ブログネタ
フランス語 に参加中!
Eiheiji231123_1Ça m'a permis de passer des vacances en tournant des films.
演じることのおかげで,ぼくは撮影をしてバカンスを過ごすことができた.


約2年前に永平寺に行ったときは,まだ母の死を受け入れられずにいたと思います.時間の経過とともに,悲しみはだいぶ和らいできたと思います.でもまだもう少し時間がほしいというのが正直なところです.

Miさんからいただいたマンゴーワインを味わってみました.酸味があって独特の味わい.おいしいです.

今日から冬時間だそうです.日本にいる限りあまり関係はなさそうですね.
Changement d’heure
Passage à l’heure d’hiver dimanche 27 octobre 2013

Le passage à l’heure d’hiver se déroulera dans la nuit du samedi 26 au dimanche 27 octobre 2013. À 3 heures du matin, il faudra retirer 60 minutes à l’heure légale ; il sera donc 2 heures.
Le changement d’heure a été instauré en France à la suite du choc pétrolier de 1973-1974. Depuis 1998, les dates de changement d’heure ont été harmonisées au sein de l’Union européenne. Dans tous les pays membres, le passage à l’heure d’hiver s’effectue le dernier dimanche d’octobre et le passage à l’heure d’été le dernier dimanche de mars. Le prochain passage à l’heure d’été aura lieu dimanche 30 mars 2014 (à 2 heures du matin).
L’objectif du changement d’heure est principalement de faire correspondre au mieux les heures d’activités avec les heures d’ensoleillement pour limiter l’utilisation de l’éclairage artificiel.

大川小事故・検証委が報告会 「偏った内容」と遺族反発

 東日本大震災で児童と教職員計84人が死亡・行方不明になった宮城県石巻市大川小の第三者事故検証委員会は26日、20日に示した「事実関係に関するとりまとめ案」を児童遺族に報告した。地震発生から津波到達までの約50分間、子どもたちが校庭にとどまっていた状況などの説明があったが、遺族からは「調査が不十分で偏った内容だ」「児童を守れなかった理由を検証していない」といった反発が相次いだ。
 報告会は同市の河北総合支所で非公開であり、遺族約20人が出席した。委員会側は委員は出席せず、事務局が説明した。
 出席者によると、とりまとめ案に対し「児童や地域住民の危機感のなさばかり強調され、『山に逃げるよう進言した子がいた』といった重要証言が盛り込まれていない」「児童を避難させる責任があった先生たちの発言や行動に触れていない」などの疑問が続出した。
 事務局は「事実と確認できたことを記載した」「精査中」「まだ公表できない内容がある」などの回答に終始したという。
 検証委は11月3日の次回会合でとりまとめ案を基に防災や遺族支援などの専門家の意見を聞き、12月に最終報告を出す。
 6年だった次女を亡くした佐藤かつらさん(48)は「私たちが2年半調べてきた事実関係とかけ離れていて、専門家も偏った評価をしかねない。学校でなぜ児童を守れなかったのか、子どもたちの思いを踏まえて検証してほしい」と訴えた。
小泉氏の脱原発/うなずける点は多々ある

 小泉純一郎元首相の脱原発発言が注目を集めている。将来の原発ゼロに向けて「政治の決断」を訴えている。
 政界を引退しているとはいえ、国民的な支持を背景に自民党で長期政権を率いた実績がある。同様に人気の高い小泉進次郎内閣府・復興政務官の父親でもある。
 原子力問題をめぐって自民党政権へ異議申し立てを行えば、さまざまに波紋を広げる。政権側もさぞや困惑しているのではないか。
 発言内容への賛否はともかく、小泉元首相は決して的外れなことを述べているわけではない。むしろ、これまでの政治家があまり言及しなかった原子力の負の部分に踏み込んでいる。
 小泉元首相は今月1日、名古屋市で「放射性廃棄物の最終処分場もないのに原発推進は無責任」と話したほか、16日には千葉県で「原発ゼロでも経済成長はできる」などと発言した。
 「(原発は)事故を起こせば、人体や農水産物、地域への影響は計り知れない」「本当に安全でコストが低いのか疑問」などとも訴えている。
 その長い政治家としてのキャリアを通じて、小泉元首相が原子力に懐疑的な立場だったとは思われない。考え方を変えた要因はやはり、原発事故の影響とドイツやフィンランドなどの視察経験なのだろう。
 主張には特に目新しさはないものの、原子力が抱える困難な問題を正面から見据えているのは確かだ。原発から出る使用済み核燃料をどこに最終処分するのか、ずっと以前から問題視されてきたにもかかわらず、いまだに何も決まっていない。
 具体的な処分策も量的な歯止め策もないまま原子力発電を続けていけば、将来の負担はさらに重くなる。次世代につけを回す以外の何ものでもなく、小泉元首相の発言は当を得ている。
 福島第1原発事故の影響についても、かなり重大視していることがうかがえる。
 ただ、原発なしでも経済成長が可能だと指摘するのなら、もう少し具体的な説明が必要だろう。原発ゼロは経済のマイナス要因になるという主張は根強いし、立地地域の原発依存脱却という問題も生じる。
 国政をリードした経験からどんな道筋を描くのか、国民の関心は高いはずだ。
 小泉元首相の結論は「政府・自民党は今こそ脱原発へ政策転換すべきだ」ということ。その方針を示せば、多くの国民は協力するとも話している。
 民主党政権は昨年、広範に世論を聞き取った上で「2030年代に原発ゼロ」を打ち出した。政権交代によって立ち消え状態になったが、その後に政治レベルで原子力についての本格的な検討はなされていない。
 それでも原発再稼働へ向けた手続きは進んでいる。既成事実を積み重ねていくようなやり方で、国民の理解を得られるだろうか。小泉元首相の問題提起を真剣に受け止め、議論の出発点にしていくべきだ。
「潮騒」の余韻消さない あまちゃんロケ地の久慈関係者

 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」が9月末に終了し、メーンのロケ地となった岩手県久慈市の観光関係者が「あまちゃん効果」をいかに持続させるかに知恵を絞っている。「あまちゃんハウス」の開設などで、観光客がドラマの余韻に浸れる工夫を打ち出していく。

 小袖海岸にある小袖海女センターは、撮影スポットを一目見ようと、多くの人が訪れ、4〜9月の来場者は前年の30倍に当たる14万6900人に上った。
 海女の素潜り実演は9月末で終了し、人出は一段落したが、今も週末は1日1000人以上が訪れる。仙台市太白区の男性(33)は「放映が終了し、『あまロス症候群』になっていたが、ドラマに出てくる灯台や海を見て癒やされた」と笑顔で語った。
 センターは東日本大震災で被災し、今は仮設で営業している。本格復旧に向けコンクリート3階の建物が年内に着工する。「小袖北限の海女の会」の大向広子会長(53)は「浜がにぎわうと、地元の励みになる。来年もお客さんに来てもらえるよう、おいしいウニを提供したい」と話す。
 市内の主要観光施設にも4〜9月、前年の倍の計102万7900人が訪れた。「道の駅くじ やませ土風館」は5割増の62万6400人、久慈琥珀(こはく)博物館は3倍の5万9400人だった。
 市などでつくる「あまちゃん」の支援推進協議会は12月まで中心部に「あまちゃんハウス」を設置し、撮影で使われた小道具を展示している。久保司商工観光課長は「市内では被災した施設がこれから順次復旧する。三陸地域の日本ジオパーク認定という明るい話題もあり、『あまちゃん』以降も久慈の魅力を発信したい」と強調する。
 岩手県は本年度予算に「ポストあまちゃん対策費」約3200万円を追加。手始めに11月3日の「秋のさんてつ祭り」(三陸鉄道主催)にドラマ出演者を招く。県観光課の菅原健司宣伝誘客担当課長は「岩手が『あまちゃん』の聖地となるよう盛り上げたい」と意気込む。

◎「あまロス」後、久慈どうする/地元でセミナー

 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の放送終了後の地域づくりについて学ぶ講演会とセミナーが25日、ドラマのロケ地となった久慈市であり、地元の観光関係者ら約70人が熱心に耳を傾けた。県県北広域振興局とNPO法人「やませデザイン会議」(久慈市)の主催。
 講師を務めた電通第1CRプランニング局の横尾嘉信局次長はドラマのせりふなどを引用し、地元に目を向ける必要性を強調。「『あまちゃん』によって久慈の魅力が整理された。『ここが一番いい』と皆さんが思えれば、ドラマを超えて久慈の町をもっと活性化できる」と述べた。
 地域プロジェクトリーダー養成講座の第1回もあり、地元のボランティア組織の代表らが地域課題について討論した。
 久慈秋まつりで山車の組頭を務める斎藤孝樹さん(47)は「身の回りの良さを再認識する意味を学んだ。来年の祭りに向け組員の気持ちを高めていきたい」と話した。
 県北広域振興局の平井省三企画推進課長は「観光施策と並行し『自分たちがやっていくんだ』という気持ちを育てていく必要がある」と語った。

フランス語
フランス語の勉強?