ブログネタ
フランス語 に参加中!
宇奈月ビール

Pourquoi il faut connaître X Japan, le groupe le plus célèbre du Japon
Par Lloyd Chéry
Admirés par Kiss et Guns N' Roses, ce quintette nippon aux 30 millions d'albums écoulés a fait son retour en Europe. Récit d'un phénomène méconnu en France.
≪ Si ces mecs étaient nés aux États-Unis, ils seraient peut-être le groupe le plus connu au monde. ≫ L'analyse est de Gene Simmons, le bassiste des Kiss. Elle concerne une formation adoubée par Marilyn Manson, qui a vendu autant de disques que Jean-Jacques Goldman ou que Michel Polnareff et qui jouit, dans son pays, de la même aura que U2 en Irlande. Une formation dont vous n'avez pourtant sans doute jamais entendu parler (à moins d'être connaisseur de culture japonaise ou de metal) : X Japan. Véritable institution au pays du Soleil levant (ils ont rempli 18 fois les 55 000 places du Tokyo Dome, qui fait deux fois la taille de l'AccordHotel Arena de Bercy, et composé l'hymne de célébration des 30 ans de règne de l'empereur Akihito), X Japan est l'un de ces ovnis musicaux dont l'Asie a le secret.
≪ Ils ont apporté au Japon le glam rock, qui est représenté par Kiss en Occident ≫, explique Thomas Sirdey, cofondateur de la Japan Expo. ≪ Ils sont à l'origine du Visual Kei qui, par les prestations scéniques ainsi que les coiffures gigantesques et les tenues grandiloquentes, a inspiré beaucoup de chanteurs. C'est un genre qui mélange du rock assez dur et des voix plutôt hautes. Leur culture du live est hallucinante. C'est une véritable expérience qu'il faut voir sur scène. ≫ Bref, X Japan est un ≪ groupe mythique ≫, comme le dit Jessica Cohen, directrice créative de la chaîne télévisée Gong (spécialisée dans la japanimation), dont l'histoire ≪ à rebondissements ≫ fait aujourd'hui l'objet d'un documentaire du producteur oscarisé John Battsek (Sugar Man). Récompensé au dernier festival de Sundance et rempli de témoignages éloquents (Richard Fortus des Guns N' Roses ou Stan Lee par exemple !), We Are X sort cette semaine en Angleterre et prouve l'influence insoupçonnée de ce quintette nippon dont les fans ont envahi, ce samedi soir à Londres, l'Arena de Wembley et ses 12 500 places.
Entre théâtre nô et heavy métal
Comme pour beaucoup de leurs homologues anglo-saxons, tout a commencé pour X Japan au début des années 80. Les lycéens Yoshiki et Toshi se lancent dans la musique, le premier à la batterie ou au piano, le second à la guitare et à la chanson. Ils fondent ≪ X ≫ avec trois autres guitaristes en 1987. Leur style, baptisé Visual Kei, détonne, entre folles chevelures, costumes baroques, maquillages ressemblant à ceux du théâtre nô et shows titanesques proches du heavy métal avec des touches de psychédélisme à la Genesis. La percée est fulgurante sur la scène indépendante avec l'album Vanishing Vision (1988), puis auprès du grand public avec Blue Blood(1989). X et le Visual Kei deviennent le phénomène de société inspirant toute une génération de jeune musicien dans les années 90 et encore omniprésent aujourd'hui dans la pop culture japonaise.
Et comme leurs équivalents anglo-saxons, les X connaissent bientôt les grandeurs et les décadences de la célébrité. La santé du leader Yoshiki est mauvaise, avec des hernies discales au cou et des dépressions à répétition. L'artiste devient connu pour sa mégalomanie et son perfectionnisme musical ainsi que pour sa tyrannie au travail. Son ami Toshi tombe sous l'emprise d'une secte spoliant son argent et le brutalise régulièrement. Un des guitaristes décide de partir juste après la sortie de l'album Jealousy (1991). Une tentative ratée, l'année suivante, de conquérir les États-Unis amène un changement de nom : c'est maintenant X Japan. Le genre musical évolue avec du rock progressif dans Art of Life(1993) et le speed métal est moins important dans Dahlia (1996). Mais en 1997, le groupe se sépare à la suite de disputes violentes entre les deux leaders.
Crises d'hystéries collectives
Un an après, le guitariste virtuose Hide meurt dans des circonstances troublantes (suicide ou accident ?). ≪ Je me souviens quand son décès a été annoncé dans une petite convention que j'organisais autour de la culture japonaise. Il y a eu un silence de mort. C'était impressionnant. Même en France, les passionnés étaient abasourdis ≫, se remémore Thomas Sirdey. Au Japon, c'est comme si John Lennon était mort : de nombreuses tentatives de suicide sont recensées et des crises d'hystéries collectives ont lieu dans le pays, obligeant Yoshiki à faire, en larmes, un appel au calme à la télévision nationale. Les images montrant les 50 000 personnes assistant aux funérailles dans un temple bouddhiste et les hurlements de la foule à l'approche du corbillard finissent même par interpeller les médias étrangers. Hide devient un James Dean et une idole anticonformiste, renforçant la légende du groupe. Lorsque ce dernier décide de se reformer en 2007, le public est toujours là, la foule toujours en délire.
Leur histoire est un mix entre celle des Rolling Stones, de Nirvana et de Metallica
≪ Quand on y pense, leur histoire est un mix entre celle des Rolling Stones, de Nirvana et de Metallica ≫, décrypte Thomas Sirdey. ≪ Ils sont des précurseurs du rock japonais. C'est l'un des seuls groupes japonais à pouvoir remplir des salles en Amérique du Nord et en Europe. La raison est simple, ils ont l'essence du rock en eux. Même si on ne comprend pas les paroles, on ressent leur énergie. C'est très communicatif. Ils ont une énorme fan base en dehors du pays. ≫ Preuve en est de ce concert culte au Madison Square Garden, en 2014. Porté par la mode de la japanimation et de la culture japonaise qui a explosé dans les années 2000, X Japan bénéficie désormais d'une popularité internationale.
Reste que, chez nous en France, on ne peut pas encore parler de phénomène. ≪ C'est plutôt un engouement de fans qui remonte à plusieurs années ≫, souligne Jessica Cohen. ≪ Les premiers passionnés font partie de cette génération dite Club Dorothée. X Japan a été suivi par des passionnés qui découvraient avec eux la musique J-rock. Cette génération reprenait en chœur le célèbre ≪ X ≫ lors des concerts, conventions ou karaokés ≫. Sera-ce suffisant pour que le rock japonais se démocratise dans l'Hexagone ? Thomas Sirdey veut y croire : ≪ C'est horriblement long, mais on va dans le bon sens. ≫ Jessica Cohen confirme, elle aussi, un succès croissant pour ce style musical nippon, ≪ l'un des plus appréciés en France et l'un des rares à pouvoir remplir des salles comme l'Olympia ou le Zénith de Paris ≫. En attendant, X Japan poursuit sa route. Un sixième album studio est annoncé pour cette année, le premier depuis 20 ans. De quoi relancer l'incroyable machine ?
フランス語
フランス語の勉強?
ETV特集「小野田元少尉の帰還 極秘文書が語る日比外交」
1974年、フィリピン・ルバング島に残留していた小野田寛郎元少尉が投降、帰還した。その舞台裏で日本とフィリピン両政府が2年にわたって極秘交渉を繰り広げたことが初公開の外交文書で明らかになった。住民30人の殺害をどう償うかという問題だった。外務省は3億円の見舞金を提示したが、マルコス大統領と鈴木善幸特使の会談で、あらたに基金を設立することで決着する。小野田救出劇を新資料と関係者の証言で明らかにする。
中條誠子

明日へ つなげよう 証言記録 東日本大震災(62)「宮城県南三陸町」
南三陸町戸倉地区は津波でカキの養殖場が壊滅的な打撃を受けた。養殖いかだは全て流され、187の船のうち無事だったのは9隻のみ。しかし漁師達は諦めない。震災前よりカキの品質を良くしようと、いかだの数を半分以下に減らし“過密養殖”からの転換をはかった。すると収穫まで3年かかったのが僅か1年に。環境への配慮も評価されスーパーでも人気を呼ぶようになった。最大のピンチをチャンスに変えたカキ産地の復活劇を描く。
石井かおる

いつか来る日のために「証言記録スペシャル 大震災の教訓は生かされたか」
去年の11月22日早朝、東日本大震災以来最大級の強い地震が東日本を襲った。直ちに東北・関東の太平洋沿岸に津波警報と注意報が発令され、沿岸6県に避難指示・勧告が出された。そのとき住民はどのように行動したのか。東日本大震災の証言記録「あの日わたしは」に出演した津波の被災者300人に電話で再取材した。死と隣り合わせの恐ろしい体験をした人々はその教訓をどのように生かしたのか、新たな課題はないかを検証する。
今村文彦,有森裕子,菊地慎一郎, 與芝由三栄

NNNドキュメント 大火の街からの警鐘〜検証・糸魚川大規模火災〜
年の瀬を襲った新潟県の糸魚川大火。中華料理店の鍋の空だきから延焼し、市街地を焼き尽くした。大震災による火災を除けば、40年前の山形県の「酒田大火」以来の大火となった。創業350年、新潟最古の酒蔵も焼けた。火災が拡大した大きな要因として「強風による飛び火」。そして「住宅が密集する地域性。」そして「消防力の不足」が指摘されている。酒蔵そして町の復興にかける思い、全国どこでも"あす"起こるかもしれない大火の危険性を伝える。
鈴木省吾 テレビ新潟

テレメンタリー 「殺処分ゼロの裏側で〜イヌ・ネコ8万頭の命〜」
イヌやネコを自治体の動物愛護センターなどで処分する殺処分。
6年前、広島県が全国ワーストになったことをきっかけに殺処分をゼロにしようと県内の2つのNPO法人が去年から全頭を引き出し、処分機の稼動を止めている。
全国では年間約8万頭が殺処分されているが、なぜ多くのイヌやネコが次々と命を奪われているのだろうか。
NPO団体活動に密着し、背景にある無責任な飼い主や業者の実態、そして人間とペットのあるべき形を問う。
小山茉美 広島ホームテレビ

バリバラ「幻聴さんと暮らす〜“べてるの家”の奥深い世界〜」(1)
世界中から注目を集める精神障害者のコミュニティー「浦河べてるの家」。いまだ病院で過ごす統合失調症の患者が多い中、当事者どうしが支え合うことで症状を落ち着かせ、幻聴や妄想と共存しながら地域で暮らす取り組みをいち早く行ってきた。この「べてるの世界」を、自らも統合失調症の芸人・ハウス加賀谷と相方・松本キックの案内で2週にわたって紹介。精神障害の奥深い世界と、地域で暮らす上での壁を突破するヒントを探る!
松本ハウス,IVAN,斎藤環, 山本シュウ,玉木幸則, 岡本真希, 神戸浩,ベビー・バギー

NHKスペシャル「あの日 引き波が…行方不明者2556人」
東日本大震災から6年、いまなお行方不明の人は2556人にものぼる。なぜこれほど多くの人が行方不明のままなのか。いまも帰りを待ち続ける家族に話を聞くと、人々が口々に語ったのは激しい「引き波」の脅威だった。人々の証言や引き波の映像を専門家の協力を得てスーパーコンピューターで解析すると、浮かび上がってきたのは、知られざる津波の脅威だった。引き波の姿から、東日本大震災の新たな教訓をあぶり出す。
磯野佑子

Doki Doki! ワールドTV「世界をうならせる日本の“食”」

NHKが世界に発信する日本の食の技!「サイド・バイ・サイド」はフィリピンにカキの養殖技術を伝える宮城の漁師、「ライジング」は埼玉のウィスキー蒸留所を紹介!
パトリック・ハーラン,ホラン千秋


先日原発賠償関西訴訟の傍聴の後の報告集会のときに,ほぼ衝動買い的に今日の尼崎での講演会の前売り券を買ってしまったので出かけなければなりません.いろいろ調べて自転車で行けそうなことが分かったので頑張っていくことにしました.なんばまでいくのとあまり変わらない感じみたいです.東三国,三国を経て神崎川を渡ると尼崎で確かに遠くはないです.
荒木田さんの講演は,すでに忘れてしまっていたことを思い出させてくれてとても参考になりました.また避難者の方々の発言で少しでもその苦しみを理解したいと思いました.
尼崎まで頑張って行って良かったと思いました.ランチで食べたスンドゥフチゲもおいしかったですし.

<震災6年 明日への証言>悲しみこらえ弔う日々
<あの日>
 海から約500メートルの場所にあった名取市斎場は、東日本大震災の津波の直撃を受けた。鉄筋2階建ての建物は残ったが、1階にあった炉4基は浸水し、流木や砂が押し寄せた。ブルドーザーなどでかき出して応急的に復旧し、2011年3月25日から犠牲者を火葬した。
(1)火葬炉手作業で復旧(宮城県名取市)
<1ヵ月半で450人>
 小さなひつぎの中に、子どもが好きだったおもちゃが入っていた。持参したのは両親ら。ひつぎにすがりついて離れない。誰も言葉を発しない。遺族が納得するまで、そばで見守る。
 「お願いします」。振り絞るような声を受け、火葬に当たる。弔い方はいつもと違う。ひつぎと簡易式バーナー、燃料タンクを積んだ重さ約200キロの台車を、急ごしらえのレールの上で押し、炉に入れた。
 「あんなにつらかった仕事はない」。当時、名取市斎場長だった針生俊二さん(68)が振り返る。甚大な被害を受けた同市閖上地区で生まれ育った。知り合いの遺体も多い。涙を隠すため帽子を深くかぶり、マスクを着けた。
 四つある炉で一家4人を火葬したこともある。一家8人という時さえあった。通常は一つの炉で1日2人。あの時は5人を見送った。津波で壊れ、応急復旧させた炉は、1カ月半ほどで約450人の犠牲者を荼毘(だび)に付した。
<土葬回避へ全力>
 震災当日、斎場は友引で休み。針生さんは外出先の仙台市泉区で地震に遭った。閖上地区に戻る途中、自宅の約2キロ手前で迫り来る泥の波を見た。仙台東部道路まで必死で逃げ、のり面を上がれないでいた高齢者や子どもを押し上げた。
 最後に針生さんがよじ登った瞬間、濁流が一気に押し寄せた。間一髪で難を逃れた後の光景は、「津波が車や船を巻き込み、地獄絵図のようだった」。
 斎場にたどり着いたのは震災の2日後。がれきの山を見て復旧に半年はかかると思ったが、いったん土葬した後に掘り出して火葬する「改葬」は遺族を二度悲しませる。土葬はしないという市の方針の下、懸命に復旧に取り組んだ。
<「応援協定必要」>
 海水をかぶった炉は、そのまま点火すると水蒸気爆発を起こす恐れがあり、2日かけて乾燥させた。壊れた点火装置は、ホームセンターで買ったこたつ用スイッチで代用。2週間ほどで何とか再開にこぎ着けた。
 「地元で火葬してもらえて、ありがたい」。遺族は一様にそう言ってくれた。だが、とても感謝されるような場所ではなかった。骨つぼや位牌(いはい)を置く台はビールケースや近くの水田で拾ったテーブルを充てた。遺族は閉店したカラオケ店から借りた椅子に座り、待ってもらうありさまだった。
 「災害は必ず起きる。斎場が被災した場合の応援協定を他市町村と結び、万が一に備えるべきだ」。震災から6年。針生さんは経験を顧みて、そう強く思う。
(岩沼支局・桜田賢一)
          ◆         ◆         ◆
 震災から月日が流れた。あの日あったこと、明かせずにいた思い。6年がたつ今だからこそ、記憶が薄れる前に、伝えたい「あの日」を振り返り、明日へつなげよう。


<震災6年>浸水緑地に「しお彩テラス」完成
 塩釜市は4日、塩釜港を臨む千賀の浦緑地に整備した屋根付き野外施設の完成式典を開いた。公募で選んだ「しお彩テラス」という愛称も披露した。
 各種イベントで使用できる施設で、船の帆やヨットのセイルをイメージした上屋の幕が特徴。約390平方メートルのステージは、国の天然記念物の塩釜桜をモチーフにした。緑地一帯は東日本大震災の津波で浸水した。
 第2管区海上保安本部、宮城海上保安部の協力で、退役した巡視船「おしか」のいかりや、塩釜港に入る船を導き「塩釜導灯」と呼ばれた標識灯をモニュメントとして設置した。全体の建設費は約4700万円。
 愛称は195の応募の中から、長崎市の会社員吉岡ありささん(25)の作品が選ばれた。
 式典で、佐藤昭市長は「震災を語り継ぎ、市民が集う場所にしたい」とあいさつした。


<震災6年 まち再生>空き地膨大活用不安
◎正念場迎える被災地(3)岩手県陸前高田
 東日本大震災の津波被害を受けた岩手、宮城、福島の被災3県の沿岸部は、まち再生の取り組みが正念場を迎えている。中心市街地を造り直す大規模な土地区画整理事業は道半ば。現地再建への戸惑い、廃業の危機、地域格差など課題は山積する。震災から6年を迎える被災地の今を追う。
 巨額の国費を投じた新たなまちに、膨大な空き地が生まれる懸念が出ている。
<30ヘクタールが未定>
 東日本大震災で壊滅した市街地を土地区画整理事業で再生させる陸前高田市。2月下旬、市の地権者意向調査で、かさ上げ地約30ヘクタールの利用が未定と判明した。対象面積の60%を超える。
 市は復興計画で、10メートル前後盛り土して市街地を再整備するとともに、高台を組み合わせた事業を決めた。
 施工面積は中心部の高田地区が186ヘクタール、気仙川沿いの今泉地区が112ヘクタール。事業費は計約1182億円に上る。被災地最大規模の事業だ。
 戸羽太市長は調査結果について「区画整理で空き地が出るのは当初からある程度予想された。特に驚きはない」と意外と冷静だ。
 なぜ、こうなったのか。未定の理由は「既に別の場所で生活している」との回答が約25%で最多だった。
 宅地の引き渡しは最短で高台が2015年末、かさ上げ地が17年度。造成を待てずに市内外で再建したり、転居したりする被災者が相次いだ。災害公営住宅に入居した人もいた。
 高台にはコスト圧縮のため換地面積に上限があり、それ以上はかさ上げ地に換地される。地権者が土地を貸していたり、震災で亡くなったりしていたケースもある。
 戸羽市長は「もともとの土地の筆数分は整備しなくてはならず、ルールにのっとった」と説明。既存の区画整理の制度が被災地の実態を反映していないため、ずれが生じると指摘する。
 その上で「(公有地整備のために買い上げる)津波復興拠点整備事業の制限を緩和するなど被災地の実情を踏まえた新たな手法が必要だ」と強調する。
<人口15%減>
 人口は震災前より15%減り、2万を割った。仮設住宅入居者らへの市の最終意向調査で、かさ上げ地での自力再建は、高田地区43世帯、今泉地区17世帯にとどまる。高台に移る店舗や公共施設があり、市街地の空洞化は避けられない。
 市中心部で被災し、仮設店舗で営業する小売店の村上食品店は30年以上続けた店を畳む予定だ。店主の妻(66)は「郊外にスーパーが出店し、街にどれだけ人が来るのか。体力もついていかない」と漏らす。
 広大な空き地をどう利活用するのか。ある地権者(74)は「貸したいが、市有地の方が格安で借りられそうだし、市営駐車場もできる」と不安がる。「税金がかからないよう(農地に変更して)木を植えた方がいいのか…」とも語る。
 地元不動産業者は「地主が新規出店者向けに建物を整備する際に補助金を出すなど、市は踏み込んだ対応を取るべきだ」と求める。
 中心市街地では4月27日、核となる商業施設が開業。その後に個人店が続く。どれだけ集客力を発揮するかが、今後の出店増や土地利用の試金石となりそうだ。
 商業施設内に出店する伊東孝陸前高田商工会長は「買い物以外でも人々が集える場所にしなければならない」と力を込める。(大船渡支局・坂井直人)


<震災6年>多賀城高でメモリアルデー
 東日本大震災の経験と教訓を後世に継承しようと、本年度、防災系専門学科の災害科学科が開設された多賀城市の多賀城高で4日、全国で減災・防災活動に取り組む高校生らによる活動発表会とワークショップ「東日本大震災メモリアルday」(同校主催)が開かれた。
 八戸北高、釜石高、兵庫県舞子高(神戸市)、多賀城市東豊中など12校の60人が参加。課題研究などのポスター発表や意見交換に臨んだ。
 兵庫県芦屋高(芦屋市)は、学校周辺の津波避難シミュレーションで短時間での避難の難しさを示し、緊急時の避難行動を想定することの重要性を訴えた。ふたば未来学園高(福島県広野町)は、学校周辺の放射性物質のモニタリング調査結果を報告し、冷静な判断と行動を呼び掛けた。釜石高1年の岩崎優舞(ゆま)さん(16)は「防災に関わるボランティア活動など積極的な課外活動に刺激を受けた」と話した。
 5日は、「もし、24時間前に戻れたなら…」と題したワークショップや多賀城市内の津波浸水域でのフィールドワークなどが行われる。


<震災6年>帰還住民の高齢化率5割超
 東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の旧避難区域で、帰還者に占める高齢者の割合が各自治体で5割を超えることが、河北新報社のまとめで分かった。健康な帰還者が多いが、高齢化で介護や医療ニーズが高まるのは確実。避難指示が今春解除される自治体を含め、介護人材の確保など体制の再構築が緊急課題となっている。
 これまでに帰還困難区域を除き避難指示が解除された5市町村の現状は表の通り。住民の帰還率は全体で13.3%にとどまる。
 帰還者に占める65歳以上の割合は、葛尾村の64.6%が最も高い。南相馬市小高区(54.5%)楢葉町(53.9%)とともに原発事故前の約2倍になった。
 田村市都路地区は人口構成の分類が10歳刻みのため、60歳以上でみると、原発事故前と比べて11.6ポイント増となった。川内村は旧避難区域に限った年齢構成を集計していない。
 高齢者を支える環境は決して十分ではない。葛尾村では診療所や商店が再開していない。住民の訪問活動に当たる村社会福祉協議会は「車の運転ができるなど、比較的元気な高齢者の帰還が多いのが現状」と説明する。
 同社協は昨年8月、介護予防のため、要介護・支援者以外の高齢者も参加できる「生きがいデイサービス」を始めた。ただ介護事業としての採算は取れず、国の交付金を運営費に充てている。
 福島県内の被災地では長期避難によって介護や医療体制が崩壊。立て直しが不可欠だが、人手不足が足かせとなっている。福島労働局によると、避難区域を含む相双地区の有効求人倍率(昨年12月)は、介護職が5.02倍、看護職が5.69倍。県平均(介護3.48倍、看護2.99倍)を大きく上回る。
 昨年3月末に再開した楢葉町の特別養護老人ホーム「リリー園」は定員40人に対して入所者は22人にとどまる。16人の入居待機者がいるが、職員不足で受け入れることができない。訪問介護は休止中だ。
 同園は町唯一の特養ホーム。永山初弥施設長は「職員不足が解消しなければ施設の経営も成り立たず、安心して町に戻る環境を整えられない」と話す。


<私の一歩>ソフトで地元盛り上げ
 震災からもうすぐ6年。さまざまな形で自分の一歩を踏み出した人たちの今を取材した。
◎震災6年(4)星明さん(30)=宮城県岩沼市=
<各地に仲間離散>
 「ワンバウンドしてもいいから投げろ」「いいのはグラブだけかー」
 2月5日、岩沼市の日本製紙敷地内にあるグラウンド。ソフトボールチーム「玉浦シャンクス」のメンバー10人が声を張り上げ、今年初の練習に汗を流した。
 メンバーの多くは東日本大震災で被災した岩沼市沿岸部の玉浦地区の出身。子どもの頃からの付き合いとあって、グラウンドでは自然と笑顔が出る。コーチ兼ファーストで、震災後にシャンクスを立ち上げた星明さん(30)もその1人だ。
 星さんはあの日、休暇で亘理町の温泉施設にいた。揺れが収まった後、津波を避けるため車で大河原町まで逃げ、車中で一晩明かしてから玉浦地区に戻った。同居する両親は無事だったが、2階建ての自宅は1階全体が浸水。家財道具もすべて流されてしまった。
 仙台市の親戚方に仮住まいした後、同市のみなし仮設住宅に入居した星さん。玉浦地区の仲間も名取市や仙台市などに離れて暮らすようになり、次第に連絡を取らなくなったという。
<「常勝チームに」>
 「何だか、つまらないよな」
 一緒に各地のソフトボールチームを渡り歩いていた同級生の菊地拓也さん(31)と語り合った。年の離れた世代のチームの助っ人ではなく、同世代のチームを作りたい。ばらばらになった仲間のよりどころにもなると考え、2014年に初期メンバー11人でシャンクスを始めた。
 成績は14年の5勝5敗から、15年は9勝4敗、16年は12勝4敗と、チームは着実に実力を上げてきた。16年10、11月の仙南ソフトボール協会長杯争奪大会では、前年に続いて優勝を勝ち取り、連覇した。玉浦地区を中心に20代や10代も入団するようになり、メンバーは24人に増えた。
 星さんたちは今、ソフトボールを通じて玉浦地区を活性化させたいと考えている。集団移転先の玉浦西地区に自力再建したものの、高齢者が多く、元気がないと感じるからだ。
 「自分たちが常勝チームになれば、試合自体がまちを元気づけるイベントになる」。地元の盛り上げに一役買おうと、バットを握る手に力がこもる。
(岩沼支局・桜田賢一)


<石巻姉妹人形>世界旅行の本に 母つづる
 東日本大震災で犠牲になった石巻市の佐藤愛梨(あいり)ちゃん=当時(6)=と、妹で小学4年の珠莉(じゅり)さん(9)をかたどった人形が世界を旅したプロジェクトをまとめた本「ふたりのせかいりょこう」(祥伝社)が出版された。多くの人の協力で妹の夢がかなった過程を姉妹の母美香さん(41)がつづった。
 「私たちの人形を世界旅行させてほしい」。本は、2年前のクリスマスに珠莉さんがサンタクロースに宛てて書いた手紙を知った人々が、相次いで海外旅行に連れて行くことを申し出たエピソードを紹介する。
 旅行したのは20カ国・地域に上り、各地を巡った人形の写真を掲載。EXILEのHIROさんら協力者のコメント、同じ飛行機に乗り合わせたサッカー日本代表選手らの写真も載る。
 本では、愛梨ちゃんが幼稚園バスごと津波と火災に巻き込まれて亡くなった状況や、遺族と幼稚園との訴訟といった震災当時を巡る悲劇にも触れた。
 震災6年の節目を前にした出版について、美香さんは「愛梨が生きた6年と亡くなってからの6年を振り返る作業だった。当時を記録に残し、協力してくれた人たちへの感謝を伝えたかった」とかみしめる。
 「珠莉は成長する中で震災や愛梨の身に起きたことを知り、傷つき、悩むと思う。多くの人が夢の実現を支えてくれたことへの感謝が、乗り越える力になると信じている」と話す。
 「ふたりのせかいりょこう」は小B6判、160ページ。定価1300円(税抜き)。連絡先は祥伝社03(3265)1084。


<AKB>復興後押し 岩泉でライブ
 昨年8月の台風10号豪雨で甚大な被害を受けた岩手県岩泉町の小本(おもと)中学校体育館で4日、人気アイドルのAKB48グループが復興支援ライブを開いた。
 岩手県出身の佐藤七海さん(17)や大家志津香さん(25)らメンバー15人が「ヘビーローテーション」「365日の紙飛行機」など計13曲を披露した。
 会場には地域住民ら約500人(主催者発表)が足を運び、メンバーのサイン色紙を賞品にじゃんけん大会をしたり記念撮影をしたりして交流を楽しんだ。
 佐藤さんは「台風の被害を知っていたので、いつも以上に素晴らしいステージにしたかった。皆さんが盛り上がってくれて良かった」と話した。
 岩泉高1年の三浦望さん(16)は「間近で見られてうれしい。町には災害で疲れた空気があったが元気が出ました」と笑顔だった。


“復興のシンボル”聖火台に点火
東日本大震災の発生からまもなく6年となる被災地の石巻市で、復興のシンボルとして貸し出されている前回の東京オリンピックの聖火台に、子どもたちが参加して火をともす催しが行われました。
石巻市の公園では、2020年東京オリンピックの大会の組織委員会や石巻市などが主催して、直径2.1メートル、重さ2.6トンの聖火台に火をともす催しが開かれ、子どもたちなどおよそ400人が参加しました。
聖火台は、前回の東京オリンピックの会場となった旧国立競技場から外され、石巻市に「復興のシンボル」として2年前から貸し出されています。
はじめに、震災の復興支援を続けている陸上男子ハンマー投げのアテネオリンピックの金メダリスト、室伏広治さんが子どもたちと一緒に聖火台を磨きました。
続いて、東京オリンピックの聖火の燃料に環境に優しい「バイオガス」を使う計画を提案している東北大学の研究者が中心となって点火式を行い、高さ20センチほどの「ミニ聖火台」に、地元で生ゴミなどから作られたバイオガスの炎がともされました。
また、聖火台にも火がともされると、住民から大きな拍手がおくられていました。
宮城県内では、震災の体験を教訓に、「バイオガス」を作ったり利用したりする動きが広がっていて、小学4年生の男の子は「世界的な大舞台で、自分が作ったバイオガスがともればうれしい」と話していました。
石巻市の46歳の男性は、「前向きな気持ちになれた。オリンピックを被災地から盛り上げたい」と話していました。
東北大学でバイオガスの研究をしている多田千佳准教授は、震災が発生し大崎市にある大学の建物に避難した際、学生が寒さで震えているのを目にしました。
当時、大学の設備には、多田准教授が作ったバイオガスが大量に保管されていましたが、ガスを燃やす設備はありませんでした。
多田さんは当時を振り返り、「すごく悔しい思いをしました。バイオガスは作るだけではなく、使うところまでやらないと意味がないと感じました」と話しています。
多田さんは震災のあと、子どもたちを対象にした教室を開き、身近にある生ゴミからバイオガスを作る方法を教えてきました。
さらに、大崎市の温泉街にバイオガスを燃料とする「カフェ」を作り、カフェの屋外にある装置に生ゴミを入れた人は、無料でコーヒーや紅茶を飲めるようにしました。
多田さんは、バイオガスで「復興五輪」を掲げている東京オリンピックの聖火をともせば、被災者を励ますことにつながるとして、「バイオガスの聖火を『復興の希望の炎』にしたい」と話しています。
東京オリンピックの大会組織委員会は、聖火について、ことし8月までにコンセプトをまとめ、どの燃料を使うのかなど内容を決めていく予定です。


教訓や復興考える被災地ウォーク
東日本大震災で死者と行方不明者が243人にのぼった石巻市雄勝地区で、被災地を歩いて震災の教訓や復興について考える「被災地ウォーク」が行われました。
これは、地元の住民グループが毎年この時期に企画していて、ことしは県内外からおよそ100人が参加しました。
参加者ははじめに、海岸沿いにあり3階建ての建物の屋上まで津波が押し寄せて入院患者や病院関係者などあわせて64人が犠牲になった雄勝病院の跡地を訪れ、慰霊碑に花を手向けて、祈りを捧げました。
このあと病院跡地をスタートして、津波の被害を受け今はさら地となった地域を通るおよそ2キロのコースを歩きました。
途中、地元の住民たちが当時の状況を説明し、このうち当時雄勝中学校3年生で今は東北大学に通う齋藤大裕さんは「午前中に卒業式を終え、自宅で昼食を食べているときに体験したことのない揺れが襲ってきました。船や壊れた家を巻き込んで真っ黒い波が自宅までの一本道に迫ってくる光景が脳裏に焼き付いています」と語りました。
中には時折涙を浮かべて話に聞き入る参加者もいて、大崎市の男性は「当時の状況がわかり、よい経験になりました。震災を経験した人に話をしていただくことが、一番胸に響きます」と話していました。


7道県の中高生 被災地域を視察
東日本大震災からまもなく6年になるのを前に、防災や減災を学んでいる全国の中高生が多賀城市を訪れ、地元の高校生の案内で被災した地域を視察しました。
多賀城高校では「東日本大震災 メモリアルday」と題して北海道や兵庫県など7つの道と県から集まったおよそ30人の中高生が、4日から2日間にわたって災害が起きた時どう行動すべきか、研究の成果を発表するなどしました。
5日午後は多賀城高校の生徒たちの案内で市内の被災した地域を視察しました。
このうち、津波が押し寄せたショッピングセンターでは3階の駐車場に上がり、タブレット端末で、震災当日、同じ場所で撮影された映像を見ながら高さ3メートルの津波が押し寄せた状況について多賀城高校の生徒から説明を受けました。
このあと市内を歩いて回り、電柱に設置された自分たちの背丈よりも高い津波が押し寄せたことを示す標識を見て、被害の大きさを学んでいました。
案内した多賀城高校2年の齋藤江里佳さんは「実際に町を見てもらうことで津波が来たらどうすべきか考えてもらえて良かったです。
震災はいつ来るかわからないので前もって備えてほしいです」と話していました。


仮設後の再建未定130世帯余り
東日本大震災で被災し、宮城県内の仮設住宅で暮らす人のうち、転居先が決まっていないなど住まいの再建の見通しが立っていない世帯は、前の年に比べて大幅に減少したものの、依然として130世帯以上にのぼることがわかりました。
県は相談センターを増設するなどして、再建を支援していくことにしています。
宮城県内の各自治体は、震災で被災し、ことし1月末の時点でプレハブの仮設住宅や民間のアパートなどのいわゆる「見なし仮設」に入居している1万48世帯を対象に、仮設住宅を出たあとの住まいの再建について調査を行いました。
その結果、9915世帯が「転居先が決まってる」と答えたものの、「転居先が決まっていない」が74世帯、「住民に接触できないなど、意向を把握できなかった」が59世帯と、あわせて133世帯が依然として住まいの再建の見通しが立っていないことがわかりました。
去年1月末の時点では、再建の見通しが立っていない世帯は、2264世帯ありましたが、災害公営住宅の整備が進んだことなどを反映し、この1年で17分の1ほどに減少しました。
自治体別にみますと、石巻市が55世帯と最も多く、気仙沼市が26世帯、東松島市が17世帯などとなっています。
宮城県は、現在は仙台市と登米市にある相談センターをことし10月に石巻市にも新設して、生活の再建を支援していくことにしています。


気仙沼−大島 架橋工事本格開始
宮城県の復興事業の1つで気仙沼市の中心部と離島の大島を結ぶ道路などの工事のうち、橋を架ける工事が5日から本格的に始まりました。
この復興事業は、総事業費220億円あまりをかけて気仙沼市東八幡前の国道45号線から大島の中心部までのおよそ8キロの道路や橋を整備するものです。
このうち、気仙沼市の市街地と大島を結ぶおよそ350メートルの橋を架ける工事が、5日から本格的に始まりました。
工事は午前4時ごろから始まり、長さおよそ40メートル、重さおよそ250トンの「アーチリブ」と呼ばれる橋を支える土台の一部を、巨大なクレーン船で運び、気仙沼側の橋脚の付け根に設置しました。
橋の工事は今月26日に完了する見通しで、道路などすべての工事は平成30年度末までに終える計画です。
工事を監督する県気仙沼土木事務所の小野栄班長は、「きょうは天候にも恵まれ、順調に工事が進んでいます。強風の影響で工期が延長する恐れもありますが、市民の期待にこたえるため、協力しながら安全第一で工事を進めたい」と話していました。


デスク日誌 豪雨から半年
 岩手県沿岸に深い爪痕を残した台風10号豪雨から2月末で半年となった。取材の主力となった3人が連載「濁流の余波」に取り組み、被災直後に取り上げた問題点を検証した。
 岩泉町の高齢者グループホームで9人が犠牲になったことを教訓に、福祉の現場は避難の在り方を点検。ホームが意味を理解していなかった避難準備情報は内閣府が「避難準備・高齢者等避難開始」に変えた。
 県は管理河川にタイムライン(事前防災計画)を導入するなど防災体制を強化した。一方で岩泉町の危機管理の不備を巡り、第三者を交えた検証が不足していることを指摘した。
 連載が始まった2月末は重大事故が相次いだ。27日に奥州市江刺区のため池で氷が割れ、ワカサギ釣りの4人が転落した。翌28日未明には遠野市の住宅火災で4人が犠牲になった。
 北上、釜石、一関各支局を軸に、総局の若手が応援に入って亡くなった方々の顔写真と悲嘆する関係者の話を伝えた。岩泉豪雨の時の紙面が脳裏に浮かんだ。
 「岩泉から半年の日に8人も亡くなるなんて」。28日夜、取材から戻った若手のつぶやきが心に残った。(盛岡総局長 吉岡政道)


被災地の9割超、応援継続望む最多は20年度まで
 東日本大震災や東京電力福島第1原発事故からの復興のため、全国の自治体が応援職員を派遣している岩手、宮城、福島3県の計39市町村の95%に当たる37市町村が「2017年度以降も必要」と継続を望んでいることが5日、共同通信の調査で分かった。最も多いのは「20年度ごろまで」で、震災から6年たっても深刻な職員不足が続く実態が明らかになった。
 被災自治体が派遣を望んでも、全てが実現するとは限らない。16年度に受けた応援職員数は24市町村が「不足した」と答え、その数は計240人に上った。派遣する側の自治体も職員削減で、長期間の継続が難しくなっているとみられる。


被災地の子どもを音楽劇で激励
熊本県出身者らでつくる劇団が、一連の熊本地震で被災した子どもたちを対象にした音楽劇を5日、益城町で開きました。
この音楽劇は、被災した子どもたちを励まそうと、熊本県出身者らで結成した劇団が開いたもので、益城町の「広安西小学校」には、児童や保護者ら、およそ100人が集まりました。
公演された音楽劇は、熊本県出身の絵本作家「葉祥明」さんの「リトル・ツリー」を題材にしていて、森の幼い木が、困難を乗り越えて成長していく物語です。
劇では、ピアノやバイオリン、それにドラムの3重奏に役者たちの歌声が重なり合い、子どもたちは母親とリズムを取ったり、前のめりになって笑顔で見入っていました。
音楽劇を開いた土器屋利行さんは「余震に恐怖の表情を浮かべたおいっ子を見て、この音楽劇を企画しました。地震を乗り越える力になってほしいです」と話していました。
この劇は、去年10月に東京で行われた同じ内容の音楽劇で集められた支援金などで開かれ、今月9日まで県内の3市町村で8公演が開かれます。


はがきで防ごう“地震の風化”
宇土市では、熊本地震で大きな被害を受けた市役所本庁舎のイラストをあしらった絵はがきの無料配布が行われ、人気を集めています。
これは、地震による被害を風化させないようにと、宇土市のデザイナーなどでつくる町おこしグループが行っているもので、宇土市役所仮設庁舎の総合案内窓口で、無料配布されています。
絵はがきには地震で被害を受け、半壊した市役所本庁舎の姿が描かれています。
この絵はがきはデザイン性の高さや無料ということもあって、地元の人を中心に人気を集めていて、1か月余りで、すでに2000枚ほどがなくなったということです。
グループでは、要望があれば、今後も、絵はがきをさらに制作し配布していきたいとしています。
宇土市に住む30代の女性は「本庁舎がなくなって寂しい思いをしていたので、ぜひ記念に欲しくてもらいにきました。大切に家に飾ろうと思います」と話していました。
はがきを制作したグループのメンバーで、市の職員の東祐介さんは「このはがきを宇土市出身の方々などに送って頂いて、本庁舎の思い出として活用してもらいたい。」と話していました。


たこ揚げで「絆」示す=パレスチナ自治区ガザで被災者を激励−東日本大震災
 【ハンユニス(ガザ地区)時事】パレスチナ自治区ガザ南部のハンユニスで5日、東日本大震災の犠牲者追悼と復興祈願のためのたこ揚げが行われた。地元の子供たち約1000人が色とりどりのたこを大空に揚げ、被災者との「絆」を示した。
 被災者激励のガザのたこ揚げは2012年以降、毎年3月に行われている。今回は初めて、「Gaza Loves Japan」という人文字のパフォーマンスも企画された。参加者代表のシャヒド・イヤド・クラブさん(12)は開会スピーチで「困難に立ち向かい、決して諦めないためにはどうすべきかを日本人から学んだ」と語った。
 今年のたこ揚げには、ガザで昨夏行われた日本人主催のビジネスコンテストの優勝者マジド・マシュハラウィさんも特別ゲストとして参加した。


ササニシキ復権を 首都圏で需要喚起
 作付面積が減少している県産ササニシキの需要を広げようと、県は6日から首都圏や県内の飲食店でササニシキを使ったメニューを提供するキャンペーンを始める。19日まで。
 首都圏や県内のすし店、中華料理店、旅館など計41店でササニシキを提供。抽選でササニシキ(2合)が当たるくじも実施する。県はさっぱりとした食感や和食との相性の良さをアピールし、需要喚起を図る。
 ササニシキは1963年に県古川農業試験場(大崎市)が開発。コシヒカリと並び「東の横綱」とも称されたが、93年の冷害を境に作付面積が減少に転じた。
 2016年産の県内作付面積は3799ヘクタールで、全体の6.4%。主力品種のひとめぼれに次ぐ2位の座を辛うじて守ったが、3位のつや姫やまなむすめとの差は縮小している。
 県農産園芸環境課の担当者は「子どもの頃に食べた味を覚えている人も多いはず。さまざまな取り組みを通してササニシキの復権を図りたい」と話す。


ウルトラセブンねぶた出陣 ネットで資金募集
 放送開始から今年で50年となる特撮ヒーロー「ウルトラセブン」を青森ねぶた祭(8月2〜7日)に出陣させようと、青森市の有志がインターネットで資金を募っている。
 ウルトラマンやセブンをはじめ、シリーズに登場する多くの怪獣やメカをデザインした成田亨氏(1929〜2002年)は青森市出身。同市の会社経営三上貴久さん(47)が「子どもから大人まで3世代で楽しめる作品をねぶたとして運行したい」と企画し、円谷プロの公認を得た。
 セブンと敵の怪獣「エレキング」を大型ねぶたの先陣となる小型の「前ねぶた」として制作する。ねぶた師が手掛け、運行は「あおもり市民ねぶた実行委員会」が協力する。
 費用約400万円はクラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー」で5月19日まで募る。返礼に、三上さんがデザインした同作品のキャラクターが描かれたハネト衣装やTシャツなどを用意。15万円以上を寄付すると、祭り期間中のペア宿泊券が付く。
 連絡先は「青森ねぶたウルトラノ會(かい)」事務局017(776)1156。


残業80時間超は公序良俗違反 相次ぐ司法判断
 政府が導入しようとしている残業の上限規制を巡り、月100時間の残業を容認するかが焦点となっているが、最近の労働裁判では、月80時間を超える残業について「公序良俗に反する」「労働者への配慮に欠ける」との判断が相次いでいる。日本労働弁護団の棗一郎幹事長は「政府の規制案は(訴訟になった場合)裁判所に無効とされる可能性もある」と指摘する。
 飲食店の店長だった男性が未払い残業代の支払いを求め、岐阜地裁で争われた訴訟。会社が月83時間の残業代に相当する月10万円の管理者手当を支払っていたことについて、地裁は2015年10月の判決で「(厚生労働省が残業上限の目安とする)月45時間の2倍に近く、相当な長時間労働を強いる根拠となり、公序良俗に違反すると言わざるを得ない。手当を残業代と認めることはできない」との判断を示し、原告の請求を認めた。
 北海道のホテルで料理人として働いていた男性が未払い残業代を求めた訴訟でも、札幌高裁が12年10月、月95時間の残業代に相当する職務手当について「このような長時間の残業を義務付けることは、安全配慮義務に違反し、公序良俗に反する恐れもある」と指摘。「労働者の生活と仕事を調和させようとする労働基準法36条の規定を無意味なものにする」とした。
 京都地裁も10年5月、居酒屋チェーンで働き、24歳で過労死した男性の遺族が会社側に損害賠償を求めた訴訟の判決で、1カ月100時間という残業上限を「労働者に配慮していたものとは全く認められない」と判断した。この訴訟は大阪高裁を経て、最高裁が会社側の上告を退け、原告勝訴が確定している。


大学と軍事研究/「原点」を忘れてはならない
 戦後、日本科学界が決別した大学における軍事研究。約70年間堅持してきたタブーの解禁が、現実味を帯びてきている。戦時中に軍事協力をしたことへの反省から生まれた原則が、骨抜きにされる懸念がある。強い危惧を感じざるを得ない。
 防衛省は2015年度、軍事分野に応用可能な基礎研究に助成する「安全保障技術研究推進制度」を始めた。狙いは大学など民間が先導する先端技術の防衛装備への転用。民生両面で利用可能な「デュアルユース技術」の発掘だ。 当初3億円だった制度の予算規模は、17年度予算案で110億円に膨れ上がった。
 科学界は動揺している。「科学者の国会」と言われる日本学術会議では今、制度受け入れの是非を巡る議論が大詰めを迎えている。
 会長の大西隆・豊橋技術科学大学長は16年4月、「自衛目的の範囲なら認められる」との見解を表明。学術会議が1950年に発表した「戦争を目的とする科学の研究には絶対従わない」とする声明見直しの検討に入った。
 学術会議内の検討委員会は今年1月、「政府による介入の度合いが大きい」と警鐘を鳴らす中間報告を発表。都内であった公開討論では「研究者は応募しないと明記せよ」など反対が大勢を占めた。
 制度に応募しない大学は少なくない。東北大は軍事研究に歯止めをかける指針の策定に取り組む。滋賀県の大学は「軍学共同反対滋賀連絡会」を設立した。各大学内での議論も活発化している。
 しかし、現実は一歩も二歩も先を行く。公開討論では「軍事研究イコール兵器研究ではない」という賛意も示された。実際、制度には15年度、109件の応募があり、大学など教育関係機関が半数以上を占めた。16年度は5大学の提案が採択された。
 ここに来て、国内の大学に対する米軍の資金援助が改めて取り沙汰されている。07年以降、米軍が日本の大学や公的研究機関の研究者に投じた研究費の資金提供が少なくとも8億8000万円に上ることが判明。学術会議の議論に影響を与えるとみられる。
 不気味な足音が聞こえる。安倍晋三首相は15年4月、半世紀にわたって堅持した武器輸出三原則を撤廃した。それに先立ち、経団連は三原則の大幅緩和を提言。防衛産業の市場拡大を促している。
 日米防衛協力を念頭に置く特定秘密保護法の施行、三原則の撤廃、集団的自衛権の行使を可能とする安全保障関連法の成立−。安倍首相が言う「普通の国」の輪郭が鮮明になってきた。
 欧米では、民生技術を軍事に取り入れる研究は常識という。いい意味で日本は先進国の中でも特異な国だった。時代の流れでは済まない大きな岐路が目の前に現れてきた。科学者が過去に学んだ「原点」を忘れるべきでない。


【奨学金問題】負の連鎖になりかねない
 大学の合格発表が相次いでいる。晴れて進学が決まったものの、学費の工面に悩む受験生や家庭は多いのではないだろうか。
 頼みの綱になるのは、いまも昔も奨学金。ところがいま、「奨学金地獄」という言葉も生まれるほど若者が苦しんでいる。卒業後に多額の返済に追われているのだ。
 本紙の取材で、県内でも同様の状況に置かれている若者が少なくないことが分かっている。
 政府は2018年度から、日本学生支援機構の奨学金に返済不要の給付型を本格導入する。17年度も一部を先行実施する。遅きに失した感はあるにせよ、貸与型しかなかったことを考えれば意義は大きい。
 もっとも他の先進国に比べれば、対象学生の割合や給付額はあまりに少ない。貸与型にも無利子枠の拡大や所得連動の返済制度が設けられるが、いままさに過重な返済に苦しんでいる人への対策も急がれよう。
 支援機構の調査では、大学昼間部の学生の奨学金利用率は現在5割を超えている。20年前は2割台だったことを考えれば、奨学金への依存度は高まっている。
 この間、大学進学率は上がり続け、奨学金の予算額も拡充されてきた。かつて奨学金といえば無利子だったが、いまは有利子が7割を占める。無利子と有利子を併用して月10万円以上を借り、生活費も授業料も工面している学生がいる。
 そうまでするのは親の所得の減少だ。統計では民間の平均年収は1997年の467万円をピークに下降し、現在では50万円近く減っている。
 一方で、昭和50年代以降、値上げが続いてきた大学の授業料は現在も高止まりしたままだ。国立でも標準額で年53万円余り、私立で平均86万円を超える。企業の高卒求人数が大きく減少し、無理をして大学進学を選ぶケースもあるようだ。
 大学卒業後に安定した収入が得られるのであれば、まだ多少の無理も利く。だが、年功序列の終身雇用制度に守られ、賃金も右肩上がりの時代ではなくなっている。
 最近でこそ大卒の求人は改善しているが、数年前まで企業は景気低迷にあえぎ、非正規雇用を増やしてきた。若者を低賃金で酷使する「ブラック企業」の問題も深刻だ。
 さらに支援機構は延滞金の回収を強化し、債権回収会社に委託したり裁判所へ支払い督促の申し立てを増やしたりしている。
 家庭の事情で奨学金を借り、返済のため卒業後も生活苦が続く。これでは負の連鎖になりかねない。将来の結婚や子育てはもちろん、高齢化社会を支えることも難しい。
 もはや個人を超えた社会問題だ。教育のための奨学金制度がこんな姿であっていいはずがない。
 国会では高等教育の無償化も論議されているが、給付型奨学金の大幅な拡充や授業料の値下げなども検討する必要がある。返済に苦しむ人への相談体制や減免制度の強化も忘れてはならない。


森友学園 検査院任せは筋違いだ
 国有地取得を巡る交渉が、大阪の学校法人「森友学園」の要求通りに進んだのはなぜか。
 政治家が関与した疑いがある以上、政府・与党は会計検査院任せにはせず、国政調査権に基づく真相の解明を進めるべきである。
 学園の籠池(かごいけ)泰典理事長が自民党の鴻池祥肇参院議員の事務所に、小学校開校を巡り役所への口利きを依頼していた記録が発覚した。依頼は、2013年8月から昨年3月にかけて15回に上る。
 「政治力で早く結論が得られるように」「賃借料をまけてもらえるようお願いしたい」などと露骨な要求が記されている。そこから浮かび上がるのは、政治家を通じて執拗(しつよう)に利益を得ようとする学園側の姿勢だ。
 実際に、財務省近畿財務局や国土交通省大阪航空局との交渉は理事長の意向に沿う形で進んだ。
 記録によると、財務局は当初、国有地購入による取得しか認めなかったが、理事長が「8年間は借地で、その後購入とできないか」と事務所に要望した結果、売却を前提とした10年間の定期借地契約になった。
 年間約4000万円の賃料提示にも理事長は「高すぎる。何とか働きかけしてほしい」と事務所に求め、年間2730万円に減額された。
 さらに売買契約に切り替えた際も一括払いでなく分割払いとなる。
 理事長の要望に応じて財務局や航空局がルールを次々と変更した経過が見て取れる。財務省は「政治家から不当な働きかけはない」と答弁しているが、判明した事実とは大きく食い違う。
 学園の小学校設立の認可を巡る審議にも不可解な経緯があった。大阪府の審議会は財務面に不安があることなどから認可を保留したが、1カ月後の臨時会では一転して、条件付きながら認可適当と答申した。理事長はこの間、大阪府議に「小学校の件、よろしくお願いします」と要請していた。
 もはや理事長らの参考人招致が不可欠だろう。ところが、政府や自民党は会計検査院を盾に野党の要求を拒んでいる。
 検査院の検査は、売却価格が適正だったかどうかという外形的なチェックにとどまる。交渉過程で不正がなかったかどうかを解明することまでは期待できない。
 安倍晋三首相の昭恵夫人は小学校の名誉校長に就任し、問題発覚後に辞退した。学園の寄付集めには首相の名が一時使われており、首相は全くの第三者ではない。
 首相がもし「利用された」と考えるのであれば、理事長らの国会招致で事実の解明を図ることが自らの利益にもなるのではないか。


森友学園疑惑 解明へ参考人招致を急げ
 大阪府豊中市の国有地売却問題は、政治家側の口添えによって国民の財産が破格の安値で払い下げられた疑惑が濃くなってきた。
 学校法人森友学園(大阪府)が小学校建設用地の格安払い下げを受けた問題で、政治家の関わりが次々と明らかになっている。
 ところが、安倍晋三首相は「政治家の不当な働き掛けはなかった」と言い張り、政府や自民党内の内部調査に否定的な姿勢だ。学園の籠池泰典理事長の要請で講演し、建設中の小学校の名誉校長に就いていた昭恵夫人は辞任した後、沈黙を貫いている。国民の不信感は強まるばかりだ。
 一刻も早く、籠池理事長や売却に関わった国土交通省の担当者や議員らを参考人招致し、真相を徹底究明すべきだ。
 籠池理事長が陳情したのは、自民党の鴻池祥肇参院議員である。2014年4月に議員会館を訪れ、金品が入った紙包みを手渡そうとしたが、鴻池氏は「無礼者と言って投げ返した」と説明している。
 さらに鴻池氏は学園側から受けていた20万円の政治献金を返却するという。だが、国への働き掛けを否定する鴻池氏の説明と事務所側の対応の落差は大きい。
 事務所作成の面談記録には、籠池理事長から「上からの政治力で早く結論が得られるようお願いしたい」などと記されていた。繰り返し陳情を受け、秘書らが国とやりとりを重ねていた。
 疑惑は多い。近畿財務局が小学校用地に充てるには「購入のみ」と通告していたのに、15年5月、売却を前提として特約付きの10年賃貸契約が結ばれた。同年1月には、籠池理事長は事務所に「賃料年4千万円の提示あり。高すぎる。何とか働き掛けてほしい」と連絡し、年2730万円に収まった。
 小学校用地で見つかったごみの除去費用が8億円超に上ると大阪航空局が独自算定したことも前例がない。近畿財務局は鴻池氏側に複数回、経過を報告していた。
 異例ずくめの経緯があり、結果的に次々と学園側の値切り要求が実現している。
 さらに、籠池理事長は政治団体・大阪維新の会の大阪府議にも、小学校の設置認可への協力を求めていたことも明らかになった。
 首相や有力議員の権勢にすがり、値引き攻勢をかけたのが本筋に見える。不自然すぎる国の動きや議員側との金銭のやりとりの有無など、複合疑惑の解明が急務である。


森友学園問題◆首相は売買交渉の全容示せ◆
 大阪市の学校法人「森友学園」への国有地の格安売却を巡り、自民党参院議員の鴻池祥肇(こうのいけ・よしただ)元防災担当相の事務所が学園側からの要望などを記録した「陳情整理報告書」が出てきた。2013年8月〜16年3月の計16回にわたる面談内容が書き留めてあり、財務省近畿財務局などに要望を仲介して報告を受けていたこともうかがえる。
 学園側が豊中市の国有地取得を目指していた時期だ。「政治力で早く結論を得られるようにお願いしたい」「何とかしてや」などと露骨な要望が並ぶ。
要望をほぼかなえる
 鴻池氏はそのさなかの14年4月に森友学園の籠池(かごいけ)泰典理事長と会ったことを認めたが、財務省などへの働き掛けは否定。事務所も「要望を伝えただけ」としている。だが数々の要望はほぼかなえられ、異例の売買が実現した。財務局の対応に影響しなかったか、籠池氏が頼りにした政治家は鴻池氏だけかと疑問は尽きない。
 安倍晋三首相は自民党内の調査に否定的で、会計検査院の検査に委ねるとしている。財務省も「政治家の関与は一切ない」と繰り返すが、説得力はない。まず国有地を保有していた国土交通省大阪航空局も含め、当時の担当者からの聞き取りにより売買交渉の全容を国民の前に示すべきだ。
 報告書の記述が始まった13年8月は、学園側が小学校用地として国有地取得に動きだしたころだ。「国有地借地を希望。近畿財務局より、学校の場合は購入のみと回答あり」とある。学園側は借地契約後の購入を目指し、10月に「上からの政治力で早く結論を得られるようにお願いしたい。評価額を低くしてもらいたい」と求めた。
 14年1月になり「賃料と購入額で予算オーバー」と相談。15年1月、財務省から「土地評価額10億。10年間の定期借地で賃料年約4千万円」を提示されたとして「高すぎる。何とか働き掛けてほしい」と訴えている。
政治家に幅広い人脈
 その年5月には学園側の要望通り、近畿財務局との間で借地契約が結ばれた。賃料は年間2730万円。16年3月に校舎建設工事で地中からごみが見つかり、学園側は財務省側との面会設定を要望。報告書には、断ったとの記載がある。だが直後に籠池氏は財務省理財局幹部らと会い、ごみ撤去費8億円余りを差し引いた1億3400万円で売買契約に至った。
 とんとん拍子で話が進んだ感は否めない。しかも、ごみ撤去費を算定した大阪航空局は過去にそうした経験がなく、専門業者に委託しなかったのは開校予定が迫っていたからだという。学園側にとっては至れり尽くせりの対応だ。
 籠池氏は保守系政治家の間に幅広い人脈を持つといわれ、小学校設置認可についても大阪府議に協力を求めたとされる。首相が言及する会計検査院の検査では売却額の判断はできても、政治家の関与を含めた全容解明は期待できない。


見苦しいブチ切れ答弁…森友疑惑、主役は安倍晋三である
 安倍官邸が火消しに躍起になっている森友学園問題。火ダネは学園がタダ同然で仕入れた国有地への小学校新設だったが、疑惑を増幅させたのは安倍首相夫妻との怪しい接点だ。新設校が「安倍晋三記念小学校」の名目で寄付金を募り、名誉校長だった昭恵夫人が広告塔を務めていたのは紛れもない事実である。国会で昭恵氏の関わりを追及された安倍は「妻は私人なんです」とブチ切れ、「辞令が出ていないという意味では公人ではない」とも強弁したが、その場しのぎは通用しない。
■職員名刺は「総理夫人付」
 写真を見てほしい。昭恵氏に同行する霞が関の職員が持ち歩く名刺だ。
 所属を記す位置には「内閣総理大臣夫人付」と刷られ、連絡先は内閣総理大臣官邸だ。裏面には英文で「総理大臣夫人補佐」と表記されている。秘書官のような役割を担っているわけだ。
 昭恵氏のサポート役として現在、経産省から2人、外務省から3人の職員が配置されている。2日の国会で“アッキーシフト”について説明した土生栄二内閣審議官は、昭恵氏の私的行動については「関与しないというふうに承知している」と答えたが、翌3日には軌道修正。昭恵氏が2015年9月5日に森友学園が運営する塚本幼稚園で名誉校長就任の講演をした際、職員が同行していたと明かした。オカシイのがその続きで、「職員が公費で出張した事実はない。勤務時間外の職員の私的活動だった」と言うのである。
 菅官房長官も3日の会見で「夫人の講演は私的行為だ」と強調。「職員の同行目的は夫人の連絡調整等のサポートを行うためで、私的活動そのものをサポートするためではなかった」とした。もはや、禅問答だ。
 政治学者の五十嵐仁氏は言う。
「首相夫人は一般人とは異なる立場にあると捉えるのが常識でしょう。少なくとも準公人にはあたる。私的活動中の準公人の連絡係として公務員が公務に駆り出される。あまりに苦しい釈明です。そもそも、森友学園が昭恵夫人を重用したのは、〈総理大臣夫人〉だからで、学園のHPでの取り上げ方を見ても明らか。ご本人も講演で〈私もお役に立てればいいと思っていました〉と発言している。名誉校長を引き受ければ学園にハクが付き、それによるメリットが生まれる。昭恵夫人の言動を見る限り、そういう考えを持っていたとみるのは自然でしょう」
 幼稚園児に教育勅語を暗唱させ、軍歌を歌わせて、運動会では「安倍首相がんばれ!」と宣誓させる。戦前回帰のアナクロ狂信学園の名誉校長に首相夫人が就き、学園は格安で8770平方メートルもの国有地を手に入れた。その過程で、鴻池元防災担当相の国会事務所でコンニャク封筒を差し出す陳情攻勢があった。こうした事実が表に出てきているのだから、国会で連日取り上げるのは当然だ。にもかかわらず、安倍は「レッテル貼りだ」「限度を超えている」などと、まるで被害者ヅラだが、トンデモない。背景を知れば知るほど、この疑惑の根深さ、薄気味悪さが浮かび上がってくる。
疑惑の登場人物はそろって日本会議に連なる人脈
 森友学園の籠池泰典理事長による政界工作の一端が3日、新たに発覚した。鴻池に籠池を引き合わせたのは、元秘書だった黒川治兵庫県議で、13年に知人を通じて知り合った籠池から橋渡しを依頼されたという。もうひとりは、大阪維新の会の中川隆弘大阪府議。14年に豊中市内で籠池夫妻と会い、「(小学校の)認可が出るか出ないかなので、協力してほしい」と頼まれ、府に審議状況を確認したという。中川につないだのは安倍の地元である山口県の松浦正人防府市長だ。
 疑惑に関わった人物が次々に出てくることで、前例のない用地取引が誰の口利きで実行されたかに焦点が移りつつあるが、この流れは論点ずらしのミスリードだ。便宜を図った政治家や官僚をあぶり出し、一連の流れを解明する必要はある。しかし、疑惑の本丸は安倍晋三なのである。
 ベストセラー「日本会議の研究」の著者である菅野完氏はこう言う。
「森友学園疑惑に登場する人物は、安倍首相の支持基盤である保守系団体の『日本会議』の人脈につながります。籠池理事長は大阪幹部で、鴻池元大臣は国会議員懇談会、黒川県議は地方議員連盟のメンバー。松浦市長は自虐史観を排した新しい歴史教科書の採択を目指す『教育再生首長会議』の会長です。日本会議の外郭団体の『日本教育再生機構』を通じて大阪府内の公立校の教科書採択に影響力のあるキーパーソンでもあります」
 だから、森友学園疑惑は不気味なのだ。政界疑獄に発展したロッキード、東京佐川急便、リクルート事件の根っこには贈収賄があった。ところが、森友をめぐる構図は本質的に異なる。便宜供与を求める側はカネがない。小中高をそろえた総合学園を描いていたという籠池は、まずは小学校新設を計画。用地は見つけたものの、資金が足りない。それで、鴻池事務所の陳情記録にあったように「土地評価額を低くしてもらいたい」「高すぎる、何とか働きかけてほしい」などと、露骨に頼み込んでいたのだ。園児の父兄らとの関係も険悪となれば、集票マシンとしても機能しない。見返りを差し出せない森友がなぜ、便宜を得たのか。
■森友は美しい国モデル校
 立正大名誉教授の金子勝氏(憲法)は言う。
「銭金の問題ではなく、安倍首相の政治姿勢に共鳴するグループを権力が守る構図が透けて見えます。新設小学校の教育方針は戦前の教育勅語を実行で、安倍政権の方針とピタリと合致する。つまり、国家存亡の機になれば、国のために命を捧げる国民の育成です。森友学園でそうした教育システムを確立し、全国展開すれば、安倍首相の目指す美しい国づくりにつながる。森友学園はアベ教育改革の突破口に位置付けられたのではないでしょうか」
 籠池が催しで「行政に一生懸命後押しいただきながら」と、小学校開設を自慢げに語っていたわけだ。行政の後押しは、政治力のなせる業だ。
 安倍は当初、「私の考え方に非常に共鳴している方」と籠池を褒めちぎっていた。雲行きが怪しくなると「非常にしつこい」「教育者としていかがなものか」などと手のひら返し。口を極めて罵り始めた。
 2日の衆院予算委の与党理事会合では「森友学園の方が一枚上手だったのだろう。財務省もうまく丸め込まれたのではないか」とうそぶいていたそうだが、安倍の動向もかなり怪しい。森友学園サイドが近畿財務局で不可解な値下げ交渉を引き出した日に前後して、国有地売却を差配する責任者だった財務省の迫田英典理財局長(現国税庁長官)と官邸で面談。安保法制審議ヤマ場にもかかわらず、大阪への日帰り出張を強行していた。その翌日、昭恵氏は名誉校長就任の講演を行っている。
 疑惑は尽きない。籠池はもちろん、昭恵氏や迫田国税庁長官の参考人招致を求めるのは当然なのだが、自民党が抵抗している。
 3日の朝日新聞には「(籠池氏は)何を言い出すか分からない。首相官邸が呼びたくないと言っている」という自民国対幹部の発言が載っていた。菅も「違法性のない事案に関わる審査は慎重にやるべきだ」と抑え込み、石井国交相も国有地買い戻しに言及し、幕引きを焦っている。
「国会は国権の最高機関で、内閣の従属機関ではありません。コトは国有地の払い下げ問題にとどまらない。ここまで疑惑が広がった以上、国民の利益を考えれば、国政調査権を発動して徹底的に調べ上げるのが筋です」(金子勝氏=前出)
 官邸はなぜ逃げ回るのか。安倍が疑惑の核心だからである。国民はそこを見据えなければダメだ。


”推薦入学枠提供で合意”報告
大阪・豊中市の国有地を買い取った学校法人「森友学園」が、来月、開校を計画している小学校の認可を審査する審議会に、「愛知県内の中学校への推薦入学枠の提供で合意している」と報告しましたが、名前を出された学校法人が「事実無根だ」と否定していることが分かりました。
大阪府は今後、森友学園の報告が適切だったかどうか、調査を進めることにしています。
大阪・豊中市の国有地を鑑定価格の14%で購入した大阪の学校法人「森友学園」は、この土地で来月、小学校を開校することを計画していますが、大阪府は、森友学園が提出した収支計画では一定の入学者数が確保できるのかなど、安定的な学校運営に不安があるなどとして、認可の延期も含めて検討に入っています。
専門家でつくる大阪府の審議会が、小学校を認可について議論を続けていますが、2月22日に開かれた審議会では、森友学園が1年生と2年生、あわせて160人を募集しているものの、この日までの入学予定者数は45人にとどまっていることが報告されました。
その一方で、森友学園が児童確保に向けた取り組みの1つとして、「全寮制による次世代のリーダー育成を掲げ、難関大学への合格実績でも高い成果を上げている愛知県内の中学校への推薦入学枠の提供で合意している」と報告していたことが関係者への取材でわかりました。
これに対し、推薦入学枠で合意しているとされた愛知県蒲郡市にある私立海陽中等教育学校は、NHKの取材に、「森友学園と連絡を取ったり、話し合いをしたことは一切なく推薦入学の話は事実無根だ。学校の名前を出され戸惑い困っている」と話しています。
大阪府教育庁は、小学校の認可について、3月23日に開かれる予定の審議会での議論を経て、判断することにしていますが、それに向けて推薦入学枠の合意など森友学園の審議会への報告が適切だったかどうか、調査を進めることにしています。


石原氏と豊洲 居直る姿にはあきれた
 東京・築地市場の豊洲移転問題について石原慎太郎元都知事が記者会見を開いた。
 移転決定当時の「最高責任者として裁可した責任」があることだけは認めたものの、「みんなで決めた」とも強調し、全体を通じほぼ居直りに終始した印象だ。
 迷走する問題の解決に向け前へ進むには、まずは都政のトップにあった者が過去の真実を語り、非を認めるべきは認め謝罪する―。
 求められた姿勢はそこであり、移転延期で多大な損害を被っている市場関係者も注目しただろう。
 それが誠意を見せることなく、早く豊洲を開業させるべきだとして小池百合子知事に批判の矛先を向けた。筋違いも甚だしい。
 都議会の百条委員会は11日から石原氏ら移転に関わった関係者への証人喚問を行う。真相究明へ今こそ議会の役割を果たすべきだ。
 石原氏は、移転は「就任時には既定路線だった」と強調し、専門家の判断を踏まえて「行政全体で検討し、議会が了としたので裁可せざるを得なかった」と述べた。
 生鮮食品を扱う卸売市場を、土壌汚染が判明している東京ガスの工場跡地に建てれば、将来に禍根を残すことは十分予測できた。
 一度待ったをかけ代替候補地の本格検討を指示することは知事の立場なら可能で、知事にしかできないことだった。
 石原氏は在任中、ディーゼル車の排ガス規制導入などトップダウンの手法を看板にしていた。それが専門家や議会、都幹部に責任転嫁するような発言を繰り返したのは、見苦しい保身と映る。
 不透明な東京ガスとの交渉もそうだ。契約時に「今後、土壌汚染対策費用を求めない」と相手の瑕疵(かし)担保責任の放棄を認め、860億円に膨らんだ対策費のうち東ガスの負担は78億円にとどまる。
 しかし、交渉は当時の浜渦武生副知事に任せきりで報告も相談も受けておらず、こうした条項の存在すら知らなかったという。
 建物の下に盛り土が行われなかった経緯も記憶はないと述べた。
 いずれも事実だとすれば、在任中、組織を掌握し、重い職務を全うしようと努めていたのかどうかさえ疑念が湧く。
 ただ、石原氏の対応を見過ごしてきた都議会の責任も免れない。盛り土問題発覚から5カ月後の百条委設置も遅すぎる。
 真相に迫ることなく、夏の都議選を意識し追及姿勢をアピールするだけに終われば、世論の失望が深まるだろう。議会の正念場だ。


豊洲移転問題 石原氏は説明が足りない
 土壌汚染が分かっていながら、なぜ築地市場(東京都中央区)を豊洲(江東区)に移転させる決定をしたのか。
 納得できる説明は得られなかった。
 「専門家が、豊洲(の土地)を都が購入して市場を移す必要があると複合的に考えて決めたことについて、口を挟む余地はない」。当時、知事として豊洲移転を決めた石原慎太郎氏の記者会見での発言である。
 石原氏は「豊洲移転は既定路線だった。私一人というよりも、行政全体の責任だ」と述べた。都議会の同意も経ており、自分だけの責任ではないことを繰り返し強調した。
 豊洲市場の敷地は東京ガスの工場跡地で、土壌から高濃度の有害物質が検出されたため、都は約860億円をかけて対策工事を実施した。一方、東京ガスの負担は78億円である。
 都の用地購入の契約時、東京ガスに「今後、土壌対策費用を求めない」とする瑕疵(かし)担保責任の放棄を盛り込んだことについても、石原氏は「記憶はないし、相談も受けていない」と語った。
 巨額の税金が投入されたのに、責任逃れのような説明で都民が納得するはずがない。
 焦点は、東京都議会が設置した豊洲移転問題を検証する調査特別委員会(百条委員会)の証人喚問に移る。
 百条委は、豊洲のガス工場跡地を選んだ理由や、都との契約に難色を示していた東京ガスとの土地買収交渉の経過などを調査する。建物の下に盛り土がされなかった問題も調査対象になる。
 強い調査権を持っている百条委には、豊洲移転に関するさまざまな疑問点を徹底解明してもらいたい。
 20日には石原氏の証人喚問が行われる。その前段として19日に、土地買収交渉を担当した浜渦武生元副知事も喚問される。
 百条委での証言は、事実と異なれば「偽証」に問われる可能性がある。石原氏らは、真正面から説明責任を果たさなければならない。
 自民党は当初、百条委の設置に慎重だった。それが同意したのは、7月の都議選に向けたパフォーマンスだとの指摘もある。そんな見方を払拭(ふっしょく)するためにも、百条委は調査の成果を出す必要がある。
 豊洲市場の安全性を巡っては、新たな問題も浮上してきた。1月には、市場の地下水から、環境基準の最大79倍に上るベンゼンなどの有害物質が検出されたことが判明した。安全性を十分に検証し、対応策を取る必要がある。風評被害も心配される。
 さらに、老朽化した築地市場についても、仮設建物35棟が建築基準法上の許可が切れて違法状態であることが明らかになった。
 そんな状況で、豊洲市場への移転計画をいつまでも宙に浮かせておくわけにはいかないだろう。小池百合子知事は市場関係者と共に、解決策を見いだしてもらいたい。


「共謀罪」法案 問題多く提案は無謀だ
 共謀罪の構成要件などを変えた組織犯罪処罰法改正案の全容が明らかになった。適用対象を「組織的犯罪集団」に限定し、現場の下見などの「準備行為」があることも処罰の要件とした。対象犯罪は当初、法定刑が懲役・禁錮4年以上の676に上っていたが、直接テロの手段になり得るものを中心に277に絞り込んだとしている。
 政府は法改正の狙いを「2020年東京五輪・パラリンピックを見据えたテロ対策強化」とし、共謀罪ではなく「テロ等準備罪」の呼称を使って説明してきた。しかし、改正案の条文には「テロ」という表記は一つもない。与野党から疑問視する指摘が相次いだため、政府はテロの文言を明記する方向で検討に入ったという。
 野党は「テロ等準備罪と呼んでいたのは、国民を安心させるための印象操作だったのではないか」と反発を強めている。弁護士や学者からは「条文が不明確で、処罰対象が拡大解釈される恐れがある」などと懸念の声も上がる。二転三転する金田勝年法相の国会答弁に象徴されるように、問題の多い法案だと言わざるを得ない。
 政府は改正案について、これまで3度廃案になった共謀罪法案より構成要件などを厳しくしており、一般市民を対象にしたものではないと強調する。罪に問われる組織的犯罪集団を「目的が対象犯罪を実行することにある団体」と定義し、従来の「団体」から変更した。
 しかし、組織的犯罪集団と認定する要件が極めて曖昧な上、法務省が「正当な活動を行っていた団体でも、目的が犯罪を行うことに一変した場合は処罰対象になり得る」との見解を示したため、野党は「一般市民が処罰される恐れは否定できない」と批判している。
 どういった場合を「目的が一変した」に当たると判断するのか。組織的犯罪集団の認定に関する明確な基準や要件が示されない限り、処罰対象が拡大解釈される懸念は払拭(ふっしょく)できない。
 処罰の要件となる「準備行為」については「資金または物品の手配、関係場所の下見その他」と規定。これについても「その他」とあることで、捜査機関による恣意(しい)的な運用につながりかねないと専門家は指摘する。
 さらに、準備行為は「計画した者のいずれか」により行われることとしているため、1人が準備行為をすることで犯罪を行うことに合意した他のメンバーが処罰される可能性もある。となれば、犯罪の謀議に加わっただけで処罰される過去の共謀罪と本質的に変わらないことになるのではないか。
 政府は今月中旬にも改正案を閣議決定する方針という。国民の権利に関わる重要な問題を指摘されながら、十分な説明もできぬまま国会に改正案を提出するのは無謀ではないか。政府は国民の懸念を真摯(しんし)に受け止め、提出を断念すべきである。


政治の「男女均等」 少数者の声反映へ意識改革急げ
 議員選挙の男女の候補者数を可能な限り等しくするよう政党に促す「政治分野における男女共同参画推進法案」が、今国会で成立する見通しとなった。
 野党4党が昨年5月に国会提出した法案は、候補者の目標が「できる限り男女同数」。だが主に自民党から「必要のない法案だ」「男女の逆差別を生む」などと反対意見が噴出。同12月に、与党が「できる限り男女均等」を目指す案を出し、民進党などが譲歩した。今月内にも一本化し、提出し直すという。
 推進法は、禁止規定や罰則のない理念法のため、政党への強制力はない。それでも、目標の後退を余儀なくされたことが、まだ根強い男性優位の政治状況を如実に示していよう。成立に向け一歩前進したことは歓迎できるが、法を作って終わりではもちろんない。まずは有権者も含めた議会内外の意識改革と、女性候補を増やす具体的な取り組みを各党に強く求めたい。
 政治分野への女性の進出は、世界でも際立って遅れている。前回2014年12月の衆院選で立候補した女性は198人で、全体の16.6%。うち当選者は45人、9.5%にすぎない。国際組織「列国議会同盟」によると、各国議会の女性割合比較では193カ国中157位。人口の過半数の女性が「少数派」であり続ける日本の政治状況を、そろそろ変えねばなるまい。
 政治の大きな役割は、多様な人々の暮らしを守り、よりよくするために、税や法律で社会の対立や利害を公平に調整していくこと。貧困や格差、少子化、差別といった問題の多くは生活に根ざしており、議員の顔触れと社会の住民構成があまりに乖離(かいり)していては政治の優先順位を見過ごしかねない。女性をはじめ若い男性や子どもら「政治的少数者」の声をより手厚く政治に反映することが、誰にとっても暮らしやすい社会の構築の一助になるとの認識を持ちたい。
 ただ「均等」への道のりは遠い。女性を増やせば、当然現職や男性候補に影響が及ぶ。空白区が少なく、女性が5.7%と主要政党で最低の自民は特に乗り気薄だが、与党が率先して取り組まねば増えるはずもない。まして「女性の活躍推進」は安倍政権の看板政策。政府は「20年までに国政選挙の女性候補者を30%に」との目標を掲げてもいる。やる気が見えないなら、一定比率を女性に割り当てるクオータ制も検討すべきだろう。
 より身近な地方政治も、国政と変わらず女性は1割前後。愛媛の女性県議は現在1人にとどまる。休日・夜間の議会、あるいは通年会期制導入など、仕事や子育てを抱えた人でも議員になりやすい仕組みも一考に値しよう。周囲の反対や、育児や介護との両立への無理解、選挙資金の準備…。困難を支えるきめ細かな対策なくしては、有望な人材の立候補は望めない。「男性仕様」の議会が自ら変革し、女性に限らず誰もが参画しやすい政治環境の整備を急ぎたい。


「この世界の片隅に」 口コミで静かに広がるメッセージ
 アニメーション映画「この世界の片隅に」(片渕須直監督)が異例のロングランヒット中だ。戦時下の広島・呉を舞台に、主人公の女性、すずを取り巻く日常を細やかに描き出した作品。昨年11月の公開以降、全国の上映館は当初の5倍まで膨らみ、興行収入も22億円を超えた。京都市内でも息の長い上映が続く。現状と人気の背景を見つめた。
■単館系リレー、異例の長期上映
 「すずさんはここにいます」。イオンシネマ京都桂川(南区)には、舞台あいさつに訪れた片渕須直監督の自筆メッセージが誇らしげに掲げられている。この郊外のシネコンは昨年11月の公開当初、京都市内唯一の上映館だった。小野瀬奈苗総支配人(41)は「関係者の評価も高く、期待していたが、ここまでとは予想できなかった」と振り返る。
 大人の映画ファンが中心の静かな出だしだったが、口コミ人気の高まりともに、年末年始には観客層は若者や親子連れへと広がり、高品質の音響を整えた、同館最大のシアター(369席)が満杯になることも。上映回数こそ減ったが現在も観客は絶えない。「多くの作品が6〜8週程度で入れ替わるなか、小規模な作品がこれだけ長く続くことは珍しい」という。
 京都市内の上映館も次第に増加。計7館のうち6館で上映され、かつてない広がりを見せる。なかでもミニシアターの3館では1月以降、リレーするように上映が途切れなく続いている。
 市中心部で最初の上映館となった立誠シネマ(中京区)=1月4日〜2月10日=は元小学校の教室を改装した定員35席のシアター。公開を前に、運営スタッフの田中誠一さん(39)は「全国やイオンシネマでの反応を見て、うちだけで観客を引き受けきれないのではと危機感を持った」。予想は的中し、連日の大入りで行列が廊下まで延びた。満席で見られなかった人にイオンシネマへの行き方を案内することもあった。
 田中さんは片渕監督の大ファンで、今作ではネットを通じて制作費を募るクラウドファンディングにも参加するなど、思い入れが強かった。待合室や廊下には、原画など約50枚をパネルに仕立てて展示。原作のこうの史代さん(福知山市在住)の著作やスタッフの手描きのイラストなども並べた。「作品世界に少しでも触れてほしい。反映した内容にするため、できることは片っ端からやった」
 展示物の多くは京都みなみ会館(南区)=2月11日〜3月3日=に引き継がれた。立誠での上映と連携して、片渕監督のトークイベントが行われる日に、過去作のオールナイト上映を企画するなど共に盛り上げを図ってきた。市中心部のシネコンMOVIX京都(中京区)とT・ジョイ京都(南区)でも上映は始まったが「なじみの映画館で見たくて待っていた」という観客も多く、吉田由利香館長(29)は「本当にありがたい」と話す。
 リレーの“アンカー”を務める京都シネマ(下京区)は3月4日からの公開を前に、5月5日までの長期上映を決めた。「異例の決断」と笑う横地由起子支配人(50)は「この後もずっとどこかのスクリーンで掛かり続けるだろうと思わせる、普遍性がある作品」。戦争を背景に、日常の幸せを描いた作品のメッセージは、静かに広がっていく。
■豊かな日常から戦争描く「作品の力」
 「この世界の片隅に」は当初、上映館は全国63館と小規模だったが、上映の申し出が相次ぎ、ピークの15週目=2月18〜24日=には300館を突破、観客数も170万人を超えた。人気の要因として、関係者が真っ先に挙げるのは、やはり「作品の力」だ。
 1944年、広島で育ったすず(声・のん)は呉へ嫁ぐ。物資が細る中、野草を摘んで食卓に並べたり、時には好きな絵を描いたり−。戦中の市井の暮らしを丁寧に描く。「厳しい環境でも、できる範囲で人生を楽しもうと思わせてくれる。心が優しくなれる作品」とみなみ会館の吉田館長。いつの世も変わらない日常の豊かさが浮かぶほど、戦争の理不尽が際立ち、見る者の心を揺さぶる。
 良作とはいえ、制作費が潤沢な大作とは違い、テレビCMなどもなかった。観客の広がりを支えたのは、ツイッターなどのSNSを通じた口コミだ。見た人がネットで感想をつぶやき、評判が拡散した。「君の名は。」や「シン・ゴジラ」など、昨今の大ヒット作を巡る構図とも共通する現象だ。
 上映館を絞ったことも奏功したとの指摘も。全国公開されるメジャー作品は、公開1、2週目に最大の興収を記録し、下降線をたどるのが普通だ。配給を手掛ける東京テアトルはミニシアター向けの作品を手掛けることが多い。「物量では大作にかなわない。1館当たりの平均集客数を上げ、息の長いヒットを目指す」(同社映画営業部)のが単館系の配給のやり方だ。結果的に一時に消費されてしまうことなく、尻上がりに成績や上映館数を伸ばした。立誠シネマの田中さんは「大規模な宣伝一辺倒の日本の興行システムに一石を投じたのは間違いない」と評する。


東京大空襲を語り継ぐ催し
およそ10万人が犠牲になった東京大空襲から今月10日で72年になるのにあわせて、戦争の悲惨さや平和の尊さを語り継いでいこうという催しが東京で開かれました。
この催しは、東京・江東区にある「東京大空襲・戦災資料センター」が開いたもので、東京大空襲で被災した人などおよそ350人が参加しました。
6歳の時に東京大空襲に遭った藤間宏夫さん(78)が、参加者の前で当時の体験を語り「母親に手をひかれてはだしで逃げ回りどうにか助かったが、東京は焼け野原になり疎開先でも空襲にあった。
戦争ほど悲惨なものはありません」と訴えました。
また、学校の文化祭で戦争を題材に劇を作ったという地元の中学3年生の生徒たちは「戦争について学び、今の私たちがすばらしい環境で生活していることがわかった。
犠牲になった人のためにも希望を持って強く生きていかないといけないと思います」と話しました。
戦災資料センターの館長で作家の早乙女勝元さん(84)は、12歳の時に東京大空襲を体験していて「体験者に残された時間は少ない。空襲を体験していない人に民間人が犠牲になる戦争の本質を学んでもらい、平和のために生かして欲しい」と話していました。


東京五輪を口実とした表現規制が始まりつつある…大阪府堺市に続き今度は千葉市がコンビニからエロ本締め出し
 2020年、東京オリンピック・パラリンピックを機にコンビニからエロ本が消えるかもしれない──。五輪誘致の時にコンビニに並ぶエロ本を見て「IOC視察団が顔をしかめた」との噂から一気に広がった仮説だが、これが現実のものとなる可能性が高まっている。
 先月、千葉市はコンビニで販売されている成人向け雑誌をフィルムで包み、表紙の半分程度を隠す取り組みを予定していると発表した。まずは今夏をめどに、千葉市と青少年の健全育成などに関して包括連携協定を提携しているセブン-イレブン12店舗で実施。試行後に他の店舗でも実施するかどうか検討するとしている。
 この施策に関し、熊谷俊人千葉市長は「現状(の販売方法)は国際的な感覚に照らして疑問を持たれかねない。既に一定の配慮はされていると思うが十分ではない」と説明している。これに対し、日本雑誌協会は千葉市に協議を求める方針だという。
 実は、こういった施策は千葉市が初めてではない。つい最近にも先行する事例があった。昨年3月、大阪府堺市が市内にあるファミリーマート11店舗にて、中央部分を幅12センチの緑色のビニールフィルムで包んだ状態で成人雑誌を販売する試みを行っているのだ。
 このビニールで包まれると、雑誌の名前はかろうじて確認できるものの、表紙の大部分が隠されてしまううえ、立ち読みすることもできないので、読者は雑誌に何が掲載されているのかも分からない状態で購入せざるを得なくなる。売り上げへの影響は避けられない。また、巨大な緑色のビニールフィルムはかなり目立つので、これをレジに持っていくのはなかなか勇気がいる。そこで二の足を踏む客も多いだろう。
 これに対し、日本雑誌協会と日本書籍出版協会は連名で「憲法で保障されている表現の自由に抵触するのではないか。表紙は購入するか否かを決める重要な手がかり」として堺市側に対し公開質問状を送るも解除などは認められず、堺市は現在でもこの方式を市内全店に広げたい考えを示している。
 周知の通り、これまでもコンビニにおける成人雑誌の販売においては自主規制がなされてきた。一般雑誌と分けた区分陳列に加え、2004年からは小口(見開き部分)にシールを貼り、店頭で本を開くことができないようにしている。
 堺市が始め、千葉市もこれから運用しようとしている成人雑誌へのさらなる規制は現段階ではいまだ試運用の域を出ていないが、国際的なイベントの開催前に性風俗の分野に対して大規模な規制がかかるのはよくあることだ。出版ではなく、風俗店に関する事例だが、過去にはこんなケースも存在する。
〈これまで風俗業界は国際イベントの開催に合わせた警察当局の浄化作戦などで、地域丸ごと潰されるような例がいくつもあった。
 その中でも比較的新しく、かつ大規模だったのが、1990年に大阪市と守口市にまたがる鶴見緑地で開催された「国際花と緑の博覧会」(花博)の際の浄化作戦だ。
 それまでは、大阪市内にも少なくない数のソープランドがキタ、ミナミ両地域に存在していたのだが、花博の開催に合わせて警察が街の浄化作戦を開始し、大阪市内のソープランドへの集中的な摘発がなされ、さらに行政により条例も制定されたため、市内すべてのソープランドが閉店へと追い込まれた。現在、大阪市内に1軒のソープランドも存在しないのはこのためだ〉(吉岡優一郎『ベテラン風俗ライターが明かす フーゾク業界のぶっちゃけ話』彩図社)
 子どもの教育に悪影響をおよぼすものが街から消えるなら、風紀を乱す不快なものが目に入らなくなるなら、エロ本がコンビニから消えようとどうでもいい──。そういう考えは一見もっともらしいし、表立って反対の声はあげにくい。
 しかし、そのような考え方は危険だ。漫画家のちばてつや氏は、エロ・グロ・ナンセンスの規制こそが、国家権力による過度な表現規制、および、情報統制への地獄の一丁目であると警鐘を鳴らしている。
〈戦前もまず、「エロ・グロ・ナンセンス」がやり玉にあがりました。エロ小説とかエロ写真とか…。「日本がこんな大変な時に、こんなものが出回っている」「こんな下品なものはこの世から消してしまえ」という雰囲気があった。そういうものは取り締まりやすいし、そのための法律も作りやすかったんですね。
 そのうち、同じ法律で新聞記事や本、放送の規制にまで広げていきました。国民の目をふさぎ、耳をふさぎ、口をふさぐというように、国民の考えそのものを取り締まっていくことになっていった。権力を持つ人たちは自分たちが持って行きたい方向へ、国民ごと国を持って行く。反対する人、自分たちにとって都合の悪い余計なことを言う人はどんどん牢屋に入れられた。それが戦前の日本だったんです。
 ぼくも5人の子どもがいました。世間には子どもに見せたくないものはたくさんあります。でも、たとえば何が「児童ポルノ」かは、権力を握った人たちが判断して取り締まることになる。しかも、ただ持っているだけでも処罰される。処罰の対象が漫画やアニメ表現にまで広げられると、さらに拡大解釈されかねない。どういう表現をするのか、報道をするのか、どういう集会が許されるのかということに発展しかねません〉(14年9月7日付しんぶん赤旗日曜版)
 単なるエロ本の規制と軽く扱わずに、我々はこの施策がどう発展していくのか、注意深く観察しておく必要がある。(編集部)