ブログネタ
フランス語 に参加中!
arte_freedom_300x250_160608Freedom

Cent soixante ans après l’abolition de l’esclavage par la France, et alors que l’Amérique se demande si son prochain président sera noir, ARTE retrace le combat des Afro-Américains pour l’émancipation, et au passage, tend un miroir au passé esclavagiste et colonial de la France.
émancipation 解放
libérationとどうちがうのかよくわかりません.


さて朝テレビをぼんやり見ていたら昨日死刑執行が行われていたというのでビックリ.しかもそのうち一名は大阪のかたです.
わたしは死刑=国家による「合法的」殺人と考えています.
フランスやベルギーなどのフランス語圏だけでなくヨーロッパでは死刑が廃止されています.「時代遅れ」で済ませられない気もします.

抗 議 声 明

 本日(6月17日)、宮崎勤さん(45歳:東京拘置所)、陸田真志さん(37歳:東京拘置所)、山崎義雄さん(73歳:大阪拘置所)に死刑が執行されたことに対し、強く抗議する。

 鳩山邦夫法務大臣は、今回の執行で、7ヶ月間に連続して4回、合計13名の死刑の執行を行った。このような連続的にして多数の執行は、過去になかったことであり、死刑に対して常に謙抑的であった日本の刑事司法の歴史に真っ向から反するものである。

 また、今回はG8司法・内務大臣会議の最終日である6月13日〔金〕に死刑執行命令書にサインをしたことになり、アメリカを除く死刑制度を廃止した国々から、執行に対して非難されない時期を選んでの、政治的な執行でもある。

 宮崎勤さんは、26歳の時の事件であり、確定からまだ2年5ヶ月しかたっておらず、精神科の治療を受けており、再審請求の準備をはじめていたところだった。昨年から、多くの弁護士に再審請求の弁護人になってほしい旨の手紙を出し続けており、拘置所もそれを周知していたにもかかわらず、執行を強行したものであって、再審請求をする権利を奪うものである。

 陸田真志さんは、25歳のときの事件であり、確定から2年8ヶ月しかたっておらず、恩赦や弁護人の弁護を受ける機会の保障を欠く執行である。

 山崎義雄さんは、確定から3年5ヶ月であるが、一審は無期懲役であり二審で逆転死刑判決を受けた事件であり、死刑判決の妥当性について大いに疑問のあるケースである。

 鳩山法務大臣の連続的にして大量の死刑執行は、死刑執行を好んで行っているとしかいいようがなく、職責に名を借りた「無差別大量殺人」というほかない。鳩山法務大臣の常軌を逸した異常な執行は、人の命を軽んじる風潮を蔓延させ、社会を荒廃させ、犯罪を誘発し、犯罪を助長・拡大させており、日本社会をミスリードする極めて危険な行為である。

 私たちは、死刑廃止を願う多くの人たちとともに、鳩山法務大臣に処刑された13名の死刑確定者に代わり、また、連続的に死刑を執行させられている拘置所の職員に代わって、鳩山法務大臣に対し、強く抗議するとともに、これ以上の執行をしないよう、強く要求する。

2008年6月17日

死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90


フランス語の勉強?