ブログネタ
フランス語 に参加中!
gobu_kayu_asa入院していた時の朝の5分粥.おかゆのせいではないけれど悲しい気分です.朝からお酒飲んで現実逃避したい気分です.メランコリック(mélancolique)というのではないけれどマズイです.朝のシャワーを浴びて,少しは気分がよくなった気がします.TV5ではフランス首相のJean-Marc Ayraultが出ていました.7chですが・・・他は9chのTVA,8chのCBC,11chのVがあります.6chのtélé-Québecは朝やっていないのでしょうか???


被災地、3度目のお盆/寺院、見通せぬ墓地再建

 東日本大震災から3度目のお盆を迎えた岩手、宮城、福島各県の被災地の寺院で、墓地の再建が滞っている。多くの寺が現地再建を目指すが、土地のかさ上げなど自治体の復旧工事が進んでいないためだ。福島第1原発事故の被災地では、古里を離れて散り散りになった檀家(だんか)がいるため、ことしも盆供養を数カ所で分散開催する寺がある。(高橋鉄男、坂井直人)

◎かさ上げ遅れ修復進まず

<寄付求める>
 津波と火災で被災した岩手県大槌町の江岸寺。2日、倒壊した墓石が今なお無残な姿をさらす墓地に、白いロープが水平に張られた。高さは海抜3.6メートルある。
 町が実施する地盤のかさ上げに伴い、一部の墓地が盛り土される計画だ。その範囲が定まらず、墓地の修復は手つかずのまま。ロープは町の委託業者がようやく示した「盛り土ライン」だった。
 「やっと一歩前進。でも、これからが手間も負担も大変だよ」。住職の大萱生(おおがゆう)良寛さん(54)が、墓地を見やった。
 墓地は町中心部から高台に至る途中にあり、現地再建にかさ上げは欠かせない。ただ、墓石の撤去や整地、遺骨の保管など、一連の費用は寺の負担となり、数千万円の出費が見込まれる。
 大萱生さんは7月に震災後初めて開いた総代・世話人会で、檀家に来年から15年間、年2万円の寄付を求めた。墓地とともに本堂の再建が課題だが「檀家も住宅を再建しなければならない。どの程度の本堂が建てられるかまでは見通せない」と話す。

<檀家が分散>
 地盤のかさ上げ計画自体が固まっていない地区もある。
 名取市閖上地区。寺院と墓地が全壊した東禅寺の住職三宅俊乗さん(54)が震災後に市中心部に構えた事務所で、1枚の地図を広げた。
 市が7月下旬に示した閖上地区のかさ上げ計画案。地区に戻る見込みの住民数が減ったことから計画案は見直され、当初より事業申請が大幅にずれ込んでいる。
 震災被災者らの遺骨は、名取、仙台両市に分散保管されたままだ。「閖上地区に残る人も、出る人も、墓石や遺骨がない元の墓地で慰霊している。早く計画が決まってほしい」と願う。
 福島県浪江町の大聖寺は、2日に南相馬市でお盆供養をした。10日には二本松市でも供養した。原発事故後、檀家の避難先が浜通りと中通りに分散したためだ。
 寺は原発から9キロで檀家の95%が旧警戒区域にある。住職青田敦郎さん(53)は福島市に仮仏務所を設け、檀家の法事があれば全国を駆け回る。
 避難区域再編で、墓地や寺院は4月から立ち入りがしやすくなった。
 「檀家が墓石を直したり、草刈りをしたり、少しずつだが前に進んでいる。安心して手を合わせられるよう、墓地の除染作業も急いでほしい」。青田さんは檀家の思いを代弁する。

<メモ>全国仏教会(東京)の調べで、東日本大震災で全壊した寺院は岩手12、宮城48、福島15の計75寺(昨年7月時点)。曹洞宗宮城県宗務所によると、津波で全壊した県内32寺のうち20寺がプレハブなどで本堂を再建したが、墓地復旧は滞っている。国は復旧する宗教法人などへの寄付について税の優遇措置を拡充したが、3県の寺院の申請実績はゼロ。申請期限(12月末)の延長を検討している。

向き合い、一歩 震災後3度目のお盆 仙台・井土

 東日本大震災から3度目の盆の入りの13日、仙台市内の寺院には家族連れや帰省客らが墓参りに訪れた。津波に流された本堂を7月に再建した若林区井土の海楽寺では門徒ら約60人が再会し、故人をしのんだり被災経験を語り合ったりした。
 海楽寺は本堂と墓地が全壊し、2012年建立の合葬墓に被災者の遺骨を納めている。周辺は住宅の基礎がむき出しになったままで、震災の傷痕は消えていない。
 父と弟を津波で亡くした名取市の農業今野範子さん(60)は「数日前に亡くなった母の遺骨も今日、合葬墓に納めた。無事に弔えて安心した」と手を合わせた。
 大友雄一郎住職(44)は説法で「苦しい思いを心に閉じこめたままでは生きられない。悲しみと向き合い、一歩ずつ進むことが大事だ」と語った。
 13日の宮城県内は高気圧に覆われて晴れ、強い日差しが照り付けた。正午までの最高気温は仙台32.2度、古川29.4度、石巻31.2度、白石30.5度など。
 仙台管区気象台によると、県内は14日も高気圧に覆われるが、朝晩を中心に曇りとなる見込み。最高気温は各地で30度前後と予想される。

フランス語
フランス語の勉強?