ブログネタ
フランス語 に参加中!
Fig56

Sumo story: Une vie de moine, entre sueur et larmes
De notre correspondant à Tokyo,
≪ Les débuts étaient tellement difficiles que je ne me souviens de rien. ≫ En débarquant au Japon en 2002, Kaloyan Mahlyanov a 19 ans et dans sa valise un titre de champion d’Europe de lutte gréco-romaine. Le Bulgare de 2,03m, qui dépasse déjà les 120 kg et n’a donc pas pu participer aux Jeux olympiques de Sydney, a en revanche attiré l’œil d’un coach de sumo japonais, qui l’a convaincu de venir tenter sa chance dans le ≪ sport national ≫ nippon.
Sur place, il découvre la vie harassante des rikishi, les lutteurs de sumo, rythmée par l’exercice physique, les repas pantagruéliques et l’obéissance inconditionnelle aux aînés. Les journées commencent aux aurores par un épuisant entraînement, à jeun, qui dure trois ou quatre heures. Puis ce sont le bain et le repas : les lutteurs les moins bien classés, qui se sont levés plus tot pour accomplir diverses corvées, aident à la préparation du déjeuner puis mangent en dernier, après avoir servi les autres.
Avant d’avoir atteint un certain niveau dans le classement, tous dorment dans la même pièce, chez le maître de la heya (≪ l’écurie ≫) à laquelle ils appartiennent, où ils sont assujettis à une stricte hiérarchie et bien souvent au bizutage. La mort en 2007 d’un jeune lutteur de 17 ans, sous les coups de bouteille de bière et de batte métallique de son entraîneur et de ses aînés, a mis en lumière la brutalité qui fait partie intégrante de l’entraînement.
Le futur champion qui s’est enfui dix fois, à vélo
Cette vie est rendue plus ardue encore par le fait que le jeune Bulgare ne parle pas un mot de japonais. ≪ C’était le plus dur, ne pas pouvoir exprimer ce que je voulais dire, ne pas comprendre ce qu’on me demandait. Du coup, même les jours où il n’y avait pas d’entraînement, je me levais et je mettais mon mawashi ≫, la ceinture que portent les sumos pour combattre.
Beaucoup ne parviennent pas à s’acclimater à cette existence éreintante et préfèrent s’enfuir, en pleine nuit ou pendant les déplacements en province. Même des futurs champions ont failli tout lâcher : le Japonais Takayasu, qui en mai dernier a été promu ozeki, le deuxième plus haut rang au sein de la première division, s’est enfui une dizaine de fois de sa heya à ses débuts, rejoignant à vélo la maison familiale située à 50 km.
Le seul autre moyen d’échapper à cette vie est de monter en grade. Tous les lutteurs ont en permanence les yeux rivés sur le classement, appelé banzuke, une grande feuille de papier publiée avant chaque tournoi, tous les deux mois, où sont inscrits au pinceau les noms des quelque 700 sumos de la fédération. La règle est simple : à la fin des 15 jours du tournoi, ceux qui ont plus de victoires que de défaites progressent dans le classement, les autres descendent. Le système est implacable. Une absence, même pour blessure, équivaut à une défaite.
≪ Le ciel et l’enfer ≫
Les lutteurs des six divisions que compte le banzuke sont nourris, logés et blanchis par leur heya, mais seuls les 70 élus qui ont su se hisser – et se maintenir – dans les deux premières recoivent un salaire. On les appelle les sekitori ; développer son corps à force d’entraînement et de repas hypercaloriques pour atteindre ce rang est l’obsession de tous. La majorité des sumos arriveront cependant à l’âge de la retraite, entre 30 et 35 ans, sans y être jamais parvenus.
Être ou non sekitori, ≪ c’est la différence entre le ciel et l’enfer ≫, traduit rétrospectivement notre lutteur bulgare, qui a pris le nom de sumo de Koto-o-shu, trois caractères chinois dont les deux derniers signifient ≪ Europe ≫. Lui n’a pas droit à l’échec, car il a tout quitté pour devenir sumo et doit envoyer de l’argent à sa famille. Sa motivation est sans faille, et ses efforts paient : il ne lui faut qu’un an et demi pour rejoindre les rangs salariés, l’une des progressions les plus rapides de l’histoire du sumo moderne.
En plus du salaire, les sekitori jouissent d’un certain nombre de privilèges : une dispense de corvées, des assistants choisis parmi les rangs inférieurs, une plus grande liberté vestimentaire et la possibilité d’avoir son propre logement. Kotooshu ne s’arrête pas là : en 2006, il atteint le grade de ozeki, et devient en 2008 le premier lutteur européen à remporter un tournoi (à ce jour ils ne sont que deux, avec l’Estonien Baruto). Après avoir pris sa retraite en 2014, il a lancé en avril dernier sa propre heya.
Les jeunes Japonais ne rêvent plus d’être sumo
Cette existence ≪ hors du temps ≫ est liée à l’ancienneté de la tradition du sumo, à l’origine un ensemble de rituels shinto destinés à calmer les dieux et assurer de bonnes récoltes, qui serait apparu il y a 1.500 ans. Un héritage encore très présent : avant les combats, les lutteurs frappent le sol avec leurs pieds pour chasser les mauvais esprits, se rincent la bouche avec de l’eau et lancent du sel sur le dohyo, la plate-forme d’argile où ont lieu les combats, pour le purifier. Les femmes ne sont pas autorisées à y poser le pied.
≪ Parallèlement à cet aspect religieux, le sumo est depuis longtemps un spectacle traditionnel ≫, explique le journaliste Taro Arai. ≪ Ce n’est que récemment, à l’ère Showa (1926-1989), qu’il est aussi devenu un sport ≫. Le sumo en a gardé des aspects uniques : ≪ un certain flou dans les règles, qui conduit parfois à faire rejouer un combat, par exemple ≫, note le spécialiste du sumo. Les juges et les arbitres appartiennent, comme les lutteurs, à des heya, ce qui serait inconcevable dans le football ou le baseball.
Enfin, le fait pour un apprenti de vivre chez le maître, comme c’était le cas autrefois pour d’autres arts traditionnels comme le rakugo, ≪ ne subsiste que dans le sumo ≫. Cette vie, note Taro Arai, attire de moins en moins les jeunes Japonais : ils ne sont plus que 70 à 80 à pousser la porte d’une heya chaque année, deux fois moins que dans les années 1990. Un désamour qui explique en partie que le sumo soit dominé, depuis une vingtaine d’années, par les étrangers.
フランス語
フランス語の勉強?
BS世界のドキュメンタリー「アフター・ヒトラー」(前編)
悪魔のようなヒトラーが死に、第二次世界大戦が終結した直後のドイツ。荒廃と混乱の極地にあった欧州の、知られざる復興の歩みをカラー化されたレア映像で描く2部作。
前編は1945年、ドイツの敗戦直後から始まる。町は破壊し尽くされており、戦争孤児があふれ、男たちの多くは戦死、あるいは捕虜となっていたため、女たちががれきの撤去を行った。食料・日用品・衣類はわずかな配給しかなく、犯罪が横行。大量虐殺を行ったドイツ人への復讐として投石や公開処刑が何年も続き、解放されたユダヤ人の大移動も始まる。戦後も続いた地獄のような日々をカラー化されたアーカイブ映像でリアルに描く。〜2016年 フランス CINETEVE制作〜

有田芳生‏@aritayoshifu
ぼくの理解では前原さんの発言は「戦略的」です。小沢一郎さんの「オリーブの木」構想に理解を示している(はず)だからです。枝野さんは歯切れよく野党共闘を求めています。じつは共闘はただの戦術ではなく、時代認識に基づく思想が問われているのです。ぼくは枝野幸男さんを支持しています。

昼過ぎに電話があってテキストが届きました.意外に分厚いです.
依頼していた動画は500Mのサイズでダウンロードはうまくいきましたが再生がおかしいです.Windows10だから?どうもvaioがいけないみたい.
北御堂盆踊りに行きました.ビールと梅酒を飲みました.

河北抄
 津波被害が大きかった名取市閖上の水道設備業長沼俊幸さん(54)は先月、6年2カ月に及んだ仮設住宅暮らしに別れを告げ、生まれ育った閖上に戻った。
 「うれしいのは匂い。住んでた人間にしか分がんねぇだろうけど、窓開げっと閖上の匂いがすんだ」。津波とその後のかさ上げ工事で景色は大きく変わっても、匂いは不思議と昔のまま。「何とも言えねえ安心感がある」と目を細める。
 一方で「以前のような暮らしは、もう難すいだろう」との寂しさもある。長沼さん方では震災前、毎年ツバメが巣を作った。一つは軒先、二つが玄関の中。だからツバメが同居する春から秋、家を留守にする時も玄関扉は常に開け放ち、ツバメが自由に出入りできるようにした。
 「それで泥棒が入ることもない。むしろご近所が勝手に上がって、冷蔵庫さ魚を置いでぐ。そんな、いい街だった」
 自慢の古里を津波に奪われ6年半。新しい家々が整然と並び始めた新生・閖上に、あのぬくもりを取り戻せないか−。長沼さんは淡い願いを胸に来春、新居のドアを開けてみようか思案し始めている。


被災地支援継続に視察ツアー
全国の自治体から派遣される被災地への応援職員の減少に歯止めをかけようと宮城県は24日から被災地の視察ツアーを行って各地の担当者に応援の継続を訴えることにしています。
この視察ツアーは復興道半ばの被災地の現状を全国の自治体に知ってもらおうと宮城県がおととしから行っています。
ことしは東京都や兵庫県など13の都府県と32の市や町からおよそ90人が参加します。
参加者は24日から1泊2日の日程で気仙沼や石巻、それに県南地域など3つのコースに分かれて被災地を回ります。
そして被災地の自治体の担当者が防潮堤の工事現場や震災遺構などで復興事業の進み具合を説明し応援の継続を訴えることにしています。
宮城県によりますと県内の被災地にはいまも全国の自治体からおよそ800人の職員が派遣されていますがここ数年は減少傾向で必要な人員が不足している状態が続いているということです。
宮城県は「震災から時間がたって関心が薄れ始めているが復興はまだ終わっていない。被災地の現状を見てもらい応援職員の必要性を訴える機会にしたい」と話しています。


石巻市雄勝 新校舎で初の始業式
震災後、人口が激減した石巻市雄勝地区に、地区の学校が統合して誕生した小中学校の新校舎が完成し、24日、新しい学びやで初めての始業式が行われました。
石巻市の雄勝地区は震災後に地区を離れる住民が相次いで人口が4分の1に激減し、2つあった小学校と中学校がことし4月にそれぞれ統合しました。
子どもたちはこれまで、被災を免れた学校の校舎に通っていましたが、海の見える高台に新しい校舎が完成し、24日、児童と生徒41人が初めて登校しました。
24日は真新しいホールで初めての始業式が行われ、6年生の代表が「算数や国語、総合学習をしっかり頑張り、新しい校舎で思い出をたくさんつくりたいです」と目標を発表しました。
これに対し菅原美樹校長は「震災から6年が経ち、ようやく皆さんの校舎が完成しました。新しい校舎からみんなの元気な姿を発信し雄勝の歴史を刻んでいってほしいです」と述べました。
新しい校舎は3階建てで1階が小学校、2階が中学校となっていて、3階部分には地域の住民が利用できる共有スペースや和室なども設けられています。
中学3年生の男子生徒は「木の良い香りがして新しい校舎を実感しました。長いようで短い6年でしたが残りの学校生活を満喫したいです」と話していました。
26日は地域の住民を招いて校舎の落成式が行われることになっています。


<女川中バスケ部>震災乗り越えた5人の奮闘アニメに 25日放送
 東日本大震災の影響で部員不足に陥りながらも、全国大会出場を目指した女川中の女子バスケットボール部の実話を基にしたアニメドキュメント「女川中バスケ部 5人の夏」が25日、NHK総合の東北ブロックで先行放送される。
 女川中女子バスケットボール部は全国大会の出場経験のある強豪だが、震災後、部員の減少により廃部寸前の状態に陥っていた。NHKが昨年放映したドキュメンタリーを軸に、3年生5人(当時)が全国大会出場を目指し奮闘する様子をアニメ化した。
 アニメドキュメントでは「ONE PIECE」などを手掛けた宇田鋼之介監督が、少女たちの揺れ動く心情や友情を描き出す。主人公を演じるのは佐々木李子さんら5人の人気声優。山寺宏一さん、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさん、富沢たけしさんら宮城ゆかりの著名人が、チームを支える町の大人たちを演じる。
 少女らを見守るコーチ役で女優の倉科カナさん、ナレーションで綾瀬はるかさんが参加。音楽は県出身のシンガー・ソングライター遊佐未森さんが担当。少女たちの現在を追ったドキュメンタリーも放送する。
 東北ブロックでの放送は25日午後8時、全国放送はBS1で27日午後10時。


<ツール・ド・東北2017>新コースは誘客の起爆剤
◎発進 サイクル観光(上)奥松島の魅力
 東日本大震災で被災した宮城県沿岸を自転車で巡るツール・ド・東北2017が、9月16、17日に開かれる。震災からの復興を支援する大会は今年で5回目。自転車への理解は徐々に広がり、観光を融合させたサイクルツーリズムの具体化への期待が高まる。環境整備の機運も醸成され、関係者は「今年をサイクルツーリズム元年に」と意気込む。各地の取り組みや先進地の事例を紹介する。(ツール・ド・東北取材班)=3回続き
 日本三景・松島の東に位置する奥松島(東松島市)は、切り立った岩肌が雄大な自然の世界を織り成す景勝地だ。その一つ、嵯峨渓は「日本三大渓」に数えられ、女性的な印象の松島に対し、男性的な勇ましさを醸し出す。
 松島ほどの知名度はないものの、景観が魅力の奥松島に、今年のツール・ド・東北の新コース「奥松島グループライド&ハイキング(70キロ)」が設けられる。関係者は、震災で落ち込んだ観光客数回復の契機にしたいと、サイクルツーリズムに希望を託す。
<「下地はできた」>
 過去4回の大会を経て、地元がライダーを受け入れる機運は確実に高まっている。前回の参加者は3764人。年々増えていく参加者数が、地元の取り組みの原動力だ。
 石巻、東松島、女川3市町の観光振興を展開する一般社団法人、石巻圏観光推進機構の後藤宗徳代表理事(58)は農作業に例えて言う。「田植えは終わり、稲穂が付いた。サイクルツーリズムの下地はできた」
 その上で「今後は収穫に向け、ビジネスの仕組みを作る。サイクルツーリズムは大黒柱になる」と具体化に意欲を見せる。こぎ出す先に奥松島の観光再生がある。
 東松島市によると、市内の観光客数は震災前の2010年が110万人。16年は52万人で、回復は半分にも及んでいない。震災前、奥松島の野蒜、宮戸両地区に計約40あった宿泊施設は現在9施設。総定員は1200人から200人へと8割以上も減った。
<食の魅力プラス>
 まずは観光地としての魅力を参加者に知ってもらおうと、新コースには陸続きの宮戸島にある大高森(標高105メートル)へのハイキングが組み込まれた。約20分かけて登る山頂の展望台からは、松島湾の絶景を一望できる。
 市商工観光課の山県健(まさる)課長は「東松島の良さを知って、リピーターになってほしい。少しずつでも口コミが広がれば」と期待する。奥松島グループライドは、全7コースの中で最も起伏が少ない。初心者でも走りやすく、今回は約300人が参加する。
 東松島市に住むライダー歴10年の公務員大久保哲也さん(44)は「平たんで、集団走行に適している」と強調。新コースを活用し、地域の魅力をアピールする鍵は「食」と指摘する。
 「おいしいものを食べることはライダーの大きなモチベーション。宮城県南三陸町の『キラキラ丼』といった、その土地でないと食べられないものが特に魅力的だ」と話す。
 後藤代表理事は「食事、自転車のメンテナンスの拠点整備をはじめ、サイクルツーリズムが定着するために必要な課題を整理し、自治体などの関係機関と共に対策に取り組みたい」と力を込めた。


「復興五輪」まで3年/見えない被災地結ぶ具体策
 2020年東京五輪・パラリンピックは開幕が3年後に迫った。東日本大震災の被災地に「五輪効果」をどう結び付けるのか。その具体策がまだ見えてこない。
 予備費を除き1兆3850億円と見込まれる開催経費の抑制、輸送面を支えるハード整備の遅れ、猛暑への備え、テロ対策−といった多くの課題が浮かび上がる。大会テーマに掲げた「復興五輪」の実現もその一つだ。
 期間中、被災した宮城県では宮城スタジアム(利府町)でサッカー競技の男女1次リーグ、福島県では県営あづま球場(福島市)で野球・ソフトボールの一部試合がそれぞれ開催される。
 全国各地を一巡する聖火リレーもあり、「被災地出発」「沖縄県から北上」の案が示されている。東北では石巻市が出発地を目指している。
 現時点で五輪の被災地への関わりはこの程度にとどまる。鈴木俊一五輪相(衆院岩手2区)は「復興した姿を世界に発信する。被災地の食材を選手村で使ってもらい、関連施設建設には東北の木材活用を推進したい」と語るが、具体策はこれからだ。
 政府とともに東京都も「復興五輪」をリードすべきだ。小池百合子知事は昨秋、ボートとカヌー・スプリント会場を巡り、宮城県長沼ボート場への変更案を打ち出し「忘れかけていた復興五輪への関心を呼び起こす」と強調した。
 結局、会場は「海の森水上競技場」の新設が決まり、長沼案は見送られた。その後、小池氏が「復興五輪」を具体的に語る機会は減った。被災地が「小池劇場」の演出材料に使われたと感じた被災者は多かったのではないか。
 河北新報社が今年2月に実施した岩手、宮城、福島3県の被災42市町村長へのアンケートでは、「五輪が復興に役立つかどうか何とも言えない」と答えた首長が23人に上り半数を超えた。こうした消極的な反応の要因は「復興五輪」の理念が曖昧なままであることに尽きる。
 五輪で被災地が活気づく方策の一つとして、観光分野への波及効果を期待したい。
 観光庁によると、16年の訪日外国人旅行者は前年比21.8%増の2403万9千人で初めて2千万人台を突破。今年の上半期は1375万7300人で、前年同期を17.4%上回るペースだ。ただ、東北は震災前の水準をようやく超えた程度である。
 五輪に合わせ、多くの外国人を被災地に誘導する観光戦略を展開してはどうか。復興の現場を見てもらい、東北の観光地を周遊するツアーを設定する。官民一体となったキャンペーンになれば、震災の教訓を世界に発信する絶好の機会にもなる。被災3県を中心に東北の自治体も積極的に実現を働き掛けてほしい。
 「復興五輪」を看板だけにしてはならない。関係機関が問われている課題だ。


原子力規制委・田中俊一委員長に聞く「福島廃炉 東電は主体性を」
 5年の任期を終え9月18日に退任する原子力規制委員会の田中俊一委員長(72)=福島市出身=は23日、河北新報社の単独インタビューに応じ、東京電力福島第1原発の廃炉について「東電にもっと住民と向き合う主体性がなければ進まない」と強調した。東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の新規制基準への適合性審査に関しては「被災原発であり、耐震強度の問題を慎重に審査する必要がある」と指摘した。(聞き手は東京支社・小沢邦嘉)
◎女川審査、「耐震強度」慎重に
 −規制委発足の原点である福島第1原発の廃炉の現状をどう見る。
 「敷地外に(放射性物質の放出などの)リスクを広めない対策は達成できた。ただ、廃炉作業で出る廃棄物の保管などの問題は解決できていない。溶融燃料(デブリ)取り出しの方策も立たず、廃炉まで何十年かかるか見通せない。まだ初期段階だ」
 −東電経営陣の廃炉や福島復興に対する姿勢を問題視している。
 「廃炉に伴う汚染水処理や廃棄物の問題で影響を受けるのは地域住民だが、(6月に就任した)新経営陣は住民に向き合っていない。やるべきことを伝え、意見を交わす責任があるはずだ。事故で避難した住民が帰還するためには、賠償と除染だけでなく、雇用などの問題も考えるべきだ」
 −第1原発構内で浄化設備でも取り除けない放射性物質「トリチウム」を含む水がたまり続け、海洋放出を主張している。
 「海洋放出には漁業関係者の理解が必要で、東電が真剣に説明するしかない。今後の廃炉作業でもトリチウム水は大量に出る。処分の道筋をつけないと廃炉は進まない。信用の問題であり、東電トップが腹を割って話すしかない」
 −女川原発の審査をどう進める。
 「東日本大震災の被災原発であり、地震の影響をどう評価するか、苦労して審査している。慎重に進めなければならない。基準地震動(想定する最大の揺れの強さ)の議論はほぼ終えた。今後はプラントの耐震強度の問題などを見る。簡単には審査は終わらない」
 −東北電の東通原発(青森県東通村)の審査は、敷地内の断層の活動性の評価が焦点となっている。
 「断層の再評価を東北電に求めている。事業者が審査資料を準備しない限り、先には進めない」


凍土遮水壁  いまだに効果分からず
 東京電力福島第1原発の事故から6年半。なお汚染水を食い止められない現実と、廃炉の道の険しさをあらためて思い知らされる。
 事故を起こした原子炉建屋を取り囲む「凍土遮水壁」の最後の未凍結部分を凍らせる東電の作業が始まった。汚染水対策の「切り札」として東電と国が導入したが、世界に類のない対策であり、いまだに遮水効果ははっきりしない。
 投じられた国費は350億円近くに上る。今後の維持管理費は年間十数億円という。遮水効果をしっかり見極めると同時に、他の対策も強化、検討する必要がある。
 1〜4号機の建屋には日々、地下水が流れ込み、高濃度の放射性物質を含む水と混ざるなどして汚染水を発生させている。地下水の流入を止めるため、建屋の周りに冷却用の配管を埋めて地中を全長1・5キロ、深さ30メートルにわたり凍らせたのが凍土壁だ。
 東電は、建屋の手前で井戸を使って地下水をくみ上げる「サブドレン」対策も講じている。これらにより、1日に400トン発生していた汚染水は約140トンに減った。だが、全面凍結後に目標の「100トン以下」になるかどうかは疑問だ。凍土壁単独の効果を、東電が示していないためだ。
 汚染水が減ったのは主にサブドレンの効果だと、作業を認可する原子力規制委員会はみている。ならば、くみ上げ能力の強化が急がれる。建屋地下にたまった高濃度汚染水の抜き取りも、着実に進める必要がある。
 現状で最も心配なのが、水位の急な変化による地盤の不安定化、建屋内の汚染水の漏れ出しだ。これまで規制委が全面凍結に慎重だった理由でもある。皮肉にも凍土壁の遮水性が低いため、完成後も水位に著しく影響しないと規制委は判断したようだが、東電の現場管理の体制には不安が拭えない。
 今月2日、4号機近くの井戸で一時、水位が約2メートル低下した。しかし水位計の故障と思い込んだ東電は半日以上現場を確認することなく、公表も遅れた。汚染水の漏れはなかったというが、あまりに緊張感を欠いていないか。
 秋の台風シーズンを迎え、大雨による地下水の急増や凍土壁の融解が懸念される。水位管理に万全を期してもらいたい。
 凍土壁を維持する作業員の被ばく量も、決して軽視できない。いつまで凍結を続けるのか、根本解決につながるのか、限界のみえる汚染水の浄化・保管をどうするのか、国にも説明責任がある。


原発汚染水の処分策示さず 規制委指示に東電経営陣
 東京電力が、再稼働を目指す柏崎刈羽原発(新潟県)の審査の一環として、原子力規制委員会から文書で回答を求められていた原発の安全確保に関する「基本的な考え方」に、福島第1原発の汚染水の処分方法を盛り込まない方針を固めたことが23日、関係者への取材で分かった。
 柏崎刈羽6、7号機の審査は終盤で、規制委は合否判断の前に、川村隆会長ら新経営陣に第1原発事故に伴う課題を解決する考えがあるのかの確認が必要としている。規制委は、地元の反発を恐れて課題を先送りする東電に不信感を強めており、今回の「ゼロ回答」で、理解が得られるかは不透明だ。


福島汚染水対策 見通しの甘さ猛省し次なる手を
 東京電力福島第1原発で、周囲の地盤を凍らせる「凍土遮水壁」が、今秋にも全面運用に入ることになった。今も増え続ける汚染水対策の「切り札」と期待され、国費約350億円が投じられたが、汚染水を完全に食い止めることはできないことが分かっている。東電および国は見通しの甘さを猛省し、根本的な解決につながる別の対策を早急に講じなければならない。
 凍土壁は地中に、全長約1・5繊⊃爾橘鵤械悪辰良垢諒匹鬚弔り、高濃度の汚染水がたまっている原子炉建屋などに、地下水を近づけないようにするのが狙い。昨年3月から段階的に凍結を進めてきたが、ここまでに1年5カ月かかっている。
 汚染水対策では他に、地下水を迂回(うかい)させ海に流す「地下水バイパス」、建屋近くの井戸で地下水をくみ上げ、浄化した上で流す「サブドレン」などの対策が講じられた。事故当初1日当たり約400鼎△辰仁入量は約140鼎妨困辰討い襦
 しかし凍土壁が今後、期待通りの性能を発揮したとしても、毎日100田度の汚染水が新たに発生し続けるとみられている。東電はその理由を、トレンチと呼ばれる地下道の下部が凍結できないことや、地中の配管をまたぐ箇所で壁に隙間ができるなどの可能性を挙げるが、対策は示せていない。凍土壁の維持費も年間十数億円かかる。
 原子力規制委員会はすでに、凍土壁は汚染水対策の「脇役」と位置付け、サブドレンを優先するよう求めている。まずは凍土壁の効果を見極め、場合によっては大幅な方針転換もためらってはなるまい。
 敷地内のタンク約千基に貯蔵している汚染水の総量は、今年2月下旬時点で約96万鼎肪した。タンクの増設スペースがあまり残っておらず、大型タンクに置き換える「急場しのぎ」の対応を続けているが、このままでは確実に行き詰まる。
 規制委の田中俊一委員長は、タンクの汚染水のうち多核種除去設備(ALPS)で浄化したものは海に放出するべきだとの見解を示す。ただ、ALPSでは放射性物質トリチウムの除去ができない。
 通常の原発は希釈して海に放出しているが、福島第1原発の場合は風評被害への懸念が大きい。先月には東電の川村隆会長が海洋放出の「判断はもうしている」と明言、地元の漁業者らから猛反発を受けた。
 吉野正芳復興相も反対する意向を示した。それならば、国が責任をもって対策を明示するべきだ。東電の「国任せ」と「地元軽視」の態度には大きな問題があるが、ここに至っては、国が積極的に関わらなければ解決が難しいのは明らかだ。
 事故から6年半。莫大(ばくだい)な費用をつぎ込みながら、廃炉への第一歩である汚染水さえ止められない現実に、失望と怒りを禁じ得ない。そして、こんな状況下でも「原発回帰」を目指す安倍政権の姿勢を深く憂慮する。


<サンマ初水揚げ>気仙沼に銀の輝き 本州トップ
 宮城県気仙沼市の気仙沼漁港に23日、本州のトップを切りサンマが初水揚げされた。銀色に輝く秋の主役の登場に、魚市場は活気づいた。
 長崎県雲仙市の第3太喜丸(199トン)が入港、北海道根室沖のロシア海域で取れた約20トンを水揚げした。130グラム程度の中型が大半だったが、ご祝儀相場もあり、入札価格は1キロ当たり1210〜1030円の高値が付いた。
 昨年の同漁港のサンマ水揚げ量は1万3463トンで本州3位(全国4位)。2014年以来の本州1位返り咲きに期待が高まる。
 日本のサンマ漁獲量は15、16年が約11万トンと2年連続で過去最低を記録。水産庁は今年も不漁を予測している。太喜丸の井上太喜漁労長(33)は「昨年に比べても魚が薄い」と不安を示しつつ「気仙沼が本州1位になるよう、たくさんのサンマを水揚げしたい」と意欲を語った。


<東北大>返還不要の給付型奨学金10月から拡充 経済的困窮者も対象に
 東北大は23日、独自に設けている返還不要の給付型奨学金制度「元気前向き奨学金」を10月から拡充させると発表した。現行の東日本大震災の被災者に加えて、経済的困窮者も対象とする。
 新制度は経済的理由で授業料を免除されている学部学生50人に、月額3万円の奨学金を給付。被災学生は現行通り定員を設けず、月額10万円を支給する。財源は東北大基金を活用する。
 制度は2011年度に始まり、これまで被災した学生120人が受給した。


<市長会長職>野党系・郡氏就任で「仙台外し」も 政府与党の冷遇懸念
 東北市長会と宮城県市長会の両会長ポストを、仙台市長が務める慣例が崩れる可能性が出てきた。同市長に22日就任した郡和子氏は元民進党衆院議員で、7月の市長選は国政与野党が激突する構図となった。政府与党との関係悪化を懸念する市長からは「仙台外し」の声が高まっている。
 「郡さんが会長になれば国に要望しても届かない。そんな状況は他の市長も望んでいない」
 宮城県内のある市長は、奥山恵美子前仙台市長の退任に伴う県市長会長の後任に、郡氏を推さない考えだ。新会長を選出する28日の定例会議を前に「他県では人口の多寡で会長を決めていない例もある」と、仙台の「あて職」を見直す契機にしたいと強調した。
 一方で、別の市長からは「(会長市が担う)会事務局は仙台以外では手に負えないだろう。今回も慣例通りでいいのではないか」と反対意見も聞かれる。
 東北、宮城県両市長会は毎年2回、総会などを開き、東日本大震災からの復興など重要課題に関する国や県への要望事項を決めてきた。県市長会は県選出国会議員や知事との行政懇談会も定期開催している。
 東北市長会の陳情や要望活動は、会長が関係省庁の大臣や与党幹部に直接働き掛ける機会も多い。奥山会長として最後となった6月の要望活動の際は、吉野正芳復興相や松野博一文部科学相(当時)と対面した。
 陳情・要望に際し、多忙な大臣が面会の時間を割くかどうかは、地元の与党国会議員の橋渡しが大きい。宮城県以外の市長の一人は「県内の市長から『与党系の仙台市長でなければ政府とのコミュニケーションが取れない』と心配する声が出ている」と指摘。東北市長会は相馬市で10月25日に開く総会で新会長を決めるが、「宮城県市長会の判断は東北市長会長選びにも影響する」と注視する。
 これまで両市長会事務局の仙台市から陳情・要望の仲介を依頼されてきた土井亨復興副大臣は、衆院宮城1区で郡氏と4度に渡る激戦を繰り広げてきた。
 土井氏は「市長会長として仙台から要望があれば今まで通り対応する」と話しており、両氏の「大人の対応」が求められそうだ。
 市によると、過去に仙台市長が東北市長会長から外れた例は、ゼネコン汚職で当時の市長が逮捕され辞職した後の1993年10月〜94年10月のみ。宮城県市長会ではないという。


<タリウム事件>控訴審始まる 弁護側、二審も無罪主張
 名古屋市で知人の高齢女性を殺害し、仙台市で同級生2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませたとして、殺人や殺人未遂など6件の罪に問われ、名古屋地裁の裁判員裁判で無期懲役判決を受けた元名古屋大女子学生(21)=仙台市出身、事件当時未成年=の控訴審初公判が24日午前、名古屋高裁で始まった。弁護側は「各犯行時は責任能力がなく、被告は無罪だ」と主張、検察側は控訴の棄却を求めた。
 弁護側は地裁判決を「責任能力の判断を誤った」と批判。各犯行について「発達障害と双極性障害(そううつ病)が重大な影響を与えた。人の死や焼死体、硫酸タリウムに興味が著しく集中し、行動をコントロールできない精神状態だった」とし、心神喪失による無罪を改めて訴えた。
 今年3月の地裁判決は、障害が犯行に与えた影響について「一定程度あったが限定的」と認定。「複数の重大かつ悪質な犯罪に及んでおり、罪は誠に重い」として、求刑通り無期懲役を言い渡した。
 地裁判決によると、仙台市内の私立高に通っていた2012年5〜7月、中学と高校の同級生男女2人に硫酸タリウムを飲ませ、殺害しようとした。14年12月には名古屋市昭和区の自宅アパートで知人の森外(と)茂(も)子(こ)さん=当時(77)=を殺害。6日後に帰省先の仙台市で青葉区の女性方に放火、住民3人の殺害を図った。


阪神大震災 災害援護資金、保証人債権を放棄へ 神戸市
 阪神大震災の被災者に貸し付けた災害援護資金について、神戸市は未返済の1957件(利子含め約33億円、6月末現在)の連帯保証人への債権を放棄する方針を固めた。借り入れた人の半数程度が返済免除の対象となる見込み。保証人への債権を放棄するのは兵庫県内11市では初めて。市は30日開会の9月市議会に関連議案を提出する。
 阪神大震災に伴い、神戸市は約3万1000件、計約777億円の災害援護資金を貸し付けた。返済期限は10年だが、生活困窮などで未返済が多額に上り、国は今年4月に4度目の期限延長をしていた。
 返済免除について国は2015年4月、自治体の判断で破産者や生活保護受給者、少額返済者に対象を拡大できるようにした。神戸市は同年6月時点で未返済だった約6000件のうち約4000件(65億円)の返済を免除した。残る1957件については、保証人の資力の評価を巡って国と見解が分かれ、結論が出ていなかった。
 神戸市によると、市が保証人への債権を放棄することで、借り入れた本人の経済状況のみで免除の判断をすることになる。借りた人の半数程度が免除基準を満たすことになる見通し。
 神戸市保健福祉局は「被災者の生活再建を考えると債権放棄はやむをえない」と説明している。【栗田亨】
 【ことば】災害援護資金
 災害弔慰金法に基づき、住宅が全半壊するなどした被災者に最大350万円を貸し付ける制度。原資は国が3分の2、都道府県・政令市が3分の1を負担し、窓口は市町村。阪神大震災では兵庫県内で5万6422人に総額約1308億円が貸し付けられた。


<災を忘れず>「加害の歴史」生々しく
 地震や風水害などの天災、戦争や市街地の火事といった人災。生死を左右しかねない惨事の発生は人々に大きな衝撃を与えるが、その爪痕や傷痕が歳月の中で癒えるにつれ、風化は進む。「大切な記憶を継承する」。熱い願いが込められた東北各地の施設や地域を紹介する。
◎東北の施設・地域巡り(6)花岡平和記念館(秋田県大館市)
 両手を縛られ、裸でうずくまる人の群れ。棒を手に、鬼のような形相で拷問する男。花岡平和記念館(大館市花岡町)に展示されている縦約2メートル、横約4メートルの墨絵を見ていると、太平洋戦争末期の「花岡事件」で非人道的な扱いを受けた中国人たちの苦しみや悲しみが胸に迫ってくる。
 花岡事件は1945年6月30日、秋田県花岡町(現大館市)の花岡鉱山で起きた。中国から強制連行された中国人986人の大半が過酷な労働や虐待に耐えかねて蜂起。捕らえられ、拷問を受けるなどして419人が死亡した。墨絵は、札幌市の画家が事件を題材に2006年ごろに描いた。
 強制労働の現場となった花岡川のほとりに立つ記念館は、歴史研究家や弁護士らでつくるNPO法人花岡平和記念会(大館市)が、事件を語り継ぎ、日中両国の平和と交流に貢献しようと、10年4月に開館した。
 約210平方メートルの館内には、強制連行までの経緯や鉱山の様子、戦後の和解などを写真と文章で紹介するパネル約80点が展示されている。中国人生存者の証言を記録した映像もある。
 記念会副理事長の谷地田恒夫さん(77)=大館市=は、事件を目撃した住民や犠牲者の遺族らの証言を伝える活動をしてきた。「花岡事件は加害の歴史。教育の場でもタブー視されがちだが、誰も知らなくなれば、同じ悲劇が繰り返されるだけだ」と強調する。
 「地獄のような残酷な虐待の中で、飢餓と殴打の故に死んでいった」「死んでもいいから戦って、自分を解放しようと思った」。生き残った中国人が映像の中で語る言葉は、人間の尊厳が失われていく戦争の悲惨さを生々しく伝える。
 「記念館を訪れ、被害者と加害者、両方の立場から戦争のことを考えてほしい」。谷地田さんの切なる願いだ。
[メ モ] 花岡平和記念館は、JR大館駅からバスで「花岡本郷」下車、徒歩5分。開館は4〜10月の金−月曜日で、午前10時〜午後3時。事前に連絡すれば休館日でも対応できる場合がある。入館無料。連絡先は同館0186(46)2630。


糸魚川復興計画 大火を繰り返さぬまちに
 糸魚川市は、大火からの復旧、復興を進める「駅北復興まちづくり計画」を正式に発表した。
 2021年度までの5カ年計画で、大火を防ぐまちづくりや記憶の継承、にぎわいの創出などの重点プロジェクトを行う。
 昨年末に中心市街地の約4万平方メートルで147棟が被災した大火から8カ月が経過した。復興は計画段階から実施へ移る。
 避難先で不安な生活を長期間、強いられている被災者の立場に立って、計画を迅速かつ着実に進めてもらいたい。
 計画で最も重要なのは、大火を二度と起こさないまちをつくることである。
 大火は昨年12月22日午前10時半前に発生し、鎮火するまで約30時間かかった。
 当日は一日中、強風が吹いたほか、被災地には木造家屋が密集し、道路が狭かったことが被害を拡大させたとみられている。
 計画では、大型防火水槽の設置や農業用水の消火への活用、火災警報器の普及など消防施設の整備を推進する、とした。
 市道の拡幅や防火性能の高い建築物の普及、公園の整備などで、延焼の防止や速やかな避難ができるよう努める。
 消防の人員、機材を充実させるとともに、県外の消防と相互応援協定を締結する。強風時の飛び火対策を強化する。
 糸魚川市は昭和に入ってから3回の大火を経験しており、被災体験の風化も今回の大火の一因と指摘した。
 大火の教訓を次世代に語り継ぐとともに、地域住民も参加した消火訓練を行い、日頃から防災力を向上させたい。
 ハードとソフトの両面から、総合的に火災対策を講じようとする意図は理解できる。問題は万一の際にそれぞれが十分に機能するかどうかだろう。
 計画をしっかりと実行するのは当然だ。さらに問題点が出てきたら、絶えず計画を見直す姿勢が欠かせない。
 被災地は、大火前から高齢化や人口減少が進んでいたことを忘れてはならない。商店街では空き店舗の増加など、活力の低下が課題となっていた。
 計画は、市民から寄せられたパブリックコメント(意見公募)を踏まえ、にぎわい創出広場の整備や創業促進も盛られた。
 高齢者や零細業者の中には、資金繰りなどの不安から、住宅や店舗の再建に踏み切れない人も少なくないとみられる。
 市は今後も被災者に丁寧な説明を行い、疑問や質問にしっかりと耳を傾けてもらいたい。
 大火からの復旧、復興は長期間に及ぶ。当初は予想すらできなかった事態が発生することも十分に考えられる。
 被災者一人一人の生活再建の進み具合に目配りし、きめ細かな対応に心掛けてもらいたい。
 今回のような復旧は、国と県にとっても経験が少ないはずだ。全国のモデルとなるよう、必要ならば制度の見直しや創設を提案していく姿勢も必要だ。


[妊娠バッシング]政治風土変えなければ
 妊娠を公表した国会議員が「辞職すべきだ」とバッシングされた。
 この時代にである。女性議員が増えず、少子化に歯止めがかからないのも無理はない。
 先月中旬、無所属の鈴木貴子衆院議員(比例北海道)が、自身のブログで妊娠を報告した。切迫早産の診断を受け、予定していた会合に出られない心苦しさなどもつづっている。
 すると、多くの激励とともに、批判的なコメントが書き込まれたという。
 「だから女性議員っていうのは…」「任期中の妊娠はいかがなものか」「職務放棄ではないか」
 鈴木氏は、妊娠することが国民の代表としての責任や公人としての立場の放棄という考えは承服できないと反論する。同時により希望のある社会を築く決意を示す。
 女性政治家の活躍を阻む空気は、妊娠や出産を理由にした職場での嫌がらせ「マタニティーハラスメント(マタハラ)」とつながっている。マタハラ被害でよく耳にするのも上司や同僚からの「迷惑」「辞めたら」の言葉だ。
 妊娠・出産は女性の多くが経験するライフイベントである。
 女性が仕事と子育てを両立させるには男性の家事・育児参加が欠かせない。それなのになぜ男性の「家事放棄」「育児放棄」は批判されないのか。病気による休みは許されて、妊娠による休みが許されないのはなぜなのか。
 同僚議員から女性の権利を擁護する声がほとんど出ないのも残念である。
■    ■
 国会議員の子育てを巡って、総務政務官を務めた自民党の金子恵美衆院議員(新潟4区)が、公用車で1歳の長男を保育所に送っていたことが週刊誌で「公私混同」と報道された。
 金子氏によると、普段は自宅から保育所まで20分かけてベビーカーを押している。移動しながら打ち合わせが必要な時に機密保持の問題もあり公用車を使っていた。運用ルール上の問題はない。
 報道を受け公用車での送迎をやめたが、働くママたちからは通勤途中に保育園に寄ることができなければ、仕事と育児の両立は難しいとの声が上がる。
 金子氏は鈴木氏への妊娠バッシングに対し、「私も党内で『女、子どものことを持ち込むな』と言われた」ことがあるとも語っている。
 出産や子育てをする女性議員が少しずつだが出てきたことで見えてきた問題だ。
■    ■
 「女性の活躍」は安倍政権の成長戦略の柱で、政府は2020年までに指導的地位に占める女性の割合を30%にする目標を掲げる。
 しかし国会議員に占める女性は13%にとどまり、目標にはほど遠い。
 家庭を犠牲にし「男性化」した女性だけを受け入れる女性活躍から、多様な働き方を認める女性活躍へ。鈴木氏と金子氏が投じた一石を、男女共同参画時代の新たな政治家像につなげるべきだ。
 踏み込むべきは古色蒼然(そうぜん)とした政治風土である。


「目的は果たした」の目的とは? 配信中止が決定した宮城県の炎上壇蜜動画の制作費は復興寄付が原資
 公開後、SNS等で「まるで風俗」「この動画で宮城へ行きたいとは思えない」と批判されていた仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会によるPR動画が、予定よりも1カ月ほど早い8月26日に配信を終了することが21日に報道された。
 当初、動画に対して好意的な評価を下していた村井嘉浩県知事だったが、同日の記者会見で「否定的な思いを持つ人がいる以上、配慮が必要」と回答し、批判が配信中止の一因であることを認めている。……というのが各社の報道だが、記者会見での発言をみると、村井知事が批判を問題として受け止めていないように思われた。
 この動画は、仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会が「仙台・宮城【伊達な旅】夏キャンペーン2017」の一環として作成したもので、報道によれば、東日本大震災からの復興のために集められた寄付金を原資とした基金から拠出されたものらしい。制作費は2300万円にのぼる。
 wezzyでも本動画への批判を複数回に渡って掲載しているため、詳しい動画の内容についてはそちらを参照されたい。
・サントリー『頂』PR動画、宮城の壇蜜お色気観光動画も、「セクシーな女で男を釣る」わかってなさ
・なぜ「精液の噴射」をほのめかすCMが作り続けられるのか
・「食」のエロさはどこにある? ご当地グルメポルノ化動画『頂』『涼・宮城の夏』の炎上で忘れられていた視点
 7月18日、協議会の会長職代理者を務める仙台市の奥山恵美子市長は、「男女共同参画という視点からはやや配慮に欠ける部分があった」「観光動画の作成においてはあまりにも県にお任せしすぎていたという反省がある」と定例会見の場で述べ、問題があることを認識。しかし動画の削除要請は考えておらず、「品位にかけると言われてもやむを得ない部分があったのでは」と県側に伝える意向を述べるに留めている。一方、宮城県議会の女性議員7名は「女性が性の対象として表現されている部分が多い」として7月21日に配信中止を要請。前倒しで中止が決まった翌日には、女性議員による超党派の会「みやぎ女性議員のつどい」が即時中止を求める特別決議を県に提出している。
批判を問題として受け止めない態度
 当初、批判に対して村井嘉浩県知事は「非常に面白くていい」「賛否両論あったことは逆に成功につながっているんじゃないか」という評価を下し、「さらに厳しいことを言っていただくと、もっと伸びると思います」と、あたかも批判を焚き付けて「炎上」を狙っているかのような発言まで行っていた。
 前述の通り、「否定的な思いを持つ人がいる以上、配慮が必要」と回答し、批判が配信中止の一因であることを認めたとされている村井県知事だが、記者会見での発言をもう少しきちんとみてみよう。
 記者から「批判を考慮して配信を中止したのか」と問われた村井知事は「既に秋・冬のキャンペーンの準備に入っていますので、それに向けてもう取りかかろうという気持ちの表れだというふうに捉えていただきたい」「批判があるからやめるのなら、もっと早めにやめておけばよかった」と回答している。当然だ。自ら「批判が殺到すれば、もっと(再生回数が)伸びる」と言っているのだから、批判されたら即配信を中止するはずがないだろう。あとに「話題にしようとだけ思ってやっているわけではありません」「動画の視聴回数が増えても、お客さん(観光客)が来なければ意味がない」と発言していることから鑑みるに、意図的に炎上は狙っていなかったが、炎上して注目されてラッキー、くらいが本音なのかもしれない。
 しかし再度記者から「批判されたことが動画の削除に至ったわけではないのか」と問われると、KHB(東日本放送)の世論調査では8割がよいのでは、2割があまりよろしくないのではと答えている。インターネットでも同じくらいだったことを指摘した上で、2割の声も大切だということで、配慮が必要だと判断したのも事実である、と回答。各社が「批判も一因」と報じたのはこれを受けてのことだろう。問題は続く発言だ。宮城県HPに掲載されている記者会見の文字起こしをそのまま転載する。
「ただ、全体としてはそういう意図をもって作ったわけではありませんし、法律に違反したわけでもなく、条例に違反したわけでもないということなので、まずはこのイベントが終わるまでは、貴重な税金を使った以上、その目的を果たすまでは残すべきだろうというふうに考えたということです。それで、今回の8月26日のイベントをもってこの目的は、一定の役割は果たしただろうということで配信を終了することにしたということです」
 (批判が殺到しているが)「意図はなかった」し「法律にも条例にも違反していない」が、「貴重な税金を使った以上」は、(その点に配慮して)「目的を果たすまで残すべきだろう」と考えた、と読むのは邪推だろうか。
 また「アクセス数も310万超えましたがこれ以上伸びないような状況が数日続いておりますので、ずっとやっていてもこれ以上の効果はあまり見込めないだろというふうに判断した」「一番大きなヤマは、この壇蜜さんが来て、申し込まれた方に玉手箱をプレゼントするという、当選された方に玉手箱をお渡しするという、これが夏キャンペーンの一つの大きな目玉でした。ここまでは壇蜜さん関連でずっとつないでいって」という発言からは、関連するイベントが終わるまで対応は先延ばしにしておく、という態度が伺えるように思う。法律や条例に違反はしていないのは確かだが、批判を問題として受け止めているようには見えない。
 炎上が起き、削除や発言の撤回が行われる度に、「意図はなかった」という弁明の言葉を聞く。批判されている対象が、本当に差別かどうかは、ケースによって異なるであろうが、意図があったかどうかだけが問題でないことは確かだ。意図があろうがなかろうが差別は行われている。もし本当に「意図がなかった」というのであれば、いったいどのような意図をもって動画の制作や発言を行ったのかを説明すればいい。その中で、ときには批判側の誤解があったのかもしれないし、あるいは表現に問題があったことが明確になるかもしれない。そうした応答を繰り返すことによって、少なくとも「意図的に仕掛けようとしていないのにもかかわらず批判・炎上が起きてしまう」ことを避けられるようになるのではないだろうか。
 本件については、なによりこの動画の制作費が東日本大震災からの復興のための寄付金を原資としていることが問題だろう。東日本大震災からまもなく6年半が経つ。世間の関心は当時に比べてかなり薄れてしまった。いまだ完全な復興を成し遂げていない中、本当にこの動画に寄付金の原資を当てるべきだったのかという検証も必要な作業だろう。(wezzy編集部)


20年奴隷契約に反旗 ローラvs事務所「全面戦争」の舞台裏
「ちょっと聞いたことがない」と、芸能プロ関係者も驚いている。タレントのローラ(27)と所属事務所との契約トラブルが騒動に発展している。ローラが契約終了を求める申し入れ書を事務所に送付したと22日のスポニチで報じられたのだが、ローラ側が明かしたという事務所との契約内容が驚きなのだ。
 まず有効期限が満10年と芸能界で類を見ないほど長期に及ぶ上、期間満了の3カ月前までに契約更新しない意向を伝えても、事務所の了承がなければ辞められない。事務所の判断でさらに10年間、契約期間を更新できるようになっているというのである。
 ローラはテレビで売れ出した2010年7月にこの契約を交わしたそうだが、実質20年間の専属契約で不当に拘束されていると主張。
 一方、同事務所にとってローラは昨年の売り上げ推定8億円の9割を稼ぎだした大黒柱とも伝えられる存在だけに、法廷闘争に発展する可能性もありそうだ。芸能リポーターの城下尊之氏が言う。
「タレントと事務所との契約は一律ではありませんが、だいたい毎年自動更新で、どちらかが契約解除したい時に一定の期間をおいて、申し入れするというのが主流のように思います。出演中のCMなどがあった場合、そうした仕事だけ独立後も契約を継続ということはありますが、タレントの独立自体を事務所が認めないというオプションは聞いたことがない。これが本当なら、『公序良俗に反し無効である』との見解を示したというローラさんの代理人の方の判断が正しいように見えます。これはもう法廷に持ち込むべきでしょうね」
 スポニチによると、ローラはボランティアのために拠出した2000万円の使途が不明になっているともいい、事務所との信頼回復は「不可能」だとしている。
 先の週刊文春では「奴隷契約」だとして、同事務所社長はローラに対して、共演者と会う際に申告させ、自分の許可を取るようにしたり、マネジャーへの報告を義務付けるなど強要していたという。
 現在はロスに滞在中のローラがうつ病寸前の精神状態にあったというのもうなずける。
■17歳の時に渋谷でスカウト
 もっとも、この社長とローラの関係は、2007年に17歳の高校生だったローラを渋谷でスカウトしたことから始まるという。街のギャルからトップタレントにまで育て上げた恩人との関係がなぜこうもこじれたのか。この社長はマスコミに対してもコワモテで知られるが、「タレントを親御さんからお預かりしている以上、守らないといけない」という考えをかつて語ったこともあるそうだが……。
「問題の事務所は、大手有力事務所の系列として業界では知られています。所属タレントに対しても強気だったのは、芸能界は売れるまで時間がかかり、その面倒をみてやったから売れたわけで、売れたからといって、おいそれと辞めさせるわけにはいかないという考えがあったから。しかし、タレント側も売れっ子になれば他の事務所と比べて、自分のギャラや契約内容について情報が入ってくるし、知恵もつく。そこで話し合いがなされてお互いに合意に至れば今回のような泥仕合は避けられたはず。しかし、旧態依然とした芸能イズムを悪い意味で継承してしまったのがローラの事務所社長なのかも知れません」(事務所関係者)
 根幹にあるのは、古き悪しき芸能界の体質か、はたまた手塩にかけたタレントにソッポを向かれた腹いせか……。その両方かもしれないが。


税務署員も悲鳴 佐川長官「罷免運動」拡大で10月辞任も
 安倍首相を「森友疑惑」から守り、国税庁長官に栄転した佐川宣寿氏(59)の辞任を求める運動がどんどん拡大している。「森友学園」への国有地売却問題を追及している市民団体が21日、財務省と国税庁に国税庁長官の罷免と辞任を求める署名1万706筆を提出した。
 提出したのは東京大学の醍醐聰名誉教授を中心とする市民団体。佐川長官が財務省理財局長時代、国会答弁で売却をめぐる事実確認や記録提出を拒んだと批判している。
■現場からも不満噴出「仕事に障害」
 罷免要求運動に安倍政権が慌てているのは間違いない。現役の税務署職員まで署名しているからだ。メッセージには「私たちの仕事に佐川さんが障害になっている」と記載されていた。税務署の現場では佐川長官への不満が強まっているという。しかも、9月以降、現場の不満がさらに拡大するのは確実だ。
「徴税業務がスムーズにいかないのです。佐川長官は、国会で『確認することを控えさせていただく』とか、『短期間で自動的に消去されて復元できないようなシステムになってございます』と答弁し、森友疑惑の真相解明に協力せず、ウソの答弁までしている。国税庁長官になってからも、記者会見すらせず、納税者に向き合おうとしない。佐川長官がトップにいる限り、どうしても納税者の協力、理解が得られない。税務署は7月に人事異動があるため、異動後、本格的に税務調査が始まるのは9月からです。このままでは9月以降、税務署員が納税者から不満をぶつけられるのは確実。一日も早く辞めてもらわないと現場は大混乱になります」(税務署関係者)
 醍醐名誉教授が言う。
「国税庁の職員に佐川氏が記者会見を開かない理由を聞くと『諸般の事情』と言った。納税者が税務調査でそんなことを言って許されるはずがない。出世するにしても、他のポストならまだしも国税庁長官でしょ。税金は誰しも敏感です。日常の生活実感に根ざした大きな怒りが広がっています。署名を締め切った後も、続々と届いていて、ここ2日で645通が来ました」
 税務調査が本格的になる秋以降、納税者だけでなく税務署員からも「佐川ヤメロ」コールが爆発したら、早ければ10月にも辞任に追い込まれるのではないか。


森友学園 国が地盤資料「出せばプラス」 国有地売却で
 学校法人「森友学園」(大阪市)に国有地が格安で売却された問題で、国が売買交渉の際、学園側に「プラスになる」として過去に実施した地盤調査の記録を早く提出するよう求めていたことが交渉内容を記した学園の内部資料で分かった。学園は当時、地中のごみが見つかったとして損害賠償をちらつかせており、国が学園側に有利な形で早期解決を図ろうとした疑いがある。
 大阪地検特捜部は、国側が国有地を不当に安く売却したとする背任容疑で捜査。詐欺容疑などで逮捕した前理事長、籠池泰典(64)と妻諄子(60)の両容疑者ら学園側との交渉について解明を進めている。
 学園は国有地を借りて小学校建設を進めていた2016年3月11日、地中のごみを発見。15日に両容疑者が財務省幹部と面会し、開校に支障が出るとして「損害賠償を起こす」などと対応を迫った。24日には近畿財務局に土地購入を要望し、値引き交渉が始まった。
 内部資料によると、国が地盤調査の記録を求めたのは4月1日。学園側が14年に2カ所でボーリング調査し、液状化の恐れがある軟弱地盤との結果だった。
 国は1日に学園側に送ったメールで「廃棄物層、軟弱地盤関係等を評価に反映させ、価格提示を行いたい」と記載。財務局とともに交渉した大阪航空局は7日、地盤資料を「少しでも早くほしい」と依頼した。
 学園の窓口だった設計業者は、調査でごみが地下3メートルまでしか出ていないため、交渉で不利になると懸念。記録の抹消や国側に出さないことを一時検討した。
 しかし、設計業者は4月11日に学園や工事関係者に宛てたメールで、航空局の担当者から同日、電話で「ボーリングの資料があったほうが、軟弱地盤を評価する上でプラスになる」と提出を求められたことを記載。設計業者が「こちらとして有益な要素とおっしゃられているのですね」と念押しすると、担当者は「必ずしもプラスになるという約束はできないが、プラスになる資料と考えています」と発言したという。
 学園側は13日、この地盤調査の記録を提出。航空局は翌14日にごみ撤去費を約8億円と算定し、財務局は同22日、軟弱地盤を考慮した鑑定評価を不動産鑑定士に依頼した。国は6月、鑑定額から撤去費を引いた1億3400万円で学園に売却した。
 小学校は17年4月に開校予定で、学園は遅くとも16年6月に工事を再開し、生徒募集を始める必要があった。財務省は国会で「開校予定時期が迫る中、早めに算定する必要があった」と答弁している。【三上健太郎、岡村崇、服部陽】
 ◆森友学園への国有地売却の経緯◆
<2015年>
5月29日 国と学園が借地契約
<2016年>
3月11日 学園が地中ごみを発見と国に報告
  15日 籠池夫妻が財務省幹部と面会
  24日 学園が近畿財務局に土地購入を希望
4月1日 国が地盤調査などの記録提出を求める
  11日 大阪航空局が「(学園に)プラスになる」として地盤調査記録の提出を促す
  13日 学園が国に地盤調査記録を提出
  14日 航空局がごみ撤去費を約8億円と算定
5月31日 鑑定士が土地評価額を9億5600万円と鑑定
6月20日 国がごみ撤去費を引いた1億3400万円で売却


関東大震災の朝鮮人虐殺 小池都知事が追悼文断る
 東京都の小池百合子知事が、都立横網町(よこあみちょう)公園(墨田区)で九月一日に営まれる関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式への追悼文送付を断ったことが分かった。例年、市民団体で構成する主催者の実行委員会が要請し、歴代知事は応じてきた。小池氏も昨年は送付していたが方針転換した。団体側は「震災時に朝鮮人が虐殺された史実の否定にもつながりかねない判断」と、近く抗議する。 (辻渕智之、榊原智康)
 追悼文を断った理由について、都建設局公園緑地部は本紙の取材に、都慰霊協会主催の大法要が関東大震災の九月一日と東京大空襲の三月十日に開催されることを挙げ、「知事はそこに出席し、亡くなった人すべてに哀悼の意を表しているため」と説明。「今後、他の団体から要請があっても出さない」としている。
 追悼文は一九七〇年代から出しているとみられ、主催者によると確かなのは二〇〇六年以降、石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一、小池各知事が送付してきた。
 追悼式が行われる横網町公園内には、七三年に民間団体が建立した朝鮮人犠牲者追悼碑があり、現在は都が所有している。そこには「あやまった策動と流言蜚語(ひご)のため六千余名にのぼる朝鮮人が尊い生命を奪われた」と刻まれている。
 追悼碑を巡っては、今年三月の都議会一般質問で、古賀俊昭議員(自民)が、碑文にある六千余名という数を「根拠が希薄」とした上で、追悼式の案内状にも「六千余名、虐殺の文言がある」と指摘。「知事が歴史をゆがめる行為に加担することになりかねず、追悼の辞の発信を再考すべきだ」と求めた。
 これに対し、小池知事は「追悼文は毎年、慣例的に送付してきた。今後については私自身がよく目を通した上で適切に判断する」と答弁しており、都側はこの質疑が「方針を見直すきっかけの一つになった」と認めた。また、都側は虐殺者数について「六千人が正しいのか、正しくないのか特定できないというのが都の立場」としている。
 式を主催する団体の赤石英夫・日朝協会都連合会事務局長(76)は「犠牲者数は碑文の人数を踏襲してきた。天災による犠牲と、人の手で虐殺された死は性格が異なり、大法要で一緒に追悼するからという説明は納得できない」と話した。
<関東大震災の朝鮮人虐殺> 1923(大正12)年9月1日に関東大震災が発生すると、「朝鮮人が暴動を起こした」などのデマが広がった。あおられた民衆がつくった「自警団」などの手により、多数の朝鮮人や中国人らが虐殺された。通行人の検問が各地で行われ、殺害には刃物や竹やりなどが用いられた。


憲法の岐路 民進代表選 選択肢示す論戦を期待
 安倍晋三首相の改憲路線にこれからどう向き合うか。民進党代表選に立候補している2氏の姿勢の違いが鮮明になった。
 前原誠司元外相が改憲論議に応じる考えを示したのに対し、枝野幸男元官房長官は立憲主義に抵触しかねない首相の言動を厳しく追及する構えだ。
 投票まで1週間余。問題を各面から掘り下げ党内論議を盛り上げて、対抗軸を強化する代表選にしてもらいたい。
 「安倍政権下での改憲に反対、と言うのは国民の理解を得られない」。前原氏は立候補後の共同記者会見の冒頭、こう述べた。
 その一方、首相が来年の改憲案国会発議を目指していることについては「性急で拙速」としている。「議論には年単位でかかる」との言葉もあった。丁寧な議論を求めているとも受け取れる。
 これに対し枝野氏は会見で、立候補した理由に「立憲主義がないがしろにされ、情報の隠蔽(いんぺい)がまかり通る政治に怒りを感じる」ことを挙げた。「安保法制の憲法違反の部分を消さないことには議論の余地はない」とも述べている。
 首相は2014年、閣議決定で憲法解釈を変更し集団的自衛権行使に道を開いた。16年には安保関連法を施行した。
 集団的自衛権行使は具体的には地球規模で活動する米軍との軍事協力の拡大を意味する。戦争放棄、戦力不保持を定めた憲法に抵触する可能性が高い。
 事柄の重大性を踏まえるなら、枝野氏が言うように、改憲論議を拒否するのも野党としてとり得る姿勢の一つになる。各党が対案を示し合う展開になったりすると、論議の全体が改憲路線に取り込まれる結果になりかねない。
 衆参の憲法審査会の審議にどう臨むのか。審議に応じる場合、安倍政権が重ねてきた解釈改憲にどんな態度を取るのか―。両氏に聞きたいことの一つだ。
 代表選では原発や消費税、社会保障政策も争点になっている。旧民主党は財政の裏付けを欠いた政策を選挙でアピールした結果、政権獲得後に行き詰まり、野党に転落した経験を持つ。難問から逃げず、政策を磨き上げて、自公に代わる選択肢を示していくことを代表選の目標とすべきだ。
 民進党が政権獲得をどこまで真剣に考えて代表選出を進めているか。国民がそんな目で見ていることを忘れないでほしい。


民進党代表選◆原点に戻り徹底した議論を◆
 民進党代表選は、前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官の一騎打ちとなった。両氏は1993年衆院選で日本新党から初当選を果たした同期。その後も民主の風、新党さきがけなど同じ会派や政党を経て、民進党の前身である民主党の結党に参加。それぞれ代表、幹事長という要職を務めた。
 憲法改正への姿勢や共産党との選挙協力などで違いはあるものの、自民党に代わる政権をつくるという初当選時の信念は変えていないだろう。原点に戻り徹底した議論を戦わせる必要がある。
選挙協力対応で違い
 細野豪志元環境相という有力な将来のリーダー候補も離党するなど党は今、存亡の危機にひんしている。来年末の任期満了を待たない早期の衆院解散も想定される中で、論戦でまず焦点となるのは次期衆院選での共産党との選挙協力に対する対応だ。
 立候補届け出後、前原氏は「衆院選は政権選択で、理念や政策が合わないところと協力するのはおかしい」と述べ、従来の路線を見直す考えを明確にした。一方、幹事長として昨年夏の参院選の改選1人区で共産党との協力に尽力した枝野氏は「1人でも多く当選させるのが大きな責任」として関係を維持する姿勢を示した。
 また、憲法改正を巡って前原氏が「安倍政権の下での憲法改正は反対だというのは国民の理解を得られない。政権を目指す政党として国の基である憲法の議論はしっかりと行っていく」と党内議論を進める方針を明らかにした。
 対して枝野氏は「民主主義を強化し、人権保障をより高め、国民の生活、経済を良くする」のが改憲の目的とし、党内議論の結果、その必要性はなかったと述べた。
主張に共通する点も
 これらの問題で、両氏の主張の違いは小さくはない。しかし、共産党との関係については枝野氏も理念、政策が違い、全面的な協力はできないことは認めている。また憲法を巡っても解釈変更による集団的自衛権の行使容認には反対などでは一致している。
 両氏ともに野党時代から安全保障や憲法の論客として活躍してきた。今回の論戦では両氏らしく、お互いの主張のどこが決定的に違うのか、それは何に由来するのかをとことん突き詰めるべきだ。将来の分裂を恐れて議論を中途半端に終わらせてはならない。
 徹底的に議論を戦わせた上で、勝利した方が、新代表として、浮かび上がった相違点を乗り越えながら党を運営していくべきだ。それが遠回りのように見えても確実な再生への道となるだろう。
 民主党時代、「保守対リベラル」という対立を回避するため理念や基本政策の違いを放置し続けたことで、結局は離党者の続出や分裂、ひいては政権の座からの下野を招くに至った。
 そんな過去を、身をもって知る両氏が同じ過ちを繰り返すようなら民進党に未来はない。


米政権の混乱 国民の亀裂広げぬ努力を
 米トランプ政権は、一層混迷の度合いを深めるのか。それとも国内の分断を修復し、穏健・現実路線に軌道修正することができるだろうか。
 米国社会が最も敏感な人種差別問題で、トランプ氏への抗議の声が高まっている。発端は、南部バージニア州で起きた白人至上主義者と人種差別反対派の衝突だ。
 白人至上主義者らは、南北戦争で奴隷制存続を訴えた南軍司令官リー将軍の銅像撤去計画に反対して集まった。その行動に抗議する反対派に車が突入、1人が死亡し、大勢のけが人が出た。
 これに対し、トランプ氏は当初から自らの支持層でもある白人至上主義者への非難に及び腰で、事件の3日後には「両陣営に非がある」と逆に擁護するような発言をした。
 人種差別を容認するかのような対応は、大統領として軽率のそしりを免れない。就任以来、イスラム圏からの入国規制など排外主義的な政策を次々と打ち出してきたが、国民との亀裂がさらに広がる事態となっている。
 与党の共和党議員からも批判の声が出たのは当然と言えよう。大企業経営者らでつくる二つの助言組織は抗議するメンバーの辞任が相次ぎ、解散を余儀なくされた。
 ようやくここに来て、トランプ氏はバノン首席戦略官の解任を決断した。人種差別的な論調の右派サイト出身のバノン氏は、大統領選の選対最高責任者としてトランプ氏の信頼を勝ち取り、排外主義的な政策を主導してきた。「陰の大統領」とも呼ばれる最側近である。
 もともと、トランプ氏の娘婿クシュナー上級顧問ら家族や、他の側近との対立が深まっていた。白人至上主義者の非難に異を唱えていたとされ、解任は事態の沈静化への思惑もあるのだろう。
 プリーバス前首席補佐官などに続く辞任で、選挙戦からトランプ氏を支えた側近グループはこれでほぼ一掃された格好だ。今後は、ホワイトハウスの混乱収拾のため7月に就任した軍出身のケリー首席補佐官が権限を掌握するとみられている。
 バノン氏解任で「米国第一主義」に基づく強硬路線が変化し、協調的な外交・通商政策に転換するのではないか。そう期待する声は強い。
 ただ、トランプ氏の支持基盤である保守強硬派が過度に反発する恐れはある。来年の中間選挙をにらみ、難しい政権運営を強いられるのは間違いない。国民同士の対立が激化しないか心配だ。
 政権の要職がケリー氏ら軍出身者で固められ、軍事力を重視する安全保障政策に傾くのでは、との懸念もある。21日にはトランプ氏のこれまでの主張に反し、アフガニスタンの駐留米軍の早期撤退断念が発表された。
 衝動的な発言をするトランプ氏自身が政権の不安定要素とされる中、一刻も早い混乱収束を望みたい。


トランプ氏発言  人種間の融和に力を注げ
 米国のトランプ大統領の人種差別に対する認識が、強い批判を呼んでいる。
 南部バージニア州で起きた白人至上主義の団体と反対派が衝突した事件への対応を巡って、トランプ氏が白人至上主義者を擁護するかのような発言をしたからだ。
 到底看過することはできない。与党の共和党内でも批判の声が上がっているほか、同盟国の首脳も懐疑的な見方を示している。
 産業界でも反発が拡大している。トランプ氏の発言を受けて、大企業の経営者らで構成する二つの助言組織では辞任するメンバーが続出。組織は解散に追い込まれた。
 政治にも影響力を持つ経営者らが一斉に距離を置いたことで、トランプ政権の不透明感が深まっている。憂慮すべき事態だ。
 にもかかわらず、トランプ氏はツイッターで、奴隷制の存続を訴えた南軍関連の記念碑や銅像を撤去する動きが全米で加速していることについて「愚かだ!」と投稿した。
 大統領選で勝利する原動力になったのは、白人労働者である。2020年の次期大統領選などを見据え、支持層を引き留めたいという思惑もあったとみられる。
 しかし、奴隷制を容認したとも受け取られかねない発言は、あまりに軽率だと言わざるを得ない。
 事件後間もなく、オバマ前大統領が南アフリカの故マンデラ元大統領の自伝を引用して「肌の色や出自、信仰を理由に生まれながらに他人を憎む人はいない」とツイッターに投稿し、共感の輪が広がっている。それこそが多くの米国民の思いではないか。
 こうした中で、トランプ氏は人種差別的思想「オルト・ライト」の代表格とされる右派サイトを率いた最側近のバノン首席戦略官兼上級顧問の解任に踏み切った。
 バノン氏といえば、イスラム圏からの入国規制を主導したほか、メキシコ国境への壁建設を目指すなど、「陰の大統領」とされるほどの影響力があった人物だ。
 バノン氏の過激な言動に共鳴したトランプ氏は、報道批判や人種差別的発言で、たびたび物議を醸してきた。
 解任によって事態の沈静化を図ろうという思いもあったのだろう。しかし、トランプ氏の人種問題への姿勢を問う動きは強まっている。
 大規模な抗議デモが起きているだけではない。バノン氏が政権中枢から去ったことで、支持基盤である保守強硬派も反発している。側近の更迭が続く政権内の混乱に拍車がかかる恐れもある。
 さらに、人種間の対立や社会の分断が進むようなことになれば、国際社会からの信頼が揺らぎかねない。そんな状況で、山積している喫緊の課題に対して、うまく対処できるのか。
 トランプ氏に求められるのは国民の融和に力を尽くすことである。不用意な発言は厳に慎むべきだ。


京大卒無職男が作った「テラスハウス」とは真逆の「おたくハウス」 「リア充」よりも幸せな生き方【後編】
pha作家
京都大学を卒業後、一度就職したものの28歳で会社を辞め、しばらくふらふらしていたphaさん。「自分が居心地が良い空間」を探し求めていたら、ひょんなきっかけでシェアハウスの世話人をすることになって…。
仲間がいればお金がなくても楽しく遊べる
昼過ぎに目を覚ましてリビングに行くと、床に3人の若い男たちが寝転がっている。朝までみんなでゲームをずっとやっていたようだ。平日の昼だというのに仕事も予定もない奴ばかりらしい。
テーブルの上にはカップラーメンの容器やポテトチップスの袋が散らばっていて、汚いな、と思う。
テレビに繋がっているのはスーパーファミコンやセガサターンなどのゲーム機だ。こんな20年以上前のレトロゲームで未だに何十時間も遊び続けられるのだから、僕らはなんて安上がりなんだろうと思う。
一緒に遊ぶ仲間がいれば大してお金がなくても楽しく遊べる。逆に1人だと、つい寂しかったりして何かとお金を使ってしまう。僕も会社に勤めていたときはそうだった。
こんな非生産的で時間が止まったようなシェアハウス暮らしを続けて今年で10年目になる。もう10年も経ったのか、と考えると少し気が遠くなる。一体いつまでこんな生活を続けられるだろうか。
ハンドルネームで呼び合う
29歳のときに最初のシェアハウスを作ったときには、ちゃんと人が集まるか不安だった。誰も人が住まなくて自分1人でも、半年くらいは頑張ってみよう、と思っていた。
だけどその心配は杞憂で、ブログに入居者募集の記事をあげるとすぐに応募者がたくさん来て、部屋はすぐに埋まった。
シェアハウスといえば、容姿の良い若い男女がお洒落なパーティーをしたり未来について語り合ったりするみたいなキラキラしたイメージがあったりするかもしれないけれど、僕が作りたいシェアハウスはそれと真逆なものだった。
もっと地味で内向的な人間がもくもくと何かをやっているのがいい。おしゃれなパーティーなんかに反感を持っている奴を集めたい。みんな本を読んだりゲームをしたりそれぞれが好きなことを勝手にしているようなのが理想的だ。そのイメージの原型となったのは、僕が大学生のときに住んでいたボロくて汚くてむさくるしい学生寮だった。
そんなコンセプトに共感する人が意外と多かったのか、シェアハウスを始めるとすぐにいろんな人が集まってくるようになった。シェアハウスのよいところは、個人の家よりも人が気軽に遊びに来やすいというところだ。個室は個人のプライベートスペースだけど、リビングは特定の誰のものでもない半共有のスペースといった感じがある。
うちに集まるのは基本的にネットの人間ばかりなので、みんなツイッターのハンドルネームで呼び合う。むしろ本名を言われたほうが誰だか分からない。人間の本名というのは、「鈴木さん」とか「田中さん」とかだと同じ名前の人がたくさんいて区別しにくいけれど、ハンドルネームなら「てへねっぺすさん」とか「数寄屋橋2世さん」とか、個性が強くて他の人とかぶらないので覚えやすい。
人が集まっても大体の場合あまり会話はせず、それぞれが自分のノートパソコンを広げて画面に向かっている。誰も他人に向かってほとんど気を遣わない。みんな勝手に玄関から入ってきてそのへんに座り込んで、ネットを見たりブログを書いたりプログラミングをしたりと好きなことをしている。
目の前にいる相手と会話をするときも、口で発声するのではなくチャットルームを使うことも多い。なぜなら、発声だと同じ空間にいる人としか会話ができないけれど、チャットルームならそこにいない人も含めて多くの人と話すことができるからだ。
基本的にネット中毒者ばかりが集まっているので、起きている間は常にツイッターやチャットルームにへばりついている。そこで何を喋っているかというと、どうでもいいネタ会話やネット上のコンテンツやゴシップの話などをしていることがほとんどなのだけど。
たくさんの人間が集まった静かな部屋に、キーボードをカタカタとする音だけが響き渡る。みんなパソコンのモニタを見つめていて、ときおり不意に誰かがニヤニヤしたりするという光景は、全く知らない人が見たら気持ち悪いと思うかもしれない。
でもこういう空間を自分は作りたかったのだ。自分が自分のために作った自分好みの空間はとても居心地がよかった。
異常な人間ほど面白いコンテンツはない
僕が無職だったせいか、シェアハウスに集まるのも同じようなふらふらしている人間が多かった。
無職やニートやひきこもり。フリーランスのプログラマーやライター。ウェブでマイナーな漫画を発表している漫画家。会社員だけど出社が苦手であまり出社しない奴。
平日昼間に1人で家にこもっていると、周りや社会のプレッシャーを感じて、自分はなんてダメなんだ、という気持ちになってつらくなってくる。だけど、何人かで集まっていると、まあいいか、みんなこんなもんだ、という気持ちになれる。
そんなシェアハウスをしばらく運営していると、ネットで変な人を見つけたときに、「とりあえずあそこに連れて行こう」みたいな感じで、みんな変な人をうちに連れてくるようになった。
地下道で寝泊まりしながらパソコンで絵を描いている絵描き。24時間営業のマクドナルドに泊まっていた変な男。高校を中退して何のあてもなく上京してきた17歳。精神を病んで出社できなくなったプログラマ。ヒモをやっていたけれど追い出されてホームレスになった男。親のモラハラに耐えかねて実家から逃げ出してきた若者。ハッキングで逮捕された10代の少年。ネットで殺害予告をして炎上した大学生。自分の大便をラップでくるんで冷凍庫で保存している男。
ネットには、そして東京には、いくらでも変な人間がいた。いろんな人間がいたけれど、何らかの能力を持ちつつも学校や会社や家族にうまく適応できないというところがみんな共通していた。
そうした全部の人間をスムーズに受け入れられたわけではなかった。たまたま気が合って長く付き合う仲間になった奴もいるけれど、基本的にはみんなクズばかりなので、
「こいつ本当にクソだな、もう付き合いきれん」
とか思って放り出した奴も多かった。
多分、その頃の僕らが手当たり次第にいろんな人間を拾ってきていたのは、そういうイベントが自分たちにとって必要だったからだ。
何も変わったことが起こらない平和な毎日は息が詰まりそうだ。平穏な日常の中では僕らはただの使えないクズだけど、予想外の何かが起こればその前提がひっくり返るかもしれない。世間のいわゆる普通の人たちがなんとなく信じている常識を揺るがすようなできごとがもっと起こってくれないものだろうか。
そのために僕らは、僕らと同じような社会に適応できない人間を求めていた。世の中にはいろんなコンテンツが溢れているけれど、異常な人間ほどコンテンツとして面白いものはない。
「何? 何? 誰こいつ?」
普段死んだような目をしてぐだぐだと寝そべってる奴らが、トラブルが起きた途端に急に生き生きとし始める。何かが起きるたびに「対策本部」としてその事件専用のチャットルームが作られ、周りのトラブル好きの暇人たちが招集される。そのチャットルームで、ああでもないこうでもないと適当なことを、不謹慎なジョークを交えながら話している瞬間が一番楽しかった。
自分のテリトリーに人を誘い込む
「弱い者たちがお互い助け合って生きていく」なんていうフレーズがあるけれどあれは嘘だ。大体の場合は「助け合い」にはならず、助ける側の人間はずっと助ける側で、助けられる側の人間はずっと助けられる側だ。
だけど、それでまあいいのだと思う。助ける側がそれで損ばかりしているのかというとそうでもない。助ける側は助けることによって精神の安定を得たりとか、暇潰しになったりとか、何か得るものがあるから趣味で助けているのだ。
お金になるわけでもないのに僕がシェアハウスの世話人のようなことをずっとやっているのも同じだ。別に無私の心で善意でやってるんじゃない。「自分はここにいてもいいのだろうか」と不安にならずに居られる場所が欲しいから自分のためにやっているだけだ。
僕は人と一対一で会って話すのが苦手だ。飲食店などのうるさい場所で人と話すのも苦手だ。お酒もそんなに飲めない。1時間か2時間か外に出ているとすぐに疲れてしまって部屋で寝転びたくなってくる。そんな自分が人と仲良くなるには、自分のシェアハウスというテリトリーを作ってそこに人を誘い込むというやり方しかうまくいかなかったのだ。
そんなことを何年もずっとやっていると、僕はもうシェアハウス以外でどうやって人と仲良くなればいいのかが分からなくなってしまった。この先ずっとこんな風に、よく分からないシェアハウスに変な人間を集め続けるという生き方を続けるのだろうか。死ぬまでずっと? できるかなあ。どうなんだろう。


富士山“下山ツアー”人気 高山病も気にせず気軽に
 富士山で頂上を目指すのではなく、宝永火口や5合目以下を歩く“富士下山ツアー”が人気を集めている。険しい岩肌の山道とは異なり、さまざまな高山植物や森林などを満喫できる。高山病が心配な登山客や体力に自信のない女性でも気軽に参加でき、新しい富士山の楽しみ方を提案している。
 「標高に応じて植生が変化します」「火山の荒原と森林の対比がダイナミック」
 山の日の11日、地域資源を生かしたツアーを企画運営する「そふと研究室」(静岡市、坂野真帆代表)のツアーに県内外の20〜60代の男女13人が参加した。山岳ガイドの鈴木渉さん(40)=森町=の説明を聞きながら、富士宮口5合目(標高約2400メートル)から宝永火口を経て裾野市の水ケ塚公園(同約1450メートル)まで距離にして約8・5キロの下山を楽しんだ。
 草地から低木、針葉樹、広葉樹と下るに連れて表情を変える富士山。過去に海外の山で高山病を経験した東京都の会社員女性(57)と夫(60)は「ダイナミックな火口とかわいらしい植物が見られて満足」と喜んだ。
 下山ツアーは夏に限らず楽しめる。同研究室は秋に須走口5合目を下ったり、冬に水ケ塚周辺を歩いたりする6〜7種類のコースを展開している。富士宮市を拠点に自然体験ツアーを提供する「IRORI(いろり)」(岩見昌樹代表)は「宝永火口ダウンヒルコース」と銘打って、5〜11月に御殿場口5合目までの行程を組んでいる。
 下山ツアーはここ2年ほどで認知度が高まった。鈴木さんは「豊かな自然も大きな魅力。草木に目を向けた山歩きは登頂の達成感とは違った感動を味わえる」と強調する。同研究室の坂野代表は「山頂を目指すことだけが富士登山ではないという趣旨に共感するリピーターもいる」と話す。
 <メモ>富士山は標高2500メートルの森林限界以上の高山帯、1600メートル以上の亜高山帯、700メートル以上の低山帯、それ以下の丘陵帯に分かれ、山頂から山麓まで植物の垂直分布がきれいに見られる。高山帯にはカラマツ、ダケカンバなどの低木が生え、低山帯ではブナやカエデが生息している。宝永の大噴火で火山灰が厚く積もった宝永火口周辺はオンタデやフジアザミが多い。側火山が多いため東西南北で異なる植生が育まれている。