ブログネタ
フランス語 に参加中!
quebec_busケベック市内を観光しました.旧市街のアッパータウンとロウワータウンを一通り見ました.ダルム広場(Place d'Armes)やノートルダム大聖堂(Basilique-Cathédrale Notre Dame de Québec),プチ・シャンプラン地区(quartier du Petit Champlain),ロワイヤル広場(Place Royale)など・・・.Les Fête de la Nouvelle Franceが開催されていたせいもありたくさんの人であふれかえっていました.足が棒になるくらい歩き回ったし,フランス語もそれなりに話したのでたくさん書きたいですが,一つだけ.車のプレートにスローガン的にJe me souviensとあります.私は忘れない,という意味ですが,私は東日本大震災を忘れないようにと思いました.日本時間だと12日ですが,時差の関係でケベックでは11日で私の中でも11日なんです.

犠牲者悼み法要、岩手・大船渡 震災から2年5カ月

 東日本大震災から2年5カ月を迎えた11日、津波で被害を受けた岩手県大船渡市で、地震発生時刻の午後2時46分に合わせて法要が営まれ、約300人が犠牲者を追悼した。

 同県滝沢村から訪れた小野寺恵美子さん(54)は、大船渡市に住んでいた母和子さん=当時(78)=の行方が今も分からず、弟慎也さん=当時(49)=も犠牲になった。父武さん=当時(80)=も震災直後に病気で亡くした。「私たちのことを見守っていてほしい」と手を合わせた。

 犠牲者の鎮魂や震災の風化を防ごうと、震災後の夏から始まった「三陸海の盆」の3回目の取り組み。岩手県沿岸部の郷土芸能も披露された。

あの日思う、2500個の灯り 震災から2年5カ月

 【日吉健吾】東日本大震災から2年5カ月が経った11日、津波で甚大な被害を受けた宮城県名取市閖上(ゆりあげ)の旧閖上中学校で、地元住民やボランティア約120人が灯籠(とうろう)を並べて犠牲者を追悼した。

 仮設住宅の住民や全国から寄せられた絵やメッセージを使った絵灯籠2500個、キャンドル2千個が「天の川」をイメージして校庭に並べられ、日が暮れると浮かび上がった。イベント実行委員長の佐宗(さそう)美智代さん(49)は、「あの日を忘れてはいけない。これからも人が集う機会にしていきたい」と話した。

フランス語
フランス語の勉強?