ブログネタ
フランス語 に参加中!
倭物や軽井沢170503

Les dakimakuras : comment les Japonais transforment des traversins en partenaires amoureux
Souvent réduits à des poupées sexuelles, les dakimakuras signifient bien plus pour les fans de pop culture japonaise. Révélateur d’un attachement pour les personnages de fiction, cet objet anodin fait débat. Représente-t-il une fuite du réel ou est-ce un stimulant affectif ?
Le personnage d’un manga imprimé sur les draps d’un traversin. Un peu plus qu’un produit dérivé, pas non plus une poupée sexuelle. Assis sur une chaise près du lit ou dans les draps et les bras, le dakimakura est un compagnon de chambrée singulier. Un héros choisi minutieusement s’incarne dans un coussin et devient, selon les personnes, un objet de collection, une peluche pour grandes personnes ou carrément un faux partenaire sexuel.
Rangé dans les placards de la pop culture japonaise, le dakimakura est méconnu et parfois moqué, aussi bien par le grand public que par les autres fans. Sur internet, l’objet souffre de sa connotation sexuelle. À l’image de l’anecdote d’un coréen épousant son oreiller ou d’un comic strip de Randowis.
Un objet chaste… et plus si affinités
Venu à Paris pour la Japan Expo, Ayanokorin* est intarissable sur le sujet. Tout juste bachelier à 17 ans, il possède une dizaine de dakimakuras. Sur un sous-forum Reddit, il discute des meilleurs fabricants, de la matière des traversins et des plus beaux dessins. Pour lui, il s’agit avant tout d’un objet de collection :
“Je dors avec mais ce n’est vraiment pas quelque chose de sexuel. C’est purement affectif et plutôt pour lui faire un câlin qu’autre chose. C’est très confortable en plus, on a l’impression de dormir sur un nuage. J’ai du mal à dormir sans maintenant.”
Pour beaucoup de fans, les dakimakuras incarnent au plus un ami ou un amour chaste. Un point de vue repris par les commerces comme l’analyse Agnès Giard, anthropologue à l’université de Paris-Nanterre et auteure d’Un Désir d’Humain. Les love doll au Japon (éditions Les Belles Lettres) :
“Ces produits ne sont pas en vente sur les sites marchands de sextoys. Ils sont commercialisés dans le circuit spécifique des commerces pour otaku pour des raisons de stratégies financières autant que marketing : les dakimakuras ne sont pas officiellement destinés à la masturbation, mais à l’amour.”
En plus du prix (une centaine d’euros pour un original), acquérir le fameux coussin peut relever du casse-tête : il faut être attentif à la qualité, éviter les contrefaçons, passer par un site japonais et donc parfois utiliser un proxy pour le paiement… Mais surtout : arrêter son choix sur un personnage ou un dessin en particulier. Une décision loin d’être anodine. Sky*, un homme de 20 ans, a dessiné son propre dakimakura : “Le personnage représenté, c’est tout une histoire. Disons qu’il a été créé par moi-même à partir d’une personne que je considère comme un frère dans la vie de tous les jours. Je dors avec bien sûr.”
La relation peut aller plus loin pour les fans les plus passionnés : “Je me vois en couple avec mon dakimakura, du moins avec le personnage dessus, d’ou les tonnes de fan fictions et fan arts que je crée. Pour moi il est mon husbando : un personnage que je considère comme mon vrai mec, même s’il n’est pas réel”, nous confie Anaïs*, une femme de 20 ans.
Les origines lointaines du dakimakura
L’histoire de l’objet est empreinte de poésie. Littéralement, dakimakura signifie “coussin à étreindre”. Il y a quelques siècles, on parlait déjà au Japon de “femme de bambou” ou “nacelle à étreindre” pour désigner des paniers tressés. Pour congédier la chaleur, le dormeur enlaçait l’objet à travers lequel le vent circule. Dans certains haïkus (courts poèmes japonais), le terme “femme de bambou” est empreint d’ambiguïté. Il peut désigner l’été, le panier ou même une métaphore pour le fait de dormir avec une autre femme.
Au début des années 1990, avec les premières consoles de jeux vidéo pour le grand public, le dakimakura moderne naît. Agnès Giard raconte ses origines :
“Vers 1996, un journaliste spécialisé dans la culture otaku décide de lancer le business des premiers dakimakuras ‘commerciaux’. Agissant dans une semi-illégalité, il se fait rapidement éliminer par des sociétés qui s’emparent officiellement du filon : elles achètent les droits de reproduction des héros et héroïnes et commandent même aux auteurs des images originales.”
Symbole de mal-être social ou remède à la mélancolie ?
Avec 250 000 personnes réunies cette année à la Japan Expo, la culture Otaku dépasse le stade de la culture underground. Elle souffre pourtant de stéréotypes négatifs comme l’observe Marie Pruvost-Delaspre, enseignante-chercheuse à l’université Paris 8 et spécialiste de l’animation japonaise :
“Dans les années 1980, il y avait l’idée d’une perversion et de passionnés très renfermés qui ne s’intéressaient plus au monde réel. La culture Otaku l’a revendiqué, au moins pendant une décennie, parce qu’elle rejetait les rapports sociaux classiques. Petit à petit, elle a moins relevé de la perversion. C’est lié à la réhabilitation de la culture geek : les personnages ridicules sont devenus les héros des années 2000.”
Plusieurs fans de pop culture japonaise nous font part de la méfiance de leur famille ou de leurs amis à l’égard de leur passion. Perte de temps, goût bizarre, fuite de la réalité… Les maux supposés sont variés. Dormir avec un dakimakura, un frein à l’amour dans le monde réel ? Sur le sous-forum Reddit consacré aux coussins, un néophyte interroge les passionnés de longue date : “Comment le fait d’avoir un dakimakura a affecté votre recherche d’une moitié ? Est-ce que ça s’est déjà mis en travers ou est-ce que ça a aidé les choses à progresser ?”Selon Agnès Giard, l’objet catalyse un malaise social au Japon
“Il s’agit, à travers eux, d’exprimer un sentiment d’inadéquation avec la réalité sociale du Japon : pour beaucoup de jeunes adultes, il est devenu impossible de se conformer aux normes de réussite. Les hommes ne peuvent plus fonder une famille et les femmes ne veulent plus rester au foyer. Les dakimakuras sont les instruments d’un rêve collectif : celui de l’amour ‘pur’ pour des êtres imaginaires qui personnifient les aspirations d’une génération toute entière à un autre modèle de société.”
L’amour virtuel, un mal postmoderne ? Marie Pruvost-Delaspre relativise le caractère inédit de ces relations avec des personnages de fiction : “Aux États-Unis, dans les années 1930, il y avait un engouement phénoménal pour des personnages Disney. On peut retrouver dans les journaux de l’époque des interviews de Donald ou Mickey.”
Pour Anaïs* qui nous confiait se sentir en couple avec l’un de ces personnages, la culture Otaku n’empêche pas son épanouissement : “En tant que dessinatrice, cette culture m’aide à progresser, apprendre et créer. Elle choquera les plus étroits d’esprit car la culture japonaise est très extravertie et différente de la nôtre. Cependant, elle est remplie de couleurs, de joie et de beauté.”
Pseudonymes ou prénoms modifiés.
フランス語
フランス語の勉強?

土曜日ですがカントクしなくてはなりません.好きではないですが仕方ありません.
疲れたのでのんびりと思い,ちょっと遠出して門真でランチしました.今まで通り過ぎていたところですが隠れ家的ないいお店発見です.
のんびりしたいところですが梅田でコピーしなくてはいけないことに気がつき,暑い中移動です.
さらに夕方は南森町でフランス映画.転校生という映画.でもイマイチだったかな?

食で恩返し 南三陸・被災跡地に店を再建
 東日本大震災で被災した南三陸町志津川の和食店「季節料理 志のや」が28日、被災当時の場所で再オープンを果たした。店ごと津波で流され、九死に一生を得た店主高橋修さん(58)は「やっと日常が戻ってきた。地域とともに歩んでいきたい」と意気込む。
 午前11時に開店すると、早速なじみの客が訪れて「親方、待ってましたよ」と声を掛けた。高橋さんは真新しいカウンターで「おかげさまでまた始められます」と満面の笑みで迎えた。
 高橋さんは15年前、海から約2キロ内陸の場所で店を始めた。「店は人の生きざまを映す」と言い、会話を大事にした客目線の経営を心掛けた。結納の場に使われた際には、目録を書き、時には料理を作りながら司会進行役も務めた。
 2011年3月11日、店で仕込み作業をしていた時に震災が発生。「ここまでは来ないだろう」と2階に避難したが、津波に襲われ、店ごと内陸に1キロほど流された。
 がれきの中から尊敬する当時の消防団長が作ってくれた店の看板が見つかり、奮起。店の跡地に建った仮設の「南三陸さんさん商店街」に参加し、16年末に閉鎖するまで、震災ボランティアや観光客に震災の体験を話すなどして交流を深めた。
 震災後に町に移住した農業藤田岳さん(29)は「高橋さんはよそ者の自分でも温かく接してくれ、相談にも乗ってくれた。自分にとっても頼れる『親方』だ」と話す。
 新しい店は掘りごたつの座敷やテーブルの計66席をそろえる。町名物のキラキラ丼のほか、二つの海鮮丼が食べられる「てんでんこ丼」をメニューに加えた。
 高橋さんは「これまで背中を押してきてくれた人に食で恩返ししたい」と再起を誓う。


「志津川湾夏まつり福興市」
南三陸町で、夏恒例の「志津川湾夏まつり福興市」が開かれ、訪れた人たちが海の幸や郷土芸能を楽しみました。
南三陸町の「福興市」は震災の直後から毎月行われていて、7月は、志津川地区の仮設魚市場周辺での「夏まつり」が一緒になるため、特ににぎわいをみせます。
29日は20余りの店が出て、志津川湾でとれたタコが入ったタコカツカレーや、焼きホタテなどが販売されました。
訪れた人たちは、地元の海の幸を楽しんでいました。
会場では南三陸町の郷土芸能・「トコヤッサイ」のコンテストも開かれ、参加した人たちが元気いっぱいの踊りをみせていました。
「福興市」の実行委員長を務める山内正文さんは「あいにくの天気でしたが、70回目の福興市を開くことができてうれしいです。これからも、南三陸町の人に元気を届けたいです」と話していました。


復興後押し リレーが県内入り
東日本大震災の被災地から東京までをたすきでつなぐ「1000キロ縦断リレー」が29日、南三陸町を出発し、ランナーたちが復興の進む被災地を駆け抜けました。
このリレーは、被災地の復興を後押しするとともに3年後の東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げようと、東京都などが4年前から毎年行っています。
今回は、24日に青森市をスタートして28日に宮城県に入り、29日朝、ことし春にオープンした「南三陸さんさん商店街」で出発式が行われました。
式典には、オリンピックのスキー、ノルディック複合で2大会連続で金メダルを獲得した荻原健司さんなども参加し、ここまでつながれたタスキを受け取りました。
そして、荻原さんをはじめ参加者8人が次の中継点に向かってさっそく走り出しました。
29日は、石巻市や東松島市などを通り、70キロあまり先の松島町の役場までたすきをつなぎました。
荻原健司さんは「宮城県の海沿いは初めて訪れましたが、かさ上げされている土を見て自然の脅威を改めて感じました。私たちにできることはわずかですが、見ている人たちに元気を届けたい」と話していました。
今回のリレーにはあわせて1800人が参加し、8月7日に東京にゴールする予定です。


復興予算36%が未執行
 復興庁は28日、2016年度に計上した東日本大震災復興予算4兆6345億円の36.1%に当たる1兆6736億円が、年度内に使われなかったと発表した。未執行分のうち、1兆1426億円は17年度に繰り越した。事業規模の縮小などで執行する見込みがなくなった5309億円はいったん「不用額」として処理し、今後の復興事業に改めて充てる。
 復興予算の執行状況はグラフの通り。執行率は11年度から60%台で推移する。同庁の担当者は「被災地で用地取得や合意形成に時間がかかっているのが主な要因。地元自治体と綿密な調整を図り、適正な執行に努めたい」と話した。
 16年度の復興予算を主要事業別で見ると、住宅再建・復興まちづくりに2兆1880億円を配分したが、執行率は51.4%にとどまった。東京電力福島第1原発事故からの復興・再生は1兆4902億円の26.2%が未執行、産業・なりわいの再生は1899億円の41.6%が使われなかった。
 政府は11〜20年度の復興財源として32兆円を確保。16年度までの支出額は約25兆1000億円に達した。
 岩手、宮城、福島など計11道県102市町村の被災市町村に配分した11〜16年度の復興交付金は総額2兆8992億円に上る。このうち、16年度末までに事業者と契約などを済ませた額は80.6%に当たる2兆3328億円だった。
 配分額の最多は石巻市で4069億円(契約済み額3168億円)。気仙沼市の2684億円(2246億円)、仙台市の1971億円(1676億円)と続いた。


<リボーンアート>野外ライブに1万3000人
 石巻市を主な舞台に開かれている総合祭「リボーンアート・フェスティバル(RAF)2017」の野外ライブイベント「APバンクフェス」が28日、宮城県川崎町の国営みちのく杜の湖畔公園で始まった。30日まで。
 実行委員長の音楽プロデューサー小林武史さん(新庄市出身)やミスターチルドレンの桜井和寿さんを中心とした「Bank Band」の登場で開幕。桜井さんが開口一番に「夏が来たぞ」と叫ぶと、観客は大歓声で応えた。
 初日は全国から約1万3000人が来場し、キック・ザ・カン・クルーや水曜日のカンパネラといったアーティストの演奏を楽しんだ。白河市から親子3人で訪れた志賀浦豪一さん(34)は「家族でゆったり楽しめる開放的な雰囲気がいい」と笑顔を見せた。
 フェスには30日までに計27組のミュージシャンが出演する。来場者は3日間で計約4万人に上る見通し。
 RAFはアートや食を含めたイベントで、9月10日まで開催される。実行委と一般社団法人APバンク(東京)の主催で、宮城県や河北新報社などが共催する。


<核のごみ>東北沿岸 適地判断に反発
 高レベル放射性廃棄物の最終処分候補地となり得る地域を示す「科学的特性マップ」が公表された28日、東北の自治体からは沿岸部を中心に適地とされたことへの憤りや、慎重な対応を促す声が交錯した。核燃事業を受け入れる青森県からは最終処分の進展に向け、一定の評価も聞かれた。
 「三陸の豊かさ、東日本大震災から立ち上がった人々の力強さを売りに復興を目指している。最終処分場は全く相いれない」
 適地とされた釜石市の野田武則市長は強く反発した。同市では旧動力炉・核燃料開発事業団が1988年から10年間、地層処理の基礎研究を行い、市議会は89年、最終処分地の受け入れを拒否する宣言を決議。野田市長は「宣言は受け継がれている」と強調した。
 国は最終処分場で放射性廃棄物の地層処分を目指すが、日本学術会議は「現在の科学知識と技術能力では限界がある」と指摘する。こうした見方を踏まえ、達増拓也岩手県知事は「慎重な意見もある。県が受け入れる考えはない」と断言した。吉村美栄子山形県知事も受け入れを否定した。
 東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)が立地する宮城県。村井嘉浩知事は「選定は国民理解を得た上で誠実、慎重に行うべきだ」、須田善明女川町長は「マップ公表を第一歩として政府のさらなる取り組みが重要」とコメントした。
 青森県は政府が候補地から事実上除外している。六ケ所村の日本原燃には海外返還分と国内発生分を合わせ、2176本の高レベル放射性廃棄物が最終処分場への運び出しを待つ。戸田衛村長は「国が最終処分の解決に前面に立って取り組む姿勢だ」と評価した。
 東北電力東通原発と建設中の東京電力東通原発が立地する東通村の越善靖夫村長は「(処分場の誘致を)検討するともしないとも言わない」と明言を避けた。
 政府は福島県も候補地から除外する考え。それでも東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域を抱える浪江町の馬場有町長は「マップに指摘されたことで町民の帰還意欲が喪失される」と憤る。
 2015年に脱原発都市を宣言した南相馬市の桜井勝延市長は「原発を推進すれば最終処分する廃棄物が増え続け、その分処分場が必要となる。極めて懸念すべきことだ」と訴えた。


<核のごみ>太平洋岸中心に「好ましい特性」
 経済産業省が28日公表した原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分に関する「科学的特性マップ」によると、東北は太平洋沿岸を中心に最終処分の候補地になり得る地域が存在する内容となった。内陸の火山周辺や日本海側の油田など鉱物資源がある地域は「好ましくない」と位置付けられた。
 東北分は地図の通り。「好ましい特性が確認できる可能性が相対的に高い」として適地に分類された面積が最も広いのは岩手県で、海岸から約20キロの地域は全て「輸送面でも好ましい」と最適な地域に色分けされた。
 宮城県は東北電力女川原発(女川町、石巻市)が立地する沿岸北部を中心に「輸送面でも好ましい」に分類された。
 青森県は原発の使用済み核燃料を再処理する核燃料サイクル施設の立地を背景に、国から「最終処分地としない」と確約を得ているものの、沿岸の広い範囲が最適地となった。
 東京電力福島第1原発事故の被害に遭った福島県でも適地が示されたが、世耕弘成経産相は「福島には負担をお願いしない」と候補地選定から除外する考えを示した。
 マップの要件・基準作りに携わった東北大災害科学国際研究所の遠田晋次教授(地震地質学)は「下北半島から福島県沿岸に至る太平洋岸には安定岩盤がある場所が多い。日本海側は地盤の隆起速度が速い所や油田があり、適さない場所が目立つ」と説明する。
 ただ、適地とされた地域にも不確定要素はあり、遠田教授は「マップはあくまで目安。活断層は地表の情報を基に考慮されており、新たに見つかる可能性もある。処分場の立地には地下の詳細な調査が必要となる」と指摘する。


宮城の特産食材で三味一体
 初代仙台藩主伊達政宗の生誕450年を記念し、かまぼこ、フカヒレ、仙台みそという宮城県特産の食材を組み合わせ、県内外の客をもてなす料理を考案しようと、県内の3社と東北福祉大が「伊達の美味(うま)しを」プロジェクトを始めた。政宗の誕生日とされる8月3日から、塩釜市の「武田の笹かまぼこ」のレストランで試験的に提供する。
 参加するのは同社のほか、フカヒレ加工の仙台〓〓(みんみん)(大和町)、仙台みそ製造の玉松味噌醤油(みそしょうゆ)(大河原町)。東北福祉大総合マネジメント学部の鈴木康夫教授が3社を結び、ゼミの活動として事業計画を練った。
 考案した「貞山ヒレかまぼこ」はフカヒレ、伝統料理食材のクルミを入れた練り製品。調味料として、カキエキスを入れたしょうゆを使用。酢みそに付けて食べる。かまぼこは食材ごとに色の異なる3層になっていて、薄く切って貞山運河の流れを表現した。
 クルミ豆腐にフカヒレのあんをかけた料理や、フカヒレ入りのみそも考案。27日の試食会では「おいしい」という評価の一方、「もう少しフカヒレの食感を出した方がいい」との声もあった。料理はいずれも完成品ではなく「食べた方々の意見を取り入れながら、さらにおいしくしたい」(関係者)という。
 全国トップクラスの生産量を誇った県産かまぼこは東日本大震災後、販路の拡大に苦戦している。鈴木教授は「まずは商品化して、発信することが大事だ」と強調した。


河北抄
 東日本大震災の被災地では多くの学校が避難所となり、地域の核としての存在を内外に示した。学校の問題が地域を揺さぶるのはそのせいに違いない。
 仙台市青葉区の折立中2年の男子生徒(13)が4月26日に自殺して3カ月。いじめを訴えていただけでなく、教諭2人からの体罰も発覚した。折立中を核とした地域の絆は弱まっただろう。
 同校の保護者らが先日、教諭2人の学校現場への復帰を求め、市教委に要望書を提出した。保護者や卒業生、在校生ら4416人分の署名簿と生徒らが折った千羽鶴が大越裕光教育長に手渡された。
 「体罰は許されないが、2人は熱心に教育活動をしていた。適切な措置をお願いしたい」。保護者の言葉に、市教委の担当者は目に涙を浮かべていたという。
 生徒と恩師の絆−と書きかけ、手が止まる。自殺した生徒と遺族はどう受け止めているのだろうか。地域から徹底した真相究明を求める声は上がらず、署名活動の動きもない。「きずな」から抜け落ちた仲間の「な」。「きずな」から「な」を抜くと、遺族の傷になるのでは…。


稲田防衛相辞任/これで幕引きは許されない
 遅きに失した以外の何物でもない。南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題を巡り、稲田朋美防衛相がきのう、引責辞任に追い込まれた。
 この期に及んで、辞めて済むような問題ではないのは明らかだ。隠蔽了承や虚偽答弁の疑惑を曖昧にしたままで、「幕引き」は断じて許されない。稲田氏はまず、国会の閉会中審査に応じて説明責任を果たすべきだ。
 内閣がもたないと、切羽詰まった安倍晋三首相が最後に引導を渡したのだろう。抜てきした「秘蔵っ子」の度重なる失態に目をつぶり、かばい続けてきた任命責任者としてのけじめは避けられない。
 この問題は、防衛省が日報の情報公開請求に対して「破棄済み」として不開示にしたが、その後、電子データが陸上自衛隊内に保管されていたことが発覚した。稲田氏はデータが残っていたとの報告を受け、最高幹部の緊急会議で非公表を了承したとされる。
 特別防衛監察では、稲田氏がデータ保管の説明を受けた可能性は否定できないとした上で、非公表の方針を了承した事実はないと結論付けた。幹部の関与は認定したものの、「玉虫色」の結果だった。
 特別防衛監察は制度上、防衛相ら政務三役は対象外だが、今回は稲田氏が疑惑報道を受けて聴取される異例の展開となった。渦中にあるトップが命じた監察結果にどれだけ信ぴょう性があるだろうか。「茶番劇」と受け取られても仕方があるまい。
 しかも担当した防衛監察本部は防衛相直轄の組織で、手足となるのは身内の自衛隊員だ。真相解明には中立的な外部の目が不可欠で、今後、国会や第三者機関による徹底的な調査、検証が求められる。
 なぜ、日報の存在を隠そうとしたのかも、不透明なままだ。昨年7月、首都ジュバで起きた政府軍と反政府勢力との大規模な武力衝突について「戦闘」という言葉を使っていたことと無関係であるまい。憲法との整合性が問われることを恐れたのではないか。
 稲田氏が追い込まれた背景には「背広組」の事務方幹部と「制服組」の陸自幹部との激しい対立があるとされる。制服組は「陸自ばかりが悪者にされ責任を取らされる」と不満を募らせていたという。
 防衛相が背広組も制服組も統率できない現状は、文民統制(シビリアンコントロール)の根幹を脅かす由々しき事態である。組織ぐるみの形で国民の知る権利をないがしろにした責任も極めて重い。
 安倍首相は、資質に欠ける稲田氏の更迭に踏み切らなかったことが「傷口」を大きく広げ、深刻な事態を招いたことを真摯(しんし)に反省すべきだ。
 本をただせば、「1強」のおごりに他ならない。加計(かけ)学園問題もしかり。「臭い物にふた」の姿勢を変えなければ、国民からの信頼が地に落ちるのは目に見えている。


陸自日報問題で稲田氏辞任 文民統制に疑念を招いた
 国の安全保障を担う巨大組織を揺るがす異常な事態である。
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)の陸上自衛隊部隊が作成した日報問題をめぐり、稲田朋美防衛相が辞任した。黒江哲郎防衛事務次官も同時に辞任し、陸自トップの岡部俊哉陸上幕僚長も近く辞める。
 防衛省の特別防衛監察の報告書が公表され、「陸自内で廃棄した」とされた日報の電子データは当初から存在し、組織的な隠蔽(いんぺい)が明らかになった。このため関係する「トップ3」がそろって引責を迫られた。
 発端は昨年7月に陸自部隊が活動した首都ジュバでの政府軍と反政府勢力による武力衝突にさかのぼる。
浮き彫りになった隠蔽
 派遣部隊が日々、日本の陸自に送る日報は特定の自衛隊幹部らが閲覧できるネット掲示板に公文書として掲載されている。
 防衛省は衝突直後に派遣部隊と陸自とのやりとりの文書に関する情報公開請求を受理した。
 しかし、陸自は日報を「個人資料」にすり替え、公文書ではないという口実で公開対象から除外した。
 さらに昨年10月に受理した衝突時の日報に関する情報公開請求では、存在する日報を「既に廃棄されている」との理由から非開示とした。
 しかし、非開示決定後の再調査で日報の存在を隠しきれなくなると、「廃棄」とつじつまを合わせるため日報を次々に削除した。
 報告を受けた事務次官らも公開が不要な「個人資料」で処理し、日報の存在を非公表とする判断をした。
 最初の偽装を発端に矛盾しないよう虚偽を重ね、最後は事実を隠すために証拠隠滅をし口裏を合わせた。隠蔽工作と言われても仕方ない。
 最大の焦点はこうした経過に稲田氏が関与したかどうかだった。
 監察の聴取に対し、陸自側は日報の存在を稲田氏に報告し非公表の了承を得たと主張した。しかし、稲田氏はその報告も了承も否定し、食い違いを見せた。
 報告書は稲田氏と陸幕幹部とのやり取りで「陸自の日報データの存在について何らかの発言があった可能性は否定できない」と指摘し、疑惑が残る認定となった。
 稲田氏は国会で「報告されなかった」と答弁しており、矛盾が生じる可能性がある。辞任したとはいえ参考人などで国会に対する説明責任を果たすべきだ。
 深刻なのは、日報問題をめぐる一連の混乱を通じて稲田氏の文民統制(シビリアンコントロール)に疑問を抱かせたことだ。
 稲田氏は学校法人「森友学園」との関係についての国会論議で批判の的となり、自衛隊内からは指導力への疑問が強まった。不満は稲田氏の服装に及ぶこともあったという。
 稲田氏は、約23万人の自衛隊に対する統率力があるのか、その資質が問われ続けてきた。辞任は遅すぎたといえよう。
首相人事の責任は重い
 安倍晋三首相は稲田氏を登用した任命責任を認めつつ、自ら事態を収拾しようとしなかった。
 首相が稲田氏に新人のころから注目し、自民党政調会長などに抜てきしたのは、保守的な思想を共有しているためだとされる。
 だが、稲田氏の言動には批判も強い。東京都議選では自民党候補の応援演説で「自衛隊としてもお願いしたい」と発言したのが問題化し、更迭を求める声すらあった。
 こうした稲田氏を首相はかばい続けた。稲田氏は早くから辞意を首相に伝えていたという。それならば首相が辞任を止めていたことになる。
 首相は憲法9条の改正を唱えている。自衛隊違憲論を封じるために憲法に存在を明文化させたいという。
 しかし、それほど重視する自衛隊なのに、稲田氏を防衛相として送り込んだのは、お気に入りの稲田氏にキャリアを積ませるためだったとみられている。稲田氏の一連の失態は、安倍流改憲論の浅さをも浮き彫りにした。
 今回の監察を受け防衛省は「1年未満」とされる日報の保存期間を「10年」にするなど文書管理の在り方を見直すという。
 「1年未満」の文書では森友学園への国有地売買に関する交渉記録が廃棄され、真相解明の壁になった。
 ずさんな文書管理は政府全体の問題だ。都合の悪い文書が「1年未満」や「個人資料」に分類され、保存や公開の抜け道にならないよう抜本的な見直しが必要だ。


日報隠し特別監察 隠蔽の闇は晴れない
 防衛省・自衛隊の情報隠しが特別監察で認定された。隠蔽(いんぺい)体質の闇は深い。辞任した前防衛相だけでなく最高指揮官の安倍晋三首相の責任も免れまい。
 情報隠しが認定されたのは、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊部隊が作成した日報に関してである。
 防衛監察本部の特別防衛監察によると、情報隠しは昨年七月、現地部隊が作成した全文書の情報公開請求があった際、陸自中央即応集団の副司令官が日報の存在を確認しながら、開示対象からの除外を指導したことがきっかけだ。
 その後、組織ぐるみで情報隠蔽にかかわることになる。
◆「戦闘」「銃撃戦」明記
 昨年七月、陸自部隊が派遣されていた南スーダンの首都ジュバでは大規模な衝突が発生し、二百七十人以上の死者が出ていた。
 その後、公開された日報にも大統領派と反政府勢力との間で「戦闘が生起した」ことや、自衛隊の宿営地近くで「激しい銃撃戦」が起きたことが記述されている。派遣部隊を取り巻く状況は、極めて緊迫していたに違いない。
 日本がPKO部隊を派遣するには、紛争当事者間で停戦合意が成立していることや、派遣先の国や紛争当事者が自衛隊の派遣に同意していることなど、参加五原則を満たすことが必要だ。
 当時のジュバは「停戦合意」が成立しているとはとても言えず、直ちに部隊を撤収しなければならない情勢だったにもかかわらず、安倍内閣は撤収させるどころか、派遣期間を延長し、交代部隊を現地に送った。首相は現地情勢の緊迫について正確に報告を受けていたのか。報告を受けた上で、戦闘は深刻でないと判断したのか。
 当時、現地での「戦闘」が公表されていれば派遣継続はすんなり認められなかったのではないか。
◆派遣継続を望んだ政権
 安倍内閣には派遣継続を望む理由があった。派遣部隊に「駆け付け警護」と「宿営地の共同防衛」の任務を与えることである。
 これらの任務は二〇一五年九月に成立が強行された安全保障関連法で可能になったが、自らを守るという武器使用の一線を越え、任務遂行のための武器使用が可能になる。国是である専守防衛を逸脱しかねない危険な任務だ。
 自衛隊の国軍化を目指す首相にとって、自衛隊により積極的な武器使用を認める安保関連法の既成事実化は、政治目標とする憲法改正に向けた一歩だったのだろう。
 陸自による日報隠しは、政権内に蔓延(まんえん)する派遣継続を望む空気も動機の一つだったのではないか。
 問題は、こうした自衛隊の運用が、派遣先の情勢を国民に隠して行われたことである。かつて旧日本軍が、戦況をめぐり国民に真実を伝えず、破局的な戦争を継続して、国内外に多大な犠牲を強いた苦い歴史を彷彿(ほうふつ)とさせる。
 特別防衛監察は、情報公開や文書管理の適正化を促してはいる。それは当然だが、国民に真実を隠し、憲法を逸脱しかねない活動を自衛隊に強いたことにもメスを入れなければ隠蔽の闇は晴れない。
 自衛隊は憲法上、軍隊とは位置付けられていないが、世界でも有数の火力を備える実力組織でもある。国民が選んだ国会議員を通じて「文民統制」を受けるのは当然だ。国民に情報を隠して活動を拡大することは許されない。
 稲田朋美防衛相は、日報隠しへの防衛省・自衛隊の組織的な関与が認められたとして監督責任を取って辞任したが、今月の都議選では防衛省・自衛隊を自民党候補の支援に政治利用する発言をした。
 本来、首相は直ちに罷免すべきだった。任命責任は免れない。辞任は遅きに失したが、八月三日にも予定する内閣改造直前での辞任を追及逃れに利用すべきでない。
 監察結果は陸自での日報データ保管を、今年二月の会議で稲田氏に報告した「可能性」に触れた。稲田氏は否定しているが、双方の言い分が違うのなら、国会で徹底的に究明する必要がある。
 安倍政権は速やかに臨時国会の召集もしくは閉会中審査に応じ、稲田氏と関係者を参考人招致した集中審議を開くべきである。
◆信頼回復への一歩を
 創設から六十年を超えた自衛隊は、海外で武力の行使はしない専守防衛に徹し、災害派遣などを通じて国民の高い評価を得ている。情報隠しは積み上げてきた国民の信頼を裏切る行為であり、二度とあってはならない。
 どんな防衛相でも、自衛隊がその統制に服するのが文民統制ではあるが、稲田氏が安全保障政策に精通していなかったことも、混乱の一因だろう。後継には経験豊富な人材の登用を望みたい。新しい防衛相と事務次官の下で、再発防止策を徹底し、信頼回復への一歩を大きく歩みだしてほしい。


防衛監察結果/政権の隠蔽体質が問題だ
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題で、防衛省の特別防衛監察の結果が発表された。うそをつく、廃棄する、報告しない−。防衛省・自衛隊の驚くべき隠蔽体質が浮かび上がる。
 「森友学園」や「加計(かけ)学園」問題など一連の政府の対応でも、存在しない、廃棄した、記憶にない−が繰り返された。その体質は同質のもので、安倍政権全体にまん延した根深いものと言わざるを得ない。
 一連の責任を取って、稲田朋美防衛相が辞任した。特別監察では、「廃棄済み」とされた日報データの存在を稲田氏が知り、非公表の方針を了承したのかは、解明されなかった。
 問題の発端は、昨年10月の日報の開示請求とされていたが、監察結果によれば、7月にもあった請求が始まりだった。陸上自衛隊幹部は日報の存在を確認しながら、「開示対象外とするのが望ましい」との意図で開示しなかった。10月の請求も同様に不開示とした。
 これまでの説明では、10月請求の不開示理由は、日報が「廃棄済み」のためだった。実際は日報が存在していたのに、意図的に隠して不開示としていたことになる。日報には、現地で起きた銃撃戦などが「戦闘」と記録されていた。国民には事実を伝える必要はないと考えているなら、言語道断である。
 太平洋戦争で、当時の帝国陸海軍が不利な戦況を隠して国民を欺いたことを想起させる事態だ。今回、制服組が独断で判断していたのであれば、文民統制(シビリアンコントロール)が全く利いてないことになる。
 「廃棄済み」とされた日報データの存在が、稲田氏へ報告されていたのかも焦点だった。監察結果は、稲田氏が出席した今年2月の会議で、日報データの存在について「何らかの発言があった可能性は否定できない」と指摘しながら、「(稲田氏が)非公表の方針決定や了承した事実はなかった」とした。会議の議事録は残っていないといい、不透明な結論となった。
 安倍晋三首相は「任命責任はすべて私にある」として、謝罪した。ならば、国会の閉会中審査に稲田氏を参考人として呼び、真相解明に尽力すべきだ。


稲田防衛相辞任 隠蔽問題幕引きするな
 稲田朋美防衛相がきのう、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣した陸上自衛隊の日報隠蔽(いんぺい)問題を巡る特別防衛監察の結果を公表するとともに、混乱の責任を取る形で辞任した。
 稲田氏は「一連の問題は隊員の士気を低下させかねない極めて重大かつ深刻なものだ」と述べたが、最大の焦点である自身の隠蔽への関与は最後まで否定した。監察結果も関与を認定しなかった。
 閣僚としての資質を問われ続けてきた稲田氏の辞任は当然で、遅すぎた。安倍晋三首相の任命責任が厳しく問われよう。
 だが、監察結果は真相究明にはほど遠く、稲田氏の言い分も納得のいくものではない。ここで問題の幕引きをしてはならない。
 野党は早期の閉会中審査を求めており、与党は直ちに応じるべきだ。稲田氏も参考人として出席し説明責任を果たす必要がある。
 監察結果は、日報問題に関し2月に事務方や制服組が稲田氏に説明を行った際、陸自にデータが残っていた事実について「何らかの発言があった可能性は否定できない」と曖昧な記述にとどまった。
 稲田氏に報告したとする陸自側と、報告を受けていないという稲田氏の証言が食い違ったためだ。
 しかし説明は、国会で野党から陸自に日報が保管されている可能性を追及された2月14日を挟んで13、15日に行われた。それでも何ら報告がなかったという稲田氏の説明は不自然さが拭えない。
 特別防衛監察は本来、防衛相は対象外で、稲田氏への聴取は任意で1時間行われただけだ。真実に迫ろうとしたとは思えない。
 仮に稲田氏が関与していなかったとしても、重大な問題で蚊帳の外に置かれていたことになる。著しい統率力の欠如である。
 稲田氏はほかにも、学校法人森友学園との関係を巡る国会答弁の混乱や、東京都議選での「防衛省・自衛隊としてもお願いしたい」との発言など、辞任してもおかしくない場面が何度もあった。
 それをかばい続けたのは、稲田氏の国家主義的な思想・信条を高く評価し、要職への異例の抜てきを繰り返した安倍首相だった。
 学校法人加計(かけ)学園の問題と同様に、身内に甘い政権の体質を象徴した1人が稲田氏である。
 野党側は、稲田氏が辞任について首相と相談したと述べたことなどを理由に、閉会中審査に首相も出席すべきだと主張している。事実の解明へ向けた国会の責任は重い。首相に拒否する理由はない。


稲田防衛相辞任  隠蔽了承せずに疑念も
 稲田朋美防衛相が、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報隠蔽(いんぺい)問題で、特別防衛監察の結果を公表するとともに、混乱を招いたとして辞任を表明した。
 日報は現地の様子を、PKO5原則の停戦合意に抵触しかねない「戦闘」状態にあるなどと記録していた。陸上自衛隊は「廃棄済み」を理由に公表を拒んだが、後にデータが残っていると分かった。
 ほかにも稲田氏は、東京都議選中に自民党候補の集会で、自衛隊の政治利用と受け取れる演説をするなど、防衛相としての資質を疑われる不適切な発言を繰り返していた。
 辞任は当然で、「遅すぎた」との声が上がっている。
 2012年の第2次安倍晋三政権以降、閣僚の辞任は6人目となる。安倍首相は、8月3日に予定する内閣改造で稲田氏を退任させようとしたものの、隠蔽問題の展開をみて、かばい続けられないと判断したとみられる。
 首相の任命責任もまた、厳しく問われることになりそうだ。
 特別防衛監察の結果は、稲田氏が防衛省幹部から日報について説明を受けたと認定した。その際、陸自側からデータの保管について報告された可能性を否定できないとしながらも、非公表とする方針を了承した事実はない、と結論づけた。
 監察の担当者は、出席者の証言が食い違い、事実認定が困難だったとするが、データの存在を知りながら、公表などの対応を判断しない責任者がいるだろうか。
 非公表を了承したとすると、了承していないとした国会答弁が虚偽となる。稲田氏本人からの聴取は約1時間しかなく、監察はつじつまを合わせただけではないか、との疑念がぬぐい切れない。
 関係者は、この問題に関する衆参両院の閉会中審査に応じ、説明責任を果たすべきだ。
 監察結果の公表に併せて、防衛省の黒江哲郎事務次官、岡部俊哉陸上幕僚長ら5人について、停職、減給の懲戒処分が発表された。黒江次官は退職し、岡部陸幕長も近く退職する。
 防衛相に加え、事務方と陸自の両トップが省外に去る異常事態である。北朝鮮のミサイル発射などが懸念される中、国の安全保障に関わる業務に空白の生じるようなことが、あってはならない。
 内閣改造までは岸田文雄外相が防衛相を兼務するが、新たな防衛相がまず着手すべき任務は、混乱した組織の立て直しである。


PKO特別監察 これで幕引きは許されぬ
 こんな「最初に無罪ありき」のような調査には納得できない。
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題に関する特別防衛監察の結果が公表された。
 防衛監察本部は、最大の焦点だった稲田朋美防衛相の隠蔽(いんぺい)への関与について、証言の食い違いがあるにもかかわらず「稲田氏が非公表とする方針を了承した事実はない」と結論付けた。
 問題となっていたのは2月13、15日の稲田氏と防衛省幹部のやりとりだ。この場で、陸上自衛隊側が稲田氏に日報データの存在を報告し、稲田氏が非公表を了承したと政府関係者が証言している。これに対し、稲田氏は報告も了承も全面的に否定してきた。
 監察本部は「陸自の日報データの存在について何らかの発言があった可能性は否定できない」としながらも、最終的に稲田氏の主張に沿った事実認定をしている。
 どういう根拠で稲田氏側だけの証言を採用し、稲田氏を免責したのか。やはり防衛相の指揮下にある内部監察の限界だろう。
 一方、特別監察で明るみに出たこともある。防衛省と自衛隊に巣くう隠蔽体質の根深さだ。
 監察結果によれば、一連の文書破棄や情報隠しには、防衛省や自衛隊の幹部が数多く関わっていた。防衛省ナンバー2の立場にある黒江哲郎事務次官が「対外説明の必要はない」との方針を幹部らに示したという。組織ぐるみの隠蔽行為と言わざるを得ない。
 元々この問題は、市民の情報開示請求に対し、防衛省と自衛隊が不都合な資料を「存在しない」と隠し、その後つじつまを合わせるために資料を破棄したのが発端だ。市民の目の届かないところで安全保障政策を進めようという悪質な意図がうかがえる。
 監察結果公表を受けて稲田防衛相は辞任した。事務次官らも事実上更迭されるが、それで幕引きとするのは許されない。第三者機関や国会の閉会中審査で稲田氏の関与の有無を引き続き調べるとともに、隠蔽体質の根絶のために何をすべきか徹底的に議論すべきだ。


稲田防衛相辞任 首相の任命責任は重大だ
 遅きに失したと言うほかない。防衛省混乱の責任を取るという辞任の理由も釈然としない。
 稲田朋美防衛相がきのう、南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題の責任を取って辞任した。
 安倍晋三首相は「閣僚に対する厳しい批判は私自身、真摯(しんし)に受け止めなければならない」と語った。内閣支持率が急落する首相にとって「秘蔵っ子」である稲田氏の辞任は一層の打撃となろう。首相の任命責任は極めて重い。
 稲田氏の物議を醸した言動は枚挙にいとまがない。隠蔽問題の引き金になった日報の「戦闘」表記については国会で「法的な意味の戦闘行為ではない」と強弁した。
 東京都議選の応援演説で「防衛省、自衛隊、防衛大臣としても、お願いしたい」などと、自衛隊の政治利用とみられても仕方ない発言をして撤回に追い込まれた。
 国有地格安売却問題の森友学園の訴訟に弁護士として関与したかどうかを巡り、関与を否定した国会答弁を一転して認め、謝罪したこともある。
 ほかにも憲法や国会の軽視と映るような言動を重ね、重要閣僚としての資質も問われた。まさに「トラブルメーカー」だった。
 にもかかわらず首相は、保守派として政治信条が近い稲田氏を「将来の首相候補」として目をかけ、重用してきた。
 衆院当選3、4回と政治経験の浅い稲田氏を行政改革担当相、自民党政調会長、防衛相として異例の抜てきを続けた。日報問題でも首相は「再発防止を図ることで責任を果たしてもらいたい」とかばった。来月3日にも断行する内閣改造で交代させ、傷を付けまいとしたが、結局かなわなかった。
 稲田氏の遅過ぎた辞任は「1強」と呼ばれる政治状況にあぐらをかき、国民の声や野党の指摘に耳を貸さない安倍政権の傲慢(ごうまん)な体質を象徴していないか。
 首相は内閣改造で態勢を立て直す構えだが、こうした体質を根本的に改めない限り国民の支持を取り戻すのは至難と心得るべきだ。


稲田防衛相辞任 疑惑「徹底解明」に程遠い
 まったく遅きに失し、疑惑解明にも程遠い。第三者の調査を求める。
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題に関し、稲田朋美防衛相が説明責任を果たさないまま辞任した。
 28日に公表された防衛省の特別防衛監察結果は、稲田氏が2月13、15日、防衛省幹部らから陸上自衛隊の日報に関する説明を受けたと認定。その際、陸自側から日報のデータ保管の報告もあった可能性は否定できないとした上で、保管の事実を非公表とする方針を了承した事実はないと結論付けた。
 この結論は、稲田氏が非公表を了承したとする複数の政府関係者の証言と異なる。稲田氏への聴取はわずか1時間だった。最初から「関与なし」を前提とした監察だったのではないかと疑いたくなる。「徹底した事実解明」を約束した稲田氏の言葉を裏付けたとは言い難い。
 防衛相の指揮下にある防衛監察は公平・中立性が確保されないことは明らかだ。稲田氏が隠蔽(いんぺい)への関与を認めず、遅過ぎた辞任で幕引きを図ろうとする姿勢は許されない。
 日報問題は、南スーダンの首都ジュバで大規模戦闘が起きた昨年7月、現地部隊が日々の活動や治安情勢を報告するために作成した日報の情報公開請求を、防衛省が同10月に受理したことに端を発する。「陸自は廃棄済み」として不開示決定した。その後、陸自内部にデータが残っていたことが判明したが非公表とし、データを消去していた。
 防衛省・自衛隊にとって都合の悪い文書を、なかったことにして廃棄したことが問われているのである。組織ぐるみの隠蔽体質は国民に対する背信であり、違法性が高い。
 この隠蔽体質から自衛隊への文民統制(シビリアンコントロール)が機能していないことが分かる。文官トップの事務次官自ら「個人の保存文書」「公文書に当たらない」と判断し、非公表の方針が了承された。制服組と文官が「暴走」したのだ。
 「暴走」を統制できなかったのは、組織の問題と稲田氏が大臣としての資質に問題があるからである
 PKO日報に政府軍と反政府勢力の抗争を「戦闘」と表現されていたことを問われると「法的な意味での『戦闘行為』はなかった」と強弁。「(戦闘行為が)行われたとすれば9条の問題になるので、武力衝突という言葉を使っている」と憲法軽視の発言をした。
 東京都議選の応援で「防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としてもお願いしたい」と発言し自衛隊を政治利用した。
 度重なる失言で野党が罷免要求しても安倍晋三首相は稲田氏をかばい続けた。「1強」のおごりの表れである。首相の任命責任と混乱を招いた責任は重い。内閣改造で目先を変えようとするのではなく、安倍首相も辞任して国民に信を問うべきである。


[稲田防衛相辞任]許されぬあいまい決着
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報を廃棄したとしながら陸上自衛隊が保管していた問題で、稲田朋美防衛相が辞任した。
 日報隠蔽(いんぺい)に稲田氏が関わっていたかが最大の焦点となっていたが、特別防衛監察結果は核心に切り込まないあまりにもおざなりな内容である。
 「陸自側から日報のデータ保管の報告があった可能性は否定できない」としながら、監察結果は「保管の事実を非公表とする方針を稲田氏が了承した事実はない」と結論付けた。
 一方、稲田氏が否定していた2月13、15日に防衛省幹部らから陸自の日報に関する説明を受けたことは認定している。一部報道によると、陸自側から保管の事実を伝えられた13日のやりとりを記したメモが存在する。報告を受けた稲田氏は、国会審議を念頭に「明日、何て答えよう」と発言したという。特別防衛監察はなぜ、こうした点を突き詰めなかったのか。
 特別防衛監察は、防衛相直轄の防衛監察本部が重大な不正行為などを調査するが、防衛相は対象外である。稲田氏は約1時間聴取されているが、見解の食い違いがあっても関係者の追加聞き取りを実施した形跡はない。
 安倍晋三首相は任命権者であると同時に自衛隊の最高指揮官でもある。防衛省・自衛隊が混乱状態に陥った後も手を打たなかった責任は極めて重い。首相は「閣僚の任命責任は、全て私にある」と決まり文句のようにいうが、具体的にどのような責任を取るのか明らかにしてもらいたい。
■    ■
 日報隠蔽が情報開示の在り方の問題にとどまらないのは、戦前に軍部の暴走を許した反省からできたシビリアンコントロール(文民統制)の根幹に関わるからだ。今回の問題は政治家である文民の稲田氏が実力組織の自衛隊を統制できていない証しである。
 日報の隠蔽が政治問題化したのは昨年7月、陸自の宿営地があった首都ジュバで政府と反政府勢力で大規模な戦闘が発生したことである。日報には「戦闘」などの生々しい表現が出てくる。
 稲田氏は国会で「(戦闘行為が)行われたとすれば9条の問題になるので、武力衝突を使っている」と意図的に矮(わい)小(しょう)化していると受け取られるような答弁をした。自衛隊員の命に関わることである。紛争当事者間の停戦合意など「PKO参加5原則」が崩れていたとみるほかない。
■    ■
 北朝鮮の核・ミサイル開発で緊張が高まっているこの時期に、防衛大臣・事務方トップ・陸自トップがそろって退く深刻な事態である。
 政権の支持率の回復のために真相究明が遅れたり、ゆがめられたりすることがあってはならない。
 衆院安全保障委員会の閉会中審査について、与党は安倍首相の出席に難色を示しているが、一日も早く国会を開き、安倍首相出席の下で稲田氏、黒江哲郎前防衛事務次官、岡部俊哉陸上幕僚長らを招致すべきだ。独立した第三者機関による調査も早急に行うべきである。あいまいな処理は許されない。


稲田大臣と真っ向対立 安倍官邸が恐れていた“陸自の前川”
 8月3日の内閣改造まで居座るとみられていた稲田朋美防衛相が28日、正式に大臣を辞任した。自衛隊内部から追い落としの“リーク”が頻発し、追い詰められた末の辞任だった。稲田大臣の嫌われ方はハンパじゃない。
 稲田防衛相が「日報隠蔽」に関わっていたのかどうか――。自衛隊と稲田大臣は真っ向から対立している。陸自は特別監察の調べに対し、2月上旬に行われた会議の場で、稲田大臣に日報の取り扱いについて説明したと証言し、稲田大臣は「報告を受けた認識はない」と否定。特別監察は「日報データの存在について何らかの発言があった可能性は否定できない」と玉虫色の結論となった。
 安倍官邸は、稲田大臣を嫌う自衛隊から“第2の前川喜平”が現れることを心配していたという。自民党関係者がこう言う。
「日報隠蔽に稲田大臣が関与したかどうかは、加計疑惑とまったく同じ構図です。片方が“加計ありきだった”と認め、片方が“加計ありきではない”と否定している。当事者の認識が百八十度違う。安倍官邸が恐れていたのは、野党から『稲田大臣が嘘をついているのか、陸自が嘘をついているのか、両者から話を聞く必要がある』と陸自幹部の参考人招致を要求されることでした。国会に呼ばれた陸自の幹部が『私は大臣に日報のことを報告しました』と、堂々と陳述する恐れが強かったからです。自衛官は率直だし、ただでさえ稲田大臣を嫌っていますからね。前川喜平氏のような男がもう1人、現れたら手に負えませんでした」
■蓮舫氏代表辞任で自民党に安堵感
 ところが、民進党の蓮舫氏が代表を辞任したことで懸念はなくなったという。
「これまで民進党は、閉会中でも安保委を開くことと、臨時国会の早期開会を強く求めていました。押され気味の安倍官邸は、安保委を開くことを認めざるを得なかった。臨時国会も8月末の召集も予想された。稲田さんも安保委に出席する予定でした。ところが、民進党の蓮舫代表が突然、辞めたことで閉会中の審議は事実上なくなった。新体制がスタートしてからだ、と自民党は絶対に応じない。臨時国会の召集も、民進党の代表選が終わる9月中旬以降になるのは確実です。これでは第2の前川喜平氏も現れない。安倍首相は防戦一方でしたが、これから1カ月半、野党に攻められることはなくなった。安堵感が広がっています」(政界関係者)
 民進党はせっかくのチャンスを自分で潰してしまった。


首相の任命責任問われる/稲田防衛相辞任
 稲田朋美防衛相は南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報隠蔽(いんぺい)問題を巡り、情報開示に関して自衛隊法違反があったとの特別防衛監察の結果を公表、混乱を招いた責任を取って辞任した。
 特別防衛監察の報告は、焦点だった稲田氏の隠蔽への関与に関して、廃棄済みとした日報が陸上自衛隊に保管されていたことを非公表とする方針を稲田氏が了承した事実はないと結論付けた。だが事実関係を巡ってはさまざまな情報が防衛省・自衛隊から漏れており、混乱に陥っていた。
 稲田氏は組織を掌握する文民統制の能力を失っていたと言うしかない。8月3日にも実施される内閣改造の直前まで事態を収拾できなかった末の辞任は遅すぎた。稲田氏の責任は極めて重い。
 稲田氏は就任以来、防衛相として不適切な言動が相次ぎ、資質が疑問視されてきた。しかしそれでも安倍晋三首相は擁護し続け、続投を許してきた。首相の任命責任が厳しく問われる。
 特別防衛監察は、昨年7月に南スーダンで発生した大規模戦闘の状況などを記録した現地部隊の日報を陸自が保管していた事実を明らかにしなかったのは自衛隊法違反などに当たると認定した。
 一方、稲田氏の了承は否定したが、稲田氏への報告の際に「日報データの存在について何らかの発言があった可能性は否定できない」とも記述、あいまいさを残した。稲田氏が辞任したとしても国会で審議する必要がある。
 防衛省・自衛隊の組織の立て直しも急務だ。特別防衛監察によって停職処分を受けた防衛省事務方トップの黒江哲郎事務次官が辞め、減給処分の陸自トップの岡部俊哉陸上幕僚長も退職する。事実上の更迭だ。内部の信頼関係が崩壊した状態は安全保障政策上、深刻である。
 衆院当選4回の稲田氏を「将来の首相候補」として重用し、閣僚や自民党の要職に起用し続けてきたのは首相自身だ。稲田氏は先の東京都議選では自民党候補の応援演説で「防衛省・自衛隊としてもお願いしたい」と発言。自衛隊の政治利用と指摘され、撤回した。
 内閣改造直前の辞任は、けじめをつけたとは言い難い。首相は「閣僚の任命責任はすべて首相である私にある」と言明した。自らに近い人物への甘い姿勢が政権不信につながっていると認識すべきだ。


PKO日報問題 首相の責任が問われる
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題で、防衛省の特別防衛監察結果が公表された。
 その後、稲田朋美防衛相は混乱を招いた責任を取るとして辞任した。事務方トップの防衛事務次官も辞め、陸上幕僚長は近く退職と異例の展開となった。
 国防の要となる組織を統率できなかった上、東京都議選の応援演説で自衛隊の政治利用と批判された発言なども続いた稲田氏の辞任は当然で、遅過ぎたと言えよう。
 だが稲田氏の辞任で幕引きというわけにはいくまい。監察結果は、焦点となった稲田氏の隠蔽への関与について疑念を晴らす内容とは到底言えず、全容解明が先送りされたにすぎない。
 その稲田氏をかばい、続投させてきた安倍晋三首相は任命責任をどう取るのか。なお残る国民の疑問に、首相は真剣に向き合う覚悟を決めねばならない。
 日報は南スーダンに派遣された陸上自衛隊員が作成し、電子データの形で保管されていた。昨年7月と9月に日報の情報開示が請求されたが、防衛省側は廃棄済みとして不開示とした。
 後にデータが陸自内にあることが判明したが、黒江哲郎事務次官らは保管の事実を公表しないと決め、稲田氏が了承したかが問題になった。
 稲田氏は陸自に保管されていた点について国会で「報告はなかった」「隠蔽も非公表も了承していない」と答弁した。
 監察結果は稲田氏が2月13日と15日、防衛省側から日報に関し説明を受けたと認定、保管の報告を受けた可能性は否定できないとした。しかし結論的には、稲田氏が日報保管の非公表を了承した事実はないとしている。
 稲田氏が非公表を了承したとする複数の政府関係者の証言と異なっている上、証拠になる議事録は「残っていない」とされた。一部で報道された稲田氏が報告を受けた際の発言メモについても真偽の判断を示さなかった。これでは何が真実なのか、国民には全く分からない。
 そもそも監察を実施する防衛監察本部は防衛相の直轄組織だ。全容解明への限界が懸念され、十分な調査と言えるのか疑問が強く残る。
 首相は稲田氏の辞表を受けた後「任命責任は私にある。批判を真摯(しんし)に受け止めなければならない」と語った。
 国会では日報問題の閉会中審査が予定される。公開されるべき情報の隠蔽を再発させないためにも、首相ら政権側には稲田氏らを出席させ、検証に努める責任がある。


稲田防衛相辞任 問題の幕引き許されぬ
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題を巡り、稲田朋美防衛相が混乱を招いた責任を取るとして辞任した。事実上の更迭である。
 稲田氏は先の都議選でも自衛隊の政治利用と思われる発言をするなど不適切な言動が相次ぎ、防衛相としての資質が疑問視されていた。特に今回の隠蔽問題では、稲田氏の統率力の欠如によって防衛省・自衛隊が混乱状態に陥っており、辞任は遅きに失した。続投を許してきた安倍晋三首相の任命責任が厳しく問われなければならない。
 南スーダンの首都ジュバで昨年7月に起きた大規模戦闘について記した日報を巡っては、陸上自衛隊が「廃棄済み」としていた電子データが今年1月になって保管されていたことが内部で判明。だが、防衛省幹部が「今更自衛隊にあったとは言えない」と指示してデータは消去され、その存在を非公表とする方針が決まった。
 そうした経緯が報道で表面化したため、稲田氏は「組織的隠蔽の全容を解明する」として3月、特別防衛監察の実施を指示した。しかし、今月になって稲田氏が非公表とする方針をあらかじめ了承していたと政府関係者が証言していることが分かり、組織ぐるみの隠蔽に稲田氏が関与した疑いが浮上。稲田氏の関与をどう判断するかが監察の最大の焦点となっていた。
 監察結果は稲田氏が辞任表明した昨日の会見で公表され、稲田氏に対して「陸自側から日報データの存在について何らかの発言があった可能性は否定できない」とする一方、「保管の事実を非公表とする方針を了承した事実はない」と結論付けた。
 陸自が防衛監察本部に提出した内部報告書には、稲田氏が「非公表方針を了承した」と記載されているという。だが、監察本部は稲田氏にわずか1時間聴取しただけ。関係者の証言が食い違って「事実認定が困難だった」とする中での結論には大きな疑問が残る。
 稲田氏にデータの存在が報告された可能性が否定できない中で最終的に非公表の方針が決まっており、事実関係をしっかり詰めることができないまま「了承した事実はない」と認定したのはいかにも不自然だ。防衛相直轄である監察本部よりも透明性の高い第三者機関でより詳細な調査を行うべきである。
 今回の問題により、防衛省・自衛隊には不都合なことを国民に隠そうという強い隠蔽体質があることが分かった。監察では改善策として「PKOなどの日報全てを10年保存する」「監察本部による情報公開業務に対する定期監察の実施」などを打ち出したが、決して十分とは言えない。
 組織を立て直すには、稲田氏の関与を含め問題の全容解明を図ることが最低限の条件だ。国会の場を通じても明らかにする必要があり、稲田氏の辞任で幕引きを図ることは許されない。


「日報」隠蔽問題 真相の究明には程遠い
 これで納得した国民はどれほどいるだろう。南スーダン国連平和維持活動(PKO)の「日報」隠蔽(いんぺい)問題に関する特別防衛監察結果が公表された。最大の焦点である稲田朋美防衛相の関与については曖昧な内容だ。
 監察結果は、稲田氏に対して「幹部から日報の存在に関する何らかの発言があった可能性は否定できない」としながらも、それを非公表とする方針を了承した事実はないと結論付けた。
 稲田氏の主張に沿った結論だが、複数の政府関係者の証言と大きく食い違う。稲田氏は引責辞任したが、こんな幕引きは許されない。
 特別監察を命じた防衛相自身が隠蔽の疑いを持たれるという奇妙な構図。本来は対象外ながら、防衛監察本部は稲田氏から約1時間聴取した。しかし、身内の調査ではやはり限界があったと言わざるを得ない。
 仮に稲田氏の主張通りだとしても、大臣の知らないところで防衛省と陸自の幹部が隠蔽へと暴走したことになる。文民統制(シビリアンコントロール)が機能していないことを意味する。非常に怖い事態だ。
 稲田氏とともに、事務方トップの黒江哲郎事務次官、陸自トップの岡部俊哉陸上幕僚長も辞任。防衛省と自衛隊は大きな傷を負った。
 組織だけではない。自衛隊にとって何よりも大事な国民からの信頼も失った。安全保障環境が厳しさを増す中で早急な立て直しが問われる。
 信頼回復には真相を明らかにするしかない。その機会は衆院安全保障委員会で週明けにも開かれることになっていた閉会中審査。しかし、大臣の辞任で宙に浮いた。
 そこをにらんで辞任に踏み切ったのならば許されない。防衛相としての資質が疑われた稲田氏をかばい続けてきた揚げ句、ここで辞任を認めた安倍晋三首相も、野党の言う「真相隠し」のそしりは免れないだろう。
 南スーダンPKOは、治安が国会論戦の焦点だった。政府は「首都は比較的安定している」と繰り返し、安保関連法に基づく「駆け付け警護」の新任務を付与した。
 だが、存在が明らかになった日報には「戦闘」「攻撃」「砲弾落下」などの生々しい言葉が並び、大規模な戦闘に部隊が巻き込まれる危険性を指摘していた。
 隠蔽がもたらした結果は重大だ。南スーダンの実態を国民に知らせず、PKOを進めてきたことになる。政府は否定するが、不都合な情報を隠したのではないかという疑いを捨てきれない。
 行き着く先は、国民の目と耳をふさぐ社会。隠蔽問題の危うさはここにある。


稲田防衛相辞任/あまりにも判断が遅すぎる
 内閣改造の直前まで事態を収拾できなかった末の辞任は遅きに失したと言わざるを得ない。
 稲田朋美防衛相が南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報隠蔽(いんぺい)問題を巡り、情報開示に関して自衛隊法違反があったとの特別防衛監察の結果を公表、混乱を招いた責任を取って辞任した。
 特別防衛監察の報告は、焦点だった稲田氏の隠蔽への関与に関して、廃棄済みとした日報が陸上自衛隊に保管されていた事実を非公表とする方針を稲田氏が了承した事実はないと結論付けた。しかし事実関係を巡ってはさまざまな情報が防衛省・自衛隊から漏れており、混乱状態に陥っていた。
 実力組織である自衛隊の混乱は由々しき事態だ。稲田氏は組織を掌握する文民統制の能力を失っていたと言うしかない。稲田氏の責任は極めて重い。
 稲田氏は就任以来、防衛相として不適切な言動が相次ぎ、資質が疑問視されてきた。しかしそれでも安倍晋三首相は擁護し続け、続投を許してきた。首相の任命責任が厳しく問われる。同時に、首相は自らに近い人物に対する甘い姿勢が政権不信につながっていることを認識すべきだ。
 特別防衛監察は、昨年7月に南スーダンで発生した大規模戦闘の状況などを記録した現地部隊の日報を陸自が保管していた事実を明らかにしなかったのは自衛隊法違反などに当たると認定した。
 一方、稲田氏の了承は否定したが、稲田氏への報告の際に「日報データの存在について何らかの発言があった可能性は否定できない」とも記述、曖昧さを残した。
 防衛監察本部は関係者の証言が食い違い「事実認定が困難だった」としている。そもそも防衛相の下に設置される監察本部は職員を監察の対象にしている。対象ではない防衛相の関与の有無の判定は任務を超えるもので、その報告の正当性には疑問符が付く。
 特別防衛監察によって停職処分を受けた防衛省の事務方トップが辞め、減給処分の陸自トップも退職する。事実上の更迭だ。内部の信頼関係が崩壊した状態は安全保障政策上、深刻である。防衛省・自衛隊の組織の立て直しを急がなければならない。
 首相は稲田氏辞任を受けて「安全保障には一刻の空白も許されない」と強調した。8月3日にも実施される内閣改造までは岸田文雄外相が防衛相を兼務することになる。緊迫する北朝鮮情勢など厳しい安全保障環境の下、日本の抑止力に隙を見せるようなことがあってはならない。


稲田氏辞任 首相の責任は免れない
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題を巡り、稲田朋美防衛相が辞任した。遅きに失した決断である。
 不安定な国会答弁や問題発言で再三、閣僚としての資質を問われてきた。かばい続けた安倍晋三首相の責任は重い。
 記者会見で稲田氏は「これほどまでに防衛省・自衛隊として世間をお騒がせし、管理監督者として責任は免れないと思っていた」とした。混乱を招いた責任を取るとは人ごとのような言い方だ。
 防衛省のトップとして組織を統率できていたのか、防衛政策の根幹に関わる問題である。「廃棄済み」とされていたデータの存在が統合幕僚監部で確認されてから稲田氏への報告までに1カ月もかかり、文民統制(シビリアンコントロール)が疑問視された。
 さらに陸上自衛隊にも保管されていたことが分かったものの、非公表とする方針を了承していた疑いが拭えない。本来は監察の対象外である稲田氏が聴取を受ける異例の展開にもなった。
 それだけではない。日報の「戦闘」の記述を巡り「法的な意味での戦闘行為はなかった」と強弁を繰り返した。「9条の問題になるので武力衝突という言葉を使っている」と、憲法上の疑義を言い換えでごまかすかの答弁もあった。
 自衛隊の政治利用と取れる都議選での演説、森友学園との関係についての事実と異なる説明、教育勅語を是認する発言など問題のある言動を何度も重ねている。
 任に堪えないのは明らかなのに首相は擁護してきた。東日本大震災を巡っての問題発言などで復興相らを事実上更迭したのとは対照的だ。結果として防衛省に対する信頼を大きく損なった。
 8月早々の内閣改造まで防衛相は岸田文雄外相が兼務する。安全保障環境の厳しさを強調しながら専任の大臣を欠く事態だ。
 首相は政治信条が近い稲田氏を「将来の首相候補」と期待し、重用してきた。行政改革担当相、自民党政調会長を経て、防衛相に起用した。安保分野の経験が足りないとの声が党内にある中での「目玉人事」だった。
 辞任を受け、首相は任命責任を認め「国民の閣僚に対する厳しい批判については真摯(しんし)に受け止めなければならない」と述べた。
 国会から要請があれば「政府として対応するのは当然のこと」と閉会中審査に応じる考えも示している。適材適所だったのか、どんな判断で続投させてきたのか。きちんと説明する必要がある。


稲田防衛相辞任 これで幕引きは許されぬ
 疑惑が解明されたとは言い難い。辞任によって幕引きを図ろうとすることなど許されない。
 稲田朋美防衛相が辞任した。南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題を巡り、防衛省トップとして混乱を招いた責任を取った形だ。
 日報隠蔽問題の最大の焦点は、「廃棄済み」だったはずの陸上自衛隊の日報データを、陸自が保管していた事実を非公表とする方針について稲田氏が了承していたかどうか、ということだった。
 この日、稲田氏が公表した特別防衛監察の結果では、稲田氏が非公表とする方針を了承した事実はないと結論付けた。
 稲田氏が防衛省幹部らから日報に関する説明を受けたとは認定した。だが日報データの存在について出席者から「何らかの発言があった可能性は否定できない」としながら、稲田氏に非公表の了承を求めたことはないとしたのだ。
 政府関係者からは、陸自側から稲田氏にデータの存在が報告されたとか、稲田氏が了承したとの複数の証言があった。
 それらの証言とは異なり、大きな疑問が残る。稲田氏が潔白とする証明には程遠い内容といえる。
 そもそも防衛相は特別防衛監察の調査の対象外で、稲田氏が「協力する」形で聴取が行われた。
 聴取はわずか1時間だった。これでは「関与なし」を前提とした監察だったと疑われても仕方ないのではないか。
 監察結果を説明した防衛省幹部は、「記憶がない」などという人もいたとし「多くの場合、証言は一致しない。事実関係を確定させるのは大変難しい」と調査の限界をにじませている。
 安倍晋三首相は国会での説明に関し、閉会中審査に前向きに応じる考えを示した。であるなら稲田氏を出席させ、国民が納得できるよう徹底解明を行うべきだ。
 特別防衛監察では防衛省の事務方トップの事務次官と、陸自トップの陸上幕僚長ら5人が停職や減給の懲戒処分を受け、事務次官は退職し、陸幕長も近く退職する。
 自衛隊への文民統制(シビリアンコントロール)が機能しているかという問いも突き付けられている。閣僚として統率力を発揮できなかった稲田氏だけでなく安倍首相の任命責任も厳しく問われる。
 首相は政治信条の近い稲田氏に「将来の首相候補」と目をかけ、異例の抜てきを続けてきた。
 一方で稲田氏は、都議選応援で自衛隊の「政治利用」演説が批判を浴び、「森友学園」問題では国会答弁の矛盾を問われ撤回と謝罪に追い込まれるなど資質を疑問視され続けてきた。にもかかわらず首相は続投させてきた。
 安倍内閣の閣僚辞任は2012年の第2次政権発足以降6人目で、今年4月に復興相だった今村雅弘氏が失言で辞めたばかりだ。
 稲田氏の起用をはじめ、首相が常々強調する「適材適所」の人事だったのか。
 問われているのは安倍首相の政治姿勢だ。真相解明へ指導力を発揮し丁寧な説明をしなければ、政権不信は強まるばかりだろう。


稲田防衛相辞任 遅きに失した退場の判断
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報隠蔽(いんぺい)問題で、稲田朋美防衛相は混乱を招いた監督責任を取って辞任した。防衛省の黒江哲郎事務次官、岡部俊哉陸上幕僚長の両トップも退職に追い込まれる極めて異例の事態である。
 陸上自衛隊部隊が作成した問題の日報は、昨年7月に首都ジュバで起きた政府軍と反政府勢力の大規模な衝突を「戦闘」と記すなど、緊迫した状況を伝えている。情報公開請求を受けた防衛省は12月、「陸自は廃棄済み」として不開示を決定した。
 その後、同省統合幕僚監部に電子データが保管され、陸自にも残っていたことが判明した。さらに陸自分について、稲田氏が今年2月の会議で防衛省・自衛隊幹部と対応を協議し、データを保管していた事実を非公表とすることを了承したとの疑惑も浮上した。稲田氏は国会で「陸自からデータ保管の報告は受けていないし、非公表を承認したこともない」と否定してきた。
 一連の問題の真相に迫れるかどうか注目されたのが、防衛監察本部による特別防衛監察である。本来は調査対象外の防衛相も含めて聴取したものの、結果はあまりにも踏み込み不足だ。
 焦点の稲田氏の関与については、データの存在に関して会議の出席者から「何らかの発言があった可能性は否定できない」としつつ、「非公表とする方針を了承した事実はない」と結論付けた。複数の関係者の証言と異なるもので疑問が残る。
 稲田氏が報告を受けた際、「明日、何と答えよう」と発言したと記されたメモが存在するとの一部報道もあっただけに、稲田氏の“潔白”を裏付けるには説得力不足の内容だ。防衛相直轄の組織による調査の限界とも言えよう。
 仮に報告を受けていれば、組織的隠蔽を容認しただけでなく、関与を否定した国会での発言は虚偽答弁となる。防衛省・自衛隊の幹部が大臣に報告せず非公表を決めたとすれば、防衛相としての統率力が問われよう。いずれにしても、文民統制(シビリアンコントロール)が正常に機能しているとは言い難い。
 稲田氏は先の東京都議選でも、自民党候補の応援演説で「自衛隊、防衛省としてもお願いしたい」と支持を訴え、自衛隊の政治利用と批判された。防衛相の立場をわきまえず、不適格と言わざるを得ない。辞任は遅きに失した。
 政治信条が近い稲田氏を重用してきた安倍晋三首相の責任は重い。今回の件でも擁護を続け、混乱の収拾を遅らせた。首相としては、8月3日にも行う予定の内閣改造で交代させるつもりだったようだが、世論の批判の高まりに追い詰められた形だ。
 文民統制や組織の信頼性にかかわる重大事である。稲田氏の辞任や、任命責任を認めた首相の陳謝で、一件落着とはいかない。あいまいな幕引きは禍根を残そう。


稲田防衛相辞任 事態収拾とてもできぬ
 南スーダン派遣の国連平和維持活動(PKO)日報隠蔽(いんぺい)問題を巡り、稲田朋美防衛相が混乱を招いた責任を取り辞任した。8月3日にも行われる内閣改造の直前まで、事態を引きずった末のことだ。防衛事務次官と陸上幕僚長の引責辞任を受けての判断とも思え、重要閣僚としてお粗末と言うほかない。
 PKO日報問題に関する防衛省の特別防衛監察の結果を公表するのと同時の辞任にも、納得できない。監察結果を受けて国会の閉会中審査開催も調整が進められているのに、当の閣僚が説明責任を果たさないまま役目を放棄することになる。
 また朝鮮戦争の休戦協定調印記念日であるおとといは、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)などを発射する恐れがあるとみて、日米韓は警戒を強めていた。結果的にミサイルは発射されなかったが、危機管理のセンスも欠いていよう。
 稲田氏にはこれまでも不適切な言動が相次ぎ、防衛相としての資質が疑われてきた。
 東京都議選では自民党候補の応援演説で「防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としてもお願いしたい」と発言、自衛隊の政治利用と指摘され撤回した。自衛隊が九州北部の豪雨で救助活動に当たっているさなか、約1時間10分にわたり「政務」を理由に防衛省を離れていた。
 にもかかわらず、安倍晋三首相は不問に付して続投させてきた。それが一転、内閣支持率の急落で内閣改造までの更迭が不可避になった。政権内部の事情が優先されたのだろう。
 首相の任命責任が厳しく問われても仕方あるまい。更迭を先送りしてきた「判断ミス」は、「1強」ゆえのおごりや緩みから起きたのではないか。
 内閣改造直前の辞任は、けじめをつけたとは言い難い。自らに近い人物に対する甘い姿勢が安倍政権への不信、内閣支持率の低下につながっていることをよくよく認識すべきだ。
 稲田氏は特別防衛監察の結果の公表に当たり、国民に防衛省・自衛隊の情報公開に対する姿勢について疑念を抱かせたこと、日々任務に当たる隊員の士気を低下させかねないということなどを認め陳謝した。
 PKO日報問題については、複数の防衛省関係者は、陸自に保管していた事実を非公表とする方針を2月には稲田氏に報告し、了承を得ていたと明らかにした。陸自が防衛監察本部に提出した内部報告書には稲田氏が非公表の方針を了承していたことを記していたという。
 だが、稲田氏はきのうも「私自身報告を受けたという認識は今もなく、私のこれまでの一貫した情報公開への姿勢に照らせば、そうした報告があれば必ず公表するよう指導を行ったはずだ」と述べて譲らない。
 省内に対立の火種は残されたままであり、PKO日報問題はこれで終わりとはいかない。文民統制(シビリアンコントロール)が機能しているのかどうか問われる異常事態ではないか。防衛省がもともと抱えていた制服組と背広組のあつれきをさらけ出したともいえよう。
 内閣改造までの間、岸田文雄外相が防衛相を兼任することになったとはいえ、稲田氏は今後の閉会中審査に出席し、政治家として疑問に答えて事態の収拾に当たるべきだろう。


稲田防衛相辞任/任命責任は首相にある
 稲田朋美防衛相は南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報隠蔽(いんぺい)問題を巡り、情報開示に関して自衛隊法違反があったとの特別防衛監察の結果を公表、混乱を招いた責任を取って辞任した。
 特別防衛監察の報告は、焦点だった稲田氏の隠蔽への関与に関して、廃棄済みとした日報が陸上自衛隊に保管されていた事実を非公表とする方針を稲田氏が了承した事実はないと結論付けた。だが事実関係を巡ってはさまざまな情報が防衛省・自衛隊から漏れ、混乱状態に陥っていた。
 実力組織である自衛隊の混乱は由々しき事態だ。稲田氏は組織を掌握する文民統制の能力を失っていたと言うしかない。8月3日にも実施される内閣改造の直前まで事態を収拾できなかった末の辞任は遅すぎた。稲田氏の責任は極めて重い。
 稲田氏は就任以来、防衛相として不適切な言動が相次ぎ、資質が疑問視されてきた。しかしそれでも安倍晋三首相は擁護し続け、続投を許してきた。首相の任命責任が厳しく問われる。
 特別防衛監察は、昨年7月に南スーダンで発生した大規模戦闘の状況などを記録した現地部隊の日報を陸自が保管していた事実を明らかにしなかったのは自衛隊法違反などに当たると認定した。
 一方、稲田氏の了承は否定したが、稲田氏への報告の際に「日報データの存在について何らかの発言があった可能性は否定できない」とも記述、あいまいさを残した。
 防衛監察本部は関係者の証言が食い違い「事実認定が困難だった」としている。そもそも防衛相の下に設置される監察本部は職員を監察の対象としている。対象ではない防衛相の関与の有無の判定は任務を超えるもので、その報告の正当性には疑問符が付く。独立した第三者機関による調査を行うべきであり、稲田氏が辞任したとしても国会で審議する必要がある。
 防衛省・自衛隊の組織の立て直しも急務だ。特別防衛監察によって停職処分を受けた防衛省事務方トップの黒江哲郎事務次官が辞め、減給処分の陸自トップの岡部俊哉陸上幕僚長も退職する。事実上の更迭だ。内部の信頼関係が崩壊した状態は安全保障政策上、深刻である。
 衆院当選4回の稲田氏を「将来の首相候補」として重用し、閣僚や自民党の要職に起用し続けてきたのは首相自身だ。稲田氏は先の東京都議選では自民党候補の応援演説で「防衛省・自衛隊としてもお願いしたい」と発言。自衛隊の政治利用と指摘され、撤回した。
 今月6日には、自衛隊が九州北部の豪雨で救助活動に当たっているさなかに1時間以上にわたり防衛省を離れていた。指揮官として不適格だったと言わざるを得ない。
 首相は稲田氏辞任を受けて「安全保障には一刻の空白も許されない」と強調した。しかしこれまで、稲田氏の下で北朝鮮の弾道ミサイル発射などに対して、本当に万全の対応ができていたのか。
 内閣改造直前の辞任はけじめをつけたとは言い難い。首相は「閣僚の任命責任はすべて首相である私にある」と言明した。自らに近い人物に対する甘い姿勢が政権不信につながっていると厳しく認識すべきだ。


稲田防衛相辞任 日報隠蔽で信頼失った責任重い
 遅きに失した辞任、と言わざるを得ない。
 稲田朋美防衛相が、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報隠蔽(いんぺい)問題の特別防衛監察結果を公表後、「防衛省・自衛隊を指揮監督する防衛相として責任を痛感している」と述べ辞任した。昨年8月の就任以降、問題発言と行動を繰り返し、国政への信頼を著しく失墜させてきた。日報問題でも、統治能力の欠如は明らか。防衛相の資質に欠けており、辞任は当然だ。
 監察の一番のポイントは、陸上自衛隊が「廃棄済み」としていた日報について、稲田氏が2月に陸自から日報データ保管の報告を受け、非公表方針を了承していたかどうかだった。
 監察結果は、稲田氏への報告の可能性が否定できないとした上で、非公表方針を了承した事実はないとした。非公表を了承したとする政府関係者の証言と一致しない。防衛監察本部は証言の食い違いを認めているにもかかわらず、事実を詰め切っておらず、稲田氏の「潔白」が証明されたとは到底言えない。やはり、防衛相直属の「身内」による監察本部では限界がある。第三者による早急な再調査を求めたい。
 稲田氏は、非公表決定に関わっていないと何度も強調してきた。仮に防衛相抜きに非公表が決まったのであれば、文民統制が効いていないということだ。防衛省は新体制の下、組織を早急に立て直さねばならない。
 日報で分かった事実も重い。政府軍と反政府勢力の抗争を日報は「戦闘」と記した。紛争当事者間の停戦合意というPKO参加5原則に反し、撤退すべき状況だった。憲法9条にも違反する。政府は、憲法やPKO協力法から逸脱していた事実を重く見て、改めて検証すべきだ。
 これまでも稲田氏には疑問符の付く発言や行動が目立った。軍国主義に結び付いた教育勅語については「その精神を取り戻すべきだ」と発言。都議選では自衛隊を政治利用し、九州豪雨では自衛隊が救助活動中、1時間以上も防衛省を離れていた。
 稲田氏は直接の辞任理由を監督責任としたが、職責への自覚があまりに薄い。大臣どころか国会議員としての資質も疑う。
 「お友達」を重視する安倍晋三首相の任命責任は言うまでもない。問題山積にもかかわらず続投させてきた揚げ句、内閣改造直前の今更、辞任を受け入れたのも疑問が残る。監察結果を受けた衆院安全保障委員会の閉会中審査で、稲田氏への追及を少しでもかわす狙いがあるのだろう。しかし、日報隠蔽の根本的な疑惑は解明されておらず、首相も稲田氏も辞任で逃げ切ることは許されない。
 首相は、視線を向けるべきはお友達ではなく、国民であることをいま一度認識する必要がある。また、閣僚辞任のたびに任命責任を口にするが、責任を取ったことは一度もない。目に見える形で示さないことには、国民の不信は増すばかりだ。


稲田防衛相辞任 組織に禍根は残らないか
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題を巡って、稲田朋美防衛相が辞任した。防衛省トップとして混乱を招いた責任を取った形だが、これで幕引きをすることは許されない。
 隠蔽問題に関する特別防衛監察の結果が公表されたが、肝心な点があいまいである。到底、国民の納得は得られないだろう。
 稲田氏は衆院安全保障委員会の閉会中審査に出席し、疑問に答えなければならない。
 特別防衛監察は、稲田氏が2月13日に陸自幹部から、15日には事務方トップの黒江哲郎事務次官や岡部俊哉陸上幕僚長らから日報問題の説明を受けたと認定した。
 陸自から日報データの存在について何らかの発言があった可能性は否定できないとした上で、データの存在が書面で報告されたり、非公表の了承を求める報告が行われたりした事実はなかったとした。
 防衛監察本部によると、陸自は稲田氏に日報の保管を報告したと複数が主張した。しかし、稲田氏を含む数人が否定し、証言が一致しなかったという。
 稲田氏は会見で「報告を受けたという認識は今でもない」と強調したが、これでは水掛け論だ。こうした重要な問題で、防衛相と陸自の認識が食い違うようでは困る。
 北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射するなど安全保障の懸念が高まっている。有事に対応しなければならない防衛相が実力組織を掌握できないのは、文民統制(シビリアンコントロール)の観点からも看過できない。
 野党は稲田氏の即時罷免を要求し、自民党内にも早期辞任を求める声があった。
 それだけに、稲田氏の辞任は遅きに失したと言える。
 安倍晋三首相は任命責任を問われるだけでは済むまい。「秘蔵っ子」とされる稲田氏をかばい続けたことで、自衛隊の不信感を高める結果を招いたからだ。
 隠蔽問題を受けて黒江、岡部両氏の退職が決まったが、防衛省、自衛隊のダメージは計り知れない。組織内に禍根が残らないか心配である。
 稲田氏は女性で2人目の防衛相として昨年8月に就任したが、1年と持たなかった。
 東京都議選の自民党候補を応援する集会で、自衛隊の政治利用と取られる発言をして、非難されたのは記憶に新しい。学校法人「森友学園」の訴訟を巡っては、関与を否定した当初の国会答弁を一転させ、謝罪に追い込まれた。
 これまで稲田氏は政治家としての資質が疑われてきた。
 安倍政権は、加計(かけ)学園問題の影響や相次ぐ閣僚らの失言もあって、内閣支持率が急落している。「安倍1強」がおごりを生み、国民の支持を失ったことは確かだ。
 首相は内閣改造で政権浮揚を図る構えだが、目先を変えるものであってはならない。
 閣僚、党役員の人選では身びいきをやめ、真に国のためになる人材を登用すべきだ。


【稲田防衛相辞任】退場して済む話ではない
 国民の知りたい事実をあいまいにした調査結果を公表し、疑惑の渦中にいる閣僚は関与を否定しながら、さっさと退場する。こんなでたらめな引責辞任が許されていいはずがない。
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報隠蔽(いんぺい)問題で、稲田防衛相が閣僚を辞任した。内閣支持率が急落している安倍政権は、稲田氏の退場で問題の幕引きを図りたいのだろうが、とても容認できない。
 稲田氏は記者会見で、隠蔽問題の調査に当たる特別防衛監察の結果を公表した。この監察結果にこそ、大きな疑問がある。
 日報を巡っては「廃棄済み」とした陸上自衛隊にデータが保管されていたことが3月に判明した。しかしそれ以前の2月、防衛省幹部から稲田氏にデータ保管が報告されていたという疑惑が浮上した。
 稲田氏への報告は、衆院予算委員会で日報問題を巡る集中審議が行われた2月14日を挟み、防衛官僚や陸自側と稲田氏の間で2月13日と2月15日の2回。稲田氏が保管の事実を非公表とすることを了承したとする、複数の政府関係者の証言がある。
 これに対する監察結果は、データの存在について出席者から「何らかの発言があった可能性は否定できない」とした。が、結論は「書面での報告や、稲田氏に非公表の了承を求めたことはない」と断定した。
 防衛監察本部はその理由について、「出席者の証言が食い違い、事実認定が困難だった」という。だが証言に食い違いがあることと、事実がなかったこととは同じではない。さらに関係者を聴取するなど、調査を徹底すればよいことだ。
 監察結果からは、防衛省の黒江哲郎事務次官が隠蔽を主導したかのような印象を受ける。だが稲田氏は同省トップとして報告を受け、正しい判断を下す立場にある。会合の場で直接、非公開に言及しなかったとしても、黙認すれば了承と同じで、それだけで防衛相失格だ。
 もともと稲田氏の防衛相としての資質を疑う声は、就任直後からあった。憲法を軽視するような国会答弁や、事実誤認の発言を撤回し、謝罪したこともある。中でも東京都議選での自民党候補の集会では、自衛隊の政治利用と取られる発言をして「非常識」と非難された。
 しかし安倍首相はその都度、罷免を拒み、稲田氏をかばい続けた。憲法改正や靖国神社参拝など、首相自らと同じ保守色の強い政治信条を持つ稲田氏を、「将来の首相候補」などと持ち上げ、異例の抜てきを続けてきた。
 こうした首相の姿勢が問題を大きくし、ついには防衛省と、実力組織である自衛隊の混乱を招いたといえる。閣僚の任命責任が首相にあることは自明だが、今回の責任はことのほか重い。
 日報問題で稲田氏は、最後まで隠蔽への関与を認めなかった。首相の任命責任も併せ、国会の閉会中審査で厳しく問いただす必要がある。


稲田防衛相辞任◆首相の任命責任も問われる◆
 稲田朋美防衛相は南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報隠蔽(いんぺい)問題を巡り、情報開示に関して自衛隊法違反があったとの特別防衛監察の結果を公表、混乱を招いた責任をとって辞任した。
 特別防衛監察の報告は、焦点だった稲田氏の隠蔽への関与に関して、廃棄済みとした日報が陸上自衛隊に保管されていた事実を非公表とする方針を稲田氏が了承した事実はないと結論付けた。だが事実関係を巡ってはさまざまな情報が防衛省・自衛隊から漏れており、混乱状態に陥っていた。
不適切な言動相次ぐ
 実力組織である自衛隊の混乱は由々しき事態だ。稲田氏は文民統制の能力を失っていたと言うしかない。8月3日にも実施される内閣改造の直前まで事態を収拾できなかった末の辞任は遅すぎた。稲田氏の責任は極めて重い。
 稲田氏は就任以来、防衛相として不適切な言動が相次ぎ、資質が疑問視されてきた。しかしそれでも安倍晋三首相は擁護し続け、続投を許してきた。首相の任命責任が厳しく問われる。
 特別防衛監察は、稲田氏の了承は否定したが、稲田氏への報告の際に「日報データの存在について何らかの発言があった可能性は否定できない」と記述、あいまいさを残した。
 そもそも防衛相の下に設置される監察本部は職員を監察の対象としている。対象ではない防衛相の関与の有無の判定は任務を超えるもので、その報告の正当性には疑問符が付く。独立した第三者機関による調査を行うべきであり、国会でも審議する必要がある。
 防衛相・自衛隊の組織の立て直しも急務だ。特別防衛監察によって停職処分を受けた防衛省事務方トップの黒江哲郎事務次官が辞め、減給処分の陸自トップの岡部俊哉陸上幕僚長も退職する。事実上の更迭だ。内部の信頼関係が崩壊した状態は安全保障政策上、深刻である。
近い人物に甘い姿勢
 衆院当選4回の稲田氏を「将来の首相候補」として重用し、閣僚や自民党の要職に起用し続けたのは首相自身だ。稲田氏は先の東京都議選では自衛隊の政治利用を疑われる発言を行い、撤回した。
 今月6日には、自衛隊が九州北部の豪雨で救助活動に当たっているさなかに1時間以上にわたり防衛省を離れていた。指揮官として不適格と言わざるを得ない。
 首相は稲田氏辞任を受けて「安全保障には一刻の空白も許されない」と強調した。しかしこれまで、稲田氏の下で北朝鮮の弾道ミサイルに対して万全の対応ができていたのか。安全保障関連法に基づく米艦防護などの新たな任務が実施されたことについても、妥当性をあらためて問いたい。
 内閣改造直前の辞任はけじめをつけたとは言い難い。自らに近い人物に対する甘い姿勢が政権不信につながっている。責任の取り方を明確に示すべきだ。


[稲田防衛相辞任] 混乱招き遅すぎた退場
 24万人の自衛官を統率し、国の安全保障をつかさどる重要閣僚としての資質を決定的に欠いていたと言わざるを得ない。遅すぎた退場である。
 稲田朋美防衛相がきのう、辞任を表明した。南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題を巡る一連の混乱で責任を取った。事実上の更迭である。
 黒江哲郎事務次官、岡部俊哉陸上幕僚長の事務方、陸上自衛隊両トップも退く。
 問題は稲田氏の責任にとどまらない。混乱を収拾するためになるべく早く更迭すべきだったのに、かばい続けた首相の任命責任も極めて重い。
 というのも、政治が自衛隊をコントロールする「文民統制」が機能しているかという本質的な問いを突きつけているからだ。
 自衛隊の最高指揮官は首相であり、防衛相はその下で自衛隊の隊務を統率する。「国防のツートップ」に、その自覚が足りないのではないかと疑念を抱かせた。
 特別防衛監察の報告は、昨年7月に南スーダンで起きた大規模戦闘の状況などを記録した現地部隊の日報を陸自が保管していた事実を明らかにしなかったのは自衛隊法違反などに当たると認定した。
 焦点になったのは、「廃棄済み」とされた陸自の日報データの存在について、稲田氏にどのように報告されていたかだった。
 特に2月13日と15日に防衛官僚や陸自側と稲田氏の間で交わされたやりとりが注目された。
 ここで陸自側から稲田氏にデータの存在が報告されたことや、稲田氏が了承したとの複数の証言があったことが関係者への取材で明らかになっている。
 だが、特別防衛監察の結果には「出席者の証言の食い違い」を理由に詳細なやりとりは示されず、稲田氏が非公表を了承した事実も打ち消した。
 特別防衛監察に際し、稲田氏は徹底した事実解明を約束したはずだ。しかし、自らも聴取を受けることになり、従来の見解を伝えた時点でうやむやになることが決まったと疑われても仕方ない。
 これで幕引きするなら到底納得できない。稲田氏は説明責任を果たしたとは言えず、閉会中審査で真相解明に取り組むべきだ。
 稲田氏は、憲法軽視や自衛隊の政治利用とも受け取れる問題発言も繰り返してきた。「加計問題」などとともに政権への不信感を深めたのは間違いない。
 内閣改造では安全保障に詳しいベテランを防衛相に起用し、内部の信頼関係が崩壊した防衛省・自衛隊を立て直す責任がある。


既に“一線を越えている”安倍政権
 ★「一線を越えてはいない」と釈明したのは「略奪不倫」疑惑の参院議員・今井絵理子だが、安倍政権は既に「一線を越えている」といえる。27日は朝鮮戦争の休戦協定が結ばれた日で北朝鮮では戦勝記念日で弾道ミサイル発射の可能性があった。官房長官・菅義偉は「万全の態勢で、いかなる事態にも対応できる対応している」というが防衛相・稲田朋美、同事務次官・黒江哲郎、同陸幕長・岡部俊哉が同時に辞表を出す異常事態だ。 ★首相・安倍晋三は「(稲田から)防衛省のトップとして監督責任を取りたい、けじめをつけたいとの強い申し出がありました。そのため大臣の意思を尊重し、辞表を受理することといたしました」「閣僚の任命責任については、すべて総理大臣たる私にあります」「こうした結果となりましたことについて、改めておわび申し上げたいと思います」と国民に陳謝した。 ★元空幕長・田母神俊雄はツイッターで「自衛隊が自ら日報を破棄するわけがない。政府側が野党からPKO5原則が崩れていたのに自衛隊を撤収しなかったのではないかという追求を避けるために破棄したと言えと、自衛隊に指示をしたのではないかと思う。政府側というのが、防衛大臣か、事務次官か、統合幕僚長か、陸上幕僚長かはわからない」。民進党議員は「それに外務省も1枚かんでいるのではないか。外相・岸田文雄が防衛相を兼務したことの意味もあるはず」という。 ★つまり一連の辞任劇は、稲田と黒江を更迭して官邸を守り、岡部は辞任して陸上自衛隊を守ったのではないか。しかし、安倍官邸の信頼性や正当性は担保されていない。政権のいばらの道は続く。

河北春秋
 船を岸につなぎ留めることを「もやい」という。『広辞苑』によれば、船と船がつながっていたり、2人以上の者が共に仕事したりする時もこの言葉を使う。漢字で「舫い」と書く▼民進党の蓮舫代表(49)が辞任の意向を明らかにした。名の通りに、党の運営を港のごとくどっしり構えてやりたかっただろう。だが、多くの船は勝手気ままに漁へ出掛け、岸壁の舫いぐいにロープを巻いてくれなかった。記者会見で「遠心力を働かせてしまった」と寂しく語った▼昨年9月の就任以来、港から見える風景は霧が深い状況が続いた。「安倍1強」、足元を見れば「寄り合い所帯」である。国民に向け、与党との対立軸として明確な大漁旗を掲げようとしたものの、結局かなわなかった。勝負とみた東京都議選も沈没に近い惨敗を喫した▼反転攻勢の芽はあった。安倍政権の支持率が急落する中、仙台市長選で党所属だった元衆院議員郡和子氏が当選。やりようによっては上げ潮に乗れた。だが、いかんせん通信指令役の幹事長が降りて沖合の船団と交渉ができなくなった▼民進党は9月上旬までに代表選を行う。10月には青森、愛媛両県での衆院ダブル補選を控える。「1位じゃなきゃ駄目なんです」。もやい結びのできる新港の顔が現れるといいが、さて…。

民進党代表の辞任表明 解党的出直しを
 民進党の蓮舫代表が東京都議選での敗北を理由に辞任を表明した。
 告示前の7議席を下回る5議席の惨敗となった都議選後、蓮舫氏は地域別に所属議員から意見を聴く「ブロック会議」で総括を進める一方、党所属議員に協力を呼び掛ける形で、続投を表明。都議選敗北の責任を取って辞任を表明した野田佳彦幹事長の後任選びを進めていた。
 党内には野田氏ではなく蓮舫氏の代表辞任を求める声がくすぶっており、次の執行部体制に向けた人事が難航した揚げ句の判断とみられる。
 昨年9月、高い知名度と発信力で党の再生を期待されて代表に就任したはずの蓮舫氏の進退を巡る迷走は、前身の民主党政権以降、抜け出せない党の深刻な危機的状況を浮き彫りにしている。
 執行部は今後、後継代表選びに入るが、これまでのように「顔」のすげ替えに終わるようでは、危機がより一層深まるだけだろう。
 報道各社の調査に表れているように、安倍政権に対抗する政治勢力を求める世論の期待は、かつて自民党と並ぶ二大政党の一翼を担い現在も野党第1党である民進党ではなく、小池百合子都知事が事実上率いる「都民ファーストの会」の国政政党化に集まりつつある。
 そんな「民進スルー」ともいえる状況の中で、民進党はどうあるべきなのか、どこに向かうべきなのか、究極のところ、存在意義はあるのかを、根本から問い直すことが迫られている。文字通り、解党的な出直しが必要だ。
 「遠心力を働かせてしまった」「統率する力が不足していた。求心力を高める執行部ができることを願う」
 蓮舫氏は27日の記者会見で、自らの党トップとしての資質、能力の欠如を辞任理由に挙げた。
 確かに代表就任前から指摘されていた日本と台湾の「二重国籍」問題について説明を二転三転させたり、「2030年代」とした「原発ゼロ」目標前倒しを表明しながら、最大の支持組織の連合やその強い支援を受ける所属議員の反発を受けて棚上げしたりするなど、国民の信頼を失った政権時代を思い出させるような曲折を見せた。
 しかし、党のまとまりという課題は、蓮舫氏個人というよりも党が抱える問題である。
 かつて目指す社会像が違うという理由で連携を拒んだはずの共産党との選挙協力、安倍晋三首相が具体的スケジュールを打ち出す憲法改正など、党の理念や在り方に関わる問題で、党内に存在する対立関係が解消されないままだ。
 すでに次期衆院選での共産党との協力に関しては長島昭久衆院議員が「受け入れられない」として離党。憲法改正に対する姿勢を巡っても、代表選で蓮舫氏を支援、代表代行として支えていた細野豪志氏が「議論さえしない」と批判して辞任するなど、あつれきが表面化している。
 確かに蓮舫氏や野田氏ら現在の執行部はこれらの問題を本気で解決しようとしなかった。しかし、それは前任の岡田克也代表時代も同様だった。
 「反自公」「反安倍政権」という点でしかまとまれないもろさを克服しない限り、同じような事態を招くことになるだろう。離党者が出ることや分裂を恐れ、問題を先送りすることは、もはや許されない。(共同通信・柿崎明二)


連合の撤回 労働者守る原点に立て
 連合は、高収入の一部専門職を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度」を含む労働基準法改正案について、政労使による修正合意の見送りを決めた。
 「残業代ゼロ法案」として制度導入に反対してきたにもかかわらず、執行部が法案修正を条件に突然容認に転じ、加盟労組や過労死遺族らの猛反発を受けた。
 容認方針の撤回は当然である。
 傘下の組織に十分な説明もなく、政府や経団連と水面下で調整し、結果的に大きな混乱を招いた執行部の責任は重い。
 神津里季生(こうづりきお)会長は、「運営体制を反省し、しっかり組み立てないといけない」と述べた。
 労働者の権利を守る組織という原点に立ち、信頼の回復に全力を尽くさねばならない。
 高度プロフェッショナル制度は、第1次安倍晋三政権が導入しようとして果たせなかった「ホワイトカラー・エグゼンプション」の焼き直しである。
 「残業代ゼロ」で際限なく働かされかねないとして、労働界が強く抵抗してきた。
 しかも、いったん導入されれば、対象が拡大する恐れがあり、第2次安倍政権でも、国会で2年以上たなざらしとなってきた。
 政府は、残業時間の上限規制と抱き合わせにして、秋の臨時国会に提案する方針だ。
 連合執行部は、上限規制の「実を取る」ため、歩み寄ったとされるが、理解に苦しむ。
 残業上限の「月100時間未満」は、国の過労死ラインと変わらない。論外の緩さだ。
 連合が提案した修正案の中身も実効性が疑わしい。
 健康確保措置として「年104日以上の休日取得」を義務付け、「2週間連続の休日取得」「臨時の健康診断」などの条件の中から労使に選ばせる内容だ。
 多くの企業が、臨時の健康診断を選ぶとみられる。これでは、過労を食い止めるどころか、長時間労働の「免罪符」に利用される懸念もある。
 連合が修正合意を見送っても、政府は、労基法改正案に連合の修正案を反映させるようだ。
 残業時間の上限規制を柱とした働き方改革関連法案の成立を急ぐ姿勢も変えていない。あまりに乱暴なやり方だ。
 労働側の言い分も一応聞いたという体裁だけ繕って、明確な歯止めを欠いたまま、長時間労働を助長しかねない制度を法制化するのは言語道断である。


再び辺野古提訴/なぜ国は対話しないのか
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、沖縄県が国の埋め立て工事の差し止めを求めて提訴した。判決まで工事を中断させる仮処分も申し立てた。
 県は、埋め立てに必要な海底の岩礁破砕について、県の規則に定められた翁長雄志(おながたけし)知事の許可を得ることなく今年4月、国が工事を強行したことを違法と主張する。
 これに対し国は、知事の許可は漁業権が存在することが前提で、埋め立て海域では地元漁協が漁業権を放棄したため必要ない、との立場だ。
 両者の隔たりは大きく、このままではどのような司法判断が示されようと、解決へ向かうとは思えない。法廷では法律に基づいた主張に力点が置かれ、泥沼に入り込んだような争いが続く展開になりがちだ。
 「対決」より「対話」で事態を打開しなければならない。
 県と国は、翁長知事の埋め立て承認取り消しを巡って争い、昨年末、最高裁で県の敗訴が確定している。また、判決に先立って「確定判決に従い、互いに協力して誠実に対応する」と確約している。
 国は「沖縄県は約束を守るべきだ」と主張する。では、誠実な対応は、敗訴した県だけに求められるものなのか。そうではないだろう。
 県が求めた埋め立て着工前の協議に、国は応じなかった。構わず工事を進めて既成事実を積み重ねる姿勢は、多くの県民の反発を招いている。
 先日、基地問題に取り組んだ大田昌秀・元知事の沖縄県民葬が営まれ、安倍晋三首相も参列した。首相は沖縄慰霊の日の式典にも出席している。いずれも翁長知事に弔意を伝え、じっくり言葉を交わす好機だったが、機会を設けることはなかった。
 「沖縄県民の思いに寄り添う」「沖縄の基地負担軽減に全力を尽くす」と首相は言う。その言葉を行動に移すのなら、県側と腹を割って話し合うことが何より求められる。
 県民に「無力感」を味わわせる形で工事を急いでも、将来に新たな禍根を残すだけだ。
 「沖縄は日本なのか」と大田元知事は訴えた。国からの答えは今も沖縄に届いていない。


核のごみマップ公表 課題先送り、覚悟も見えず
 原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)を巡り、経済産業省は最終処分候補地となり得る地域を日本地図上で塗り分けた「科学的特性マップ」を公表した。
 経産省は盛んに「自治体や住民に受け入れ判断を迫るものではない」と強調する。国民的議論を喚起することで候補地選定の弾みとしたい考えだが、適地は福井県を含め全都道府県に及び、国土の7割弱が該当。特に海岸に近く最適とされた地域のある自治体は過半数の約900に上る。
 どう絞り込むのか。秋以降、重点的な説明会を開催の意向だが、選定への確たるシナリオが見えない。
 原子力推進に廃棄物対策は避けて通れず、後世にツケを回してはならない。しかし、政府は東京電力福島第1原発事故後も原発の推進姿勢を変えず、新規制基準による再稼働を進めている。バックエンド対策を怠り、なお「長い道のり」とするのは課題先送りとしか言いようがない。
 政府は1976年から本格研究に着手、2000年に最終処分法を制定した。使用済み核燃料の再処理後に出る極めて強い放射性物質をガラス固化体にし、地下300メートルより深い岩盤に埋める。数万年から約10万年先まで生活環境から隔離する手法が「地層処分」だ。
 国は処分のための調査受け入れ方式が失敗すると、15年にやり方を転換、国が科学的な有望地を示した上で複数の自治体に申し入れる方策を取り入れた。
 今回の公表はその一環だが、「科学的有望地」という言葉が自治体の警戒感を招くとして「科学的特性マップ」と言い換えた。
 地図では全国を4色に塗り分けている。活断層や火山の周辺など地下の安定性に問題がある地域や、油田など将来掘削の可能性がある地域は「好ましくない特性があると推定される」と分類している。
 それ以外の地域が「好ましい特性が確認できる可能性が相対的に高い」「輸送面でも好ましい」となるわけだが、シンポジウムでは「数十年の研究だけで、数万年先を正しく予測できるのか」などと疑問が相次いだ。つまり「安全」の根拠が不明確で、災害リスクは全国どこでも付きまとう。
 たとえ自治体に調査を申し入れても、立地が進む保証はない。見えてくるのは「国が前面に立つ」とした国主導の成果を形に表すための実におぼろげなマップ公表であり、国民の批判をかわすアリバイづくりとさえ感じられる。
 これまでの全国説明会では、警戒感や反発を恐れるあまり突っ込んだ話は皆無に近く、開催することが目的化した。国民や自治体の疑問、不安に腰を据えて丁寧に説明するのは当然。必ず処分地を決めるという強い使命感と覚悟が必要だ。
 世界の大半が地層処分を採用するが、処分場の決定はわずか2カ国だ。国が「国民的課題」と位置付けるなら、発生責任がある国と電力会社が廃棄物の総量規制もせず、増産し続けるのは無責任であろう。


NHKが森友と財務局の国有地価格交渉をスクープし佐川前理財局長の嘘を明らかに! 財務省でも良識派官僚のリークが?
 27日午後、森友学園の補助金不正受給の容疑をめぐり、大阪地検特捜部がはじめて籠池泰典前理事長に任意の事情聴取をおこなった。読売新聞がトバシ記事で見出しにした「籠池夫妻 逮捕へ」ということにはならなかったが、籠池氏は27日の朝、密着したテレビメディアに対して「国策捜査ですね」と語っている。
 実は、その直前の26日、NHKが森友問題をめぐる重大なスクープを報じていた。疑惑の国有地売却をめぐり、昨年3月、近畿財務局と森友学園側との売却価格協議の内容を、初めて明らかにしたのだ。
 そもそも、森友問題の中心は、国有地だった森友学園の新たな小学校建設予定地が、地中のゴミ撤去費用などと称して約8億円も値引きされ、実質タダで森友学園側に売却されていたこと。籠池氏は証人喚問で「神風」と表現したこの土地取引などを含め、これまで財務省側は学園との交渉記録を「破棄した」と主張。国会でも、国有地売却の担当局長だった佐川宣寿理財局長(当時)は、交渉記録の保存期間を「1年未満」として「昨年6月の売買契約成立を受けて廃棄した」と繰り返し述べてきた。
 NHKは、その価格交渉の経緯の一部を「関係者への取材」によって明らかにした。それによれば、3月24日、財務局と学園の協議が行われ、その協議の場で、当時の籠池氏の弁護士が財務局に買い取りを初めて打診。そして、その際に学園側と財務局側双方から、具体的な金額が出されたのだという。
 驚くべきは、その金額交渉の内容だ。なんと、財務局の担当者は「いくらまでなら支払えるのか」と、学園側に購入可能な金額の上限を尋ねたというのだ。
 当時の籠池氏の弁護士は、財務状況から約1億6000万円と答えたという。すると、財務局の担当者は、国が土壌工事で約1億3200万円を負担する予定だとして、これを上回る金額が必要だと説明したという。
 そして、この協議から6日後の3月30日、異例にも、財務局はゴミの撤去費用の見積もりを、国有地を管理する大阪航空局に依頼し、値引額が約8億2000万に決まった。それによって、売却額が1億3400万円となった。
 そう。3月24日の最初の協議で財務局の担当者が述べた「1億3200万円以上」と、森友学園側が財務的に限界だと言った「1億6000万円」のなかに、実際の売却額がきれいにおさまっていたのである。
NHKスクープのネタ元は大阪地検か財務省か
 これはいったい、どういうことなのか。周知の通り、財務省はこれまで森友学園側との事前交渉は一切なかったと強弁。佐川理財局長も、「先方にあらかじめ不動産鑑定というかその価格について申し上げることはございませんということはずっと答弁してきているところでございます」(5月18日参院財政金融委員会)、「本件の土地の処分につきましては、私ども、不当な働きかけは一切なかったということは答弁させていただいてございます」(3月15日衆院財務金融委員会)などと言い切っている。
 ところが、今回のNHKの“事前協議”に関する報道で、こうした財務省側の主張は崩れてしまった。佐川氏も虚偽答弁を働いたことになる。
 さらにNHKは、原則一括払いの国有地売買契約で、森友学園の場合は異例の10年分割払いになっていたことについても、財務局からの提案だったと報じている。NHKは「売買の経緯を知る関係者によれば」として〈分割払いは去年6月1日に財務局が売買契約書の案に盛り込んで学園側に提案していた〉と報道。これにより、学園側は実質的に月額賃貸料の半額で購入代金の分割月払いが可能になった。
 こちらも、真実ならば森友問題をめぐる国会答弁で政府側が主張していたことが完全に崩れる。つまり、財務局が森友側と売買価格について事前に協議し、「いくらまでなら支払えるか」と聞いていたこと、そして異例中の異例である賃貸切り替えからの10年分割購入を財務局側から提案していたとなれば、そこに籠池氏が「神風」と表現した驚くべき“取り計らい”がなされていたことの証明となるからだ。
 国民の関心はいま、加計学園問題や自衛隊日報隠蔽問題にシフトしてしまったが、こうした核心をつく報道が飛び出た以上、国会でもこの森友問題の本質である国有地売却の経緯について、一から追及をやりなおす必要があるだろう。
 だが、これらのNHKのスクープには、気になる点がもうひとつある。情報の出どころが、いずれも「関係者」や「売買の経緯を知る関係者」となっていることだ。
 NHKの従来の報道姿勢を鑑みれば、かなりの確度がないかぎり、こうした匿名情報源を頼りに報道することはほとんどない。「森友学園へ便宜をはかったことはない」として政権と行政が結託するなか、これを穿つスクープならなおさら、国会で予算を握られているNHKは一層慎重になるものだ。
 かなり有力なネタ元があるとしか考えられない。可能性としては主にふたつ。ひとつは、学園との事前協議に関与した近畿財務局、あるいは報告を受けていた財務省関係者によるリーク。もうひとつは、財務局側を背任容疑で捜査している大阪地検特捜部のリークだ。
 仮に後者の場合、大阪地検が今後の捜査を進めるうえで、有利な状況をつくりだそうとの思惑があると想定できるが、仮に、当事者であり追及される側の財務省・財務局の人間がリーク元であったとしても、実は、これはさほど驚くべきことではない。
 というのも周知の通り、いま安倍政権を揺るがしている加計問題にしても、日報問題にしても、そして森友問題にしても、背景には官僚たちの“安倍一強”支配への反発があるからだ。
財務省OBも記録の存在前提に「うちもいつ漏れても不思議はない」
「総理のご意向」文書のようなものが飛び交っていることからもわかるように、官僚たちは過剰な忖度を強要される一方、これに背けば、菅義偉官房長官が牛耳る内閣人事局の手により出世コースから外され、場合によっては粛清される。
 さらに、官僚たちはプライベートまで監視下に置かれている。文科省の前事務次官・前川喜平氏の“出会い系バー報道”は言うまでもなく、外務省で韓国釜山の前総領事・森本康敬氏が電撃更迭されたのも、少女像をめぐる政権の対応を私的な食事の場で批判したことが官邸に筒抜けになり問題視されたためだ。
 安倍一強政治のなかで官邸によるこうした“恐怖支配”に押さえ込まれてきた霞が関の官僚たちだが、ここにきて、安倍政権の求心力低下とともに、一気に反乱の動きが出てきた。各省庁の良識派の官僚やラインを外された職員が安倍政権の疑惑を積極的にリークし始めたのだ。
 加計問題での文科省からの告発や、自衛隊日報問題をめぐる陸自からのリークのなどはその典型だろう。
 だとすれば、財務省にあっても同様の動きが出てきても、なんら不思議はない。
 毎日新聞編集委員の伊藤智永氏が、コラム「時の在りか」(毎日新聞7月1日付)で、実に興味深いことを書いている。加計問題で文科省から続々内部文書が飛び出しているなか、ある晩に財務省のキャリアOBたちの放談会が開かれ、現役の後輩たちが関わる森友問題をめぐって激論となった。そこではこんな発言があったのだという。
「何も残っていないという答弁はさすがに無理がある」
「うちだっていつ漏れても不思議はない。昔とは違う」
「小出しにしたら総崩れになる。他に手があるか」
「財務省には文科省みたいに柔な職員はいないんだ」
 伊藤氏は〈お気づきの通り、どの主張も、本当は文書が存在していることが前提のようである。意見の対立は弱気と強気の違いだけで、不安は全員に共通していた〉と綴っている。バネは、押し縮めるほど強く跳ね返る。文科省も防衛省もギリギリのところで抑えが効かなくなったようだが、はたして財務省はどうか。言うまでもなく、限界まで力を加えれば、どんな強靭なバネでも壊れてしまうものだ。
 国会で野党の追及から身を呈して政権を守った佐川前理財局長は、先日、国税庁長官に栄転したが、恒例の着任記者会見すらまだ行われていない。NHKの報道で虚偽答弁の疑惑が高まるなか、今後、財務省内部の良識派、もしくは反官邸派のさらなるリークが出て来れば、佐川前理財局長も防衛省幹部同様、逃げきれない事態になるかもしれない。
 そうなれば、いよいよ安倍首相は完全に追い込まれることになるだろう。(編集部)


キャリーバッグに路線バス困惑 京都、観光客持ち込み混雑
 観光客の大型バッグが京都市バスの混雑に拍車をかけていることを受け、市交通局は京都駅(下京区)で、手荷物預かり所の利用を促している。車内の混雑に市民の不満が高まっているためだが、持ち込みは後を絶たず、同局は「乗車拒否するわけにもいかない」と頭を悩ませている。
 6月下旬、バスの行き先や時刻が表示される京都駅前の総合案内板前に、キャリーバッグを持った若い女性2人が訪れた。そこに、同局の観光案内役「おもてなしコンシェルジュ」が駆け寄った。
 「バスは混雑しますのでロッカーに手荷物を預けてはいかがですか」と声を掛けたが、女性たちは「ホテルに向かうので」。コンシェルジュは「近くにはホテルへの運送サービスもあります」と粘ったが、2人はバス乗り場へと向かった。
 訪日外国人など観光客の増加を受け、市バスの混雑に市民の批判が強まる。キャリーバッグも大きな原因で、通路をふさいで乗降に時間がかかり、ダイヤの乱れにもつながっている。
 同局は4月から、京都駅で大きな荷物を持ってバスに乗ろうとする観光客に声を掛け、ロッカーなどの利用を働き掛けている。案内業務を同局から委託されている市交通局協力会(右京区)の中村知雄さん(41)は「素直に聞いてくれる人もいるが、強制はできない」。コンシェルジュの1人は「宿泊施設への運送を勧めても、『受け取る人がいない』と断る人もいる」と顔を曇らせた。
 ただ、観光客にも言い分はある。横浜市から訪れた会社員男性(34)は「市バスは安く、本数も多いので便利。でも小さめの車両が多く、混む路線は大型車両を導入し、荷物置き場をつくれないものか」と話す。
 同局は「手ぶらで観光するメリットをアピールすることで、混雑を抑えたい」(自動車部)とするが、今のところは地道に声を掛け続けるしかなさそうだ。