じることは見送られた。
 条約では、各国が拠出する基金で発展途上国に資金援助することを掲げている。日本政府は途上国の水銀汚染対策のため、資金面に加え、技術面でも協力していく方針という。最悪の公害病を経験した日本が蓄積したノウハウを十分に生かし、継続的な支援を進めてもらいたい。
 1956年に水俣病が公式確認されてから60年以上がすぎた。条約名は、水俣病のような被害を繰り返さないという決意を込めて日本が提案したものだ。来月の第1回締約国会議には、熊本県水俣市の胎児性水俣病患者である女性が参加し、水銀被害の撲滅を訴える予定という。
 人命や健康よりも経済を優先した負の教訓を踏まえ、世界の水銀対策をリードしていくことは、日本に課された重い使命と言えよう。


京大卒エリートが会社辞めてしばらくふらふらしてみた 「リア充」よりも幸せな生き方
pha 作家
隕石が落ちて会社が潰れたらいいのに
「会社を辞めます。働くのが嫌になったので、しばらく何もせずふらふらします」
と上司に伝えたのは28歳のときだった。
そもそも就職した瞬間から辞めたかった。小さい頃からずっと働きたいという気持ちがほとんどなくて、毎日ごろごろとマンガでも読んで寝て暮らしたいと思っていた。就職したのは純粋に生活費のためだった。
そんな僕が3年も仕事を続けられたのは奇跡的なことだ。しかしそろそろもう限界だ。もういいだろう。毎日「突然隕石が落ちてきて会社が潰れたらいいのに」と考えながら生きるのにはもう飽きた。
幸いなことに会社員生活で貯めたお金がある程度あるので、1年か2年は無職をやれるはずだ。
しばらくは何もせず、ひたすらだらだらと寝て暮らすという理想の生活を送ろう。
上司や会社の人たちからは、
「もっと深く考えたほうがいい」
「この先の人生どうやって生きていくつもりだ」
などと引き止められた。
「人生をドブに捨てるつもりか」
「絶対に後悔するぞ」
などと脅してきた知人もいた。
だけど誰の言葉も自分の心には響かなかった。
そもそもこの会社にずっといてどうなるというんだ。僕があまり仕事ができず職場にもあまり適応していなかったのはみんな知ってるはずだろう。なのになんで引き止めるんだ。
この会社で死んだ目をしながら何十年もだましだまし勤めるよりは、好き勝手に気ままに生きてどこかで野垂れ死んだほうが気持ちのいい人生のはずだ。
勤め先が悪い会社というわけではなかった。むしろいいほうだろう。
給料はあんまり高くないけれど、仕事はそんなに忙しくなく、将来的にも倒産しそうにない会社だった。でもそんなぬるい会社でも勤められないということは、多分自分には社会人は無理だったのだ。
僕は京都大学を卒業したという世間から見ると輝かしい経歴を持っているのだけど、それは単に受験勉強ができたというだけだ。一人でコツコツ勉強をするスキルと、社会性や仕事能力やコミュニケーション能力は全く違う。いい大学を出れば将来安泰とか言ってたのは誰だ。結局いい大学を出ても社会に適応できないダメな人間はダメなままなのだ。
これ以上この職場にいても自分も苦しいし周りにも迷惑がかかるだけだ。じゃあできるだけ早く辞めるのがいいだろう。そう思って誰の意見も聞かず、僕は職場を去った。
都会のマイノリティは仲間を作れる
会社を辞めた僕が向かったのは東京だった。僕は出身も大学も就職先も全て関西だったので、一度は首都に住んでみたいという気持ちがあったからだ。
東京に来たのは正解だった。多分東京に来なければ、こんなにも長期間にわたってふらふらとした生活を続けられなかっただろう。もっと田舎や地方に住んでいたら、なんとなく周りの雰囲気に流されて、また就職したり何かの拍子で結婚したりして、そしてその合わない暮らしでまた閉塞感を感じてストレスを溜めて、不幸になっていただろうと思う。
世間一般のルールに合わせられないマイノリティの人間はできるだけ大きな都会に住むべきだ。なぜなら、都会には自分と同じような性質を持つ仲間がたくさんいるからだ。地元では誰一人知らないような作家やバンドを知っている人が東京にはたくさんいた。田舎のマイノリティは孤立するしかないけれど都会のマイノリティは仲間を作れる。これが大きな違いだ。
僕が上京した当時はちょうどツイッターが流行し始めた頃で、ネットを通じて知らない人に会うことがそれまでに比べてすごく簡単になっていた。
重度のネット中毒だった(今もだけど)僕は、ツイッターやブログに毎日のように大量の投稿をし、それを通じてネット上の知り合いを増やし、ネットのいろんな人に会ったりネット関係のイベントに顔を出したりするという生活を続けた。
ネットには自分と同じような、ネット中毒の人間や働きたくない人間が無数にいた。自分と話が合う人間がたくさんいるということがとても嬉しかった。それはあのまま関西にいたのでは絶対にあり得なかったことだろう。
怠惰でもできる小遣い稼ぎ
そんな感じでふらふら遊びながら暮らしていると、働いているときに貯めた貯金もだんだんと底をついてきた。だけど普通に働くのはもう絶対に嫌だったので、自分みたいな怠惰な人間でもできるような、小銭稼ぎの手段を探した。
ネットで知り合った人の中には、僕と同じように定職に就かずふらふらとしながら生きている人がたくさんいて、そういう人たちからもらう情報がとても参考になった。
治験、アフィリエイト、本やCDのせどり、スマホの転売など、いろいろやった。そのへんの胡散臭い小銭稼ぎをいくつかやっていれば、あまり贅沢はできないけれどなんとか生活をやっていくことはできた。
あとは、ネットで自分の生活状況を詳しく公開していたせいか、いろんな知らない人が物やお金を送ってくれた。パソコン、自転車、原付、本、食料品などさまざまなものをタダでもらった。多分みんな、ネットの変な人に物を送りつけるのを楽しんでいたのだと思う。
お金より自分の時間の方が大切
そんな生活をしていると、たまに何かの間違いで会った真っ当ぽい人に、
「せっかく京大を出ているのにもったいない。いい服を着ていい車に乗っていい女を抱きたいというような、人並みの欲望は本当にないのか?」
などと言われることもあった。
そんな風に言われても、何を言っているのか全然ピンとこなかった。服には興味がないし車は嫌いだし、女性は嫌いじゃないけれど、それは別にお金があれば仲良くなれるというものでもない気がする。モテるかどうかって、もっと気遣いとかそういうところの問題じゃないだろうか。
そもそも、お金が欲しいと思うことが僕には昔からあまりなかった。そりゃあ生きていくには最低限のお金は必要だけど、必要以上にあってもしかたない。むしろお金より時間のほうが大切だった。
毎日通勤してフルタイムで働いてストレスを溜めながらそれなりのお金をもらうよりも、お金がなくても毎日好きな時間に起きてごろごろしながら本を読んだりネットを見たりしているほうがいい。そちらのほうが自分にとっては幸せだということに僕はあるときに気づいた。だから会社を辞めたのだ。
何が幸せかというのは人によって違うものだけど、世間や他人は自分の基準を無理矢理に押し付けてくるところがある。全く余計なお世話だ。僕はそういう意見を全く耳に入れないことにしていた。
「無職だと不安にならない? 自分が何者でもないような状態って心細くない?」
みたいなことを言われることもあったけど、これも意味がよくわからなかった。
むしろ僕は働いているときのほうが不安だった。会社の仕事なんていう自分の本質と何の関係もないものに1日の大半の時間を使っている状態のほうが、自分が何者なのか分からなくなって苦しい感じがあった。自分はこんな人間じゃないんだ、こんなことをしたいんじゃないんだ、とずっと1日中思っていた。
それに比べると無職の状態は、全ての時間を自分の好きなように使えるから、これこそが自分だ、自分の人生だ、と思えた。
無職になったくらいで自分が何者でもないような気がする人は、自分が何が好きでどういう人間かということを、今まであまり考えてこなかったのではないだろうか。
都内のシェアハウスを転々
その頃の僕は、東京都内のいろんなシェアハウスを1ヵ月〜数ヵ月ごとに転々としていた。その理由は、せっかくだから東京のいろんな場所に住んでみたかったのと、無職でもシェアハウスは入居しやすかったからだ。
普通の家を借りるのには、敷金・礼金・仲介手数料・家具や家電を買うお金など、すごくたくさんのお金がかかる。あと、保証人をつける必要があったり、勤務先などで審査されたりもする。無職には到底無理な話だ。
それがシェアハウスなら、デポジットを1ヵ月分くらい預ければ特に審査もなく住める。その代わりそれほど家賃が安いわけではなく、普通のワンルームを借りるのとあまり変わらなかったりするのだけど。
中には環境が劣悪なシェアハウスもあった。都心の狭い雑居ビルの部屋に2段ベッドをたくさん詰め込んで、部屋の中は常に薄暗くてゴミ箱からゴミが常に溢れているシェアハウスや、大きなオフィスフロアをパーティションで無理やり区切って2畳くらいの個室をたくさん作って、そこに詰め込むように人を住ませているシェアハウスなど、法律的に合法なのか怪しいところもたくさんあった。そんな住環境も、よくわからない国でバックパッカーでもしていると思えばそれなりに面白がることができたけれど。
大学の寮みたいなシェアハウス
そんな風に転々としたシェアハウス暮らしを続けているうちに自分にはやりたいことが一つできた。それは「自分で自分好みのシェアハウスを作る」ということだ。
ネットで僕がよく会うような、自分と趣味や好みが似ている人、お酒を飲んでワイワイ騒ぐよりももくもくと本を読んでいるほうが好きな人、普通に会社で働くのが苦手な人、パソコンやゲームや本や音楽が好きな人、そういう人が集まるシェアハウスがあったらいいのに。
僕のイメージとしては、大学時代に住んでいた寮があった。その寮はとにかく汚くてボロくて、学校に行かないダメな学生がたくさんいて、みんな一日中ゲームをしたりマンガを読んだりしていた。僕の怠惰さは生来のものもあるけれど、あの空間で養分を得て花開いたのだと思う。あの頃は楽しかったなあ。またあんな場所を作れないだろうか。
そんな願望をブログに書いたら、
「家が1軒空いてるけど借りない? 3LDKの分譲マンションなんだけど」
と、ネットの知り合いから連絡が来た。
おお、本当か。渡りに船だ。僕は二つ返事で了承した。
そうして、現在では全国に数十軒あるギークハウスの最初の1つ「ギークハウス南町田」が東京都町田市に誕生したのだった。
「正社員にならねば」「結婚しなければ」「子どもを作らねば」「老後に備えなければ」……「こうあらねば」が人を追いつめている。生きるのが苦しいときは、世間の価値観や周りの意見にとらわれずに、自分が好きなものに立ち返るといい。仕事や家族やお金に頼らず、社会の中に自分の居場所を見つけ、そこそこ幸せに生きる方法を、京大卒の元ニートが提唱。
pha(ふぁ)作家。1978年生まれ。小さい頃から労働意欲に欠け、京都大学を卒業して適当な会社に入社するも3年で辞め、以降ふらふらと定職に就かずにシェアハウスで暮らしている。著書に『持たない幸福論』『しないことリスト』『ひきこもらない』などがある。


「東京大学のやり方は大問題」非常勤雇用ルール巡って労組が緊急会見 最大数万人に影響…?
田中 圭太郎 ジャーナリスト
対立の根源
首都圏の大学などの教育機関に非常勤で勤務する教員・職員の労働組合「首都圏大学非常勤講師組合」と、東京大学教職員組合が8月23日午後4時より、厚生労働省記者クラブで会見を行った。東京大学が、「非常勤教職員の大半を、2018年4月以降雇い止めしようとしている」と主張。「日本を代表する公的な機関としてのコンプライアンスに問題があるのみならず、全国の非正規労働者に深刻な影響を与える」と警鐘を鳴らした。
問題の根底にあるのは、2013年4月1日に施行された「改正労働契約法」だ。ごく簡潔に言えば、2013年4月以降、5年以上同じ非正規労働者を同じ職場で雇う場合、本人が希望すれば原則「無期雇用」にしなければならない、というもの。労働者の雇用の安定を狙ったもので、企業ではこれを受けて非正規雇用の無期雇用化を進める取り組みが進んでいる。
一方、大学では5年以上働いた非正規労働者をどう扱うかについて、明確な基準を示せていないところが多いのが現状だ。
東京大学には、特任教員や看護師・医療技術職員などの「特定有期雇用教職員」2694人と、パート教職員の「短時間勤務有期雇用教職員」約5300人の非常勤職員がいる。あわせて約8000人のほとんどに、2018年以降は「無期雇用職員」への転換を申し込む権利が発生するはずだった。
ところが、東京大学は改正法が施行された2013年に、非常勤教職員の雇用のルールを「密かに」変更、独自のルールを設けていたという。
前述のとおり、5年以上働いた非正規労働者は「無期雇用」への転換を申し込むことが可能となるのだが、6カ月以上の休業期間(クーリング期間と呼ばれる)がある場合、継続して働いた期間が「リセット」されるというルールがある。
東京大学の場合、これまで非常勤教職員は単年度契約で上限5年まで更新ができ、3か月のクーリング期間(一種の休業期間)をおいて、再度契約が可能だった。
しかし、労働契約法の改正によって、6カ月以上のクーリング期間でなければ「リセット」されたとはみなされなくなったため、クーリング期間を3か月以上から「6か月以上」に変更したのだ。
この変更により、非正規職員は5年働いたあともまた働きたい場合、6カ月の「クーリング期間」を原則取らざるをえなくなるという。すると雇用期間が「リセット」されるため、無期雇用の権利が消滅してしまう。
非常勤講師組合の松村比奈子委員長は、「これによって、フルタイムの教職員の一部と法人化前から勤務する480人のパート教職員を除く、パート教職員の4900人近くが例外なく雇い止めされる危機にある」と指摘するのだ。
さらに「大学がクーリング期間を3か月から6か月に変更したのは労働条件の不利益変更にあたるが、就業規則の変更などの手続きや、労基署への届け出などが行われていないため、労働基準法違反の疑いがある」と違法性についても言及した。
数万人に影響…?
一方、東京大学は、8月7日に開かれた東京大学教職員組合と首都圏大学非常勤講師組合との団体交渉で、2018年4月から「職域限定雇用職員」という、フルタイムで定年まで働ける新たな制度を作る」と説明している。契約期間が満了しても引き続き働きたい非正規職員は、毎年秋に実施する試験に合格すれば、非常勤ながら定年まで働けるようになるため「希望者は試験を受けてほしい」としている。
東京大学はこの「職域限定雇用職員」を新設するので、今回の「新ルール」の制定には問題はなく、無期雇用を促す「改正労働契約法」の趣旨にも反していないと主張している。
だが、組合側は「これは専門的かつ高度な仕事をする職員、という前提があり、予算の裏付けがある部署に限って公募するもの。そのうえ、対象の部署や採用人数などは明らかにされていない、不透明な制度だ。このような試験を設けたとしても、これは法律で定められた『無期転換』にはあたらない」と主張、あくまで対象者全員の無期雇用転換を求めている。
組合側は8月23日の会見前に東京労働局を訪れ、東京大学に対して指導を行うよう申し入れたという。今後は「職域限定雇用職員」制度の導入を1年間延期して、いま働いている教職員の無期雇用転換に応じることを東京大学に求めていくが、このまま方針が変わらなければ、非常勤講師組合は労働基準法違反で大学を刑事告発する方針だという。
文部科学省は2016年度に、国立大学法人86法人を対象に「無期転換ルールへの対応状況に関する調査」を実施した。その結果、非常勤教職員を「原則無期転換する」と答えたのは秋田大学、浜松医科大学、愛知教育大学、三重大学、京都教育大学、奈良教育大学の6法人だけだった。
ほとんどの大学は「職種によって異なる対応を行う」ことを検討していると回答し、事実上態度を保留している。他大学は、東京大学の様子を見ているとさえ考えられる。
現在、86ある国立大学法人全体で、少なくとも10万人以上の非常勤教職員が働いている。東京大学の対応が、今後数万単位の雇用に影響が及ぶ可能性があることを指摘しておきたい。
真っ向から両者の意見が対立するこの問題。今後、歩み寄りは見られるのだろうか。


大阪で大規模停電…ATM使用できず、信号停止
 23日午前5時40分頃、大阪府吹田市と摂津市、大阪市東淀川区の一部で大規模な停電が起きた。
 関西電力によると、最大約3万4340軒に上り、午後1時10分現在も周辺約2420軒で停電。病院が診療を停止するなどの影響が出ている。吹田市高城町の地中送電線に不具合が起きたことが確認され、関電が停電との関連を調べている。
 吹田市消防本部によると、午前6時頃に同市高城町付近の住民から「爆発音が2度聞こえた」と警察に通報があり、出動した消防隊員らがマンホールの蓋が約10センチずれているのを発見した。
 関電によると、マンホールの下には約7万7000ボルトの高圧電流が流れる地中送電線が4本あり、断線や接触によりショートした可能性があるという。2016年9月に目視点検を行っていたが、異常はなかった。
 府警吹田署によると、午前11時現在、市内の国道などで少なくとも27か所の信号が停止。警察官約100人が交通整理をしている。
 吹田市役所でも全館が停電し、窓口業務の開始が約30分遅れた。断続的に停電が続いた大阪府済生会吹田病院では、外来患者の診察や手術を一時停止。一部の銀行では現金自動預け払い機(ATM)が使用できなくなった。マンション2か所でエレベーターが停止し、小学2年の女児ら2人が一時閉じこめられたという。
 阪急電鉄の京都線正雀―茨木市駅間では信号が7分間表示されなくなった。河原町発梅田行き普通電車が一時運転を見合わせ、乗客約200人に影響が出た。


吹田市中心に一時3万戸余停電
23日朝、大阪の吹田市を中心に3万4000戸余りで停電が発生し、現在も1万4000戸余りで停電が続いています。
関西電力が復旧作業を進めていますが、病院の診察やスーパーの営業を一時、取りやめるなどの影響が出ています。
23日午前5時40分ごろ、大阪の▽吹田市や▽大阪市東淀川区、▽それに摂津市の合わせて3万4000戸余りで停電が発生しました。
関西電力が復旧作業を進めていますが、午前11時半現在でも、吹田市内の1万4000戸余りで停電が続いています。
吹田市にある大阪府済生会吹田病院では、入院患者の人工呼吸器などの機器は自家発電で稼働させましたが、午前10時半ごろに電気が復旧するまで外来の診察を停止しました。
病院のロビーは午前中、空調が止まった状態で、診察を待つ人たちはうちわなどを使って暑さをしのいでいました。
また、吹田市朝日町にあるスーパーでは、野菜や肉などの生鮮食品を少しでも冷たい状態で保存するために棚にカバーを掛けたり、商品を移したりする作業に追われ通常の開店時間の午前9時に営業を始められませんでした。
このほか吹田市内では一部の信号機が消えた状態が続き、警察官が交通整理にあたっています。
関西電力によりますと、吹田市高城町付近にある地中の送電ケーブルに不具合が発生した可能性があるということで、原因を調べています。
関西電力は、「多くの皆さまにご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます」と話しています。


愛媛大 別の教員もセクハラ行為か 学生が苦情
 愛媛大(松山市)の複数の男女学生が今年3月、教員が女子学生の体を触ったり、飲み会を断った学生に単位を出さないなどの対応をしたりしているとして、大学側に相談していたことが22日、大学への取材などで分かった。
 毎日新聞の情報公開請求に愛媛大が開示した関係資料によると、3月1〜7日、複数の学生が、同じ教員による被害について大学側に相談した。
 このうち女子学生2人は、教員が飲み会で女性の体を触ったり、飲み会を断った学生には単位を出さないなど対応が悪くなると相談。さらに、この教員は学会のため出張する際には必ず女子学生を同伴させていたという。学生は「飲み会を開くのをやめてほしい。指導できないのであれば、研究指導をしてほしくない」と訴えた。
 別の学生4人も「(この教員は)女性を遅くまで連れ回し、体に触ったりする。研究室の指導から教員を外してほしい」などと訴えた。
 また、男子学生2人は、この教員に「大学院進学後は研究室を変わりたい」などと伝えたところ、卒業に必要な単位を取り消されたという。「卒業判定が間近に迫っているにもかかわらず、どうしたら卒業できるかとの問いにも明確に答えてもらえない。人により態度が明らかに違う」などと相談した。
 このほか、男子留学生は、この教員から進学に必要な科目の追試験を受けさせてもらえず、ストレスから睡眠不足が続いたため薬を飲むようになったり、髪が抜け落ちているように感じたという。
 相談を受けた大学の人権問題対策委員長が、所属部局に対処を依頼し、対処結果について対策委員長に報告した。
 愛媛大では、女子学生が昨年4月、別の教員(既に依願退職)から性的な関係を迫られたとして、大学側に相談していたことなども明らかになっている。【花澤葵】


昭恵氏付 谷氏人事異動は「通常」 それとも「不自然」
在伊日本大使館赴任 FBに「驚き」「違和感」書き込みも
 安倍晋三首相の妻昭恵氏付の政府職員だった経済産業省の谷査恵子氏が今月、在イタリア日本大使館の1等書記官に赴任した。学校法人「森友学園」に対する国有地売却問題への関与が十分に説明されない中での異動で、経産省内からも「不自然な人事だ」との指摘が出ている。
 「今回の異動は多くの職員が驚くとともに、違和感を持っている」。経産省職員らで作る「全経済産業労働組合」の飯塚盛康副委員長は16日、フェイスブックに記した。
 この異動について、世耕弘成経産相は15日の記者会見で、森友問題が浮上する前の1月末に「内々示」を出したと説明。「同期の2種(ノンキャリア)の職員も、既に3分の1程度は海外勤務を経験している」と通常の人事だと強調した。
 ただ、こうした説明に納得していない人もいる。谷氏が昭恵氏付を3年間務めた後に経産省に戻ったのは2016年1月だ。飯塚氏は「世耕氏の発言の通りなら、経産省に戻って1年くらいで大使館への赴任を決めていたことになる」と指摘。「経産省の人事異動サイクルは通常2〜3年。よほどの理由がない限り1年での異動はない」とした。
 谷氏は経産省の「クール・ジャパン海外戦略室」などで勤務。その後に内閣官房で昭恵氏付を担当した。問題の国有地売却に関し、財務省への照会結果を学園の籠池泰典前理事長にファクスで送ったことが問題視されたが、政府は「谷氏個人が作成したもの」(菅義偉官房長官)と説明。野党は参考人招致を要求したが、自民党が拒否していた。
 元駐イラン大使の孫崎享氏は「国内にいれば参考人招致などの形で国会に呼ばれる可能性があった。海外に逃がした人事ではないか」と指摘。飯塚氏も「首相夫人という『私人』が国家公務員に危ない橋を渡らせた。異動は論功行賞だろうが、政権による公務員の私物化の象徴だ」と批判した。【佐藤丈一】

タブレットであれこれ/ブツブツでエクセル記入

ブログネタ
フランス語 に参加中!
赤川鉄橋130707

Une campagne promotionnelle à double tranchant
Le gouvernement de la préfecture de Miyagi a déclaré lundi qu’il supprimerait une vidéo promotionnelle mise en ligne ayant suscité de vives critiques pour son scénario sexuellement suggestif.
Dans le cadre de la campagne promotionnelle de la préfecture de Miyagi, la vidéo de 150 secondes, présente le modèle et l’actrice Dan Mitsu vêtue d’un kimono, connue pour jouer des rôles érotiques, comme une guide présentant les lieux touristiques et les spécialités de la préfecture. La vidéo crée la polémique du fait de son scénario au caractère sexiste et provocant.
Le gouvernement a recu environ 380 plaintes ou commentaires négatifs sur la vidéo par des appels téléphoniques, des courriels et des lettres. Face aux critiques incessantes de téléspectateurs et de membres de l’assemblée féminine qui se soulèvent contre la diffusion de la vidéo, le gouvernement local dans le nord-est du Japon prévoit de retirer la vidéo après un événement touristique prévu samedi à Sendai, la capitale de la préfecture. ≪ Nous devons être à l’écoute de ceux qui sont en désaccord et ont des sentiments négatifs à ce sujet ≫, a déclaré le gouverneur de Miyagi, Yoshihiro Murai, avant d’ajouter ≪ Mais je ne doute pas que la vidéo ait joué son rôle pour attirer les visiteurs dans notre préfecture ≫.
フランス語
フランス語の勉強?

タブレットの使い方がわからず守口に行ってあれこれ教えてもらいました.ちょっと商売っ気があるのは仕方ないけどこのお店気に入っています.
夕方帰り際に,ブツブツでエクセル記入しなくてはならないことに気がつきました.はぁ〜とため息をつきながら頑張りました.

被災し再建 中学校の見学会
東日本大震災の津波で被害を受けて再建した亘理町の荒浜中学校で地域の人たちを対象にした学校見学会が行われました。
見学会は、地域の人たちに防災意識を高めてもらおうと亘理町の公民館が主催して行ったもので地域の住民25人が参加しました。
亘理町の荒浜中学校は、震災の津波で校舎1階の天井部分まで浸水し、3年前、さまざまな防災設備を整えて建て直され、今は78人の生徒が通学しています。
校舎は1階部分を主に柱で支える構造で作られていて、津波を受け流し建物に加わる力を減らすことができる仕組みになっているということです。
また、校舎の外には1階から屋上に避難できる階段が設置され、校舎の中を通らずに直接3階の上に避難できるほか、校舎内には蓄電池が備え付けられ、緊急時にはおよそ100枚の太陽光パネルから電気を供給できるようになっています。
さらに、体育館にはボートが用意されていて、非常時には必要な物資を取りに行くためなどに利用できるということです。
参加した人たちは説明を聞いたり、設備に触れたりしながら防災についての意識を高めあっているようでした。
参加した60代の女性は「設備などは来てみないと分からないと思うので、ほかの人たちにも自分の命は自分で守るという訓練をしてほしいと思います」と話していました。


松島自然の家再建へ予算計上
宮城県は、東日本大震災の津波で全壊した東松島市の自然体験施設、「宮城県松島自然の家」の再建に向けた費用など、一般会計の総額でおよそ67億円の補正予算案を県議会の9月定例会に提出することが分かりました。
宮城県がまとめた今年度2回目となる補正予算案は、一般会計の総額がおよそ67億円となっています。
この中では、震災の津波で流された東松島市の自然体験施設、「宮城県松島自然の家」を旧宮戸小学校の跡地に移転するため、用地の取得や校舎の解体にかかる費用としておよそ1億9000万円を盛り込んでいます。
また、東北電力・女川原子力発電所で、緊急事態が起きた際の拠点となる「オフサイトセンター」を再建するための工事費用としておよそ5億円、江戸時代に仙台藩の慶長遣欧使節団が乗った船、「サン・ファン・バウティスタ号」の復元船について、今後のあり方を検討・調査するための費用としておよそ1100万円などを盛り込んでいます。
県はこの補正予算案を来月1日から始まる県議会の9月定例会に提出することにしています。


JR山田線・大槌駅駅舎はひょうたん島
「総選挙」でデザイン決定
 東日本大震災の津波で全壊し、岩手県大槌町が再建するJR山田線大槌駅の外観デザインが決まった。町による「総選挙」の結果、町のシンボルである「ひょうたん島」をモチーフにした案が選ばれた。
 総選挙は11、12の両日、町内の商業施設で実施した。町内外の1701人が(1)ひょうたん島(2)江戸時代の代官所(3)海−の3案から好きなデザインに投票した。
 「ひょうたん島」案は、故井上ひさしさん原作の人形劇「ひょっこりひょうたん島」のモデルとされる大槌湾の蓬莱島にちなんだ。ひょうたん形の屋根が特徴で、919票を集めた。
 「海」案は451票、「代官所」案は331票だった。
 駅舎は2018年7月に着工し、12月の完成を目指す。JR山田線宮古−釜石間(55.4キロ)は18年度に復旧した後、第三セクターの三陸鉄道に移管される。
 平野公三町長は「町内外の多くの人を巻き込めた。みんなでまちづくりに関わるという気持ちが、大きな力になる」と語った。


<災を忘れず>大火から復興 モデルに
 地震や風水害などの天災、戦争や市街地の火事といった人災。生死を左右しかねない惨事の発生は人々に大きな衝撃を与えるが、その爪痕や傷痕が歳月の中で癒えるにつれ、風化は進む。「大切な記憶を継承する」。熱い願いが込められた東北各地の施設や地域を紹介する。
◎東北の施設・地域巡り(4)酒田市中心商店街
 地下に防火水槽を備えた5カ所の公園。商店主が手を携えて建てた16棟の共同店舗。41年前の大火から「防災都市」として再建された酒田市の中心商店街は、街の姿が災害と復興の記憶を今に伝える。
 市都市デザイン課の高橋紀幸主幹(53)は「官民の協調で2年半で成し遂げた再建手法は、約20年後の阪神大震災の復興のモデルにもなった」と説明する。
 酒田大火は1976年10月29日に発生し、市街地22.5ヘクタール、1774棟を焼き尽くした。市は発生から間もなく土地区画整理事業を中心とした復興計画を公表。山形県や商店主らと用地買収や換地、共同店舗の建設を急ピッチで進めた。
 79年5月には復興式典を開催。木造の建物が密集した市街地は整然とした不燃建築の街並みに生まれ変わり、商店街を貫く「中通り」は商店の1階部分をセットバックして設けたひさしで、ショッピングモール風になった。
 延焼エリアのほぼ中央には、大火の様子を伝える写真パネルや燃え落ちた木製の電柱を常設展示する酒田市資料館が建てられた。
 しかし、その後の中心商店街空洞化の流れは、再建を遂げた酒田にも及んだ。
 仏具店を営む佐藤英夫さん(61)は「活気は取り戻せなかったが、商店街の苦境は全国どこでも似たようなもの」と語り、「むしろ大火を受けて街の再開発が一挙に進み、災害に強く、緑の多い街づくりができた」と前向きに捉える。
 今年6〜7月には、昨年12月に市街地で大規模火災が起きた新潟県糸魚川市の行政区長や市職員らが、復興と防災対策を学ぶため相次いで酒田市を視察した。
 行政区長の一人は「2年で復興を遂げた手法は参考になる。両面を学び、新しい街づくりに生かしたい」と意欲的に語った。
[メ モ]酒田市資料館は午前9時〜午後4時半。12月〜3月は月曜休館(祝日の場合は翌日休館)。一般100円。大学生以下50円。幼児以下無料。9月4日まで企画展「酒田を訪れた人々−文人墨客から維新の志士まで」を開催している。


河北抄
 お盆が過ぎ、夜長を感じ始める頃は人情味のある映画を見たくなる。そんな気分に合う作品が『じんじん〜其(そ)の二〜』。宮城県松島町がサブロケ地となった『じんじん』(2013年公開)のパート2で、9月9〜22日に仙台市青葉区の桜井薬局セントラルホールで上映される。
 俳優の大地康雄さんが演じる主人公の大道芸人、立石銀三郎は、おせっかい焼きでほれっぽく、『男はつらいよ』の「寅(とら)さん」を思わせる。前回作品で絵本の里・北海道剣淵町だったメインロケ地は今回、名水の里・神奈川県秦野市。銀三郎と出会った若者が、悩みを抱えながらも自然の中で自立していく物語だ。
 12年6月に松島ロケを取材した時、企画者でもある大地さんは「この映画をきっかけに、より元気になっていただければ」と東日本大震災の被災者を気遣い、作品への強い意気込みを語っていた。
 今回の舞台は被災地とは関係ないが、日本のどこであっても、時代が変わっても、人と人が心を通い合わせる姿は純粋で美しい。「じんじん」とする熱い心がテーマの作品をじっくりと味わいたい。


<壇蜜さん動画>「役割果たした」削除を正式発表 批判の声にも配慮
 タレントの壇蜜さん(秋田県横手市出身)が出演する仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会のPR動画について、協議会会長の村井嘉浩宮城県知事は21日の定例記者会見で、投稿サイトから削除する方針を正式に発表した。村井知事は「集客に成功し、一定の役割を果たした」と強調。「批判の声もあり、配慮が必要と考えたのも事実だ」と述べた。
 動画を削除する理由について、村井知事は「アクセス数はここ数日伸びていない状態。お客さんを呼び込む役割は果たし、これ以上の効果は見込めないと判断した」と説明。26日に壇蜜さんを招いて仙台市内で開くイベントを区切りとし、動画の配信を停止する方針を明らかにした。
 2分37秒の動画は壇蜜さんが伊達家家臣の子孫「お蜜」に扮(ふん)し、「伊達な旅」夏キャンペーン(7〜9月)のテーマ「涼(りょう)・宮城(ぐうじょう)の夏」をPRする内容。7月5日に投稿サイト「ユーチューブ」で公開された。
 壇蜜さんが牛タンやずんだ餅を妖艶な言い回しで紹介するシーンなどが反響を呼び、動画再生回数は340万回を突破した。一方、県には480件の意見が寄せられ、うち8割は批判的な内容だった。
 「性的な表現が不快」などとして県議会の野党会派や女性団体からは配信停止の要請が相次いだ。キャンペーン途中での動画削除について、村井知事は当初からの想定ではなかったことを明かし「壇蜜さんのファイナルイベントまでは残すべきだろうと意思決定した」と話した。
 協議会は秋(10〜11月)と冬(12月〜来年3月)にもそれぞれキャンペーンを実施する。冬には動画を再度作る方針で、村井知事は「宮城の温泉地をPRする。妖艶な内容ではない」と述べるにとどめた。
 21日にあった県議会の経済商工観光常任委員会では、女性県議から「批判に対する反省をすべきではないか」との意見が出た。


河北春秋
 動画投稿サイト「ユーチューブ」における「ピコ太郎」の楽曲『ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)』は計算し尽くされた演出で人気を博した。ヒョウ柄衣装、パンチパーマ、小学生でも分かる簡単な詞。再生回数2億突破はだてではない▼プロデュースした青森市出身のお笑い芸人、古坂大魔王(こさかだいまおう)さん(44)は振り返る。「(制作は)歌の最初のフレーズだけで何年もかかっている。意味のないもの見てキャーキャー笑ってるってすごいハッピー」。テレビの対談番組で語っていた▼入念な準備、奇抜さ、幅広い層の支持、明るさ…。ネットを使う宣伝は何とも難しい。7月5日公開の仙台・宮城観光キャンペーンの動画は再生回数が300万を超えながらも、「性的表現が不快」との批判もあった。結局、制作担当の宮城県は26日のイベントを区切りに配信をやめる▼県民が得たもの、失ったものは何だろう。「しゃれの分かる宮城」と思った人がいれば、女性を中心に幻滅感を抱いた人もいたに違いない。ただ、古坂さん風に言うなら、みんなが「ハッピー」となる内容ではなかった▼観光キャンペーンのテーマは「涼(りょう)・宮城(ぐうじょう)の夏」。お日様に見放された8月、県民は何度恨めしく空を見上げたことか。動画をやめるにはいい潮時だったかもしれない。

遮水壁、残り7メートル凍結開始 福島第1原発の汚染水対策
 東京電力は22日、福島第1原発1〜4号機の周囲の地盤約1・5キロを凍らせる汚染水対策「凍土遮水壁」で、建屋西側に残る未凍結区間約7メートルの凍結を始めた。完了には数カ月かかり、早ければ今秋になる見通し。国費約350億円が投じられた凍土壁は、昨年3月末に凍結を開始してからようやく全面運用となる。
 第1原発では、原子炉建屋内に地下水が流入して事故で溶け落ちた核燃料に接触したり、たまっている高濃度汚染水に混ざったりして、汚染水が増加。これを食い止めるために地中に氷の壁をつくり、建屋に流入する地下水を減らす。


凍土壁、全面凍結へ=最後のバルブ開く−効果まで2カ月以上・福島第1
 東京電力は22日、福島第1原発1〜4号機の周囲の土壌を凍らせて地下水の流入量を減らす「凍土遮水壁」について、未凍結区間を凍らせる作業を開始した。1メートルおきに埋設されたパイプにマイナス30度の冷却液を流し込み、周辺の土壌を凍らせて地下水を遮断する仕組み。2号機に近い最後のバルブ11本を作業員が開き、冷却液の流入を確認した。
 全長約1.5キロの凍土壁のうち、山側の未凍結区間(幅約7メートル)には地下水が集中して流れ込んでいるとみられる。東電は凍結の効果が表れるまで2カ月以上かかると見込んでいる。
 東電によると、6月時点で1日当たり140トン流入していた地下水は、凍土壁の完成で平均100トン未満まで減少する見通し。
 山側から流入する地下水は、原子炉建屋の地下などにたまった高濃度汚染水と混ざり合い、汚染水を増やす要因となっている。凍土壁は昨年3月末から凍結を開始。地下水位が下がり過ぎると建屋内の高濃度汚染水が漏れ出す恐れがあるため、段階的に凍結を進めてきた。


高校生平和大使3人、核廃絶訴え 外交官ら60人前にスピーチ
 【ジュネーブ共同】核兵器廃絶を世界に訴える日本の高校生平和大使22人は21日、ジュネーブ軍縮会議日本政府代表部主催のレセプションに参加、広島大付属高の小林美晴さん(16)ら3人が各国外交官ら約60人の招待客を前にスピーチした。
 小林さんは祖父母が広島で被爆。「自身の母を亡くした祖父のつらい記憶はいつまでも消えなかった」と述べ、多くの人の貴重な生命を奪った原爆の悲劇を繰り返してはならないと強調した。英数学館高(広島)の船井木奈美さん(16)と、大妻中野高(東京)の重松舞子さん(16)は平和大使の活動を紹介した。


民進党代表選始まる 「もう後がない」と自覚を
 野党第1党が政権批判の受け皿と認知されない中でのトップ選びだ。
 民進党代表選が告示され、前原誠司元外相と枝野幸男前幹事長が立候補した。9月1日に選出される。
 昨年の代表選では「選挙の顔」と見込んで蓮舫氏を選んだが、先月の東京都議選で同党は惨敗し、1年足らずで辞任に追い込まれた。
 都議選では自民党も敗北し、政権批判票は小池百合子都知事の率いる地域政党「都民ファーストの会」に集まった。次期衆院選へ向けた小池新党の結成をにらみ、民進党からは保守系議員の離党が相次ぐ。
 「リベラル系の枝野氏が当選したら保守系が離党する」
 「保守系の前原氏では小池新党に野党再編の主導権を握られる」
 分裂や解党の危機がささやかれ、両陣営は互いにけん制し合う。
 共産党との選挙協力に枝野氏は前向きで、前原氏は否定的だ。この問題が代表選の争点となる背景には、小池新党と共産党のどちらを連携先に選ぶかという路線対立が潜む。
 旧民主党の時代から保守系とリベラル系が党内に混在し、バラバラ感を生んできた。それでも存続してこられたのは、野党第1党として政権を批判していれば選挙で一定の支持を期待できたからだ。
 そんな選挙互助会のぬるま湯体質が、国民向けの政策提示より内向きの党内融和を優先する姿勢につながり、民進党は何をやりたいのか分からないとの批判を招いてきた。
 代表選の共同記者会見で前原氏は「自民党に代わる選択肢を作りたい」、枝野氏は「自民党とは違う明確な対抗軸が必要」と口をそろえた。
 前原氏は「オール・フォー・オール(みんながみんなのために)」、枝野氏は「支え合う社会」を掲げる。いずれも抽象的だが、深刻な少子高齢化への処方箋を示せていない安倍政権に対抗する政策として、早急に肉付けしてもらいたいテーマだ。
 そのための国民負担は消費増税に求めるのか。党内対立の火種となってきた憲法改正や安全保障政策も含め、徹底的な議論が必要だ。
 民進党が置かれている現状では、過去のような内向きの議論が許される余地はない。「もう後がない」と自覚し、民進党の理念と覚悟を国民に向けて示せるかが問われている。


民進代表選 「党再生」の具体策競え
 国政選挙での敗北が続き、党勢が低迷する中、民進党は自民党に代わって政権を再び託すに値する政党へと生まれ変わることができるのか。代表選を機に、党再生の具体策を競い合ってほしい。
 蓮舫代表の辞任表明に伴う代表選は、前原誠司元外相(55)と枝野幸男元官房長官(53)の一騎打ちとなった。国会議員らに加え、党員・サポーターも投票できる本格的な代表選で、全国八カ所での街頭演説会などを経て、九月一日の臨時党大会で新代表が選出される。
 後継代表に問われているのは、低迷が続く党をどうやって立て直すのか、二〇一八年十二月までに行われる次の衆院選で政権の選択肢を有権者に示せるか、である。
 民進党は前身の民主党が政権から転落した一二年の衆院選から、国政選挙での連敗が続く。
 安倍晋三首相(自民党総裁)率いる内閣が支持率を落としても、民進党への期待感が高まらないのは、民進党に政権交代しても、政策がどう変わるのか、具体像が見えてこないからだろう。
 例えば、経済政策である。実質賃金の低迷や格差拡大など、負の側面も指摘される首相主導の経済政策と違い、民進党なら経済をどう活性化させるのか。
 選挙公約で、前原氏は成長依存の社会から脱却し、結果として成長にもつながる経済・社会構造への転換を目指すこと、枝野氏は保育・教育、医療・介護分野の賃金底上げによる雇用拡大、正社員化や長時間労働規制を打ち出した。
 目指す方向性は正しい。問題はどうやって実現するかである。具体的で説得力のある政策体系にまで落とし込まなければ有権者の期待感は高まるまい。両候補は論戦の中で具体策を語ってほしい。
 原発政策も同様だ。前原氏は「三〇年代原発ゼロに向けてあらゆる政策資源を投入」とする一方、枝野氏は原発ゼロの前倒しへ年内にも法案を国会に提出することを目指す、としている。
 報道各社の世論調査では原発再稼働に半数以上が反対するなど、原発ゼロの民意は根強い。安倍政権が原発稼働を続けるのなら、原発ゼロの前倒しは有力な政策の対抗軸になり得る。
 しかし、民進党の支持組織、連合傘下の電力総連は原発ゼロに反対だ。原発ゼロを対抗軸に掲げるのなら、まず支持組織をどうやって説得するのか、語ることが先決だ。それができなければ、いくら原発ゼロを掲げても画餅に帰す。


民進代表選告示  党の再生へ本格論戦を
 蓮舫代表の後任を決める民進党代表選が告示され、前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官の一騎打ちの構図が固まった。若手など第3の候補の擁立は、必要な推薦人の確保に至らなかった。
 両氏はともに1993年の衆院選に日本新党から出て初当選、新党さきがけを経て96年の民主党結党に加わった。2009年発足の民主党政権の中枢を担い、3年3カ月で終わった政権の失敗を身をもって知る点も共通している。
 新味には欠けるものの、ベテランであり失敗を経験した両氏だからこそ、語れる言葉もあるはずだ。9月1日の投開票に向け、きょうから全国8カ所での遊説がスタートする。安倍政権の描く社会像との違いを明確にする、本格的な論戦を期待したい。
 もっとも、状況は厳しい。加計学園問題などで急落した内閣支持率が改造人事を経てやや持ち直す一方、野党第1党の「顔」を決める民進代表選への国民の関心は、前回にまして低調だ。一因には、政策の軸がみえないこと、次期衆院選の戦い方をめぐって党のスタンスが定まらないことがあろう。
 共産党を含む今の野党共闘に反発し、離党する議員が止まらない。7月の東京都議選で、地域政党を率い圧勝した小池百合子都知事の側近らの国政新党構想との連携を探る動きもある。きのうの共同会見で前原氏は共闘の見直しを、枝野氏は継承を主張し、立場の隔たりを鮮明にした。
 今回の代表選は、民進が従来の路線対立を克服し、自民党「1強」打破に向けて真の意味で一丸となれるか否かの最後のチャンスともいえる。「統率力不足」を露呈した蓮舫執行部を含め、民主党時代から続くガバナンスの弱さを今度こそ解消しなければ、国民に信頼され、再び政権を託される政党には生まれ変われない。
 党内の保守派の代表格である前原氏とリベラル派の推す枝野氏の対決は、どちらが勝っても分裂含みだ。だが亀裂を恐れず、むしろ乗り越える建設的な議論をしてもらいたい。
 両候補は、消費税率引き上げの時期や「原発ゼロ」の年限をめぐっても意見の違いがある。一方で重要政策の実現へ、より具体的に道筋を示す姿勢をともに強調した。
 社会保障の充実による将来不安解消のための財源論、経済政策をはじめ、エネルギー問題、憲法改正、緊迫する東アジア情勢への対応など、党員と国民の関心事を分かりやすく語ってほしい。


民進代表選告示 国民に訴える政策論争を
 民進党にとって党勢立て直しの「最後のチャンス」ともいえる党首選びではないか。再び政権を争える政党に脱皮できるか、それとも万年野党に甘んじるか−という岐路に立つ代表選が告示された。
 党内保守派の代表格である前原誠司元外相とリベラル派が支援する枝野幸男元官房長官が立候補した。崖っぷちに立つ民進党としては明確な対決構図になったといえるだろう。両氏には国民にも分かりやすい政策論争を期待したい。
 議会制民主主義の発展には与党と切磋琢磨(せっさたくま)する健全な野党の存在が不可欠だと、私たちは繰り返し指摘してきた。野党第1党の機能不全が安倍晋三「1強」政権のおごりや慢心を許した側面は否定できない。疑惑や不祥事、閣僚らの問題発言が重なる一方、国会では重要案件の採決強行が続いた。
 国民の反発が強まり、安倍内閣の支持率は急落した。しかし本来なら政権批判の受け皿となるべき野党第1党に国民の期待は集まらない。共同通信社の最新の世論調査でも民進党支持率は7・3%と長期低迷したままだ。
 国政選挙で連敗が続き、離党する国会議員が相次ぐなど、党の将来を危ぶむ声は強い。
 深刻な危機だからこそ、単なる一野党の党首選びにしてはならない。民進党が今回の代表選を反転攻勢の契機にできるかどうか。それは、既にほころびかけている「政権交代が可能な二大政党制」の命運にも直結するだろう。
 前原、枝野両氏は旧日本新党出身の同期生だが、憲法改正をはじめ消費税、原発、共産党も含めた野党共闘など主要政策や党の路線問題で立場を異にする。対立の火種になりかねないとして論議を先送りすることはもう許されない。
 体質的な課題も克服されていない。内紛に次ぐ内紛、風頼みの選挙、組織優先の内向き姿勢など、ひと言でいえば本当に国民の方を向いているのかということだ。
 国民のためにどんな政策の旗を掲げるか。自民党とはどこがどう違うのか。民進党の進む道を今回こそ徹底的に論議してほしい。


民進代表選告示 党再生につなぐ論戦を
 民進党の代表選がきのう告示され、前原誠司元外相、枝野幸男元官房長官の2人が立候補した。
 長く続いた安倍晋三首相の「1強」体制がぐらつき、反転攻勢の好機を迎えたはずが、民進党側も東京都議選の惨敗から離党者が相次ぎ、党の存続すら危ぶまれる。
 そんな中での代表選である。
 だからこそ、内紛を恐れて避けてきた野党共闘や改憲を巡る論議を深め、党が目指す方向を国民にはっきりと示す必要がある。
 現政権の今後に暗雲が漂う中、代わりうる政党が不在では、民主主義が機能しない。民進党はこの代表選を、危機から再生へと転じる機会としなければならない。
 共同記者会見で前原氏は「国民に新たな選択肢を示したい」、枝野氏は「いまの政治に代わる対抗軸を示す」と、政権交代を目指す基本姿勢をそろって表明した。
 一部企業を潤わせるだけで、経済の好循環につながっていないアベノミクスを転換し、格差の是正を目指す立場も共通する。
 一方、最大の焦点である共産党との協力では温度差が鮮明だ。
 前原氏は「衆院選は政権選択選挙だ。理念政策が合わないところとの協力はおかしい」と見直しを表明。枝野氏は「党の主体性を持ちながら、できることを最大限やる」と協力の維持を示唆した。
 民進党と共産党は、現政権と対峙(たいじ)する立場を共有するが、改憲や安全保障など基本政策で隔たりが大きい。その点が未整理のままでは、野合との批判を免れない。
 ただ民進党が現政権に対する批判の受け皿を掲げるならば、共産党支持層の存在は無視できまい。野党共闘を否定して、小選挙区をどう戦うのかも問われる。
 両候補が徹底的に論議し、代表選の審判を経て方針を定めた上で、党として結束を図るべきだ。
 そもそも今回の代表選は、都議選の結果を受けた蓮舫代表の突然の引責辞任によるものだ。
 自民党も惨敗したが、民進党では、小池百合子都知事率いる勢力の台頭もにらんだ離党が続き「解党やむなし」の声が漏れる。
 旧民主党政権の失政を引きずったまま、党内の溝を埋める努力を怠ってきたツケが回ったとも言える。野党共闘に加え、改憲や消費税を巡る前原氏と枝野氏の主張の違いは、溝の深さを示すものだ。
 たとえ時間がかかっても、国民の信頼回復には、政策論を正面から深めるしか道はない。今回の代表選を、先送りしてきた議論に踏み出す一歩としてほしい。


民進党代表戦告示 再生に向け骨太の論戦を
 民進党代表選が告示され、前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官が立候補を届け出た。9月1日に投開票され、新代表が決まる。
 民進党を取り巻く情勢は極めて厳しく、瀬戸際に立たされているといっていい。東京都議選の惨敗、蓮舫代表の辞任表明、さらに離党者の続出で混迷から抜け出せず、安倍政権が支持率急落などで一時ぐらつきを見せても、野党第1党としての存在感は薄かった。今回の代表選は恐らく、党再生に向けて最後のチャンスとなろう。
 政権批判の「受け皿」になり得ていない現状を打開し、いま一度、政権交代可能な政党に生まれ変わるにはどうすればいいのか。政治路線、政策を巡る骨太の論戦を期待したい。
 一騎打ちとなる前原、枝野両氏は共に1993年の衆院選で日本新党から初当選。旧民主党政権では閣僚など要職を歴任し、似た政治経歴ではあるが党内のリベラル派が推す枝野氏と、保守派が支持する前原氏とでは主張に当然、違いがある。
 立候補届け出後の共同会見で、野党共闘、特に共産党との連携を巡り、前原氏は「政策、理念が一致しない政党と協力するのはおかしい」と見直しを表明。昨年の参院選で幹事長として野党共闘を進めた枝野氏は次期衆院選でも共闘を堅持する考えを強調した。
 憲法改正について、枝野氏は安倍政権下での改憲に反対の立場。特に9条1、2項を残し自衛隊の存在を憲法に明記するとした安倍晋三首相の提案に関し「違憲の安全保障関連法を事後的に認めることになる」と批判した。
 前原氏は「憲法改正は年単位でかかる」とし、拙速を避け、議論を重ねていく姿勢を見せた。
 原発政策では党の「2030年代原発ゼロ」目標について、前原氏は堅持、枝野氏は実現までの工程表を作成する中で目標年次の前倒しを検討する考えを示した。
 また両氏は社会保障、雇用対策の充実で将来不安を解消する方向で一致。だが消費税率10%への引き上げについて、前原氏は財源論として前向きに検討する考えを示し、否定的だった枝野氏と見解が分かれた。
 想起すべきは、論争がどんなに激しくても、新代表が決まれば一致結束して支えるという基本ルールだ。代表選の結果次第で、共産党との協力や憲法など基本政策を巡る亀裂が深刻化し、分裂騒ぎがまたも起きるとすれば、民進党は有権者から見放されるだろう。


民進党代表選告示 再生できるか正念場だ
 民進党の代表選が21日告示され、前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官による一騎打ちの選挙戦に突入した。
 民進党を取り巻く状況はかつてなく厳しい。加計(かけ)学園問題などで「安倍1強」が揺らいでいるにもかかわらず支持率は低迷し、野党第1党として政権批判の受け皿になり得ていない。党内は野党共闘などを巡って路線対立が表面化し、離党者が相次いでいる。
 次期衆院選に向けて党解体の危機すら指摘されている中で、今回の代表選は党の立て直しを図れるかどうかという極めて重要な意味を持つ。前原、枝野両氏は安倍政権との対立軸を明確に示すのはもちろん、党再生のために何をなすべきか真剣に議論して国民の理解を得るよう努めなければならない。
 民進党に対する国民の支持が伸びない大きな要因は、党としての「一体感のなさ」にあると指摘する声は多い。保守系やリベラル系など幅広い立場の議員が混在するため、前身の民主党時代からしばしば意見の対立による分裂などが生じた。昨年3月に民進党として再出発したが、執行部の統治能力が十分機能しないというマイナスイメージは払拭(ふっしょく)できていない。
 その象徴的な例が、先月の蓮舫代表の辞任表明だろう。党刷新に向けリーダーシップが期待された蓮舫氏だったが、2012年衆院選で野党に転落する原因をつくったとされる野田佳彦元首相を幹事長に起用したことへの党内の不満は根強かった。東京都議選での惨敗で一気に執行部批判が高まり、就任1年足らずで辞任に追い込まれた。
 加計学園問題や南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題などで、安倍政権を一気呵成(かせい)に攻め立てるはずが、そうした状況に自ら冷や水を浴びせるような辞任劇と党内混乱である。
 共同通信社が今月上旬の内閣改造直後に実施した世論調査の政党支持率では、自民党が7月の前回に比べて7・1ポイント増の39・0%だったのに対し、民進党は0・9ポイント減の7・3%にとどまった。内閣支持率は低迷しており、政権への不信は強いのに政権交代の選択肢がないような状況は、国民にとって不幸としか言いようがない。
 今回の代表選で民進党が問われているのは、二大政党の一翼を担う党として再生できるかどうかだ。政権担当能力があることを国民に示すには、党として決めたことには立場の違いを超えて一枚岩となれるように組織の体質を変える必要がある。
 前原氏は保守系、枝野氏はリベラル系を中心に支援を受け、憲法改正や野党共闘、消費増税などそれぞれの主張には違いがある。代表選では政策論を戦わせるとともに、なぜ安倍政権の独走を許してきてしまったのか、党のこれまでの歩みを振り返ることが欠かせない。真摯(しんし)な反省こそが党再生の原点だ。


民進代表選告示 率直に主義主張を競え
 蓮舫代表の任期途中の辞任に伴う民進党代表選は、9月1日の投開票に向け前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官の一騎打ちとなった。
 小池百合子東京都知事率いる都民ファーストの会の都議選圧勝を受け、小池氏側近の若狭勝衆院議員が国政新党の設立を掲げるなど野党再編の足音が高まる中での代表選。共産党との選挙協力や原発ゼロ政策を巡り、連合との関係も微妙な時期にある。
 任期は蓮舫氏の残任期の2019年9月まで。この間、18年12月に任期満了となる衆院では早期解散、総選挙の可能性が取り沙汰される。都議選で政権批判の受け皿となり得なかったショックを引きずる中、どちらが選ばれても、その船出は極めて厳しいことに変わりはない。
 同党を取り巻く状況に明るさは見いだし難い。都議選は自民党が歴史的惨敗を喫する一方で、民進党も旧民主党時代を含めて過去最低の5議席止まり。その余波は、今もやまない離党ドミノという形で党を揺さぶり続けている。
 今月初めの共同通信世論調査で、安倍内閣の支持率は40%台を回復。自民党支持率も7・1ポイント高まったのに、民進党は0・9ポイント減らして1桁台の低迷が続く。勢い、代表選に対する国民の関心は決して高いとは言えまい。
 その要因を突き詰めれば、党としての魅力不足に行き着く。今回の代表選の争点は国政選挙での野党共闘や憲法改正への対応、経済、エネルギー政策などとされるが、逆に言えば、どれ一つ取っても党の方向が定まっていないということだ。これで国民の期待が高まるはずもない。
 「1強政治」が対抗勢力の弱さに支えられているとするなら、民進党を支えているのは安倍政権で顕在化する緩みやおごりという「敵失」だ。世論の大勢を背にした国会での厳しい追及が支持率に直結しないのは、主要政策で与党との対抗軸を打ち出せず、党の「かたち」が判然としないことが背景だろう。
 旧民主党政権は、保守系から革新系まで、党内の多様な意見を統治できずに国民の信を失った。同党時代を含め、代表選は無投票を除き過去10年で9回目という。毎年のように代表が代わる状況は、それだけで不安定な党内情勢を印象付ける。
 前原氏は保守派の代表格。枝野氏はリベラル派が推す。左右両派の論戦は、党の立ち位置を国民に示す好機だ。四方八方にいい顔をするようなどっちつかずの体質を省み、率直に主義主張をぶつけ合うことで活路も開けよう。
 その上で最終的に一枚岩になれるかどうか。議員個々に相応の危機感がなければ、代表を入れ替える意味はない。


民進党代表選 政権と対抗軸を示せ
 民進党の代表選は前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官の一騎打ちとなった。
 蓮舫代表の辞任表明に伴う選挙で、9月1日の臨時党大会で新代表が選出される。
 巨大与党に支えられた安倍晋三政権に立ち向かうには、明確な対抗軸を示す必要がある。政策や政治理念を論戦を通じて丁寧に説明してほしい。
 前原氏と枝野氏は記者会見や発表した政見で少子高齢化による社会保障の先細りを見据え、支え合う社会の実現を強調した。
 大きな違いが出たのは、選挙での野党共闘や憲法改正などだ。前原氏は共産党を含む共闘のあり方を見直す方針で、拙速な進め方は問題視しながらも憲法論議の重要性を訴えた。
 枝野氏は、安倍首相が目指す憲法9条改定への反対姿勢を明確にしたほか、過去の選挙で一定の成果を挙げている野党共闘には容認の立場を取った。
 両氏は、安倍政権の政策によって弱者に厳しい「自己責任社会」化が進んだとの認識では一致しているものの、対抗し得る具体策を示してはいない。
 社会保障を充実させるには、相当な財源が必要になる。前原氏は消費税増税に前向きで、枝野氏は慎重な姿勢だ。国民生活をどう底上げするか、道筋も含めて掘り下げなくてはならない。
 民進党の足元は今、大きくぐらついている。離党者が相次ぎ、支持率は低迷したままだ。
 井出庸生政調副会長=衆院長野3区=は「活発な代表選にして党の求心力を高める」と危機感を示して立候補を目指した。
 推薦人の数が確保できず出馬を断念したが、関心が高まらない代表選に一石を投じた。
 小池百合子東京都知事の側近の若狭勝衆院議員が新党の設立を目指し、民進を離党した細野豪志元環境相と政策協議をしている。野党再編の足音も党内を動揺させているようだ。
 存在感が低下してはいても、民進は野党第1党である。足並みが乱れたままでは、国民の戸惑いは広がるばかりだろう。この代表選は、党を再生できるかどうかを占うものになるかもしれない。
 民進の退潮は、さらに大きな問題をはらむ。有権者の選択肢を狭めることになるからだ。与党の行き過ぎを止めるすべがなくなり、政党政治が機能不全に陥る恐れがある。前原、枝野両氏は民進だけの問題ではないことを肝に銘じ、論戦に臨んでもらいたい。


民進党代表選 党の将来が懸かる戦いだ
 蓮舫代表の辞任表明に伴う民進党代表選は、前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官による一騎打ちとなった。
 民進党を取り巻く状況が厳しさを増している中で行われる代表選であり、野党第1党の今後が懸かる戦いといえる。
 前原、枝野両氏はその危機感を持ち、国をどう導き、党勢をいかに立て直すのかについてしっかりと議論を戦わせてほしい。22日には新潟市で、両氏が出席する候補者集会がある。
 いまの民進党は、内憂と外患を抱えている。
 東京都議選では旧民主党時代を含め過去最低の5議席しか得られなかった。都議選での敗北をきっかけに党内の結束の乱れが表面化した。国会議員離党の動きが相次ぎ、低迷を続ける支持率はいっこうに上向く気配がない。
 これらを内憂とすれば、外患は小池百合子都知事側近の若狭勝衆院議員が掲げる国政新党設立を目指す動きだろう。若狭氏は実現に向けて、民進党を離れた細野豪志元環境相と協議を始めた。
 民進党が代表選を通じて最も心を砕くべきは、論戦を国民の信頼回復につなげていくことだ。それには安倍政権への対抗軸を分かりやすく示さなければならない。
 「加計(かけ)学園問題」や南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題などの追及では、民進党は野党として一定の役割を果たした。
 ただし改めて政権を担うに足る責任政党を目指したいというのなら、政策面で党内がまとまることが必要になる。
 10月には衆院新潟5区、青森4区、愛媛3区の「トリプル補選」が控える。与党にとっては8月の内閣改造後初の国政選挙だ。民進党の新執行部にとっても初陣となる。結果は今後の政治情勢を大きく左右するに違いない。
 安倍晋三首相が衆院解散・総選挙に踏み切るタイミングを巡り、加計学園問題などで「1強」体制が揺らいだことから、野党の態勢が整う前の年内になるのではないかとの説も取りざたされる。
 こうした情勢を踏まえても、代表選での論戦を通じて民進党が目指す国の将来像を問うていくことが必要だろう。
 前原氏と枝野氏は記者会見で政権への対抗軸として「自己責任から支え合いの社会」を訴え、社会保障の充実を前面に打ち出した。一方、国政選挙での野党共闘の在り方や消費税増税を巡っては考え方の違いが鮮明になった。
 前原氏は、共産党を含めた選挙協力について見直す意向を明言した。消費税増税には前向きな姿勢を示した。
 枝野氏は野党共闘については容認し、現執行部の方針を踏襲する立場だ。消費税増税に関しては現状では否定した。
 憲法改正、「2030年代原発ゼロ」政策の扱いなど、ほかにも注目すべきテーマはある。
 ぜひ論議を深め、党としての立ち位置を明確にしてほしい。党が再び結束していくために、不可欠なはずである。


民進党代表選 再生へ徹底論戦しかない
民進党代表選は前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官の一騎打ちとなった。両氏とも安倍政権との対立軸を打ち出す方針を強調し、離党者の続出を阻止するため挙党態勢を訴えた。だが、野党共闘や憲法改正、消費税増税で主張の違いも際立つ。
 問題の根源は民進党が抱える寄り合い所帯体質にある。蓮舫代表は自らの統率力、求心力の無さを辞任理由に挙げたが、結局、この体質に手を付けられず、放り出した形だ。危機的状況にある野党第1党を復活させるべく、両氏には踏み込んだ論戦を期待したい。
 両氏は1993年の衆院選で日本新党から初当選を果たした同期であり、その後も新党さきがけなどを経て、民進党の前身である民主党の結党に参加。それぞれ代表、幹事長といった党要職を歴任した。
 まずは、共産党を含めた選挙協力をどうするかだ。前原氏は「理念や政策が合わないところと協力するのはおかしい」と見直す考えを明確にした。これに対し、幹事長として昨年夏の参院選で共産党との協力に動いた枝野氏は「一人でも多く当選させるのが大きな責任」と関係を維持する姿勢を示した。
 また、憲法改正を巡り前原氏が「政権を目指す政党として国の基である憲法の議論はしっかりと行っていく」と党内議論を進める方針を明らかにした。一方、枝野氏は「民主主義を強化し、人権保障をより高め、国民の生活、経済をより良くする」のが改憲の目的とし、党内議論の結果、その必要性はなかったとした。
 共産党との協力に関しては「受け入れられない」と長島昭久衆院議員が離党するなど、党内には野党共闘へのアレルギー感を持つ議員は少なくない。憲法改正に対する姿勢を巡っては、代表代行だった細野豪志氏が「議論さえしないのはおかしい」と批判し辞任、離党した。
 「保守」と「リベラル」など、もともと考え方の異なる者が集まるがゆえに軋轢(あつれき)が表面化するのは避けて通れない。確かに蓮舫氏らを含め歴代執行部が積極的に解決しようとしてこなかった面は否めないが、民進党の性(さが)というべきものでもある。だが、ここを乗り越えない限り離党ドミノはむろん、党分裂といった危機的状況は解消されない。
「安倍1強」が劣化する中、野党第1党の果たすべき役割は大きく、チャンスともいえる。だが「反自公」「反安倍政権」という形でしかまとまれないのであれば、同じように軋轢を生む事態を招きかねない。
 両氏が徹底的に議論し、代表に選ばれた方が相違点は何が要因なのか、解消するための策はないのか、などをじっくり見極めながら党を再生していくべきだ。対立回避のため相違点を放置してきたことが、「民進スルー」ともされる現状につながっている。分裂を恐れて中途半端な議論に終始してはならない。過去の経緯を十分に体感してきた両氏が同じ轍(てつ)を踏むならば、民進党に明日はない。


民進党代表選 国の将来像示して論戦を
 野党第1党として、政権批判の受け皿になるための一歩とできるのか。民進党の代表選がきのう告示された。前原誠司元外相、枝野幸男元官房長官が立候補し、一騎打ちの選挙戦がスタートした。
 東京都議選敗北の責任を取り、任期途中で辞任する蓮舫代表の後任を決める選挙である。新代表は9月1日の臨時党大会で選出される。
 旧民主党時代に政権の座を下りて4年8カ月になる。維新の党と合併し、党名を変えて再出発を図ったものの、支持率は低迷している。深刻なのは安倍政権の支持率が急落する中で、民進党の支持率は上がるどころか下がっていることだ。最新の世論調査では7・3%にとどまる。
 先月の都議選では、小池百合子都知事が率いる「都民ファーストの会」が躍進し、自民党とともに民進党は惨敗した。都議選で有権者が示したのは、自民に代わる受け皿があれば票を投じるが、民進党はその受け皿になり得ていないということだろう。
 都議選後には細野豪志元環境相が離党し、ほかにも離党の動きが相次ぐ。小池都知事の側近、若狭勝衆院議員が年内結成を目指す国政新党の動向にも関心が集まる。民進党の代表選結果によっては野党再編が進む可能性もある。民進党はどんな政治を目指し、これからどこへ向かうのか。まさに存在意義が問われる代表選といえる。
 なぜ、野党第1党の民進党が政権批判の受け皿になり得ないのか。何度も指摘してきたが、主要政策で党内の意見がまとまらず、安倍政権とは異なる「もう一つの道」を明確に打ち出せていないのが理由の一つだろう。
 きのうの記者会見では、両候補ともに安倍政権との対立軸を打ち出していくと強調し、自己責任ではなく支え合う社会の実現を掲げた。民進党が目指す国の将来像を、代表選を通じて国民に示す必要がある。
 両候補は安倍政権の「アベノミクス」を批判し、社会保障の充実を訴えている点などでは一致する。ただ、具体的な政策では意見が異なるものもあり、消費税増税を巡っては前原氏は財源確保のために前向きだが、枝野氏は「現状では上げられる状況ではない」と慎重だ。
 憲法改正では前原氏は改憲論議は認めるが、枝野氏は憲法9条改定には反対すると明言している。原発政策では、前原氏は「2030年代の原発ゼロ」政策を維持する一方、枝野氏は目標年次の前倒しを掲げる。代表選という開かれた場でしっかり政策論争をした上で、党の路線を定めることが求められる。
 強引な国会運営や閣僚の失言が目立つ安倍政権だが、背景には「自民1強」が長く続き、政治に緊張感を欠いてきたことがある。再び政権交代が可能な政治状況がつくり出せるか。民進党にとって正念場である。


民進党代表選 低迷抜け出す道筋示せ
 野党第1党のリーダーを決める選挙にしては、盛り上がりに乏しい。それだけ民進党への期待感は薄まっているのだろう。長く続く低迷をどう抜け出し、与党自民党とどんな政策で対峙(たいじ)するのか。国民にも分かりやすいように議論してほしい。
 任期途中での辞任を表明した蓮舫氏の後任を決める民進党の代表選がきのう告示された。元外相の前原誠司氏と元官房長官の枝野幸男氏との一騎打ちとなった。
 国政選挙での野党共闘の在り方や、安倍政権が進める9条を含む憲法改正への対応、原発を含めたエネルギー政策などが争点になりそうだ。9月1日の投開票まで、さらに議論を戦わせて、与党に代わり得る対抗軸を明示することが不可欠だ。
 両候補の考えの違いが最も表れたのは、共産党などとの野党共闘へのスタンスではないか。協力を進めてきた立場の枝野氏は維持する考えを述べたが、前原氏は「理念や政策が合わない党と共闘するのはおかしい」と見直しを主張した。
 憲法改正については「専守防衛を外すのは改悪」とする枝野氏に対し、前原氏は「拙速な改正のスケジュールにはくみしない」としながら議論は進める考えだ。消費税について前原氏は「教育や子育て、医療、年金、介護福祉の恒久財源を担保する」と増税の必要性を認めたが、枝野氏は「上げられる状況ではない」と否定的だった。
 2人の方向性は明らかになったと言えよう。ただ個別の政策以上に、今は党の先行きが危ぶまれている。どうやって党を立て直すのか、果たして可能か。
 折しも7月の東京都議選で大勝した都民ファーストの会の国政政党づくりが動き始め、野党再編は現実味を帯びつつある。その大波に民進党はのみ込まれてしまわないか。そんな疑問への答えや対応策も聞きたい。
 というのも、自民1強に代わり得る受け皿が必要なのに今、見当たらないからだ。民進党の前身の一つの民主党は2009年の総選挙で国民の広範な支持を受け政権交代を実現させた。しかし3・11の対応も含めて政権運営に失敗した上、大量離党などもあって国民の支持は離れた。昨年春、旧維新の党が合流して新たに民進党を結成したが、いまだに政権交代の選択肢として信頼は得られていない。
 東京都議選で惨敗し、離党にも歯止めがかからない。代表選で低迷を脱する道が示せなければ、さらに党を出る議員が続きかねない。危機的な状況にあるのは間違いない。
 それでも、まっとうな野党がなければ民主主義は健全に機能しない。連立与党は衆参両院で過半数の議席を得ているが、政策や政権の運営手法が全て支持されているわけではない。
 政権批判の受け皿は二大政党制なら本来、野党第1党が担うのが筋だろう。そう考えて、民進党だけで政権交代を目指すのか、他の野党と組んで受け皿を準備するのか―。都民ファーストの会のグループとどう向き合うのかも含めて、はっきりさせることが民進党に求められる。
 代表を目指す2人は、政権交代の受け皿を示す必要がある。総選挙は遅くとも来年末までには実施される。与党に代わる選択肢を準備するための時間は、それほど残っていない。


民進代表選告示 党の存続へ活発な論戦を
 蓮舫代表の辞任表明に伴う民進党代表選が告示された。
 立候補したのは、前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官である。
 安倍政権の支持率が下がり、自民党の勢いにブレーキがかかる中でも、民進党に対する期待は一向に高まらない。見切りをつけて離党する議員も相次いでいる。
 野党第1党がしっかりしなければ、政治の緊張感は失われていくだろう。
 党勢をどう立て直し、巨大与党に対抗していくのか。前原、枝野両氏は党の将来像を明確に打ち出し、活発な論戦を展開してもらいたい。
 立候補に当たり、前原氏は自己責任社会と決別し、目指すべき社会像を示すと訴えた。枝野氏は「多様性を認め合い、困ったときに寄り添い、お互いさまに支え合う社会を目指す」と強調した。
 具体策には共通点も多いが、共産党を含む野党共闘へのスタンスは異なっている。
 前原氏は「理念、政策が合わないところと協力することはおかしい」と見直しを主張し、枝野氏は「党の主体性を持ちながら、できることを最大限やる」と容認した。
 野党共闘を巡っては、反発した細野豪志元環境相らが離党する要因となった。一方で、昨年の参院選では、ある程度の成果を上げたのも事実である。
 小池百合子東京都知事や、結成の動きがある新党との連携も焦点だ。これについては、枝野氏が消極的な姿勢を見せる半面、前原氏は態度を保留している。
 いずれも、党の分裂や野党再編につながりかねない問題である。対応を誤れば、党の存続が危うくなろう。
 基本政策でも違いがある。
 消費税増税に前原氏は賛成、枝野氏は反対を表明し、「2030年代の原発ゼロ」には、全力で取り組むとする前原氏に対し、枝野氏は「一刻も早く」と踏み込んだ。
 憲法改正では、両氏とも現状での改憲に否定的だが、9条などについての考え方には開きがある。
 消費税増税は、福祉や教育の財源確保策に絡む問題だ。原発や憲法に関しては、党員、支持者の間でも意見が大きく割れている。
 党内対立の解消は難しいが、違いをできるだけ埋め、方向性を一致させる努力が欠かせない。国民に見える形で議論を重ねることが重要だ。
 両氏に対しては、新鮮味がなく、どちらが代表になっても党勢回復は望めないといった見方がある。
 民進党の現状に注がれる目は厳しい。代表の人気やイメージの刷新だけで支持率が上がるほど甘くはない。
 前身の民主党時代を含めて、代表選は毎年のように行われている。党内での足の引っ張り合いが、いかに多かったかを物語っている。
 結束を図り、何を目指す党なのかを国民にはっきりと示す。代表選を、その第一歩とすべきである。


【民進党代表選】存在意義を考える機会だ
 蓮舫氏の辞任表明に伴う民進党の代表選が告示された。前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官が立候補し、旧民主党政権の主要閣僚による選挙戦となった。来月1日の臨時党大会で新代表が決まる。
 前原氏は民主党で代表を、枝野氏は民主と民進両党で幹事長を務めた。やや新味に乏しいとの見方はあろうが、低迷が続く党の現状に責任を負う点で2人は共通する。
 この代表選は、党の存在意義を改めて確認する機会としなければなるまい。なぜ民進党が必要なのかを考えるべき時ともいえよう。
 安倍首相の1強時代が続く中、政権への国民の不信が高まっているのは間違いない。学校法人「森友学園」や「加計(かけ)学園」の問題、強権的な政治姿勢を巡って内閣支持率は急落した。安倍氏は反省し丁寧な説明に努めると表明したものの、問題解明へ説明責任を果たそうとしない。
 国民の不満を吸収する受け皿となるのは野党第1党の民進党のはずだろう。政権を追及し、問題の解明に力を発揮すべき時だ。
 ところが政権を脅かすことができず、国会答弁では安倍氏に軽んじられている印象もある。安倍政権の強引さに関して、民進党の責任は小さくないといっていい。
 直近の世論調査によると、政党別の支持率で自民党が4割近いのに対し民進党は7%余り。とても対抗勢力とはいえまい。
 旧民主党政権の記憶が今も国民に焼き付いていよう。加えて経済や社会保障で、安倍政権が民進党の政策を取り込む戦術に出たため、政策によっては明確な違いが出にくい。アベノミクスに限界がうかがえる状況ではあるが、経済が安定している点は否定できない。
 一方、蓮舫氏が辞任表明に至った過程では、民主党時代から引きずる党の内紛体質をさらけ出した。
 安全保障政策や憲法観を巡り、党内では自民に近い保守派から、中道・リベラル派まで幅広い勢力が存在する。路線が異なり、激しく政策論争することもあるだろう。だが、いざこざが絶えぬ党だとみられていていいはずがない。
 民主的な政治が行われるには、いつでも政権運営を取って代わることのできる野党の存在が欠かせない。それには、民進党が与党に対し緊張感をもたらす存在となる必要がありはしないか。
 昨日、党本部で開かれた共同記者会見では、前原氏が「自民党に代わる新たな選択肢をつくる」、枝野氏が「明確な対抗軸を打ち立てる」と述べた。党に今、何が最も求められているのかを2人とも十分に意識した発言だ。
 質疑応答があった国政での野党共闘、消費税増税など重要政策では、2人の見解に違いもあった。党内で徹底して議論すべきである。
 その上で代表を選び、針路を決め、結束できる組織であることを国民に示す必要がある。そこから信頼回復への道が始まろう。 


民進党代表選 原点に戻り徹底した論戦を
 蓮舫代表の後継を決める民進党代表選は、前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官の一騎打ちとなった。
 両氏は1993年衆院選で日本新党から初当選を果たした同期。その後も民主の風、新党さきがけなど同じ会派や政党を経て、民進党の前身である民主党の結党に参加、時期は異にするが、それぞれ代表、幹事長という党要職を務めた。
 憲法9条を対象とする改正への姿勢や共産党との選挙協力の在り方などで違いはあるものの、自民党に代わる政権をつくるという初当選時の信念は変えていないだろう。
 細野豪志元環境相という有力な将来のリーダー候補も離党するなど党は今、存亡の機にひんしている。両氏は初当選時の原点に戻り、徹底した議論を戦わせる必要がある。
 来年末の任期満了を待たない早期の衆院解散も想定される中で、論戦でまず焦点となるのは次期衆院選での共産党との選挙協力に対する対応だ。
 21日、立候補届け出後の記者会見で前原氏は「衆院選は政権選択で、理念や政策が合わないところと協力するのはおかしい」と述べ、従来の路線を見直す考えを明確にした。一方、幹事長として昨年夏の参院選の改選1人区で共産党との協力に尽力した枝野氏は「一人でも多く当選させるのが大きな責任」として関係を維持する姿勢を示した。
 また、憲法改正を巡って前原氏が「安倍政権の下での憲法改正は反対だというのは国民の理解を得られない。政権を目指す政党として国の基である憲法の議論はしっかりと行っていく」と党内議論を進めていく方針を明らかにした。
 対して枝野氏は「民主主義を強化し、人権保障をより高め、国民の生活、経済をより良くする」のが改憲の目的とし、党内議論の結果、その必要性はなかったと述べた。
 これらの問題で、両氏の主張の違いは小さくはない。しかし、共産党との関係については枝野氏も理念、政策が違い、全面的な協力はできないことは認めている。
 また、憲法を巡っても憲法の解釈変更による集団的自衛権の行使容認や安倍晋三首相が描く来年中の発議というスケジュールに反対であることは一致している。
 両氏ともに野党時代から安全保障や憲法の論客として活躍。枝野氏は98年、民主党などの野党案を丸のみさせた金融再生関連法の修正協議を主導、前原氏は2003年の武力攻撃事態法などの成立に当たって自民党との修正協議を担うなど実績を積んで政権交代に尽力した。
 今回の論戦では両氏らしく、お互いの主張のどこが決定的に違うのか、それは何に由来するのかをとことん突き詰めるべきだ。将来の分裂を恐れて議論を中途半端に終わらせてはならない。
 徹底的に議論を戦わせた上で、勝利した方が、新代表として、浮かび上がった相違点を乗り越えながら党を運営していくべきだ。それが遠回りのように見えても確実な再生への道となるだろう。
 民主党時代、「保守対リベラル」という対立を回避するため理念や基本政策の違いを放置し続けたことで、結局は離党者の続出や分裂、ひいては政権の座からの下野を招くに至った。
 そんな過去を、身をもって知る両氏が同じ過ちを繰り返すようなら民進党に未来はない。(共同通信・柿崎明二)


[民進党代表選] 求心力を取り戻せるか
 蓮舫代表の辞任表明に伴う民進党の代表選が告示され、前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官が立候補を届け出た。
 国政選挙での野党共闘や憲法改正への対応、経済、エネルギー政策で両氏の主張には温度差があり、主な争点となりそうだ。
 民進党は離党者が相次いでおり、結党以来の危機的な状況といえる。安倍政権への対抗軸を示し、政権奪還へ求心力を取り戻せるかが問われている。
 年内の新党立ち上げに向けて小池百合子東京都知事の側近である若狭勝衆院議員も動き出した。代表選の結果は野党再編に影響を及ぼす可能性もあり、注目される。
 前原氏と枝野氏は、自民党に代わりうる政権の担い手を目指すという主張は共通しているものの、個々の政策では違いもある。
 前原氏は、共産党を含む野党共闘について在り方を見直す方針だ。改憲論議は応じるべきとしつつ、「最優先課題ではない」とする。消費増税に前向きで、「2030年代の原発ゼロ」政策は現行目標を維持する。
 一方の枝野氏は、昨年の参院選で幹事長として野党共闘を進めた経緯もあり、基本的に容認する立場だ。憲法9条改定への反対を明言。消費増税には慎重姿勢で、「原発ゼロ」は目標年次の前倒しを掲げる。
 安倍政権は学校法人「加計学園」と「森友学園」を巡る問題や、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報隠蔽(いんぺい)問題などで、一時の勢いを失っている。
 ところが、民進党は政権不信の受け皿になりきれていない。8月初めの共同通信社の世論調査で、支持率は0.9ポイント下がり7.3%と低迷したままだ。
 有権者の目が厳しいのは、政策の方針が固まらず、問題があるたびに曲折を繰り返す印象から抜け出せないためだ。
 代表選を通じて徹底的に議論を重ねてもらいたい。結論が出たら新代表は党内をまとめ、腰を据えて政権と対峙(たいじ)するべきだ。
 衆院選のタイミングが読めない中で、野党再編の動きも活発化している。
 若狭氏は「日本ファーストの会」を設立し、野党の勢力図に新たに事実上の「小池新党」が加わる展開となっている。
 「小池新党」には、民進党を離党した細野豪志元環境相の連携が予測され、前原氏も協力に傾いているとされる。
 主要野党が分立したままで次期衆院選を戦えば、与党を利するだけである。つぶし合いや主導権争いで終わらせてはならない。


民進党代表選 政策論争より安倍暴政を止める“覚悟”だろう
 離党ドミノが止まらず、“存亡”がかかっているというのに、民進党代表選(9月1日投開票)にはドッチラケだ。出馬を模索していた若手の井出庸生衆院議員は推薦人集めに失敗し、フタを開けてみれば見飽きた顔の一騎打ち。保守系が支援する前原誠司元外相と、リベラル系が推す枝野幸男元官房長官がぶつかる構図となった。
 21日の共同会見ではそれぞれが政見を披露。前原は「ALL for ALL」、枝野は「お互いさまの支え合いの社会」というフレーズで、経済効率しか頭にない安倍政権への対抗軸として「自己責任からの支え合いの社会」を強調。脱原発を目指し、安保法制を違憲とする方向性はおおむね同じ。大手マスコミの記者たちが突っ込みを入れたのは、消費増税と野党共闘へのスタンスの違いだ。消費増税については前原が賛成、枝野は反対を明言。野党共闘についてもクッキリで、前原は「理念や政策が合わないところと協力するのはおかしい」と見直しに言及。次期衆院選では原則としてすべての小選挙区に候補者を擁立する考えを示した。
 一方の枝野は「主体性を持ちながら、できることを最大限やる。ひとりでも多く当選させるのが大きな責任だ」と容認し、現執行部の方針を踏襲した。
 もっとも、存在感がゼロに近づいているボロ野党の代表選で、政策論争を戦わせること自体がアホらしい話だ。民進の政党支持率は1ケタ台に低迷し、消費税率にも劣る。「野党は対案がないから批判ばかりしている」とかいう安倍首相の印象操作を真正面から受け止めているのだろうが、そんなお門違いの攻撃を真に受けたら思うツボだ。前原と枝野、両者が議論を深めるほど溝は深まる。代表選の結果がどっちに転んでも、民進が一枚岩になれないことを浮き彫りにさせるだけだ。圧力と抱き込みで骨抜きにされた安倍政権ベッタリの大マスコミは案の定、「野党共闘、消費増税が争点」だとか、前原がいったん横に置いた憲法改正を蒸し返してまで「野党共闘や憲法改正問題が争点」とあおり立てている。分裂ネタを提供する以上に、何の意味もなしていない。
■首相候補を担う自覚ナシ
 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は言う。
「党勢衰退が著しいとはいえ、民進党は国政で野党第1党を担っている。原理原則から言えば、代表選は安倍政権に対抗し得る野党の首相候補を決める選挙なのです。しかし、代表候補2人に政権を再び奪い取る自覚があるのか疑問です。個別の政策はもちろん大事ですが、有権者の7割が〈安倍首相は信用できない〉と訴えている。そうした声を拾い上げ、再浮上につなげるには、われわれの目的は政権交代だとハッキリと打ち出した方がスッキリする。そのためには、政策面では相いれない共産党ともガッチリ選挙協力をする。それくらい思い切った主張があれば、代表選に対する世論の関心も高まり、一気に盛り上がって支持率もついてくるはずです」
 結局、先にくるのは党内の一部議員や、支援組織の連合が患う共産党アレルギーへの配慮。大マスコミが仕掛けた踏み絵に生真面目に反応し、そうした内向き論理をダダ漏れさせるオメデタさだ。
「アベ政治への不信感は深刻です。政権寄りの産経・FNNが行った合同世論調査(19、20日実施)でも不支持率は支持率を上回り、49.0%を占めています。内閣改造を評価しないとの回答も47.4%に上った。その一方で、首相候補のトップは石破茂元地方創生相。ほかの顔ぶれも自民党議員一色。民進党は完全に埋没していて、代表選が迫っていたにもかかわらず、誰ひとり名前が出てこない。こんな状況はちょっとおかしいですよ」(鈴木哲夫氏=前出)
トリプル補選は自民ゴタゴタで野党に追い風
 いかにアベ暴政をストップさせるかの戦略と、その覚悟。民進党代表選の争点はそれ以上でもそれ以下でもないだろう。
 政治評論家の野上忠興氏が言う。
「安倍政権を追い込む好機が舞い込んでいるのに、民進党はいつまで建前論に振り回されているつもりなのか。自民党が連続3期9年までの総裁任期延長を正式決定し、内閣改造後初の国政選挙となる衆院補選(10月22日投開票)は異例のトリプル選になり、野党共闘いかんで自民3敗もあり得る情勢になってきました。いずれも自民党議員の死去に伴う弔い選挙で、自民からすれば全勝が当たり前。政権が弱り切ったタイミングで、ひとつも落とせないトリプル補選に当たるとは、ひょっとすると天の配剤かもしれません。政策や理念を言うのなら、自公が連立政権を組んでいるのもおかしい。民進党もああでもない、こうでもないと言っている時間を惜しんで、現実的な調整を進めるべきでしょう」
 補選対象の青森4区、新潟5区、愛媛3区はそうでなくても、野党に風が吹いている。青森4区と新潟5区では自民が後継候補の擁立に手間取っている上、青森は昨年の参院選、新潟は県知事選で野党共闘が実を結んだ実績がある。愛媛3区は加計学園が獣医学部新設計画を進める今治市に隣接する選挙区。ただでさえ逆風が吹き荒れている上、麻生財務相がネジ込んだ自民公認候補の白石寛樹氏の存在が地元の分裂を招いているという。
■候補者差し替え騒動
「木村太郎衆院議員を亡くした青森4区では、県連は候補者選定で木村家の意向を尊重する方針ですが、夫人を立てるか実弟を出すかでスッタモンダ。結論は9月12日に予定されている木村さんのお別れ会まで先延ばしされる可能性があります。長島忠美衆院議員が急逝した新潟5区は田中真紀子元外相のお膝元で、田中ブランドが一定の影響力を保っている。野党統一候補として息子が担ぎ出されるのではないか、との観測が流れてきています。愛媛3区は白石徹衆院議員の次男にあたる寛樹氏の評判が芳しくないこともあって県議団が割れ、候補者の差し替えを求める騒ぎになっています」(自民党関係者)
 歴史的大敗を喫した都議選に続き、トリプル補選で3タテを食らえば、安倍政権はオシマイだ。残された時間は2カ月を切った。
 謀略にはまったまま民進党代表選が決戦の日を迎え、野党が反アベで結集できずに延命に手を貸すようなマネをすれば、有権者の鉄槌は民進に向かう。消滅は必然だ。そんな体たらくでいいのか。


対自民 立ち位置難しい2人
 ★「ポスト安倍」を見据えて、自民党政調会長・岸田文雄は全国行脚を始めた。20日の街頭演説では、外相の仕事を説明したかったのか「五輪や外国人観光客の日本への誘致や、日本の魅力を世界に発信する仕事に取り組んだ。この4年間で日本に来る外国人観光客の数が3倍になった」と、4年7カ月の外相時代の取り組みを説明した。 ★岸田はポスト安倍に向け禅譲を強調しながら、アベノミクスへの疑問視や、憲法9条改正を進めたい首相・安倍晋三をけん制。リベラル色も政策に打ち出す。首相の懐にいながら、首相の考えとの違いを鮮明にし、区別化を狙おうというものだ。それはポスト安倍と考えれば当然ありうる方法だが、民進党はその流れをどう受け止めるのか。代表選挙が始まったものの、ますます混迷を深める。 ★というのも立候補した前原誠司、枝野幸男の価値観や性格と、党に反映すべき立ち位置が極めて難しい。今、安倍政権は保守系右派とみられているから、岸田が次をにらむならリベラル色で違いを出す。では、民進党は自民党に対してどんな色を見せるべきなのか。前原は党内右派と目される。持論のまま攻めれば、安倍と変わらず、国民は民進党を第2自民党とみるだろう。 ★安倍後を見据えるなら、次に誰が自民党総裁になろうとも、安倍より穏健路線になるだろう。そうすると前原は自民党よりタカ派になりかねない。一方、枝野は元来、リベラル色が強い。安倍に対抗するにはいいが、安倍後には、自民党の穏健保守と区別がつかなくなる。野党は現政権との対峙(たいじ)で立脚点を見いだすが、この時期の民進党はなかなか悩ましい。2人はそれを政治経験で乗り越えられるのか。

米国の人種差別/大統領自身が姿勢を正せ
 米南部バージニア州で白人至上主義の集団と人種差別反対派が衝突した事件への対応を巡り、トランプ大統領が厳しい批判を浴びている。
 白人至上主義者を当初、明確に非難しなかったばかりか、双方に「非がある」などと発言した。与党共和党や産業界からも反発の声が上がり、孤立を深めている。
 きっかけとなったのは、南北戦争で奴隷制存続を訴えたとされる南軍司令官の銅像撤去計画だ。撤去に反対して集まった白人至上主義者らと反対派が衝突、死傷者が出た。
 どんな理由であれ、暴力は論外である。それ以上に、人種差別は絶対に許されない。まずそのメッセージを、大統領は強く発するべきだった。
 事態を沈静化させるべき大統領が対立と不安を増大させている。批判されるのは当然だ。
 全米で南軍関連の記念碑や銅像を撤去する動きが加速していることについて、「愚かだ」ともコメントしている。奴隷制を容認したとも受け取れる内容で、理解は得られないだろう。
 一連の大統領の言動の背景には、白人至上主義者の有力な支持の影響があると指摘される。人種差別の根絶を目指すべき、一国のリーダーとしての立場をどう考えているのだろうか。
 人種差別の問題は米国社会に根深く残る。これまでがそうだったように、今後も国民が真剣に向き合っていかなければならない問題だ。
 トランプ氏は、大統領選から人種差別的な言動を繰り返してきた。大統領就任後はイスラム圏からの入国制限など排外的な政策を打ち出した。こうした姿勢が、白人至上主義者を勢いづかせている面は否めない。
 事件後、各地で人種差別に反対するデモや集会が開かれ、ボストンでは約4万人が反差別を訴えた。こうした動きに対し、大統領は「偏見と憎悪に声を上げた多くの参加者をたたえたい。わが国はすぐに一つになる」とコメントした。余りに遅すぎたと言わざるを得ない。
 特定の支持者を意識した大統領の言動が、社会の分断を助長している。国民を一つにまとめるために、大統領自身が襟を正すべきだ。


白人至上主義◆融和目指す姿勢に転換せよ◆
 米南部バージニア州で白人至上主義者のグループと反対派が衝突した事件で、トランプ大統領は人種差別を助長するような発言を続けている。
 昨年の大統領選で勝利をもたらしてくれた支持層にアピールする狙いとみられるが、憎悪を拡大させ、米社会の分断をあおるあやうい言動は即刻やめるべきだ。国際社会が取り組むテロ対策にとってもマイナスにしかならない。
社会混乱する火種に
 バージニア州では、南北戦争で奴隷制存続を訴えた南軍司令官リー将軍の銅像の撤去計画をやめさせようと集まった白人至上主義者らと、人種差別反対派が衝突した。反対派に車が突入して女性が死亡、30人以上が負傷し、当局は白人至上主義者とみられる男を殺人容疑で拘束した。
 トランプ氏は当日「多くの側から示された憎悪、偏見、暴力を非難する」と双方に責任があるとの立場を打ち出し、人種差別を助長すると批判が集中。白人至上主義者を非難する声明をいったんは読み上げたが、その後「両陣営の責任だ」という姿勢に戻った。
 米国では各地で南軍関連の銅像記念碑を撤去する動きが起きている。歴史を背負う銅像などの撤去に賛否の意見対立があることは理解できる。しかし白人至上主義者の考え方は民主主義の中核的な価値観と相いれない。さらに暴力は到底容認できない。
 本来は国民の融和を呼び掛けなければならないトランプ氏は、銅像などの撤去について「愚かだ」とツイッターで非難した。やはり支持層へのアピールだろうが、軽率に過ぎる。
 米国で人種問題の扱いを誤れば、抗議行動の激化などによる社会の混乱の火種になりかねない。
 人種差別を助長するようなトランプ氏の発言は、リベラル派やメディアだけでなく、身内の共和党議員からも批判を浴びている。また陸海空軍の制服組トップも「不寛容や憎悪に立ち向かう」(リチャードソン海軍作戦部長)など差別を認めない立場を表明した。
テロの温床にするな
 経済界でも批判が強い。トランプ氏は、大企業経営者らで構成する助言組織でメンバーの抗議の辞任が相次いだため、二つの助言組織を解散した。こうしたトランプ氏への批判は、米国の多様性と民主主義の強さも表す。差別を容認しないと明確に語り、行動に移す勇気には学びたい。
 イスラム圏からの入国規制などはテロ対策が目的とされているが、排外主義的政策で憎悪が拡大すれば、逆にテロの温床になる。
 スペインのバルセロナで起きたテロのように、各国で近年目立つ車の暴走テロは、大がかりな爆弾テロに比べて容易に実行でき、阻止が難しい。分断と憎悪を克服する地道な努力が必要だ。トランプ政権には、米社会と世界を分断するのではなく、融和を目指す姿勢に転換するよう求めたい。


分断あおらず融和目指せ/白人主義と米大統領発言
 米南部バージニア州で白人至上主義者のグループと反対派が衝突した事件で、トランプ大統領の人種差別を助長するような発言が、米社会に混乱を呼んでいる。
 発言は、大統領選で勝利をもたらした支持層にアピールする狙いとみられるが、憎悪を拡大させ、米社会の分断をあおる危うい言動は即刻やめるべきだ。国際社会が取り組むテロ対策にとってもマイナスにしかならない。
 19日は人種差別に反対する集会が全米各地に広がり、批判を浴びるトランプ氏はツイッターで「時に抗議も必要」などと理解を示す態度も見せた。トランプ政権には、米社会や世界を分断するのではなく、融和を目指す姿勢に転換するよう求めたい。
 バージニア州では、南北戦争で奴隷制存続を訴えた南軍司令官リー将軍の銅像の撤去計画をやめさせようと集まった白人至上主義者らと、人種差別反対派が衝突した。反対派に車が突入して女性が死亡、30人以上が負傷し、当局は白人至上主義者とみられる男を殺人容疑で拘束した。
 トランプ氏は当日「多くの側から示された憎悪、偏見、暴力を非難する」と双方に責任があるとの立場を打ち出したため、人種差別を助長すると批判が集中。白人至上主義者を明確に非難する声明をいったんは読み上げたが、その後「両陣営の責任だ」という姿勢に戻った。
 米国では各地で南軍関連の銅像や記念碑を撤去する動きが起きている。歴史を背負う銅像などの撤去に賛否の意見対立があるのは理解できる。
 しかし白人至上主義者の考え方は民主主義の中核的な価値観と相いれない。さらに暴力は到底容認できない。
 本来国民の融和を呼び掛けなければならないトランプ氏は、銅像などの撤去について「愚かだ」と非難した。これも支持者へのアピールだろうが、軽率に過ぎる。
 白人至上主義が勢いづいた背景には、バノン首席戦略官兼上級顧問の存在があった。人種差別的な論調の右派サイトの会長を務めたバノン氏はトランプ氏の最側近として、イスラム圏からの入国規制などの排外主義的な政策を主導してきた。政権内で対立を深め、18日に解任された。
 入国規制などはテロ対策と説明されている。しかし、排外主義的政策で憎悪が拡大すれば、逆にテロの温床になりかねない。


水俣条約発効 世界の水銀汚染根絶へ役割重大
 世界の水銀汚染根絶へ、ここからが真のスタートだ。
 「水銀に関する水俣条約」が発効した。鉱山での水銀産出から輸出入、使用、廃棄まで全て国際的に規制し、環境汚染と健康被害の防止を目指す。史上最悪の公害病とされる水俣病を経験した日本は、負の歴史に学び地球規模の対策を主導しなければならない。
 毒性が強い水銀は、環境に排出されると分解されずに循環する。先進国では使用量が減っているが、途上国では金の精錬に触媒として使われ続けており、管理も野放し状態だという。対策は急を要する。来月始まる締約国会議で、確実な実施に向けた具体策を議論し、行動を加速させてもらいたい。
 条約は、水銀を使った体温計や電池などの製造、輸出入を2020年までに原則禁止。水銀の大気や水、土壌への排出を削減し、適切な保管と廃棄に取り組むよう定める。
 だが課題は残る。輸出入は原則禁止だが、一定の用途に応じ輸入国の同意があれば認められる。日本は国内法を整備し、水銀を含む電池やランプの製造禁止に前倒しで取り組んでいるものの、回収した水銀の多くを輸出し、その方針を変えない。流出によって相手国での被害につながらないよう、速やかに輸出をやめ、自国で責任を持って処理すべきだ。含有製品の回収と廃棄物処理の仕組みづくりに早急に着手するよう求めたい。
 アジアやアフリカ、南米では採掘した金を水銀を使って抽出する方法が広く普及している。安価な設備投資で、簡単に事業が始められるため、農家などが安定した現金収入を求め、家族で金採掘や精錬に手を出している。労働には子どもたちが携わっており、健康被害は看過できない。
 田畑や河川に水銀を含んだ廃液や汚泥が垂れ流され、大気中にも放出されている。空中の水銀は雨とともに川や海に流れ、魚介類にたまる。食を介して体がむしばまれる上、環境汚染が進めば、金が採れなくなった後に農業もできなくなる。
 背景にあるのは貧困だ。生計に関わるとして、条約は禁止に踏み込まず「できる限り削減」との曖昧な表現にとどめた。しかし、今このときも被害がまん延している現実を忘れてはならない。日本を含む先進国は連携して、住民が金を採掘しなくても生活できるように、きめ細かい支援を進める必要がある。専門家の育成、危険性の啓発・教育、検診や治療のプログラム作りが欠かせない。
 条約名には、二度と水俣病の苦しみを繰り返さないとの願いが込められた。その水俣病は、公式確認から61年たった今も終わっていない。悪化する病と闘う人。認定さえ受けられず救済を待つ人。差別を恐れて声も上げられない人―。政府は、世界の水銀禍根絶を進める中で、国内の被害者を全面救済する姿を示さなければならない。 


「水俣条約」発効/日本が水銀規制の先頭に
 水銀による環境汚染や健康被害の防止を目指す国際条約「水俣条約」が発効した。
 水俣病の教訓を生かそうと日本政府の提案で命名された条約だ。悲劇を繰り返さないため、日本が先頭に立って対策に取り組み、条約の実効性を高めていく必要がある。
 条約は、水銀を含む体温計や電池などの製造・輸出入を2020年までに原則禁止する内容で、水銀の大気や水、土壌への排出削減、さらに適切な保管と廃棄などを定める。13年に熊本市での国際会議で採択され、今年5月に締約国が発効に必要な50カ国を超えた。
 水銀は身近な製品に使われてきたが、毒性が強い。水俣病はメチル水銀に汚染された魚介類を食べたことが原因で発症した。先進国での使用は減ったが、途上国を中心に金の採掘や触媒などでの利用が続く。10年の排出量は約1960トンで、うち約半分がアジアとされる。
 途上国では、小規模採掘場での水銀使用が生活の糧になっているとして、直ちに禁止にはならなかった。条約には、水銀処理のための人材育成や資金援助も盛り込まれている。途上国への技術提供など、日本が積極的に支援していくべきだろう。
 国内の対策強化も急がれる。日本はリサイクルした水銀を海外に輸出してきた。早急に禁止し、長期保管や処理の仕組みを確立する必要がある。
 「水俣条約」の命名には、水俣病患者や支援者の間で賛否両論があった。発効を歓迎する声の一方で、「水俣病問題が終わった印象を与える」との懸念は残る。公式確認から既に61年が過ぎたが、今も健康被害に苦しむ人は多い。熊本、鹿児島両県の認定患者は約2200人。両県で約2千人が患者認定を申請中で、認定や賠償を求めた訴訟が続いている。
 9月にスイス・ジュネーブで開かれる締約国会議に合わせ、胎児性水俣病患者の坂本しのぶさんは現地に入り、被害の現状などを訴える。
 なぜ悲劇は起きたのか、なぜ拡大を防げなかったのか。
 教訓を世界に発信していくためにも、政府には被害の全体像を把握し、解決に向けて誠実に対応することが求められる。


これで値引き!?“根拠”の写真入手 森友事件「8億円」の真相は
 森友学園への国有地売却問題。逮捕された籠池前理事長夫妻への捜査が進む一方で、MBSは土地が大幅に値引きされる根拠となった森友学園側が国に提出したとされる資料を入手しました。添付された写真は日付もなく文字が読み取れないなど不鮮明なもので、本当にこれを根拠に8億円以上もの値引きが行われたのでしょうか。
 詐欺などの疑いで、21日再逮捕された森友学園の前理事長・籠池泰典容疑者(64)と妻の諄子容疑者(60)。塚本幼稚園の運営について虚偽の書類を提出し、大阪府の補助金約9200万円をだまし取った疑いがもたれています。このうち7000万円が障害のある園児の数に応じて支給される補助金でしたが、大阪地検特捜部は申請されたのべ119人分すべてが架空請求だったとみて調べています。なぜ架空請求を見抜けなかったのでしょうか。
 「まさか診断書が偽造されているというのは、われわれ当然そういうふうに思っていませんので。明らかに怪しいといのは当然ありませんでした」(大阪府教育庁私学課 吉本馨課長)
 今後は「審査の厳格化を検討している」といいますが、物理的な限界は否めないといいます。
 「大阪府全体で申し上げますと、1000人を超える方の特別支援の申請を受け付けておりますので、ひとりひとり全員分をヒアリングするというのは、なかなか物理的にできないかなと」(大阪府教育庁私学課 吉本馨課長)
 一方、この問題の発端となった国有地が大幅に値引きされた問題。MBSは国の値引きの根拠となった森友学園側が国に提出したとされる資料を入手しました。
 小学校の建設現場を掘り返した際、ごみが地中に埋まっていたとする21枚の写真。掘り出された土には確かにごみが混ざっているように見えます。国は森友側から提出された資料などを根拠に、小学校の建設用地の地下、深さ3.8メートルまでごみが大量に埋まっているうえ、校舎建設のために杭を打った場所には深さ9.9メートルまでごみがあったとして、ごみの撤去費用を名目に8億円以上を“値引き”していました。
 今回、ようやく明らかになったその根拠となる現場の写真。ところがよく見るとかなり不鮮明で、いつどこで撮影されたのか文字を読むことはできず、穴の深さを示すはずのメジャーの数値も確認できません。
 ある写真の説明文では「地下4メートルまで掘り3.8メートルまでごみの層があった」としていながら、写真に写るボードには「深さ3メートル」と書かれていて、日付も空白です。これらの写真だけで、地下深くまでごみが大量に埋まっていると判断することはできそうにありません。
 今年2月に行われた民進党のヒアリングでは…
 「杭があるところは地下9.9メートルまでごみがあるだろうと、それ以外の土地は3.8メートルの深さまでごみがあると想定される」(ごみ撤去費用を算定した大阪航空局の担当者・今年2月)
 「この場所の地下3.8メートルに、取らないと困る埋設物があったという写真はどれですか?単純な質問。確認してないなら確認してないって言って。現地に行かれたんですよね?」(民進党 玉木雄一郎衆院議員)
 「穴から出てきたということを説明できる写真はございません」(近畿財務局の担当者)
 「そんなことで8億円値引きしたの?」
 追及を受けながらも、地下深くまでごみが埋まっていた証拠を示してこなかった国の担当者。8億円もの値引きの根拠はまさかこの写真だけだったんでしょうか。


加計・獣医学部施設の設計図が流出! 研究施設にワインセラー、病原体封じ込め不十分、補助金不正の新疑惑も
 加計学園問題で新たな動きが出てきた。加計学園が新設する岡山理科大学の今治キャンパス獣医学部棟の設計図面を含む関連文書全52ページを複数のメディアが入手、建設内容の「あり得なさ」を指摘しはじめたのだ。
 たとえば、加計問題でスクープを連発している「週刊朝日」(朝日新聞出版)は、オンライン版で今治キャンパスの設計内容の問題点を報道している。
 そもそも、加計学園は獣医学部を新設する目的として〈創薬プロセスにおける多様な実験動物を用いた先端ライフサイエンス研究の推進〉を挙げてきたが、その研究で重要になってくるのが、ウイルスや細菌などの研究・実験施設だ。そして、取り扱うウイルスや細菌などのレベルに応じて「バイオセーフティーレベル」が4段階で設けられており、施設に対してはそのレベルにあわせて管理・安全対策の基準が定められている。
 そんななか、加計学園新学部設置準備室長で獣医学部が新設されれば学部長に就任予定の吉川泰弘・千葉科学大学教授らは、4月11日に今治市で開かれた住民説明会でも「病原体などの取り扱いについて」質問を受け、このように回答している。
〈世界中の科学者が経験と議論を重ね安全対策を講じたバイオセイフティーレベル3の施設によって完全に封じ込めが可能です〉(今治市HP資料より)
 しかし、今回の「週刊朝日」の取材に対し、バイオセーフティーレベル3の部屋が配置された獣医学部棟5階平面図を見た研究者は「隔離性の低さ」を指摘。「これでは高病原性鳥インフルエンザの検査、診断、実験、研究は難しいと思う」と語っているのだ。
 病原体を〈完全に封じ込めが可能〉という説明とはまったく違い、隔離できないのではないか──。これが事実なら、学生や教職員だけではなく地域住民にとっても大きな問題。隔離性の低い施設で高病原性鳥インフルエンザの研究をおこなうなど、まさに背筋が凍るような話だ。さらにそれだけではなく、この研究者は「施設全体でみても、動物実験を理解していない人が設計しているんじゃないか」とさえ話している。
獣医学部施設にワインセラー、補助金不正の疑惑も
 しかも呆れるのは、加計学園の危機管理に疑問がつく一方、この獣医学部棟の最上階である7階には、信じがたい豪華施設の存在が設計図に書き込まれていることを日刊ゲンダイが報じた。
 その豪華施設とは、「パントリー」(配膳室)と「大会議室」と書かれた部屋。そのパントリーには驚くことに「ワインセラー」や「ビールディスペンサー」などという文字が図面に躍るという。ようするに、「大会議室」とは酒盛りに対応する“宴会場”ということなのだろう。言っておくが、ここは「国際水準の獣医学教育」をおこなうという触れ込みの大学であって、ホテルの宴会場ではない。
 そして、忘れてはならないのは、この獣医学部の建設には森友学園に似た“補助金不正申請”の疑惑もあることだ。
 今治市は獣医学部新設のために約37億円の土地を無償譲渡し、建設費96億円を愛媛県とともに補助。市は最大64億円を負担する予定だが、今治市議会は6月21日に獣医学部の施設など建設にかかる費用見積もりを約148億円と公表。単純計算で坪単価は約150万円となるが、これが相場よりかなり高い、と指摘されていることは既報の通りだ【http://lite-ra.com/2017/07/post-3294.html】。
 さらに今回、流出した設計図を見た建築エコノミストの森山高至氏は、「獣医学部なので特殊な建物かと思っていたら、ごく普通の商業施設と同じレベル」(前述「週刊朝日」オンライン版記事より)と指摘。「なんらかの獣医学部の施設がプラスされるのでしょうが、坪単価で80万円から、高くとも100万円でしょうね。とても150万円するとは思えない」と話すのだ。
 つまり、相場よりもかなり高い建設費の見積もりをもとに今治市は96億円の補助金を捻出することを決めてしまったが、加計学園は高額な補助金を得るために建設費を水増ししているのではないか、という疑惑がもち上がっているのである。
新聞、テレビも設計図を入手、決定的な続報が
 国家戦略特区での決定プロセスが「歪められた」という問題もさることながら、今回浮上した大学設置審の判断にも大きく影響する施設の管理・安全性、さらには建設費見積もりの妥当性も大きな問題だ。
 いまこの問題を取り上げているのは、前述した「週刊朝日」や日刊ゲンダイ、フリージャーナリストの田中龍作氏くらいしかいないが、本サイトが取材したところ、他のメディアも取材に動いているようだ。
「すでに複数のテレビ局や新聞社がこの設計図を入手していて、いまは専門家に意見を求めながら、情報を精査している最中。追って続報が出るはずです」(大手紙記者)
 安倍首相は北朝鮮のミサイルを警戒し、夏休みを返上、18日に公務に復帰したと伝えられたが、昨日も例のフィットネスクラブに出かけた以外は私邸でのんびり過ごしている。北朝鮮問題で加計報道が減ってすっかり安心しているのかもしれないが、疑惑が雪だるま式に膨れあがるなか、これで逃げ切るなどありえない。徹底追及の手を緩めるわけにはいかないだろう。(編集部)


前川喜平・前文科事務次官が証言「加計学園獣医学部新設は、素人が説明・評価して進められた」
 今治市の加計学園獣医学部新設問題で、「総理のご意向」を告げられたと証言した前川喜平・前文科事務次官にインタビュー。「ご意向」のもと、文科省が成功をおさめていた「共同獣医学部構想」とはまったく逆の方向で、“素人の説明・評価”によって官邸が獣医学部新設を進めようとしていたと前川氏は語った。
文科省が進めていた「共同獣医学部」は成功している
――前川さんが事務次官になる前から、文科省は国際水準に達していない日本の獣医学部のレベル向上をはかろうとしていましたね。
前川:文科省としては、「量の拡大」ではなくて「質の向上」が課題でした。獣医学教育を国際水準に引き上げるために、獣医学部がある16の大学同士で協力関係を作って質を高めようと考えた。これが「共同獣医学部構想」(大学同士の獣医学部の合体)です。すでに取り組みが始まっていて、成功していると思います。
――16大学のうち8大学で再編が進み、鹿児島大学と山口大学をはじめ4つの共同獣医学部が誕生。文科学省は国家戦略諮問会議の配布資料の中で図示しています。
前川:そうなのです。「黒い猫でも白い猫でも(何でも)良かった」と国会で発言した加戸守行・前愛媛県知事(今治商工会議所特別顧問)は2016年9月21日、国家戦略特区の今治市分科会で「世界に冠たる先端ライフサイエンス研究を行う国際教育拠点」と「アジア・トップクラスの獣医大学・学部」を作ると説明したのですが、それなら共同獣医学部を作るべきです。
獣医学部新設は、国際水準にレベルアップしようとする文科省構想に逆行
前川:獣医学部新設は、国際水準までレベルアップをしようとする文科省の構想と逆行しています。加戸さんは獣医学について素人だし、「実に説得的だった」と評価した八田達夫教授(国家戦略特区ワーキンググループ座長)も同じく素人。素人が説明をして素人が評価しただけで、専門的な見地から検討されていなかったのです。
 獣医学の教員のマンパワーは限られていて、新たに獣医学部を作れば人材が足りなくなるし、安倍首相が言うように「(獣医学部新設の)2校目、3校目を作る」というのも論外。専門家たちは「実態を知らない素人の発言だ」と口を揃えて言っています。
加戸守行・前愛媛県知事は、地元に大学が来れば何でもよかったのでは
――前川さんの元上司でもある加戸守行・前愛媛県知事は、なぜ“古巣”の政策(共同獣医学部構想)に逆行する主張をしたのでしょうか。
前川:加戸さん自身が文科省で高等教育行政をほとんどやったことがない。文科省OBというよりは愛媛県知事経験者として、とにかく地元に大学が来てくれれば良かったのだと思います。国家戦略特区の目的は「日本中でどこにもないものを作って国際競争力の強化と国際的拠点を形成する」ということ。もし作るのであれば「国際競争力」のある、「国際的拠点」と言えるようなものにしなければならない。
――しかも加計学園の場合は、教員と学生の比率が約1対3(国立大学は約1対1)という国内最低レベルです。
前川:(国際競争力のある国際的教育拠点になるのは)ありえないですよ。計画をどうやって実現するのか、本当に質の高い教員を集められるかという具体的な道筋については何一つ語っていない。それでも、獣医学部新設が決まってしまうわけです。
 さらに前川氏は「加計学園獣医学部新設の“司令塔役”は和泉洋人首相補佐官だろう」とも指摘する。また、今治市民からは加計学園の建設費水増し疑惑・賄賂疑惑に関する告発も出てきた。これら多くの疑惑が未解決の加計学園問題について週刊SPA!8月22日発売号掲載記事「加計学園 黒幕と補助金水増し」では、さらに詳しくリポートしている。
【前川喜平氏】 1955年1月、奈良県生まれ。東京大学法学部卒業後、1979年に文部省入省。初等中等教育局教職員課長や官房長などを経て2016年6月、事務次官に就任したが、2017年1月に天下り問題で引責辞任。祖父は前川製作所の創業者。取材・文・/横田 一


高校生平和大使の核廃絶演説中止の背後に安倍腹心の軍縮大使…集団的自衛権にも暗躍した防衛官僚が軍縮会議の代表者に
 スイスのジュネーブ軍縮会議で「高校生平和大使」による演説が見送られたことが波紋を広げている。
 高校生平和大使は、日本の高校生が国連に赴き、核兵器廃絶を訴える活動。1998年に始まり、近年では2014年から3年連続で核兵器廃絶の演説の機会が与えられ、ジュネーブ軍縮会議の本会議で高校生がスピーチを行っている。また、活動20年目にあたる今年は、核兵器の廃絶と平和な世界の実現を目指すための署名が過去最高の21万4300筆も集まった。
 8月17日には、高校生平和大使に参加する長崎県の高校生3人が田上富久長崎市長を表敬訪問。軍縮局幹部の前での演説を予定していた女子高生が「微力ながらも、世界に核兵器の廃絶を精いっぱい訴えてきたい」と抱負を語っていた(毎日新聞8月18日長崎版)。
 ところが、その核廃絶の願いを届ける高校生の演説が、今年は不可解なことに、直前で白紙になってしまったのだ。
 いったい何が起きたのか。当初、高校生平和大使は22日に国連へ決議文を提出し、軍縮会議の場でスピーチをする予定だったが、共同通信によれば、18日に急遽取りやめとなったことが判明。軍縮会議日本政府代表部は「今年は軍縮会議の議事上、適当でないと判断した」としている。一方、東京新聞は〈関係者によると、大使を派遣する市民団体「高校生平和大使派遣委員会」が今年も軍縮会議での演説を打診したところ、外務省の担当部局である軍備管理軍縮課から「今回は難しい」と回答があった。明確な理由の説明はなかった〉と報じている。
 つまり、日本政府側が高校生平和大使側に、説明もなくストップをかけたというのだ。20日付けの西日本新聞では、引率する元教師が取材に対し「正式に見送りを伝えられたわけではないので何とも言えない」とした上で、「政府が反対している核兵器禁止条約を平和大使が『推進すべきだ』と主張してしまうことを、外務省側が恐れたのではないか」と推測しているが、実際、そういうこととしか思えない。
対米従属の先兵だった元防衛官僚を軍縮大使にした安倍政権
 周知の通り、日本は“唯一の被爆国”であるにもかかわらず、核保有国であるアメリカなどとともに、核兵器禁止条約に反対の姿勢をとり続け、交渉にすらも参加しなかった。今月7日の国連採択後も日本政府として「署名しない」と明言するなど、世界の潮流である核軍縮へ強固に反発している。
 さらに安倍首相は、今年の広島と長崎での平和式典でも露骨な態度を見せた。松井一実広島市長が「日本国憲法が掲げる平和主義を体現するためにも、核兵器禁止条約の締結促進を目指して核保有国と非核保有国との橋渡しに本気で取り組んでいただきたい」と求め、田上長崎市長が「核兵器禁止条約の交渉会議にさえ参加しない姿勢を、被爆地は到底理解できません」と強く批判したのを尻目に、安倍首相はあいさつで核兵器禁止条約に一切言及しなかったのだ。
 そう考えてもやはり、今回の高校生平和大使の件では、政府側が強くプレッシャーをかけて、高校生による国連での核廃絶スピーチを阻止したと考えるのが自然だろう。
 さらに、このスピーチ取り止めには、軍縮会議日本政府代表部大使(軍縮大使)の人事が関係しているのではないか、ともいわれている。
 この軍縮大使というのはその名のとおり、ジュネーブ軍縮会議の日本政府代表なのだが、昨年12月の人事で、その責任者に安倍首相と近い防衛官僚の高見沢将林氏が就任していたのだ。
 軍縮大使に外交官ではなく、元防衛官僚が就任するのは異例中の異例。実際、ここ20年をみても、民間から起用された猪口邦子氏(現・自民党参議院議員)を除いて全員が外務省出身者だった。
 しかも、高見沢氏は昨年の退官まで、一貫して日米安保畑を歩んだ元エリート防衛官僚で、第二次安倍政権では安全保障担当の内閣官房副長官補として官邸入りするなど、安倍首相の覚えがめでたい人物。集団的自衛権の行使容認を議論する首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の事務局を仕切り、2014年の閣議決定の際には高村正彦・自民党副総裁や横畠裕介・内閣法制局長官らとの「秘密会合」で政府案を練り上げたほか、日米安保体制=対米従属の固定化を目指す安倍政権の裏方をつとめてきた。
軍縮大使は民主党時代、米国に沖縄基地を県外移転しないよう提言していた
 その高見沢氏がいかに“日米安保の権化”であるかを示す、こんなエピソードもある。沖縄の基地負担減を目指した民主党政権が、米軍普天間基地の「県外移設」を掲げた際、当時、防衛政策局長だった高見沢氏が、2009年10月、当時のキャンベル米国務次官補に「(民主党の県外移設案に)あまり早期に柔軟性を見せるべきではない」と耳打ちしたことが、ウィキリークスが公表した米国の公電によって明らかになっている。また、1996年の辺野古代替施設建設の日米交渉時には、オスプレイの配備を念頭に置きながらも、地元側に明言しないよう米側と想定問答集を調整したとされるなど、高見沢氏は米側を慮る日本政府の方針を陰に陽に実行に移してきた。
 こうした経緯を踏まえれば、安倍政権が高見沢氏を軍縮大使に異例の起用をしたのは、あきらかに核兵器禁止条約に反対する米側と歩調をあわせ、国連でのネゴシエーションや国内の世論調整を担わせるためだろう。
 今回の高校生平和大使の演説取りやめも、その延長線上にあると考えるべきだ。もっとも、高見沢氏による直接の指示があったかは現段階では不明だが、少なくとも、安倍政権のもとでは、市民が核兵器廃絶の思いを述べる機会さえ奪われてしまうことは間違いない。こんな政権が被爆国にふさわしいのか、わたしたちはいま一度よく考えるべきだろう。(編集部)

予約なしの中崎町のクリニックで痛い/ため息??

ブログネタ
フランス語 に参加中!
paris2

La femme du jour. Ada Colau, maire de Barcelone
La maire de Barcelone a choisi de ne pas répondre aux attentats de jeudi dans sa ville et vendredi à Cambrils par une surenchère sécuritaire.
Dans une première déclaration, jeudi, elle a rappelé que Barcelone était une ≪ ville de paix ≫ et que ≪ la terreur ne parviendra pas à ce que nous cessions d’être ce que nous sommes : une ville ouverte au monde, courageuse et solidaire ≫. Barcelone, qui a accueilli en début d’année une manifestation énorme en faveur de l’accueil des réfugiés, est ≪ fière de sa diversité ≫, a-t-elle fait valoir. Dans le week-end, un grand nombre d’articles ont été publiés s’étonnant de l’absence de bornes anti-intrusion. ≪ Les auteurs de l’attentat voulaient tuer et, s’ils n’avaient pas pu entrer par les Ramblas, ils l’auraient fait par un autre endroit, nous ne pouvons pas emplir une ville comme Barcelone de ¬barrières ≫, a-t-elle déclaré. Ada Colau a été élue l’an dernier maire de la capitale catalane grâce à une coalition comprenant Podemos, les communistes et d’autres formations de gauche.
フランス語
フランス語の勉強?
兵頭正俊‏ @hyodo_masatoshi
枝野幸男が、小池百合子に対して「自民党の補完勢力と、くみすることはありえない」といっています。しっかりしているじゃないの。これが野党の姿勢ですよね。枝野は消費税増税にも反対しています。自民党との対抗軸を作って国民に選択させるのです。前原だと、国民は自民党と同じだと見ていますよ。
籠池夫妻が気の毒ですね。安倍晋三に逆らった者への見せしめでしょう。この猛暑で、ほんとうに気の毒です。日本弁護士会は何も動かないのかな。あるいは人権団体。逃亡も証拠隠滅もないですよ。

黒薮哲哉‏ @kuroyabu
民進党の存在意義はよく分からない。端的に言って、自民VS共産(+社民)の方が政策の対立構図が明確になる。両者の間に実態があいまいな連中が介在するから、国民は政治の構図が分からなくなる。長い目で見れば民新党が解散した方がのぞましい。社会進歩が加速する。

中崎町のクリニックに行くことにしました.予約が必要だけど,午前中の間にすべての時間の予約がうまっているみたい.困ったなぁ…と思っていたら待ち時間が長くなるかもしれないけれど,来てくださいとのこと.とりあえず5時前に着いてみてもらうことにしました.痛いです.それにため息??うーん・・・

復興の願い共に響かす 仙台で演奏会 被災3県と沖縄の子どもたち
 東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県と沖縄県のジュニアオーケストラなどによる合同コンサート「響け!復興へのハーモニー」が20日、仙台市青葉区の市青年文化センターであった。
 岩手県大槌町の大槌子どもオーケストラ、仙台市の仙台ジュニアオーケストラ、NHK仙台少年少女合唱隊、相馬市の相馬子どもオーケストラと、那覇市の那覇ジュニアオーケストラが合同オーケストラを編成した。沖縄の子ども15人を含む小中高生ら約90人がクラシック音楽や「東北3県メドレー」「島人の宝」「花は咲く」など息の合った演奏を響かせた。
 昨年の那覇公演に続き2回目。企画した琉球フィルハーモニック(那覇市)の上原正弘代表理事(52)は「音楽を通して親交を深め、将来は互いの地域の架け橋になってほしい」と話した。


<この人このまち>ツーリズムで価値創造
 宮城県石巻市の一般社団法人「おしかリンク」は牡鹿半島で持続可能な地域づくりを目指す。代表理事の犬塚恵介さん(32)は東日本大震災の支援を機に半島を訪れ、人々の暮らしやぬくもりに共感した。地域に活力をもたらそうと、ツーリズムを軸に奮闘する。(石巻総局・水野良将)
◎一般社団法人おしかリンク代表理事 犬塚恵介さん
 −主な活動内容は。
 「地域の課題解決に直接的に関わる人を増やそうとチャレンジしています。農家や林業家などの担い手がいなくて荒れた土地や今ある資源を活用しながら、新しい価値を創造したい。そのプロセスへの参加を募り、知恵や経験を提供しています」
 「そうした『創造型ツーリズム』に取り組む一環で、牡鹿半島のヒノキで風呂を作るプログラム、風呂の床に使う雄勝石のタイル作りをしました。仙台市や石巻市、関東から延べ20人以上が参加し、職人に作り方を教えてもらいながら仕上げました。参加者の満足度は高いと感じています」
 −現在のおしかリンクのメンバーは。
 「30〜40代の計8人。5人が石巻出身、3人がIターンです。『牡鹿半島の暮らしが持続可能になるなら何でもやろう。ただ、地域の迷惑になることはやらない』がルール。荻浜地区の木造の空き家を改修し、活動拠点を整備しています」
 −設立の経緯は。
 「ツーリズムのプラットホーム作りがきっかけです。蛤浜(はまぐりはま)地区のカフェ関係者を発起人として課題を話し合い、方向性を探るうち、まずは創造型ツーリズムやコンテンツ作りをしていこうという話になりました」
 「旅館や民宿、集客のコンテンツを持つ団体の情報発信、会員『おしかびと』の募集などにも取り組もうと思います。地域の人と外から来る人とをつなぐ役割がしっかりできれば、この地域がどんどん良くなっていくのではないか、と感じます」
 −牡鹿半島の魅力は。
 「一番の魅力は人ですね。都会の人にはない生活の知恵を持っています。課題が山積している地域ということを地元住民が理解し、どうにかしなければいけないと考えている。地域を良くするためにチャレンジしたいという人にとても寛容な気がします」
 「地域に根付いた暮らしを大切にしたい。人口が減少したって、浜に3人でも5人でも住み続けていればいいと思う。魅力的な暮らしをする人がいなくならないようにしたいです」


<壇蜜さん動画>投稿サイトから削除へ 宮城県、26日のイベントで区切り
 タレントの壇蜜さん(横手市出身)が出演する仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会のPR動画について、制作を担当した宮城県が近く投稿サイトから削除する方針を固めたことが20日、分かった。推進協議会が「伊達な旅」夏キャンペーン(7〜9月)の一環として、26日に壇蜜さんを招いて開催するイベントを区切りに配信を停止する見通しだ。
 動画(2分37秒)は壇蜜さんが伊達家家臣の子孫「お蜜」に扮(ふん)し、県の観光PRキャラクター「むすび丸」と旅する物語。キャンペーンのテーマ「涼(りょう)・宮城(ぐうじょう)の夏」を前面に仙台の街並みや松島などの名所をアピールしようと、7月5日に投稿サイト「ユーチューブ」で公開された。
 壇蜜さんが牛タンやずんだ餅を妖艶な言い回しで紹介するシーンなどが反響を呼び、動画再生回数は300万回を突破。一方で「性的な表現が不快」「税金を使うべき動画ではない」との批判も相次いだ。
 宮城県議会の野党4会派や女性団体などは相次いで配信停止を県に要請し、奥山恵美子仙台市長も「品位を欠くと言われてもやむを得ない」と指摘した。
 仙台市内で26日にあるイベントでは、主演の壇蜜さんを交えて動画のストーリーを締めくくる演出が予定されている。県は、同日をめどに動画配信を取りやめる方向で調整中。公開継続に否定的な世論も考慮したとみられる。
 推進協議会会長の村井嘉浩知事は7日の定例記者会見で「一般世論は8割ぐらいが評価している」と反論したが、7月24日の会見では壇蜜さんの関連イベントに触れ「もう少し様子を見たい。意地を張り、何が何でも削除しないつもりもない」と見直しに含みも持たせていた。


宮城県 壇蜜さん起用のPR動画配信中止へ
 宮城県は21日、タレントの壇蜜さんを起用した観光PR動画の配信を近く取りやめる方針を明らかにした。性的な表現と受け止められかねないシーンがあり、女性県議らが批判していた。26日に開く関連イベントの終了後、配信を終える方向だ。
 動画は9月末まで実施する観光キャンペーンの一環として、7月5日に投稿サイトで公開。県内の観光名所や名物を紹介する内容で、再生回数が300万回を超える一方、壇蜜さんの唇が度々クローズアップされるなどの演出が、性的表現を連想させると批判されていた。否定的な電話やメール、手紙は今月17日までに約380件に上った。
 村井嘉浩知事は21日の記者会見で「否定的な思いを持つ人がいる以上、配慮が必要だ」と述べ、配信中止は批判を受けたのが一因と認めた。同時に「動画を見て宮城県を訪れた人もおり、観光客を呼び込む役割を果たしたのは間違いない」と強調した。
 県は今月26日、壇蜜さんが参加する観光イベントを仙台市で開く予定で、動画配信は同日で打ち切る方針。制作費は2300万円で、東日本大震災からの復興のための寄付金などを原資にした基金から拠出した。


壇蜜の宮城県PR動画配信停止へ 「性的表現」に批判殺到
 宮城県は21日、タレントの壇蜜(36)を起用した観光PR動画の配信を取りやめる方針を明らかにした。
 性的な表現と受け止められかねないシーンがあり、女性県議らが批判していた。26日に壇蜜を招いて開催するイベントを区切りに、配信を終える見通しだ。
 動画は2分37秒で、壇蜜がご当地ものの牛タンやずんだ餅などを妖艶な言い回しで紹介するシーンが話題となり、7月5日に投稿サイト「ユーチューブ」で公開されてから、再生回数は300万回を突破。一自治体のPR動画としては異例のヒットだったが、「性的な表現が不快」「品位を欠く」「税金を使うべきでない」といった批判も上がった。
 制作費は2300万円で、東日本大震災からの復興のための寄付金などを原資にした基金から拠出した。


広島土砂災害3年 あの日を胸に刻んで…犠牲者77人追悼
 広島市北部で77人が犠牲となった広島土砂災害は20日、発生から3年を迎えた。広島県と市による追悼式が同市安佐北区であり、約600人が参列。被災現場では未明から遺族らが花を手向けるなどし、あの日を胸に刻んだ。
 追悼式では夫を亡くし、自身も左脚を失った宮本孝子さん(77)が「心の傷は何年たっても癒えることはない」とあいさつ。松井一実市長は「災害を教訓とし、地域の安全確保に努める」と述べた。松井市長は今年で県市主催の追悼式を終える意向を示している。
 50人以上が死亡した同市安佐南区・八木地区では同日夜、住民らが灯籠(とうろう)を並べて「8・20」の文字を描いた。祖母を亡くした高校1年、沢本陽奈(ひな)さん(16)は「祖母に『ゆっくり眠ってね』と語りかけた。地域のために自分にできることを頑張りたい」と話した。
 2014年8月20日未明の集中豪雨で安佐北、安佐南両区で土石流や崖崩れなどが発生。住宅約400戸が全半壊し、1万人以上が被災した。被災10地区の人口は今年6月時点で計1万4823人と3年前から約1000人減り、地域復興に課題を残している。【東久保逸夫、竹下理子、小山美砂】


広島土砂災害3年 一つの墓に新婚夫婦とおなかの赤ちゃん
墓石に「三人いっしょ」の文字が刻まれて
 広島市北部で77人が犠牲となった広島土砂災害は20日、発生から3年を迎えた。アパートが流され、身ごもっていた小さな命と共に犠牲となった新婚夫婦、湯浅康弘さん(当時29歳)と妻みなみさん(同28歳)。夫婦の実家に分骨されていた3人の遺骨が今月、新しいお墓に一緒に納められた。「これからは前を向いて、3人分の人生を全うしたい。天国から仲良く見守ってね」。みなみさんの父、若松順二さん(54)=香川県東かがわ市=は災害が起きて3年となる20日、アパートの跡地に立ち、最愛の娘らに静かに語りかけた。【東久保逸夫】
 康弘さんとみなみさんは勤め先の先輩と後輩で、約6年間の交際を経て2013年10月に結婚。翌年7月に転勤で東京から広島市安佐南区に夫婦で移り、11月に長男の出産を控えていた。康弘さんはマッサージ師として独立を目指し、みなみさんも医療事務を勉強していた。若松さんは「康弘君は将来設計がしっかりした好青年。マイペースだったみなみも感化され、成長していった」と振り返る。
 だが、転居から約1カ月後の8月20日未明、土砂が湯浅さん夫婦の住むアパートを襲った。知らせを受けて駆けつけた若松さんは、土砂が全てをのみ込んだ現場を見てがくぜんとした。康弘さんの両親と必死に捜し続けたが、約1週間後に2人はアパート跡の近くで遺体で見つかった。「なんで親よりも先に」。変わり果てた姿に涙があふれた。葬儀の後、「娘をそばにいさせてほしい」と康弘さんの両親に分骨を申し出た。
 それから3年。若松さんは自宅の仏壇に置いた3人の遺骨に向かい、日々の出来事や思いなどを語りかけてきた。親として守ってあげられなかった後悔や、生まれてくるはずだった孫を抱きたかったこと−−。遺骨は心の支えだった。一方で、二つに分けていることに申し訳ない気持ちもあった。
 今年に入り、康弘さんの実家がある広島県三次市に墓を作る話が持ち上がった。「それが本来の姿。みなみたちも望んでいるはず」。今月12日、香川県から遺骨を持参し、康弘さんの実家にあった遺骨と共にそっと納めた。墓石には「三人いっしょ」の文字が刻まれた。寂しさは感じたが、心のつかえがようやく取れた気がした。
 20日未明、災害発生時刻に合わせて若松さんは妻直美さん(55)や康弘さんの両親と被災現場を訪れ、花を手向けて冥福を祈った。空にはきれいな星が光り、静寂に包まれていた。「なんであの時だけ、大雨が降ったのか。あの雨が憎い」と悔しさは募る。それでも納骨を終えた若松さんは言った。「娘と気持ちはいつもつながっている。後ろ向きじゃなく生きていくよ」


白人至上主義 憎しみの連鎖を断ちたい
 米国で白人至上主義を掲げる団体と反対派が衝突した事件への対応を巡り、トランプ大統領に対する批判が高まっている。
 トランプ氏がいったんは白人至上主義者を非難しながら、その後に双方に非があるなどと主張したのが原因だ。白人至上主義を容認するかのようなトランプ氏の姿勢は批判を浴びて当然である。
 トランプ氏の発言により、米社会の分断は深刻さを増す様相だ。憎しみの連鎖を断ち、国民の結束のために力を尽くすことこそが大統領の責任であることを肝に銘じなければならない。
 事件は12日、米南部バージニア州シャーロッツビルで起きた。きっかけは、南北戦争で奴隷制存続を訴えた南軍司令官リー将軍の銅像の撤去計画だ。
 撤去計画に抵抗しようと集まった白人至上主義者らと人種差別反対派が衝突し、反対派のグループに車が突入して死者が出た。
 警察は、白人の容疑者が故意に突っ込んだとみて殺人容疑で身柄を拘束した。
 人種差別という米国にとって極めて重い問題をはらむ事件にもかかわらず、トランプ氏の対応や発言は揺れ動き、強い疑問を抱かせることになった。
 当初トランプ氏は白人至上主義者側を名指しで非難することを避けたが、批判を受けて直接非難に転じた。ところがさらに軌道修正して「両陣営の責任」と語り、反対派にも非があると指摘した。
 事件の現場では、白人至上主義の秘密結社クー・クラックス・クラン(KKK)や極右のネオナチが集会を開いていた。
 トランプ氏が発言を翻して「両成敗」を主張したことは、白人至上という思想を許容したと受け取られても仕方がない。
 この背景には、自らの支持者層への配慮があるとされる。昨年の大統領選でトランプ氏は、白人至上主義者の支持を得た。これをつなぎ留めたい思惑があるとみられている。
 事実であれば国の最高指導者としてあまりに身勝手であり、自身が担っている職責に鈍感過ぎるというしかない。
 人種差別根絶の必要性は、国際的に共有されなければならない価値観である。世界に影響力を持つ大国の指導者としても、その資質にさらに大きな疑問符が付く。
 救いは、トランプ氏の周辺からも今回の対応を批判する声が上がったことである。
 大企業の経営者らで構成されていたトランプ氏の二つの助言組織は、事件への対応を巡って辞任するメンバーが相次いだため解散に追い込まれた。
 黒人経営者が「米国のリーダーは憎悪や偏見を明確に否定しなければならない」と辞任の口火を切り、他の経営者も続いた。米社会が持つ健全性を示す動きといえるだろう。
 人種差別に限らず、あらゆる差別は人間の尊厳を侵すものだ。
 事件を巡る米国内の対立が早期に沈静化するよう願うとともに、差別という行為の「愚かさ」を改めて見つめたい。


米紙 トランプ氏へ批判強める 「民主主義の脅威」
 【ニューヨーク國枝すみれ】米南部バージニア州で衝突事件を起こした白人至上主義者らの肩を持ったとして、トランプ米大統領に対する米国の主要メディアの批判が強まっている。
 ロサンゼルス・タイムズ紙(電子版)は20日、「もう十分だ」と題した論説を掲載し、「ホワイトハウスにいる男は、無謀で統制がきかず、米憲法にとって危険、民主制度にとって脅威だ」と断言した。良心を持つすべての国民は「倫理観に欠け、事実を無視し、助言にも耳を傾けない」大統領に対し、反対の声をあげるべきだと主張した。また、共和党や保守派に対しても「気骨を見せる時だ」と批判に加わるよう呼びかけた。
 ニューヨーク・タイムズ紙も20日紙面で「トランプ大統領、失格」と題した論説を掲載。「大統領は毎日、米国人が託した大統領の職務を果たすことができないとの証拠を提供している」と批判した。トランプ氏がネオナチら白人至上主義者を弁護したことをあげ、「国をまとめるどころか、人種対立の種をまこうと決意しているようだ」と批判した。
 当選前から「大統領として不適格」としてトランプ氏に投票しないよう呼びかけてきた全国紙USAトゥデー(電子版)は16日、議会に大統領の不信任決議を審議するよう主張。「米国の価値のために立ち上がるか? 善悪の判断もつかない大統領が脱線しつづけるのを許すのか?」とし、共和党議員も不信任決議に賛成するよう呼びかけた。
 トランプ氏は15日の記者会見で、死者1人を出した衝突の原因を白人至上主義者と反対派の「双方に責任がある」との見方を示し、猛批判を受けていた。


医師の過労死 働き過ぎ解消は急務だ
 人の命を救う医師が過重労働で疲弊し、自殺に追い込まれるケースも後を絶たない。
 東京都内の総合病院の産婦人科で働く30代の男性研修医が2015年7月に自殺したのは、長時間労働で精神疾患を発症したのが原因として労災認定された。
 遺族の代理人弁護士によると、自殺直前の1カ月の残業は約173時間に上り、厚生労働省の過労死ライン(直前1カ月100時間)を大幅に上回っていたという。
 医師の過労自殺では、今年5月にも、新潟市民病院(新潟市)に勤務していた30代の女性研修医が労災認定されている。
 もはや看過できない事態である。重い使命を担うとはいえ、医師も生身の人間だ。
 政府は、一刻も早く医師の長時間労働の解消策を打ち出さなければならない。
 男性研修医は自殺する前の半年間、月に143〜208時間の残業を行い、休日はわずか5日間だった。当直明けが日勤の場合、拘束時間は30時間を超えていた。
 休日の呼び出しも多く、抑うつ症状があったという。すさまじい労働実態と言うほかない。
 医師の長時間労働は常態化している。厚労省によると、週60時間以上働く医師は41・8%に上り、職業別で最多だ。
 休日は月平均5・3日だけで、ゼロも11・4%いた。自殺(未遂含む)など労災認定は、16年までの5年間で21件に上る。
 医療過誤の原因として、慢性疲労を挙げた医師が7割を超えたという調査報告もあり、長時間労働の放置は、医療の質を低下させる恐れがある。
 政府が進める「働き方改革」には問題が多い。そもそも医師は残業時間の上限規制の例外として、5年の猶予期間が設けられた。
 医師には正当な理由なく診療を拒めぬ「応召義務」があるとしても、これでは何も変わらない。
 長時間労働の是正には、医師不足や偏在の解消も不可欠だ。
 人口比で見ると、日本の医師数は経済協力開発機構(OECD)加盟29カ国中26位で、1位のオーストリアの半分以下である。
 病院運営者は、医師も労働者との視点で、労働環境を再チェックしてもらいたい。交代勤務制への転換や、事務の役割分担などさまざまな工夫をすべきだろう。
 患者の側も、かかりつけ医などを活用し、時間外にむやみに駆け込む「コンビニ受診」は控えたい。意識改革が求められる。


公文書管理法 不透明なルールを見直せ
 国などの公文書は、民主主義の根幹を支える国民共有の知的資源であり、適正な管理と適切な保存で現在及(およ)び将来の国民に説明する責任を全うする−2011年施行の公文書管理法が掲げる理念だ。
 守っていると政府は胸を張れるか。森友学園問題で財務省は国有地格安売却の記録を「廃棄した」という。南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊が現地情勢を「戦闘」と記した日報を防衛省は「廃棄した」としながら保管しており、隠蔽(いんぺい)しようとした。
 獣医学部新設の加計(かけ)学園問題では、文部科学省で確認された「総理のご意向」などと記した文書を「個人のメモ」と言い繕った。メモであっても職員が作成し、組織的に活用すれば公文書だろう。
 安倍晋三政権を揺るがす三つの問題は、公文書のずさんで誤った扱いという共通点がある。
 公文書管理法に基づくガイドライン(指針)や府省庁ごとの文書管理規則は、公文書の保存期間を1年、3年、5年、10年、30年の5段階とする。管理簿はネットで公開し、重要な歴史資料と判断すると保存期間終了後に国立公文書館などへ移管する。廃棄には首相と内閣府の同意が必要になる。
 問題は「5段階のどれにも該当しない」文書で、保存は1年未満だ。担当課の判断で廃棄できる。
 国有地が格安で売却されたのはなぜか。現地情勢はPKO派遣5原則に抵触しないのか。首相の友人が理事長という学園に対して首相の意向や官僚の忖度(そんたく)は働いたのか−どれも重大な疑惑である。
 その解明につながる文書について、政府は「公文書ではなく個人のメモにすぎない」「保存期間1年未満なので廃棄した」と主張して公表を拒む。これでは国民は政策決定の検証などできない。
 有識者による政府の公文書管理委員会は年内にもガイドラインを見直し、廃棄ルールを明確にするという。公文書管理は情報公開とともに民主主義を支える車の両輪だ。国民の共有財産を守り、政治家や官僚の強弁を許さない。そんな当然の制度へ改めるべきだ。


森友文書廃棄は違法〜佐川氏の罷免求め署名
 森友学園をめぐる問題で東京の市民グループが当時の財務省理財局長だった佐川国税庁長官の罷免を求める約1万人分の署名を麻生財務相に提出した。
 提出したのは東京大学の醍醐聰名誉教授を中心とする市民グループ。森友問題で財務省は、8億円の値引きをめぐる交渉記録は売買契約が成立した時点で事案が終了したため廃棄したとしている。
 要望書では、土地の売買について10年の分割払いや土地を買い戻す特約など、将来、変更する可能性がある条件がついているにもかかわらず、契約成立をもって事案終了として交渉記録を廃棄したのは公文書管理法に違反するなどとして佐川国税庁長官の罷免を求めている。
 東京大学・醍醐名誉教授「任期を全うさせない。せめて日本の世論の良識をそういう形ででも示すことはやればできるんだと」
 署名の提出を受けて財務省は現時点ではコメントを差し控えるとしている。


公文書判断 省庁に責任者案 「加計」「森友」で批判集中
 政府は関係書類を行政文書として保存する可否を判断する責任者を各省庁に設置する検討を始めた。学校法人「加計(かけ)学園」や「森友学園」問題で公文書管理の在り方が問われたのを受け、責任の所在を明確化する狙い。複数の省庁にまたがる記載は責任者同士が事実確認する仕組みを想定する。政府関係者が明らかにした。ただ責任者の判断の妥当性を検証するのは困難で、恣意(しい)的に保存されないメモ扱いとなる懸念が残りそうだ。
 有識者でつくる公文書管理委員会が進める公文書管理のガイドライン見直し案として浮上。政府は年内にガイドラインを改正する方針だ。
 行政文書は公文書の一種。公文書管理法で「職員が職務上作成し、組織的に用いるため行政機関が保有しているもの」と規定するが、具体的基準はあいまいだ。内閣府公文書管理課は「作成経緯や利用状況を総合的に考慮する」と説明する。霞が関の現場では、行政文書なのか個人的メモなのかは、ガイドラインを基にした省庁ごとの規則により、担当者レベルで振り分けているのが実情だ。
 加計問題では「総理の意向」などと書かれた記録文書に関し、文部科学省が「行政文書としては存在しない」とした。約一カ月後に文書を公表した際も「通常公表しない個人メモ」と主張し、批判が集中した。
 見直し案では、課長級を中心とした責任者が内容を確認し、行政文書とすべきか見極める。複数省庁にまたがる場合、文書の記載に矛盾しないか調整する。加計学園問題で文書記載を巡る文科省と内閣府の主張が矛盾した経緯も踏まえた。
 だが、公文書管理に詳しいNPO法人「情報公開クリアリングハウス」の三木由希子理事長は官僚に文書内容で判断する裁量を与えない対策を求める。「メールや共有フォルダーで共有されれば法的に行政文書とすべきだ」と指摘した。
◆福田元首相 警鐘
 公文書管理法の制定を主導した福田康夫元首相は共同通信のインタビューに対し、今後の課題を指摘した。
 −公文書管理法の意義とは。
 「公文書を残すことは日本の国の形を記録として残すことであり、正しい歴史を後世に残す作業だ。記録を作ることで、その国がどういう国なのかが分かる。それが原点だ」
 −法律の施行から六年が経過し、公文書管理の現状をどう見ているか。
 「公文書を作る公務員の意識が大事だ。記録を全て残すことになると、そもそも官僚が記録を作らなくなる懸念がある。頭の痛いところで、明快な回答はない。最後は公務員一人一人のモラルに頼らざるを得ない」
 −学校法人「森友学園」を巡り、国有地売却に関する財務省の面会・交渉の記録が廃棄された。
 「あまりにも短い期間で廃棄しているのは非現実的だ。誰が判断しているか分からないが、現場の裁量が大きすぎるのではないか」
 −保存期間が終了した公文書が国立公文書館に移管される割合は毎年1%未満だ。
 「公文書は膨大な量があり、公文書管理法でも役所の各部署で移管の必要性を判断する形になっている。その判断が役所や役人の都合では困る。国民の立場から必要、不要を判断しないといけない。国立公文書館にチェックする専門家を置くことも必要で、そのための増員は必要だ」
 −行政文書と個人メモの線引きがあいまいだ。
 「公文書なのに、これはまずいから個人メモにしよう、と上司から言われたら、そうなってしまう可能性もある。最後は作る人の倫理の問題だ。メモ書きにも案外真実がある」
 −政と官の関係は官僚の公文書管理に対する意識に影響を与えるか。
 「本来、公務員は国民への奉仕者で、政治に対しては中立でなければいけない。政治家が役所の人事までいじってしまうと公務員が政権にサービスし、特定の政治家への奉仕者になってしまう」


黒田色に染まる日銀 柔軟性を失ってはならぬ
 【論説】企業でも行政でも、トップによる人事が偏れば、組織は多様性と柔軟性を失っていく。低質の閣僚を並べた安倍政権が国民の信頼を大きく損ない、末期的症状を露呈したのはそのことを如実に表す。
 審議委員を総裁一色に染め上げた日銀はどうなのか。金融政策遂行に危うさを感じる見方も出ている。
 日銀の金融政策を決定する審議委員は6人。正副総裁3人にこの6人を加え多数決で実行していくシステムだ。黒田東彦総裁がけん引する大規模金融緩和政策に限界が見られ、日本経済も力強さに欠ける状況に、実効性ある政策をどのように打ち出せるかである。欧米が金融引き締め方向に動く中、日銀はこの世界の潮流に背を向け緩和を続けるのか。日銀のあるべき使命が厳しく問われよう。
 黒田総裁の任期は来年4月まで。その重要なタイミングで今回6人のうち2人が交代した。木内登英氏と佐藤健裕氏が退任。代わって元三菱UFJリサーチ&コンサルティング上席主任研究員の片岡剛士氏、元三菱東京UFJ銀行副頭取の鈴木人司氏が就いた。
 木内、佐藤両氏は白川方明前総裁時代の2012年7月に就任した。13年3月に黒田総裁が就くと、異次元金融緩和策の導入には賛同したものの、その後の追加緩和やマイナス金利、長短金利操作導入には一貫して異議を唱えてきた。
 黒田体制で就任した他の4委員は現行政策を支持しており、新任の片岡氏、鈴木氏も黒田総裁の認識に近い。特に片岡氏は積極的な金融緩和で物価上昇を目指す「リフレ派」である。
 これで6人全てが安倍内閣での任命だ。今回の人選が金融緩和を続行したい首相官邸の意向が働いたとの見方が真実味を帯びる。
 日銀政策と安倍政権の経済政策アベノミクスは、いわば「一本の矢」だ。財政政策と成長戦略が思うように機能せず、金融政策に頼らざるを得ない。軌道修正できないアベノミクスを、止められない金融緩和で支え続けることを意味し、日銀法で担保された独立性の観点からは疑問符が付く。
 黒田総裁は苦しい立場にある。2%物価上昇目標は4年たっても達成できず、6回目の延期に追い込まれた。それでも「勢いは維持されている」と強弁する。
 たとえ継続するにしても多角的な観点から高い見識で議論を深め、現行政策を詳細に検証することが求められよう。その委員が一色に染まれば議論が形骸化する恐れはないのか。
 巨額の国債購入による金融緩和を続け、長期金利をゼロ付近に固定することは市場機能の健全性を失い、財政規律が緩む副作用を伴う。さらに緩和策を終わらせる「出口戦略」次第では急激な円高、金利急騰を引き起こすリスクもある。
 日本の景気回復は戦後3位の長さになったとされ、欧米も回復が続くが、先行きは不透明。デフレ脱却もままならない。新委員が初参加する金融政策決定会合は9月だ。ハイレベルな展望を示してもらいたい。


都知事が情報公開に逆行とは
 ★おっさん政治打破や都政のブラックボックス化を批判し支持を集めた都知事・小池百合子が任命した2人の特別秘書の給与について都が情報を開示しないという。特別秘書は「都民ファーストの会」の代表を務める野田数と元読売新聞記者・宮地美陽子だが、ジャーナリストの情報開示請求に対して名前以外は黒塗りで開示されたという。小池流にいえば「のり弁」状態ということだ。 ★宮地に至っては氏名も黒塗りで都側は「宮地美陽子は結婚前の氏名で本名が異なるため」としている。しかし非開示の判断を都民は納得しがたい。特別秘書は特別職扱いなので、地方公務員法の制約を受けずに知事をサポートできる。つまり政務に深くかかわれるため知事側近があてられるとともに政策に深く関与する。知事は就任直後に自らの給与を下げ透明性を高めようとした。議会も追随して2割の給与削減を実現させたが、手当などが加算されるため都議会議長の方が給与は高い。そこで都から給与が支給される2人の特別秘書の給与に関心がいくのは当然のことだ。 ★加えて野田は地域政党・都民ファーストの会代表。いわば政党人が税金から給与をもらっている形になる。極めて不自然といえ、説明すべきだろう。それでなくとも同党の都議たちはメディアのアンケートにも答えず、小池の考えに同調しようとする。これでは二元代表制にならず、議会の最大会派が知事と連動してはチェック機能が失われる。あまりに古い体質の自民党都連の弱点を指摘し、改革に乗り出した知事が今度は都政の情報公開に逆行するとは。権力を倒した方が新たな権力になるということか。

カギは原発と民進党 茨城県知事選が安倍首相を追い詰める
 ここで負けたら安倍首相は一気に窮地に立たされる。27日(日)に迫った茨城県知事選は、現職知事と自民候補が横一線に並ぶ大接戦となっている。
 選挙戦は、現職で全国最多の7選を目指す「非自民」の橋本昌候補(71)と、自民党が推す大井川和彦候補(53)との事実上の一騎打ち。安倍政権にとっては内閣改造後、最初の大型選挙であり、10月22日に行われるトリプル補選の前哨戦。
 絶対に負けられない自民党は連日、国会議員を現地に大量投入している。二階俊博氏、岸田文雄氏、石破茂氏、野田聖子氏、加藤勝信氏、斎藤健氏……。20日は進次郎氏が現地入りした。まるで永田町がそのまま茨城に移動したかのようだ。
 もともと橋本知事は自民党の推薦を受け、93年に初当選している。当初は“蜜月”だったが、途中から対立。09年の5選目は、自民党が対立候補を立てたが40万票以上の大差で惨敗。前回は不戦敗している。“イエスマン”の知事をつくるために、官邸主導で経産省出身の大井川候補を擁立した形だ。
■選挙戦は「中央VS地元」の戦いに
 都議選、仙台市長選に続いて茨城県知事選でも敗退したら、自民党内がガタガタするのは確実。勝敗はどうなりそうなのか。現地で取材中のジャーナリスト・横田一氏が言う。
「選挙戦は、典型的な<中央VS地元>の戦いになっています。橋本知事も演説で『なぜ国会議員がこんなに来るのか。ほかに仕事はないのか』『自民党の口利き政治をなくしたのにまた復活してしまう』と訴えています。街宣車にも<県民党 金権選挙ノー>の文字を掲げている。中央政府が総がかりで県政を変えようとしていることを、果たして有権者がどう判断するかです」
 残り1週間、カギを握るのは「原発」と「民進党」だという。
「橋本知事は『原発自体は否定しないが、30キロ圏内に96万人いる。東海第2原発の再稼働は不可能だ』と明言しています。知事選には、同じく原発反対を公約している共産党推薦の鶴田真子美候補(52)も出馬している。鶴田候補を支援する市民団体の票が橋本知事に流れるかどうか。それと、現時点でほとんど活動していない民進党が残り1週間、“非自民”の橋本支持に本気で動くかどうです」(横田一氏)
 自民党は総力を挙げているだけに、敗北すれば政局が動きだす。


ウーマン村本、「芸人はテレビの家畜」 将来は「米国進出」も視野に
歯に衣着せぬ過激な発言で世間の注目を集めるウーマンラッシュアワー・村本大輔(36)が、20日深夜放送『EXD44』(テレビ朝日系)で芸人論を熱弁。
「芸人はテレビ業界の家畜」、「将来的にアメリカ進出を視野に入れている」など自身の考えを激白し、話題となっている。
■村本の芸人論「芸人は家畜」
番組では「村本VS人力舎スクール生 芸人論を勝手に講演会」と題し、村本がどんな思いで芸人をしているのか、若手芸人への講演を通じで語られた。
緊張を紛らわすために酒を飲んできたという村本は、現在のテレビ業界における芸人の立場を自分なりに解説する。
「従順で余すことなく活用されるニワトリは最高の家畜。空気を読んで番組を組み立てる芸人は、テレビ業界にとって一番都合のいい立場、テレビ業界の家畜」
さらに「否定するわけではない」として、「芸人はカッコ悪い。テレビに都合のいい、同じような芸人ばかり。ネタをつくらず、先輩に可愛がられてテレビに出ている芸人が品格を下げている」と続けた。
「テレビの方が稼げるから舞台に出なくなる。売れている人ほど舞台で勝負してほしい。芸人たるもの舞台で輝け」など舞台に対する想いを吐露した。
■若手芸人は中途半端にテレビに出るな
それでも結局はテレビに出ている村本に、若手芸人は「中途半端な気持ちで出てほしくない」と想いをぶつける。
村本は「干される覚悟でネタをやりたい」のが本心。それでも自分はカッコ悪いから「知名度と目先の金のため」にテレビに出演すると本音を明かし、若手芸人に向けて熱弁する。
「テレビって人生捧げるほど大事じゃない。もっと自分を大事に生きていこう。マイクの前では治外法権であってほしい。絶対曲げられてはいけないものがある、先輩にも絶対染まるな」
■将来的にはアメリカ進出も
脳科学者・茂木健一郎の「日本のお笑いは終わっている」発言を受け、村本は「英語を勉強して外国で活動したい」将来を語る。
「英語を勉強して、英語でネタを覚えて(飛び入りで参加できる)舞台を目指す」と、海外での活動を視野に入れていることを明かした。
■村本の熱い想いに…
司会のバカリズム(41)は「こんな真面目に考えているんだ」と感心しながら、「誰しも通る部分ではある」と賛同を示す。
ゲストのカンニング竹山(46)は「尾崎豊を思い出した」が、「子どもだなと思った。自分の考えが熟成していない。10年後も変わらずアメリカ行きたいって言ってほしい」と期待を表す。
視聴者の声は…
村本すげぇ。。めっちゃすげぇ。。なんだなんだなんだこのひとめっちゃすげぇぇぇぇ!!!!!!!!!核がめちゃくちゃあるひとだったんだぁ。知らなかった


反対運動主導の黒川敦彦氏 「加計問題は森友と同じ構図」
 愛媛県今治市では岡山理科大学の獣医学部キャンパスの建設が急ピッチで進められている。安倍首相が“腹心の友”と呼ぶ加計孝太郎氏が理事長を務める学校法人「加計学園」による新学部設置計画は、世論の反発を無視して敢行されるのか。地元では今年5月に「今治加計獣医学部問題を考える会」が結成された。住民の間に疑念が広がっているという。そこで今治市を訪ね、反対運動を主導する黒川敦彦氏に、これまでの動きや今後の展開について聞いた。
■くすぶる補助金不正疑惑
  ――加計疑惑が火を噴いてから5カ月。地元の今治市民はこの問題をどう受け止めているのでしょうか。
 7月15日に市内で獣医学部新設に反対する署名活動を行ったところ、300筆ほど集まりました。「考える会」の運動を支持する声が日に日に広がり、情報提供やカンパも増えています。「私も加計問題は許せない」といった電話をもらったり、会社経営者の方から「よく活動しているね。これくらいしか応援できないけど」と20万円の寄付をいただいたこともありました。
  ――反対の声が高まっているんですね。
 世論の喚起を促すため、メディアや国会議員に向けて加計問題の情報発信をしてきたのが実を結んできてはいるのですが、その一方で、市民全体の総意としてハッキリNOを突き付けているわけでもない。というのは、何となく反対なんだけれど、誰にどう伝えればいいのか分からない、という市民が少なくないようなんです。そうした声も拾い上げていかなければと考えています。
  ――「考える会」の活動を始めたきっかけは?
 報道などで加計学園が愛媛県や今治市から破格の支援を受けて、獣医学部を新設すると知り、どういうことだと疑問を持ったことが始まりです。今治市民にとってまさに地元の問題。加えて、時の首相が“お友達”を優遇する、という由々しき事態でもある。今治市は国家戦略特区の名の下で、本来なら市民に使われるべき税金を搾取されかねない。これは看過できない問題だと思いました。
■「先端ライフサイエンス」の難しさが分かっていない
  ――そうした問題意識を持つようになったのは、国の補助事業の一環として、大阪府と母校の大阪大が手掛けた産学連携プロジェクトに参画した経験からだそうですね。
 加計が計画する獣医学部新設は、日本の科学技術政策に関する事案です。彼らは「世界に冠たる先端ライフサイエンス研究」を標榜していますが、科学技術分野でアジア、あるいは世界の最先端を担うことがどれほど難しいか分かっているとは思えません。大阪府は2000年ごろからライフサイエンスで産業振興をするプロジェクト(彩都ライフサイエンスパーク構想)を立ち上げ、そのパートナーが大阪大でした。私も携わり、大阪の産学が総力を挙げて挑んだものの、残念ながら大した雇用は生み出せなかった。
  ――厳しい世界ですね。
 世界のライフサイエンス事業は日本の何百倍も進んでいて、全く太刀打ちできませんでした。そうした経験から言わせてもらうと、加計が「最先端ライフサイエンス」などと掲げるのは安易だし、国家戦略特区の事業主体としての認定ありきだという印象が拭えません。
市民63%が獣医学部新設に反対
  ――安倍官邸は内閣改造の目くらましで疑惑にフタをし、幕引きしようと必死です。
 幕引きなんてとんでもない。それに、文科省の大学設置・学校法人審議会(設置審)による認可というハードルが残っています。今治市が獣医学部を新設できる国家戦略特区に指定され、加計は事業主体に認定されてはいますが、設置審の認可はこれからです。8月末に予定していた認可の判断は当面保留する方針だと伝えられていますし、実現性の乏しい研究を掲げる学部の新設を認可なんてできるのか。その動向次第で世論の反発はさらに強まると思います。
 それに、加計孝太郎理事長の国会招致を求める声が収まるとは思えません。要求に応じない限り、この問題の収束は図れないでしょう。かりに安倍首相が辞任し、獣医学部新設計画が頓挫するようなことになれば、加計は倒産を免れないほど経営的に追い込まれる可能性がある。安倍首相はひょっとしたら、それを最も危惧しているのかもしれませんね。
  ――今治市は37億円の市有地を無償譲渡し、愛媛県と共同で学校建設費の半分にあたる96億円の補助金の交付を決めています。
 確かに市議会は補助金交付を決定していますが、予算案を通していません。極論を言えば、上程された予算案を市議会が否決すれば、市税を投入しなくてもいいわけです。校舎の建築費単価水増し疑惑もくすぶっています。加計は坪単価を150万円としていますが、これは一般的な相場の2倍以上にあたる。さらに、建設用地のボーリング調査結果を建築士が分析したところ、地盤改良の杭は不要と指摘しています。つまり、コストを安く抑えられる。多額の補助金交付を目当てに、建築費を実際より多く見積もった疑いが濃厚なのです。
 これが事実であれば、森友学園の補助金不正受給事件とまるきり同じ構図です。前理事長の籠池泰典氏らは大阪地検特捜部に詐欺容疑で逮捕される事態に発展しました。少なくとも市議会としては、水増し疑惑をハッキリさせる必要がありますし、虚偽申請だとしたら、そんな学校法人に補助金を交付するのが適正といえるのか。きっちりと議論しなければダメでしょう。
  ――4月中旬に今治市による住民説明会が開かれましたが、市の情報発信はどうですか。
 4月の説明会では、なぜ今治市が市有地を無償譲渡したのか、学生は集まるのか、といった住民の疑問に対する説明は一切ありませんでした。その後は一度も開かれていませんし、要望にもナシのつぶて。市に説明会の予定を問い合わせても、全く決まっていないという返事ばかりです。
  ――地元メディアは加計問題を積極的に報じているのでしょうか。
 地元紙の愛媛新聞は「考える会」が記者会見を開けば熱心に取材してくれますし、われわれの活動を肯定的に伝えてくれる。地域への影響力が強いので、反対世論を盛り上げてくれています。全国紙はというと、地方版でもあまり扱ってくれませんね。向こうの思惑でコメントを求められるというのが大半です。
■“学校性善説”に甘えた文科行政の穴
  ――実際のところ、市民は加計の進出、獣医学部の新設を望んでいるのでしょうか。
「考える会」が市民約1万人を対象に実施した電話調査では、約63%が獣医学部新設に反対しています。ただ、大学誘致そのものに反対する人は多くありません。市税の投入を疑問視し、反対する声がほとんどです。
  ――加計問題の端緒は国家戦略特区ですが、文科行政にも疑問を持っているそうですね。
 産学連携プロジェクトに携わった時に感じたのですが、文科行政にはいろんな穴がある。例えば、文科省は経営困難に陥った私学に対し、強制力のある指導をしていません。その背景には“学校性善説”への甘えがあるのではないでしょうか。世間一般に、教育機関である学校法人が悪いことをするはずがないという認識があり、私学の自主性尊重という考え方もある。
 学校法人は宗教法人と同じで、非課税対象です。税制で優遇されている。しかし、私学はあくまで民間事業者です。キャンパス建設などの事業で競争入札が適正に行われ、それが透明化されなければ、不透明なお金の流れをつくりやすくなる。文科省が主体となって、開校以降も財務や教育内容を定期的に監査する仕組みをつくるべきです。加計問題に取り組む中で、個人的に「学校法人、悪いことしてそう」という思いが強まりました。私学の闇は深いですよ。 (聞き手=本紙・高月太樹)
▽くろかわ・あつひこ 1978年、愛媛県今治市生まれ。大阪大工学部卒業後、同大の産学連携プロジェクトに参画。医療関連技術やソフトウエア開発を手掛けるベンチャー企業を経営。08年に東京に拠点を移して独立。ファンドと組み、エネルギー関連技術などのハイテク産業への投資活動を経て11年に帰郷。以降、地域活動を展開。妻は17年2月に今治市議に初当選した黒川美樹氏。


おんなのしんぶん・MyWay わたしの生き方 母とは違う方法で ジャーナリスト・重信メイさん
 母は日本赤軍のリーダーでした。アラブ社会で「英雄」でも、日本では「国際テロリスト」。イスラエルと日本政府から追われていたので、捕まらないように難民キャンプや民家を転々として暮らしてきました。母は家にいないときが多かったですね。母の仲間と大家族のように暮らしましたから、さみしくはありませんでした。
 重信房子の娘であることは誰にも言えない秘密でした。知られるとイスラエルの秘密情報機関に命を狙われるから、自分が何者であるかを隠し続けました。引っ越しが決まったら普通は、連絡を取り合えるように行く先を伝えますよね。私の場合、完全に関係を切らないといけませんでした。自分の本名や、父や母が何をしている人なのか、普通の人ができる会話をできないのもつらかったです。
 幼い頃は「おてんば娘」でした。難民キャンプで暮らすうちに正義感が芽生え、いばっている男の子や、いじめっ子を許すことができなくなり、一対一で取っ組み合いのけんかをしたこともあります。
 8歳の誕生日に、母から「パレスチナ人と共に闘うために、日本からここにやってきたの」と打ち明けられました。政治的なことは分かりませんでしたが、大好きな家族と秘密を共有できるようになったことがうれしかったです。一人前として認められたことが誇らしくて。
 28歳までは無国籍でした。アラブ諸国などの支援もあり、通学したり、国境を通るために必要な仮の身分証明書を発行してもらったりしましたが、仮の身分だったので危険で。母が逮捕されたことをきっかけに、2001年に重信房子の長女として日本国籍を取得しました。羽がついたような、自由な気持ちになりました。
 若いうちから、母がどのように見られているかを知っていました。日本では武装活動しか一般的に知られていませんが、日本赤軍は医療や文化的協力を含む活動もしていました。母は罪のない人たちを巻き込んでしまうような武装活動に関しては反省しています。人間は過ちを犯します。誤りを認める勇気を持ち、新しい方法で進むことが大事だと思います。「人間が大切に扱われる社会を建設したい」という母の思いは、当時も今も変わりません。今でもパレスチナ人は差別され、殺され、祖国に帰る道は閉ざされたままです。私はジャーナリストとして、母とは違ったやり方で問題解決の方法を探していこうと思っています。
 ジャーナリストを目指したのは大学生の時です。英語で書かれた本を読んでいて、私が中東で見てきた状況と異なるものが書かれていると感じました。西洋が見ている中東と、現地の人や第三世界から見た中東は視点が違うし、報道の仕方も違うと意識するようになったんです。私は英語もアラビア語もできるし、中東で暮らしていたこともあって、私だから伝えられることはあるなと。
 中東問題で伝えたいことは、いろいろあります。特に思うのは欧米メディアは中東のことをセンセーショナルに報じているので、日本の人たちはメディアリテラシーを身につけてほしいということです。人間の価値、人間の扱いが不平等であることも知ってほしい。欧米でテロの犠牲になった人がいれば大きく報道されますが、イラクで多くの市民が殺されてもあまり報じられません。これからも中東を取材し、映画もつくりたい。新しいことにチャレンジしていきたいです。【聞き手・坂根真理】

広島土砂災害から3年/アレ関係の本を6冊/盆踊りは?

ブログネタ
フランス語 に参加中!
原爆ドーム

Après Charlottesville, Boston crie ≪ rentrez chez vous, nazis ≫
Les milliers de participants répondaient à un appel à la mobilisation contre un autre rassemblement convoqué en défense de la ≪ liberté d’expression ≫.
Une semaine après les violences survenues à Charlottesville (Virginie), des milliers de manifestants antiracistes ont défilé, samedi 19 août, dans les rues de Boston (Massachusetts) pour dénoncer le racisme et l’extrême droite. Le rassemblement a été émaillé d’accrochages alors que le climat reste tendu aux Etats-Unis, après la mort d’une manifestante antifasciste le 12 août, suivie par des déclarations polémiques du président Donald Trump.
Les participants avaient répondu à un appel à la mobilisation dans ce bastion progressiste du nord-est du pays contre un rassemblement convoqué en défense de la ≪ liberté d’expression ≫ – une expression devenue symbole de discours anti-politiquement correct, aux relents parfois suprémacistes. ≪ Pas de place pour la haine ≫ ou ≪ Rentrez chez vous, nazis ≫, pouvait-on lire sur des panneaux brandis dans le cortège composé d’environ 40 000 manifestants, selon le chef de la police de Boston, William Evans.
Cette manifestation contre le racisme à Boston est un des nombreux rassemblements prévus durant le weekend dans tout le pays. Samedi soir, plusieurs milliers de personnes se sont ainsi rassemblées à Dallas, au Texas.
Charge policière
Alors que la tension est restée très forte toute la semaine aux Etats-Unis, avec un déboulonnage en urgence de monuments confédérés perçus comme des symboles racistes, la police de Boston avait été déployée en force pour séparer les deux camps.
Seules quelques dizaines de militants d’extrême droite ont finalement participé au rassemblement, selon les images de cette manifestation qui s’est terminée trente minutes plus tôt que prévu.
En fin de cortège, des manifestants antiracistes ont été violemment repoussés par les policiers, qui les ont chargés en utilisant matraques et équipement antiémeute, a rapporté un photographe de l’Agence France-Presse. Vingt-sept personnes ont été arrêtées, mais aucun blessé ≪ grave ≫ n’a été déploré, selon le chef de la police de Boston.
Ce dernier s’est réjoui du fait que ces accrochages n’ont pas atteint le niveau de violence survenu à Charlottesville, où un sympathisant néonazi avait tué une jeune femme et blessé dix-neuf personnes en fonçant en voiture dans la foule.
Isolement croissant de Trump
Le président Donald Trump, fortement critiqué pour sa complaisance avec ≪ l’alt-right ≫, y compris dans son camp, a réagi sur un ton résolument conciliant : ≪ Je veux saluer les nombreux manifestants de Boston qui s’expriment contre l’intolérance et la haine. Notre pays sera bientôt rassemblé ! ≫
Toujours sur Twitter, il a ensuite salué le travail du maire démocrate de la ville, Marty Walsh, qui s’était clairement positionné du côté des militants antiracistes. Après l’une des semaines les plus désastreuses de sa courte présidence, Donald Trump se trouve retranché dans un isolement croissant.
Déclarations outrées de ténors du Parti républicain, vague de défections dans les cénacles économiques et camouflets de grands noms de la culture : le profond malaise persiste autour des propos ambigus du président américain.
Dernière conséquence de ses déclarations controversées, M. Trump a fait savoir, samedi, qu’il ne serait pas présent aux Honneurs du Kennedy Center – un événement prestigieux qui se tient chaque année au début du mois de décembre à Washington et au cours duquel des prix sont décernés à des personnalités du monde de la culture – afin d’éviter une ≪ distraction politique ≫ après les défections annoncées de plusieurs lauréats.
フランス語
フランス語の勉強?
NNNドキュメント 弾除け神社〜奉納写真 2万枚の思い〜
戦時中、弾除け神社と呼ばれた神社が山口県にありました。「戦地に行った肉親に弾が当たらないように」家族は本人に内緒で写真を奉納していました。お国のためと万歳三唱で送り出された出征兵士達。その陰でひそかに奉納された写真に託された想いとは。全国各地から奉納された写真は約2万枚。神社は写真を返す努力を続けていますが、いまなお1万数千枚が残ります。想いを知るために、私たちも写真の家族を探しました。 中里雅子 山口放送
ガリレオX ロボット技術で人命を救え 次世代レスキューロボットへの挑戦
世界の中で災害頻発国として数えられている日本。今後、首都圏の直下地震などの大災害の危険性が指摘されており、その対応策が迫られている。
そんな中、世界の技術者たちが注目する日本の技術があった。それは災害等の極限環境で活躍するレスキューロボットの技術だ。そうした研究の拠点となっているのが東北大学だ。ここではこれまでのロボットの常識を覆すようなタフで障害をものともしないロボットの開発が進められている。
災害救助の現場ではロボットに何が求められているのか? 具体的にはどのような技術が生まれているのか? 次世代レスキューロボットへの挑戦に迫った。
災害現場で活躍するロボット
地震や台風、洪水など、世界の中で災害頻発国として数えられる日本。
被災し助けを求める人々に対して、ロボット技術を用いて救助をする“レスキューロボット”の研究が東北大学で行われていた。
レスキューロボット「クインス」は、全身をクローラーに覆われた特徴的な形状のロボットで、それにより階段や自分の身長より高い段差を乗り越えながら進むことができる。そして搭載されたカメラで、災害現場で崩落の可能性のある危険な場所や障害物の位置を外部に伝えることが可能となっている。
この「クインス」のように災害現場でロボットに求められる能力は、瓦礫をどけたりすることよりも、災害現場の状況を把握することや被災者を発見することだという。
進化を続けるレスキューロボット
1995年に起きた阪神・淡路大震災をきっかけに開発された、レスキューロボットの原点とも言えるロボットがある。索状ロボット「能動スコープカメラ」だ。
細長いヘビのような形状のロボットで、倒壊した建物のわずかな隙間から挿入し、内部に被災者が取り残されていないか等の状況を知ることができる。
現在はさらに改良が進み、ロボットが撮影した映像からリアルタイムで三次元地図を作成する技術の開発が進んでいた。ロボットで捜索をすると同時に災害現場の地図を作ることで、より効率的な救助活動が期待される。
さらにこの能動スコープカメラには、今までのロボットにはない、世界初の技術を搭載することで、飛躍的に運動性能を向上させ、より効率的に捜索ができるようになった。
次世代ロボットハンド
災害現場の内部の状況がわかっても、どうしても人間が入れない場合がある。
建物内部に水が溢れ出していたり、ガスが充満している場合だ。そのような災害現場にはまずロボットが向かい、水やガスを予め止めることができれば救助隊はより安全に救助に向かうことができる。しかし、普段私たちが何気なく行っている手の動きは非常に複雑だ。
災害現場の扉を開け、障害物をどかしながら進み、水やガスのレバーを操作する。そして時には災害現場から小さなサンプルを持ち帰るなど、「掴む・摘まむ・捻る」という繊細な動きができる画期的なロボットハンドの研究が進んでいる。
救助犬とロボット技術の融合させる
現在、瓦礫や雪山もものともせずに俊敏に移動し、嗅覚で遭難者を捜索する能力で活躍している救助犬。しかし、この救助犬にも苦手とする部分があるという。
発見した遭難者の状態を救助に向かう人間に情報として伝えることが難しいのだ。
もしその救助犬が苦手とする部分をロボット技術で補うことができれば、救助犬が今以上に災害現場で活躍してくれるのではないか? 救助犬と災害現場の状況を周りに伝えるための装置を融合させた“サイバー救助犬”の研究が進んでいた。 <主な取材先> 田所 諭さん(東北大学) 昆陽 雅司さん(東北大学) 大野 和則さん(東北大学) 多田隈 建二郎さん(東北大学) 安部 祐一さん(東北大学) 岡田 佳都さん(東北大学) 岡谷 貴之さん(東北大学)

バリバラ「バリアフリーを検証!2020年東京パラリンピック応援企画」
大勢の障害者アスリートや観客が世界中から集まった時、日本のバリアフリーは大丈夫なのか?さまざまな障害のパラリンピアンによる「パラリンピアン会議」を開催、検証する
2020年の東京パラリンピックまで、あと3年。大勢の障害者アスリートや観客が世界中から集まった時、会場設備や移動手段、サポート体制など、日本のバリアフリーは大丈夫なのか?バリバラでは、さまざまな障害のあるパラリンピアン6人による「パラリンピアン会議」を開催。街へ出て、実際に会場周辺のバリアフリー状況を検証、さらにドッキリ企画も!2020年以後にも残る“レガシー”を目指し、何をすべきか考える。
IVAN,パラリンピック入賞…別所キミヱ,車いすラグビー日本代表…今井友明,パラリンピック競泳(北京7位)…笠本明里, 山本シュウ,大西瞳, 玉木幸則ほか


広島土砂災害から3年になります.3年前は衝撃が大きく悲しい思いを感じたものですが,今となっては恥ずかしながらなんとも・・・いろいろ記事を読んでもう一度胸に刻みたいと思います.
図書館で本を3冊借りました.昨日の3冊と合わせてアレ関係の本を6冊です.
夕方盆踊りの会場に行くと??何もありません.???

<あなたに伝えたい>夢の中 出てきたら離さない
◎高橋勝子さん(宮城県南三陸町)から達夫さん、洋一さんへ
 勝子さん お父さん、あれからどこかの老人ホームで1人で暮らしているのでしょうか。そう考えないと気持ちが落ち着きません。釣りが好きで、岸壁でアイナメを釣ってきては刺し身を作ってくれましたね。海が好きで「俺が死んだら骨を海にまいてくれ」と言っていたのに、その骨さえ見つかっていません。
 洋一、あなたは小さい頃から気持ちの優しい子でした。体調が悪かったお父さんをいつも気遣っていました。あなたが働いていた東京の自動車工場を見に行ったことがありました。大きい建物でした。
 夢に出てきてほしいのですが、一度も出てきません。もし出てきたら、ずっとここにいて、と洋一にしがみついて離しませんよ。
 震災の日、私は南三陸町の高野会館であった芸能発表会に出ていて家にはいませんでした。津波が来た時、お父さんは散歩中だったのですか。洋一はお父さんを捜しに行ったのですか。私は家を出る際、2人に「最近地震が多いから気を付けて」と言ったのが最後の会話になりました。
 登米市南方町の仮設住宅から昨年7月に南三陸町志津川の災害公営住宅に移りました。高齢者クラブの仲間と月に1度、集会所で「ちょい飲み会」を開いています。そこでカラオケを歌うのが楽しみ。神野美伽さんの「男船」や天童よしみさんの「一声一代」を歌うのが大好きです。
 1人暮らしの私が毎日何とか暮らせるように天国から見守っていてください。
◎海が好きだった夫と優しかった息子
 高橋達夫さん=当時(75)=、洋一さん=同(41)= 宮城県南三陸町志津川新井田で、達夫さんの妻で洋一さんの母勝子さん(73)と3人暮らし。漁業、建設作業員などをしていた達夫さんは病気で療養生活を送っていた。県外で働く洋一さんは休暇で自宅にいた。東日本大震災の発生時、達夫さんと洋一さんは自宅付近にいたとみられる。洋一さんは震災から4日後ごろ、遺体で見つかった。達夫さんは今も行方不明。


<里浜写景>ご先祖さまと短い夏楽しむ
 死者を悼む厳かなお盆の夜。お参りの人も絶えて静まり返っているはずの墓地に花火が舞い、まばゆい光が墓石を照らした。
 ここは高級マグロの産地として名高い本州最北端の地、青森県大間町。墓参には線香や花、供物とともに大量の花火を持って行く。あっちこっちで点火され、夜の墓地はにぎやかな歓声と煙に包まれた。
 明治時代から続く習わしらしいが、由来は分からない。「下北の夏は短い。それを満喫したいという気持ちが、いつの間にかエスカレートしたのでは」と元町職員の米沢明男さん(80)が推測する。
 宮城県蔵王町の阿部夏美さん(32)が大間町の実家に帰省していた。結婚するまで、花火はお墓で楽しむものとばかり思っていた。「ご先祖さまに子どもたちの元気な声を届けられる。いい風習です」
 家族が集う花火大会が終わるころ、津軽海峡には秋の気配が漂い、マグロ漁が最盛期に向かう。(写真部・高橋諒)
<メモ>
お盆になると大間町の家々では、ハマナスの実やカラフルなせんべいなどをつるして仏壇を飾り付ける。墓石の前にはろうそくが入ったガラス製の灯籠が置かれ、一晩中明るくともっている。迎え火や送り火の風習はないという。


青森ねぶた、笑顔の出前 東松島・あおい地区で夏祭り
 宮城県東松島市の防災集団移転団地あおい地区で19日、夏祭りがあった。伝統芸能やイベントのほか、青森ねぶたも登場し、東日本大震災からの復興へと向かう街が活気づいた。
 あおい1〜3丁目の各自治会などが主催。市無形民俗文化財「大曲浜獅子舞」や子どもの野菜市、コンサートなどがあり、大勢の家族連れなどでにぎわった。
 ねぶたは弁慶がテーマの1台(高さ、奥行き各約3.5メートル、幅約4.5メートル)が出陣。青森市の青森じゃわめぎ隊のメンバーらが運行し、あおい地区のメイン通りを練り歩いた。浴衣を着たハネトが軽やかに舞い、「ラッセラー、ラッセラー」の掛け声と太鼓や笛のはやしが響き渡った。
 あおい地区会の小野竹一会長(69)は「住民の絆や交流を深め、支援を頂きながらまちづくりを進めていきたい」と話した。じゃわめぎ隊の熊谷素子事務局長(53)は「ねぶた祭は誰でも参加でき、みんなが笑顔になれる。あおい地区のねぶた祭として根付いてくれればいい」と願った。


石川さゆりさん復興大使に 地震被災地を応援、熊本市
 昨年4月の熊本地震で大きな被害を受けた熊本市は20日、復興への機運を高めるため、同市出身の歌手石川さゆりさんを「復興元年特命大使」に任命した。市役所で委嘱状を受け取った石川さんは「ふるさとの良いところをたくさん伝え、応援を続けたい」と抱負を述べた。
 市は本年度を、地震からの復興を加速させて新たな一歩を踏み出す「復興元年」と位置づけている。石川さんには、修復が始まった熊本城のポスターに登場してもらったり、市主催のイベントに出演してもらったりする予定。任期は1年間。
 大西一史市長は「熊本を元気づけてほしい」と、石川さんの発信力に期待した。


広島土砂災害 被災地では夜明け前から祈り
広島市で3年前の8月20日に起きた土砂災害では、災害関連死の3人を含め、土砂災害としては平成に入ってから最悪の77人が犠牲になりました。それから3年となる20日は、災害が発生した夜明け前から遺族などが被災地を訪れ祈りをささげています。
このうち、広島市安佐南区八木の阿武の里団地には安佐北区の廣藤喜美徳さん(80)が妻とともに訪れました。
廣藤さん夫妻は、長男の務さん(当時48歳)が土砂に巻き込まれ亡くなった自宅の跡地で静かに手を合わせていました。廣藤さんは「3年の月日はものすごく早く感じます。1日たりとも忘れたことはなかったです。頼りにしていた息子がいなくてさみしいという気持ちが一番です」と話していました。
妻の孝子さん(78)は「親より子が先に亡くなるのはつらいことです。住宅はいくら壊れても立て直すことできますが命はもう帰ってきません」と話していました。
また、住民が亡くなった広島市安佐南区八木の県営緑丘住宅では、被災者の支援を続けているボランティアの人などが灯籠に火をともして黙とうをささげていました。
活動を行っている男性は「災害から3年たち、だいぶ復興が進んでいるように見えますが、『さみしい』と声を上げる被災者も多いです。そうした方に少しでも笑顔が戻るような活動をこれからも続けていきたい」と話していました。


広島土砂災害3年 教訓胸に豪雨の備えを
 猛烈な雨が襲い、濁流が広島市安佐南、安佐北両区などの住宅地をのみ込んだ広島土砂災害から、きょうで3年になる。
 犠牲になったのは77人だった。新婚生活を送っていた2人とおなかにいた子どもの遺骨をこの夏やっと、墓に納めた遺族もいる。悲しみの深さは、いかばかりか。被災地できょう、広島県と広島市が主催する追悼式が営まれる。あらためて祈りをささげたい。
 落ち着きを取り戻した被災者もいれば、いまだ自宅に帰れぬ人もいる。被災の衝撃がもたらした心の傷も心配だ。とりわけ子どもの場合、学校の教員たちに「情緒面などが心配」と映る割合が、被災地以外の地域の2倍に上るという。心理的ケアや生活支援が行き届くよう、行政や学校は地域社会と連携し、十分な配慮を続けてほしい。
 土砂災害がいかに恐ろしく、非情なものか。私たちは身に染みたはずなのに、災害を防ぐための道のりは険しさを増している。豪雨が全国各地で相次ぎ、勢いを増しているように思えるからだ。
 今年7月の九州北部の豪雨は、福岡、大分両県で森林をなぎ倒し、土砂とともに大量の流木が集落に襲い掛かった。50年に1度という大雨特別警報も頻発した。これまでの常識が通用しない、局地的で猛烈な雨が繰り返されるようになっている。「想定外」が当たり前となってきた怖さを感じる。
 一方、避難を求められた住民の腰が重い現実がある。今年6月末の豪雨時、広島市は30万人以上に避難勧告を出したものの、避難所に駆け込んだのは100人に満たなかった。
 高齢者が増え、すぐに動ける人は限られていたのかもしれないが、放置するわけにはいかない。様変わりする気象に合わせ、災害との向き合い方を変えなければならない。
 8・20を機に指定が進む土砂災害警戒区域(イエローゾーン)は、中国地方で10万カ所近くある。広島県には2万カ所ほどあり、今後指定される見通しのエリアを加えると全国最多の約4万9500カ所になる。こうした区域ではなおさら、災害に直面しかねず、「未災地」の意識を持つ必要がある。
 警戒区域の指定が進むにつれ、避難ルートがその区域に含まれてしまうという問題も表面化してきている。濁流が道路に押し寄せ、逃げられなくなった怖さは、3年前に突き付けられた。行政の避難情報が重要なのはもちろんだが、避難勧告が出てから逃げようと思った時にはもはや、どうしようもなくなっていることもある。
 いつ、どうやって、どこに逃げるのか。戸建てか、マンションかによっても違おう。住まいや地域の実情に応じて、具体的に考えなければならない。
 積乱雲が重なり、同じ場所で雨が降り続く「線状降水帯」の発生が最近は目立つ。その動向について気象情報から読み取ることも大切だ。全国各地の自主防災会には、「いつもと違う」と危険を察知した時にはためらわずに声を掛け合い、早めの避難を実践している団体も出てきている。
 公助、互助、自助の現在地を確かめ、地域資源をバランス良く組み合わせる。災害多発時代を生き抜く知恵を絞りたい。


「20代目の節目なのに」 高校生平和大使の演説見送り、長崎から落胆の声
 スイスのジュネーブ軍縮会議で高校生平和大使による演説が今年は見送られる見通しとなったことを受け毎年、平和大使を派遣している被爆地の長崎では、大使経験者や被爆者らから「残念」「意見の違いを尊重して」などの声が上がった。
 長崎市では19日、今年の高校生平和大使22人のうち、長崎から派遣される3人の出発式があった。彼らは演説を想定し、英語力を鍛えてこの日を迎えた。
 引率する元教師の平野伸人さん(70)=同市=は、取材に対し「正式に見送りを伝えられたわけではないので何とも言えない」と絶句。その上で「政府が反対している核兵器禁止条約を平和大使が『推進すべきだ』と主張してしまうことを、外務省側が恐れたのではないか」と推測した。議事内容次第では直前の変更もあるといい「演説ができることを期待している」。
 出発式に参加した被爆者の井原東洋一さん(81)=同市=は「条約への言及を懸念しての対応ならば、政府と市民社会の溝がもっと深まる結果になるだろう。立場に違いがあるからこそ互いを尊重する寛容さが必要だ」と懸念を示した。
 昨年、長崎の平和大使としてジュネーブ軍縮会議で演説した大学1年の永石菜々子さん(19)=東京=は「(演説の見送りに)驚いたし残念に思う。今年は核兵器のない世界に向けて前進した年で平和大使も20代目の節目。演説には絶好の舞台だと思っていたのに」と険しい表情を見せた。
 昨年も日本政府と平和大使の温度差を強く感じたという永石さんは「双方の考え方のギャップを埋めるのは難しいだろうが、頑張っている高校生が活躍できる場を途絶えさせてはいけない」と訴えた。


エネルギー計画  「脱原発」へ根本議論を
 世論調査をみると、多くの国民が原発の再稼働に反対している。しかし、そうした願いは、どこにも受け止められないで宙に浮いている。
 今月に入り、経済産業省の有識者会議でエネルギー基本計画の改定に向けた議論が始まった。世耕弘成経産相は、2030年度で原発20〜22%程度とする電源構成の目標を「どう実現するか検討いただく」と述べ、早々に計画の骨格を変えない方針を示した。
 目標達成には、原発の再稼働だけでなく古い原発の運転延長や建て替えが必要となる。このまま進めていいのだろうか。
 根本的な議論が欠けている。原発推進が国民の総意ではない。むしろ、再稼働に反対する世論を見れば、脱原発への願いこそ大きな流れといえよう。
 その願いの奥底になるのは、少し堅苦しいが、「倫理」と言えばよいだろうか。
 東京電力福島第1原発事故。今もなお6万人近い人々が、福島県内外に避難を強いられている。心苦しく思う。事故前まで原発に無関心で、原発の電気を使ってきたのが大方だろう。
 原発は、経済や技術面からの議論では済まない。倫理的に許されるのか、と根本的に問われるべきものだ。放射性廃棄物は10万年も隔離し保管しなければいけない。だれが責任を持つのか。今日の利益のために、将来世代にツケを残していいのか。
 福島の事故後、ドイツでは政府が倫理委員会を設け、脱原発に踏み切った。福島事故で原発リスクの認識が変わったといい、次世代にリスクを及ぼすのは倫理的に問題であるとした。
 委員は政治家や労組代表、化学メーカー役員、大学教授に加えて、哲学者や神学者、カトリック大司教。原子力の関係者、専門家は一人も入っていない。
 「どのようなエネルギーが提供されるべきかは、社会が決めるべきと考えられたから」と委員のミランダ・シュラーズさんは言う(「ドイツは脱原発を選んだ」岩波ブックレット)。
 福島事故の翌年、民主党政権下で原発をめぐり国民参加の議論があった。有識者の議論とともに、全国各地で実施された意見聴取会や討論型世論調査だ。
 この時、原発ゼロ案が討論型世論調査で47%と最も多く、公募意見では90%に上った。
 こうした国民の声を背景に、民主党政権は30年代に原発ゼロの目標を掲げたが、自公政権に代わった。以来、脱原発の声は置き去りのままだ。
 今月30日から、経産省が別に設けた有識者会議でエネルギーの将来像をめぐり議論が始まる。いずれの会議も経産省が人選した企業や大学、シンクタンクの代表が多い。
 批判や指摘に耳を貸さず原発を推進した有識者や専門家の「原子力ムラ」と同じを轍(てつ)を踏んではなるまい。国民が参加した議論が必要だ。
 多くの国民は脱原発を願いながら、簡単でないことも承知している。再生可能エネルギーや地産地消の電力などをもっと早く広め、脱原発への課題を解決していく。そうしたことで専門家や有識者は識見を生かし、議論を繰り広げてほしい。


光合成遺伝子スイッチ先祖返りも 京都府立大教授ら解明
 京都府立大と京都府立植物園が、同園内で育てられているシダやマツなどの植物を使って光合成遺伝子の進化を調べている。遺伝子の機能をオンオフするスイッチが、植物の進化の途中で急に先祖返りする場合もあることが分かるなど、植物の命を支える光合成の仕組みの謎に迫っている。
 椎名隆・府立大生命環境科学研究科教授や松谷茂・府立植物園名誉園長らの共同研究。光合成に必要なタンパク質をつくる遺伝子は約40種類あるが、各遺伝子はタンパク質の作製を指示するプロモーターと呼ばれるスイッチを持っている。このスイッチの構造は4億8千万年前に植物が陸上に進出してから基本的に変わっていないが、光エネルギーを化学エネルギーに変換するタンパク質をつくる遺伝子「psbD」だけはスイッチが変化したことが分かっており、研究ではこの変化の過程を調べることにした。
 椎名教授らは、植物園内などの18種類についてpsbDのスイッチの構造を解析した。その結果、陸上進出後の初期の植物であるヒメツリガネゴケは、現在のスイッチの構造の原形を獲得しており、さらに進化した裸子植物のクロマツ、被子植物のシロイヌナズナで現在のスイッチの典型形となっていた。一方、裸子植物の出現前に登場したシダ植物のヘラシダは、裸子・被子植物とは異なる独自の構造を持っていることや、裸子植物のグネツム属では陸上進出前の緑藻類と同じ原始形に戻っていることも分かった。
 椎名教授は「植物は乾燥や直射日光などのストレスに耐えるように進化してきた。今後、光合成遺伝子のプロモーターの進化がストレスに対する反応とどのような関係があるか調べたい」と話している。


加計獣医学部の図面で発覚 最上階に“豪華パーティー会場”
 加計学園の獣医学部新設計画は、やっぱりデタラメだった――。
 愛媛県今治市で建設中の岡山理科大学獣医学部キャンパス。建築図面が流出したとのウワサが永田町を駆け巡っていたが、日刊ゲンダイは全52ページにわたるその図面を入手した。驚いたのは、最先端のライフサイエンス研究とは無関係な豪華“パーティー施設”が計画されていることだ。
 日刊ゲンダイが入手したのは〈(仮称)岡山理科大学 獣医学部 今治キャンパス 新築工事及び周辺工事 獣医学部棟〉と題された建築図面。作成者として加計学園関連グループ会社の「SID創研」と「大建設計」の名前がある。日付は平成29年3月。図面は全52ページの詳細なもので、7階建ての獣医学部棟の平面図や断面図、施設配置図や設備品まで事細かに記されている。
 1〜6階は講義室や実習室、実験動物飼育室などとなっているのだが、最上階の7階の図面には、教育施設として似つかわしくない表記が出てくる。「ワインセラー」「冷蔵ショーケース」「ビールディスペンサー」……。一体、何のための設備なのか。図面には「パントリー(配膳室)」と書いてある。隣は「大会議室」だ。つまり、会議室を“宴会場”として利用するための設備のようなのだ。
■立食なら100人規模のパーティー可能
 獣医学部キャンパスは今治市内でも高台にあたる「いこいの丘」にある。最上階ならかなり見晴らしがいいはずで、建物の北西に位置する「大会議室」からは瀬戸内海が望めそうだ。
 1級建築士に図面を見てもらったところ、会議室の大きさは「ホテルの宴会場」程度もあり、立食なら100人規模のパーティーが可能だという。まさか、加計孝太郎理事長は、海の見える最上階でワインを傾けながら、親友の安倍首相と「いやぁ、おかげさまで」なんて談笑しようと考えているのか。「男たちの悪巧み…」再び?
 こんな設備を大学に設ける必要があるのかどうか。元文科省審議官の寺脇研氏(京都造形芸術大教授)は、「加計理事長の趣味じゃないか」と言った上でこう続ける。
「ワインセラーやビールディスペンサーが大学内に置いてある例は聞いたことがありません。学生数が数万、数千人単位の“マンモス大学”なら、学部棟とは別に来賓施設があってもおかしくないでしょうが、生徒数1000人にも満たない獣医学部程度のキャンパスに宴会場なんて造る必要はありません。来賓パーティーをやるなら、市内のホテルを借りればいい。これは文科省の設置審査に引っかかりますよ。加計学園が教育や研究よりも、接待を気にしていると思われても仕方ないでしょう」
 どういう目的でワインセラーやビールディスペンサーが必要なのか加計学園に問い合わせたが「夏季休業中のため、休業明けに順次対応する」という返事だった。
 ただでさえ、獣医学部新設を巡っては、愛媛県と今治市の補助金算出の根拠となる建設費192億円に“水増し”疑惑が浮上している。膨らんだ建設費の一部が宴会場のためだとすると、ますます税金を投入する理由がなくなる。
 図面が明らかになった今、獣医学部新設の必要性、国家戦略特区とアベ友の闇がさらに深まったと言える。


人づくり革命 大仰な名称と思惑に強い違和感
 もう何枚目の「看板」なのかも分からなくなった。しかも、その意味するところは曖昧、空疎で、大仰過ぎる言葉に強い違和感と薄気味悪さを覚える。
 安倍政権が、改造内閣の看板政策に新たに掲げた「人づくり革命」が始動した。準備室を先月、内閣官房に設置。9月にも有識者の「人生100年時代構想会議」の初会合が開かれる。
 「画一的な発想にとらわれない『人づくり革命』を断行し、日本をチャンスがあふれる国へと変えていく」。森友・加計学園、防衛省の日報問題など、疑惑まみれの前通常国会を逃げるように閉じた直後の6月の会見で、安倍晋三首相が唐突に打ち出した新目玉政策である。例によって「困ったときの経済最優先」で、派手なスローガンを掲げて疑惑から目をそらしたい狙いは明らか。それにしても「革命」とは、政治の言葉として穏当、的確とは到底思えない。
 担当相を兼務する茂木敏充経済再生担当相によれば、検討する政策の柱は教育無償化、人材への投資による生産性の向上、多様な企業採用と高齢者雇用、社会人の「学び直し」、社会保障制度改革―の5項目という。何のことはない、既に掲げながらも未達成の政策メニューの焼き直し、寄せ集めにすぎない。
 生涯教育や学び直し、多様な働き方が可能な社会づくりは、むろん望ましい。しかし茂木氏は「労働生産性の伸びが低い。人材の質を高める人づくり革命や、企業の生産性向上に取り組む」と述べた。目的は結局「経済のため」であり、政権に都合のいい人材、つまりは文句を言わず生涯働き続けて国の経済に貢献する国民を養成したい、との思惑が露骨に透けよう。前の看板「1億総活躍」にも通じる政権の思想を強く危惧する。
 地方創生、1億総活躍、働き方改革、人づくり革命…。「大河ドラマではない。1年ごとに(政権の)出し物が替わるのはあまりいいと思わない」。石破茂元地方創生担当相の批判は的を射ている。「デフレ脱却」もいまだに「目指す」だけ。「3本の矢」「新3本の矢」「女性の活躍」も、目標を達成できないまま埋没し始めている。
 検証もなしに次々と政策の看板を掛け替え、担当相や会議を乱立させても「成果」は上がらない。しかも首相は「これまで通り経済最優先」と訴えるが、少なくともこれまでは、多くの国民が望んでもいない特定秘密保護法や安全保障関連法、「共謀罪」法の成立強行に力を費やしてきたことを忘れてはならない。教育無償化も、首相が固執する「改憲の具」に使われる疑念が募る。必要ならば財源の議論を詰め、憲法と関係なく直ちに実現してもらいたい。
 少子高齢化が急伸する日本にあって、人を大切に育てることは最も重要な、だが最も困難な政治課題。問われるのは「つくる側」の資質である。改めて、理念や方向性を見直し、地道な取り組みを進めねばならない。


憲法改正 急がずに熟議を重ねよ
 安倍晋三首相が意欲を見せる憲法改正の行方に不透明感が漂ってきた。
 かねて、首相は憲法9条への自衛隊明記を掲げ、2020年の改正憲法施行を目指すと表明。臨時国会で自民党の改憲案を提示し、議論を進める考えを明らかにしていた。
 だが、東京都議選で惨敗し、加計(かけ)学園問題などで内閣支持率が急落した後、「スケジュールありきではない」と述べ、事実上先送りした。
 自民党は、臨時国会での提示を見送る方向だ。
 もともと、国民の間で憲法改正に向けた機運が高まっていないのに、首相主導で改正項目や日程が定まっていくことには違和感があった。
 憲法改正が必要かどうかも含めて、まずは論議を深めるべきだろう。
 共同通信社の最近の全国緊急電話世論調査によると、安倍首相の下での憲法改正には賛成が34・5%で、反対が53・4%を占めた。
 逆風が強まる状況で発議を急いでも、憲法改正の見通しは立つまい。改正の国会発議には衆参両院で総議員の3分の2以上の賛成がそれぞれ必要だ。国民投票では過半数の賛成を得なければならない。
 それなのに、与党内でも温度差が顕著になっている。
 参院選の「合区」解消問題がその一例だ。自民党は、衆参両院選挙について定めた憲法47条を改正する案を打ち出した。
 これに対し、公明党の山口那津男代表は否定的な考えを示したばかりか「衆参両院で議論の成熟度に開きがあり、参院では議論が進んでいない。衆参で発議するのは簡単ではない」と述べ、改憲に消極的な姿勢を強めている。
 憲法改正原案を審査する衆院憲法審査会は、先の通常国会で7回の実質審議を行ったが、参院の憲法審査会は与野党対立のあおりで、停滞している。
 自民党内でも、石破茂元幹事長が首相の9条改正案を批判しており、岸田文雄政調会長も9条改正には慎重な立場を崩していない。
 「安倍1強」が揺らぐ今、強引に改憲を推し進めれば、抵抗が強まるだけだ。
 自民党は首相の提案を踏まえ、9条改正と教育無償化、緊急事態条項、合区解消の4項目を中心に議論してきた。
 ここに来て、党内にも変化が現れた。党憲法改正推進本部の教育無償化論議では「憲法に書くのではなく、法律や制度で手当てするのが望ましい」と一般法で対応が可能という意見が相次いだ。
 教育無償化は、日本維新の会が改憲案の柱と位置付けている。早期改憲へ協力を得ようという首相の思惑が透けて見える中で、否定的な意見が出たことに注目したい。
 与党議員は首相に気兼ねせず、率直に意見を出すことが大事である。野党も積極的に憲法に関する見解を示し、熟議してもらいたい。
 憲法改正を急ぐ必要は認められない。


京阪が初の座席指定特急、「プレミアムカー」運行開始
 京阪電気鉄道が初めて導入した座席指定の特急車両「プレミアムカー」が20日、運行を始めた。淀屋橋駅(大阪市)では出発式が開かれ、全40席が完売した一番列車が出町柳駅(京都市)に向けて発車すると、詰め掛けた多くの鉄道ファンが見送った。
 出発式では京阪電鉄の中野道夫社長が「沿線のお客さまの満足度向上や、観光需要の拡大を目指したい」とあいさつし、関係者がテープカットして運行開始を祝った。午前に出発する列車に乗るため三重県志摩市から訪れた会社員の男性(35)は「豪華な内装と聞いており、とても期待している」と笑顔で話した。
 淀屋橋−出町柳を結ぶ8両編成の特急に1両組み入れ、毎日約100本運行。乗車区間に応じ、400〜500円の座席指定料金を支払う。ゆったりとした3列配置のリクライニングシートを設け、観光案内にも対応する専属のアテンダントが同乗する。


京阪「プレミアムカー」運行開始
 京阪電鉄が新たに導入する座席指定の特急車両「プレミアムカー」の営業運転が始まりました。
 午前6時すぎ、京阪「淀屋橋」駅では「プレミアムカー」の出発式が行われました。プレミアムカーは人気の京阪特急8000系の6号車に新たに導入された有料車両でゆったりとした3列シートに海外からの旅行者の利用なども想定し大きな荷物が置けるスペースも設けられています。
 「お客様にいろいろな選択肢を与える、有料ではありますけども上質な空間をご提供する」(中野道夫社長)
 プレミアムカーを利用するには通常の乗車券のほか距離に応じて400円か500円の座席指定料金がかかりますが、けさの一番列車の40席は発売とほぼ同時に売り切れたということです。


白人至上主義/分断ではなく融和目指せ
 米南部バージニア州で白人至上主義者のグループと反対派が衝突した事件で、トランプ大統領は人種差別を助長するような発言を続けている。
 昨年の大統領選で勝利をもたらしてくれた支持層にアピールする狙いとみられるが、憎悪を拡大させ、米社会の分断をあおる危うい言動は即刻やめるべきだ。国際社会が取り組むテロ対策にとってもマイナスにしかならない。
 バージニア州では、南北戦争で奴隷制存続を訴えた南軍司令官リー将軍の銅像の撤去計画をやめさせようと集まった白人至上主義者らと人種差別反対派が衝突した。反対派に車が突入して女性が死亡、30人以上が負傷し、当局は白人至上主義者とみられる男を殺人容疑で拘束した。
 トランプ氏は当日「多くの側から示された憎悪、偏見、暴力を非難する」と双方に責任があるとの立場を打ち出し、人種差別を助長すると批判が集中。白人至上主義者を明確に非難する声明をいったんは読み上げたが、その後「両陣営の責任だ」という姿勢に戻った。
 米国では各地で南軍関連の銅像や記念碑を撤去する動きが起きている。歴史を背負う銅像などの撤去に賛否の意見対立があることは理解できる。しかし暴力は到底容認できない。
 本来は国民の融和を呼び掛けなければならないトランプ氏は、銅像などの撤去を「愚かだ」とツイッターで非難した。やはり支持層へのアピールだろうが、軽率すぎる。
 米国で人種問題の扱いを誤れば、抗議行動の激化などによる社会の混乱の火種になりかねない。人種差別を助長するようなトランプ氏の発言は、リベラル派やメディアだけでなく、身内の共和党議員からも批判を浴びている。また陸海空軍の制服組トップも「不寛容や憎悪に立ち向かう」(リチャードソン海軍作戦部長)など差別を認めない立場を表明した。
 経済界でも批判が強い。トランプ氏は、大企業経営者らで構成する助言組織でメンバーの抗議の辞任が相次いだため、二つの助言組織を解散した。政権運営に一層の暗雲が垂れ込めている。
 こうしたトランプ氏への批判は、米国の多様性と民主主義の強さも表している。差別を容認しない姿勢や、行動に移す勇気には学ぶ点もあるだろう。
 白人至上主義が勢いづいた背景には、事件後に首席戦略官兼上級顧問を解任されたバノン氏の存在がある。人種差別的なサイトの会長だったバノン氏は、イスラム圏からの入国規制など排外主義的な政策を主導していた。解任に伴い方向性が変わるかどうか。
 入国規制などはテロ対策が目的と説明されているが、排外主義的政策で憎悪が拡大すれば、逆にテロの温床になってしまう。
 スペイン北東部バルセロナで起きたテロでは、車が歩道に突っ込んで多数が死傷し、過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出した。
 各国で近年目立つ車の暴走テロは、大がかりな爆弾テロに比べて容易に実行でき、阻止が難しい。分断と憎悪を克服する地道な努力が必要だ。
 トランプ政権には、米社会と世界を分断するのではなく、融和を目指す姿勢に転換するよう求めたい。

ブツブツ/仙台育英が大阪桐蔭に勝利♪/NHKテキスト整理

ブログネタ
フランス語 に参加中!
phys8

Attentats en Espagne: la police sur la piste d'une cellule d'une douzaine de personnes
L'enquête sur les deux attentats qui ont fait 14 morts en Catalogne progresse à grands pas dans une Espagne en deuil, avec la mise au jour d'une cellule d'une douzaine de personnes passée à l'acte précipitamment après l'échec d'un premier plan encore plus meurtrier.
Cette cellule pourrait avoir été impliquée dans les attaques menées avec des voitures lancées contre des foules de vacanciers et promeneurs à Barcelone puis à Cambrils, plus au sud, a expliqué vendredi soir le porte-parole de la police régionale, Josep Lluis Trapero. Sur cette douzaine de suspects, quatre ont été arrêtées jeudi et vendredi, et un est en fuite. L'identité de l'homme et sa photo ont été diffusées: il s'agit de Younès Abouyaaqoub, un Marocain de 22 ans. Cinq autres ont été abattus dans la nuit de jeudi vendredi à Cambrils alors qu'ils menaient l'attaque.
Parmi les assaillants tués figurent trois jeunes Marocains vivant depuis leur enfance en Espagne: Moussa Oukabir, Sacd Aallaa et Mohamed Hychami, respectivement agés de 17, 18 et 24 ans et tous habitants de Ripoll, une ville de quelque 10.000 habitants non loin des Pyrénées.
Trois autres personnes également impliquées sont identifiées, mais n'ont pas été interpellées. Deux d'entre elles pourraient avoir péri dans l'explosion suivie d'un incendie d'une maison mercredi à Alcanar, à 200 km au sud de Barcelone, ou le groupe tentait peut-être de confectionner des engins explosifs.
Il y a dans cette maison "des restes humains de deux personnes différentes, nous tentons de voir s'il s'agit de deux des trois personnes impliquées dans les attaques. Il nous resterait une troisième à trouver", a indiqué le porte-parole de la police catalane.
Le conducteur de la camionnette qui a fauché des passants sur las Ramblas n'a toujours pas été identifié par la police, a-t-il ajouté, démentant des informations de presse qui assuraient qu'il s'agissait de Moussa Oukabir.
A 16H50 locales (14H50 GMT) jeudi, une camionnette blanche avait fauché des dizaines de passants sur les Ramblas, tuant 13 personnes et en blessant plus de 120. L'attaque a été revendiquée par le groupe Etat islamique (EI).
Quelques heures plus tard, une Audi A3 avait à son tour foncé sur la promenade du bord de mer de Cambrils, une station balnéaire au sud de la capitale catalane, avant de percuter une voiture des Mossos d'Esquadra, la police catalane. S'en est suivie une fusillade au cours de laquelle les cinq occupants de l'Audi, qui étaient munis de fausses ceintures explosives, d'une hache et de couteaux, ont été tués.
Alors que 17 blessés luttaient entre la vie et la mort vendredi, l'Espagne endeuillée tentait de se réapproprier les Ramblas, la grande avenue qui mène les Barcelonais jusqu'à la mer, désormais parsemée d'autels en mémoire des victimes, d'au moins 35 nationalités.
A midi, des centaines d'habitants de la métropole méditerranéenne avaient scandé "No tinc por", "je n'ai pas peur" en catalan. Une cérémonie avait rassemblé la foule derrière le roi Felipe VI, le chef du gouvernement Mariano Rajoy et celui du gouvernement régional de Catalogne Carles Puigdemont pour une minute de silence.
Ces attaques ont peut-être remplacé des attentats "de plus grande envergure", a aussi expliqué le porte-parole de la police catalane. L'explosion à Alcanar, qui a fait au moins un mort, aurait en réalité évité un autre drame de plus grande ampleur. Selon la police, les assaillants auraient alors perdu les composants nécessaires à la fabrication d'engins explosifs. La police a sorti des dizaines de bonbonnes de gaz de la maison, dont on ignore si elles devaient servir de réceptacles pour des engins explosifs.
La double attaque a du coup été commise de "manière plus rudimentaire, sans être "de l'amplitude espérée" par les jihadistes, toujours selon la police.
Mariano Rajoy, à Barcelone depuis jeudi soir, a tenu vendredi à souligner la nécessité d'union, alors que justement les séparatistes au pouvoir en Catalogne menacent de quitter l'Espagne à l'issue d'un référendum d'autodétermination prévu le 1er octobre. Le gouvernement espagnol doit par ailleurs décider s'il élève encore le niveau d'alerte antiterroriste, de 4 à 5 (son maximum), en pleine saison touristique, alors que le secteur du tourisme pèse pour plus de 11% du PIB national.
フランス語
フランス語の勉強?

7月下旬と8月上旬にあったブツブツの件をずっと放置していましたが,やっと今日封筒から出して片づけました.
高校野球で仙台育英が大阪桐蔭と試合でたぶんダメだろうな・・・と思っていたらなんと逆転サヨナラで勝利♪うれしいです.
積読になっていたNHKテキストを整理して少しだけすっきりしました.

津波のなか治療続けた医師語る
東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた南三陸町の志津川病院で治療を続けた、医師の菅野武さんが19日、南三陸町で高校生たちに講演し「仕事で社会にどう貢献できるか考えるプロフェッショナルになってほしい」と語りました。
震災当時、南三陸町の志津川病院に勤務していた医師の菅野武さんは、震災で5階建ての病院が4階まで津波でつかるなか、2日後に最後の患者が救助されるまで治療を続け、アメリカの週刊誌「タイム」の2011年の「世界で最も影響力のある100人」の1人にも選ばれました。
菅野さんは19日、東北地方の次世代のリーダーを育てようと高校生24人が参加して南三陸町で開かれている研修会で講演し、使うことができる医療機器が限られるなか、治療しても救えなかった命があったことの悔しさなど、当時の状況や心情を映像や写真を交えながら詳しく語りました。
そのうえで、「将来就きたい仕事はいろいろあると思いますが仕事に就くことがゴールではありません。その仕事で社会にどう貢献できるのか考え続けるプロフェッショナルを目指してください」と高校生にエールを送りました。
地元の志津川高校から参加した小山美里さんは「震災をうけて臨床心理士になりたいと思っています。
菅野先生のように患者と心を通わせられる臨床心理士になりたいです」と話していました。


集団移転の地区 夏祭りで交流
東日本大震災で被災した人たちの大規模な集団移転先となった、東松島市のあおい地区で19日、夏祭りが行われ、住民や家族連れでにぎわいました。
東松島市で被災した住民が集団移転して、新たに生まれたあおい地区は、仮設住宅などから580世帯の移転がほぼ終わった去年から、地域の交流の場を作ろうと夏祭りが行われています。
ことしも地区の広場で行われた夏祭りには、住民をはじめ周辺の地区から家族連れなどが訪れ、子どもの健やかな成長を願う「子どもだんじり」では、おそろいのはっぴを着た40人の子どもたちが、力いっぱい山車を引いて広場を練り歩きました。
見物していた50代の女性は、「子どもたちの元気な姿を見られてうれしいです。地域の宝だと思います」と笑顔で話していました。
また、移転前の地区に伝わる伝統の獅子舞が披露されると、訪れた人たちは、無病息災を願って獅子に頭をかんでもらっていました。
このほか、地元でとれたネギや小松菜などの野菜が、安いものでは店頭価格の半額ほどで販売され、多くの人たちが買い求めていました。
近くの別の地区から訪れていた40代の女性は、「活気のあるお祭りで楽しいです。地域全体で交流を深めていきたいと思います」と話していました。


夏の甲子園 仙台育英が8強
夏の全国高校野球、大会11日目の19日、仙台育英高校が2回目の春夏連覇を狙った大阪桐蔭高校に2対1で逆転サヨナラ勝ちし、準優勝したおととし以来2年ぶりのベストエイト進出を決めました。
仙台育英は、エースの長谷川拓帆投手が力のあるストレートを軸に大阪桐蔭打線を7回まで0点に抑えました。
しかし8回、ワンアウト二塁からタイムリーヒットを浴びて0対1と1点を先制され、今大会23イニング目で初めて得点を奪われました。
打線は大阪桐蔭の先発、柿木蓮投手に終盤まで抑えられましたが、9回、ツーアウト満塁から途中出場の馬目郁也選手がタイムリーヒットを打ち、2人のランナーがかえって2対1で逆転サヨナラ勝ちしました。
仙台育英は20日の準々決勝第3試合で広島の広陵高校と対戦します。


鎮魂の五百羅漢500体到達 震災犠牲者慰める
 東日本大震災の犠牲者を慰めようと陸前高田市の名刹(めいさつ)「普門寺」で制作してきた石仏の五百羅漢が500体に到達し、開眼法要が18日営まれた。遺族や被災地を支援する人々が2013年以降、毎年夏に寺を訪れては石に一彫り一彫り、それぞれの思いを刻んできた。
 五百羅漢の制作は、被災者の心を癒やしたいと、芸術家やアートセラピスト、僧侶でつくる「未来への記憶プロジェクト」が企画。彫刻家らが講師となり、全国から集まった人たちが高さ30〜40センチの石にのみを打ち込んできた。
 今年の作業は13日に始まった。陸前高田市の会社員松崎みき子さん(60)は、津波で亡くなった友人の供養をしたいと参加。家族ぐるみで海水浴やバーベキューを楽しんだ時の笑顔を石に刻んだ。「悲しくて何年も現実を受け入れられなかったが、彫ると心が落ち着く。今日を精いっぱい生きたい」。松崎さんはそう語る。
 普門寺には震災後、五百羅漢プロジェクトとは別に多くの仏像が奉納されている。羅漢像と合わせた総計は、くしくも1750人以上という陸前高田市の震災犠牲者数とほぼ同数になる。
 法要を終えて熊谷光洋住職(65)は「遺族の心を少しでも慰められる場所になってほしい。これで終わりではなく、多くの人に知ってもらい、お参りしてもらうのも使命だ」と話した。
 羅漢像の制作は今年が最後で、19日まで行われる。


「ハーバード大生が見た東北」被災地の今、ブログで発信 
 河北新報社で6月下旬からインターンシップ(就業体験)に取り組んでいる米ハーバード大2年モトイ・クノ・ルイスさん(20)が、東日本大震災の被災地を訪れ、津波被害の痕跡や復興の現状をブログにつづっている。英語で900〜2000語の長文記事を既に7本執筆。被災現場での見聞に日本文化への考察を加え、旺盛に発信している。
 記事は「Tohoku:The Harvard Perspective(ハーバード大生が見た東北)」とのタイトルで、河北新報社のホームページに掲載中。仙台市の震災遺構、旧荒浜小(若林区)を皮切りに訪れた十数カ所を題材とした。
 児童ら計84人が死亡・行方不明になった石巻市大川小の記事では、訪問時に雨が降っていたことから「涙雨」を連想したと記し、犠牲を防げなかった背景を探った。20メートル超の津波に襲われた宮城県南三陸町戸倉地区では、児童たちが避難した神社の写真を掲載し、多発する自然災害と日本人の宗教心に関心を寄せた。
 岩沼市沿岸に整備中の「千年希望の丘」にも足を運んだ。植林による緑の防潮堤に好感を示し「自然を遠ざけるのではなく、自然とつながることで災害を防ごうとしている」と書いた。
 モトイさんは、河北新報社とハーバード大が締結した人材育成・交流事業の一環として、6月27日〜今月22日の約2カ月間、仙台に滞在。同社主催の防災ワークショップ「むすび塾」や新聞を教育現場で活用するNIE活動も体験し、ブログで紹介した。
 今月5〜8日には、同大ライシャワー日本研究所と岩手大などが陸前高田市で共同開催したグローバルセミナーに参加。同市の震災復興や七夕祭りでの交流について、近く報告する。
 帰国を前に、モトイさんは「実際に被災現場に立ち、津波の破壊力や、家族や友人を亡くした悲しみを実感した。宮城県北のリアス海岸地域と、県南の沿岸部で被災の様相が異なるのも印象深い。東北で見聞きしたことをアメリカでも伝えたい」と話した。
 モトイさんのブログのアドレスはhttp://www.kahoku.co.jp/special/spe1151/


被災地のリーダー育成 高校生が課題解決策学ぶ
 東日本大震災の被災地で若者のリーダーシップを育む「U−18東北次世代リーダーカンファレンス」が17日から4日間の日程で、宮城県南三陸町歌津の平成の森で始まった。宮城、青森、山形3県の高校生24人が政治家や医師、社会起業家の講話を通し、地域の課題解決策を考える。
 初日は細野豪志元環境相が講師を務めた。政治家を志した動機のほか、民進党離党の経緯に触れ「考え方の違う党を離れ、まず旗を立てたい。リーダーには協調性だけでなく、強いビジョンが必要だ」と語った。
 同町の志津川高3年小山幸樹さん(17)は「震災を経験し、災害への備えを伝える消防士になるのが夢。どんな発信の仕方が有効か考えたい」と話した。
 カンファレンスは同町で学習支援を行うNPO法人「キッズドア」(東京)が企画。期間中、同町の公立志津川病院で被災した菅野武医師、石巻市の一般社団法人「モリウミアス」の油井元太郎代表ら8人が講演する。漁業体験もあり、地域資源の可能性を探る。


「災害公営住宅工事で自宅被害」男性が仙台市など提訴
 東日本大震災後に仙台市が発注した災害公営住宅の土地造成工事による振動が原因で、自宅の壁がひび割れるなどの被害を受けたとして、宮城野区の会社員石井邦彦さん(51)が18日、市と施工業者に約3790万円の損害賠償を求める訴えを仙台地裁に起こした。
 訴えによると、自宅は築16年の木造2階で、2015年4月に着工した同区福室の岡田災害公営住宅に隣接する。トラックや重機の往来による振動で自宅に被害が生じたとして、石井さんは同年5月、市に被害調査と修繕費の補償を求めた。市は壁の亀裂など6カ所の被害を認め、補償金約110万円を提示したという。
 石井さん側は「調査が不十分だ。他にも基礎のずれや断熱材の破損などの被害が生じた」として、補償の上積みを求めた。
 奥山恵美子市長は「訴状が届いていないので現時点でのコメントは差し控える」との談話を出した。


原発事故で休診の病院、新天地で被災者の心ケア
 南相馬市小高区の小高赤坂病院が21日、福島県新地町に診療所「新地クリニック」を開業する。東京電力福島第1原発事故の影響で病院の休診が続いていたことから、新天地に建屋を新設して外来診療を始めることにした。診療所は「被災者らの心のケアに当たりたい」と強調している。
 診療所は平屋で床面積は約300平方メートル。JR新地駅から歩いて数分の町有地を借り受けて建設した。建材に木を多用し、落ち着いた雰囲気を演出した。診療科目には精神科、心療内科のほか内科も掲げる。
 小高赤坂病院は1982年の開業。精神科の専門病院として約100の病床を抱えていた。原発事故で小高区全域が避難区域となったのを受けて休止状態になり、全職員が2015年3月までに退職した。
 病院理事長の医師渡辺瑞也さん(74)は「原発事故と東日本大震災で心に傷を負った人が増えている。宮城南部に避難している患者も多く、新地への建設を決めた」と話す。小高赤坂病院建屋は荒廃が進んでおり、解体を検討するという。
 診療所では院長に就いた岩渕健太郎さん(49)が常勤し、渡辺さんが週2回診療に当たる。入院機能が回復する見通しは立っていないものの、軽作業などを行えるデイケア施設の併設を構想している。
 岩渕さんは震災発生時、宮城県内の病院に勤務していた。「被災地の医療体制は大きく揺らいでいる。地元医師会と連携して認知症患者らの治療にも尽力したい」と意気込んだ。


福島原発事故から6年 もの言える社会つくろう
金沢出身 福島大・荒木田准教授講演
 金沢市出身で福島大准教授の荒木田岳さんが十八日、同市安江町の金沢真宗会館で講演し、福島第一原発の事故発生からの六年を振り返った。「事故以来、黙らせて言うことを聞かせるというふうに社会はおかしくなった。福島の人だけでなく、全体の人に関わる問題だ」と訴えた。(小坂亮太)
 荒木田さんは事故発生後の政府の対応について「事故前の安全基準では住めないレベルに汚染していると分かっているのに、情報を隠したり基準を緩和したりし、住民の被ばく回避対策を取らなかった」と批判。「ルールに従えば、事故も被ばくも防げたのでは」と語った。
 自主的に始めた除染活動が「市民の不安をあおる」と止められたり、二〇一四年に漫画「美味(おい)しんぼ」に発言していない内容が実名で載って非難を受けたりした問題にも触れ、「主体性が抑圧されるのは、皆さんにも起こり得ること。一人で悩まず仲間を持ち、一人一人が意見を言える社会をつくっていかなければならない」と強調した。
 講演後、来場者から福島県内の子どもを対象とした甲状腺検査の現状に関する質問があり「がんが確定した人が百九十三人。二千五百人以上が経過観察として心配しながら生活している。被ばくの影響だと認められたところで解決するわけではなく、深刻な問題だ」と話した。
 講演は、人権や差別の問題に取り組む市民団体「人権フォーラム石川」が主催し、四十五人が参加した。


<災を忘れず>水難の記憶 若い世代に
◎東北の施設・地域巡り(3)北上川学習交流館「あいぽーと」(一関市)
 北上川の狭隘(きょうあい)部と支流の作用で、度々大きな水害に悩まされてきた一関市。水難と治水の歴史を伝える国土交通省の北上川学習交流館「あいぽーと」は、国の水害対策・一関遊水地事業で設けられた巨大堤防の上に立つ。
 1947年のカスリン台風、翌48年のアイオン台風で一関市は大きな被害を受けた。カスリン台風から70年となる今年、交流館では被災当時の写真パネル展やゲリラ豪雨展を相次いで企画する。
 8月中の土、日曜はアイオン台風で被災した語り部の講演会のDVDを流し、九死に一生を得た証言を生々しく伝えている。
 「過去には考えられなかった多量の雨が短時間に降り、全国各地で被害が相次いでいる。想定にとらわれることなく避難の意識を持ってほしい」。交流館で見学者を案内する斎藤一公(かずとも)事務局長は話す。
 1階の展示室には豊富な写真資料を展示。砂鉄川などがあふれた2002年の台風6号豪雨をはじめ、一関遊水地が機能した過去の洪水の様子を伝える。縦20メートル、横6メートルの北上川流域の航空写真の上を歩く「空中散歩」も人気だ。
 3階の展望室に上がると、一関遊水地に広がる田んぼと、鉄道橋としては国内最長の東北新幹線第1北上川橋りょう(3868メートル)を見晴らせる。
 2階の集中管理センターは、奥州市内から宮城県境まで北上川の状況を35台のカメラでチェックする常時監視の拠点だ。一関遊水地の排水機場を一元管理する。
 8月、災害ボランティアの研修で訪れた一関市の中学3年松岡立樹(りゅうき)さん(15)は「雨に関する知識や水の怖さを学ぶことができた」と話した。交流館での学習を通じて水難の記憶は、若い世代へと引き継がれていく。
[メ モ] 2002年開館。地上3階、地下1階。年間来場者数は約1万5000人。入場無料。開館は午前9時〜午後5時。月曜休館。


<低温長雨>宮城、福島両県で農作物対策会議
 東北地方の太平洋側を中心とした記録的な日照不足と低温による農作物への影響に、各県が警戒を強めている。宮城、福島両県は18日、緊急の対策会議を開き、生育に一部遅れが出ている水稲や野菜などの栽培管理の徹底を確認。青森、岩手両県も臨時会合の開催や生育調査の実施を決めた。
 宮城県の農作物異常気象対策連絡会議幹事会には、県や全農県本部の関係者ら約30人が出席した。低温に伴う会合開催は2003年以来14年ぶり。農産物の状況や対策を協議した。
 会議ではトマトやナスの出荷量が減少し、キャベツやハクサイなど秋冬野菜の定植作業に遅れが生じているとの説明があった。大豆も変色や倒伏など湿害の影響が出ているという。
 県によると、本年産米の出穂進行率(17日現在)は全体で98.4%に達した。7ブロック別にみると登米、仙台、大崎、栗原、気仙沼で98%を超えたが、大河原は97.7%、石巻93.4%となっている。
 出穂面積が50%以上となる「出穂期」は今月1日で平年より4日早かったが、95%以上の「穂ぞろい期」は平年と同じ11日にずれ込んだ。日照不足でイネの実りに時間を要しており、各地域で収穫時期に差が生じるとの予想が示された。
 「田んぼから水を抜くタイミングによっては品質が落ちる。万全の対策を講じてほしい」(全農県本部)との要望に対し、県農産園芸環境課の担当者は「今後1週間は悪天候が続くため、水田や畑の見回り徹底を呼び掛ける。農家に適切な収穫時期を見極めるよう指導したい」と話した。
 福島県も対策会議を開き、作物ごとに排水や日当たり確保などの技術対策を確認した。中通り地方の担当者から「モモは水分量が多い傾向」「トマトの生育が1週間から10日遅れ」との報告があった。
 岩手県は21日に盛岡市で臨時会議を開き、農作物の生育状況や気象経過を踏まえた対策を検討する。青森県も21日から9月初旬にかけ、水稲の不稔(ふねん)調査を実施する方針を明らかにした。


河北抄
 宮城を代表する海の幸、ホヤの漁期が間もなく終わる。東京電力福島第1原発事故後に続く韓国の輸入規制の影響で、今年も多くのホヤが廃棄処分された。
 「もったいないなぁ」。仙台市青葉区で和食店を営む東海林徳吉さん(69)が、残念そうに話す。各家庭でも消費拡大に貢献できるよと、殻付きホヤのおいしい食べ方を教えてくれた。
 殻はよく洗い、プラスの形の口を切り落とし、中の「ホヤ水」をボウルに取る。殻ごと半分に切って身を外し、排せつ物を取り除く。真水で身を洗うのはほんの数秒。一口大に切ったら、ホヤ水へ。
 山吹色の身は新鮮な証しだ。東海林さんの店で恐る恐る口に運ぶ転勤族も、次はぺろりと平らげるという。
 さっと火を通せば甘みが一段と増す。塩水と酒を煮立たせた鍋に、生の切り身を入れて火を止める。そのまま冷まし、滑らかな食感の残る半生の出来上がり。
 10年余り前、韓国バイヤーの買い付けでホヤが品薄になり、生を口にできない寂しい夏があった。今こそ、地元の旬を味わう喜びをかみしめたい。


デスク日誌 ミホとリリー
 元祖だめんず(ダメ男)とも言える寅さんが騒動を巻き起こす映画『男はつらいよ』。見どころはもちろんマドンナとの恋の行方。
 シリーズ48作は世界最長としてギネス認定された。最多の4作でマドンナになったのが浅丘ルリ子演じる旅回りの歌手リリー。「女が幸せになるには、男の力を借りなきゃいけないとでも思ってんのかい? 笑わせないでよ」と寅さんもたじたじの啖呵(たんか)を切る。
 この夏もう一人、心(しん)のある女性の足跡に触れた。南相馬市ゆかりの作家島尾敏雄の妻ミホだ。戦争中の鹿児島県加計呂麻(かけろま)島で、特攻隊長の島尾と恋に落ちた。島の風景と2人の軌跡は、14日朝刊の写真特集「アングル」で紹介した。
 戦後になってロマンスは一転。ミホは夫の不貞に狂乱する一人の女性として、島尾の代表作『死の棘(とげ)』に登場する。ダメ夫に絶対の愛を求める姿は、恐ろしくもいとおしい。
 『男は…』の最終作はその加計呂麻島が舞台。リリーと寅さんが夫婦のように一緒に暮らす。南の島では男女の間にとても強い磁力線が存在するのかも。時に反発し合うのも、この不思議な力のなせる業か。
(写真部次長 佐々木浩明)


広島土砂災害 腕時計、ボール…思い出の品、返還進まず
 77人が犠牲になった広島土砂災害から20日で3年になるが、被災地のがれきなどから見つかった「思い出の品」の返還が進んでいない。今年度の返還事例はないことから、広島市は犠牲者追悼式が開かれる同市安佐北区可部7の区民文化センターで18日、保管品の展示を始めた。これまでは保管品の写真を収めたアルバムを閲覧してもらっていたが、「実際に見たい」との声も寄せられていたため、初めて実物を並べた。
 市は、安佐北・安佐南両区の被災地のがれきから出た被災者の所有物約1154点を洗浄して保管している。返還件数は、発生翌年の15年度に16件あったが昨年度は8件と減り、今年度に入ってからはまだ無い。市の担当者は「災害時を思い出すとの理由で、心理的に抵抗を感じ、あえて探しに来ない人もいる」と話す。
 会場にはレンズのフレームが曲がったカメラや、針が止まったままの腕時計、使い込まれた野球グラブなどが並び、来場した人たちは静かに眺めていた。
 市は、保管期限を来年3月末と決めているが、今回の展示を受けた返還状況などをみて、延長も検討するという。市環境政策課の担当者は「持ち主にとっては、3年前のあの日までの人生が詰まった大切なものばかり。手に取ってじっくり見てもらいたい」と話す。
 安佐北区民文化センターでの展示は20日までの午前9時〜午後5時。12月にも安佐南区緑井6の佐東公民館で同様の展示会を開く。 原則的に申し出れば、返還されるが、運転免許証など本人確認が可能な書類が必要。問い合わせは、同課(082・504・2505)。【東久保逸夫】


広島土砂災害 被災の子供、ストレス2.2倍 影響長期化
 犠牲者77人を出した3年前の広島土砂災害が、子供に与えた心理的影響について、広島県小児科医会が教員らにアンケート調査したところ、情緒不安定などストレス反応がある「気になる子供」の割合が、被災地外と比べて2.2倍高いことがわかった。同会は「深刻な被災が子供の心に長期的な影響を及ぼしている」としている。
 調査は今年2〜4月、広島市安佐南、安佐北両区の被災地にある保育園・幼稚園、小中学校計15校(児童ら3601人)と、両区の被災地外の計7校(同2711人)を対象に、教員や保育士ら計224人にアンケートを実施した。教師らが相談や指導が必要と感じる気になる子供を抽出し、落ち着きがない▽表情が乏しい▽長期欠席がみられる−−など約40項目で該当する部分をチェックした。
 その結果、気になる子の割合は平均で、被災地が8.6%で、被災地外の3.9%の2.2倍だった。年代別でみると、同様に就学前が2.4倍、小学生が1.6倍、中学生が2.3倍といずれも被災地の方が多く、就学前の子供が最もその差が大きかった。被災地のうち、自宅が被災した子は、被災していない子や被災地外に比べ、気になる子の割合が全年代層で高かった。
 調査をまとめた、安田女子大(安佐南区)の田中丈夫教授(小児科)は「被災が子供の心に大きな影響を与えていると裏付けられた。一方、調査では、被災地の子供たちに問題行動が多いなどの傾向はみられず、心のケアの効果が一定程度表れており、問題の複雑化を抑止している」としている。【東久保逸夫】


教科書採択/「圧力」は中立性を脅かす
 私立灘中学校(神戸市東灘区)をはじめ、慰安婦問題を載せた歴史教科書を採択した全国の中学校に、抗議のはがきが大量に送り付けられていた。
 「反日教育をする目的はなんなのか」などと採択中止を求め、差出人が異なっても大半の文面は共通していた。学校側は「1日数十枚の束が届き、組織的な圧力と感じた」「相手の姿が見えず不安だった」という。
 国立や私立の場合、文部科学省の検定に合格した教科書の中から、どれを選ぶかは各校の判断に任されている。外部から圧力をかける行為は、教育の中立性を脅かすものだ。まして生徒を預かる学校に、不安を抱かせるような言動は許されない。
 教科書は出版社「学び舎」(東京)の「ともに学ぶ人間の歴史」で、現役教員や元教員が執筆した。他社に記述のない慰安婦問題を取り上げている。1993年に政府が元慰安婦へのおわびと反省を表明したいわゆる「河野談話」とともに、現在の政府見解も併記している。
 全国で38校が採択し、このうち同様のはがきが送られたのは、少なくとも国立、私立の11校になるという。灘中には、昨年3月ごろから200枚以上が届いた。同校の校長が一連の経緯を「謂(いわ)れのない圧力の中で」と題して同人誌に寄稿し、ネット上で議論が広がった。
 同校には、自民党の衆院議員と兵庫県議が「なぜ採択したのか」と問い合わせていた。衆院議員は「OBとして周囲の疑問の声を伝えた」と説明するが、当時は副大臣の立場だった。政治的圧力ととられかねない行動は慎むべきだろう。
 学び舎の教科書は、大きめの写真やイラストを使ってエピソードを多く盛り込み、従来の教科書とは異なる構成が特長だ。
 同校は、高校受験を意識した要約中心の教科書ではなく、生徒が読んで考えることを重視した点などを踏まえて選んだという。国が認める教育現場の裁量は大切にされるべきだ。
 次期学習指導要領では、物事を多面的に捉え、主体的に問題を解決する力を養うことを目指す。多様な教科書を使い、そうした授業を実践できる教育現場を守ることの重要性を、改めて確認したい。


「安倍総理から日本を守ろう」
 ★首相・安倍晋三は支持率低下で「おごりがあった」と国民にわびたが、その後も元首相・福田康夫が「各省庁の中堅以上の幹部は皆、官邸(の顔色)を見て仕事をしている。国家の破滅に近づいている。政治家が人事をやってはいけない。安倍内閣最大の失敗だ」と極めて強い口調で批判した。首相は休暇中に森喜朗、小泉純一郎、麻生太郎ら歴代首相経験者と会談するなど、先輩に指導を仰ぐことが増えた。 ★また「歴代首相に安倍首相への提言を要請するマスコミOBの会」が先月、中曽根康弘以降の存命の元首相12人に要請文を送付。11日までに回答した細川護熙、羽田孜、村山富市、鳩山由紀夫、菅直人の元首相の首相への注文を発表した。この中でも羽田は「安倍総理から日本を守ろう」とし、村山は「国民軽視の姿勢許せぬ」、細川は「国益を損なう」といずれも厳しく首相を批判している。 ★首相は他にも、政権に批判的な政治評論家らを相次いで官邸に呼び寄せ、意見を聞いた。その中の1人、田原総一朗は「政治生命を懸けた冒険をしないか」と持ち掛け、首相が前向きに受け止めたといわれるが、結局「訪朝を促した」ようだ。田原は安倍と会う直前まで、「内閣改造で代えるべきは安倍だ」と発言し続けていたが、こうなるともう話題作りの安倍応援団だ。 ★たくさんの人に話を聞いて首相がどう変わるのか興味深いが、森友学園事件で“私人”の首相夫人・安倍昭恵付秘書官・谷査恵子が、イタリア大使館1等書記官に異動した。彼女は、詐欺容疑で大阪地検特捜部に逮捕された森友学園前理事長・籠池泰典と、財務省をつないだ連絡係。本来地検の捜査対象だが、奇異な人事だ。付記すれば、南スーダンPKO日報隠蔽(いんぺい)問題の担当者だった防衛省前統合幕僚監部参事官付国外運用班長・小川修子も、中国大使館の1等書記官に異動している。がんばれば守ってくれる。

政策秘書 何でも屋? 高い専門性、実態は…
 豊田真由子衆院議員(自民党を離党)の暴言・暴行で政策秘書が辞任した問題は、後任に青森県板柳町議が就任したため、同町議会が「兼務は不可能だ」と辞職勧告を検討するなど波紋が広がっている。国会法で「議員の政策立案および立法活動を補佐」するとされる政策秘書。高い専門性が求められるが、実態はどうなのか。【佐藤丈一】
 政策秘書は議員の質問や立法活動を支える政策スタッフだが、働き方は事務所ごとにまちまちだ。自民党衆院議員の政策秘書の一人は「車の運転からコピー取りまで、実際は『何でも屋』だ」と語る。
 国会議員には長らく給与を公費で賄う公設秘書2人が認められてきた。1993年の国会法改正で秘書の「資質の向上」を目的に、資格試験を義務づける政策秘書1人の設置が可能になった。
 政策秘書の給与は月額約43万〜64万円で、公設第1秘書より1万〜2万円高い。現在約690人の政策秘書に年間約70億円の予算が充てられている。豊田氏の元政策秘書は地元で運転中に暴行を受けた。運転手役は、そもそも制度が想定した業務とは言い難い。
    ◇
 近年、政策秘書制度の「空洞化」も問題視されている。資格試験はキャリア官僚の採用試験に匹敵する難関だが、それ以外にも公設秘書を10年以上経験した人らが短期の研修を受けると、議員の申請に基づき政策秘書に格上げされる「抜け穴」があるためだ。
 制度創設以来の試験合格者は635人。このうち実際に政策秘書として働くのは85人に過ぎない。「試験組」は政策秘書全体の12%に過ぎず、公設秘書出身の「ベテラン組」が大部分を占める。衆院では制度創設以来、参院では少なくとも過去5年は議員の申請した全員が政策秘書に認定されている。
 甲府市議の神山玄太さん(35)は当選前の2010年、政策秘書試験に合格。複数の議員事務所の面接に臨むと、官僚出身議員から「政策は自分でやる。秘書には求めていない」と言われた。神山さんは「あくまで秘書の一人に過ぎない」と痛感したという。
 制度創設を91年に衆院議長に答申した有識者会議は「能力と適性」を見極める資格試験の実施を求めた。一方、議員側は一般の秘書を政策秘書に格上げし、人件費負担を減らしたいのが本音。議員による法案化の段階で、答申にはない研修制度が盛り込まれた。
 元政策秘書で「政策秘書という仕事」(平凡社新書)の著書がある石本伸晃弁護士は、「試験組の採用が原則で、ベテランが例外的に横滑りするルートと逆転している実態は問題だ」と指摘。「私自身、ビラ配りや地元回りも経験したが、政策作りのために税金が使われていることを忘れてはならない」と採用を試験組に限定するよう提案している。


公立が躍進、京都の教育改革で何が起きたか 進学実績が劇的に変化
小宮山 利恵子 :リクルート次世代教育研究院 院長
今、教育の世界で注目される自治体がある。京都――。古い歴史を持つ街だが、任天堂、京セラ、日本電産等のテクノロジー企業が本社を置く街でもある。
1869年、全国に先駆けて小学校が設立されたという歴史があるが、近年はというと、長く公立高校は進学実績で苦戦していた。ところが、それが今変化している。いったい何が起きたのか。
公立で起きた「堀川の奇跡」
京都は私学発祥の地と呼ばれ、東京と並んで私学が多いことで有名だ。その一方、公立高校はというと、進学実績などで私学に大きく水をあけられ、「国立大学に進学するなら私学に」といわれる時代もあったという。
その京都で2002年に「堀川の奇跡」と呼ばれる現象が起きた。公立の市立堀川高校の躍進だ。前年度の国立大学への合格者数は6人だったにもかかわらず、この年一気に106人まで増えたのだ。
直近2016年度の進学実績(現役生のみ)は国公立大学129人(内、東京大12、京都大32、大阪大7、神戸大9)、私立大学183人(早慶7、関関同立92)となっており、現役東大合格者数は同校過去最多。公立高校における東大・京大の現役合格率は全国1位だ。現在では、スーパーグローバルハイスクール(SGH)とスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定校ともなっている。
同校の躍進の陰にはさまざまな取り組みがあったが、象徴的だったのは1999年に普通科と並んで「探究科」を設けたことだ。当時、京都市の教育長だった門川大作市長はこう話す。
「探究科は、特別な受験勉強をする学科ではありません。生徒は自らテーマを決めて、研究していく。そこに京都大学の大学院生や教師がサポート役として入る。研究していくうちに、生徒の心が変化していく。高校卒業後も研究を続けたい。そのためには基礎学力が必要だし、設備の整った大学に通いたい。そう考えるようになる子もいます」
探究科は「探究する力を育成する」学科で、具体的に育成しているのは「興味関心を持つ力」「課題を設定する力」「課題を解決する力」「他者に表現する力」。何を探究するかは、生徒一人ひとりが自分で見つけることになる。「探究基礎」という授業をカリキュラムに盛り込み、その授業では1年半かけて3段階の手順に基づいて進められる。
最初に行うのは、探究の「型」(探究の進め方や表現方法)を学ぶこと。次に学ぶのが「術」(具体的な調査技法。実験・フィールドワーク・資料の見方など)。そして最後に「道」(実際に探究活動を進めることで普遍的な探究能力を高める)を学ぶ。情報取得の基礎学習から問題解決の体験を経て、論文作成に至るまでの取り組みを進めるというものだ。
一般的な偏差値教育とは違う、個性的なアプローチだが、そのおかげで生徒は自分の探究心に沿って学び、その延長としての進学先を考えることができる。
この探究科は現在の総合的な学習の時間のようなものといえる。今日21世紀型スキルと呼ばれるような、論理力、思考力、協働する力、リーダーシップ評価の「ものさし」が明確に存在しない中での、先駆けた取り組みだった。
あくまでも生徒が中心で、周囲の大人は教えるのではなく、本人たちが考えるのをサポートする役目が大きい。当時教育長をしていた門川市長はこう話す。
「1995年に起きた地下鉄サリン事件では、有名大学卒の容疑者たちが複数いた。それを見て、このような人たちを育てるような教育は絶対にしない。社会で何かしら人のために役に立てるような子どもを育てたい。子どもたちが30歳になったときにどのような生き方をしているか、それを考えながら教育していきたいと強く思った。堀川でできたことは、どこでもできると確信している」
公立の小中学校の改革
堀川の奇跡の後、京都では公立の小中学校の改革も進んだ。2004年に内閣府の構造改革特区制度を利用して「小中一貫教育特区」の認定を受けた地域において、小学校における英語科や小中一貫の読解カリキュラムを設け、小中の連続性を高め一貫教育の形をつくってきた。その結果、中学入学時に生活不適応を起こす「中1ギャップ」が緩和され、学力向上も見られたのだ。
小中学校の改革の中で、特に注目したいのは御所南小学校だ。
同小学校は1995年に5つの小学校が統合し誕生した学校。御所南小学校の開校当初は662人だった児童数は、2016年度現在はほぼ倍増の1254人。人気化で児童数が増えており、学校施設は手狭で教室数も不足していることから、2018年に「御所東小学校」が開設される予定と盛況だ。
同小学校では、フィンランドの教育法を取り入れ、独自教科「読解科」を導入して課題解決能力等の育成に取り組んだり、地域との連携による総合的な学習の時間を柱とした教育課程に取り組むなど、先進的な取り組みが注目されている。
同校では保護者・地域が学校運営に参加する「学校運営協議会」を設けたコミュニティ・スクールが特徴的だ。2002年に地域と連携して「学校の裁量権の拡大」や「地域の学校運営への積極的な参画」などをテーマとした実践研究を同校で開始。健康安全部会や文化部会といった学校支援活動を行う「企画推進委員会」を設置したり、「学校関係者評価」を取り入れた。その目的は学校と地域相互の評価を基に学校運営を改善することだ。このようなコミュニティ・スクールは、2016年度末現在では全市立学校・園の約9割にあたる239校園に設置されており、全国最多となっている。
また学校運営協議会設置校では、10年以上前から教員公募制を採用している。異動や退職で教員に欠員が出た場合、学校は求める先生を市内の教員から公募することができる。候補者の面接には校長とともにPTAや学校運営協議会の代表も同席する学校もあるという。一般の学校現場では見られないほど関係者の参加意欲が高いと感じる。
また、1週間5日間連続の学校参観日「自由参観」を設けた。授業参観というと、指定された半日や1日が通常だが、5日連続にすることによって親にとって参加しやすくなる。ほかでは見られない取り組みだ。
小中学校の改革を経た今、御所南小学校、同校と同じ校区にある京都御池中学校、そして堀川高校に進学するのが公立では「エリート」、つまりアンテナの高い親がその学区に引っ越しをしてまでも子どもを入学させたいと考える進学先といわれるようになっている。
堀川高校と並んで西京高校も進学校として知られるようになっている。2016年度の合格実績は、272人の卒業生の内、東大・京大が29人、北海道大学・東北大学・名古屋大学・九州大学の旧4帝大が62人等、京都府内の公立高校の中でもトップレベルにある。
テクノロジーが教育に与える変化
このように変貌を遂げる京都の教育だが、一部の学校の偏差値を上げたことだけが成果ではない。不登校児童生徒に対するICTを活用した学習支援も特筆すべき点だろう。
京都府の公立小中学生で長期欠席者(年度間に30日以上欠席した者)は2015年度で3789人いるが、2007年度から、市立中学校に在籍する長期欠席の傾向にある生徒に、学校が教材を配信し、生徒が自宅で教材をもとに自学自習できるシステムを導入した。遠隔で学習指導を行うシステムが有効に機能すれば、一人ひとりの子とより向き合うことが可能になるだろう。
京都の児童生徒へのパソコン整備は児童生徒5.4人に1台と、政令指定都市では2番目、100万人を超える政令市では最も充実した台数を配備。2016年度から全小中学校の普通教室および全小学校のコンピュータ教室にタブレット型PCの整備を進めるなど、地道な取り組みも背景にはある。
約20年前に始まった、偏差値教育とは縁遠い「探究科」を設置するという取り組み。そして、地域ぐるみで課題解決に取り組む姿勢は、京都ならではのものだ。
2020年に小中高の次期学習指導要領が改訂され、小学校で教える内容が増える。たとえばプログラミング教育が始まるほか、5、6年生では英語が必修となる。ただでさえ教師の多忙が深刻化する中、自治体として何を重視し、取捨選択していくか。京都の取り組みには参考になるところがあるはずだ。


大文字焼きがLED照明に 「やめてしまえ」「これも時代の流れか」
山梨県笛吹市で行われた「甲斐いちのみや大文字焼き」で、火ではなくLED照明で「大」の文字を点灯させたことがネットで話題になっている。
時代の流れだと受け入れる声や批判的な指摘など、様々な意見が上がっている。
安全面やコストへ配慮
「甲斐いちのみや大文字焼き」は、江戸時代に行われていた精霊を送るお盆の祭りを、約150年ぶりに復活させたものだ。1988年から行われており、今回の2017年8月16日の開催で30回目となる。
笛吹市観光商工課の担当者によると、「大」の文字の点灯は毎年8月13日から16日まで行われている。従来、「大」の文字については、8月13日から15日まで白熱電球で点灯させ、16日のみ松明(たいまつ)を用いて火で明かりをつけていた。
しかし、松明を設置する際などに山の斜面に安定した足場を取れず危険だという意見があったことや、コストへの配慮から、2017年から全日程でLED照明で点灯させることになった。今回、44個の大型LED照明を用いて点灯させたとのことで、2018年以降も火を用いる予定はないという。
この件に対し、2ちゃんねるでは、
「CO2も出ないし、時代にあった試みなのかも。」
と、受け入れる声もある一方で、
「火じゃないじゃんw」
「誰が見にいくんだ、そんなもん」
「送り火をともす意味を履き違えてんじゃね? やめてしまえ」
と、批判的な声もあった。


水俣条約発効 「脱水銀」日本がリードを
 水銀による環境汚染や健康被害の防止を目指す「水銀に関する水俣条約」が発効した。
 鉱山での水銀産出から輸出入、使用、廃棄まですべての過程を国際的に規制する取り組みだ。
 水銀による健康被害などの根絶に向け、確実な一歩となることを期待したい。
 条約名は、水俣病のような被害を繰り返さないとの決意を込め、日本政府が提案した。
 前文も、水俣病の教訓と同様の被害を将来発生させないことに言及している。
 日本は、けん引役として今後も責任を果たさねばならない。
 1956年に、熊本県水俣市で公式確認された水俣病は「公害病の原点」といわれる。
 本県でも、新潟水俣病が65年に公式確認された。
 条約は本県にとっても、新潟水俣病の教訓や知識を世界へ発信すると共に、足元の現実に向き合う好機となるはずだ。
 水俣病は、工場排水に含まれる毒性の強いメチル水銀が原因だ。
 安全面から、先進国での水銀使用は減った。だが途上国では、小規模な金の採掘や触媒などに使われ、被害が起きている。
 金の小規模採掘に従事しているのは、貧困層が中心という。
 「脱水銀」に向けて、先進国が技術や費用面での支援をすることが欠かせない。貧困者対策も考えるべきだろう。
 条約は一定用途以外の水銀の輸出を規制し、水銀を含む体温計や電池などの製造、輸出入を20年までに原則禁止とした。大気や水、土壌への水銀排出削減や、適切な保管と廃棄も定めている。
 地球規模の汚染対策が必要として、国連環境計画(UNEP)が活動を本格化させたのは2001年のことだ。13年の熊本市での会議で、条約が採択された。
 日本は国内法の整備を進め、16年に条約を締結した。今年5月には、締結国が条約発効に必要な50カ国に達した。
 世界最大の水銀排出国である中国や米国、欧州連合(EU)などが含まれている。
 もちろん、課題もある。
 日本は国内で回収した水銀を輸出している。条約で輸出が大幅に制限されれば、国内で水銀を長期間安全に保管、処分する方法を確立することが必要になる。
 水銀を使った体温計などを、一般家庭から回収する作業も進めなければならない。
 そもそも、水銀の輸出と水俣条約の趣旨は相反する。日本を含めた締結国は、輸出の全面禁止を検討していくべきだろう。
 さらに忘れてはならないのは、日本国内の水俣病が解決したわけではないことだ。
 被害の全貌はいまだ明らかになっておらず、新たな患者の認定は途上にある。各地で訴訟も続く。
 9月下旬には、スイスで第1回締結国会議が開かれる。水俣市から胎児性患者がオブザーバー参加し、水銀被害の実態を訴える。
 条約発効を機に、日本政府は改めて水俣病に向き合う姿勢が問われることになろう。


長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表!「カネにまみれたゾンビ」「歴史に群がる裏切り」
 今月16日、長渕剛の約5年ぶりとなるアルバム『BLACK TRAIN』が発売された。その内容は拝金主義に捕われて経済的利潤のみを追い求め、肝心の助けを求める国民のことは無視する政治家たちを批判してきた長渕のスタンスをさらに際立たせるものとなっている。たとえば、表題曲の「Black Train」からしてこうだ。
〈カネにまみれたBlack Train
 きのう俺は代議士に
 真っ赤な血をひっかけた〉
〈カネにまみれたゾンビ
 歴史に群がる裏切り
 上っ面だけの「Say Hello!」〉
「カネにまみれたゾンビ」「歴史に群がる裏切り」…この歌詞が、森友学園や加計学園問題をモチーフにしていて、「愛国」の名のもとに歴史を歪めてきた安倍首相とその周辺の連中の利権私物化を批判しているのは明らかだろう。
 そのファン層や言動から一見、右翼的な印象を受ける長渕だが、実は、プロテストソングを多く歌った加川良や友部正人を音楽的ルーツにもっており、これまでのキャリアでもことあるごとに体制に対し異議申し立てする歌を歌ってきた。湾岸戦争のときにつくられた「親知らず」という楽曲では〈俺の祖国日本よ! どうかアメリカに溶けないでくれ!/誰もが我が子を愛するように/俺の祖国日本よ! ちかごろふざけすぎちゃいねえか!/もっともっと自分を激しく愛し貫いてゆけ〉と歌い対米従属の果てに戦争に協力する日本に怒りを向けた。また、9.11後には「静かなるアフガン」で〈日の丸と星条旗に僕は尋ねてみたい/戦争と銭はどうしても必要ですか?/広島と長崎が吠えている/「もう嫌だ!」と泣き叫んでいる〉と反戦と平和への思いを歌っている。
安保法制に対し怒りを表明した長渕剛
 そして、第二次安倍政権以降、長渕は政権への批判をよりストレートに口にするようになった。2015年7月、『ワイドナショー』(フジテレビ)に出演した際には、国民の声を無視して強行採決された安保法制についてこのようにコメントしている。
「震災、4年前を思い出してもらいたい。あのときにどんだけのことを自衛隊がやったか。僕も激励に行かせてもらいましたけどね。彼らを死なすのかって。彼らを死なせてしまっていいのかってことだと思うんですよ。
 いまのこの流れでいくと、理屈は分からないんですけどね、感覚論としてね、戦争が近づいている気がするの。もう紛れもなくそこに近づいている気がしますよ。それをね、僕たちはどうやって阻止すべきかってことを非常に真剣に考える局面がありますよ」
 加えて長渕は安倍首相を名指ししながら、このように続けている。
「戦後復興後、高らかに我々は生きてきましたけど、そのなかに負の遺産はありました。負の遺産を残しておきながら、そのことにきちっとケリもつけないくせに、次のことをやっていこうとする俺らの大将、ちょっと違うんじゃない?」
 ここで使われている「負の遺産」という言葉はおそらく原発のことをさしており、原発問題を放置しておいて戦争法案をやろうとするのは違うと長渕は言っているのだろう。
 実際、長渕は自ら被災地に足を運んでその状況を見ていろいろなメッセージを発信している。12年3月には、特別番組『報道STATIONスペシャル「愛おしきあなたへ」』(テレビ朝日系)に出演し、福島第一原発20km圏内に入って警戒区域の実情を取材。その際に「もはや原発の有無を問う余地はない。立場や名刺はいったん脇に置いて、いち個人として現実を直視し、感性で見つめてほしい」という発言を残している。
悪い意味で「空気を読む」若手ミュージシャンに長渕剛は檄を飛ばす
 きわめつきは、昨年12月に放送された『2016FNS歌謡祭 第1夜』(フジテレビ)でのパフォーマンスだろう。この日はもともと、『FNS歌謡祭』のためにアレンジされた「乾杯」が歌われるとアナウンスされていたが、そこで視聴者が目にしたものは耳馴染みのある「乾杯」とはまったく異なるものだった。長渕はギターを叩くように搔き鳴らしながらこう歌い出したのだ。
〈アメリカの大統領が誰になろうとも
 凶と出るか吉と出るかって
 そりゃ俺達次第じゃねぇか
 今日もマスメディアの誰かが
 無責任な話ばかりしている〉
 アメリカ大統領の顔色をうかがってばかりの日本のメディアに対する痛烈な批判をぶちまけた後、さらに長渕は「歌の安売りするのも止めろー!」と、ミュージシャンたちに檄を飛ばし、被災地を置き去りにしてオリンピックに浮かれるこの国にこう問いかける。
〈俺達の東北、仙台、俺達の九州、熊本
 そして福島も頑張ってんだ
 オリンピックもいいけどよぉ
 若者の貧困 地域の過疎化どうする?〉
 騙されねぇぜマスコミ
 騙されねぇぜヒットチャートランキング
 騙されねぇぜワイドショー〉
 こういったオリジナルの歌唱が4分近く続いた後、皆が知る「乾杯」に入っていったのだが、実は、この『FNS歌謡祭』について、長渕は今回、『BLACK TRAIN』のプロモーションとして登場したウェブサイト「音楽ナタリー」のインタビューで、興味深い発言をしている。
長渕が「何が『乾杯』だよ!」「本当に『乾杯』でいいのか?」
「「乾杯」を発表してから何十年も経って、今と当時とでは国民性も時代性もまったく違う。しきりに結婚式の定番みたいに歌われてきたけど、もともとは個人的に祝いたい人のために作った曲だから、僕としては「何が『乾杯』だよ!」って。だから今歌うのなら現在の時代感や思いを込めて、リスナーに対して「本当に『乾杯』でいいのか?」という問いかけが必要になる。コードを変えたり不協和音を入れたくなったりする」(「音楽ナタリー」インタビューより)
 先の戦争で得た反省を無きものにして再びこの国を戦争ができる国につくりかえようとし、また、被災者の思いには耳を傾けようともせず、オリンピックにカネをつぎこみ、大企業など既得権益者たちにひたすら便宜をはかり続ける──安倍政権による政治が続く現在の状況では「乾杯」どころではない。長渕はそんな思いのもと、あのようなパフォーマンスをしたということらしい。
 今回、『BLACK TRAIN』のプロモーションでこの話をわざわざ語ったということは、その想いの延長線上にこの新曲が生み出されたということだろう。しかも、『BLACK TRAIN』を聴いていると、長渕の安倍政権への怒りがさらに強くなり、そのメッセージがさらに具体的になっていることがよくわかる。長渕ファンならずとも、ぜひ一度、聴いてみてほしい。(編集部)


新潟5区補選に浮上 田中真紀子氏“野党共闘”で出馬あるか
 18日、新潟5区選出の長島忠美衆院議員が死去した。66歳だった。これにより10月22日に、愛媛3区、青森4区と合わせ、新潟5区でも衆院補選が行われることになった。
 長島氏は長岡市山古志地域で14日に開かれた成人式に出席し、15日午前に脳卒中で入院していた。長島氏は中越地震で被災した旧山古志村(現長岡市)の村長として復興に尽力。復興副大臣などを歴任した。
 補選が行われることになった新潟5区は、民進党の支部長だった米山隆一氏が県知事となり、野党第1党の候補者が決まっていない状況。そこで関係者が戦々恐々なのが、田中真紀子元外相(73)の出馬だ。
 新潟5区は2012年の落選まで、真紀子氏が圧勝を繰り返した選挙区。14年の衆院選は出馬を見送ったが、政界引退を表明したわけではないだけに、安倍自民に逆風が吹いている今なら、あるんじゃないか、というわけだ。
 実際、真紀子氏は今年6月に「AERA」のインタビューに登場。加計問題をめぐって「安倍退陣」を力説していたが、こうも言っている。
「(政界引退とは口に)しません。私の最大の関心は政治。そういうDNAです。……日本が突然大統領制になったら、選挙に“はーい”と出るかもしれませんよ」
 まだまだ色気アリなのだ。
「地元では真紀子さん本人のほか、息子を擁立するのではないかという話もあります。民進党からではなく、野党統一候補として無所属という観測も出ています」(地元関係者)
 12年の落選後、真紀子氏は民進党に離党届は提出していないようだが、党とは距離を置き、フリーの立場に近い。加えて、新潟は昨年7月の参院選、10月の知事選で野党統一候補が自公を破っている。
「田中ブランドの価値は以前より落ちたとはいえ、角栄ブームもあったし、やはり知名度は圧倒的。田中家の関係者が出馬すれば、選挙の構図に影響を与えるのは間違いない。参院選や知事選のように野党共闘になれば、自民党はかなり痛いでしょう」(政治評論家・野上忠興氏)
 まさか……。


【言わねばならないこと】 (97)社会の軍事化が進む 家族法・憲法学者 清末愛砂さん
 自衛隊を憲法九条に明記する明文改憲が差し迫っている今、本当に戦争できる国づくりが進んでいると実感している。改憲派からは、護憲派は空想論的平和主義者との批判があるが、私はとても現実的な平和主義者だ。パレスチナやアフガニスタンで非暴力運動や難民支援に取り組んだ経験があり、安倍晋三首相よりもはるかに戦闘地や紛争地の現実を知っている。
 銃撃戦や目の前を戦車が走るのを目にし、武器や武力がいかに巨大な暴力を生むかを学んだ。自衛の名の下に暴力が増大する。武力に抑止力なんてない。パレスチナの難民キャンプでは、激しい銃撃戦に、生まれて初めて腰を抜かし動けなくなった。自分がいる建物の壁をガンガン撃たれた恐怖は消えない。殺された友人もいる。
 そうした現実を知らず、想像することすらせずに戦争ができる国づくりを進められても非現実的、非科学的としか思えない。現実的な観点から、憲法九条が非暴力的な社会をつくり出すために生かすことができる条文であると訴えたい。
 安保法制で自衛隊は専守防衛の組織ではなくなった。とりわけ集団的自衛権の限定行使を可能にした点で、侵略軍としての要素を持つようになった。明文改憲で自衛隊が明記されれば、その要素が増し、社会の軍事化が進むだろう。
 安保法制下で自衛隊の海外派遣が進められると、隊員は大きなストレスを抱えることになる。戦闘地には恐怖がまん延し、尋常でない緊張感を強いられる。隊員による派兵先でのさまざまな暴力や内部でのセクハラの悪化を招くだろう。
 安倍政権はどれだけ支持率が下がっても改憲するつもりだろう。護憲派は抵抗の手を緩めてはいけない。
<きよすえ・あいさ> 1972年生まれ。室蘭工業大大学院工学研究科准教授。専門は家族法、憲法。アフガニスタンの女性や難民支援に取り組む。2002年にパレスチナで非暴力の抵抗運動に参加し、デモ参加中にイスラエル軍の発砲で脚に負傷した。


チクッとしない血糖値測定 指に光を5秒 採血いらず 量子科学機構
 指に光を当てるだけで血糖値を測定できる技術を開発したと、量子科学技術研究開発機構のチームが18日発表した。糖尿病の患者が針を刺す採血の痛みを感じることなく、手軽に血糖値を調べる測定器の実現につながるという。国から医療機器の承認を受ける必要があり、5年後の一般向け販売を目指している。
 同機構関西光科学研究所(京都府)の山川考一さんによると、現在は指に小さな針を刺してわずかな血を採り、小型センサーで血糖値を測る測定器が主流。感染症の危険もあるほか、使い捨て針の交換などで年間約20万円かかる。このため患者の負担が軽く、簡単に測る方法が望まれている。
 チームは血液中の糖「グルコース」だけを捉える光の発生装置を小型化して応用した。電源部分を除く試作品は縦15センチ、横10センチ、高さ5センチ。光を発するくぼみに指を置くと5秒で計測できる。将来はスマートフォンのサイズまで小さくする。販売価格は高額になりそうで、月1万2000円程度で貸し出すレンタル方式も想定している。


『バイキング』で有本香がトランプそっくりの「どっちもどっち」論。一方、玉川徹はトランプ発言とネトウヨの共通性指摘
 白人至上主義者らと反対派の衝突事件をめぐるトランプ大統領の人種差別肯定発言問題。本サイトは18日朝の記事で、差別が絶対的に悪であるという自明の前提を無視したトランプ的“どっちもどっち論”が実は日本で大手を振ってまかりとおっている状況を批判したが、さっそく、ワイドショーでとてつもなくひどい“どっちもどっち論”が垂れ流されていた。
 それは、同じく18日放送の『バイキング』(フジテレビ)でのことだ。『バイキング』といえば元横浜市長の中田宏氏や“皇族芸人”こと竹田恒泰氏など、右派の安倍応援団をコメンテーターに起用しているが、この日のスタジオには最近、作家の百田尚樹らとつるんで反中言説に精を出しているジャーナリスト・有村香氏が登場。トランプ発言をめぐるスタジオトークのなか、有本氏はこんなことを言い出したのだ。
「ただ、この事件の背景に、リー将軍の像を撤去するかしないかという問題がありますよね。これはちょっとなやましいところもありまして。奴隷制があった時代のアメリカのいろんな事柄というのは、芝居にも映画にもなっているじゃないですか。いまやアメリカでは、その時代の名作と言われるような映画なんかも公開できないという状態になっているんですね。それが、現在のアメリカの政治的正しさ、ポリティカル・コレクトネスってよく言われたんですけど、そういうものになっている」
「この差別問題っていうのは、アメリカの中に非常に大きな影も落としているだけではなく、そういう新たなルールみたいなもの、こういうものを形成してしまっているというところがあるんですよ」
 リー将軍とは、南北戦争で奴隷制存続派の南部連合を率いた軍人、ロバート・E・リーのことだ。今回のバージニア州での衝突事件では、奴隷制を支持した勢力を顕彰するのは適切でないという広い認識を背景に、公園のリー将軍の像を撤去する決定を市が下した。これに対し、像の撤去反対を名目に白人至上主義者やネオナチらが集合して大規模集会とデモを行ったのが事件の発端だ。
 つまり有本氏は、このリー像の撤去問題を「なやましいところもある」と表現し、奴隷制、人種差別撤廃をめぐるポリティカル・コレクトネスに話にすり替えているわけである。しかも、明らかに“反差別に配慮するあまりいきすぎたポリコレ”という文脈で、そんな話を唐突に持ち出したのだ。
有本香が「白人至上主義だけでなくリベラル至上主義もとんでもない」
 これこそ“どっちもどっち論”の典型的なやり口だろう。そもそも、白人至上主義の象徴となっているリー将軍の銅像の撤去は「名作が上演できなくなっている」なる問題とはまったく次元が違う。また、白人至上主義者たちは今回、あきらかにリー像の撤去反対を名目に、「アメリカを白人の手に取り戻せ」とか「1国1民族、移民反対」などとレイシズムと排斥主義をわめきちらしていた。そして、忘れてはならないのは、白人至上主義者の方が車で抗議者に突っ込み、多数の負傷者とひとりの死者を出したという事実である。
 こんな明白な人種差別、ヘイトクライムに対して、映画界のポリティカル・コレクトネスの是非を持ち出して、いったいどうしようというのか。首を大きくかしげざるをえないが、続けて番組を見ていると、有本氏はついにグロテスクな本音をさらけ出した。
「まあ、いまちょっと揶揄される向きとしては、白人至上主義、これも非常に忌まわしきものだけど、リベラル至上主義っていうのもこれもまたちょっととんでもないね、と。さっき言ったみたいに、非常にオバマ時代の8年間が逆にいろんなストレスを生んでしまったと、こういう側面もあるんですよね」
 この人はいったい何を言っているのだろう。有本氏は「リベラル至上主義」なるものの存在をデフォルトのように語っているが、こんな無理やりな言葉なんてこれまで聞いたことがない。よしんば、有本氏の言う「リベラル至上主義」なるものがあったとして、どうしてそれが白人至上主義と並置されるのか。
 まあ、ようするにこういうことだろう。有本氏は、差別主義に抗議する人々を「リベラル至上主義」なる理解しがたいカテゴリーに入れ、白人至上主義の差別性を薄めた。そのうえで、差別主義の台頭をリベラルなオバマ政権の政策に原因があると言い出し、まるで、反差別、反ヘイト側に非があるかのように議論を誘導したのである。
 これこそがまさにトランプとそっくりな、強者と弱者の構図を無視することで人権や社会的正義を無化しようとする“どっちもどっち論”の典型例だが、しかし、この無茶苦茶な論理は、日本のネット右翼にも、そして実は安倍首相にも通底しているものだ。
 そのことをズバリ指摘したのが、同じ日の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)での、玉川徹氏だった。
玉川徹が指摘したトランプ発言と日本のネトウヨの共通性
 この日の放送で、トランプの発言が二転三転したことが問題視されると、玉川氏はそれが問題ではないと否定。「発言から差別主義の本音が出ている」ところが反発されたとして、トランプが配慮した「固い支持層」について「オルト・ライト」(=オルタナ右翼)と呼ばれる極右を念頭に、“真性の保守ではなくネット右翼的なものが混ざっている”と指摘した。
「まさに日本のネット右翼も(オルト・ライトと)同じような傾向があるわけですよ。排外主義だったり、『取り戻す』っていう表現、これも大好きですよね。だから本当に僕はこれ、共通性を感じるんですよね」
 そして、トランプが会見で「オルト・ライトに抗議した“オルト・レフト”(=オルタナ左翼)はどうなんだ? 一方に悪いグループがいて、もう一方にとても暴力的なグループがいる」と述べたことなどをめぐって、こう当を得た批判をしたのである。
「同じ論理なんですよ、日本も。たとえば、この前の都議選の時に『こんな人たち』っていうふうに言ったら、あそこでデモ活動をしていたのは『左翼だ!』っていうふうな話になったじゃないですか。そういうネット右翼の人たちは、自分の考えに沿わない人はみんな『左翼』っていうふうにレッテルを張るんですね。これはもう、いわゆるネット右翼と同じような発想をするんだなトランプ大統領は、って思ったんです」
 たしかにそのとおりだ。日本でも、反差別や政権批判の動きが起きると、安倍首相もそしてネトウヨなどの安倍応援団も必ず、その動きに「左翼」「過激派」などレッテル貼りをして、「暴力行為を許していいのか」などという攻撃を繰り返してきた。その姿はまさにトランプそっくりといっていいだろう。
 しかも、問題なのは、こうした攻撃に、本来は徹底的に「反差別」「権力チェック」の立場に立たなければならないメディアまでが引きずられ、両論併記か口をつぐんでしまうか、どちらかしかできなくなっていることだ。
 今回のトランプ問題にしてもそうだ。有本氏にトンデモ論を語らせた『バイキング』は論外としても、他ワイドショーにしてもコメンテーターに「対岸の火事」的な解説を語らせるだけの番組がほとんどで、日本にも存在している同様の差別構造やバックラッシュと向き合う報道は皆無だった。
 そう考えると、今回のトランプ発言は改めて日本の言論の脆弱性を浮き彫りにしたと言えるだろう。(編集部)


非正規教員、給料に上限…38都県で内規設け
 公立小中学校に非正規として勤務し、担任や部活動の指導など、正規教員とほぼ同じ仕事をする臨時的教員について、38都県が、地方公務員法に基づく給料表の通りに年齢などに応じて金額が上がることがないよう、別のルールを設けて給料を低く抑えていることがわかった。
 総務省は、給料制度の運用に問題がある可能性を指摘している。
 読売新聞が今年7月、47都道府県の教育委員会に給料などについて聞いた。
 大阪府、岡山県など9道府県は、年齢や経験に応じて給料表通りに上がるが、熊本県、茨城県など38都県は、給料表とは別に、条例や内規などで上限を設けていた。鹿児島県の給料表の最高は月40万5600円だが、規定により20歳代後半の給料と同程度の月22万1200円を上限としていた。

クロサギ/解Iでメール返事/pdf2か月分整理

ブログネタ
フランス語 に参加中!
dirndl2

Face aux menaces de Trump : solidarité avec le Venezuela ! Non à toute intervention impérialiste !
En menaçant le Venezuela d'une ≪ possible option militaire ≫, le grotesque et dangereux Donald Trump a jeté encore plus d'huile sur le feu de la très grave crise, économique, sociale et politique, que traverse ce pays. Même si tous les gouvernements latino-américains, y compris les plus proches alliés des Etats-Unis, et jusqu'à l'opposition de droite vénézuélienne liée à Washington, se sont démarqués de ces propos, voire les ont condamnés, ceux-ci sonnent comme un avertissement qui ne peut pas être ignoré. Les Etats-Unis d’Amérique ont en effet une longue tradition d'interventions militaires, de soutien à des coups d'Etat et des dictatures militaires dans la région. Et dès à présent ils interviennent – comme le fait aussi, à sa façon, l'Union européenne – au moyen de manœuvres politico-diplomatiques et de sanctions économiques.
Le NPA dénonce toutes ces ingérences et menaces. Il appelle à se solidariser avec le peuple du Venezuela, en premier lieu aujourd'hui en défendant l'intégrité territoriale du pays. Pas un soldat états-unien ne doit poser le pied sur son sol ! Et si demain, par malheur, une telle agression devenait réalité, toutes les forces anti-impérialistes, plus largement toutes celles qui sont attachées au droit à l'autodétermination des peuples, devraient s'unir dans l'action contre les troupes de ‘l'Oncle Sam’.
Cela ne signifie pas, pour notre part, un soutien a-critique ou aveugle à la politique de Nicolás Maduro et de son gouvernement. Les secteurs bureaucratiques chavistes et la ‘bolibourgeoisie’ portent une lourde responsabilité dans la catastrophe actuelle, alimentant par là même les appels au coup d’Etat et actions violentes de la droite revancharde et néolibérale de la MUD (Mesa de Unidad Democrática). La corruption et les détournements de fond, les attaques contre les libertés démocratiques, les trucages électoraux ne sont l'apanage ni d'un camp ni de l'autre, au détriment de celles et ceux d’en bas. Face à la droite et à la vieille bourgeoisie pro-US, Maduro et le gouvernement actuel, de plus en plus appuyés sur l'armée, se présentent comme anti-impérialistes ; ce sont eux pourtant qui payent rubis sur l'ongle une dette extérieure qui saigne de plus en plus le pays, eux aussi qui livrent l'Arc minier de l'Orénoque (12 % du territoire national) à la voracité de multinationales étrangères, avec des conséquences désastreuses pour les populations indigènes et sur les équilibres écologiques.
Notre solidarité politique va aux travailleurs et aux secteurs populaires, qui ont été dans le passé les acteurs de très grandes mobilisations (insurrection dite du Caracazo en 1989, combat victorieux contre le coup d'Etat anti-Chávez de 2002, création d’espaces d’auto-organisation urbains et ruraux depuis plus de 15 ans) secteurs qui, pour l'essentiel, ne sont pas encore intervenus dans la crise présente. Notre soutien va aussi naturellement aux organisations de la gauche anticapitaliste qui luttent aujourd'hui pour faire émerger une telle intervention autonome.
フランス語
フランス語の勉強?
金曜ドラマ「ハロー張りネズミ」
第6話「探偵vsエリートゲス政治家!美女が怪死…暴けトリック」
あかつか探偵事務所の探偵・ゴロー(瑛太)宛てに一通の手紙が届く。差出人の名は、身に覚えのない見知らぬ女性。 「この手紙が届くころ、私は殺されているはずです。どうかその犯人を捕まえてください」。驚愕の依頼に戸惑うゴローは、早速差出人の住所に向かうと、室内に差出人らしき女性の遺体を発見する。ゴローはその犯人を探し出すことを決意し、ある一人の県議会候補者(ムロツヨシ)の元へ向かう。
瑛太、深田恭子、森田剛、山口智子 (他) (第6話ゲスト) ムロツヨシ、玄理、前野朋哉、岩谷健司 弘兼憲史「ハロー張りネズミ」(講談社「ヤングマガジンKC」所載) 大根仁 韓 哲、市山竜次(オフィスクレッシェンド) SOIL&"PIMP"SESSIONS feat. Yojiro Noda 「ユメマカセ」◇番組HP http://www.tbs.co.jp/hello-harinezumi/ ツイッター https://twitter.com/hello_hrnzm @hello_hrnzm #ハロー張りネズミ #ハロネズ インスタグラム https://www.instagram.com/hello_harinezumi/ オフィスクレッシェンド/TBS


お仕事しなくてはならないのが残念ですが,楽しみなのはランチ.一人でゆっくりといつものお店.ご飯を白飯かかやくごはんで選べるようになっているのもうれしい.クロサギというマンガを手に取り読んでみて面白いと思いました.
解Iで確認のメールが届いていたので返事が面倒だなぁと思いながら遅い時間に返事しました.
それよりも2ヵ月でたまってしまったpdfを整理しました.

<大川小保存>校舎内部非公開へ 石巻市が住民らに方針説明
 東日本大震災の津波で児童と教職員計84人が犠牲となった石巻市大川小の遺構保存を巡り、市は17日、津波の痕跡が残る旧校舎の内部を非公開とする方針を明らかにした。市河北総合支所であった遺族や地元住民らとの会合で説明した。
 会合は非公開で住民ら13人が出席。校舎への立ち入りや、釜谷地区と遺族会が校舎南側に設置した慰霊碑の移設場所など、市が6月にまとめた整備方針で未定だった点を中心に話し合った。
 市の担当者は会合後、内部の非公開について「校舎に入らなくても(震災のことを)十分説明できる。出席者から異論はなく、基本設計に反映させたい」と語った。
 見学コースは低学年棟、プール、渡り廊下などを含め、今後検討する。
 内部公開を巡っては、遺構保存を議論する検討会議や住民説明会で「津波の脅威を伝えるため公開は必要」との意見が多かった一方、安全対策などの面から慎重な声もあった。市は建築基準法などを考慮しつつ、住民らの意見を聞いて判断するとしていた。
 慰霊碑は校舎東側にある観音寺の敷地内に移す方針。市は9月にも基本設計に着手し、2018年夏ごろまでに策定する予定。住民説明会を経て実施設計を策定し、19年度末の遺構整備完成を目指す。
 大川小の遺構保存では昨年7月〜今年3月、有識者や遺族らでつくる検討会議が5回の会合を開催。市は意見などを踏まえ、6月に整備方針を策定。その後も意見を集約して基本設計の方針を固め、今回の会合で住民らの合意を得た。


<復興を生きる>漁村 12年の営み記録
◎3・11大震災/「被災地撮り続ける」/映画監督 我妻和樹さん=白石市
 通い続けた小さな漁村は突然、「被災地」として全国に名が知れ渡った。
 宮城県南三陸町戸倉の波伝谷(はでんや)地区。約80戸あった集落は、東日本大震災の津波でほとんどが流された。
 白石市の映画監督我妻和樹さん(32)は、波伝谷の震災前後の12年間を3本のドキュメンタリー映画にまとめた。宮城県内の被災地をはじめ、首都圏などで上映活動を続ける。
 「コミュニティーが分断された被災地にかつてどんな人の営みがあったのか、丁寧に記憶にとどめたい。その暮らしを描くことで震災によって何が失われたのかがはっきり見えてくる」
 波伝谷との出合いは2005年3月。東北学院大の研究室の民俗調査で訪ねたのがきっかけだ。300年以上続く伝統行事「春祈祷(きとう)」や、海辺に生きる人たちに魅了された。
 「色鮮やかな衣装をまとう若者たちは勇ましく、非日常で幻想的な世界があった。海で生きていく覚悟を決めていた。自分は漠然と大学に通っていたのに」
 波伝谷で感じた魅力を映画にしたい。卒業後もアルバイトの傍ら、自宅のある白石市から車で3時間半かけて通った。
 震災当日、波伝谷に向かう途中で津波に遭った。約1キロ手前で車を降り、高台を駆け上がった。隣の集落で避難した人と一緒に難を逃れた家で一夜を明かした。
 車と機材を失い、波伝谷に行くべきか、ためらった。「映画で生きていくと強い覚悟を持って撮っていたわけではない。どんな顔をして会えばいいのか。逃げ出したかった」。悩んだ末、「いるべき場所はここじゃない」と思い立ち、波伝谷でカメラを回した。
 撮りためた映像は16年までの12年間で計550時間を超える。住民の懐に飛び込んで一緒に泣いたり、笑ったり。もがきながら日々の営みを記録し続けた。
 最新作「願いと揺らぎ」は震災翌年、春祈祷の再開へ動きだした住民の思いや復興の現状を描いた。いさかいや和解、喜怒哀楽をありのままに映し出す。
 「人と人とのつながりは時に面倒だけれど、それが生きがいにもなる。時間をかけてようやく地元の人と分かり合える瞬間がある。大切なのは記録し続けること」。地域に寄り添うとは何か、改めて実感した。
 10月に山形市で開催される「山形国際ドキュメンタリー映画祭」のインターナショナル・コンペティション部門で入選。国内外の映画関係者に作品を披露する機会を得た。
 「消えていく暮らし、変わっていく文化は各地にある。そのただ中で悩みながらも土地に根差し、地域で生きる農山漁村の普遍的な姿を描きたい」
 被災地から伝えたいことはまだまだある。映像作家として生きていく。もう揺らぎはない。(白石支局・村上俊)
        ◇        ◇        ◇
 我妻さんの作品3本の上映会が19日、仙台市青葉区のせんだいメディアテークで開かれる。午前10時半〜午後7時半。有料。連絡先は我妻さん070(2037)1552。


<災を忘れず>原発事故の教訓 未来へ
 地震や風水害などの天災、戦争や市街地の火事といった人災。生死を左右しかねない惨事の発生は人々に大きな衝撃を与えるが、その爪痕や傷痕が歳月の中で癒えるにつれ、風化は進む。「大切な記憶を継承する」。熱い願いが込められた東北各地の施設や地域を紹介する。
◎東北の施設・地域巡り(2)コミュタン福島(福島県三春町)
 住民の暮らしを奪った東京電力福島第1原発事故。事故直後の様子を模型で再現する。水素爆発を起こした1号機は、がれきが積み重なっている。
 事故から6年半近く。廃炉作業の現状はどうか。
 「3号機では使用済み核燃料の取り出しに向け、放射性物質の飛散を防ぐかまぼこ型のカバーを設置する工事が進んでいます」
 現地に足を運んで研修を重ねるスタッフが、来館者に丁寧に説明する。
 オープンは昨年7月。原発事故に関する情報を発信する体験型施設として、福島県が整備した。館内は五つのゾーンに分かれ、事故後の福島の歩みや、放射線などを紹介。タッチパネルで楽しみながら学べる。
 中でも「環境創造シアター」は迫力満点だ。直径12.8メートルの全球形スクリーンが映し出す福島の自然や相馬野馬追など伝統行事、復興への取り組みをまとめた映像は臨場感があふれる。
 自然界の放射線などを観察する「霧箱」もある。大きさは国内有数。箱をのぞくと、放射線が霧状の白い軌跡になって出現する。目に見えない放射線の空中の動きをイメージできる。
 放射線への漠然とした不安は消えない。大山一浩副所長は「福島の現状や放射線について正しく理解することが重要」と語る。
 来館者は1年間で8万人を超えた。県内の学校関係は260団体が訪れた。原発事故は県内の子どもにも「昔」になりつつある。
 「事故当時は小学2年。よく分からなかった」と伊達市伊達中3年の渡辺羽由さん(14)。来場したことで「原発で何が起こったのか理解できた」と話す。
 昨年は自主避難の児童生徒へのいじめが全国各地で表面化した。対応が問題になった横浜市教委は今年、教職員研修の一環で、この施設を利用した。
 原発事故の被害は甚大で、風評や偏見は根強い。「事故の教訓を未来へつなぐ役割も果たしたい」。大山副所長は力を込める。
<メモ>入館無料。開館時間は午前9時〜午後5時。毎週月曜休館。オープン1周年を記念した「発明王エジソン展」を27日まで開催中。連絡先は0247(61)5721。


<盆踊り>陸前高田・上の坊で14年ぶり復活 都会の若者が復活後押し
 18世帯、約50人が暮らす陸前高田市小友町の上の坊集落で16日夜、14年ぶりに盆踊りがあった。復活を後押ししたのは、東日本大震災をきっかけに交流を深める首都圏などの若者たちだった。
 夕闇の中、常膳寺の境内に広がる踊りの輪。久しぶりに顔をそろえた住民たちに交じって、浴衣を着た20〜30代の若者たちの笑顔があった。
 「こんなに人が集まったことはない。涙が出る」と集落会長の新沼裕さん(67)がつぶやいた。上の坊集落もまた、高齢化や人口減で恒例行事の盆踊りが途絶えて久しい地域の一つだった。
 それが震災後、若者が空き家に移住。復興支援活動を通じて同世代の人々が集落を訪れるようになり、地域住民と交流を深める中、盆踊り復活に向けて協力を買って出た。
 草刈りややぐら組み、灯籠の設置に一緒に汗を流し、地元のお年寄りから「高田音頭」などの振り付けや浴衣の着付けを教わった。
 東京都中野区の会社員板橋優女(ゆめ)さん(23)は「集落の一人一人とつながっていると感じられ、うれしくなった。地域の人たちと何かしたかった」と話す。新沼さんは「大きな後押しで住民たちもやる気になった。盆踊りが続き、いずれ若者たちが定住してくれたらいいと願っている」と笑顔を見せた。


東日本大震災 福島第1原発事故 汚染水漏れ
 東京電力は17日、福島第1原発の汚染水を処理する多核種除去設備で高濃度汚染水が漏れ、ベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり2200万ベクレル検出されたと発表した。漏れた汚染水はせきの内側にとどまっており、外部への漏れはないという。東電によると、協力企業の作業員が16日午後2時15分ごろ、多核種除去設備の一部から水滴が垂れているのを発見。漏れた汚染水は推定で50ミリリットルとみられる。テープを巻いて補修すると漏れは止まったという。【岡田英】

<豪華列車>鳴子へようこそ「四季島」初の宮城停車
 JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島(しきしま)」(10両編成)が17日夜、大崎市の鳴子温泉駅に停車した。5月1日に運行を始めた四季島が営業運転として宮城県内の駅に停車したのは初めて。
 午後9時15分ごろ、シャンパンゴールドの車体が鳴子温泉駅に入線すると、ホームで旅館関係者ら約150人が出迎えた。乗客たちは浴衣姿で共同浴場などへ向かい、約2時間の滞在を思い思いに楽しんだ。
 姥乃湯(うばのゆ)旅館のおかみ遊佐千恵さん(64)は「湯の良さ、人の温かさを味わってもらい、また次の機会にゆっくりと鳴子を訪れてほしい」と話した。
 2泊3日で東北の名所を巡る「東日本の旬」コースで、四季島は16日に上野駅を出発。湯沢、八戸の両駅などを回った。18日は一関市に立ち寄り、上野駅に戻る予定。


広島土砂災害3年 防災、私たちの手で 風化する今、訴え
 77人が犠牲となった2014年8月の広島土砂災害。広島市安佐北区・三入(みいり)地区の自主防災会連合会長を務める新木(あたらしき)信博さん(67)は災害当日、未明の大雨の中で避難しないよう住民に伝え、結果的に多くの命が助かった。「防災は自助が大事。3年たって記憶が風化している今こそ意識を高めなければ」。地域で防災の取り組みを続ける一方、災害を語り継ぐため地域の被害状況を記した石碑を20日に除幕する。【小山美砂】
 新木さんは中学生の頃に土砂災害で山口県の自宅が被害に遭った。12年前に三入地区内の防災会長になり、斜面地など危険箇所を写真に撮り、住民に注意を促してきた。13年11月には住民を集めて危険な場所を予想し、対処法を考える会合も開催。「1階は土砂が流れ込むから、大雨の時は2階で寝よう」などと意見を交わした。
 その9カ月後、14年8月20日未明、大雨が広島市を襲った。市から避難指示・勧告は出ておらず、一部地区の住民から「避難したい」と連絡が入った。新木さんはいったん独自に午前2時半に避難するよう伝えたが、雨雲レーダーをスマートフォンのアプリで見て降雨が続くと予測。「夜間に避難させるのはかえって危険」と考え、避難時刻を明け方の午前4時に遅らせ、その地区の住民67人は自宅2階にとどまった。間もなく避難所の集会所は土砂に襲われ、跡形もなく流された。「あの時全員を避難させていたらと思うとぞっとする」
 一方、三入地区では集会所に早めに来ていた女性、水路の泥をかき出す作業をしていた男性の高齢者2人が犠牲になった。地域の仲間を失った悔しさが残った。
 災害を教訓に、三入地区での防災の取り組みは続いた。大学の研究室と共同で、地区内3カ所の路上に大雨の際に信号を点灯させて住民に避難を促す警報機を設置。新木さんが雨雲レーダーをチェックし、赤信号を出せば独自に避難する仕組みだ。地元小学校の防災教室では被災経験を住民が語る。地域住民らが廃品回収などで資金を捻出し、安全な場所に新たな集会所作りも進めている。
 20日に除幕する石碑には、死者数や損壊家屋数など被災状況を地図と共に刻んだ。併せて防災に関する子供たちの作文や絵画なども展示する。一方、新木さんは最近は大雨でも住民が避難しないなど意識の低下が気掛かりだ。「あれだけ大きい災害が来たから、しばらくは大丈夫と思ってしまう。防災に皆で取り組んでいきたい」と表情を引き締めた。


広島土砂災害3年 「助けて」次は応える 会社員が消防士
 77人が犠牲になった広島土砂災害は、20日で発生から3年を迎える。発生当日の朝、会社の業務で現場を訪れ、悲惨な光景を目の当たりにした恵南(えなみ)直也さん(26)=広島市安佐南区=は昨年、市消防局の消防士になった。土砂の中で取り残された女性から助けを求められたが、何もできなかった悔しさから一念発起し、会社員を辞めた。「今度同じような場面に遭遇したら、絶対に助ける」と誓う。【小山美砂】
 今月16日、今もなぎ倒された木が残り、すぐ近くで住民3人が亡くなった同市安佐北区の山中で、救助訓練に励む恵南さんの姿があった。人形を乗せた担架を運びながら「もう少しですよ、頑張ってください」と声をかける。訓練には少し慣れたが、「経験不足で、いつも慌ててしまう」。
 恵南さんは、被災地にほど近い安佐南区伴東地区の出身。3年前の8月20日朝、防災用品の販売会社で営業を担当していた恵南さんは、災害時に役立つ製品づくりの参考にするため、上司と2人で自宅から約5キロ離れた現場に向かった。
 付近で10人が亡くなった同区緑井7丁目に着くと、大半の家が倒れ、辺り一面に土砂が堆積(たいせき)。道路には泥水が川のように流れていた。過去に訪れたことのある地区だが、自分がどこにいるのかすら分からない。そんな時、悲痛な声が聞こえた。「こっから出たいんじゃけど。助けてちょうだい」
 土砂に囲まれたアパートの玄関先に60歳ぐらいの女性が取り残されていた。「僕、行きますよ」。付近に警察官や消防士の姿はなく、「自分が背負って助けよう」と近づいたが、すぐに片足がひざまで土砂に埋まった。身動きがとれなくなり、上司に引き上げられた。結局、後から来た近所の人に女性を任せ、その場を離れた。「何もできなかった」と無力感だけが残った。
 その後も被災地のことが気にかかり、発生3日後から約1カ月間、休日を利用して被害のひどい同区八木地区などに通った。家屋から土砂をかき出すボランティア作業にあたったが、少し動くだけで息が上がった。その隣で、表情一つ変えずに作業を続ける消防士たちがいた。「自分もこの人たちのように人を助けたい」。4カ月後、約2年間勤めた会社を退職し、消防士を目指して勉強を始めた。
 毎日12時間の勉強を続け、つらい時は、土砂で倒壊した家屋など自身が撮影した被災地の写真を見返し、気持ちを奮い立たせた。2015年夏に初挑戦で合格し、被災地を抱える安佐北消防署に昨春、配属された。厳しい訓練で体力面できついこともあるが、そんな時は女性を助けられなかった悔しさを思い出す。「まだまだ未熟だが、先輩たちから学び、地域の防災に貢献したい」。その目は真っすぐ前を見つめていた。


広島土砂災害から3年を前に 思い出の品返却
77人が亡くなった広島市の土砂災害から20日で3年になります。被災地では、がれきなどの中から見つかった日用品などを、「思い出の品」として、持ち主に返そうと、18日から返却会が始まりました。
広島市の安佐南区や安佐北区で、77人が亡くなった3年前の土砂災害では、がれきや土砂の処理作業で、住民の日用品などが見つかり、市が「思い出の品」として保存し、持ち主を探す活動をしています。
18日からは、一つでも多くの思い出の品を見つけてもらいたいと、実物を集めた返却会が始まりました。
会場の安佐北区民文化センターには、野球のグローブや、ぬいぐるみ、腕時計など、持ち主が見つかっていない品々が並べられています。
広島市によりますと、これまでに見つかった1154点のうち、持ち主に返却されたのは24点にとどまっているということです。
広島市環境政策課の高野正徳課長は「時間が経ち、返却がなかなか進んでいないので、実際に見てもらって、愛用していた品物を少しでもお返ししたい」と話していました。
この返却会は、土砂災害から3年となる20日まで開かれています。


広島土砂災害3年、被災と復興撮り続け供養に 兄夫婦亡くした男性、救えなかった悔い胸に
 2014年8月に発生し、77人が犠牲となった広島市北部の大規模土砂災害の被災地で、兄夫婦を亡くした男性が変わり果てた街並みを撮り続けている。「なぜ助けられなかった」という悔いを胸に収めた写真は、1200枚を超えた。土砂災害は20日で発生から3年。惨事の爪痕を記録し復興を見届けることが、大切な人たちの供養になると信じている。
 流木や土砂が押し寄せ全壊した家屋、泥に埋まった道路、えぐられたような山肌――。写真の日付は、土砂災害が発生した翌日の14年8月21日から始まる。広島市安佐南区の八木地区に住む立川新三さん(80)が一枚一枚、時系列に並べてアルバムに収めてきた。
 約50年前、立川さんが同地区に新居を建てると、「自分たちも」と兄の洋二さん(当時81)と妻、サチコさん(同82)が数軒先に引っ越してきた。毎日のように顔を合わせ、支え合ってきた暮らしは「あの日」に一変。登山に出掛けていた立川さんは無事だったが、兄ら2人は自宅などで遺体で見つかった。
 「自分は助かったのに、どうして……」。深い喪失感と、そばにいられなかった後悔で胸がいっぱいになった。翌朝、足を運んだ兄の家はがれきと土砂で埋まり、住み慣れた街は見渡す限り泥に覆われていた。何かに突き動かされるように、趣味で使うカメラを取り出し、シャッターを押した。
 ファインダーを通して見つめた兄の家は、重機でがれきが取り除かれ、整地が進んだ。背後の山々にカメラを向けると、砂防ダムの建設のため、コンクリートのブロックが少しずつ積み上がっていく。向かい側の山に登り、地区全体の復旧が進む様子も写真に収めた。
 毎日のように撮影を続ける負担は軽くない。しかし「兄たちがのみ込まれた土石流を、自分は経験していない。被害や復興の様子を記録し続けることで、天国の2人も喜んでくれるかもしれない」という思いが高齢の体を奮い立たせる。
 災禍からまもなく3年となり、地区では砂防ダムの一部が完成、建て直された家も増えた。近所の人と被災時の話をする機会は減ったが、最近「街がどう変わってきたのか見たい」と言われることもあるという。「被災の記憶を呼び起こし、復興の道のりを伝える一助になれば」。無心で撮り続けてきた写真の活用法にも、思い巡らせる。
 ▼広島市北部の大規模土砂災害 2014年8月20日未明、広島市の安佐南、安佐北両区などを豪雨が襲い、大規模な土石流や崖崩れが発生した。災害関連死の3人を含む77人が死亡。住宅は約400棟が全半壊するなど約4750棟に被害が出た。県と市は被災者向けに最長で16年8月末まで公営住宅を無償提供し、最大で約300世帯が利用した。


九州豪雨 生活再建へ鍵が届いた…仮設住宅、入居可能に
 九州北部豪雨で大きな被害を受けた福岡県の朝倉市と東峰村で18日、応急仮設住宅の鍵が被災者へ引き渡された。同日から入居可能となり、生活再建に向けて被災者が一歩を踏み出す。
 運動場に仮設住宅40戸が完成した朝倉市の杷木(はき)小学校では、入居予定の住民が体育館に集まり、県の担当者から注意事項などの説明を受けた。仮設は木造平屋で間取りは2DKや3Kなどで、鍵を受け取った人たちは仮設に入って部屋の中を確認していた。22戸の仮設が建設される東峰村でも、既に完成した17戸について鍵が渡された。
 また同日、東峰村の残り5戸と朝倉市の追加分の38戸の建設に着手した。朝倉市の追加分が予定より8戸減ったため、両市村の仮設は計100戸となる。入居は最長2年。
 豪雨によって全半壊した住宅の戸数は17日現在で、朝倉市が917棟、東峰村が62棟にのぼる。今も朝倉市で372人、東峰村で10人が避難所生活を送っている。他に親族宅などに身を寄せている被災者もいるとみられる。
 杷木小の仮設に入居する矢野延孝さん(70)は朝倉市杷木白木の自宅が土砂や倒木に襲われ、大規模半壊した。福岡県うきは市の長男(41)宅に身を寄せており、「仮設住宅入居によって気兼ねなく生活ができるというほっとした気持ちと、(仮設団地には)知っている人が少ないという不安な気持ちが半々です」と話した。【遠山和宏】


デスク日誌 ブラックラボ
 山形大の小山清人学長は第4志望の繊維工学科にしか入れなかった劣等感を抱え、同大工学部に入学したという。49年前の話だ。
 しかし、ある日のクラス親睦会。友人が「この学科は第4志望だった」と言いだすと、他の級友から「実は俺も」「自分もだ」との声が相次ぎ、結局、クラス全員が第4志望だったことが分かった。不本意な思いは消え、以後、学生生活を心から楽しめるようになったという。
 今年4月の入学式で、小山学長が新入生に語ったエピソードである。
 助教によるアカデミックハラスメント(アカハラ)で自殺した工学部の学生も第1志望の研究室には成績が及ばず、既に悪い評判のあった助教の研究室に入った。待ち受けていたのは深夜まで拘束される実験や長時間の叱責(しっせき)、人格攻撃。研究に充実感を見いだす余裕はなかったに違いない。
 小山学長の学生時代から研究室を取り巻く環境は大きく変わった。それは山形大だけの問題ではない。
 指導教員によるアカハラが横行する研究室を理系学生は「ブラックラボ」と呼ぶ。大学改革の重い課題から目を背けてはならない。(山形総局長 昆野勝栄)


日照不足 農作物管理の徹底を
今月に入ってから曇りや雨の日が続き、記録的な日照不足となっていることを受けて、県は農業関係者を集めた会議を開き、稲などの農作物の管理を徹底するよう呼びかけました。
仙台管区気象台によりますと、今月に入ってから、県内は曇りや雨の日が続いていて、仙台市の日照時間は平年の16%程度にとどまっています。
こうしたことから、県は18日、農作物への影響を確認し、今後の注意点を話し合おうと、農協や農業試験場の担当者などを集めた会議を開きました。
この中では県の担当者が、「稲」は、先月、暑かった影響で生育は平年並みとなっているものの、今後は病気の発生が懸念されると説明していました。
また、「りんご」や「なし」といった果物も、いまのところ生育は順調なものの、今後も日照不足が続けば糖度の低下が心配されると説明していました。
その上で、水田や果樹園をこまめに見て回り、必要に応じて農薬を散布するなど作物の管理を徹底するよう呼びかけていました。
県の農産園芸環境課の齋藤公仁彦技術副参事は、「影響は現在のところ一部にとどまっているが、今後、広がる可能性があるので農家の皆さんにはできる対策をすべてとってもらい、被害を最小限にとどめたい」と話していました。


オスプレイ 訓練参加へ/日米地位協定の改定急げ
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の新型輸送機オスプレイが、北海道大演習場(千歳市など)で行われている陸上自衛隊と米海兵隊の共同訓練に、きょうから参加する予定だ。
 オスプレイは5日、オーストラリア東部沖で、隊員3人が死亡する深刻な墜落事故を起こしたばかり。事故原因が究明されないままでの訓練参加は、国民の安全性への不信感を増大させる結果になるのではないか。
 訓練期間中の拠点である米軍三沢基地(三沢市)から合流するオスプレイは、1週間前から数機が東北上空を往来していた。沖縄固有の問題と捉えず、「わが事」として真摯(しんし)に受け止めたい。
 小野寺五典防衛相は事故後、国内での飛行自粛を米軍に申し入れた。しかし、米軍側は沖縄県副知事との会談で「オスプレイは世界中で飛んでいる」と発言、7日には普天間飛行場から飛び立たせた。
 それ以後、日本側は米軍の言いなりのように映った。米軍は9日に「安全を確認し、飛行を継続する」と声明を発表。防衛省は2日後、一転して飛行継続を認めた。
 同省の事故評価を読むと、米軍の主張の丸のみと言っていい。「米軍は初期調査を確認し安全だと結論付けている」「(機体に)欠陥はないと米軍が認識している」。こうした一方的な説明を「理解できる」として容認している。
 事故原因が示されておらず、再発防止策の言及もない。安全性の根拠をどうやって確認できるのか。国民の不安をなおざりにしていると言われても仕方あるまい。
 オスプレイを巡るトラブルが多すぎる。昨年12月には沖縄県名護市の浅瀬に不時着し大破事故を起こしたが、いまだに詳細な原因は明らかになっていない。
 国内で米軍による事件、事故があっても、日本側の捜索や検証の権利を制約する日米地位協定の壁が厚く立ちはだかっているからだ。
 名護の事故でも米軍は協定を盾に日本側の現場検証を拒んだ。ならば地域住民らが納得できる早期の情報開示があってしかるべきではないか。
 日々、頭上をオスプレイが飛行する住民は耐え難いだろう。「政府は米軍にもっと毅然(きぜん)たる態度を取って」と憤るのも無理はない。政府は、日本側に不利な地位協定の改定を急ぐべきである。
 訓練はオスプレイ参加を大きく引き延ばす日程となった。沖縄県、北海道、青森県の関係自治体にとどまらず、佐賀空港への配備計画がある佐賀県などにも懸念の声が広がったからに他ならない。
 北朝鮮情勢が緊迫度を増す中で、日米連携の重要性が高まっているのは確か。ただ、同盟が正常に機能するには、互いの信頼があればこそ。政府は追従一辺倒ではなく、国民の安全確保のため、米軍に厳格な対応を要求すべきだ。


河北春秋
 デビューした1956年暮れ、住まう米南部のテネシー州メンフィスで黒人ラジオ局のチャリティーショーが催された。聴衆は黒人ばかり9千人。21歳の若き白人歌手は1人で行った。そのうち周囲に見つかり、ステージに引き上げられ『ハートブレイク・ホテル』を歌った▼大歓声が似合う人、エルビス・プレスリーである。死去してから16日で40年がたった。逸話を集めた『エルヴィス、最後のアメリカン・ヒーロー』(前田絢子氏著)は、彼の言葉も紹介している。「黒人パフォーマーは心の底から魂の歌を絶唱します。彼らにはかないません」▼ロックは黒人をルーツとするリズム・アンド・ブルースと白人の軽快なカントリー音楽が融合して生み出された。これを見事に表現したのがプレスリーであり、あらためてその生き方が脚光を浴びる▼米社会は今、白人至上主義団体と反対派が衝突した事件で揺れる。トランプ大統領は「両陣営に責任がある」と人種差別を容認するかのような発言までした。憎悪や偏見を音楽で壊してきたロックの王様には残念な母国の姿であろう▼天国からあの低音で甘い歌声が聞こえる。♪傷ついた心を晴らしな…つらくなったら訪ねてみな…そう、ハートブレイク・ホテル。米国人を癒やす場所は今どこだろう。

白人至上主義とトランプ大統領 対立と分断をあおるのか
 あまりに無分別な発言である。
 米バージニア州で起きた白人至上主義団体と反対派の衝突についてトランプ大統領は「双方に非がある」と述べた。人種差別組織のクー・クラックス・クラン(KKK)などを喜ばせる発言に対し、改めて大統領の見識を疑わざるを得ない。
 米国における人種問題は火がつきやすく、時に社会の大きな混乱を呼ぶ。バージニア州の衝突では多くの人が負傷し、差別に反対する女性が白人至上主義者の運転する車にはねられて死亡した。
 そんな無差別的な殺傷を大統領が擁護すれば、抗議の火に油を注いで社会の安定を危うくするばかりだ。
 衝突の直後、トランプ氏は「多くの側」の憎悪と暴力を非難した。抽象的だと批判されると、KKKやネオナチなどを名指しして「人種差別主義は悪だ」と明言した。
 だが、その翌日は「誰も言いたがらないが」と前置きして「双方とも暴力的だった」と見解を変えた。二転三転の末、本音が出た格好だ。
 米国では近年、南北戦争の英雄の像や記念碑などを撤去する例が目立ち、バージニア州も1920年代の建立とされるリー将軍(南軍司令官)の像の撤去を予定している。奴隷制を支持した人々を顕彰するのは不適切だとする認識が、南部も含めて全米で醸成されてきたのだ。
 ところが今年、トランプ氏が大統領に就任すると撤去への反対運動が激しくなった。白人至上主義者とも重なるが、「オルト・ライト(代替的右翼)」と呼ばれ多文化主義や少数者の権利尊重、移民受け入れなどに反対する勢力が台頭してきた。トランプ氏の強力な支持層である。
 南北戦争や奴隷制、人種差別など米国が宿命的に背負う問題で論議が過熱するのは分からないではない。
 だが、暴力は容認できないし、バージニア以外でも衝突が懸念される折、融和を促すどころか、大統領自身が対立と分断をあおるような発言をするのは論外と言うべきだ。
 トランプ氏への反発は与党・共和党や経済界にも広がり、大統領の二つの助言機関は解散した。「代わりならいくらでもいる」とトランプ氏はうそぶく。しかし、自分がますます「裸の王様」に近づいていることに、早く気付くべきである。


白人至上主義 大統領が差別煽るのか
 人種差別を容認し、助長しているとみられても仕方あるまい。
 米国南部で白人至上主義者と反対派が先週末、衝突した事件を巡るトランプ大統領の一連の発言である。
 トランプ氏は事件発生直後の声明で、事件を引き起こした白人至上主義者に言及せず、厳しい批判を浴びた。そこで2日後、白人至上主義者の団体を名指しで非難する声明をあらためて出した。
 ところが翌15日の記者会見では「両者に非がある」と蒸し返し、反対派を極端な左翼思想を持つ集団と決めつけた。
 これが本心だろう。トランプ氏はこれまでも人種、宗教による差別を煽(あお)り、社会を分断する言動を重ねてきた。その人権感覚を疑わざるをえない。
 事件は、秘密結社クー・クラックス・クラン(KKK)や極端な右派思想を掲げる団体がバージニア州で開いた集会で起きた。
 南北戦争で奴隷制度を支持する南部連合を率いたリー将軍の銅像撤去が決まったことに抗議するため、数百人が集まった。
 反対派がこれに対抗するデモを行い、両者が衝突。20歳の白人が車で反対派に突っ込み、女性1人が死亡、30人以上が負傷した。
 米紙は、この種の集会では「ここ数十年で最大規模」と伝えた。
 トランプ氏は、昨年の大統領選で白人至上主義の団体から支持を受けた。
 選挙戦では、メキシコから入国する不法移民を「レイプ犯」と呼ぶなど人種差別的な発言を繰り返した。大統領就任後も、イスラム圏からの入国規制など排外主義的な政策を押し通してきた。
 白人至上主義団体を擁護するかのような今回の発言は、米国社会に巣くう偏見や差別を一層、拡大させかねない。
 トランプ氏への批判は、米国内で強まっている。政権に助言してきた民間の諮問会議のメンバーが相次いで抗議の辞任をし、トランプ氏は二つの諮問会議の解散に追い込まれた。
 与党・共和党のライアン下院議長も「白人至上主義には嫌悪を抱く」と語った。
 米国は黒人差別撤廃に取り組んだ公民権運動など苦難の歴史をへて、多くの人種や民族が共生できる社会を目指してきたはずだ。
 そのうねりに逆行するトランプ氏の姿勢には、国際社会の失望も大きい。世界に影響力を持つ超大国のリーダーであることを自覚してもらいたい。


トランプを徹底非難する米国と大違い! 差別vs反差別で「どっちもどっち」論が横行する日本の民度の低さ
 アメリカのバージニア州で、白人至上主義者グループとそれに抗議する人々が衝突、30人以上の死傷者が出た事件をめぐって、トランプ大統領は15日、記者会見で「両者に非がある」などと発言。また「オルト・レフト」なる造語まで用い、“極左思想主義者たちが白人至上主義者たちに突撃した”などと主張している。
「じゃあ、オルト・ライトに(中略)突撃していったオルト・レフトはどうなんだ? あいつらに罪悪感のかけらもあるか? 手にこん棒を持って(中略)突撃してきたのはどうなんだ?」(BBCより)
 トランプは事件発生後の発言でも白人至上主義グループを明確に批判せず、世論から大反発をあびたが、差別主義者と差別を許さない人々を同列に置いたこの発言で、政権は致命的なほどのダメージを受けている。前大統領のオバマはもちろん、ブッシュ親子も連名で「アメリカは常に人種差別を拒絶せねばならない」と声明を出し、与党・共和党からも「国民を分断している」などとの批判が相次いだ。さらに、大統領に助言する評議会のメンバーも、この間のトランプの言動に抗議するかたちでこれまでに3名が辞任、また陸海空海兵隊の制服組トップがそろって批判するコメントを出すなど異例の状況だ。
 現在、アメリカ各地でトランプ大統領に抗議するデモや集会が行われ、“トランプ政権最大の危機”と言われるほど全米を大きく揺るがしているが、こうした社会の反応は当然だろう。
 そもそも事件の発端は、白人至上主義団体クー・クラックス・クラン(KKK)やネオナチ、そして「オルト・ライト」(=人種差別主義の極右)ら数百人が「米国を白人の手に取り戻せ」などと訴える集会に対し、人種差別と過激主義に抗議する人々が駆けつけたこと。さらに、白人至上主義側の男が車で抗議側に突入し、多数の死傷者が出る事態となった。にもかかわらず、トランプは“どっちもどっち”という言い方で差別する側を擁護し、差別に抗議する側を批判したのだ。ありえないとしか言いようがない。
 だが、今回のトランプの差別主義肯定発言から学べるのは、実は、トランプが批判されているグロテスクな“どっちもどっち論”が、日本社会ではスタンダードになってしまっているということだ。
ヘイトデモ、沖縄基地反対運動で横行するトランプ的“どっちもどっち”論
 実際、米国内と比べると、このトランプの差別主義肯定発言に対する日本メディアの追及はかなり鈍い。それだけでなく、テレビニュースでは、車で突っ込んで死傷者を出した陣営が、白人至上主義側の関係者であることを報じないケースまで散見された。繰り返すが、アメリカでは、大統領が差別主義者と抗議側を同列に扱ったことで、その地位が揺らぐ大問題になっているにもかかわらず、である。このギャップはいったいどういうことなのか。
 しかし、考えてもみれば、トランプの言うようないびつな“どっちもどっち論”は、日本の近年の差別主義団体によるヘイトデモと、それに抗議するカウンターたちをめぐる報道のされ方にも如実に表れていた。
 たとえば2013年には、当時、東京の新大久保などでヘイトデモを繰り返していた在特会とその関連団体に対し、有志の人たちや「レイシストをしばき隊」などが集まって、差別反対の声をあげるカウンターの動きが大きくなっていた。その後、カウンター行動が功を奏し、大規模なヘイトデモを抑制することになるのだが、メディアのなかには、このヘイトデモとカウンターを同列に扱って“どっちもどっち論”をぶつものが少なくなかった。
 そのひとつが「ニューズウィーク日本版」(阪急コミュニケーションズ)14年6月24日号に掲載された〈「反差別」という差別が暴走する〉という記事だ。記事は、“差別的な言論を暴力をもって押さえ込むカウンターの手法は「憎悪の連鎖」を生むだけではないか”“日本は独り善がりの「正義」と腕っ節ばかりが支配する息苦しい国になるのか”などと、“どっちもどっち論”を使ってカウンター行動を酷評するものだった。
 あるいは、沖縄米軍基地をめぐる抗議活動もそうだ。高江のヘリパッド建設に反対する人々に対し、これを“鎮圧”するために送り込まれた機動隊員が「土人が」と差別発言をしたのは記憶に新しい。本土による沖縄の差別的扱いがこれでもかというほどあらわれたかたちだが、本土の一部メディアやネットでは、逆に新基地反対運動に対して、「反対派は過激な運動で迷惑をかけている」「反対派だって暴言を吐いている」などといった“どっちもどっち論”が絶えない。
 改めて強調しておくが、こうした“どっちもどっち論”は、本来、並べるべきものではない両者をわざと同じように扱うという、典型的なミスリードだ。言うまでもなく、人種差別の問題にしても、基地建設の問題にしても、弱者と強者ははっきりしていて、差別される側、あるいは有無を言わさず近隣に基地をつくられる側が圧倒的弱者である。日本社会にはびこる“どっちもどっち論”は、その前提を完全に無視することによって、なぜ抗議する人々がこれほど大きな声をあげているのか考えることをやめる。しかも、彼らは、さも高みから見物するように“どっちもどっち論”を唱え、抗議活動などを冷笑することこそが、クレバーで正しい意見かのように振舞っているから、一層たちが悪い。
 また“どっちもどっち論”は、ただ社会問題についてのコミットメントを拒絶しているわけではなく、ましてや、まったく冷静な意見を述べているわけでもない。結局のところ、彼ら“どっちもどっち論者”は、差別を温存して、弱者を踏みにじる側についているだけだ。今回、アメリカでトランプの発言がこれだけ批判をあびているのも、まさにこの“どっちもどっち”が内包する問題を、多くの人が認識しているからだろう。
“どっちもどっち”論に侵され権力批判ができないマスコミ
 その意味でも、トランプの差別主義擁護の姿勢は、アメリカの問題というよりも、日本社会でこそ考えられるべきトピックだ。それは、その国で生活する個人個人の問題でもあるし、それだけでなくメディアの姿勢の問題でもある。
 たとえば、日本のメディアは「公正中立」に遠慮して、欧米と比べて政権への批判がかなり弱い。よしんば、政府の政策や態度を問題視する報道をしても、セットで必ず政府の言い分を垂れ流す。そして、生活者もその態度をさほど疑問視しない。それどころか、政権批判の報道に対して「偏向だ」「反日だ」などと素っ頓狂なことを吠え出す人たちも少なくない。安保法制にしても共謀罪にしても、あるいは森友問題、加計問題にしてもそうだろう。これはおかしいのではないか、彼らに政治家としての資質はあるのかと、メディアは一応ツッコミを入れるものの、ほぼ確実に同時に政権をフォローする。
 この権力に対する姿勢も、一種の“どっちもどっち”だろう。考えてみてほしい。私たち生活者と政治権力のどちらが力をもっているのか。圧倒的に政治権力のほうだ。ゆえに、わたしたちが絶えず権力をチェックし、その姿を批判的に検討していかなければ、社会はたちまちお上のやりたいように動いていく。とりわけ、近年の安倍政権は一強体制と言われるぐらい永田町でも霞が関でも強大すぎる権力を握っている。安保の例を出すまでもなく、どんな反対運動があっても強引に法案の成立を許してしまうほどには、すでに日本社会は相当いびつな状況になっているのだ。
 先に“どっちもどっち論”の特徴は、弱者と強者の関係を顧みないことだと指摘したが、まさに、政治権力に対する日本のマスコミ報道というのは“どっちもどっち”である。何度でも繰り返すが、その意味でも、今回のアメリカでの白人至上主義と抗議運動をめぐるトランプ発言、それをめぐる米国メディアの報じ方、そして米国の人々の反応にわたしたちが学ぶべきことは多い。少なくとも、“どっちもどっち論”に侵された日本社会の特異な状況について、ひとりひとりが積極的に見直す契機とするべきだろう。(編集部)


政治家が差別助長 日本にも横行する「どっちもどっち論」
 米南部バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義団体と反対派が衝突した事件を巡り、トランプ米大統領は発言が二転三転した末、「双方に非がある」との言い回しで人種差別を容認した。移民やイスラム教徒を冒涜(ぼうとく)するトップの言動は、米国内の差別と分断を助長してきた。だが、対岸の火事では済まされない。例えば、大阪府警の機動隊員が、沖縄の米軍基地に反対する人たちに「土人」などと暴言を吐いた際、松井一郎府知事らはそれを擁護した。日本にも「どっちもどっち論」が横行する。 (鈴木伸幸、安藤恭子)

灘中への教科書採択抗議 教育現場をおびやかすな
 教育現場に特定の主張を押しつけるような、危うい風潮を感じる。
 教科書検定に合格した歴史教科書を採択した神戸市の私立灘中学校に対し、圧力まがいの抗議が寄せられていたことが判明した。従軍慰安婦を巡る記述が理由とみられている。
 同校の和田孫博校長はてんまつを公表し「政治的圧力だと感じざるを得ない」と指摘している。教科書は、現場に詳しい教員らが内容本位で選ぶべきだ。
 灘中では「学び舎(しゃ)」(東京都)が発行した中学校の歴史教科書を採択し、昨年4月から使っている。
 ところが一昨年から昨年にかけて、自民党の兵庫県議や衆院議員から和田校長に「なぜ採用したのか」と問い合わせがあった。その後、同じ文面だったり、同校OBや親を名乗ったりする抗議はがきが200通以上寄せられたという。
 学び舎の教科書は、第二次大戦中の慰安婦問題について、旧日本軍の関与を認めた「河野洋平官房長官談話」(1993年)を紹介している。このことが抗議の背景にあるとみられるが、採択した教科書について、個別の学校に執拗(しつよう)な抗議が集中するのは異例だ。
 まず確認したいのは、教科書の採択は公立学校では教育委員会に、国立、私立の学校では校長に権限があり、その自主的な判断に委ねられていることだ。
 灘中では、教員による採択委員会で使用を決めた。「歴史の基本である、読んで考えることに主眼を置いた教科書で、能動的な学習に向いている」と評価している。
 文部科学省の検定に合格した教科書を教員が内容を見て、自校の教育にふさわしいと判断した。その手続きは正当であり、何の問題もない。
 検定教科書の中身について、個別に批判したり意見を述べたりすることはもちろん自由だ。だが、学校側に直接介入したり、政治家が関与したりする風潮が広がると、教育そのものをゆがめてしまう。
 この教科書は、難関の国立や私立の中学校を中心に38校が採用しているが、灘中以外に全国で少なくとも10校が同様の抗議を受けたという。
 「教育の独立性が脅かされる」という教員の危惧はもっともだ。学校への、あってはならぬ圧力である。


沖縄戦の遺骨 国は身元特定に全力を
 沖縄戦で亡くなった戦没者の遺骨について、政府が今年から身元の特定方法を見直した。
 事実上、軍人や軍属の遺族に限っていたDNA鑑定を、民間人の遺族にも広げるという。
 それ自体は前進であり、もちろん異論はない。むしろ、多くの住民を巻き込んだ沖縄戦の特殊性を考えれば、もっと早く軌道修正してしかるべきだった。
 国には遺骨を遺族に返す重い責務があるが、遅々として進まない。見直しを機に全力で身元の特定を急がなければならない。
 政府は2003年から、遺骨と遺族を結び付けるDNA鑑定を行っている。ただ、検体の提供を呼びかける対象は、軍人・軍属の遺族にほぼ絞ってきた。
 軍関係者はまとまって行動していることが多く、部隊の記録や遺品などから比較的手がかりを得やすいと考えたようだ。
 だが、これには首をかしげざるを得ない。
 激しい地上戦が繰り広げられた沖縄では、日米合わせて20万人を超す命が失われたが、実にその半数が一般県民である。
 DNA鑑定から民間人の遺族を除く理由はまったくない。
 軍人らに限定したこれまでの身元特定が、ほとんど成果を上げていない事実に照らせば、調査手法そのものに欠陥があったと言われても仕方あるまい。
 政府は先月、鑑定を希望する遺族の募集を始めた。
 制度についての丁寧な説明が欠かせない。
 戦後72年、遺族は遺骨が戻る日を待ち続けている。高齢化を考えると、当然ながら、効果的で迅速な対応が求められる。
 長い年月を経過したDNAは壊れていたり、抽出が難しかったりする。鑑定には困難も予想され、さまざまな科学的手法を駆使する必要があるだろう。
 政府は当面、沖縄県内の10地域で見つかった84柱の遺骨について鑑定を進める方針という。
 戦没者の数に比べれば、ほんのひと握りにすぎない。
 沖縄戦は県内の全域に及んだ。遺骨や地域を限定しない幅広い取り組みで、一人でも多くの身元特定につなげたい。
 一方、国内外の戦場跡には今もなお、約113万柱の遺骨が残されている。
 昨年施行された戦没者遺骨収集推進法は、24年度までを「集中実施期間」と位置付ける。政府は収容に一層力を注ぐべきだ。


辺野古 88歳島袋おばあ 東京で移設強行「反対」訴え
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先とされる同県名護市辺野古で暮らし、移設への抗議活動を長年続けている島袋文子さん(88)が17日、東京都内で講演した。「辺野古に基地を作らせない」と訴え、首相官邸前でも街頭宣伝をした。
 市民団体でつくる実行委員会が主催。参院議員会館の講堂で開いた講演会は、実行委によると約500人が参加した。
 島袋さんは沖縄本島南部の糸満出身。1945年4月に本格的な地上戦が始まると、目が不自由だった母、小学生の弟と逃げ回り、自身は米軍の火炎放射器で左半身に大やけどを負った。3人は生き残ることはできたが、「鉄の暴風」下の逃避行で、住民の凄惨(せいさん)な遺体を至る所で目撃した。
 戦後に結婚した夫と移り住んだ辺野古への移設計画が浮上すると、反対運動に参加。足が衰えた現在も、埋め立て工事の中止を求め、辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で座り込みを続けている。
 講演で島袋さんは、時折声を詰まらせながら、遺体が浮かんだ池の水を飲むなどした沖縄戦での体験を振り返り「基地を置くから戦争が起こる。戦争をしたいなら、血の泥水を飲んでからにしてほしい」などと安倍政権を批判。「(抗議活動中に)機動隊にゴボウ抜きに(排除)され、工事車両がゲート内に入っていくのを見ると涙が出るほど悔しいが諦めるわけにはいかない。本土の皆さん、力を貸してください」と呼びかけた。【斎藤良太】


水俣条約 名前が背負う重い意味
 水銀の使用や輸出入を規制する水俣条約が発効した。「繰り返すな」という願いをその名にこめて。フクシマやヒロシマ、ナガサキにも通じるミナマタの訴えに、世界は、日本は、どうこたえるか。 
 水俣条約。正式には、水銀に関する水俣条約−。二〇一三年に熊本市と熊本県水俣市で開催された国際会議で採択された。
 東南アジアやアフリカなどで深刻な健康被害につながる恐れが指摘される水銀の輸出を規制し、水銀を使った化粧品や血圧計、水銀が一定量以上含まれる蛍光灯などの製造、輸出入を二〇年までに原則禁止する。鉱山からの採掘も十五年以内にできなくなる。途上国の採掘現場で、金を抽出する際に使われる水銀の使用と排出を削減、廃絶をめざす−。
 条約制定と命名は、日本政府が主導した。
 “公式発見”以来六十年余、「公害の原点」とも呼ばれる水俣病は、化学工場が海に垂れ流した水銀が魚食を通じて無辜(むこ)の住民に摂取され、重い脳障害を引き起こした「事件」である。母親を通じて取り込んでしまった胎児にも、生涯残る深刻な影響を及ぼした。
 水俣の悲劇を繰り返してはならない、忘れてはならない−。そんな切なる願いがこもるその名前。患者とその家族の長年の思いを込めた約束なのである。
 その日本から、一三年には七十七トンの金属水銀が輸出されている。率先して廃絶へ向かうのは当然だ。
 水俣条約の名前は国内的にはもう一つ、重い意味を持っている。
 水俣病という病の定義はいまだ確定していない。従って被害の範囲も定まらず、患者としての認定を求める訴訟も後を絶たない。「病」の正体は未解明、「事件」は終わっていないのだ。
 「病」は恐らく終わらない。だが、原因と責任を明確にして、すべての被害者を救済すれば「事件」に決着はつけられる。
 九月にスイスで開かれる水俣条約第一回締約国会議には、胎児性患者の坂本しのぶさん(61)が参加して「水俣病は終わっていない」と訴える。不自由な体を励まし、痛みに耐えて、「今できることをしたい」と決意した。その勇気に心から敬意を表したい。
 忘却による清算は、繰り返しの土壌である。原発事故の救済や核廃絶にも通じることだ。
 世界は坂本さんと水俣の思いにこたえ、「今できること」をすべきである。 


文大統領演説  未来志向の関係求めた
 韓国の8月15日は、日本の植民地支配からの解放を祝う「光復節」である。
 今年の記念式典で文在寅(ムンジェイン)大統領は、日韓関係を「東北アジアの平和と発展へ共に協力する関係」と表現。これまでの日本側の努力を高く評価した。未来志向に基づく関係構築の呼びかけと受けとめたい。
 文氏は歴史問題に触れ、両国関係の障害は過去の歴史それ自体ではなく、日本政府の歴史認識の浮き沈みにあると指摘した。
 35年に渡る植民地支配についての認識が政権によってぶれては困る、ということだ。
 戦没者追悼式の式辞でアジア諸国への加害責任に触れない日本の安倍晋三首相へのメッセージとも読み取れる。
 安倍首相は2015年の戦後70年談話で日露戦争を「アジアやアフリカの人々を勇気づけた」とした。だが日露戦争の帰結が韓国併合である。韓国では安倍氏の歴史認識に対する不信が根強いことに留意したい。
 文氏は植民地時代の徴用工問題でも「日本の指導者の勇気ある姿勢」を求めた。
 徴用工に対する賃金の未払いなどは日韓国交正常化交渉の中で解決済みとされている。文氏が主席秘書官を務めた盧武鉉政権時代の05年にも改めて検証され、解決済みと確認された。
 文氏は、個人請求権は消滅していないとするが、具体的な交渉再開を求めてはいない。日本には「蒸し返し」と反発もあるが、安倍政権は冷静に対応してほしい。
 国家間の合意は重要だ。だが時代や状況の変化を受けて見直しを主張したことは、日本の歴史上にもある。
 1965年当時の韓国は軍事政権下であり、民主主義が機能していなかったことも理解しなくてはならない。
 文氏は日本の植民地支配への協力に反発し亡命先で臨時政府を設立した独立運動家の政治的系譜に連なる。発言はこうした背景を踏まえて受け止める必要があろう。
 北朝鮮問題では日本や米国との連携を強調。歴史問題を切り離す「2トラック外交」も確認した。北朝鮮にはミサイル開発の凍結が対話の条件と明言し、米国には「誰も韓国の同意なく軍事行動を決定できない」とくぎを刺した。
 「朝鮮半島の平和も分断克服も私たちが作り出す」と文氏は強調する。二度と大国に翻弄されてはならない。韓国の人々の思いを大統領の演説からくみ取りたい。


低温・日照不足 農作物の管理を万全に
 夏らしい青空や暑さが遠ざかっている。県内は今月2日頃に梅雨明けしたとみられるが、梅雨に逆戻りしたような曇り空が続く。
 気温も低く、8月の盛岡は真夏日が2日しかない。最高気温が25度に届かない日もしばしばで、今月上旬の宮古の平均気温は20度に達しなかった。7月が記録的な猛暑だっただけに落差が際立つ。
 日照不足はさらに著しい。今月上旬の大船渡の日照時間は平年の3割にとどまった。沿岸の不足が目立つが、中旬に入ってからは盛岡など内陸もかなり少ない。
 雨続きの東京など関東・東北の太平洋側も同様の傾向だ。今夏は太平洋高気圧の勢力が弱い。オホーツク海高気圧から吹き出す冷たく湿った空気、いわゆる「やませ」の影響を受けやすくなった。
 盛岡地方気象台は、日照不足と低温に関する県気象情報を出して注意を呼び掛けている。既に影響は各方面に表れ始めた。
 天候不順はさまざまな農作物の生育を妨げるだけでなく、病害も心配される。県内、東北の産地では、トマトやキュウリ、ナスなど夏野菜の出荷が減っている。
 それに伴いスーパーなどの店頭では、野菜の価格が上がりつつある。毎日の食卓に上るものだけに家計、暮らしへの影響は小さくない。
 油断できないのは米の出来だろう。今後の登熟に向けて、いもち病などの発生が懸念される。秋の収穫まで警戒は怠れない。
 農業県である岩手は、今も米が豊かに実るかどうかで地域の心理が左右される。今秋は県の最高級米「金色(こんじき)の風」が市場デビューを果たすだけに、なおさらだ。
 予報によれば、低温・日照不足は来週まで続くとみられる。行政など関係機関は適切な情報を出し、技術対策の徹底をはじめ農作物の管理を万全にしてほしい。
 涼しい夏の影響は農業以外にも出ている。観光地は沿岸を中心に客足が鈍った。関東では海水浴場やプールも人はまばらで、ビアガーデンの売り上げもさえない。
 観光・レジャーの不振は、消費の冷え込みにつながる。これまでにも夏の天気や気温は、景気にさまざまな余波をもたらしてきた。
 4〜6月の実質国内総生産(GDP)は年率で4%増の高成長を示した。その主役となったのは、好天に恵まれたことによる外食はじめサービス支出、エアコンの購入など個人消費の回復だった。
 天候不順の7〜9月は一転、消費の鈍化が懸念されている。天気が消費や景気を動かすことは、いまだ日本経済が本格的な回復軌道に乗り切れていない証左でもあろう。


【天候不順】農産物の管理に万全を
 8月に入って県内は「やませ」と呼ばれる冷たく湿った北東風などの影響で、浜通りや中通りの北部を中心に気温が低く、日照時間が少ない状況が続いている。仙台管区気象台は東北地方の太平洋側で気温が低く、日照時間が少ない傾向はまだ続くとみている。このまま不順な天候が続けば農作物の生育に大きな影響が生じる可能性がある。生産者や関係機関は早め早めに念入りな対策を講じたい。
 県内の主な地点の日照時間を16日までの30日間合計で見ると、福島市は76・3時間で平年の52%、相馬市は58・6時間で同41%にとどまる。ここ10日間だけでは福島市は8・8時間で同17%、相馬市は4・2時間で同9%しかない。
 30日間の平均気温は福島市が平年より0・7度、相馬市が0・6度、10日間ではそれぞれ2・2度、1・9度も低い。
 本県など東北地方は今月2日に梅雨明けしたが、カムチャツカ半島付近に中心を持つオホーツク海高気圧から冷たく湿った東寄りの風が流れ込む影響で、太平洋側を中心に気温が低く、曇りや雨の日が多くなっている。
 天候不順は海水浴やプールなど身近な夏のレジャー、ビールや夏物衣料といった消費動向に影響を与えているが、特に心配なのは農作物への影響だ。1993(平成5)年の大冷害も思い起こされる。
 この年は7月から9月にかけてオホーツク海高気圧が頻繁に発生し、太平洋高気圧の張り出しも極端に弱かった。台風も多かったため東北では著しい低温・日照不足となり、水稲には障害不稔[ふねん]もみ、いもち病が多発した。
 県によると現時点では天候が回復すれば、農作物に深刻な被害が出る状況ではないという。それでもカメムシや紋枯れ病の発生は平年より多く、葉いもち病の感染条件もそろっている。適切な水管理や防除を進めたい。
 モモ、ナシ、ブドウ、リンゴやキュウリ、トマトといった本県自慢の果物、野菜の収穫期も続く。適切な管理で品質や収量を確保してほしい。
 県は今日18日、農産物の管理に関する技術対策会議を開く。JAふくしま未来は異常気象対策本部を設置し、生産者へ現地指導などを強化する。丁寧で速やかな情報提供を生産者の注意喚起につなげることが必要だ。
 仙台管区気象台の1カ月予報では、東北地方の太平洋側で平年より気温が低く、日照時間が少ない確率はともに50%。夏らしい日差しを求めるばかりだ。(佐久間順)


加計問題追及◆理事長の証言が欠かせない◆
 加計学園の獣医学部新設計画を巡り、文部科学省の記録文書が明るみに出て3カ月が過ぎた。「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っていること」を盾に内閣府が文科省に認可手続きを早めるように迫ったとあり、これをきっかけに野党の追及は熱を帯びた。
 さらに前川喜平前文科次官が国会などで文書の内容を裏打ちする証言を重ねた。安倍晋三首相の友人である加計孝太郎氏が理事長を務める学園が国家戦略特区に指定された愛媛県今治市での事業者に選定された過程にさまざまな疑問が噴き出した。
遠い信頼回復への道
 内閣支持率は急落。首相は低姿勢に転じて「丁寧な説明」を誓い、衆参両院で閉会中審査が開催された。だが納得のいく説明は一つとしてなかった。
 それどころか、自ら議長を務める特区諮問会議で今年1月20日に事業者に決定されるまで学園の新設計画を知らなかったとする首相答弁に不自然さが指摘されている。過去には学園が今治市とともに特区に申請した2015年6月に計画を知ったととれる答弁をしていたが、これを訂正した。
 首相と加計氏は米国留学時代から数十年来の友人という。学園関連の式典に出席し、昭恵夫人は学園系列の名誉園長に就任したことも知られている。
 加計氏は昨年1年間で少なくとも7回、首相と食事やゴルフを共にし、8月の内閣改造後には農相や文科相、地方創生担当相にも立て続けに面会している。
 一部の面会で加計氏は新設計画に言及。首相だけ最後まで知らなかったことになる。
 内閣改造で支持率は多少持ち直したとはいえ、信頼回復への道は遠い。これまで公の場に姿を見せず、口を閉ざしている加計氏の国会招致や、関係府省の記録洗い直しなどに政府、自民党がどのような姿勢で挑むかが鍵となる。
記録ないか洗い直せ
 特区のホームページで公開された15年6月のワーキンググループの議事要旨が実際の内容とは食い違っていることも明らかになった。学園幹部の出席や発言を載せないなどの修正が施されていた。「今治市の説明補助者で、公式な発言も認めていない」としているが、少なくとも、この時点で学園が今治市とともに計画を進めていたのは明らかだ。
 首相答弁の不自然さなどを解明するには加計氏の証言が欠かせない。関係府省、中でも特区担当の内閣府の記録洗い直しが求められる。内閣府は、文科省に「早期開学」を迫ったとされるやりとりの記録はないとしている。
 やはり獣医学部新設を目指した京都産業大・京都府と加計学園・今治市の提案を比較検討した際の議事録についても「取っていない」と説明しているが、文科省で再調査により次々と文書やメールが出てきたのは記憶に新しい。「丁寧な説明」の中身が問われよう。


オスプレイ訓練 信頼損なう米の強硬姿勢
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の新型輸送機オスプレイが、北海道で実施中の陸上自衛隊と米海兵隊との共同訓練に参加する。
 普天間所属のオスプレイは今月5日、オーストラリア沖で乗員3人が死亡する墜落事故を起こした。これを受け、北海道や現地の千歳市などは訓練に参加しないよう防衛省に要請したが、退けられた形で、住民に不安の声が広がっている。地元では市民団体による抗議集会も開催された。
 事故を受けて、日本政府は6日、国内での飛行を自粛するよう申し入れたが、米軍は翌日、普天間飛行場から飛行を強行し、要請を事実上拒否した。その後、オスプレイの安全は確認できており、飛行を継続するとの声明を発表している。
 事故については、米軍自身、最も深刻な「クラスA」に当たると認めている。だが、安全を確認した具体的な根拠や、操作ミスなのか機体に問題があったのかといった事故原因は明らかにしていない。これで納得を求めるのは無理があろう。
 日本政府の対応にも首をひねらざるを得ない。防衛省は米軍の説明を「理解できる」として飛行容認に転じた。国民の安全に関わる問題にしては、あまりに腰が引けていないか。
 北朝鮮が米領グアム周辺海域へ弾道ミサイル発射を予告するなど地域の緊張は高まっており、日米の防衛体制はこれまで以上の連携を求められる。そうした中、米軍の強硬な姿勢と、それを追認するかのような政府の対応は、同盟への信頼を損ないかねない。
 オスプレイは開発段階から事故が相次ぎ、安全性が疑問視されてきた。昨年12月にも沖縄県名護市の浅瀬に不時着する事故があった。日本政府は安全が確認されるまで飛行停止を求めたが、米側は事故の6日後に飛行を再開し、沖縄県が反発した経緯がある。
 今回の飛行容認に関しても、沖縄県の翁長雄志知事は、小野寺五典防衛相との会談で「県民、国民の命を守る意味で大変残念だ」と批判した。一方、小野寺氏は「わが国の安全保障に重要な装備だ」と理解を求め、双方の主張は平行線だった。
 事故の波紋は各地に広がっている。オスプレイは東京の米軍横田基地などにも配備計画があり、定期整備が行われている千葉県の陸自木更津駐屯地でも試験飛行が予定されている。
 政府は陸自が導入するオスプレイを佐賀空港に配備する計画を立て、佐賀県に受け入れを要請している。そうした自治体は事故原因の徹底的な究明などを国に対して求めている。
 オスプレイの安全性を担保することは、わが国の問題でもある。米軍は事故原因の徹底究明と情報開示を図らねばならない。日本政府としても、それを毅然(きぜん)と求めていくべきである。


【戦争の伝え方】困難を克服し次世代へ
 鎮魂の季節である。
 8月6日は広島、9日には長崎に原爆が投下され甚大な被害が出た。15日には敗戦を迎えた。8月にはいつにも増して歴史に思いをはせ、不戦を誓うという人が多いだろう。
 過ちを繰り返してはならない。そのためにも、人間を狂わせ、攻撃し合うことを強いて、数多くの悲劇を生む戦争の愚かさについて次の世代に伝える必要がある。
 戦後72年がたった。時間が経過するにつれ、身をもって戦争を知る人々は減り、戦禍の記憶が途切れる恐れもある。戦争体験者の記憶を受け継ぐ時間は少なくなっているといっていい。
 戦争を知らない世代は増え、世代間の認識も次第に違ってきていよう。伝え方は年々、難しくなっているのが現実ではないか。
 戦地に赴いたり、戦火をくぐり抜けたりした経験を持つ人は大多数が80歳を超えている。学校や地域で体験を語る人も少なくなりつつある。子や孫と離れて暮らしている人なら、戦争にまつわる苦しさや悲しさ、ひもじかった思い出を語り継ぐ機会は限られよう。
 若い世代にしてみれば、戦争に触れること自体が困難になっているかもしれない。そうであっても、彼らに伝えることは年長世代の責任といっていい。工夫を重ね、きちんと引き継ぐ方策を考えたい。
 高知県内に残る戦争関連の遺跡の保存や、記憶を残す方法を巡って努力する人々がいる。その事例が本紙連載で紹介されている。
 残されたコンクリート製のトーチカ(防御陣地)、軍用機を格納した掩体壕(えんたいごう)を戦争の“語り部”として残そうと模索する人々。戦死者の妻と子でつくる県遺族会は会員の高齢化が進み、孫やひ孫らによる青年部の発足に望みをつなぐ。
 いずれも活動には時間と資金が要る。簡単な取り組みではなかろう。遺跡の文化財認定を目指すとすれば、多大な労力が必要だ。それにもかかわらず戦争に向き合い続けるのは、記憶を絶やしてはいけないとの強い決意からではないか。
 連載とは別に、四万十町の男性は苦悩に覆い尽くされた記憶を本紙取材に語っている。命を犠牲にして敵への体当たりを命じられる特攻潜水艇の搭乗員候補として、死を覚悟する日々を送った。
 男性が取材に応じたのは、中学生世代の子どもが祖国防衛を叫び、志願した、そんな不幸な時代があったことを訴えたいからだという。
 若い世代は知ってほしい。
 戦争はなぜ始まったのか。日本は何をしたのか。庶民はなぜ巻き込まれたのか。責任は―。
 何があったかを把握し、知識を広げ、原因や背景を考えることが、平和の意義をより深く理解することへとつながるはずだ。
 歴史を証明する戦争遺跡、具体的な証言、記録を収めた書物など、若い世代が戦争に触れ、考えることができる環境を整える必要がある。

眠い1日/遅れの送り火・・・でも提灯忘れた

ブログネタ
フランス語 に参加中!
koik2

Point de vue. L'été au Japon, peu de vacances !
Alors qu'en France, une grande partie du pays semble à l'arrêt en août, le Japon, lui, ne connaît pas ou peu de pause estivale. L'été s'y passe très différemment, avec en point d'orgue la fête d'O-bon, où les Japonais retrouvent leurs racines.
L'été japonais n'est pas agréable. Juillet est la saison des pluies, avec des glissements de terrains redoutables (quarante-six morts cette année). Jusqu'en septembre, la moiteur et la chaleur seraient insupportables sans la climatisation omniprésente. On pourrait s'attendre à une ruée vers la mer ou la fraîcheur des montagnes. Non : dans les sondages, 75 % des Japonais disent qu'ils seront restés chez eux cet été (contre 45 % des Français).
Les Japonais ont vingt jours de congés payés, mais ils n'en prennent en moyenne que la moitié, et jamais d'affilée, par crainte de se faire mal voir des employeurs, mais aussi des collègues. Le gouvernement envisage même de légiférer pour les obliger à les prendre, dans l'espoir de relancer la consommation. Les congés scolaires sont de six semaines, mais beaucoup d'enfants consacrent un mois à des cours supplémentaires.
Les Japonais manquent aussi de moyens. Les salai