ブログネタ
フランス語 に参加中!
midho1

"Sans peur": Barcelone manifeste neuf jours après l'attentat des Ramblas
Lorenzo Clément
Fleurs à la main, des dizaines de milliers d'Espagnols et d'étrangers sont attendus à Barcelone samedi pour une grande manifestation en réaction aux attentats jihadistes meurtriers des 17 et 18 août.
Une manifestation est organisée aujourd'hui à Barcelone par le gouvernement catalan et la mairie de Barcelone, après le double attentat de Barcelone et de Cambrils qui a fait 15 morts et au moins 126 blessés d'une trentaine de nationalités. Six des blessés restent hospitalisés dans "un état critique".
La maire de Barcelone, Ada Colau, a expliqué qu'au premier rang figureraient les "représentants des collectifs qui, dès la première minute, se sont occupés des victimes": forces de sécurité, services d'urgences, taxis, habitants et commerçants des Ramblas...
Plus de 16.000 personnes, selon la police, ont déjà participé à une marche contre la terreur vendredi soir à Cambrils, ville balnéaire catalane qui avait le théatre d'une nouvelle attaque quelques heures après celle perpétrée sur les Ramblas de Barcelone.
Fait rare, Felipe VI sera le premier souverain espagnol à se joindre à des manifestants depuis le rétablissement de la monarchie en 1975. Mais le roi ne défilera pas en tête, pas plus que les élus. Aucun dirigeant de gouvernement étranger n'est cependant attendu à ce défilé, dont le slogan - "No tinc por" ("Je n'ai pas peur", en catalan) - sera décliné dans de nombreuses langues.
Des milliers de fleurs rouges, jaunes et blanches - couleurs de Barcelone - seront distribués aux participants.
"Le message de cette manifestation, c'est une clameur en faveur du vivre ensemble", assure Montse Rovira, 53 ans, qui défilera en tête, dans son uniforme de chef du service des urgences sociales de Barcelone. Ses équipes ont notamment accompagné les familles de victimes, du prélèvement d'ADN à l'annonce des pires nouvelles. Elles ont aussi traité le stress post-traumatique de témoins, de simples citoyens mais aussi de médecins et de pompiers...
le 17 août vers 17h00, une camionnette a foncé dans la foule des promeneurs. Treize sont morts dont deux enfants. Le conducteur, jeune Marocain de 22 ans, a ensuite poignardé à mort un automobiliste. Après quatre jours de cavale, il a été tué lundi par la police. Revendiqués par l'organisation Etat islamique (EI), les attentats de Catalogne ont été perpétrés par six jeunes Marocains agés de 17 à 24 ans ayant grandi en Catalogne. Tous ont été tués par la police.
Selon la mairie, la manifestation doit s'achever par "une brève et austère" cérémonie en mémoire des victimes. Deux violoncellistes interpréteront le "Cant dels ocells" ("Chant des oiseaux"), chanson traditionnelle catalane que le défunt violoncelliste et compositeur Pau Casals avait jouée à la Maison Blanche en 1961, en signe de refus de la dictature de Francisco Franco.
Renaud. A la Fête de l’Humanité et de l’amitié
Jules Montané
Renaud, toujours debout, sera sur la Grande scène de la Fête de l’Humanité, dimanche 17 septembre 2017.
C’est un ami de toujours de la Fête de l’Humanité et de son public qui clôturera, le dimanche sur la Grande scène, l'édition 2017. Bien vivant, toujours debout, l'artiste chantera les chansons de son dernier album ≪ Renaud ≫ et bien sûr, les dizaines de classiques de la chanson française dont il est l’auteur, chantés par toutes les générations : ≪ Mistral Gagnant ≫, ≪ Morgane de toi ≫, ≪ Hexagone ≫, etc.
Toujours en forme, Renaud arbore sur son compte Twitter sous forme de ≪ baseline ≫ Renaud le phénix (fossoyeur de Renaud le renard).
Chanteur, compositeur et acteur, Renaud a fêté le 11 mai dernier, ses 65 ans. Son dernier opus, ≪ Renaud ≫, est l’album de l’année 2016. Les chansons comme ≪ toujours debout ≫, ≪ Hyper Cacher ≫, ≪ La nuit en taule ≫ ont caracolé en tête d’affiche pendant des mois. Si, on veut définir Renaud, il faut d’abord prendre en compte, sa longévité musicale, confirmée quand on entend encore des enfants chanter ses anciens succès. L’impression donnée est que le temps s’est figé alors que les gamins ont simplement adhéré à la musique préférée des parents, voire des grands-parents.
Renaud, c’est un peu la France, il fait partie du patrimoine. Il suffit, pour lui de sortir, un CD avec en gros, écrit ≪ Renaud ≫ pour que celui-ci se vende comme ≪ des petits pains ≫ et se transforme en album de l’année. Renaud, c’est aussi celui qui est capable d’écrire une chanson comme ≪ Miss Magie ≫ pour que le peuple prenne conscience de la politique inhumaine dont fait preuve le Premier ministre du Royaume-Uni, Margaret Thatcher dans les années 80.
Toujours vivant, le chanteur à la voix rocailleuse, est toujours aussi populaire et donne tout sur scène. Habitué des tournées, Renaud renoue avec son public après des années d’absence, ≪ j’ai un tel public, il me pardonne tout, ma voix parfois défaillante, mes balbutiements. C’est bouleversant ≫ avait-il confié au Parisien.
Dix années après son dernier passage, le rebelle au bandana rouge revient à la Fête de l’Humanité. L’occasion de donner vie à son répertoire musicale aux couleurs très diverses. De la révolte sociale de ses premières chansons aux textes plus intimistes, en passant par ses incontournables, il y en a pour tous les goûts.
Pour tous les amoureux de Renaud dont nous faisons partie et pour tous les autres, Renaud nous attend à la Fête de l’Humanité, dimanche 17 septembre. En cette rentrée, un nouveau souffle accompagnera le chanteur et le public de la Fête, sûrement celui d’un mistral… gagnant.
フランス語
フランス語の勉強?
兵頭正俊‏@hyodo_masatoshi
山本太郎は「手に取るなやはり野に置け蓮華草」だ。もし民進党に行けば、山本太郎の良さは、すべて消されるだろう。ひとりでも残った方が、国民のためにもなる政治家だ。そこから自分の政党を創り、増やしていった方が山本らしいし、支持者も離れない。かれはまだ若いから、時間がある。これは強みだ。
志位和夫‏@shiikazuo
「小池氏『特別な形、控える』関東大震災の朝鮮人追悼文」
天災による犠牲者と、虐殺による犠牲者は、全く異なる。「特別扱いしない」とは、虐殺・加害の歴史を意図的に風化・忘却しようというものだ。この都知事の判断は、厳しい批判を免れない。

松原耕二@matsubarakoji
加害を見つめることを避けるかのような言動に触れるたび思う。いつまでも謝るべきではないと考えているのか、自虐史観とみなしているのか、本心では事実はなかったと思っているのか。歴史を直視することが、過ちをくり返さない第一歩のはずなのに。
白石草‏@hamemen
はっきり言う。
引きずり降ろされた舛添前知事は、ここ20年の都知事の中では、まともな人権感覚の知事だった。外遊が多くて批判を招いたけど、五輪に向け、東京都を国際都市にしようと取り組んでいた。職員の評判も悪くなかった。
小池百合子知事は、石原慎太郎元知事以下のようで恐ろしい。

香山リカ‏@rkayama
高須氏が、アウシュビッツ否認論の医師・西岡昌紀氏が関東大震災の朝鮮人虐殺を否認するツイートをさかんにリツイートしてるのを見つけてしまった。私は高須氏や西岡氏と同じ医師だ。ふたりとも医師だからこそ歴史の科学的検証をと言うが、ここまで人道を踏みにじって何が医学なのか。たまらなくつらい
津川友介‏@yusuke_tsugawa
平均的な家庭の収入(中央値)は米国が600万円、日本は350万円です。ちなみにハーバードは親の年収が700万以下(20%の学生が該当)なら学費は無料です。多様性自体は良いことなので、できない理由を挙げるより、格差を広げずに多様性を取り入れる方法を考えたほうが良いと思います。
SWITCHインタビュー 達人達(たち)「種田陽平×MIKIKO」
『キル・ビル』など内外の映画美術を手がける種田陽平とPerfumeや星野源などのアーティストの振り付けで知られるMIKIKOが独自の世界観を生み出す極意を語る。
PerfumeのミュージックビデオでMIKIKOと仕事をしたことがあるという種田。「全くやっている方向性が異なる」ゆえに興味があるとスタジオにMIKIKOを訪ね、歌詞を手の動きで表現するなど独特の振り付けについて話を聞く。番組後半ではMIKIKOが映画スタジオに種田を訪ね、是枝裕和監督『三度目の殺人』のセットなど、時に細部のリアリティーを追求し、時に大胆にデフォルメを加える種田美術の秘密に迫る。
美術監督…種田陽平,演出振付家…MIKIKO, Perfume,是枝裕和, 吉田羊,六角精児

ウワサの保護者会スペシャル「不登校〜保護者ができることは?」
尾木ママが保護者とともに子育てについて語り合う『ウワサの保護者会』。今回は時間を拡大して、子どもの不登校と、それに対して保護者ができることとは何か考える。
全国で12万人を超えるといわれる小中学生の不登校。その割合は中学生では35人に1人にもなるという。番組では、子どもの不登校に今まさに悩んでいる、あるいは過去に悩んだ経験のある保護者、さらにはかつて不登校をしていた当事者をスタジオに招き、不登校が始まったとき保護者がすべき対応とは何か、進学や就職の問題はどう考えていけばいいのかなど、子どもの不登校に対して保護者ができることとは何か考えていく。
教育評論家…尾木直樹,ホゴシャーズ, 高山哲哉, 鈴木麻里子

楽ラクワンポイント介護「認知症(19)トイレ以外の場所で排泄(せつ)する」
認知症の家族の介護についてアドバイスする「認知症ワンポイント介護」の19回目は「トイレ以外の場所で排泄(せつ)する」ことについて。 介護のポイントは ▽一番困っているのは本人だと理解する ▽貼り紙をするなど、トイレの場所をわかりやすくする ▽食後などに排泄する習慣をつける 完璧を目指すのではなくよりよい介護を心がけましょう。 介護士…和田行男, 小谷あゆみ
世界の哲学者に人生相談
ニーチェやカント、偉大な哲学者に悩みをぶつけたらどんな「名言」で答えてくれるのか?前向きに生きるヒントになるかも。ふと立ち止まって、一緒に「哲学」しませんか!
「あなたにとって最悪の敵はあなた自身である」ある女性が、子育てに悩む中で救われたという「ニーチェの言葉」です。世界の哲学者にあなたの悩みをぶつけたらどんな「名言」で答えてくれるのでしょう?なるほどと納得したり、はっと気づかされたり、何かヒントになるかも。番組では哲学者の名言から彼らの人生や考え方まで、楽しくわかりやすく「哲学」にふれることができます。忙しい日々、ちょっと立ち止まってみませんか。
高田純次, 山口大学准教授…小川仁志, 池田美優,西川貴教,磯野貴理子


昨日メンテナンスがあったのですが,無線がダメです.HDMIで対応するのでどうにかなりますが・・・
鍵でYoさんにイラッとしました.面倒なので文句は言いませんでしたが.
PPT2016インストールです.結構時間がかかりました.

宮城・七ケ浜 津波で傷だらけ修復 響け「復活のピアノ」
9月3日、所有者のピアノ講師が音楽祭
 東日本大震災の津波をかぶって傷だらけになり、多くの修理業者に見放されながらも再生を果たしたグランドピアノが宮城県七ケ浜町にある。所有者のピアノ講師、鈴木由美さん(52)は「復活した生音を直接聞いてほしい」とこのピアノを主役にした音楽祭を企画した。西城秀樹さんの歌謡曲から名付けたピアノの愛称は「ローラちゃん」。9月3日、同町の中央公民館で復活の音色を響かせる。
 ピアノはヤマハの1980年製で、鈴木さんが高校の音楽科への進学に合わせて購入。七ケ浜町の菖蒲田浜(しょうぶたはま)地区にあった実家の離れの2階に置かれていた。
 七ケ浜町を襲った津波は最大12.1メートルに達し、町面積の4割近くが浸水した。海から約50メートルの距離にある実家と離れは津波に押し流された。ピアノはがれきの中から重機で取り出されたが、屋根や側板に傷痕が残った。海水をかぶったピアノを修理する業者は地元では見つからなかった。
 修復してくれる業者を見つけたのは、広島市出身で被爆3世の女性シンガー・ソングライター、Metis(メティス)さん(33)=埼玉県蓮田市=と事務所スタッフ。震災翌月に避難所の支援で同町を訪れた際、がれきの上にぽつんと置かれていたピアノに目を留め、修復して復興に役立ちたいと思った。
 Metisさんらも多くの業者に断られたが、最後に問い合わせた横浜市保土ケ谷区でピアノ工房「クラビアハウス」を営む松木一高(かずたか)さん(57)が引き受けた。ピアノを水洗いして塩分を取り除いたり、部品を交換したりするなど約3カ月かけて演奏できる状態に再生した。
 側板の傷痕は残っていたことから、西城さんの「傷だらけのローラ」にちなみ、鈴木さんはピアノを「ローラちゃん」の愛称で呼ぶ。被災者自身が音楽の力で前を向いて歩んでいこうとの思いを込め、「ローラちゃん音楽祭」と銘打った。
 音楽祭では、鈴木さんや教え子がピアノを演奏し、メティスさんも出演して美空ひばりさんの歌謡曲「真赤な太陽」などを合唱する。鈴木さんは「そろそろ被災者が自分から動き出そうとしなくてはいけない時期だと思う。ローラちゃんが復興の役に立てればうれしい」と話す。
 音楽祭は午後2時開演、中学生以上1500円、小学生1000円、未就学児無料。問い合わせは実行委員会(s.you-me1126@ezweb.ne.jp)。【木村健二】


東北復興、被災地の交流人口拡大考える 東京でシンポ
 「東北復興のためにできること」と題したシンポジウムが25日、東京都内であり、東日本大震災からの復興に向けた交流人口の拡大をテーマに関係者が意見を交換した。
 宮古市の滝沢肇総務部長は、津波被害に遭った震災遺構「たろう観光ホテル」を紹介。「災害と観光を結び付けるのはタブー視されがちだが、記憶継承の責任がある。防災教育が人々の交流を生み、地域が活性化した」と意義を述べた。
 宮城県南三陸町の復興まちづくりを担うなど被災地と関わりの深い建築家の隈研吾氏は「東北は土地の多様性に合わせた多様な文化がある。東北らしい価値観を積極的に発信してほしい」と交流人口拡大のヒントを提案した。
 会場には宮古市や石巻市の水産加工品などの販売ブースが並んだほか、「被災地の今」と題し河北新報の記事も展示された。
 施設の空間づくりを手掛ける丹青社(東京)が主催し、約160人が参加。同社は復興支援に取り組み、被災地企業の課題を大手企業が解決する復興庁の仲介事業「結の場」にも参加している。


デスク日誌 天候不順の夏
 例年ならこの時季、真夏日や猛暑、熱中症といった単語が紙面をにぎわす。暑さに嫌気が差すところだが、今年は太陽と青空が恋しくてたまらない。オホーツク海高気圧の影響で東北地方の太平洋側は特に、天候不順に悩まされている。
 東日本大震災の津波被害を受け、ようやく再開にこぎ着けた海水浴場は大きな痛手だったに違いない。夏物衣料は既に大幅値下げ。一方、葉もの野菜は徐々に値が上がっている。宮城県内の農家は「日照不足でコメの収量はいつもの6、7割にとどまるかもしれない」と見通す。
 平成以降で大凶作に見舞われたのは、四半世紀近く前の1993年。全国の作況指数は74で、「著しい不良」だった。東北は宮城37、岩手30、福島61などいずれも戦後最悪を記録した。
 コメが店頭から消える社会現象が起き、当時の赴任先だった山形市でも米価が高騰。ひょろ長くてパサパサしたタイ米の緊急輸入の記憶はあまりにも鮮明だ。
 減反廃止など、国内のコメ政策は転換期にある。「平成の米騒動」を想起させる今年の冷夏は、今後のコメ作りの在り方を占う試験紙になるかもしれない。
(報道部次長 末永秀明)


河北抄
 見慣れた仙台の文化施設が新鮮に映る情報誌に出合った。「旬の見験楽学便(けんけんがくがくびん)」。市博物館や福島美術館、せんだいメディアテークなど市内16の文化施設でつくる「仙台・宮城ミュージアムアライアンス」事務局が発行する。
 2010年発刊で年1、2回発行してきたが、今春一新、季刊に変えて施設紹介を工夫した。春は「広瀬川沿いの散歩」、夏には「涼」を切り口に旬の施設の楽しみ方を提供。写真や挿絵を多用したレイアウトでいざなう。他に学芸員のコラム、特集記事、飲食店など周辺スポット情報も盛り込む。四つ折りにしてA5判になる一枚紙。
 以前はA4判で読み物中心だったが、視覚に訴え、手に取りやすくした。その心を事務局に尋ねると、「足が遠のいている20、30代の人の関心を呼び覚ましたい」とのこと。公共施設が主立った配布先を書店やカフェにも広げて期する。
 地域のミュージアムの魅力を発信する情報誌を携え訪ねてはいかが。歴史や文化に触れれば、まちの味わいも深まるはず。秋号は11月予定。


<ツール・ド・東北2017>官民が連携地域の誇りに
 東日本大震災で被災した宮城県沿岸を自転車で巡るツール・ド・東北2017が、9月16、17日に開かれる。震災からの復興を支援する大会は今年で5回目。自転車への理解は徐々に広がり、観光を融合させたサイクルツーリズムの具体化への期待が高まる。環境整備の機運も醸成され、関係者は「今年をサイクルツーリズム元年に」と意気込む。各地の取り組みや先進地の事例を紹介する。(ツール・ド・東北取材班)
◎発進 サイクル観光(下)先進地に学ぶ
 瀬戸内海をまたいで本州と四国を結ぶ本四架橋の3ルートのうち、西端の尾道(広島県)−今治(愛媛県)ルートは、瀬戸内しまなみ海道(西瀬戸自動車道)としてサイクルツーリズムの最先端を行く。
 全長約70キロ。八つの島をつなぐ9本の橋は生活道路の役割も担い、自転車と歩行者、バイクの専用道が併設された。景観、文化、食を楽しむ国内外のライダーが訪れる。
 今治市のレンタサイクルターミナル「サンライズ糸山」。8月初旬、広島県側から走破した神奈川県の会社員渡辺淳さん(58)は「有名なルートを一度走ってみたかった。眺望が良かった」と汗を拭った。
<SNSが後押し>
 愛媛県によると、2015年度の自転車通行量は推計32万台。県観光課は「年間81万人が訪れる道後温泉と並ぶコンテンツに育ちつつある」と手応えを語る。
 今や「聖地」だが、決して右肩上がりではなかった。自転車利用者は1999年の全通後しばらく低迷。2010年に当選した中村時広知事が、しまなみ海道の観光振興に力を入れ、東日本大震災後の自転車ブームと相まって増加に転じた。
 愛媛県は民間や広島県と連携し、空気入れなどを配置した休憩所「サイクルオアシス」に商店や民宿などを選定。しまなみ海道のほかに県内25コースを設定し、ルートが分かるよう路上に青い線を引くなど受け入れ態勢を整えた。
 こうした取り組みを後押ししたのが会員制交流サイト(SNS)。ライダーがインスタグラムなどに投稿する美しい景色は瞬く間に広がり、12年度から利用者が急増。海外からの集客にも一役買う。
 並行して行ったのが安全対策だ。「同時にやらないとツーリズムは生まれない。観光振興ばかりでは、うまくいかない」。愛媛県自転車新文化推進室の坂本大蔵室長は強調する。
 県は13年、自転車安全利用促進条例を制定。「シェア・ザ・ロード」を掲げ、自転車や歩行者、車との共存の考えを広めた。県立学校の通学生徒にはヘルメットの着用を義務付けた。
 当初は歓迎しない住民もいたが、自転車への理解は徐々に広がった。お遍路さんをもてなす伝統を背景に、地域全体で受け入れる態勢が形成された。
<課題は2次交通>
 課題はライダーの2次交通の確保。自転車ラック付きバスなどを増やし、ルート選択の幅を広げていく考えだ。今治市観光課の渡部誠也課長補佐は「努力を怠ると、足をすくわれる。細かいニーズを拾いたい」と気を引き締める。
 サイクルツーリズムを地域づくりに生かすNPO法人シクロツーリズムしまなみ(今治市)のガイド宇都宮一成さん(49)は言う。「住民が地元に自信を持ち始めた。プライドを与えてくれた。これが自転車の力だ」。自転車は通勤、通学の道具という枠を超え、地域に定着しつつある。


<松島基地>27日に7年ぶり航空祭 ファン駆け付け「基地の街」にぎわう
 東日本大震災で被災した航空自衛隊松島基地(東松島市)で27日、「航空祭」が開かれる。開催は7年ぶりで震災後初。一大イベントの復活を前に、基地ゆかりの店や菓子が地元に続々登場するなどして「基地の街」がにぎわっている。
 基地の近くに21日、基地所属の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」関連グッズなどを扱う店「RUNWAY15END(ランウェイ・ワンファイブ・エンド)」がオープンした。
 木造平屋の店内にはブルーインパルスとして運用されるT4機の小型模型や飛行写真が並ぶ。全国のファンが早速駆け付け、買い物を楽しんだり親睦を深めたりしている。
 店長の木下達矢さん(57)は「ブルーインパルスは貴重な観光資源。航空祭がリピーター増加やまちおこしにつながればありがたい」と期待する。
 東松島市矢本北浦の洋菓子店「ジュリアン」は今月、ブルーインパルスを着色料でプリントしたクッキーを発売した。土産として好評で、航空祭でも販売する予定だ。オーナーシェフの鈴木浩司さん(56)は「航空祭は地元にとって大事なイベント。食を通じて少しでも貢献したい」と話す。
 基地そばで約80年の歴史を持つ菓子製造販売業「大勇堂」は、震災の津波で浸水したが、現地で再起した。経営者の大村清一さん(65)は「航空祭復活は地域に活気をもたらす」と自らの体験と重ね合わせる。
 伊達市の50代男性と同市の40代女性は震災後、ブルーインパルスの訓練を見学するようになった。休日に基地まで足を延ばし、大勇堂の常連客にもなった。2人は「航空祭に参加できるのは感慨深い」と語る。
 基地は1955年開設。2010年の航空祭には全国の航空ファンら約7万人が訪れた。昨年8月には約1万人を招き「復興感謝イベント」を実施した。
[メモ]航空祭は午前8時半〜午後4時(入場は午後2時まで)。ブルーインパルスの飛行は午前9時35分〜10時15分、午後1時45分〜3時の予定。市などは来場者を約7万人と見込む。基地外の臨時駐車場の利用は公募制で、既に締め切った。JR東日本仙台支社は仙石線で臨時列車8便を運行する。仙石東北ラインは一部で車両を増やす。


<秋田岩手大雨>「再建に踏み出したのに、むごすぎる…」2度目の浸水 落胆と困惑
 「やっと再建に踏み出したのに、むごすぎる」。東北地方北部に24〜25日に降った大雨で、大仙市内を流れる雄物川が3カ所で氾濫し、流域の住宅や工場、水田が浸水した。7月22、23日の大雨でも氾濫した場所で、復旧が進んでいた地域に落胆と困惑が広がった。
 同市神宮寺の建築業興栄建設神岡工場は、作業場や事務所など300平方メートル以上が1メートル程度水に漬かった。従業員によると、25日午前4時ごろに工場脇の小川が急激に増水し、濁流となって工場を襲った。午前11時半ごろに雄物川の水門が開いて水が引き、その後は従業員数人で角材などの資材が散在する工場内の後片付けに当たったという。
 7月の大雨では床上約1.5メートルまで浸水。加工機器8台やダンプカーなど5台が水に漬かり、被害総額は2000万円を超えた。2週間かけて泥かきや水抜きなどをし、今月初旬に営業を再開したばかりだった。
 高橋浄二取締役は「今後の生活は、今は想像できない」と肩を落とした。
 大仙市寺館と、隣接する大巻では、約20ヘクタールの水田が冠水した。「水害の常襲地帯だが、年に2回というのは記憶にない」。同市寺館の農業斉藤好夫さん(82)は困惑した表情を見せた。
 所有する0.9ヘクタールの水田は1.5メートルの深さまで冠水し、穂も水に漬かった。「今月上旬の開花時期と重なっていたら、壊滅的被害だった。冠水期間が長引かないか心配だ」と話した。
 7月の被害で相当な減収を覚悟したが、その後は水が引き、水田は元通りになった。「2度目の浸水は痛手だ。収穫が皆無にならなくても生育に響き、減収になる」と不安を口にした。


<大曲の花火>観覧エリア冠水 復旧作業進め予定通り26日開催
 秋田県内に降った大雨の影響で、26日に大仙市で開催予定の第91回全国花火競技大会(大曲の花火)の会場となる雄物川河川敷が冠水した。予定通り開催するか延期するかは、26日午前6時に大会の公式ウェブサイトなどで発表する。
 会場は7月の大雨でも冠水した。急ピッチで準備を進め、ほぼ終えたにもかかわらず、今回の大雨で再び観覧席が水に漬かった。
 25日午前8時半ごろには、市民ら約100人が河川敷を望む堤防の上から心配そうに会場を眺めた。近くに住む無職杉山奉博さん(74)は「大会直前の冠水被害は過去にもあったが、近年、これほどの被害はない。予定通り開催してほしい」と話した。
 延期の場合は、大雨の影響を受けた1995年の第69回以来、22年ぶりとなる。同年は8月26日の予定が同30日になった。
 大会事務局の大曲商工会議所によると、会場の水が引き次第、泥やごみの撤去、観覧席の消毒、流された仮設トイレなどの再設置といった復旧作業を進める。

 第91回全国花火競技大会(大曲の花火)の実行委員会は26日、同日の大会を予定通り開催すると発表した。
 24〜25日に降った大雨で、会場となる大仙市の雄物川河川敷が冠水し、観覧席が水に漬かるなどしたが、復旧作業が間に合った。


県内再び大雨 危機意識の共有が必要
 7月22日から23日にかけての大雨から1カ月、県内は再び大雨に見舞われた。大仙市の協和峰吉川や寺館、神宮寺で雄物川が氾濫し、住宅や農地が水に漬かった。秋田市では岩見川などの増水で住宅などが浸水、五城目町などでも浸水被害が出た。
 大仙市は大曲地区の一部369世帯、833人に避難指示を、9652世帯、2万3384人に避難勧告を発令。秋田市は6429世帯、1万4863人に避難勧告を出した。河川の増水は収まったが、雨で地盤が緩んでおり、引き続き土砂崩れなどへの警戒が必要だ。
 増水で冠水した地域には、先月の大雨で浸水被害を受けた所もある。幸い人的被害はなかったが、住宅のほか農作物の被害も見込まれる。度重なる被害で精神的にダメージを受けた人もいるだろう。各自治体と県は、早期復旧と被災者支援に全力を挙げてもらいたい。
 秋田地方気象台によると、前線を伴った低気圧が発達しながら日本海を北東に進み、24日午後から25日午前にかけて東北上空を通過。県内では24日朝の降り始めからの24時間で、仙北市田沢湖高原で202ミリ、北秋田市比立内で184ミリ、大仙市大曲で166ミリ、秋田市中心部で102ミリを記録した。秋田市の平年の8月1カ月分の雨量(177ミリ)を超える雨が、1日で降った所があるわけだ。
 仙北市は土砂災害の恐れが高まったとして24日夜、市内全域の954世帯、2157人に避難指示・勧告を出した。先月の大雨の際、避難情報を伝える防災行政無線のスピーカーの音が雨音で聞きづらかったという住民の指摘を受け、今回は無線で放送するとともに対象地域に広報車などを走らせ、避難情報の周知に努めたという。
 防災メールなどで早めの自主避難を呼び掛け、同日夕には8カ所の避難所を開設した。実際に避難したのは15世帯、28人。キャンプ客34人も避難した。市総合防災課は「避難所を早く開けてほしいと住民に要望されることもある。先月より多くの人が避難しており、防災意識は確実に高まっている」と言う。
 由利本荘市は25日早朝、大内地域の69世帯、225人に避難勧告を出した。市危機管理課は「先月の芋川の氾濫で床上浸水した地域なので、水防団に早めに出動してもらい水位を監視しながら発令準備をした」と話す。
 1カ月前の大雨被害を教訓に被災自治体の危機意識は高まった。先手で避難対応に当たり、連絡体制もスムーズになっている。前回、今回と被害が軽微だった自治体にも、そうした危機感が必要だ。各自治体の対応の改善点などをまとめ、共有する方策を考えるべきだろう。
 雲の掛かり方一つで雨が降る地域や降水量は違ってくる。住民の側も、どこに住んでいても大雨に見舞われる恐れがあることを認識し、早め早めの行動を心掛けたい。


豪雨6年を前に慰霊碑を清掃
紀伊半島豪雨から6年になるのを前に、和歌山県那智勝浦町で、災害の犠牲者の遺族などが慰霊碑の周りを清掃しました。
6年前の平成23年9月に起きた紀伊半島豪雨で、那智勝浦町では、土石流が相次いで発生するなどして29人が亡くなりました。
犠牲者の追悼式典まで1週間余りとなった26日、遺族や知人など10人が町内の井関地区にある慰霊碑を訪れ、清掃を行いました。
集まった人たちは、犠牲者をしのびながら、周囲に生えた草を刈り取ったり、枯れ葉やゴミを拾い集めたりしていました。
遺族会の代表で、父親と、おいを亡くした岩渕三千生さんは、「6年たっても気持ちは変わりません。
あの大水害を忘れてはいけないという思いで毎年、皆さんの協力を得て清掃作業を続けています」と話していました。
那智勝浦町の追悼式典は、9月4日の午後1時半から慰霊碑の前で行われます。


被災の市町村道、91路線なお不通 廃止検討も
 熊本地震による路面の亀裂や路肩の崩落などで全面通行止めとなっている県内の市町村道は7月末現在、14自治体の91路線に上る。2016年5月時点の345路線の3割以下まで減ったが、地震から1年4カ月余りが経過してなお、全ての生活道路の復旧には時間がかかりそうだ。
 県と熊本市のまとめによると、市町村別の路線数は阿蘇市14、熊本市12、菊池市4、宇城市1、南阿蘇村20、御船町9、益城町8、美里町6、山都町6、西原村4、小国町3、大津町2、産山村1、甲佐町1。
 県道路保全課、熊本市道路整備課によると、残っている91路線のほとんどは国庫補助がかさ上げされる災害復旧事業として、詳細設計などに着手済み。おおむね18年度中の復旧完了を目指しており、このうち47路線は既に工事に入っている。
 ただ、小国町や南阿蘇村などは、一部路線について「道路改良などで交通量が減っているにもかかわらず、復旧費用の負担が大きい」(同村)などとして路線の廃止を検討している。
 一方、被災した生活道路の多くは迂回[うかい]路などが確保され、住民生活の混乱や支障は大幅に減っているという。
 市町村道は国道・県道を補完し、集落間を結ぶ生活道路で、市町村長が議会の議決を経て認定する。廃止の場合も議会の議決が必要となる。(並松昭光、高橋俊啓)


「捕鯨」反証映画189カ国配信 八木監督「真実を伝えたい」
 和歌山県太地町のイルカ漁や捕鯨を批判し、2010年にアカデミー賞を受賞した米ドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」への反証映画「ビハインド・ザ・コーヴ」の八木景子監督(50)が25日、和歌山市で記者会見を開き、インターネットで189カ国に配信を始めたと報告した。八木監督は「捕鯨問題の真実を伝えたい」と語った。
 八木監督は太地町に4カ月にわたり滞在し、単独で取材。町の人々だけではなく、反捕鯨団体「シー・シェパード」関係者や「ザ・コーヴ」の監督らにもインタビューし、15年に映画を完成させた。
 会見で「異論があることを海外の方にも知ってほしい」と期待を込めた。


河北春秋
 在日米国人のエッセイスト、イーデス・ハンソンさん(77)は外国語教育について一家言を持つ。「教室で行う授業はホンの出発点にしかすぎない。まず、考える力と豊かな感受性を養うことだ」。数年前、本紙掲載の寄稿でも持論を説いた▼確かに今の世の中、インターネットによる翻訳機能は日々進歩し、外国旅行ならスマホや電子辞書が力強い味方になってくれる。語学力を身に付けるとは、そんな小手先を超えたところにあるとハンソンさんは指摘する▼文部科学省はホンの出発点にしかすぎない時期の授業を重視した。来年度予算の概算要求で、小学校で英語などを専門に教える「専科教員」の2200人増を盛り込む。英語が3年後から教科化されるためだ。授業のコマ数が増えるわけだから、これで教員の負担増が緩和されるといい▼気になるのは次期学習指導要領が掲げる「主体的・対話的で深い学び」の実践。児童はまずABCから簡単な英会話を覚え、次に深い学びを強いられる。小学生がそんなこと果たしてできるのか▼学校側も大変だ。担当教員の配置はそう容易なことではないだろう。ハンソンさんの言葉をエールとして送りたい。「伝えるべきモノがなければ、いくら流暢(ちょう)に話されても、松風や潮騒の味わいすらない雑音だ」

「加計」学部 判断保留/透明性の確保へ情報公開を
 学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が、愛媛県今治市で進める岡山理科大獣医学部の新設計画を巡り、文部科学省の大学設置・学校法人審議会(設置審)がきのう、8月中とされていた判断を保留した。
 林芳正文科相への答申は、10月以降に先送りされた。
 学生の教育環境が整っておらず、獣医師養成に課題があったとみられる。審査は継続されるものの、学園側は認可の答申を得るため計画の見直しを迫られた格好だ。
 学園は、5月にも入学定員や教員構成で修正を求められ、教員の増員など一部計画を改めた書類を設置審に提出した経緯がある。度重なる「駄目出し」は何を意味するのか。ここまで問題が大きくなった以上、文科省は保留理由を明らかにすべきだ。
 国家戦略特区諮問会議で事業認可を得て、学園が学部新設を申請してから5カ月。設置審は教育課程や財務、将来にわたる学生確保の見通しなどを慎重に審査したはずだ。
 ライフサイエンス分野をはじめ、最新領域での人材育成がセールスポイントだが、学生の実習計画が不十分だという意見もあったという。
 さらに定員を他大学に比べて数十人多く設定し、教員の確保に苦労したとされる。採用予定者は、65歳以上の再雇用者や教員経験のない若手の割合が高いという。
 「この計画で本当に教育の質を確保できるのか」と、深刻な疑義を持った委員がいたことは想像に難くない。
 一連の問題の核心は安倍晋三首相と学園理事長との親密な関係を元に、特区の事業者選定が官邸主導で進んだのではないか、という点にある。
 「行政がゆがめられた」と官邸側からの圧力を証言した前文部科学事務次官の前川喜平氏は「獣医師の需要をどの省庁がどのように検証したのか」と疑問を呈している。
 一方、特区担当だった山本幸三前地方創生担当相は「具体的な需要を完璧に描ける人はいない」などと、無責任な答弁に終始した。
 国会での論戦を経ても疑念が晴れるどころか、深まるばかり。秋の臨時国会でも徹底追及は避けられない。
 来年4月の学部開設を目指し今治市では新キャンパスの工事が進む。同市は市有地を無償譲渡し、県と共に96億円の建設費補助も決めている。
 地元では、市民団体が住民訴訟を起こす計画がある。答申が延期されたことで計画の可否を巡り、さまざまな動きが活発化するだろう。
 文科省は設置審の経過や日程を一切公表していない。しかし、国民が求めているのは結果でなく、プロセスの透明性に他ならない。揺らいだ行政の信頼回復のためにも情報公開に踏み切るべきだ。
 最後の関門として設置審の責任は極めて重い。優れた獣医師の育成を第一に、専門的見地から厳正な審査を続けてほしい。


加計学園「保留」/計画に無理があるのでは
 学校法人「加計(かけ)学園」が愛媛県今治市で進める獣医学部新設計画について、認可するかどうかを審査していた文部科学省の大学設置・学校法人審議会は、判断を保留することを決めた。
 カリキュラムや教員の確保、構成などが不十分で、学生の教育環境が整っていないためとみられる。
 設置審は今年5月、学園に対し、入学定員と教員の構成について再考を促している。その後、学園側が修正した計画を提出したにもかかわらず、認可は見送られた。
 依然、不備の多い計画ということなのだろう。獣医師の養成に取り組む教育課程が裏付けを欠くようでは、学校法人の姿勢が問われる。
 加計学園経営の大学では定員割れが目立ち、過去に学科の募集停止を繰り返している。新設計画では獣医学科の定員を160人としていた。全国に16ある獣医系学部・学科の総定数は930人だ。本当に学生は集まるのか、教育の質は確保できるのか、疑問の声が上がっている。
 学園の採用が内定した70人を超える教員には、他大学の定年を過ぎた65歳以上と、教員経験のない若手の割合が高いとされる。「これでは授業が成り立たない」との指摘に対し、きちんと説明をする必要がある。
 今回の獣医学部新設計画では、政府の国家戦略特区の認定に絡み、官邸の働き掛けの有無が焦点になっている。国民の多くは「加計ありき」で事態が動いたとの疑念を抱いている。
 野党は来月召集予定の臨時国会で引き続き、政府を追及する構えだ。その中で設置審の判断に注目が集まっていた。
 これまでの経緯は不可解で、納得できる説明はなされていない。国家戦略特区の認定を巡っては、ワーキンググループの議事要旨が事実と異なっていたり、学園関係者の同席の事実が伏せられたりしたことが次々明らかになった。安倍晋三首相らの「一点の曇りもない」との言葉は揺らぎっぱなしだ。
 そもそも新学部の開設には十分な検討が必要で、開学の時期ありきで進めるものではない。計画に無理があるのなら、いったん白紙に戻すことも考えるべきではないか。


徹底検証へ情報公開を/「加計」判断を保留
 学校法人「加計学園」が国家戦略特区制度を活用し、愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画を認めるか審査していた文部科学省の大学設置・学校法人審議会は、判断を保留し、審査を続けることを正式に決めた。林芳正文科相への答申は10月以降にずれ込む見通しになった。
 判断保留自体は珍しいことではなく、多くのケースで計画見直しを経て最終的に認められているという。だが加計学園が特区の事業者に選定された過程に「加計ありき」の疑念が深まり、野党は批判を強めている。
 「獣医師の需要動向を考慮する」など、2015年6月に閣議決定された獣医学部新設の4条件を加計学園の計画がクリアしているのかも、いまだに定かではない。今治市が無償譲渡した敷地では研究施設などの建設が進んでいるが、なし崩し的に学部新設に至り、疑問が置き去りにされるようなことがあってはならない。
 非公開で行われている設置審の審査と、4条件に合致しているとの判断について、議論の詳細な経緯などの情報を公開してほしい。徹底した検証なくして、安倍晋三首相が繰り返し強調する「丁寧な説明」は果たせない。
 加計学園の獣医学部新設を巡っては3月、今治市が所有地を無償譲渡して、県とともに最大96億円に上る施設整備費助成を行うと決め、設置審が教育課程や財務状況などを審査。その後、入学定員や教員の構成について再検討を求め、学園側は計画の一部を改めた書類を提出した。
 定員は当初160人で、獣医師を養成する全国の学部の総定員が2割増となるほどの規模だった。教員も65歳以上と教員経験のない若手の割合が他の大学に比べて高いといわれていた。
 今回の判断保留は、学生の実習計画が不十分で学園が掲げるライフサイエンスの獣医師養成に課題があることなどが理由とみられる。学園は計画見直しに取り組むことになるが、それを解決できたとしてもなお問題は残る。閣議決定の4条件を満たしているかはっきりしないからだ。
 首相の友人が理事長を務める加計学園が「総理の意向」の恩恵にあずかり、優遇されたのでは、という疑念は根強い。「一点の曇りもない」といった通り一遍の説明では取り除けないことを政府は肝に銘じるべきだ。


加計学園の獣医学部 判断は疑惑解明の後だ
 学校法人加計学園が計画練り直しの「追試」を課された。文部科学省の大学設置・学校法人審議会はきのう、国家戦略特区での同学園の獣医学部新設計画について、判断を保留し、引き続き審査することを決めた。
 設置審は非公開で理由を明らかにしていないが、関係者によると、学生の実習計画が不十分で学園が掲げるライフサイエンス分野の獣医師養成に課題があることなどが理由のようだ。
 加計学園の新設計画を巡って「総理の意向」との文書が見つかるなど、特区の事業者選びの過程で官邸が手心を加えたのではないかとの指摘がある。国民の疑念が強いのも、設置審の判断に影響したのではないか。
 「近年の獣医師の需要動向を考慮」など、2年前に閣議決定した獣医学部新設の4条件を加計学園の計画がクリアしているか定かでないのも問題だろう。
 来春の開学目標まで1年を切った段階で計画が「生煮え」なのに、愛媛県今治市の予定地では着々と校舎建設が進められている。なし崩し的に学部新設に至り、疑問が置き去りにされることがあってはならない。
 ただ、この段階での判断保留は珍しいことではない。大学側が計画を修正し、設置審から指摘された課題をクリアすれば認可のお墨付きを得られる。ここ10年で見ても約8割が保留後に「敗者復活」を果たしており、不認可となる方が異例だ。
 加計学園も計画を修正中で、認可への最終関門となる設置審から文科相への答申が10月以降になるとの見方が早くも出ている。学園にとっては不本意かもしれないが、支持率低下にあえぐ政府は「追試」をむしろ歓迎しているのではないか。設置審の場を借りて、公平さのアピールになるからだ。
 だが、これで国民が納得するだろうか。問題の核心は、事業者選定で官邸の関与やえこひいきがあったかどうかということだ。安倍晋三首相と学園の加計孝太郎理事長は「腹心の友」と認め合う。「加計ありき」でないというなら、自ら進んで証明せねばならない。ところが先の国会閉会中審査で、政府が十分な説明責任を果たしたといえるだろうか。
 当時の関係閣僚や官僚は「記憶にない」などとけむに巻き、学園の計画を首相が知った時期を巡って釈然としない答弁もあった。ここにきて市民団体から、校舎建築費の水増し疑惑も指摘されている。もし事実なら補助金をだまし取ったなどの疑いで前理事長夫妻が逮捕された森友学園と同じ構図である。
 疑惑解明には、野党が求める加計理事長ら学園関係者から事情を聴くべきだ。偽証が罪となる証人喚問の形を取る必要がある。2年前に職員を官邸に派遣した愛媛県や今治市は、誰と何を話したのかなどの情報を全面的に開示してもらいたい。
 設置審の判断保留で、野党の追及が強まるのは必至だ。来月下旬にも召集される臨時国会の審議や10月の衆院補選の情勢に影響を及ぼす可能性もあろう。
 獣医学部には税金から多額の補助金がつぎ込まれる。設置審は拙速を避け、「一点の曇りもない」とした首相の主張がはっきり裏付けられるまで無期限で判断を保留すべきだ。国会で疑惑が晴らされなければ、不認可もやむを得ないだろう。


加計学園問題/疑問を置き去りにするな
 岡山市の学校法人「加計学園」が国家戦略特区制度により愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画を認めるか審査してきた文部科学省の大学設置・学校法人審議会は、判断の保留を正式に決めた。
 林芳正文科相への答申は10月以降にずれ込む。学園に教育内容などの課題を指摘して計画見直しを求めた上で審査を続け、改めて判断する。
 文科省によると、判断の保留は珍しくなく、ほとんどのケースで計画見直しを経て最終的に認められているという。
 だが加計学園が特区の事業者に選定された過程に数々の疑問が噴き出している。さらに「近年の獣医師の需要動向を考慮」など、2015年6月に閣議決定された獣医学部新設の4条件を加計学園の計画がクリアしているのかも、いまだに定かではない。
 今治市が無償譲渡した敷地では研究施設などの建設が着々と進んでいるが、なし崩し的に学部新設に至り、疑問が置き去りにされるようなことがあってはならない。
 非公開で行われている設置審の審査と、4条件に合致しているとの内閣府の判断について、政府には議論の詳細な経緯などの情報公開が必要ではないか。徹底した検証なくして、安倍晋三首相が繰り返し強調する「丁寧な説明」は果たせない。
 加計学園の獣医学部新設を巡っては3月、今治市が所有地を無償譲渡し、県とともに最大96億円に上る施設整備費助成を行うと決め、翌月には大学教授らで構成する設置審が文科相の諮問を受けて教育内容や設備、財務状況など多岐にわたる項目を審査。既に入学定員や教員の構成について見直しを求め、学園も計画の修正に応じている。
 入学定員は当初160人で、獣医師を養成する全国の学部の総定員が2割増となるほどの規模だった。教員も、65歳以上と教員経験のない若手の割合が他の大学に比べて高いといわれていた。
 今回の判断保留は、学生の実習計画が不十分で学園が掲げるライフサイエンス分野の獣医師養成に課題があることなどが理由とみられる。学園は計画見直しに取り組むが、それを解決できたとしてもなお問題は残る。閣議決定の4条件を満たしているか、はっきりしないからだ。
 獣医師の需要動向のほか「既存の獣医師養成でない構想」「既存の大学・学部では対応困難」といった条件について、前川喜平前文科次官は「合致するか十分な議論がされていない」と証言。ところが特区担当だった山本幸三・前地方創生担当相は「具体的な需要を完璧に描ける人はいない」「4条件は具体的な需要の数とか量は書いていない」と正面から疑問に答えようとはしなかった。
 条件を満たしているかとの問いにも「最終的に私が確認した」とし、根拠となるデータなどは一切示さなかった。巨額の公金がつぎ込まれる事業の大前提である条件が満たされていることすら明らかにされていない。
 首相の友人が理事長を務める加計学園が優遇されたのではという疑念を持たれたままでは、戦略特区そのものの取り組みが影響を受けかねない。通り一遍の説明ではなく、政府は十分な根拠を示して説明するべきだ。


「加計」判断を保留 徹底検証へ情報公開を
 岡山市の学校法人「加計(かけ)学園」が国家戦略特区制度により愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画を認めるか審査してきた文部科学省の大学設置・学校法人審議会は判断を保留すると正式に決めた。林芳正文科相への答申は10月以降にずれ込む。学園に教育内容などの課題を指摘して計画見直しを求めた上で審査を続け、改めて判断する。
 文科省によると、判断の保留は珍しくなく、ほとんどのケースで計画見直しを経て最終的に認められているという。だが加計学園が特区の事業者に選定された過程に「加計ありき」の疑念が深まり、数々の疑問が噴き出す中、9月最終週に召集される見通しの臨時国会で野党の追及を勢いづかせないため答申を延期したとの見方まである。
 さらに「近年の獣医師の需要動向を考慮」など、2015年6月に閣議決定された獣医学部新設の4条件を加計学園の計画がクリアしているのかも、いまだに定かではない。今治市が無償譲渡した敷地では研究施設などの建設が着々と進んでいるが、なし崩し的に学部新設に至り、疑問が置き去りにされるようなことがあってはならない。
 非公開で行われている設置審の審査と、4条件に合致しているとの内閣府の判断について、政府が議論の詳細な経緯などの情報を公開するよう求める。徹底した検証なくして、安倍晋三首相が繰り返し強調する「丁寧な説明」は果たせない。
 加計学園の獣医学部新設を巡っては3月、今治市が所有地を無償譲渡し、県とともに最大96億円に上る施設整備費助成を行うと決め、翌月には大学教授らで構成する設置審が文科相の諮問を受けて教育内容や設備、財務状況など多岐にわたる項目を審査。既に入学定員や教員の構成について見直しを求め、学園も計画の修正に応じている。
 入学定員は当初160人で、獣医師を養成する全国の学部の総定員が2割増となるほどの規模だった。教員も、65歳以上と教員経験のない若手の割合が他の大学に比べて高いといわれていた。
 今回の判断保留は、学生の実習計画が不十分で学園が掲げるライフサイエンス分野の獣医師養成に課題があることなどが理由とみられる。学園は計画見直しに取り組むことになるが、それを解決できたとしてもなお問題は残る。閣議決定の4条件を満たしているか、はっきりしないからだ。
 獣医師の需要動向のほか「既存の獣医師養成でない構想」「既存の大学・学部では対応困難」といった条件について、前川喜平前文科次官は「合致するか十分な議論がされていない」と証言。ところが特区担当だった山本幸三・前地方創生担当相は「具体的な需要を完璧に描ける人はいない」「4条件は具体的な需要の数とか量は書いていない」と正面から疑問に答えようとはしなかった。
 条件を満たしているかとの問いにも「最終的に私が確認した」とし、根拠となるデータなどは一切示さなかった。巨額の公金がつぎ込まれる事業の大前提である条件が満たされていることすら明らかにされていない。
 首相の友人が理事長を務める加計学園が「総理のご意向」の恩恵にあずかり、優遇されたのではという疑念は根強い。「一点の曇りもない」といった通り一遍の説明では取り除けないことを政府は肝に銘じるべきだ。(共同通信・堤秀司)


籠池夫妻再逮捕 国有地疑惑も捜査尽くせ
 学校法人「森友学園」を巡る一連の疑惑の解明に向けた捜査が進んでいる。
 大阪府豊中市の小学校の校舎建設で、金額を水増しした工事請負契約書を国土交通省側に提出して約5600万円を詐取したとする詐欺罪について、大阪地検特捜部は、前理事長の籠池泰典容疑者と妻の諄子容疑者を起訴した。
 特捜部はさらに、森友学園が運営する塚本幼稚園に関して、府から9250万円の補助金をだまし取ったなどとして、両容疑者を再逮捕した。
 再逮捕の容疑は、2011〜15年度に、障害などで特別な支援が必要な「要支援児」の受け入れ補助金7056万円を詐取したほか、16年度分の同補助金約2273万円をだまし取ろうとしたことだ。
 事実なら由々しき問題であり、全容の解明が待たれる。
 疑惑の発端は、小学校開校を予定した国有地が約8億円値引きされた件だ。
 小学校の名誉校長を一時務めていた安倍昭恵首相夫人の意向が影響していないのか。用地の売却に当たった財務省側に、昭恵夫人の意向に対する忖度(そんたく)がなかったのか。
 特捜部は交渉した近畿財務局関係者らを任意聴取し、背任容疑などで調べている。捜査を尽くしてほしい。
 この問題は国会でもたびたび追及されてきたが、いまだに判然としない。
 ここに来て、近畿財務局が学園側との交渉で、買い取り可能な金額を尋ねていた疑いも浮上した。
 5月の参院財政金融委員会では、財務省理財局長だった佐川宣寿国税庁長官が「先方にあらかじめ価格について申し上げることはない」と答弁しており、食い違っている。
 野党は昭恵夫人の証人喚問を求めたが、与党は応じていない。
 理解できないのは、昭恵夫人付の政府職員だった中小企業庁の谷査恵子氏が今月、在イタリア日本大使館に異動したことだ。谷氏は土地売却に絡んで財務省に照会した結果を森友学園側にファクスで回答していたことが3月、明らかになっている。
 世耕弘成経済産業相は、1月末には異動の「内々示」が行われていたと説明。「能力を考えた通常の人事だ」と述べ、森友学園問題とは「全く関係ない」とした。
 値引き問題が発覚した2月以前の内々示だったとしても、国有地問題のキーパーソンの一人を他省庁の海外勤務に就ければ、国民の目にどう映るかは明らかである。
 「『李下(りか)に冠を正さず』という言葉がある。私の友人に関わることで、疑念の目が向けられるのはもっともだ」
 これは、衆院予算委員会の閉会中審査での学校法人「加計(かけ)学園」問題を巡る安倍晋三首相の答弁だ。
 本当にそう思っているのなら、谷氏の人事は撤回すべきではなかったか。
 安倍首相は早急に臨時国会を開いて、説明責任を果たしてもらいたい。


前川喜平・前事務次官に「正義感」を植え付けた高校時代の経験とは
世の中には、とんでもなく勉強ができる人が一定数存在し、彼らは「神童」と呼ばれる。前・文部科学省事務次官の前川喜平も、そんな神童のひとり。将来、2017年という年を振り返る際、必ず語られるであろう事件が、加計学園の獣医学部認可問題だが、そのキーマンの過去を振り返ると、その経歴はまさに神童の名に相応しい。『神童は大人になってどうなったのか』(小林哲夫・著 太田出版)では、前川の“神童ぶり”を伝えるエピソードを紹介している。
 * * *
前川は1955年生まれ。麻布中学、高校を経て東京大学文Iに入学する。1971年、麻布で高校闘争が起こった。同校の校長代行が不正な経理に手を染めたり、理不尽な理由で生徒を処分したりなど、むちゃくちゃな圧政を敷いたことに対する生徒、一部教職員の造反である。
このとき、前川は麻布高校の2年。かつての同級生は、前川の筋の通し方は、麻布闘争の経験が大きいのではないかと見ている。学校という権力に立ち向かう空気に身を置いていたことが、神童に「正義感」を植え付けたようだ。
一方で、前川の麻布時代は成績優秀だった。小学校時代から成績はトップを続けていたが、家にこもってしまう視野狭窄型のガリ勉タイプではない。友だちが多く、さまざまな遊びにチャレンジした。これらを通して物事の本質をすぐに理解してしまう天才型だったという。
東京大学法学部を経て文部省へ。国家公務員上級試験(現、総合職試験)には1ケタの成績で合格したという噂があるほど、試験にもめっぽう強かった。そして、官僚としての事務処理能力は抜群だった。官僚はだいたい入省3年目ぐらいで将来の事務次官候補が同僚や先輩から見定められる。前川は仕事の手際の良さ、教育に対する理念、省内のみならず政府内での人あたりのよさから、必ず事務次官になると言われていた。
2005年、小泉純一郎政権時代、前川が初等中等教育局幹部だったころのことである。公立小中学校の教職員給与の国負担分を2分の1から3分の1に引き下げるという政策には、自らの名前をもじった「奇兵隊、前へ!」と題したブログで「政治的な圧力の弱い分野が狙われている」と批判している。こうした抵抗勢力にもかかわらず、文科省トップになれたのは、先輩、同僚から支持されていたからである。
 * * *
神童は、しばしば「ただひたすら勉強だけができる人」に堕しがちなものだが、そこに正義感が備わっていた前川。氏の年齢(62歳)を考えると、まだまだ活躍が期待できそうだ。(文中敬称略)
◆『神童は大人になってどうなったのか』(小林哲夫・著 太田出版)


核廃絶の高校生演説見送り 外務省はだれを守るのか
 スイスで開かれている国連のジュネーブ軍縮会議で、恒例だった日本の「高校生平和大使」による本会議での演説が、今年は見送られた。
 演説は3年前から始まったが、特例的な演説を問題視する国があり、今年は実施に必要な全会一致の賛同を得られなかったという。
 政府間交渉の場である軍縮会議での民間人の演説は確かに異例だ。それが定例となったのは、唯一の被爆国である日本の高校生が被爆者の声を伝え、核廃絶を訴える意義を各国が認め合っていたからだろう。
 その貴重な機会が奪われた。とても残念だ。
 高校生大使は全国の高校生が核廃絶の署名を集め国連に届ける活動だ。今年は20年目で過去最多の21万4300筆の署名が集まった。
 2014年には日本政府代表団の一員に登録することで演説が実現し、昨年まで続けられた。
 異議を唱えた国を政府は明らかにしていない。被爆国の立場を強調することに反発する近隣国もあれば、核廃絶をけん制する友好国もある。
 問題は演説を続けられるよう日本がどれだけ外交努力を払ったかだ。
 政府は軍縮大使主催のレセプションで発言の場を設けたが、社交的な場でもあり、公式の本会議での演説とは発信力も異なる。
 本会議では北朝鮮の核・ミサイル開発を巡り米国と北朝鮮が非難し合い、核問題が大きな論点になった。
 そういうときこそ、核廃絶や世界平和を願う若者たちの訴えに耳を傾けるべきではなかったか。
 7月には核兵器禁止条約が国連で採択された。日本は交渉に参加せず、条約への署名もしない方針だ。
 外務省は政府の条約反対の立場と演説見送りは無関係だと言う。
 だが、条約を歓迎する高校生たちが政府見解と異なる意見を表明しないかと憂慮したのではないか、という見方もある。
 疑念をきっぱり否定するなら、来年以降、本会議での演説を復活できるよう尽力してほしい。
 悲惨な歴史を受け継ぎ、世界に発信する若者の活動がなくては、被爆国の経験は歴史に埋もれてしまう。
 政府が優先すべきは、一部の異論に折れるのではなく、若き語り部の活動を守り、後押しすることだ。


汚染水処分 ゼロ回答 東電 規制委の安全策要請に
 東京電力は二十五日、再稼働を目指す柏崎刈羽原発(新潟県)の審査を巡り、原子力規制委員会が回答を求めていた原発の安全確保に関する基本的考え方を文書で提出した。東電は回答で、福島第一原発事故の教訓を踏まえた取り組みを強調する一方、焦点だった第一原発の汚染水の具体的な処分方法については言及を見送り、事実上の「ゼロ回答」となった。
 規制委は、近く小早川智明社長らから回答について直接説明を聞く方針。ただ、第一原発の事故処理や、審査が終盤の柏崎刈羽6、7号機を安全に再稼働させるための取り組みに関して具体策を示せず、従来の説明を繰り返した回答には厳しい批判も出そうで、審査の適合は見通せない。
 回答文書では、増え続ける汚染水や放射性廃棄物の処分について「地元と真摯(しんし)に向き合い、思いに配慮しつつ責任を果たす」とするにとどめた。
 第一原発事故の反省としては「津波・浸水対策の強化を怠った」と記載。これまでの社内体制は「部門間のコミュニケーションの悪さが組織の一体感のなさを招いた」とした。
 また、「第一原発の廃炉をやり遂げ、主体性のある企業文化を根付かせる」と強調しているものの具体策は示さず、文書全体で「誠意」「責任」「安全性向上」といった言葉を何度も使い、社内文化の変化をアピールした。
 規制委は七月、川村隆会長や小早川氏らを呼び、異例の面談を実施。田中俊一委員長は「福島の事故処理を主体的にできない事業者に再稼働は認めない」とし、合否判断の前に、経営陣が汚染水などの問題を解決する考えがあるのか迫ったが東電側が即答できず、文書での回答を指示していた。


福島第1原発の廃炉戦略 現行工程には無理がある
 事故から6年余りを経て、東京電力福島第1原発の廃炉の困難さが改めて浮き彫りになっている。
 炉心溶融事故を起こした1〜3号機すべてにロボットカメラが投入されたが、溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)と見られる塊が確認できたのは、3号機だけなのだ。
 政府と東電の工程表では、2021年にデブリ取り出しを始める計画だ。内部の状況がよく分からないまま、予定通りに進められるのか。作業の安全性確保を最優先に、工程を抜本的に見直すべきだ。
 原子力損害賠償・廃炉等支援機構は、3基とも原子炉格納容器を水で満たさない「気中工法」で、格納容器の横側から底部のデブリを優先して取り出す工法案を示している。
 政府と東電は来月、これを基に取り出し方針を決め、廃炉の工程表も改定する。ただ、取り出し時期の大幅な見直しは考えていないようだ。
 機構は当初、格納容器を水で満たし、放射線を遮りながら作業することを検討した。断念したのは、格納容器の損傷がひどく、水漏れを防ぐことはできないと判断したからだ。
 ただ、気中工法も課題は多い。特に、細かな放射性物質が飛散しないように作業を進めることが難しい。
 そもそも、1〜3号機のデブリの正確な分布状況は不明だ。サンプルを回収していないので、硬さなどの性状も分からない。工法決定より、内部の調査を進めることが先決だろう。田中俊一・原子力規制委員長も「取り出し方法を確定できる状況にはほど遠い」と指摘する。
 原子炉建屋の周囲の土を凍らせ、地下水の流入を遮断する「凍土遮水壁」は汚染水対策の切り札とされ、東京五輪招致活動中の13年5月に建設が決まった。国費345億円をつぎ込み、今秋にも全面稼働するが、遮水効果ははっきりしていない。
 政府や東電が遮水壁の完成や21年のデブリ取り出しにこだわるのは、五輪開催を意識し、廃炉は順調だと世界に言いたいからか。工程ありきで作業を急げば、トラブルが起きやすくなる。それがもとで、人的被害や風評被害が生じる恐れがある。
 莫大(ばくだい)な廃炉費用は電気代や税金が原資だ。政府と東電は、廃炉作業の現状と課題を正確に分かりやすく国民に伝え、理解を得る責務がある。


[エネルギー計画] 抜本的な見直し視野に
 経済産業省は「エネルギー基本計画」の見直しに着手した。有識者会議で論議が始まり、本年度中に取りまとめる。
 焦点は原発の位置づけだ。2014年策定の前回の計画では、原発依存度を可能な限り低減すると明記しつつ、原発を「重要なベースロード電源」とした。
 政府は30年度の電源構成比率で、原発を20〜22%程度とする目標を15年に閣議決定した。だが、16年度は2%にとどまっている。
 目標達成は可能なのか。そもそも妥当な目標なのか。基本計画は国の中長期的なエネルギー政策の指針となる。抜本的な見直しも視野に論議を深めたい。
 世耕弘成経産相は会合の冒頭で「(現在の基本計画の)骨格を変える段階にはない」と述べた。自由な議論の封印とも取られかねない発言だ。委員から反発の声が上がったのは当然だろう。
 東京電力福島第1原発の事故後、原子力規制委員会の審査に合格して再稼働した原発は薩摩川内市の川内1、2号機など5基だけだ。原発に対する世論は厳しい。
 福島では東電が溶融核燃料の取り出し工法の策定を目指している。だが、技術的課題が山積し、事故の収束は見通せない。
 経産相は7月、原発から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分ができる可能性のある地域を示したマップを公表したが、絞り込みの道筋は全く見えない。
 事故の収束にしても、核のごみの処分にしても、原子力を取り巻く多くの問題が先送りされている。この現状を抜きにしてエネルギー計画は語れないはずだ。
 それでも、政府や電力会社は再稼働や原則40年とされる原発の運転期間延長に前のめりだ。経産省は電源構成比率の目標もこれで達成できるとしている。
 一方で、経産省は有識者会議が原発の新設論議に踏み込むのには慎重だ。脱原発の世論を刺激するのを避けようとしているなら、無責任と言わざるを得ない。
 政府と電力業界は一貫して「原発は割安」とアピールしてきたが、福島の事故を受けた世界的な規制強化で、1基3000億円と言われた建設費用は1兆円規模に膨らんだとされる。コスト面から考えても新設が現実的とは思えない。
 日本はパリ協定で50年に温室効果ガスを80%削減すると国際公約している。火力へ依存を高める選択肢はない。
 福島の事故を受けて、脱原発にかじを切った先進国は多い。日本も新しい基本計画で、原発依存度ゼロを目指す方向性を明確に打ち出すべきだ。


巨大地震対策 「予知は困難」を前提に
 大地震を予知し、厳戒態勢を敷いて被害を減らす―。大規模地震対策特別措置法(大震法)が想定した防災対策は、法制定から40年近くを経て大きく転換することになった。
 南海トラフ巨大地震の対策を検討してきた中央防災会議の有識者会議が報告書案をまとめた。地震が起きる場所や時期、規模について確度の高い予測はできないと指摘。大震法に基づく対応は「改める必要がある」と明記した。
 大震法は、東海地震に備えるため1978年に制定された。観測網で検知した異常を予兆と判断すると、首相が警戒宣言を出す。鉄道は運行を休止し、学校は休校に。病院の外来診療や銀行の営業も停止する。経済活動や住民の生活に強い規制が及ぶ。
 ところが、その前提が崩れている。予知の難しさがはっきりしてきたからだ。地震が起きる仕組みは複雑で、いまだ解明されていないことは多い。95年の阪神大震災も、2011年の東日本大震災も予見できなかった。
 また、東海地震が単独で起きるのではなく、九州沖にかけての南海トラフの震源域が連動する可能性がある。複数の震源域が一気に動いた東日本大震災を経験して、懸念はより強まった。
 南海トラフでマグニチュード(M)8〜9級の地震が30年以内に起きる確率は70%程度とされる。激しい揺れと津波により、死者は最大32万人余、経済損失は220兆円に上る―。政府の被害想定は想像を絶する規模だ。
 大震法とは別に、13年に特別措置法が施行され、長野県を含む29都府県707市町村を対象地域として防災施設や避難路の整備が進んでいる。この特措法は予知を前提としていない。東海地震だけを想定した大震法は整合性を欠く。報告書案は廃止や改正に踏み込んでいないが、大震法をこのまま残す理由は見いだせない。
 予知への過大な期待は、地震研究や対策のあり方をゆがめてもきた。政府は大震法を廃止し、予知に頼らない防災、減災対策に本腰を入れなくてはならない。観測体制を生かすにしても、新たな立法によるべきだ。
 有識者会議は、地殻変動などの異常を観測した場合に、住民に避難を促す仕組みの検討を国に求めた。地震研究の現状と限界を明確にして、自治体や住民の合意を得て進めることが欠かせない。自治体、住民も、予知は困難であることを前提に、地域での取り組みを練り直したい。


【大震法見直し】脱「予知」で問われる備え
 東海地震に備えた大規模地震対策特別措置法(大震法)が、抜本的に見直されることになった。
 対象を東海地震に限定せず、東南海、南海を合わせた南海トラフ巨大地震の想定範囲に拡大する。その上で地震予知を前提とせず、現実的な防災に力を入れるよう転換する。
 中央防災会議の有識者会議が報告書案を取りまとめた。
 本県も甚大な被害が想定されている。大震法の対策拡充を、被害軽減につなげなければならない。
 大震法は地震予知ができることを前提に1978年に制定。観測網で前兆を捉えると、首相が警戒宣言を出す。鉄道の運行や病院、銀行業務の一部停止など強い規制を盛り込んでいる。
 しかし研究が進むほど予知が難しいことがはっきりしてきた。阪神大震災や東日本大震災、熊本地震などを踏まえてもそれは明らかと言えよう。南海トラフ巨大地震についても、中央防災会議の別の部会が「確度の高い予測は困難」との見解をまとめている。
 大震法制定から約40年。予知は可能とした法の精神を見直すことに異論はない。だからといって予知に向けたこれまでの取り組みを、全否定する必要もない。
 地震は極めて複雑な現象で、必ず起きるといった前兆は確認されていない。一方、東海地震では前兆滑りが起きる可能性が指摘されている。こうした異常な地殻変動、前震、津波などの監視体制はさらに強化し、精度を高めなければならない。
 有識者会議の委員を務める本県の尾知事は、南海トラフ地震につながるかどうか不確実な現象だとしても、国が情報発信の基準を定め、首長が住民避難を促す判断に生かすべきだとしている。危機管理の面から重要な考え方だろう。
 政府は有識者会議の報告書を受けて今後、地震被害が想定される地域でモデル地区を選定。避難呼び掛けの手順などを検証する。
 住民避難をいつまで続けるか。被害を減らすため交通機関に運行停止を求めるのか。経済的なリスクを含め、具体的な課題が数多く浮かび上がってこよう。
 避難を呼び掛けても実際には地震が起きないこともある。むろん「空振り」があるのはやむを得ないことだろう。それでもあいまいな情報に基づいた呼び掛けが繰り返されると、市民生活は混乱する。
 どのような根拠で避難を求めるのか。異常現象をできる限り科学的に評価し、国民が納得できる情報提供の仕組みを設けることが国には求められよう。
 予知に頼らない以上、堅実な備えがこれからますます大切になってくる。いつ、どこで地震が発生しようとも被害を最小限に食い止める。そのために建物の耐震化や避難計画、訓練などハード、ソフト両面の対策を日ごろから徹底することだ。
 脱「予知」で私たち一人一人の心構えもこれまで以上に問われる。


ドイツ車産業 環境大国の振る舞いを
 フランス、英国がディーゼル車販売禁止を表明する中、ドイツの取り組みの遅れが目立つ。脱原発で見せた環境への高い意識で、自動車産業にも大なたを振るってほしい。
 今月二日、独政府の閣僚らと、自動車メーカートップらが、ディーゼル車約五百三十万台の排ガス対策をソフトウエア更新によって進めることで合意した。しかし、ディーゼル車の乗り入れ制限や将来的な販売禁止、電気自動車(EV)への転換などには踏み込まなかった。事実上、業界側の勝利だった。
 燃費がいいとされるディーゼル車は欧州で普及が進み、ドイツでは乗用車新車登録の半数を占める。しかし、窒素酸化物(NOx)をはじめとする排ガス汚染が問題となっている。
 残念ながら抜本的な対策は進んでいない。理由はいくつもある。
 ダイムラー、BMW、フォルクスワーゲン(VW)などそうそうたるメーカーが名を連ねる国の基幹産業。雇用は約八十万人に上り、EV化の影響は大きい。
 ディーゼル車に力を入れ、「二酸化炭素(CO2)の排出が少なく環境に優しい」ことを売り物にしてきた強みを手放したくない。
 政府要職経験者らが各メーカーのロビー活動のため登用され、VWの監査役会役員には政治家である地元州首相が就任する。政治は強い姿勢に出られない。
 来月の総選挙に向け各党はディーゼル車問題を取り上げたが、数値目標などはぼかしたままだ。
 ドイツ車への信頼は揺らいでいる。VWが違法ソフトで排ガス規制逃れをしていたことが発覚。最近では、排ガス浄化用タンクを小さくすることでメーカーが談合していたとも報じられた。小手先の対応では信頼回復は得られない。
 世界の自動車産業の潮流はEV転換へと向かっている。仏英両政府は、二〇四〇年までにガソリン車とディーゼル車の販売を禁止。トヨタ自動車とマツダは資本提携し、EVの技術を共同開発する。
 二日の会合に出席しなかったメルケル首相に対し、独シュピーゲル誌は「日本の原発事故後、脱原発を表明したような、力強い言葉を国民に発してくれたなら」と、イニシアチブ発揮を期待する。
 脱原発に果敢に取り組み、再生可能エネルギーで新たな雇用を創出してきたドイツ。自動車産業でも、環境大国の名にふさわしい行動を求めたい。


マグロ漁獲規制  資源管理に本気度示せ
 世界有数の漁獲国、消費国である日本の本気度が試されそうだ。
 絶滅が危ぶまれる北太平洋のクロマグロを巡り、水産庁は週明け28日から韓国・釜山で始まる中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の北小委員会で、新たな漁獲規制案を提示する。これまで強硬に反対してきた長期的な管理目標の導入も掲げる。広い海域を回遊するクロマグロの資源保護は国際協力が欠かせないが、果たしてより厳しい規制を求める各国の賛同を得られるだろうか。
 クロマグロは主に北太平洋と大西洋に生息し、高級すしネタとして人気がある。だが太平洋クロマグロは乱獲が問題化し、2014年の親魚の資源量はピーク時の1割、約1万7千トンに激減。日米や韓国、中国などが参加するWCPFCは24年までに約4万1千トンへの回復を目指し、産卵前の未成魚(30キロ未満)について15年から漁獲量を半減する規制を始めた。
 新提案は親魚の資源評価を毎年行い、回復目標の達成が危うい場合、漁獲枠を自動的に減らし制限を強化。逆に回復可能性が高まれば枠を増やす規制緩和も抱き合わせる。漁の先細りを不安視する漁業者の思いも理解できるが、資源管理を骨抜きにしかねず各国の理解が得られるとは考えにくい。
 WCPFCは資源回復を確実にするため、長期目標の導入も議論する。反対の立場だった日本も今回、現在の漁獲枠を維持すれば達成可能と試算して「34年までに親魚資源量を13万トンへ回復させる」と表明する。国際世論に抵抗しきれなくなっての方針変更とはいえ、一歩前進と評価したい。
 ただ目標達成は漁獲規制が前提であるのに、日本は15年から始まった未成魚の資源保護が導入2年目で漁獲量の上限を超え、国際合意を守れなかった。近海に来たクロマグロが想定外の豊漁だった上、他の魚を狙う定置網に多く交ざったためだが、資源管理が形骸化していると言わざるを得ない。
 漁獲量の管理手法を統一し、より実効性を高める必要がある。漁獲規制さえ守れないようでは国際社会での発言力は低下する。
 かつて減少が深刻だった大西洋東部では、産卵場での親魚禁漁や巻き網による未成魚の漁獲規制などが導入された。その結果、近年は資源量が回復しつつある。
 日本はクロマグロの資源量減少に大きな責任がある。漁業者、関連業界、消費者それぞれが事態の深刻さを理解し、資源回復に向けた取り組みを怠ってはなるまい。


障害者雇用  制度設計見直しが急務
 障害のある人の社会参加と雇用のあり方を問う重大な問題ではないか。
 障害者が働きながら知識や社会経験を身につける「就労事業所」が経営悪化を理由に廃業する事例が各地で相次いでいる。
 それに伴い多くの障害者が解雇されている。新たな職場を探すのは簡単ではなく、失職した人たちの間には戸惑いが広がっている。
 障害者の就労支援事業は、2006年の障害者自立支援法(現障害者総合支援法)の施行に伴い、株式会社なども参入できるようになった。多様な運営主体の参加で就労支援の質が向上するというのが規制緩和の狙いとされた。
 事業所の運営者には国から障害福祉サービスの給付金として障害者1人あたり1日5千円以上が支払われ、継続雇用に向けた補助金も受けられる。
 規制緩和で事業所は急増し、13年4月に1600カ所だったのが17年4月時点で全国に約3600カ所に増えた。京都府には63カ所、滋賀県は23カ所ある。
 その一方で、事業者が利益の出る仕事を探さず、給付金を賃金に充てている事例が少なくないことが分かってきた。
 事業を行わず給付金だけを受け取る事業所や、就労時間を短くして賃金を抑え利益を出している事業所もあったという。それでは職業訓練にならず、将来の自立に向けた支援にもならない。
 国は今年3月、給付金を賃金に充てないよう指導強化した。その結果、事業者の廃業が相次いでいるとされる。
 補助金目当ての事業者を排除するのは当然だ。その上で国は、社会福祉や障害者雇用への深い理解がない事業者も参入させたことを反省すべきだ。
 給付金は税金である。民間の力を活用するにしても、丸投げは許されない。
 中小零細企業や非上場企業の場合にどこまで情報を公開するかといった課題はある。だが国や自治体が事業計画や運営実態を把握する仕組みは不可欠ではないか。制度設計の見直しを急いでほしい。
 障害者福祉の枠にとどまらず一般企業による雇用の拡大も促したい。
 障害者雇用促進法の差別禁止条項が施行されて1年半が経過し、18年4月からは精神障害者も障害者雇用の義務づけ対象になる。
 各地域や企業で法の理念をどう実現するか。知恵を出し合う仕組みづくりも必要だ。


高須院長が今度はナチス医学を評価! 障害者を抹殺していたのに…マスコミはなぜ高須院長の言動を報道しないのか
 美容整形外科大手・高須クリニックの院長である高須克弥氏のナチス礼賛投稿問題だが、高須院長は23日に〈提訴するよう、指示しました。なう〉とツイート。民進党・有田芳生議員にちらつかせていた訴訟を起こすようだ。
 本サイトが前回記事で指摘したように、自分がおこなった差別言辞への批判を、訴訟をもち出すことで封じ込めようとする行為は暴挙以外の何ものでもない。
 だが、その一方で、やはりあの団体が行動を起こした。ユダヤ系人権団体であるサイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)が高須院長の発言を問題視し、アメリカの美容外科学会に高須院長を会員から追放するよう要請。さらに、この問題をイスラエル大手紙のエルサレム・ポストが報じ、世界的な市民メディアであるグローバル・ボイスも高須院長の問題ツイートを大々的に取り上げている。
 本サイトは、あらゆるユダヤ批判を封じるようなSWCの抗議手法には批判的だが、今回の高須院長への抗議は当然といえるだろう。それは、メディアに影響力をもった高須院長があからさまに、ナチス礼賛をしていたからというだけではない。高須院長の発言が「医師」としてのあり得ないものだからだ。
 高須院長はこれまで、ブログやTwitterで〈誰が何と言おうが ヒトラーは私心のない 本物の愛国者だ〉〈ドイツのキール大学で僕にナチスの偉大さを教えて下さった黒木名誉教授にお会いした。励まして下さった!嬉しい なう〉などと繰り返しナチス礼賛をおこない、挙げ句、〈南京もアウシュビッツも捏造だと思う〉とホロコーストまで否定してきた。
 しかし、こうした発言が英字に翻訳され拡散がおこなわれると、一転、こんなことを言い出した。
〈僕の学んだドイツ医学の素晴らしさを伝えてます。ナチスのイデオロギーは好きではありません。〉
〈ナチスの庇護を受けた優秀な科学者は尊敬に価する。しかし人種差別のナチズムは僕の八紘一宇のイデオロギーの対極である。〉
〈僕は大日本帝国の友邦であったドイツの科学力を高く評価しています。いいものはいいのです。〉
 「アウシュビッツは捏造」と述べていた人物がいまさらナチスのイデオロギーを否定しても何の説得力もないが、しかし、問題は高須院長がそれでもなお、ナチス下のドイツ医学や科学への評価を明言していることだ。
 現役医師がナチス下のドイツ医学や医師を称賛すること、それがいかに非人道的で、国際的に批判と誹りを受けるものであるかを高須院長はわかっているのか。
ナチスの医学が行った障害者安楽死と人体実験という歴史的犯罪
 ナチスがガス室を使ってユダヤ人を大量虐殺したり非道な人体実験を繰り返したことはよく知られているが、医師たちは障害者や難病患者を「生きるに値しない命」と喧伝し、「安楽死」という名の虐殺をもおこなってきた。医師が大量殺人に加担してきたのである。
「生きるに値しない命」という障害者の命を選別する思想は、精神科医だったアルフレート・E・ホッヘと法学者のカール・ビンディンクが『価値なき生命の抹殺に関する規制の解除』(1920年)で主張したものだが、ナチスはその“障害者は安楽死させろ”という論を実行に移した。
 ヒトラーは1933年に政権を獲得してすぐ、優生学思想に基づき、「断種」や「安楽死」を法制化。同時にナチスは障害者は“金食い虫”であると訴えた。その旗振り役となったのは、医学界だ。
『ナチス もう一つの大罪─「安楽死」とドイツ精神医学』(小俣和一郎/人文書院)によると、1934年に帝国医師会会長のゲルハルト・ヴァーグナーは“年間の国家予算から1億2000万ライヒスマルクが障害者のために支出されている”と強調。医療現場でも〈各地の代表的な精神病院では、政治家や官僚のために特別なセミナーが催され、入院患者は見学者の前で人類退化の実例として供覧に付された〉という。
 そうしたなかで最初に安楽死作戦のターゲットとなったのは、障害児たちだった。1939年には障害児の安楽死を担当する委員会が設置され、そのメンバーは眼科医や小児科医といった医師たち。障害児たちはガス室のほか薬物の過剰投与、さらには施設を爆撃するといった方法で殺害されたという。
 その後、ナチスは占領下のポーランドで精神患者の大量虐殺に着手し、推計約1万3000人を殺害。1940年にはドイツ国内でも精神病院にガス室がつくられ、障害者抹殺がはじまった。医師が殺害する患者を選別し、ときに医師がガス栓を操作したのだ。
 この安楽死作戦は「T4作戦」と呼ばれているが、これによって殺害された障害者の数は、20万人とも30万人とも言われる。T4作戦こそが、のちの強制収容所におけるユダヤ人虐殺につながっていくのである。
 さらに言えば、そもそもナチス下のドイツ医学の業績じたい、こうした非人道的な人体実験などによってもたらされた部分が大きく、その業績だけをナチスのイデオロギーや罪と切り離して評価できるものではない。ましてや医師が「素晴らしい」「尊敬に値する」などと手放し称賛できるようなものでは決してないのである。
国際的に批判を浴びているナチスの医学を高須院長は評価
 世界医師会はナチスの人体実験の反省から、1964年にヘルシンキ宣言(人間を対象とする医学研究の倫理的原則)を採択。そして、2010年になってようやく、ドイツ精神医学精神療法神経学会(DGPPN)は、T4作戦に医師が加担したことを正式に謝罪。2012年5月に開かれたドイツ医師会大会でも、このような声明が発表された。
「私たちは、ナチ時代の医学の犯罪行為に対して医者が重大な共同責任を負うことを認める」
「被害者およびそのご子孫のことを思い起こし、許しを乞う」(「日本の科学者」  本の泉社/2013年5月号より)
 また、2010年当時のDGPPN会長だったアーヘン工科大学のフランク・シュナイダー教授は、2015年に大阪で講演した際、こう語っている。
「強制断種や殺人に精神科医が積極的に関与していたことを知ると、恥と怒りと悲しみでいっぱいになる。謝罪に70年を要したことを悔やむ」
 医師たちが過去のナチス犯罪に加担したことを認めた上で深い反省の念を公表し謝罪をおこなうのは、戦争を繰り返さないという強い決意だけでなく、進歩する医学における倫理的問題にもかかわるからだろう。事実、現在の日本では、長谷川豊氏の炎上騒動などが顕著なように優生思想が憚られることなく語られ、相模原では残忍なヘイトクライムが起こされてしまった。
 だからこそ、医師たちには戦争を振り返り、その事実と向き合う姿勢がつねに求められるのだ。それはドイツの医師だけではなく、731部隊による人体実験に加担したという負の歴史を抱える日本の医師も同様である。
 しかし、どうだろう。高須院長はあろうことかナチスの医学を称賛し、アウシュビッツや日本軍の戦争犯罪も否定する。医師に必要な倫理が、まったくもって欠如していると言わざるを得ない。高須クリニックのHPによると、高須院長は日本医師会の会員であるだけでなく、日本美容外科医師会事務局長、アメリカ美容外科学会会員やアジア美容外科学会の顧問などの資格をもち、昭和大学医学部形成外科学では客員教授も務めている。このようなれっきとした医師がナチス医学を褒め称えている事実は、決して見過ごせる問題ではない。海外がすぐさま反応したのは、当然なのだ。
爆破予告は報じてもその原因のナチ礼賛発言は報じないメディア
 いや、問題は高須院長の言動だけには留まらない。このような国際的問題に発展しているにもかかわらず、日本のメディアがまったくそれを問題視していないことも異常だろう。
 とくに驚いたのが、高須クリニックが爆破予告を受けていたというニュースだ。この爆破予告そのものについては、テレビ局も一部では取り上げたが、その背景にあるとみられる高須院長のナチス礼賛発言については、一切報道しなかったのである。
 SWCが欅坂46の衣装がナチスの制服に極似しているとして抗議声明を発表したときはテレビも報じていた。一方、今回の高須院長は、明確なナチス礼賛・ナチス犯罪の否定であり、深刻度は桁違いだ。にもかかわらず、テレビは国際的に発言が問題化していることにダンマリを貫いているのである。
 しかも、高須院長は24日には『ダウンタウンDX』(読売テレビ)に出演し、例の民進党・大西健介議員を名誉毀損で訴えた裁判について、意気揚々と語っていた。
 テレビが裁判になっている案件、しかも、名誉毀損が成立するとは考えられない裁判を起こした当事者に、ここまで自分の主張を一方的に語らせるというのは普通ありえない。
『ダウンタウンDX』を制作する読売テレビは、『情報ライブ ミヤネ屋』でこの裁判に対して浅野史郎・元宮城県知事が行ったコメントをめぐって、「読売テレビとしても、高須院長、および視聴者の皆さまに誤解を与える放送をしましたことをお詫び申し上げます」と社をあげて全面謝罪をおこなったばかりだ。このとき、高須院長は浅野氏への訴訟をちらつかせると同時に〈とりあえずミヤネ屋の提供降りるか。詫びを急いだほうがいいと思うけど…〉とツイートしており、読売テレビはこれに震え上がったとみられている。
 こうした経緯を考えると、今回のナチス礼賛発言問題をテレビが一切ネグっているのも、高須クリニックが大量のCMを出稿する企業であることが影響を与えているであろうことは想像に難くない。金をもつ人間には放言が許される──それが日本のメディアの現状なのだ。
 しかし、国際社会にその論理は通用しない。SWCはじめユダヤ人団体の高須院長への抗議はこれから本格化するだろうし、日本のメディアも批判を受ける事態になりかねない。(編集部)


黒潮発電 「次世代エネ」へ実用化を
 東シナ海を北上し、日本列島に沿って流れる黒潮は、世界有数の流速を誇り、流量も多い。
 この黒潮のエネルギーを利用する発電技術「海流発電」の開発が進んでいる。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と大手機械メーカーのIHIが今月、鹿児島県のトカラ列島沖で発電の実証試験を行った。海中に沈めたプロペラを海流で回転させ、その力でタービンを回して発電する仕組みで、2020年以降の実用化を目指している。
 海流発電は、発電量が天候に左右される太陽光や風力に比べ、変動が少なく発電効率が高いのが特徴だ。まだ発電コストが高いなど課題も多いが、次世代のエネルギーとして着実に育てたい。
 海洋エネルギーによる発電は、海流のほか、潮の満ち干を利用した潮流発電、海水の温度差を利用した発電など多彩だ。中でも、黒潮を利用した海流発電は新たな安定電源として注目され、まずは離島への電力供給を目指している。
 実証機は水中浮遊式と呼ばれ、全長約11メートルのプロペラが付いた筒状の発電機2機と姿勢制御機1機で構成される。発電能力は一般家庭40〜50軒分の100キロワット。装置を海底から係留し「海中たこ揚げ」のように、海面下30〜50メートルに浮かせて発電する。双発のプロペラは、海流で互いに逆回転し、安定した姿勢の保持が可能だ。
 トカラ列島の口之島沖で行った実証試験で最大30キロワットを発電した。仕様通りの海流速度での実験では100キロワットの発電に成功している。
 夢の広がる成果だが、クリアすべき課題は多い。まず発電コストだ。1キロワット時当たり20〜40円とされる太陽光や風力に比べ、実験段階の現状では格段に高い。また、黒潮の流路変動への機敏な対応、長期にわたって補修や手入れを必要としない技術の確立も必要だ。漁業権を巡る調整も求められよう。
 将来的には1基当たりの発電能力を2千キロワットまで高め、大規模な海洋発電施設を造る構想もあるという。日本の新しい再生可能エネルギー活用策として注目したい。


土壌汚染より深刻か 豊洲市場内のグロテスクな“カビ写真”
 土壌汚染をめぐる豊洲市場の問題は、追加の対策をした上で来年春から秋に開場を目指すことで一段落したかに見えたが、今度は市場内にカビが発生していることが発覚して大騒ぎになっている。
 都によると、カビが確認されたのは、水産仲卸約80事業所、青果仲卸約10事業所。魚をのせる陳列台などに生えているらしい。市場内は現在どうなっているのか――。日刊ゲンダイは、24日視察したばかりの仲卸業者に内部の様子を聞いた。
「豊洲市場内にカビが生えている噂は耳にしていましたが、実際に訪れてみて、あまりのグロテスクさに驚きました。木製の陳列台に深緑色のコケみたいなカビが生えていた。冷凍庫や流し台、会計スペースを囲う『帳箱』の表面もカビがこんもりと覆っていました。試しに除去できるか触ってみると、ヌルヌルして取り切れません。鼻を近づけると古タイヤみたいな刺激臭でした。異臭は市場全体に漂っており、新築のはずなのに、まるで学校の体育館倉庫の中にいる感じ。装着しているマスクを外した途端、激しくせきこんでしまいました」
 都はカビの原因となる結露防止のために、今年2月から換気や空調の対策を講じてきた。それでも、今夏の長雨で湿度が高い状態が続いたため、カビが発生したとみている。週明けから清掃を実施し、カビを除去しきれない場合は設備の交換に応じることも検討するという。
 しかし、それで済む問題ではないだろう。
「結果的にカビが発生したということは、何らかの理由で結露ができたということでしょう。その真相解明がまず先決ではないでしょうか。陳列台にカビが生えるような不衛生な市場で魚を販売するなんて仲卸業者にとっては受け入れがたい事態です」(東京中央市場労組の中澤誠執行委員長)
 今のところ、カビの発生が確認されているのは、900ある仲卸業者のうち1割程度。だが、会計スペースに使う「帳箱」は100万円を超すものもあり、“総取り換え”となれば9000万円かかる。結露ができる原因を究明できなければ、今後、カビの除去費用、交換費用がますますかさむ恐れもある。
 豊洲移転の最大のウリは、魚介類を産地から途切れることなく低温を保ち輸送する「コールドチェーン」のはずだったが、最後の会計時にカビが付着する恐れがあるのではシャレにならない。


世界初の都市高速・首都高は醜いのか? 首都高C1日本橋付近地下化のメリットとデメリットを考える
 国交省はこの7月、首都高C1日本橋付近の地下化に取り組むことを発表した。まだ決定ではないが、「国、東京都、首都高速道路(株)は共同で、日本橋周辺のまちづくりと連携して首都高の地下化に向けて取り組んでいくこととし、今後、関係者で計画案(線形や構造、対象区間など)について検討していきます」とされている。
 もともとこの付近(竹橋JCT−江戸橋JCT間2.9km)は、C1でも最も交通量が多い区間で、そのぶん老朽化も激しく、大規模更新すなわち造り直し工事が行われることが決定していた。ただ、当初の予定は現状と同じ高架構造。つまり日本橋川の上に首都高が走る形のままが想定されていたが、今回の発表では、日本橋周辺の都市再開発に合わせて、それを地下化する、と変更されたわけだ。
 高架構造のままの造り直しの場合、費用は1412億円(予定)。地下化のほうはまだ算出されていないが、11年前の『日本橋川に空を取り戻す会』の試算では約4000〜5000億円。現在は資材や人件費が高騰しているため、これを大きく超えることは確実だ。
 しかし、国交省がこのような指針を示した以上、地下化の流れはもはや変わらないだろう。
 首都高研究家として、日本橋付近の首都高の地下化に大反対というわけではないが、メリットに対してデメリットが大きいということは指摘しておきたい。つまり、費用の割に果実は少ない。地下化がもたらすメリットは、〃粉僂硫善と、造り直し期間中の渋滞の緩和。この2点に絞られる。
 高架構造のままの造り直し工事は、内回り・外回りを順番に取り壊して建設し直す形にならざるを得ないため、数年間にわたってこの区間が片側1車線になる。よって工事は、外環道東京都区間が完成し、三環状の整備が終わってからが想定されていた。
 しかし地下化の場合、別に路線を建設することになるので、車線規制が必要な期間を大幅に短縮できる。東横線や小田急線の一部地下化の際は、ひと晩で線路を切り替えたが、それに近いことも夢ではない。
 対するデメリットは、“駘僂料大と、完成後の若干の渋滞増加だ。
 ,砲弔い討倭綾劼猟未蝓⊂なくとも数倍にはなる。当初予定されていた1412億円は、首都高が料金徴収期間を15年延長することで捻出することが決まっていたが、増大分は主に国と都が税を投入することになる。△蓮地下化によって車線数が増えるわけではなく、逆に勾配は増えることが原因だ。これだけの予算をかけて、渋滞がかえって増えるのは残念だ。
 加えて、地下化の最大の目的と思われる「景観の改善」は、かなり疑わしい。というより、現状の景観が醜く、首都高がなくなれば美しくなるという認識を国交省が示したことが悔しい。
首都高を取っ払った日本橋のイメージCG。日本橋川に空を取り戻す会のHPより
 もちろん、そういう意見があることは間違いないが、国民の大多数がそう思っているかというと、そうではない。私の知る範囲では、日本橋付近の景観について、メディアで報道されるように「醜い」と思っている人の割合は意外なほど少なく、国民の大多数は無関心であり、逆に「首都高は未来的でカッコイイ」という認識も少なくない。
 日本橋上空から首都高を取っ払って出てくるのは、垂直護岸のドブ川と、それに架かるちょっと古めかしい石の橋だけ。逆に首都高こそ、東京が世界に誇るユニークな景観ではないか? それは世界初の都市高速であり、戦後日本の高度成長や突貫工事を象徴する歴史的遺産でもある。
 首都高の生みの親である山田正男氏(東京都建設局長・首都高速道路公団理事長等を歴任)が、その慧眼により、オリンピックまで残り5年というギリギリの段階で建設に着手、奇跡的に開通させた首都高。それは、運河や道路などの公共用地を可能な限り有効活用し、新規用地取得を約2割に抑えたことで実現した。当時それを批判する声はなかったし、この乱暴な作り方こそ、あの頃の日本の熱気そのものだった。
 私は、首都高は東京のエッフェル塔だと考えている。エッフェル塔も、完成当時は知識人を中心にひどく忌み嫌われた。しかし今、「エッフェル塔を壊して美しいパリを取り戻せ」と主張する人がいるだろうか。
 日本橋付近の首都高を地下化して生まれる新たな景観が、どこかの広告代理店が考えそうな、陳腐で薄っぺらなものにならないことを祈る。
【清水草一】 1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com


「発電繊維を開発」…何度もよじれば1キロ当たり250ワット
漢陽大チーム炭素ナノチューブを 
撚り合わせツイストロン作る 
1秒当たり30回の収縮弛緩で 
1キロ当たり250ワット発電 
バッテリーのない携帯電話 
長時間飛行するドローンも可能 
この糸を縫い込んだTシャツを着て 
呼吸するだけでも電気生産 

エネルギーハーベスタ立証論文『サイエンス』に掲載
 韓国の研究陣が炭素ナノチューブを撚り合わせて作った人工筋肉を伸縮させれば電気を生産する最先端繊維を開発した。「ツイストロン」と名づけたこの糸を応用すれば、携帯電話をバッテリーなしで作動させたり、ドローンに長時間電気を供給できると期待される。
 漢陽大学電気生体工学部のキム・ソンジョン教授研究チームは24日、「電解質の中で伸縮させれば電気エネルギーを生産するツイストロン糸を開発した。糸は炭素ナノチューブを撚り合わせコイル状にした。糸を引っ張ってねじれが増せば体積が減少し、これに伴い電荷を保存できる電気容量が減少し、その変化量だけ電気エネルギーが生産される」と明らかにした。研究チームの論文は、科学ジャーナル『サイエンス』オンライン版に25日(現地時間)掲載された。
 炭素ナノチューブは人の髪の毛より直径が1万倍も小さい。研究チームは、炭素ナノチューブを撚り合わせて高強度で極軽量の糸を作り、弾性を高めるために一層過度に撚り合わせ輪ゴムのようなコイル状にした。糸の直径は60〜70マイクロメーター(μm)で、髪の毛(平均100μm)より細く約30%程度の収縮弛緩ができる。この糸を電解質の中で伸縮させたり回転させれば電気が生産される。
 研究チームが58センチのツイストロン糸19.2ミリグラムを持ち、電解質中で伸縮させると2.3Vの緑色LEDを点けることができた。これは糸を1秒間に30回程度伸縮させる時に1キロ当たり250Wの電力を生産できる能力だ。
 研究チームはまた、江原道江陵市(カンヌンシ)鏡浦台(キョンポデ)でツイストロン糸に風船を結びつけ、海水中に入れ波が打ちつけるたびに糸が風船により25%程度収縮弛緩して電気を生産する実験を実施した。ツイストロン糸を縫い込んだTシャツを着て呼吸しただけでも糸の伸縮変化で電気信号が検出されるという事実も立証した。
 キム・ソンジョン教授は「波や温度変化を活用してツイストロン糸が自ら電気を生産する実験を通じて、エネルギーハーベスタとして応用する可能性を示した」と話した。エネルギーハーベスタとは、熱、振動、音波、位置エネルギーなど日常的に捨てられたり使われない小さなエネルギーを取り出して、使用可能な電気エネルギーに変換する装置をいう。
 研究チームはツイストロン糸を活用すれば、バッテリーなしで携帯電話を作動させたり、ドローンに連続的に電気を供給できると期待している。今回の研究には米国テキサス州立大のレイ・バウマン教授チームなど国内外の8研究チームが参加した。
イ・グニョン先任記者


保守分裂の茨城県知事選で自民が背水の陣 原発再稼働反対の現職知事がアベ官邸のやり口や口利きを告発する異例の展開に
 都議選(7月2日投開票)で歴史的敗北、仙台市長選(7月23日投開票)でも野党統一候補に競り負けたアベ自民党が、茨城県知事選(8月27日投開票)を“踏み台”に政権浮揚をはかろうとしている。
 立候補は、自公が推薦する元経産官僚でドワンゴ役員の大井川和彦候補、7期目を目指す現職・橋本昌候補、共産党推薦の鶴田真子美候補の3人だが、大井川候補と橋本候補が保守分裂の激戦を繰り広げており、自民党は「内閣改造後、初の大型地方選挙」と位置づけて、大物国会議員が続々と現地入り。国政選挙並の総動員体制で臨んで、自公推薦候補勝利につなげて10月の衆院トリプル補選への弾みをつけると同時に、都議選で悪化した「自公の関係修復」もする狙いが見え見えなのだ。
 安倍政権の“本気度”は、告示前後に現地入りした国会議員の顔ぶれをみると一目瞭然だ。告示前から菅義偉官房長官や石破茂氏らが駆けつけ、告示日には山口那津男・公明党代表、そしてラストサンデーを含む先週末の3日間にも、18日(金)に再び石破氏、19日(土)には岸田文雄・政調会長(前外務大臣)や石井啓一・国交大臣や加藤勝信・厚労大臣、そして20日(日)には小泉進次郎・筆頭副幹事が茨城に入り、元経産官僚の大井川和彦候補の応援演説をしたのだ。さらに、進次郎氏や石破氏は25日(金)にも応援に駆けつけている。
 永田町の論理(都合)が地方に持ち込まれる異例の展開に対して、7期目を目指す橋本昌知事は「『中央対県民党』の戦いだ」と反発。「自民党から自民党県議45人に130万円ずつ(合計で約6000万円)が配られた」と報じられたことから、11日の古河駅前での街宣では「金権選挙NO!」「県民党の底力」と横断幕に掲げ、次のような自民党批判で対決姿勢を露にした。
「何で首相官邸が、自民党が(茨城県知事選に)関与してくるのか分かりません。森友・加計問題、あるいは日報問題で支持率が下がっているわけですから、それをこっちの選挙で勝って上げようというのは無理な話です。日本全体の政治をきちんとしてもらわないといけない。そんなに自民党国会議員がこっちに来る暇があるのなら、自民党の議員を減らせばいいのですよ。給料をもらいながら選挙運動ばかりやってもらっていては困る」(橋本氏の街宣)
原発再稼働も争点に! 再稼働に反対の現職知事VS“原発推進”経産省出身の自公推薦候補
 原発政策でも橋本氏は、自民党の違いをより鮮明にした。日本原子力発電の「東海第二原発」(東海村)の再稼動に対して慎重な姿勢を示していたが、10日の告示日には「東海第二原発再稼動に反対」と踏み込んだのだ。もちろん「県知事選が近づいたから急に再稼働反対と言い始めた。選挙対策だ」との疑念や批判の声もある。だが、すでに共産党などが推薦する鶴田真子美候補が再稼動反対と廃炉をいち早く訴えていたことから、「再稼動反対の現職と新人の2候補VS原発推進の安倍政権直系候補」という対立軸も急浮上することになったのだ。
 一方、自公推薦の大井川氏は、原子力ムラの“総本山”といえる経産省出身。原発推進の安倍政権中枢の菅義偉官房長官が擁立に尽力したとみられており、官房長官会見でも茨城県知事選についてコメントをするほど重要視している。そして大井川候補は「6期24年間の現職知事の7選阻止」を旗印に、若さ(フレッシュさ)を全面に打ち出していた。
「茨城は変わらないといけない。(橋本知事6期)24年間のこれからの延長ではなく、新しい発想でこの人口減少や少子高齢化、どんどん新しい問題が来る茨城県に、諦めずに変わらない勇気で戦う。行政の経験もあり、民間の経験もあり、グローバル企業の経験もあり、日本のベンチャーにも経験がある。そんな多様な引き出しがあり、ヤル気と若さと実行力のある、そういう人間が今こそ茨城には必要です」「他の県の横並びを見ていては駄目。真っ先に挑戦して音頭を取って民間の経営感覚を取り入れた新しい県の行政を私が作ります」(告示日の日立駅前での街宣)
 しかし原発問題に限って言えば、多選で高齢の橋本氏が新しい政策(原発再稼動反対)を打ち出し、20歳も若い新人の大井川氏が古き原発推進政策を否定しないという逆転現象が起きていた。
 原発政策だけではない。自民党が得意とする口利き政治についても橋本氏はこう批判した。
「僕が初めて知事になった頃は公共事業でも(自民党国会議員の)口利きが沢山ありました。そして県庁も議会も忖度、『(国会議員の)先生はこういうことを考えているからこういうふうにしないといけないのではないか』といろいろなことがありました。そういったことをやっと無くしたのです。それを昔に戻しては非常に困るわけです」(古河駅前での街宣)
自民党の意向に逆らえず? 原発問題を語らなくなった自公推薦の大井川候補 
 8月18日、茨城県守谷市。自民党の加藤勝信・厚労大臣と公明党の石井啓一・国交大臣が自公推薦候補の大井川氏の応援に駆けつけた。経産官僚から民間企業に転身した同氏の経歴などを披露しながら支持を訴えたのだ。しかし大物応援弁士も候補者本人も、争点として急浮上した原発再稼動については一言も語らなかった。
 現場にいた公明党県議に「なぜ原発問題に触れないのか」と聞くと、こう言い切った。
「自民党に金と組織を丸抱えしてもらっている大井川候補が原発問題に触れられるはずがない。出馬会見では住民投票に意欲的だったが、自民党に反対されてトーンダウンしてしまった。ただし『(東海第二原発再稼動について)県民の声を聞く』と公約に掲げているのだから、その具体的方法、住民投票をするのかアンケート調査をするのかについて街宣で話して欲しいと思う。私はアンケート調査がいいと考えていますが」
 なお橋本現知事と良好な関係を続けていた公明党県本部は4月から2カ月以上にもわたって、大井川氏の推薦依頼への対応を保留していた。現職と新人の両方に“保険”をかける一種のサボタージュ作戦のように見えたが、自民党が歴史的敗北を喫した都議選の後、事態は急展開をしていった。7月13日に公明党本部から県本部に「自公連携の中で自民党が推薦する大井川を推薦できないか検討してほしい」との打診があり、急遽、大井川氏との政策協議や県本部所属議員の了解の手続きが進み、5日後の18日に公明党本部が推薦を決定したのだ。
「公明党と都民ファーストが組んで自民党を惨敗に追い込んだことで、自公の関係は悪化。次期総選挙で公明党現職議員を自民党が応援しないという事態の恐れもあった。そこで公明党本部は、茨城県知事選で大井川候補を推薦、自民党との関係修復にはかろうとしたのは明らかだ」(永田町ウォッチャー)
 原発政策を曖昧にした公明党本部主導の“野合的推薦”といえそうだが、実際、告示日に大井川氏を直撃しても曖昧な回答しか返ってこなかった。
 一方で大井川氏は、橋本氏の再稼動反対発言について「大事な原発の問題を選挙の道具にした」と批判。また再稼動反対の鶴田氏も街宣で「選挙が近づいて急に再稼動反対を言い出した」と同じ主旨の訴えをしていた。
“再稼働反対”は本気か? 現職・橋本候補に直撃!
「茨城県では日本で一番古い原発、東海第二原発が再稼働されようとしています。橋本知事は『再稼働はしない』と最近になってやっと発言を始めましたが、それは信用できません。これまでの6年間、3.11以降、橋本県政は再稼働前提の言動を繰り返されていました。『原発は止めて』という33万の署名を橋本知事に提出したのに、しっかりと受け止めることなく、再稼働前提でこれまで発言をされています。この選挙に当選するために『再稼働はしません』という言動がありますが、これは信用できません」
「選挙対策上の発言」との指摘を橋本氏にぶつけてみると、次のように答えた。
──「県知事選が近づいたから再稼働反対と言い始めた」と相手候補は言っています。
橋本氏 それはいろいろ言うかも知れないけれども、(県南部の)常総に行っても子供を抱えたお母さんが「何とか原発再稼働を止められませんか」と言った。東海村に行っても三人ほど女性が集まって「何とか『再稼働を止める』と言ってももらえませんか」と言われました。そういう住民の声を聞いて、再稼働反対を言うようにしました。
──大井川候補は「県民の声を聞く」と言っていますが。
橋本氏 本人は住民投票をやりたいみたいだけれども、自民党が許さないでしょう。
「橋本氏の再稼動反対発言をどう県民が受け止めるのか」「大井川氏が“原発推進のアベ自民党の傀儡候補”と見なされるのか否か」が茨城県知事選を左右するポイントになりそうだが、安倍政権に衝撃を与えた滋賀県知事選(2014年7月13日投開票)では、“隠れ原発推進派”と疑われた元経産官僚の自公推薦候補が、卒原発で有名な嘉田由紀子・前知事が後継指名をした三日月大造・現知事に敗れた。自民党の大物国家議員が続々と現地入りしたことに対して、「中央対地方」「原発再稼動イエスかノーか」の構図に持ち込んだ三日月陣営が勝利を収めたのだ。茨城県知事選が、いくつもの共通点がある滋賀県知事選の再来となるのか否かが注目される。(横田 一)


マクロン仏大統領、就任100日間でメーキャップに340万円
フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領(39)が就任後最初の100日間でメーキャップに2万6000ユーロ(約340万円)も費やしていたことが明らかになり、批判する勢力に新たな攻撃材料を与えている。
 仏誌ルポワン(Le Point)が明らかにしたもので、大統領府も25日、AFPに対し事実だと認めた。マクロン大統領は5月中旬の就任以来、フリーランスのメーキャップアーティストにこれだけの金額が支払われていた。
 髪が薄くなっていたフランソワ・オランド(Francois Hollande)前大統領が専属ヘアドレッサーを税引き前の月給約1万ユーロ(約130万円)で雇ってることを認めざるを得なくなったきまりの悪い暴露をほうふつとさせる。
 マクロン大統領のメーキャップ費用2万6000ユーロは、1万ユーロ(約130万円)と1万6000ユーロ(約210万円)に分けて請求されていた。フランスのほとんどのメディアがこの問題を報道し、反マクロン派にとって格好の攻撃材料となった。
 極右政党・国民戦線(FN)のフロリアン・フィリポ(Florian Philippot)副党首は「フランスは奴隷のようにあくせく働いているというのに、マクロン氏は最低賃金の23倍(に相当する金額)を自分の顔に塗りたくっている」とツイッター(Twitter)に投稿した。
 大統領府筋は仏テレビ局BFMに対し、今後メーキャップ代は大幅に減るだろうと述べる一方、オランド前大統領とニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)元大統領はもっと大金をメーキャップに費やしていたと主張した。
 欧米の男性政治家の多くがメディアに登場する際にスタジオの照明によって顔が白く見えることを防ぐためファンデーションを塗ったり、目の下のくまを隠すためにコンシーラーを使ったりしている。
 フランス史上最も若い大統領であるマクロン氏の支持率は、5月の大統領選の勝利以降急落しており、悪いタイミングでルポワン誌に暴露される形になった。
 最近行われた世論調査で、マクロン氏のこれまでの仕事ぶりに満足していると回答したのは37%に過ぎない。マクロン氏は来月、公約した労働市場改革の強行という厄介な問題に切り込むことになっている。