ブログネタ
フランス語 に参加中!
lasare1

Pourquoi les Français doutent de Macron
Chloé Morin
Sur son style comme sur le fond, les critiques formulées à l'égard d'Emmanuel Macron en cette fin d'été convergent toutes vers le même point : une partie grandissante des Français doute d'être au coeur du projet du Président. La directrice de l’Observatoire de l’opinion à la Fondation Jean-Jaurès Chloé Morin et les politologues Marie Gariazzo et Gaspard Jaboulay (Ifop) analysent les verbatim des Français.
Avec 40% de français se déclarant satisfaits de lui, Emmanuel Macron vient d’enregistrer une chute de 24 points au cours des deux derniers mois dans le baromètre Ifop/JDD. Sur la même période, François Hollande perdait 5 points (passant de 59 à 54%), et Nicolas Sarkozy en gagnait 4 (69% en septembre). Le nouveau Président ne semble donc pas échapper à cette nouvelle loi qui veut que chaque chef de l’Etat soit rattrapé plus vite que son prédécesseur par l'impopularité - bien que pour des raisons tout à fait différentes.
"Sentiment d’injustice sociale"
Interrogés par l'Ifop pour la Fondation Jean Jaurès, les Français qui se disent "satisfaits" convergent vers l’idée qu’Emmanuel Macron a su restaurer l’autorité et le prestige de la fonction présidentielle, et est parvenu - bien que dans une moindre mesure-, à la moderniser. Sur ce point, c’est évidemment la place que le Président a su (re)donner à la France à l’international qui reste le motif de fierté principal pour de nombreux interviewés.
En parallèle, le président de la République continue de capitaliser sur ses attributs de ≪ jeunesse ≫, de ≪ dynamisme ≫, de ≪ nouveauté ≫, de ≪ renouvellement ≫ etc. Bien que ces différents qualificatifs soient moins cités que dans les vagues antérieures de notre enquête, il n’en reste pas moins que les propos tels que ≪ c’est toujours pareil ≫, ≪ tous les mêmes ≫ etc. sont très rares en comparaison des vagues d'enquête réalisées au cours des deux précédents quinquennats.
Quant aux opinions négatives - désormais majoritaires-, elles sont essentiellement portées par un sentiment croissant "d’injustice sociale". La chute de l'exécutif dans les sondages est d'autant plus brutale que le "style" présidentiel semble répondre et conforter le "fond". Soulignons que, sur la politique menée comme sur l'image présidentielle, il semble que nous soyons sortis de la période où le seul contraste avec les défauts d'un prédécesseur rejeté suffisait à gagner la bienveillance d'une majorité de français.
Séquelles du "ras-le-bol fiscal"
Désormais, les actes et décisions présidentiels concrets semblent suffisamment nombreux pour que les Français, qui projetaient jusqu'ici des espérances diverses dans l'exécutif, commencent à former un jugement - non encore définitif - sur son action.Alors que l’image présidentielle était jusqu'ici essentiellement rejetée pour des raisons ≪ idéologiques ≫ par une partie de la gauche et de l’extrême droite, force est de constater que ces critiques se nourrissent désormais d’éléments programmatiques identifiés et concrets perçus comme des menaces pour le pouvoir d’achat des classes moyennes et populaires.
A cet égard, l’augmentation de la CSG, déjà très durement critiquée par les retraités lors de la campagne présidentielle, se voit plus largement disqualifiée puisqu’elle ne s'accompagne plus, aux yeux des interviewés, de la certitude d’être compensée par une suppression de la taxe d’habitation ou par une réduction des cotisations sociales salariales. Conséquence de ces incertitudes, se fait jour dans le discours des interviewés l’idée que le Président ≪ diffère ≫ ses promesses pour déguiser une augmentation d’impôts. On voit réapparaître ici les séquelles du "ras le bol fiscal" apparu en 2013, qui jette la suspicion sur toute annonce fiscale et provoque la colère des contribuables à la moindre ambigüité.
Plus récemment, l’annonce d’une réduction du montant des APL a aussi pu donner l’impression que le gouvernement "s’en prenait aux plus faibles" ("d’abord les retraités et maintenant les étudiants"). Les gestes comme la revalorisation de l'allocation adultes handicapés ou du minimum vieillesse étant par ailleurs passés inaperçus, l'idée qui s'impose est bien que le gouvernement ne "fait rien pour les plus démunis" et demande des efforts que les français dans leur ensemble n'étaient pas prêts à consentir (un sondage Ifop réalisé avant l'été montrait à ce titre que 49% se disent prêts à des efforts pour redresser les comptes publics, soit 13 points de moins qu'en 2012 à la même période). L’injustice sociale est donc à ce stade la grille de lecture principale qui est en train de s'imposer dans l'opinion. Les mesures qui ont occupé les débats de l’été sont venues confirmer le doute originel d'une partie des Français quant à la capacité d’Emmanuel Macron à "comprendre les gens comme eux", et donc à mener une politique au bénéfice de tous (rappelons qu'il obtenait le même score que Marine Le Pen sur l'item "sa politique va me bénéficier personnellement" au moment de son élection, selon Opinionway). À ce titre, les débats sur le budget à venir, qui promet des coupes significatives pour respecter l'objectif de 3% de déficits, s'annoncent périlleux pour l'exécutif.
"Excès de communication"
La critique sur le style et la communication présidentielle joue le rôle d'adjuvant à la critique sociale portée sur son action. Elle se décline sur deux registres: d'abord, la perception d’un écart croissant entre la mise en scène du Président et la réalité de son action - critique que l'on avait déjà observée s'agissant de l'action de Manuel Valls à Matignon. Ce contraste se révèle d'autant plus problématique qu'il tranche avec l'image du "réformateur", que l'on espérait déterminé et courageux (souvent par rejet du Hollandisme qui l'a précédé), sachant où il allait et surtout détenteur d'une "méthode" nouvelle pour surmonter les blocages et les réticences d'un pays qui semblait jusqu'ici condamné à l'enlisement. En plus mineur, les critiques se portent sur une stratégie apparente de "verrouillage" de la communication qui nourrit les doutes sur la sincérité présidentielle et sur sa capacité à tolérer la contestation. Les interviewés sont par ailleurs de plus en plus nombreux - mais encore largement minoritaires - à décrypter l’ensemble des déclarations et initiatives d’Emmanuel Macron sous le prisme de la communication. Conséquence de cet "excès de communication " perçu, des mesures normalement populaires peinent à venir rééquilibrer les perceptions négatives et ne sont pas totalement mises au crédit du Président, car on soupçonne qu'elles servent seulement une stratégie d'image (par exemple: la loi sur la moralisation de la vie politique).
Gouvernement "mal coordonné"
Les critiques formulées vis-à-vis de la communication personnelle du Président sont d’autant plus vives qu’elles contrastent avec un sentiment grandissant d'absence, d’immobilisme, d’hésitation ou d’enlisement du gouvernement. Les apparents revirements sur le calendrier des réformes ont marqué l’opinion et donné l’image d’un exécutif "hésitant", "velléitaire" et finalement, peut-être - mais cela reste encore à l'état de soupçon naissant -assez peu préoccupé par le succès de son projet politique. Il faut d’ailleurs noter que, contrairement à ce qui est souvent avancé, la chute de popularité d’Emmanuel Macron n’intervient pas au moment de l’affaire du général de Villiers, mais débute au moment du Congrès et du Discours de politique générale, alors que les premiers flottements sur le calendrier des réformes fiscales se font jour.Ces "cafouillages" perçus ont aussi affecté la crédibilité d’un gouvernement perçu comme "mal coordonné", "trop jeune", "mal préparé" etc. Des attributs qui viennent questionner la capacité de ce dernier à mener à bien les réformes promises, et provoquent des interrogations sur les bienfaits réels du "renouvellement".Notons enfin que ces différents "revirements", et l’inévitable confusion qu’ils ont entraînés dans l’opinion publique, sont aussi parfois perçus comme un manque de transparence : le gouvernement ne souhaiterait pas (ou ne parviendrait pas) à exprimer clairement ses objectifs, son "cap" pour l’avenir.
"Manque de clarté idéologique"
Si l'injustice sociale semble peu à peu s'imposer comme grille de lecture principale, et si tant d'importance paraît être prêtée à la communication au Président, c'est sans doute parce qu'Emmanuel Macron n'a pas su, malgré le discours au Congrès dont c'était l'objectif, donner à voir le cap de son action et les valeurs sur lesquelles elle s'appuierait. Ce manque de clarté sur son projet politique explique la formation de grilles de lectures de son action échappant à son contrôle. Deux éléments constitutifs du "macronisme" viennent renforcer ce manque de lisibilité :
- Le "en même temps" est une approche qui véhicule un déficit de clarté idéologique et nuit à l’appropriation de la politique menée. Cela aboutit à une lecture séquencée et individuelle des mesures prises et des résultats attendus, propice aux déceptions et mécontentements. En l’absence de clés idéologiques, l’action présidentielle se trouve réduite à ce que représente celui qui la mène : à savoir le monde de la finance, des riches coupés des pauvres, etc.
- L’approche itérative (le fameux "test and learn" si cher aux start-ups) : Emmanuel Macron sait corriger ses erreurs, le revirement peut même d’une certaine façon être revendiqué comme une méthode de sa part, mais l’opinion ne l’entend, ni ne le comprend comme ça. L’action présidentielle renvoie donc une image brouillonne, ce qui entre en contradiction avec ses attributs jupitériens.
Un sérieux avertissement
Notons toutefois que contrairement à ce qui fut le cas pour François Hollande, le manque de lisibilité ne se combine pas avec un doute sur la capacité présidentielle à "trancher". Cela explique que l'on ne parle pas de "Président sans cap", comme ce fut le cas pour François Hollande dès l'automne 2012. On pense qu'Emmanuel Macron a un cap, mais on ne comprend pas lequel - et on redoute de plus en plus de ne pas faire partie de son projet. L'histoire présidentielle semble trop souvent se décliner au singulier, l'autorité - souhaitée sur de nombreux sujets - introduit une forme de distance. Tout se passe comme si les Français souhaitaient davantage qu'on leur parle d'eux, et qu'on les rassure sur le fait que tous les efforts gouvernementaux sont dirigés vers l'amélioration de leur situation personnelle.
Un élément doit toutefois nous conduire à relativiser les jugements négatifs exprimés ici : nombre d’interviewés admettent ne pas encore avoir d’opinion définitive à propos du chef de l’Etat. Les réactions du type : " Il est trop tôt pour le dire", "il faut leur laisser le temps" ou "j’attends de voir à la rentrée", "on verra vraiment en septembre avec la loi travail" sont omniprésentes dans le discours des interviewés (y compris chez les sympathisants d’extrême droite et d’extrême gauche). C'est donc avertissement sérieux que l'opinion adresse ici au Président, mais il garde sans aucun doute des marges de manoeuvre pour corriger ce qui doit l'être. Les Français n'ont pas encore définitivement tranché.
フランス語
フランス語の勉強?

パワーアップ第1回目です.どうにか無事に過ぎました.
夕方病院に行って軟膏もらいました.お風呂の後に患部に塗って・・・というのですが,軟膏が見当たらない???のでした.どこいったかな?

間寛平、骨折から3カ月後に840キロ走破!年を重ねても走る理由/芸能ショナイ業務話
 間寛平(68)が、東日本大震災で被災した東北3県を縦走する「みちのくマラソン」を完走した。今年は12日から13日間、840キロの道のりを走り、福島、宮城、岩手の3県に笑顔と元気を届けた。
 記者は出発とゴールに立ち会ったが、地元の人々が喜ぶ姿が脳裏から離れない。沿道やたすきを渡す中継地点には、応援にかけつける人も多く、何より「寛平ちゃんは何時に走るの?」とワクワクした声で、スタッフに声をかけてくる住民の姿が印象深かった。
 それと同時に、東北地方における寛平の影響力の大きさを感じた。ほとんどの人は、8月に「みちのくマラソン」が行われていることを認知している。毎年楽しみに待っている人がいる−。その一心で今年も、68歳の体に鞭を入れ、必死に歩を前に進めた。
 だが、超人といえども年々、体力は落ちてきているという。昨年まで走れた坂道が辛かったり、1日で走れる距離が少なくなったり…。「去年まで12キロくらいは走っていたけど、今年は7、8キロでフーフー言っちゃった。年齢はほんまにきついねん」と苦笑する。
 それでも、また来年も東北に戻ってくることを約束した。今年は東北の復興に一定の手応えをつかんだといい、「年々、元気になっているなって。去年までなかった道ができていたり、まあ走っとたらよう分かるわ」とうれしそうな笑みを浮かべた。
 さらに来年は、大地震に見舞われた熊本にも足を運ぶ意向も明かしてくれた。実は7月、3日の休暇を取り、マネジャーと自身の妻と3人で熊本を訪問する予定だったという。「被災者が避難している場所に寝袋を持っていって、ビールでも飲みながらおっちゃんたちの話を聞いてさ」と詳細まで詰めていた。
 だが、寛平は4月に木から落ち、4月に左鎖骨や肋骨9本を骨折。「それで行かれへんかったんや」。“野性児”ゆえの事故でかなえられなかった思いを、一年越しで届けることを誓った。
 そもそも今年の「みちのくマラソン」は、骨折からわずか3カ月後のスタート。「あの落ち方だったら、下半身不随になってもおかしくないねん。俺に、神様が『走れって』言ってんやろうな」。そう、寛平には年を重ねても走る理由がある−。(やんばる)


【楽天】震災の過去を風化させない…6度目の「がんばろう東北デー」開催
 楽天は28日、9月9日のオリックス戦(コボパーク)で2012年から毎年開催し、今年で6度目となる「がんばろう東北デー」を開催することを発表した。
 「がんばろう東北」は、甚大な被害に見舞われた東北地方の復興を支援するにあたり、楽天支援活動の象徴となるスローガン。震災の過去を風化させず、これからも東北全体で一丸となり前進していくために今年も「がんばろう東北」を誓う日として、様々なイベントを行う。
【がんばろう東北デー 概要】
 ☆来場者1人につき、100円を寄付
 9月9日のオリックス戦に来場した1人につき100円をTOHOKU SMILE PROJECT第3弾「こどもスタジアム」建設基金として寄付する。この取り組みは、2015年から行っており、2015年は2万4363人が来場し、243万6300円を「大槌こどもグリーンフィールド」へ寄付、2016年は2万5520人が来場し、255万2000円を「こどもスタジアム」へ寄付した。これまでで「こどもスタジアム」第一次寄贈先、宮城県南三陸町・福島県南相馬市・岩手県陸前高田市への募金は満額となった。9日は、第二次寄贈先を発表する。
 ☆岩手県・宮城県・福島県から約350人を招待!
 被災地招待は、被災地の方々が元気になるように2011年から毎年行っている。9月9日も自治体(岩手・宮古市、岩泉町、宮城・石巻市、福島・福島市)より招待し、当日は、試合観戦、打撃練習見学会、選手とのふれあいイベントを企画している。
 ☆「がんばろう東北」ビッグフラッグが登場!
 試合開始前のフィールド上で、被災地から招待した子供たちが縦35メートル×横63メートルの「がんばろう東北」ビッグフラッグを広げるセレモニーを実施する。
 ☆試合球に「がんばろう東北」を刻印!
 試合球に「がんばろう東北」のロゴと日付を刻印。白球に復興への願いを込めて試合を行う。試合球は後日、オークションを開催し、収益の一部をTOHOKU SMILE PROJECT 第3弾「こどもスタジアム」の建設基金として寄付する。
 ☆「がんばろう東北」応援ボードをプレゼント!
 「がんばろう東北」応援ボードを来場者全員に、プレゼントする。合言葉は「がんばろう東北」。
 ☆「夢メッセージボード」を球場内・外に届ける!
球場正面・場内ビジョンに夢メッセージの掲出する。東北に笑顔を届けるため、全国の著名人の方々から「あなたの夢、教えてください!」をテーマにメッセージを募集。当日は球場正面で見られるほか、場内ビジョンにも映る。
 ☆「がんばろう東北」復興商店街
 被災した自治体から特産品を集め、イーグルスドームで物産の販売、自治体のPRを行う。著名人からの夢メッセージパネルを掲出する。


震災6年半ようやく校庭復旧 宮古二中、のびのび運動
 東日本大震災の被災者向けに建設された仮設住宅の撤去と校庭整地が完了した宮古市日の出町の宮古二中(佐々木慶信校長、生徒98人)は26日、校庭完成披露会と生徒活動発表会を開いた。生徒らはのびのびと校庭で運動する姿を地域住民に披露した。
 快晴の下、特設陸上部21人や近隣の鍬ケ崎小児童による100メートル走やリレーが行われた。その後、野球部が宮古二中OBの社会人チームと対戦。全校生徒や集まった地域住民が声援を送った。生徒らによる人文字も披露された。
 同校の校庭には震災後、仮設住宅が建設された。生徒たちは体育の授業や野球部の活動時はバスに乗り、1・2キロ離れた県立宮古病院ヘリポート近くの仮グラウンドに通っていた。野球部の2年三浦稜さんは「早く自分たちの校庭で練習したいとずっと思っていたのでうれしい。元気にプレーする姿を見てもらいたい」と笑顔を見せた。


<ゆりあげ港朝市・さんま祭り>秋の味覚 こんがり
 東日本大震災で被災した名取市閖上地区のゆりあげ港朝市で27日、毎年恒例の「さんま祭り」(同朝市協同組合主催)が開かれ、大勢の来場者が秋の味覚を楽しんだ。
 北海道根室沖で捕れた生サンマ約2000匹が用意され、1人1匹ずつ、無料で配られた。来場者は長さ計約50メートルにわたって並べられた炭火焼きの網の上にサンマを載せ、焼き上がった身を頬張った。
 同組合によると、現在のサンマ価格は1キロ当たり2500〜1100円、1匹当たりに換算すると200円ほどという。
 桜井広行理事長は「雨続きで海はしけも多く、魚は高いが、今日は久しぶりに朝から晴れた。特に子どもたちに、炭火焼きという食文化を楽しんでほしい」と話した。
 祭りは1985年に始まり32回目。震災の年も会場を移して実施された恒例行事で、会場には午前5時台からサンマの提供を待つ長い行列ができた。


<松島基地>ブルーインパルス 天のキャンバスに舞う
 東日本大震災で被災した航空自衛隊松島基地(東松島市)で27日、「航空祭」が復活した。開催は2010年以来7年ぶりで震災後初。基地所属の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」が夏の空を華麗に舞い、約4万3000人(基地発表)の来場者を魅了した。
 6機編成のブルーインパルスは背面飛行や宙返りなど約25演目を披露。澄んだ青空に白いスモークでハートや輪、復興祈願のフェニックスなどを描き、観衆から大きな拍手が送られた。
 仙台市宮城野区の小学1年安斉倖生(こうせい)君(7)は「初めてブルーインパルスを見た。白い星のマークが格好よかった」と喜んだ。約15年前から航空祭に立ち会ってきた大崎市の会社員高倉哲也さん(40)は「再び参加できてうれしい。震災からやっとここまで来た、と感じる」と語った。
 松島基地は震災の津波でF2戦闘機など28機が被災。F2機を運用する第21飛行隊は三沢基地(三沢市)で訓練していたが、昨年3月に帰還した。同8月には約1万人を招き、「復興感謝イベント」を開いた。


<お天王さん再び>離れた住民つなぐ場
 東日本大震災の大津波で流失した宮城県山元町笠野地区の八重垣神社社殿が今夏、よみがえった。神社周辺は災害危険区域に指定され、住居建築が制限されている。昔から「お天王さん」と呼ばれ親しまれてきた地域のシンボルの再建は、かつての住民らに希望をもたらしている。(亘理支局・安達孝太郎)
◎みやぎ路/山元・笠野 八重垣神社(下)夏祭り 
 「さあさ歌えよ笠浜甚句 ハットセ いつも大漁のコリャ続くよに ハットセ ハットセ」
 7月29日、新社殿の完成を祝う八重垣神社例祭の宵祭り。古くから宴席で歌われてきた地元の民謡「笠浜甚句」に合わせて、懐かしい踊りが披露された。かつての住民ら女性10人が踊り終えると、観客から大きな拍手が湧いた。
 甚句には昔行われていた漁の様子が歌われ、牛頭天王社(ごずてんのうしゃ)と呼ばれていた八重垣神社も「天王さま」として登場する。踊りには網を沈めるために石の重りを投げる動作などもある。
 宵祭りでの披露は東日本大震災後初めて。「みんなばらばらになったけど踊りのために集まることができた」。神社そばにあった家を津波に流され、町の内陸部に移った岩佐富士子さん(61)が声を弾ませた。
 震災前、踊りは農家の女性が中心になって引き継いできた。渡辺貞子さん(61)もその一人。「敬老会、町の文化祭、そして宵祭り。20年以上も踊ってきたから体に染みついている」
 祭りは江戸期以前からあった。神社の信仰者の集まり「講中」が各地にあり、相馬藩から徒歩で訪れる者もいたという。
 にぎわいは戦後も続く。「子どもの頃、鳥居の外まで夜店があふれていた」。総代長の岩佐吉郎さん(76)が回想する。「娯楽の少ない時代。みんな何日も前から祭りを待っていた」
 祭りの思い出は若い世代にもある。宮司の長女で、今春禰宜(ねぎ)となった藤波梓(あずさ)さん(22)は「子どもの頃、店じまいまで夜店をのぞいて回った」と言う。
 「神職はあくまで選択肢の一つだった」という梓さんが母を継ぐ決意をしたのは震災から1年を過ぎた高校3年の夏。再び始まった宵祭りを目の当たりにした時だった。
 震災のあった2011年の例祭は神事のみ。夜店が並ぶ宵祭りが復活した12年7月は、仮のお宮とプレハブの事務所があるだけだった。それなのに、境内は人で埋め尽くされた。
 夜空に打ち上がる花火を、大人も子ども無心に見上げていた。「震災後に初めて顔を合わせた人もいた。神社は人をつなぐことができると感じた」
 ただ、神社の維持には困難も予想される。震災前、笠野地区と南隣の新浜地区に氏子は約320戸あったが、今は笠野地区で家を修理して残る住民を中心に30戸ほど。それでも梓さんは「震災後も続いた氏子さんのつながりを無くしてはいけないと思った」と語る。
 今年の宵祭り翌日、恒例のみこし渡御があり、30人の担ぎ手が集った。「震災前から担いでいるから」。嶋田栄一さん(42)は集団移転先の新市街地「つばめの杜」から「お天王さん」のもとへ駆け付けた。
 総代長の岩佐さんが言う。「祭りに来てくれる人は、故郷や一緒に生きてきた人と結び付いていたいと願っている。そんな思いを大切にしていくことが、次の世代に神社を残す道につながる」
<八重垣神社>藤波宮司の21代前の先祖藤波尭雄が牛頭天王をまつり、江戸時代まで牛頭天王社と呼ばれた。牛頭天王は仏教の信仰対象となる一方、日本神話に登場する素戔嗚尊(すさのおのみこと)の化身とも言われる。明治初頭、神仏分離を進めた国の方針により名称が八重垣神社となる。社殿など神社再建費用は総額2億円余りで、全国からの支援金や氏子の浄財で賄われた。


河北抄
 「はい、これで免許取り消しです」。冷淡な「取り消し」という役所言葉が涙ながらの別れに水を差した−。運転免許証を自主返納した東松島市の高齢女性が、運転免許センターでのやりとりを本紙朝刊の「声の交差点」で嘆いていた。
 84歳までハンドルを握っていたのは夫を病院に送迎するため。愛する夫が4月に亡くなり、40年近い運転歴に終止符を打つ決心をしたのだという。
 「年齢という悲しい現実を前に勇気を振り絞って返納した。せめて『ご苦労さま』の一言があったら」と女性は願う。
 警察白書によると、昨年の交通事故死者数は67年ぶりに4000人を下回った。一方、死亡事故に占める高齢運転者の比率は高まり、「対策は喫緊の課題」と指摘する。対策の柱として、白書は認知症対策を強化した3月の改正道交法の施行に加え、免許自主返納の促進などの取り組みを掲げている。
 交通安全の旗振り役は、現場の警察官にとどまらない。運転免許センターでの心温まる対応が自主返納を促し、大切な命を守ることにつながるはずだ。


青森中学生いじめ自殺1年 遺族の不信感強く
 昨年8月に青森県内で、2人の中学生がそれぞれ、いじめ被害を訴えて自殺してから1年がたった。息子、娘の一周忌を迎えた遺族は、現在も続く原因究明の調査に「今度こそは遺書の内容を読み取って」「曖昧な調査はしてほしくない」と思いを募らせる。
<10月末までに報告>
 「19日が迫ってくるのが怖かった。1年がたったけど、息子が亡くなって、もう戻ってこないという事実に変わりはない」
 昨年8月19日にいじめ被害を示唆する遺書のようなメモを残して自殺した東北町上北中1年の男子生徒=当時(12)=の母(50)は、一周忌をこう振り返った。
 男子生徒が自殺した翌月、町いじめ防止対策審議会による調査が始まった。12月にまとまった調査報告書では、男子生徒に対する校内でのいじめを認めたものの、自殺に至ったのはいじめのほか、小規模の小学校から人数の多い中学校へ進学したストレス、思春期の影響などの複数の要因があると結論付けた。
 納得のいかなかった遺族は今年1月、町に再調査を要請。3月に町いじめ問題再調査委員会が設置され、現在も調査報告書を再検討している。
 男子生徒の母は「本人が自殺の一番の原因はいじめだと書き残している。この一言では、駄目ですか。息子が残したメモを、遺書として扱ってほしい」と調査への思いを吐露した。再調査委は10月末までに報告書案を遺族に報告する方針だ。
<「日に日につらく」>
 昨年8月25日に自殺した青森市浪岡中2年の葛西りまさん=当時(13)=の父剛さん(39)は、今年の8月25日を普段通り過ごした。剛さんは「特別な日にしたくなかった。今も亡くなった事実を受け入れたくないが、時間がたつと思い出す機会が増え、日に日につらくなっている」と話す。
 自殺から4カ月後の昨年12月、市いじめ防止対策審議会は葛西さんへのいじめを認定した。今年3月に調査報告書案を遺族へ説明したが、葛西さんが思春期特有のうつだった可能性があるとの記載について、具体的な根拠を示せなかった。
 不信感を持った遺族は翌4月、内容の一部再検討や一部委員の解任を要望した。審議会や市教委は応じなかったが、5月末、審議会の全委員が任期満了に伴い退任。退任間際に、審議会は「(自殺には)いじめ以外の要因がないと断言できる情報を得られなかった」として自殺が「いじめを含むさまざまな要因が関わった死」との見解を示した。
 宙に浮いた報告書案は、顔触れを一新する審議会の資料になる。新たな委員は全国規模の職能団体からの選出が決まり、現在も選任作業が続く。剛さんは「いじめさえなかったら娘は亡くなっていないという家族の気持ちを、正面から受け止めてもらえていない。曖昧な調査結果からは曖昧な再発防止策しか生まれない」と語った。


県市長会長に郡仙台市長選ばれず
県内14の市で作る宮城県市長会は塩釜市で総会を開き、会長を務めていた仙台市の奥山前市長の退任を受け、残りの任期となる来年春までは後任の会長を選ばずに、塩釜市の佐藤昭市長が会長代理を務めることを決めました。
県市長会の会長は慣例として仙台市長が務めてきただけに、異例の事態となりました。
宮城県市長会は28日、塩釜市で総会を開き、会長を務める仙台市の奥山市長が退任したことを受け、後任の人選について話し合いました。
会長は、これまで慣例で仙台市長が務めてきましたが、副会長を務める大崎市の伊藤康志市長は3人の副会長の総意として、「次の会長の任期は奥山前市長の残任期間である来年の春までとなる。地方分権のなかで政令指定都市と他の市のありかたや市長会のあり方を議論するために、残りの任期の間は会長を選ばず、会長代理をおいて議論してはどうか」と提案しました。
これに対して、仙台市の郡市長は、「慣例に反してなぜ会長代理を置くのか腹に落ちないところがないわけではないが、会の今後のあり方をより発展的に考える機会を持つというものなら賛同する」と述べました。
そして、奥山前市長の残りの任期となる来年春までは、会長は選ばずに塩釜市の佐藤昭市長が会長代理を務めることを全会一致で決め、仙台市長が会長を務めない異例の事態となりました。
一方、奥山前市長が会長を務めていた東北市長会の会長については、宮城県市長会として郡市長を推薦することを決め、ことし10月の総会に臨むことになりました。
宮城県市長会の会長に選ばれなかった仙台市の郡市長は、「慣例にならい仙台市長がそのまま会長を務めるものと考えていたので、すぐにすとんと腹に落とすのは難しい。ただ、今後の市長会のあり方については、活発な議論を進めていくべきだと思う」と述べました。
一方、郡市長を会長に選ばないことを提案した副会長を務める大崎市の伊藤市長は「地方分権の時代の中で、市長会のあり方を話し合う必要があると以前から考えていたが、今回が良いタイミングだと思い提案した。郡市長が野党の支援を受けて当選したことは関係ない」と述べました。
また、会長代理に選ばれた塩釜市の佐藤市長は「東日本大震災からの復旧復興など、市長会としての課題が山積しており、会長職の選任も含めて、市長会が今後どうあるべきか、しっかり議論していきたい」と述べました。
村井知事は記者会見で、宮城県市長会会長の人選について、「どなたが会長になってもリーダーシップを発揮してもらいたいし、胸襟を開いて仕事をしていきたい」と述べました。


<市長会>「政令市=会長」宮城は異例
 全国20政令市が所在する15道府県の各市長会で現在、政令市長が会長職を務めるのは宮城、広島の2県のみで、会事務局を市役所内に置き、職員が会の業務を兼務しているのも宮城、福岡の2県にとどまることが27日、河北新報社の調査で分かった。宮城県のように仙台市が会長と事務局を担い続ける例はなく、異質さが浮かび上がった。
 15道府県市長会の会長市と会事務局の設置形態は表の通り。
 広島県は宮城県同様、広島市が会長だが、過去には他市が会長に就いたこともある。愛知県市長会は地域バランスを考慮し三河、尾張の両地域から交代で会長を選出。政令市の名古屋市は名誉会長の位置付けだ。
 静岡県市長会は静岡、浜松両市が政令市移行後の2011年度以降、両市以外から会長を選んでいる。事務局担当者は「加盟市は政令市以外が大半。他市が会長の方がまとまりやすいのではないか」と説明する。
 熊本県市長会は、熊本市の政令市移行(12年)直前に会長が他市に移った。西日本の市長会事務局担当者は「会長には『あて職』も相当ある。多忙な政令市長が会長職をこなすのは大変だろう」と推し量る。
 事務局は、宮城、福岡の2県以外は道府県自治会館などに単独で設置し、会長市から派遣された職員や専従職員ら5人前後が従事。国や道府県への要望活動、定例会の開催、各市間の連絡調整などを担う。
 主に専従職員で組織する岡山県市長会の担当者は「職員の専門性が高まる」と利点を挙げる。熊本県市長会事務局は各市が輪番で派遣する職員ら5人で構成し、任期は最長5年。担当者は「派遣市は減員になるが業務に専念できる」と話す。
 福岡県市長会は会長市の久留米市総合政策部が事務局を兼務する。担当者は「専従が理想形。会長市が変わるごとに事務局も変わると、業務の引き継ぎが大変だ」と課題を挙げる。
 宮城県市長会は事務局を会長市に置く決まり。仙台市長が慣例で会長を務め続けているため、同市庶務課の職員7人が業務を兼ね、東北市長会の事務局も担う。担当者は「会長と緊密な意思疎通を図れる」とプラス面を強調する一方、「スケジュール的にきつい時期もある」と明かす。
 宮城県市長会は28日の会議で、奥山恵美子前仙台市長の退任に伴う新会長に佐藤昭塩釜市長を選出し、慣例を見直す方針。事務局の在り方も議論されそうだ。


医師の働き過ぎ 健康でこそ命預かれる
 医師の長時間労働を減らす議論が厚生労働省の有識者検討会で始まった。勤務医は残業や夜勤など激務が問題化している。患者の命を預かる医師が過労で倒れては元も子もないというものだろう。
 政府が三月にまとめた「働き方改革実行計画」では、残業時間の上限を「月百時間未満」とする規制策を盛り込んだ。医師はこの規制の適用を五年間猶予された。患者が診療を求めれば拒めない「応召義務」があるからだ。
 医師は、命を救うという使命感が強い。多くの患者を診察する病院の勤務医は残業をいとわず、宿直や急な呼び出しにも対応している。職場に医師の過労問題には目をつぶる雰囲気もあるだろう。
 だが、激務から心身を休める余裕がない。七月には、懸命に診療を続けていた産婦人科の三十代男性研修医の自殺が、長時間労働で精神疾患を発症したことが原因だったと労災認定されたばかり。研修医に休日はほとんどなく、自宅の冷蔵庫には何もなかったという。私生活もない状態で、自身の命を脅かす働き方は尋常ではない。
 厚労省によると、週の労働時間が六十時間を超える人の割合は雇用者全体の平均で14%。医師は41・8%でトップだ。過去五年間に過労死や過労自殺した医師は十人に上る。
 七月には最高裁が、勤務医の年俸に残業代は含まれないとの判決を出した。つまり通常の賃金と残業代を明確に線引きし、労働時間規制の重要性を示したといえる。
 医師の残業をどう減らすか、検討会で二年かけ議論する。ただ、八月の初会合は協議の難航を予想させた。大学病院長は「医師は診療、自己研究、教育の三つの業務がある。どこからどこまでと業務を切り分けられない」と指摘した。別の医療関係者は「医師の勤務には自己研さんの面があり、制限されることに不満を持つ医師もいる」と慎重な対応を求めた。
 残業を減らせばその分、医師を増やすなど将来必要な医師の養成問題に影響する。確かに一律に規制をかけることは難しい。ここは知恵を出し合うしかない。
 負担が重くなりがちな若手とベテランとの分担見直しは必要だろう。診断書作成などの事務作業や、患者への説明など医師の業務をもっと他職種に任せたい。看護師にも医師と協力して医療行為ができるように業務の幅を広げられる余地はあるのではないか。
 医師も紛れもなく労働者であることを忘れないでほしい。 


国際科学五輪 若い頭脳を応援したい
 世界中の科学好きな高校生が能力を競う国際科学オリンピック。英才たちが交流を深める場でもある。日本は今年、情報科学で世界一など好成績だ。次代を担う人材が大きく育つよう応援したい。
 始まりは国際数学オリンピックで、一九五九年にルーマニアで開かれた。旧共産圏から欧米へ広がり、科目も増えた。日本は九〇年に数学で初参加。その後、物理、化学、生物、情報、地学、地理の計七科目すべてに出ている。
 毎年夏に開かれ、代表は科目ごとに各国四〜六人。今年は数学が百十一カ国六百十五人が最多だった。成績優秀者にはメダルが贈られる。金は上位一割程度だ。
 日本は情報で四人が金三個、銀一個の成績で、国別順位一位。開成高(東京都)三年の高谷悠太さんが個人一位になった。他の科目もレベルは高い。
 好成績を挙げるようになったのは、科学技術振興機構(JST)が二〇〇四年に支援を始めてからだ。最近は問題集も出版され、予選には約二万人が挑む。大学の教官らが勉強法を指導し、合宿もある。研究者のボランティア活動が支える部分も大きい。
 物理で金メダルだった東大寺学園高(奈良県)三年渡辺明大さんは「問題は実験が二問と理論が三問あった。理論の三問目は宇宙の膨張について。メダルの色を決める問題になったのではないか。僕は完全に解けたので満足だった」と話す。
 代表に選ばれるのは有名進学校、それも中高一貫校の生徒が多い。公立高校の生徒は大学受験との兼ね合いが難しい。化学五輪で銀メダルの愛知県立岡崎高校三年、柳生健成(けんせい)さんは「受験勉強と五輪の勉強は全く別物」と話す。
 藤井聡太四段を育てた将棋や、多くの選手を輩出しているサッカーに比べると、才能を見いだし、育てる体制はまだ貧弱だ。
 ノーベル賞受賞者はまだ出ていないが、数学のノーベル賞といわれるフィールズ賞は、九〇年にソ連のウラジーミル・ドリンフェルト博士(六九年、金メダル)が受賞した。以来、毎回、数学五輪のメダリストが入っている。
 来年は茨城県つくば市で国際情報オリンピックが開かれる。その後も生物学、化学などの国内開催が決まっている。
 東京五輪だけでなく、科学五輪も官民が力を合わせて成功させたい。それが、未来を担う若者の才能を伸ばすことにつながる。


橋本神戸市議の“詐欺疑惑”で始まる 自民会派の辞任ドミノ
 元「SPEED」の今井絵理子参院議員(33)との不倫疑惑を報じられた橋本健神戸市議(37)に、今度は“詐欺”の疑いが浮上している。
 橋本市議は2010年からの5年間に市政報告の広報チラシ「ハシケン通信」を50万部以上発行したとして、政務活動費約720万円を受け取っているが、これが架空発注だった疑いが持たれている。
 印刷業者に「実際には仕事をしていないのに橋本市議から領収書の発行を頼まれて渡した」とバラされ、しかも、報道関係者から問い合わせがあった時に備えて、「受注したと答えて欲しい」と“口裏合わせ”まで要求していたという。橋本市議は関係者に辞意を伝え、30日から始まる定例市議会の前に辞職するとみられているが、それで一件落着とはいきそうにない。
 2014年、不自然な日帰り出張を繰り返すなどして3年間で約800万円の政務活動費を得た“号泣県議”こと野々村竜太郎元兵庫県議は、詐欺罪で起訴され、懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けた。印刷業者に口裏合わせまで要求していた橋本市議は、今後の展開次第で逮捕もあるのではないか。
「市民オンブズマン兵庫」のメンバーが言う。
「神戸市から政務活動費を騙し取ったことを示す証拠書類を揃えて、橋本市議を詐欺などの容疑で兵庫地検に告発します。我々は橋本市議だけでなく、神戸市議会の自民党会派が組織ぐるみで行った犯行とみています」
■架空発注がお家芸?
 オンブズマンが神戸市議会の自民党会派に疑いの目を向けるのも当然。2年前、「自民党神戸」(解散)の市議ら15人が業者にアンケート調査を架空発注する手口などで約3800万円の政活費を詐取した疑いが浮上した。そのうち詐欺と虚偽公文書作成などで在宅起訴された市議3人は議員辞職したものの、書類送検で済んだ10人以上の市議は衣替えした「神戸市会自民党市議団」で今も何食わぬ顔で市議を続けている。
「神戸市議会の自民党会派では政活費の詐取が横行しており、お家芸というか、脈々とノウハウが受け継がれているのではないのでしょうか。橋本市議の広報チラシといい在宅起訴された市議のアンケート調査といい、“架空発注”の手口が同じことからもうかがえます」(前出のオンブズマンのメンバー)
 昨年、政務活動費の不正が発覚した富山市では市議14人が芋づる辞職に追い込まれた。神戸市議会も同じ道をたどることになりそうだ。


橋本神戸市議が辞意 市会内に刑事告訴求める声
 政務活動費(政活費)の架空請求疑惑で辞職の意向を示した神戸市会自民党議員団の橋本健市議(37)。政活費不正流用事件で在宅起訴された自民党神戸(解散)の3市議に続き今月に入って4人目で、市会では「辞職だけでは市民は納得しない」と橋本市議の刑事告訴を求める声も上がった。
 「辞職で済むのかというのが市民の声。議会としての対応が問われる」。民進こうべの藤原武光団長は自民党神戸の不正流用について市会が告発したことに触れ、厳しい表情で語った。
 神戸市会は、飲食や選挙資金などへの政活費の不正流用が発覚し、使途の厳格化や透明化など防止策を講じた。橋本市議の疑惑は見直し前だが「政活費のあり方は絶えず検討していく必要がある」とした。
 維新の外海開三幹事長は「橋本市議、自民党神戸の3市議とも説明責任を果たしていない。百条委員会設置など徹底的に調査せざるをえない」とし、過去にさかのぼって追及する構えを見せた。共産の森本真団長も「自民は会派として説明する政治的、道義的責任がある」と指摘。今後、久元喜造市長に対して橋本市議を刑事告訴するよう求めてくという。
 今月に入り4人が辞職の意向を示したことについて、市民からは「これほど不祥事が続くとは驚き。一度失った信用はすぐに取り戻せない」(70代女性)、「有権者の市会に対する関心の薄さが今回の事態を招いた面もある」(50代女性)などの声が聞かれた。


[学校がつらい子へ]「居場所」ほかにもある
 青森市の中学2年生、葛西りまさんが、いじめ被害を訴えて自ら命を絶ったのは1年前の8月25日。2学期の始業式の翌日だった。 
 いじめを苦に自殺した子どもの18人の写真や言葉を紹介するパネル展が、今月26、27の両日、青森市内で開かれた。
 子どもの自殺が繰り返されないことを願った展示でもあり、りまさんの写真と詩も飾られた。
 2015年に内閣府が発表したデータによって、夏休み明け前後に子どもの自殺が急増する問題が広く共有されるようになった。
 過去42年間の18歳以下の自殺者数を日付別に分けたところ、9月1日前後が突出して多かったのだ。「休み明け直後は大きなプレッシャーや精神的動揺が生じやすい」と分析する。
 いじめや友だちとの関係など抱えきれないほどの悩みがあり、登校することに絶望を感じていた子がいたのだろう。家にも居づらく、心理的に追い詰められていったのかもしれない。
 子どもの自殺の原因は「家族からのしつけ、叱責(しっせき)」といった家庭生活によるもの、「学業不振」など学校生活に起因するものが多いといわれるが、要因は複雑に絡み合っている。
 大人にとってささいと思われることが、思春期の子どもには重大な出来事という場合も少なくない。
 パネル展を主催したNPO法人の理事は「大人はいじめへの認識が甘い。子どもたちのメッセージから何かを感じてもらい、救ってほしい」と語った。
■    ■
 児童館の全国組織「児童健全育成推進財団」は今月中旬、子ども向けに「児童館にいってみよう」との緊急メッセージを発表した。
 全国約4600カ所の児童館に協力を依頼し、「居るところがなかったら、児童館にいってみよう」「がまんできないほどしんどくなる前に、児童館にいってみよう」と呼び掛ける。
 子どものための電話相談「チャイルドライン」も、この時期、対応時間を拡大。NPO法人チャイルドライン支援センターは、ウェブサイトで相談を受けている。
 休み明けの登校がつらい子の気持ちに寄り添おうと、施設を開放し居場所をつくったり、相談を強化する動きが広がっているのだ。
 「気にかけているよ」とのメッセージを発信するとともに、大人一人一人が子どものSOSを受け止める感度を高めていく必要がある。
■    ■
 2学期制をとる県内の多くの学校で、きょうから1学期後半がスタートする。すでに授業が始まっているところもあり、教室や校庭に子どもたちの歓声が戻ってきた。
 しかし今この時も、学校に行くのがつらいともがき苦しんでいる子がいるのではないか。一人でいじめと闘っている子がいるのではないか。
 学校以外にも居場所はあるよ。社会にはいくつも相談窓口があって、応援する大人がいるよ。
 悩みを打ち明ける勇気をもってほしい。


獣医学部の認可保留 理由や経緯公表し疑念に答えよ
 文部科学省の大学設置・学校法人審議会(設置審)が、学校法人「加計学園」の獣医学部新設の認可の判断を保留した。
 加計学園を巡っては、「総理の意向」などと記載された文書が見つかり、国家戦略特区制度に絡み「政治の関与」「選定過程の公平性」への疑惑が噴出。加えて今回、大学設置基準に照らした具体的な計画内容、つまり「教育の質」にも疑義が生じている事態が明らかになった。
 二つの重大な疑問に対し、政府による記録に基づいた明確な説明と情報公開がなされない限り、国民の理解は得られない。現時点で設置審が認可の是非を判断できるはずもなく「保留」は当然と言わざるを得ない。
 文科省も学園側も「審議継続中」を理由に口をつぐむ。非公開の設置審も保留の理由を明言しない。しかし「加計ありき」で行政がゆがめられたのかどうか、まさにその公正性、透明性が問題視されている今回、判断理由や根拠を全く示さず水面下で手続きを進めても、信頼回復は難しい。極めて異例の事態であることを政府も学園側も自覚し、例外的であっても率先して自ら詳細な計画内容、改善点、経緯を公表するべきだ。
 獣医学部新設には多額の公金が投入され、若者の将来、人生も左右される。特区だからといって認可のハードルを下げることはできず、そもそも安倍政権が定めた獣医学部新設4条件や「国際競争力」「最先端のライフサイエンス研究」など目標に見合った学生の教育環境が整備されているかどうか、より厳しいチェックが求められよう。決して「規制緩和しさえすればいい」わけでも「開学してしまえば何とかなる」ものでもない。
 設置審は5月、入学定員や教員の構成の再検討を求め、学園側は7月に申請内容を一部変更した。それでも「保留」に至ったのは、教育の根幹部分に今なお看過できない不備が残っている証左。学園側は計画の抜本的な見直しを急がねばならない。
 新設計画には、学園内からも経営への懸念や疑問の声が出ている。市民団体からは建築費水増しや施設の安全性を懸念する声も上がった。また新設・増員によって、増やしたい地方の公務員獣医師だけが増える保証もない。政府は、ヒアリングや官邸訪問で学園や今治市の関係者と会ったかどうかも隠し続けている。いずれも当然の疑念や不安、不信であり、安倍晋三首相と加計孝太郎理事長には誠実に説明する責務があろう。
 認可の判断は10月以降にずれ込む。しかしそれが単なる先送りや、9月の臨時国会での「追及しのぎ」、あるいは10月にある愛媛3区などの「トリプル補欠選挙」への「影響回避狙い」であってはならない。既に「野党が政権追及の具としている」などと露骨なけん制も出始めたが、政治的思惑を一番疑われているのは政権側。「次の判断」までに信頼を取り戻せるか、その姿勢を国民が見ている。


水俣条約発効 経験生かし水銀規制を
 有害金属の水銀による環境汚染や健康被害の防止を目指す「水銀に関する水俣条約」が発効した。
 水銀は、今も途上国を中心に金の採掘や触媒などに使われ、健康被害が起きている。条約の発効により、鉱山での産出から輸出入、使用、廃棄に至るまで、全ての過程を規制する取り組みが世界規模で始まる。
 日本は、公害の原点といわれる水俣病が起きた国である。国際社会に水銀被害の怖さを訴え、先頭に立って対策を進める必要がある。
 条約は前文で、水俣病を教訓に、同じ被害を将来発生させないことに言及している。
 そのために、水銀を含む体温計や電池などの製造、輸出入を2020年末までに原則として禁止するほか、大気や水、土壌に排出される水銀の削減を定めた。適切な保管、廃棄も求めている。
 13年に熊本市で開かれた国際会議で採択され、日本は昨年2月に締結。今年5月、欧州連合(EU)や加盟国が相次いで締結し、発効条件である50カ国に達した。
 日本は採択後、水銀環境汚染防止法や改正大気汚染防止法などの法整備を進めてきた。その中で、水銀を一定量使った製品の製造を、条約の目標より3年早い18年1月から原則禁止にする。積極的な姿勢は評価できよう。
 一方で、輸出への対応には不満が残る。輸出先が金の採掘に使う場合は禁じたものの、最終的な使用目的が分かるケースでは輸出を認めているからだ。
 輸出先で転売されれば、目的外に使われる恐れは拭えない。水俣病の悲劇を繰り返させないというなら、全面的な禁止に踏み切るべきである。
 輸出については、条約も全面禁止を見送った。水銀を使った金の採掘が、途上国の貧困層の収入源になっているというのが理由だ。そうした人たちへの配慮は重要だろう。
 それでも、生きるためとはいえ、児童を含むたくさんの人たちが劣悪な環境で働き、健康被害の危険にさらされているのを見過ごすわけにはいかない。
 日本は、途上国が水銀を使わない採掘法に移行できるよう、技術や資金の支援に力を注ぐことが大事だ。
 条約は発効したが、水俣病による苦しみが今も続いているのを忘れてはならない。
 9月にスイスで開かれる第1回締約国会議には、胎児性患者の坂本しのぶさんが参加し、「水俣病は終わっていない」と被害の実態を訴える。
 公害病の公式認定から61年が過ぎたが、1500人以上の未認定患者らが国や熊本、鹿児島両県、原因企業チッソに認定や損害賠償を求め、裁判で争っている。
 被害が拡大したのは、国の対応が遅れたのが要因だ。政府には、水俣病の教訓を世界に発信する責務がある。
 そのためにも患者らと真摯(しんし)に向き合い、早期に全面解決を図らなければならない。


【私大の定員増抑制】丁寧な議論を望む
 文部科学省は東京23区内の私立大や私立短大の定員増を抑制する方針を打ち出した。首都圏への若者の一極集中を是正し、地方定住を促す狙いがある。進学を機にした若者流出は本県など地方にとって切実な問題だ。ただ、定員増を抑えるだけで定住が進むほど簡単な話ではあるまい。若者の進路選択を狭め、成長の芽を摘んでは本末転倒だ。大学の意義や在り方を踏まえた丁寧な議論が望ましい。
 同省は大学などの設置基準を定める告示改正案を今月14日に公表した。2018(平成30)年度以降は23区内の私立大や私立短大の定員増を認めない。新学部設置の場合は他学部の定員を減らして総数が増えないよう求めた。2020年度以降は新たな立法措置を検討する。
 若者の都内集中が背景にある。同省の2016年度学校基本調査によると、大学生の約25%が都内にある大学に通う。都の人口は全国の10%強なので集中ぶりが際立つ。高校卒業者が地元大学に進学する割合は大都市を抱える道都県が60%超で上位に並び、本県は19%にとどまる。全国知事会議はこうした現状を踏まえて先月、23区内の大学定員増を抑える立法措置を政府に求める決議を採択した。
 大切なのは地方定住を可能にする総合的な対策だ。都内に進学した若者は就職時に地元に戻らない傾向がある。地方の産業振興に努め、地方の企業に受け皿をつくる政策の強化が求められよう。
 政府は国公立大の運営費交付金や地方交付税措置、私立大の助成金支援の基準に競争原理を導入した。さじ加減一つで増減する仕組みに不満の声が上がる。国公立、私立を問わず地方大学の魅力を高め、地元に進学する環境を整えるべきなのに逆行しているように見える。そもそも大学と競争原理は相いれるのか。
 政府は地方大学活性化の交付金を2018年度に新設する方針を固めた。自治体や経済界と連携した人材育成、産業振興策を対象とする。対象を限定せず、教育研究の環境づくりに自由に使えるよう大学に使い道を委ねるべきではないか。地元企業に就職したら返還不要となるような奨学金制度創設、地方の国公立と私立の大学再編など大胆な制度改革を提唱する大学関係者もいる。長期的視野に立った制度設計が不可欠だ。
 人口政策を大学定員に絡める発想は危険性をはらむ。定員設定や学部学科の新設改編などは本来、大学当局が自主的に決めるべき事柄だ。大学の自治への敬意と尊重を忘れてはならない。(鞍田炎)


故・羽田孜元首相から自民党への“遺言”「政治が乱暴すぎる」
 羽田孜元首相が8月28日、老衰のため、東京都内の自宅で死去した。享年82。羽田氏は1969年、自民党公認で衆議院選挙に立候補しトップ当選。以来、1993年に離党し新生党党首に就任するまで、24年間、自民党に籍を置いた。そんな羽田氏は今の自民党政治についてどう思っていたのだろうか。
「週刊ポスト」2017年7月21・28日号では、9人の自民党OBが古巣に苦言を述べる〈我が身命を賭して述べる「古巣への戒飭」〉という特集を掲載している。「戒飭(かいちょく)」とは人に注意を与えて慎ませること。そこで羽田氏にも登場してもらうべく、企画趣旨を伝えたところ、高齢で取材には応じられないとしたものの、「短いメッセージなら」と、強い思いのこもった直筆の文書が届いた。そこには、以下の言葉が綴られていた。
「政治が乱暴すぎる。国民に背を向けた狂瀾怒濤政権に終止符を。政道とは民のためにあり」
 羽田氏から古巣・自民党への「遺言」となった。


フランスの試験問題に不正解がない深い理由 問いにはいろいろな答えがあって当然だ
塚田 紀史 : 東洋経済 記者
フランス人の「正解のない問題に対応できる力」はどのように育まれるのか。パリ在住20年の皮膚科専門医で、『人生に消しゴムを使わない生き方』を執筆した岩本麻奈氏に見たフランス流「人の育て方」とは。
失敗には新たな発見がある
――フランス人は「人生に消しゴムを使わない生き方」なのですね。
実際に「消しゴムを使わない」教育をしていく。万年筆を使い、鉛筆は使わない。間違ったことをなかったことにしないためだ。だいたい鉛筆書きではないからきれいに消せないし、修正したとしても試行錯誤の跡がはっきりわかる。そのうえフランスでは答案は美しくないと減点される。万年筆によって美しい書体で書き、その使い込みを通じ美意識がたたき込まれる。ライフスタイルにも大いに関係してくる。
――試験では白紙の答案用紙が配られるとか。
大学入学の国家資格「バカロレア」の試験にしても、基本は白紙の答案用紙に書き込む。日本のテストは択一問題や空欄を埋めるものが多いのに対し、フランスは理系、文系にかかわらず、薄い線があったりもしない。小学校のときから白紙を体験しているから、動じないし、また記述式に強くなっていく。いわばビジネスでのプレゼンテーションと同じで、場数を踏み、失敗してもそれを怖がらない気質を培うことにもなる。失敗には新たな発見があり、むしろそれを面白がっているようにさえ見える。
――すべてにおいて正解は一つではないと。
日本の試験問題はほとんどが正解は一つ。答えがバラエティに富むことはなく、ほかの考え方は認めない。これに対してフランス人はいろいろな考えを尊重し、先生自身もそれ以外は間違っていると言わない。逆に異論を唱えても論理が通っていれば評価する。新たな発想やクリエーティブな動きをたたえる。フランスではむしろバラバラでいい、バラバラが面白いとなるほどだ。
――哲学的に考える契機になるかもしれない……。
これでは不平等になる、先生によって教える内容も採点基準も違うことになる、と不満が出る。これに対しては、世の中において不条理は付きもの、それが人生だとの答えが返ってくる。自分の人生において親を選べない。性別も国籍も選べない。学校の先生の良しあしごときの話ではない。そういうものなのだとたたき込んでおかないと、「歪んだ平等感」を持つ。幼少時から自然にわからせておく。そうすれば本人も打たれ強くなる。失敗を逆に面白がり、また後々自ら考えて自立していく人になるとの考え方だ。
――新大統領が体現している印象です……。
マクロン大統領は39歳。フランス史上最年少で、71歳の米国トランプ大統領とのやり取りでも負けてはいない。むしろ彼に垣間見える「老獪さ」からは、両者は対等だという印象を受けた。フランスの政治家は若い時代にトップ養成校のグランゼコールなどで鍛えられる。虚勢はなく、そういう局面での立ち居振る舞いをロジカルに体得している。今回も自身の言いたいことを相手にうまく言わせていた。
三色旗が象徴する「自由・平等・博愛」の平等は…
――スーパーエリートだから?
確かに彼らはすごく達者だ。日本と教育制度が違い、受験の一点に絞って暗記に励むのではなく、バカロレアに向けて、そして国立行政学院(ENA)などグランゼコールの修了までの期間に、それなりのトレーニングが効いて特権的なキャリアに育っていく。
――階級社会であるようですね。
しっかり残っている。平等とは“神の前”においてであって、その橋渡しをするのが学歴との見方だ。実態は学歴による「階層社会」。実際、一握りのスーパーエリートが国際的舞台に立って、国民を牽引している。この階層社会においては、頂点にいるエリート層とそれ以外との間に、持てる富と名誉と権力について隔絶した差がある。それはほぼ学歴によって規定される。そして彼らは国家の手によるスーパーエリート育成の教育システムから輩出されているのだ。
――それだけ競争は熾烈。
バカロレアは1科目20点満点で、試験時間は4時間。飲み物や食べ物の持ち込みは可能だが、音の出るモノはダメとか。近年は8万人近くが希望の大学に登録できなくなり、2022年ごろまで受験者が増えていく見通し。日本人から見れば悩ましいというよりもうらやましい関門だが、合格後に入学する大学が少ないので熾烈さが増す。さらに上級校での進級がまた大変で、スーパーエリートや大人気の医学部などの試験のあり方について「ぜいたくな悩み」の論争が盛んだ。
成熟した大人文化の国、フランス
――隣国ドイツとは別?
ドイツは出生率が低いまま。フランス女性の場合は働きながら子どもを産み育て、それが好循環になっていて、ずいぶん違う。
――同時に、フランス人の生き方としてセンシュアリティ(官能志向)を評価されていますね。
フランスは男女のカップル(対になる他者)の文化を軸に考える国柄。「成熟した大人文化の国」であり、子どもにとって大人はあこがれの存在であるものの、決して甘やかしてくれない。子どもにとって親は成長の手本になるが、大人と子どもはしっかり区別されている。これがフランスの成熟した大人文化を作り出す。カップル単位で楽しむとなれば、文化も経済もかなり違ってくる。大人感覚による美的価値体系の経済形態が官能経済なのだ。
愛が人生の中で一番だと、高らかに唱える。最初にアムールありきと。だが、それは必ずしも男女間の愛でなくてもいい。2年近く前の同時多発テロ発生時にパリにいたが、メディアも現場も愛を確かめ合う人々であふれていた。人生が突発的に終わることの不条理に対する思いやり。そこに尽きるようだ。愛を伝え合う。フランス人はいつも意識して、口に出して表現する。
――フランス人の人生観の根底にセンシュアリティが流れていると。
官能より「感悩」と表現するほうがしっくりくる。つねに自他共に心地よくなることを心掛ける。似た言葉にセクシュアルがあるが、この場合、男女とも色気が伴う。もっと深く複雑で、それを混ぜたような感覚がセンシュアリティ。大人の魅力といっていい。センシュアリティを日本語文学でいえば、陰翳(いんえい)礼讃のイメージだ。


マクロン仏大統領の支持率急低下、仕事に「不満」が57%
フランスで27日公表された最新の世論調査によると、マクロン大統領の仕事ぶりに不満を表明した有権者の割合は7月の43%から57%に上昇し、肯定的な評価は14%ポイント下がって40%になった。
調査は仏世論研究所(Ifop)がジュルナル・デュ・ディマンシュ紙のために実施。5月の大統領選決選投票で大勝したマクロン氏への支持が急速に下がっている実態が示された。
Ifopによると、5月からこれまでのマクロン氏の人気の落ち込み幅は、同じ期間で見た前任のオランド氏のケースよりも大きいという。